青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~伝 伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~
伯~
伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~

「伯~」 2677, 29ppm, 4053位

▼ 伯~ (580, 21.7%)

11 如きは 7 人格は 6 理想に 5 徳を 4 公生涯に, 内閣にも, 嗜好は, 性格に, 政治生涯は, 退隱 3 人物を, 退隠を, 銅像の

2 [131件] ことを, ために, エライ所が, ドストエフスキイの, 一派に, 不思議なる, 主張したる, 事業として, 人格の, 伯たる, 信ずる所, 信用を, 健康に, 入閣中止の, 出処進退を, 前功, 前半期は, 創立したる, 力を, 勢力を, 同化力, 同化力が, 同化力の, 同化力を以て, 夜会に, 大なる, 失徳を, 失敗といは, 失蹤は, 如き人民, 如き即ち, 如き好, 如き妄論家, 威望と, 存在は, 存在を, 家へ, 対手に, 對手に, 尖つた頭, 屡々失敗, 平生を, 往く所, 後半期を以て, 後半期二十五年間の, 思ひ掛なき, 思想は, 性格は, 意見に, 意見は, 感化を, 憲法中止論出で, 戯曲中最も, 手で, 手を, 手中に, 批評的態度は, 持論を, 指導する, 指導に, 指導宜しき, 指揮に, 指揮より, 政府改造策は, 政敵は, 政治に, 政治家たる, 政略より, 政略を, 故を以て, 斡旋で, 施設に, 旗下に, 晩年は, 晩節を, 智力の, 智力本位は, 智略を, 最も偉, 最も誇り, 最近生涯に, 東奔西走の, 植ゑ付けた, 歿く, 汝を, 活動を, 煽動家ならざる, 特絶に, 特質として, 猶ほ, 獄を, 理想なり, 理想は, 理想を, 生命なり, 生活の, 系統に, 統督する, 老て, 胸中に, 能く, 自由手腕に, 艶聞なく, 花を, 英姿なく, 行動に, 見る所, 言葉も, 記名なく, 議論を, 豺目狼視に, 財に, 財政が, 資望は, 資望林氏の, 進歩主義は, 進歩党に, 進歩黨に, 運動に, 野心及び, 銅像を, 銅像除幕式に, 長所に, 門に, 門を, 門前は, 門戸は, 隆準, 顔を, 首唱では, 馬車を

1 [256件] いたましい立場, いと奇, いわゆる, うしろの, うちに, うちへ, おたずね, お伴を, お導き, お顔, この行爲, この議論, ご推薦, そばで, たずねて, たのみを, ところを, ねらって, はメガホン型, ふところには, ほかには, ものだ, ものなど, やうに, ように, 下に, 不平組が, 中瀧の, 九牛一毛なり, 事とて, 事業は, 人と, 人生観たる, 人生觀たる, 代理という, 代理の, 令息の, 住邸と, 俚俗この, 偉大な, 像は, 兄の, 先々代で, 党与, 全心, 其れなり, 内務大臣たり, 内閣が, 写真と, 写真などは, 写真を, 出処進退に, 出処進退には, 出現こそ, 出處進退を, 前に, 劇場に, 力与つ, 力與つて最も, 功業は, 勝手にも, 勢力圈の, 勢力圏の, 十時に対して, 原始的生活をも, 友人であった, 口を, 台所に, 名さえ, 命に, 和服姿は, 和睦の, 問に対する, 四人の, 回想記である, 園芸に対する, 園芸道楽は, 園藝に, 園藝道樂は, 埋葬, 執事が, 基督教, 場合だって, 声に, 変説最も, 大同団結あり, 大同團結あり, 大隈伯に, 女との, 女性の, 如き亦, 如き伊東末松, 如く単に, 如く單, 如く未來, 如く未来, 如く社会, 如く社會の, 妙処なり, 妙處なり, 妻であった, 妻として, 妻比良の, 姻戚に, 娘猿子の, 婿某, 子孫という, 子息の, 官は, 家で, 家令岡田吉顕さんの, 家庭教師として, 専売品では, 專賣品では, 崇拝者と, 市民に対する, 年齢に, 幼い顔, 序文が, 庭に, 当時において, 微力為す, 微力爲すなき, 心奥に, 心奧に, 応援演説は, 性格の, 恣に, 意見, 所蔵に, 所見は, 手を通じて, 抱持する, 捕へられたデーフ, 改進党あり, 改進黨あり, 攻撃に対して, 政党扶植に, 政友同志は, 政黨扶植に, 故郷は, 散歩場たる, 旅行は, 旧事, 旧別荘, 昔気質から, 書石碑に, 末女ベアトリス即ち, 朴実, 根拠たる, 根據たる, 極めて個人的独尊的, 權勢に, 歴史の, 死説の, 母季敬姜を, 汎ヨーロッパ主義だった, 治を, 海に, 海の, 演説が, 演説の, 演説は, 為に, 熱烈なる, 熱誠は, 爲に, 父, 父伊達自得翁この, 献策を, 生れ在所は, 産なる, 画廊で, 発達したる, 發達したる, 監視批評向背に, 監視批評向背に対して, 相場は, 相続者として, 相續者, 眞黨與と, 真党, 礼拝堂の, 祕書官たり, 秘書官たり, 秘書官シャブーイエ氏の, 精神は, 細君比良の, 継子に, 総裁時代に, 総長就任と共に, 罪状を, 耳学を, 耳學を, 肖像を, 胆気なし, 腰巾着で, 膽氣なし, 自由党に, 自由黨に, 舞踏会, 苦悩煩悶する, 苦惱煩悶する, 英語の, 著書, 著書に, 蒐集で, 蔵品必ず, 藩閥を, 行径を, 見るところ, 親近者ばかりを, 言の, 言葉が, 許を, 評の, 談として, 警察で, 議論に, 變説最も, 資性が, 資性の, 身辺に, 身邊に, 軍勢空腹を, 辞令は, 辞職は, 辞職を, 辭令は, 辭職は, 辭職を, 退隠に, 連絡は, 道徳本領, 遺稿は, 遺稿を, 遺骸は, 邸が, 邸の, 邸へ, 邸前から, 邸宅と, 野は, 鈴慕でございます, 門下の, 雄弁は, 雄辯, 靈, 靈を, 領所で, 頭上を, 頭脳は, 頭腦は, 風采は, 高笑いが, 黨與に

