青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「似~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似
似~
~似た 似た~ 佃~ 但し~ ~位 位~ ~位置 位置~ ~低い 低い~

「似~」 7590, 82ppm, 1361位

▼ 似~ (5732, 75.5%)

697 いる 420 いた 186 いると 184 ゐる 175 いるの 123 いるが 116 いて 104 いるよう 83 ゐた 77 居る 75 いるので 69 いるという 67 いるから 65 います 62 ゐると 52 いること 46 いるところ, 非なる 44 ゐるの 35 ゐるやう 34 ゐるが 29 いたが 27 いたの 26 いるか 25 いました 24 居ると 23 いたから, いるもの 22 ゐて 19 いない, おります 18 いなかった, いるし, いるん 17 ゐるので 16 おいでに 15 いたと 14 いるよ, 居て, 居るが 13 ゐます, ゐるところ 12 いるかも, いるね, おる 11 いますが, いるそう, いるでは, いるとは, いるなと, くる, ゐるから, ゐること, 居ります 10 いたので, いるとも, おりますが, 居るから

9 [13件] いますね, いますよ, いるけれども, いるじゃ, いるため, いるだろう, いるでしょう, いるな, くるよう, それよりも, 居た, 居るの, 居るので

8 いないの, いるからと, いるけれど, いるだけ, いるに, いる人, いる所, いれば, 心は, 来る

7 いても, いるぞ, ゐない, ゐながら, 来た, 見えた

6 [11件] いたよう, いないこと, いるって, いるとか, いるとでも, いる事, きた, ますよ, 内は, 居りました, 居るやう

5 [21件] いたり, いないよう, いながら, いらっしゃる, いるであろう, いるわ, おいで, ますな, ゐるけれど, ゐるといふ, ゐるな, ゐるよ, 來た, 實は, 居さ, 居たので, 居ない, 居ますねえ, 居りますから, 来たよう, 来るの

4 [25件] いたこと, いたそう, いたという, いないか, いないが, いるかと, いるからの, いるかを, いるぜ, いるなどと, いるのに, いるばかり, いる故, いる点, おりまた, ゐないこと, ゐないの, ゐました, ゐますね, ゐるぢ, ゐる人, 居るよう, 春風よりも, 来て, 来るよう

3 [56件] いたか, いたけれど, いたし, いたわ, いないよ, いなくっても, いは, いましたから, いますか, いますから, いませんでした, いるいや, いるからって, いるせい, いるその, いるといった, いるのみ, いるはず, いるわけ, いるわね, いる上, いる方, いる様, いる気, いる話, おりました, おりましたが, おりますから, おれば, きて, くるという, くるので, それとは, ゐさ, ゐたから, ゐたが, ゐたと, ゐたので, ゐなかつた, ゐるか, ゐるかも, ゐるさ, ゐるとか, ゐるなあ, ゐるん, 來る, 大なる, 居たの, 居りますが, 居りません, 居るです, 居るところ, 居る処, 来たの, 見えて, 非ず

2 [152件] いたからの, いたからよ, いたため, いたところ, いたゆえ, いたよ, いたん, いでも, いないと, いないという, いないとか, いないな, いなくは, いましたか, いましたので, いますな, いますねえ, いますわ, いません, いやしない, いよう, いらあ, いらっしゃいますこと, いらっしゃると, いられる, いるかが, いるかね, いるかの, いるからとも, いるけど, いるこれ, いるじゃねえ, いるて, いるでしょうそっくり, いるとかで, いるとしても, いるどころ, いるなあ, いるばかりか, いるまるで, いるも, いるんで, いる一つ, いる二人, いる人間, いる今, いる以上, いる名前, いる女, いる小柄, いる男, いる筈, いる面, いる顔, おらぬから, おられます, おらん, おらんの, おりましたから, おりましょうか, おりますな, おりまするが, おり従って, おること, きたが, くると, くるん, しまって, そうでない, それは, どこか, はいますがね, へんな, ます, ますかね, ますね, もの凄いまで, ゆくやう, よると, よるな, らあ, ゐたか, ゐたこと, ゐたもの, ゐたやう, ゐても, ゐないか, ゐないといふ, ゐないやう, ゐますが, ゐません, ゐやしない, ゐよう, ゐるぞ, ゐるため, ゐるだらうと, ゐるであらう, ゐるでは, ゐるとは, ゐるなと, ゐるね, ゐるもの, ゐるわ, ゐる似て, ゐる所, 丁重なる, 二人とも, 併し, 僭上の, 大きさ, 天井が, 尨大な, 居ました, 居ます, 居りますねえ, 居るかと, 居ること, 居るのに, 居るネ, 居る事, 居る点, 平凡で, 彷徨し, 微塵に, 押覆す, 日の目も, 来たね, 来つつ, 来ると, 来るので, 此奴も, 汽車の, 然も, 物ふり, 私の, 而かも, 而も, 背も, 腰ごろもの, 色の, 色白く, 芭蕉の, 行くよう, 見える, 見ろ仕事, 近代語の, 難きもの, 頗るま, 飛んで, 黒き瞳子, 黝黒の, 鼬より

