青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~京 京~ ~京都 京都~ 亭~ ~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々
人々~
~人たち 人前~ ~人口 人口~ 人夫~ 人家~ 人工~ ~人形 人形~ ~人影

「人々~」 27430, 272ppm, 350位

▼ 人々~ (7418, 27.0%)

81 それを 46 彼の 27 之を 25 いずれも, 彼を, 自分の 24 彼が 23 驚いて 20 口々に 19 知って 17 これを, それに, 一斉に, 息を 15 非常に 14 彼女の, 私の, 顔を 13 誰も 12 口を, 考える 11 それが, 彼らの, 眼を, 私を 10 声を, 或る, 次の, 此の, 考えて 9 これに, それらの, 他の, 何を, 手を, 皆な, 自分たちの, 自己の 8 いづれも, 僕の, 叫んだ, 彼女を, 急に, 我を, 手に

7 [11件] これらの, そこで, そこに, 一つの, 何も, 僕を, 彼等の, 日本の, 見て, 言った, 黙って

6 [23件] あわてて, いいました, おどろいて, ここで, このよう, ぞろぞろと, 一度に, 争って, 云うであろう, 云って, 何か, 信じて, 勝手に, 右の, 固唾を, 多くは, 彼女が, 急いで, 異様な, 皆この, 私が, 考えた, 誰でも

5 [33件] いった, お互に, かれの, この二人, この点, さすがに, そこを, その日, だれも, びっくりし, みんなこの, 一日も, 二人の, 云うかも, 云うの, 俄かに, 刀を, 如何に, 家の, 彼に, 後に, 思い思いに, 思った, 思って, 愕然と, 殆ん, 目を, 確かに, 笑って, 耳を, 自分が, 自身の, 茲に

4 [58件] いう, いって, いつまでも, ここに, この概念, さかんに, その本性, それぞれに, それぞれの, た, ひそかに, みなその, めいめいの, 一人も, 一様に, 一種の, 不安な, 之に, 云う, 互ひ, 人間の, 今まで, 今も, 今日の, 今更の, 何れも, 先を, 呆気に, 喜んで, 噂し, 夫, 始めて, 容易に, 少しずつ, 少しも, 山村に, 彼らが, 彼女に, 心の, 日本を, 明らかに, 気が, 淡路の, 現実の, 男も, 真面目に, 社会の, 私に, 科学の, 自分を, 見たの, 言って, 誰しも, 道を, 酒を, 静かに, 非常な, 驚いた

3 [94件] あっけに, いつもこの, いつもの, おどろいた, お互いに, かたずを, きっとその, こういっ, この事件, この意味, この時, これは, これ等の, そう云っ, そこへ, その子供, その顔, それは, ただもう, なだれを, なんの, またその, まだ半信半疑, よく私, 一人として, 一切の, 一方の, 一時に, 一生懸命に, 一般に, 上近く事へる, 下の, 不幸な, 不思議に, 世界の, 之によって, 二人を, 云うだろう, 人類の, 今では, 今でも, 今は, 何かの, 何の, 俯向い, 叫んで, 各々の, 吾, 多くの, 夜の, 子供の, 学問が, 学問と, 安心した, 家に, 岡の, 己れ, 平気で, 彼に対して, 彼らを, 忘れて, 感じた, 我に, 故意に, 文学の, 新聞の, 昔から, 最後の, 注意すべきである, 海の, 無言で, 現在の, 生きて, 皆, 皆その, 皆彼の, 目に, 直ぐに, 眉を, 真理の, 神の, 空間の, 窓の, 笑った, 笑ひ出した, 総立ちに, 考えるかも, 色を, 見ないであろうか, 言ふ, 記憶し, 頭を, 驚きの, 鬼の

2 [371件] ああいう, ああし, あつちこつ, あの深く渋き, あまりの, あまり深く, ある種, あッと, いたずらに, いろいろな, いろいろの, おのれの, かくの, かれが, こう考え, ここから, このお喋り男, このこと, この事実, この二つ, この声, この子, この宗教, この建物, この柳, この歴史, この異様, この老人, この話, この間の, これによって, これまでの, これを以て, こんどは, さう, しばらく彼, すぐに, すぐ寝こんだ, そういう事実, そうは, そこから, そこの, そのあいだ, そのこと, そのため, そのとき, そのめずらしい, その上, その人, その周囲, その夜, その方, その時, その様, その要求, その言葉, その話, その間違を, その頃, その馬, それから, それで, それ程愛らしく親しかっ, そんなこと, そんな風, たがいに, ただこの, ただに, ただ彼, だまって, だれでも, つねに見た, どうか, どうしたら, どうしてもそういう, どうなる, どう感じ, どこに, どよめきました, どんなに働く, なんだろう, なんとかし, はっきりと, びっくりした, びっくりしました, ふしぎに, ほんとうの, またおどろいた, また高麗, まるで纏, みられる事, みんな自分の, みんな駅長室の, もう五百人, もう先刻, もう彼, もう私, もつと, よくこの, よく云う, よく口, よく見かけた, よろめきながら, わけも, わざわざ彼, われも, ギョッとして, ゴーリキイの, ドイツの, ドキン, ドッと, ハッと, パリへ, 一せいに, 一人残らず, 一切知らぬ顔を, 一定の, 一層不安, 一時ドヤドヤと, 不当と, 中国の, 争うて, 事の, 云うまでも, 五七連節の, 亨一の, 人の, 今なお, 今の, 他に, 他人を, 仮にマルクス主義的方法, 仰天し, 何うし, 何が, 何にも, 何よりも, 何事かと, 何事かを, 何故に, 何時まで, 余が, 余りの, 余を, 例の, 俄に, 偉いん, 全く我, 前よりも, 力を, 動揺した, 勢い込んで, 勿論此, 博士の, 即座に, 却つて之を, 又おどろいた, 叫びました, 各, 各自に, 各自の, 同情の, 呆氣に, 周章てて, 咎むべきである, 唯余を, 喜んだ, 噂し合った, 四方から, 四方に, 地上における, 地下に, 変化しよう, 外の, 多く彼の, 夢の, 夢中に, 大さわぎ, 大に, 大丈夫だ, 大変な, 大抵大川, 大衆の, 夫を, 女の, 好んで, 如何なる思想家, 姿を, 孰れ, 定めて, 寄ると, 寒さ, 寺へ, 小さく見えた, 山を, 山野に, 嵐の, 巧みに, 己を, 帽子を, 平和に, 床に, 当時の, 彼れ, 往々に, 徒らに, 従って, 心配し, 忘れては, 忘れは, 忙しく立ち働いた, 思う, 思ひ, 思わず顔, 思想を, 怪しんだが, 恐怖の, 息をの, 悲鳴を, 意味も, 意志が, 意識の, 愕然として, 感心し, 感激し, 成程, 或は覚え, 戦争の, 戸外へ, 所謂, 手も, 手廻りの, 承知しなかった, 抗議した, 支那の, 政治的に, 文化の, 斉彬の, 新聞を, 既に貴方がた, 早くも, 早や, 春どう, 時間に, 晝間の, 最初から, 最早事, 期せずして, 植物の, 様々な, 正当に, 歩いて, 歴史に, 歴史の, 母の, 毎日の, 毎日何十人あるいは, 氏の, 民衆の, 気付くだろう, 気味悪がっ, 水を, 沈黙した, 注目しなけれ, 洞窟の, 流れて, 涙ながらに, 源氏の, 火を, 無闇に, 牧童の, 特別な, 狼狽へ, 獄門の, 玄白斎が, 現在を, 現実的な, 理に, 理解する, 生活の, 異人池と, 異常な, 皆大, 皆真直に, 皆足を, 皆驚い, 盃を, 盛んに, 真に貴方がた, 真昼の, 眼前に, 知らなかった, 禁欲生活を, 秀吉の, 空に, 笑いながら, 答えた, 答えました, 紀昌の, 細い優しい声, 組合を, 結婚が, 綱を, 群を, 老人の, 考えるの, 考へた, 考へて, 肩を, 胆を, 胸の, 膝を, 自らの, 自らを, 自分たちが, 自分で, 自分では, 自分達が, 自動車の, 自然に, 自然の, 自然を, 興奮し, 船から, 色感に, 芸術を, 茫然と, 虹に, 見た, 見るに, 見るべきである, 見馴れて, 言いました, 言うけれども, 言つた, 言葉の, 話し合, 論理を, 論理学の, 諸君の, 貧しい人々, 貴方がたを, 軽ろ, 遉に, 遊んで, 運動の, 過去においても, 遠くから, 遺憾ながら, 酔を, 重ねて, 銘々に, 鐘の, 門の, 闇の, 防寨を, 雪崩の, 面白そう, 順々に, 顏を, 顔と, 顔の, 顔見合せた, 食事を, 飲んだり, 首を, 馬が, 馴れて, 驚異の, 黙々として, 黙つて

1 [5083件 抜粋] あいかわらず侵略戦争, あたかも急, あつた, あの世においては, あの鏡, あやしんで, あらゆる手段, あるが, あれか, いいが, いう迄も, いかに日頃, いじらしいいとしいと, いただいた, いったの, いつもお正月, いづれ重代, いまだに戦慄, いま夏場の, いろいろ相談, うつつだった, おおかたねむった, おそるおそる死体, おのずからコンニャク, おもて, お寺から, お転婆な, かえってその, かくて, かなり現場, かわるがわる徹夜, きもを, けれどその, こういった, こうもりの, こころ静かに, ことごとく木端微塵, このきかない, このダンテ, この事情, この原始型宗教的, この場合発展, この娘, この患者, この春, この殉死, この男, この蝉, この間自分が, この鶯, これ以外に, こんな住居, さして怪しく, さもけがらわしい, しいんとし, しばしば野, すぐうしろ, すぐ黒い, すっかり胆, すべて, すべて卑劣な, せつ子には, そういった態, そう云い合っ, そう見る, そっと自分, そのたび, その中, その健全, その前, その品物, その外見, その年, その思い, その感情, その時間, その正体, その皮, その職業, その調和, その隙間, そもいかん, それぞれ来た, それでいい, それより, そんなふうに考え, たいてい同じ, ただその, ただ不幸, ただ恨めし, ただ苦しみ, たちすくむ, たぶんみなそう, だから成たけ, ちぢみ上った, ついにこの, つや子までを, ときどき火事, とりわけそこ, どうしよう, どっと笑いくずれる, どん, どんな人物, なおご, なお戦前, なぜあれ, なにごとが, なんだか黒い, にわかに飛び退っ, はじめて会得, ぱったり議論, ひやりとした, ふと耳, ほとんどこれ, ほんとの, まさか屋根, まずあんど, また, また土, また美少年, まだそれほど事態, まだ日本, まだ起き, まんまと一ぱい, みなそれを, みな今度の, みな宋江の, みな焚火の, みな見物人に, みんなあの, みんなびっくりした, みんな入, みんな女らしい, みんな母だって, みんな赤い, むやみと, もうだいぶ酔っ, もう値段, もう腹, もたれ合って, もっと子供, もとより普通, やう, やがて散々, やっと二十面相, やはり退屈, ようやくあたり, よく千代松, よな, わが詞, アカデミー化に, エキモスを, ガヴローシュの, グズ弁とは, シャクの, セメントの, テッキリ並木先生が, ドカドカと, ファンティーヌが, ブーヴィーヌや, ホルモン焼きを, メールストロムの, ラモーや, ワーッと, 一人一人に, 一同この, 一層熱心, 一昨年以来空の, 一段一段のぼっ, 一致した, 丁度大学, 三々五々もう波打際, 上を, 不吉な, 不思議な, 不相変万歳, 世界を, 中, 久保田万太郎, 亀井勝一郎保田与重郎中河与一を, 事件直後から, 事物を, 二十四歳であった, 云うこと, 云った, 互いに今日, 互に目, 亡き霊帝, 人各々の, 人間が, 今その, 今や百三十三万三千三百三十三人三分の一, 今度は, 今日今日の, 仕事の, 伏見広沢の, 伸子の, 何がなし故国, 何となく慌しい, 何んな, 何処に, 何時の間にか巷, 作品には, 例えばテニス, 価値の, 信長が, 偉大という, 僧形に, 先ず第, 克子の, 全く人間そのもの, 八月二十日を, 六角の, 其処で, 内在的批評によって, 冬の, 凡そ二十数名あった, 出席せず, 初めこの, 初め驚いた, 別に玄関脇, 到底諦める, 前日から, 助けて, 動けない, 勿論史実, 十八九乃至, 午前の, 半裸体, 博士を, 却ってこの, 厚木の, 又もや不安, 又考えるであろう, 取, 古典の, 叫びながら, 右往左往し, 各権利, 同じ新聞紙上, 同音に, 吾国固有の, 呼んで, 唯ある, 唯驚き呆れ, 喜んだり, 噂を, 四散した, 国家が, 國民ぜんたいが, 地より, 坐りながらに, 塵掃い, 壺なく, 外国文化を, 多く往, 多数の, 大いなる谷川, 大きに反省, 大体自分の, 大家の, 大抵最初, 大笑いに, 天ぷらの, 天空に, 奥の, 好奇心に, 姉を, 姫柚子などよりも, 存八を, 学問を, 安倍ヶ城の, 宗教の, 定めし踊り, 実在に, 宮を, 家主に対して, 寄れば, 寒気に, 寧ろ社会学, 導き出されたる専門化, 少くない, 少し離れ, 尚書の, 屡々この, 岸に, 工場の, 市長でなけれ, 常に, 常日頃, 平民的と, 幸福で, 幾群か, 廊下の, 強い音波, 当然ヒューマニズム, 彼と, 彼方此方と, 往々弁証法, 後々この, 従来の, 徳川時代さながら, 心配の, 必ず太政官, 必然に, 忙殺され, 怒罵し嘲笑, 思いやられる, 思ったの, 思ひ込んで, 思わず感歎, 急流の, 怪物の, 恐らく何, 恐ろしい彼, 息も, 悉く血腥い, 悲しんだの, 愁然として, 意識という, 感嘆の, 慰めて, 我々が, 我勝ちに, 或は憤然, 戦時中は, 手から, 手鑓を, 技師と, 押し上げるよう, 持つて, 推理する, 攻撃を, 救われたの, 散乱し始めた, 文作が, 文學者でも, 新しい杭, 新田の, 旅順に, 日ごろから, 日本封建的な, 早くその, 明日の, 昔ながらの, 春の, 昼間夜間を, 時報と, 普通空間を, 暗誦し, 更に生活, 最下層, 有た, 朝起きる, 未来に, 本気に, 東京普通の, 果して何, 校長が, 極めて僅か着物, 概して皆, 権力への, 次第に散っ, 歎賞の, 此地を, 武蔵の, 死せし者, 死刑執行人の, 残らず出かけて, 母上の, 民主主義文化, 気ばかり, 気味が悪くなっ, 水中を, 決してこまりません, 決して彼, 沈鬱に, 沿道に, 注意し合った, 活, 浪の, 涙も, 深雪が, 渡し場の, 滝なす, 漸く気遣いはじめた, 火は, 無事であった, 無銘品の, 熱心な, 父親の, 物憶え, 特にはつきり, 狂奔舞蹈する, 猛太, 玉水の, 現代に, 現金としては, 甚蔵と, 生命がけ, 生産や, 甲冑を, 留学生とか, 疑った, 痛烈な, 百喋っ, 皆どんな, 皆んな驚い, 皆二条の, 皆口を, 皆少年らしく思はれる, 皆持っ, 皆涙を, 皆神仏の, 皆記者の, 皆頸を, 目と目を, 直ちに魅了, 相当に, 真暗闇, 知ったであろうと, 知識と, 社会現象と, 祝祭の, 秋から, 稲の, 空間と, 立ち騒いだ, 競争心を, 笑つた, 答えたもの, 約五, 経済学が, 絶望を, 緘黙せる, 美しい村口多鶴子, 義元の, 老幼を, 聞き入って, 背筋から, 腕時計を, 自ら車の, 自分自身と, 自然所謂, 自稱, 舌を, 船員の, 芥川と, 若干体質が, 茫然として, 荷物と, 蒼くなった, 虎列刺が, 蝿の, 行動し, 被服廠を, 見すぼらしい服装, 見るべきである大衆性, 見送つた, 覺えず, 言つて眼を, 話が, 語り伝えて, 読後決して, 誰一人い合わせない, 諭吉の, 警察の, 貧乏を, 質朴で, 足を, 躊躇し, 車掌を, 農繁期には, 迷惑ながら, 逃げ散る, 進退きわまった, 過程を, 遠ざかった, 避難所と, 鄙には, 醜いもの, 銘記しなけれ, 長い礼拝, 門地を, 阿呆で, 陸遜, 集まり慰め, 雲の, 青ざめ緊張, 面倒くさがり, 頑迷さという, 類推し, 食事なかばで, 餓えて, 駒を, 驚きさわいで, 高き代価, 魂祭りと, 鶴見祐輔を, 黙々と家路

▼ 人々~ (7235, 26.4%)

158 間に 120 ために 83 中に 7871 心を 67 顔を 64 心に 55 中には 54 前に 46 中で 44 間には 42 心の 38 上に 37 ことを, 間を 33 口から 31 注意を 30 ように, 手に, 生活の 28 眼を 27 顔が 26 眼に, 胸に 25 姿が, 話を 23 うちに 22 間で 21 中から, 心は 20 耳を, 頭の 19 目を, 眼は, 顔は 18 多くは, 耳に 17 中の, 口に, 目に, 間では 16 なかに, 中, 姿を 15 名を, 生活は, 間から 14 やうに, 中にも, 生活を 13 心が, 心には, 手で, 目は, 間にも, 頭に, 顔も 12 胸を 11 中へ, 意見を, 手から, 眼の, 興味を, 記憶に, 話に, 間の 10 うちには, ための, 好奇心を, 手を, 眼には, 群の, 肩の

9 [11件] 中でも, 同情を, 姿は, 方へ, 生活に, 目には, 眼が, 頭は, 頭を, 顔に, 顔には

8 [14件] あいだに, うしろから, ところへ, 前で, 手によって, 方が, 注目を, 為に, 生活が, 目が, 目の, 群を, 顔の, 魂を

7 [11件] あいだには, ことは, なかで, 噂に, 後に, 方に, 注意が, 群が, 胸の, 関心を, 魂の

6 [22件] うちで, ためにも, なかには, 前には, 前へ, 前を, 口の, 叫び声が, 名が, 声を, 多くが, 心持を, 想像する, 感情の, 感情を, 注意は, 生活と, 耳には, 背後に, 視線は, 顏を, 魂が

5 [23件] あいだでは, うちの, ためには, 事を, 住んで, 動静を, 大多数, 大部分, 感激する, 我を, 数は, 立ち騒ぐ, 群れが, 考えに, 自由である, 視線の, 視線を, 言葉は, 足に, 足を, 足音が, 運命を, 頭上に

4 [73件] あとに, うちから, うちでも, ことも, すがた, なかから, ほうへ, もって, ような, 一人で, 一人である, 一人と, 上には, 不安は, 中では, 中を, 休養娯楽に, 作品に, 作品は, 勝手である, 口を, 名前が, 名前を, 唱へる, 声が, 声も, 家を, 幸福の, 影は, 影を, 後を, 心から, 心も, 想像に, 意見に, 感情に, 態度は, 持って, 気持は, 気持も, 気配が, 環視の, 生きて, 生涯を, 眼から, 知る通り, 笑ひ, 精神が, 精神の, 精神を, 罵り騒ぐ声々, 群れ, 群れから, 群れの, 考えて, 耳へ, 肩に, 背を, 胸底に, 蔭に, 見て, 視線が, 言うこと, 話題と, 説を, 身の上を, 運命が, 間でも, 間にのみ, 静かな, 頭には, 顔にも, 魂は