▼ 伯~ (455, 17.0%)

8 曾て 4 其の言論, 唯だ, 屡々此, 此の, 然ら 3 實に, 早稻田

2 [116件] さう, それを, たと, 一面に, 不幸に, 世界主義を, 之れ, 亦奮つて周旋, 人の, 人民の, 他の, 伊藤侯に, 伊藤侯の, 個人として, 個人の, 個人的意見の, 偉大なる, 其の常識, 其の朝, 其の生活, 其の貨殖, 其の連名, 其の門戸, 其品性識量共に, 其語らむとする所を, 内閣組織の, 利害を, 前原一誠江藤新, 功業を, 勉めて, 啻に門戸, 善く時代精神, 善く貴族, 固より, 土佐派の, 夢の, 大事務家, 大名華族の, 天才の, 好で, 好んで, 如何に, 宗教信者に, 官僚政治を, 小部屋, 少なくとも日本, 屡々彼等, 屡々臨機主義者, 屡次白刄の, 巧みに, 常の, 得失を以て, 必ずしも信服, 必ずしも英雄, 必らずしも, 急激なる, 意見に, 意見を, 憲政本, 才力を以て, 才力偉大なる, 政権に, 政權に, 政治に, 政治上の, 斯くの, 新旗幟, 日本に, 早稲田に, 明治六年始め, 明治十四年改進党を, 明治十四年改進黨を, 明治史劇の, 智力の, 智者を, 最も自由派, 木戸孝允に, 未だ一たび, 未だ遽, 本党, 本黨, 松方伯と, 板垣伯の, 板垣伯よりも, 果して一大同化力, 條約, 極めて潔癖, 次第に之, 此等の, 決して一日, 深く侯, 漸く老, 無意義の, 現在の, 理想を以て, 疑ひも, 直接に, 突然われ, 立憲政治の, 精確の, 老獪に, 自ら謙遜し, 自信強きが, 自分の, 自由党の, 自由黨の, 落, 著名なる, 藩閥の, 西園寺内閣を, 進歩主義の, 遠く手, 閣下に, 首相の, 馬上を以て, 馬車を

1 [189件] あの老年, かたわらの, この大任, この町人, これへも, こんなこと, しかしおしかえし, すでに老人, そういうこと, その一族, その名著, その重任, ものいわで頷けり, よく律, エリザベスの, オランダも, カラカラと, チョッキの, デビーの, トム公という, パィク残は, ロウソクの, 一八〇三年に, 両面ある, 之を, 乱世時代の, 亂世時代の, 予告なく, 予防命令を, 亡くなられた, 亦政党, 亦政黨, 人気を, 人氣を, 以為らく帝国を, 以爲らく帝國を, 伯自ら声言したる如く, 伯自ら聲言したる如く, 住んで, 何かの, 何を, 余輩が, 俺を, 偉観を, 偉觀, 元來本黨, 元来本, 兄の, 克己仲は, 党則改正党勢拡張に関する, 兩面ある, 公平である, 公然自由党員, 公然自由黨員, 其の未來, 其の未来, 前の, 十六世紀の, 単身に, 反対党の, 反對黨, 同時に自由党, 同時に自由黨, 命じた, 單身に, 園芸を以て, 園芸道楽を, 園藝を以て, 園藝道樂を, 堤防を, 外務省の, 夙に泰西, 多数の, 多數, 奈都子の, 妙義也, 始めて自由党, 始めて自由黨, 実に天性進歩主義, 実に失敗, 実に無冠, 寤生と, 少しく不自然, 岐阜において, 常識の, 弁論演説に, 当時の, 役人に, 彼の, 彼女を, 息子の, 我国でもという, 戦争の, 指を, 政党の, 政党内閣の, 政友会の, 政友會の, 政権を, 政權を, 政治の, 政黨の, 政黨内閣の, 文部省の, 日吉の, 日吉へ, 早稲田大学の, 是等の, 最も聡, 最も聰, 未だ天壽, 未だ天寿, 条約改正の, 条約改正問題を以て, 果して憲政党, 果して憲政黨, 梵学者また, 欧化したる, 歐化したる, 此陶鋳, 此陶鑄力に, 母親に, 民権自由論の, 民權自由論の, 決して切腹, 決して単純, 決して單純, 沈默を, 沈黙を, 派手好きじゃという, 深く心, 漢儒であっ, 犠牲的精神に, 独り当代に, 独自一己の, 独軍の, 狭義に, 狹義に, 獨り, 獨自一己の, 理想派詩人には, 町醫で, 盗賊であった, 目を, 眞志屋の, 社会に, 社会各, 社會に, 社會各階級の, 神経質の, 神經質の, 私党を, 稀れ, 稍, 終始政党内閣, 終始政黨内閣, 終始殆ど反対, 絶対的政治万能主義に, 絶對的政治萬能主義に, 老來野心, 老来野心, 聡明自ら恃むが, 聰明自ら恃むが, 自ら此会席に, 自ら此會席に, 自宅に, 自由党なる, 自由民権論の, 自由民權論の, 自身で, 自身先づ政友会に, 自身先づ政友會に, 若く能動的, 落ちつきを, 薄とぼける, 藩閥を, 言へ, 諾威人ださうで, 識見極めて, 豫告なく, 身を, 辯論演説に, 過去の, 霊魂ある, 露国皇帝の, 靈魂ある, 静かに, 鳥井さんに, 黨則改正黨勢擴張に