1 [1408件 抜粋] あたかも大, あまたは, あまり話上手, あやしむに, あるひ, あわただしくほのか, いさっし, いず特異, いたうえ, いたかちゅうと, いたからさ, いたぜ, いたであろう, いたとて, いたなんて, いたばっかりに, いたらどんなに, いたろう, いたろうと, いたんじゃねえ, いた公共, いた如く気質, いた為, いっそう複雑, いては, いないかと, いないがね, いないだろうからね, いないでも, いないとやら, いないので, いないわし, いない二種, いない子供, いない方面, いない片目, いない鳴声, いなくて, いねえな, いまさあ, いましたの, いましたよ, いますかなあ, いますけれどもね, いますぞ, いますので, います売文社, いやがらウマ, いやに, いようとも, いらしってよ, いらっしゃいますもの, いらっしゃいます私, いらっしゃるが, いらっしゃるので, いらつしたから, いられますな, いるいたわりが, いるかい, いるかは, いるからにゃ, いるがね, いるくらいに, いるこれ以上, いるじゃあ, いるだけが, いるだろうか, いるで, いるであろうがな, いるでしょうどなた, いるでもしか, いるとかいう, いるとまで, いるならおれ, いるなんぞは, いるにも, いるひと息ごと, いるもん, いるらしい, いるらしいの, いるらしい女性, いるらしく思われて, いるわい, いるカラフト犬, いる一通, いる丹後守, いる他, いる似て, いる僕ら, いる刀, いる君, いる国がら, いる夕月, いる大男たち, いる妹さん, いる少女, いる帽子, いる度, いる新形, いる木, いる武蔵, いる死体, いる沈着, いる獣類, いる疲れ, いる眼, いる笑いかた, いる脚本, いる草笛, いる西関門前, いる誰, いる道理, いる釣り場, いる飛泉, えましげ, えるという, おいでだ, おいでられたな, おおしく飛ぶ, おったの, おっても, おらぬ, おられまする, おらんと, おりその, おりましょう, おりますので, おります私, おりバルナバス, おり彼, おり日, おるか, おるでは, おるの, おるよう, おる事, おん身のけふ, お酒, かぐろき色, か黒き色, きたね, きたん, くるが, くるとは, くるの, くるわが, ここに, これは, ござらっしゃる, ござるお, ござる方, さへ, さらに哀切, しかしてしかく惨, しかもなほ, しかも名工, しかも最も, しかも鼻, しまうの, しまつ, しゃがの, じつは最も遠い, するどく痩せ, ずんぐりした, そのもつ, その実, その戀情, その美し, その赤い, それで柔和, それより, それ以上である, たけの, たまるかと, つやも, どこという, なかなかの, なかなか難しい, なさる私, はいますが, はおらんの, はっと固唾, ひら, ぴかぴかと, ぶかっこうな, ぼーっと肥った, まことに美しかっ, ますけれど, また確実, まぶしく見えた, みんな鼻が, もうすこし仙骨, もっとすごい, もっと彫刻的, もっと精妙, やしません, やや丸顔, ゆくだけ, ようかん色に, よく人語, よりうぶ, ら, わが身も, われながら, われらに, ゐたし, ゐたなぜなら, ゐたらうと, ゐた位, ゐないかね, ゐないが, ゐないらしい, ゐながらも, ゐは, ゐますから, ゐますこと, ゐますので, ゐませんね, ゐようが, ゐられるやう, ゐるい, ゐるかとも, ゐるからの, ゐるそれ, ゐるだけ, ゐるでなあ, ゐるといふだけの, ゐるどころか, ゐるに, ゐるらしいの, ゐるコポオ, ゐる一つ, ゐる伯鶴, ゐる多分, ゐる好き, ゐる手古奈, ゐる朝鮮, ゐる様, ゐる為, ゐる繪, ゐる話, ゐる駱駝, カメレオンごとく, ゴーリキイ自身なかなか, ダリアは, ブヨブヨ膨れ, 一かさ小さい, 一人は, 一層なよなよと, 一日一夜は, 丁度夢, 三靈互ひ, 下手を, 不器量だった, 不意に, 両部も, 二人の, 人々の, 人らしく無い, 人間でない, 今迄, 似ぬほど, 低い澤, 何か, 何の, 作つたもの, 使用者の, 俗である, 偶然とは, 先の, 光る二つ, 全身黒褐色の, 其以外に, 内容も, 冷から, 出来たとは, 利発な, 勇では, 勇猛の, 化猫である, 北条氏の, 半ば自ら好ん, 単純だ, 参差たり, 双ながら, 叫ぶに, 同じからざる, 吹けば, 味は, 咲いてるの, 善く躍, 喙の, 器用でも, 園絵が, 地上はるかに, 執念ぶ, 夜を, 大きくいろ, 大きく角, 大地の, 天井の, 女らしいしおらしい花, 威は, 子供を, 実に堂々たる, 実はよく, 実は人, 実は同時, 実は最も, 実は虚, 容姿も, 實に, 小さいと, 小さいライム, 小さく簇, 小なり, 小味である, 少しく大きく, 少しく遅鈍, 少し渋味, 尾赤く, 居たこと, 居ったです, 居ないので, 居ない点, 居は, 居ますから, 居ますがね, 居ませう, 居ようが, 居らっしゃるん, 居らぬ筈, 居りましたので, 居りますね, 居りますよ, 居り幕切れ, 居り畳んだリボン, 居り鮎, 居るげ, 居るそこ, 居るぞよ, 居るだろう是, 居るであろうが, 居るという, 居るな, 居るばかりか, 居るを, 居る或は, 居る甚蔵, 居る處, 屋根の, 巷都を, 平静だった, 底が, 弱よわして, 形は, 彼は, 後醍醐以上な, 微風が, 心猛, 性の, 恋の, 恐ろしく谷, 悲壮に, 愛らしかった, 感銘だけは, 或は威, 手に, 手癖悪き, 折から, 揺れやまなかった, 政治を, 数度の, 新しいの, 旨味あり, 昔は, 暗憺, 更に大, 更に小さな, 更に細かい, 最も然からざる, 来たかね, 来たな, 来たよ, 来だしたよう, 来ます, 来るかと, 来るとか, 来る彼女, 東國をも, 柔ならず, 極めて実直, 横に, 機械は, 死んで, 母の, 気や, 氣味の, 永く遺るべき, 法政の, 波かと, 活動したれ, 浅緑柔かう, 海を, 淫蕩的な, 清らかな, 渡る褄さき亂, 漂流に, 濛々と, 点在する, 煤け, 燒殘る, 爽かにも, 物ふるれ, 物觸れ, 猜疑ぶ, 猫よりも, 玉子を, 甘い, 甚だ難題, 生れたという, 由緒深, 男の子は, 畜身なりとも, 畳の, 痛ましく腹立たしい調子, 白く珍, 百七十一も, 皆疲る, 眞奈も, 真紅の, 眼が, 眼は, 矢道は, 破目, 神の, 私たちは, 稍大きかっ, 稲塚の, 突破は, 童形ながら, 紅紫色の, 細く優しげ, 細面の, 線が, 美しく年, 義に, 翼も, 耳角あり, 聞かせた, 肥沃です, 背は, 腰もんと, 膠質が, 臓腑が, 至って正直, 良質の, 色浅黒く, 芭蕉檳榔および, 芳正君は, 草土手の, 蒼き条, 街, 見えたり, 見える唇, 見え眼, 見て, 親しみぶかい, 記述科学と, 豊艶な, 負けない口, 貪欲さうなく, 賤しき, 赤く熱い乳, 足なし, 輝くばかりの, 透いて, 違ふも, 酒杯に, 金尾なる, 鋭い眼つき, 長く両, 長臂, 闇の, 随分おいしく, 非な, 面白い, 音楽の, 頭が, 頼もしくその, 類は, 首の, 馬面で, 骨格の, 髯多き, 魚でない, 鳴り渡りました, 麗艶と, 黄色い, 黒でなく

