青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仕舞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仕事~ ~仕度 仕度~ 仕掛け~ ~仕方 仕方~ ~仕業 仕業~ ~仕様 仕様~
仕舞~
~他 他~ ~他人 他人~ 他国~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた

「仕舞~」 1263, 13ppm, 8419位

▼ 仕舞~ (128, 10.1%)

14 のである 9 のです 6 のだ 5 のが 4 ぢや, のは, 斯樣な 3 ことが, であらう, 事も, 方が

2 [11件] が好い, が宜, のであらう, のも, のを, やうな, やうに, 事が, 人民を, 失敗を, 餘りだ

1 [48件] が, が二十代, ことに, つもりで, で英吉利人, といつても, に相違, に違えねえ, ぬらくらした, のであつ, のでこんなに, ので小さな, ので已, ので從つて常人, のにこんな, のねエ, まで立つ, わけには, わけも, 一口に, 丈で, 事だ, 事の, 例も, 個人の, 其代償が, 其費用が, 冬物の, 処でした, 勇気も, 印度は, 即ち当人, 性質の, 所です, 折も, 斯う, 是等は, 様だ, 様な, 様に, 此村を, 気が, 理由は, 癖が, 者は, 訳ぢや, 迄横, 運命を

▼ 仕舞~ (100, 7.9%)

7 して, なつた

2 [16件] お菊, この世を, とう, なったの, なりました, なるの, 下駄を, 何か, 医者に, 小六, 本棚の, 梅子が, 気が付いて, 涙を, 結婚は, 聞いた

1 [54件] あつたの, あんな取柄, お嬢さんを, しただけ, した方, した程, してな, しな, しよう, しろそこ, では若旦那, とうとう堪え切れなくなった, なった, なつたんだらう, なつて, なると, なるまで, なる頃, なれば, ぴたりと, もう悉皆癒つた, やしつぽ, アンニュイを, アンニユイを, レイモンが, 一人の, 何等歟, 其家庭の, 取りかかった, 唯嫂, 奪取る, 宗助が, 巧者であり, 御主人, 思い切って, 思ひ切つて, 戸塚と, 撚糸の, 政府は, 東風が, 気を, 焼いて, 牧野の, 獄窓を, 糸程, 紺の, 聞き出した, 自分の, 行つて今度は, 軽薄な, 連署し, 鐵の, 雜作なく, 高い祈祷料

▼ 仕舞には~ (92, 7.3%)

2 [13件] あきらめて, それが, だん, 世の中が, 些と, 何の, 持て余して, 斯様に, 朝奇麗に, 本当の, 梅子も, 眼球から, 自分ながら

1 [66件] お粥, お臀, かがまねば, きっと, こんな人, ごく些細, そのど, とう, とうとう帰っ, どうしても堪え切れなくなっ, どうなる, どう始末, ドウも, ブルージンを, 一人で, 上草履を, 主人の, 久米に, 先生が, 医者どのさえ, 友達が, 受取ったと, 受取つたと, 右手を, 天ぷらの, 如何云う, 妻の, 姉さん一寸こ, 宗吉といふ, 屋敷を, 川と, 平凡な, 弟が, 我慢が, 我慢し, 手が, 手桶を, 時候の, 東風と, 校長が, 根氣が, 根負けを, 洋書を, 流れ流れ, 清々しい冬, 漱石は, 父の, 眼が, 眼の, 私の, 米を, 羊が, 考直し, 肉体の, 腹這に, 自分も, 舞台へ, 街の, 見れば, 足が, 近所の, 途で, 通って, 鎖国攘夷と, 面倒に, 顳

▼ 仕舞つた~ (81, 6.4%)