▼ 伯~ (163, 6.1%)

4 内より

2 [36件] ゐて, 一族なり, 七年間の, 乖謬無名の, 二十二年の, 他の, 伊藤侯の, 伊藤侯を, 先師に, 其の前半期, 其の後半期, 初め屡々, 嘗て官吏, 大変心配し, 如何に, 娘イイダ姫に, 子某, 心中にて, 手際巧みに, 政治を, 政治家としての, 早稲田へ, 明治十五年を以て, 此等の, 歿く, 清濁併せ呑む, 熱心に, 能く, 自分の, 親近する, 言論を, 近代文明呪詛の, 運命の, 還暦を, 野に, 高等商業の

1 [87件] あつて, あり柳生家, お目ざめ, お話を, ここに, この会話, これに, そのこと, その実際, それを, たしかに, たたみかけて, ただ一軒である, たった一人, やった, わたくしの, アイルランド代官として, エリザベス女, ナポレオン式の, ポケット内に, 一身を以て, 世に, 世を, 久しく政権, 久しく政權, 会長と, 僕らに, 党首として, 入って, 八九年前に, 別館へ, 告げ口した, 国民的運動の, 國民的運動の, 城を, 外交団に, 外交團に, 姉の, 孝の, 官職令の, 巨額の, 平和主義の, 強硬主義を, 当時すなわち, 当時の, 後なる, 徳川方の, 応援演説に, 戦争に対する, 戦争中に, 斉彬公の, 断然本, 新条約案, 新條, 新王擁立, 斷然本, 時計を, 暗殺され, 来て, 果して韓国問題, 果して韓國問題, 棒を, 欧州を, 清人霞錦如の, 甚だお, 當時の, 皇室に対する, 目を, 石に, 素食を, 総理を, 總理を, 老傷病兵, 芸術論は, 藝術論は, 言った通り, 訪問した, 貴族の, 身投でも, 辞職を, 辭職を, 連署し, 鉱毒に, 頗る元気, 願を, 餉に, 黨首として

▼ 伯~ (154, 5.8%)

6 で降りる 3 大學

2 [14件] から汽車, とあり, に留まり, に赴く, のほう, の労働者, の厳か, の土, の市中, の松下旅館, の空, へはいった, へ来る, へ着く

1 [117件] から一時間, から受けた, から露西亜, か巴里, でこんな, での経験, ではすべて, ではパリー, では東洋語學校, でもう少し, でも今, でエミイル・オオリツク, でストックホルム, で客死, で此人, で死んだら, で現在眼, で聊城, で高等学校, との比較研究, などで興行, なる巖谷小波先生, にあった, にいます, にちらほら, には青楼, にゐた, に五日滞在, に來, に向, に回るべし, に居られる, に帰り, に滯在, に留学, に職, に著い, に著き, に行き, に行く, に行ける, に行つて, の, のまち, のむかし, のカイゼル・ウィルヘルム街, のコム代議士, のレアタア停車場, の一書肆, の一瞥, の万国地学協会, の中, の人, の仲秋, の俘虜収容所, の傍, の千村教授, の友人, の各, の国立銀行, の圖書館長, の地, の夕, の大通, の女, の女子美術学校, の女學生, の小産階級, の市内, の建築, の悲運, の新, の星, の汽車, の流行, の留学生, の留學生, の皮相, の眼病院, の背後, の茂吉, の街上, の道路面, の郊外, の酒場, の雑沓, の雑踏, はあらゆる, はよかつ, は昼, へやがて, へ参りました, へ帰った, へ引張, へ行きました, へ送られました, へ連れ, へ雑誌, へ飛行機, まで参ります, や倫敦, や維納, よりの土産, よりエレン・ケイ宛, より帰, より来る, を以て起算点, を出る, を圧する, を流る, を立っ, を迂廻し, 初夏月, 大學教授ホロート氏, 大學生, 若しくはライプチヒ, 酔うが

