青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伝統~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

会議~ 会釈~ 伜~ ~伝 伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統
伝統~
~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び

「伝統~」 2418, 26ppm, 4466位

▼ 伝統~ (463, 19.1%)

21 中に 16 上に 9 なかに 5 中で 4 力で, 匂いを, 精神を 3 なかで, 力である, 美である, 遺産を

2 [25件] あるもの, うちに, なさ, もとに, よさ, 一面ヂナミスム, 中から, 中では, 乏しさ, 内に, 力が, 古さ, 名に, 固守を, 教養を, 文人気質を, 深さ, 理解は, 継承者に, 美を, 貫禄だけ, 重さ, 長所を, 驚くべき業, 高さ

1 [338件] あつた, あらはれ, ある古い, ある家, ある精神, うすい日本, うちにこそ, うまみを, おもりや, お蔭で, お題目, ために, ための, どの部分, ないアメリカ人, ない日本, ない明るさ, ない洋画, ない種類, ない織田家, なかから, なかには, なかの, ふかい欧州上流人, ふかさ, ま, もつ貫禄, ものに, よき継承, よく保たれ, リアリズムが, 一つに, 一つの, 一末端に, 一番濃厚に, 上では, 上にこそ, 下に, 下にばかり, 不滅の, 世界で, 世界にも, 世界を, 世話講談を, 中には, 中にばかり, 中にも, 中心を, 中絶を, 主体である, 主軸である, 主軸は, 主軸を, 享受発展への, 今後に, 伴うもの, 価値を, 保存と, 保守と, 保持者で, 保持者な, 偉大は, 偶像再興を, 儀礼法式に, 優雅を, 光の, 光被によ, 内からのみ, 内でこそ, 再建を, 再認識, 出発が, 分析から, 刻み目の, 剣法を, 力であります, 力との, 力に, 力の, 力強い生命, 助けを, 勇士の, 匂ひ, 単なる声色, 危機とも, 危機を, 厚い皮, 反射作用とでも, 受けつぎ手である, 古色を, 史実に, 名の, 否定と, 否定といふ, 否定将棋の, 品に, 問題に, 問題に関して, 問題の, 問題は, 問題単に, 固定した, 圏内に, 圧力の, 地が, 型を, 垣を, 基礎として, 基礎の, 場所を, 墨守から, 外に, 外へ, 夢を, 大迂回作戦, 奴隷に, 如きもの, 如く哲学, 始まりである, 娘ハプスブルグの, 子である, 守りとしての, 家なら, 家に, 家業として, 尊重, 尊重では, 尊重と, 尊重本当の, 岩を, 岩窟, 岸に, 巣である, 師範家と, 帰趨を, 床板を, 底から, 底に, 建設を, 弊害の, 弱さ, 強い三河生え抜き, 強い地方, 強き情操に, 強みも, 強味は, 形に, 形見は, 形骸化に, 復興では, 心でした, 心理を, 必然性によって, 性質と, 意味が, 感情の, 所作も, 所謂六条派の, 手法で, 打破に, 授受を, 探究が, 探究に, 擁護者として, 支那兵の, 教壇的再生であり, 教育と, 教養だの, 教養とやらも, 敬神風俗を, 敵である, 文化から, 文化は, 文学の, 文学精神を, 文芸でありまし, 文芸俳句, 断層が, 新しい飛躍的, 日本人で, 日本髪の, 最も有力, 最後の, 本質を, 本質的区別が, 束縛に, 束縛を, 根の, 根強さ, 桎梏を, 棄却を, 様式を, 権威が, 権威と, 樹立であった, 欠乏であるらしい, 欽定, 歌形に, 止揚の, 正統の, 残って, 残るの, 残存物が, 殻との, 比較すなわち, 民衆的な, 気質と共に, 気風に, 気風によ, 気風によって, 法則を, 波の, 派生たる, 深い理由, 深い複雑, 淵源と, 源流と, 濃いこの, 無視に, 特徴に, 特権によって, 理解が, 環の, 生きた力, 生長こそは, 甲斐の, 町に, 画法を, 発揚を, 発生時代から, 発端を, 直系として, 相剋は, 真髄に, 破壊が, 破壊と, 破壊運動であり, 確立されない, 確立する, 礼譲に, 社風に, 祝祭は, 神秘な, 神髄を, 祭りを, 種子の, 穀を, 積み重ねられたる古き, 穴に, 範囲内で, 精神である, 精神の, 糸が, 糸の, 糸は, 紛失を, 経過を, 絡んだ重苦しい, 絶えざら, 絶対的なる, 絶無な, 継承が, 継承でも, 継承の, 継承者で, 綜合者でも, 綱を以て, 縄張りが, 美が, 美しさ, 美だの, 美であっ, 美は, 美への, 美より, 美学は, 習俗に, 者や, 職業として, 自由を, 自覚とは, 自覚によ, 良さ, 色の, 花の, 芸術は, 茶室に, 著しい特徴, 著しい特色, 血を, 衣を, 衣裳を, 表現であり, 表現を, 裡に, 観念だって, 解釈について, 解釈は, 言葉とは, 記憶は, 評価を, 詩である, 詩歌と, 誇りを, 説明など, 講釈場, 豊な, 貧しいそれほど, 貫禄だ, 趣その, 跡が, 輸入であっ, 造り上げた堅固, 連絡が, 道を, 道義感で, 違いという, 遺物が, 遺風から, 都だけに, 醸し出す特殊, 重しの, 重畳性に, 銀座を, 鎖の, 長所をも, 間から, 間に, 関係です, 限りでは, 面に, 響を, 風姿や, 風流に, 風習と, 骨格を, 髪の, 鬱陶しさ