3 [110件] あいだから, あとを, あひだ, あること, うちにも, お蔭で, こころに, ことである, さまざまな, ざわめきの, その中, ものを, ザワメキが, 上を, 云うよう, 人生の, 人生を, 今日の, 仕事の, 作品が, 便宜の, 内部に, 判断に, 力の, 労働の, 動きが, 名は, 問題と, 嘲笑を, 声, 声は, 外に, 多数は, 夢を, 如きは, 姿と, 姿も, 姿や, 存在は, 容易に, 尊敬を, 影が, 思想が, 悪口を, 想像は, 意見は, 意見も, 意識に, 感情が, 態度と, 手の, 批評にも, 挨拶が, 挨拶に, 挨拶を, 数が, 日常の, 日常生活の, 書いたもの, 期待を, 様子は, 様子を, 歎き, 気を, 気持が, 涙の, 涙を, 爲めに, 生きかた, 生活には, 生活や, 生涯の, 生涯は, 目から, 眉を, 眼も, 知るところ, 神経を, 笑い声が, 精神に, 考えは, 考えるよう, 胆を, 背後から, 胸には, 胸中に, 行き来した, 見る所, 言うところ, 言葉を, 記憶から, 記憶が, 記憶には, 許へ, 話から, 話は, 談話を, 足の, 運命と, 間における, 集まりの, 集団の, 集団は, 面に, 面前で, 面影を, 頭ご, 顔, 顔や, 鼻に

2 [371件] あいだで, あたま, あつまって, あの時, いうこと, いうところ, いはく, いること, うえに, うしろに, うちでは, うわさと, おかげである, お能, こ, こころの, こころを, ことが, ざわざわ云ふ, ざわめきを, すべてが, その人たち, それとは, ためを, つとめなる, ところを, どよめきが, どよめきの, なかにも, なかへ, ほうを, ほかに, ほかには, ようすを, グループが, ペンによって, 一人だった, 一人として, 一人に, 一団が, 一年間の, 一生を, 一般的な, 不安を, 並々ならぬ, 主な, 予期に, 云い分, 云ふこ, 仲に, 伝記を, 伝説は, 住する, 何人かと, 何人が, 作である, 作り出す新, 作を, 作品の, 作品も, 供養の, 価値を, 便宜を, 信じて, 信用を, 俳句は, 健康の, 側に, 働きが, 働きぶりを, 僕に, 光景を, 内には, 内生活, 写真を, 冷笑を, 出て, 列が, 判断は, 前では, 力に, 功績は, 助けを, 努力と, 努力は, 動きに, 動揺は, 動機は, 勝手だ, 協力を, 単純な, 厚意を, 参考に, 反感は, 口が, 口は, 口より, 口頭に, 叫びは, 叫び声鉄砲の, 叫んで, 叫喚が, 叫喚の, 名も, 名前や, 命を, 喚き声, 喜びを, 嘲るは, 嘲笑の, 噂が, 噂は, 噂を, 困難を, 墓を, 声と, 声に, 夏の, 多いこと, 多い世の中, 多くを, 多数が, 夢の, 天性に, 失錯ありし, 好に, 好みに, 好奇心に, 好奇心の, 好意である, 好意も, 好意を, 姿とを, 姿までが, 子孫の, 存在, 存在が, 存在にも, 宝である, 家の, 家へ, 家族なりとも, 容子が, 寝息を, 寸暇に, 小さな姿, 小集団, 希望が, 帰りを, 常識に, 常識は, 平和な, 幸福を, 形も, 影響は, 後から, 後について, 後ろに, 後方から, 御主, 心からの, 心と, 心中に, 心持が, 心持ちの, 心次第に, 思いやりの, 思いを, 思うよう, 思想も, 性格に, 性格は, 性格を, 悲鳴を, 情熱は, 意見が, 意見の, 意識が, 意識には, 愛と, 愛を, 感情には, 感情は, 感情も, 態度が, 態度には, 態度の, 慎重な, 憤慨を, 憤懣を, 所へ, 手前も, 手本と, 指紋を, 提灯の, 支持を, 救護に, 数も, 文章には, 方は, 方を, 最も多く, 服装の, 服装は, 望みに, 期待に, 楽しそう, 様子も, 歌を, 正夫人, 死の, 気が, 気の, 気分は, 気分を, 気持ちを, 気持を, 気配に, 気風を, 波を, 注意の, 注目の, 流れに, 流れは, 消息を, 渇望に, 特徴が, 特権の, 特殊化し, 理性を, 理解を, 生命の, 生活から, 生活その, 生活で, 生活へ, 生活をも, 生活感情を, 発表する, 目にも, 目前で, 目的は, 相手にも, 真似を, 真剣さが, 眠りを, 眼と, 眼にも, 眼前で, 着て, 着物を, 矛盾は, 知って, 知る処, 知識は, 短歌に, 社会に, 神経が, 第三中学校, 精神は, 経験に, 経験の, 罪などと, 署名を, 罵る声, 群である, 群に, 群れに, 群れを, 考へて, 耳目に, 職業で, 肌に, 肌を, 肩から, 胃を, 背へ, 背後へ, 胸から, 胸中の, 能く, 脳裡に, 腕の, 腦裡に, 自主的な, 自分に, 興味は, 若さ, 菩提を, 血が, 血を, 行き來, 行動に, 行動の, 衣裳の, 表情の, 袖を, 製作であった, 要求を, 見方には, 見物の, 親切を, 言を, 言葉である, 言葉に, 言葉も, 記憶にも, 記憶の, 記憶を, 註文を, 詩語や, 話で, 話では, 話の, 話題を, 説に, 談笑の, 談話の, 諒解を, 警戒と, 讃辞に, 象徴詩と, 象徴詩に, 賞讃する, 走って, 足が, 足は, 足もとから, 足許から, 足跡を, 跡から, 踏む足, 踵を, 身を, 身体は, 身長の, 車を, 逃げまどって, 運命, 運命に, 運命の, 遺品や, 間にあって, 間へ, 随意である, 集って, 集まりへ, 青春は, 面は, 面を, 頭から, 頭上を, 頭上高く, 頭脳の, 頭越しに, 顔ぶれを, 顔色には, 顔触れを, 首が, 首は, 首はう, 騒々しい植民地, 騒ぎは, 騒ぎを, 騒音が, 驚きと, 驚きの, 驚きは, 魂や, 黒い影, 鼻を

1 [3347件 抜粋] あいだを, あまりに優しい, あらゆる運動, あれよあれよと, いう事, いきれが, いなくなるの, いる中, いわゆる愛, うしろを, うちを, うち誰が, うらみを, おどろきおとうさ, かえって喧噪, かしましい単調, かわりに, こころは, ことなどが, このよう, この小家, これに, ご馳走に, さまざまに, ざわざわ言う, しんがりに, するがま, そそり唄, その時, その皿, そばに, それを, たのもしい元気, ためなすべき, だれかが, つねで, ところから, と同じ, なかにおいて, なすところ, はただ, ひいじいさん, ひとりであり, ふところに, ほとんどその, まえで, みんなが, もとに, ものに, やったこと, ゆくと, ようでした, よろこびそれ, ゐる面前, カリカチュウル, ソヴェトは, フィクション性を, ポケットから, リアリズムが, 一人が, 一人一人に, 一斉の, 一番前に, 一群を, 一讀すべき, 三, 上品さに, 不安心の, 不幸不幸に, 不熱心, 世界においても, 並んだ後ろ, 中において, 中寿阿弥が, 中聰明な, 主張する, 之に, 予期を, 事蹟が, 云うこと, 云う通り, 亡魂に, 人望を, 人生へ, 人間らしい親愛, 今は, 仕事に, 他には, 仮の, 仲間の, 休み場所停車場という, 伝へた古い, 位地や, 住みゐたる中, 住む町, 住居を, 何んという, 余りな, 作には, 作品には, 作物の, 便を, 信仰が, 信頼が, 俳諧の, 個性は, 健康や, 偽わらぬ, 傳えた物語, 優しい性質, 光が, 入店希望, 全努力, 公判が, 其の希望, 内心が, 円陣の, 冷淡さに, 凡庸さを, 出入りが, 分業的な, 列表情なき, 利己主義を, 利益を, 前丁度, 力とによって, 助力なし, 努力を, 勇気は, 動き声次々, 動転し, 勝手次第なる, 十数台の, 卑怯な, 印象を, 厚顔さや, 去るの, 友と, 反対の, 取扱は, 口添えも, 叫び, 叫び声と, 叫声が, 各々に対する, 合宿所の, 同人雑誌であった, 名さえ, 名前略歴が, 向上心という, 周圍から, 味覚を, 命が, 哀れを, 問いに, 喉の, 喜びかぎりなし, 喝采は, 嘆かわしい服従的傾向, 噂する, 囁きは, 団体の, 図案を, 地位教養その他を, 報告です, 境涯ある, 墓も, 声な, 変化や, 外交術と, 多い時代, 多く殊に, 大きい群, 大群を, 夫, 奮起すべき, 好みと, 好奇な, 好飲料, 如く尻, 妻の, 姿こそ, 姿の, 媒介によりて, 存し, 学位論文を, 安易きわまる, 実感から, 宰領という, 家をも, 家族が, 寄進に, 寛大さを, 寝鎮まるの, 寿詞と, 尊敬し, 小島の, 屈せぬ根気, 層に, 崇拜尋常ならざりし, 希望により, 常に顧慮, 常識にとって, 幸福が, 幾代の, 建てた市, 引き止めるの, 形而上学である, 影法師が, 役に立つならそう, 往来しげく, 待ちかねる春, 後ろの, 従僕, 徽章として, 心づかいいかにも, 心もちから, 心境は, 心持, 心持や, 心構へだけには, 心理を, 心鏡に, 快活さなどは, 怒りは, 思いが, 思い出の, 思はくを, 思想に, 急を, 性格人間的動きの, 怨恨と, 恐れまど, 恥辱を, 息は, 悪意を, 悲劇的生活は, 悲鳴が, 情を, 想像するごとく, 意図から, 意志による, 意気込みを, 意見である, 意識の, 愚直な, 感じが, 感化から, 感情行動の, 慈悲には, 慣習に, 憂色を, 憤りや, 戀人の, 戯れ口, 所見は, 所長に, 手は, 手前祭司たちへの, 手紙の, 才能は, 批判の, 折々に, 拍手と, 持つて, 指圖を, 挨拶の, 掌中に, 採用した, 推進によって, 提灯によって, 支配を, 教へ, 敬愛を, 数多の, 文化は, 文学の, 文章の, 断食と, 施しを, 日常が, 日本名への, 時代だった, 智謀を, 更互に, 書簡には, 最後に, 望によって, 未知の, 本能は, 村でした, 枕辺で, 極めて善良, 様々な死に, 横に, 欲する, 欲求を, 歎く, 正確な, 歩きぶりを, 歴史だった, 死に関する, 死霊の, 比では, 気まぐれによるのみ, 気受けも, 気持と, 気組み働きは, 氣持に, 汚名は, 泣いてる姿, 注文は, 洋服なる, 活溌な, 浮き沈みが, 淋しさ, 深省, 渡世も, 演劇といふ, 炉辺では, 為めと, 無いの, 無智, 無関心さ, 熱意からのみ, 爲めには, 物の, 物語に, 犠牲で, 独善的な, 現実が, 理想が, 生々しい現実, 生命が, 生死観とでは, 生活そのものの, 生活なぞも, 生活に対する, 生活保障に, 生活感情が, 生活的な, 生理的な, 用務の, 番附が, 疑いも, 病的な, 発病原因と, 百の, 皮膚は, 目そ, 目的の, 直接周囲の, 相談のみを, 看護を, 真摯な, 眠らない赤い, 眼それを, 眼前に, 着物や, 知らせで, 知識で, 確信が, 社会的に, 祈祷の, 神仙譚が, 私の, 程度での, 立ち去つたアトリヱ, 立入りを, 立場によ, 笑いさざめく, 笑い崩るる, 笑ふ, 答へ, 粗懶, 精神感情処世の, 納得ゆく, 組織で, 経験する, 絵を, 総攻撃, 罪武門の, 群で, 群れであっ, 群集しけれ, 考えかたの, 考える, 考へに, 耳にも, 聖地に, 聲に, 肖像なりと, 肺臓やら, 背丈に, 背景に, 胸奥に, 脳中を, 腰に, 腹加減健康状態時と, 自らその, 自己放棄の, 自然的な, 自由は, 興味が, 興趣に, 色身を, 芸術観を, 苦しく生き, 苦に, 苦悶の, 落ちた音, 蔑みを, 虚偽に, 行うとおり, 行く様, 行動を通して, 行進を, 表情に対する, 袖の, 要に, 見た雪舟, 見落した側, 視線に, 親切から, 親睦機関から, 解しかねるところ, 言う処, 言ひ, 言葉では, 訊問から, 記録は, 註文で, 詠を, 話し声そういう, 話柄であっ, 認識を, 語る所, 誤りだ, 説明する, 誰の, 談を, 論じたところ, 諸聲, 讃嘆する, 貴重な, 賢愚の, 走り降り, 趣向の, 足下に, 足音彼等は, 跫音や, 身なりは, 身体の, 身近かな, 輸血も, 近代化は, 逃げて, 連名で, 遊びでなく, 過去と, 道義の, 選択によって, 邪推を, 配り合せ, 鉱毒地視察が, 鑑賞眼が, 間, 間にでも, 関心事に, 附与した, 階級と, 随意的能力は, 集ふべき, 集まりであり, 集りだけが, 雑沓し, 難儀を, 需要する, 靈, 非難を, 面前における, 頭が, 頼みでは, 顏が, 顔こそ, 顔で, 顔ぶれの, 顔感情動き, 願いも, 風格を, 食意地の, 首っ玉にも, 駁論に, 騒ぎも, 騒音, 驚くほどの, 驚異と, 骨折も, 魂, 魂魄を

▼ 人々~ (3745, 13.7%)

33 ある 22 それを 19 集まって 15 いた, 自分の 14 あった, これを 13 住んで, 集って 10 いる, 自分たちの 9 それぞれの, それに, 多かった, 私の 8 あつた, 一時に, 出て, 如何に, 彼の, 驚いて 7 一斉に, 多かつ, 想像する, 或る, 知って 6 之を, 何か, 同時に見た, 彼を, 来て, 目を, 眼を, 立って 5 あるが, あると, そこに, 彼等の, 往来し, 待って, 忙しそう, 自分を, 自身の

4 [25件] あって, あつて, あること, おの, これらの, 中心に, 二人を, 信じて, 働いて, 口々に, 右往左往し, 外の, 少くない, 帰って, 手を, 此ほど, 歩いて, 私に, 私を, 考えて, 見ると, 集った, 非常に, 頭を, 顔を

3 [46件] あつまって, いかにし, いて, います, しずかに, どのよう, めいめい勝手に, やって来て, やつて, 一定の, 予想した, 何を, 入って, 勝手に, 口に, 叫んだ, 呼んで, 噂し, 噂した, 多いと, 好んで, 存在し, 寄って, 居る, 岸に, 床に, 彼に, 彼らの, 心を, 心配し, 持って, 振向いて, 日本の, 普通に, 此の, 此世に, 殖えて, 犯罪に, 発見した, 考へて, 自分達の, 自己の, 走って, 集まった, 首を, 駈けつけて

2 [214件] あまりの, ありその, あります, あるけれども, あるの, いうよう, いずれも, いそがしそう, いろいろと, かかるもの, かくの, かたまって, ぐるりと, ここから, ここに, このよう, この問題, この時期, この書物, この現象, この理想, これに, こんに, そこを, そのため, その上, その思想, その時代, その淋し, その生活, その生涯, その社会, それぞれに, それへ, そんなこと, ぞろぞろと, たくさんいる, どのくらい, ながめて, にぎやかに, ばらばらと, ひきずって, またその, まわりに, むらがって, ものの, やってきて, よく知っ, よりよい, ゐて, ゐるの, クリストフにたいして, ビックリふりむい, ワッと, 一しょに, 一つの, 一人残らず, 一列に, 一団と, 一時の, 一般に, 不思議がっ, 不思議に, 世の中に, 並んで, 主に, 之に, 乗り込んで, 事務室に, 事物に, 二人の, 人生について, 人間の, 人類の, 今ぞろぞろ, 今は, 今日の, 他の, 何の, 何よりも, 何人か, 何千人と, 何故に, 何時の間にか自分, 余りにも, 來て, 信長の, 健全に, 偶然に, 僕の, 充分に, 八方へ, 出入りし, 出入りする, 利益を, 前後し, 力を, 占めて, 叫び合った, 右往左往する, 各, 各自に, 呟し, 喜んだの, 国造と, 坐って, 声を, 多々ある, 多い, 多いが, 多いため, 多いの, 多くなった, 太子の, 存在する, 家の, 容易に, 寂しく取り残された, 寝静まつた真夜中, 尠く, 居た, 平和の, 庭先に, 廃藩置県直後の, 当時の, 彼女に, 往々想像, 後から, 必要と, 怖れ, 怪しんで, 恐れて, 息を, 想像し, 戻って, 手に, 押しあひへ, 持つて, 描かれて, 文学の, 新聞を, 暗い陰, 木の, 未だ発言, 杯を, 案内を, 検挙された, 様々な, 標準語そのものと, 次の, 死んだの, 氷の, 汽車の, 濱へ, 熱心に, 理会した, 生きて, 生きるため, 生活の, 田之助の, 申して, 男も, 登って, 相互に, 相談し, 社会に, 福を, 私への, 秋山氏の, 笑って, 第一回, 続々と, 総立ちに, 群れて, 翫味し, 耳を, 腰を, 自分から, 自分では, 自然を, 自由に, 自身に, 興味を, 行って, 街頭に, 表面には, 見つけて, 見て, 見物に, 言って, 語って, 誰も, 貧しき人々, 賑やかに, 走り出て, 起きて, 踊って, 踏み固めて, 軽率に, 近づき得る氷河, 通る, 通るの, 過去の, 選ばれたの, 金を, 釣りを, 長い間, 関心を, 集まってる場所, 額を, 馳け, 駈けつけた, 騒いで, 驚くほど

