青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「主人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

丸~ 丸い~ 丸く~ 丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~ ~主人
主人~
~主人公 主人公~ 主任~ 主君~ 主婦~ ~主張 主張~ ~主義 主義~ 主膳~

「主人~」 25407, 236ppm, 421位

▼ 主人~ (7383, 29.1%)

90 顔を 54 弟の 45 前に 34 ために 31 ところへ 28 死骸を, 金を 24 家へ 23 ように 20 ことを, 部屋に 19 家に, 方を 18 命を, 鈴川主 17 娘の, 帰りを, 手に, 部屋の, 部屋へ 16 前へ, 又左衛門, 姿を, 方で, 方に, 方は, 留守に 15 ような, 家の, 耳に 14 名を, 方へ, 萬兵衞は, 話に 13 所へ, 言葉を 12 いいつけ, 彦七は, 甥の 11 前で, 声が, 家を, 心を, 死骸は, 眼を, 総七, 話では, 部屋を, 顔色を

10 [13件] あとを, 娘を, 手から, 方から, 方が, 死骸の, 留守を, 義弟の, 藤吉は, 言葉に, 許へ, 話を, 頭の

9 供を, 口から, 善兵衞は, 女は, 妹の, 様子を, 部屋は, 顔は, 首を

8 [15件] お兼, 万兵衛は, 代りに, 前を, 半左衞門, 声に, 声は, 声を, 娘が, 弟で, 源吉は, 為に, 眼に, 顏を, 顔に

7 [22件] ところに, 三郎兵衞は, 世話を, 久兵衞は, 千本金之, 半兵衞, 口の, 名は, 外に, 少女は, 居間に, 居間の, 居間へ, 後に, 榮右衞門は, 死んだの, 眼は, 義理の, 部屋から, 金兵衞は, 頭を, 顔が

6 [30件] いうこと, そばに, ほかに, 三郎兵衛は, 主水, 事だ, 半次郎は, 命令で, 外には, 姿が, 威光を, 娘お, 家が, 市兵衛は, 徳之助は, 徳右衞門は, 徳次郎を, 意に, 手の, 敵を, 書斎の, 機嫌を, 永左衞門, 留守中に, 耳には, 言葉の, 許しを, 遠縁に, 部屋と, 顔の

5 [56件] お伴を, お部屋, かたきを, すがた, そばへ, 事を, 五郎次は, 仕事を, 代に, 佐兵衛は, 傍に, 傍へ, 処へ, 又兵衞, 名が, 命に, 命令を, 妻と, 妾の, 子を, 子供を, 孫右衞門の, 孫右衞門は, 小左衞門, 庄司三郎兵衞は, 弟が, 後ろから, 心に, 意を, 易之, 書斎へ, 死んだ後, 死んで, 死体を, 気に入って, 甥で, 用事で, 總七は, 翁は, 耳にも, 萬兵衞を, 言葉は, 許に, 話だ, 話の, 身に, 身を, 身代りに, 遠縁の, 邸へ, 重兵衛, 面を, 鞍に, 頭に, 頭は, 首に

4 [69件] あとに, うちへ, お供を, お名前, ためを, ない家, ほうへ, やうに, 世話で, 中川は, 中川も, 仕事の, 位置に, 佐吉は, 体を, 使いで, 使で, 俺が, 側に, 勘五郎に, 命で, 善兵衛は, 喜兵衛は, 太左衞門, 妹お, 妻の, 妻を, 姿は, 媽, 屋敷へ, 店に, 弟, 彌八郎, 彦太郎に, 彦太郎は, 心が, 惡事を, 意志を, 手が, 手を, 挨拶を, 播磨は, 案内で, 様子に, 機嫌が, 死が, 死骸が, 気持が, 気持を, 気質を, 氣に, 浅野は, 物を, 生きて, 甥に, 由兵衛は, 眼が, 眼の, 神津右京は, 總七が, 總兵衞は, 罪を, 藤吉と, 造酒助は, 遠縁で, 部屋が, 金六は, 金兵衞が, 金兵衞の

3 [145件] うしろから, うしろに, おとも, お友達, お米, お米さん, お角, お釜, ことで, ことです, ことに, ことは, ことばを, ためと, ためには, ほうで, ほかには, もとに, ものを, コゼツは, 万兵衛が, 三郎兵衞が, 上に, 下に, 丹右衞門は, 久兵衛は, 仇を, 佐久間勘解由は, 佐兵衞は, 依右衛門, 傷は, 内儀さんは, 出て, 利右衞門は, 勘十郎が, 半九郎, 半兵衛は, 口を, 名前は, 君は, 命令が, 声で, 壽齋は, 女房と, 好意が, 好意で, 妹を, 妻が, 姪の, 子供の, 孫右衞門と, 安否を, 室の, 室へ, 家で, 寝て, 寝室を, 居間と, 山本は, 市十郎が, 帰宅を, 幸右衞門は, 店へ, 弟だ, 弱気な, 後ろに, 後を, 徳兵衛は, 志を, 恥に, 恩を, 息子を, 意の, 意見に, 手つきを, 手は, 手へ, 手箱に, 持つて, 捨次郎も, 文五郎は, 方でも, 方の, 方も, 日頃の, 書いたもの, 書斎で, 枕もとに, 枕元に, 様に, 權右衞門は, 死体と, 死體の, 殿が, 気を, 永左衛門が, 注意を, 為すが, 甚兵衛は, 甥と, 用を, 用箪笥に, 病気を, 目の, 細君の, 総兵衛, 義弟で, 背後に, 背後の, 背後へ, 胸倉を, 若衆は, 萬兵衞が, 葬ひ, 葬式を, 血の, 言に, 言葉が, 財布を, 趣味を, 足もとに, 身が, 身の, 身の上に, 身の上を, 遺言状を, 部屋だ, 部屋には, 重三郎は, 重兵衞, 金兵衛も, 金兵衞も, 院は, 難儀を, 鞭の, 頭が, 頭には, 顏に, 顔から, 首が, 首尾も, 馬の, 馬は, 髪を, 鼻の

2 [586件 抜粋] あとについて, いない家, うちには, おふみ, おゆるし, お前さんを, お君, お好み, お秀, お組, お葉, お許しが, からだを, ことなどを, この言葉, して, そばを, ためにも, ための, と大きな, においを, ほうに, むすめ, めだまは, ものだ, やうな, やかましさ, わしが, カブアが, コックが, ジヤガイモさんは, ヴァランタンは, 一夜作りの, 一存で, 一郎さんには, 七郎左衛門は, 三七の, 三七は, 三郎兵衛と, 三郎兵衞と, 三郎兵衞を, 不在の, 不在を, 不在中, 丹右衞門が, 丹右衞門と, 主義が, 久兵衛に, 久兵衞に, 事は, 云うの, 云う所, 云つた通りに, 五郎次が, 亡い, 人格を, 仁右衛門は, 今の, 介抱から, 仕打を, 代理で, 代理として, 仰山らしく, 仲間の, 伊兵衞は, 伊織に, 伜の, 佐兵衛が, 余りな, 使いに, 使にて, 例に, 例の, 信之も, 信次郎は, 健康を, 傍から, 傲慢さにも, 傳右衞門が, 元が, 元の, 兄き, 先妻の, 光秀が, 八郎兵衞は, 六兵衛は, 六兵衛を, 六兵衞が, 六兵衞を, 六右衞門は, 兵左衞門は, 内意を, 内行, 出かけるの, 出た時刻, 前には, 勇名は, 動静を, 勘五郎から, 勘五郎は, 勘五郎も, 勘六は, 勘兵衞が, 勘兵衞に, 勘兵衞は, 勝平に, 勝藏は, 勝藏を, 千之助と, 半之丞が, 半兵衛が, 半兵衛も, 半次郎, 半次郎これは, 半次郎に, 半次郎を, 卓子の, 博士に, 危難を, 厄介に, 去った後, 又兵衛は, 又左衞門, 友人で, 反感を, 取締りは, 口占から, 古い差料, 吉五郎でございます, 吉兵衞は, 名も, 命と, 命によって, 命の, 命も, 命令だ, 命令でございます, 命令に従って, 和助は, 和助を, 和子様に, 咽喉の, 咽喉を, 善五郎が, 善五郎と, 善五郎の, 善五郎は, 善五郎を, 喉を, 喜兵衛が, 喜兵衞は, 嘉七が, 嘉兵衛と, 因幡守が, 園田さんと, 地位を, 城へ, 増右衛門は, 声の, 壽齋を, 大事と, 大切な, 大坪石見に, 大官が, 大村兵庫, 大村兵庫いきなり, 大鳥氏も, 太兵衛, 奥さんと, 女が, 女と, 好みで, 好奇心を, 如くである, 如くに, 妹, 妹が, 妻は, 妾と, 姪だ, 姪で, 姪です, 威を, 娘だ, 媽媽が, 媽媽は, 嫁が, 嫁では, 嫁の, 字にも, 孫右衛門が, 孫右衛門殿は, 孫太夫は, 宗匠が, 宗太郎は, 室に, 家でも, 家には, 家は, 家へは, 容態は, 寅五郎が, 寝室へ, 寝部屋, 寝間の, 寝間を, 寵を, 小さな歯, 小六, 小幡は, 小幡伊織が, 小言に, 小言を, 居る方, 居間から, 居間らしく, 居間を, 屍体は, 山三郎さんは, 山三郎の, 山之, 峰右衛門は, 峰右衞門は, 川手氏は, 市之助は, 市之助を, 市五郎は, 市兵衛も, 市十郎と, 市十郎は, 席の, 帰るの, 常右衛門, 常右衞門, 平四郎よりも, 平太夫, 平生の, 年囘を, 幸七は, 幸七を, 幸右衞門が, 幸右衞門と, 庄司右京は, 庄司右京を, 床の, 床を, 庭を, 弟その, 弟吉三郎二十五歳の, 弟岩三郎の, 弟房松は, 弥八は, 弥助は, 彌八, 彌助は, 形見の, 彦七が, 彦七も, 彦太郎が, 彼は, 後から, 後家に, 得意を, 從弟の, 御嬢さん, 御房, 御手蹟, 徳七は, 徳之助と, 徳兵衞は, 徳右衞門に, 徳右衞門も, 徳右衞門を, 徳次郎などは, 心の, 心は, 心持を, 急を, 息子であった, 息子と, 息子に, 意は, 慈悲は, 態度, 態度に, 成れの, 戸棚を, 房五郎は, 手もとを, 手前を, 手文庫を, 手箱から, 手紙に, 手紙を, 才兵衛は, 承諾を, 持物なんかと, 指した茶箱, 指図に, 挨拶は, 敬三郎は, 敵だ, 新三郎は, 方じゃ, 方には, 日々の, 旧門下生, 暖簾と, 書生は, 朝井玄龍は, 机の, 杉之, 松五郎です, 枕元へ, 柩を, 根柢的な, 案内にて, 様子が, 樣に, 樣子を, 横脇で, 次には, 次兵衛, 歸り, 死によう, 死の, 死は, 死体の, 死體を, 殺されたこと, 殺されたの, 殺された部屋, 殿に, 殿には, 母親の, 気もちを, 気色を, 気風に, 氣持ちが, 永左衛門も, 決心を, 治三郎を, 治兵衞と, 治兵衞を, 法事を, 浪乃と, 海保が, 淫慾を, 清右衞門は, 源兵衞が, 源吉に, 源吉事もなげです, 烏丸殿は, 無事な, 熊谷三郎兵衛が, 犬を, 玄龍が, 甚兵衛に, 甚兵衞は, 甥, 甥にあたる, 用に, 用箪笥の, 由兵衛に, 申出を, 留めるの, 留守で, 留守などには, 留守には, 留守の, 皆川半之丞, 目を, 直助, 眼や, 眼鏡に, 着物を, 知己の, 石神様が, 研究の, 祐吉が, 祐吉に, 神原も, 神尾の, 神経的な, 福島嘉平太を, 秋山佐仲に, 筆跡かい, 米櫃に, 細君に, 紹介で, 総右衛門, 編上の, 總太郎が, 老人は, 老女の, 老書記, 考えでは, 考えを, 聲が, 背を, 胸に, 能登守でありました, 能登守は, 脚に, 腕だ, 膝が, 膝に, 膝の, 自慢でございました, 良助は, 茂三郎さんは, 茂三郎です, 茂三郎始め, 茶の湯の, 荘八は, 荘田勝平です, 萬藏を, 董承, 藤兵衛が, 藤吉が, 藤吉郎と, 血筋を, 行く先を, 行先を, 行方だ, 行方の, 行方も, 表情を, 西川文華は, 視線を, 親切有難い, 言い付けだから, 言い付けで, 言ったとおり, 言葉も, 許嫁だ, 評語を, 話で, 説明に, 説明を, 調子には, 財産を, 貫三郎と, 責任と, 起きた時, 足音の, 跡を, 身分が, 身持が, 身辺に, 身體を, 逆上は, 運命が, 道楽は, 遠い親類, 邸に, 邸内から, 部屋お, 部屋で, 部屋といふ, 部屋へも, 部屋や, 部屋らしく, 配偶お, 配偶の, 醫者が, 醫者は, 重三郎とは, 重三郎に, 重太郎には, 重太郎の, 重太郎まで, 金の, 金六が, 金兵衞に, 金右衞門が, 銀一すらも, 銭石山に, 隱した, 難儀は, 音次郎は, 頼みで, 額に, 顏が, 顏なり, 顔なり, 首だけは, 首の, 首は, 馨之, 馬を, 駒の, 高橋さんに, 高橋さんの, 髯は, 鶯谷は, 鹿右衛門は, 鹿右衞門は, 鼾も, 齢を