▼ 伝統~ (422, 17.5%)

15 もって 5 持って 4 引いたもの, 無視し 3 守って, 引いて, 無視した, 無視する, 破壊する, 維持し, 離れて

2 [18件] 保存し, 保持する, 墨守する, 守り続ける地方, 承け継いで, 承って, 持たない日本, 捨てて, 有つ, 活かす自由, 現代に, 発展的に, 破って, 習得する, 誇って, 語る名残り, 負って, 蹴り去り外形的

1 [337件] あら方集大成, うけたもの, うけついだもの, うけつがない, うけて, かえり見なかったこと, かむり, ここで, この詩, さぐって, さらに活かす, すっかり受けてる, すてた政治的性格, そのま, そのまま上級生, そのまま取り入れ, その多方面, その身, たどって, だらりの, ぢり, ついで同じ, つかまねば, つくって, つぐ細工物, つたえて, つたえる樋口家, つづけて, とりのぞいて, どこまでも, なして, はっきり辿りなおし, ひいて, ふくんで, ふんだ教養, ぶち砕く, まもる人々, もう一度現代, もたない国, もたない日本人, もち市民, もち特に珍ら, もち現在, もった北海道, もった家, もった村, もった鋭利, もつイギリス, もつ地方民族劇, もつ大, よく見, われわれは, インドの, ドヴォルシャークに, 与えて, 世界に, 中世に, 云々した, 今に, 今の, 今日から, 今日までで, 他から, 代表し, 代表した, 代表してる, 代表する, 会得せしめた, 伝えたと, 伝えたもの, 伝える以上, 伝える儀式化, 体得した, 作り出す, 保ったの, 保って, 保つて, 保守せん, 保持し, 信じること, 信じ切つて, 全く身, 全然知らず, 処理すべき, 利用した, 前に, 匂は, 十分尊重し, 単に保守派, 反映し得た, 受けついだ文章, 受けついで, 受けて, 受け継いで, 受け継ぐため, 受け継ぐ俳優, 口ぐせに, 叩き破って, 右の, 否定したかつたなら, 喜んで, 固執する, 固持し, 国民一人, 基底として, 多分に, 大切に, 失っては, 失ひさらでも, 失ふ者, 守った広大, 守りこの, 守りぬきこれ, 守りますから, 守り続けるといふ, 守るどの, 守る品物, 守る心持, 守る者, 守護し, 実感させない, 客観的に, 尊び, 尊ぶという, 尊ぶの, 尊敬してる, 尊重, 尊重し, 少くもった, 巧みに, 引いた最後, 引いた江戸生えぬき, 引くもの, 弱めひき, 強ひる, 強制する, 強調すれ, 形づくって, 復活し, 忘れて, 忘れ欧米化, 忠実に, 怖れ, 思い切って, 思って, 思わせて, 恰も生来, 愛して, 感ぜずに, 打ちやぶること, 打ち破ったとも, 打破し, 打破しよう, 承ぐものには, 承けた若者, 承けついだかの, 承けること, 承け継ぐ必要, 承認した, 抜き去ろうと, 抜くという, 持たないと, 持たない日本人, 持った一族, 持った地上, 持った家族関係, 持った封建的生産物, 持った旧家, 持った旧都, 持ってる世界, 持つた代作, 持つた方, 持つて, 持つ国, 持つ踊り, 持続し, 振り翳すこと, 捉へて, 捨てさせただ, 探らねば, 摂取し, 攀じのぼって, 支える時代的, 支配し, 改良した, 放棄し, 新しい時代, 新しい生活, 新しい製作, 新しく中世, 明徴に, 最も執拗, 最も純粋, 有する大国, 有する末期, 有する由緒, 有って, 有っては, 棄てて, 棄てる棄てないに, 構へ, 欧米は, 正しく受け, 正しく継承, 正しく育てる, 正しく襲ぐ者, 歴史的に, 死守させた, 求めるが, 汲んで, 決して否定, 決定的な, 活かしまた, 活かす事, 活かせば, 深く掘り下げ, 深く背後, 渾然たる, 特質を, 犠牲に, 猥り, 理解し, 生かして, 生かし以, 生かそうと, 生み出さしめた処, 生み出し得た, 生み出し得るに, 生むべきもの, 生むべき者, 生む者, 生んだ文化, 留めて, 異にする, 直接に, 知つた, 知つてゐる, 知らざるかの, 知らずして, 知りそれ, 知りまた, 破った飄逸, 破つて別, 破らうと, 破るところ, 破るには, 破壊しよう, 破壊せん, 破棄する, 祈り若者, 私は, 称して, 立てて, 築いて, 粗末に, 紊す国の, 素直に, 経て, 継いだもの, 継がうと, 継ぐ哲学, 継承し, 継承する, 続ける工人たち, 網羅しよう, 縛り込めようと, 繋いで, 聞いて, 肌身に, 背後に, 背景と, 背負って, 背負ふ, 脱しきらないところ, 脱しきらない俗劇, 脱した考へ方, 自覚し, 荷い, 荷担った, 藤村に, 襲いだ二条流, 襲いで, 襲ふも, 要約した, 見たと, 見たの, 見るが, 見ること, 見るという, 見失いながら, 見失ったという, 見失った僕, 見失つて根こぎ, 見失わない, 見棄てて, 解得し, 誇つて, 誇り寂れても, 誇るわが, 誇る英国海軍, 誇る英国艦隊, 誇る茶人, 誇る西洋演劇, 語られて, 説くこと下, 護って, 護る心, 負い彼自身, 負った舞台装置, 負へる, 貫いて, 超越し, 踏まへて, 蹂躙する, 身に, 軽ん, 軽蔑し, 追うて, 追って行われ, 追尋, 造ったが, 過去から, 過去と, 遡れば, 遺して, 重んじどこ, 重んじること, 重んじ格式, 重んじ輿論, 重んずる上, 重視する, 防衛する, 除き去らねば, 離れた方法, 離れた自由, 離れようとして, 鷹揚に

