青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~会った 会った~ ~会社 会社~ ~会話 会話~ 会議~ 会釈~ 伜~ ~伝
伝~
~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~

「伝~」 4429, 48ppm, 2438位

▼ 伝~ (276, 6.2%)

35 つてゐる 12 つて来た 9 つて居る 8 つて来る, りて 7 つて 6 つてゐない 4 つてゐた, つて行く 3 して, つて来なかつた, つて行つた 2 つてを, つて居た, つて往つた, つて来ました, 不明である, 刎ね, 続けて

1 [160件] あ, いつもその, いらない, う, うか, うしろの, う其中庵, う手伝, お袖, こちらが, こののんき, この家, さっそく下谷, された, すいと, すぐそこ, すると, せ夜, その時分, それを, そんなこと, たいそう面白う, ちがうよう, ちょっとその, つたが, つたと, つたのが, つたのである, つたのです, つたのは, つたのも, つたばかり, つた古, つた宝物な, つた小野の, つた憂鬱を, つた時それを, つた時文字の, つた紫檀の, つた職業である, つてある, つてしつ, つてすべて農業に関する, つてそれは, つてにじみ出る, つての, つては, つても, つてゐず, つてゐなかつた, つてゐるらしい, つてヴオルテエルの, つて一つ時しんと, つて互に, つて代, つて参つた, つて同家名物の, つて居ります, つて廻る, つて心堅い, つて文学者でも, つて更に, つて最後に, つて来, つて来ます, つて正しい, つて流れた, つて涎掛に, つて清野氏が, つて皆の, つて縦列が, つて落ちる, つて落る, つて行つてゐる, つて逃げ下つた, ないかと, ないで, なければ, にべも, ぬか, まだお, むんずとマル, もとより詳, やむなく云った, らん, りやう, れず道, れる一軸, れる所, わからない, ツて, 一切しない, 上は, 不明で, 主に, 之を, 云った, 云ったまま, 俗間に, 俺達は, 傑作で, 傲岸な, 僕に, 僧真栄の, 全文を, 初未だ, 別院執事の, 匆卒に, 匡衡の, 千八百九十一年, 叱咤した, 名前よりも, 吾人の, 呻いたが, 声を, 女仙外史より, 始めだけで, 威圧を, 学者が, 安国に, 容易に, 審か, 審でない, 小刀から, 帙入の, 折々うしろ, 日本でも, 是真, 有るまいか, 未詳である, 本書の, 林忠正との, 梁末に, 欧州支那ビルマ米国に, 正にその, 気を, 浴衣がけの, 清風廬主人さきに, 猶太人, 現わし, 生意気の, 留守, 略伝としても, 疑わしそう, 睨むよう, 私を, 立ちどまった, 若い命, 葭簀の, 記して, 話しかけた, 調子を, 谷辺道玄船橋宗禎坂尚安多紀安琢で, 近来に, 近頃非常, 過去世の, 遽かに, 青い西瓜頭, 面白いと, 駈け出して

▼ 伝~ (275, 6.2%)

20 をし 17 に来 14 をする 8 に来た 5 をした 3 に来る, に行, に行く, に行つて, をさせ, 旁

2 [12件] にき, にゆく, に川千鳥, に帰つて, に彼, に或, に歩い, に足音, の女たち, の方, の男, をやり

1 [169件] かたがた病院通ひ, さては子守り, そして花やか, たちの, ぢや, つつ櫨, て, てお, てこの, て博多, て寒, て我, て拡がる, て渡るべき, て足, て零れぬ, ながら, ながらいつの間にか, ながらかの, ながら一勢, ながら余生, ながら古昔, ながら工場, ながら水上, などさせ, などはしたがらぬ, などをやつ, に, にあがる, にいきました, にいつ, にいづれ, にその, にだんだん, になる, にぶらぶら, にやつ, に三十里歩るい, に三国峠, に上, に下, に中庭, に主人, に亀井戸, に便所, に停車場, に出, に出かけた, に出る, に出掛け, に動員, に北上, に南, に参りまし, に参ります, に参上, に右, に向う, に国境, に土佐, に坐, に奥, に家, に小さき, に島, に左, に廻れる, に影, に彷徨, に径, に後架, に急いだ, に戻, に新, に木隠れ, に村, に来り, に東, に松原, に水底, に没頭, に泉水, に炭焼小屋, に生え, に私, に穂高山, に自分, に落ち行く, に行かない, に行き, に行きせ, に表, に走り出した, に辿り行く, に迷, に逃げ去つた, に這入, に速水秀策, に連れ, に運ばれ, に遣る, に降臨, に陸軍療養所, に雇, に雪, に頼まれる, に頼んだ, に黒谷村, のため, のひと, のひとみたいぢ, の周旋, の女, の子供連さ, の径, の水, の畑, の細い, の船頭, の路, の近道, はさせ, はほんの, は勿論, は最も, ばかりさせられる, ひつそりと, をさ, をさせられ, をさせられた, をさせる, をしたい, をしたら, をしな, をしない, をしました, をし出した, をはじめた, をやらなくなれ, を情夫, を続ける, を致した, を連れ, 下つた, 不自由舎, 二人限で, 人たちも, 伝ひ, 共は, 初めてゐた, 合つて陸へ, 女不自由舎の, 始めて騰れる, 島伝ひせしか, 広々と, 或は下り, 手には, 柱に, 江戸へと, 流を, 白い手の甲, 磯伝ひ, 私は, 胸に, 若しくは商店, 蔭つた庭の, 虫の, 部落の, 鍵屋の

▼ 伝~ (273, 6.2%)

34 です 20 でした 6 の目 5 で, に命じました 4 のおじさん 3 でありました, にいいました, のいった, のほう, へ命じました

2 [12件] なの, ならずとも, にし, に渡し, のことば, の報告, の帰り, の手, の話, の雲行き, へあの, へいいました

1 [160件] あわてずいや, か, から十手, がいぶかり, がたちまち, が不安, が二階, が勇み立った, が灯, が男手一つ, が目, が追いかけ, ごときが, ごときがさつ者, ごときぞんざい者, ごときもの, さらに得意, じゃねえ, たあ, だけには一つ, だったが, だったの, っていういい, っていう勇み, ってえ, でこ, でしたが, でだが, ではない, でもへま, といっ, としてはまた, として見, とてもまたしかり, とても何, とても生き物, とて暑い, とでもいう, とともに両々力, とともに前節, とはなん, とみえまし, と云う, と明し, ならぬあの, ならば, なん, にいいつけました, にかかえさせ, にかつがせ, にささえさせた, にささやきました, にしかられ, にすらも不思議, にたった, にとどめ, にはこの, にはその, にはそれ, には事件, には取り合おう, にもわからない, にも加賀家, にも右門, にわかった, に下りました, に不審, に与えました, に促され, に向かっ, に命じ, に導かれ, に微笑, に意表, に早, に目, に罪, に頼み, のあわてだした, のいい, のいう, のいうごとく, のいったごとく, のいまだに, のいる, のうるさく, のうれし泣き, のおどろい, のおはこ, のかわい, のこと, のことごとく, のこわい, のごとき, のし, のそれ, のとうてい, のところ, のどこ, のひと, のほめ, のやっ, の一大事, の不平, の不平そう, の両足, の内, の十手, の受け持ち, の呼びたてる, の問題, の喜び, の喜ぶ, の嘆声, の報告どおり, の声, の役目, の急, の性分, の悦, の意表, の懐中, の暴言, の本来, の様子, の死骸, の眼, の組小屋, の胸, の行く, の身持, の駕籠, の骨っぽい, の骨身, の鳴り太鼓, ばかりだ, へな, へ一丁, へ下りました, へ与えた, へ意外, またしかり, までがまゆ, もあっと, もおもわずぎょっと, もおもわずぞっと, もちっと, も一本, も伊豆守, も伝六, も帰りつい, も必死, も等しく, も鼻, やあばた, らしいもらい泣き, らしい比喩, らしい解釈, を驚かし, 泣かせを

▼ 伝~ (256, 5.8%)

18 して 15 読んで 5 したり, 求めて 4 見ても 3 した, 書いた

2 [16件] いたします, かいて, しなければ, しましょうか, すると, するん, 引いて, 書いて, 書くもの, 無用と, 立てたこと, 致して, 記して, 読み泣いて, 読む, 読むよう