1 [3614件 抜粋] あとさえ, いい付け, いうの, いない作爺さん, いふに, いる時, うちを, おせい様, おやじは, お休み, お力に, お妾, お家を, お常, お楽, お目, お金を, かえりを, かたきで, かみさんの, ことお父さんの, このさま, この積極的, ごとくこんな, ご厚意, じまんの, せわで, その烈しい, ためかくの, ためまた, つれ立っ, ところだ, どなりと, なさけも, はなしでは, ふざけ方, ほうを, まくら刀は, むら気には, ものいいには, やりかた, ようだ, ゐなかつた寂し, イェレミーアスの, ガスケル氏が, スヰフトは, チヨン髷を, ニユートンは, ファンから, ホールと, リファインされた, ルージェール伯爵だ, 一人について, 一周忌を, 一挙一動を, 一診, 七郎兵衛が, 七郎兵衞は, 三七が, 三右衛門と, 三右衞門を, 三郎には, 上にも, 下手人を, 不幸の, 不氣嫌, 世話だ, 中は, 中川幾分か, 中老人は, 主人たる, 丿観は, 久兵衞さんと, 乗ったの, 乱行が, 事業的意氣込みに, 云い分, 云って, 五百之進が, 井杉さん夫婦が, 京都に, 仁太郎氏は, 今宮さんは, 仕事机らしい, 他猫の, 令嬢十八年の, 仲の, 伊丹兵庫頭様, 伊太夫の, 伊達政宗に, 伝兵衛と, 位を, 佐久間勘解由です, 佐兵衛と, 佐吉に, 体は, 作つた, 供も, 保護を, 信用も, 倅の, 側として, 傍らに, 儀なりとも, 兄, 先代平助儀當主主税之, 免許を, 全体としては, 八郎兵衞を, 六十五六歳に, 六郎左衛門は, 其月は, 内匠頭に, 冷たい手, 出す石, 出勤を, 出身は, 別所長治へ, 利益である, 前の, 前中納言殿, 劉を, 努力を, 勘六だ, 勘右衛門であった, 勘解由までが, 勝藏と, 勤務先が, 千本さんが, 半兵衞夫婦, 博士だった, 危きを, 卿も, 厳しさ, 又助は, 収入で, 受取証を, 口上を, 口調を, 右京では, 吉兵衛と, 名だ, 名刺で御座います, 君にぞ, 吩付でした, 周太郎男の, 命は, 咄が, 唇を, 啓之助も, 善兵衞さ, 喜兵衞が, 喜左衛門は, 嘉兵衛が, 嘱によって, 囲い者だった, 園井さんの, 坂本が, 基経から, 墓へ, 増右衛門らしく思われます, 壮太郎氏や, 声と共に, 変死を, 外出を, 多識, 大事, 大切の, 大工だ, 大痛事, 大鳥氏は, 太一郎さん夫婦と, 奥がたは, 女だけは, 女房らしい, 好みであろう, 好癖, 妹で, 妹分の, 妻女の, 妾な, 姉小路卿が, 委託を, 姪一人は, 姿絵を, 娘で, 娘なり, 婆さんが, 子が, 子の, 子孫に, 孫十郎は, 孫右衞門に, 安全の, 宗助だ, 宗左衞門の, 実印を, 客に, 宮永氏も, 家です, 家内の, 家来のという, 宿料請求に対しては, 寝室である, 寝床の, 寝顔の, 寢部屋に, 寮には, 寺西右京は, 将軍が, 小四郎を, 小山携え来れる, 小森市之助という, 小金井は, 尻の, 居ない家, 居室家族の, 居間には, 屋敷でございます, 山下庄太が, 岩吉だ, 峰右衛門が, 島五六郎は, 川辺宗太郎が, 左右にも, 巽九八郎は, 市兵衞に, 市十郎を, 帰って, 帰る間座敷, 帳場で, 平左衛門が, 年景が, 広海子爵, 庄司三郎兵衞樣が, 座である, 庭は, 引きとめる, 弟ヴィクトルが, 弥助を, 張の, 彌太郎は, 形見に, 役が, 往々に, 後室様が, 後方なる, 後添への, 御乗馬, 御容態, 御老母, 御飯を, 徳之助とは, 徳兵衞で, 徳大寺大納言家を, 心づかいの, 心持ちは, 心遣いにも, 忠兵衞五十二三分別者で, 忠通も, 怒号は, 思ひ立ち, 急用ありと, 性質が, 怪我の, 恩には, 息女に対して, 息災を, 悪逆無道の, 情が, 惡いところは, 意図も, 意見であった, 愛国心は, 感情意思が, 慎しむ, 應接室で, 我儘で, 所から, 所説で, 手ぬぐいに, 手前知らない, 手文庫に, 手討ち, 折角の, 持物が, 指さす方, 挙へは, 掌に, 操, 放蕩や, 政職へ, 数は, 敵討に, 新兵衛, 方たちまで, 方針に, 日記なり, 昔し, 春木さんにたいしては, 時などは, 暴悪に, 書斎へと, 書院の, 有り合わせの, 望みを, 木挽町合引橋に, 本心であった, 李公は, 松倉様まで, 松雲は, 柳糸子は, 桜井さんに, 棺へ, 榊原も, 権八は, 横に, 機嫌気褄を, 次郎右衛門, 次郎右衞門, 次郎左衛門と, 正宗彦六が, 歴史家は, 死ぬの, 死体からも, 死後忰は, 死體に, 殿様が, 母親という, 気にいりで下, 気の, 気持ちは, 気質も, 氣違ひ, 永左衛門自ら案内に, 決定に, 治兵衛には, 治平の, 注意と, 泰さんを, 浮気おさえ, 淹れ, 清右衞門が, 清閑を, 源兵衛が, 源左衞門で御座います, 漢詩が, 濱島は, 為す所, 為め娘の, 無頓着らしい, 煩悶を, 熱望する, 父, 牛乳屋さんに, 物売りと, 特色である, 猪野の, 玄龍先生が, 甘藷畑と, 生死にか, 甥であり, 用向ばかり, 由三は, 申し出に, 男の, 畑尾と, 疑も, 病を, 痘痕も, 百太夫と, 盧は, 相図を, 相貌を, 真面目を, 眼も, 着物だけ, 矢の先で, 知らぬ物, 短刀, 研究が, 祐吉さんを, 祐玄は, 神を, 神尾殿が, 禿頭が, 私から, 秘事を, 積んで, 立ちす, 竹中半兵衛だった, 笑い声が, 筆で, 答えは, 米を, 紅矢です, 細君が, 紹介につれて, 統業に, 總七, 織田信長公を, 美術定義を, 翁に, 老文豪, 老百姓, 聖書朗読に, 肉体から, 肚に, 背なかを, 胤を, 胸板が, 腕から, 膝許に, 臥たり, 自慢に, 與惣次も, 花崎さん夫妻が, 芸は, 若年の, 苦衷も, 茂平が, 荘太郎, 莊太郎も, 萬兵衞夫婦は, 著物, 蔭口を, 藤吉郎が, 血壓を, 行動に, 衣裳に, 褥に, 見さかいも, 親友な, 親類から, 言いつけで湯島, 言うところ, 言では, 言葉である, 言葉奇なりと, 討手を, 許可を, 詩歌の, 話であります, 話は, 語調は, 談話し, 譯に, 豪奢な, 財布ごと有金二三十両盗った, 貧しさ, 貫禄を, 貿易の, 赤森さんが, 足また, 跫音でございます, 身ぶりを, 身体か, 身分はな, 身長を, 轟は, 農夫を, 近藤氏が, 通夜で, 進めた芸人, 道庵先生です, 遠矢幸造が, 遺書が, 遺骸を, 部屋これは, 郷太郎でしょう, 里好の, 金兵衞でございます, 金右衞門は, 金藏が, 銭石山が, 鎧櫃を, 長広舌も, 門彌, 関係や, 陣場仙太郎なる, 隠し子である, 隼人に, 雪駄を, 青年の, 面に, 響の, 頭では, 頼子は, 顔, 顔とをか, 願いを, 食う麺麭, 飯を, 養子が, 馬には, 駈け向う後, 骸骨を, 髪が, 鴨下ドクトルの, 黒沼孫八は

▼ 主人~ (4644, 18.3%)

40 それを 23 私の 19 いいました 17 私に, 自分の 16 言った 11 これを, 急に 9 どうした, 私を 8 云った, 喜んで, 笑いながら, 頭を, 顔を 7 何も, 例の, 客が, 或る, 眼を, 言葉を, 酒を

6 [12件] ここで, すぐに, だまって, どこへ, 云つた, 何か, 妙な, 手を, 生きて, 知って, 私が, 黙って

5 [11件] いって, そこに, そんなこと, 口を, 大に, 娘の, 客の, 彼を, 相変らず, 首を, 驚いて

4 [35件] いった, いつもの, ことの, さう, どこに, どんな人, びっくりし, ヴァイオリン弾き, 一人で, 事もなげに, 今度は, 何と, 何の, 外へ, 大方もう石城, 女の, 嬉しそう, 容易に, 少しも, 店の, 彼の, 御在宅, 急いで, 朝から, 本當, 死んで, 気の毒そうに, 盃を, 目を, 笑って, 答えました, 自分が, 酒が, 金を, 非常に

3 [74件] あたしの, いつでも, いつに, うなずいて, おきみ, お内儀さん, お前に, お前の, かさねて, きせるを, こういっ, この中, この家, これで, こんなこと, さすがに, そういっ, そう云っ, そう言っ, それが, どうしました, どこまでも, もうお, よくし, 不在で, 不審そうに, 不思議な, 主人で, 二十銭で, 二階へ, 他の, 仲が, 何でも, 何にも, 何んと, 俺の, 出て, 前の, 始めて, 宗助を, 家の, 居るか, 己を, 平次の, 平気で, 平気な, 座敷の, 庭を, 彼等の, 微笑し, 心配そうに, 息を, 愛想よく, 手に, 時計を, 有名な, 机の, 歎息し, 殺されて, 気が, 無口な, 無言の, 相手の, 立って, 答えた, 答へ, 細君の, 考えました, 茶を, 言うの, 言って, 許宣が, 起きて, 鼻の

2 [313件] あさ, あなたが, あなたの, あの晩私, あの若い, あまりお, あまりの, あまり良い, ある日旅, あんな事, いい加減, いうまでも, いかにもコック, いったが, うちの, おるか, お世辞, お仲, お出かけに, お宅, お帰り, お才, お独り, お越, お酒, かくの, かなりの, きいた, きき入れませんでした, きょうも, こう答えた, ここらで, ことさらに, このお客, この名高い, この時, この町, この話, これも, こんな事, さうお, さすが昔, しかし営業停止, じつに用意周到, ずっと向う, そこで, そしてひたすら, そのとき, その不, その印形, その喧嘩, それから, それには, それは, そんな赤, たん念に, どうかし, どうかする, どうしても私, どうだ, どうなされた, どうも自分, どこか, なるほど, にこにこし, にやにやし, のれんを, ひと先ず, ひどく驚いた, びっくりした, またこう, またも, まだお, まだ島, まだ帰らぬ, まだ若い, まだ若かっ, もうろくな, もう五十, もう客, もっともらしい, もとより慈悲, もと加茂神社の, やかましい方, やがて宗助, よく見定め, わざと箸, わたくしの, ゴクリと, ツイ先頃非業の, ハッと, ホッと, ポケットから, 一人の, 一家の, 一座に, 一本の, 一生懸命に, 一言も, 一通りの, 三十二三大, 上品な, 下男部屋の, 不審に, 中風だ, 之に, 予想通り血色の, 二つ返事で, 二三日前から, 二十年も, 五十ばかりの, 人の, 人を, 今まで, 今も, 今夜の, 今日は, 他人に, 以前の, 仰向けに, 会が, 何で喧嘩, 何とかし, 何となく妹, 何を, 何時もの, 余の, 例によって, 信心に, 傍に, 僕に, 僕を, 光った目, 冷淡に, 出征中で, 前掛, 半串, 卒然, 叫んだ, 右の, 吃驚し, 吾輩の, 唱えて, 商用で, 喜んだ, 四十恰好の, 因業で, 因業で禿げ, 在宅か, 在宅では, 声を, 多勢の, 夜は, 夜中に, 夢の, 大きな声, 大きな眼鏡, 大喜び, 大声で, 大変な, 大変に, 大層やかましく, 大急ぎで, 大機嫌, 大隊長, 夫婦とも, 奥の, 女中に, 女中を, 妻が, 威儀を, 娘に, 子供に, 客を, 家に, 家来を, 寝て, 寝返りを, 小六, 少しく眉, 少し考え, 己で, 帰って, 帳場格子の, 年の, 年を, 幾度も, 床の, 引きとめる, 往来を, 待って, 御婦人, 御存じで, 御病気, 御自分, 微塵流の, 微笑を, 徳之助の, 思いました, 思った, 恐縮の, 息子の, 意外な, 扉を, 手文庫の, 承知しません, 折から, 授業が, 支那の, 支配人の, 教師である, 時々へえ, 時間に, 書にも, 最後の, 木の, 机に, 東に, 椅子から, 椽側へ, 横を, 機嫌よく, 次の, 此所で, 武右衛門君の, 殿様の, 気を, 気楽です, 気軽に, 洋行中から, 浪乃と, 滅多に, 火鉢に, 無頓着に, 物の, 猫の, 申して, 男の, 男を, 町役人の, 畏まって, 留守お, 留守で, 留守であった, 留守門番は, 病気で, 百も, 皆んな眼を, 皿を, 直ぐに, 真赤に, 真面目な, 真面目に, 眼ざとい方か, 眼の, 眼尻に, 眼鏡を, 石を, 石段の, 碁を, 祇園の, 禿頭の, 私だ, 私達に, 突然と, 突然大きな, 笑いました, 答えて, 箸とも, 素知らぬ顏, 細引で, 維新の, 総入れ歯, 羨ましそう, 考えたの, 耳を, 肖りたい名, 肝を, 背中から, 腰の, 腹を, 膝を, 苦々しそう, 落ち着いて, 蒙古人, 裏口から, 言つた, 語った, 誰だ, 誰に, 買うと, 起って, 跡取りの, 身上を, 返事を, 酔って, 金の, 金銭を, 雄吉の, 離屋に, 静かに, 非常な, 頑固で, 頗る劇通, 頬を, 顏を, 風流を, 食べかけて, 飲みさし, 養子の, 香港の, 馬に, 鷹揚に

1 [3268件 抜粋] Пの, あきらかに, あく迄, あちらに, あとの, あの女, あの通り弱氣, あまり仕事, あるときそれ, あわただしそう, いうの, いくども, いささか由緒, いつか行く, いつの間にやら, いつも夕方, いつも洋服, いとど不憫さ, いまだかつて僕, いよ, いよいよ柔, いら立つて, いわゆる浜, うなずきます, おいでに, おじいさんを, おどろかずたとい, おまえを, おれの, お前といふ, お小言, お留守, お関, かごの, かみさんと, きたならしい本, くわしく話しはじめた, けさも, こういった, こう演説, ここまで, ことごとく恐縮, この世に, この位牌, この問題, この寂寞, この時玄関, この私, この野郎, この香炉, これと, これらの, ご在宅, さがった, さっさと帽子, さも惚れ惚れ, さり気なく, しばらく沈黙, しよつちゆう塩原多助, じろりと爺さん, すぐ出, すぐ馬, すこぶる冷淡, ずいぶん大声, せっかく寮, そう私, そこらに, そとでは, そのとき柳沢父子, その二人, その原稿, その布団, その心, その時, その猫, その瞬間, その膳, その足音, その骨, それっきり姿を, それとなくまた, それよりも, そんな布団, たいそう厳格, たしか伊野, ただ今臥, たまりかねて, ちゃんと在宅, ちょっとむっとする, ちよい, つくづくそう言われます, てんで相手, ときどきそれとなく奥, どういうもの, どうしてあんなに猪, どうぞと, どうも気むずかし, どこを, どんな飛, なお入れ, なかなかしっかりし, なくな, なにを, なんでも, にやりと笑いました, のっそりと, はなはだ熱心, ひどく嬉しそう, ふかく感じた, ふたりを, ぶっきら棒, ほえ声, ほとんど横耳, まじめに, まずこの, またあれ, またゆうぜんと, また前, また失敗, また東洋, また若, まだあの, まだ一歩, まだ悟らない, まだ私, まったく知らない, みるみる困惑, むろん金貸, もう一方, もう其頃, もう有頂天, もう起き, もちろん妻君, もとより如何, もと逓信省, やおら下駄, やがてタッタ一こと, やさしく私, やっぱり馬, やはり河向う, やむを得ず酒, ようやく刑事, ようやく談判, よく知っ, わが何, わざと只周囲, わざわざ座蒲団, わたしたちに, わだかまりの, アヤツリの, エキモスを, カシタンカを, キャデラックを, ゴム園の, ダチュラを, ドイツの, パイプを, ビックリしまし, フルーメンティで, ベルヒの, ルービンという, 一しょに, 一人怒り出す, 一向動じない, 一層大きな, 一方の, 一時身が, 一番御, 一言の, 丁度戸, 三の, 三年まえ, 三河万才だ, 上の空で, 上着を, 不在, 不在です, 不思議そうに, 不機嫌な, 世間からは, 中国辺の, 主と, 主人の, 乗馬を, 事なきに, 二三人の, 二十九歳だ, 二年越しの, 云うん, 五十七で, 五年まえ, 亡くなりがけ, 京都に, 人使いが, 仁左衛門と, 今一人の, 今思い出し, 今朝早くから, 仕事の, 他所目には, 代表者たちから, 仰向いて, 伊四郎と, 佐久馬と, 何だか話, 何にか, 何一つとして, 何十年も, 何等かの, 余に, 使に, 保吉と, 個人なるべし, 傭人に, 元は, 先ず我, 先年みまかりまし, 全くこの, 全部聞きとっ, 公に, 六十前後長男の, 其の主張, 其夜風邪の, 其頃六十恰好の, 再びあなやといひもあへず, 冷たくな, 凭れて, 刀に, 判ったと, 刺される前, 力なく, 勤めに, 勿論世間, 医者, 半ば命令的に, 半蔵が, 南室などに, 即座に, 去年の, 又山火事, 反駁した, 只今もう, 召使に, 合壁の, 名画が, 吾妻を, 命令した, 唇元へ, 商売の, 問ひ返した, 喰い欠けた羊羹, 四十を, 四方を, 国事に, 土蔵から, 圭一郎に, 坊主で, 堪まり, 売りだろう, 夏時半, 外套を, 多額納税者で, 大いに喜びまし, 大きくうなずいた, 大分しっかり, 大学時代に, 大方その, 大関綾瀬川という, 天気を, 奥さんを, 女を, 女給の, 好奇的な, 妾を, 嫌いだ, 子供の, 学校から, 安心する, 客と, 宵の, 家業の, 寄って, 寝床の, 専門が, 小さな掌, 小声で, 小柄の, 小言を, 少々談話, 少し得意, 少し面白く, 尚竿, 居りませんから, 居間で, 岡つ, 左手壁の, 巻煙草の, 帳場で, 平常枯木寒巌, 平素巫山戯た, 幼少の, 幾枚かの, 床の間に, 店員と共に, 座敷吉は, 引揚者の, 当地の, 彼との, 彼女と, 後で来る, 得手勝手で, 御存じだろう, 御飯を, 心当りが, 必ず隣, 忠實な, 怒ったよう, 思い出したよう, 思ひ出して, 思わず鼻, 息子に, 悶蹈し, 愛嬌が, 感心極まった, 慾が, 成程々, 戦地へ, 扁桃腺で, 打ち遣ったよう, 承諾し, 抽斎の, 指定の, 改めて又, 教師の, 文学士な, 斯んな, 新らしい, 旅先より, 日ごとという, 日本堤分署から, 早晩胃病で, 明後日鎌倉に, 昔の, 昨夜何處へ, 昨日何者かの, 昼寝従妹は, 時々神経痛, 曲りなりにも, 書生に, 最早や, 朝な夕な手が, 朝未明に, 本職の, 杖の, 東京を, 果たして養子, 格子戸の, 桜井直之輔とて, 棺桶が, 槌を, 機嫌好げに, 正ちゃんを, 此まで, 此青年に, 歯が, 死んだ, 殘念が, 毎日, 毎晩ひどく, 毫も感謝, 氣が, 江戸っ子らしく見えた, 河崎佐藤の, 泥濘の, 洋行した, 海賊などという, 添書の, 温顏もて, 漸く助かり, 火の手が, 烏山, 無理を, 無論参朝, 無論迷亭先生, 煙管が, 熱いところ, 片手を, 特別に, 独り言を, 猫背で, 玄関まで, 甚七が, 生活の, 田舍にだけ, 申します, 留守だ, 留守では, 疲れた馬, 病弱らしい, 病身なんとなく, 発狂した, 百メートルも, 目ざとくそれ, 直ぐ盤, 相当に, 真にはや大分, 眺めて, 睨んだ, 知らぬ顔で, 石切りを, 確かに, 神の, 私たちを, 積極的に, 窓を, 立去つて, 笑った, 第二信, 答えたが, 米の, 納戸から, 素敵な, 細君より, 給仕男を, 絵端書の, 縦横策を, 羊羹を, 老熟した, 耳にも, 肉の, 肺患で, 胡散さ, 腕を, 自から, 自分ながら, 自在鉤に, 至極真面目, 船乗りであっ, 芥川龍之介には, 花前を, 苦々しく云う, 英吉利海峽の, 茶碗を, 落ちついた口, 著しい引け目, 蒼白い顔, 蝙蝠傘を, 行つた, 行状の, 袖無しの, 見えなかつた, 見物人にも, 親しそう, 言いにく, 詩を, 語った所, 読書に, 論外だ, 謹愼中で, 貧しい家, 贔屓の, 起き上って, 跪づい, 軍人上りで, 近くに, 近頃夜の, 退屈そうに, 通が, 連り, 道路を, 遮って, 郵船会社に, 酷い目, 重ね重ね念, 金之助の, 釣道樂が, 鉄砲を, 銭翁と, 鏡を, 長火鉢の, 間もなく退屈, 陽気な, 障子廊下の, 雇人を, 雲山の, 青年ながら, 面白い男, 頬撫でつ, 頻りに僕, 顔役だ, 飛んだ災難, 食卓の, 養子で, 首筋や, 馬鹿げた事, 驚いたが, 高等師範か, 鳥沢の, 黄ろい, 黙読一過の

