青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「亡くなった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

五~ 五つ~ ~五人 五月~ 五郎~ 井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~
亡くなった~
~交 交~ ~交換 交換~ ~交渉 交渉~ 交通~ ~交際 交際~ ~亦

「亡くなった~」 1014, 10ppm, 10638位

▼ 亡くなった~ (119, 11.7%)

8 である 7 です 6 では 4 だ, であった 3 でございます 2 だから, だという, ですか, はその, はそれ, は今

1 [75件] か, かい, かも知れない, が, があれ, が二つ上, が二日, が天明四年二月二十九日, さ, じゃ, じゃからと, だい, だが, だったらと, だと, だなとは, だよ, だネ, であります, であるから, でございましょう, でございますから, でした, でしたら仕方, でしょうか, ですから, ですが, です私, と同じ, なら残された人造人間, に就い, は, はあなた, はあれ, はそこ, はそれから, はたしか, は七十八, は三年前, は二十五, は二年前, は五年前, は余, は全く, は八十九歳, は十五, は印度, は外科, は多分, は宗演師, は彼, は急, は惜しまれます, は明治三十九年七月, は明治三十九年五月, は明治二十二年七月, は明治二十八九年ごろ, は昭和十一年, は此頃, は知っ, は赤子, は遺憾, またいらっしゃる, もお前, もその, も一人, も何, も秋, を幸い, を悲しむ, を残念, を知らないです, を私, を聞い, を葬った

▼ 亡くなった~ (40, 3.9%)

4 のこと 2 を思い出す

1 [34件] がそこ, とそこ, とも思っ, と日田町, にお祖父さん, にさえも, については別に, によく, に似, に対して自分, のさまざま, の上, の代り, の位牌, の寂し, の幼友達, の思い出, の意志, の晩年, の葬儀, の観音様, の遠い, の遺愛, の顔, はあなた, はいたく, への思慕, への義理, も気の毒, やの思い出, や今度, をぼく, を偲び, を恋しく

▼ 亡くなった~ (36, 3.6%)

2 の言葉, の魂

1 [32件] から伝わった, がおもい出され, が一人, だ, だし, だったの, ですが, という, と私, にまで別れ, に逢う, のため, の三十五日, の事, の供養, の同窓, の手紙, の方, の葬式, の記念, の趣味, の身, の顔, はいつ, はしかた, は仕方, は何時, は少なく, も満足, を懐し, を粗末, を葬る

▼ 亡くなったので~ (33, 3.3%)

2 今度は

1 [31件] あの世で, お佐代さん, お悔み, くわしいこと, これで, じいさんは, その日葬式, それで何, そんな事, もちろん従兄, われわれ数人の, 一人の, 世間の, 五歳に, 休暇を, 八九歳の, 冒氏は, 婆あ, 実弟の, 我家へ, 母五百が, 母親と, 気を, 留学中の, 祖母が, 祖母の, 私は, 自分の, 跡には, 身寄りなし, 遺族は

▼ 亡くなった~ (30, 3.0%)

3 になっ 2 その邸宅

1 [25件] では中学校, でふとした, でもしも, で京橋鎗屋町, で支配人, で書いた, で私達, どう邸, なんで, におまえ, にはその, に幕府, に抽斎, に残る, のあと, のある, の屋根, は仏師, は善恵房, は専ら, は常に, は持っ, までも, も一週間, も次男優善

▼ 亡くなった~ (25, 2.5%)

1 [25件] この一軒, この母, そのとき執刀, その人, その最後, その訓, なかなか偉い, 両親の, 中村鶴蔵君の, 主人は, 京都の, 今日でも, 家つきの, 彼の, 後に, 息子は, 木挽町から, 末路は, 死ぬまで, 死んだ後, 母や, 渡辺勝太郎さんという, 父の, 葬式の, 鶴見は

▼ 亡くなった~ (23, 2.3%)

2 のこと

1 [21件] から聞い, が秋草, が遺し, そっくりであります, とは友人, と東京見物, に対してもそれから, の兄, の商売, の墓標, の夢, の妹, の寵愛, の後, の慈愛, は昔, またお前, もきっと, も実直, も母, や母