▼ 似~ (240, 3.2%)

84 して 18 した 9 するの 6 するな 5 する, すると 4 したり, しようと, やつて 3 したが, したもの, するので

2 [12件] し, したの, しちや, しちやア, しながら, しました, しや, するやう, するわけ, する錢, もつて, 認識せしめたりき

1 [68件] されたとは, したから, したがるの, したくな, したくなつ, したこと, したところ, したまでの, したもん, したらそれ, したら確, したんで, した手, した著述, しだした, しちやつた, しては, しても, してやらうと, してるぢ, してる時, しとるん, しなければ, しやう, しようもの, し得る國民, すりや, するか, するかと, すること, するため, するでも, するとも, するなよ, するもの, するん, する人間, する古狸, する外, する奴, する小娘, する恰好, する所謂僞道徳家, する氣, する積り, すれば, せざるを, なさるん, なした爲め, なし其語法句法, なすの, やつた, やり自分, る是, 何にも, 加へても, 奴が, 子供の, 思はせる此だし, 悔いなかつた, 持つた姿, 止して, 殺した水墨画, 爲はじめた, 看板に, 示して, 致しましたが, 論じて

▼ 似ても~ (225, 3.0%)

6 つかぬもの, 似つかない 5 つかないもの, 似つかないもの, 似つかぬもの 4 似つかぬほど 3 似つかぬ 2 いる, つかないよう, つかなかった, つかぬ, につかないもの, 似つかないやう, 似つかぬただ, 似つかぬよう, 似つかぬ物, 似つかぬ顔

1 [171件] あらずと, いないけど, いないこと, いないさ, いないの, いないのに, いない中, いません, おり橋, お心, かめに, この宮, それが, つかずあくまで, つかない, つかないけばけばしい, つかないし, つかないそして, つかないと, つかないガラス, つかないノブ子さん, つかない二人, つかない他人, つかない哀れ, つかない妙, つかない字, つかない弱い, つかない渦巻, つかない焼け瀾, つかない色々, つかない花, つかない重々しい, つかない鼻, つかぬあらゆる, つかぬきたない, つかぬしつかりした声, つかぬのっぺり, つかぬウシ, つかぬギニョール風, つかぬ世界, つかぬ二つ, つかぬ代物, つかぬ全然, つかぬ凄, つかぬ別人, つかぬ半, つかぬ右門主従, つかぬ四十すぎ, つかぬ姿, つかぬ安物, つかぬ文句, つかぬ歌, つかぬ父, つかぬ美しい, つかぬ胎児, つかぬ草原, つかぬ血, つかぬ調子, つかぬ醜い, つかぬ金釘流, つかぬ顔立, つかねえ按摩め, できさ, につかないふつう, につかない生計, につかぬ疲れ, むだ事では, よい, ゐやしねえぢ, 付かぬ優し, 付かぬ誤魔化し物, 似つかず一同, 似つかないいけ好かない, 似つかないからと, 似つかないすらっと, 似つかないそまつな, 似つかないまだ, 似つかないまでに, 似つかないまるまる, 似つかないよう, 似つかない労働, 似つかない匂, 似つかない大男, 似つかない女, 似つかない嬉しがらせ, 似つかない恨み, 似つかない昼, 似つかない栗鼠, 似つかない武蔵, 似つかない生ぬるい, 似つかない真赤, 似つかない程, 似つかない者, 似つかない顔, 似つかなかった, 似つかぬか, 似つかぬこの, 似つかぬしとやか, 似つかぬせいぜい, 似つかぬところ, 似つかぬの, 似つかぬのに, 似つかぬほどの, 似つかぬやう, 似つかぬやさしい, 似つかぬりっぱ, 似つかぬウソ, 似つかぬガラス玉, 似つかぬ一人, 似つかぬ三十, 似つかぬ下郎, 似つかぬ世界, 似つかぬ世界各国, 似つかぬ丸, 似つかぬ事, 似つかぬ二人, 似つかぬ人間, 似つかぬ仁君, 似つかぬ何, 似つかぬ侘び, 似つかぬ偽物, 似つかぬ内気, 似つかぬ別, 似つかぬ別人, 似つかぬ変つた自分, 似つかぬ変てこ, 似つかぬ夏侯楙, 似つかぬ学生姿, 似つかぬ宿, 似つかぬ微妙, 似つかぬ心, 似つかぬ愉快, 似つかぬ憐れむべき臆病者, 似つかぬ整った容貌, 似つかぬ明, 似つかぬ服装, 似つかぬ樹, 似つかぬ歌, 似つかぬ理想, 似つかぬ男, 似つかぬ異形, 似つかぬ白髪鬢, 似つかぬ皺, 似つかぬ相違, 似つかぬ硝子, 似つかぬ箱型, 似つかぬ美味い, 似つかぬ美青年, 似つかぬ肖像, 似つかぬ肥滿さ, 似つかぬ腑, 似つかぬ色, 似つかぬ花, 似つかぬ貧弱, 似つかぬ贋物, 似つかぬ長閑さ, 似つかぬ陰気, 似つかぬ顔立ち, 似つかぬ黒衣覆面, 似つかねえ別人, 似ぬこと, 似付かぬ町人, 前者の, 困つたもの, 好子, 妻の, 寄らず箸, 少し感じ, 居らぬ五十恰好, 碌な, 肖付かぬ朦朧写真

