青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「付く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~他人 他人~ 他国~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~
付く~
~付け 付け~ 仙~ 仙台~ ~代 代~ 代々~ ~代っ 代っ~ ~代り

「付く~」 1097, 11ppm, 9568位

▼ 付く~ (257, 23.4%)

7 私は 6 彼は 4 同時に私 3 いうので, 窓の

2 [22件] かしますと, もう最後, 二階の, 云うよう, 云ふ, 五十男は, 僕も, 同時にその, 同車の, 尻餅を, 徳三郎は, 手先や, 正面の, 毛が, 沽券に, 玄関の, 眼の, 私の, 自分の, 路地の, 追手でも, 青年の

1 [190件] あの後, あるけれども, いきなり欄干, いくらか氣, いつしか保子, いつの間にか隣, いつもに, いつもの, いふもの, いわれ飼い主, おそろしい夢, お師匠さん, お母さんだ, お鳥, きっと記憶, さう, さすが本能的, さツ, しとり, すぐお, すぐさま, すぐ私, すれば, そ, そう云った, そそくさと, そのザアッ, その夜, その筋道, それが, それによって, それは, どうもいけない, どうやらこれ, なかなか直らぬ, まず集五郎, また愚痴, むくむくした, もう眼, やっとわかった, よかった, わたくしには, わたくしは, アア俺は, ケロリと, ツイそれに, ハツと, ハリーは, ホッと, 一人の, 丁度向い合った, 三時過ぎでございましょう, 三時過ぎでございませう, 三造の, 不思議に, 云うもの, 云ふも, 云へ, 五月蠅からね, 京助の, 今まで, 今来た, 今迄は, 仕末, 仙吉は, 低声, 何ともならず, 何とも手, 何んだ, 何処からとも, 何故と, 何時の間にか一冊, 何時の間にか隣, 何物を, 侮蔑の, 信じたの, 入り口に, 八五郎の, 六花霰に, 其のザアッ, 其の時, 其処で, 其処でも, 其筋道を, 内懷ろ, 凋んで, 助手が, 卓子の, 又徐ろ, 同時にふるえた, 同時に吾輩, 同時に彼, 同時に生活, 同時に虎蔵, 同時に颯と緊張, 君は, 哀願やら, 嘲るよう, 大急ぎで, 大旦那, 大森林, 天地晦其にな, 女は, 女給業より, 妙な, 姉の, 娘と, 嬉しさ, 宜しいが, 寝床に, 小判と, 山颪よ, 岡は, 左の, 平次は, 庄兵衞は, 役人達は, 彼の, 彼女に, 後ろから, 忘れて, 思うので, 思ったが, 思ったので, 思つて居る, 思ふ, 思ふが, 思ふの, 思ふよ, 思われて, 急いで, 急に, 恰も空中, 慌てて, 折角出掛か, 明言し, 枕もとの, 森の, 此度は, 段々霰, 河が, 涙が, 漸く私, 片手で, 獨りでてれた, 申す前, 男女二人の, 畑, 當家の, 百両盗っ, 直ぐ, 直ぐ取, 睦田老人は, 石段町の, 種田君も, 立ち留っては, 立会人は, 素子は, 美人狩出し, 群れ立つ樹, 老人は, 肩先が, 腹の, 自動車の, 葉子は, 蔵の, 裏に, 裏口の, 見本に, 言いますが, 語るに, 豹一は, 足を, 足下に, 身を, 身をかは, 辛くも冷靜, 逆に, 酷い自己嫌悪, 錠が, 鐵心道人は, 間もなく芥川, 関八州の, 隊の, 雨戸の, 頭の, 高城君は, 高田も, 髻は, 鼓型の

▼ 付くよう~ (82, 7.5%)

10 にし 8 になった 2 な事, に, にした, に催促, に呶

1 [54件] そうした手数, だ, なそんな, なもの, なタチ, な僧侶, な場所, な悲痛, な悲鳴, な手付, な文字, な暑, な気, な熱心さ, な物, な眼, な蝉, な言葉, な風, な馬鹿, にお金, にきこえました, にと近所, になっ, になり, になりました, にも思われます, にわざとらしく, に云った, に仰いました, に何物, に作られ, に勘右衛門, に可憐, に向っ, に地蔵, に彼女, に思った, に思われます, に止まっ, に水, に泣, に泣い, に泣き出し, に泣き出した, に泣き出しました, に泣く, に泣声, に浪人仲間, に苦しい, に表, に見, に訊いた, に誰