1 [2689件 抜粋] あいつは, あちらこちらに, あっと思う, あとから, あまりに情熱的, あやまりを, あらわれて, あり夜, あるか, あるならば, ある上, あわてふためいて, いい触れた, いかに千有余年前, いかに驚嘆, いったこと, いつき祀って, いつもそう嫌った, いや驚くまい, いるから, いる局, いわゆる特殊部落, うけもつという, うろうろした, おし止めた, おそろしさ, おのずから落合う, お互いに, お祝ひ, かえりみると, かく区別, かけ集まって, かなりあっ, かれを, きょうの, こういう思い, ここかしこに, こちらの, ことに下層, この中心火, この動物, この塾, この対立, この憲法, この消息, この種, この釈明, これでは, こんなにす, さうするやう, さっそく個人個人, さよならを, ざわめき始めた頃, しゃべって, すこしずつ, すべての, するやう, ずいぶん怒り, ぜいたくを, そういう材料, そうである, そこにも, そのそば, そのよう, その不安, その叫び声, その大, その平凡, その慾望, その日附, その温情, その聖者, その資金, その骨子, それぞれ家の, それぞれ華美な, それでもって, それほどまでに, そろって, たかって, たたずんだり, たとえば雑誌イソップ, だいぶおります, だんだん望, つかまったという, つぶやくの, とかく静坐, ともかく幸福, とりわけ恐れられ, どういう根拠, どうしてもこれ, どこ迄も, どよめく気配, どんなにたたかった, どんなに困惑, どんなに評判, どんな要求, なぜそれ, なんといっ, のどかな, ひしめきあつ, ひとの, ふいと, ふつう苦しみ, ほっと息, ますます仏道, またどの, また口々, まだこういう, まだ安眠, まだ見, まのあたりそれぞれ, みなか, みな尊敬いたしました, みな色を, みんなおおせつかった, みんな感嘆した, みんな秋を, みんな醉つ, めぐり合って, もう戦争, もしいま, もっと正直, もてはやして, やがて多く, やってくる, やはり他, やるだけ, ようやく二人, よく書いた, よく親, より集つて, わざとの, われに, ゐる, アッとぎ, エーテルと, ギッシリつまっ, ゴーリキイの, シュク・ショーモン・エタなどと, タイプライターの, ハッキリ知った, バルザックへ, ヒューマニズムを, プラグマとしての, マルコ, ラシイヌ探偵を, ヴェルギリウス, 一九四〇年代には, 一同の, 一度目や, 一日も, 一概に空間表象, 一瞬自失した, 一般に彼ら, 七重八重に, 三時間目に, 上方へ, 不安な, 不慮の, 世話を, 並んだ, 主として出入, 之まで, 争うて, 事件の, 二三十人にも, 云い出した, 云わず語らずの, 互に理由, 五円で, 人民戦線によって, 今まで, 今一つの, 今日に, 今日最も, 今焼跡, 他に, 代る代るきまって毎月米, 以前は, 仲間に, 会話の, 住む地域, 何だか遠い, 何んな, 何年間か, 余りにその, 使って, 俄に, 信じ勝ち, 俺の, 健康を, 充ち充ちて, 先づ手習ひとし, 入口と, 全身倦怠皮膚蒼白の, 公平並みに, 共に舞い, 其処に, 具足を, 再びあたり, 再度光秀, 出そろうまでは, 出入した, 出歩いた, 刀を, 初期時代の, 到着し, 創りあげる芸術, 勇気と, 勝利者と, 十分に, 協力心を, 単純に, 却つて面くらつた, 参会した, 取り調べられた, 古いロシア, 叫びど, 各々双, 同じよう, 同国人の, 否応なしにおのれ, 呆氣に, 呼ぶ, 唯一人工心臓の, 啓蒙的に, 喰べ, 囃したり, 四顧の, 固くなつ, 国立劇場同, 坂を, 執筆した, 増加しつ, 夕方には, 多いからと, 多く出る, 多勢詰めかけ, 夜の, 夢遊状態で, 大きな分, 大分あつ, 大勢赤間ヶ関に, 大和朝廷へ, 大抵ネクタイピン, 大衆性の, 天を, 失ったその, 奉納する, 好く云う, 好奇の, 始めから, 子孫末永く, 安らかに, 実はお, 客なる, 室に, 宿って, 寄り集, 寒い身, 寝静まつたの, 射的大会に, 小さい下らぬ, 少くは, 少なくとも彼, 居なくて, 屋根上の, 山を, 巡遊に, 市九郎に, 席を, 常に口惜し, 平和な, 幽玄と, 広い段々, 廣場へ, 強い大風, 当然うくべき, 彼には, 彼女の, 彼等を, 待ち構えて, 後人を, 心に, 必ずしも絵画, 忘れて, 怖れ騒いだ, 思うころ, 思ひ及ばぬ程一般, 急に, 恋を, 恐ろしく神経過敏, 息つぎに, 悪口に, 愁眉を, 感じて, 感覚的恋愛の, 憎み合おうと, 成長し, 我が党出身, 戦争によって, 戰慄を, 打ち続いて, 押しかけはじめるの, 拝する事, 指紋を, 振向いたり, 排技巧と, 提灯つけ, 携わって, 政治を, 教会は, 散つたあと, 敵の, 文学作品を, 斉彬の, 新郎側として, 日ごろ馴れ親しん, 日常最も, 日本中で, 日本民族を, 昨年よりも, 時と, 普通には, 普通掲げる, 暮して, 替わって, 最上の, 月の, 望んでるよう, 朝飯が, 本当に部落そのもの, 村人の, 来るかと, 杭を, 松明を, 案じて, 梯子を, 楽しげ, 概ね之, 機械論を, 次第に心配, 欲するだけの, 止めるの, 正義の, 此賢い, 死に逃れ流されたの, 死体を, 残らず彼, 殿様たる, 毎日多かれ少なかれ, 民藝の, 気がつくと, 気を, 水を, 求めて, 決して教育, 沢山あった, 油断する, 法学的素養を, 注意した, 洋行帰りで, 洩れなく昨夜, 海上に, 消費する, 渡したこと, 湯に, 溢れ出て, 澤山居る, 炉辺の, 無意義に, 焦立って, 燭を, 物の, 狭く限局, 珍しが, 現われること, 現実に, 琴を, 生命の, 生産を, 田楽能の, 申せしとて, 画家仲間などに, 異常な, 病気が, 発狂し, 白髪を, 皆いだく, 皆な, 皆感激, 皆行っ, 益々狼狽, 直ちにかけつけた, 直接間接に, 看護を, 真に土着, 真愛, 眼隠しされ, 知るやう, 石塀の, 社会と, 秀龍義龍時代からの, 科学に, 種子を, 空間に, 立ちどまり腕, 立ち去る船, 立止っ, 立錐の, 笑いどよめき, 笑つ, 第三日ごろ, 答えたすべて, 米も, 約八割, 経済的に, 絶えず通り抜け, 纏った浮薄, 美しい雲, 翻訳小説に, 耳ざわりな, 聞くという, 能動精神の, 臨時に, 自他ともに, 自分より, 自慢する, 自然科学をば, 舟の, 色々に, 芸に, 若すぎた, 茲に, 草鞋や, 落付い, 薬屋で, 血に, 行違っ, 装飾的だ, 見えた, 見たら, 見まもって, 見れば, 角燈の, 言い合わしたよう, 言ふ, 訪ねて, 詰らないこと, 話に, 認識の, 誠意を, 調べて, 讃える雅致, 負ん, 賞めながら, 起き出して, 起ったり, 踊つた, 身近く感じ, 農科大学の, 近頃は, 逃げも, 逃走する, 通つて來る, 逮捕され, 達した一つ, 遠方の, 避けて, 酒も, 金貨が, 長い柄, 開けて, 間もなく上野, 降りると, 隅から, 隙間に, 集つた, 集つて食事を, 集まりだした, 集まる村はずれ, 集る, 雨夜の, 雲集した, 面白いぞ, 音を, 頷いた, 顕微鏡で, 食膳を, 首斬られた, 駅を, 駈け寄って, 騒ぎの, 騒ぎ始める時分, 驚いたこと, 驚きましたけれど, 高遠と, 鹿の, 黒山の

▼ 人々~ (1892, 6.9%)

19 向って 13 よれば 12 向かって 10 あっては, 對し 9 別れを, 取っては 8 して, とつて 7 依って, 迷惑を 6 与えた, 代って, 取って 5 これを, しても, それを, むかって, よりて, 比して, 混って, 送られて 4 まじって, 一種の, 手を, 挨拶し, 示した, 自分の, 限って, 顔を

3 [24件] いって, くらべて, むかっては, 一礼し, 交って, 介抱され, 別れて, 向かっては, 向つて, 告げた, 告げて, 對する, 心配を, 押されて, 挨拶した, 挨拶する, 理解されず, 私は, 考えられて, 聞いて, 見せて, 話した, 読んで, 頭を

2 [118件] あっても, ありがち, いちいち会釈, お見せする, かぎって, かぎられて, かこまれて, くらべると, さへ, ためしに, つきて, とりかこまれて, とりて, ならって, まじつて, よると, 与えて, 了解される, 云いました, 云はせる, 交わりを, 会って, 伝えて, 伴われて, 何か, 何でも, 何の, 何故そんなに, 何枚かの, 依つて, 信じられて, 信ぜられて, 倍し, 共通な, 出遇, 分けて, 分つた, 分配した, 別を, 取り巻かれて, 同情する, 向っても, 向ひ, 喜びを, 回覧せしめた, 囲まれて, 在っては, 多くの, 奇異の, 奉仕しよう, 奉仕する, 好意を, 守られて, 完全に, 害を, 対したの, 属するもの, 幸あれ, 幸福について, 廣く, 強い印象, 彼の, 彼は, 後れて, 心せよそれ, 意外の, 愛読され, 感じさせられる事, 憎しみの, 憎まれたの, 或る, 手紙の, 手紙を, 才能を, 挨拶を, 接触した, 教えて, 教へる, 於ては, 最も多く, 案内され, 気の毒な, 注意した, 温き同情, 満足する, 理解し, 発見された, 知られて, 示すこと, 示そうと, 祝福を, 禍いの, 種々の, 笑われた, 紹介し, 紹介した, 腹を, 自覚され, 與へ, 興味が, 茶を, 薦めたり, 見すてられ父母, 見せた, 見送られて, 親しさ, 言つた, 話を, 語って, 説いて, 読まれて, 護られて, 贈らうと, 通じて, 逢は, 道を, 限られて, 頒ち

1 [1382件 抜粋] あいありのまま, あたえた, あの幅一間あまり, あると, ある期間先輩, いうの, いきどおり, いつしか与え, うとまれわけて, おくるため, おしつけやう, おそれられて, おはなし, お会いなされます, お時宜, お目, お辞儀を, お願いする, かう話したと, かけたこと, かたり玉, かるく一礼, きいて, きらわれるかも, くばって, こいたいと, こう呼びかける, ここに, この上, この事件, この光景, この岩畳, この法案, この社会, こんなふう, さとられぬよう, しばしばある, しめされた, すこしも早く, すゝむ, せめて心, ぜひとも知らせ, そうとられ, そう親しみ, その上, その器量, その大きな功, その意味, その日不思議, その記事, それが, それだけの, それに対する, そんなふうに言われた, たいへん御, たずねますと, たとえばベートーヴェン, ちよつと, つきての, でありさ, とって, とりては, とりまかれて, とんでもない, どうか悪い, どう教, どんなに罵られ, なじむよう, なにも, なんの, のみ説き明かされる貴い, はっきり理解, ひろくみせ, ひろ子は, ふたたび高い, ぶつかって, ほぼ兄上, まさるとも, まじつて孤獨, また新, みせること, むかつて, もまれながら, やって, よませわからせそして, よまれるという, よりこ, よろこび迎えられ現在, わかるであらう, わけの, われ等何として, カインの, ゴシップと, シーモノフが, ハッパを, パルナスの, ホールの, 一々紹介, 一人として, 一応の, 一文化部門としての, 一礼を, 三鬼が, 不快を, 不知を, 与えがち, 与えたよう, 与えようと, 与えられるであろう, 与えられる世間的, 与えるかも, 与える事, 与え常に, 与へられた, 世は, 主として落ちかかるであろう, 之を, 乱暴な, 事の, 云い知れぬ美感, 云ひ聞かされた, 云われるよう, 交つて居る, 京都弁を, 人氣の, 人間らしい暮し, 今も, 今後を, 仕事を, 代わって, 会いお互い, 会うこと, 会ったこと, 会得させた, 伝えた, 伝えたり, 伝える悦ばしい, 伝わって, 伝染させまい, 似て, 何となく理解, 何を, 何等かの, 依つて歌, 依嘱, 係る地方土着, 信じて, 信じられるであろう, 信仰され, 信頼さる, 健康な, 傚って, 働きかけるどの, 先だって, 先生の, 全的な, 共感される, 出会うと, 出會つた, 出来るスポーツ, 出逢っても, 分った, 分り得ようや, 分配され, 初まる, 判らないかと, 別れた, 到来した, 前者の, 加持を, 助けられて, 助けを, 動揺を, 勧められて, 包まれて, 十分かみしめ, 十分の一を, 印象づけて, 厳密に, 及んだ影響, 取つて殊絶, 取り囲まれて, 取囲, 取巻かれて, 口ずさまれて, 叫んだという, 合は, 同化させね, 同感を, 名を, 向ってこそ, 向つてコーラン, 向ひま, 否ガマ六, 告ぐ, 告げたい為め, 告げ知らせた, 呼びかけて, 呼びよせられた, 和歌を, 哄笑された, 問いただしながら, 問うたの, 問へど, 喜ばれるの, 喜ばれ文明国, 嗜まれて, 嘆き諫め, 嘲られつつも, 噂を, 困窮の, 国境の, 在つて, 埀涎せし, 売られた幻想, 夕刊を, 多大の, 夢が, 大きなおどろき, 大きな空虚, 天の, 天秤棒を, 奇異な, 奉仕した, 如何程馬鹿, 委ねよう, 嫌はれる, 存在を, 安らかでない, 宛てた幾通, 容易に, 対決する, 尊敬される, 尊重せられる, 對しまし, 少しずつ, 少しでも, 就いても, 居留守を, 属するこの, 巧みな, 希望よりも, 常識的だ, 平素あれほど, 広く読まれる, 引かせたいと, 引き別れて, 強いるもの, 強ひかけ, 強調せられ, 影響を, 彼に, 従えば, 御迷惑, 心づけまいらせて, 必要な, 忘れられて, 快い休息, 思いを, 思わす小説, 思わせるの, 急告す, 恥を, 悦びを, 悪い影響, 悲しい事, 意見には, 愛させた, 愛されずひそか, 愛されて, 愛され親しまれて, 愛せられて, 愛想よく, 愛読される, 感じること, 感動を, 感知させた, 感謝しなけれ, 慰めや, 憎まれるの, 懐かしまれた女史, 我未來の, 戯作性が, 打ちあけて, 扶け, 承認されるであろう, 披露を, 抱かせないで, 抱きささえられて, 押し止められながら, 担われて, 招かれた, 指さし教, 挨拶しよう, 捧げられる, 捨てられた文字通り, 排斥され, 接する機会, 接触する, 推し倒されぬ, 提供し, 損を, 擁せられ足, 救わる, 教えを, 敬遠され, 斬り殺されて, 斯う云った, 新らしい, 新鮮な, 日常性に, 日本風の, 明瞭に, 時々の, 景気の, 暗示する, 書いた, 最も痛切, 望みたい, 期待は, 未熟であり, 東京の, 柳秋雲も, 極めて重大, 歌を, 歓ばれた, 残された, 段々人気, 比べあまり田舎者, 比べて, 民主主義の, 気づかれぬ様, 気に入られたという, 氣附かれぬ, 永く無私, 求めたこと, 決つて居た, 注意させ, 注意を, 洩らして, 海岸で, 深い印象, 深い関心, 無意味の, 無関心, 熱情なく, 物を, 物語った, 特有な, 独特の, 珍重された, 理解せられず, 甚大の, 異常な, 疎外され, 百姓の, 目のあたりに, 直接あっ, 相手を, 真に感謝, 眼を, 瞻られ, 知らせなければ, 知らせよと, 知られた, 知られるよう, 知れ始めること, 知合いも, 確約致します, 示すべき何もの, 礼物として, 祖神的な, 神経衰弱を, 科学を, 穴居の, 窮乏に, 笑いかけ短い, 第十交響曲, 答ふ, 約束した, 紛れて, 紹介される, 給仕され, 縋られて, 羨しさ, 考えさせずに, 聖なる苦悩, 聞えこの, 聞えよがしに, 聞きますと, 聞ども誰知る, 背を, 腕を, 自分が, 自分を, 自覚される, 與へた影響は, 舌を, 花を, 苦しめられたか, 落ちあうこと, 蘭語の, 行った, 被害を, 見えも, 見せたかったのに, 見せつけるやう, 見せること, 見せる爲め, 見て, 見られながら, 見られる共有, 見出され大, 見立てたの, 見透かされて, 親愛の, 解りにくく, 言い知れぬ美感, 言った, 言わねば, 訊ねて, 訓へ, 記憶された, 訣別でも, 訴える仕事, 評判を, 詩の, 話しかけた, 話しかけるの, 話し行灯, 認められたから, 認められるやう, 語られざる哲学, 語り伝えるよう, 語る, 語るごと, 語ろうと, 説いた, 説明し, 読ませ理解, 読まれまた, 読まれること, 課せられたもう, 諒解されるであろう, 諫止せられる, 謀つたので, 謂ふ, 謝しその, 謝罪し, 警戒される, 讃美渇仰される, 貞操という, 負れ, 責めたてられて, 貸して, 賞讃され, 質問してる, 贈るため, 赤彦君の, 起さした一種, 起して, 距てられた, 身を, 軽く一揖, 較べたらば, 近づく機会, 返し与えた女来也, 追及き, 送りつつ, 通じたの, 通用しない, 逢いたかりし故, 逢う楽み, 逢つた, 遇ひ, 過ぎなかったが, 道しるべを, 遠ざかり身, 適用せられる, 遮られて, 部下を, 配る, 酒と, 重大な, 金を, 関心を, 附き添われて, 限つてもの, 限りない, 随分その, 隱し, 雪の, 頒, 頼んで, 顏を, 顧みられ愛せられて, 食事を, 馴染み茶, 騒がれたであろうと, 魂の

▼ 人々~ (1565, 5.7%)

45 して 13 見て 12 相手に 8 見廻して 7 見た, 見ると, 集めて, 驚かせた 6 呼んで, 眺めて, 顧みて 5 もって, 前に, 見た時, 驚かした 4 おどろかしたの, かきわけて, 助けて, 感動させた, 案内し, 私は, 見まわして, 見廻した, 驚かしたの

3 [20件] ごらんなさい, つかまえては, ながめて, のせて, 分けて, 嘲りて, 対手に, 尻目に, 愛して, 感動せしめた, 慰めて, 押し退けて, 招いて, 知って, 見まわした, 見る, 見廻しながら, 見渡した, 解放した, 遠ざけて

2 [86件] いうの, いかにし, お助け下さい, かきわけるよう, かき分けて, ぎつしりと詰めた, すりぬけて, つれて, なつかしんだ, アッと, 一様に, 仔細に, 促して, 先に, 全く有りふれた, 凡て彼女の, 分け取りに, 助けようと, 助け正直, 励まして, 包んで, 吃驚させた, 呆気に, 呼び集めて, 好まなかった, 委員に, 威嚇し, 少しも, 差別し, 幸福に, 引きつけて, 彼は, 思うとき, 惜しんだ, 感心させ, 憎んで, 押しのけて, 押しわけて, 押し分けて, 押分けて, 招待したい, 拝み倒して, 持って, 持つて, 指も, 指導し, 振切るよう, 掻きわけて, 教育し, 暫時でも, 標準として, 次々と, 次々に, 欺いて, 片端から, 物色した, 犠牲と, 理解し, 相手と, 眺めたが, 睥睨し, 石にて, 笑は, 精神生活の, 脅かして, 自分の, 見ても, 見るの, 見れば, 見下して, 見守って, 見暮らす根気, 親切に, 解放する, 誘って, 謂うの, 軽蔑し, 載せた馬車, 迎えて, 迎へて, 震撼させた, 顧みながら, 駆って, 驚かしたこと, 驚かしたり, 驚嘆させた