▼ 亡くなった~ (22, 2.2%)

2 きいたとき, 聞いて

1 [18件] いうから, したなら母, 云う, 云うこと, 云う事, 云う女房, 云う知らせ, 云う話, 云う郵便, 仰しゃっても, 思うと, 母には, 申されましたから, 知らして, 確かに, 聞きましたにと, 聞くと, 見せて

▼ 亡くなった~ (21, 2.1%)

1 [21件] お葬式, が七歳, そしてその, です, と妹, には山, には通知, にも熱, に俺, に儀作, に香, のこと, はなにしろ, はまだ, は北海道, は私ども, は自然妹, は長年家, まで知らなかったろう, も訃音, 赦しが

▼ 亡くなったこと~ (19, 1.9%)

1 [19件] がお, が思い出され, が記され, でその, と思う, について少し, はいつか一寸お話し, はとうに, はどんなに, は事実, は別, は親分, もあと, もそんな, も私, をしらせた, を信じこませる, を正式, を聞いた

▼ 亡くなった~ (18, 1.8%)

2 の姿

1 [16件] が好き, とそのまま, とひどく, と一しょ, によく, に先立たれ, のこと, のキセ子, の園子, の妹, の姉, の実家, の常子, の形見, の異常, 恋いしさ

▼ 亡くなった~ (17, 1.7%)

6 です 32 でございますよ 1 じゃない, だって聞かされ, だろう, ですか, ですって, ですよ

▼ 亡くなった主人~ (16, 1.6%)

2 の義弟

1 [14件] とお前さん, なのよ, の命日, の字, の弟, の有難, の甥, の筆蹟, の遺言状, の顔, はどこ, は無駄, も支配人, や親

▼ 亡くなったという~ (14, 1.4%)

1 [14件] ことが, ことその, ことだ, ことです, ことに対して, ことは, のです, のは, 事じゃ, 急報を, 知らせが, 通知を, 電報を, 電話だ

▼ 亡くなったあと~ (13, 1.3%)

2 になっ

1 [11件] あの窓, あの藤の木, でこんな, でした臨終, では二週間, でも私, で年, の馬籠, は自分, へ来, まもなく新

▼ 亡くなった~ (13, 1.3%)

1 [13件] えい婆さんの, くさん, 内儀さんの, 吉さんの, 品にとって, 姫さんは, 房や, 父上とも, 父上の, 父様お, 父様の, 祖父ちゃんに, 類殿と

▼ 亡くなった母親~ (11, 1.1%)

3 の形見 1 が唄いました, が形見, そっくりで, の位牌, の遺物, の顔, は自分, をでもいたわった

▼ 亡くなった父親~ (11, 1.1%)

1 [11件] が平さん, が若い, と友だち, と私, に世話, に助けられた, のごく, のもの, の寫眞, の敵, は日清

▼ 亡くなった~ (10, 1.0%)

1 から形見, とは絵, と同じ, に生, のあと, のお, の生家, の真心, の長男, をはじめて

▼ 亡くなった~ (10, 1.0%)

2 の父親 1 の伯母, の兄嫁, の娘, の弟, の母, の父母, の甥, の長男

▼ 亡くなったこの~ (9, 0.9%)

3 家の 1 子の, 家で, 新墓, 節では, 邸の, 際にも

▼ 亡くなった旦那~ (9, 0.9%)

1 がまだ, が家出, と対, には可愛がられました, に泣い, に義理, に貴女, のこと, もそれ

▼ 亡くなった母さん~ (9, 0.9%)

1 だったの, とはまるっきり, のこと, の代り, の名, や父さん, をさがす, をよく, を覚え

▼ 亡くなったから~ (8, 0.8%)

1 いまは, ずっと持っ, だったろうか, ですよ, 保さんは, 己も, 暫く田舎, 誠に仕合

▼ 亡くなったとき~ (8, 0.8%)

2 は私 1 からいる, すでに流刑地, だから, には村, にも前述, も血盆経

▼ 亡くなった~ (8, 0.8%)

