青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~ ~云え 云え~ ~云っ
云っ~
~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ 云われた~ ~云われる 云われる~ ~互

「云っ~」 25945, 249ppm, 384位

▼ 云っ~ (21569, 83.1%)

689 いる 457 いるの 420 いた 131 いたが 125 いるが 120 いました 110 いるよう 108 彼は 107 笑った 94 よい 93 下さい 88 いたの 81 いい 79 くれ 78 居た 71 みれば 70 やった 66 自分の 63 いるん, 来た 61 みた, 来て 60 います, いること 59 居る 56 いるうち 55 くれた, 見れば 52 彼女は 50 いて 49 出て 48 いると, 私の 46 いるところ 45 私は 44 いいか, しまった 43 いましたが 42 しまえば 40 手を 37 居ります 35 いいだろう, 居るの 34 ごらん, それを 33 置いて 32 しまうと, 頭を 31 私を 29 いいの, 来る, 笑って 28 おいて, のけた, みろ 27 いるそう, やりました, 了え, 好い 26 いたそう, やって, よいの, 帰って 25 いるから, しまってから, 居りました, 栄二は 24 下すった, 来たの, 顔を 23 いたこと, おります 22 おくが, 立ちあがった 20 いたよ, いるので, おのぶ, よかった, 何か, 彼の, 私に 19 いたから, 女は, 急に, 涙を, 眼を, 立って 18 ごらんなさい, 首を 17 いたよう, いる人, いる間, くれと, よいか, よかろう, 何も, 私が 16 いましたよ, いるけれども, ました, 帰った, 来ると

15 [13件] いたん, いるとき, いるもの, おりました, くれれば, しまって, すぐに, ましたよ, 来たので, 此の, 甲斐は, 見た, 見ろ

14 [12件] いたもの, いますが, いらっしゃる, いる言葉, やったの, やる, ゐる, 居たが, 御覧, 微笑した, 父は, 肩を

13 い, いるとおり, 喜んで, 声を, 来ました, 立ち上った, 老人は, 聞かせて, 自分で

12 [23件] いいよう, いたのに, いない, いらしたこと, いるじゃ, いるのに, おこう, きた, しまえ, それが, ましたが, よこした, 二人は, 今度は, 代助, 好いだろう, 家を, 笑いながら, 腰を, 身を, 金を, 静かに, 頂戴

11 [15件] いいかも, いい位, いても, いますよ, いるに, しまったの, 僕の, 口を, 居たの, 持って, 来たん, 溜息を, 無理に, 見たり, 退けた

10 [19件] おく, くれるの, そこへ, それから, むやみに, やると, やれば, やろうと, 了う, 外へ, 居りますが, 居ると, 彼を, 御覧なさい, 悪ければ, 聞いて, 自分が, 自分を, 苦笑した

9 [28件] ある, いたじゃ, いたでしょう, いたと, いたので, いらしたよう, いるよ, おくれ, およこし, おりましたが, くれたが, くれたの, くれて, くれる, その人, それは, ますよ, やったん, 下さった, 両手を, 二人を, 人を, 去った, 好いか, 盃を, 目を, 立った, 非常に

8 [47件] あとは, あるの, いいもの, いたけれど, いたその, いたっけ, いたところ, いらっしゃること, いらっしゃるの, いるか, いるその, いる声, いる通り, これは, さぶ, しまいました, のけて, みたが, みたまえ, みて, やったわ, よいであろう, よこして, ナオミは, 下さいよ, 下されば, 例の, 僕を, 入って, 夫人は, 女の, 女中を, 娘は, 居ました, 居るが, 居る事, 彼女の, 来るの, 母は, 法水は, 男は, 矢代の, 笑い出した, 聞かせた, 見たが, 見ても, 見給え

7 [37件] いながら, いるという, いるとは, いるのよ, いるらしい, いる中, いる内, いる所, いる由, おきながら, おくん, おられるの, くれ給え, よろしい, ゐます, 七十郎は, 何を, 僕は, 叔父は, 奥へ, 好い位, 妙な, 差支えない, 床に, 手に, 来たこと, 笑ったが, 聞かして, 聞かせる, 胸を, 見ると, 言葉を, 話して, 話を, 酒を, 電話を, 騒いで

6 [87件] いいでしょう, いいほど, いたし, いましたから, いますから, いらしたの, いるだけ, いるでは, いる事, いる処, いる場合, おいた, おしの, お呉れ, きかなかった, きて, くる, くれたので, くれました, くれるな, こぼして, これも, しまおう, そこに, その手, みたり, みても, みると, やりたかった, やるから, やろう, よいほど, ら, 一人で, 一人の, 一切の, 三人の, 下さいな, 下さるの, 下すって, 主人は, 主翁, 久慈は, 之は, 二人が, 他の, 伸子は, 先に, 刀を, 半七, 可い, 右の, 呉れ, 呉れ給え, 喜兵衛は, 家に, 少しも, 居たと, 居て, 居る処, 岡田は, 彼に, 彼女が, 懐から, 手紙を, 来たが, 検事は, 次の, 特別に, 登は, 相手を, 眼の, 私も, 立ち上がった, 立とうと, 笑うの, 素子は, 聞かせても, 自分から, 自分は, 舌を, 見たまえ, 見ましょうか, 訊いた, 貰おうじゃ, 走って, 馬を

5 [107件] あるが, いいと, いたくらい, いた由, いら, いらしたわ, いるくらい, いるし, いる時, おきたいの, おたか, おやり, おられました, かよは, きかせて, ください, くれない, くれなかった, くれねえじゃあ, くれるが, くれると, くれるもの, くれる人, くれる者, これを, ごらんよ, しまうが, すまして, その男, たち去った, のけるの, ましたから, ましたね, ましたわ, ます, みたところ, みんなが, やったが, やっても, やらなければ, やりたいこと, やりたかったが, やるつもり, やるわ, よこしました, ゐた, ゐるの, 一つの, 一種の, 下さいました, 下さる, 下へ, 両手で, 之を, 二つの, 人に, 人の, 傍に, 光子は, 六兵衛は, 去定, 叔母は, 台所の, 唾を, 外に, 大きな声, 女を, 威張って, 家へ, 居るので, 居るん, 岡安は, 平気で, 彼女を, 後の, 心配し, 怒って, 憤慨し, 或る, 戸外へ, 時計を, 書いて, 来ても, 泣いた, 泣いて, 澄まして, 無暗に, 独りで, 矢代は, 立上った, 紳士は, 置いたの, 置くが, 置こう, 聞かした, 聞かせるが, 腹を, 膝を, 見た処, 賞めて, 足を, 逃げるよう, 連れて, 部屋を, 長屋の, 青年は, 頼んで