1 [1153件 抜粋] □□□□だ, あたためて, あっと驚かせた, あとに, あなたが, あまり近く, あらゆる点, あわせて, あわれに, いたく迫害, いたわる様子, いつも不安, うごかすか, うちしかも, うって, うながし大急ぎ, うらやましく思った, うらやませたかは, おずおず観察, おとなしく見物, おどらす太鼓, おどろかしたという, おどろかすであろう, おどろかせまごつかせるの, おどろかせる, おびやかしたの, お守り下さい, かえりみて, かきわけつきとばしながら, かき分けるよう, かくまでに, かたっぱしから, かなり正確, かり立てること, ぎろぎろ見くらべ, こうして動かした, ここで, ここに, こなたに, こめて, こんなに驚かせる, さえ刃, さしまねいた, させる迄の, さとくする, さんざん書いた, しげしげと見比べ, しり目に, すくい上げたいろいろ, すでに異郷人, そういう心持, そのまま命じた, その中, その内容, その悲痛さ, それからそれ, それとなく観察, それほどまでに, たがいに, たすけたこと, たすけに, ただ単に, たぶらかすという, ために, つくる準, つどへて, といて, とらえて, とらへ, とり囲みその, どうしよう, なお無力, ながめては, なぐりつけた, なつかしげ, のこらず彼岸, のぞいては, はなはだしく苦しめ, ひきこむため, ひきむけること, ひしぐか, びっくりさした, ふと思いうかべた, ふり返っ, ほとんど弟子視, まことの, またぎ膝, みかえった, みな行かしめ終わった, みれば, みんな起き出させ, もう好まない, もっと尊敬, もつと, やくざ者だ, やつつけ, ようやく照らし, よび求めとうとう, よぶ, よろこばせた, わけて, キリシタンに, クスコに, シベリアの, チェックし, パリーの, ピック, メンションし, 一つの, 一人も, 一人一人訪問した, 一体哲学者, 一層強く, 一應見廻す, 一瞬間ハッ, 七月一日に, 上野精養軒に, 不安に, 不快がらせず, 不意に, 中心に, 乗せて, 乙村へ, 二十人近くも, 五年以来の, 亭主に, 仁王門に, 今私が, 他人とは, 仰ぎ見また, 伴なひ, 住まして, 何様組合せ, 例によって, 信服せし, 個人的に, 傭って, 傷つけたが, 克明に, 入江の, 其使に, 内から, 冷評する, 出入りさせ, 列挙し, 別として, 利し救ひたい, 制して, 割って, 助けよう, 助け多く, 助け祈祷, 動かして, 動すで, 包含し, 包括し得る, 十人ばかり, 単に死に急がせる, 占領した, 厳しく叱っ, 又おびやかした, 収容する, 召し寄せて, 叱るよう, 右の, 各々の, 否でも, 含めて, 吸い付けて, 吹いたと, 呆然と, 呑吐し, 呼びさ, 呼びもどして, 呼び出して, 呼び立てた, 呼び込んで, 呼び集, 呼ぶ声, 和ませて, 咬んだと, 唯二種に, 啓蒙する, 善導し, 喜ばし安楽, 喜ばせたさうである, 喜ばせた当分, 喰ふ, 嘲るごとくあわれむごとくに, 噛みくだいた, 四六時中つけまわし, 団欒の, 困らすの, 圧制し, 在り来った自身, 増すばかり, 変装し, 外国人だの, 多勢知つてゐる, 大きな声, 失うに従って, 奮い起たせてる隠れ, 始め末輩, 威圧し, 子に, 守った, 安心させ, 実にしばしばあざむく, 家の, 寂しがらせた, 尊敬し愛する, 導く, 導く処, 少なからず, 工藝へ, 帰して, 平定せしめ, 幼時の, 引きつけました, 引きつけるに, 引き離, 引っ張って, 強く感激, 強要し, 当込みに, 往々敵, 待たねば, 待って, 後に殘, 得意と, 御勝手, 心から楽しませる, 心底から, 忘れずに, 忘れは, 忘れ得ようか, 念頭に, 思ひ出したこと, 思ひ起さすので, 急き立てるよう, 性急に, 恍惚と, 恐れさせて, 恐怖と, 息ぜわ, 恵みたまえ, 悦ばしげ, 悲しました, 悲しませた, 悲ませた, 想像する, 意味する, 愛しないならば, 愛する権利, 愛せむ, 感心さし, 感服させる, 慰めるという, 憂えさせて, 憎むの, 憚って, 憤らせる居直りぶり, 戦慄する, 戸外に, 手なず, 手古摺らせたこと, 手玉に, 打つため, 扶ける, 投げ捨て得ようか, 抱く政治, 抱擁した, 押しとどめようと, 押し分けると, 押し静めて, 拉し来って, 招く, 招待し, 指さして, 指して, 指図し, 挙げて, 挙げると, 振りほどいて, 振り捨てて, 振り返る, 捕えた, 捕えて, 据え並べた, 排して, 探し出しては, 接待する, 掴えて, 掻きわけ佩剣, 掻き分け押し分け無限, 掻き除けるよう, 撃ち退ける手はず, 擁して, 支える力, 支配する, 救うて, 救うもの, 救ふ, 教え人々, 教化した, 散々悩まし, 数日数夜かくまった, 料理屋の, 斯く信ぜしめた, 明かに, 明治以来真に, 暗澹と, 暫し呆然, 書かん, 最初から, 服従させた, 机に, 検し, 楽しますべき, 欺きおおせようとも, 欺くの, 止ど, 此の, 死地に, 残したまま, 殺しすでに, 殺し主家, 殺す, 殺めたゆえ, 毫も罰する, 沈めたという, 波の, 活かすこと, 消耗し, 満足させ, 滿載し, 漠然と, 潤ほし, 激動せしめた, 無条件に, 無視し, 焦躁の, 熱せさせるもの, 父と, 物色し, 現在は, 理解さし, 甘美な, 田の面に, 疑わせたそう, 癒そうと, 皆目覚し, 益々強固, 目下に, 盲目に, 真剣に, 眺めかは, 眺めた, 眺めなおしたイプセン, 眺めまわした, 眺め居たり, 眼下に, 瞠目させ, 知るよう, 破壊と, 祝福し, 祭りたいと, 私たちの, 突き倒すが, 突き退けて, 窺がった, 端から, 笑はせ, 笑わせるかと, 籠絡し, 納得させる, 純情に, 紹介し, 結合させる, 網羅した, 縮み上らした, 罵りそのまま, 美しいと, 羨しがらせました, 義龍に, 考へて, 育てるため, 胡魔化し, 脅かし府庁官邸, 自分が, 自分に, 自邸に, 若い人達, 苦しめた一世代, 苦しめ今, 英雄と, 蔑みつつ, 蔽うたの, 虐殺した, 被害地に, 裏切って, 襲って, 見, 見いださんため, 見かける, 見せられて, 見たの, 見つめて, 見ました, 見まわしてから, 見ようと, 見るとき, 見わたすと, 見事に, 見受ける, 見守ってるかの, 見守るかの, 見廻す, 見廻わすよう, 見殺しには, 見耳, 見調べた, 見返かえりて, 見送った, 見送つて, 見送るよう, 見附けた, 親愛する, 観音の, 言葉も, 記念しなけれ, 訪ねて, 訪れた, 訪れる時, 訪問した, 認めました, 誘き出しては, 誘ふと, 誘惑の, 説きあるいて, 説明し, 請取直, 論争に, 識る, 豊かに, 責めたり, 赤面させる, 起こすぞよ, 踏みつけて, 身近に, 載せて, 迎へ, 迷信した, 追い帰し用件, 追ひのけ, 退けて, 逆立ちさせて, 速い足, 遊ばせること, 遊行衆と, 過まら, 遠くへ, 避けながら, 配景として, 重く賞, 金銭について, 鏖殺せん, 閉ぢこめ, 除いた大, 除く他, 除外した, 隨へ, 集めるの, 集め同じく, 静寂な, 非常に, 頭の, 顧みられて, 食うこと, 飽くこと, 養い得せしめる剰余生産物, 養って, 首切りながら, 騒がしたので, 驚かしたのみ, 驚かしたもの, 驚かし給え, 驚かすに, 驚かせあちこち, 驚かせたに, 驚かせた老, 驚かせました, 驚かせるよう, 驚かそうと, 驚倒させた, 驚倒するであろう, 驚嘆せしめる, 驚愕させず, 魅した, 麻痺せしめる

▼ 人々~ (912, 3.3%)

15 ある 10 あった 7 今は 6 あつた 5 自分の 4 それに, たつた此一つ, 一斉に, 皆ある, 目を, 私の, 顔を 3 おどろいて, これを, それを, そんなこと, 少なくない, 彼の, 眼を, 驚いて

2 [42件] あったの, あるが, あるだろう, あると, いる, おいおいに, おそらくは同じ, お前も, ここに, これに, その中, その場, その欲, たくさんいるだろう, たくさんに, ないこと, なくは, びっくりし, みなその, ゐた, 一度に, 一緒に, 不思議の, 何か, 加わって, 同じやう, 同じ涙, 多い, 天下の, 少くない, 尠く, 彼らに, 心の, 来て, 現場に, 皆, 皆地味に, 知って, 祝いに, 耳を, 足音を, 銘々に

1 [733件 抜粋] あちこちの, あったが, あつたの, あつまりて, あの部屋, あはれがり, あらしの, ありことに, ありましょう, あります, あり中, あり十一月末, あるけれども, あるため, あるとは, あるの, あるやう, ある者, あろう, いう, いかなる愛, いた, いたが, いつかは, いつか呼び出しに, いつの間にやら, いよいよ元気, いるが, いるし, いると, いわゆるインテリ, え堪へず, おそらく同じ, おそらく権力, おひ, およそ位階, お葉, かう迄, かえって部屋, かくしてこそは, かつては, かなしみに, かなりあります, かなり多, きっと思いあたったろう, けっして無関係, こういう問題, こうまでは, ここへ, このあはれさ, この両者, この光, この前代未聞, この名, この問答, この思ひ, この悪, この時, この煙, これだけは, これも, こんなマッシュルーム, さぞかし満足, さだめし肩身, ざわめいた, しいて, すぐ立つべきであった, すこしく不思議, すっかり変っ, すでに三十年前, すべて, すべて彼にとっては, すべて空虚な, ずいぶん残酷, ずっと後, そういう光景, そうした喜び, そうに, そこで泥土, そのこと, そのほかいろいろ, その他いろいろな, その信念, その先祖, その刻限, その周圍, その娘, その後から, その後に, その感動, その源, その無知, その誤り, その雷獣, その顔, その騒がし, それぞれ一組に, それぞれ獲物が, それほど無法, たがいに, たった此一つ, だんだんちり, だんだんにへり, だんだん集っ, ちょっと手出し, つかわせて, とうに散っ, ともに熟知, どうやら説得, どこぞへ, どやどやと, どれほどか, ないで, なにやら薫わしいも, なるほどと, なんら驚いた, はじめてそれ, ひっそりと, ひとしく耳, ひとしく高い浴室, ひろい世界, ふえました, ほっと息, ほとんどない, またこれ, またそれぞれ目, またシャビエルたち, また分らなかった, また彼等, また悲惨, また海, また白色, まだ逞, まともな, みな, みな何処とも, みな嘆声した, みな沈痛な, みな紀州家へ, むらがり寄って, むろんあつ, めずらしそう, もう笑えなくなりました, もはや以前, もはや躊躇, やがて何事, やがて円盤, やはり一種, やはり弟子, やはり彼等, やや戸まどい, よい感じ, よくこの, よろこび薪とり, わざ, われわれと, ゐると, ゐる如く演劇, ジャーナリスティックでない, フランスから, 一代の, 一向問題, 一応は, 一日中こんな, 一時は, 一般に, 一齊に, 下りて, 下野の, 世間普通の, 中二, 之を, 争いかねて, 二十面相の, 二派に, 互に鼻, 交つてゐた, 交つて来た, 亦その後, 亦我敍述, 亦追, 京都に, 人間に, 今までは, 今後旺んに, 今日は, 今更の, 今皆わたしと, 他處, 代る代る翁, 会葬し, 住む, 住むところ, 何かは, 何と, 何ほどか, 何事が, 余程疑ふ, 例外でなく, 俄かに, 俊斎を, 信仰の, 信者らも, 僕に, 光を, 入り代り, 入り込んで, 入れて, 全身の, 公徳という, 共に憤慨, 其に, 其孝貞を, 出て, 出席し, 出迎えに, 初めてかれ, 初めて覚った, 別にあやしまぬ, 別れの, 前からの, 劉唐の, 動乱し, 勿論多い, 区別の, 十組は, 半分は, 単なる記録中, 単に上役, 去って, 去つて, 及ばぬ程, 口には, 同く, 同じ, 同じこと, 同じ思い, 同じ様, 同意し, 同意した, 同感であったろう, 同時に箸, 同様であった, 同様である, 同様に, 同窓の, 吾, 呉九段六分藤沢九段四分といふ, 周囲に対する, 哲学思想の, 問題に, 喧嘩を, 嘆賞した, 四散し, 困った顔いろは, 固唾を, 土地の, 多いが, 多いだらう, 多かった, 多かつ, 多かれども, 多くこの, 多くは, 多く信じ, 多少この, 夢にも, 夢の, 大体その, 大分多い, 大声に, 大安心, 大方は, 大晦日では, 天狗の, 奮闘し, 娘達も, 子の, 存ぜずには, 存在し, 安心し, 宗教に対する, 定められた準備時代, 実に経験主義, 実際に, 家庭という, 宿直の, 寄辺を, 寒気と, 寝気, 寝鎮まった様子, 小田原の, 少くなかった, 少しく不審, 少しく倦, 少しはいる, 少なかつた, 少なくなかった, 少年たちも, 居合せたもの, 川中の, 帆村の, 平日とは, 平然とその, 座敷の, 当然これ, 彼が, 彼とともに, 彼に, 彼等が, 彼等の, 待ち帝, 後に, 御同情, 心懸り, 必然という, 忘れかけた頃, 忽ち雪崩, 怒った, 怖, 思いがけない事, 思って, 思はず襟, 思わず提灯, 思わず笑聲, 急に, 恁く, 恐らくわたし, 恐悦に, 息を, 悪くいう, 悲しそう, 愕いた, 愕き, 感づいたに, 感心し, 感激する, 慌てて, 成程と, 我々の, 我も, 或は帰り, 或る, 所謂文明人と, 手の, 拝する様, 持って, 敢て, 散るので, 数人見え, 數名ゐる, 文藝春秋五百助氏と, 斉彬が, 斉彬を, 既に来着, 日本の, 日本渡来前の, 明日の, 普通に, 暗くない, 曾ては, 最初は, 有る, 杉山上田大西倅白井の, 梢も, 植民の, 横から, 機械化され, 次第に多く, 歓びあいわけて, 止めたが, 此を, 歩く場所, 歸つた後勘次は, 死を, 殆ど全部アメリカ, 殆ん, 気づいたか, 気早やの, 水上汽艇の, 江戸在, 決して少なく, 沢山の, 油断を, 泣いた, 流石に, 淋しければ, 漸次に, 無意識に, 無論普通礼服, 熟知の, 牛を, 猫の, 玄徳を, 生じて, 生涯の, 甲州方でも, 留守お, 留守だ, 痛切に, 皆これから, 皆しん, 皆その, 皆不意であった, 皆合掌, 皆失望, 皆従っ, 皆文時に, 皆無口に, 皆私と, 皆私に, 眉を, 眠って, 眠り夜, 矢張り, 知らないでは, 知るよう, 知識人の, 砂利を, 祖国にたいする, 私が, 私と, 私も, 程なく死に絶えた, 立ち現れた, 立ったまま, 笑いだし煉瓦, 笑って, 精気溢れた, 続いて, 網の, 編笠を, 縁側の, 繁く出入り, 繋いで, 群れて, 考え直して, 聞いて, 聞けけ, 肌寒そう, 肖像畫としての, 自ら労働の, 自分たちが, 自分たちの, 自分を, 自然と, 興がって, 興味を, 英語の, 茶の, 落着い, 行けば, 袈裟を, 裁判所も, 覆い尽すかと, 見うけられる, 見える, 見れば, 見受けられた, 見送る一族, 親光が, 角袖の, 言い出した, 言葉少なにな, 診察を, 認めずには, 語って, 財の, 貨幣は, 赤山も, 越前守が, 路傍の, 農業の, 追, 退った, 逍遥し, 遂に武蔵, 過去の, 都合し, 酉の市を, 酔仆れた, 重くるしい口, 銃を, 間もなく彼, 雪が, 雪崩れ出した, 震災前に, 面と, 面喰った, 順々それ, 頭を, 頻りに乞う, 顰蹙し, 餞別を, 首を, 馬泥棒の, 駈けつけて, 駈集った, 駕を, 驚き顔を

▼ 人々~ (503, 1.8%)

21 一緒に 15 同じよう 10 同様に 6 別れて 5 いっしょに 4 いえども, 一しょに, 同じやう, 懇意に, 言つても, 話を 3 いえば, いつしよ, おなじよう, 一緒にな, 交際し, 交際を, 膝を, 自分との, 違って

2 [15件] その人々, その家族, 一しよ, 一つに, 並んで, 交らんやうも, 交わって, 同じでない, 接すること, 握手を, 肩を, 親しくし, 輪なりに, 雖も, 顔を

1 [365件] あくしゅしていました, あとに, あわれな別れ, いいこれ, いえようか, いかに縁遠い, いたわり憐, お暮らし, かくも, かけ隔つて, かしずく少数, ことばを, この幾月, この顔, さう云, したく思って, して, しみじみと, そうでない, その不徹底論者, その信ずる, その周圍, その喜び, その気分, その話し声, その騒擾, それからおれ, それに, それを, そんなに変っ, たえず話, ちがって, ついて, つきあう時, つきあって, つき合って, である, ともに交わっ, どういう相, なじみに, なって, なにを, なりました, なるまでに, ほかの, ぼくの, またその, まるで違つた幻想, みえる七, みえ蓑笠, むす子, もうこれ, よく写生, アメリカの, カルタ遊びを, トロイア人フィエソレローマの, ドイツの, ポツジヨとの, ワイワイいう, 一つ方向に, 一二度さらひ, 一地方の, 一緒で, 一緒である, 一間に, 三年間立廻りに, 上方の, 下僕の, 与に, 両極端に, 並べて, 並称され, 主人の, 久しぶりに, 争つて我先き, 事物とを, 二人会を, 云えば, 云は, 云ふ, 交って, 交は, 交る, 交れ, 交わっては, 交換し, 交渉する, 交際した, 交際する, 京に, 人々とのみが, 今の, 他の, 会って, 会合せし, 会議を, 何か, 何の, 何ら遜色, 何気なくは, 何等か, 何等差異, 併せて, 倶に, 偕に, 停車場で, 傳へられ, 僕と, 先生は, 全く同一, 全く無, 共に在り, 共に楽しむ, 共に祈る, 共に行き, 共同に, 共同の, 共通な, 再会した, 出現の, 出迎に, 初対面であり, 別れが, 別れた, 別れたの, 力を, 區別される, 卓一に, 協議を, 反ユダヤ主義, 反対に, 取り交された何氣, 古い道徳, 同じくし, 同じくすでにそれほどの, 同じくら, 同じく一つ, 同じく今日, 同じく善く, 同じく富貴榮華, 同じく彼, 同じく怪しい, 同じく所有, 同じく改めて杯, 同じく早晩, 同じく正直, 同じく絶えず逃げ回っ, 同じく谷山焼死説, 同じく首, 同じぐらい, 同じだった, 同じで, 同じであった, 同じに, 同じもの, 同じ世界, 同じ二十世紀, 同じ印象, 同じ地位, 同じ大阪, 同じ年ごろ, 同じ心, 同じ意義, 同じ様, 同じ民權自由論者, 同じ運命, 同一では, 同一の, 同化する, 同室で, 同席し, 同情の, 同感した, 同様だった, 同様わたしは, 同様僕も, 同行の, 君との, 吾, 和解の, 回教料理を, 固い握手, 城の, 多くの, 多少離れ, 夜食母上は, 大勢打連れ, 大勢近, 如何なる御, 媼との, 子供読物の, 子息の, 孔明そのものの, 家々によって, 家族との, 富める人々, 富士山へ, 対談し, 寿海老人の, 小次郎との, 少しも, 屋根も, 平和な, 幾度か, 座談会, 座談会を, 弥勒で, 彼との, 彼の, 彼等との, 彼等の, 往来し, 後ぞいの, 心を, 応待する, 思うて, 思った, 悲しみを, 意見の, 意見を, 憎悪すべき, 懇ろに, 懇意の, 懇親と, 我との, 我と相, 戰ひ, 戲言を, 手合せし, 挨拶し, 接した経験, 接するの, 接する折, 接近し, 摩違いながら, 支那政府の, 教えられた五峰, 文雅の, 新たに, 新思潮, 新進若手として, 旗とが, 既に新, 日本人の, 明確に, 朝夕往復の, 杉村とを, 東北の, 樹下に, 櫛田さんは, 次々に, 正岡君の, 此二樣に, 歩調を, 殆ど変らない, 比べて, 比べれば, 比べ自分, 波の, 混って, 温泉の, 源氏の, 灯を, 炉を, 父を, 物を, 町方の, 留学生との, 異って, 異なるところ, 盛んに, 直接な, 直接結びついた, 直接話は, 相会し, 相列ん, 相前後, 相談し, 看守と, 睦まじく感じた, 知りあふこと, 知り合いに, 知己に, 短い言葉, 社交上の, 社会を, 私との, 私とは, 私語し, 種々話し, 積る, 第二次大戦, 築城論試合を, 籠って, 約束し, 紐育渡りの, 組み合ひ, 組合指導部との, 結縁した, 結縁する, 綢繆, 縁の, 縁結びを, 自任する, 自分が, 自分同然の, 自由に, 舊藩主との, 舶来の, 船を, 草履ぬぎ, 著者の, 行き違う, 行を, 行動を, 袂を, 袖を, 見て, 親しい挨拶, 親しくなった, 親しく交わる, 親しく往来, 親しめない彼, 親信する, 観る人々, 言い争いす, 言っても, 話した, 話して, 話しながら, 話し十二時近く, 語りまたは, 謀る所, 識り, 警官とが, 軍鶏籠とが, 較べるとき, 近づきに, 速断する, 連れ立つて, 連絡すれ, 連絡も, 進んで, 遇って, 遊んだり, 遊覧の, 運命を, 違いは, 邪悪な, 里人との, 闘う精, 隔たってる自分自身, 隔意なく, 集まって, 集合する, 雑談する, 雖ときどき, 零落した, 面會せられ, 音楽の, 音楽家の, 額を, 顏を, 顔色の, 風儀を