2 旦那から, 旦那は 1 主人が, 主人の, 旦那と, 旦那も

▼ 亡くなった内儀さん~ (7, 0.7%)

2 とお 1 が不憫, にも気に入られ, のこと, の百ヶ日, への一種

▼ 亡くなった~ (7, 0.7%)

1 から聞いた, でございます, に忠実, のよう, のわすれがた, の修道士, の子

▼ 亡くなったそう~ (6, 0.6%)

2 だが 1 だ, だよ, です, な

▼ 亡くなったもの~ (6, 0.6%)

1 がいちばん, だから, ですから, とあきらめ, として私たち, は病院

▼ 亡くなった~ (6, 0.6%)

1 からの為, から数える, のこと, の冬, の夏, も一月十二日ごろ大雪

▼ 亡くなったお父さん~ (5, 0.5%)

1 に似, のおい, のこと, は知っ, は聖書

▼ 亡くなった両親~ (5, 0.5%)

1 がそれ, でなければ, のありがたい, のため, は奥州

▼ 亡くなった二人~ (5, 0.5%)

1 とりわけ顔回, なおその, に対して済まない, の人, の姉妹

▼ 亡くなった奥さん~ (5, 0.5%)

1 が好き, の人形町, の骨, はよ, や子供達

▼ 亡くなった~ (5, 0.5%)

1 なの, に少し, は明治二十五年, を思い浮べました, を紙

▼ 亡くなったお母さん~ (4, 0.4%)

1 があたし, があたしたち, の代り, を呼ん

▼ 亡くなったよう~ (4, 0.4%)

1 である, なお話, な感じ, にお知らせ

▼ 亡くなった~ (4, 0.4%)

1 いさんの, に話し, のほう, も親しゅう

▼ 亡くなった先代~ (4, 0.4%)

1 のクヌード・ドラーゲ公, の主人, の主人源左衛門, の藤兵衛

▼ 亡くなった先生~ (4, 0.4%)

1 がいつも, がお, と同じ, の奥さん

▼ 亡くなった友人~ (4, 0.4%)

1 の, の好意, の正木さん, の青木

▼ 亡くなった女房~ (4, 0.4%)

2 のこと 1 であった, の甥

▼ 亡くなった~ (4, 0.4%)

1 とそっくり, の小さい, への限り, をしみじみ

▼ 亡くなった~ (4, 0.4%)

2 主人に 1 亭主との, 父上の

▼ 亡くなった~ (4, 0.4%)

1 先生に, 先生の, 婦人の, 祖母さんの

▼ 亡くなった~ (4, 0.4%)

1 は親戚, ばかり悲しい, へ山内氏五百, へ自分

▼ 亡くなったあの~ (3, 0.3%)

1 人たちの, 有名な, 肖像画の

▼ 亡くなったおまえ~ (3, 0.3%)

2 のお母さん 1 のおふくろ

▼ 亡くなったお母様~ (3, 0.3%)

1 ではない, に似, も見

▼ 亡くなったその~ (3, 0.3%)

1 とき貞山, 兄の, 連れ合いが

▼ 亡くなったもん~ (3, 0.3%)

2 ですから 1

▼ 亡くなった三人~ (3, 0.3%)

1 の女, の娘, の子供

▼ 亡くなった~ (3, 0.3%)

1 だし, は私, やら継い

▼ 亡くなった亭主~ (3, 0.3%)

1 と古い, に聞かし, の髑髏

▼ 亡くなった人々~ (3, 0.3%)

1 のこと, のため, の姿

▼ 亡くなった友達~ (3, 0.3%)

1 とまだ, にまで笑われる, のこと

▼ 亡くなった叔母~ (3, 0.3%)

1 と姉妹同様, の妹, の弟

▼ 亡くなった~ (3, 0.3%)

1 の事, の兄達, の声

▼ 亡くなった子供~ (3, 0.3%)

1 には一度, の声, の指

▼ 亡くなった~ (3, 0.3%)

1 ニキシュの, 供の, 奇術の

▼ 亡くなった~ (3, 0.3%)

