青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「他~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仕度~ 仕掛け~ ~仕方 仕方~ ~仕業 仕業~ ~仕様 仕様~ 仕舞~ ~他
他~
~他人 他人~ 他国~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~

「他~」 30076, 311ppm, 311位

▼ 他~ (19000, 63.2%)

197 多くの 130 者は 117 一人は 108 すべての 105 人の 102 一つは 92 人に, 者が 90 ことを 87 ものは, 人が 81 一人が 75 ことは 73 者の 70 一切の, 人々は 68 二人は 66 ものを 65 二人の 62 者に 60 事を 58 人々の, 人は 57 ものに 51 者も 48 ものの 47 一つの, 一方には 45 ものが, 人々も 41 人を, 方面に 40 者を 38 ものと 37 女に 36 一方の 35 人と, 部分は 34 一方に 33 一人の, 国の 32 三人は, 人々が, 人々と, 場所で, 言葉で 30 地方に, 男に 29 女の, 男と, 種類の 28 動物に, 地方の, 諸科学 27 事は, 人には 26 ものから, 事で, 二つの, 物の 25 一方は, 方面から, 者と, 職業に, 貨物の 24 三人の, 人々に, 場所に, 女と, 機会に 23 いずれの, 一方では, 人も, 者には 22 ことで, もので, 男の 21 方法で, 連中は, 部分に 20 誰よりも 19 凡ての, 場所へ, 物を, 部分の 18 ことに, 二人も, 人達は, 場合に, 場合には, 或る, 民族の 17 ものも, 一は, 人々を, 人達の, 人間に, 国に, 点で, 物に, 男を 16 事に, 人間の, 動物の, 客の, 物と, 男が 15 ために, 二つは, 地方にも, 手に, 方へ, 方面の, 誰にも, 部分と 14 一面に, 世界の, 仕事に, 動物と, 土地へ, 室へ, 民族に, 章で, 話を, 諸

13 [12件] いろいろな, 一切を, 三人も, 人たちが, 人達と, 四人の, 地方では, 女を, 室に, 話に, 貨物と, 連中の

12 [16件] 一人を, 一方が, 一面には, 一面を, 二人に, 人とは, 土地では, 地方で, 家の, 家へ, 方を, 時には, 無数の, 者なら, 諸天, 道を

11 [19件] いかなるもの, もの, 一本の, 事と, 二人が, 人から, 人たちは, 何物でも, 例を, 動物との, 場合と, 子供が, 客が, 意味に, 方は, 時代に, 連中が, 連中も, 部屋へ

10 [18件] 一つが, 一本は, 一部は, 二三の, 人間を, 何物よりも, 場所では, 大部分, 子供たちは, 方に, 村, 点に, 社会の, 職業の, 色々の, 諸将, 部分が, 部分を

9 [36件] ことが, すべてを, もう一つ, ものよりも, 一枚は, 一面で, 世界に, 人たちも, 人よりも, 人達も, 何物にも, 原因が, 問題に, 国では, 声が, 女が, 女との, 奴が, 娘を, 子供たちが, 客は, 客も, 所で, 所に, 所へ, 方の, 方法を, 方面で, 星の, 物は, 理由で, 生命を, 種々の, 者で, 芸術と, 階級の

8 [32件] ひとりは, ものとは, 一方を, 一派は, 一端を, 一等国に, 一部分は, 一面の, 世界へ, 事とは, 事情が, 二人と, 人々にも, 人たちと, 仕事を, 別の, 力が, 商品の, 国には, 土地の, 地方と, 場合にも, 多数の, 客に, 感情を, 手で, 方向へ, 日に, 貨物に, 追従を, 道に, 部分には

7 [45件] あらゆるもの, いかなる種類, いろいろの, ところから, どのよう, ひとりが, ものには, ものによって, 一人に, 一方から, 一方で, 一群の, 一面は, 三人に, 三方は, 人々から, 人々には, 人にも, 人間と, 仕方における, 何人の, 何人も, 作品の, 作家の, 側に, 六人の, 半分は, 国々の, 国へ, 国民の, 國, 女は, 女性の, 子供の, 家に, 店に, 店の, 意味で, 方が, 普通の, 無數, 理想を, 理由から, 種族の, 諸動物

6 [88件] いかなる貨物, いっさいの, ことには, ものである, ものなら, 一種の, 一通は, 一部を, 一隻は, 三人を, 事情に, 二人を, 人では, 人なら, 人より, 人達が, 人間が, 人類の, 仕方で, 何かの, 何よりも, 何人にも, 何人よりも, 何物も, 何物をも, 例に, 側から, 処に, 処へ, 力を, 動物では, 動物には, 動物より, 半分の, 半面を, 四人は, 国から, 国で, 多くは, 大学の, 女に対する, 女中が, 妻を, 婦人に, 子供に, 子供達は, 客を, 家から, 家を, 店へ, 意味では, 感覚内容と, 手段を, 文芸の, 新聞の, 方面へ, 時代の, 条件が, 民族を, 理由が, 生物を, 目的の, 科学の, 種々な, 章, 総ての, 者から, 者たちは, 者らは, 職業を, 芸術の, 言葉を, 語に, 誰も, 諸氏の, 諸篇, 財貨を, 貨物を, 遊星の, 部分から, 部分において, 部分にも, 部屋から, 重大な, 雑誌に, 領域に, 類似の, 點に

5 [95件] いかなる国, ところに, どこにも, どこの, どこよりも, ものとして, もろもろの, トロイアの, 一つには, 一つを, 一の, 一匹が, 一匹は, 一同も, 一般の, 一部分を, 一面において, 下宿に, 二人, 人々によって, 人々よりも, 人たちの, 人でも, 何物を, 作家を, 作用を, 側の, 力の, 半面の, 原因によって, 原因を, 國の, 地方から, 地方には, 場合の, 女たちに, 奴らは, 子供たちの, 子供と, 子供も, 存在の, 学者の, 客と, 少年たちも, 島々に, 座敷へ, 形式の, 意味は, 感情が, 文学との, 方々の, 方法によって, 方面を, 日には, 星に, 時は, 有力なる, 本が, 村へ, 犬を, 理由は, 生徒を, 男との, 男は, 男へ, 病室の, 石と, 端に, 端を, 者にも, 者よりも, 船の, 花の, 藩, 處に, 語を, 誰か, 誰かが, 諸君の, 諸問題, 諸国の, 貨物は, 車に, 追随を, 連中と, 遊星から, 遊星に, 適当な, 部屋に, 部屋の, 門人たちに, 隅に, 階級に, 面を, 魂の

4 [166件] あるもの, ある歴史家, いろ, お客の, さまざまな, すべては, だれよりも, ところで, ところは, ところへ, どれよりも, ひとの, ひとりも, ふたりの, ものだ, ものについて, ものによ, ものに対して, ものより, 一個は, 一名は, 一方において, 一等国の, 一筋は, 一隅には, 一面から, 三つの, 三人が, 世界は, 世界を, 乗客は, 事には, 二人にも, 人々との, 人たちに, 人物に, 人物の, 仕事が, 仲間の, 何か, 何物かを, 作品を, 内容を, 処で, 処では, 分野に, 動物とは, 動物よりも, 動物を, 医者の, 半面では, 原因に, 友人は, 同業者, 同種の, 品に, 四人も, 団体は, 国々と, 国と, 国にも, 土地に, 地方でも, 地方において, 場合においては, 場合を, 場所において, 女性に, 奴は, 子供たちと, 子供たちも, 存在に, 存在を, 季節の, 学校に, 完全性の, 家族の, 山越し像を, 島に, 年の, 幾多の, 弱点を, 形で, 役者が, 情念である, 情念に, 所では, 手を, 数人の, 文化を, 文字と, 文学に, 文芸に, 新聞から, 新聞紙は, 方法に, 方面でも, 方面は, 方面より, 日の, 日は, 未だ私, 村では, 村落の, 核が, 植物の, 樹の, 機会を, 水夫や, 注意を, 点は, 爲に, 物との, 生徒に, 生活を, 生物の, 男性の, 町に, 画家の, 目的で, 目的を, 神, 神の, 神よりも, 種の, 種族と, 罪を, 者とは, 者へも, 者まで, 者より, 者よりは, 者らと, 者達が, 職業から, 職業と, 色と, 芸術に, 要素を, 見る眼, 視角から, 話は, 説明を, 誰でも, 誰の, 論派に, 諸君は, 諸地方, 諸獣, 貨物が, 貨物も, 路を, 身体の, 車を, 遊星へ, 部分, 部分では, 部屋と, 重要な, 非人の, 面では, 面には, 領域の, 顔を, 馬に, 高尚なる

3 [385件] あらゆる女, あらゆる感情, あらゆる種類, いかなる方法, いずれかの, いっぽうの, いづれの, いろんなこと, お客へは, ことなら, ことの, さまざまの, それに, たくさんの, だれにも, ときだったら, ところを, どの国, どんなもの, どんな原因, なんらの, ひとつの, ひとりの, ふたりは, もつと, ものへと, ものよりは, もの即ち, アカイアの, 一つに, 一を, 一ツは, 一人, 一例を, 一匹を, 一同は, 一方も, 一本には, 一枚には, 一点を, 一疋の, 一種は, 一端が, 一端で, 一端に, 一等国と, 一般的な, 一通の, 一通を, 一部の, 一隅に, 一隊は, 一面においては, 一面より, 一頭には, 三人と, 三方には, 不幸を, 世界への, 世話に, 中に, 乗客の, 事なら, 事にも, 事ばかり, 事件の, 事件を, 事実を, 事業においては, 事物を, 二つが, 二三人が, 二個の, 二名の, 二本の, 五人の, 五人は, 人々とは, 人々と共に, 人々にとっては, 人々に対して, 人々をも, 人たちよりも, 人たちを, 人だ, 人にと, 人にとっては, 人びとも, 人よりは, 人をも, 人格を, 人物が, 人生の, 人達に, 仲間と, 仲間も, 会社の, 何の, 何ものかの, 何ものでも, 何ものも, 何事よりも, 何人かに, 何人によっても, 何処にも, 何物の, 何者でも, 作品に, 作家たちの, 作家に, 例と, 俳優が, 個人との, 個処で, 個性を, 側へ, 兄弟の, 全ての, 八人の, 凡ては, 出来事を, 利害の, 利益を, 前に, 労働者が, 動物から, 動物が, 半分を, 原因と, 友人との, 友達も, 口から, 古い記録, 同僚たちも, 同志が, 同類の, 味を, 品を, 品物と, 商品で, 善を, 器官が, 四つの, 四本の, 団体との, 団体に, 国とは, 国民と, 国民は, 土地から, 土地には, 地方へ, 地方も, 場合だったら, 場合では, 場合とは, 場所から, 場所の, 壁が, 声, 大人の, 大抵の, 夫人たちの, 夫人の, 奉公人の, 女たちと, 女たちの, 女房が, 女房たちの, 女生徒, 女達に, 奴等は, 如何なる国民, 婦人と, 子を, 子供たちに, 子供らが, 子供等の, 子供達が, 存在と, 季節に, 学問の, 学校の, 学校へ, 学者は, 學者の, 宗派の, 客たちの, 家でも, 家へは, 家族は, 容喙を, 宿屋へ, 寺院にも, 小供, 小説に, 小説の, 小鳥の, 小鳥も, 少年が, 少年と, 州の, 巣の, 工場の, 工場は, 巻, 幾つかの, 店で, 府県の, 座敷の, 座敷へは, 形を, 心に, 心を, 必要品の, 性質は, 患者の, 患者達の, 意味が, 意味での, 我々は, 所と, 所有者の, 手段によって, 手紙の, 接尾語を, 文学と, 文学者の, 文芸と, 文芸には, 文芸を, 新聞には, 新聞も, 新聞を, 方から, 方で, 方には, 方向に, 方法が, 方法は, 方面が, 方面では, 日本の, 時だったら, 時代には, 時期には, 景物を, 曲を, 書を, 木の, 木を, 未知の, 本と, 村の, 来客と, 核から, 椅子を, 極端に, 楽器の, 概念に, 標準を, 機会で, 機會に, 民器を, 民族と, 民衆よりも, 気持を, 沢山の, 流行の, 点においては, 点より, 為に, 物が, 物に対する, 物体の, 物質に, 獣の, 理論を, 生命に, 生命の, 生徒に対する, 生徒の, 生徒は, 生物とは, 用で, 用事で, 用事に, 用途に, 男から, 男の子が, 画家が, 目的に, 短を, 社会から, 社会に, 社会諸, 禾本諸, 科の, 科学に, 租税を, 種属に, 種族に, 種類に, 端には, 等しく肥沃, 組の, 罪の, 者, 者たちが, 者たちも, 者どもは, 者どもも, 者へ, 者らの, 者等は, 職業人に, 能力も, 能力を, 自然の, 船で, 色を, 花へ, 若い者, 若い連中, 若干の, 苦しみを, 草木の, 表象を, 話が, 話題に, 誘惑に, 語で, 語の, 説に, 説話に, 説話は, 誰かと, 誰かの, 論文の, 諸々の, 諸事業, 諸作, 諸原因, 諸国民, 諸國, 諸存在, 諸家の, 諸感覚, 諸文化, 諸概念, 諸氏は, 諸民族, 諸社, 諸社会科学, 諸神, 諸階級, 貨物に対して, 足を, 路へ, 車の, 軍勢は, 連中に, 遊星と, 運転手の, 道が, 道へ, 部分で, 部分とは, 部分よりも, 部屋で, 部屋を, 部門に, 都市から, 長所を, 隊員も, 階級を, 非常に, 面々を, 面から, 面で, 頁を, 馬が, 魚に, 鳥に, 鳥の