▼ 似たり~ (216, 2.8%)

32 寄ったり 27 寄ったりの 12 寄つ 5 ける

2 [12件] けれ, ければ, されば, といへども, とおも, や, 例へば世人, 外は, 寄つたりだ, 故にベアトリーチェ, 花うばら, 花ちり

1 [116件] いかん, うり二つという, おちついて, おほいな, かくて, けらずや, ける伯母, ける父樣, この故, この蛇水中, こは, これより, しかしてこの, しかしてその, しかして草, しかして高き, しかりと, しが, した, しは, しば啼く, しません, し由, その夢, その頭, そは, それでは二本, つねに文かき給, であった, で分かる, で立姿, といは, といはんも, といへる, とおぼ, ともいはば, ひとり聞く, ましてや行く末, また彼此等, また背長七尺余, みのりて, やと, ゆえに公私, アヴェルロエスの, インドでは, ハイエナの, ファーリナータは, リラの, 万事斯く, 両派ともに, 之を, 人の, 今まで, 今より, 今少しく, 今朝しも, 今頼家變死の, 伊勢物語は, 但し羽, 住処なけれ, 余が, 依之名, 共爾の, 又或, 反対に, 古今集は, 同十七日夜半, 君が, 哀れ淋しく, 国富論派と, 夜半の, 寄たりの, 寄ったりかと, 寄ったりに, 寄ッたりと, 寤むるに, 寸分たがわぬ, 岨が, 常に群集, 弘法大師に, 張ったりの, 彼は, 彼れ, 恐るべき死, 恰も巖石, 恰好の, 我れ思はず, 手脚弩張せず, 故に一天, 未だ疑, 杜若花菖蒲萩菊桔梗女郎花西洋風では, 松の, 松杉を以て, 査に, 格恰の, 桃の, 次の, 汁粉二杯, 河南の, 消えずも, 潔さ, 独鈷うどと, 異本異説倶に, 秋の, 繁き杉山, 而し, 草の, 薄墨の, 虹は, 言ひ, 遥かに, 銀弓の, 青き油, 飾海老, 香山放, 高鳴る滄溟

▼ 似~ (147, 1.9%)

8 つかぬ 5 つかぬもの 3 やらず, 出來 2 つかない, つかない愛嬌, 付かぬ容貌

1 [122件] した, したくない, しない二人, するだらうがなどと, せず愛想, つかず削りなした樣, つかず手足, つかず物事, つかず玩具, つかず縁故, つかないいくら, つかないしっかり, つかないでっぷり, つかないほど, つかないもの, つかないジャズ, つかない不肖, つかない十六七, つかない平凡, つかない御, つかない知らない顏, つかない美しい, つかない長身, つかない顔, つかなかった, つかなかったが, つかぬいかにも, つかぬうしろ袈裟, つかぬの, つかぬほど, つかぬもち竿, つかぬやつれて, つかぬよう, つかぬ一種, つかぬ三等, つかぬ不, つかぬ典型的, つかぬ卑し, つかぬ如何にも, つかぬ小説, つかぬ平凡, つかぬ幾多, つかぬ彼女, つかぬ悲慘, つかぬ新し, つかぬ爽やか, つかぬ異様, つかぬ秀俊慧敏, つかぬ粗末, つかぬ自転車, つかぬ通行人, つかぬ飯盛, つきは, やらずいつ, やらずいと, やらずと, やらずなんと, やらずまた, やらずもう, やらずやにわに, やらずやれお, やらずろくろく, やらず三十冊, やらず中, やらず但, やらず作中, やらず冗長散漫, やらず几案整然, やらず吾妻, やらず夕方, やらず容易, やらず恋慕三昧, やらず情け深い, やらず憂鬱, やらず捕まえた餌物, やらず捕手, やらず痴呆, やらず碌, やらず緑樹山, やらず見ちがうばかりの, やらず語り, やらず非常, やらで, やらで太く, やらで実に, やらで打ち萎れたる容姿, やらで絳雪物, やらぬ今日, やらぬ厳し, やらぬ少年詩人, やらぬ武芸, やらぬ父親, やらぬ美しい, やらねど, やらねば, やりかねない程, よらぬ人, 付かぬ僞物, 付かぬ優し, 付かぬ凄まじい汚, 付かぬ粗末, 付かぬ細く, 付かぬ縮緬, 付かぬ色白, 付かぬ藤兵衞, 似ずも, 似たところ, 似た女車, 似つかず脂肪ぎっていかにも壮健そう, 似つかず苦心, 似つかない, 似つかぬ, 似ない鬼, 似給わぬ, 働いたの, 寄らぬ人, 寄らぬ正しき, 手傳はせ, 通は, 遣らず自分, 附かない急激, 非人が