4 [182件] あげましょうか, あるから, いいであろう, いいん, いたがね, いたけれども, いたわ, いつまでも, いては, いやな, いらあ, いらした, いらしった, いらして, いらっしゃいます, いらっしゃるん, いるこの, いるぜ, いるだろう, いるとの, いるものの, いるわけ, いる人間, いる位, いれば, おいでだ, おきたいこと, おくれよ, おられる, おる, お前の, からかった, きかせた, きかないの, くれたこと, くれたまえ, くれたん, くれちゃ, くれても, くれないか, このまま, しまいます, しまったん, しまっては, そこの, そこを, その場, その日, のける, ましたぜ, ますぜ, みたの, みな, みる, みるの, みろと, みんなの, やれ, やろうかと, よこしたん, よろこんで, わたしの, んのよ, 丁寧に, 下さいませんか, 与平は, 主人の, 二人の, 云って, 仕舞った, 休之, 伸子を, 何の, 信一は, 倉なあ, 倒れる, 元の, 兄の, 先生は, 出たん, 別れた, 前へ, 勝手に, 千世子の, 反対する, 同じよう, 名刺を, 吾, 呉れた, 和助は, 喜んだ, 困って, 坐って, 大声で, 夫が, 女中は, 妻は, 妾を, 嬉しそう, 子供を, 安心し, 宗助は, 宜しい, 室を, 居られた, 居られるが, 居りましたろう, 居るのに, 居るよう, 己の, 幸子は, 座を, 座敷へ, 廊下へ, 御呉れ, 必要な, 悦んで, 懐中から, 戸を, 教えて, 断って, 断わって, 机の, 来い, 来たと, 来たもの, 来ないの, 来れば, 東京の, 柚木は, 椅子から, 検事が, 横に, 正直に, 歩いて, 歩く, 気を, 泣く, 清吉は, 済まなかった, 渡した, 煙管を, 熱心に, 片手で, 男の, 益満は, 直ぐに, 相手に, 相手の, 秀之進は, 立ち上ると, 立ち去った, 立派な, 笑いました, 笑う, 紙を, 絶対に, 置いたのに, 置かなければ, 置きましょう, 置く, 老婆は, 耳を, 聞かせると, 聞くと, 腕を, 自分も, 良い, 行った, 見て, 説明した, 貰いたかった, 貰うの, 買って, 這入って, 重吉は, 長者は, 門を, 降りて, 障子を, 隣の, 鼻を

3 [327件] あげる, あげるわ, あった, あとを, あるん, いいくらい, いいこと, いたって, いたのよ, いたものの, いたらしい, いたろう, いた事が, いた人, いた処, いた彼, いますね, いやがる, いやしない, いらっしゃいました, いられます, いられるの, いるかも, いるけれど, いるそれ, いるよりも, いる次第, いる点, いる男, いる私, いる者, いる連中, おきたい, おきたいと, おきましょう, おすえは, およう, おられた, お前は, お梅, お玉は, お茶を, お辞儀を, かえして, きかすよう, きかせるの, きかせるよう, きかないん, くるの, くるりと, くれたから, くれたもん, くれないの, くれなかったの, くれましたが, くれるなと, くれるので, くんな, ここで, これが, ごまかそうと, ごらんと, さし出した, さわいで, しずかに, しまいには, しまう, しまうか, しまわないうち, しまわなければ, その本, それに, それには, ただの, てよ, とめて, ふところから, ほかの, ぼくの, ますが, みましょうか, みよう, みるが, もとは, もらいましょう, もらうこと, やったこと, やったよ, やめました, やるが, やること, やるの, やんで, よいくらい, よいだろう, よいでしょう, よいと, よい位, よくその, よこしたの, よろしいの, らしたわ, らっしゃるの, わたくしが, ゐました, んだ, んの, ニヤリと, ハッと, ポケットから, 一通の, 上って, 下さいと, 下さったの, 下さらなかったの, 下さること, 下さると, 不思議そうに, 久慈の, 了った, 二人で, 二階へ, 人間の, 今の, 今まで, 仕様が, 他を, 伴れ, 伸子の, 体を, 何でも, 何と, 余の, 余を, 俯向いた, 俺を, 僕が, 先へ, 凡ての, 出かけて, 出して, 出たの, 前の, 医者は, 千代子の, 口惜しがった, 叮嚀に, 右手に, 呉れと, 呻いた, 呼びに, 呼んで, 善かろう, 嚇か, 四人の, 変な, 外の, 多くの, 大に, 大事に, 夫婦の, 奥さんは, 奥の, 女から, 女が, 女中が, 女中に, 女中の, 好いの, 妙に, 妹の, 妻に, 姉は, 孔子は, 安心させ, 客の, 家の, 小八, 居たけれ共, 居た事, 居ても, 居ながら, 居ます, 居ること, 居る中, 居る人, 居る所, 居間へ, 岡村は, 岡村君は, 差支ない, 己は, 帰した, 帰して, 帰ったが, 帰りました, 平五, 幹太郎は, 床の, 引っくり, 彼が, 彼らは, 後を, 得意に, 微笑んだ, 怒った, 急いで, 恒雄は, 愉快そうに, 意味あり, 感嘆した, 感心し, 慰めて, 憤慨した, 我輩の, 承知しない, 振り返った, 敬太郎の, 文学を, 新らしい, 新井君は, 暇を, 本を, 村上は, 来た人, 来た時, 来た由, 来ない, 来なかった, 来や, 来られる, 来るもの, 来るよう, 来るん, 来る人, 東屋氏は, 松田は, 栄蔵は, 桃色の, 歎いた, 歩きだした, 母を, 気が, 気に, 気軽に, 水を, 河内介が, 泣きだした, 洋服の, 涙に, 清七は, 渡して, 無闇に, 父が, 父に, 父の, 片づけること, 片手を, 田原さんは, 町の, 皆で, 皆な, 皆に, 皆を, 眉を, 看護婦を, 真面目な, 眼で, 知って, 社会の, 祖母に, 秀子は, 秀麿は, 私と, 私達は, 科学の, 窓から, 笑いに, 笑ったの, 笑顔を, 紙に, 細君は, 終ったらどう, 置いた方, 置きたい, 置くこと, 聞かせるの, 背中の, 膝の, 膳の, 自分に, 自然科学の, 苦い顔, 茂次は, 茶を, 蔭で, 薄笑いを, 藤吉は, 行って, 袂を, 被居, 褒めて, 要介, 見たところ, 見ました, 見るが, 訪ねて, 許して, 話の, 説明し, 誰も, 警部は, 貰って, 軽く頭, 迎えに, 返して, 返辞を, 逃げて, 鍵を, 隼人は, 雨の, 電話が, 非難される, 非難する, 頷いた, 髪を, 黙って