2 [1123件 抜粋] あらゆる国民, ある者, いかなる人々, いかなる音, お伽噺に, お客さんに, お客は, お部屋, がらくたと, ことにおいて, ことばかり, ごったくや, ところでは, ところには, どこからも, どの作家, どの部屋, どんな話, なにごとも, ひとから, ひとりを, ほうへ, ものか, ものつまり, ものでなく, ものとの, ものにも, もの以上に, もろ, より高い, イデオロギーの, プリマドンナの, ホールに, ボートへ, ヨオロッパ諸国よりも, 一つも, 一人この, 一人も, 一例である, 一冊を, 一半は, 一団は, 一方においては, 一本を, 一極を, 一端は, 一羽も, 一行は, 一記事を以て, 一部から, 一部分に, 一面も, 七人の, 三つは, 三人には, 三社系統の, 三頭の, 不幸な, 世界, 世界で, 世間の, 主体即ち, 乗客と, 乗組の, 九人と, 事じゃ, 事ぢや, 事の, 事実と, 事情から, 事情は, 事柄について, 二の, 二人から, 二人には, 二方は, 二隊は, 二頭は, 云う事, 五篇は, 人, 人々にとってよりも, 人々へ, 人たちにとっては, 人だって, 人であったら, 人によって, 人のに, 人びとは, 人らが, 人格が, 人種に, 人間との, 人間より, 仕事も, 仲間に, 会社に, 伝承は, 何が, 何事も, 何人かによって, 何人かは, 何人とも, 何処で, 何物が, 何者かが, 何者よりも, 作品では, 作品へ, 作家にも, 作者なら, 例から, 例は, 価格を, 信仰者一名これに, 信者の, 倍も, 偉人を, 側を, 働きを, 僧らに, 元勳, 元老の, 兄弟は, 先生を, 先生方は, 光によって, 光を, 全篇, 六名を, 兵士らは, 凡百の, 分派は, 前で, 劇場と, 劇場の, 力で, 助手や, 労働者は, 動植物と, 動物でも, 動詞の, 勢力が, 十五人の, 半面が, 半面に, 原因で, 原因による, 原料に, 友人達の, 友達の, 反面では, 口を, 古椅子, 史料を, 同じく価値評価的, 同じ階級, 同僚の, 同年輩の, 同志の, 同時代, 同級生と, 名では, 名を, 名称に, 品と, 品物を, 商品と, 商売を, 問題の, 器に, 器械を, 器物を, 四五人の, 四名の, 団体と, 国々から, 国々には, 国が, 国にて, 国より, 国家が, 国民に, 土地でも, 土地は, 地へ, 地方におけるよりも, 地方より, 地球上の, 場合よりも, 場所よりも, 塾生たちの, 声に, 多くに, 夜叉が, 大きなもの, 大劇場, 大勢は, 大字へ, 大家と, 大幅の, 天体と, 太陽の, 夫人に, 失敗を, 奇なし, 奉公人も, 女たちも, 女には, 女へ, 女中は, 女房と, 女給たちが, 女達が, 奴らに, 好情, 如何なる作家, 如何なる政治家, 妖怪どもも, 娘が, 娘の, 娘共から, 子が, 子供たちから, 子供たちを, 子供達から, 存在である, 学友の, 学生には, 学者が, 宗教に, 宗旨から, 客へ, 室と, 家では, 家の子を, 家より, 家具類と, 宿屋に, 實在者を, 専門の, 小児の, 小説について, 小説を, 少女たちも, 少年達と, 局外の, 山では, 島々にも, 島民の, 工場に, 巾着で, 席で, 年には, 幸福を, 店では, 店と, 店より, 店員に, 府県にも, 座敷に, 建物を, 弾圧も, 形に, 形相を, 影を, 役者の, 徳を, 心理を, 必要品を, 怖いこと, 性格の, 怪物が, 悟性的な, 患者とは, 患者や, 悪口を, 情の, 情念が, 情愛の, 惡氣を, 意味における, 意義に, 感覚なき, 我に, 所よりも, 所有に, 手段で, 手段に, 批評家先生は, 指環も, 政治家に, 政治家を, 教室の, 教師共より, 数名の, 數多の, 文句は, 文壇の, 文学とを, 文學との, 文章から, 文芸で, 新聞や, 方々は, 方法例へば, 方角へ, 方面において, 旅客らは, 昆虫と, 星から, 星辰を, 時に, 時代と, 時代へ, 時期の, 書物は, 有効需要及び, 朋輩に, 木に, 木も, 本に, 本性の, 村から, 枝と, 枝へ, 梯は, 極端へと, 様々な, 樹木に, 欺く所, 止宿人は, 武士たちと, 死に, 民族との, 民族は, 水汲が, 沼に, 津軽の, 温泉地に, 点において, 為めに, 片方が, 牛の, 物には, 物欲る, 物象に, 物音に, 犬に, 状態における, 独身者の, 猫の, 玩具を, 現象と, 理想は, 理由による, 生の, 生徒たちは, 生徒も, 生活が, 用事が, 用途から, 田舎町に, 男たちと, 男によって, 男子の, 町から, 町へ, 病院に, 発見は, 監房とは, 目に, 看護婦の, 真情を, 知識や, 研究に, 社員の, 科学と, 秩序の, 種属の, 種族は, 稼ぎ場へ, 窓は, 立派な, 童子が, 笛を, 箇所で, 糸を, 約束が, 組には, 組織に, 綱へと, 縄張りを, 美術品と, 群鳥を, 習慣を, 者からは, 者との, 者と共に, 者どもを, 者に対する, 者らも, 者共も, 者達は, 職工さんたちに, 職能で, 能力の, 脛甲堅き, 臓腑と, 自由を, 舟の, 船が, 船は, 船頭たちも, 艦艇の, 色が, 花から, 芸妓たちが, 芸術家の, 若い無邪気, 若侍, 草を, 草花の, 著書で, 薬品を, 藩閥元老も, 藩閥元老亦, 虫が, 蟹が, 衆理想を, 表現を, 要素が, 見る目, 親切は, 観客も, 解釈を, 言ひ, 言葉は, 話の, 説話と, 読者には, 誰かを, 誰れ, 談話の, 論派とともに, 諸侯が, 諸君も, 諸大寺, 諸太陽, 諸性質, 諸現象, 諸生, 諸科, 諸論派, 諸部, 諸隊, 諸黨派, 資料を, 質と, 赤帽を, 身體の, 軽侮を, 連中にも, 連中より, 遊びを, 遊星生物の, 道についても, 道場での, 道楽は, 部分へ, 部屋は, 部落の, 部門と, 部門は, 都会の, 都市に, 都市へと, 酔客も, 金で, 鉢に, 長所と, 門人たちも, 閣僚の, 閣員は, 隊員が, 階級と, 雇人らも, 雑器に, 雲は, 霊魂を, 面に, 響が, 領分の, 頬をも, 食物を, 駁論が, 驢の, 魚と, 鳥だの, 鶏の

1 [7798件 抜粋] あてがわれた仏様, あらゆる商品, あらゆる点, あらゆる道, ある奴, いう事, いかなる威力, いかなる解決, いろんな事実, おりに, お客たちへ, お得意廻り, かいなでの, こった料理, ことについてと, こと考へない, そうで, ときじゃ, どういう人物, どの作品, どの科学, どんな手段, なしえない凄い, ひとたちも, へっぽこ占ない, みちづれと袂を, もっと根本的, ものという, もの斯かる, ような, わらべ達は, イタリア的な, カットの, クラスの, ゴーゴン達が, ソース鍋に, テーブルには, ヒダの, ベットから, マルクス主義的諸, ヨットと, 一つだった, 一レースに, 一人へと, 一侯兩伯に, 一切と共に, 一台が, 一大事実を, 一掴を, 一日大浦の, 一派とが, 一皇帝は, 一等国との, 一群は, 一般社会に, 一辺を, 一隅にぞ, 一頭に, 万事が, 三句に, 三家へも, 三氏を, 三隅を, 下宿人の, 不安が, 世界だ, 世話を, 中心とを, 主義思想を, 乗客らの, 九十五種は, 事である, 事件や, 事情で, 事柄を, 事由の, 二三人と共に, 二人地より, 二十七名の, 二回は, 二曲が, 二点は, 二者が, 二隻は, 五六名の, 交番で, 人々のは, 人たちをも, 人へ, 人名で, 人数と, 人物を, 人達のより, 人間に対する, 人麻呂集の, 仕え女, 代価によって, 仲間衆の, 会派の, 似たよう, 何とかいふ, 何人かによ, 何物かから, 何者に対しても, 作品は, 作物に, 例えばキス釣, 侍従, 係りの, 信者たちも, 倉庫へ, 個物から, 停留所で, 傷つき易い, 僧侶を, 儲けるところ, 兄弟たちの, 先生より, 光の, 党員には, 全体を, 八匹も, 六つより, 共同の, 内事秘密, 凡てとの, 出来事に, 分艦隊たち, 列強も, 利用を, 創作上の, 力, 助力を, 勇士は, 動物は, 勝者の, 化物の, 医師よりは, 十九人は, 十銭何, 半数が, 南洋神話の, 危険な, 原因によるも, 参詣人の, 友人らに, 反対や, 叙述から, 古書にも, 可溶塩類, 各地方, 同じ語義, 同学の, 同様に, 同類が, 名物を, 周囲を, 品なら, 哲学ならぬ, 商人の, 問屋よりも, 善生ず, 器の, 囚人らと, 四人を, 四枚とは, 団員も, 国々は, 国家におけるよりも, 国語では, 國家に, 土地で, 在英, 地方においても, 坐方, 基金は, 場合なら, 場面に, 墮落した, 声とも, 変動に対して, 外国製の, 夢どもに, 大事とは, 大学へ, 大歌所, 大部分休止, 天体の, 太陽を, 奉公人など, 女から, 女によって, 女中達は, 女客達, 女房たちを, 女給仕人, 奴らにも, 如何なるもの, 如何なる正常, 妓は, 妻もつ, 委員の, 娘などより, 婆さん等は, 婦人作家たちは, 子供だち, 子守等と, 存在乃至, 学問に, 学生と共に, 学究の, 学資の, 學課の, 宗旨によっては, 実業家を, 客にも, 客達と, 害悪を, 家人に, 家族と, 家系へ, 宿役人とも, 寺, 専門との, 将軍たちと共に, 小作へ, 小宇宙の, 小藩, 少女たちが, 少年を, 居候の, 山地なりへ, 島々, 川筋に, 工夫処方の, 巻には, 席に, 平和な, 年譜を, 幾人かも, 店にも, 座員に, 建物の, 弟子を, 強い民族, 形では, 影像に, 役人を, 往診先へ, 従者これを, 御用聞に, 心性まるで, 必要有益な, 思想感情を, 怪物と, 恩を, 患者達に, 悲惨な, 意にも, 意欲の, 愛情や, 感覚内容は, 懐かしみに, 戦いをも, 房に, 所有権を, 手もて, 手紙を, 技術部分を, 持ち物に, 捕虜どもは, 描写の, 政府の, 救助を, 教師が, 数人は, 敵わが, 文化イデーを, 文化関係の, 文学を, 文書にも, 料理が, 新しい場所, 新劇俳優と, 新興の, 方にも, 方法の, 方面に対しても, 旅宿と, 日と, 昆虫が, 春の, 時刻や, 時間観念も, 暗黒色に, 書店に, 書簡, 月は, 有益な, 朝顔の, 木樫でも, 本今, 材料御, 村村よりも, 来客は, 松では, 枝葉の, 校長達は, 棘に, 検事によって, 極めて皮相, 概念から, 標本を, 樹木が, 欧州諸国では, 歌を, 正直に, 武門を, 残された一つ, 毒虫に, 民族でも, 気は, 水兵みな起ち上がっ, 決定を, 法則で, 活動と, 浪人者二人が, 消費者と, 渦からの, 源泉から, 演藝は, 火星人と, 為では, 煩悶が, 片々たる, 牝鶏の, 物へでは, 物語なども, 特殊性即ち, 犯人が, 独創的な, 猿どもを, 獣類と, 王達も, 現象の, 理由によるか, 瓜類とは, 生徒たちの, 生物さえ, 生血を, 用言に, 男では, 男女三人の, 町へと, 畑物とは, 異族, 病室へ, 療養所にも, 百万衆は, 皇別諸氏との, 目ぼしい, 相手とは, 眞志屋文書に, 眼や, 知不知の, 石を以て, 礦山には, 社会問題にも, 社員たちも, 神は, 神社に, 福禄が, 科学においてをや, 科目に, 稀有ガスが, 積極面で, 窯に, 端とでは, 符号を, 管弦楽で, 精密科学と, 糸口それは, 素見が, 組にも, 結果が, 絵馬と, 線程, 繊美な, 罪人或, 美術品を, 義を以て, 老妓の, 考えを, 者とが, 者等の, 聴え, 職工達が, 職業婦人と, 肢を, 脳部も, 臣下が, 自然科学との, 興味に, 舷には, 船員とは, 艇にも, 色よりも, 花を, 芸能の, 芸術家が, 芸術部門に, 若い諸侯, 苦艱をも, 荘厳なる, 落語講談の, 蕃社では, 藩中でも, 虫と, 蜜柑と, 衆の, 行爲に, 表現である, 装甲車で, 西洋人と, 見すぼらしさ, 見解も, 親族の, 観衆とか, 解釋を, 言説に, 記録が, 詞は, 話と, 語は, 読, 誰もが, 請願人が, 諸作家, 諸君と共に, 諸圈, 諸学部, 諸怪, 諸氏によって, 諸社会科学部門, 諸運動, 講座同様岩波氏に, 譯者も, 豪族たちの, 財産まで, 責任を, 費用を, 賞品に, 赤ちゃんな, 踊り子たちも, 軍勢に, 轎夫や, 迷える幽霊, 通行客と, 連中には, 遊び仲間から, 運動も, 道も, 道路を, 遺書, 郡を, 部分性の, 部屋には, 部門については, 郵便事務は, 酋長等の, 醫者へ, 野郎たちが, 針葉樹に, 銀行か, 鑛業者の, 門人の, 関係も, 除幕式と, 階級には, 集りとは, 雑器については, 雑誌へ, 雜談なし, 電球へ, 青年を, 面々に, 音を, 項の, 領域へ, 額に, 類型との, 食うの, 飼犬にも, 馬たちの, 馬車も, 髑髏を, 高等生物と, 魚をも, 鳥群は, 鷄の

▼ 他~ (4570, 15.2%)

48 何も 46 何か 38 仕方が 32 ない, 何の 29 ないの 26 適当な 24 して 23 誰も 17 類の 16 人が 15 ないと, 道は 14 あるまい 13 いくらも, 何が, 類が 12 なかった, 何にも, 方法が, 方法は, 道が 11 ある, あるの, なかつた, 例の, 原因が, 理由が 10 ないこと, 一人も, 向って, 途が, 類を

9 [13件] ないから, 二人の, 何人も, 何等の, 多くの, 女を, 手段が, 手段は, 比して, 自分の, 術が, 轉する, 非ず

8 あること, 心を, 考うべき, 行くところ, 途は, 類例が

7 もう一つ, 人は, 人も, 例が, 客も, 気を, 誰か, 類例を

6 [20件] ありません, しかたが, しては, ないという, 一人の, 二三人の, 仕様が, 何を, 別の, 客は, 對する, 比類の, 氣の, 無い, 用事も, 目的が, 私の, 行く処, 迷惑を, 道を

5 [15件] あろうか, これを, ないであろう, なんの, もう一人, 下手人が, 例を, 嫁し, 客が, 手が, 手は, 比較し, 比類なき, 知る者, 貸して

4 [40件] あったの, あって, あつた, あらうか, ありましょうか, あろうとは, いまだ見ざる, いろいろの, これと, その例, それを, どうする, どこか, ないよう, 人の, 仕方の, 仕方は, 何物をも, 先んじて, 向いて, 女の, 子細が, 幾人も, 彼は, 御事情, 持って, 無いの, 無かつ, 爲方が, 特別の, 移って, 立派な, 累を, 考えよう, 能が, 術は, 説明の, 誰が, 重大な, 類なし

3 [83件] あった, あらざるもの, あります, あり得ない, あるかを, あるに, あるまいと, ある筈, お客は, これという, しよう, しようがない, すること, すれば, その比, とりよう, ないもの, ないん, ない事, もう二人, 一つの, 二人ばかり, 仔細は, 仕事が, 仕事も, 仕事を, 仕方も, 仕様の, 何かの, 何等かの, 匹敵する, 原因ある, 売れば, 変ったこと, 大なる, 奪られ, 女が, 子は, 客の, 對し, 就いて, 幾らも, 彼女の, 所見が, 手を, 方法も, 方法を, 於て, 比べて, 比べては, 比肩する, 比較する, 比類が, 比類を, 求めねば, 決してない, 沢山ある, 法は, 深い理由, 無かった, 犯人が, 理由は, 生活の, 用が, 用事が, 男を, 知って, 知らないの, 策は, 約束が, 結局道も, 考えること, 行く所, 見たこと, 言ひ, 誰にも, 誰れ, 趣味ある, 身寄りの, 身寄りも, 転じた, 転嫁する, 類なき