▼ 似~ (68, 0.9%)

2 ない才覚

1 [66件] ないお, ないこと, ないご, ないさ, ないひで, ないむごたらしい戯れ, ないやさしさ, ないキイキイ声, ない不覚, ない分別者, ない可愛い声, ない名言, ない吐息, ない味, ない命令的, ない嘆声, ない壮語, ない大声, ない姿, ない小心, ない度胸, ない弁舌, ない強靭, ない御, ない性急さ, ない抱負, ない敏捷, ない暖かい早春, ない浅慮, ない激越, ない神秘説, ない自嘲, なかった, なき不覚, なき両, なき人間, なき老巧, なく, なくうち気, なくお, なくからむ, なくなかなか, なく主家, なく人, なく侍, なく冗談口, なく分別, なく女房, なく少し, なく峻烈, なく慌て, なく搦手曲輪, なく玉置子爵, なく神経, なく自分, なく舅どの, なく見苦しけれ, なく覚悟, なく話し, なく豪快, なく鞏固, なく額部, なく顔, なく骨細, なく麻裏草履, もない

▼ 似ては~ (62, 0.8%)

15 いるが 5 いたが 3 いないだろうか, なりません 2 いない, ゐない, ゐるが, 居ないが, 居りますが

1 [26件] いけない, いないか, いないかと, いないが, いないそれ, いなかった, いなかったかい, いなくてよ, いまいか, いません, いませんか, いる, いるであろう, いるの, おいでなさらない, とぼ, なりませんよ, ゐなかつたか, ゐますし, ゐら, 居まいか, 居ません, 居ませんかしら, 居りませんのよ, 居るが, 居るよう

▼ 似たりと~ (53, 0.7%)

14 雖も 8 いえども 2 さへ, 云ふ

1 [27件] あり, ありて, ある, いうべし, いひし事, いふの, いふべし, いふらむ, おもわれぬ, 云いプロータス, 云ったに, 仰っしゃったまでのことです, 勤王系の, 思うも, 思ひけるかな, 批判し, 明治の, 浪士らは, 申す, 笑ったと, 答えん, 言うが, 言わぬばかりの, 謂はんも, 謂ふべし, 間髪を, 雖之を

▼ 似~ (50, 0.7%)

3 ないこと 2 なく真剣

1 [45件] ないお, ないおびえ, ないで, ないもの, ない力, ない土性ッ骨, ない大, ない山, ない心持, ない愛嬌笑い, ない手のうち, ない放蕩無頼, ない気弱, ない洋装, ない潔癖, ない猫撫声, ない謙虚, ない迅さ, ない開けた, なきこと, なきより, なき天晴れ者, なき様子, なくいつも, なくこんな, なくたった, なくほとんど, なくオホホホホホホ, なく一つ, なく下司, なく不機嫌, なく争いました, なく二の足, なく人, なく今更内, なく何, なく厚肉, なく寛, なく後ろ, なく微笑, なく心, なく慇懃, なく死に, なく調べ, なく骨っ節

▼ 似~ (35, 0.5%)

7 出來 2 して, 到底我我

1 [24件] あの娘, ありませんからねえ, させたくなかつた, してを, しないだらうね, しないもん, するな, むしろきわめてわずかな, よせ, 一寸出來にくい, 大嫌, 得手ぢや, 案山子に, 止めろ, 氣が, 眼を, 確かに, 簡易に, 結局眞似, 絵の, 致しませんよ, 若い者, 誰も, 迚も

▼ 似~ (33, 0.4%)

1 [33件] あるの, ところばかり, ところを, やうに, やっぱり瘠せぎす, 世態を, 丸い伸子, 出來ぬ, 出來る, 如き卑近, 学者肌です, 少女で, 敦子さまも, 歴史性を, 流行沙汰ですべき, 点を, 烏と, 癖ある, 眼付を, 箇所も, 細面の, 肥つた四角な, 色は, 若旦那であった, 著しいもの, 著しい傘鉾, 譚ある, 造り聲では, 道化を, 鑑別に, 頑固者だった, 額の, 顔を

▼ 似~ (28, 0.4%)

2 思ひ定めたるを

1 [26件] いつもゐる, おごそかで, おとなしい内気, くっきり山形, たいへん大柄, むっとした, ポチヤポチヤし, 其處へ, 大きなふっくり, 太く逞, 字の, 小暗き空, 揶揄つた, 物言ふ, 眼鼻立ちから, 窓から, 竹の, 継母なる, 薄からず, 見せた與吉, 貴婦人の, 通ずること, 遊びが, 長い眉, 閑雅に, 食を

▼ 似~ (23, 0.3%)

