青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仇~ ~今 今~ 今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~ 今宵~
今年~
~今度 今度~ 今後~ ~今日 今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~ 今頃~ ~介

「今年~」 4621, 48ppm, 2436位

▼ 今年~ (1351, 29.2%)

54 夏は 27 冬は 22 春の 15 春に, 秋は 14 夏の, 春は 13 夏も, 春から, 秋の 11 正月は 10 うちに 9 正月の 6 冬の, 夏に, 春も, 暮は, 秋も 5 はじめに, ような, ように, メーデーは, 春には, 正月には, 田の 4 二月に, 五月の, 今は, 夏から, 寒さ, 正月に, 渡り鳥の, 私は, 秋を

3 [30件] やうに, クリスマスは, 一月に, 三月に, 三月の, 五月に, 冬が, 冬も, 初めにかけて, 四月から, 国目付は, 夏からの, 早処女, 春, 春お, 春へ, 春まで, 春より, 春頃から, 暑さ, 暮, 暮には, 暮を, 最後の, 正月を, 稲の, 立春の, 米は, 終りの, 計画に

2 [75件] うちには, お誕生日, やうな, メーデーに, メーデーには, 一月から, 一月の, 三月まで, 中に, 二月から, 二月の, 二月彼女は, 二科の, 五年生には, 五月来た, 作は, 作柄や, 傑作は, 八月の, 六月には, 冬を, 初に, 初めから, 初夏の, 初雪で, 十三日の, 十二月ほど, 卒業生が, 占ひ, 四月学習院の, 夏が, 夏には, 夏休みは, 夏六月と, 夏彼が, 夏私は, 大洪水, 山における, 川開きに, 年暮は, 後半に, 新年の, 春お勤めの, 春からの, 春ごろから, 春にかけて, 春のは, 春を, 春休みには, 春俺の, 春田舎から, 春私は, 暑中休暇にでも, 暑気は, 梅雨の, 梅雨は, 様に, 正月から, 正月俺が, 正月年賀状を, 流行は, 白酒に, 私の, 秋あたりには, 秋まで, 秋迄には, 稲が, 結婚を, 自己を, 花は, 花見の, 花見は, 葉が, 被害は, 避暑客は

1 [780件 抜粋] Женский, あなたの, うちだ, おくりもの, おしまいでは, おしまいね, おしまひの, お年玉に, お正月には, お正月は, お正月或, お正月通信は, お浴衣, お盆に, お相手, お祝いよ, お馬車, くり返しは, こっちの, ことである, ことなりけん, この暑, さみだれも, しめくくりとして, たべおさめに, だよ, はさ, はじめある, はじめごろから, はじめだつた, はじめ一二ヶ月の, はじめ同君は, はほんとに, はやりな, は三本, は去年の, は大変, は毒性, は特別, は表紙, は貨物自動車, まだ正月時分, もつまらない, ものは, ゆく春, わしの, オレも, キスは, クロヌマンには, コロリに, シイズンにおける, スローガンだ, ヒットである, マチスの, レギュラアに, 一二月頃へ, 一周忌も, 一年生は, 一日とは, 一月ころから, 一月と, 一月にかけて, 一月には, 一月までに, 一月九日であった, 一月京町の, 一月伊豆山に, 一月余は, 一月元旦に, 一月十二日に, 一月十日までに, 一月末とつぜん, 一月興行から, 一番おしまいの, 一番終りに, 丁度まんなかにあたる, 七夕は, 七夕も, 七月享年七十七歳であった, 七月初めと, 七月十七日香椎の, 七月十四日に, 七月土用の, 三四月であろう, 三月で, 三月三十一日に, 三月下旬に, 三月八日は, 三月十七日に, 三月十日花見船を, 三月号だ, 三月弁財天の, 三月頃の, 三月頃まで, 上半期は, 下着二いろ, 不順な, 中で, 九星表占の, 九月これ迄, 九月関東地方の, 予定を, 事はたと, 二十三日の, 二十日は, 二月, 二月あけ, 二月ごろから, 二月ずっと, 二月は, 二月コマ村を, 二月三木雄と, 二月二十日わたしは, 二月彼は, 二月私は, 二月肺炎に, 二月頃僕は, 二科では, 二科は, 二科会では, 二科会の, 五年生も, 五月だつた, 五月一日は, 五月十七日に, 五月頃から, 五月頃の, 五節は, 今日といふ, 今日は, 仕事が, 仕事ぶりは, 仕事を, 仲の, 作が, 作柄について, 作物に, 供出量は, 修業試験で, 催し物は, 優勝者は, 元日に, 元日は, 元日を, 元旦に, 元旦の, 入営は, 入学志願者は, 八月いまの, 八月に, 六月ごろから, 六月の, 六月モスク, 六月上州から, 六月二十日ばかり, 六月妻が, 六月末の, 六月生れの, 六月私は, 六月頃までに, 内に, 内にも, 冬からは, 冬こそ, 冬だ, 冬に, 冬までは, 冬子供を, 冬時々, 冬枯れに, 冬私たちは, 冬至の, 冬重い, 処を, 凧の, 凶作で, 凶作の, 凶作を, 出代りには, 出品中の, 出来具合を, 出生よりも, 分は, 分別も, 初めごろから, 初めまでは, 初めシーモノフアガーポフクドレワートウィフ等と, 初め母が, 初め頃の, 初午などは, 初夏丁度, 初東京支部総会, 初物で, 初雪が, 初雪を, 初雷, 制作の, 前半にかけて, 前四分の一半期, 力瘤の, 北海道の, 十一月に, 十七日には, 十二月の, 十二月は, 十二月号には, 十五夜から, 十月には, 十月の, 十月までの, 卒業だ, 卒業生で, 博物会では, 原因は, 収穫が, 収穫は, 句も, 喜ばしい獲物, 四の, 四月の, 四月は, 四月ゆくりなく, 四月三十日, 四月中頃では, 四月初旬僕は, 四月四日の, 四月私は, 四月頃から, 国際大, 国際婦人デーが, 報告には, 夏, 夏こそ, 夏でございます, 夏と, 夏なども, 夏ばかりは, 夏わたしは, 夏カナダの, 夏中フイと, 夏休に, 夏休みに, 夏休暇の, 夏僕は, 夏前まで, 夏医者通いを, 夏四国に, 夏大沼博士の, 夏始めに, 夏富士へ, 夏日本アルプスへ, 夏死ん, 夏海辺で, 夏田舎から, 夏田舎へ, 夏米国シカゴ市で, 夏荒物屋には, 夏駿河台に, 大学専門学校卒業生達を, 大隈の, 天候異常で, 天気は, 天竜川は, 天長節で, 始に, 始めか, 始めに, 婦人デーは, 季節中でも, 學齡で, 実りを, 宣伝の, 寒は, 審査の, 展覧会から, 山旅から, 工芸は, 巴里祭は, 帝展の, 師走, 年の, 年玉とて, 幽霊の, 底とは, 彫刻家の, 後半期においては, 御年始, 忌日も, 思い出話を, 恵方は, 感冒は, 成功と共に, 批評界では, 抱負である, 文化人は, 文化界思想界の, 文学を, 文学界漸く, 文展へは, 文展出品作, 新らしい, 新流行, 新米の, 旅立ちは, 日照りを, 日記は, 日記よ, 日記書きて, 旧正月十五日, 早夏杖, 旱に, 星では, 春あたり引越し, 春か, 春さき十日町で, 春ぞ, 春であった, 春の祭の, 春はじめて, 春もどっ, 春もね, 春やつと, 春上海の, 春九州博多で, 春亡くなっ, 春伐っ, 春伯母と, 春僕は, 春六甲山へ, 春勝手口に, 春叔父さんから, 春向島へ, 春塩ガマへ, 春嫁が, 春庸介の, 春旦那樣に, 春村会議員に, 春東京へ, 春松の, 春正雄は, 春死んだ, 春激しい, 春牧互秀先生が, 春田家に, 春疱瘡神に, 春良人に, 春謙信公の, 春阿波屋の, 春離縁と, 春雨の, 春頃にな, 春頃丁度, 時期は, 晩れる, 晩春の, 景気の, 景気は, 暦だ, 暮ごろには, 暮に, 暮れの, 暮れは, 暮島田へ, 暮帰省した, 暮頃には, 書き初めとして, 最後を, 最終で, 最近にまで, 朝顏は, 末あたりから, 末までには, 末頃には, 東の, 東京の, 松樹と, 枝に, 某月某日, 桃の, 桜は, 梅は, 梅雨中には, 椿も, 椿油は, 樣に, 歓笑復た, 正月, 正月あの, 正月ごろから, 正月ごろ友人の, 正月だけは, 正月でした, 正月にも, 正月にゃ, 正月も, 正月一日の, 正月二十五日で, 正月以来の, 正月八十で, 正月八日から, 正月早々忍川の, 正月水門尻の, 正月私は, 正月駆落し, 此の, 気候は, 気温の, 法師蝉が, 洋画は, 流行だ, 流行性感冒は, 流行服の, 海は, 清明節は, 父の, 牛角力の, 犠牲者に, 生徒ん, 画は, 盂蘭盆の, 盆に, 盆までに, 盛夏鎌倉に, 真夏だ, 真夏追, 研究題目な, 祭は, 秋か, 秋からは, 秋が, 秋と, 秋に, 秋にも, 秋までに, 秋暮より, 秋程, 秋風を, 稲を以て, 稲作の, 稻の, 立春には, 競馬で, 第一信, 第一枝, 節分の, 米が, 米を, 精算を, 終わって, 結婚は, 総選挙, 肩の, 自家の, 芋の, 芋は, 花や, 花を, 若竹が, 苦をも, 草が, 落成に, 落葉は, 蒔付けは, 薪は, 蛍は, 蛙の, 行事に, 袷に, 裸体は, 計画職業上の, 記念に, 試験の, 話である, 誕生日には, 調査で, 豆撒きには, 豊作らしい, 起業祭には, 農作は, 農作関係の, 農業に関する, 農業の, 迅さは, 遠足は, 避暑地の, 長閑に, 関所は, 雑誌の, 雛鶏の, 雪は, 雪も, 青森県農村の, 風は, 風邪の, 飢饉では, 餅に, 馬は, 馬鈴薯の, 鰊漁の, 鷽を

