青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伸子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子
伸子~
~似 似~ ~似た 似た~ 佃~ 但し~ ~位 位~ ~位置 位置~

「伸子~」 10279, 111ppm, 961位

▼ 伸子~ (4463, 43.4%)

90 自分の 39 それを 38 自分が 26 モスク 24 思った 23 素子の 19 そこに 17 そのとき 16 多計代 15 佃の, 素子に 14 素子と 13 自分に 12 それに, 彼の 11 一つの, 保の, 急に, 父の, 顔を 10 それが, 何となし 9 そのこと, 何か, 感じた, 熱心に, 黙って 8 いそいで, これまで, そう思った, 思い出した, 知って, 自分も, 蜂谷の 7 その人, 枕の, 母の, 気が, 気を, 眼を, 笑った, 素子を

6 [15件] だまって, びっくりした, アストージェンカの, テーブルの, 云った, 佃と, 佃に, 反射的に, 夫の, 彼が, 日本の, 父と, 目を, 笑い出した, 考えた

5 [17件] その時, それらの, ソヴェトの, パリへ, ホテルの, ミス, 両手で, 体が, 動坂の, 動坂へ, 心の, 感じるの, 手を, 母が, 理解した, 立って, 言葉に

4 [44件] しばらくだまっ, しんから, そこを, その声, その言葉, そんなこと, デスクの, パリで, 一人で, 不意に, 二人の, 佃が, 何と, 何を, 半分ふざけ, 唇を, 夫が, 女として, 子供の, 小説を, 山上元の, 当惑した, 彼を, 思うの, 急いで, 新聞を, 机の, 母と, 母に, 涙が, 父に, 現在の, 異様な, 素子が, 縁側に, 考えて, 胸の, 自分たちの, 自分を, 興味を, 蜂谷良作と, 蜂谷良作に, 須美子の, 首を

3 [83件] いつまでも, いつもの, いやな, うちに, おとよ, おどろいた, くりかえして, このこと, このひと, この部屋, こわかった, しばらくそこ, そういうこと, そういう風, そうも, そうやっ, そう思っ, そこが, そこの, その写真, その場, その小説, その日, その本, それで, ぞっとした, はじめてその, まざまざと, また, パリの, ベッドに, ベッドの, ベルネの, ベレーを, 一種の, 不安に, 久しぶりで, 体の, 保が, 保に, 冗談の, 和一郎の, 変な, 変に, 外套を, 夜の, 妙な, 子供らしい, 室へ, 川辺みさ子が, 帰って, 彼と, 彼に, 彼女の, 心に, 心ひそかに, 思いも, 思わず, 思わずその, 息を, 手紙を, 本気に, 椅子から, 涙を, 真面目に, 窓の, 笑って, 答えた, 紙の, 素子から, 考えるの, 自分で, 自分という, 自分は, 自然な, 複雑な, 親たちの, 足を, 身を, 途方に, 非常に, 頭を, 驚いて

2 [246件] ある日, あれから, あんまり父, いつだった, いまの, いまは, うちの, うれしさ, おかしがっ, かさねて, きいた, きいて, きき耳, きくよう, きまりわるい, きまりわるく, くるりと, こうやっ, こっくりと, こまった, こまって, こみ上げて, これまでの, しみじみと, そういうところ, そういう保, そういう場合, そういう素子, そう云った, そう思い, そう思う, そう決心, そう理解, そこへ, そのくだり, そのひと, そのよう, そのわき, その中, その光景, その前, その夜, その字, その情景, その文句, その新聞社, その看護婦, その窓, その評論, その辺, その雰囲気, そばで, それから, それにも, それは, そんな場合, ちっとも知らなかった, つや子に, つや子を, どういう風, どうした, どうする, どこかで, のどが, はっきりした, はっとした, ひとことも, ひとりで, ひる前, びっくりし, ふっくりした, ふとユーモラス, ふと妙, ほんとうに, ほんとの, ぼんやり, ぼんやりと, またそう, またその, また不思議, まだその, まだモスク, むらむらと, もう一つ, もとより自分, もどかしげ, ものを, やっぱり自分, ゆっくりと, よかった, よろこんで, ウィーンで, ウメ子に, エレーナに, カーテンを, ダンネベルグ夫人と, テーブルを, トゥウェルスカヤの, ドアを, パッサージ, ピオニェールの, ペレールの, ロシア語の, 一度ならず, 一日の, 一緒に, 三保の, 不思議な, 不愉快に, 予想も, 亢奮し, 人の, 今も, 今夜の, 他の, 伸子として, 伸子の, 佃との, 佃を, 佐保子に, 体を, 何かの, 何かを, 何が, 何とも云え, 何の, 何心なく, 例によって, 俄に, 保に対する, 入って, 公園の, 六畳の, 勇気を, 単純に, 名状し, 和一郎が, 唇の, 声に, 夫も, 好奇心を, 家を, 寄宿舎の, 寝台の, 小声で, 小走りに, 少しずつ, 少年の, 山上元が, 弟の, 当惑し, 彼から, 待ちかねて, 心が, 心づいた, 心を, 思いがけなさ, 思いくらべた, 思い出したの, 思わずかけ, 思わず笑った, 怪しみながら, 怪しんだ, 息の, 悲しさ, 悲しそう, 意外な, 意識し, 愛情から, 感情を, 或る, 抵抗を, 日本に, 時計を, 最後の, 本能的に, 東京からの, 枕に, 枕もとの, 椅子の, 歩きながら, 気づいた, 気の, 沈黙し, 法水を, 津山進治郎に, 涙ぐんだ, 温室を, 父が, 独りで, 玄関へ, 現実に, 用心ぶ, 白い猿, 目の, 目的の, 直接法に, 直覚した, 眼に, 秋の, 窓を, 立派な, 笑いだした, 笑いながら, 簡単に, 素直に, 老人が, 考えに, 耳を, 肩を, 腋の下が, 腑に, 膝の, 膝頭が, 自分たちが, 自分たちを, 自分と, 自分について, 自分達の, 苦しくなった, 苦しげ, 藤原威夫の, 蜂谷に, 蜂谷を, 蜂谷良作の, 衝撃を, 訊いた, 話を, 語学の, 赤坂へ, 足早に, 躊らわ, 部屋に, 部屋の, 長椅子の, 陰気な, 電話を, 露台の, 須美子に, 頭が, 顔が, 食堂へ, 駭き, 麻の, 黙った, 鼻の