3 といふ, んだ 2 かのやう, から同君, から明日來, と笑, は重々惡, んです

1 [63件] かと思ふ, かの風, かも知れない, かも知れなかつた, かも知れなかつたらう, から今更, から六朝, から四十八萬圓, から換, から身過ぎ, が, がお, がどの, が又, が寧ろ, が思出, が拓本, が本, ことが, ことだ, ことで, こと地代は, それから一方, それから村, だから其以上, でがす, ですよ, で私共二人, で私等二人, との評判, とまさか, と云, と代, と同じ, と大, と思ふ, と言つて, と語つて, なら今, ので, のであつ, のでこれ, のでせう, ので兄弟, ので其, ので煮, ので狭い, ので肝心, ばかりのところ, までのこと, ものが, ものだ, もんです, やうな, よ, んで探し, デ篠田先生, 代助, 何故に, 死んだ赤ん坊, 為か, 直ぐ隣村, 程だ

▼ 仕舞つて~ (58, 4.6%)

4 あつた 3 ゐた, 置いて 2 ゐる, 置く金時計, 見たり

1 [42件] あるの, からカテリーナ, から神, から追, しまつ, そして其, そして其の, そして帳場格子, そして禽獸, た, だん, は完全, は葬式, まあちやん, も左, も心, も楽しみ, も此處, も観客, ゐて, ゐるの, ゐるのに, 何時の間にか常人, 又そこら, 可哀さうに, 居たに, 居る, 居るの, 居るので, 愈批評, 既に車, 果さなかつたと, 漸やく, 激し易く感じ, 然し自分, 置いた, 置くと, 聴かうと, 見ると, 起ちかけると, 這入つたら如何, 遮二無二旦那さま

▼ 仕舞~ (49, 3.9%)

19 して 2 してを

1 [28件] した, したり, した若い, する, すると, せられた, てきぱきと, なおしてから, やること, 修練した, 度々相, 急ぎて, 正して, 済まして, 獨言に, 直すつもり, 直そうと, 稽古する, 習って, 自慢に, 舞うこと, 舞ったの, 舞われますので, 見せるので, 見た事, 見る事, 見一調, 見次ぐ年

▼ 仕舞~ (48, 3.8%)

4 になつ 2 ぢや, にし, はしない

1 [38件] ささ, その上, その二年後, ながら彼, にされ, にする, になつてしまつた, になる, にはする, にはつまらない, には兩方共憂鬱, には大, には彼, には彼処, には泣き, には私, には自分, には身, には金, には飛行機, に姉, は, はしないだらう, をし, をした, 僕は, 六十五歳で, 午前の, 同時に此層楼, 多分仲間, 幾日の, 狹い, 竿頭の, 終へる, 縁側へ, 舟を, 船に, 込むといゝね

▼ 仕舞~ (45, 3.6%)

9 ねば 3 うと, なければ 2 うか, せたり, 小僧の

1 [24件] あ, いたして, いつも狐つき, うかとさ, うかとも, うかと何, うかと思つた家, うかと思つて, うつて, うとは, うよ, そういうもの, ないそれ, ないと, ないまでも, なくつ, 中, 今の, 健全と, 喝采を, 大成功, 庶民生活の, 整えられ美, 近頃お前

▼ 仕舞~ (42, 3.3%)

2 一番は, 如きは, 形を, 手を, 稽古を

1 [32件] お稽古, が普通, ところに, ふうも, へッ, もつ古典的, ような, テントへ, 一さしを, 一手も, 一枚で, 一枚を, 中でも, 出來た, 図にも, 城であります, 年暮の, 心得が, 扇と, 扇の, 扇を, 手づたひに行つてゐる, 最中後家の, 果てには, 濟むのを, 祝という, 舞扇だけに, 良い方, 荷物を, 衣裳と, 言葉を, 銚子を

▼ 仕舞つたの~ (38, 3.0%)

8 である 6 です 32 か, では

1 [17件] かと思ふ, か其所, ださうである, だと, だらうと, であらう, であるが, である彼等, ですく, です彼等, です美智子, です藤野, はそれ, は人人, は今, は何, よ

▼ 仕舞~ (33, 2.6%)

