青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「交~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~五人 五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~ 亡くなった~ ~交
交~
~交換 交換~ ~交渉 交渉~ 交通~ ~交際 交際~ ~亦 亦~ 享~

「交~」 3027, 30ppm, 3884位

▼ 交~ (578, 19.1%)

7 ばんこ 6 を結ん 5 の雨, をする, を結ぶ, 番こに 4 て小さき, の話, 立ち交り 3 がある, て, に面白, のならぬ, の言葉, の道, をし, を絶つ, 文に

2 [37件] があった, たり, て斉, で, と雖, にその, に一つ, に云う, に書いた, に言う, に話した, の, の斜面, の村, の泥濘, の砂地, の頭, の風, の髯, は行, もかう, もするだろう, をした, をつづけ, を断つ, を有, を生じたるなりき, を結び, を結んだ, を絶っ, 交り, 合ひ, 文で, 深からず, 立ち交る, 網目し, 親むこ

1 [432件] あつた, あるいは再び, いざ独唱, おびゆる, から多く, から特別, から生み出され, から遠い, があり, がかたよっ, がそれ, ができなかった, がどうして, が今, が何等, が出来る, が可, が多, が多い, が実に実に, が復活, が最も, が本当に, が浅く, が深かっ, が深く, が自由, が表, が重っ, けなし, しをわれ, そうな, その一人びとりに何もの, その歿, その点ルナアル, そめしは, ただもう, たまふたつきあらむ, だけに止まらず, だけはせね, ついに美, つけのね, つつこの, つつ頽, てありけれ, てありとい, ていろいろ, てさける, てその, てともすれば, ての抜群, てほつほ, てもてなされる, てわが, て一しきり, て二人, て倶, て再び, て出火, て口, て在りとい, て多く, て大, て大き, て居る, て居れ, て幾秋, て思ひ出, て戯れし, て戰, て本, て氣鬱, て私娼, て美し, て聞えた, て聞く, て舞台, て調, て譽, て踊る, て遊戯談笑自由自在, て鋭く, て雀, でも禿, で米友, というお裾分け, というもの, といふ籾, として自然的生, となった, とはいつも, と云い, と為れり, どどんじゃ, ながら, ながらたった, ながらはじめて, ながらふと, ながらふらりふらり, ながら人間, ながら何度, ながら裾, に, において信義, における主, にきかされたら, にぐいと, にしゃべり散らす, についてとんち, につけ, になっ, になつ, には散々聴, には至って, にまかせ, にまくし立て, にも情趣, にも日本, によって自分, によつて大, によりまた, にわやわや人声, にゴテ, に上っ, に仏頂面, に何, に何やら, に入る, に公平, に凸凹, に出掛け, に劇, に十有余人, に厳しく, に呼んだ, に喋り出した, に四五人, に干潟, に彼等, に手, に打, に新聞記者, に早口, に書い, に書き立てる, に未だ, に格子, に極楽往生, に母ちやん, に泣い, に涙ぐんだ, に物, に番, に番硯, に眞面目, に答, に答えた, に翻訳, に腰の物, に舞踏, に言, に訊い, に訊きました, に話し, に述べ出す, に追憶談, に關, に電光, に音, に頼む, に飽き, に騒いだ, に騷ぐにぞ忠兵衞, のあった, のこの, のじめじめ, のその, のため, のでかい, のできないさげすみ, のできぬ, のです, のはう, のひそ, のふかかっ, のぶっ, のもの, のやや, のギゴチ, の一人, の一連, の仲, の作文, の僅か, の優しい, の切込砂利, の厚, の口上手, の唄, の問題, の啖呵, の固い, の土, の安井, の宣告, の小, の小唄, の層, の平仮名文, の御, の急, の愚痴, の手蔓, の文体, の文字, の文章, の梅原先生, の概念的象徴, の深, の深い, の深かっ, の漢文, の灰色, の物, の物語り, の短い, の砂, の砂目, の窪地, の紀行文, の紐, の紙屑, の経験, の綿, の翻訳, の胡麻塩頭, の花, の草地, の草書, の荒い, の裸地, の褐色, の解釈, の語調, の赫土, の躑躅, の身の上話, の辯解, の銘, の長い, の附髷, の雪道, の霙, の髪, の髪の毛, の髭, の麥, はすべて, はその, はたのし, はできました, はパッタリ, は人格的生, は全く, は出来ない, は出来なかった, は出来ぬなり, は別, は又, は女, は少時, は少時問はず, は断りました, は明日子, は普遍的, は未だ, は極めて, は派閥, は珍, は直接性, は肉親, は薄く, は道, は雲雨, は飲食, ばかりでなく, まだ三年, もある, もしよう, もできず, もない, もならぬ, もの, も結ん, も行われ, をお, をかさね, をしなかったら, をしました, をせぬ, をなさず, をほつし, をむすび, をむすぶ, をもとめ, をもはやなんら, を一回, を不可能, を可, を大切, を好む, を小人, を当年, を持たない, を文壇, を断たん, を楽しん, を求めん, を深めましょう, を知つて, を知らなかった, を知らなかつた, を私, を結びましょう, を結ぼう, を結んでる, を絶ち, を絶てり, を絶身, を続け, を続けた, を續, を致せ, を要求, を許された, を遂げた, を避け, 七八人に, 並びに生簀, 乍ら一寸, 乱れから, 乳が, 二つの, 互に心情, 人の, 他方は, 代りに, 何, 信切顔を, 候中に, 児であった, 其上利兵衞の, 具合と, 勝手元の, 厚かりし, 又知らない, 叩頭に, 合つた道徳的な, 合つてそこに, 合つてゐる, 合つて居る, 合ふ, 同じ日本民族, 四五人も, 太陽泥を, 嫁菜花さく與謝の, 密集しつ, 巴里生活の, 平仮名文に, 平衡を, 座敷へ, 当期の, 形は, 彼の, 彼を, 循つたかの, 息子は, 手に, 換せ, 文である, 日ね, 日傘諸共空中に, 易いから, 易い人, 昼は, 會し, 枯尾花, 森から, 機会あら, 毛糸編の, 気が, 気ないあどけない, 水は, 永く相, 汽槌の, 河では, 混戰状態で, 温かに, 漢字で, 為めに, 熊襲の, 物が, 相撲茶屋を, 真面目半分吹聴した, 種々の, 穗に, 空を, 立ち替り附い, 等に, 給へ, 総振仮名, 翅も, 自ら蝉吟と, 色の, 茄子の, 草野和歌集を, 薄しと, 襁褓を, 詞を, 説來り, 豪しや, 財を, 賤き, 重い二つ, 銭の, 鋭市, 隨所に, 難きむしろ相反撥, 雹さへ, 青年的な, 頼みが, 食事を

