青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「二~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~事情 事情~ 事態~ ~事柄 事柄~ ~事業 事業~ ~事物 事物~ ~二
二~
~二つ 二つ~ ~二人 ~二度 二度と~ 二月~ ~二本 二郎~ ~二階 ~云

「二~」 245617, 2359ppm, 35位

▼ 二~ (59531, 24.2%)

1125 の間 563 の男 521 の子供 497 の女 324 して 296 はその 272 の姿 270 の話, の顔 236 の前 218 の娘 208 はまた 202 は顔 166 の方 162 の仲, の子 160 の者 152 はそれ 149 はもう 142 の心 137 の若い 126 の人間, は 122 の男女, はしばらく 121 の眼 120 の生活 118 や三人 113 のあいだ 112 の中, の少年, の武士 111 はこの, は黙っ 110 のうち 108 はそこ 102 の関係 98 の人, の様子 97 の手, は手 96 の客 95 の青年 94 の会話 92 では 90 の婦人 89 は何 84 はお, を見 82 はすぐ 81 の女中 78 の影 7574 のため 71 並んで 70 のお, のこと, の少女, はたがい 68 はまだ 67 の恋 66 の上 65 の若者 64 だけで 63 の侍, の後 62 の息子, の頭, は暫く 61 の老人, は同じ 60 の耳, は無言 59 の兄弟, の妹, はそんな 5857 は一緒 55 はいっしょ 53 とも, の人物, の目 52 の胸, を連れ 51 であった, の声 50 でこの, はそのまま 49 がその, の結婚 48 だった 47 は同時に 46 のもの, の刑事, は又 45 いた, でお, はいつも, はやがて, を見た 44 である, の力, の言葉, はここ 43 の口, の身体, は私 42 のほか, の傍, は並ん, は声, は眼, は肩 41 だ, です 40 の仲間, の問答 39 か三人, でその, のあと, の友, の女性, 揃って 38 の姉妹, の男の子, の足, は互に, は今, は思わず 37 ともその, の友人, の姉, を見る 36 で相談, になった, の小, の愛, はいつ, は相 35 の兄, の友達, の紳士, はどこ, は互いに, も三人 34 とも同じ, の助手, の弟子, の水夫, の肩, の身 33 のいる, の足音, はどう, はまるで, は前, は長い, を一緒 32 のうしろ, の友情, の学生

31 [11件] あった, が一緒, のそば, のほう, の作家, の弟, の旅人, はこんな, は口, は話, を相手

30 で暮し, とも何, の命, はただ, は別々, は彼

29 がこの, の, の視線, はちょっと, はよく, は別れた, 連れて

28 で一緒, で何, の名, の顏, 出て

27 [11件] が何, で住ん, ともよく, になる, の役人, の敵, の運命, は再び, は時々, は話し, をつれ

26 [12件] がお, が顔, で歩い, とももう, とも黙っ, の令嬢, の博士, はある, はどちら, は家, は少し, 来て

25 [17件] ある, が二人, そろって, ともまだ, の事, の体, の友だち, の女の子, の孫, の愛情, の気持, の浪人者, の看護婦, の警官, は外, は大, は庭

24 でよく, ともお, の同伴者, の虚無僧, はじっと, は二人, は仲, を殺した

23 [14件] が自分, とない, ともこの, とも口, の姪, の後姿, の御, の死骸, の距離, は急い, は相談, は結婚, は腰, は驚い

22 [17件] が出, が手, でどこ, で家, とも私, と一緒, のまわり, の周囲, の子ども, の心持, の浪人, の間柄, は全く, は歩い, は顏, を殺し, を眺め

21 [20件] いて, が結婚, で仲よく, になっ, のどちら, の争い, の外, の巡査, の恋人, の曲者, の美しい, の身の上, の部下, はいつの間にか, はなお, は夜, は急, は目, は足, は部屋

20 [15件] だと, でやっ, で話, で話し, ともそれ, の人影, の大, の小さな, の幼い, の日本人, はそう, はついに, は暗い, は道, は静か

19 [11件] つきり, でした, で行っ, の同心, の壮士, の小さい, の生命, の立っ, はあわて, はこれ, は間もなく

18 [25件] がここ, がこんな, がそれ, が同時に, だから, でいっしょ, で出, のところ, の僧, の内, の対話, の小僧, の性格, の背後, はもう一度, は一つ, は二階, は息, は笑い, は自分, は自分たち, は電車, を案内, を残し, を迎

17 [28件] か, がいっしょ, がそこ, が帰っ, であること, でそれ, で散歩, で行く, で見, に共通, に向, の侍女, の場合, の子分, の幸福, の意見, の百姓, の話し, はとうとう, はびっくり, は出, は別れ, は宙, は早速, は連れ立っ, もまた, を迎えた, 立って

16 [24件] いる, が今, であつ, に別れ, のよう, の人夫, の家来, の書生, の横, の火星人, の話し声, の頭上, の首, の魂, はいろいろ, はかなり, はだまっ, は大きな, は夫婦, は御, は約束, は非常, を紹介, 連れ立って

15 [39件] がどんな, が眼, だけだ, で二階, で手, で来, とも気, とも自分, ならんで, に, のこの, のなか, の乞食, の医者, の娘たち, の恋愛, の父, の犬殺し, の着物, の親, の談話, の連れ, はいい, はいっ, はいよいよ, はこう, はすでに, はもと, はやっと, は先, は子供, は帰っ, は森, は町, は笑った, は階段, をその, を乗せた, を迎え

14 [33件] あって, がそう, が同じ, が夫婦, が話, が話し, だけ, だけになる, でいる, でここ, とも死ん, とも顔, のいずれ, のようす, の下女, の側, の兵士, の婦, の家, の後ろ姿, の感情, の職人, の農夫, はやはり, は人, は右, は左右, は店, は言葉, は酒, を乗せ, を待っ, を見比べ

13 [54件] がある, がそんな, がどう, がまだ, が中, が互に, が相, が間, つれて, であったが, であの, で出かけ, で夜, で私, なの, になつ, に向っ, のうち一人, のその, の世界, の兄妹, の夢, の奴, の子供たち, の態度, の支那人, の日本女, の時, の母, の相手, の老, の船頭, の跡, の遍路, の部屋, の鼻, はいずれ, はお互い, はこうして, は元, は別, は床, は思はず, は更に, は耳, は頭, は黙々, は黙った, ばかりで, もある, もいる, を前, を自分, を見くらべ

12 [50件] がまた, が入っ, が私, が立っ, しかいない, でそこ, で同じ, で東京, で行った, で酒, ともしばらく, とも無言, にとつ, のマルクス, の交際, の位置, の先, の勇士, の名前, の大将, の女子, の女王, の海女, の面, の駕籠屋, はあの, はあまり, はいつか, はどんな, はゆっくり, はようやく, は一寸, は一度, は中, は他, は仲よく, は初めて, は前後, は夢, は廊下, は後, は心, は橋, は気, は沈黙, は玄関, は腕, は腹, は馬, を並べ

11 [54件] あつた, がいる, がこうして, が共に, が声, だけであった, で自動車, で顔, とある, とも大, にお, にし, のご, の他, の兄さん, の医師, の噂, の士官, の大きな, の女房, の妾, の容子, の旅, の母親, の気, の浪士, の童子, の美女, の証人, の話声, の頬, はすっかり, はそこで, はその後, はそれきり, はそれっきり, はそれでも, はだんだん, はほとんど, はまず, は何ん, は妙, は学校, は幸福, は東京, は歩き出した, は漸く, は直ぐ, は突然, は笑, は身, をこの, 並べて, 連れ立つて

10 [57件] がこう, がどうして, が左右, が帰る, が相談, だけだった, でこんな, でまた, で庭, ともそこ, とも今, とも少し, とも御, に向かっ, に挨拶, のお客, のからだ, のす, の乗客, の先生, の児, の学者, の寝, の小姓, の巫女, の席, の弟たち, の影法師, の気分, の画家, の縁, の議論, の車夫, の關係, の雇人, の風流人, はそういう, はそれから, はなかなか, は京都, は僕, は其処, は恋, は抱き合った, は日, は舟, は船, は茫然, は草, は表, は闇, は雨, は面, は默, もその, を伴, を結びつけ

9 [83件] が並ん, が江戸, だけである, でやつ, でゆっくり, で並ん, で大, で旅, で暮らし, で死ぬ, ともすっかり, ともなかなか, ともひどく, とも声, とも手, とも涙, に一人, に云った, のすぐ, の主, の乙女, の乾児, の使女, の供, の同胞, の唇, の大学生, の女たち, の女学生, の年, の年齢, の後ろ, の憲兵, の旅客, の武家, の死体, の聲, の肉体, の腕, の芸者, の血, の話題, の騎士, はぎょっと, はさっき, はしばし, はそっと, はまったく, は一, は下, は今日, は他人, は何時, は例, は停車場, は共に, は力, は向, は呼吸, は夕方, は夢中, は始め, は小さな, は挨拶, は握手, は早く, は毎日, は海, は涙, は物, は窓, は誰, は足早, は車, は首, ゐた, を, を促し, を呼ん, を左右, を殺す, を見つめ, 曳きの

8 [125件] あり, いるの, がはいっ, が一人, が二階, が別々, が口, が歩い, が死んだ, が肩, が部屋, しかいなかった, だが, だけになっ, だけになった, で一つ, で一人, で一生懸命, で出かけた, で出かける, で外, で暮した, で行つて, で遊び, で食事, というの, ともいい, ともまるで, とも一言, とも同時に, とも心, とも死んだ, とも目, と一しょ, ならば, にとつて, に何, に声, に案内, のする, のひと, の世話, の仕事, の使者, の侍者, の兵隊, の内弟子, の写真, の出, の同志, の女給, の存在, の室, の小娘, の従者, の手下, の手先, の掏摸, の樣子, の漁夫, の犯人, の男達, の科学者, の秘密, の立場, の膳, の言, の賊, の足もと, の間にあった, の青侍, の駕籠, の黒い, はいる, はずっと, はどうしても, はどんなに, はぶらぶら, はほんとう, はわざと, は丁度, は不思議, は交, は何時の間に, は別に, は向う, は唯, は喜ん, は坂, は女, は安心, は小さい, は小屋, は山, は彼女, は或, は抱き合っ, は明日, は最初, は最後, は池, は決して, は火, は無事, は熱心, は狭い, は縁側, は胸, は膝, は途中, は連立っ, は遂に, は遠い, は遠く, は食事, は黙, もあっ, をそこ, を見おろし, を追, 寄って, 居て, 歩いて, 死んで, 立つて

7 [168件] ありて, があった, がいつ, が先, が喧嘩, が外, が家, が恋, が来, が来た, が無事, が目, が舟, が表, が酒, だけの世界, だけの話, でいつ, でございます, でする, でね, で今, で仕事, で声, で山, で御, で来た, で歩く, で留守番, で話した, で近所, で銀座, ともあまり, とも一緒, とも彼, とも急, とも息, とも眼, とも足, なり, には何, に云, に手, に注意, のいう, のお嬢さん, のとき, のまえ, の乗った, の亡者, の交, の人足, の今, の先輩, の兵, の口論, の同僚, の妃, の姉弟, の婢, の宿命, の将校, の希望, の恋仲, の所, の教主, の日本青年, の格闘, の歩調, の死, の気持ち, の消息, の為, の生徒, の男子, の町人, の病人, の盗賊, の目的, の相談, の看守, の眼前, の端公, の精霊, の老爺, の若き, の行動, の西洋人, の運転手, の過去, の門弟, の風流客, はいきなり, はきっと, はこれから, はしかた, はそれぞれ, はどっち, はひしと, はひそか, はふと, はほっと, は一しょ, は一人, は両手, は仕方, は何処, は何時の間にか, は兄弟, は兎, は公園, は其の, は刀, は別れる, は大いに, は夫, は完全, は実に, は室, は宿, は寒, は寒い, は寝, は岸, は川, は左, は幾度, は彼等, は往来, は忽ち, は散歩, は斯, は旅, は既に, は暫し, は林, は母, は汗, は無駄, は物蔭, は相対, は立, は立ち, は立っ, は自然, は若い, は草原, は親しい, は連れ, は金, は長く, は飯, は馬車, まで殺し, まで殺した, もいた, も同じ, も子供, らしい, ゐて, を先, を奥, を結婚, を送っ, を除い, 乗って, 住んで, 来た

6 [232件] あったが, あります, あるいは三人, あれば, いました, があの, がいかに, がこれ, がさ, がしきりに, が一つ, が仲よく, が余り, が共謀, が大きな, が心, が揃っ, が来る, が生き, が見た, が門, しかない, だけで話す, だったの, ついて, でいた, ですっかり, でも三人, でゐる, で世帯, で働い, で外出, で寝る, で居る, で心, で旅行, で暮す, で歩いた, で浅草, で立っ, で茶, で食べ, とその, とはない, ともあの, ともいっしょ, ともきっと, ともこれ, ともすぐ, ともまた, とも夢中, とも妙, とも家, とも揃っ, とも相手, とも美しい, とも若い, とも長い, とも頭, と一人, と同じ, にこんな, にその, になり, にはそれ, に別れた, に取っ, に見せた, に逢った, に過ぎない, のうちどちら, のお父さん, のさむ, のやう, のアイアース, の下, の下っ, の下駄, の不幸, の中学生, の主人, の争論, の会見, の伜, の作者, の使部, の分, の叔父, の味方, の喜び, の喧嘩, の囚人, の土工, の坐っ, の士, の夫, の女優, の娘さん, の子供達, の学友, の将来, の小児, の小者, の店員, の心持ち, の怪人, の怪塔王, の意志, の教師, の暮し, の服装, の権兵衛, の気質, の沈黙, の涙, の爭, の片, の猟師, の生涯, の番兵, の相違, の神, の私服, の結びつき, の老婆, の職工, の背, の脚, の膝, の芸妓, の若, の荷持, の記者, の訪問者, の詩人, の論争, の足許, の連, の遺児, の長い, の靴音, の食事, はあれ, はかう, はかつて, はす, はそこら, はそのまましばらく, はそんなに, はた, はちょうど, はともかく, はどんどん, はなん, ははっと, はほか, はまもなく, はむしろ, はもの, はもはや, はズンズン, はハッ, はホッ, は互, は今度, は低い, は何やら, は俄, は元気, は内, は初め, は博士, は各々, は大急ぎ, は好い, は容易, は小声, は岩, は席, は帽子, は当然, は意味, は慌て, は戸, は敵, は新, は時, は次第に, は歩き, は死ぬ, は死ん, は殆, は江戸, は泣い, は父, は父親, は用意, は男, は石, は立ち上がった, は聲, は自動車, は茶, は裏口, は赤い, は身体, は近所, は門, は電車通り, は額, は食卓, は黙つ, もい, もこの, も私, も連れ, をいっしょ, をし, をじっと, を中心, を呼び, を無事, を目, を結びつける, を見較べ, を見送っ, を送り出し, を部屋, 去りして, 向き合って, 呼んで, 減りして

5 [339件] あつて, ありました, あるという, あるよう, いたが, がいい, がいつも, がお互い, がどこ, がひそひそ, が仲, が兄弟, が其処, が別れる, が前, が力, が坐っ, が如何, が学校, が帰った, が彼, が思わず, が最後, が東京, が死ぬ, が気, が玄関, が着いた, が見, が誰, が階段, が黙っ, そろつて, だけです, だけの生活, だったが, であなた, でこ, でこうして, でご, でしばらく, ですから, ですよ, でそっと, で一度, で一本, で乗っ, で仲, で住む, で先生, で出る, で分け, で力, で奥, で或, で抱き合っ, で暫く, で朝, で楽しく, で毎日, で町, で笑っ, で結構, で肩, で自転車, で行, で見る, で訪ね, で道, で郊外, で飲ん, と, とお, とはあるまい, ともおとなしく, ともそんな, ともどこ, とも出, とも可, とも外, とも案外, とも水, とも相当, とも立派, とも笑い, とも親, とも言葉, とも酔っ, とも非常, と無い, と肩, ながら, なん, にそれ, になつて, にはその, に御, に死なれ, に紹介, に見送られ, に言った, のあ, のかたわ者, のこころ, のつながり, のみ, の一人, の下僕, の両親, の中間, の主人公, の主張, の交情, の交渉, の人たち, の住ん, の俳優, の兄たち, の兄達, の先客, の公爵, の労働者, の召使, の合作, の同行者, の呼吸, の哥薩克, の土方, の坑夫, の外国人, の大人, の天才, の天皇, の女御, の妹たち, の姉さん, の婆さん, の子供ら, の子息, の客人, の巨人, の師匠, の幼児, の弟子たち, の心臓, の思ひ, の思想家, の怪しい, の悪, の情, の戦隊長, の探偵, の新しい, の最後, の會話, の村, の来た, の来る, の注意, の無邪気, の父親, の男たち, の男性, の番人, の病気, の白い, の神さま, の神経, の素姓, の素振り, の結婚生活, の翁, の腹, の行く先, の行衛, の袖, の被告, の見知らぬ, の親友, の話しぶり, の説, の調べ, の資人, の身辺, の邪魔, の野郎, の雲助, の面倒, の靴, の顔色, の鬼, はあくまで, はあった, はあと, はい, はいかにも, はいつしか, はいつのまにか, はいや, はさ, はさっそく, はさも, はしきりに, はすぐさま, はその間, はそれつ, はそろそろ, はそろっ, はちら, はとにかく, はともに, はどうして, はどうも, はなぜ, はひどく, はぴったり, はほんとに, はめいめい, は一言, は上, は世間, は丘, は両国, は両方, は久しぶり, は二, は人知れず, は伴, は何者, は兄妹, は全然, は其處, は卓子, は吃驚, は同, は向い合っ, は向き合っ, は命, は固く, は塀, は変, は奥, は女中, は姉妹, は姿, は室内, は寝台, は寺, は小, は少なから, は広い, は心中, は必ず, は必死, は意外, は懸命, は扉, は抱擁, は揃っ, は新宿, は早々, は明るい, は月, は朝, は期せ, は此, は永久, は深い, は火鉢, は灯, は犇, は生き, は用心, は目と目, は真, は真暗, は矢, は知らない, は空, は笑っ, は絶えず, は縁, は自分達, は若人, は荷物, は血, は街, は警察, は路, は逃げ, は連れ立つ, は隔て, は食堂, は黙り込ん, は黙り込んだ, ばかりだ, ばかりの資人, ほど連れ, まである, も, もつい, も亦, も出来, も子, も来, も殺し, ゐる, をお, をここ, をそのまま, をよん, を中, を助け, を取り巻い, を呼んだ, を外, を夫婦, を家, を待つ, を従え, を抱い, を招, を斬っ, を斬った, を照らし, を眺めた, を等分, を結ぶ, を置い, を見つけた, を見付け, を隔て, を顧み, を顧みた, 入って, 抱き合って, 殺して, 連立って, 附いて

4 [594件 抜粋] あっても, あるから, あるの, いるきり, いること, があっ, があつ, があまり, がこれから, がそれぞれ, がどういう, がもう, がよく, が一度, が交互, が会っ, が出発, が前後, が去った, が命, が夢中, が始め, が少し, が席, が廊下, が心中, が戻っ, が死ん, が水入らず, が泣い, が耳, が腰, が自分たち, が行っ, が言った, が迎え, が近づく, が過ぎ, が都, が面, しか居ない, じゃ, じゃありません, じゃない, ずつ手, だけで住ん, だけな, だけになつ, だけの時, だけの秘密, だけを残し, だという, だよ, っ切り, つ切り, であったから, でい, でか, でかえって, でくらし, でさし, でさびしく, でしんみり, でじっと, ですぐ, でそう, でつい, でなにか, でなら, でのんびり, でひそひそ, でぼそぼそ, でパリ, でホテル, で一杯, で中, で交, で充分, で出来る, で勝手, で又, で台所, で喧嘩, で坐っ, で大いに, で大きな, で大急ぎ, で大笑い, で宿, で差し, で巴里, で店, で往, で後, で提灯, で方々, で映画, で本, で村, で森, で此処, で水, で湯, で目, で考え, で腕, で自分, で行き, で行け, で行ける, で逃げ, で遊ぶ, で運ん, で長い, で食べる, で飲む, で首, といない, とか三人, となった, ともここ, ともこっち, ともそう, ともそれぞれ, ともだまっ, ともなに, とも一生懸命, とも下手人, とも二十歳, とも人, とも全く, とも刀, とも別々, とも同じく, とも呑まれちゃうだ, とも大いに, とも殆, とも殺し, とも無事, とも男, とも留守, とも背, とも船, とも赤い, とも身動き, とも酒, とも雪, と他, と別れ, と別れた, と妹, と小僧, につづい, になりました, にまかせ, にやっ, に任せ, に合図, に見えた, に見せる, に言, に訊いた, に訊きました, に近づく, のうえ, のお宮, のお方, のお爺さん, のそうした, のそんな, のふところ, のゆくえ, のりっぱ, の一年生, の与力, の中年, の乗っ, の事務員, の交わり, の仕業, の仲よし, の住む, の作品, の傷, の処女, の刀, の別れ, の助手たち, の努力, の古い, の可愛らしい, の合議, の同, の同じ, の同乗者, の問題, の坊ちゃん, の境遇, の外人, の夫人, の女達, の妖女, の妻, の婚礼, の孤児, の家臣, の寝床, の対照, の小使, の小僧さん, の少年少女, の屈強, の屍体, の岡, の巨漢, の幻影, の幼子, の庄屋, の店, の弁護士, の從者, の心中, の思い, の怪人物, の息, の患者, の悪者, の意識, の愛児, の手代, の手首, の折助, の敵手, の文章, の新聞記者, の旅行家, の昔, の歌, の歩い, の歩く, の歩み, の死人, の死刑囚, の漁師, の火星兵, の無頼漢, の煙草, の物理学者, の犠牲者, の王女, の王子, の生活費, の生酔い, の用人, の番士, の異人, の監視人, の目撃者, の相, の看病夫, の真, の知人, の立派, の給仕, の考え, の背中, の腰元, の舌, の芸術家, の若党, の荷物, の蘭人, の行く, の行先, の表情, の袂, の裾, の見, の見た, の訪客, の貴公子, の足跡, の足軽, の跫音, の踊り, の車, の連名, の酔漢, の隊員, の隣人, の青道心, の願い, の食卓, の馬, の馭者, の骨, の黒, はあたり, はあちら, はあらゆる, はあんまり, はいま, はうち, はうれし, はおそらく, はおれ, はがっかり, はぎざぎざ, はこういう, はこっち, はこんなに, はさぞ, はしたたか, はすこし, はずいぶん, はずんずん, はそつ, はそれぎり, はそれほど, はそれ以上, はたいへん, はたしかに, はたった, はたびたび, はだまった, はつれ, はとうに, はときどき, はなに, はにわかに, ははじめて, はぼんやり顔, はまあ, はもちろん, はやつ, はややしばらく, はりんご, はヒソヒソ, はベンチ, は一層, は丁寧, は丑松, は云, は五, は人間, は以前, は仰天, は会話, は何だか, は何れ, は何度, は偶然, は先ず, は先刻, は入口, は兩國, は出かけた, は出かけました, は勿論, は半, は友達, は只, は台所, は吾妻橋, は唖然, は四年, は土蔵, は土間, は堤, は外出, は奧, は好奇心, は嬉し, は客間, は寄り, は寝床, は崖, は帰った, は平気, は床の間, は座敷, は心得, は怱々, は悠々, は戸外, は承知, は振り返っ, は掌, は教会, は日本, は日本橋, は昨夜, は時に, は晩, は暫らく, は暫時, は村, は根津, は楽しく, は次, は此処, は歩み, は気がつかなかった, は永い, は永遠, は汽車, は泣き, は炉辺, は獣, は疲れた, は皆, は目的, は目礼, は睨み合っ, は知っ, は石段, は碁, は確か, は美, は群集, は翌日, は若く, は街道, は見た, は見ました, は覚えず, は言, は話し合った, は追, は逃げた, は過去, は道具, は鉄砲, は鍵, は階下, は難波, は音楽, は風, は飛ん, は麓, は黒い, は默つて, は鼻, へ向っ, へ言った, また窓, もあります, もお, もって, もつづい, も一緒, も人, も伴, も出, も居る, よりほか, より先, をあの, をなだめ, をよく, を一層, を両手, を乘, を保護, を僕, を入れ, を制し, を包んだ, を同じ, を呼び出し, を呼ぶ, を庭, を後, を愛し, を手, を探し, を敵, を無理, を生, を自動車, を蔽う, を見つめた, を見詰め, を見較べた, を見較べる, を見送, を見送る, を認めた, を誘っ, を近づける, を除く, を隔ててる, を驚かした, 坐って, 居た, 居る, 居るだけ, 帰って, 見て, 話して

3 [1050件 抜粋] あったそう, ありと, あること, ある時, いたの, お見え, から離れ, がいた, がこちら, がたがい, がなに, がね, がほか, がめいめい, がやつ, がパリ, が丁度, が下手人, が乗っ, が交際, が人, が会う, が何とか, が元, が先ず, が初めて, が卓, が去っ, が叫んだ, が坐る, が将来, が居る, が必死, が恋し, が恋人同士, が抱き合った, が敵同士, が机, が残った, が清水屋, が父, が犯人, が盛ん, が突っ, が立った, が笑う, が結ぶ, が胸, が腕, が船, が近, が逢, が連れ立っ, が郷里, が非常, が食堂, が駕籠, しかゐなかつた, ずつ並ん, その日, だけでこの, だけで暮し, だけにし, だけれども, だな, でありました, であろうと, でいろいろ, でお互い, でこっそり, でさ, でしかも, でしめし合せ, ですか, でせう, でなければ, でぶら, でみんな, でやった, でビール, で一寸, で万才, で乗る, で二人, で仲直り, で作った, で入っ, で出掛ける, で参りました, で向い合っ, で商売, で夢中, で学校, で密, で少し, で島田, で差向い, で彼, で感心, で押しかけ, で斯, で最後, で楽, で活動写真, で火, で留守, で眺め, で碁, で稼げ, で組ん, で聞く, で蚊帳, で街, で話したい, で話す, で遊んだ, で部屋, で雪, で青山, で風呂, で食卓, で飲み, で駒形, というわけ, となり, ともいま, ともきれい, ともすでに, ともだ, ともひどい, ともほとんど, ともめいめい, とも不思議, とも仲, とも何ん, とも元気, とも初めて, とも名, とも変, とも大した, とも大学, とも寝, とも小, とも床, とも怒っ, とも暫く, とも村, とも東京, とも殺され, とも泣い, とも泥だらけ, とも異議, とも直ぐ, とも素足, とも膝, とも言, とも警察, とも身, とも階下, とも髪, と並ん, と私, ながら力, ながら黙っ, なれば, にいった, にくらべる, にすれ, にとってはこの, にとって実に, には気, にむかっ, に会っ, に分け, に同情, に女, に対して私, に悪い, に椅子, に示した, に言いました, に説明, に近づい, に送っ, に逢っ, に附い, に顎, に飯, のいのち, のうしろ影, のお子さん, のきょうだい, のさま, のその後, のどこ, のひたい, のま, のよき, のクラフト, の一生, の下男, の不義, の中老人, の云, の人格, の令孃, の伯母, の修道女, の僕, の元気, の先達, の入った, の共通, の到着, の前途, の半身, の印象, の叔母, の君, の壮, の外国女, の奇妙, の奴隷, の姉達, の婚禮, の子たち, の子持, の実子, の宿, の寝室, の寝間, の将軍, の尼僧, の山窩, の帰る, の床, の強い, の従兄弟, の従軍記者, の応対, の思, の恰好, の悪漢, の情熱, の想い, の担送夫, の掌, の故郷, の智慧, の朋輩, の未来, の楽人, の檢査員, の歸, の氣, の泥棒, の洋服男, の爺, の物, の特使, の状態, の現実, の皇后, の真上, の眼差, の立つ, の答, の結合, の繩付, の習慣, の考え方, の聖, の肌, の腰, の自由, の苦しい, の藝子, の行方, の製造業者, の親しい, の親たち, の親戚, の言う, の貴人, の趣味, の軍人, の近習, の逢引, の道行, の酒商, の長男, の闘剣者, の青, の面前, の馬子, の鮮人, はあちこち, はあつ, はあまりに, はいかに, はいつも仲よく, はおどろい, はお腹, はかね, はからだ, はぐっと, はさつき, はさらに, はしずか, はすべて, はたぶん, はちょい, はつい, はとても, はどうか, はどん底, ははじめ, はひそひそ, はほとんど同時に, はまさしく, はまつし, はもっと, はやっぱり, はゆ, はよほど, はわたくし, はクリストフ, はスゴスゴ, はデッキ, はバス, はブラブラ, はベッド, は一夜, は一年, は一生懸命, は一行, は両親, は中庭, は久し振り, は争っ, は二時間, は人々, は人形, は今夜, は代る代る, は何とも, は兄, は共謀, は其所, は出立, は初対面, は勝手, は南, は反対, は叫んだ, は各, は喫茶店, は地, は壺, は多分, は大通り, は姉, は存外, は宿屋, は寝た, は将来, は屹度, は左手, は帝国ホテル, は常に, は平伏し, は平素, は幼稚園, は強い, は徒歩, は快活, は恐縮, は悲し, は愕然, は感激, は我, は戻っ, は手紙, は抱きあった, は改めて, は斯ん, は明, は昨日, は暗闇, は最早, は木立, は本当に, は来, は椅子, は橇, は歩きだした, は殺され, は沖, は活動写真館, は海岸, は滝, は無二, は生れ, は疲れ, は白い, は直に, は真に, は知, は砂, は立ち上った, は立つ, は答えた, は素早く, は緊張, は聞いた, は色々, は茶碗, は行く, は袖, は見, は視線, は話した, は調子, は走り出した, は足音, は返事, は道行, は門口, は降り, は離れ, は離れ離れ, は電燈, は露台, は頬, は駅前, は驚いた, は黙然と, ばかり来, ほどの女房, まで連れ, もこれ, もすっかり, もそっち, もたちまち, もやがて, も客, も揃っ, も立っ, も胸いっぱい, ゆく, より三人, よれば, ゐるから, をうながし, をこんな, をつなぐ, をながめ, をならべ, をのせ, を一しょ, を一組, を交互, を制した, を召し, を同時に, を和解, を尻目, を幸福, を引き, を引き離し, を恋, を捨て, を斃, を気, を目がけ, を私, を縛る, を苦しめる, を見おくっ, を見出す, を見送った, を追い, を隔てる, を驚かし, 並んでは, 付いて, 出来て, 去る, 坐つて, 寄れば, 寝の, 居ります, 打ち連れて, 来る, 残って, 殺したり, 立ち三人, 続いて, 行けど, 頼んで

2 [3016件 抜粋] あったという, あるはず, いうまでも, いるとき, お秋, からすこし, がああ, がいかにも, がいよいよ, がかなり, がさかん, がせめて, がたしかに, がともに, がのぼせあがっ, がへん, がやっと, が一, が一致, が中心, が今朝, が例, が光, が出会った, が到着, が厭, が同棲, が問答, が坐つ, が始めた, が寄り添っ, が小屋, が山, が店, が必ずしも, が愛する, が振り返っ, が擦れ, が早く, が最初, が楽, が毎日, が浮かんだ, が特別, が病床, が礼, が立話, が考え, が舎利, が見える, が話し合った, が辛うじて, が遠く, が長い, が雪, が首, が鼻, ございます, しか居なかった, ずつ一組, ずつ相対, そのほか, だけいる, だけしか知らない, だけでゐた, だけで話, だけのあいだ, だけの場合, だけを一つ圏, だけ生き残っ, つけて, であの大, でいられる, でお前, でかつい, でさして, です今朝, でたくさん, でどんな, でひと, でもなく, でやれる, でわけた, でガスストーヴ, でボール, で一盃, で下谷, で二升, で仕組んだ, で使っ, で兎, で出かけよう, で分けよう, で占領, で向かい合っ, で坐つて, で奉公, で守っ, で屋外, で市場, で彼処, で急い, で押せ, で握り, で旅館, で暗く, で林町, で歌, で気楽, で泣こう, で滅茶苦茶, で狭い, で皆, で碼頭, で笑え, で背負, で芝生, で荷物, で行きましょう, で記念, で話そう, で躓い, で逃げた, で遊ぼう, で隔日, で食べた, で鶏, とし, とはいらつ, とは同じ, ともいかに, ともお辞儀, ともずっと, ともたがい, ともに何時, とももの, ともよかっ, ともメリケン粉, とも不, とも久しく, とも今年, とも兩手, とも去る, とも固く, とも天狗党, とも学校, とも小さな, とも庭, とも性質, とも指紋, とも時々, とも楽しみ, とも沈黙, とも溜息, とも物, とも申し合せた, とも着流し, とも端正, とも美しかっ, とも自由, とも貧乏, とも遠いうす, とも障子, とも馬, と一, と僕, と山, と約, と路上, ながらこの, なら二人, にかかる, にすすめる, にとっては, にとっては大きな, になにか, にはまだ, には充分, にわかっ, に与, に似, に切腹, に叫んだ, に娘, に引かせた, に持たせ, に會釋, に甘え, に続いた, に見えない, に話しかけ, に逢いたい, に附, のあの, のうち綱渡り, のおばあさん, のお客様, のくちづけ, のささやき, のたべる, のひとり, のゐる, のシュワルツコッフ博士, のボート, の不, の並んだ, の乙女達, の五年生, の人かげ, の仕度, の会った, の位, の何方, の係り, の先生方, の八木君, の其の, の別々, の労務者, の危険, の同級生, の和解, の喬, の坐る, の墓, の太刀, の女君, の姉共, の娘達, の孃子, の安危, の容貌, の対立, の小学生, の少年クラチットども, の島民水夫, の帰り, の年長者, の弁当, の形, の徒弟, の心境, の怨み, の悪党, の意気, の戒名, の技手, の捕吏, の散歩, の日本画家, の暗い, の本当, の枕元, の楽しい, の歓会, の母親たち, の求婚者, の泣き声, の潔白, の無, の王, の申し立て, の番, の疲れた, の白衣, の目ざす, の相識, の眼中, の破落戸, の私事, の童女, の約束, の結婚式, の縄付, の美しい若い, の職業, の自分, の船, の苦労, の行き, の襟, の言いあい, の証言, の談合, の護衛, の走り出す, の身の上話, の軽薄, の近況, の通っ, の道中, の郎党, の金持ち, の関心, の青い, の響, の養女, の駕籠舁, の黙っ, はあっ, はいくら, はいづれ, はおかしく, はかけ, はきつ, はこ, はさう, はしっかり, はすべて英語, はそこはかとなく, はそれだけ, はつかみ合い, はどういう, はなか, ははて, はひとまず, はぽかんと, はみち, はもう二度と, はよう, はわれさき, はジョン, はテーブル, はビール, はモウ鶴飼橋, は一散, は一晩中, は一目散, は三歳, は下宿, は不機嫌, は乞食, は事務所, は云い合わした, は今頃, は仲よし, は体, は依然として, は僅か, は八幡様, は円満以上, は凍死, は別室, は勝負, は南大門, は双六, は各自, は向かい合っ, は品川, は囁き合い, は固唾, は坐った, は墓, は夕食, は夜半, は大学, は大阪近郊, は好き, は孔子, は官舎, は寝る, は小高い, は屋上, は岩の上, は帰らない, は幾つ, は庫裡, は強く, は復, は思はず叫びました, は恭, は意地, は戦死, は打合せる, は接近, は文学, は日常, は昨夜どこ, は暗中, は書, は期日, は本郷, は松の木, は柵, は榻, は次の間, は此家, は歩き出す, は毎日朝, は水, は泉, は浄, は湖水, は漸, は無意味, は熊笹, は物足りない, は狂人, は珍しく, は町内, は白粉, は相愛, は睨みあった, は社, は秘密, は立ち上, は立上, は笑いあった, は箸, は線路, は胆, は自, は花屋, は草履, は蓮池, は裏畑, は見向き, は親友, は言い合わした, は話し話し, は財布, は跣足, は身支度, は辻, は這, は逢った, は遅く, は道路, は酔っ, は鎌倉, は門外, は雀, は雪子, は青草, は頷いた, は馬の背, は駒次郎, は麦酒, は黙る, ばかり連れ, へりして, ほど來, まで出し, まで大, もうち, もなんだか, もゐる, も何, も声, も殺され, も生れ, やられたの, より他, をお召, をこれ, をすぐ, をとどめ, をのぞく, をみ, をヒョイ, を何, を具, を列べ, を助けた, を吹き倒した, を奧, を対手, を引きはなし, を待ち受け, を扶持, を指し, を揶揄, を救おう, を次の間, を殘, を沈黙, を田舎者め, を睨み, を祝福, を結ん, を蓮池, を見ました, を親しく, を認める, を距, を追う, を通す, を避け, を音, ヲ監督シテイルツモリカモ知レナイガ, 使って, 去り何時の間にか, 同じところ, 居ました, 揃うて, 歩く, 煮られようと, 着る, 訪ねて, 降りて

1 [18954件 抜粋] あげられた, ありますけれども, ある如く説けるも, いましたが, おあり, かくして來, から一人, から書物, か三人位, がいのち, がお茶の水駅, がさっき, がそんなふうに, がどうしても, がひ, がもがい, がわれ, がハンス, が一匹, が不完全, が事務所, が他愛, が何度, が公園, が剣術, が友愛結婚, が命じられ, が塩子, が奉行, が家庭, が居酒屋, が幼稚園, が御, が惜まれ, が技手, が掘り出した, が斬られた, が暮し, が松明, が正面, が気味が悪く, が深き, が牛肉, が疎開, が真っ先, が福島, が算盤, が羊歯, が舸縁, が蜂, が見すぼらしい, が試合, が走っ, が逃げ出し, が邂逅, が隊長, が風, が魚屋, くらいはそういう, こういっ, ご自分, しか使わなかった, しばらく顔, すぐ後, ずつべつべつ, ずつ或は, そそっかし屋, それに新宿, だけが何もかもチャン, だけだつた, だけで住む, だけで泊まった, だけどうも, だけの合格者, だけの秘密つてもの, だけは別, だけ一しょ, だけ泥酔, だったん, つきり取残されたとき, であて, でいいかげん, でおそ, でかつぐ, でごそごそ, でしょんぼり, でたらふく, でどうにか, でのそのそ, でぽつねんと, でやってるらしい, でエンジョウイ, でチェック, でボン, で一パイ, で上っ, で乗込ん, で京橋ぎわ, で住め, で先刻, で出かけたら, で努力, で博多大浜, で同腹, で固, で外記, で始末, で寝室, で展望, で広小路, で御礼参り, で愛情, で抜け出す, で操縦, で早川田, で書きませう, で枕元, で歎, で毎晩泊り, で浜, で無駄口, で田圃道, で眺める, で窓, で結んだ, で能, で葉茶屋, で襲撃, で言葉, で読ん, で足立, で連立っ, で釣台, で隣, で食糧, で鮒釣り, といつも, としてはまず, とないなつかし, とは名前, とまるで, ともうかつ, ともかなり自覚, ともさんざん, ともそんなと, ともとろり, ともに幾次郎, ともぶじだ, ともやつぱり, ともクリストフ, ともハイ, とも一筋縄, とも乗り出した, とも他愛, とも充分覚悟, とも初め, とも十時頃, とも向島, とも堕ちた, とも女嬬, とも寄宿舍生活, とも工合, とも強く愛し, とも恩, とも所謂町育ち, とも文芸部, とも最初, とも歌わなくなる, とも水着, とも満腹, とも生かし, とも目かげ, とも示した, とも箸, とも聖書, とも苗字, とも表, とも話せない, とも輕, とも酔っ払っ, とも雫, とも駄々っ子, とを心, と住ん, と別れなけれ, と女ふたり, と思いました, と牢番一名, と見, と階上, ながらたいへん, ながら余, ながら岩, ながら死ん, ながら落第, などに注意, なりきと, にお嬢様, にすぎない, について彼, にとっ, にとっては無論, にとって竜介, にはかえって, にはわかった, には厭, には権威, には金, にもっと, にゆっくり, に両方, に候え, に助けられ, に問いました, に対してどちら, に対する親, に必要, に押され, に更に大いに, に法水, に白状, に縄尻, に襲いかかった, に調和, に追われた, に限っ, ね, のいま, のおろす, のこそこそ, のたくましい, ののぞく, のまるで, のむつまじ, のアイアース手足, のシノブ, のモーツァルト, の上る, の並べ, の二十年, の今夜, の伯母さん, の供述心理, の傳令使, の公子, の出る, の剣客, の勧め, の友誼, の合唱, の唄, の国, の変節漢, の夫婦喧嘩, の妓生, の子供等, の宣教師, の対岸, の居所, の帰省, の引越, の御上, の怨, の情死, の慎しみ, の手のうち, の指導, の教正, の旗持, の最寄り, の果実, の止宿人, の毎日, の没入, の消極, の火たき, の特高課員, の生活状態, の異教, の盗人, の真影, の祖母たち, の立女形, の素人探偵, の繼母, の者他, の能樂師, の舞台, の茜袍, の行衞, の親密さ, の話せる, の貪婪, の身分証明書, の逢う, の遺骨, の鉄砲足軽, の陶酔, の青木愛三郎, の飛行士, の鬼奴, はあっと, はいたい, はうす, はおもちゃ, はかよう, はこいつ, はさもさも, はすつ, はそれきり滅多, はたずさえ, はつ, はどうやらこう, ははからずも, はひょっと, はほんと, はめいめい他, はやつぱり年, はをり, はガッカリ, はサン, はダンス, はハンモック, はフロア, はユゴオ, は一団, は一足, は三河島, は不仁身, は主従, は二人同志, は五条油小路, は今宵, は休, は何處, は傷, は全国二府二十二県, は其兩側, は出かける, は到頭いちどきに, は化石, は半ば物珍, は反目, は同じく, は命ぜられた, は囁き合っ, は土だらけ, は場所柄, は夜明け前, は天皇, は如露, は宇宙服, は密か, は小田, は屡々, は川幅, は常木鴻山, は廊下窓, は待ち, は心秘か, は急いだ, は悉く, は感動, は戯談半分, は抱きあう, は採用試験, は教えられた, は新進, は明日銃丸, は暗黒, は服, は来年, は栄二, は楠木正季, は正使, は死刑, は比較, は汗みずく, は泣声, は海軍, は濠端, は照, は独身, は甚だ, は畏服, は百合子, は省線, は矢代たち, は磯野, は秤, は立ち止まっ, は籍, は組み合い捻じ合った, は縁台, は聖道, は膳, は色紙もの, は菅谷, は蕎麦屋, は蝗, は西, は角刺, は誘い誘われる, は豪酒, は越え, は辻馬車, は途, は遠のい, は野坂滋明君, は銘々相当大型, は降ろされた, は雲取山, は順々, は食物, は駕, は鮑, は齊, ばかりの人間, ばかりイギリス, ばかり此辺, ひどいの, へもつらしく, へ渡す, ほどつい, ほど来, または四人, までなら, までハハア, まで揃っ, まで見, もこっち, もなす, も一瞬, も入れた, も妾, も抱い, も流石, も笑い, も車, やってきた, よりは在らざる如く, らしい人間, をあなた様, をかかへ, をさし招いた, をつかまへ, をねぎらい, をほろぼした, をやっ付け, をモデル台, を乾児, を低く, を先陣, を加える, を取り持つ, を呼びかける, を堰き止める, を家出, を巧み, を引き放した, を待たせ, を怯, を抜い, を挙げる, を攫っ, を曳き出すべく, を殺め, を深み, を獲つ, を睨み据えた, を第, を聴衆, を裡, を見捨てよう, を訪う, を迎へた, を通し, を銀色, を驚い, ヲ見, 互に話し居る, 傭って, 其の上, 割込ませて, 取組んだま, 呼び彼女たち, 寝では, 居る処, 思った時, 掛けられますよ, 暮しだつた, 欺くんじや, 殺っつけたら鉱山主達, 特にいつも目, 眠り居る故, 立ち次第に, 落ち合った時, 走つて, 逃げしまいに, 陣取って

▼ 二~ (12120, 4.9%)

409 の窓 209 へ上っ 201 の部屋 111 の方 110 では 109 の一室 104 から降り 98 へあがっ 92 に上っ 83 の書斎 78 の室, へ上る 69 の廊下 64 の障子 62 の欄干 61 の自分 60 から下り, を借り 58 の縁側 54 の寝室 53 へ上がっ 51 の六畳 50 へ案内 49 にいる 47 へ上った 44 に寝, へ行っ 43 の座敷 40 にある, にいた 39 の一間, の梯子段, を降り 38 で, の雨戸 36 への階段, へ上り 34 の屋根, へ 32 へあがった, へ上つて 30 に上る, の下 29 に住ん 28 に上った, へお 27 の居間, の広間 26 の八畳, の手摺, の階段, へあがる, へ来 25 にあがっ 24 だ, へあ 23 からおり, に上がっ, の四畳半, へ上, を下り 21 に寢, へ登っ 20 に居る, のお, の奥, の客, の梯子, の隅, へ行つて, を降りた 19 へ上つた, へ上つて行 18 の, の上, 借りを 17 である, でお, にあ, にい, のある, へ連れ 16 がある, で私, に下宿, の机, の私, の窓際, へ上がった, へ登る, へ行く 15 から降りる, で寝, と三階, にあった, のほう, の灯, へ上がる, を下りる 14 に上り, の三畳, の六疊, の小, の床, を下りた 13 にあがった, の客間, の教室, へ持っ, へ行った, を見上げ 12 から突き, から見える, であつ, にゐる, に居, に居た, に間借り, の正面, へ行こう

11 [12件] から見, があっ, であった, で何, に上つて, に来, に置い, の女, の縁, の食堂, へ帰っ, を見上げた

10 [19件] から三階, から落ち, だつた, と下, と階下, に, にあっ, にお, には誰, に上つた, に案内, の壁, の天井, の庇, の戸, の硝子窓, へ來, を借りた, を降りる

9 [20件] から降りた, ですよ, にあがる, に行っ, のあの, の上り口, の人, の大, の寝床, の手すり, の格子, の欄, は六畳, へあがり, へ戻る, へ登りました, へ行きました, へ通された, へ通ずる, 借りの

8 [23件] からお, から見る, から飛降り, に一人, に寝る, に灯, のさだ子, の二人, の大広間, の物, の階子段, へあがろう, へ上ろう, へ戻っ, へ昇っ, へ来る, も下, をおり, を見, を見せ, を見る, を貸し, 借りして

7 [35件] から, から下, から顔, でした, でその, と一階, にあがり, にゐた, に休ん, に住む, に客, に泊っ, に登る, のガラス窓, の主人, の八疊, の大きな, の奥まった, の小座敷, の戸袋, の様子, の片隅, の狭い, の病室, の間, は, へつれ, へ床, へ引, へ持つ, へ登つて, へ通, へ通る, を借りる, を間借り

6 [25件] から二階, が見えた, で二人, というもの, にひとり, に同居, に持っ, に私, の前, の寢室, の広い, の床の間, の押入れ, の旦那, の東窓, の洋間, の炬燵, へかけあがっ, へのぼっ, へ上りました, へ昇る, へ来た, へ通っ, を見上げました, を見上げる

5 [70件] から上, から階下, から首, があった, が二間, が空い, だから, だが, だよ, です, ですから, でよく, で手紙, というの, なの, になっ, にゐ, に上つて來, に上つて行, に坐っ, に待っ, に招, に追, に通された, に連れ, のこと, のてすり, のところ, のよう, のヴェランダ, の一, の一隅, の中央, の北側, の唐櫃, の喫茶室, の小さな, の席, の彼, の彼女, の御, の応接間, の掃除, の書齋, の物音, の畳, の真下, の美術室, の裏窓, の角, の静か, は八畳, へあがれ, へあげ, へおいで, へとんとん, への梯子段, へ上げ, へ下り, へ入る, へ帰った, へ引返し, へ昇りました, へ歸, へ登った, へ行き, へ越し, へ運ん, へ駈上, や三階

4 [104件] からその, から一階, から女, から母屋, から眺め, から聞える, から階段, から馳, がお, が見える, だった, であの, でこれ, で人, で大, で寢, で御, で目, で臥, で見た, で風, におり, にかけ上った, にごろごろ, にじっと, に上, に上ろう, に向っ, に居候, に帰っ, に残っ, に泊つて, に滞在, に登りました, に監禁, に臥, に行く, に行った, に誰, に隠れ, のこの, のすぐ, のどこ, のバルコニー, のバルコン, のボックス, の一番, の一部, の一部屋, の二つ, の二間, の便所, の八畳間, の南側, の四疊半, の塔, の客人, の家, の小間, の広, の廣間, の扉, の押入, の景色, の書棚, の気配, の燈火, の父, の物置, の画室, の空間, の端, の簷, の簾, の納戸, の部屋部屋, の長押, の階子, の露台, は二間, は広い, へいっ, へ上がろう, へ上ったら, へ上つて來, へ上れ, へ上ッ, へ入, へ出, へ寝, へ御, へ戻, へ挨拶, へ昇つた, へ登り, へ追, へ通じる, へ駈け, へ駈け上っ, も三階, より見おろす, をかり, を私, を見あげ

3 [200件] か, からこの, からはお, からもと, から人, から差し, から庇傳, から往来, から目薬的, から聞え, から舞台, から落ちた, から見えた, から見おろす, から足音, から飛び降り, から飛ん, か三階, が, がその, がなく, が六畳, しかない, だと, であるが, でこの, でしばらく, でそれ, でね, でビール, でピアノ, で一人, で仕事, で勉強, で又, で女, で床, で日記, で聞いた, で開かれた, といっ, と違っ, にあんな, にいました, にかけ上っ, にぢ, にてしかも, になつ, になつて, にね, には, にはお, にはこの, にはまだ, には僕, には窓, にひそん, にもう, により, に三人, に上がった, に上がり, に上れ, に人, に住, に向かっ, に寐, に居ます, に泊った, に甲走, に登っ, に登つて, に皆, に籠, に籠っ, に置いた, に落, に落着, に行こう, に起居, に通じる, に避難, に部屋, に閉籠, に間借, に飛, に駆け上っ, に駈け, のあがり, のあたり, のお客さん, のお座敷, のお母さん, のひさし, のひと間, のま, のガラス戸, のサン, のドア, の一つ, の三番, の上り下り, の中程, の二番, の休憩室, の八五郎, の勉強部屋, の北, の十畳, の南, の吉里, の四号室, の声, の奥座敷, の奧, の女給部屋, の姉, の子供, の客席, の寝間, の小室, の屋根裏, の山口さん, の廂, の手摺り, の暗い, の東, の板の間, の梁, の椽側, の正, の段, の段梯子, の洋室, の火, の火鉢, の碁席, の窓ぎわ, の窓口, の自室, の薄暗い, の薄汚い, の表, の裏, の襖, の西洋間, の見物席, の講堂, の風通し, の騒ぎ, はあい, はこの, はしん, はまだ, はもう, は全部, へいらっしゃる, へおり, へどうぞ, へのぼる, へひきあげ, へゆく, へ上げる, へ上つて行つて, へ上らう, へ何, へ声, へ寢, へ帰る, へ忍ん, へ戻った, へ戻つ, へ招, へ昇つて, へ移った, へ籠城, へ置い, へ辿りつく, へ通され, へ通し, へ通った, へ連れ込まれました, へ運んだ, へ馳, へ駆け上っ, も階下, より, らしい, を, をお, をその, を指, を掃除, を片づけ, を眺め, を睨み上げ, を自分, を見よう, を覗い, 借りで

2 [640件 抜粋] い上って, かな, からお勝手, からきこえ, からすぐ, からだ, からの通し物, からは丁度, からは海, からも眺める, からガラス窓, から下し, から下っ, から主人, から今日, から仰ぎ, から便所, から四階, から塀, から塀伝い, から大, から大急ぎ, から寮, から屋根伝い, から庇伝い, から庖丁, から庭, から手洗場, から手裏剣, から手裏劍, から招く, から望まれる, から果物籠, から梯子段, から洩れ, から海, から消えた, から涌子, から狭い, から玄関, から町, から目薬, から眺められる, から私, から突落, から脱, から裁縫学校, から裏二階, から見あげる, から見渡せ, から覗い, から覗いた, から障子, から離屋, から頓狂, から飛びおり, から飛び降りた, から飛び降りる, から飛降りた, から駆け下りる, から駈け降り, か近所, か階下, があつ, がありました, がみしみし, がレストーラン, が一間, が三間, が二室, が吹き飛ばされ, が墜ちた, が寝室, さ, だつか, だて, だ二階, でおしめ, でお待ち, でお父さん, でごろりと, でしみじみ, でしんみり, ですが, でそこ, でそっと, でちょっと, でねころん, でのべ, でひとり朝寝, でぼんやり, でまだ, でセリフ, で一杯, で三人, で二, で二階, で人形, で休ん, で刺した, で十五夜, で半蔵, で夜中, で大きな, で女中, で客, で少し, で広島ペンクラブ, で彼, で感じた, で手, で昼寝, で暫く, で書く, で本, で机, で校正, で殺され, で母親, で注文先, で物音, で発見, で石順, で窓, で紙燭, で縊死, で自分, で話した, で調べました, で變, で起った, で遊ん, で酒, で階段, と云, と窓口, と言っ, と言つて, どす, なるわが, にあがらう, にあがりました, にあつ, にありました, にいてる, にいらっしゃいます, にいられる, にいるだろう, においで, にかけあがった, にかけ上りました, にくつろぐ, にし, にした, にせう, にたった, にねころん, にのぼっ, にのぼり, には土用干, には姪, には小さな, には或, には死体, には燈火, には番頭さん, には畳, には看板, にまだ, にみつけた, にも三階, にも灯り, にも階下, にゐれ, に一, に一人法師, に一緒, に三畳, に上がる, に上りました, に並んだ, に九つ梯子, に二人, に二室, に今, に仰向け, に住んだ, に何度, に借り, に先生, に出た, に合図, に四, に坐す, に外, に女, に寄り, に寝た, に寝っころがっ, に寝起き, に寝転ん, に居なかつた, に席, に床, に度たび彼, に引き, に徳松, に悪, に或, に戻っ, に戻つ, に手摺, に押し込め, に振り捨てる, に敷い, に昇っ, に昇り, に本城, に校正, に横, に残った, に気持, に泊, に泊まっ, に消える, に為す, に男, に目, に移り住ん, に移る, に移動, に空室, に籠つて, に縛りつけ, に落ち着いた, に行つて, に請, に足, に迎えた, に逃げ込ん, に通される, に通ずる, に通り, に遊ん, に隱, に集まった, に集め, に電燈, に面し, のお嬢様, のお客, のじ, のそ, のその, のただ, のつき, のはしご, のへや, のほのめく, のやう, のわたし, のガラス障子, のサロン, のベッド, の一方, の一番奥, の一角, の三人, の三味線, の三角, の下あたり, の中の間, の事務室, の二, の二室, の二百四十号, の人々, の伸子, の位置, の何番, の例, の兄, の先生, の八疊間, の六畳一間, の出っ張り, の出窓, の別室, の十畳間, の口, の右, の同じ, の夜, の大きい, の大池, の奉公人達, の娘, の子供部屋, の孫三郎, の寝台, の小さい, の左側, の干, の年寄, の座敷牢, の廣, の影, の応接室, の戸口, の戸締り, の手摺り際, の新しい, の昇口, の本, の東向き, の東室, の板戸, の樣子, の機械室, の櫺子窓, の段々, の汚い, の洋食, の渡り廊下, の燈, の父親, の物干し, の異人さん, の病床, の登り口, の研究室, の硝子戸, の私達, の秋田さん, の稽古, の稽古場, の空き部屋, の窓外, の窓辺, の笑声, の第, の米吉, の編輯室, の編集局, の縁先, の美人, の美人画, の老, の聳え, の表側, の裏座敷, の見える, の話, の話声, の踊子部屋, の軒, の金三郎, の金之助, の金網, の降り口, の隅っこ, の階梯, の隣室, の電燈, の青, の頂上, の風呂敷包, の高, はあった, はこれら, はたいへん, はどう, はひっそり, はろくに, はムシ, は一, は一間, は八畳一間, は十畳, は四畳半, は大, は常, は戸, は手, は松林, は格子, は涼し, は真暗, は総, は階下, へあがったら, へあがりました, へいらつ, へお上, へお出で, へかけ, へかけあがった, へかけあがり, へその, へなぞ, へのぼり, への箱梯子, へもち, へもっ, へバア, へ一人, へ上がり, へ上がりました, へ上つた時, へ上らし, へ上らせ, へ上りかけた, へ上り込ん, へ下りる, へ丸太, へ二階, へ伴, へ去る, へ取って返す, へ向けた, へ唐紙, へ坐り込ん, へ坐り込んだ, へ客, へ寝る, へ導いた, へ導く, へ庇, へ引っ越し, へ引入れ, へ引返す, へ往, へ往ッ, へ急いだ, へ押上げ, へ持たし, へ来い, へ来ません, へ水, へ登れる, へ直ぐ, へ私, へ聲, へ自由, へ茶, へ行かう, へ行かせる, へ行かなかつた, へ行つて清太郎, へ足音, へ逃げ, へ通う, へ通じ, へ通せ, へ連れ込ん, へ遊び, へ降り, へ雪駄, へ顔, へ駆け, へ駆けあがっ, へ駆けあがる, へ駆け戻る, へ駈け上った, へ駈け上り, へ驅, までは聞えない, もね僕, も原田, も同じ, も暑し, や階下, や離れ, より灯, らしお, をすっかり, をちょい, をぶっ, をもった, をゆるがす, を上げた, を僕, を占領, を壊せ, を廻す, を引き払っ, を持つ, を指さした, を明け, を栗鼠, を案内, を歩い, を見た, を覗きました, を覗く, を逢い, を間借, を降る, 借りから, 全體

1 [3918件 抜粋] あけはなしたまま, かい, からうち, からかや, からさして, からただならぬ, からでも眼, からなら, からの眺め, からはその, からは依然として, からは晋作, からは紫ばん, からは邸, からぼってり, からも窺われた, からよん, からトランク, から一同, から三, から下ろされた, から二人, から会津, から先, から出, から勝手, から吹く, から地上, から声援, から大臣, から家根付, から少年, から川向う, から座敷牢, から御覧, から打つ, から拙者, から斜違, から望ん, から楼梯, から浅田屋, から炬燵, から狹, から着手, から突, から突轉, から聞き覚え, から芸者, から薄, から見おろした, から見渡す, から谷, から軽い, から遠眼鏡, から鏡台山, から隣り, から飛びおりた, から駈け, から騒ぎ出した, があり, がすぐ, がね一段, がまるで, が一寸, が二タ間, が何となく, が八畳, が吹きぬけ, が寒く, が彼, が暑, が気に入つた, が睨まれ, が職人, が部屋, さえない, そっくり借り, だけです, だけをその, だったこと, だね, だわ, であなた, でいどまれ, でお前, できょう午前中, でごとごといふ音, でしょうよ, でする, でだだっ広い, でどんな, での彼等, でひらかれる, でもいくつ, でも此, でよい, でグーグー, でニュース, でミンチン先生, で一発, で三高生, で二通り, で今度, で何だか, で傍, で六畳, で勧工場式, で南原杉子, で吉左衛門, で咄嗟, で回想, で夜, で妻, で寂し, で寝泊り, で山田伸吉, で弱々しい, で復, で感じる, で掛炉焼鴨, で斯ん, で旧い, で暮し, で書見, で林, で歌, で母上, で治六, で海, で瀬戸物, で特色, で生れて, で畳数, で盃, で石油箱, で立つ, で絵, で脇差, で舞踊, で荷物拵, で蓄音器, で裁縫, で親父, で話, で読書ピョン, で赤ん坊, で退屈, で郡内, で野菜サンドウィッチ, で階下, で飛行機, で駒越左内奥野俊良, で鷄二, とおなじ, とその, との人たち, とふた, と別棟, と向き, と昇っ, と裏二階, ながら北向き, などがよく, などとくらべる, などはこの, などを目, なりといふ伴はる, なる密室, なんかだ, にあげた, にある知らない, にいられ, におりました, にかけあ, にかけ上り, にこの, にしばしば, にそのまま, につれ, にて御, にて貴殿, にとどまる, にのぼる, にはおやじ, にはすりガラス, にはよほど, には三田, には他, には出窓, には大きな, には客, には少女, には案内, には深夜, には父親, には竜, には芳子, には遊び人, にひっこん, にぼんやり日, にもいないらしい, にも下, にも暴風雨, にも裏, にやって来る, にゐます, にトグロ, に一ぱい, に一齊, に上げた, に上つて行つた, に上れない, に乗つ, に五色ガラス, に住み込み, に僕, に八人, に加野, に友達, に合圖, に呈す, に在り, に大きな, に天井, に子ども, に寝かされ, に寝てる, に寝転び, に尾世川, に居ります, に庄公, に引っ込みきり, に張りだし, に待つ, に意気, に抱え, に据えた, に昇つて來, に昼寝, に来られ, に桂介, に残ってる, に治療機械, に浪, に照りつける, に片づけ, に現れる, に登つて來, に眠, に私たち, に窓, に籐椅子, に縣下, に脂, に自炊なぞ, に行き, に見つける, に走つ, に転がし放し, に追い上げられ, に通した, に運ばれ, に避け, に閉じ, に間, に陣取っ, に集合, に預ける, に飽き, に駈け上った, ねえ, のうす暗い, のお客さま, のごく, のしきりに, のたった, のなか, のひとり, のりっぱ, のゴワゴワ, のテイブル, のブラドン夫妻, のメクラたち, の一坪館, の一番左端, の三千子, の上り口あたり, の丸窓, の二室きり, の五室, の人気, の仮, の傍聴席, の全部, の六畳敷, の出來, の創建, の十五六畳, の半分西, の危ふさ, の古い, の呻, の四宮理学士, の場面, の天地, の妻, の守人, の宴席, の小僧, の屋根づたいに隣, の左右, の座, の張出し, の或, の揺れる, の文庫, の日差し, の明かり, の映画場, の朝酒, の東南二室, の梯子口, の横, の此四畳半, の汚, の深水, の無慙, の牢屋みたい, の生徒たち, の病人, の眞下, の秋山宇一, の突上窓, の窓枠, の箱, の給仕娘, の老人, の舞踏室, の荒木, の蚊帳, の裏山, の西端, の読書室, の赤ん坊, の遊歩廊, の金襖, の開い, の陽炎, の雪子, の騷動, はある, はえらい, はすこし, はたつた, はのこと, はみんなふさ, はッ, は一監, は三室, は二側, は余り, は六疊, は南陽, は図書室, は太い, は客用, は広く薄暗かっ, は應接室, は日光, は書斎, は梅ヶ枝, は気, は無数, は畳, は簡単, は芝居帰り, は行方不明, は貴, は陳列室, は鼠, へあげた, へいきましょ, へかえって, へかけ上がった, へかの, へすたすた, へつづい, へときどき, へともなっ, へと移された, へなり, への御見舞, へはいっ, へは上っ, へは梯子, へは長さん, へまわっ, へもラヂオ, へも誰, へよろけあがる, へノコノコ, へ上がれ, へ上つたの, へ上つて大急ぎ, へ上らせた, へ上り三人膝, へ上ツ, へ人質, へ入ります, へ動く, へ吊り上げる, へ呼, へ地上, へ寄つて, へ帰ります, へ引き揚げ, へ引出された, へ引返しました, へ急い, へ抛つたんだ, へ押し上っ, へ掛け, へ昇つて行, へ案内しな, へ残し, へ消えた, へ現れた, へ登つた人, へ直通, へ移ります, へ竜, へ置いとく, へ舞い戻った, へ行きます, へ行つたの, へ行つて來, へ誰, へ辿り着けっこ, へ追いあげられた, へ逃げあがった, へ這い上り, へ連れあがっ, へ運ばせた, へ遣つた, へ陣, へ顏, へ駆けつけ, へ駈あがっ, へ駈け上がった, ほどの高, までが春の, までは木口, まで上りきれない, まで案内, まで覗い, まで降り, もう掌, もなんにも, も二間, も戸, も生徒, も超, や下, や店先, や髮結床, より京作, より老女, をあらためました, をかし, をしめ, をどんどん, をアトリエ, を一度, を下りけり, を二階, を会場, を利用, を堰かれ, を平次, を弟, を打っこ抜いた, を捜した, を教え, を書齋, を毀つ, を狙つて, を睨めあげ, を締める, を見あげた, を見渡す, を謝斷, を逃げ出した, を降りよう, を駆け降りた, ヘ, 下りて, 借りした, 借りであったけれど, 好ましい酒器, 明きたり

▼ 二~ (4940, 2.0%)

28 例を, 顔を 2521 ものは 18 一, 二, 太刀を 17 幽霊, 見慣れぬ旅人 16 ことを, 宮の, 年に, 手を, 男は 15 年から, 男 12 四, 時に, 理由は 11 男が, 言葉を 10 人は, 原因は, 太刀が, 時から, 点は, 腕に 9 五, 人が, 場合は, 方法は, 男の 8 太刀は, 字は, 宮を, 家の, 意味に, 池の 7 例外は, 例外を, 問題は, 天性と, 女の, 字の, 眼を, 腕を, 道を

6 [13件] ような, 六, 場合においては, 故郷である, 方に, 方を, 特色は, 目に, 私は, 腕へ, 腕まで, 道は, 顔は

5 [23件] ために, ときに, ものが, ものの, ものを, 体は, 僕を, 問題で, 問題を, 場合には, 女, 妻を, 宮が, 惨劇の, 意味の, 故郷と, 故郷に, 故郷を, 方が, 替りさ, 男に, 疑問は, 肩を

4 [43件] そばへ, ものに, 前に, 卯の, 場合, 場合が, 場合に, 声が, 天性に, 姿を, 字を, 宮は, 扉は, 故郷として, 故郷の, 方の, 方は, 方へ, 方法を, 春から, 春を, 時でした, 条件は, 橋を, 歳に, 殺人を, 母, 法王の, 皇子が, 眼に, 腕の, 若い男, 若僧は, 言葉は, 質問を, 部屋に, 部屋には, 野心家の, 鑰, 間に, 間三の, 首は, 魂の

3 [105件] あしを, お棺, ことも, ときである, ところへ, ほうへ, ピアノ, 三で, 事件が, 事件で, 事件と, 事件の, 事件を, 事実を, 人に, 人の, 人物は, 今日までに, 仮名に, 例に, 出生の, 前厄と, 厄年に, 口から, 名を, 問題が, 問題として, 問題の, 圓に, 場合である, 場合を, 墨滴を, 声は, 夜の, 天性として, 天性の, 太刀で, 太刀に, 姫, 子供が, 字が, 字に, 少女が, 岸の, 幕府を, 年より, 弾は, 後足は, 心を, 意味における, 所に, 扉に, 扉の, 扉を, 手紙, 手紙を, 接吻を, 支那を, 時です, 時の, 時計は, 曲輪の, 木戸の, 柱時計は, 樽に, 樽の, 歌に, 歌の, 死を, 段階に, 母の, 池三の, 法王が, 点に, 点について, 爆発が, 爆発を, 父親が, 犠牲を, 理由, 理由である, 町三の, 皇子の, 目の, 目は, 目的は, 私の, 種類に, 種類の, 耳に, 職業を, 自然を, 花を, 落盤が, 規定は, 賀川氏の, 鍵を, 鐘が, 門を, 頬に, 頭に, 頭は, 顔が, 首を, 點に

2 [387件] いるところ, うしろで, お母さんが, お頼み, かぶって, からだに, ことが, ことは, すぐれた容貌, ときから, ところへも, とし, ものとして, ようすを, アパートへ, ウェンデルの, スイッチを, タイプの, バケツの, バケツへ, ベルが, 一〇〇〇磅の, 七, 三と, 不幸は, 不思議は, 世界に, 世界の, 主權, 主題の, 乾児の, 二ツ子なり, 交を, 人を, 人物が, 人生である, 人生を, 人間の, 仕事に, 仕事は, 仮名の, 任務は, 休戦の, 位置に, 体を, 作品に, 使いも, 例, 例から, 例は, 例外が, 例外に, 例証のみ, 便所の, 俣の, 側の, 傑作は, 像を, 僕, 僕に, 僕の, 光の, 光を, 公準と, 典型的な, 内容は, 冬の, 冬村の, 凸点が, 判斷が, 前へ, 剣三の, 創造である, 創造に, 動作は, 動機の, 動物を, 勤め盛りで, 十, 午も, 危険には, 厄年家柄も, 原因のみにては, 原子爆弾製造国が, 召使とは, 号笛が, 合図を, 同志は, 唇許へ, 問いに, 問いを, 問題だ, 問題である, 問題に対し, 困難は, 国民よ, 国民を, 国語の, 地位を, 地獄に, 地球へ, 場合と, 場合の, 声で, 売子の, 夏であった, 夏の, 外情より, 多きに, 夜には, 夢の, 大なる, 大年増, 天性である, 天性を, 太刀, 夫の, 夫を, 奎吉といふ, 女は, 女夕陽に, 女素人とも, 妻と, 妻に, 姫君は, 娘は, 子を, 子供くらい, 子供である, 子供の, 子供は, 子供を, 実例を, 客が, 室は, 宮も, 家を, 家柄である, 寺尾に, 小森幸子事件である, 少女, 少年の, 尼に, 屍体の, 峰が, 峰に, 巣を, 己が, 巻, 希望が, 幕府が, 年で, 年の, 年まで, 幸を, 店へも, 府たる, 府の, 廓の, 形式に, 形式によって, 役割は, 彼, 後を, 心には, 悲劇が, 悲鳴, 惨劇, 意味を, 愛郷心, 戸が, 戸も, 戸を, 扉が, 手の, 手懸りは, 手桶の, 手段として, 手紙に, 手紙は, 打撃を, 抽斗を, 掌に, 排星運動を, 措置を, 提灯が, 故郷, 故郷だ, 故郷な, 故郷は, 故郷も, 故障は, 数を, 文句を, 文学, 文書は, 方向は, 方法です, 方程式が, 春であった, 春に, 時で, 時と, 時よその, 時期に, 書物に, 期間には, 木戸三の, 条件, 東郷に, 松三の, 松大黒と, 柵を, 楽人, 楽章が, 樽, 樽が, 橋から, 機会を, 歌は, 武器に, 歳の, 死なり, 死骸を, 段は, 段階は, 殺人事件が, 母さん, 毛虫, 民族五十二の, 気持が, 氷店や, 池から, 法廷を, 法王, 波が, 波の, 浅草, 浅草の, 海の, 海竜丸は, 瀬戸ものの, 灯が, 点において, 点を, 無窮なる, 無頼漢に, 爆破が, 父と, 父の, 物の, 特別な, 特徴を, 犠牲, 犠牲者は, 犠牲者を, 犯罪の, 獄に, 玉藻が, 王國, 理由が, 理由として, 理由の, 理由を, 生, 生き方を, 生活に, 生活を, 用意は, 男の子と, 男よ, 男を, 男子, 町だ, 町なれ, 疑ひに, 疑問であった, 疑塚, 病床を, 発見が, 目には, 目的なりしもの, 目的に, 目的地を, 眼が, 眼の, 短篇は, 石塚, 石門が, 石門まで, 社に, 私が, 私と, 私を, 秋草の, 稍, 種類だ, 穴には, 穴を, 突きを, 窓を, 糸の, 純粋直観の, 細君が, 綿貫に, 罪を, 美, 群, 群は, 翼を, 者に, 者は, 耳へ, 耳もとに, 耳を, 股川の, 肩に, 胸に, 胸を, 腕から, 腕にかけて, 膝を, 自然が, 舟を, 芭蕉たる, 芳賀に, 若々しい青年, 若僧が, 若盛り, 行動に, 襲撃を, 規定である, 親とも, 解釈, 言論は, 証拠は, 試みが, 詩集, 話の, 誕生の, 誤解は, 説話に, 論文を, 警報だ, 質問には, 赤い朝焼け, 蹠を, 身の上を, 車輪を, 返事には, 通信, 通信が, 通信は, 通信を, 道でも, 道へ, 遺算, 避難を, 部分は, 部屋は, 都会なり, 重要な, 鉄の, 鍵は, 鐘の, 鑰を, 門が, 門も, 間の, 間を, 難関が, 靈に, 青年だ, 青年で, 青春を, 面の, 革命が, 頃に, 頃の, 項目に, 頑固な, 顔, 顔に, 願ひ, 食卓を, 馬車に, 駭きが彼を

1 [2912件 抜粋] あいだに, あなたは, いずれに, うえに, おきては, お仕事, お年を, かえ, からだを, が矢張安心, ことだ, この句, ころから, ご使者, すること, それである, たてじ, つぎで, てだて, ときの, とき小野政秀の, ところまで, なめらかな, はびっくり仰天, ひとです, ふさを, ほうだって, まちかねた夏, ものだった, ものには, ように, アイデイアが, アテ外れに, アパートを, オペレット物を, クライマックスは, ゴンゴンが, スウツ・ケエスを, タンクの, テーゼからの, トルストイだ, ニュース, パンクした, ヒントだ, ピラート心殘忍なれ, プライヴエイトの, ホ長調の, マズルカを, ヨゼツフたるに, ローマ進撃といふ, 一一三頁に, 一手を, 一百万を, 三に, 三月と, 上願書は, 不利益は, 不正が, 世界であった, 両日にわたって, 両頭児を, 中央に, 主たる殿, 主題は, 九に, 予定を, 争闘を, 事件では, 事即ち, 事情は, 二つ子を, 二少年も, 云うこと, 亡者は, 人々の, 人について, 人柄とが, 人気馬な, 人物を, 人生という, 人間學即ち, 仏蘭西革命は, 他は, 令が, 仮名を, 仮定説の, 任務の, 会合は, 体には, 作品が, 使いとして, 使者鹿なり, 例として, 侍は, 俊英師の, 俳優は, 個性に, 偉勲を, 側衛的任務であります, 備え備え, 僧院を, 兄は, 光のみ, 光線は, 六八頁を, 内苑の, 冠を, 処女は, 出来ごとと, 出雲の, 刃物店を, 初夏の, 別嬪として, 前足, 割合に, 労働と, 動物である, 勸工場あり, 區劃を, 半元服, 危機, 厄だ, 厄歳も, 原因であり, 原理は, 又一を以て, 反動公式の, 反抗は, 取次ぎによって, 古ふん, 右の, 吉田松陰じゃ, 名前も, 君即ち, 命だ, 命題に, 商売を, 問題そして, 問題としては, 問題へ, 善意を, 四重奏曲を, 団体員と, 困難を, 国境は, 国民は, 土地でも, 地盤として, 城あり, 基礎として, 場処, 場合のみ, 塀の, 壁の, 夏六つも, 夜見国が, 大きなルネエサンス, 大変を, 大工業都市, 大祝日, 大都市として, 大願成就と, 天性であっ, 天才を, 太腿の, 夫は, 夫姦夫シュテッヘにも, 失策を, 奇蹟は, 女の子と, 女惣身に, 奴隷も, 妥協が, 妻にも, 姫ぎみの, 姿には, 娘の, 婢と, 子の, 子供にでも, 孔子十七歳の, 字窓が, 学校においては, 官符によって, 実験の, 室で, 宮なら, 宮下を, 家が, 家のは, 家族が, 容いりまじり, 富豪だった, 寺院は, 小さな雛, 小僧の, 小屋は, 小皿を, 少女から, 少年が, 屋敷に, 属を, 屯所までに, 山田長政と, 岳三の, 川, 左の, 巻宣長全集五, 帝大には, 帽子の, 平常着だけでも, 年には, 年恰好で, 幸内をと, 幽霊が, 店が, 府シカチェでは, 式の, 弟子たちよりも, 張作霖たるまでは, 形態の, 後姿が, 徒説異に, 御腕二箇所, 徳川政府を, 心象を, 忠実な, 思うが, 性なりき, 性能家の, 怪事件突発に, 恋から, 恋人を, 息の, 悪魔, 悲劇, 悲鳴を, 想像の, 意義に対して, 感情の, 我々は, 戦車を, 所傳は, 手これは, 手口自ずと, 手段に, 手紙で, 手記まで, 打撃が, 批難, 抄録によって, 抜け道が, 指した方, 捕鯨船は, 接吻, 提灯を, 支持者の, 放談會は, 故郷では, 故郷なつかしい, 救護隊が, 教訓を, 數を, 文句とが, 文章に, 新手を, 方妙に, 方法には, 旅券である, 日數過ぎ去ら, 旧家だつた, 春この, 時お, 時である, 時分から, 時平気で, 時機に, 時空き箱を, 暗合を, 曲者の, 曲輪のみ, 書牘は, 替, 最後を, 期間は, 本が, 机の, 条件が, 来庵者, 松の, 松村青年は, 枝に, 根拠として, 格ある, 桶も, 森脇は, 概念でなけれ, 横町を, 機会, 欠点に, 次ぎに, 正体を, 歳まで, 死体点検に, 段階へ, 殺人も, 母を, 比に, 気を, 水まづ味はれざれ, 江戸を, 決定的の, 河水を, 法王および, 法王パンチェン・リンボチェは, 注進が, 派使を, 混沌たり, 準備が, 濫読時代を, 火より, 炭車が, 点と, 無いもの, 無鉄砲者の, 爆発の, 父親に, 牛第, 物持ちにな, 物音が, 特徴たる, 特色で, 犠牲者たる, 犠牲者二ツ木兼子は, 犯罪は, 独り言は, 玉子を, 珠を, 現象性に, 理由としては, 瓶も, 生活であっ, 用意を, 男とか, 男の子は, 男子に, 町や, 番頭, 疑問である, 病床の, 発見者林田が, 的も, 皇子を, 目, 目的すなわち, 相彼の, 真珠の, 眼つきに, 瞳を, 知人には, 石が, 石段を, 砲台の, 礎石と, 示威として, 祖国とも, 禍惡觀と, 私立大学を, 科学論的知識学的関心とは, 程度の, 穴は, 空軍を, 窓の, 立ち樹に, 笞だった, 筒が, 箱を, 籤を, 精霊, 系統即ち, 紙を, 紳士閥と, 組も, 結婚生活が, 絵より, 維新を, 線を, 繪は, 羊飼い, 美人だろう, 美美それ自らとでも, 考えちがいだった, 考察を, 耳たぶに, 職業の, 股と, 背中を, 脇腹に, 脳髄の, 腕担いだ, 臣に, 自己が, 自我が, 自然の, 舞いふませたくないもん, 船団の, 花, 花嫁としては, 若い人々, 若僧に, 若者とは, 草盧を, 著名なる, 蒸鍋の, 蕾弟を, 藩が, 行く先は, 衣色を, 表情には, 装置では, 襲撃の, 要素の, 規定, 規定を, 視角の, 觀察者が, 解釈である, 言葉が, 計画として, 記事中, 証人に, 評者が, 話が, 話家が, 語句それに, 誤記では, 説明は, 課題に, 論点は, 謎, 讃美歌が, 豐公とも, 貨物の, 貴夫人, 賀川氏に, 質問でした, 贈物の, 足踏み, 身にて, 軍人の, 輪に, 近在の, 通信社が, 連関である, 運動が, 道徳主義と, 選は, 郡領である, 部屋で, 部類に, 都会と, 重大な, 鈍角の, 銀杏に, 銭叺に, 鍵で, 鐵拳背骨も, 長歌に, 門の, 門内の, 間牒, 関門だ, 防禦陣地だった, 陪審人は, 隊の, 雀が, 離婚だった, 難関さえ, 雲を, 靈, 青年が, 青年を, 面を, 音に, 頃でありましたろう, 頃物心を, 順序変り, 頭の, 頼みという, 題目を, 顔色を, 風貌とは, 食用種是は, 首だ, 驚きの, 高山である, 高齢である, 魚雷攻撃である, 鳥居前より, 點より

▼ 二~ (4207, 1.7%)

104 の間 74 の春 50 の後 48 になる, の夏 47 ほど前 43 の頃 42 の秋 36 のこと, も前 35 ばかり前 33 も三年 29 か三年 25 である, 程前 20 の, や三年 19 の二月, の時 18 の冬 17 の暮, の震災 16 の八月 15 にし, に一度 1413 の三月, の九月, の月日, の正月, の歳月, ばかりの間 12 のあいだ, の五月, の条, 経って 11 になります, の大震災 10 に至る, の一月, の大 9 このかた, たって, であった, という, のうち, ほどし 8 から三年, でも三年, になっ, に生れ, のとき, の四月, の條, の關東大地震, ほどの間

7 [11件] この方, といえ, になった, にもなる, に歿, の七月, の事, の内, の地震, 立つて, 経つと

6 [14件] すると, たつと, であつ, では, に出版, に生れた, に至り, の六月十九日, の末, の江戸, は蘭軒歿後, まえの, もすれ, 続けて

5 [15件] して, と経たない, に私, に終る, のころ, のもの, の刑, の十月, の手紙, の生活, ばかりし, ほどまえ, まえに, を経, 立って

4 [32件] か, から四年, たった, だと, で, であるが, といへ, と云, なり三年, には, に始め, に書いた, に書かれた, に死んだ, に至っ, に進級, のお, のはじめ, の六月, の十一月, の十二月, の噴火, の席順, の昔, の歳, の関東, の関東地震, の震火災, を経た, を距, 経っても, 置いて

3 [52件] おくれて, から慶長五年, ぐらい前, たちました, だから, だった, ちかくに, とある, となっ, なん, になつて, に世, に作った, に再び, に出た, に刊行, に又, に幕府, に当る, に死す, に死ん, に近い, の九月一日, の作, の修身, の出来事, の初夏, の夏頃, の年月, の役, の後はやり風俄, の後半, の後半期, の旅, の晩秋, の末ごろ, の眼, の長い, はその, ほどたっ, もかかっ, も経っ, も経つ, を經, を過ぎ, を隔て, 住んで, 早すぎる, 経った, 続いた, 遅れて, 過ぎた

2 [215件] いたが, かかれば, から一八一三年, から三年生, から死, か下, が三年, が彼, が間, くらいも帰っ, この年, この東京, しか経っ, すれば, たったという, たてば, たらずの, だったとして, だなと, つづけて, であったか, であったと, であったので, であって, であります, でその, でも, でも覗いた, で終る, と, といい, というよう, という年, といふ, といふもの, とたつ, となり, となる, とも経たぬ, と一緒, と三年, と二カ月間独り暮し, と云う, と経った, と経つ, と經過, など到底, なり何時, なること, なれば, にこの, にその, にできた, になつ, になり, にはその, にはまだ, にはスウェーデン, には出生, には彼, には既に, には更に, には男, にも, にもなっ, にもファラデー, にも三年, にも亦, にわたる私たち, にフランス, に一人, に三好長慶, に亘る, に入り, に入れられた, に六十六歳, に出ます, に出来, に出来た, に即位, に変る, に於, に既に, に日本, に昇る, に死し, に水戸家, に江戸, に没した, に由松, に発行, に笑, に第, に自分, に至つて, に芥川, に若く, に近き, に長崎, ののち, の一月四日, の七月二十九日, の丹後地震, の九月ごろ, の予定, の二月ごろ, の二月十一日, の交, の今日, の余, の元旦, の先, の入閣, の兵火, の凶作, の初め, の創立, の名誉, の垂跡, の夏中, の夏休み, の大音寺虎雄つてん, の奮闘, の子規, の弟, の懲役, の教室, の日本, の早春, の星霜, の春以後, の時分, の時宗助, の時日, の晩春, の暮れ, の永い, の獄中生活, の禁令, の第, の終わり, の表, の計算, の話, の辛抱, の途中, の造営, の開会日, の間地獄, の関東大震火災, の関東大震災, の関東震災, の關東大震災, の阿波国, の震災当時, の頃法然, はそれ, は名ばかり, は生きた, ばかり, ばかりお, ばかりこの, ばかりする, ばかりたちます, ばかりたっ, ばかりで, ばかりのあいだ, ばかりの兵隊生活, ばかりも前, ばかり住ん, ばかり経っ, ばかり経つ, へかけ, ほどいた, ほどのあ, ほどま, または三年, まで彼, もいる, もお, もくらし, もし, もたつ, もつづい, もない, も姿, も放っ, も暮れ, も着た, も経たない, も経て, も続い, も腰, より三百七十年, を出でずし, を卒, を境, を求刑, を経たる, を経過, を要する, を過ぎた, 勤めて, 始めて, 生きて, 程立っ, 第一号, 経たないうち, 経ち五年, 経つうち, 経つても, 経てば, 続いて, 越し世話, 越し若

1 [2088件 抜粋] あっても, あまりになる, ある, いた雀, おいた一昨年, おりましたけれども, かかったが, かかりました, かしたら, かにでき, からかぞえる, からのち, からは毎年五十人, から一九四五年八月, から三十九年, から今, から前, から十六年十二月七日, から四十年間, から大正九年, から日本, から着手, から計画経済, か三年毎, か二年半, がすぎる, が二人, が済んだら, が騒ぎだし, くらいで, くらいは使え, ぐらいから玄関わき, ぐらいになる, ぐらいの周期, ぐらいの間, ぐらい支え, こそ全く, この本, ごしひとり, しかたつ, じゃあ死なない, すなわち自分, ずつ句切っ, そう足かけ三年, その九月, その重臣, たちて, たってから, たつたらまた, たつぷり殆, だかに, だけれど, だったか, だったろうと, ちかいあいだ, ちかく放浪, ちょっとの, つちの, つづいて, つづければ, であり, であるから, でぐらつく, でしたか, ですよ, でできた, でもちゃんと, でもゆっくり, でも会わず, でも旅, でも軍学, でわが, で冬嶺, で喰い尽されない, で姉さん, で徳川吉宗, で東北征伐, で版權, で綺麗, で資格, とあっ, というもの, という時間, という限られた, といふ條, とかの九月, とか相当, とすれ, とちょっと, とにベランジェー・フェロー, とはどうやら, とは立っ, とめて, とも見られる, と一カ月前, と一四年, と三年め, と二学期, と全部, と十四年, と四年, と市役所, と思っ, と時, と称した, と經つて, と送る, と革まった, ないし一七五五年, ないし十五年後, など数えあげ, なり, なり之, なれしかる後, にあの, にいたる, における阿波国板野郡田上郷, にかけては大, にかけて約, にしかならない, にそこ, になりますだ, にはどういう, にはコロンブス, にはパークス, には一月五日, には三十八歳, には九月一日, には五十一歳, には倉田, には八男剛十郎, には出羽蝦夷, には北欧諸国, には名村八右衞門, には大佐, には岡西氏徳, には所々, には暑中休暇, には東隣, には正月, には甫め, には神余与三郎, には細川勝元, には薩摩, には遂に, には韃靼, にひどく, にもなります, にもパエス, にも四年, にも満たなかった, にわたって建てられ, にわたる十年間, にインド人, にゴーゴリ, にダウン, にノイツ, にフランツ, にボヘミア, にマルコ, にリヒノフスキー, に一回位, に一度仔, に一応, に一遍位, に三十四歳, に上野, に之, に二十余歳, に五四, に亙っ, に京都府, に佐藤春夫さん, に僧昌住, に入唐, に八十一歳, に六十八歳, に出来る, に到っ, に北山清太郎, に十七尺, に千駄ヶ谷, に司教, に国際情勢, に在官, に塩素, に大仏, に大阪, に奏覧, に始まり, に富山, に川崎, に建てられた, に当ります, に彼處, に憲法発布, に戴曼公, に斯, に日本政府, に明, に暇, に有名, に李烈鈞, に楠山正雄氏, に正味, に武田家, に治し, に浦島子, に渡邊崋山, に演ぜられた, に王女, に生まれた, に百五十一箇, に石崎光瑶君, に種子島, に竹内某々, に米國, に義元, に自殺, に茨城県, に處, に西側, に読まれ, に足らぬ, に進み, に長女天津, に集録, に高知, に鹿島槍惻, のあいだ父親, のおそろしい, のころ総計六十七家, のその, のとき数学上, ののちそれ, のやはり, のステンダール, のパリー, のボンナール, のロシア, の一月八日, の七月六日, の三四月以後, の三月二十八日, の三月十五日, の三月頃, の下院, の丹波国牒, の二, の二月二日, の二月自動車, の五月下旬, の京都数万, の価格四三シリング九ペンス, の僕, の全国高等女学校長会議, の六月三日, の兵役, の冬十月, の出生, の初め四本マスト, の力, の勅, の十一月十二日, の十二月十一日, の十月二日, の十月発行, の卒業免状, の古, の同人, の四月二十四日, の四月朔日, の変り型, の夏場所, の大会, の大赦, の奈良坂非人文書, の如月半ば, の子ども, の封建的軍事的絶対主義日本, の屋島, の平家都落ち, の序文, の後二十七年, の後忍藻, の御, の或, の持統天皇参河行幸従駕, の文学生活四十年祝祭, の新, の日付, の早春興津, の春休み, の春東京帝國, の時国語, の時西川家, の暮ごろ, の暴動, の期間, の末セカンドラ孤児院報告, の条約問題, の條參看, の正月函根, の氏郷像賛, の洒落本禁止令, の湊川合戦, の狩, の生涯, の痘苗, の白井保君, の私年号, の秋八月, の秋田, の童児, の糸子, の結婚数, の編撰, の花街, の苦闘, の行幸, の記事, の警視総監, の進級試験, の鎌倉, の間これ, の間君, の間未知, の関東大震, の院展, の露命, の頃久松家, の頃私, の食料, の鰥寡孤独さ, はかかる, はすぎ, はまたたく間, はもう, はよく, は万延元年, は何度内心, は六月, は命, は大村, は小説流行, は彼, は戸惑い, は明治三年, は暮れた, は渾然, は生徒, は約束, は続けたい, は蓄財, は辛い, は遊ん, は頑張れる, ばかりあわ, ばかりしか経たない, ばかりたつ, ばかりになりました, ばかりの宿屋, ばかりはほんとう, ばかりは飽きちゃっ, ばかりも堪え, ばかりフランス, ばかり二人, ばかり働い, ばかり周囲, ばかり子, ばかり後れた, ばかり東京, ばかり続け, ばかり附き合っ, へ入れる, ほどかよった, ほどしか経っ, ほどする, ほどで暇, ほどになります, ほどは疊, ほどまだ, ほどを過ごし, ほど以前, ほど大阪, ほど待つ, ほど教えた, ほど移り住ん, ほど経つ, ほど船橋, ほど過ぎ, まえあの, まえとは, までかれ, までとしても差支, までの宥恕, までは修了, までは追記, まで七年間, まで五年間, まで十八年, まで新聞記者生活, まで続いた, まで行つた, まへに, めっきり留置場, もいました, もかかるでしょう, もしてやっ, もそこら, もたたない, もたって, もつづけ, ものあいだ, もまた, もわし, もマルタプウラ, も以前, も使, も勤めた, も半ば, も婚約, も居る, も待たされ, も我慢, も手だて, も文学, も昔, も来ない, も江戸家老, も燻, も留学, も終っ, も経った, も続く気づかい, も見舞い, も遊学, やった, や三年お前, や三年熱心, より一一九〇年, より元, より昭和八年十月, をいたずら, をば半, をも記念, を以て最後, を修了, を加えるであろう, を山口, を放置, を生きた, を費し, を通じてなかなか, を除い, 丁度節分, 住んだの, 再び上京, 即ちコロンブス, 即ち昭和十七年, 即ち西暦二百三十八年, 又は三十四年, 及び元, 在獨, 尊い解放運動, 延ばされた年ごろ, 待てれば, 忘れて, 持ち五年, 振に, 教えて, 早すぎた, 深く馴染ん, 生き延び世間, 程だ, 程居っ, 程経, 程這入っ, 立つと, 第一號, 経た, 経ちました, 経ち薄暗い, 経った頃, 経つて, 続いても, 置いた明和五年, 若くは, 誤魔化して, 越しここ, 越し口説き廻されながら, 越し寢, 越し此所, 越し言い交した版木屋, 迄, 近い交遊, 近い間の手紙, 遅れようとも, 過ぎぬ, 預けること

▼ 二~ (3731, 1.5%)

282 も三度 85 では 50 や三度 46 か三度 22 のこと 13 あった, あること 12 の勤め 11 しかない, でも三度 9 あつた, にし, も, 繰り返して 8 くりかえして 7 つづけて, の祈祷, は必ず, も罹災 6 が三度, くり返して, の失敗, ばかり見た, もお, も続け, 出て, 来たこと, 繰返して

5 [12件] あります, だ, に一度, の事, の大, の食事, はお, はその, ばかりうしろ, もこの, も同じ, も落第

4 [24件] ある, つ, に分け, のお, の夫, の戦争, はきっと, ばかりある, ばかり来た, までも, もあなた, もある, もくりかえし, もその, も来た, も繰り返し, 来て, 続けて, 聞いた, 行ったこと, 見かけたこと, 見たこと, 見ました, 訪ねて

3 [46件] あふので, くらいだった, して, じゃない, たあ, だが, だけで, とか三度, とはここ, とはない, とも, ともう, とも私, の便り, の大戦, の秋, の花, の試合, の試験, はあった, はある, は善けれ, は歌いません, は経験, ばかり, ばかりあった, ばかりお, ばかりかすか, ばかり家, ばかり来, ばかり眼, までいった, まで見た, も使, も来, も水, も私, も血, も行っ, よ, 会ったこと, 呼んでも, 繰り返したの, 見た, 読んで, 通り抜けた位

2 [230件] あったこと, あったの, あって, あり, ありました, あるが, あるはず, あるもの, ある事, いったの, いや三度, うなずいた, お朔日前後, お目, お目にかかったこと, お絹, お電話, か多く, きました, ぐらいだった, ぐらい来, こけそう, しかありつけない, しか会った, しか見, しか見ない, しか飯, した, しながら, じゃありません, じゃあるまい, すると, ずつこの, ずつ来, ずつ湯, ずつ通っ, ずつ黄色く, その兄妹, たたいた, だけ現れ, だと, ついた, つれて, であった, です, でそれ, でない, でなかった, でなかったが, でなく私等, とかよう, とは來, とは得がたい, ともおれ, とも落選, とも解消, ながら, ながら非常, ならずあった, ならずそんな, なり, なり三度, なん, にすぎない, になる, にはあらず, に下る, に感嘆, に過ぎなかった, のこの, のご, のゆり返し, の世帯, の主取り, の休暇, の勤, の合戦, の喧嘩, の夏, の大祓, の往来, の御, の復讐, の念, の手柄, の日の出, の日曜日, の用, の芝居, の行事, の褄, の訪問, の面識, の飯, はそれ, はない, は出, は嘘, は女中, は往復, は必ら, は発作的, は腰の物, は苦笑, は誰, ばかりばたん, ばかり口ごもる, ばかり同じ, ばかり声, ばかり夜, ばかり私, ばかり見かけた, ばかり軽く, ばかり音, ほども長い, ほど同じ, ほど呼び, ほど呼んだ, ほど声, ほど小さく, ほど広島, ほど戸, ほど村越, ほど田部, ほど縁談, ほど繰り返し, ほど落第, ほど行った, ほど見かけ, ほど軽く, ほど連れ, までお前, までも人, までも繰返, まで同じ, まで大, まで曲者, まで沈没船, まで湯殿, まで空, まで赤井家, もあっち, もいった, もここ, もそれ, もそんな, もだってとかも, もはげしく, もひかれ, もやって来た, もわたし, も上っ, も井戸, も京都管領, も僕, も出た, も喀血, も国主, も大, も失敗, も尋ね, も往復, も戸締り, も手紙, も断る, も日本, も書い, も来る, も東京, も歩哨, も沈没, も流行性感冒, も移転, も突き立てる, も続い, も續, も自分, も行きました, も行った, も見た, も言, も読み, も足, も転ん, も通っ, や三度指, よりは三度, 云った, 使おうとは, 出た, 叩くと, 叩くん, 同じこと, 呼ばれると, 呼んだ, 呼んで, 寝を, 尋ねて, 押すと, 断られても, 書いて, 来たが, 添いで, 添いの, 無い, 燃え上らない火, 目だつた, 目だつて, 程しか顔, 程悩まされ, 繰り返すやう, 繰返されて, 聞いたに, 聞えた, 聞かれた時, 見かけた事, 見たから, 見たぜ, 見て, 見に, 見られない月, 見る同じ, 言って, 試みて, 話して, 逢ったきり, 逢ったこと, 逢って, 驚かされて, 鳴って

1 [2306件 抜粋] あがった, あったそう, あっても, ありがとうね, あるいは三度, あるとか, ある催し, ある悔, いうよ, うらめしそう, おどろきました, お歩き, お目通り, お詣りする, かさなって, かは母, か一度, か三度め, か食事, が沸騰点, きくもん, ぎょっとし, くらいしか肉入, くらい三人, くりかえすもの, ぐったりと, ぐらいずつはきっと, ぐらいそちら, ぐらいな, ぐらいは軽井沢, ぐらい会った, ぐらい裁縫, ことわられそれでも, この水, さくいとを, さそいあって, しかなかっ, しかも悠々, しか出ない, しか手, しか活動寫眞, しか行つて, しか逢った, しなけりゃならぬという, し二度, じゃな, じゃ通じない, するので, すれば, ずつこうして, ずつの差, ずつは刈り, ずつも魚, ずつエンヤラヤ, ずつ催促, ずつ動かさなけれ, ずつ大阪, ずつ文句, ずつ杵, ずつ義経活躍, ずつ行っ, ずつ見舞い, ずつ食う, そのようす, その叫び声, その癖, その進路, そんな事, ためして, だけしか食事, だけで充分, だけ会った, だけ母, だぞ, ちょっと歩き廻る, つく方, つづけるの, であっても, であるから, でございました, ですみました, でなく何度, でももの, でも足踏み, で最初, で食べ, というの, といふ高熱, とかへりません, として貰わない, とはあの, とはお, とはほとんど, とは会え, とは出来さう, とは吾家, とは帰っ, とは手, とは来なかった, とは生れ, とは繰返すまい, とは行かれぬ, とは見られぬ死にゆく, とは訪ねられない, とは起らないであろう, とは遇え, ともお, ともその, ともサイアク, とも中風, とも僕, とも同じ, とも失敗, とも彼女, とも機体, とも片想い, とも脳, とも車掌, とも非常, と信長, と拔, と見る, ないから, ない出来る, ながら四日目, ならずあったが, ならず三度目, ならず山岡屋, ならず手許, ならコップ, なる気, にきまっ, にする, になっ, になれ, にやっ, にわたって白老, に人民, に出, に吐血, に感ぜず, に汽船, に終止, に運ん, に釘付け, ねじりも, のあらし, のとき, のもの, のシクジリ, の不思議, の人口実測, の例, の凱歌, の別府行き, の勘定日, の勝敗, の告白, の声, の大捷, の天災, の妻, の射撃, の左褄, の弁当, の御飯, の愉しい, の手術, の揺り返し, の文言, の旗揚げ, の時御前, の楽しみ, の沙汰, の浪費, の焦土, の現象, の祭り, の絶食, の自殺事件, の若々しくつよい, の袴着, の言葉, の説教, の返事, の道者船, の附近, の餉, の魁, はあっ, はありました, はいえないだろう, はかうし, はきまつて, はする, はどう, ははずし, はやりかえなく, は三度, は互に, は偶然, は出られない, は受けた, は夜, は屹度, は往來, は手合せ, は書きたくない, は極, は気保養, は清三, は男, は立った, は縁付き, は見かけた, は負けない, は通わなけれ, は雪おろし, ばかしお辞儀, ばかりあるいは, ばかりくりかえし, ばかりし, ばかりでかけ, ばかりといった, ばかりはお母さま, ばかりみえ, ばかりも言つて, ばかりゴクリゴクリ, ばかりブルル, ばかり上, ばかり之, ばかり会った, ばかり僕, ばかり出席, ばかり千円, ばかり呼ばれた, ばかり土井, ばかり失神, ばかり小さい, ばかり山石, ばかり往き来, ばかり手紙, ばかり掻取, ばかり松山, ばかり泥棒, ばかり溜息, ばかり相手, ばかり立ち上りかけ, ばかり聞えた, ばかり花, ばかり袖口, ばかり見舞, ばかり訪ね, ばかり跳躍, ばかり通り拔, ばかり開けた, ばかり黙っ, ひどいとき, ふられた舞台, ほどあれ, ほどぎゅっと, ほどずつ人間界, ほどな, ほどぱちつかせ, ほどやった, ほどタカ, ほど介三郎, ほど先生, ほど刀, ほど叩きました, ほど四つん這い, ほど婿, ほど岡, ほど振り向いた, ほど時計, ほど月, ほど波, ほど物, ほど突き立てた, ほど繰返した, ほど聞いた, ほど行っ, ほど読ん, ほど起き, ほど逢つた, ほど間, ほど馬籠, まぎれこんだに, まであった, までおんぶ, までちらりと, まではお断り申, までは身代り, までもあやうい, までもその, までもわれ, までも云われた, までも冷やひや, までも取りかえ, までも彼, までも憲法法律, までも救っ, までも止められ, までも浪速あやめ, までも狼狩, までも眼, までも私達, までも自害, までも誘拐, までも軽々と, までも通つて, までも閃, までも非常, までをパン食, まで乗り込み来たる, まで俺, まで出る, まで口, まで呼ばれる, まで声, まで官兵衛, まで平次, まで念, まで持っ, まで攫む, まで明らか, まで洗つて, まで玄関, まで発せられた, まで移轉, まで繰り返された, まで自分たち, まで薬取り, まで見ました, まで赤穂浪士, まで達した, むしかえして, もあってる, もいっ, もう我慢, もかかる, もくりかえす, もございました, もたずね, もっときつく, もなすった, もま, もやって来るだろう, もウサギさん, もフカデ, も三度使, も令状, も会っ, も使つて, も兄さん, も六兵衞, も刈り取る, も医者, も危ない, も吐, も呼んだ, も国目付, も変, も大患, も嫁, も家, も店, も彼女, も惨敗, も搭乗者, も教室, も曲者, も枕頭, も正月, も殺されかけ, も消えた, も演舞場, も現れ, も生臭坊主, も真っ直ぐ, も礼拝, も紛失, も聞きました, も腹, も藥取り, も見舞, も訊い, も許婚, も読み返しました, も警察署長, も車, も逃がした, も遣つた, も金, も陥った, も風祭村, も高山寺, やってから, やりたいもの, やる中, ゆく気, よびたる事, よんで, を往復, を返した, 下りた方, 乗った, 休んだきり, 会う機会, 会っただけ, 作ったこと, 倒れかかったが, 停まった, 入つたきり, 冷たい水, 出たかと, 出会って, 出直す時間, 加える間, 勝った人, 取っても, 受けて, 合せて, 吐いて, 呼ばれて, 呼びます, 咲くもの, 回って, 失うの, 寝も, 履いただけ, 帰る, 引っ張りまわすと, 御上洛, 忘れて, 我が叙情詩, 持ち出すこと, 振り出したサイ, 掛けられただけは, 撲つた, 散髮二週一度實費, 曲ると, 来たきり, 来ぬから, 来る始末, 汲み置きの, 消えて, 激しい雷鳴, 物々しく通る, 現われるが, 生れて, 直したから, 睨みつけられるの, 程ガシャン, 程繰り反し, 程電話, 突き損じたと, 結ばれるよう, 続くと, 繰り返させたの, 繰り返すこと, 繰返した, 罹っても, 考えたら十分, 聞かされる心配, 聴いたこと, 落ちそう, 行きました, 行く馬鹿, 行って, 見かけた顔, 見ただけ, 見た女性, 見てはは, 見られるとは, 見候ゆ, 覗いて, 言い遺しそのまま, 計つたの, 試みた事, 読みかえし三度, 読んだ, 赤く吸, 起されても, 踏むと, 転んだと, 迄の繰り返しあっ, 迄も信者, 迄婦人, 近寄ったと, 通ったから, 通るよう, 逢えぬお, 連れて, 運んだとか, 重なると, 閉めたほどの, 降りました, 頼んだよう, 飲みました

▼ 二~ (3323, 1.4%)

105 も三日 57 の間 49 の夜 39 の朝 38 か三日 33 の後, や三日 31 でも三日 30 の晩 22 のうち 21 のあいだ, の日 19 のこと 18 である 16 づけの, の午後, ばかり前 14 おいて, の月, ほど前 13 では, に歿, のお 12 たつと, になっ, ばかりし 11 つづきの, に, ほどし 10 置いて 9 つづけて, にし, に一度, に蘭軒, まえに, も前, 経って 8 だった, であった, の, 経っても 7 いて, して, 続けて 6 だ, になる, に江戸, の中, の夕方, の夜半, ほどする

5 [11件] おき三日おき, か, には, の宵, の旅, の未明, の条, ばかりで, ほどたった, ほどのち, まえの

4 [22件] かかって, しかない, すると, たって, だから, だと, と日, にお, にくらべ, にこの, にその, の早朝, の昼, の行程, の頃, は, ほどおい, もすれ, もた, も同じ, 続いた, 置きに

3 [47件] いた, おくれて, から十三日, か三日ごと, たった, たってから, たっても, たつうち, だよ, であつ, です, でも, というもの, とたたない, と待たれぬ, と過ぎ, と過し, になった, に抽斎, に来る, に死んだ, に生れ, に福山, に立つ, ののち, の事, の務め, の午前, の午前十時, の午後三時, の項, は懸る, は過ぎた, は雪, ばかりする, ばかり待つ, ほど経つ, ほど過ぎ, もかかっ, もつ, も雨, を期し, 休んで, 曇り, 立っても, 経った, 遅れて

2 [194件] おき三日, かお前, かかっても, かかつて, からは大雪, から三日間, から二十五日, から四月二十五日, が, が三日, が来る, が藤沢, たちました, たてば, だか, つ, つい六日前, つづいて, でこの, ですから, ですが, でもいい, でもう, でもぎとっても, でも先, でも女護, でも春, で今, で出来る, で書いた, で終る, と, とか三日, とする, とたたぬ, とたつ, とちがっ, と云, と云う, と同じ, と彫っ, と経っ, と経つ, と見る, と過ぎる, と雨, なく地, にご, にて此御鉢, になつて, になんかした, にね, にはきっと, には早く, には私, には笞打, には近藤氏, にわけ, に七十一歳, に七十二歳, に保, に再び, に出発, に勝久, に大祭, に大阪, に始, に店仕舞, に御, に書い, に書いた, に本所, に柏軒, に棠軒, に正造, に発, に相当, に結婚, に聖徳太子, に至っ, に至って, に至り, に至る, に豊か, に鎌倉, に面会, に頂きました, に黒部, のあの, のその, の下, の今日, の余裕, の内, の初, の初荷, の労働, の北平, の地震, の夕刻, の外房州, の夜中, の夜更, の大, の日数, の日曜, の日曜日, の日記, の時雨, の朝日新聞, の正午, の正午頃, の江戸, の深夜, の滞在, の祭り, の約束, の臨終, の記憶, の話, の辛棒, の速達, の雨, の黒部行, はその, はどう, はまだ, は信玄, は安心, は寒い, は小田原, は島, は朝, は来た, ばかりお, ばかりおい, ばかりたっ, ばかりたった, ばかりつづいた, ばかりの休暇, ばかりの間, ばかり保養, ばかり待っ, ばかり思う, ばかり暇, ばかり経つ, ばかり遊ん, ほどで, ほどまえ, ほど泊っ, ほど経っ, まで書きました, まで空しく, もある, もあれ, もか, もしたら, もたつ, もつづけ, もなに, も不在, も他郷, も御飯, も御馳走, も早く, も経たない, も経っ, も経て, も經, も続い, も続いた, も続く, も逗留, も雪, も頭, よ, を待ち, を過ぎ, 休んだだけ, 延して, 待っても, 怠けて, 手間取ると, 早く刑, 歩いて, 泊って, 紛れるとも, 経ち三日, 経った日, 経つても, 経つと, 経て, 置きくらいに, 置き位

1 [1769件 抜粋] あけただけで, ありて, あるいは三日逗留, あるん, いして, いらいの, おいた方, おいと, おしの, かあ, かかった, かかるか, かかるだらうと, かが大変, からちょうど, からは評定所, から三十五頁, から三月末, から二十三日, から五日, から十六日, から四日, から就職, から梅雨, から登館, から遊び歩い, から開場, か三日くら, か三日目, か全く, がいい, がこの, がなかなか, が大安, が暗に, が源氏全体, くたびれて, くらいは休ませませんで, ぐらいでまいれる, ぐらい先, ぐらい眠った, ぐらい食べぬ, この前, この時斷食, しかありません, しか余っ, しか経過, したら帰るん, じゃし, すぎると, すらない, そうして経ち, その日, たったらその, たった昼頃, だが, だけを祭日, だけ居, だけ近所, だったの, って云え, つづいた休日, つづきと, つひほだされて, つらいよりも, で, であと四日, でいよいよ, でした, ですね, でちょうど, でない四, でもお, でもゐよう, でも勝手, でも土地, でも彼女, でも能, でも頑固, でわし, でマチネー, で七月十四日祭, で二貫五百, で先ず, で其, で切り上げた, で勝負, で十日, で吸い戻した, で奇麗, で尽き, で建築, で手, で書入れ, で歩いた, で治っ, で種, で藤兵衛, で観, で都, で顔, で食っ, とあります, という, という同じ, という成績, といえ, とおっしゃった, とし, とたち, とでした, となにがし, とはかかるまい, とは休養, とは泊め, ともアイゼン, とも別所, と一時間五十分, と中, と何時間, と参籠, と四日, と延びる, と愚圖, と暗い, と此御仏彼, と経った, と進みました, どうだ, なし, なのよ, ならとにかく, なりき, なり三日, なん, にいたっ, にお産, にかいた, にかえります, にき, にこちら, にそれ, にても十日, になり, にはいっさい山入り, にはこんど, にはひどい, にはモスコー, には上田, には二度, には全然, には出かけられません, には国会開設, には大学, には寛斎, には御, には既に, には朝六時五十五分の汽車, には海老責, には狐, には発電, には米国, には赤松円心, には関東, にまた, にも御, にわが, にわたって人力車, にわたって決しなかった, にわたる怪事件, にわたる絶食, にオーストリー, にヂウ, にミラノ, にロンドン, に一ぺん位, に一度三日, に一食, に下島勳, に事務所, に二尺, に五合目以上, に亡くなられた, に今度, に供, に備後国鞆, に先だって, に六十歳, に出張, に前触れ, に勝利, に及ん, に古今書院主人橋本福松君, に吉田仲禎狩谷, に四七日, に在留日本人, に大, に大王殿下, に太子, に始まっ, に完結, に寿, に山口県, に帰宅, に延し, に往生, に御台所, に徳さん, に愈, に成立, に改める, に旅行アルラシ, に日比谷交叉点, に本所二つ目, に東京, に桑名, に横浜, に死, に死去, に決行, に流れた, に準備, に爲替相場, に現れた, に病, に相良惣三, に種痘, に立ちます, に竣工, に米一升, に羽田, に胃腸病院, に臨時議会召集, に菅波喜太郎, に行った, に辞し去, に送られた, に道徳的抑制, に金, に院宣, に養子又八, に麻布西町十五番地, のあ, のあいだ冬, のあはれ, のきょう, のちの, のとき, ののち森本先生, のびたけれど, のもの, のタイムス新聞, の一日, の七つ下り, の両日, の事ゆえ, の五律, の休み, の会議, の使い, の出勤, の切符, の午前一時, の午前三時, の午前九時, の午前八時頃, の午前十時二十分, の午後一時半頃, の午後姉夫婦, の反乱, の土曜日, の夕べ, の夕陽, の夜しき寐, の夜九時, の夜吹上, の夜慶喜, の夜更け, の夜道士一人天, の大阪朝日新聞日曜, の客, の巡遊, の延長, の後俊雄, の後自殺, の微, の慰安旅行, の接待, の新月, の旅行, の日附, の昼過ぎ, の晴れた, の最も, の朝ここ, の朝嘉川家, の朝露, の條, の横座標, の法要, の減食, の漂流, の煩悶期, の玉稿如何, の生活費, の真昼, の私, の空襲, の総, の衆議院, の詩, の議会, の連合通信, の金峰山, の間俗事多端殆ど寸隙, の間山, の間滞在, の陽, の饗応, はある, はお, はそちら, はつい, はイースター, はチベット兵, は一日じゅうサイレン, は仕方, は何, は全く, は出発前, は前日, は啄木, は夜, は大粒, は好い, は安政, は屠った, は延びる, は恰も, は我慢, は敦賀, は文化三年六月二十一日, は晴れたれ, は来れり, は治三郎, は滞在, は猿田川岸, は盆前, は空, は経った, は耐, は自分, は見積もらなけれ, は身動き, は部屋, は食わい, ばかりおくれ, ばかりここ, ばかりしない, ばかりつづく, ばかりなりし, ばかりのこと, ばかりの商用, ばかりの目見え, ばかりは何, ばかりは縁, ばかりもとお, ばかりも続いた, ばかり伏古, ばかり余裕, ばかり厄介, ばかり学校, ばかり将軍さま, ばかり影, ばかり手繰り寄せら, ばかり水, ばかり生き, ばかり経っ, ばかり考えた, ばかり遅く, ばかり随分, ほどうち, ほどその, ほどで原料, ほどは二人, ほどは旗, ほど休んだ, ほど俗服, ほど後, ほど措いた, ほど空しく, ほど落ち, ほど過ぎた, まえ, また, まで, までとても, までの, までの間, まで三日間, まで奧州淺蟲温泉滯留, まで繼續, むなしく踵, もいい, もうつろ, もかかった, もこの, もそば, もつづく, もなす, もみんな, もやっ, も何, も四日, も床, も打て, も汽車, も湯, も眠らし, も私, も考え込む, も葬られ, も近づいた, も過ぎ, も酒宴, も陽, も顔, も飯, やり出すと, ゆっくり考えたら, より三日間, より二十八年, より喀血, より爲, より英国, より長い, よんべの, ゐて, をかわし, をそこ, を争, を以て申出た, を出ずし, を後に, を数え, を楽しみ, を示し, を置い, を費した, を送った, を過ごさぬ, 乃至四日位續, 交わって, 休んだのち, 使い果して, 入れないで, 再び強震, 即ちチベット暦, 又一島湧出, 同じく閑窓読書, 大天井, 寝れば, 居て, 延ばされるの, 延べたとて, 待って, 思へらく此秋, 成し幼年, 承久元年, 捜して, 掛って, 放って, 早起諏訪湖畔, 曇りのち雷雨, 泊ったの, 浸す時, 生き三日, 程そう, 程眠れぬ, 程過て, 立ち三日, 立つまで, 第三, 第十議会, 経ち五日, 経ったある, 経った午後, 経ってから, 続いた一般, 続くとは, 置き三日置, 考え抜いた智恵, 見張ったよ, 記す, 通ったの, 遅れた, 遊ばせて, 過ぎて, 酔いしないよう, 雇い自分

▼ 二~ (3068, 1.2%)

77 の人 47 の者 39 の例 32 になる 30 の友人 27 の女 25 の若い 24 の男, の頃 20 ある, のもの, の新聞 17 の少年, の質問 16 の小 15 の時 12 にする, の娘, の知人, の言葉 11 のこと, の人々, の青年 10 あった, の作品, の女の子, の子供, の注意, の美しい 9 あつた, の実例, の男の子, の色 8 の, の人たち, の例外, の同僚, の問題, の小僧 7 の事実, の友, の友達, の場所, の大, の客, の小さな, の星, の点, の良い

6 [15件] あるが, にし, のお, の中年増, の人影, の作, の先輩, の子, の小娘, の少し, の新しい, の方々, の書物, の若者, の雑誌

5 [26件] あり, でせう, でもあろう, になっ, のこれ, のころ, の事, の事件, の人達, の作家, の同志, の問答, の婦人, の室, の家, の實例, の少女, の島, の手紙, の立派, の紳士, の連中, の顔, べん, を挙げ, 挙げて

4 [23件] あったの, から十五, であった, である, ですが, にもなるでせう, に見える, に過ぎない, の例証, の個所, の友だち, の品, の女中, の学者, の年, の書類, の村, の著書, の親しい, の詩, の話, の部下, 少しふけ

3 [66件] あって, いた, だ, っ, であろうか, で叫ぶ, で色, にしか見えない, になった, に止まらない, のすらり, のとき, のまだ, の一, の中年者, の事務員, の人名, の仲間, の会話, の侍女, の兵, の友人たち, の古い, の句, の号令, の品物, の問, の土地, の地方, の場合, の声, の外, の大きな, の好い, の子供たち, の小女, の小屋, の小説, の山名, の弟子, の打合せ, の数, の新, の方, の書, の本, の村落, の歌, の武士, の水出, の浪人者, の物, の生徒, の痩, の痩せぎす, の知識, の興行物, の親友, の道具, の重要, の黒い, をここ, を書い, を頭, 書いて, 述べて

2 [179件] あったが, あるに, あるには, あれば, から廿歳, がせいぜい, ぐらいの子供, だが, だと, で上品, で初め, で小, で殺された, で片方, で細面, で顔, となり, とも見える, と云う, と思はれる, と申します, と聞い, と見える, と言っ, と言つて, について語っ, になつ, になる肥えた, には, には見えます, にもなる, にも手紙, に止まりません, に過ぎぬ, のあだっぽい, のいたずら盛り, のかけ声, のそれ, のちょい, のびつくり, のぼろぼろ, のみ, の一度, の上品, の下僚, の世, の世話女房, の中年女, の主義, の人家, の会員, の俳優, の働き盛り, の僕, の優秀, の先生, の先着, の内儀, の凄い, の原因, の同窓, の名前, の唐物屋, の問い, の国, の土人, の夏, の天文学会, の妹, の威勢, の学友, の実業家, の家来, の家臣, の将, の小作り, の小意気, の小曲, の屈強, の屋根, の峰, の市民, の強, の従者, の戦死, の才能, の拍手, の掛声, の文学者, の文房具, の料理, の新刊書, の方面, の旅客, の旗本屋敷, の日本映画, の時分, の暗示, の月代, の有志, の来客, の根本問題, の椅子, の植物, の極めて, の模様, の池, の河童, の法家, の淋しい美しい, の温泉, の滅法, の特殊, の番号, の痩せた, の盆栽, の社員, の空席, の童女, の笑声, の箇所, の経験, の美人, の翻訳, の老人, の老女, の老婆, の考察, の考究, の背, の良い若い, の色白, の若, の著名, の親類, の観客, の訊問, の記事, の訪問, の訪客, の語, の談話, の論者, の講義, の買物, の辻馬車, の逞しい, の遊び人風, の達者, の部将, の長歌, の関係, の隆起, の雑談, の雜誌, の雜誌社, の騎士, の高砂屋, はある, はすぐ, も年, より上, らしい, を列挙, を指摘, を挙げる, を記し, を連れ, を選んだ, 何となく一脈, 出て, 大町人, 挙げた, 聞いて, 見えて, 話して, 読んで, 返は, 連れて

1 [1455件 抜粋] あげて, あったから, あります, ありますけど, あるから, あると, あるの, あるらしい, ある同時に, ある義務作業, いけない個所, おさめられる, お訊ねしたい, かな, からもあの, から十五歳位, から流離, か四, が, がとつぜん, が付い, が月, が歯噛み, が飛んだ, きいたが, くらい性質, ぐらいと思われる, ぐらいのこれ, ぐらいの女の子, ぐらいの金髪, ささやいたかと, しか見, しか違いません, すぢ細み, せいぜい四五, そういう話, その姓, たずねソロソロ歸ろうと思, たづねられただけで, たぶん何村あたり, だつた, だらうよ, だん, ちらばり乱れて, であ, であった世阿弥, でいっしょ, でかく観察力, でした, でしょう, です, でその, でどちら, ではある, でみんないっしょ, でやはり, でパッ, で主人, で例, で啓介, で左, で武, で物の数, で麻布, とあります, という人物, という見当, といふ年配, とかけ声, としか見えざる, とはいつも, ともなれ, とも思われる, とよりは見えん, と云え, と十, と合図, と想, と番号, と続ける, と見た, と言い, と進ん, どあっ, どかけまわりました, どなめ, どやる, どパッ, ど地, ど朱柄, ど見た, などの代わり, ならし, なり, なれば, においては刺戟, にしか見えず, にしか見られない, にすぎない, にちの, について語ろう, にとどまっ, にとどまらなかった, になるでしょう, にはおなり, にはなっ, にはなるだろう, には止まらなかった, には見えた, にもなつて, にも四, に七八つぐらゐの松本, に出会った, に好評, に成る, に止まらぬであろう, に留まらない, に薄ら, に誘われ, に過ぎなかった, ねんのあいだ, のあら, のうら若, のお嬢さん, のかけ声もろ, のきわめて, のこの, のすぐれた, のすすり泣き, のたち, のちょっと, のつたない, のとこ, のひたむき, のひよろ, のみをここ, のアングル, のジャガイモ, のテーブル, のネクタイ, のホテル, のモデル, のヴィラ, の一幕物, の丈夫, の上申書みたい, の下町, の不心得者以外, の不逞, の中国人, の中老人, の主婦, の予備校, の事実談, の事物, の亭主, の人物, の今様づくり, の令夫人, の低い, の何百人, の來状, の侍, の俗謡詩, の借家, の働き者, の優男, の先生達, の共, の兵士, の内容, の円頂, の写真館, の出戻り, の刑戮, の別邸, の剣術先生, の劇詩, の労働者, の包, の医者, の印度宝貝流通, の原理, の反, の取捨, の古典劇, の召使, の合い, の同人雑誌, の同級生, の名称, の哲学的書籍, の商売人上がり, の器具, の園丁, の團體客, の地名, の坊様, の報道, の墓, の壮, の外交員, の大きい, の大木, の天使, の夫人, の失敗, の女房, の奴, の如く折り, の妖気, の婀娜っぽい, の婦人たち, の子どももの, の子供達, の学派, の學會, の官學, の官立學校, の客間, の家屋, の富人, の専太郎好み, の將校, の小姓, の小男, の小頭たち, の屍体, の山脈, の左翼的出版業者, の希望, の帯, の年寄連中, の年頃, の広い, の廃艦, の強大, の影, の彼, の従業員, の御用聞きが, の忌むべき, の念入り, の思想, の悪い, の悪者, の意見, の慢性病, の成功, の手当, の批評, の抜ける, の指名, の推測, の支那, の政治局員, の散佚, の敷石, の文学グループ, の文献, の断片的, の新劇, の新劇団体, の新聞電報, の方言, の日本, の明るい, の春花品隲, の晝蚊, の暴漢, の書生たち, の書肆, の會社, の月刊雑誌, の朋輩, の未熟, の村議連, の来賓, の林学, の案内記, の検束者, の概念, の櫛巻, の武家屋敷, の武族, の死骸, の毅然たる, の民屋, の水夫, の汽船, の法弟, の波紋, の洒落本, の浪人てい, の海軍, の海陸軍人, の淑女, の溌溂, の漁火, の炊事道具, の片言, の特例, の特色, の狂愚, の珍しい, の用務, の町会議員, の画家, の留学生, の異説, の疑わしい, の病樹, の登山者, の盛装, の看護婦, の眞面目, の知った, の知名, の石, の研究家, の確り, の社會科學, の私大, の稽古, の立木, の筆致, の簡素, の細流, の組子, の綻ろび, の緑色ジャケツ, の美青年, の老臣以外, の考案, の職, の肉料理, の肴, の腕白, の自伝的事件, の舟, の船客, の艶福, の花魁, の若僧, の若白髪, の草稿, の荷車屋, の著述, の薬品, の號舍, の蛇足, の街路, の要件, の見事, の親戚, の言, の訓戒, の訳, の証人, の試案, の話声, の説話, の論説, の警官, の谷, の賊兵, の赧ら顔, の身体つき, の軍器, の軽重, の辯護士, の農科大学, の近所, の追記, の通行人, の連れ, の遊覧地, の道楽者, の郎党, の重, の重立つた, の野, の釣師, の鍵, の門人, の附加, の雑事, の難解, の露国革命党員, の青黒い, の面長, の頃友, の頑丈, の頼もしい, の顏, の類書, の風景画, の食器, の馬鹿らしき, の骨, の高士, の高級船員, の鳥, の點, はあった, はない, は云う, は女盛り, は必ず, は是正, は見えた, ばかりのが, ばかりの小僧, ばかりの細君, ぶく吸って, へ成る, べんあちらこちら, べんまわりました, べん会, べん揺らぎました, べん私, べん閃, までたいがい女学校卒業, までです, までの男の子, まで三九郎, まで育った, も写し, も実行, も年齢, も空, やはり普通, よし, わあと, をあげれ, をお話, をつなぎ, をばらり, を付記, を伴, を取, を取上げる, を左, を従え, を拾い上げ, を挙げよう, を捕え, を擧げる, を有する, を残し, を知つて, を示す, を紹介, を補, を言え, を訳し, を超えず, を述べよう, を選, を除い, を顧み, ヲ茲ニ叙スレバ, 今尚古風, 使って, 出来る所, 取集るといふは, 呼びか, 如何にも酒好き, 少し足りない, 帰らぬ顔, 御披露, 思い当ること, 打ち合せてから, 承りさえ, 拾いあつめて, 捺したの, 描いて, 散らばって, 書いたもの, 有って, 欠けて, 止まって, 気づいた点, 求め七時十分発, 物語りらしい物, 知って, 繰り返して, 聴いた, 若しくは四五六七人, 見えたが, 見られる位, 見当りましたけれど, 訊いて, 記して, 話しかけて, 読んだこと, 買って, 返繰返したが, 進め, 附け加えて