2 [1002件 抜粋] あいつを, あげても, あげようか, あたりを, あなたの, あのとき, あると, あるので, ある筈, いいかと, いいなら, いいわけ, いそいそと, いたか, いたな, いた事を, いた時, いた連中, いつでも, いないこと, いなかったから, いましたか, いましたぜ, いましたもの, いますがね, いますと, いやまだ, いらしたので, いらした分, いらっしゃるその, いられた, いられないから, いられねえ, いるかと, いるって, いるなどという, いるば, いるほど, いるより, いるらしいん, いる事実, いる大きな, いる様, いる程, いる話, いろいろに, うん, おいたので, おいでですよ, おかねば, おきます, おくこと, おくの, おくれでない, おけ, おこうと, おすえ, おった, おみの, おらたちは, おりますから, おりますよ, お上げ, お光, お前を, お土産, お島, お母さんは, お石, お祈りした, お紅, お蝶, お豊, かえって行った, かすかに, かみさんは, かれは, きかせました, きっぱりと, きまり悪, くだされば, くると, くれおれ, くれたけれども, くれたためし, くれたり, くれた人, くれては, くれないと, くれないん, くれぬ, くれます, くれること, くれるよう, ここに, ここへ, こちらの, こちらを, この二人, この規定, こぼした, しまいましょう, しまうこと, しまえよ, しまおうと, しまったり, しまった私, しまわないん, じっとこちら, すすめた, すたすたと, そうだ, そうなけれ, そのあたり, そのワケ, その夜, その歌, その訳, その金, それぞれの, それまで, そんな, そんな事, だまって, ちょうだい, ついて, でしたが, どうする, どこか, どこへ, にっこり笑った, はいって, はしゃいで, びっくりし, ぶらぶらし, ほめて, ほろりと, ぼんやりした, ましたがね, ましたし, まず自分, またぱッ, まるで小さな, みたいの, みようか, みろのぶ公, みんなに, むこうの, もう一つ, もって, もらいたい, もらいたいもの, もらおう, やったそう, やったので, やったら邪, やった方, やぶにらみして, やりたいよう, やりましたがね, やりましたよ, やります, やるよ, やれなかったどうして, やろうか, よいやら, よくお, よこしたこと, よこした由, らしてよ, らア, わざわざ知らせ, ゐたが, ゐましたが, イエは, カラカラと, ガラスの, ソヴェトの, テーブルの, ベッドから, モスク, 一切を, 一度に, 一所に, 一枚の, 一緒に, 三十郎の, 三日に, 下さいそう, 下さいます, 下さらなくっちゃ, 下さるん, 下女を, 不安そうに, 不思議がってる, 両腕, 主水, 之が, 九兵衛は, 事が, 二と, 二階の, 互いに頷き, 人が, 人情を, 今すぐ, 今井は, 仕事を, 他人の, 会釈し, 佐吉は, 何に, 何処へ, 何気なさそう, 侍女を, 俯向い, 倉なあこはくす, 倒れると, 元気よく, 兄は, 八端の, 兵部は, 写真を, 凝と, 出かける, 出たが, 出掛けて, 分れた, 判断が, 別れて, 勘定を, 勝平は, 区別する, 医者を, 千代子は, 千鶴子の, 卓子の, 卯平は, 原稿を, 又おこる, 叔母さんが, 受取った, 口籠った, 右手の, 名も, 君は, 呉れないの, 周囲の, 咎める, 唯物論を, 問題に, 嘲笑った, 器量は, 四辺を, 困るよ, 国経は, 坐り私, 墨染の, 売って, 多田刑事は, 夢中に, 大へん気味, 大切な, 大笑, 太息を, 女に, 女房の, 好かろう, 妙子の, 妻の, 姥は, 娘の, 婦人は, 嬉しがる, 孔子の, 学校を, 定まったところ, 宜道, 客に, 寝ころんで, 寧ろ私, 寺尾は, 小夜子サンを, 小歌が, 少年の, 居たこと, 居ますから, 居られました, 居られる, 居りましたから, 居るうち, 居るぜ, 居る様, 居れば, 山之, 巖ちゃんは, 左の, 差支えあるまい, 己に, 己れ, 席を, 帰りましたが, 平八は, 年は, 幸太は, 幸山船長は, 広い方, 店の, 座に, 廻って, 引っ張って, 役場を, 彼女に, 彼等は, 後は, 後ろから, 御米, 心の, 応じなかった, 怖がって, 悄気て, 悪いところ, 感心した, 懐いて, 我が子, 戸の, 承知し, 指を, 振返った, 捨てては, 探偵は, 攻撃し, 散々に, 文化の, 断った, 断られた, 斯う, 新十郎, 方々から, 旦那の, 昂軒は, 普通の, 曰く, 最後の, 木村は, 本当にすまなかった, 来, 来たって, 来たよ, 来てるん, 来ましたか, 来ましたの, 来るだろうから, 杯を, 松の, 栄二の, 案内に, 椅子を, 横から, 機嫌よく, 歎い, 止めても, 此処まで, 歩きだしたが, 死んで, 母親が, 氏は, 民弥を, 決してその, 泣き出した, 注意し, 浜田は, 涙ぐんで, 清一は, 済ますこと, 満洲, 滝人は, 火の, 無理やりに, 煙草の, 父親の, 片っ端から, 片方の, 玄関を, 瑠璃光丸が, 用も, 田の, 男に, 町役場へ, 皆の, 直ぐにも, 真面目に, 着物を, 矢代を, 砂糖の, 祖母は, 私について, 空を, 窓の, 立ちあがったとき, 立ちかけようと, 立ち止まった, 立停った, 竹の, 笑ったそう, 笑った先輩, 笑われた, 笛を, 筆者は, 糸を, 紹介された, 紹介した, 終え, 結局は, 置いたが, 置きたいの, 置きます, 置き度, 美奈子は, 老人の, 老女は, 老師は, 聞かせながら, 聞かせました, 聞かせるよう, 聞かなければ, 肩に, 胸の, 脇に, 腰掛の, 自分だけ, 自動車から, 自然科学と, 興味の, 色んな男, 苦笑する, 英子は, 草履を, 薬を, 藤十郎は, 行くん, 行こうと, 衣兜から, 表向きに, 袖に, 裏の, 襖を, 西洋人は, 西郷が, 見たいと, 見たらどう, 見ようと, 親の, 訊いて, 話した話, 誘って, 誤魔化して, 誰でも, 貞之助は, 責めた, 貰えば, 跛を, 軍医は, 軽蔑するだろう, 辞退しました, 近所の, 迫った, 逆に, 途方に, 過ぎて, 遣った, 部下の, 部屋へ, 金の, 金包を, 長は, 阿母, 降参した, 隣りの, 青年の, 非難した, 面白そう, 頂きたい, 頂戴ねえ, 頬を, 頭に, 頸を, 頼んだ, 額を, 顔で, 風の, 飛び出して, 飯も, 馬鹿に, 駈けて, 騒いだ, 騒ぐの, 驚いて, 驚く, 鳥の