▼ 交~ (445, 14.7%)

79 交る 10 がわる 6 ことを 5 ところの, ように, 交る見 4 やうに 3 ことが, といふ, のは, 交る眺め, 室内の, 筈良人は

2 [22件] がはる, ことの, すべての, という手順, のが, ものは, や人, 一点を, 中に, 交る見比べた, 交る飛ばし, 前肢を, 品物の, 夜の, 彼女を, 投懸け, 時が, 時には, 為めには, 私の, 線が, 顔を

1 [269件] あたり一帯の, あたり朝寒夜寒の, お杯, かなしさ, から正面, か凄, がいい, がかなし, がぐる, がはる鳴い, がゆえに, がわる声, がわる眼, がカイヅ, が党派的, こと, ことあり, ことにおいて, ことによ, ことによって, ことに対する, ことは, ことも, ことをも, こと一日, こと久しく, こと極, こと稀なる, この母, その安否, その放免, それを, そんな部分, だけだった, だけで, でもなかつた, と, というもの, という公理, という習性, といえ, ところさ, ところである, ところは, とすまし, とたんに, とも, とも何, とベンチ, と一寸, と上野, と云う, と今更, と喜代子, と早, と殆ど, と美味しく, と見える, と遠く, なといわれました, にはしばし, にはその, に一度宛, に動かした, に咲い, に唸り出した, に囁い, に多く形式, に次, に番, に畳め, に突き出し, に緩く, に腰, に至らざる, に負っ, に起伏出没, に過された, に違, のだ, のである, のでしばしば, のでもっと, のも, のを, の地位上, は客體, ほど味, ほど岸本, までわずか, む雀の, ものに, も果して, や必ずしも, ような, わけには, わたしの, をば汝, を常, を見た, を見る, を許さぬ, 一段位の, 一筋の, 三人ずつ, 事が, 事も, 事を, 二人が, 二人を, 互の, 交るいたし, 交るいって, 交るこすりはじめた, 交るだ, 交るふっ, 交るやって来ます, 交る削つた, 交る取っ, 交る呼出され, 交る寝た, 交る抱い, 交る招き入れ, 交る注がれました, 交る満たされ, 交る照らされ, 交る現れた, 交る現れる, 交る答えます, 交る舁い, 交る襲っ, 交る襲われ, 交る見つめる, 交る見比べ, 交る見競べ, 交る見返り, 交る話し, 交る話す, 交る説いた, 交る贈る, 交る起き, 交る迫っ, 交る這っ, 交る飛び出し, 交る飲み, 人々の, 人々を, 人あり, 人の, 人影は, 以上私は, 低唱し, 何囘か, 僕たちの, 公理に, 其処まで, 危険を, 厠へは, 友人を, 古女房みやうぶ, 可く, 呪いが, 味つた, 四五人会合し, 四季の, 坊主持を, 声波ならぬ, 外に, 嫁菜の, 容態を, 寝覚め風に, 工藝品を, 幾度も, 御前に, 必要が, 怪量の, 恥かし, 息溶け合う, 感情の, 成けり, 所に, 所の, 所を, 所以な, 手を, 抱附競を, 故其難, 散歩させられる, 方向だった, 時は, 時も, 時刻に, 最も久しき, 月の, 松の, 林檎のに, 桔梗のみ, 楽器の, 様に, 樫の, 樹, 歌と, 歌を, 海の, 濃厚な, 火の粉の, 火鉢に, 点から, 烈しい雑音, 無遠慮に, 無限の, 犬の, 状態を, 猟に, 番に, 番人を, 痕を, 白い糸, 白い鳩, 白雲の, 白髪が, 相手の, 看護に, 眼の, 石の, 礼を, 程奇異, 税務署長の, 稚子, 空地を通して, 竹筒の, 笑顔で, 紅の, 紫雲英である, 膝を, 興亡二つの, 興奮の, 舞台に, 茅芒は, 萩原さんについての, 蘆荻の, 裏手の, 話を, 語つて曰くいや, 讀經の, 豆の, 貰い乳を, 道を, 酸素吸入の, 野蛮な, 針金雀花熊笹の, 鉄鎚で, 雨粒とに, 電車の, 面が, 音読した, 顎を, 風呂に, 風呂敷の, 飽満し, 饒舌って, 香の, 馬や, 高い森, 高きに, 高く傘, 鬩ぎ合っ, 麦穂を, 黄花の