▼ 二~ (2523, 1.0%)

109 の足 74 の指 48 の脚 38 の腕 29 の手, の角 26 の刀 21 の徳利, の棒 17 の蝋燭, 持って 16 の巻軸, 並んで 14 の柱 13 の木 12 の前足, の長い 11 の牙, 差して 10 の槍, の綱 9 あって, か三本, の丸太, の枝, の矢 8 しかない, のばら, の手紙, の指先, の白刃, の竹, 買って 7 ある, ならんで, の大, の杉, の歯, の毛, の針, の電線, 出して, 出て 6 のマスト, のレール, の剣, の大きな, の箸, の糸, の細い, の脛, の黒い

5 [14件] あります, の大木, の太い, の撥, の杖, の白い, の線, の縄, の触角, の酒, の鉄棒, 抜いて, 立って, 飲んで

4 [34件] さげて, でも三本, になった, になり, になる, の, のろうそく, の傘, の光, の前, の大小, の大根, の太刀, の平行線, の日本刀, の木剣, の檣, の櫂, の瓶, の白丁, の石柱, の筋, の紐, の繩, の重い, の鎖, の鎗, の電信, の高い, や三本, 並べて, 差したこと, 欠けて, 買った

3 [44件] あつて, うで, か, さして, ずつ並ん, ついて, である, です, では, とおって, とって, のうち, のうち一本, のつっかい棒, のはさみ, の位牌, の刃, の前歯, の女, の幹, の木の間, の松, の柳, の梅, の樹, の水松, の煙, の煙突, の煙筒, の白樺, の短剣, の竿, の薪, の触手, の赤い, の踏つけ道, の釘, の針金, の青桐, の髪の毛, はえて, も三本, を入れ, 立てて

2 [115件] あけて, あるか, あるの, あるもの, あれば, が満開, くれたん, ございます, ございます六尺, さすの, ざしが, しか無い, ずつ持っ, ずつ植える, だ, だけ, で二つ, ときめ, とその, とも同じ, とも新た, になっ, にゅっと出, に寄り, に渡した, に見える, に銀流し, のうつぎ, のそれ, のでん, のはしら, のほそ, のアンテナ, のスキー, のバチ, のビール, の丈夫, の刀身, の古い, の墨, の大きい, の大層, の小さい, の小さな, の巨, の後脚, の指さき, の柄, の柿の木, の楠, の槇, の樅, の横木, の横棒, の横皺, の樺の木, の毒, の犬歯, の珠, の留り木, の白旗, の皺, の短, の短い, の石, の硝子管, の穂, の立木, の端, の竹切れ, の竹竿, の竹箸, の管, の索, の編下げ, の縦皺, の美しい, の脇差, の葉, の貨物列車, の軸, の金, の鉄, の鉄路, の銚子, の錆槍, の鞭, はあの, はいつも, は炉端, は転がっ, ばかり, もある, も主人, も御, をその, を弟, を獲, 出した徳利, 取って, 取つて, 呑んだところ, 差した人, 差す身, 引いて, 持つて, 持つ信心, 横たえて, 突き出して, 立つて, 置いて, 見つけて, 見る, 走って, 長く垂れ

1 [1176件 抜粋] あけた事, あった, あはせ, ありける柳妻, ありました, あり家, あるから, あるだろう, あるわよ, あるネー, あんだもの, いたしました, いちどきに回転, おつ, かいたほか, かかるの, かなり長く, から五本位, かるそう, があちこち, がせいぜい, がどう, が二弗, が加わっ, が右左, が失はれない, が弾ける, が腕, が鑢, きりたおして, くっついてたり, くらいが精, くらい持参, ぐらいに切った, こしらえた, さした浪人ふう, さして悪けれ, さして歩行, さす身, ざしの, しいて, しかなかっ, しか使わない, しか同時に, しか飲まないなら, しないの, じゃない, ずっと渡し, ずつありました, ずつお, ずつつい, ずつでつまんだなり, ずつのぞかせ, ずつの太い, ずつの黒い, ずつも飲んだ, ずつ入れた, ずつ出る, ずつ取り上げ, ずつ建て, ずつ曲った, ずつ植え, ずつ結び合せ, ずつ結び合わせる, その上, その代金三歩也, たおして, たりない, だから, だけでした, だけは眞物, だけよく, だけ並べ, だけ成功, だけ組み堅め方, だけ飲もう, だなんて, ちゃんともう蹄, ちらと, つき出て, つく晩飯, つけて, つづいて, つづけて, つんと前, であらう, であるが, でご, でございますね, でしょう, でなく方々, でもとどける, でも分け, でややもすれば, で五度, で広く狭く, で搗く, で種子, で立つ, で舞台, で輪, というよう, とお, とか倒れた, とちょっとした, とない, となれ, との撚り, とは言わん, ともお前, ともした, ともつきこんだ, ともダラリ, ともマチ袴, とも並べ, とも切った, とも南蠻物, とも噛みきつ, とも封, とも揃っ, とも毒, とも目明しふう, とも茂り栄えよ, とも親指, とりました, と一緒, と云い, と咲き始めた, と増し, と少量, と樫, と決まっ, と瓶, と章魚, と買う, と靴下, と飲ん, どり五拾, なかった, ながら抜い, ながら高い, なくなってる口, ならべた模様, ならべに, なら牛, なりの烟草, なんでえ, にこだ, にする, になります, にゆう, に二個, に分かれ, に分れ, に干し, に書く, に決つた, に硝子盃, ぬけさ, ぬけるだらう, ぬっと立っ, のいち, のうつくしい, のうでは, のお足, のかわききった, のくわの, のこじり, のころ, のしごき, のたいまつ, のちん, のなわとぼく, のはじ, のぶどう酒, のまがりくねった, のみます, のもうちっとそのまま, のん, のウェストミンスター, のウヰスキー, のゴムひも, のシロマツ, のステッキ, のツノ, のパラソル, のピアノろうそく, のポインセチア, のヤマブドウ, のラミイ, のロープ, の不細工, の丸木, の人さし指, の付飾物, の低い, の光芒, の出刃包丁, の十字架, の半開, の厚紙, の可愛い, の唐草, の四尺, の大杉, の大通り, の対角線, の小骨, の尾, の巻軸もろ, の帆柱, の帯, の平行, の庖丁, の建札, の怪しい, の手拭, の扱箸, の押し入れ, の擂, の支線, の曳綱, の木の根もと, の木立, の木釘, の朽木, の杉箸, の材料, の杓, の松木, の板斧, の枝みたい, の枯柳, の柿, の桃, の梨の木, の棚柱, の棺駐門, の榧の木, の樋, の横筋, の櫪木生, の死骨, の毛脛, の水尾, の水道, の流木, の深い, の火, の焼, の煙管, の熔接具, の燈心, の燐燧, の牛乳, の特別, の男, の留り木の間, の痩せた, の白木, の百合, の真黒, の硝子, の穗, の竪坑, の竹針, の箱, の簪, の糸目, の細い白い, の細竹, の絲, の緑, の線香, の繊維素, の老木, の聯, の脚部, の臂, の芋, の花穂, の茨, の草木, の蔓, の薄暗い, の藁, の蝋色鞘, の規則, の触覚, の谷川, の赤筋, の足並, の輻, の道, の酒壜, の釣り竿, の鉄管, の銀蛇, の鋭い, の錦繍, の鏈, の長柄刀, の長細い, の離れぬ, の電車線路, の青竹, の頭, の髭, の鬚, の鰭, の鵞ペン, の麻縄, はありましょう, はある, はいる, はこうこう, はさんで, はだけて, はなか, はひっ, はまさに, はわけ, は下, は二十銭, は人間, は何處, は到来, は南, は取るだろう, は小さく, は必ず, は放つ, は無事, は眞志屋文書, は短い, は葛岡, は高く, ばかし戴かれますれ, ばかりがどう, ばかりの徳利, ばかりを勝ち得た, ばかり写された, ばかり団扇, ばかり抽, ばかり早くから, ばかり無心, ばかり酒, ばかり頼みます, ばかり鮮, ひねこびた枝ぶり, ひらめいて, ぶっちがえた, ぶらぶらと, ぶら下, ぶら下げて, へし折れた, へ一杯, ほつれたの, ほどの大木, ほど入っ, ほど植, ほど浮い, ぽっちだ, まで, までねだった, までも苦, まで打ち込ん, まで腹, もなけれ, ももと, もやる, も両側, も倒さなかった, も呉れ, も来たそうだ, も殆ど, も矢, も落雷, やられて, やる, よりだいぶ, よりの絹糸, よりももっと, わたせば, をかかえ, をだめ, をぶっ, を一本半以上, を以て毛拔, を併, を切りお, を取り出し, を吸い終る, を宙, を差し, を心, を抜かし, を持ち, を最高, を滑走路上, を畳, を細長く, を註文, を貰った, を身近く引, を鑑別, サッと出, 上がる, 下ったばかりの, 並んだ木, 並んだ波形, 互に交錯, 今龍, 伐られ一本, 光って, 入れた剣凧, 冷やして, 出しました, 出たその, 出たので, 出女, 刺し側, 取りさらに, 取り上げて, 取り鉄造, 合せて, 合わして, 吸って, 咲いた花, 咲きおくれた嫁菜, 垂れる, 定めて, 小鯵, 少しばかり, 差した甲掛草鞋, 差しども, 差し出した, 差す者, 差出した, 引いた鼻, 引くか, 弱いの, 惜しくは, 或は十三本, 打ちこむ, 投げ出しこれ, 投げ出して, 折りましたわ, 折れたって, 折れ轂, 抜けて, 担って, 掛けないと, 掛けること, 握らした, 明けたの, 有りますから, 未だ咲きませぬ, 来ますからね, 棄て梓山, 植えた, 欠いたり, 欠けた世にも, 残った徳利, 泳いで, 渡した硝子戸, 溜まると, 点けて, 無くなったとかいう, 現われその, 現われました, 生えて, 生やしたこんな, 生やした恐ろしい, 白い腹, 白し, 突いて, 立ち並び木, 立ている, 立てたよう, 立てられたの, 立てられるよう, 立掛けて, 続けて, 縺れからまる強, 置いた, 肥えた株, 要るかの, 見せたり, 見ゆ, 買う, 贈られる芝居, 越えて, 足りない野呂間, 載せて, 通し前, 飲みして, 飲むと, 飲んだ, 飲んでるのよ

▼ 二~ (2320, 0.9%)

45 を過ぎ 41 を打つ 36 になる 30 になっ 24 を打った 2322 である 19 少し前 16 の汽車, を過ぎた 15 に家 14 か三時, であった, の鐘 13 から四時, になった, の時計, まで, をすぎ 12 から, までの間, 過まで 11 に近かっ, を指し, 近かった, 過に 10 か三時頃, が打つ, だと, となり, に座, に近い 9 が過ぎ, に, になつて, に出, を打つた 8 から三時, が鳴った, だった, に起き, に迎, を報ずる, を打っ, 迄ねた, 過ぎて 7 に出る, に近, ねる, 少し過ぎ, 迄ねる 6 が鳴つた, すぎて, であつ, となる, に近く, の頃, をまわっ, を少し, 起き

5 [17件] が打った, と三時, になつ, にビクター, に入る, に朝, に至る, に間, のサイレン, をうった, を合図, を打ちました, を示し, を聞い, を聞く, 迄か, 近い頃

4 [22件] か, から一時, から六時, が鳴る, すぎると, すこし前, だよ, でしたが, との間, にお, になったら, には必ず, に宿, に帰る, に文ビル, まで行乞, を廻っ, を過ぎる, 近かつ, 近し, 過から, 過ぎても

3 [55件] から三時の間, から先, がこんなに, がすぎ, が打っ, すぎた, だから, だが, だね, だのに, ちかくまで, でした, です, ですよ, でも三時, なり, にはなりません, にはもう, にもう一度, にも近い, に五分過ぎ, に出かける, に出掛ける, に帰っ, に東京駅, に終り, に至り, に起きた, に起きる, に辞し, に順天堂, に食事, のこと, のところ, の太陽, の日, までか, までだ, まで店, まで待った, まで起き, も過ぎ, も過ぎた, をうつ, をすぎた, を報じた, を打ち, を期し, を聞いた, 迄, 迄寝た, 過, 過ぎると, 過ぐる頃, 過までは

2 [122件] お暇乞, かっきり, からだった, からビクター, から二時, から小, から朝, から舞台稽古, から開催, か一時, がカンバン, が三時, が遂に, が過ぎた, が鳴, すこしすぎ, だもの, ちかくなっ, ちかくに, ちょっとまえ, ですから, ですもの, でなければ, では, で鉢伏, という, というの, という時刻, という頃, といった, といふの, と三時の間, と云う, なの, なん, にならない, になり, になります, になれ, にはなっ, にはまだ, には帰っ, にもならないらしかった, にアラスカ, にラジオ, に五分前, に十五分, に哈爾賓, に始まる, に寝, に寝る, に山水楼, に新橋, に日比谷, に有, に東宝ビル, に氣, に目, に着く, に終る, に自動車, に行く, に表, に黒髪, の列車, の如く, の定刻, の所, の拍子木, の最後, の汽笛, の處, の針, の飛行, の鳴る, はお, まえに, までぐっすり, までそこ, までとの警察, までねる, までやすみ, までやる, まで何, まで眠る, や三時, より早く, をうち, をうちました, をすこし, をだいぶ, をちょっと, を五分, を回っ, を指した, を指そう, を本, を相, を聞き, を過ぎたらしい, を過ぎたろう, キッカリ, キッチリ, 少々廻った, 少し廻った, 帰る, 立つ, 起きる, 迄ぐっすり, 迄には歸, 迄やり, 迄ゐ, 迄机, 近いので, 過ぎたころ, 過ぎた頃, 過ぎるまで, 過それから, 過であった, 過であるのに, 過る頃, 過開け放した

1 [998件 抜粋] あえて見る, あまり早, あるいは十二時すぎ, いよいよ冴, うついざ, かそろそろ, かっきり時刻厳守, かと思った, からお茶, からが, からけい古, からであった, からのところ, からの宴会, からの座員, からは一般婦人, からむこう, からマイク, からヴァラエティ, から一時頃, から一般, から三時すぎ, から主婦, から二時半頃, から五分間, から五時すぎ, から五階, から伊藤松雄自身, から來, から倉沢家, から八時, から北, から午後九時半, から四時半, から夜, から始まります, から宇留木浩, から山ノ手ビル, から市, から揉ませる, から文ビル, から日劇五階, から本読み, から東宝グリル, から検閲, から歌, から海, から登る, から翌朝, から行, から試写室, から起される, から零時三十分の間, かれこれに, か一時頃, か三時すぎ, か二時半, か進, がうつ, がすぎれ, が一時, が今, が來, が打ち, が打つた, が来る, が第, が過ぎなけれ, が鳴っ, が鳴りました, きっちりに, くらいにはなる, くらいまでも顕微鏡, ぐらいにそこで, ぐらいまでおき, さがりだったと, さらに出港, じゃない, すぎたころ, すぎたら又, すぎた裏階段, すぎても, すぎてる, すぎるで, すぐねる, すぐ自動車, すこしすぎた, すこし過ぎでした, すでに半ば, すると, たまに店, だそう, だそろそろ, だったこと, だってこと, だつたね, だつてかめ, だとか, だとさ, だらうか, だん, だ僕, だ明日, だ長話, ちかいころ, ちかいの, ちかかった, ちかくだったであろう, ちかくでも, ちかくまでも, ちかく帰宅, ちょっとまえである, ちょっと廻った, ちょっと過ぎた, であ, であった白井, であるから, であるこれから, であるに, でい, でございました, でした毎, ですか, ですよう, です十五分前, でなくちや歸, でなくも, でもう, でも構わず, で三人, で先生, で午前零時, で四時, で御座います, で私, で関さん, ということ, というよう, という刻限, という時, といえ, といふこと, ときい, とそれ, となりぬ, とは何, とは経たない, と丁度, と午前二時, と定, と思われる, と数回, と見える, と言っといた, ならし, なんてことに, にあっち, にいつも, におのおの十二, にお昼, にかえって, にきっと, にし, にしまった, にちか, にちゃんと, につく, にどう, にならなく, にならなけれ, になる来ない, にねむる, にはあの, にはすみますやろ, にはねた, にはサア罪人, には三時間, には二度目, には十五, には向う, には家, には帝都劇場, には彼, には日, には熱海, には男女一同, には社長, には秀吉, には終に全く, には被害者, にほどなかっ, にまで及ぶ, にもう, にもなった, にもなる, にやらなく, にアンマ, にエレヴェター, にクレムリン, にグラウンド, にタスケ, にダットサン, にニッサン, にノボゥシビリスク, にビークン山, にホテル, にロイヒテンフェルト, にヴィール夫人, に一婦人, に三ツ星デパート, に上諏訪駅, に中屋敷, に了, に今一度低温室, に使, に俳優協会, に入った, に出掛けなく, に出発, に切り上げ, に北, に十五分前, に南, に咯血, に四十分前, に大方山, に大王殿下, に太陽, に女, に学校, に寝台, に就床, に川口町, に帰宅, に店, に息, に戻り来りぬ, に捕鯨船, に撮影所, に新, に日, に日本橋, に早苗さん, に易介, に昼飯, に最初, に来, に来た, に東宝本社, に柳等, に梅田映画, に楽屋入り, に母上, に洞, に海上ビル, に源氏, に番兵, に登記, に眼, に着いた, に社, に神殿, に稽古, に米, に納竿, に群集, に船場, に虹猫, に行った, に起き出し, に起し, に近くなつ, に追, に部屋, に金峰山, に銀モール, に閂, に阪神集合, に限らず行われる, に雨, に頂上, に飛行場, ねた, のあ, ので立つ, のぽ, のバス, の上野, の交代時間, の休み, の内, の午砲, の喜怒哀楽, の夜行列車, の始, の後, の打った, の授業時, の時, の次に, の海辺, の省線, の私, の約束通り, の號鐘, の退校, の電車, の食卓, はとくに, はほか, は廻っ, は深夜, は過ぎた, は間もなく, ばかりにし, ばかりまま, ばかりを熟睡, ばかり底抜け, ばかり過ぎ, まえ, また三時, まである, までおつき合, までくたびれた, までございます, までそう, までそれから, までつい, までです, までとなつ, までと二時, までに, までにあと十分, までには, までには拘引, までには間違わず, までに何分, までに入っ, までに歸りさ, までに裾合わせ, までに間, までねちまった, までの動かし, までの廓, までの短い, まではいや, まではおきない, まではつい, までは受合お休み, までは大丈夫, までは水上, までひと, までぶっつづけ, までもくだらん, までも三時, までも友達, までも眠つた, までやった, までよく, までを過し, までベッタリ, まで五時間, まで仕事, まで俺, まで働かなけれ, まで働き通す, まで全く, まで八百常, まで劇場, まで勝負, まで喋っ, まで四人, まで坐っ, まで夜警, まで大いに, まで寝たる, まで山口市街行乞, まで待たされた, まで待つ, まで御, まで打つ, まで時に, まで本, まで校長先生, まで正岡子規, まで油, まで海田市町行乞, まで熱心, まで眠った, まで秋穂行乞, まで續, まで連日, まで都城, まで雷門, まで麻里布町行乞, もお昼, もすぎ, もたて, もはやと, も早, も近い, やさかい, やぞ, や恋愛, より, よりといふ約束, より三時の間, より以上夜更し, より前, より四五十分前, より文ビル二階, より満, を, をかなり, をさした, をすぎたら, をすぎれ, をまわった, をもって賄賂, をよほど, を二十分, を使つて, を午, を四分, を報じました, を大分, を廻つた, を廻れ, を待つ, を打た, を打ちはじめた, を打ち鳴らした, を指す, を数秒, を用心, を経過, を越え, を越した, を軸, を過ぎたる, を過ぎぬる, を過ごした, ウイを, ポッカリ眼, 出かけ大毎前, 即ち昨夜, 寝る, 少しま, 少し過ぎた, 少し過でありました, 廻って, 打ち一時, 打つて, 疾くに, 着つばめ発車, 程比較判断, 起きけい古場, 起き一座京都, 起き今日, 起き汗, 起き銀座, 迄しっかり, 迄たっぷり, 迄で, 迄と思った, 迄に三時間, 迄ね起きる, 迄の不寝番, 迄は何, 迄ぶっ, 迄も讀書, 迄よく, 迄僕, 迄台所, 迄寝る, 迄待っ, 迄眠った, 迄続行, 迄試験, 迄起き居る, 迄麻雀, 近いの, 近い新橋停車場, 近かったろう, 過ぎたので, 過ぎたばかりの, 過ぎてから, 過ぎましたよ, 過ぎる頃, 過だった中村楼, 過で, 過であるが, 過で遠慮, 過よ, 過ると, 過ギ敏子ガヒョッコリ顔, 過ル頃, 過帰宅, 過電車, 青白い月明

▼ 二三日~ (2106, 0.9%)

160 して 87 すると 77 のうち 71 の間 40 の後 32 してから 28 たって, 経って 21 の中 17 経つと 16 の内 13 たつと, 待って, 経ってから 11 すれば, まえに 10 というもの, 遊んで, 過ぎて 9 まえから, 経つて, 過ぎてから 7 たつて, のこと, 休んで, 待つて, 泊って, 立つて, 置いて, 過ぎると 6 たったある, のあいだ, はその, も前, 立って, 立ってから, 考えさして 5 おいて, するうち, たってから, のところ

4 [17件] か, たつてから, にし, に迫つた八月, の予定, の旅, の暇, の雨, は何, まえの, もすれ, 立つと, 経ったある, 経った或, 経てば, 続けて, 置きに

3 [25件] いて, しかならない, したらお, した或, してからの, しますと, するか, たっても, たてば, つづいて, つづけて, で癒, の余裕, の御, はなにごと, は何事, は又, は大丈夫, は少し, もする, 寝て, 暮して, 経て, 見えないよう, 過ぎた

2 [101件] ありて, いえ一, お休み, かかって, か一週間, がほどを経ました, が過ぎた, こもって, しか立たない, したら何, した夜, しての, しても, すぎて, そんな処, たつた後, つづいた, でお盆, でけろりと, ですっかり, では, でほんとう, で九月, で死ぬ, で終る, で行ける, というの, という約束, と云つたの, に迫っ, に迫つて, のつもり, ののち, のよう, の保養, の暑, の滞在, の潮時, の眼前, の辛抱, はこちら, はなんにも, はひどく, はめっきり, はわけて, は代, は余, は可也, は娘, は寝, は小さく, は帰っ, は座敷, は新太郎, は朝, は枕, は気, は逗留, は頭, は飯, は馬鹿, ひどい風, まえにも, まるで顔, もたつ, も帰っ, も続いた, ゆっくり休養, よく考えた, を経, を隔て, 乾かしてから, 休ませられた様, 休みたいと, 何かと気, 借りること, 待てと, 早めたのに, 書くの, 来て, 泊めて, 立つか, 立つてから, 経った, 経った日, 経っての, 続いた, 続いて, 考えさせて, 考えて, 見えませんよ, 責めました, 貸して, 過ぎた夕方, 過ぎた或, 過ぎた晩, 過ぎました, 過して, 釣らずに, 預かって, 黙って

1 [948件 抜粋] ああし, あずけて, あたたかい日, あの親娘, あるいはもつ, いたが, いないで, いるうち, うちきっと, えらい忙しそう, おき時には, おそければ, おつ, おとなしく待っ, おめ, お入れ, お粂, お邪魔, お預かり, お鶴, かかるという, かへらなく, から七日, か三四日, か四五日, が, がほどは苦しき, が命, が過ぎれ, が食べ頃, くらい拘留, ぐずぐずし, ぐらいしか泊らない, ぐらい前, ぐらい滞在, こうして寝, こそ母子, ことにあきらか, このかたお客, この家, この島, この村, この鎌倉, ご厄介, ご猶予, しかいられない, しかない, しかもつまい, しか彼, しか生きられない, したある, したところ, したらうまい, したらこういう, したらその, したらどうにか, したらよい, したらセヴィラ, したら今度, したら夜, したら直, したら行, したら釣れはじまる見込み, した夕方, した明け方, してからも, しろと, じゃあ, すぎてから, すこし気分, すっかりくさっ, ずっと南, そう三日間, そのため, その友人, その疲れ, それとなく拝見, たいへんお, たたぬうち, たちますと, たったあと, たった仙二, たった後, たった晩, たつての, たつ中, だからと, だけごまかし, だぜ, だつてこと, ちつとも, ちゅうにここもとへまかり出, ちゅうもん一つ, ちょいと, ついて行って, つづいたさまざま, つづいた時千世子, つづきそう, つづくと, つらいけど, であと, である, でかえります, でここ, でこんど, でしたか, ですつかり輕快, でそしたら, でできる, でのがれ, でもう, でもお願い, でもゐ, でも一緒, でも彼, でも船, でも頭, でよい, でロンドン, で丁度三年目, で了りさ, で京, で何処, で使うなら, で処分, で出来る, で出発, で品川, で大晦日, で屈服, で帰っ, で書かされ, で東京中, で此処, で死ん, で溌剌, で無くなっ, で熱, で盆休み, で破産, で突ッつき, で結構, で萎れた, で見頃, で退屈, という, というところ, という風, といふ日, とくと考, とその, とてもお, とどまること, とびさまよひ候, とりわけても, と云われぬ, と思います, と経たない, どうかする, どうした, どうもあの, どころか五日, なかなかあつく, などは一日, なにか考えてる, なまあたたかい天気, ならいい, なら手前ども, なんだか少しジレ, なんて言ってねえで, にこの, にても取片付けられましょう, になる, にのつ, にも二三十枚, に一度, に亘る, に収容, に地主, に成, に来る, に癒, に訳了せり, に迫つたこと, のあいだ細君, のちの, のばして, の世話, の休暇, の余命, の処, の前, の午前中, の喫烟, の天気, の容体, の寒気, の小, の式, の慌ただしい, の放肆, の旅行, の晩, の滞在中, の灰色, の田舎, の留置場, の疲れ, の相違, の睡眠不足, の程身命, の空気, の続いた, の練習, の航海, の逗留, の間実家, の間稽古, の間静か, は, はお, はおれ, はお母さん, はかかる, はかかるでしょう, はげしい雨, はこういう, はこの, はさまざま, はじ, はすこしも, はそう, はたたれません, はちょっとした, はとても, はともかく, はどういう, はなお, ははっきり, はびしやびしやと霙, はむしろ, はもと, はゆき子, はわざと, はボーツ, は一週間, は丁度盛り, は不自由, は二人ぎりと, は仕事, は休ん, は何処, は余裕, は僕, は先, は全線, は冴え返りました, は別段, は各, は命, は唯, は固, は夜, は大事, は女, は学校, は実に, は容態, は寝られない, は帰らないだらう, は帰るまい, は幾分, は引きとどめ, は影, は御用, は必ず, は意気沮喪, は我慢, は持ちます, は散歩以外, は明方, は来る, は様子, は橋, は機嫌, は此処, は死な, は毎日降雨, は気もち, は気抜, は治るまい, は泊りたい, は浦, は滞, は滞在, は無理, は疲れ, は目見, は矢代, は神, は私, は稼がなく, は笹村, は經, は耐, は良い, は荒れる, は蒸し, は薄ら寒い, は西, は見物, は起き上がれますまい, は身動き, は近所, は通っ, は遠く, は閑暇, は雨, は靜, は食べ, は食事, は鮭網, は鼻, ばかりは頗る, ばかり前, ばかり松原, ひどくしょげ返っ, ひどく煩, ひどく貧乏, ぶらぶらし, ほっぽり出して, ほど続い, ほんとに寝た, まえある, まえじゃ, まえも, まえ兄, まえ妻, まえ馬田, またスモッグ, また元気, まだ店, まへから, まるきり見えねえ, めっきり涼気, もかかっ, もし, もそのまま, もたたぬ, もたって, もちますかね, もつづけ, も一緒, も以前, も六条院, も喰いよる, も四五日, も失神, も岡田, も持たない, も日, も暮し, も母親, も知らないでゐた, も立て, も経った, も続い, も遊んだら, も過ぎたら, も降り続いた, やってる中, やっとすこし落ち着い, ややともすると眼, よ, よほどの, よ二三日, わずらったかと, をそこ, を何度, を安全, を居士, を或, を有頂天, を済ます, を経過, を覚悟, を費やした, を送った, を除い, を青野, 乃至一週間, 付いて, 休むかも, 休んだほう, 何となく敵方, 借りたきり, 借りる事, 全く麻痺, 凄まじく降つた, 凍るよう, 出ないと, 別して樣子惡, 又一寸後戻り, 又相当, 埋けて, 夢みが, 実になる, 寝こんだかと, 寝られないん, 寝込んだ, 少々ぐったりと, 居て, 居付いたらどう, 帰って, 帰らなかった, 帰れないン, 延ばしても, 延びたこと, 引きこもって, 引き留めた, 待たれよ, 待ち給え, 待ったが, 待つこと, 待て, 待てないかい, 後れただけ, 後れて, 後れると, 御勘弁, 御待, 悪くってね, 手伝って, 持って, 掛ると, 放って, 晴れやらずば, 暖かい上天気, 暮したが, 暴れて, 本当にぼんやり, 来なかったよう, 来る人, 歩き回って, 泊めること, 泊りながら, 淋しい山, 漫然とあるきたい, 漸く五月心地, 煩い付いて, 狂って, 狭苦しい種吉, 生延びて, 眠って, 眠れませんぜ, 立った頃, 経ちて, 経った今朝, 経った後, 経った正午頃, 経ってからの, 経っては, 経つうち, 経るほどに, 続いた時, 続くと, 続ける間, 置かなければ, 置くと, 考えこんだ末, 考えること, 脱されない用, 腐つて, 苦しみました, 落ちついて, 行くえ, 行くだけの, 行って, 見えないと, 見えなかつたが, 見えませんでしたね, 見なかった富士, 起きること, 遅すぎた, 遅れたらもう, 遅れるだろうから, 遇わないと, 過ぎた宵の口, 過ぎた頃, 過ごしました, 過て長, 遠のいて, 長いので, 長びくこと, 降りつづいた, 降り籠め, 降り続いた雨, 降続いたかと, 預かると, 食わないと

▼ 二三人~ (1964, 0.8%)

47 の人 35 の男 24 の客, の者 22 の女 18 の若い 16 の子供 15 の足音 13 の人影 11 の仲間, 出て, 来て 10 いる 9 して, 連れて 7 いた, の人夫, の友達, の子分, の手, 集まって 6 あった, あつた, が, つれて, のもの, の小, はある, はいる, 狩り出して 5 がつくねんと, だけ, と一緒, のお, の下, の侍, の女中, の百姓, を相手

4 [20件] ある, いて, かたまって, がその, の乗客, の侍女, の友人, の声, の旅人, の男の子, の男女, の男達, の芸者, の跫音, はあった, はあります, 呼んで, 寄って, 立って, 這入って

3 [33件] いたが, が手, が答えた, しかない, ずつかたまっ, に過ぎない, の中, の人間, の口, の同僚, の外, の女房よそ, の子供たち, の学生, の巡査, の武士, の足軽, の青年, はあり, はいた, はいっ, もある, やって来た, よんで, ゐた, バラバラと, 加わって, 呼び集めて, 坐って, 寄りて, 待って, 走って, 集って

2 [143件] あったが, あったそう, あったの, ありました, ありますが, あるから, あるよう, あるん, いたであろうか, いたよう, うさんな, から, か五, がお, がどなった, が一時, が協力, が同じ, が彼, が振向く, が松明, が真似, が詰め, が軽く, が飛びかかっ, ぐらいしかいない, この船, しかなかっ, しか残っ, すぐ背後, ずつ二三人, ずつ人, ずつ組ん, それにお, だけは見ました, ついて, で, であと, と嫁, と自動車, にてなす, に囲まれ, に過ぎなかった, のため, のアーティストたち, の乘客, の人々, の人たち, の人手, の人物, の借手, の兵士, の医者, の召使, の同じ, の同志, の大, の女たち, の女の子, の女房, の婢, の子, の子ども, の子供ら, の家来, の小姓, の少女, の弟妹, の弟子, の弟子たち, の役人, の御用聞, の怒鳴る, の手先, の捕方, の新聞記者, の朋友, の来客, の武家, の水夫, の泣きわめく, の漁夫, の生徒, の男たち, の番頭, の番頭手代, の笑, の聲, の職人, の自動車, の船員, の若, の若者, の見物, の記憶, の詰衆, の警官, の農夫, の近所, の郎党, の門人, の食, はお茶, はそこ, は必ず, は殺されたらしい, は水, は額, ひそひそと, ひっぱって, もいる, もできた, も使っ, も其処, も出来た, も害め, も持つ, も斬る, を, をお, を招い, を連れ, を除い, ウロウロし, ゴロゴロし, 並んで, 付いて, 呼びよせた, 呼び入れて, 居た, 居るやう, 急いで, 来あわせた, 殺して, 殺すこと, 狩り出すが, 縛られかけて, 薄傷, 遊んで, 集まれば, 飛んで, 駆り出して, 駆り集めて

1 [1083件 抜粋] あがって, あそびに, あったと, あって, あり, ありますよ, あるいは四, あるか, あるけれど, あるそう, あるもの, あれば, いたし, いたばかり, いちどきに泣きだし, いましょうかな, いるぐらいの, いる女給たち, うろついて, おいた斜向い, おせつかい, おりかさなって, おりますで, おり役者, おろすと, お芳, かかって, から三十人, か時, があたり, があわて, がおどろき, がからから, がこう, がすぐ, がそれとなく, がつづい, がばらばら, がぶっ, がもう, がよろよろ, がタンブーリン, が一せい, が一度, が二人, が今, が何, が何事, が其の, が内, が勝ち誇った, が又, が叫んだ, が同音, が呼び止める, が四, が声, が婦人, が左右, が思い切っ, が急い, が手ごろ, が打合っ, が押したら, が振向い, が来, が来れる, が歸つて, が渓流, が源氏, が狭い, が皆影法師, が私, が立ち上がった, が立上, が笑った, が素早く, が自炊, が船頭, が裏庭, が話し, が賛成, が身の上, が軽い, が達者, が集まっ, が順番, が飛ん, が鴨, くらいのもの, ぐらいで働く, ぐらいは呼ぼう, ぐらい詰め, ございます, しかいなかった, しかなかつた, しかゐなかつた, しか口, しか居ない, しか居なかった, しか集っ, じゃ, すれ違いながら, ずつお, ずつその, ずつの人, ずつの男, ずつは必ず, ずつも向き合っ, ずつ一団, ずつ乗せられ, ずつ乗込む, ずつ何, ずつ出来た, ずつ女, ずつ指摘, ずつ昼夜張番, ずつ立派, ずつ落ち合った, せっせと槌, そういう露店, その暗い, その若, それから内記, た, ただ鉛筆, だ, だけはこの, だけ残つたの, だしぬけに, だと, ついたそう, つれた成金的, であった, できて, でぐるぐる, でこれ, でございましょうか, でさよう, でその, では, でも数十人, で例, で写し, で分担, で呼びだし, で唄っ, で噛, で愛宕, で持ち合っ, で教授, で新大阪ホテル, で昨日, で案内, で留守番, で聲高, で行け, で見つけた, で迎, で食べる, で鼻歌, というところ, といっしょ, とが仏壇, とそして, となる, とびだして, とまあ, とガラッ, と何処, と共に嚴重, と共に猛烈, と向, と奈良, と娘, と密議, と小舟, と廊下, と早立ち, と歌舞伎座, と温い, と相談, と茶, と語学, と車内, と隅, どし, ならず人, にいいつけ, にすぎなかった, につき一結婚, にとどまらない, になっ, になり, にはずみ, にふえた, によつて, に事実, に出, に吹聴, に娘五六人, に担ぎ上げられ, に洩れた, に目顏, に突き飛ばされ, に見せた, に逢っ, に頼んだ, のお供, のきわめて, のし, のちび, のほか, のみにし, のやはり, のコルシカ人, のプロレタリア作家, の三下, の下働き, の下役, の乗合, の乞食共, の事件依頼者, の亭主, の人力曳, の人數, の人足, の介抱, の仕業, の仲間同志, の使い, の供, の働い, の児, の共同, の写生旅行, の勇士, の匪賊, の友人たち, の受驗生, の叫び声, の同国人, の同役, の同級, の向う脛, の商人風, の囚人, の士, の外国人, の女学生, の女性, の女連, の奴, の姿, の娘たち, の婦人, の子供等, の子持, の學生, の宣教師, の家庭教師, の小さな, の小児, の居残り, の山, の市会議員, の年頃, の弟子僧, の役員, の従者, の悪, の所員, の捕吏, の支那人, の文官教官, の旧, の暴徒, の書記官, の朝鮮人, の本, の村人, の様子, の歌, の武者, の水, の水兵さん, の法師弟子, の海女, の漁師, の特攻隊員, の狂態, の産業戦士, の男ども, の療治, の百万長者, の真, の社員, の紳士たち, の組子, の絵描きさんたち, の総代, の群, の老人達, の聴講者, の腰元, の花, の荷, の藝者, の行員, の見なれない, の親類, の負傷兵, の貴公子, の赤帽, の車掌, の通行人, の連中, の重立った, の閣僚, の雇人, の非常, の馬上, の駐在員, の麻川氏訪問者, はあつ, はあろう, はい, はきっと, はこの, はぞろ, はたたき斬っ, はなるほど, はひる, はまぶし, はやっと, はゐる, は一ぺん, は事, は交っ, は入, は別に, は叩, は召仕, は外人, は居りました, は巻羽織, は式台, は忽ちに, は懸, は新聞記者, は来てるだろう, は権右衛門, は死ぬ, は泊, は消え, は物珍, は知っ, は立ち上, は若い, は近く, は釘, は顔, は首, は鹽氣, ばかりの侍女, ばかり狩り出し, ばたばた駆け歩い, ふざけて, へ眼, ほどえりぬい, ほどの少女, まえいただくの, まじって, または三, まだ不審そう, までは数えられる, むこうの, めづらしさ, もあり, もかたまっ, もずらりと, もぞろ, もみな, も一緒, も來, も召し使い, も女一の宮, も嬉し, も居, も手, も立, も立止つて内, も走り出た, も集つて, も養えれ, やって来るらしい, よこから, よりなかっ, ゐたやう, ゐる, ゐるの, をつれ, をひ, を一刀, を傷つけた, を切りお, を取っ, を引き止め, を後ろ, を打擲, を押, を拾う, を殘, を突きました, を笑わせた, を討取った, を追, ケロリと, パタパタと, 下りる, 乗って, 乗込んで, 仕止めたらおおかた, 住んで, 何とかお, 入る, 出来るだろうと, 助けて, 取って, 叩き伏せました, 召捕りまして, 呼び出して, 呼ぶこと, 多きは, 失せし者, 寄っての, 尋ねて, 居たやう, 居たら何処, 居って, 居りましたが, 居る, 居る処, 差し出すによって, 引きずりこまれて, 往く船, 待つて, 御同伴緊要, 或はそれ以上, 打たれて, 打つれ立ちて, 投げ飛ばして, 折重なって, 押し倒される, 捉えよう, 控えて, 摺り抜けた, 斬った罰金, 斬りましたが, 斬り倒して, 書いて, 来たかと, 来た早耳, 来るから, 来るまで, 歩かせたら判るだろう, 死ななきや, 残るほか, 殴り飛ばして, 殺したこと, 泣く娘, 狩り出すと, 狭い家, 生れたが, 登って, 着て, 立ちかかって, 立つて, 紛れ込んで, 繋がって, 美しい女, 若い者, 見えた, 見える, 見かねて, 見返つて, 話しながら, 走りだして, 起きて, 蹴り仆, 迎えに, 通って, 通る, 長煙管, 降りて, 青い服, 頻りに釘, 飛出して, 駈けて, 黄色い声

▼ 二~ (1539, 0.6%)

23 重ねて 12 の写真, 折りの 11 持って 10 の切符, の名刺, の障子 9 の板, の紙 8 の小判, 出した, 出して 7 あった, の歯, の紙幣, の蒲団, の雨戸 6 つづきの, の大, の着物, の紙片, の鏡, や三枚 5 になっ, の戸, の葉, の間, も三枚, 入れて, 撮って, 重ねた姫

4 [19件] か三枚, つ, ならべて, の唇, の小さな, の扉, の手型, の押絵, の新聞紙, の毛布, の硝子戸, の襖, の金貨, 並べて, 入って, 出て, 書いて, 着て, 買った

3 [38件] あって, あつて, あります, かさねて, しか残っ, そろって, だ, つかみし後, でも三枚, で五文, と繰り始めた, にて伯父, のうち, のシャツ, の大きな, の小さい, の新聞, の板戸, の板片, の白い, の皿, の舌, の葉書, の衣, の黄金, はいっ, ほどの大, もらって, を持っ, を持つ, 出すと, 持つて, 敷いて, 落して, 落ちて, 送って, 重ねた上, 重ねた座蒲団

2 [94件] ありて, あるもの, おいて, お倉, かかって, が一度, が俄, した, じゃ, その下敷, です, では, でも自分, ともに昌庵主, とも彼, と下, と十円札, と数え, と皿, と薄, ながら抜け, にあと, になった, によつて此室, に二十日, に剥がし, に畳ん, のお, のドア, の中, の介殼, の唐紙, の唐襖, の図, の封筒, の帆, の座蒲団, の明り, の書簡箋, の朱, の煎餅, の番附, の畳, の百円紙幣, の紙札, の絵, の脅迫文, の腰障子, の薄い, の門歯, の電極, の青い, はいつ, はがして, ばかり書いた, ばかり開けた, ほどの空所, ほどもある, ほど出しました, も下, も封筒, も持っ, も敷いた, も襲, も設け, も重ね, わかれし蛇, を与え, を縦, を見, を買, を重ね, 上げる, 並べその, 出来たら銀座, 出来て, 削り取って, 合せて, 外して, 揃えて, 握った手, 敷かれて, 書く, 書けば, 添えて, 渡して, 程しかない, 立って, 繰つて, 読んで, 貰った, 買って, 貼つた封, 通すの

1 [920件 抜粋] あけて, あったが, あったそう, あったよ, あったよう, あつたの, ありやあ, あるいは色紙形, あるきり, あるし, あるその, あるといふ, ある切り, ある著, あれば, いと細々と, いるん, うす曇り, お土産, かが時, かく, かけて, かけ横, かさねたかと, かさねた女, かさね着, かってすこし, かで団子, から二合以上, から五枚程度, か三枚かづ, か四枚, か札, がさね, が三十度位, が今, が塞がる, が必ずしも, が揃う, が白ペンキ, が義歯, が自分, が見え, きっかり合わさっ, くらいこぼれ落ち, くらいの大き, くらいはかかるでしょう, くれた, ぐらいしか掛け替え, ぐらいの短, ぐらいは残す, ぐらい貴方, けちけちしねえ, こぼれて, ございます, さしつけた, さし上げ申し候, しかありませんでした, しかなかっ, しかはかどらなかつた, しか葉, しき交, ずつ, ずつの外, ずつをお, ずつ下, ずつ書い, ずつ祝儀, ずつ鎖してない, そうです, そっとおろした, その先, その十二枚, それから銀貨, それに寒, たてて, たまつ, だけありました, だけが正月, だけが灯, だけは眞物, だけひら, だけれども, だけ出, だけ山, だけ引き, だけ極印, だけ残し, だけ黄いろい, だった, だもの, だよ, だ親分, ついて, つかみ出して, つつましや, つづきは, つづきも, つまみあげると, であの, できて, でございます, ですから, ですね, でそれ等, でとばし, でも, でもって覆い, でも五枚, でも原稿, でも結構, で一円, で二円, で即座, で此, で終る, で買える, とあける, という価, とかぞえます, とくしゃくしゃ, とってから, とな, とは著, とは青色, とも, ともすっかり, ともはい, とも反, とも反っ繰り返っ, とも同一, とも固く, とも差しだしました, とも東, とも汚れてる, とも消費, とも破れ, とも自分, とも虫, とりだした, と一昨日兩國, と一朱, と一番おしまい, と三枚, と云い直す, と五十錢銀貨一枚, と六円二十何銭入り, と共にベルギー婦人, と剥がし, と勘定, と反物, と失われ, と小声, と小粒, と少なく, と数えた, と書記, と正宗, と番傘, と細字, と繰り行け, と見られ得る, と金銀貨, と長襦袢, と麻, ならべ, なりいつも, にいち, についてはあまり色, になり, にわたる長文, に丁重, に五円紙幣, に割き, に包ん, に女, に小銭, に折った, に描いた, に時服, に煙草, に硝子, に細字, に翻訳, に要約, に見えました, に過ぎなかった, ぬけるだらう, のうす, のこれ, のちゃんと, のどてら, のふと, のむしろ, のガラス, のガラス戸越し, のクッション, のゴザ, のスケッチ板, のタオル, のハンカチ, のビフテキ, のホーガン紙, のレコオド, のレコード, のレントゲン写真, の上, の上衣, の不可思議, の五十銭銀貨, の五拾銭銀貨, の俳句, の入場券, の六号, の冬服, の出所, の出齒, の切抜, の判金, の前歯, の十銭銀貨, の単, の厚い, の厳重, の古い, の合わせ, の嚴重, の墨膜, の外, の外套, の大きい, の奥歯, の女物, の子葉, の小, の小さき, の小形, の屏風, の巻半紙, の平面, の幼き, の座ぶとん, の慶長小判, の扉ごと, の手紙, の掛蒲團, の改良半紙, の敷布団, の文章, の新聞用原稿, の晴着, の書類, の木片, の札, の朱符, の東, の板の間, の枯葉, の檀紙, の毛皮, の油絵, の派手, の海, の画, の畳敷, の白銅, の百円札, の着換え, の短, の神符, の竹牌, の紙きれ, の紙ぎれと, の継ぎ, の繪, の羽子板の間, の習作, の聯, の肖像画, の胴片, の膝, の色紙, の荒莚, の蓆, の衣服, の袋戸, の褪紅色, の蹠, の遺言書, の銀色, の障子くら, の雨戸きり, の革, の音盤, の食券, の黄色い, の齒, はいただきました, はいや, はおれ, はこの, はすぐ, はひつ, はめんどう, はる切手, は二千四百四十円, は余所目, は傑出, は友人, は多分, は姉さんたち, は小説, は必ず, は新しい, は有名, は残っ, は波, は落ちた, は連續, ばかり, ばかりと, ばかりの単, ばかりの蒲団, ばかり半蔵, ばかり厭, ばかり抜書, ばかり撮った, ばかり荊, ひらひらと, ふらふらと, ぶら下げて, べったりと, ほしいと, ほどそ, ほどのもの, ほどの分量, ほどは優に, ほどもあった, ほど入, ほど持っ, ほど楽, ほど樂, ほど相, ほど貰, ほど開け, または三十, まで外づしかけると龍馬, まで重ね, むしり取った, もおごっ, もかさね, もことごとく, もったリーダ, もつるし, もとめた, もめちゃめちゃ, もらったん, も上, も借り, も割, も参っ, も役者, も抱え, も着込ん, も編んだ, も金齒, も随分, や三枚有つた, より外, わけ手拭, を, をうずめる, をかき, をこッそり, をちひさくた, をとらせよう, をまた, をカマルー小, を下さる, を下された, を人字形, を再び, を出し, を切手, を半分づつ繼, を卓, を受刑者, を同じ, を固定, を大きい, を婆さん, を対比, を山田君, を待ちこがれ, を手, を折り, を採るなら, を数えられ, を朝顔, を求める, を渡す, を目, を筒巻き, を脱い, を腰掛, を製作, を買い求め, を買取る, を賽銭箱, を送られた, を重ねた, ヲ二重ニ, 上げさせて, 並べ真中, 乃至三枚, 今ごろ着る, 余る真四角, 借りて, 入った一八七一年, 写して, 出た, 出来たところ, 分けて, 割って, 動かなくなりました, 取りだし乞食, 取り出して, 合せ一枚もの, 大きい紙, 寝そびれて, 小供, 干して, 引き抜いて, 張りさ, 当るかも, 投げ出し, 折ったそう, 折り屏風, 抜きながら, 掛け三枚掛け, 探り開けはては, 掲げて, 揃って, 握つて, 握らせた, 撮った, 敷きたる熊, 敷きても, 新しく並べ, 暗の, 書いたらもう, 書かなければ, 書き出したうまく, 欠いた上, 欠け落ちて, 残ってるだけ, 洗うてもわて, 浮いて, 現して, 目だつた, 直して, 着せ頭巾, 着る着物, 破し升, 程持つ, 積み重ねて, 立てたよう, 第一行, 第八行, 続きまたは, 続の, 続または, 縫い合わせて, 置いて, 脱いで, 落しても, 要する長文句, 見えた, 見て, 讀んで, 買うと, 買ったところ, 買わされたん, 貼って, 貼つた封書, 賣たいと, 跳ね返し野良犬, 送られて, 重い朝露, 重ったまま発掘, 重ねしを, 重ねたの, 重ねた博奕, 重ねた如き擬態, 重ねた銘仙, 重ねなければ, 開けて, 開けては, 隣りの, 飼わぬ家

▼ 二度目~ (1508, 0.6%)

28 の時 2115 の結婚 13 である, の妻 11 に行った, の声, の襲撃 10 か三度目, のとき, の夫, の手紙 9 の冬, の春 8 にまた, に来た 7 であった 6 なの, に, の使い, の夫人 5 に出, に手, に見る, の嫁, の機, の酒, は

4 [23件] だから, であつ, です, なん, にそこ, にその, に目, に眼, に見た, に逢った, の, の中風, の二年生, の出, の夏, の夕立, の夢, の大, の太刀, の奥様, の女房, の訪問, の電話

3 [36件] だと, であったが, ですよ, にここ, にはその, に会った, に家, に彼, に来, に東京, に行く, のお, のこと, のことば, の亭主, の会見, の地震, の外遊, の奉公, の奥さん, の恐ろしい, の日曜, の死, の母, の気合, の災難, の産, の発作, の秋, の突き, の経験, の腕, の舞台, の良人, の花, の酌

2 [112件] からは唯, から自分, だが, だけれど, でございます, でござる, というの, と三度目, なので, なり, にお, にこう, にこの, には, には少し, には帯, には斬られた, にびっくり, にやる, によく, に二人, に二階, に人, に元服, に其処, に召集, に売った, に彼女, に江戸, に私, に腰, に落ちた, に行つた時, に飛び込ん, のあ, のおどろき, のお正月, のお母さん, のお茶, のそして, のベル, の一年, の三年, の主人, の主筆, の事, の人, の作, の使, の催促, の出動, の刀, の分, の切支丹, の卒倒, の召集, の合図, の喀血, の報告, の女, の婿, の家, の対面, の小熊屋, の巣鴨, の帰朝, の帰郷, の平次, の強請, の弾, の御, の押し潰された, の料理, の櫓, の殺人, の毒, の毒死人, の汽笛, の波, の洋行, の湯, の演奏, の火, の男, の石, の脳溢血, の自殺, の落第, の葉書, の薬, の訊問, の詞, の話, の調べ, の貼り紙, の足, の車輪, の返事, の速達, の配偶, の長州征伐, の間違, の霜, の青葉, の面會, の飛躍, の驚き, はそれ, は二人, は坂本町, もチラリ, を当

1 [821件 抜粋] いつぞやは, か, かに娘, からはもう, からは五人, からは刃物, からは却ツ, からは最初, からは母屋, から今, から本式, が南組, が洋食, が聴こえる, ぐらいな, さ, じゃなかろう, だけに私, だそう, だった, だったから, だったが, だっていい, だって云ってた, だという, だろうね, だ一度, だ此の前, であったに, でありましょう, であります, であるため, であるの, であるよう, ですが, では, で先妻, という意味, となっ, となる, と同じ, と思った, なのよ, にあすこ, にあずけ, にあった, にお前, にお節, にがっかり, にがつかりし, にさう呼ばれた, にしかも, にしろ, にそれ, についた, につけた, になり, にね新さん, にはあっし, にはあなた, にはお, にはお礼かたがた, にはすぐ, にはそう, にはつとめてゆっくり, にはのど, にはひらり, にはもう, にはミトローニク氏, には二時過ぎ, には使ひさし, には判然, には別, には勝つ, には友人, には口, には向う, には変, には容易, には当人, には役, には怪訝, には戦場, には明らか, には村右衞門, には母親, には清水良雄君, には私, には自分, には警視庁, には雨, には雷神坂, には首尾, には鶏冠谷, には鹿, にめ, にも呼ばれなかつた, にも聞き流し, にや, によんだ, にわたくし, にア痛ッ, にクライスラー, にドア, にベンチ, にホテル, にマリユス, にヤットコサ, にヨーロッパ, に上っ, に上洛, に上演, に下っ, に二人きり, に云う, に人間, に仰ぐ, に伊東, に会う, に会つた, に使, に例, に俺, に僕, に入った, に入れし, に出す, に出掛けた, に切られた, に刎, に勝田さん, に友人, に古田, に叫んだ, に同じ, に向, に周副官, に呼び出され, に呼ん, に呼んだ, に啄木, に塗り, に声, に多勢, に大, に太, に契った, に奥さん, に嫁, に寝, に寝台, に尋ね, に届いた, に山中湖畔, に巡見, に帰つて, に引っ返し, に引返し, に弟, に後藤, に怪漢, に悲しい, に我々, に打ち下した, に抛, に探し出せる, に摺つたマッチ, に撃った, に新井宿四丁目, に新富座, に旦那, に来る, に松枝, に止まった, に気がついた, に気合, に沓掛, に派遣, に浩, に瀬川, に灸, に煮た, に物, に猫, に生えた, に田原屋, に病院, に発光路, に白, に目覚め, に礼, に移っ, に突っ, に竹村, に箱根, に結婚, に繰り返す, に罹った, に聞えた, に自分, に自分等, に若宮祭り, に茹でた, に荷物, に落第, に行ったら, に行つて, に街頭, に見, に見せた, に親しんだ, に言いかけた, に言葉, に訪問, に負けました, に賣り, に越し, に越した, に蹴上げた, に躍り, に通っ, に逢つた時, に遇った, に遇つたの, に鎌倉, に関白, に電灯, に飛込んだ, に食物, に駒, に驚い, に髷, のあい, のうたた寝, のうめき, のおかみさん, のお盆, のくじ引き, のせい, のた, のどうどう, ののら, のむごたらし, のやつ, のアイビキ, のウィネツカ, のクリン, のステージ, のソフト, のニュース, のハガキ, のモスクワ暮し, のロンドン行, の三学年, の上京, の上洛軍, の不祥事, の中気, の乗り換え, の乳, の五十円, の交際, の亥, の今夜, の今日, の仕事, の休暇, の会合, の伺候中, の作物, の使い者, の停止, の催し, の傷, の兄嫁, の入夫, の入獄, の八月十五日, の内儀, の凱歌, の出兵, の出戻り, の出陣貝, の切っさき, の剣, の勅使, の北の方紫, の十一月二十八日, の十手, の印象, の危険区域, の取, の叫び, の合戰, の同じ, の名, の君, の呻, の呼び声, の問答有用, の嘆願, の四十五日, の場合, の墜落, の墨, の変化, の夕食, の外出, の夜, の夜まわり, の大事, の大変, の大暑, の天長節, の夫柴田, の失敗, の奇蹟, の奧さん, の女中さん, の妻アンナ・マグダレーナ・ウィルケン, の妻專, の婚礼, の嫁入り, の子, の密会, の小説, の少年, の居眠り, の帆, の帰邸, の幸福, の床, の座主, の復習, の微光, の応対, の恋, の恋愛, の悔い, の愛人, の愛弟, の感動, の戰場生活, の扁額, の打撃, の投げ, の拍子木, の招請, の拳固, の挨拶, の揺れ, の撥, の攻撃的攻撃, の散歩, の新, の方, の旅行, の日, の早舟, の早馬, の映, の時彼, の時竜子, の更に一層, の書簡, の最大動, の月, の月末, の朝飯, の樹, の歌, の正午サイレン, の此, の此の方, の武者声, の殺し, の気絶, の氷, の沈黙, の没落行, の注射, の流行性感冒, の消息不明, の清書, の火星訪問, の火花, の災害, の為替, の煙草, の熊野, の燐燧, の猛撃, の球, の琴, の留守, の異, の異様, の疑問, の癇癖声, の登山, の白テロ犠牲者, の百両, の盃, の目つぶし, の目見え, の相場, の看護婦, の真中あたり, の知らせ, の短銃, の砲弾, の硝子戸, の秋山さん, の移住計画, の積荷, の窃盗, の組織, の結婚生活, の網扉, の線香, の置毒事件, の考え, の聲, の脅迫状, の脱出, の花嫁, の芽, の苦しい, の荷上げ, の落盤, の行商, の袋, の襖, の解剖, の討手, の記憶, の証言, の誕生, の請求, の議長選挙, の變事, の賛成, の踵, の農作, の追放, の部, の酒盛, の銅羅, の鐘, の降参, の雛, の雷雨, の面会, の音, の風, の風水害, の飼犬, の養子, の駿介, はうまく, はお, はこの, はそり, はたしか, はロシア, は一八一九年七月二十二日, は一反九畝九歩, は五室, は今, は六時十五分, は前, は十日, は半年, は国府津, は大分空港, は女中さん一人, は妾とも後添, は孫, は川崎, は明く, は昨夜, は東京駅, は殿御, は田舎, は目, は神経衰弱, は茨城県布川, は追分, は閉まる, もしくは三度目, もわるい, も三度目, も片道切符, も負け, をお, をやられかけた, を伴, を打ち下そう, を躊躇, を配る

▼ 二時間~ (1501, 0.6%)

24 も三時間 20 の後 18 も前 15 の間 12 のうち, ほどし, もすれ 11 でも三時間, の余, ばかりし 10 ばかりで 9 ほど前, や三時間 8 ばかり行乞 7 か三時間, ばかりの間, もたつ 6 の講義, ばかり前 5 あれば, ちかくも, になる, ほどする, もある, も早く

4 [15件] たっても, にし, の労働, ばかり, ばかりする, ばかり後, ばかり経っ, ばかり話し, ほどの時間, もかかった, もし, もする, も延着, も経っ, 経って

3 [28件] か, かかった, かかって, ぐらい前, すれば, たって, だね, というもの, にあまる, にもなる, のあいだ, の睡眠, はかかる, は立つ, は自分, ばかりかかっ, ばかり経った, ばかり間, ほどのち, ほどの後, ほど後, もか, もかかっ, もたった, も経つ, を要する, 程おくれ, 経つと

2 [104件] かかるでしょう, かかるの, かやる, がすぎ, くらいの時, くらいはざら, ぐらいたっ, すると, ずつ, たった, たらずの, だけ働く, だ一時間, ちかくは, である, ですん, では, でも, でよ, で地球, で済んだ, というの, とたたぬ, と云う, と四十分, と四十分のあいだ, なの, なら早い, なり, にわたる爆撃, に亘っ, に縮める, ねたか, のこと, の夜, の授業, の授業最中, の昏睡, の爆撃, の猶予, の間此病院, の間辛抱, はかかった, はたっ, は大丈夫, は昏睡, は私, は覚醒, ばかりい, ばかりかかった, ばかりそこ, ばかりたつ, ばかりで帰つて, ばかりにし, ばかりのところ, ばかりの後, ばかりは故障, ばかり家, ばかり待っ, ばかり煮, ばかり経つ, ぶっと, ほどで行ける, ほどにし, ほど煮, ほど遊ん, もうづく, もかからない, もかかる, もしびれ, もたって, もはい, もやっ, も一所, も同じ, も坐り込ん, も密談, も彼処, も待っ, も待つ, も歩いてる, も煮る, も石, も経たない, も経ったろう, も過ぎ, をすごし, を利用, を要す, を過した, 乃至三時間, 待った, 待って, 待っても, 待つて, 早かった, 漬けて, 眠って, 眠りました, 程眼, 程経っ, 経ち十二時, 経っても, 置きに

1 [904件 抜粋] あつた, あまりになる, あるいは三時間, あるいは十五時間位勉強, いつしん, いれば, おくれ, お梅どん, お灸, かかったよう, かかりおまけ, かかり勲章, かかるだろう, かかる出勤, かかる大村市, かきまぜて, から二時間半, から四時間, か三時間位, か二時間半, がすん, がホン, が忙しかっ, くらいここ, くらいそう, くらいで来た, くらいのあいだ, くらいはすぐ, くらいも食べつづけ, くらい前, くらい寝たでしょう, ぐらいある, ぐらいしかありません, ぐらいずつ自由時間, ぐらいでゆかれる, ぐらいで日本語, ぐらいのはず, ぐらいの研究会, ぐらいは夏服一枚, ぐらいグッ, ぐらいコーヒー, ぐらい渡良瀬川, この河原, しかございません, しか眠れなかった, しか経っ, しか読書, したら, すぎても, すんだところ, ずつある, ずつ一区切り, ずつ修身倫理, ずつ学校, ずつ正坐, ずつ草, そうやっ, そのま, それだけ使っ, たたないうち, たったが, たったらザルプ, たっぷりかかっ, たつたの, たつた頃, たつと, たてば, たらずに, だが, だけで, だけの相手, だけやつ, だけ入っ, だけ待っ, だけ私, だつた, だつたかしら, ちかくかかった, ちかくで, ちかくバス, ちかく経過, ちかく電車, つ, つづけられた, でいける, でさめる, でしろ, ですか, でそれ, でもいい, でもお目にかかり, でもたのしかっ, でもちっとも, でもまるで, でも十六時間, でも好い, でも話し合う, でも誰, でも默つて, で下田, で出来ただろう, で十五銭, で十分, で帰っ, で来られる, で済みます, で片, で片づき, で登山, で着く, で若い, で解ける, で話せる, で頂上, という長い, とかにしかならぬ, として感じます, とたたない, となさん, となつ, とは眠らない, とほぼ, と一時間半, と云, と修道女, と午後, と四五十分の間, と経つ, と續, と話しし, ないし三時間, なりす, なり故に, なり私, にせず, にて往復, にて暁, になるだろう, には太陽, にも思えた, にわたった, にわたってチンプンカンプン, にわたってヒロポン, にわたって支那, にわたって生徒たち, にわたって話, にわたる焼夷弾攻撃, に一度位, に乘つて來, に五里, に亘る, に亙り, に及ぶ, に及んだ, に当っ, に碁石, に聞こう, ねむった, のあいだ我々, のあまり, のこの, のところ, のひる, の交際, の休み, の休息, の余命, の作業, の勤め, の吾等, の図画, の安眠, の差, の延着, の後ヘンリー, の戦闘, の教育, の旅, の汽車, の準備, の熟睡, の眞, の睡, の美しい, の芝苅, の行程, の試験, の説明, の讀書, の負, の長き, の長考, の間敵軍, はある, はうと, はたつ, はどこ, は予備智識, は仕事, は休めます, は全く, は厚狭裏町行乞, は宅, は御, は懸るであろう, は撮影, は日記, は昼, は有ら, は溶け, は確, は経ちました, は経過, は走, は遊ぶ, ばかしい, ばかしも寒い, ばかし自分達, ばかりいた, ばかりお, ばかりごはん, ばかりしゃべ, ばかりすぎ, ばかりずつ世間話, ばかりたち, ばかりつぶし, ばかりで戻つ, ばかりで描く, ばかりで解散, ばかりとどまっ, ばかりどこ, ばかりにしとく, ばかりにて十五里, ばかりに輕, ばかりの墓地, ばかりの日向ぼっこ, ばかりの話, ばかりはすき, ばかりは動けなかった, ばかりは待た, ばかりまえ, ばかりまるで, ばかりもかかった, ばかりもそこ, ばかりも太子, ばかりも海, ばかりも経っ, ばかりも辛抱強く, ばかりも過ぎた, ばかりを本艇, ばかりミュジック・ホール, ばかり丹永, ばかり仕事, ばかり休みました, ばかり余っ, ばかり出席, ばかり坐っ, ばかり外出, ばかり寝, ばかり居た, ばかり待たされ, ばかり忍び, ばかり損, ばかり早く, ばかり晝寢, ばかり歩い, ばかり毛布, ばかり水, ばかり泥水, ばかり流氷, ばかり湯煎, ばかり煮たら, ばかり眠った, ばかり眼, ばかり立っ, ばかり経, ばかり繰返され, ばかり苦, ばかり虫征伐, ばかり行か, ばかり見, ばかり話し込ん, ばかり語つて, ばかり讀書, ばかり費し, ばかり辛抱強く, ばかり遊んだ, ばかり闇, ばかり雨やみ, ばかり鯡, ばかり鳴り, ひるねを, ほどあと, ほどお話, ほどこの, ほどした, ほどしなけれ, ほどそこ, ほどたった, ほどで, ほどでした, ほどになるでしょう, ほどの違い, ほどは眼, ほどもうろつい, ほどもする, ほども待たなけれ, ほども眠った, ほども降りつづい, ほどフロイス, ほどボンヤリ椅子, ほど友, ほど喋りつづけ, ほど宣教師たち, ほど寝た, ほど待ちました, ほど待った, ほど患家さき, ほど散歩, ほど昼寝, ほど歩いた, ほど歩き, ほど汁沢山, ほど濃霧, ほど煮ます, ほど眠った, ほど眠りました, ほど睡る, ほど経っ, ほど經つて, ほど置く, ほど行乞, ほど話した, ほど語り, ほど調べられた, ほど送った, ほど途中下車, ほど過ぎた, ほど間, ほど霧, ほど黙りこくっ, または三時間, も, もあります, もあれ, もおくれ, もかかったら, もかかったろう, もかかります, もがやがやがやがや, もここ, もしない, もしゃべりつづけた, もすわりこん, もそのまま, もた, もたっ, もだまっ, もつ, もで, もなった, ものあいだ彼, もの音楽会, もぶっつづけ, もぼんやり, ももん, も一所懸命, も下らない, も下り, も二時間半, も会っ, も効いた, も喋つて, も外, も子供, も寝そべっ, も居, も待たされ, も待たしめ, も待たせた, も待たなく, も待ちました, も待った, も待ったでしょう, も恐らくは, も慣らされ, も捜し, も探し廻った, も斯, も早, も机, も止め, も歩き回ってる, も氷, も海岸, も湯, も漕いだ, も煮, も燻せ, も狂う, も玄関, も睡つたらう, も私, も私達, も窶し, も立ち尽し, も経たぬ, も経ぬ, も続いたら, も続きました, も縁側, も考えた, も草原, も行き, も話しこん, も話し込む, も議論, も迷っ, も遅れ, も遊ん, も釣れ, も降, も頬杖, も骨, やそこ, やっとフィリップ, よ, をぐつと寐, をとり, をムダ使い, を一日, を争う, を全く, を出でず, を失う, を庭, を最も, を机, を経, を経っ, を経過, を經つて, を藤原威夫, を誰, を費した, を費消, を過ぎ, を静か, ブラブラし, 休ませて, 働いて, 働くから, 吐き続けました, 寝れば, 廻って, 待たなくては, 待たねば, 待つ間, 後れる位, 或は全, 放ッ, 早う着い, 早ければ, 歩いて, 煮ます, 痛むので, 眠ったわけ, 眠った休息, 眠れた次, 程ぐるぐる, 程し, 程ののち, 程の間, 程まるで, 程もか, 程も待っ, 程後で, 程散歩, 程経ね, 立つ, 立つても, 立てつづけの, 第七日, 第五日, 経ちお客様, 経つて, 置くと, 若い詩人, 行っても, 見とかなきや, 話しこむ, 読めば, 費し門, 走り続けるとして, 進んだ, 遅くて, 遅れて, 過ぎる, 過つた, 間違えられても

▼ 二~ (1486, 0.6%)

19 思った 9 丸木の 8 それを, 先生の 7 目を, 自分の 5 うなずいた, うなずいて, おどろきの, これを, 先生に, 急に 4 丸木が, 心の, 顔を

3 [11件] そう言っ, そこに, びっくりし, びっくりした, 人の, 今の, 博士が, 声を, 母に, 気が, 袋の

2 [76件] いつまでも, いつもの, おどろいた, おどろいて, おぼえの, かすかに, きいた, この部屋, これは, さっきから, せつ子に, そこを, そのあと, その場, その時, それが, それに, それには, なにも, ふしぎそうに, フロシキに, 万物各, 丸木に, 之に, 之を, 五十過ぎの, 今日植物学者は, 俯向い, 俺を, 全然正気, 博士に, 口を, 喧嘩を, 国語にて, 土地經濟第, 大きからう, 妙な, 婦人に, 学問が, 小具足の, 幽霊の, 彼の, 彼れ, 息を, 手みじか, 机の, 松明を, 此の, 母を, 毎日の, 涙を, 熱心に, 父と, 父の, 疲れきって, 皆是れ, 相手に, 私の, 立って, 笑った, 笑って, 考えた, 胸に, 胸を, 苦笑し, 見た, 見て, 言つた, 足を, 軽佻浮薄也, 隅田川中川六郷川の, 非常に, 頭が, 頭を, 首を, 黙って

1 [1201件 抜粋] あきらめたよう, あきれて, あっと, あとをも, あんまりパッと, いいました, いくども, いつの間にか彼, いつもおくれ, いと重ね, いま詐って, いよいようす, いわゆる歴史, うしろから, うす眼, おそろしくも, おもしろい答え, お浜, お酒, かくべつおどろいた, かなしくなった, かるくうなずいた, きっぱり言った, きわめて自然, くわしく新田先生, こうして新田先生, こう自分, このとき, この一日, この土地, この年, この条目, この経験, この道, この黒い, これなく, これ方術なり, こんな調子, さからわなかったが, さびしい笑い, しかしだからといって, しきりに考え, しまったと, じっとし, すぐには, すこし不満, すこぶる危, すれちがう人々, そうしたくなかった, そう思った, そう自問, そこが, そっと家, その, そのころ, そのまま鉄管, その三, その二三日いくら, その唸り声, その当時, その手紙, その胡麻, その長, その露国皇太后, そばに, そばへ, それと, それほど嬉しい, それらの, そろそろ天狗岩, ぞっとした, たしかに鏡, ためしに, だまって, ちゆんと, ちょうどその, ちょっと口ごもった, ちょっと考え, ちょッと, つい先刻, つぶやいて, とつぜん, とどろく胸, とにかく自分, どうか云う, どこぞへ, どなって, なお緒, なほも, なんとかし, にこにこ顔であった, はじかれた様, はじめちょっと, はずかしくなっ, ひかる黄金, ひとつ切らせ, ふき矢を, ふたたび自由, ふつうの, ふと気がつい, ふるえながら, ぶるぶると, べつに気分, ほつと, ますます不思議そう, またいつの間にか, また不思議さうにちよ, まだよく睡, まだ休ん, まだ来ない, まだ若い, まつりごとと, まるい頭, みずから傷つき, むしろ捜しまわっ, もうおどろかない, もう一度歎息, もう天狗岩, もう息, もう眠り, もだえながら, もっと大切, ものずき, やっとロロ公爵, やっぱりうなずく, やはりうなずく, やはり石, やわらかく受け, よき生活, わが国の, わが目, わずかの, アアミンガアドでした, アッサリうなずいた, イスカリオテの, エンゼルの, カリン岬を, クスリと, サア・オルコツクは, ジイサンに, ズボンを, ダンスホールで, テーブルの, トルレスが, ハツと, バークレーの, ヒキダシを, ビルの, ピアノで, ブルジョア社会の, ヘリコプターの, ベルトコンベヤーの, マッチ箱の, ミチキノ・ツァールストヴォでも, ムラサキ科の, ランプを, ロマンティシズムを, 一じゃ, 一人息子で, 一円の, 一品川まで, 一樹の, 一生けんめい丸木を, 一軒の, 丁度商売, 万年小僧と, 下谷拝領町屋雑賀屋の, 不審げに, 世人に, 世界を, 中心はずれこれは, 丸木という, 主人三好, 九竜地区である, 予定どおり峡谷の, 事件の, 二つの, 二三杯の, 二階の, 云いよう, 五〇年末から, 人を, 人種論的社会理論である, 人類は, 今は, 今までの, 今晩中を, 仏教の, 他者へと, 低い声, 佐々に, 何うし, 何だか背中, 何も, 何心なく小さい, 何時の間にかおとなしく, 例えばリッケルト, 保険を, 倒れたまま, 健康に, 偶然的妖怪すなわち, 傷ついた葉子, 僥倖で, 優者として, 元気づい, 兄を, 全くひとりぼっち, 全く反対, 全身に, 其實行的方面に, 其次に, 内外優秀脚色家, 再び日記帳, 冷笑する, 切りとられゴム管, 初代池田瑞仙の, 別段心がけなく, 利根すぎたる, 前よりも, 前記の, 割りきれるから, 勇敢に, 動かなかったわけ, 十を, 十万円を, 午ごろキッピイの, 南京の, 単に兄事, 即ち慶安四年, 即興的放言を以て, 厨房も, 又お婆さん, 又歌, 友情の, 口ごもりながら, 古人の, 右の, 吃驚し, 同八時二十分, 名刺を, 向うに, 吾が友, 呪文を, 哀しいよう, 唇を, 唯物論による, 困った顔, 図書館法の, 地図を, 地球の, 垣根からは, 場所の, 墨と, 変って, 夏の, 外へ, 外蒙, 夜間九時以後は, 大きなこえ, 大将として, 天狗岩の, 女の, 女子なりと, 好奇心に, 娘の, 嫌悪と, 学問において, 孫弟子に, 安治川の, 宗麟配下の, 客體が, 家に, 家中の, 富嶽三十六景諸国滝巡り, 対人信仰である, 小さい懐中電灯, 小せん, 少し様子, 屋敷の, 山梨県の, 岩山の, 巌壁の, 左右の, 巻層雲であっ, 市長は, 平家物語の, 幼いとき, 幾何学的空間, 店頭の, 廷臣としての, 弟の, 当抵野球病, 彼女が, 彼等は, 後援会費第, 心で, 心も, 心細くなっ, 応接間へ, 怒った感情, 思いまどった, 思った通り, 思わずそう叫んだ, 思わず声, 思わず長い, 怪人丸木の, 怪物もろとも, 恐ろしい様, 悪い感情, 情なさ, 意力に, 意向より, 感じつ, 感心し, 懐紙を, 戸口から, 扇子と, 折々は, 押しこんだ日記帳, 持って, 捜査の, 探りながら, 推理判断判定の, 支那でも, 政元の, 政治が, 政策が, 教師が, 文学士高田早苗君私が, 新しい戯曲美, 新宿の, 新田先生の, 方位に, 既に幾月, 日傘が, 日比谷公園の, 日露戦争が, 旧稿中, 早版の, 明け方に, 昔から, 昭和六年冬全国労農党秋田県大会が, 時の, 晶子さん独特の, 暮しが, 最近舟橋聖一氏によ, 有第, 朝鮮系の, 本末記で, 本気に, 東京が, 東北振興電力株式会社設立の, 松村という, 果樹園であり, 柔かな, 桂車の, 梅の, 棺桶を, 榻に, 樹でありました, 橘夫人念持仏新, 次狂言, 此書の, 歩きながら, 死体を, 残念がった, 殺場, 母親と, 毒蛇を, 民弥は, 気の毒に, 水甕第, 江戸に, 決して竪, 法定教区課税は, 浅間山の, 消費するでしょう, 淳和院とて, 湖の, 漫画の, 火星語で, 無くなる彼, 無言で, 無駄な, 爭い, 独りで, 独楽を, 猫が, 猫の, 現場に, 球形の, 生まれつき胆は, 生活社会に, 甲武信岳附近から, 異民族, 病床で, 発言能力の, 皆方便的な, 皿の, 監督の, 目に, 相手の, 真蒼, 眼を, 睨みつけられた, 知能であり, 知識階級を, 礼そして, 神より, 神尾の, 科学普及の, 科学的概念構成方法第, 突然大きな, 窺って, 立ち上りました, 竹田源七香西又, 笑い出した, 米州で, 精神作用を, 約束通りエンゼル家を, 素養乃至, 結局は, 練習と, 羊歯類の, 義歯を, 耕されず雑草, 肉体的存在の, 自分で, 自分は, 自宅へ, 舊主から, 芝生三分の一は, 若い者等, 苦と, 茫と, 荷前, 薬剤師らしい, 藤島英之助と, 螺髪右旋その, 血液循環の, 裏の, 要心し, 親友が, 解剖の, 解釈法学と, 言葉すく, 討死その, 誘われる様, 説法と, 調書訂正の, 諸子略と, 警視庁の, 貨幣にて, 貴方と, 質屋の, 赤い顔, 起きて, 足元を, 跳り, 身を, 軍刀を, 辛うじて扉, 返辞を, 迷信三は, 逆流水, 逐客事件である, 途中で, 進み寄って, 遅いな, 運動を, 運転手の, 道を, 酌を, 野球を, 鉄の, 鉄管の, 錦織の, 長平係りの, 開店し, 陶朱の, 陸奥守どのに, 階段を, 電気帽が, 電車の, 青州清風寨の, 青木に, 青空の, 面白が, 頃合と, 頷いた, 頷いて, 食物の, 馬の背に, 驚いた, 驚きとも, 高燥な, 高級な, 魯の, 鷲巣の, 黒赤人種と

▼ 二~ (1469, 0.6%)

54 になっ 49 にも三重 32 の意味 19 のもの 17 になった, になる 15 にし 11 になつ, の小袖 10 にする 8 の意義, の盃, の紋付, の羽織 7 になつて, の生活, の紋服, の罪 6 に見える, の利益, の性格, の手間, の産衣, の負担 5 になり, の着流し, の職業, の苦しみ, の裏

4 [17件] づくめ, にくくれ, にくびれ, にした, に私, に見え, に錠, の上, の光, の手袋, の搾取, の殺人, の締り, の苦痛, の規定, の超越, まわしを

3 [28件] うつしの, に張っ, に金, のよろこび, の効果, の困難, の壁, の布, の役割, の手數, の淋し, の目的, の秘密室, の紋附, の素袷, の結果, の膝, の興味, の虹, の衣, の袖, の運動, の部屋, の関係, まはし, まわしの, もしくは三重, 組んでは

2 [97件] か甲斐絹, だ, である, では, となりぬ, なるなど, な笑い, に, にいや, にうれしい, にお, にかさなり, にくくれた, につらい, になりたる, に三升, に三重, に上り, に不幸, に丸, に九曜, に他人, に作物, に僕, に利得, に厭, に城, に変, に巻い, に張った, に彼, に心, に怨み, に憎悪, に折り曲げ, に括れ, に曲げ, に朱色, に紅, に紅絹, に細い, に考える, に腰, に自分, に輪, に隙間, の, のハンカチイフ, の上手, の下, の不安, の世界, の両面芥子人形, の人垣, の仕事, の作用, の働き, の力, の喜び, の嘘, の圓, の寝, の尊敬, の幸い, の建仁寺垣, の形態決定関係, の快楽, の憂ひ, の戸, の敗北, の板張り, の機才, の流れ, の献身, の玻璃, の理由, の着物, の秘密, の策略, の紋着, の美し, の虚偽, の袷, の裏切, の裾, の襟巻, の資格, の輪, の重圧, の重荷, の錠, の錯誤, の關係, の頭, の驚き, へ上り, 映しに

1 [767件 抜粋] あるひ, うつしです, うつしと, かという問題, かと思ふ, から平, が八百畳, が覗い, だが, だつた, だといふの, であって, であるとは, でございます, でしやれた縫紋, でせう, で右, で御座いました, で膚脱, という, という処, とかいえ, とも土産, と剥ぐ如く, と耳, と銀二十枚, どりを, ながら手早く, なもの, な即ち, な望み, にうれしく, におかしく, におどろき, にかがまれり, にかけた, にかけて見, にかさなった, にくすり, にけしからん, にこの, にさえくくれ, にさみしい, にしきつめ, にしきりあり, にしっかり, にしばった, にしぼられてる, にしめられ, にするであらう, にため, につ, につつんだ, にて入り替り, にとり廻した, になってる, になつて畳, になつて見え, になるで, ににじませ, にぬらした, にびっくり, にふえました, にふるえた, にほっと, にまきつけられ, にまた, にめぐる, にもつ, にも線, にやきつけられる, により合わせた, にわかっ, にわれた, にギクリ, にコッケイ, にピン, にボイラー, にマゾヒズムス, に不, に不吉, に不快, に二次元的, に人, に仕切っ, に仕切つて, に伴大次郎, に低級, に使った, に侮辱, に候, に傷つく, に働い, に働ら, に償う, に儲け, に光る, に入れ, に入れられます, に冷え切っ, に出す, に出来, に利き, に利益, に剥がし, に努力, に包み, に包みつ, に包んだ, に化かされ, に卷く, に厚板, に厳封, に反対, に取りつけ, に受けね, に合, に同時的, に周, に問題, に喰違い, に囲まれ, に堀, に大きく, に大きな, に孤立, に学びます, に実行, に家, に尊敬, に崇, に巻いた, に巻きつけ, に建っ, に廻し, に引いた, に張り詰めた, に彫刻, に征服, に怒る, に恩, に悪い, に悲しく, に悲憤, に感じ, に感じる, に成つて, に成る, に或, に折っ, に折った, に折り畳ん, に折る, に折れ曲った, に抵当, に拵え, に持つ, に損, に敗け, に映ろう, に暗い, に曲がっ, に月, に有, に服従, に桐油紙, に楽しん, に樹脂, に毛皮, に治したい, に浄め, に漉された, に濃く, に火, に焼付けられた, に煙ったくなった, に生きる, に用いられる, に畳ん, に癪, に目, に着, に空, に立てられる, に竝, に経済的価値, に結いまわされた, に絶望, に緋, に締, に締める, に縛っ, に縺れ, に縺れます, に罪, に羨ましい, に考え, に聞える, に胸甲, に腰かけ, に腹, に腹立たしかっ, に致し, に興味, に良い, に花托, に若, に苦しめられる, に苦み, に葉子, に表し, に裏切者, に襞, に見えた, に見ないで, に詐偽, に誤り, に負担, に赤面, に辱, に追いつかわれなけれ, に造りなし, に過去, に遠ざかる, に酒, に重, に重なった, に重ねる, に鎖され, に鎖された, に閉め, に隔てられ, に驚い, に驚いた, に麻, のあご, のおもし, のお守袋, のきれ, のこだわり, のこと, のぞろりと, のちゃんちゃんこ, のねうち, のひ, のまぶた, のよろこびである, のカーテン, のガラス戸, のコッケイ, のスリル, のドア, のペンタクル, のマント, の一致, の三角, の不思議, の不断, の五つ紋, の五ツ所紋付, の人格, の仇, の体, の何, の光り, の内, の円列, の切, の刑罰, の利得, の制約, の前, の加賀, の包囲, の十三, の危機, の危難, の反射, の反感, の古びた, の叱責, の名, の呪い, の唇, の喪, の四部合奏, の圧迫, の地獄, の城壁, の城門, の基準, の基調, の塔門, の壇, の夏帶地, の大, の大きい, の大名縞, の大敵身, の天秤, の失望, の妙案, の嫌味, の存在, の宇宙, の対立物, の尊重, の屋根, の展開, の帯, の幅闊, の幸運, の幻覚, の底, の建仁寺, の弱り目, の強, の強い, の形, の形容, の影響, の役得, の彼女, の得, の御殿屋根風, の心づかい, の心苦しい, の性質, の怪しみ, の恐し, の恐ろし, の恥, の恥辱, の息づき, の悩み, の悲劇, の悶え, の惑, の惡, の愉快, の愕, の愛, の懇願, の懸念, の扉, の手, の手甲, の手続き, の承諾行為, の投影, の指紋, の振袖, の敬意, の斎服, の方向, の暗合, の暗黒, の板壁, の板戸, の根掛, の格子, の概念, の構成, の欲望, の欺瞞, の歡喜, の歩き方, の死, の気性, の気持, の汚名, の法則, の深淵, の演技, の激しい, の無地, の燈明世界, の爽快感, の狼狽, の獄屋, の生命, の生垣, の疑問, の病氣, の痛手, の皺, の皿, の目, の眺望, の瞼, の矛盾, の石, の石垣, の秘密防禦, の税, の空虚, の空間, の窓硝子, の符合, の筋肉, の精神状態, の紋, の紋付下, の紋服一, の紫, の組織, の綾, の綿入, の縁, の縛しめ, の義務, の羽織博多, の考え, の股引, の肩書き, の脂肪これ, の脅え, の腮, の腰, の腹巻, の自分, の自殺, の致命傷, の舞, の若, の苦労, の苦悩, の苦情, の茶色, の蒲団, の薄紙, の薬包紙, の蝶, の行列, の衣服, の衣物, の衣類, の表現, の被, の袷小袖, の複雑, の襖, の襷, の計, の誤, の誤解, の誤謬, の負債担保物件, の責任感, の贖罪, の赤い, の軽蔑, の通路性, の運行, の遺恨, の鉄, の鍵, の鎖, の門, の開花, の間接, の間違い, の陰, の障害, の隱, の難関, の面變, の頑固さ, の顎, の風景, の騒ぎ, の魔美, の麻袋, の黒カーテン, の黒手袋, はここ, はない, ばかり巻い, へ出る, までしか見えない, まるの, まわして, まわし着た小柄, もそとの, も三重, や人絹, より片足落し, より飛び, を下り, を以て白蓮花, を捲きつけ, を隔て, 写しみたい, 古渡り緞子, 封じしかし, 廻し山高帽, 映し三重, 破り幾重, 遮って, 鍛えの

▼ 二十面相~ (1285, 0.5%)

27 の部下 16 です, のやつ 15 のすみか 14 はその 13 のかくれ, のこと 1210 のため 8 だっ, だよ, とその, の声, はそれ, はもう 7 はこの, はどこ 6 だという, ともあろう, の姿, はあの, はギョッ

5 [14件] がその, その人, でした, なの, にちがい, のほう, のほか, の親分, の電人, の顔, はそう, はとうとう, はまた, は何

4 [13件] がこんな, というやつ, と部下, のプロペラ, の両手, の変装姿, の最後, の秘密, の自動車, の賊, はそこ, はまるで, は明智

3 [34件] がかくれ, がどこ, がどんな, がどんなに, さ, だったとは, だって, ではなく, といえ, と呼ん, のからだ, のカブトムシ, の前, の名, の変装, の手下, の知恵, の腕, の話, の頭, の首, の黄金怪人, はいきなり, はさも, はどんな, はにくにくし, はふてぶてしく, はほんとう, はまだ, は明智探偵, は自分, もこの, をつかまえ, をとらえ

2 [104件] が, がいった, がおそろしい, がこの, がそう, がつかまった, がばけ, がドア, が空, が逃げ, が逃げだせ, が魔法つかい, が魔法使い, だか, だな, だなっ, だなんて, だッ, ですって, ではなかっ, でももう, ともいう, とわかっ, と同じ, と名, と白い, にちがいありません, に勝った, に敵対, に近づい, のあと, のいたずら, のうしろ, のさい, のし, のそば, のところ, のとりこ, のまわり, のやり, のやり口, の上半身, の予告状, の事件, の字引き, の巣くつ, の裏, の車, の逮捕, の運, の青年紳士, の骸骨男, の魔術, は, はあくまで, はあっけ, はあわて, はいったい, はいつ, はいつも, はおそろしい, はかんぜん, はけっして, はここ, はじ, はだんだん, はどっか, はにくにくしく, ははたして, はふい, はふたり, はぼく, はまんいち, はやっぱり, はハッ, は人間, は今や, は信雄君, は思わず, は懐中電灯, は機械, は気, は気ちがい, は目, は背中, は虚勢, は血, は走り, は部屋, は頭, ばかりで, もついに, やその, をたすけだし, をつかまえる, をとらえよう, をとりにがし, をにらみつけ, をやっつける, をわざと, を向こう, を捕えた, を滅ぼす, 立つん

1 [625件 抜粋] あるいは怪人四十面相, いや四十面相, かあいつ, かかれ, かどう, かもしれない, からの投書, から一通, から国立博物館長, から左, があな, があらわれ, があらわれました, がいつのまにか, がいる, がおかしく, がおく, がおそおう, がおとし, がおばけガニ, がかわいそう, がきょう, がくりかえし, がこういう, がこれ, がさんざん, がしゃべっ, がじ, がそういう, がそこ, がたまりかねた, がちっとも, がつい, がつかまっ, がつれ, がていねい, がとらえられます, がどうして, がにせ, がぬすん, がはた, がひも, がぽつんと, がまえ, がまた, がまだ, がみょう, がやってきた, がやってくる, がやっと, がりっぱ, がニヤリ, がボート, が両手, が乗っ, が予告どおり, が二十面相自身, が人殺し, が今夜十時, が仏像, が力まかせ, が化け, が四ばんめ, が土手, が変装, が外務省, が子ども, が家, が小泉氏, が恐ろしい, が悲鳴, が手紙, が手錠, が拘置所, が死んだ, が毎日毎日, が用意, が盗み出そう, が立ちあがっ, が立ちさった, が笠原さん, が考え, が警官, が買いいれ, が買いいれた, が走りだし, が通った, が道具, が金モール, が飛びこん, こうしてならべ, こそ心, さえとらえ, じゃございません, だけがどこ, だけをくっきり, だった, だったかと, だったなんて, だったの, だっていう, だってこの, だとは, だね, だまって, だろう, であったか, であること, ですか, ですね, でなくて, ではありません, では一度, でもこの, でも地下室, でも幽霊, でも逃げる, という大物, という親分, という魔術師, といっしょ, といったね, としては何, として例, とすれ, とのたたかい, との一騎うち, とはお互い, とはかっこう, とは気, とむかいあっ, とよん, とわかった, とコック, と一騎うち, と催眠術, と全部, と呼ばれ, と小林少年, と思いこん, と戦える, と明智先生, と百人, と知恵, と競争, と聞きます, と部下たち, などよりはもっともっと, ならあと, ならどう, なら知らぬこと, なん, なんかじゃありません, なんかに出しぬかれやしない, にいっぱい, にかかっ, にかぎっ, にかけよっ, にきまっ, にくみつこう, にこんど, にし, にねらわれ, にねらわれた, にはかさなる, にはふつう, にはわけ, には多く, にもどっ, にも手錠, に会い, に天罰, に奥の手, に宝物, に手錠, に早がわり, に組み, に聞かれ, に誘かいされた, に負けた, に近づく, に追いつく, に関係, のあの, のあわれなさい, のいう, のうずまってる, のうわさ, のおそるべき, のおどかし, のおもだった, のかくれた, のこき, のことば, のころ, のさし, のしくんだ, のしわざにちがいないと, のす, のそういう, のたくらんだ, のでっちあげた, のなぞ, のなわじり, のにくにくしい, のにげた, のばけた, のひさん, のひたい, のひとりごと, のほんとう, のやとっ, のようす, のわな, のズボン, のピストル, のメフィスト, の一, の世間, の予告, の予想, の人, の全身, の力, の取り調べ, の口ぶり, の命ずる, の四角い, の大, の大がかり, の奥の手, の好き, の対立, の山口青年, の従来, の復讐, の怪物, の怪老人, の懐中電灯, の手, の改名, の敵, の方, の替え玉事件, の服, の本拠, の正体, の死, の死体, の汗, の爆発, の用心, の目, の真意, の笑い声, の素顔, の老, の考え, の腰, の術, の記事, の話し声, の足もと, の身がわり, の車庫, の辻野氏, の金, の鉄人, の陰気, の隠れ家, の首領, の高笑い, の魔法, の魔法博士, はあいかわらず, はあな, はあわてた, はいす, はいつのまにか, はいま, はいよいよ, はうしろ, はおとし, はきっと, はきゅうくつ, はぎょっと, はこいつ, はこうして, はこれ, はこんな, はしおしお, はしのび, はしゅび, はじっと, はすぐさま, はすっかり, はすっくと, はすばやく, はそういう, はそうして, はそこで, はそのうえ, はその間, はそれから, はそれで, はそんな, はたち, はたる, はちゃんと, はつい, はつき, はつぎ, はていねい, はてんじょう, はとうぶん, はとっ組みあい, はとどめ, はとびだす, はとりすがる, はどうやら, はどちら, はなぜもっと, はなん, はなんだか, はなんと, はにげる, はにせもの, はにやにや, はにわかに, はぬけ, ははるか, はひとこと, はひとり, はひどく, はひも, はふく, はふしぎ, はふしぎそう, はぶじ, はほら, はほら穴, はま, はまくしたてる, はまけた, はまず, はまっさお, はみょう, はみるみる, はもうかん, はもうどう, はよほど, はガレージ, はクルッ, はゴム人形, はテーブル, はドア, はネコ, はピストル, はポケット, はポケット小僧, は一時, は三人, は両手, は二十, は二十のち, は二階, は今夜わし, は例, は係官, は傍若無人, は十一体, は半分, は厳重, は右, は四つんばい, は土, は土まみれ, は地下室, は大穴, は大通り, は小型, は小泉君, は少年たち, は幽霊, は幾度刑務所, は廊下, は忘れない, は怒り, は手榴弾, は手錠, は探偵, は新しい, は早く, は早くから, は最後, は服, は木, は本, は楽し, は歯, は死にものぐるい, は死ぬ, は消え, は無, は煙, は燃える, は着物, は空, は窓, は章太郎君, は約束, は紳士泥棒, は絹ひも, は美術愛好家, は考え, は腹話術, は血ばしった, は裏, は追いつめられた, は透明人間, は運転席, は違約, は門野老人, は防空壕, は階段, は電話, は飛鳥, は首, は魔法, は魔法つかい, は魔術師, は黄金塔, へふくしゅう, ほどの盗賊, また逃げました, もあきらめ, もあまり, もいっしょ, もきょう, もさすが, もそうやすやす, もそれ, もなかなか, もひさしく, もほんもの, もみじめ, ももう, ももうどう, もやっぱり, もニタニタ, も中村警部, も仰天, も地上, も明智探偵, も逃げ, も部下, や部下たち, よくも化けた, らしいし, らしいはなやか, らしいやり口, らしい冒険, らしい思いつき, を, をうたがう, をお, をおっ, をこんな, をさがしだす, をさも, をすくいあげた, をつきたおし, をとらえた, をとらえました, をとりにがした, をとり逃がし, をにらみつけました, をねらっ, をはじめ, をひきわたします, をまた, をまもっ, をやすやす, をやっつけ, をゾッと, を刑務所, を地下室, を弁護, を引きとり, を手ひどい, を水, を目がけ, を見すて, を見つけだし, を警視庁, を追いかける, を追っかけ, を送っ, 名探偵明智小五郎, 大美術館

▼ 二~ (1274, 0.5%)

42 して 18 それは 13 なって, なるの 9 私は 8 二を 7 於て, 酌を 6 なつた, なる, なると 5 併し, 向って, 彼は 4 なった, なるお, なる妹, なる娘, なる男, 囁いた, 私の

3 [15件] きいた, それが, なります, なる女の子, なる弟, なる男の子, 二人が, 分けて, 右の, 日本の, 此の, 渡した, 眼を, 結構が, 考えられること

2 [65件] あなたは, かわって, この唯物論, この泥岩, しても, その声, その装置, それを, たずねた, なったから, なった年, なってから, なりまして, なるお嬢さん, なるお玉, なるだ, なる女, なる長男, なれば, みえて, わかてるなり, わたしが, ロープ次で, 一切の, 不平を, 之に, 云った, 伯は, 俳優の, 僕が, 僕の, 分って, 古いもの, 古え, 吾, 呼びかけた, 夫は, 寂々寥々たる, 岐れ, 広田, 彼が, 彼の, 彼らは, 彼女は, 忍術で, 手を, 日本人の, 止まらない, 注意すべき, 注目すべき, 減じて, 疾病あるいは, 空間概念は, 第一, 考察し, 自分の, 興味を, 薬で, 見ゆ, 論理の, 貸本屋の, 農本, 達して, 酒の, 非ず

1 [921件 抜粋] あいきょう, あなたの, あの残虐, ある, ある一つ, ある人麻呂, ある年, ある紳士, いいました, いずれも, いちも, いづれ文子, いよい, いわく, いわく仏舎衛城に, うながされて, うれしいこと, おどりかかって, おれの, お前の, お話し, かかる時, かくも, かけた者, かの専門的, かれを, きみは, こういうこと, ここに, このこと, このよう, この一冊, この上なく楽しいそして, この作, この国, この場合, この教, この犯人, この社会人, この統計材料, この英国風, この関係, これからの, これと, これを, さう云, さし柳, しがみつきながら, したならば, しては, すぎないが, するの, するもの, せめてもと, そうかと, そう会わせ, そこに, そして最も, そのどれ, その分類原理, その婦人, その専門家, その懐疑, その方, その理論, その論, それにも, それによって, それも, そんなお金, たのむ気持, だちん, だんだん近づく, ちゅういをした, つがれると, でて, とどまらなかった, どんなもの, なったかと, なったとき, なったの, なったばかり, なったわけ, なった木, なった筈, なっても, ならうが, ならぬ事, なりますだ, なります柄ばつ, なり二, なるから, なるだろう背丈, なるん, なる代わり, なる坊ちゃん, なる女子, なる娘たち, なる小, なる小娘, なる弟妹, なる徳次, なる権兵衛, なる直, なる眼, なる私, なる筆子の, なる色盛, なる若殿, なんらかの方法, はかの, ひろ子を, ふれて, ぶっつけるの, ほかならない長次, ぼくたちは, またここ, むづかしくなりすぎる, もう少し高級, もしそんな, もし我々, もちこんだユルミ, やがて或, よく調べ, よけいな, よせる胸, よると, わかちさらに, わかれぬ, わたした, わたしは, われわれの, アウグスチヌスの, アレゴリーは, イデオロギー問題として, カフカの, カント以前の, キャバレの, コンブフェールには, サスペンスという, シャスタ山は, ジェヴォンスは, タイラギトリガイ, ツツケンドンな, デカルトは, バタである, ブルジョア社会学は, プラトンは, プロパーな, ベルグソンの, ポオ助教授, ミミ族は, ルピック氏の, 一つの, 一国の, 一番厄介な, 一目あわせ, 一般の, 一般社会乃至, 三に, 上に, 上りゆき, 上中下各, 不安に, 与えられました, 世界的水準に, 両手の, 丹後の, 丹精で, 主張せらるべき, 之は, 乗る, 二個に, 云って, 五の, 五月上旬門へ, 人の, 人殺しに, 人間と, 人麿の, 今度は, 今死なれ, 他殺説と, 以上の, 仮に西田哲学, 伊達正男という, 会ったこと, 似て, 低下し, 何か, 何を, 何故そんな, 依って, 俗なら, 保守的反, 俳優は, 倫理学的唯物論でも, 健全性という, 僕は, 党が, 八月四日大風洪水三に, 内面的で, 出て, 分かれて, 分たれ一, 分ち男女ところ, 分ち短針, 分る足左右, 分れて, 分れる, 初婚でない, 別れに, 前から, 前述の, 割つた區劃, 割り一時に, 劇作家の, 勉強三に, 区切られて, 十あまりの, 原始人や, 又抑, 又週期的, 及んだと, 反省でなけれ, 収めて, 取次ぎを, 古事記神話の, 古作品, 各方面, 同情し, 同郡湯, 名物の, 向つて, 向坂氏は, 君は, 告げた, 呼び出しの, 哲學は, 商業劇場に, 喘息の, 困ったこと, 固まって, 国民を, 国許の, 在って, 地方の, 地球の, 報告した, 境遇が, 声を, 外交政略には, 外国穀物の, 外面的な, 多額の, 大別され, 大衆的である, 大西洋を, 大阪城内に, 天武天皇から, 失踪といふ, 奴は, 始皇帝第, 威圧を, 嬉しかった, 子爵は, 学問的研究は, 学者とも, 実用品, 宮本の, 家具を, 家庭の, 寄り添って, 導かれる意味, 小猫, 少しぐらゐ, 少しは, 少なくともこの, 属するもの, 屬する, 山神の, 岩見重太郎は, 峰の, 嵯峨の, 左右から, 帰国の, 平で, 年齢や, 広島某, 庭を, 引く所, 引用文が, 弩三に, 当る分量, 形の, 形式的に, 彼らに, 彼女の, 彼自身にも, 徳操全く, 心理を, 心身ともに, 心配すべき, 怜悧に, 思うに, 思想的にも, 恩を, 悪風暴か, 憤怒三に, 成ります, 成る, 成程と, 我々の, 我藩の, 或る, 手招きを, 打ちあけて, 技巧と, 技術は, 抱きついた, 拠れば, 挑みかかった, 据えた, 探偵の, 支配制度政治制度の, 改めたの, 政治上の, 教団の, 文学に, 文芸を, 新しく移っ, 新劇の, 新聞の, 新聞は, 於きましては, 日本は, 日本人中最も, 昔仏阿, 晉の, 曰く, 曰く人骨の, 曰く整理三に, 曰く篤く, 書き出して, 月光王の, 有力な, 服装改善の, 村の, 東漢時代から, 根気で, 案外片意地, 楽器の, 概念は, 権力は, 次で, 止まらざるべし, 正に科学, 此書は, 歴史は, 死んでも, 死後の, 毒づいた, 氏の, 気づかれないよう, 気に, 気候に, 決して自由気まま, 治修は, 注意した, 注意を, 活計の, 浄道窟の, 淡路に, 渡す, 準備の, 潮が, 無に, 無論現在, 特別な, 特志家の, 狹衣物語卷一上うとまし, 玉津姫よう, 現代青年としての, 現場の, 甚だ個人的, 生活様式の, 産児の, 由蔵が, 畫き集めたる, 當時の, 病的の, 白として, 相当する, 相談を, 眞理と, 真面目に, 眼くばせ, 着眼は, 短縮された, 磐姫皇后各, 社会に, 社会科学は, 神の, 神亀の, 神社合祀は, 神秘的解釈を, 秦と, 穀物の, 空間は, 空間を, 立った女, 竹蜻蛉の, 第四節西行論, 筆蹟は, 範疇が, 精神的に, 素質の, 組み伏せられた男, 経文および, 経済上の, 絞って, 統計が, 緊縛し, 置いて, 美くし, 考えなければ, 考究すべき, 耳学問三に, 職業的因襲よりの, 能を, 腰を, 自分で, 自分を, 自殺を, 自然とは, 自然哲学に対して, 自然科学といふ, 自絞, 至れり, 色の, 花街として, 芸術が, 芸術精進に, 若衆あり, 荻野屋の, 菊田の, 藥を, 虎狗を, 衆蛇に, 裂けて, 見えるが, 見せる, 見るべきは, 規範である, 解釈哲学第, 言い得ること, 言語の, 計画を, 詐欺による, 評論批判及び, 話しかけた, 話しかける, 説明した, 読者が, 諸家様から, 象が, 貌これだけの, 起こりたるもの, 起させないよう, 足の, 足を, 轢死者は, 辞退され, 近い方, 近世リチュアニアセルビアギリシア等で, 遊興遊藝に, 過ぎない, 過ぎないけれど, 過ぎ三条, 道徳的である, 選ばれたの, 遺産と, 都市生活が, 重大な, 野田は, 金三に, 金成マツは, 金沢領称名寺の, 銅像の, 阿会喃, 陣簡十三に, 除かれるべきは, 電気主任を, 靴下が, 預かって, 頼んで, 飜り, 食事は, 駄賃が, 鮒鰻三に

▼ 二十年~ (1254, 0.5%)

82 も前 45 の間 34 ほど前 20 の昔, も昔 18 の歳月 16 の後 13 ばかり前, も三十年 11 も奉公 10 ちかくも, の月日 9 になる 8 程前 7 この方, の春, ほどまえ 6 にし, にもなる 5 のこと, の夏, まえの, もの昔, も住ん, も経つ

4 [11件] ちかいあいだ, にもなります, のうち, の事, の頃, まえに, もたっ, も後, も生きる, も過ぎ, を目標

3 [28件] か, たって, だ, ちかく昔, である, になります, のむかし, の三月十日, の九月, の余, の修行, の冬, の前, の友情, の末, の正月, の生涯, ほど昔, も, もこの, もたつ, もまえ, も今, も以前, も経っ, を経, を過ぎ, 経って

2 [70件] および現在, かかつ, から二十三年, から二十二年, か三十年, くらい前, ぐらい前, このかた, じゃなく, たったらふたたび, たったら世の中, ちかい友情, でたくさん, でも, でも否, で得た, という時代, とこの, どころかもう, にもなろう, に一度, に死んじまっ, に至る, に近い, のあ, の上, の八月, の奥儀, の歴史, の永い, の重, の長, の長い, はたっぷり, ばかりたつた, ばかりの間, ばかりまえ, ばかりも前, ばかり以前, ほどの間, まへ, まへの, もお, もか, もその, もたった, もたって, ものむかし, も一定, も修業, も年上, も着古し, も経て, も経過, も若い, も若く, も苦しむ, も詩, をすぎ, を超えた, を送った, を閲した, を隔て, 後れたと, 後れて, 振の, 経つと, 近い昔, 近い歳月, 近く住ん

1 [614件 抜粋] あがいて, あまりになる, あまり送る, あるいはそれ以内, あるいは人間一代, あるいは四十年, あれば, いやもう, かあるいは, かかる, かかる仕事, からやつ, から三十年, から二十五, から五年, から五年くら, から屋台, か二十五年, か二十五年位, か自分, が何, が彼, が慌しく, が経つちまつた, が過ぎた, くらいの間, くらいは男, くらいまえ, くらいも昔, ぐらいで川底, ぐらいのもの, ぐらいの間, ぐらいは空家, ぐらいも前, ぐらいも東京, こそ, このかた西洋, この五月五日, この浜田家, しかない, したら太平, じゃによって今, すぎて, すでに齢, すなわち一八一一年, そしてつく, その下, たったと, たったら僕, たってから, たっても, たつたら帰, たつて, たつと, たらずの, だけ年齢, だと, ちかい歳月, ちかくまえ, ちかく信任, ちかく破られなかった, ちかく紙, ちかく経ちます, ちょうど鹿, であったが, であつ, でありますこれ, であるから, であろうと, でこれ, ですか, ですから, ですつて, では, でもそうして, でもゆっくり, でも一生, でも根気, でも死んだ, でも生きなされます, でも白髪, でわし, で卒業, で可能, で消化, で般若三藏, で金剛智三藏, というその, というとき, というもの, という女, という日本, という短い, といえ, といふもの, といふ期限つき, とかい, とかの保証年限, とか先, とし, とする, とたちます, とたつ, とたつ間, となり, となる, となれ, とはならず, と上, と云う, と定められた, と月日, と相場, と立つ, と経つたら, と経過, と続け, と苦しん, と見, と重った, なお私, なり三十年, なり坐っ, に, にあそこ, にあまる, にすぎない, にち, にちかい, になっ, になりませう, になるでせう, にはなりません, には弘法大師, には橋, にもならう, にもなりましょう, にもなるだらう, にもなるだろう, にも優る, にも充たぬ, にも勝る, にも及ぶ, にも近い, にわたるでしょう, にわたる結婚生活, に一万余名, に七十八歳, に二十四歳, に二葉亭四迷, に亘っ, に亘る, に人類, に來, に制限, に卒去, に及ぶらしい, に収, に吾妻橋, に垂んとす, に大西洋, に小学, に小説, に幾人, に府立, に成った, に戦災死, に掛け, に播磨國淡河, に栃木町, に植桜, に渉, に渉つて, に発行, に相成ります, に祖母, に私, に芝公園, に讀み, に近き, に達し, に遼東, に首里, のあいだ, のあいだこの世, のあいだ露, のその間, ののち二人, のイノチそのもの, のゴミ, のヒラキ, の三助生活, の三月上旬, の三月九日, の乱, の二月, の交, の交一朝, の今年, の今日, の仲, の元旦, の先, の全, の兵糧, の内容, の出征, の刑, の初秋, の勤続者, の友, の古, の古巣, の命ぢ, の四月, の四月上旬, の四月四日, の夢, の太陽, の奥, の始まり, の学位令, の年月紅色, の後彼, の後牢屋, の思弁, の懲役, の戦火, の日記, の昔日, の星霜, の春以来わたくし, の春早々, の時代, の時間, の暮, の最後, の栄花, の歓楽, の歩み, の活計, の流刑, の海舟, の状態, の短日月, の研修, の研究, の秋, の秋頃, の稽古, の精励恪勤, の経験, の繁栄, の臘月, の臥薪嘗胆, の苦しい, の苦労, の親友, の観測, の計, の記憶, の配所生活, の銀行員, の長き, の間いっしょ, の間一度, の間奉公, の間家族, の間市尹勤役中裁許, の間私たち, の闇, の陰暦六月, の難行苦行, の餘, はおろか, はかかる, はかかるだろう, はかかるでしょう, はかれにとって, はたたない, はやくあなた, は剣, は十年二十年, は明治十一年, は来た, は犬, は直ぐ, は経ちます, は罪人家持, は露西亜, ばかし前, ばかりたっ, ばかりのうち, ばかりの中, ばかりの内, ばかりの昔, ばかりの歳月, ばかりも以前, ばかり上越線, ばかり後, ばかり經つて成吉思汗, ほどになろう, ほどの月日, ほどむかし, ほども前, ほどやつて, ほどアメリカ, ほど勤め, ほど待っ, ほど後, ほど連れ添った, まえあなた, まえで, まえのろくさかっ, まえ母, まえ見た時, まで, までその, までの屯田実績, までの強, まで養育, もあの, もいた, もいる, もういい, もう打ち明け, もかかっ, もかたき, もさき, もし, もしたら, もする, もそう, もそれ, もただ, もたて, もつか, もつけ続けた, もつづい, もながく, ものあいだ劇場, ものみ遊山, もの年月, もの歳月, もの永い, もぶっ続け, もほとんど, もむかし, ももっと, もディメンション, も一しょ, も一時, も世間, も事務室, も会わねえ, も信心, も先, も出ない, も別, も務め終せた, も勤め, も勤めてる, も在勤, も實驗, も小学校長, も山, も廷丁, も役に立たず, も往く, も悩んだ, も敵, も早く, も昆虫, も昔水産関係, も机, も正月, も死なず, も水, も海底, も焼津船, も生きてる, も生活, も病氣, も眺め, も経った, も経つた, も経験, も經つて, も經つて父親, も続い, も老け込み, も臥せった, も自分, も若けれ, も若返っ, も行っ, も見なかった, も軍隊, も過ぎたら, も間, も離れ, も音, も飮ん, も飯綱修法, も馴染, も體育, やそこら, やら三十年, や其邊, よりずっと, よりももつ, ゐますが, をこの, をその, をへ, を一時代, を以てあらためられ, を倦みし, を傾け, を冷蔵鞄, を出, を加, を加え, を囘暦紀元, を挙げ, を某, を溯つた, を目途, を私, を経た, を経る, を經過, を虫, を要する, を費やし, を送つた, を送りける, を遥か, を配所, を隔てた, 一時微, 亡き父祖恩人たち, 付け狙った親, 住みなれた家, 住んで, 働いて, 全く裏切る, 加えて, 勤めて, 即ち文禄元年, 即ち金剛智三藏, 却って独身生活, 古く後, 実に何, 延びるだけ, 待たう, 待たなければ, 待ったとて, 待てば, 御勤役, 忘れ得ぬ懷, 憂き世, 或は三十年, 振で現在, 新介宗厳, 既にもう終った, 早い, 早く生れしめたなら, 程たつ, 程の父, 程まえ, 程以前, 約を, 経ちその間, 経ち三十年, 経ったか, 経っても, 経つうち, 経つか, 経つて, 経つのに, 経つ中, 経つ間, 経てば, 絶えず考へつ, 育ったため, 背負って, 若い時, 若かったら, 若くば, 著す所西遊勝覧詩, 見て, 見續, 近い年月, 近い生活, 近い過去, 近くし, 過ぎれば, 隠し通して, 飢えず凍えず家族

▼ 二三度~ (1144, 0.5%)

12 あった 9 繰り返して 7 叩いて, 振って, 見たこと 6 ある, 呼んで, 来たこと, 逢ったこと 5 は見かけた, 会って, 来て 4 して, たずねて, は必ず, やって, パチパチと, 会ったこと, 呼んだが, 続けて, 繰返して, 行ったり

3 [30件] あったと, あって, あつた, うなずいて, お目, ぐるぐると, した, するうち, その人, その家, つづいて, の通, はきっと, はこの, は顔, やつて, 会うて, 出て, 大きく瞬, 廻って, 押して, 振った, 明るくなっ, 羽ばたきを, 見かけた, 見かけたこと, 見て, 訪ねて, 試みて, 頷いた

2 [75件] あるか, うなずきながら, うなづく, お常, お目にかかった事, お邪魔, くり返して, くるくると, こづいたが, ございます, しかない, しかなかっ, しごいて, したこと, そういうこと, その前, その希望, その鳴き声, そんな話, たたいて, つづけて, で懲り, はあった, はある, はかならず, はそれ, は会っ, は横ッ面, もその, も上下, やって来た, グルグルと, 動かすと, 叩いた, 叩いたが, 叩きつけると, 同じこと, 同じよう, 同じ処, 呼ばせて, 呼ばれて, 唸つて, 嗅いだ, 噛んだが, 御み足, 御相伴, 持ちある, 振る, 撫でて, 敲いた, 歩くうち, 洗って, 瞬いて, 突くと, 窺った平次, 続けさま, 繰り返された, 繰り返されて, 繰り返したよう, 聞えた, 聞くや, 肯いた, 行きつ戻りつして, 行ったこと, 行って, 見た事, 覗きましたが, 訊くと, 訪ねた縁故, 軽くうなずい, 軽く頷いた, 遠州屋, 頷いて, 頼んで, 飛びはねて

1 [783件 抜粋] あったが, あつたらう, あてた, あの道場, あぶなく引っくり返され, ありその, ありて, ありましたけれど, あり又, あるから, あると, あるよ, あわや雪, いえば, いな, いへば, うすむらさき, うなずいた丈, うなずいた船長, うなずきます, うなずくと, うなづきながら, うまさうに, おっしゃったからね, お会いした, お出し, お店, お役所, お目にかかったこと, お目にかかり一度, お見かけいたしました, お詣り, お通, お逢いしました, かけたが, からだ, から四五度, かるく振った, きいて, きいろい水, きたこと, きりきり舞, くらいはたずね, くらいは行く, くりかえされた, くりかえされ苦悶, くりかえし開かれたが, くるくる撫で廻す, ぐいぐいと, ぐらいは検める, ぐらい噛ん, ぐるぐる振り廻し, ぐんぐん押した, こけつまろびつ, こすった, こそきまり, こっぴどくやられた, こづき廻したらあっけ, この不思議, この人, この土地, この本, ころがすうち, ころがって, こんなこと, しか会, しか宿っ, しか徹夜, しか聴かれなかつた, しか行かなかつた, しか通った, しか通つた覚え, しか逢つて, しごいた, しばらくここ, じっと撫でる, するの, ずつお, ずつお母様, ずつその, ずつは逢っ, ずつ来, ずつ横浜, ずつ集まる, せわしく瞬き, そういう事, そういう角, そういっ, そっと落し, そのお茶屋, その上着, その名, その名前, その店, その文句, その石垣, その辺, そんな若い, そんな遊び, たたいた, たたきますと, だまされたあ, ちらちらさした, ついて, つけて, つづいたかと, つづけさま, つづけられたら私, つづけ様, つめつた, つよく自分, でかけた, でかけました, ですが, で噛み止みます, で普通, という涼し, とは経験, と数, と数える, どなった, どもりました, なぐりつけられた事, なりき, なるもの, になった, にぶい音, に止らなかった, に運ん, のほか, のみ込み, の便り, の打ち, の押し問答, の熱気, の相, の頃, はあり, はいい, はきまつ, はこうして, はずみました, はその, はためいて, はつかまつた, はつば, はばかりへ通った, はもみほぐし, はロンドン, は下痢, は人事不省, は仕た, は伝へられ, は参りました, は参詣, は喧嘩掠奪, は場, は家, は寄宿舎, は帰っ, は往復, は往来, は必見, は新郎新婦駒, は来た, は来るだろう, は江戸, は清く, は烈しい, は用, は百合さん, は箸, は繰り返した, は見た, は誘われ, は躱しました, は遊び, は鳴子, ばかり言, ばさばさゆすぶっ, ぱちつかせて, ぱちぱちさせ, ぱちぱちと, ひっかかりながら, ひっくり返して, ひねりました, ひびくの, ぴくぴく動い, ぴりぴりと, ふせぎ交わして, ふりまわして, ふると, ぶっつかって, ぶらついて, ほど当, まがって, またたいて, またたきした, またたきを, まぶし相, まわして, もありました, もあります, もぎ離そうと, もくり, もぐもぐさした, もした, もしは, もつかえ, もつづけ, ものものしく動かし, もひっかしがり, もよこした, も下, も丸太, も先生, も出掛けた, も号外, も同じ, も夜中, も家, も尻餅, も待たされる, も忍び, も来た, も来れ, も此處, も死に, も水, も着かへる, も着替え, も私, も縁談, も訊き, も警告, も遇, も高く, も鳴った, やったが, やった術, やりたが, やり損じた上, や四五度, ゆすぶった, ゆすぶられますと, ゆすり上げた, ゆらゆらと, よびましたが, より取かえない, よろけたが, よろめいて, を数, を超える, を越えず, クルクルと, グイグイと, コツコツと, ゴシゴシと, ヒラヒラと, ブーブーと, ポカポカ浮かばれた, 上ったり, 上りました, 上ると, 下げた, 乗換えなければ, 云われると, 会った, 会ったと, 会ったばかり, 会った事, 会った太宰治, 低い天井, 催されただけ, 入つたきり, 入りこんだこと, 入れたり, 入れ違ったとき, 入ツ, 出た日本一太郎, 出っくわし一度, 出ること, 力いっぱい月光, 力強くハタイ, 動いたかと, 動かしたが, 動かしただけ, 動かしたっきり, 動かして, 勧めたの, 反した肉, 可愛ゆい, 合せたが, 吸うと, 吸った, 呟いた, 呼ばして, 呼びつづけると, 呼び交わしたのち, 呼ぶと, 喘いだ末, 喚んで, 固く動かし, 壊しちゃ, 大きい呼息, 大きくふり, 大きく体, 大きく呼吸, 大きく唾, 大きく環, 大きな吐息, 好く晴れた, 小さい咳, 小さな咳, 届けて, 帰りました, 廻りまた, 廻わっ, 弄い返して, 引っかけられた事, 引っぱると, 引張って, 弱い乍ら, 強く小突き廻されました, 強く打, 強く突い, 強く蹴った, 強く震りこんだ, 弾んだだけ, 当て, 忘れて, 怒鳴ってから, 急いで, 或青年, 打ちあたる音, 打ち合, 打ち合わした, 打った, 打つた, 扱いて, 投げ出された, 折れると, 押しかけて, 押した, 拝んだと, 持たせて, 振つて, 振て, 振り切って, 振ると, 振廻し, 探して, 接して, 掻き廻したかと, 掻き立て, 揉み合う内, 揉むやう, 揺ぐと, 揺って, 揺り倒されしが, 揺り動かして, 揺り起して, 撃ち合つて, 撫でた, 撫でるよう, 撫で廻わすと, 撲りはずして, 斬りおろす真似, 明るくなつ, 曲がったらすぐ, 曲った末, 書き直したら, 来たという, 来たばかりの, 来た筈, 来は, 横切った, 歩いた, 気張って, 泳ぐよう, 洩らされたこと, 深々と, 渡り返すと, 激しく打ち合うた, 激しく頭, 烈しく掌, 焼きやしたから, 燃やされた, 狭苦しい路次, 用いたので, 痛く打つたら, 痩せた子供, 皺め伸し, 瞬いたきり, 突いた, 突きやった, 突き出した, 立ちどまって, 立ち上がろうと, 立って, 続いて, 続ざま, 繰り返さなくては, 繰り返された後, 繰り返す, 繰り返すと, 繰返されて, 繰返した, 繰返してるうち, 繰返すと, 羽ばたきしました, 聞いたよ, 聞いた話, 聞かされたもの, 聞かされた事, 聞きましたが, 聞き返したが, 肯いて, 苦しそう, 落ちる脛, 行きあつ, 行きました, 行くところ, 行ったきり, 行ったら堤君, 行った家, 行なって, 見かけたが, 見かけたという, 見かけたばかり, 見かけた町, 見た思い出, 見に, 見ました, 見受けた位, 見掛けた事, 見返りながら, 覗くよう, 計らずも, 訊いたらすまねえが, 訪うても, 訪ねるうち, 訪れたが, 試して, 試みそれから, 試みた後, 話しあったこと, 話し合ったこと, 読みかえした, 読みかえしたの, 読みかえしましたが, 読み返した, 読み返して, 読んだこと, 買った事, 起きたよう, 起きては, 起き上ろうと, 起される迄は, 越えたが, 踏み慣らして, 蹴つた, 蹴りに, 転げ落ちて, 軽くうなずいた, 軽くたたき, 軽く小突いた, 軽く御, 軽く頷き, 軽く頷く, 返詞, 追い出したよう, 追つかけ, 通ううち, 通った, 逢った, 逢ったおり, 逢ったばかり, 連れて, 連れ戻されても, 遇った客, 遊んだこと, 違う男, 遣って, 釣ったこと, 閃いたと, 開いたり, 降つて, 降りいよいよ, 頷いたが, 頷きました, 頼まれたこと, 飛び上って, 飲んだこと, 飼ったけれど, 香しい息, 鳴き続けた, 鳴くと, 鳴つた後, 鳴らして