▼ 今年~ (1256, 27.2%)

7 雪が 6 それが 4 これで, どちらへ, 何うし, 例年よりも, 冬が, 北の方の, 去年の, 私も, 雨が

3 [14件] いつまでも, いつもの, いつもより, こ, どうだ, どこへ, もう駄目, 不作だ, 今年はと, 作が, 来ない, 私の, 秋が, 豊作で

2 [60件] あの地方, あまり多く, いつに, いやに, お前も, こんなところ, すっかりとけ, それを, だめだ, どういうもの, どうかし, どうです, どこも, また私, まだ正月, まだ歳暮, まだ芙蓉, みんなが, もう七十, 一緒に, 二疋目だ, 今年の, 休まして, 何か, 何の, 何を, 例年より, 信吾さんに, 僕が, 十年に, 四年目の, 始めて, 家が, 寒さ, 山に, 年が, 後世の, 望みなし, 来て, 水で, 流行病が, 火の, 盂蘭盆にも, 盛岡に, 秋に, 箱根へ, 色が, 芍薬の, 花の, 花も, 西洋人の, 読本を, 豊年だ, 近年に, 運が, 随分雪, 雨の, 電車が, 風邪を, 鮎が

1 [1045件 抜粋] あたい子供を, あと幾ヶ月ある, あなたの, あのひと, あの辺, あまりふるわない, ある目的, いいだろう, いかが, いけないとか, いつもあの, いづこの, いまだにない, いよいよ僕, いよいよ隣組, いろいろそういう, いろいろ工夫, うちが, うどの, うんと格, えらい旱魃, おそるべき厄年, おれの, お兄上岡部様, お前さんたちが, お前の, お店, お母さんも, お父さんの, お着, お見あわせ, お鏡を, からきし商い, かんべんし, きつと, きれいに, こちらは, ことに激しかっ, このまま, この後, この間の, これから一月一杯オーバー, これと, これア大した, こんなに湿度, ご出世, さつまいもが, しかし博士, すこし吹かれ, すつかり, する仕事, そうでない, そこに, その合間, その材料, その点, その粟, その鰯, それでもすこし, それも, そんな次第, そんな私, たしかに豊年, たすかりますけれども, たった雄, だいぶなる, だめに, ちっとも来, ちょうどお, ちょっとした掘出し物, てんで来ない, とうとう古寺巡礼, とうとう肝心, とても天候不順, とても雪, どうか, どうした, どうしてお, どうしても早く, どうで, どうなる, どうも葉, どうやらタドン, どこか, どこへも, どんなこと, どんなに良く, どんな一年, ないかも, なにか天変地異, のめのめ掠奪め, ひとつ, ひどいね, ひどい冷害, ひどく早い, ひろい規模, ひッそり, ほ, ほんの短い, まあ在所, またことに, また妻, また枯枝, また鮮, まだなかなか生るまい, まだまだ斑雪, まだ一首, まだ忌, まだ生らない, まだ雪, まだ鮎, まるで骨折損, みんな松茸を, めっきり乞食, もうこれ, もうすぐ毘沙門さん, もうそれ, もうシーズン, もう三回忌, もう二十四, もう五十七, もう他界, もう八十歳, もう十七歳, もう十五歳, もう十八歳, もう少ししつかりやる, もう慣れ, もう止め, もう融通, もっと, もっと状態, もみで, やっと十七日, やめた, やめなさい, ややまし, やや温暖かく, やりません, よい年, よく附いた, よく雪, ろくな事, わし達が, わりに春, アンモなし, カゼが, カンジキに, ダアビイの, デンマークの, ドラクロワの, ベストテンの, モデルを, ロンドンで, 一つよく, 一つ出入りの, 一つ商賣替, 一つ楽しみが, 一つ買おう, 一万円収入が, 一人強羅に, 一体に, 一周忌である, 一定寄せぬ, 一年遊ぶ, 一度国へ, 一時に, 一月の, 一羽も, 七十の, 七月の, 三の酉も, 三十七歳で, 三年目だ, 三日ばかり, 三月の, 三週間も, 上々と, 上京の, 下へ, 不作で, 不手廻り, 世相としては, 中仙道という, 主に, 九一金を, 九十円で, 九月下旬から, 亀千代どのの, 二つつかいましょう, 二人とも, 二十一に, 二十三で, 二十五じゃろう, 二十歳な, 二月の, 二階に, 五位も, 五十円だけ, 五度めである, 京で, 人の, 今わかっ, 今年で, 今朝から, 伊東深水さんの, 休養祝日という, 会社が, 低い枝, 何う, 何だか一帯, 何だか桜, 何とかし, 何んと, 何十年か, 何台卵を, 余程用心, 來て, 例より, 例年にも, 信夫の, 値が, 健ちゃん英語が, 働く人々, 僕を, 元日以來一度も, 先に, 先生の, 兎が, 全く幽閉, 全く鳴きません, 全国いずれの, 全国的旱バツで, 八人であった, 八月下旬から, 六匹仔を, 六所さまの, 兵に, 其の大連, 冷い, 出ないん, 出品を, 出来ないかも, 初めて鬼怒川, 別して寒, 剪刀で, 加茂の, 勉強しない, 勉強ぢや, 勿論その, 北海道の, 十七日の, 十三詣りで, 十二に, 十六歳じゃ, 十月の, 千百両かかる, 単行本, 去年に, 去年よりも, 去月の, 又スペイン風邪, 収入の, 台湾へでも, 君は, 品不足で, 四つも, 四十に, 四十七に, 四十前後の, 四年で, 四高を, 土用あけの, 地元の, 場合によ, 夏に, 夏帽子が, 多く出た, 多少様子, 多賀ちゃんに, 大いに改良, 大そう, 大へん出来, 大分流行った, 大厄だった, 大変に, 大抵忘れられ, 大漁, 大漁の, 天保十年文化から, 天時つきたる, 天野弥五左衛門どの神尾五郎太夫どの, 夫婦が, 奇數な, 好い正月, 妙に, 妻なし, 姿を, 嫁に, 子供が, 子歳, 季候が, 学校が, 安徳天皇の, 定めしにぎわしかろ, 実際に, 家ダニが, 寒いといふ, 寒かった, 寒く雪ふり, 小屋を, 少くとも, 少し仕事, 少し早い, 少し暑, 尚更だ, 川の, 巷談屋を, 帰らぬつもり, 常に本, 幡随院歿後ちょうど, 年まわりが, 年越ソバが, 幾歳に, 店出やめや, 庭の, 弥勒野から, 当主と, 彼の, 征露の, 御倹約, 御先祖さま, 御遠慮, 必ず約, 思い切って, 息子の, 悲しみを, 愉快な, 愛宕山の, 手入れも, 批評界では, 投げてるん, 数年来眠っ, 新団員, 新茶が, 新道が, 方角が, 日が, 日光の, 