1 [171件] あれを, あんなむごい, いたしましょう, うけた師, かいたエーヴ, かき世界的, かこうと, ここで, させて, させました, させられたさうである, させられるの, させられるよう, させ五銭, したが, したの, したもの, した椅子, しては, しないかと, します, しますがね, しようと, しるして, する気, そのまま踏襲, その娘, なさるん, なしたる大原, はじめ山猫禿鷹モモンガア等々と, ふんづかまえて, もって, やって, よみ又, よみ始める, よみ彼, よむ, よんで, 一寸よむ, 一枚でも, 主張する, 他の, 仰附けられた, 作りて, 作るもの, 作る段, 児守子に, 出した日, 出して, 出版し, 創作した, 助演した, 厭悪し, 参照し, 参閲せよ, 取らずして, 取り上げて, 受け晩年富士山下, 同事, 向うへ, 否定し, 命ずること, 問題に, 失い支那, 失い清初, 失うた, 失うて, 始め, 委しく残そう, 完成した, 届けた, 弘むるに, 征服し出した, 得意として, 御覧に, 払って, 持たせて, 指差した, 挙げて, 撰し, 撰した, 撰るなら, 文楽座で, 書いたか, 書いた人, 書いた善良, 書いた翌々年, 書いても, 書かうと, 書くこと, 書くという, 書くとか, 書くにあたっては, 書くに際して, 書く時, 最も便宜, 朗読した, 校正上本せし, 極彩色に, 毒殺せいという, 汲み京八流, 注意し, 活かすため, 済ました晩, 済むまで, 演じた, 物し, 町方とでも, 目ざして, 目に, 称せずし, 稿本中より, 究めて, 立てたるを, 立てた諸家, 立てる時, 筆に, 約束し, 紙の, 考へても, 致してを, 致しましょう, 英文に, 草した, 草し畢つた後, 著したる後四年, 著したる翌年, 行って, 補ふべき, 見せて, 見たらこれ, 見て, 見るに, 見出す事, 観或は, 記すと, 記す其立憲大臣, 記そう, 訳した久保正夫氏, 詳に, 語って, 語らせて, 説かしめ屠者, 読まぬ人, 読みて, 読みふけった, 読みましたとき, 読みみづから神, 読みシーザー, 読み兄, 読むこと, 読むに, 読むべく生き延びた余, 読む放哉坊, 読めば, 読んだとき, 読んだ彼, 読んでは, 調べて, 講じて, 講ずるとかいう, 載せあった由, 載せて, 送った, 送って, 連れて, 録せしめみずから叙, 開いて, 閲するに, 馬で, 高声に

▼ 伝つて~ (204, 4.6%)

11 ゐた 9 ゐる, ゐるの 4 来た, 来て 3 ゐるもの, 居た, 来るの, 行く

2 [11件] もらつて, ゐて, ゐるうち, ゐるが, ゐると, ゐる古い, 居る, 忍び込んだの, 来たの, 流れ落ちた, 行くと

1 [133件] あげてね, あげても, いささか無, いつのまに攀ぢ上, いて, おくれよ, お呉れ, くださるとして, くれたり, ぐんぐん人気, この一夜, こんな風, すぐ中, そこで酒, その土地, その日, であらう, ともかく明日, のみその, はいよう, はゐまい, はゐよう, は中央, は呉れる, びりびりと, ぽたりぽたりと, みても, もらつても, も好い, やつて, やりたい, やる, やると, よ, よけい変, ゐたお蔭, ゐたかも, ゐたで, ゐたに, ゐたの, ゐたらしいの, ゐたん, ゐた一種, ゐた人, ゐた為, ゐた神秘, ゐた風俗歌, ゐない, ゐない国, ゐるお, ゐること, ゐるし, ゐるつもり, ゐるといふ, ゐるには, ゐるのに, ゐるやう, ゐるわけ, ゐるン, ゐる事, ゐる何, ゐる歌, ゐる母, ゐる源氏物語絵巻, ゐる純粋, ゐる表現, ゐる部分, をつた型, をります, をりますまい, をる, 下さらんか, 下さるならあなた, 下すつて, 下りて, 何とも寂しい, 向ふから, 呉れ, 呉れた, 呉れない, 呉れます, 呉れるつもり, 実に私, 導かれて, 居たの, 居たので, 居た事, 居た形, 居ない, 居りさ, 居る物, 居る百合, 居る語部, 或は軽, 早く見せろ, 昇りきると, 来たこと, 来たところが, 来たもの, 来たよう, 来たら如何, 来た時, 来な, 来ました, 来る, 来るよ, 来る笛, 来る筈, 次第にひら, 次第に脚, 歩いた, 歩き村, 流れた, 流れたらう, 流れるの, 流れる清水, 流れ下る, 流れ出した, 流れ落ちたの, 現はれ, 眺めると, 美しい露, 落ち始めた, 行くので, 行くん, 行く事, 行く姿, 行く気, 行く百合子, 見ようかしら, 降りて, 響いて, 飛ぶの

▼ 伝~ (178, 4.0%)

3 中に, 魔独楽 2 みやげは, 一節を, 中から, 中で, 中には, 末に, 説の, 邪馬台国の

1 [156件] あの一章, あらましの, こと, ごとし, ごとし行きて, それも, それよりも, ためにも, ところ面白く, はじめに, ひとが, ほうで, ほうに, ほうにも, ほうを, まとまった物, ものを, ような, ゑのとふりなり, 一つであろう, 一つな, 一二巻に, 一人子を, 一片を, 一節も, 一部と, 一部は, 一鱗を, 世に, 中にさえ, 中へ, 中心点とも, 主人が, 主人公の, 人々が, 人なり, 人も, 伝えて, 何章とかいう, 作者ザイレの, 価値は, 側に, 傍らに, 僧宗弼を以て, 先蹤を, 出所らしい, 初めの, 前だった, 十九章を, 原稿に, 叙に, 叙事の, 叙述は, 口笛と, 古蹟とも, 史実では, 史話など, 名も, 君主すなわち, 囁く声, 執筆である, 場合と, 声と, 声は, 太宰府参りらしい, 女主人公, 如きにも, 如きもの, 如く天狗, 姿が, 婆に, 字あにいです, 字十手の, 家にも, 左の, 弟子の, 張る翼, 後に, 御蔭と, 忍びの, 意義を, 我々に, 我国に, 所が, 手によって, 文にも, 書には, 有無を, 木内宗吾が, 末節を, 条に, 此一節も, 此所にも, 死という, 沿革である, 火独楽, 火独楽が, 煙草入は, 父塚原土佐守の, 独楽火独楽と, 目つきが, 目迎え, 眼にさえ, 第一頁, 第九章一節, 第十六章二十八節, 筆を, 素行については, 経典の, 緒言の, 群書に対して, 翻案を, 翻訳を, 翼を, 背中を, 胸いた, 胸の, 興味を, 若い女, 英訳が, 草稿が, 草稿を, 著しい特徴, 著者である, 著者エヴァンスまた, 親仁大, 記載である, 訳も, 詞章を, 話が, 話と, 話を, 詳細なる, 語を, 説と, 読むだに, 諸書, 資料に, 資料は, 賛の, 身寄りの, 通りこれが, 連載を, 遊び友達であった, 部屋へ, 重大な, 野郎ふて, 野郎フンていう, 長いやつ, 間人穴太部王の, 間積りと, 霊草は, 青い坊主, 顔が, 首に, 骨法を

▼ 伝~ (173, 3.9%)

14 来て 6 よると, 出て 4 よれば, 行って 3 見えて 2 ある, 往った, 曰く, 絶えて, 記した如くである

1 [126件] あるよう, ある曠野, ある武蔵, いい聞かし, いう通り, この島, この神帝釈, これらの, しろもし, しろ伊藤永之介, すぎなかった, その子優善, なりますから, ほぼ同じくて, まいりましょう, まは, もつと, アレキサンダー王の, インドの, 一世を, 与え無理, 中に, 之を, 乏しく外部, 乗じ風行雷動, 云うが, 交趾の, 仕切場, 伝えて, 依る山上, 依れば, 傚ひ, 優ること, 入る, 入ること, 入れなくては, 出されて, 出たと, 出るつもり, 初めて見える, 利得金を, 吉野悪僧等の, 名山大川に, 唐の, 国栖人の, 在っては, 太叔文子の, 室の, 就きこんな, 就て, 屡々掲げられた, 平地尺に, 弾薬でも, 彼は, 従って, 応神帝降誕のみ, 拠って, 拠れば, 救われたらどう, 於て, 昔ノーヅツ, 曰く坂上将軍東征の, 曰く役の, 曰く日, 曰く本姓三国後藤原に, 書いた, 書いたこと, 書いて, 朝廷帖木児の, 本づく, 本づけ, 来た, 来たの, 来たもの, 来た男, 来てから, 来る婆, 枳園が, 柏軒が, 此草は, 比して, 比べて, 河童しばしば, 烟霧中怪しき, 煩ひせられ, 煽られて, 爺や, 現れて, 発見された, 給与する, 綾瀬の, 縁側から, 繰り込まれること, 置きざりを, 老女の, 者治安策と, 至るほど, 至るまで, 藉るあり, 行かねば, 行くの, 行つて居た, 見えない, 見える養育譚, 見え又, 訊ねた, 記されて, 記した, 記して, 詳しいが, 詳である, 論じて, 譲らないの, 跋した, 載せました事蹟, 辯じ, 通鑑綱目, 重きを, 錦橋の, 録せらる, 雄弁を, 雇入れた, 離れたる一間, 露という, 願行寺の, 香以の

▼ 伝七郎~ (146, 3.3%)