▼ 二十日~ (1131, 0.5%)

28 の夜 17 の月 16 の朝 12 になる, のこと, の晩, ほど前 8 の間, ばかり前 7 の事件, も前 5 であった, である, の, のクウ・デタ, の日, ほどの間 4 になっ, の後, ばかりし, まで, もかかっ, 過に

3 [23件] だそう, だった, だよ, づけの, です, といえ, と日, に, に近い, のお, の余, の午後, の夕刻, の東京地震, はお, ばかりで, ばかりの間, ほどし, ほど経っ, までの分, も一月, も三十日, 経っても

2 [71件] から三十日, か二十一日, か二十四, すぎると, たっても, だ, で, であつ, ですよ, という日, と沼, なの, なり, なり三十日, にかい, にし, につきました, になつて, にもなる, にも成ん, に二人, に京都, に余る, に又, に民衆, に私, に至る, に行われた, に要る, の事, の分, の午, の午后四時頃, の厄日, の夕方, の夜なか, の宵, の強震, の押込め, の拘留, の日記, の月曜日, の期限, の条, の総, の黎明, は如何, は早朝, ばかりお, ばかり別離, ばかり待つ, ばかり経った, ばかり陸, ほどたった, ほどまえ, ほど後, ほど経った, ほど過ぎた, までお, も, もかかる, もその, もたつ, も仕事, も休暇, も経つ, も航海, や一ヵ月, を待たずし, を過ぎた, 経つ裡

1 [727件 抜粋] あまりに四十両, あまり坐りつ, あるいはひと月以上, あるいは一月以上, いよいよジャン, いよいよ渡河, お園, か, かそこら, から, からいよいよ, からきょう, からの遅配, からウィーン, からパリ, から七月, から三十一日, から九月, から二十三四日, から二十八年五月十一日, から二十八日, から今年五月十一日, から六月, から劇烈, から十月十五日, から夏休み, から正月休み, から第, か三十日位, か二十五日間, がすんだらお目にかかり, がせまっ, がひかえとります, がめぐっ, が一周忌, が初日, が己, が締切, が農民, が金曜講演, くらいから戴い, くらい前, ぐらいずつか, ぐらいでやめました, ぐらいで引越した, ぐらいはこちら, ぐらい経っ, さすがに, じゃない, じゃねえ, すぎてから, すなわち夫人, たったら, たって, たつてから, たらずで, たらずとも, だからね, だが, だけだ, だけにお断り, だっけ, だったらキャンプ, だと, だなぞと, ちょうど私, ちょっと前, つけられて, であるが, であるので, でこの, でございます, でしたが, でしょう, ですが, ですし, ですね, では, でもあの, でももう, でも互, でも住み馴れ, でも切り, でも居続け, でも延し, でも息, でも滞在, でも留められ, でも身動き, で何回目, で宮脇, で小屋, で死ぬ, で米, という, というべきであろう, という厭, という同じ, という日数, といふ, といる, とかまで掘っ, とか日, とする, とつづき, となっ, となった, となり, となりました, とはなん, とも経ぬ, と三十日, と二十四日, と云った, と定めた, と少し, と立たない, と立つ, と経たぬ, と経つ, と經, と見, どうかする, なり千曲, なれに, にあの, にあり, にいま, にいらっし, におよび, にかけて秀吉, にくる, にその, にとうとう, になったら, にならぬ, になれ, には, にはお, にはさらに, にはそこ, にはそちら, にはそれ, にはまたまた, にはもう, には世界, には以前, には内村鑑三, には別府晋介, には土地, には山科, には弟, には御, には松平伊豆守, には深川箱崎町, には爲替相場, には間違, には非人, にもならない, にもなります, にも足りない, にも足りなかつた, にゆきます, にゆこう, にオペラ座, にスウェーデン, にドゥエ, にパリ, にロチ, に一本, に七十二, に三百万, に上京, に下山, に世, に世界, に二月二十日, に五十三歳, に亘り宿らしめ, に会っ, に俺, に儲君, に八一・九六支払い, に出る, に出版, に卒し, に危篤, に取ろう, に同じ, に団子茶屋, に国, に変死, に大杉栄, に寂蓮, に専六, に展覧会, に山城, に山崎美成, に帰る, に常磐津, に撰進, に故, に旅, に日比谷, に書い, に書かれた, に村, に来ます, に東京, に榛軒, に横瀬浦, に歿, に氏政, に浅草材木町, に満たぬ, に牢獄, に発ち, に神戸, に移れり, に空, に結婚, に翠暫, に自分, に至り, に行, に行う, に銀山平, に附属, に黄葉夕陽村舎, に黄鶴堂, のあいだ, のあの, のうち, のころ, のご, のアゲ本, の七里ヶ浜, の世界日報紙上, の両日, の事件後, の今日, の会合, の先勝, の出稼ぎ, の午前中, の午前二時頃, の午前零時, の午後三時頃, の午後八時四十分頃, の各, の夕, の夕空, の夜ひとつ, の夜十時頃, の夜合図, の夜汽車, の夜独り, の夜藤枝, の夜行軍, の宵五つ半, の寄合い, の少し, の巳, の御, の手紙, の打合せ, の日数, の日附, の早朝, の春, の暮れ, の暮れがた, の月あはれ, の朝上野, の朝六時, の朝日新聞, の朝父子, の期間, の東京見物, の正午頃, の水, の烈風, の熱狂, の犯罪, の留守, の看経, の総務会, の自分, の諸, の謝肉祭, の鏡, の長旅, の間海, の雨, の零時, の食料, の馴染, はいい, はいま, はかかるでしょう, はここ, はまさしく, は三代將軍, は別に, は前, は千束神社, は多分, は大宮, は宮様, は將軍, は待つ, は御, は日, は朝, は来た, は気持ちよく, は琴平, は目出し, は筑後河, は菊田一夫作, は赤城山西麓, は近代劇, は過ぎ, は銀行, は陽暦, ばかりおくれ, ばかりする, ばかりたちます, ばかりたった, ばかりでうつしおえました, ばかりで分裂, ばかりで孵化, ばかりになる, ばかりのお, ばかりの子, ばかりの後, ばかりの月, ばかりは手洗い, ばかりぼんやり, ばかりもかかった, ばかりもジメジメ, ばかりも足踏み, ばかりゐました, ばかり働く, ばかり口, ばかり宮九州, ばかり居られた, ばかり平, ばかり床, ばかり後, ばかり暮し, ばかり歩く, ばかり瀬戸内海, ばかり煩っ, ばかり町内, ばかり留守, ばかり立ち, ばかり立て続け, ばかり経っ, ばかり経つ, ばかり結婚, ばかり腸, ばかり苦行, ばかり過, ばかり過ぎ, ばかり過ぎる, ばかり道太, ひる, ほどい, ほどお, ほどおくれ, ほどかかつ, ほどたつ, ほどであらまし, ほどな, ほどなん, ほどになる, ほどのあいだ, ほどの日数, ほどの馴染み, ほどまえだ, ほども先, ほども其處, ほども陣中, ほどを遠い, ほど家, ほど寝起き, ほど日, ほど暮し, ほど立った, ほど経つ, ほど行っ, ほど貴方, ほど重態, またラサ, また出立, までだ, までです, までに, までにかきます, までにはやっぱりぎっしり, までには今の, までに出来る, までに室, までに手, までに立ちましょう, までのあいだ, まで待つ, まで焼け続け, まで迫っ, もある, もか, もかかった, もこんど, もし, もしたら, もたっ, もたて, もも少し, もゆかなかっ, も五十日, も余, も保たせ, も先, も入浴, も剃らない, も取らず, も捨置く, も掛かるだろう, も日数, も早く, も泊り込まれた, も泊り込ん, も竿, も経たぬ, も経っ, も経過, も続く, も費やし, も費やしおる, も遅れ, も遊ん, も降つたら来ない, も降り, も風浪, も飯, も餘, や三十日, より上様, より二日, より五月二十日, より長く, わが手, をえらんだ, をしのぐ, をもって死滅, をダマリ正月, を以て一カ月, を以て半月刊, を帰る, を待ち構える, を待とう, を期し, を用いる, を経ずし, を蜂, を費す, を越え, を越える, を過ぎれ, ノ後, 乃至二十五日間, 休まねば, 壊れた木箱, 平常の, 待てと, 待て呉れろソレ, 後れるに, 御府外駒場野, 御著, 故未定, 早くとも, 満十二年ぶり, 激しい頭痛, 立ったら帰って, 立っても, 第五回公判, 経った, 経つた父, 見ぬ間, 迄, 迄と申す, 迄に, 迄に本所, 迄に記者宛, 近い時, 遅れて, 過ぎて, 過だし, 食わずとも

▼ 二~ (1026, 0.4%)

72 になる 56 の時 23 になった 22 にし 18 のとき 17 であつ 15 であった, になっ 14 の頃 13 の少年 12 だと 11 である, で歿, の春 7 か三歳, の子供 6 の年, の老人, の高齢 5 になります 4 で, であるが, になりました, のお, のころ, の少女, の男の子, の鯊

3 [12件] だったから, です, ですが, で死んだ, となった, になつて, にもなる, の娘, の年長, の者, の若, の長寿

2 [75件] か年長, くらいで, だ, だが, だった, だな, であったが, であったの, でありながら, でありました, であるから, でございます, でしか, でまだ, で家督, で御, で戦死, で病死, で示寂, という年齢, といえ, といふ年, と註し, なり, になつ, になられ, にもなつ, に成る, に當, のお正月, のはず, のチェーホンテ, の二人, の兄, の児, の児童, の冬, の分別盛り, の叙爵, の周樹人, の夏, の大曾根さち子, の女, の子, の寿, の小児, の小学生, の年齡, の座像, の彼, の意味, の文吉, の新年, の時分, の最期, の未亡人, の母, の源氏, の生涯, の男子, の男盛り, の秋, の筈, の老齢, の良寛さん, の色, の赤子, の高, ばかりの女の子, まで, までうたう, まで生き, も若く, より下, るん自身

1 [461件] あるいはそれ以下, いや三つ, かであ, かであつ, からその, からの彼女, から三つ四つ五つぐらゐの年齡, から中, から二十七歳, から十一年間, から十三歳, から十四, から十四歳, から四十五歳, から歴史, か三歳頃, がいる, が最高, が食堂, くらい, くらいに見, くらいに見え, くらいの大小二足, くらいの女物, くらいの未来, くらいの猿, くらいまでの近所, ぐらいの子ども, ぐらいの時, ぐらいの男, ぐらいの男の子, ぐらいの頃, ぐらいまでで, ぐらいゐ, この投書, こんなに若く, すぐ下, そんなお婆さん, たいへん御, だからな, だったかの, だったころ, だったそう, だったであろう, だったろう, だったわけ, だったん, だった一人, だつた, だつて, だという, だとか, だ遠, であ, であったかと, であったから, であった伊沢榛軒, であった保さん, であった女, であった家康, であった榛軒, であった筈, であった領主, でありましたが, であるという, であるべきに, でこの世, でこんなに, でご, でございました, でございましたが, でした, でしたから, でしたでしょう, ですでに, ですね, です二十九日三十日, でなければ, では, ではじめて, でまだまだ, でもあろう, でシャビエル, でナオミ, でハタ, でマニラ, でリュボーフィ, でヴォルガ, で一彦, で丁度, で不慮, で二郎, で亡くなった, で亡くなつた, で亡くなつた人, で亡くなられた, で人びと, で侍従, で保釋, で出家, で初めて, で初舞台, で去年, で四年前, で多年, で婚姻, で子供, で完成, で家督相続, で封, で将軍, で帝位, で師匠, で後, で懲治監, で早, で春, で最長, で有信, で東京, で桃割髪, で歌劇, で死にました, で死ぬ, で死ん, で殺された, で母, で気, で江戸, で深川籾蔵前, で溌剌, で熊本, で生活力, で生涯, で病身, で瞑目, で祐二, で神辺, で福山, で第, で能, で若, で藩主世子うえもん, で躋寿館, で隠居, で麻疹, とあ, とあるは, という, というの, という信長, という夏, という娘ざかり, という年, という村松喜兵衛老人, という齢, といった若, といふこと, といへ, とし, としか見えない, としたら, として居る, としるし, となせ, となり, となる, となれ, とはそれ, とは思えない, とは見えなかつた, ともあれ, ともいわれ, とも十七八歳, とも言われた, と九歳, と四カ月, と思っ, と思わるる, と改めね, と書い, と聞きました, と解釋, と計算, と記され, と註せる, ないし七十四歳, などかある, ならば, なりと, なり大岡殿先切首, なるが, なること, なるに, なる娘, なれど, における死亡, にしかみえない, にて今年方, にて容貌, にて幼少, にて歿, にて背, になってた, にならない, になれ, には少し, にもなっ, にもならなかった, にもならぬ, にも及ぶ, にわたらせられる, に何, に再び, に到る, に斬られ, に相成, に老, に見える, に達したる, のあ, のあどけない, のあなた様, のおじいさん, のおじいさん出座, のおり, のお下髪, のお嬢様早苗様, のきわめて, のぎん, のこの, のこれから, のころ東京, のじ, のときいちど, のとき京都, のとき児小姓, のとき彼, のとき日進堂, のとき母, のとき父, のとき生まれ, のとき自分, のとき赤井喜兵衛, のとき酔い泥屋滅茶滅茶先生, のとっさ, のとんだ, のひとり, のぼく, のもの, のアメリカ, のゲーテ, のゴーリキイ, のシャンガラ, のターニャ・イワノヴナ, のトルストイ, のパティ, のヘンデル, のラン子, の一八三五年, の七男全安, の三月清澄山, の下手, の久江, の久美子さん, の亀一, の亀千代さま, の二つ子, の二十匁, の二十年間, の二月, の二男, の人, の今日, の伸一, の佐吉さん, の体, の余, の作, の信階, の元服, の内室, の前後, の力持ち, の千博, の厄年, の古, の四子二女, の四月, の圓朝, の大きく, の大原右之助, の大学生, の大工, の大身, の女性, の妹, の妹名きみ, の姉娘, の始め, の姫, の婦人作家カースン・マックカラーズ, の子供たち, の学校行き, の小, の少年ルドビコ, の少年召使, の少年少女, の少年少女数人, の山川捨松嬢, の巨体, の巨體, の市, の常三郎, の年かさ, の年上, の幼い, の幼児, の庶子某, の弟, の弱冠, の当時, の彼女, の徳寿丸, の忘れがたみ, の息, の息子, の愛人, の支那少年善金, の文中三年, の文政八年, の文治五年八月, の新調, の早春, の春の作, の春ドイツ, の春二月, の時アンナカレーニナ, の時一高, の時夙く奉公, の時始, の時婆, の時宇多上皇, の時彼婆, の時父, の晩年, の晩秋, の曾孫信全, の朝鮮牛, の未婚女, の末子, の棠助, の正子, の武蔵, の歳末, の浮浪, の猪, の理学士, の田舎武士, の由, の申松, の男, の男児, の白系韃靼人, の童生, の美しい, の美丈夫, の義良親王, の翁, の老体, の老翁, の舌, の若い, の若僧, の若年, の蝶子, の誕生, の謂わ, の赤坊, の遊女, の酔詩人, の銀行員, の長命, の長女, の間, の陸, の際父茂兵衞病氣, の青年, の青年なみ, の頃秩父郡, の頭, の髪, の黒鯛, の齢, は嘘, は奉公, は明治四十三年, は流れた, は薄, ばかりにて妻, ばかりの嬰児, ばかりの子供, ばかりの少年, ばかりの男の子, ばかり急, ほどの膃肭獣, まさりの, までで, までである, までには完成, までに出来た, までに恋, までのもの, までの子供, まではパティ, までは歌, まで六ヶ年, まで歌, まで独身, まで生きた, まで生きられない, もう二人, も下, も年下, も延び, より二十三歳, より十五六歳, より十五歳, より四十四歳, より家計, をそれとなく, をむかえた, をもって偉大, をもって聖者, をよそ, を一期, を三十二歳, を上, を了簡違い, を享年四十二歳, を以て世, を以て先づ江戸, を以て卒去, を以て歿, を以て江戸, を厄, を採れ, を經, を越す, を踰, を迎えます, を限り, を頭, 即歿前二, 少々婆, 御自身, 或は生れ, 殊に可愛い, 若くしかも, 若盛り, 長けて

▼ 二~ (944, 0.4%)

26 になる 23 の年 18 の時, を越した 16 や三十 12 も三十 10 の上 9 の娘, の扉, の頃 8 になった, も年, を越し 6 か三十, にもならない, の春, を二つ三つ 5 だ, になつ, の美女, もある, を越え 4 という年, になっ, のころ, のとき, の若者, の顔, ばかりで, ばかりなる, も年上, を過ぎた

3 [19件] から違う, か二十一, か悉皆, が三十, ぐらいの娘, だった, になつて, にならない, になれ, にもなっ, に近い, の声, の夏, の若い, の青年, も年下, よ, を越す, 御座りました

2 [62件] から三十, から二十五, から二十四五, から六十, くらいになり, ぐらいになる, ぐらいの若い, その神速, だし, だつた, だと, であつ, でお, でございますからね, ですから, で初めて, で死にました, で死んだ, と三十, なら徴兵, にあまる, にし, にならぬ, になり, にも足らぬ, に達し, の, のまったく, のベッド, の七, の両, の処女, の年頃, の息子, の秋, の立派, の若, ばかり, ばかりの夫人, ばかりの美しい, ばかりの若い, ばかりの麗人, ばかり足, ほどある, ほど寄せ集めた, まえでしょ, また二十五歳, もあれ, もつくる, ももっ, も年齢, も殺されね, も際限, より下, を三つ, を二つ, を出た, を多く, を幾つ, ノ一, 一方里, 乃至三十

1 [500件] あったと, ありそれに, ある中, いやどうか, おほいな, か, かそこ, かぞえたとき, かよし, から三十そこ, から二十二三, から二十五ペセタ, から二十五六, から四十, から四十そこそこ, から四十疋, から釣つて, か一, か三十そこそこ, か九, か我, くらいしちゃった, くらいな, くらいになっ, くらいにみえる, くらいに分け, くらいに見える, くらいの小室分, くらいもあろう, くらいよりはもっと, くらいより卵, くらい私, くらい違います, ぐらいずつすえる, ぐらいで, ぐらいでしょう, ぐらいではない, ぐらいに見えた, ぐらいの, ぐらいのときの, ぐらいのみずみ, ぐらいの修業ざかり, ぐらいの少年, ぐらいの生意気, ぐらいの若, ぐらいの青年, ぐらいまでの若々しい, ぐらい有るらしい, ぐらい鈴生り, こしたばかりの, しかない, しかなかっ, じゃない, じゃ利かないだろう, じょうもあるような, すぎた子供, そっくりもらう, そんなもの, たア, だそう, だった一葉, だつた娘, だで, だとも, だん, ちかくも, つめると, であった, であるが, であろう女形, でございました, でございますよ, でしたろう, ですって, でつせ, ではない, では無かっ, でも三十, でも差支え, でも越し, で一文, で下, で中学, で体, で作家, で別れた, で勝負, で君, で嫁, で子, で学資, で寡婦, で従って, で思い出す, で情交, で操, で死にます, で発狂, で縁談, で色盛男, で花江, で遅く, というプログレッション, という年齢, という歳, という若い, という譬え, といつか籠, といふ年, とか三十, とことば, とだ, とで年齢, となり, とはページ, とは專ら司馬遷, とも言, と一年, と七つ, と三, と云, と云う, と五日, と何人, と何年, と八人, と六歳, と十九, と十六, と命, と山中氏, と廿一, と数年, と最後, と聞く, と見えた, と言う, と言わず, と頭, などとも違った, なん, にお, にかう, にします, にする, にちかい, にて遷, になつたん, にならず, にならなくっ, になりぬらん, になります, になるまい, にはなっ, にはならない, にはなるまい, にはなん, にはまだ, には足らぬ, には過ぎまい, にもあまろう, にもならざる, にもならぬ, にもならん, にもなりゃ, にもなる, にもなれ, にも二十一, にも及ぶ, にも満たぬ, にも足らざるべく, にも足らない, に一本宛, に余る, に余るであろう, に俗説, に出, に分て, に切る, に合せ, に小学校, に成りぬらん, に成る, に書い, に殖え, に満たなかった, に満たぬ, に滿, に相当, に私, に至っ, に至る, に見, に記録, に足らぬ, に近, に餘, のあどけない, のあんちゃんら, のうち, のお, のお嬢さん, のくせ, のすゞ, のその, のちがう, のとき北海道, のぼく, のヤマサン, の一, の三つ, の三ヵ年, の三倍, の不逞, の世代, の両日, の主, の久枝, の乾児, の人死, の今, の伸子, の余, の兄, の兄妹, の力, の功徳, の半分, の噺, の四巻, の壯年, の女給, の妙齢, の実例, の小作料, の少年工, の巻, の巻頭, の年ごろ, の座席, の弩兵, の張, の後家, の持子, の救命艇, の旋風器, の昔, の星霜, の春秋, の時暁, の暗号, の最後, の材, の東歌, の橋, の武者, の武蔵, の歳, の涎, の溌刺, の火消人足, の爪, の男, の男の子, の目, の砲砦, の砲門, の私, の端, の紹介状, の綜合, の習練, の聲, の自分, の自然温泉, の花嫁, の葡萄畑, の血気, の街区, の表わしたい, の見習い代言, の諸区, の軽い, の金, の錫, の長篇小説, の間, の防人, の青年自体, の頭, の騎者, の高齢, は, はあった, はあるだらう, はあるであろう, はかかした, はございましょう, はどう, は下るまい, は勿論, は同じく, は咲けた, は少い, は恐く, は時代, は晩年, は牧者, は置けるだろう, は色, は過ぎ, は錫, ばかし持ってた, ばかりその, ばかりつまん, ばかりと思われた, ばかりと見えた, ばかりと見える, ばかりと覺しき美人, ばかりならべた, ばかりにし, ばかりにぞ見え給, ばかりにてぞお, ばかりになります, ばかりに成る, ばかりのおとなし, ばかりのことば, ばかりのボオイ, ばかりの一人, ばかりの上さん, ばかりの人, ばかりの令嬢, ばかりの名前, ばかりの国, ばかりの女, ばかりの女中, ばかりの婦, ばかりの手代, ばかりの時, ばかりの書生, ばかりの淑女, ばかりの男, ばかりの眠たい, ばかりの眼, ばかりの細面, ばかりの美青年, ばかりの自分, ばかりの船頭, ばかりの色, ばかりの若き, ばかりの農家, ばかりの醜い, ばかりの錆びた, ばかりの青年, ばかりひ, ばかりも作っ, ばかりをザラザラ, ばかりを出し, ばかり一つ所, ばかり並べた, ばかり出来た, ばかり初茸, ばかり声色, ばかり寝台, ばかり続け, ばかり読ん, ばかり讀ん, ばかり重ね, ばかり雜然, ひろから百, ほど, ほどにしか見えぬ, ほどに上がる, ほどはいつ, ほども見上げもうし, ほどを使い, ほどビンタ, ほど上, まえだしこれ, まえの, まえよわかるわ, まで, までかぞふる, までつとめた, までに数, までのやさしい, までの加減算, までの数, までの間, までは受け合う, までは決して, までは生きる, までは約束, までも三十, まで数え, まへの, もあっ, もあるでしょう, もあるでせう, もお年, もつ, ものベッド, もワッショイワッショイ, も一度, も三十もと, も上, も下, も二十五, も出, も列擧, も増し, も張っ, も拾う, も数, も机, も疑, も花, も若かつたら, も若く, も若返っ, も連続, も道, も違う, も違つて, も重なり合っ, も重ね, も飛びこむ, も高い, やそこ, やそこら, や二十一, や二十四五ヵ所, や千二百, より上, より下るまい, より五十歳, をかぞえる, をすぎ, をすこし, をふたつみつお, をぶちこわす, をほんの, をもう, をやっと, を一つ, を一つ前, を一ツ二ツ越し歳, を三つ四つ, を下らず, を僅, を充分, を四五, を大幅, を少し, を平らげ, を後家ごろ, を従え, を持っ, を撰びあげ, を数える, を有し, を沢山, を貽, を贏, を超えよう, を越, を越えた, を越えてる, を越され, を踰, を除い, 乃至二十五, 之一, 前年頃, 大きなバケツ六, 平らげたおお, 或るい, 打手, 撚りを, 撚内外, 有ると, 未滿, 良十八, 諸天, 越したばかりの, 越した娘, 軽騎兵連隊, 載光陰指一弾, 迄であります, 迄と云, 迄生きない, 近い会, 近い個所, 近い年, 近い首, 過ぎた男, 過ぎれば, 違っても, 遣るの, 集まっても

▼ 二十歳~ (925, 0.4%)

38 になる 37 の時 19 になった 18 にし 16 になっ, の青年 14 の年 13 の春 11 を越し 9 ぐらいで, であった, のとき, の娘, の頃 7 といふ, の若い, を越した 6 になつ, をこえ 5 か二十一, である, になります, にもなっ, を二つ三つ, を幾つ, を越えた

4 [16件] くらいで, だと, であつ, です, ですが, では, という, なの, になつて, にならぬ, になれ, の女, の若, ばかりの青年, を少し, を越す

3 [15件] から二十五歳, ぐらいの若い, であったが, でせう, で父, におなり, の少年, の彼, ばかりの女, ばかりの若い, をいくつ, をすぎ, を一つ, を越え, を過ぎた

2 [51件] か二十一歳, くらいの娘, ぐらいでしょう, さして美しく, だが, だった, で, でございます, でございますが, で初めて, で家, で歿, で結婚, という年齢, といえ, といっ, とも見える, と二十三歳, と聽, にならない, になられた, にもならない, にも足らぬ, のお, のゴーリキイ, のスティヴンスン, のマリア, の九月はじめ, の人, の今日, の保延三年, の女性, の小柄, の彼女, の独身者, の美しい, の者, の若者, の高校生, ばかりで, ばかりの束髪, ばかりの武家風, までは育てました, まで教育, をすぎる, をすこし, を出た, を出る, を越える, 少しは, 殺されたお

1 [419件] あるいはそれ, お萬, かあるいは, かそこ, かそこら, かと見ゆる, かに近い, かの時, かもう, からその, からは夜食, からも若い, から三十二三歳, から三十代, から三十前, から三十歳, から二十三四歳, から二十五歳位, から二十六歳, から二十四五歳前後, から八十いくつ, から六十四歳, から呑んだら, から始め, から百円, か一, か三十歳, がせいぜい, が精, くらいかな頭, くらいこれ, くらいでした, くらいと思われる, くらいになっ, くらいにも見える, くらいのひと, くらいの大きな, くらいの若い, くらいの非常, くらいまで自家, くらい下, くらい単に, ぐらいいちばん年長者, ぐらいかと想った, ぐらいかな, ぐらいその, ぐらいだ, ぐらいで東京, ぐらいで母, ぐらいで腹, ぐらいと見える, ぐらいなきれい, ぐらいな女性, ぐらいな背, ぐらいに見えます, ぐらいに見える, ぐらいのむす, ぐらいの三十人, ぐらいの制服, ぐらいの受け持ち, ぐらいの受持ち, ぐらいの女, ぐらいの女性, ぐらいの小綺麗, ぐらいの年格好, ぐらいの方, ぐらいの簾子様, ぐらいの見る, ぐらいの青年, ぐらいは若く, ぐらいまでの美女八百余人, ぐらいまではただ, ぐらい色白, ぐらい頭髪, さ, すぎた頃, そこそこでしょう, そこそことも, そこそこ色, そろそろ色ざんげ, ぞや, たいへん理想, だ, だいや四十だい, だったからネ, だったと, だったとき, だつて云, ちかくに, ちかく年, ついに吾人, であなた, であるが, であると, であろうのに, でこの, でこれ, でこんな, でした, でしたね, でしょう, でしょうが, でしょうよ, ですから, ですからね, でどこ, ではじめて, でふだん, でも二十二歳, でわたし, で一人, で亡, で亡くなった, で信順, で再び, で創作, で十八, で原住民, で去年, で和事, で小説, で従四位上左権中将, で御, で御座いますが, で或, で或いは, で才子, で文学, で時三, で死なう, で死んだ, で殺されちゃった, で白蓮さん, で色, で花柳気分, で若年寄, で茶, で藩, で近村, で金州, というところ, というの, という事, という制限, という娼妓, という年, という楽しい, といふところ, といふ此節, とお, とかいうん, とくらいであろう, としてある, となった, とは受けとっ, とも見れる, と二十五歳, と云いなさい, と偽り, と思われる, と推測, と示され, と見立てたらしい, と言, と言う, と言え, ないし二十五歳, なりと, にしかならない, にすぎない, にでもなれ, になったら, になつた寛政十一年, になつて一弗, になつて六十仙, になられたなら, になりました, になるでしょう, にはなるであろう, にはなるまい, にはまだ, には未だ, には達し, にもなったなら, にもなっとるけん, にもなつて, にもならなかった, にもならぬ, にもなる, にもなるでせう, にもなッ, にもみたぬ, にも満たず, にも足らない, にも達しない, に及ん, に少し, に届い, に成器量, に於, に満たざる, に満たない, に満たぬ, に相, に見えた, に見えました, に見る, に足らざる, に足らない, に足らぬ, に近い, に近づい, に達し, のあんなに, のころ, のころ彼, のころ明朝, のとき宗教的, のぼく, のもの, のよう, のショパン, のターニャ, のハフ, のバルザック, の一人前並み, の一青年, の丁年, の三人, の三郎, の中村新八郎, の二重人格者, の人たち, の人生, の今年, の伜, の伴大次郎, の作, の作者, の保, の俺, の六月, の共産派, の冬, の冬子, の初, の単純, の可愛らしい, の名主時代, の向う見ず, の夏東京, の大, の女中, の妹, の妹さん, の子供, の孤君, の安が, の寿, の小僧, の小娘, の少年衆, の年頃, の御, の情熱, の我, の折, の掌, の新しい, の方, の日本, の明子, の時一冊, の時丁度在学, の時分, の時奈良, の時春松検校, の暮, の書生, の歌, の水泳選手, の生活, の男の子, の白雲頭, の福井文吾, の私, の秋, の筈, の美婦, の義元, の老体, の肉体, の花盛り, の若き, の若年, の蝶子, の血気盛り, の見せつけ, の親, の豹一, の身, の鄙, の青年ブラームス, の鶴雄, は宝暦五年, は若い, は越えたろう, は過ぎ, ばかりでいらっしゃる, ばかりなる, ばかりにし, ばかりのお, ばかりのすっきり, ばかりのその, ばかりのつつましい, ばかりのとき, ばかりのブロンド, ばかりの丸顔, ばかりの多感, ばかりの娘, ばかりの娘盛り, ばかりの子息, ばかりの小づくり, ばかりの息子, ばかりの愛嬌たっぷり, ばかりの極めて, ばかりの珍しい, ばかりの異国画学生, ばかりの目鼻立, ばかりの目鼻立ち, ばかりの美しい, ばかりの美女, ばかりの美青年, ばかりの若い美しい, ばかりの若者, ばかり年上, へかかりかけ, へかけ, ほどで, ほどであろう, ほどにも思えました, ほどの子, または二十一歳, まで, までこれ, までと宣言, までには納言, までのお嬢さん, までのもの, までの健康, までの勤労女性, までの女一人, までの年月, までの日記, までの者, までの間, までは故郷, までは行っ, まで二三年, まで来, まで生い育て, まで生きた, まで男, まで私, まで適用, もちろん実家, も下, も年下, も年少, も年長, も老け, も若い, も若く, も超え, も越えた, やそこら, やない, や三十歳, よりあまり, より二十四五歳前後, を, をあまり, をかぞえる, をかなり, をこえた, をこえれ, をこした, をすぎた, をすぎれ, をた, をちょっと, をとうに, をまだ, をもう, をやっと, をやや, をようよう, を一つ二つ, を三つ, を出, を出ず, を出たる, を出ないらしい, を数えた, を越えず, を越えつる, を踰, を迎える, を過ぎない, を頭, 乃至二十九歳, 少し病身, 未滿, 決して晩, 程のいなせ, 近いお, 近いお嬢さん, 近いとも, 過ぎて

▼ 二~ (857, 0.3%)

12 の奴 7 の死骸, の野郎, は, は驚き 6 の姿, の心, はそう

4 [11件] だ, というの, という男, と紀久子, のこと, のよう, の手, の父親, の部屋, はどこ, は僕

3 [17件] が, が云った, である, と宏子, と松吉, と重, の所在, の方, の目, の言葉, の顔, はその, はただ, は侮蔑的, は顔, を殺した, を見た

2 [61件] か, がきいた, が二人, が傍, が同情, が手紙, が支配人, であった, とお, と称, にし, に向っ, に少年, に金, のあと, の云う, の前, の唇, の声, の子供, の家, の小舟, の帳面, の渡した, の漁船, の生, の眼, の祥月命日, の行方, の馬, はいつも, はそれ, は上, は世にも, は今, は刀, は四十年配, は堤, は女, は姿, は少し, は市川, は微笑, は怒鳴る, は急, は手酌, は早く, は暫く, は確り, は胸, は自分, は舟, は長い, は電報, は静か, も知らんらしい, を促した, を呼ん, を抱い, を旦那, を顧みます

1 [582件 抜粋] うなずいた, からその, から弟息子, から見れ, がいない, がここ, がその, がそれ, がただ一人, がため, がつい, がついで, がつまり, がどんな, がね, がのこの, がふっくり, がほんと, がもう, が一段, が二度, が二度と, が云い出した, が云う, が云っ, が仰向い, が休み, が余り, が共々, が出, が刀, が制服, が前, が前途, が受取らない, が声, が大きく, が帰らなかった, が当家, が影屋敷, が抱き止めよう, が日本字, が時, が暗示, が更に, が書いた, が本郷座, が来ました, が来よう, が東京, が植木屋, が横, が殺された, が殺されました, が注, が浪路, が爪立った, が物識り顔, が相続, が真っ黒, が知れ, が硝子戸, が私, が立ち上る, が立っ, が羽織, が船, が行かず, が行く, が裏庭, が見る, が通っ, が遮った, が采配, が金山源介, が養子, が高校, が黙々, くさいイヤ, こそ詩, さえ亡くし, だけはうばたま組, だってもう, だな, ってひと, であつ, でありマルクス, であること, であろう, ですよ, ではない, で其次, とある, という, というよう, という人物, という奴, という小さな, という若造, といふ下男, といふ男, といわれる, とおた, とともに無念流双璧, とながい, との後姿, とはそれ, とも宏子, と久米一, と二人きり, と同年, と名, と娘, と張り合っ, と張り合った, と戦わね, と気, と結婚, と自分, と間違え, など, などという文字, などという男, などといった, などと言う, などは平, なども終始, なの, ならば, なら俺, なり, なんかという青二才, なんか死んでし, に, にいた, にくるり, にしかられ, にすゝめ, にとっては別, にとっては意外, にとって彼女, にとつ, になっ, には一層, には私, には自分独り, にも信用, にも聞こえなけれ, に三番め, に与, に代わっ, に会い, に会っ, に何, に入られる, に再会, に勝とう, に口説かれ, に叱られ, に向かっ, に和歌山, に囁く, に在所, に声, に奉っ, に嫁, に宝刀, に対し, に差支, に差支え, に従って池, に持っ, に書き送つた, に泥, に渡した, に渡そう, に示し, に見せ, に見せたくありませんでした, に返し, の, のいる, のうち, のお, のかげ, のからだ, のそういう, のその, のため, のだみ声, のところ, のどんなに, のふっくり, のみが唯一, のみは室, のもの, のやる, のよろこぶ, の下, の不正, の丸い, の二人丈, の云った, の今日, の仲, の使い, の兄弟, の全身, の内部, の力瘤, の動かない, の口, の右肩, の向こう, の場合, の太刀, の夭折, の奴め, の奴ら, の妻子, の妾, の妾宅, の嫌疑, の学年試験, の家族, の宿所, の寝室, の寢室, の店先, の後釜, の心臓, の意味, の懐疑, の投げつけた, の日毎, の本, の本宅, の机, の柔和, の構え, の正反対, の法諡, の生母, の甲高, の疑念, の疑点, の疥癬, の私宅, の秋水, の立ち腹, の立っ, の節倹, の義経, の耳, の背, の胸, の脇, の脇の下, の腋の下, の苦悶, の行動, の表情全体, の被っ, の襟頸, の語る, の身の上, の軽い, の軽薄, の遺書, の郎, の阮小五, の頭, の館, の首, の首っ玉, の鳩尾, はああ, はあっ, はあまりに, はいう, はいない, はお, はかよいで, はきっちり, はこんな, はさし向かい, はさも, はさんざん, はしきりに, はしだいに, はすでに, はずっと, はそこ, はそこで, はその後教会, はちょっと, はなん, はふだん, はふっくり, はぶるぶる, はまず, はまた, はむっと, はもう, はやがて, はストーブ, は一寸, は一笑, は上瞼, は不思議そう, は中学, は主家, は云った, は人魚, は今頃, は体, は何, は何気なく, は傳助, は傾斜地, は元, は共に, は凝視, は出, は到る, は前年壬申九月三日, は卓, は又, は取りつき, は口, は古, は古い, は叫ぶ, は吃り, は呆気, は呟く, は唄, は唯, は商業学校, は固い, は夕飯, は多助, は夜, は大穴狙い, は天井, は始め, は学問, は学校, は守人, は室, は小, は屋根裏, は差向, は帝大, は平, は平吾, は平常, は幾分, は当, は当年三十七, は彼, は彼自身, は従順, は怒り, は思う, は愚弄, は感謝, は態度, は戻っ, は押され, は振り向い, は敵愾, は新聞, は既に, は最初, は木馬, は来ない, は枕, は柔, は柔毛, は格別, は横, は歌い, は正勝, は歴史, は死んだ, は死体, は殆, は毎朝, は気, は気味悪く, は泣出そう, は深い, は温室, は激しく, は火, は火の気, は灯, は煙草, は熱海, は父上, は父親, は狼狽, は生来初めて, は目, は相当, は矢立, は砂土原町, は私, は笛, は紀久子, は素早く, は続けた, は考えた, は肺, は腕ずく, は自暴自棄的, は船上, は苦痛, は茂次, は行きすぎ, は言い, は言った, は言ひつ, は許し, は話した, は足もと, は身体, は身内, は身持ち, は遠廻し, は酔っ, は鋭く, は頭, は黙っ, は黙った, へ打ちかけた, へ挨拶, へ縁談, ほどの男, まで召し捕られ, まで召捕られ, もいないらしい, もお客, も一寸, も今更ら後, も何, も唇, も娘, も敵, も町, も笑い出した, も続い, も續, も若い, も顔, も黙り込んだ, や従妹達, よりもだいいち, よりももっと, をあやし, をおっちょこちょい, をおびき出し, をつけ, をどこ, をのせ, をやっつける, を伴, を促し立てる, を働, を先, を力存分, を子供扱, を宗太, を寝かせ, を引き出し, を彼, を御免安, を御法度破り, を想, を意気, を抱きあげ, を探し出し, を探そう, を救う, を殺し, を殺す, を気, を父親, を相手, を舞台, を誘う, を迎え, を送る, を階下, を静か, を鳴海, 察したが, 泊まること, 駈け付けた

▼ 二人きり~ (850, 0.3%)

66 になる 45 になった 25 になっ 22 だった 15 の時, の生活 13 になつ 11 でいる 9 で暮し, のとき 7 です, でその, なの, の世界 6 であった, でお, でゆっくり, で話, になり 5 だ, である, でこの, で話し, にし

4 [11件] で, でゐる, で他, で差し, で話したい, で遊ん, となった, なん, になりました, になれる, の部屋

3 [12件] だと, でいた, でいつ, でほか, で住ん, で話す, で食事, となっ, なのに, にさせ, になつて, ののんき

2 [51件] か, しかいない, だから, だが, だったし, だよ, であつ, であの, でいられる, でございますから, でしかも, ですね, ですよ, でそれ, ではなかっ, で一生, で世間, で会う, で会った, で向, で外, で寂しく, で居た, で居る, で手, で暮す, で歩い, で気, で海岸, で淋しい, で甘美, で留守番, で置き去り, で行っ, で遊ぶ, で邪魔, で靜, となる, になったら, になります, になれ, になれた, のもの, のよう, の夜, の寂しい, の暮らし, の男世帯, の相談, の秘密, の話

1 [355件] かなんかで, からまた, がいい, しかし二人, しかゐない, しかゐなかつた, しか居合, じゃ, じゃとても, じゃない, じゃ余り, だからさ, だからね, だけだ, だったから, だったが, だったとき, だったので, だったらこんな, だといふ, だとかで, であと, でありました, であるやう, である即ち, である彼, でい, でいう, でいたい, でいたっ, でいつも, でいま, でいらした, でいろり, でおいで, でおり, でおれれ, でお茶, でこ, でこうして, でここ, でこちら, でこの間, でこれからどうして, でこんな, でございましたか, でございますからね, でさう, でさし, でしごく, でした, でした話, でしばらく, ですか, ですから, ですこしゆっくり, ですし, でそこ, でそんな, でそんなに, でたと, でたべる, でたま, でとくと, でとも皆, でどんな, でどんなに仲良く, でながい, でなんとか, でね, ではおれ, ではなかつた, では会えなかった, では居られない, では心細, では我慢, では手, でぱつたり出逢, でひろい, でぽつんと, でまあ, でやす, でやっ, でやっと, でわびしい, でゐた, でゐたい, でゐられたなら, でクゲ沼, でスポット, でネエ, でユツクリ, で一カ月, で一緒, で三日, で乗った, で二羽, で会いたい, で会見, で住み, で住んだ, で何年, で佗住い, で作った, で例, で侘しく, で侘びしく, で傍, で働い, で働いてる, で働き, で全然, で内緒, で冷, で凉, で出, で出会, で出会う, で出入, で出掛け, で出歩いた, で十吉, で半日, で南, で占領, で取りのこされる, で同席, で向きあう, で問題, で営ん, で困るなら, で夕食, で夕飯, で外出, で夜道, で大きな, で大森, で天井, で失望落胆, で好き, で子供, で寂し, で寝, で対し, で対坐, で対座, で小ぢんまり, で小姑一人, で少, で居たい, で幾度, で広, で度々, で御, で御座, で心, で応接間, で思い出した, で恥, で手不足, で揺蕩, で新聞, で旅, で旦那, で旧情, で晴れ, で暗闇, で暮した, で暮そう, で暮らさなけれ, で暮らさね, で暮らしてる, で暮らし出し, で最初, で最前, で木曾川, で本, で村, で東京, で松江行, で此アパート, で此兒, で歩いた, で残っ, で母訪問, で毎晩, で気分, で浮世, で湖, で炉傍, で炉端, で無人島同様, で焦慮, で燭台, で田園生活, で町, で相手, で相談, で眼, で睦言, で研究室, で研究所, で祖母, で私, で種々, で粗末, で約束, で経営, で結婚後三年, で聞い, で聴く, で致しました, で船, で若い, で草臥れる, で荷造り, で薄暗い, で行かう, で行く, で行った, で行つたの, で街路, で裏通り, で話した, で話したかった, で話したく, で話したく思い, で話しつづけ, で語らう, で語り合う, で語り合った, で貧しい, で質素, で赤い, で身, で逢う, で進ん, で遊びたい, で遠慮なく, で部屋, で酒, で鉱山, で長屋住居, で長閑, で間数, で雨, で非常, で顔, で風通し, で食卓, で飲, で駅, で高尾山, で黙っ, で黙り合っ, という, といふ此, とは確か, と云っ, どすさかい, ならアパート, なわけ, なんで, な淋しい, な深夜, におなり, にされ, にされる, にしてやりたく, にする, になす, になつたの, にならう, にならない, にならなかった, にならなけれ, にならね, になりたかった, になりたがっ, になりませう, になれるなら, には少し, にゐる, に定まっ, に成っ, に成った, に成る, ね, のこと, のこの, のとき私, のままごと遊び, のやう, のわびしい, のガラン, のドライブ, の不自然, の乗車, の住居, の例, の兄弟, の初め, の口数, の問題, の場所, の場面, の壯行會, の夕飯, の娘, の孤独, の家, の家庭, の寂し, の密房, の対座, の対話, の小さな, の山荘生活, の差向い, の心地, の心持, の心持ち, の愉し, の感じ, の所帯, の折, の散歩, の時親切, の時間, の暮し, の朝, の林, の水入らず, の沈黙, の浅井, の理解, の研究, の肉親, の船世帯, の謂わ, の身うち, の関係, の頃, の領分, よ, よしずか, よりか寛ぎ, よりはその, ゐない, 全くの, 向き合って, 居るよう, 残ったの, 白い花弁, 置いて

▼ 二~ (812, 0.3%)

54 の犬 26 の馬 11 の牛 10 の猫 9 の獣 8 の猛獣 7 の蝶 6 の人魚, の小犬, の狐, の蟹 5 のねこ, の熊, 飼って

4 [12件] では, のくま, のゴリラ, の子犬, の小さい, の永生, の猿, の獅子, の蛇, の蠅, の鬼, の鮭

3 [15件] になり, のヤーフ, の小, の山羊, の牝馬, の猛虎, の畜生, の白い, の虎, の虫, の蛙, の豚, の鹿, の鼠, はお

2 [58件] います, いる, だ, である, です, というの, とまって, とも形, とゐない, になつ, のうなぎ, のうはばみ, のこい, のはえ, のネズミ, のモルモット, の中, の亀, の二十日鼠, の仔猿, の仔豚, の動物, の南京虫, の大きい, の大きな, の女, の子, の子猫, の悲哀, の方, の河童, の河鹿, の海蛇, の牡牛, の狼, の猛, の獸, の蝙蝠, の蟻, の野獣, の金魚, の雀, の驢馬, の魚, の鰐魚, の龍, は生れ, は目, は顔, も三匹, や三匹, をお, を見, を見た, 並んで, 出て, 向かい合って, 連れて

1 [439件] あって, いじって, いました, いまにも袋, いるうち, いるから, いるの, いるよう, いれて, うずくまって, お負け, から滴り落ちた, か三匹, か或は, がい, がさがしまわる, がつない, がとぼけた, がなくなった, がひっそり, がもつれ, がブルブル, が一人, が一年, が三匹, が並ん, が交し, が出かけない, が又, が取り, が噂, が噬合, が居り, が掛合, が泣き, が泥棒猫, が洞外, が石段, が私, が精一杯, が絡み合っ, が長々, が集団, くらいずつ養っ, ぐらい束, この縁, しかいません, しか釣れず, しきりに戯れ, しっかり結びましょう, じッ, ずつつながっ, ずつに分けよう, ずつタンデム式, ずつ小屋, そしてまた二匹, その二匹, そろつて, たしかに見える, だがね, だけ私, だったのに, ちょろちょろ歩い, ついて, ついてる小, つかまえ殺し紙, つないで, であった, であったが, であったの, であったもの, であること, でい, でいずれ, でいた, でしきりに, ですね, でなければ, ではござりませぬ, でも三匹, でも道庵, で五円, で八両, で呑み合ってる, で大熊, で庭, で後肢, で牝, で盛ん, で追い廻し, という盛大ぶり, とえび, となっ, となり, とも, ともお, ともさうし, ともその, ともどこ, ともなくし, ともにただ, ともねずみ色, ともます, ともまるで, ともゐなく, ともカンカン, とも三毛, とも不安そう, とも乞食, とも人間, とも今度, とも四百匁位, とも大きな, とも影, とも棕櫚, とも死ん, とも滑らか, とも犬, とも白い, とも静か, とやんま, とを連れ, と一尺, と云う, と出, と居ない, と左手, と数, と數, と死ん, と男, と皿, どうやら片づけた, ながらその, ながら姿, ながら紅い, ならんで, なら逃げたと, なりが小高い, なり犬, にかあらむ, にかぎる, にとつ, になっ, には許されぬ, にペルシア猫, に下さる, に毛生薬, に牝一匹, に着せよう, に等しい, のあり, のうち, のお, のお母さん, のげ, のこと, のこま鼠, のさかな, のすっぽん, のすて, のっかって, のへび, のむかで, のよう, のりす, のアリ, のウナギ, のオス, のオス獅子, のトカゲ一緒, のトンボ, のマムシ, のモグラ, の七面鳥, の世話ぁ, の中年狐, の人獣, の仔, の仔熊, の伏したる, の兎, の内証話, の前, の動物みたい, の友達, の可愛らしい, の問答, の夜, の大, の大きい美しい, の大事, の夫婦ざる, の女王蜂, の家来, の小さいきたない, の小さな, の小熊, の岩魚, の強, の怪しい, の怪物, の怪魚, の手, の手伝, の招き猫, の捨猫, の敵, の斥候兵, の栗毛, の様子, の檻, の毛, の沢蟹, の洞窟蟋蟀, の溝鼠, の濡れねこ, の牝牛, の牝牡, の牝鹿, の牡山羊, の物語, の狗, の猛犬, の猪, の生き物, の生贄, の痩馬, の白幽霊, の白蛇, の睨み合, の端公, の競馬, の縺れあへる, の羊, の美しい, の苔虫, の若い, の虎の子, の蚊, の蛇みたい, の蛇体, の蜻蛉, の蟋蟀, の蟲, の襲来, の見慣れない, の見知らぬ, の親子, の赤, の赤リス, の間, の雌雄, の青蛙, の非常, の顔, の飼い, の首すじ, の馬三個, の騾馬, の鮎, の鯉がた, の鳥, の鶉, の黒, の黒い, の黒犬, の黒駒, の黙示録ふう, の龍殿, はあひるさんところ, はいきなり, はいま自分たち, はいる, はうだつ, はおどろい, はお客さま, はお家, はお母さん, はかなしく, はくっつき合っ, はそこ, はそれ, はそれでも, はどうにも, はどこ, はふくろう先生, はほんとう, はまた, はめいめい自分, はもてぬ, はゆくえ, はフクレツ面, はベツト, は一つ, は上陸, は仕方, は他, は何, は何時も, は再び, は別れました, は前, は劇, は力, は厄介, は同じ, は大変, は夫婦, は宮本さん, は床やさん, は心付き, は必ず, は思はず, は急, は恥かしく, は早速, は柵, は横, は死ん, は残っ, は泳ぎ, は玉, は病院, は胸, は見つかりません, は親, は赤い, は身, は驚き何者, ばかりそれ, ばかりで, ばかりのこおろぎ, ばかり着け足した, ばかり電話口, ひいたの, ひいて, ひっかかって, ひらひらと, へ手, ぼっちの鳩, まじって, まじつて, または三匹, まで殺生, もい, もいる, もいれ, もその, もって, もつれ合いながら, もゆくえ, も吠え, も拾いあげた, も犬, も飼っ, も養っ, よ, より一匹, らしいの, ゐるよ, をかわいがっ, をその, をつれ, をとりち, をのこし, をばさまざま, をまえ, をみんなここ, を借し, を別々, を包ん, を君, を家, を引きはなし, を悪く, を手, を指し, を放し, を曳い, を殺し, を洗面所, を産み, を病院, を結ん, を置く, を診察, を誇らしく高く, を買った, を賠, を轢殺, を選, 乗っかって, 乗ったからって, 作るん, 入れ上, 全然何, 出たよと, 別けて, 売り, 子虎二匹, 寝かして, 尖った鼻面, 居のうなって, 居りましたけど, 居るうち, 引き受けた, 悠然と水, 慌てて, 捕っただけ, 捕って, 捕つて三匹目, 捕へて, 捲き込まれて, 書いて, 未だに住ん, 来るし, 棲んで, 死んで, 残って, 殺した多分, 泳いで, 焦立たしげ, 牽き出しそう, 獲もの, 生き残って, 盗まれたん, 立って, 舞って, 見る凄い, 見付け出すの, 追い込んで, 追ッ, 重なるよう, 釣り上げて, 釣れました, 震えて, 飛び出しました, 駈けて

▼ 二~ (792, 0.3%)

27 間の 23 月も 19 月ほど 17 月ばかり 14 手に, 月の, 眼と 12 刻も, 戸前の, 目と, 言目には 11 目とは, 組の 10 刻ばかり, 癖も 9 月に 7 品を, 眼とは 6 刻, 間つづき, 間に 5 晩とも, 通りの, 部屋に, 間を 4 月前だ, 筋の, 通りある

3 [16件] 刻ほど, 口目には, 品が, 山に, 廻り程, 月と, 月ばかりの, 月ほどの, 月後に, 棟の, 言三言交す, 間, 間しか, 間だけ, 間打っこ抜いた, 間置い

2 [52件] ところも, 七日が, 刻あまり日が, 刻ばかりの, 口, 口の, 口三口啜り, 口三口話を, 品とも, 太刀目が, 太刀目には, 張とも, 張矢が, 役だ, 役で, 役勤める, 心は, 打すさまじい, 押し, 方が, 昔以前の, 昔前の, 時も, 晩か, 晩も, 晩伊之助親方と, 晩夜の目も, 月では, 月ほどは, 月前で, 月前に, 月短く, 月経って, 突き三突き匕首で, 組ありました, 組ある, 言ぐらゐ口返答を, 言ばかり, 足三足行つてから, 通りも, 週り, 道から, 釣瓶まで, 間あり, 間きりの, 間その, 間で, 間と, 間は, 間嘗める, 間想像以上の, 間續き

1 [349件] すじ三すじの, すじ銀色に, たび列車の, ところある, ところだけ, ところへ, とせは, とせ居たる, ばんどまりの, ひろにも, びとせらるべきものではなかつた, びゆかむ播磨路や, びをせむ吾なら, むかし其の, イロあっ, 丁場も, 七日も, 三筋ぢ息喘ませ, 並び三十二個で, 並び居, 側おのおの, 側に, 側へ, 働きでも, 冬も, 冬余りで, 冬目であった, 函という, 切と, 刻あまり何処を, 刻あまり八五郎は, 刻あまり探し抜い, 刻あまり石原の, 刻で, 刻に, 刻の, 刻ばかりか, 刻ほどで, 刻やら, 刻前に, 刻近い, 刻近い間平次と, 勝負ぐらゐ済んだ, 勝負眺め, 包の, 包みの, 包一つは, 叉に, 口か, 口すすった, 口では, 口に, 口にでも, 口ばかり, 口ほど, 口三口無言で, 口三口目は, 品だ, 品です, 品では, 品に, 品は, 土瓶あけ, 坪ばかりの, 坪ほどの, 場面の, 声した, 声ずつ, 声ばかり, 声も, 声三声少年の, 声三声鳴き続ける, 声低く, 声続い, 声鳴きついで, 夏この, 夏ばかり, 夜さしたる, 夜にわたる, 太刀三太刀やり過した, 太刀三太刀目には, 太刀斬, 夫妻が, 子山, 家族を, 峰の, 巡りも, 幅に, 幕目の, 度三度繰返し, 座敷ばかり, 廻りも, 役さ, 役とも, 役勤めた, 役鹽町に, 息に, 戸前とも, 房猟師の, 所まで, 所三と, 手においては, 手の, 打でも, 打眼, 抱えくらいも, 抱えほども, 抱えも, 抱へは, 抱へほども, 抱へも, 抱も, 振りの, 振り右と, 掬ひ, 方いま眼に, 方ご, 方とも, 方には, 方の, 方は, 方へは, 方を, 旒を, 昔, 昔です, 昔と, 昔の, 昔も, 昔前まで, 時代も, 時余りに, 晩だ, 晩だけ, 晩つ, 晩で, 晩といふ, 晩に, 晩は, 晩ばかり, 晩ばかりは, 晩までは, 晩を, 晩三晩寝なく, 晩三晩寢なく, 晩三晩行っ, 晩三晩行つて泊つて見る, 晩何事も, 晩寝通し, 晩寢通し, 晩暮し桟橋の, 晩暮し棧橋の, 晩泊つて今日は, 晩燃えつづけた, 晩留守の, 晩續い, 晩評定所の, 曲りばかり, 月あまりには, 月あまりの, 月あまりもか, 月あまり無事な, 月か, 月が, 月ぐらい, 月ごとに, 月しか, 月たつ, 月たつた, 月だけ, 月でも, 月とは, 月とも, 月にも, 月のちの, 月は, 月ばかりに, 月ばかりは, 月ばかりも, 月まえ, 月めくらいに, 月もか, 月もめえ, 月や, 月ヴィオリンを, 月三月が, 月三月は, 月三月も, 月三月或は, 月三月生き, 月三月近頃は, 月三月通った, 月以上に, 月以来ついぞ, 月余りの, 月俺は, 月六十日間ああ, 月前にも, 月前の, 月前まで, 月前までの, 月寝, 月寢つ, 月彼に, 月後には, 月父井上外記が, 月程は, 月立つ, 月經つてある, 月越しの, 月越し田舎へ, 月越の, 月転地する, 月過ぎ, 月間躯に, 条に, 枝豪快な, 桁目に, 桶の, 棟あった, 棟あり, 棟ある, 棟その, 棟それが, 棟に, 棟外に, 棟脅威的な, 汽車おくらせ, 派に, 片盆も, 猪口三猪口呑ませ, 瓶も, 皮も, 皿も, 皿膳の, 目で, 竿三竿ばかり, 筋, 筋ある, 筋に, 筋犬の, 筋目の, 箱買った, 箸食い始める, 箸食ひ始める, 節の, 節を, 組い, 組に, 組ばかり, 組ほど, 組三組ずつ, 組作っ, 組四人の, 綾の, 缶も, 罐も, 聲三聲悲鳴を, 股に, 股を, 股武者その, 股者, 股者くさい, 股者では, 股者は, 色あります, 色の, 行李に, 親が, 親の, 親は, 親付きの, 言, 言ことばを, 言ささやく, 言で, 言と, 言やさしい, 言三言から, 言三言の, 言三言やり, 言三言やり合う, 言三言弁解を, 言三言悪罵を, 言三言烈しく, 言三言話し, 言云い, 言云ふと, 言口を, 言声の, 言慰め, 言甲子太郎と, 言老人の, 言話し, 足ばかり, 足ばかりに, 足ほど, 足三足その, 足三足は, 足三足此方へ, 足三足歩きかけた, 足三足這入っ, 足寄っ, 通とは, 通に, 通りあつ, 通りありまし, 通りか, 通りしか, 通りに, 通り原稿用紙を, 通り拵え, 道の, 部屋が, 部屋きり其處も, 部屋ずつ, 部屋一緒に, 重に, 重ね出した, 間から, 間が, 間くらいの, 間そこが, 間つづきで, 間であった, 間です, 間ほど, 間ほどの, 間三間を, 間三間先へ, 間三間手前の, 間三間距てて, 間二間先へ, 間元, 間入口の, 間六疊と, 間六疊の, 間占領し, 間形ばかりの, 間打ち抜い, 間打っこ抜い, 間權之助と, 間死骸は, 間目の, 間続きの, 間續きの離屋には, 間續く, 間鉄童が, 間鐵童が

▼ 二三日前~ (727, 0.3%)

19 の晩 18 のこと 12 の事, の夜 7 の雨 5 から, から風邪, に, に来た, に私, の新聞 4 からこの, からまた, から寝, から行方, にお, に降った

3 [11件] から急, から病気, にある, にその, にそれ, にそんな, にもお, に見た, の朝, の話, までその

2 [56件] からお, からここ, からどうも, からもう, から一人, から作り始めた, から出す, から出る, から大, から家出, から宿, から寝込ん, から少し, から泊りこん, から私, から起き, から釘, さ, でした由松, では日, にあの, にこの, にちょっと, にね山, にふと, にもこんな, にも一度, にも何, に一度, に作つた許, に來, に初雪, に古道具屋, に君, に失くし, に小野, に帰っ, に帰った, に平次, に手紙, に東京, に死んだ, に父, に積んだ, に読んだ, に逢った, に鞍馬, の, の夕方, の或, は一人, までは郵便配達夫, まで私, もこんな, より御用, 帰って

1 [460件] あの人, あの婆さん, あの子, あの辺, あるいかがわしい, ある友達, ある料理店, ある本, いやひょっとしたらまだ, うけとった多, お懐しい, からあがっ, からあそこ, からお待ち, からお母さま, からお母様, からかぜぎみ, からからだ, からこっち, からし, からしきりに, からすこし, からその, からそれ, からだらけ, からである, からです, からといふもの, からにんにく, からね毎日, からの寝, からの悪, からの曇り, からの私, からの行乞, からの雨, からの風邪, からはじまっ, からはっきり, からは事, からわるかっ, からゐなく, からアイちやん, からコークス, からサヨリ, からチュニス, からヴェルサイユ門, から一寸, から一度, から一組, から万有還銀術, から不眠, から中橋氏, から二日がかり, から二階, から今日占領, から仕事, から伊香保, から休ん, から休暇, から会社, から佐渡屋, から体, から余所, から例, から俄, から僕, から全く, から八月, から冷蔵庫, から切り, から前, から副官, から取, から右眼, から向う, から呼吸困難, から咽喉, から変, から太宰君, から女学, から女郎買い, から妙, から姿, から子供, から学校, から安治川岸, から完全, から実家, から実弾射撃演習, から家, から宿屋, から寢, から少々, から少しく, から帰らねえ, から引っ越す, から当地はめッきり, から後, から徹夜, から成田樣, から戦場, から持ち越し, から日傭取り, から東京, から梅雨, から橋, から歯, から江戸, から泊り合せ, から泳ぎ, から混雑, から港内, から熱, から用人, から白っぽく, から着々, から禁漁, から秀麿, から稀, から節約, から紛失, から組合, から絵, から続い, から綾吉, から肝胆, から腰部, から草むしり, から落葉, から蒼白, から薄々, から行方不明, から見えなくなっ, から読みかけ, から貴美子, から赤ちゃん, から趣向, から運動場, から遠方, から鉛筆, から開業, から降り, から降り続い, から預けられ, から頼まれ, から風心持, から香川, から馬鹿, から鼻寺, か韮山, この問題, この気勢, こらえ切れなくなって, さる所, すでにそこ, そういう時, その庭師, その男, たい, たしかに見た, だったお前, だったろうと, で, であったが, でした, でしたが, でしょうか, ですが, ですがね, で丁度, で百貨店事件, とはすっかり, と云え, などは学校裏, なのよ, なら竹光, にあつ, にうけ取っ, におれ, にお隣, にかう, にさんざん, にすでに, にずっと, についた, につゆ子さん, にとうとう, になっ, になり, にね何心, には, にはあの, には中, には僕, には口惜し, には国境ヴェステルバーゲン, には拷問倉, には政治談, には数ヵ月, には朝, には賢二くん, にひま, にひょっくり, にふい, にふった, にふっと, にまた, にみすぼらしい, にもう, にもそう, にもちやう, にもなア国学院, にもやってき, にもタマムシ, にも子供, にも明君, にも柳橋, にも猪, にも薄闇, にも見本, にも読み返した, にも隨分強意見, にも高嶋屋, にやって来, にやって来た, によんだ, にわかれた, にわたし, にカラス, にキッ, にツイ, にピアノ, にフロラ, にホテル, にホラ, にメイ, に一人, に一寸, に七首, に三四日, に三日, に上京, に久慈, に乗車, に予行演習の, に二人, に人, に今度会社, に伊香保, に会談, に伺います, に保吉, に倒れた, に倫敦, に兄, に先生, に入院, に八日八夜, に其話, に出, に出た, に刈つて, に刑務所, に参りました, に受け取った, に地震研究所, に外した, に大阪方面, に太宰君, に夫婦, に奉公, に始め, に学校, に學, に小山, に小梅, に岡田, に巻き上げた, に平湯, に庭前, に弟, に当分望, に思兼尊, に急, に押入, に持っ, に撮った, に改造社, に教会前, に明けた, に暇, に書きあげたけれ, に會つた一人, に木元, に来, に松本伊豆守, に板橋, に森川さん, に椎茸, に横浜, に死にました, に比べる, に気がついた, に水鉄, に決心, に治子さん, に深川辺, に独逸, に猪, に猿子橋, に田原, に田舍, に病気, に白井道也, に百姓, に百花園, に石辰, に祖父さん, に突然, に立てた, に笠屋町, に紙, に聊か, に聞きました, に腹, に自殺, に芝居, に芳秋蘭, に行った, に許された, に誰, に讀んだ, に豊世, に買, に買った, に買つて, に買立, に起床, に越し, に送り出しました, に這, に這い出し, に這入っ, に通りかかった, に郁文堂, に郷里, に酉の市, に配給, に金澤, に降, に隣り, に雪, に頂戴, に髪, に龍, のゆうがた, のよう, のルリ, の出来事, の北海道, の土曜日, の夕, の大風, の女, の妻, の御, の徳, の恐ろしい, の悪戯, の新聞紙, の日附, の明方, の晩ここ, の晩偶, の會見, の深更, の激雨, の誰か, の豪雨, の通り, の鉄道事件, の難問, の雪, の風, の風雨, は居住区, は首縊り, ひよつと, ふと夜店, ぶらりと沢屋米穀商, へ遡ります, まで, までうつ, まですっかり, までそこ, までの主人, までは一念ただ戦い, までは三, までは夏服, までは好い, までは官等, までは時計, までは現在, までは老母, まで一刻, まで一月余り, まで不足, まで九太, まで休ん, まで土, まで幾組, まで床, まで烈しい, まで病院, まで知らなかった, まで自分, まで西洋人, まで読まなかった, まで通つて, まで風邪, もあなた, もね奥様, もやっぱり, も七つ, も半日近く, も寄合, も市場, も朝, も本郷, も空襲, も維也納, も電車, も黒田策太郎, よりはあたたかい, より夫, より毎日二, より深く, より稀代, らしい, わざわざ権田原先生, 初めてこの, 初めて辻氏, 古い反古, 失って, 始めて, 已にこの, 御本丸, 思い切って, 或る, 来たばかりさ, 激しく雨水, 突然碇泊中, 総司令部, 若い人たち, 若樣, 行った時, 迄に籍, 迄其所, 飛んで

▼ 二~ (724, 0.3%)

7 の興行 6 の大, の発作 5 では, の地震, の時, の訪問, は必ず, 第三回 4 の, のとき, の訊問 3 あった, か三回, の航海, も三回

2 [38件] あって, ある, あること, くらい出る, であった, には, に分け, に及んだ, に此, に牽く, のあと, のところ, の会議, の入浴, の公判, の失踪, の拷問, の攻撃, の東京地震, の注射, の烈震, の犯罪, の私, の総, の試み, の誕生日, の選挙, は, は浦粕座, ばかりで, も康子, も空襲警報, やった, やれば, や三回, 会って, 終って, 聞えたが

1 [575件 抜粋] あったが, あったそう, あったよう, あつた, あらわれて, あり後者, あるピアノ, ある晦日, ある筈, いつも同じ, いらして, うたった, おこうと, おこなわれる, お小休み, かある, かけて, かと思ふ, かのごく, からご, からはその, からはもっと, から中村又五郎, から百三回, が二日, が今月, が済んだ, が終る, きまった日, くらいつかまえられれ, くらいづゝ其処, くらい集まった, ぐらいずつ繰り返される, ぐらいまわっ, ぐらいやっ, ぐらい沐浴, ぐるぐるまわりました, しかありません, しかない, しかも一回, しかも毎回数十分, しか使, しか出, しか運転, しないと, すなわち昨夜, すんで, ずつあの, ずつここ, ずつしかなかっ, ずつの割合い, ずつの注射, ずつは士分徒士, ずつは草, ずつ午前中, ずつ向島, ずつ呶鳴り, ずつ来, ずつ東京, ずつ発熱, ずつ破産, ずつ説教, ずつ髭, せられたの, その次, その老, たとえ僅か, だか, だけだった, だけで, だけである, だけです, だけどね, だけの兵糧, だけ同衾, だけ時, だけ書いたら行こう, だったの, だって澄し, つづけたきり, つづけて, であって, であり一回, である, でい, でかけた, でその, でやめた, でよす積もりであった, で三万六千円, で五月, で五銭, で冬場所, で十分, で半, で四百円, で大して, で弾条, で日中, で春, で楽, で満会, で終ります, で終る, という同志, といふ, とか五十回, とか会合, として一年分, として来年一月, とは反対, とは大いに, ともブレシントン, ともレーヤーチーズ, とも乗った, とも二百人以上, とも五月中旬, とも毘盧遮那佛, とも節穴, とオルゴール, と三, と二, と全く, と同, と少し, と更に, と書かし, と眼, と言ってる, と重ね, ならずかなり, なり, にされ, にしかない, にした, にすぎなかった, になり, にのせる, にはやはり, には三角点測量標, には木下杢太郎氏, には海浜, には知名, には船中徒然, には顔, にまでわたっ, にもわたっ, にもわたり, にも上る, にも十円, にわけ, にわたりて閣下, にわたるこんな, にわたるなど沙汰, にわたる不思議, にわたる改修, にわたる爆発, に一度位, に三百円, に上っ, に亘り, に亙り, に亙る, に仕入れた, に入営, に分たる, に切っ, に又, に及び, に及ぶ, に受取った, に増し, に幼弱, に必ず, に払った, に於い, に止まらず, に注射, に減らされ, に渡る, に約, に紹介, に至っ, に行, に語られ, のいっせい, のお, のおり, のが, のこと, のこの, のなか, のみ, のみあれ, のん, のオルムヅ攻撃, のヒルトン, のミサ, のメーデー, のラジオ放送, のロンドン大会, の万国平和会議, の上覧闘犬, の上願書, の世界ピオニェール大会, の世界大戦, の中, の主宰神, の乗換, の乱伐, の予約配本, の事情聴取, の休暇, の会見, の体操, の体験, の値上げ, の全員定休日, の公判廷, の冒険, の出帆計画, の出戦, の出現, の分, の加賀様, の半ば, の原稿, の反, の取調べ, の吉原遊行, の吟味, の国名, の執筆禁止, の塾生募集, の変死事件, の夜行, の姪の浜事件, の実験, の宣教師会議, の宵, の小, の屈曲, の屋敷, の展覧会, の強震, の往復振動, の後, の徒渉, の微震, の徴収, の恒例昇給, の戦い, の戦いこれ, の戦争劇, の戦闘, の手紙, の払暁時, の挿圖, の掃除, の授業, の授賞者無し, の探検旅行, の探検隊, の探険, の文化擁護国際作家会議, の文化擁護国際作家大会, の旅行, の日当支払日, の昇給, の春, の暗黒公使事件, の東方平和論, の椿事, の水浴, の決戦, の注射事件, の洪水, の測量地, の演奏会, の演説会, の爆撃, の爆発, の特別附録, の町飛脚, の発作参照, の発行, の発見, の直通列車, の突撃, の競技会, の競馬, の給与, の総会, の聴取, の興行とも, の航空船, の船長捜索, の花盛り, の落水, の葉子, の術, の表口, の表彰日, の裁判, の覚醒以前, の観劇会, の記念日, の評議あたり, の試験, の詮衡, の調査, の講演会, の議会, の質問, の輸入, の通信, の運動時間, の間, の雷雨, の霊祭, の非常時興行, の面会, の馬市, の驟雨, はいずれ, はいりそこら, はおちつい, はかならず, はその, はね, はもっと, は三十六年, は上京後, は上野, は五人, は五月二十七日, は井の頭, は共に, は冬, は勝ち角力, は十一月二十一日, は午後十二時, は吉田口, は和蘭, は好かれ, は宣教師館, は小, は明治三十五年十一月, は昼八時, は朝, は案外, は渡った, は相当, は矢張板挟み, は私, は習慣, は聞く, は自分, は行われる, は辛い, は酒井, は鈎先, は鋏, は閣令休暇, ばかりの診察, ばかりひろば, ばかりも診察, ばかりトロット, ばかり全く, ばかり出席, ばかり吉村氏, ばかり新聞, ばかり焼い, ばかり物, ばかり瞬い, ふるごと, ほどずつ集まっ, ほどめぐった, ほどブダペスト, ほど信長, ほど春, ほど書面これ, ほど木の実, ほど甲斐守自身, ほど見, ほど面会, ほど食堂, まえを, まがった富士見町, また一回, までは村社, までもこの, までも或, までも攘夷, までも破壊, まで上告, まで会, まわせば, もあった, もきっと, もこんな, もされた, もしくは数回腸, もしました, もバス, もボート, もリヨン市, も伊吹山方面, も便所, も入選, も勝利, も左側湿性肋膜炎, も廻っ, も廻った, も搾り上げられ, も来ました, も殺人, も筆写, も縄暖簾, も螫, も見なかつた, も調べ, も負け, も關西方面, も電話, も颱風, やったが, やって, やって来るの, やらせて, やり帰宅, よりも更に, より九年目, らしい, わざわざ知人宅, をやり, を受持った, を築地, を返した, を通じ, を開いた, 乗るバス, 休んだが, 会ったきり, 伺っただけ, 全同盟マルクス, 出して, 出たが, 出て, 分けて, 又は三回, 受けたきり, 可楽, 各十分, 合わせて, 同じ程度, 吸い暫く, 変った, 廻って, 我が中村屋, 打って, 折った一枚, 揺れた, 新美術人協会展, 書きためたり, 来た, 来て, 歌って, 焼き捨てるの, 牽くつもり, 牽く積, 目だつたか, 程海岸, 終ったの, 終りすぐ, 終ると, 続けて, 繰り返しそれから, 繰返した上, 繰返して, 聞いたきり, 聞いただけ, 聞こえるだけ, 落合った偶然, 行っただけで, 行って, 見たこと, 見たると, 見回って, 訪れただけ, 読むん, 負けたのみと, 迄の対戦, 迄敵刄, 返して, 遊んだが, 重なれば, 集った, 頷く, 鳴りしばらく

▼ 二三年~ (720, 0.3%)

57 の間 23 のうち 19 も前 16 の頃 15 の後 10 して 8 この方, のあいだ 7 になる 6 のころ 5 たって, 経って 4 すると, たってから, のこと, の月日, まえから, まえに 3 かかって, の七月, の中, の夏, はこの, は何, まえの, もしたら, 経ってから, 経つうち

2 [39件] いたこと, おくれて, か四, このかた, このかた風邪, したらあんな, するか, たつてから, だ, でしょう, にその, にブランド教授, にレーニン, のころ品川楼, のクリスマス, の内, の時分, の裡, の野天暮し, はまだ, は平気, は待たなけれ, は旅, ばかり前, ほどの間, まへまで, もたっ, も奉公, も昔, も経った, も過ぎ, やって, を過ぎ, 思っても, 経てば, 続けて, 臭いメシ, 見ないうち, 過ぎてからの

1 [409件] あの人, あるいは四, あると, いきましよか, いやもうすこし, いやもっと, いやもつ, いわれつづけて, おかしくなった, か, かかつて, かかると, かかる所業, からだ, から一八三三年, から二十年前後, から二箇年, から四, から四五年, から明治六, から浜子, から維新後, かれが, か三, がすぎる, がところ留守, がほどというもの, が十年, が瞬く, ぐらいのとき, ぐらいはかかる, ぐらいほっ, ぐらい私, この方電気ブラン一杯, さえじっと, しか洋行, したらもう一度, したら本堂, したら田舎, したら結婚, してから, すぎて, すっかり堅く, ずつズレ, そのま, そのままに, その位, その弟さん, そんな事, たたぬうち, たちました, たった, たったとき, たつた後, たつて, たてば, だが, だけでもそういう, だすそれ, だつた, だね, だよ, つ, つづいた後春琴二十歳, つづけて, つとめ続いて, であった, であり或は, であるが, でおれたち, でございますね, でと予想, でなくて, でなく一生, では, でもう, でも愛, でやれる, で仕上げる, で僕, で元服, で天然色時代, で姿, で帰る, で廢止, で必ず, で沢山, で猫背, で皺, で終わっ, というとき, というもの, という先入観, という年, という観念, といふのさ, といふもの, とどまつ, とんと日光, と云え, と申しとう, なの, なり, に, にあの, にかけて, にこれ, にその頃, になっ, になりましょう, になります, になるだろう, にはまだ, にはアセニウム倶楽部, にはアムボイナ島, にはテナルディエ, には二, には外郭, には最高会議, には死亡, には約, には諸, にもなる, にもなるだろう, にわたって五, にわたるあんな, にシャム軍, にノーベル文学賞, にパリ, にモンフェルメイュ, に一ぴき, に一度, に一度位, に二十, に優秀, に八名, に出版, に変った, に富士登山, に廃戸, に或, に改訂, に書かれ, に止り, に目立っ, に私, に第, に終る, に至る, に芽, に遂に, のあ, のあい, のあいだ家, のあら庭, のうぢ, のお, のその同じ, のとき, ののち, のばす由, のま, のみを自ら, の不, の世相, の中間期, の九月二十日, の事, の五月, の交, の交情, の伸子, の作, の作曲, の価格騰貴, の修業, の八月十五日, の凶作, の出生, の分, の初夏, の十月, の博愛的活動, の地震, の変化, の夏じゅう, の引き続い, の後田部君, の戦争, の戦役, の日, の日子, の春, の昼夜, の時, の晩年, の正月, の歳月, の歴史, の狂い, の生活, の知合, の知己, の礼奉公, の私, の経済界, の経験, の經驗, の豊年, の辛抱, の間どこ, の間夏, の間日本, の関東, の頃三田文学誌上, の頃伊原青々園, の頃獨逸, の頃鴎外先生, はあちこち, はあなた, はあまりに, はいつも, はおれ, はかなり, はことに, はその, はそれ, はたちまち, はだめ, はとし, はどうも, はどんな, はまことに, はまた, はまったく, はまるっきり, はまるで, はむりだと医者, はもと, はよく, は一葉まがい, は交際, は何とか, は働く, は公判廷, は勤め, は受合, は合, は国家, は夏, は大丈夫, は寝, は寿命, は年, は幼かっ, は引込みます, は彼, は復古政府, は心待ち, は恰も, は我慢, は支えられる, は放浪, は新潟, は本所, は東京, は水の手, は泳ぎません, は淋し, は煤け, は生き, は生きる, は目, は経っ, は野原, は非常, は頓斗姿, は食, ばかりは先生, ばかり全然, ぶらぶらし, へかけ, ほどい, ほどが一, ほどは別れ, ほど前, ほど手許, まえある, まえおまえ, まえすでに, まえまで, まえ罪, まえ要は, まけて, までの三カ年間, までは幸福, までは秀才中, までウェスト・ポイント, までパリ, まとめての, まへに, みっちりやる, めき, めきめきと, めきめき肥っ, もい, もいた, もおい, もし, もしくは七八年, もすり, もそこ, もたつ, もたつたら, もたて, もっぱら電波, もない, もまえ, もまだ, もむずかしゅう, もやつ, も世帶, も以前, も努力, も存命, も寺, も居る, も後, も思ひ切, も浄瑠璃, も濃やか, も着古し, も稽古, も米国, も経っ, も経ったら, も経つた, も過, も過ごした, も長生き, も露都, やらないと, やろがい, をいつのまにか, をしのい, をへ, をまだ, を一期, を出でずし, を打ち過し, を数へた, を病, を眺める, を経れ, を経済, を距, を送りける, を過ぎた, を過す, を除い, ズレると, デ取, 休みたいと, 会ったこと, 会わなかったうち, 保って, 働いては, 出なかったっけ, 勤める積, 寝たり, 待てと, 悩んだが, 懸けない積, 或は四五年辛抱, 然うだ, 特に激しい, 生きて, 留り居予, 益々複雑多岐, 目立つやう, 程というもの, 程流行遅れ, 空いて, 立ち或, 立って, 経たば, 経った, 経つた, 経つて, 経つと, 経て, 続いたと, 置き位, 致します, 致せば, 行って, 読んだこと, 追われずくめ, 通ったこと, 遊んで, 過ぎた, 過ぎると, 過ると, 長ければ, 雇ったこと, 預かっても, 頑張れば, 食らい込むん, 養って

▼ 二~ (707, 0.3%)

11 つづきの 10 しかない 8 か三間 7 の距離 6 ばかり先, ほど離れた 5 の家, ばかり離れ, も先, も離れ, や三間 4 の彼方, を借り

3 [16件] あって, つ, と離れ, に足らぬ, の床, の押入, の間, ばかりある, ばかりのところ, ばかりの間, ばかり降りる, ほど前, ほど隔てた, ほど離れ, もある, 離れて

2 [49件] あつた, あるか, ある二階, あれば, か二間半, がお, しかなく, その底, つづきに, である, で主人, とはない, と隔たらない, にし, に仕切られ, のうち, のこの, のところ, の中, の古ぼけた, の小, の床の間, の鉄, ばかりにつくりたる, ばかりの処, ばかりの竹竿, ばかりの部屋, ばかり上, ばかり前, ばかり向う, ばかり左, ばかり滅多, ばかり離れる, ほどの空間, ほどの高, ほど先, ほど高い, もさき, も三間, も上, や三間先, をぶち抜いた, をぶっ, を先生, を打, を抜い, を隔てた, を障子, 離れかけた自転車

1 [480件] あいてるん, あった, あまりある, あまりに硝子戸, あまり飛ん, ありそれ, ある, あるから, あるき出して, あると, ある小屋, ある部屋, かせいぜい, かそこ, かと記憶, からある, からなり, から成つて, があ, があり, ががらん, がホール, が付い, が必要, が板敷, が続い, が表側, くらいでも十分, くらいなり, くらいの放射室, くらいの深, くらいの高, くらいはあるであろう, くらいまで釣り場, くらいもある, くらい借り, くれたくないよう, ぐらいかなり, ぐらいに見える, ぐらいのあら壁作り, ぐらいのところ, ぐらいの厚板, ぐらいの四谷丸太, ぐらいの床店同様, ぐらいの所, ぐらいの柱, ぐらいの棕櫚, ぐらいの竹竿, ぐらいは確実, ぐらいを領し, ぐらい縦七, ぐらい離れた, ぐれえは, この頃, ころげて, さがったまま, しかなかっ, しかも精巧, すなわち十二尺, ずっと通し, ずつ這い上がる, そっくり占領, その辺, それから庭, たがいに, だけで, だけであります, だけの住居, だけの家, だけの座敷全体, だけの長屋, だけよりない, ちかづいて, つづき, つづきそれ, つづきであるが, つづきで六畳, つづきもう, つづき裏梯子, であつ, でお, でどう, でみんな坑夫, でも三間, でも引込もう, でギューギュー, でバスルーム, で上, で仕切, で入口, で内儀, で国咲がま, で奥, で少し, で犬, で續, で胴, で階段, で飯, という, というの, という厚, という所, という間取り, とき, となっ, とははなれ, とははなれない, とは行かなかったろう, とは距, とは隔たぬ, とは離れぬ, とは飛べず, とびのくと, ともあるまい, ともくずれる, とも藁ゴミ, と上った, と云っ, と互いに, と先, と出ない, と台所, と台所つき二畳, と座敷二間, と玄関, と鑑定, と離れない, なので, ならんで, なら一月分, なり三間, なる家, にこれ, にたらぬ, につくり, になっ, になつて, になり, には襤褸布団, にひかえ, にもあまる, にも足りない, にわれら七人, に三間, に三間位, に九尺, に二間半, に伸びた, に住居, に余り候, に備後表, に別れ, に台所, に四畳半, に奥行三間, に満ちた, に畳んだ, に箪笥, に過ぎず, に配られ, に限られ, に食卓, の, のあなた, のうち一間, のお, のかなた, のしぶき, のみなれ, のやわらかい, のよう, のガラス窓, のトタン屋根, のドーナツ, の一方, の上, の二つ切り一本, の二本竿, の二階家, の二階造り, の仏壇, の住まい, の余, の先, の吊棚, の地下室, の堂宇, の報償道路, の壁, の大, の小さい, の屋体, の差, の幅, の広, の店, の廂房, の戸棚, の所, の收納所, の新道, の板敷, の水嵩, の汚, の火屋霊堂, の空気, の立派, の竹竿, の竿, の縁側, の背後, の茶屋, の襖, の貸, の貸家, の遠, の銀, の長い, の長屋, の隔て, の障子, の離れ, の高, の鮒竿, の黒塀, はあらう, はいったら, はごくきちんと, はそのまま, はたしかに, はねとばされたが, は下, は十分, は古い, は父, は狭い, は竹, は進んだ, ばかりあ, ばかりお, ばかりしかなく, ばかりずつ真直, ばかりで, ばかりと覚しく, ばかりに見, ばかりのだらだら, ばかりの一軒, ばかりの上流, ばかりの丸太, ばかりの切れ目, ばかりの前, ばかりの土橋, ばかりの坂, ばかりの堀, ばかりの堤, ばかりの室, ばかりの家, ばかりの寂しい, ばかりの小, ばかりの小川, ばかりの座敷, ばかりの所, ばかりの掘割, ばかりの杉並四分板, ばかりの東京出来, ばかりの柱, ばかりの栗, ばかりの橋, ばかりの沼堀, ばかりの渓流, ばかりの石垣, ばかりの砂, ばかりの竿, ばかりの紫, ばかりの細い, ばかりの細長い, ばかりの舟, ばかりの船板塀, ばかりの薬研式, ばかりの表座敷, ばかりの谷, ばかりの貧弱, ばかりの距離, ばかりの路, ばかりの金箔, ばかりの隔たり, ばかりの離れ, ばかりはいずり, ばかりはなれた, ばかりは四つ, ばかりもある, ばかりも切れ, ばかりも歩き出した, ばかりも離れた, ばかりを初秋, ばかりを隔て, ばかりケシ, ばかり下, ばかり位, ばかり倒れ, ばかり側面, ばかり其室, ばかり太, ばかり奥, ばかり後, ばかり後ろ, ばかり手前, ばかり新橋, ばかり泳い, ばかり畳, ばかり疊, ばかり真直, ばかり路, ばかり近く, ばかり退い, ばかり進む, ばかり隔, ばかり隔つて, ばかり隔て, ばかり隔てた, ばかり隔り, ばかり離れた, ばかり飛, ばかり馳せ, ばかり高, ぶち抜き, ぶっと, ほしいなどという, ほどあり, ほどある, ほどが板敷, ほどきり, ほどさき, ほどしかない, ほどその, ほどだけ上げられ, ほどな, ほどになった, ほどになる, ほどのところ, ほどのひろ, ほどのナチュラリズム, ほどの二階建てコンクリートづくり, ほどの前, ほどの堤防, ほどの外, ほどの大, ほどの太い, ほどの小さな, ほどの幅, ほどの所, ほどの手前, ほどの窓, ほどの藪, ほどの距離, ほどの鉄, ほどの長, ほどはなれた, ほどもない, ほども出, ほども離れた, ほど上げ, ほど下, ほど出, ほど向う, ほど壊され, ほど座敷, ほど後, ほど後方, ほど御, ほど投げ戻される, ほど押し上げ, ほど有っ, ほど横ッチョ, ほど歩い, ほど越え, ほど距, ほど速, ほど隔たり, ほど隔て, ほど馳, まぐち, もあいだ, もあり, もありまし, もあるでせう, もあろう, もうしろ, もかぶっ, もす, もずらし, もの高, もはなれ, も占領, も彼方, も後れ, も後退り, も振りとばされ, も来た, も行く, も退き戻した, も遠く, も離れた, も駈ける, や三間間口, をあけ放した, をこえ, をひと, をぶちぬいた, をぶつ, をへだてた, をブッ, を一人, を一夏, を主人夫婦, を仕切った, を仕切る, を使った, を借りた, を友人, を君, を専領, を打ち抜い, を掠める, を明け放した, を界, を義士たち, を行き尽くす, を計る, を越える, を越し, を距, を隔つる奥, を隔て, ウロウロし, 下りて, 並んで, 乃至二間半位, 使って, 動かない, 大尺, 引きずられるうち, 歩いた, 歩き出した岩, 歩くと, 流されながらも, 滑り落ち辛うじて, 程あつ, 程に近づく, 程のひどく古めかしい, 程の下高井戸駅通り, 程の大広間, 程の疊, 程も外, 程も離れ, 程北の方, 程斜め, 程進軍, 程隔, 程隔て, 程離れ, 程離れる, 続いた隠居所, 続いた離座敷, 続の, 置き位, 置き位い, 行きなさいます, 行ったと, 行っても, 転がり三間, 這いのいたが, 進んだ時, 長さ十間, 離れると, 離れ三間, 飛び退きながら, 高さ一間, 高さ四間

▼ 二~ (688, 0.3%)

7 か三分 5 であった, に発揮 4 だ, と六十八文, に, に持っ 3 です, とたたない, になっ, に噴水, もした, を期し

2 [56件] あった, か, か一兩, か三分の間, ぐらいは何, しかない, しか無い, ずつ, だった, であつ, である, では, で済む, で買った, で貸しました, と七百四十八文, と少し, と穴, と経たない, と香奠, にある, にし, に之, に充たされね, に其の, に整っ, に満足, に知っ, に賣, に迄昇つて, に酔っ, のお, のこと, の幸福, の御, はその, は借り, ばかり, ばかりあと, ばかりそれ, ばかりの金, ばかり経つ, ばかり青年, ばかり黙っ, ほどの後, もする, を此處, 乃至七分, 借りたの, 借りて, 出して, 死んでからでも, 残るか, 経っても, 過ぎても, 長さ七八分

1 [525件 抜粋] あったとは, あった何, あつた, あり, ありました, ありやっぱり, ある, あるよう, ある大身, ある海音如来, おくれても, かが流れ, かそこ, かそこら, かで広島, かと思った, かどう, かの汽車, から三両内外, から九度四五分の間, から六度二分, から成り立っ, か一両, か三分ぐらゐのあひだ, か三分の金, か三分の銭, か三分位, か三分前, か三朱, か何, くらいの青虫, ぐらいしかかからない, ぐらいで帰ります, ぐらいな, ぐらいね, ぐらいのところ, ぐらいの時間, ぐらいの貴重, ぐらいの道, ぐらい下, ぐらい後, ございますわ, しかいってなかった, しかうれなかった, しかたっ, しか入っ, しか売れなかった, しか時間, しか経っ, しか見せない, じゃが, すぎて, ずつにした, ずつの祝儀, ずつの臨時税, ずつやる, ずつ取立て, ずつ眼, ずつ磨り減らされ, ずつ礼, ずつ置い, ずつ遣る, ずつ隣, せられたる人, せられて, その祕密, たっても, たつと, たつ中, たてば, だけは仮, だけれども, だけ掛けた, だけ歌, だけ自分, だったと, だったとは, だったもの, だってさほんと, だと, だという, ってえ, づきの, てえば, で, であったから, であったろうもの, であります, でありますが, であり東照公, でか, でこう, でこれ, でした, ですか, ですから, ですが, でその, でまたは, でもあれ, でもい, でもそらあかん, でもどう, でもカッ, でも三百, でも彼, でも早く, で単語, で売り払って, で新, で止つて, で燃え尽きるだろう, で爆弾, で目方, で立ち, で買つた道具, で越後, で鵠沼, とあたかも, とある, という, ということ, というところ, というふう, というよう, という値, という時間, という端, といっ, といふ, とかいうン, とかかった, とか一分, とか五十六人, とか村, とか金半分, とそれ, とたたぬ, とちょっと, となった, との減給, とはかからなかった, とはかかりますまい, とはなかっ, とは経たない, とは経っ, と一貫, と二百五六十文, と云う, と云っ, と失われた, と島田宿, と思, と懸らぬ, と掛らない, と書類, と有し, と水八分, と決め, と決戦兵器, と硫酸マグネシウム二分, と窒素八分, と経っ, と脇指, と証文, と話せない, と迫り寄せ, と過ぎ, と銭百六十文, ないし九寸五分, などいう, なの, なので, ならし, ならしむれば, ならず人数, なりとも, な個性, な確信, にあげる, にあつ, にうまく, における無残, にこころ, にご存じ, にしか通用, にしよう, にせね, につき, につながっ, にとうとう, にとどめた, にと味, にどやされた, になった, には立たせなくする, には紐育, にま, にまで見せ, にみる, にむしろ, にもっ, にもの, にも三両, にも十五分, にやらない, にわり込ん, にマドロス, に一寸五分の鳥の子, に三年町, に上方勢, に下, に仕事, に低下, に例, に信じ, に健康, に備わっ, に傷つけた, に働い, に働かし, に働かせ, に働く, に典, に出し, に出しゃばるべき, に出来, に利用, に効, に効果, に参り, に取り揃え, に受け, に口, に同情, に君, に味, に味つて, に咲い, に堪え, に売り, に多く, に夜行, に好意, に始, に威厳, に実現, に察せられる, に實ら, に尊敬, に張つて, に強調, に強靭, に当る, に得る, に御, に心得, に急, に恵まれ, に意識, に感受, に懲, に所見, に承認, に持ち合わせ, に持ってるで, に持つ, に捜査, に教育方針, に教育設備, に有, に有る, に果たし, に桜, に楽しんだ, に歓, に歡, に此山脈, に武装, に汁, に沸き立ち, に注意, に活用, に活躍, に湧い, に準備, に潜ん, に濟ん, に照明, に熱った, に物, に現在, に理由, に疑っ, に発散, に發揮, に相当, に相成ります, に着きます, に研究, に確か, に端, に終った, に絶命, に美人, に考えられる, に能通, に腹, に自覚, に至らないで, に花, に行われた, に裏, に要心, に覚悟, に觀察, に觀賞, に証明, に認め, に認める, に説きつくし, に読み得られよう, に調べた, に謙遜, に負いましょう, に負け, に買, に質, に身じたく, に輪作り, に遂行, に酒, に酩酊, に酬いる, に醉拂つて, に霞ん, に馳走, に驚くべき, に高慢二分, のところ, ののち, ののち参事官, のもの, の有頂天, はああ, はお, はかかり, はかかるだろう, はくれる, はすぎた, はもっと, は三ヶ日, は取られる, は大した, は屹度, は懸るでしょう, は持ってるだろう, は支度, は旦那, は疑い, は確, は質物, ばかりあたり一面, ばかりあった, ばかりし, ばかりしか無い, ばかりたったら, ばかりだ, ばかりだんまり, ばかりに殺し, ばかりの時間, ばかりの白紙, ばかりの穴, ばかりの蚤沙魚, ばかりの間, ばかりの間隙, ばかりもじもじ, ばかりも待った, ばかり入っ, ばかり前, ばかり大根漬一両三分, ばかり小高く, ばかり待っ, ばかり応待, ばかり応接室, ばかり残っ, ばかり炭三両二分, ばかり突っ, ばかり笑い, ばかり経っ, ばかり緑褐色長円形, ばかり過ぎ, ばかり醤二両一分, ほどかかるでしょう, ほどしかかかりませんでした, ほどしかなかっ, ほどずつ受け, ほどちがってる, ほどで, ほどののち, ほどの長, ほどの間, ほども伸び, ほども外部, ほども延ばし, ほどスフ, ほど凹みます, ほど加え, ほど喋り, ほど待っ, ほど発熟, ほど這入った, ほど長, ほど間, まえ, まえという, まだ意識モーロー, まではいい, まではずもう, までは発熱, まで四十秒, まで缺測, もあっ, もあつ, もかからぬ, もかすまい, もしない, もたたぬ, もたったろう, もどこ, もやれねえ, も三分, も出た, も多く, も持っ, も残らず, も経つ, も置, も美女, も覚束, も覺束, やそこら, より早く, をうく, をうけとっ, をとどこおり, を乗じた, を出し, を刻み, を受けとっ, を奪, を所持, を指し, を此処, を示し, ヲ占メ, 乃至三分間, 乃至五分方, 入れた財布, 出した物, 出しますと, 出せ其替り, 即ち一日, 又一二分, 取り出して, 取出し然, 同じく茄子, 大戦乱, 差し上げる, 持つて, 持て来い水引, 時には寸余, 欠けたら何, 残し, 残して, 残って, 残る, 殖えたの, 渡すぞと, 着戸隠, 着第, 程おくれ, 程のび, 程の間, 程延びた, 程椅子, 立って, 経って, 経つた, 経つても, 経つと, 考えた末, 考えて, 考へた末, 考へて, 話しただけ, 迄又, 遅れて, 長さ一寸五分, 長さ八寸

▼ 二週間~ (649, 0.3%)

21 ほど前 13 の後 10 に一度 8 の間 7 もたった 6 ばかりたった, ばかりの間 5 のうち, の停学, ほどし, もたつ 4 か三週間, たって, になる, の休暇, の野球見物, ばかりで, ばかり前, ほど経っ, もしたら, を経

3 [13件] がわたし, たっても, というもの, とたたない, と訪問, の予定, はかかる, ばかりする, ばかり逗留, ほどたった, ほどまえ, もすれ, も早く

2 [44件] あれば, しかない, たつても, だけれど, でさがし, です, で全治, といふもの, と旅行, にこつこつ, にし, のご, ののち, の内, の寿命, の日, の時日, ばかりし, ばかりまえ, ばかりもこの, ばかり夜, ばかり床, ばかり待っ, ばかり滞在, ばかり留置場, ばかり過ぎた, ほどたっ, ほどはなにごと, ほど以前, ほど後, ほど慌しい, ほど経つ, まえの, もたて, も三週間, も旅行, も経たぬ, も経て, や三週間, 早く雪, 程し, 程前, 経った, 経つと

1 [391件] あった, あまりいて, あまりすぎて, あまりたつ, あまりにな, ある, あるいは一月, いる中, おくれて, おやすみに, お暇, か, かかったが, かかったと, かかって, かかっても, から一ヵ月, か前, がかうし, がなるべくゆっくり, がまたたく, がアト一日, が一個月, が夜, が彼, が来, が私, が過ぎ, が過ぎた, くだらぬ奔走, くらいで, くらいで読了, くらいのうち, くらいの交替勤務, くらいはたしかに, くらいも早く, くらい居られない, くらい早く, くらい経った, ぐらいいささか, ぐらいたった, ぐらいだろう, ぐらいはかかる, ぐらいまえな, ぐらいも前, ぐらいブラブラ, ぐらい前, ぐらい本, ぐらい滞在, ぐらい着, ぐらい行田, ぐれえにしか, こういう原始生活, この市, この方, しかその, しか彼女, しか経たなかった, したら四十露里, すぎた, すぎたが, すると, た, たたないうち, たった, たったら貸しただけの, たった今, たった今日, たった或, たつた, たつと, たらずの, だけ一緒, だけ化学, ちかくも, ちかく興行, つづきました, つづけたあと, つづけるん, で, である, であるか, でいい, でお, でこう, ですっかり, ですむ, でもいい, でもことに, でももっと, で別れる, で和, で大抵, で帰る, で打ち切り, で撲滅, で書く, で火星, で直る, で立派, で終, で行けます, で読める, で退院, というところ, というもの日記どころ, という約束, といへ, とすこしたった, とはなりません, とは随分, ともたたない, と云う, と五日, と持ちません, と昔, と決めた, と禁酒, と科学的, と経たない, と経っ, と経つ, と続かなかった, と續, と見積った, と通つて, と過ぎた, なりお, なり女房, なんて診断, にならない, になり, には両親, にもあ, にもなったでしょう, にもなる, にわたって行った, にわたる不安, にわたる連続上演, にトルーマン, に二階, に亘る, に余る, に八十四ルーブリ, に出せる, に達した, の三週間の, の上, の上演順序, の不在, の余, の余り逗留, の余裕, の停学処分, の傷, の冬休み, の努力, の労働賃金拾壱円也, の労働賃銀十一円也, の安静, の強行旅行, の後彼女, の後禽, の快, の旅, の旅程, の日数, の日限, の猶予, の留守, の砲撃, の約束, の終り, の航路, の見聞, の訓練, の講習, の豫定, の軽傷, の追加休暇, の遊び, の過ぎ去る, の遠出, はありました, はうまい, はお, はかかり, はかかるであろう, はこの, はじまります, はたつ, は全く, は夏休み, は安静, は待ち, は待っ, は殆ど口, は瞬く, は禁足, は結婚式, は結構, は過ぎた, ばかし静か, ばかり, ばかりいる, ばかりかかった, ばかりが寿美子, ばかりさっぱり, ばかりでアガる, ばかりで行っ, ばかりと云う, ばかりにし, ばかりのこと, ばかりの予定, ばかりの旅費, ばかりの苦心, ばかりはここ, ばかりは彼等, ばかりは毎晩地べた, ばかりは續, ばかりもそんな, ばかりも泊っ, ばかりも滞在, ばかりも経っ, ばかりも過ぎた, ばかりやる, ばかりを全く, ばかりミュンヘン, ばかり一生懸命, ばかり京, ばかり厄介, ばかり同居, ばかり己, ばかり建築事務所, ばかり彼等, ばかり後, ばかり手紙, ばかり拘留, ばかり早く, ばかり暮し, ばかり来ない, ばかり泊まった, ばかり滯在, ばかり病床, ばかり経ちます, ばかり経っ, ばかり経った, ばかり経つ, ばかり経つた, ばかり給金, ばかり続いた, ばかり続け, ばかり置い, ばかり臥, ばかり行つて, ばかり警察, ばかり費し, ばかり非常, ばかり頭, ぶっつづけに, ほどけいこ, ほどすぎ, ほどする, ほどたいがい後楽園, ほどたちました, ほどたつ, ほどちっ居, ほどで書いた, ほどなにごと, ほどになります, ほどになる, ほどにもなる, ほどのこと, ほどの滞在中一度, ほどの豫定, ほどの間, ほどゐた, ほど七度, ほど入院, ほど寝, ほど待つ, ほど後で, ほど旅行, ほど滞在, ほど熱, ほど病みつきまし, ほど經つて, ほど行きたい, ほど見なかった, ぽつちです, まえから, まえに, まえよ, もいっ, もかかった, もかかる, もかけ, もこの, もこんな, もし, もしたら眺められる, もしましたら, もすぎ, もする, もその, もそれ, もたたない, もたったら, もつ, もの日, もばったり, もやったら, もらいは, もゐれ, も修養, も前, も安静, も寝, も居る, も帰つて, も延びた, も引つづい, も待たなけれ, も後, も手首, も暮らし, も根氣, も此処, も治療, も着のみ着のまま, も立った, も経, も経っ, も経つ, も経つた, も經, も続け, も船, も通え, も過ぎ, も過ぎた, も過ぎる, も野原, やってきて, よすぐ, よりもっと, をすごした, をふた, を二回り, を公休日, を暮し, を私, を経た, を繪鞆, を要した, を要す, を過ごした, を限つて請暇, 休む者, 何ともいえぬ, 余り過ぎた, 待ったって, 待っても, 愈々地球, 或は一ヶ月ぐらゐ遲, 打っ続けに, 早くかえって, 早く治った, 早く消し, 早めること, 暮して, 書かないで, 生きること, 程する, 程で過ぎた, 程の間, 程ぶらぶら, 程余計, 程無駄足, 程留守, 程立った, 程経, 程経つ, 程經つて, 程育つ, 経ったら帰って, 経ってからと, 経つ時分, 経てば, 経とうと, 続くの

▼ 二十分~ (647, 0.3%)

97 ほどする 6 である 5 か三十分, ほどし, もたった, 経っても 4 か, ぐらい, です, はかかる, ばかりの間, ばかり前, も経った, や三十分

3 [18件] から三十分, から四時三十分, ぐらいの間, ぐらい前, とはかからない, にし, になっ, ばかりし, ばかりの後, ほどのあいだ, ほど後, ほど経つ, もかかる, もする, もたっ, も前, やる, 程し

2 [55件] から三十分の間, たって, だと, であった, では, でゆかれた, で済みます, で済む, といふの, とたっ, とたつ, とはかからなかった, と經, になる, に出発, に此処, はかかった, は私達, ばかりする, ばかりたつ, ばかりやっ, ばかり経つ, ほどたっ, ほどのち, ほどの時間, ほどの間, ほどまえ, ほど前, ほど焼く, ほど話し, まつよろしい, までに停車場, までの間, もある, もか, もかかっ, もした, もしない, もたつ, もつづいた, も下る, も待った, も経っ, も遅れ, も過ぎ, も間, やって, よ, 坐れば, 程のうち, 程のち, 程の後, 程遅刻, 経ち三十分, 考へて

1 [409件] あれば, いじょう, おくれて, おくれると, かかつ, かからないかも, かからなければ, かかりません, かかるなど, かけて, かせいぜい, かそこら, かにかえって, かもしれない, からがいつ, から九時の間, から五十分, から八時, から四時, から待たせられ, から正午, から菊田一夫作, か三十分位, か三十分後, か見せ, がたった, が程, が経過, が過ぎた, きっかり, くらい, くらいし, くらいで, くらいなり, くらいの行程, くらいは続いた, くらい峠, くらい歩く, くらい経っ, ぐっすり寝入る, ぐらいし, ぐらいしかたたない, ぐらいしかならん, ぐらいたっ, ぐらいだろう, ぐらいで到着, ぐらいで運ん, ぐらいにしかならん, ぐらいに出, ぐらいのこと, ぐらいのところ, ぐらいの節約, ぐらいはかかる, ぐらいまえ, ぐらいむこう, ぐらいもごてつい, ぐらいゴタゴタ, ぐらい休み, ぐらい後, ぐらい経ったろう, ぐらい話, ぐらい話しこんだ, ぐらい過ぎ, しかない, して, すぎて, すぎても, それから例会, たちました, たったと, たったら帰って, たっても, たつか, たつた, たつと, たらずで, だか, だぜ, だった, だったの, だよ, ちかい時間, ちかくも, ちかく歩きました, って, つまり英国, て云ったら, であつ, であるが, でいける, ですわ, でその, でも, でも了解, でも好い, でも欠伸, でやる, でウラジヴォストク, で全く, で出来ます, で分る, で土, で坊主小屋, で往復, で手, で支倉, で槍ヶ岳, で済, で漁場, で漸く, で発つ, で終った, で絶頂, で道, で達せられる, で隣座敷, で頂上, という, というもの, という奴, という途方, といふこと, といふ危, とかからない, とさだめられ, としない, とたたずん, とたたぬ, となり, となります, とはかからぬ, とはかからぬであろう, とはたたない, とはもたない, とは経たない, とは言, とは驚いた, と十二時二十分, と待った, と無言, と立たない, と答, と経たない, と経たぬ, と経っ, と経つ, と行きつ戻りつするなら, と規則通り, と過ぎ, ないし三十分, なので, なり三十分, なり多少, なれば, なん, にあの, において北, にここ, にしよう, には和田, には峯, には目ざす, にふみちゃん, にハネ, にフェンチャアチ停車場, にリバプール街, に五人, に亘る, に出, に出火, に女中, に峠, に来たでしょう, に東京駅, に濁沢, に生れました, に發, に真, に着す, に茶屋, に茶臼山, に駿信国境, のころ, のところ, のもの, のトゥルーズ行, の下り, の名古屋発, の名古屋発東京行, の東京発, はあまされ, はたっ, はだいじょうぶ, は残っ, は蝦, は過ぎた, ばかりある, ばかりい, ばかりおくれ, ばかりか, ばかりかかる, ばかりかかれ, ばかりその, ばかりたっ, ばかりたった, ばかりだった, ばかりで, ばかりです, ばかりにし, ばかりにザツ, ばかりねばっ, ばかりねむる, ばかりのぼる, ばかりの休憩, ばかりの演説, ばかりの距離, ばかりぼんやり, ばかりも, ばかりもたちました, ばかりも思う, ばかりも自動車, ばかり休息, ばかり息, ばかり接見, ばかり時間, ばかり曵い, ばかり来る, ばかり枕元, ばかり歩いた, ばかり演説, ばかり經, ばかり群衆, ばかり花井氏, ばかり行った, ばかり里勇, ばかり間, ばかり雑談, ほどお嬢さん, ほどかかっ, ほどがらん, ほどが経った, ほどします, ほどすぎ, ほどそこ, ほどたった, ほどで, ほどです, ほどで空襲, ほどで自動車, ほどの所, ほどの距離, ほどの道, ほどは姿, ほどもいねむる, ほどもかかった, ほどもします, ほどもたった, ほどもつづきました, ほどもまわっ, ほども待たされました, ほども待つた, ほども怒り, ほども瞶め, ほども走ります, ほども雑木林, ほども静か, ほどよりない, ほど休ん, ほど何, ほど待たされ, ほど待つ, ほど江戸川, ほど泣い, ほど経っ, ほど経った, ほど経つた, ほど縦走, ほど茫然, ほど話しつづけた, ほど走る, ほど迷っ, ほど過ぎ, ほど過ぎた, ほど間, ほど黙った, また左, まっすぐ宿, まで, までにおい, までには社長室, までに會社, まで三人, まで引きつづき, まで社長室, まで立っ, も, もあと, もあります, もいたでしょう, もおくれた, もおさえつける, もかからう, もし, もしたら, もすれ, もそう, もそのまま, もたたない, もたつたであらう, もでたらめ, もぼくら, もらくらく, も三十分, も二人, も坐っ, も寝, も寝た, も居, も廻っ, も待たされ, も待たし, も後れた, も息, も指井, も捻っ, も歩く, も登っ, も立つ, も経た, も経たぬ, も経ちましたろう, も緊張, も脈動, も行った, も走っ, も走った, も走りつづけます, も走る, も車, も遅れた, も過ぎた, も銀, も駛ら, も默つて由松, も黙, やそこら, やり, やりすぐ, やり大, や三十分の時間, よくなった, より, よりも五分以上, より可, より長く, より間, をとっ, をひっそり, をもって東京, を以て漸く, を指し, を楽, を要するであろう, を費さない, を費し, を過ぎた, を過ぎる, 乃至一時間中ニアソコノ一室デイカナル, 乃至三十分の勘定, 何とかの, 即ち年前九時, 小窓, 待っても, 早めて, 演じた, 片貝谷, 着十一時四十分出発, 程お, 程かかっ, 程のもの, 程の距離, 程ひろ子, 程もじっと, 程もする, 程も尚, 程やり, 程われわれ, 程奮闘, 程姿, 程私, 程立つ, 程経つ, 程行つていた事, 経った, 経つて, 経つても, 費やした, 費やして, 起き, 近い時間, 近く進ん, 進めて, 進んだという, 進んで, 遅れて, 遅着, 過ぎた, 過ぎて, 長いとき

▼ 二~ (628, 0.3%)

16 あり 14 ありて, のもの, の別 13 あって 12 がある 10 ある 6 あるが, あること, の宝物 5 ありと, に区別 4 あつて, あり一, の話, の過去帳

3 [13件] あった, あると, しかない, すなわち他人, である, に大別, の, の区別, の女, の物, の系統, の考え, 有り

2 [48件] あります, あるの, あるのみ, あるも, あるよう, ある一, か三種, があっ, があり, となすべし, となる, なり, になる, に分かれ, に分け, に分れる, に属し, に過ぎない, のうち, の動物, の勝法, の化學藥液, の地名, の型, の好例, の実在, の幻想, の建議案, の廻向, の文学, の枝, の民族, の民衆, の油, の活力, の異, の異なる, の科學的哲學, の藥液, の語, の間, の靴跡, は其の, は外界, や三種, を造れり, 入って, 出て

1 [356件] あってな, あつた, あつたらしく其うち, ありなぞと, ありましょう, ありますから, ありますが, ありより, あり一ツ, あり南, あり即ち, あり四十年, あり新教中, あり旧い, あり第, あり虚怪, あるおかず, あること瓢, あるし, あるすなわち, あるなり, あるは, あるべし, あるもの, あるやう, あるらしい, あるを, あるん, ある二種, ある種族, あれども, かけて, からの変わりたる, か三色, か極めて, か残し, があった, がありまし, がインゲンササゲ, がバター, が一番, が二大手法, が五部, が古事記, が最も, ぐらいを販売, ござるの, しか料理, しか残さぬ, しか画集, しか觀賞, すなわち遠方, そのフロリダ州, たしかにある, だが, だけだった, だけで, だけ用意, だつたらうくら, であった, では, で他, で脚, といたします, といふこと, とし, としてこれ, として説明, となす, となり, とは吾輩, とは理怪, とは辯證, ともタイラギ, と同, と同じ, と等しき, なくその, などが嚆矢, などである, にし, にすぎない, につき, にて大, になった, になつて, にわかつべき, に使い分けられた, に分かち, に分かつ, に分れ, に分れざる, に分類, に區別, に及ぶ, に在, に属す, に過ぎざる, に關係, に限られ, に類別, のいい加減, のいわゆる, のこと其他, のちがった, のばら, のやう, のシプレア・モネタ, のチサノキ, のプラス的要素, のレコード, の上着, の不可思議事, の不可思議智, の中普通一般, の事実, の事業, の亡魂, の人々, の人物, の人生, の人間, の仕事, の他, の代表的, の仮性同色表, の何とか, の例, の信仰對象, の偶合, の元素, の光線, の光象, の共鳴器, の内, の出來上り方, の分子, の利害, の卵, の原因, の取, の取合せ, の命名, の和讃, の品物, の商人, の問題, の回向, の土器, の墨田區地圖, の売淫婦, の変化, の大豆, の太刀数, の奇事異聞, の女性, の委員, の子安貝, の学科, の宗教, の定まり, の宝, の実際, の小さい, の差別, の差異, の帽子, の役目, の心情, の忌言葉, の思想, の性質, の恐ろしい, の恐怖, の恩人, の悪事, の意義, の懸念, の我相, の手長猴雑居, の技芸, の政治状態, の文學, の文芸, の文芸上, の新聞, の方法, の映画, の木の実, の概念, の様式, の権威者, の機関, の歌, の正本, の武器, の歴史家, の毒酒, の求める, の法, の法例, の法諺, の注文, の流俗, の源泉, の火, の灯り取り, の物語, の特質, の犠牲奉仕品, の状態, の猛獣, の珍, の略系, の皮, の相, の相貌, の石棒, の研究方法, の社会, の神器, の神話, の科学者, の秘密藥液, の穀物, の立て物, の竜王, の糞, の純粋直観, の結婚様式, の絵具, の総, の罪人, の罪人乃ち自然, の罰, の群居, の義, の考思, の耳飾, の股引, の自殺, の舞, の舟, の般若, の良心, の色調, の花, の花びら, の芸術, の苔, の茶器, の草, の著書, の薬品, の虫, の表, の裳, の製作家, の規則, の記録, の訳本, の詩, の詩人, の話し方, の請願, の論者, の財貨, の貼紙, の資本, の賞, の賞牌, の趣旨, の輸送機, の週刊新聞, の運命われ, の道徳, の道理, の部類, の酸漿, の野菜, の鉢植, の鋤, の鏡, の階級, の障礙, の雀, の露西亜塩筋子, の音楽, の類型, の風, の食事, の香, の香液, の馬, の高, の魂魄, の魔人, はあつ, はこれ, はた, はない, はわが, は他人, は以上, は内界一方, は反抗心, は同じ, は奉行所, は少し, は左, は当時東京, は日本, は日本松樹, は牢内, は白シヤツ, は皆熱帯産, は短期, は第, は耳, は裁ち, は随分, は飜譯, ばかりだつた, ばかりの食物, ばかり出来た, まず他所, もある, もない, よ, よりも多く, をはつきり感じ, を下, を以て大別, を出でず, を分かち, を分かつ, を分離, を列記, を厳に, を変態, を小児養育料, を穿きたる, を聴き分ける, を選り出し, を選ん, 出すに, 出来おり美事, 即ち狭義, 及び第, 好具足, 有りし事, 有ります, 有り形式, 有り長, 知れいるが, 設ける程度

▼ 二~ (613, 0.2%)

9 も三ツ 7 になる, の道 5 の人影 4 ならんで, にし, に折っ, の影, の死骸, の眼, 並んで

3 [18件] ある, か三ツ, になっ, に分け, に分れ, に割れ, に成, のこと, のもの, のドア, の出来事, の包み, の姿, の宝石, の目, の箱, も荷物, 持って

2 [58件] あった, あっても, ありその, あるが, から金八, か三ツ年上, がある, しかない, つくりて, などと絶叫, ならべて, にすれ, になり, に一ツ, に分ち, に切, に割, に割け, に割っ, に割つ, に割られ, に折れ, に砕け, に破り, のうち, のタイプ, のトランク, の古墳, の場合, の大, の屍体, の山, の市, の弓, の性格, の星, の流義, の現象, の理解, の生命, の目玉, の童話位, の耳, の膳, の部屋, の首, は冬, は社, ばかり重ね, ぶらさげて, もうへの, をかの, をとらず, を出し, 並びて, 並べて, 出て, 掛りありて

1 [387件] あったとか, あって, あつたら, あつて, あづかつて, あらわれて, あり, ありき, ありけり曰く牡丹咲, ありましたよ, あります, あり記名, あるから, あるの, ある可, あんな小娘, いって, いるの, おかみさん, お秋, お酒, かきつく, かたりきかせ, か三ツ失望, か多く, がいつダブる, がカチカチ, が一ツ, が合一, が合流, が東京, が残っ, が空中, が立とう, が重なっ, が重なりあっ, が関係, くくり枕, くらいとっ, くれたり, ぐらいしかなかっ, ぐらい慕蓉, こして, しかれて, しか違わない, ずつがッくり, ずつのマッチ, ずつ包んでる, ずつ卵, ずつ平行, ずつ竹行李, ずつ続いた, ずつ貰っ, その一つ, その前歯, その竹囲い, たがい, たたきつぎつぎ, だから, だが, だけです, ちょこなんと揃っ, ついたりけり, つづけて, つんでは, であった, であと, できるという, ですが, ではあります, でも何, でタクサン, で中程, で十四銭, とあるべきでない, とあるべきで無い, というの, となから, となり, ともう, ともチャン, とも一緒, とも其, とも同じ, とも手許, とも水, とも無くなっ, と増え来り, と斧, と申事, と白銅, と見えし, と轄, と香, ながらヒサ, ながら割れ, なしだ, なって, ならず咄嗟, ならぬをも, にくらべ, にさい, にせらる, にたたんだる, につぎ, になった, になったら, になつ, になつて落, になれ, になろう, にはお, にはなれた, には君, には妻, には娑婆, には金持ち, にも三ツ, によく, にわかれ, にわり, にわれ, にわッ, にチョン, にパッ, にポッキリ, に仕切, に仕切っ, に入りきれない, に出ざる, に分かれ, に切られ, に別れ, に割った, に割れた, に割ッ, に引き裂いた, に役, に惑った, に成つた, に截, に折, に折った, に挾まれた, に斬りこむ, に断られ, に断り, に斷, に水, に耽り, に裂い, に裂けた, のうしろ影, のお, のお櫃, のどちら, のみなる, のイビキ, のカゴ, のヒヤロー, のマッチ, のレコード, の七輪, の三角形, の中間, の乳, の事柄, の亡き, の人格, の仏像, の作中, の光り, の光りてらす, の共通点, の円い, の写真, の別, の剣, の劇場, の力, の半円, の南京袋, の卵, の原因理由, の名前, の告白, の問題, の壁, の声, の外, の天蓋, の奇妙, の奉行所, の奥, の女, の子供, の寝床, の小, の小さい, の小さな, の岩岬有, の差, の市街, の年病死, の影法師, の心, の思想, の怪事, の恋, の情, の愛, の戸口以外, の所番地, の扉, の手のひら, の拳, の文字, の新た, の時, の木剣, の木枕, の村, の枕, の棒, の椰子, の欄, の欠食児童, の殺人, の民族, の気持, の河口, の泥づくり, の湯のみ, の漁港, の焔, の物, の猪口, の珍妙, の理想, の相, の相良金吾, の真, の真珠, の眸, の眼球, の短篇, の筆跡, の篝火, の翼, の脚, の自供, の色, の茶碗, の蕪, の蝶, の親骨, の角, の言葉, の談話, の質點, の赤玉, の足跡, の道場, の銃声, の鏡台, の間, の雑誌社, の電報, の面, の顔, の首瓶, の骨壺, の魔物, の魔風, はこの, はさまって, はめて, はアベコベ, は一ツ, は度々, は手代, は是, は特に, は現在, は親類筋, は角, は電車, ばかりあった, ばかりの, ばかりの卵, ばかりの猿股, ばかり上, ばかり噛む, ばかり噛ん, ばかり年かさ, ばかり握, ばかり揺, ばかり眉, ばかり突き上げる, ばかり薄, ばかり降り, ばかり靴, ばかり頭, ばかり頷い, へギッシリつめ, ほどあり, ほどある, ほど一時, まで据ゑ, まとめて, もあった, もか, もった廉品, もてば, もはいり, もぶらさげた, もらい, も兄, も年長, も暗闇, も用意, も荷, も鳴らせ, やつて, や三ツ, より外, をこちあ, をしらべ, をば社会, をまとめ, をもっ, を一まとめ, を一度, を一筋, を三和土, を同時に, を尽し, を着し, を紙, を軽く, ヲ入, ヲ獲, 並べたよう, 並べた夜具, 並んだ間, 入れた, 出して, 双びていできたり, 叩く, 叩くの, 叩くを, 合して, 合せると, 合わせて, 咲きぬいづれも, 少シ飛ビ離レタ一二尺高イ空間ニ唇ガ二ツ, 建てるだけの, 打ち三ツ, 打った, 折りの, 持つこと, 持つて, 採れば, 暑い覆面, 書いたもの, 書いて, 残ると, 浮かせて, 生写し, 置いて, 落ちて, 見開いて, 話しませう, 起きた二日, 運んで, 重ねた上, 重ねた足台, 鋳付けて, 開いた, 開く筈, 附けたるは, 隠くし, 頷いた丹平, 食べるの, 鳴った, 鳴つた, 鳴りぬアヽ

▼ 二~ (595, 0.2%)

19 も三里 18 の道 16 もある 9 の間 8 ばかり離れた 7 や三里 6 にし, の山路, の路 5 でも三里, の余, の所, ばかりある, ばかりにし, ばかりの道 4 に近い, の道程, ばかりで, ばかりの所, ほどある, ほど歩いた 3 か三里, に余る, の洞, の長丁場, ばかり向う, ばかり行く, ほど奥, ほど行っ, も来た, も沖

2 [43件] である, です, で千住, で草加, といふ, とは行くまい, と云, にある, の地, の川上, の彼方, の松原, の距離, の途, の険道, はなれた, は歩け, ばかりあ, ばかりあります, ばかりに間瀬口, ばかりの急坂, ばかり來, ばかり参ります, ばかり大蛇, ばかり来た, ばかり歩いた, ばかり行きます, ばかり進ん, ばかり隔たった, ほどの所, ほどの道, ほど上, ほど先, ほど行く, ほど離れた, も來, も奥, も隔, を隔, 歩いたの, 歩いて, 行け, 過ぎた

