青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~会っ 会っ~ ~会った 会った~ ~会社 会社~ ~会話 会話~ 会議~ 会釈~
伜~
~伝 伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~

「伜~」 1420, 15ppm, 7328位

▼ 伜~ (491, 34.6%)

10 彌三郎 6 彌吉, 香之 5 顔を 4 佐太郎が, 命を, 嫁に, 敵を 3 ことを, ゆくえを, ような, 幾松は, 彌八郎, 徳三郎は

2 [41件] やうに, 三之助を, 主水, 事で, 佐太郎は, 傳之, 又次郎が, 命が, 唖野郎が, 姿を, 娵も, 嫁を, 嬢次が, 宗伯も, 宗次郎と, 專之助, 市平の, 幾太郎と, 幾松と, 幾松を, 彦太郎は, 忠之助と, 手を, 敬太郎の, 文三に, 新七, 方へ, 松太郎は, 權次は, 死骸の, 永太郎と, 清次郎が, 猪之, 練太郎は, 言ひなり, 許嫁の, 金之助が, 金之助と, 長三郎を, 長作は, 顏を

1 [348件] いなくなった晩, いる所, いる満, うちの, お朋友, ことが, ことだ, ことは, この製作, ご主君, すがた, それと, ただ一つ, ために, なんとか言, ひとつ手では, ほうか, ほうは, ものでございます, わずか八歳, サウルぢや, デューマ, ミキ・ミキオ, モーキイ・キーフォヴィッチには, 一人くらゐ, 三之助下女の, 三人である, 三郎進と, 不埓, 不心得から, 不所存ゆゑこんな, 与十郎夫婦は, 丑松に, 丑松は, 丹三郎は, 主税に, 久太郎お, 久太郎でした, 久太郎と, 久太郎は, 久太郎を, 九十郎は, 亀蔵を, 事は, 事を, 二人は, 京一郎から, 京一郎の, 人気の, 仇を, 今朝歸つた姿を, 仕業と, 代作を, 仲吉に, 伊之助と, 伊勢崎五六三郎だ, 伊太郎それに, 伝四郎と, 佐の, 佐太郎と, 佐太郎といふ, 佐太郎なら, 佐太郎を, 余一郎は, 保証人に, 健次郎を, 傅次郎は, 傳四郎で御座います, 傳四郎は, 兄が, 六三郎を, 六蔵が, 処へ, 利発さに, 前へ, 前掛, 勇三郎が, 勇三郎でなく, 勇三郎の, 勇三郎は, 勘三郎が, 勘三郎も, 勘太郎は, 勘當や, 匕首に, 千吉を, 又七が, 又八だけ, 又吉が, 又吉は, 又吉を, 右団次も, 右門, 吉三郎といふ, 吉之助に, 吉平は, 名, 名です, 名は, 名代として, 名前, 名前が, 命は, 品行まで, 喜助の, 圓次郎さんが, 埋め金, 多津吉, 多見, 失望思ひやられる, 女房の, 奴は, 好きで, 妻と, 始末とは, 娵と, 嫁などと, 嫁にも, 嫁の, 嫁よ, 嬢次も, 孝吉です, 孝行が, 学士先生の, 学資の, 孫三郎に, 安之助でなき, 安吉が, 安否だけでも, 安否も, 宗太郎, 宗太郎が, 定吉, 定吉は, 家が, 家の, 寅藏は, 寡婦の, 專之助と, 專之助なら, 專之助の, 專之助死んだ, 小糸新, 尾崎友次郎は, 尾崎友次郎ほどは, 屈辱的な, 島三郎と, 島三郎は, 島吉, 左内から, 左内の, 左内めが, 市之丞めが, 市太郎も, 常吉が, 平三郎は, 平山平三郎といふ, 幸三郎は, 幸吉が, 幾太郎の, 幾太郎は, 幾太郎を, 幾松の, 弁馬に, 弥九郎にすら, 彌太郎だけ, 彌太郎にも, 彦太郎が, 彦太郎こいつは, 彦太郎です, 彦太郎を, 彼の, 後を, 後見を, 御主人, 徳三郎でした, 徳三郎といふ, 徳三郎の, 心の, 心持ちを, 心持も, 性に, 恐るべき獵色家, 惣之助を, 憂鬱症を, 成績は, 房松は, 手紙は, 手紙を, 手蹟で, 捨吉が, 放埒と, 敬太郎とかいふ, 敵討だつ, 敵討斯う, 文三と, 文三の, 文三は, 文太郎は, 文次郎の, 文次郎は, 文次郎を, 新吉郎, 新太郎が, 新蔵, 新蔵からも, 方は, 方を, 春ちゃんの, 時三郎です, 時寒, 時次郎が, 時次郎は, 暑中休暇を, 杉丸を, 来るの, 松二郎が, 松太郎が, 松次郎が, 松次郎と, 松次郎は, 松次郎も, 松篁も, 松蔵は, 染五郎を, 柳吉が, 柳吉だ, 柳吉と, 樣子に, 權次が, 武太夫には, 死にやう, 死んだの, 死目に, 死骸が, 殿松と, 気持ちを, 汚い顔, 治助は, 浪太郎に, 浪太郎は, 清三郎に, 清五郎が, 清五郎は, 清五郎を, 清次郎の, 清次郎は, 清次郎を, 源七と, 為憲と, 無事に, 狩屋三郎といふ, 瓢箪野郎を, 甚太郎, 由松は, 甲子太郎でした, 甲子太郎など, 甲子太郎は, 甲子太郎も, 留吉の, 皆吉で, 皆吉と, 皆吉といふ, 看護を, 眞太郎でした, 眞太郎眞太郎の, 真意を, 祐之助が, 祐之助と, 祐之助は, 祐吉であった, 福松で, 私が, 秘密を, 程咨も, 竹松は, 竿にも, 筆名は, 筆跡で, 粂太, 結婚を, 練太郎と, 總太郎は, 罪は, 罪を, 習之進と, 習之進に, 習之進嫁の, 耕平だけ, 耕平に, 背後で, 腕の, 自白が, 與吉に, 良太郎が, 色文を, 莊太郎, 菊次郎に, 菊次郎の, 菊次郎は, 菊蔵でも, 萬次郎は, 行方が, 行方は, 行方を, 行末を, 行状を, 衣服だ, 裏切, 親友兄弟同様の, 言った言葉, 言ふ, 許嫁花世さんが, 評判の, 話を, 誕生だ, 變死した, 身体を, 辰が, 辰の, 迷子札を, 郁次, 部屋などを, 部屋の, 部屋は, 金之助との, 金之助は, 金之助も, 金五郎の, 銘で, 銘を, 長三郎が, 長作の, 長次が, 長次と, 門太郎で御座います, 門太郎を, 雄吾は, 雄吾を, 霊魂は, 顔に, 願いまで, 首でも, 首も, 馬鹿野郎が, 駒次郎も, 骨を, 鶴吉という