2 [249件] あったであろうか, あまり類例, あらず, あらば, ありしが, ありませぬ, ありませんでした, あるか, あるかも, あるが, あるけれども, あるぞ, あるであらうか, あると, あるはず, あるやう, あるん, お客が, かけがえの, こんな悪戯, しても, すると, その御, その説明, それらしい, そんな人, たくさんある, たぐいなき, だれも, どこに, どこも, どのよう, ないかと, ないが, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないので, ないほど, なかつたから, なかろう, なきに, なき由いつ, なければ, なすべきこと, なにも, はちよつと, まだ二人, もう一組, もっと重大, もつと, やろうとまで, よい方法, わけが, ポリドールに, 一つも, 一人を, 三人の, 三四人が, 下女が, 世話に, 並ぶもの, 主人を, 事えた痕跡, 二つばかり, 二三人ある, 二人も, 二名の, 二組同じ, 云へ, 五人の, 人影は, 人目の, 仔細が, 仕様は, 仕様も, 仕樣, 代って, 会合が, 伝播する, 何う, 何ものも, 何らの, 何んの, 何事も, 余業を, 作用を, 使用し得る, 依存し, 依存する, 依繋, 倣い他, 値打って, 働きかける便宜, 僕の, 兄弟も, 其例を, 出て, 分別が, 別な, 劣った点, 効果は, 勝れて, 参考に, 及ぶもの, 及ぼすもの, 反映し, 口が, 向っては, 向ふ, 君に, 吾人の, 呉れて, 問題が, 売らんと, 多くは, 大きな原因, 奪られたら, 始末の, 姿の, 嫁ける, 子供が, 子供は, 子供も, 存しない, 存在し, 学ばなければ, 安全な, 安重根, 害を, 宵に, 家内が, 寝て, 少しも, 少ないであろう, 幾人ある, 彼女を, 御用は, 思い当ること, 思案も, 急ぎの, 怪しい奴, 恋人が, 情人が, 情婦が, 想ひ, 意味が, 愛する女, 愛せら, 慰む手段, 手の, 持たないの, 持つて, 掌の, 損得問題が, 数人の, 施さぬから, 施しおのれ, 施して, 昔から, 書くこと, 替る題, 有らうか, 有力な, 望みが, 柵前, 極めて多く, 機会は, 此の, 此感じを, 殆ん, 殉ずる心, 毎土曜日, 比すべきもの, 比ぶべき, 求むべからず波, 求むべくも, 求むること, 求めて, 洩らすこと, 流用し, 深い原因, 為方, 無いと, 無い筈, 無かったでしょう, 煩わされること, 用は, 用も, 用事は, 用事を, 男の, 男はねえと, 異状は, 発表する, 相当な, 相当の, 相談すべき, 真実の, 知った方, 知らない, 知らないん, 知る人, 知る場合, 知れないばかり, 神を, 私に, 移して, 種々の, 細君が, 縁づいた異腹, 罪を, 考へること, 職業を, 自分に, 色々な, 色々の, 被せて, 見かけません, 見て, 見ること, 見るべきもの, 見るを, 親類は, 言い方が, 言ひ交した, 言葉も, 訪れる人, 譲らないだけの, 譲らねば, 變つた, 負は, 身の, 転任する, 較べて, 轉し, 逃げ道は, 道の, 適當な, 金を, 隠れ場, 預けて, 頭を, 頼みは, 頼りに, 頼るもの, 頼る人, 類例の, 食われぬよう

1 [2657件 抜粋] あげる物, あても, あらざるとき, あらず天気, あらず身代, ありますかい, ありませんよ, あるいは祝言, あるだろうか, あるべからずと, あるまいこと, あるを, ある考え, あろうとも, あゝ其方, いうに, いかなる短所, いくつも, いつでも, いなくなった離れ座敷, いろいろな, いわゆる, おいしいもの, おとったもの, おりません独身者, お勢, お客様が, お文さん, お聞き遊ばした, かかわること, かれは, くれるの, この二, この個々, この様子, これある, これらよりも, ござんせん, さし迫る失費, しての, すぐれたるその, ずいぶんいろいろ, そう思われ, その存在理由, その相対価値, そらさない仕掛, それぞれの, そんなに知らない, たくさんあります, たぐいる物, たとえば翌日, ちょっと思い当らない, ついて行くもの, つとめ口, どうし, どうも云い, どれほどあるでしょう, どんな仕事, どんな欠点, どんな道徳, ないそれ, ないとも, ないよ, ない次, ない革細工, なお眼, なくこの, なく丸型, なし山, なにひとつ手がかりは, なる憐, なんら参照, はやりません, ふさわしい風流者, ほしい物, まう一つ重要, まさる爲, また何等, まだそんな, まだ好い, まだ話したく, まとめて, もう一つ問題, もう一人妙, もう三人, もしある, もっとよい, もっと有力, もっと適当, もれないよう, やはり沖縄, ゆずること, よい言葉, よそ行き一着あり, わが手, ゐないと, イソベルという, コッポラや, セクストゥス・エムピリクス, チャンサ, ヌキサシならぬ, ビクターに, ボートルレの, ムコは, 一つあった, 一ヶ所あります, 一人だけ, 一冊の, 一口の, 一寸云ふべき, 一枚もので, 一篇とを, 一般的な, 一軒ある, 七〇〇〇磅に, 三冊の, 三四百の, 上達する, 不利な, 不穏な, 与える事, 世界革命的作家同盟の, 主に, 之れ, 九年十二月と, 事を, 二つあり, 二三人下宿人は, 二三種も, 二人ばかりで, 二十両菊に, 云い表わしよう, 井戸という, 人一個居らぬ, 人氣の, 今ここに, 今夜は, 仕えて, 仕末, 他人ごとでない, 代替を, 代議士が, 任せて, 伝へ得べき乎, 伝言でございます, 住むところ, 何ぞ主, 何とか言っ, 何ら死因, 何一つ無い, 何処にも, 何處にも, 佳い女, 來客が, 侑めて, 依頼せずし, 便利な, 借りると, 僅に, 働き者の, 僕は, 優る, 優れた特質, 優越しは, 兄弟とても, 先立ちて, 光沢の, 入れる戸口, 八吋砲六吋砲の, 共産党は, 其比を, 出どころは, 出口は, 出来ること, 分割できる, 別にこうと, 別れて, 別段用事, 制せられざるを, 副業を, 力に, 劣ったところ, 助かる術, 動かし難い, 勝手な, 医師, 卒先し, 原因も, 參考すべき, 及ぶやう, 及ぼすのみ, 友人も, 取りえも, 取柄は, 召し上るよう, 右に, 同じ製品, 名刺の, 向けさ, 向つて, 吸は, 告げず, 唯の, 喜びは, 四五人の, 四人も, 國巣を, 在った, 在るが, 均霑さるる, 基くという, 増して, 売りさばくこと, 変つた, 外套が, 多く類例, 多数を, 大きな基礎, 大切な, 大望あり, 奪い取られぬため, 女中達が, 好い買い手, 如何なる方法, 妨げら, 姦夫が, 婦人論その他の, 嫁したる, 嫌はれる, 存する, 存在しない, 安ん, 実証なし, 家の, 家庭の, 密に, 対比し, 導かれ若しくは, 小僧の, 少々あった, 少し濃く, 就いては, 居つけなかった女中, 居所を, 山河跋渉の, 工夫の, 巨大な, 席順を, 幾つかの, 幾人求め得られる, 座頭イタコの, 引用され, 強いなけれ, 当るけれども, 影響する, 彼との, 彼女には, 往復は, 律せられるの, 従来の, 御婦人, 御新造様などが, 心に, 心配し, 志望する, 思い込んだ婦人, 思惑が, 急に, 恋を, 悠々と, 悪党どもが, 情婦を, 意外な, 愛人は, 感情の, 慕わるという, 憚かられ, 我を, 戸口が, 扉が, 手数将棋の, 手蔓が, 打ち鳴すべき行進曲, 押しつけこれ, 拘留二と, 持たない訳, 探しましたが, 換えること, 操縦士と, 政治家は, 教授の, 数人ゐ, 新しい発見, 新免備中守貞弘という, 方便られ, 施すよう, 日本では, 早附木, 時を, 暗号も, 更にも, 書き記して, 有ませう, 有効に, 望む食物, 末永茂世氏が, 本箱寝台六畳には, 杉浪之, 某, 桃太郎住吉踊雀踊りの, 業平の, 様々の, 欠点の, 歌劇, 此より, 歴史的に, 死場所を, 比する事, 比ぶ, 比儔, 比類なし, 氷ノ山の, 求むべき道, 求むる事能, 求めないこと, 求められなかつた, 求めると, 求める心, 沢山あろう, 沢山有った, 注目すべき, 洩して, 洩らすの, 活用する, 浮んだもの, 海外に, 渡る舟, 漏らすの, 漏れんよう, 澤山ある, 炒麺, 為よう, 無いそう, 無かったなら, 無数の, 照子へは, 父が, 物々しいパン, 特徴なし, 犯されること, 独立し, 王国の, 現われる思想, 球陽が, 理由も, 甘える爲め, 生きよう, 生き方が, 生計を, 用務が, 申し上げること, 男は, 異なるところ, 異族, 疑念の, 発見し得ざる, 益すと, 目星しい, 直接要求する, 相応の, 相談相手と, 眞顏の, 着るもの, 知らせたくないから, 知られたくない事情, 知れざりしを, 知れないよう, 知多の, 示すに, 神官も, 私には, 科学者哲学者教育者社会医学関係の, 移さんとて, 移し然, 移す能わず特に, 移りし汝, 移り行く所, 移住せしめたる, 稀れであらう, 稼ぎ場所, 立ち退かすより, 端的に, 笑われないよう, 答える者, 築きながら, 糊引と, 紛れ込むよう, 経験が, 綺麗な, 縁付き姉, 置いて, 考えて, 考へられないん, 聞かれたらそれで, 聴き手, 脚本料五十円を, 自分が, 至っては, 與へ, 船中に, 良策が, 花を, 若い血, 落度は, 薬師如来の, 融通が, 行きて, 行くべき道, 行政的な, 表は, 裏道は, 見あたらなかつたから, 見えぬ語, 見せて, 見ない, 見よう, 見られない景色, 見られぬ特色, 見るべからざる野趣, 見出し得ない, 見当たらなかった, 見得, 親しい友達, 親戚兄弟も, 言い交した女, 言は, 言句は, 言葉もめっ, 記事は, 訪ねて, 訴える所, 証拠も, 話した女, 話を, 詳しいこと, 語らる, 語る人, 説明しよう, 誰と, 請うという, 警視らも, 譲られたが, 譲る事, 負うて, 貴いもの, 貸すよう, 費す余力, 超人間, 足場は, 身より, 転じたが, 転ぜしめむとするの権謀, 転売され, 転嫁しうる, 転業しなけれ, 載ったもの, 轉ぜ, 返事の, 迷れた, 逃げ出せる隙間, 途なし, 通りがかりの, 通行人が, 進む, 道化の, 遠慮する, 適当の, 遺失人を, 部屋を, 里芋や, 釣り込まれて, 錐の, 間借りでも, 関係の, 限りも, 隠し女, 離室に, 面倒な, 革製の, 頼みが, 頼らなくては, 頼るべき人, 願う方, 類少なし, 食うもの, 食器として, 餘地は, 高座着は, 魴, 鵯を

▼ 他~ (1279, 4.3%)

134 ない 53 なかった, なかつた 42 ないの 32 無い 21 ありません 20 ないと 19 あるまい 15 無いと 12 無かった 9 無いの 7 ないだろう, ないであろう 6 いずれも, ないが, ないという, ないので 5 ありませんでした, あるまいと, ないよう, 推して 4 ないん, 何も, 無かつ

3 [11件] これに, なかつたの, なかろう, なし, 何の, 推して知るべしだ, 推して知るべしである, 滅多に, 無いん, 術も, 誰も

2 [26件] ありませぬ, あり得ない, ことごとく, ことごとく入歯, ございませんでした, それから, それを, ないじゃ, ないで, ないもの, なかつたが, なかつたので, なかつたらう, なからう, なくて, なくな, なくなるだろう, 他の, 全部を, 全部最初の, 推して知るべしで, 明治四十四年中に, 水草や, 熊野灘に, 皆卑しい, 皆田間の

1 [714件 抜粋] あの女中, あまり深く, ありませんね, あるいは安, あるまいの, いかなる国, いかに軽, いけないと, いたずらに, いまだ熟眠, いま操縱すもの, いわずとも, うしろより, おおかた知るべき, おおよそ鎌倉幕府, おして知るべし, かえりみられぬとして, きわめて微量, ことごとくただ, ことごとく刃, ことごとく焼い, ことごとく音曲師, ことごとく黒檀, この原型的, この年度内, この狭義, これなく, ございませんが, ござらぬ, ござりますまい, すでに報道, すでに述べた, すべてその, すべて今日親分が, すべて反, すべて小ぢんまり, すべて彼の, すべて支那人であり, すべて既刊詩集に, すべて松島の, すべて私と, すべて茶褐色な, すべて薄く弱々しかっ, すべて西洋人だ, すべて贋物, すべて迷路であっ, その中間的, その価値, その地方, その形式, その毛茶色, その真理, それに, たいていお, ただその, づっと, とにかく尊重, どうした, どうである, どうでも, どうならう, どうも疑わしい, どこも, どの頁, ないか, ないから, ないさ, ないその, ないぞ, ないといふ, ないとおも, ないとまで, ないや, ないやれ, ないわけ, ない不思議, ない吾輩, ない始末, ない小さな, ない急坂, ない悲惨, ない昔, ない森閑, ない現在, ない私, ない筈, ない茫然, なかつたといふ, なくさ, なくそう, なくなつ, なくなり日本精神, なくなる, なくなるであらう, なくなるの, なく之, なく時事解説, なさ, なさそう, なにひとつ女に, なにを, ねえ何, ひどいらしい, ほとんど全部, ほとんど皆姿, またと, まだ私, まったく違っ, まるで従者, みちが, みないよ, みなまやかしだ, みな不自然な, みな売り払う, みな擦れ枯らし, みな晩景の, みな正しから, みな独身です, みな粛と, みな紅まじれる, みな見苦しく, みんなその, みんなね, みんな君が, みんな国王の, むやみに, もう記憶, もはやたのむべき, やや下手もの, よからぬ, アイネアス彼も, アラビア人の, エウノエ, ドストエフスキイの, ハルマエーレシオンと, フィニッシである, フランス語で, ブッシュで, マドレーヌ氏と, レグラム版の, 一人ずつ, 一人も, 一個の, 一切云わぬ, 一切殘し, 一切見えない, 一夫多妻現象である, 一度女, 一昨年の, 一段下れる, 一見極く, 一面の, 三四年前に, 三方とも, 下妻の, 下駄を, 不正だ, 不覚識の, 丘に, 両側共に, 並ぶ者, 丸焼けに, 主として感性的世界, 之に, 之を, 乙部なる, 二三百米から, 二二〇〇磅に, 于, 云うに, 云わず低頭挨拶, 五か月半で, 人と, 人に, 人の, 人物も, 人生を, 人類を, 今すでに, 仏の, 仏教に, 他者性の, 会話の, 何う, 何が, 何一つお, 何商売の, 何物に対しても, 何等の, 使は, 俗に, 個人が, 僅に, 働きかけるもの, 働き掛けられるもの, 先驗的な, 全く一般, 全身赤裸々である, 全部で, 全部インキで, 全部田用水, 全部船底に, 全部見えなくなっ, 八十四個の, 其名称の, 其鞭を, 内に, 决する, 凡て前日に, 凡て在り, 凡て機械的決定論に, 凡て焼け, 出来ないこと, 出発点へ, 刑法および, 別に用事, 則ち, 割愛し, 功名を, 労働者の, 動も, 勿論書物, 北に, 北州の, 南蛮渡来の, 単に誰々, 原上に, 又エレオーン, 又城中, 又更に, 反動的思想なり, 口を, 只満堂, 各自の, 合唱歌, 同年十月に, 否に, 和するの, 問題では, 営業時間中には, 図書館に, 國民文學の, 地を, 地一七・三一に, 地代, 堀井帰阪で, 声が, 外界の, 外科医の, 大が, 大した景気, 大なる, 大抵従来, 大概此方で, 天と, 天の, 好ましいこと, 好まぬ, 如何さまに, 如何に, 媚びる, 存否知るべから, 存在の, 安全にて, 宗教的禁慾に, 実は直接的, 実践的態度に関する, 実験室ばかりに, 富士の, 察すべしである, 寵臣の, 專門の, 小さい, 小窓, 少々浸っ, 少し変化, 少なくとも彼, 尽く余りに明い, 尾上菊之助である, 山一つも, 左を, 左手で, 幅も, 平兼盛能因法師梶原景季の, 年寄りわらしばんだ, 後に, 後日英吉利の, 必要も, 忘れ去られた, 性格と, 恐ろしく澄まし返っ, 悉く亡さる, 悉く切腹, 悉く彼, 悉く闇, 想像で, 意的認識一は, 感官を通して, 感性的世界を, 憂鬱である, 成り立たない, 戰はずし, 手に, 手を, 手下と, 打捨, 扶持付牧師に, 持って, 推して知るべし, 推して知るべしです, 措いて, 政治に, 敬治君が, 敵の, 斃る, 文盲の, 新聞の, 既にその, 日乗に, 日本製で, 旧による, 早く和ぎ, 昼も, 晝から, 曰く兵を, 曰く講和する, 書替, 木から, 木村様であります, 本年の, 本当を, 東京に, 桜の, 椎や, 概して麻布, 構わん, 武士の, 殆どすえ子, 殺さじもの, 民衆に, 水で, 水蒸気の, 永遠に, 決して父, 汽船用と, 沈黙せよ, 油の, 津軽の, 活世界の, 浙江福建の, 消えうせて, 淑女たるに, 清水町の, 漆の, 無いかも, 無いが, 無いし, 無いので, 無いもの, 無いらしい, 無い先方, 無い峠, 無い星, 無かったでしょう, 無かろうが, 無かろうと, 無用だ, 焼け残り, 牢囚の, 犬であり, 犬われは, 現代インテリゲンチャを, 現実的であり, 理想から, 生きながら, 用ゐなかつた, 甲斐国都留郡の, 略す, 番町の, 病歿私には, 白い提灯, 百介も, 皆, 皆それの, 皆つまらなかっ, 皆なんでも, 皆不自然の, 皆人足で, 皆余白の, 皆僕の, 皆千葉山より, 皆南方の, 皆天つ, 皆天子の, 皆寝る, 皆彼の, 皆從はむ, 皆横撫での, 皆横浜までとも, 皆生活に, 皆男子でございました, 皆真実の, 皆真物に, 皆私が, 皆茄子の, 皆茫々の, 盡く, 目を, 盲目の, 盲縞の, 相手に, 真の, 真如の, 真白の, 知らない, 知らなかつたの, 知らぬが, 知事であった, 研究の, 確に, 神秘に, 禽獣とも, 私が, 私の, 種族の, 空間では, 窒息し, 竹中様他は, 篠原より, 経帷子である, 結晶質から, 結果しない, 総べて, 縁に, 職業としてなど, 肩の, 自分の, 自分のと, 自己の, 自己中心である, 自身の, 船にて, 船橋にも, 荊棘の, 荒川の, 菅笠の, 落した際, 著者自身の, 薪炭糧食置場, 薬剤師の, 被害妄想に, 裏ぐちへの, 裸の, 西両国の, 見えないん, 見かけたこと, 見すぼらしい堂宇許, 見覚えの, 解らぬであらうといふ, 解を, 言はず先祖代々よりの, 計量の, 訪れぬまでも, 詩の, 誰でも, 誰の, 譜代の, 貴族的な, 賓である, 赤い色, 赤坂の, 足下が, 蹂躪つても, 身を, 轟然と, 辷る衝立, 近寄らなかつた, 近所に, 追, 追放これで, 逃げ去って, 道は, 道も, 酒と, 長風万里, 関所ことごとく, 階上階下ともに, 雄偉ともに, 雲煙模糊たる, 零と, 青山へ, 面会日が, 題を, 顧みる暇, 駄目です, 高価で, 高級船員から, 魔界かな, 黄金丸が, -である