1 [330件] あまりありました, あまりある, あまり走る, あまり隔たる, あゆみとう, ある, あるいた頃珠運様, あるか, あると, あるは, あるもの, ある広島, あろうという, かそこら, かまさか, から四里位, から泳いだ, かズッ, か二里半, が堅い, が平気, くたびれ果て, くらいなる, くらいのところ, くらいの道のり, ぐらい, ぐらいしか飛ぶ, ぐらいの夜道, ぐらいはある, ぐれえなもん, さえ越し, じゃ, そして汽車, その川, その辺, たらずです, たらずの, だよ, ちかくも, ちかく奥, ちかく歩い, てく, でご, でございます, ではきかない, ではきかぬ, では次第に, でも跣足, でも踏み出す, で有水, で都合四里位, で隣り, で麓, という道のり, といえ, とかいうの, とちよ, とは歩い, とも参っ, とも思ひなせ, とを同一, と呼ばれ, と森, と登っ, と聞いた, と聴いた, と覚しい, と言, と隔てた, なりといふ一行落膽, なり三里, にも伸び, にも余るでしょう, にも及ぶ, にも達しよう, にわたり四日間, にわたる, に一宿, に三軒, に亘っ, に亘る, に少し, に有名, に歩き, に聞ゆ, に足らぬ, に遭遇, に餘, のあなた, のい, のところ, の丁場, の上り, の割合, の北, の土手, の場合, の外, の夜道, の小石坂, の山坂, の山道, の峠, の峻坂, の幡ヶ谷, の平野, の急坂, の感じ, の曠野, の本, の東山村, の森林, の泥濘, の焼け路, の田圃道, の登り道, の絶望, の街道, の谿間, の近, の逍遥道路, の道のり, の遠, の遠き, の遠方, の闇路, の難路, の龍爪山, はありましたろう, はある, はござりましたでしょう, はたしか, はヨタ, は下らなけれ, は山道, は愚か無駄足, は歩いた, は田圃道, は私, は踏越, は離れたであろう, は飛ばし過ぎる, ばかしの峠, ばかり, ばかりあるく, ばかりさかのぼる, ばかりしかない, ばかりその, ばかりそれから, ばかりというよう, ばかりの土手, ばかりの在所, ばかりの堤, ばかりの奥利根川, ばかりの小布瀬, ばかりの峠, ばかりの樹蔭一つ, ばかりの海上, ばかりの深い, ばかりの田圃道, ばかりの谷間, ばかりの間, ばかりはなれた, ばかりは汽車, ばかりもあります, ばかりも山, ばかりも来た, ばかりも歩いた, ばかりも躋, ばかりも離れた, ばかり上, ばかり上つた所, ばかり上り下り三里, ばかり下, ばかり下っ, ばかり下り, ばかり下ります, ばかり丸子, ばかり乗った, ばかり乘合馬車, ばかり出迎え, ばかり前橋, ばかり北, ばかり大変嶮, ばかり山, ばかり山奥, ばかり手前, ばかり来, ばかり東, ばかり東南, ばかり東方, ばかり桃川, ばかり歩きつづけました, ばかり海岸, ばかり渓沿, ばかり田畑, ばかり登ります, ばかり登る, ばかり行かなくっ, ばかり送っ, ばかり進む, ばかり進め, ばかり遠く, ばかり降っ, ばかり降る, ばかり隔, ばかり隔たる, ばかり黒河, ほどしかない, ほどしかなかっ, ほどずつも東京, ほどずつ離れ, ほどでありました, ほどな, ほどな額田郡細川村, ほどの, ほどのところ, ほどの先, ほどの地点, ほどの山奥, ほどの山道, ほどの近所, ほどの長, ほどの間, ほどはいった, ほどはなれた, ほどは本, ほどは歩いたろう, ほどは歩かなけれ, ほども来る, ほども歩い, ほどを桜狩り, ほど下っ, ほど奔, ほど山, ほど岬, ほど手前, ほど曳き, ほど歩い, ほど西, ほど逃げ伸びる, ほど遡った, ほど隔, ほど隔たる, ほど離れ, まで奮迅, も, もあらん, もあり, もありませう, もあるく, もあるべく, もおくれ, もございましょう, もさき, もつ, もの山道, もはずれた, も先, も先きの城, も入る, も十里, も向う, も引籠つた所, も徒歩, も提燈, も村, も来る, も歩い, も歩かんならん, も歩きました, も水, も行かね, も行く, も行った, も覚束, も退いた, も通っ, も遠く, も陸地内, も隔つた停車場, も離れ, も離れた, より歩行, をこえず, を出でざる, を彼, を徒歩, を歩い, を歩め, を赤松村, を足, を隔てた, を馳せ, 下り一里半, 下ると, 乃至二里半, 乃至十里, 乃至四里, 乗る事, 出たところ, 半なり, 半歩み巨勢, 半舟木駅, 半西条駅, 半許上流, 半餘, 去下野国界二百七十四里, 少し馬返し, 思い立ったら歩けぬこと, 或は深く, 暮れて, 本駄賃, 来ては, 歩いたら泊まれるかと, 歩いたん, 歩いても, 歩きました, 歩くと, 歩むつもり, 登っては, 行く, 行っては, 近い山下, 近い道, 進むにも, 進んで, 隔たってるその, 離れた森, 飛ばして

▼ 二番目~ (591, 0.2%)

25 の娘 24 の兄 181311 の子, の弟, の息子 9 に, のお, の姉 8 の子供 6 の女の子 5 では, の伜, の兄さん, の妹, の抽斗 4 だ, のもの, の女, の抽出, の者 3 と三番目, の伯父, の大事, の棚, の物, の男, の鳥居

2 [42件] か三番目, が, が先, が彼, が酒, ぐらいに大切, です, に出した, に構え, に菊五郎, に行方不明, に高い, のお嬢さん, のテエブル, の一刀, の二十一, の児, の大, の女房, の子ども, の子息, の字, の室, の引出し, の手紙, の時, の物持, の男の子, の石, の絵, の虫, の角力, の車, の部屋, の釦, の鍵, の雪, の首, の駕, は中, は菊五郎, は酒

1 [287件] から大切, があと, がおり, がしつかり, がまた, がよい, がパンギ, が八犬伝, が呼び込まれた, が女, が始まった, が始まりました, が安達原, が寺本さん, が新作, が池田, が注文, が源氏店, が矢野龍渓, が開きます, が鳳紋賞, ぐらいに重症, それからあと, だった, だと, だよ, で, であって, であり第, である, で四人, で石油, で見物, というその, という品, といっ, とかろうじて, とし, としては広津柳浪, との間, とまで大切, なん, にい, にいる, にえらい, にきれい, にねた子, にはこの, にはわざと, には僕, には動物, には寿美蔵延若, には洗濯婆さん, にキミちゃん, に偉い, に入口, に刎, に同じ, に坂倉屋助七, に大きかっ, に大切, に居ります, に彼ら, に据ゑられた時, に数えられた, に新作, に来た, に校長先生, に歩い, に死ぬ, に狙われるだろう, に生れた, に着いた, に知られた, に私, に立っ, に組みあはせられる, に續, に致しましょう, に花, に行きました, に請取, に讀んだ, に重い, に鉄水母, に音次郎君, に馬岱, に黄色い, のあま蛙, のあれ, のお姫様, のお嬢様, のお子さん, のしんしょ持ち, のそれ, のでも, のところ, のはじ, のまだ, のむすこ, のシン, のジャックリイヌ, のダイナマイト, のハドウ, のパラグラフ, の一人, の不動明王, の世話舞台, の中, の事, の事件, の二階, の人, の人造人間, の令嬢, の伯母, の何とか, の使い手, の來國俊, の侍, の侍者, の俊次, の倅, の像, の元, の八重子, の内, の円朝物, の出し物, の判事, の原因, の台, の右側, の吉野山, の吊, の同じ, の問名, の問題, の地位, の坊主, の場合, の士蔵, の声, の外題, の大切, の大理石像, の太, の太鼓, の奴ア, の妻, の姉さん, の娘子, の孫娘, の宗太, の宝, の宝石, の小さい, の屍体番号, の席, の幕, の廻り道, の引き出し, の引抽, の弟さま, の御子, の恋人, の息子さん, の慎造, の成績, の戸, の所作事, の扉, の手合八五郎, の探検隊員, の攝津, の教師, の新, の曳出し, の書簡, の木, の来, の松若, の椅子, の槍, の樹, の武二郎, の歯, の母, の水狐族, の法会, の淵子ちやん, の灰色, の特長, の猿, の王, の皇后, の益太郎, の監視人, の直次, の真理, の眼鏡, の私, の秋彦, の突起, の窓, の竹垣, の籤, の糸, の綱, の綴音, の綺堂物, の線, の繁, の罰金, の義兄貞之助, の羽根, の老人, の肉, の脚本, の若旦那, の英人, の葉書, の蝋燭, の行李, の見上げる, の規矩男, の谷, の貴重品, の赤毛布, の路用, の踊子, の道, の鈴, の鉄造船, の銃士, の鞣革胴, の願い, の食物, の馬, の馬子, の馬車, の駅, の高木, の鮨, の鰯, の鳥, の鳥居の, の黒, はお, はアントニヨ佐左衛門, はトリコロール, はトロフィーモフ, はヴァイオリン, は二代目嵐璃寛, は円朝物, は半焼, は名前, は堀川, は大分手間, は嫌, は宇喜田, は家橘, は山羊, は我当, は普通, は松之助, は桜痴居士, は権十郎, は死んだ, は病気全快, は私, は脇田君, は蒋敬, は許されない, は誰, へのあの, へ前, も三番目, も済ん, をお, をそのまま, を出した, を支, を目下起稿中, を眺め, を見はぐっ, を言った

▼ 二十人~ (575, 0.2%)

5 ばかりの人, ばかりの者 4 の部下, ばかり

3 [14件] か三十人, に揃, に近い, の人間, の義党, の警官, は浮い, ばかりいた, ばかりで, ほどの武士, もいる, もの抜刀隊, も三十人, を越す

2 [38件] かかっても, ちかい一団, では, と見, ないし五十人, にちかい, になる, に余る, の一隊, の中, の侍, の兵隊, の同心, の女, の女たち, の女工, の家士, の少年探偵団員, の明暦義党, の死人, の粉ひき男, の級友, の警官隊, の頭目, はいる, は殺した, は防寨, ばかりの人足, ばかりの生徒, ばかりの見慣れない, ほどで, ほどの生徒, も, もかかっ, もの人, もの眼, もの若い, や三十人

1 [439件] あまりに迷惑, あまり集り, あり, ありますから, あるいはもっと, あるなし, いじょうなのです, いたもの, いるとき, おっても, からあった, からになります, からの人間, からの同勢, からの団体, からの警固, からの警官, からも怪我, から一万, から三十人, から上, から八十人, から調べた, がいつ, がそろい, がゐる, が一年, が到着, が厚く, が四十人, が岩, が関の山, が關, くらい, くらいになった, くらいのもの, くらいはいる, くらいもいる, くらい虫, ぐらいしか残っ, ぐらいずうっ, ぐらいそして, ぐらいであった, ぐらいです, ぐらいでよろしかろ, ぐらいともかく, ぐらいな, ぐらいの坊主頭, ぐらいの工員, ぐらいの群, ぐらいの老幼男女, ぐらいの舞妓達, ぐらいの警官, ぐらいははいれた, ぐらい掛っ, ぐらい解雇, ぐらい貝, こう見え, しか来ない, じゃございません, ずつに新, ずつを手分け, ずつ偵察, ずつ轎, ずらっと, そこそこと, だけ抽籤, ちかいかと, ちかい常連, ちかい情夫, ちかくの, ちかくも, ちかく秋田, つながって, であったが, であつ, である, でした, でほか, でもよこします, でも五十人, でも存在, でも討ち取れる, でも間にあわなかった, でも食, で二十銭, で働い, で天下, で張つて, とあったら, という者, とおります, とかちゃんと, とごろ, として十五回, となく, となっ, とはない, とはなかっ, とぼつぼつ, と一組, と並ん, と云, と人数, と寄り, と山犬十匹, と描かれた, と数えられた, と松明, と殖え, と毎日金持ち, と組ん, と衛生兵一人, と詰めかけ, と集まっ, ないし三十人, なる唱歌隊, なれば, にし, にても寄つた人數, にて一月五百両, になった, になり, にも見えた, に一人, に一本, に代っ, に切腹, に増し, に対する三十人以上, に對, に恐れる, に接し, に過ぎなかつた, に附, のうえ, のうち, のこと, のすば, の一日, の三十人, の下, の下っ, の不払い労働, の乗組員, の人々, の人数, の人足, の使丁, の備え, の兇悪, の入門者, の兵, の割合, の加勢, の勢, の卒業生, の同勢, の名, の四十, の団員, の土人バタバタ, の多く, の女工さん, の婦人大衆作家, の子ども, の子供, の子供達, の尊い, の小, の少年, の少年団員, の店員, の弓組, の徒党, の御, の志願者, の情婦, の戦犯人, の数, の日本人, の樂人, の歩く, の死骸, の泥部, の生徒, の生徒たち, の男, の男たち, の男ども, の異様, の知人, の給仕人, の編輯者, の群れ, の職工, の覆面, の討手, の護衛者, の貧民, の踊り, の連署, の部下達, の鳥見, はあろう, はいるだろう, はおろか千人, はとうとう, は一斉, は二列縦隊, は二十様, は凍死, は剣, は助かる, は古式, は垂井, は天衣綵花, は宣宗, は尖兵, は屹度來あんす, は屹度来, は左, は弓, は斬っ, は斬罪, は楽, は槍襖, は泊, は確か, は角面堡, ばかりあまり, ばかりいたでしょう, ばかりがすし, ばかりここ, ばかりずつ二組, ばかりでも, ばかりで押しかけ, ばかりな, ばかりになつ, ばかりに怪我, ばかりのお, ばかりのすさまじい, ばかりのスマート, ばかりのソヴェト水兵, ばかりのプレーグ, ばかりのレヴュウ, ばかりの一座, ばかりの一行, ばかりの中学校, ばかりの乗客達, ばかりの人間, ばかりの列, ばかりの勘定役, ばかりの友人, ばかりの囚人, ばかりの塾生, ばかりの士官, ばかりの富農, ばかりの小, ばかりの小さな, ばかりの日傭人, ばかりの正体, ばかりの歩行武者, ばかりの浮浪人, ばかりの無頼漢, ばかりの男, ばかりの男女, ばかりの礼装, ばかりの職人, ばかりの職場, ばかりの若い, ばかりの襲撃者, ばかりの輜重自動車隊, ばかりの送り手, ばかりの露艦, ばかりの青年, ばかりの音楽サークル, ばかりはいっ, ばかりみな顔, ばかりも人, ばかりも客, ばかりも居る, ばかりも彼方, ばかりも押しかけ, ばかりゐ, ばかりを収容, ばかりを連れ, ばかりを集め, ばかり上つた, ばかり乗れる, ばかり何, ばかり例, ばかり内輪, ばかり円, ばかり参観, ばかり呼ん, ばかり呼集め何, ばかり女, ばかり寄り合っ, ばかり引き連れ, ばかり後部, ばかり我が, ばかり次々, ばかり溢れた, ばかり熊手, ばかり狩り, ばかり狭い, ばかり生き残っ, ばかり象, ばかり踏みとどまっ, ばかり車寄せ, ばかり逃げ帰っ, ばかり連立つ, ばかり遠慮, ばかり雇う, ばかり駆り集め, へお, ほしいと, ほどが一隊, ほどが寄りあつまっ, ほどが集まった, ほどが集まる, ほどが龍馬, ほどでその, ほどで組織, ほどになる, ほどに側臣五, ほどの一団, ほどの人, ほどの人数, ほどの人間, ほどの侍, ほどの信者, ほどの女優, ほどの奴, ほどの島民児童, ほどの微行, ほどの村, ほどの踊子, ほどの部下, ほどは全部引退, ほどは道側, ほどひきつれ, ほどまじっ, ほどまっ黒, ほどもありました, ほども現れた, ほども突然, ほども立ちどまっ, ほどゴルフ, ほど並んだ, ほど女, ほど工員, ほど手, ほど揃つて, ほど狩り出し, ほど複雑, ほど集まり, ほど集め, ほど音楽関係者, まで倒した, もあり, もあります, もある, もが刀, もつかい, もつれて, もならんだろう, もの世帯, もの人間, もの客, もの芸者, もの遊人, もの郎党, も一塊, も乗っ, も乗ってる, も人, も住ん, も出ます, も土間, も居, も手玉, も押し込まれ, も死んだ, も許されれ, も連れ, も食客, やそこら, やら数, よりは三十人, をそえ, をつくる, をひきい, をバラバラ, を中尉, を乗り組ました, を別に, を加え, を容, を引率, を従, を抜擢, を記した, を選り抜い, を選ん, を随, を鳶田, 乃至三十人, 別に各, 助かれば, 居た, 居る, 御出, 或はもっと, 或はもつ, 揃う足並み, 揃って, 斬っても, 来るに, 死んだとて, 猶中, 申し合せ木乃伊, 程の一団, 程の島民兒童がち, 程の生徒, 程の重, 程五色, 程友禅模様, 計寝所ニ押込ミ, 近い人, 近い人数, 近い人間, 近い同勢, 近い女, 近い女事務員, 近い男女, 近い踊子, 送政等

▼ 二~ (551, 0.2%)

11 もある 6 か三尺, に余る, の距離, も三尺 5 に三尺, に足らぬ 4 にも三尺, のところ, の高, の鯛, ほど離れ, も孔

3 [11件] とは離れ, と隔ら, になった, ばかりある, ばかりなる, ばかりの高, ばかり開い, ばかり離れ, ほど開い, もあろう, も長い

2 [38件] から三尺, ぐらいある, ぐらいの所, ぐらいの高, しかない, に一尺, に一尺位, の先, の刀, の四, の夏草, の影, の所, の桜, の濡れ縁, の竿, の間, の間隔, ばかりな, ばかりなり, ばかりのところ, ばかりの棒, ばかりの棒切れ, ばかりの立標, ばかりの鬱金, ばかり物, ばかり飛び退いた, ほどのところ, ほどの所, ほどの間隔, ほどの高, ほどもあろう, も移れ, も高く, を越えた, 動いた, 長さ四尺, 離れて

1 [373件] あったそう, あって, あとずさりした, あるいは三, ある場所, かの際どい, から二尺五寸, から二尺五寸くら, から四尺, から積もっ, か二尺五寸, くらい, くらいある, くらいずつの間, くらいだ, くらいで, くらいのから掌, くらいのがいい, くらいのまるく, くらいのボラ, くらいの小, くらいの小さな, くらいの山椒魚, くらいの浅場, くらいの間隔, くらいの陽, くらいの顔, くらいの高, くらいもある, くらい子供, くらい長, ぐらい, ぐらいこ, ぐらいしか丈, ぐらいしか燃え上がらなかった, ぐらいではフナ, ぐらいで型, ぐらいの, ぐらいのもの, ぐらいのキコリ径, ぐらいの低い, ぐらいの幅, ぐらいの浅場, ぐらいの細, ぐらいの色, ぐらいの長, ぐらいの鯨穂外道竿, ぐらい仲密君, ぐらい半, ぐらい葉, ぐらい長い, ぐらい開い, ぐらい離れ, ぐらい雪, さて三尺, さりて, ずつの間, ずつ前, ずつ退り, たらずの, だけ手, だけ皮, だった, だとか, ちかい緋鯉, ちかい距離, ちかくに, ちかく伸びた, でその間, でも主人上野介, で一軸, で幅, で枯死, と, とあと, というところ, となり, との関係, とはない, とはなれぬ, とは距, とは離れなかったであろう, とよく, と梁, と積り三尺, と繰りひろげ, と註せられ, と隔つて, と離れず歩い, なおあまれり, など, なるを, にあまり, にすぎない, にすぎなかつた, になつ, になり, になる, にもおよぶ, にもたりなかった, にもなりません, にも満たないであろう, にも足らぬ, にも達する, に一尺ぐらゐの平, に一尺五六寸, に三尺位, に二尺五寸, に五尺, に切り, に十八尺, に及ばず, に幅四寸, に延び, に横一尺位, に縮め, に足らない, に足りない, に近い, に餘, のかなしい, のがき, のたもと, のもの十本, のりだすよう, のオツリ, の一間床, の三尺, の中, の余, の割, の口, の向日葵, の地境, の場所, の大木, の威躯, の小木, の山, の床の間, の揚花火, の日南, の日蓮上人, の木, の松, の棒切れ, の測量杭, の眼前, の石, の笑, の笑い顔, の細, の縁, の自然, の苗, の袖, の計算尺, の距, の踏台, の道糸, の鏡, の鯉, はあるだろう, はおろか時, は有ら, ばかり, ばかりあい, ばかりあけた, ばかりあるべし, ばかりにと, ばかりになりぬ, ばかりに歩, ばかりに過ぎなかった, ばかりのお婆さん, ばかりのまっしろい, ばかりの丸卓子一つ, ばかりの円い, ばかりの天然, ばかりの太い, ばかりの孔子, ばかりの宙, ばかりの小判形, ばかりの山, ばかりの布袋竹, ばかりの所, ばかりの明る, ばかりの木, ばかりの木彫, ばかりの杉角材, ばかりの板, ばかりの楕円形, ばかりの流, ばかりの白木, ばかりの短い, ばかりの石堤, ばかりの空中, ばかりの空間, ばかりの立込下駄, ばかりの糸錦, ばかりの細い, ばかりの腰板, ばかりの蛇, ばかりの蝋鞘, ばかりの釈尊, ばかりの鉄, ばかりの鉄柵, ばかりの鉄棒, ばかりの長, ばかりの青い, ばかりの鯉, ばかりの麻繩, ばかりは薙ぎ, ばかりひろげ, ばかりも飛び上りました, ばかりも高く, ばかり一寸法師ッ, ばかり上, ばかり下, ばかり人, ばかり伸び, ばかり低い, ばかり厚み一寸, ばかり地面, ばかり小野さん, ばかり広げられ, ばかり床, ばかり往来, ばかり手前, ばかり押し開けた, ばかり消え残った, ばかり盛りあがつ, ばかり突, ばかり糸, ばかり肌, ばかり藺莚, ばかり見える, ばかり距, ばかり距離, ばかり開いた, ばかり開かれ, ばかり開け放し, ばかり間, ばかり隔て, ばかり靡く, ばかり頭, ほどある, ほどしか出, ほどすうっ, ほどそっと, ほどな, ほどにのびた, ほどの下, ほどの仏像, ほどの大足, ほどの布, ほどの御影石, ほどの揚げ戸, ほどの木, ほどの材木, ほどの柄, ほどの棒, ほどの深, ほどの清冽, ほどの溝, ほどの狭い, ほどの画布, ほどの短大, ほどの紙, ほどの蛇, ほどの鉄, ほどの鐘, ほどへだた, ほどもあり, ほどもあります, ほどもある, ほどもつき出し, ほども噛みとつ, ほども手前, ほども積もっ, ほど上, ほど上つた, ほど下, ほど切り下げられる, ほど前, ほど吊, ほど引っ込ん, ほど掘つた, ほど明けた, ほど滑べらした, ほど真直ぐ, ほど股, ほど背後, ほど足, ほど開いた, ほど開けた, ほど離し, ほど離れた, ほど高い, ほど高められた, も, もあらう, もあり, もあるべし, もつもる, も下, も下っ, も低く, も余った, も余る, も凹む, も切り縮められ, も取り除け, も向う, も吹き溜まっ, も揺れ, も溜る, も潜る, も積, も積り, も膨れ上がっ, も辷らせ, も長かっ, も間, も離れた, や三尺, や三尺増水, を水面, を超える, を越えなかつた, を隔て, を隔てず, 乃至三四尺, 乃至二尺五寸間隔, 乃至四尺, 動かしたなら恥, 厚さ八尺, 坐ったまま, 太さ親指, 引き上げては, 挙りふわり, 掘って, 浸った, 深さ三四尺, 深さ三尺, 程ある, 程にも屋根, 程に拡大, 程のところ, 程の丸い, 程の器, 程の素焼, 程の高, 程切取らせられ, 程窪み, 程膝, 程開き, 行くと, 角或は, 起きる時, 足らぬ, 近いの, 近い大, 近い盞形, 遂にドア, 遺して, 重さ, 開くだろうから, 隔たったところ, 飛び上がった, 高い堡塁, 高さ一丈, 高さ七尺, 高さ百五尺

▼ 二~ (548, 0.2%)

4 である, に尽きる, に帰着, の諡, は 3 があっ, が彼, が書い, では, で代表, と第, のため, は各, を, を判読

2 [38件] あるのみ, か三字, がそれ, が前, が大きな, が意味, が見える, でも善い, なり, にする, に就い, に重き, の上, の原, の苗字, の通称, をあなた方どなた, をこれ, をもって批評, を以て善く, を充てる, を冠ら, を削除, を加え, を口, を大書, を彼, を持出し, を掲げた, を狭く, を用い, を用いた, を用いる, を繰り返した, を聞い, を見た, を認め, を認めた

1 [422件] あり, ありと, あるが, あるのみに, あるより, ある位, おぼえ算術, から合成, から成る, から成立, から推せ, が, があった, があつ, がいつの間に, がお母さま, がこの, がごく, がだんだん, がつい, がどうしても, がぴかりと, がわかった, がケース, がペン, が使っ, が出た, が各, が外側, が大事, が妙, が当てられ, が手, が操る, が既にもう, が書かれ, が最後, が本文, が朱書, が極意, が横書, が残っ, が殴り, が波斯語系, が生き, が生まれた, が用いられ, が目, が省略, が磁州窯, が竹, が綺麗, が綺麗さ, が緑, が見え, が記され, が記されました, が許さなかった, が認め, が象嵌, が赤塗, が身, が金色, が附せられる, が非常, が頭, くらいおびただしく, くらいしか読めない, この二字, しか残っ, ずつあてはめた, ずつつない, ずつを幾つ, ずつ繋い, ずイ, たしか, だ, だが, だけが茶山, だけなら, だけはいつの間にか, だけは不器用, だけは忘れない, だけは眠っ, だけは読ん, だけ出, だけ分った, だけ彫った, だけ書い, だけ見える, だ思えば, であるが, である場合, であろうか, でいい, でいえ, でかたづけようと, でこれ, です, ですが, でまぎらわせようと, でも三字, でウマ, でメッド, で出来, で切る, で割り切れ, で尽き, で尽きる, で挨拶, で書かれ, で片づけ, で狭い, で現, で現す, で省略, で表し, で表わしました, で説明, と, ということ, という意味, といふ風, とおつし, とか三字, となり, となります, とも, とも別, と無筆, なきこと, なし, にあふれ匂っ, においてかつて, にかなり, にこめられ, にさえその, にした, につ, について, につき, につきる, になります, にはしずか, にびじ訓, にもふさわしく, によって掩, によって説明, によつて, によつてあら, に一切, に力, に化, に向っ, に在る, に基づいた, に外, に多少, に如何にも, に宿命, に尽きるでありましょう, に尽くされ, に帰, に思ひ, に戻らね, に手, に改むれ, に改めて, に文吾, に書かずし, に根ざし, に比し, に注目, に簡単, に約し, に落ち, に落ちついた, に覊絆, に限っ, に離し, に黨, ぬは, のあまりに, のいきさつ, のうち, のうち一字, のつ, のところ, のどちら, のなか, のピン, の下, の中, の佳, の僧名, の免許, の出処, の前, の印, の名乗, の周囲, の和歌三十三字, の問, の四倍四四八字, の外, の如き, の字, の形容詞, の意味, の慕蓉, の扉, の朝鮮音, の欠写, の漢字, の皇甫, の組み合わせ, の色々, の訛り, の返事, の銘, の長, の鞏固, の頭文字, はいずれ, はけんもつ, はたしかに, はとうから, はどうも, はもとヤマト, はユイスマンス, は二郎, は人, は今, は仕様, は何, は古く, は古来転倒, は堪え, は実に, は少なから, は山陽, は彼女, は必ず, は必ずしも, は恐らくは, は昔, は春, は本山荻舟, は松蔭, は殿様, は波斯語系, は漢代, は独り真宗, は用ゆ, は絵, は綺麗, は義譯, は能, は藤次, は該書留, は説明, は風景, は鮒売, ばかり書い, ばかり足りません, ほど重い, もある, もしくは三字, もまた, も上, も二字づゝ劃, も山人, も義, や小屋, よく彼, よりほか憶, より合成さる, をいつ, をかぶらせた, をくっつけ, をそのまま, をとっ, をとった, をとつ, をどこ, をはっきり, をもってこの, をもって俊雄, をもって単簡, をもって評, をパウトラ, をヤマト, を一字, を一寸角大, を一様, を人間, を今年, を仔細, を他日, を付くれ, を以てこれ, を以てし, を以てせり, を以てタニグク, を以て大旱, を以て度人妙經, を以て我が国号, を以て解, を僭称, を充てた, を光栄, を入れた, を全集, を公, を冠し, を冠したる, を冠つた神社, を分け, を刻ませた, を削った, を加, を取り, を取出し, を合した, を合せた, を合わせ, を呪い, を味うに外, を国号, を大きく, を大阪なまり, を太い, を奉り, を守っ, を定めしめられる, を宛て, を宛てた, を宛てる, を小さく, を嵩, を巻首, を常に, を当てた, を形容, を彫り, を彫りつけ, を彼等, を得たら, を忘れ, を忘れた, を念じ, を思い出した, を思い浮かべた, を恐る, を恐るる, を惡逆, を截, を承っ, を抹, を控え, を握っ, を暗示, を書いた, を書かせ, を書き写した, を書き加えた, を書き残し, を書し, を棄てかねた, を榜, を歌, を注し, を浮かした, を添加, を濫用, を熟語, を理想, を生かせ, を用, を用いなけれ, を略し, を痛み入る, を眺め返し, を知る, を私, を筆太, を細か, を經過, を著, を見つけた, を記入, を読んだ, を變, を贈る, を連ねた, を鉛筆, を除いた, を隠, を頭, を駢, を鵜呑み, を黒, ヲ以テセザル可ケンヤ, ヲ刻ス, ヲ辱ムルナクンバ, 並んで, 乃至百二十字, 似イ, 削, 又不明, 古くハシヒト, 実に孔明, 或いは後人, 書いて, 書かれて, 無くて, 程下げ, 総じてもて, 総じて忘れる, 繋がった漢字, 認めて, 足りないよう

▼ 二~ (540, 0.2%)

8 の人 7 のトランク 5 のタイプライター, の人影, の説話, の顔形 4 あって, の女性, の屍体, の死体, の神話

3 [11件] の人間, の動詞, の大, の大きな, の太陽, の小, の挿話, の星, の機関, の生命, の陰電気

2 [47件] あった, か三個, して, であった, である, では, にし, の, のでこぼこ, のもの, のズルフオンアミド基, の上, の中性子, の丸い, の人形, の仮定説, の分子, の力, の勢力, の半球, の唐櫃, の大穴, の存在, の小石, の形式, の方程式, の民族, の点, の煉瓦, の物体, の特質, の獨立, の産巣日神, の疑問, の盛典, の相, の石, の破片, の種子, の箱, の膳, の薬莢, の辮髮, の遺, の電球, の黒影, もしくは数個

1 [358件] あたかも砲台, あらわれた, あり, ありました, ある, あると, あるの, あるのみ, あるほか, あるもの, ある一個, いて, が一方ならず, が問答立, が話し, が重っ, が鏤め, くッ, しか据えてない, ずつで, ずつに分裂, ずつの指環, ずつの種子, ずつの褐色, ずつ中性子, ずつ二人, ずつ配る, ずつ離れ, ずつ食った, ずらずら, その一つ, ただ轉, たったそれ, だけ外海, つきなかなか, つけて, です, でも大変, でレンズ用ケース, で一日, で四弗四十五仙, で弾丸, で待てゐ, で終り, といったよう, とかに限られ, とか一人, とがある, とそれ, となき, ともとぼん, とも上げ, とを示した, とを載せ, と以後, と大きな, と数え, と机一台, と柄, なの, ならべ, なりすなわち, にさらに, になっ, に分かれたれ, に分ち, に分れね, に化し, に増され, に対して人, に於, に示し, に納め, に銭, のいわゆる, のお, のしびん, のその, のどの, のみ, のカン, のカール, のコツプ, のサイコロ, のタンク内, のチャシ, のトンネル, のドーナツ, のハム, のブラシ, のミイラ, の世界, の中, の丹塗, の主張, の主義, の主要輪もろ, の乳房, の事, の事実, の亡者, の交附方, の他人, の代, の仮, の例証, の個性, の倚子, の先決問題, の兵器, の円盤, の凸, の凸点, の分身, の別世界, の制限漢字, の功業, の動物, の包丁, の区別, の區劃, の半, の南瓜, の卵子, の反, の古, の名, の名前, の名詞, の噴火口, の圓, の圓形, の城, の堂々たる, の外車輪, の大砲, の女, の奸臣, の娘子, の孔, の宗教大学, の宝石, の客, の寸影, の小宇宙, の少女, の少女麦, の山嶽, の岐路, の島嶼, の巨大, の帆影, の広告, の形, の影法師, の思想, の性格, の怪物, の惑星, の憂うべき, の手, の手燭, の投票箱, の拳骨, の挿説, の新, の方面, の明るい, の星宿, の曲玉, の書棚, の書簡, の木像, の木片, の木片うち, の未婚者, の未知数, の格言中, の格闘体, の棉花小市場, の棺, の椅子, の極めて, の歯車, の死骸, の母音, の氷嚢, の波紋, の海鵝, の清水タンク, の湖, の湯呑, の源泉, の溺死体, の漁業用爆弾, の漢字, の潮流, の濡れた, の瀟洒, の無力, の焼点, の燭台, の爆弾, の物躰, の物體, の特徴, の理由, の産巣日, の男女, の異, の異分子, の疑団闘い, の病客, の発光器, の発動機, の皿, の盥, の目, の目的, の相反, の眷属, の眼, の石片, の石碑, の砲, の神婚説話, の空箱, の竈, の端舟, の笊蕎麦, の箱づめ, の簑笠, の精神, の系統, の細胞, の細胞精神, の縦列, の缺點, の老人, の者, の耳飾, の自由, の荷, の荷物, の落栗, の虫体, の螺旋, の袋, の要件, の要点, の観念, の解釈, の言葉, の記憶醒覚, の認識, の贋塚, の車輪, の軍隊, の輪, の道, の酔漢, の重要, の金, の金ボタン, の鉄管, の鋼鉄, の長い, の階段, の階級性格, の集団, の雪, の霊, の面白き, の靴, の頂點, の頭, の頭蓋骨, の顔, の顔付き, の飛行船, の首, の首級, の駕籠, の骰子, の魔神, の魚籠, の鶏卵, の黒い, の黒き, はいっ, はぬれ, はやがて, は共に, は大, は必ずしも, は思ひ思はれし, は携帯, は生, は疑, ばかり, ばかり買っ, ひったりと, ほどの価値, ほど手ずから, までも同じ, もあった, も挽き, も買い, も開い, をしばりつけ, を並べえぬ, を備え, を入れる, を出し, を剥い, を創り上げ, を加えた, を叩き, を増し, を天びん棒, を所有, を手拭, を招ずる, を食い尽し, 上げますから, 並んで, 乃至三個, 乗って, 備付けたばかり, 備付けた計り, 入れて, 出して, 出来て, 別に真中, 加わったもの, 及び電流, 取り出して, 受取ろうか, 叩きつけます, 合せて, 嵌めたる宝石入, 悪沢, 悪沢岳, 打つたり, 持ち込まれて, 映って, 有り, 残って, 減りして, 立つと, 組合せたるなり, 結びついて, 若くは, 貪り吸うと, 貰って, 貸して, 送られました, 運び出された翌日

▼ 二十五日~ (537, 0.2%)

20 の夜 19 の朝 16 の晩 7 の午後 6 づけの 5 である, のお 4 であった, のこと, の早朝, の空襲 3 か六日, だった, です, になる, には, の事, の夕方, の条, の間

2 [30件] から三十日, から二十九日, だと, であつ, であるが, でした, とある, となり, にいよいよ, にお, になっ, には四番目, に会った, に帰ります, に町年寄, に結婚, に蘭軒, に頼山陽, のクリスマス, の出来事, の午, の日付, の早暁, の記, はもう, は何, は旧暦, は疲れ, 曇り, 迄でした

1 [356件] おくらしたら駄目, お亡くなり, からお, からか, からきのう, からこちら, からは一意専心小説, からサンジョェ, からトラック, から三月十八日, から九日, から五日間, から入, から冬, から十月十二日, から噴火, から地, から夜更け, から日劇, から昭和二十年九月十日, から本腰, から林町, から毎晩二時, か二十六日, がやつ, が昏れる, が本郷, が来た, が来る, が稽古休み, さそんな, じゃ間にあわねえ, すぎれば, だ, だか, だからねえ, だが, だったから, だろう, であったが, であって, であると, であるの, であろうと, でこの, でしょう, ですから, で三の酉, で午前十時頃, で城, で荒れ, ということ, というの, という日, という歳末, といえ, といひ, といふことに, といふ御, と中元, と主張, と二十七日, と云え, と今二十六日, と休日, と前, と区役所, と四日間, と定まった, と答える, と算する, にあっち, にうんと, においていよいよ, におめにかかります, にくり合わされれ, にこの, にそれ, につきました, につく, にでもなり, にとうとう, になった, にはきっと, にはひさしぶり, にはもう, にはサンタクロース, には久方振り, には北野, には叔母, には城, には大, には大隈邸, には奥田孫太夫, には安宅先生, には工合, には慶応義塾, には昼過ぎ, には東京, には次, には無事江府, には百歳, には豊島沖, には退院, には那珂郡野口村, にひとまず, にひらかれ, にまず, にも風雨, にやはり, にアフレコ, にカルカッタ市, にジャマイカ, にペテルブルグ, にマイリ, に七日, に両人, に丸やけ, に丸焼け, に久しく, に久しぶり, に九条家, に亀井戸, に人, に伊達安芸, に伝聞, に作った, に作られた, に來, に信濃, に僕, に入り, に八十三歳, に八十四歳, に処刑, に出, に出発, に南亜, に博多, に同, に国, に国内戦, に大坂, に大発, に大老職, に夭, に奥医師, に女, に姉崎曽恵子さん, に嫡子亀千代, に子供たち, に宇野浩二先生同道, に安楽椅子, に尾州, に川路, に帝, に帰る, に広島, に御, に忘年会, に忠之, に所謂薩州邸, に手紙, に押込ん, に支払ズミ, に文芸春秋社, に新, に書, に書いた, に書こう, に来, に来なかった, に棠軒良安, に森枳園, に権田時介, に正, に此, に歿, に法隆寺西園院, に浴室, に牡蠣, に生まれました, に生れた, に當, に白石, に破られた, に祝われる, に祭, に私, に立っ, に立つ, に箱根丸, に築地, に綾小路千本通西, に繰上げ, に至っ, に至り, に至る, に茶山, に行く, に行われる, に見た, に見舞い, に評定所, に詮索, に貴方, に退院, に速達下, に金, に錢形平次, に門人数人, に開店, に阿部正精, に首, に高等, の, のあと, のあの, のとき, のところ, のひる, のもの, のよう, のサセ取り, のドラポー・ブラン紙, の一日, の下, の両日, の事件, の修業式, の公判, の午前, の午前一時頃, の午前十一時何分, の午後一時, の午後五時, の午過ぎ, の夕べ, の夜こちら, の夜中, の夜十一時ごろ, の夜十一時発, の夜堺卯, の夜臨時政府内閣, の夜間, の大, の天神, の委員會, の婦人民主新聞, の審問, の式, の御, の惨劇当時, の所, の拝見, の日, の日附, の昼, の昼食後, の時事新報, の暁, の暗い, の會見, の月, の朝がた, の朝九時, の朝出勤, の朝刊, の朝相川良之介, の朝蘭領, の木曾街道, の来る, の無尽講, の生, の第, の菅公祭, の講演会, の讀賣, の質問演説, の零時二十分, の頁, はあす, はこちら, はすでに, はてれん, はニュートン, は上覧芝居, は則, は大正天皇, は必ず, は新暦, は暁, は朝, は解っ, は議会, は過ぎた, は風月堂休業, への, ほどの間, まず第, また直ちに, までおよそ, までで結構, までにさばい, までにと云う, までに今月, までに仕事, までのここ七日間, までは九日間, までわずか, まで滞在, まで続いた, まで繰り返し揺った, もその, もたつ, もひきつづき, もやる, も四日, も近く, よ, より, よりあと, よりも二十七日, より一臠, より三月晦日, より二十七日, より今月末, より前, を中心, を忘れ, を日, を期し, を此, を碇泊, を稽古仕舞, を費し, ノ晩ニ, 即ち殺害, 同二十六日, 同十九年壬子十月神祖, 当道場地鎮祭, 後花園天皇, 我が国会運営, 掛り八人, 新日本文学会, 漸く露国, 第五, 第四議会, 総攻撃, 総辞職, 迄, 迄として貰, 迄にし, 迄には最早, 遂にドレスデン, 降りさ

▼ 二~ (534, 0.2%)

29 も三倍 25 もある 16 になる 15 にも三倍 14 にし 9 にした, になっ 8 にする, になった 7 の分量, の大き 5 となり, になり, の価値 4 となるであろう, の働き, の力 3 か三倍, となるなら, の広, の量, はある

2 [32件] ぐらいの大き, して, する, する火災保険, である, となった, となつ, と一割強, なりと, なる武勇, にしなけれ, にしよう, になつ, に近い, の仕事, の労働量, の幅, の時間, の材木, の狂暴さ, の群団, の賞与, の距離, の闇, の高, ほどもある, もあり, もあります, もの速力, も大きく, も骨, 程もある

1 [281件] あっても, あり, ありて, ありと, あるいは半分, お国, かにし, からになっ, がいる, くらいある, くらいうれしかっ, くらいたしかに, くらいになっ, くらいの勢力, くらいの建物, くらいの面積, くらいもある, くらい大きい, くらい長い, くれて, ぐらいある, ぐらいに大きく, ぐらいに腫れあがっ, ぐらいの明る, ぐらいの速, ぐらいの高, ぐらいもあり, ぐらい立派, ぐらい麻酔, されて, しただけ, したので, したま, したもの, したる位, し二, すなわち約, すること, するその, するだろう, するという, するに, するアイスランド, する代り, する帯, ずつ食べない, その一部, それに十年, だけ, だけの冒険, だけ幸福, だけ貧しい, だなどという, だなどといふ, ちかくも, であったと, であるが, であると, でしかも, ですよ, でなければ, でもあえて, でも三倍, で売れるであろう, というところ, という暴騰, とされる, とする, となっ, となりし, となる, とはならない, と三倍余, と云え, と四分三厘弱, と四割八分弱, と考えられ, ないし五倍, ならば, にされた, にしたい, にしない, にでも三倍, になつて, になりました, には上っ, にものぼっ, にも上った, にも五倍, にも強く, にも当たる, にも感じさせられ, にも有効, にも燃え立っ, にも膨れ, にも見える, によく, に使う, に価する, に働けよう, に及ん, に吸引, に増し給, に売る, に延びれ, に引上げ, に強まりました, に当る, に想像, に拡げ, に拡大, に明るく, に相当, に見開かれた, に過ぎない, に達した, に遠く, に高まった, に高めたらしい, の, のエネルギイ, のボリューム, の三百円, の上, の九十四, の人数, の代償, の俸給, の値, の値段, の偉, の儲け, の元気, の労, の収穫, の地積, の増加, の増収, の声, の大判, の年数, の年數, の幸福, の広間, の強, の御, の恵み, の意味, の成績, の振動数, の日数, の早, の時, の毒, の比重, の深, の狂い, の生産物, の祟り, の給料, の縹緻, の苦し, の草木, の貧農, の賃金, の資本, の贖罪金, の速, の速力, の金, の長, の陽電荷, の音楽, の領地, の食慾, の高値, はあらう, はあろう, はかかっ, はどうか, はどれ, は下し, は何, は唇, は年季, は強い, は長, は食うであろう, ばっか出し, ほどある, ほどにも見えた, ほどの背丈, ほどの間口, ほどの高, ほどもあろう, ほども早め, ほど大きかっ, または三倍, または同じ, もあっ, もあらう, もあれ, もあろう, もおかしく, もくらく, もくりかえし, もする愛すべき, もたべた, もつくり, ものしたたか者, もの力, もの太, もの快, もの明, もの給料, もはげしい, もはげしく, もはたらいたら, もやっ, も上, も乗っ, も働い, も入れ, も刈っ, も厚く, も古び, も大き, も太い, も年上, も年嵩, も広く, も引伸, も強かっ, も急がし, も悪く, も時, も暑い, も欺かれ, も気, も疲れ, も真珠, も立ち働かなけれ, も立派, も笑う, も背, も要る, も走る, も身体, も身體, も長い, も長く, も食べ, も高い, やがて一尺, や三倍, よりは大きい, より多い, を受取るであろう, を所有, を消費, を獲得, を生産, を要する, を課せられる, を超過, を飛び, 乃至三倍, 出す, 即ち六万円, 増し三倍増し, 小さい犬, 悲しくなりましょう, 支払うこと, 早くなおるだろう, 暗くても, 歩かなければ, 程の鑛毒地, 程大きく, 若くば, 近い巨大, 近い流域面積

▼ 二~ (485, 0.2%)

12 なく賛成 11 ありません 9 なく, なく承知 7 なくお 6 ない 5 なかった, なくこの, なくそれ, なく之, 西洋と 4 なくその, なく同意, 三も 3 あるまい, なく恐れ入って, なく私

2 [18件] その中, なくそう, なく取次がず, なく同情, なく喜ん, なく宗助, なく崇拝, なく引き受け, なく承諾, なく拒絶, なく砧右之助, なく自分, またこれ, 亦之, 先生も, 年の, 年上の, 百も

1 [349件] あきらめたよう, あとから, あゆみ出す, ありゃしない, ありやしません, ありやせぬ, あるが, あるので, ある金箱, あれば, いつの間にか微笑, いないと, いぶかしそう, いよいよあぶら, おひろめである, お蔭様で, かねて, この際, ございませんが, ござんせん, さすがに, さっきから, さんせいした, しっかり見張, しめっぽい土, すぐに, そうやさしく, そのあと, その一人, その方, それを, そんな事, つい紙上, つけて, でかけたが, ともに丸木艇, ともに大, ないけれど, ないこと, ないしたたか, ないむしろ, ないん, ない位, ない先, ない呼んだ, ない早, ない筈, ない訳, なかつた, なかつたの, なかつたやう, なき喧嘩腰, なくあやまっ, なくあやまった, なくうなずい, なくおれ, なくかの, なくかれ, なくここ, なくこれ, なくさういふもの, なくさう極めて, なくすぐ, なくそれに, なくた, なくだまされ, なくとっ捕まって, なくとりすてられた, なくのみ込んだ, なくはねつけた, なくひきうけ, なくひと, なくぼく, なくまいって, なくや, なくゆるされました, なくガラッ, なくガラツ八, なくダイナマイト, なくダー, なくマルクス主義, なく主戦的, なく今, なく他説, なく仰せ, なく信じた, なく信じなく, なく信仰, なく俺, なく候補生, なく健斎, なく元通り貧乏, なく先生, なく先祖伝来, なく兜, なく其方, なく出かける, なく初さん, なく勇み立っ, なく匿っ, なく千代子, なく卑しきもの, なく協賛, なく南条, なく厭, なく参って, なく受け容れね, なく合鎚, なく同感, なく否定, なく否決, なく売つて, なく外来風習, なく大御所, なく大急ぎ, なく大阪, なく妙ちゃん, なく姫路, なく娘, なく家, なく尊い人, なく小室, なく尻ごみ, なく尾, なく屈従, なく山上, なく引き受けた, なく引受け, なく彼, なく心, なく応じた, なく快諾, なく怖気, なく思い出し, なく思ひ出し, なく恐れ入つて, なく恐れ入りました, なく恐れ入り早速, なく悪人たち, なく感心, なく感激, なく感謝, なく憂がり, なく所望, なく打ちはらっ, なく抑えつけられ, なく招待, なく排拒, なく排斥, なく支配, なく敬意, なく敬服, なく斉彬, なく断られて, なく断わったが, なく断わって, なく日向, なく明かせたであろう, なく曹操, なく月下, なく服しかね, なく本家, なく本田, なく来た, なく東京, なく楊松, なく樗牛, なく権門, なく權門, なく正しいもの, なく母親, なく気, なく決定, なく法廷, なく涙, なく渋面, なく渡航, なく火の気, なく焼き, なく煽り, なく父, なく片づいた, なく現実, なく田原, なく留めた, なく病気, なく皆, なく監獄, なく目がけられ, なく盲従, なく相談, なく突き返されしに, なく立ち上って, なく精根, なく納得, なく細君, なく聽, なく肩, なく臨席, なく良寛, なく若, なく若殿忍男, なく蔵相側, なく虎の子, なく観念, なく誘い, なく調子, なく謝って, なく贊成, なく踏, なく蹴飛ばされた, なく近侍, なく退治, なく道庵, なく道楽本位, なく門, なく関東方, なく降りた, なく降参, なく雲助, なく青木, なく非難, なく領承, なく頭, なく頷い, なく頸, なく飛びつき, なく魅惑, なく黙って, なしに, ねえや, まさかと, また, また多から, また透明, まっくら, やはり人, カキを, ギクリと, ペコペコする, 一生けんめいなこえ, 一緒に, 三益の, 上げて, 主人の, 今は, 仙場の, 体が, 体力と, 何時の間にか知っ, 偽怪, 写生です, 出来てないすぐ, 力づけるよう, 勘づいて, 厭だ, 咲きましたよ, 善吉も, 地球は, 埋もれ其上流, 大きい長, 妙に, 姫草と, 実業と, 少年団へ, 川上と, 帰つて来た, 年上な, 年下の, 彼女の, 御楼主様, 思う現に, 急いで, 悪い時, 打ったので, 打つん, 投げ出すやう, 押されたり, 明かし合うたる姉分, 昔の, 来た, 来た頃, 来ると, 正岡が, 正雄も, 歳上だった, 水面へ, 浅間信十郎も, 湯から, 満たすこと, 無いけれど, 無いん, 無くはね, 無く僕たち, 無く兄, 無く共鳴, 無く嘲り笑っ, 無く奇麗, 無く応じた, 無く感じ, 無く承諾, 無く拒, 無く此家, 無く満, 無く自分, 無く若, 無く貫一, 無く跳附, 無く降伏, 焼けたるは, 父親も, 玉三も, 王城内の, 男の, 畢竟苦, 皆んなお便りを, 瞬く間, 知って, 神尾でなけれ, 立ちどまる, 笑ったが, 第三, 紋付の, 紋附の, 絶えた無垢, 老朽作家の, 胸が, 自分が, 自然に, 若い当主, 蟻田博士や, 行きたがった, 西洋でなけれ, 西洋私は, 観察だ, 記代子も, 讒言という, 軒先では, 近くへ, 返辞を, 透明な, 這い寄って, 進まないうち, 進んだ頃, 金です, 金三も, 金助さだめて, 鐘を, 鑑識と

▼ 二少年~ (480, 0.2%)

9 は, はその 6 はそれ 5 の話, はあまり, もその 4 であった, は新田先生 3 がつい, に会わせ, のこと, の前, の姿, の行方, はどう, はやっと, は丸木

2 [32件] がふたり, ですか, と戸倉老人, のあいだ, のため, のほう, のゆくえ, の口, の手, の縄, の顔, はいきなり, はいま, はお, はおもわず, はこの, はそう, はそこ, はそんな, はたいへん, はなぜ, はびっくり, はまだ, は今, は先生, は少し, は岩山, は息, は気, は顔, もにわかに, をそば

1 [342件] から問われる, から聞いた, が, があっけ, がある, がいそい, がいま, がうそ, がおどろき, がかくされ, がかわいらしい, がかんきん, がきみわる, がこしかけ, がこれ, がさけんだ, がちゃんと, がとびかかろう, がにいさん, がのぼっ, がのりこん, がはい出し, がはじめて, がひとり, がびっくり, がもと, がわずか, がスゴスゴ, が世田谷区, が何者, が偵察, が偽名, が先, が古道具屋, が叫んだ, が君たち, が夏休み, が外, が夜釣, が天狗岩, が屋根, が意外, が抜き連れ, が暗闇, が枯尾花, が正気, が渋谷区, が無実, が発見, が肩, が見た, が見つかった, が見出され, が話し, が語った, が車外, が野天ぶろ, が電車, が頭, が鰻, こそはじめて, こそ不思議, だけはさいわい, だった, ですよ, といえ, とがいかめしい, とすりかえた, とであった, とのたった, とはあくまでも, とはしばし, とはちがっ, とははからずも, とは声, とは拍子, とは足音, とは部屋, とは陽気, とは階段, とぼうさん, とも人事不省, とをはげまし, とを助け, とゾウ, と一しょ, と二人, と二十面相, と共に山, と星人, と火星人, などいつ, にとってはたいへん, には大して, には関係, にむかい, にめぐり会えれ, によってあばかれ, に会っ, に分けあたえた, に向かい, に怪人丸木, に成層圏, に火, に若しも, に語っ, に起された, のいのちがけ, のうしろ, のおどろき, のたのみ, のつよい, のところ, ののった, のアレヨアレヨ, の上, の中, の冒険談, の写真, の刀, の名, の命びろいを, の喜び, の居所, の心, の意見, の愕, の憫笑, の戦い, の熱心, の父親, の留置, の知らない, の組, の耳, の背後, の胸, の身, の身の上, の身辺, の運命, はあいかわらず, はあやしい, はあやしいやしき, はあれ, はいくらでも, はいま警視庁, はおくまった, はおずおず, はおとな, はおどろいた, はからだ, はぎょっと, はここ, はこまった, はこれから, はころがる, はしかた, はしばらく, はすぐ, はそのまま, はその後, はその後元気, はそれでも, はた, はたがい, はたたかい, はだんだん, はちょっと, はついに, はつぎ, はとうとう, はとびあがっ, はなに, はなんだか, ははやる, はふしぎそう, はへいき, はほお, はまた, はまるで, はむろん, はもう, はもうこ, はもうすっかり, はもうそろそろ, はもう一度, はもちろん, はものかげ, はやっぱり, はよ, はよろよろ, はらく, はわずか, はカモシカ号, はガラス, はギョッ, はクワ, はジャンガラ星, はドア, はドン助, はバラバラ, はペペ山, はポーチ, は一命, は不思議, は二十メートル, は人眼, は共に, は刀, は前おき, は助, は又, は吃驚, は呆然, は呼吸, は地球, は地面, は夕ぐれ, は天窓, は始め, は嬉し, は学校, は小林君, は床, は心, は心臓, は思いがけなく, は思い切っ, は思わず, は思わずこう, は怪人, は怪老人, は恐ろしい, は悲鳴, は愕きのあまり, は操縦席, は昔, は昨夜, は時間, は暗い, は望遠鏡, は東京ビル, は機械, は檻, は死にものぐるい, は殺人共犯者, は決して, は猿, は玉村さん, は生, は生き, は用意, は目, は石, は立ちどまっ, は箱車, は背中, は腹, は自分たち, は舟, は見うしなっ, は親友, は警官, は賞銀, は辿っ, は遂に, は道, は遠く, は銀座四丁目, は門, は顔色, は黄金, ばかり見, までみつかっ, もあと, もうしろ, もかんだかい, もこの, もしかた, もすぐ, もできる, もやっぱり, もギョッ, もノロちゃん, も乗っ, も何だか, も助手, も夢み, も折り重っ, も日本人, も相手, も証人, も話, や地球人, よりやや, をあんな, をいつ, をおいたて, をおどした, をおまわりさんたち, をかわいそう, をくわえる, をこの, をさがす, をさらっ, をじいさん, をすくう, をせきたて, をその, をたすけ, をつれ, をつれた, をとりかこん, をとりまい, をにらみつけ, をはさもう, をひどい, をびっくり, をまねい, をめがけ, をゆりおこし, をゆるし, をゆるす, をジロリ, を出し, を出せ, を助けたい, を呆れ, を守っ, を捕虜, を描いた, を放免, を案内, を留置場, を発見, を発見せり, を積んだ, を背, を見つけ, を隅, を黄金

▼ 二~ (478, 0.2%)

196 の院 8 の城 5 のお, のレール, の足跡, の館 4 になっ, の, の第 3 では, の刃, の煙

2 [19件] か三条, のあたり, の外れ, の大路, の宮, の張出間, の御, の御所, の方, の砂嘴, の紅, の蛇, の辺, の辻, の里内裏, の鉄路, の靴跡, より上, 並んだ路

1 [195件] あって, あり, ある, あるを, ある線路, から五条, から半時ごと, から戻っ, から洞院, がある, がそれ, が右辺, しかありません, ついて, で最も, とこの, としてこう, との二人, と名づけ, と大通り, と第, などの河原, に, にあった, にあつ, において信仰, になつて, には, にほかならず, にも天災地変, に住む, に使用, に出越す, に分った, に分れ, に夫婦, に岐, に引き返す, に濃く, に立った, に細く, に続いた, に見え, に規定, のあの, のうち, のたばこ, のほう, のほか, のほとり, のトロ, の一列横隊, の一軒, の両院, の並行, の並行曲線, の並行線, の中将為冬卿, の伝統, の佐藤食料研究所, の公方, の切創, の千種どの, の千種殿, の叢, の営, の噴水, の大きな, の大通り, の太刀, の夫人, の宮殿, の家, の家康, の尊氏, の小流雪, の少将, の尾, の山道, の己, の帯, の平行線, の彎曲, の役所, の御子, の御所八幡, の捕り, の故, の新道, の新館, の方法, の暗がり, の最大公算, の朧月夜, の東門, の柄, の桂子, の毒蛇, の水亭, の氷柱, の河原, の法規, の波紋, の流, の清流これ, の滝, の澪, の濠, の火の粉, の煙り, の理由, の町, の白い, の白く, の白刃, の白線, の白虹, の皇居, の皺, の砂煙真白, の糸, の細引, の緑, の線, の線路, の縦脊, の自分, の舌ズッ, の茶, の蔵人前, の話, の調帯, の諸家, の赤い, の近く, の通り, の遊廓, の運河, の道, の針金, の鉄軌, の鉄鎖, の鎰屋, の長, の関白良基ら, の防火線, の馬場, の馬場殿, の麻紐, の黄色縦線, はこの, はまだ, は云う, は会津, は岩崎邸, ばかりが傘, ばかりも重っ, ばかり水, ばかり筒先, へかけ, へたてこもり, へ一つ傘, へ使, へ入館以後, へ弓, へ折れた, へ来, へ行きたい, ほどのジグザグ, ほど験, まで矢, もまた, も在位, わたりの, をかこんだ, をよく, を作る, を出発, を去っ, を復職後述, を折れ, を挙げ, を挙げた, を通っ, を適用, 下るに, 乃至三条, 動いて, 引いた白い, 用いて, 第七坊, 第二項, 第四項, 続いて, 設けられて

▼ 二年前~ (469, 0.2%)

17 のこと 12 に死んだ 5 の秋 4 に, に別れた, の冬 3 である, にこの, に手, の事, の夏, の春

2 [31件] にある, におろした, にきれ, にもなる, にダーウィン, に亡くなられ, に亡くなり, に亡くなりました, に何, に前, に勘当, に大学, に女学校, に彼, に戸口調査, に書いた, に横浜, に死ん, に殺された, に私, に結婚, に自害, に船, に駿介, の二月十七日, の八月二十日, の名人戦, の恋人同士, の話, は秀吉, まではこの

1 [343件] あのよう, あの訴訟事件, ある人, いつもの, からある, からこの, からすでに, からその, からです, からの中風, からの深間, からはじめられた, からはどう, からは寢, からほん, からほんもの, からナジミ, からパリー, から一昨日, から交際, から僕, から公園, から初めた, から勘当, から勘當, から取り, から女婿, から寄寓, から師, から延べ, から引き続い, から彼, から日本内地, から此処, から母, から流れ寄っ, から海保竹逕, から牛込, から私一人, から肉食, から菱苅, から見馴れた, から誰, から軽い, から輕, から逐次, から隣り, から雇われ, ぐらい, ぐらいのもの, この家内, この流行, この父, すこし気, すなわちサラット・チャンドラ・ダース師, すなわち明治六年, そして今日, その妹さん, それから奉公人, だったね, だつたね, だつたら藤井, であった, であったという, であったらお, であつ, でありまして, であり安土, であるから, である相州逗子, でございました, でございます, ですが, で二人共, とは雲泥の差さ, ともかく知性, と今, と同じ, と同じく, と変らぬ, と少し, と思えない, と記憶, ならお前, ならこの, なん, にあの, にあの大, にお, にこ, にここ, にその, にたった, にできた, にとうとう, にどうして, になる, にはあった, にはそこ, には伏波将軍, には旦那, には桔梗河原, には粟粒発疹熱, には薩摩, には見られなかった, には閲兵式, にふさいだ, にもこれ, にもこんな, にもプロトポポフ, にアルゼンチン, にカナダ, にゲオルク, にニージュニ, にバルボア, にブラジル, に丁度, に七斤, に三高, に上海, に下, に両親, に中村君, に久々, に云つて, に亡くな, に亡くなつた, に伊東, に伊豆, に保釈出獄, に僕, に兎, に処刑, に処方, に出した, に出た, に出来た, に出版, に別れる, に勝つた, に勝治, に医者, に升屋, に友, に同棲, に名人位, に君, に噂, に四歳, に国, に地方, に壽, に天国, に夫, に女房, に妙, に始め, に始終物, に字, に宗太, に家出, に庭木, に御, に志村のぶ子, に志村様, に志村氏, に戦, に持ち逃げ, に描かれた, に文字, に書かれた, に東京, に某省, に栄次郎, に棕軒侯, に植えられた, に此處, に歿, に江戸, に法科大学, に洋行, に海, に温, に焼けました, に熱心, に独艦上, に猛烈, に生れた, に田地, に當, に病死, に病歿, に破産, に突然, に筑紫, に素性, に組合, に縣會, に自分, に良人, に著した, に表, に見た, に訪ねた, に詠ん, に豊島家, に貰った, に貰つた三百兩, に越え, に跡, に跡取り, に軍務, に逝くなられた, に逢つた時彼, に遡っ, に驚くべき, に髮, の, のあくがれ, のあの, のある, のこの, のその, のもう, のもの, のやはり, のよう, の一月初旬, の万治元年, の上海, の乳癌, の事件, の五月ごろ, の五月頃, の仇, の今頃, の光り, の六月六日, の六月十四日, の円形, の出来事, の別れた, の十月四日, の古い, の同, の嘉永六年六月三日, の変名, の夏休み, の夏頃, の大, の大学生活, の大正七年, の大正十三年, の天保六年, の実母殺し, の寛政十年五月朔日, の対局, の少年, の志村のぶ子, の志村氏, の戦災当時, の承, の方, の旅, の日暮里, の日本, の明治三十二年, の明治四十五年七月, の明治四十年, の昭和, の晦日, の木曾路, の東京駅ホテル殺人事件以来, の正徳五年, の沖縄旅行, の焼け出された, の生活, の目黒, の短篇, の祭典, の籠城, の約, の経緯, の經緯, の縁故, の肺炎, の臨終, の自分, の芸州, の若, の若葉, の萬治元年, の藝州, の記憶, の調査, の貴女, の金雀花, の鉱毒防禦工事, の陽春, は今, は政府, まではいや, まではここ, まではよく, まではニコニコ, までは両国, までは兩國, までは妹, までは小樽, までは従業員, までは水谷町辺, までは石, までは至極, までコロール, まで三里塚, まで家, まで折助, まで數年間自分, まで知らなかつた, まで私, まで私娼, まで船長, まで見事, よりさらに, よりの自分, よりモスク, より十, より右, より肺病, を思い出せ, を思ひ出し, を想起, を謂, 即ち一八九五年, 即ち千八百六十三年, 同じ造船所, 或る, 授けられて, 果たしてそこ, 迄は温厚篤実, 迄は私, 迄は立派, 迄コロール

▼ 二十八日~ (462, 0.2%)

19 の夜 10 の朝 6 のお 5 づけの, に歿 4 であつ, である, の, のこと, の晩

3 [13件] であった, にトラック, に夭, に棠軒, に蘭軒, の事, の午後, の夕方, の宵, の日, はいよいよ, 濃尾大地震, 迄

2 [16件] から三十一日, でした, になっ, に大伴池主, に御, に私, に第, の川開き, の月給日, の未明, の柏軒, の正午頃, の濃, は小夜, まで, も朝

1 [326件] あつたり, いつも朝寝, かとよ風, かに開成山, かねえ, からいよいよ, からブロート, から一週間, から丁度, から九月三日, から四日間花月, から本所, から歌舞伎座, から正月, から浄勝房以下, から浅草観音, から遠慮, かれこれ午前七時頃, か九日, か二十九日, がやつ, が咲枝さん, が日曜, さ, だから, だった, だったか, だと, ついに肺炎, づけ, であらう, でありましたが, でお, でございましたが, ですから, ですよ, では, で一徃, で大きな, で次に, で終っ, で終る, ということ, というしるし, ときまっ, となっ, となつて, とのお, とは好, とは昨日ぢ, とも記され, と三鷹事件, と二十九日, と今月, と六月十一日, と気が付く, なの, に, にいった, にお, にお年玉, にきき, にこれ, にし, にその, にちゃんと, につく, にて学校, になります, には, にはそれ, には三十町, には下谷坂本町二丁目, には予戒令, には信長, には十一歳, には千種家, には多賀ちゃん, には大阪, には妙見様, には寿江子, には小折附近, には建築士会, には惜しい, には抽斎, には新居落成, には旧, には武田以下浪士全員, には江戸, には法制局長官神鞭知常, には浅草川, には父, には生, には私, には筒井, には色々, には長男恒善, には鶴岡放生会, にも参つて, にも実に, にも札幌行, にわたる荷送り, にエタ非人, にエミール・ザウエル, にオランダ船, にオーストリア, にガーゼ, にショッタリ, にストライキ, にブルジョア新聞, にマッカーサア, にヴィーン, に一斉, に三十七歳, に三十才, に三右衛門, に上る, に下院, に二人, に二十里, に五十一歳, に五女癸巳, に京都, に任有亭, に伝, に佐渡, に佐野, に信者たち, に先, に先ず, に全, に六歳, に凹巷, に出, に出かけた, に出た, に初, に北京, に十六歳, に又, に吉見さん, に同区本村町八番地, に同所, に和三郎寧親, に土手町, に奥医師, に女王, に姉須磨, に始めて, に宮駅, に家, に小康, に少なくとも, に帰った, に帰られ, に康永, に延期, に弘前県, に愈々, に抽斎, に拝見, に指定, に文久, に於, に書い, に書いた, に榛軒, に正方, に決めました, に津軽家, に父信政, に生れ, に生活費, に病, に皇帝, に着いた, に矢島優善, に知行二百石, に禄, に稿成つて奏上, に立っ, に笠置, に聴許, に股引, に肴町附近, に自宅, に至っ, に至り, に至る, に西湖, に見舞い, に言渡された, に議会, に貰った, に買いかえた, に赤城山, に重ね, に長子恒善, に閑院大納言, に間に合わない, に隣り, に霧社, に領地境, に鮭, のあけ, のうち, のひる, の一時, の三日, の三日間, の下田, の今日, の午すぎ, の午前, の午前十時, の午前十時頃, の午後一時頃, の午後三時頃, の午後九時, の午後六時, の午後六時五十分, の午後零時半頃, の午過ぎ, の命日, の喜多, の夕, の夕刊, の夕刻, の夕刻ごろ, の夙く, の夜丑, の夜中会, の夜仔犬, の夜兩替町島屋治兵衞方, の夜船, の夜雨, の奉納相撲, の子, の宣命案, の帰路, の弟, の当日, の後, の戊日, の手紙, の新聞ル・タン, の日曜, の日記, の日附, の早朝, の明け方, の晨朝, の暑い, の書, の朝七時頃, の条, の東朝所載, の某, の火事, の登城, の薬研堀, の追, の黎明, はミケルマス, は両国, は例年, は兩國, は初, は午前十一時, は午前十時, は即ち, は告別式, は成田様, は文化三年六月十七日, は旦那さま, は月給, は朝, は法華山, は遂に, は雨, ひどく暖い, または中世, まだ夜, までという約束, までにつく, までに二ヵ月, までに天井, までの三月, までの所謂お七夜勤め, までニューヨーク滞在, まで両国橋, まで兩國橋, まで寧日, も時々, よりはじまつたおう, より三十二日目, より三日共翁附, より上流下流, より不着, より八日間, より八月一日, をと日, をもって, をもって一切, をもって一斉, を二十九日, を以て本郷, を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸, を天気渡し, を期し, 又大, 反枢軸軍, 大きな感激, 少許, 御届, 思い切って, 曇り, 有楽座, 本三位中将, 記す, 迄ここ, 迄に何とか, 迄に四回矢継早, 迄の, 遂に堀, 頂きましたこの

▼ 二~ (460, 0.2%)

27 の家 8 ある 6 しかない, の花屋, 並んで 5 あった, あって 4 か三軒, の屋敷, の店, も三軒, や三軒, 置いて 3 だけだ, だけで, だけです, つづきの, ならず朝日, の人家

2 [29件] あったが, あつた, あり, が付い, しかなかっ, だか, だった, では, にて喜太郎, のぞいて, のところ, の他, の出入り, の大きな, の宿屋, の屋根, の廃屋, の支那専門, の湯宿, の茅屋, の茶店, の農家, の長屋, の間, の隣家, はこれ, は造作, 寄って, 附いて

1 [297件] あったし, あったという, あったので, あった附属茶屋, あつたり, あつて駕, ありしかれども, ありそれ, ありました, ありますが, ありむたヶ原, あり天一坊, あり法善寺, あり男, あり登り切って, あること, あるどちら, あるので, あるよ, ある一升, ある甚だ, あれば, おいて, おそくまで, から続い, か盜つた金, が一軒, が代表的, が出来た, が半斤, が変った, が夏, が根継ぎ, が残っ, が白木, が稲刈り, が近しい, が隣合せ, くらいは行き, さて帰り, しかなかつた, しか残っ, しか無い, しか無かっ, すました翌, ずつの茅葺き屋根, ずつ挨拶廻り, ずつ集まっ, その一軒, その名前, たつて, つづいた家, つづいた赤瓦屋根, つとめる, つぶしただけの, であった, であつ, でありましたうち, である, できたる, でけっこう, ですから, でそれ, で一棟, で一軒分, で三十六時間, で今, で使う, で分担, で埒, で暫く, とあと両方, とある, というぐあいにバラ, といわず続い, とそれから, とはなかっ, とはなかつた, とび越させる力, ともこの, ともすでに, ともとあまり, とも人, とも全く, とも医院, とも壊す, とも小さく, とも引き, とも揃っ, とも明い, とも藁屋根, とも角兵衛獅子, とも違い, とアパアト風, と云う, と代官松, と圧しつぶされた, と思っ, と残っ, と深川一軒, と現れ, と選り出し, どうかする, ならん, ならんで, なりし, にきまつ, にて困窮, になった, にはさまれ, にも同じ, にわかれ, に二軒, に五十キロ焼夷弾, に仕切ったらしく, に分れ, に大, に挟まれ, に支, に跨, に限っ, の, のあ, のうち, のおでん, のみだ, のみにし, のみ也, の下, の下宿屋, の中, の主人, の二階家, の人, の先駆者, の内, の前, の劇場, の劇評, の古い, の古色蒼然, の名, の呉服屋さん, の商店, の問屋, の問屋場, の大, の奥, の家作, の家庭, の家持ち, の寄席, の小さな, の小家, の小屋, の小料理屋, の小鳥屋, の廂合, の得意場, の御, の掘, の旅籠屋, の旦那衆, の易者, の本陣, の水役, の温泉宿, の独立, の由緒, の百姓家, の祖先, の空屋, の継立て所, の茶見世, の蕎麦屋, の藁, の親戚, の醫者, の門口, の館, の鮨屋, の黒焼き屋, はあった, はいずれ, はしくじった, はなかっ, は並ん, は二軒, は今, は何ん, は叔父, は多忙, は戸閉, は昔, は月末, は男の子, は空店, は自炊客, は誰, ばかりあった, ばかりできいた, ばかりでござん, ばかり休み茶屋みたい, ばかり先, ばかり呑み, ばかり宿屋, ばかり店屋, ばかり手前, ばかり明り, ばかり空地, ばかり親戚, ばかり訊いたらしい, へだたつた, へはまあ, へは人, へ寄り, へ据わりこんだ, ほどおなじ, ほども古い, ほど手前, ほど持つ, ほど用達, ほど製作, また二三軒, まであった, まで田舎者, むき合って, も, もあった, もある, もって, もとび越し, も並ん, も何, も出来た, も含め, も廻っ, も梯子, も珍しく, も騒がした, やれば, や三軒ぢ, や十五軒, よりはない, より主人方, より外, より成り, をわざと, を三軒, を廻った, を済すべく出掛けた, を無理, を虫ケラ, を見残し, 並べて, 並んだ花屋, 並んだ黒焼屋, 先だつたか, 入らぬも, 共にこの, 出た, 切りかえ, 寄り京極, 寄り南ずし, 建ちの, 建って, 必ずある, 懸持, 教わって, 敲き起した, 有ったが, 歩き京都, 残って, 知って, 程の先, 立って, 立つて, 立てました, 続いた板塀, 置いた隣, 置いた隣りに, 置いた隣りの, 行ったが, 見えた, 見える, 見えるほか, 見せて, 見受けたが, 訊ねて, 誠に気楽, 買いつぶして, 鄙びて, 隔てて, 隣りの, 隣り合い石山氏, 離れて, 飲み歩き待合

▼ 二時頃~ (449, 0.2%)

14 になっ, になる 7 であった 6 であつ, のこと 5 だった, でした 4 だと 3 から, だ, までいろいろ, までかかっ, まで居た, 出て, 迄

2 [28件] おきて, かえった, かえる, から夕方, から起き, だったか, だったそう, だろうと, であったが, でもあったろう, でもございましたらう, というの, になった, になつて, にならなけれ, にはもう, にもなっ, に何, に帰っ, に白い, に突然, に起き, の事, まで話す, 帰る, 広い御成街道, 暑いさかり, 辞して

1 [311件] いそいで, いつもの, お島, お隣りで, か, かえりねる, かえりました, かえるつもり, かもしれない, からかかっ, からず, からどうもだんだん, からなら, からの出勤, からはじまった, からやう, からシトシト, からタマリ, から一息, から一時頃, から三人同伴, から三時頃, から中野, から仲, から八合目, から六里, から出かけ, から四十分, から墓前祭, から夜七時頃, から宝塚球場, から射す, から小糠雨, から尻尾, から帰り始めた, から敏子, から曲馬, から横揺れ, から次第に, から沢山, から深い, から渡辺はま子, から熊手, から窓, から綺麗, から縁側, から翌日, から自分, から茶荘, から郊外, から配らなけれ, から雨, から食事, から騒ぎ出し, から高峰秀子扮, かタクシー帰宅, か一時二時頃, こっそり寝床, この町, この雨中, すっかり叛軍帰順, すんだ, だから, だったかと, だったでございますね, だったと, だったね, だったろう, だったろうか, だったんで, だつたらう, だつたらうか, だつたらう二声三声, だつたわ, だらうと, だろうという, つくの, であったろう, であったろうか, であります, であろうという, でお, でこれ, でしたが, です, ですから, ですが, です私, でそれ, ででもあったであろう, ででもございましたでしょう, でなきゃ帰って, でもあろう, でも喜ん, でも煌々, で中学生, で有った, で町中, という以上, とします, と云う, と仮定, と定まった, と推定, なので, なるべし, にかなり, にけた, にころり, にすん, にという風, になったろう, にならぬ, になるでしょう, にねた, にはすでに, にはまた, にはみんな, には一室, には何人, には家, には御, には来る, には海岸, には蔵前, には馳せ出でた, には鶴見, にもなった, にもなるだらう, にようよう, に主人, に伴, に供せられた, に共同風呂, に出かけ, に出掛けた, に出立, に及べ, に名物, に大変, に女中達, に家, に寝る, に小屋, に崖, に川端, に帰宅, に幽霊塔, に引き返し, に愈, に戻っ, に本堂, に本当に, に来い, に桂川, に橙, に此処, に殿下, に浅草橋辺, に済みます, に留つた駅, に留つた驛, に移つて, に至っ, に蟹田, に行われた, に車中, に速力, に降りやん, に雨, に電話, に靱, に驟雨, に黒い, ねる, のひ, の日, の日盛り, の暑い, の朝餐, の重病室, の銭湯, の間, の電車, の黒い, は人通り, は山, は東京, また迷亭先生, まで, までありました, までお, までかかつて, までぐっすり, までそれぞれ仕事, までだらだら, までちょい, までと決心, までどこ, までに空中, までね, までの一番, まではあの, まではぐつすりと, までは何やら, までは先生, までは前夜, までは安楽椅子, までは眼, までは陰忍, までは階下, までも働い, までも夜ふかし, までも寐たまはず, までも掛った, までも皆, までも電灯, までも非常, までピンピン, まで上野駅, まで仕事, まで働きつづけました, まで八方自動車, まで凄まじき, まで医者, まで原稿, まで召, まで君, まで喋った, まで喋り, まで奇妙, まで寝た, まで寝つこう, まで寝られなかつた, まで居, まで帰らぬ, まで庭, まで彼女, まで待たされる, まで時に, まで書見, まで死んだ, まで母上, まで湯本さん, まで煙, まで熟睡, まで眠らず, まで眠らない, まで老人, まで自分, まで話し合った, まで談義, まで閉じ籠る, やって, やっと見える, ゆくつもり, ようやく家, よりクレムリン, より朝八九時, より開始, わざわざ手紙, を見計っ, を過ぎ, 一旦ね, 両眼, 全く夢中, 出かけて, 出かける迄, 出たら四時すぎ, 出る, 初めて札幌停車場, 又ヴル, 同病院応接室, 大変動, 定つて花, 寝に, 寝ました, 寝ましたが, 寝る, 寝るの, 小一里, 帰ったら昨日, 帰って, 御通り, 暫く手, 来て, 歩いて, 眠いが, 眠った, 眠ったか, 眠れないので, 縫い上げた式服, 行くと, 行って, 赤い広場, 起きるつもり, 起きると, 起されて, 辞し日劇, 迄あれ, 迄ねた, 迄へ掛け, 迄歩くなり, 迄睡った, 迄色々, 迄話し, 迄話す, 迄遊ん, 迄麻雀倶楽部, 通るの, 酔った佐介

▼ 二十三日~ (447, 0.2%)

19 の晩 17 の夜, の朝 5 である, に蘭軒, のこと 4 であった, のお, の事, の日 3 に棠軒

2 [25件] だ, という日, といえ, と二十八日, にその, になっ, になる, に先生, に横浜, に歿, に行われ, のため, のエキセルシオール紙, のハガキ, の但馬地震, の午剋, の夕方, の川開き, の朝釧路, の条, の直前, の祭, の議會, は日曜日, を中心

1 [310件] いわゆる霜月三夜, おくつき, かに盲腸, からさう, からちゃんと, からの分, からの稲祭, から三月十九日, から二十七日, から二十四日, から五日間, から十月十日, から木挽町, から法然, から築地座が飛行会館, がモンペ, が仏事, が日, が最後, が森枳園, が私, すなわち霜月三夜, そしてきのう, だかに, だからと, だけは必ず, ださうで諸書, だったね, だったので, だったり, だな, だのに, だよ, だろうと, ついに天下, づけの, であったから, であつ, であらう, でございました, でした, です, ですが, ですよ, でその, でまだ, でよろしい, で二十七日上海, で道中, とあった, とし, となる, と二十五日, と云, と日附, と書し, などそして, なりき, に, にいただく, にお, におめにかかり, にお松, にお目にかかり, にきめた, にこの, にご, にし, にしよう, にする, になった, になりました, にね, には, にはこれ, にはそれぞれお祝い, にはどう, にはもう, にはゆく, には一まわり, には七社七寺, には不帰, には例, には地震, には堺, には大石農商務次官, には引っ越す, には折井探偵, には既に, には明確, には暑, には武蔵, には浪士ら, には筒井, には築地本願寺, には羊, には老中阿部豊後, には蘭軒, には鉢, には鎌倉雪, には館林, にも手紙, にも第, にゆき, にベラ, に三十一歳, に中学校, に井戸沢山脈, に亡くなった, に京都郊外壬生, に伝馬町, に使った, に入れ, に公会堂, に六十九歳, に出, に出かけられる, に出した, に分娩, に半蔵, に南, に味, に大師, に大阪, に夭, に姉, に姉崎家, に寿美, に山, に山陽, に工合, に帰る, に平田さん, に当っ, に当りました, に手紙, に抽斎, に撰集, に日本, に是非, に書き, に書きます, に未亡人, に東京, に東京世田谷区, に榛軒, に正, に正造, に此, に歩行願, に歸つて來, に淀橋, に清水被告, に牢, に登つたとき, に祈年祭, に祭っ, に福山, に突然, に至つて病, に至る, に致仕, に花, に茶山, に菅茶山, に藤枝, に行, に行った, に行つた處, に行われる, に西班牙, に講演, に贔屓役者七代目団十郎, に赤十字, に起った, に鎌倉, に開かれた, に関宿, に霞浦, に静岡, に面会, に頂いた, に領地, に香港, ね, のおくり, のお祭, のまだ, のクレーデル, のノート, のバクハツ, のリヴィエラ, の七ツ, の七・四, の不, の事件, の僕, の出来事, の前日, の午, の午すぎ, の午前, の午前八時十分, の午前十時, の午前十時ごろ, の午後一時ごろ, の午後十時, の午後零時半, の午頃, の半夜忽然, の土曜, の夕刻, の夕方当地, の夕景, の夕暮, の夕風, の外出, の夜九時ごろ, の夜半, の夜錨健次, の夜雲龍寺, の平民新聞, の当日, の後, の御, の手紙, の明けがた, の明六つ頃, の星, の昼, の昼頃, の書牘, の最高六・四, の木曜, の棠軒, の榛軒, の次, の泊り客, の深い, の深更, の火曜日, の爆発, の片, の秋季皇霊祭, の粥, の続き, の花, の記, の記事, の週刊朝日, の部, の金曜日, の関東, の闇, はお, はこ, はじめて本, ははたして, はやがて, は今年, は何曜日, は土曜日, は子の日, は引っ越し, は文化三年六月十二日, は暦, は月曜日, は本当に, は浜町中屋敷, は稲, は美濃, は陽暦, ほど寝倒れ, またし, また東南, までに玉子何箇, までは太陽, までも続いた, まで凡そ四, まで札幌, まで湊, まで続き, まで酒, も二月十三日, も十六人, も雨, よりも中日, より二十七日, より十五日間, より後, より新富座, よ鶴飼, よ鶴飼橋, を以て其の, を地蔵講, を挙っ, を新, を費した, を重視, 亦, 同じく, 御七条院此間予可儲肴等持参令, 御下向, 御下山, 御誕生, 曇り, 未刻, 本飛行, 迄, 附けの

▼ 二~ (440, 0.2%)

10 の水兵, の警官 6 の者 5 の刑事, の看護婦 4 の部下 3 です, のうち, の日本人, の被告

2 [23件] あり, が到着, しかない, である, ということ, といふ通知, に大町, のもの, の兵, の判官, の女中, の婦人代議士, の島, の従者, の武士, の浪人, の無, の男, の被告たち, の警察官, の追放, の郎党, 増えた

1 [342件] あげて, あったが, あったこと, ありと, いたでは, います, いるの, いるほか, おりまして, おります, があわただしく, がおりまする, がこれこれ, がしばらく, がだ, がつい, がつかまっ, がブラフトン大尉, が主命, が仆, が今, が収賄贈賄, が台, が国会, が守備隊, が尊意, が張り番, が戻っ, が斬罪, が暗中, が月世界, が本日午後, が死刑, が海釣り, が火星人, が無罪, が猴群, が現場, が甘粕大尉, が監禁, が真剣, が立ち上っ, が誰, が貴様, が追放, が選出, が附, が陪観, くわわり金田, こそよから, ことごとく死刑, さえ付い, しかなかっ, ずつ, ずつの大工, ずつを出し, ずつ三行, ずつ列席, ずつ委員, そっとさし, そのほか, その人たち, その左右, その者, ぞろぞろと, だけ, だけが遠く二間, だけその, だけを残し, だけ宥, だけ見える, だった, だよ, であった, であったから, であったが, であります, でご, で十五名, とあった, というよう, という勘定, という陛下, とはまずまず, とは次, とは見送った, と中央委員三十二名, と共に巴里, と共に舞台下手, と古河市兵衛, と男十九人女二十一人, と覚え, と陸軍, と馬丁, ないし二十三名, なん, におよぶ, に万, に前田, に及び, に委細, に就, に御座候, に手下三百名, に施錠, に淀橋, に説明, に謝, に過ぎない, に過ぎません, に遺恨, に馬卒十人, のそれ, のとむらい, のほか, のよう, のカバン持ち, の一団, の下士官, の不幸, の乗客, の人, の人々, の人数, の人物, の人質, の仲よし五人少年, の住僧, の作家, の作業服, の侍, の供, の側, の偽証罪, の兄弟, の兵卒, の兵士, の出欠, の医師, の医者, の南蛮人, の受入式, の史生, の同種会員, の囚人, の土人, の士官, の壮将, の多き, の大工, の大男, の女, の姿, の子, の学生, の孫, の官憲, の宿方総代, の少女, の店員, の座員, の弥次喜多, の恩赦, の憲兵, の手, の教授, の文学者, の新, の新入り, の新手, の新聞記者, の旗本, の村議, の横目, の横目付, の機員, の武者, の武装匪賊, の歩哨, の死傷, の死刑囚, の殉教, の水戸藩士, の火星人, の理事, の男たち, の男女, の男子患者, の病人, の目まぐるしい, の細作, の紳士, の練習生, の罪, の腕利き刑事, の船客, の若い, の藩, の血まみれ, の血族, の行方, の被害者, の覆面, の謀叛人, の警官たち, の貧民, の辯護人, の部将, の重立った, の重立つ, の重臣, の鉄砲組頭, の鑑定人, の陪審員, の陪席判事, の雑軍, の青年, の革命家, の食料, の騎馬巡査, の高級船員, の齋女犯戒, はあわただしく, はかえって, はかならず, はこの, はこれ, はその, はその後, はそれ, はたしかに, はどうせ, はなお, はほとんど, は三千一名, は入浴, は刑一等, は列, は十一台, は台下, は天, は奉行, は少女シノ, は帆村荘六, は平凡, は性懲り, は手足, は掠奪, は改易, は政略, は朝鮮人, は本国, は梟首, は正統派, は流罪, は無事, は父, は生かし, は発狂, は確実, は腰, は解体, は誰, は貢ぎし, は起訴, は車中, は首, ばかり居ります, ばかり来, へあてた, へかよう, ほどい, ほど加わっ, まあ, またはそれ以上, または三名, までの下職, まで取込んだ, まで我々, まで水戸派, もう一人, もこの, もそれぞれ, も死罪, も殺したく, も無事, やがて出, やられました, をここ, をこし, をしたがえ, をその, をそれ, をつかわし, をべつ, をまだ, をよう, を京, を以て神コデ, を副将, を加え, を射殺, を射落す, を徒, を従え, を指名, を捕えた, を斬りすてた, を殺し, を殺した, を添え, を見る, を討たせなけれ, を誘っ, を調べ, を負傷, を賛成者, を赤穂, を連れ, を選ん, を限り, を隠匿, ノ全部三十四名ニテ成立ス, ヲ以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ, 乃至三名, 倒れた, 内女四名, 出て, 副世話人四名, 及び同志, 及び星岡光雄, 居たん, 居る, 息せき切って, 捕まえて, 来りテスト, 来るこんな, 程壓殺, 足りない, 駈け戻って, 駈け込み, 駈け込みかくかく

▼ 二~ (440, 0.2%)

14 の小鳥 10 の雀 9 の白鳥, の鶏 8 のつばめ, の子, の鳩, の鴨 7 のカラス 6 の鴉, の鵞鳥 5 の鳶, の鷓鴣, も三羽 4 のすずめ, のフクロウ, の鳥, の鵜, の鶯, の黒い, 飛んで 3 のはと, の雛, の鷹, の鸛, 起ち三羽

2 [30件] かの農人, ころげ羽ばたくうつつ, だ, とのみ思ひし, ともあ, の, のうぐいす, のからす, のひよこ, の伝書鳩, の大きな, の孔雀, の山鳩, の樫鳥, の烏, の白鷺, の蝶, の雁, の雉, の青, の鶴, の鷲, もき, や三羽, 打ちて, 撃つて, 来て, 泳いで, 連れ立って, 飼って

1 [229件] あずけて, あったが, あり人これ, ある鶏, いた, いたそう, いたその, いたの, いる, おりて, お土産, かあ, かかりました, かって, からの川, か三羽, がガン, が一緒, が二羽, が互いに, が仲よく, が向い合い, が少しく, が尾, が店頭, が放たれ, が森, が生んだ, が空, きましたよ, ぐらいじ, しかかかっ, しとめること, すぐそば, ずつきちんと, ずつで遊び, ずつの鵜, ずつわかれわかれ, ずつ抱き合った, ずつ遊び, その洲, そろって, だか, だかは, だけいつか, だけがまつ, だけ懐中, つかまえた足, つかまえて, つれ立って, で, でここ, でさまよい歩く, でなく広い, でなく廣, では, でも雀, ということ, といわない, とだんだん, となり, との外, とまるさいかち, ともそっくり, ともそれ, ともやっつけなかった, とも吉田村, とも同じ, とも大屋, とも店, とも死ん, とも脚, とも順調, とも風, とも食べ, とも高い, とれた, とんで, と呼んだ, と捕っ, と灰色, と私, ながら吸われる, ながら巣, ならんで, になっ, になつ, になり, に何, に円光, に就, のうち, のうち一羽, のせきれい, のつれ, のてふ揺れ, のとり, のひばり, のべに, のやま, のゆりかもめ, のインコ, のカナリヤ, のガン, のシャモ, の七面鳥, の丹頂, の兄弟, の十姉妹, の大鷲, の子供, の子供たち, の寒雀, の小鳩, の巨鳥, の怪鳥, の方, の春, の梟, の椋鳥, の火, の燕, の生づくり, の異, の疲れはてた, の白色レグホン, の眼白, の睦じい小鳥, の紅雀, の若, の荒鷲憤然, の蒼鷹, の親鳥, の贈物, の軍鶏, の鍋鶴, の闘う, の闘鶏, の隼, の雀ぱぱ, の雄鶏, の雉子, の雌, の雌鶏, の雛鳥, の雛鳩, の雷鳥, の鰹鳥, の鳥たち, の鳩餌, の鴎, の鴛鴦, の鴫, の鵞, の鶉, の黄鶺鴒, はかならず, はすぐ, はなにか, は充分, は全く, は南, は取れ, は同じ, は此上, は胴, は運, は重い, ばかり一緒, ばかり這出した, まじって, また一羽, まで殺した, もとめて, も三頭, も并, も焼い, も集っ, よ, を仕止めた, を別居, を捕え, を掴ん, を撃ち止めた, を殺す, を醤油飯, 並んで, 作った, 加わって, 去り終に, 向いあったよう, 啄んで, 大きい鮮魚五尾, 寄りつ離れつ舞い上がる, 届けろって, 巣食うて, 帰る, 慌ただしく飛ん, 持って, 捕らわれたという, 攫み出して, 時々その, 来って, 浮いて, 淋しい啼声, 白い, 立ちざあっと羽音, 立ち五羽, 立つ羽音, 縒れて, 舞って, 落した以外, 落ちます, 視ながら, 買い蜜柑, 買って, 足らんよう, 軽し涼風, 迷い込んだ, 長い頸, 隠れて, 飛び三羽, 飛び下りざま, 飛び交して, 飛び廻って, 飛び過ぎました, 飛んだ, 鳴きながら, 黙りがやがや

▼ 二~ (433, 0.2%)

11 になっ 5 に活用, の, の活動, の策 4 か三段, になった, になり, の備え, の動詞, も三段 3 では, にし, に分れ, の処置, も上, や三段

2 [34件] がほぼ, がまえ, ずつ階段, です, で踏み外した, としてあの, にした, になつ, に仕切っ, に入りました, に分け, に押入れ, に推理, に構え, に畳まれ, に進みました, のベッド, の事, の先生, の失策, の小, の手段, の棚, の畑, の研究, の腕前, の解答, の計, の計画, の長い, の陣, の除數, も下, 返しわけても

1 [292件] あがる時, ある石, おろしに, おろしを, かと思われた, から成る, か三段歩, がなかっ, がゐる, が出, が終わる, きき, ぐらいの腕, ぐらいやる, ぐれえ, しか作つて, ずつお浚い, ずつひと, ずつ一, ずつ一遍, ずつ六人女三分の四段, ずつ女, ずつ飛ぶ, そんな大人気, だ, だけ下っ, だそう, であった, である, であるかも, ですから, ですよ, で一寸隅, で天井, で見る, で陸上競技部, という女中, といふもの, とお, とか云う, としてこの, としては主, としては先ず, としても試み, として之, として大, として当然, として掲げられる, として特に, として置い, として翻訳, として集まる, とす, とする, となっ, となつた, となり, とのぼつ, とはもう, とは北船場, と同居, と従五位位田八町, と買い込ん, に, においてなすべき, において叙, にか, にしめた, になってる, になつて, になる, にのぼる, にはかりに, にはたらかし, には巨大, には火野葦平, にまで進みかけ, にも三段, にも當, にも飛躍, にわかれ, にタッタ一, にベッド, に二三目, に仕切られた, に伸し, に使, に働く, に入, に入った, に入ります, に入る, に分たれる, に分ち, に別別, に削, に区切られ, に取掛り, に受ける, に大事, に就い, に屈折, に弓, に形, に成つて, に掛かる, に攻め立てる, に於, に於い, に束ねた, に棚, に築き上げられ, に組み立てられ, に組ん, に綴つた一種, に繋がっ, に繞, に至って, に衣服, に襲撃, に見えた, に許多, に變遷, に起る, に述べ, に述べる, に進みかけ, に釣った, に鉄砲隊, のこと, のなゆ, のふる, のぼりつめた石段, のぼれば, のもの, のゆる, の予定行動, の事業, の仕事, の働き, の元服, の免許, の別, の剣法, の勅命, の反省, の合理化, の問, の問い, の問題, の団子, の地名分類, の堕落, の変り, の夢中遊行, の大, の寡婦, の対, の小さい, の工作, の差別, の後始末, の必然帰結, の恐ろしい, の戦術, の手, の手筈, の探索, の攻勢, の新, の時期, の暗示, の未然, の未然形, の条件, の柵, の構, の法科大学生, の活躍, の浪人組七人, の淘汰, の煙草, の熟語法, の燃焼, の片, の現象, の用意, の知識, の石, の石階, の礼拝, の私たち, の策略, の箍, の結論, の縮, の考え方, の腕, の良質, の色, の被, の試み, の語尾, の説明, の調べ, の調査, の論, の論題, の距離, の軍勢, の選手, の選択過程, の部分, の重厚, の銃隊, の鍵盤, の隊伍, の階段, の雪, の飛香, の高低, の高次的反省, はいかに, はかく, はその, はたっぷり, は三三二マイル, は久しく, は事件, は五十六石余, は人, は地, は戸納, は気軽, は終ります, ばかりずらりと, ばかりそのまま, ばかりの物, ばかりまっすぐ, ばかりゆく, ばかり先, ばかり向う, ばかり少年, ばかり書い, ばかり目, ばかり細く, ほどの所, まで畳んだ, まで聞かせられ, もたちまさっ, もよく, も人品, も低く, も作っ, も先, も劇, も怪美人, も毛なみ, も見劣り, も高い, も高き, よりは山神, らしいが, をかねた, をなし, を上り, を了ら, を切り離す, を合せ, を海中, を白番, を給せられる, を聴く, を踏みました, を踏ん, ノ加算, 上がった, 上ったばかり, 上って, 上りましたよ, 下ろして, 抜き靴, 掛けると, 登る, 白く霧, 第一段, 第三段, 第二百十一段, 聴きだアンナもの, 諸変格, 踏むと, 高くな

▼ 二十一日~ (427, 0.2%)

18 の夜, の朝 10 の間 9 のこと 8 である 5 づけの, の事 4 だ, に, の午後 3 のお, の午前, の夕方, の晩

2 [12件] とある, にお, にこの, になっ, にキングズアームスホテル, に棠軒, の, の早朝, の暁, の月給日, の真夜中, は大師

1 [306件] いきなりフォード, いよいよ今日, いよいよ明日, か, かかさず池, からです, からね十月十日, から七日間, から三十一日, から三月二十日, から三月二日, から九月二十二日, から二十四日, から十一月二十一日, から十日間, から噴火, から四日間, から母上, から開場, がお, がその, がもし, が宿直, が来る, が縁日, この日, ごく狭い, すぎたら帰って, その部将フンク, だから, だけ残っ, だつた, だ臨時, であった, であつ, であらう, であるが, でこの, です昼, で一ヵ月, で二十五日, で例, で江州伊香郡, で満願, とおっしゃった, とそれ, となった, となる, との中間, なの, なら私, なれば, にあの, にいよいよ, におめにかかりまし, にかえって, にかえる, にかかる, にきっと, にここ, にこちら, にご, にし, にそちら, にそれ, になつて, には, にはお, にはきっと, にはまた, にはもう, には一日, には全く, には六か国, には六月, には労働者たち, には大坂, には定, には将軍, には嵯峨, には彦根, には彼ら, には木, には泰衡, には満つまい, には父子, には社殿, には蘭軒, には行け, にまた, にみたない, にもらいたい, にゆき, にアイルランド出身, にアムンセン, にトヨタ自動車, にニュー, にパリ, にマルセエユ, にヴィクトリア, に一度, に三遊派復興, に上原, に予定, に京都, に京都朔, に今年一月十一日, に仙台, に会った, に僕, に内大臣通親, に出, に出ました, に出立, に北条一族, に又, に吉原, に命, に執行, に多賀ちゃん到着, に夜舟, に妻徳, に嫡男棠助, に学位, に学校, に宇品, に宗麟, に寂, に将軍家茂, に屋舎, に山城, に差し向けられる, に常陸, に後, に御, に志村, に手紙, に抽斎, に日比谷公会堂, に星, に最初, に柏軒, に栄二, に極, に歿, に母, に母五百, に江戸, に治之, に法律, に法然, に浜松県, に生れた, に生れました, に着きました, に神田青年会館, に福山, に福岡, に私たち, に立つ, に第, に繰延べる, に膳, に至っ, に芝口, に芥川, に蘭軒, に行っ, に行つたの, に行なわれた, に襤褸, に見, に話す, に近頃幾晩, に鉱毒調査有志会, に開かれた, に関鑑子さん, に阿部正倫, に隆ちゃん, に頂き, に頂きました, に飛鳥山, に駿介, ね, のあいだ, のご, のその間中, のよう, のシューベルト, のレーニン, の万朝報, の休み, の休みごと, の函館, の刑, の初, の前日, の創立五周年記念ダンサー, の午前二時, の午前六時三十分, の午前十一時五十分日米, の午前零時, の午後二時前後, の午後五時, の午後十時半, の午後十時半近く, の吉辰, の夕, の夕ごろ, の夜なか, の夜ラクソール, の夜半, の夜明方, の太陽, の宇品, の宵, の府中城, の御, の戦争, の払暁, の方, の日, の日曜, の日記, の日附, の明け方, の昼, の昼頃, の暁方, の暁時, の朝七時すぎ, の朝八時過ぎ, の本読み, の条, の桑港放送, の正午, の決戦当日, の汽車, の消印, の滿願, の独唱会, の獨乙, の町, の眞夜中, の短期期限附, の祈願, の祭礼, の立願, の翌日, の荒修行, の裁決, の読売, の近畿地方, の連休, の金龍寺墓参, の間毎日, の間私, の間蕎麦湯, の雲龍寺, の零時, の頃, は五時二十分, は亡父, は各国連合軍, は君, は川崎, は帳合, は御, は文化三年六月十日, は明日, は昼, は朝, は来りぬ, は殿様, は満月, は用, は福山, は麦秋, ばかりの宵闇, までかかった, までかかつて, までその, までに講了, までの奥名富栄さん, までは籠川, まで受信, まで夏, まで踏みとどまろう, も, もかかる, も飲まず喰わず, よ, より三月六日, より十一月十九日, より四月十五日, より開場, をもって開戦, をも含ん, 早くも, 曇り, 経った, 経って, 荒っぽい風, 迄, 迄三日三晩, 頂きました

▼ 二~ (414, 0.2%)

9 もある 4 の高, ほど開い 3 ばかり開い, も足, 程の長

2 [31件] か三寸, くらい低く, しか減じない, と云う, と相場, と身体, のふと, の兵, の小男, の杖, の距離, の鏡, の鯛, ばかり, ばかりで, ばかりのもの, ばかりのキュウピー, ばかりの高, ばかり下, ばかり創口, ばかり太, ばかり離し, ほどの厚, ほど土, もあろう, も三寸, も厚い, も延び, や三寸, 御脛, 程の物

1 [326件] あいては, あが, あげて, あたかも闇, あったと, うごめき進んだ, おひざ, からある, からだ, からの減水, から二寸五分, か三寸位, がところ, がもの, が標準, が相手, くらいで, くらいのおもちゃ, くらいの個所, くらいの円形, くらいの長, くらい積, くらい首, ぐらい, ぐらいしかあるまい, ぐらいずつ伸びつ, ぐらいずつ開い, ぐらいで, ぐらいで塗りつぶすべき, ぐらいな小男, ぐらいに切り, ぐらいの五色, ぐらいの嵩, ぐらいの幅, ぐらいの新雪, ぐらいの穴, ぐらいの管, ぐらいは積り, ぐらいも距, ぐらい低い, ぐらい幅, ぐらい開いた, さがれば, しかない, しかなかっ, ずつうごい, ずつその, ずつにきり, ずつの竹三本, ずつジリジリ, ずつスーッスーッ, ずつ伸び, ずつ伸びる, ずつ動, ずつ動かし, ずつ動きはじめた, ずつ喰い違っ, ずつ夜具, ずつ少し, ずつ迫っ, ずつ這っ, ずつ開い, ずつ開けた, ずつ静か, せえ, その邊, たべて, たべましたから, だから一寸, だけ未申, ちぢめて, であったと, であったもの, でも深淵, でも甘, で円く軽い, で濟, というふう, というウグイ, という堂々たる, という大, という大きな, という小男, とかいうの, とかげっ, とじりじり, とはちがわない, とは燃え, とみるみる, とサナダ虫, と丈, と動い, と周囲, と大岩, と引き開けた, と彼女, と後ろ, と掘, と暗い, と相手, と瞬く, と若者, と近寄っ, ないし五寸, なら引っ張って, になった, に三寸, に三寸位, に二寸, に伸び, に切った, に四寸五分, に積もっ, に育った, に足らない, に足らぬ, に近い, に近く, に長, のこと, のイトウ, のコンクリートブロック, のハゼ, の上, の二本針, の像, の刀ゆえ, の動揺, の厚, の口径, の地割れ, の大玉, の存八, の所, の手, の樫, の檳榔樹, の此方, の百足, の細茎, の芽生え, の虫, の蚯蚓, の袖, の躯, の長身, の黒麦酒, はあらう, は楽, は短, は短い, は突, は高い, ばかりあけた, ばかりあちこち, ばかりある, ばかりかすめ, ばかりこっち, ばかりそれ, ばかりたれ, ばかりにし, ばかりのかなぶつ, ばかりのもめん帯, ばかりの上, ばかりの円, ばかりの古い, ばかりの四角い, ばかりの太刀傷, ばかりの女, ばかりの奴, ばかりの小, ばかりの小さき, ばかりの小さな, ばかりの幅, ばかりの幼魚, ばかりの法螺貝, ばかりの瘢痕, ばかりの白い, ばかりの真黒, ばかりの短い, ばかりの硝子, ばかりの綻び, ばかりの緑秧, ばかりの身体, ばかりの鋭利, ばかりの雲形, ばかりの麻, ばかりの黄色い, ばかりは縫, ばかりみじかい, ばかりも伸び, ばかりも裂けたる, ばかり上, ばかり伸び, ばかり傷口, ばかり前, ばかり右, ばかり外, ばかり天井板, ばかり延び出す, ばかり斬られ, ばかり畦土, ばかり秘密, ばかり突き抜け, ばかり窓, ばかり納戸襖, ばかり細目, ばかり萌えいづ, ばかり萠, ばかり長い, ばかり離れた, ばかり食み出し, ばかり高い, ひらきかけたかと, ほどあいた, ほどある, ほどしか違わない, ほどな, ほどに育ち, ほどのもの, ほどのや, ほどの亀裂, ほどの人形, ほどの切傷, ほどの列車, ほどの古傷, ほどの大き, ほどの小さな, ほどの差, ほどの幅, ほどの檜葉, ほどの物, ほどの色, ほどの隙間, ほども厚く, ほども延び, ほど上がった, ほど下, ほど下方, ほど低い, ほど低けれ, ほど厚い, ほど強い, ほど抜いた, ほど抜き, ほど白く, ほど積, ほど空い, ほど載せ, ほど鞘, また三寸, までの魚, もあった, もだし着流し, もはみ出し, もはみ出た, も低かろ, も余地, も厚, も押し出し, も曲がった, も深く, も短, も短い, も積, も積もっ, も突込, も粉雪, も胸, も裾, も開け, も高い, より低から, よれば, を増し, を残し, を隔て, ヲ可, 下りて, 乾いた土, 出て, 切られるつもり, 動くと, 厚さ, 双腕, 合わせて, 多く四時, 始めて長, 引いて, 引かれたよう, 引き開けた, 抜きかける, 斬られるの, 斬られるも, 本口周り三尺九寸, 殖え水勢, 深さ一寸, 深さ五分くら, 程, 程の厚味, 程の地割れ, 程の大き, 程の痕, 程の細長い, 程出し, 程切り附けた, 程同所下之方, 程延び, 程空い, 程背, 程背中, 程開い, 積もって, 積もり江戸, 進むか, 長さ, 長さ五寸, 開けいかにも, 開けたと, 隔て一列, 離れるの, 高い, 高いぐらいに, 高いやう, 高いよう, 高さ七寸

▼ 二~ (411, 0.2%)

5 見よ 4 引いて, 挙ぐれ, 挙げんに, 言はむ, 足して 3 つれて, 挙げて

2 [23件] うながして, かけると, その掌中, 主人が, 争うもの, 争う大きな, 争ふ, 先頭に, 加えて, 占めて, 占める, 挙げること, 挙げるならば, 熱中させた, 申せば, 知って, 知らざるの, 知らぬもの, 袋の, 見ると, 通過され, 連れて, 除いて

1 [334件] あらそいぬけがけ, あらそう大, あらそう老舗, いうと, いえば, いふて, うながすと, うまく運転台, おしつぶすつもり, おどろかした, おぼえるの, かかえ起す, かけること, かければ, かばうひま, きびしく見つめた, くつきりと, こづいて, こづきま, さしひいた分, さそいも, さそった, さそったが, しかりつけた, しかりつけながらも, しめ上げながら, すりぬけて, ぜひ今, そこでの, たすけて, たすと, ちらツ, つけしに, とって, ともなって, とらえて, とりまいて, とりもどすの, なおした, なして, なめて, ねかしつけるとき, はげました, はじめ多勢窓へ, はっと我, はなすと, ばいか, ば等しく, ひとり橋の, みつけて, めぐる生活, もって, もらって, もろともに, やってる, やや上廻る, やりながら, やるの, よびつけた, よびとめること, りの, アパートまで, カットし, クサリ乍ら書い, ケジアと, サービスする, ジッと, ジロジロ見廻した, ヨタモノなみにしか, ロッパの, 一に, 一二度見た, 一刀両断にや, 一期に, 上げて, 下らぬよう経営, 不即不離に, 両腕, 中心と, 中心に, 乗せたまま, 乳母車から, 争うところ, 争うの, 争うほど, 争う人, 争う名社, 争う大身代, 争う好男子, 争う威勢, 争う家, 争う宿駅, 争う富裕, 争う将棋指し, 争う工業国アメリカ, 争う旅館, 争う智将, 争う松田尾張入道, 争う産出額, 争う秘蔵, 争う米, 争う美人, 争う者, 争う語り手, 争う財産家, 争う遣い手, 争う都, 争う金持, 争う高山, 争つた吾妻養狐場の, 二人の, 五倍し, 人の, 人並みに, 今あとの, 他所に, 休会したる, 休會したる, 会わせない, 佐々の, 作つた, 併せ知るに, 使って, 例示する, 促すと, 修養的学問, 個人本位主義の, 倩ひ, 傷け, 僕が, 充分に, 先程から, 免ぜら, 免除する, 全燒, 出揃は, 前借りし, 加うれ, 加えたもの, 加える, 加えると, 加ふれ, 北条に, 占むるにいたり民心も, 占むるの, 占むる主要部は, 占めたこと, 參照し, 取り出して, 取り軍, 受けながら, 合せば, 同席させ, 呼びだした, 嘲笑した, 国外に, 埋める凄まじい, 外につき, 失つてゐる, 学びて, 岩に, 川口が, 平気で, 廊下へ, 引きさ, 引くと, 引けば, 引こうとも, 引拔い, 強ひ, 後から, 後に, 得るも, 必ず座右, 怒って, 思いつめて, 思い描いた, 恋して, 恋しては, 恋するという, 悪く母, 悪く言, 悼む, 慰めて, 慰めるよう, 所有した, 手に, 打つまで, 打つ柱時計, 抄する, 抱き上げて, 抱き上げようと, 押えつけたり, 拉致し, 持って, 指して, 挙げますと, 振り切るほど, 捜しに, 捧げるつもり, 授かった者, 掛けて, 掛ければ, 掛売で, 撰ぶ上, 撰定した, 擧ぐれ, 擧げますと, 擧げると, 擧げるならば, 支配下に, 放り出すと, 数えた, 数え終わった時, 料理する, 既にこの, 既に突破, 日比谷公園の, 書き上げること, 最少として, 有するに, 木村竹蔵と, 本体と, 机の, 案内人として, 欲し, 殴り倒しても, 殺すだろうと, 水の, 活かす道, 淳葉田瓊入媛と, 減じて, 渟葉田瓊入媛と, 渡して, 焚經臺と, 焦土と, 生かそうと, 生じ二, 生ずる如きもの, 生産する, 異常な, 異常に, 発見した, 眠らせるに, 眺めて, 眼中に, 知らさる, 知らずというだけの, 知らぬからの, 知らぬなり卒業, 知らぬ言, 知りたまわず敵, 知るだけ, 知るに, 知るのみ, 示さん, 示さんに, 示しそうして, 示した, 示すこと左, 祈念の, 立つれば, 笑わせるとともに, 終えたわけ, 終ったところ, 終る, 終ろうと, 結びテグス, 締上げ, 縁で, 繙けば, 置くといった, 考えるかの, 聞いて, 自分の, 芸術家なんかに, 蓋然と, 虫ケラの, 袋から, 補足すれ, 見あげた, 見その, 見たこと, 見つめた, 見つめて, 見て, 見まもりながら, 見る, 見るや, 見下して, 見下ろして, 見舞って, 見較べて, 視つめた, 観察せん, 記さんに, 記る, 試みて, 話題に, 認めて, 誘うが, 誘うこと, 誘うよう, 誘わなくなった, 説明し, 請求する, 貰えるの, 買って, 超えた, 超えた国, 超えること, 足すと, 踏破せり, 述ぶれ, 追慕する, 逃さないため, 途中で, 通り過ぎて, 造れる威能, 遂げたり, 遮って, 選み, 間違へて, 降ろすと, 除いては, 除き此, 除くと, 除くの外, 除く外, 陳べる, 領し, 領するよう, 領する樣, 頭に

▼ 二日目~ (401, 0.2%)

27 の朝 21 の晩 18 の夜 15 の夕方 10 の午後 6 である 5 か三日目, でした, のこと, の日 4 にはもう, のマチネー 3 であつ, にまた, の昼

2 [14件] だった, だと, とを無料入浴デー, と三日目, になっ, になる, に左門, に息子, に紅白粉, の午前, の午後五時頃, の夕, の雪, はお

1 [239件] いよいよ待ち, かにモサ, からいつも, からの話, からは勝手, からは取り戻す, からは東京風, から三日位, から其の, から日記, から木戸銭, から木戸錢, から正面衝突, から目, から重湯, か三日, か三日日ごと, か三日目越し, が二回半, が半, が食べ頃, ぐらいの出来ごと, だ, だかに, だけ稽古, だったそう, であったか, であるのに, である一言, でしかも, ですし, でないと, ではございませぬ, でまさに, でもう, でも涙, でやっと, で一応, で四時開演, で神田明神下, という, といふの, となれ, と浅草, ないし三日目あたり, に, におこなわれる, にきょう, にぎん, にこの, にすっかり, にその, になつ, になれ, にはあいまい, にはその, にはとうとう, には三千円, には五本目, には何, には何れ位, には同じ, には周一, には夫, には客, には恒川警部, には新た, には村役人, には羅馬, には邪熱, には酔いどれ, には金三百九十円, には飯島扇屋泊まり, にまた突然, にもの, にももどらなかった, にやッ, にサンフランシスコ, にデイステンパー, にバンクス島, にマルセイユ, にミシシッピ, に一つ, に一人, に一夜, に三千円, に丸多, に久慈, に人心地, に伸子, に入荷, に十風, に原稿, に咽喉, に多大, に始め, に娘, に家, に崖, に嵐, に志, に日比谷近く, に未, に来た, に来る, に枯草, に栖方, に桑港, に横浜, に武江深川, に死ん, に死んだ, に母親, に火事, に火災, に私, に素子, に纜, に船底, に葉, に蘇生, に見舞, に返事, に途中, に長浜, に雨, のそれ, のカワカミ, のダレ, のマチネー十時半, の七ツ, の七月十三日, の事, の二月二十九日, の今日, の八ツ, の出来事, の切符, の十七日, の十五日, の午, の午后あたり, の夕刻, の夕方彼, の夕方私, の夕暮れ, の夜明, の夜馬賊, の天気, の宴会, の宵立ち, の対局, の彫刻的, の所, の新聞, の日中, の早朝, の昼過ぎ, の昼頃, の晝過ぎ, の晩あたり, の暁方, の曙, の朝便り, の朝奈良, の朝女将, の朝食, の村会, の正午, の甲子, の白昼, の真夜中, の算術, の紙面, の行事, の記念日, の記憶, の車内風景, の辰, の通夜, の障碍競走, の黄昏, は, はその, はとうとう, はまさに, はよく, はパン, はマチネー, は一万, は一緒, は丁度日, は七ツ, は休息, は何, は初, は前, は十二レース, は十五六名, は和宮様, は報徳部落, は夜, は小屋, は快晴, は懸念, は旅費, は早朝, は暁, は朝, は木曜日, は本命, は来客三十人, は浅草, は第, は算術, は雪晴れ, は骨, までだった, もさらに, もすぎた, もその, もやはり, も前日, も可, も同様, も呉清源, も失敗, も朝, も石塊, も負け, も過ぎ, も静か, を打ち上げ, を見た, を迎えた, 出がけ, 小さな宿場町, 少し眼, 曇り又

▼ 二十七日~ (398, 0.2%)

16 の夜 10 の朝 8 づけの, に 7 の午後, の晩 6 のお 4 のこと, の条 3 である, に歿, に至る, の夕方

2 [22件] だ, であつ, です, になっ, にはその, には朝, に到着, に新, に書い, に江戸, に渡す, のプレジデント・フウヴァ号, の分, の夜中, の宵, の帝国在郷軍人会, の御, の日附, の第, は朝, より高祖忌執行, 迄の間

1 [272件] および同年十月六日, から, からである, からキッ, からシュピンドラーミューレ, から三十日朝, から二十九日, から八日, から八月二十五日, から其新作, から四日間連続, から四月十八日, から床, か八日, か若しくは, が来た, が満月, が生れる, が金曜, この春, さらに北行, だが, だぜ, だそう, だった, だったが, だとばかり, づけ, づけお, づけ下, であった, であったか, であり二月上旬, でご, でした, でしたかな, ですね, で三日間, で二人, で仕方, で正式, ということ, という事, という前, という間, といふの, とお, となった, となつ, とにかく春日殿, との話, と予想, と二十八日, と今月, と八時, と推薄, と日, と言つて, と記憶, にあなた, にお, において遂に, にかえって, にこっち, につるさん, にね, にはこの, にはすでに, にはふい, にはふたたび, にはもうこ, にはもはや, には上洛, には久しく, には全, には同, には大久保忠隣自身, には宮木判事, には家康, には引越します, には往き, には忠州, には日比谷, には最初東京, には木曾谷中宿村, には栃木町, には私, には笞打, には聖書会社, には西, にまた, にめでたく, にやっと, にやはり, にゆき, にイギリス, にエジンバラ, にチチ, にフランス, にロンドン, にワラタ号, に一子鶴松, に中津川, に予先づ小樽, に亙る, に京都町奉行伊奈遠江守忠告, に伊平さん, に八十二歳, に八十四歳, に公布, に六十一歳, に六田, に出した, に出た, に切腹, に南亜, に召捕, に各省大臣, に国王, に天草陣, に奏覧, に妻, に始まる, に子, に少, に広島, に当る, に後鳥羽上皇, に御, に文部省十等出仕, に新報社, に日本橋八重洲河岸, に来た, に東京, に柏軒, に染筆, に榛軒未亡人飯田氏志保, に正教, に死, に王様, に生れた, に男, に発表, に知る, に石川検事, に確答, に祖父, に祝言, に私, に美濃苗木, に自分達, に自宅, に至っ, に至つて, に至り, に蘭軒, に裁可, に西山手, に谷, に谷中, に遂に, に酒井忠清, に開かれる, に静岡, に高松, の, のあけ, のあさはやく, のたそがれ, のところ, のプレジデント・フウヴァー号, の予定, の事件, の例会, の僅, の出来事, の十時, の午前, の午前八時半, の午前六時, の午前十一時頃, の午前農商務大臣, の午後一時頃, の午後七時, の夕刻, の夜二時頃漁舟, の夜亥刻, の夜敵陣, の夜晩, の夜更方, の夜當方, の大, の寅, の寒い, の対話以来, の封書, の差, の戦い, の手紙, の新, の方, の日, の日付, の日付け, の日斯樣, の星空, の昼, の昼頃, の晩ファゼーロ, の晩奥様, の暁八つ時, の朝六時, の朝六時頃, の未, の東京上野駅発, の法会, の由緒書, の発病, の相違, の祭, の総, の読売新聞, の間, の閣議通過, の雨, はまだまだ, はズッ, は大変不安, は天候, は尼, は栃木町油屋徳右衞門, は水, は浪士ら, は翌日, は金胎寺, は雑司ヶ谷, は雪解, まで, までこの, までに四十四頭, までは両, までもつであろう, までパージユーヨ期間, まで五日, まで手帳, まで書かなかった, まで殆ど, まで毎日注射, もやがて, よき往生, より, より二日間, をもって接収, を以てロンドン, を以て世界, を都落, を青箸, 出来同夜, 及び二十八日, 各劇場, 同じく頭痛, 同二十九日, 曇り, 生国上州新田郡細谷村, 第八十二機械化大隊, 約一ヵ月ぶり, 迄にし, 迄に堤防, 迄に彼, 迄やっ, 迄日延べ, 遅れて

▼ 二十四日~ (395, 0.2%)

17 の朝 13 の晩 8 の夜 7 のこと, の午後 6 であった 4 の日 3 から二十七日, に棠軒, に歿, の, のお, の新聞

2 [25件] から一週間, だった, づけの, である, に, にその, に於, に死ん, に私, のその, の事, の出来事, の前, の午前, の午前四時, の夕方, の御, の旅程, の未, の来る, の衆議院, の黄金, を思い出せ, 又青白き, 曇り

1 [265件] から三十一日, から二十五日朝, から五日, から今日, から初雪, から病カン, から逗留, があまり, けふ, この日, じゃない, だ, だか, だったかい, つまり殺される, づけ, づけ第, であること, であると, でご, でした, ですよ, で二十六日, で十個, で廓内全焼, で後者, とあら, という, といえ, といふ今日, といわれ, ときまる, とその, とただ一日, とに鉱業被害概表, とわかっ, と二十五日, と二十八日, と定まった, と申すおく, などは地蔵盆, なら五月二十四日, なり, にかけての一夜, にそれぞれ, についてこの, にどう, になっ, になった, にはさらに, にはとにかくどんなに, にはどうしても, にはもう一度, には一同京都, には佐藤鉄太郎中将, には六地蔵, には初, には前橋裁判所, には大石農商務大臣, には日本プロレタリア作家同盟, には本当に本当に, には柏軒, には清正公様, には田中正造ほか四十六名, には痛烈, には義盛さま, には鎌倉表, には長嶺, にもやはり, にやっ, にアルバート, にイギリス船, にトーキャ, にパリ, にファラデー, にブルゴス, にロシア語, にローマ, にローヤル・ソサイテー, に一人, に一寸, に七十八歳, に下, に九歳, に予審, に五兵衞伜同道, に京師, に京都, に今, に八十八, に六十三歳, に出した, に出発, に友人バウム宅, に古賀, に吉田菊潭, に四十六歳, に土井利勝, に城山, に堺, に女, に実父陸奥宗光, に家康, に寿江子, に山梨県北巨摩郡穂坂村, に帰京, に帰宅, に弟, に手紙, に最終, に来られ, に東京, に榛軒, に横浜, に次, に江戸, に浅草, に熊野仁郷村, に現れた, に生れ, に病ん, に皆, に神辺, に種々, に筑前守斉隆, に箱館, に結婚, に結果, に総代, に纔, に肥前國松浦郡, に脱出, に至っ, に蘭軒, に試寫, に諸, に質問演説, に酒, に関宿, に除幕式, に駿府, に高, ね, のけさ, のさる, のひる, のイ便, のクリスマス前夜, のパニック, のフランス革命, のメルキュール紙, の一件, の一日, の一時十分前, の七ツ, の九つ, の亀戸天神様, の今朝, の公開講演会, の出来事以後, の分, の午前中, の午後三時, の午後三時頃, の午後六時, の台本, の四つ頃, の夕七つ半頃, の夕方同所油, の夜どおし, の夜令嬢づれでクリスマス, の夜半, の夜半ごろ, の夜行, の大, の戦, の手筈, の払暁, の拘留體刑, の授業, の新聞記事, の旗日, の日暮れ, の日暮れがた, の日記, の日附, の明け方, の昼間上野駅, の晴天, の暁天, の暁方, の暮, の暮れがた, の暴風雨, の月, の朝刊, の朝明け, の朝東京湾, の来た, の榛軒, の海南坊, の真夜中, の祭日, の空襲, の終日, の辛抱, の都下, の銀, の長門壇ノ浦, の闇空, の附属書, の陶器祭, の陸軍側公判廷, の雨, の頁, は, はすでに, はちょうど, はハーバード大学学位授与式, は京都, は内匠頭長矩, は割, は力三, は大島, は日曜, は日曜日, は朝, は無事, は父上, は程ヶ谷, は築地, は飯島様, ほんとネ, までがお, までその, までだ, まででありました, までに出来上る, までに纒め, までは絶えず, まで一週間, もここ, もすぎ, もまた, も延期, も日, も穴, より二十五日, より同, より後で, をもって生る, を一日, を中心, を大切, を済まさなけれ, を迎えた, 予てから不快, 同じく, 同県備前国津高郡井原村, 寒かった, 行くもの, 行われた, 迄が京都, 迄すこし, 迄日

▼ 二~ (391, 0.2%)

12 の金 6 でも三円, の祝儀 5 の家賃 3 か三円, だ, であった, に空席, のところ, の会費, の原料, や三円

2 [20件] あるそれだけ, かえしといて, たかられる, だったが, では, で買, で買っ, にし, になる, にもならない, の仕事, の月末払い, の本, ほど小遣い, もした, も三円, よ, を尽く, を持っ, 貸して