1 [2766件 抜粋] М, あいまいに, あこがれに, あと, あのころ, あの毬藻, あまり云われる, ありえないという, ある午後, ある程度まで, あわてて, あんな小憎らしい, あんまり意外, いきなり座席, いくつもの, いくらか声, いたたまれないよう, いった, いつか雑誌で, いつの間にか再び自分, いつもより普通, いつも眼, いとしく感じた, いまでも, いま素子の, いよいよおどろき, いろいろな, うけて, うっとりと, うれしい, おかしかった, おさえて, おだやかに, おどろく心持, おぼつかない言葉, お手洗い, かけおりて, かたとき, がっかりした, きっぱりした, きまりわるかっ, ぎくりとし, くりかえし異様, けさホテルを, こういうこと, こう書い, こせこせ心遣いを, このごろ直接多, このモグモグビクビク, この女, この時ドーリヤ, この見もの, この間じゅう縁側に, こまかい本文, これまでに, こわくて, こんなにモスク, さきに, さっきから, さてと途方, しかたなく, しっとりした, しばらくぼんやり, しまったと, じっとその, じっと見送った, すぐつづけ, すぐ答えられなかった, すこし話題, ずいぶんいろいろの, せつない表情, そういうことば, そういう事件, そういう心, そういう社会, そういった, そうして開かれる, そう思えなかった, そう答えた, そこでゴーリキイ, そっとデスク, そっと素子, そのころ佃, そのとき座敷, そのひととおりフランス, そのハガキ, その不意, その傑, その動機, その同じ店, その変化, その大学, その少年たち, その後も, その手紙, その正面玄関, その犬, その瞬間, その絵, その蟻, その談話, その隅っこ, その頸, それでもやっぱり, それに対して, それ以上云わなかった, そろそろ自分, そんなふう, たえがたかった, ただ一人, たのしみに, だまったまま眼, だんだん考え, ちっとも自分, ちょっと愚痴, ちょっと黙っ, つい云い渋った, つきささるよう, つづけた, つまり自分, てっきり埠頭, とことんの, とまったタクシー, どういう人達, どうし, どうしても自分, どこでも, どっちにも, どんなに心, なお堪らない, なぜとも, なるたけ蜂谷以外, ねたきり, はじめから, はじめて真面目, はたちの, はっきり多, ひきつけられた, ひとことひとこと区切っ, ひとりでに活溌, ひどく自然, ふいと, ふっとある, ふっと笑い出した, ふとん, ふと和一郎, ふらふらと, ぶらぶら歩い, ほとんどあどけない, ほとんど笑わず, ほんとにそう思っ, ぼんやり云い出された, まごついた表情, ますます落着けなくなった, またロシア語, また困った, また視点, まだ揃えてなかった, まるで彫像, みぞおちの, むしろ悦ん, めずらしくすこし, もうナターシャ, もう忘れ, もしかしたら, もっともっとたくさん, ものすごいスピード, やがていい, やがて外套, やっとほっとした, やっと愚か, やっぱりこの, やっぱり窮極, やや荒れ, ゆったりおさまっ, よく意味, わかりにくい, わきへ, わりに和らいだ, アベードの, ウメ子の, カウンターに, ガーリンの, クラマールの, ゴーリキイに, シャンゼリゼーと, スーツ, セピアに, ソヴェト社会と, テリアの, デスクに, ドアから, ナターシャが, ノックが, ノートし, ハンド, パンフレットで, ピンの, ベルを, ペレールへ, ホテルを, マダム・ラゴンデールの, ミスという, モツァルトを, リボン一巻と, レーニングラードという, ロマン・ロランの, ヴェルダンという, 一二度小戻りし, 一人一人に, 一層しばしばアンナ・シーモヴァ, 一層残酷, 一層複雑, 一昨年から, 一生懸命に, 一般の, 丁度来合せた, 万世橋まで, 三十歳に, 上りが, 下宿の, 不可抗力に, 不思議にも, 不自然でない, 両眼, 中国女学生の, 予期し, 二三日たった, 二十七歳に, 二時間ばかり, 二間続きの, 五月三日づけ, 人に, 今その, 今を, 今阪部に, 以前から, 伸子らしく, 低くうめいた, 体じ, 何からも, 何だか胸, 何となく満ち足りない, 何に, 作品に関してまで, 侘しく感じた, 信頼に, 偶然一九一七年から, 僅かの, 優しく, 先ず夫, 全くの, 全然自分, 公憤を, 再度の, 冷静な, 出窓に, 列の, 初めて理解, 別な, 前後かまわず, 努力した, 動こうと, 勢いづいて, 十一時前に, 午後出席した, 半分冗談に, 却って彼, 又ほだされた, 反語的に, 口辺を, 台所の, 合点した, 同感し, 呟いた, 和一郎と, 喉が, 喋り出す, 四年ばかり, 困ったが, 国境駅の, 圧搾され, 壁に, 夕飯に, 外套の, 夢中で, 大丸を, 大学の, 天井を, 夫との, 夫人の, 女の, 女学校の, 妙に, 娘として, 子の, 実にユーモア, 実感を, 室を, 家に, 寂しそう, 寛いだいい, 寸刻も, 小さい自分, 小枝について, 少しこわい, 少し歩い, 屈んで, 崔さんを, 已むを, 席を, 平野の, 年月は, 広場を, 座席の, 引越しに, 当時思っ, 従妹達と, 心からそう言っ, 心持よく, 忘れないの, 念入りに, 思いがけずおと, 思いがけない親しみ, 思いに, 思うとおり, 思わずかけよった, 思わずほほ笑んだ, 思わず並んで, 思わず息, 思わず片方, 思わず苦笑, 怪訝に, 恐慌という, 息苦しく声, 悲しい気, 悲しく苦しいの, 悲哀を, 意気地な, 愛嬌の, 感動から, 憂鬱に, 我とも, 我知らず亢奮した, 扉を, 手術を, 批評的に, 抵抗しない, 挨拶が, 改めてどこ, 教則本を, 斜に, 新しく鋭く人生, 既にいい加減参っ, 日暮れ近く, 日本語で, 日頃忘れ, 早川閑次郎らしい, 昔の, 時々その, 時間つぶしに, 暗い格子, 暗闇の, 暫く話, 最後に, 期待と, 本を, 机に, 枕元の, 格別急ぎも, 検温器を, 楽しかった, 次第におこった, 歎き, 歩き歩き読んで, 段々さっぱりし, 母親に, 毎朝の, 気のりが, 気疲れが, 永い間, 汗ばむよう, 沈んだ気持, 泣きたくなった頬, 泰造の, 津山進治郎から, 流れる汗, 涙ぐみながら, 涙も, 深い顫慄, 渋い辛うじて, 溜息を, 漠然と恐怖, 激情を, 烈しい母, 無視した, 煙に, 父達の, 独り部屋に, 玄関から, 珍しく今日, 生きたいの, 生存の, 男物の, 疚しさ, 病的に, 白いブラウス, 白い花, 皮肉そうに, 直ぐ立っ, 相変らず, 相手の, 真剣に, 真面目な, 眺めるの, 着物を, 瞬間何と, 知らなかった, 短いノオト, 確信が, 社会認識の, 神経質に, 空しくかけまわった, 突然弾, 窓際を, 竹村が, 第二, 約束の, 紙面全体に, 素子に対して, 紫羽織の, 経済の, 緒言の, 美しいと, 老人や, 考えつづけた, 考え沈んで, 肩で, 背後が, 腰かけから, 膝かけを, 自分だけしか, 自分ひとりで, 自分ら二人の, 自然そういう, 船へ, 苦々しく痛む, 苦しかった, 苦笑した, 茶を, 荷物の, 蒸しずしを, 藤原威夫が, 蜂谷良作を, 行先に, 表面明るい, 襖を, 見かねた, 見舞に, 視線を, 親の, 言葉すく, 訳が, 説明した, 誰とともに, 譜と, 貪るよう, 赤い傘, 起された, 踏台を, 身の, 軍事的な, 軽く頭, 迎えに, 返事した, 逆光で, 違い棚の, 避けたい気持, 部屋着の, 重く大きい海老茶木綿, 野沢の, 鈍い恐怖, 鋼鉄の, 長い午睡, 門番の, 阪部が, 階下の, 隣室へ, 雨に, 電報を, 露台から, 面白いと, 頁を, 頭で, 顔も, 食事の, 馬鹿馬鹿しいという, 高い顫, 鴨居に, 黒と

▼ 伸子~ (1685, 16.4%)

57 心に 31 手を 30 顔を 28 心の 27 心を 16 ために, 心は 14 心には 12 眼の 11 ところへ, 方へ, 顔の 10 前に, 腕を 9 いうこと, 目に, 顔に 8 ところから, 生活の 7 ような, 上に, 室に, 方を, 父の, 胸に, 視線が 6 体の, 感情に, 方は, 病室の, 目の, 胸を

5 [13件] こころに, ところに, わきに, ベッドの, 体が, 体を, 全身を, 室の, 心が, 方に, 眼に, 眼を, 耳に

4 [21件] こころもちは, こころを, なかに, ハンド, 体は, 女の, 室へ, 手に, 手の, 机の, 様子を, 気分が, 気持を, 生の, 病室へ, 目には, 目を, 眼は, 視線は, 言葉を, 記憶に

3 [35件] いまの, うけた衝撃, かけて, ところからは, デスクの, 全心, 内に, 印象に, 唇から, 声に, 心から, 心と, 心にも, 意識の, 感情の, 感情は, 感情を, 手もとを, 方から, 気持が, 気持には, 注意を, 目が, 瞳に, 瞳の, 立って, 精神を, 肩に, 語学の, 身の, 部屋さがし, 頭に, 頭の, 頸に, 顔つきを

2 [89件] きもち, こころは, こころもちと, すぐわき, すること, そのこころもち, そばへ, なかには, ほかに, またいとこ, もって, モスク, 一般的な, 上から, 上へ, 下宿の, 両手を, 云うこと, 云ったこと, 住んで, 体ご, 健康を, 先に, 全存在, 内部に, 前の, 前を, 口元を, 唇が, 場合には, 失神に, 姿を, 室は, 室を, 小説を, 後について, 心持が, 心持は, 心持を, 感じから, 感じて, 感情が, 感覚が, 感覚に, 感覚の, 手の甲を, 手紙を, 指は, 文体は, 方が, 旅費の, 気分を, 理解が, 理解は, 生活に, 生活は, 病室に, 眼からは, 眼と, 知って, 神経を, 答えは, 精神に, 精神の, 耳の, 肢態を, 胆嚢と, 背後で, 胸には, 胸の, 行動を, 見て, 視線を, 言葉が, 言葉で, 訊問を, 記憶の, 話は, 話を, 身体に, 過去の, 部屋に, 関心を, 頬に, 額に, 顔が, 顔は, 顔や, 魂を