1 [23件] ない, ないぢ, ない含み, ない大金, ない奧齒, なく一つ, なく上り込ん, なく入, なく八五郎, なく利口者, なく字, なく小さい乍ら手入れ, なく急, なく權柄, なく此處, なく殿松, なく氣, なく汚れ腐つた, なく生得, なく良い聲, なく行屆, なく辛辣, 無く俎板

▼ 似~ (22, 0.3%)

4 ふもの 3 ひしもの

1 [15件] つたところ, つたもの, つて, つてる節, ひたるところ, ひに, ふそれ, ふてゐるなど, ふなだらか, ふ兩替, ふ所, ふ筋, へるところ, よった姿, よつて

▼ 似よりの~ (20, 0.3%)

2 ものは

1 [18件] ある伝承, ところが, ないもの, ない性質, ものさへ, もののみ, ものを, 事が, 品を, 店も, 影も, 心持を, 方面を, 点を, 者も, 船あし, 話は, 話を

▼ 似通つて~ (20, 0.3%)

4 ゐるの 3 ゐた

1 [13件] おる, やしません, ゐたから, ゐて, ゐる, ゐるが, ゐるやう, ゐる一人, ゐる中, ゐる事, ゐる点, ゐ時には, 居ない養家

▼ 似~ (19, 0.3%)

7 出來 2 入ります 1 あたしを, しきれなかつた, したいので, すぐに, 上手, 上手で, 上手です, 感ぜられた, 立証し得られる, 絵という

▼ 似而非~ (16, 0.2%)

3 の詩 2 なる禪讓

1 [11件] なるカザノヴァ, なる家族, なる氣, のもの, のレアリズム文学, の役人, の曖昧文学, の自然主義文化, の駄文学, ほうれんさ, 大作家ども

▼ 似~ (15, 0.2%)

2 が出, に團子, をし 1 でもしよう, で少し, で忙しく, で碁盤, のやう, もしなき, をいたしました, をした, をする

▼ 似てを~ (14, 0.2%)

6 ります 1 あれし子, りそれ, りと, りました, りまして, りますな, るかと, るから

▼ 似~ (12, 0.2%)

2 の史略 1 のある, のやりかけた, の學風, の目録學, の緯略, はすべて昔, はその, はよく, は經略, より後

▼ 似~ (12, 0.2%)

1 [12件] がある, の事, の事件有, の事件記載, の件, の品, の曲者, の無い, の物, の称, の記事有, の話

▼ 似かよ~ (10, 0.1%)

2 つたやう, つてゐる 1 つた共通點を, つた構造を, つた生活を, つてゐた, ひたるも, ひ候

▼ 似なんか~ (10, 0.1%)

4 して 1 しあがつて, したの, したんで, しようとは, すると, やり付けて

▼ 似~ (10, 0.1%)

1 いつたの, なったところ, なられて, なるの, よりて, 堪能だ, 就いて, 猿が, 生れたの, 精の

▼ 似てや~ (8, 0.1%)

2 しない, しないか 1 しないかと, しないこと, しないじゃ, しないよ

▼ 似よりを~ (7, 0.1%)

1 感ずるその, 持つて, 持つ不定代名詞, 此天皇は, 見いだすこと, 見せるの, 見出すこと

▼ 似~ (7, 0.1%)

2 かはしい 1 かはし, かはしく, かはぬ, かわしいの, かわしくさえ

▼ 似通つた所~ (7, 0.1%)

3 がある 2 がない, のある

▼ 似~ (7, 0.1%)

1 の手, の目, は畫, は首相加藤友三郎, をあんな, を寫す, を書き散らし

▼ 似たりとも~ (6, 0.1%)

1 いう, いふべき乎, 力は, 見るべけれ, 酷だ似たる, 鶏足に

▼ 似たりや~ (6, 0.1%)

4 似たり 1 古頭巾, 孤徽殿の

▼ 似~ (6, 0.1%)

2 雖も 1 なしたので, 何方が, 思つた次男は, 聾の

▼ 似より~ (6, 0.1%)

2 たる者だに 1 たる者あり, たる者を, とけぢめ, 下手人召捕りのせつ

▼ 似寄つて~ (6, 0.1%)

2 居るかと 1 ゐた, ゐる, 居らぬの, 居る

▼ 似而非者~ (6, 0.1%)

1 が五六人, が多い, だって云ってた, で御, と心得, に遇った

▼ 似~ (5, 0.1%)

1 お母さん似, そちは, どちらだろう, 温順し, 父似

▼ 似たりとて~ (5, 0.1%)

2 今は 1 この仇名, はた何, 豕之

▼ 似てなんか~ (5, 0.1%)

2 いないじゃ 1 いるもの, ゐないけど, ゐやしませんよ

▼ 似姿~ (5, 0.1%)

1 がここ, のうち, を, を目, を繪

▼ 似~ (5, 0.1%)

1 であらう, ではなく, といふもの, なの, に努め

▼ 似~ (5, 0.1%)

31 僧, 愁を

▼ 似~ (5, 0.1%)

2 のお 1 などもその, はどれ, を於通

▼ 似~ (5, 0.1%)

1 かはしいか知れませぬ, かはしかるべし, かはしき, かはしく, かわしい二人

▼ 似ざら~ (4, 0.1%)

2 まし 1 しめその, しめまい

▼ 似たりとか~ (4, 0.1%)

1 いったの, きみこぶしを, 云いますから, 紺色に

▼ 似ちゃ~ (4, 0.1%)

2 おりません 1 大変です, 居ませんか

▼ 似まで~ (4, 0.1%)

3 して 1 した

▼ 似~ (4, 0.1%)

