青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊那~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仲間~ 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 伊~ 伊勢~ 伊藤~ 伊豆~ 伊達~
伊那~
~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~ ~会 会~ ~会う

「伊那~」 1149, 12ppm, 8842位

▼ 伊那~ (602, 52.4%)

11 の身 10 のす 8 と咲耶子, の首 5 であった, と忍剣, と龍太郎, のまえ, をはじめ 4 の前, の幕下, の手, の顔, は, よ

3 [13件] さまでは, である, と小幡民部, のからだ, のほう, の一党, の主従, の心, の目, の駕籠, はいよいよ, や民部, 以下の

2 [40件] が京都, じしん, だッ, です, と一党, にそう, のうしろ, のこと, のため, のひとみ, のやつ, のようす, の危急, の命令一下, の声, の太刀, の急変, の手勢, の旗本, の父, の留守, の縄, の耳, の腰, の身辺, の運命, の陣, はさらに, はしずか, はその, はたしかに, はなおも, はふたり, は声, は心, は思わず, も咲耶子, や忍剣, を中心, を首

1 [397件] からはなされた, から下, から秀吉, か見, が, があせっ, がおしこめられ, がかく, がかくし, がきく, がきた, がご, がさけんだ, がた, がとつぜん, がとらえられた, がどんと, がない, がふと, がまだ, がわずか, がオオ, がハラハラ, が人穴, が呂宋兵衛, が小太郎山, が幕下, が忍剣, が意外, が意外そう, が指した, が捕らえられた, が水ぎわ, が生涯, が藺笠, が見えた, が軍師小幡民部, が逃げだした, が陣刀一閃, さだめし今, さだめし口惜しかろ, さまア, さッさ, じしんが, じしんですら, だ, だけがすこし, だのあるいは, って餓鬼, でありその, であること, でご, ですか, でも三千, といい, という餌, とその, とちがっ, とともに敵, とともに濠端, とのやく, との戦の, とはなん, とやらがふたたび, と五人, と侠勇勃々, と六部, と同じ, と園部一学, と家康, と従臣, と御旗楯無, と徳川勢, と聞い, と軍師, どのお返し, どのまた, にかけつづいた, にすがる, にそちたち, にたいしては柔順, にとっていまさら, にとってなに, にとってもかれ, にとって否, にとって思い出, にとりついだ, にはおさない, にはわからない, には胸, には龍巻, にも民部, に一礼, に一策, に好意, に安全, に志, に恩義, に追いまくられ, に龍太郎, のあと, のいじらしい, のいたましい, のいる, のおどろき, のかけた, のかしこ, のことば, のするどい, のそば, のちいさな, のとおる, のふたり, のまわり, のやつばら, のやつら, のゆ, のゆくえ, のゆるし, の一喝, の上, の中央, の主従三人, の乗った, の体, の側, の先駆け, の兵, の前途, の勇気, の命, の命令, の塩漬け首, の夜討ち, の夢, の大将座, の姿, の守り刀, の安否, の容貌, の宿命, の小太刀, の小袖, の形勢, の意識, の憂い, の手さき, の手先, の望み, の本陣, の本陣雨ヶ岳, の機智, の死, の消息, の無事, の白い, の真正面, の矢, の肩, の背中, の胸, の胸板, の膝下, の落ちた, の血書, の行方, の裾, の襟もと, の許し, の諜者, の身の上, の身内, の軍兵, の追, の通過, の遭難, の間者, の陣地, の隠密, の面, の面体, の頭上, の馬, はあえて, はあおむけ, はあぶ, はあッ, はいきなり, はいそい, はいった, はいつか忍剣, はいま, はいや, はうなずい, はおさなく, はおそろしい, はおどりあがっ, はかたく, はかれ, はかんがえ, はかんがえた, はき, はくやし, はけっして, はけんめい, はこの, はしばらく, はすぐ, はそうして, はそこ, はたいまつ, はちり, はとっさ, はどこ, はない, はなに, はなん, はなんと, はにわかに, はにわかにりん, ははからずも, ははじめて, ははっきり, はふしぎ, はふたりきり, はほ, はほんぜん, はまえ, はまず, はまだ, はまったく, はまんぞくそう, はめずらしく苦い, はもう, はやがて, はやにわに, はやや, はゆらゆら, はよろこぶ, はわりあい, はわれ, はサッと, はタタタタタ, はドン, はニッコリ, はハッタ, は一同, は三井寺山, は与えられた, は乱刀, は京都, は優美, は周囲, は夢, は太刀, は女々しい, は完全, は宵, は対面無用, は小幡民部, は小袖, は床几, は強く, は心から, は心ひそか, は息, は悲しい, は愛らしい, は折, は敵地, は日, は有名, は歯, は気づかわし, は無念, は父, は狭い, は留守, は白旗, は眉目, は神, は穴山, は空, は立ちあがっ, は竹童, は笑顔, は老師, は芦, は若年, は藺笠, は血刀, は衝, は身, は遠く, は金剛力, は陸, は雑木, は顔, は鷲, は黙然と, へ, へ人穴城, へ返っ, またふたり, まで足, も, もいたく, もいま, もおもわず, もかれ, もかわいそう, もさまざま, もすぐ, もその, もそれ, もつぶやく, もまだ, もやや, も一党, も二勇士, も冷静, も同じ, も同道, も四, も家康, も小太刀, も小気味よい, も幕, も心, も忍剣, も捨身, も旧知, も民部, も甲府表, も目, も龍太郎, やあの, やその, や一党, や党, や党友, や咲耶子, や家来, や龍太郎, よく申した, をいれ, をうばいとっ, をうばわれた, をおとり, をかくまっ, をからめ, をき, をげんじゅう, をご, をさがしださず, をさがしだそう, をしばりあげた, をせん, をそこ, をそれ, をたすけなけれ, をつれ, をとらえ, をなか, をにくん, をにらみかえし, をのこし, をはじめ他, をはじめ幕下, をはじめ苦境, をひかえさせた, をま, をまり, をむかえ, をもそこで, をも手, をわたし, を刑, を助ける, を勇士猛夫, を味方, を宮, を岩かげ, を心, を抱きこもう, を捕えた, を捕縛, を救わない, を斬る, を梅雪入道, を見上げ, を親船, を討った, を逃がす, を龍太郎, を龍巻, 生かして