▼ 伜~ (151, 10.6%)

2 人を, 何處に, 帰って, 東京の, 生きて, 縛られたと

1 [139件] あすこに, あつた, あります, あり万和, あり多, あるので, あれで, あれほど, あんな事, あんな人間, いい商売相手, いった, いて, いなくなったと, いなくなりましたから, おりましたので, お夏, お通さん, かねて, こうまで, こう答え, こちら様へ, このほどからの, この世に, こんなつまらねえ, ございます, ずっとひどい, そう言っ, そぞろに, その不, その古沼, だんだん大きく, つきっきりで, つく, どういう返事, どうした, どんなに暮し, ないもの, もどるまでに, やくざだ, よからぬ死に, わざ, ゐて, ソワ, ハイデルベルヒの, 一と, 一人ある, 一人うつ向きにな, 一人これは, 一人ご, 一人ぼんやり, 下手人だ, 下手人でない, 下手人なんか, 世話に, 中学生に, 二代目の, 二代目を, 二代目一刀齋を, 云う事, 亡くなりますと, 交って, 今までに, 何んとか, 何故また, 何者かに, 來た, 側に, 入隊で, 出たの, 出征で, 初めて昔, 去年の, 友達と, 可い, 品川に, 噂の, 売掛け金を, 夕方から, 大小袴髷や, 好んで, 娵と, 孫を, 少々身持, 居る, 居るもん, 山で, 山崎あたりを, 心配し, 急に, 成らなければ, 成るでしょう, 成人の, 成功でも, 戦死し, 手を, 持って, 捕まつたよ, 時疫で, 村の, 来て, 梅吉と, 梅吉に, 横浜から, 歸つて來て, 死ぬという, 死んだ上, 死んで, 殺されたとか, 殺されたんで, 気嵩の, 水死した, 江戸表へ, 物心も, 犬居, 独身なら, 生きてると, 生き返るわけ, 生れたの, 田舎の, 田舎角力仲間ででも, 睨みの, 立って, 端然と坐っ, 聞きかじって, 聟に, 腹に, 腹を, 自分の, 見付かつ, 親父の, 誘拐され, 辻川の, 送って, 遣りそう, 都塵を, 青表紙の, 音頭を, 食うや