▼ 交つて~ (313, 10.3%)

49 ゐた 27 ゐる 14 居る 10 ゐるの 8 居た 6 聞える 5 聞えた 4 ゐたが, ゐたの, ゐる事, 居るの 3 ゐるかも, ゐると, 居ります

2 [19件] まだ始まり, ゐたこと, ゐたに, ゐて, ゐても, ゐるが, ゐること, ゐるやう, 居たが, 居て, 居りました, 居るに, 来た, 歩いた事, 歩いて, 流れて, 立つて, 聞えそれ, 見るうち

1 [131件] あち, いよいよ鮮やか, うつくしく咲い, お道サン, からもう, きこえた, きこえる, けたたましい太鼓, その土蔵, その風貌, たつた一枚, とみ, ね皆, の大, の金魚屋, はゐない, は昔, ぼんやり樂隊, もゐた, も天晴, も眞直, るやう, ゐさ, ゐたけれども, ゐたと, ゐたといふ, ゐたので, ゐたのに, ゐたらしく最後, ゐたり, ゐた唐氏, ゐた為, ゐた西洋婦人, ゐない, ゐない事, ゐない時, ゐなければ, ゐましたよ, ゐるさ, ゐるで, ゐるでは, ゐるといふ, ゐるとか, ゐるので, ゐるばかり, ゐるわけ, ゐるゴミ, ゐる二匹, ゐる小さな, ゐる小説家, ゐる時, ゐる温泉, ゐる若干, ゐる處, ゐる裏, ゐる頃, をりました, ニヤニヤ笑つて, 一層その, 一層の, 世にも不思議, 何となく構内, 働く, 出て, 出来るわくら稲, 古い様式, 叫ぶやう, 咲いて, 咲く, 堆い, 多く咲い, 大きな二日月, 好く響く, 如何にも爽やか, 小供ら, 居たわけ, 居た事, 居た幇間, 居つた, 居ないといふ, 居ないとは, 居ます, 居らうなら私, 居り死骸, 居るが, 居ること, 居ると, 居るので, 居るもの, 居るわけ, 居る婦人, 居る有, 居る漆, 居る点, 居る行司, 廻ると, 往々諸家, 後で考へる, 心安さうに陽気, 愈々はげしく, 最う芽立, 来て, 歩いたけれど, 流れる橋, 涼しい汐風, 焼け残つた校門, 狭い工場, 現れて, 申すふし, 白くゆるく板敷, 直ちに又, 突然堰, 聞えたので, 聴いて, 至る処女工募集, 若い巴里, 若い生命, 若く美しい娘, 行くこと, 行けるやう, 見たもの, 見て, 見る氣, 赤い小さい實, 走つて, 迫る, 透き通るやう, 遣瀬, 重い物, 頻に, 飛び散る

▼ 交~ (204, 6.7%)

27 して 7 された 6 した, しながら, りて 5 されて, す 4 すこと, すの, す事が 3 さない, しました

2 [13件] さずに, さなかつた, したいと, したこと, したといふ, したり, したる中, すことも, すため, すと, すやう, つた, つてゐた

1 [98件] あっても, ある場合, かかる所, かなり顕著, この時, さず又, さなかつたけれども, さなくなつ, さなければ, されたありし日, されたこと, されたの, された後, された艶書, されつひに, されてから, されてを, されました, される, されるの, されるので, されるも, されるやう, し, したあと, したその, しただけ, したの, したやう, したりなど, したる如く腕, したわけ, した人さ, した刺すやう, した如く頭, した少年, した後, した時, した瞳, した者同士, しつる, しゐる鳥, し乍ら, し乍ら光, し唇, し心, し葉, すが, すだけで, すには, すべくも, すほど, すも, す夕月夜, す夢, す心靈, す時々, す時分, す松, す機會も, す流暢, す老人, す鳶, せしそれ一つ, つてひとり, つてゐる, つて朱に, つて積極的に, つて見, つて見る, つて豊かな落ちついた, まず何処, りき, り即ち, り遂に, る主, れる山, スローガンとして, ブルウスの, 人交と, 偶茶山集中に, 前年文化紀元よりは, 南方昧谷は, 同一性質, 成れり, 政党政治に, 最も明, 正義の, 永遠なるべき, 求むるならん, 涼しいと, 私交公は, 紙衣の, 蘭軒の, 越後に, 近年こそ, 頗る親しかっ, 餘程久しい

▼ 交~ (187, 6.2%)

108 ずに 5 ずして 4 たこと 3 たもの, たやう, ぬ 2 ざるに, ざるものなし, た敵手, た調子, ないで, なかつた, ねば, ようと, られた

1 [133件] いくどかおなじ, さしたるなど, さへ, ざる時は, し, し二階, し君玉垂の, し絹, し肥小屋, ず, ずあらんを, ずとも, ず大正十三年, ず特殊, ず眞摯一點張, ず純潔, たかつた, たから, たが, たくないの, たことも, たそれ, たところが, たの, たま, たる, たるが, たるのみ, たるは, たるもの, たるを, たるオボイの, たる悪事の, たる漢文は, たる茶褐色の, たれど, たれども, たれば, たセット, た一団, た五六百年, た仮名, た佐佐, た印象, た反動的蔑視, た口ぶり, た叩き, た多少, た好奇, た彼女独得, た微笑, た心理的波紋, た感じ, た感嘆, た批評, た抗議, た敵意, た明暗多彩, た朴訥, た概念歌, た毛髪, た沛雨, た爲, た特色, た独りよがり, た珍しい, た瑠璃子夫人, た眼, た禁止, た細面, た膿, た臆断, た自分, た苦労談, た草稿二巻, た處, た衣, た記録, た誇張的, た通行人, た雲, た頌歌, た頭, た飄逸, た飯, た験し, た驚嘆, た鳥, て踊り狂ふ, ない, ないもの, ない創造, ない品, なかつたから, なければ, なほ有名な, ぬうち, ぬ場合, ぬ程, ぬ自分, またこれ, また口語脈さ, むとしたるに際し, むとす, めや, もぎつた枝あと, やうぢや, やがては, られるのに, り, んと, 一見し, 一見その, 乍ら愉快さうに盃を, 人情咄に, 又其, 帯びて, 建て, 彼も, 心をも, 木曾川は, 林間に, 現は, 用ゐ, 用ゐられた, 申しませう, 皆抜羣の, 苔むす巌, 語一語を, 谷深く, 貫くまでに, 路を, 過ぎたり