▼ 伯~ (149, 5.6%)

23 して 6 於て, 比すれば, 至ては 4 非ず 3 非ずして

2 [28件] 一面識すら, 代る可, 依て, 依りて, 信服する, 優ること一等, 優れるもの, 内務大臣の, 及ばざり所以, 取つて, 同化せらる, 向ては, 善を, 在ては, 對する, 屈致せざりし, 政治上の, 於けるは, 望みたり, 望むべからず, 期するに, 棄てられたる本, 繋け, 責むべ, 逢ふも, 非ずや, 頡頏せ, 頼んで

1 [45件] お礼の, しても, とつぎて, どんなに驚喜, なったの, よりて, よろしくという, 与ふ是, 与へ, 会い東上, 似たところ, 作つてあ, 偶然二人だけで, 入ったが, 向て, 天保銭一枚わけ, 嫁ぎて, 寄す, 専属する, 專屬する, 属しゼームス・ボルベージ之, 手渡さなければ, 打ち向かいて, 接して, 書いた, 服従し, 服從し, 比し明, 異議を, 祷ると, 紹介せん, 紿き殺された, 脈を, 至る七篇, 行き違い, 親補, 言って, 語ったとき, 謀りて, 謁し, 謁す, 謝し, 負きぬ, 進言せる, 面会し

▼ 伯~ (146, 5.5%)

19 して 4 中心と, 外に, 訪ふて 3 奏薦し, 奏薦したる, 称して, 稱し

2 [27件] ガッシと, 中心として, 伊藤侯に, 侮辱する, 促が, 愛好せりと, 政府の, 敵視したる, 無責任の, 煽動し, 煽動家と, 紹介する, 見るに, 訪問し, 評するの, 評すれ, 認めて, 誤解する, 論じて, 譏る可, 識る, 近世の, 醢に, 重から, 閣員と, 首相と, 首領と

1 [49件] あつめ紂王, あわれんで, ここへ, すっかり信用, つれて, つれ諸国, ねらって, 世界に, 中心に, 処分すべし, 初め写楽を, 初め旧, 刺さんとして, 大蔵大臣たらしめ, 大藏大臣たらしめ, 失ってから, 始めとして, 崇めたる賛辞, 崇めると, 巧みに, 思い出させ又, 恐れず彼等, 戴きて, 押廻わして, 指す, 掴み一転竹柏園, 棄て去った中, 正賓としての, 然り, 用いんや, 祭つたので, 稱する, 第二, 総理と, 総理として, 縮み上らせた眼, 總理と, 總理として, 見た, 見た時, 訪ねて, 退隠せしめて, 退隱, 除く外, 集めて, 頌する詩, 頑固なる, 駆つて不平党, 驅つて不平黨の

▼ 伯~ (96, 3.6%)

4 接近する, 聯合し

2 [17件] いへば, 事毎に, 同一運命に, 同時代頃, 同盟し, 善く相識, 喧譁別れを, 意見を, 政治上の, 深縁, 異る, 直接に, 相約し, 相見る, 自ら別種の, 親まざる, 説を

1 [54件] いっしょに, いって, いふ者に, その子, その後妻の, なりただちに, なる, ほぼ同, みな立ち会いの, サルキンの, シュザンヌ嬢とが, ツールースの, ベルナードとが, 一緒に, 争へ, 争へり, 云ひ, 付けられた, 会見し, 副領事フォヴェル, 同じやう, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼ぶの風習, 土倉氏との, 大逆罪, 山県侯とは, 山縣侯とは, 席を, 意気投合し, 意氣投合し, 憲政党, 憲政党との, 憲政黨, 憲政黨との, 故陸奥伯, 故陸奧伯, 文五郎を, 書いた, 會見し, 正反, 正反対の, 爭へ, 申す者, 社会各, 社會各階級との, 私との, 称した, 結びつけて, 結婚時代の, 言ふ, 言葉を, 量刑の, 駢立し

▼ 伯~ (37, 1.4%)

2 が講釈

1 [35件] から聴かされた, がこらえかね, がポツクリ, が女, が斯道唯一, が腹, が降参, だつたが, といえ, とかいう新, とかいふ新, とその, に似た, の, のもと, のやう, の冥福, の描きだす, の新作, の無言, の珍しい, は, はいま, はそれ, はひどい, は人, は元来女たらし, は否, は師匠伯山, は故, は暫く, は私, を思出, を神経衰弱, を見た

▼ 伯~ (29, 1.1%)

2 の母

1 [27件] がこたえた, が元来, が出, が孔子, である, とわかれた, とを比較, と並ん, と親しい, にいわれた, にたずねた, に問い, に変, に接近, の姿, の弟, の方, の死, の話, はいった, はしばらく, は孔夫子, も夢中, も妻, も満更, を囮, を生ませた