▼ 伝統~ (296, 12.2%)

24 なもの 54 な文化 3 な思想, な感情, な手法, な文学, な生活, のもの, の型

2 [15件] な仕事, な古い, な対立, な形式, な技巧, な教養, な方法, な日本, な日本語, な気風, な生活技術, な芸術, な詩, な貴族, に

1 [212件] だとか, であり伝統打破, である, であること, でかつ, です, では, で構想, で現代人, というの, なあまりに, なお, なさまざま, なその, なの, なほととぎす以外, なる役割, なる感興, なる鎖国日本, なアラビア人, なキリスト教, なジャーナリズム, なセルフレストレーン, なドイツ哲学, なフランス農民, なラテン語, な一種, な世界, な中国, な主情性, な価値, な儀習, な剣戟, な勘, な原始生活, な哲学, な問題, な器具, な因襲, な因襲一点張り, な図柄, な固有名詞, な国びいき, な土壌, な地位, な型, な士道, な声曲, な声調, な大き, な天皇, な女形, な女性美, な好事家, な婚約, な嫡子, な存在, な定義, な定説, な家柄, な尊敬心, な幻想, な従来, な心, な性, な恋愛道徳観, な恨み, な悪, な悪風, な情緒, な感じ, な感覚, な或いは, な抱擁力, な敵, な文化人, な日本舞踊, な日本音楽, な最も, な本質, な枠, な植民地的, な概念, な歌舞音曲, な武家, な気質, な河開き, な深み, な生活形態, な生活感情, な生活手段, な男尊女卑, な異端視, な白服, な皇族, な皮相, な盲目, な神秘化, な窯場, な純粋, な美しい, な美質, な習俗, な習慣, な老大家, な自然観, な自由主義的個人主義的思想, な自負心, な良, な良質, な色, な花柳界, な花街, な英雄崇拝感, な規定, な親族間, な観もの, な観念, な解釈, な言葉, な誇り, な課題, な諦観, な資格, な趣味, な踊り, な軍国主義, な迷信, な連歌以来, な遺産, な都会趣味, な重い, な重荷, な野蛮さ, な鉄則, な障碍, な非常, な音楽, な風流, な魔海, にあった, にいいます, にお, にこの, にその, につきもの, になっ, になり, にはと云った, にも一個, にも世間体, によ, にわれわれ, にイデオロギー, に一つ, に不遜, に与えられ, に二条家, に仕来られ, に信ぜられた, に写生主義, に反感, に反抗, に古く, に固定, に培われ, に威張る, に少い, に庭園, に当年, に心得, に意義, に折り紙, に抹香, に持っ, に教えられた, に文学, に日本, に時代, に権威, に無意識, に用い, に異風, に磨かれ, に神経, に立派, に自然, に血, に雄弁, に馬自慢, のしかも, のゆかし, のカナ使い, の俳味, の哲学思想, の形式, の悪, の拘束, の新, の日本精神, の有力者, の東洋思想, の気風, の空想, の経験, の考え方, の自尊心, の詩, の読み方, の道徳, 大芸術コンクール, 諸形式

▼ 伝統~ (177, 7.3%)