▼ 他~ (696, 2.3%)

9 して 6 圧して, 愛すること, 離れて, 顧みる暇 5 批評する, 犠牲に 4 顧みるの, 顧る, 馬鹿に 3 圧迫し, 律すること, 愛して, 抑へ, 抜いて, 探して, 見て, 軽蔑する

2 [45件] いう, 不愉快に, 信じさせること, 信頼する, 個性として, 偽らざる点, 凌ぐもの, 厭がらせ, 否定し, 含めて, 圧倒する, 害して, 尋問する, 幸福に, 廻つてそれ迄に, 待って, 怨むこと, 想像する, 招待し, 排して, 排斥する, 損し, 支配する, 教育する, 植民地化する, 激させる, 焦らして, 省る, 茶化すから, 言って, 言ふ, 評価する, 説明する, 議せん, 責むるに, 責める前, 貶すん, 非難する, 類推する, 顧て, 顧みて, 顧みるに, 顧みる余裕, 顧みる遑, 食うよう

1 [527件 抜粋] あつかう事, あてに, いい気, いうを, いう形, いう類, いためるか, いったという, いひ思想, いふ, おろそかに, かえりみざる者, かえりみるゆとり, かえりみるよう, かえりみる暇, けなすの, ここに, この崖, ごまかすん, さがして, さがす, しらべても, そこねたくは, たより得ずあらゆる, だますという, つりまねくこと, ないがしろに, なす処, ねたまず水, ねたむ心, ののしること, はずかしめると, ば敬ひ, ふりかえって, また芽出し, まちがいと, まねき酒宴, まねる場合, まわる気, もって, やり込めれば, アポロンのと, ダラクさせる, ダ・モータと, ビュツと, 一個の, 一切顧る, 一貫し, 一齊に, 主と, 主張し, 云々する, 云うこと, 云うと, 云う他, 云ふ, 云わず三百余, 五人娘として, 五郎という, 人格と, 代表し指し示す, 代表する, 伴は, 作って, 作り合うよう, 作者は, 侮辱する, 侵さず他, 侵害する, 侵害せざる, 侵略せん, 俟つ, 信じすぎられたかと, 信じないと, 信ずるなぞ, 信用し, 倒さんと, 倒すこと, 偽るつもり, 傲慢ならしめる, 傷つけ, 傷つけさ, 傷つけたり, 傷つける者, 傷る, 傷害する, 克服せしめる, 凌ぎアガメムノーン, 凌ぎ抛ぐれば, 凌ぐ, 凌ぐ時, 凌ごうという, 凌駕し, 凌駕する, 判断したくなる, 利し彼我, 利すること, 利するため, 利するなり, 利する心, 利用する, 制作人間, 刺し殺し総て, 剖い, 助ける心持, 助け切ること, 励まして, 動揺させる, 勧化する, 勸め故山に, 勸誘した, 包む我国特有, 包む我國特有, 包攝する, 卑めて, 卑める, 取らんと, 合わせて, 同ぜしめなければ, 向いて, 向くの, 含む, 含むもの, 含む戦争, 含む軍需工業, 含んで, 吸収する, 呼んで, 咎む, 咎めあるいは, 咎めようとは, 品隲する, 哭せしむる, 嘲りさ, 嘲るもの, 嘲るよう, 噬ま, 嚇かす, 因循党と, 圧すること, 圧するところ, 圧例し, 圧倒してやろう, 圧倒しよう, 圧倒し去り, 壓し, 壓する, 壓例し, 壓迫せ, 売るの, 多くオヂュシュウス, 大衆的に, 失脚させよう, 好まず他, 妨げないで, 妨げ物, 妨害する, 妬まず, 威圧する, 威赫し, 学びさえ, 学び己, 学ぶに, 学ぶにおいてを, 実らす為, 実際に, 害せん, 害せんこと, 容る, 容れて, 容れられるもの, 容れる度量, 封じて, 導いて, 導き正義, 導くこと, 屈辱から, 屠る事, 幸福ならしめよう, 庇護し得る, 廻るの, 弁明し, 引き具して, 強制する, 当って, 征服しよう, 征服する, 待たした癖, 待ち合せるの, 待つたもの, 待つや, 律するもの, 律するわけ, 律する流儀, 律する癖, 從へる, 御先祖, 心苦しくする, 必ず表象, 忖度し過ぎる, 忘れた場合斯, 忘れて, 忘れるもの, 忘れ得るほどに, 忘却せしめ得る, 怖れる, 思いやること, 思い出すこと, 怨むやう, 怨望せざる, 恃みたくなる, 恃むこ, 恐れること, 恨みん由, 恨み身, 恨む心, 悪く取る, 惱ます, 愚弄する, 愛さないの, 愛し他, 愛するだけ, 愛するの, 愛する形, 愛する心, 愛する気持ち, 愛する為め, 愛する生涯, 愛する者, 愛する高潔, 感化する, 感染させる, 慰め鼓舞, 憎むの, 憎む心, 憐れむの心, 憚る, 憶い浮べる, 打ち続け止め, 打ち鎚, 打てか, 打取たま, 批評し, 承諾せし, 担ぐなんて, 拒み, 拘束し, 招いた三人, 招待する, 指し示し合, 指すよう, 指示し, 捜さく, 捜させること, 捜したが, 捜査する, 捨つるは, 捨象する, 捻じ伏せるため, 排しおのれ, 排し或は, 排し自分一人, 排撃し, 排除しなけれ, 探した, 探し廻って, 探すよりも, 推しはかったに, 推し洋行, 推す時, 推測し, 描いた作家, 損し彼我, 損じても, 損する一種, 損ずるも, 損ふ, 攫す, 改訂する, 攻撃し, 救い得るため, 救うゆえん, 救って, 教へ, 教育すべき, 斬殺せざるべからず, 断っても, 新たなる, 曲げて, 棄てさる, 棄てひとり, 模す愚, 欺かない, 欺きて, 欺くには, 殺さなければ, 殺さむとする戰ひで, 殺したとしても, 殺すに, 殺めるため, 氏人と, 求めて, 汚し重ねて, 汚すの, 決定し, 泣かしむる, 活かす事, 測ること, 滅ぼし自ら, 滅ぼすこと有, 潤おすこと, 激励した, 為す, 焼き尽そう情熱, 焼き度, 燒かざれ, 特に客観, 犠牲と, 犠牲には, 犯さずして, 犯したこと, 犯すこと必然, 生かすか, 生かす健か, 生かす掛け算, 生かそうと, 生きる事, 生産する, 略したるが, 疎んじるわけ, 疑い且つ, 疑うこと, 疑り始めた私, 痴に, 発生し合う, 益するが, 益するは, 益する時, 目安に, 相手に, 省みない魂, 省みなかったならば, 真似た形跡, 眺る, 知らぬからの, 知りたがる癖, 知り同時に, 知り社会, 知るべし実に, 破るなり, 確実ならしめ, 祝福し, 私の, 称揚する, 突除け, 窘む, 窘めしが, 窺うよう, 窺ふ, 立てること, 立てるという, 笑った喜劇, 粗略に, 紅幇と, 紅教と, 終つて棧橋の, 統一した, 緯と, 置き去りに, 罰して, 罵倒した, 罵詈呵責し, 羨まざれ他, 羨むこと, 羨む比丘, 考へずに, 聞いて, 聞かず, 脅嚇し, 自主的に, 自分の, 自己と, 自由に, 船に, 苦しめずには, 苦しめたり, 苦むると謂う, 苦むるのは尤も用捨すべき, 苦めて, 苦めてばかり, 蔑視し, 蕪雑に, 薫化する, 虐げて, 虐ツてばかり, 虚偽意識と, 表現し, 表現する, 表面採集の, 裏切ること, 襲ふ, 見しこと, 見ずいかなる, 見ずに, 見まわす余裕, 見よ, 見ること, 見ると, 見るに, 見るにつけ, 見るもの, 見付けよう, 見失つて, 見習うて, 見自己, 視る態度, 覚らしめ覚, 言うのほか, 言ったの, 言ってるよう, 言ひます, 言ふと, 計るの, 訊ねて, 討たんと, 訪れたついで, 訪問する, 許さうと, 許そうと, 評さないの, 評したばかり, 評し誰, 試みる必要, 試験する, 認めて, 語り毫も, 誡めたり, 誹謗する, 調べて, 請はず, 論議する, 譏り人, 警める方針, 讚むるに, 責むるが如き, 責めな, 責めること嚴酷, 責め人, 貶めず恭謹, 賤しむ, 起さずと, 踏みつぶしながら, 軽侮せず, 輕く, 迷は, 迷信と, 追いこすよう, 追ひ出す, 遠ざけて, 避けようと, 酔倒せしめ, 重んじ事, 量りすぎる, 錯乱させます, 陥れなければ, 陥れんと, 陥れ出ては, 離れたこと, 難ずるとき余, 顛ぜ, 類推し, 類推すべからずや, 顧みざること, 顧みず, 顧みずと, 顧みず又, 顧みず猛進, 顧みたり, 顧みないという, 顧みないといふ, 顧みないので, 顧みない少数, 顧みない道楽仕事, 顧みぬと, 顧みぬ如き, 顧みるいと, 顧みること, 顧みるよう, 顧みる余地, 顧みる隙, 顧みる餘裕, 食うため, 養う事, 馬鹿にばかり, 駆り立てんと, 騒がしては, 騒がし他, 騙すため, 鬼神力とでも, 魅する強い

▼ 他には~ (591, 2.0%)

42 何も 28 ない 24 誰も 17 何の 8 ないの, なかった, 何にも 7 ないと 6 ない筈 4 あるまい, なんの, 一人も, 何んにも, 何んの, 無いの 3 ありません, あるまいと, これと, ないが, 何人も, 御飯たきらしき

2 [30件] ありますまい, あり得ない, いない, そのやう, ないで, ないよう, ないん, なかろうと, なにも, 一人の, 一組も, 人影も, 仕方が, 何らの, 何事も, 何物も, 何等の, 出入口は, 別に不審, 力に, 口も, 方法が, 灯影も, 無かつ, 物音一つ無く, 申旨の, 稀で, 自分の, 誰ひとり, 雇人ばかり