1 [298件] あげました, あげろじゃ, あれば, いかれる, いるから, おいて, お出し, か, かえしたよ, かかって, から一円五十銭, か二円五十銭, か十五円, か知らん, があれ, がとこ土産, がなくなりました, が半分位, が大分, が忽ち, くらいしか持っ, くらいにつく, くらいに当る, くらいもする, くれた, くれて, くれろつてん, ぐらいだろう, ぐらいで古道具屋, ぐらいで我慢, ぐらいで神田, ぐらいの, ぐらいの日当, ぐらいの草, ぐらいはつかっ, ぐらいは食っ, ぐらいよ, さ可, しかない, しかも口, しか入, しか取れぬ, しか残らなかった, すこしで, すると, ずつぐらい金, ずつで譲っ, ずつにし, ずつの料金, ずつを原料, ずつ出せ, ずつ安く, ずつ正, ずつ貯金, ずつ送っ, たまると, たらずの, だから, だけまけ, だけもらえた, だけれど, だけ寄付, だけ貰, だである, だよ, であ, であったが, であったの, であったもの, であった砂糖, である, であるで, であろう箱, でお, でございます, でしたが, です, ですの, ですん, でその, でも, でもいい, でもって切売, でも一円五十銭, でよろしい, で仕事, で入れ, で売った, で売つて, で売られ, で売りつけた, で売ります, で屑屋, で後, で済み, で済んだ, で立派, で蚊帳, で買いました, で買い取っ, で買つた, で買つて貰つて, で雇われた, で非常, で食事, ということ, というの, という事, という大, という大枚, という少額, という札, という金, といふ青, とかせいぜい, とか三円, とか云う, としてその, としてもその, として一日二百円, として一週, として飾っ, とつかい込み, とはどう, とられる, とりもどして, とるが, とるの, と一円五十銭, と三円, と上げ, と云え, と五円, と借りた, と定め, と小金, と少し, と接線, と摘まみ出し, と擲ち, と数え, と書い, と細かい, と継母, と聞い, と見る, と言, と除け, どう, ないし三円, なの, ならまあ, なら十円ぐらゐにつけとくといいわ, なるありほか, なるべし, なんぞとはとんでも, にする, にて事済み, になった, にはなる, にまけろ, にも当る, にも足らなかった, に下落, に売れた, に少し, に電話, のあやし, のお, のお銭, のこと, のこの, のとこ, のほか, のもの, のカーキ色, のクリーム, のバス附, の下駄, の五枚お引き受け, の仮渡し, の出費, の利益, の割, の勝手道具, の収入, の吸物椀, の定食, の客, の宿代, の市価, の弟, の弧, の御, の日当, の月謝, の棒包み, の洒落, の無心, の物, の百倍, の符牒, の米, の罰金, の茶, の資本, の酒, の酒代, の鍋, の額, の食事, の食料, の食道楽会, の香奠, の高値, の鯛, はあんまり, はいっ, はずいぶん, はどう, は取る, は大した, は蜜柑, ばいれとく, ばかし仕方, ばかりあげ, ばかりかかる, ばかりかけ, ばかりだ, ばかりの働き, ばかりもの, ばかりも月々, ばかり仕入れた, ばかり余計, ばかり貯つて, ほど持っ, ほど欲しい, まで値, もしなかった, もする, もにかけ合う, ものお金, ものもの, ももらえる, もらえば, もキ, もチップ, も三円もと, も二円五十銭, も其上, も包め, も収入, も払いたい, も掛る, も滞る, も返さなかった, よりかよっぽど, より三円五六十銭, をボーイ長, を与えた, を二円, を儲けた, を割り当てる, を奮発, を強奪, を悉く, を惜むというのがどうも不思議, を痩せこけた, を貰った, を費す, を遣る, ヲ給ス, 上げよう, 上げると, 乃至四円, 余りましたけ, 余る, 借りて, 借りる, 儲けた, 入れて, 出した, 出したこと, 出して, 又ハ二十円, 取る方, 執って, 戴き大変使い出, 払うた, 持って, 渡される, 貰ったきり, 貸したん, 貸せとは, 近い御, 返しといて, 送て, 頂きました

▼ 二十九日~ (391, 0.2%)

15 の夜, の朝 5 の事, の晩 4 づけの 3 であった, に, に歿, に生れた, の夕, の夕方, の牡丹餅

2 [22件] だった, であつ, である, という, と十三時, には私, には蒲原, に八十歳, に帰っ, に榛名丸, に江戸, に蘭軒, のお, のこと, のウォール街, の分, の午前, の午後, の午後七時五十一分, の午後七時五十一分頃, の日, の貧乏

1 [282件] あって, あつた, あつたり, あるの, お着き, か, かに東京, からうち, からのこと, からの切符配分, から一度, から八月十日頃, から十六日間, から開始, が公判, が十三日, が春尽, が来た, が終る, ぐらいと見, ぐらい蒸されるだろう, けふ, こう三日, じゃありません, その家, だ, だから, だと, だなんて, つけられた, で, であ, であったという, でしたか, ですから, でショウ月, で信明, で俺, で刑死, で地球, で大変, で専六, で本郷追分, で自分, とある, というきのう, というハンパ, という恐慌, という日, といえ, とかい, とする, となる, と一藩, と十日毎, と口, と意識, と書し, と限られ, なんとなく殺伐, にええ, におこった, にかえった, にかきました, にかけてであった, にここ, になった, になる, にねかきかけ, にね林町, にはいよいよ, にはお前, にはかえり, にはすっかり, にはまだ, にはサン・ミゲル, には二五〇, には信長, には入道尹時卿, には内務次官中村元雄, には土地, には埋葬, には堺, には彼, には愛染明王, には成歓牙山, には手紙, には書面, には榛軒, には母, には王侯たち, には祖父伊兵衛, には老中, には船岡, には菩提所円, には蘭軒, には領主, にもう, にも秋祭, にも開かれ, にやるらしい, にアンブロン, にサボイ, にタガログ語, にパリ, にモスク, にワリニャーニ, に一斉, に下った, に主人, に会った, に保, に備後国安那郡神辺, に全, に其後, に初版, に十六歳, に半蔵, に単身入京, に君, に大変, に安土, に安養寺, に定期登城, に宝素, に室蘭, に将軍家綱, に小島宝素, に小樽, に届きし, に屏東飛行連隊, に山田源吾, に心臓病, に我々, に押し迫っ, に抽斎, に政祐, に旧, に更に, に来る, に林町, に柳淀, に森枳園, に死んだ, に法律, に湯元, に源作, に演説会, に當, に発しられた, に目黒, に直接, に相馬大作, に真, に瞑した, に第, に緑郎, に至つて始, に興行, に良経, に菩提所遍立寺, に訪問, に誕生日, に調印, に豊田郡, に起こった, に越州, に逢われなかった, に長者町, に阿部侯正精, に黄粉, の, のあかつき, のたしか, のにやっと, の京都義方会, の公判廷, の出先, の出来事, の前後両日, の北海道屈斜路湖附近, の午ごろ目黒行人坂大円寺, の午前二時, の午後それぞれ原隊, の午後九時前後, の同盟通信海外電報版, の同紙三號, の夕かた, の夕刊, の夕刻, の夕暮れ, の夜以来, の夜更け, の大火, の天皇誕生日, の天長節, の序, の後記事, の戦火, の拘留, の拘留期間, の撮影, の新聞, の日曜日, の日記, の日附, の早朝, の早朝アムステルダム, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, の昼ごろ, の時事日報, の晩飯, の暗夜, の書, の朝七時, の朝三人, の朝書生, の発病, の祥月命日, の符, の興行, の芝浦亭, の記念, の議会, の陰った, の集り, はおし, はさき, はちょうど, はルウス・ジュッド, は一日六度台, は例, は冬, は午前中, は夜明け, は打ち, は文化三年六月十八日, は激戦, は無事, は蒼白う, は閏年, は静岡大火同情マチネー, まだ将軍家, まで, までつづきます, までには約束, までに五, までに入京, までに遅くとも, までは太陽, までロンドン, まで五日間, まで単独, まで延期, まで放置, まで職, も退屈, よ, よりは捕へらる, よりワイマル, より三十日, より始めた, を以て出発, を以て征途, を何度, を案外, を迎える, を頂上, ノ夜, 初めて六・六, 即ち田丸奈保子, 又それ, 帰ろう道場, 御上洛, 御差立, 御帰城, 痛ましくも, 真夜半, 突然ゴンサカ, 翌閏七月一日, 迄通す, 食ったとき

▼ 二十五~ (385, 0.2%)

16 になる 12 の年 10 の女 8 か六, の女心 7 になっ, になった, の春 5 です, になつ, にもなっ, の時 4 だと, で夭折, という, になります, の歳, の秋, の若 3 で, といふ, にし, の今日, の厄年, 浅が

2 [32件] ある, から三十五, か三十, だ, だから, だった, だという, だとか, であった, であつ, でまだ, でもう, といえ, と四, と言つて, になつて, にもなつ, にもなつて, にもなる, に二十五, に十三, に成ったら, のお, のとき, の呆然, の大, の昔, の男, の辰年, まで年, まで生き, を越し

1 [180件] お久美, お作, から三十代, から三十位, から五十, くらいは採りたい, ぐらい, ぐらいがよく, ぐらいで, ぐらいの音, じゃろ, じゃろうが, ずついれ, そんなこと, だからね, だったから, だったからの, だつたかな, だつたつてぢ, だわ, ついにこの, であったから, であったそう, であったと, である, であるが, であるきりょう, でおま, でお前, でお婆さん, でございます, でしたが, ですから, ですね, ですよ, でも真弓, でゐ, で人, で出家, で区切る, で周囲, で妻, で婚約, で婿養子, で従弟, で御座います, で成熟, で時子, で病死, で血気, で誰, というさかり, というその, という歳, という無分別者, という若い, といっ, といふ無分別者, といふ血氣盛ん, といへ, とかに結婚, とした, となる, とまだ, と三五, と云, と亜剌比亜数字, と十九, と毎朝十一時, と言, と限つた訳, なつて, なの, ならおば, ならお婆さんぢ, にお, にしかなりませね, にしき, にでもなり, になったら, になりまし, になれ, にもなった, にもならない, にもならん, にもなり, にもなりません, にもなるい, にも七八, にも六, にも成っ, に上下, に成っ, に成るで, に死ん, に猿雖, のとき處女詩集, のツネ, の一, の二, の二度, の人種, の元, の出戻り, の前厄, の割合, の各, の問答体, の夏, の大山, の大差, の娘はん, の寿命, の少い顔, の工業学校, の巻普門品, の年増, の年増盛り, の年明け, の年紀, の年齢, の御新造ぶり, の時位, の時江戸詰, の時肥後, の秋子, の筈, の絃, の若い, の若手, の若者, の葉子, の香港生れ, はン, は下らない, は男, は越し, または十六俵, また三十フィート, までしか生きない, までの事, までの十年, までの若い, までの間, までを置い, まで七年, まで十八所, まで忠実, まで数えた, まで満足, まで生きれ, まで育ち, まで背丈, まで血, も年上, やそこ, や六, より若く, よ慶応, をま, をまわった, を上下, を声, を引く, を最初, を朗読, を要する, を越え, を迎, を過ぎ, を過ぎます, を過ぎる, 下參看, 中姫君, 乃至三十歳頃, 子棠助一つ, 掛ける四, 浅ヶ岳, 計七十五銭, 長二十一

▼ 二~ (372, 0.2%)

20 の間 9 の関係 6 はともに 4 のうち, の対立, の相違

3 [11件] に關係, のいずれ, の中, の中間, の区別, の結合, はその, を兼ねた, を混同, を統一, 互いに相

2 [22件] あること, が一つ, その一, ともにその, にあり, に出, の上, の別, の如く, の思想, の目的, の表現, の調和, はつねに, はほとんど, は全く, は共に, をし, を比較, を知らん, を離し, 其の一

1 [248件] あたかも接近, あつて, ありて, あるの, あるのみ, があつ, がそなわっ, がそろう, がより, が互いに, が亡ぶ, が分岐, が區別, が合体, が当時相呼応, が必要, が明日, が最も, が注射, が相率, が結ん, が過去, が適宜, が適当, その別, その趣, たる意識, だけの世界, であって, では佛, では舍衛國, で義憤, といい, としての男, とす, とともに路, となれり, との必要, とは趣, ともさすが, ともに旧時, とも文字通り, とも気に入らなかつた, と後二者, と思ひけり, と瓜二つ, と起源, なり, においては祖師, における異なる, にし, についてみる, にまさつ, によれ, に何, に分け, に劣る, に区別, に対するの厚薄, に就, に慊ら, に於, に於ける如く, に次ぐ, に比し, に比較, に異なる, に解釈, に達し, に関すること, に限つて, のあいだ, のかけひき, のごとく, のつねに, の一, の一挙一動, の不具, の中どちら, の中国, の事, の二天地, の二説, の交渉, の伸縮, の偏, の優劣, の元来同一, の公事, の分れ, の分界明白, の前, の加算, の動白各個, の原因, の取り扱い, の合体, の同, の名, の変遷, の外, の姓, の姿, の客観的, の差別, の形, の形相, の往来, の心, の性, の性情, の性情行径, の感情, の成功, の或は, の戦闘, の把握物, の持ち主, の接合, の日本文学, の本源, の本質, の根底, の業, の比較, の氣, の流派, の生存, の異同, の異母兄, の相, の総称, の腹, の自由, の至り, の英傑, の観念, の許諾, の読む, の議論, の運命的, の選択, の間隙, の關係, の關孫, の雑居比隣, の類似, の高下其等級, の麗わし, は, はこれ同時, はそうした, はそれぞれ, はただ, はアルゼンチン, はインド経由, は一如, は一尺五寸以上, は一心同体, は万物, は並, は交戦団体, は人, は人間, は併, は其見聞接觸, は十七世紀初頭, は古今, は古来氷炭相, は和歌, は喰べろ, は完全, は密接, は實, は放射, は是一, は材料, は比較, は物心二大臣, は疑, は相, は相須つて, は精神世界, は結局同一, は自ら苦しみ, は離, への伝授, へ要約, また同じ, もとより反対, も亦, よりも強かっ, よりも悪い, より外, より成り, より成る, より起こる, より高低, より麗しき, をくらべ, を以て其眼目, を仮, を併せ, を併せ祀つた, を備, を兄弟, を入れ, を出ずる, を分つ, を分離, を別, を包含, を反, を合し, を同, を媒介, を実見, を巣, を差別, を截然区別, を所有, を探索, を支配, を無差別, を相, を研究, を結合, を聞けり, を聯絡, を能, を表わすべき, を裂かね, を連絡, を過去, を限, を除き, ノ制限ハ現今マデ放任セラレタル道徳性, ノ孰レカヲ決シ得ル國家ハ其, 互いに相まち, 全く相, 同じもの, 同じ根原, 必ず相伴わざるべからざる, 決して撞着, 泣きつ, 漸くその, 真に符合せり, 豈に

▼ 二十六日~ (370, 0.2%)

15 の朝 12 の夜 10 の晩 5 のお 4 づけの, に切腹, の事, の午後, の夕方, の日 3 に歿

2 [13件] だった, にかえる, になっ, に死んだ, のこと, の事件, の夕刻, の新聞, の書牘, の朝まだき, の記, はみなの衆, 大雷清涼殿

1 [275件] お富, かよ, からあと, からはじまる, からは夜具, からブロート, から博文館, から四年半近く, から始まり, から興行, か七日, がみまかりました, が丁度三七日, が卒業式, が去っ, が来る, じゃ来月二十六日, すなわち大, その電報, だ, だかに, だからね, だけは骨休み, だろう, であった, であったが, であったこと, であった勿論, であつ, であと五日, である, でした, です, ですよ, で父, で電車, という, とおぼえ, とか云ってた, とし, となっ, となつて, と二十七日, と二十八日, と云つて, と思います, と続行裁判, と記入, なの, なんぞも寂しい, に, にいよ, にかえりました, にこの, になり, になります, にはあなた, にはすっかり, にはまた, には予, には冬, には前, には千住三丁目, には参ります, には山巓, には弟泉三郎忠衡, には御, には朝何時, には東京, には止まつた, には正に, には江戸, には短慮一徹, には農兵, には須山, にぶじ, にまず, にもなる, にも各紙, にも私, にわたり断続, にセイロン島コロンボ, にパリ, にパリー, にフランス, にベートーヴェン, にヴァッヘル, に一緒, に七十二, に七十四歳, に世界, に京都所司代, に仏巌寺, に伊勢寺, に例, に允成, に先触れ, に六十三歳, に出した, に出立, に初江, に化膿, に参ります, に召し捕られ, に和田駅, に品川, に堀川舟庵, に堀部安兵衛, に大, に大友皇子, に夭, に奉納演芸, に奏覧, に寂, に寿江子さん, に尾久, に島田, に市川権十郎, に帰る, に彼等夫婦, に急死, に所謂蹶起部隊, に抽斎, に於ける, に書, に木下, に東京駅前, に東北學院教會堂, に榛軒, に死亡, に法然, に浄照寺, に源覚寺, に父允成, に生れ, に知事, に石垣, に福山, に第, に簡単, に終っ, に続行, に花園天皇, に茅場町, に茶山, に菅茶山, に藤山, に藩庁, に行く, に行われた, に西岸寺, に試みた, に讃岐, に起った, に遺物分, に里開, に重慶さま, に金勝寺, に長女純, に雨, に養子願, に駒ヶ岳, に鹿角製浮袋, の, のあと四日, のその, のひる, のひるま, の下, の事也, の事変後, の冬, の分, の前日, の午すぎ, の午前, の午前九時三十分, の午前二時, の午前二時頃, の午後一時頃, の午後五時, の午後八時三十分, の午後十時前後, の午後四時四十分東京着, の午頃, の卯, の君, の夜モウ一度, の夜八時ベーリング行, の夜半, の夜四つ半時, の夜増上寺, の夜念仏, の夜明け方, の夜福山, の天候, の奥書, の宵, の弦月, の彼岸, の御, の怪火以来, の日大分, の日曜日, の日没後, の日記, の早暁, の早朝, の春, の昼間, の昼頃, の晩被告, の曉方近く, の書柬, の朝九時ごろ, の朝九時頃, の朝方, の朝棠軒, の未明, の条, の次, の法要, の浦賀海峽地震, の消印, の激戦, の爆弾, の研究会以来, の祝日, の第, の能, の菅茶山, の衆議院, の読売新聞, の読書会, の貞子誕生日, の質問演説, の金曜日, の黄昏, はイーハトヴ, はヴィニエッチ氏, は二十六夜待, は出陣, は北朗自身, は御, は忠宝さま, は早朝, は残っ, は浅草, は火曜日, は第, は雨, は風, は食事, ひる, までさんざん, までにまだ, までの十日間, まで寅二郎, もその, より二十八日, より二日間, より四日間, より遠く, をつぶし, を以て生れた, を期し, ヲ以テ, 初めて入浴, 又朱印, 御受戒, 明ければ, 本普請, 来るという, 漸くに, 迄

▼ 二三枚~ (361, 0.1%)

5 持って 4 の着物, の紙, の紙幣 3 の板, の銀貨, めくって, めくると, 出て, 落ちて, 買って

2 [34件] あるだけ, しかない, すらすらと, ちらばって, と新しい, と粉白粉, の写生, の写真, の原稿, の夕刊, の小菊, の新聞紙, の枯葉, の紙片, の苫, の莚, の葉, は手, は白紙, もって, をお, を細目, 倒して, 出して, 取り出して, 引いたので, 掴み出すと, 撮って, 散らばって, 書いて, 着て, 繰って, 覗かれた, 重ねて

1 [255件] あいて, あけて, あった, あった筈, あつた, あつち, あつて, ありますよ, あるきり, あるばかり, うけとった, かいたこと, かき込んで, かけこのごろ栗栖, かつてやらう, か四五枚, が土葉, が貼り附け, くらいしかお, くらいの小品, くれ, くれました, ぐらい上げ, こぼれた, こぼれて, さかのぼって, さげて, しいて, しか残っ, しか花びら, しまるよう, ずつさかのぼっ, ずつはある, ずつはかならず, ずつディクテイト, ずつ一度, ずつ書い, たれたしも, だが, だけ, だけどうしても, だけは何気なく, だけ書いた, だけ残しました, だらりと, ちぎりながら, ちらちらと, ついてるから, つい近い, つかんで, でいい, でお前, でも書けた, でよい, で丁寧, で各巻, で小鳥, といふやう, とばされて, とる, とれた程度, と倶, と大, と子供達, と思つた, と網, と茶碗, と読返, ど大, ならべた穀物置場, ならテレジイナ, にそれだけ, にシャツ一, に書いた, に白粉, に襁褓, に過, のこった, のもの, のケット, のシリング銀貨, のボロ, のレコード, の二ツ, の便箋, の十円紙幣, の単物, の原稿用紙, の反古紙, の古, の名刺, の大, の小さな, の戸, の戸板, の手紙, の投げ, の投げ銭, の書付, の朝刊, の木綿, の木葉舟, の札幣, の楽譜, の毛布, の毛皮, の油画, の活字ケース, の浴衣, の画, の畑, の畳, の着古し, の着換, の着替え, の短文, の紙つづり, の紙出, の絵, の罫紙, の羽根, の芭蕉, の荒莚, の蒲団, の薄い, の衣, の衣服, の衣類, の謄写, の金貨, の銭, の長, の青葉, はがして, はくっつけ, はぐり最後, はここ, はねのけた, はらりと散っ, は和文, は地面, は尾翼, は窃, は絵, は胸, は風, ばかりに青く, ばかり裏, ひっくり返して, ほどの小冊, ほど出で, ほど書き得, むしり取り元, めくったところ, もつて, もの, も引き出した, も拾, も掴み出す, も書い, も書き始める, も続いた, も重ね, も重ねた, よこして, をかぢ, をひき出し, をめくっ, をも交ぜ, をも併せ, を入れた, を呼ぶ, を徃年欧米漫遊中購, を抜い, を紙, を細かく, を除い, を除いた, を馬淵, ダブって, 並べそれ, 交ぜて, 交って, 仕上げて, 働いて, 入って, 入れて, 写したから, 写したが, 出たまで, 剥がされると, 加わって, 加わる, 取って, 取れと, 同じよう, 呉れて, 執って, 封じ込むで郵税, 小さく畳ん, 届けて, 布いて, 廻して, 手早く円め, 投付けたら一番仕舞, 抜いて, 拾って, 持つて, 捜して, 掘出しけるゆ, 掛けて, 描いて, 握らすれば, 散り敷いて, 書いた, 書きなぐるそれ, 書き続けて, 書く, 書くと, 来て, 歩いて, 浮いて, 無いこと, 物すごい音, 畳んで, 積重ねて, 繰ると, 置いて, 舞って, 落ちると, 見えた, 見せて, 読むと, 読んで, 貰った写真, 貰って, 買い込んで, 貼りつけたまま, 貼りつけて, 蹴破った, 蹴飛, 蹴飛ばすと, 辷るよう, 送りましたの, 這入って, 重なって, 重ねさせようと, 重ねた散らし, 開いた, 開けて, 附けたして, 離れて, 飛ばして, 飛び吹きちぎられた栗, 黒くした

▼ 二十世紀~ (347, 0.1%)

18 の今日 10 の文明 7 になっ, のはじめ, の初め 6 の日本 5 の人間, の初頭, の後半 4 に入っ, の前半, の奇蹟, の混乱, の現代, の神話

2 [24件] だからと, である, でもない, にわたつ, に入, に生れた, に睡眠, に至る, の, のフランス, の人, の会話, の伝奇譚, の半分, の堕落, の大, の新, の新しい, の歴史, の民衆, の真実, の舞臺, の音楽, へかけ

1 [205件] がわれわれ, だ, だから, だとは, であるの, で店, で自身, という動かす, といふ現代, との違い, とは受け取れない, と二十一世紀, などでさ, なる言葉, なん, にあった, にいたっ, においてはフランス, におけるマルサス主義, における無神論, における男一匹, における社会, にかけてはレーピン, にかけて輩出, にこの, にしか生息, にそんな, になつて, になり, になります, にはいっ, にはもはや, には到底, には地球上, には無い, には精神, には芸術家, にもある, にも全く, にも溯るべき, にも芸術, にわたる三, に乗っけられ, に仏教, に出世間的詩味, に取り拡げた, に宿命, に斬った張った, に於, に発見, に至っ, に興味, に西洋音楽, に譬えるなら, のいろいろ, のお化け, のこの, のなかば, のはじまり, のはじめごろ, のはじめピータア・クロポトキン, のはじめ頃, のばか, のもっとも, のアイヌ, のアダム, のアメリカあたり, のハイカラ, のフランス人ら, のフランス演劇, のブルジョア文学, のヤソ教, のヨーロツパ人, のロンサアル, の一等国, の三十年, の三千世界, の上, の世界, の世界文学, の世界歴史, の中村君, の人文学界, の人類生活, の今日今, の今日洋服, の今日運動, の伊太利, の俺, の倫敦, の倫敦人, の初めごろ, の初期, の初頭以後, の前半五十年, の前半期, の前夜, の千九百何十年, の半ば, の各種, の図書館, の国際的, の地球, の天才, の太平洋, の奇蹟今様文福茶釜, の始め, の学者, の実質, の小, の小学生, の巧妙, の年玉, の強国, の心中物語, の思想界, の怪物, の払暁, の支那, の教育理論, の文化, の文化人, の文化類型, の文学, の文明国, の文福茶釜, の旗手どの, の日光, の日本人, の日本的現実, の最も, の最大問題, の有力, の朝, の朝わが国, の歴史小説, の気, の汽船, の法律史, の活舞台, の無敵艦隊, の物理学, の特産物, の猫, の現在, の理想, の生活, の生物学者, の男女, の社会, の禁物, の私, の私たち, の科学文化, の科学的文明, の科学的文明国民, の空気, の終わり, の者, の自然, の舞台, の茶釜, の草双紙, の著しい, の街, の西洋, の西洋人, の詩趣, の調節, の象徴主義, の軍隊, の輕薄, の道徳, の都会, の青年, の音楽家, の顔, の魔術, はこの, はじまりに, はじまりの, はすでに, はどう, は原子, は容易, は幸福, は彼ら, は恐慌, は物理學革命, は社会, への一大転向, へ進ん, まで続い, も今年, をむかえる, を一つ買つて房江, を予言, を完成, を満足, を軽蔑, ノ今日, ノ初頭ハ眞ニ世界, ノ第, 初葉, 迄の

▼ 二三本~ (345, 0.1%)

6 立って 4 の徳利, の竹 3 つづけざま, の木立, 貰って

2 [31件] あって, ぐらいずつ栽, さしてある, ずつ切った, その前, と弓, の六尺棒, の大きい, の指, の立木, の竿, の蝋燭, の軌条, の酒, の銚子, はひり, は鞘, 取って, 吹かしたところ, 呉れぬかと, 寄せて, 投げ込みましたが, 持って, 書いた, 植わって, 残して, 残って, 生えて, 立ち小さなその, 落ちて, 見ゆ

1 [260件] あけましたが, あしらって, あった, あったカルピス, あった庭, あつさ, あつて, ありて, あります, ありますわ, あるだけで, あるとでも, あるの, ある筈, ある陰, あれば, おかれて, おつ立てる, からからゆすり, からんで抜け, がそれぞれ一抱え以上, が地面, が投げ込まれた, が指, が空洞, が置かれ, が赤い, きりだします, くは, くべた, くらいはあげます, こけの, しかない, しか残らない, しばって, ずつは行き渡っ, ずつ切っ, ずつ刺さっ, ずつ花瓶, そえて, その下, その扇, たたき伏せる, たのむ湯呑, ちょうど出入口, ついて, つけた食わせウキ釣り, ですけれど, でそこで, でも悦ん, で変つた形, で流行色, とまた, とわけ, とを同じく, と兎, と合匙, と掘れない, と植え, どうぞお, なくなって, なにかの, ならべて, なわ, に霰, に鴉, のけすじたて, のこって, のせた小鳥, のその, のまき, のまばら, のサイダー, のハチス, のビール, のヘロヘロ矢, の催促状, の刀, の半, の卒塔婆, の卒都婆, の団扇, の外国タバコ, の大きな, の太刀, の奥, の小さな, の小松, の尾, の尾羽, の川楊, の形, の憂鬱, の手, の手紙, の木, の木切れ, の木綿針, の朴の木, の松, の松の木, の枯れた, の枯れ枝, の枯木, の柳, の柿, の棒, の植込, の樹とこ, の渋団扇, の炬火, の猛烈, の玉卷芭蕉, の玉蜀黍, の由, の異, の白い, の筍, の篠竹, の糸, の納豆, の絃, の老樹, の花, の茎, の草, の葡萄酒, の薪, の角, の赤い, の赤く黒く, の赭松, の遅れ髪, の間, はあるだらう, はえて, は叩き折っ, は掻い, は無駄, ばかり伐り取られ, ぶち抜いて, ぶつ壞, へばりついた横顔, ほど飲みほし, ほの, まじってたん, みせられたが, もいい, もう並ん, もぶち, もらって, もりあがらせて, も並ぶ, も井戸端, も入れ, も出し, も刻み込まれ, も吸ツ, も景気, も水, も注ぎ込ん, も畑, も置かれ, も飮ん, も飲ませ, やったの, よろよろと, をさげ, をさらに, を一尺おき, を前, を口尻, を家の後, を抜き, を持ち運び, を残す, チラチラと, 並べて, 並べて薄い, 並べるうち, 並んだ砂浜, 並んで, 使ったらどう, 倒れたの, 傾いて, 入って, 入れて, 出すと, 出て, 出ますね, 切って, 切られて, 切り倒しました, 包んで, 取り入れて, 受け取ると, 吸いさし, 吸ううち, 咲き残ったコスモス, 喰い込むよう, 噛み切って, 売って, 太い棒, 差したまま, 引き抜いた, 忘れずに, 戴いて, 打ち折りて, 打つてあつ, 折っぺしょり, 折り取って, 折れて, 抜けて, 抱えて, 拾って, 持つて, 掛け品, 握り固めて, 摘んで, 擦った, 書いて, 書かないこと, 書き捨ての, 架けて, 欠けたちょっと, 残った, 残ってるよ, 殖えて, 流れ寄って, 焚いて, 燃え残った蝋燭, 生えてる根っ子, 画いて, 積み重なったまま, 空けて, 立ち列んで, 立つて, 立てて, 細い木口, 縛り寄せたの, 繁った桐, 置きに, 聳えて, 薄暗く咲い, 見えて, 見える, 見えるだけの, 見える下, 見つけたので, 覗いて, 買いたいの, 赤く黄いろくもみ, 転がって, 透かして, 通り越して, 長々と, 靡くべき風, 飛ばせると, 飲めば, 飲んで

▼ 二三歩~ (344, 0.1%)

10 あるいて 7 あるくと 6 あるいたかと, 行くと, 進んだ 5 すると 4 出て, 歩いて, 退いた 3 とびさ, のところ, よろめいた, よろめいて, 離れて

2 [32件] あるきだした, いっては, その辺, ついて, とびすさつて, とツ, よたよたと, よろめいたが, よろめいたま, よろよろと, 寄って, 引き返した, 引下がりました, 後ずさりした時, 戻って, 戻つて, 歩いた, 歩いたが, 歩いてから, 歩き出した, 泳いで, 立ち戻って, 行ってから, 踏み出した, 踏み出した時, 近寄って, 退いたの, 進んだ時, 進んで, 遅れて, 遠退い, 飛び退いて

1 [213件] あがったまま, あとじさりしました, あとずさりする, あとずさりながら, あとずさりを, あゆまれた, あゆみ寄る, あゆむが, あるいたきり, あるいたとき, あるいたなり, あるいた時, あるいては, あるきかけた時, あるきかけて, あるきましたが, あるきマントルピース, あるき出したが, あるき出したり, あるき出した形, あるき出して, あるき出しながら, あるく, あるく短き, いくやいなや, おくれ十町, おもて, お鳥, ぎょうさんに, さがったかと, さがって, さがってから, さがり, さがりきっと, さがり前, しざった, して, してから, しりぞいて, すぎると, すさって, すすまないうち, すすみ出て, すすむと, すすんだ時, ずつ左右, ずつ後ずさり, ずつ進んだ, その方, たじろいで, たじろぎは, だ, だけ彼, で, です, ですぐ, でその, でて, では, で引きかえし, で彼, で曇り, で階段, で顔, なりき, にし, の前, の所, の距離, の間, はいっ, はいり込んで, はしって, はなれた, は小さい, ばかり離れた, ひょろついて, ふみ出して, ほど兵部, ほど生命, まえへ, また前, もどった, もまだ, も大股, も行かぬ, も行く, も進む, ゆきすぎてから, ゆるゆると, よろけた, よろけたが, よろけただけで, よろけて, よろめきましたが, よろめき出て, よろめき前進, を距, を進むる, を運ぶ, を離れた, 下ったが, 出たが, 動いたかと, 動きだした, 動きはじめた, 動き出しながら, 向かいながら, 寄りそう, 引かえ, 引きさ, 引き下がりしまま, 引き下がりて, 引つ張, 引返すと, 弾みかけると, 往き過ぎてから, 往く, 後すざった, 後ずさった, 思わず歩き出す, 戻りかけたが, 歩きかえして, 歩きかけた背後, 歩きだした, 歩きだした時, 歩きまわって, 歩き出して, 歩き出す, 歩くと, 歩くや, 歩く位, 歩みながら, 歩んだ所, 泳ぎだすかと, 泳ぐよう, 狭い司令塔, 立ち戻つて, 聞えたかと, 行きかけたが, 行きかけたところ, 行きかけた時, 行きかけて, 行きかけると, 行き過ぎてから, 行くか, 行けば, 行ったかと, 譲っただけ, 走ったが, 走ったと, 走りだしそれ, 走り出した, 走り出しながら, 跳び退いた, 踏みこんだばかり, 踏みしさ, 踏みだしたが, 踏みだしたの, 踏み出して, 近づいて, 近づき, 近寄ったが, 近寄つた, 近寄つて, 返つて, 追いかけそれ, 追いかけた, 追ってすぐ, 追ひかけ, 退, 退いたが, 退いて, 退きそのうえ, 退く遑, 退った, 退った八五郎, 退って, 退つた八五郎, 逃げて, 逃げるやう, 這入つたところ, 通り過ぎた時, 進みました, 進みます, 進み出しまた, 進み出た, 進み出たが, 進み出た私, 進み出て, 進み寄ります, 進み社長室, 進む, 進むと, 進む毎, 進んだが, 進んだそして, 進んだ拍子, 進んだ私, 運んで, 遠ざかった, 降りて, 離れたところ, 離れた所, 離れながら, 離れるか, 飛びしざつた, 飛び去らせた, 飛び退ざって, 飛び退ると, 駆寄った, 黙って, 黙つて

▼ 二十円~ (343, 0.1%)

9 の金 4 で買っ, ばかりの金, もあれ, もする 3 や三十円, を与え

2 [20件] あれば, か, から二十五円, か三十円, だと, では, で売られた, と云, なの, なり三十円, になっ, になり, のこと, の月給, の特別賞与, の生活, の箪笥, はいっ, ばかり, やむを得ずば

1 [272件] あったらよかろ, あったん, あまりにな, あります, ある, あるから, え, お借りした, かし, かそこら, からスタート, から二十五六円, から五円, から百四十円, かりに来る, がまだ, が出せない, が百円以上, くらいある, くらいで, くらいで下宿, くらいに輪, くらいのもの, くらいはあまし得る, くらいは出, くれた, くれて, ぐらいする, ぐらいであがる, ぐらいに値下り, ぐらいのもの, ぐらいの最高価格, こつちで, しか残らなくなる, しか遣らない, しか金, ずつお, ずつぐらいは行くであろう, ずつだ, ずつで, ずつ使っ, ずつ入る, せびって, ただし人, たらずの, だから, だが, だけでも子供二人, だけ借し, だけ犠牲, だけ用意, だったという, だったの, だったらしいな, だったら漁師, だまして, で, であった, でこの, です, ですって, でもまとまった, でも三十円, でも好え, でも買, でも高く, でテレビジョン, でマンマ, でワタクシ, で三個, で二千円, で二千四百カロリー, で古い, で売っ, で子供, で平均, で手, で済んだ, で渡し舟, で買い集め, で買収, で足らなく, で高級, とあった, という, ということ, というの, というよう, という値段付け, という通俗人, という金, といふの, といわれ, とか三十円, とか渡し, として六尺, とどけるまで, となりました, とはかからない, とは強欲, とは笑わせやがる, とられたの, とられる, とられるいや, と云つてやつたんぢ, と価, と区別, と合わせ, と纏, と聞いた, どうです, ならいい方, ならば, なら安かろ, なら手許, なんて料理, なんて馬鹿馬鹿しい, に, にあげる, になった, になりました, には決して, にも売れる, に比べ, に競り, に話した, に負け, に買わされた, に達する, の, のお, のはした金, のもの, のもの二枚, のらち, のオサイセン, のカタ, の三十円の, の丸善, の件, の借家, の借金返し, の値打, の債券, の入場料, の口, の商品切手, の商品券, の大きな大きな, の女中, の学資, の小為替, の手巻き, の手金, の掛金, の月謝, の栗饅頭, の水準, の為め, の秘密写真, の結納金, の給料, の膳部, の草履, の葬式費, の貯金全部, の費, の通帳, の金貨, はおろか五円, はかかり, はこれ, はたしかに, はどう, はわづか, は丁度, は余りに, は余分, は俸給以上, は出しきれません, は取られる, は大体, は是非, は棒引き, は貸間, は雪江, は非常, は高い, は高柳君, ばかりか, ばかり余分, ばかり借りました, ばかり借りられない, ばかり細君, ばかり貸し, ばかり銀子, へ着目, ほしい事, ほどの金, ほど余計, ほど届け, ほど献身的, ほど駅長, までいろいろ, もしま, もたま, も値, も包ん, も取る, も国, も工面, も有れ, も貰った, も追い追い, や, やる, や十円, よりも小さい, をくれた, をそっくり, をその, をはらっ, を下宿, を丸善, を主張, を取, を取られる, を呼ぶ, を奮発, を市野さん, を払った, を投入, を捲きあげられ, を支払う, を死守, を煙草代, を請求, を賭け, を越えた, を送る, を銀行, を食い尽し, ヲ払込メバ一年後ニハ, 下さい, 下さいすぐ, 使うとして, 借りて, 借りに, 入れて, 出して, 取られた, 取られて, 取れる, 呉れたさ, 少くとも, 届けられたその, 押しつけて, 持って, 程かかる, 程入る, 置いて, 貰うん, 貸した, 貸して, 貸す, 貸せちうて, 足して, 近い金, 送りましたから, 送れ, 遣って, 遣つて五十円

▼ 二~ (342, 0.1%)

7 かけて 6 の契り, 全安 4 も三世 3 がその, のセラダ, の約束, を契った

2 [19件] が暗殺, だ, という, と有, と言, にし, に遺す, のお嬢さん, のやう, のよう, の事, の名, の契, の孫水津信道, の庶子, の暗殺, の曹長, の死後, の離宮

1 [269件] あらわる, あるは, およびヴォギューエ氏, かけたかわいい, かけた勝敗, かけてとは, かけましょうと, かさねて, から, からセラダ, からヤアパンニア, から拝領, か賭, が, がい, がここ, がこしらえた, がねっしん, がサムマア・ガアデン, がシベリア, がバルト海, がペテルブルグ, が出現, が勢, が小さい, が形式的, が斃, が欺瞞的, が皇位, が立った, が立つ, が聖地恢復, が親戚, が観衆, が追放, が退位, が造営, その伯叔父, ぞ, だから, だからさ, だけでなく, だと, だなんて, である, であること, である東朝座, である若い, である青年, で滅び, で純粋, で見き, で見きわめ, ということ, というまた, というフレコミ, といひ, といふ, といふもの, といふ縁, とか近ごろ, とき, としての生活, としての自分, としてユダヤ, とその, とつけ, とで, となっ, とやらこんな, とよばれる, とハルナック, と三世相, と云われる, と同年, と呼ばる, と天地創造, と契った, と将校たち, と尊敬, と彫物, と書き, と法王カリストゥス三世, と申す, と皇后, と言う, と誓った, と黥, なぞがある, などは法王, なの, なり, なん, にあたる, にすらも親友, については一九一九年, になっ, になん, には腹, に事, に坐っ, に坐った, に寄せ, に擬し, に滅び, に献上, に献題, に親友, に謁, に譲位, に隨つてイギリス, の, のお嬢さんたち, のこと, のちぎり, のわびしく, のバイヤー, のマネ, の下, の事業, の二つ, の伝記者ダヴァ, の使者, の保護, の像, の名僧, の命, の回想, の墓, の大理石, の妃, の妻新田, の娘, の婚姻, の婦人, の子, の孫, の官吏, の小伝, の小説, の少年, の巨像, の後進生, の御, の御前, の情報将校, の手, の援助, の政府, の敗北, の文化的経綸, の方, の日系米人, の日記, の時, の最後, の朝, の末女, の末子, の柔弱淫縦腐敗, の案内, の死, の歿, の母, の治めし, の淫靡, の源氏, の王冠, の生母, の生活, の病気, の絵師清倍, の縁, の脚, の臣たる, の臣下, の自分, の行為, の親, の誓, の誕生, の豊国贋, の貿易商, の遺物, の長子, の長子ヘンリー, の長老, の間, の青年, の頭文字, の鼻, は, はいま, はここ, はこの, はその, はみんな若松, はアジア攻略, はアレクサンドラ皇后, はドクター, はビスマーク, はベステュシェフ, は一三〇九年, は一八四七年, は世界的, は九日以来, は事, は五つ, は仲なか, は作戦的, は初代仁太夫, は前, は労働者, は墓, は外交手段, は愚か三世, は最も, は湖水, は牛肉, は特別, は登, は結婚前, は護衛兵, は踊らない, は部下, は靱負正, は颯爽, へ半, までとも見えた, までをその, まで誓う, も, もそう, もまた, も一代, も三世もと, も大館, も聖者, も銀行家, も降参, より梯状琴, らしいの, をかけ, をちぎった, をちぎりし, をダイナマイト, をノンフレー, を大, を契つた方, を契つた男, を批評, を抱い, を指す, を生み, を経る, を経過, を経験, を自家, を言い交した, を誓い合っ, を誓った, 並びにその, 共に婚姻, 初太夫, 又はハムレット王, 及びロベルト, 揃った美女, 謹んで江戸, 迄掛し

▼ 二~ (342, 0.1%)

63 の馬 11 の犬 6 の牛 5 の駿馬 4 の牝牛

3 [12件] いる, のラマ, の小, の獅子, の番犬, の白馬, の羊, の荷駄, の豚, の騎馬, の鯨, の鹿

2 [21件] か三頭, しか残つて, だ, で家, のモルモット, の乳牛, の佐渡牛, の勇者, の大きな, の狼, の猛犬, の猛獣, の竜, の虎, の豹, の間, の雑種, の高麗犬, の鬼, を牽, を率

1 [175件] ありしを, いた, いまして, いるか, いるん, か, がぐるぐる, がの, が向き合った, が生き, が身動き, が鼻あらし, しか見掛けなかった, じゃない, ずらりとならん, それから牝羊六頭, だけ急, だぞ, だったの, ついて, つけて, つれて, であった, ですが, ですって, では, でひく, でも其邊, でやっと, で一時間, で体, で曳く, で曳くです, とあれ, とか彈機附馬車, とそつちの三頭, とない, とも僕, とも前足, とも立派, とも縁, とも雌, とも馬車馬, と仔山羊, と土人, と附, ながら倒れ, ながら馬, になり, に子供九人, に家来, に鞍, に食, のこと, のほっそり, のやう, のやせ, のダークホース, のニシキヘビ, のヴィクンヤ, の三歳駒, の乗馬, の仗馬, の俊足, の傍, の口輪, の唐獅子, の喉きり, の夫婦牛, の奔牛, の山羊, の巨牛, の後馬, の従者, の恐, の恐るべき, の手綱, の手繩, の抹香鯨, の日本犬オス, の早馬, の昇り龍, の暗黒, の木馬, の栗毛, の熊, の牝馬, の牡牛, の狆, の狛犬, の猪, の獣, の珍, の異形, の痩馬, の白熊, の白牛一車, の神狼, の神馬, の種狐, の空馬, の若, の英吉利産, の荒ぐ, の裸馬, の角ツキ, の距離, の野猪, の雑種犬, の青, の飼犬, の馬の背, の馬車, の駄馬, の駒, の駱駝, の駿馬あと, の駿馬そば, の駿馬流涕, の騎馬武者, の驢馬, の高価, の黒馬, の龍, はあ, は中間雑種, は仔, は無事, は矢田部教授, は粉雪, は遽, ひいて, ひとしく勇氣, ほどはついに, ほど馬, までも売っ, まで馬, もある, も半蔵, も手, も買う, やとったが, ゐた, をこなしつけた, をこれら, をちら, をな, をひっ捕えた, をります, を他, を以てまたまた然, を倒す, を引っ張っ, を得た, を牽きたる, を献じ, を獲る, を生後間, を県農会, を絶壁, を馬, 共々, 又, 揃って, 曳きの, 曳き來, 殺し熊, 求めしめプリアモス王, 突き出て, 立ちて, 繋いで, 買いました, 送って, 鋭き牙, 附けた立派

▼ 二百円~ (341, 0.1%)

10 の金 6 もする 4 か, ということ, は代 3 か三百円, だが, の小切手

2 [19件] あれば, かし, で, でいい, では, で大仏全体, というもの, とって, になっ, になりおる, に限定, の収入, の咒文, の大穴, の悪霊, ほどになっ, ほどの金, を自分, 持って

1 [266件] あげるから, あるひ, あれア可ん, いや拾円紙幣二十枚, おいて, おくれ, おもらい下され度, かかるという, からすんだ, からの小遣, から三百円, から二百八十円, かりて, かりにきた, かりにくる, が実際, が氏, が馬, くらい, くらいしか取らない, くらいのもの, くらいの相場, くらいの賽銭, くれ, くれると, ぐらいの金, ぐらいを本所, ぐらい引っかかり, さすがに, しかとらなかった, しかもらえない, しか上げ, しか貰, しか金, ずつの月賦販売, ずつ二回, ずつ使え, たてかえて, たまった, だ, だけある, だけで, だけ都合, だった, だったかな, だったから, だったね, だって勿体ない, だよ, ってこと, であらわしきれない, である, であるが, である人, でい, できなければ, でしか, です, ですから, ですが, でたのむ, でのん, でもいい, でも健康, でも呉れ, でも御, でも無きゃ, でも駄目, でハイヤー, で二度ゴハン, で五百円, で出来る, で制限, で売れました, で女, で女子学習院, で承諾, で済まし, で結構, で買, で買う, で雑誌, という驚くべき, といえ, といきましょう, とかいる, とかモデル料, とか三百円, ときい, とまとまった, とを貰っ, とを送っ, とシャツ地, とフッ, と一年, と切出した, と小銭, と広告料, と日増しに, と私, と言い, と驚かされる, なら今日, なりのそこ, なん, にある, につきます, にて十分, になり, にも三百円, にも達するなら, に上っ, に減った, に達し, に首, のという罰金, のとき, のほう, のテンプラ, の人, の価格表記郵便, の価格表記郵便物, の保証金, の利子十五円, の品, の増額, の大きい, の大金, の帯, の弔慰金, の強制献金, の損失, の月俸, の月給, の本, の決定的, の生計, の白狐, の着物, の科料, の紙幣, の給料, の補助費, の見舞金, の貯蓄, の貯金, の身の代金, の配当, の風太郎, の飼育料, の香水, はかかります, はできた, はない, はよほど, は一体, は丁度, は例外, は信用組合, は俺, は店, は戦前, は死後, は迚, は金高, ばかりかかった, ばかりかかります, ばかりですむ, ばかりなけれ, ばかりなら, ばかりの印税, ばかりの纏まった, ばかりの貯金, ばかりの金, ばかりはいってる, ばかりポケット, ばかり御座います, ばかり拵え, ばかり損, ばかり欲しい, ばかり残った, ばかり貸し, ばかり足りない, ばかり造れ, ほどとられました, ほどと一時金八千円, ほどの給料, ほどをふところ, ほど借り, ほど借銭, ほど出させる, ほど持ち出し, ほど月給, ほど金, ぽっちりの, まけて, まけても, までなら, もうけたこと, もお, もした, もするです, もそれ以上, もらって, もらつて, も三百円, も出し, も持っ, も貸すまい, も送っ, も金, も高い, やると, や三百円づつ, より五百円, を三千円, を俺, を入れ, を入れた, を呉れた, を天びき, を手渡す, を払つて外, を持ち去り, を持逃げ, を握っ, を新聞包み, を施す, を給, を見, を請求, を越え, 下さい, 何だ紙, 余計稼い, 借して, 借りる, 借りるなら二三十円, 儲かりしと, 儲けた者, 出して, 出すから, 出来たので, 取って, 取れるから, 呉れました, 左様手, 差出すもの, 引き出せる勘定, 悪くいっ, 或は十年二十年, 払って, 持ち出して, 渡されて, 渡した, 程儲けさせ, 程持て, 程頂きたい, 負けて, 貰って, 貸しとけと, 貸すわけ, 越せば, 足らず入, 送って, 驚き慌てかつ

▼ 二三年前~ (331, 0.1%)

15 のこと 8 の事 4 に故人, の夏 3 からこの, からのこと, のもの, のよう

2 [19件] からお, から田, にある, にそんな, に上海, に主人, に大学, に御府内, に感じた, に来た, に東京, に死んだ, に流行った, に見た, の事業熱, の話, の都新聞, まではさる, までは奉公人

1 [250件] お父様, から, からおそらく, からすでに, からで, からであった, からでした, からの事, からの仲, からの持病, からの知合, からの知己, からはほとんど, からは子ら, からぱつたりその姿, からふたたび, からぽ, からアメリカ, から不思議, から不義理, から中気, から予言, から住みつい, から兄, から兆候, から内, から函館, から分岐溝, から品川, から夏, から女, から婆さん, から子供, から密か, から小さい, から少し, から居候, から庄兵衛, から店, から折りおり, から時々, から東京, から横浜, から比べたら, から浦戸, から満, から然, から父, から糖尿病, から聞き得なく, から英国, から話, から輕, から顕著, から鳩, この土地, こんなこと, だが, だらうもう, であった, であったとの, である, でさえ, で当時, とかこちら, とちっとも, とは驚く, と比べる, と違っ, にお父さん, にこういう, にここ, にそっくり, にはそんな, にはどうしても, にはよく, にはコルネリウス・アグリッパ, には丸, には文学, には知られなかった, にみんな, にめとった, にもう, にもこういう, にゃ通る, にアナーキスト, にアメリカ海軍, にジョン, にチベット, にチャン, にドイツ, にラサ府, に一度, に一度通, に三十余, に上野, に不, に世, に両親, に久し振り, に五十余歳, に亡, に亡くなっ, に亡くなつ, に亡くなつた, に亡くなられた, に亡くなりました, に人, に今, に今の, に休刊, に会った, に作った, に入れさせた, に六十幾つ, に出, に出た, に出来た, に利根, に創め, に右, に君, に外国, に夜遊び, に子供二人, に富之助, に尾張瀬戸町, に崩壊, に帰っ, に店, に引きつづい, に張, に彼自身, に或, に文, に新聞, に有名, に林道, に桐渡鐐通達, に欧羅巴, に死んでしまつた, に歿, に汽船会社, に清水, に溯る, に漸く, に熱帯, に父親, に県, に神戸, に私, に竣功, に結婚, に聟養子, に胃腸, に自分等, に草津, に読みたい, に読んだ, に調布, に買入れた, に身まかりたる, に逢った, に過去, に銀座, に電磁気廻転, に頼まれ, のひと, のみんな, の二十一歳, の五月頃, の作, の六月上旬, の出来事, の初夏, の古い, の吹込み, の大火以後, の奉公人, の幸福そう, の思い, の明治, の東京お目見え, の横文字, の正月, の火事, の疫病, の発作, の發作, の矢張り夏, の秋, の自分, の舞台, の院展, は一円, ぽっくり死んだ, までいわゆる, までおじいさん, までなら, まではあんなに, まではお正月, まではそう, まではどんな, まではチベット国, までは一緒, までは十五六軒, までは唯, までは大阪, までは女子大, までは実に, までは寂光, までは居ました, までは山, までは川, までは政府同士, までは毎年初夏, までは百パーセント, までは私, までは秋川駿三, までは繁盛, までは誰, までも殘つて, までわれわれ, まで上っ, まで中村, まで土地, まで坊, まで坊っちゃん, まで彼, まで春, まで松, まで毒消し, まで留守居, まで箱崎町, まで近藤日出造君, まで通り, やっと懸案, より喘息, より退い, 亡くなりましたが, 各処, 同じ座, 大地震, 大洪水, 或る, 素晴らしい大物, 訪ねて, 迄は恐ろしく, 迄吾, 間違えて

▼ 二~ (330, 0.1%)

8 の砂糖 6 の御飯, も三杯, 加えて, 飲んだ 5 の酒, 入れて 4 を一合, を加え 3 のん

2 [25件] お酒, が三杯, ずつ持っ, とは食べられない, とカレー粉中匙一杯, と玉子, と香料, に詰め, のお, のむこと, の珈琲, の祝盃, の米, の飯, もって, も重ねた, も飲む, を二合, を平らげた, 傾けた, 加えます, 命じて, 食べて, 食べました, 飲む

1 [227件] あったらば, いや三杯, おごって, からBWハイボール, かッ込み, がこた, がこの, がたのし, が五杯, くらいで, くらいも吐いたろう, ぐらい, ぐらいまではなんと, ぐらい平, さ, しか頂戴, ずつしか食べなかった, ずつより与えられない, ずつ傾けた, ずつ喰, ずつ毎日, ずつ運ん, ずつ食べ, ずつ飲ん, ずつ飲んだ, そして, そしてまた三浴, たのむと, たのんだ, たべおかず, たべて, たべる, たべるの, だけ, だけたべた, だけむり, だけカスター, だけ一合, だけ水, つづいても, つめこんだ, でもう, でも一杯, でも遠慮なく, でも随分, で一組, で二十銭, で充分, で八十五銭五厘, で我慢, で煮, とえび六本その他, とお茶, ときめ, とそれ, とって, とてもうまい, となり, とは傾けん, とらせた, とをよく, とを煉り混ぜ, とコルンスタッチ, とゼラチン三枚, とバター, とバター中匙一杯, と一合, と三杯, と傾け, と味噌汁, と塩胡椒, と少し, と牛乳二合, と紫琴女, と續, と西洋酢一杯, と角砂糖二つ, と重, と重ね, と順次, と飲み始めた, なめた, なら八銭, にし, にする, になり, にオムレツ二つ, にコ, にスープ, に二杯, に減らした, に焼, に玉子, に薄荷, に酒一杯, に限っ, ね, のお茶, のかゆ, のところ, のみ林檎, のみ菓子, のむい, のむと, のむとねむくなり, のスープ, のセーゴ, のバター, のビール, の割, の土, の小, の最大能力, の水, の淡い, の狐うどん, の生ぬるい, の老酒, の自, の茶, の菓子二つ, の蕎麦, の馳走, はうれし, はよく, は三口, は天, は平, は持っ, ばかり, ばかりはいつか, ばかりもやっ, ばかりを唇, ばかり入れ, ばかり冷, ばかり喰いました, ばかり外, ばかり山葵, ひっかけた甘露, ひっかけました, ひっかける, へなみなみと, へセロリー, へ玉子, ほしくなっ, ほどあおっ, ほどをそこそこ, ほど冷たい, ほど無理強い, ほど飮ん, ほんにサケノミ, まですすった, ものむ, もココア, も代, も代え, も口, も呑ん, も呑んだ, も喰, も喰えるだろう, も喰っ, も喰つて, も替え, も替へ, も立て, も立てつづけ, も茶, も食べる, も食われ, も飲ませ, も飲んだ, やった, やり宿, や三杯, よく混ぜ, より外, をかきこむ, を一合五勺, を加えた, を取っ, を啣, を平らげ, を振舞, を水, を洗っ, を混ぜ, を焦げない, を美味さうに, を美味さうに飮, を過ごし, を飲む, グイグイと, グッグッと, 下さいな, 代えた, 借たん, 傾けたが, 入れたですね, 入れます, 入れるの, 吐きもの, 呑み八五郎, 呑んだところ, 呷った, 干して, 御ち, 求めた, 注ぎこんで, 混ぜて, 溶かして, 返して, 重ねさせたのち, 附き合った, 頼んだ, 食った, 食って, 飲まされた, 飲みかけて, 飲みたかったの, 飲み空, 飲むこと, 飲む分, 飲んだが, 飲んだけれども, 飲んだもの, 飲んでから

▼ 二~ (329, 0.1%)

5 結婚まで 4 云った, 四 3 ある, 四で, 四という

2 [23件] うしろを, お松と, さした, たずねた, ないの, もどって, 六, 出て, 叫んだ, 四が, 四と, 四の, 四は, 四的の, 壁土を, 机博士を, 来て, 正しい位置, 目を, 眼に, 言った, 道の, 顔を

1 [261件] あって, あり得ようか, あるの, あわただしく駈け上っ, いいました, いうと, いきなりワーツ, いぶかる折, いること, うなされて, おそるおそる掌, おどおどし, お容貌, お母さんには, かけよるよりも, かたまって, きいた, きくと, ここで, こつちへ, この歌劇, これまた, これも, こんな床下, さそったが, さらわれましたと, すべての, そうであった, そこに, そこらに, その天狗岩, その屍体, それである, それと, それらの, それを, だまって, つの, つれて, とつぜん叫んだ, とてつもなく気味, とびこむと, とんきょう, とんでもない, どうしても忘れる, どうして丸木, どこからか, どんなにびっくり, ない, なおもかんし, なぜドタ靴, なだめると, ねっしんに, ひどい目, ひょっくり来た, ふしぎに, ふたたび目, ふとお勝手, ふりむいて, またなに, また目, まだ突, まとまる, もちろん決死行, よびとめた, ゑがく少女にも, アイスクリームと, イワナで, カブトムシを, キライでは, クショ・ショカン第, スイと, バナ, ボールを, ミレンを, 一しょに, 一に, 一人っ子で, 一同に, 一撃の, 一膳めし屋の, 三〇分の一から, 上がらうが, 上がろうが, 上るもの, 世間知らずに, 丸木に, 二だ, 二で, 二は, 二千円さしだす, 二等船客第, 二龍山三が, 云いかけるの, 云い返した, 五さ, 五とも, 五も, 五ポイント一八, 今かぶっ, 仏蘭西豆の, 何だか癪, 何故仙, 倒れて, 偶数であり, 偶數であり, 兄の, 入って, 八, 公民籍から, 六に, 共犯者スパルミエント大佐第, 前へ, 加わり今, 南京虫という, 博士に, 又撫でつ擦りつ, 口を, 叫んだ時, 可哀そうです, 可哀そうな, 同一人, 名刺を, 味第, 呼んだ, 和である, 喜び三分の一, 喜ぶと, 噂し, 四これなどは, 四だけ, 四であり, 四である, 四な, 四よりも, 四を, 四ポイント七九か, 四二三が, 坐るの, 変に, 変則な, 大正中世上木した, 大變, 天候第, 天文学上の, 女の, 女よ, 好いので, 好んで, 始まって, 姿を, 小説でしょう, 居るの, 山鹿素行殿第, 帰った後, 床下で, 店を, 引くと, 彼女の, 待って, 心を, 心配に, 怒り三分の一, 思い切って, 思わずあっと顔, 恐れ恐れ, 悲鳴を, 感心し, 感覚物を通じて, 懷中の, 捜査しはじめ, 損してるわけ, 放つたキヤラメル, 明治三十七八年, 昏倒した, 時にひどく, 曳網に, 朝の, 机博士の, 来てた, 来り二, 来るまで, 検事の, 横を, 欠伸一つした, 欲しくなる, 歩く度, 死んだという, 残らあ, 残りたった, 残る, 殺されるという, 水の, 法律的関係第, 注意した, 消えて, 混って, 測距機, 父, 片膝, 特定の, 独楽を, 生れて, 生命第, 生真面目に, 疲れたり, 病床について, 皇帝, 益々附, 眼を, 社へ, 神の, 稀有な, 立とうと, 籠城し, 美しい下町娘, 習字で, 耕二の, 聞いて, 肩を, 胃液第, 胸が, 自分で, 芸当が, 英之助へ, 行って, 見たらきっと, 見て, 見ると, 解決篇みたいな, 言いつけたとおり, 言うと, 言葉を, 訊ねたみんな, 記代子と, 記代子を, 訳の, 諸子第, 警視庁の, 讃岐の, 財布の, 貧乏, 身を, 辛らつな, 送って, 途中で, 通りかかって, 邸内へ, 釉薬の, 野球用の, 金輪砲第, 錠を, 闇の, 降りて, 除かれるならば, 鞍の, 預かったし, 飛上った, 駆け寄った, 驚いて, 黙つて

▼ 二十一~ (324, 0.1%)

27 になる 21 の年 18 か二 8 です, の時 76 になった 5 だと, であつ, である, にもなっ 4 になっ, になつ, の娘 3 だった, でございますが, のとき, の女, の春, の秋

2 [16件] か二十一, だよ, でせう, で様, という, といふ, なん, にもなつて, にもなる, の好い, の歳, の若い, の解脱, の零, まで働きました, 古い形容

1 [147件] ありまた, おふみ, か, かだった, から二十四, から十七, から四, から相場, かスウッ, くらい, ぐらいの時, ぐらいの私, それからどこ, だから, だし, だそう, だぞ, だったろう, だって, だつたなあ, だという, だとも, だどうも, づらを, であった, でお礼奉公, でお雛様, でこの, でした, ですが, ですのよ, でそれぞれ夫, でどちら, ではある, では本当, でみずみずし, でフッ, で一躍, で下谷, で五, で十時, で坂部壱岐守, で妹, で姉, で始め, で実家, で小, で年, で手代, で早く, で更に, で本, で死ん, で生家, で男, で親子, で遊び, で道臣, というの, という年, という歳, という記録, という順, といふ咲きこぼれ, といふ女盛り, といふ遊び, といふ青年, となっ, となつて, となりました, とは見えん, と云, と十七, と聞きました, と聞く, なお空しく, なのよ, なれど, にちがい, になつて, になつてニキビだらけ, になります, にはならない, にも見える, に目, に相成りまする, ねんのく, のそれ, のとき致仕, の一, の三, の下, の予科, の二, の五, の働き盛り, の働き者, の冬, の半, の名, の四, の坑夫, の塔の間, の夏, の女性, の娘さん, の小肥り, の少年, の帝, の年彼, の成熟, の春四月, の春是, の春東京, の時先生, の時兵隊, の男, の百三十一回, の経験, の脂, の良い若い, の花, の若, の若年, の輪柄, の銀行, の青年, は死んだ, ばかりだった, へ, まで暮し, や, や二, よ, より, をし, を九時半, ノ秋カラ二十四, 中氣, 付けた莫大, 搗き立て, 次第に荘厳, 程なく小笠原, 良十九, 迄は殊に, 遅くは, 阿母さん

▼ 二十銭~ (319, 0.1%)

8 か三十銭 6 の定食 5 では, の銀貨 4 の原料, 出して 3 です, の弁当

2 [23件] しかない, しかなかっ, だつた, だと, だの, である, でこの, でよろし, で餡パン, といふ, となり, と書い, と端金, に下落, のもの, の割部屋, の古, の炭, や十銭, を借りつ放し, 貸して, 貸しとくな, 頂きますが

1 [235件] あげい云うて, ある, あるん, ある足りなかったら翌日, あれば, おいて, おくれ, お小, かかるよう, かで何, かの本, からもっと, から五十銭, から毎日何百カロリー, か二十五銭, か二十五銭位, が勿体ない, が壱, くらい, くらいをその, ぐらいし, ぐらいで売った, ぐらいで買えた, ぐらいの, ぐらいのところ, この定価表, しきゃない, する, するもの, ずつだ, ずつだにお前, ずつの食券, ずつ各, ずつ持っ, だ, だか, だから, だけその, だけにする, だけれど, だけ取返せ, だけ多い, だけ残し, だけ買っ, だぜ, だったと, だったの, だったもの, だった代り, だもしも, であるが, である事, でいきます, でええ, でびっくり, でもいい, でもその, でも三十銭, でも乃至, でも手紙, で一丁目, で丸パン, で事, で二十人, で今, で八冊, で六つ, で売っ, で売つて, で売りつけた, で変る, で屑屋, で落, で計, で貧しい, で買い, で買う, で買っ, で買った, で買つた鋏, で踏みとまっ, で門, で雇った, で頭, という, というの, というもの, という割合, という車夫, という金, とか自分, とすれ, とはいう, とる, と加え, と四通り, と定まっ, と極めて, と米四升, と致しましょう, と言ったら, なぞと運ん, などと全く, なの, なら, なり, なり三十銭, にいたし, にうれる, にさせ, にしかならなかった, にせぬ, にて一万二千部発行, になる, に売った, に対して三倍半, の, のうち, のおかげ, のくけ, のその, のはしけ, のコーヒー, のサンドウィッチ料理, のシャンパン, のスープ, のハヤシライス, のブリキ, のヨーカン五本, の事, の交通費, の会費, の入場料, の入場者, の内, の利息, の割当寄付, の千日前, の場合, の売上げ, の天丼, の奮発, の安, の小さな, の折, の料金, の方, の月謝, の畑代, の知己料, の祝儀, の稿料, の筆, の著書, の血, の親子丼, の豪遊, の買物, の運賃, の金, の鉛筆, の雑誌一冊, の頭, の馬鹿笑, の麻糸, はいっ, はずんで, はたしかに, はちっと, はどうしても, は博士, は取られた, は大金, ばかりで, ばかりのお金, ばかり借用, ばかり遣ひ, まけて, もある, もお, もとられたらう, も出すやろ, も取られ, も少し, も違う, やそこ, やったじゃ, や三十銭, よ, よこせと, よりよけい, より以上, わたして, をこす, をまだ, をカーチェ, を三十銭, を上げる, を償わね, を出し, を出したら, を受取つて帰, を可愛い, を夜店, を払う, を支出, を消費, を盆, を置い, を言ひつ, を高い, 下った, 乃至三十銭, 乃至三十銭位, 借して, 借りて, 借るそれ, 出せなどと, 出せば, 出そう, 剰銭, 即ち一升, 引いて, 戴きます, 払った, 払って, 替, 残って, 絞りとられた, 置いちまったから, 置いて, 見切屋, 買わずに, 迄とは書き込まない, 黙って

▼ 二十三~ (316, 0.1%)

29 になる 12 の年 10 だと 9 か四 6 になっ 5 になつ, の両日, の時 4 といふ, にも成ッ, の娘

3 [14件] だ, だった, である, です, で死ん, なの, にし, になった, になります, にもなっ, にもなる, の女, の歳, の青年

2 [17件] じゃない, だが, であるが, でご, でした, でその, で健, で未だ, で武家出, という, とか四, とは本当に, と云う, のお, の今日, の若い, や四

1 [147件] かああ, かと思います, かな, から七, から死ぬ, か四ぐらゐまで, すなわちずっと, だから, だからね, ださうだけれども, ださうですが, だそう, だったと, だって云った, だって云ったでしょ, だつた, だという, だもの, だネ, ていう, で, であった, であつ, でい, でこれ, でございましょう, でございます, でしたよ, でしょう, ですからね, ですが, ですそして, ですの, ですよ, でちょい, でまだ, でむす, で上, で五年, で亭主, で住職, で何処, で妹娘, で崩御, で年季, で御, で権中納言, で男振り, で皆伝, で私, で肋骨, で色, で鐘巻流, という人生, という年, という此年, という歳, という良い, といえ, といふ若, となる, とも見える, と三日, と二十, と云, と四十, と少し, と書いた, と言, と言う, にございます, にしかならない, にしかならなかつた, になりました, には家, にもなった, にもなつ, にもなり, にもなりやがっ, にもなるでしょう, にもなるでせう, にも手, に対する愛着以上, に張り抜い, に成ろう, に見, の, のからだ, のとき, のとき娼婦, のみづみづしい若衆, のもの, の一, の一人, の一月十五日, の七之助, の二, の傷, の兄, の割合, の勝, の壯年, の夏, の女の子, の娘ざかり, の尾田, の年増盛り, の弱冠, の彼女, の才次郎, の春, の木こり, の瀧口, の男, の男ざかり, の眞太郎, の秋, の立派, の網元, の美女, の若, の若造, の諸, の賢, の部屋, の青春, の青白い, はやくも両, は当今, は無我夢中, は私, へばかり賭け, まずは世間並, まだ独身, までいた, までと致しまし, までの大切, までも處女, までステッキ, まで手, まで白齒, やかい, やそこ, よ, 大そう, 次ハ十六歳, 蒼白くて

▼ 二十年前~ (312, 0.1%)

13 のこと 6 の事 4 と少し, の人間 3 に浪人, に私, の大晦日, の日本, の記憶, の話

2 [25件] である, と同じ, なる我が, に, に別れた, に山口県, に暖簾, に書かれた, に死んだ, に聞いた, に自分, に見た, に足, のアメリカ, の世界, の君, の帳面, の思い出, の物, の現実, の神保町通り, の私, の若い, の連判帳, を再現

1 [217件] あるいはそれ, からそう, からの作者, から変らず, から既に, から時々, から此, から特に, から覚悟, から間違っ, か十五年前, がこう, この女房, この家, すでに実行, だったら設計, だよ, ちょうど日清戦後列強, であった, でございますが, です, とかと比較, とつながっ, とは持主, とは逆, と同じく, と大して, と比較, にあなた, にあの, においてわが, において維持, におのれ, にかいた, にくらべる, にここ, にこの, にこの方, にちよ, についていふ, にどこ, になります, にはじめられたじ, にはたしかにそう, にはね, には二人, には別府, には娑婆苦, には川, には時折, には村, には確か, には自分, には良い, には誰, にひらけ, によく, にわれわれ, にパリ, に上野, に不心得, に中学校, に亡くなった, に亡くなられた, に今, に伊勢屋忠右衞門, に住ん, に公, に其地, に出, に出版, に分れた, に分れたぎり, に別れ, に吾輩, に増田屋, に大西洋, に嫁, に子ども, に巴里, に彼, に心配, に悲壮, に戻され, に捨てられた, に於, に日本, に時, に書いた, に橋番, に死ん, に殺された, に比べる, に溯らなけれ, に濠洲, に父, に父兆久, に生き別れ, に留学, に相, に福, に移植, に突然, に腹, に艦隊, に芸術, に藤村, に行われ, に行われた, に起った, に遡らなけれ, に養蚕, ね, の, のいとも, のこういう, のここら, のつもり, のなつかしい, のまま, のよう, のわたくし, のソヴェト文学, のマラソン競争, の一派, の三人侍, の下女, の世界悲劇, の主人, の二人, の伊達捷平, の作, の光景, の出来事, の北九州, の古傷, の困難, の壁, の壮気, の夏, の大勢, の大正初年, の女, の好, の子ども, の実験室内, の小児, の少年, の師走, の常識, の幸福, の彼, の彼女, の怨, の怨み, の悪筆, の情景, の惨劇, の我家, の昔, の昔話, の書物, の書生時代, の有, の果し, の歴史, の殺人犯人, の洋服, の津右衛門, の流行, の満, の焼跡, の焼跡だらけ, の祖母たち, の肥田沃土, の船場, の著述, の親, の言葉, の關宿, の青年ら, の齢, は, はしか思う, は二汁五菜, は僅, は兩刀, は正に, は物資, まだ上越線, まであった, までなお, までの私たち, まではバスティーユ, までは一, までは二百戸以上, までは可, までは小倉城下, までは椿岳, までは芸術, まで目黒, もそう, より企て, をお, を考え, を覚え, 出洋, 古久先生, 同じ宿, 御金藏番, 情なく振り捨てた, 既にかく, 歩いたの, 死ぬ四日前, 純日本風, 若かつ, 迄は本島

▼ 二~ (312, 0.1%)

13 の苞 6 か三銭 5 の合力, の酒 4 の焼鳥 3 であった, です, の劇場, の銭

2 [27件] あった, おくれよ, だが, で, でも三銭, とある, どうくわ, なの, に, のうち, のお, のお金, のコマ, の不足, の使賃, の切手, の木戸銭, の納豆, の金, の銅貨, の鏡, の餅菓子, またその, を投じ, 上ったと, 出して, 這入って

1 [213件] あげて, あげるから, あげる昨夜, いただきます, おいしい中食, おくれで, おろしたり, お引き, お払, から三銭の, から三銭五厘, がとこ, がところで, が所買つて, が駄賃, が高い, くらいの見料, くれる事, くれろと, ぐらいであった, ぐらいな汚, ぐらいのもの, この大きい, さがっても, しかなく, しかもそれ, しか持たない, しか無かっ, しるだア, すらてんで, ずつの差, ずつ二人, ずつ昇給, そうそう, そしてなでしこ四銭, だ, だかで, だからね, だけ不足, だけ奮発, だけ油, だけ足りません, だった, だったの, つけて, であったが, であり居ながらに, でこの, でしたが, ですから, でせう, では, でもい, でもいい, でもどうしてどうして, でも一銭, でも余分, でも切手, でも勝手, でも厭, でも団洲, でも負けさせなけれ, で一時, で三分の二, で三日続き, で人力車夫, で何, で入手, で八銭, で占, で台所道具, で売つて, で売却, で夜, で客, で水, で玉子洗い, で私, ということ, というの, という風, とか三銭, とこの, としてざつと一円, とだんだん, とでサイフ, となっ, となった, とは些, とは驚いた, とられるきまり, とウ三銭, と争っ, と働き, と札, と見, と貯める, と買っ, など眼中, なりか, なりの手数料, なり三銭, にうる, になった, になつ, になりやす, に三箇, に売った, に売り払った, に見切っ, に鬻ぐ, のおもちゃまがい, のこと, のほどこし, のやつ, のカツレツ, のドテ焼, のハガキ, のヤキトリ, の二百五十万倍, の価値, の値上げ, の傍聴料, の出入, の剰, の割, の半, の双眼鏡, の喜捨拝受, の団洲, の報謝, の増賃, の大きい, の奴隷賃金, の安, の小, の弁当, の憐, の損, の教育費, の日給, の昼食, の木戸, の栄螺, の正札附, の水仙, の汗, の油, の渡し賃, の渡舟, の物, の紫蘇入り, の細かい, の芝居, の見料, の買物, の貸し, の賃銭, の郵便切手, の金子, の釣, の開封, の餌, の馬券, はもつ, はミ, は乃木大将, は今日, は取られ, は高い, までが支給, までの所, もって, もらつた記憶, も出す, も切っ, も貼る, やこし仕, やっぱり弁当, や三銭, をチェーカ, を出さぬ, を出し, を出したら, を受, を彼, を投げ, を握っ, を支給, を標準, を省く, を私, ヲ頂戴シテ壱銭, 下さつた見ると, 乃至二銭五厘, 乃至十五銭, 儲けたよう, 即ち八銭, 取れだしたというくらいに, 或いは三銭, 払うの, 払ったら剰すところ銭九銭米二合, 添えて, 渡して, 積もりて, 貰うこと, 買い袂, 買っと, 貼った手紙, 足して, 足しては, 足りなくて, 高い

▼ 二十二日~ (310, 0.1%)

11 の夜 8 の朝 5 のこと 4 にくらべ, になっ, のお, の午後 3 だった, づけの, である, に江戸, に生れ

2 [28件] から二十五日, から四月二十五日, が来る, つい六日前, とちがっ, に, になんかした, にね, には, に七十一歳, に再び, に抽斎, に歿, に福山, に聖徳太子, に蘭軒, に黒部, の, の事, の地震, の夕方, の晩, の月, の頃, の項, の黒部行, は寒い, まで書きました

1 [199件] おなくなり, かえる, から三度目, から三日間, から三月三日, から九日間, から二十三日, から二十六日, から五十日間, から十二月二十一日頃, から始まる, から攻囲, から開始, か二十三日, がこの, がアゲ, が即葬, が来, が来た, このよう, この日先づ白石, じゃし, だから, つまりコルシカ, づけ御, であ, でしたか, では, で丁度, で北山行幸, で此大吉, とかに先方, とする, となっ, と合計三回飛行機, と推定, なのよ, にお産, にかえる, にここ, にこちら, にこの, にし, にそれ, にとめ, にはかえり, にはこんど, にはじめて, にはとうとう, にはもう, には上田, には今期, には兄, には全部, には兵庫, には同じく, には太子, には太陽, には寛斎, には早く, には浪士ら, には火, には私, には笞打, には鉱山監督署, には関東, にふたたび, にも御, にアトリ, にイギリス, にオーストリー, にモスクワ, にランカシア, に七十二歳, に三原, に二人, に亡くなりました, に今度, に作られた, に信明, に六十八歳, に出帆, に出張, に勅使, に原田, に喀血, に壺形土器, に大目付石河土佐守, に太子, に始まっ, に娶った, に帰宅, に幕府, に従来, に御台所, に御園氏淳, に徳川慶喜, に手, に新, に明州, に書, に書い, に書いた, に本所, に本所二つ目, に本郷真砂町桜木天神附近, に柏軒, に桑名, に棠軒, に正, に正教, に正方, に死んでる, に決行, に獸牙製曲玉, に瑞長, に病, に発, に発見, に神辺, に竣工, に臨終正念, に至っ, に至る, に辞し去, に迫つて, に送られた, に領主稲葉丹後守, に高野領清水村, ね, のぬかるみ, のもの, のノート, の丑刻, の予算, の会津落城, の午前十一時, の午後隆治さん, の夏至, の夕べ, の夜中, の夜伏見, の夜半, の夜蔭, の尺牘, の微, の日, の日付, の日曜, の早慶三回戦, の明け方, の昼間徳田秋声先生, の晩宿, の朝五時四十分至急, の未明, の条, の歌舞伎新報, の真昼, の開院式, の間, の饗応, はまだ, は下島, は大雪, は放免, は斯く, は未明, は来た, は私たち二十七回卒業生, また, また大分, までなどと短, まではそう, まで九日間引, まで我々, まで秋, も近くなつ, より丹羽文雄氏, より二十三日, より前, より東京控訴院, より遅れ, をもって旅順, をもって訊問, をもって評議, を以て去る, を得る, を忘れない, を示し, を迎える, 乗り組んだ者, 即ちチベット暦, 同じく閑窓読書, 居て, 曇り, 第二回目, 第十議会, 遂にケーニヒグレッツ, 頂きました

▼ 二~ (308, 0.1%)

7 三が, 三とを, 第三 5 いって, なる, 三の 4 云ふ 3 いえば, いふに, さぶは, 三と, 三を, 第四

2 [18件] いうのに, す, する, なると, 一緒に, 三とは, 三は, 並んで, 二とを, 二を, 云うやつ, 五が, 五とを, 八歳の, 新田先生とは, 級長の, 見えるが, 記代子に

1 [214件] あげたり, あった, あったそう, あつたり, ありベルリン, あり嬰児期, ある, あるに, ある中, いうけれど, いうに, いうので, いきなり行き, いきなり行き会いました, いくつも, いたしまして, いはれた身上, いふの, いわるる大寺, いわれる仏画師, いわれる分限者, いわれる大, いわれる大城屋良助, いわれる大財産, いわれる捕物, いわれる政治家, いわれる街, うしやうきんいろ, うしやうは, おすえとさ, かいた, かけ声を, ございまして, さがらねえ見識, さぶが, されるよう, しその, しなお, し三, し三十六, し人間及人間相互, し園部, し数寄者, し第, し身, すべきである, すること, するだろう, すると, するならのこりの, するよう, するを, する刀刃, する者, すれば, その妻登場, です, ない一日, なきお, なき母君, なき美しきもの, なし, なす, なすこと, なすべきです, なすべきもの, なって, ならむ, なりそして, なり三, なり五回, なり前後二回, なるか, なるとは, なるの, なるは, なるべし, なるを以て, について, ひきかえに, ひきかえること, びでとんで来られる, ほぼ同年, ほりされた, ほりの, ほり出来るはず, キャンプを, ハなりぬ, 一が, 一とに, 一との, 一にて, 一の, 一プロキオンでは, 一月を, 一目上りに, 七つとの, 三, 三とでは, 三との, 三即ち, 三日学校へ, 三級の, 下ったこと, 下らない分限, 下らない眼, 下らない豪商, 下らない賢臣, 下らない高度, 下らぬ会社, 下らぬ大きな, 下らねえと, 両者あっ, 九つに, 九十の, 二で, 二とが, 二との, 二三ヶ月半, 二人でも, 二人寝た, 云う場合, 云う男, 云う都会, 云って, 云っても, 云つた, 云は, 云はれし, 云はれる, 云われしには, 五に, 五十六, 今から, 仲よくし, 伸子は, 信じて, 俵を, 倉太の, 先ず三月, 先任将校の, 全三年, 再び顔, 別れた雑誌記者, 十二, 十二と, 及ぶ者, 反対に, 合つた, 同じく極めて乾び切った, 同じこった, 同じ思ひ, 名乗る謎, 向き合って, 呼ばれた少年, 呼ばれる町医者, 呼る, 四に, 四分の三拍子を, 外に, 大した評判, 婦人は, 定めざるべからず, 山川牧太郎が, 島の, 市内各所に, 待ち合せて, 思ひしは, 怪物とは, 愛し合うよう, 指を, 改めたため, 数の, 新田先生とに, 日暦を, 書いたの, 書いて, 會徳は, 會徳も, 木村名人が, 未だ三時間, 本文が, 机を, 枕を, 柳は, 歩調を, 比露子夫人とが, 測られて, 爲し, 番号を, 相談し, 知つてゐ, 社長の, 称する男, 繩で, 置いて, 自他の, 落ちない, 見れば, 言って, 言つた, 言つた凄い, 言はれた, 言われる有名, 言われる美人, 記代子が, 記代子との, 記代子は, 記代子も, 踏めますが, 送り出す, 違って, 高田が, 高田は

▼ 二十五六~ (305, 0.1%)

12 の女 10 の良い 9 の男 7 の若い 6 になる 5 の色 4 でせう, のこれ, の小, の立派, の青年 3 のお, のちょっと, のどっち, の好い, の年増, の良い若い

2 [38件] か七, この時代, だろうと, でもあろう, で色, としか見えません, にはなっ, にもなるでしょう, にも見える, に見える, のいなせ, のこいつ, のとき, のまだ, のやくざ者, のハイカラ, の何となく, の勝負事, の化粧, の大, の好い若い, の娘, の婦人, の小意気, の時分, の武士, の痩せ, の美しい, の若, の苦み, の華奢, の豊満, の遊び癖, の青年武士, の青白い, の頑丈, を過ぎ, 少し三白眼

1 [142件] お政, か, かとも思われる, から七八, から三十近く, か健康, が大将株, くらいの若, ぐらいによった, この社会, それから近頃, だったが, だったそう, だった私, だらうか, だろう, だろうか, ちょっと好い, であったが, であつ, である, でしょう, でしょうが, ですちょ, でまア, で学士, で小林, で或, で早世, で洋服, で私, といふ青年時代, なにかの, にしか見えない, になつ, になつて田舎, にはなつ, には見えた, にもなっ, にもなった, にもなりましょう, にもなりませう, にもなるだろう, にもなるでせう, にもなろう, に御成, に成る, のいかにも, のいかにもキビキビ, のころ, のせがれ, のせっ, のそれ, のまず, のむくつけき, のも一人, のやう, のよう, のゾッと, の一人息子, の一寸, の一寸肌合, の丈夫, の上品, の下谷中, の不, の仲働き, の働き者, の元気, の内儀, の南京豆, の厭世時代, の唇, の外国人, の女中, の女房, の女盛り, の威勢, の室, の小僧, の少し, の巌丈, の巖乘, の年頃, の慾, の方, の月, の月代, の櫛巻き, の歳頃, の汚な, の淋しい, の滅法, の独身者, の田舎者, の男前, の番頭, の痩せぎす, の眞, の細君, の細面, の總髮, の背, の背広, の若い美しい, の若造, の苦味, の薄い, の見すぼらしい, の見事, の赤い, の身装, の身長, の逞, の逞しい, の道楽者, の道樂者, の達者そう, の陰気, の音楽家, の頃, の頭, の體格, の髪, の鼠色, はございましょう, ばかりの都, までの一粒選り, までの同じ, までミッチリ勉強, まで手代同様, も年齡, も年齢, も違, も違う, より下, を越えた, 一寸好い, 一見しかるべき, 少し面窶れ, 止まり大抵, 若くて

▼ 二十五歳~ (296, 0.1%)

15 の時 12 の青年 9 になっ 7 であった 6 になった 5 のとき, の今日, の若 4 だった, にし, になる 3 から五十歳, になつて, の年, の若い

2 [21件] か三十歳近く, だ, だが, だと, であつ, である, でも一弗, で死去, という, になり, になりました, の女性, の早春, の未婚, の秋, の美男, の頃, ばかりの青年, までの間, まで生きる, を越した

1 [166件] から三十歳, から失明, から少し, が来年, くらいだろう, くらいになり, くらいの間, ぐらいからだんだん, ぐらいの若い, ぐらいまでの勤労青年, ぐらい屈強, だけれど, だそう, だ捨てろ捨てろと, で, であったと, であった若い, であり時代, であるから, でいち, でおわした, です彼女, でその, でまだ, で一人, で世, で中国, で亡くなった, で亡くなつた, で光辰, で出家, で医学博士, で古風, で名, で大学, で大阪, で夭折, で小, で打ち砕かれ, で既に, で最う, で正に, で死んだ, で河馬, で父, で町長, で町長さん, で病歿, で看護婦, で結婚, で脇差, で郷里, という女, という年, という年齢, という青年, といえ, といふ年齢, といふ若者, とのあ, とは意外也, と真, ないし三十歳, ないし四十歳, なり, におなり, にさえなっ, にて美男, になったら, になつ, にならん, にもなっ, にもなつて, にもなり, にもなる, に成る, に終り, のお, のこと, のこの, のその, のとき江戸, のはじめ, のほんに, のカウーテモ, のキビキビ, のゲルハルト, のナターリア, のヴォルテエル, の一青年, の万吉郎, の三谷青年, の世にも, の中学生, の作者, の僕, の公爵総裁, の冷飯食い, の冷飯食ひで, の助手, の妹, の姉安, の子供子供, の年長, の弱, の弱冠, の当時, の恋人達, の折, の昔, の時代, の時出家, の暴徒, の森田草平, の死亡率, の温厚, の父, の生涯, の當主, の秋亜米利加, の秋月九十郎, の美少年, の美貌, の老中, の者, の若く, の若武者, の若者, の逞しい, の長兄, の長寿説, の長者息子, の間, の青年武士, の青年画家レンブラント, の青年詩人, の音楽家, は坂本龍馬晩年, ばかりに成長, までなので, までに青年, までの寿命, までの青年学生, までは衰, までも寝, まで女, まで学生時代, まで待つ, まで我輩, まで生きられる, まで生きられるだろう, まで生き得べし, まで童貞, まで続く, ようやく見習士官, より三十歳, より上, より小説, をすぎ, を主張, を越し, を頭, 深く自愛, 生きると, 経れば, 迄の婦人

▼ 二~ (292, 0.1%)

22 の本 9 の書物 5 の, 買って 4 に分け 3 あって, も三冊, 持って

2 [24件] ある, しかない, つづきの, つづき五銭, で出, と同じ, と置い, になっ, のうち, の単行本, の厚い, の著書, の貯金帳, の部, は, もある, も読む, も読ん, を手, 出した, 出して, 取り出した, 置いて, 買えるきり

1 [190件] あったのよ, ありますが, あるの, および植物, かペンギン, か三冊, が云々, が四季, が恋, が来た, ぐらいしか出し, ぐらいは何, しかなかつた, しかも口絵, しか出版, しか許されない, ずつたまっ, ずつ文藝春秋, ずつ貸し, ずつ資料, たづさへて, だけ入る, だけ残っ, だけ渡された, だけ金, だそう, ちゃんとならん, つ, ついて, つづきまたは, つまらない別, であと, である, でしょう, でも頗る, で三十二円いくら, で五拾円, で勉強, という制限, といっ, とが来た, として出しました, として袖珍本, として順次, とその, とても私, となっ, とは情ない, ともあっ, ともまだ, とも巻頭, とも散逸, とも買取つて一冊, とコーヒー, とバギオ, と和英, と戯曲, と持ち出し, と買い集めた, と鉛筆一ダース, なれども, に, にいたしましょう, にせよ, になった, にはただ, にも遠慮なく, に分れる, に在り, に製本, に進みましょう, ぬきだしその, のあった, のどこ, のどれ, のほか, の作品, の冊子, の写本, の叢書, の和本, の外, の学生用, の宋槧本, の小さい, の小さな, の少年雑誌, の帳面, の手帳, の文典, の文芸評論集, の日記, の書き物, の書籍, の消費経済的リンショクさ, の画集, の簡便, の素読, の背皮, の草双紙, の草雙紙, の記録, の評論集, の詩集, の講義ノート, の部分, の部厚, の雑誌, はきっと, はヨーロッパ大戦後, は努力, は商業雑誌, は手製, は携え, は教師, は日本文, は炎天, は芹沢, は間違い, ばかりポケット, ばかりポケツト, ばかり交織スーツ, ばかり借り, ばかり出, ばかり教室, ひろがって, へり, へペン, ほど抜き出した, ほど持っ, ほど買い, まで, まとめて, も, もあった, もまた, も持っ, も書い, や春灯, をえらんだ, をかわりばんこ, をとっ, をのこし, をもって全部, を一版, を借りだした, を冴子, を出版, を取り, を受取る, を御, を校刻, を母, を脇, を読みかえしたく思っ, を読んだ, を賜わりました, を贈られた, 云って, 出したが, 出るかも, 出るん, 又は三四冊, 取去り段々に, 呉れた, 引きぬいた, 抱え右, 持ってること, 持つて, 揃って, 新日本詩集三冊, 書いて, 残って, 添えられて, 渡しこれ, 焼けても, 見えない, 見え出した, 訳して, 読んじまった, 読んじまったから, 読んだ事, 読んで, 貰って, 買い戻して, 買う, 買った, 載って, 返して, 送るよう

▼ 二には~ (287, 0.1%)

3 それが, それは, なんの 2 これによって, 人が, 今の, 子なき, 自分も, 非常に

1 [266件] あすの, あの紫, あの美しい, いやこの, いろ, いろいろの, おのれの, お恥ずかしい, かくの, かれら, がんらい日本人, こういうタイプ, こういう風, このあやしい, この有用技術, この象, この転写本, これらの, これ以上何も, しっかりした, すぐあと, すまないこと, そういう臨時, そうする, そこが, そしてこの, そのひと, その二つ, その人物, その内容, その切な, その場, その数々, その罪, その製造法, たとえわたし, たぶん次に起こるべき, だね, だ今, ちっともそんな, どうしたらかかる, どれも, どんな鉈, なぜそれら, なって, なってるだろう, なるべく人, はっきりと, ひどく寒そう, ぼんやりとでは, またそれ, まだ巣, もう一首, もっともな, やはりばかげ, やはり靈媒, よい種類, よく聞えなかった, わからなかった, わからなかったの, わけが, わしの, アマノジャクの, イの, インド人が, シカと, ジネストの, ダンテが, チャメロス善鬼ら反対派の, ハンスが, ピレネエである, フランス革命の, プロレタリヤが, ペルシア戦役後の, ロードスターの, 一時減少した, 上役の, 両親は, 中世の, 中古に, 主君の, 事實を, 京都の, 人の, 人名を, 今ソヴェト同盟, 今夜の, 今度の, 今後の, 仏国印象派勃興との, 仏蘭西の, 他人を, 以前は, 仮令え, 何か, 何でもお, 偽の, 働く時, 僕の, 僕は, 八十松の, 出欠を, 出鼻の, 分別に, 刑を, 北京軍を, 博士が, 厳寒の, 又た, 又秀林院様, 叙事詩として, 可也の, 各地の, 同情が, 君が, 君自身および, 呪というは, 問題では, 四十四五円くれ, 国民全体の, 地球の, 地震計測の, 堅粗堅固に, 夏の, 夜の, 大きな地区, 大工の, 天狗倒し, 夫人が, 始めて合点, 婆, 子供が, 子孫として, 宇都宮藩士で, 宋清に, 家の, 家名も, 寒気が, 寿命最も, 小児の, 小屋係り, 山名の, 工場の, 差して, 市長の, 廻し難かっ, 彼等の, 彼自身の, 意地の, 慈悲心ふかく, 憂えた, 憲法を, 我々日本人と, 我に, 我らが, 採集に, 支那に対する, 政友会内閣を, 政友會内閣を, 敵に, 敵の, 日本の, 日本人の, 日本人は, 日本人自, 旦那様の, 昇平時代三番は, 昨日この, 暑中の, 最近まで, 朝家の, 本所の, 材料費が, 根より, 梁山泊の, 梟悪, 梶せつ子という, 構わず金太, 次有, 止まらなかつた, 正しいという, 正念三には, 正月二十四日を, 正金銀行から, 正風不易とまで, 此の世に, 死ななくっても, 殆ど一般的に, 比喩である, 民藝品への, 江之島神社の, 浴場の, 深心, 減禄の, 源平合戦の, 潜勢力顕勢力の, 然ら, 燐寸の, 父の, 物の, 特に民藝, 特別構造の, 狭義の, 玄徳の, 現実と, 理深く, 理解が, 甚だ申し, 畳の, 疑問の, 病に, 病後の, 相手の, 知識の, 神明を, 秀子が, 私は, 種実と, 章學誠は, 答えず同僚, 精神作用の, 経毒と, 総てに, 群衆の, 胃が, 腑に, 臣を, 自分の, 船舶の, 色々の, 若しや, 藍が, 蟹, 補助艦総トン数対米七割, 見える, 解らぬ癖, 言つてゐる, 言論集会結社の, 記紀の, 評論, 話題を, 説話の, 誰が, 識見の, 議会が, 費長房等魯の, 身のほども, 車兵是は, 近いほう, 近よらず, 近世の, 逃げたいという, 通じなかった, 運動三藥揃うて, 過去九十一劫毘婆尸仏の, 道徳的には, 酸素原子を, 釉薬の, 野という, 金助から, 錆びさせて, 長期にわたる, 韓暹楊奉の, 音楽が, 麪麭で, 鼻という

▼ 二丁目~ (286, 0.1%)

6 の, の河岸 5 のほう, の角 4 の横町 3 で, と三丁目, の伊勢屋, の方角, の糸屋, の裏通り, の辻, の通り

2 [24件] から三丁目, なる丁字屋, にある, にかけて軒別, のはずれ, の中米楼, の仕事場, の吉井屋, の呉服屋, の土塀, の家, の小さな, の平, の往来, の新宅, の海老屋, の炭屋, の田島屋, の茶屋新四郎, の西側, は早く, へかけ, までの途, まで来た

1 [188件] かあの, からここ, からバス, から出た, から此處, か三丁目あたり, が年番, であるが, でござる, ですがね, で五, で兼東, で十人, で止まった, で薪炭, で貸座敷業, で電車, という所, という辺, となっ, との角, とをあなた, と一丁目, と瀬戸物町, ならともかく, なる小, なる桝屋久藏, なる武藏屋長兵衞, なる武藏屋長兵衞夫婦, なる肥前屋小兵衞, にあっ, にあった, にいる, にうち, にすこし, にて呉服商, にて彼質兩替渡世伊勢屋五兵衞方, にて賣, にも一つ, に九州亭, に住ん, に出る, に分かれました, に分ち, に加賀屋四郎右衞門, に向, に向いました, に向かっ, に居, に居宅, に引っ越し, に日輪寺, に杉田屋, に架かりおる, に武藏屋長兵衞, に渡世, に滝山弥次兵衛, に着きました, に移った, に移転, に編入, に至り, に設, に遠藤, のうち, のこの, のその頃, の丁字屋, の万, の三軒長屋, の不思議, の中, の中通り, の二十番地, の京屋吉兵衛, の伊勢屋五兵衞養子千太郎, の例, の兩替屋伊勢屋, の八百徳, の出方, の前原伊助, の名代, の呉服屋池田屋萬兵衞, の塩原多助, の境, の増本さん, の売家, の大, の大きな, の大島, の姉, の子供, の家主喜左衛門, の家主源助, の小, の小間物店, の屋敷, の川口屋, の市村座, の弘養館, の待合, の徳田石順, の惣右衞門, の我が, の或, の所, の新居, の方, の旧, の書籍問屋東海堂書店, の本願寺裏, の村井, の松屋佐四郎下鎌田村, の横丁, の横通り, の河原崎座, の渋江塾, の熊, の狭い, の琴三味線師, の番人作兵衞, の矢場, の私, の稲葉対馬守, の空家, の粟餅屋, の美容術師近藤つね方, の肥前屋小兵衞, の自分, の華やか, の表通り, の袋物問屋丸屋六兵衛, の袋物問屋丸屋六兵衞, の裏, の裏店, の裏通, の西端, の角屋, の角屋敷, の越前屋, の越前屋谷右衞門さん, の足立屋, の足立屋徳右衞門, の辻番, の酒屋, の金貸, の金貸し, の鉄物屋, の鉄砲屋, の鍵屋, の阿波屋吉兵衞品川宿, の阿波屋榮, の露路, の高札場, の魚屋, は, はこの, は中, は私, へかかった, へと飛びます, へ三度, へ來, へ出よう, へ出掛けた, へ寄った, へ帰った, へ引, へ着いた, へ行っ, へ訪ね, ほど来, までくる, までまた, まで延焼, まで彷徨, まで来る, まで歩く, まで驅, もない, も過ぎ, を右, を流し, を焼き払った, を真直ぐ, を種々, 元鮫河橋, 程來

▼ 二~ (278, 0.1%)

6 行くと 5 にし, ばかり行く 4 の間, ほど離れた 3 となり, 程先

2 [30件] か離れ, であるが, とは離れぬ, のところ, の先, の処, の距離, の道, はなれた, ばかりある, ばかりも進んだ, ばかり上流, ばかり下, ばかり先, ばかり手前, ばかり西, ほど上流, ほど先, ほど西, ほど距, もある, も三町, も先, も歩い, も歩く, も行く, も遡る, を耕作, 歩いた後, 歩いてから

1 [188件] あまり走った, あるけば, うつむいたまま, から三町, か三町, くらい歩く, ぐらいで, ぐらいの川, ぐらいはあり, ぐらいは近う, ぐらい進んだ, しかなかつた, して, すぐさま万年橋, ついて, である, とありゃしねえ, とある, とあれどこ, というごとき, というホン, といわれた, とない, とはない, とは片付い, とは隔ら, とは離れ, と思われる, と書い, と歩い, と無い, と走る, と隔たっ, と離れ, と離れない, ないし三町, にも余る, にも足りない, に散在, に近い, に過ぎず, のあ, のあいだ, のあなた, の一里土人旅人, の幅, の暗がり, の田地, の田畑, の耕地, はある, はど, は素直, ばかし行ぐんだ, ばかりあった, ばかりあゆみし, ばかりいった, ばかりかけだした, ばかりがほど背戸, ばかりし, ばかりしかない, ばかりしか離れ, ばかりてまえ, ばかりです, ばかりにせまっ, ばかりにて山, ばかりになる, ばかりのその, ばかりのところ, ばかりの下流, ばかりの宿, ばかりの小沼, ばかりの所, ばかりの長, ばかりの間, ばかりの間宛, ばかりはある, ばかりはなれた, ばかりは雪, ばかりもあっ, ばかりも行き, ばかりも道案内, ばかりを距, ばかり上, ばかり上っ, ばかり下っ, ばかり中尊寺, ばかり南, ばかり参り, ばかり城, ばかり山手, ばかり引返した, ばかり来たる, ばかり樹ぶり, ばかり歩む, ばかり洲崎, ばかり行, ばかり進んだ, ばかり間, ばかり降ります, ばかり隔, ばかり隔てた, ばかり離れ, ほどいっ, ほどここ, ほどしか離れ, ほどというもの, ほどの先, ほどの地, ほどの幅, ほどの石段, ほどの距離, ほどの長, ほどの長い, ほどの間隔, ほどはなれた, ほどひとつ道, ほどへだっている, ほどもはなれ, ほども行く, ほども走った, ほども距, ほど上, ほど上る, ほど北, ほど彼方, ほど来た, ほど東, ほど真直, ほど行く, ほど行った, ほど過ぎる, ほど離れ, もあと, もあろう, もいった, もだらだら, もでけ, もなかっ, もゆく, も下ったろう, も歩いた, も行った, も走つ, も走つた, も退け, も逃げ出し, も過ぎ, も遠方, も離れとる, も響いたろう, も響き, や三町, をうく, をのみ給せられる, をへだてた, を一人, を街道, を超, を越え, を越えつ, 下った処, 乃至六段, 云い古るされた形容詞, 合せて, 同じく大, 同員弁郡宿野原五百町, 売りとうとう, 大判事二町, 戻って, 来たと, 歩いては, 程の田圃, 程も流され, 程下, 程下る, 程來, 程北, 程来た, 程行く, 程行つてケエブルカア, 程西, 程離れた, 走ったと, 走っては, 走るところ, 越えて, 進む内

▼ 二十四五~ (275, 0.1%)

11 の女 9 の男, の若い 7 になる, の青年 6 の年増 4 に見える, のこれ, の婦人, の立派 3 になっ, になった, のひと, の中年増, の小, の年増女, の若者, の頃

2 [18件] だろう, としか見えず, としか見えない, にしか見えなかった, にもなっ, にも見える, に受取, のよい若い, の一寸, の上, の主婦, の平凡, の年増盛り, の書生, の美人, の色, の若々しい, の苦み

1 [150件] か, かと思われる, かと見える, かな, から三十, から三十八, くらいの出戻り女, ぐらいでしかない, ぐらいにもみえる, ぐらいの婦人社員, ぐらいの若い, ぐらいまでの女, だ, だったわ, だろうが, だ短い, である, であるにも, であるらしく眼鼻立ち, であろう, でこれ, でごく, でございます, です, でせう, でもあらう, でもあろう, でも十七八, でも有う, で二十貫, で亡くなり, で年増盛り, で死んだ, で母, で男前, で美術学生, で身体, で身體, で顔付き, という癇癖ざかり, という若い, といえ, とみえる, とも見えます, なるべく, にしか見えず, にしか見えない, になったら, になつ, になつて, になるじ, にはなっ, にはなつた, にもなるでせう, にも成り, にも成るだらず, に見えた, に見られた, のいい, のおとなしい, のかっぷく, のきり, のすっきり, のずんぐり, のそれ, のだぶだぶ, のちょい, のちょっと, のふっくり, のみすぼらしい, のスラリ, のチョン髷, のチンピラ, のノーブル, のヒヨロヒヨロ, の一青年, の下手, の人, の優さ男, の兄, の先生, の凄い, の出戻り, の商, の壮, の壮佼, の大男, の夫人, の女中, の女房, の女盛り, の好男子, の如何, の娘, の婦人労働者, の子分, の学生, の室, の小づくり, の小意気, の小綺麗, の少し, の店員十数人, の後で, の後姿, の恐ろしく, の息子, の成熟, の旅, の旅疲労, の旅疲勞, の毬栗頭, の洋服, の溌剌, の男女, の白粉, の白面, の百姓, の目立たない, の筒袖, の細面, の絵, の美少年, の職人風, の肌, の良い, の若, の若い衆, の若僧, の若気, の草臥れた, の見る, の豊満, の豊滿, の質素, の達者, の頑丈, の顔, の飛び離れた, の髯, の鬚, ばかりなる, までには私, までの色男, まで順々, もある, も列ん, らしい, 止まりで十人並, 若くも

▼ 二年間~ (275, 0.1%)

8 の経験 4 のこと 3 の生活 2 では, というもの, のあの, の約束, は予, ばかり寄寓, もただ, も世間, も続いた

1 [242件] あの家庭, あの小屋, お互に, お妹さん, がある, が経過, が過ぎた, きわめて閑散, くらいはそれ, くらいは何, こうして寝, このお, この大学, この島, しばしばこういう, ずっと婦人, そう云う, その教授, その比率, その高等科, だけでクビ, だけ好き, だつた, つづきました, でした, です, でその間, で二十五万留, で伸子, で先づ實用, で八万何千円, で商法, で法科, というもの大和, という短期間, という長日月, という間, といふこと, ときどき学校, どうのかう, どれほど気, にずいぶん, にそれ, にひろがった, にもう, にわたし, にわたる血, にファシスト, に七十三尺, に二十三回, に二回, に二百円, に亘つて, に亙っ, に人口, に出来た, に及ぶ, に変動, に多く, に大した, に夫, に宗麟, に実に, に実証, に少し, に平均寿命, に必ず, に東京, に殺された, に毎年一度, に父, に生徒, に百二十四億七千六百万ルーブリ, に社会史的, に私たち, に種々, に第, に赤十字社, に駿介, のあいだ, のあらゆる, のこの, のさまざま, のやう, のソヴェト・プロレタリア作家, のデッサン生活, のヨーロッパ, の一一一, の事, の事実, の京都府下, の人口減少, の伊太利在留, の修了試験, の傑作, の全, の刑務, の制度, の労働, の勝ちッ, の名人位失格, の境遇, の奮鬪, の學資, の平和, の平和会員, の御礼, の心構え, の愛, の支那留學中, の教化, の教育科, の期限付, の村長, の東京生活, の楽しい, の歳月, の歴史, の歸省時代, の流刑, の混乱期, の獄中生活, の獅子王, の田舍, の病氣, の目まぐるしい, の研究, の確固たる, の禁錮, の經驗, の総, の総計, の自分, の良心の, の苦節, の苦闘, の補, の補充, の補正, の見積, の読書, の貯蓄, の購読券, の進歩, の進歩ぶり, の長期, の闘争, の風雨, の食糧, の駿介, の骨折, の鳥籠, はすべて, はずっと, はただ, はほんの, はまつ, はもう, はイースト, はブールボン家, はロイカルト教授, は不羈, は主として, は全く, は北大, は外国劇, は多く, は専ら, は平和, は暮, は木村, は東京医科大学, は死亡以上, は物理學史上い, は私, は自由, は見る, は過した, は都会, は静養, ばかしの生活, ばかり平尾氏, ばかり私, ばかり陸軍, ほとんど都, ほどのうち, ほどの記録, ほどは懲役, ほど村井長門守, みつしり治療, もあなた, もさ, もつか, もつづいた, も一緒, も丹精, も何, も働いた, も制作, も在留, も埃芥, も小刀, も忘れ, も教員室, も早く, も本当に, も留まっ, も素裸, も英語, も謝恩会, も辛抱, も頑張り通した, やって, ゐたといふ, ゐて, を占め, を有効, を準備, を通じて私, を過した, を除い, を除け, 何とかし, 入れられて, 全く暗黒, 共に住み, 又, 受持つべく招聘, 同じ処, 引続き与えられ, 怠けつづけた根性, 投げ太刀, 気付かれなかつた, 着々と, 落ちついたの, 行って, 負け続けて, 通って, 過したその, 閉めっきり, 開かずの, 馴染んだ江戸

▼ 二~ (275, 0.1%)

57 の手紙 8 の書面 6 の電報 5 の封書 4 の書状 3 の拓本, の書置

2 [22件] か三通, とも, の中, の文, の文書, の書, の書簡, の書類, の綸旨, の茂吉, の葉書, の質問書, の遺書, は殆ど, も三通, も同じく, をかいた, を持っ, 出せば, 受け取った, 書いて, 来て

1 [145件] あった, あったの, あった中, あった切り, あって, あつた, ありが, あります, あります只今手もと, ある, あるよう, いただきました, お手許, お書き, がつい, が一括, が一番, きてるきり, こっそり入れ, しかなかっ, しか受けとった, したためた, ずつ, ずつしか書けない, ずつ出す, ずつ手紙, その一通, だけである, つき出した, つくられた, であったという, であつ, でございます, でしたか, です, で作ります, で其他, で帯一本, というの, とであと, とまた, ともに飯山, とも一緒, とも不着, とも僅か三十字足らず, とも大津三井寺, とも新橋, とも自分, とも長慶天皇, とも霜, とりだすと, と全く, と奉書, と女房奉書, ながら披, なのね, ならべて, に亙る, に対する君, に比すれ, に認め, の, のお, のそれ, のもの, の上演脚本, の上表文, の中一通, の優しき, の内, の写生, の回状, の宛名, の封筒, の履歴書, の島田宛, の手紙様, の文字, の暗合報告, の書き置き, の書付, の書翰, の条約草稿, の目録, の紹介状, の裏, の覺書, の証文みたい, の論証方法, の遺言状, の郵便, の郵便物, の重要, の門閥, はいっ, はみ出して, はもの, は不思議, は侍者ふたり, は来る, は残っ, は自筆, は長慶天皇, ほどあつ, ほどの手紙, までこの, も代作, も到着, も揃っ, も通牒, やそこら, より成立, をもっ, をも渡し, を作つて, を併せ, を借り受けた, を加え, を収め, を家康, を手わたし, を抜く, を挙げた, を状箱, を送り, を選び出した, 並べて, 作った, 出して, 出します, 出すには, 出すよりも, 出す方, 出て, 厚き封書, 巻き込んで, 後小松天皇, 拵えて, 書いた, 来たこと, 来ましたの, 計三通分, 認めて, 貰って, 開きては

▼ 二千円~ (274, 0.1%)

11 の金 5 の現金 3 の小切手, の札束, の研究費, や三千円, を突破

2 [17件] という金, と若い, にすれ, になる, のある, の余裕, の保険, の借金, の貯金, の貯金帳, の金包, の金額, は掏ら, もする, もになる, やった, 貸せと

1 [209件] あつたら, あつて, あるだけ, あれば, お手渡し, かかるそう, かな係長, からの金, から二万二千円, から二千五百円, がビタ一文, くらいだ, くらいの予算, くれたのに, くれと, くれましたので, ぐらいか, ぐらいの金, ぐらい貯金, さしだすと, しかもらわなかった, しか受取らなかった, すられた, ずつ三人, ずつ良人, たまったが, だ, だけ引出し, だって, だって支払う, だと, だよ, ってとこ, であった, です, ですからね, でとても, でね, でひきかえる, でもあんた, でも出します, でも宜しい, でやる, で何, で何十円, で売っ, で売りつけ, で売れた, で妹さん, で子供ら, で建てる, で自由, で買, で買いましょう, で買う, というふう, という値段, という大金, という札, といふ条件, とおさ, とか三千円, としぼりとっ, となっ, となり, とはごつい, とは法外, とわずか, と予想, と僕, と換算, と評価, ならば, ならまだ, なら千五百円, なんて現金, にし, にて小坂, になっ, になった, になり得るだろう, には売れるだろう, には鼻, に騰る, のあたりくじ二本, のうち, のやっと, のカストリ, のサラリー, のファーコート, の代物, の作品, の使途, の保証金, の借り, の値打, の債券, の償い, の勧業債券, の商品, の外地手当, の実, の寄附金, の手附, の抵当, の損失, の支出, の申込, の盗難, の穴埋め, の籤, の紙幣, の翌日, の行方, の費用, の身代金, の金策, の釣, は, はあと, はいりまっ, はおろか, はつけなけれ, はどう, はばたばた, はまず, は僕, は大きい, は持っ, は牧田, は生理的, は衣裳代, ばかりある, ばかりのもの, ばかりの借金, ばかりの前借, ばかり借り, ばかり儲けた, ばかり貸し, ばかり飛ぶ, ほどだ, ほどになります, ほどのもの, ほどの金, ほど払った, まで来, も, もあんた, もかけ, もこんな, もその, もたまっ, もの現金, もらった月, もらって, も三千円, も奮, やって, やる, やると, よそして, を, をそのまま, をぶら下げ, をみんな自分, をめぐつ, をイタブッ, をソックリ, をバッグ, をポケット, を一割, を一本, を今, を出し, を出せよ, を受けとる, を引出し, を得たれ, を御, を払つて茶匙, を投げだす, を拵えろ, を捨てた, を減じ, を渡し, を渡した, を独り占め, を盗んだ, を要し, を要する, を貪り取ろう, を運ん, 但し新聞広告代, 借りたん, 借りる必要, 儲かったん, 包まなきゃア, 多い時, 少し切れ, 当ったらそれで, 当るまでは, 早く出せよ, 程かかっ, 程の借金, 貰った処, 貰って, 貸して, 貸せ, 飲み五十円

▼ 二~ (272, 0.1%)

32 の自動車 19 の車 12 の馬車 8 の人力車 7 の俥 5 の橇 4 の人車, の自転車 3 あった, のタクシー, 並んで 2 しかない, と外, ね宮, のピアノ, の機械, の消防車, の牽引車, の飛行機, 持って, 置いて

1 [152件] あったの, あつらえて, あります, あるか, あるだけ, いた, いる, お頼みします, がこつち, がちょっと, がつづい, が原っぱ, が真直ぐ, が組み立てられ, くらいは落ちる, ぐらい有る, しかありませんでした, しかなかっ, ずつで, ずつの軽い, だ, ついた, つけた汽車, でおさめようと, でおっかけて, でご, ですからね, では, でひい, でラ, で乗, で大きい, で流し, で由布院, で賢島, となる, とは並べない, とは百メートル, とへっ, ともとまりました, ともばったり, ともマル通, とも土蔵, と十六ミリ, と曳き, と椅子二脚, になった, には乗りきれない, に安全, に満載, に頭, ね待つ, の, のうち, のくるま, のまま, のオートバイ, のタイプライター, のトラクター, のトラック, のパトカー, のパトロール, のヘリコプター, のホッチキッス機関銃, の二輪馬車, の人数, の同型, の器械, の大きな, の大八車, の大型ジープ, の大型遊覧自動車, の小さな, の幻燈機械, の戦車, の承, の書籍, の機関車, の機関銃, の消防自動車, の灯, の燭台, の球台中一台, の程度, の腕車, の艦載機, の荷車, の荷馬車, の計算機, の計量機, の警察自動車, の護謨輪, の軽, の鏡台, の電動機, の青, の馬力, はうちおとされ, はゾウ, は十二, は大, は引続き, は撮影期間中使い, は煙, ばかりあがりました, ばかりお菓子, ひどく汚れた, ほしいん, ほど人力車, ほど土間, または三台, まで中古自動車, まで門辺, むこう側, もあつ, もって, もついだ, も三台, も備え, も来よう, も続い, も買っ, も遣り過し, や三台, を備, を引渡す, を引率, 云いつけるお, 仕入れて, 仕立てて, 借りた, 傭って, 呼んで, 命じた, 売ったり, 居る, 帰って, 引張って, 待って, 揺り上げ揺り下げして, 曳いて, 曳き込むであつて, 来た, 来て, 淋しい広場, 狭苦しい座敷, 留って, 程あった, 程あつ, 置かれて, 見送って, 頼んだ

▼ 二十二三~ (271, 0.1%)

18 の若い 8 の女 6 になる 5 でせう, の中年増, の美しい, の良い, の色 4 に見える, の少し, の男, の青年, 少しふけ 3 ですが, でもあろう, のこれ, のすらり, の女中, の娘, の若者, の頃

2 [21件] だ, であろうか, で上品, で色, とも見える, にし, にもなるでせう, のあだっぽい, のびつくり, のまだ, の人, の内儀, の凄い, の好い, の淋しい美しい, の滅法, の美人, の良い若い, の若, より上, らしい

1 [128件] いかにも聰明, かと思われる, かナ, か四, か四五, がせいぜい, くらいであったろう, くらい性質, ぐらいでしたろう, ぐらいと思われる, ぐらいのスマート, ぐらいの年頃, ぐらいの粋, だったでしょう, だつた, だつたの, だよ, だろう, であ, であった, であったであろう, であったろう, である, であろう唐桟柄, であろう小柄, でしょう, でしょうが, でしょうね, です, でどちら, でもありましょう, で亡くなっ, で妹, で顔, といふ, とかなら, としか見えざる, ともなれ, と云う, と思える, と思はれる, と見えます, と見える, と見た, と言っ, と言つて, と鑑定, なので, なるべし, にしかみえない, にしか見えず, にしか見えない, になった, になるでしょう, にはおなり, には見えます, には見える, には見られる, にもなるでしょう, にもなろう, の, のいい, のうら若, のお嬢様, のこ, のそれ, のちょっと, のちよい, のとき, のほっそり, のイナセ, のボーイ, の一寸, の上品, の下町, の不思議, の丸髷, の令夫人, の何百人, の侍, の侍女, の優形, の優男, の出戻り, の商売人上がり, の壮, の大, の奈々子, の婦, の小, の小意気, の屈強, の年格好, の年頃, の忰, の息子, の時, の櫛巻, の武士, の洋装婦人, の溌溂, の生っ白い, の痩形, の目鼻立ち, の立派, の粋, の緑色ジャケツ, の美青年, の艶, の芸者, の若僧, の若白髪, の逞, の面長, の頃杣, の頬, は女盛り, ばかりの細君, までたいがい女学校卒業, までだ, までです, までの命, までも, まで三九郎, らしかった, 似たよう, 少し足りない, 逞しく正直

▼ 二~ (265, 0.1%)

23 です 5 のお, の壁, の御 4 が, の窓 3 が壁, の神, の間, はお 2 がお, ともお, ともよくよく, とも何, に喇叭, に回らし, に窓, のうち, のよう, はよく

1 [187件] あっ, あつて, おあり, おのおの天下, お揃い, お揃いでただ今お, から巻き包んだ, から押し, から押し寄せ, から砂山, がある, がま, がれいれいと, が一腹一生, が世に, が元, が切っ, が建, が彼, が御, が憎めない, が河, が統べ給う, が障子, ござんしたこういう, そろって, だけが全部, だけ垂木, だよ, でお, でこの, でしたから, ですが, です世間, では, で一代, で弾い, で御, で播磨, とて此, ともお姫様, ともそうした, ともつつがなく, ともスッカリ, とも御, とも決定的, とも鎮まりなす, と会食, どうやら鬼神, なくしては, なの, に, にお, にきっと, にくれぐれも, にここ, にこれ, にご, にさらに, にすぐ, にそれ, になかっ, になり, にはすっきり, にはライブラリ型, には何処, には各種, には夫, には未だ, にもよろこん, によらざるべからず, に並ぶ, に二時間, に五十六枚, に光りかがやく, に分れ, に別れ, に向かっ, に向き, に向っ, に大きい, に失礼乍らお願い, に寝くるまっ, に対しては日々, に対しましては, に射す, に後日禍い, に折れ曲っ, に濡れ, に白帆, に立て廻し, に縁側, に裾廻ひき, に鏡, に開い, のお召, のお気, のたらちね, のやう, の一人, の上, の中, の力落し, の収入, の口, の名, の太子, の女王様, の宮, の寝息, の将来, の御子, の御子たち, の心祝, の恋, の悪事, の手, の捲, の描かれた, の日常, の机, の次, の生活, の生涯, の神さま, の神樣, の秀才, の繁栄, の美し, の角, の言わるる, の誠実, の踏石, の身命, は, はいず, はお話し, はそこ, はそれ, はどうぞ, はまったく, はシーニュ街, は一足, は一足お前, は三尺幅, は人, は今日, は北宋, は天, は市場町, は御子, は手前とこ, は永遠, は澄ました, は生垣, は祈念, は笑い, は西施, は醜, は難なく, は高い, へくだる, へ幕, へ平等, も切り, も賊, をその, を上席, を五寸, を伝, を劃, を取りまい, を取り廻した, を圍まれ, を奉じ, を張った, を彼方, を御, を救, を樹立, を知る, を隱匿進ら, を雲雀, 共に竊, 尊い僧侶, 御登山, 永らく御無沙汰

▼ 二~ (264, 0.1%)

23 の犬 10 の馬 9 の蟻 3 の動物, の大きな, の栗鼠, の蛇, の蟹, の鬼, も三疋

2 [32件] が両方, だ, つれて, でさつき, で鋤い, とまた, とももと, とも一ぺん, なら誰, のふんばった, の兄弟, の子供, の白い, の羊, の針鼠, の雪狼, の電気栗鼠, の鱒, の鼠, はどっち, はばたばた, はまるで, はみんな, はもうそっと, はやっと, は両方, は大分, は眼, ものぼっ, をもらしし, 並んで, 来ました

1 [137件] あの小さな母胎, いないこと, いるん, おって, かあるいは, かの郎従, がもつれ, が戸, が目, が雄, ずついる, ずつお, ずつのまるで, ずつの子, ずつ出, ずつ躍り出, ずつ追いかけ合っ, ずつ重なっ, だけは殺し, だけ売っ, だけ泳い, ちょうど人, つけて, つれ立って, でかかっ, でくんくん, ですな, で二朱, で互に, で張華, で螫, で追, で量った, とともに裁判庁, とはたいへん, とも, ともいつも, ともさも, とも三メートル, とも千余年, とも同時に, とも堅く, とも大きな, とも尺, とも床下, とも彼, とも突然, と一人, と数えず, と書き給え, にし, になつて, になり, に二疋, に人, に背負わし, に至っ, に鋤, のくるい, のつながり, のむつれあった魚, のゴーゴン達, の人魚, の兎, の別々, の大, の小, の小鳥, の山犬, の怪物, の来襲, の熊, の犬ども, の狂い獅子, の狼, の猿, の獅子, の生きもの, の磁製, の荷馬, の螳螂, の蠅, の裸, の豕, の豹, の遅れた, の雄, の鞍置馬, の驢, の魂, の鯉, の鯛, の龜の子, はしっかり, はしつかり, はとろう, は他, は大急ぎ, は必ず, は死んだ, は現に, は疑い, は胴, は自分ら, は這っ, は首, ほど毛彫り, もその, も連れ, や三疋, より多く, わたって, ゐるん, ゐる所, をつかまえ, を両, を売り, を宥命, を宿, を引っ張っ, を引っ張り, を我等, を海, 出来ました, 取り寄せ一, 向うから, 好い獣, 弱って, 揃えて, 欲しいもの, 牽かせて, 繋がれあったが, 貰う約束, 買いました, 追い出して, 預所分金五両, 頻りに枝

▼ 二十七八~ (255, 0.1%)

10 の若い 8 の女 6 になる 5 どうかしたら, の男 4 の好い, の小, の美, の良い, の青年 3 でせう, でもあろう, といふ, に見える, のまだ, の典型的, の年増, の色

2 [29件] から三十, であらう, で色, と五十二三, にみえる, にもなるでしょう, にもなるでせう, に見える老けた, のいかにも, の上品, の中年増, の大, の大きな, の如何, の婦人, の小柄, の小肥り, の平凡, の房州女, の武士, の水, の滑らか, の美しい, の美人, の脂, の若旦那型, の苦味, の髯跡, 一寸良い