▼ 交~ (112, 3.7%)

6 訂し 5 訂した 4 結ぶこと, 結んだ, 結んで 3 結びて 2 絶って, 訂せし, 避けた

1 [80件] あたたむ, さけて, したもの, した其の, して, するので, なせり, まっとうすべからず, むすびそして, むすぶ一方, よろこべるもの, 一と, 修む, 博徒に, 叙する, 回復したい, 契って, 寛政五年に, 彼と, 徴する, 恋しく思っ, 成立させた, 挑むと, 掠めた, 敢て, 断ち家, 断ち此小刀, 求むるに, 求めた, 求めたのに, 求めた婦人, 求めて, 求めるのに, 求めん心, 求め書肆, 深めること, 渝へ, 温めて, 為す友也, 申入れトゥラスカラ国は, 知る好, 破らずして, 納れた, 結, 結びし人, 結びたりと, 結びぬ, 結びました処, 結び大, 結び約束, 結ぶに, 結ぶの, 結ぶやう, 結ぶ場合, 結ぶ平安朝以後, 結ぶ新しい, 結べる, 結ぼうと, 結んだと, 結んだの, 結んだ以上, 絶たずに, 絶たんと, 絶ったのみ, 絶つ, 絶つて, 絶つとは, 絶つに, 絶つべし, 絶つやう, 維持し, 褒めようと, 訂したる, 訂めて, 赤外線映画に, 辱う, 透谷君に, 選ぶ, 避け好んで, 隔て脈

▼ 交へて~ (107, 3.5%)

8 ゐる 4 ゐること 3 ゐた, 居る 2 居たの, 来たの, 泳ぎ寒く, 深くも

1 [81件] ある, いつた, おきたかつたぼく, おくの, くすんだ穢い, その, どれも, ゐたもの, ゐないこと, ゐます, ゐるから, ゐるため, ゐると, ゐるの, ゐる内, ゐる様子, ゐる處, ゐる訣, クリムソン・レーキウルトラマリンビリジヤン及び, 三巴の, 並んで, 二十人ばかり, 人を, 前へ, 十月の, 合戦す, 吐き出されて, 吹き飛ばしそれ, 喚ぶので, 四人が, 土中に, 圧迫する, 坐し再び, 将に, 居た, 居た愛敬, 居ないかと, 居らぬ, 居ると, 居る最中, 居る間, 崇軒高聳し, 平次に, 廬屋立て, 徐々に進歩, 恰も千尋, 戰爭を, 手帳に, 數人の, 来たこと, 来た心, 来た様, 来る, 比較的餘裕, 漆よりも, 異形な, 疎らに, 的も, 砕いたもの, 私の, 笑ふこ, 紅茶を, 纏かう, 蓊鬱たる, 藍緑の, 蠢いて, 覆ひか, 話が, 話し込みました, 話すと, 語りけれ, 語るやう, 語る昔話, 語れば, 談じた, 降りまさる雨, 靡き寝し, 題詠を, 額に, 高張提灯の, 鮮明に

▼ 交~ (68, 2.2%)

3 人々の 2 が道, のも, のを, 人は, 女が, 小さき蝶黄翅, 螢の

1 [51件] ことに, ことの, これらの, に至らず, のに川, のは, ひろ子との, ゴンドラの, 万人の, 中に, 中へ, 人々を, 人の, 人を, 人影は, 人疎, 全ての, 凡ての, 夏景色で, 夕, 夜鳥の, 大通へ, 娘さんは, 山の, 巴里の, 度ごとに, 往来の, 忙しい港街, 放送電波が, 旅客に, 時を, 有様を, 本郷通りを, 梢の, 樣などを, 樣手に, 江の島の, 燕の, 狐火の, 男女の, 稲佐の, 繁昌も, 群集, 自動車をよけながら, 自由自在に, 舟の, 船も, 袖も, 赤蜻, 雨あがり, 青年を

▼ 交~ (64, 2.1%)

5 ない 4 なかった 2 ず乾いた軽い, ないという, ないので, ない四角, ぬと, ぬという, ぬは, ぬもの

1 [39件] うが, うと, う必ず, ずと, ずに, ずば, ず友, ず唯, ず定住處, ず小さい, せ, せるの, で法, ないで, ないとは, ないよう, ないわ, ないコバルト系, ない人間, ない全体, ない方, ない時, ない談話, なかっただろう, なくちゃ, ぬだけ, ぬだけに, ぬの, ぬやう, ぬ神聖, ぬ身, ぬ飯, ひて, ひては, ひ侍りし時, ひ牟婁, ひ給, ふお糸, ふ見れば

▼ 交~ (51, 1.7%)