旧暦の, 早く夏休み, 早や, 早稲の, 明治元年から, 春が, 昨年の, 是が, 是非出たら, 時節柄家で, 普請場の, 暑が, 暑気が, 暖冬で, 暖簾を, 暴れ廻って, 最初から, 最早五十八歳, 朝顔の, 木犀の, 本厄, 本当に無病息災, 本祭り, 来ないでしょうね, 東京でも, 東京の, 板の間の, 桜も, 梅雨が, 極めて威勢, 次郎さんが, 止めます, 正にその, 正月からずつと, 正月の, 此処のを, 殊に三部志望, 残らずこっち, 残暑の, 母屋を, 比較的多く, 気候不順で, 水辺へ, 江戸から, 沢山小説, 泊ろかと, 浪さんが, 火曜日に, 炭が, 無殘, 焼かないの, 焼芋屋, 熊も, 父ひとりに, 物覚えが, 特に博覧会, 特に少, 特別で, 特別に, 犬の, 猛暑だった, 玉井組全員, 珍しく坂本氏, 珍しく快晴, 珍しく鮎, 珍らしく, 生れて, 生糸は, 用捨し, 画面の, 疲れかたの, 病気を, 百匁以上に, 百貫目十圓の, 皆で, 皇叔にとって, 盲腸の, 石炭が, 神事が, 神父様が, 祭主に, 私にとって, 私は, 私共, 稀れな, 稲作が, 稲鳰六つあげだ, 積算温度が, 筍を, 米国へ, 紅葉が, 終りという, 結婚年の, 綺麗な, 美しく昨日, 考える気, 聞かずけだし, 肉と, 能く, 自分の, 良えだ, 芯から, 花見と, 茂右衞門の, 菊を, 虫の, 蛍を, 蜻蛉の, 蝗が, 行きたくなくて, 裸体で, 西瓜が, 親類の, 誰もが, 警察から, 豆が, 豊作であっ, 豊年がたの, 貞操と, 赤ちゃんが, 趣向を, 踊が, 軍事部の, 軽井沢で, 農家の, 近く毎日眺め暮す, 造大神宮の, 過ぎ候, 避暑旅行も, 郊外へ, 重く謹慎, 釜の, 長兄と, 閏だ, 阪本の, 雨なし, 雪の, 雪線が, 震災後はじめて, 非常な, 順調の, 風が, 風呂を, 飢饉で, 饑饉でありたい, 馬鹿に, 鮒が, 鰊が, 鰻が, 麦が, 麹町の

▼ 今年~ (325, 7.0%)

3 いよ, 例の, 去年と, 早や, 暮れる

2 [15件] おしまひ, また春, また私, もう空, やって来たの, ハア秋, 九月の, 半作だ, 去年の, 御贔屓, 散歩ながら, 暮れに, 白い花, 矢張盛岡の, 野原を

1 [280件] あいにくな, あと五日しか, あなたの, あの山, あの白バラ, あますところ, あるいて, いつか秋の, いつしかたのしい, いつもの, いや五十, いよいよ歳暮, おせい, おなじ二百歩目, おなじ時節, お揃, お正月は, かうして, かね, きさい, きたぜ, きょう一日しか, この人々, この花, これで, ごひいき, さびしう春, しかるか, しっかりお, すっかり, すでに心がけ, すでに暮れよう, そこに, そこへ, その春, その時分, その梢, それを, そろそろ熊, そんなこと, たのむ, ちっとに, ちつとも, ちょっとお参り, ついとくぐる, とう, どうぞ女房どの, どうだ, どのよう, なにぶんよろしくたのむ, またいい, またお, またここ, またこれ, またせいぜい, またそれ, またどうぞ, またね, またまた一番無慙, またわけ, またイ, またメーデー, また上洛, また代議士, また兄さん達, また千人美女, また南米あたり, また同じ, また大, また失敗, また姿, また患った, また早くから, また暗い, また望み通り, また来た, また栗, また渡月橋, また茄子, また落第, また試験, また身, また迎い湯, また館, まア無事, もうそろそろ秋, もう九月, もう二月, もう十日あまり, もう尽きる, もう師走, もう年末近く, もう盡, もう肩, もう蜜柑, もう餌釣り, もう黄色く, もはや初夏, やうやう五月, やがてなくなった, やがて七夕能, やがて冬, やがて涼風, やがて間近, やって来た, やっと, やっぱり, やっぱり咲い, よいお, よくよく御難, よく勉強, よく学び, よろしくお, よろず正月, わが家に, わたしたちは, われわれに, カタクリ掘りに, グスベリを, ストリンドヴェリイに, ツイこの間その, 一年ぶりで, 一昨年も, 一月早々, 七・五・三の, 七月早々, 三四本出た, 上旬から, 不作で, 丹精し, 予報通り行け, 五月が, 五月チユウリツプ, 亦, 亦こうして雪子, 亦その, 亦中りぬ, 亦努力, 亦思う, 亦来年, 今は, 今夜かぎりの, 仰山實, 余すところ, 作って, 使いますという, 依然として試験場, 俺に, 個展の, 値段が, 傷痕が, 僅かに, 僕に, 免ぜられんこと, 入れて, 六月末から, 兵や, 出かけるかな, 出代り, 出來, 初霰, 割合暖, 勘太郎は, 勤続と, 十九日の, 十二三日に, 半分過ぎ去, 去年も, 去年より, 又来年, 反当五十俵, 取出して, 受けて, 吉例で, 同じやう, 同じよう, 同じ事, 同様の, 咲き咲きて, 咲くとき, 咲けるや, 国際問題と, 型の, 夏が, 夏ぢゆう, 夏の, 多少の, 多賀ちゃんに, 大きな実, 大洪水, 天長節には, 展覧会で, 山と, 山に, 山へ, 岸山先生が, 師走の, 幸子たちは, 後二ヶ月だけ, 御母様, 思はしくない, 思ひ過ぎたる, 怪しい, 息災に, 押迫つてあと半ヶ月とな, 旅を, 明日と, 春から, 春なほ寒き, 昼間の, 暑気は, 暮れて, 暮れます, 暮れますのう, 暮れようとして, 月の, 末に, 村費が, 来たか, 来ました, 来ること, 来年も, 来月一月だ, 松の, 梅南天松福寿草かしら, 植物図鑑を, 此杖に, 此様に, 残りは, 残り僅かに, 残る日, 江戸川や, 沢山花, 泊まった人, 涼しい風, 渡月橋を, 湖の, 濡髪色の, 無事に, 燃えるアイリス, 狩野川の, 相かわらず, 相変りませず, 私は, 私達と, 稔りが, 立花屋から, 終りけり来年, 終る, 組合の, 船で, 若しや, 草に, 菜の花, 落第するだらう, 虚しく八幡村, 虫さえ, 虹は, 行きたいと, 行くこと, 行くの, 豊作であっ, 貸して, 費すべきが, 足利家では, 躑躅は, 追分へ, 過ぎた, 金魚を, 銀座へ, 雪が, 電力を, 馬車の, 駄目かも, 駄目だ, 高島屋で, 高等學校を, 鮎の, 鶯来, 麦は