▼ 伯~ (23, 0.9%)

3 の内 2 の, の時代

1 [16件] からはじまっ, が, があらゆる, が旧, であって, の丹道, の思想, の撰, の著書, の道, は, はこういう, は王弼以前, よりは八百年, より数百年, をわれ

▼ 伯夷叔斉~ (22, 0.8%)

1 [22件] あり, に対して恥じる, に望みたい, のみは独立行動, のよう, の伝, の如き, の心持, の時代, の美しい, の話, は天下, は旧悪, は首陽山, は馬, も太公, も猫, をどう, を学ぶ, を気取り, を罪せ, 与

▼ 伯母御~ (22, 0.8%)

2 にあたり

1 [20件] から注意, が, がお, でもこれ, と申し, ならば, におなり, にしめ出され, にたよられる, に縮み上っ, に逢った, のお, のマーウラ・フォーミニシュナ, の意見, はお, はまだ, は渡辺, もなかなか, もよくよく, を京

▼ 伯~ (21, 0.8%)

2 亦曾, 唯だ

1 [17件] いつか狂信し, お坊主, せめて娘, そこへ, よくよく女, 亦スラーヴ人, 亦余り, 亦餘, 名うての, 家庭教師によって, 常にルバシカ, 弱ったという, 愉快だった, 敦子も, 止めるの, 気の毒かつ, 非常な

▼ 伯~ (21, 0.8%)

3 と叔斉, を三后 2 や杜, を慕う

1 [11件] という男, などの如き, に比, の如く, の爲め, の風, は時, を入れた, を入れる, を慕わん, 代列三后者

▼ 伯~ (18, 0.7%)

1 [18件] が全盛, が関東震災記, とか或は, とか或はまた, と横浜公演, と見, には殆, の, のこの, の急かず騒がず, の話, の講談, は, はこの, は何時, は浅草, もでた, もなかなか

▼ 伯とは~ (16, 0.6%)

2 互ひ, 共に他, 夫れ, 政界の, 松隈内閣組織の 1 かさなる好, かさなる好み, 全く正反対, 当代の, 思わぬ機縁, 當代の

▼ 伯~ (15, 0.6%)

2 を殺した

1 [13件] という人, という者, と別れた, の家, の門, はいそいそ, はひざまずい, は隣村, は驚い, を, を殺し, を過る, 驢に

▼ 伯~ (14, 0.5%)

1 [14件] が兄, が餘, だつて, の住ん, の死骸, の部屋, の野郎, はこの, は全く, は公事師, は自分, は花見船, も竹屋, をうんと

▼ 伯五郎~ (13, 0.5%)

1 [13件] から参四郎, がやつ, がゆ, だな, と挌闘, につく, にゼーロン, の到来, の姿, の容貌, の眼つき, はその, を口説い

▼ 伯~ (13, 0.5%)

2 が息子, と甥, の情夫 1 からいえ, からいへ, から云え, という女策士, と叔父, や揮良夫, や渾良夫

▼ 伯将軍~ (13, 0.5%)

1 [13件] が万事指図, です, でも道, というの, といわれる, とはおれ, とは呼びむかえられました, とは東京, に変っ, のこと, のキシさん, の名, は膝

▼ 伯~ (12, 0.4%)

2 固より, 潔く大丈夫 1 それに, カリオストロ伯なども, 児玉伯や, 前野良沢や, 国民の, 國民の, 領主豪族貴族富豪貴婦人等が, 馬鈴薯男爵などの

▼ 伯よりも~ (12, 0.4%)

2 以前に, 伊藤侯を以て, 同化力を, 外務大臣小村男よりも, 大なる 1 若かった, 若かつた

▼ 伯~ (12, 0.4%)

1 [12件] ではこの, では一六九四年, では三七分の一, では三五分の一, では産児, の大, の小, の村, の村落, の産児, の結婚, の結婚率

▼ 伯~ (12, 0.4%)

21 が楽屋, というの, と孫三郎, と繊細, のはなし, の中, の全面目躍如, の巧さ, の方, の至芸

▼ 伯次さん~ (11, 0.4%)

1 [11件] が寮, で御座いますよ, で昔, で花魁, と來, の部屋, は彫物細工, は花見, は苦々し, は諏訪樣, は酒

▼ 伯~ (11, 0.4%)

1 [11件] おたがいに世, が癩, が雨, にとってはこうした, の手, の象, はぎくりと, はむせぶ, は嗚咽, は夜着, は眉

▼ 伯~ (11, 0.4%)

1 [11件] がどこ, が天井裏, が沖, が羽衣, が言つたの, といふ漁夫, と申す, のおかみさん, の留守, は子良, を扶

▼ 伯~ (9, 0.3%)

1 が政談物, が最前, が熱海真, じゃよ, です, はゴリゴリ, は盃, は銚子, は高座着

▼ 伯~ (9, 0.3%)