3 上に 2 ある間

1 [46件] あいだに, あった人物, あった快, うちに, ごとし, さまが, ない物, 中に, 中にでも, 事で, 仕事は, 危機を, 品々は, 在郷軍人達が, 大略なり, 奈何を, 始めは, 季節を, 幹部三人が, 悪弊を, 手を, 流行かの, 深いもの, 甚深かつ, 疎からざる, 疎きもの, 篠田山下等に, 篤いもの, 罪悪の, 職場が, 職場大衆の, 虚実人物の, 衝立に, 褄が, 褄を, 襖には, 規約には, 親友なれ, 誼み, 赤外線映画が, 金具が, 錯綜する, 間柄である, 關係も, 關係を, 髯が

▼ 交はり~ (38, 1.3%)

2 があつ

1 [36件] が主, が出来るだらう, が成立ち, が跡絶え, が非常, さへ, しかな, して, ずつと遠く, として成就, と共同, なき然, においてある, においてのみ成立, においては主, によつて, のあつ, の底, の断ち切れ, はただ, は主, は人倫的共同, は好かぬ, は廣, もその, もはつきりそれ, を復活, を断つ, を通じてのみ人格, 並びにその, 俗言を, 其處に, 少なしとは, 朝に, 歡待を, 濃淡相接し

▼ 交~ (35, 1.2%)

2 して, 於て, 江戸を, 石摺だの

1 [27件] あり, しては, しばしの, なって, なるまで, もとな懸り, やりて, エジプトの, 主家阿部家と, 似たり, 及び先生時邪, 在りき, 地租改正の, 導くもの, 支那から, 敬愛行なわれ, 於ける水戸家, 既に浙江地方, 榛軒は, 比して, 病んで, 西安に, 越州附近まで, 踏散され, 遺つて, 阿部侯正精は, 面を

▼ 交へる~ (32, 1.1%)

3 のも 2 ことが, と言, のは, やうな, やうに

1 [19件] か, ことさへ, ことは, ことも, ことを, と決つた時, なと云, のが, のさへ, のを, ものと, 丈だつた, 場合だけの, 場合に, 妨害を, 時でも, 時と, 私達の, 音とが

▼ 交~ (27, 0.9%)

1 [27件] ある位, えあるいは, すべて過度に, そう出る, やはり一枚, 乱を, 保たれて, 個々の, 全く従業員, 尤甚しか, 広く存在, 早く霞亭京遊, 昔の, 望みな, 殊に三宅, 深かった, 深くなかったらしい, 漸く深く, 漸く親密, 瀰漫し, 無いので, 生れて, 禁止され, 絶えてから, 茶山の, 要求し, 足りないから

▼ 交つた~ (22, 0.7%)

2 ことは

1 [20件] ある種, か, かとお, が早, が此, けれど泡, ことなぞを, ものが, ものらしい, やうで, やうな, らしい, 古い血, 小さな白い, 小錢, 熱い粥, 甘さ, 生濕, 短い竹, 辛い氣持

▼ 交はる~ (17, 0.6%)

2 ことが

1 [15件] ことによ, ことを, そなた, ところに, につれて宇津, に及ん, のでなけれ, は聖人, を得べし, 一点と, 交はる, 以前に, 友も, 感覚を, 談話をかは

▼ 交~ (16, 0.5%)

1 [16件] あった人, いつか更る, せず進んで, せぬで何, せまれども, 困む, 密で, 引き寄せて, 普通の, 横条を, 殺戮も, 浅くない, 琉球に, 至る, 致さんと, 連なり雲霧掩蔽

▼ 交~ (14, 0.5%)

1 [14件] いわれたよう, す, なり姿形, なると, 云うもの, 云う訳, 利害, 平和な, 思われるから, 日交との, 曰ひ, 異なるなし, 通商に, 香料貿易関係を

▼ 交~ (14, 0.5%)

1 [14件] がすぐ, て間, ながら, ながら一つ一つ, に張りわたされた, に舟, アメンボウが, 忽ちの, 犬の, 獅子で, 箭と, 紫緑の, 行交ひ, 野づら

▼ 交り合っ~ (14, 0.5%)

4 ている 3 ていた 1 てただ, ても点々, てツン, て打つ, て朝, て苦しく, て雑種

▼ 交る代る~ (13, 0.4%)

2 熱心に

1 [11件] に杯, 写し手にな, 口へ, 嬢の, 幾度も, 昼間の, 田原さんの, 縦横十文字に, 足を, 頬へ, 顔を

▼ 交~ (12, 0.4%)

3 ば交 2 ば赤く 1 て砕ける, ども曾, ども此, ば, ば直に, ば神主さん, 乍らあちこちと

▼ 交~ (10, 0.3%)

2 たりした, てる 1 たり許, ちやゐない, ていた, ている, てしまひました, てます

▼ 交つたの~ (10, 0.3%)

2 である, は村端 1 がわけて, だ, であらう, は前記, は小杉さん, を後

▼ 交ふる~ (10, 0.3%)

2 を聞くであらう 1 ことなく, ことを, ことをも, こと能は, に笑謔, や東軍, を喜べる如し, 敵を

▼ 交へながら~ (9, 0.3%)

1 のやん, 何か, 女と, 懶げ, 母に, 空中で, 踊の, 通訳式の, 音楽家の

▼ 交ゆる~ (8, 0.3%)

1 こと約, ということ, ところだった, に他, に樹木, に白砂, 事多から, 事少なし

▼ 交りで~ (8, 0.3%)

1 はある, 一語一句を, 些や, 今の, 泊の, 清洌な, 詩人ホラチウスの, 金銭の

▼ 交~ (7, 0.2%)