▼ 付く~ (73, 6.7%)

6 である 5 です 42 かも知れない, よ, を待つ

1 [52件] かだれ, か用, か西方, が一仕事, が可愛い, が矛盾, が遅れたら, だが, だけれど, だと, だよ, だらうと, だろう, であった, であったら例え二畳, であります, でありますから, であるが, であろうが, でした, ですから, では, と, と全く, に凶暴性, は, はいつぞや, はその, は午後, は同じ, は塀, は嫡流, は灯, は珍, は田舎者, は眉, は赤, もどんな, も何, も埋, も無理, も艶, も變, をおそれ, を心配, を恐れ, を感じた, を感じない, を払っ, を松吉, を良し, を見計らっ

▼ 付くこと~ (71, 6.5%)

5 が出, では 4 になった 3 がある, である 2 が出来た, であらう, は何

1 [45件] があります, があるだらう, が出来, が出来たであろう, が出来なかった, が出来なくなった, が出来よう, が必要, だから, だつて, であろう, であろうと, でおよそ, でございます, でしょう, ですが, となった, との調和, と思ふ, と思われる, なく旧家, にしなけれ, になつ, になつたの, にならう, には本然, に極めた, に覚悟, の出来た, は, はない, は否, は国内, は少ない, は無い, は自然, は落, もある, もあるだろう, もできる, も警戒, を忘れ, を知らん, を祈念, 多くいや

▼ 付くもの~ (45, 4.1%)

2 か, だ, ですから, でない, では, なら何でも, はなかっ

1 [31件] か知らん, がない, が寄合, だから, だぐらいの, である, である五本, でしょうかしら, でせう, でないと, でなにしろ, で主人, と思ひ込ん, と見え, ならこの, には逢, に酒, はありますまい, はたった, はたつた, はたまたま, はなかつた, は丸の内, は何, は古び, は悉く, は間違い, も眼, をどう, を五分の隙間, 必ずしも古物

▼ 付くやう~ (39, 3.6%)

6 にし 4 になつ 3 になる

1 [26件] であつ, なさうかと, なもの, な一生懸命さ, な悲鳴, な手付, な時, な視線, にその, にまざ, にやつ, にゑぐつたものらしく, に云, に催促, に圓, に差, に彼女, に思, に此生活, に泣き出し, に泣き出しました, に私, に聞こ, に訊いた, に開い, に騷

▼ 付く~ (21, 1.9%)

3 だが 2 だと, ですが

1 [14件] がない, だのに, であつ, であるたとえ, でございます, です, ですから, ですね, なければ, のなかつた, の無い, はありませぬ, はない, もありません

▼ 付くという~ (18, 1.6%)

2 ことは, のは, ような

1 [12件] ことが, ものだろう, ものです, ものよと, わけです, 事が, 事に, 事を, 容子に, 情ない状態, 随分ゾット, 順序に

▼ 付く~ (18, 1.6%)

2 のない, は無い, もない

1 [12件] があった, があつ, がいなかったであろう, が兼, が大変, で独身者, の中, はない, は一人, は只, もありませず, 申すは

▼ 付く~ (17, 1.5%)

2 付かぬかの

1 [15件] しそう, または年上, ツ拂ふ, 不快を, 二百年たっ, 判らない不安, 否か, 咬み付くか, 或は彼, 知れんから, 筋か, 足利へ, 逃出すか二つ一つだ, 革新勢力に, 馬鹿野郎

▼ 付く~ (16, 1.5%)

1 [16件] ありと, が二つ, が出, が出来ない, が出来なかつた, が出来る, だ, だし, と存ぜられ, と思っ, にきめました, になった, になる, のみだ, も出来ない, をする

▼ 付くところ~ (13, 1.2%)

3 へ落 2 があります 1 があった, である, なしその, なぞは人間, に落, は彼女, を猴使い, を見る

▼ 付くわけ~ (13, 1.2%)

2 ですが, はねえ 1 だ, では, でも, で万事, のもの, のもん, はない, はなかっ, もなく

▼ 付く~ (13, 1.2%)

4 もありません, もない 1 がない, が無い, もなく, も無, も無く

▼ 付く~ (12, 1.1%)

2 に日, に見え 1 にし, にそれ, にといっ, になっ, になり, にモウ些, に踊つて, に踴

▼ 付く~ (12, 1.1%)

2 であつ, の物, 物足りない素 1 に腰, の倦怠, の驚愕, の黄, 蒼白くなった, 蒼白くなつた

▼ 付くかも~ (11, 1.0%)