4 の方, の眼 2 とかいう者, の前, の足, はそう, は敵, を迎える

1 [126件] あまり敵, おぬ, がいった, がいるなら, がこう, がつぶやく, がまいった, がまた, がまるで, が一人きり, が兄, が出, が大きく, が復讐, が急い, が最初, が芍薬, が面, っ, っこれ, というの, という人, とのふたり, との勝負, との試合, とはちがっ, とやらもたいした, と友人, と古参門下, と呼ばれた, と自分, と試合, などと武蔵, にお, にとっては実, にはもう, には備わっ, にもいちど, のこと, のことば, のそば, のほう, のまえ, の二人, の体, の余りに, の刀, の口, の声, の影, の意思, の戦闘力, の時, の木刀, の構え, の気持, の焦, の眉毛, の神経, の肩, の肱, の背後, の踵, は, はあなた, はあわて, はいなかった, はきょう, はこう, はこれ, はじろッ, はすぐ, はだまっ, はひと目, はほとんど, はむしろ, はもう, はわらっ, は一, は一同, は不機嫌, は五尺何寸, は勿論, は大力, は彼, は心得, は木剣, は武蔵, は油断, は焚火, は焦, は白い, は立場立場, は肩, は自分, は苦笑, は茶碗, は解い, は言葉, は雪, へ何, へ武蔵, へ門人達, までがきょう, もいる, もこの, もそれ, もまた, も同じ, も寄りつかない, も汝, も清十郎, も相手, も知らないで, も蒼く, や他, よりほか, をここ, をさがし当て, を仆, を倒した, を捜し, を探し廻っ, を討たれ, を迎え, 共に父

▼ 伝~ (135, 3.0%)

5 聞いて 3 下さいませ 2 きいた, させる筈, ゆきしなり, 聞いた男, 聞く, 聞けば, 語りついで

1 [113件] うけたま, おくらなければ, きいたから, きいた右大臣, きいた魚則, きいて, くださるやう願, くる潜水夫, けむ, けむ人の, ける, させたの, させるの, し, したいと, したらいい, した筈, して, し所, するが, すること, するで, するには, するわ, する一つ, する以外, する自信, する興味, たまへ, たると, たる点尠から, だつた, だとは, だらう, てあつた, である, できさうに, とてもやはり猿, どほり, なければ, なので, なる仁徳紀, のしやう, む, むがために写す, むがために此矯飾を, むと, むとするや彼は, むと思ひ, む大原の, よけいな, わけた跡, 下さいます様, 云ふ, 人々を, 仰せらる, 伝説といふ, 侍る, 入る, 其から, 受くる, 受けたいので, 可被下候, 合ふ, 名字を, 噺有之, 家に, 彼が, 得ざる乎, 得べき限り, 得るに, 或は古今雑部, 戴け候やう, 承るこそ, 来た執拗, 来つた, 残されたと, 残した古い古い, 申しましたところが, 申す人, 畢つて言讚評に, 真の, 示さむことを, 祟るとしても, 給ひ, 置きたく思ひ居り候, 聞いたある, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いたまで, 聞いたらもう, 聞き伝へて, 聞き其許, 聞くその, 聞くところ, 聞くル・メルキウル・ド・フランス, 聞く今, 聞く仮, 聞く女義太夫, 聞く沼, 聞く火賊, 聞く聖, 聞く術, 聞く諾亜, 聞ませうなら, 聞伝へ, 被下, 言ふ, 言葉だ, 誤りも, 謡ひ伝へ, 違へで, 遺すまいと

▼ 伝ふる~ (91, 2.1%)

16 所の 11 所に 5 所は 4 ところに, 所を以て 3 所を 2 ことの, に当, ものあり, ものとは, ものは, 事の, 処あるべきなり, 所以けだし

1 [32件] が如く, が如し, ことが, ことを, こと必定し, ところの, に哥一つそ, に堪へ, に至つてわたくし, に足る, に足るべし, の大作用, は吾が, は独り地平線的思想, もの, ものとして, ものには, もの凡そ, や日本人, より難い, を聞い, 処の, 婆羅門の, 感動の, 所, 所である, 所と, 所なり, 時余に, 程の, 者は, 鉱山の

▼ 伝二郎~ (82, 1.9%)

1 [82件] がおずおず, がまあ, が四畳半, が大, が大声, が寝返り, が気がついた, としては品川くん, と侍, には嬉しかっ, には風流, にもそれから, の口, の心, の方, の物語った, の狂乱, の申し出, の眼, の紙入れ, の耳, の言葉, の鼓膜, はおっかなびっくり, はぐっしょり, はすぐ, はそこそこ, はその, はそれどころ, はちょくちょく, はどう, はながなが, はなれなれしく, はぺたんと, はまぶし, はわが, は二, は二度びっくり, は前, は口, は咽喉, は土気色, は小笠原流, は床, は後, は微笑, は怖, は怖気, は急, は意気地, は慌てた, は懸命, は手拭い, は本能的, は泥跳, は炊事場, は狂気, は生酔い, は田圃, は素早く, は細心, は蔵前, は覗い, は言い渋った, は跣足, は震え, は震え上った, は首, もこの, もほとほと, も何かと, も勘次, も酒, を引っ立て, を抱き停めた, を押しやった, を見下し, を迎え, を返り見, を連れた, を顧み, を風呂場

▼ 伝~ (76, 1.7%)

5 ある 3 あったこと

1 [68件] あって, あつた, あります, ありますね, あるそう, ある銀行, いったいどこ, この事, したいと, すべてこの, そこに, そんなこと, どういうもの, なくては, はじまったとき, ふんぞりけ, ほしいかを, もう大分前, よまれるの, マルを, ロゴスの, 一喝した, 三伝が, 下手な, 人々の, 伝えられ笑, 低いあの, 佐々の, 何程出来る, 何者にか, 使用する, 内の, 写本で, 出来た, 叫んだ, 嘲りの, 女を, 孔子の, 実は, 尻を, 居りましたね, 屏風の, 彼を, 得意で, 挙げられた, 昭和二年の, 書かれたの, 最初であっ, 来るかと, 来世と, 果して孔安国, 死を, 永平寺蔵版の, 無しまた, 立てて, 絶対に, 草庵の, 蘇ったなんて, 要るはず, 見えない, 記者にとって, 載って, 鄭注と, 録せられたとき, 長生も, 頤を, 駈け出した先, 黒い仮面

▼ 伝~ (68, 1.5%)

6 やうに 4 涙を 2 のだ, 軒の, 雫の

1 [52件] ことで, ぜいになめられ, そして共に, であらう, に似, に足るべし, のだつた, ので仕事, のに, のは, のも, のを, べい, よりも危, を仕事, を視, 一雫, 不思議に, 事に, 事は, 位に, 位ひである, 余裕も, 八十の, 其れ, 内いつの間に, 内に, 午後帰庵し, 友が, 彼女の, 所の, 朽縄なら, 板垣伯は, 汗の, 涙はらふ, 状にて, 猿の, 用事が, 用件は, 磐余の, 約ある, 術あらね, 足音, 躰の, 闇夜かな, 雨が, 雨し, 雨の, 雨漏りの, 頃ろ自由党は, 風音, 鶯の

▼ 伝うる~ (67, 1.5%)

23 ところに 6 ところの 5 所に 3 ところによるに 2 ところなりという, 所と, 所は

1 [24件] こと六十年延義という, ところである, ところです, ところでは, ところなる, ところは, ところも, ところ一様に, ところ区々では, ところ実に, ところ種々の, となく, に過ぎない, ものと, ものに, エタ巻物などの, 中には, 処に, 幽霊談について, 延喜二年の, 所の, 所また, 者も, 限りでは

▼ 伝さん~ (55, 1.2%)

3 はなんだか 2 がその, と三, のほう, はその

1 [44件] がいちばん, が今戸, が来ました, が質問, が飛び込ん, である, という人, とおなじ, に助けられる, のこと, のところ, の大勢, の娘, の気づかなかった, の気づきはじめた, の疑問, の祖父, の立っ, の顔, はあせらず, はいつ, はこの, はすかさず, はそろそろ, はとうとう, はふと, はまだ, はむろん, はもうしばらく, はピリッ, は一寸顔, は不思議, は何気なく, は弁当, は思わず, は東京駅, は自分, へきびしい, へ念, へ目, へ笑い, へ軽く, もお客, 御全盛

▼ 伝~ (53, 1.2%)

3 の矢

1 [50件] いささかも, がお, がはなした, が今に, が勝点, が参っ, が四谷, が奥, が番, が眼, が頭, とが万太郎, とすまいし, とても奥底, と名乗った, と首, にはなん, には取り計らいかねます, に外出, のことば, の切っ, の対手, の独り子, の眼, の負け, の遠矢, はこの, はただ, はびっしょり, はまじまじ, はわき, はジロリ, はハタ, はビク, は一, は主, は何とか, は番頭兼用人, は眉, は神田お玉ヶ池, は秋月刑部門下, は膝, は自若, は身, もさる者, もオオッ, も主水, も緊張, や兵太, を一目

▼ 伝~ (52, 1.2%)