1 [9216件 抜粋] あ, あげなければ, あたかも神月君, あって, あの小屋, あまったれて, ありますが, ある通り, あんまり緊張, いい加減な, いきなりシュール, いけなければ, いたくは, いたであろうな, いたら居合わせた土地, いた北園竜子, いた彼女, いた色んな, いったん関田町, いない気, いますとさ, いらしたけれど, いらっしゃいな, いらっしゃるよ, いられるお, いるかという, いるため, いるね, いるタイムズ, いる余り, いる土地, いる弁, いる暇, いる看守, いる記事, いる青年, うまく誤魔化し, おいた一つ, おきたいん, おくれお, おく必要, おちづといっしょに寮, おなかは, おられたそう, おりうは, おること, お倉, お前昨夜髪を, お墓, お延, お涌, お葉, お願いいたす, かたくなに, からから笑いました, きかした通りさ, きかぬので, きっと眼, くださいますから, くれお祖父さん, くれたのに, くれという, くれましたけれど, くれるけれど, くれる友人, くれ給い, けなして, こぞって此, このままいつ, この家, この点, この高原, これらの, ごしゃぐような, さげすむよう, さまで別人, しおらしく眼, しきりに父母, しばらく口, しまうよ, しまった形, しまわんうち, じゃさよう, すぐ席, すごして, すでに明らか, せっかく叔母, そうである, そこは, そっと座, そのまま書き続けた, その例, その壮, その後から, その構え, その空車, その隙, それから教育, それでもって, それ程この, ただあちらこちら, たらしいこと, ちょうだいよ, ちらりと傍ら, つと顔, では, とにかく僕ら, どうしてあんなに講釈, どこからか, どんなにお, なかなか帰らなかった, なにか剛, にやにやした, のけた方, はじめて豊か, ひどいけんまく, ひょいと顔, ふと見向いた, べったり坐り込ん, ほめること, まことに驚い, ますか, またぼんやり, また先, また浅葱, また賞め, まだ洋服, まんざら愉し, みたけれど, みな何か, みろとか, むずかしい不満, もう一度林, もしゃばの, もらいたい一ノ関, もらわないと, やったとも, やったン, やはり自然発生, やりたいそう, やりましても, やるほか, やんな, よいその小さな, ようやく酒, よければ, よこした方, よろこぶなり, らしたでしょう, らアわざと, わざわざ医局, わなわな慄, アキ子と, イタリア人と, オールを, キョトキョト眼を, コートを, ジロジロと, チョッキリ一パイ持っ, ドッカと, ノルマルな, バッハオーフェンの, ビールの, プッつり話を, ボトボトと, マルクス主義的, ライラックの, 一つ蚊帳を, 一刀流では, 一寸男, 一応今, 一日ね, 一束も, 一組だけ, 一馬先生矢代先生それに, 三人は, 三界宿なし, 上り込んで, 下さいほか, 下さったけれど, 下さるだろうと, 下腹へ, 不断の, 与之助から, 両眼, 中村に, 主張する, 乗った, 亀重君はかぶりを, 事情を, 二人し, 二十間四方は, 二階を, 五両と, 井深君の, 人なつっこい, 仁蔵に, 今年の, 今更帰伏, 仕方が, 他領, 休みました, 伸子に, 佐藤義範の, 何処の, 作家である, 便って, 信念として, 借りて, 僕自身の, 兄弟子たちにも, 先生や, 全く大いに喜ぶべき, 公然と, 其の日, 内に, 再びそれ, 冴えた瞳, 凱旋し, 出たぎり帰って, 出生と, 刑事は, 別に何, 別れたロマーシ, 前かけかける, 助右衛門の, 勝次郎は, 北海道へ, 十二歳の, 十日間も, 半ば跳ね起きた, 単に思考, 原始社会の, 又ねました, 又家, 又西洋間, 反対した, 取り合わなかった, 受取らず帰って, 召上った, 叱りつけました, 号令に, 同じ仲間, 向うへ, 呉れこの, 呉れます若い, 呉んねえな, 命に, 唯搗き, 喜んだ事, 嘆息された, 嚇かす, 四十五です, 困ると, 土瓶の, 坐った芸妓, 塾を, 売り歩いたもの, 夕日を, 夜の, 大きな文学者, 大人たちは, 大変な, 大沼に, 大鉞, 太刀の, 奈良原到, 女性の, 好い僕, 妹を, 威勢よく, 婆アも, 嬢次様が, 学問性を, 安らかな, 実に七面倒臭, 宮廷医ベルスの, 家財の, 寄宿舎に, 寒中夜の, 寝間着の, 小さいみかん, 小刀には, 小枝が, 小野田との, 少し疑っ, 居たし, 居た母, 居やんした五八, 居りましたら終, 居るけれど, 居る僧侶, 居る際, 山に, 岡村君に, 左側の, 差別されます, 市ケ谷へ, 帰しまする, 帰る気, 平和論者を, 幸子が, 庄三郎を, 康平さんは, 弁当箱を, 引っこん, 引込んで, 強制的に, 当時の, 彼にも, 往来なかで, 後生大事に, 御座ったが, 御門の, 心で, 必要だろう, 忽ちに問題, 思うとおり, 恐がらせたり, 恵心は, 悲観的でしょう, 愚にも, 慌ただしく横, 憤慨し出した, 戯れかかると, 扇屋の, 手提袋から, 批判に, 折たたみ, 押入を, 拾号の, 挨拶も, 捜して, 推重なった, 擽ぐったそうに私, 放って, 教へて, 文化主義乃至, 斧田と, 断わろうと, 新宿へ, 旗下の, 日本服を, 早く行っ, 星宮学士が, 時候の, 暗に今生, 曖昧なら, 曾参は, 朝は, 本屋の, 来い願掛け, 来たよう, 来ないから, 来ました時, 来られると, 杭を, 板倉の, 柿丘よりも, 框へ, 棒立ちに, 楽器を, 横の, 次右衛門さん, 止めた, 此の前に, 歩きたい, 死ぬ者, 殴られる台処働き, 母屋から, 氏子総代の, 気色ばんで, 江州彦根在の, 決して民間, 河村さんへ, 泣かせて, 泰さんは, 浅草今戸の, 淀橋太郎と, 済まないが, 測定者が, 滅茶苦茶に, 濁酒に, 無名の, 無雑作, 熊さんは, 父親に, 物憂そう, 狂気の, 獅子や, 現在それ等は, 生きながらの, 田舎の, 申し訳が, 異常な, 病身そうな, 白い紙, 皆は, 盛んに, 直にあの, 相異なる, 真逆, 睨みつけたが, 短刀を, 硯を, 祈って, 秀ちゃんの, 秋山宇一が, 穴が, 突返し, 立ち上り, 立ったまま, 端然と会釈, 笑い騒ぐのに, 笑った重吉, 笹の, 篤の, 紅茶を, 素早く指先, 組合せた両, 続けざまに, 縮緬の, 置いた通り充分, 置くだ二人, 罵倒する, 義一は, 考えて, 聞かしたそう, 聞かせたら血, 聞かせる母, 聴かすの, 肯かない男, 能役者とは, 腰の, 自分一人だけ, 自身では, 船夫たちは, 良助, 花子とは, 若い女, 苦しがっ, 茶屋の, 菅原通人の, 葉書が, 藜の, 蠅を, 行くまもなく, 衣物も, 裏では, 西田哲学の, 見たいよう, 見ましょう, 見る片端, 覗き込んだ, 角屋主従は, 託した, 評したの, 話した怪談, 誘い引き連れて, 誰かが, 諸科学, 譲歩する, 貪るよう, 貰い泣きを, 買い被られたもの, 賞美する, 赤瀬は, 足跡なし, 躍り上った始末, 軽く吐息, 迂闊な, 返し戦う, 退けたの, 逃げだし子供役者, 透を, 通読しなかった, 遅刻しない, 達引き, 遣ろうと, 酒などを, 野狐禅めいた, 釣殿へ, 錦や, 長火鉢の, 間接の, 除けて, 隠れ場所は, 雨戸を, 青年紳士は, 面白かった, 項垂れて, 頤で, 頼まれたそう, 顱巻を, 食べのこりの, 養父の, 駒井さんは, 驚くほど, 鬱いじまって, 黒い小粒

▼ 云っても~ (2855, 11.0%)

56 いい 41 それは 35 いいだろう, よい 32 好い 29 よかった 26 いい位 19 よいの 18 いいの, 過言では 14 私は 12 いいかも 11 自分の 10 いいが, 仕方が 9 い, それが, 何も, 差支ない 8 いいと, よかろう, 之は, 之を, 云い過ぎでは, 夫は 7 よい程, 併し, 可い, 好い位, 彼の 6 これは, 同じこと, 宜い, 差支えない, 誰も 5 いいくらい, 仕様が, 好いかも, 彼女は, 色々の, 黙って