1 [119件] いい男, かな, くらいで, ぐらいで, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいには化かす, こんなの, だが, であったから, であろう美貌, でいや, でご, でしたらう, でしょうか, でしょうかね, でしょうが, でその, ででもござりましたろう, で女房, で容貌, で整った, で片耳, で男勝り, で盛り, で眼, で眼鼻立ち, というよう, という腕節, とも見える, と見え, なるべきか, にし, にしかなつ, にしかならなかつた, にてかっきり, になった, になり, になりたい, になりました, になるだらう, にはなるでしょう, にはなるでせう, にみえる痩せた, にもなつて, にもなろう, にも成りましょう, に至る, に見せ, のいい, のいやらしい, のお, のきれい, のこざっぱり, のこれ, のすっきり, のそれ, のちょっと, のちょっとした, のちよい, のぬうっと, ののっぺり, のべっぴん, のまたたび姿, のよく, のアルメニア婦人, のクリーム, の一寸, の丈夫, の丈夫そう, の侍, の優形, の垢抜け, の多血質, の太った, の如何にも, の婀娜, の小男, の少し, の年, の年増ざかり, の気, の氣, の浪人, の渋, の澁, の痩型, の白く, の社員, の粗野, の美くし, の美貌, の至って, の至つて平凡, の與吉, の芸人, の芸者衆, の若旦那風, の若者, の若者揃い, の苦みばしった, の藝人, の血気盛り, の講師, の達者, の陰氣, の青白い, の頃, の頭, の騎士, の髭, の髯, は男, ばかりのほそ, まで嫁, やっと女, らしい, を頭, 又は三十位, 縮れ髪たっぷり

▼ 二~ (254, 0.1%)

54 の虎さん 3 てがらです

2 [27件] がはじまった, が出る, が出来た, が私, てがら, です, でも私, で漸, とも負けました, になつ, になるやろ, の, のコルトー, の人, の勝負, の右, の室, の早川, の歌詞, の直接原因, の部屋, は私, もの抵当, を漕い, 指して, 第三番, 負けて

1 [188件] あって, お二人さん御酒台, から三番, から八番, から皇帝暗殺計画, か三番, がつづけ, が九十尾, が二十五点, が出来ました, が南伝馬町, が同国紀三井寺, が後任, が璧州, が發車, が近江, ぐらいの大きな, ぐらいは始末, ずつ指し分け, だけれど, だった, だったが, だった人, だろうと, であ, であったきみ, できいて, でしょう, ですから, でたっ, でなければ, でもよろしい, でも席順, で三番, で卒業, で参りました, で参る, で合格, で立つ, で細井君, で終る, で通し, というすばらしい, という成績, という既製洋服, という自宅, といふ, といふ秀才, といふ處, とが電話番號, とで沢山, との差, とは下らない, とは下らぬ, ともこれサ, とを打ち通した, と三番, と二重, と云え, と五番, と十三番, と番号, にお, にする, になっ, にならなけれ, になる, には小上, には蒲生忠三郎, にも一間, にも何より, に乗る, に何屋, に入れる, に合祀, に堀久太郎, に小幡隊, に帰っ, に渡しける, に相違, に車持皇子, に軽, のあれ, のお, のお客さん, のお客様, のもの, のイ短調, のコルト, のソナータ, のハンガリー狂詩曲, の上り, の下り, の兄, の前, の勝者, の名将, の夜明け星, の大原, の子, の客席, の専門部, の岩間寺, の峠, の巡拝所, の席, の席次, の弦四重奏曲, の恵明寺, の戯れ, の散楽, の方, の旭川行, の札所, の柴山, の桟敷, の槍術, の汽車, の法会, の白洲, の私, の窓口, の竹中, の竹崎観音, の美男子, の自動拳銃, の虎猫, の裕福, の論愚, の贋金使い, の車, の霊場, の順序, の馬, の馬車, はすっかり, はどれ, はほとんど同時に, はよく, はブライロフスキー, はボウ・ブラメル, はレナー, は一号, は出ない, は勝てる, は実力, は少し, は山田三十郎, は篠崎さん, は習っ, は能登守様, は試験勉強, は誰, は非常, は龍宮寺, へでも賭けられ, へ御, へ泊った, へ長調, へ長調作品五〇, までの将兵, までの諸, もよく, もよろしい, も三番, も良い, よりも高い, を, を入れたう御座います, を取つ, を帝, を教え, を漕いだ, を舞った, を通して一人, を集めたら, 上がって, 備え坂井右近, 同じく一番, 御火, 打ち三人, 挽きには, 掘の, 炊きに, 炊きの, 炊きを, 生えの, 立て投げに

▼ 二~ (253, 0.1%)

8 勢力の 4 勢力が, 政党に, 政党の, 政治家の 3 情調の

2 [19件] コンツェルンは, 事績に, 人格だ, 勢力たる, 勢力たるべし, 名物, 國に, 宿題の, 宿題を, 強国は, 懸賞案たり, 戦争の, 政治家なり, 政治家に, 文明の, 神話の, 種と, 艦隊は, 要素である

1 [188件] とは平面性, までを知る, カフェであった, トリックを, ハムレット役者, ブルジョア新聞系統の, マネージャーとして, レビュー劇場が, 中心で, 中心は, 主義に, 事件なり, 事業の, 事業は, 代表者で, 代表者であった, 企業間に, 作家の, 作戦根拠地であった, 俳聖と, 偉人の, 傑作であった, 先輩であった, 分裂を, 分野に, 分野の, 分野を, 則は, 剣豪は, 劇場帝国大学日本銀行停車場等も, 力士を, 力士梅常陸に, 労働組合が, 勢力, 勢力これが, 勢力たり, 勢力と, 勢力に, 勢力を, 区分ある, 区別を, 博物館を, 原因たる, 史料である, 名案であっ, 君子の, 問題の, 問題を, 問題中の, 地獄の, 天才だ, 妨げたる窮乏, 學問の, 宗教すな, 宝を, 宝庫と, 宝玉の, 家族の, 富豪の, 寺における, 寺を, 対立が, 対立物の, 将軍とこそ, 山水画家なるべし, 山水画家の, 山脈に, 山脈の, 山脈を, 山脈即ち, 山谷は, 峡谷ある, 巖對立し, 工業の, 建築の, 弊竇と, 弊竇は, 強国である, 強国の, 強国もしくは, 強敵ショルムス及び, 形式, 必要条件として, 性質, 性質として, 恩人と, 悪政である, 情欲である, 慾望に, 戰まで, 戰ノ, 戰役の, 手段たる, 探偵小説集と, 支柱である, 支流に, 政党は, 政党制は, 教区と, 教育家, 敵国を, 文豪の, 料理店あり, 新聞が, 新聞は, 方向の, 方面において, 旅行であった, 村田伝内, 枝に, 根元と, 横綱, 横綱で, 機縁である, 歌曲集の, 歓楽場の, 段に, 法典を, 法則を, 法曹の, 法案, 流派に, 渓谷であり, 湖, 潮流だった, 潮流である, 潮流とも, 潮流の, 潮流を, 火山の, 焦点を, 猴まず, 産地が, 産地であります, 痼疾が, 痼疾である, 痼疾を, 眼目であり, 祖の, 種目を, 種類に, 窯業地である, 窯業地の, 範疇と, 範疇の, 範疇を, 範疇即ち, 系統である, 系統であるだろう, 系統に, 組織として, 縦列が, 聖典として, 脈に, 脊梁, 脚あり, 英傑の, 街を, 要因である, 要求は, 要素が, 要素たる, 要素であり, 要素なる, 要素に対して, 要項の, 要項を, 詐僞を, 詩派即ち, 資本主義国における, 賭場と, 通信社である, 遊星すなわち, 部門として, 都の, 長編, 閥を, 關門を, 陣営と, 陣営に, 階段の, 階級に, 雄篇の, 雄藩の, 革新である, 頭脳ヴァレリイと, 馬鹿者というしか, 驚異である

▼ 二十一歳~ (251, 0.1%)

14 の時 10 になった 8 にし 6 になっ, になる, の青年 5 であつ, の若 4 であった, である, の春 3 だと, で, の折, の私, の自分

2 [16件] だった, であるが, では, で嫁, で本所二つ目, で長崎, というの, のお, のとき, のショパン, の冬, の博士, の男子, の純情, の若い, の蘭軒

1 [132件] から二十六歳, から二十四歳頃, から勤め出し, から後, ぐらいでニージュニイ, さらに翌年, すでにこれ, だから, だったが, だったの, であ, であったが, であったと, であったひと, であった彼女, であった次, であるから, でございますが, でそこ, で上京, で五六年, で前年, で博士, で名, で学士, で所謂, で手, で本, で歿年, で浜屋敷, で生命, で痩せた気, で美人, で自殺, で萩丸, で誠に, で養家, という, というあの, という文字, といはなけれ, といふ年齢, とどれ, となぞ, とはいっ, とは云い, とは見えなかった, とも子, と刻ん, と墨色あざやか, と書い, と稱, などの青年, なれども, におなり, にて都, になつた, になつた彼, になり, にもなっ, にもなつて, に相, に相成り, に達する, のおじいさん, のこと, のこの, のとき卒中, のとき家, のとき父, のとき聖地巡礼, のわら人形, のゴーリキイ, のシューベルト, のドヴォルシャーク, のヘンデル, の一葉, の五月, の今日, の令嬢, の伊勢, の作品, の保, の元康, の労働者出, の十月, の召使い, の夏, の大和守正時, の好, の姉娘, の少年, の巳年, の年, の年ストラトフォード, の当時, の息, の愚, の愛くるし, の愛らしい, の成年, の新年, の暮, の正明, の秋, の納所, の美少年, の若武者, の若者, の藩主, の血統, の謙三郎, の軟かく, の遊蕩児, の重吉, の闘病生活, の高野長英, は器用, までおれ, までと引延し, までには處女作, までの足掛け四年間, まで勉強, まで東奔西走, も年長, らしい, を一期, 既に一家, 秀でた眉, 自矜, 迄にはと思つて, 長十七歳

▼ 二ヶ月~ (249, 0.1%)

12 の間 9 ばかり前 4 に一度, も三ヶ月 3 のうち, の中, ばかりたった, ほど前, も前, 程前

2 [19件] しか経たない, たちました, だけだ, というもの, と一日, にし, になる, のつもり, の後, の月日, ばかりし, ばかりで, ほど後, もかかる, もつ, も遊ん, や三ヶ月, を經, 程し

1 [164件] あまり経つた, か, かそこら, かと嫌, くらいかかるじゃろ, くらいで, くらすの, ぐらい前, しかない, しか使, しか経たぬ, して, すると, たちまして, たったか, たつか, たつて, ちかくすぎた, でまわって, でも分りました, でも靜養出來, でフロウレンス, で会得, で六百枚, で小説, で必ず, で海外学校, で煙, で私, という時日, といふ, といふもの, といふ事, とのびのび, とは余り, と云え, と十日, と経つ, なり経つ, にしかならない, にもならない, にもならん, に一回, に一度ぐらゐしか姿, に一度ぐらゐ専務, に一度丈, に一度川向う, に亘る, に処せられた, に分れ, に分割, に当る, に成るだらう, に滿, に等しい, に足らずし, に近い, の, のあいだじゅう朝御飯, のあいだ部屋, のところ, のもの, の一つ, の予定, の余, の夢心地, の宿泊人員一日平均九・二五, の希臘旅行中, の年中行事, の年占, の愉快, の戦野, の所丈, の旅中記, の日, の晴雨吉凶, の期限, の氣, の活人形, の留守, の短期間, の禁錮, の苦しい, の苦心, の遠洋漁業, の間待ち, の間私, はかく, はこれ, はびくびく, は三百六十五, は便り, は十二ヶ月, は大丈夫, は家, は漂流, は要るだらう, は遊ん, ばかり, ばかりお目にかかりません, ばかりたつ, ばかりといふ, ばかりの間, ばかりは子供, ばかりをその, ばかり下宿住い, ばかり下宿料, ばかり以前, ばかり月日, ばかり朝鮮, ばかり續, ほどが過ぎ, ほどし, ほどしかない, ほどたち, ほどだけだった, ほどで, ほどの間, ほども厄介, ほども売れず, ほど会わない, ほど働いた, ほど働きすごした, ほど国内, ほど寢, もうその, もか, もかかっ, もかかった, もそこ, もたったら, もつい, も先, も家, も彼女, も払, も気持, も洗つた事, も溜つて, も生きた, も相立候, も移り行き, も經, も練習, も續, よりならぬ, をどうしても, を要する, を過ぎつる, 休むだけで, 休んで, 居た, 待てば, 探したが, 暮らせるし, 程たつ, 程は夢, 程居た, 程潜伏, 経ち次, 経った後, 経った晩秋, 経つと, 近い欠配

▼ 二時半~ (245, 0.1%)

12 に家 8 に出 5 だ, に迎 4 か, である, に出る 3 になった, になる, に座

2 [22件] か一時頃, であった, になれ, にねた, にねる, にはきちんと, に低温室, に入る, に出かける, に出発, に此処, に母上, ねる, の汽車, の約束, まで, までものん, を打った, を打つ, を過ぎ, 帰って, 迄ねる

1 [150件] うわこいつ, から, からが一回目, からけい古, からつぎ, からやろう, から一時半頃, から三カット, から三時半, から二時半, から大, から第, から通し, か三時, か三時頃, が鳴った, が鳴る, じゃありません, じゃ怒りたくなる, すぎるころ, だから, だった, だったとか, だね, だよ, だわ, である大川, である寝よう, でございましたが, ですこれから, で中刻, で家, となりぬ, と三時, と云, なりそれ, にしかなっ, にしかなりません, にすむ, になっ, になつ, になり, には鞍部, にもなる, にウーゴモン, にビクター, にピエエル・オオビュルナン, にホテル, に一寸, に三角点, に三越衣裳部, に予審判事, に充分間, に八木原駅, に公会堂, に北, に大, に大阪, に失敬, に女房, に宿, に寝る, に少し, に島, に帰り, に心斉橋, に教授一同, に日劇四階会議室, に昼食, に昼飯前六度三分, に来る, に東宝支社, に湯河原, に甲府, に稽古場, に立つ, に西北, に訪れ, に起き, に辞す, に銀座, に食堂, に食堂部, のお, のこと, ので行く, の字面, の昼食, の東海道線, の汽車ぢ, の灼く, の発車前, の鐘, の電車, までお, までか, までくり, までにゃ停車場, までに子供, までに山下, までに東京地方, までのみ食, までの間, までは私, までまっ黒やみ, までやる, まで何, まで四荘, まで寝, まで待った, まで掛っ, まで空, まで第, まで行乞, まで話し込む, まで飲みつづけた, よ, ようやく鞍部, よりドライ, より二部, よ四時, を回っ, を報じた, を打ち, を打っ, を過ぎた, キッカリ, 出る, 切り上げる, 帰る, 引きあげ, 終る, 起き宿, 起き日劇, 迄, 迄か, 迄さわいだ, 迄だ, 迄に, 迄に五十枚, 迄ね, 迄ねた, 迄やり, 迄休ん, 迄全くよく, 迄寝た, 迄寝通した, 迄撮影所, 迄竹川, 迄紅茶

▼ 二十四~ (243, 0.1%)

17 になる 8 の年 7 の時 6 になった, にもなっ 5 です, になります 4 だ, ですよ, になっ, にもなる, の今日 3 か五, にし, のとき, の春, の靈, の青年

2 [12件] ああ世, であつ, でございましたよ, という, といふ, とか聞きました, になつ, の今年, の咲き過ぎた, の秋, の若, や五

1 [127件] および二十八, か, か五歳, が数年, くらいでしたろう, くらいの青年, じゃない, だが, ださうである, だった, だったが, だつて, だと, だという, だとか, であった, であったが, であった若い, である, でいずれ, でいづれ, でお, でしかない, でしたが, ですけど, ですし, ですぜと, ですつて, ですねん, でも未だ, でやして, で上京, で世, で九十六文, で二人子持ち, で今, で四年前, で奥さん, で犬, で結婚, で聊か, で薨, で身長, というところ, という中途半端, という大人, という年, という立派, といふ大差, といふ立派, といふ齡, といふ齢, とおつし, となる, と九九, と云う, と云え, と今年天正, と四日, と大きな, と申します, と聞き, なの, なん, に, にしかならなかった, になつて銀座, になりました, にもあろう, にもなったら, にも五, のおいしい, のきじ, のころ, のところ, のザンギリ髪, の一, の三, の二, の二百四十円, の五, の冬, の出戻り娘, の前厄, の前奏曲, の四, の図書館, の夏, の夏錦輝館, の女, の妙子, の宝石, の市, の年並み, の彌, の支部図書館, の時亜米利加, の暁, の月輪, の梓, の歳, の狭間, の田舎豪傑, の男児, の番号, の盛り, の瞳, の若い, の誕生日, の間隙, の音, はこの, は男, までも短く, までも育てしや, までをそだてしや, まで学生生活, もの金鉱会社, もはや豊頬, も戸, よ, を開きし, ノ冬マデ檻, 反帆, 安南, 持ってると, 留よこせと

▼ 二十二~ (240, 0.1%)

20 になる 11 だ, の春 7 か三, だと, の年, の時 6 になった 5 であった 3 であつ, のとき, の今日, の夏, の青年, や三

2 [11件] だつていふ, でした, です, になつ, にもなっ, の歳, の瀬戸もの, の秋, の若々しい, の若い, も年

1 [119件] お縫, か, かそう, くらいの年, くらいの年格好, じゃない, その人, その時誰, だったもの, だって, だって云っ, だつた, だといふ, だもの, だ早く, てが, であったが, である, でおととし関西, でございます, でございます美くし, でしょうなんて, でちよい, ではちょうど, でひとり, でふだん, でも小造り, で九つ, で九人兄弟, で伜, で同志社, で夜間高校, で大, で子供, で小面, で平次, で徴兵検査, で故郷, で毒殺, で深川籾蔵前, で結婚, で脚疽, で農家, と, という, といふ立派, といふ若者, といふ齡, といふ齢, とか言, と三日学校, と全, と数, なの, なら加代子さん二十四, なんとみなさん, なン, に, にし, にで, になっ, になつて, になりまし, になります, になれ, には四十四五円, に成っ, に成る, に書き出し, に浄道窟, に金沢領称名寺, ね女, のおり, のころ三, のとき勘当, のとき日露, のひと, のヒロシ, のピアノ, の二日間, の人生, の仁作, の勤め盛り, の土地, の女, の好男子, の如き, の娘, の年齢, の弟, の息子, の手紙二つ, の時二度目の, の正月, の特攻小僧, の舟率, の花嫁, の若年, の若者, の血気ざかり, の規矩男, の銭叺, の項目, はちょうど, は好い, ばかりの若者, までの赤ネクタイ, まで一人, まで何, まで独身, もある, も若い, やそこら, よ, を參照, ノ七, 良二十, 足す, 長十八

▼ 二~ (237, 0.1%)

54 の, の内, の間 3 で, である, に, にし

2 [12件] が理窟, であります, と第, と結句, になる, に過ぎず, の中, の内容, の意味, の揚州銅器多, は理窟, を

1 [184件] あり月並調, あるのみ, おとして, から得た, から成る, から成立, から第, が, があるごとく, がお, がとりわけ, がどこ, が又, が嘲, が完全, が対句, が残ってる, が理屈, が第, が雑誌, が雜誌, ぐらいの簡単, さえ付け加えた, ずつで話, ずつに切っ, だけだ, だけを独立, だけ拾つた, であれ, できた, では, でも叙述, でも見た, で弁じ, で形容, で形式, で済まし, とともに絶えず, とも同一, とを読み続ける, と三・四句, と三句以下, と比較, などには最も, などは誇張, などよりもさらにいっそう, にいいあらわされ, について嘗て, にはじまる, には二十九歳, には理窟, には聊か, にも下, にも思想上明, により, に利く, に就い, に拘泥, に氏, に特殊性, に置く, のいろは, のうち, のごとき, のそれら, ののび, のスケルツォ, の上と下, の代り, の例, の前, の叙景句, の叙述, の句, の如き, の小柳, の差, の感慨, の接続, の接触, の文字, の斡旋次第, の方, の景色, の短歌, の続け, の複雑, の解釋, の言い様, の言葉, の連続, の重合部, はいふ, はおもしろい, はその, はただ, は不賛成, は何様, は元禄期, は全く, は兵卒, は初心, は同一, は同型, は在俗, は夏, は彼, は悲しい, は承, は描い, は明白, は時, は書估活東子, は月並調, は此一句, は理屈, は皆田, は目, は磐, は紹巴独吟千句中, は結局一つ, は臨済録, は花堤夜色, は隆升軒父子, ほど拾, ほど気, まで書きかけた, まで続けたい, もこの, もこれ, もやはり, も時雨, やりました, より他, より外, をつづける, をも持たせ掛くべきであり, を並べた, を五句, を作り, を信ずるなら, を取り, を口ずさんだ, を対照, を得た, を得れ, を心, を抜き出し, を抜き出した, を抜載, を指摘, を掲げ, を撰, を書し, を未來, を本体, を点じた, を疊句, を続け, を見, を見よ, を解釈, を誇張, を読ん, を読んだ, を讀んだ, を賛, を通じてさ, を録する, を除きたる, 作る間, 共に大同小異, 共に月並調, 御採用, 既に化生説話, 第三句, 老先生眼裏, 落ちて, 軽くし, 軽く瓢, 軽し, 載って, 選ばれた今度, 重く第

▼ 二~ (237, 0.1%)

10 に分かれ, に分れ, の夫婦 8 にわかれ 5 も三組 4 に分れた, の恋人たち, の男女 3 になっ, に別れ, の客 2 の人影, の人間, の家族, の方程式, の罹災者, までお

1 [161件] あった, あったので, あって, あつて, ありて, ある, あるから, あるよう, あわせて, いつし, いらっしって, か三組, がまた, がティ, が一つ連れ, が一緒, くらいある, くらいしか来, ぐらいよりございません, しかなけれ, しきゃいない, ずつのため, ずつの話, だけでございます, だけでバンド, だった, でその, でなく見られること, ではござりません, で又, で泊る, で轡, という面, とか大きな, とし, とそれ, となっ, となった, なんて内, にて浅草, になり, にわかる, にわかれなけれ, にわけ, にスッ, に会いました, に分け, に分けた, に分れる, に別れた, に座敷, に故郷, に立ち分れ, のうち, のこと, のこの, のころ, のどちら, のほか, のろめ, のスキー, のスーツ, のベースボール, のマタギ, のロメオ, のワカン, の中, の人数, の人渦, の余分, の内輪, の几, の劍士, の区別, の半, の囚人, の四天王, の團體客, の大小, の天, の子持, の宇宙旅行者, の対立, の尾, の尾行, の巡査隊, の幸福, の座敷, の形, の恋人, の手, の折助, の捜索隊, の探検隊, の文字, の新婚夫婦, の新婚者, の旅人, の旅客, の格闘, の機械, の母線, の洋服, の父子, の特殊, の狩人, の生活, の病人, の白服, の相棒, の競漕, の編隊, の縁談, の者, の若い, の若ものたち, の蒲団, の親子, の軽便, の輦台, の間, の顔ぶれ, の骸骨, はかわりばんこ, はしきりに, はなかなか, はのこし, はやはり, は不思議, は共稼ぎ, は前後, は双方とも, は同じ, は大江山, は演奏中, は間もなく, ばかりの体操, ばかりの客, ばかりの捕手, ばかり居た, ばかり軍人, ほどあった, ほどあつ, ほどその, ほどとまっ, もあっ, も嫁, も床, も来, も窮屈そう, も色紙形, をお, を同じ, 出て, 出来あがるまでには, 取り出して, 同じやう, 同じよう, 持つて, 揃って, 殴りこみを

▼ 二十五年~ (234, 0.1%)

7 にし 6 になる, も前 5 の夏, の春, の歳月 4 のあいだ, の間 3 である, で倍加, の秋

2 [20件] たって, では, にかけて家政整理, に生れた, に近い, のこと, の一月, の七月, の九月九日, の年月, の昔, の祝典, の結婚生活, の長き, ほど前, も奉公, も後, も昔, を一期, を重ね

1 [143件] お京さん, から三十年, から二十八年, から工事, から推し, かれこれ前後四十年, くらい前, ぐらいな, そのとき, であった, であります, で帰った, という刑罰, という日本, という月日, という歳月, という長い, といへ, とする, とせず, と月日, と逐次, にあたる, にいたっ, にしかなりません, になった, になれ, にはなろう, には保, には八〇%, にもなる, にも同じ, にわたる長い苦しい, に亙る, に公刊, に単行本, に因ん, に存在, に成ります, に支那在住, に書いた, に松山, に生まれたる, に生産物, に第, に自分, に達する, に遼, に陸奧宗光, の, のあいだそれ, の一月其頃寄宿舎, の一月十日, の一月興行, の一生涯, の三月岩谷書店, の両度, の久しい, の二月, の五月, の八月, の八月あたり, の六月, の六月中旬, の冬父上風邪, の刑, の割合, の功, の労働者, の十一月, の半生, の同年, の四月, の四月号, の大, の学年試験, の小学校奉仕, の後, の我が, の日本語, の春正月, の有名, の期月三十三年, の歌舞伎座, の民法商法延期戦, の生, の生涯, の盆興行, の真っ暗, の短い, の示談契約, の祝賀, の衣魚, の記念絵葉書, の貧乏, の選挙干渉, の長い, の間三万四千余り, はある, はじめて安心, は九紫等, は史論, は同年, は明治十六年, は面白い, は顧みる, は高知, ばかりもこの, ばかり歐洲, または三十年, まで, まで元, もかかつて, もどうにかそう, もの嘘, もの長い, もよろこび祝おう, も九月, も以前, も働い, も四年, も暮れよう, も経っ, も音沙汰, をもってちょうど, を労作, を延康元年, を期し, を経, を経過, を經, を逸楽, を過ぎ, 乃至三十年時代, 即明, 封じこめられて, 既に鉱業停止, 旧門下追慕措カズ, 然かも, 生きながらえるであろう, 程前, 経つと, 遂にその

▼ 二人連れ~ (233, 0.1%)

15 の男 7 の客 6 の坊さん 4 があった, の侍 3 か, だと, でやつ, の女

2 [16件] がある, がはいった, が来, である, でその, ではない, で帰っ, で来た, で来ました, で来る, のさむ, の人相, の壮士, の者, の虚無僧, は勘定

1 [153件] から大きな, が, がこつち, がまじっ, がやって来る, が上がる, が乗っ, が何, が出, が山鹿, が帰らなかった, が帰る, が心中, が掛け, が提灯, が日傘, が来たろう, が殖え, が自分たち, が話し, が通り, が顏, さしずめ清元, して, その次に, だ, だから, だが, だった, だって彼, だって行く, で, であった, であったという, であったの, であるから, でいずれ, でいらっしゃいません, でここ, でこの, でこれ, でこんなに, でござるが, でした, でそッ, でともかく, でどちら, でどんどん, でのし, でひょろひょろ, でやってきた, でやってきました, でやって来, でやって来ました, でわたし, でエッチラオッチラ一里, でスタスタ, で三日, で二人, で互に, で何処, で僕, で出かけました, で助かった, で参詣, で威勢, で家具付き, で川越, で森, で歩い, で矢張りそこ, で素裸, で結婚旅行, で見物, で這入った, で通りかかった, で通り掛った, で道, で霞ヶ関, で馬, となっ, とはこれ, とは左右, とも見え, と一緒, と申す, と顔, なの, なので, なら会って, なん, についてはわれわれ, にて歩くなり, になった, に摺れ違った, に訊ねる, のお, のおじさん, のはず, のゆるい, のよう, のらんぼう者, のルンペン, の上品, の上等兵, の中間, の人達, の労働者, の友達, の多い, の女の子, の姿, の小学生, の少年, の怪人, の支那人, の旅人, の旅芸人, の武士, の武士体, の洋服, の流し, の猿, の男女, の紳士, の老人, の若い, の若い美しい, の警官, の近づい, の饒舌, はいずれ, はこっち, はもういつのまにか, は二, は大塚仲町, は男, は背, は降りた, への咎めだて, もなく, をとらえ, を畜生, を発見, を縁起祝い, を見, を見る, を見出し, を透し, 帰れば, 散り来る花, 時々話し, 時々話し合っ

▼ 二階家~ (230, 0.1%)

7 があっ 6 がある 5 の前 4 である, の屋根, の欄干 3 があった, のバルコン

2 [23件] からは三味線, が一軒, が坂, が目, じゃ, だ, だった, であった, であつ, では窓, で家, で東, で洒落本, といっ, なの, にひき移っ, に挟まれ, に遮られ, の一つ, の方, の格子, の玄関, へ行っ

1 [148件] から丁度, から今度, から同じ, から本郷動坂あたり, から正面, が, があたり, があつ, があり, がずっと, がそう, がそれ, がそんなに, がならん, がよろめき, が一箇月八九十円, が丈, が並ん, が出来た, が南側, が宅, が建てられ, が建築, が往来, が恰も, が接近, が数軒, が數軒, が本宅, が涼し, が立ち, が立ちならび, が立っ, が立てこん, が見えなかった, が見えましょう, が走る, が雨脚, その二階, だが, だったの, だと, つづきでお, であったらしい家, であるが, でこれ, でさ, です, でその, でできるだけ, でウォシントン・アーヴィング, でペンキ塗り, で丁度, で上, で伯母, で堀木, で墓参, で幾間, で我々, で男, で食堂, というもの, といふ意識, と来てる, などで大, なるに, に, にたしか, につける, になぜ, には若い, にチラ, に一人気, に仕立てあげた, に住み, に住ん, に住んだ, に加野, に引越し, に引越しかけ, に朝倉屋, に独身, に移っ, に造られ, に運んだ, ねあの, の, のまわり縁, のよう, の上, の並んでる, の中, の二階, の今, の入口, の内部, の向う, の四角, の大, の奧, の広い, の庭, の影, の明り, の朝倉屋, の燈, の窓, の街衢, の表, の裏側, の見える, の軒, の軒下, の遥, の間, の離屋, は, はそのまま, はなか, は三階, は上野, は今, は土嚢, は活動的, は直ぐ, へはいる, へ住む, へ帰つて, へ引越し, へ案内, へ這入る, まず数段, も見えなくなっ, をそのまま, をつない, をはさみ込んだ, を一, を四五軒, を建てた, を心, を押潰, を指さし, を指した, を指し示し, を狹い町, を見, を認め, を青ペンキ

▼ 二~ (229, 0.1%)

8 にし 4 なの, に, になれ 3 と三号, になつ, のカブトムシ, の顔形, 第三号

2 [14件] から一人, か三号, だ, で逢曳, というよう, なん, になる, にインバイ, のはう, のよう, の家, の誌上, らしいけ, をもっ

1 [166件] おくれ三号, かね, があらわれた, がなかなか, がマタ・アリ, が予期, が小, が現れた, が発売禁止, が近づきつ, が風俗壊乱, じゃない, たること, だけを北原さん, だった貴子, だとかと, だの三号, だの会社, で, であったが, であり女, である, であると, です, ですごい, でただけで, でつぶれる, では年, でもいい, でアパ, で十一人, で廃刊, で気楽, で燻っ, で繁ちゃん, と, という, というの, という米, といふもの, といふやう, とか芸者屋稼業, として即ち, として顕要, とその, とのいきさつ, とのトンネル, と一緒, と云, と暮らし, と書かれた, と知っ, と第, なり, において小林翁, におさまる, にかけてぼく, にしたら, にしろ, にする, にだけはわかっ, にと考え, になつて旦那, になり, になりやい, には吉屋信子, には急性結節, にわたって吉井太郎君, に与えた, に世話, に先生, に出世, に初めて, に学生時代, に左, に投じた, に押しかけ, に捕まっ, に発表, に載っ, に載つた, の, のところ, のほう, のもと, のスケッチマップ, のテーゼ中, のボート, の世話, の二室, の人, の今, の分, の創作, の口, の口絵, の召波句集, の地理欄, の太郎, の女, の客引き, の思い者, の新兵, の方, の旦那殺し, の桝, の活字, の特等室, の画策, の百合, の編輯, の背中, の自画像, の船室, の贈物, の踏切, の身, の選択, の雑録欄, の頭, はいつ, はいる, はご, はそれ, はなに者, はにやりと, は一号, は全, は前回, は千二百部, は卓上, は旦那殺し, は私, は考えた, は象頭人身, は銀座, へ載せた, まで, まで続け, まで編輯, も, もつくらず, も始める, も秀子, より四百四十五号, をただ, をつれ, をにっこり, をローラク, を出す, を取り巻い, を家, を持ちたい, を操縦, を発行, を相手, を神サマ, を見, を見る, を開いた, 両室, 及び八年三号等, 及び四号, 洩れるべきはず, 程の油絵, 迄出し

▼ 二年生~ (228, 0.1%)

9 の時 7 になっ, になった 5 になる, の頃 4 であった, であったが, のとき 3 です, と四年生, にし, になつ

2 [16件] から三年生, たりし, だ, で勉強, といふ風, なの, に進級, のくせ, のころ, の八歳, の女, の彼, の授業, の行状, は北, まで漕ぎ付けた

1 [139件] かあ, からは三人, からは関口蕃樹氏, から金紗, か三年生, が, があった, がつづい, がどっと, が二名総欠席, くらいか知らねえ, くらいな小, ぐらいのこと, ぐらいの時, ぐらいの男の子, たあ, だから, だが, だったの, だった彼, だった時分, だつた息子英雄君, だつた私, だという, であったから, であったろうし, であった頃, でありまた, であるから, であるが, であること, である少女, である田辺孝次, であろうと, でしたから, ですもの, ですよ, でも解ける, で一番, で二十三歳, で二十歳, で元来, で其十八歳, で初, で十二歳, で夏休, で夏休み, で家, で寛保元年, で既に, で法律上, で西片町, とが僕たち, との間, どころか, なん, におされ, にした, にできる, になれる, になろう, にも劣っ, に二十日大根, に地理, に得能, に教える, に昇った, に編入, に進学, のかよ, のかわいい, のこどもら, のすそ, のため, のとき牛頓祭, のひと, のもう, のもの, のエピファーノフ, のコーリヤ, のミチ子ちゃん, のミミコ, のモトム, の一人息子, の三田道夫, の中, の中頃, の二男, の五十四歳, の休み, の修一, の冬, の前, の国語漢文読本, の夏, の女の子, の妹, の子, の宗ちやん, の実験, の室長, の宮田賢吉, の少年, の山本, の市蔵, の手塚, の承, の文一郎, の時口頭試験, の時独逸語, の時私, の最後, の本, の次男周策, の清宮様, の蒼夫さん, の蓉子さん, の課程, の頓狂, の額, はいつも, はこれ, はたがい, はてんでに, ははじめて, は一せい, は一家八人, は全部, は十二人, は歓喜, は犬, は習字, までの少年二十人, までは死体, もあるき出し, もあれ, も似, らしく座蒲団, デ早

▼ 二~ (228, 0.1%)

15 の切符 5 と三等 4 に乗る, の寝台 3 になった, に乗っ, も三等

2 [11件] なくただ, にいた, になる, には反物一反, に乗, に乗り, のスタニスラウ, の待合室, の御, の瑞宝章, 及び第

1 [169件] あつて勳功, ありて, か, からやってき, から五等, から八等, から天, から奥さん, がない, が一つほか, が二円, が充分, が手頃, くらいでなく, くらいに当選, ずつ上, だけ残っ, だったかの, だったせい, だった誰, だろうが, だ三等, である, であろうが, です, でたくさん, でなければ, でね, でも一等, でも三等, でも四百円, でも宜しい, でエカキ連中, で七〇パウンド位, で七十五銭, で仙台, で帰し, で来た, で行かれる, というお話, ということ, という車室, ときまった, とはたいした, と云う, と分ける, と区別, と礼, と見舞, など, などその, などと大きな, なんかに乗らなかつた, にきめてる, にされた, にした, にしました, にする, になり, にはとても, にはドイツ, には僕とも, にわかたれる, に乗つ, に乗りかけた, に乗り替へる, に乗り込んだ, に乗ろう, に乘つたの, に分つべし, に区別, に叙せられ, に図, に堀井夫妻, に当りました, に敍, に斎藤渓舟, に行っ, に進み, の, のお客さま, のもの, のコンパルチマン, のサロン, のスモーキングルーム, の一組, の事, の位勲, の住所, の切符売場, の前, の勲章, の勳章, の喫煙室, の婦人室, の定期, の客, の寝台車, の寝室, の寢臺車, の席, の廊下, の当選者, の往復切符, の御沙汰, の方, の最後, の汽車, の混雑相当, の甲板, の番号, の肥沃度, の自, の船客たち, の船室, の賃金, の資質, の賞, の通路, の連中, の運賃, の青, の食堂, は, はあるまい, はそれ, はわが, は主として, は二ルピー, は僕, は売出す口, は変, は嫌い, は満員, は空いてた, は色々, は苦労, へ乗っ, へ乗ってる, へ乗らなけれ, へ乗り込む, むしろ特別二等, もあまり, もしくは一等車, もへったくれ, も同じ, も覗い, よりもよほど, よりもより, より三等, をきめる, をとっ, をもらった, を一枚, を利用, を呉れよう, を希望, を当て, を拵え, を決める, を減じ, を減ずる, を踏みはずし, を通じて空いた, を選ぶ, デアル, 減じ兔, 減ずるの, 準女王一名

▼ 二~ (226, 0.1%)

14 の部屋 10 の間 9 の座敷 6 の玄関 3 が一間, と八畳, ほどの部屋

2 [20件] から二階, ぐらいの処, それにお, でむかえた貧しい, で五円, で家賃四十五円, と三畳, と六畳, にい, の一部屋, の客座敷, の室, の家, の小さい, の広間, の方, の書院, の板の間, の障子, は殆

1 [138件] あけたらいい, から奥, から真直階子, から転げる, か三畳, があっ, があり, がある, が問題, が部屋, が頼母, ぐらいしか空い, ぐらいの一室, その向う, その奥, その次, だけが主人, だった, であって, である, でございます, でそこ, でその, でもちゃんと, でも母親, でシクシク, で六畳, で結構, とで十五円, とに過ぎない, との二間, との穴, とはいえ, と二畳半, と八畳きり, と廊下, と押入, と自分, などといふの, にお, にしたい, には下女, にも余り, にやすむ, に一杯, に上, に六畳, に四畳半, に大, に寝, に敷いた, に桃山風, に突ツ俯, に納, に続く, に表三畳, に這い上がっ, に阿久, のその, のねぐら, のひろい, のふた間, のガラス障子, の上り口, の二階, の処, の変, の奥座敷, の女中部屋, の妙, の客間, の寝間, の小さい好い, の小座敷, の小間, の平屋作り, の敷居, の日本間, の本, の梅, の椅子テーブル, の炬燵, の狭い, の畳, の窓, の茶の間, の蚊屋, の襖紙, の隅, の高台, はおかしな, はわれ, は暗室, は物置, ばかりしかなかつた, ばかりで, ばかりな, ばかりの岩, ばかりの広い, ばかりの明るい, ばかりの畳, ばかりの畳敷, ばかりの緋毛氈, ばかり敷い, ばかり隔てた, ばかり黒い, へおしあげ, へは達せない, へ入, へ出, へ往, へ押しやりました, へ這いだし, ほどのせまい, ほどのぞい, ほどの二方硝子窓, ほどの広, ほどの彼, ほどの板敷, ほどは一面, ほど敷い, もあった, もしけない, もない, も敷かりませう, も敷けよう, も畳, を三円五十銭, を入れ, を引きはらっ, を明け, 上げて, 揚げて, 敷きの, 敷きほども, 程の畳, 程もある, 裏返した上

▼ 二三間~ (224, 0.1%)

6 はなれた 5 の所, の距離, 行くと, 離れて 4 のところ, 離れたところ

2 [17件] あるいては, しか離れ, の大き, の間, の間隔, の高, は離れ, ばかり離れた, もある, も先, も夜川, やり過してから, ゆくと, 歩いて, 進んで, 隔てて, 離れた所

1 [156件] あつち, ありました, あるいて, あるアンテナ, いくと, いったとき, おくれた, おくれて, かけ出して, ぐらいの大きな, ぐらいは距, しかない狭い, しかなかっ, しかなく, して, すべって, ずつは必ず, ずつ相続き, だけまだ, つつつつと歩い, つづきの, で波打ち, で自分, にし, にも足跡, に及び, のうち, のかなた, の処, の半径, の喰, の木, の畳廊下, の近い, の近く, の隔たり, の隔て, はなれ, は勢いよく, は無言, は細い, は隔たり, ばかりお出かけ, ばかりの地点, ばかりも釣られ, ばかり向, ばかり向う, ばかり後, ばかり石, ばかり離れ, ひきかえして, ひょこひょこ発奮ん, ほどの前面, ほども歩い, ほども跳躍, ほども辿っ, ほど先, ほど歩き出します, ほど歩み降り行く, ほど粗, ほど進んだ, ほど駈け, まで寄りあった, も, もあと, もあろう, もだ, もひょろつい, も下, も向う, も小径, も後方, も歩い, も歩いた, も歩かぬ, も水, も續, も行く, も行った, も行ったろう, も走り, も蹌, も追い抜いた, も逃げた, も長い, も隔, も離れ, も離れた, やり過して, ゆきすぎてから, よろめいて, よろめき出した, を先んじ, を過ぎない, を隔て, を隔てた, 上ると, 下りたところ, 反れて, 引きかえして, 引っ込んで, 引つ込ませて, 引返した, 打つて, 来ると, 歩いた, 歩いたかと, 歩いたその, 歩いてから, 歩きだすと, 歩き出したとき, 歩くと, 歩くにも, 泳ぐこと, 深いところ, 滑ったかと, 滑っただけで, 程小石, 突き出て, 行きすぎた頃, 行きすぎるの, 行き過ぎた, 行き過ぎた侍, 行き過ぎた惣太, 行き過ぎた竜, 行く時, 行ったところ, 行った時, 行って, 行過ぎて, 走り後, 跳ね飛ばされました, 軋ったかと, 辷つて, 追いかけた後, 追い詰めて, 追って権右衛門, 追っ掛けて, 追つかけ, 追ひ行き, 離れた処, 離れた場所, 離れた大きな, 離れた小, 離れた方, 離れた柱, 離れた橋, 離れた私, 離れた薄暗がり, 離れながら, 離れると, 飛び退いて, 駆け出す内, 駈け出すとね, 駈出して, 高さ

▼ 二三時間~ (222, 0.1%)

9 の後 5 のうち 3 の中, 置きます

2 [12件] かかって, しか眠らない, たって, たつと, ねかして, のあいだ, もしたら, をすごした, 休むと, 坐り込んで, 立つと, 縮める為

1 [178件] あったらお, あつた, あるいて, あれば, いる間, うっちゃって, うとうとした, おきて, おくれれば, か, かかった後, かけて, がたち, が好かつた, くらいもたった, ぐらい, ぐらいあれ, ぐらいな, ぐらい会える, この物質, この箱自動車ごと僕, さいて, しかつづかない, しかねなかった, しか散歩, しか無い, しか猶予, したら家内, してから, すごす, ずつは早く, ずつ働い, ずつ幾何, たたなければ, たったとき, たったの, たった後, たてば, だけかかる, だけでも自分, だけ聴い, でいい, でおい, でしたがね, で全部売り切れ, で取り, で固まります, で塩, で打ち壊せます, で此, で行ける, で行っ, で通っ, で魚籠, というふう, というもの, などに執る, なん, にこうすらすら, にしかならない, にすぎなかったろう, にも思われた, に五十尾, に思われる, ねむらせて, のあいだわたしたち, のあいだ雷, のちがい, の休息, の余裕, の授業, の時間, の注意, の演説, の睡眠, の経過, の經過, の訪問, の辛抱, の農村, の間, はうめきつ, はかかる, はこ, はねむられ, はひどく, はもっ, はもの, は休む, は会う, は充分, は大丈夫, は女, は家, は昔, は眠れ, は速, ばかりだった, ばかり寝, ばかり遊ん, ほど彼, ほど禁断症状, まえに, もうつら, もおくれ, もじっと, もする, もすれ, もそう, もた, もたたない, もたたなけれ, もたった, もたて, もシーツ一つ, もマジリ, も働いた, も前, も午後, も婆, も張る, も待った, も掘る, も掛かっ, も歩き, も歩き廻った, も歩く, も死闘, も無駄話, も経つ, も経て, も長座, も離れる, も震え, も黙, やらされる, らしいの, を, をすごし, を下宿, を実によく, を慌ただしい, を神, を経験, を費し, を送らう, を過ごす, を過した, ウトウトした, サボらない, 休みますと, 休み故, 休んだため, 休んだという, 寝て, 寝るん, 廻って, 待たされた, 待つの, 放って, 暮らして, 漬けて, 煮たが, 煮詰めると, 眠る, 程眠った, 立ちて, 経っても, 続いた, 置いた後, 置くと, 見ただけ, 逢った後, 過シテ来テクレ, 隔てて, 預けては, 食っちまった書き上ると, 駈出して

▼ 二画目~ (222, 0.1%)

222 をとった

▼ 二~ (220, 0.1%)

17 の兵 9 や三千 7 の野武士 6 の金 3 の軍兵

2 [12件] から三千, とやら申します, に近い, に達した, の兵隊, の援軍, の生命, の精兵, の門葉, の間, は, をこえ

1 [154件] おりその, か, かの金, からとん, がどう, が五千, が五月末, きつかりまで, くらいの尠, ぐらいじゃないでしょう, しかすらない, しか出なかつた, じゃあない, じゃない, すったよ, ずつをさずけ, そういう人物, その町村, たった今でも, だか, である, であると, でしかも, でそれ, ではない, でも三千, でも構いません, でも金高, で五千円, という兵, という多数, という見物, という軍, という驚くべき, とかいう登山客, とかぞえ, とか三千, となし, とまとまった, とも云い, と一百, と一百里, と三千, と作った, と持っ, と申しあげました, と私, と聞く, と見積った, ないし三千位, にし, にたらぬ, になります, にも足らなかった, に上る, に殖えた, に満たず, に近づい, に達し, に鼕, のあげる, のこりは, のスペイン家族, の三河武士, の世界, の主力, の人, の人々, の人間, の人馬, の六波羅勢, の兵一度, の兵位, の兵力, の兵員, の兵士, の兵馬, の出城, の句, の大軍, の女工たち, の将兵, の小勢, の小舟, の屍体, の工場, の手兵, の新手, の施肥, の残兵, の潮, の生霊, の甲冑, の盲人大衆, の神秘学, の竃, の端, の職工, の船, の警官, の貯金, の追撃, の都市, の金何方, の鉄騎, の鎮台兵, の飛行機, の餓死者, の首, の首級, の馬, の騎兵, はあった, はという, はわけ, は出来たろう, は権現坂, は欠くまい, ばかりだった, ばかりの敵, ばかりの軍勢, ほどしかおりませんでした, ほどつくった, ほどで木曾川, ほどの兵, ほどの市場町, ほど数えられた, ほど残っ, までなら, もし恐れ, もの人数, もの土器, もまた, も色様様, より少く, をうしろ, をつれ, をひきつれ, をもって高地, を並べた, を以, を以て西条村, を先, を加え, を小松寺山, を有り, を率いしめ, を籠め, を超え, を超えた, を越す, 乃至二千四百米以上, 少ねえ, 見わたす限り

▼ 二~ (218, 0.1%)

4 に仕えず 3 に仕える, に仕へず, のこと, はその

2 [14件] がその, がどう, だ, ですか, と倶, に事えず, に仕えん, に仕へる, に歴, の姿, の手, はこの, は仏像, は大事

1 [174件] あっては, あり, いや星田代二, かどちら, があんな, がおもちゃ, がこの, がしかけ, がもどっ, がわたくし, がタオル, が一番, が丹波山村, が何, が先登, が共犯者, が夢, が寝, が川端下, が庭, が思いついた, が指さす, が来遊, が横浜山王山, が熱心, が言っ, が調査, が警視庁, が酒肴持参, こそあの, こわければ, じゃない, だけじゃない, だけを誘かいした, だよ, であること, でした, でしょう, です, とあり, というかけがえ, とはいとこどうし, とは早くから, とは時間, とは誰, と之, と予, と共に五竜方面, と共に温泉嶽, と利根, と池, と逆, なく民, などで組織, などは, などを加, に, にこ, にさそわれ, には仕, には仕えたくございません, にまみえ, にまみえよう, にまみえる, にも話した, に事え, に仕え, に仕えたがる, に仕えぬ, に仕ず, に仕へぬ, に委, に導かれ, に恐し, に慰め, に比べる, に知らせよう, に過ぎつた, に邂逅, に長生橋, に電話, に面会, に頼ん, の, のお, のおもちゃ, のしかけた, のため, のゆくえ, の信仰, の博学, の噂, の好意, の子ども, の学校, の御, の思いがけない, の態度, の敵, の旗色, の旧知揃ひで二君, の旧識, の昭憲皇太后史, の来意, の消息, の為め, の画中, の篤志, の紹介, の話, の読ん, の論争, の頭, はいきなり, はいつか一度経験, はおねえ, はかわいい, はきっと, はすっかり, はそんなふうに, はない, はなぜ, はなるべく, はまこと君, はやっぱり, はやはり, はゆうべ, は丹波山村, は今, は今夜, は年齢, は床下, は恐ろしく, は永久, は火星, は相つい, は神さま, は親切, は議會政策論者, へそして, もいくだろう, もう二度とこんな, もこれ, もさようなら, もべつ, も交つて談笑常, も大, も来, も私, も避易, らしいの, を, をかえし, をとりもどし, をはじめ, を上総, を人質, を信用, を外, を学校, を弟, を捕えた, を殺した, を殺しましょう, を相手, を訪ね, を賓, ヲ求ムル心, 又は二禁, 同看, 始めるが, 実際は, 早く, 来る

▼ 二度三度~ (218, 0.1%)

5 と重なる 4 繰返して 3 と来る, もあり, 呼んでも 2 と, とくりかえし, となる, と会う, と振りました, と重なっ, の不思議, 同じ事, 薄からぬ

1 [182件] あるいは泊まっ, うなずかせた, お汁, お高輕, かれは, きまつ, くりかえして, こう求め, こすつた, この不思議, この祈り, この鳥, しくじつて, するうち, ずつ雑巾, その大角, その娘, その文句, その方, そんな狛犬, たかく打ちふった, だ, つ, つづけて, で, では, で当る, とい, とおなじ, とくり, とくりかえされた, とこの, としかけ, としかも, とそれ, とたち寄る, とちがった, とつつけ, とつづき, とつづけ, とは見, とやっ, とやつ, とゆき子, と來, と入院, と区切っ, と千恵, と又, と口, と叩きつけた, と同じ, と吠える, と呼ん, と呼んだ, と問いかけられる, と四度, と執, と大喝, と失気, と度重なっ, と彼女, と必ず, と思い, と悲運, と慣れ, と手紙, と手術, と手間, と打撃, と振返り, と村, と案内, と水, と洩らし, と火薬, と無事, と現われた, と突っ, と続け, と繰り返され, と繰返された, と耳, と聞い, と聞える, と聴く, と行く, と見かさねる, と見直す, と言, と讀み, と讀み返し, と走らせ, と躯, と遠征, と重, と重なった, と重なったら, と重ねる, と雌, と霜, と頭, と頷き, と馴染め, ならず思ひがけ, に及び, に及ぶ, の事実, の事實, の余分, の光栄, の強い, の放浪小説, の旅, の落第, の醜態, の首尾, はばたきを, はカスピ海, は始末書, は気がつかず, は炭化, は紅庵, は聞かされ, ひろげたり, ふりかえりし時, ぶっつかって, までも例, までも捕獲, まで取次, まで振返った, まで止め, まで矢, も, も宴会, も振る, やって, よんで, 下げて, 会いますが, 出て, 叫んで, 吃りました, 同じこと, 同じ言葉, 吟じかへ, 呼ばわらせたが, 呼びかけて, 唱えて, 喘ぐよう, 多いとき, 大きくやつ, 廻る, 心ならずもよろこび, 思い返して, 手繰った, 押せど, 拭うて, 深い絶望的, 湧きあがって, 激しく雨戸, 絞らせて, 続いた, 続けて, 繰りかえすうち, 繰り返して, 繰返した, 繰返すの, 羽ばたきを, 聞えると, 肯いて, 行くうち, 見ても, 見もてゆくに, 見直す同じ, 覚されても, 読み返しました, 躍り上って, 通って, 逢って, 重なると, 高く馬

▼ 二~ (216, 0.1%)

18 に並ん 11 になっ 8 にならん, に並んだ 7 に並べ 4 となっ, に並び 3 か三列, になつ, にならんだ

2 [15件] にだ, になつて, にわかれ, に並ぶ, に並べた, に人, に列んだ, に整列, の並木の間, の哲学イデオロギー, の契機, の環, の長い, をなし, を成し

1 [117件] あり, がこの, が静, さ, ずつ並んだ, だ, で右, ならびに帳場格子, にし, にずら, にずらりと, にそろっ, にぞろ, にならべた, にみち, にもう, にイオニア式, にエヴァ, にコンクリート, にテーブル, に並びました, に並んでる, に二人, に付い, に光った, に分, に分かれ, に分かれる, に分れ, に動い, に取り卷き, に合せ, に向い合せ, に向きあっ, に坐った, に太い, に対, に対陣, に居流れた, に差, に排び, に教師達, に書い, に松明, に盛りまし, に相, に相対, に立ちどまらせる, に立ちならん, に立ちました, に立ち並び, に立ち並ん, に立て, に立てられ, に篝火, に続い, に綴られ, に縦, に縦隊, に縱隊, に置かれる, に膳, に赤衛兵, に長く, に間, に頭, に食臺, のエスカレーター, の中央, の中間, の人, の人形, の兵士ら, の古, の堂々たる, の場合, の客, の家, の寝台, の扣鈕, の文字, の楽隊, の櫻樹, の歯並び, の波, の渡廊, の燈籠, の特徴, の生徒, の白楊, の百羅漢, の石, の背後, の腫物, の觀棚, の連帯網, の運動, の銀ボタン, の間, の雲, の非常, の食卓, の高い, はフィルン, は彼ら, は第, ばかり先, ほどに置かれ, ほど裸テーブル, をなしたる, を突き落とした, を造っ, を造る, 並んで, 吊り下げて, 或は三列, 次に第

▼ 二~ (216, 0.1%)

6 第一号 3 の, の中, の女手, 第五号

2 [21件] あり, がある, である, となった, にいへり, のうち, のセリーズ, の全集, の出版, の原稿, の第, の選集, はまだ, への, をよん, 同後草一巻, 第三巻, 第二十九章, 第十三号, 第十二号, 第四号

1 [156件] から, から成り立ち, があ, があらわれた, が公, が出ました, が役に立った, が最初, が本, が来た, が美しい, ぐらいのもの, ぐらいの短篇芸術映画, ぐらいの純粋, だけがやっと, だけがポツン, だけを請求, であるが, です, でそれ, で千八百六十三年, で大尾, で経験, で蔵原惟人, で蘭軒, と, とした, として一九〇七年, となり, とに分かれ, と一緒, と写真帖, と同年, どうぞ下さい, などの無名, ならば, においてルクレチウス, にかけてのころ, にその, になつ, になりました, にはわたし, にはアフリカ, に仕立てた, に分ち, に収む, に古畑博士, に就く, に広西, に当てん, に於ける, に渚, に用いた, に終る, に贋貨問題, に進み, のあの, のはじめ, のほう, のエアポケツト, のフィルム, のロオマンス, の一号, の一番, の上木, の下, の仮面, の俳書, の全, の全紙二つ折, の写経, の刊行, の初号, の前後, の創作物語, の厖大, の塵, の大部, の巻物, の旅行記, の最後, の本, の校正, の物語, の見本, の詞書, の講釈, は, はこの, はそれ, はでは, は一七八〇年, は女院, は描写, は明治三十二, は明治天皇, は秋, は終っ, は買う, ばかり持ち来っ, ばかり杭, へ日本, まで作者, まで入れ, もしかお, もの程度, もまことに, より成る, を, をお, をくれた, をつくっ, を五葉, を以て私, を作っ, を作つた, を借りる, を割かなけれ, を占め, を印刷, を取り, を呉れた, を官軍, を左, を成し, を手, を折々, を抵当, を撰, を撰述, を編, を脱稿, を著し, を著す, を読ん, を買っ, を通じて千五百頁, を通読, 捲付けた, 程丸ぐけ, 第一回本, 第一章, 第七号, 第三号, 第三篇, 第二十三頁, 第二号, 第五十九頁, 第八号, 第六号, 第六章, 第十号, 第百七頁, 第百二十一段, 読みはじめました, 買って

▼ 二~ (216, 0.1%)

10 や三百 5 の兵, の金, も承知 4 でも三百 3 たらずの, の面

2 [13件] あると, が一錢, しか残ってない, でもいい, と二百, にまわし, に近い, の瞳, はずんだ, は強請, もある, も合点, も祝儀

1 [155件] あったわ, ある話, いざ下り, かぞえそれから, かである, かひっぱたい, から三百, から五百メートル, か三百, か三百文, がくっつい, がとこ, がもの, が三百, くれたという, くれたといふ, ぐらいしか違わない, ぐらいな小勢, けんあまり, じゃお前さん, じゃ承知, だ, だね, だよ, だらう, で, である, であるが, であるのに, です, では, で売る, で沢山, で買える, で踏みやぶれる, とかの金, とすれ, とたせ, とともに夜半, となれ, と七斤, と三百, と三種競技, と五十三人, と十文大銭, と吹っかけた, と減っ, と無数, と纏った, と纏まった, と見た, になつて, には達するであろう, にも欠け, に値切っ, に充たない, に出し, に及ぶ, に當らん, に罷業, に足らぬ, のあぶく, の乗組員, の人名, の人形, の作曲, の名札, の図書館, の家, の寄手, の将士, の小銃, の山兵, の建物, の方, の歩騎兵, の決死組, の玉子, の生, の町, の目, の目腐れ金, の端足錢さ, の美姫たち, の聴衆, の船員, の荷, の街路, の谷, の部下, の重み, の雲坪, の頒, の騎士, の麾下, はキ, は一人, は全く, は懐中, は番兵, は要る, は違, は集まっ, ばかりと司馬師, ばかりの空虚, ばかりの銭, ばかりの魔衆, ばかり一団, ばかり併列, ばかり利, ばかり取り入れ, ふた手, ほどの客, ほどの手下, ほどの騎兵隊, ほどの騎馬, ほどをお, ほどを引きつれ, ほど仕切り, みツつう, もあります, もあれ, もお, もご, もじ, もの卵, もはいってる, も並ん, も列挙, も御, も心得, も持っ, も持つ, も生きる, も知りぬい, も続いた, も続け様, も貰っ, も買っ, も配置, やの眼, やらあ, や二百四五十, をつれ, を仕舞ったら, を出し, を加勢, 上げるよ, 乃至三百米前後, 作ったって, 作られ二百二十班, 半あつ, 幅広く面積, 生まれたもう, 遣ると

▼ 二~ (215, 0.1%)

7 をお 5 を手 4 の紛失, の行方, を 3 か三品, の宮, を取出し

2 [13件] がありません, がなく, というの, に相違, のうち, はその, ほど附ける, を前, を奪, を所持, を持っ, を探し出し, を盜

1 [156件] あは, あり不器用, あり別に, あわして, があっ, がどうしても, がはひつ, がふるえる, が何, が値打ち, が光禄太夫, が挙がっ, が桐田, が確か, くらいのもの, すぐにも, ずつの料理, ずつ多い, だけは携え, です, で干枯びた人間, という女傑, とてもうまし, ともにみな, と家, どうやらこれ, などは宮, なれど, について, についてたった, について秩父, に対する心, に私, に過ぎぬ, のいわれ, のその, の中, の位, の内, の内容, の出處, の包み, の毒藥, の琴樋, の親王, はきっと, はこの, はこりゃ, はぜひとも, はどうして, はどこ, はわが国輸出, は一体, は一尺五寸, は三宝, は二人, は何, は何處, は婆, は幕府方, は慥, は武田家, は私, は買い手, は賄賂, は重大, ばかりと麦酒, ばかり食べ, へ木くらげ, へ移った, ほしいと, ほどの価格, までも用意, まで自分, より従五品下, をあげ, をあづかりました, をご覧, をさきごろ, をそこ, をその, をたずさえ, をどう, をながめ, をはさん, をば嫡男, を一塊づつ紙, を一見, を丁寧, を三寶, を交, を人知れず, を今, を俺ら, を其方, を十分研究, を卓, を取った, を取られよう, を取り返さなけれ, を取上げる, を取出せ, を受け取る, を家, を届ける, を差, を張飛, を彼, を御, を恭, を懐中, を手中, を手早く, を押えられまし, を拙者, を拜見, を拾っ, を持たれ, を持て, を持行, を持運ん, を掴む, を横, を江戸, を添え, を渡せ, を渡邊外記, を狙った, を狙つたの, を盗ん, を眼, を私, を竹之助様, を箱, を置い, を背, を膝, を莚包, を見せ, を見た, を見たなら, を見ながめ, を貰い, を資手, を賜わる, を返さしめける, を返し, を階段, を預けられた, を馬, を馬元義, を黙っ, ヲ記ス, 並び商売, 故に無, 食って

▼ 二階建~ (210, 0.1%)

20 の家 6 の建物 4 の大きな, の校舎 3 である, になっ, の家屋

2 [19件] が一軒, だった, であつ, で一階, で下, のその, のアパート, の下, の事務所, の商店, の小さい, の小家, の新しい, の木造, の洋館, の瀟洒, の空家, の長屋, の階上

1 [129件] がある, がそれ, が三四軒, が並ん, が外, が左側, が気に入った, が相, が見えはじめた, が見えるだ, せいぜい間数, であった, であったが, であって, でその, では気, でもうかなり, で低い, で前, で店口, で日本人, で正面, で池, で海, で甚だ, で私娼, で翼, で部屋, で門, で間口二間足らず, で間数, で露台, で風雨, として据えられた, として早, となり, などを見せた, なり, なんてもの, にしたる如く, にて上口, になった, には四つ, に掛行燈, に硝子戸, に過ぎなかった, のいかにも, のお家, のがっちり, のささやか, のしもた, のたいそう, のはまれ, のよう, のコンクリート, のレストラン, のロッジ, の一つ, の一棟, の一軒, の二軒長屋, の二階座敷, の人家, の住宅, の住宅一棟, の俗悪, の倉庫風, の兵舎, の別荘, の古い, の古びた, の国民学校一棟, の大きい, の宏壮, の家なみ, の家五, の寄宿舎, の小, の小綺麗, の屋根, の広間, の店先二間, の廊下, の方, の旅人宿, の旧式, の普通, の木造洋館, の木造西洋館, の校舍, の棟割り長屋, の正面, の母屋, の洋風造り, の潰れ, の玄関口, の瓦屋, の病室, の病院, の真下, の立派, の簡粗, の組合役所, の羽目板, の茅葺き, の茶屋, の葬具屋, の西洋館, の貸, の貸家, の邸, の鉄筋コンクリート, の銅張り, の閑静, の間口, の隅, の離れ, の離れ家, の離屋, は低く, は前年, は平家造り, は軽快, も一つ, も大抵, や三階建, らしい倉庫, 如何にも探偵小説, 或は三階建等

▼ 二~ (208, 0.1%)

7 か三晩 6 つづけて, も三晩 5 もつづけ, や三晩 4 でも三晩, 泊って 3 では, 続けて

2 [16件] かかった, つ, つづいて, というもの, とまって, とやら大阪, のあいだ, のこと, の睡眠不足, の野宿, ばかりおそく, ほどお, もお, も寝ず, を田部, 借りること

1 [133件] おせい, がほどに糸, くらいは吹き荒れ, くらい眠れない, ぐらいはいい, この貨車, しか泊らな, しとしとと降りつづけた, すぎても, そこで清貧, だけは多少, だけ完全, だけ聽, ちっとも寝ない, つづいたの, つづきの, で, でなく三晩, でもその, でもやっかい, でも女房, で仕あげた, で入れ, で好い, とここ, とまったきり, とも私, とも闇, と二日, と云, と合せ, と同じ, にかい, になり, にもなっ, に亙つ, に及ぶ, のうち, のみあかして, のもの, の不眠不休, の出来事, の協力, の厄介, の徹夜, の旅籠代, の汽車, の泊り客, の生活, の虐待, の評定, の距離, の間, の間ツラリ, の鬱積, はいま, はおれ, はどんな, はなんと, はまるで, は不安, は却って, は寝ない, は御覧, は我慢, は泊っ, は絵, は遊べる, は野宿, ばかし徹夜, ばかりかかっ, ばかりつけました, ばかりやっ, ばかり厄介, ばかり泊り, ばかり生活, ばかり眠らなかった, ばかり過, ぶっ通し, ぶつ通し, ほど仕舞い忘れ, までその, も, もあずかっ, もつづい, もど, も夜伽, も家, も寝通した, も帰っ, も歩き, も汽車, も泊まりました, も眠らなかった, も眠られなかった, も絶食, も続けた, も考えた, も銀子, も長い, も馬籠, やりつづけても, や三晩家, よりつかなかった, をそこで, をつぶした, を天幕, を過ごし, 口惜し泣き, 宿り貧しい, 寝ないでも, 寝なかったです, 寝なかったところ, 寝ました, 待って, 来たの, 泊った, 泊ったが, 泊ってから, 泊まって, 泊めて, 泊る人, 浮んで, 眠った, 程古田, 続いて, 置きか, 置きに, 考えつづけました, 考え抜いた揚句, 起き通した, 過ごしたため, 飲みも

▼ 二通り~ (206, 0.1%)

10 ある, では 7 あって 6 あつた 5 あつて 4 あるの 3 ありまして, あります, あるよう, がある, の種類

2 [12件] あると, になっ, になる, に解釈, のもの, の形, の微笑, の眼, の苦労, の食事, も考へ, や三通り

1 [125件] あった, あったが, あったという, ありなお, あり粒, あるから, あるが, あること, あるしかし, あるそう, あるという, あるやう, あるらしいよ, あるん, ある中, ある事, ある点, いるでしょうそれとも, お長繻絆, かけなかったの, がありました, が出来, ございます, しかありません, しかありゃ, しかあり得ない, だけ考えられる, でいく, でない訳, で無い, で解決, ならぬリアリティー, なん, にとれる, になつ, になるだろう, になるでしょう, にも三通り, に使, に使い分ける, に分け, に分けられた, に分ける, に分類, に区別, に拵え, に用意, に考えられ, に考えられる, のうち一つ, のこまごま, のよみ, のサワ, の不, の人, の人間, の作用, の傷, の働き, の全く, の別, の原因, の句, の呼び, の呼び名, の呼名, の品種, の困難, の地名, の地理学, の型, の女, の心もち, の想像, の意味, の慕い, の指紋, の方法, の暦, の様式, の活用, の災難, の犯罪, の神, の臼, の色合, の苗, の苦心, の荷役, の衣装一切, の親, の解き方, の解釈, の言葉, の記憶, の話, の話し方, の説, の説話, の返事, の遊び方, の道, の電流, の音楽, の鼾, はざ木, はやっ, ばかりの夏物, もあっ, もお, も三通り, も入っ, も入る, も描かれ, も考え, よみました, を代表, を出でぬ, 並ぶ訣, 全く別, 出すこと, 出来上ります, 分けて, 分つて, 揃えて

▼ 二~ (200, 0.1%)

10 の意味 5 に区別 4 にとれる, の解釈 3 に分け, に解釈, の傾向, の名, の心持, の見方, の見解, の靴跡

2 [11件] あり, ある, がある, にわけ, に見え, に見られる, に解せられる, のもの, の空気, の立場, の見ある

1 [131件] あったとて, あって, ありて, ありと, あるが, あるので, あるべし, であっても, であること, にお, にだけいわれ, になつ, になる, にまじりあっ, にわかれ, に並べ, に作り, に使い, に使い分ける, に分かれ, に分かれます, に分れ, に包みこんだ, に取れる, に咲いた, に変装, に好, に工夫, に思い浮かべ, に書き分け, に書し, に現れた, に用いられ, に繰り返され, に考えさせられた, に考えたる, に考へられ, に記し, に試みる, に通じ, のうち液, のかたき, の世界, の中, の事件, の二重映像, の伝, の伝説, の作用, の使い分け, の例, の価, の内, の判断, の別, の力, の努力, の動機, の勤労者, の化身, の区別, の原因, の台本, の変化, の妥当性, の姿勢, の実践的態度, の密会, の工夫, の差, の差別, の序, の必要, の意図, の意義, の意見, の感じ様, の感情, の態度, の我, の或いは, の所作, の括弧形, の政略, の文体, の文明, の文法形態, の方向, の時期, の様式, の模型, の歴史, の毒酒, の波音, の流れ, の流血, の点, の煮, の熱量, の現れ, の用例, の男女, の異, の筆者たち, の策略, の精神, の綴織, の繁殖法, の美, の考え, の考え方, の考察, の職, の自分, の自殺, の興味, の蓑, の観察, の解釈法, の言語, の語, の説, の議論, の農村, の返事, の逆, の運動, の道程, の鋭さ, の飛び道具同士, の魂

▼ 二百年~ (199, 0.1%)

11 の間 6 ばかり前 5 寂しい道場 4 このかた, の歳月, も三百年, も前 3 たつても, の太平, も以前, 程前

2 [16件] ぐらい前, たって, であると, にし, になる, に亙る, のあいだ, のこと, のころ, の地理, の文明, の昔, ほど前, も昔, も晩, を隔て

1 [117件] あるいはそれ以前, か三百年, か前, くらいという頼り, くらいとみえ, くらいもたって, くらい経った, ぐらいで, ぐらいの間, ぐらい経った, たっても, であります, であり日本, である, でもかかる, でもそのまま, といふ, といふ国家的祭典, とかさき, とか続い, とたちます, とはならない, とは古く, と生きられる, なり三百年, にはならない, には足らぬ, にもなる, に一回, に一箇, に亙つ, に渉, に諸, に足らざる, の人, の今, の伝統, の前, の古, の周期, の呪, の年月, の幽, の彼方シルレル, の後, の日本海, の旧家, の星霜, の時, の月日, の泰平庇蔭, の空隙, の脱皮, の間僅, の間待ち, の雄志, の露霜, の風俗, の風雨, はかかる, はたっ, ばかし前, ばかりになっ, ばかりの以前, ばかり以前, ばかり昔, ほどの前, ほどの昔, ほどの樫, ほどむかし, まえの, むこうの, も, もかかつて, もかかる, もたっ, もたった, もたて, もつづく, もつづくであろう, もの前, も二世紀, も交易, も先, も生きてる, も生きる, も経っ, も経つ, も経ぬらし, も經つて, も連綿, も過ぎれ, も飢ゑてゐるとは, も麻酔, や三百年, を今日いっとき, を伝えた, を溯っ, を生きた, を経, を経た, を経たる, を經, を要した, を要する, を距, を除く, 乃至千年万年, 或いは三百年前, 早や, 程昔, 経って, 経つたつて, 続いてると, 考えて, 近き歳月, 遅れた状況描写

▼ 二三軒~ (197, 0.1%)

9 の家 5 ある 4 あった, 並んで 3 しかない, はあった, 当って, 訪ねて

2 [16件] あったが, あって, あつた, あり, ありて, きいて, つづいて, の使, の寮, の料理屋, もあつ, を半, 建ち並んで, 廻って, 残って, 見て

1 [131件] あいて, あったでしょう, ありました, あるから, あるが, あるくらい, あるだけ, あるでしょうあの, あるばかり, ある中, ある安宿, いつた所, うす汚ない, かたまって, かと思ったら, からの申込, が向いあい, が皆跣足, ことわられたそう, さる席, しかも大, しか旅籠屋, しもたやが, ずつ門前, そのま, その並びに, たずねて, だ, だけ, つ, であろう, では, でもう, で冠木門, で無理, ならず冷かして, には人, には拙, にひろがっ, に立寄り, に過ぎず, のそれ, のバア, のホテル, の別荘風, の友達, の口入れ屋, の士族, の学校, の家作, の家屋, の寒村, の小さい, の小売店, の小間物店, の屋敷, の店, の得意先, の旅館, の湯屋, の瓦屋根, の画商, の知合, の筆屋, の藁屋根, の貧しい, の貸家, の農家, の障子, はあつ, はあります, はある, はなれた, は持つ, は細君, へ問, ほど続く, ぽつりと, まじりそのうち, までも焼, まはつ, まわって, みすぼらしいオランダ船, もあらう, もありました, もさき, も同, も通り過ぎた, やられましたね, をあるきま, を見廻り歩く, 入って, 出て, 出来た, 出来て, 呑み歩いたと, 回った新聞社, 回って, 寄る, 建って, 建つただけで, 廻った, 拾って, 持つて, 探し回つたが, 新しい家, 有る, 歩いたが, 歩いてから, 歩き廻つた上, 残ったの, 殖えましたよ, 立ち寄つて, 聞きあわせた後, 聞き込んで, 行き過ぎると, 行くと, 行った処, 行って, 見えるな, 覗いて, 訊いて, 起きて, 通って, 隔てては, 離れたところ, 離れた近所, 順次に, 飛び飛びに, 飛ぶ歳, 飲める

▼ 二~ (193, 0.1%)

5 の小説 4 の中 32 の, のみで, は自然, を一册, を成し, 書く, 第十一章

1 [167件] および為政, があり, がある, がこれ, がそれ, が二度, が作られた, が収められ, が古く, ずつしっかり, ずつを占め, ずつ読んだ, だけで, だけについていへ, だったもの, で, であ, である, では, で追究, という, という大部, といひ, として, とであろう, との間, とは同君等, ともあなた, ともストレプトマイシン, とも旅行, とも本, と同, と後七篇, と河間, と相, なりと, なん, に, においてはムーサ, において幾分, において見た, にし, にした, になっ, には夏殷周, に共通, に分かれ, に分たれ, に分てり, に勝り, に就き, に当たらない, に授賞, に於, に書き分けた, に東洋, に此, に比べる, に由, に移ろう, に述べ, のうち, のごとき, のそれ, のみである, のみ前掲, の他, の伝記, の作品, の作物, の作者, の価値, の假名, の存在, の実録, の寶石, の小, の散文詩, の文芸評論, の未完, の短篇, の稿料, の第, の結構, の著, の蕪雑, の詩, の論文, の邦訳, の長篇, の饗庭篁村, はいずれ, はこれ, はそれぞれ新聞, はそれら, はまだ, は主として, は云, は人口原理, は先生先天, は古代, は同じ, は吾, は周, は完璧, は実に, は当時, は文学, は新しい, は明治七年, は歌麿, は比較的, は民族文化, は生田春月氏, は相当, は社会科学, は要するに, は趣旨, は除かれた, は集, は雑誌, ほど小さな, また然, まだ雨, まとめ上げること, もやはり, も他, よりも新しい, をしか認めず, を一貫, を以つて, を以て真剣, を出版, を割愛, を加, を合せ, を含む, を増補, を対比, を手, を擧げ, を斉魯二篇, を斉魯二篇本, を新, を書い, を最も, を無理, を編輯, を草せられた, を見よ, を訳す, を読め, を賦, を贖, を除い, 其の二十篇中, 加えたの, 多き由, 新青年誌上, 書いたらへたばった, 書いて, 書きあげるさ, 第三章, 第九章, 第十一章最後, 第十一章末尾, 第四章末尾

▼ 二回目~ (190, 0.1%)

3 の, の事件, の冒険, の探偵小説, の時, をやる

2 [12件] である, ですが, になる, には自分, の公演, の大, の患者收容, の戦, の探検, の注射, の砲撃, の証言

1 [148件] からはもう, からは二千人, からは回収, からは夫, からは尾上門下, からは染吉, からは案内, がすむ, が二回目, が五時, すみ, だからな, だった, だったかの, であった, であります, で一つ, で一番目, で作者自身, で初めの, となった, となる, と出向く, にその, になりました, にはいった, にはすでに, には吉田, には矢張其人數, には義雄, にアトリエ社, にホテル, に中学校, に先生, に十一月三日, に十六か村, に叩いた, に発掘, に矢, に脳, に見る, に選ばれた, のもの, のカード, のクール, のサノサ節, のトラック, のホテル, のマントー反応, の三人会見, の三木家, の上使, の上演, の乗組, の予言, の享保十一年, の人民, の仮定, の元服, の入院, の冗弁, の出張, の出陣, の助, の反, の受賞, の国書, の地球脱出ロケット隊, の地震, の場合, の変色, の夏, の実演, の実行, の家出, の審問, の対話, の峻厳, の巴里祭, の帰朝, の廻集, の恋, の手術, の打方, の採, の日記, の春, の普通, の暗殺, の暗殺団, の最初一度, の欧洲戦乱, の死にぞこない, の残飯, の毎日歌壇賞, の氷責, の浪, の渡航, の演説, の狂乱的, の発作, の登場, の矢文, の知らせ, の空襲, の終り, の終り客席, の脳溢血, の興行中, の航海, の荒れ, の見学旅行, の訊問, の訪問, の請願, の返った, の金策訪問, の長考, の面会, の音, はあなた, はどう, はみんな, はオグ王, はダメ, は嘔, は奥様, は客稍, は少々, は東京, は肋膜, もり上るほど, も入り, も同じ, やっぱり客, よりは三回目, をオトコビル, を半分, を終えた, を試みよう, を買い, を開場, デアルト云ウガ, ノ時ハ丹那トンネルヲ通リ抜ケテモマダ用ガ済マナイ, 大満員, 恥ずかしいこと, 終ったの, 終る頃

▼ 二種類~ (187, 0.1%)

13 ある 11 がある 9 あって 6 あるの 4 あるが, あると, のもの 3 があった, の存在

2 [12件] ありその, あります, あるという, しかない, に分けられる, に分ける, の人間, の形象, の文学, の活動, の聞き, の資本

1 [106件] あった, あつた, あつて, あり日本側, あること, あるでしょう, あるでせう後者, あるな, あるよう, あるん, ある訣, いるが, うまいチーズ, か三種類, があつ, が歴史, ぐらいの催眠薬, しかなく, ずつの薫香, だけは地震, だけ非常, できた, です, で書かれ, とする, となる, と見ゆる, なの, なんと賑やか, についておのおの, になっ, になつ, にも三種類, によって代表, にわかれ, に分け, に分られました, に分るる, に分れます, に別, に別け, に區別, に大別, に岐, に振分ける, に算, に限られ, の, のカリカチュア, のハイセツ, の一例, の人びと, の俗物医学, の俳優, の先駆者, の光彩, の凍り, の分裂的批評, の区分, の区別, の原稿, の哲学原理, の啼き, の型, の外, の孤独, の弁証法, の忘れる, の性質, の態度, の料理, の材料, の樹木, の毒薬, の活力, の珍妙, の磁器, の称号, の競争, の結合, の綱, の織物, の自分, の蟻, の要素, の言語, の足跡, の運命, の針, の錠前, の食堂, はお, はその, ばかり思い出す, もとつ, を混同, を設けた, ノ存在, 余計取つ, 入って, 出た, 各一個, 御目, 有るは, 見えますネ, 買った

▼ 二百人~ (186, 0.1%)

3 に近い, のうち 2 なりの読者, に及ぶ, の死者, の水夫, の美姫, ほどな, もいる, 近い非人

1 [164件] ある, からあった, からある, からの人数, からの人間, からの同類, からの土民, からの者, から出張っ, がちゃんと, が一時, が突進, が結托, が騎馬, くらいの侍女, ぐらいのもの, ぐらい少く, ぐらい席, こそはいわゆる, ことごとく召しとられ, しかない, ずつこの, ずつ十組, ずつ朝晩賑, そのうち三分の二, その費用, だ, だけ後, だけ選抜, つかい朝, でこれ, でしょう, でも後詰, とあったら, というレコード破り, という日本人, とかいう患者, とか云っ, となっ, となった, と共に剃髪, と定めた, と新選組百五十人, と殺され, にだ, についてその, にもあまる, にものぼる, に余り, に徒歩衆, に擁され, に減らし, の, の三分の二, の人, の人夫, の代表, の兵, の内, の労働者, の募集, の同年衛生兵, の四百人, の土人, の女, の学生, の射手, の少年, の患者, の敵, の旧, の本, の枢機官, の武士, の浪人, の犠牲者, の職人, の華やか, の警衛, の負傷者, の賓客, の農兵, の農奴つき, の部下, の需用, の青年, はあろう, はいるらしい, はすぐ, は甲府, は皆キリシタン, は目, は預け, ばかりその, ばかりになった, ばかりのつ, ばかりの一団, ばかりの人数, ばかりの僧侶, ばかりの尾州兵, ばかりの従臣, ばかりの歩兵, ばかりの歩行武者, ばかりの白い, ばかりの金属工場, ばかりも参り, ばかりも多, ばかりも日本, ばかり実際, ばかり集めまし, ほどのダンナ, ほどの乗客, ほどの侍, ほどの総勢, ほどは尊氏, ほど本, ほど自宅, まで鉄砲, もお, もって, もつれた久下弥三郎時, もの, もの弥次馬, もの敵, もの見物, もひしひし, も三百人, も人数, も共に, も居ります, も持っ, も有る, も灯籠, も無茶苦茶, も越えたでしょう, も集まっ, よしんば攻め, より三百人余, をくだらなかっ, を加, を害, を改宗, を数えよう, を杉右衛門自ら引卒, を殺し, を用意, を益, を突破, を糾合, を超え, を越, を越え, を越す, 出た, 同じ紫, 居たです, 楚々と軽やか, 死のうが, 死んだと, 縛め捕るにも, 近い學生, 集って, 集めて, 飲まれる泉

▼ 二十七~ (183, 0.1%)

8 にもなっ, の若 7 の年 5 だと, になる 4 にし 3 か八, だそう, であった, であつ, で死んだ, になった, の年齢

2 [15件] だが, だった, だろう, でございます, ですからねえ, になつ, になります, のあの, の三日間, の歳, の無, の矢田津世子, の秋, の若い, 少し虚弱

1 [95件] か, から三十, か八位, か八家族, がある, ぐらいのひと, さんざん他, しか叩かなかった, それから重, だ, だから, だとかいふ, だよ, であったが, である, であるが, であろう, でしょう, です, ですし, ですつて, でその, でなくちゃ, で一人, で亡くなりました, で候補者中, で少々, で従二位中宮太夫, で素子, と, という年, という年齢, といえ, といふ, とかになった, とは思えない, と三十一, と二十一歳, と云う, と宿帳, と書い, なの, なのよ, なん, にちの, になってる, になり, にはなつ, にもなる, によれ, に擧, ね, のきょう, のころ, の一, の一昨年帝大, の二, の二千七百万円, の図書館網, の女, の女心, の妹, の小柄, の支部図書館, の文章, の時, の暮, の暮れ, の物思い, の独身, の獨, の男, の町方, の私たち, の誤, の防寨, の青春, の頃, の風采, の齢, は, までその, までひとり, まで一歩, まで奉公, まで生きた, まで童貞, もあっ, よ, を引く, 下り藤, 子棠助三つ, 小さい木製バケツ二十, 打ちやんした, 正是臥竜始起時

▼ 二十めんそう~ (180, 0.1%)

4 です 3 が, の子分, はいったい, はその, はそれ, はつかまるでしょう, はどこ, はぱっと 2 だ, だな, なの, のけん, のため, のほう, のロボット, の手下, はさも, はぽ

1 [132件] から取りもどした, から電話, があな, がいきなり, がいっ, がいつの間にか, がおどろいた, がおばけ, がからかっ, がした, がその, がたけしくん, がたっ, がつかまった, がどんな, がにげこんだ, がぬうっと, がへん, がま, がまた, がみえ, がやって来たら, がフランス, が化け, が家, が手, が負けた, が電話, だって, だと, だよ, でも, にいわれ, につかまっ, につれ出された, にねらわれた, のおう, のおく, のかくれ, のからだ, のこきゅう, のさい, のすみか, のてつ, のぬすんだ, のへや, のやつ, のゆくえ, のヘリコプター, のボート, の住み, の使っ, の口, の名, の手, の方, は, はあそこ, はいいき, はいきなり, はいそい, はいつのまにか, はかん, はがけっぷち, はきが, はここ, はこれから, はこんな, はさけぶ, はすばや, はすばやく, はせせらわらいました, はそう, はそんな, はだんだん, はち, はつかまった, はとうとう, はとんでも, はどうして, はどんな, はびっくり, はふしぎそう, はふじ山, はふね, はほう, はほんとう, はぼくたち, はぽかんと, はまごまご, はまた, はまどから, はみんな, はもう, はやって来ませんでした, はピストル, はフランス人, はヘリコプター, はモーターボート, は両手, は二かい, は古い, は大, は大きな, は小さい, は屋根, は思わず, は手下, は木, は目, は石村さん, は苦い, は金, は金庫, ほどのやつ, もかみつかれ, もこの小さな, もこんなに, もつかまっ, もなかなか, もゆだんし, もフェンシング, も強い, をあっ, をいきなり, をおいかけ, をおいかけました, をおいかけます, をさがしました, をさがす, をつかまえました, をどなりつけました

▼ 二十両~ (180, 0.1%)

19 の金 4 のお金, や三十両 3 ぐらいはサラサラ, ずつ稼い, 持って 2 だけお, という金, とちょっと, と云う, の小判

1 [134件] あまりあります, あまるない, あらば, ある, あるので, お取んなすった, お貸し, からの祝儀金, がとこ, が二分, が包ん, が惜しく, が物アあらア, が関の山, しぼり出しに, じゃないでしょう, ずつ二, たア, だ, だか, だけをお, だけ貧乏人, つつんで, であつ, でいい, でいつ, でといえ, でも, でもくれ, でもやられ, でも買っ, で句切ろう, で売っ, で家, で立派, で買いましょう, で買った, というお金, というこっ, というところ, というの, というよう, という品もの, といえ, とかの値打, とかの値打ち, とか三十両, とか三十金, とは些, とも云う, とを貰っ, と云え, と小粒, と盗み, と纒, どうにか拵え, なくっては, にし, になる, にね, に値切っ, に売ろう, に売付けた, に買っ, に身, ねもし, の内, の利息, の半金, の大金, の小柄, の惜し, の損, の損害, の槙, の目録包, の礼金, の端下金, の胴巻, の胴巻ぐるみ懐ろ, の裸代, の金子, はおろか, はどうしても, はぴったり, は入りやせん, は冥加金, は利息, は四郎兵衛, は当座, は早速, は朝飯前, ばかりだ, ばかりの小判, ばかりの端金, ばかりの金, ばかり借り出し, ばかり出せ, ばかり拵え, ほど, ほどせしめ, ほどの金, ほど彼, まで取っ, もなけれ, もみすみす, も有ったろう, やった事, をそこ, をわずか, を元, を加え, を奪, を希望, を彼, を得, を用だてた, を用立て, を用立てた, を越した, 下されば, 借リ出シテイロイロ入用, 出して, 出しましょう, 取って, 戴かなくっても, 有るから, 残りそう, 貯えて, 貰う約束, 貸して, 貸せなんて, 遣わせば, 遺って

▼ 二~ (180, 0.1%)

4 の所 3 のところ, 借りて, 歩いた

2 [17件] か三歩, である, で渡つてしま, というところ, の銀, の間隔, ばかり女, ばかり後, ほどのところ, も三歩, を数え, を終, 出る井上, 踏み込む, 退いて, 進んでは, 飛びさ

1 [133件] あるいて, あるいては, あるき出したとき, あるき出したり, おくれながら, があれ, がまだ, さがった, さがって, しっかりした, じゃあしょうが, すフト立, ずつ前, ずつ外, その不気味, だけでもシューバル, で, であった, でいい, でなければ, でも三歩, でやり, で小さな, で横切っ, で止まり, で結構, で結論, で飛び越せる, とあり, とは進めない, と一両, と三歩, と云っ, と先, と歩まぬ, と直し金方, と離れない, なり前進, にし, にて長崎會所, に二たび, に好奇心, の小さな, の礼金, の距, の重み, の金, の間, は, はいり込んだ, はたしかに, はキュバ総督, は實際, は後, ばかりよろめいた, ばかり前, ばかり威張っ, ばかり此方, ばかり洋卓, ばかり男, ばかり進ん, ばかり進んだ, ばかり離れた, ほどうしろ, ほど前, ほど貸し, ほど離れ, もあるけやしねえ, もしくは十歩二十歩先, もやくざ, も帝王的, も後退, も譲っ, も譲つて, も譲らなけれ, も貰えりゃ, も足, も踏出した, も進み, も進みたる, も遜りし, も間隙, も離れる, ゆきかけたが, よろめいたかと, を一ヤード, を借り出した, を出した, を合わせ, を吾, を待つ, を抽, を渡し, を紙, を行き, を賜わった, を踏み出しました, を進まん, を進め, を隙さ, ズルズルと, 下った, 出ては, 出る, 寄らんと, 後ずさりして, 思はず身, 歩いたと, 歩いて, 歩いては, 歩みだすばかり, 歩みよる, 移すに, 行きて, 行く内, 走りながら, 近づいた, 近づいて, 近寄った, 近寄って, 退き二歩, 退き行儀, 退く, 退る, 進みしかと, 進みひょいと, 進み出して, 進み出た, 進み相手, 進み身体, 進んで, 離れた壁, 飛び退るよう

▼ 二~ (180, 0.1%)

10 の歌 8 あり, がある 6 である 4 ある 3 あるは, の一つ, の和歌, の長歌

2 [12件] あつて, があつ, であつ, のみである, の一, の中, の如き, の東歌, の詩, を, を得, を清書

1 [108件] あって, あると, あるのみ, あれば, かきつけて, からいひ, が, があり, が出来た, しか入, として, とともにそこ, とは既に, とも比較, と共に奏し奉つた, と根気, と詠む, と音讀, と題せる, ながら, ながらよみ人知らず, ながら二つ, ながら夫, ながら曙覧, などは愈々, などもさ, なども元, なども見える, には題, にも十分, に此, ぬいて, の, のうち, のお歌, のごとき, のところ, の万葉歌, の俗謡, の俳句, の力, の反歌, の恋歌, の次, の第, の長, の難解歌, は, はその, はやはり, はよく, はわが, は人道, は前, は即ち, は四方, は大伴家持, は普通, は曙覧, は父, は甚だ, は登美子, は知っ, は私, は積極的, は純, は純主, は結局, は親, は説明, は連作, もそれ, も全く, も印南, も同, も濫, を上げる, を人麿作, を以て飛鳥朝, を作っ, を作つて, を作る, を収め, を取つた, を叙景詩, を含む, を採っ, を擧げ, を改作, を比べる, を献げ, を示し, を私, を詠めり, を送る, を選ん, 入れられた証拠, 共に遺稿乙酉, 出来る, 差引き二百六十六首, 或は二, 採つたが, 採つて, 採られたが, 書いて, 特にはじめ, 略する, 載せて

▼ 二三町~ (178, 0.1%)

12 行くと 5 にし, の間 3 も歩く

2 [18件] が間, のところ, の幅, の彼方, はなれた, もある, も先, も歩い, も歩いた, も歩かない, も行きます, も行く, も行け, も行った, を通る, 上ると, 来ると, 歩いてから

1 [117件] あった, あったよう, あります, あるいは四, から鉄砲隊, が間人家, きて, くらいはあったでしょう, くると, ぐらいしか離れ, ぐらいな, それとなく迹, だけ賀美村, だった, だつた, です橋, でやる, で引き返した, で松, としか思えなかった, とは離れ, とも行かぬ, と思はれる, と離れ, ならずして, なれども, にも見え, にわたりそれ, に及んだ, に過ぎぬ, のぼった中腹, のもの, の下流, の松林, の登り, の空地, の自分, の路, の間隔, はある, はなれ, は底, は御, は瞬く, は続い, ばかりのこと, ばかりの地面, ばかり下っ, ばかり先, ばかり泣き, ばかり行った, ばかり軽い, ばかり退けいろ, ほどの間, ほど先, ほど手捜, ほど走, ほど遠ざかっ, ほど隔, もあり, もあろう, もぐる, もすすん, もとんだ, もはい, も下, も帰りかけた, も往, も急ぎ足, も来た, も行, も過ぎた, も遠く, も遠く淡, も長く, も間, も離れ, ゆきすぎたところ, ゆくと, を帰りかけた, を過ぎ行く, 一段と大きな, 下った川下, 下るとも, 乃至五, 出ると, 参りますと, 往きますと, 来た時, 来て, 歩むか, 深さ二十間, 登って, 登ると, 程も参ッ, 続いて, 行き過ぎてから, 行ったところ, 行った処, 行った所, 行った時うしろ, 行った清島町, 行った突当りに, 走るか, 追つかけ, 追イ, 進むと, 運ぶと, 長瓢, 隔たった広場, 隔てた電車通り, 離れたお湯, 離れたばかりの, 離れた山, 離れた所, 離れた灯, 離れて

▼ 二~ (178, 0.1%)

17 の船 6 の支那船 5 の伝馬船, の帆船 4 の舟, の軍艦 3 の大, の屋形船, の恐竜型潜水艦, の捕鯨船, の潜水艦, の端艇 2 では, のボート, のヤンマー, の偵察艇, の艦影, も用意, 次々に

1 [105件] かかって, からなる, がおたがいに, がタマオ, が出来上ったら, が加わろう, が沈み, が油断, だけが積込済, だけ空中, だけ飛出せ, つくって, です, で出発, で成層圏偵察, で櫂, ともやっ, とも二挺, と用意, と第, ながら奪い取られ, にそれぞれ分乗, に会す, に分, に制限, のカッター, のカヌー, のランチ, の僚船, の優秀船, の大きな, の宇宙艇, の小, の小さい, の小船, の探検隊, の援軍, の救助船, の斡旋, の新, の来援, の汽船, の派遣, の海賊船, の漁舟, の潜水巡洋艦, の甲板, の舟艇, の舫, の舷, の船同士, の艦, の艦載潜航艇, の艦隊, の艨艟一縦列, の英船, の装甲艦, の貿易船, の軍船, の輸送船, の遠征隊, の難破船, の飛行機, はいっしょ, はいつ, はお, はおしい, はしばらく, はたがい, はオランダ, はパナマ, は去る, は同社勤務海軍大尉フオストフ, は小さい, は帆船, は思い, は火星兵団長, は現れるだろう, は風力, は魚, ばかりが黒煙, ばかりの小, ぶつかったの, へったの, もある, もまた, も三隻, も率い, も集まった, をアメリカ, を借受け, を偵察, を先発, を失い, を撃沈, を有し, を有する, を沈め, を率い, を調え, 並んで, 在港, 残って, 現ル, 近づいて

▼ 二~ (177, 0.1%)

4 の駕籠, 歩いて 3 の間, ひっぱって, ほど行く, 行くと

2 [12件] だぜ, です, のところ, の斧, の月行事, ばかり行く, ほど先, も担い, も附い, も離れた, 程手前, 離れたところ

1 [133件] ありし, あるん, ある所, いって, からあります, がカチ, が鳴った, きばった御用駕籠, ぐらいな, ぐらいはなれ, たらずの, たアだれ, だ, だよ, ですかい, でないと, で十五銭, といっ, とない, となかつた, とを買う, と云う, と小, と走らない, と離れ, と離れてない, にし, にしな, のお, のオール, のトヤ駕籠, のピストル, の上宮, の余, の柝, の町並, の空駕籠, の距離, の間隔, ばかりある, ばかりご, ばかりのところ, ばかりのぼった, ばかりの峻直, ばかりもゆく, ばかりも來, ばかりも往く, ばかりも行く, ばかりも進んだ, ばかりゆく, ばかり上る, ばかり先, ばかり往, ばかり手前, ばかり来た, ばかり東, ばかり行っ, ばかり行った, ばかり走っ, ばかり離れた, ほどある, ほどしかありません, ほどだす, ほどで切れ, ほどの平ら, ほどの街角, ほど下る, ほど北, ほど川下, ほど往く, ほど手前, ほど来る, ほど歩い, ほど歩いた, ほど沖, ほど行, ほど行っ, ほど行つて, ほど離れた, までも頂戴, もって, もつづいた, もない, も先, も出れ, も前, も南, も参りました, も向う, も来る, も浪, も深く, も溯り, も眺められる, も行った, も飛ぶ, ゆくうち, をすえる, をそこ, を入れ, 上れば, 並べて, 仕立てろ, 仕立てろッ, 借りて, 入つた右側, 大太鼓一丁, 定火消, 少しくら, 来て, 来ても, 来ると, 歩いても, 登れば, 目だつた, 程のところ, 程の距離, 程もあるであらう, 程も歩く, 程も隔たっ, 程向う, 程行, 程行つて彼, 程距, 自, 行ったか, 行って, 見つけて, 買い込んで, 買って, 雇って, 離れた池, 離れて

▼ 二~ (176, 0.1%)

4 の, のごとき, の外 2 の御, の技芸, の演説, はその, を訪問

1 [154件] あり余, から受取った, がさ, がその, がたつた, がギリシア, が代表, が任, が個々, が憲政会, が成り立った, が拙, が描い, が神戸, が趣味, が送り, が運命, が長門, が難き, が雨, であった, であるが, という方, とは別に, とは徒歩, とは縦, とも神学者, と兄, と共にいま戸倉温泉, と共に一先づホテル, と共に乗つてキタイスカヤ大街, と共に房州, と共に月刊, と別れた, と奉天, と婚姻, と安濃津, と平岡君, と満, と私, なしと, などがその, などの眼, ならざるべからず, には逢わない, に与えたる, に交, に会, に会議, に依っ, に向, に向かっ, に寄せ, に屈せざるべからず, に愛せられ, に招, に望む, に違い, のあっせん, のこれ, の下策, の両, の主張, の人格, の作, の内, の勢力争い, の協力, の周旋, の土産, の報告, の天分, の奮闘, の好意, の如き, の如く, の姓名, の學, の宅, の富貴, の意, の所説, の手, の扮, の書いた, の本, の殉難, の法隆寺, の祖父, の童謡, の答書, の絵, の考證, の職業, の行動, の見, の言, の言わぬ, の言論, の説, の説法, の談話, の論, の論文, の講義, の近状, の進退, の関係, はこの, はその後京都, はそれぞれ, はもとより, はわたくし, は万年筆, は他, は何, は佚書, は共に, は勿論, は同君, は如何, は姻戚, は家, は常に, は文淵堂主人, は木偶泥塑, は汽船, は罪過説, は自分, は菊池党, は運命, への言傳, また再度, も共に, も再び, も冗長, も前後, も同, も大いに, も寄稿, も我々仲間, や渡辺氏, よりもこの, より本誌, をこの, をし, を十年, を回想, を始め美妙, を指し, を私, を論評, を閉息, 尤も記事文

▼ 二時近く~ (175, 0.1%)

9 であった 7 であつ, なって, になっ 5 なると 4 だつた, なってから, 迄か 3 なった, になりました, になる, ねる, まで 2 かえる, だ, だった, であったが, なつて, になつて, に私, までやる, 帰って

1 [95件] から, からセット入り, から又, から延々, から稽古, この白粉, そして書棚, だったが, だったそう, だったでしょう, だったらうアド三, だよ, であったろう, であろう, でございました, でさすが, です, ですから, ですが, でなきや, でなければ, なったが, なったの, なつて散会, なつて西条着, なので, ならなければ, なりけれ, なりそれ, なる, になつた, にやつ, に家, に宿, に寂しい, に帰った, に帰宅せり, に座, に打ちやめる, に来た, に看護婦, に起きた, に起きる, に針, ねた, の夜中, の桜木町, までぐーぐー, までねた, までも起き, までやり, までゐ, までスワン, までペン, まで切通し, まで勉強, まで咄, まで唄, まで喋り, まで喋舌, まで四人, まで寝床, まで待つ, まで未練がましく, まで熱心, まで私, まで立っ, まで続いた, まで言葉どおり, まで話し, まで話し込んだ, まで起き, まで遊ん, もうその, やっと正面, より雨ふり, 出た, 出て, 又自動車, 帰ると, 着又, 起きる, 起き二時, 起き朝, 迄, 迄いろ, 迄かかっ, 迄ね, 迄ねる, 迄ぼんやり, 迄やつ, 迄やり, 迄テスト二回, 迄撮る, 迄読書

▼ 二~ (174, 0.1%)

6 つづいて, も三代 4 の研究 3 の主人, の間

2 [16件] か三代, で改まる, に亙る, に仕え, に仕えた, の, の五郎兵衞清常, の仕事, の天皇, の女帝, の後, の忠義者, の華族, も此家, や三代, 続いて

1 [120件] かかって, か以前, がおなじ, が吉五郎, が玄益順成, ぐらい代, こういう事, つ, つづきの, であるが, ですもの, でつかいきれる, でつぶれる, ででき, では, でも三代, で伝統, で出来ない, とあっ, となる, とも何, とも名妓, とも芳町, と続かず, と続かない, と続くまい, ながらおなじ, なし, なしといった, なしの, なしは, になり, にわたって円明二刀流, にわたって四十年一日, にわたって忠実, にわたって懇意, にわたって押し進められた, にわたって皇后, にわたって運上, にわたる国主, にわたる寄席文化史, に亘る, に仕, に作用, に及ばず, に決められた, に至る, のうち, のみかど, のカリフ, の上様, の久政公, の事跡, の五助, の仇峰右衛門, の仇峰右衞門, の付き合い, の作家, の傾向, の先生, の光輝, の名家, の堂守, の墓, の天子, の天皇景行, の天皇綏靖, の奉仕, の奉公人, の嫡孫色男, の家元, の將軍秀忠公, の帝位, の帝王, の後裔, の御, の忠臣正行公, の恋, の撰者, の文武, の時, の横恋慕, の江戸将軍家, の泰平, の源満仲, の王朝, の皇居, の禮, の積悪, の縁故, の若い, の親, の連署, の阿国, の隼人正様, の養子, の高僧伝, の鰐淵, は大, は天下, は岡本屋, は方譽清西信士, は続い, は続かせない, は豪信法印, ほど前, また三代目広重, また孫, までは十八歳, まで続け, もかかっ, も經つた人, も続きます, も通し, をかけた, を保つた, を経, 又左衛門重宗, 承昭, 揃っての

▼ 二十三歳~ (173, 0.1%)

9 の時 8 のとき 5 であった, にし 4 になり, になる 3 だった, だと, になった, の年, の春

2 [11件] だという, であったから, であつ, である, であるが, でまだ, となった, になつ, の強健, の彼, の青年

1 [101件] お夏, から四十歳, から此, そして養父, それでいてすでに, だが, だったから, ちょうど頃加減, で, であったが, であった晶子, であと, であること, でお, でおいで, でかかれた, でございますよ, です, でとも, で一高, で世俗, で中, で亡くなられ, で健康, で其の, で剣術道場, で十代, で夭折, で子供, で山陽, で彼, で月並出仕, で歩兵仲間, で歿, で私, で立派, で結婚, で逝去, という歳, という若, とかいう, とか申します, と信じ, と十七歳, なの, にて切腹, にて縹緻, になっ, に似合わぬませた, のころ女子高等師範学校, のときパリ, のカール, のケーテ, のショパン, のバッハ, のマリア, の一個, の一葉, の七月, の三男生田玄俊, の丸, の今日, の体躯, の信長, の冬大阪緒方先生, の四月, の堂々たる, の変り者, の女の子, の孤独, の小僧, の工科, の年齢, の彼女, の快楽主義者, の才能ゆたか, の折, の文学少女, の時帰国, の次兄, の正行, の水野仙子, の父, の秋, の美人, の美術学校生徒, の若, の若者, の英和混血児, の豊か, の頃, の顔, まで, までをかぎっ, まで四年間土曜日ごと, を以て終, を迎えた, 全く頃加減, 初めてと, 迄の十一名, 長十九歳

▼ 二~ (173, 0.1%)

4 に書い, の文字 3 に, に並ん, に書いた, の, の文句, の詩 2 が四分の三拍子, と読む, に書き, に至る, の字, の文身, を括る, 見て

1 [131件] あき, うつすつもり, かですます, から, から三行, から三行四行, か三行, が, が仏蘭西文, が独逸文, が縦書, が英文, くらい書い, ぐらいですんだ, ぐらい書く, さ, しか書い, ずつは必ず, だけ読ん, であと, でその, では, でもすぐ, でも宜, でも書く, で世界, とでは大分部類, と綴字, と詩, にいへる, にか, にかい, にかかれ, にきれた, にしるした, にしるす, にすぎぬ, にすすみ, になつて, にならべ, には, によく, によって暴露, にわかれ, に並ぶ, に並べれ, に亙り, に六座, に出, に分かれ, に分けた, に列, に別れ, に刻, に割った, に國, に大書, に妙, に対立, に或, に敷かれた, に文法, に於, に於ける, に書かせ, に書き下ろした, に書き並べ, に書き改められた, に書き流され, に最, に染めつけ, に点しつらねたる, に点せる, に燃え, に皇王, に砕け, に積み, に認められ, のツシヤ, の中央, の中枢たる, の予言, の前半, の原稿紙, の双幅, の句, の定型, の定型詩, の悪魔, の敷石, の文, の斷片的, の書, の略, の裡, の迦陀, の道聴塗説, の遺墨, の金字, は, は有名, ばかし自分, ばかりの文章, ばかり書く, ばかり読みかけた, ほどに書い, ほどの通知, ほど並ん, ほど書き進ん, までユーリウス・カエサル, まで信仰, もあるべし, もまた, も三行, や三行, よむとせしが, よむの, をもっ, を一サク二サク, を使っ, を感じた, を書い, を縦, 並びに註參照, 毎行六十二字, 程並ん, 第三行, 第十六行, 記しつけたり, 読むうち, 読んで

▼ 二十六~ (171, 0.1%)

11 になる 8 の年 5 にもなる, の時 4 だ, だと, であつ, という年 3 である, でございます, です, と云, になっ, の歳

2 [12件] か七, だった, だつた, であった, で死んだ, になった, に対する労力, のお宮, のとき, の女房, の娘, の年増

1 [84件] いやこれ, から四十, から飲んだ, か女ざかり, そろそろ身, だか, だそう, だったか, だったと, だよ, だわ, だネ, だ過ぎ去つた若い, でおせん, でした, ですから, ですの, でそりゃ, でそれ, でちやん, でも紅, で一人者, で千恵造, で器量, で大柄, で女, で女房, で帰, で平凡, で文字春, で未だ, で死んじゃった, で江戸, と, という, という異常, という若, とか云, なん, に, になつて, になりぬ, になります, になりまする, にもなっ, にもなつて, にも成る, に出, に分類, に年一, のバレー, の丸ポチャ, の九, の亭主, の今日, の十月, の夏川ヤス子, の外國文字, の夫有タテ何ア目, の女, の小鳩, の屍体, の春, の男, の箱, の芥川さん, の花嫁, の花火, の若, の若い, の藤山, の誓願, の誓願文, の隧道, の青年, は二十七, まで処女, まで嫁, まで独身, も色階, やさがた生れ, やそこ, 子棠助二つ, 長二十二

▼ 二~ (171, 0.1%)

25 に分れ 16 に別れ 11 にわかれ 6 に分かれ 4 に分れる, の対立 3 に分かれた, に分れた, に別れた 2 あつて, があった, に分かる, に分裂, に別れまし, の人々

1 [84件] あった, あり, ありましてな, あります, あるはず, があ, があっ, があつ, がある, がつねに, が先天的, が出来, が對立, が時として, が東西, が用, が相剋, であった, というの, とし, とは, と正反対, と言, になりまし, によって占領, に先だち, に分かるる, に分かれました, に分ける, に分れました, に別れる, に割れ, に対し一頭地, に対立, に就き, に敵視, に當, に相, に立ち別れ, に過ぎず, のけぢめ, のはつきり, のもの, のイズム, の争論, の傾向, の労働者, の反目, の名, の寺院異端, の対照, の山伏, の意見, の批評, の拠っ, の拮抗相剋, の新, の武士達, の浪人組, の用, の相違, の能, の詩, の論争, の関係, はいつ, はもと, はハルトマン, は兄弟, は名前, は国権, は国権民権, は猶, は硯友社, ほとんど朋友, をこの, を一網打尽, を分ち, を為せり, を立つる, を立て, を立てたる, を纒め, 及び古文毛傳

▼ 二年目~ (170, 0.1%)

9 の春 6 の秋 5 のこと, の夏 4 の終り 3 である, になる, に亡, の冬, の年, の末 2 だから, であり, になっ, には先生, には江戸, に別れた, に死んだ, の一九三〇年, の今, の今日

1 [103件] からはそれ, からはぷつつりと音沙汰, からブリュヌゾー, から二年半, から校費生, から華々しく, か三年目, が入, ぐらいずつにどえらい, ぐらいにはぼーっと, ぐらい迄で, だし, だったが, だとか, で橋本, で永, とか物資, と云っ, にあたる初春, にし, にとうとう, になった, になり, にはおれ, にはかならず, にはもう, にはようやく, には工業, には広い, には愛生園丈, には最早, には津田英學塾同窓會, には百種, には製造業者, には遂, には鐵砲蟲, にまた, にマリユス, にラップ内, に今度, に僕, に入っ, に入った, に出来た, に升屋, に妻, に娘, に急病, に成る, に敗血症, に日露, に早, に洋行, に海, に父, に特別, に産後, に男, に病気, に病氣, に私, に見る, に陽, に麦, の, のおなじ, のもの, のソヴェト, の三月, の今年度, の八月, の八月十五日, の利子, の十一月, の十勝行, の千八百十九年, の四月, の天保十一年, の天平十八年, の天正十九年正月二十二日, の学生, の恰度五月, の或, の春の祭, の晩秋, の正月, の決算, の父, の私たち, の終り頃, の終業式, の結婚記念日, の蒔つけ地積拡大予定計画, の誕生日, の鯉, は却つて, は天候, は野獣, を終った, を終ろう, を組立て, を送る, 又は三年目ごと

▼ 二三歳~ (169, 0.1%)

20 の頃 10 の少年 8 の子供 6 になる, の少女 5 の小児 3 に至る, の女, の青年 2 ぐらいで, であ, になっ, のころ, のとき, のむす, の時, の時分, の自分

1 [87件] かと思われた, かと言っ, からだろう, から二十七, から五, から十五, から十六, か骨格, くらいのころ, ぐらいから衣食住, ぐらいであった, ぐらいまでと思っ, だらうが, であったろうと, であるが, である社会的, でまだ, でむッくり, で南洋, で底, で服装, で死ん, で相当, で相手, で秋, で読み耽っ, で身体, といえ, とすれ, ともなる, と云う, と推定, と見える, なる小, になった, にもなる, に及ん, に当る, に見えるやせ, のかわいらしい, のころ病身, のチンピラ, のチンピラ小僧, のピオニェール少女, の一子, の三人, の伊達者, の児童, の内儀, の初夏, の女の子, の娘さん, の嬰児, の子ども, の家, の少女有, の年増, の年長者, の幼少, の折, の梵妻風, の漁師, の牢人者, の猟師, の男, の町人風, の皇女, の眼, の神様時代, の童, の童児, の背たけ, の腕白小僧, の血気盛り, の農家, の頃京都, の頃愛読, の髪, までの聖者, までの間, まで生れた, まで育て, より六, より太布, 若く見えた, 迄位, 迄更年期

▼ 二十三年~ (169, 0.1%)

9 の春 3 のこと, の七月, の五月, の冬, の夏, の後, の正月, の第

2 [11件] になります, に初めて, の, の二月, の勤労者, の国会開設, の洪水, の相違, の秋, の間, を経た

1 [114件] および明治二十五年, かあるいは, からでございます, から三十一年, から五月一日, から少々, から廃娼, から日露戦争, このかた, このかた選擧, であった, であったか, であったが, であったと, でありますが, である, であるから, ですつて, では, で丁度余輩, で其嗣子榛軒, で唐朝, という, という年紀, とでたらめ, と予約, と云え, と経つ, にい, における商法延期戦, にかけての巴里, にかけて仏蘭西, にこれ, になっ, になった, になる, には, にはあの, にはわずか, には九百七十余万斤, には叔母, には憲法, に上野, に世, に保さん, に公布, に再び, に出た, に出版, に名古屋, に国会, に市町村制, に廉直, に憲法, に日本, に発布, に禁止, に至, に至り, のお, の一月二十三日, の一月二日, の三月, の九月, の今, の作, の六月十六日, の十一月, の十月十一日, の半生, の博覧会, の四月頃, の国会開会, の國會開設, の小説界, の弱点, の新年, の旦夕, の昔, の星, の春三月, の春頃, の条, の桜, の條, の歳月, の生涯, の破, の秋八月, の親, の間法然, の頃, の鰐口, は一粒, は和文, は明治十四年, は諸種, までというもの, までとし, までに至る, まで側, もたつ, も前, も昔, も経っ, よりずつと後, をこの, を生き, を經, を通じて彼女, 全く詩, 即ち唐, 第三回博覧会, 経つ二十三年

▼ 二三寸~ (168, 0.1%)

3 あけて, のところ, の短い, も高く

2 [19件] あいて, しかない, に延びた, に過ず, のもの, のスラリ, の厚, の小さな, の小品, の所, の深, の間, の隙間, ばかり八九寸六七寸, も伸び, よこ七寸五六分, 伸びた頭, 引き裂かれた, 開いて

1 [118件] あいたところ, あいた襖, あけました, から三四寸位, から五六寸位, から五寸, から四五寸ぐらゐの, くらい, ぐらいに短く, ぐらいのところ, しか隔, ずつジリジリ, ずつ上, ずつ切ッ先, ずつ摺らし, だけ陽炎, では, でよろしい, という距離, と思われる, なり, に三, に伸び, に拡げ示し, に梳れる, の下馬, の作條, の十手, の台石, の土, の堅木, の宙, の小柄, の尾, の木, の柄, の樫, の汚れた, の沙魚, の立像, の絲, の背丈, の脊丈, の脛, の虫蝕, の金属, の銅像, の長, の間隔, の雪, はあるらしい, はみ出させて, はみ出して, は踵, ばかりある, ばかりの丈, ばかりも抜け出, ばかり先, ばかり出, ほどな, ほどの筒形, ほど大根卸, までの若, もある, もあるでしょう, ものびた, もほころび, も一度, も張れ, も掘り下げる, も突っ, も背, も高かっ, より五六寸, 下ったところ, 伸びたと, 出てからも, 出る, 切り詰めたところ, 切り込まれた, 切れて, 刺さった青竹, 厚いところ, 延びた蔭, 延びた麦, 引いて, 引きて, 抜きかけたまま, 抜き上げたまま, 押し上げて, 掻き取って, 斬り下げて, 斬下げた凄い, 明し中, 沈んで, 深さ二, 短くて, 短くなっ, 程もあった, 積もって, 見えたばかり, 足りない程, 跳ね返ッ, 長さ三尺, 長さ二三尺, 閉め残されて, 閉め残されてるその, 閉め残して, 開きました中, 開けたま, 離して, 離れた壁, 離れた所, 離れて, 青い空, 飛び上つたまま, 高いだけ, 高くし

▼ 二~ (167, 0.1%)

8 に分れ 5 の涙 3 に別れ, の矢, の糸

2 [16件] と糸, になっ, にわけ, に分かれ, に分け, のうすい, のリボン, の入墨, の大, の大川, の川, の白い, の皺, の細い, の道, の青い

1 [113件] あった, あつた, ある, しかねえまだそう, ずつ四つ, ずつ客, ずつ比べ, それから水, たなびく野面, だから, だけかかっ, で, であって, でそれ, でて, で結ばれる, となっ, となつ, となる, ともつれ, とも錆び, と五弁, ならんで, に, にそこ, についてゐる, につながる, になつて, になり, にわかれ, に切れる, に岐, に流れ, に溢, に竹, に続い, に綯, に裂けた, に見え, ぬれて, の, のくぼんだ, のせせらぎ, のつ, のつながった, のみれん, のレール, の傾向, の光る, の大粒, の太い, の平行, の廊下, の手拭, の手提電灯, の暖簾, の条痕, の林檎, の流れ, の熱い, の燈心, の田川, の白髪, の緒, の線路, の縄, の縦, の腱, の自身番, の藁屑, の輪道, の道路, の野川, の釣り手, の鉄条綱, の長い, の間道, の黒い細い, はかけられない, はそこ, はっきりきざまれ, は三河, は羽, ばかりの白い, ばかり渡し, ばかり白く, ばかり買っ, ほどえぐる, も三筋, を射立てられ, を添え, を花がけ, 作られて, 光って, 出る, 垂らして, 垂れた一定, 寄せて, 持ったまま蚊帳, 持つて, 振って, 敷かれて, 残して, 流れ出地, 深い皺, 深く引き, 絶ちまさに, 落合うた, 見ゆるよう, 赤い毛糸, 辷るよう, 長くた, 黒くなっ

▼ 二代目~ (166, 0.1%)

4 である, になる 3 と三代目, の三甚 2 の七兵衞, の左団次, の甚五郎, の薄墨華魁, の蛇吉, の雑種, の高尾, はもう, は初代, を継い

1 [132件] いつもと, お鯉, かと半, からの分家, から本当に, か二代目半, がまた, が中堅, が二十五歳, が初代, が城井久右衛門, が現れない, が色白, が若い, だ, だぞ, であつ, であるその, です, ですね, では, でベッド, で一九, で初代, で大いに, で浮浪人, で重, といい, とした, としての彼, としてはもう, とまでは行かなかった, ともいうべき, にし, にすえた, にでもなった, になっ, になりかかっ, にはそろそろ, には人口, にもや, に対する一種, に幽, に於, のお, のおさなき, のすぐ, のでオノト, のヘロデ, のペレウス, のローマ皇帝, の七兵衛, の不思議, の世, の世の中, の主人, の主人学, の交友, の代, の伊勢屋, の俺, の先祖, の加茂, の喜兵衛, の団十郎, の団長, の国貞, の多助, の天鼓, の将軍, の建文帝, の後嗣, の悩み, の所長, の時世, の時代, の株, の桝田屋惣右衛門, の次郎左衛門, の永助, の清十郎, の爺さん, の甚五兵衛勝則, の生涯, の皇帝, の盛名, の種員, の穀物, の紀, の者, の胤舜, の舞台, の芸風, の若い, の衣装飾り, の親分, の親分株, の評, の長, の館長, は, はこれこれ三代目, はそれ, はまだ, はピストル, は三代目, は住宅地区, は恐ろし, は日本橋区大鋸町, は自分, は駄目, へ来, ぽん太, もうなずいた, も出, も大きな, らしく一つ, をし, をつぐべき, をゆずられた, を初代, を助け, を受け継いだ, を狙っ, を狙つて, を継いだ, を継ぐ, を見, 又九郎夫婦, 常慶, 或は三代目, 浅公

▼ 二十二歳~ (165, 0.1%)

10 の時 9 になる 5 のとき 4 である 3 だと, であるが, になっ, の若 2 で戦死, にし, のチェーホンテ, の周樹人, の夏, の女, の文吉, の春, の良寛さん, まで

1 [105件] から二十七歳, が最高, この投書, だ, だからな, だった, だったころ, だったろう, だったん, であった, であったが, であったの, であった筈, であった領主, でありました, でご, でございます, です, ですね, ではじめて, でシャビエル, でマニラ, でヴォルガ, で一彦, で丁度, で四年前, で完成, で御, で春, で東京, で桃割髪, で死にました, で江戸, で深川籾蔵前, で若, で麻疹, という娘ざかり, という齢, といえ, といった若, といへ, とし, としるし, となった, となり, となる, とは見えなかつた, と聞きました, になった, になりました, になります, になれ, に再び, に見える, のとき彼, のとき酔い泥屋滅茶滅茶先生, のとんだ, のもの, のアメリカ, のゲーテ, のシャンガラ, のターニャ・イワノヴナ, の久美子さん, の二月, の佐吉さん, の余, の大原右之助, の大学生, の婦人作家カースン・マックカラーズ, の年, の当時, の彼, の愛人, の新年, の新調, の早春, の春の作, の時アンナカレーニナ, の時一高, の未婚女, の武蔵, の母, の浮浪, の男, の筈, の者, の若い, の若僧, の若年, の謂わ, の青年, の青年なみ, の頃, までに出来た, までに恋, までのもの, まで独身, もう二人, も年下, より二十三歳, をむかえた, を迎えます, を頭, 御自身, 若盛り

▼ 二十代~ (165, 0.1%)

8 の若い 5 の貴公子 4 の人, の青年 3 の時, の美青年

2 [12件] から三十代, だとも, に結婚, のもの, の事, の女, の昔, の時分, の男, の者, の頃世の中, はブランク

1 [114件] からそう, からなくなる, からの望み, から白髪, から頭髮, か三十, か三十二三, か三十代, がきる, が終らう, ぐらいに見え, だった, だつたの, ちかく続いた, であった, であった両氏, である, であるからと, でこの世, では, でもなくなった, で全く, で故郷, で早く, で死ぬ, で死ん, で結婚, で逝く, で非常, と二人, なの, なのね, なるか, なれば, にその, にはい, にはモーパッサン, には八十キロ, には死ぬる, には永く, にわたるところ, に二三年他郷, に当時流行, に於い, に於けるかずかず, に痔瘻, に見えた, に見える, に限る, に鰤網, のうち, のこと, のころ, のはつらつ, のふしだら, のほやほや, のもしくは, のジェネレーション, のハツラツ, のバルザック, の人々, の俥屋, の健か, の全国, の噴霧, の声, の天皇, の天皇安康, の女性, の娘, の学問, の安康天皇, の小杉さん, の心情, の快活, の時鴎外先生, の最後, の決断, の狡, の生一本さ, の生活, の男女労働者, の立派, の精鋭, の絵, の美女, の自分, の自尊心, の良心, の艶, の若い男らし, の若い男らしかっ, の若者, の著述, の血気, の血気盛り, の言わば, の讀者, の青二才, の青年俳優, の頃, はそんな, はもちろん, は惨憺暗黒, まだ明治以前, までで, までの八十歳, までの生活環境, もつづいた, も祟る, や三十代, より三十代, より後家, を顧

▼ 二~ (165, 0.1%)

46 の駕籠 9 の駕 7 の鉄砲 3 のピストル, の三味線, の山駕, の拳銃, の早, の銃, 持って 2 だよ, のトヤ駕籠, の櫂, の町駕籠

1 [74件] あります, ある, ある切り, からも老女, この頃本所, しか役に立たなくなった, ずっと彎刀, ずつ, ずつかつい, そっと裏口, その後ろの, た, つづいて, でこれ, でござったか, ではない, で二千両, で小柳, とそれ, とも床, とも発射, とも私, とりだして, と火薬一ポンド, と獲物袋, と鑓, ならべて, にお供, にした, には次, には見, のはや, のセロ, のパチンコ, のヴァイオリン, の乗物, の剣, の匕首, の匣槍, の小銃, の山轎, の斧, の旅駕籠, の板斧, の櫓, の肩代, の肩輿, の車がらがら, の鋏, の鏝, の鏡, までともし, みつけて, もって, もつて, も三挺, よぶと, をかけた, をかつぎ, をぶんぶん, 両脇, 並べて, 出させて, 出る, 呼んで, 大きな紙入, 持ち乳呑児, 持ってるか, 灯って, 立てられた, 結びつけて, 行く, 通って, 釣らせて

▼ 二三十人~ (164, 0.1%)