1 [52件] あつた, あれを, げすよ, さ, な首, ねこないだ長兵衛, ね袂, のべつに, ひとつ, ひとつあの, もしましょうと, もない, やって, ゆくつもり, ゆくと, カケアイ漫才な, カケアイ漫才を, グングン臍, メイ公の, 下宿屋を, 不動明王を, 二つに, 今の, 他に, 佃氏についても, 何か, 僕は, 全盛を, 利用した, 剣術は, 十八年前の, 叔父の, 呑んだと, 夜中時分に, 大福暖いと, 張抜きの, 往くと, 愈鐘, 担ぐん, 揃えて, 果してこの, 棒切れを, 毎々他国, 理詰めに, 瑞巌寺泊りの, 病気に, 童謡風に, 聞いて, 行こうと, 要領よく, 銀座通りなどを, 頭に

▼ 伝はつ~ (52, 1.2%)

156 たもの, て来る 4 てきた 3 たので, てくる 2 たが

1 [13件] たこと, たと, たといふ, たり或は, た事, た酒杯, てしまふ, てゆく, てるやう, て来ない, て来る懸, て私, て青木さん

▼ 伝~ (36, 0.8%)

1 [36件] が仕事, が血, が負けたら, が醤油賭, だった, って奴, であったに, であの, というの, といや, とは調子, と一緒, と醤油賭, にせしめられ, の前, の奥方, の奴, の姿, の御, の挙動, の梅, の死骸, の顔, は, はクラクラ, は世帯, は口, は小さい, は少し, は左右, は怯まなかった, は気違い, は煙草入れ, は狼狽, を徳川家, を怖

▼ 伝へが~ (32, 0.7%)

8 ある 3 あつて, 多い 2 区々にな, 吉野や

1 [14件] あつた, あるが, あると, ある訣, いさ, 令集解, 出来たので, 区々である, 同時に他, 愛護民譚の, 昔から, 村, 沢山残つて, 誤つたので

▼ 伝~ (31, 0.7%)

1 [31件] いい多く小田荘郡上城, いうべきもの, いうよりは, お袖, されて, すれば, その正, なって, なり王児, なり私, またがったよう, 一緒に, 云う書物, 云って, 云つても, 同様に, 唯物史観, 対立する, 庄は, 書ける一葉摺, 混淆し, 為す, 烈しい握手, 申す人間, 相愛別離譚とは, 相照, 約翰伝, 結婚し, 言ふ, 謂ふも, 違ふところは

▼ 伝~ (31, 0.7%)

2 が, は光秀

1 [27件] でもなし, でもよい, と並河掃部, と部下, などの将, にとっては地, のよう, の前, の報告, の手, の麾, は, はいない, はいよいよ, はついに, は全身六ヵ所, は咄嗟, は唇, は怒り, は憤然, は押太鼓, は自身, は部下数騎, も袖, やその, や四方田政孝, を呼び

▼ 伝~ (25, 0.6%)

4 てくれた 2 てあげる, ている, てくる, てくれる

1 [13件] たりした, たり何, たり終, たり茶摘み, てあげた, ていた, ておりました, てくれ, てくれない, てみる, てやる, てる, て下さい

▼ 伝はり~ (25, 0.6%)

1 [25件] さきの, しに, その本源, たりける, てはゑらものと, て事, て悪し, もした, もの, やしない, 僕も, 其一里と, 勤労の, 地方にも, 天下其名を, 居たの, 彼の, 従て, 或時, 改刪を, 日本教会全滅といふ, 朝の, 来つたわが, 監視が, 職工の

▼ 伝はる~ (25, 0.6%)

2 ありとある

1 [23件] だらうと, であらう, でせう, といふ十字架, とそこで, とバルキス, と共にかう, にち, に及, に及ん, に従つて周囲, のぢ, は新令, ほどになつて, ほど追, ものだ, もんだらう, やうな, や俳人, や因子自ら雄姿, や鉱毒地一帯, 故この, 速さ

▼ 伝~ (25, 0.6%)

23 の玉璽 1 の大, の宝

▼ 伝~ (23, 0.5%)

3 の一人 2 の人, の人々, の人物

1 [14件] というところ, に事, に池田氏, に現れ来る, に記した, の化物屋敷, の方, の最も, の登場者, の薄倖, の話, へ出, 殆ど滑稽, 頻に

▼ 伝には~ (22, 0.5%)

2 諸国を

1 [20件] この聖者, その後李陵の, なにか意味, アスモデウス身を, 中世の, 児玉旗山牧百峰宮原節庵が, 名は, 多く怪異, 大の, 子息の, 寂心の, 平山子龍, 成祖恵帝の, 晋景の, 次の, 此の, 西郷の, 記して, 記してないが, 遊女の

▼ 伝あにい~ (20, 0.5%)

5 です

1 [15件] あっさりと, いつもの, があたりまえ, がくちびる, がたちまち, がまた, そろそろと, でした, とね, のおしゃべりじょうず, の千鳴り太鼓, はたいそう, よ二日分, 引き揚げようぜ, 早く手配しな

▼ 伝九郎~ (20, 0.5%)

1 [20件] かでは, が, が三日月, だった, である, でしたから, ですぜ, で現在, とかいう役者絵, とその, と言われた, ならずとも, の一党, はパチパチ, は全身, は急, は考えた, は舌打ち, を襲名, 好み羽織

▼ 伝への~ (18, 0.4%)

1 [18件] あつた, あるところ, あるの, ある南方支那, いづれか, こととか, 与つて, 世を, 出来る訣, 多い此島, 多かつ, 如き, 文句通りに, 方は, 聊かの, 追放状を, 通りの, 類型は

▼ 伝~ (18, 0.4%)

2 ある, して

1 [14件] ありますが, このこと, させられた, しようという, する事, つたわらぬの, ない教, なく主, 亦イエス, 亦他, 研究も, 読んだ, 遣るくらい, 駄目に

▼ 伝~ (18, 0.4%)

2 と夫婦

1 [16件] がそこ, がふらり, という男, には何一つ, のふたり, はあいまい, はお, はたしかに, はどう, はなんだか, はなんにも, は口, は茶, も置き去り, をしめ上げ, を導い

▼ 伝~ (18, 0.4%)

1 [18件] がこの, でも空海, で会得, とて一山, とて時, に自身, のこと, の創作, の地位, の小乗的, の満足, の無謀さ, の独鈷松, の行い, の負け, も弘法, を遣, を遣わし

▼ 伝~ (18, 0.4%)

2 の稽古場

1 [16件] か中段青眼, する波道, で言う, という, と含み針, と称し, なん, にし, の免許, の免許取り, の免許皆伝, の小屋, の指南, の開祖, も林崎甚助, を教え

▼ 伝宸翰本~ (17, 0.4%)

2 のごとき, のごとく

1 [13件] が別れる, ではいかにも, では八日, と直した, などのごとく, においては四季, において個々, の巻末, の文章, は, はこれ, を原形, を見た

▼ 伝~ (17, 0.4%)

3 に努める

1 [14件] があった, が多い, し来ったそのまま, せられたと, には勝てなかつた, に時代, の善悪観念, は私, や見物, をくり返し, を守る, を役, を逸れた, 厳しかつ

▼ 伝~ (16, 0.4%)

3 して 2 される

1 [11件] されたかを, された名馬, されて, されてるの, されるが, する, するの, する所, せらる, せらるるに, せられ得る特質

▼ 伝という~ (15, 0.3%)

2 のは

1 [13件] のです, のを, ものに, ものは, 名義を以て, 娘柄の, 日本一の, 時計屋さんは, 時計屋は, 男は, 種類の, 糶呉服屋, 者が

▼ 伝~ (15, 0.3%)

1 [15件] がかく, がそこ, という百姓, と分っ, の口, の女房, の姿, の死骸, の言葉, の謎, はきせる, はただ, は脳天, もそれとなく, を殺害

▼ 伝右衛門~ (15, 0.3%)

2 の娘

1 [13件] から五万円, が召し捕り, という細川家, と云う, なる士, の財産, の赤銅御殿, はわが子, は町住居, も親, をつかまえ, をわざわざ, 実は棚倉伝八郎

▼ 伝~ (15, 0.3%)

2 八章二十四と

1 [13件] 一章, 七章二五以下に, 三章二十九, 二十の, 二十七章である, 二回に, 八章二四, 八章二四という, 六章, 十二章第, 十五章を, 十五章第, 廿六章の

▼ 伝~ (14, 0.3%)

1 [14件] ところの, と共に東京, のであつ, のを, ものは, や多数, ように, 事も, 家の, 河童の, 理由の, 神の, 系図だ, 蛇体の

▼ 伝八郎~ (14, 0.3%)

1 [14件] が, がお, が大声, が祖父江出羽守, が突如, という素っ裸, など出羽守側近, など気に入り, の方, の槍, は昂, を襲う, 打ったぞ, 来ル

▼ 伝六郎~ (14, 0.3%)

1 [14件] が在, が新郎, が躍出し, が音, であった, と一作, の一人舞台, の口上, の声, の寝言, の顔, はその, は両, は床の間

▼ 伝~ (14, 0.3%)