3 と云う 2 から今, がその, のは

1 [24件] かも知れない, から, からである, が今日, が夫, が若しも, けれども何分, その晩, とやれ, と言, に違い, のでしょう, のです, ので所謂藩, のに抜けない, よ全, 事が, 家で, 後で, 後の, 様子だ, 爾う, 瑣末な, 跡

▼ 仕舞~ (26, 2.1%)

2 源とも

1 [24件] その足, サア出来上った, ソレから, ソレカラ愈, 二時間ばかり, 今後増惡の, 今挟, 代りの, 八百八町は, 出て, 到頭降参, 又翌日, 唯の, 国旗を, 塾生の, 徳利は, 昔の, 残た, 短かい, 紙数は, 置く, 置て, 自分は, 英学に

▼ 仕舞ふと~ (23, 1.8%)

3 云ふ 2 いふこと, 後は

1 [16件] いふやう, そのま, オスカア・ワイルドが, キニゼイ先生も, 一人娘を, 云うても, 云つてわざと, 云ふこ, 安心し, 尻が, 彼は, 思はれます, 直ぐに, 素の, 赫と, 逸子は

▼ 仕舞へば~ (23, 1.8%)

2 又見舞ひま

1 [21件] それで済む, それ迄, どうする, もう用, 健康體の, 全然もう放うたらかし, 其奴が, 嚢中た, 夫で, 実際あやしむ, 小供欺, 後は, 從て, 時計手帳蟇口手巾地図辞書万年筆と, 氣は, 永久此恩給に, 猶以, 真くらやみ, 私も, 立派な, 純氣

▼ 仕舞~ (21, 1.7%)

2 あきらめて, ば手が, 弱虫にげる, 思ひ切つて仕舞, 諦めて

1 [11件] つて云ふ, ない事, ば何んで, ば大した, ば好い, ば監督の, 然う, 若し取, 行くほど, 行く程, 行つて十分な

▼ 仕舞ひました~ (13, 1.0%)

1 [13件] がそれでも, が団子坂, が私, けれどさて, しろくに, し半分, ね, のです, のねエ, よ, 何だ角, 姉御昨夜私は, 是れ

▼ 仕舞まで~ (13, 1.0%)

1 [13件] お読み下さい, ごゆるり, 他人を, 別に, 君に, 拝見する, 本気に, 渡りを, 猛烈な, 縁談の, 聞く積り, 見て, 読み通さなければ

▼ 仕舞~ (11, 0.9%)

2 よくて, 出來 1 すむ, 宜い, 済んだ後, 濟んで, 終ると, 良いから, 良いばかり

▼ 仕舞~ (11, 0.9%)

1 [11件] がつづき, が建っ, であった, のこと, の二階, の土間, の小母さん, の屋根, の月影, ばかりで, ばかりである

▼ 仕舞~ (11, 0.9%)

3 眼を 1 君に, 平面での, 意見の, 手を, 聞く積, 読み通さなければ, 譯し上げた, 辛抱し

▼ 仕舞~ (10, 0.8%)

2 に近い 1 から帰った, から歸, であた, に入り, に浸っ, へ, へ入っ, をつかった

▼ 仕舞ひます~ (9, 0.7%)

2 第一 1 から, が, たしか裏通り, と何, ね, の, 御祝

▼ 仕舞~ (8, 0.6%)

3 ておいた 2 ちやどう 1 たま, たり商業, ておいたら

▼ 仕舞~ (8, 0.6%)

1 いうものの, なった, なつた, なりました, 力んでも, 称する高尚, 致しまして, 致します

▼ 仕舞ました~ (8, 0.6%)

2 といふ, よく今夜, 貴君には 1 何か, 此頃の

▼ 仕舞~ (7, 0.6%)

1 から, が昨夜主人, と思いました, と思ふ, な, ね, ッ

▼ 仕舞~ (7, 0.6%)