1 [341件] あたりには, あらじ, あらぬ赤心, ありませんか, ありませんからね, ありませんでした, ありませんな, ありませんよ, あり得ないという, ある, あるが, あるまいて, あるまいてな, いい作, いい機会, いつもくるくるお, いなかった, かつて誰一人, きれを, ここで, このと, この南画形式, この歌六, この自分, この静か, これぞと, これという, これに, これも, ございません, ござらぬ, そういう人, そう見える, そこに, そこの, その反対側, その名, それと, た, たしか, ただこれら, だれ一人泊つて, ちょっと見られない, できない日本一, できない膾, どういふ筋, どうし, どこにも, どこを, どなたも, どんな別, どんな奉公人, どんな意味, どんな方法, どんな書物, どんな薬, ないかも, ないこと, ないだろうな, ないであろう, ないという, ないといふ, ないのに, ないはず, ないわけ, ない渺々, なお幄, なかつた, なかつたから, なくなったの, なくまた, なく誰, なんにもありません, なんにもない, なんにも変った, なんにも書い, なんにも要りません, なんにも見えなかった, なんにも言いませんでした, ねえから, ぶつぶつ不平, ほとんどこの, ほとんど何, ほとんど無い, ほとんど誰, またもう少し, まだ一人, まだ詮索, まだ類例, まるで終り, もうない, もう昔, もう通し物, わかりさうに, わざわざ身体, アイヌの, カン酒と, タクミの, ヨンセレッドコペンハアゲン等の, 一人だって, 一人もござりますまい, 一切頂きません, 一寸好い, 一枚の, 一枚も, 一点の, 三つか, 三人の, 之と, 乘客が, 二つの, 些でも, 人ある, 人の, 人一個見えぬ, 人通りと, 人間らしい影, 人魚の, 今一枚を, 介抱の, 何か, 何かと難, 何とも言いよう, 何とも言う, 何ら手懸り, 何一つとる, 何一つも, 何一つ得る, 何一つ持っ, 何一つ此人生, 何一つ殘つて, 何一つ生物, 何一つ知らない, 何一つ聞えなかった, 何一つ装飾, 何処ぞと, 何時でも, 何等拠るべき, 何處にも, 使わぬこと, 依然として何, 俺の, 僅かに, 全く言, 全で, 刀劍の, 分る筈, 別に, 別にお, 別に変り, 別に感心, 別に発見, 別に眼, 別に面倒, 利潤の, 動きませんでした, 動くもの, 十八九から, 午後一時からの, 取って, 取るべき手段, 取止めた鑑定, 口碑に, 否を, 唯今どうも, 喉が, 土台石ばかりに, 声を, 大して見物, 大人が, 夫婦伴れ, 好んで揉ませ, 存しない, 客座蒲団が, 小学の, 年代記が, 幸福な, 座興にも, 強靱な, 彼の, 彼らは, 彼女は, 彼等には, 御存じあるまい, 心当りが, 思い当らなかった, 思へない, 意味が, 懇情の, 戦争を, 所持品皆無であった, 手が, 手の, 手は, 手段は, 抜け路, 持たれぬの, 持ちあ, 採用されなかつた, 攻撃隊は, 数うる, 文字通り何にも, 文学修業の, 断じて出入禁止, 新たに, 方法も, 旅行する, 明るい場所, 映らなかったの, 時間の, 晴の, 書きやう, 最早湯銭, 有るまい, 来ないらしい, 林若樹氏と, 構は, 櫻の, 此大海原を, 歴乎, 殆ど何一つ自分の, 殆ど見当らなかった, 残つては, 母さんが, 比較されるべき, 求められぬ特別, 汚点など, 決してない, 決して心からなる, 決して無, 法事の, 注目する, 津軽なんて, 浅からぬ, 海面上には, 測られぬ憂, 満目悉く, 火らしい, 烈々たる, 無い, 無いお, 無いからね, 無いだろう, 無いと, 無いやう, 無かった, 無かろう, 無く柳橋, 煙草の, 煙草も, 父が, 父を, 物音一つしなかった, 琴と, 生物の, 申す旨, 申分ありません, 男が, 病気という, 病気は, 目的は, 矢はり何物も, 知らない, 石仏の, 祝部土器や, 私たちが, 私たち少数の, 私には, 私は, 秘して, 空を, 立つ足場, 竹橋御門なお, 笑われるだけ, 篆刻家中井敬所と, 紛れる語, 羽二重の, 考えられない, 考え方が, 考へやう, 聞いて, 能の, 能は, 自分と, 自転車の, 舟は, 苦しい出資, 草より, 荷物用の, 血引きの, 見いだせない, 見せんの, 見たもの, 見た人, 見なかったいろいろ, 見へぬから, 見られないで, 見られない歌, 見られぬよう, 見られぬ古風, 見られぬ特色, 見られぬ稀, 見張りも, 見当たらなかった, 見当らない, 規模の, 親も, 言葉が, 証拠の, 話さないで, 話したがらないもの, 語るまいと, 読みません, 誰, 誰にも, 誰ひとり人影の, 誰一人久政に, 誰一人出迎へる, 誰一人問ひまゐ, 貸して, 足を, 足袋の, 身に, 載せられないなど, 途が, 通じにくい, 通ぜず, 通用しない, 遊び仲間が, 道は, 道開き或いは, 金釵銀簪の, 鉄の, 開いて, 隠し場所が, 雪華を, 類例も, 風邪一つひかした, 馬が, 魚が, A子の

▼ 他から~ (432, 1.4%)

8 見ると 6 借りて, 見れば 4 これを, 見ても, 頼まれて, 養子を 3 出て, 嫁を, 帰って, 見ては, 金を

2 [13件] 与えられるもの, 余り厳しく, 來た, 侵入者が, 切り離されて, 怨恨を, 止められたの, 物を, 見たらどこ, 見て, 認識された, 買ひ求め, 鄭重に

1 [355件] あまり近づい, あれは, いい種, いえば, いくら強ひた, いくら村民達, いやがられる境遇, うるさく用事, お借り申す, お通, かれこれ云, かれこれ云う, くわえられるまたは, くわえられる力, くわえられる破壊力, こう思われる, こっちを, この土地, そう判定, そこなわれない美, そこなわれるもの, そのまま受けとった, その体, その語, ちょっと来た, ちょっと見た, ぢやし, つまり客観的, でなく自ら, でなく自分, とうさんの, とったもの, とやかく言, どんどん新規募集, はっきりは, ひいて, まもる同業者, みて, みれば, もさう認められて, よけいな, アレだ, エタ教化の, ハチまたは, 不当に, 与えた名称, 与えた者, 与えられたもの, 与えられた動き, 之に, 乱されると, 云われずとも, 五六人も, 五百五十円で, 人が, 人類が, 付加された, 仰がなければ, 何か, 何ごとかを, 何と, 何とかする, 何とも云, 何の, 何を, 余り影響を, 余儀なくせられた, 來て, 來る, 供給を, 侵されて, 侵されては, 侵入され, 侵入した, 俘囚の, 信用の, 俳優を, 借りた本, 借りるなと, 借り受けて, 借金します, 優に旁證, 党派間題として, 入って, 入つて, 入り込んで, 内証を, 出された手, 出た噂, 出ましょう, 利を以て, 制肘されない, 制肘される, 刺戟を, 加えら, 加えられた力, 加つて来た, 動かすこと, 勧められるまでも, 勧められるまま, 勸めて, 区別さるる, 区別され, 区別されね, 区別される, 医を, 医者を, 卑しく視られる, 印度更紗の, 危害を, 反作用を, 反動だ, 反感を, 取扱はれる, 受けて, 受け入れて, 同情を, 吾, 呼ばれるやう, 呼び出されて, 命令され, 命名された, 嗾かす者が, 器量の, 圧制的に, 圧迫される, 壓制的に, 夫の, 奪って, 奪ふ, 奪ふこ, 奪われまいとして, 好い種, 威す者, 娶ろうとも, 婿を, 嫁に, 嫌疑を, 孤立した, 学びは, 学び他, 学び知ること, 学ぶこと, 学ぶのみ, 学費を, 尊氏の, 導き出すこと, 導くこと, 工面しなけれ, 差し出て, 差別的の, 差図さるべき, 帰り来るを, 弁別し, 弁別する, 引き受けて, 強いられたの, 強いられて, 強いられての, 強いられなくとも, 強ひられた, 強要される, 後妻を, 必ず嫉まれ, 忠告され, 念を, 思いも, 思はれるところ, 思ひも, 思われて, 思われよう思われようと, 思われるの, 恨を, 想像さるる, 想像されぬ, 愛して, 慰められて, 手でも, 手に, 手を, 抑制され過ぎた, 押しつけられなければ, 拘束せらるべきで, 拝見し, 拾ふと, 持って, 持参し, 指導される, 排斥され踏み潰される, 掣肘される, 文句を, 暴力で, 有機的な, 望まれたを, 来たの, 来た理想, 来た釣船, 来て, 来り臨んだ時, 来る下等品, 来る書状, 来る神, 来る草書, 梅と, 様々な, 模型を, 機嫌を, 正すそれ, 歯がゆいよう, 殆ど一滴も, 求め得ない地勢, 決定されね, 決定される, 治められずとも, 法則的因果, 注ぎ込まれた知識, 注意され, 注意される, 注意せられ, 注意を, 注目される, 流れこんだもの, 流れて, 海龍倶楽部の, 深くこれ, 漏れずに, 激発せられ, 煩わされる何もの, 熱を, 爪に, 片輪扱い, 物好きな, 特殊的待遇を, 牽制を, 犯されぬ境, 犯される憂, 独立な, 独立に, 独自化せる, 現われるの, 瓦斯の, 異なった筋, 疎外される, 疑われて, 盗んだ穢れた金銭, 目せられる事, 知れ, 知れますからな, 知れようもの, 研を, 砕かれたの, 移されて, 移り住んだ元祖, 移植する, 移植せしめた, 立廻つた跡も, 立派な, 笑われるよう, 紹介状などを, 結婚する, 結婚の, 絶対的に, 継承し, 縁付いた江原, 考えられるほど容易, 考へると, 耳に, 聞いたの, 聞いて, 聞いては, 聞きこんで, 聞き込んで, 聞くこと, 聞く手, 聴いたり, 脂肪の, 脅威を, 脱出する, 自分の, 自由を, 與へ, 芽張り柳の, 苦められ, 蕎麦切を, 藁まで, 融通し, 見たこと, 見たらむしろ, 見たら余計, 見たら師弟, 見た場合, 見ますと, 見られると, 見られる結果, 見るよう, 親分の, 親切だって, 親切にも, 観たら山賊, 観て, 触れられたくなかった, 言はれ, 言われること, 言草の, 証明される, 評したらどう, 詰め込まれたの, 話を, 誤解される, 誤解せられ, 読書執筆の, 調戲は, 調戲はれた, 負わずに, 貰うと, 貰うよりは, 貰った資料, 貰ふも, 貰物を, 買い取って, 資金の, 賊の, 賤しまれる, 賤視せられ, 賤視せられる, 贈られた白い, 転室し, 軽侮された, 軽蔑され, 軽蔑される, 轉室し, 迫害を, 送った手紙, 逆らわれること, 這入った賊, 通婚を, 運んだと, 違つてゐる, 適当だ, 選ばなければ, 部落民を以て, 金が, 金子を, 金銭を, 限定される, 非人を, 非難されまい, 領主の, 頭を, 頸を, 頼まれた訳, 飛道具の, 養子に, 馬鹿に, 騒ぎだした

▼ 他にも~ (432, 1.4%)

10 ある 5 あるが, 例が 4 あるの, いろいろの, 多くの, 沢山ある 3 幾つか, 理由が, 類例が

2 [34件] あった, あったけれど, あって, あつて, あるかも, あること, いくつか, いくつも, いくらも, いろ, いろいろな, この種, さまざまの, たくさんの, なお松村氏, まだまだある, まだ幾つ, 一つの, 二三の, 二人の, 二人ばかり, 何か, 及んで, 同じよう, 同種の, 客が, 少なくない, 気の, 甚だ多い, 用例が, 自分にも, 色々の, 辛夷の, 近頃は

1 [319件] あたって, あたるちゅう趣向, あったの, あったよう, あった教師, あつた, あつたらしい, あらず予, あらねば, ありこの, ありこれ, ありは, ありました, あるか, あるだらう, あるだらうと, あるだろうかと, あるであろう, あるという, あるに, あるので, あるのに, あるべき筈, あるん, ある者, あろうし, いくつかの, いくつと, いたかと, いたが, いるから, いろいろあっ, いろいろお話, いろいろその, いろいろレコード, いろいろ修行, いろいろ原因, いろいろ惡, いろんな人物, おそらく多い, お前さんの, お前と, お連れ, かういふ友達, かくして航路標的所, かなり多い, ぐるりと, こういうオアシス, ここに, こしらえた節, この性質, この時代, これと, こんな例, しばしば例, そういう人々, そういう土地, そういう種類, そのこと, そのよう, その一事, その例, その地位, その子細, その病気, それに, そんな例, たくさんある, たくさんおります, たくさん例が, たくさん兄弟が, たしかにある, ちょいちょいある, どこかに, なお一つ, なお外国, なお越後屋, なにかあった, また急速, まだあろう, まだこういう, まだ一つ, まだ何, まだ方々, まだ武蔵, まだ沢山あった, まだ色々ある, まだ色々の, まだ記憶, まだ誰, もっとも偉大, もっと立派, もつと, よく聞く, よらで在, ゐたで, カルダモムサポチルバラミツパパイヤなぞの, ファンが, ヨモノと, ヨーロッパ風の, ワケは, 一つ, 一つあった, 一つ扉が, 一つ精神的故郷とも, 一二ヵ所血の, 一二ヶ所血の, 一人の, 一人二人また, 一人屈強な, 一台バスが, 一層正しかれ, 一致する, 七八人お客さんが, 不審と, 与えなければ, 与力同心は, 九條殿だの, 事実が, 二つの, 二ヶ所で, 二三ある, 二三人協力し, 二三名は, 二三小説家の, 二三艘大きな, 二篇ほど, 云はれ, 云われ自分, 五六人ありました, 亦現在, 享和三年に, 人が, 人の, 以前勧めた, 似たよう, 但馬, 例は, 候補者は, 分るよう, 分布し, 勸めざる, 十二人殺し, 十五六人の, 十月の, 原因あるべけれ, 原因が, 原因の, 原因を, 厩舎とか, 参考に, 及ぼし土蜘蛛, 右舷吃水の, 各宗, 合点させる, 合祀の, 吊るして, 同じやう, 同じ病, 同宿人が, 同業者, 同様な, 同程度, 同等もしくは, 和蘭人の, 国見の, 変化が, 多い, 多いはず, 多かった, 多くあった, 多くこれ, 多くは, 多く働き掛ける, 多く存す, 多く幕末, 多少の, 多少出入, 大きい寄席, 大分あるらしい, 大分遅れる, 大勢やられた, 大石の, 大魚, 天平十九年の, 夫人と, 奥様がたは, 女の, 好ましい家, 子供は, 存するであろうが, 安心させる, 家の, 容れられず自ら, 尊いラマ, 少からず, 尚ほ有る, 尚言語, 屡々記した, 島に, 平日なら, 幽かなる, 幽霊人魂骸骨妖怪蝉蜻蛉蜘蛛の, 幾たりかの, 幾つかの, 幾多の, 幾箇處も, 広く古典, 序に, 役人の, 彼を, 彼以上の, 往時の, 待つて, 御同胞, 御座いますれば, 御親類, 応用される, 急場が, 怪我人が, 恋してる, 愛して, 懇望し, 所見が, 手短かに, 手足に, 折り折りあります, 招待が, 持って, 改宗する, 数人の, 数多い, 数多くある, 数限りが, 料理番の, 方法が, 旦那を, 昔の, 智者は, 書いたので, 有るが, 有るの, 未だ何者, 来たかも, 染物原料に, 槍を, 機嫌の, 武蔵が, 残つた, 気づいた点, 沢山あるだろう, 沢山いる, 沢山な, 沢山作っ, 活字を, 深い事情がら, 澤山に, 牟礼という, 特別思案に, 特殊の, 独立した, 由井氏と, 男が, 町の, 百済人が, 相当に, 相当の, 相愛の, 相談した, 相談を, 知らせねば, 石器時代遺物の, 研究すべき, 私たちに, 秋ちゃんに, 稀有でない, 種々その, 種々な, 種々の, 稽古の, 筋は, 約束も, 美しいもの, 美しい人, 美唄原野雨龍原野なども, 考ふべき, 耕吉の, 色々と, 色々な, 若い人, 若干ある, 苦しい女, 落武者が, 蒔かせたり, 藤壺の, 虫喰い, 要るボタン, 親の, 証拠が, 詐欺の, 誘因が, 説が, 誰も, 誰れ, 諸々の, 諸国の, 貨物が, 買手が, 貸間は, 賭事や, 起るはず, 重大な, 重臣数人が, 長柄刀を, 降りたの, 随分偉い, 類似の, 類例の, 飛び飛びに

▼ 他~ (411, 1.4%)

10 行って 6 往って 4 嫁に, 持って, 持つて, 移って, 養子に 3 出て, 廻して, 引越して, 移して, 移動し

2 [23件] いって, はやりませぬ, やること, 向けて, 向けられただけの, 売却した, 外らして, 嫁いて, 嫁いで, 嫁く, 対する不信, 往くこと, 招んで, 漏らさない一山, 眼を, 移さない様, 移さなければ, 移されたの, 移されて, 移るの, 行かねば, 轉じた, 預けられて