1 [14件] が昆虫館, が着いた, によれ, に依らなけれ, のよう, の令, の勇ましい, は昆虫館, は飛ぶ, は馳せ返った, を走らせ, を飛ばし, を飛ばした, 来って

▼ 伝へを~ (13, 0.3%)

1 [13件] 乞ふ, 併せ書くと, 守り起算点, 持つた家, 書いた点, 書き留めたので, 有するもの, 材料に, 異にする, 継承し, 聞いた趣き, 記して, 願ひたい

▼ 伝~ (13, 0.3%)

1 [13件] そういう種類, ニーチェ伝が, ヨハネ伝も, 三遊亭円朝の, 上泉伊勢守の, 何かを, 偉人伝を, 剣書にも, 国語に, 武勇伝を, 発心集に, 禿鷹なんぞ, 郷土史自体が

▼ 伝~ (13, 0.3%)

2 のあいだ, の間 1 が久しく, させられたの, されて, され遂に, とを見れ, に保存, の詞章, の際, を忠実

▼ 伝ふべき~ (12, 0.3%)

1 [12件] かに惑は, かの手段, にて候, は坂上田村麻呂, ものと, を伝, 一番大切な, 佳話である, 創作集を, 甘さ, 者を, 遺業も

▼ 伝へに~ (12, 0.3%)

3 なつて, よると 1 あつた, ある火, しても, なると, 依ると, 元祖と

▼ 伝へは~ (12, 0.3%)

1 [12件] ある, しないかと, 前に, 実はまれびと, 寺方説経の, 断篇である, 果して近代, 根強い民間伝承, 罪人を, 訣らぬ, 遠い昔ギリシヤ文明, 雄略天皇に

▼ 伝へも~ (12, 0.3%)

2 あつた, ある 1 せむと, 信じること, 段々ある, 水の, 無い, 皆此系統である, 祖先神だ, 身体授戒の

▼ 伝~ (12, 0.3%)

1 [12件] あり, いたしましたけれども, されて, すと, せられる, せられるとき, であって, なきや, の実, も二つ, をくれた, をなす

▼ 伝~ (11, 0.2%)

2 ない 1 ざるべからざる也, ずに, ないから, ないの, ない以前, ない劫初, ぬ伝記, ぬ職分, るる者

▼ 伝六太鼓~ (11, 0.2%)

1 [11件] があちら, がいっしょ, がからだじゅう, がまた, だってたたき, とは音, の調子, はあて, はどこ, もたたき, もなかなか

▼ 伝~ (10, 0.2%)

1 ていた, ていました, ても一部, てゐる, て先人未発, て文政六年, て極力, て残った, 実行してる, 本国では

▼ 伝はらない~ (10, 0.2%)

1 が恐らく, つて残念がる, で其の, といつ, といふこと, とも限らない, のである, ものである, 事で, 文学書の

▼ 伝~ (10, 0.2%)

1 て都下, ながら作品, ながら既に, はじめた, 伝つた話で, 太閤恩顧の, 存在せりとの, 彼は, 或は宮廷外, 草の

▼ 伝~ (10, 0.2%)

1 と云い, の仇, の倅, の打たれた, の死骸, の肩さき, の舌, はたった, を疲らせ, を足蹴

▼ 伝でも~ (9, 0.2%)

1 こう云います, したら好かろ, して, しようかと, しようという, 何でも, 紀元後百二十年ごろ, 致して, 読ませようもの

▼ 伝にも~ (9, 0.2%)

1 これ以上の, その事, 似寄りの, 同様な, 君子以て, 明瞭な, 緋袍之後不, 言つてある, 記載され

▼ 伝はせ~ (9, 0.2%)

1 てあげち, ていた, ておくり, てくれ, てその, ての袖畳み小, て二人, て発信文書, て私みたい

▼ 伝便~ (9, 0.2%)

3 の鈴 2 と云っ 1 である, なの, の講釈, や花櫚糖売

▼ 伝六親方~ (9, 0.2%)

2 のこと 1 おめ, がお越し, がとうてい, でした, のところ, の安, を知らねえ

▼ 伝十郎~ (9, 0.2%)

2 の手 1 が掻い抱い, と甚七, と申す, と粕屋甚七, の息子, も口惜し, 即ち彼ぢ

▼ 伝和尚~ (9, 0.2%)

2 なんかはね 1 といふ偉い, に対する情熱, の事, は今別, は外ヶ浜, は或いは, 時に九十余齢

▼ 伝誦せられ~ (9, 0.2%)

2 ている 1 てゐた, てゐる, て居た, て来た, て行った, 作歌の, 民謡

▼ 伝~ (8, 0.2%)

1 が, が此, と思いまし, と思っ, と思った, なんて云う, んなとは, んなとやらが

▼ 伝つた~ (8, 0.2%)

1 がそれにしても, が此方, が肝腎, と見える, と謂, ものと信じられ, もの貧苦, 大春日皇后伝

▼ 伝~ (8, 0.2%)

3 丞の 21 丞が, 丞さんの, 丞とが

▼ 伝五郎~ (8, 0.2%)

2 の蝙蝠安 1 であったが, といい, という人, という座組, はやはり, は後

▼ 伝六なぞ~ (8, 0.2%)

1 が口, とは気, と格, にはさらに, のいた, のところ, の参った, をあまり

▼ 伝染る~ (8, 0.2%)

2 から実家 1 ことが, のを, ものかという, もんか, もんなら, 事は

▼ 伝として~ (7, 0.2%)

1 お館内, そなた, 三種又は, 伝えられて, 君に, 来て, 看る可

▼ 伝ひで~ (7, 0.2%)

3 もし 1 はこの, もしろ, もする, も掃除

▼ 伝~ (7, 0.2%)

2 の三回忌 1 だらう, の云い, の子分, の方, の身内

▼ 伝六ッ~ (7, 0.2%)

1 いいぐあいにつじ番所, お蘭, きさま, といっ, とばかりに弥三郎, どうやらまた, なんとやら

▼ 伝~ (7, 0.2%)

1 からの帰り, にきまってる, に久々, のおかえり, の練塀, へ奉納, 御代参

▼ 伝経廬~ (7, 0.2%)

2 に入り 1 である, におけるのみで, の別号, は旧, を訪

▼ 伝から~ (6, 0.1%)

1 一の, 教えられた思想, 材料を, 百年近くも, 見ても, 転出した

▼ 伝ひし~ (6, 0.1%)

1 てやつ, てやり, て傍ら金田一先生, て十年, て呼声, て車

▼ 伝ふと~ (6, 0.1%)

1 いふわけ, 云ふ, 大鳥の, 曰ひ, 見えて, 雖保延三年八月遁世之時秀郷朝臣以来九代嫡家相承の

▼ 伝七郎様~ (6, 0.1%)

1 が早, っ, の二つ, もう沢山, を討たれ, を訪ね

▼ 伝八さん~ (6, 0.1%)

1 と云っ, なる夫婦, なる菅谷君, の細君, はなかなか, は電気

▼ 伝~ (6, 0.1%)

2 せらるるに, せらるるは 1 せし所, の吉野山

▼ 伝肇寺~ (6, 0.1%)

2 小さき古寺 1 にて, の朝, の立秋, の間借り

▼ 伝つたの~ (5, 0.1%)

1 か伝来, が芝居, であらう, は陰陽道, も水神

▼ 伝つて行~ (5, 0.1%)

5 つた

▼ 伝では~ (5, 0.1%)

1 いって, ない, なかつたが, ゆくまい, 大山祇神に

▼ 伝~ (5, 0.1%)

1 ので, ので私, んだ, んでしょう, んです

▼ 伝など~ (5, 0.1%)

1 して, 体力と, 掘出しあすこ, 見れば, 雑多である

▼ 伝ひする~ (5, 0.1%)

1 と答, のが, を身, 位です, 積りだ

▼ 伝~ (5, 0.1%)

1 が拭い, に後, に頼ん, の都和井のぶ, は血色

▼ 伝左衛門~ (5, 0.1%)

1 が九人, が加藤清正, という二人, とその, は家主

▼ 伝染った~ (5, 0.1%)

1 からで, のかな, ので, よ, んだろ

▼ 伝~ (5, 0.1%)

1 がいる, とやらがご, に頼ん, は日頃, は輪王寺

▼ 伝熱作用~ (5, 0.1%)

2 の法則 1 だよ, のこと, も起らない

▼ 伝~ (5, 0.1%)

3 の病室 1 に種切れ, の構内

▼ 伝~ (5, 0.1%)

2 だぞ 1 の自動車, の部隊, は戦わず

▼ 伝誦する~ (5, 0.1%)

2 職業団体の 1 精神から, 語部との, 部曲及び

▼ 伝だんな~ (4, 0.1%)

1 じゃねえ, でござんす, にち, のお

▼ 伝つて貰~ (4, 0.1%)

1 はうと, ひたいん, ひ乍ら, ひ度

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 いたの, もろて, ドット床に, 来ますねん

▼ 伝とも~ (4, 0.1%)