4 [18件] いいでしょう, いいもの, いい程, お前は, その中, ただの, どこか, よいくらい, よいほどに, よいよう, よい位, 例の, 僕は, 女は, 少しも, 日本の, 自分が, 駄目だ

3 [34件] あなたは, いいほどの, いいよう, いい位い, しかるべきもの, それを, つまりは, むだだ, よいが, よいほど, よさそう, 一つの, 二つの, 二人の, 人を, 今の, 何の, 何を, 別に, 同じ事, 哲学の, 大したこと, 好いが, 好いだろう, 好いよう, 好い程, 承知しない, 普通の, 母は, 無駄だ, 相手は, 私の, 返事も, 過言でない

2 [107件] あなた方には, いいかしら, いいくらいに, いいくらいの, いいくれえだ, いいであろう, いいほど, いいほどに, いいん, いけないよ, お上さんは, きかなかった, ここは, ここらの, この俺, この家, これが, これも, しようがない, しようがないだろう, そうな, その場, その意味, その頃, それに, それほどの, だめだ, むかしは, もう秋, よいかも, よいだろう, よろしい, わたしは, タカの, ブルジョア的な, 一向私, 一番よく, 世間で, 中, 主人が, 之に, 事実の, 云いすぎでは, 今では, 今度は, 仕事を, 他の, 例えば或, 信じて, 僅かに, 其は, 可さそう, 向うは, 吾, 増さんは, 夏の, 好いくらい, 好いの, 好かろう, 妾としては, 子供の, 学問の, 安い金, 完全な, 宜いが, 実際は, 実際上, 差し支, 差し支えは, 差支えないの, 差支えは, 当らない, 当然この, 彼女の, 性質から, 旧式な, 本当の, 構いません, 構わない, 此の, 殆ん, 決してそんな, 決して誇張, 無理だ, 現実に, 生きて, 田舎の, 由々しい誤謬, 男の, 病気の, 碌な, 私が, 私と, 私も, 私達は, 科学に, 科学の, 精, 良いの, 良かった, 色々ある, 言葉の, 誇張では, 誤って, 謂わば, 遊廓が, 馬を

1 [1922件 抜粋] ああも, あなたなぜ, あのきみ, あの時, あの背景, あまり下さらない, あれこれの, あんまりよい, いいかい, いいじゃあねえか, いいなどと, いいわけ, いい幸坊, いい男前, いい言葉, いい食う, いくら埋め, いずれも, いつも夫, いられないから, うかつな, おしげは, おって, おまはん, おりと, お兄様, お前たちが, お宅さん, お春, お祖父さんが, お金を, きかないで, ききません, けっして取り合っ, ここで, この, この人たち, この天文, この窃盗, この言葉自身, これから準備, これという, こんなにまで, こんな社会, さすがに, しまいにはもう, すぐ様大衆, すべてが, ぜひとも久満子, そういう順序, そう云う, そこには, その, そのすべて, その個人, その制止, その取締り, その実, その幸運, その時, その理論, その眼, その神様, その結び付き, その規定, その進歩, それぞれの, それには, それ等の, そんなに突飛, た, たしかに訴え, ただ大きく, たった一つ, だから近世, だめよ, ちょうど十二三, つまりただ一つ, とりわけ変, どうしても聞かず, どこかの, どっちでも, なかなかきかない, なかなか承知, ねえが, はじめてで, ふ, ほかの, ほんの一とき, まあ似た, まさか縁起, またとない縁, まだ, まだまだ国, まだ七ツ半, まだ冬, まだ安房, まだ霙, みた, むむそう, もうこんなに弱く, もう五十, もう及ばない, もう金, もし理論, もとから, ものの, やって, やっぱり泥棒, やはり同じ, やめて, よいかな, よいであろう, よいなら, よい景色, よい若い警官, よく冷淡, よしとうてい, よその, よろしい余輩, わからないの, わざといい, アトリエか, エーレンシュレーゲル譲りの, ゴオゴリの, ザラザラザラと, タカが, チャンプルーである, ドイツのは, ピアノの, ブレーキの, ムルナウは, ラジオ放送が, ロシアには, 一人は, 一切合切伊集院の, 一層子供, 一方に, 一様で, 一等ガッカリ, 一般的に, 七分通りは, 七度五分でした, 万病に, 三十分ぐらい, 上らず垣根, 下宿の, 不条理で, 不都合は, 世界有数の, 両国の, 両者の, 丸善と, 久々で, 九月だ, 事実だろう, 事情を, 二三寸の, 二匹が, 二十歳ばかりの, 云い免れるだけの, 云い過ぎる心配, 云える, 云わなくとも, 五六尺積った, 交際嫌いでは, 亦少く, 人々は, 人の, 人生は, 人間自身の, 今さかえ, 今は, 今思い出し, 今日まで, 他人に, 伊之助さんさえ, 伝蔵は, 体重も, 何かの, 何とか一言, 何分暗かっ, 余所の, 作者にとっては, 例えば数学, 便利である, 信用し, 俺には, 偶然な, 僕等二人の, 元来精神的, 兄弟だ, 先生の, 入って, 八月である, 六文の, 共通な, 其処は, 内の人は, 再び繰り返すだろう, 凡ての, 出る気, 出版物としての, 分らないと, 分りゃア, 初めは, 判らなくなった, 別に之, 別に悪い, 別に苦しむ, 制動機の, 劇場当事者の, 動坂へは, 勿論一方, 十の, 十二時は, 十日の, 半分眠っ, 単に地方的, 単に食える, 印象批評が, 又, 又その, 又学問, 又真個, 取りかえしの, 取り替えは, 叙述されたる, 口惜しく敵, 只オイソレ, 只棒, 可かった, 右内が, 同情は, 名許, 味から, 唯物論の, 問題の, 喉の, 嘘と, 四年ぶりで, 困りますが, 国家, 地主や, 堂々たる官衙, 場所とか, 境遇の, 外では, 多寡の, 大きい意味, 大した古い, 大丈夫かね, 大人は, 大地が, 大将は, 大船と, 天下これ以上の, 太て, 奈良の, 女だ, 女の, 女一人で, 好いじゃ, 好いほどに, 好い彼, 好もしい, 妻には, 姫様の, 婦人という, 子供だ, 孝之進は, 学問は, 学生の, 官の, 定めし不, 宜しい彼, 実はむしろ, 実は司法権, 実は本家, 実意の, 実際には, 家では, 容易な, 寒いところ, 対象が, 専門家は, 小作人達は, 小池を, 少ないという, 尤もだった, 山と, 工場に, 差しつかえないが, 差支ありますまい, 差支えないほど, 差支は, 己には, 師匠殺しの, 平和の, 平生なら, 年齢ようやく, 幾百万の, 広場の, 強ち, 当人の, 当然マターファ, 形式張らない, 彼ぐらいの, 彼女へだけは, 往来である, 徒に贅沢, 御制度, 心外である, 必ずしも受け容れられない, 忘れると, 思想の, 性的な, 恥かしくない, 恵まれて, 悪くは, 意味の, 愚かな, 憎かろう, 我が生み, 我鬼まで, 所詮は, 所謂新聞紙に, 手真似である, 承知できねえ, 拳闘や, 指でも, 捕り方, 政党は, 教科書類の, 文化, 斑鳩嶽の, 斯んな, 新蔵の, 旅人の, 日本では, 旦那に, 明日が, 昔は, 是の, 曖昧な, 最早しめた, 有れば, 木戸の, 本妻と, 本来民族的に, 本間教子の, 来ないのよ, 果合を, 格別大した, 棚も, 楽しい心, 構わず押しかけて, 構わん宇宙, 機械的な, 歌ったの, 正味執筆し, 此人の, 武芸に, 歴史哲学からの, 母の, 毎晩一定量の, 気が, 水ほど, 池の, 決してその, 決して上手, 決して古来, 決して民衆, 決して簡単, 決して開け, 法則の, 浴衣の, 清七の, 満洲, 演者としては, 炭塵に, 無理である, 無論云わ, 無論普通, 熊沢氏の, 父親さえも, 物理学の, 特に秘密, 犬養を, 現代人には, 現実問題として, 琵琶湖は, 甚五衛門は, 生物学的な, 由々しき問題, 男が, 画面的に, 疑問の, 百人近く集った, 監督で, 目的は, 直に立つ, 直観は, 相当の, 相手の, 真冬の, 眼と, 矢島局の, 知らない顔, 知れたこと, 知覚的に, 社会に, 社会政策の, 社大, 神子が, 私だけは, 科長や, 程度が, 穴に, 空間の, 空間自体の, 笑って, 箱の, 粗生, 系統立て, 純粋小説の, 結局, 結局海では, 絵画は, 綿入りの, 美くしい, 美奈子は, 翼の, 耳を, 聞かない, 聞かなかった, 聴かないと, 聴き入れなかった, 肝臓や, 脆いもの, 膨大な, 自分たちが, 自然と, 自身その, 船長の, 色々な, 芳子さんである, 若者達は, 藪から, 行く先が, 袷の, 要するに絶対, 見たもの, 親母は, 角太郎を, 言葉を, 誇張じゃ, 誰が, 論理です, 諸科学, 警察へ, 豚箱に, 貫禄から, 貴君に, 買物が, 賞めて, 赤岳の, 足利なら, 身分には, 辰馬が, 近代科学の, 返事を, 返辞一つしない, 逃げまわって, 通俗小説の, 逼って, 遊び馴れた, 過言でなかった, 道徳上から, 遠い江戸時代, 鄙びた感じ, 酔醒め, 野蛮でなく, 金の, 鍋から, 長期の, 附けさせなかったクールバタイユ, 隣家の, 雪が, 雪子の, 非転向, 頭から, 風変りの, 食品ち, 馬が, 馬鹿には, 駄目の, 高が, 鯛こそは, 黒い瞳