▼ 主人~ (2905, 11.4%)

31 死んで 30 出て 22 言った 16 自分で 15 帰って 14 来て, 生きて 11 死ぬと, 自分の 10 死ねば, 死んだ後 9 それを, 云った 8 留守だ, 私に, 私の 7 手を 6 一人で, 不在で, 入って, 口を, 奥から, 眼を, 聞く, 顔を 5 外へ, 急に, 殺されて, 私を, 自分を, 行方不明に, 金を

4 [19件] 不意に, 云いました, 云う, 云つた, 代って, 何か, 叫んだ, 封印を, 建てて, 或る, 戻って, 来た, 死にましたぜ, 死んでも, 留守で, 見つけて, 見て, 買いなら奥さん, 起きて

3 [37件] はいって, やかましくて, やつて, ゐるの, 二人の, 云うと, 亡くなって, 亡くなつて, 人に, 何を, 勝手に, 声を, 外出する, 夜半に, 居て, 帰ってから, 彼の, 御自分, 怕く, 怪しんで, 新聞を, 旅行中で, 暖簾を, 東京に, 歿く, 殺されたと, 殺されたん, 気が, 熱心に, 現れた, 確かに, 立って, 聞いて, 聞くと, 行方知れず, 言いました, 預って

2 [224件] あの女, あの通り, あらわれた, ある, あるの, あれば, いいました, いう, いうの, いた, いたずらが, いったので, いつに, いつまでも, いないので, いなければ, いるか, いるの, うちに, お前さんに, お前と, お帰り, お歸, これまで, さう云つて, そこに, そばから, ついて, どうかした, どうした, どんなにこの, どんな方, どんな顔, なぜそんな, にこにこし, ひとりの, ふらりと, もどって, やって来て, やられたの, よその, わざ, わの, 一代に, 一年も, 一番さきに, 下男に, 不在とて, 不在な, 主で, 主筆ン所へ, 二階へ, 云うの, 亡くなったので, 亡くなる二三日前, 亡くなれば, 人手に, 今朝に, 今朝の, 仏壇の, 他の, 住んで, 何う, 何かの, 何時か, 何科だ, 使って, 來た, 例に, 例の, 俄かに, 俺の, 倒れて, 僕に, 先に, 入るの, 公儀の, 出かけた時刻, 刀を, 刄物を, 剃刀を, 勘定書を, 卒中で, 危篤でございます, 口で, 召使に, 営業停止を, 変死した, 夜の, 夜中に, 夢に, 大目に, 奥の, 奥へ, 女房に, 好者, 如何に, 妙に, 娘が, 宗助に, 客の, 客を, 室へ, 宵の, 家に, 家来に, 寝ながら, 寮へ, 将棋が, 小僧女店員まで, 小梅の, 居ないと, 居ると, 居るん, 岸へ, 崖下の, 席に, 帰つて来, 帰ると, 店に, 店を, 店先に, 座を, 引受けるって, 後から, 後架へ, 念を, 思う, 急病で, 怪我を, 情け深い上, 手一杯に, 拠ん所, 持って, 挨拶に, 教師に, 料理に, 斬られたと, 旅から, 旅に, 暴れたので, 書いて, 書斎に, 机を, 板を, 案内し, 橇の, 次の間から, 此処へ, 歸つて來る, 死んだと, 死んだという, 死んだの, 死んだん, 死んだ上, 死んでから, 殺されたの, 殺された時, 殺されてから, 殺されました, 殺されましたよ, 殺されると, 気の, 気を, 江戸に, 決して馬鹿, 洋画家の, 浮かねば, 清養寺へ, 溺れて, 独りで, 現われた, 現われて, 生木を, 申しますには, 留守です, 目を, 真面目に, 秘蔵の, 立つて, 答えて, 細君に, 紹介する, 経営し, 絞め殺されて, 腹を, 自慢の, 自身で, 自身に, 良くし, 若い時世話, 苦しみながらも, 落ちたとは, 袴を, 見えないんで, 見るの, 見込んで, 言うの, 言ふ, 訪ねて, 話した, 話して, 誰かに, 變つた, 貴女の, 身寄りの, 軸物よりも, 迎えに, 返事を, 達者で, 達者な, 酒に, 酒を, 隠して, 雨戸を, 静かに, 非常に, 頭が, 頭を, 頼んで, 首でも, 驚いて, 骨董を, 鴨居へ

1 [1954件 抜粋] ≪おりろ, あたしの, あつて不倫, あの, あの樣子, あの野趣, あやしいと, あるとは, ある日一日, あわてたよう, いい出した, いうまで, いかに逆上, いきなり後架, いたが, いちばんこまりました, いつぞやわし, いつもの, いない, いなくなったからとて, いふこと, いませんか, いま私が, いらっしゃるの, いるなら出せ, うっかり口を, おありだ, おじいさんに, おも, おれを, お会い, お前の, お呼びです, お小さい, お朝師匠, お留守がち, お目通り, お茶を, お送りいたせ, かうな, かたく墨守, かみさんに, きく, こ, こうして男, こう横, ここまで, こしらえて, ことことその, このわたし, この土藏, この少年たち, この手紙, この石臼, この講話, こまめに, これらの, こんなよう, さあどうぞ, さだめし喜ん, さらはれた, しきりに痛, しっかり閉め, すすめた, すっかり年寄, すゝめられる, そういうの, そうしろ, そう云った, その中, その出来, その家族, その日肋骨, その被害者, それならまだ, そんなら, たいそう悲し, たった一人番, たましい, だいぶ贔屓, ちゃんと見上げ, ちらと, つぶやいた, てんぼうであった, ときどき休む, とり出したの, どうしてこれ, どうしても歸さ, どこからとも, どれほど利益, どんな気持, なおつづけ, なかなか川越在, なくなった黒い, なぜかと, なにかの, にこやかで, にわかに元気, ひつこんだ, ひまで, ふかぶかとひじ, ふだんだらしない, ほんた, ぼんやりと, まけましょうと, またやつ, また腹, まだ俺, まだ断つ, まだ語らない, むしろそれ, もうもう何, もう古びた, もつて, やかましいので, やがて百五十ルーブル, やって来た山, やっと, やられるとは, やわらかく優しく答える, よくわかつた, よっぱらって, ろうそくを, わざわざで, わずか五十両, わたしに, ゐない氣持ち, アメリカで, カエルに, キツパリ斷わ, スリッパアを, チャント洋服を, ブドリの, ランプを, 一つ一つの, 一人の, 一切の, 一国は, 一所で, 一番先に, 一通りの, 七兵衛を, 三十七妻が, 上京する, 下男の, 不在だ, 不在に, 不思議とも, 不気慊, 世の, 両手を, 中身丈, 主人で, 久太郎を, 乘り, 事に, 二人と, 二年余り日参し, 二階に, 云ったので, 五日間百五十円で, 井戸に, 亡くなったん, 亡くなられてからは, 亡くなり続いて, 亥刻半頃, 人夫を, 今まで, 今朝帯び, 仕事に, 代表し, 仲には, 休む, 伺ふ筈, 何で鎌倉, 何と仰しやらう, 何事を, 余りの, 作家でないらしく, 來ました, 保管し, 倒したん, 側に, 働いて, 儲けて, 先刻フワフワ, 先立ちで, 入るだけの, 八山へ, 其の御, 内に, 冷淡に, 出した店, 出しましたね, 出世なされ, 出張で, 出掛けると, 分らなかったの, 判った, 刺された時, 力を, 動物園から, 勤めから, 北海道へ, 十年近く労症を, 南洋の, 却って仲裁役, 参りますから, 参詣に, 友達や, 取次ぎて, 召喚された, 同じよう, 名を, 向かい合った, 吾輩に, 呼んで, 命令した, 商人の, 喋舌って, 喧しくって, 四十を, 土間へ, 地金を, 堅苦しい調子, 壮年に, 売りでしょう, 外国帰りの, 夜学の, 夜間の, 大きな風呂敷包, 大事に, 大変でございます, 大島の, 大砲の, 大變, 大馬鹿, 太い棒, 奥で, 女児を, 奴僕に, 好に, 好男子だ, 妻を, 嫉妬から, 嫌がるの, 学堂の, 安子に, 客から, 宵から, 家出の, 寄席開業幾春秋の, 寝ぼけ眼, 寢て, 尊敬し, 小僧店員の, 小用に, 少年時代隅田川の, 尼が, 居つて, 居なくなった東京, 居りません, 居合せまして, 山椒魚料理の, 巡査の, 差さない傘, 帰ったからは, 帰ったん, 帰らないもの, 帰るとき, 年甲斐も, 幸福なら, 床に, 店の, 店員を, 庭に, 建てました, 彌惣, 当時まだ, 彼を, 後ろ向の, 御存じない, 御病気, 心中する, 必ずぬっと部屋, 忘れ物を, 怒り出しさえ, 思いやりが, 急ぎ足に, 怪しいと, 悟らぬ故, 悦びました, 惡かつ, 愛して, 慌てて, 戦死した, 戸口を, 戻つて參, 所蔵の, 手に, 打ち損なったうさぎ, 扮し, 承知の, 招いたので, 拾い屋, 指さす床の間, 掃除に, 支払うこと, 政宗に, 教へて, 敬吉と, 文七を, 斜ならず, 新たに, 方に, 既婚者の, 早くお知らせ, 明智小五郎だった, 昨夜出かけた, 昨年の, 是非お目にかかりたく, 時々ずり落ち, 時折, 暁に, 更わる, 書斎にのみ, 最一度顔, 月に, 朝早く, 本当にそんな, 机の, 来るそう, 東京の, 松邑の, 校長で, 案じて, 楽しむため, 横死した, 橋寺さんを, 歓待し, 正面から, 此度出版の, 歯が, 歸つて來て, 歸る, 死に息子, 死んだ, 死んだので, 死んだ番頭, 殊に昔, 殺されたこと, 殺された後, 殺されましたさかい, 殺られたん, 毎日ひどく, 毎週上りまし, 気さくだ, 気に入つた為, 気の毒さに, 気違ひ, 水面に, 沼津の, 注意した, 活き返って, 消え失せた後, 清藏の, 渡世上手で, 満足する, 滅びると, 火星探険隊員として, 為て, 無作法にも, 燃えるよう, 片側の, 物忌みし, 特別に, 犬を, 狂死を, 独り遺した, 玄関へ, 現れて, 生き返って, 生欠伸を, 用意を, 申しました, 申しまするには, 町代の, 畑へ, 留守とも, 留守勝で, 疑った調子, 病気で, 痛い目, 登って, 白髪頭を, 盗まれたと, 盡力し, 盲法師に, 相談に, 看板借り, 真顔で, 矢張国の, 知らない筈, 石菖や, 社用で, 私たちの, 稀代の, 空罐拾ひ, 突然こんな, 突然聞き出した, 立ちあって, 立会ふ, 立派だ, 立食を, 第一, 答えたという, 箸に, 紀州熊野へ, 続いて, 縛られて, 罪人太郎冠者が, 美男だ, 老いて, 聲も, 聾である, 胸の, 腕利きらしい, 自らお, 自動車を, 自転車で, 臼に, 船において, 芸術に, 苦しみながら, 茶を, 荒くれた, 著者に, 薬草採りから, 血を, 行客を, 裏口から, 襷がけに, 見おろすと, 見つけた, 見兼ねて, 親代りの, 観た男, 言うので, 言つたのは, 言つて居る, 言葉を, 訳の, 詫るなら, 話しに, 説明した, 読書家でなかった, 警察に, 變な, 貧困時代は, 買ひ取つ, 資本家で, 赤い湯, 起きる前, 足立屋に, 身を, 迎へて, 近頃病死, 追いかけて, 逃げだすの, 這入って, 遊びに, 遣って, 遽に, 鄭重に, 酔っぱらって, 采配を, 重病の, 釣りそのもの, 鉄拳の, 鎌と, 長年の, 間もなくあと, 附加えた, 隠居し, 隱居所に, 電話口に, 頑として彼, 額へ, 風呂場から, 風邪で, 飛んで, 食糧の, 飯を, 馬を, 馳走振りの, 駈落した, 騒々しい何, 高慢で, 鴉が, 黄色な

▼ 主人~ (1717, 6.8%)

26 向って 23 なって 14 頼んで 13 代って 12 して 10 對し, 預けて 9 向つて, 話して, 逢って 8 会って, 案内され 7 お目 6 しては, 相談し, 見せました 5 たずねました, むかって, 訊いて, 連れられて

4 [11件] それを, ひどく叱られた, 云った, 取次いで, 向かって, 暇を, 聞いて, 話しました, 話を, 面会を, 頼まれて

3 [23件] きいて, たのんで, なつて, なるの, よく話し, 一年の, 代りて, 別れて, 向いて, 報告する, 尋ねた, 尋ねて, 對する, 尻を, 御目, 成りて, 挨拶を, 死なれては, 注意した, 甘えないのみか, 用事が, 逢いたいと, 違いない

2 [136件] あずけて, あって, あるの, あわせて, いいました, いった, いひました, お目にかかって, お詫びを, お願いし, かう云, かぎっては, きくと, こう云った, このこと, こんな事, さう言, しても, すすめて, すると, そう言っ, その由, たのまれたの, ちがいない, ついて, どんなご用, どんな様子, なったと, なったの, なること, もう, よくお話, よく似, わけを, 云はれた, 云わせると, 仕えて, 仕える忠実, 仲人を, 任せた平次, 会いたいと, 会いに, 会うの, 会った時, 会わせて, 伺って, 似て, 依頼した, 内緒で, 内証で, 出した, 出したん, 別れ停車場, 化けたから, 反抗する, 反省を, 取って, 取っては, 取入って, 取次ぎますと, 取次ぐと, 叱られたといふ, 叱られたの, 叱られて, 叱られます, 向ひ, 告げて, 呼ばれて, 喰って, 奉公し, 好まれて, 安井と, 安心させる, 密告した, 屈従し, 従って, 怪我を, 恥をか, 成り変ったの, 我儘を, 戸を, 打ちあけて, 拾はれ, 教えられた通り, 教えられて, 断って, 昨年の, 有ること, 毒を, 決心を, 泥棒根性が, 渡して, 申し出た, 相当の, 相談する, 相違ない, 知らして, 知れて, 私の, 納まるの, 紹介した, 聞いた, 聞えるよう, 聞く, 聞くと, 聟入を, 薬を, 被せようと, 裏切られて, 見せずに, 見せて, 見せると, 見つかって, 見込まれて, 訊くと, 訊ねた, 訳を, 訴えると, 話しかけた, 話しますと, 質問を, 跟い, 送られて, 逢うと, 逢つたのは, 逢つて見よう, 逢つて訊い, 逢ひ, 逢わせて, 還り吉五郎, 金を, 鑑定が, 随い, 電話を, 預けたの, 頼んだの