▼ 今年~ (116, 2.5%)

28 なって 13 なってから 9 入って 5 なつて 4 なってからは 3 なっては, 至るまで 2 かぎって, なりましてから, なると, 入ってから, 入ってからは, 限って

1 [39件] ありて, いたりて, かぎつて, して, なったらあんまり, なってからの, なってからも, なっても, なりついに, なりましてからは, なるまで, のばしたもの, はいつて, はじまったこと, もち越し, 入っては, 入つた, 入つて, 入ると, 別れるの, 各地に, 始まつたこと, 成って, 成つて一度しか, 特に物凄い, 相当するらしい, 至って, 至つてから, 至りて, 至り奥州, 至るまでの, 行なわれざれば, 這入って, 這入ってからの, 這入ってからは, 這入っても, 限つた, 限つて七月一杯の, 限らないよし

▼ 今年~ (80, 1.7%)

2 もう六十年, 七年に, 二十五年に, 五年に, 四年に

1 [70件] おさらばか, お鳥, さらに春, じっさい変る, ちょうど七年, ちょうど五年目, ちょうど四十一年, もう七十一年, もう三十年, もう二, もう二十一年目, もう十六年, もう廿年, 丁ど, 丁度一九五〇年真中の, 丁度三つ, 丁度二十八年たつ, 丁度二十年に, 丁度八百八十歳に, 丁度十七年前の, 丁度四年の, 丁度満, 丁度百年に, 七年の, 七年前忘れ, 七年月詣り, 三十に, 三年村の, 三年目, 三年目である, 三歳子だ, 九ヶ年以前累ヶ淵で, 九年目でしょう, 九百三回日の, 二十三年に, 二十三年経つ, 二十八年目に, 二十四じゃ, 二十年三十五歳国へも, 二度目の, 五十七か, 五十八九に, 五度目の, 何だ, 何年に, 八十に, 八年に, 八年も, 八年終に, 六つで御座います, 六年目だ, 六年目です, 六年越し, 十七年に, 十七年目に, 十五年に, 十八だって, 十四年に, 四五年に, 在職五十年の, 大学を, 幾つに, 当分の, 根絶し, 満十年, 第十三回目, 足かけ八年に, 足かけ十五年に, 足掛七年あゝ, 酒虫を

▼ 今年から~ (52, 1.1%)

3 学校へ 2 学校に, 寄越すさ, 小学校に

1 [43件] いささかへばっ, おまえが, お供の, お前に, この町, こんな時間潰し, もう十六, もう大学生, スタートを, 一斤について, 一様に, 予約し, 二年生です, 人と, 伸ばした髪, 使用権を, 元旦には, 力士が, 加はらない, 千百八十四年前の, 原子時代に, 国民学校で, 変化し, 女学校に, 始めたん, 小学校である, 小学校へ, 御免蒙らう, 御所の, 急に, 急行が, 成立ちますので, 日記を, 月番を, 本気に, 来年にかけて, 来年にかけての, 来年此の, 生活の, 砂糖黍を, 税金は, 籍を, 自分の

▼ 今年~ (41, 0.9%)

4 にもう 2 に死ぬ, に終る, の大手柄

1 [31件] か, か来年, だが, でのみもの, での大漁, で一ばん, にこの, にはきっと, にはまとまり, には嫁, には必ず, には断然, には片づこう, には精, には遲くも, にゆきつける, に何とか, に山野, に平和, に必ず, に撮る, に日本, に畑, に移っ, のこと, の心得, はいかなる, はまとまりません, もう何, 受けて, 御まち

▼ 今年はじめて~ (34, 0.7%)

2 ある筈, 花見に

1 [30件] その前, だな, ですこう, ならまだ, のこと, の暑気, の松露, の百舌, の羽織, の街上, らしい, 不思議な思ひ, 出来村, 別のを, 咲くの, 売りに, 心づきて, 成功した, 昼間も, 時おくれ, 登場した, 笛の, 縁側の, 自分は, 苗から, 蜩を, 試作した, 試作の, 誕生日が, 選挙権を

▼ 今年~ (32, 0.7%)

2 四度目, 始めてな, 最後では

1 [26件] あと二十八日で, あなたに, そんな特別, ちょうど三年目, どうか苦しい, 一番いい, 丁度その, 七年よりは, 七年目だ, 三十七であった, 二十日ばかり, 初めてだの, 十三回忌に, 十九で, 厄年に, 四十二歳で, 始めて, 寛文三年なら, 当たる由って, 徴兵適齢, 暮れ新しい, 第二回目, 終るとは, 終わること, 迎えられた, 還暦祝などと

▼ 今年十九~ (31, 0.7%)

6 になる 2 であつ, の若者

1 [21件] だ, だとかいふので, であるが, ですが, で色, という姫草, になっ, になつて, に成った, のはず, の仙一, の厄, の四年間, の娘, の山吹, の彼律義, の春, の職人, の色白, の若い, の處

▼ 今年こそ~ (25, 0.5%)

2 うんと働きます, 今年こそと, 白いの

1 [19件] あの二人, お婿さん, お聟さん, きっといい, それを, なにか書きたい, はしつかりやる, もう商売, 乗るか, 八百で, 出ると, 好い婿どん, 婦人子供出征兵士の, 彼は, 彼女は, 是非とも, 本当にギリ, 白峰の, 鰊の

▼ 今年にな~ (24, 0.5%)

12 つてから 2 つて, つてからは 1 つてからでも, つてからといふもの, つて三度会つた, つて上京し, つて例の, つて巴里に, つて新聞社の, つて突然

▼ 今年十七~ (22, 0.5%)

7 になる 2 になりました

1 [13件] でいらっしゃいます, でこれ, です, で早くから, で町内, におなり, になっ, になった, のひとり娘, の人, の娘, の娘ざかり, の春父

▼ 今年こそは~ (19, 0.4%)

2 どんな大きな粟餅

1 [17件] お父君, どうしても, どうしても成功, まさしくこれ, 上納の, 何と, 何とか入選, 及第し, 大いに勉強, 平馬どのが, 東亜の, 果たさなくては, 父の, 盆の, 結城の, 結婚しよう, 貴女に

▼ 今年十八~ (19, 0.4%)

5 になる 2 になった

1 [12件] じゃ, でおち, で器量, で妹, で眉, で色, になるでしょう, に成る, の女, の小綺麗, の美しい, まで男

▼ 今年初めて~ (16, 0.3%)