1 [841件 抜粋] あいてに, あとを, あと自分も, いちばん心やすい, いるこちら側, いるの, いるケンシントン, いるヴェランダ, いる室, いる隅, いわゆる, うかつさは, うかつさを, うけた社会的存在, うけとる金, うけもちに, うしろの, うちの, うらがえされた恥辱感, おさまって, おどろいたの, おどろきが, おもざし, かいたこと, かくたよりに, かけた座席, かたわらには, かぶって, からだの, かんは, がらんと空虚, ききかたを, ぐるりに, こういう連想, こころが, こころの, こころもちの, こだわりに, ことわろうと, ごときは, ごとき犯人, ささやきに, さっぱりした, すぐ前, すぐ背後, すべきこと, するべきこと, そういう云い, そういう感じかた, そういう感情, そとに, そのこだわり, その不安, その奇妙, その感情, その気分, その理解, その苦悩, その話, その話しぶり, そんな誘い, ためと, ためなら, つきたい点, つき合って, ときには, ところへも, となりから, となりに, とりなしの, どこか, どこかで, なりは, ぬれて, ねて, のって, のむ粉薬, はげしい情熱, はらはらする, ひかれて, ひまな, ふっくりした, ほか誰も, まじめな, まじりけ, まわりに, むきだしの, むら気面倒く, もった疑問, ものを, もの云い, やさしさ, ゆく細い, ように, よく生きたい, わきで, わきの下には, ウィーンの, カルテを, スーツ, スーモチカが, デスクに, ニューヨーク行きさわぎ, パリの, パリ滞在についての, プランと, ベッドに, ベレー帽を, ポーズでは, モ, ロシア語を, ロンドンには, ロンドン地図では, 一日一刻の, 一言は, 三人を, 上気し, 下腹から, 不同意, 不在証明を, 不実を, 不賛成を, 世間の, 両眼, 両親の, 両親を, 丸くなめらか, 主観では, 主観にまで, 乗ったの, 予定を, 予想さえ, 二つの, 二十歳以後の, 二組は, 云うが, 云う通り, 云おうと, 人なつこいその, 伴侶と, 伴侶を, 位置に, 住居と, 体からは, 体じゅうの, 体すれすれに, 体にも, 体まで, 体位と, 体内に, 何かに, 側で, 先へ, 先例は, 入院以来かかさず, 全身に, 公然たる, 内心に, 内心の, 内耳にも, 内面にばかり, 冷酷な, 分は, 分一つ, 初対面だった, 前で, 前では, 前へ, 前駆を, 力量以上の, 動作に, 動悸が, 動悸を, 匂いが, 卒倒し, 単純だった, 印象は, 厚い黒羅紗, 原稿料だったら, 友人である, 反対の, 反感を, 叔母が, 口から, 口を, 口元に, 右側に, 右肩に, 名も, 吸う息, 告白文が, 周囲は, 唇に, 唇を, 問いかけさえ, 問題, 喉を, 嘘が, 坐って, 執拗なわからな, 堪えがたさ, 場合は, 場所だった, 声だった, 声は, 外国旅行の, 大きらい, 失望した, 失神姿体に, 女学生時代に, 好奇心が, 姉の, 姿勢は, 娘としての, 存在が, 存在をも, 安全を, 安心は, 定り, 宛名が, 実感な, 実際的, 室だけ, 室では, 家の, 家族が, 寝て, 寝台の, 寝床の, 将来の, 小さい甲斐甲斐しい手, 小指の, 小耳には, 少女の, 左の, 左肩の, 師とも, 帰朝は, 平静を, 幼い記憶, 引っ込み思案を, 弟保と, 弾奏が, 当惑は, 影響から, 役目だった, 後姿は, 従順さなどが, 心からは, 心で, 心ひとつでは, 心へ, 心もちが, 心もち全部を, 心像の, 心持には, 心臓は, 必要から, 思いちがいが, 思惑を, 思想, 思想上の, 性質にとって, 悲しみに, 悲しみは, 情熱に, 情熱は, 想像の, 意志と, 意見が, 意識を, 感じで, 感じるの, 感じる幸福感, 感受性は, 感興は, 感覚は, 感銘に, 態度の, 手から, 手のひらに, 手先が, 手帳に, 手紙に対して, 手紙への, 手許には, 打札, 抱いた判断, 抱擁は, 挨拶に, 推察よりも, 揺れて, 数少い手まわりの, 断髪が, 新しい生涯, 方からは, 方の, 旅券を, 旅費が, 旅費を, 日常生活の, 日本語が, 時計が, 暖かそう, 暮しかたは, 書くもの, 最初の, 服装の, 本心は, 本質と, 東洋美術史は, 柄にも, 柔かな, 柩は, 横に, 横溢の, 欲望や, 正視を, 歩くの, 死に, 死を, 母は, 毎日にも, 毎日の, 気にいらなかった, 気に入ったけれども, 気に入って, 気の, 気を, 気分まで, 気持は, 気質にとっては, 気質の, 治療の, 注意が, 注意は, 洗った鍋, 滞在は, 激しく彼, 激励を, 無辜を, 父一人に, 父親の, 特別な, 状態は, 状態を, 理解の, 生れた階層, 生れつきから, 生れつきとは, 生命の, 生存感は, 生活にとって, 生活を, 生活感情と, 生活費だった, 留守中不快な, 番が, 疲労状態を, 病室にも, 病気が, 病気と, 病気は, 癇癪を, 癪に, 発展である, 皮肉が, 皮膚を, 目の下に, 目路を, 直ぐ先に, 相談に, 真似を, 真意を, 眼が, 眼にも, 着物の, 瞼を, 知らないうち, 知らないたくさん, 知らないソヴェト, 知らない実に, 知らない教育家, 知らなかった建設, 知識は, 神経には, 神経は, 空色ヤカンに, 窓の, 窮境には, 笑いの, 筆あとは, 答弁だけを, 精神状態も, 組か, 経済を, 経験よりも, 緊張と, 置手紙だった, 考えは, 耳たぼ, 耳について, 耳にも, 耳を, 肝臓の, 肩の, 肩へ, 肩口を, 肯定を, 背の, 背中に, 背中を, 胴がは, 胸にも, 胸は, 腑に, 腕に, 腕には, 腹の, 膝に, 膝の, 自署を, 興味は, 興味を, 苅りあげられたさっぱり, 若々しい熱, 若いすこやか, 若い顔, 英語に, 茶色堅表紙の, 荷物が, 蒼ざめている顔を, 虚言か, 行手に, 表情の, 袂の, 装飾的な, 要求は, 見たこと, 見舞いに, 視界に, 視線に, 視線の, 視野は, 観察を, 解放を, 言葉の, 訴えを, 註文を, 話から, 話全体が, 語調に, 読み書く能力, 貧弱さその間には, 買いものに, 賞讚が, 質問に, 質素な, 起きないうち, 足の, 跫音は, 身までを, 身体が, 身体を, 身心を, 軟かい心, 軽率を, 返事を, 迷児に, 運びこまれたのはモスク, 遺骸を, 部屋の, 部屋へ, 酔いかたは, 重くのろい自己反省, 開口を, 間に, 防寒靴の, 陳述にも, 露出的な, 非難を, 面を, 頬から, 頬の, 頬を, 頭からは, 頭は, 頸椎に, 額の, 顎に, 顔さえ, 顔には, 顔へ, 顔色を, 食慾まで, 駒沢の, 髪が, 髪の, 魂に, 黒い瞳

▼ 伸子~ (957, 9.3%)

23 モスク 13 云った 10 きいた 9 それを, 自分の 8 佃と 7 目を 6 これまで, そこに 5 かけて, パリに, 入って, 素子と 4 一人で, 動坂の, 口を, 帰って, 歩いて, 父の 3 だまって, 出て, 来たとき, 素子の

2 [44件] いるの, ききかえした, きくと, そうし, そこを, たずねた, つかって, ねて, ひそかに, ソヴェトへ, ニューヨークで, ホテルの, 一緒に, 何か, 何となし, 入院し, 外国へ, 女として, 女学校を, 小さかった, 引越して, 思い出したの, 感じて, 新聞を, 犯人でない, 真面目に, 知って, 窓ぎわに, 窓際に, 立って, 笑いながら, 答えた, 素子に, 自企的, 自分で, 自覚し, 花瓶を, 行って, 見たこと, 見たの, 買って, 足を, 身に, 通って