5 あるから 4 あって, ないから 3 あつて, なかったら

2 [12件] ある, あるの, ない, ポルト・リシュに, 今も, 保たれて, 支持され, 残って, 流れて, 生れて, 確立し, 続いて

1 [134件] あった, あったから, あったの, あったもの, あってこそ, ありことごと, ありこの, ありません, あり西洋, あるかを, あるせい, あるだろうか, あるね, あるので, あるもの, あるよう, ある筈, いは, うまく融合統一, かりに現実, このドイツ, この徹底, こんな矛盾, さらに自由, しからしめるところ, そこに, そのうち, その女, その根柢, それを, とかく顧みられなくなる, どうだ, ないこと, ないなら止む, なかった, なくって, なく容易, なぜ明治政府, むかしから, もし日本, もっとも香気, やがて一変, ゆくゆく絶え, よく説明, より大きな, アカデミックな, シナや, ハッキリここ, フィクションその他の, ヨーロッパの, 上流の, 主として偶像的虚妄, 二つとも, 何よりの, 何故今日, 何等か, 作った紋切型, 元禄の, 内在し, 出来かけて, 出来たかという, 分かつたの, 分かりコクトオ, 分れて, 別に, 力強く生きつ, 力強く生きつづけなかった, 十九世紀末より, 古いの, 古くなる, 問題であった, 変動し, 変化し, 如何に, 始められたこと, 存在し, 守られて, 定住農耕生活の, 宮廷に, 封建の, 尊重された, 年若, 形造られ受継がれ, 彼の, 後代説経ぶし, 微妙に, 恐らく最も, 我国に, 戦争によって, 打出されたの, 描き出したもの, 教学其他之に, 文学と, 日本の, 明治時代から, 昭和十三四年の, 暗示を, 更に自由, 未だになお残っ, 栄えなかった, 根深く残ってる, 次第に破壊, 正しくうけつがれ, 残され形, 残つてゐる, 残ります, 比較的完全, 民間に, 沁み込んでる民族, 流れる時代, 物を, 生きた力, 生じ一九〇八年, 甦って, 町人階級の, 異る, 積年の, 第何感, 絶対の, 脆くも, 自ら推移した, 自然に, 薄いから, 血統を, 見えて, 説かれた, 論議され, 踏み砕かれる島国, 近代日本の, 通じないと, 違い感情も, 違って, 長谷川さんの, 限りも

▼ 伝統~ (124, 5.1%)

4 なって 2 ぞくする, ぞくするもの, よりかかって, 執する必要, 基いて, 守られずして, 就いての, 於ては

1 [104件] あると, あるところ, あるの, ある感情, うぬぼれて, からみついて, こだわること, して, しばられたもの, しみ込んだ旧慣墨守, ぞくして, ぞくするその, ぞくするブルジョア, ぞくするリュマニテ, ぞくする哲学, つながる作家, つながる美, みちて, よごされてないという, よったもの, よらないで, よりて, わずらわされつまり, ヨーロッパの, 他ならなかった, 付随する, 列つた人だ, 制約された, 即した貴重, 反するのみ, 合流する, 和した, 固定的に, 執着してる, 培われた同じ, 安ん, 就いたやう, 屈して, 引戻しこれを, 形と, 従ってと, 忠実であり, 忠実な, 忠実なら, 打たれること, 拘泥せず, 持って, 捉へ, 捉われず, 捉われない, 接すること, 敗れたとき彼, 敬意を, 於ける反, 於ける文化社会学, 於て, 昔ながらの, 晏如として, 最後の, 根ざした文化, 根ざす戦記風, 根ざす舞台的効果, 根を, 沿うて, 深い根, 添って, 準じてこそ, 甘んじて, 生まれた私たち日本, 生命を, 目かくし, 相違ない, 眼を, 立って, 立つもの, 立つより, 立つ歌よみ, 立脚した, 立還る, 結びつく傾向, 結びつけたの, 絶えず打ち勝つ, 背いたから, 自分の, 触れて, 認識も, 論理の, 論理を, 較べて, 較べてさえ, 返ろうと, 逆らう時, 逆らわない, 還って, 重要性が, 限らず全て, 限定し, 頼ること, 頼るもの, 頼る事, 頼る間, 類するもの, 風化され, 養はれ

▼ 伝統~ (120, 5.0%)

1 [120件] あったが, あつた, あつて, いったいいかなる, かなり劣つて, かの女, このとき, このよう, この作者, この時期, この法, この発育, これを, そのこと, そのまじり, その国固有, その志, その発達, その証拠, ただ単に, たち切られた, どういう仕事, ない, なお一般, なかつた, なく弥陀, ほとんど片鱗, またヨーロッパ, まだ保たれ, シナにおいては, ドイツとは, 一九三六年に, 一人立ちが, 一個の, 一朝に, 丁度大木, 不思議に, 不思議にも, 並みの, 中世以後の, 今も, 今日の, 今日一部の, 仮名垣魯文その他の, 何一つない, 併し, 保たれて, 個人の, 僧心越杉浦琴川幸田親益宿谷空々新, 先日緑郎からの, 全て否定しなけれ, 公平であっ, 割合に, 労苦と, 勿論冷泉派, 十分に, 千年の, 単に客観的, 厳島の, 古来軍記物語の, 史的唯物論に, 国民を, 外国文学の, 外来文化の, 多くの, 大きな力, 天皇の, 失わんと, 存外早く, 将に, 将軍幕府の, 尊重しなけれ, 常に変らない, 幾つにも, 当然自ら発育, 彼にとって, 微動も, 必ず新, 必然的に, 成程, 我が手, 戯作者気質の, 手の, 文学や, 文学的自由主義と, 日本の, 明治に, 明治以来決して, 更に活, 最も現代, 未だ微々たる, 根強いの, 根強く今, 樋口家の, 次第に失はれ, 歌舞伎劇の, 歴史とともに, 死んで, 段々日本音楽部, 決して中断, 活きたもの, 滅びる, 濃い, 特に近代以降, 猶貧しい, 現に国粋化, 甲府に, 皆な, 直接労働者として, 私たち一人一人の, 私小説つまり, 純粋な, 絶え絶えながら, 美しい進んだ, 美術音楽の, 羽前の, 自由だ, 見られぬ, 過去への, 郷土の