▼ 人々には~ (370, 1.3%)

4 少しも 3 できない, 何の, 彼等の

2 [14件] さう, そういうこと, それが, どんなに薄情, 全く不思議, 宗教的信念も, 少なからぬ, 想像も, 歌舞妓芝居の, 私の, 興味が, 草や, 言葉も, 長々しい

1 [329件] あかりと, あなたも, あの病, ありふれた事件, いや遠い, いわゆるニルヤ照り, うとんぜられヒポサツポ, おそらく愚か, おの, お目にかからなくても, お着き, かうした探査法, かかる必要, かねがねその, かわいそうと, きわめて愉快, こうした意味, こっちでも, ことに重大, このこと, このルクレチウス, この上, この二人, この作品, この力, この問題, この地方, この手懸り, この日射, この時たま, これでも, これは, さうし, さほど興味, しかく簡単, すぐのみこめない, すべてが, せつかくの, そこに, その人々自身, その他の, その付近, その体, その数秒, その日々, その末, その点, その理由, その生活, その程度, その鳥, それで, それは, それほど喜ばれなかった, それを, それ自身によ, それ自身によって, そんな光景, たいそうこわい, だいぶ懇意, ちっとも分らぬ, ちょっと分り, ちょっと諒解, ついこの, つきり, つくづく長大息, てんで注意, とてもこんな, とても気に入らぬ, どういう感じ, どうしても三十五歳, ないはず, なかった, なかつたの, ならずもの, なんといっ, のっけから, ほんとうの, まことに尤も, ますます重い, またかわいがる, まだ十分納得, まだ見馴れなかった, みな倦怠の, みんな家が, もう十分, もちろんの, もはや余技, もはや避け, ゆうべ急病で, よいこと, よい修業場, よくわかってる, よく憐れむ, よく知られ, よく知られず, よく見受けられる, よく道, わからなかった, わからなかったと, クローネルノールラッソンブルンシュテットなどが, サッパリわけが, ジヤッチクラや, ストーブの, ドブチンスキーや, ナイチンゲールの, フランも, 一そう奥ゆかしく, 一個の, 一向に顧みられず, 一夜の, 一大事で, 一大事業である, 一體生は, 万で, 三つを, 不可能である, 不可解なる, 不安を, 不必要, 不慣, 不適當で, 二重の, 今の, 今まで, 今宵の, 今度の, 今度独軍が, 休憩であり, 佐藤忠信堀弥太郎伊勢三郎など, 何でも, 何らの, 余りに我々, 余りに明白, 余りに財政, 余り興味, 余り賞されない, 例えば私, 信じる根拠, 働いて, 児戯に, 全く当然の, 全く無意味, 公然の, 其が, 其の久しい, 其の官職, 冷い, 出品し, 分らないが, 分らなかった, 分らなくなって, 判らなかつた, 別に二つ三つ, 別段おかしく, 到底こういう, 前駆者の, 勤王と, 包み隠して, 印度人も, 危なさ, 却ってピンと, 又その, 叙景の, 古く語られる, 古今の, 叶いっこない, 和歌という, 喜びであった, 嘆かわしい現実, 嘲笑の, 外で, 大きな不思議, 大内兵衛北, 大切な, 大番くるわせであったらしい, 大谷大学の, 奇を, 女も, 如何に, 妄想的な, 嫌厭される, 嬉しかった, 宗門も, 家康の, 容易に, 富める人々, 少し現代離れ, 山吹の, 幾日ぶりかで, 幾組かの, 役に立たないが, 彼の, 御同情, 徳を, 徳見, 必ず来る, 必要な, 快い流暢, 思うこと, 思はれて, 思われた, 思われるの, 恐ろしいと, 恰好な, 意外でした, 意外と思われる, 意識の, 感謝しなけれ, 慣れきって, 我慢が, 我文明の, 戦場にて, 所謂, 教養の, 数々の, 敵は, 新聞紙乃至, 既に熟知, 日常生活上の, 旧聞に, 明かである, 明瞭に, 昔の, 是と, 是非とも, 會得の, 月の, 有っても, 有識の, 望むの, 未だに自分, 来るも, 次第に失われ行く, 此等の, 残らず招待状, 母の, 毫も解せ, 気づかぬほど, 気附かれない, 氣の, 決って, 河内の, 漱石先生の, 無理に, 物好きな, 特に大きな, 特有な, 珍しいので, 珍らしい, 理解できなくなる, 生殖を, 町中へ, 異変が, 疑惑を, 白子屋庄三郎並に, 皆その, 皆よろしく, 益々暖かい, 目で, 目も, 直ちに理解, 真似の, 真珠を, 知られたくなかったの, 知られたくなかつたの, 知られて, 知られなくとも, 知れ渡って, 私が, 私は, 稀有の, 稲は, 立会の, 笑はれる, 純真な, 結城宗広伊達行朝その, 絶望せしめ, 美しいとともに, 美わしい, 美味な, 羨ましく思われる, 義理を, 老中間部越前守殿同, 耳新しく聞えた, 聞いて, 聞えぬくらいの, 能う限り多く, 自ら口語歌の, 自分は, 落ちついて, 落語の, 蛇足である, 見えたの, 見えないが, 見えなかったの, 観世の, 解せられなかつた, 解らないさ, 解らぬこと, 解り憎く, 解剖する, 言ふ, 計り知れぬ権右衛門, 誂えたよう, 語らずに, 語りながら, 語り事を, 誰が, 誰に, 誰にも, 誹諧の, 越前の, 輕んじられ, 返事を, 途中で, 速に, 遊びの, 酒も, 重い宿酔状態, 重ねて, 重要な, 開かぬ城中, 非常に, 面白いの, 頗る信仰, 頼みかけ, 館の, 驚きでなく

▼ 人々から~ (337, 1.2%)

4 離れて

2 [13件] いろいろな, きく悲話, どんなに厚い, ジロ, 信用される, 山の, 愛されて, 期待される, 珍重され, 自分では, 見ると, 見れば, 遅れがちに

1 [307件] あきられて, あげられるの, あとを, あどけない子, ある準備, いえば, いかに感受, いかに罪, いためつけられ擯斥, いつも知らん, いろ, いわれたし, うるさいほど, おそれられよく, からかわれた, からかわれて, かれこれ云, かわいそうだ, きいた種々, きくと, きせられて, きびしい迫害, こわがられて, こんなにも夥しい, さうし, さう思はれがち, さう言, さまざまな, しかたなし, しかられるよう, すぐ慕われ, そう呼ばれる, そう思われ, その不滅性, その後何の, その美点, そんなお, たずねられたが, ちやほやされ, つねに誤解, であった, では, とりあえず安楽椅子, とりのぞかれること, どうかなさいました, なる一世代, ねんごろ, ほめそやされました, ほめられたよう, まだ一点疑義, まるで生き神様, みると, みれば, もっとも単純, もっとも微々たる, もらいました, やっとききだし得た, わざわざ送りとどけ, わたしだけに, ガラスの, コルネイユ師は, ボイコットを, ロボと, 一つの, 一も, 一シリングでも, 一尺離れ, 一様に, 一滴の, 一般の, 下劣卑屈な, 丑松は, 並に, 二人が, 云つて見れ, 交代期を, 今は, 仰ぎ見られた, 但馬どのは, 何か, 何物をも, 便りを, 信用されない, 信頼され, 充分に, 全く無, 全く無視, 内報を, 冷眼視され, 切り離された彼, 初めて鎌倉, 制作され, 加えられて, 印象批評でも, 取り扱われて, 受けた親切, 受けて, 受けるあらゆる, 受ける感じ, 受け且つ, 口笛で, 各自の, 合力を, 同じこと, 同情され, 同情される, 同感せられ, 否応なしにこの, 呪われて, 唯一人なる, 問われるごと, 喜ばれなかったの, 喝采された, 嘲弄される, 圧迫され, 士族が, 変な, 多大な, 多量に, 大口の, 失はれ見られること, 女雲助か, 好かれる因, 好んで, 如何な, 妙な, 委細の, 嫌われる一原因, 嫌味を, 嫌疑を, 孤り遠ざかっ, 完全に, 実に容易, 寛容と, 尊敬され, 尊敬されてる, 尊敬される, 尊敬にとり, 尊敬の, 小言を, 少しも, 崇敬され, 平家の, 平常乞食, 弓矢の, 彼が, 彼の, 後イタリーの, 忌み嫌われたばかり, 志だけの, 志を, 忘れられたよう, 忘れられて, 忘れ去られるだろう, 怨を, 怪しまれること, 怪ま, 恐るべき蝎, 恐れられながら, 恐れられ称め, 恐ろしい排斥, 恐怖さる, 恨みを, 悦ばれたが, 悪く思はれない, 悪意の, 惜しまれたこと, 惜しまれて, 意外の, 愛されその, 愛された, 愛せられ詩人, 感じるが, 感謝された, 慕われて, 憐れが, 截り離す, 手紙が, 折々妙, 折々尋ね, 持て囃されいとし, 指導者たる, 指折り数へて, 捕縄供養まで, 排斥された, 支持と, 支給を, 教えを, 敵視せられる, 断片的に, 日本の, 時に異説, 最もよく承認, 最も専念, 最も注目, 期待された, 栄養を, 様々の, 標異, 款待され, 歓迎された, 正木博士に, 死刑を, 殆ど全く見逃され, 決して消えぬ, 沢山の, 泣かれたしかも, 注目を, 泰山北斗の, 泰造の, 無感覚に, 煽てられたり, 爪弾きされた, 狙はれる, 狙われるに, 理想的な, 理解される, 理解し, 生まれでたアメリカ, 異口同音に, 異常な, 癪に, 目の, 目を, 直ぐに, 知らせて, 知られて, 石を, 石狂者と, 破落戸と, 祝福を, 祝辞を, 私も, 種々の, 笑われやしないだろうか, 粗末に, 絶縁された, 羨望される, 耳に, 聞いたの, 聞いて, 聞かされた, 聞かされます, 聞き伝えて, 聞き得るであろうか, 聞き教えられた処, 聞き集めて, 聞くかわり, 聞く二人連, 脱れよう, 腕を, 自分の, 色々の, 茶を, 著述を, 蔑しめ, 蔑視され, 見たらあるいは, 見て, 見られるだろう, 見られるよう, 見做, 言葉も, 評判に, 詩歌などを, 話せる男, 認められて, 認められるに, 認められるよう, 認識され始め, 誤解され, 誤解される, 謹聴された, 警戒の, 議會としての, 讃められてる, 賛美されうらやまれ, 賞讚され, 贈られたもの, 足下に, 軽蔑される, 輪田夏子の, 近代風に, 追われて, 送って, 送られる慰問状, 逃れて, 遠ざかって, 遠慮し, 選手の, 邪魔者の, 重んぜられ恐れられて, 重宝が, 重罪の, 金を, 銭を, 長々と, 陽気な, 隔離され, 離れ野路, 震怖, 非難される, 非難されるであろう, 頭を, 驚かれたこと, 高く評価, 魚の

▼ 人々~ (166, 0.6%)

17 あつた 4 一杯に 3 あらう 2 あつて, あらうと, ごった返して, すらこの, 一杯だった, 一杯な, 中には, 埋まって

1 [126件] あの時代, あふれて, あらうか, あらうから, いずれも, いっぱいだ, いっぱいだった, いっぱいである, いは, いまの, うずもれた, おそらく平家, ぎっしり詰っ, この人たち, これを, ごく敬虔, ごつた返し, さえそう, さながら縁日, さへ, しかもその, すっかり疲らされ, すらあやしんだ, すらこんな, そこの, そのほか, その中, その人々, その出来栄え, その名, その形, その悲壮, その薬代, それが, それを, つつまれて, ですから, なしに, ふさがって, ほんとに明国, まるで芋, みんなちがった, ギッシリつまっ, クリストフの, ケーベル博士の, セライ・アムチーに, パーティを, ブルジョア美術の, 一ぱいです, 一ぱいに, 一杯だ, 一番に, 三十年の, 事務所の, 人類文化生活の, 今度の, 会津兵は, 僅に, 充たされて, 其の一端, 刑事や, 午後の, 参考の, 取り分けて, 取税人, 各, 各々の, 同じくいずれ, 嘗ては, 嘗て彼, 困難な, 地方町村を, 変えられる唯一, 大劇場, 守られよう, 幾人かは, 広い座敷, 広い邸内, 広間に, 庭の, 廊下は, 必ずしも練達堪能, 成って, 折よく, 数年, 明治大正昭和と, 昔なら, 更にその, 最物忌み, 有る, 本篇に, 検挙とともに, 正司は, 正造は, 毎日来る, 江戸時代の, 溢れて, 溢れるほど, 特に平八郎, 現在の, 生活的には, 生涯持つ, 異る, 相当混雑, 社長も, 私は, 私も, 総て負担し得る, 自分たちの, 自分の, 船と, 船も, 菩提寺で, 街路が, 西河岸通りは, 見ると, 賑いました, 賑うてゐた, 身動きも, 違うよう, 長い列, 長くこの, 閉口し, 隣家の, 食堂が, 麻の

▼ 人々にも~ (142, 0.5%)

2 きこえて, よく知られ, 物言ふこ, 知れて, 能的境界に

1 [132件] あてはまること, いいかげん観念, いくらかお, いろいろ口実, おそらくこの, お断り申し, かなり興味, くみ取ること, こうした貧民, ここだけの, この, この豊田翁, しゃべって, その旨, それぞれ等差を, それを, たれて, ともどもこれ, どういう怪我, なかなか迫らぬ, なじみが, なつかしい親, はっきりさせ, ふりかかって, ほぼ共通, ほぼ察し, もちろん一半, よく聽, わかり彼, わかれを, わたしは, コーヒー茶碗に, ロケットの, 一々腰, 一と, 与えたの, 久しぶりで, 予想され, 今夜の, 休むこと, 会い給わん, 会うた, 何か, 使はれる, 信じさせこの, 先生を, 公平に, 再会した, 分けて, 別れを, 勿論この, 同じ犠牲, 同様の, 吹きこむん, 告げて, 告げ官, 問合は, 報告した, 増して, 外米は, 大いに心配, 大きく働き掛ける, 好んで, 娘の, 実際には, 容易に, 差し響きを, 帝の, 影響し, 徹しなかつたで, 心からなる, 心の, 心易く, 思索の, 怪しまれず始末, 恋愛を, 恐らく逢えまい, 愕然と, 愛読され得る, 感染し, 持たせた, 持たれるよう, 接近する, 數へれ, 明らかな弄り, 是非一読し, 會うた, 有害で, 検分に, 極力頼ん, 次の, 歓迎された, 正しいもの, 気に入りそう, 温かいこころ, 無禮, 無邪気な, 申しわけを, 異様の, 病ゆえに, 目を, 知らせたくまた, 知らせないよう, 知られて, 知れ渡って, 立られ, 立派な, 等しく感染, 聞合せ, 聽える, 見せ申したり, 親しまれまた, 観せられる芝居, 訊き本格的, 訊ねて, 話しかけた, 話して, 説き明かすよう, 説得され, 読まれるに, 警戒させる, 賞められ, 起こらなかった, 迎えられて, 迷惑だろう, 通じて, 鄭重な, 降らさ, 面白かろう, 頷けたこと, 頼朝の, 馴つき秀吉の

▼ 人々によって~ (138, 0.5%)

4 観察された 2 形成され, 承認され, 歌われた, 観察され

1 [126件] あげられたという, あり余るほど, いろいろに, いろいろ考え, いろいろ違っ, おこされ更に, かくの, かなりちがっ, かもし出される雰囲気, ずいぶん著しく, その当時演芸道, その有害, それが, それとして, それまでの, ちがうので, つけられる名, でき上ったもの, どう見出されよう, なされた駁論, ふかく考えられ, もち出された, やれ臭い, よまれて, 与えられたという, 主張される, 予告され, 事実上一般に, 云々されはじめた, 云わば, 云われて, 伝統が, 何れも, 何時のまにか作られ, 作られたこと, 作られた会社, 使用され, 例えばテクジュペリ, 供給せられる, 充分考え抜かれ, 制限されなけれ, 創られたもの, 十分に, 印刷され, 厳しく批判, 収集された, 同様な, 否定され得る, 告白せられた, 喜んで, 噂され, 囁かれたの, 執筆されはじめた, 変えられて, 多くの, 夜など, 大真面目, 導かれて, 小額紙幣が, 常に企てられなけれ, 建てられて, 彼地此地で, 必ずしも, 必ず面白い, 想像される, 想定され, 所有せられる, 批評され, 抽象的と, 拡張された, 持ち出されましたほとんど, 指導せられた, 採用され, 描き出されて, 提起される, 支払われそして, 教えられたよう, 文芸界救亡協会という, 日本地震学会が, 日頃取沙汰され, 様々な, 機関誌以外の, 殊に関東大震災以来, 注意されなかった, 火は, 理解され, 理論的にか, 生活され, 生活した, 生活しました, 生計を, 病的神経の, 発見しつづけ, 真面目に, 研究され始めた, 経営せられ, 続々翻訳出版, 美しいもの, 考えられた正義, 考えられ新しい, 耕された田圃, 色々違う, 芸術の, 芸術作品に, 行われて, 行われねば, 観察せられ, 証明された, 詠まれたの, 試みられて, 語られて, 語られる物語, 誤解され, 読まれ称讃, 論ぜられながら, 資本主義工業の, 踏み荒された室内, 近年まで, 通い慣れた, 遂行され, 運営され, 過少に, 違いましょう, 違うの, 違う客観, 選ばれた松谷天光光

▼ 人々~ (118, 0.4%)

2 所謂不浄な, 未来の, 祝歌を

1 [112件] くすくす笑, これから華, これまで, これらの, その他多くの, その他散々に, その他澤山の, その他種々の, その文學論, その方言, その相手, その近所, だまされたがってる人々, ひけしや, またこれら, また自分自身, ガルモシュカの, パリーで, ヨーロッパ人が, 不健康で, 不幸な, 両側の, 両腕, 両親や, 事柄が, 事柄に関する, 仕事を, 信じきった人々, 信じたがってる人々, 傷負の, 傾向には, 其等の, 出來事が, 出迎えの, 劇場関係の, 劇評家芸術家の, 南海に, 即ち一口, 即ち素質的, 友人に, 友人達特に, 召使などの, 同じく帰途, 同じよう, 国防婦人会が, 場所などの, 売店の, 奥女中達が, 婦人連は, 子供らは, 子息たちなどが, 官学崇拝者を, 実際の, 家内の, 小説などを, 山の, 常識を, 彼等の, 後楯なる, 忍剣や, 恋の, 惜しい人々, 意見に, 愛する人々, 或は此時代, 所轄警察の, 文士などの, 日除け付きの, 日頃も, 早稲田の, 昔知った, 木や, 板新道の, 榊の, 欲望する, 歌や, 死んだ人々, 民族は, 民衆にとっては, 気の毒な, 港の, 父なる, 父親を, 犬までも, 現在真面目に, 皿小鉢を, 真の, 知らない土地, 知識人以上古い, 砿抗に, 社交的で, 稲垣の, 競馬ファンに, 競馬フアンに, 紺碧の, 自転車に, 色彩や, 血縁の, 解釈する, 言葉に, 訪ねくる人々, 買いものに, 車は, 近在の, 近所の, 近郷の, 通行人らしい, 避暑客などが, 階級の, 電車の, 青年雑誌の, 騒音で

▼ 人々~ (115, 0.4%)