▼ 伊那~ (145, 12.6%)

17 谷の 7 助郷, 方へ 6 谷に 4 谷から, 谷を, 龍丘 3 前岳, 方に 2 小屋に, 方で, 百姓は, 衆は, 谷へ, 谷まで

1 [78件] ご領主伊那五郎盛常殿, 一族冠者の, 三年は, 中路, 中馬と, 中馬木曾の, 二日を, 人足は, 俳人に, 先輩たちが, 内藤家へも, 助郷二百人, 助郷六十五か村, 助郷千七百七十人, 助郷総代, 南条村から, 南殿村への, 南殿村稲葉という, 南殿村稲葉の, 友人によ, 友達は, 地から, 地が, 地にも, 大領伊那家が, 天下に, 天龍は, 奥から, 小さな旅, 小野村の, 小野村まで, 山吹村に, 山吹村を, 平田御, 放浪時代と, 方から, 方です, 方は, 方を, 方面まで, 有志が, 本道に, 松島宿から, 死骸がか, 渓谷が, 町や, 百姓が, 縫助さんの, 衆が, 諸君を, 諸門人, 谷あたりだけでも, 谷あたりの, 谷あたりを, 谷からの, 谷としては, 谷なれ, 谷には, 谷も, 谷一帯を, 豊かな, 贔屓を, 農家では, 通路を, 郡代四郎勝頼土屋惣蔵は, 郡天龍川の, 郷土を, 里は, 長い流浪時代, 門人の, 顔を, 飯田に, 飯田には, 高遠に, 高遠の, 高遠へ, 高遠町の, 龍丘は

▼ 伊那丸さま~ (84, 7.3%)

5 のお 4 のおんため, のご 2 が, もお, や民部さま, をお

1 [63件] からご, がお, がご, がつかまっ, が勝った, が穴山梅雪, こんなはて, しばらくここ, だ, といい, とその, と知っ, におねがい, におわします, にはお, にはお家, には甲斐源氏, にわたらせられる, のあり, のおいで, のお供, のお年ごろ, のかたき, のこと, のす, の一大事, の危難, の善後, の大望, の小太郎山, の御内人加賀見忍剣, の微, の敗亡, の旗本, の立てこもる, の計略, の身, の軍勢, はおよばず, はこの, はご, はどう, はどこ, は大, へお, へたいして, へもう, へよしなに, へよそながら, へわたせよ, へ忠義, も, もあきらめ, もうここ, も民部どの, やその, やほか, や一党, をおい, をお迎え, をたずねだし, をはじめ同志, を取りかえし