1 [1136件 抜粋] あいさつした, あたま, あてがって, あなたさまの, あの小さな金属, あやまって, あらゆる感情, ある, ある声援, いいつかって, いいわたした, いたっては, いぢめ, いっては, いつだったか, いま聞い, いろいろ聞い, うなづいて, うんと叱り飛ばされ, おさまったので, おれが, お取り次ぎ下さい, お尋ねいたしたい, お暇, お目にかからせて, お目にかかりたい御, お目にかかりたく大阪表, お目にかかりとう存じます, お眼, お礼を, お詫びしなけれ, お話ししたい, お預けなされた, お願いした, かけ合って, からかったか, からかわれながら, きいた, くっついて, こう言いわたされる, こう話し, この事, この奉公人, これくらいの, ござります, さいそくされて, さう申して, さう言つて, ささげてる敬愛, しかられました, したもの, しちゃ, しないの, しゃべりました, じやれたやう, すぐ僕, すすめられて, すまんからと, するもの, すゝめた, ぜひ一度, そう云, そう言われる, そだてられて, そつと, そのわけ, その名前, その様子, そびらを, そんな大金, たくさんの, ただしゴタゴタ, たのみこんで, だまって, ちょいと, ちよいと, つかえて, つきつけた荒木村重, つき猫, つたえて, とついだの, とび出されて, どうぞお, ないしょで, ないばかりか, なったから, なってからは, なりうるかという, なりすました影, なりたい, なりました, なり家業, なり甲斐, なるであろうと, なるに, なるより, なる或, なる資格, なれるの, なんと遅延, にわかにお, はなつたが, ひかれて, ひどく脂, ふくしゅうしよう, まだその後街道筋, みっちりと, むかえたいと, むかっては, もさう言つて, もの申すしばらく, よくし, よくつたえる, よく詫び, よばれて, よりて, よろしく仰しゃっ, わかれると, わたして, アンモニヤを, チャボを, ヒマを, 一つの, 一ト目会わせ, 一寸お, 一応の, 一日たり, 一目瞭然の, 一語の, 万一の, 上手の, 不自由も, 中る気, 乞はれ, 乱暴狼藉を, 事情を, 云うので, 云えば, 云われたが, 亡くなられて, 交渉し, 人身御供に, 仕えたよう, 仕えも, 仕えるという, 仕えるよう, 仕える覚悟, 仕え幼児, 仕へて, 代つて, 代りまして, 会いましょう, 会うこと, 会うもの, 会う前, 会おうという, 会ったこと, 会った犬, 会わして, 会わないに, 会釈を, 伝える, 伯州へ, 伺ひますが, 似合わぬ冗談口, 何か, 何とも, 何んな, 使つて貰つた, 使われる人間, 侍しその, 依頼し, 促されると, 信用され, 倚つて居, 借りて, 倣つて褌を, 傭はれた, 先を, 入れて, 其事を, 内緒です, 出ッ歯, 出会つた小僧は, 出逢ったが, 刃向かう気, 切り出す折, 初めから, 別れた悲しみ, 前駆後衛した, 劣らぬほどの, 助けられ思わず, 勘附かれた, 勧めながら, 勧告し, 化けるの, 医者に, 危難来る, 反抗し, 取り押えられすでに, 取次げと, 受取らせるよう夫人, 召し上って, 可愛がられながら, 叱らせて, 叱られたという, 叱られた犬, 叱られますわ, 叱られること, 叱られるの, 合図する, 同情せず, 向いこの, 向い有らゆる形, 向かいて, 向っては, 向つて云つた, 向て, 吩咐かって, 告げたが, 告げだした, 告げるつもり, 告げ口した, 味は, 呼ばれたので, 呼ばれるよう, 命じて, 問い合せた, 問うよう, 喚び起された時, 嘘を, 地藏樣を, 報告し, 報告的な, 声を, 変ったこと, 変りは, 夜に, 失禮では, 奪られ, 女の, 妻帯を, 娘さんを, 子細を, 宛て, 害を, 対したとき, 尋ねられ, 對つて, 小松さんの, 少しく御意, 尻尾を, 属すべき性質, 山なす, 山名を, 差出すそう, 帰りを, 帳尻を, 平尾賛平氏という, 弓引くものさ, 引き渡したまま帰宅, 引き留めれられて, 引渡しましたので, 当夜の, 彼は, 待ちぼけ, 御不自由, 御相談, 御苦労を, 御願い, 心配させる, 忠実な, 忠義である, 快速力の, 怒られるから, 思うだけ, 思ひ知らせようと, 急用で, 恥辱を, 悪いと, 悪いよう, 悪意の, 愛されて, 感謝する, 慕ひ, 成り澄まして, 我慢し, 戻した, 手ひどく折檻, 手渡し申せ, 手討ち, 打ち明けて, 打向ひ, 打開ける, 抗議を, 折檻請る, 拒まれぬ限り, 拠つて新しく, 持たれて, 持ったの, 挑まれた, 挨拶した, 挨拶も, 捧げるよう, 掛け合って, 掛軸の, 支払い入浴料, 教えたの, 教えられ最初, 断わってか, 斯くと, 斷つて來た, 日本へ, 是非ききたい, 時計を, 暫くも, 書置も, 替つて, 最後に, 會ひ, 月二両の, 本や, 柿の, 棍棒で, 楯を, 横領された, 歎願し, 此旨を, 死なれて, 死去の, 殉ずる一念, 残された小原, 比べては, 気に入って, 気に入られて, 気まずかった, 氣の, 注意され, 注意しよう, 浮気される, 添って, 済まねえって, 済みませんよ, 渡したので, 渡し主人, 渡す時, 滿更ぢや, 無断で, 照会し, 熱くなっ, 牛馬同, 物云う如く, 犇と, 猥らな, 産婆の, 申して, 申しませんでしたが, 申し告げて, 申し訳なし, 申分ない, 画心が, 番頭が, 疑わるるを, 白状し, 皇海山の, 目を, 直接喰い入っ, 相談した, 相談致しました, 眼を, 知らせに, 知らせますと, 知らせるため, 知られて, 知れたもん, 知れないよう, 短気無法の, 礼を, 私から, 私は, 突つか, 立てた誓いを, 笑って, 答えた, 答えようと, 篤と申し, 納まり返って, 納める小作米, 細かくいろいろ, 紹介を, 維持された, 罪を, 羨望の, 耳を, 聞いたの, 聞いた話, 聞えたなら縄目, 聞える様, 聞かされて, 聽い, 育てられたこの, 脅迫せられ, 自分が, 舟に, 苦学を, 萬一の, 裏切りしたが, 見せた, 見せたらヤア旦那, 見せた花, 見せに, 見つかると, 見付かると, 見立てたばっかりに, 覚えられたに, 親しみ敬愛, 言いつかって, 言いつけるが, 言い付けられて, 言つた, 言ひつけられた, 言譯あらざる, 訊いた全部, 訊き度, 訊ねて, 訴えます, 詑びたら無論, 試みに, 詰問の, 話したいこと, 話したので, 話し掛ける, 話し込んで, 認められその, 誘われて, 誤解せられた, 調戯はれ, 談合すべきである, 請わば, 謝まる, 豪家へ, 負けないほどの, 責むるにその奴隷を, 賣り込ませ散々, 質問し, 身の上の, 身を, 較べると, 辞職を, 近づいて, 返したはず, 返しました, 返すよう, 迫るので, 追いついた, 送って, 通じる役, 通訳し, 逢いたいが, 逢いましたが, 逢い度, 逢うたら解るもの, 逢った, 逢ったん, 逢つてゐる, 逢つて來ました, 逢つて見る, 逢ふ, 逢わせまいと, 進言しました, 遊びに, 遠慮を, 遮られて, 酒と, 重ねて, 金銭を, 長く使われ, 関わること, 附き添って, 限った事, 随って, 隠して, 隷って, 電話が, 面晤し, 預けまた, 預けられました, 預け置, 頼って, 頼まれた者, 頼んだので, 顔の, 顔向けが, 飛びかかると, 飛びつこう飛びつこうと, 飼う能力, 馬勒を, 馴れないすがりつくよう, 駆込んで, 鶏肉を

▼ 主人~ (1263, 5.0%)

36 怨んで 29 殺したの, 殺して 27 呼んで 18 怨む者 12 相手に 10 して, 殺す氣 7 殺した下手人 6 刺したの, 持って, 見て 5 もって, 乗せて, 呼んだ, 背に, 見ると, 訪ねて 4 助けて, 怨んでる者, 殺した上, 殺した曲者, 殺すという, 殺すやう, 殺すよう, 鐵砲で

3 [14件] 一と, 介抱しよう, 加えて, 呼出して, 失って, 害める, 怨んでは, 殺したん, 殺す気, 牽制し, 見た, 見つけて, 見上げた, 連れて

2 [84件] うんと怨ん, お島, お見送り, かさに, からかって, しみて, だまさうと, つかまえて, つかまへて, のせて, ひどい目, よんで, 亡くして, 仇の, 介して, 他の, 促が, 先に, 出せ, 刺して, 刺し殺せる道理, 刺せるの, 助けようと, 呼び出して, 呼ぶには, 噛む歯, 大事に, 始め番頭手代と, 守ろうと, 怨みました, 怨むもの, 怨むわけ, 恨んで, 愛して, 慕つて五六里の, 慰めながら, 慰めるよう, 手に, 拘引し, 持ったの, 持てば, 捜しに, 揉んだの, 搜し, 殺さうと, 殺しその, 殺した, 殺したといふ, 殺したもの, 殺した犯人, 殺した細引, 殺した者, 殺し兼ねまじき重大, 殺し手代, 殺すこと, 殺すつもり, 殺すと, 殺すなんて, 殺すに, 殺すの, 殺すはず, 殺す者, 殺す隙, 殺害し, 海へ, 狙って, 縛って, 罵り恨みければ, 聞きに, 脅かしたん, 褒めるの, 見ながら, 見上げながら, 見失って, 訴人し, 評して, 説いて, 調べて, 迎えた, 迎えるの, 迎へに, 送って, 鉄砲で, 除けば

1 [795件 抜粋] あやめたり, あわせて, あわれんで, いただいて, いたはる, いたわるよう, うしな, うしないしかも, うしなった善吉, うしなって, うまく嚇し, うらみの, おいぢめ申す, おきざりに, おだやかに, おびき出して, おろおろさせ, お怨みなさらない, お目, お話しなけれ, お迎えに, かえりみて, かつぎ込んで, きびしく叱りつけた, くるしめた首枷め, こ, この際こと, ころしたなと, ご存知かな, さがし求めるとて, さそうものの, さへ, した女優, すぐ馬の背, せきたてなかった, そそのかして, そっと呼びまし, たいそう怨ん, たずねて, ちょいと, つかまえては, つきおうて, つらまえて, てこずらせるほどの, とらえて, どうする, どう思ふ, ないがしろに, ながめて, なくした当座, なくして, なしたの, にらむとは, のこして, はじめいつも, はじめ一家の, はじめ主婦も, はじめ家じゅうの, はじめ家内の, はじめ宿の, はじめ店に, はじめ店員たちが, はじめ雇人に, はなれて, ひっぱって, ひどく徳, びっくりさせた, ふしぎそうな, ふと見上げた, ほとんど投げやり, まず招, まるめて, みると, もたないさむ, もった若党, もてなすやう, やつと, ゆり起そうと, よりよく待遇, わしの, わるくいわない, クツワと, テーモ・リンボチェと, 一ト眼見た, 一刀で, 一度救つて, 一番怨ん, 一目見, 下敷に, 世に出さなけれ, 世に出し, 世俗的に, 並大抵の, 中出三也さんと, 中心と, 乗せた二匹, 乗せるつもり, 乗せ走りて, 云いくるめるの, 云うの, 五人もった, 仇だ, 仇敵と, 今日あらしめた, 介抱させ, 代える力, 休息させる, 伴い倶, 何か, 何んとか, 併せて, 使ひ, 侮辱した, 促すやう, 促すよう, 保護し, 信じて, 信頼し, 偲んで, 先生と, 光の, 再び世, 凝視めた, 凹まして, 出迎えに, 初め小僧番頭揃いも, 初め弟子下職手伝いに, 判別する, 刺したこと, 刺したと, 刺し大急ぎ, 刺すと, 刺すよう, 前に, 加えると, 助けたという, 助けたといふ, 助けに, 助けよう, 助けられると, 助け大功, 励ました, 厄より, 参らせる, 取り囲んで, 取り替えたそう, 口説き落して, 叩き起し手詰, 叱るよう, 呪って, 呼で, 呼びだした, 呼びて, 呼びなさい, 呼びました, 呼びましょう幾ら金, 呼び事, 呼び出さぬと, 呼び出されて, 呼び出したの, 呼び寄せること, 呼び私, 呼び立て吟味, 呼ぶと, 呼んじゃ, 呼んだとき隣, 問屋の, 喜ばして, 喜んで, 嘲ったの, 困らしたは, 困らせるばかり, 囲んで, 壓し, 変えようとも, 変に, 大切に, 天下の, 失い屋敷, 失ったこと, 失ったばかり, 失った喪中, 失った喪家, 失った空家, 失ってから, 失つたこれらの, 失つてゐる, 失つて了つたのである, 失敗る, 奪われたこと, 奪われながらも, 始として, 始めとして, 始め出入の, 始め我までの, 始め細君や, 嫡子と, 守って, 守ること, 守る番犬, 完全に, 実際に, 実験室とは, 害し候, 害めた, 寤まし, 射た, 射ては, 射殺し, 尋ねあぐみて, 尋ねるの, 導くの, 尻に, 嵩に, 左右し, 庇ったの, 庇つたのだ, 庭に, 弁護した, 引きつれて, 引取りたい, 引取り少年の, 弥吉は, 強ゐ, 強請って, 彼女達の, 彼等に, 待ちつ, 待つあいだ, 待つて, 待つ間, 御主人, 怒らせて, 怒鳴りつけました, 思い出させた, 思い顔, 思うは, 思う事, 思ひ出すと, 思わん奴, 怨み酷い, 怨んでも, 怨望する, 怪しまぬわけ, 恐れるため, 恐喝しよう, 恨み世, 恨むべく, 悪くいっ, 慕って, 慕ふかと, 慰問し, 憎からず思っ, 憎んで, 憐んで, 憚って, 憶って, 懷しがらせる, 懷つたのである, 戻すか, 手まねきし, 手負いに, 投げたも, 抱擁する, 押えて, 押えました, 押しのけて, 拒んで, 招んで, 持たせたいもの, 持たぬ人々, 持たぬ気安い, 持たねば, 持った, 持つたん, 持つ實業青年, 持つ身の上, 振り落とし林, 振返った, 捕えて, 捜すよりもずつと, 探さなければ, 探しはじめるし, 揺り起こして, 撃ち殺しその, 撃ったの, 救い出したかったの, 救うため, 救う為, 救った, 救った犬, 救ふ, 救わなかったの, 散々に, 敵と, 斬った後, 斬つた後, 斬つた泥棒, 旦那様って, 時にはこころ, 暖に, 暗討ちしよう, 最後に, 有つたお, 束縛する, 柱として, 案内は, 棺の, 欺きしとぞ, 欺き私, 止め先, 死地に, 殆ど投げやり, 殺さうなどといふ, 殺させたとでも, 殺さないこと, 殺されたおれ, 殺しそして, 殺したお, 殺したと, 殺したに, 殺したも, 殺したらう, 殺したろう, 殺した一件, 殺した凶器, 殺した匕首, 殺した奴, 殺した手口, 殺した毒薬, 殺した海賊, 殺した米松, 殺した脇差, 殺した與, 殺した覺, 殺してから, 殺しなさったに, 殺し両人, 殺し候, 殺し得る只一人, 殺すくら, 殺すくらいな, 殺すのに, 殺すは, 殺すほどの, 殺す積り, 殺す筈, 殺す膽, 殺せば, 殺そうとは, 毒害した, 気安く思っ, 没くし, 活かすの, 満足させる, 源右衛門と, 焚きつけて, 無きもの, 無心に, 無視した, 然う, 煩わした, 犬, 狂人扱いに, 狙つたと, 狙つて居る, 独専し, 玄関まで, 理不尽に, 生涯呪つてやらう, 産み出すもの, 画家として, 留置場で, 疑う様, 目つけ, 相手取公事, 眞似, 真似て, 眺めて, 睨んだ, 瞞した, 知らない, 知らないらしかつ, 破滅に, 社長と, 祝せしぞ, 神田の, 突いたと, 突いたの, 突いた匕首, 突き倒されたの, 立ち待たして, 立ち待たせる馬, 立派に, 笠に, 絞めたの, 絞殺し, 縛ったに, 縛らないん, 縛りつけなければ, 縛る気, 縛る細君, 縮尻つて同流の, 置いて, 考えると, 胡魔化し損ねた, 脅かすよう, 脅迫しよう, 良い旦那, 苦しめしゆえ, 葬つた塚, 蔑に, 表へ, 裏切って, 裏切りました, 裏切るの, 裏切るよう, 褒め又, 見あげまた, 見あげる, 見かけて, 見かけると, 見たりなど, 見つけようと, 見つめました, 見る, 見ること, 見上げて, 見上げ引きとめて, 見付けるの, 見失うの, 見失ったクリスマス, 見失った玩具達, 見失った責任感, 見守つたが, 見張って, 見張つて, 見捨てること, 見殺しに, 見直して, 見知つて, 見立てて, 見送るからと, 視て, 覚えて, 親の, 親よりも, 訪うて, 訪ねた土居三津子, 訪ふ, 診たの, 詮議いたしました, 認識した, 誘ったえ, 誘つたえ, 誘ひ出して, 誘致しよう, 説き一族老臣, 説服に, 調べたらどんな, 調べはじめたか, 諫め候て, 識って, 警護する, 買收し, 賛美する, 起こして, 起す, 起すと, 軽ん, 軽蔑しよう, 辯護し, 迎いに, 迎えた主婦, 迎えに, 迎えました, 迎えられるよう, 迎える日, 迎え幾多, 迎へる, 近所の, 送ったかは, 送り出した父, 送り出すと, 送り迎えに, 逆上させる, 遣り込めるよう, 選ぶの, 邸へ, 隱居させ, 離れどうして, 鞍の, 顧みながら, 顧みる, 顧みると, 飾り優秀, 驚かした, 驚かした事, 驚かすの, 驚ろかした

▼ 主人~ (959, 3.8%)

23 なって 22 一緒に 11 話して 9 私と 8 同じよう 7 いっしょに, なりて, 番頭が, 細君と 5 なること, 二人で, 同年輩の, 客とは, 思って 4 お前は, なった, なつて, なる, 一しょに, 云ふ, 仲の, 番頭は, 相談し, 雇人との

3 [17件] いえども, いえば, いっても, お内儀, その人, なれば, 云うの, 仲が, 懇意な, 犬と, 猫とが, 私の, 私は, 細君の, 自分との, 言つても, 話を