1 [722件 抜粋] ああ云っ, あいさつを, あっけなく感じた, あっさりひきうけ, あやまった, ある専門学校, あんまりそっち, あんまり素人, いう, いかにし, いきなり単純, いくらかひっかかっ, いくら足, いた, いたには, いつもの, いつものっ, いつ退院, いない今ごろ, いない時, いま帰朝した, いま結婚を, いること, いるカフェー, いろいろの, いろいろ云っ, うけた印象, うけて, うけとる感じ, おくったこまごま, おくるささやか, おさまって, おせっかいな, おどろいた眼, おどろきと, おもしろがっ, お前さんに, お茶を, かがんで, かきたてたの, かぶって, かわって, きいて, きいても, きまじめな, きまりわるく, きれいな, けっして承服, こうやっ, こっちへ, ことわっても, このホテル, この一年, この家, この祝い日, この部屋, こりかたまったよう, これから引越し, これまでも, こわがって, こんどマリア・グレゴーリエヴナが, ごく若い, さっきから, さっき涙を, さつき夫人に, しゃんとし, しんみりと, すすめると, すべったはずみ, ずっと机, そういう, そういう工合, そういう遊びごと, そうきいた, そうであった, そう云い出し, そう思っ, そう思わずに, そう感じる, そう言ったら, そこで, そこまで, そっと錦, そのため, そのとき, そのまま室, そのトランク, その作, その台, その名, その広場, その様子, その示された, その考えかた, その表情, その言葉, その選択, その部屋, それとなく注意, それについて, そんなこと, そんな注意, たすけを, ただ一人の, たのんだ, ちっとも愛され, ついその, つづけた, ともかく自分, どうして犯人, どうなる, どうやらそれ, どっちに, どんなに心苦しく, どんな心持, どんな渦巻, どんより恐怖, なおなお見る, ながい街, なぜ下絵, はかばかしく返事, はじめて会った, はっきり, ひかれる心, ひしがれた声, ひととおり正常な, ひとなら, ひとりごとの, ひとりホテルの, ふかい安心, ほかの, ぼんやり息苦しい, まじまじと, まず夢, またその, また決心, まだそこ, まだ十, まだ寝台, まだ素子, まともに, みた最初, みて, みるソヴェト, むき出しに, めぐり合うこと, めずらしがっ, もうすこしで, もうちょっとで, もしそれ, もと二階がりを, もらい泣きと, やがて外套, やり切れなくなっ, よく子供, よこす手紙, よみなれて, よんだたった, よんだり, よんで, わからないという, わざとわかろう, ウメ子の, カフェーへ, クラマールの, クラマールへ, ゴーリキイに, シーツと, スーモチカを, ソヴェトに, ソヴェトの, ソヴェト同盟へ, ソヴェト同盟を, テレーズの, テーブルの, ディヴァンへ, デュトの, トゥウェルスカヤ通りを, ドアを, ナターシャだった, ノートし, パッサージ, パリへ, ベッドの, ベルネの, ベルリンで, ペレールの, ホテルから, ホテルへ, マリア・グレゴーリエヴナの, リュックスへ, リン博士に, レヴェズに, ロンドンについて, ワルシャワの, 一人だけ, 一団の, 一文なし, 一週に, 丁寧に, 七階の, 三千幾円かを, 上気した, 下検分の, 不意に, 不服を, 不自然に, 久しい間ぼんやり人間性, 久しぶりで, 予期した, 二人の, 二十歳だった, 二年の, 二木準作の, 二階づくりの, 二階へ, 云い出した, 云ったとおり, 五つ六つの, 人前で, 今度あれを, 今頃帰った, 仮にパリ, 仰向いたまま配電板, 会うそれら, 伸子である, 伸子でない, 佃との, 佃の, 住んで, 佐々の, 何かの, 何である, 何とも云い出さない, 何よりも, 何を, 保という, 保に, 保の, 保へ, 優しくない, 先立って, 全心, 出かけて, 出かけるという, 出がけ, 出して, 切り出す廻り合せ, 初めて経験, 別になりたい, 前に, 前崎, 動坂に, 動坂へ, 勢はげしく, 勤労階級の, 十ばかりの, 十七歳の, 十五六の, 十六に, 十六七に, 半ばおかし, 印象記に, 台所へ, 吉之助に, 名を, 名前を, 和一郎を, 困りますよ, 在宅なら, 夕飯の, 外出し, 外景から, 多くの, 大して気, 大袈裟に, 夫である, 夫に, 失神し, 女だ, 女の, 姉らしく, 娘として, 子供だった, 子供の, 家を, 小さいエゴイスティック, 小説を, 少女だった, 少女として, 少女小説の, 少女時代から, 屋上に, 山上元に, 川瀬を, 川辺みさ子から, 左利でない, 帯を, 帰りかけて, 帰朝しない, 年とった, 廊下へ, 弁解する, 彼との, 彼の, 彼らの, 復活祭の, 心あてに, 心づかないで, 心に, 心配そうに, 応待し, 思い出したよう, 思い出して, 思い出しても, 思っても, 思わず一旦そらす, 恐怖や, 息の, 想像した, 意外に, 感じたこと, 感じたの, 感じたよう, 感じるまま, 感じるよう, 我知らず重い, 戻ると, 手洗いに, 手紙で, 批評が, 承認した, 抱いて, 提案した, 握らされたか, 支那くさ, 教則本を, 文明社から, 断然モスク, 新しくこしらえた, 新しく感じとった, 旅心を, 旅行し, 旅行の, 日本で, 日本に, 日本は, 日本人で, 暖い, 書いたどんな, 最初の, 最近の, 望むだけ, 朦朧状態で, 未払いに, 本気な, 本能的に, 杉苔の, 来かかる, 来たころモスク, 来てから, 来てさえ, 来るまでに, 来合わすこと, 東京あての, 東京から, 東京を, 柔かくこまった, 校正を, 桜んぼうを, 椅子から, 正面の, 武具室に, 母の, 気づいて, 気づまりでないようにという親切が, 気味わるい, 気絶でも, 沈黙し, 沈黙した, 泊ること, 泣いて, 泰造の, 洗濯物を, 浅はかに, 涙ぐんで, 涙を, 湯上りの, 満足する, 無愛想に, 煩しいと, 特に父あて, 犯人で, 独りい, 玄関へ, 現れると, 理性で, 理解し, 生きて, 生れかかって, 用向きを, 留守だ, 留守であった, 畳廊下へ, 疲れきるまで, 痛感した, 白い大きな, 真実の, 真実日本の, 眠って, 眠りと, 眺めるウィーン, 着いた時, 着換え, 砂の, 破棄し, 社交界に, 祖父譲りで, 空色ヤカンを, 窓の, 立ちかけると, 立った後, 立った荷物置台, 笊に, 笑い出した, 第一次世界大戦休戦, 簡単な, 約束した, 素子を, 素直に, 経験した, 結婚した, 網袋に, 緊張し, 老松町の, 老松町を, 考える必要, 耳を, 肝臓の, 育った時分, 脱ぐ薄い, 腹立たしいよう, 臆する色, 臨時に, 自分として, 自分について, 自分を, 自分達の, 自身の, 若い柔, 茶碗を, 荷物を, 落着き場の, 蜂谷に, 行くと, 衒学的だ, 街で, 袷一枚の, 見たとおり, 見て, 見る範囲, 覚えてから, 覚醒した, 親たちと, 親たちの, 言って, 訴えた, 話したどの, 話しはじめたとき, 語学の, 買いたがるの, 買えるバター, 賛成した, 質問した, 質問の, 蹌踉い, 躯の, 近づいて, 返事した, 逃げ出して, 通りがかりに, 遠くから, 部屋に, 部屋へ, 重ねて, 野沢の, 長い小説, 開かないシャッタア, 間もなくロンドン, 阪部と, 階下に, 隣室から, 離婚した, 露台へ, 面白がる, 須美子の, 顔を, 食堂で, 飽きたと, 驚いたほど

▼ 伸子~ (703, 6.8%)

34 向って 13 云った 9 きいた, 自分の 7 わからなかった 6 まざまざと, わかった 5 すれば, よくわかった 4 なかった, 感じられた, 日本の, 苦しかった, 話した 3 して, のみこめた, むかって, わかって, 何の, 感じさせるの, 渡した, 説明した

2 [28件] あった, あるの, きいて, さし出した, それが, それを, のみこめなかった, はっきりしなかった, ものを, よくわからなかった, よくわかる, わかること, 一つの, 云ったよう, 好奇心を, 彼の, 思いがけなかった, 思えなかった, 愛を, 手紙を, 推察された, 珍しかった, 素子が, 素子は, 背を, 訊いた, 話して, 迫った