▼ 伊那丸君~ (20, 1.7%)

4 のお

1 [16件] がご, その余, でありおつき, であります, でおわす, にもよく, のおん, の付人, の物, へそも, へ初, やそれ, や龍太郎, をうばいあった, をすくいだそう, を救おう

▼ 伊那~ (15, 1.3%)

3 来て 2 ある平田門人, 来た夜 1 ある四人, ある平田先生, ある平田同門北原稲雄, ある平田門人ら, いる三高, 不思議の, 出で, 国学の

▼ 伊那少年~ (15, 1.3%)

2 の横顔

1 [13件] が銀, に対する憎しみ, の姿, の背後姿, の行方, は悲鳴, は濡れた, は石炭運び, は逃れ得なかった, も唇, を抱きすくめ, を見下した, を顧み

▼ 伊那から~ (14, 1.2%)

2 出て

1 [12件] お久さん, そのあと, 岐阜縣の, 帰ったばかりの, 景蔵らと, 木曾への, 来て, 甲州へ, 美濃地方の, 諏訪へ, 護送し, 越前の

▼ 伊那~ (13, 1.1%)

2 の奥殿

1 [11件] が三太夫, との争い, との合戦, ともあろう, に勇士, に押し入り, のお, の大奥, の管領地, の運, も木曽

▼ 伊那~ (11, 1.0%)

2 行って 1 かけての, であろうと, はいったこと, 出たら放して, 向ひます, 行こうと, 送って, 送り出すまで, 運ばれて

▼ 伊那地方~ (11, 1.0%)

2 にある, の人たち 1 が篤胤研究者, に入る, に散在, の国学者, の村民, の村民総代, を見分

▼ 伊那丸がた~ (7, 0.6%)

1 のくわしい, のはかり, の武将, の軍師, の間諜, はどっと, は徳川

▼ 伊那~ (7, 0.6%)

3 郷の 2 郷が 1 郷は, 郷総代へ

▼ 伊那方面~ (7, 0.6%)

1 から徴集, だけでも久兵衛, で前, に入り込ませ, の人足, は当分, へは洞院左膳

▼ 伊那~ (7, 0.6%)

1 から小原氏, から東, で彼地, に入る, に至り, の箕輪屋, より高遠

▼ 伊那丸主従~ (6, 0.5%)

1 が大津, のいどころ, のやつら, はそれ, はやがて, は信濃

▼ 伊那丸方~ (6, 0.5%)

1 にさる者, の山県蔦, の斥候, の部下, の面々, へ合図

▼ 伊那~ (6, 0.5%)

4 の大 2 の若

▼ 伊那~ (5, 0.4%)

1 ながるる三峰川, 中心に, 出るから, 攻めた兵, 訪ひ

▼ 伊那~ (5, 0.4%)

1 ですか, の唄, の歴史, をわし, を聞く

▼ 伊那~ (5, 0.4%)

1 にてもある, の一城, の福智郷, を, 及び木曾路一帶

▼ 伊那~ (4, 0.3%)

1 という山, という浜, の小, の山

▼ 伊那南殿村~ (4, 0.3%)

3 の稲葉家 1 への訪問先

▼ 伊那行き~ (4, 0.3%)

1 には細君, のこと, の朝, はひどく

▼ 伊那~ (4, 0.3%)

1 ではこれ, の新米, の新緑, へ通じ

▼ 伊那~ (4, 0.3%)

1 です, にあたり原信好, の広瀬村泊まり, へと折れる

▼ 伊那高遠~ (4, 0.3%)

1 のほとり, の八幡社頭, の城, へ帰った

▼ 伊那~ (3, 0.3%)

1 いま藤の, 長野県下伊那郡の, 饑饉に

▼ 伊那まで~ (3, 0.3%)

1 お供いたします, 何里かね, 参られんで

▼ 伊那~ (3, 0.3%)

2 高遠の 1 高遠へ

▼ 伊那丸たち~ (3, 0.3%)

1 が垢離堂, へ合図, もやすやす

▼ 伊那盆地~ (3, 0.3%)

1 から木曾駒, から松本平, を南

▼ 伊那踊り~ (3, 0.3%)

1 がある, ですか, とかいふ郷土芸術

▼ 伊那からは~ (2, 0.2%)