2 [64件] いつしよ, お仲, お前さんの, お前の, お寢, お小夜, その男, どういう関係, なった人, なつた, もう一人, 一人の, 一刻あまりも, 一番仲の, 一番番頭に, 一色さんは, 主婦が, 二人留守を, 來たら, 兄弟の, 先輩は, 召使の, 合せて, 同じ人, 同年配, 喧嘩を, 奥さんが, 女中の, 女客との, 奴隷との, 妹娘は, 妻と, 妾の, 姉の, 娘が, 客と, 客とを, 小三郎と, 居士は, 巡査と, 弟の, 思えば, 息子が, 新助, 申しますの, 申すの, 番頭でも, 知って, 知れると, 私が, 私との, 私とは, 称うる, 見えるの, 言うの, 言ふ, 許嫁の, 違って, 酒を, 銀次の, 長く話し, 頼んだ人, 顔を, 骨董係の

1 [614件 抜粋] ああまで, あなた様とが, あんな風, いうほどの, いうより, いおう県庁に, いがみあいも, いっしょの, いつどこで, いひその, いふと, いろいろ話しあっ, うまく落合う, うまく行かない, おかみさん娘女中三人お, おせい様, おばさんと, おもいます, おもって, お上さんが, お前と, お噂, お婆さんとで, お嬢さんとの, お孃さん, お島, お得意さんとに, お得意さんとの, お滝, お話が, お近, お近づき, お關, こうして向い合う, このこと, この座敷, この男, この飛加藤, こんな問答, ご新造さん, したら無理, した斎藤家, しまた, し船長, するとは, するの, するの語, すれば, そこの, その主人, その友達位, その家, その最も, その未來, その母親, その翌日, ただ二人だけ, ただ二人である, たつた二人きり, であった, どういふ, どうかし, どんなこと, なさった様, なっただけに, なったと, なったもの, なったら, なった夫, なった室, なった社会, なった解放, なってから, なっては, なにか, ならねば, なられた, なりかねて, なりました, なりダイヤモンド, なり主婦, なり何十万, なり極めて, なり沙漠, なり給はず, なり自作人, なるか, なるだろうならねば, なるとか, なるの, なる修業, なる可能性, なる考, なる身, なれるの, ひととおり初対面の, ふざけて, ふたりがかりで, ふたりだけが, ほんの家族, ぽつぽつ山, まだ独身, みえましてな, みえる肥えた女, めぐり合う, もう一人何誰, もう一度浜, もう一戦, よく氣風, よく私たち, より以上, わずかな, イタリイに, セルゲイ, タイピストで, フリイデリイケとの, ブレインとは, マリア・グレゴーリエヴナとを, ラザルスを, 一しょになんか, 一しょの, 一夜の, 一目目を, 一直で, 一種の, 三人いました, 三人共に, 三人川開の, 三十四五の, 三太夫らしい, 下に, 下足番の, 不義密通を, 並んで, 主人の, 主人を, 主婦で, 主婦と, 主婦とが, 主従の, 乗りで, 争うよう, 争議を, 二人の, 二人並ん, 二人通りかかりし, 二人連れし, 二度朝鮮に, 云うもの, 云うよう, 云う気持, 云ったの, 云は, 云われたが, 交渉が, 交渉を, 人見さんと, 人足と, 代つて博士, 代表四名に, 仲よく花, 仲間とが, 伊達家ぜんたいの, 会って, 伜の, 伝右衛門の, 住家耕地を, 住職とに, 何でも, 何んとか, 使用人との, 來ては, 侮り何, 係り合いが, 僕その他の, 入れちがいに, 入れ違, 共々に, 内儀は, 出来る方法, 刀を, 別れたつて云つて, 別れた頃, 別れてから, 別れる気, 別れ別れに, 別れ大阪劇場, 化けおおせ, 区別を, 医師との, 十一月二十日發行の, 博士の, 厭に, 参ちゃんが, 参ちゃんの, 友達で, 叔母と, 古い時代, 号し, 号した, 号する素人考古学者, 同じくらい, 同じく懐手, 同じく満足, 同じやう, 同じ伯爵, 同じ政党, 同じ机, 同じ決心, 同じ道, 同席で, 同情を, 同意見, 同業では, 同様の, 同行の, 名の, 名乗った人物, 向きあった, 向きあって, 吝嗇な, 呼ばれる青年, 和助と, 喃語を, 善八と, 喧嘩し, 噺を, 四人の, 執事を, 変ったよう, 多々良君が, 大きい坊, 大久保の, 大井という, 奉公人です, 奉公人の, 奥さまとを, 奥さんです, 奥さんと, 奥さんとは, 奥さんの, 奥さんは, 奥の, 奥座敷で, 女中との, 女中に, 女中は, 女中一人それだけ, 女房とが, 女房を, 女達は, 女隱居に, 奴とは, 奴隷とに, 奴隷なりとの, 好い仲, 好い話敵, 妹, 妻が, 妾は, 妾を, 娘は, 子供さんたちの, 子供たちであっ, 子供の, 子息との, 孫三郎は, 安雄, 客が, 客たちが, 客とに, 客との, 客に, 客の, 客は, 客間で, 家おとな, 家来が, 家来でございました, 家来という, 家来との, 家来とは, 家来の, 家風だった, 寒月の, 寝食を, 寢る, 寢んで, 対話する, 対話を, 対面それから, 寿平次との, 小さいお, 小僧さんの, 小僧とを, 小僧の, 小男との, 岡っ, 岩城文子とは, 崇むべ, 差し向いに, 差向ひで静に, 己との, 己とは, 巴家老妓の, 年とった, 店員が, 店員の, 店員は, 庭へ, 御隱居, 忍さんは, 忰と, 思い己, 思い痩せた三輪さん, 思い込むなんて, 思い込んだのみ, 思うであろうが, 思えばこそ, 思はむや, 思ひ敬, 思わずし, 思われる一人, 性の, 怪しいという, 怪しい関係, 恋を, 息子に, 情を, 愛し合って, 愛し合ってからも, 懇ろに, 成し上, 成り済して, 成ッて, 手を, 手代を, 手合せを, 打ち合わせて, 掴み合, 支配人とは, 支配人の, 支配人は, 散歩し, 敬って, 新らしく来た, 新子とを, 昨夜逢つてでも, 晩飯の, 暫く話し合った, 會ひたくなかつた, 有喜子が, 朋輩に, 未亡人とは, 本人の, 本当の, 本當, 杉村博士とは, 東風君は, 林田に, 林田君との, 果し合, 権八の, 權八の, 款晤夜分に, 歌子とが, 此の, 沼ば, 沼津の, 泰造とが, 海岸で, 清兵衞を, 清太郎の, 清川は, 為り西洋流, 無二の, 爭ひ, 牛肉を, 犬, 犬との, 猫侍女の, 現在の, 甚八の, 用人と, 申しても, 申すは, 申合せ絞殺し, 番頭さんに, 番頭さんを, 番頭に, 番頭の, 異なった商売, 異なった業, 相対し, 相対する, 相知れる, 相談さし, 相談の, 相談を, 眼を, 睨み合って, 睨み合つて朝飯も, 知りあったらしいその, 知りながら, 知り合いに, 知り合いの, 碁を, 秀吉とを, 私あまり, 私どもと, 私達を, 称する者, 稱し, 立てられて, 立て忠実, 童と, 競争です, 笠松の, 節子が, 約束し, 細君との, 細君とは, 細君とを, 細君及雪江嬢を, 結婚さるべき, 結婚しました, 結婚を, 結婚後三年足らずの, 背の, 腹からの, 臣下とを, 自分とが, 自分とは, 自分のには, 花魁と, 若い奉公人, 若い秘書, 若奴, 若旦那とが, 若旦那は, 茶と, 落款が, 見あやまり京助, 見えず番頭番頭, 見えたり, 見えて, 見える男, 見える立派, 見たので, 見なれぬ訪客, 見受け申す, 見較べても, 親しく仕, 親とに対して, 覺えて, 言い合った末, 言うべしいまだ, 言えば, 言ったの, 言つた, 言ひます, 言わざるを, 話しこんで, 話したん, 話してから, 話しながら, 話し込み迫る夕闇, 話し込んで, 調子が, 談判を, 談合の, 警部が, 赤ん坊の, 車座にな, 迷亭君も, 逢い, 道づれに, 違つて林三郎どんは, 部下との, 部屋も, 酌みかわす, 野水の, 長崎屋との, 長男長女夫婦次女の, 閑室にての, 関係を, 階下で, 隠居とが, 雇人の, 雇婆とを, 雇男が, 雇男とが, 雑誌花月の, 離れるから, 電話で, 非常に, 頼うだ御方, 頼みしお方, 首尾を, 高蔵尼とは

▼ 主人~ (660, 2.6%)

20 客も 6 番頭も, 私も 5 今まで, 奉公人も, 家来も 4 おかみさん, お神さん, その日, 心配し 3 あった, さすがに, その一人, それに, それを, 一緒に, 主人だ, 今度は, 迷亭も

2 [41件] お客も, お待ちし, こ, この新聞記事, これには, すつかり, その気, はたと, もう六十, よっぽどの, わらぐつにはきかふる此げたわらぐつは, 丁度昨年, 主婦さんも, 主婦も, 乗り合せて, 今は, 千住へ, 吊り込まれて, 同じこと, 呼び女房, 大に, 大番頭, 奥さんも, 妻君も, 少々現金, 店の, 店員も, 心配致し, 支配人の, 支配人も, 此火を, 知って, 私の, 細君も, 職人も, 花嫁も, 親切者である, 言葉を, 評語を, 迂老, 近頃は

1 [488件] あいた口, あいにくこの, あきらめる他, あきれたよう, あなたに, あの女, あの屋根, あの氣性, ありそれ, ありましたなれど, あり店員, あわて, いいました, いかばかりほっとします, いくらか度胸, いささかその, いた, いたでありましょう, いぢ, いっしょに, いないから, いない家, いませんでした, いま地下に, いよいよ本気, おそらく満足, おっしゃいました, おっつけ戻っ, おどろいて, おどろきまして, おどろく船頭, おりませんし, おれの, お侍, お供の, お内儀, お前さんに, お前の, お前も, お加えくださいませ, お喜び, お後, お話の, お附き合い, かれこれ気, くつろいで, ぐっすり寝こん, ここに, ここまで, ことによったら, ことばの, このあり, このまま, この異常, この西洋館, この頃持病, ご挨拶, さした, さすが名人, さぞ喜ぶ, さぞ楽, さぞ面目, さも汚物, さんざ吉良様, しげ, しばらく一切, しぶしぶ口, すぐお, すっかり感心, すでに御, そういった筈, そうお, そう思った, そう申し, そのこと, その外, その家, その尾, その時, その時食堂, その様子, その氣, その話, その責任, その酒, それには, そんな事, そんな人間, たいへん気にいっ, ただありません, たのしみに, たびたび奉行所, たぶん戦争, たまげて, ちがって, ちょっと変った, ついついその, ついに生死不明, となりの, ともに外出, ともに膳, とんだ人, どうかなったろう, どうしていい, どうする, どこかへ, ない, なかなかたのしみな, なき宿, なくあなた一人, なくなったところ, はずみ少し, はつきり云わない, びっくりし, ほとんど用意, またはし, また兄, また吉兵衛, また子飼い, また平人, また幾分, また彼女, また極め, また流浪者, また紙数, まだありませんでした, まだ立ち去らない, まだ老人, みな部屋の, もうのみこん, もし間違った, もちろんこれ, やっとなっとくし, やはりそうらしい, やはり変, やはり御, やはり笑い, やはり養子, やむを得ず, ゆっくりお目にかかっ, よくこの, よくは, よく知っ, よく遊んだ, よごれたエプロン, わたしに, クリスチヤンで, コレラに, セルゲイ・ニコラーエヴィチも, テーベの, ボーイも, ボーイ連中も, ヤット承知し, 一か, 一しよ, 一向それ, 一寸面倒臭, 一致する, 三四度調べられた, 不審に, 不幸な, 不思議が, 不思議に, 久し振りで, 之に, 二つの, 二人の, 云つた, 亦細君, 人夫も, 今じゃあ, 今では, 今の, 今度その, 今日から, 今日これから, 今更の, 今朝は, 仕われる者, 他の, 以前は, 任意に, 伜たちの, 伝道師も, 何となく中折帽, 余り御, 作るという, 係り合いでなにか, 倶に, 元気に, 先の, 免職に, 共に老人, 兼帯の, 兼帶の, 内儀さんの, 出て, 出ようと, 出陣との, 初めの, 初耳であったらしい, 加はる例だつた, 助役さんも, 参じます, 參りし, 反対がはから, 口を, 只煙草, 同じだ, 同じ樣, 同情し, 同時に軽く, 同様でし, 否應は, 呆れたよう, 命じないし, 命ぜられて, 唯の, 唯睨む, 喜びますし, 喜ぶでございましょう, 喜んだ, 嘸悪い, 困った, 困って, 困り切って, 在らば, 在宅でした, 堅い人, 堪兼ね, 壯年で, 多くなった, 大いに同情, 大いに弱っ, 大いに感服, 大いに責任, 大きく合点合点, 大きに喜ん, 大そう, 大よろこびじゃ, 大分醉つたやうでした, 大分開け, 大変いい, 大変な, 大将も, 大概は, 大笑, 大笑いに, 奉公人たちも, 奉公人達も, 奥さまも, 女も, 女中たちも, 女中も, 奴隷も, 好いけれど, 好い人, 好きな, 好まれぬよう, 好もしそう, 妻も, 妾も, 姿を, 娘の, 娘も, 婆さんも, 子供たちも, 子供も, 存外ホツ, 存外律義者, 学問も, 安心し, 定めし得意, 定めし此, 定めて, 実によく職, 客と, 寒月も, 小僧さんも, 少々不審, 少々怒る, 少しむっとした, 居られた, 席をは, 帰って, 常々申し, 平吉も, 平常より, 平次も, 店員女中たちも, 彼の, 彼処で, 彼女を, 待って, 従来の, 得心で, 御内儀, 御安心, 御番頭, 御目, 御笑い, 微笑し, 徳さんと, 徳さんとは, 心ある, 心づいたという, 心配いたし, 心配いたしまし, 快い朝, 怒った, 思ひの, 思案する, 急用有て, 急逝された, 恭を, 息子も, 悦び居りまし, 惜く, 惡人方に, 感嘆した, 感心し, 感服致し, 慾張っ, 我が樸直, 我を, 手を, 手前ばかりは, 承知な, 承知は, 折々水位, 折好く, 折紙を, 持って, 持つて, 捨てよ, 支那人だろう, 斬られた, 斯様な, 明かに, 昨年吉良殿には, 昼寝から, 時々小言, 晩年には, 暖簾をは, 暫く坐っ, 暫らくは, 更めて, 書物を, 有り難くなくなっ, 有れども, 朋輩に, 本を, 来ず捨てて, 来た, 来て, 案内にと, 欲に, 歌を, 正面から, 此頃は, 歸つた, 歿後解剖の, 残念であったろう, 殺す気, 比類ない, 気が, 気に, 気楽なれ, 氣が, 水車と, 沢崎家の, 河村も, 泰造も, 洗濯物を, 渋って, 満足客も, 溜息まじり, 漸く三十位, 災難と, 無論今, 煙草ばかり, 牛舎へ, 特別に, 王成の, 申しおりました, 申して, 申しわれわれ, 申し候, 申聞られ, 留守だ, 登城しなけれ, 白と, 白雲の, 皆さんも, 皆な, 目を, 直ぐには, 相当に, 眼を, 知らずどっち, 知らず彼, 知らなかつた, 知行所へ, 確かに, 神仏の, 祿も, 私が, 立合いまして, 笑いながら, 粗服だ, 糸瓜も, 細君の, 結構な, 老人である, 老妻, 考えが, 聊か笑, 聞いて, 職を, 腹を, 自分で, 自分自身さえも, 色敵も, 花前を, 若いし, 若いとき, 若い時分, 若い頃, 若主人, 苦しみ出したという, 苦しみ出したといふ, 莞爾な, 落ち着いて, 蒲団の, 蒲團の, 蕎麦掻は, 行くが, 表の, 裏通りの, 襟垢の, 見て, 見覚えが, 見覺, 親切な, 親類も, 言うたはったが, 話した, 誰であっ, 謡曲の, 負けずに, 負けぬ気, 貧乏極まる織, 賭け試合, 走れば, 足もとを, 躍起と, 車の, 近頃では, 近頃に, 返辞を, 迷わず成仏, 迷亭の, 追い出される日, 送って, 造花屋も, 遊女の, 遠ざけたこと, 遠慮を, 部屋住の, 酒の, 長い間, 長男も, 間もなく入っ, 階下へ, 隨分な, 隨分呑まされた, 雇人も, 雲井なにがしも, 非常に, 面白い男, 頻りに, 頼むよう, 飛んだ人, 驚いたには, 驚かないわけ, 驚き呆れた, 驚き耳, 黙って

▼ 主人から~ (271, 1.1%)

6 暇を 5 暇が, 金を 4 まづ此時疫 3 聞いて

2 [17件] して, それは, まあ緩, もらったお金, 借りた修善寺案内記, 再度の, 受取る時, 叱られた, 大阪の, 奉公人まで, 娘の, 意外の, 聞いた話, 聞かされて, 見れば, 順々に, 預かって