1 いえる, つかぬ笹山千鶴子, つかぬ風, 言えるが

▼ 伝はるの~ (4, 0.1%)

2 を感じた 1 だから, を感じ

▼ 伝はれ~ (4, 0.1%)

1 たりし, てやつ, ど, 乍ら臥床の

▼ 伝ひも~ (4, 0.1%)

2 して 1 した, せずに

▼ 伝ふも~ (4, 0.1%)

2 のを 1 の, のあれ

▼ 伝へでは~ (4, 0.1%)

1 万法蔵院, 万蔵法院は, 後の, 淡路人形を

▼ 伝へと~ (4, 0.1%)

1 いふの, いふ名に, 思はれる安閑天皇, 直接関係が

▼ 伝へや~ (4, 0.1%)

1 其から, 其主題の, 源氏物語中川の, 由来書を

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 されて, のもの, の茶碗, の銘刀

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 も多勢, を得, を招き, を探す

▼ 伝六あにい~ (4, 0.1%)

1 がまた, が許す, とんだ眼ちげ, のおしゃべり

▼ 伝夢想流~ (4, 0.1%)

1 がつたわっ, が今, の先生, の杖

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 した習慣, し具象, せしめるので, を常に

▼ 伝宣者~ (4, 0.1%)

2 の詞 1 が奉行, には宮廷

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 があつ, で寛政中伊良子光通, の世, の構成

▼ 伝~ (4, 0.1%)

1 し家中, するの, せよ, の翼

▼ 伝誦せられた~ (4, 0.1%)

1 どの詞章, 神語, 詞を, 道筋が

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 なにかに, 可し, 荀子か

▼ 伝した~ (3, 0.1%)

1 と云, のが, 後たまたま

▼ 伝せられ~ (3, 0.1%)

1 ている, てやがて, て世

▼ 伝ちやん~ (3, 0.1%)

1 の声, はにやり, を誘ひたい

▼ 伝つたら~ (3, 0.1%)

1 どうかね, 其為に, 母も

▼ 伝つて私~ (3, 0.1%)

2 は着物 1 は毎日針

▼ 伝などを~ (3, 0.1%)

1 しながら, よむ位, 見ると

▼ 伝はらざる~ (3, 0.1%)

1 が故に, を慨, 者は

▼ 伝はらぬ~ (3, 0.1%)

2 うちと 1 が諡

▼ 伝はり残つて~ (3, 0.1%)

2 居ります 1 ゐる

▼ 伝ひな~ (3, 0.1%)

1 と致した, どして, んかし

▼ 伝ひませう~ (3, 0.1%)

1 か, そして私, と云つて

▼ 伝ふこ~ (3, 0.1%)

2 とにした 1 ともせず

▼ 伝ふて~ (3, 0.1%)

1 は下されぬ, コツプの, 急ぎ足に

▼ 伝ふれ~ (3, 0.1%)

1 ど, ど今, ば奥向

▼ 伝へで~ (3, 0.1%)

1 あつて, 杳として, 見ても

▼ 伝を以て~ (3, 0.1%)

1 お紺, これが, 満足せざる

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 た, た照ると, て追

▼ 伝七郎どの~ (3, 0.1%)

1 から其許, と二度, は友人

▼ 伝二郎さん~ (3, 0.1%)

1 が何, その河内屋, てまして

▼ 伝六だんな~ (3, 0.1%)

1 かどっち, それからっていう, はおしゃべり

▼ 伝六ッ辰ッ~ (3, 0.1%)

1 おおかたふたり, もうあっさりと, もうつまらねえ

▼ 伝六ッ駕籠~ (3, 0.1%)

1 だッ, だ駕籠, はどう

▼ 伝六流~ (3, 0.1%)

2 でした 1 です

▼ 伝~ (3, 0.1%)

3 被下候

▼ 伝右衛門氏~ (3, 0.1%)

1 と, にとつぐ, は筑紫

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 奉希上候, 奉願上候, 承度

▼ 伝心月叟~ (3, 0.1%)

1 と世捨人, と今, と名乗り

▼ 伝教以来~ (3, 0.1%)

1 のゆゆしい, の宝塔仏舎, の霊跡

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 の荷駄, を怠られた, 申しあげた

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 とか実相観入, にまで深め, の話

▼ 伝称する~ (3, 0.1%)

1 ものに, 所我等亦, 者に

▼ 伝能因所持本~ (3, 0.1%)

1 の生じた, の系統, 及び安貞二年奥書き本

▼ 伝行基作~ (3, 0.1%)

2 という薬師座像 1 はウソ

▼ 伝襲的~ (3, 0.1%)

1 な形態, に愈々, に描かれた

▼ 伝誦した~ (3, 0.1%)

1 とある, 呪言の, 物と

▼ 伝誦せられる~ (3, 0.1%)

1 ものである, わけが, 訣が

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 を振舞つて, を食つて, を飲む

▼ 伝~ (3, 0.1%)

1 し依然として, し相, の六郡以外

▼ 伝うる如き~ (2, 0.0%)

1 事実が, 所謂監獄部屋の

▼ 伝しげ太夫~ (2, 0.0%)

2 の心中

▼ 伝しましょう~ (2, 0.0%)

1 と云うた, と男

▼ 伝その他~ (2, 0.0%)

1 を思い出した, 諸書

▼ 伝だろう~ (2, 0.0%)

1 が巻十一, と皆さん

▼ 伝ちや~ (2, 0.0%)

1 ん素晴, ん見たい

▼ 伝つたもの~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, もある

▼ 伝つて危くトンチンカン~ (2, 0.0%)

2 に終る

▼ 伝つて絶間~ (2, 0.0%)

2 も無く

▼ 伝つて胸~ (2, 0.0%)

1 につき上げ, の中

▼ 伝つて貰つて~ (2, 0.0%)

1 これから毎晩俺, だつて

▼ 伝であっ~ (2, 0.0%)

1 て偉大, て欲しい

▼ 伝である~ (2, 0.0%)

1 ことに, ということ

▼ 伝です~ (2, 0.0%)

1 よおばさん, 輪田夏子へ

▼ 伝でない~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 伝とかの~ (2, 0.0%)

1 仕事に, 収入を

▼ 伝とを~ (2, 0.0%)

1 して, 日常生活の

▼ 伝どの~ (2, 0.0%)

1 にお, にはその

▼ 伝ながら~ (2, 0.0%)

1 姉は, 拝見致しましょう

▼ 伝などと~ (2, 0.0%)

1 申す様, 聯想され

▼ 伝において~ (2, 0.0%)

1 日本紀の, 疑うて

▼ 伝についても~ (2, 0.0%)

1 この頃多く, これを

▼ 伝はっ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ 伝はらなかつた~ (2, 0.0%)

1 が彼等, のも

▼ 伝はりし~ (2, 0.0%)

1 家督をも, 手法を

▼ 伝はりたる~ (2, 0.0%)

1 庄太郎さて, 鐘なり

▼ 伝はるこ~ (2, 0.0%)

1 とが多, との速

▼ 伝はる仏教~ (2, 0.0%)

2 に帰依

▼ 伝はる神楽歌~ (2, 0.0%)

2 は石清水系統

▼ 伝ひと~ (2, 0.0%)

1 いつても, もつかぬ

▼ 伝ふてゐる~ (2, 0.0%)

1 と突然, のに気

▼ 伝ふべし~ (2, 0.0%)

1 といは, とさ

▼ 伝へでも~ (2, 0.0%)

1 したやう, わかるが

▼ 伝まで~ (2, 0.0%)

1 何ひとつ落した, 十銭の

▼ 伝よりも~ (2, 0.0%)

1 余程面白き, 尊く美しく

▼ 伝をも~ (2, 0.0%)

1 のしたの, のして

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 こし秘密, 植シニヤ

▼ 伝七郎殿~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如く

▼ 伝上人様~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 伝不明~ (2, 0.0%)

1 である, で題詞

▼ 伝五どの~ (2, 0.0%)

1 の行方, を始め

▼ 伝五爺~ (2, 0.0%)

1 の胸, は懐

▼ 伝五行政~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は夜

▼ 伝五郎惟宣~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 伝人夫~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 伝~ (2, 0.0%)

2 のごとし

▼ 伝公ッ~ (2, 0.0%)

1 て, とうとうあご

▼ 伝六ここ~ (2, 0.0%)

1 にあり, をせん

▼ 伝六なかなか~ (2, 0.0%)

1 にうれしい, にやる

▼ 伝六の~ (2, 0.0%)

1 かえり, てのひ

▼ 伝六女~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, にし

▼ 伝六屋~ (2, 0.0%)

1 の鳴り, の鳴り男

▼ 伝六自慢~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一つ芸

▼ 伝内め~ (2, 0.0%)

1 じゃ, にご

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 でしが, でぬ

▼ 伝告者~ (2, 0.0%)

1 として衆囚, 即ち女

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 が上帝, で大友左近将監

▼ 伝命官~ (2, 0.0%)

1 に渡し, は命

▼ 伝声器~ (2, 0.0%)