1 大也桐, 微シク, 微シク団ク, 非ナル猿面冠者ハオノガ立身出世ノタメニハ

▼ 似而非芸術家~ (4, 0.1%)

2 と因襲 1 が創作, であります

▼ 似而非貞女~ (4, 0.1%)

1 から腐儒, であり信者, であり最も, という付札

▼ 似~ (4, 0.1%)

1 が任有亭, の住んだ, の若水, を以て古

▼ 似たりという~ (3, 0.0%)

1 そういう奴, のは, 詩が

▼ 似ちや~ (3, 0.0%)

1 ゐませんか, 居ません, 居ませんか

▼ 似ながら~ (3, 0.0%)

1 くって, げらげらと, 飛行自在なる

▼ 似などを~ (3, 0.0%)

1 した間, してを, 主として居る

▼ 似ばかり~ (3, 0.0%)

2 して 1 する

▼ 似~ (3, 0.0%)

1 ず, ず図々しい, ない色

▼ 似タリ~ (3, 0.0%)

1 但東山, 故ニ名ヅク, 煮テ食ウニ味

▼ 似タル~ (3, 0.0%)

1 故ニ其名ヲカリテ無花果ヲモイチヂクト云, 故ニ無花果ヲモイチヂクト云, 故ニ鶏項草ト名ク

▼ 似モダーニズム~ (3, 0.0%)

2 や反 1 でも反

▼ 似而非ニヒリズム~ (3, 0.0%)

1 との距離, のどちら, を或

▼ 似而非統制~ (3, 0.0%)

1 であるが, の積極的内容, は本来

▼ 似而非風流~ (3, 0.0%)

1 では, の売名, の歪める

▼ 似顏繪~ (3, 0.0%)

1 あの一種皮肉, と双六, やブロマイド等

▼ 似いつも~ (2, 0.0%)

2 はだしで

▼ 似~ (2, 0.0%)

1 したいうの, したに

▼ 似ずし~ (2, 0.0%)

1 て狐, て罪

▼ 似その~ (2, 0.0%)

1 中でも, 尾を

▼ 似たりといふ~ (2, 0.0%)

1 ことばを, なるに

▼ 似たりとの~ (2, 0.0%)

1 事を, 思し召

▼ 似だけは~ (2, 0.0%)

2 決してし

▼ 似てさえ~ (2, 0.0%)

1 いりゃ俺, いること

▼ 似てでも~ (2, 0.0%)

2 ゐるの

▼ 似とも~ (2, 0.0%)

1 いえようか, 受け取れた

▼ 似などは~ (2, 0.0%)

1 堂に, 思ひも

▼ 似また~ (2, 0.0%)

1 ある句, 梟にも

▼ 似~ (2, 0.0%)

1 たわけな, 三河屋の

▼ 似モダーニズム文学~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, に注目

▼ 似~ (2, 0.0%)

1 の知れぬ, も知れぬ

▼ 似~ (2, 0.0%)

1 せるより, せる点

▼ 似寄つたの~ (2, 0.0%)

1 が澤山, にチヨボクレ

▼ 似寄つた事~ (2, 0.0%)

1 があつ, をする

▼ 似~ (2, 0.0%)

2 は杉

▼ 似~ (2, 0.0%)

1 なの, 殊に主要

▼ 似田貝~ (2, 0.0%)

1 という部落, の村

▼ 似~ (2, 0.0%)

2 の赤裸々

▼ 似而非女~ (2, 0.0%)

1 の形骸, をあさる

▼ 似而非文人~ (2, 0.0%)

1 が, は曰く

▼ 似而非物~ (2, 0.0%)

1 である, では断じて

▼ 似而非科学者~ (2, 0.0%)

1 である, はいざ

▼ 似而非解釈~ (2, 0.0%)

1 という訳, といふ訳

▼ 似而非詩人~ (2, 0.0%)

1 である, の俳聖

▼ 似起居振舞~ (2, 0.0%)

1 はゆっくり, も寛

▼ 似通つた~ (2, 0.0%)

1 もので即ち, 多少の

▼1* [255件]