1 [509件 抜粋] ああいう, あいさつし, あたらしく感銘, あてがった, ありあり映った, ある, あるわけ, あわれ, いい心持, いかにもと, いくらかわかった, いった, いつか素子が, いつでも, いつも自分, いまわかった, いま在る, いやだった, いろいろ考えさせた, うけとりがたかっ, うす気味, うれしかった, おぼえの, おもしろかった, お花さん, かえしながら, かえってその, かえりみられた, かかわって, かたく唇, かまわず佃, かまわず素子, からだの, からみついた, きいた最初, きかれた内海, ききわけられなかったベルリン, きくの, きこえない打ちあわせに, きびしいけじめ, くって, くれたその, こういう若い, こだわらず蜂谷, ことさら言う, この味, こまかい花飾, これまでの, これらの, さしつけた, さし出した身ごなし, さとらせた, さとらせたの, さとれるよう, さまざまの, しずかに, しっかりと, しても, しみとおった, しろこんど, しろそういう, しろソヴェト, しろ知って, しろ素子, しんから, すがりついた, すぐには, すすめて, せつなかった, ぜひ面会, そういうポーズ, そういう様式, そういう電報, そういった, そうきかれ, そうささやく, そうつっこん, そうは, そうも, そう述懐, そこを, そそぎかけられるの, そっちの, そのとき, そのままくりかえせる, その任務, その女, その室, その意味, その浴衣, その献立, その見当, それに, それは, それ以上しつこく, そんなこと, そんな意識, たいへん意外, たずねた, たっぷりした, たのまれた小説, たよりを, ちゃんと理解, ちょっかいを, ちょっとためらっ, つきつけて, つきまとった, つじつまの, つたわった, つたわるよう, つや子は, つよい感銘, つらかった, できないこと, とって, どうしてそんな, どうしても思えなかった, どんな打算, どんな特派員, なついて, なら何, のこされた佐々, のこして, のみこめて, のり子の, はうけ, はかり知られないこと, はじめて同じ, はっきりそう理解, はっきりわかっ, はっきりわかった, はっきり思い出せる, はっきり感じられた, はっきり見えた, ひきかえ黙って, ひしひしと, ひそかな, ひたひたと, ぴったりとして, ふって, ふりむいて, ふりむけて, ふれた, ふれて, ほとんど挑戦, ぼつぼつ話す, ぼんやりした, まかせきって, まだなかっ, まわりの, みせて, むけた, めずらしいあの, もどかしかった, もの珍しかった, やさしい思い, やっとだった, やりとげられる仕事, よくよくの, よくわかっ, よくわからない, よく判った, よけいな, よみがえった, よみ下せないほどの, よめと, わかったかい, わからせ同時に, わからないが, わからないと, わからないほど, わからないよそよそし, わからないドイツ語, わからないフランス語, わからない慣用語, わからない複雑さ, わからない言葉, わからなくも, わかりかけて, わかりすぎるほど, わかりよう, わかり会社員佐多, わかる, わかるところ, わかるの, わかるよう, わけが, わたした, わたした祝儀袋, わたすの, わるいところ, わるい心地, クラウデの, クラウデは, ゴーゴリの, スーツ, ソヴェトという, ソヴェトの, デュアメルという, ノートさせる, パリで, ベルリンの, ホテルの, ホノルルの, レーニングラードの, ロシアの, 一匹の, 一向わからなかった, 一緒に, 万事が, 三回の, 三度目の, 不思議と, 不満であった, 不満な, 与えた, 与えた指図, 与え伸子, 世話に, 主人が, 二人の, 二十歳を, 二言三言云っ, 云い渡したの, 云うの, 云ったこと, 云ったの, 云って, 云わせやがて, 云わせれば, 五年ぶりの, 五月節句の, 人及び, 人生という, 代って, 休安を, 会うため, 会おうという, 会ったの, 会得された, 会釈した, 何かの, 何かを, 何だかなじみ, 何と, 何となく彼, 何となし, 何と無関係, 何にも, 何事かを, 便利な, 信じられなかった, 傷つけられた感情, 全然新しい, 共感された, 共感を, 出かけて, 出来ないこと, 分って, 分らなかった, 切ない思い, 切実に, 刺すよう, 加えられた治療, 十九世紀の, 千種は, 印象づけた, 印象づけられた, 印象ふかかっ, 厳粛な, 反物を, 口に, 同じはや, 同じ素子, 同情以外の, 同感された, 同感される, 同感されるよろこび, 名の, 向い同じ, 向うという, 向けた, 向けて, 向っていう, 告げた, 告げたこと, 呼び醒した, 呼吸の, 命令した, 哀れに, 堪えがたかった, 堪え難かった, 変に, 多くそういう, 多計代, 夫の, 失神を, 奇妙に, 女を, 好感を, 妙に, 字づら, 実感された, 察しられた, 察しられるの, 察せられた, 小枝が, 山上は, 年の, 強い感銘, 当惑した, 彼が, 彼女は, 得心が, 心から歎息, 心当りは, 心苦しかった, 忘られない, 忘れられず四五百人, 快適な, 思いあたるふし, 思いおこさせずに, 思いかねた, 思いがけない困難, 思いやられるよう, 思いやること, 思い出させるよう, 思い出された, 思い出されて, 思い浮んだ, 思えないの, 思わせた, 思わせるの, 悲しさ, 想像されなかった, 想像される, 意外という, 感じさせた, 感じさせるばかり, 感じさせるよう, 感じられ悲しく, 憎々しげ, 懐しく新鮮, 投げた, 抱かせるの, 抱かれたままし, 抱きつく所, 抵抗しなくなった, 拍手を, 挑みかかって, 挨拶し, 振って, 接し彼女自身, 接吻した, 握手し, 握手した, 操られて, 教則本を, 教訓する, 断面を, 新しい意味, 早く帰れ, 昔から, 是非たのみたい, 時間が, 普通でない, 普通の, 朝の, 本能的な, 桃や, 検温器を, 横顔を, 母の, 気に入りの, 気に入るの, 気の, 気やすい, 治療として, 注目し, 流眄を, 深い印象, 清潔でない, 漠然とした焦だたし, 珍しい写真画集, 珍しい印象, 珍しい楽しい感じ, 理解された, 理解できる, 生きたいと, 生きものを, 用を, 疑いようも, 疑なく, 疑惑を, 発作の, 白服を, 皮肉な, 盆暮れや, 直感された, 直感されない, 相対する, 着せかけようと, 着せるよう, 知って, 知らさなければ, 示された可能性, 示した, 礼を, 空虚を, 突つき動かされなけれ, 立ち向った, 笑いが, 笑いながら, 笑って, 笑止な, 素子の, 紹介した, 編物を, 翻訳を, 考えさせた, 考えられない, 考えられなくなった, 耳新しい新造略語, 聞かせた, 胸の, 腹立たしい気持, 自ら微笑を, 自分たちの, 自分という, 自分への, 自分を, 自然な, 興味を, 若い女, 苦しい, 苦しいだけ, 苦しく佃, 苦しく責任, 苦痛を, 茶色の, 蒲原順二を, 藤原威夫は, 虹を, 蜂谷の, 蝋質撓拗, 血の気を, 衣裳の, 見えた, 見えない前方, 見えるよう, 見せて, 見せるよう, 見なれたもの, 見なれないもの, 見下されて, 見当も, 視線を, 親しみぶかい, 親切に, 親愛感を, 解釈の, 言葉そのものが, 訊ねた, 訳して, 訴えたその, 証明した, 話しの, 説明し, 諒解しつくされなかった, 論文の, 謝れ謝れと, 警告した, 責任は, 質ねる, 質問し, 越智との, 辛く思われた, 送ったの, 送る新聞, 逆説的に, 通訳を, 違いない, 違った部屋, 遠くから, 金が, 錦の, 閉鎖する, 関係なく, 限ったこと, 限りないよろこび, 集注され, 集注しようと, 電報を, 電話が, 露骨な, 非常に, 音楽と, 顔を, 飛ついた, 魅力を

▼ 伸子たち~ (607, 5.9%)

20 の室 15 がモスク 10 のいる, はその 9 の部屋 8 に向っ, の前 5 のため, のところ, のよう 4 がその, のモスク, の生活, はモスク

3 [15件] がそこ, が日本, が歩い, に, にそう, に紹介, のわき, の上, の乗っ, の住ん, の家, の方, の間, の馬車, はつい

2 [28件] がのぼっ, がソヴェト, が住ん, が入っ, が来た, が歩いた, が老松町, と一緒, にきいた, に云った, に察しられた, に自分, のとまっ, のほか, のテーブル, のドア, のバルコニー, の今, の目, の船, の観覧席, はそれ, はもう, はやっと, は自然, をのせ, をみる, を案内

1 [395件] からそらし, からの祝い, から積極的, から見える, から適当, があらかじめ, があれ, がいあわす, がいた, がいなくなっ, がいま, がいる, がおじる, がかけ, がかけた, がここ, がこっち, がすこし, がそっち, がそれ, がちょくちょく, がどう, がどの, がまた, がまだ, がみよう, がもと, がやっぱり初めて, がゆうべ, がアストージェンカ, がウィルソン駅, がスタディオ, がパッ, がブル, がベルリン, がペレール, がヨシミ, が並ん, が今, が会う, が個々, が借りた, が借りる, が公園裏, が共産党, が出入り, が動く, が厚い, が同じ, が外出, が奥, が室, が室内, が川瀬たち, が帰りかけ, が廊下, が戸, が旅券, が旅行, が日向ぼっこ, が来かかっ, が果して, が桃色, が爪立っ, が目, が社交, が私的, が秋, が立っ, が絵画, が苦心, が見, が見かける, が見下し, が観た, が評定, が車室, が通り, が通りかかった, が通りぬける, が通り一ぺん, が遠慮, が選んだ, が部屋がり, こそモスク, とあらゆる, としての処置, としては自分たち, として自主的, として行った, とにとって何, とのつき合い, との用, との関係, とはじめて, とはもっともっと, とほとんど, とぽつりぽつり, とを半々, とを見, とルイバコフ, と並ん, と同じ, と挨拶, と行動, なら三階, にうちあけた, にうなずいた, にききわけられない, にきこえる, にくつろいだ, にさえ感じとれる, にさえ日本人, にさえ触れ, にささやいた, にし, にそんな, にたのまれた, につきまといはじめ, にとっ, にとってその, にとってなくなっ, にとっては大いに, にとっては春, にとってまる, にとっても一つ, にとってやや, にとってバター, にとって特別滑稽, にとって自然, にはしっくり, にはちっとも, にはどうも, にはパリ, には中館, には予想, には分らない, には分らなかった, には別に, には彼女たち, には想像, にまう, にむかっ, にもっと, にも不便, にも知られ, にも軽く, にやっぱり, によく, にソヴェト, に不審, に与えた, に予想, に云う, に合図, に向けられた, に土曜会, に室, に対して主婦, に専門家, に彼, に意味, に感情, に挨拶, に握手, に暗い, に正面, に汗, に理由, に自分たち, に見せられた, に見当, に訊ね, に訪ねられ, に話しかけた, に近づい, に遊び, に部屋, に鈍重, に顔, のうしろ, のおくり, のかけ, のかりた, のすぐ, のすん, のせい, のどんな, ののっ, ののりこんだ, のもっ, のよく, のアストージェンカ, のパリ, のホテル, のマクシム・ゴーリキイ号, の一団, の不注意, の予想, の住居, の住所, の便利, の側, の入った, の入浴日, の出た, の出入り, の分, の前後, の前方, の問い, の夏, の外套, の好奇心, の存在, の寝坊, の対手, の席, の情感, の意見, の持ち, の旅行準備, の日本語, の服, の様子, の橇, の正餐, の歩い, の求間広告, の泊っ, の注文, の渋谷行方面, の狭い, の狭く浅い, の生活ぶり, の生活気分, の着, の知らない, の窓, の立っ, の立場, の耳, の背たけ, の苦痛, の荷物, の視線, の視野, の課題, の警戒, の車室, の近く, の靴, の頭, の顔, はいつか並木道, はいつも, はいま, はうすい, はおどろいた, はかけた, はしばらく, はしらない, はすぐ, はすっかり, はそういう, はそれら, はだまっ, はつづけ, はともかく, ははじめ, ははじめて, はひきしめたやり, はほんとに, はまた, はよく, はわき, はわざと, はアニュータ, はウィーン, はスモーリヌィ, はセイヌ, はソコーリスキー, はタイプライター, はドア, はパン, はプランタン, はメトロ, はメーデー, はレーニングラード, は一つ, は一冊, は一時, は一晩, は一通, は七階, は下町, は二人きり, は今晩, は伸子たち, は偶然, は公園, は十二月中旬, は十月近く, は十月革命, は壁, は声, は夕食後, は外国人, は夜, は学者, は対外文化連絡協会, は小さかっ, は川瀬, は工場, は帳場, は店, は応接間, は思いがけず, は怪しん, は所在, は新しく, は新宿駅, は新聞, は暫く, は朝, は木造, は机, は構内, は次第に, は正餐, は歩い, は浴室, は珍しい, は発見, は知らなかった, は磯崎, は磯崎夫妻, は第, は約束, は素人, は絵, は美術館, は翌日, は自分たち, は街上, は見た, は賄つき, は車よせ, は避難民, は長い, は随分, は電車, は靴, は食事ごと, は馬車, は駅, ばかりで, ばかりでなく, へのつき合い, も, もいま, も一緒, も無言, も知っ, も笑った, も防寒靴, よりはもとより, より二週間, をいれ, をかえりみた, をその, をつけまわした, をとりついだ, をのせた, をひき合わせた, をふくめる, をふりかえり, をもてなし, をよぶ, をバリシュニヤー, を先, を婦人代議員たち, を導いた, を紹介, を自分, を見た, を見つけ, を見まもり, を訪問, を迎え, を追いぬき, を追い出した, を部屋, を食事, 居合わせる日本