4 手を 2 小さい法律書, 挨拶を, 眼を

1 [105件] いちいち名, いった, うながしながら, おくる, お叩頭, くり返して, くれて, こう威たけ高, こう明るく, この大変, この愕, すまないよう, そう云った, そう告げ, たむけるひそか, だれかれ, である, ねんごろ, はなしかけるよう, ひきあわせた, むかい, わめきちらしたの, 一礼し, 三味線を, 乗りすてた, 二段の, 云い送った文書, 云った, 云った時, 仮りの, 会釈を, 伝えて, 伝達される, 伝達しなけれ, 伸子を, 何か, 先ずもっ, 先に, 処分方を, 別離を, 口あたりの, 叫んだ, 叫んで, 向い刀, 向かって, 向き直って, 向って, 告げた, 告げて, 告知する, 呼ばわった, 報らせた, 大いに炭薪, 如才なく, 安心を, 宜奉, 寄書を, 対して, 己が, 布施として, 常識の, 平伏した, 御施し下されたく, 怒鳴って, 思入十分で, 急を, 怨恨を, 悲壮な, 我が中村屋, 手渡した, 披露した, 指図し, 指図を, 接近した, 教えて, 日々に, 會釋し, 水を, 法問を, 番組を, 疑問を, 白い眼, 目礼を, 知れるに従って, 神後五六郎は, 穏かに, 笑顔を, 自ら描ける, 自分から, 自分の, 至急注進, 草を, 言った言葉, 言わせた, 誓うよう, 説得する, 説明した, 贈りたいと, 起こさせる嫌悪, 軽く頭, 送ろうと, 逓下した, 達して, 電話で, 馬上から

▼ 人々にとっては~ (108, 0.4%)

2 一つの, 涙は

1 [104件] いかなる地上的幸福, ことに忘れ, この, このこと, この両氏, この古典, この植物界, この青年たち, この青年達, これでも, これらの, ずっと幼い, そうする, そうである, そこへ, その地帯, その死, その音, そは, それは, たとい一時, つきあいにくい, とりも, まことに歯がゆい, まさに寝耳, まるで三百マイル, むしろ当然で, もしも道鏡, もともとこんな, もともと本道, もはや最大満足, よいもの, アングロ・サクソン人の, ソヴェトの, 一切の, 一坪の, 一応そう疑っ, 一番本当な, 万事は, 之は, 了解に, 人間の, 人間らしい唯一, 今更ヴォルフ, 他の, 休みは, 何でも, 例えば宗教意識, 例えば数学, 信ぜられぬほどの, 全く縁, 判り切った事柄, 創作方法の, 十字架上に, 却ってそれ, 古い画像, 唯物論の, 囲炉裏端での, 塩の, 夜暗に, 天皇の, 如何なる問題, 実際哲学, 害毒である, 彼ら自身の, 意味も, 感情の, 懐中時計や, 是は, 普遍者が, 木そのものは, 果して如何なる, 極めて簡単, 歴史的, 沖縄は, 無意味でなかろう, 無理も, 無雑作, 珍らしい, 生命と, 生活は, 申し渡されること, 礼拝の, 社会的共同生活に, 社会的共通生活に, 私が, 経験は, 習慣の, 老いとは, 老いること, 自主でなけれ, 自分が, 自分たちの, 自己に, 自明な, 芸術そのものが, 苦痛であった, 躍如たる, 遁走が, 遺憾な, 酷たらしい, 防寨は, 非常な, 非常に

▼ 人々にとって~ (80, 0.3%)

2 それは

1 [78件] いくらかの, いつも一人, いわゆる初歩, きわめて重大, ここに, このモスコフスキー, これらの, さながら彼等自身, さほど珍, すべて全く, そう不思議, その不条理, どういう別個, どんなに真面目, どんなに自覚, なにより, ひとごとでなく迫っ, ほんとうの, またダンテ, また彼, らくにつき合える, ウラジオの, ターキーの, メンデレーエフの, ローレンスが, 一顧の, 不可能な, 予算の, 人民戦線は, 今いった, 切ないの, 基礎工事を, 大切な, 娯楽は, 守られなければ, 実は大, 容易ならぬ, 寧ろ主客, 尚何等, 岡本かの子さんの, 彼方に, 忘却する, 恋愛は, 意外に, 愛すべきもの, 慣わしである, 慰安の, 提出され, 文学の, 日常的に, 旱田に, 最も安全, 最も忘れ, 最も致命的, 本当である, 東京は, 枯淡の, 根気よい, 極めて大切, 正直な, 正直に, 殆ど内輪の, 民主の, 流謫とは, 煙草が, 特に意味, 現在は, 私は, 科学知識は, 精神という, 自明である, 自然という, 興味が, 解きがたい, 通達し得る, 重大な, 魅力的である, MRAは

▼ 人々との~ (74, 0.3%)

11 間に 3 間の 2 ために, 間には, 間を

1 [54件] こみ入, つき合いが, つき合いでは, ツキアヒが, 上に, 上にまで, 交わりと, 交わりにたいして, 交友という, 交友録, 交流が, 交渉から, 交渉の, 交際では, 交際を, 会合の, 会席の, 会話の, 会話を, 別れにも, 別れを, 別離に対して, 協力で, 協力なく, 外は, 夜ばなしに, 寺院の, 対話に, 対談でも, 当分の, 心にも, 心へ, 息吹きを, 感激的な, 接触は, 提携が, 時代を, 相互關係に, 相異, 結びつきの, 見解が, 親和を, 話に, 論戦の, 連絡の, 間にも, 間隔を, 関係から, 関係が, 關係に, 關係言ひ, 隔りは, 高尚な, 齟齬を

▼ 人々と共に~ (64, 0.2%)

2 一里許り, 祭の

1 [60件] いるの, いろいろな, ぐるぐると, この古い, この祈り, ともかく同じ, はり切った気持, 一様に, 一群の, 上陸した, 世を, 予て備えつけ, 亡びて, 京都に, 代々木の, 住んで, 何かに, 便船から, 保護し, 同塾, 唄ふ, 墓場を, 外界を, 夜の, 夜更けにかけて, 宿に, 少からず, 尼寺の, 屋内へ, 席を, 想ひ描く, 感じた, 明治天皇も, 本庄村に, 松浦侯に, 棺の, 樂み, 歎げき悶へ, 歴史に, 殿下を, 泊めて, 泣きも, 深更まで, 港の, 生き悲しみ, 真善, 真実こめ, 着席し, 私自身も, 立ち騒い, 立退きを, 苦しい辛い生, 落人に, 親しい人々, 近代文明に, 退席した, 週刊, 闊歩し, 食卓に, 驚嘆の

▼ 人々に対して~ (61, 0.2%)

2 全然無, 妻と, 無作法や, 私は

1 [53件] あまりに残忍, あやまるべき点, いだいて, いつも微笑, かちえた優越感, きまりわるげな, きわめて慇懃, この奨励, その能芸人, では, どう申しわけ, なされて, なんらかの暗示, はさほどにも, もはや全く血, 一体私, 一言警告を, 不自然な誹譏, 云いたい, 何とも云, 働いた言語同断, 償い切れぬ負担, 卑屈でなけれ, 反感を, 外聞の, 大なる, 威を, 少しく遠慮, 常に為さる, 慇懃な, 懐疑的に, 成立した, 果してどんな, 正当な, 毎日午から, 気の毒な, 発して, 直接の, 示威手段を, 私たちは, 私を, 絶えず残忍, 罪が, 聊か慙愧, 自己の, 言ふ, 誠を, 負わせたもの, 身近な, 郵便で, 露ばかりも, 頭を, 魅力を

▼ 人々~ (55, 0.2%)

2 お前たちが, どうしてそう酷い, 君たちの, 希くはこれら, 気を, 詩天の

1 [43件] あながちに, あまりに嘆く, これを, こんどは, たとん木口勘兵衛, どうぞ気, よく聞け, われわれ二人は, 一刻も, 一度その, 互に愛し合えよ, 交易に, 何で刑罰, 利己心とでも, 君たちは, 君等には, 君等の, 君達は, 堕ちて, 奧津城の, 安いコンクリート, 幸多かれ, 彼等は, 慾を, 我も, 我詞は, 折あら, 文壇を, 明るい舞台, 母を, 汝等の, 汝等を, 汝等精神の, 無益な, 生涯の, 私の, 私は, 自然の, 若き人々, 諸君が, 諸君は, 謡ひ, 谷間に

▼ 人々である~ (53, 0.2%)

7 ことが 2 か, かも知れない, から安息, かを訊く, ことを, のを

1 [34件] かと問, かと思われる, からこれしき, からこれら, からである, から自然, か假令, が, がさて, がしかも, が其本所, ことおよび, ことは, しかして二人, そうだ, それら大, だから余りはっきり, だけ一般読者, という, ということ, という事実, とか或は, ところから, と思われる, と断言, と気がついた, と私, には驚かされる, にもかかわらず, のである, ばかりで, 四方山話私も, 而し, 証拠に

▼ 人々よりも~ (53, 0.2%)

3 はるかに 2 むしろ根, 幸福である, 虐げる人々

1 [44件] いい顔, いっそうよくその, いっそう冷ややか, いっそう深く, いっそう独立的, お通夜に, この子供, さらに多い, しばしば比較, ずっと優れ, ずっと窮, たがいに, ただ独り, まさるもの, ましであった, もっと斉興, よほどキチンと, 一層の, 一層切實, 一層興味, 一層鋭敏, 一時代あとの, 余は, 先ずもっ, 判断力という, 勝れて, 報謝し, 大きいとは, 常識に, 幾倍も, 怜悧で, 悠々と, 敏感に, 数倍の, 敵の, 早くそれ, 映画に対する, 書くこと, 献身そのものだった, 農村あたりの, 遊ぶといふ, 遙かに, 遥かに, 頭が

▼ 人々によ~ (48, 0.2%)

2 つて作られた, つて占められ, つて多少

1 [42件] つていかに, つてすぐ, つてなされた, つてなされなけれ, つてのみ, つてまた, つてもつ, つて信じられ, つて十分に, つて占領された, つて取りまかれ, つて哲學の, つて唱道せられた, つて地方生活の, つて夙に, つて多くの, つて完成された, つて工夫された, つて復活せられ, つて感覚感情の, つて手から, つて抱かれる, つて持ち出されました, つて教育せらるるであらう, つて新, つて日, つて標準が, つて異な, つて発揚せられた, つて発言せられた, つて真面目な, つて示された, つて禁制せられ, つて私の, つて脚本そのもの, つて自然と, つて荒らし残された, つて行なはれ, つて試みられた, つて読まれ, つて輕く見過される, つて附け

▼ 人々をも~ (43, 0.2%)

2 説得し得る

1 [41件] おどろかしたの, おびやかしたと, お守り下さい, さそひあはせて, その中, それに, たがいに, つまり万人を, はばからなかった, ひっそりさせ, ふくめて, ふくんで, まるで文化, やはり貧乏人, 与茂四郎, 丑松に, 傷つけるよう, 入獄させた, 厚く饗應, 同時に描き, 含めて, 囚えた, 多数所謂原爆症で, 幸せに, 彼の, 忘れて, 恐れては, 想像した, 愛して, 楽しませること, 正成は, 殺し死体, 満足する, 父親をも, 見ば, 識つてゐる, 迎える事, 金持ちに, 馴れ馴れしく呼びかけた, 驚かすほど, 驚ろかす

▼ 人々への~ (42, 0.2%)

4 関係を 2 氣の

1 [36件] その移転, ひそかな, ゲーテ賞も, 何かの, 反感に, 同情へと, 吾, 哀悼遺族への, 喝采と, 実際的, 宣伝に, 弾圧反対者にとって, 彼らの, 御感の, 微衷より, 心構へについて, 忠告には, 恩返しに, 悲しさ, 情熱とで, 愛と, 愛より, 慰撫の, 戒めとは, 批難とは, 挨拶などは, 敵意によって, 気がねだった, 気の毒を, 注意は, 無取締り通告, 無限の, 義理から, 警告の, 贈物である, 関係とは

▼ 人々では~ (41, 0.1%)

8 なかった 5 ない 2 あったが, ある, なかつた, 土に

1 [20件] あった, ありながら, あるが, あるぞ, あるまいか, あるまいかと, ないか, ないかという, ないが, ないという, なかろうか, なくただ, なくて, なくなるであろう, なくわかりすぎるほど, なく何等, なく単に, なく大地, なく負けた海舟ただ一人, 一族の

▼ 人々からは~ (40, 0.1%)

2 安っぽく見られ

1 [38件] あほうもの, ありふれたもの, おもしろくない, きびしき目, その後ますます, それを, つかみどころ, とかく嶮峻, ひそかな, まさしく悪口, よい印象, よほど奇態, 何か, 何時でも, 俗学者だ, 全然独立, 前に, 十分に, 同感を, 如何にも月並, 寿詞即齢に関する, 尊敬され, 怖れられ, 明解を, 極の, 歓呼せられ, 止められたもの, 残された何, 気の, 特別の, 狂気者の, 相手に, 真面目に, 確信をもって, 考えて, 英雄の, 見さげられて, 軽蔑を

▼ 人々でも~ (39, 0.1%)

1 [39件] こちらで, これ一つという, これ一つといふ, すぐに, その人たち, その多数, それぞれ有能な, そんな事実, ほとんど持たない, まずいタバコ, やはり厳格, やはり尊敬, ノーベル賞世界平和賞の, 一度彼, 一旦戯曲, 万物の, 今日一般の, 他人の, 又た, 夏の, 如何に, 孔子には, 左大臣家の, 常に戦々兢々, 彼には, 心の, 新奇の, 日常に, 案外に, 死者と, 決して, 清輔の, 病いなくし, 矢張り私と, 私の, 立ち止まって, 自己の, 身分の, 都会に

▼ 人々とは~ (35, 0.1%)

2 縁も

1 [33件] あまり口, いろいろな, およそ縁, そこに, その重大, ちがったもの, なれて, なんと言っ, まったく別, やや懸離れた, 何と別様, 何の, 何んの, 併し, 全くちがう, 別個の, 又違った, 吾, 実に甚だしく, 寝食を, 少し違, 少し離れ, 民衆に対して, 深夜の, 無関係に, 相距, 真に自, 著しく異った, 見て, 違って, 違ふ, 離れて, 顔が

▼ 人々にと~ (33, 0.1%)

22 つては 2 つても 1 つてあかの, つてこそ, つてさへ, つてのみ, つて娯樂は, つて慣はしである, つて氣の, つて真である, つて興味が

▼ 人々とも~ (30, 0.1%)

2 別れて

1 [28件] このこと, この室, その日, たいして恩, どうしても一致, 交り, 交渉を, 会見し, 共に, 其道での, 同じよう, 寛いで, 往来した, 意志疎通せざる, 懇意に, 接触する, 日頃懇意の, 殆ど交渉が, 篤と文案, 自然に, 袂別し, 親しくなった, 親しみが, 親しみ深く, 親み, 邂逅せられた, 闘わねば, 離れ去つて

▼ 人々~ (29, 0.1%)

4 ということ

1 [25件] からどんなに, から上達部, から皆, から若し, が, がわれら, が実は, そうでした, つたと, つたなら, つても, といった方, としたら, とは微塵, と云つたの, と分った, と思う, と考えた, と言えます, の, のが, のにその, のの, 名も, 鶴は

▼ 人々~ (29, 0.1%)

13 のである 6 のだ 2 のか 1 のかも, のだろう, のであった, のであらう, のでしょう, のです, のに, のにやつぱり

▼ 人々その~ (26, 0.1%)

2 中に

1 [24件] いずれかに, ために, ほか殆ど, 中で, 中には, 人固有の, 前を, 双方に, 古の, 命を, 声に, 夫婦たちの, 家に, 師の, 心に, 情熱も, 持ち分に, 敵と, 混血児たちの, 緊張した, 責に, 車の, 郷土を, 骸を

▼ 人々ばかり~ (25, 0.1%)

3 だった, であった, である 2

1 [14件] いる, だ満座, であったから, でなくかへって, でなくどっさり, でなくはやく, でなく最も, では, で人間, で取囲, で自分, で風呂しき, で鳥右さん, らしい

▼ 人々~ (25, 0.1%)

2 しかり

1 [23件] おのが, このあやしき, その調味, で読ん, な同感, な思いあたる節, 一寸鋭い, 出でぬ, 勇み立ち悦ぶ, 奥へ, 感動し, 感化され, 日本美術の, 疲れて, 立ちまじり, 聲高く, 自己等は, 詩人と, 起きいでて, 隣人に, 驚き恐れ, 高きを, 默祷す

▼ 人々であった~ (24, 0.1%)

2 ことは, のである

1 [20件] かどう, からそれ, からである, から花やか, がこの, がこんな, がその, がそれ, がため, が何故殊更, ことである, し一方, という事実, という方, にもせよ, に相違, に違い, のであります, のです, 事を

▼ 人々について~ (24, 0.1%)

3 考えて 2 そちら側へ

1 [19件] あなたに, あるいは少し, いえば, いへば, いろ, それとなく気, やって, 何かを, 品評すれ, 図らざる事, 彼等が, 書くこと, 申しますと, 申し上げなければ, 私は, 言うならば, 試写室の, 話を, 語って

▼ 人々に対する~ (24, 0.1%)

2 恐怖を

1 [22件] 一つならず, 伸子の, 僕の, 同情と, 多くの, 奉仕の, 好意や, 彼女の, 待遇は, 心づかいとしては, 感謝を, 憎悪の, 憎悪飽満に対して, 新しい日本認識, 深刻な, 考慮から, 自分の, 芸術的犯罪の, 英国の, 行為に, 釈明を, 需要の

▼ 人々からも~ (23, 0.1%)

2 可愛がられた

1 [21件] あまり氣, いわれた通り, 不賛成を, 何か, 嘲笑される, 多くの, 大抵は, 慕われました, 指導と, 推されて, 明け暮れ聞い, 注意され, 祝賀の, 聞いたこと, 見放される様, 言われること, 話が, 認め難く, 認知される, 遠い記憶, 遠ざかって

▼ 人々であり~ (23, 0.1%)

2 他の

1 [21件] おとなしくやさしく患者, おのずからそこ, これらの, じつに堂々たる, そこへ, そして何, それは, ながらここ, また裏面, みんなよい, ファシスト自身である, 互にひき合う, 作家と, 創作態度には, 国外においては, 学生などの, 巨人ブリアレウスであった, 日本人を, 泰造にとっては, 釈迦が, 長年の

▼ 人々より~ (22, 0.1%)

1 [22件] いくぶん生活, おめ, さらに勇敢, さらに多く, ずっと勉強, つどひ, ぬきんでて, 一層上, 他に, 以上彼の, 先に, 受取る手紙, 各歌仙, 同地近傍に, 才も, 持久戦争に対する, 据わる場所, 最も未来, 祝義の, 見れば, 贈られたるもの, 遙かに

▼ 人々こそ~ (21, 0.1%)

2 何年と

1 [19件] えらい災難, かえって俗人, それ等を, まさしく信玄公, もっとも偉大, よき証人, 共に怪奇, 却って俗人, 却って自由, 将来の, 怪しからね, 愍れ, 最も残酷, 樹木の, 気の毒なれ, 真に明治維新, 貴族と, 頼母し, 顔を

▼ 人々とともに~ (21, 0.1%)

1 [21件] その人間, ナチスに, ラファイエット氏の, 二条の, 二条城の, 人民的リアリズム論者そのものを, 動かんや, 十一年の, 博士を, 喜びともに, 山を, 戦いすべて, 手當を, 武州御岳へ, 消火に, 生きながら, 研究修業する, 行きて, 計画し, 諸君に, 過ごされたこと

▼ 人々に対しては~ (18, 0.1%)

2 愚かな, 私は

1 [14件] それ自身によって, だれも, もう一歩手前, もしそれ, 一段と親しく, 再考を, 容易に, 我々が, 次の, 気の毒の, 真に可能, 私達は, 腹を, 駄々児気分を

▼ 人々自身~ (17, 0.1%)

3 の性格

1 [14件] およびその, がその, がどういう, が保管, が書いた, にとってさえ必ずしも, にとってそれぞれ真面目, のいかに, のもの, の中, の卑猥さ, の物語, もなん, 負けて