▼ 云っては~ (415, 1.6%)

10 いけない 6 いけません 4 いけないという, いるが 3 いかん, いけないと, いけないん, いたが, 困りますよ, 困る, 悪いが

2 [24件] いけないよ, いけませんよ, いない, おかしいが, ない, ならない, ならないと, ならぬ, ならぬこと, ならぬと, なんだ, 他の, 低くお辞儀, 僕の, 可笑しいけれども, 困りますね, 困るよ, 大ゲサ, 失礼だ, 失礼です, 居たけれ共, 済みませんが, 言葉が, 間違に

1 [322件] あいつを, あとで, あの張り, あまり飛躍, あらかた金, ありません, ありませんが, ありゃしないが, あるいはよろしく, いかがだ, いかんよ, いかん何, いかん極, いがみ合い不, いくらも, いけないから, いけないこんな, いけないぜ, いけないその, いけないぞ, いけないであろうか, いけない事, いけない人, いけない気, いけない治って, いけない玄一郎, いけない筈, いけなかった, いけなかったん, いけねえ若旦那, いけません早く, いつまでも, いつも品夫, いて, いても, いないという, いないなと, いないの, いないよ, いない侯, いなかったのに, いやよ, いられない, いられないので, いられないん, いられない絵師, いられなくなった, おっかさんが, おわかり, お久, お園, お天気, お昼頃大きな, お蓮, お鉢の, お隣家, かえって解らなくなる, からかった, からかったり, くれたが, くれないの, くれなかった, くれなかったん, くれますが, くれる鼻薬, この場合, さしあげませんでしたわ, さし上げる, さぞさ, さながらお, しないと, しなかったか, しなかったかい, しばらく遊ん, すぐこんぐらかる, すでに語弊, すまないが, すまないけれど, その場, その外, その度, その短い, その蚊帳, それからが, それを, ただ書棚, ただ罪人, だめだ, つごうが, ないが, ないし, ないん, なかった, なげくの, ならないし, ならないもの, ならないやっぱり, ならぬぞと, ならぬという, ならぬよ, ならぬ事, ならん, ならんぞ, ならんよ, なりません, なりませんあなた, なりませんその, なりませんそれ, なりません早く, なるまい, なんだか野球, にやにや笑う, ひどい攻撃, またぼんやり, みたものの, みなよく, もともと酒, もはや和子, やさしく肱, わざと二人, ア何でも, キリが, 一人前の, 一寸法師の, 一度も, 下さいませんお, 下さらぬか, 下さりますまい, 不可ません, 久留米絣の, 二人交, 云い方, 人を, 人間の, 今彼を, 休んでばかり, 何か, 何だ, 何にも, 何も, 何んにも, 何一つない, 余計いけない, 依怙, 兄さんが, 兄達を, 充分で, 其の頃, 処きらわず, 出かけた, 出かける, 出来ませんが, 出稽古が, 分らん気, 別な, 別に, 別にございませぬ, 別段に, 勿体ない, 十六に, 却って患者, 又日延べ, 口惜しいから, 只一人宴会帰りの, 只住み慣れない, 可け, 可哀そうであろう, 可笑しいが, 叱り門前, 右の, 同年代の, 名高い禅寺, 呉れるが, 哲学の, 唯掌大, 喧嘩を, 困ったな, 困りますな, 困ります私, 困るお前さん, 困るこれ, 困るねえ, 困る是非承知, 困る此様, 夢ほどにも, 大きな口, 大した給金, 大変失礼です, 大袈裟だ, 天井か, 失敬だ, 失礼かも, 奥州の, 女を, 妻を, 娘の, 嫌がる, 嬉しそう, 子供を, 実に一度, 実に自分一人, 家に, 寝台から, 小女にまで, 小犬を, 少しおかしい, 居られない, 居られぬの, 屋根屋の, 帰れねえ, 常に二人, 幾度も, 当らないかも, 当らない西日, 当らぬかも, 彼は, 御亡くなり, 御無沙汰の, 怒鳴ったり, 悪いか, 悪いかも, 悪いけれども, 悪いだろう, 愚図つい, 愧しい, 成りません, 成りません何, 打ったり, 抜身の, 抱いて, 数える程, 日本の, 日本酒の, 昔の, 時々思い出した, 時代違いの, 暴れて, 有名な, 有難がったもの, 来たが, 来ません, 格別頭に, 梯子の, 権田時介が, 正一の, 気に, 決して感じ, 泣いた, 泣きそう, 涙を, 済せない, 済まされない, 済まされないだろう, 済まされないので, 済ませないので, 済まない, 済まないじゃ, 済みませんけれども, 渦を, 無い, 無理か, 片づかない筈, 物も, 犬を, 申訳が, 畑の, 病気が, 痛みそこ, 皆に, 目を, 相すまんが, 相済まん, 着換えの, 矢代にも, 矢張り憂鬱に, 矯激に, 硝子だけ, 私を, 秘かな, 笑い合って, 笑い御, 笑い御飯, 笑う, 笑わせる, 箱の, 絶壁と, 縁が, 罵って, 肩を, 脅かされた, 脊中を, 腐っちまう人間, 自分ながら, 自分の, 自分一人の, 茶々を, 菜の, 親類や, 討死し, 詞が, 話に, 語弊が, 説明する, 貞之進に, 赤い顔, 身贔屓に, 達磨を, 違うかも, 都合の, 酒ばかり, 酒を, 酷かも, 里方から, 間違いかも, 障子襖を, 面倒だ, 食い満腹満足, 食い物で, 駄目でございます, 黒ずんだ歯, 黙った, 鼻に