1 にどうして, ばかりです, へのお詫び

▼ 亡くなった~ (3, 0.3%)

3 の太一

▼ 亡くなったお前~ (2, 0.2%)

1 のお祖父さん, の母親

▼ 亡くなったお祖父さん~ (2, 0.2%)

1 そのまた, の顔

▼ 亡くなったからと~ (2, 0.2%)

2 いって

▼ 亡くなったころ~ (2, 0.2%)

1 だ, を一区画

▼ 亡くなったしらせ~ (2, 0.2%)

1 をうけた, をきいた

▼ 亡くなったって~ (2, 0.2%)

1 おらの, 本当か

▼ 亡くなったとも~ (2, 0.2%)

1 いうが, 思われないよう

▼ 亡くなったのち~ (2, 0.2%)

1 かなりまとまった, も母

▼ 亡くなったひと~ (2, 0.2%)

1 にも頼む, はその

▼ 亡くなったわけ~ (2, 0.2%)

1 である, でも

▼ 亡くなった今日~ (2, 0.2%)

1 になっ, はっきり感じられる

▼ 亡くなった~ (2, 0.2%)

1 の内儀, の御新造

▼ 亡くなった先妻~ (2, 0.2%)

1 によく, の病気

▼ 亡くなった叔父~ (2, 0.2%)

1 が道楽, の女房

▼ 亡くなった和助~ (2, 0.2%)

2 の流儀

▼ 亡くなった夫人由紀子~ (2, 0.2%)

1 の指紋, の洗練

▼ 亡くなった奥様~ (2, 0.2%)

1 のこと, の洋服

▼ 亡くなった~ (2, 0.2%)

1 に全部独占, の形見

▼ 亡くなった~ (2, 0.2%)

1 にでも逢った, に暖か

▼ 亡くなった学友~ (2, 0.2%)

1 のこと, を弔う

▼ 亡くなった家内~ (2, 0.2%)

1 がどんなに, のこと

▼ 亡くなった当座~ (2, 0.2%)

1 は勿論, は呆然

▼ 亡くなった当時~ (2, 0.2%)

1 であるから, のこと

▼ 亡くなった後私~ (2, 0.2%)

1 はできるだけ, は数篇

▼ 亡くなった忠寛~ (2, 0.2%)

1 が手本, を畏れ

▼ 亡くなった恩人~ (2, 0.2%)

1 にますますよく, を眼

▼ 亡くなった~ (2, 0.2%)

1 から手, に来

▼ 亡くなった旦那様~ (2, 0.2%)

1 によくそう, の仕事

▼ 亡くなった正吉~ (2, 0.2%)

2 の父親

▼ 亡くなった父さん~ (2, 0.2%)

1 がどこ, のこと

▼ 亡くなった父母~ (2, 0.2%)

1 について記念, に厳しい

▼ 亡くなった生徒~ (2, 0.2%)

1 の幼, の為

▼ 亡くなった直後~ (2, 0.2%)

1 であった, であるだけに

▼ 亡くなった細君~ (2, 0.2%)

1 の身, や子供

▼ 亡くなった義父~ (2, 0.2%)

1 の品, の棺桶

▼ 亡くなった翌年~ (2, 0.2%)

1 の夏, の明治三十年十二月

▼ 亡くなった良人~ (2, 0.2%)

1 に助力, はどう

▼ 亡くなった~ (2, 0.2%)

1 からでも傷ついた, のありがた

▼ 亡くなった親しい~ (2, 0.2%)

1 女人の, 者に

▼ 亡くなった青年~ (2, 0.2%)

1 が耶蘇信者, の死

▼1* [233件]