▼ 伝統~ (119, 4.9%)

4 なって 3 建設 2 古格と, 生活力とが, 結びついて

1 [106件] いい社会, いうと, いえるでしょうが, いひますか, いふよりも, した文学精神, して, するに, する降矢木, そして誠実一途, その成果, その指導力, その流転, なったが, なったところ, なった戦争, なり私, なるの, なるまで, によつて, カルチュアが, ヨーロッパの, 並んで, 乳兄弟に, 二つの, 云い血統, 全く独立, 再発見, 写実的手法の, 効験を, 区別し, 同じぐらい, 同じもの, 名高い本, 呼んで, 品位とを, 因習の, 因襲と, 国際理念との, 天才的な, 子とを, 密接不離に, 対立させ, 形式を, 影響とは, 後醍醐という, 感情の, 慣習家庭という, 手法と, 技術とを, 排他性とを, 教養が, 教養と, 教養とに, 文化は, 文明とは, 新派浪漫劇の, 日本劇の, 日記随筆の, 時勢は, 暖簾と, 未来の, 本質に, 正しい系図, 特権に, 特色とを, 現代, 生活に, 生活の, 相容れない点, 社会的伝統とを, 私たちの, 立場とを, 競争しよう, 精神とを, 系図とを, 組織の, 結びつき郷土愛, 統制とを, 絵の, 繰り返された永い, 繰返された長い, 習俗と, 習慣と, 習慣とを, 自然的要求との, 自覚ない, 血統との, 血統を, 西洋劇の, 解するなら, 言って, 計らずも, 趣味とが, 趣味による, 近代精神との, 連鎖を, 運命を, 邂逅, 里人すべての, 重さ, 鉄鎖を, 雰囲気が, 風土とを, 風習を, 鬱勃たる

▼ 伝統から~ (37, 1.5%)

2 離れて

1 [35件] いえば, まったく切り, もたらされた現実, もたらされると, われわれが, 一歩写生へ, 享容れた, 今日の, 俳優術を, 全く離れ, 出た色彩, 切り離れて, 去つて, 外に, 完全に, 形式内容ともに, 得を, 改良した, 新しい, 新しい現代劇, 本質的な, 来た, 独立し, 生れた, 脱して, 自由な, 自由に, 見て, 言へば, 身を, 遁れ出る, 離れた別様, 離れた新しい, 離れ支那思想そのもの, 非文学的

▼ 伝統~ (31, 1.3%)

2 規則や

1 [29件] いわゆる, すでにできあがっ, 世の, 先人などの, 先人の, 因襲からの, 因襲やに, 国民性や, 型と, 型式に, 封建性を, 材料に, 格式を, 権威やに, 権威を, 生活の, 生活や, 祖国や, 私の, 職掌は, 蓄積の, 証権に対する, 証権やが, 証権やの, 貫禄では, 金力やに, 長年月, 閥や, 風習から

▼ 伝統~ (25, 1.0%)

1 [25件] あり津軽藩, あるの, その神秘的, ない, ない島, なくそう, なく礼儀, なければ, また三月九日, また文芸, また漸く, 不要で, 亦民族的, 俄に, 健康だ, 大した力, 大家も, 失っちゃ, 役には, 惜しみなくすたれ, 持たないが, 権力も, 権威も, 知らないで, 長くつづくべき

▼ 伝統という~ (24, 1.0%)

5 ような 3 ものを 2 ことを, ものが

1 [12件] ことそれなども, ことに, ことについて, のだろう, ものに, ものについて, ものは, ヴェールに, 以上おのずから, 幽霊に, 文化の, 言葉を

▼ 伝統主義~ (24, 1.0%)

1 [24件] あれども, からも区別, が新奇, が日本, ではない, というもの, とかいっ, と異, に附く, の岡, の意味, の擡頭, の特色, の誤謬, はいわゆる, はまさに, はやがて, はキリスト教, は生ける, を唱, を導き出す, を標榜, を考えよう, 即ち反動的保守主義

▼ 伝統とは~ (18, 0.7%)

2 何か

1 [16件] おのずから異, なって, まるきりちがっ, フランス文学であり, 何, 何かと気, 吾人の, 必ずしも関係, 決してとけ合う, 発展の, 腐敗に, 自信の, 見方によって, 言ふ, 過ぎし形, 長い時代