1 [314件] い, いかないと, いこうと, うつす者, うながした, おつつけ, おろしうり, お使い, お心, お急ぎ, お渡し, お移し, お能面, お見せなさる, お逃れ, かくしました, かけて, かしずきしを, かたづいたでしょうか, かたづけまいとも, くれて, くれても, くれようかという, そらされた, そらすため, それるよう, とまりましたので, はやらねえ, もらさないこと, もらすべき事, もれちゃったか, もれ申さざるよう, やつて, やらねえやう, やりたくは, やるには, やる気も, ゆかなければ, ゆくかも, ゆくこと, 与うること, 二百両ばかり, 仕官を, 伝わったり, 住みかえる気, 修業に, 入れ換えて, 具え禅, 再婚しよう, 再縁させた, 処分を, 出すもの, 出たこと, 出た事, 出られない中, 出ると, 出る路, 出張, 分けて, 分つを, 分配は, 到着する, 動いて, 匿って, 去んだり, 参りましょう, 及ばないよう, 及ぼす悪影響, 取って, 向けようと, 向ける気力, 向ける術, 向こうとしても, 向って, 向つて, 向つて突出, 呉れる理由, 告げて, 周旋しよう, 命じて, 命じる, 囲つて置かう, 埋めるつもり, 売られて, 売り渡した吉見仙三郎, 売るに, 売払いに, 外らさぬ様, 外らすという, 外らせたいもの, 奉公に, 奔って, 奪はれ, 奪われること, 妹を, 妾に, 姿を, 嫁いたくらい, 嫁いたという, 嫁いたとして, 嫁が, 嫁き, 嫁ぐところ, 嫁し, 嫁する, 嫁入, 嫁入りする, 孤鼠, 客を, 宿を, 宿替, 寄り道を, 対して, 届けなけりゃならないん, 床几を, 廻る時, 引き抜かれると, 引き移る, 引けば, 引起し, 弟子に, 往かさずに, 往かなくっても, 往きな, 往くと, 往くところ, 往こうと, 心を, 憑きものを, 手伝いに, 担当流れに, 持ち出しました, 指して, 振り向けるもの, 捨てて, 搬ばれ, 料理を, 旅に, 此の, 気が, 気も, 泊つと, 泊りに, 泊るなどといふ, 注意を, 洩らさぬため, 洩らすこと, 洩らすまいと, 洩らすよう, 洩れて, 洩れては, 洩れないとは, 洩れるよう, 洩れる道, 流して, 流し出して, 流れて, 流通した, 渡した横木, 熱を, 片づくなどと, 片付いて, 片付けようと, 片着く, 用達に, 登って, 目を, 相談に, 知らせますから, 知れないよう, 知れる気遣い, 研ぎに, 私を, 移させる, 移さない, 移さないと, 移した, 移したいこんな, 移したのに, 移したもの, 移し去る, 移し参らせたうえ, 移すもの, 移すよう, 移す必要, 移す費用, 移せるの, 移った, 移ったの, 移ったらしい, 移ったり, 移った後, 移りたりと, 移りますので, 移ること, 移るとか, 移るとしても, 移る的, 移る運動, 移ろうとも, 移住し, 移住を, 移行する, 移転した, 移転しよう, 移転する, 移転せ, 立ち寄ったこと, 立ち退いたよう, 立ち退いた人達, 立ち退けと, 立退きます手前, 立退けましょうか, 納めるの, 縁付いたの, 縁付いて, 縁付かないと, 縁付かないの, 縁付きたいと, 縁付きました, 縁付きましても, 縁付くの, 縁付く事, 縁付けなければ, 縁付けると, 縁付せられる, 縁付の, 翻って, 聞えるの, 聞こえなかった, 自慢する, 落ち行くという, 行かう, 行かうと, 行かせて, 行かれ私達夫婦, 行きたくも, 行き自活, 行くの, 行くはず, 行くよ, 行こう一緒, 行っちゃ, 行っても, 行つては, 行つてゐた, 行つて云はれる, 行つて惡い, 行つて気の, 行つて爲た, 行つて畢ふ, 行幸のを, 見せて, 見せるのに, 見せれば, 視線を, 話して, 誘かして, 譲って, 譲られたこと, 譲り渡された口, 譲り渡された時, 譲り渡して, 譲り渡し主人, 譲渡す, 讓りました, 買取られては, 走るが, 走ること, 越したといふ, 越して, 足を, 身を, 身売りを, 転し, 転じた, 転じやう, 転任し, 転任の, 転向させた, 転向せしめる, 転売され, 転売されたらしい, 転居候為め御, 転籍もしくは, 輿入れを, 轉じ, 轉任する, 轉居する, 轉賣せられ, 迷惑を, 追は, 逸らすため, 運ばれたところ, 運ばれ次手, 運んで, 運漕させ, 遣って, 遣つて了, 遣るの, 避けて, 避難した, 金え, 釣って, 釣つて行つた, 隠すなどの, 隠す計, 隱し, 離れ合つて, 預けたん, 預けて, 預けること, 頼んじまった, 養女に

▼ 他ならぬ~ (350, 1.2%)

8 のである 6 ことは, ということ, のだ 5 それは, ものと 4 からだ, からである, というの 3 と云う

2 [14件] ことが, ことを, という結果, と云った, ジョージ, 一つの, 一式小一郎で, 三合目陶器師であった, 処の, 十二神貝十郎であった, 岡引の, 平手造酒であった, 私の, 観世銀之丞であった

1 [271件] あなた様でございます, あの, あのお, お三保, お前の, お妻, お方の, お杉, お粂, お紅, お通, お館, かつて, から, が, がんりきの, が人間, こうした真理, このよう, このジャーナリズム, この人達, この千鶴子, この印象, この大垣村右衛門, この大垣村右衞門, この姑, この文化的自由主義, この歴史的社会, この点, この物語, この相剋, この純, この自己誇張癖, この芝居, この超越, この農村, ご貴殿, そういう看護婦, そうした物質的存在, そこに, そのブルジョア気質, その女, その思想性, その物, その相手, その紳士, それ自身による, でせう, というその, というわけ, という意味, という次第, という説, という非難, といふ, とこの, とする, ともいふ, とボルツァーノ, と云わね, と仮定, と固く, と思う, と私, と言, のであっ, のであらう, のであります, ひとりで, もので, ものな, ものに, ものを, やっぱり自分, ように, わが日本, わけだ, われわれの, アカデミーの, アメリゴ・ヴェスプッチが, イデオロギーの, インテリゲンチャな, インテリ自身の, オッポチュニスト自由主義者に, クリティシズムの, ジェームス, ジョン少年と, ジヨツフル元帥だつた, ドイツ文化の, ドイツ文化哲学による, ノズドゥリョフで, バルメラ男爵では, ヒルミ夫人の, ブルジョア観念論的認識論者自身であった, ペンさんで, マリイ夫人に, マルクス主義による, メリーであった, ラシイヌ大, ラジオであろう, 一式小一郎であった, 一種の, 一葉さんで, 一身上の, 不思議な, 不破小四郎であった, 主人の, 九郎右衛門の, 二人の, 人間の, 以上文化乃至, 作家自身の, 作左衛門の, 例の, 兄貴の, 先生の, 八百屋の, 其の誤謬, 其許ゆえ打ち明け申す, 再現し, 刑部老人と, 前に, 剣道指南役客分の, 労働の, 千代田城の, 千坂兵部である, 千鶴子だった, 南部集五郎であった, 印象だ, 右翼小児病そのものに対する, 右衛門であった, 君の, 吹き矢である, 唯物弁証法だった, 唯物弁証法乃至, 四郎太であった, 坂東三津太郎である, 場合も, 外国の, 夜光虫の, 大学味に, 大盗盗跖だ, 天つ, 姉上様の, 娘の, 婿と, 宇津木矩之丞であった, 官僚的, 実在との, 実在を, 実験という, 宮川茅野雄であった, 宮川茅野雄である, 宮川覚明で, 家族制度主義の, 寿老人の, 小田刑事が, 小間使いの, 少女を, 岡っ, 己れ, 平均値の, 庄八郎の, 庄内川であった, 弁天松代であった, 弁証法だ, 弁証法であるべきだ, 弓道日置流の, 強盗陶器師であった, 彼が, 彼だつた, 彼で, 彼の, 彼らの, 彼女で, 彼等自身の, 後年の, 御嶽冠者, 思想である, 悪魔の, 愈々研究的, 愛妾お, 愛妾葛葉の, 感性に, 感情の, 我が家の, 所謂世間の, 技術的精神によって, 技術的精神を, 放浪癖で, 教学に, 数学なる, 敵将の, 文学的自由主義という, 文献の, 新築地劇団, 新聞な, 日本の, 日本ファシズムに, 木村常陸であった, 木村常陸介である, 末弘の, 来島十平太その, 松平碩寿翁であった, 松本伊豆守な, 柘植様の, 桔梗様であった, 森右近丸であった, 楠正成公だ, 武者所鬼王丸で, 民衆の, 江戸川乱歩氏である, 泥まみれに, 浮木であった, 清左衛門であった, 無産者の, 片足の, 猪右衛門の, 猿若である, 王君の, 現代日本の, 生産力の, 由井正雪である, 発展という, 直江主, 直江蔵人で, 社会科学であった, 私自身で, 秋安の, 秋山要, 科学性そのものを, 科学的精神そのものに, 科学的精神の, 稚子, 窩人族の, 筈である, 経済生活の, 統制化の, 統制意図自身によって, 老女の, 腰の, 自分自身の, 自動車の, 自由主義の, 若殿頼正で, 若殿頼正である, 荒玉梟帥であった, 葉之, 製糸業資本家だった, 観念論の, 認識という, 認識理論の, 警視庁の, 豊臣秀吉であった, 資本主義そのものの, 軍主脳部自身が, 農村の, 近衛公爵である, 野性の, 金遣わない, 銀之丞の, 鏑木先生から, 鏡葉之, 静止と, 非常時の, 類ひで例へば, 香具師であった, 香具師の, 高坂甚太郎であった, 鮫島大学であった, 鷲が

▼ 他でも~ (229, 0.8%)

36 ない 9 ないが 8 ないこの 4 ないそれ, ないので 3 ございません, ない社会 2 ありませぬ, ありません, ございませんが, ない吾, ない彼, ない鳰鳥, なく正に, 無い, 無いがネ

1 [144件] ありませんあなた, ありませんが, きいて, ございません如何, ござらぬ, ござらぬいかが, ござらぬお, ござらぬお手前, ござらぬが, ござらぬこの, ござらぬご, ござらぬ拙者, ござんせん, たくさん見た, ないお前, ないお祖父さん自身, ないけれど, ないここ, ないそういう, ないその, ないつらつら, ないもう, ないわし, ないイデア, ないトン公, ない一輪, ない丁度, ない九郎右衛門, ない二十世紀, ない亜米利加, ない人間, ない仮面, ない仲間, ない伊太郎, ない個人, ない兄, ない全く, ない勝義, ない北京警務庁, ない千鶴子, ない南蛮寺, ない南部集五郎, ない友吉, ない右衛門, ない吾等, ない地下, ない城, ない大, ない大和魂, ない夫, ない奈良公園, ない女房, ない宇佐美家, ない宇和島鉄之進, ない官吏, ない実に, ない実際, ない小, ない小本, ない小生, ない小説家, ない屡々, ない岩太郎, ない平八, ない弁証法論理, ない形式的, ない御方, ない忘れ, ない思想, ない思考, ない懺悔, ない手, ない批評, ない文化, ない文芸作品, ない桔梗様, ない極めて, ない櫻木海軍大佐, ない武力, ない毒薬, ない水品陣十郎, ない江戸, ない決して, ない波斯, ない浮木, ない濃紅姫, ない無, ない物質, ない物質発展, ない犬, ない猿若, ない現下, ない番頭, ない異質的, ない相模, ない神学的, ない祭司, ない私, ない精神, ない紋十郎, ない細君, ない組織, ない自分自身, ない花垣志津馬, ない若い夫人, ない葉, ない薄暗い店, ない藪紋太郎, ない血潮, ない西田哲学そのもの, ない西郷, ない観念論, ない認識, ない論理, ない論理そのもの, ない諸, ない貴君等, ない貴殿, ない道綱, ない遠く, ない郷介, ない駱駝, ない高蔵尼, ない鬼小僧, ない黒姫山, ない黒法師, なかった, なかつた, なく快楽, なく異風, なく自然, ねえが, 二個新たに, 彼の, 有りませんあなた, 無いあの, 無いが, 無いこの, 無い今, 無い例, 無い實, 無い鵞湖仙人, 織られたでありましょうが, 説き立てたこと

▼ 他ならない~ (228, 0.8%)

47 のである 32 のだ 13 からである 11 ということ 8 のであっ 6 からだ 5 ことが 4 と云う 3 が之, ことを

2 [13件] かも知れない, から, が, がこの, がその, が処, ではない, と思う, と私, と見, のであった, のであります, わけで

1 [70件] からそこ, からそして, からであり, から丁度, から我々, がそれ, がひとり木犀, がわれわれ, が今, が問題, が委員会, が形式主義, が技術, が認識, こと, ことは, その意味, と, といい, という, というの, というよう, という一つ, という一事, という考え, という認識, という誤った, といふ, とそう, とでもいいたくなる, とまで極言, と云った, と思いたい, と思ひたい, と愚考, と考えられた, と考えられる, と見られ, と言, のだろう, ので, のであ, のであり, のでしかも, のです, のでアリアドネー, ので初め, ので大まか, ので学問的, ので実は, ので思惟, ので社会, ので科学的, ので芸術, のは, のを, ものが, もので, ものとして, ものに, ようだ, わけだ, わけである, ヘーゲルの, 事が, 事を, 社会は, 科学的世界の, 筈だ, 筈である

▼ 他~ (173, 0.6%)

5 違って 4 比較し 3 区別する, 異つて, 異なったもの

2 [11件] 交通の, 同じよう, 同様に, 同音に, 局限し, 比較する, 自分とを, 衝突する, 話す時, 趣を, 違つてゐる

1 [133件] いくらか違う, いっしょに, おなじでなけれ, かけ距, かけ離れた樣, しまして, すれば, ちがって, なって, まつたく類, むすんだ約束, ヱンゲーヂする, 一しょに, 一定の, 不都合し, 並んで, 並存する, 云いいずれ, 云ったところ, 云って, 云は, 交換した, 交渉なく, 交渉の, 交通が, 交通縁組を, 伍を, 何の, 入り交っての, 入れ替るという, 全く区別, 共に歩む, 共戰鬪, 共鳴する, 分ちがたい, 分ちた, 切離して, 別つ, 区別されよう, 区別される, 区別され得る, 区別し, 区別せしめる, 区別を, 區別し, 區別する, 半ば分け, 協働する, 又のむ, 反が, 口でも, 同じく天, 同じく彼, 同じやう, 同じ分類, 同じ覚え書き, 同一では, 同一なる, 同化し, 同格又は, 同様なり, 同様の, 同様毎年給料つきの, 同類に, 同食, 呼ばれた, 呼ばれるもの, 咫尺す, 変りが, 変ること, 大衆との, 妥協できなく, 妥協を, 婚する, 対位し, 対等の, 差別する, 戦って, 撰を, 斯う, 標異する, 比べて, 比較すれ, 没交渉に, 混淆する, 独立に, 異った, 異って, 異なったこの, 異なった技巧, 異なった特徴, 異なって, 異なる所, 異り, 盛り合わせても, 相容れぬ, 相觸, 相通ずる, 競いごころ, 競争する, 結びつけて, 結婚する, 結婚の, 絶縁し, 縁組せぬ, 聯關し, 融和する, 衝突の, 見えるもの, 親まず, 触れ合う喜び, 言葉さえ, 許婚なさる, 調和し, 調和する, 調和せず, 論争する, 識別する, 違い神月, 違うの, 違った感傷的, 違った点, 違つた専門的な, 違つて万葉を, 間隔る, 関係する, 関係なく, 隔て, 隔離された, 隔離し, 集って, 雌雄を, 領域を