1 [214件] あくまで良品, あてがわれて, あともどり, あのほら, ある場合, いろいろと, いろいろの, いろいろ助け, いわれました, うまく借り出し, うわおいぐつ, おほめ, お便りは, お島たち, お電話, お香奠, かかりきり, かたく口止め, きいて, きけば, こちらの, このひと, この天気, この話, これからは, さう言, すこしも, ずっと前, そのお話, その値, その後の, その話, それぞれに, それを, てえお, であったこと, では, とうとう表, ひどく叱られた, まず此時疫, もう捨て, ものを, もらうただ一つ, もらったこと, もらったもの, もらったアワ種, もらった時, よく気, よろしくと, チケット代りに, チャランケ, ノミと, ヤーフの, 一片の, 一番信用され, 一通の, 三度まで, 三藏の, 三野村の, 不義を, 与えられた鉄骨ビル, 与えられた隷書千字文, 与えられ少し, 二千五百圓の, 云いつけて, 云うと, 云えば, 云われた前々日, 云われて, 井伏君の, 京子さんを, 京都方面との, 仰せを, 伺いましたけれども, 何百円かの, 借りて, 借り受けた仇十洲, 借り受けた盃, 借受けて, 借金し, 優しい声, 先刻電話が, 全く非, 別に, 利七が, 勇気づけられて, 勘当された, 包み金を, 十二円を, 千兩貰つて清太郎と, 半日の, 取扱われるの, 受くる, 古袷, 召使の, 合図され, 名品三島の, 告訴致されまし, 命令が, 命令も, 問い合せが, 嚇されて, 委細を, 嫌はれた, 嫌われた犬, 屠蘇を, 店の, 引きとめられないよう, 引止められるの, 強い侍, 役所へ, 御説明, 思いがけない宣告, 急に, 手荒い目, 手間賃の, 払わしたらいい, 承って, 承つて, 承わりほんとう, 捨次郎は, 改めて賞め, 教えて, 教えられた事, 教へて, 新しく出来, 新しく出来上った, 旧冬代々木初台に, 普及叢書の, 暑中見舞いとして, 暑中見舞として, 最初あの, 来たこと, 極秘の, 母を, 求婚され, 注意が, 注意され, 添書など, 渋い印象, 渡された九万円, 渡されて, 無体に, 無報酬, 無理に, 焼酎は, 獎勵される, 獲て, 石山の, 碌す, 神の, 禄を, 私を, 私達に, 穢多の, 端公二人へ, 米を, 米代若干借る, 紋付の, 細君を, 紹介された, 置き去り食う, 聞いた, 聞いたといふ, 聞いた事, 聞いた槍ヶ岳, 聞かされた, 聞きまして, 聞けば, 職人の, 與へられた, 草鞋を, 莫大な, 行先の, 表向きに, 見棄てられないやう, 解雇され, 言いつかりましたそれに, 言葉を, 訊いて, 訓戒を, 許された, 話を, 誡められ, 誤解された, 請うて, 譲り受けた出入り先, 貰いましたの, 貰う手当, 貰った金, 貰って, 貰ひました, 貰ふ, 貴方へ, 賠償金を, 軽蔑の, 轟神社の, 迎えの, 追い出されて, 送つて來, 途方も, 酒の, 酒肴の, 里見氏の, 金持ちに, 鍵の, 随分と, 離れたり, 電話で, 頂いた鎧通し, 預った金, 頭ごなしに, 頼まれたから, 食器洗いの

▼ 主人夫婦~ (267, 1.1%)

7 の部屋 3 の外

2 [18件] から順序通り, が人, が出, が珈琲, と並ん, と娘, と客, と手代宗次郎, と番頭, に娘, の他, の前, の寝室, の食卓, は東京, も若, を怨む, を怨ん

1 [221件] いや夫婦, から一切, から召使, から男衆小僧, から目, から許し, か民, がおれ, がその, がならん, がよく, がわたし, が下, が二階, が今, が初めて, が可, が外套, が大切, が大変, が大将, が寢, が巡査, が悪者, が惡者, が旅, が現在, が要領, が見え, が足, が遠来, が面白い, その前, だけ子供, と, とお雪, とことし十三, ともう, とレム, と一人, と一番番頭, と一緒, と丈, と中年, と何, と兄弟子, と十右衛門, と博士, と同じ, と夜明近く, と女, と女の子, と女中, と差し, と差し向い, と御, と心, と新太郎君, と話, と養子夫婦, にきい, にきこえる, にささやいた, にし, にすまない, につれられ, になっ, には姪, にもつれられ, にも目, にも話し, にも食べさせ, に令嬢, に何, に別れ, に告げられない, に喜ん, に大学, に女中, に子供, に子供二人, に対して一種, に対する憎しみ, に従う, に御礼, に接近, に比べ, に自分, に虫, に逢, のあいだ, のこと, のす, のはしやぎ様, のもと, の二つ, の人柄, の住居, の勧め通り, の古い, の声, の変死, の外明治四十一年, の好意, の安否, の寝, の寝間, の寢室, の寢部屋, の居室, の居間, の帰った, の帰り, の帰る, の急激, の折檻, の曇らぬ, の歸, の熟睡, の生死, の生活費, の眼, の礼言葉, の缺席, の耳, の聲, の言葉, の話, の身の上, の鉄火, の間, の食い残した, は, はいつも, はいよいよ, はこうした, はこの, はご, はごく, はしきりに, はたしかに, はただただ, はたっぷり, はとかく, はどうして, はどうにか, はまた, はまったく, はもうとう, は丈夫, は事件, は二, は云うた, は仕立屋, は依然として, は偶さ, は別に, は勘次, は勿論, は又, は名, は唖, は好い, は子供, は寝床, は帰り, は座席, は応接, は朴訥, は清ちやん, は漸く, は無理, は私, は答えた, は老人, は色々, は英吉, は近い, は陰った, は電話, は非常, へすすめた, へそのまま, へは森本, ほど有難い, もおめかし, もちょうど, も不在, も人柄, も先生, も叔父, も始め, も座興, も当惑, も植疱瘡, も横浜, も正直, も當惑, も表面, も起き, も遠慮, や叔母さん, や寄宿人, や雇い人, らしい二人, をつかまへ, を半々, を呼, を呼び棄て, を始め, を怨み, を悦ばし, を悪く, を殺し, を玄關, を縛りあげ, を見捨てなかった, を起し, を雷獣, を高手小手, 若主人夫婦

▼ 主人~ (159, 0.6%)

12 あつた 5 ござります 2 あつた人, お比奈, その日, でも, 女の, 結構で

1 [130件] あつて, あらう, あり得るという, いつも煙草, いらっしゃいましょうか, いらっしゃいます, いらつし, いるその, うちの, お栄, お此, お町, お神さん, がすよ, これまでに, これも, これを, ござりまする, ごぜえました, しかもさ, すっ, すら完全, ずっと上, せう, せうか, せうな, そう云っ, そのお母さん, その上, その名, それが, だいぶんと, でっぷりと, ね戸締り, ふだんは, まっかに, みんなは, もとの, ゐら, ニワトリが, ネオンの, ヤーフは, ロアイヨルという, 三人の, 三日に, 中村といふ, 五十近い, 京助などという, 人様から, 人樣から, 今は, 今晩は, 付合も, 何ものにも, 何んとか, 俳名春草といふ, 傍らに, 傘は, 僕らを, 其他の, 出先に, 分別盛りの, 労働法が, 区会議員を, 去年の, 可愛がっ, 同君は, 名は, 名を, 向うが, 呼び物の, 堅蔵で, 外から, 外國の, 夜も, 夫から, 女中も, 妾で, 姓は, 娘の, 子供では, 学問が, 安川という, 年上の, 広い屋敷, 後見は, 怒号し, 悩ましい表情, 挨拶さっせ, 数人の, 昼間は, 時々肩, 書盗が, 曾て, 月姫という, 朝から, 此の, 永太郎という, 汚れた畚褌, 満足し, 源次郎, 源次郎という, 無く今, 無妻, 町内でも, 画家丘崎逸作先生だ, 直ぐに, 相変わらず材木屋, 看板屋の, 眼鏡を, 石見の, 社会主義の, 私が, 穂積千足と, 細君は, 苗字は, 薄肉色の, 藤太と, 衣類反物の, 袁を, 谷です, 豊かと, 豐かといふ, 通称信兵衛後に, 金にも, 門弟衆なども, 雇人は, 雑学の, 鵞ペンを, 鼈四郎の

▼ 主人~ (150, 0.6%)

4 番頭が, 若主人, 親に

2 [18件] おかみさん, お主婦さん, お前の, けらを, そのほか, 主婦の, 古くから, 娘達奉公人達まで, 店の, 彦太郎を, 日頃娘の, 朋輩に, 番頭, 番頭の, 番頭は, 番頭を, 私の, 細君の

1 [102件] あなたたちの, あなたの, おかみさんに, おかみや, お嬢さんじゃ, お嬢さんに, お嬢様を, お孃さんぢ, お子さんは, お客が, お客の, お屋敷, お神, お銀様, この不幸, この英国人夫婦, その他何だつ, その内儀さん, その姉, ねこや, サーシャが, ロンドの, 上さんや, 上の, 下足の, 主婦は, 主婦や, 主婦を, 他の, 侍女たちは, 侍女たちや, 兄たちが, 先輩の, 内儀さんに, 出入りの, 勝重との, 千住の, 参ちゃんの, 又は主人, 友人たちは, 召使いも, 召使に, 召使達に, 塾生達を, 奥さんの, 奥さんや, 女たちが, 女中が, 女中を, 女房は, 女給は, 妻子を, 娘さんは, 婆やの, 婢僕までも, 子供たちの, 子供達と, 客に, 客にも, 客の, 客を, 家族に, 家族の, 屋敷の, 岸本を, 布志名浅利氏等に, 店員が, 廓から, 強者や, 御隠居, 御隱居, 御隱居樣, 息子たちは, 手代達に, 支配人にも, 旅館の, 東日の, 此英国人夫婦に, 泊まり合わし, 浜屋の, 清助から, 父と, 番頭から, 番頭に, 番頭へ, 番頭も, 番頭や, 番頭馬車屋, 矢代さんや, 私へ, 細君とは, 細君や, 細君を, 老母や, 自分の, 若奴, 親までの, 講演諸氏の, 近所の, 重吉が, 隠居たちです, 面変はりせる

▼ 主人には~ (107, 0.4%)

3 主人の 2 お上の, 弟が, 御主人, 申訳が

1 [96件] いずれまた会い, いちいち通告, いつに, いつの間にお, おかわり, おもしろくない, お目, お逢わせ申しません, この上, この頃, これからどちら, すまない, すまないと, その二つ, それが, それは, そんな牙, なれその, なんとかいっ, はったとわし, もう少しき, もう少しききたい, やはり浮田家, ようご存じでございます, よくわかり兼ねます, わかるの, ドッサリチップを, 一向意味, 一向通じない, 一等品として, 七日と, 不足か, 之を, 今まで, 今度にわかに, 仕えること, 会見した, 何か, 何やら屈托, 傲慢が, 全く覚え, 内緒で, 内証で, 内證, 分らない, 別の, 勝てない, 十分も, 古い借り, 叱られるばたばた, 右の, 命より, 喜ばれる, 妙な, 始終ご, 嫌はれ, 嫌われ息子, 将軍の, 彼が, 心から惚れこん, 心を, 忠なり, 思いも, 悪いの, 愛宕山の, 敵が, 斯うい, 時々便, 気に入りそう, 海山の, 無論目, 特別に, 現在自己の, 甥に, 直ぐに, 相談なし, 知れますので, 礼金を, 祖父に当たる, 私の, 秘密で, 義理の, 聞こえ渡瀬, 自慢の, 見えなかつた, 見せられぬ涙, 親しい友人, 話さずにな, 話したか, 身寄りも, 遠慮を, 適當に, 遽に, 面目ありません, 頓着なく, 黙って

▼ 主人~ (107, 0.4%)

4 のお 2 には御, のお嬢様, のお金, のよう, の御, の所, は大, へ

1 [87件] から頂きます, が, がお, がこちら, がご, がすなわち, がガミガミ, が却って, が斯, が是, が昼, が遠慮, が零落れ, だから, だと, だよ, だよう, でご, でございます, でさ, でさえ, ですから, ですわ, では, で妾, と争う, と二人づれで, と名, と大切, と申す, なので, なん, にお, にお目にかかった, にお目にかかりたい, にすっかり, にはこの, には心から, にも早速, に会っ, に子, に御馳走, に死なれまし, に申訳, の, のいう, のお世話, のお家, のご, のに間違い, の事, の令嬢, の写真, の多門兵衛正成公, の大, の引き, の御蔭, の思い女, の気に入られ, の若様, の言いつけだ, の身辺, の顔, は, はお, はこと, はこの, はたしか, はどうしても, はまだ, は大層, は御用, は思召, は旦那, は永, は私, は震災, へも御, へも無断, へ年, へ御, また皆様がた, もお守りく, より一つ, を束の間, を殺し, 貴郎様

▼ 主人である~ (98, 0.4%)

4 ことを, 私が 2 か, ことが, 人は

1 [84件] お互い国民の, お旦那, かが分かります, かもしれない, から, からには帰らない, から不審, から居る, から御, から身, から願書, か見境ひも, がおもしろい, がそれ, が居留邦民中, が故に, が為, ことさえ, ことその, ことなどを, この私, しまた, だからおとなしく, だけに何, という名, とか何処, ところの, とせられた, とともに奉仕者, ともいう, と云われる, と共に彼等, と思っ, と言っ, と言った, のか, のでさすが, のは, のを, ひとと, ひととの, やうな, ような, グレッス氏の, コックが, ソヴェトの, チカマーソフ大佐から, ポリニャークの, ユシュルー親方は, ルケアーノフだった, 事だけは, 井谷の, 人の, 伯父の, 僧が, 十兵衛の, 又左衛門利家, 大公が, 大柄な, 女が, 家康の, 富農は, 岐阜の, 庄谷だ, 彼に, 忠左衛門の, 忠左衛門も, 息子の, 我家の, 文人が, 武士を, 池谷医師でも, 深水は, 源氏は, 男の, 画家の, 百も, 細川三斎公の, 肥太, 自分の, 虫が, 虫尾兵作だった, 韮崎を, 高畠子爵は

▼ 主人~ (93, 0.4%)

3 になっ, の神尾主膳 2 となっ, のお, の人々, の位置, の奥さん, をつとめ

1 [75件] から紹介, がそんな, がもう, が客, が神様, が蛙, が音頭, その中, で, であった, でありその, であろうと, でたいへん, で客, で晴れ, で疲労, で祝宴, という順序, とし, としての小さな, として会社, として列席, として容易, と女房役, と言, なん, にお, になつて, にまた, にまわり, に一応, に云う, に廻り, に拠, のルージェール伯爵, の三郎, の久三, の二人, の伊沢, の伯爵, の信長, の口調, の宮木喜久雄, の小西, の岸本, の校長, の遠藤, の金兵衛, の鈴川源十郎, の長崎屋, の駒井甚三郎, は, はかうい, はその, はなんと, は倭文子, は勿体ぶつ, は各, は弟, は我々, は松尾氏, は直, は許婚者, らしく率先, をし, をする, を交替, を初め淑女紳士諸君, を勤む, を命じた, を延若, を承つ, を買つて, を除い, 遅れては

▼ 主人らしい~ (91, 0.4%)

8 男が 5 のが, 人が 3 人の 2 すこし頭, のは, 人も, 四十恰好の, 男の, 男は, 老人が, 闊達さの, 鷹揚さは

1 [52件] からだ, こごとを, ところが, のに対する, のに箱, のや, のを, フロックコートを, 五十年輩の, 人に, 人には, 先刻の, 冷静と, 口調である, 吃りの, 品位を, 四十先の, 声が, 寛厚な, 寛達さは, 影は, 心持が, 心持も, 愛嬌の, 武士の, 母の, 渋好みの, 温厚そうな, 爺さんが, 生活を, 男がは, 男でした, 男と, 男に, 男を, 稍年上の, 美少年の, 者も, 自尊心を, 若い人, 若侍, 落着きと, 行ひ, 調子を, 貫祿です, 貫禄です, 貫禄を, 赤髯の, 闊達さは, 頭に, 頸の, 顔も

▼ 主人~ (87, 0.3%)

2 お返しする, 暇を, 知れて, 話を

1 [79件] いい返した, お告げ下さい, お礼状などは, かけ込んでも, このこと, この付近, こんな手紙, さう言つて, じかにお, そう言っ, つげると, でっぷりした, どうにも顔向け, よろしく, 上げると, 云った, 会いに, 使ひ, 勧めて, 厚く礼, 取次ごうとも, 叫んだ, 右之, 向けて, 告けれ, 告げた, 売り渡す, 女が, 宛てた一通, 対して, 対してよりも, 度々相, 忠義な, 急を, 手渡して, 手渡し下されたい, 手紙でも, 持って, 挙げた, 挨拶した, 挨拶に, 捧げると, 提供させ, 支払った上, 斯と, 渡して, 火急の, 無理暇を, 無言の, 猶恥, 申しけれ, 申し聞けますから, 申聞んと, 申訳が, 申譯立難し, 申通じける, 相談を, 知らせようと, 知れては, 窃に, 篤と申, 義理に, 言いましたが, 言は, 言ひました, 言わないん, 話したろうね, 話して, 身を, 返す金, 陣地の, 電報を, 電話を, 預けし金百廿兩餘, 預けて, 預け儉約を, 預け申付られ, 願ひ, 飛びかかりまして

▼ 主人~ (76, 0.3%)