▼ 伜~ (101, 7.1%)

2 どこに, 兎も, 虎に

1 [95件] あの女, あまり出来, あんなに見え, いずれじゃ, お喜多さん, お菊, このごろはや, この十三夜, しばらく見えん, すっかり賭博, その晩, それから, どうなる, どんな引掛り, どんな男, ふらふらし, まだ生き, もうこの世, もうとうに, もう他愛, もう四十, もう寢, やはり田舎, よく店, 一體どう, 二三ヶ村離れた, 二十五六の, 五六度竹馬を, 伊豆の, 何時まで, 何處から, 元来秀吉, 六歳の, 其處に, 出されませぬ, 出家させる, 勘當され, 勿論わたくし共, 喜んだろう, 大いに恨ん, 大工の, 大病だ, 大病で, 大阪へ, 奥利根の, 字も, 学校から, 実に呆れた, 家で, 家出した, 家風に, 小女郎狐, 川へ, 年は, 幾度も, 当時わが, 彫物下手で御座いました, 息を, 感心な, 斯うです, 時々飛び出し, 本町の, 柔弱な, 柔弱二本手挾む, 根が, 此有樣だ, 氣の, 永い間, 江戸へ, 洋行し, 海釣りに, 爆竹を, 父親の, 甚だ得意, 留守で, 當年七歳あとせめて, 私と, 腹痛が, 自業自得で, 至って健康, 菊次郎と, 見えなくな, 親の, 親を, 言った, 變人です, 財産の, 身持ちの, 輿謝野さんが, 道樂者で, 酒癖が, 阿呆だ, 非常に, 飛んで, 馬術が

▼ 伜~ (101, 7.1%)

5 連れて 4 助けて 3 殺して 2 伴れ, 武家に, 殺したの

1 [83件] あんな慘, お使い下さる, くれられ親類, けしかけて, このよう, こんな目, すぐさまつれてまいるがよいぞ, その氣, たった一人, つれ出して, どうした, どうにかすれ, めぐる數, もち日本一, もとの, やあやあ野郎, カラカッて, 一人で, 一人東京へ, 一生奉公に, 三人も, 下男扱ひ, 不愍と, 世話するなら, 二本差に, 人質に, 伴った楽しい, 伴って, 八つ裂きに, 助け度さ, 勘當し, 勘當した, 半氣違, 取戻して, 喪つてさすが, 大の, 奉公に, 始め私共まで, 婿養子に, 引っ捕えて, 引取つたのは, 引渡して, 思い描き腹, 憎んで, 承知で, 持ったお蔭, 持って, 持つた私, 振り捨てその, 捕まへて, 救おうとは, 案じる不安, 此處から, 殺した下手人, 殺した刄物, 殺した相手, 殺すわけ, 殺す筈, 渡せ, 異な, 當つて見ませう, 皮切りに, 監禁した, 相手に, 石川屋の, 縛つて行きやが, 縛つて行つて何が, 置いて, 育て, 育てるの, 腹を, 褒めるの, 見た嬉し, 見違, 討つに, 誘つて釣に, 誘拐かされ, 遠ざけるに, 邪険に, 頂戴し, 預けたという, 馬車に, 騙して

▼ 伜~ (70, 4.9%)

1 [70件] あたるもの, いい渡そうで, いつまでも, おんぶし, お前は, こがれるの, ございますか, すゝめられ, たくさんの, だまされよつて, つくって, とびかかり暴力, とやかく口, はやの, また逢い, もしもの, 一度も, 云いつけて, 介抱され, 代つて私, 任せきりで私, 会いたい一心, 会うて, 似ては, 似氣, 何んの, 勸めて, 叱って, 向い, 向つて, 娘を, 宛てた遺言状, 御坐, 憂目を, 戸主を, 拳固を, 捧げ盡, 攫はれ, 日本一の, 死なれたり, 注意し, 渡さないといふ, 渡して, 生まれたが, 生れりゃあ, 用事は, 番入りを, 疑ひがか, 疑ひを, 眼を, 祟りましたよ, 罪は, 見染められて, 親孝行の, 親殺しの, 言って, 譲って, 財産を, 費はれた, 賜わらぬか, 赤紙が, 跡目を, 輿謝野先生は, 逢った, 逢つて最, 逢つて見た, 逢はせ, 過ぎなかったの, 遣った方, 飛込まれたの