3 知れない, 知れません 1 しれない, しれませんが, 分らずさ, 知れないが, 知れぬ

▼ 付く~ (11, 1.0%)

101 えよ

▼ 付くから~ (10, 0.9%)

1 これは, これを, どうで, もう安全, やはり人, 差止める, 御話, 深川の, 結局は, 頭へ

▼ 付く~ (10, 0.9%)

2 世の, 私の 1 この辺, その以前, よろしい, 賽銭箱までは, 賽錢箱までは, 馬琴の

▼ 付く~ (9, 0.8%)

2 相違ない, 連れて, 違ない 1 定つて, 至ったかは, 違ひ無い

▼ 付くはず~ (9, 0.8%)

1 だが, であって, でありかつ, です, ですね, なん, のない, はありゃしない, はない

▼ 付く~ (9, 0.8%)

1 か僕, か此分ぢ, がある, で有る, となつ, の均衡, へ落, を横面, を見つけ出したかった

▼ 付くまで~ (7, 0.6%)

1 いるが, よくいためます, 二人の, 国分の, 歸る, 焼いて, 生れた東京

▼ 付く~ (7, 0.6%)

21 だから, だな, だらうが, でしょうけれども, です

▼ 付くので~ (6, 0.5%)

1 お絹, せう, その日, 千金の, 半七, 座席から

▼ 付く~ (6, 0.5%)

1 丁と蹴返し, 免れぬゆえ, 外国で, 孝助は, 播磨は, 防ぐ

▼ 付く~ (5, 0.5%)

2 小夜を 1 それは, 名前の, 鳥を

▼ 付くほど~ (5, 0.5%)

1 では, 嬉しい眼, 怨んで, 汗の, 考え深く

▼ 付く~ (5, 0.5%)

2 はあるまい 1 が多かっ, だから, もある

▼ 付く~ (5, 0.5%)

2 の名 1 であった, との同棲, を漸く

▼ 付く~ (5, 0.5%)

1 である, とが不思議, なくせかせか, は必ず, は身體四肢

▼ 付く~ (5, 0.5%)

2 である 1 だ, とは知らなかった, とは知らなかつた

▼ 付く道理~ (5, 0.5%)

4 はありません 1 です

▼ 付くほどの~ (4, 0.4%)

1 変遷が, 役を, 悪気は, 物は

▼ 付く~ (4, 0.4%)

1 が相当, が非常, は可, は多い

▼ 付く~ (4, 0.4%)

1 が便利, ですが, なく是非, に傷

▼ 付く~ (4, 0.4%)

1 からショッチュウ, です, にはもはや, には帰っ

▼ 付くかと~ (3, 0.3%)

1 不安の, 思うと, 思ふと

▼ 付くことぢ~ (3, 0.3%)

2 やない 1 や御座いません

▼ 付く~ (3, 0.3%)

1 おれにや, 又は其の, 口も

▼ 付くその~ (3, 0.3%)

1 下に, 手を, 手足を

▼ 付くつもり~ (3, 0.3%)

1 だったらしいん, でゆきます, の由

▼ 付くとか~ (3, 0.3%)

1 そんな慾, 何とか云う, 六分の利が

▼ 付く~ (3, 0.3%)

1 一本柳人なら, 人の, 否や

▼ 付く~ (3, 0.3%)

1 何だろう, 放って, 放つて

▼ 付く~ (3, 0.3%)

1 ですから, に雀斑, ゐの

▼ 付く場所~ (3, 0.3%)

1 じゃありません, は道庁, を見出し

▼ 付くかい~ (2, 0.2%)

1 八, 馬鹿野郎ツ

▼ 付くからと~ (2, 0.2%)

1 ひと足さきへ, 思うと

▼ 付くけれども~ (2, 0.2%)

1 かこみほとんど, ちゃんと摺本

▼ 付くじゃ~ (2, 0.2%)

1 ないか, アない

▼ 付くそこ~ (2, 0.2%)

1 にて松本, を察し

▼ 付くそれ~ (2, 0.2%)

1 はこう, よりは金

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 この野郎, 喰付く

▼ 付くだけに~ (2, 0.2%)

1 手も, 飛天隠

▼ 付く~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 付く~ (2, 0.2%)

2 せう

▼ 付くとしても~ (2, 0.2%)

1 かのおとし, かの落し穴

▼ 付くなどという~ (2, 0.2%)

1 のは, 言葉は

▼ 付くなり~ (2, 0.2%)