▼ 云ったって~ (329, 1.3%)

64 仕方が, 誰が 3 おめ, それは, 仕様が, 仕様がねえ, 何も, 構わないじゃ

2 [13件] いいじゃ, ちゃんと種, 僕は, 初まら, 君に, 宜い, 実は対称, 日本は, 杉の, 無理です, 自分の, 駄目だ, 駄目です

1 [271件] ああいう, あたしたちきっと, あたしに, ありきたりの, あんなふう, いいだろう, いいでしょう, いいよ, いいん, いうじゃ, いかねえお前, いくらか性格, いけないいろんな, いろいろと, うそかと, うまくいく, おかしくは, おれは, おんなじ事, お伴に, お前さんは, お前さん休みも, お前さん酷い, お前には, お家を, お母さん, お繼, かまや, かまわないけれ共, かまわないし, かまわないサ, かように, からっきしだめ, かんかん虫手合い, きゃつ, きょうかと, きらいと, こ, こうまで, こけんに, このまま堅気, この戦争, この決心, この通り, こんな大きな村, しようがねえ, じっとりいたします, ずっと離れ, そうかと, そう咄嗟, そう帰る, そう手っとり早く, そう無造作, そう簡単, そのとき, その他人, それだけ公平, だめだ, とどのつまり男, とにかく何万, どうしても遂に出来ないらしい, どうせ文士, どうなる, なかなか聞く, はじまらず黙って, はじまらないと, まだ一度, まだ二十日前, まだ日, むろん船長, もうその, もうだめ, もう仕, もう断っ, もう駄目, もとよりとまる, やっぱりねえ, やっぱり自分, やはりこの, やはり寄附金, やはり恰好, やめに, やろうと, ゆとりから, よいじゃ, わからない, わからねえもっと, わかるもん, わずか二十秒, ウチの, サクレツする, デンガクなどという, ドンドン小作争議, フランスは, 一つも, 一人の, 一文だって, 一生ミスでも, 三十位にも, 三日すれ, 上っ皮が, 下の, 世界の, 丹下左膳現代版に, 事実な, 二十前の, 云ってるん, 云わないだって, 五郎十郎で, 人が, 人は, 人間だ, 人間ひと皮剥け, 今から, 今の, 今日誠実を, 今時分こ, 今朝は, 伸子と, 何が, 何を, 何処か, 何故私, 俺れ, 俺等の, 僕には, 僕の, 元来坐り, 全くどうも失礼, 出たいん, 出来ぬこと, 出来ねえ相談, 出来は, 出来ませんよ, 出来る事, 分からないかも, 分りませんよ, 別に珍, 別段用心, 剣ぐらいは, 労働者街も, 可い, 叶わねえ事, 同じです, 向に, 君僕自身精神病院で, 君加代子は, 問題に, 売り手が, 外国旅行は, 大きな顔, 大丈夫だ, 大地主, 大変だ, 大金持, 女は, 好いじゃ, 好い様, 始まらないこと, 始まらない事, 始まらねえ, 始まらねえこれから, 始まりようが, 始まるもん, 宜え, 実際においては, 小供, 少しも, 少し苦笑, 差支ない, 帰って, 帰る内, 平地と, 平手さんには, 年が, 年は, 当人が, 役には, 役にゃ, 役に立たん其の, 心もちの, 必ず女, 忘れたかい, 怒らないから, 恩義に, 悪いには, 感情は, 所謂社会主義だって, 手前が, 手品の, 手拭一つしぼっ, 承知しやしません, 新聞雑誌みんな念入りに, 日本で, 旦那が, 旦那様も, 早いの, 是が, 是非必要, 普通の, 木下家の, 本場という, 本当な, 本職な, 本職は, 来やしないわよ, 構いませんが, 構うもの, 構や, 歌唄い, 正々堂々と, 正代と, 毎朝来, 気が, 気狂は, 沢山ある, 涙金です, 深夜山林の, 滅多に, 無理だ, 無理である, 無理な, 爵位なんぞが, 用意の, 痛いも, 直ぐに, 直ぐ置い, 相対的な, 相手は, 矢っ, 知って, 知らないもの, 知らん顔を, 私等は, 私達の, 立派に, 素直に, 経営で, 結局今の, 結局豚の, 聞いて, 聞えないから, 聞えも, 聞きっこない, 聴くもの, 自分で, 自慢にゃ, 花柳地の, 西洋じゃ, 見えは, 見おぼえの, 覚えて, 角力に, 話に, 誰も, 誰を, 請人という, 警官の, 貰う訳, 貴下, 貴女だって, 追つかない, 都会の, 鋤焼などは, 阿部も, 際限が, 隠すの, 駄目かも, 駄目で, 駄目よ, 驚ろかない

▼ 云ったり~ (267, 1.0%)

70 した 28 して 11 したり 9 する 8 するの 4 したが, すると, 書いたり, 為たり 3 したこと, したの, すること, 仕たり 2 さらさら鳴っ, しない限り, するので, するもん, する事, する様子, 云はれ, 手を, 笑ったり

1 [95件] いろいろあてつけ, いろいろで, いろいろ聞く, かなりまちまち, こねたり, この天気, ごぼ, したとき, した人, した樗牛, しては, しても, しなけりゃならないよ, しました, します, するであろうか, するところ, するよう, するらしいから, するん, する人間, する時, する様, する者, する酔って, する間, ずいぶん変, その間, それから後, それに, だけれどもネと, なんかすると, また, またあらかじめ, またお, また帰りがけ, また自分ひとり, やったり, わざと冷淡, オミアシお, チャンポンに, 一緒に, 二十四円だ, 二階に, 云ったり, 亭主風を, 人の, 六ちゃんの, 出来ないこと, 別の, 叫びを, 君と, 呼びかけたり, 失恋し, 平和を, 廻ったり, 悪戯を, 或る, 折々せき, 指の, 掛物を, 昨夜眠らなかっ, 時と, 森へ, 歌を, 正月の, 気焔を, 水道が, 泣いたり, 泣き声を, 活動だって, 甚だしいの, 甚だしく陰陽, 番頭や, 病気が, 相手を, 矛盾した, 私の, 稽古を, 笑い交わし, 終った仕事, 考えたり, 自分は, 草の, 要りも, 親子の, 詰らながったり, 足を, 酒を, 雁が, 雑誌へ, 雑誌を, 面目のう, 髪の毛や, 鼻唄を