1 がった, はるやろナ, ア宜, 書に, 謠より, 謡より, 鼓で

▼ 仕舞~ (7, 0.6%)

2 たの 1 たえ, たが, た実は, てからで, とい

▼ 仕舞ふか~ (6, 0.5%)

2 もしれない 1 と云, もわからなかつた, も知れない, も知れません

▼ 仕舞~ (6, 0.5%)

1 が一軒, なりき, に挟み, のみぞ並び, の土蔵, の軒

▼ 仕舞~ (5, 0.4%)

1 て, ておけ, てゐる, て鏡, ものか

▼ 仕舞~ (5, 0.4%)

1 ござりました, 博士夫人の, 忙しかつ, 忙しそう, 袖を

▼ 仕舞という~ (5, 0.4%)

2 ものは 1 ときに, ような, 形である

▼ 仕舞~ (5, 0.4%)

2 んだ 1 ことは, のか, のが

▼ 仕舞ひだ~ (5, 0.4%)

1 お仕舞ひだ, つた, ね, よ, わいと悲壯

▼ 仕舞ひ込ん~ (5, 0.4%)

2 でしまひました 1 であつ, で又, で置いた

▼ 仕舞ふて~ (5, 0.4%)

2 腹掛の 1 は源太, 何所までも, 茫然と

▼ 仕舞風呂~ (5, 0.4%)

1 とすれ, に入っ, の差別, の混雑, の湯

▼ 仕舞つた時~ (4, 0.3%)

1 にから, ね艶子さん, の借り, の殘

▼ 仕舞などを~ (4, 0.3%)

1 して, してを, 教えようと, 教へ

▼ 仕舞にな~ (4, 0.3%)

1 つたのは, つた衰へ, つて欠伸を, つて貧乏臭い

▼ 仕舞ひたい~ (4, 0.3%)

1 のだ, のである, やうな遣, 程佳い

▼ 仕舞へと~ (4, 0.3%)

2 思案は 1 先生様が, 怒つて

▼ 仕舞込ん~ (4, 0.3%)

2 でしまった 1 でお, で置く

▼ 仕舞~ (4, 0.3%)

2 にチョット 1 に成, に瑠璃子

▼ 仕舞うた家~ (3, 0.2%)

1 に片, のよう, へ逼塞

▼ 仕舞がら~ (3, 0.2%)

2 な此処ら 1 なうなだ遊ば

▼ 仕舞つたら~ (3, 0.2%)

1 何うです, 却つて苦は, 楔で

▼ 仕舞つた舟~ (3, 0.2%)

1 はもはや, は波, や竹棒

▼ 仕舞です~ (3, 0.2%)

1 かねえ, って, よ

▼ 仕舞でも~ (3, 0.2%)

2 して 1 地謡

▼ 仕舞ふから~ (3, 0.2%)

2 起る事 1 である

▼ 仕舞~ (3, 0.2%)

1 まじって, ものうくそこ, 上手であった

▼ 仕舞~ (3, 0.2%)

1 で木村堤, に間にあっ, を漕ぎ戻す

▼ 仕舞うた屋~ (2, 0.2%)

1 で主婦, と評し

▼ 仕舞~ (2, 0.2%)

1 ない心持, ない自分

▼ 仕舞お前~ (2, 0.2%)

2 は惜しく

▼ 仕舞たい~ (2, 0.2%)

2 あゝ嫌

▼ 仕舞つたお前~ (2, 0.2%)

2 は不人情

▼ 仕舞つた事~ (2, 0.2%)

1 だなどと, を後悔

▼ 仕舞つた方~ (2, 0.2%)

2 が氣樂

▼ 仕舞つてそれ~ (2, 0.2%)

1 からは一人, に執着

▼ 仕舞つて今~ (2, 0.2%)

1 は一鳥, は緑蔭

▼ 仕舞つて何~ (2, 0.2%)

2 う爲よう

▼ 仕舞なされ~ (2, 0.2%)