▼ 伝統への~ (18, 0.7%)

1 [18件] アンチテエゼが, アンチテエゼとして, 回顧, 回顧が, 尊敬が, 帰依とか, 帰依とが, 帰依に, 帰依のみが, 強い肯定, 従順さは, 忠順が, 敬念と, 服従を, 無視は, 私の, 表面上の, 誇りを

▼ 伝統として~ (15, 0.6%)

1 [15件] ごく最近, その, 今日まで, 伝って, 力を, 存在し, 常に南面南出, 持って, 朝斉唱し, 来た私小説, 残り又, 現代に, 生かす気, 祖先から, 近代文学の

▼ 伝統的小説~ (14, 0.6%)

1 [14件] が敗戦後, が末期, である身辺小説, とはっきり, と区別, には人間, には新しい, にもいい, の定跡, の権威, の約束, の限界, の限界内, は可能性

▼ 伝統的精神~ (14, 0.6%)

2 もやはり

1 [12件] が厳存, が含まれ, すなわちかん, として次第に, との渾然, に止まった, に立ちかえる, の中, は現代人, や何, を代表, を尊重

▼ 伝統~ (12, 0.5%)

1 [12件] あつて, それを, できて, 一流の, 仏師屋では, 味覚する, 固められてを, 季節により, 文芸を, 総領は, 都合よく, 鍛えられたる色彩構成

▼ 伝統~ (11, 0.5%)

6 ている 1 てあらゆる, てい, てお出で, て来た, 鎌倉時代の

▼ 伝統である~ (11, 0.5%)

1 [11件] ということ, ところの, とすれ, と云わね, ように, ロマンチックな, 官学崇拝の, 官尊民卑が, 朝に, 美と, 自然主義の

▼ 伝統によって~ (10, 0.4%)

1 いずれも, だか, 内田魯庵の, 厳密に, 心から簡素, 育てられた欧州建築家, 蕪雑に, 訓練された, 鍛え上げられた芸術的完成, 防寨が

▼ 伝統文化~ (9, 0.4%)

1 が燻, であると, ではない, とかになっ, と云え, と近代文化, に対しても必ず, への憧れ, を行き

▼ 伝統精神~ (9, 0.4%)

3 と形式 1 だって何, とか伝統主義, と不思議, の中, の最後, はかかる

▼ 伝統~ (8, 0.3%)

1 が待ち構え, である俳句, と左翼, と自ら, と言った, の一団, の本拠, はいつもより

▼ 伝統ある~ (7, 0.3%)

1 ものと, ものには, 一族が, 国では, 官吏或は, 物で, 都府は

▼ 伝統には~ (7, 0.3%)

1 どんなに深い, なかった, 厳密な, 新しい言葉, 現れて, 若い時代, 長い歳月

▼ 伝統による~ (7, 0.3%)

1 アカデミックが, クレの, ヒューマニズムと, 奇怪な, 情緒性へ, 文化という, 雪月花の

▼ 伝統に対する~ (7, 0.3%)

1 反抗の, 奉仕者らが, 実力の, 決然たる, 清算主義を, 自覚であり, 革新者として

▼ 伝統では~ (6, 0.2%)

1 ありますまいか, そうでない, ないので, ないもの, なくおまけ, 科学方法論の

▼ 伝統とを~ (6, 0.2%)

1 何らの, 保持しなけれ, 誇示し, 讚美した, 身に, 閉じて

▼ 伝統に対して~ (6, 0.2%)

1 何等かの, 日本文化の, 正当な, 示して, 著るしく, 闘おうと

▼ 伝統的文化~ (6, 0.2%)

1 の保存者, の君臨, の心酔者, は日本歴史, は皆モンタージュ的, は習慣

▼ 伝統され~ (5, 0.2%)

3 ている 1 て来た, 後に

▼ 伝統とが~ (5, 0.2%)

1 からみあって, 別々に, 壮美を, 相容れない両極端, 誰よりも

▼ 伝統との~ (5, 0.2%)

1 もつれを, 力に, 尊重され, 相異, 苦闘の

▼ 伝統といふ~ (4, 0.2%)

3 ものは 1 問題を

▼ 伝統とか~ (4, 0.2%)

1 又観る, 国民性と, 国民性とか, 文化とか

▼ 伝統としては~ (4, 0.2%)

1 アウステルリッツを, 七月十四日, 推古時代の, 英国風でした

▼ 伝統~ (4, 0.2%)

2 のである 1 のか, んだ

▼ 伝統について~ (4, 0.2%)

1 どんな感懐, ひと通り話し, 印象づけられました, 見れば

▼ 伝統によ~ (4, 0.2%)

1 つて今日まで, つて余裕性を, つて神格を, つて耕された

▼ 伝統主義者~ (4, 0.2%)

1 とはもはや, とは驚きました, はこれ, をし

▼ 伝統的問題~ (4, 0.2%)

1 なの, のこと, の成熟, の解答

▼ 伝統的形式~ (4, 0.2%)