1 久く, 先立涙を, 喰ふ, 売る事, 砂と, 見ましたが, 貪ること

▼ 交~ (7, 0.2%)

2 あつた, 病院の 1 あらう, 取り合わぬ, 笑ひ

▼ 交りあっ~ (6, 0.2%)

1 ている, てひと, て店, て柔かく濃い, て波動, て濃く

▼ 交り合った~ (6, 0.2%)

1 しず心の, 性格だった, 性格の, 気持で, 調子が, 風の

▼ 交れる~ (6, 0.2%)

2 思にて 1 を買っ, 今宵なれ, 草は, 鴨跖草は

▼ 交へた~ (5, 0.2%)

1 だけで, だけ直接, に過ぎなかつた, やはら, 戦ひの

▼ 交~ (5, 0.2%)

2 代りに 1 につづく, に聞き, に見くらべた

▼ 交りあった~ (5, 0.2%)

1 モスク, 極めて複雑, 眼ざし, 複雑な, 面白い心持

▼ 交りし~ (5, 0.2%)

1 ても差支えないだろう, て家, 俳人は, 社会は, 社會は

▼ 交る見~ (5, 0.2%)

1 てから小さい, て笑い, ながら, ながら砂, 乍らを

▼ 交~ (5, 0.2%)

1 同志ニ結ブ可シ, 絶チ英人ヲ, 絶チ英国ノ, 訂シ長ヲ, 訂セシヨリ旦暮相離レズ

▼ 交つてる~ (4, 0.1%)

1 からあれ, ぞ, ので, ので目障り

▼ 交へたり~ (4, 0.1%)

1 した数々, して, しのみ, すると

▼ 交らん~ (4, 0.1%)

1 として洲, とする, よりは知らぬ, わが妻

▼ 交りまじり~ (4, 0.1%)

2 に続い, に續

▼ 交~ (4, 0.1%)

1 であった, であった王, な会見, な見覚え

▼ 交から~ (3, 0.1%)

1 始った, 暹羅の, 秦

▼ 交はれ~ (3, 0.1%)

1 ば, ばた, ばといふ

▼ 交ふてゐる~ (3, 0.1%)

1 人々の, 光景を, 繁華な

▼ 交へも~ (3, 0.1%)

3 せずに

▼ 交りたる~ (3, 0.1%)

1 ように, 啖を, 所に

▼ 交り合い~ (3, 0.1%)

1 つつ, なかなか眠り, 眼尻に

▼ 交り遣つ~ (3, 0.1%)

2 て退ける 1 て除ける

▼ 交るい~ (3, 0.1%)

1 たして, って向, と

▼ 交る眺め~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 てゐる

▼ 交~ (3, 0.1%)

1 だかと, だまま葱, だ虫

▼ 交あった~ (2, 0.1%)

1 としたら, 人に

▼ 交~ (2, 0.1%)

1 わりし, わるなどとは

▼ 交つた眼玉~ (2, 0.1%)

1 のとび出した, の飛び出した

▼ 交つてそれ~ (2, 0.1%)

1 がいかにも, を宰領

▼ 交つてみんな~ (2, 0.1%)

1 が紅葉, の着

▼ 交つてチヤラチヤラチヤラチヤラ~ (2, 0.1%)

1 と聞き馴れない, 聞えて

▼ 交つてピクニツク~ (2, 0.1%)

2 に加はつ

▼ 交つて一時~ (2, 0.1%)

1 に頭脳, は呼吸

▼ 交つて八五郎~ (2, 0.1%)

1 の聲, の面上

▼ 交つて十日許~ (2, 0.1%)

2 りも

▼ 交つて唄~ (2, 0.1%)

1 が聞こえる, の聲

▼ 交つて富江~ (2, 0.1%)

1 の噪, の躁

▼ 交つて斯~ (2, 0.1%)

1 の広, の座敷

▼ 交つて町~ (2, 0.1%)

1 の權勢家, 全體

▼ 交つて空~ (2, 0.1%)

2 を仰い

▼ 交つて赤革~ (2, 0.1%)

2 の夏靴

▼ 交つて電話~ (2, 0.1%)

2 の呼鈴

▼ 交つて馬酔木~ (2, 0.1%)

2 が雪

▼ 交つて馬醉木~ (2, 0.1%)

2 が雪

▼ 交には~ (2, 0.1%)

1 なお十代, 一切人為の

▼ 交によって~ (2, 0.1%)

1 妨げられる場合, 用紙配給の

▼ 交はる人~ (2, 0.1%)

1 なり此人奇世, も無

▼ 交ふも~ (2, 0.1%)

1 のこれ, のは

▼ 交へては~ (2, 0.1%)

1 どうだらう, 居るが

▼ 交らんこと~ (2, 0.1%)

1 の願, を許し給え

▼ 交らんやう~ (2, 0.1%)

2 もなし

▼ 交りかけ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 交りこん~ (2, 0.1%)

1 だの, でゐた

▼ 交りたい~ (2, 0.1%)

1 のだ, やうな

▼ 交りつ気~ (2, 0.1%)

2 なしの

▼ 交りつ氣~ (2, 0.1%)

1 なしの, の無い

▼ 交りであった~ (2, 0.1%)

1 にし, 時分廉い

▼ 交りである~ (2, 0.1%)

1 かのやう, がそのまま

▼ 交りでなく~ (2, 0.1%)

2 ただその

▼ 交りによつ~ (2, 0.1%)

1 て内容的, て私

▼ 交り始めた~ (2, 0.1%)

1 と思う, 彼の

▼ 交り居り~ (2, 0.1%)