▼ 伜~ (42, 3.0%)

1 [42件] あつた, あツ, これも, ござります, その地方, ね江戸, まだ部屋, 二十五に, 人蔘大根よりは, 今年二十五の, 体が, 十七の, 十九歳浅黒い, 印東忠介という, 名は, 名も, 名代の, 喜三郎に, 女隱居お, 宮河雪次郎と, 專次といふ, 少し理由, 届けて, 屋敷に, 市松という, 弥三郎という, 性来不良性を, 手代を, 放蕩無頼且つ, 業平習之進と, 殺されたお, 毎日のらくら, 父藤九郎は, 百姓を, 累の, 萬吉といふ, 話が, 辰三郎東の, 道楽の, 重三郎勘當され, 金が, 金之助の

▼ 伜~ (36, 2.5%)

3 一緒に 2 娘の, 嫁とを

1 [29件] いえば, お靜, できて, 三人で, 下女の, 二人一杯, 云われるだけ, 云われるもの, 他の, 仰し, 仲の, 口を, 娘が, 娘です, 嫁は, 安松を, 張り合つてお, 思うて, 情交が, 惡い, 掛け合つて, 書いて, 甥の, 相談し, 納戸役の, 聽い, 親しくなる, 誰かしら, 間違へる

▼ 伜~ (34, 2.4%)

1 [34件] あまりの, お菊, それは, それを, ちかごろ友釣り, どうか君等, どうして鍵, どんなに辛い, びっくり致しまし, まさかあの小, またお里さん, やっぱり鉄砲玉, 不得意の, 伜だ, 体が, 何も, 凄い勢い, 出払って, 可愛い, 呉れろって, 大事と, 大分成績が, 好きな, 娘も, 定めて, 居候も, 惡か, 惡氣でした, 早死を, 東京へ, 決して良い, 私の, 近所の, 飛んだこと

▼ 伜~ (14, 1.0%)

1 [14件] 伜の, 娘ぢや, 娘にも, 娘は, 娘を, 娘功労ある, 孫が, 孫に, 孫娘の, 家の, 番頭が, 百姓の, 良人に, 親戚を

▼ 伜~ (11, 0.8%)

1 [11件] が, が十四五, が足, というの, と罵った, にだまされた, にも明日最期, に計られ, に計られた, は唖, をどうぞ

▼ 伜夫婦~ (10, 0.7%)

1 が川越在, と小僧, に任せきりで, に死に別れ, の出, の商, の部屋, の顔, は仲, は何

▼ 伜から~ (9, 0.6%)

2 のし上っ 1 今日までに, 受け取る事, 材料を, 話されたこと, 身を, 金が, 金を

▼ 伜~ (8, 0.6%)

2 と言 1 がその, そうだ, とは知らなかった, 伜の, 貴樣, 逆上し

▼ 伜ども~ (7, 0.5%)

1 が連書, の墓, の願書, はあまり, は放蕩無頼, も何かと, を探した

▼ 伜~ (7, 0.5%)

1 三郎の, 三郎は, 三郎を, 八郎が, 八郎といふ, 八郎を, 吉に

▼ 伜とは~ (6, 0.4%)

1 なんだ, 一生縁切りという, 似ても, 別懇の, 小伜, 比べものに

▼ 伜金之助~ (6, 0.4%)

2 を殺した 1 が場所, が殺され, なども交つて, を害め

▼ 伜です~ (5, 0.4%)

1 がね, がツイ奉公, よ, よあっし, 御承知

▼ 伜という~ (5, 0.4%)

3 のは 1 のを, 悪い者

▼ 伜たち~ (4, 0.3%)

1 の厄介, の残酷, はたすかった, や男ども

▼ 伜~ (4, 0.3%)

2 やない 1 やありません, や一

▼ 伜である~ (4, 0.3%)

1 がまだ, が五年前, が家, ことを

▼ 伜では~ (4, 0.3%)

1 この頃, なかろうに, なくいづれ許す氣, 誰も

▼ 伜でも~ (4, 0.3%)

1 あるまい, ございません, ない, 槍一筋ひっさげ

▼ 伜には~ (4, 0.3%)