ある言葉は, 似かさえ判らず妹, 似びが, 似くらゐは, 似ささんと悪い, 似さしった人は結構, 似さんと欲す, 似しかそのかみの, 似しかも四面に, 似ずいと寂びたり, 似ずしぶりがちでしかも, 似そうもなかっ, 似たちひさ, 似たりしかどこの疑ひ, 似たりでせうか, 似たりとしてある, 似たりとのみ云ひ, 似たりとは青年が, 似たりなど云はんは, 似たりの失敗で, 似たりも似たり, 似たる木など目, 似だけでは, 似だけでもさせて, 似だけの理解に, 似ちゃあいないん, 似ちやアゐないが, 似ちょる, 似やない, 似つきで話した, 似つる子はなき, 似づらのよき, 似てから土佐日記等の, 似てこそありつれ, 似てさお前さんに, 似てなどかくは, 似てはをりますが, 似ではなかつた, 似でもして, 似ということについての, 似とを捨て去った水墨画, 似どこか戦線, 似さ過ぎる, 似などの意味は, 似においても優れて, 似はず若々しいが, 似ばかりもして, 似ばなしに松の木, 似は公家, 似むと願ひぬ, 似むのおもひ問はれし春, 似む事を求むる, 似む飮まで居るべし, 似ようはない, 似よりから觀る, 似よりがあるが, 似よりは見える, 似われすらなお, 似アカデミシャンの, 似両名比類ナキ働キノ旨, 似セマシタト云ッタラ兄ガ云ウニハナント是デモカレコレイウカト云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 似セ舞らしい, 似タリ腹ハ少シ長クシテ, 似タリ葉ハ細長披針形ニシテ先端, 似タリ葉末広シ, 似タリ足柄嶺ニテ見ルモ, 似タル危殆ヲ呈シ, 似タル者ナカリシハ開戰原因ヲ顧レバ明白ナリ, 似タル草浜ニ生ル也茎ノ百重アルナリ, 似タ痛ミガ激シク胸ヲ窄メツケタ, 似テイル髮ノ生, 似テ岐叉多ク刺モ, 似テ薄ク色浅シ蒂モ, 似テ螯ハ蟹ニ似タリ, 似テ香シ世ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, 似モダーニストや反, 似三池ふかく湛, 似は何で, 似上学的物理学的なる無辺, 似上秀吉的な色彩, 似甚害, 似両側に足, 似耶, 似の骨みなこれ, 似の子, 似信玄の智略, 似側栢蔵篋笥中或夾冊子内経歳, 似の大塔, 似児草莞爾に我と, 似出來る樣, 似名前が似, 似君子でなければ, 似商品を売る, 似四足あり足, 似を使っ, 似夜じゅう何か事, 似大きさ鯨の, 似降休祉, 似天地一沙鴎と杜甫, 似女房もかう, 似子供の衣服, 似孫王應麟の如く, 似寄つた中流階級の青年, 似寄つた儀式が中, 似寄つた先例まである, 似寄つた小姑の納, 似寄つた心情のもの, 似寄つた想像はとても, 似寄つた節がある, 似寄つた赤土水である, 似寄つた風俗のあつ, 似小唄一人芝居から品玉, 似左右の眼カメレオン同前別々, 似だねえ, 似後ろの二手, 似となり, 似という忠勇無双, 似点却つて卵の, 似描写風の仕事, 似の人, 似易く男の, 似の宵, 似も涼風, 似所得者, 似望雲人といへるさすが, 似朝雲無覓処, 似朱明澆薄之世, 似朽ち木を組ん, 似榮喜が處作, 似毛ムンジャ草のごとく, 似半扶花影上鞦韆, 似沈木のけむり, 似法言は諸子, 似てらア, 似漢繍衣之義, 似病蛙不耐奔, 似的写実風のもの, 似的対立に基く, 似はらん, 似眼元は母君, 似眼愁胡のご, 似碧形鶏に似る, 似秀吉と共通, 似秋月など, 似秋清風涼月掛檣頭夜来始認烟如帯即是亜羅比亜州, 似秋遺恨花期猶未到, 似はやめろ, 似絵師のことば, 似などもその, 似も昏, 似而文学者どもがいかに, 似而自由主義には欺, 似而非インテリジェンスなの, 似而非コルネイユがティリダート, 似而非シャトーブリアンがいた, 似而非ナツシユは勿論, 似而非ニヒルの中, 似而非ヒロイズムを呟き, 似而非マルクス主義者の代表的, 似而非マルシャンジーも出かかっ, 似而非予言者らは巧み, 似而非人物の似, 似而非使者は試験, 似而非侍とつきあう, 似而非信者であり異端者, 似而非俳人はない, 似而非優秀者らが一度, 似而非劇作家はこれ, 似而非同情の心, 似而非君子だ, 似而非大家にたいする感激崇拝, 似而非学者だと, 似而非実践家として見出された, 似而非怜悧の刻薄無情, 似而非思想家どもは太鼓, 似而非愛国者と無意識的, 似而非戦勝の名前, 似而非戯曲が傲然, 似而非政治家は食糧その他, 似而非文学者だと, 似而非日本である, 似而非日本主義の観, 似而非歴史小説は大, 似而非気取りを葉子, 似而非深刻の厭味, 似而非玄人の前, 似而非現実主義というもの, 似而非理屈とか云う, 似而非的ニヒリズム化から起きた, 似而非神職の説教, 似而非神職ら枯槁せぬ木, 似而非立憲政体であること, 似而非立憲的形態で軽く, 似而非童話を却つて, 似而非笑いをし, 似而非自治と云, 似而非自由がたえず, 似而非自由詩が根本的, 似而非芸術品がある, 似而非言論を鵜呑み, 似而非詩である, 似而非詩人どもに僕, 似而非説明の大きな, 似而非豪傑には或は, 似而非豪傑流の習慣, 似而非賢者何程のこと, 似而非贋造といったよう, 似而非通人のもつ, 似而非道学者の坂田, 似而非道徳と英雄的センチメンタリズム, 似而非道徳家もはおり, 似而非道義との戦ひであり, 似而非革命家らによって汚名, 似而非韻文である, 似而非風流人は一概に, 似而非高慢が世間, 似聲色の名人, 似能立ならむのみ, 似能立我に過ぎざる, 似より下, 似英語で海竜, 似を言つて, 似り手, 似足眞似が, 似は天地, 似近代の果物, 似通いを感じる, 似通つたところのない赤い, 似通つた叔父貴と, 似通つた味を持つ, 似通つた流行唄の文句, 似通つた無数のきのこ, 似通つた物である, 似通つた罵倒を浴せ, 似通つた要訣がある, 似通つた韻律を持ち, 似通つた香水の使用, 似通つた點がある, 似通ふたものが自分, 似通ふた不安の森, 似通ふところがある, 似酒人独酔之楽, 似螺水似, 似摩納が, 似陵戸もまた, 似雲法師の墓, 似顏人形もどうにか, 似顏國滿が吉原花盛, 似顏畫を落書, 似風采もあがらない, 似飛鳥竭き奔獣, 似香山放妓年, 似はさかしま, 似の卵, 似を学べ