1 父子別ち無し云々, 父子別なく

▼ 交り得るなら~ (2, 0.1%)

2 それは

▼ 交り込んだ~ (2, 0.1%)

1 のは, のん

▼ 交るべし~ (2, 0.1%)

1 またこれ, 限りも

▼ 交る飛ばし~ (2, 0.1%)

2 てわずか

▼ 交を以て~ (2, 0.1%)

1 出現した, 第一

▼ 交~ (2, 0.1%)

1 て居ます, て居る

▼ 交契合~ (2, 0.1%)

1 の長き, の長短

▼ 交漸く~ (2, 0.1%)

2 繁くなり

▼1* [387件]

あってみる, 交あるにもあらず, 交かの封建的国家が, 交合を, 交き合いの者, 交も相, 交芒を, 交ただ駄作を贈っ, 交と僕, 交だろうと云っ, 交ぢつたコートの古, 交ぢつてゐる樣, 交ぢつて寒天のやう, 交ぢつて障子の外, 交つたトツクの血, 交つた一人である, 交つた一本の山茶花, 交つた人々には徳, 交つた人氣のない, 交つた八五郎は兩手, 交つた包だの小, 交つた土屋七郎の死, 交つた垢水をかひ出した, 交つた大勢の手, 交つた如くに又, 交つた子だと, 交つた學生なぞ, 交つた年でないこと, 交つた形迹は絶無, 交つた押し問答を続け, 交つた支那人の女の子, 交つた散文に進ん, 交つた景樹も菅氏, 交つた杉むらの空, 交つた杉垣があつ, 交つた槭の大樹, 交つた此の白面, 交つた気持でエリザ, 交つた水を流し, 交つた浪人者があり, 交つた溢米が彼, 交つた獲物もどれ, 交つた白髮をほんのり, 交つた眼付でしばらく, 交つた着物より花, 交つた砂糖漬の白樺, 交つた砂路を歩い, 交つた空気の臭, 交つた竹の梢, 交つた竹亭頼恭には孫, 交つた粉炭の燻り, 交つた繁みのスロウプ, 交つた美人ぞろひで, 交つた花には目立つ, 交つた複雑な性格, 交つた西原氏のこの, 交つた親友のやう, 交つた足元の土, 交つた跡がある, 交つた道灌山道月はかなり, 交つた野良帰りの人達, 交つた雑木林を見, 交つた騒音の中, 交つた黒の毛糸, 交つてかるたを取, 交つてわけもなく, 交つてんだから, 交つてエンヂンの動き出す, 交つてクラリモンドの口, 交つてゴルフなどをし, 交つてテニスに耽つ, 交つてプラツトホームの冷え冷え, 交つて一きは, 交つて上手に書ける, 交つて下手は下手, 交つて下町の人達, 交つて下駄の歯, 交つて丑松の心, 交つて主人の災厄, 交つて之に觸, 交つて亂れ咲いて, 交つて了ふ, 交つて二三人の怒鳴る, 交つて二人は明るい, 交つて二十三までも處女, 交つて人間の姿人間, 交つて住慣れない丑松, 交つて何か甘さうな, 交つて來たこと, 交つて健康も財産, 交つて六助勘次がそれ, 交つて其処に木彫, 交つて其老衰の身, 交つて冬から殘つた青葉, 交つて刃ものの間, 交つて切磋琢磨に努め, 交つて労働して, 交つて勇しく聞える, 交つて勤王論を鼓吹, 交つて午後の空気, 交つて咏嘆から熱狂, 交つて哀れなシャク, 交つて喇叭を鳴らし, 交つて喧々と, 交つて四方を眺め, 交つて圓明寺の木魚, 交つて土を運ん, 交つて地勢の儘, 交つて地獄の光景, 交つて地色の褪赭, 交つて塀の下, 交つて塾を開い, 交つて声は聞取れ, 交つて多年日光の下, 交つて天主教会の鐘, 交つて太吉のクシヤミ, 交つて太鼓を中央, 交つて女の兒, 交つて女下駄の足跡, 交つて子供らの騷ぐ聲, 交つて客の前, 交つて客座敷へも出る, 交つて小川に水, 交つて居はせぬ, 交つて屋外の空気, 交つて展開せられて, 交つて山の美し, 交つて巨大な漬物石, 交つて平生から好ん, 交つて平衡状態を保つ, 交つて明かに洗, 交つて時折信じられないニュース, 交つて暗夜を刻ん, 交つて朝湯に入, 交つて村の御, 交つて松虫草の花, 交つて柿の紅葉, 交つて歌を詠んだ, 交つて此目醒ましき光景, 交つて母親の地味, 交つて毎朝大学の構内, 交つて民家と僅か, 交つて気味わるく尾, 交つて汗の垂れ, 交つて泥まみれになつて, 交つて浴槽に浮い, 交つて淫らな話, 交つて漂ふ如く菫, 交つて無数の団栗, 交つて片言隻句も信義, 交つて物食ふ音, 交つて田圃の仕事位, 交つて画工の周囲, 交つて石に血, 交つて種々の事, 交つて紙に包んだ, 交つて紫色した小さい, 交つて綱を引い, 交つて編物や子供, 交つて繁つた葉と葉, 交つて美はしき春枝夫人, 交つて考へ直し, 交つて脱出されない筈, 交つて腕も少し, 交つて膳拵などの練習, 交つて自分も其中, 交つて與吉も互, 交つて芝居をした, 交つて蛙や蟲, 交つて蜩のシロフオン, 交つて行つて仕舞ひその, 交つて見物席の隅々, 交つて談笑常の如く, 交つて賑やかに夜, 交つて足もおの, 交つて踊り狂ふやう, 交つて車を捨て, 交つて遊戯をし, 交つて都会のもの, 交つて野芝となつ, 