亡くなったあといくらもない, 亡くなったあと二人の子供, 亡くなったあと二年間村長は置かぬ, 亡くなったあと僕は断じて, 亡くなったあと将軍に立てられた, 亡くなったあなたを忘れ, 亡くなったいまは主, 亡くなったおかあさんと同じ, 亡くなったおじいさんに聞いた, 亡くなったおっ母さんが, 亡くなったおばあさんのこと, 亡くなったお孫さんがすき, 亡くなったお母さまにお, 亡くなったお父つぁんにした, 亡くなったお玉と云う, 亡くなったお祖母さんのこと, 亡くなったお祖母さん唯一の肉親, 亡くなった知る由, 亡くなったかとやはり感慨, 亡くなったかも知れないが, 亡くなったからには今後の, 亡くなったけれど決してそんな, 亡くなったせいだろうまえには, 亡くなったそれを神, 亡くなったね, 亡くなったときお前さんはいくつ, 亡くなったときアレクセイは四つ, 亡くなったとき歳はわずか, 亡くなったとき殉死した, 亡くなったとき父が三人, 亡くなったとき皆の意見, 亡くなったとしてより多く, 亡くなったとてその一念, 亡くなったのになぜまだ二人, 亡くなった私の, 亡くなったはずであると, 亡くなったばかりで寺, 亡くなったばかりのところでは, 亡くなったばっかりにこの仕事以外, 亡くなったひとりの, 亡くなったものの髪毛なんぞ, 亡くなったわたしの兄, 亡くなったカプルンツェフ老人は輓馬, 亡くなったステパン・ミハイロヴィチ・バガウトフですな, 亡くなったチャンフーさんに似, 亡くなったナターリヤ・ヴァシーリエヴナのこと, 亡くなったピーセムスキイの一風, 亡くなったボリース・チモフェーイチの従妹, 亡くなったミヨ子のこと, 亡くなったメジイの眼, 亡くなった三右衛門がため, 亡くなったに時局, 亡くなったのお座敷, 亡くなった中華のゴーリキイ, 亡くなった九月十一日も雨, 亡くなった二十六日の朝, 亡くなった二月から自分, 亡くなった人人も二三, 亡くなった人音信も途絶え, 亡くなった仁木独人の妻, 亡くなった今十九の夏子, 亡くなった令嬢へ東宮, 亡くなった伊庭孝氏に褒められた, 亡くなったが娵, 亡くなった伯母の夫, 亡くなった佐兵衛の気持, 亡くなった佐渡屋の主人源左衛門, 亡くなった佐近益栄君がやっ, 亡くなった侍従大納言の姫君, 亡くなった侍従長ルドヴィ・ステーンセンに頼ん, 亡くなった俊次という兄, 亡くなったの女房, 亡くなった元満洲国の大官, 亡くなった兄さんに操, 亡くなった兄さんきり兄弟はない, 亡くなった兄クラレンス公と婚約, 亡くなった兄達が喜ぶでしょう, 亡くなった先祖たちの中, 亡くなった其孫女でした, 亡くなった其晩に阿, 亡くなった内儀が品吉, 亡くなった前後でございました, 亡くなった前後非常に不安定, 亡くなった加吉が預かっ, 亡くなったは詩人, 亡くなった十一年は二月, 亡くなった去年からだ, 亡くなった古い友だちが, 亡くなった吉川のこと, 亡くなった君たちの母親, 亡くなった和田君に見せたら, 亡くなった四宮理学士にはよく, 亡くなった国府さんの署名, 亡くなった国府金弥の吹込ん, 亡くなった国府金弥さんの声, 亡くなった園子を惜しみ哀しむ, 亡くなった坊やのお, 亡くなった場合には生き残った, 亡くなった塩沢もあちら, 亡くなった多分自殺した幸徳, 亡くなった夜母と二人ぎりでいるとき, 亡くなった大久保石見守という人, 亡くなった大伯父の一人っ子, 亡くなった大塚夫人の事, 亡くなった大納言によく, 亡くなった大西猪之介氏, 亡くなった大貫と木村荘太, 亡くなった太政大臣の女御, 亡くなった太政大臣家に仕えた, 亡くなった夫人さんの若い, 亡くなった女房一人をたより, 亡くなった妻以外の女, 亡くなった姉さんの御, 