3 といふ 2 から馬鹿, ぜ, つたもう, ということ, と思っ, な, ね, よ

1 [57件] おれが, かどう, から, からおいで, からこの, からそう, からそりゃ, からつまり, からとて美味い, からゆけ, から主人, から仕方, から仮病, から市会議員, かわからぬ, か分らぬ, か判然, がこうして, がもう, がもと, が多分金, が客, が寛先生, が昔, けどほん, けれども旦那, そうだ, そうで, ぞ, つたのです, つた先代の, つてあんな, つて云へば, つて言う, という, というこれ, というの, というゴシップ, といっ, といふ六十, といふ女, とか何とか, とでも妻帯者, と一眼, と思い, と思わず, と怨んだであろう, と感じる, と教えた, と見, と誰, などとはだれ, の, のって, のにそう, のに家出, 何時までも

▼ 主人~ (75, 0.3%)

1 [75件] からの添物, から無視, から舞姫, から見, が勝, が静, だけの頭数, でたった, では奥, では新た, でもこの, でもむりやり, で誘っ, としてのお座なり, としては面, とでも云ふか, との接衝, と召使側, と来客, と雇人, には岸本氏, には長い, に気の毒, のいう, のこれ, のつながり, のふたり, のもの, のロセス, の一人, の三人, の両君, の予期, の人, の人々, の人達, の代表者, の伊井公侯, の余り, の協定, の四人, の好都合, の家橘, の市民たち, の庄田喜左衛門, の後藤等, の意見, の態度, の数名, の方, の日本人, の款待, の注意, の清子, の男たち, の眼, の美しい, の肝煎り役, の自慢, の親類, の連中, の遠慮, の食卓, はかく, はことわった, は一人, は井谷, は因幡守, は彼ら, は比較的, は織田與次郎, は重役三羽烏, もおもしろ, も召し, を代表

▼ 主人とは~ (74, 0.3%)

3 思はれない番ごと喧嘩 2 そこで, 以前から, 元同じ, 古くからの, 商売柄心やすく

1 [61件] いいながら, いえまいやっぱり, いたって, お相弟子, お茶屋の, かねて, さっきから, しばしば衝突, それから後, たれぞ, どういう素性, どんな係り合い, どんな係り合ひで, どんな引っ掛りなん, どんな引つ, なれない, まったく別人, 一寸腑, 三十近くも, 互いに押し問答, 以前に, 八年も, 別の, 別れました, 前からの, 反対に, 古い交際, 夢の, 大体こんな, 寝て, 少し年齡, 少し年齢, 少し送ら, 岸本は, 弓箭沙汰に, 思ひ居らざるにや, 懇意なりける, 懇意に, 懇意らしく, 持ちつ持たれつだ, 故茂雄氏, 昔中学校で, 有名な, 正と, 気が, 特に親しみ, 申しながら, 申難し, 異なり, 相識の, 知り合いでも, 碁の, 私は, 縁つづきで, 縁の, 親類づきあいだ, 長年連添つてた, 際限も, 雲泥の差だ, 顔なじみだ, 顔を

▼ 主人という~ (73, 0.3%)

44 のは 8 のが 3 ものは 2 ものも, 人は, 者は

1 [12件] のを, ものが, わけには, 人も, 口入れ屋の, 変わった経歴, 字に, 武士が, 殿様は, 立場から, 縁を, 風体である

▼ 主人として~ (71, 0.3%)

2 働いて, 十幾人の, 威厳を, 恥かしくは

1 [63件] あなたは, いて, お仕えいたせ, お仕えする, この一日, これほどの, それに, つかえて, また年寄役, もう少し聢乎, やつて, やや特殊, 一つも, 事へ, 二心なく, 催させたもの, 兄として, 其の敵, 其人を, 別に不足, 勤王系の, 十何大通とやらの, 叔父夫婦が, 口の, 坂東八州の, 多少座, 大いに注意, 妾の, 実に責任, 家の子郎党を, 少くとも, 屆け, 川越の, 巨萬の, 帰るべきか, 引幕を, 彼の, 待遇され, 忠実に, 成功した, 扱う英国, 描かれる一家団欒, 教養も, 敬うべしというは, 断腸の, 新子の, 新生活, 本当に打っ, 来るの, 欠くる, 爾し, 白雲が, 相当に, 相応考えが, 立てる, 納まって, 自身が, 表向きに, 親としての, 諸子の, 身内の, 重大な, 馳走を

▼ 主人にも~ (70, 0.3%)

2 女にも, 朋輩にも, 番頭さんにも, 番頭にも, 訳を

1 [60件] あんな小, お気の毒, お目にかかって, お知らせし, お越しを, せよ職人, たびたびお, つれあいが, どうかこの, なかなか風流人, なれなく取りつぎまする考えいかに, ややひととおり, ようその, よく話, よく話した, よしなにお伝え, よろしく仰しゃっ, フイレエ肉を, 一臂を, 不面目だろう, 人なみの, 伝えて, 何かの, 信用が, 先先代の, 共通です, 判断の, 劣つた事を, 可愛がられて, 告ずして, 増して, 寵愛され, 店の, 弱身, 当たって, 後で話せ, 後れあたり, 恥を, 愛想を, 派手過ぎる, 深く包, 済まないと, 無断で, 相談し, 私から, 算盤を, 納得が, 細君にも, 自分の, 見て, 親近感を, 言うて, 言難き, 話したら人手, 話し山谷, 読めぬくらい, 迷亭先生にも, 迷惑千万, 逢った, 部下を

▼ 主人たち~ (58, 0.2%)

2 のいる, の意志, の方, の部屋

1 [50件] がかえって, がすっかり, がどうせ, がなぜ, が主人, が客, が満足, が田舎, が留守, が迎え, です, というの, といえる, と一緒, と信じきっ, にも逢い, に別れ, に劣らない, に対して行なった, に目, に累, に遠慮, のうしろ, のこころ, のとおり, の住む, の元気, の前, の功績, の密室, の寝殿, の帰っ, の必要, の顔, の顔つき, はいつ, はこの, はほとんど, は女, は意地, は決勝点, は直接, は私, までがそんな, までが細君同伴, も同様, も大, よりさき, を振り返りました, を見送っ

▼ 主人たる~ (52, 0.2%)

3 ものは 2 ものが, 地位を, 此の

1 [43件] あなたが, あなたに, そして目下, だけの資格, ところで, のみ, の修業, の士族, の実, ばかりで, ものから, ものの, キリスト教徒の, 一馬先生すら, 上杉が, 不生不滅者, 人の, 人物は, 代官に, 伯父が, 俺を, 大公爵, 夫を, 市民は, 弟又次郎の, 我は, 手前が, 拙者に, 歩兵見習士官ゴロロボフの, 珍, 私には, 私の, 第一長老, 義務も, 者だ, 自分の, 若武者は, 苦沙弥先生が, 英国をば, 観を, 証左であり, 責任の, 隠居さんを

▼ 主人夫妻~ (51, 0.2%)

1 [51件] が, がめつきり年, が人力車, が何彼と, が帰った, が揃っ, が支店, が銀婚式, とともに文楽, となにか, と一緒, と上品, と共に居た, と家族, と話し, にはいつ, には平等, にランプ, に先刻, に取次いだ, に対して寧ろ, に老婢, のやり方, の前, の君, の寝る, の居間, の方, の生活ぶり, の非難, はまた, はよほど, は不在, は二人, は元, は土地, は彼女, は憶, は流行, は温情, は赤沢君, は連れ, は門口, ももてあました, も心配, やイリヤ自身, や伸子, や弥次馬達, をし, を私, 死んだお

▼ 主人です~ (46, 0.2%)

864 から 3 ね, もの 2 が, が先月

1 [18件] かと, からあなた, からきつ, からな, からね, から中, から仕方, か傭人, がこう, が丹次郎型, が彼, つて, とも, な, の, ものを, よすると, ネ

▼ 主人では~ (43, 0.2%)

4 ございません, なかった, なくて 3 ない 2 ないか, ないが, ないの, なかつたの

1 [20件] あっても, ありませぬ印度, ありませんな, あるが, あるまい, あるまいと, ございませんでした, ないかと, ないと, ない給銀, なかつた, なくお嬢さん, なくとも, なくなった, なくなるといふ, なく只, 無かった, 知らないの, 苦情を, 追っ付かない位

▼ 主人~ (43, 0.2%)

7 のだ 6 んだ 3 のか, のです, んです 2 のであった

1 [19件] のだろう, のである, のでございます, のでその, ので外, ので御座, のに苦情, のね, のね成, のよ, の私, んざあ主人に, んじゃ, んじゃと, んであなた様, んでございます, んでせう, んとかの, んの

▼ 主人とも~ (42, 0.2%)

3 相談し 2 あらうもの, あろうもの, なって

1 [33件] いうべきお松, いうべき伊豆守, いろいろ相談, なったまた, なり親とも, よく相談, 一応相談, 仰ぎ陰口一ツ, 仲を, 分らぬ御, 同道した, 居候とも, 御心安く, 御懇意, 微笑みて, 思う人, 慕ひ, 懇意に, 敬い親, 旦那とも, 疎くなった, 相談いたしまし, 相談しまし, 相談せ, 知り合いに, 育ての, 見える人体, 見える背広服, 話して, 話しまた, 諒解の, 関係の, 面白くない

▼ 主人より~ (42, 0.2%)

1 [42件] いっそう骨, お使い, ずっと小柄, はるかに, ほかに, よく知っ, よび帰, ナースチャに, 丈高く, 上だ, 主婦よりも, 二つ下という, 二三間ぐらいは, 二十五両の, 借りて, 先き, 凶暴な, 初めて聞いた, 十兩貰ひ, 叱言, 呑気に, 四ツ上だ, 外へは, 大切に, 奥さんの, 家族に, 年の, 年上みたいだ, 店を, 殿様への, 申しつけられて, 私の, 立派な, 立派に, 聞きえしは, 聞得たり, 衣食を, 路用として, 遅く起きた, 遠来の, 遠藤工學士宛の, 預かりましたもの

▼ 主人でも~ (40, 0.2%)

2 なければ, もう堪忍, 徳松でも

1 [34件] ある, あるだろうし, あれじゃ, あろうか, おいそれと士分, こう明らさま, この三令嬢, そういっ, それを, ただ長い, ない, ない余所, ない磯五, なくて, なく先輩, なく召使, ふだんは, ドナテロだの, 侍屋敷でさえ, 分って, 叱り付けるという, 多少素養, 大抵は, 女房の, 子の, 容赦は, 居なければ, 店用でない, 抱えと, 最早私, 私という, 私の, 間に合う, 露顕を

▼ 主人との~ (37, 0.1%)

2 仲が, 間が, 間に, 間には, 間は

1 [27件] ことが, なかに, 三人である, 不明な, 仲は, 仲も, 共謀搾取を, 別離を, 友誼は, 取計, 取計らいで, 対談中に, 差向いである, 思い出よ, 死別, 献酬は, 約束で, 結婚話が, 話しなどは, 話を, 間の, 間を, 関係が, 関係の, 関係義務を, 關係が, 顔が

▼ 主人さま~ (33, 0.1%)

3 に成り 2 にお, のお, のお蔭, の御

1 [22件] が仰し, だ, とも思えた, なりお, にはちがいありません, に何, に申し訳, に附ッ切りゆえ, のいい, のお母さん, のお話, の万年町, の前, の名, の御用, の行く, はおめざめ, へ刃, へ勿体なくっ, や俺たち, を忌, を悪口雑言

▼ 主人~ (31, 0.1%)

2 大番頭

1 [29件] え, お内儀, お媽さん, お寅, その甥, それともまた林, どうかは, 丁度い, 下女に, 主人でなく, 主婦とじ, 何か, 何かの, 何んか, 召使か, 妻女かが, 客か, 少なくとも奏任主人, 師匠か, 度々どうも恐縮, 思いの, 曲者は, 知らないが, 知ら宿, 私でなけれ, 細君が, 芸者町の, 親かを, 訊きたいこと

▼ 主人に対して~ (31, 0.1%)

3 唯虚心 2 敬意を

1 [26件] すまない, すまないと, そちたちの, つかって, では, ほとんど動物的, ほんとうに, アリストテレスは, 一種の, 下手な, 低い位置, 何も, 作法を, 先輩たる, 失礼だ, 小言の, 尽くすべき義務, 忠僕と, 政略的に, 新年の, 死者に対する, 無礼な, 異論の, 種々なる, 言訳が, 過日から

▼ 主人持ち~ (30, 0.1%)

1 [30件] か, か役付き, ここで, すなわち木曽家, だから, だこうして, であった, であったという, であったもの, であるから, でいた, でなければ, でようやく, で思う, で性, として小遣い, のあさましい, のかなし, のかれ, のわし, の多吉, の小僧, の彼, の悲し, の義, の身, の身分, はつらい, ばかりの特権, 仕事の

▼ 主人~ (29, 0.1%)

2 の目

1 [27件] からも可愛がられ, がその, がどんなに, が一方, が避暑, だけ光琳, と同じ, なの, なり, に引き止められた, に見せ, の使う, の夫婦喧嘩, の寝台, の後, の感賞, の様子, の眼, の防寒具, の顔, はハイド・パアク, は進ん, もぴかぴか, も知らない, も粗食, よりも一足さき, を信用

▼ 主人殺し~ (26, 0.1%)

8 の下手人 3 の罪 2 はどう

1 [13件] でございます, でないという, というの, の下手人ぢ, の事, の時, の疑い, の関係者, はこの, は此女, をする, をやり, を泥棒

▼ 主人~ (25, 0.1%)

2 にてもかほど, の世, の青江備前守

1 [19件] たる私, である信長, で一たん織田方, にでも当たる, にでも当っ, になっ, に当たり, に当り, に当る, のお, のお玉, の人, の人々, の変わり者, の娘, の言, も奉公人, らしいが, らしい貴人

▼ 主人であり~ (24, 0.1%)

2 父母である

1 [22件] そこの, ながらそれ, ながらも物堅い, ながら召使たち, ながら彼, ふるさとの, また主婦, もし召使たち, フランス共和国の, 一方は, 乍ら自分と, 乍ら藁を, 先生である, 夫婦雛の, 家畜の, 愛人である, 現代でも, 立派に, 絶対の, 自分も, 芳江姫の, 革命党員である

▼ 主人よりも~ (22, 0.1%)

2 先き, 番頭衆よりも

1 [18件] いくらか勇気, お上手の, つと慘忍, もっとえらい, よく知る, イクラか, 上か, 外交員が, 大切である, 年上です, 悪いと, 格式の, 申付て, 細君の, 身分の, 身長が, 郷里の, 鼻息が

▼ 主人萬兵衞~ (22, 0.1%)

2 を殺した

1 [20件] が可愛, が死んだ, と一緒, に別條, に逢つて, の仲, の小言, の幼友達, の弟, の怨, の死んだ, の死骸, の死體, の甥, の自信, の部屋, の顏, は年甲斐, は酒, を殺す

▼ 主人~ (21, 0.1%)

2 兼を, 半が, 秀は, 釜の

1 [13件] かくという, 二人とも, 二人共夜が, 名のり置かれくださる, 名前は, 照の, 竹如来からは, 米の, 米を, 美野これは, 迎いに, 酒の, 銀ちやん

▼ 主人であった~ (21, 0.1%)

2 か読者

1 [19件] か, が主人, が山, が愛妻, が茶事, ことが, ころには, という話, と私, のか, のでおどろい, 公方と, 及川が, 女の子が, 奴隷使役者の, 時代も, 祖母が, 私の, 身が

▼ 主人としての~ (21, 0.1%)

1 [21件] 体面上人前で, 修業は, 加部錬, 君と, 品格を, 存在を, 実力を, 常座, 彼の, 必死の, 態度は, 権式を, 漱石, 理論それは, 男の, 私は, 貫祿も, 責任は, 責任を, 阿爺, 面目も

▼ 主人思い~ (21, 0.1%)

1 [21件] だという, だな, だネ, で半身不随, と見う, な, なやつ, な右馬介, な思い過ごしです, な目, な良心, な郎党, に違い, のなにひとつ非, の婆さん, の彼, の明治, の様子, の正直, の角蔵夫婦, は細川

▼ 主人金兵衞~ (21, 0.1%)

2 の身體

1 [19件] がお, が歸つたの, が癈人, には少し, のよそ, の出身, の前, の叔父さん, の喜三郎, の女房, の溺愛振り, はさ, はひどく, は今度, は恐らく, は眼顏, は紹介, は絹物, を殺さう

▼ 主人に対する~ (20, 0.1%)

2 証文の

1 [18件] ごときまた, ごとく毫も, のよりも, 世辞でない, 俺の, 出迎えの, 奴隷の, 妻子の, 忠という, 忠誠, 怨恨不平さ, 敬意から, 番犬の, 職工たちの, 背反は, 言葉遣い他人に対して, 調子には, 鬱憤を

▼ 主人~ (20, 0.1%)

1 [20件] でも持て余し, にては一向, にては奉公人, にても此兩三年, にて遠慮申付, にはすまぬ, に引渡され, の不利, の座談会, の手伝い役, の暇, の番頭久兵衞, の親類呉服町, へお, へ帰られる, へ注進, へ證文, へ雇人請状, へ預け, へ預けられた

▼ 主人じゃ~ (18, 0.1%)

1 [18件] ありませんよ, あるめ, ない, ないお, ないか, ないだろう, ないの, ないよ, ないん, ない婆さん, なかったでしょうか, なかったの, ねえか, わしが, わしじゃ, 不浄呼ばわりは, 今にあの, 相変わらずお忙しい

▼ 主人~ (18, 0.1%)