▼ 他~ (116, 0.4%)

2 何を, 自分を

1 [112件] いけないの, いけないやう, いけないよう, そういう認識手段, そうだ, そうだった, それに, それを, ためには, どこに, どれな, どんなに綺麗, なぜジャーナリズム, はつきり見える, ふさが, みな弛ん, もしヂレッタント, ボルことに, 一方の, 一顧盻を, 何千という, 何等かの, 依然として暗がり, 克く, 其を, 内務省から, 出世を, 出来る, 勝手に, 十六銭それだけ, 危険を, 又道徳, 叔父沢蟹と, 右と, 右の, 含まれる, 命を, 問題に, 困ろうが, 変らぬこと, 大迷つき, 大阪一流の, 大騒ぎで, 好むもの, 好む物, 如き山猿, 姿を, 少しほぐれ, 尻尾を, 左様注意し, 己れ, 希望に, 庶流である, 心状を, 必ず応えるであろう, 性質の, 想像する, 挙動を, 日に, 明晰に, 来るを, 棲む山, 棲を, 機嫌を, 死にゃ働くな, 母は, 気を, 気違ぢや, 油断を, 済んで, 為に, 爪に, 狼藉の, 番せね, 白いと, 眼に, 知らないと, 研究し, 私と, 積極的に, 納まらない, 終に眠らん, 続々と, 続く, 羽衣を, 考へるやう, 自己に, 自己の, 表現的な, 袂を, 要之助の, 見えぬとは, 親切に, 言ふから世間が, 言葉を, 訊くと, 許に, 買わせやしなかったろうが, 足痍愈な, 踏止まり, 身の上に, 躯を, 造って, 配下に, 間違って, 難渋し, 頭を, 願望に, 顫え, 高らかに, 髭首掻んと, 鼻を

▼ 他より~ (106, 0.4%)

2 これを, 一段栄耀に, 優れて, 恵まるる恩寵, 正式の, 逼られ, 顕は

1 [92件] あらわれな, おくれて, すぐれて, その発達, その行為, やすくし, よくまたは, よろこばれ他, 一層発達, 一歩先んじる, 一頭地を, 之を, 付加せられた, 伝わりし者, 伝播したる, 伝来せし, 伝習し, 低い一軒, 低く見られ, 何らの, 何物にも, 侵犯せらるる, 信仰を, 借りしもの, 借りに, 借受けたるもの, 優れし二勇將, 優秀なる, 出で, 切離されたるもの, 力を, 加えられる運動変化, 動かさる, 勝れた働き, 口に, 四五円の, 圧制せられ, 多いため, 多かるべく, 奨励援助する, 奪うこと, 奪ふこ, 奪わんと, 如何ほど, 妻を, 嫁を, 差入は, 布施を, 帰りて, 往々これ, 忌避さるべき, 恨みを, 手を, 抽んでて, 拘束せられざる, 招かずんば, 持ちきたった, 断定する, 早く輝い, 映れる映像, 更に美しい, 束縛せられ, 来た教師, 来りて, 来れる分子, 此祭祀と, 災害の, 然か, 特許異議申立てが, 獲て, 短かかり, 私を, 移植せられたる, 縁談を, 羨まれ或いは, 耳に, 良きもの, 融通を, 複雑に, 見て, 見れば, 見ればを, 観察し, 誘拐された, 起こる取引, 超越せる, 軽視せられた, 辱しめられた, 鋭くも, 露顕し, 養子を, 鬼筋と

▼ 他では~ (84, 0.3%)

18 ない 3 ないの 2 ないと, ないので, 使用に, 見かけません, 見ること

1 [53件] あまり聞いた, ありません, ありませんこの, さう問題, それが, たいてい節分, とうてい解しきれぬ, どんなふう, ないお, ないかも, ないが, ないこうした, ないこの, ないただ, ないであろう, ないという, ないスコラ哲学, ない信之, ない浅草, ない解釈家, ない酒月, なかった, なくなる, ほとんど作らない, まだ同じ, エタや, エピキュリアンだ, 一般に, 余だけしか, 余り見かけません, 余り見受けない, 六月ごろでなけれ, 出来ないの, 半人または, 取らないよ, 奥家老といった, 実の, 寸言も, 得られぬ最, 必ずしもそうは, 杉か, 桶から, 求められぬ大切, 求められぬ雄大, 無いわれわれ自身, 無く日本, 知らなかった, 育たなかったとか, 見かけないもの, 見かけない品, 見られない, 見られない戦争ジャーナリスト式, 見られない所

▼ 他なし~ (62, 0.2%)

2 一は, 伯は, 内閣は, 唯だ, 彼れ, 是れ, 順逆に

1 [48件] お通, この商人, この改進者流, この疑念, そこで悪霊, その劇団, その徳, ただ一種, ただ渠輩, なまじ卒業, 今の, 余が, 党紀振, 内国に, 制海の, 只, 只戦捷, 君を, 唯自然, 啻愛国の, 四面更に, 多くの, 帰京の, 幾十年もしくは, 我邦固有の, 文部省工部省の, 書画骨董の, 本校を, 此の, 海の, 深更人定まりて, 渠は, 渠輩が, 漆の, 甲丁の, 社会の, 経世の, 自ら證を, 自国自身の, 自己の, 議会開設以来既に, 議會開設以來既に, 賞を, 足らざるを, 進歩党の, 進歩黨の, 隣国を, 黨紀振

▼ 他~ (61, 0.2%)

4 もござりませぬ 2 聞いて, 見て

1 [53件] いう近習, いわゆる地獄穴, お噂, お求め, そんなに大騒ぎ, もうけた子, やるだけ, マッチを, 一度ヒット, 丁度婦人記者, 他人の, 以て, 何か, 借入れ得た率以下, 勉学した, 取り逃がした者, 味ふ, 味わったこと, 売れる気, 夜の, 大きなの, 嫌はれまし, 工面する, 彼自身の, 御馳走に, 心配した, 心配する, 思つたほど, 手に, 才覚した, 捜すよ, 昼寝し, 模倣する, 欲しがる, 発表した, 盜んだ, 真似ようとしても, 立て, 縫わせたもの, 聞いたの, 聞いてさえ, 聞きました, 製糸所の, 見られないよう, 見られない高級演劇, 見るほど, 語って, 買っては, 逢引する, 金を, 食べられない独特, 飲み直すん, 饒舌り疲れた

▼ 他との~ (54, 0.2%)

4 無限の 3 交渉を, 比較を 2 二つの, 比較の, 関係に

1 [38件] つり合の, マサツや, 交渉が, 交渉に対してすら, 交通の, 兩實在者の, 共同として, 共同は, 区別を, 區別の, 協力協定でも, 均衡を, 対立に, 恋愛の, 戦闘をも, 比較に, 比較によ, 比較は, 混同を, 異同が, 相違である, 競争に, 聯關を, 討論の, 調和を, 調和美を, 連関に, 運命を, 間柄に, 間柄においてのみ, 関係で, 関係でなく, 関係を, 關係としてのみ, 關係において, 關係の, 關係を, 限界を

▼ 他からの~ (46, 0.2%)

2 圧力に, 強制を, 影響が, 窺, 讃辞であっ

1 [36件] サイミン術に, ハタラキが, ハタラキで, 依頼は, 侵略は, 働きかけとの, 働きかけの, 働きかけを, 刺戟によ, 刺戟によって, 刺戟によっても, 力が, 力は, 力や, 原因も, 壓迫にも, 如何なる力, 強制でも, 強制も, 影響と, 影響も, 拘束なし, 救いを, 決定による, 決定を, 申込みを, 異性の, 異議を, 直接間接の, 補助は, 補助を, 誘惑にも, 迫害, 進言などに, 運動には, 露骨な

▼ 他ならなかった~ (40, 0.1%)

10 のだ 4 ということ, のである 2 わけで

1 [20件] からである, から決して, が, がそうした, がとどめ, が凡て, が科学論, ことが, そうである, という位, という点, のであっ, のと, のは, ようだ, ように, わけだ, わけな, 文化的自由主義を, 筈だ

▼ 他~ (37, 0.1%)

3 に見 2 にはいかにも, もふらず

1 [30件] からはどう, からは組打ち, で思う, で見たなら, で見れ, には労力, には勞力, には唯, には実, には思へる, には思われました, には思われる, には案じられる, には模範的夫婦, には母親, には滑稽, には物, には見ゆるゐ, には誰, にももどかしい, にも勿体ない, にも數, にも羨ましい, にも見えます, に見た, もふらず突っつい, もふらぬ, も振らない, も觸ら, を賺す

▼ 他ない~ (34, 0.1%)

5 のである 4 だろう 3 ような 2 と思っ, のだ

1 [18件] かも知れぬ, からだ, がもし仮にそう, ことだ, ことは, ということ, と主張, と共に思想, と思う, のが, のだつた, のでございます, ので民衆, のは, ものであった, ようだ, らしいので, 炭坑においては

▼ 他~ (34, 0.1%)

2 中途で

1 [32件] ありたし, いひ自分, これに, し一匹前, し朱目, すべて同様である, ないただ, なかった, なく自己, またしたがって思い出さるる, また伴随, また彼, また請, 亦一種, 亦共に, 亦敵, 亦皆象形文字, 千歳千草春廼家と, 同様である, 大同小異で, 大同小異と, 幾たびか, 怪み, 恐れないこと, 来るそこで, 歴史的に, 生の, 知らず自分, 自分を, 許したフィヒテ, 許し自ら, 迷惑と

▼ 他其の~ (32, 0.1%)

12 他の 43 他が, 他を 2 他と 1 他だ, 他で, 他という, 他は, 他も, 他様々に, 他要するに, 友達の

▼ 他とは~ (29, 0.1%)

2 何である

1 [27件] ちがう, ちがって, なれて, 何者ぞ, 元來宗教的, 元来宗教的な, 別箇の, 変わりの, 少しも, 巻絹の, 思はぬ吾が, 様子の, 段違ひ, 決して同格, 無関係に, 独立な, 異った, 異なって, 異なり十八世紀末期, 異なること, 異なる強み, 目下の, 結婚も, 誰の, 違い悩め困しま, 違って, 違ひ悩め困

▼ 他よりも~ (29, 0.1%)

2 また然, 四五人逃げ

1 [25件] しばしば叩い, すぐれた性能, すぐれてるもの, 一層疲弊, 一月後に, 一段と目, 不幸である, 命長し, 善人である, 多く精力, 多し, 大きい僞善, 少し低い, 早くどんな, 早く英学, 早く運命, 暑いぢ, 楽だ, 泊り客, 背が, 腕の, 自分の, 良い品, 鈍って, 高く見積り

▼ 他ならず~ (23, 0.1%)

1 [23件] この一瞬時, それ以外の, ただ夫, ぼくは, やがて社会, 人間的経験と, 候, 候ひし, 又そういう, 又統一, 学生の, 彼の, 後者の, 心性上に, 或日目科, 敢て, 更に又, 梅五郎老人は, 港内並に, 現在の, 結局文化が, 逆に, 道徳的反省は

▼ 他に対する~ (23, 0.1%)

2 支配の

1 [21件] この寛容, のとは, ケンソンな, 一種の, 不協力, 優越性を, 嫌味な, 忠誠が, 憐憫と, 批判と, 批評も, 構成性を, 注意も, 私の, 自分の, 自己の, 虚栄から, 虚栄の, 責任でなく, 道義上の, 関係において

▼ 他~ (23, 0.1%)

1 [23件] と比較, にあ, にはない, には見えない, には見えぬ, には道意, にもある, にもみえ, にも見える, によって正す, によりて之, に犬伏, に見えぬ, に見え候もの, に見ゆる, の中, の序跋中, の抜抄, の編纂, もまた, より取らざるや, をも渉猟, を併せ

▼ 他~ (21, 0.1%)

3 人の 2 人刈り干し

1 [16件] ためならず, 人と, 人を, 國の, 女なる, 女を, 女子に, 婿がね取らせ, 小徑, 心なく, 望みは, 犬と, 神とを, 神は, 聟がね, 處に

▼ 他からも~ (20, 0.1%)

2 すぐに

1 [18件] うかがわれて, すでに見え, その素性, それと, そんな事, ほめられて, 亡者に, 侵されるを, 健全なり, 大分出る, 大勢見える, 持ち込まれて, 注文が, 考へられて, 聞える, 聴いたこと, 認めて, 退屈顔な

▼ 他に対して~ (19, 0.1%)

2 責任を

1 [17件] かえって自己, すでに恐怖, 別にこれ, 善を, 寛大であれ, 対立を, 屈すること, 常に遠慮, 愛を, 最も特徴, 未だ完全, 無用なる, 男らしく無遠慮, 邪慳な, 鋒を, 非常な, 面目を

▼ 他へは~ (19, 0.1%)

2 まいりません

1 [17件] 一々通知, 一足も, 内緒な, 出しませぬぞ, 出なかったの, 出られません安田一角, 口外し, 寸法の, 往かないと, 決して洩らさぬ, 登ったこと, 真実の, 行きたくなかった, 行くんぢ, 行けません, 行こう筈, 適き

▼ 他~ (19, 0.1%)

1 [19件] 一切ヲ, 一台ニハ佐々木看護婦ガ寝, 一名, 一方, 一方ニ加ヘテ横暴ト悲慘ト, 一機ハ海中ニ墜落セシメタリ, 一機ハ高角砲ニヨリ粉砕シ他ノ, 一理由ハ日本, 一部ニ結果, 三人ハ鮎ノ, 二人ヨリ足ヲ, 六七分ハ頸椎, 徴兵ニヨリテ斯ル軍國主義者ノ, 本草書, 正當ナル利己, 生産的各省ヘ, 短ヲ語ル勿レ, 諸器ハ, 高等精神作用亦

▼ 他~ (17, 0.1%)

1 [17件] では二十五円, で同じ, との競争, にない, にもう, に売却, に甚だしい, のそれ, の使用人, の悪口, の文句, の追随, の領分, の鼻, よりも値段, よりも多額, を真似ない

▼ 他~ (16, 0.1%)

2 ながら暇乞

1 [14件] ながらお, ながらお伽, ながらも家々, ながら守護, ながら家々, ながら指, ながら父母, ながら眺め, ながら聞い, ながら見, ながら見届ける, ながら赤城, ながら長者丸一角, ながら面倒

▼ 他~ (16, 0.1%)

3 の女 2 の巫女

1 [11件] から出られる, が力, が勢力, では, と言う, のうた, の伝承自身, の出, の対立, の手, を恐れた

▼ 他への~ (14, 0.0%)

2 不信排他精神という, 妥協で 1 みせしめに, 場合に, 弾圧等々, 愛情の, 接触が, 気兼や, 流失を, 省察という, 聞えも, 裏切り

▼ 他なら~ (13, 0.0%)

1 [13件] ないし他方, ないし感覚, ないし道徳的教訓, ないとも, ないらしい, ない君, ない解析的方法, なくて, ねえんだ, ねど, ば可, んと, 他で

▼ 他~ (13, 0.0%)

1 [13件] かやる, にもい, にも摂れない, によっても分類, の収納, の問題, の策, の調味料, もし, もなかっ, も口, も険悪, を習つて

▼ 他~ (12, 0.0%)

1 [12件] が燻し, が見, と入込み, なら知らぬこと, に御, に高い, の前, の大切, の智慧, の眼, の足, はお出で

▼ 他なく~ (11, 0.0%)

1 [11件] けれどもかかる, して, その他の, なった, まだ政綱, やっと前, 之を通じて, 恨は, 遂に如何なる, 遂に思想, 音楽を

▼ 他をも~ (11, 0.0%)

1 [11件] 人格として, 圧倒する, 奔走し, 察すること, 欺き得なかつた人, 清めんため, 生かすその, 目覚めしめて, 考えられなく成って, 迎へて, 黙認せね