1 は社会現象, へのアンチテエゼ, や支配的, をその

▼ 伝統破壊~ (4, 0.2%)

1 の記録, を喜ぶ, を敢行, を試みた

▼ 伝統~ (4, 0.2%)

1 でもあり, とであつ, と同, も数

▼ 伝統その~ (3, 0.1%)

1 伝統に, 物に, 限界を

▼ 伝統そのもの~ (3, 0.1%)

1 が美術工芸的作品, にも眼, は昔ながら

▼ 伝統~ (3, 0.1%)

1 とか理法, とはっきり, と思いました

▼ 伝統であり~ (3, 0.1%)

1 又今日, 外交才能の, 従って又

▼ 伝統といった~ (3, 0.1%)

1 ものが, ような, 風な

▼ 伝統とも~ (3, 0.1%)

1 いふか, 合致し, 深い精神上

▼ 伝統なる~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 ものを

▼ 伝統にも~ (3, 0.1%)

1 反するし, 増して, 当然発展

▼ 伝統をも~ (3, 0.1%)

1 つてを, 持たない社会, 持つて

▼ 伝統小説~ (3, 0.1%)

1 からは生まれない, の日常性, を遠く

▼ 伝統~ (3, 0.1%)

1 において認められる, への反逆, を否定

▼ 伝統文芸~ (3, 0.1%)

1 である以上, としての従来, として小説

▼ 伝統的思想~ (3, 0.1%)

1 であったもの, なりをそのまま, を保持

▼ 伝統~ (3, 0.1%)

1 である俳句, によって強い, の歌人

▼ 伝統詩形~ (3, 0.1%)

1 によっ, の和歌, の外膜

▼ 伝統さえ~ (2, 0.1%)

1 抹殺されはじめた, 活かされて

▼ 伝統たる~ (2, 0.1%)

1 例の, 個人中心の

▼ 伝統だけは~ (2, 0.1%)

1 いまも, 持ち堪えて

▼ 伝統だの~ (2, 0.1%)

1 また慣用形象, 性格だ

▼ 伝統であっ~ (2, 0.1%)

1 ても単に, て何

▼ 伝統であった~ (2, 0.1%)

1 ということ, 仏像彫刻が

▼ 伝統とかを~ (2, 0.1%)

1 形造る, 表象する

▼ 伝統などに~ (2, 0.1%)

1 こだわるべきでないと, 執着せずさらっ

▼ 伝統などの~ (2, 0.1%)

1 力を, 知識を

▼ 伝統における~ (2, 0.1%)

1 散文の, 粋の

▼ 伝統にたいして~ (2, 0.1%)

1 ゾンビイは, 正当性を

▼ 伝統にたいする~ (2, 0.1%)

1 ある程度の, 攻撃を

▼ 伝統にとっては~ (2, 0.1%)

1 よその, 之は

▼ 伝統に従って~ (2, 0.1%)

1 先ず一つ, 表現し

▼ 伝統のち~ (2, 0.1%)

1 からである, からというの

▼ 伝統~ (2, 0.1%)

2 宋の

▼ 伝統まで~ (2, 0.1%)

1 なくしかけたといふ, 認めようと

▼ 伝統より~ (2, 0.1%)

1 延び上ろうと, 離れ一応

▼ 伝統よりも~ (2, 0.1%)

1 如浄一人を, 農民の

▼ 伝統主義者達~ (2, 0.1%)

1 と保守主義者達, への闘い

▼ 伝統乃至~ (2, 0.1%)

2 個人の

▼ 伝統~ (2, 0.1%)

1 された時, し固定

▼ 伝統~ (2, 0.1%)

1 が記憶, を明らか

▼ 伝統生活~ (2, 0.1%)

1 を反映, を象徴

▼ 伝統的信仰~ (2, 0.1%)

1 は信仰, をリード

▼ 伝統的技術~ (2, 0.1%)

1 が近代生活, に興味

▼ 伝統的教習~ (2, 0.1%)

1 であるから, に薫育

▼ 伝統的権威~ (2, 0.1%)

1 の高圧, または実体的統合

▼ 伝統的気風~ (2, 0.1%)

2 はいい加減

▼ 伝統的生活~ (2, 0.1%)

1 の下, を立派

▼ 伝統的習俗~ (2, 0.1%)

1 によって却って, の上

▼ 伝統的見解~ (2, 0.1%)

1 に従え, を仮定

▼ 伝統的風俗習慣~ (2, 0.1%)

1 が一面的, を外国人

▼1* [185件]