▼ 人々にたいして~ (16, 0.1%)

2 一種の

1 [14件] あえて敬意, あるいは少なくとも, いだいてる反感, その雄々し, より多く, 一つの, 働いてる人々, 尊敬の, 幻覚的な, 彼は, 恐ろしい権力, 憐憫の, 温和で, 許都逗留中の

▼ 人々のみ~ (16, 0.1%)

3 である

1 [13件] かくの, だった, であったならば, では, で外来者, で法令, なお依然として, ならず私, ならず自然, ならず過激, なり, なれば, 非常に

▼ 人々まで~ (16, 0.1%)

1 [16件] すべて弓矢甲冑を, その良心, なかなか気取っ, にわかに口, みな金色の, カバカワの, ハッと, 其を, 勃然と, 大いに疑懼, 彼女を, 来て, 総勢洩らす, 西域の, 親疎それぞれに, 読むそう

▼ 人々までが~ (15, 0.1%)

1 [15件] その妄想, それを, とても生き, また甲板, まったく不, 不思議な死に, 作者である, 後には, 従来思いを, 滔々として, 胸迫る, 自らその, 見るもの, 誤解し, 面白半分

▼ 人々からの~ (14, 0.1%)

1 [14件] お尋ね者で, それとは, 協力を, 吉報は, 同情と, 噂などを, 情緒的影響なし, 手紙に, 歳暮の, 民族的な, 異人視を, 聴取書を, 貰い物で, 附届けで

▼ 人々とを~ (13, 0.0%)

1 [13件] どのよう, なつかしがつた, ふたたび見出し, 交へて, 愛して, 愛し始めた, 愛するが, 掘りきわめると, 知って, 穏かな, 船に, 見まわした者, 除いたならば

▼ 人々なら~ (13, 0.0%)

1 [13件] ともかくお互い文化人, どんな呑んだくれ, ば, ばこれ, ば勿論, ば氣, ば猿, ば見お, ば雑誌, ソファーに, 大が, 想像される, 誰でも

▼ 人々さえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あります, かくの, その繩, はじめは, 出て, 少くない, 彼を, 我々の, 様々の, 自説の, 見えたので, 連れて

▼ 人々それ~ (11, 0.0%)

2 を尻目 1 がみんな体, に年若, は上, ばかりで, もよっぽど, を合図, を相手, を見出す, 自體

▼ 人々だけ~ (11, 0.0%)

2 である 1 あって, だった, であると, であろうと, でさびしく, では, で未開人, で知識階級, 十五名ばかり

▼ 人々へも~ (11, 0.0%)

1 [11件] おしえたの, しきりに呼びかけ, 伝わって, 告げるなかれ, 実父の, 宮川氏を, 少しずつ, 御方の, 感動を, 目撃し, 顔向けが

▼ 人々にとっての~ (10, 0.0%)

1 スポーツで, 問題であり, 問題にまで, 大切な, 文学表現の, 母であった, 絶大な, 美も, 自由権利は, 通路を

▼ 人々これ~ (9, 0.0%)

3 を見 1 が為, をみれ, をバディーア僧院, を引出さん, を憂い, を見ん

▼ 人々だけに~ (9, 0.0%)

1 とどめかんたん, どんなに驚いた, 必ず感じ, 生殖せしめ, 管理させ, 詩人の, 読まれるよう, 讀まれるやう, 限られて

▼ 人々でさえ~ (9, 0.0%)

1 あれば, よくよく査, われわれの, 内蔵助の, 呆然と, 怒りの, 疑って, 表面上灰色的態度を, 酒樽の

▼ 人々でなけれ~ (9, 0.0%)

3 ばならない, ばならぬ 1 ば成功, ば湯治場, ば知る

▼ 人々にたいする~ (9, 0.0%)

1 ときの, ときよりも, 偉人の, 彼の, 彼女の, 憐れみを, 批評の, 給食であった, 自分の

▼ 人々のみが~ (9, 0.0%)

1 おのれの, お庭, このよう, この嫌悪, オリヴィエの, 水も, 知って, 選ばれること, 集まれば

▼ 人々また~ (9, 0.0%)

1 その席, どこまで, 一般にも, 実技家の, 宴を, 弟や, 暗涙を, 植物学に, 輝く窓

▼ 人々よりは~ (9, 0.0%)

1 むしろこれから為す, むしろ一切, もつと, 却つて高く, 愛し合うからと, 服装も, 現実的に, 遥かに, 香気の

▼ 人々すら~ (8, 0.0%)

2 時としてかかる 1 あの様, この村, その土地, わざわざエジプト, 世にその, 近頃は

▼ 人々などが~ (8, 0.0%)

1 おも, ここで, しゃべって, だんだんに, 多分を, 来て, 相談を, 静かに

▼ 人々へは~ (8, 0.0%)

1 こちらから, その都度, 一筆ずつ, 勿論近所, 君から, 未だそれ, 温かき友情, 酒杯が

▼ 人々個々~ (8, 0.0%)

1 おのおの特別, により, に一致, のこと, の世, の遺, の頭上, 自守る

▼ 人々~ (7, 0.0%)

1 いずれに, さもなく, それでなけれ, それを, よく分らない, よく分らぬ, 別の

▼ 人々~ (7, 0.0%)

1 うして, う謂つた雰囲気, へ, へこの, へちよ, へもそれ, へ美むるばかりの

▼ 人々そういう~ (7, 0.0%)

1 人たちが, 人たちの, 人物を, 感じの, 楽匠には, 犠牲の, 素朴な

▼ 人々だった~ (7, 0.0%)

1 からで, から落語家講談師, に疑無い, ので, のでした, ので地蔵さん, ので気合い

▼ 人々であっ~ (7, 0.0%)

1 てはなるまい, ても彼ら, てトオカル, て彼ら, て彼等, て彼自身, て私

▼ 人々であろう~ (7, 0.0%)

1 かはもちろんまだ, かひれ伏した, ということ, といわば, と久しぶり, と思わず, と推し量られ

▼ 人々です~ (7, 0.0%)

1 か, から, から二人, から何, な, 人懐っこい人々, 最も馬鹿

▼ 人々という~ (7, 0.0%)

2 のは, ものが 1 ものの, ものも, 程度であっ

▼ 人々とが~ (7, 0.0%)

1 いたが, くっきりと, 土肥家の, 猛然と取り組み合ってる, 窮局において, 集って, 集つて法要を

▼ 人々として~ (7, 0.0%)

1 カタメられる, 吾, 大きい動き, 天才への, 成長し, 有名である, 生きつつ

▼ 人々としては~ (7, 0.0%)

1 きわめて真剣, 人見又, 強いてその, 招かざる賓客, 決して笑っ, 爲し得られない, 自然部落外の

▼ 人々にとっても~ (7, 0.0%)

1 かかる特殊, 二号の, 必要な, 文芸や, 深い教訓的意味, 現実である, 老公の

▼ 人々に対し~ (7, 0.0%)

1 そして又, もはやなんらの, 何も, 年の, 押えきれぬ不満, 私が, 追い出されて

▼ 人々に対しても~ (7, 0.0%)

1 いつもただ, また下層, キリスト教の, 其の専門, 同様の, 彼らが, 私が

▼ 人々までも~ (7, 0.0%)

1 それからそれ, よく知る, 同情を, 強ひ, 続々と, 翁の, 自ら進ん

▼ 人々特に~ (7, 0.0%)

1 ピッカルダの, 尊び敬, 引あげ, 或る, 神学者や, 若い層, 青年は

▼ 人々この~ (6, 0.0%)

1 お会式, 家に, 怪し火, 本然の, 独立の, 處に

▼ 人々だけを~ (6, 0.0%)

1 あんなに幸福, 指して, 挙げても, 楽しませるため, 私は, 責める気

▼ 人々なれ~ (6, 0.0%)

1 ばこ, ばこそか, ばこそ彼争, ば其筈, ば力, ば知勇抜群

▼ 人々以外~ (6, 0.0%)

1 には深き, に通じ, に重い, の人々, の者, は一般

▼ 人々及び~ (6, 0.0%)

1 かくも, 公民を, 其余流を, 彼を, 文学の, 老齢の

▼ 人々~ (6, 0.0%)

1 がある, の意見, の文化上, の言葉, はバーンズ, へ書かれた

▼ 人々だけの~ (5, 0.0%)

1 もちものでしょう, 問題では, 安心である, 所有であっ, 持つ厳し

▼ 人々など~ (5, 0.0%)

1 その娘, つまり日常, である, 個人または, 資質的な

▼ 人々にまで~ (5, 0.0%)

1 なまなましく迫っ, 廣く, 残らず杯, 累を, 見落さる

▼ 人々によっては~ (5, 0.0%)

2 案外平気 1 ともかく慰められ, 十分に, 心的にも

▼ 人々互に~ (5, 0.0%)

1 悦び合えり, 手を, 押し合い圧し合い, 此丸を, 顔と

▼ 人々多く~ (5, 0.0%)

1 は右, は若武者, 参り朝, 外人も, 駅前ごった返し

▼ 人々彼ら~ (5, 0.0%)

1 にとっては人生, の足跡, はおのれ, はクリストフ, を彼

▼ 人々~ (5, 0.0%)

1 したりと, のうち, をあ, を得, を痛め

▼ 人々或は~ (5, 0.0%)

1 その善悪正邪, ジャーナリズムに, 之に, 家々では, 譽めそやし

▼ 人々~ (5, 0.0%)

4 を拍 1 をわけ

▼ 人々殊に~ (5, 0.0%)

1 それが, モダーン好みの, 何くれと, 子供は, 役人連は

▼ 人々~ (5, 0.0%)

31 ひて, ひ興じければ

▼ 人々ある~ (4, 0.0%)

2 ひは 1 人に, 内閣や

▼ 人々いずれ~ (4, 0.0%)

1 も日, も苦しん, も英邁卓絶, も野中

▼ 人々さえも~ (4, 0.0%)

1 その価値, 出来上りを, 生存の, 自分の

▼ 人々さては~ (4, 0.0%)

2 濁つた大川 1 佛教界の, 飼猫や

▼ 人々だけが~ (4, 0.0%)

1 享受する, 居残つて, 生き残るため, 陶器を

▼ 人々でさえも~ (4, 0.0%)

1 その土地, 教育勅語的修身を, 根底は, 自分の

▼ 人々などは~ (4, 0.0%)

1 お百度, そのころ, 依然としてやはり花聟, 特に書物

▼ 人々にたいしては~ (4, 0.0%)

1 その無知, 不思議な, 小中流人風の, 自分の

▼ 人々にのみ~ (4, 0.0%)

1 可能である, 寂しかった, 自然な, 触れて

▼ 人々により~ (4, 0.0%)

1 あるいはまた公共団体, いわゆる狐つき, 別なる, 多少の

▼ 人々による~ (4, 0.0%)

1 両者の, 他殺, 新劇団, 社会労働民主党の

▼ 人々ほど~ (4, 0.0%)

1 すべてにも, それを, 彼を, 詩を

▼ 人々みずから~ (4, 0.0%)

1 が, その心, その責め, に神

▼ 人々みな~ (4, 0.0%)

1 この處, 懐かし, 立ちて, 起きて

▼ 人々~ (4, 0.0%)

1 て見し, で, で來, で合っ

▼ 人々即ち~ (4, 0.0%)

1 少量しか, 思索したい, 日本人は, 旧式の

▼ 人々~ (4, 0.0%)

1 が家, はその, れに, を諫め

▼ 人々自分~ (4, 0.0%)

1 が悲哀, に快く, のうち, の欲する

▼ 人々あるいは~ (3, 0.0%)

1 専門家たちを, 恋人同志が, 時代より

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 ほぜ, 手傳お, 沢を

▼ 人々ことごとく~ (3, 0.0%)

1 押包まれた, 甲胄で, 頭を

▼ 人々さえもが~ (3, 0.0%)

1 主張する, 最初は, 考えなかった様子

▼ 人々しか~ (3, 0.0%)

1 愛すること, 見えなかった, 買わないもの

▼ 人々すなわち~ (3, 0.0%)

1 初代の, 家族の, 農民の

▼ 人々そして~ (3, 0.0%)

1 今は, 最も狂愚, 都会の

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 多き, 心ある, 志ある

▼ 人々たち~ (3, 0.0%)

1 がほとんど, の共々, はその

▼ 人々だの~ (3, 0.0%)

1 なかなかの, 往来の, 或事務所

▼ 人々であるなら~ (3, 0.0%)

1 ばその, ばその間, ば何

▼ 人々にさえ~ (3, 0.0%)

1 寝耳に, 話すこと, 顔相すら

▼ 人々にしか~ (3, 0.0%)

1 影響を, 知られて, 耐へ

▼ 人々にすら~ (3, 0.0%)

1 この大和五条, なお説明, 言葉かわす

▼ 人々に関する~ (3, 0.0%)

1 ことには, 冷やかな, 思い出の

▼ 人々または~ (3, 0.0%)

1 そういうこと, 女らしき貞節, 特別に

▼ 人々らしい~ (3, 0.0%)

1 のが, みんな一本のむ, 会でした

▼ 人々わけても~ (3, 0.0%)

1 教育あり, 男たちは, 農民達は

▼ 人々われ~ (3, 0.0%)

2 を取巻き 1 にさまざま

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 信仰スル所ノ, 生長ニ待ツノ外ナキヲ以テナリ, 話ヲ

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 はた, も見, 悲しまで

▼ 人々例へば~ (3, 0.0%)

1 前に, 外交官とか, 裁判官警官醫師とかと

▼ 人々又は~ (3, 0.0%)

1 或る, 芸術家なぞが, 階級の

▼ 人々大いに~ (3, 0.0%)

1 不審に, 感心なし, 是を

▼ 人々或いは~ (3, 0.0%)

1 二十世紀初期の, 働く職場, 生前に

▼ 人々~ (3, 0.0%)

2 よりみ 1 騒げる折

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 二世と, 八回参照, 十六回参照

▼ 人々自ら~ (3, 0.0%)

1 の資格, を死物, 知らば

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 の精神交渉, の精神的交渉, の美しい

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 と顔, を見合せ, 見あわして

▼ 人々~ (3, 0.0%)

1 が圓滿, の享有, の究極

▼ 人々あつまり~ (2, 0.0%)

1 おしこり, 念仏申て

▼ 人々いかで~ (2, 0.0%)

1 かわが, 知るべき

▼ 人々いかに~ (2, 0.0%)

1 ともすべきよう, 日和山の

▼ 人々いひける~ (2, 0.0%)

2 はこ

▼ 人々いや~ (2, 0.0%)

1 学者でさえも, 山寨にとっても

▼ 人々おの~ (2, 0.0%)

1 がじ, づから

▼ 人々おのおの~ (2, 0.0%)

1 その聴く, 長ずるところ

▼ 人々および~ (2, 0.0%)

1 親類の, 魂の

▼ 人々かの~ (2, 0.0%)

1 うるは, 形を

▼ 人々かれ~ (2, 0.0%)

1 笑ひ, 等の

▼ 人々がを~ (2, 0.0%)

1 りその, りました

▼ 人々こそが~ (2, 0.0%)

1 まことの, 彼に対して

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 づまりをりしに酉の

▼ 人々すく~ (2, 0.0%)

2 ひ給はん

▼ 人々そこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, にしゃがん

▼ 人々それ自身~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の罪

▼ 人々ただ~ (2, 0.0%)

1 その過去, 首の

▼ 人々たる~ (2, 0.0%)

1 漂白工紡績工及び, 船員運搬夫機械工及び

▼ 人々だけなりとも~ (2, 0.0%)

1 一刻も, 常に実験科学上確定

▼ 人々であります~ (2, 0.0%)

1 からついに, が新田氏

▼ 人々とか~ (2, 0.0%)

1 常に時代, 身辺近くに

▼ 人々とかに~ (2, 0.0%)

1 出会い如何に, 解しても

▼ 人々とから~ (2, 0.0%)

1 できてる不純, 物珍らし

▼ 人々とくに~ (2, 0.0%)

1 婦人たちの, 若い婦人

▼ 人々とて~ (2, 0.0%)

1 人間である, 各

▼ 人々とても~ (2, 0.0%)

1 ここより, 本職の

▼ 人々とに~ (2, 0.0%)

1 囲まれて, 歓びを以て

▼ 人々どうし~ (2, 0.0%)

1 でその, で名

▼ 人々などという~ (2, 0.0%)

1 位真面目で, 色彩の

▼ 人々などには~ (2, 0.0%)

1 その志望, 耳を

▼ 人々などの~ (2, 0.0%)

1 ほとんど全部, 間で

▼ 人々なりの~ (2, 0.0%)

1 善意から, 背に

▼ 人々なる~ (2, 0.0%)

1 かいずれ, をば客人

▼ 人々にだけ~ (2, 0.0%)

1 必要な, 読ませるもの

▼ 人々についての~ (2, 0.0%)

1 記述中で, 調査の

▼ 人々については~ (2, 0.0%)

1 すっかり得心, 例外だった

▼ 人々にて~ (2, 0.0%)

1 中には, 仁侠を以て

▼ 人々にでも~ (2, 0.0%)

1 よろしいこの, 充分である

▼ 人々にとってさえ~ (2, 0.0%)

1 不安が, 予想より

▼ 人々にとってのみ~ (2, 0.0%)

1 一種の, 破壊すべき

▼ 人々にとってよりも~ (2, 0.0%)

1 いっそうつらい, 私には

▼ 人々によっても~ (2, 0.0%)

1 私に, 解せられないはず

▼ 人々によりも~ (2, 0.0%)

1 いっそう少ない, 昔私を

▼ 人々に対すると~ (2, 0.0%)

1 しばしば欺かれる, 多少の

▼ 人々のみに~ (2, 0.0%)

2 限らず広く

▼ 人々のみの~ (2, 0.0%)

1 享け, 爲し得る

▼ 人々はぞ~ (2, 0.0%)

2

▼ 人々ばかりと~ (2, 0.0%)

1 出逢, 出逢った

▼ 人々ばかりの~ (2, 0.0%)

1 ようであった, 間に

▼ 人々ひそまり~ (2, 0.0%)

2 て覗

▼ 人々まだ~ (2, 0.0%)

1 一たびも, 毅然と

▼ 人々みな眼~ (2, 0.0%)

1 をみはった, を血ばしらせ

▼ 人々みんな~ (2, 0.0%)

1 がやる, をつない

▼ 人々めづらし~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ 人々もしくは~ (2, 0.0%)

1 その亭主等, 自分たちを

▼ 人々らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さを

▼ 人々らしく~ (2, 0.0%)

1 同日市坊の, 知合いとしか

▼ 人々をこそ~ (2, 0.0%)

1 さすの, どんなに思ひ

▼ 人々をしか~ (2, 0.0%)

1 弟子とは, 感化する

▼ 人々をば~ (2, 0.0%)

1 仏と, 右方へ

▼ 人々を通じて~ (2, 0.0%)

1 威力を, 真理を

▼ 人々クリストフ~ (2, 0.0%)

1 が愛してる, を苦しめた

▼ 人々・名~ (2, 0.0%)

2 をもたない

▼ 人々不審~ (2, 0.0%)

1 しく思うこと今, にたえなかった

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 三人同, 大使善鬼総理典六みんな壁際に

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 に, に菅茶山

▼ 人々乃至~ (2, 0.0%)

1 はこれから, 吾

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 ひけり, ふ

▼ 人々以上~ (2, 0.0%)

2 に即

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 に立ち, より促し

▼ 人々全部~ (2, 0.0%)

1 と理髪師張首明, を御殿

▼ 人々勝手~ (2, 0.0%)

1 である, に射撃

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 きれいな, シヽデンといふ

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 の手作り, 其族の

▼ 人々各自~ (2, 0.0%)

1 が其の, の自由

▼ 人々同志~ (2, 0.0%)

1 の間, はその

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 をなせ, を致す

▼ 人々地獄~ (2, 0.0%)

2 への往生

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 の半

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 に怪, 事業家と

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 として集り観る

▼ 人々安心~ (2, 0.0%)