▼ 他~ (10, 0.0%)

6 やん 1 やんえらい, やんそんな, やんまた, やん良

▼ 他易く~ (10, 0.0%)

1 おそらく誤訳, こわれた, なつて, も思ひ, 上り付いた, 云つてゐる, 思ひ切れて, 楽天的に, 空腹を, 酔ふと

▼ 他~ (10, 0.0%)

5 のイデオロギー 2 の他, の技術家 1 の知能分子

▼ 他~ (9, 0.0%)

2 な献身的 1 な心情, な批判, な気持, な激情, な理性, になつ, のもの

▼ 他なかっ~ (8, 0.0%)

42 たの 1 たわけ, た筈

▼ 他によって~ (8, 0.0%)

1 存在し, 存在する, 批判攻撃された, 生き他, 置き換えられないと, 自分の, 表現する, 誘導された

▼ 他一切~ (8, 0.0%)

1 のもの, のコスト, の変種, の文化, の文化圏, の文化現象, の話合, の諸

▼ 他~ (8, 0.0%)

1 に似た, に近い, に類した, に類する, カ指導啓発ニ必要ナル各種, 淺深と, 淺深もので, 無きこと

▼ 他~ (8, 0.0%)

1 からは一尺以上, でさっき, に移さん, の迷惑, へお, へ移し, へ移した, へ遠慮

▼ 他~ (8, 0.0%)

3 にてこれ 2 もって 1 を以て之, を用, ヲ以テ

▼ 他である~ (7, 0.0%)

1 が私, ことに, ことによ, こと互に, こと以外には, のか, のである

▼ 他によ~ (7, 0.0%)

2 つて自己を 1 つてといふ, つて律せられる, つて新しい, つて表現され, つて追

▼ 他という~ (6, 0.0%)

1 ものの, ような, ジャーナリズム活動な, 剰余を, 手法そのものの, 現象が

▼ 他なかつた~ (6, 0.0%)

2 のです 1 けれどもほぼ, のである, わけだ, んだらう

▼ 他なき~ (6, 0.0%)

1 なり, に至った, も罰, ような, を獲, 本会としては

▼ 他へも~ (6, 0.0%)

1 あの幽霊, 小乗的な, 廻つてゐた, 洩らした形跡, 融通した, 触れ歩いたと

▼ 他人がましい~ (6, 0.0%)

1 あなたと, ので頼母, 冷ややかな, 情の, 義理立ては, 行儀だ

▼ 他からは~ (5, 0.0%)

1 この恐ろしい, 人に, 凋むだ花, 多くは, 見えて

▼ 他じゃ~ (5, 0.0%)

1 ありませんが, ない, ないが, ない番頭さん, 順ぐり順ぐりにやってもいいとこ三回だろう

▼ 他でもね~ (5, 0.0%)

1 えが, えこの, え人間, え俺, え居場所

▼ 他ながら~ (5, 0.0%)

1 あなたの, お供として, 恋人の, 有難いと, 栄三郎どのに

▼ 他ならなかつた~ (5, 0.0%)

1 が, ことは, のであらう, のです, わけである

▼ 他にゃ~ (5, 0.0%)

1 ああの, あ拵ら, あ無えんだ, なかろう, 仕方が

▼ 他による~ (5, 0.0%)

1 のと, プロレタリア, 憲政擁護運動や, 発禁と, 通信布告

▼ 他その~ (4, 0.0%)

1 不思議な, 人の, 商売商売に, 姓名が

▼ 他とを~ (4, 0.0%)

1 仕切るため, 區別する, 評価する, 隔てる外面性

▼ 他と共に~ (4, 0.0%)

1 協力の, 所有する, 救わるること, 長谷寺吟行

▼ 他~ (4, 0.0%)

2 のを 1 女が, 女を

▼ 他よりは~ (4, 0.0%)

1 可愛い蟻, 幾分高い, 本人が, 高くなっ

▼ 他~ (4, 0.0%)

1 に住み換え, に負けない, の密偵, の山笠

▼ 他~ (4, 0.0%)

2 がなかっ, のない

▼ 他~ (4, 0.0%)

2 の者 1 とは違つた共同的, の端

▼ 他~ (4, 0.0%)

1 となに, に属せし, の長官, へ出稼ぎ

▼ 他~ (4, 0.0%)

1 で鳥渡失策, とは云え, のもの, の非難

▼ 他~ (4, 0.0%)

1 に属する, の人, の人々, の侍

▼ 他~ (4, 0.0%)

1 がいる, も一言, も従い, も来る

▼ 他なお~ (3, 0.0%)

1 こうした他, 穀物の, 細かに

▼ 他に関する~ (3, 0.0%)

1 カントの, 悪意と, 詳しい意見

▼ 他へと~ (3, 0.0%)

2 慌しい眼 1 持って

▼ 他~ (3, 0.0%)

2 三名の 1 頬が

▼ 他二人~ (3, 0.0%)

1 であつ, の一連隊, の者

▼ 他人がましく~ (3, 0.0%)

1 するには, なったの, なろうはず

▼ 他多数~ (3, 0.0%)

1 に及ぶ, の, の種子

▼ 他~ (3, 0.0%)

1 もある, を待っ, を期し

▼ 他~ (3, 0.0%)

1 なせそ, に向, に変っ

▼ 他~ (3, 0.0%)

1 から附, の同僚教授, の私

▼ 他~ (3, 0.0%)

1 が感情, に抽んでたる, の歌

▼ 他あや~ (2, 0.0%)

1 んは, んや

▼ 他ありません~ (2, 0.0%)

1 わ, 此の

▼ 他ある~ (2, 0.0%)

1 を顧み, 一定の

▼ 他いろんな~ (2, 0.0%)

1 店が, 芸人達と

▼ 他こそ~ (2, 0.0%)

2 知らね

▼ 他これ~ (2, 0.0%)

1 あア, に連

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 という無知, と云った

▼ 他とが~ (2, 0.0%)

1 一つの, 相対し

▼ 他なし深く~ (2, 0.0%)

2 貴族院の

▼ 他なる~ (2, 0.0%)

1 が如く, ものは

▼ 他にだって~ (2, 0.0%)

1 売って, 女は

▼ 他にとって~ (2, 0.0%)

1 客観的に, 決して真摯

▼ 他にとも~ (2, 0.0%)

2 自分にとも

▼ 他にまで~ (2, 0.0%)

1 発展しない, 発展すべきです

▼ 他にや~ (2, 0.0%)

2 其の時

▼ 他に対し~ (2, 0.0%)

1 夫に対し, 賞めるべき

▼ 他に対しての~ (2, 0.0%)

1 同情は, 発言は

▼ 他に対しては~ (2, 0.0%)

1 固より, 温和に

▼ 他に対しても~ (2, 0.0%)

2 より統一的

▼ 他のみ~ (2, 0.0%)

1 ことと, 仏に

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 ダットの, 風俗壊乱に

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 害シテ私ヲ, 運ンダリ湯ヲ

▼ 他事物~ (2, 0.0%)

1 として某, によって決定

▼ 他二三~ (2, 0.0%)

1 のこの, の将

▼ 他五六人~ (2, 0.0%)

1 の新聞記者, 居る邦人

▼ 他仕方~ (2, 0.0%)

1 がない, ないもの

▼ 他何人~ (2, 0.0%)

1 かの友達, に従かれた

▼ 他何処~ (2, 0.0%)

1 にも存在, の渡船

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 に徹す, は切れる

▼ 他処しい~ (2, 0.0%)

1 友達甲斐の, 妻

▼ 他分旧暦七月~ (2, 0.0%)

2 の満月

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 から移っ, でなにか

▼ 他幾万~ (2, 0.0%)

1 の常識, の燈明台

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 について私, の秀逸

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 一門と, 城下に

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の存在, を呼び求むる

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の壓迫, を混淆

▼ 他易い~ (2, 0.0%)

1 ことだ, であらう

▼ 他殺され~ (2, 0.0%)

1 その死体, ている

▼ 他殺された~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 他氏出~ (2, 0.0%)

2 の后

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 での存在, までに移る

▼ 他無し~ (2, 0.0%)

1 と云々, 未だ依るべき

▼ 他百千~ (2, 0.0%)

1 の新, の申し出

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 には道, は肩幅

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の夢, の意識

▼ 他種々~ (2, 0.0%)

1 な學問, な菓物

▼ 他等々~ (2, 0.0%)

1 の性格, の方寸

▼ 他~ (2, 0.0%)

2 の生徒

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の区別, の際

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 と並行, にい

▼ 他色々~ (2, 0.0%)

1 あらう, に云った

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の富士山, の山

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の吏道, は地上

▼ 他~ (2, 0.0%)

1 の役人, 特に岡山以北

▼1* [274件]

あらぬ貫一なれ, 他あらんや, 他目付役皆様残らず, 他かと訝しさ, 他かにほかならない, 他からでも融通は, 他この豪傑が, 他こまかい数字を, 他これから後で名を, 他ごとでない, 他さえかほど気づかう, 他さまざまの道具, 他しつかりとしてゐ, 他しばしば催されるよう, 他じゃねえ銭形の, 他するに際し, 他ずゐ分いろ, 他たくさんあって, 他だつたら味噌さへ, 他ちいさき事は, 他であって特に, 他であり政客としては, 他でこそ店頭で, 他ですがな, 他でもねえこの人形, 他とかいうような, 他とに対立させ, 他どうする事, 他どのような, 他なかるべからず基督の, 他ながらでもお覚え, 他などを指すの, 他なにごとも忘れ, 他ならず従ってここ, 他ならないだろうからである, 他ならないであろうから, 他ならなくなるのだ, 他ならぬではない, 他なら知らず河野へは, 他なりませんが先住, 他なんともしやうは, 他における如君を, 他におけるよりもわれわれの, 他にかけかえの, 他にかけてうごめかし処, 他にからだの, 他にこそつまり一切, 他にたいして自我を, 他にってあったかしら, 他についてもこの点変り, 他にてを知らなかった, 他にとは何か, 他になんかおはこは, 他にねこうと, 他にはとンと, 他にばかり貢いで, 他により高く恵まれた, 他によるべのない悪人, 他にをりません一人者, 他のとかへると, 他のにと移って, 他のみを批難し, 他はねえと云って, 他ばかな事, 他へでも往った, 他へまで重ね合わせる運動, 他まだ数えられるかも, 他までも含む, 他もう一つの, 他もっと理由が, 他やんごとなき方々香水の, 他よくなってるので, 他よりずつと高くのびた, 他よりの先約容赦あるべく, 他の備え, 他ありません, 他わずかに数カ条, 他をかへりみぬ性格, 他を通しての労働過程の, 他を通じて一九二九年来初めて, 他ひとば, 他ニワツトリガラ倉泥亀河童の金さん, 他ハムエグスのみうまし, 他ミニツステーキとマッシュド・ポテト, 他ミルクブラザースとミス・コロムビア, 他ヨーロッパではスペイン, 他ヴァレリイの, 他一々は云, 他一つも見る, 他一ダースのそうした, 他一二の名物見物, 他一二ブック・レヴューを主, 他一游亭折柴古原艸等にも恩, 他七人のお前, 他三人の者, 他三代集から段々, 他三四の友達, 他不景気の問題, 他世間でも余り, 他中間の種々相, 他の境, 他之に従う高宮三河守大野木大和守その他何れも, 他二か所ばかり削除, 他二三人に過ぎない, 他二十年間わが邦人, 他二箇所ばかりにそれから, 他二部に分れ, 他人がましゅう申して, 他今度はうまかっ, 他何たる規定は, 他何と悦ちゃんを, 他何とか学者が, 他何事もない, 他何物でもない, 他佛教に通じ, 他俳優にし, 他の學資, 他偏見無しには見られなく, 他を乳, 他全て無料なるべくしかして此巡回文庫, 他全体認識の確証, 他凡そ一家を, 他其の犬, 他分そが最終, 他分偽せ者, 他分小説の如き, 他分表で斬られた, 他別に病気は, 他到るところで, 他前人未知の奥穂高, 他動かすべからざる証拠についての, 他自在天, 他化自在天宮に, 他十数名と共に支配人室, 他印度及び波斯, 他及びこの人達, 他古今圖書集成四庫全書考證等を納め, 他家の, 他を見る, 他周圍に寫したる, 他とか金銭, 他商品の量, 他囚中に見ざる, 他四五人の綺麗, 他四岳の如き, 他国々ヨリ奪ヒ, 他国定教科書の改正, 他執る道が, 他場事の様, 他だけは確, 他に運ぶ, 他多少繪聲問題に, 他學の, 他大まかに云った, 他奥村八右衛門をもって訴人, 他如何なる流派でも, 他を顧みる, 他婦女に対して戯れ, 他實地に就い, 他楢クサボケ, 他局店ハ曰ク三福長屋曰ク恵比寿長屋等各三四戸アリ, 他岩波の, 他の分, 他已に罠に, 他巳吉の声, 他巳吉様と他, 他平日にても普請, 他広くて私, 他役に立ちましてね店, 他役免除の特権, 他往来のしようが, 他御機嫌で, 他やすい気, 他心配のこと, 他思ひやうが, 他思へないよ, 他恐らく考えよう, 他る女流画家, 他手紙や買物, 他政綱に対する理解, 他救済者が皆糧食, 他が少なく, 他数人の歌俳及古今体狂詩, 他数学上にても微分法, 他族結婚をした, 他日本人が漢書, 他及び陰陽思想, 他がある, 他と相, 他未だ之れ, 他國の, 他村山知義氏の, 他果して黒衣なら, 他森英治郎が願, 他の花魁, 他様々に云われ, 他正しそれは, 他歴切との二音, 他残らなかつたのでさて, 他母徳子と私, 他氏他門から勝手, 他民族の神経, 他を得られない, 他汚吏ならぬもの, 他沢山に歌, 他泊るべきところなき, 他浅草で始め, 他滅多に道場, 他漢文訓読の上, 他為方がなかつた, 他無い気持な, 他無し太陽が放散, 他無し重宝何物か之, 他片山といふ人, 他物質がない, 他特別なる場合, 他の子一匹, 他猿丸強羅ホテルマネージャー水之江滝子等, 他王應麟と關係, 他珍しき歌詞少から, 他瑣細な點, 他生き伸びる工夫が, 他発起人として尽力, 他的人道主義には悉く, 他的傾向になり初めました, 他的利己主義者と呼ん, 他的実行が伴わね, 他的手段を廻らす, 他的興味の強い, 他的衝動の萌芽, 他揃ったわけ, 他目下滞在は森田たま女史ぐらゐの由, 他目慧くも僕を見付, 他省方面の閣僚, 他眞僞は疑, 他をどうしても, 他石井漠伊藤道郎高田雅夫南部邦彦といった後年, 他では現せない, 他組以上じゃが肝腎, 他もございません, 他に記憶, 他苦楽の塵, 他菅公と加藤肥州, 他落ついてゐ, 他鼠クレープドシンアフタヌン一着保証金, 他要するに吾, 他要素の複合いかん, 他なり, 他語以て之, 他語謹勿頑愚似汝爺矣, 他に従って, 他へ廻す, 他論派に異なる, 他先生が, 他赤鉢卷隊は全力, 他がなかっ, 他踊れないので自分, 他身許を知るよす, 他近頃出来たリッツ, 他通家といい, 他連盟の諸, 他逸る氣の, 他酒井忠勝堀田正盛板倉周防小堀遠州, 他重い物一つ持った, 他かつた, 他開気館という小ぢんまり, 他眞教及び, 他階級の既成文学, 他難破信號とか今, 他青木壮一郎細田民樹谷川徹三安田義一諸氏の主張, 他面白くもない, 他食べるわりにうまい, 他香具師は迷惑そう, 他高く評価する