伝統つての, 伝統および趣味と, 伝統かもしれない, 伝統からの云々という, 伝統からはなれて, 伝統からもまた自ら, 伝統これは万葉学, 伝統じゃないか, 伝統すでに二千年ときには, 伝統するというなら, 伝統せられた一種の, 伝統それによってころん, 伝統だけが今日の, 伝統だけに育てられて, 伝統だったと云っ, 伝統だってこれで, 伝統づけられた美的認識である, 伝統であろうか, 伝統でさえなかった, 伝統でしかない, 伝統ですねヴェラ・キャーサ, 伝統でないとは言えない, 伝統とさえがあること, 伝統としての歴史が, 伝統としても一向差支, 伝統とでもいうべきもの, 伝統とにものを, 伝統とによって如何に, 伝統とによってはそれは, 伝統とへの私なき, 伝統ないし独断に, 伝統なくしては, 伝統などと云ってるの, 伝統などという誇りは, 伝統などといふものを, 伝統などについて時々要領, 伝統ならば伝統精神, 伝統なり約束なりに, 伝統において自由な, 伝統においても主婦には, 伝統にかへり如何なる, 伝統にかけて獲得しなけれ, 伝統についての生きた観念, 伝統にとぢこもつた, 伝統にのみ拘束され, 伝統によつてこれ, 伝統はと見ると, 伝統ばかりに支配された, 伝統まつたく不健全矛盾きはまる, 伝統までに干与し得, 伝統みたいなもの, 伝統もが古くから, 伝統よりの独立である, 伝統を通じてある変り, 伝統許すこと, 伝統にこれ, 伝統中でも海の, 伝統中従来国文学が最も, 伝統主義的乃至回顧的, 伝統主義的態度と批判的態度, 伝統以外に立て, 伝統保存のため, 伝統俳句の反, 伝統俳句本来の性質, 伝統剛健な古木, 伝統に対して近代劇, 伝統があまりに, 伝統即ち希臘劇以来西洋各国で, 伝統又は習慣といふ, 伝統及ヨーロッパ戦争という諸, 伝統古い猿女の, 伝統因果的関係から来る, 伝統国民性の特質, 伝統墨守と思はれる, 伝統墨守派だから, 伝統安居院流よりも三井寺, 伝統宗教とかいっ, 伝統宮廷内の勢力, 伝統の間, 伝統宿命を脱し切れず, 伝統尊重主義者や日本特殊性万能主義者, 伝統尊重論があらわれ, 伝統市井の情調, 伝統を移し, 伝統従って日本の, 伝統感覚の模倣, 伝統打破に臆病, 伝統授受の時代, 伝統教育の学校長, 伝統文化習俗などが挙げられる, 伝統文学の主軸, 伝統文学論の立場, 伝統新しい民族精神が, 伝統日本のかをり, 伝統本位の普通, 伝統権威一切の上品, 伝統正しいものと, 伝統正しき当時に, 伝統正しく伝えられて, 伝統正法宗教などと彼ら, 伝統比古君からの手紙, 伝統気風というよう, 伝統永き文化の, 伝統法式より超越, 伝統無視の露骨, 伝統物的栄華からの超越, 伝統猿飴の美しき, 伝統的カテゴリーはいかに, 伝統的コケツトリがあつ, 伝統的ドラマツルギイの定石, 伝統的不安であり従って, 伝統的事業を固定, 伝統的人道主義の理想, 伝統的作の自由さ, 伝統的作品に止まる, 伝統的作戦であって, 伝統的作法ではある, 伝統的価値を忘れ, 伝統的傾向について, 伝統的分類と新しい, 伝統的制度に属する, 伝統的制約を脱し, 伝統的嗜好に投じ, 伝統的国家精神の具現, 伝統的圧力の前, 伝統的地位に対して許, 伝統的型を破り, 伝統的基礎観念又は常識的根本技術, 伝統的大立物の風格, 伝統的存在としての俳諧, 伝統的宮廷文化のみが如何に, 伝統的家屋とはほとんど, 伝統的家職を持つ, 伝統的対策を少なくも, 伝統的感情の痛ましく, 伝統的感覚においても美しく, 伝統的手段をどれ, 伝統的文人気質というもの, 伝統的文学はあたかも, 伝統的文学形式としてある, 伝統的日本がうごめく, 伝統的日本人をよびさまし, 伝統的映像に養われた, 伝統的暗示或は宣伝, 伝統的本質を顧みなかつたなら, 伝統的様式が無言, 伝統的歴史家から例えば, 伝統的民藝品の現状, 伝統的温床となる, 伝統的演技を棄てる, 伝統的理想の鋳型, 伝統的社会的制約がある, 伝統的神国精神を保守, 伝統的空白時代が出現, 伝統的純潔を誇る, 伝統的美意識に合格, 伝統的義侠と物好, 伝統的考えという形式, 伝統的舞台に対してた, 伝統的芸術の一つ, 伝統的血液を受け, 伝統的観念に囚われた, 伝統的解釈に甘んぜず, 伝統的詩境即ち俳人, 伝統的詩形によるもの, 伝統的論理学と名づけ, 伝統的遺伝のため, 伝統的遺産なの, 伝統的音楽などに対しても日本人, 伝統的風格であるという, 伝統真正な主義, 伝統知識の圧し, 伝統な悪弊, 伝統絶対性への屈服, 伝統継承者のない, 伝統習慣が既に, 伝統自身の破壊, 伝統芸術は既に, 伝統詩境を脱し, 伝統に基く, 伝統趣味なり私, 伝統過去の思索, 伝統都市美の保存, 伝統関係は別, 伝統騎士道の遺風