1 [16件] これに, のつくつく法師, のオザ, の白い, の雪, の黄, の黄ろ, もろもろの, 伯父に, 採れた畑, 禁離に, 花が, 見る梅, 見る燕, 露せ, 鶯の

▼ 今年まで~ (15, 0.3%)

2 延したん

1 [13件] しょせんが, でね, 一千二百十二年に, 二戸あつ, 又八年, 奉公を, 徒らに, 御厄介, 無事に, 独身で, 続くなんて, 育てました, 養われて

▼ 今年二十歳~ (15, 0.3%)

3 になる 2 だと 1 だが, ですから, でふだん, の二重人格者, の伜, の冬子, の女, の書生, の独身者, をいくつ

▼ 今年十五~ (13, 0.3%)

2 になる

1 [11件] だし, だそう, であるが, にてこれ, になっ, になった, になり, になります, の小僧, の御, の色男

▼ 今年からは~ (12, 0.3%)

1 [12件] いよいよ小作料, がんばります, どう呼ぶ, 九時起床の, 何の, 何処何処の, 君の, 寢衣に, 少し大人, 張物と, 月給が, 競馬には

▼ 今年~ (12, 0.3%)

2 やいはむ, 去年去年と 1 いはうか, 一冬ごとに, 二度も, 何度鞍馬詣り, 明年とに, 来年が, 来年は, 続いて

▼ 今年にかけて~ (12, 0.3%)

5 海の 2 故国の 1 この恋愛論, ふた, 久保田万太郎氏の, 作家としての, 目に

▼ 今年十六~ (12, 0.3%)

3 の娘 1 で痩形, になった, になります, の一人娘, の伜, の全盛, の勇吉, の女性, の小娘

▼ 今年最初~ (12, 0.3%)

1 [12件] のそれ, のコツプ酒一杯, の会談, の最高, の海水浴, の燕, の筍, の羞恥, の脱線, の行楽日, の雛菊, の雪

▼ 今年五月~ (11, 0.2%)

5 にもなれ 2 の上旬 1 に死するなれ, の中, の中頃, よりこの

▼ 今年十二~ (11, 0.2%)

5 になる 1 だが, ですけれど, で下田さん, で二十歳ぐらゐの人, の少年, の弱年

▼ 今年一年~ (10, 0.2%)

1 かかって, の出来事, の小説, の農作, は死んだ, もか, やかましくいえ, やって, 特に後半, 苦しみます

▼ 今年二十二~ (10, 0.2%)

2 の若い 1 かそう, だ, でふだん, になった, になつて, になる, の息子, の血気ざかり

▼ 今年一杯~ (9, 0.2%)

1 では, で罷める, の演出目録, はい, はかかります, はさ, もかかる, 務めると, 居ても

▼ 今年卒業~ (9, 0.2%)

2 するの 1 したら直に, した理学士, して, し就職口, するはず, する大学部, なん

▼ 今年だけは~ (8, 0.2%)

2 つい何時 1 あいつが, お名残り, とるだけは, 小作人ば, 春爛漫という, 月日の

▼ 今年ばかりは~ (8, 0.2%)

2 墨染めに 1 わざわざそれら, 学資も, 御様子, 春らしい, 暮も, 精を

▼ 今年また~ (8, 0.2%)

2 庭のさ 1 この地, 一万円ほど, 眼ぢかに, 秋衣の, 繰返されること, 選科へ

▼ 今年こそはと~ (7, 0.2%)

1 たくさんの, 心に, 思つて一年一年のばしとる, 意気込んで, 氣を, 自ら祝福し, 見当を

▼ 今年じゅう~ (7, 0.2%)

1 にせね, には僕, には嫁, に是, の幸福, の最終, は山

▼ 今年とや~ (7, 0.2%)

4 いはん 2 年の 1 いわん

▼ 今年二十三~ (7, 0.2%)

2 になります 1 だ, である, で私, になる, の壯年

▼ 今年二十五~ (7, 0.2%)

3 になります 2 の春 1 に成るで, の香港生れ

▼ 今年二十四~ (7, 0.2%)

1 ですねん, で今, で身長, になります, になる, の咲き過ぎた, の青年

▼ 今年八歳~ (7, 0.2%)

3 になる 2 になつたん 1 と十歳, になります

▼ 今年六つ~ (7, 0.2%)

7 になる

▼ 今年十三~ (7, 0.2%)

2 になる 1 と七つ, になった, になります, に成ります, に成りまする

▼ 今年十四~ (7, 0.2%)

3 になる 1 であった, ではじめて, で町内, になった

▼ 今年大学~ (7, 0.2%)

2 を出た 1 にはいった, に入学, の法科, の英文科, を卒業

▼ 今年あたり~ (6, 0.1%)

1 からこれ, からの愛玩犬, はぜひ, は一俵二円, は学校, を区ぎり

▼ 今年いくつ~ (6, 0.1%)

2 になった 1 か, にお, になったろう, になる

▼ 今年などは~ (6, 0.1%)

1 この花, どうなる, ひどく淋しいと, 前年よりも, 夏中の, 身上も

▼ 今年~ (6, 0.1%)

3 かけての 2 かけて 1 くり入れたの

▼ 今年もう~ (6, 0.1%)

1 一年遊ん, 三十一に, 二十七に, 二十八に, 五十二歳に, 十七に

▼ 今年より~ (6, 0.1%)

2 卯月八日は 1 うき世, 十九年以前に, 多くの, 来年と

▼ 今年七十~ (6, 0.1%)

1 か八十, だ, になります, になる, に候, 近い爺さん

▼ 今年七歳~ (6, 0.1%)

1 でしたが, なるが, になり, になる, の末娘, の良平

▼ 今年九つ~ (6, 0.1%)

2 になる 1 で佐久間町, になっ, になった, になつたお前

▼ 今年二十~ (6, 0.1%)

4 になる 1 になった, になつ

▼ 今年五十~ (6, 0.1%)

5 を出 1 を一つ

▼ 今年幾歳~ (6, 0.1%)

3 になる 1 だろう, だ三十, になった

▼ 今年きり~ (5, 0.1%)

1 でこの, で下った, で今日家, で卒業, のこと

▼ 今年この~ (5, 0.1%)

1 たびこそは, 四月は, 地に, 尾根に, 山の

▼ 今年~ (5, 0.1%)

1 なんでも, 世が, 松茸あかん, 角力取らん, 豊年歳穂に

▼ 今年~ (5, 0.1%)

1 こんなふう, 思ひ給, 最後の, 送つた, 限りと

▼ 今年三つ~ (5, 0.1%)

2 の娘 1 で十七, になった, になりました

▼ 今年今月~ (5, 0.1%)

1 に見ん, の政治, の教育, の農工商, は不思議

▼ 今年十二歳~ (5, 0.1%)

2 になる 1 では, の学校行き, の少年

▼ 今年十八歳~ (5, 0.1%)

1 だった, であったが, である, になる, の善吉ひとり

▼ 今年十六歳~ (5, 0.1%)

1 であった, であったが, になつ, になる, まだ東京府立

▼ 今年始め~ (5, 0.1%)

1 ての大, ての時雨, て之, て見た, て試みた

▼ 今年生え~ (5, 0.1%)

3 て稍茎 2 て稍莖

▼ 今年~ (5, 0.1%)

1 が四十三, の, は六十五, は桜, は瓢作り

▼ 今年ある~ (4, 0.1%)

1 がゴルキー, や来年, よ君, 村の

▼ 今年~ (4, 0.1%)

1 ぎりにしやうと兄さんは, なんでも, 来年ぐらいまでしか, 来年の

▼ 今年~ (4, 0.1%)