1 するさ, 何となりし

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 いという, えけれども

▼ 付くまでに~ (2, 0.2%)

1 一時間半か, 引きあげて

▼ 付くもん~ (2, 0.2%)

1 だよ, ですか

▼ 付くより~ (2, 0.2%)

1 十五六年も, 皆の

▼ 付く事件~ (2, 0.2%)

2 ですから

▼ 付く働き者~ (2, 0.2%)

2 で今

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 なし, を

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 のゴタゴタ, 国境線を

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 き者, 候是又

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 がある, なんかいません

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 十分愛玩する, 十分愛翫する

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 うでないまでも, れ共

▼ 付く~ (2, 0.2%)

1 が居る, を叱り

▼ 付く由縁~ (2, 0.2%)

2 とした

▼ 付く美し~ (2, 0.2%)

1 さで, さであった

▼ 付く著しい~ (2, 0.2%)

2 油の

▼ 付く途中~ (2, 0.2%)

1 で何だか, をあるい

▼1* [141件]

付くうち三之丞は何, 付くお代嬢あまりの悔し, 付くかという位の, 付くかのように, 付くかは保守政党と, 付くくらい緊張し, 付くこそ心やすけれ, 付くさては我を, 付くしたがって運賃の, 付くじゃけれど此方も, 付く彼奴の, 付くぜへツへ, 付くそうだそう, 付くそしてまた次の, 付くために財務整理, 付くたんびに飛び上っ, 付くといふやうな, 付くとかいうらしいが, 付くときにお前, 付くとしてその中間, 付くとはよくいう, 付くとよかつた, 付くどころかこの分, 付くなんて時勢後れね, 付くについて林町は, 付くに従って思想上の, 付く当然の, 付くばかりであった, 付くふうもなく, 付くッへ, 付くほかに仕方, 付くほどには進行しない, 付くいくらゐ, 付くまでには万事について, 付くまでの筋道を, 付くまでは素人衆は, 付くままを少し, 付くめエ智慧の足り, 付くものぢやない, 付くやいなや彼は, 付くよしありて, 付くわけぢやない, 付くんでがんすが, 付くオールを振廻す, 付くワケね, 付く一件ですから, 付く一刻が千金, 付く一番タチの惡, 付く一番平易な方法, 付くに行き, 付くこれを, 付く二十五歳の若, 付く人気も落ちる, 付く人間なんかいません, 付く以外のもの, 付く住居はどうして, 付くの壁, 付く値うちがない, 付くをさがし, 付く八時二十五分を違約, 付く前四人して, 付く前竹を焼い, 付く勇者がある, 付く動物になっ, 付く原因の最大有力, 付く可能性あるが, 付く名前でしたが, 付く哲学が或, 付く單調な喜び, 付くべ物, 付く国々の動乱, 付く地名が多い, 付く地盤を見出し, 付く場合でなかった, 付くなかった, 付く女房か賢い, 付く女跳ね飛ばされて, 付く始まりだと, 付くだから, 付く子供の泣声, 付くを二九十八人招待, 付くがなく, 付く少し手前西へ, 付くたとえば千九百六十八米, 付く平板結晶が角板, 付くにそう, 付く建物は大抵, 付くがなけれ, 付く心臓を静め, 付く必要はないです, 付く所以の根源, 付くを取っ, 付く文三の光景, 付く文明諸国じゃ, 付く方法を作りたい, 付くの影, 付くが無, 付く書斎のない, 付く村名が少く, 付くかな温かい, 付く柚子の梢, 付く椅子の上, 付くにし, 付く樹枝状結晶が平面, 付く武者とはどんな, 付くの, 付く水藻を取る, 付く決心をし, 付くは目立ち, 付く洋犬となれ, 付くは西鶴, 付く然しそれまで, 付く燿子だか, 付くでない, 付くのよう, 付くが窓, 付く相手じゃねえ, 付く科学的批評である, 付く程度にまで詳細, 付く程思想界は問題, 付く程意識して, 付く程諤々さう言つて, 付く結果として次第, 付く僧たちに, 付く英語を叫び, 付くれが, 付くなの, 付くなど全部十七篇, 付く語原であつ, 付く迄には二度も, 付く迄は勉強が, 付く通りこの伝説, 付くがわからない, 付くの注文, 付く青森にて見たる, 付く実践的な, 付く頃ぢやない, 付く頃炭俵が崩れ, 付く頭髪が伸び, 付く食味はそんな, 付く高利のため