1 すでに二度, だれも

▼ 伊那からも~ (2, 0.2%)

1 だいぶお, わざわざ運動

▼ 伊那~ (2, 0.2%)

1 とおっしゃいました, もんでございます

▼ 伊那でも~ (2, 0.2%)

1 それが, 有力な

▼ 伊那~ (2, 0.2%)

1 冠者の, 木曽との

▼ 伊那には~ (2, 0.2%)

1 彼ひとり, 高遠藩も

▼ 伊那への~ (2, 0.2%)

1 通路が, 通路にあたる

▼ 伊那~ (2, 0.2%)

1 上下二郡が, 大違い

▼ 伊那一郎~ (2, 0.2%)

1 って小僧, は船長

▼ 伊那丸これ~ (2, 0.2%)

1 にあり, へでませい

▼ 伊那丸ごと~ (2, 0.2%)

1 きに, き者

▼ 伊那丸ずれ~ (2, 0.2%)

1 に亡ぼされ, の女

▼ 伊那丸どの~ (2, 0.2%)

1 な, に悪意

▼ 伊那丸ひとり~ (2, 0.2%)

1 だ, になっ

▼ 伊那丸勢~ (2, 0.2%)

1 のまっ, 怒濤

▼ 伊那南条村~ (2, 0.2%)

1 の片田舎, の館松縫助

▼ 伊那四郎勝頼~ (2, 0.2%)

1 の座, の面上

▼ 伊那小野村~ (2, 0.2%)

1 の倉沢義髄, の庄屋倉沢義髄

▼ 伊那山脈~ (2, 0.2%)

1 の空, は紫陽花色

▼ 伊那盛常~ (2, 0.2%)

1 は躍り上がり, へ窃か

▼ 伊那許士別~ (2, 0.2%)

2 の命

▼ 伊那~ (2, 0.2%)

1 が秋天, 多く放し飼い

▼ 伊那高等女學校~ (2, 0.2%)

1 に教鞭, の教頭

▼1* [70件]

伊那あたりから入り込ん, 伊那そのほかの, 伊那一旗あげる, 伊那ですらそれだ, 伊那での長い潜伏時代, 伊那では鴨跖草が, 伊那とが有機的に, 伊那における平田派の, 伊那にかけて南信一円甲州の, 伊那にもミヤコか, 伊那ぶしですか家庭踊, 伊那へは此の, 伊那さよなら, 伊那丸さまあなたのお, 伊那丸さまはじめその他の旗本たち, 伊那丸さまわたくしはここ, 伊那丸さま家康の心, 伊那丸それをお, 伊那丸はじッと考え, 伊那丸はつぎに山県蔦, 伊那丸ひとりきりとなった, 伊那丸もうこの隠れ里, 伊那丸一味をみなごろ, 伊那丸一族はこの, 伊那丸与党の奸計, 伊那丸加賀見忍剣木隠龍太郎, 伊那丸小太刀をぬい, 伊那丸小幡民部そのほか帷幕, 伊那丸左右には山県蔦, 伊那丸幕下の者, 伊那丸忍剣龍太郎の耳, 伊那丸縁からいえ, 伊那丸軍の出動, 伊那丸針葉樹の木, 伊那丸龍太郎のふたり, 伊那五郎盛常といつか, 伊那五郎盛常殿じゃ, 伊那伴野村の松尾, 伊那伴野村出身の松尾, 伊那佐久など信州各地, 伊那の谷, 伊那八幡からはるばる, 伊那には信長信忠, 伊那口方面はほとんど, 伊那口木曾口飛騨口などの手配, 伊那回りで馬籠, 伊那大島の駅, 伊那安曇の上, 伊那家御嶽冠者以上三つの敵, 伊那山中三峯川上流小瀬戸の御料局宿泊所, 伊那を踏まえ, 伊那平野には青い, 伊那座光寺にある, 伊那時代からの正香, 伊那木曾地方は冬, 伊那木曾谷飛騨富山などおりある, 伊那村民と宿驛, 伊那松本辺から佐久, 伊那殿の総領君, 伊那町着あちらで訊ね, 伊那百十九か村の村民, 伊那で正絹まがい, 伊那行き以来懇意にする, 伊那諏訪へと進んだ, 伊那谷木曾谷の者, 伊那遠山に正月七日, 伊那郡小野村の倉沢義髄, 伊那郡高遠の城下, 伊那里村地方ではそこ, 伊那銀座を散歩