▼ 伸子~ (525, 5.1%)

38 見た 16 見て 14 見ると 8 つれて 5 おどろかせた, 自分の, 見ながら 4 かえりみた, みて, 見あげた, 認めると 3 うった, かえりみて, じっと見た, にらんだ, 眺めた, 見つめた, 見上げて, 警戒させた

2 [27件] おどろかした, おどろかしたの, からかって, じっと眺めた, ちらりと見た, のこして, びっくりさせる, ふりかえった, みた, 上下に, 促が, 促した, 刺した, 動かした, 待って, 悲しくさせた, 日本に, 無視し, 眺めて, 素子は, 紹介した, 見たり, 見つけて, 見守って, 見守りながら, 顧みた, 驚かした

1 [340件] あいてに, あわれんで, あんなにいきなり掬いあげた, いくらかおじさせ, いくらかふだん, いくらか解せ, いぐる, いたずらっぽい気持, いたませた, いたわるよう, いやな, いやに, いれた, いれて, うごかした, うしろに, うち感染, うつの, うれしさ, おいてきぼりに, おくこと, おこした, おこらなければ, おさえたせい, おさえて, おちおち眠らさなかった, おちつかせなくさせた, おどろかして, おどろかせついで, おびやかす, かえりみ, かえりみながら, かこんだ, きつい白眼がち, このよう, こんなに衝撃, さしつらぬきその, さし貫いた, しげしげ見, しばしば泣かせ, しめつけた, しょんぼりさせた, しらべるよう, しんみりした, しんみりと, じっとさせ, じっとみ, じりじりした, じろじろ見た, せつなくした, せめるかも, そういうなか, そうしたよう, そこに, そのよう, そのインク, その中, その比, その活気, それほどくたびれさせた, そんなに刺戟, ぞっとさせる, たしかめるよう, たずねて, ためしたの, ちらりと見直した, つかまえ警告, つかんだ, つきのけるかげ, つき動かした出来ごと, つつんで, つよく抱擁, つよく衝撃, つらぬいて, とがめるよう, どういう風, どこかで, なんとかし, のぞきこんだ, ののしった手紙, はじめて体裁屋, はめこんで, ばつの, ひきつけた, ひきよせる利根, ひき合わせた, ひそかに, ひとつところに, びっくりさせよう, ぴったり自分, ふりかへ, へだてようとして, まじめに, また新しく, まっすぐ客間, まったく狂気, みたらどんなに, みつめた, みつめて, みると, めずらしいもの, もじった愛称, もどかしがらせた, やっぱり冷酷, やる, ゆすぶるよう, ゆりうごかすよう, よびとめた, よぶよ, よりよい, よんだ, よんだとき, わからなくする, わざとガキ, わざわざ暗い, エゴイストと, エレヴェーターの, ジャステファイする, ドアの, パリから, パリに, プラトニックな, ベッドの, ホールに, モスク, リードし, 一九二七年の, 一人のこし, 不安で苦しめた, 不安に, 不快そうに, 不思議がらせた, 不気味に, 二階から, 伸子の, 体ごと吊り上げ, 体裁屋と, 何か, 何かしら感覚的に, 倒したと, 倒した最後, 倒しまた, 傷けた, 傷つけたその, 傷つける, 光りものの, 全体として, 共通な, 内気に, 出て, 出迎えた, 切なくした, 別の, 利根亮輔は, 力づけた, 助け自分, 勇気づけた, 動坂へ, 半ばから, 厳粛に, 反撥させる, 口の, 同感させ, 名で, 呼ぶ, 呼んだ, 喚ぶこと, 喚んだ, 困却させた, 圧倒し, 圧倒した, 多計代, 奪った佃, 妥協させない, 安心させた, 完全に, 室内に, 家族の, 居心地わるく, 屈伏させよう, 山上が, 帰して, 幾日も, 床の, 廊下で, 引き取らせた, 引き廻した, 引き立てて, 後に, 必要と, 必要とは, 思いがけなそう, 恐怖させた, 悖徳症とは, 悲しくする, 意外に, 愛して, 感動させた, 感服させ, 慰めた, 慰めようとして, 憎んだし, 憎悪した, 憫笑する, 成長させた, 我に, 手ごと自分の, 手まねきし, 扶けて, 折に, 抱いて, 抱きしめると, 抱き上げた私服, 抱擁した, 指名しなかった, 掬い上げたり, 撫でしかし, 撫でた, 擁き締めた, 攻めたてた, 散歩につれ, 有名な, 柔かな, 案内し, 案内した, 椅子の, 横目で, 残忍な, 気の毒がっ, 気やすい, 気軽に, 注意ぶ, 淋しくし, 深く考えこませた, 温室の, 無気味に, 無視した, 熱中させず, 玄関の, 理解しない, 生活の, 生理的に, 畏縮させた, 疲らせた, 目に, 眠らせた, 眺めききかえした, 眺めながら, 睨まえ, 睨み据えたまま, 瞥見し, 窒息させた, 窒息させる, 窓よりの, 立って, 笑わせた, 算哲の, 素子が, 素子には, 素子の, 結びつける, 結婚まで, 緊張させず, 考えこませる言葉, 考えさせた, 考えさせること, 考えぶかくするの, 胸の, 興がらした, 苦しいはめ, 苦しい思い, 苦しくさせる, 苦しめた, 苦しめるその, 落付かせなかった, 蜂谷の, 蜂谷は, 衝撃した, 襲った, 見, 見かえした素子, 見かえった, 見すえた, 見すえて, 見ずに, 見つづけた, 見つめたとき, 見つめて, 見つめながら, 見なおすの, 見まわした, 見る目, 見わけたらしかった, 見上げた, 見上げ愁訴, 見下しながら, 見出すと, 見出すの, 見守った, 見守りその, 見据えた, 見知った表情, 見短く, 見笑って, 見舞おうと, 見身, 見車附椅子, 見近づきよき, 視上げた, 観察し, 言葉の, 詰問し, 認めた瞬間, 認めて, 誘い出した, 誘った, 誘ったの, 説得する, 負かそうと, 躊躇させる, 迎えるよう, 迷惑がらし, 追いかけて, 追うよう, 追った, 送った, 送って, 連れて, 遠足の, 避けて, 鎮めた, 防いだ, 除いた誰, 電車通の, 静かに, 非難した, 順ぐりに, 顧み, 飾って, 騙し自分

▼ 伸子~ (332, 3.2%)

99 素子とは 35 素子とが 12 すれば, 素子との, 素子の 7 素子とを 6 素子が, 素子に 5 一緒に, 素子は, 蜂谷良作とは 4 素子とに 3 並んで, 素子, 蜂谷とは, 蜂谷良作の

2 [11件] いっしょに, つれだって, つれ立って, 素子と, 素子とにとって, 素子も, 素子を, 蜂谷とが, 蜂谷の, 蜂谷良作が, 話して

1 [90件] おちあって, おもやい, こうして暮し, すれ違いに, その亭主, その夫, それぞれの, つや子が, つや子の, とりとめない話, まるでちがった, まるで別, もっと閉口, ウメ子とは, テーブルを, ナターシャとの, パリを, ヒステリーか, ピオニェールは, ピロカルピン, ピントを, フランシーヌとを, ホテルとの, モスクワ生活との, 一つの, 一緒の, 下手な, 並び歩道, 久我鎮子に, 二人で, 二人の, 伸子が, 佃との, 佃とは, 佐保子とが, 佐保子との, 作者との, 保とが, 入れかわって, 入れ違いに, 別な, 別居し, 口を, 吉見素子とが, 同じモスク, 名乗って, 向いあって, 向きあった, 和一郎たちが, 喋る, 夜が, 夫との, 手つだいの, 手つだい女, 握手し, 暮した, 書かれて, 歩くこと, 母との, 泊った室, 浅原蕗子が, 父の, 申します, 看護婦とは, 眼を, 秋山を, 秋山宇一内海と, 窓際に, 素子という, 素子には, 素子にも, 素子ばかり, 素子二人づれの, 自分たちとは, 自分で, 自分との, 自分を, 蒲原順二は, 蜂谷きりだった, 蜂谷とに, 蜂谷との, 蜂谷とを, 蜂谷は, 蜂谷も, 蜂谷良作とが, 蜂谷良作は, 親しい間柄, 註まで, 道ばたに, 顔を