交つて野茨の花, 交つて銀流しの露店, 交つて鋏の音, 交つて錢形平次もまた, 交つて鍬が一梃, 交つて鑛石が落ち, 交つて陰影のやう, 交つて雲虹の様, 交つて飮むには更に, 交つて饗宴から饗宴, 交つ返した積りぢや, 交つ返すなんてお, 交ではない點, 交というものは, 交として忍耐の, 交としては人情に, 交との区別は, 交とはそれ交合の, 交と殺児とがその, 交のだ, 交なることを, 交なれば近く, 交において国民論派の, 交における政論の, 交はすらむ, 交はせて置く, 交はらしむ人は, 交はらずあとは, 交はりしなり, 交はりだしたのは, 交はり連累多く罪せられた, 交はるだも心苦し, 交はる器である, 交はる者なれば, 交はれるを見, 交ひすれ交ひ, 交ひなだれ堕ちる星晨, 交ひぬ古里に, 交ひも絶えて, 交ひもいまのやう, 交ひ温め合ひ, 交ひ馳せ交ふ, 交ふべからざることを, 交ふまに, 交ふ着飾つた人波とを, 交ふ見れば, 交へた三人で探偵小説, 交へた程度にこれ, 交へつつ密, 交へてからは有力な, 交へてといふよりは, 交へての作物とは, 交へで横ぎれり, 交へどつと笑, 交へながらも自分の, 交へるらしくそして米屋, 交へる見得などを切つて, 交へればこ, 交ませに行, 交まぜたような, 交までこの通り風俗, 交み入った蟠まりが, 交を見る, 交むか真実に, 交むときはすなわち変じて, 交む鶺鴒一点の白金光, 交蛙月夜の, 交らいを犯させまい, 交らふか父と母, 交られて行く, 交られることを, 交りあいときにはまだら, 交りありきアガメムノンを, 交りかいづれとも, 交りくっ着いて並ん, 交りする人, 交りすぎる勿躰ない, 交りすらも殆ど, 交りする者は, 交りせし同氏は, 交りだといっ, 交りっ気無しの, 交りでしたな, 交りでなければならぬ, 交りで出て來, 交りなのか, 交りならねば正しき, 交りぬさても, 交りましては尚, 交りましたあの人, 交りみだれて, 交りやきとりが, 交りるす人, 交りゐたりし, 交り乱れ合いつつ果, 交り仕り候, 交り候えども所せん, 交り合ううち両方から, 交り居たる神官僧侶の, 交り得たのであります, 交り得ないものだった, 交り得る人種である, 交り折り重なってひろがっ, 交り捲いては縒れ戻る, 交り生茂る根笹を, 交り知らぬ人なく, 交り立ちてその, 交り給えと祈り, 交り絶えて悪声, 交り織りなされ不可思議な, 交り見ゆ, 交り込む訳にも, 交り込んで目星, 交り飛び違って日常, 交るくわりむの, 交るしぐれる雲は, 交るだからわたし, 交るならこの手仕事, 交るふっふっと息, 交るべき人とも, 交るべく余りに世界, 交るみやこぐ, 交る代る吐き出され吸いこまれてることだろう, 交る代る浮んでくる, 交る代る見て甘える, 交る代る起って奎堂, 交る取って投げし, 交る呼出されて皆, 交る抱いて明, 交る招き入れていた, 交る満たされつつ口, 交る照らされて行く, 交る現れたが結局一つ, 交る現れる紙芝居師の, 交る答えますには, 交る縋りつきながら, 交る舁いでお, 交る襲って来た, 交る襲われて, 交る見つめる偵察機隊長に, 交る見比べながら幾分, 交る見競べて解せない, 交る話していました, 交る話し振りこれが, 交る話すのを, 交る説いた, 交る贈るを見, 交る起きて之, 交る迫ってきた, 交る這って舐めろ, 交る飛び出して警戒, 交る飲み私は, 交れる如く我れ, 交ろうと思うて, 交ろうと平気だし, 交ろうと知識をふやそう, 交をだに嫌はれし, 交をや絶た, 交シ中国製ノ最良, 交ッタ故ヨキコトハ, 交ッテイマス何処カノ毛細血管ヲ突イタンデショウナ, 交て殊, 交テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 交ハル可シ, 交不忍池ハ其, 交マレー半島に於, 交深カラズ, 交リヲ結ブニ黄金ヲ須フ, 交リ歌ノ御, 交ルト云ッテ妻ヤ敏子ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 交ワリタルトキニ生ズル立体的切口ナリといえる, 交一朝にし, 交不自然な情欲, 交久しく宗祇の, 交を承け, 交二村の童子石, 交交際の交, 交会すという, 交会せば身重罪, 交はおお, 交する, 交史上最大の暗い, 交筆硯殆半年, 交より工学寮, 交市場の繁昌, 交幕府並相州御第警巡頗嚴密云々, 交平沢喜三二と云った, 交年貢未進, 交幹部の大, 交幹部四十五名の解傭, 交広くもの惜みせず, 交張りの袋戸, 交手段に訴える, 交早く已に南北支那, 交児及び, 交深夜夢の中, 交演劇や音楽会, 交にのぞん, 交統括めて総, 交起つてこれ, 交返す物差で, 交道悦が松田道夫, 交開始に當つて, 交関係を結ぶ, 交陰陽相交わるの, 交集りて唯, 交饗庭さんなぞがご