2 今年だ 1 つて春の, な

▼ 今年には~ (4, 0.1%)

2 いってからは 1 いってから, 入つて

▼ 今年まだ~ (4, 0.1%)

1 二十九歳白面の, 二十歳の, 四十七か, 雪らしい

▼ 今年までの~ (4, 0.1%)

1 一ヵ年が, 二十年間轟は, 八年間に, 間に

▼ 今年よりは~ (4, 0.1%)

1 千六百十余年前唐の, 来年と, 真白く咲かせ, 賣文

▼ 今年三十~ (4, 0.1%)

4 になる

▼ 今年三十一~ (4, 0.1%)

1 でこれ, で下宿住まい, で色, になる

▼ 今年三十三~ (4, 0.1%)

2 の厄年 1 になる, の小池

▼ 今年三十九~ (4, 0.1%)

2 になりなさる 1 で若い, になる

▼ 今年三十五~ (4, 0.1%)

2 にお 1 になる, の男盛り

▼ 今年三月~ (4, 0.1%)

2 を限り 1 にいたる, の半ば

▼ 今年二十七~ (4, 0.1%)

1 でしょう, なのよ, になつ, になる

▼ 今年二十五歳~ (4, 0.1%)

2 の青年 1 だった, の青年武士

▼ 今年六月~ (4, 0.1%)

2 まる二年振り 1 に皇太后陛下, のはじめ

▼ 今年十五歳~ (4, 0.1%)

3 になる 1 ですけれども

▼ 今年四つ~ (4, 0.1%)

3 になる 1 でまあ

▼ 今年四十一歳~ (4, 0.1%)

2 で譜代 1 で七年, で亡くなる

▼ 今年生れ~ (4, 0.1%)

2 の小雀 1 の可愛い, の大

▼ 今年うち~ (3, 0.1%)

1 と世界, にも世間, の梅

▼ 今年かぎり~ (3, 0.1%)

1 で弁護士, で登録, で郷里

▼ 今年こそと~ (3, 0.1%)

1 思いつつ, 思って, 言って

▼ 今年だけ~ (3, 0.1%)

2 出さないの 1 畑に

▼ 今年はと~ (3, 0.1%)

1 心に, 思ひながら, 隠忍し

▼ 今年ばかりの~ (3, 0.1%)

1 春行かん, 花を, 遊歴の

▼ 今年ほど~ (3, 0.1%)

1 つまらないお正月, 毎日凍る, 面白からぬ

▼ 今年一月~ (3, 0.1%)

1 の年賀状, の末, より病臥

▼ 今年三十七~ (3, 0.1%)

1 で小太郎, になるだ, の御

▼ 今年中学~ (3, 0.1%)

1 の試験, へはひる, を卒業

▼ 今年九月~ (3, 0.1%)

1 になつて, に至り, よりの事

▼ 今年二十一~ (3, 0.1%)

2 になる 1 か二

▼ 今年二十九~ (3, 0.1%)

1 で阿部さん, になる, の年

▼ 今年二十八~ (3, 0.1%)

1 で申分, の伜, の倅

▼ 今年二十六~ (3, 0.1%)

1 だよ, で女, で女房

▼ 今年二十四歳~ (3, 0.1%)

2 になる 1 の青年

▼ 今年五十三~ (3, 0.1%)

1 だと, の独身哲学者田中王堂氏, 時々リュウマチス

▼ 今年五十二~ (3, 0.1%)

2 とやら以前十里許 1

▼ 今年五歳~ (3, 0.1%)

3 になる

▼ 今年八月当麻~ (3, 0.1%)

3 の氏人

▼ 今年十九歳~ (3, 0.1%)

1 だった, になる, には少し

▼ 今年十四歳~ (3, 0.1%)

1 になり, の小, の少年

▼ 今年又もや~ (3, 0.1%)

3 負けに

▼ 今年四十二歳~ (3, 0.1%)

1 なるに, のぎん, の銀行員

▼ 今年四十五~ (3, 0.1%)

2 ですが 1 じゃ人間

▼ 今年四歳~ (3, 0.1%)

3 になる

▼ 今年~ (3, 0.1%)

1 のはじめ, の初め妾, の頃

▼ 今年女学校~ (3, 0.1%)

1 へ入った, を出, を卒業

▼ 今年居れ~ (3, 0.1%)

3 ば五つ

▼ 今年正月~ (3, 0.1%)

1 がない, の, の生れ

▼ 今年生れた~ (3, 0.1%)

1 の, のだ, 仔が

▼ 今年~ (3, 0.1%)

1 のよう, の根, の真青

▼ 今年~ (3, 0.1%)

1 一の, 一回の, 十一回目であれ

▼ 今年自分~ (3, 0.1%)

1 が帰らぬ, の家, の運

▼ 今年~ (3, 0.1%)

1 である眞, である真新しい, の乾き匂ふよ山岨道

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 いくつに, 十四に

▼ 今年すでに~ (2, 0.0%)

1 一万五千の, 春秋五十五

▼ 今年だけの~ (2, 0.0%)

2 名簿です

▼ 今年ちょうど~ (2, 0.0%)

1 三十歳で, 四十に

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 や大, ゆう一杯

▼ 今年では~ (2, 0.0%)

1 ないか, 一番高い

▼ 今年とを~ (2, 0.0%)

1 対立させ, 較べたの

▼ 今年はか~ (2, 0.0%)

1 ひこさん, ひこの

▼ 今年はは~ (2, 0.0%)

1 ア洪水浸しの, ア草っ

▼ 今年はや~ (2, 0.0%)

2 七十歳ばかりと

▼ 今年ばかり~ (2, 0.0%)

1 あったの, では

▼ 今年までとで~ (2, 0.0%)

2 政治経済の

▼ 今年までは~ (2, 0.0%)

1 当れる, 糸川を

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 何で苦労, 見せん

▼ 今年やっと~ (2, 0.0%)

1 十五歳に, 小学校に

▼ 今年ア作~ (2, 0.0%)

2 が良く

▼ 今年カラハソレヲ~ (2, 0.0%)

2 恐レヌ

▼ 今年七十七~ (2, 0.0%)

1 になります, 永昼無事

▼ 今年七十七八~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 今年七十五~ (2, 0.0%)

1 とかになる, になる

▼ 今年七十八歳~ (2, 0.0%)

1 である, になりました

▼ 今年七十歳~ (2, 0.0%)

1 だが, を以て二月廿三日

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 だね, になる

▼ 今年三十三歳~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 今年三十八~ (2, 0.0%)

1 である, になる

▼ 今年三十歳~ (2, 0.0%)

1 の大人, の岩田熊吉

▼ 今年三度目イギリス海岸~ (2, 0.0%)

2 へ行きました

▼ 今年三歳~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年九歳~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年二つ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年二十一歳~ (2, 0.0%)

1 になる, に相成り

▼ 今年二十七歳~ (2, 0.0%)

1 だから, で同じ

▼ 今年二十七細面~ (2, 0.0%)

2 で髯

▼ 今年二十六歳~ (2, 0.0%)

1 であるが, になっ

▼ 今年二月~ (2, 0.0%)

1 の始, までフイリツピン地方

▼ 今年二歳~ (2, 0.0%)

1 だと, になります

▼ 今年五つ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年五十八~ (2, 0.0%)

1 だ, になります

▼ 今年五十六~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年五十四~ (2, 0.0%)

1 になっ, に至る

▼ 今年五月一日~ (2, 0.0%)

1 に私たちみんな, を以て東京大学教授篠山博士

▼ 今年今年~ (2, 0.0%)

1 よりは来年, より来年

▼ 今年何歳~ (2, 0.0%)