▼ 云っちゃ~ (180, 0.7%)

22 いけない 9 いけないよ, アいけない 8 いけねえ 7 いかん 6 アいけ 5 いけません, アいけません 3 なんです, ア困る, 困るよ, 変です

2 [11件] いけないぜ, いけないって, いけないん, いけませんよ, アなら, 何です, 失敬だ, 失礼かも, 失礼です, 飲んだ, 駄目です

1 [75件] あたしを, あの騒い, あまり心持, いかんぞ, いかんよ, いけないかも, いけないと, いけない僕, いけない間違い, いけなくって, いけなくッ, いけねえぜ, いけません大江山さん, いないわ, いないわよ, いませんよ, いやよと, いられない, いられないぞ, いられねえ, いられねえよう, おられん遠慮, お姉さま, ちと当りません, なかった, ならないよ, なんだ, ァ不可, アいけないや, アいけねえ, アおどろく, アから, アな, ア不可ねえ, ア些と, ア分らねえ, ア化の, ア名高い, ア困ります, ア己がに, ア彼の, ア成りません, ア気の毒だ, ア済まない, ア済みません, ア済みや, ア盗人仲間へ, ア貸す, ダメよ, 一層不, 不可ない, 不可ません, 何も, 余り変, 兄弟の, 取りつきどころ, 可哀そうです, 可笑い, 可笑しいが, 困りますよ, 困る, 変だ, 失礼に, 嫌だ, 居られませんからね, 悪いかも, 悪いわよ, 意味が, 戦争は, 根気よく, 相済まない, 竜爪山へでも, 言葉が, 語弊が, 駄目な

▼ 云ってから~ (134, 0.5%)

6 今度は 4 彼は, 法水は 3 急に 2 お兼, これは, 彼女は, 後は, 栄二は

1 [107件] あらためて首, おすぎはなんとつかず, お前を, お島, かれの, この栖方, これでは, さぶ, されるより, しばらく言葉, すそを, そのとき, その店, それが, それで御, ちょっと意気, ちらと, でなければ, とよの話を, ふいと, ふと傍, ふと僧, ふと電燈, ふと頭, またこく, またべったり, またテーブル, また由吉, また黙っ, まわりに, もう一度少将, フォークに, ルキーンに, レヴェズの, 一寸日本, 三人を, 両人へ, 久慈の, 久慈は, 二三日前の, 二人の, 五六日は, 京一郎の, 今井は, 何と, 何卒これ, 侍女を, 信一郎は, 信玄袋が, 僕たちを, 僕を, 内へ, 励ますよう, 又暫く, 又署長たち, 召使に, 右の, 和助は, 囘龍は, 垂幕を, 堂の, 女は, 容れ物, 小田は, 崖の, 庭の, 強い調子, 形を, 彼に, 懶気, 改めて, 新らしく, 明日時間は, 朔郎に, 杏丸に, 検事を, 次に私たち, 毎日ここから, 漂流した, 熊城は, 牡丹の, 由良を, 登は, 白い赤味, 白娘子の, 真紀子と, 眼を, 碁盤を, 私に, 私を, 突然, 突然彼, 笊の, 笑った, 箸を, 考えた, 胡瓜もみを, 自分も, 菓子を, 行者は, 規矩男に, 言葉を, 話しました, 賊どもを, 越尾は, 重ねて, 間の

▼ 云ってや~ (47, 0.2%)

7 がる 5 がるの 4 がるん 3 がるんだい 2 しない, しないよ

1 [24件] あがる, あがるんで, がった, がったから, がったくせ, がったぜ, がったん, がら, がらあ, がら自分で, がるいって, がるなに, がるんで, がる本当に, がんだい, がんだい蛍め, しないか, しないじゃ, しないわ, しなかったかい, しなかったの, はるさかえ, アがる, ッつける

▼ 云っちゃあ~ (45, 0.2%)

4 済まねえが 3 なんだ 2 ならないと, なんなかっ, 悪いが

1 [32件] いけない, いけないおれ, いけないの, いけないわかったな, いけないん, いけない耳, いけねえ, いじめたん, いられない, いられねえ, いられません, しようがない, ならねえぜ, ならねえぞ, なんです, 一度捕えられ, 不可ません, 何う, 何だ, 何です, 厭だ, 困る, 困るね, 変だ, 失礼だ, 少しウヌ, 役者稼業は, 悪いかも, 悪いん, 裾の, 酷かも, 面倒だ

▼ 云ってね~ (22, 0.1%)

1 [22件] あの女, おだてたり, お前の, お前縁日の, この山, その勢, その後しばらく, その御, ふふん, 其の時私, 出来なかったから, 可愛相に, 四五日前から, 大失敗, 天狗様も, 始終首, 広がって, 枕許へ, 気に入った処, 英国人で, 親父様は, 願掛え

▼ 云っ~ (12, 0.0%)

4 くれよ 1 いしたかの, きゃあ喜ぶだろう, くだから, くれ, くれあの, くれえ, しまいなさい, オくれ

▼ 云ってさえ~ (9, 0.0%)

1 くれなければね, くれれば, もう少しは, 上げる人, 人間論者の, 既に最も社会的普遍性, 益々ジャーナリズム, 粗末極まる, 美が

▼ 云ってに~ (5, 0.0%)

2 やっと笑った 1 こ, こと顔を, ゅッと

▼ 云っちょ~ (4, 0.0%)

1 かにゃだから, こうこう云っ, る, るの

▼ 云ってな~ (4, 0.0%)

1 どっかり知らぬ, ア妙に, 三反ばかり, 船で

▼ 云っただ~ (3, 0.0%)

2 いまでも 1 殿さまの

▼ 云ってさ~ (3, 0.0%)

1 アそれに, 程落胆した, 自分の

▼ 云ってでも~ (3, 0.0%)

3 いるよう

▼ 云ってと~ (2, 0.0%)

1 がめも, ッとと

▼ 云っての~ (2, 0.0%)

1 ことで, 問題と

▼ 云ってばかり~ (2, 0.0%)

1 いるの, いるもん

▼ 云ってもよ~ (2, 0.0%)

1 ござんすか, ござんすがね

▼ 云ってよ~ (2, 0.0%)

1 なにか心配, 若頭梁いまごろ妾宅

▼1* [29件]

云っこなしに御し, 云ったってとかでもとか, 云ったってにこ, 云ったっても決して恥かしく, 云ったりなどする, 云ったりなんぞして, 云ったりはするけれど, 云ったりよはその晩, 云っちやって電報, 云ってか千代子は, 云ってからとぼとぼと片足, 云ってからにして, 云ってからは長者の, 云ってからもまたのべつ, 云ってさえも大して有力, 云ってとかまるでワケ, 云ってとにも角にも, 云ってともよの運んで, 云ってなあちゃんが, 云ってにが笑いを, 云ってねたり起きたり, 云ってねーほんとうに, 云ってまで借りに, 云ってもからだや, 云ってもへのたしにも, 云ってやらにゃいけない, 云ってんだい, 云ってナ春の, 云ってネお案じ