1 か伯牙, が琴, でありわれわれ, という琴, における鍾子期, に彼, の陋, は調べ, を陋

▼ 伯より~ (8, 0.3%)

2 おいたりと, 野心と 1 伊与, 依頼なし, 四つ位若かっ, 貴嬢

▼ 伯~ (8, 0.3%)

1 があつ, たること, である, と周迪, の何人, の蘭軒, は福山, 将還

▼ 伯~ (8, 0.3%)

2 の如く, の始め 1 に屬, の間, を, を懼

▼ 伯自身~ (8, 0.3%)

2 に於, は平民 1 さえ不思議, のお, の手, 引いて

▼ 伯~ (8, 0.3%)

1 から繰出し, で起った, にてシュザンヌ嬢, に赴いた, に起った, の事件真相, の僧院, へも度々

▼ 伯たる~ (7, 0.3%)

2 のみならず, 可き, 所以は 1 ピラトに

▼ 伯~ (7, 0.3%)

1 と仲弓, と自分, についての孔子, のこと, の人物, の誰夫人, は物

▼ 伯~ (7, 0.3%)

1 と堯曰篇, になる, に五章, の一章, の中, の分, を排除

▼ 伯という~ (6, 0.2%)

1 ものが, 医者が, 方の, 漢方医が, 者だった, 者を

▼ 伯子男~ (6, 0.2%)

1 と雛壇, と順序, の新, の方々, の華族さん, を片端

▼ 伯~ (6, 0.2%)

2 て人, て客, て彼

▼ 伯母御様~ (6, 0.2%)

1 お待ち兼ね, が緊乎, に手, の御, の所, は御

▼ 伯水老人~ (6, 0.2%)

1 だった, という年, と再会, の傘, はそのうち, は調子づい

▼ 伯ある~ (5, 0.2%)

3 のみ 2 を以てなり

▼ 伯には~ (5, 0.2%)

1 前に, 独り個人的能力の, 獨り, 眼には, 食前方丈侍妾數百人を

▼ 伯を以て~ (5, 0.2%)

2 思想界の 1 事実上の, 事實上の, 大隈伯に

▼ 伯~ (5, 0.2%)

4 れを 1 對鄭桓言秦晉齊楚代興史

▼ 伯叔父母~ (5, 0.2%)

1 とか兄弟, と云, と從子, を毆打負傷, 或は兄弟

▼ 伯~ (5, 0.2%)

1 がおなじく, が縄付き, という者, は八百蔵, を点

▼ 伯林市~ (5, 0.2%)

1 から離れ, の中央チーア公園, の市街巡査等, の片端, を重

▼ 伯~ (5, 0.2%)

1 が先師, の妻段氏, は何, は常に, は眼

▼ 伯~ (5, 0.2%)

1 がある, といふ男, のまね, の漢陰園味, はその

▼ 伯あり~ (4, 0.1%)

2 松方伯あり 1 山県侯あり, 山縣侯あり

▼ 伯~ (4, 0.1%)

1 お兄様, 一座の, 当時裁に, 無かつ

▼ 伯にも~ (4, 0.1%)

2 忌まるれど 1 そんな場所, 左樣に

▼ 伯~ (4, 0.1%)

2 必らず, 自ら之を

▼ 伯來人~ (4, 0.1%)

1 がこれ, の女達相續, は捧ぐる, を憶

▼ 伯及び~ (4, 0.1%)

2 伊東男の 1 福沢翁の, 福澤翁の

▼ 伯~ (4, 0.1%)

1 の姉妹船, は五月二日, を帝都上空, 来る

▼ 伯夫人~ (4, 0.1%)

1 がニース, のお, は人, は品川

▼ 伯~ (4, 0.1%)

1 といふ人, の時, はお, はゆうべ

▼ 伯~ (4, 0.1%)

1 が子路, ごときに, の屍, の言

▼ 伯~ (4, 0.1%)

3 の茶わん 1 の女

▼ 伯林青~ (4, 0.1%)

1 で塗りあげ, に変り, の, を

▼ 伯母御さま~ (4, 0.1%)

21 が家, では

▼ 伯~ (4, 0.1%)

2 今昔を, 失敗の

▼ 伯から~ (3, 0.1%)

1 木内の, 礼を, 貰った剣

▼ 伯これ~ (3, 0.1%)

1 で御, を恢復, を視

▼ 伯さん~ (3, 0.1%)

1 が教え, という意見, も来る

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 とか東郷, とか東郷大将, よ

▼ 伯として~ (3, 0.1%)

2 黒田内閣に 1 知られて

▼ 伯などは~ (3, 0.1%)

2 伯よりも 1 二言目には

▼ 伯なる~ (3, 0.1%)

1 ラモンド・ベリンギエーリの, 者は, 者マントヴァに

▼ 伯ッ様~ (3, 0.1%)

1 のお, の手紙, の考えてる

▼ 伯五郎達~ (3, 0.1%)

1 が袖, のやう, の寄り合

▼ 伯~ (3, 0.1%)

3 の國

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 が副, と出水中山津守宅訪, 勤を

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 といふ者, の行爲, を母

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 と共に余生, の風, を観る

▼ 伯叔父~ (3, 0.1%)