1 か, に相成る

▼ 今年入らなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば廢, ば生き

▼ 今年八つ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 今年八十二歳~ (2, 0.0%)

1 になる, の久江

▼ 今年八十歳~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 今年八月當麻~ (2, 0.0%)

2 の氏人

▼ 今年六十七~ (2, 0.0%)

1 です, になる

▼ 今年六十歳~ (2, 0.0%)

1 になる, の筈

▼ 今年出た~ (2, 0.0%)

1 のは, 葉腋に

▼ 今年出来た~ (2, 0.0%)

1 ので卯の花, ものを

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 になつた, になる

▼ 今年十七歳~ (2, 0.0%)

1 である, になる

▼ 今年同様~ (2, 0.0%)

1 に働い, の手段

▼ 今年四十~ (2, 0.0%)

1 で, になる

▼ 今年四十九~ (2, 0.0%)

1 でござるが, の古

▼ 今年四十二~ (2, 0.0%)

1 になる, の厄年

▼ 今年四十五歳~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ 今年四十歳~ (2, 0.0%)

1 の筈, を出過ぎ

▼ 今年四月~ (2, 0.0%)

1 に代替, は六〇・二

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 學には, 學の

▼ 今年小学校~ (2, 0.0%)

1 にあがる, へ初めて

▼ 今年帰らんちふ~ (2, 0.0%)

1 ことで, 話やつた

▼ 今年建てた~ (2, 0.0%)

2 ばかりの小さな

▼ 今年既に~ (2, 0.0%)

1 七十を, 作曲を

▼ 今年昭和十一年~ (2, 0.0%)

1 の春, の秋

▼ 今年昭和甲戌~ (2, 0.0%)

2 の秋

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 て見た, のやり口

▼ 今年正に~ (2, 0.0%)

2 二十四歳自分には

▼ 今年流行~ (2, 0.0%)

1 の夏帽子, の背中

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 で二十四, 六十年を

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 はれる, はれるべきこと

▼ 今年生まれた~ (2, 0.0%)

1 子が, 赤児に

▼ 今年私たち~ (2, 0.0%)

1 のまる, は恒例

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 稀薄だった, 雨少き

▼ 今年~ (2, 0.0%)

1 また開く, を見る

▼ 今年銅像~ (2, 0.0%)

2 を建てた

▼ 今年限り~ (2, 0.0%)

1 だと, で卒業

▼ 今年高等学校~ (2, 0.0%)

1 を出, を卒業

▼1* [437件]