5 の人 4 の武士 3 の人影

2 [14件] が中, して, だけ, になり, に及ん, の中, の土民男女, の壮士, の男女, の留守軍遊隊, の者, の覆面武士, もある, もどつと

1 [124件] あるはず, ある筈, いつも大声, いましたよ, いるかも, いる男女, かたまって, からの店員, がてんでに, がみんな, が之, ぐらいだ, ぐらいでした, ぐらいに見える, ぐらいの人員, ずつの群, ずつもやってき, ずつも往来, ずつ一団, でお, で私, で駆け, どっと押し寄せ, にてお, になったら, にもなっ, にも上った, にも及ぶ, によつて心, に一人位, に分配, のうち, のお, のお客, の人たち, の人夫, の人屋内, の人数, の仲間, の兵卒, の兵士, の労働者, の友達, の可愛らしい, の土人, の声, の子分, の小隊, の手下, の手下たち, の文学者ども, の朝鮮, の木偶の坊, の棍棒連, の法師武者ら, の生徒, の男, の男たち, の町内, の番士たち, の病死者, の美女たち, の群衆, の若い, の蛮卒, の証人, の足軽, の郎党ども, の門弟, の音楽愛好家, はあります, はいただろう, はいる, は家, は続い, は集まらなく, は集會, ばかりあります, ばかりいた, ばかりおれ, ばかりにても動かし, ばかりの男打, ばかりを持ち来たし, ばかり嶮岨, ばかり集つて, ほどの手下, ほどの頭数, ほどは巣, ほど集まっ, まいって, もあったろう, もあつ, もいた, もいたであろう, もルンペン, も人, も山路, も押しかけ, も来, も真っ裸, も置い, も落合つて飮, も跳びつい, も連れ, も集まっ, も集まった, よこせと, ゐる酒場, をひき連れ, を召し連れた, を率い, を立たしむべき, 列んで, 多いとき, 居ましたよ, 居るから, 来て, 死にました, 殺したと, 申し合わせたらしく性教育, 立ち掛りて, 辛くも鎖した, 集まって, 集めて

▼ 二十八~ (163, 0.1%)

8 か九 7 になる, の年 4 である 3 だが, だと, であった, にもなっ, にもなる, の軽部

2 [13件] だ, だよ, です, ですよ, で母親, という年, とかで, にてみまかりし, になっ, になった, になつて, の多血質, の時

1 [93件] から三十, が頭, じゃない, その若い, だけすなわち, だ相, で, であつ, でありますが, でご, でございますもの, でしたが, でしたよ, ですわ, でその, でどっち, で左近権少将, で故郷, で申分, で藩主, で試合, で黄金舎, という男盛り, といふ, といふ男盛り, といふ若, といふ齡, といふ齢, とかで評判, とこんど, と云う, と明記, と解し, と註し, なの, なのよ, に, にこの, にちの巳, にて蔵人頭, になつ, になりました, にもなつて, に出, の, のお, のおたふく, のときテック公爵, のオールド, のフランシス, の両日, の二日間, の二本棒, の人, の今日, の伜, の倅, の働き盛り, の充分, の出戻り, の夏, の女, の婦人, の寝台, の年ごろ, の年彼, の春, の歳, の独身者, の白面, の石婦, の私, の良い, の花, の若造, の豊滿, の頭蓋骨, の馬鹿殿様, の齢, は三十八, ほどの痩せぎす, まだ叔母さん, まだ大学, までの積, まで生き, も年下, も点けてる, も點, やそこら, や六, を年三十八, を頭, 子棠助四つ

▼ 二~ (163, 0.1%)

12 の草鞋 4 か三足, の靴 3 の下駄, 歩いて

2 [12件] か三足ソーッ, しかない, にし, にち, の獣, の靴下, は穿い, ばかりで, ばかり前, ばかり古い, も三足, 行っては

1 [113件] あり肉紅, あるいは四足, あるき出しましたが, あるき出すと, あるでねえか, ある奇蛇, ある筈, いただいたから, おくれて, が三足, くれた, ぐらいは入用, ぐらいひろく, だけしか履かなかつた, ちかづいて, つ, で, では, でもって立つ, でも三足, で三文, で歩み得る, で通り過ぎる, とした, とはい出し, とは離れない, とまた, ともちやん, ともまるで, とも折っ, とも穿い, と先, と山, と歩い, ならんで, なんていらん, になり, にハンケチ, のうち, のくつ, のみあり, のみある, のりだした, のわらじ, のワラジ, の中, の古い, の女, の庭下駄, の木靴, の痕跡, の草鞋以外, の蛇, の長靴, はある, は判断, は変形, は革鞄, ばかりあいだ, ばかりあと, ばかりあるい, ばかりうしろ, ばかりお, ばかりしだら, ばかりはなれ, ばかりひょろひょろ, ばかり三四郎, ばかり出た, ばかり小走り, ばかり引返した, ばかり後, ばかり折れ, ばかり早く, ばかり板, ばかり横, ばかり歩い, ばかり歩いた, ばかり歩む, ばかり立ち, ばかり糸, ばかり踉蹌, ばかり進んだ, ばかり飛び出した, ばかり飛び退い, ふん込ん, ほどの向こう, ほど乾い, ほど引く, ほど後, もいただき, もつて, も下駄, も戻る, も歩かない, よろめいて, をば幾日, を具え, を正当, 出し万三郎, 取って, 寄っては, 持って, 持つて, 揃えた, 揃って, 残された, 生え躯酒樽, 脱いで, 自個, 退いた, 進み寄るの, 進んで, 運んでも

▼ 二~ (162, 0.1%)

4 の政論派 3 の事業

2 [13件] から三期, で, である, では, とする, に入, に及ん, に於ける, の, の仕事, の整理, の生活, は君

1 [129件] があっ, しか縣會, その前後, その桑, であつ, といい, というの, とか第, とし, として, とするなら, とすれ, とに分け, との甚だ, とは, と仮称, と同様, と定, と為す, と爲, においてはこれ, においては主題, においては哲学, においては本来, においては経営者, において生じた, において素晴らしい, におけるごとき, における国語, における民権論派, における若干, における音韻, における音韻変遷, になります, になる, には三日月形, には出生, には出生一二, には奴隷, には山, には生活, にまで進ん, にわけられる, に位する, に入っ, に入らん, に分け, に分つ, に分れ, に區分, に向かっ, に属し, に文芸附録, に於, に移る, に突然, に素人芝居, に至り, のそれで, のもの, の下限, の五百年, の代表, の住居, の利益配當, の前半, の同じ, の名工, の営業, の大成的發達, の大統領, の失意煩悶, の工人中, の思想時代, の恒例, の恩賞, の政論, の数, の新しい, の方, の末, の活字, の深刻味, の特質, の発展, の研究, の空, の突堤工事, の競馬狂時代, の約, の終, の終り, の終末, の花, の花形, の象徴詩, の貧乏, の迫害, の連鎖, の過激民権派, の開拓, の閾, の雑詠, の音韻, の頃, はすぐ, はその後, はソフィスト, は一六九〇年, は享保以後, は何れ, は到頭, は前後二段, は唯三乗教, は新, は明治二十三年, は陸羽線敷設, への峠, への転換, より少い, を勤めた, を合わせ, を現在, を画し, を終る, を通じて変遷, 徐々に輕, 既に尠, 第三期

▼ 二三尺~ (160, 0.1%)

10 離れて 9 の高 7 のところ 5 の距離 4 も上, も積 3 の穴, の間

2 [11件] の厚, の所, も低く, も積もっ, も間隔, も離れ, 伸びて, 動かして, 濃い霧, 離れたところ, 離れた所

1 [93件] いざり出て, から四五尺, から大きい, くらいで, ぐらいの高, ころころと, しかありません, ずつの断片, ずつ引きほごし, ずるずると, だけを輝らす, ですからな, と思い, なる青麦畠, にしか見えなかった, になっ, になる, にも餘, に周囲, に生長, に過ぎざる, に過ぎない, に達したる, に達するあり, のある, のど, のもの, の上, の今, の子, の峭壁, の形, の惨めさ, の或は, の深, の瀑, の甌穴, の白蛇, の矮生, の稚, の空間, の苗木, の赤土, の足跡, の長, の間隔, の雨, の雪, の額, の麻繩, はなれた, はねかえって, はみ出して, はらはらくるくると, は飛び上る, ばかりだ, ばかり上, ひきさがって, ほどの所, ほど後, までは灰, もあらう, もある, もお湯, も下, も岸, も彼方此方, も根もと, も深い, も空, も裳裾, も避け, よろめくと, をはなれ, 伸びたばかり, 動いた, 掘つて, 残して, 残すよう, 深くなっ, 潜る丈, 照らすで, 現して, 程横, 近よっては, 退いたが, 進むと, 長くする, 隔てたばかり, 離れたが, 飛ばされる者, 飛び退いて, 高い急ごしらえ

▼ 二~ (160, 0.1%)

98 三の 15 三と, 三第 4 三に 2 三だ, 三級の

1 [24件] 一より, 一其人に, 一項の, 三が, 三で, 三である, 三として, 三とは, 三ともに, 三は, 三主として, 三及び, 三問題に, 三撃, 三楽章だけ, 三皆しかり, 三等の, 三等地が, 三部に, 三関門は, 九章附録に, 二審事件ハ第, 五第, 十三は

▼ 二三分~ (159, 0.1%)

9 して, すると 3 のところ

2 [12件] たって, たつと, は火鉢, ばかり舞台, ほどにちぎりたる, もする, もたった, も経たない, 延びて, 立たない内, 経つと, 過ぎた

1 [114件] あった時, いたかと, いまして, かかると, が室, が空しく, くらいだった, くらいのもの, しかかからない, しかない, したら何もかも, した頃, すかして, せいぜい五分, そのとき, たった後, たってから, たらずの, だが, だった, だまったまま, だまって, である, であろうが, でいい, でか, ですん, でその, でやってきます, でわたしたち, で一千五百噸, で下り, で例, で半熟, で問題, で尽き, で本船, で来る, で校長, で残り, で泳い, で済ん, で登れる, で終った, で行ける, で馬返し, で馬鹿, という近い, といふところ, とおっしゃった, とたたない, となっ, なのに, なれども, に足らず, のうち, のもの, の厚, はいい, はとても, はまったく, は新聞, は暇, は目, ばかり黙, ばかり黙っ, ほどたつ, ほどの間, ほど綻び, ほど過ぎた, まえに, までさげ, まで出, もおそから, もしたであろう, もしない, もせぬ, もそれ, もゆさぶっ, も乞食, も増加, も居た, も歩い, も経たぬ, も経っ, も経った, も経つ, をへた, を要した, デ奥カラ主婦ガ紅絹, ブラブラし, 乃至四五分の後, 喋り得たの, 小さな蝉ぐらゐあつた, 待たされましたから, 待ったが, 御辛抱, 早く出, 泣きじゃくって, 深い睡眠, 滑れば, 狭い監房, 程たつ, 立ってから, 立つと, 経ってから, 置きに, 芽ぐんで, 見つめて, 話して, 過ぎた時分半紙, 過ぎて, 鳴り続けたのみ, 黙って

▼ 二~ (158, 0.1%)

7 の牛乳 6 の酒 4 とか三合 3 取って

2 [15件] した, ずつ牛乳, とは飲めない, と戦ひ, と砂糖, になり, に割った, のクリーム, のスープ, の水, は無事, も三合, も飲め, を取寄らる, 飲むよう

1 [108件] あしらう, かの晩酌, から二合半, か三合, がまた, が相, が飲めなかった, くらい召し上がりました, くらい飲ん, くれる大, ぐらい, して, じゃア, すれば, ずつやった, ずつ買い, それから玉蜀黍, それで到, だけなり, だけ買, であると, では, でも喜ん, で八十目, で大分御機嫌, で腹, で間, という面扶持, とすこし, とそれ, との替えこと, とは合わせません, とまでなつ, と今, と定まっ, と少し, と激しく, と砂糖三杯, なら百石, にし, にといふ風, に切り下げ, に鰊, の, のお, のお湯, のところ, のもの, のシャンパン, の元気, の切米, の割, の合成酒, の寝酒, の晩酌, の酒肴, の飯, はあるじゃろう, はたっぷり, は御馳走, は是非, ばかりずつのお, ばかりそれから, ばかりつけ, ばかりのん, ばかりの塩, ばかりの酒, ばかり今日, ばかり殘つて, ばかり買い, ばかり飲み, へ砂糖, へ粉砂糖, ほどつとめて, ほどの酒, ほど剥げ, ほど炊い, もいりましねえ, も増やし, も買っ, も飮, も飮けり, や三合, をすすった, をよく, をよし, を嘗める, を少し, を泡立て, を紙, を越えず, を闇市, 今明日中, 先ずバター, 出たの, 出たらば, 即ち合せ, 取り寄せて, 呑んで, 増えたこと, 注します, 温めよと, 絞り取れねえって, 買うて, 買って, 食べますが, 飲みほして, 飲んで

▼ 二~ (157, 0.1%)

5 を自分 4 第三部

2 [11件] である, に分れ, に分れた, のうち, のはじめ, の合唱, の書, の正誤, の正誤表, の第, の終り

1 [126件] あつて, あり, あるもの, あるわけ, から成っ, から成り立っ, か三部, がある, がかかれ, が一冊, が原稿, が志望, そして第, だけは見棄て, だのッ, であって, では, でも出し, でよい, でより, でメフィストフェレス, で初めて, で又, で悪魔, で試みた, とあんなに, として日本, となつて, との正誤表, とはない, とは次郎, とをそしてまた, とハガキ, と分れ, と第, にある, においては彼, においてファウスト, における有名, にし, になっ, になる, には史傳其他世俗, にわかれ, にわたって能う, に人首馬身, に入, に入っ, に分かたれ, に分ち, に分ちます, に分つ, に別, に区分, に岐, に特有, に行く, に述べられた, に這入つ, の, のため, のやや, のインゲボルク, のショパン, の一幕, の二番, の仏蘭西語, の併存, の天上, の工科, の形, の批判的, の歌, の漢紀, の相違, の算書, の紙型象嵌, は, はただちに, はみんな七丁目, はよく, はアンチック, は一昨年, は不用, は中野実, は五十年後, は工科, は悉く, は文学, は昔, は此人, への發展, へ入っ, へ入る, へ出る, へ行っ, も終り, も訳し, やら方角, より成る, をかきはじめる, をとおし, をなす, をも細, をよん, を三益, を公, を出し, を出る, を取りあげ, を完成, を対立, を志望, を書き終る, を添, を考へ出し, を脱稿, を腹, を貫く, ノ開始, 及び一部, 第三編, 第二章, 第二編, 買ってでも, 迄見る

▼ 二百両~ (152, 0.1%)

17 の金 4 という大金 2 でも三百両, という金, と百八十両, にでも三百両, の端唄, の金子, もする, を持っ, 借りて, 持って

1 [111件] あると, あれば, かえ, かかったそう, かけたと, から上, か五百両, が芸妓, ぐらいはある, ぐれえの, こしらえて, こりゃ如何, さらに三百両, しか手, ずつの拝借, そうだった, たしかにこれ, だか, だけは見付け出しました, だけ丈助, だと, だの, で, である, でなくとも, でも取れた, でも無心, で片, で諸方, で金, というの, というもの融通, とか吹っ掛け, とか懸賞, とか相当, と一口, と云, と纏まった, なければ, なり, なり三百両, にし, にならねえ, にもなる, にもなるだろう, に成る, に換え, に減っ, のお金, のにせ, のまとまった, の余, の内済金, の割り, の唄, の土産, の小判, の工面, の持合せ, の無心, の紙, の要り, の金包み, はあと, はおろか, はそっくり, は堅い, は掛った, は無論, は矢張り, ばかりになつ, ばかりの金, ばかり貸した, ほどくすね, ほどの内済金, ほど借りだした, ほど負け, まで持ち出し, もあったら, もくれ, も三百両, も半分以上, も持っ, も盗ん, も若旦那, やった, をさらっ, をどこ, を包ん, を受け取っ, を少し, を巻き上げ, を渡した, を贈る, 使って, 入ると, 取ったが, 取れたら半分, 取れたら百両礼, 受取ったに, 埋めて, 撥ねようと, 渡すある, 無くなったの, 盗まれましたから, 程, 程懐中, 貸した処, 返すよう, 這入って, 重いけれど

▼ 二~ (151, 0.1%)

11 の兵 3 から三万, の留守兵, を率い 2 に足らぬ, のうち, の勢, の白い, の軍勢, も三万, や三万, をこえる

1 [115件] ありて, かの金, から二万五千, から二万五千円, か三万, がいつ, がそこ, がなんで, が京都, が敵, が着い, ぐらい雲霞, ず依怙, だ何, であります, でも, で五万円, という大きな, という言葉, という額, とまとまった, と二千, と合せ, と弟, と明らか, と言い, と限った, なお義貞, ならこれ, にならない, に上った, に兵, に減った, に近い, に達した, に達する, のお, のアイヌ語, の人, の信徒, の働い, の僧侶, の先鋒, の兵士, の兵隊, の兵馬, の在郷軍人, の大兵, の大将, の学徒, の将士, の小, の後方, の御, の援兵, の援軍, の救援, の数, の敵軍何もの, の旅客, の武装兵力, の甲冑武者, の甲州勢, の男, の知行, の統計, の群集, の聴衆, の花嫁, の話, の足音, の軍, の軍隊, の遺, の金, の高禄, はあったであろう, はあつて, はあろう, はうごかせよう, はすぐ, はシ, は一せい, は下るまい, は八日, は和泉堺, は岡山, は投げ出すだろう, は捲き返し, は確実, は米出川, ばかしのビャク, ほど出し, ほど竜田越, もつい, もの負け, も勝っ, も増強, や三万どころ, をこえ, をこえよう, をさずけ, をひきい, をひきつれ, を三手, を下らない, を失った, を役し, を数, を突破, を贈っ, を超えよう, を越えなかった, 乃至二十四万, 近い

▼ 二十三四~ (150, 0.1%)

7 の若い 5 の女, の色 4 の久松型, の小, の青年 3 の頃

2 [18件] であった, であつ, で色, とも見ゆる, と思われる, のころ, のまだ, のめくら縞, の学生風, の平凡, の方, の時分, の水, の美しい, の美人, の若者, の華奢, の青白い

1 [82件] いや五, いわゆる小股, からぐれた, からに成らなく, から六七, が艶, くらいの若, ぐらい, ぐらいに見えた, ぐらいのどこ, さうし, しか見られない, それとも五, だとかで, だらう, だろう, だろう病臥, であっただろう, であらう, であるから, であろうけれども, であろうのに, でしょう, でせう, でどこ, でもあろう, で一方, で二三年前, で五, で色白, というところ, と二十歳, と言いたい, なのよ, にしかみえませんでした, にしか見えない, にすぎない, になった, にもなりましょう, にもなる, にもなるらしい, に見える, のうらわけ, のこれ, のちょっと, のはず, のよく, のわけ, のチョコ, のモダン, の両日, の八百屋, の女盛り, の好い, の婦人, の学生, の小僧ッ子, の小柄, の年頃, の役僧, の恭吉, の惜しい, の時, の書生, の母親, の洋服, の浪人風, の独身, の男, の眞黒, の職人, の背, の色白, の若旦那型, の華奢立, の豊滿此上, の馬丁, まさにまさしくべっぴん, まで, らしい, らしいやはり, を出

▼ 二カ月~ (149, 0.1%)

9 の間 4 ほど前 3 に一回, のあいだ 2 かかって, して, でもお待ち, に一度, ばかり前, ばかり経っ, ほどの間, ほど後, も前

1 [112件] あまりたちます, あまり過ごした, いた, かかるだろうという, かせいぜい, くらいしたら, くらした, ぐらいで他, ぐらい來, しかかかっ, たって, たつか, だけ古く, であった, でしょうね, でもここ, でも五カ月, でマリアナ諸島, で河口, で米, で自分, というところ, ともかからねえ, と延び, なの, にし, になる, にもなる, にも値した, に三度位, に各々一冊, に残らず教え, に過ぎなかった, のいきさつ, のうえ, のうち, のところ, の中, の低温室生活, の刑, の小児, の張り合い, の後, の放心, の旅行, の末, の終り, の自宅療養, の辛抱, の野戦生活, の題, はここ, はぶらぶら, は黙っ, ばかしをついやし, ばかりいました, ばかりし, ばかりたった, ばかりの予定, ばかりの間, ばかりの間僕, ばかり休ん, ばかり臥床, ばかり過し, ほどし, ほどつづい, ほどである, ほどで起きあがる, ほどになる, ほどのあいだ, ほど以前, ほど入れられる, ほど国文学, ほど土工, ほど寝ついた, または十二カ年前, もある, もいる, もこういう, もしたら, もする, もせぬ, もたっ, もたった, もアンパン, もミルス, も三カ月, も先, も寝る, も経たない, も経たぬ, も続い, やそこらアメリカ, や三カ月, よりもっと, をすぎ, をマウナ・ロア, を巴里, を暮した, を経, を費し, を通じ, を過ごした, 即ち昨年, 失って, 弱りきった顔, 時には六カ月, 程警察, 経っても, 経つと, 遅れて, 過ぎた今日

▼ 二人共~ (149, 0.1%)

7 黙り込んで 4 だまって 3 若くて, 黙って 2 に御, 同じ夢, 長い間, 黒いしかん巻, 黙つて

1 [122件] あの女, いうべき事, いかにも無邪気, いやあなちぐはぐ, うつらうつらし, お嫁, お紋, お若い, お蝶, お達者, お酒, お金持, かき消す様, かせぎでも, がっかりし, が心, きつと, ぐずぐず云わねえで, この春徴兵検査, この春徴兵檢査, さすがに, しつこく黙り込ん, しばらく沈黙, じっとし, じっとそうやっ, すぐ顏, すぐ顔, すっかり気持, そっくり支度, その日, その頃三十五, たいした年増, ちょいと, なくなり私, にお, にその, に何となく, に大, に死ん, に死んだ, に真実, に飲んだ, に高座, ぬからぬ顏, ねちねちした, まだ二十代, まだ考え, まだ若い, まだ若かっ, まつたく初め, まるで山出し, まるで違っ, むっつりと, もう死ん, もう自分一身, やられちゃった, ゐなかつたと, ゐなかつた筈, 乗れないとは, 仰向いて, 何一つ知らなかった, 信じ切って, 倒れて, 入る, 出来ずに, 刺そう, 危うく踏, 又おしだまっ, 又押し, 同じよう, 同じ下宿, 同じ英文科, 喜ぶ顔, 固くなっ, 多分存命, 如何にも世, 寝て, 小さい聲, 少し冷え冷え, 少なからず困つた, 居なかったら至急, 帰らないん, 度々見た, 強いては, 御丈夫, 怒つたま, 思って, 怠けてばかり, 恐ろしく利口, 恐ろしく口, 恐ろしく汚い, 恐ろしく真面目, 悪くなかった, 感じた, 抱き合ったまま馬車, 探るよう, 早く休んだ, 暫く黙, 本当にし, 死んだ事, 死んでしまつ, 死んでしまつた, 殺されて, 殺して, 殺すか, 決して一緒, 治まった, 淋しい笑い, 眠ってるから, 知らぬ者, 笑い出して, 笑って, 答えた, 若いが, 荒い飛白, 落ちて, 負けず劣らず美しくも, 際立つて, 離れて, 飲みほしてないじゃ, 黙々として, 黙れ

▼ 二日前~ (149, 0.1%)

10 のこと 5 の夜, の晩 3 にあの 2 に, に入用, に同じ, に殺す, に金富町, に首, の夕方, の朝

1 [110件] かあるいは, からこの, からその, からブリュッセル, から一度, から三河屋, から使わず, から出, から初, から地中海, から始まり, から練習, から鎌倉, から霽, から顏, つまり明後日, であった, であつ, である, です, とかに多, とか島田, ないし, にある, にお, にそこ, にその, にたつた, について静養, にならなけれ, にね, にはこの, にはぼく, には対局地, には老婆, にまずく, にも同じ, にも安東付近, にウードレー, にシキウキチョウアリタシ, にヒマ, にビリング医師, にボイラー, に三池典太, に下った, に久しぶり, に予告, に伊三郎, に何, に俺, に兄, に利根川下流, に名古屋, に品川, に四半年分, に埋めた, に夜友, に天下茶屋, に天気, に天狗先生, に奥山, に家出, に少なくも, に届い, に山, に布教, に心友, に打たれてた, に既に, に明智, に書いた, に本署, に本類そちら, に此, に死ん, に流れ出でたる, に湯河原, に由井, に老, に自分, に艦長, に若い, に見た, に起った, に降った, に雑誌, に雨, に龍子, のあの, のギリギリ, の一言, の七月十九日, の三月廿六日, の写生, の十三日, の土曜, の夜也, の夜乱闘, の山中, の朝野新聞, の残雪, の雨, の静, は曇った, まではその, までは名前, まで日記, まで近所, まで野ら仕事, より雨

▼ 二日間~ (149, 0.1%)

2 がある, で突破, というもの, に於, も発熱, を思い出し

1 [137件] あの宿, が小春日和, くらい打っちゃっ, ぐらいは利い, この雰囲気, その大命, たえまなく議政壇上, だったろう, である, でかき上げ, では, で一瀉千里, で九十六円, で今, で此療法, で私, で跡かた, ということ, というもの高いびき, というスピード婚礼, という休符, といふもの, といふもの一歩, とめられて, にこの, にし, にした, にすべて, にその, についやし, には村, にやつ, にわたった, に万事, に二万本, に亘り, に亙っ, に亙つ, に初めて, に回復, に娶る, に嫌疑, に捕らえられなけれ, に漸次鎮静, に見, のお, のつもり, のとり, の不安, の事, の作, の出來事, の出演順, の売上げ, の売上げ百円余り, の山上, の彷徨, の旅, の日記, の晴天, の暴動, の暴風雨, の検束, の模樣, の汗, の溜め呑み, の漂流中, の爆弾演説, の猶予, の疑問, の疲れ, の疲勞, の祇園祭, の興行, の苦痛, の蕪湖滞在, の行事, の講演, の遠出, の長崎寄港中, の雨, はある, はなん, はべつに, はフロイス, は俗事蝟集殆ど息, は各, は同じ, は四十度八分, は尊氏対直義, は松村, は毎日, は白湯, は雨天, ぶっつづけに, ぶつ續, ほど追いかけた, ほど頭, みたが, もぼんやり, も埋められ, も引きつづい, も張りこん, も新生寺さん, も欠席, も歩き廻っ, も返電, も部屋, も飛び廻った, も黙っ, やって, をば唯, をクリストフ, を安土, を私, を費し, を費やし, を連日舞台稽古, を過ごした, を限り, を雨, ムッセン街道, 使っても, 寝込んだ, 当駅保線区, 思い出せなかった, 悩まされた, 打つづけの, 流れつづけそれ, 深く雲裏, 眠らなかった, 続けさま, 舁いたが, 行って, 降り續けた, 飲んでないから, 黙々とただ

▼ 二葉亭~ (149, 0.1%)

4 の存在 2 の膝, の鉄槌, の飜訳, は余りに, は眼, をし, を訪問

1 [131件] あったが, あるを, から度々, が一世一代, が一度, が学堂提調, が実行力, が心, が文学, が浪人, が能, であった, である, であると, ではかえって, で彼, といっしょ, との文体, との談論, とはホン, とは偶然私, とは学校時代, とは最も, とは親たち, とも度々, とよりも古く, とを結び付ける, と会見, と女郎屋, と議論, と面会, には出来なかった, には馴染めなかった, にもまた, に力説, に対して彼, に接し, に辛抱, に関する坪内君, に限らず, の, のあの, のいう如く, のこの間, のため, の一身上, の人物, の仕官, の作中屈指, の再起, の名, の噂, の大人, の如き, の実業, の家, の志ざす, の思想, の思想動揺, の性分, の性質, の手腕, の才能, の持前, の文学, の方, の易簀当時暹羅公使, の最後, の注文通り, の消息, の源流, の熱心, の生涯, の自活, の薫陶, の言文一致, の訳文, の訳筆, の論策研究, の趣味問題, の足蹟, の身分, の重々しい, の面影, の頭, の顔, の風格, の鼓吹, は, はかつて, はこの, はそれ, はマダ部屋住, は二葉亭四迷, は八門遁甲, は冷, は博士, は印度洋, は周囲, は外字新聞, は学校, は実に, は家庭, は小説家型, は居, は山本伯, は常に, は幾分, は強, は文章, は新作, は既に, は日本, は旧人, は洞察, は無知, は舞台監督, は軍事, は運, へ行き, も美妙斎, や鴎外, をも憶, を反省, を憶出, を猿楽町, を百方慰撫, を知る, を聘そう, を訪ね, を説明

▼ 二十四時間~ (146, 0.1%)

8 のうち 5 の間 4 であること 3 しかない, の中 2 つづくと, の内容, の後コロンビア, を八時間

1 [115件] かかった, かかるだろういくら, かもしくは, がすぎ去っ, がたやすく, が私たち, ぐらいにで, すぎた後, たったあと, たてば, だか, だけ南, だつたわ, つ, つづくこと, であったから, でふたたび, でまだ, で一廻転, で人間, で地球, で書かれ, で死ん, で見事, で解決, というもの, という怨霊, といえ, として言いあらわした, とたたない, とわたし, と三十分, なにかかに, にくいこん, にその, にて地心, にとって何, にはその, にはそれから, にはソヴェト式, にふやした, にコップ, に一, に一度, に二百六十六マイル, に何人, に分け, に大阪, に捜しあてなけれ, に百哩, に素子, に細分, のうち二十三時間五十五分, のうち十時間, のおそらくはたいして, の一日, の上, の休暇, の内, の出来事, の周期, の大, の大半, の後, の猶予期間, の船, の長篇ジョイス, の間一食, はぜひとも, はその, はどんな, はもつまい, は何, は寸刻, は救援隊, は睡りつづけるだろう, は食物, ぶっと, ぶっ通し, ほど経った, もかかっ, もたたない, もつづく, も遅れ, やそこ, より長い, をぶっ, をわけて, を三交代, を何, を八時間制, を完全, を或は, を手前勝手, を殆ど仕事, を経, を要する, を計っ, を週期, を過す, 保たしめる, 働いて, 働きつづけに, 入れて, 入れられて, 吹くならば, 待っても, 持たせるの, 立てつづけに, 経たない以前, 経たねば, 経ったその, 続きます, 聞きなれた僕, 近づくモロー彗星

▼ 二三杯~ (145, 0.1%)

10 の酒 9 飲んで 4 飲むと, 飲んだ 3 つづけて, は息

2 [12件] あがって, あふつ, か, でもう, のむ, のむと, のん, のビール, の盃, もやつ, を飲んだ, 後一杯

1 [88件] あがったと, あほる, いそいで, いただくと, うまそう, お代わり, かたむけるありがたい, かっこんで, かつこん, きめ出すと, ぐいぐいつづけ, ぐらいの酔, しか呑めず, しか飮, ずつ干した, ずつ飲む, ずつ飲ん, たてつづけに, だと, つづけさま, つづけざま, でで, でももはや, でも飲ん, で止め, で跡形, で醉, といふところ, とりためた, と肉汁, ねだって, のまされそうして, のみつづけた, のみ干した, のセメント, のバケツ, のラウチュウ, の水, はい, はいけます, はひつ, は許す, は食べられる, ひっかけて, もすすりかける, もとった, もひっかけ, もらわずには, も呑ん, も飲む, も飲め, やったため, やつて, やりたい, よばれて, を傾け, 傾けて, 傾けると, 冷たい茶碗酒, 呑んだ酒, 呷って, 呷るその, 呷切, 干して, 引っかけたが, 引つかけたが, 引つ掛けて, 持って, 掻き込んだまま, 毒々しいほど, 汲んで, 流し込んで, 漸く飲む, 空けた, 見舞って, 詰めこんで, 這入る小さな, 重ねると, 食らわせて, 飲ました, 飲みました, 飲み干したり, 飲み干すと, 飲み歩いたもしも, 飲むうち, 飲んだので, 飲んだら今朝, 飲んでから

▼ 二十枚~ (145, 0.1%)

7 の歯形 3 の皿, ばかり, も三十枚 2 では, と引受ける, の短篇, の走り書, ばかりの原稿, ばかり重ね, ほど, ほどかき, ほどの短篇, を夢

1 [109件] あつた, あらかじめ仕入れ, あるいは百五十枚, お借りした, かある, かいたのち, かいたら又, かかなければ, かききょう, かき終ったところ, かくところ, か三十枚, があります, が印度ゴム, くらいの違った, くらい画い, くれたん, ぐらい, ぐらいそのまま, ぐらいの, ぐらいのせます, ぐらいの紙切, しまう, ずつで十三回, ずつキチン, ずつ都合三袋, その代金二百両也, だから, であること, でございます, ですむ, でも三十枚, で拾銭, で自然, とあと, といふ小説, とか枚数, とつづけ, となげこまれる, とまとまった, とを頂戴, と出, と読まぬ, と讀まぬ, なるも, なんてかけない, にひきのばす, に纏め上げた, のばいきんだらけ, のもの, の上, の人間, の力作, の寄稿, の時, はいつ, は一日, は仕上げる, は分け, は口述, ばかりで, ばかりになり, ばかりの, ばかりのレコード, ばかりの評論, ばかりの鴎外, ばかりを口授, ばかり封筒, ばかり持っ, ばかり書きます, ばかり贈, ほどかい, ほどこの, ほどの画布, ほどの間, ほども書いた, ほど敷ける, ほど書く, ほど歴史文学, ほど続篇, もため, もの, もの紙きれ, もひと, も入れ, も取る, も挙げる, も書く, も献納, や三十枚, よりは新しい, を, をはなむけ, をばわれこ, を七十五銭, を薬料, 少し, 御送付, 或はそれ以上, 書いた, 書いて, 書いては, 書き上げた, 本葉, 渡しました, 砕くと, 程の画, 程の畫布, 近いもの

▼ 二時すぎ~ (145, 0.1%)

5 に出, 迄, 迄か 4 であった 3 になる, に出る, まで 2 である, でしょう, に家, のこと, まで仕事, まで居, 寝る, 迄ぐっすり, 迄のむ

1 [99件] あの男, おかえり迄, かえる, から, からか, からと定, から七時, から二時頃, から二荘, から伊藤松雄, から十一時, から工員, から晴れ, から麻雀, だし, だった, だったこれ, でもおどりで, で弱い, にかえる, にかけて昼飯時刻, にけたたましく, にしかこの, にそつ, にそれ, になっ, にはもう, には乗客, には堯, にアガリ, に了, に二人, に入れ, に出かける, に医員, に及んだ, に女房, に宿, に帰る, に店, に座, に待ち兼ね, に新宿駅, に新橋演舞場, に琴平駅, に目, に眼, に終り, に落合った, に行き, に馬頭, に高槻, ねついた, ねる, の日光, の橋, の汽車, は如何, までお通夜, までかかりつめ, までねた, までぶとう, までもある, までもその, までもやっとる, までブラック, まで一生懸命, まで問題, まで居た, まで戸外, まで歩く, まで聞こえた, まで話し, まで起き, まで飲み, まで飲ん, もう嫌, ゆっくり食事, よ, をさして, 帰る, 引きあげる, 歩いて, 眠い, 着東宝文芸ビル, 苦しくて, 辞して, 辞す, 迄これ, 迄つかまっ, 迄で一かた, 迄ね, 迄ねた, 迄のみ, 迄やり, 迄二日分, 迄第, 迄話し込み, 迄話す

▼ 二時過ぎ~ (143, 0.1%)

10 であった 3 でなければ, になる, に到着, に眼, に私 2 だった, だつた, だと, など近所, になっ, に廊下, まで帰らなかった, まで行乞, まで起き

1 [100件] かと, からにし, から一時, から一時過ぎ, から今, から行く, だぜ, だったそう, だったと, だよ, であったかと, であったが, である, であるが, でした, でしたの, でしたろう, でしょう, ですから, ですな, で函館, で引越して, で無ければ, となり, にある, にそれ, にとほる, になつ, にならう, にはじめて, には宿, にぴかりと, にも登つたの, にシャツ一枚, に出, に出帆, に別れた, に受持, に吉良, に喜兵衛, に室, に小さな, に帰った, に帰つて, に床, に御, に手水, に来た, に案内, に母親, に湯, に状態, に現われる, に申込者, に着き, に自動車, に芙佐子, に解雇工員, に豐津着, に赤ん坊, に起き, に起床, に通る, に通行, のこと, のモンマルトル, の夜半, の汽車, の陽, ましてこの, まで, までのべつ, までも近所, までも酒, までやっ, までディノソウルス, まで井汲清治, まで店, まで御, まで応接間, まで断食, まで机, まで百合ちやん, まで私, まで続いた, まで織りつ, まで聞え申し, まで聽, まで話し, まで讀書, まで頑張られる, まで飲み, まで飲み続けた, まで飲む, やない, より帰途, 迄かかっ, 迄も話し込み, 迄交, 迄消えなかった

▼ 二~ (143, 0.1%)

39 では 3 と第, においてはこの, のもの, の文

2 [11件] が出た, との間, においてようやく, にはここ, の削除, の序文, の記述, の部分, は第, より現, を公

1 [70件] からである, からのまま, からのもの, から加わる, から本文, がある, が一八八九年, が現れた, であり次, でもっと, で一七〇二年, で削除, で本文, とのそれ, においては第, においては貨幣編, においても第, においてケンブリッジ学派, において第, における本章, にし, については, になく, にはこれ, には全然, には必ず, にも現われ, にマース川渡河強行, に出た, に加えられた, に採用, に続い, に附する, のあとがき, のため, のまま, のみで第, の三八六, の分, の加筆, の原文, の右, の序文中, の序言, の形, の本章冒頭, の準備, の第, の約, の締切, の訂正増補, の訳文, の諸, の附表, はこの, は初版, は執政政府, は明治二十三年十月十日, まで, より加えられた, より現われ, をまっ, を出した, を出したい, を売っ, を指す, を求め得た, を準備, を請求, 第二篇

▼ 二十七歳~ (142, 0.1%)

11 の時 5 にし 4 であつ, である, で結婚, になる 3 であった, で死んだ, の女, の若 2 だった, でしか, でエンジナー, と二十五歳, になった, になり, のとき, のチェーホフ, の天野大助, の年

1 [78件] か, から三十二歳, くらいだった, ぐらい, ぐらいの作, ぐらいよ, じゃが, だから, だった作者, であったが, でこれ, です, で二の丸火の番六十俵田口儀三郎, で亡くなっ, で允成, で同じ, で妻, で早く, で本陣さき, で死刑, で病死, で終る, で色, で若死, で述懐百首, で逝き, で遊蕩, という若い, といふ若, となっ, となる, と云う, なので, になっ, になります, に成る, に至る, のお, のおぼろ, のころ, のとき原子核, のとき父, の中小姓, の事, の今日, の冬, の初春, の坪内逍遙先生, の壮齢, の夏, の妻木右, の嫡子瑞長, の小谷さん, の山陽, の弱冠, の彼女, の成年男子, の春, の朱桓, の正月, の生命, の秋, の絹子, の美男子, の胸, の若者, の身体, の追憶, の頃, は二十六歳, ばかりで, までは席, までを青年級, まで童貞, まで耐え忍ぶ, を一期, 出戻って, 迄はただ

▼ 二人三人~ (141, 0.1%)

2 ずつかたまっ, の人, の命, の拜見, はどう, も置く, 見える, 走り来て, 連立ちて

1 [123件] ありこの間, あるやう, からみ合って, がこそこそ, が低い, が気味悪, が踵い, さびし鴉, ずついつ, ずつこの, ずつその, ずつで機関銃, ずつ人め, ずつ仇家, ずつ別れ別れ, ずつ向う, ずつ寄っ, ずつ日本兵, つれ立って, では, でも困ります, でも強い, とあちこち, といっしょ, といふ人物, とし, とつづい, とつれ立っ, となる, とみんなそれぞれ, と今度, と出, と別れ, と加わる, と勇敢, と医者, と去り, と同類, と周章て, と姿, と宿, と寄つて, と患者, と抜け, と掃除, と掘り出される, と搜, と散っ, と数える, と旅客, と既に, と欠け, と次ぎ次ぎに, と歴訪, と猫, と目, と立ち止っ, と絶えず, と続い, と逃げる, と連れ, と連れ立つ, と連立っ, と隊, と集つて, ないし五六人, ならずあったこと, になる, によつて, のそり, のそれ, の互に, の人手, の人間, の刀, の女の子, の女性, の妓たち, の妾妾, の娘, の子供, の小さい, の押入り, の拝見, の旅人, の死ぬ, の母, の男女, の登場人物, の組子, の者, の親, の足音, の跫音, はきっと, はきつ, はさき, は他, は思い思い, は我, は泊, は泊まれる, は蔭, ぽつぽつもう乗り始めた, まいりますが, までやつて來, やがて総立ち, を対手, を射, を生ずる, を見る, 呼び以, 寄ると, 小さな蓑笠, 御朋輩, 或いはそれ以上雑多, 或いは四人, 泊めるやう, 相寄つて, 知った面, 見えたるが, 預かつて, 黒い人影

▼ 二三回~ (139, 0.1%)

2 である, の被害, は普請場, も重ね, 乗って, 廻った末, 行ったこと

1 [125件] あったが, あつちこつち, ありました, いいの, いまごろ売出, おもち, お千代, かならず一回, かわりましたが, がすむ, が最も, くりかえしたあげく, ぐらいずつこの, ぐらいずつ先生, ぐらいずつ毛色, ぐるぐると, この方日報社, しか訪れた, しか講義, しか逢った, したと, した後, ずつの下痢, ずつ流れ走っ, その家, その辺, そんなまちがい, つづいた, でお, でどう, で一ラウンド, で運ん, というの, とおったの, と云, になった, になり, に及ぶ, に過ぎません, のあ, のタダメシ, の少雨, の後, の訓練, の連絡, の電車, の面識者, の驟雨, はきっと, はきまって, はそこ, は休み, は城内, は必ず, は掬ぶ, は本人, は聞取, は聴講, は読み直させられ, は酔っ払っ, ばかり同じ, ばたばたと, ひいてから, ひくの, ひらひらあおぐ, ぶつかって, まはし, まわった, まわって, もいく, もお, もぐるぐる, もした, もそれ, も宴席, も屈折, も打ちつづけられる, も木彫り, も欺, も禮, も稽古場, も突きつけられた, も給仕, も繰りかえし, も繰返される, も走らせれ, も連絡, やられて, よんで, フワフワと, 休んで, 会った, 催されました, 吐いた, 呼んで, 多いとき, 廻して, 廻すと, 強く枯草, 当ったため, 打ち返してから, 投げられた, 掲げられたこと, 来たこと, 殴りつけました, 泳いで, 済むと, 瞬いて, 第一流, 続いたあと, 続きましたが, 繰り返して, 聞いたこと, 行っただけの, 見ました, 負け越しに, 踊り脚, 転げ廻った, 転げ廻つた, 軽く咳込む, 通って, 逢ったきり, 遠クノ日本便所, 長い消息, 飲んだ

▼ 二人づれ~ (139, 0.1%)

11 の男 7 の女 5 を見 4 の若い 3 で出, の客, の虚無僧 2 だ, だった, で来る, で私, に自分, の小娘, の影

1 [89件] がある, がこの, が今, が何者, が出, が千住, が多く, が大きな, が小屋, が店先, が横, が漸, が番傘, が禁制, が見える, だが, であった, であります, であること, でお出で, ではさして, でやって来た, で下り, で乗りこん, で仲よく, で佇ん, で参りました, で帰っ, で来, で来た, で来られない, で歩い, で歩いてる, で神田, で行う, で行く, などとは人, に似, に相違, に眞正面, に覚え, のお客, のお客さま, のお客様, の不思議, の今夜, の兄妹, の入場者, の同心, の国学院, の墓参り, の女学生, の女學生, の守衛, の小さな, の少年少女, の巡礼, の座敷, の後ろ, の怪少年少女, の押し込み, の旅びと, の旅人, の旅客, の旦那衆, の朝鮮人, の様子, の横柄, の武士, の洋服紳士, の浪人, の猟師, の男女, の男女達, の老人, の職人, の船旅, の通行人, の酔どれ, の青年, の音響, はこの, は直ぐ, は私, を擁し, を歓待, を誰, ホイホイ君, 早く出ましょう

▼ 二人分~ (134, 0.1%)

7 の座席 4 の食器 3 の悪魔 2 の下駄, の勘定, の夜具, の画, の遺骨, の骨, もある

1 [106件] ある, あるよう, お父様, が僅か, が入った, が入れられる, ぐらいどう, しか用意, して, しや, せっせと食べ, そっくり渡し, だから, だからと, だけお引き受け, だけの分量, だけもつ, だけ前, だけ寂しく, だけ貰っ, だとも, つくること, です, で率, として二十五円, なかなか手, にし, にはなんと, に分けた, に洋杖, のお菓子, のお金, のたべ, のへんろ装束, のスリッパ, のパン, のビフテキ, の世話, の仕事, の入浴, の六百文, の切符, の力持ち, の労苦, の声色, の完全, の寝床, の巴旦杏, の席, の性格, の手, の手荷物, の汽車賃, の洗濯, の洗面盥, の滅茶滅茶, の狂人, の穿物, の簡単, の紋附, の縁談, の芸, の被服, の褥, の設備, の話, の重味, の量, の金, の釣り道具, の食事, の麻酔薬, はうまい, は喰, は支那, もふと, も三人分, も年取つて, も食べたかった, やって, よりもよけい, よりも沢山, らしい, れるの, をたべる, をやや, を一つ, を一人, を割出さなけれ, を引き受けよう, を感じ, を払う, を支度, を皿, を表す, を貰っ, ノ茶ト菓子, 出て, 出来て, 払いなさい, 持って, 揃えて, 滞って, 生きる苦, 積み重ねて, 答えた積り

▼ 二~ (132, 0.1%)

12 あつた 4 ちょぼちょぼと 2 あらう, おあり, その頃学校, 割ると, 死んだの, 死んで, 滅法良い

1 [102件] あまり農事, いくら圓馬盲拝, おととし関西の, おとなしくし, お父様, ここに, これまで, これも, ござりました, さ, さっきあそこに, さ土手, しようよ, すつかり, すなわち円, せう, その重出, それな, ちよいと, とり九時前, どうしよう, どうやらこうやら, どうやら女, はじめて家庭, ひとり仁太夫, ふだんから, もし満足, よろしい, ゐさしたつて, 一七四六年に, 三造は, 下の, 下田さんの, 丸髷に, 九つの, 九人兄弟の, 二万円, 二十歳ぐらゐの人は, 五十分の一である, 亡くなつたの, 亡くなられたそう, 亡妻の, 伜の, 何を, 其の下婢, 判る, 割って, 割り切れぬ余分, 割る時, 割る現代, 午の, 去年逝つた, 又三杯, 同志社の, 名は, 土地の, 塩分の, 夜間高校に, 大島田, 子供を, 尋常五年いずれも, 小さい方, 小原は, 小粋, 小面の, 崩れた, 崩御という, 平次の, 彼那に, 徴兵検査を, 必ずしも四, 恋なんて, 故郷を, 死に母, 死んでから, 歿した, 毒殺された, 治まれば, 波に, 浅草清島町の, 浜田病院に, 深川籾蔵前の, 満足し, 生きて, 白粉を, 立派な, 精悍らしく, 結婚した, 脚疽は, 自動車を, 色の, 色白の, 装飾が, 貧しく村, 赤銅色で, 跳ね出す刹那, 農家の, 逝くな, 郡の, 野たれ, 際立って, 鰐口に

▼ 二ヵ月~ (131, 0.1%)

5 の間, ばかり前 4 ほど前 3 では, の休暇 2 になる, にもなる, に一度, のうち, ばかり経った

1 [101件] あまりたつ, あまり暮した, あるん, いた, いて, か, かえります, かかる病が一ヵ月, がほんと, くらいになる, ぐらいたつ, ぐらいの赤ん坊, ぐらいは虫の息, しかもたない, じゃない, すれば, その工場, たった, たった八月, だから, だけだ, ちかい滞在, ちかくは, ちかくも, であるのに, でした, で中学一年, で八万留, で周囲, で売上七百五十円, で暇, という約束, とすこし, とた, とたつ, と二週間後, と出産後二ヵ月, にのびた, にわたって, にわたる口説き落し, に割り当てる, のあい, のあいだ, のあの, のなかば以上, のばして, の予定, の事, の先, の入院, の利子二千八百円, の動乱, の家賃, の旅行, の春, の有給休暇, の滞在後, の給料全額つき休暇, の見習, の部分的休戦, の長い, の闘病生活, はバカ, は気味, は石, は蓋し, ばかりえらく, ばかりの辛棒, ばかり忍ん, ほどありません, ほどおくれ, ほどに亘っ, ほどをぼく, ほど外国, ほど寝こん, ほど水入らず, ほど盧植, まえから, もある, もかかっ, もし, もする, もすれ, もたつ, もたべられず, も三ヵ月, も前, も飲まない, や三ヵ月, よ, をぼく, を経過, を要する, を過し, 待って, 払い五円二十銭, 暮したばかりの, 程京都, 経った何, 経った頃, 経って

▼ 二十一二~ (131, 0.1%)

7 の若い 6 の女 5 の青年 3 の男

2 [11件] であらう, で滅法, と見える, の, のすぐれた, の典型的, の召使, の頃, まだ蔓草, 少々馬面, 少し縁遠い

1 [88件] か, かもう少し, から別, か三, くらいの娘, くらいの美しい, ぐらいな一方, ぐらいの仇, だろうね, だろう精悍そう, であった, でお, でございましょうか, でございますが, でしょう, でしよう, です, ですが, でせう, でどうやら, でもあろう, でもし, で何, で小, で浜田病院, で白粉, で色白, というところ, とも思われる, とも覚しく, と言つた, と踏めます, どうかしたら, にしか成らなかった, にしか見えません, にて色白, になる, にはなってるだろう, には見える, にもなりましょう, に見える, のいかさま鉄火もの, のこの, のこれ, のころ, のころ大津, のガッシリ, のヒヨロ, の丁度, の不思議, の中年増, の体, の勤め盛り, の半, の女形, の娘, の娘盛り, の小僧, の小綺麗, の少女, の年ごろ, の年増盛り, の恋, の春ころ, の時, の束髪, の気品, の気高い, の温和そう, の町人風, の眼, の立派, の紫メリンス, の美しい, の美人, の肌白村様, の臈, の良い, の若年, の若者, の若造, の豊滿, の近在, の青二才, の青白い, 平らげ両人, 相変らず, 驚くべき美貌

▼ 二十九年~ (131, 0.1%)

6 の津浪 5 の夏 4 にした, の秋 3 の三陸津浪 2 であつ, と七カ月, にはまだ, に自分, のこと, の六月, の冬, の春

1 [93件] からは鉱業停止, から三十年頃私, から数年, から見れ, か三十年, か三十年ごろ, ぐらいを境, この東北学院, しかない, で, であった, であったこと, である, でしか, という, という年, と云え, と昭和八年, なり, にし, になもし, になる, には東京府, には稲舟, には脩, にまわった, にも劣らぬ, にわたって歌舞伎十八番, にウェストン氏, に丁度, に三井八郎右衛門氏, に二度, に伝次郎事件, に入っ, に出, に制定, に北足立郡, に千歳村, に工学士伊東忠太君, に掛け, に早く, に明治座一回, に村井, に父母, に生れ, に發布, に終った, に被害地, に質問, に金峰山, の一月, の七月, の七月下旬, の七月八日, の三陸, の三陸地方, の三陸海嘯, の九月十三日, の五月, の人情, の今日, の俳句界, の八月二十七日, の六, の出来事, の十一月, の十二月, の半生, の句, の堤防決潰, の天才組, の日本, の末, の末日, の東京, の東北海岸, の歩み, の残留澱土, の決潰, の洪水, の災害記念碑, の秋熊本高等学校, の記念塔, の陸羽地震, は明治二十年, までは政府, まで溯る, より三十三年, をかぞえ, をむかえた, を起点, 或は三十年, 第二囘

▼ 二~ (131, 0.1%)

18 の船 9 の舟 6 のボート 5 も三艘 4 の小舟 3 の快 2 の大船, の小, の端艇

1 [80件] あった, あるその, か, かかって, がすでに, この邊, しかでき, しかない, じゃ, ずついた, ずつ引き潮, その翌日四艘, だけがまだ, だけすり違えられる, だけになった, ついた袋, でお出かけ, で以, で出発, とまれ, ともゴオル, とも持っ, とも泥だらけ, とも焼け, とも立派, には十余名, のオランダ船, のタタラ, のポルトガル商船, の一つ, の上陸用舟艇, の主, の写生, の可愛い, の同じ, の和蘭陀船模様, の小船, の屋根船, の巡洋艦, の幕府, の御座船, の持船, の早船, の月見舟, の汽船, の漁船, の火輪船, の異国船, の石炭船, の磯舟, の艀, の艀舟, の荷足舟, は先発隊, は此, は缺, ばかり救い, ほどでんぐり返った, まいり石火矢打ち掛け, もって, もつて, もやっ, も何処, も出し, やって来て, や三艘, をさし越された, を大八車, を岸, を残し, 上って, 出して, 出て, 取られて, 合わせて, 大分離れ, 曳き揚げられて, 来て, 止まって, 淋し氣

▼ 二ひき~ (130, 0.1%)

14 の犬 5 の虎, の蛙 4 の大 3 の大きな

2 [11件] になった, のねこ, のひょう, のろば, のトナカイ, のハツカネズミ, のヘビ, の子, の怪人, の蛇, の馬

1 [77件] いいえすべて, か三びき, か三びきぐらゐ幽霊, がもつれ合い, が弾丸, が悠揚, が早く, しこもうと, そろって, だけで, だけ生きのこっ, だって, ですから, ともいっぺんに, ともかわいそう, ともきびん, ともその, ともぬすまれ, ともひっくくりゃ, ともほんとう, ともやられ, とも出し, とも前, とも口, とも見えない, と柄鍋, に, になつ, になり, に比べ, のいい, のおや, のかわず, のこい, のさる, のと, のほそい, のウサギ, のオットセイみたい, のトラ, のドブネズミ, のネコ, のモルモット, のライオン, のリス, の子供, の宇宙怪人, の宿, の小さな, の巨大, の怪物, の怪獣, の毛虫, の犬たち, の猫, の獣, の白ウサギ, の野獣, の骸骨, の黄金, の黒い, の黒ネズミ, はいっしょ, はかわいい, はぐうぐう, はちょい, は死ん, は赤い, ふえましたよと, もいっしょ, も三びき, も化け物, やるの, を早く, 小さな白い, 描き加えられて, 買って

▼ 二十四歳~ (128, 0.1%)

14 の時 6 になる 5 の秋 4 である 3 で戦死, になっ, の青年 2 から死ぬ, であるが, でロマンティック, で改名, で結婚, にし, のとき, の夏, の私

1 [72件] お春, お若, そうして京伝, であった, であったが, であったの, であった二葉亭, であった二葉亭四迷, であつ, でお, でございますから, でした, でわりに, で中, で今, で始, で家督相続, で小肥り, で左近衛権少将, で彼等, で従四位上左権中将, で文政九年, で早まった, で来り, で死んだ, で父忠兵衛, で稼圃, という若, となりけれ, と二十五歳, などと年齡順, なる少壮者, になります, にもなった, のうぶ, のこと, のぼく, のインテリ娘, のゴーリキイ, のシーボルト画像, の光雲先生, の冬, の処女, の嘴, の大学卒業生, の大学卒業間際, の女, の妹, の年, の年少多感, の御, の折, の折家出, の春, の時宋, の波響, の生涯, の男, の留学生, の磯貝十郎左, の若, の若者, の血気, の身空, の青春, ばかり, までのわし, まで修業, より二十七歳, より二十九歳頃, より四十三歳, を以て江戸

▼ 二十間~ (128, 0.1%)

3 とは離れ, の廻廊

2 [12件] ぐらいのところ, という堤, ばかりの, ばかり下, ばかり先, ばかり離れ, ばかり離れた, ばかり馳, ほど離れ, もある, も離れた, も駈ける

1 [98件] あるか, か三十間あと, がほど五壇, ぐらいしか泳げない, ぐらいの摺鉢形, ぐらい山, その幅十八間, たらずの, でまず, で幅, で流れ, という距離, とない, とは隔, とも歩かない, とも駈けない, になり, にも餘, に八間, の埋立地, の大堤, の敷石, の毛皮, の空地, の近く, の道糸, の際, ばかりかなた, ばかりすぎた, ばかりのあ, ばかりのあと, ばかりの山腹, ばかりの石敷路, ばかりの距離, ばかりは路, ばかりも行った, ばかり勢いよく, ばかり向う, ばかり向こう, ばかり手前, ばかり敷石伝い, ばかり東, ばかり歩きだし, ばかり沖, ばかり流失, ばかり走った, ばかり間, ばかり隔てた, ほどあり, ほどさき, ほどてまえ, ほどのところ, ほどの幅, ほどの着弾距離, ほどの間, ほどもある, ほども越された, ほど先, ほど向う, ほど四方, ほど手前, ほど来, ほど走らせました, ほど距, ほど隔て, ほど離れた, まで待て, もあった, もあらう, もあろう, もはなれ, もやありぬら, もゆく, も先, も座敷, も折れ曲っ, も来る, も登る, も移動, も行かぬ, も行く, も行け, も進む, も隔たった, も隔てる, も離れ, も離れず, も飛んだ, を全部, を隔て, 歩けば, 深さ, 渡った人, 瞬く内, 程急湍, 程東, 程離れた, 計りいったところ

▼ 二千年~ (127, 0.1%)

10 も前 9 の昔 8 の間 7 の歴史 3 ほど前, も三千年, も昔 2 から, の後, の文献, ばかり昔, もたって, も眠っ, も経っ, 程前

1 [68件] か, かかって, から前, か三千年, ぐらいたっ, ぐらい前, この方, さてこの, すなわち安全, その前, たって, たてば, たとうが, であります, で滅するであろう, といはれ, ときには建武, になっ, にも及ぶであろう, に亘つて, に稀, に足りません, のかなた, のむかしごと, のアプレゲール, の人間生活, の伝統, の夏, の昔アリストテレス, の昔クリスト, の昔ユダヤ, の昔妖姫クレオパトラ, の楠, の歳, の歳月, の癩者, の発掘物, の科学, の積弱累辱此, の織, の遠い, の間連続, の音楽, は早く, ばかりも前, ばかり前, ほども昔, または四千年前, もたつ, もたつた, もの人類, もの昔, ももちつづけ, ももっと, も一貫, も世の中, も後れ, も棄て, も経つた, も続いた, や三千年, よりもっと, より古く, を経, を経た, 乃至三千年, 否もつともつと, 越しだまされつづけて

▼ 二メートル~ (125, 0.1%)

6 もある 3 か三メートル, の場合, ほどのところ 2 ぐらいで, の三角点, の木柱, の高, ほどの近, ほどの長, ほどの高, ほどはなれた, もあり

1 [92件] か二米〇二, くらいの岩塊, くらいの線, くらいはなれ, くらい離れた, ぐらいさき, ぐらいであろう, ぐらいです, ぐらいのもの, ぐらいの珊瑚礁, ぐらい見える, さして高い, ずつあいだ, ずつ競り合っ, だ, だけ壊された, ちかくの, であるという, では, で大, と見えた, ならその, にちかい, にちかい長, にもなっ, のところ, のエベレスト峯頂上, のボール, の俚称三国ヶ山, の出合, の削り, の塔, の大, の平ら, の戦線, の木, の機械, の河床, の溝川, の蛇, の道, の鼻さき, はある, はあるでしょう, はなれ, ばかりいった, ばかりの川, ばかりの手槍, ばかり下の浜, ばかり掘っ, ばかり離れ, ほどあるい, ほどずつ間, ほどになった, ほどに近づい, ほどに近づきました, ほどのど, ほどの大, ほどの大きな, ほどの棒, ほどの毛糸, ほどの至って, ほどほか, ほど上, ほど引きあげ, ほど横, ほど飛ん, もあっ, もあります, もありませんでした, もの穴, もはいっ, もへだたった, もほりすすんだ, も上, も伸ばし, も伸びる, も歩かない, も空, も長く長く, も降りた, も離れた, を越える, 乃至十数メートル下, 太さ人間, 走ったか, 跳ばないと, 長さ一メートル半, 長さ四メートル, 離れるやいなや, 高さ, 高さ三メートル

▼ 二時ごろ~ (125, 0.1%)

5 になる 2 から起き, であった, でございます, のこと, まで勉強, 戻って

1 [108件] いよいよ国境, おきて, お昼飯, お近く, かえりつきました, かえる, かなりビックリ, からどうか, から七時, から夢想, から始, から宿, から山下, このサ, さすがの, じゃア, そうして子どもたち, だしかし, だった, だったが, だったな, だったろう, だつたらう, だと, であったが, であったと, であったろう, であつ, でありました, でした, でしたか, でしょうか, ですから, ですが, でたいがい, でもすっかり, で浜, で終了, で銀子, ともおぼしき, と思われる, なん, にお, にかけ, にはいつも, にはたいてい, には国王, には彼ら, には湯本, には空, にわかに狂暴, に主上, に家, に床, に彼, に後, に戻つ, に昨夜, に江戸, に海中, に田島さん, に発した, に目, に突然, に耕一さん, に辻, の日盛り, の暑い, の銭湯, の間, は四十一二度, ひっそりと, まで, まであれ, までいつも, までいました, までいや, までお客さま, までかかっ, までかかった, までが一番油, までそれ, までなにかゴソゴソ, までに世話, までの間, までは馬, までひきとめといたら, までも續, までやつて, まで一人, まで半夜, まで原稿, まで店, まで待たされた, まで時間, まで書物, まで灯, まで独り, まで盛ん, まで話し込ん, まで鉱石, やっと日, 出て, 出てから, 帰って, 止まって, 突然巌乗, 通る時

▼ 二十年間~ (124, 0.1%)

2 ついぞ同盟, に於ける, の増加如何, の平均, の政治的活動, の秘めたる, の経験, まもりつづけ信長, 夢にも現にも

1 [106件] かかって, くらいが非常, ぐらいの日本, この冷蔵鞄, その医者, であったと, ですら, で東京, なる長時間, にここ, にこの, にその, にただ一人, にたった, にどの, には一クヲタア, には売り切る, には我国, にも度々, によくも, にわたって東京, にわたる生活, に世話, に前後三回, に同, に国, に増加率, に実に, に得た, に急速, に有ろう, に発表, に経営, に翁屋, に著述飜譯, に資産, に骸骨化クラブ, のうち, のプリマドンナ生活, の他, の体験, の修業, の俳句生活, の先生, の出生, の出生超過, の刻苦, の叡山, の大, の平均死亡率, の御, の抑制, の政局, の欧米プリマドンナ生活, の溜飲, の病苦, の社会, の社会思想史, の美味追求, の習得, の苦心, の謂わ, の講演, の辛苦, はちょうど, はまったく, は全然, は暗黒, は校歌, は殆, は蜀山人, もこの, もそこ, も人類, も使った, も吼えた, も地方, も子供, も学問, も支那, も津軽, も継続, も続いた, も茶色, も食事, よして, わかれて, わが邦人, をひたすら, を以て最, を決して, を私, 住んだ札幌, 何とも云, 倦まずに, 帰らぬ恋人, 思いだしたこと, 恥ずかしい痩せた, 或る, 持ちつづけて, 探しま, 書きつづけられたの, 決して指揮棒, 留まったところ, 程はちょうど, 続け得る準備

▼ 二~ (124, 0.1%)

5 の米 4 や三升 3 のお, の酒 2 あった, か三升, きれて, もらったり, も飲んだ

1 [99件] あるいは三升, あるで置いて, ある下物, いるうち, お貸し, が百四十八文, ぐらいずつ毎日, ぐらいな値, ぐらい吹きかける, しか買わねえ, だけ借り, だけ酒, だと, であ, では, でもええ, でもたくさん, でもただ余けい, でもよけい, でも飲ん, ときまっ, とこっそり, となる, とね阿, と持つ, と肴, ならば, なり三升, なり三升なり買つて來, につき十九匁, に五勺位, に水一斗, に百四, に近い, に飯二十杯, のもの, のん, の処置, の塩, の平麦, の水, の糒, の蕎麦, の麥, の麥さ三合, はただ, ははいる, は不足, は入用, は十分やつ, は朝飯前, ばかりさげ, ばかりの酒, ばかりやった, ばかりを出す, ばかり入れ, ばかり宛, ばかり提げ, ばかり種, ばかり買い入れ, ばかり買っ, ばかり酒, ばかり麦, ほどずつ運ん, ほどもあった, ほど寝酒, ほど飲ん, までで毎日二升, もはいる, も乳, も使う, も捕る, も施し, も買っ, も買わなけれ, や三升水, をお礼, を平, を持っ, を貰, を食べる, 乃至三升, 余れば, 借りて, 入らない通り, 持って, 持つて, 暮れても, 無くては, 目ざし鰯十連, 程ずつ修験者, 買う, 買った, 買って, 近い酒, 食われて, 飲ませれゃ誰, 飲ませれや, 飲むとか

▼ 二~ (123, 0.1%)

10 や一分 4 であった 3 か一分, と六十八文

2 [11件] お艶, か, か三朱, で買った, と二百, にしきゃ, の南鐐, の銀, まけた, まで取る, を持つ

1 [81件] か一分の褒美, か一歩, がとこ, が五つ, ぐらいか源坊, ぐらいには商い, ぐらいの金, ぐれえの, しか払わなかった, じゃあやり切れません, じゃやすい, すなわち五体, ずつで京大坂, ずつで何両, ずつで買い取り, ずつの細かい, ずつの金, ずつ百六十軒, それでいや, だ, であったと, でございます, でも泣きたい, で借りた見る, で売っ, で好い, で手放す, で手放そう, というの, といつた, と二匁二分五厘, と二百文, と云, と五百六十文, と六百, と十六文, と四百六十七文, と四百文, と幾らか, などさまざま, などで売る, なり一分, には通用, にもなる, に通用, のお金, の収入, の小, の掛金, の都合, の金, の銀判, の頭, は大, は惜しく, は現今, は穴, ばかりの祝儀, ばかり貸し, ほどお, ほど払わね, もある, もする, もって, も借り出せ, も頂け, やったほか, やって, や一貫, を入れ, を掛棄, を現金, を裹, を貰うた, 借りるよう, 出して, 出そう, 包んで, 執って, 負けたという, 騙られたとは

▼ 二重三重~ (123, 0.1%)

4 の締り 3 の鉄 2 になり, に浸, の底意, の意味, の手間, の鎖

1 [104件] いろいろさまざま, とつづけ, とり如水, とガンジガラメ, と輪廓, な罪悪, にあっ, にうれしい, におっとり, にかさねる, にし, になっ, になった, にも複雑, にらくに, にわ, に亭主, に人垣, に働い, に働く, に入り組んだ, に冒険味, に募っ, に包んだ, に取りかこん, に囲ん, に大江山課長, に学ぶ, に守られた, に布陣, に念, に念入り, に悲しみ, に憎い, に桐油紙, に植, に植え, に白い, に盗賊, に相, に眼張, に絞首, に繋がれた, に群つた, に若い, に裏書き, に見舞われる, に試み, に警戒, に貼っ, に重なる, に陣幕, に面, に頼ん, に黒旋風, のかまえ, のげんじゅう, のぼく, のむずかしい, のよろこばし, のディレンマ, の不, の不倫, の不可思議, の不可能事, の人, の働き, の函, の利害, の剣輪, の包み紙, の包紙, の固め, の堀池, の必要, の念, の怒り, の恋, の恩人, の意外, の權利, の殺人鬼, の気がね, の深長, の災難, の物心内外, の目的, の石垣, の空中防備, の策, の箱, の苦境, の表現, の言語生活, の警戒陣, の関所, の防ぎ, の陥穽, の魚雷防禦網, ものややこし, もの心, よ, 否数重, 心苦しいのに

▼ 二夫人~ (122, 0.0%)

13 の車 5 の御車 4 のお, の内院 3 を車 2 に仕え, の使い, は, はもう, を守護

1 [83件] がそば, が城外, が日夜, が楚々たる, が玄徳, でさ, ではない, でまだ, というの, として家庭, との対面, とも泣き, と一児, と病弱, と老幼, と言った, に, にはお, には阿, にも云いふくめ, に丁度, に仔細, に侍, に告げられる, に相違, に衣食, に謁, のいる, のお側, のかたわら, のご, のよう, の側仕え, の友情, の境遇, の従者, の御, の御前, の御寮, の御簾, の心, の意, の扶養, の無事, の自動車, の間, の驪姫, はおわさぬ, はそこ, ははじめて, は人々, は何処, は各自, は外門, は嫂, は思わず, は抱き合っ, は有名, は簾, は車, へこう, へと仰せあるなら, へ茶, へ路用, もおい, もこの, もすすり泣き, も日本旅行, や召使いたち, をお, をかくし, をそこ, を分け, を夫, を始め, を家, を志願, を愕, を護っ, を迎え, を驚かし奉る, 御嫡子, 第三夫人

▼ 二人がかり~ (121, 0.0%)

4 でその 3 でやっと 2 でそれ, で倉松, で持出した, で私, で若い, なら

1 [102件] だ, で, であたし, であの大きな, でいつも, でお, でおれ, でこしらえ, でさがし, でそれぞれ, でどうやらこう, でなきや, でなければ, でひきあげ, でひどく, でぶん殴り, でもさんざん, でもどう, でも運びきれ, でやっ, でやったら, でやつ, でやらない, でやれ, でやッ, でようやく, でグイグイ, でチョチ, でレミヤ, で丁度一人前, で中程, で二枚, で亭主, で今度, で何処, で出かけ, で出来ん, で劉, で只, で外交文書, で大きい, で大きな, で大型, で大騒ぎ, で奇怪, で女房, で妙子, で姫草ユリ子, で嫁泥棒, で小さな, で少し, で尻, で巧, で帯, で引, で彼, で彼女, で打ち破った, で抱きつい, で押, で押えつけた, で担っ, で日吉, で横, で次郎, で死骸, で殺そう, で毛皮外套, で沢庵石, で番頭共, で皿, で着せました, で着物, で秀子さん, で種々, で窓, で紛失物, で細い, で綴じ, で縛った, で縛つた曲者, で繃帯, で聴き, で艶, で荒縄, で蔵, で襟クビ, で詞, で賽銭箱, で起し, で送り迎え, で運ん, で重い, で長い, で雨戸, で靴下, で駕, で骸骨, ならどうにか, ならば, にてもむつかしき, に生き

▼ 二十八歳~ (121, 0.0%)

9 の時 5 である 3 にし, のその, のとき 2 から六十六歳, であった, でした, になる, の手紙, の青年, の青春, まで生き, を一期

1 [80件] からはそれぞれ妻帯, から後家暮し, これからと, だったかと, だと, で, であつ, であるが, でいらっしゃいました, でしたが, です, ですからね, ですが, でなくなりジョージ親王, でまだ, でわたくし, で六年, で出家, で十二年前, で博士号, で夫婦, で従軍, で恃, で止む, で死にました, で気持, で決闘, で老けて, で襲爵, で身分, で青洟, という若, といふ, といよいよ, としてある, となった, となる, と云, と答, にて弥五右衛門景吉, になった, になつ, になつて, に夫, のお, のこの, のひどく, の今日, の休職士官, の兄栄次郎, の処女, の夏, の天保十年, の女, の妙齢, の弘治元年, の弱冠, の新, の時日本, の死刑囚糊本, の母, の独身店員, の男盛り, の素女, の紳士, の耶蘇, の若, の若者, の詩人藤村, の誕生日, の逞しい, の道盛信崇, の間違い, の離郷, の青年昌造, の黎明, ばかりで, を迎, 今売出し, 生れながらの

▼ 二十二年~ (119, 0.0%)

8 の秋 7 の夏 3 の春 2 である, にできた, に三好長慶, の九月, の二月十一日, の五月, の入閣, の八月, の十一月, の頃

1 [81件] そのあいだ十六人, だったかと, だったね, だったろうと, だと, であったと, であつ, であり, で爾来, と称した, になつ, になる, にはすでに, には八百余万斤, には勘次郎, には国民歓呼, には國民歡呼, には東京地学協会, に一家, に入唐, に八十, に公, に出来, に富山, に對比, に引つ, に当る, に憲法発布, に暗殺, に書いた, に浦島子, に私, に第一高等学校, に義元, に針木峠以北, の, のこと, のまだ, の一月, の七月廿三号, の世, の二月, の二月出版, の六月, の冬, の処刑, の十月ごろ, の十月発行, の四月, の大, の大水, の子規, の年末, の所, の文學附録, の新富座三月興行, の暮, の月日, の条約問題, の気候, の発布, の統計表, の総, の編撰, の著作, の長い, の間, の間関係, は小説流行, は明治十三年, ばかり前, ほどなり, までで, もそう, ものあいだ, も早い, を經, 即ち終戦二年目, 我が帝国憲法, 更に下る, 迄

▼ 二~ (115, 0.0%)

62 が, がたて籠っ, に, は別れ, は孔明

1 [99件] からこの, がいい, がいつのまにか, がさかん, がすぐ, がどの, が喚きこん, が嶮路, が左右, が彼方, が懲りた, が手, が手切れ, が打たれた, が抑え, が曹操, が袁紹, が裏切った, が訊く, が討たれ, が追いつい, が関羽, すでに討たる, だけで, であった, であったが, とも明智, とも軍, と相模, と聞く, と鳥羽殿, にあずけ, にあと, にひきいられた, にゆだね, に五千余騎, に対しては, に対してもその, に戦闘用意, に授け, に精兵, に落度, の前, の号令, の向う所, の弓矢, の旗下たち, の来会, の身, の首, はいちはやく, はさすが, はすぐ, はすぐ再度, はそれ, はもつとも, はよく, はわざと, は京都, は今朝, は兵, は味方, は唖然, は喚き合っ, は在, は変, は大いに, は小舟, は彼, は玄徳, は突如, は言った, は追撃, は道, は都, は電撃的, へ, まで目, も, もいた, もやがて, も怪しみおそれ, も救われ, をおき, をかえし, をつれ, をやっ, をよび, をよび立て, を北陸, を向け, を呼んだ, を序戦, を手, を斃, を泊め, を目付, を第, を附け

▼ 二等車~ (115, 0.0%)

8 の中 3 ですから, に乗る, の方, の窓 2 で興行, にさ, に乗り込ん, に入った, の寝台, の網棚

1 [83件] かな, からも二三人, からも外国人, から引, から降りた, から降り立った, から飛降りました, がつい, がつき, がつけられた, が一臺, が最も, だ, だった, だつた, では誰, では謠本, で乗客, と三等車, などに乗った, にある, にお出で, にのりこむ, にのり込んだ, にのる, にはいっ, にはどの, にもいません, に一人, に一人ぼっち, に乗, に乗らない, に乗り, に乗りこんだ, に乗りたい, に乘, に父, に行け, のずつと前, のなか, のクッション, のトイレット, のハイカラ, のマンナカあたり, の一隅, の乗客, の入口, の前, の化粧室, の客, の寝台券, の寢臺, の寢臺券, の昇降口, の柔らかい, の片隅, の盗難, の盗難事件, の窓ガラス, の粗ら, の隅, はつい, は先, は大して, は教会堂, は案外, は然, は身分ちがい, へとびこん, へ乗り込んだ, へ乗ろう, へ乘, へ乘りかへた, へ帰る, へ押しこめられ, へ送りこん, へ闖入, もなく, も安心, も満員, を指定, を通りぬけ, デアル

▼ 二~ (113, 0.0%)

4 の尼 3 に叙せられ, の神 2 であった, どの御所, なのに, にすゝ, に叙せられた, の, のお, はもと, を占め

1 [85件] から従五位, から頭髪, このころ, しか受けない, しか読めない, した, だそう, だった, であります, である, であろう, でお, で二五〇万人, で出る, で売る, で当選, とし, とのひらき, との開き, にあった, におち, におり, になった, にまでなられた, に列せ, に叙, に叙せしめ, に宋江, に昇っ, に置く, に置こう, に見える, に陞叙, のあらびより, のおとなし, のところ, のまれびと, のチャールトン, のベート, の中将, の升田, の地代, の外, の大, の女の子, の女神, の容色, の少年, の少年時代, の年, の年齢, の座, の得点, の成績, の手もと, の洋服, の準, の生産, の男, の男の子, の男達, の神女, の神明かく, の神明相, の神来訪, の神靈, の神靈こ, の禅尼, の風の神, の高, は, は広島, は直ちに, へ宜, まで勝ちぬいた, も大納言, をずっと, を争う, を占める, を抜こう, を設, を贈られた, 或は三位, 準女王, 第三位

▼ 二十四年~ (113, 0.0%)

5 の秋 4 の春 3 の七月, の二月, の十月, の夏 2 から二十五年, にした, の一月, の四月, の濃, の間, 濃尾大地震

1 [78件] おくれて, かと思う, からの道行, から三十四年, から二十八年, から二十六年, から六百六十三年前, から翌年, か五年, すなわち大正十三年, だったかね, であ, であって, である, であるから, というとき, と定め, と申します, にあたり黄猪虎, にすでに, にそこ, になつ, にはチュクノフスキー, には一千二百七十余万斤, には保, にインフルエンザ, に二十九歳, に作られた, に在り, に始まり, に始め, に獨逸, に當, に過ぎぬ, に銀座, の, のこと, の三月, の三月十八日, の中頃あたり, の事, の二回, の五月, の五月二十四日, の六月, の六月十四日, の冬頃, の出色文字, の四月十一日, の四月十五日, の夏休み, の夏頃, の学年試験, の市区改正, の旅, の春ごろ, の春哲学, の暮, の末, の洪水, の生, の生涯, の秋七月, の第, の議会, の質問, の選挙, の頃, は一白, は僅少, は十月, は明治十五年, もまた, もキティー台風, も以前, も経っ, を絶頂, 濃尾地震

▼ 二百石~ (113, 0.0%)

10 取の 5 の旗本 4 の大 3 の大身 2 と百五十石, になる, の側役, の旗本根津民次郎, の殿様, をもらっ, を頂戴, 御足百石

1 [75件] からは十六両, かりそめ, が来, ぐらいの仕送り, ずつと改めて, ずつをもらった, であった, であったの, であり乍ら, では, でも御前試合, で大した, で御座るが, で松平家, という出世, という貧乏知行, という過分, とは格段, と二百石, と出ない, なら貴殿, になり, に上りまする, に出世, に加増, に足らぬ, のお, のお姫様, の侍士, の処, の十, の安祥旗本, の家柄, の家祿, の家禄, の家計, の小身, の御, の微, の書院番, の格式通り, の殿様ぶり, の殿樣, の殿樣ぢ, の知行, の禄高, の腕, の蔭扶持, の身過ぎ, の近松勘六, の音, の馬廻り某氏, は頂戴, ばかりの番頭格, ばかり加増, ほどの館主, まるつぶれ, も取った, や三百石, を三郡, を下し置かれれ, を取った, を受け, を拝領, を給わっ, を補, を賜わる, を附した, を頂い, を領し, を食み, 取が, 取に, 或は二百五十石, 程獻

▼ 二~ (112, 0.0%)

3 である, なり 2 がある, が一直線, にある, に於, の火, の灯, の間, は既に, を貫く

1 [88件] あったが, あり, あります, から, から角度, が最も, が疑問, が真筆, が舞台上, さゆらげる, しかない, すなわち, だけでない, だけでも採る, だけとれ, だけに就, だけ甘かっ, であると, であろうがな, でちゃんと, では, で映画, といつた, となっ, とも君, にすぎなかった, にたっ, についてたぶん, については何人, についてわし, になった, には手法, によって一義的, に尽きる, に帰着, に比し, に落ちたる, に谷崎, に関して説明, の, のいずれ, の中間, の明るい, の星, の極, の油, の温度, の火光, の燈火, の相違, の蛍光此方, の距離, の集団性, はずつと落ちる, はよく, は別, は大小, は御, は洗礼, は白鳥処女説話, は第, は純粋, は羽衣説話, ほど現われ, も田口, よこして, より起き, をあげ, をうちぬ, をうつ, をさげ, を例示, を偶, を取り上げた, を如何にも, を幸運, を拍, を挙げ, を最も, を求め得, を知り, を綜合, を置き, を脈, ヲ結ブ線分ナリ, 全船, 打って, 鋭く光らせ

▼ 二~ (112, 0.0%)

4 の下 3 の, の方 2 あった, あります, がある, がルビ無し, だらうか, の主任, の二絃琴, より彼等, を有する

1 [84件] あり一方, あるので, があるべきである, がいつ, が科学的精神, しか残っ, すえて, だけ現, であるかの, であるこの, であるし, であると, でなければ, とに毎日, と爭, におさめられる, にのせ, には富口, には種々, には緑, にぶつかる, にわたって根本, に三面四面, に出, に分け, に対立, に白い, に鉛筆, に麗, のある, のかねあい, のもの, のトップ, の中段, の夜中電報, の大半, の対照, の対立, の左, の左肩, の性質, の怪物, の意義, の扇子, の洋琴, の活動形態, の琴, の琵琶, の生活, の真理, の神祕, の箏, の統一, の考察, の苦境, の鏡, の鏡臺, の電報欄, はどんな, は作者, は必ずしも, は普通, ほぼ同一, まで吹落, も三面, より眺め, をつかっ, をシャム兄弟, を人手, を代表, を以て成立った, を備え, を備えた, を兼ね, を持っ, を指摘, を有っ, を見た, を読まぬ, を読ん, 入れました之, 堂々と, 持ち込まれ畳, 買って

▼ 二人一緒~ (111, 0.0%)

3 になっ, になる, になれ 2 でしたよ, でなければ, に, に居る, に思った, に暮, に暮し, に行っ, に行方不明, に話し

1 [82件] か, じゃ面白く, だ, だつた, だよ, でした, でも見られる, で丁度, で江戸, なら大丈夫, にあび, にい, にいる, にこの, にした, にする, にそこら中, になつて火, にはいろう, には住まない, にやすんだ, にわし, にゐる, にカアネエギイ, にグラス, にドン, に一個身体, に会える, に住ん, に佐吉, に倒れた, に出, に出かけ, に刺繍台, に参りましょう, に参る, に受け, に受けました, に外, に学校, に室, に家, に小屋, に小用, に座敷, に引金, に御用, に思わず, に抱き合っ, に抱合, に指, に斯, に旅, に晩ごはん, に暮したい, に木曽街道, に来られ, に東京, に梯子段, に歩い, に汽車, に私方, に立ち上がり, に答えた, に芝居茶屋, に行ったなら, に行方不知, に見た, に調べられた, に連舞, に遊ん, に過ごし, に部屋, に釣っ, に鉄砲, に長次郎, に陥ちる, に電車, に飯, に髪, のこと, は有難い

▼ 二千両~ (111, 0.0%)

10 の金 4 という大金, の大金, の小判, の御 3 の隠し場所 2 の行方, はお, 御目附, 新金千両

1 [74件] ありゃ, ありゃ当分, あるん, かな, が先月いっぱい, が目当て, が還り, くらいはあるだろう, しかない, しか手許, だか, だが, だつた, だと, でしょう, です, ですから, でも堪まった, でも買う, で我慢, という金, とは大きい, と纏まれ, になっ, に十倍, に釣られた, の借金, の内, の出札高, の天目茶碗, の寄進, の持参金付き, の現金, の目腐れ金, の箱, の袖の下, の軍用金, はあの, はおろか, は事実, は今, は叔父, は要る, は鼻紙代, ばかりのはした金, ばかりもっ, ほどで, ほども遣う, もした, ももっと, も持っ, も遣いこまれた, も遣いこみ, をその, を今, を捜し出し, を掻き集め, を渡しかねる, を盗み出した, を着服, を送る, を預かり, 下されますよう, 与えよう, 使ったって, 出すだろう, 払わずに, 用立てるの, 盗ったという, 盗った泥棒, 程に及んだだらう, 程の品, 近い金, 頂くよりも

▼ 二~ (111, 0.0%)

6 の店 4 の娘, の家 2 の姿, はお

1 [93件] おぬ, がお, がここ七日, がよく, が公儀, が子, が寝返り, が恥, が押しだまっ, が持っ, が特に, が羅馬, が色, が血相, が調べもの, だって今, です, という, といえ, ところばぬ, とは打っ, と共に心残り, と名のり, と名乗っ, と少し, にはかえって, にはその, に口実, に向っ, に慄然, のああ, のうしろ, のもだえ, のやつめ, のよう, の不機嫌, の住居, の体, の前, の右手, の合鍵, の声, の如く, の妙, の寝入りばな, の心, の方, の死に顔, の死骸, の狂わし, の盲愛, の祖先, の義弟, の肩, の腸, の腹, の苦しみ, の荒い, の袷, の面, の骨, は, はおのれ, はこわい, はそこで, はそれ, はそんな, はどこ, はやがて, はクワッ, はゾッと, はヨハン, は何, は初めて, は四郎先生, は太い, は常, は御, は日本, は机, は束縛, は榎, は腕, は膝, は鉄窓, まで飛んだ, もしあわせ者, もハッキリ, も型, やヨハン, よりも遙, よ山屋敷, をだまし

▼ 二十六歳~ (110, 0.0%)

7 の時 4 にし, になっ 3 になる, のとき 2 であつ, でございました, です, の初夏, の夏, の年, の若, の青年, の頃

1 [71件] かつて某, だったが, だったので, だと, であった, であったが, であったと, である, であるが, でこれ, でまだ, で今, で兄, で柳島, で死んだ, で物理学, で番代, というの, というむかし, という水, とこたえれ, と五十四歳, なり, なりき, なん, にございます, になった, になり, になります, になるい, にもなっ, に至る, に花ざかり, に過ぎない, の, のかれにとっては, のころ物理, のコルシカ, のチャイコフスキー, のバルザック, のフオン・シーボルト, の今日, の伸子, の作, の信長, の処女, の処女シャロット・コルデー, の処女シャロット・ゴルデー, の匂やか, の天才児左内, の女, の学侶, の時スタンダール, の木下藤吉郎, の正月二日, の母, の母親, の洋服, の独身者, の現在, の私, の胆力, の花嫁, の若い, の誤であらう, の逞しい, の青年詩人, までの間, を以て主人, 初めて老父, 即ち抽斎

▼ 二三名~ (109, 0.0%)

4 の者 2 の敵, はいる, は忽ち

1 [99件] いた, いたが, かけこんで, かけつけとうとう, から五六名, が, がその, がただ, がとび出し, がバタバタ, が上, が同時に, が嗚咽, が彼, が抜け, が来, が樹蔭, が稽古槍, が窓, が覗き, が路傍, が躍り立ち, が進み出, しか残っ, ずつの浮浪児, だけが, だけが当面, であつ, とそれ, と伊勢, と住持, と來, と共にある, と共に仙臺陸軍病院, にまかせ, に向, のくせ者, のひと, のもの, のヨーロッパ人水夫, の会員, の侍, の同級生, の塾生, の家禄, の将, の怪我人, の支那學者, の機関庫掛員, の死者, の死者さ, の目明したち, の相続者, の紳士, の脱, の若い, の荒武者, の被疑者, の訓導, の連れ, の重軽傷者, の闘い, の關係者, の陵墓管守, の鰊漁者, はある, はすぐ, はまったく, はゐる, は上洛, は先, は取った, は少く, は幕, は弾, は槍, は萬一, ばらばらと, へ云つてやつ, も任命, も同じく, も据え, も詰め, をうしろ, をこなし, を右, を応援, を成す, を扇芳亭, を携え, を突き伏せ, を薙ぎ払う, を除け, 出たり, 動き出したの, 思いきって, 走って, 這入つた, 連れたの

▼ 二~ (109, 0.0%)

5 や三両 3 か三両, で帯, の金 2 という金, の端, はどこ, 出そう, 渡して

1 [85件] あの後藤, あらためて受け取っ, お取り, がとこ仕事, が精いっぱい, くだせえ, ぐらいはどう, さ, しか貰わねえ, ずつくれ, ずつご, ずつそれ, ずつを分け, ずつ上納, ずつ包ん, だか, だけ借り, だけ紙, だなんて, でいい, でございました, でございますね, でもいい, でも承知, で承知, で買おう, という大金, という買物, という高い, とか三両, とか二両二分, とか云われ, とすれ, とちょっと, となる, と七, と二貫文, と四貫, と来, などという大枚, なの, ならどう, なら行こうじゃ, なん, になっ, に立, に過ぎず, のお礼, のお釣り, の下宿代, の余, の労賃, の客, の工面, の日当, の煙草代, の礼金, はずみますから, はそちら, は可, は贋金, ばかしとは, ばかり, ばかりの金, ばかりへえってる, ばかり薪炭等壱, ばかり買う, ばかり貸し, ばかり農具, ほどしか無, ほど卓, までに買い上げる, もする, やったとかいう, や三両位, を二百, を合わせ, を味噌久, を盗った, 入って, 出して, 又は一町, 取られだそれで, 取りわし, 残って

▼ 二九年~ (109, 0.0%)

6 の夏 5 の秋 4 の春 2 になっ, のこと, の十二月

1 [88件] から, からは労働者, からソヴェト同盟, から三〇年, から三一年頃, から世界経済恐慌, から五ヵ年計画, から全, から禁酒運動, か三〇年ごろ涜職事件, こそソヴェト同盟, だから, という特別, に, にかけてソヴェト, にこう, にそれ, には, にはガラス, にはソヴェト全農戸, にはロンドン郊外, には十一万三千人, には変った, には小林多喜二, には欧洲, には電灯発明, にもやっぱり, にエレンベルグ, にソヴェト, にピサ, に二十三歳, に五ヵ年計画, に亡くなった, に再び, に十月革命以来教育人民委員長, に地球, に彼, に此, に物故, に特派使節, に私, のアメリカ, のシイズン, のスタイルどおり, のノート, のパリ, のメーデー, のヨーロッパ, のレコード, のロンドン, の三月, の世界, の世界経済恐慌以来, の九月二十七日, の二月七日, の五月, の五月九日, の作, の例, の元旦, の冬, の初夏, の十月, の十月二十九日, の四月三十日, の後半期, の思い出, の恐慌, の恐慌以後今日, の恐慌以来, の恐慌以来殆ど半額, の新春型, の旅行, の激しい, の王立学会, の現実, の経済年度, の統計, の話, はこの, は伸子, は南京虫, は多く, ほとんど千五百万人, までスコットランド王, より一一六〇年, より一五三八年, 相継いで

▼ 二十里~ (109, 0.0%)

3 の外, の道

2 [12件] ずつの距離, にし, に余る, の小, の間, はある, ばかりの処, ほど先, もある, も前, も歩かね, 歩く日

1 [79件] あまり退がった, あり仏教盛弘, あるいは三十里位, から三十里, か二十五里, くらいのもの, くらいは, この川口, だね, でございますから, でございますな, ですな, というもの, と走る, ない所, なるほど, なんともない, にすぎない, にわたる沃野, にわたる野, に曲りくねり, のこと, のその, のところ, の前進, の原生林, の大, の山脈, の山道, の建物, の手前, の遠方, の野外, はなんとも, は煙草, は遠から, ばかりある, ばかりの後, ばかりの海岸, ばかりも往, ばかり下る, ばかり北, ばかり宮川, ばかり行く, ばかり追いかけた, へゆく, ほどの処, ほどの奥, ほどの後藤野, ほどはなれた, ほどは路, ほど山奥, ほど後退, ほど来る, ほど進み, まで送ろう, も, もあちら, もあるいた, もいった, もくずれ, もございます, も三十里, も上, も彼方, も来, も歩いた, も歩かなけれ, も行かぬ, も追われ, も送っ, も離れ, をそぞろ, を行く, 去常陸国界四百十二里, 漕ぎ出し海, 行ける馬, 行って, 近く進ん

▼ 二年後~ (109, 0.0%)

7 の今日 4 のこと 2 が十年後, である, になっ, には娘, に生れ, に発表, に起った, の五月, の明治二十年

1 [80件] か, だつたか, であった, であり祖父, という, に, にある, にすっかり, にその, にはお茶の水駅, にはことごとく, にはその, にはもう, には信濃, には南京豆, には女の子, には希臘古代, には教師, には早く, には本当に, には母, にぼく, にも一人, にも美濃, にアラスカ, にウェリントン, にオホツク, にキャロリーヌ, にレスター, に三女, に三度目, に今度, に例, に入れ替った, に再び, に出た, に出る, に双生児, に帰っ, に帰国, に常盤座, に徙つた後, に日本, に漱石夫人, に私, に箏, に親, に頼朝, に髮, のこん, のその, のオリンピック, のクラス, のトルレス, の一九四, の一五五五年, の一五五四年十月, の一五六一年六月, の一八三五年, の一八四四年, の一六一一年七月, の七月, の丹後地震, の事, の二十年, の今, の今夜, の冬, の家庭, の弘化元年, の慶長九年, の明治三十一年頃, の春, の昨年度, の暮春, の町村會議員, の種彦求之, の衝撃的, はトラクター技師, 第十回オリンピック選手

▼ 二人とも~ (108, 0.0%)

4 に入る 3 に眼 2 に山, に目

1 [97件] がやっこら, が二人, が似たりよったり, が可, が土, が失業, が安心, が甚内様, が真面目, が骨, にあちら, におめおめ, にこの, にこれから, にそう, にそうして, にちっとも, になだれ, になれなれしい, にぴったり, にまだ, にもう, に一八四五年以前, に両刀, に両手, に何, に作れる, に出られず, に刃物, に別段, に剃刀, に劣らぬ, に口, に古, に合羽, に変事, に多摩川畔, に大, に子供, に家出, に小, に弱り抜い, に影, に慌て, に戀, に成敗, に手廻り, に手頃, に振り, に揃っ, に揚子江, に斬罪, に杖, に来る, に槍, に正, に死んだ, に残らず, に気, に気乗り, に浪士, に満足, に煙, に盛装, に知らなかった, に笠, に籠, に経験, に絵, に背き背きで, に背中合せ, に腕, に膝, に自分自身, に藤, に被布, に西洋婦人, に見え, に見付からない, に親, に諍うに断, に足, に身一つ, に逢える, に遅れ, に遠目, に非常, に面, に革命家, に鞍, に頬冠, に風邪一つ, に鰻, に黒, に黒白, に黙っ, を選ん

▼ 二人前~ (108, 0.0%)

4 のごちそう 3 の仕事, の料理, 働いて, 食べる 2 です, の役目, の風呂敷包, もあります, 呉れえ, 持って

1 [80件] あるぞ, いければ, いつ夫, がもの, が怪しい, が漸く, くらいはいっ, ぐらい肥ってる, すぐに, ずつを平, そろえて, だけ減っ, だと, でございますか, でしょうな, で済みました, とある, といふの, とって, とり寄せて, とを註文, と云いてえ, ならこっち, になっ, になった, にも暴進, に鬼菱, ね車夫さん, のお金, のかけあい話, のご飯, のランチ, の働き, の分別, の切符代, の力強い, の勘定, の勤め, の孝行, の席, の弁当, の握り飯, の旅支度, の条, の汁, の注文, の用意, の美味い, の膳, の膳部, の蒲団, の蒲團, の金, の食事, の食料, の飯, の魚, はいつ, ほど包ん, も三人前, も働きました, も達者, も長生き, をも受け取った, を働い, を入れた, を折詰, を通つて, 働かせようと, 働かなければ, 出して, 出し下されと, 出来ないこと, 取寄せて, 据えたりなど, 揃えて, 苦しまなければ, 要る訳, 食った, 食ったら大

▼ 二~ (108, 0.0%)

4 も一刀, をひとつ 3 の争奪 2 の利, の原理, の柄, の法, を使っ, を持っ

1 [85件] がかげ, がそれぞれ所有主, がひきうけます, がふところ, がほんと, が今や, が双, が斬りこん, が自然, が近々と, そのところ, たえて, だけは腰, つかいと, つかうよう, では容易, でバタバタ, で上, で切り捲くった, といっ, として太刀, について, についての質問, に一人, に接するやい, に水火, のため, のひらめき, の切ッ先, の剣争, の剣法, の女将軍, の工夫, の巴渦, の心境, の愚, の木剣, の真理, の秘術, の銀蛇, の間, は, はいまだ, はそうした, はもう, はもともと, ふたたび別れ, まことに天下, まで傷, まで刺し, まで突, もすぐ, も同じ, をさげ, をつかう, をふりかぶる, をわが, を一閃, を交換, を以, を佩いた, を使う, を使った, を使用, を円, を分け, を土産, を奪っ, を左右, を抜き取っ, を拾い上げ, を揮っ, を杖, を案出, を槌, を求め, を狙う, を用いた, を発見, を確, を積みこん, を自由, を馬上, 程斬られました, 突きましたが

▼ 二~ (108, 0.0%)

18 に分れ 12 にわかれ 8 に別れ 7 に分け 5 にわけ, に別れた, の勢 2 か三手, になっ, にも三手, にわかれた, に分けられ, の余裕

1 [36件] がうしろ, が待ちかまえ, ぐらいは先, しかない, だけが紹介, でも其水泳, で柄, で肩上, とした, となっ, と合し, におのおの二万騎, になる, になれ, にわかれける, に一剣, に分かれ, に分かれた, に分かれる, に分けられた, に分ける, に分れる, に別れたらしい, に剣, に降, の浪人組, の稽古, の道, は使いうる, は左右, は心得, は総, へ列, も三手, をもて, を剣閣

▼ 二~ (108, 0.0%)

43 を見よ 2 である, で述べた, という風, にある, の研究, の終り, も座上, を書き

1 [85件] あり, から読ん, がいわゆる, その心, であらまし, で律し, で書けた, で素描, と三章, と謂, などの説明, に, にいわく, において次, にし, にはいっ, にはアルフォンズ, にギリシア人トアス幼時竜, に一〇六六年英国最後, に亘つて, に依る, に内乱, に地震研究方針, に於, に曰, に書い, に示された, に神アダム, に縮小, に至っ, に言われた, に記したる, に該當, に載せられ, に述べた, に進み, のこの, のみである, のみに過ぎない, の中央部, の劈頭, の如き, の意義, の戰爭放棄, の末段, の殆ど全部, の牛方事件, の説述, はその, はそれぞれシュティルナー, は丹念, は全く, は前回, は大数法則, は後世, は意味聯屬, までも記され, までをあの, までを中央公論誌上, まで成りたる, まで掲げられ, まで続けたる, より, より第, わたす, をまた, を以て完了, を以て終尾, を備えた, を少しく, を左表, を拾ふた, を樹明君, を武帝, を読ん, を費し, を通ずる, を除き, 子夏, 汚電候, 第二十七節, 第二十四節, 第十一条, 第十一話, 要するにこれキリスト

▼ 二ヶ所~ (106, 0.0%)

3 ある 2 しかない, にあった, にある, に押入り, に火, は水, ほど別, まで斬られ, 出て

1 [85件] あった, あった其一ヶ所, あって, あつて, あり, あり江戸, あるのみ, あるひ, うす暗い電燈, からスル, から来た, から狙つて, から細い, しかねえ, しか生きない, ずつ木, そして中央, だ, だけあける, だけ廻っ, であつ, でございます, では, で一, で原稿, で宿屋, で御座います, で発見, で行, ともさう訓, とも義雄, なら兎, にいる, について古, にての騷動, にとどまらない, に分け, に喰いいった, に大きく, に完全, に小さく, に幣場, に建てられた, に建てる, に役宅, に梯子段, のうち, のドア, の仏, の住居, の停車場, の傷, の大村也, の屯所, の持参金つき, の支え, の欠字, の浅い, の淺, の片平, の約束, の薄い, の距離, の辻番, の門, の養魚場, は今, は何とも, は持たぬ, ばかりある, ばかりでなく, ばかり浅い, ばかり深い, ほどあっ, ほどあり, ほど探っ, ほど灯, ほど風孔, も写し, も虫, も開け, 有り至つて惡相, 程切る, 縛られその, 荒々しく破れ

▼ 二万円~ (106, 0.0%)

3 の金 2 だ, 差し上げよう

1 [99件] あるいは千円, あれば, いると, おいて, が谷中亡滅費, が赤, くらいかかるでしょう, くらいなら, くらいに相当, くらいはかかる, ぐらいじゃ足らん, ぐらいの事, ぐらいはなん, ずつで, だか, だが, だったという, だと, つけても, である, でそれ, では, で十勝, で店, で買う, で買った, というの, という大金, という査定, という錦鯉, という驚くべき, といえ, といふ値段, といふ言葉, とか財産, と一万円, と云, と言っ, にて売りたし, になりました, には売れる, に売, に売れ, に売れる, のお, のお金, の中十二万円, の代物, の利子, の区切り, の売上げ, の外, の持参金, の札, の生命保険金, の話, の護謨園, の負債, の貯金, の金塊, はかかる, はすこし, は一寸, は二万円, は私, ばかし収入, ばかし矢萩, ばかりの株券, ばかりの金, ばかりを内, ばかり借りたい, ばかり売っ, ほどが固定, ほどの剰余金, ほど支出, もする, もぼく, もやり, もらわずじまい, もスリ, も使いもの, も損, よりも三千万円, をお, を下らず, を与う, を手, を棒引, を確か, を補償, を越え, を送った, を限度, 乃至二万五千円, 儲かる話, 出しなさい, 払い尚, 近い経常費, 遣る

▼ 二三冊~ (106, 0.0%)

10 の本 7 の書物 4 持って, 読んで 3 のノート, の洋書, 買って 2 あった, になっ, の絵本, 送って

1 [64件] あったかも, あって, ありそれ, ある, かかえて, きちんと積まれ, ございますが, しかない, それから白耳義製, それから自分, たずさえて, たてて, といっしょ, とって, と万年筆, と女, と小さな, に過ぎなかつた, のフランス文学史, の仏教書, の割, の古い, の小さな, の帳簿, の振仮名, の新刊, の易, の書籍, の法令書, の立派, の経文, の草双紙, の詩集, の講談本, の雑誌, は皇帝, ひろげられて, また借してやった, みせて, も読んだらしい気取つた, を取っ, を投げ込ん, を獲, を買, を購, 借りるよう, 入って, 売って, 手早く重ね, 持ちこんで, 旧新約全書, 求め何とか, 求め日暮里, 求め虎屋, 積まれて, 立て懸けて, 置いて, 置かれて, 見たこと, 見まわした位, 読んだこと, 貰った, 買い求めた, 貸そうと

▼ 二世紀~ (105, 0.0%)

5 の頃 4 の人, の間 3 の後半 2 の, のころ, の前半, の末, まえの

1 [79件] からで, から出, から十七世紀, が過て, する間, すれば, ちかい時, であって, と今日, と経つ, なりき, にあたえた, にかけて日本, にこの, になる, にはピサ, にわたって行なった, にわたつ, にカスティレ, にスペイン, にチチメーク族, にチミジア国, にラテン語, に亘る, に入っ, に出来た, に於, に日本, に根, に渉, に渡っ, に至っ, に至る, に起れる, のす, のはじめごろ七百年, のアラビア人エドリシ, のギリシア人, のスペイン, のペルシア, の作家パウサニアス, の初, の初めごろ, の半, の半ば頃, の半頃, の合唱集, の商業世界, の地震虫, の始め, の始めイロワイエ, の姿, の市民, の年頃, の後, の書, の末ナーポリ附近, の末葉, の終り頃, の終わり, の長期間, の間事実上, の院政時代, の頃市, ばかりの間, ほどが飛ん, まではかかる, もおくれ, もたて, も後, も昔, も生きる, も逆転, や四世紀位, を経, を通じて変る, 経って, 経つ中, 遡って

▼ 二にも~ (104, 0.0%)

6 なって 2 新作の

1 [96件] お家杓子定規に, お梅さん, お艶, お角さん, お鳥, この人, それは, なった, なったわたし, なつて, ならなかったろう, なりましょうか, なれば, なろうか, にくいの, むす子, よくわかった, よびかけて, ラジオで, 一にも, 三にも, 不戦主義を, 主人と, 亦, 仲父と, 会われず口, 信長と, 修養に, 儀式, 力を, 勝った, 十にも, 千浪さま, 去勢牛だ, 収めた, 和田で, 国民心理の, 圓朝は, 土屋どので, 土牛で, 大河, 大阪型による, 孫と, 守備ただ, 実践, 将軍家と, 将軍家なる, 弁信あいつが, 彼に, 御祖師様な, 恃む心に, 悪人に, 悴の, 愚楽様々, 憎いもの, 成つたらうか, 戯曲原作を, 手伝って, 押しこれ, 斉彬斉彬と, 明君只, 曹操を, 松野と, 果断終始, 毛皮三にも, 滝川と, 父の, 異人を, 真面目であり, 矢張り利益には, 知的な, 石橋を, 磯五を, 秀吉と, 突きこれ, 練習が, 自分が, 行動する, 表現表現と, 西洋だ, 西洋西洋と, 言葉三にも, 託児所主義であっ, 記代子の, 証拠だ, 話して, 足らなかった, 足りない, 足りない電燈, 金, 金三にも, 金金, 金銭と, 頬笑みかけた, 駒井船長を, 黄變を

▼ 二~ (104, 0.0%)

4 なの, 第三次 32 である, のロゴス, の世界観, の休止, の大, の山県内閣, の山縣内閣, の革命

1 [77件] である事, とすべき, ならば, なら第, にし, にするなら, に他, に入る, に出, に然るべき, に美, に静雄, のお, のこと, ので殖えるでしょう, のもの, の世界大戦, の中位的, の争議勃発, の付け句, の伊藤内閣, の作戦, の内容, の分倍河原, の動員, の北, の原子変成現象, の報, の場合, の変化, の大乱直後, の大戦, の官軍, の実験, の対戦, の就寝後三十分, の屋島合戦, の平面, の形, の従属的, の御馳走, の応用, の成女式, の戦争, の改正, の攻撃, の新た, の植民, の植物, の槍備え, の波, の流行期, の物語, の発向, の発生, の称呼, の経営, の総, の考え, の考へ, の花, の観察, の観念化作用, の觀念化作用, の誤り, の談判, の転訛, の追っかけ, の鑑賞, の長州征伐, の馳走, や三次, 奉直, 或は本式, 探險, 第三次出兵, 第三次山東出兵

▼ 二三日中~ (103, 0.0%)

3 には必ず, にまた, に江戸 2 にこの, にとつ, には村長, に何とか, に圭吾, に家財, に帰る, に私, に通知

1 [76件] でよけれ, にあれ, にいずれ, にお, にお腹, にきっと, にこのあいだ, にちょっと, にね, にはきっと, にはここ, にはこの, にはっきり, にはみんな, には上ります, には吉左右, には田舎, には越し, には退院, にほか, にもう一度, にも片, によき, によく, にソーホー街八十八番, にペンさん, に上洛, に何, に何処, に僕, に出かける, に出なおし, に出発, に分るだろう, に又, に合格通知, に嗅ぎつけ, に坪刈り, に大村, に大騒ぎ, に大鹿さん, に如何, に屹度自分, に岩村田, に帰ります, に慶四郎君, に持っ, に持て来ます, に敬坊, に文芸春秋社, に文藝春秋社, に新しい, に旅, に是非, に書く, に来, に歳暮, に死ぬ, に片づけ, に知らせ, に立つ, に端書, に考えた, に芍薬, に行きたい, に行く, に行こう, に西郷, に謙さん, に貴, に送り込むだろう, に重要, に鶴子, はそう, 帰りして, 是非伺います

▼ 二~ (103, 0.0%)

5 しかない 2 あって, でその, に分れ, の間, を打抜いた

1 [88件] あつて, ある, ある筈, あツ, お使い, かせないの, からなり, から出来た, から血だらけ, かりて, があっ, がこの, が共通, が取って置き, ぐらいしかな, ぐらいの家, しか使っ, しか塞がっ, だけ即ち, つ, であつ, である, であろう, で一室, で四角, という途方, といふ私共, とも身動き, と地階, なりを明, にあった, にした, にのんびり, にはそれぞれ東, に仕切られ, に別れ, に台所, に客, に敷かれ, に満ち, に立, に逃げ込み, に連なり, に階下, のある, のうち, のがっしり, のその, のもの, の低い, の共同, の各, の外, の家, の小さな, の浅ま, の淺間, の田舎, の界, の街路, の離屋, は天井, は板敷, は母, は贅沢, ばかりの部屋, ばかり向う, ぶっ通し, へだてし簾障子, へは急, へ足, ほどで, をならべ, を使用, を出よう, を占め, を占領, を打ち通し, を日本, を清め, を通り越した, 借りて, 共に同一, 建つて, 打抜いて, 抜いて, 持って, 貸すといふ

▼ 二百十日~ (102, 0.0%)

4 の嵐, の風 3 の前, の前日, の厄日 2 のなし崩し, の大, の翌日, の辻, の頃

1 [75件] かな, かも知れない, からこの, から二十日, から二百二十日ころ, から廿日, が, がひと, が來, が来る, が翌日, が襲, が近い, が近く, が近づい, が近づいた, そして関東震災記念日, だ, だったから, だつた, だもの, だよ, つひに, です, ですか, でふっとん, でも近づいた, で来た, という厄日, と二度, と云, と大雨, と言, なの, には上海辺, に二百二十日, に当る, に近い, に颱風, の, のあと, のころ, の先ぶれ, の前後, の夜, の明る, の暴風, の朝, の海, の由, の荒れ, の落水, の蒸暑い, の雨, の雨風, の風雨, の颱風, の鴉, はたしか, は案外, は氣, は無事, まえに, もおなじ, もかうし, もかかります, もすでに, も岬, も意味, も来ない, も節分, や八朔, を眼, を過ごし, 近づきたるにや

▼ 二~ (101, 0.0%)

5 の利子 3 の利益 2 の税, を箱

1 [89件] から三割, から二割五分増し, から八割, か三割, か知らない, が世の中, が建築家, が日蓮宗, が都市, くらいかかっ, くらいだ, くらいと思う, くらいの利益, くらいは増収, くらい高し, ぐらいずつ全体, ぐらいは寄越し, ぐらいは落ちる, これからの, しか集っ, ちかい削減, でお, です, でもつなぎ, で貸しつける, で貸し付ける, で足る, という, というもの下落, という数値, といえ, といふ税, とか汝, とする, と決めた, と算術, と見, なり儲, なんて気, の二十両, の値上, の値上げ, の利, の売上げ, の減量, の特殊消費税, の由, の相違, の種類, の販売差益, の途方, の配当, はベートーヴェン, は何時, は反動, は山城新附, は自分, ばかりしかない, ほどは殖え, ほどを政略的情夫, ほどを長さん, ほど増し, ほど安く, までは保証, までは全然, もの利子, も利子, も増收, も搾りやがっ, や三割, や三割どころ, をあなた, を下級船員, を儲ける, を加算, を占め, を増し, を引く, を渡す, を税, を自分, を配下, 乃至三割, 取って, 増して, 増し深夜業, 安くする, 要るところ, 近い手不足

▼ 二十名~ (101, 0.0%)

2 であった, の兵, は順次, ほどの人数, を越す, を雇い

1 [89件] いた, からの者, がイヤ, が乗る, が武裝上陸, が申渡し, が立会, くらいであったであろう, ぐらいにしか当るまい, ずつに分け, ずつの兵, ずつの捕手, そこで料理, たらず一手, だけとした, ちかい奇怪, ちかくを, とあるまい, と十一名, と雑役さん, ないし三十名, なりを呼びかえし, になった, に制限, に減らし, のうち, の人, の作家, の各国人, の同僚, の将校, の従者, の志願者, の武士, の運搬員, の部将, の陸兵, の隊員, はおせい, はことごとく, は使い, は出ない, は昨日今日, は立山丸, ばかりあつ, ばかりありました, ばかりい, ばかりおかう, ばかりだった, ばかりで, ばかりで行く, ばかりのもの, ばかりの一族郎党, ばかりの同僚, ばかりの家臣, ばかりの音楽隊, ばかりもおこも, ばかりよん, ばかり三列, ばかり中洲, ばかり集ま, ほど, ほどが密やか, ほどしかおらんで, ほどな, ほどの兵卒, ほどの江賊, ほどの腕利き, ほどの部下, ほどは立たされ, ほど居ながれ, ほど選抜, もいた, もまわり, も付け, も来たろう, をこえる, を中央バラック, を出でず, を引き連れ, を楽屋, を越え, を近く, 来たので, 残れという, 程のもの, 程の患者, 程増やしまし, 近い者

▼ 二度め~ (100, 0.0%)

4 の航海 3 の声

2 [13件] が来た, だった, だな, であるが, には百万坪, に会った, に注意, に見, のお, のおかあさん, の妻, の子, の発作

1 [67件] か三度め, だ, だが, だったか, で, であります, であり家族, である, であるし, ですが, というの, とばかり思ッ, なの, にそして, にそば, につかわした, になる, にはことわる, には百部, には窒息, にふと, にシナ, にジンバリスト, に信吉, に取り上げた, に名, に塀, に嫁いだ, に帰っ, に来た, に正, に気がついた, に水, に法事, に浅草, に目, に立花, に綿文, に透明人間, に部落, に金魚屋, の, の上京, の來航, の刀, の半, の執筆禁止, の壺, の奥方, の家中, の感興, の戦争, の手紙, の春, の時, の来訪, の湯上がり, の神鬮, の薬, の見参, は初め, は初度, は和蘭國旗, は明治二年十一月十二日付, は暑い, もちゃんと, よ

▼ 二三行~ (99, 0.0%)

6 書いて 3 の文句, の文字, の記事, 読むと 2 かいた, しかない, の手紙, の病人, も読まない, 書いたが, 書き出した, 書くとも

1 [65件] あったの, あるいは五六行, かいたお, がくりかえされた, がギラギラ, が簡潔, くらいの面白い, しか書けない, したためた紙片, ずつ傷寒論, そっくりな, だから, つけ加えて, でもいい, でも書き送った, でローマ字, で報道, で書かれ, で済ませ, で済み, で簡単, なれど, には僕, に眼, に過ぎぬであらう, の, のコンミュニケ, の劇評, の女文字, の文, の新聞記事, の日記, の短い, の解説, の走り書, ばかりです, ばかり書きつけ, ほどぎざぎざ, までダンテ, をはしり読みした, をはしり讀みした, をもって片付け, を一時, を幾度, を教わった, を書き写す, を読み, を読み返し, を駿介, 書いたら実に, 書いたり, 書いた時, 書いては, 書きかけた時, 書きだすと, 書き出すと, 書き添えて, 書くと, 語らうと, 読み下し, 読み始めた, 読むか, 読んだとたん, 読んでも, 開いて

▼ 二本目~ (98, 0.0%)

11 の煙草 7 の銚子 6 の徳利 5 の酒 4 の手紙, の矢 3 のお, のマッチ 2 のビール, の敷島, の柳, の白紙, は無理

1 [45件] からは東京, から漸く, が空, でくい止め, です未だ, になつ, の, のに火, のシガレット, のチェリイ, の壜, の巻煙草, の注射, の燐燧, の縄, の繩, の花, の莨, の試合, の道, の針, の電柱, はたぶん, はまだ一杯, は与一, は公園, は多分, は封, は左, は默つて私, は黙っ, までつけさせた, もほ, も失敗, も尽きかけ, を吸, を打つ, を折り重ね, を抜かせまい, を抜かせる, を擦っ, を頼もう, を飲みきらない, を飲みだす, を飲ん

▼ 二十年後~ (97, 0.0%)

24 の世界 9 の今日 4 の今 3 のいま 2 か, にその, になっ, の今日それ

1 [49件] かそれ, が生まれる, そのよう, てゐる, でしょうね, とり出して, にそう, にたった, にちかい, にはどれ, にはもはや, には反, には四十五歳, には完全, には自分, にぼく, にもなつて, にカッ, にカレンダー, に作られた, に再び, に帰っ, に歓喜, に生まれたなら, に禍い, に算, の, のこの, のトルコ, のヴェルダン, の一八四〇年, の世間, の今日の, の伊達捷平, の唯今, の女性, の妻君, の姿, の延暦十八年十二月五日, の当時, の承, の日本, の津和野, の海底都市, の生産能力, の貧乏平氏, の辻ヶ谷君, の長い, を見よう

▼ 二日三日~ (95, 0.0%)

4 とたつ, と経つ 3 と日 2 たつと, の間, は何, 続けて

1 [76件] あらゆる手段, お帰りん, ことによったら, して, たった時, たって, たっても, で仕上げ, で六月, で出来上っ, と, とかけ, ときまって, とすぎ, となる, とひとつ町, とまだ, とむなしく, とノート, とビスケット, と三宵, と休んだ, と大売り出し, と待つ, と愉快, と指, と数えられ, と時, と滯在, と無駄, と禁厭, と経ちました, と經, と經つて, と続いた, と続け, と過ぎ, と過ぎる, と過つ, と間, と音信, ないしは五日, なぞはその, になりぬ, のお, のころ, の両日, の中, の夜, の旅, の旅立ち支度, の月, の盃, の程, の遅延, は不快, は商売, は城中, は宿, は貯蓄, ばかりも前, まだ北, もたった, も居, も山中, も暗い, も飛ぶ, を一年, を費やそう, 共に江湖, 口説いて, 掘り出すん, 早くなる, 立てば, 続いたと, 這入りつづけて

▼ 二等水兵~ (94, 0.0%)

3 の姿, はその 2 だった, の体, の顔, は上官, は飛行島

1 [78件] がぬっと, がひったてられ, がまるで, がベッド, がリット少将, が信じた如く, が内, が副長, が士官室, が姿, が爆弾, が相, が知っとる, が自殺, だったから, といえ, とは英国海軍, とは薄暗い, にさあ, には誰, にも先んじられ, に伝えた, のこと, のはげしい, の分隊, の到着, の声, の寝, の手柄, の指芝居, の方, の病室, の眼, の見, の話, の通訳, の首, はあっ, はあれ, はいく, はいまにも, はうしろ, はおもいきり, はかたく, はここ, はそこ, はそれ, はついに, はどう, ははたと, はまた, はまだ, はむっと, はベッド, は今宵, は何分の間, は別, は又, は叫んだ, は嬉し泣き, は尚, は怒, は泳ぐ, は相, は胸, は腰, は腸, は自分, は遂に, は重傷, もこれ, もそれ, も一言, も見える, やカワカミ, をきびしく, を抱きとめた, を見舞った

▼ 二十六年~ (93, 0.0%)

7 の間 3 の秋 2 か, である, に至っ, のこと, の四月, の夏, の大半

1 [69件] から二十七年, かれは, が絶頂, すなわち大学卒業, だ, つまり明治三十三年, であります, という数, になった, になる, にはまだ, には保, には十二階, には明治, には神田錦町, に助手, に大学, に寒稽古, に帰り, に相, に神田, に程樹徳, に至る, に良工, の, のお, のよう, の一月二十二日午後三時三十分, の七月, の三月, の上京以来, の久しい, の事, の二月, の元, の八月, の八月上旬, の冬, の初夏, の十一月なかば, の十二月, の十月, の古び, の壮年, の昔, の春, の暮, の末ごろ, の来し方, の歌舞伎座三月興行, の生涯, の盆興行, の衆議院, の釣り日誌, の間服役, の頃, は明治十七年, は更科日記, までつ, までは被害, もこ, も使っ, も娑婆, より二十七年, を盛衰, 丁度私, 及び陳渉世家等, 狙って, 祟ったからねえ

▼ 二~ (93, 0.0%)

4 鳴いた 3 ばかり呼ん 2 か三声, ばかり啼い, ばかり鳴きました, ほど鳴いた, 吠えた, 呼んだ, 呼んで

1 [72件] いったばかり, が裏木戸, さえあれ, しっかり高く, ずつくぎっ, ずつ鳴く, だけ, つづいて, で, で好い, で鶏, とも呼ばせず, と続け, と耳, に引起, に詰まっ, に詰まつ, の叫, の大きな, の気合い, はまだ, は横手, ばかり叫び声, ばかり叫ぶ, ばかり叫ん, ばかり叫声, ばかり呼ばり, ばかり呼ばわりたる, ばかり呼びました, ばかり呼ぶ, ばかり呼んだ, ばかり声, ばかり悲鳴, ばかり戸, ばかり暗い, ばかり泣く, ばかり聞え, ばかり郭公, ばかり鳴い, ほど千鳥, ほど呼ぶ, ほど呼んだ, ほど悲痛, ほど続けざま, ほど背後, ほど走った, ほど鳴い, まで続い, も三声, よんだ, を放った, 叫びながら, 叫んだ, 叫んだって, 吠えたやう, 吹き立てた, 吹くと, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼ぶと, 呼んだ吾が, 啼いた, 掛けた, 申されしを, 申しました, 聞いたやう, 聞いたよう, 聞えた, 聞こえたの, 高く響く, 鳴きました, 鳴けるから

▼ 二~ (93, 0.0%)

3 の袖乞 2 です, でも恩, のお, の合力, の外, の大, の木戸, の見料, の銭

1 [72件] から十四文, から蓮花, か三文, がたち, がとこ位, が三文, が不足, ぐらいで食える, こうだ, さらに百四十八文, すてて, すなわち日本, だな, ってこの, てんでん, であった, であったか, でご, でなみ, でほぼ, でも三文, でも地蔵堂, でも御, でも投げる, で俗, で売っ, で御, で買, で賣つて, とある, という大き, という大根, とかいう, とかけ, とかで売っ, とか天保一枚, とする, と出す, と分配, と積, と聞い, と貰う, にし, に両, のこう, のこと, のコウ高, の出来た, の利, の割合, の投げ銭, の玩具, の草履, の間違い, はもと, は本章, は第, ばかり, ばかり取り出し, もした, やったり, より下価, をねだ, を与ふ, を争い, を公, を出し, を漁り, ノ, 払って, 負けさせ帰りしな, 負けろィ

▼ 二十九歳~ (92, 0.0%)

10 の時 5 になる 4 であった, のとき 2 だった, で二十四歳, になつ, になつて, の青年時代

1 [59件] から三十歳, この履歴書, だったと, だつた, だつたの, だと, だとかで, であった蘭軒, であるが, でこれ, で亡くなった, で多く年, で奥医師, で女千代, で家, で帰っ, で本郷真砂町, で死亡, で法然, で県会議員, で結婚, で美女, という若, と彫られ, と書い, にお, にし, になっ, に刑刀, の, のとき父男爵, の三月, の今日, の伸子, の作, の信長, の元, の元旦, の冬, の初冬, の医者, の寛文十二年, の小山内薫, の年, の幼児, の彼, の所謂例, の業平, の母, の王, の田沢, の男子, の端麗, の老嬢, の若, の若年, の若者, の黒髪, 若きもの

▼ 二十八年~ (92, 0.0%)

3 の三月, の五月, の春

2 [11件] になっ, に西安, の, の一月, の二月, の作, の夏, の昔, の暮, の月日, の正月

1 [61件] から二十九年, から理科大学, が經過, この方, すなわち今, ずっと北山, たって, たつわけ, だと, であったよう, でありまして, である, となりぬ, と九ヵ月, と予定, と推歩, に, にし, には保, には業界視察, に京都, に出た, に古来, に小説, に山口高等学校, に帰省, に渉, に生れ, に生れた, に私, に至っ, のこと, のどちら, の上半期, の九月, の二十一歳, の八月, の冬, の初冬, の十一月, の十一月興行, の四月, の末, の歳月, の秋, の秋ごろ, の過去, の長き, は回つて, は媾和条約, は明治十九年, へかけ, まで五年間, まで満, も旅, よ, を過, 初めて諸王, 程前, 第六回卒業, 第四回内国博出品

▼ 二人っきり~ (91, 0.0%)