1 が從子, の多い, を暗殺

▼ 伯夫婦~ (3, 0.1%)

2 もこころ 1 を引留めず

▼ 伯夷叔齊~ (3, 0.1%)

1 に望みたい, の高潔, は天下

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 にては西部, にて狐つき, を鎭護

▼ 伯~ (3, 0.1%)

2 て始め 1 のこと

▼ 伯来文字~ (3, 0.1%)

1 の或, をそれぞれ, を当て

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 なきため, に間違, のこと

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 とその, は平井東堂, は諱

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 が天女, の手, の昔

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 がそれ, と道泰, やある

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, は戸倉, は浴衣

▼ 伯~ (3, 0.1%)

1 が南宋, が宋, は特使

▼ 伯および~ (2, 0.1%)

1 ドルーエ伯とともに, 星大井中江の

▼ 伯その他~ (2, 0.1%)

1 の故老, の斡旋

▼ 伯たり~ (2, 0.1%)

1 と, 後進は

▼ 伯だの~ (2, 0.1%)

1 ひいきの, 桂川甫周だの

▼ 伯である~ (2, 0.1%)

1 かは訊きただし, のに気

▼ 伯との~ (2, 0.1%)

2 聯鎖たら

▼ 伯にても~ (2, 0.1%)

1 善し今日仮り, 善し今日假

▼ 伯にでも~ (2, 0.1%)

1 托け, 頼んだら二つ返事

▼ 伯に対する~ (2, 0.1%)

1 信任欠乏の, 答えとして

▼ 伯また~ (2, 0.1%)

1 エジプトの, 大

▼ 伯一人~ (2, 0.1%)

1 の発議, の發議

▼ 伯元等~ (2, 0.1%)

1 と亥刻, と御

▼ 伯先生~ (2, 0.1%)

1 お退きください, も云う

▼ 伯入閣~ (2, 0.1%)

1 は無, は無条件

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 鳴く, 鳴くや

▼ 伯~ (2, 0.1%)

2 口を

▼ 伯古稀~ (2, 0.1%)

1 の壽筵, の寿筵

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 より読書, より讀書

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 がでた, は義士伝

▼ 伯土方寧博士広井勇博士~ (2, 0.1%)

2 などの名士

▼ 伯失蹤~ (2, 0.1%)

2 の一珍事

▼ 伯夷伝~ (2, 0.1%)

1 を読み, を読ん

▼ 伯夷量~ (2, 0.1%)

2 何ぞ隘

▼ 伯子男爵~ (2, 0.1%)

1 となっ, の女性

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 の温室, の紋章豕

▼ 伯州米子~ (2, 0.1%)

1 に皈着せり, の町人大谷

▼ 伯或は~ (2, 0.1%)

1 政党の, 政黨の

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 だった, の顔いっぱい

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 の天文家, の文書

▼ 伯林カイザー街~ (2, 0.1%)

2 の古い

▼ 伯林大学~ (2, 0.1%)

1 に転じ, の研究室

▼ 伯林行き~ (2, 0.1%)

2 の汽車

▼ 伯樂宿~ (2, 0.1%)

1 であるこれ, のふろ番

▼ 伯殿~ (2, 0.1%)

1 など相変わらず, の御

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 の罪, はその後

▼ 伯民藤田東湖~ (2, 0.1%)

1 に至つて大成, の二碩学

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 と称し, 又は百残

▼ 伯牛疾~ (2, 0.1%)

1 あり, あり子之

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 が関東節, それに故

▼ 伯皇女~ (2, 0.1%)

1 に逢われた, の御歌

▼ 伯~ (2, 0.1%)

1 である, を持った

▼ 伯確か~ (2, 0.1%)

2 に伊藤侯

▼ 伯~ (2, 0.1%)

2 の弟

▼ 伯連帥~ (2, 0.1%)

1 の子, の資格

▼ 伯陽以前~ (2, 0.1%)

1 の中国古代思想, 即ち春秋戦国

▼ 伯高島子~ (2, 0.1%)

2 及び故

▼1* [199件]