2 祖父さんも

▼ 仕舞なと~ (2, 0.2%)

2 言へば

▼ 仕舞なども~ (2, 0.2%)

1 お構いなし, 構つてゐられない

▼ 仕舞な捨て~ (2, 0.2%)

2 お仕舞

▼ 仕舞にも~ (2, 0.2%)

1 一調にも, 何等の

▼ 仕舞はれ~ (2, 0.2%)

1 て井田, 猶

▼ 仕舞ひさうな~ (2, 0.2%)

1 のである, のに

▼ 仕舞ひましたろ話し~ (2, 0.2%)

2 は誠

▼ 仕舞ひ忘れ~ (2, 0.2%)

1 てしまつたの, て其方

▼ 仕舞ひ忘れた~ (2, 0.2%)

1 洗濯物くらゐ, 洗濯物の

▼ 仕舞ひ込んだ~ (2, 0.2%)

1 平次, 雛の

▼ 仕舞ふこ~ (2, 0.2%)

1 とは出来ません, とばかりを望む

▼ 仕舞ふたの~ (2, 0.2%)

1 かこれ, です良人

▼ 仕舞ふだらう~ (2, 0.2%)

2 と思ふ

▼ 仕舞ふんだ~ (2, 0.2%)

1 ぞ危, もの

▼ 仕舞まする~ (2, 0.2%)

2 實家でも

▼ 仕舞ゑゝ何~ (2, 0.2%)

2 うなりとも

▼ 仕舞~ (2, 0.2%)

1 がありました, を描く

▼ 仕舞姿~ (2, 0.2%)

1 の写真, をたた

▼ 仕舞~ (2, 0.2%)

1 で顔, の汚れ水

▼ 仕舞~ (2, 0.2%)

1 を仰, 度々仰

▼1* [164件]