▼ 伸子には~ (217, 2.1%)

11 それが 4 佃の 3 そうとしか, 自分が, 見当が 2 そこに, 二人の, 保の, 信じられなかった, 思えた, 母の, 気の毒に, 素子の, 藤原威夫の

1 [175件] あたりまえで, あのこと, ある思いやり, あんなに美しく, いうまでも, いくらか思い当る, いくら考え, いつもその, いろいろ具体的, およその, かえって小説, かなり重荷, きかない先, ききわけにくい, ききわけられない短い, くいちがったもの, この沈滞, この艶, これまで, これらの, した, しんみり父, すぐ返事, すべてが, せめてみつ, そういうこと, そういう卑俗, そういう日常, そういう現実, そういう風, そう云えなかった, そう思え, そう思えた, そう思えなかった, そう感じられた, そう感じられない, そのいろいろ, そのけち, そのとき, そのジャム, その帽子, その感銘, その文句, その文章, その点, その言葉, それも, それらの, それを, そんなうかつさ, そんな予感, そんな感じ, たしかに愉快, だんだん思えない, つくられて, どういう意味, どうしよう, どこに, どこにも, どっちが, なかった, なぜ夫, のみこめないの, ひときわ普通, ひとことも, ひとしお強烈, ひどく悠々, まぎらせられることのできないわからなさについて, まどろしかった, まるでのみこめなかった, みつの, むずかしかった, やっぱりここ, よくわからない, よく判っ, わからない, わかりきらないもの, わかるよう, わけが, アルの, ガーリンの, ニイチェの, ブルジョア, ポリニャークが, 三人の, 不安で, 不審だった, 不自然に, 与えるの, 予想されない, 人形を, 今の, 今別な, 仕事の, 伸子らしく, 佃が, 佃に, 佃は, 佐々の, 佐保子から, 何だかその, 何よりそれ, 何んだ, 保が, 倫理学が, 全くどういい, 全国的検挙という, 切迫した, 判断が, 努力し, 動機も, 印象に, 厭な, 吉之助が, 同情を, 夜父が, 夫を, 女人の, 少しそれ, 川辺みさ子の, 影響を, 彼が, 彼女の, 心配の, 必要以上の, 思い出せないの, 思えて, 思えないの, 思えるの, 思われるの, 息づまって, 惨めな, 想像出来なかった, 意味の, 感謝し, 折々バター, 持てなかった, 推測された, 教授夫人の, 新しい一歩, 旅費が, 暗さ, 書いて, 本能的に, 権田正, 横柄に, 歩哨の, 段々この, 母が, 決してふれさせまい, 決して佃, 活溌な, 無条件で, 父と, 父に, 特にそれ, 疲労とも, 病気の, 目の, 秋山の, 答えられなかった, 篠原蔵人の, 考えられなかった, 自信が, 自分に, 自然と, 苦しい, 苦しかった, 蜂谷良作の, 行手の, 訳が, 象徴的に, 辛かった, 鉤の, 雪白な

▼ 伸子~ (153, 1.5%)

20 素子も 3 笑い出した 2 そこへ, たまには, 机に, 笑いながら

1 [122件] あのとき, いっしょに, いないよう, おとなしく耳, かえして, きいて, くたびれて, くつろいで, せかついて, そういう人々, そのなか, そのひと, その哀れ, その場, その夜, その室, その日, その気もち, それな, それを, ついて, ついて行った, どこ, なじみの, なにか寄稿, のぞきこんだ, のばして, ひとの, びっくりした, まだ時計, もうウィーン, やっと自分, よくわからなかった, よく往来, よばれた, よんで, わかって, ドーリヤに, メーデイの, モスク, 一人の, 一人異国の, 一緒に, 不安な, 世界の, 両親や, 久我鎮子も, 今は, 伸子である, 伸子なりに, 何も, 何年ぶりかで, 作者も, 入って, 内部へ, 初めて紹介, 初めは, 加えられた, 動坂へ, 医学博士津山進治郎としてしか, 口など, 同じよう, 同じ真面目, 同感で, 同感であった, 多計代, 大柄で, 女学生の, 好感を, 始終それ, 室に, 宮野という, 当惑が, 当然旅費, 心の, 思って, 思わずほほ笑んだ, 思わず一種, 感想を, 手を, 手伝って, 招かれた, 新聞で, 日本から, 日本に, 早めに, 来あわせて, 来て, 歩き出した, 母同様屈しない激しい, 毎日ミカンを, 毎日相剋の, 気の毒で, 泣いた, 泣きながら, 父母さえも, 相愛らず, 真面目に, 知った名前, 知って, 知っては, 素子と, 素子に, 素子について, 美しい刺繍, 考えて, 胸一杯ある, 自分が, 自分たちが, 自分たちの, 自分の, 若い日本, 見当を, 言葉が, 読んだ, 読んだブハーリン, 買った, 起きて, 間接に, 食堂へ, 鳥の, 黙って

▼ 伸子にとって~ (76, 0.7%)

4 それは

1 [72件] あの人々, ある時, あんまり予想外, あんまり現実, いちばんなじみの, いまも, こういう思い, これまで, これらの, そういう事態, そういう思い, そう遠い, その夜, それが, たよりなく, だんだん生活上必要, ちっとも帰りたい, どういう実行力, なじみにくい, はじめてだった, わかり切った計画, ノヴァミルスキーが, メーデイの, 一つの, 一種悩ましい, 不便に, 不可能な, 不意うちであった, 不意な, 佃と, 全く新しい, 切なかった, 初めての, 勝手の, 受けみな, 子供の, 実感し, 少なからず, 思いがけないこと, 思いがけないほど, 思いがけない不愉快, 思いがけない経験, 思いも, 手に, 新しい生活, 新鮮な, 新鮮なくつろぎだった, 最初の, 父が, 現実の, 男と, 真偽の, 空白だった, 第二, 経済上の, 緊急の, 自分の, 自然で, 自然な, 自然に, 興味でない, 苛責だった, 苦しく伸子, 苦しく屈辱, 蜂谷良作の, 話題は, 身に, 運が, 遠くの, 食物と, 魅力が, 黒人の

▼ 伸子さん~ (65, 0.6%)

3 には分っ, は接吻 2 がプロレタリア, ですか

1 [55件] あの札, かまわないでしょう, がいま, がそんな, が仰言った, が動いた, が来, が燐寸, が花瓶, が間違え, しばらく, じゃありませんです, その本, たしかあの, たら, ちょっと, てひと, でいらっしゃいます, でさえ, でした, という人, とが御, とでございました, とは違っ, ともあろう, とダンネベルグ様, と二人, に, に代っ, に会った, のお, のその, の二つ, の云う, の云われる, の口, の室, はいつ, はお, はお立ち, はすっかり, はそれから, はもう, はエラスムス, はダンネベルグ様, は全, は実に, もいらっしゃる, もきちんと, も早く, ゆっくりできる, を犯人, 教えて, 既に嵐, 許して

▼ 伸子にも~ (45, 0.4%)

2 おぼろげに, まざまざと, わかった, わかって, わかるところ, 素子にも

1 [33件] きこえたほど, くちを, そこまで, その必然, それは, それを, つたえられた, できず次第に, のみこめた, のみこめて, ぼんやりと, むき合わせること, わかりかけて, わかるの, パン・オイロープに, 佃の, 勉強を, 同感される, 告げるの, 実感される, 思いやられた, 思い描かれるよう, 思えるよう, 意外であった, 感じられた, 感染せず, 感銘を, 推察された, 新しく藤原威夫, 理解される, 素子が, 聴きての, 見て

▼ 伸子自身~ (42, 0.4%)

1 [42件] がきめ, がそれほど, がどう, がパリ, が内科的, が素子, が自分, でどう, どういう世の中, にさえ明瞭, にさえ突拍子, について考え, について考えさせた, にとってこまった, にとってさえいとわしかっ, にとっても何と, にとって不意うち, にとって馴れない, にもその, にもそれ, にも一層, にも向けられる, にわからなかった, の姿, の悲しみ, の桜, の歓迎, の生活, の生活ぶり, の趣味, は, はしっかり, はどう, はモスク, は明日, もっと違った, もものごと, もアストージェンカ, も見られ, よくわかっ, を軽蔑, 先ず私

▼ 伸子との~ (23, 0.2%)

5 間に 3 生活に 2 間には

1 [13件] ように, ロンドンでの, 一致点の, 一週間にも, 体力の, 夫婦仲が, 座席は, 感情生活は, 方を, 旅行の, 生活で, 相互関係は, 繁栄名声という

▼ 伸子とは~ (22, 0.2%)

1 [22件] うれしさ, そういう品々, そのこころもち, そのロビー, それから三四軒, ちがった労働, もう幾年間, スタンドの, ヴァルガの, 一旦新宿, 二つ三つしか, 互にあった, 互に目, 互同士では, 人通りの, 傷つけられた表情, 四五十分で, 小扉, 思わず顔, 自働ピアノ, 英語で, 雪の

▼ 伸子として~ (20, 0.2%)