亡くなった姉様の顔, 亡くなった娘さんも喜ぶだろう, 亡くなったを想い出さない, 亡くなった宣宗の大, 亡くなった宣教師だと, 亡くなったの者, 亡くなった家内のです, 亡くなった宿がどう, 亡くなった寺田寅彦博士はアリストテレス, 亡くなった小田徳五郎君らの周旋, 亡くなった山崎さんの場合, 亡くなった岩波さんは人, 亡くなった岸本の母親, 亡くなった川合玉堂画伯などはその, 亡くなった川波氏がこれ, 亡くなった左右田喜一郎博士であった, 亡くなった左大臣時平の位置, 亡くなった年ちゃんとは御, 亡くなったから不幸, 亡くなった広告が夕刊, 亡くなった当時私がなに, 亡くなったの友, 亡くなった彼女は思い切った, 亡くなった後彼と中学時代, 亡くなった後誠一とカヤ, 亡くなった後誰が継ぐ, 亡くなった息子の代り, 亡くなった我々の友人, 亡くなった支那の高僧, 亡くなった文政九年八月十四日は抽斎, 亡くなった新造は主人, 亡くなったである, 亡くなった旧い学友の, 亡くなった早川孝太郎君が天竜川, 亡くなった時お前たちは丁度, 亡くなった時お通夜に行った, 亡くなった時どんなにか哀しい, 亡くなった時人に譲っ, 亡くなった時分にはもういろいろ, 亡くなった時刻に奥様, 亡くなった時思案に余っ, 亡くなった時手をひい, 亡くなった時支配人の孫六さん, 亡くなった有名な美人, 亡くなった木戸忠太郎君に会った, 亡くなった本妻の弟, 亡くなった本郷の甥, 亡くなった東儀鉄笛氏が震災, 亡くなった松井博士の仕事, 亡くなった森田武彦君という人, 亡くなった楽長さんの奥さん, 亡くなった橋本の老, 亡くなったの円師, 亡くなった歌右衛門が小杉天外, 亡くなったの家, 亡くなった母上がお, 亡くなった母君のため, 亡くなったから家庭, 亡くなった気持には深い, 亡くなった池辺君に会っ, 亡くなった沼間さんに手厳しく, 亡くなった洞斎が遣り, 亡くなった父一色清五郎からお, 亡くなった父君準之介氏, 亡くなった父将軍の預金通帳, 亡くなった父親宛にかかれ, 亡くなった爺さん同様酒を好んだ, 亡くなった王様のお, 亡くなった田代清子のこと, 亡くなったを知らせ, 亡くなった由紀子とも親しく, 亡くなった男の子はよく, 亡くなった番頭万助の倅, 亡くなった白石屋の旦那様, 亡くなった直木三十五でね, 亡くなった相川良之介が灰, 亡くなった知らせが来る, 亡くなった石川千代松博士で家系, 亡くなった石渡荘太郎の父親, 亡くなった石田の父親, 亡くなった磯崎恭介の, 亡くなった磯野の父親, 亡くなった祖母の家, 亡くなった祖父から貰った, 亡くなった秋川夫人の部屋, 亡くなった種々な人達, 亡くなった立花博士の平泉館発掘事業, 亡くなったの菅丞相, 亡くなった細江その人, 亡くなった織部さんがいま, 亡くなった義母も, 亡くなった翌年生野街道のかたわら, 亡くなった老父のこと, 亡くなったに対する愛情, 亡くなった者たちの代り, 亡くなった自分の子息, 亡くなった菅忠雄君が新聞社, 亡くなった衛門督はどんな, 亡くなった親佐さんのお, 亡くなった親方は板前, 亡くなった親父のかた, 亡くなった親類の娘, 亡くなった詩人トルストイの言草, 亡くなった詩人増野三良氏のこと, 亡くなった貴女さまのお, 亡くなった連合が犬, 亡くなった長女の形見, 亡くなった関係上晩年の父, 亡くなった関白太政大臣の家, 亡くなった隠居の墓, 亡くなった青木のこと, 亡くなったのこと, 亡くなった頃本家の文内, 亡くなった須永克己君が中, 亡くなった養父の金吾老人, 亡くなった在官とは, 亡くなった高島秋帆の噂, 亡くなった鶴松の悔やみ, 亡くなったの大臣, 亡くなった黒沼さんのお