仕舞いなせえ多助様, 仕舞えるほどの深, 仕舞えるだろうからそして, 仕舞たつた九つ, 仕舞かと思って, 仕舞ぐらいは舞う者, 仕舞こめるよ, 仕舞だらうと思つて, 仕舞つたあとでは再び, 仕舞つたいつでも運, 仕舞つたさうです兼吉の, 仕舞つたそれ切り形を見せない, 仕舞つたつて少し, 仕舞つたやうになつた彼女, 仕舞つた一體唐の世, 仕舞つた九里四郎が初め伴, 仕舞つた今日唯残つて, 仕舞つた位空に散る, 仕舞つた割合におとなしい, 仕舞つた友達のこと, 仕舞つた土地や利權, 仕舞つた奴の左, 仕舞つた妾の代り, 仕舞つた始めから形, 仕舞つた姫は悲しみ, 仕舞つた彼の凸面鏡, 仕舞つた所が後, 仕舞つた時分に皆, 仕舞つた本が是, 仕舞つた杖は思へ, 仕舞つた植付けてあります, 仕舞つた様に見える, 仕舞つた気がする, 仕舞つた海は鈍重, 仕舞つた湖畔の別荘, 仕舞つた無名の天才画家, 仕舞つた畑は三十兩田, 仕舞つた私はで, 仕舞つた積でゐた, 仕舞つた網にし, 仕舞つた自分を彼, 仕舞つた記述を読ん, 仕舞つた譯なので, 仕舞つた谷中村は幸, 仕舞つた跡のやう, 仕舞つてお腹は張つた, 仕舞つてサ昨日も今日, 仕舞つて人をたのん, 仕舞つて今日は整理, 仕舞つて件の贓品, 仕舞つて何んとも申訳けが, 仕舞つて何等の疑念, 仕舞つて例の通り読書, 仕舞つて俄苔を貼つた, 仕舞つて借家人が明日, 仕舞つて健康に障り, 仕舞つて元の坐, 仕舞つて其あとにはモニコ, 仕舞つて唯だこれ, 仕舞つて四度か五度目, 仕舞つて土は見る, 仕舞つて對ふところのもの一切, 仕舞つて従姉妹はたまに, 仕舞つて教へは聞いた, 仕舞つて時計を眺める, 仕舞つて机の前, 仕舞つて格別苦情も出ない, 仕舞つて次の代, 仕舞つて歸るに, 仕舞つて火鉢を打, 仕舞つて私にまで斯様丸髷, 仕舞つて自己より卓絶, 仕舞つて身投げまでする, 仕舞つて都會に住み, 仕舞つて電報を碁, 仕舞つといたの, 仕舞てから氏は, 仕舞ては貴方が, 仕舞でなくて巾着, 仕舞でへツ, 仕舞とか囃子とかいう, 仕舞として春の, 仕舞とに就いても, 仕舞と共に家臣たちは, 仕舞なさい落すといけません, 仕舞なされしが今度, 仕舞にゃ取ッ, 仕舞はうと言つた事, 仕舞はれる古い宿屋, 仕舞はんでな, 仕舞はんぢや寝ない, 仕舞一も, 仕舞ひこまれてあつ, 仕舞ひこんだものだ, 仕舞ひさうな重荷, 仕舞ひさうで心配で, 仕舞ひして鏡, 仕舞ひたい心に焦, 仕舞ひたくなつた, 仕舞ひたらば話し, 仕舞ひでしたよ, 仕舞ひで背負投げを食, 仕舞ひどころを, 仕舞ひなすつたので, 仕舞ひなんだから, 仕舞ひぬ冬椿, 仕舞ひましよ汝一人, 仕舞ひ借りた物は, 仕舞ひ得れば兎, 仕舞ひ込まうと思ひました, 仕舞ひ込みそれから大, 仕舞ひ込みたる押入の, 仕舞ひ込むであつた, 仕舞ふおそれを, 仕舞ふかそれが惜しけれ, 仕舞ふから一度に五冊, 仕舞ふから一文半銭自分の身, 仕舞ふから将来の民族発展, 仕舞ふか癇癪を浴せかけた, 仕舞ふか苦しみの中, 仕舞ふして見れ, 仕舞ふし東へ出す, 仕舞ふし汝は固, 仕舞ふた上は, 仕舞ふところまで行け, 仕舞ふと甚だ困るから, 仕舞ふべきもので, 仕舞ふべきなのであるで, 仕舞ふまでは此堤防, 仕舞ふものも, 仕舞ふもんだから僕, 仕舞ふんですが, 仕舞へるのに, 仕舞ほど形式への, 仕舞ますがネ貴, 仕舞もう一儲けし, 仕舞やら三度の, 仕舞をなほして, 仕舞イニハイロイロ馬鹿ヲヤッテ金ヲ遣, 仕舞イニハソバヲタトエ五十人来テモ一パイズツニテモ是非クワセルヨウニシテ帰シタカラ町人ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 仕舞イニハ兄ガ借金ガ蔵宿ノモ切レシトイウカラオレガ竹内ノ隠居ヲダマシテ, 仕舞ウカラ南平ヘオレガ云ウニハハジメテ見テ, 仕舞ウタカラ様子ヲ聞イタラ, 仕舞ウツモリデ来タカラヨク云イ聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 仕舞ッたんだ夫, 仕舞ッタガ二月バカリデ知ッテ兄ガ吝嗇故ニ大層ニオコッタカラ, 仕舞ッテカラ高慢ヲ云ッテ帰ッタガ, 仕舞たらう, 仕舞一調等を毎々, 仕舞兎角正気の, 仕舞六助は小, 仕舞を違え, 仕舞にいたす, 仕舞が聞え, 仕舞家暮らしで十五, 仕舞屋風なの, 仕舞拝見に出向いた, 仕舞時分にヘトヘト, 仕舞湯以上に臭く, 仕舞はどう, 仕舞米屋の隠居所, 仕舞見事に兩, 仕舞で忘れず, 仕舞風呂さそして流し