1 世人を, 内兜, 親の, 言ったって

▼ 伜~ (4, 0.3%)

1 伝わって, 屆けて, 試みて, 遺書くらゐ

▼ 伜又吉~ (4, 0.3%)

1 が大きな, といふの, に氣, の非業

▼ 伜文次郎~ (4, 0.3%)

1 と私, と自分, を武士, を縛つて

▼ 伜郁次郎~ (4, 0.3%)

1 が長崎, の儀, の許嫁, は決して

▼ 伜~ (3, 0.2%)

1 お前気が, どちらかが, 似て

▼ 伜だけは~ (3, 0.2%)

1 不名誉から, 叱らない事, 眞人間に

▼ 伜であった~ (3, 0.2%)

1 か, 浩が, 詩人は

▼ 伜との~ (3, 0.2%)

1 折合が, 結婚は, 関係なぞは

▼ 伜~ (3, 0.2%)

2 んだ 1 ので随分

▼ 伜まで~ (3, 0.2%)

1 お前さんの, 取りつぶし, 道樂商賣

▼ 伜伊三郎~ (3, 0.2%)

1 だ, だよ, とやらがどうか

▼ 伜宇平~ (3, 0.2%)

1 が持っ, とである, の手

▼ 伜幸吉~ (3, 0.2%)

1 と申す, には何, は若い

▼ 伜敬太郎~ (3, 0.2%)

1 といふやう, に腰繩, は平次

▼ 伜習之進~ (3, 0.2%)

1 に嫌, のため, はその

▼ 伜さん~ (2, 0.1%)

1 はなかなかよく, は正義

▼ 伜じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ねえか

▼ 伜であったら~ (2, 0.1%)

1 わたしはど, 武道に

▼ 伜でした~ (2, 0.1%)

1 が江戸, が道樂

▼ 伜といふ~ (2, 0.1%)

1 ことに, 遠慮や

▼ 伜とが~ (2, 0.1%)

1 こっそり籾蔵, まいりまして

▼ 伜とも~ (2, 0.1%)

1 世に, 覺え

▼ 伜と共に~ (2, 0.1%)

1 あのよう, 人だすけ

▼ 伜などが~ (2, 0.1%)

1 情熱に, 稽古し

▼ 伜なら~ (2, 0.1%)

1 何う, 柔道何段という

▼ 伜に対して~ (2, 0.1%)

1 こんな役目, 父親の

▼ 伜への~ (2, 0.1%)

1 憂慮から, 憂慮との

▼ 伜三之助~ (2, 0.1%)

1 は年寄, を呼込ん

▼ 伜兵三郎~ (2, 0.1%)

1 のため, を手

▼ 伜勇三郎~ (2, 0.1%)

1 を生みました, を背負

▼ 伜勇太郎~ (2, 0.1%)

1 だけはその, だけは乳母

▼ 伜~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼ 伜半次郎~ (2, 0.1%)

1 が日本橋, に取

▼ 伜吉三郎~ (2, 0.1%)

1 のやられた, を殺し

▼ 伜孫三郎~ (2, 0.1%)

1 に妹, の腕

▼ 伜山木元吉~ (2, 0.1%)

1 が売却方, と相当複雑

▼ 伜數馬~ (2, 0.1%)

1 が月, の變死

▼ 伜文三~ (2, 0.1%)

1 とよく, の顏

▼ 伜新太郎~ (2, 0.1%)

1 とお, の容體

▼ 伜染五郎~ (2, 0.1%)

1 との仲, の關係

▼ 伜清五郎~ (2, 0.1%)

1 の外, の死體

▼ 伜清次郎~ (2, 0.1%)

1 が見舞, を救

▼ 伜源七~ (2, 0.1%)

1 という書置, と申す

▼ 伜源三郎~ (2, 0.1%)

1 に違, は諦め

▼ 伜源蔵~ (2, 0.1%)

1 という狂人, と申す

▼ 伜田之助~ (2, 0.1%)

1 で錢形平次, などが續

▼ 伜錦太郎~ (2, 0.1%)

1 だ, に頼まれ

▼1* [169件]