1 いたしかりそめ, したる

▼ 人々実に~ (2, 0.0%)

1 キノ子の, 狂するばかり

▼ 人々就中政江~ (2, 0.0%)

1 の義妹たち, は思った

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 に栖, の自然

▼ 人々岸辺~ (2, 0.0%)

2 にゆき

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 のごとし, の通り

▼ 人々常に~ (2, 0.0%)

1 世話の, 羨けり

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 に恐ろし

▼ 人々悉く~ (2, 0.0%)

1 怪しむべしと, 溺れ死ぬる

▼ 人々成りし~ (2, 0.0%)

2 およそ此世

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 をフォルコ, を伴

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 を競, 東海の

▼ 人々最も~ (2, 0.0%)

1 大事な, 純粋な

▼ 人々来る~ (2, 0.0%)

1 人々ことごとく, 金を

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 り果て, り給

▼ 人々沈黙~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 太の, 我を

▼ 人々甚だ~ (2, 0.0%)

1 持て余して, 氣の

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 をり, 合せそろそろ

▼ 人々立ち~ (2, 0.0%)

1 さわぎ罵る, て樂

▼ 人々自体~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, が菊乃さん

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 にす

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 り, りであるから

▼ 人々~ (2, 0.0%)

2 を賦

▼ 人々賞しけり~ (2, 0.0%)

2 と友人谷鴬翁

▼ 人々集り來~ (2, 0.0%)

1 り實親子, り自身番

▼ 人々離散~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 人々雷火~ (2, 0.0%)

2 に即死

▼ 人々~ (2, 0.0%)

1 より下り, をすら平地

▼ 人々驚き~ (2, 0.0%)

1 て移植ゑし熱帯草木いや, て駆け付ける

▼1* [665件]

人々ざけらんなれどおもしろき物あらそひ成き, 人々あかれて宿, 人々あざみ笑ひぬ, 人々あざ笑ひぬ, 人々あたたかい言葉あたたかい, 人々あの人は, 人々あまた召して, 人々あまりに知りません, 人々あやしがる, 人々あらけぬ, 人々ありといふ微笑, 人々ありしと其頃世上, 人々あるいはまた現在住所も, 人々あれを見, 人々な全, 人々いづれも多少, 人々いひあへり, 人々いわゆるこの国の, 人々へにつかれ, 人々おそれおの, 人々おのおの自己が故郷, 人々おもはずや, 人々おもにかの國, 人々かがこのよう, 人々かしこまりてあれ, 人々かつて死と, 人々かな三十金五十金の, 人々からさえ哀れな, 人々からしかほんとうには, 人々からばかりでなく摂津, 人々からもからかはれたり, 人々からよりも知識ある, 人々かを考慮する, 人々がかはるが, 人々がぞろ, 人々ぎらいの人間にはし, 人々くさりすべての, 人々くらいのものであった, 人々こおり菓子に, 人々ここへ三位卿, 人々ことに司法当局, 人々この世に其名, 人々こほり菓子に匙, 人々これぞ神のみ, 人々こんな習わしを, 人々さもなければ半生を通じて, 人々さらばとてかしこ, 人々しばしは安き, 人々じゃなくて, 人々なは, 人々すこぶる悠長に, 人々すでに精根を, 人々すべてをその, 人々すらも憤激する, 人々と集い覗く, 人々そうした人間像な, 人々そのものの成長, 人々その他を合わせ, 人々その他中国ソオーストラリアオランダカナダニュージランドなどの代表, 人々それからまた事が, 人々それらの叫喚, 人々それ等の人々, 人々ただちに相接すれ, 人々ただ夢を辿る, 人々たとえば伊藤大輔氏に, 人々だけしかやらないやう, 人々だけで幸福の, 人々だけでも夥しい数, 人々だけはこの健忘症, 人々だって話して, 人々だまされてる人々や, 人々だらうと思ふ, 人々だろうと存じます, 人々だんだん慣れて, 人々つまり精神と, 人々であり作るものが, 人々であり讀むものとては, 人々であるべきではないでしょう, 人々である生きたる神を, 人々である言わずとも解くであろう, 人々でございますがこの, 人々でないと云, 人々でにぎはふ光景を, 人々といふ言葉を, 人々としか思えなかった, 人々としての現実を, 人々とだけ話を, 人々とてもやはり亦世中, 人々とても万一君の, 人々とても決して米友を, 人々とのみが相合う, 人々とまでうまく交誼, 人々ともどもホール入口で客, 人々ともども領地外まで鄭重, 人々とりわけ大いなる罪びと, 人々とを通してその音楽, 人々どうも日本軍の, 人々どもいずれも下, 人々どやどやと帰っ, 人々なおまた肉食獣の, 人々なかでも文学者は, 人々なかりせば我, 人々ながら現実に, 人々なぞの骨折から, 人々などで電車は, 人々などと違い自分達, 人々などに交を, 人々などにしか友情の, 人々などにたいしてしか尊大ぶりは, 人々などもよばれて, 人々などをもってると, 人々ならではしり, 人々ならびにその他の, 人々なりが進んで, 人々なりにある程度に, 人々な見やがてか, 人々においてはもちろんあり得ない, 人々においても智能の, 人々にこそ私は, 人々にさえも冷酷な, 人々にだけはもちろんそんな, 人々についてばかり多く語りはじめ, 人々についてもすこしは, 人々にてぞ此程は, 人々にとってこそわけの, 人々にとってしか謎では, 人々にとり巻かれて, 人々にはも一寸と, 人々にまでも明確に, 人々によってこそ新たな, 人々によってさえ読まれない, 人々によつてそれ, 人々に対してのみ交渉を, 人々に対しましては彼等は, 人々のこらず頭髪を, 人々のせはしなく, 人々のぞろ, 人々のぞよめく気, 人々のみにて百人に, 人々のみはいかに修養, 人々のみを載せて, 人々はずーつと膝, 人々はといへば, 人々はどつと一時, 人々はにいるすく, 人々はねたのであらう, 人々はもの言ふこ, 人々はナとンとは, 人々ばかりとは限らない, 人々ばかりは最後までも, 人々ばかりをつくること, 人々ばっかりスターが, 人々ひきて行く, 人々ひっそりとし, 人々ひとしく讚仰し, 人々ひねもすに祈る, 人々へと目を, 人々ほどには雷を, 人々づ沈める, 人々まず騒ぎ立ておいおい, 人々までをその陣営, 人々みずから一個の働き, 人々みたいに丁寧, 人々みなこれを奇怪, 人々みな世にむかひ, 人々みな仏国の風, 人々みな仏性を持っ, 人々みな同感ならん, 人々みな山林をきり, 人々みな恍惚と聞きほれ, 人々みな恐れをなした, 人々みな慄然とすくみ立っ, 人々みな異存はない, 人々みな窓よりさし, 人々みな笑ひ合うてぞ, 人々みな美談となす, 人々みな色を失っ, 人々みな馬前の働き, 人々むなしく咲耶子の, 人々むらがりその一人, 人々もしかしたら彼女, 人々もちろん彼らを, 人々もつと明確, 人々ものを言いかくれ, 人々やがてはある, 人々やに迷惑を, 人々やら五馬身十馬身または, 人々やれ命拾いと, 人々ゆきあふ時, 人々よと云わんばかりに, 人々よみ侍りけるに, 人々よりの依頼を, 人々よりもも一つ先に, 人々よりより多く, 人々よろしき歌おほく出來, 人々は此, 人々らしいですよ, 人々わが禁軍の, 人々わが家にあつまり, 人々わけて可憐, 人々わめき叫び立つことが, 人々われらの後継者, 人々われわれのあと, 人々わんわんという出迎え, 人々やまひ, 人々をがみ奉る, 人々をさえ取り込むこと, 人々をすら近づけないといふ, 人々をわずらはすのみ, 人々を以てつまり人が, 人々アッと驚きし, 人々アレクサンドリアを唆, 人々エリーチェがその, 人々カエサルを最初, 人々ガ来ルト云ッテ帰ッタ故全ク妙見, 人々クレーヴシンから手, 人々ゲラゲラ笑う, 人々コムソモールを中心, 人々ゴール民族たること, 人々ジャーナリスト教授執筆者必ずしも誠意, 人々ジューベールやドゥゼー, 人々チェーザレと繼, 人々チヲリに遊び給, 人々ト会飲スル毎ニ各自筆トリテ見聞キシコトヲ書キタル反故ナリ, 人々ドレフュース事件のため, 人々ニシテ其ノ好, 人々助けられ候事, 人々バベルに高, 人々ベートーヴェンやブルックナー, 人々レーニンが云っ, 人々呼ンダノデアリマス, 人々ヴァントゥィユルグランダンフランソワズ等はコンブレエ, 人々一つの学校, 人々一人残らず睡気, 人々一人一人にとって未曾有, 人々一列に並び, 人々一千の軍兵, 人々一同に挨拶, 人々一尾を携, 人々一斉に駆けいでたり, 人々一時は功, 人々一枚の写真, 人々一様に哀れ, 人々一馬さん巨勢さんなどはちょッ, 人々三文の価, 人々上座の方, 人々不審晴ず是, 人々不快を懐く, 人々並びに藝者などに, 人々中吉田快庵, 人々中小商工業者学生などという社会階層, 人々を止むる, 人々之を以て鬼とな, 人々也是より先, 人々互いに相敬愛, 人々互ニ相妨ゲズ以テ一身ノ幸福, 人々五十余名二日夜各自提灯を携え赴きたる, 人々亡びた国主の, 人々る, 人々人々の中, 人々人擦れせぬ娘たち, 人々人類の最も, 人々今夜この席, 人々今日でもなお, 人々以上彼らはここ, 人々以下の観賞眼, 人々仰がぬ者なく, 人々伝え合って, 人々而非大, 人々佇立たるなか, 人々が為, 人々何ぞ直ちに自己の, 人々何れも野中, 人々何事やらん, 人々何故に凡て, 人々余りの敏捷さ, 人々作らるる品流布される, 人々り我等, 人々例えば裁判官警官医師とかと, 人々信用なさるお, 人々信雄を尊ん, 人々個々別々の世界, 人々傳説によれ, 人々充ちたり, 人々入来りて, 人々人民の, 人々全体のうち, 人々六七名また案内かたがたとも, 人々六部煙草売り雑多, 人々共有の情趣, 人々共音に泣きぬ, 人々兵卒小屋の冗談, 人々しを, 人々其の分を, 人々具足ほどよく, 人々出す言葉を, 人々出会えッ, 人々出入のたれかれ, 人々出合ひて, 人々出迎へ, 人々刀槍の人々, 人々分家の支族, 人々を造り, 人々初め翁を知っ, 人々別室へ去る, 人々利用された貧しい, 人々前後につき, 人々をここ, 人々よやもの, 人々勇ましい規律を, 人々勝気のため, 人々勤めがえり, 人々北条一族さらには, 人々十五六人余りも寄り集っ, 人々十四五人ぞろぞろ帰っ, 人々十數人が特に, 人々南淵請安高向玄理僧旻など謂, 人々られ御, 人々取り込み候へば封, 人々を開け, 人々召使等まで万歳, 人々合力の誠, 人々同じ人間であり, 人々同士のたたかいである, 人々同宿の人々, 人々名所の月, 人々吟味の濟次, 人々呼んでタイミソ新聞, 人々にも代え, 人々喝采せしに, 人々喞筒の水, 人々四五人に何, 人々四方へ散じ, 人々四百余名は天川, 人々回顧を試みよ, 人々困惑したといふ, 人々困難したため, 人々図書館人が遠い, 人々地震を虞, 人々場合は勿論, 人々塗炭に苦しむ, 人々を掠め飛ぶ, 人々の日, 人々より殆, 人々の白む, 人々大勢佇み居り伴天連, 人々大勢火の光, 人々大勢麻上下にて随, 人々大抵は中途, 人々大方はその, 人々大風再来を憂ふ, 人々天分に厚薄, 人々失業者たちの生活, 人々奇異のお, 人々女達が多勢, 人々好悪の主観, 人々娯楽と教養, 人々婦人客などは闇, 人々子規虚子漱石或は直接, 人々をかく, 人々宇野徳田その他の組, 人々守刀などが薫, 人々により, 人々シク忙ヲ, 人々宮付きの役人, 人々を造る, 人々家々の事情, 人々家内を片付支度, 人々家内惣出だその, 人々家庭の楽, 人々寄り集る, 人々寄集りて何, 人々寝静まったと見え森閑, 人々小尼公とのみ稱, 人々將殿の, 人々少なくともその中, 人々就中ラムが大分, 人々尽く千里眼たる, 人々山上の箱根神社, 人々己一個の私, 人々席順に, 人々常盤館より帰る, 人々平和を愛する, 人々平和主義を唱うる, 人々平生の持論, 人々年分引モタヘズ詣テ, 人々幸福だった, 人々幼年時代にはぼろ, 人々幼時より余りに, 人々延若の才能, 人々廻る機械の, 人々う所, 人々弥左衛門を釣鐘弥左衛門, 人々の底, 人々彼ら以前に, 人々彼奴め長久保のあやしき, 人々彼方此方から持つ, 人々後世の事申, 人々維新の, 人々御中に返したてまつるべき, 人々心々のいどみ, 人々心得が議, 人々必ず戮を, 人々念仏を終り, 人々思ひ思ひに退出, 人々思ふならん, 人々思顧の侍, 人々に飛び出し, 人々怪しみその, 人々怪しみ合うている, 人々恐らくはパルナーゾにて, 人々恐ろしさも, 人々も吐きあへず見守り居る, 人々悔みに行き, 人々悦び近所一同山へ走り行く, 人々みて, 人々悲しむこと限りなく, 人々惘れ果て皆脱, 人々意想外の実況, 人々に堪へざる, 人々感じあったと云う, 人々感心したりけり, 人々憎むほどなれ, 人々程天下, 人々戯れて休まん, 人々戲言と戲語, 人々戻らぬ昔を, 人々所得の十分一, 人々手分けをし, 人々才力を以て出身, 人々寄りて, 人々打ちつれて, 人々から雨, 人々折節につけ, 人々止めたと, 人々拝領しける間, 人々ひ取りて, 人々たる燭, 人々持ちかえりしが彼素肌, 人々持ち前の権理通義, 人々持來る故に, 人々指先から乳, 人々探り出で, 人々提灯のきらめき, 人々教養の深い, 人々散歩の折, 人々数人に保管, 人々文武の諸, 人々既に眼ざめているようではあったが戸を, 人々旦那の御, 人々早くも浴衣, 人々明日の担い手, 人々星辰の影響, 人々さを, 人々更にそっちの, 人々最後の御, 人々望む黄金の, 人々未だこの者, 人々未来に対するボートク, 人々本当に思索する, 人々本願寺詣の行者, 人々はづれ, 人々来りてこれ, 人々東京の文化, 人々松平家の使者, 人々柳河或は南関, 人々樵夫などのたぐい, 人々機會をみつけ, 人々止むことを, 人々正客不折, 人々此家に群, 人々此捨子を見付村役人, 人々此方の岸, 人々よりもさらに, 人々死しても猶, 人々死生にかかわらず残らず, 人々民主的作家をこめ, 人々民権論に狂, 人々民部や蔦, 人々の早い, 人々気の毒がりて, 人々水門の端, 人々の上, 人々決意と跳躍, 人々泊り客などの愕, 人々法律によって見捨てられた, 人々泣き腫らした婦人の, 人々をながめつ, 人々深き眠りに, 人々の女, 人々漸く聞きつけて, 人々れながら, 人々無情なる村, 人々煙管の掃除, 人々く食卓, 人々や叔父, 人々牢人儒者風の者, 人々せは, 人々独自の文芸理論, 人々珍しき祭を, 人々申候と少しく, 人々申合りしとぞ, 人々の小さき, 人々男の子はけばけばしい, 人々画家でも, 人々異なれり誰れ, 人々異様の慰藉, 人々疑わずそれは, 人々痛快な程, 人々皆かなたを見, 人々皆先を爭, 人々皆其刀を礪, 人々皆家を空しく, 人々皆後指さして, 人々皆感嘆したそう, 人々皆氏を称讃, 人々皆自ら能く知つて, 人々皆通天の路, 人々皇帝とギベルリニ, 人々益々笑う, 人々に談ずべしだ, 人々盛りこぼれさう, 人々を干し, 人々盟約のある, 人々直立の鉄梯子, 人々集まりて, 人々相互の間, 人々相倚りて, 人々相呑噬して, 人々相寄つて譯したもの, 人々相手に腕立て, 人々相集りて涙, 人々省己嫌厭の不安, 人々を凝らし, 人々知るも知らぬ, 人々知識婦人などを魅, 人々短刀をぬきかざし, 人々の上, 人々社会の間, 人々の子, 人々に親しく, 人々だとて, 人々空言とおも, 人々立ち行くことを, 人々立ち騒げる折しも, 人々立出樣子を聞母子諸共先番屋, 人々立寄り打殺したけれども其鼠, 人々立會嘉川家一件種々評議是ある所土岐丹後守殿, 人々立身出世したる奴, 人々立騷ぐにぞ縫殿頭殿是を聞, 人々に諸, 人々笑ったところ加藤喜介曰く, 人々等しく樂屋の, 人々粗暴な本能, 人々精神の置き, 人々素質が違い, 人々絶えずとぶらひにく, 人々維新の人々, 人々群集して, 人々羨むもをかし, 人々翠帳にこもつ, 人々耶蘇教に對, 人々聖者中の聖者, 人々聞きて善き, 人々聞き伝え語りあわしてそれから, 人々聞知りて, 人々をかけ, 人々職人交換手そういう種々雑多, 人々からその, 人々自ら工夫する所, 人々自ら製作して, 人々自動車のタイヤ, 人々自己の利害, 人々自由の理會, 人々自身今日どんな考え, 人々をさまし, 人々興がり一斉に, 人々へ紅裙, 人々若し我此作を, 人々若しくは古き道, 人々苦しい中小商工業の, 人々を志し, 人々荒跡を見廻る, 人々を流し, 人々行楽に忙, 人々街路で諸君, 人々衣服店女や子供, 人々裁判所の一行, 人々見るよりアッ, 人々見付けて立騷ぐ聲, 人々見合う中にて, 人々見物とあっ, 人々見舞に来た, 人々見附け次第消しました, 人々覚悟の事, 人々親類縁者近所の人々, 人々覺悟と叫ぶ, 人々解除の人々, 人々居ける所, 人々計らずも自分たち, 人々診察に来る, 人々語られる人の, 人々誰ひとりをも笑う, 人々誰彼とおの, 人々誹りければ, 人々講究の事, 人々警視庁からは恒川氏, 人々獨り, 人々負担過重の人々, 人々貧富貴賤の別, 人々賤上下の, 人々賞美して, 人々赦罪を乞はんためそこ, 人々起出で参り, 人々跪きて祷れ, 人々身みずからその身, 人々身分ある人々, 人々を下りぬ, 人々軍神の像, 人々輻輳して, 人々農村に働く, 人々日本人という, 人々迎えて嫁, 人々迫害された民衆, 人々迷い子喧嘩掏摸怪我人大変な雑沓, 人々迷わずして此の世, 人々に歸りき, 人々遠く離れてる人々, 人々遥かに見, 人々を飲み, 人々酔ッテ騒グヲ見, 人々酷暑の折これ, 人々を帶び, 人々の音, 人々銀行の人々, 人々銘々の心, 人々をとかれた, 人々長方形の卓, 人々にさ, 人々の庁, 人々随意に異なり, 人々隠者の, 人々ひて, 人々集り種々に評議, 人々雜話に耽つ, 人々しろくたまれり, 人々青山からだれ, 人々面白げに大道芸人, 人々響動みを, 人々題目を口, 人々を見合せ, 人々飛びかかり人, 人々りに, 人々馳せつけ参らぬはなぜ, 人々馳付る樣子, 人々騒げどかえりみぬ, 人々騒げどかへりみぬさま心憎し, 人々騒然と議に, 人々破とて, 人々驚嘆せざるは, 人々高くもの云ひつ, 人々高らかに, 人々高橋警部をはじめ, 人々鼠穴を窮め, 人々齡四十の上