1 [20件] かすかな, くよくよ考える, こわかった, それだけの, とうとうと, どう判断, のこるだろう, ひとしお耐えがたい, ソヴェトの, 一生懸命な, 一番痛切だった, 伸子は, 多くの, 思えば, 生活と, 相川良之介についての, 礼を, 自分の, 見まごうこと, 避けられない容赦

▼ 伸子から~ (19, 0.2%)

1 [19件] うけとった下着類, おききでしたろうが, そういう質問, その話, とって, はじまったこと, ひきちぎられたう, みると, もらう機会, ゆうべの, 云えば, 佃を, 去らなかった, 告げて, 提案した, 自分を, 見つめられて, 見る母, 遠のけ

▼ 伸子にとっては~ (17, 0.2%)

2 一つの

1 [15件] このベルリン, のり子と, みにくくおそろしかった, よけいだ, わけの, 一日で, 今ソヴェト, 佃との, 周囲に, 変ったおもむきであった, 新鮮に, 楽しさ, 素子が, 親の, 辛い陪席

▼ 伸子としては~ (16, 0.2%)

1 [16件] こころもちが, その平凡, それが, だまって, ひとが, ほとんど欺瞞, やっぱりうち, 仕事に, 信じかねた, 奮発し, 実際に, 平気でなかった, 忘られない, 自分が, 自分に, 行っても

▼ 伸子~ (15, 0.1%)

4 素子の 3 素子が 2 素子に 1 この作者, ルイバコフ夫妻が, 生活を, 素子たちと, 素子ばかり, 素子を

▼ 伸子という~ (14, 0.1%)

2 女は

1 [12件] ものについて, ものを, 一人の, 女が, 女さえ, 女との, 姉の, 娘に対する, 婦人が, 順で, 順に, 顔ぶれで

▼ 伸子とが~ (11, 0.1%)

1 [11件] そろそろ帰らなけれ, どんなに滑稽, マズルカを, 一度ならずつれだったなぐさみである, 一緒に, 別々に, 同時にそこ, 国際学生会館へ, 待ちあぐねかけた, 握手し, 片手は

▼ 伸子より~ (11, 0.1%)

1 [11件] ずっと上達, ずっと先, 一歩さきに, 三つ年上の, 十幾歳か, 少し前, 幾倍か, 早く酔いはじめ, 率直に, 遙かに, 遙に

▼ 伸子への~ (8, 0.1%)

1 ものいい, 傾注, 感情の, 感想が, 懲罰を, 手紙に, 挨拶を, 送金は

▼ 伸子とを~ (7, 0.1%)

1 いきなり庭, おきならべ見てでも, ひきあわせた, オペラに, 動坂の, 見くらべて, 見ずに

▼ 伸子にとっても~ (7, 0.1%)

1 その看護婦, 信頼しきれない, 彼の, 母は, 素子にとっても, 負担だ, 重大な

▼ 伸子~ (7, 0.1%)

1 が着いた, の前後, の家, の横, の自動車, は直ぐ, は黙っ

▼ 伸子一人~ (7, 0.1%)

2 にちがい 1 が残された, でぽつねんと, の勉強部屋, の問題, をやった

▼ 伸子たち一行~ (6, 0.1%)

1 がいる, がのみほし, の前, の自動車, はその, へ向っ

▼ 伸子にだけ~ (6, 0.1%)

1 いわれて, きこえる声, くらやみが, その意味, わかるいくらか, 与えられて

▼ 伸子に対して~ (6, 0.1%)

1 いささかも, どんな場合, もって, 不愉快で, 心遣いする, 懲罰的な

▼ 伸子~ (6, 0.1%)

1 便りを, 手紙を, 送らせたの, 送らせたり, 送る金, 電話が

▼ 伸子素子~ (6, 0.1%)

2 の三人 1 がゆく, のかたまり, の四人, を紹介

▼ 伸子に対する~ (5, 0.0%)

1 あの昔, ような, 寂しさ, 感情表現に, 義務だ

▼ 伸子たち二人~ (4, 0.0%)

1 がつれ, が秋山宇一, をみ, を前

▼ 伸子たち四人~ (4, 0.0%)

1 がポリニャーク, はばらばら, は一つ, も一足

▼ 伸子~ (4, 0.0%)

1 からというの, が, ということ, とわかる

▼ 伸子としての~ (4, 0.0%)

1 気持は, 疑問だった, 自然であった, 要求を

▼ 伸子にたいして~ (4, 0.0%)

1 出来上って, 憤慨した, 素子は, 絶対に

▼ 伸子について~ (4, 0.0%)

1 もって, ゆきやすかっ, 一定の, 何かを

▼ 伸子のよ~ (4, 0.0%)

2 こへ 1 こに, こにかけて

▼ 伸子あて~ (3, 0.0%)

1 に着い, に送っ, に送られ

▼ 伸子からは~ (3, 0.0%)

1 なれたところ, なれ衣裳タンス, もとより

▼ 伸子さえ~ (3, 0.0%)

1 予期しなかった, 小さい女, 息が

▼ 伸子さま~ (3, 0.0%)

1 がい, ともかくお, に

▼ 伸子~ (3, 0.0%)

1 あとずっと, あらせて, そこい

▼ 伸子です~ (3, 0.0%)

21 がいらっしゃる

▼ 伸子にさえも~ (3, 0.0%)

1 わかって, ブハーリン派の, 野蛮な

▼ 伸子にとっての~ (3, 0.0%)

1 保は, 苦しいはめ, 親しさ

▼ 伸子をも~ (3, 0.0%)

1 ますます深く, むきに, 見惚れさせた

▼ 伸子たち三人~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, は所書き

▼ 伸子だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, 春から

▼ 伸子だけの~ (2, 0.0%)

1 はずかしさ, ひそかな

▼ 伸子だって~ (2, 0.0%)

1 われわれを, ストラスナーヤを

▼ 伸子である~ (2, 0.0%)

1 かぎりは, ことを

▼ 伸子でない~ (2, 0.0%)

1 ものに, 素子が

▼ 伸子でも~ (2, 0.0%)

1 わきについて, 知って

▼ 伸子なりに~ (2, 0.0%)

1 力の, 渦巻くそれら

▼ 伸子にさえ~ (2, 0.0%)

1 あらましは, それと

▼ 伸子に対しても~ (2, 0.0%)

1 あった, 伸子の

▼ 伸子ばかり~ (2, 0.0%)

1 であったよう, でないらしかった

▼ 伸子ひとり~ (2, 0.0%)

1 がロンドン, だけ帰った

▼ 伸子まで~ (2, 0.0%)

1 何となくほっとし, 笑い出した

▼ 伸子~ (2, 0.0%)

2 運命の

▼ 伸子よりも~ (2, 0.0%)

1 すらりと, 五つ六つ年上らしかった

▼ 伸子らしい~ (2, 0.0%)

1 一途さで, 表現で

▼ 伸子らしく~ (2, 0.0%)

1 それに対して, 目で

▼1* [81件]

伸子あいてにまた, 伸子おっかさんを見, 伸子お前何じょ, 伸子旗太郎か, 伸子ぐるみ一層しっかり自分, 伸子さあ帰ろう, 伸子さんあなたなら云って, 伸子さんあなたレオナルド・ダ・ヴィンチに懐疑, 伸子さんこちらは吉見素子さん, 伸子さんみたいな芸術家, 伸子さん僕はどう, 伸子さん外国へはいつ, 伸子さん金というもの, 伸子しかいないペレール, 伸子じゃなかったわけ, 伸子たち一団がまきちらし, 伸子たち動坂の子供, 伸子たち女づれの旅行者, 伸子たち娘たちと事務的, 伸子たち少数の日本婦人, 伸子たち数人の日本人, 伸子だけが残された一粒, 伸子だけをまた別, 伸子だったのだ, 伸子であって素子, 伸子であったがその, 伸子でさえロンドンで, 伸子でなくてすむ, 伸子でなくなってしまった, 伸子ではない, 伸子とで見て, 伸子なしで充分, 伸子などのしらない, 伸子なども母夫人は, 伸子にたいする越智の, 伸子についての多計代, 伸子にのみ不在証明が, 伸子にへだての, 伸子にまでつたえるだろう, 伸子にまでも信頼と, 伸子に対するやむにやまれぬ親心からこそ, 伸子のてぢかな, 伸子のみならずさ, 伸子はいなめなかった, 伸子はからだが, 伸子はとよにお茶, 伸子はとよを顧みて, 伸子はねてい, 伸子はのみかけて, 伸子はほどたってから, 伸子ばかりのとき多, 伸子までも斃れ, 伸子もっと空想の, 伸子よかろう, 伸子よく良心に, 伸子をよこから, 伸子パステルを描く, 伸子パリへかえって, 伸子一人遠くへやる, 伸子二人のとき, 伸子以外の四人, 伸子日本の民間婦人, 伸子朝子ひろ子そういう道, 伸子と連名, 伸子せっ, 伸子母弟時代と三つ, 伸子に単純, 伸子物質的だと, 伸子独り先にホテル, 伸子だった, 伸子素子つや子の三人, 伸子素子中館川瀬の四人, 伸子素子和一郎小枝とつまっ, 伸子素子川瀬勇の三人, 伸子素子磯崎夫妻の一行四人, 伸子素子秋山宇一内海厚の四人, 伸子素子老嬢エレーナをぐるり, 伸子素子運搬がかりのつや子, 伸子自身予期もしなかった, 伸子自身大使館で夜, 伸子は揃っ