あの冬瓜野郎の, 伜町さんには, 伜かく申す自分, 伜がさ官費で, 伜がとかそねみの, 伜だけが兵隊に, 伜だけにふだんから, 伜だけを連れ帰って, 伜だすけに物, 伜だちうよ, 伜だったが鞣した, 伜だ打ち殺してもお上, 伜ってどなたです, 伜であり母一人に, 伜でありますがこの, 伜でがして, 伜でございましたか, 伜でございますがあの, 伜でして, 伜ときたら何を, 伜として育った自分, 伜とであらゆる困難, 伜となツて, 伜とを置き去りに, 伜どのを立派, 伜どんな事に, 伜ながら市平が, 伜なぞの使う, 伜などを怨んで, 伜なりが少し違う, 伜なればイヨイヨ, 伜なんか大笑いしとりました, 伜なんかじゃないぞ, 伜なんぞには随分悪い, 伜なんぞを引っ張って, 伜なんどこの老人, 伜にたいする心の, 伜になど相談しねえ, 伜にも申し聽けた, 伜はもッと, 伜ばかりだ, 伜ばかりを名代に, 伜ふたりで焼い, 伜まだ狽てる, 伜までが自分から, 伜めいた美貌で, 伜もうそこまで, 伜もろとも番屋, 伜とうとう斬りおった, 伜らしくない色白で, 伜わいの, 伜をまでもその道徳, 伜ドメニコ・スカルラッティとオルガン, 伜ノツペリ習之進のところ, 伜一つの命, 伜一人を助ける, 伜一匹貰ひ今日, 伜一名とを比較, 伜一郎氏のため, 伜三村屋のお, 伜与之助と金持田原, 伜主税が逗留, 伜久三郎の前, 伜久太郎夫婦が死骸, 伜久次郎の死, 伜久次郎どのがお姫様, 伜乙松を御, 伜亀蔵が敵, 伜二代目勘兵衞の仕事, 伜之助, 伜伊之助は錢形平次, 伜伊那丸です, 伜健蔵に委せ, 伜之助, 伜傳四郎は歸つて來, 伜兄弟の手柄, 伜兩國の輕業小屋, 伜公儀の隠密役, 伜六番目は, 伜の死体, 伜内匠は今, 伜力松が並, 伜之丞, 伜勇三といふ飛んだ, 伜勘太郎たつた十歳, 伜勝之助といふ男, 伜千吉の不甲斐な, 伜又八はこ, 伜又助なる者, 伜又吉それぞれほぐれない心持, 伜又次郎これは次男, 伜友三郎五兵衞の弟, 伜友三郎娘お糸, 伜同様に心得る, 伜同道にて參, 伜周助だつたの, 伜喜太郎を搜, 伜嘉三郎は思ひ焦れ, 伜嘉与吉が来た, 伜圓次郎と云っ, 伜十森藏の, 伜夫妻にゆく, 伜女房の氣鬱, 伜多少兵法, 伜お町, 伜娘儀いかように罷成り, 伜嬢次が日本, 伜孫太郎でござる, 伜宇平娘りよの口書, 伜安之助の勘當, 伜宗次郎と一緒, 伜定昭事不束を致し, 伜之松, 伜幸三郎を川, 伜幼名武蔵と申した, 伜彌太郎の追, 伜彦太郎といふの, 伜徳三郎は晝, 伜忠之助は世帶持, 伜惣之助がお, 伜房太郎があの, 伜数名が集っ, 伜助すなわち, 伜新之助も唯今, 伜時次郎の行方, 伜杉丸を迎, 伜杉野大三郎, 伜松太郎が江の島, 伜柳吉と走り書き, 伜には白痴, 伜殿と見たら, 伜殿松兜屋と言, 伜の父, 伜海舟の柔術, 伜清二郎に義憤, 伜清次郎西の大, 伜源七どん関脇は本石町油屋藤右衛門どの, 伜源助と妹婿, 伜玄蕃はそれ, 伜石川五右衛門にご, 伜祐之助と娘, 伜福松の前, 伜竹松といふの, 伜の感情, 伜綾之助と申します, 伜總太郎が見染め, 伜總領の殿松, 伜繁助に譲り, 伜美作守勝俊も大阪陣大和口, 伜自慢からはじまっ, 伜良太郎がフト, 伜若くて荒, 伜菊次郎とは一番, 伜萬吉と後で, 伜萬次郎と言つて二十三, 伜藤吉これは十二, 伜見たいのを, 伜謙之進の上, 伜貞助當年拙者方へ預け, 伜運五郎山の銅像, 伜がいる, 伜次郎, 伜金之助人手に掛つて, 伜金之助旗本だか, 伜金太郎こいつは名前, 伜門太郎がやつ, 伜電話のブローカー, 伜駒次郎は取, 伜駿河守なればこそ