1 を挟ん, を耳

▼ 伝宣する~ (2, 0.0%)

1 姿に, 意義で

▼ 伝~ (2, 0.0%)

2 御たのみ

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 に依っ, を授けられた

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 の想像, の手段

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 では問題, の朗読

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 するに, 遊ばされた天皇

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 が権, の決壊

▼ 伝流し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 というの, に拠る

▼ 伝聞く~ (2, 0.0%)

1 人は, 北米合衆国においては

▼ 伝行基~ (2, 0.0%)

1 という手前, という非

▼ 伝~ (2, 0.0%)

1 した, を受け

▼ 伝襲的学説~ (2, 0.0%)

1 は次第に, を改めて

▼ 伝親分~ (2, 0.0%)

1 ですよ, を締めあげなせ

▼ 伝誦し~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て居た

▼ 伝誦者ら~ (2, 0.0%)

2 の常識

▼1* [564件]

あって八三五年, 伝あにいこれでどうやら少し, 伝あにい手はある, 伝あにい用を足し, 伝あり靖献遺言的の, 伝あるを知らぬ, 伝かな狭き門, 伝かのうちでも, 伝かも知れんよ, 伝かを出す時, 伝くらいならこれ, 伝ぐらゐは間に合, 伝これが時代違い, 伝へ口碑, 伝さん一人だけらしい, 伝さん達よりは段違い, 伝したらいいです, 伝してたの, 伝しないか, 伝しなけりゃア旨え, 伝しなければならぬ, 伝しますよ, 伝しようと云い出した, 伝じゃあない, 伝すこぶる多く現存, 伝するのでが, 伝せられなかった最重要, 伝わって甲板, 伝たらいかんいうたやろ, 伝だしたな, 伝だったね, 伝つたげるから締め直しなさい, 伝つたやうなもの, 伝つたわけではない, 伝つた一つの語り物, 伝つた人のある, 伝つた処で必, 伝つた呪詞の変化, 伝つた情景纏綿の発想法, 伝つた方が気, 伝つた時に葛西氏, 伝つた時代と作者, 伝つた民間の舞踊, 伝つた神事芸能だと, 伝つた神秘な力, 伝つた私は思はず, 伝つた話で誰, 伝つた語句もある, 伝つた調子の, 伝つた賃銭に松魚, 伝つてきいきいいふ小鳥, 伝つてくりや, 伝つてちよろちよろと背, 伝つてみんなの御飯, 伝つてやつた, 伝つてらつし, 伝つてポタリポタリと落つる, 伝つてマヨネーズソースを自分, 伝つて一ツの蓑, 伝つて一枚をあ, 伝つて一生懸命に跳び降り, 伝つて一秒間に三百四十メートル, 伝つて丑松の耳, 伝つて二の腕, 伝つて五十人百人の客, 伝つて井戸の底, 伝つて人目を惹く, 伝つて今この山荘, 伝つて今日これを本全, 伝つて会に出掛かけ, 伝つて停車して, 伝つて北から吹く, 伝つて危気に下駄, 伝つて叙事詩になつて, 伝つて噂を聞いた, 伝つて四角な大きな, 伝つて外に逃げた, 伝つて天井裏へ鼠, 伝つて奥の襖, 伝つて女が窓, 伝つて宗教的の統一, 伝つて岬の頂, 伝つて岸へ上り, 伝つて峡湾の様, 伝つて己の耳, 伝つて平岡の部屋, 伝つて底力のある, 伝つて庚申堂の裏手, 伝つて座敷の椅子, 伝つて彼女の住居, 伝つて往来の雪, 伝つて息を殺した, 伝つて患者は総立, 伝つて愕然とした, 伝つて所縁不明になつ, 伝つて手迄全く, 伝つて新大橋を渡つてそれ, 伝つて枕許へ落ちた, 伝つて椎の実, 伝つて橋まで昇つて, 伝つて母屋の方, 伝つて水へぽ, 伝つて水際のところ, 伝つて汗は土, 伝つて河を向, 伝つて油槽へ導かれ, 伝つて浦野今市君はむしろ, 伝つて浴室の窓, 伝つて涙が流れ, 伝つて潜戸をく, 伝つて火が走つ, 伝つて点滴ばかりである, 伝つて爬ふやう, 伝つて現代風俗画としての興味, 伝つて町の出端, 伝つて目の廻, 伝つて真直ぐに行き, 伝つて眼の前, 伝つて着物のところ, 伝つて耳許まで這上つて, 伝つて腋の下や乳, 伝つて船を拵, 伝つて船客たちはぞろぞろ, 伝つて菜の花を折つて, 伝つて蒲団包みと柳行李, 伝つて袖にも移り, 伝つて西へ進ん, 伝つて見事に仕上げさせたら, 伝つて貰つたのにと思つて, 伝つて貰つて二番目の太鼓, 伝つて貰つて彼是と恩, 伝つて貰つて洋服やシュミーズ, 伝つて貰つて猩々を生, 伝つて貰つて顔や手足, 伝つて身首所を異に, 伝つて車夫は町, 伝つて酒倉の蔭, 伝つて階段の方, 伝つて雨樋に落ち, 伝つて音無宿までの三里, 伝つて順々に海, 伝つて頭の禿げた, 伝つて顎まで下り, 伝つて首筋に匐, 伝てるのん, 伝であり其, 伝というは九世紀に, 伝といった如法の, 伝といふのを, 伝とか立ちん坊とか, 伝とかに茶屋の, 伝とかはたとえ野, 伝とがどっちも, 伝ところで主人公の, 伝としては最も注目, 伝とのからみ合わせ, 伝とは訳本ファウストと, 伝なあこが, 伝などという信用できる, 伝などといふものに, 伝などに記るされ, 伝なら為ずには居られぬで, 伝なり数巻の, 伝なんかじゃありゃしない, 伝にでも行きそう, 伝によって幼年時代の, 伝による受難楽, 伝に対してそれを, 伝に従ってわれわれは, 伝はって吉士は, 伝はらざりしは俳名, 伝はらず迷惑を, 伝はらずなりて今, 伝はらなくなつたの, 伝はり中にも秀吉於義丸等, 伝はり伝はりて事, 伝はり候や不明, 伝はり得ないと意識, 伝はり流れるのと, 伝はるからと言, 伝はるやうな立派, 伝はるンだ, 伝はる事だけは確, 伝はる事尠く伝へても, 伝はる価値のあつ, 伝はる其出来た場合, 伝はる処を捕吏, 伝はる処女で多数, 伝はる剣舞と行かう, 伝はる古伝の文学, 伝はる唄を謳, 伝はる屋敷である, 伝はる星座の名称, 伝はる殷殷たる夜半, 伝はる源氏の家, 伝はる男女和合の秘密, 伝はる神の御, 伝はる秘法に河童, 伝はる紺屋の型, 伝はる背後に筆写, 伝はる親の其血潮, 伝はる訳もなし, 伝はる話である, 伝はる誤謬のある, 伝はる貴重な名, 伝はる資格がない, 伝はる錠前なので, 伝はる鎧でなければ, 伝はる響丁度山, 伝はる高麗の茶碗, 伝ばかりでなく知った者, 伝ばかりの人では, 伝ひいたしませう, 伝ひいたしたとおぼしめし, 伝ひか漁夫の, 伝ひさしたる冬日, 伝ひさせて数, 伝ひしたのぢ, 伝ひしやすよ, 伝ひせしかどもさすが, 伝ひだつたのだけど, 伝ひで場銭を貰, 伝ひで大騒ぎだよ, 伝ひといふ仕事から演劇活動, 伝ひなさいよう日が暮れ, 伝ひなら私共にお, 伝ひはじめた頃私は, 伝ひほがらかな, 伝ひまでする, 伝ひゆくに信如, 伝ひよる衣ずれ, 伝ひ下さいましたがもはや, 伝ひ出したかと思ふ, 伝ひ出来るだらうとはお, 伝ひ得るやうな, 伝ひ思ひがけなき, 伝ひ来る雪じ, 伝ひ歩きしてゐた, 伝ひ致しあまつ, 伝ひ行く悪鬼は, 伝ひ過ぎ来し方さへ, 伝ふかを問, 伝ふかすかなる, 伝ふからさつ, 伝ふつもりだつた, 伝ふてゐた時突然, 伝ふて居りましたが鉄砲玉, 伝ふやれ簾, 伝ふる如きの事実, 伝ふ如き振舞に, 伝へから男性の, 伝へだけが違つてゐる, 伝へとがすべて関聯し, 伝へとは別の, 伝へなどについては全然無知, 伝へなども信ずべくば, 伝へには京祇園の, 伝へにも竹田の, 伝へのほどおね, 伝られて, 伝まがいのもの, 伝まちまちであって, 伝やら母の, 伝よりかねて, 伝よりはヨリ以上の, 伝らざるに由来, 伝りさうに冷たく見える, 伝りましたものか, 