今年ぁこいつさ砂糖入れるべな, 今年どうした, 今年あたり二十三四歳にはなる, 今年あたり結婚生活にはいろう, 今年あちこちとさ, 今年あまり福井には行きたくなく, 今年あんまり病気を, 今年ッぱい, 今年いっぱい一日五十銭の割, 今年いっぱい日本諸国をかなり, 今年いつぱいは, 今年えうなき舞ごろ, 今年おさめの飲みさわぎ, 今年おろして間, 今年お供ができないでしょう, 今年お前とはげしい, 今年お茶の水を出られた, 今年かぜをお, 今年からでもあなたが, 今年からの百姓だ, 今年くにもとより江戸番, 今年ここに第, 今年これで二度目, 今年しかもあの大地震, 今年じゃなければ, 今年じゅう一日のあき, 今年じゅう山から降りない, 今年すなわち慶応の, 今年そういうことを, 今年そこの大学, 今年それらの記事, 今年待たで初音, 今年だって二百二十日に, 今年限りで, 今年であると思います, 今年できた小屋が, 今年という年は, 今年とくに力こぶを, 今年とても多いん, 今年との作品十数篇から, 今年どれだけ拡張, 今年てや首里, 今年なぞまだも, 今年など特に感じた, 今年なども随分一目, 今年なれば二月, 今年なんか十人に, 今年なんかは種を, 今年なんぞ野菜を, 今年においても少しも, 今年はごましお色の, 今年はごんぺいじいは去年の, 今年はじめ大連から引きあげ, 今年はも十あまり三とせ瑞枝さす, 今年はよかりさ, 今年ばかりと覚悟した, 今年ひどい目に, 今年への推移が, 今年ほどじゃなかった, 今年まさに十八歳に, 今年または五年平均の, 今年てえな珍, 今年みたやうに, 今年みたいに紅白, 今年もしお体, 今年もと覚悟は, 今年もはや二月に, 今年ももうちつと, 今年もをはりの, 今年ゃあ行こう, 今年ゃ一割五分にも足らぬ, 今年ゃ丁度だから, 今年ゃ七海に神輿, 今年やって来年, 今年ようやく右様の, 今年ようやっと十六もの事の, 今年見いかう早松, 今年らしいそして今年, 今年づかに, 今年を通じてどういう相貌, 今年来ませんで, 今年アガーシャ小母さんは工場委員会, 今年ア來ませんで, 今年ア恵方が当った, 今年カーペットを貰っ, 今年ゼーロンの像, 今年チューリヒのコングレス, 今年ニナッテニワカニ木村トイウ刺戟剤ヲ利用スル, 今年ハソノ割ニ雨ガ降ラナカッタジャナイカ, 今年ハ外国人摂海, 今年ハ珍シク冬籠リノ客多数居残リヲレリ, 今年ロシアが蟹工船, 今年一ぱいを振り, 今年一ぱい私の側, 今年一ぱい貴方のお側, 今年一パイきりひらいた分, 今年一パイコノ問題ヲ調ベズニ打チ棄テテオカレタナラバ貴官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス, 今年一ヶ年は持つ, 今年一九三〇年の夏, 今年一年中のこと, 今年一年位稼いで, 今年一年間いらせられまする様, 今年一月七日原稿訂正の功, 今年一月二十日の, 今年一月十一日に於, 今年一月十七日に日本流, 今年一月十三日の, 今年一月十四日の朝日新聞, 今年一月四日の夜, 今年一杯それ又ふさがった, 今年一杯はかへれない, 今年一杯位ひなら大丈夫だらう, 今年丁巳一月十三日の裁, 今年丁度七十歳の, 今年丁度三十でいらっしゃるよう, 今年丁度五十歳の暁, 今年七ツになる, 今年七八月にも相成, 今年七十一になります, 今年七十一皇天又何心, 今年七十九歳になる, 今年七十二才の前田某, 今年七十二歳ですが, 今年七十五歳である, 今年七十八歳信心者で毎日神仏, 今年七十六歳の知人, 今年七十有一死旦夕に在り, 今年七十有一筋力衰微し朝夕危懼, 今年七月の三日, 今年七月秋田から呼んだ, 今年三六年七月の実質賃金指数, 今年三十一二の年増ざかり, 今年三十一歳山口屋善右衞門は五十三歳, 今年三十三歳身は海軍大佐, 今年三十九歳であると, 今年三十二の何処, 今年三十二歳であった, 今年三十八歳女房おみね, 今年三十六になっ, 今年三才になる, 今年三月七日当村百姓与作後家篠, 今年三月亡君の一周忌, 今年三月八日私が便乗, 今年三月初めに至って, 今年上つた女の児, 今年下総葛飾の田園, 今年不漁だったら大, 今年中ここで猟, 今年中學を卒, 今年久しぶりにほんの, 今年春非, 今年九十三年に達した, 今年九十三歳になっ, 今年九十幾歳という媼, 今年九年目人文すべて革まったが, 今年九月二十二日おなくなり, 今年九月印刷出口君の, 今年二人の地方ラップ, 今年二八のつぼみ, 今年二十一歳昨年まで東京, 今年二十七年の春, 今年二十三丙午の歳, 今年二十三末の妹, 今年二十三歳の変り者, 今年二十九歳になる, 今年二十二歳となり, 今年二十二歳円明流の奥儀, 今年二十二歳姫とはちょうど, 今年二十五生れは北国, 今年二十八歳のひどく, 今年二十六人の話, 今年二十六年の間, 今年二十四五という癇癖ざかり, 今年二月一日に亡き人, 今年二月三日點燈頃や, 今年五十一になる, 今年五十一歳になる, 今年五十七でご, 今年五十九歳になる, 今年五十二三歳であるが, 今年五十五になる, 今年五十六歳である, 今年五十幾歳の格二郎, 今年五十歳であるが, 今年五月二十六日にも私, 今年五月十一日まで三百二十四回連載, 今年五月早大内の演劇博物館, 今年五月東北を旅, 今年五月金峰山に登る, 今年亡くなつた水野葉舟君から, 今年亡くなり而し, 今年亡人の数, 今年今月今日殊に御恩顧, 今年今月今日切腹して, 今年位鮎の育ち, 今年うなるか, 今年余寒の頃, 今年借りることに, 今年偶然にもこの, 今年に三歳, 今年元日の, 今年元旦のみうた, 今年元朝八十の春光, 今年つて了へば, 今年入学したばかりの, 今年八十一になります, 今年八十三歳で未だ, 今年八十五歳になる, 今年八十八歳のこの, 今年八十六でございます, 今年八十四五歳であり君子, 今年八十四歳だと, 今年八月の芙蓉, 今年六十近い方, 今年六十七歳になりまする, 今年六十三になる, 今年六十三歳だが, 今年六十九に成る, 今年六十九歳の老人, 今年六十二の卜翁, 今年六十五という老齢, 今年六十五歳の桐村夫人, 今年六十五歳家柄ではある, 今年六十八になる, 今年六十六で七之助, 今年六月札幌市議会が集会保安条令, 今年六月生れの女児, 今年六歳になる, 今年兵隊にとられる, 今年兵隊検査に帰った, 今年其時に当, 今年出なかつたわ, 今年出るはずの, 今年出入りの八百屋, 今年出来ると思っ, 今年出現したわけ, 今年初夏のころ, 今年初夏頃の某誌, 今年初秋の風, 今年力いっぱいに生き, 今年北国すじの不作, 今年北鎌尾根を縦走, 今年医専をでた, 今年医科を卒業, 今年十一になる, 今年十一月には全部開通, 今年十七八歳上坂西村を抜い, 今年十三歳になる, 今年十九卷第二號から復刊, 今年十九才次が初江, 今年十二月の雪, 今年十五才になります, 今年十五歳元服して, 今年十六年目になる, 今年十六才になります, 今年十歳になる, 今年南方の風, 今年南日君が上高地, 今年印象に残れる, 今年即ち余輩の, 今年逢此虫食, 今年取って六十二歳, 今年取った予算は, 今年同じあることが, 今年同月同日に地所借受, 今年咲枝も海水, 今年嘆願に出向い, 今年四五歳ぐらいになる, 今年四十一お佐代さん, 今年四十七歳無一文から現在, 今年四十三四の男, 今年四十二年六ヶ月だから, 今年四十二才になる, 今年四十五貧窶尤甚多年研究経籍一旦沽却, 今年四十以脚疾不能起坐已三年, 今年四十八だと, 今年四十六で五年, 今年四十餘歳で歸つて來, 今年四年生だ, 今年四才になる, 今年四月八日灌仏会にお, 今年四月末二ヶ月もか, 今年四月病いを得, 今年図らず寺島町の, 今年の禍事, 今年在職五十年の祝, 今年夏中私達の海辺, 今年大正五年に六十歳, 今年天文二十二年の四月, 今年天正の十八年, 今年天正八年まで, 今年如月紅梅に太陽, 今年始めて學校へ, 今年学ばずして来年, 今年学園へ入学, 今年学校を出た, 今年有余, 今年家屋や工場, 今年小学に這入つた, 今年小学校五年になる, 今年山女魚と岩魚, 今年島田は行けますまい, 今年己丑に入, 今年帝国劇場は三月, 今年帰つて来たが, 今年年七十二神明不衰, 今年年末を期し, 今年幾つになった, 今年廿二歳になっ, 今年廿五歳になり, 今年廿六歳ニなり候, 今年廿六歳父母の付, 今年廿歳でおとなしやか, 今年当月も御, 今年の成功, 今年徐州以南の淮水, 今年新調です, 今年御地寒熱之事, 今年御用相片づき候えば, 今年徴兵検査だった, 今年徴兵適齢の五人, 今年にというわけ, 今年愛人を得た, 今年人の, 今年抽斎が往, 今年捨てた屑根から, 今年授からうとする, 今年授かろうとする, 今年採ったばかりの新しい, 今年採つたばかりの新しい, 今年播く尚何年經つて, 今年改正になりました, 今年へ年五つ, 今年数え年五十歳になった, 今年数え年十四歳武芸の方, 今年数十名の藩士, 今年へ年, 今年斃馬五十六頭なり, 今年に開かれた, 今年新しく作って, 今年新制大学にはいりました, 今年新附一童孫鳴得口琴児, 今年に二十, 今年送人, 今年春死に六月, 今年晩春初夏の頃, 今年最後のお客, 今年最終の英彦山, 今年有堂宇重修之挙, 今年逢雪此日始模糊, 今年未だ四十四五だ, 今年には年鑑, 今年やに日記, 今年札幌の歴研会員松井, 今年来ずとも, 今年に対して相当, 今年根室郡部から出, 今年の花, 今年梅雨の晴れた, 今年次ぎ次ぎに死んで, 今年正月七日の連歌, 今年正月二十一日に襤褸, 今年正月二十八日義眞國え御暇, 今年正月二日に売り捌きたる, 今年正月号には私, 今年正月幕府に召された, 今年正月廿三日夜のなん, 今年るか, 今年死ぬと来年, 今年死ねばおまえ, 今年残暑の殊, 今年殺されて生き返った, 今年気候不順に御, 今年江戸に落合っ, 今年海水浴第一課, 今年源氏は五節, 今年漸く五十の, 今年錐其地だ, 今年物理学上の功績, 今年特に系譜的な, 今年玉井組の看板, 今年の極, 今年生えた竹の, 今年生産物を出す, 今年田舎の二十日正月, 今年畏くも御, 今年留守番の夫婦行, 今年発表した作品, 今年百五十七歳これくらい辻褄, 今年ていた, 今年着られんことが, 今年祖龍死せんと, 今年がはじめて, 今年福島へゆこう, 今年私達が満, 今年秋風にさきだち, 今年築地の家, 今年を粉, 今年納める税金の, 今年て来, 今年置いてゆきまし, 今年義務教育を終った, 今年苗代にしよう, 今年若葉の出る, 今年英彦山に五六度, 今年が咲く, 今年落第すると, 今年葺きかえる家々を, 今年蓼科山に一等三角点, 今年をもっ, 今年蛇蚊蛙すくなく, 今年融雪期とともにゼニバコ, 今年ふべき樣, 今年行ったらどういうわけ, 今年行われた所以だ, 今年見そむる三日月の, 今年赤ちゃんがい, 今年跡継ぎの男の子, 今年辺りからまた, 今年近時に起こりたる, 今年通りでい, 今年選挙を争, 今年還暦の江戸川君, 今年がよく, 今年開版した福澤全集, 今年間違ひなしだね, 今年限り兄が身, 今年限り学費は出さぬ, 今年限り株式の方, 今年がよく, 今年から一人前, 今年飯塚と共に市制, 今年養和元年の閏二月, 今年馬歯蚤くも桑年に垂ん, 今年馬齒七十に垂ん, 今年目だつたん, 今年6月にユネスコ