3 でいた, になった, になる 2 だ, でお, で暮し, で話し, になり

1 [72件] か, しかいない, じゃ, だぞ, だって言う, だと, だという, だろうそれ, だろうと, ってそれでは, であなた, でいずれ, でお父ちゃん, でお話, でこうして, でこの, でさ, です, ですか, ですが, でねえ私, でゆっくり, でよ, で一時間あまり, で二階, で今, で住ん, で先, で出かける, で半分, で居たい, で居る, で年越し, で暮らします, で暮らせます, で男世帯, で登山, で私, で葉, で話したい, で語った, で誰, で飲みてえ, で飲もう, で鼻, という特別, なら構わないと, に, にし, になっ, にならない, にならね, になりたい, になりたかった, になりました, のささやか, のつれづれ, のところ, のほう, の世界, の佗び暮し, の御, の息子, の暮し, の生活, の秘密, の背中合わせ, の遊び相手, の部屋, は違いありません, よ, よ二人っきり

▼ 二~ (91, 0.0%)

4 の中 2 に待たれ, の間, を相, 第三軍

1 [79件] がその後, がつづい, が敗れ, が敵, が続く, が菊池勢, が蜀陣, が近い, が退き出した, が遼東半島, が陣, が隴西, さらに中央, たる江南軍, だった, でその, でふく, となっ, と称する, なりアトラクション, にひとしく, に大, に完膚, に救われ, に於ける, に見えます, に阻まれ, の中間, の兵, の兵士, の写真班, の勇士陣構, の司令部, の大将金沢貞冬, の従軍記者, の接戦, の樣, の精兵, の編制, の羽, の赤松円心, の辛勞, の運命, の首領君, は, はげしく相, ははるかうしろ, はべつ, はクロパトキン, は十一月二十二日, は堀尾茂助吉晴, は孔明, は宮尾城, は張飛, は忠州, は東, は海城, は蓋平, は遼東半島, は鳥雲, ひとたび向, へぶつかっ, もさんざん, も伊丹野, をこしらえよう, をし, をのこし, をむかえ, をもそ, を先手, を入れ, を実行, を後陣, を編制, を追いしりぞけた, 互に向, 互に相, 各十二隊, 怖るべく

▼ 二~ (91, 0.0%)

23 に分れ 11 の区別 7 にわかれ, の別 3 に分れる, の中 2 になる, のディレッタント, の仮名, の分類法

1 [29件] あること, あるもの, ある中, から第, がある, が固有, が形体夜叉, であります, である, にわかれず, にわかれる, に分ち, に分つた, に属すべき, に属する, に極めて, に相当, の, の人, の者, の間, はそれぞれ別, はちょうど, は其地外國, もこれ, をア行, を含ん, を認めず, 有り

▼ 二十九~ (89, 0.0%)

7 になる 6 の年 4 です 3 の頃 2 だが, だった, だと, で髯, の春, の私

1 [57件] から三十, か三十, が通る, だからな, だからなあ, だったかな, だつたけれども, であった, であつ, でございますよ, ですわ, でその, で五年, で私, で見かけ, で阿部さん, という, という厄介, という小娘, という良人, という若, という若僧, といえ, と云う, と聞え, におなり, にちの, にちの午, になっ, になつ, にもなつ, にも出, に平, のとき貰つた妻, のばあちゃん, の一, の両, の二, の今, の信長, の元気, の四日間, の夏, の巻初, の御, の時, の本文, の歌, の美男, の胆, の良い若い, まだひとり, までは乙女, を算, 又は三十, 子棠助五つ, 足す

▼ 二~ (89, 0.0%)

4 の作, の集 2 の詳伝

1 [79件] あって, あり, あり其他小説家中, がある, がまず, が分れ, が明經道, が相, が紀傳道, が臨摸, でも売っ, で此宮中, とともに, とはほか, とは善隣, と共にかえって, において浮世絵, について学, につぎ, にとっては偶然, にも劣らざる, にわかれ, に入っ, に加え, に加わっ, に嘱, に学んだ, に寄せた, に従学, に於, に行く, の主張, の争う, の事, の人々, の傑作, の先祖, の内容, の外殆ど他, の子供たち, の山水, の往来, の批評, の教え, の文章, の新しい, の明經家, の曾我部氏, の最初, の有, の本領, の父母, の競争, の筆, の舊居址, の言, の話頭, の説, の談話, の間, の関係, はお上, ははじめ, はわれ, は不, は冷遇, は曾, は親戚関係, ばかりでなく, へとどけさせる, までもあつ, もある, も持っ, をさしむけられ, をもっ, を區別, を廻礼, 之別, 共に一致

▼ 二~ (88, 0.0%)

2 と一日, と第, の月, も三夜, をすごした, を過した, 泊りて, 第十八夜

1 [72件] からの訪問, か三夜, がすぎた, がまことに, が来た, くらいつづけ, すごしました, だった, でしかも, では, でもねばる, でも好い, で人間, で數百里, とはなった, とまった記録, になりぬ, になる, には白衣, にもまさる, に一度, に亘る, に限った, に集まっ, の, のあ, のお通夜, のテスト, の分, の宿, の宿泊, の宿縁, の放送, の泊り, の牢舎暮らし, の苦しみ, の読み合せ, の遊女追善, の長き, の間びしょびしょ, の露宿, の騒擾, はすぎ, はなんとも, は平気, は斧, は明け, は昨日, は横, は泊め, は満, ばかりは空模様, ばかりは鳴きつ, まんじりとも, もおなじく, も囮, も家, も抱き歩い, も明け, を共に, を旅空, を明し, を経, を迎える, を過ごし, を重, を風, 同じ夢見る, 寝て, 掛ったの, 永い時, 眠らず遂に

▼ 二~ (88, 0.0%)

4 を書いた, 第一場, 第二場 2 か三幕, とおなじ, と幕, の, の第

1 [66件] からランク, から出, かを見, がある, が明いた, が玄海洋上, が終った, が終る, が進行中, が長, ぐらいで閉場, ぐらいに切っ, しか出せない, ずつを分担, でございました, です, でもずっと, で午後, で成功, と, とはどこ, と同じ, と第, と通す, にかかる, に仕上げた, に成功, のもの, のギタア, のパリ, の一つ家, の上演, の了, の二場, の初め, の如き, の戯曲, の登場人物, の短, の舞台, の酒場, の間, は恐ろしく, は殆ど弁護士, は法廷, ばかりは神妙, ばかりを形, ばかり覗い, までは地上, までを見物, ものの, も三慕, も実, も間, より七年後, より十日, より数日, より更に, を, をはじめた, を第, を終ら, を開く, 済んだとき, 見る, 覗いて

▼ 二足三足~ (88, 0.0%)

2 するうち, よろめいて, 歩いて, 歩いてから, 歩き出した, 歩き出して, 歩くと, 行くと, 踏み出すが

1 [70件] あるきだしたの, おくれたわい, しかない, するたび, ぞ退きたる, たぢろぐよ, ですぐ, で襟, で豆小僧, で追いつい, とあるき出す, とふみこん, と何, と足, と近づい, と重相, のそのそ前, のぼりぬ, の足, はいった, ばかりにて向, ばかり謙三郎, ふらふらと, やっとあがった, ゆかんとして, ゆき過ぎてから, よろけて, よろめくと, よろよろと, 寄ったもの, 帰って, 感じられたと, 戻って, 戻つて, 戻りかけたが, 戻りかけた足, 昇りかけた殉愛, 曳かれて, 歩いたと, 歩きかかった時, 歩きかけた時, 歩きかけては, 歩きだした, 歩きだして, 歩き出したという, 歩き出した時, 歩き出しました, 歩き出すと, 歩み出したかと, 歩むと, 歩むほどに, 歩めば, 登る, 立ちかけた鐘巻, 行きかけて, 行きかけますと, 詰め寄つた, 走りかけて, 踏みつけて, 踏み出したが, 踏み出したと, 踏み出すほどに, 追い駆けたれど, 追っかけて, 退いた, 退いて, 進むと, 進んで, 遣り過す折柄聞, 附きて

▼ 二〇年~ (87, 0.0%)

4 をもって終る 3 の人口 2 から二五年, の昔, の第, より一九三〇年

1 [72件] からの, から二三年, から二二年, か二一年ごろ, すなわち, という特別, といえ, とし, ないし一七五〇年, においては一人, にかけてのヴォルガ・カスピ海地方, にかけては錆びない, にかけてウクライナ, にこの, にし, にその, にはもう, にはタシケント, にはボストン, にはラフィット銀行, にはレオン島, には三〇, には二, には二十人, には人口実測, には偶然, には百二万八千, にアムンゼン, にウクライナ, にエールステッド, にジョブソン, にローマ教皇, に報告, に帰米, に年結婚, に日本, に歿, に短篇, に私, に第, に終り, に終る, のこと, のもの, のシナ甘粛省, のソヴェト, の七年間, の人口実測, の八月末, の冬, の初め, の四月二日, の国内戦, の増加, の春, の晩秋, の歴史, の飢饉, の饑饉, は電気学上特筆, またはそれ以上, また三〇年間, までの国内戦, までの間, までフェルトレ, より同, より後, を経験, 即ち大正九年, 及び一五年, 在琉中, 捕へられて

▼ 二人連~ (87, 0.0%)

3 の客 2 と田舎娘, に同じ, の男, の男女

1 [76件] あり, か御前樣, が, があっ, があれ, がいた, がいる, がきょう, がはつきり, がベカ, が去っ, が幾組, が日傘, が栃木県, が磯通い, が這入, じゃありませんでした, だな, であつ, でここ, でこんなに, でした, でぶらぶら, でもあと, でも三人連, で入っ, で出掛けました, で土佐, で外, で大きな, で學校, で山路, で御霊, で怪談, で来た, で洛陽, で祇園, で芥川, で追分, で這入っ, で頭, とは生憎, と摺れ違っ, と見, に気がつい, に見せつけ, に追付い, に追付く, に限られ, の, の一人, の中折帽, の人影, の侍, の労働者, の変, の女, の姿, の学生, の方, の春婦, の病人, の百姓, の若い, の襟章, の見知らぬ, の遊人体, の黒装束, は舞台, は都合, も同じ, や兄妹, らしい女, を見た, を見る, を見送る

▼ 二十一年~ (87, 0.0%)

3 のこと, の夏, の春 2 である, にし, に至る, に頭蓋鱗様部, の二月, の十一月, の十二月, の歳月, の秋, 生る

1 [58件] およそこれ, から二十七年, から二十二年頃, か二年, だ見習い, であつ, というとき, という長い, となり, にかけてこの, になっ, には博雄, にウォルター・ウェストン氏, にジョン・ミルン, に二十一歳, に及び, に大, に最後, に至っ, に駿河, のいのち, の一月, の一月すゑ, の三月, の九月, の九月巴里, の五月, の入山村, の冬十二月, の出来事, の出生, の十一月頃, の十二月千種川, の南海道地震, の四月頃, の大, の序, の文書, の新聞雑誌, の暮, の村上天皇天徳四年, の総, の藤原村, の藤原村及湯桧曾村, の身辺, の雑誌, の雪解け, の頃, は明治十二年, は暮れ, ばかりも前, までは予防拘禁, まで凡二十一年間遊女屋, も前, も孤独, も経った, を改めて, 実際初めて

▼ 二十七年~ (87, 0.0%)

4 の二月 3 の十月, の春, の歳月 2 である, になる, の三月, の九月, の冬, の十一月, の地震, も前

1 [58件] あたかも日清戦争, います私, かかった, から二十八年, から以後, か二十八年, すなわち日清戦争, たって, などは二月, にかけては東京, になくなる, になったら, になります, には北海道, には白ギス, には県会議員久保田某, には脩, に亘つて, に北宋, に始めて, に宋, に於, に日本, に此処, に渡辺千吉郎君, に私, に至っ, に至る, に鶴見, のこと, の一月興行, の上半期, の五月, の人, の八月, の十二月, の十月頃, の卒業生, の周期, の夏, の天長節, の日月, の日清戦争, の昔, の歴史, の濃, の秋上野, の釣り日記, の釣り日誌, の長い, の頃, は明治十八年, は来た, を過て, 再び許され, 書いて, 第一回, 見るもの

▼ 二十五銭~ (87, 0.0%)

3 であった, では 2 でこれ, というの, の事

1 [75件] あつた, いか, いつもそれ, から三十銭見当, くれて, ぐらい, ぐらいで古本屋, しかやりゃしない, じゃ安, ずつを集め, ずつ余程, ずつ徴収, ずつ施す, だつた, だろうね, でお, でがす, でした, です, ですから, でたりますわ, でも悦ん, でも栄養分, でも構わない, でナア, で五十銭, で四升位, で売った, で売れる, で私, で糸, で買いました, で買えた, で買える, で足りる, で酒, で鉄, という奴, という高利, とか五十銭, としました, とす, となり, とはほん, なら買っても, にあたる, にしかならぬ, にて, になっ, になられた, になる, に下げた, に当ります, のもの, のアルミニューム貨, の俥代, の南京錠, の定食, の小遣, の指環, の月謝, の札, の金魚掬, は安, は案外, は金, ばかりの胡桃, もって, も取りたまい, を奮発, を差出した, を投じた, 出して, 受取って, 払って

▼ 二階座敷~ (87, 0.0%)

3 の床の間 2 が大川, で半日, で呑ん, の八畳

1 [76件] かなんかで, から一歩, から廊下, から毎日, から裏, から見る, から隅田川, が内部, が碁会所, が素義会, であった, である, でもうかなり, で二十三夜, で互に, で寝転ん, で岸本, で彼, で春次, で時折樂, で江戸, で熊吉, で遅, とを見くらべ, にいた, にお, に上っ, に出, に寝ころん, に寢, に小次郎, に岸本, に幾日, に打ちつどう, に攻勢, に案内, に欄干, に残し, に父, に立て, に通され, に閉じこもっ, に集め, の下, の夕餐, の居爐裡, の手摺, の方, の板戸, の欄干, の歌, の涼しげ, の碁会所, の蒲団, の障子, はいつも, はここ, は眺望, は私, は階下座敷, へせり上, へ上っ, へ引き上げられた, へ御, へ戻っ, へ来, へ案内, へ行っ, へ近ごろ, へ通された, へ通した, や障子, を下, を借り, を四間とも, を貸した

▼ 二ヵ所~ (86, 0.0%)

3 では 2 の篝火, の黒煙, ばかり裂け

1 [77件] ある, からある, から火, ずつ見, だか, だけで, だった, である, で又, で行われる, で起り消える, と左, と虚無僧衣, にあい, にあった, にあらわれた, にあらわれる, にある, にいる, にとりつけられた, にまで自動車, にもまたたい, にも三ヵ所, に同じ, に月, に焚かれ, に狐火みたい, に裾, に赤外線, に道場, の傷, の勢, の厳重, の収容所, の合戦中, の大きな, の太刀傷, の寨塁, の山関, の引っかき, の徒歩連絡, の掠り傷, の槍傷, の深い, の狂瀾, の監視所, の訂正, の遺跡, の鉄砲傷, の長距離, の陣地, の難関, の高札, はすでに, は共に, は断たれ, は箪笥作り, は遠い, ばかりのかがり火, ばかりの深い, ばかりブランク, ばかり外部, ばかり用事, ばかり踰, へ明り, へ本部, ほどから太い, ほどに大, ほどに燭, ほど矢来, まで切られた, もできた, も切った, も受けられ, も篝火, も落ちたらしい, を視察

▼ 二十万~ (86, 0.0%)

5 の大軍 2 の兵, の図, の日光図幅, の赤軍, は多, もの失業者, を超える

1 [67件] ありそのうち, から三十万, が三十万ペセタ, が呉, が日に日に, だろうが, であった, というよう, という値, という大兵, という平地, とか五十万, とは馬鹿馬鹿しい, と号, と号する, と聞え, ないし百三十万, なれば, にも達し, に及ぶ, に登っ, に至る, に足りない, に達した, のハシタ金, の人, の人間, の住民, の兵力, の勤労青年たち, の大兵, の大都市, の弾薬, の押印料, の新築, の死者, の源軍, の生命, の端金, の精鋭, の親, の貴族, の軍力, の金, はもう, はもうかる, は住む, は愚か, は擁する, ほどさ, ほどの人間, もうけさせても, も凩, や三十万以下, や五十万, や其他, や地質調査所, をととのえ, を以てこれ, を有し, を長安, ノ兵, 儲けたなどと, 勝って, 多きは, 蹴ちらせないで, 集めれば

▼ 二ツ三ツ~ (85, 0.0%)

2 あた, おしょうろ船, して, はじき

1 [77件] あった, あった限, ありたりとて, が無残, ぐらい読ん, ぐるぐると, ずつ各自, ちらちらした, つぶして, であつ, という年ごろ, と乗せる, なぐりつけた, に張, のたく, の心得, の温泉自殺, の酒樽, の青梅, は上, は危く頬邊, は取つ, は手, は都, ばかりある, ばたばたと, ぶんなぐったの, ぶん殴って, ものいううち, ものいえりし, も獲, も若かろ, よりぞ多から, 借りて, 取って, 叩いて, 咽びながら, 大きくうなずき, 大きく櫓幅, 引ったくる, 御相伴, 打ちすえて, 打った, 打つ, 抉りましたから, 括り付けて, 挙げて, 振廻され此方, 掴み出して, 撲りつけた, 撲りつける, 教えて, 有り升, 洩れた, 煽ぐよう, 狭い入口, 瞬いて, 立って, 続けて, 聞かせたまいつ, 聞かせ給ひつ, 落ちて, 見せて, 詠んで, 超した超さぬが, 足らざるべく洋服, 載せたこと, 追続い, 選んだなか, 重った不意, 重つた不意, 長けて, 隠して, 面白い事実, 頬張っては, 飛び越えて, 飲んなすったか

▼ 二八年~ (85, 0.0%)

4 の初夏 3 から九年 2 から一九三三年, であった, に比べる, の冬, の四月, の夏, の春, の秋

1 [62件] から三〇年頃, から平均一割二分一厘, から見る, が最後, だったと, と三三年, におこった, にさえ, にどの, になした, には, にはなかっ, にはみんな, にはアメリカ大陸, にはブルュッケル, にはマニラ艦隊, には一等官, には百三十六万五千余人, には百十万人, には錘数, には雑誌, にソヴェト, にポルデノーン, にモスクワ, にヴォルガ, に北海道, に富農, に弥兵衛, に書いた, に漸く, に発刊, に発表, に這入っ, の, のこと, のクリスマス, のクールフェーラック, のゴーリキイ, のソヴェト, のメーデー, の八万キロメートル, の八月, の八月一日, の六月, の初夏レーニングラード, の初秋, の十月, の学齢児童八百万人, の官僚主義撲滅, の復活祭, の春パナマ, の春昇氏, の暮れ, の末, の真夏, の穀物危機, の著作, の赤い, の雪, まで, 乃至一六四四年, 迄数世紀間

▼ 二十度~ (84, 0.0%)

3 になっ, のところ, 乃至三十度 2 から三十度, にも下っ, の雪

1 [69件] あるいはそれ以下, からの夜明け方, から三十度辺, から二十七度辺, くらいである, くらいになっ, くらい失敗, ぐらいだった, ぐらいの傾斜, ぐらいはこれ, ぐらい回転, ぐらい生れかわっ, じゃあきかなかった, ずつ開いた, だけ沸騰点, であった, です, での仕事, でも早春, で固く, という寒, という寒い, という暑, といっ, と出, ないし九十度, などさまざま, にも上る, にも及んだだらう, にわたって蹂躙, に下げ, に保たれ, に對比, に相, の先陣, の宇宙的, の室内温度, の屈曲, の工場, の方向, の温度, の温泉, の熱湯, の空氣, の酷熱, の高き, は叩き, ばかり大きい, ばかり路幅十間, ほど傾, ほど壁, ほど横, もつける, もゆき, も三十度, も傾いた, も傾く, も北, も曲った, も消え, も落ちる, も読みかえし, も追っかけ追っかけ, を中心, を示し, を超える, 乃至三十度位, 近い空気, 近い霜

▼ 二十歳前後~ (84, 0.0%)

5 の若い, の青年 2 でせう, の女, の娘さん, の少し, の若者, の頃

1 [62件] からであった, から二十五, が一番百姓仕事, であった婦人政治家たち, でしょうか, です, ですが, でベルリン, で例, とおぼしき, と見, と見える, にある, にし, になっ, になる, には人間, には夏, には安井息軒, には案外, によく, に同じ, に発病, に違, のういういしい, のおしゃれ, のおれ, のこと, のむすこ, のオットリ, のスティヴンスン, のメリヤス, の中国, の仇, の健康体, の写真, の口数, の可愛らしい, の大人, の女らしい, の女性たち, の娘, の寛達, の小柄, の小間使風, の少女, の屈強, の律義, の揃い, の時期, の武家奉公, の男女, の紺絣, の色白, の闊達, の青年文学者, の顔, までの, までの若い, までの間, までは日, を眼

▼ 二円五十銭~ (83, 0.0%)

2 あるの, である, で買った, の机, よ

1 [73件] か, から見, が一個, くらいで売ろう, くらいにし, くらいのごちそう, ぐらいで買っ, ぐらいのもの, しかくれない, しかない, して, じゃ自動車, じゃ言うた, ずつの株式組織, ずつ二回, だが, だけ稼いだ, だった, だったかな, だと, であるから, です, ですつてさ, でもきつ, で仲士, で感じ, で私, とある, ということ, という相場, といえ, といふ畳付, とか三円, と溜息, なんて法外, にしときましょう, にしとく, になっ, になる, には売れる, のもの, のネクタイ, の万年筆, の五千円, の公定, の品物, の小遣, の日当, の書物, の月賦, の船賃, はあまり, はずんだ, は分った, は手頃, は法外, ばかりになります, もあれ, もかなり苦, もする, もの賃銭, も取られます, やら読み分ける, やる, わざわざ日本橋, を大金, を奮発, を渡された, を滞らせつ, 引いて, 忙しい月, 持ってるの, 貸して

▼ 二~ (83, 0.0%)

3 ほど前, も前 2 も経った, 経って, 経っても

1 [71件] あまり坐る, ある, かかりますよ, から二刻半, か一刻, か二刻半, ぐらいは血, この子, ございます, たちましたらなんとか, ちかくたっ, ではない, で皆, で辿り着く, といえ, とたたぬ, とて経たない, とはかかりません, とは経たない, とも経っ, と歩かない, と殖える, にはまだ, にも三刻, にも余った, に近づく, のちがい, の差, の恥, の短い, の遅い早い, の道程, の間, は百金, ばかりで, ばかりにわたる合戦中, ばかりの違い, ばかりまえ, ばかり後, ばかり早かっ, ばかり經, ばかり風呂屋, ほどで, ほどの前, ほどの後, ほどばかり前, ほどまえ, ほども寝たろう, ほども烈しい, ほど休め, ほど寝, まえあたり, もそう, もたつ, もつづく, もまえ, も三刻, も彦太, も捜しまわった, も立たぬ, も経ったら, も金壺眼, を争う, を倍, を過ぎぬ, を過した, ノ, 程もたったろう, 経つには, 置かば, 近く明神下

▼ 二~ (82, 0.0%)

3 かけて 2 のもの, の中, の相違

1 [73件] あるのみ, からし, からまったく, から成っ, が母国, が氏, が竜, が衷心一致, すなわちロシア, だけである, なること, においてある程度, においてその, においてはつねに, において正確, において決して, において相対価値, において貧困, において貴族社会, における労働, における穀価, における貨幣価値, における金, についてはこの, にとどまらん, によって代表, によって用いられるであろう, にロイド・ジョオジ, に二君, に亙っ, に分れ住む, に南部最良, に境, に山災, に御, に止まらず, に遊んだ, に過ぎない, のさかい, のもつ力, の争闘, の交戦, の人口, の人民, の剰余生産物, の同盟, の和睦, の国交, の大学, の富, の戦う, の文化水準, の皇帝宰相ら, の耕作, の艦隊, の雑神, の領主徳川忠長卿, の風土書上, はことに, は伐り取れる, は戦争, は決して, は独逸, は等しく, よりシベリア, をおこした, を分け取り, を合せ, を撰定, を擾, を支配, を流れる, を経

▼ 二分の一~ (81, 0.0%)

3 または四分の三 2 とかし, にて価値騰貴, のうち, または四分の一, を加えれ

1 [68件] いや四分の一, が焼け野原, が除かれるなら, ぐらいのエハガキ, ぐらいの長, すなわち九十二人, ずつだ, ずつの力, だけ加え, だけ天, だけ廻っ, だけ減少, であり, であり右, であり年死亡率, ですからね, でもいい, でよく, で売却, で百五十人, で鋳, というこの, というよう, という出生, という数字, という造幣価格, となっ, となつ, となる, との平均, と仮定, と書い, と見, ないし二三分の一, にしか当っ, にしか当らなかった, にすら達する, になっ, になる, にのぼっ, にも足らず, により近い, に収縮, に当たる, に相, の割合, の外国貿易, の夫役, の待遇, の脱漏, の造幣価格, の錫, はおそらく直ちに, はその, はながめ, ばかりなる, または二〇分の一, または時には, までの間, をそれ, を加えた, を占める, を塞いでしまつた, を増加, を穿っ, を負担, 乃至三分の一, 減ずること

▼ 二十万円~ (81, 0.0%)

3 の金 2 だと, に近い, のカタ, の懸賞, の現金, を請求

1 [66件] ありゃい, かけられるという, かけるという, かといいたい, が不足, が事もなげ, くらいの資金, くらいはあり, ぐらいオレ, ぐらい一週間, ずつ与える, だして, ちかい大穴, でうれたら, です, ですか, ですな, でもい, でも構わない, でミ, で新築, で請負っ, で買いはります, で買う, で雑誌, といふの, とか百万円, とはいいだせなかった, と申せ, ないという, なら十万円, なりその, なんかだれ, になり, には替えられない, に値い, に売った, に売る, に達した, のお詫び, のお金, の代り, の出費, の宝石, の資産, の賞金, はする, はらく, は使い果し, は大, は最低, は見る見る, ほしい, ほどですみます, もし, もつかった, も三十万円, も取ります, を二人, を値, を支出, 作らなけりや, 出しあと年五万円, 出しても, 有りゃい, 程ある

▼ 二千人~ (81, 0.0%)

5 からある 2 と投げ入れます, の兵, の患者, は欺かれた, を収容

1 [66件] ありと, ある時獅出, おりましょうとも, からのメード, からの人数, からの人足, からの児童, からの同勢, からの水兵, からの農奴, があった, が一つ, が陣, ぐらいであったらしい, ぐらいではない, ずつあった, ずつを埋めた, だそう, である, というもの, とぞ聞えし, ともいう, とも報告, と称する, と見積もられ, と言え, におよぶ, によつて合唱, に近い, に過ぎぬ, のあと, の児童, の公衆, の兵力, の唐人, の水兵, の生命, の白襷隊, の立食, の聴衆, の苦力, の行列, はあります, はいる, はかぞえられる, ははいる, はフランス, は出, は動かねえ, は大丈夫, は立ちどころに, は雨季, ばかりが集っ, ばかり居ります, ほどの兵, も, もはいる, も出, も来, を大正, を擁し, を殺した, を突破, を遣, ヲ超, 送った

▼ 二一年~ (80, 0.0%)

5 の新 4 の人口実測, の期間 2 にはわずか, の人口, の十一月八日, の秋

1 [59件] から二二年, から二八, から死, ことに二二年, このかたソヴェト社会, になっ, にはどっさり, にはシャム四等官, にはニカラグヮ, には一二, には一六・三分の一パアセント, には一四, には一対一三一・一, には七, には党員, には六, には大, には幕府, には紐育, にカルロス一世, にチフス, にドイツ, に両院, に二カ年, に改訂版四冊, に新聞, に死せり, に死にました, に死ん, に第, に結婚, に至っ, に至る, に起った, のこと, のもの, のクリューベル, のセエゾン, の七月二十二日, の二〇箇年間, の初め, の十一月十四日, の困難, の報告, の実測, の果敢, の生誕, の終り, の脱漏, の間, はファラデー, は一対三六・五八, は平和, までСССР, までの単一経済組織, までの間, までは時々刻々, まで在任, 新経済政策以来凡そ百万

▼ 二分間~ (80, 0.0%)

2 にし

1 [78件] おそければ, かかる, か三分間, か三分間ドシドシ, がどんなに, ぐらいつづく, したら元, して, ずつ何回, だけで, だけ地球上, であたし, でかきけすよう, でこの, でもいい, でも三分間, でチョコレイト, で南イタリイ, で死, で死ぬ, で片づけ, で覚え, で電話, とかからない, となります, とはかからなかっただろう, に彼女, に縮め, のこと, の立話, は平に, は眼, ばかりのうち, ばかりひそ, ばかりも立っ, ばかりを犠牲, ばかり待たされ, ばかり振り向かず, ばかり沈黙, ばかり火, ばかり経った, ばかり話, ばかり黙りこん, ほどし, ほどじっと, ほどする, ほどそのまま, ほどだった, ほどで終り, ほどふたり, ほども続きました, ほども身動き, ほどゴシゴシ, ほどタバコ, ほど干, ほど歩く, ほど無言, ほど考えこん, ほど間, ほど黙っ, もあれ, もかからなかった, もさき, もたっ, も互い, も何, も息, も歩かない, も立つ, も経たない, より以上, をとり逃したら, を利用, を盗ん, デ済ム, 待つて, 置きに, 聴いて

▼ 二三丁~ (79, 0.0%)

4 のところ 3 いくと, の間, 行って 2 に過ぎない, の所, の距離, も来た, 抱えこんだ遊四, 歩いて, 行くと, 買って, 通るうち

1 [48件] かけただけでも, だ, てまえ, で, であるが, という所, とは離れ, とろとろと, に及ぶ, のある, のみを持っ, の処, の南側, の嶮, の暗闇, はなれた, ばかり先, ばかり往, ばかり背後, ばかり走る, ほど有所, また一丁位の, もう町, もかみ, もくる, もふらふら, もわざと, も下, も下った, も下る, も先, も向, も山道, も歩いた, も行く, も近づく, も馬, 上れば, 引込んだ小高い, 後れて, 来てから, 歩くごと, 程あった, 走りゆけは, 走ると, 過ぐる, 隔てて, 離れた路角

▼ 二三十分~ (79, 0.0%)

2 か, して, ばかり話し, も経った, 眺めて

1 [69件] おくれたの, おくれて, おくれるよ, かかって, かかるので, が何, くらいの長い, ぐらいその, ぐらいな, ぐらい散歩, ぐらい静か, しかたっ, したら, しゃべったばかり, しゃべって, すると, たつと, であり長く, ですかな, でオタツ, で列車, で帰つて, で祭, なお, ながらとにかく, に兇行, に過ぎなかったであろう, のうち, ののち, はすぎ, はそこ, ばかりの後, ばかりの距離, ばかり前, ほどあるきます, ほど恐い, もあれ, もかかっただろう, もかかる, もぐずぐず, もしゃべっ, もする, もそう, もたった, もたつたでせう, も坐っ, も屋台, も幸子, も後, も激しい, も眠った, も神経, も続いた, も続いたであろう, も續, も行ったろう, も費したろう, も迂路, も迷った, をついやし, を要した, 乗って, 喋りまくって, 待たなければ, 経ったと, 話す, 費したでしょう, 過ぎてから, 過ぎると

▼ 二三日うち~ (79, 0.0%)

4 にまた 3 に, に来る 2 に参ります, に帰国, に死ぬ, に行っ

1 [61件] と思つて, にある, にう, にお, におふくろ, にお返し, にきっと, にきつ, にこの, にすっかり, にすべて, にだってお祭, にね, にはすこし, には屹度大丈夫, には自分, には見つけます, には雨龍, にひと, にやるらしい, に一先づ歸宅, に三人, に三沢, に上っ, に主人, に二枚, に京都, に仏印出発, に全国庭球大会, に出, に出立, に分る, に又, に四五日うち, に国許, に大次郎, に大磯問題, に大阪, に女学生, に小田原, に届けます, に山, に帰らなけれ, に床上げ, に引越し, に当地, に揃いましょう, に歸京, に死ぬだろう, に江崎満吉, に牛島神社, に私, に立ちます, に紫陽花, に締めます, に若い, に荷物, に返辞, に退院, に雨龍, に願書

▼ 二三羽~ (78, 0.0%)

5 の鶏 4 飛んで 3 の雁 2 とまって, の小鳥, の雀, の鴉

1 [58件] あわてて, いた, いつも父, が不平そう, が大幅, きて, きれぎれ, ぐらいつかまえられるでしょう, ぐらいになっ, こぼれ飛び, さつと大きな, しか獲っ, しか生き, そらに, とまつ, とんで, と群, に追っかけられた, のむく, のインコ, のシギ, の友だち, の灰色ガン, の燕, の白鳥, の野鳩, の飛鴉, の鳩, の鳶, の鴻, の鵝鳥, の鶴, の鶺鴒, はずつと下, は採集, は飼ふか, ばたばたと, ひらひらと, また驚い, もつれて, も籠, やはり同じ, より数, をさげ, 住んで, 出て, 居たの, 来りて, 止って, 止まってないて, 殺されて, 潰れた儘, 眠ったやつ, 絶えず啼き, 翔け去っただけ, 遊んで, 飛出したの, 鳴きながら

▼ 二~ (78, 0.0%)

52 になる, のところ

1 [69件] あって, ありましたから, か三頁, しか出, ずつ書く, だけを, だけ破っ, でしたか, で述べた, ということ, というところ, とは読まず, とよめば, とよんだ, と筆, と続け, にいわく, において説明, にぎっしり, にはインド人鼠, には奇妙, には次, にギリシア, にゴア市, にセマン人, に仏国南部, に十行, に古, に土人, に宮本君, に対する彼, に引用, に或, に拠れ, に於, に書いた, に石田君, に私たち, に英国, に行つて, に足らぬ, の, のノート, の小, の新聞, の短篇, の竜, の行方, の軍事官報, の饗庭さん, はたいへん, は全く, ばかりも飛ん, ばかりを記入, ばかり読む, ほどで感じました, もお, も三頁, も続け, も読まない, より三頁, よんだだけ, をあける, を模, を模する, を繰った, を開け, 或味, 見て

▼ 二十歩~ (77, 0.0%)

2 に一つ, ばかり行く, も, も先, 心もとなく次第に

1 [67件] あるいたらぼく, あるきまた, から十歩, か三十歩, か多く, ぐらい先, しては, ずつを受ける, ずつ歩い, ずつ老幼, その辺, とはまだ, とは歩かぬ, とは行かぬ, とは走れなかった, と拝殿, と行かない, と隔つて, と離れ, にひとつ, に行き尽す, のところ, の距離, ばかりあなた, ばかりし, ばかりの距離, ばかりの間隔, ばかりも漕い, ばかりも行く, ばかり先, ばかり左手, ばかり歩いた, ばかり逃げ出す, ばかり駈け, ほどしか逃げ, ほどで足, ほどのところ, ほども歩く, ほど先, ほど前のめり, ほど向, ほど彼, ほど彼方, ほど後ろ, ほど後方, ほど歩いた, ほど躍っ, ほど近づい, ほど過ぎ, ほど間, もあるく, もいかない, もう三十歩, もない, もふみ出し, も前進, も歩いた, も行かない, も行き過ぎる, も進まない, も進んだ, や三十歩, 元來, 歩いては, 程ほんの, 進んでは, 離れたところ

▼ 二次大戦~ (77, 0.0%)

3 を経た 2 のあと, ののち, の結果

1 [68件] およびその後, がおわる, がはじまった, がはじまり, が勃発, が始まる, が殆ど地球全面, が火, でこの, でどっさり, ではアフリカ, ではファシズム, では毒ガス, では軍人, でドイツ, で受けた, で拡張, で支配者, で最も僅か, で死んだ, で直接国土, にはいっ, にはそういう, によってポーランド, によって利潤, による現実, にイタリア, にナチス, に勝った, に良心的参戦拒否, に連合軍, に際して世界的, のお, のすんだ, のなかっ, のはじまりで, のよう, の中, の勃発, の危険, の参加, の回想録, の多く, の始まる, の後, の惨苦, の時期, の歴史, の犠牲者たち, の過程, の過程そのもの, の開幕, の間, の闘争, はナチス, はファシズム, は世界二十億, は人類, は更に, は破壊, は起った, までの文学, を凌い, を経, を通じてケーテ, を通じてフランス人民, を通じて世界, を防ごう

▼ 二三十~ (76, 0.0%)

2 あるが, の星, の石, もある, 置いて, 迄は生きる

1 [64件] あったよ, あつた, ある, いるぜ, が二度, が恐れ, ぐらい迄は独逸語, ころっとした, しか持ち得なかった, ずつ売れる, ずつ袋, ずつ連れ, だした, ちらばってるの, でほんの, と思しき, と着換, なんぞである, に渡つた, の人俵, の人影, の同型, の小池, の屋根, の捕物小説, の眼, の眼玉, の石碑, の結晶, の足, ばかりの花, もくる, も並べ, も列べ, も取れまし, も建っ, も持っ, も持つ, も敷かるべく, も覚えた, も読ん, も違, も鍵, も雲の上, も頭数, よりは少く, 並べて, 並んで, 入れたの, 切っても, 動かすには, 干からびた球根, 引っ叩かれる, 引つ叩かれると, 引つ叩けば, 拾って, 持ちながら, 持出して, 数えたら私, 積み上げて, 見張って, 見張つて, 迄生き, 集まったら何

▼ 二十余年~ (76, 0.0%)

6 の昔, の間 4 になる, も前 3 にし, の今日, の同盟, を経た 2 に亘り, に亘る, のむかし, の後, の歳月, も以前

1 [32件] がある, が間, この狩太村, ずっと目付役, に亙る, に相成る, のあいだ, の作家生活, の政治生活, の教授生活, の星霜, の苦心, の街道生活, の誼, の貢献, の長い, の闇, まえに, もの昔, も別れ, も居る, も新劇, も昔, を歴, を積ん, を経たる, を経過, を送り来った, 住みなれた大森, 既に予, 程前, 経て

▼ 二十六七~ (76, 0.0%)

3 になる, の若い 2 だったろう古びた印半纏, でがなあらう, にももつ, に見える, の女, の少し, まで縁

1 [56件] あぶらの, か, かときい, かと思った, が婚期, くらいの若い, ぐらいなるべし, せいぜい二十八, だから, だった藤吉郎, だろうけれども, だろうね, であった, であろう, であろうか, で色, という時, とも見える, と見え, と言え, なので, なるべく長, にしか見えなかつた, にでもなる, になり, になりし, には確か, にもなれ, にもなろう, にや, の, のお年ごろ, のすばらしい, のどちら, のイキ, の中年増, の働き盛り, の大学生, の如何, の娘, の婀娜, の年配, の柄, の気, の派手, の男, の美しい, の羽織着, の良い, の色白, の若, の青年紳士, の魅力, も若い, を出ず, 大年増

▼ 二十年代~ (76, 0.0%)

3 のロマンティシズム, の日本, の青年 2 に安定, に通じ, のはじめ, の初頭, の頃

1 [57件] から, からチャン, その頃, だなと, であった, では, でも今, なぞで, にあ, において故, にかけてまず, になる, にはいつ, にはじまった, には翻案, には花鳥風月, にゾラ, に三宅花圃, に到, に唱えられた, に圓朝, に於, に既に, に書かれた, の, のこと, のもの, のよう, の中頃, の事, の人心, の先輩同輩たち, の国学者, の土佐, の子供, の徳富蘇峰, の政治, の文学, の早い, の有り様, の末, の末期, の東京地図, の流行, の片田舎, の田舎, の詩界, の郡司大尉, の限定出版, の雰囲気, の魂, は筆, へかけ, へ掛け, まで出没, も早い, を振り返っ

▼ 二~ (76, 0.0%)

2 ずつどうぞ, の白雲, の肉塊

1 [70件] あつめて, か三片, が内, が外, ずつで一色, ずつ戴く, ずつ残った, だけ端, ちゃんと埋っ, です, で満足, で閉口, としてこういう, とだんだん, と散る, と相場, と閃き落ちる, と青菜一, なら色つき, について彼, に分れ, に比し, に開裂, の, のあり, のみなれ, の価値, の名刺, の布, の木, の椅子, の椅子料, の紅, の紅薔薇, の肉, の苞穎, の葉状有色, の豚肉, の運命, の金, の雲今, はこれ花, はそうそう, はらはらと, は問題, は甚だしく, は第, ばかり, ひるスープ, ほおばった, も口, も筏, や落ち, より成り, をはしり, を信徒, を圧す, を堯, を持ち, を水, を載せ, を集めた, 出して, 呉れたから, 散り清けき, 浮いて, 程箸, 見せ夜寒, 貼ついて, 高い所

▼ 二~ (76, 0.0%)

32 である, の蓮根, は, をうた, を引い

1 [63件] から書き出した, がこの, がどう, がはじまった, が同じ, が見え, だ, である一節, である幼年篇, ですね, とを併せ, と二十三節, と再三, においてゾパル, において彼, において愛, において言う, にかかろう, にその, にちょっと, には, には風精, に亙り, に似たる, に對, に注意, に芝居, に言う, に記した如く, に較べる, の半ば, の意, の有名, の次, の終り, の論旨, の違い, の釧路丸, は中断, は彼, は次, は終っ, は郭璞, は骨肉, ばかり歌っ, ほどを長く, までの語, までは悪人滅亡, もあ, も同じく, より三十節, より五節, より四節, をば手帳, を一段, を唱, を引こう, を抜書, を挙げ, を暗誦, を誦し見よ, 及び六節, 聞えるとも

▼ 二次的~ (75, 0.0%)

8 なもの, のもの 3 である 2 な性質, な或いは, に真理

1 [50件] いづれに, であるから, との二つ, な, な仕事, な付け足しに, な位置, な具体的, な印象, な土地, な悩み, な意味, な意欲, な特長, な理由, な理解, な発展的時期, な目的, な科学, な芸術的悩み, な言わば, な資格, な部分, な重要, にすぎぬ, になっ, にはか, には外国人, には日附, には歌, には自然科学, には逆, に人間, に付加, に分類, に勘定, に扱われた, に決定, に爾, に現れた, に現象論的, に眞理, に知識, に範疇, に結晶形, のこと, の作品, の叙事詩, の存在, の発生過程

▼ 二階建て~ (75, 0.0%)

8 の家 3 の洋館, の長屋 2 であった, になっ, の大きな, の建物, の西洋館

1 [51件] が限度, だし, だった, であるため, でした, でしょうね, でぼくら, で三角形, で中庭, で倉, で土蔵造り, で東, なり, にし, には提灯, のもの, のわり, のガッシリ, の一構え, の三四十人, の二軒長屋, の仕舞家, の借家, の古い, の古代エジプト, の四角, の壁, の家々, の小さい, の小さな, の小家, の小楼, の屋根, の山中, の映画館, の暖炉, の木造, の木造洋館, の板家, の母屋, の白い, の相当, の粗末, の見すぼらしい, の軽い, の防火建築, の雨戸, の頑丈, の館, の高層ビル, を限り

▼ 二~ (74, 0.0%)

3 か三坪, ばかりの広 2 ぐらいで, たらずの, の地所, の広, ほどの土間, ほどの地面

1 [56件] あれば, から五十坪, ぐらいの板敷, でなに, とかいうん, と四分一, には足らない, にも足らない, にも足らぬ, に床, に足らぬ, のところ, の値, の地面, の寝小屋, の平地, の広い, の庭, の湯槽, の長方形, ばかりな, ばかりの一角, ばかりの周囲, ばかりの容体, ばかりの小屋, ばかりの廣さ, ばかりの浅茅生, ばかりの炉, ばかりの白い, ばかりの空地, ばかりの芝生, ばかりの茶畑, ばかりの菊畑, ばかりの鞘堂, ばかりの風呂, ばかりの風呂場, ばかり仕切っ, ばかり囲, ばかり掘りさげ, ばかり杉葉, ばかり池, ばかり燃え, ほどな, ほどのコンクリート, ほどのソラ豆畑, ほどの一枚硝子, ほどの小, ほどの御, ほどの板の間, ほどの板敷, ほどの物干場, ほどの空地, 程の中庭, 程の板敷, 程の池, 買ったの

▼ 二~ (73, 0.0%)

6 もある 5 の捕縄 2 におよぶ, にもあまる, の高, ばかりの崖, もあろう, も其上, も昇らなけれ

1 [48件] か三丈位, くらいの大きな, ぐらいといわれ, ぐらいのうわ, だ, で鎗, と稱, など長い, にあまる, にも及ぶ, に余り, に近く竪, の余, の大杉, の穴, の飛瀑, ばかりつき立っ, ばかりの大きな, ばかりの大穴, ばかりの木, ばかりの深, ばかりの瀑, ばかりの間隔, ばかりの鬼, ばかりもある, ばかり厚, ばかり右, ばかり沖, ばかり登り懸けた, ばかり間隔, ほどになり, ほどの下, ほどの大きな, ほどの所, ほどはあるらしい, ほどもある, ほど音, もさがる, も下, も積ん, も這いまわり, も這ひま, や三丈, を数える, を隔て, 大さ数十囲, 長さ四丈, 高さ十丈

▼ 二人目~ (73, 0.0%)

5 の子供 3 の妻, の男 2 が殺される, と目, の人, の妻威能, は死なず, を斬る, を殺し兼ねない, を見合せ

1 [46件] からその, から後, がこの間, が成就, が承諾, が殺された, が破れ, くらいまでである, ぐらいに気, さ, だ, だなん, であった, であったの, である悲しい, にいた, にお, にやつ, に寝床, に立った, のさびしい, のほか, の人影, の修子, の娘, の怪しい, の敵, の日本女, の武士, の犠牲者, の犧牲者, の男子謙助, の花婿, の講師, は, はこの, はさいしょ, は出られない, は同じ, は山出し, は木戸番, は浅草大音寺前人入れ稼業新九郎, は煙草, も五六日, をさまし, を丸く

▼ 二十本~ (73, 0.0%)

2 の松明, の爪, も運ん

1 [67件] あったって, いやまだ, から三十本, か三十本, ぐらい注射, ぐらい燈, ぐれえ, ずつにし, ずつ刈りすけ, ずつ妻楊枝, だ, ちかくにも, でしたな, では, でも上野公園内, と灯心, にて代金二分, にも余る, に余る, に餘, のうち, のうでが, のアイスクリーム, の刀, の割, の木, の石油カン, の糸, の脚, の葉煙草, の葡萄, はあらむ, ばかり, ばかりそっと, ばかりの松, ばかりの棒, ばかりの鉄片, ばかりはスック, ばかりほしい, ばかり並んだ, ばかり伐らし, ばかり出来, ばかり参つた, ばかり買, ほどありました, ほどずつ一, ほどで, ほどの房, ほどもならう, ほど弦, ほど漕い, もあげた, ものんだ, もの手, も三十本, も杉苗, も渡っ, も背負, や三十本, や三十本ぢ, をなん, を一クルス, を噛, 出て, 持って, 撚り錘, 程の水仙

▼ 二商品~ (73, 0.0%)

4 のそれぞれ, の一方, の交換, の利用, の稀少性 3 が与えられ, のうち, の中, の各々, の間 2 の場合, の所有者, の需要, を

1 [30件] がすべて, が他, が共通, が均衡状態, が市場, しか存在, しか無かっ, ずつ交換, ずつ行われる, のいずれ, のうち一商品, のすべて, のみをとる, の互に, の交換比率, の交換者, の供給, の価格, の利用曲線, の各, の所持者, の所有量, の有効需要, の欲望, の相対的価格, は純粋, を互に, を次に, を燕麦, 及び三商品

▼ 二十メートル~ (72, 0.0%)

2 ほどあと, ほどうしろ, ほどのところ, ほど向こう, もある, もいく, も歩いた

1 [58件] ああもう, あると, くらいにすぎない, くらい追いかけ, ぐらいしか残っ, ぐらいの深, すなわち約, だと, であつ, といった孔, とせばまっ, となかっ, とは離れ, に近い高, のところ, のボーリング, の上, の間近, の間隔, の風, の風速, ばかり, ばかりに近づいた, ばかりの高い, ばかりはかなり, ばかりはなれた, ばかり進みました, ばかり離れた, ほどさき, ほどしかありません, ほどすすみます, ほどになりました, ほどの近, ほどの長, ほどの風, ほどへだて, ほどむこう, ほどもつづい, ほども歩いた, ほども進んだ, までもぐっ, もあるでしょう, もあろう, もおく, もにげ, ものびた, もの大穴, もはなれた, もはなれる, もむこう, も下, も崖, も歩いたでしょう, も漕ぎださない, も飛ぶ, をこえ, を転がっ, 果たして博士一行

▼ 二千兩~ (72, 0.0%)

13 の金 8 の小判 5 といふ大金 3 の大金, の御 2 といふ金, の隱, はお, や三千兩

1 [32件] ありや, あるん, でせう, で我慢, と纒まれ, なくな, になつ, に眼, に釣られた, のお金, の寄進, の箱, の行方, の袖の下, は今, は入る, は到頭, は叔父, は愚か差迫つて, は盜, は要る, ほど掻き集めた, も持つ, をバラ, を持出した, を持出す, を持參金, を掻き集め, を盜, を隱, 儲けてる最中, 近い金

▼ 二百万~ (72, 0.0%)

3 の人, の市民 2 が租税, としてその, のブルジョワ, の住民, の失業者, の子供, の生霊

1 [52件] か三百万, が同数, が惜しい, が用いられるであろう, が用いられるなら, が精一パイ, せしめたあの, その半分, だか, だしますから, ちかい未亡人, であるとして, ですか, ではなく, でも三百万, でも支出, で戦前, という内訳, という数, といえ, として四百分の一, となり, と称され, と見る見る, ならば, なら百万, に増加, に近き, の, の人いきれ, の人出, の人口, の倍数, の兵, の増加, の夫婦, の女子, の御, の民草, の話, の軍兵, の金, の間, は使ったでしょう, まではまかなえる, も例外, や三百万, よりはるか以上, を支払う, を貯蓄, 乃至百五十万人, 挙げて

▼ 二重性~ (72, 0.0%)

3 のため 2 の故に, の統一, を持っ, を有

1 [61件] から出, から如何, から由来, があり, がある, がその, がつきまとっ, が働い, が始まつた, が存する, が獣類, が生じる, が発生, であった, である, である所以, として吾, として持っ, として有, として矛盾, とはそういう, とは何, と相似, なの, による, に他, に呪われ, に於ける, の, のこの, のもの, の上, の在り方, の所有者, の故, の概念, の秘密, はそこ, はわれわれ, は以上, は当然, は恰も, は更に, は異, もあり, をその, をそのまま, をはっきり, を一つ, を主題, を人々, を卒, を又は, を反映, を数学, を有っ, を有った, を激化, を私, を科学, を自覚

▼ 二~ (72, 0.0%)

4 にわかれ 3 に分け 2 に分れ, に別れ, の森氏, の軍

1 [57件] から協力, がつづいた, が一面, が今に, が忽然, が敵, が辻, こそいま, だけをここ, だった, とカギ鎗隊, に, になっ, には佐久間盛政兄弟, には戴宗, には督軍目付, にまかせ, にわかれまし, に分れた, に協力, に取りまかれ, に自身, のみ敵, の使番四, の大将, の引揚げ, の快, の森武蔵守, の楊雄, は, はさすが, はただちに, は二重堀, は何, は先発隊, は十四日朝, は城下, は夜, は左右両方, は巴西, は生駒山, は舟軍, は裏, は逆, は遠く, へ増援, までが恐らくは, も勢い, をひきつれ, を募集, を問題, を奔ら, を挙げ, を為し, ヲ置キ階下ニハ一隊, 併せて, 阿閉貞明

▼ 二カ所~ (71, 0.0%)

2 ありその, で地境, を造る

1 [65件] あったもの, あった石, あって, あり, あるいは三カ所, あるその, お杉, から出た, から来た, から紫色, しかありません, その一つ, だけはどうしても, であった, で事, で会合, で堰, で思い思い, で縛つて, とも醜い, どす黒くコチコチ, にある, にいずれ, にこしらえ, につくっ, にも三カ所, にも残っ, に保存, に切り, に制限, に大きな, に建, に打ちつけ, に赤, に限られいたる, に飼育, のつめ跡, の傷, の屋敷, の川岸, の広い, の捜索支部, の辻番, の難所, はとかく, は必ず, は遠い, ばかりの大穴, ばかりの重い, ばかり傷, へ様子探り, ほどありました, ほどスキー, ほどリノリューム, ほど常夜灯, ほど平ら, ほど微か, ほど汗, もつづけ, も斬っ, や三カ所, を入, を刺します, を指さしました, 新教派小学一千八百八十三カ所

▼ 二~ (71, 0.0%)

42 あり, だ, なり, に逢, の綿入れ, を生んだ

1 [55件] か唐桟, が植木屋, たる貫名次郎重忠, だの, であった, である, で光仁天皇, で周, というその, といふ篇, と共にかれこれ, と共にこの, と共に同行, と共に房總, と共に朝廷, と共に裾野, と同じく, と称し, と米舂, にし, にすえられ, に代っ, に向い, に教, に曹子建, に示し, に行っ, に限らず, のため, の供養, の名, の大橋, の学, の羽織, の袷, の裏, の赤大名, の魂一対, はこれ, は数え, は父, は親戚, また相, も茫然, を九州, を從, を殺せ, を生み, を除き, 共に可, 及びその, 常庵, 来り訪, 来る, 織の

▼ 二三匹~ (70, 0.0%)

2 ついて, は載, 描いて

1 [64件] あげような, いい餌食, いたり, いれば, うごいて, およいだ, か四五匹宛, が同時に, が幾千匹, が程, が近く, さして, しか喰, しか釣っ, して, ずつの犬, ずつ居る, ずつ繰りだし, と蟹, におびやかされる, になっ, に過ぎない, のスヾメ蜂, のフカ, のプードル, の大, の奴等, の栗鼠, の犬, の猿, の紫色, の蛍, の蟻, の野良犬, の鳴く, の鶺鴒, の黄色い, は砂濱, ひっかかって, ひらひら舞っ, ひらひら舞つて, ふえて, も殺せる, も箱, も見え, も鈎, も食いこまれ, やられたかな, ゐること, をつかん, を目がけ, 何ぞ大物, 出て, 大きな奴, 大人しくとぐろ, 捕れませんか, 繋がれた, 落ちて, 見かけた, 赤い背, 這い廻って, 飛び込もうと, 飛び込んで, 飼ったこと

▼ 二人ぎり~ (70, 0.0%)

4 になった, の時 3 であった, で居る, になりました 2 に成った, に成る, の兄妹, の家庭, 広い家

1 [43件] だから, だった, だったと, でありました, であるの, でございます, でございますから, でした, でしたが, ですから, ですが, で会う, で実に, で当分, で暮し, で暮す, で歩い, で話し, で話す, で話せる, で逢った, で逢わざる, と成った, になり, に切りつめ, に成つた時, のとき, のところ, のもの, の場合, の小, の旅, の気随気儘, の汽車, の生活, の遊び相手, 互に顔, 会って, 出掛るとは, 寂しい隱居所, 残して, 淋しいよう, 置く訳

▼ 二十町~ (70, 0.0%)

4 の間 3 ほど歩い, もある 2 ばかり, ばかりを落ち, ばかり行く, も三十町, も来た

1 [50件] あまりいった, からあつ, くらいのところ, くらい遡っ, ぐらいはあろう, でも先, で小島, とはございません, とも見ゆる, に対して食封八十戸, の, のところ, の近道, の間四, は来たろう, ばかりおりる, ばかりのところ, ばかりの先昌里, ばかりも違つた方何, ばかりも離れた, ばかりゆく, ばかり山, ばかり山道, ほどにし, ほどの山, ほどの村, ほどを距, ほど左, ほど登った, ほど行く, ほど見送った, ほど距, ほど離れた, もあろう, も下ったろう, も下る, も來, も急, も戻った, も歩い, も歩いたであろう, も登る, も高原, を下された, を超え, 厚さ數十尺, 大宰帥十町, 程徒歩, 程行く, 高さ六丈

▼ 二~ (70, 0.0%)

6 の銃声 4 の弾丸 3 の大砲, の弾, の散弾 2 の鉄砲, を発射

1 [47件] うたれたの, うって, しかない, ずつだ, ずつという風, つづけて, でも一発, でも打つ, でクールフェーラック, で二人, で射殺, とも残っ, と下腹部, と続け, ながら命中, のゆくえ, のカラビン銃, のピストル, の爆弾, の玉, の轟音, の鉄砲丸, の銃丸, はコントレスカルプ街, は実弾, は手ごたえ, は水面, ばかり軽い, へえつ, また三発, もつ, も弾丸, をその, を充填, を切っ, を射撃, を打ち込んだ, を白雲, を防ごう, 射って, 射て, 打った, 撃った, 撃ったが, 撃ったん, 撃つ, 放たれた銃声

▼ 二~ (70, 0.0%)

3 綻びかけて 2 の花, の薔薇, ばかり満開, 咲くの, 活けて, 買って

1 [55件] あって, あります, か三輪, が前方, ぐらいずつ大切, ぐらい買っ, さして, さして載せ, ずつ金粉煙草, そえて, だけ款冬, だけ花, つけて, であり声帯, とさち子さん, とチンノレイヤ, と散り出した, と枯れた, と綻びかけ, と綻びる, と綻び初める, と葉, のみ, のバラ, の半開, の少き, の撫子, の朝顔, の椿, の牛車, の箱馬車, の荷車, の車, の馬車, の黄, はよろし, は見当らなかった, は黄色, ほころびかけて, ほど大きく, ほど封じ込みます, も三輪, を咬ん, を見出でた, 並んで, 削り自己, 咲いたと, 咲いて, 咲いてるから, 咲き残りたる風情, 咲く, 大きい白い花, 押して, 散ってるよう, 白い花

▼ 二七年~ (69, 0.0%)

3 の冬 2 のクリスマス, の十二月, の暮, の末

1 [58件] からは六月一日, から三〇年, から八年, このヴォルガ河, というその, と云え, に, にいった, にかかれた, にさえ既に, にはまた, にはコンムーナ, には三度, には八十歳, にもう一度, にも一度, にウィーン, にケルン大学, にケンブル, にケーテ・コルヴィッツ, にファラデー, にマリユス, にロンドン大学, に出来た, に完成, に巴里, に王立研究所, に英国, に賃銀割出し, に高等専門学校女生徒, のあれ, のニューイングランド, のパリー, の一月三日, の七月, の三月三十一日, の元旦, の初雪, の十一月一日, の十二月頃, の十月五日, の地図, の夜, の寒冷, の日本, の暮れ近く, の現在, の秋, の秋ごろ発表, の空気, は人, まだカルルスバート温泉, までのベートーヴェン, までヴィーン, まで法王, まで王, 同二九年, 死す

▼ 二~ (69, 0.0%)

2 なりしも之, に締結, の五十戸, の探, 其の内閣

1 [59件] あり, ありその, あるその, しかない, しか無い, せしが, その住民, で四五百, にくらべてずゐ, にも三囘, にわけ, にわたって加筆, にわたる露西亞滯在, に一寸記述, に亘り, に亙り, に句切つて行, に書く, に李逵, に殘, に納める, の, のそれ, のロシヤ, の中禪寺, の使節, の來航, の例外, の喧嘩, の報告, の夏, の夏休み, の戦争, の會合, の植民, の波瀾, の航海, の觀劇, の訪問, の診察, の講演, の議会, の議會, の負傷, の質問, の遣, はいつ, は卓, は坐り, は屹度交通巡査, は聞く, ばかり歩調, までも議会, までも議會, もどるだけと, も三囘, も徒歩, 然れ, 見るには

▼ 二~ (69, 0.0%)

4 をやっ 2 のほか, のトリック, を兼ねる, を勤め

1 [57件] か三役, が気, が解決, が顔, ぐらい文化, しか勤め, だ, だから, だけで, だと, つとめなされる様, では, でも出場, で大向う, ともやった, とるガラマサ, ながら評判, なので, にある, には微妙, にもなけれ, に当る, に扮, のとこ, の意味, の指導者, の掛け合い, の淡路, の片割れ, の舞台, の藤田百庵, の裏, の類別, は仙十郎, は幡江, は関三十郎, もここ, やって, よ, をした, をつとめ, をつとめる, をとる, をやった, をやつ, をやれ, を僕, を兼ねた, を勤めた, を勤める, を対峙, を振り当てられた, を数枚, を演, を演じ, を見せどころ, を試みる

▼ 二万石~ (68, 0.0%)

5 の大名 3 の大 2 に瑕, の城主, を分割, を寸断

1 [52件] が安泰, ぐらいの木葉大名, ぐらい何のその, ご家臣, ずつ加増, で六千二百人, で召し抱えられた, という寵遇, とをつり, ながら北畠内府, にし, にも達しない, に封ぜられた, のあるじ, のお姫さま, のご, の仕置, の加賀様, の城下町, の城地, の大藩, の天下諸侯, の太守山内侯, の奥州, の威勢, の家, の家老, の封主, の将軍家, の小, の御, の恩賞, の息, の改易, の浅野長勲公, の雄藩, の領地端, は安泰, は幕府, ほどの小, も多い, や三万石, を与え, を与えよう, を与えられ, を件, を八千石, を受け, を呉れる, を喰う, を戴く, を給わる

▼ 二三ヶ月~ (67, 0.0%)

10 の間 3 して 2 といふもの, の中, の内, も経つ, 経つてから

1 [44件] いくら手紙, じっとし, すると, た, たって, たつて, でも二, でも半年, で急, で鎮, というもの, というもの消息不明, と高, にあざやか, に一度, の, のこと, の下宿料, の後, の拘禁, の短い, は体, は大丈夫, ほど前, もし, もする, も枕, も置いたなら, も過ぎ, や五六ヶ月, ゐたその, を, 住む場所, 住んだ芝, 働いたばかり, 半札, 必ず切り抜い, 暮して, 生きて, 程たっ, 経ったもの, 経った頃, 見たこと, 預って

▼ 二三里~ (67, 0.0%)

3 のところ, の道, の間 2 はある

1 [56件] あるん, いやもっと, ぐらいも過ぎ, にし, に一村, に亘つた白浜, に亘る, に過ず, のもの, の先, の処, の南, の地点, の場所, の山奥, の山峽, の所, の田舎, の距離, の路, の近, の近在, の間續, はあるいた, ばかりすごすご, ひろい平野, ほどの奥まり, ほど多少, ほど来る, までの島々, も下, も下った, も奥, も探し, も揉まれなけれ, も来たろう, も登りたる, も行く, も行った, ゆけば, をひたすら, をへだて, を歩い, を歩く, を距, を隔て, 下ると, 入ったところ, 有るん, 行くとな, 行けば, 近付いた訳, 進んで, 隔たって, 離れたお, 離れた小さな

▼ 二~ (67, 0.0%)

2 の像, の巨人, の木乃伊, の聖なる

1 [59件] あい並んだもの, ありこれ, か三体, がお, がすでに, がその, が出, が出来, が現存, ござりました, であったり, である, である事, である二人, である場合, でなく一体, では, ときには三体, となった, とも坐像, と信ぜられ, と刻ん, と考へ, なくては, なくても, に分け, の, のニツケルマン, のミイラ, の人形, の人造人間, の仁王像, の仁王様, の勇者, の地蔵尊, の木乃伊そのもの, の木像, の白衣, の白骨, の祖霊, の神, の秘仏, の骨格, の骸骨, の鬼, はゆうべ, は飛鳥仏, も三体, よりお, を並べ, を中心, 並んで, 又は一位, 及び其他故人, 或は群行, 浮び出た火影, 焼けて, 立たせ給う基督, 飾るから

▼ 二~ (67, 0.0%)

4 のうち, の土蔵 3 の建物, の部屋, 借りて 2 あった, が炎上, で廊下, に別れ, の大きな, の寄宿舎

1 [38件] あります, ある, からから成り立っ, が一つ, だけで, つ, つづきの, と二階建, ならびに素晴しき白樺, になつて, にわかれ, に住み, に住ん, に分かれ, に分つた, に当る, に離座敷, のウチ, の二階建, の倉庫, の平, の御所, の簡素, の飯場, はうまく, は右, は商売物, は米倉, ばかりの小屋, ほどな, ほどの鍛冶小屋, ほど荒れた, 並んで, 大きな長屋門, 掘抜井戸, 焼け落ちたとて, 立ち並んで, 立って

▼ 二箇所~ (67, 0.0%)

2 である, にあります, にストーブ, に分れ, の篝火

1 [57件] あつて人, あります, ある, あるに, あるのみ, しかない, そのほか七戸, では, で丈夫, で医業, で張番, で押えた, で此等, というもの, といふもの, と新聞社, に, にぶら下っ, に出し, に小, に曲つて, に灯台, に現れた, に置き, に見え, に貼りつけた, のトンネル, の停車場, の傷, の切符, の取るべき, の字句, の引手茶屋, の火元, の社, の誤植, の郵便局, はワルラス, は崖, ばかりで起った, ばかりにそれから, ばかり講演, へ知らせました, ほどピン, ほど欠けた, ほど被覆, まで特殊部落, を挙げ, を断つ, を歴訪, 共に字画鮮明, 出て, 参れば, 又は三箇所, 各二畳, 突かれさせ給, 繰返して

▼ 二~ (67, 0.0%)

11 の椅子 4 置いて 2 の右, の安楽椅子, の肘, ほどあり

1 [44件] ある, が岸, しかない, だけある, とおなじく, とした, として居る, と手水台一台, にて三脚, に作, のいす, のみで歩む, のみで走り, のみで跳ね歩き, のズック製, のズツク製, のテーブル, の壊れかかった, の外, の大型籐椅子, の彫刻, の木, の杖, の毀れかかった, の牀几, の肱掛椅子, の足, は玉座, へ揉合, ほどならべ, ほどの床几, ほど並べ, ほど出, も三脚, をおく, をふみ, をもって激しく, を同時に, を揃え, 並んで, 捨て床几, 程重ねあり, 積み上げて, 紅きは

▼ 二~ (66, 0.0%)

2 に飲ん, 話し合つて, 飲むと

1 [60件] ある, あるか, あるん, か三口, か喫つた, ぐっと飲み込んだ, さ, しかない, じゃないや, じゃ中りっこない, ついばむと, つけ加えて, でも美しい, で話, で説明, で食っ, と食べられた, ならどうにか, にも言う, に乾した, に喰っ, に限られ, に飲み, のまとま, のん, の片側町, の稀代, の豪刀, の返し言, の銘刀, の餌食, ばかり吸い取る, ばかり残っ, ばかり水, ばかり芋, ばかり飲ん, ほど吸われた, ほど水, ほど頬張りました, ほど飲ん, までも寄進, をひとつ, を合計, を抱えた, 云い合いを, 云って, 叫んだが, 合せて, 吸っては, 呑んで, 打ったるを, 洩して, 程飮, 見つけて, 試みけるが, 話し合って, 食っては, 食べると, 飲みながら, 飲みました

▼ 二箇月~ (66, 0.0%)

3 の間 2 して, でもお気

1 [59件] おりましただけ, が介, が過, ぐらいは此方, すぎてから, すると, ずつ奉公, だからな, だそう, だとか, である, でもう, で高木君, としては三百六十五日, とす, とたたない, なの, にし, にしか成らない, になる, にもなります, にわたる戦い, に満ちた, に跨が, に限らず, の, のうち, の後, の後吾血色, の後最愛, の旅興行, の旅行, の時日, の暇, の謹慎, の遅延, の間働き, ばかりする, ばかりその, ばかりも続いた, ばかり何処, ばかり保養, ばかり別れ, ほど入院, ほど後, ほど経っ, ほど過ごした, もかかっ, も三箇月, も経つ, も逢わない, を経, を経る, 寝込んだ, 待って, 立つか, 続く, 過ぎた或, 過ぎて

▼ 二~ (65, 0.0%)

3 あるの 2 ある, を識別

1 [58件] あって, あるん, があっ, がよく, が尊ばれ, が重なっ, ぐらいかせいぜい, しかござんせん, しか居ねえ, しか身, とかの水彩絵具, にしか感じられ, にしなけれ, になってる, にハツキリ区別, に使います, に分け, に分けられ, に区別, に外, に大別, に浮かび上がった, に統一, のお, のまんじゅう, のサンドウィッチ, のスープ, の中, の写真, の咲き分け, の役に立ちます, の桜, の歌, の浅黒い, の淺, の紙銭, の美, の膜, の花, の薬, の藁, の起伏, の迫り, の鳥, はさながら, はない, は常によく, は極楽, は白けれ, ばかり私, または三色摺板画, をもって如何なる, を一つ, を取上げる, 交ぜて, 出ます, 撚って, 若しくは三色

▼ 二三日後~ (64, 0.0%)

8 のこと 4 のある 3 の夜 2 にその, に父

1 [45件] お蓮, から私, この付近, そのとき傍, そのジジ, そのドラム缶, その禅師, だった, だつた, だね, であった, である, にさし迫った, にそれ, になっ, には必ず, には或, には隆佐, にまた, にようやく, にわかつた, にワルシャワ, に上りたく思っ, に亀田屋, に二百二十日, に偶然映画, に入手, に正造, に死んだ, に第, に辻, の事, の午頃, の始末, の或, の晩方, の晴れた, の暮れ方, の運命, まで反抗的, よく主, を約し, 或る, 老友, 見出されて

▼ 二十前後~ (64, 0.0%)

5 の若い 4 の支那人, の青年 3 の娘 2 に故人, の大, の女, の息子

1 [40件] だったろう, だつたらう, であったと, であつ, である, であろう, でご, でタシュケント, でハッキリ, で人相, で細そり, と思われます, どうも十八, にぶつかった, にも見られる, に起った, のちゃんと, のまだ, のよう, の不良少年, の体格, の公達, の同じ, の女三人, の女学生風, の専門学校程度, の小さな小さな, の小柄, の年頃, の恐ろしく, の息子娘, の時代, の白粉, の美, の美人, の芸者, の若, の若僧, の若者, の青年武士

▼ 二等室~ (64, 0.0%)

4 の戸 2 の一隅, の扉, の窓, も春

1 [52件] から夜目, から食堂車, だ, だらうと, である, です, で出発, で日本人, という, と二等喫煙室, と例, なの, にその, にはい, にはたった, には他, には明き, には竟, にゐた, に上野, に乗り込んだ, に乘, に入, に入った, に入院, に担ぎ込ん, に移る, ね, のガラス, のストーヴ, のベット, の一患者, の事, の前, の広間, の方, の食堂, はゆっくり, は其の, は動揺, は緩, へ乗り込んだ, へ入らせた, へ出掛け, へ戻っ, へ這入, もない, も時の間, をもらいました, を一ツ覗き越し, を追いかけ, 見ると

▼ 二間半~ (64, 0.0%)

5 の竿 4 の大身 2 から三間, はあります, も高い

1 [49件] からある, か二間, ぐらいで, ぐらいに奥, こわめ, たらずだが, で道糸, とは後で, と二間竿, と決まっ, と鍵, などという長, にすぎず, にも余るだろう, に一間半, に三間, に周り, に狹まり, のしっかり, のやわらかく, の一間幅, の大き, の立派, の若竹, の袖蔵, の軽い, の鉄筋コンクリート, の長, の頑丈, の黐棹, ばかり前面, ほどある, ほどの木造小舎, ほどの道, ほどの高, ほどもある, ほど私, ほど行く, までだ, までである, もあっ, もあつ, もあろう, もすべりつこ, 多くて, 建て坪十三・四・五坪, 程ある, 計十二坪, 高さ一間半

▼ 二階屋~ (64, 0.0%)

2 であるが, に避難, を借り

1 [58件] から沈みすぎる, から沈んだ, があっ, があつ, がずらりと, がその, が二軒, が嫌ひで, が建, が母屋, が見え, が見えた, が風, その二階, だ, だつた, だのぴつしやり閉つた障子, であった, であったが, であつ, である, です, ですが, でその, でとりかこまれ, で大通り, で格子戸, というもの, などは, に, にお, にゐた, に住む, のあぶなく, のその, の一ツ, の一間, の七八間, の上下, の中, の大第, の揃った, の新築中, の硝子窓, の窓, の立ち並んだ, の表面, の裏, の角, の軒, は本町, へと案内, へ消え, も洪水, も男気, を建てる, を買っ, ヲ平屋ニ

▼ 二マイル~ (63, 0.0%)

3 あり 2 なり, にし, の間, もある

1 [52件] あるが, かそれ以上, ぐらいもあり, にわたって櫓, にバラバラ, のところ, のメムフィス, の内地, の地点, の場所, の服部川, の村, の河畔, の流れ, の海浜, の範囲内, の近在, はなれた, ばかりあり, ばかりで, ばかりのところ, ばかりの所, ばかりの距離, ばかりの間湖水, ばかりはなれた, ばかり下, ばかり行く, ばかり郊外, ばかり陸, ばかり離れ, ばかり馬, ほどはなれた, ほど歩く, ほど進む, もの遠方, も上, も歩い, も離れた, も高い, をかよった, を一度, を彼等, を我々, 一方を, 下り曳網, 最も近い, 歩いてから, 続き堀, 行った所, 走って, 離れた小田原, 離れた日本

▼ 二十五円~ (63, 0.0%)

3 もする 2 である

1 [58件] あれば, かい, かかったん, ぐらいのもの, しか入っ, ずつを倅, ずつ加えられ, だ, だが, でした, でよく, で一度, で二月, で凡そ四十日, で売っ, で売りつけられた, で売りつけられる阿, で家賃, で本屋, で買おう, で間に合わ, という状態, といふ時節柄法外, といふ高価, とかですつ, と相場, ないし三十円, ないし四十円, な由, にしよう, になった, に十円, に売っ, に足らぬ, のテーブル, の上, の入場料, の月給, の汽車賃二百七十円, の蓄音器, の補助, の貯金, の金, の靴, ばかりその, ばかりで, ほどな, もお, もとられた, もらって, や三十円, より安く, より高い, を下る, 出さ, 払った, 持たして, 来た

▼ 二十何年~ (63, 0.0%)

13 か前 3 の間, も前 2 という時代, になります, の後, の昔, ほど前, も昔

1 [32件] かに大いに, かの悪運, かの活動, かはっきり, からの日記, か先輩, か経った, か経つ, しかもたなくする, たくわえて, というつい, というものそこ, とかに入れた, とたつちまった, と云う, のあいだ, のうち, の山, もすぎた, もその, もたっ, も会わない, も勤め, も山, も慣れた, も時, も考え通し, も解らず, 同じ勤め, 同じ麦稈帽, 若い世代, 見て

▼ 二十年来~ (63, 0.0%)

4 のこと

1 [59件] あざむかずまた, こういう疑問, このくらい, この窟, ときどき想い出す, の, のその, の事業, の仏蘭西, の信仰, の友, の同行者平畑静塔氏, の商売, の問題, の好み, の彼, の念願, の患い, の情人, の懸案, の政治問題, の旧, の旧友, の望み, の画債整理, の痳疾, の相識たる, の知己横山天涯君統計好き, の研究, の私たち, の経験, の肩, の胸, の行きつけ, の親友, の資産, むすこと, もしのん, 住んで, 偲びに, 切り離されて, 初めてです, 初めての, 取り組んで, 古い道徳観念, 堪え忍んで, 大いに為す, 定まったその, 常に同じ, 常に空腹, 御奉公, 悩まして, 慣れたこと, 死ななかった, 目ざして, 絶えて, 隠して, 飲んだ酒, 騒々しく発せられ

▼ 二百兩~ (62, 0.0%)

17 の金 2 の大金, の小判, は汝

1 [39件] から千兩以上, か千五百兩, でも取れた, でも宜しい, で爲五郎, といふ大金, といふ金, とか吹掛け, と藥, なり三百兩, になつて, にもなるだらう, に近き, の中多く, の事, の包, の工面, の念, はおろか, は下人共, は下女下男五人, ばかりの金, まで出さう, まで持ち出し, も盜, や三百兩, を何處, を出し, を取出し, を夷子棚, を持つ, を欺き取, を盜, を胴卷, 借りて, 無くな, 返すやうぢ, 集めて, 預かり居候

▼ 二人切り~ (61, 0.0%)

4 で散歩, の生活 3 になった 2 だ, だから, ですべき, になっ, になる

1 [40件] しかいない, しか子供, しか居ない, だったが, だったので, でいる, でこの, でさびしく, でした, でその, で一間, で乗り合, で乗り合わし, で利子, で家, で家倉, で御座います, で暮し, で秘密, で給仕, で翌日, なよう, にし, になつ, にならない, になるだらう, になれない, のもの, の世界, の住居, の家, の小人數, の幸福, の新, の時間, の淋しい, の能, の親しい, の話, の赤坊

▼ 二年頃~ (61, 0.0%)

3 のこと, の事 2 から三十歳前後, になる, の

1 [49件] からすでに, からである, からと思ふ, からのこと, からは老年, から三, から三年, から久松家, から二十年頃, から今日, から始まっ, から学課, から屋根, から時々, から有ったらしい, から流行り出した, から陪審員, だった, だったと, であったと, で松羅玉液, で甫周, と判斷, にかけて十分, には, には小型, に出版, に小説ら, に新潮社刊行, に比べ, に至る, に行われた, に西洋菓子, のもの, の初対面以後今日, の十月, の日本語, の書いた, の歌, の江戸在住蘭學者たち, は所謂池田, までに少く, までの彼女, まで毎, より心, らしく此作, を最後, 生まれ十六歳, 迄の有

▼ 二~ (61, 0.0%)

11 のピストル 9 の駕籠 4 の鍬 2 持って

1 [35件] ありうしろ, かけて, しかもっ, だ, だけ検査官, ともお, ともなくなっ, ともよく使, とも精巧, とり出し一梃, には槍, に数名, の三味線, の人力, の剃刀, の匕首, の旅駕籠, の早, の櫓, の猟銃, の短銃, の輿, の騎馬用ピストル, ばかりかかつて, もって, も三梃, も立て, や三梃, よび, 呼んで, 抜き三梃目の, 拾って, 揃えて, 申しつけて, 雇うには

▼ 二三段~ (60, 0.0%)

4 登ると 2 の石段, の階段, より上, を一躍, 上って, 上りながら

1 [44件] ことに教育, ころんで, さらったわけ, しかない, ずつ横, ずつ薄暗い, だけ昇っ, にし, になった, になつ, にまで縮まつ, にも及び, に切っ, に区別, に畳まれ, に積んだ, の桟橋, の溜, の無造作, の紅, は飛び降りたらしい, ばかりの場所, ばかりの小さな, ほど下りた, もある, ものぼります, も踏みはずし, 上がった, 上ると, 下りて, 下りる順, 昇ると, 片頬, 踏みかけたとき, 進んだと, 降りかけたので, 降りたところ, 降りて, 降りると, 降りるよう, 隔たった水, 飛び降りた, 高く低く飛, 高く王座

▼ 二十五両~ (60, 0.0%)

3 の金 2 といや, を横取り

1 [53件] あったから, お持ちなすっ, が一, ぐらいの通用, ぐらい取ったろう, ずつまんまと, たァ, だけ貸し, だった, だって, だっていや, だと, だよ, で, である, でいい, でも這入り, でやる, で事, で売る, で競り, ということ, というの, という亀安自慢, という借用証文, という借金, という大金, という金, と稼いだ, にしかならない, になった, になる, に買っ, に過ぎず, の三十両, の儲け, の包, の大金, の支度金, の金包み, の金子, の雪白, はほんの, は飛ん, ほどの金, もする, も下さる, をそえ, を借り, を切餅, を掻き集めよう, を請け取った, 貸して

▼ 二十倍~ (60, 0.0%)

3 になる 2 もいらいら, もの長い, も三十倍

1 [51件] が一秒, くらいな, くらいに廓大, ぐらいの難儀さ, ぐらい金, こんな嬉しい, する大軍, でも, でも早く, で売れる, で覗い, にし, にもなっ, にもなった, に売れた, に相当, のもの, のボーナス, の双眼顕微鏡, の尺度, の腕力, の苦しみ, の苦痛, はあろう, または十五倍, も, もおそろしい, もの働き, もの強, もの想像, もの歴史, も優秀, も夢中, も大きい, も大きく, も巧, も心得, も怖, も數, も時, も有難く, も私, も美し, も苦, も苦しい, も進んだ, も陰険, も高い, 増して, 強いせい, 更に又

▼ 二千石~ (60, 0.0%)

7 の大名 2 がもろに, でも大名, のお家, の家政, の小堀家, の知行, を与えた, を領

1 [37件] あるいは七万円, だが, だろうと, です, という, という大名, といわれた, となる, と出世, なおこれ, のお, の俸給, の加増, の城下, の大身三宅彈正樣, の家老, の旗本, の知行取り, の領主小堀和泉守様, の領主小堀和泉守樣, の館主, は三月, は三月經, ばかり加増, をうけた, をぜんぶ献納, を削られた, を加増, を封ぜられ, を戴い, を献上, を給, を給する, を継ぐ, を越え, 乃至三千石, 持って

▼ 二年三年~ (59, 0.0%)

4 の後 2 とたつ, と月日, と過し, は夢

1 [47件] あるいは五年, かなわぬもの, が非常, そして四年, たつうち, たりとも, でも汝一人, という, という破局的, といふもの, とさまよいまわった, とそれ, とたっ, とだんだん, となりゃ, と余五郎, と学級, と息子たち, と段々店, と経, と経ち, と経る, と続く, と続け, と金利, と長びい, のうち, のその後, ののち, の兵営生活, の片手間, の難航, の頃, はおろか, はかく, はそのまま, はどうにか, はもてる, は経過, は給金, まで饑饉, もつづい, 働く, 或は山陽道, 経つうち, 経つても, 習ったところ

▼ 二日後~ (59, 0.0%)

6 のこと 2 にはもう, に友人たち

1 [49件] だ, だった, であった, である, でもある, にあ, にこの, にとんだ, になった, にはじめて, にはクラスノヴィードヴォ, には一切, には各国, には欧羅巴全体, には蛹, には裁判所, には追, にもなお, にわたし, にイフィゲニア, にシナ, にタグス, に三隊, に侍従, に僕たち, に初めて, に土, に大阪婦人大会, に宣教師, に彼, に来る, に死んだ, に美術商岩田天門堂, に腎臓, に長逝, の三月七日, の事, の入京, の午後, の午後八時, の同じ, の夜, の大震災, の晝, の晩, の朝, の棠軒日録, やっとの, 両軍

▼ 二百メートル~ (59, 0.0%)

3 のところ 2 の穴, ほどいった, ほど沖, もはなれ, も向う, も川

1 [44件] いっても, から三, くらいの山脈, ぐらいがせいぜい, ぐらいの間, ぐらいの高, とだんだん, などのワイア, にある, にこの, になった, にも足りない, の川端, の海上, の程度, の競走, の高, の麻ひ, はむちゃくちゃ, は歩いたでしょう, ばかりいく, ばかりもあっ, ばかり上, ばかり向う, ばかり歩いた, ほどの大穴, ほどの山, ほどへだたった, ほどむこう, ほど先, ほど沖の島, ほど登っ, ほど離れた, もある, ものぼった, もはしりつづけ, もむこう, も用意, も長, も間近, をへだてた, を抜く, を距, 下った地底

▼ 二さん~ (58, 0.0%)

3 を誘う 2 じゃない, にお, はお

1 [49件] いつも帰り, から久しぶり, が上, が倒れ, が引きうけ, が感謝, が昔, が死んだ, が荷車, ですが, とお, と記代子さん, と金剛, にこよなき, にさ, にはあなた, によく, に伝言, に尊敬, に泊め, に花束, のお家ぐらゐでした, のため, のやう, の代り, の厚意, の方, の書かれた, の生き, の郷里, は, はいらっしゃいません, はどこ, はやくお, はオバカサン, は人, は嘗て, は知ってる, は賢い, は随分, もうお, も歩く, も気, や, をいたわっ, をさそったら, をもどさない, を殺し, 釣れましたよ

▼ 二十八九~ (58, 0.0%)

5 になる 3 のころ, の男 2 か三十, にもなっ, の侍, の婦人, まだ若く

1 [37件] かもう少し, か色, せいぜい三十, だと, だという, だろう三人, だろう肥えて, でありましょうか, でありませうか, である, であろうか, です, で色, といえ, としか思われぬ, と四十がらみ, と最高, なら三十, にもなる, のこれ, のそれ, の両日, の人品, の小, の年増, の淑やか, の痩せさらばえた, の眉, の立派, の色, の若, の若い, の若者, の軍曹, の頃, まだ三十, までのこと

▼ 二学期~ (58, 0.0%)

7 の試験 4 の成績 2 が始まる, に私

1 [43件] からいきなり, からは学校, からやらね, からやり出した, から休学, から学校, から放課後, から本性, から祖父, から編入試験, がきた, がはじまっ, が来, が過ぎ, だったかと, だわ, で秋, との間, とも甲, になっ, になった, には級長, に入, に入学, のこと, のとき, のはじめ頃, の中位, の初秋, の始業式, の学校, の成績報告, の成績表, の終り, の補欠試験, はわりに, は丁, もうやむ, も終り, よとあはれ, をむかえた, を平均, 第一日

▼ 二~ (58, 0.0%)

15 の間 3 の瓜 2 とやる

1 [38件] あり, がひどく, が仙人尾根, が大海, が目, が見えた, が隠れ, が顕, ぐらい乗りこえ, との間, と共に三峰, に亘る, に亙る, に接し, に登っ, に積んだ, のよう, の中間, の信徒, の大, の戦争, の社僧, の裾, の記事, の関係, はきのふ白川, は全部花崗岩, は刈込湖, は相, へ走っ, や椿, を中心, を同山異名, を崛起, を望み, を連ねた, ヲ混同セリ, 相竝

▼ 二~ (58, 0.0%)

2 が怒っ, の子

1 [54件] からうけた, から子供, がある, がいるなら, がせがれ武蔵, がその, がたびたび, がどういう, が吉岡憲法, が晩年, が死んだ, が禄, でさえこの, という, という人物, との事件, とは生前莫逆, とも称し, とよぶ, と称し, と義昭将軍, なる人, について十手術, に連れられ, のきびしい, の一子武蔵, の主筋, の代, の伜, の伜どの, の名, の娘, の家, の家名, の屋敷址, の怒る, の息子, の折, の眼, の道場, の遺子武蔵事, の門弟, はひどく, はわが子, は明確, は歿, も京都, も黙っ, や本位田家, をも地下, をも蔑, を名のり, を呼び寄せ, を楽

▼ 二二年~ (57, 0.0%)

4 に終る 3 の春 2 の暮れ

1 [48件] いづれも, から四十年間, から後, すなわち去年, と一八三五年, どんな順, にかけてのシーズン, にかけてレイスネル, にこれ, には, にはロシア共産党, にもファラデー, にわたって, にアンダゴーヤ, にファラデー, にボーム, にモスクワ芸術座, に五四, に出版, に塩素, に斯, に書かれた, に本邦, に楠山正雄氏, に湖水, に現れ, に生まれた, に発行, に破れる, に第, に自ら皇帝, に至っ, に赴任, の, のヴェネズエラ, の二月, の価格四三シリング九ペンス, の八月, の十二月二十七日, の夏頃, の或, の歌劇, の詩文集, の長崎立山, の頃, までこの, までは八七分の一, をもって終る

▼ 二~ (57, 0.0%)

2 の代表像

1 [55件] あり, がこぞって, がその, が参ずれ, しかない, といふもの, とは豪州, ともなれ, と並ん, において先鞭, にもこれ, に勢力, に及ぼし, に塩原碓氷霧積, に跨る, に追いやられ, のわかれ道, の人物, の処分, の処置, の国境, の境, の墓, の大国, の奉行, の寄合衆, の山間, の州名, の差, の強兵, の成績, の源, の窯, の藩主, の諸, はこの, は元々, は如何, は文化十年, は河, は血, は迷う, は風俗習慣, への版図拡張, へ援軍, へ羽翼, よりもやや, より成り, をさらに, を併せれ, を擁し, を東西, を訪ねた, を除いた, 及び花蓮港庁

▼ 二~ (57, 0.0%)

3 やへ行く 2 と散りそめた, のうち, の中, の写真

1 [46件] あるが, から馨, がはらはら, が出, が音匣, ずつ入り, ずつ着く, ずつ諸仏七葉, ずつ静か, ですわき, ともすれ, と云う, と酒, などは断, ならざるに, なるが, にもえあがり, によつて, に巨艦大砲, に芽, に識, に雲雀, のよろこび, の半分, の図面, の地図, の外, の小さな, の春, の松, の椿, の紅葉, の若衆, の葉, の鏡, は土塊, は岩, ばかりの菜蔬, より赤き, より香し, より香しい, より馨しい, を出す, を咀嚼, を絲, 落ちた

▼ 二三百~ (56, 0.0%)

3 の兵 2 ありましたぜ, は異, もつくらんなら, 欲しいと

1 [45件] あって, あつて, から千四, しかない, しかみえなかった, ずつもさばく, だという, であり稀, にあまる, にすぎぬ, にはなる, に足りぬ, のお布施, の一群, の人集り巡査, の変わり, の大, の宇宙線, の小, の小隊, の手下, の敵, の白い, の者, の見物, の金, の銭, は物の数, は飛ん, ばかりの狼, ばかりも畳, ばかり並んでる, ほどな, ほども並ん, もあらう, もいた, もうなり, も列, も居りますやろ, をこえ, を択びたる, 出ますぜ, 引っ叩い, 引っ叩きましょう, 引つ叩きませうか

▼ 二年半~ (56, 0.0%)

4 の間 3 になる, の歳月 2 になります, ばかりで, ばかり前, ほどし, ほどである, ほどの間

1 [34件] ぐらいの期間, ぐらい帰っ, でこと, で月日, で餘程, といっ, など, においてかれ, にし, にわたる長い, に満たず, に過ぎず, の仕事, の佐渡, の後, の時間, はかかる, ばかり経ちまし, もたっ, ももう, も住ん, も前, も山村, も彼女, も欧米, をかえりみ, をつひやせり, を夢, を経, 暮して, 死にもの狂い, 育てた馬, 貯めたというの, 貯めたといふの

▼ 二杯目~ (56, 0.0%)

4 の茶 3 のコップ, の酒 2 のほう, のウイスキー, のビール, の水, の茶碗

1 [36件] からすっかり, からはすっきり, でございますが, と三杯目, には酒, には鼻, のお茶, のひしやく, のバケツ, の洋盃, の煮え, の熱い, の猪口, の茶碗酒, の蕎麥, の蕎麦, は我慢, は難なく, をいそい, をたのんだら, をついだ, をつぎ, をまた, をよそ, を七兵衛, を乾し, を取っ, を喰, を汲み, を注ぎ, を注ごう, を盛る, を瞬く, を註文, を飲み干し, 注いだの

▼ 二百文~ (56, 0.0%)

3 の鳥目, はわたくし, をでも, を島 2 か三百文, ずつを与える, と云, に相, の酒手, も出す, を戴きました, を財産

1 [28件] しか取らなかった, それで向う, だけ買っ, でした, でそれ, でもお, でも貰っ, で或, で書生, で湯札, というお足, なり, にはねあがっ, に急騰, に相当, のお, の利息, の安, もあらん, をいただきました, をもらった, を擲出, を貰, 乃至一枚百文, 出して, 出し案内, 出て, 買って

▼ 二重廻し~ (56, 0.0%)

6 を着, を着た 5 の袖 3 を羽織っ 2 に下駄, の襟, をひっかけ, を引, を著

1 [26件] と帽子, などを風呂敷, にすっかり, に凍え, に私, に買物籠, に身, のポケット, の下, の不自由, の両, の翼, の裾, はパクパク, は殆, も一郎, をお召, をだらし, をはおっ, を引っかけ, を掴んだ, を玄関, を着け, を着る, を着込んだ, を身

▼ 二十五人~ (55, 0.0%)

3 の武士

1 [52件] ありその, いたんだけれど, いっしよに, いるところ, かの団体, からいる, からの聖人様, が五十人, が定め, が寸分ち, が新, ずつ隊伍, そろって, だ, であったら十二人半宛, でした, で余, で同数, で百二十年間僅か, というの, とする, とは金木水火土, ないし三十人, になった, に棟梁二人, のうち, のすず, のその, のマニラ人, の人たち, の人夫, の内, の勢揃, の女工, の子供, の子供達, の孝子, の少, の幹部, の白衣, は集団殺人, ほどずつ一組, ほどの主立った, ほどの客, も一, も仲間, も得ましたらう, も手下, ゐました, をし, を詰め込む, を集める

▼ 二番め~ (55, 0.0%)

12 の娘 4 の女の子 3 の句 2 の夫, の子, の少年

1 [30件] じゃ, そして三番め, です, で至誠奉公, という仰せ, にあらわれた, にたい, には小林君, には日済し, にもぐっ, にバッタ, に声, に愛し, のお姫さま, のお話, のかけ, のわが, の使者, の倉, の兄, の女, の姉, の姉ちゃん, の弟, の歌, の稲氷命, の結び目, はあぶられ, はあぶられよ, をお

▼ 二~ (55, 0.0%)

4 話して 2 しゃべりました, で高木, はなし

1 [45件] いううち, いうと, いえば, いったきり, いったと, いっては, いひ試みしが, いふと, いわねば, いわれたり, きいたの, ずついった, それとなく問, つぶやきながら, であれ, ですが, でその, で何, といわず, とは吐, と云, に百万, に耻, は口, ふ所, 云い交わしながら, 云おうとして, 交すついで, 叱つて, 喋って, 囁いたと, 囁くこと, 答える切り, 言い出すの, 言うた, 言われたかと, 話しかけたが, 話しかけては, 話し合, 話す, 話すこと, 話せば, 語った事, 語り合いながら, 述べると

▼ 二人組~ (54, 0.0%)

4 の強盗, の押込み 3 の共産党員 2 で本郷, の男, の黒装束

1 [37件] か, かけ合, から目, があつ, がありました, が何, が気, が踊りだそう, だが, だけであった, だった, でうち一人, ですか, でその, で芝居, で街頭一品料理, とは逆, と別れ別れ, なので, なん, にでもなる, にダブらせ, のスパイ, の一人, の一方, の中間, の客, の押し込み, の旅行者, の泥棒, の言う, の間, は女, は次, は自分, もある, らしくその

▼ 二時間半~ (54, 0.0%)

2 で飛んだ, ばかりの平野, を費し, 乃至三時間半

1 [46件] か, から四時間, か三時間, がたちまち, ぐらいでしょう, しかかからない, しかかからぬ, しかなかっ, だけ私, でくる, です, ですけれども, でジヤン・ダルク, で二十五立方尺, で二百五十円とり, で帰, で此の先, というながい, というもの, と云う, と過ぎ, にもわたる, にわたる演説, に至る, のところ, の後, の時間, の行程, の間, の飛行, はたっぷり, ばかりで, ばかりロース, ばかり待ちます, ばかり費した, までにはまだ, もあれ, もかかる, もしやべつ, も停留場, も待たね, を無言, を要する, を費した, を費やし, キッカリ

▼ 二~ (54, 0.0%)

17 の神 2 の王

1 [35件] いると, さえあなた, たる両, だから, として祭, となつ, とも考へる, と新聞, になれるなり, にはなれる, にます, のます, のガス燈, の三柱, の女王, の字句, の御, の御名, の御子, の御子たち, の恋星, の慈親, の時, の神相, の神議, の間, はいと, は御子, は獨神おの, ましき, ます, ませり, を始め, を留め, を祖神

▼ 二五年~ (53, 0.0%)

3 にし 2 からいま, くらいまでの間, に梅鉢工場, の文学

1 [42件] から一八三〇年, から三〇年, から二六年ごろ, から四十年間, であるけれども, で遺族, となるであろう, にいっ, にいよいよ, にはジャン, にわたる間, にパイヨット, にペトログラード, にマルタン, に州立マイノット女子師範学校, に書かれた, に有名, に現在, に発布, に至っ, の, のこと, のアジア協会学報, のコンゴ, の中頃, の作, の党, の文壇, の春, の末, の破局, の頃父, または五〇年, までを古典期, までロンドン, まで六年, まで十二年間, まで王, も年上, より遥か以下, をやや, 既にこの

▼ 二~ (53, 0.0%)

42 を発表

1 [47件] がある, がいづれ, がしばらく, がすぐれ, が書ける, しか読ん, たるや, だけで, だけをとりあげ, であって, であつ, でもその, で片づけられる, とはおそらく, とも, とも出来栄え, とも風俗描寫, と活字, なの, によつて一部, に間作, のうち, のもの, の上演, の意匠相似, の特色, の間, はいずれ, はそれぞれ, はたまたま, はどちら, はもう一層, は一つ, は伝記, は何れ, は彼, は農村描写, は関口君, より遅れ, をかく, をひきつづき, を上演, を以てクロオデル流, を示された, を読み, 悪いの, 殊にその

▼ 二十分間~ (53, 0.0%)

4 焼きます 2 もでっち, も煮, 煮ます, 置きますと

1 [41件] おしずか, から二十五分間位, ぐらい泳いだ, ずつ乳, そのまま置い, でその, で決議, で終わっ, と云う, なり余計, に何台, に自己, の以上, の間, ばかりその, ばかりというもの, ばかりラムプ, ばかり海星, ふらふらに, ほどひろ子, ほども探り, ほど沈黙, ほど煮る, ほど立たれ, ほど骨, もおおかた, もすれ, もその, もそのまま, もたつ, もグルグル, よく捏ね, 弱い火, 温める, 焼いたもの, 焼くの, 煮た処, 煮て, 置いて, 置きますそれから, 蒸らして

▼ 二百万円~ (53, 0.0%)

2 です, で買おう, のダイヤモンド

1 [47件] あの, いただいたから, ぐらいではゆずれない, ぐらいに取り引き, じゃお話, じゃ安, ずつを義捐, だして, だったり, だろう, であったが, でいや, では, でよろしい, というところ, という貴重, とは, とひきかえた, と聞いた, になる, に上る, に代えられた, に売れ, に売れた, の商売, の多額, の日本唯一, の紙幣, の資本, の退職手当, の金塊, は安い, は当然, ばかりの中, までは出します, もの大, やりました, を借りた, を寄付, を引き出した, を投じ, 出させた君, 出しとるさ, 出します, 失うぐらい, 奪うつもり, 渡した

▼ 二~ (53, 0.0%)

3 の方, の榎長者, の池 2 についた, に歩い, の如き, の滝, までおくっ, を登録

1 [32件] がある, が審議, ぐらいしか残存, すなわち在, だけ合わせ, で, で基本図書, なぞかかる, に住ん, に分れ, のあたり, の中野村, の吉井さん, の吉井勇さん, の森, の汚, の池畔桜林亭, の滝の下路, の滝壺, の激しい, の近所, の鉛筆工場, は今, は名神大社, は抜けがけ, へ酒, まで遠い, も寂しかっ, を他, を東大字, を減じ, 少し離れ

▼ 二人暮し~ (52, 0.0%)

43 であつ 2 であったが, ですが, を不自由

1 [39件] がはじまった, が三人, するの, だが, だったの, だと, だという, でありましたから, であります, であるため, であるので, でいる, でお母さん, でした, です, ですよ, でその, ではない, でもう, で一生, で僕, で女中, で早く, で柳子さん, で自分, となり, なら魚, にて半年, のこの, の家, の時, の田舎住居, の親父, の閑寂, の駄菓子屋, はできない, へ女学校時代, をし, をはじめた

▼ 二十四人~ (52, 0.0%)

8 の長老 4 の仕立屋 3 の男

1 [37件] が向こう, が夜, が死罪, が魔, くらいの児童数, しきゃいねえから, その二十四人, であった, であったが, でただ, という数, とだんだん, とは少し, と殖え, におよんだ, になった, になり, には殖え, のお, のきれい, の会員, の兵たい, の学校, の客, の家僕, の将校, の屈強, の巫女, の座席, の教正, の死者, の生, の聖徒, もつれて, を犠牲, を率, 悉く戦っ

▼ 二~ (52, 0.0%)

4 へ出す 3 の若い, を見 2 にし, の展覧会, の絵

1 [36件] から特別出品, が来賓, であった, ではとくに, では実は, で一寸目, としては今さら, と美術院, にあった, にはいない, には居なくなった, に出, に出す, に分れ, に擡頭, に於ける, の会員, の全部, の島崎鶏二氏, の招待日, の教祖諸氏, の新鮮さ, の橋田新一郎氏, の特質, の画, の絵描きさん, の謎絵, はよく, は会場, は出たら, は印象派以後, は形容, へ入, へ出した, より一歩, 或為収生

▼ 二~ (51, 0.0%)

26 が四 2 が五, が六, が四的, にし

1 [17件] および二七六頁, から三, が五さ, が八, ということ, と書い, と書いた, における俯瞰當時, には過去九十一劫毘婆尸仏, に大阪城内, に対する一, に湖南, の出生, の記録簿, は即ち, または二三フラン, 及び二三分の一

▼ 二三種~ (50, 0.0%)

2 あった, の新聞, をよんだ

1 [44件] あります, ある, あわせると, しかない, しか持ち合せない, ずつ置い, にし, に過ぎない, に黒枠二十行, のみで, のよき, の化学薬品, の原稿, の哲学書, の哲學書, の形, の怪談, の花, の草, の読本, の讀本, の辞書, の辭書, の野生, の食物, の駄菓子, の髪油, は有る, は淡水, ばかり枕もと, へ目, もある, もオードゥブル式, も来る, ゐる, を借り得, を借り得た, を各々, を手ごろ, を残し, を買い, 入って, 綴って, 譲り受けて

▼ 二十余人~ (50, 0.0%)

4 の同勢 2 の敵

1 [44件] いた住民, がやはり, が同居, そのうち飴屋, その中, とその, と共に車, なら楽, に斬りたてられ突き立てられ, に駈け散らされ, のことごとく, のもの, の一座, の中, の乗合, の他, の便乗, の兵, の厄介客, の口, の士卒, の多治見勢, の女, の姿, の家臣, の寺, の少年俳優, の従者, の捕手, の武士, の者, の若者たち, の騎士, の黒衣白人, までいわゆる, もいた, もの同勢, もやがて, も来, をつれた, をやった, を教導, を率い, を観音谷

▼ 二十日間~ (50, 0.0%)

2 の休暇, ほどの日記, も一本

1 [44件] ぐらいがいい, ぐらいを支え得る, さいわいべつに怪しい, つ, である, というもの, というもの画面, に, において生徒, にもわたろう, に一回, に予定, に五百円, に十万里, に古, に過ぎず, に過ぎなかった, のドイツ語講習会, のプログラム, の余裕, の時間, の準備教育, の滞在, は充分, は土地, は泊つて, は経った, ばかりの努力, ばかりを朝晩秘書, ばかり休暇, ばかり李, ほど呻吟, も涯, も萎まず咲い, も誰, も風呂, やって, をもって行いうる, を怪金属事件, を除く, 押し込められて, 程は案内者, 苦しんだあと, 降って

▼ 二号艇~ (50, 0.0%)

3 の乗組員 2 のなか, の連中

1 [43件] からもやってきた, から信号, から外, が出発, が画面いっぱい, すぐ出発, だ, であったが, である, ですか, とに乗っ, とは射出機, と第, にのっ, にのりうつる, にのりこん, には山岸中尉, には櫂, には誰, に乗組ん, のうえ, のそば, のところ, の不時着, の中, の乗組員たち, の全員, の内部, の出発準備, の勇士たち, の尾部, の底, の無, の血, の責任者, の面々, はもう, は刻々, は波間, へ, へのりこんだ, へ漕ぎよせろ, を半分

▼ 二時半頃~ (50, 0.0%)

2 であった, であつ, になる, までの間, まで各, 出る, 終る

1 [36件] あやまって, か, かそば屋, からかかっ, からづー, からロッパガールス, から一時間, から家, から日比谷映画劇場, から病人, から肩越しうしろ姿, から起き, から降り出した, じゃったかなあ, であったが, でした, ですよ, になりましょう, には五万点, に始まる, に終った, ねち, ので立つ, の汽車, までつきあった, までの氣合, までやり, 一先ず現場, 出かけて, 出かける, 出倉知, 来た, 着くなと, 茫として歸つて來, 起きて, 迄か

▼ 二~ (50, 0.0%)

2 はこの

1 [48件] から伝わった, がある, が代表, が殘, であった, であり和書, とのみ思われ, にて事足るなり, にはこの, には互に, には單, にほかならぬ, によつて, に就い, に慣れたる, に拠る, に據, に據つたの, に見える, に限っ, の俤, の名, の校訂, の相, の著者, の要領, の間, はこれ, はレオン, は今, は同じ, は正史たる, は漢代, は皆蘭軒, は頗る, をあげ, をあわせ見れ, をエリク, を初め神皇正統記, を基本, を愛好, を愛読, を愛護, を比較, を知っ, を繙け, を蘭軒, を送来る

▼ 二~ (50, 0.0%)

3 第一章 2 といふ, にある, に記す, を刊行

1 [39件] が何時何れ, ずつ読ん, である, といふの, とした, として刊行, となる, と第, について批評, には思う, に僕, に分った, に到っ, に記せり, に載つ, の, の中, の例言中, の出, の春, の最後, の発行以後, はまことに, はまだ, は同年六月発兌, は学者, は明治三十一年六月二十一日, を併せ, を加え, を収む, を早く, を有する, を綴り, 之分, 第一章天皇, 第一章皇室, 第三章, 第五章, 第四章

▼ 二~ (50, 0.0%)

2 となっ, の姿, の影

1 [44件] か火急, があった, がまた, が並ん, が土砂, が馬, すぎた後, すぐに, ずつひと組, だけを吹い, でひそか, で道, で駈け, とは遠い, ともこの, に口取, の一人, の使者, の侵入兵, の前, の口輪, の味方, の家臣, の早打ち, の横顔, の武士しずしず, の武者, の騎馬武者, はたいまつ, はまた, はもつれ合っ, は狭い, は谷川, は近づい, ほど後, また少し, まで落ちた, もやがて, も勝入, をかすめ, をしたがえ, を従える, 目ざして, 駈け結構

▼ 二たび~ (49, 0.0%)

2 啼くの, 起して, 霞んで

1 [43件] あの二階家, あるにこそ, お答, お逢いする, かくれんぼう, かへりみた, この結び松, この蟻, し壇, である, の夏, は到る, は日, は止み, は求め, は議会, は議會, は青木, めざめ明け, もい, も我, 両岸, 住むこと, 倒れて, 光った, 出でて, 呼んで, 寝て, 少しく眠つた, 少し隔, 帰りし今日, 往きしのみ, 抱くよう, 来ます君, 来られよという, 満洲, 目差すバヴアリア, 聞くと, 裂き木間, 見つけて, 過ぎつ, 還って, 驚きます

▼ 二十センチ~ (49, 0.0%)

5 もある 2 の黄金怪人

1 [42件] から三十センチ, くらいなかには, くらいの速, ぐらいしかない, ぐらいな, ぐらいのお, ぐらいのこび, ぐらいのすき, ぐらいのところ, ぐらいのゾウ, ぐらいのチョコレート色, ぐらいの五重の塔, ぐらいの小さな, ぐらいの小人, ぐらいの金色, ぐらいの銀色, ぐらいの黄金怪人, ぐらいまでの, とゆるゆる, と四十センチ, に近く, のこびと, のすき, の割合, ばかりの鯉, ほどになっ, ほどになった, ほどになり, ほどのすき, ほどのつぶ, ほどのほそながい, ほどの小さな, ほどの男, ほどの直径, ほどの金, ほどの鋼鉄, ほどの長, ほどの長い, ほど開い, も狂っ, 動くか, 開きながら

▼ 二十五分~ (49, 0.0%)

2 か三十分, やる

1 [45件] から三十分, から四時半, が来る, くらいだった, ぐらいでゆける, ぐらい蒸す, すぎたばかり, だから, だったもし, である, では, でも危いさかい, でバス, で熊沢山, といふ時刻, とかで, と時計打, にし, に小池, に島田, に漸く, に着く, に自分, の東京駅発伊東行き, の浜松行, の熱海行き, ばかり, ばかりの後, ばかり用談, までには三時間あまり, もやっ, も下ったろう, も蒸焼, より, より三十七分, わが旗艦松島, をもって二十日午前八時, を差し, を指し, を示し, を示した, を違約, 何とか短縮, 合せて, 焼くと

▼ 二十畳~ (49, 0.0%)

4 に近い 3 の部屋, も敷ける 2 もあろう, 敷きぐらいの

1 [35件] からある, からあろう, か二十四五畳, くらいの細長い, くらいは優, で大きな, で部屋, という部屋, と十畳, の大広間, の広い, の座敷, の籐, は敷ける, ばかりとして見物, ばかりの広, ばかりの框座敷, ほど, ほどの一室, ほどの内, ほどの古, ほどの寺院風, ほどの居間, ほどの広, ほどの広間, ほどの部屋, ほど敷ける, もあったろう, もあるだろう, もしける, 敷きぐらい, 敷きと, 敷きばかりの, 敷きほどの, 敷けるという

▼ 二~ (49, 0.0%)

2 あり, の女手, の始め, の書

1 [41件] ありまして, あります, あると, が三段目, が區別, だけでもゆ, としてある, として居ります, とす, と云, と寫眞帖, と數, と書い, において, になつて, には倶薩羅國, には我と, にまとまつた, に分たれ, に分れた, に溢れ, に編んだ, のどの, のエアポケツト, のカバー, の出版, の卓, の畫, の速, は帝紀, は折, をあ, をいれ, をはり, を殘す, を爲, を編ましめた, を贈らる, を贈られ, 及び其他, 及び未

▼ 二~ (49, 0.0%)

4 詣の 2 ついた, に御, より御, 詣を

1 [37件] あり, あると, から呼出しの, で渦巻い, とか刺青, とは, にきめ, につん, に並べ, に分れ, に昂奮, に置い, の御, の方, の町, の阿久戸, は口, は用, は用いし, は関所, ばかりつぎ, ばかりに節, ばかりの小, ばかりはずし, ばかりは悲喜転倒, ばかり刃こぼれ, まで針, も三所, をけちらし, を大きく, を根拠, を除い, 御参詣, 明けて, 詣から, 詣に, 詣は

▼ 二~ (49, 0.0%)

2 を柳

1 [47件] あり一, が大, が天, が男女神, が見, が黄泉, とある, と思われよう, なるべしと, にこだわっ, にクロニオーン, に出られた, に必ら, に配し, に関しては或は, の上, の中, の像, の化身, の国土, の垂迹, の奴, の妻争い, の姿, の後裔, の御子蛭子, の戰場, の来迎, の殿様, の河海, の爭鬪, の白, の間, はおから, は其意義, は天, も亦, をお祭り, をし, をまつる, を勧請, を合一, を祀っ, を祭神, 揃って, 耀ける四肢, 誘い出す意味

▼ 二~ (49, 0.0%)

5 の間 3 か三秒 2 でも長く, 早く降り過ぎた

1 [37件] か, から〇・〇三秒, くらいである, くらいと覚えました, ぐらいで泳い, だまった, つ, ですん, でワー, で一廻転, という短い, とかからないであろう, とかです, とした, ともたたぬ, と時, と経たない, のため, のひじょうに, の相撲, の間二階, の間躊躇, は云, ばかり私, ばかり躊躇, ほどする, ほどその, ほども遠火, ほど前, ほど眼, ほど経っ, までに縮める, まで三倍, もかからなかった, をかけ, を爭, を限度

▼ 二~ (49, 0.0%)

1 [49件] あるいは一庄半庄, かに亙つた, から採録, から益田郡, がすべて, が与えられた, が兵庫県, ごときは, それからずっと, で春祭礼, とあえて, といわれた, に亙った, に亙る, に区分, に封じ, に跨る, に飢饉, の北方, の古代, の境, の小城, の村, の村落, の沃土, の滅亡, の界, の農民, の郡境, の領主, はすでに, は国中, へやった, へ対し, へ攻めかかるだろう, へ救援, ほどオウチ, や半国, をうかがうであろう, をまもる, をも押領, を分け与えた, を取っ, を急襲, を恢復, を攻めよう, を残す, を附した, を附与

▼ 二フィート~ (48, 0.0%)

3 の大きな 2 である, はなれた

1 [41件] あるいはそれ以上, くらいのところ, ぐらいある, ぐらいこ, だけ深く, であった, で三角, で巨大, で扁額, に至る, の四角, の場所, の塵, の壁, の巨馬像, の帆布, の幅, の所, の深, の箇所, の行列, の部屋, の頑丈, ばかりのところ, ばかりの額, ほどで静止, まで長, もあったろう, もあり, もそれ以上, もつもり村, も上る, を手繰りあげた, を越える, を過, 太さ普通, 落ちたこと, 離れた, 高さ, 高さ一フィート, 高さ八インチ

▼ 二十貫~ (48, 0.0%)

6 もある 4 に近い 2 の鉞, もあり

1 [34件] いじょうは, から御, ぐらいある, ぐらいあるでしょう, ちかいよう, でいくら, という健康児, という石, といっ, といつ, にも餘, に減じ, に満ちた, のからだ, の上, の主任, の体重, の体量, の力, の同氏, の品物, の大, の大男, の石, の重味, まではなく, もあった, もあろう, を下る, を少し, を越える, 切れて, 近い石, 近い肥

▼ 二本足~ (48, 0.0%)

6 のある 5 の動物, の學者 3 が二本 2 で歩い, で立っ, に草鞋, の虫

1 [21件] がすわった, がとびあがり, が八五郎, だけで歩く, だけ強, だと, でのそのそ, でまっすぐ, で歩く, で甲板, で立ち上がった, の亡者, の先生, の兵隊さんたち, の兵隊同様, の犬, の酒袋奴, は人間, をつけ, を持った, を持つ

▼ 二~ (48, 0.0%)

4 の袖乞 2 か三錢, が駄賃, だと, であつ, の銅貨

1 [34件] か一錢五厘, けるど, だけにて駄菓子, だけ足りません, だつた, でしたが, でも三錢, でも廉價, で占, で四個, で夜, で買つて來, といふの, なり十錢, の上等, の出し入れ, の利益, の合力, の奮發, の榮螺, の渡し賃, の芋, の頃, の駄菓子, はいる, は取られ, は自分, ばかしの小遣, ほどかかる, もあれ, や三錢, を受け, を着, 出せば

▼ 二十四五歳~ (47, 0.0%)

4 のころ, の頃 2 であろうか, の女

1 [35件] おなじく印刷職工, かとも見える, から三十代, から三十前, ぐらい迄の間, でダルメイダ, で眼鼻, で高段者, と思える, などというもの, におなり, になる, にはなつ, にもなつ, のくっ, のその, の婦人, の弱々しい, の日本人, の時, の武士, の水ぎわ, の白人青年, の白皙明眸, の白皙紅唇, の美青年, の者, の若い, の若者, の貧乏書生, の青年, までのところ, までの女気力盛, 若いが, 迄の男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談

▼ 二~ (47, 0.0%)

5 の青龍刀 2 のパン, を加え

1 [38件] あつた, から二人前, か三斤, ぐらいな, ずつの肉, だけで, という彼, とって, と焼粉, と称する, におしなさい, に過ぎない, の仏蘭西麺包, の大, の差, の生糸, の粉, の肉, の鉄, の鉄槌, の黒パン, ばかり裏漉, ばかり買っ, ほど, ほどこってり, ほどのトマト, ほど買った, もあれ, も買っ, を固めた, を湯, を買っ, 使うと, 貰ってるん, 買います, 買う, 買えば, 買っても

▼ 二時間あまり~ (47, 0.0%)

2 というもの, の後

1 [43件] あった, あつた, か, が全く, しかたっ, だと, で切れる, で止めた, で歩い, で歩いた, で私, といふもの, にし, の汽車, の絶命, の苦しい, は息, は戻る, まえに, もかかった, もこう, もこの, もたって, もぼんやり, も坐っ, も完全, も待ち, も待っ, も意識, も改札口, も歩きつづけた, も歩き廻った, も話し, も走っ, も過ぎ, を地獄, を寒い, を費し, グッスリ, 死んだ時間, 話す私一人, 詳しく説明, 黒いメフィスト

▼ 二軒目~ (47, 0.0%)

3 の家 2 に小さな, のお

1 [40件] がさうである, がダメ, が魚八, だ, だよ, だろう, で, でお, でございますがねえ, です, でわけ, で二階, で鍵屋, なん, に卜す, に小布施, に御宿, に明家, に永寿庵, に緑屋, に美吉屋, に表二階, の, のあの, のちんまり, のところ, の南側, の小さい, の小屋, の席, の明家, の楽屋, の渋紙屋, の狭い, の綱, の軒燈, の骨董店, は, は唐辛子屋, は御徒町

▼ 二人以上~ (46, 0.0%)

3 の人, の人間, の子供, の意 2 の多人数, の夫, を進めた, 現れて

1 [26件] あつて, あるだろうかと, あるの, いるなら交代, がかち, この年ごろ辛労, であるから, ではあり, で中, といふ三輪, になる, の人々, の作者, の妻, の男, の男子, の異性, の社会, の者, の重量, の集団, も産ん, 引っかけて, 相集れ, 立会うとき, 組んで

▼ 二六事件~ (46, 0.0%)

3 である 2 のあった, の主体, の本質

1 [37件] からの反作用, から受けた, がこうした, がこれ, がつづき, がまだそう, が何, が突発, が起った, で世, という暗殺事件, と暴力, と直接, と言つて, と関係, にこの, に於ける, に腹, のごとき, のさい, の一週間前, の反面, の如き, の所謂, の日, の時期, の気配, の真相, の結果, の記憶, やその後始末, をクライマックス, を一期, を契機, を惹き起こした, を見る, を関門

▼ 二十匹~ (46, 0.0%)

3 です 2 の猫, の鮭

1 [39件] か, か三十匹, が一度, さ, しか捕らん, だ, だった, だったのに, だって, だよ, つれた豚さん, で無税, としましょう, とつた, となりました, になっ, にも上った, にも余る, に余る, の昆虫, の蚊, ばかりかわるがわる, ばかりが急, ばかりの地蜂, ばかりの餓え, ばかりの鯡, ばかりはいるがら, ほどい, ほどの豚, ほども集められた, までは無税, も, もいる, も三十匹, も出, も棒杭, を賜わった, 位するん, 居ます

▼ 二十年以上~ (46, 0.0%)

5 も前 4 も昔 3 になる, も住ん, も勤務 2 の間, も相, も続いた

1 [22件] たって, でさえあれ, ということ, という条件, にはなる, にもなる, の先生, の山, の昔, の雨風, もこんな, も人, も会わない, も勤め, も奉公, も忍耐, も朝夕, も機能, も経, も経つ, も絶えず, も続い

▼ 二千年前~ (46, 0.0%)

2 のルクレチウス

1 [44件] からある, といえ, と今, にこの, に之, に匙, に帰, に於, に死んだ, に滅亡, に立派, に行なわれたる, に電波通信法, のストア哲学者, のピアノ, のローマ上流, のローマ市民, の人間, の今月今日, の先祖, の刑人, の単なる, の古代シナ, の史蹟, の名論, の埃及女王クレオパトラ, の外交, の大, の建立, の日耳曼種, の昔, の汲み上げ, の物理学, の猶, の祖, の立法者, の苦悶, の設計, の詩人, の遺跡, の骨董, の黄河学者, も今日, も千年前

▼ 二~ (46, 0.0%)

6 の大砲 5 の砲

1 [35件] かくして置い, がある, が備わっ, が置い, ずつの大砲, とも発砲, とゴルティング銃一挺, と機関銃六門, にて偏勝, になっ, に十サンチ, に政書, に當, のうち, の一劃, の十三糎砲, の名, の小さい, の廻廊, の戒儀, は他, へ逃げこん, もあったら, もこの, も脚下, や十四門, をく, を借り, を引きすえ, を据ゑ, を樹, を開き, 備えて, 据えたの, 積み込んだの

▼ 二・二六事件~ (45, 0.0%)

3 である 2 のあった, の主体, の本質

1 [36件] からの反作用, から受けた, がこうした, がこれ, がつづき, がまだそう, が何, が突発, が起った, で世, という暗殺事件, と暴力, と直接, と関係, にこの, に於ける, に腹, のごとき, のさい, の一週間前, の反面, の如き, の所謂, の日, の時期, の気配, の真相, の結果, の記憶, やその後始末, をクライマックス, を一期, を契機, を惹き起こした, を見る, を関門

▼ 二三週間~ (45, 0.0%)

2 すると, というもの, の間, は眠られない, は眼, 長引かせた

1 [33件] か二三日, ぐらいの子, した日, すぎて, たちました, です, ですつかり亡びて, でそれ以上, でも二三日, で街, で面会, といふやう, に二三日位, のあいだ, のうち, のこと, の小, の後, の打撲傷, はそれ, は悩む, ばかりと推定, ばかりは日記, まえから, もしたら, もする, もたつ, も経つ, 程何処, 立ってから, 経った頃, 経つうち, 過すの

▼ 二十三人~ (45, 0.0%)

3 の人間 2 いた, おは

1 [38件] おりますが, がほか, が船, その子供たち家族, だけしか生き残らなかった, だけ福州, だった, でござんすね二十三人, とかの子, と云う, に出, のうち, の乗合, の乗組み, の五分の一, の俘虜, の入門候補者, の受洗者, の子供, の客, の少年, の年齡, の教正, の敵, の新聞記者, の男女, の盗人ども, はただ, は伊豆田浦岬, は恢復期, まだまだ折り重なっ, もあり, もある, もの人間, もの子供, をまねび, を射, 程ある

▼ 二十三夜~ (45, 0.0%)

4 の晩 2 の方, の月, の月待

1 [35件] で村, で遲, というの, という不思議, とのちがい, とはよく, とは言わず, とは限らず, と大師講, と庚申, なども念, にお祭り, にも月々順まわり, に祭る, のお, の前後, の夜, の夜話, の大師講, の文字, の湯島台, の石塔, の神様, の祭, の集まり, は正月, は私, まで七夜, もしくは馬頭観音, もまた, や庚申, や庚申講, よりも二十二夜待, をもって稲, を拝み続け

▼ 二日分~ (45, 0.0%)

4 の糧食 2 の握飯, の日給, の食物

1 [35件] いやもっと, くらい持つ, ずつであった, ずつの薬, ずつ笊, ためた, だ, だから, である, でもおごつて, とばなければ, に入用, ねた, のむのだからね, のパン, の事, の手間代, の眠り, の祭礼, の税金, の粉薬, の給料, の読み合せ, の量, の金, の食料, の食糧, ばかりゆっくり, もらっても, や三日分, をきちんと, を持ち, 寝た, 聴けば, 若くは

▼ 二枚目~ (45, 0.0%)

1 [45件] がお気, さへッ, さへツ, だから, だけ, だぜ, でここ, でゐ, で一ぷく, で小松山, で生れ乍ら, で藝, で通るだろう, といった顔, とかいう立派, として優遇, とはいえない, と立役, なんぞの柄, にあらわれ, にかかる, にしたてられ, に多く, に廻った, に据, のところ, のやう, のよう, の売れっ, の小磯扇次, の濡事師, の着物, の紙札, の素顔, の終りあたり, の肋骨, の返事, の額, の顔, もつ, をし, を張っ, を張り, を語りし, 然と

▼ 二~ (45, 0.0%)

4 の兵 2 の京都手入れ, の連合軍

1 [37件] が宮門警衛, が承服, が至上, が連合, たるもの, とは互いに, なり, におけるごとく, にくだした, にわかれ, に下, に出された, に出