伝れるものなる, 伝をば手がけると, 伝は難し, 伝イナガラ汗ヲ掻ク, 伝イニ焼香ニ来ルノニ便利デアル, 伝イラハイイラハイ今が初, 伝シオリコレヲ理智理性ノ発達不充分ナル女子, 伝ッテイルノヲ見ルト, 伝ッテ衣類ヲ脱, 伝詳細ニ書イタラソノ煩ニ堪, 伝ネムの妻, 伝弁護ヲ, 伝ノヨウナ女ガ現ワレタラ, 伝ハルモノ六七枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, 伝フル所士女雅宴楼閣清集等ヲ画ケルモノ, 伝フ昔女子アリ人ヲ懐テ至ラズ, 伝ヘザレド新座郡小榑村ヨリ高橋図書ト云フモノ来リ発シトモ云リ, 伝ヘシニヤ朝鮮ハ我国ヘ近, 伝ヘタルハ此辺ヲ越テ加賀川ニ沿ヒ, 伝為シ火之, 伝一冊のほか, 伝一篇を著, 伝七捕物帳とむしろ, 伝七署名す, 伝七親分の前, 伝七親分さんで, 伝七郎おまえはおれ, 伝七郎ふたりのため, 伝七郎らが駈けつけ, 伝七郎子の又, 伝七郎自身が立っ, 伝七郎道具は木太刀, 伝三もとよりしたたか, 伝三夫妻これは三男, 伝三熊の膏薬, 伝三腹を据え兼ね, 伝上人自筆の消息文等, 伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 伝顧身分有所建因冒譴責坐, 伝世百一朝にし, 伝短哥集, 伝中あたりか或いは, 伝中最古のもの, 伝中辺だと, 伝九郎さん一杯交際, 伝九郎中村七三永島茂右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 伝九郎達から救い出し, 伝二人を連れ, 伝二十五章にある, 伝二十八章読み終えるのに, 伝二郎さんここが大事, 伝二郎さん敵討ちなら早, 伝二郎さん訴人が突っ走っ, 伝二郎殿碁はお, 伝云山名富士取郡名也, 伝云往古此辺に碑, 伝五その他四五の将, 伝五めに今夜, 伝五並河掃部たちの一隊, 伝五並河掃部四方田政孝三宅藤兵衛村上和泉守などの人々, 伝五乗換馬も良い, 伝五伊勢貞興らの二千人, 伝五四方田政孝の三名, 伝五郎ッて新地, 伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 伝五郎惟宣千蔵公遷常太綱, 伝五郎等二千人である, 伝人たちが穴, 伝人中に飯田安石夫妻, 伝以外において持続, 伝会要礼制集要等の編撰総裁, 伝伝七郎っこれ, 伝伝六がきっと, 伝佳話只少, 伝渡して, 伝候得者其上にては度々, 伝光寺に住, 伝本, 伝八めが気, 伝八妙に力, 伝八郎中之郷東馬それから指無し, 伝八郎中之郷東馬山路主計らが五, 伝八郎中村勘右衛門野口勇三郎であったから, 伝八郎山路主計川島与七郎等, 伝八郎東馬らに促される, 伝公てめえゆうべは門違い, 伝公一升五合飲むなら二両賭, 伝公二升五合賭で来い, 伝公以来たとえいかなる, 伝公以来歴代の太守, 伝公当時南には天草, 伝公毒害のこと, 伝公泰平の豪傑, 伝六あにいきょうはけっこう, 伝六さアまは, 伝六ともどもついて, 伝六ともども名人主従を導い, 伝六ともども待ちうけて, 伝六ともども御用駕籠をそろえ, 伝六なみの鬱憤, 伝六なんの役, 伝六ひとりでした, 伝六へその緒を切っ, 伝六もとより必死, 伝六ア踊る, 伝六ッ今度こそはほんとう, 伝六ッ伝六ッいいぐあいにつじ番所, 伝六ッ十手の用意, 伝六ッ雪をかい, 伝六一つ芸の名, 伝六一輩に突, 伝六並みの鑑定, 伝六以下の三人, 伝六兄いのほう, 伝六兄いがおれに早変わり, 伝六大事命があぶ, 伝六太鼓鳴りそこないましたか, 伝六得意の一つ芸, 伝六愛用の品, 伝六木戸へ大, 伝六熊仲の驚いた, 伝六空がかき曇った, 伝六章には何, 伝六章二十五節からおしまい, 伝六親分すっかりいい, 伝六重之口伝, 伝其他数種を示す, 伝内これも徳川家, 伝内さんがお, 伝内そこは不承不承, 伝内どのが的, 伝内伊那丸方の山県蔦, 伝内政峰の長女, 伝冒頭の此一言, 伝出来ん俺が, 伝出版の計画, 伝を携え, 伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 伝十一章二十八節より三十節, 伝十五巻の内三, 伝十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 伝十郎確とせい, 伝又兵衛になっ, 伝及び其を, 伝及元亨釈書に後鳥羽帝, 伝受之次第となっ, 伝受女なり覚束, 伝受等いろいろの, 伝史氏の, 伝右どのが石川伯耆守, 伝右衛門これに, 伝右衛門ッ勝入の首, 伝右衛門光古と名乗る, 伝唇茶の畳帯, 伝唐茶の畳帯, 伝唱信奉せられたの, 伝四人俗事役三人の邸宅, 伝四先生の原稿, 伝四先生何を感じ, 伝地獄というところ, 伝が一人, 伝に反響, 伝外伝別伝家伝小伝などとずいぶん, 伝多きはその, 伝大伝の類, 伝天明に移りまし, 伝太光世が差添, 伝夫妻にたのみ, 伝の始める, 伝して, 伝となっ, 伝実記などを, 伝寺横町から富士見坂, 伝山崎といふ所, 伝島木健作その他何人かで有馬農相, 伝布シテ恰モ此書普通ノ称タルガ如シ, 伝平が力にし, 伝平が家にいる, 伝度会県の析鈴五十鈴宮, 伝弘法大師筆と称, 伝という人, 伝弥さんのお, 伝収先生此詩於賛中以為断案, 伝の華麗, 伝にありつく, 伝役桑原萩之進, 伝役萩之進らとかたらっ, 伝の職, 伝更隷写以伝誦, 伝御用を仰せ, 伝の教, 伝心寺に住ん, 伝心的に技法, 伝の師, 伝戦国策老子荘子と云う, 伝授受書入れ給之本, 伝摸年増東夷辺伐広, 伝教以後の僧侶, 伝教入唐出立の際暴風大雨, 伝教師をいただき, 伝教師シロテの来り, 伝教師的たらしむる, 伝教弘法その他の宗祖, 伝教者のとつ, 伝の方, 伝文学や科学者伝映画, 伝にし, 伝考新, 伝と記され, 伝方々預けられて, 伝日常茶飯事の祖師伝, 伝明さんが泣く, 伝明一行が使用, 伝明英百合子君らがいた, 伝映画の多く, 伝春秋などに影響, 伝林町より別府, 伝のお神酒徳利, 伝染っちゃって, 伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 伝森氏をよみ終り, 伝に終らざる, 伝様以来破れぬお家, 伝に吃驚, 伝此事不勤, 伝毒害の宿怨, 伝之記, 伝波性はその, 伝流せる一種の, 伝流丸目主水正の独悟剣, 伝湯屋の三助, 伝無しと雖, 伝のよう, 伝熱砂盤がわりになる, 伝の法則, 伝切刃大切先という, 伝牡丹奇縁如意君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 伝物仇討物武者修行物の講釈師張り, 伝特別読物などにブルジョア文化, 伝猫真似の闇右衛門, 伝甲斐ない, 伝上げて, 伝申されて深更, 伝志, 伝或用宋明註解, 伝痴婆子伝牡丹奇縁如意君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 伝をもっ, 伝であり作為的, 伝的存在のやう, 伝皆児茶筅である, 伝真淵自筆本には, 伝研ゆきの自動車, 伝示可被給候, 伝称し来るものあり, 伝称せられている, 伝の雑役, 伝等々の書名, 伝せる一種, 伝線病の靴下, 伝に取立てられ, 伝肇寺春は老木, 伝肇寺桃の茂り, 伝肇寺老木の木槿朝, 伝能因本について言っ, 伝芳ッて何だい, 伝藤陰舎遺稿を参酌, 伝の望み, 伝補闕記の記事, 伝襲的叙述法などから出来た, 伝西南方のや, 伝見舞にまいり, 伝言うが儘, 伝訃涙潸潸生前不逢音容絶, 伝記者の語る, 伝評論を聞き, 伝語申候つる, 伝誦せられ来ったとも解釈, 伝誦上の多く, 伝誦数が非常, 伝誦者によつて唱, 伝を貰, 伝跋宋本校正病源候論跋, 伝身内の奴さんたち, 伝輯釈を彦根藩, 伝に相成りたる, 伝通読十一偏その中, 伝すべきの, 伝道之書は言う, 伝醒世第一奇書, 伝を押せり, 伝して, 伝雑話上泉信綱と宮本武蔵, 伝などの小隊, 伝駕籠屋の伝五郎ッ, 伝魚心流という名, 伝の芸