おいとま, 伯こそは至徳の, 伯この頭を, 伯へこの, 伯すでに内政の, 伯すなわちベンヂャミン・トンプソンの, 伯その璧を, 伯その他故郷の先輩, 伯というは苔の, 伯といふ相棒を, 伯とか侯とかは, 伯とが京都の, 伯とともにナポレオン胸中の, 伯どのからそっと, 伯などもさうだとは, 伯などもやはり, 伯なら知らず実在には, 伯なんぞあの人, 伯なんておじいちゃんの, 伯にたいしてアラバマ号の, 伯によっても述べられて, 伯に対しそこへ, 伯に対するの情実に, 伯に関する少許, 伯はかるがゆえに, 伯はじめ信徒の重立つ, 伯また県庁, 伯づお得意の, 伯までが恭謹なる, 伯いっそ俺, 伯よりの来状あり, 伯の模倣民法, 伯アンドリゥ君は御, 伯ウイリアム及びこれ, 伯ッ様わしを侍, 伯ッ様信州の彦太, 伯フルダ公兼大修院長パッヘンハイム, 伯ペリクス其妻デルシラと共に一日パウロ, 伯三番町の吉田貞順, 伯三目虎首その身牛, 伯二州は迷う, 伯はこれ, 伯令嬢アレキサンドラは如何, 伯以下十三名の一行, 伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯ってこれ, 伯先桜天然記念物樹齢二百年位堂々たる大木, 伯其他は大抵, 伯其親近に語, 伯剌爾の珈園, 伯前田子林皇后太夫その他数氏の懇篤, 伯医師と私, 伯南陽原等の蘭書釈刻, 伯叔母の義, 伯叔父一統いずれも故人, 伯叔父母等を毆打, 伯同じく美しき令妹達, 伯などを平江, 伯の石橋, 伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯大隈の如く, 伯夷列傳は伯夷, 伯夷叔斉殿が首陽山, 伯夷叔斉静岡は恰も, 伯夷姜氏之後滅於陳田卒不能與皐陶伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 伯奢であったのである, 伯奢喜んで二人, 伯が夫, 伯の子, 伯別號, 伯孝初め周迪と称し, 伯孫譽田陵に馬, 伯将軍キシさんの主人, 伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯山らの名, 伯州大山寺に近い, 伯州會見郡濱野曰三柳村より隱岐, 伯州東伯郡の山間, 伯州雲州へも構え, 伯州雲州人狐と呼ぶ, 伯庵茶わんの見どころ, 伯延聘シテ講ヲ聽キ, 伯彜還西肥之作, 伯後援会として打つ, 伯というもの, 伯掌四嶽之祀, 伯教巧君兄弟がいた事, 伯文王の如き, 伯昏夢人や列禦寇, 伯昔話に採録, 伯曰く古ローマ人, 伯朝師匠が乗り込む, 伯未亡人は額, 伯来人の如き, 伯来神話とも比較, 伯来語手写本猶太, 伯松方侯井上侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯林のよりも効果的, 伯林ウインター・ガルテンの下っ端, 伯林トリコを着た, 伯林ドロティン・ストラッセ街から来た, 伯林ブラッセルアムステルダム何れも電信, 伯林ワイマル等を巡り, 伯林児だ, 伯林初夏の月, 伯林商業大学の生徒, 伯林圖書館に行つて支那部, 伯林城下に雷霆, 伯林城散歩人傾麦酒行深夜往来声不断夢余猶聴電車轟, 伯林大使館に届き, 伯林工芸美術館においてその, 伯林巴里豈能加, 伯林市ケオニッヒ街万国地学協会もしく, 伯林市役所の傭医員, 伯林攻撃を眼前, 伯林暴動に対するその, 伯林海軍省もしくは軍令部, 伯林滞在の期限, 伯林等に轉, 伯林紐育東京は狐兎, 伯林遊学中三度訪ねた, 伯林陥落後二カ月即ち昨年, 伯林青スロープは, 伯男某, 伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯が勇, 伯欽道う風, 伯殿前野良沢殿あの人達, 伯母ちゃん銀ちゃんを見, 伯民小字は清太郎, 伯水先生がしかも, 伯水恩に着ます, 伯水老人楽屋中に響き渡る, 伯水老人正月いっぱい大阪で稼い, 伯及齊桓晉秦之, 伯淳山に遊ん, 伯清隆に謁, 伯牛わしは強い, 伯牛手をお, 伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 伯特札賚特郭爾羅斯諸旗の各, 伯白河殿に奉仕, 伯である, 伯即皐陶之子, 伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 伯益也至皐陶之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 伯益柏翳分二人之説, 伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 伯といった, 伯知先生のビラ, 伯が徐淮, 伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 伯の少女, 伯竜口演の, 伯八, 伯という有為, 伯の, 伯にでも訊ね, 伯は信, 伯耳義で独逸兵, 伯自らその首相, 伯自ら声言したる如くたと, 伯自ら聲言したる如くたと, 伯良さんは何処, 伯若しくは之を, 伯蔵主の狐, 伯虎三月三日において浴澡, 伯虎將軍ナドミナ豪イ人ノ代名詞デス, 伯衍及鳳卿の輯校, 伯も亦, 伯西洋という順序, 伯言姜爲伯夷之後許爲大岳之胤, 伯に露国, 伯資訓卿に謁, 伯近藤滋弥男令弟夫妻久我通保男嗣子等々舞台に登る, 伯道劉道泰謝稚堅, 伯と内殿, 伯邑考といふ, 伯都部に入り, 伯といふ望氣, 伯陽以後もなお, 伯陽以後五代の頃, 伯陽参同契五行相類凡そ三巻, 伯陽造の四字, 伯陽魚屋の八兵衛, 伯の名, 伯顔淵堯曰の三篇, 伯養孫孟綽の四人, 伯養孫孟綽河良佐池希白である, 伯小圓太, 伯魚一人限りで幵官氏, 伯鶴一見識あつて, 伯鶴先代小円朝今の金語楼, 伯麦馬里遜は, 伯龍あたりが意味, 伯龍さんあの, 伯龍君の, 伯龍手を懐中