2 のお, の御

1 [14件] がしつかり, が晝, で今, にお預け, には御, によろしく, に屆出, はいつも, はこと, はこの, は中, は大層, は永, も奧樣

▼ 主人と共に~ (17, 0.1%)

1 [17件] その自動車, その返答, イタリイに, 二度ほど, 反秀吉, 古い大阪, 和尚の, 大師河原に, 嵐山に, 幾らかの, 朝鮮にも, 正月を, 販売の, 責惱せし, 起居し, 門司行請求書調製, 駅舎を

▼ 主人~ (17, 0.1%)

1 [17件] が御, が為さん, しからざる心持, のしたく, の五分, の冷静, の後ろ, の挙動, の荷物, の話, の食膳, は冷静, は王事, は非常, も来, や支配者ら, を微笑

▼ 主人孫右衞門~ (17, 0.1%)

3 は床 2 の部屋

1 [12件] と下男, と錢形平次, に話しかけました, の寢所, の寢間, の床, の抗議, の窓, の話, は二度, は佛米屋, は孫三郎

▼ 主人といふ~ (16, 0.1%)

8 のは 2 のが 1 ことに, ものにな, ものは, わけだ, 処を, 殿樣は

▼ 主人源吉~ (16, 0.1%)

2 と花嫁, の唇, の表情, の頬, は親類縁者, もその 1 の心尽し, の心盡, の顏, の顔

▼ 主人これ~ (15, 0.1%)

1 [15件] がわたし, ですか, で間違, で間違い, にはいろ, はただ事, は半ば私, は容易, は望月家, は本物, ばっかりはお, をなんと, を何ん, を信じ, を信ぜずし

▼ 主人とが~ (15, 0.1%)

2 エリスと共に

1 [13件] ガレージの, 一家協力し, 上に, 二人で, 何の, 切っても, 同一人物, 和合の, 張り合ったの, 慣例どおりウォツカを, 時々する, 浮気しました, 衝立つて今鳴

▼ 主人への~ (15, 0.1%)

1 [15件] つかへ, 仕方や, 取り次ぎを, 御恩返し, 御機嫌買い, 御飯仕度に, 恩返しや, 早變, 申し訳言い交した, 申譯言ひ交した, 義理か, 義理といふもの, 言いわけ, 貞節で, 電話が

▼ 主人らしく~ (15, 0.1%)

2 伜の, 言葉少なに

1 [11件] ここは, はある, はなかっ, はなかつた, もある, ルバーシュカひとつに, 五十四五の, 四十がらみの, 妻の, 食卓の, 鷹揚に

▼ 主人岩太郎~ (14, 0.1%)

1 [14件] が声, が野幇間, の声, の好色, の寝, の死骸, の甥, の説明, はおし, は二階, は今, は悠揚, も今度, を殺す

▼ 主人峰右衛門~ (14, 0.1%)

2 の部屋

1 [12件] が袂, の兄, の口, の後ろ, の死骸, の生命, の甥, はゴクリ, は愚痴交, は顔中, も思わず, を脅かし続け

▼ 主人峰右衞門~ (14, 0.1%)

2 の部屋

1 [12件] が袂, の兄, の口, の後ろ, の死骸, の生命, の甥, はゴクリ, は愚痴交, は顏中, も思はず引入れられる, を脅かし

▼ 主人~ (14, 0.1%)

3 兵衛の 2 七が 1 七に, 七の, 七は, 七様の, 兵衛と, 兵衛は, 右衛門と, 左衛門の, 左衛門を

▼ 主人自ら~ (14, 0.1%)

1 [14件] か新, がたべる, がカミシモ衣服, が泥棒, が迎え, の忠実, の言葉, は干, まず大いに学ばね, やって, 出向くが, 懸けて, 汲むので, 行います

▼ 主人なる~ (13, 0.1%)

2 男は

1 [11件] ことは, ものを, ウィリアムさえ, 人も, 人常に, 天子常用の, 無口男も, 者が, 者に, 者は, 華族と

▼ 主人一人~ (13, 0.1%)

3 の翫具 1 がなんにも, が工場主, だ, に対してすら痛み入っ, のこる, のわがまま, の慰み, の眼, の食事, は大納言大伴御行

▼ 主人万兵衛~ (13, 0.1%)

1 [13件] が可愛, が死んだ, といっしょ, に別条, の仲, の幼友達, の弟, の怨み, の死体, の甥, は年甲斐, は酒, を殺す

▼ 主人善兵衞~ (13, 0.1%)

1 [13件] に助けられ, の夜, の歎, の煮え切らない, の甥, の福徳, の部屋, の非難, は一季半季, は念, は聲, をうんと, を一番

▼ 主人~ (13, 0.1%)

4 の修業 1 のお, の一般, の最高峰, の真髄, を体得, を修業, を学ばしめる, を完成, を知らず

▼ 主人市十郎~ (13, 0.1%)

1 [13件] が殺された, が猫又法印, といふの, に信用, に智慧, に曾, の御, の用心棒, の相談相手, の身寄り, の部屋, は死んでしまつた, より十幾つ

▼ 主人からの~ (12, 0.0%)

1 [12件] お報せ, お尋ねが, 口上を, 命に, 嘆願も, 手紙を, 手紙一本を, 招きの, 暇が, 申付けで, 言いつけで, 貰ひもので

▼ 主人からは~ (12, 0.0%)

2 四五日前に 1 ちと手間, 余分の, 安心に, 対等に, 御礼の, 暫くし, 気立ての, 眼を, 給料以外の, 絶対に

▼ 主人などは~ (12, 0.0%)

2 六郎の 1 あなたの, あの子, あの眼, その鵜呑み, 到底これ, 小さい時, 未だに外出, 無論ない, 遥かに, 酷い嘲笑

▼ 主人なり~ (12, 0.0%)

2 恩師なりの 1 一方にゃ, 主人の, 主婦なりが, 八字髭美しき, 召使いなりが, 可愛い生徒さん, 妻なり, 弥次, 恋人なりに, 雇人なりが

▼ 主人まで~ (12, 0.0%)

2 殺した曲者 1 出来るだけ, 床の, 御一緒, 御連絡, 挙げられてしも, 殺す氣, 気が, 浮かれ出す, 真顔に, 送り届けるだけの

▼ 主人~ (12, 0.0%)

8 之丞 2 之丞様, 之丞樣

▼ 主人五兵衞~ (12, 0.0%)

1 [12件] が悴五郎藏, とやらと兩人, に打向, の心, は其人, は此久兵衞, へ屹度, へ屹度預け, へ段々, へ預けられ, を種々, を説勸め

▼ 主人だった~ (11, 0.0%)

1 [11件] が未だに, その部屋, ということ, のかと, ので, のです, ので石子刑事, ひとが, もうどんな, んだ, 者なれ

▼ 主人とか~ (11, 0.0%)

1 [11件] で妙, もっとしばしば浪人者, 号し, 囲炉裡を, 娘さんとかいう, 子供とかいう, 家主とかに, 息子娘とかに, 抱え主とか, 料理屋の, 父母とかが

▼ 主人ばかり~ (11, 0.0%)

4 では 1 だ, ぢや, でなく奥さん, でなく店, でなく皆, へえへえ一杯一円, 茶を

▼ 主人三郎兵衞~ (11, 0.0%)

1 [11件] に慰められ, に當, の娘, の顏, はそれ, は分別らしい, は女房, は娘, は自分, は覺束, を差し置い

▼ 主人信長~ (11, 0.0%)

1 [11件] のやり口, の力, の同盟国, の境遇, の妹君, の婿, の御意, の意, はこの, はその, を弑逆

▼ 主人~ (11, 0.0%)

3 左衞門の 1 九郎女房お, 助さまに, 助さまには, 左衛門へ, 左衛門儀御, 左衞門が, 左衞門を, 藏方にても

▼ 主人大事~ (11, 0.0%)

2 が嵩じ 1 と奉公, と思い詰めました, にと心がけれ, に勤め, に奉公, に豆, の一ト筋道, の心, 御客樣

▼ 主人徳右衞門~ (11, 0.0%)

1 [11件] が狙, と内儀, と間違, に逢つて, の不敵さ, の古い, の部屋, はその, は行方不明, を始め, を相手

▼ 主人としては~ (10, 0.0%)

1 すこぶる卑劣, それを, なおくわしく, 一人で, 万事あまり仰山過ぎ, 今の, 余りにも, 勿体ないほどに, 畏ろ, 芸者を

▼ 主人なら~ (10, 0.0%)

1 あのラスカア, かならず知っ, なぜ他人, ばもしや, ば家, んとは, 一目で, 昨夜の, 昨夜白雲荘の, 甥の

▼ 主人へは~ (10, 0.0%)

3 給金の 2 増給と 1 お屋敷, そのお気に入り, わたくしから, 湯治仕つる, 逢わせんよう

▼ 主人勘十郎~ (10, 0.0%)

1 が二階, が刺され, の無慙, の言葉, の身體, は先, を刺した, を怨ん, を狙つて, 甚だ人

▼ 主人~ (10, 0.0%)

2 名前の, 名前を, 夫婦の 1 主人, 在宅の, 夫婦は, 当家の

▼ 主人新三郎~ (10, 0.0%)

2 が勇吉, の一粒種, の遠縁, は留守 1 の帰り, の歸

▼ 主人矢之助~ (10, 0.0%)

1 が殺されました, と下男, と來, に訊ねました, の死骸, の部屋, は下手人, は確, を殺し, を縛つて

▼ 主人自身~ (10, 0.0%)

1 がこっそり, がゆく, が岐阜城, が自分, したためたもの, の命, の眼, の頭, もある, もだ

▼ 主人~ (10, 0.0%)

1 して, で上りこん, で奉公人, で机, に事, に振舞っ, に話, はできない, もくずし, をし

▼ 主人たる者~ (9, 0.0%)

1 がなすべき, が彼ら, の役目, の職分, はわが, は其人物如何, は千人, は年期, は朝

▼ 主人丹右衞門~ (9, 0.0%)

1 がブラ下, が世にも, が死んだ, が殺された, の死骸, の死體, の温情主義, の爪牙, を絞め殺した

▼ 主人主税~ (9, 0.0%)

9 之助

▼ 主人家康~ (9, 0.0%)

2 を罵つた 1 と面談, のここ数日間, の治下, の耳, も御, も祝着, をのがれし

▼ 主人家族~ (9, 0.0%)

4 の住 1 にとっては一文, の住い, は用事, は美食, も生活

▼ 主人将監~ (9, 0.0%)

1 が帰る, が自身, などはその, のかわり, の失望, の微意, は将軍家平素, は長崎, を見すてまし

▼ 主人彦兵衞~ (9, 0.0%)

2 を殺した 1 が一人娘お萩, が殺され, が用心, が自分, に難儀, の初, の死骸

▼ 主人~ (9, 0.0%)

1 か二本差, ですか, ではなし, で満腹, として一ヵ月, として小遣い, にはあるまじき, のこと, の身

▼ 主人~ (9, 0.0%)

9 之助

▼ 主人この~ (8, 0.0%)

2 手に, 金は 1 とおり四十八本の, ベッドは, 手紙の, 物音に

▼ 主人さえ~ (8, 0.0%)

1 世に, 出なけりゃお母様, 御承知, 悉く消え, 懸念らしい, 書斎から, 知らぬ秘密, 記憶の

▼ 主人すなわち~ (8, 0.0%)

1 カラバ侯爵が, 主膳の, 倉沢の, 兵馬は, 大村夫人である, 新お代官, 私が, 総兵衛

▼ 主人だけ~ (8, 0.0%)

1 あった, あつて, あると, だろう, であと, 匕首は, 宵に, 無風流だ

▼ 主人について~ (8, 0.0%)

1 かけだした, その地, 充分取り調べ, 出たので, 少しばかり, 少し語らなけれ, 彦島へ, 歩いて

▼ 主人孫権~ (8, 0.0%)

1 が特に, にも一男, の妹君, の望み, はそれ, はひと口, はまれ, も遺憾

▼ 主人彦太郎~ (8, 0.0%)

2 の後ろ, の話 1 だよ, には義理, に代, に代っ

▼ 主人政職~ (8, 0.0%)

1 とただ二人きり, とも直談, には意見, に告げた, の方, もまずは, よりのこ書簡, をもその

▼ 主人自慢~ (8, 0.0%)

1 でありながら, であるらしかった, になっ, の生, の甲斐犬, の種, はめずらしく, を話しつづけ

▼ 主人重三郎~ (8, 0.0%)

1 が一, と喜右衛門, の妹, の後添, の拵, の筆跡, はいわば, は言

▼ 主人だけは~ (7, 0.0%)

1 お島, 前の, 大に, 左のみ, 残って, 狡くて, 門口へ

▼ 主人など~ (7, 0.0%)

1 でありながら, コップ酒の, 丁寧に, 予備の, 家の子郎党を, 私が, 自分の

▼ 主人なども~ (7, 0.0%)

1 そう云う, 一見し, 使はれ, 使われて, 来て, 目科が, 私の

▼ 主人よりは~ (7, 0.0%)

1 もっと恐ろしい, 先き, 好きな, 寧ろその, 御前て, 愚な, 細君の

▼ 主人~ (7, 0.0%)

2 りて, り新 1 り新生社閉店, り白米, り白米五升

▼ 主人光秀~ (7, 0.0%)

1 にその, に伝えた, に飲めない, の失意, の退去, もつづい, をいびり給う

▼ 主人勘兵衞~ (7, 0.0%)

2 が死んだ 1 と仲屋, の評判, は食, を殺し, を見

▼ 主人半兵衛~ (7, 0.0%)

1 の嫡子同様, の死, の殺された, の遠縁, の部屋, を初め, を殺し

▼ 主人同様~ (7, 0.0%)

1 かしずかれ大, といい渡し, にし, にて大臣, に切り盛り, に振舞っ, の大切

▼ 主人~ (7, 0.0%)

2 の市, 左衛門の 1 之助, 左衛門が, 左衛門も

▼ 主人~ (7, 0.0%)

2 太夫の, 左衞門の 1 左衞門が, 左衞門さへ, 左衞門様が

▼ 主人敬三郎~ (7, 0.0%)

1 でした, といふの, の人柄, の喜び, の寢間, の涙, の顏

▼ 主人~ (7, 0.0%)

3 左衞門の 1 左衞門は, 左衞門も, 左衞門殿の, 左衞門自ら案内に

▼ 主人熊谷三郎兵衛~ (7, 0.0%)

1 に対して素より, に捧げられる, の同郷人, は拍手, や夫人, を始め二三人, 始め三十人

▼ 主人~ (7, 0.0%)

1 に見送られ, の心配り, の愛嬌話, の言い知れぬ, は, を入れ, 御自慢

▼ 主人逸作~ (7, 0.0%)

1 が待っ, といつも, と共に時代, と帰国, と洋行, の出, への良き

▼ 主人としても~ (6, 0.0%)

1 オイソレとは, 一肌ぬがない, 井戸端の, 能く, 貧乏という, 鼻が

▼ 主人に対しても~ (6, 0.0%)

1 いっそう敬意, ただ例, 告げたです, 朋輩に対しても, 気の毒である, 申し訳の

▼ 主人のみ~ (6, 0.0%)

1 ならず夫人, ならず奥さん, ならず村方, 利益を, 酒肴を, 黄金の

▼ 主人までが~ (6, 0.0%)

1 代議士の, 品評め, 或相手, 浅薄なる, 落ちつかなくなって, 飛び出して

▼ 主人もち~ (6, 0.0%)

3 なら主人 1 で疑り, のろば, の文学

▼ 主人中将~ (6, 0.0%)

1 の心, の目, はこの, はじっと, は玄関, も予備

▼ 主人以上~ (6, 0.0%)

1 な似た, に休養, の主要, の働き, の店, の暴女王

▼ 主人以外~ (6, 0.0%)

2 の人 1 のもの, の何者, の者, の誰

▼ 主人兄弟~ (6, 0.0%)

2 が死んだ, は死ん 1 と話し, の秘密

▼ 主人~ (6, 0.0%)

1 兵衞の, 兵衞は, 左衛門の, 左衛門は, 左衛門下男釜吉それに, 左衞門の

▼ 主人大坪石見~ (6, 0.0%)

2 でした, の甥, の頼んだ

▼ 主人孫右衛門~ (6, 0.0%)

1 が平常着, で, に話しかけました, の寝所, の愛, は骨董

▼ 主人徳次郎~ (6, 0.0%)

2 は倒れ, は先代 1 もす, もすっかり

▼ 主人源左衞門~ (6, 0.0%)

1 からしこたま, に紹介, の前, の隱, は元, は左

▼ 主人總兵衞~ (6, 0.0%)

1 と番頭二人, の一周忌, の姉, の死骸, の義弟, は二年前

▼ 主人藤吉~ (6, 0.0%)

2 の後ろ, の自慢 1 と弥三郎, と彌

▼ 主人鈴川主水~ (6, 0.0%)

1 といふ人, の口吻, の眼, の顏, は三十五, も少し

▼ 主人~ (6, 0.0%)

3 をする 2 をし 1 に振舞われる

▼ 主人~ (6, 0.0%)

2 彌と, 彌氏 1 彌に, 彌の

▼ 主人からも~ (5, 0.0%)

1 うねるから, お礼を, そのよう, 多少は, 手紙を

▼ 主人その~ (5, 0.0%)

1 人は, 妻を, 朽廃とともに, 言葉に従い, 黄金の

▼ 主人だけが~ (5, 0.0%)

1 吉原へ, 居ませんよ, 持って, 残って, 駕籠に

▼ 主人だって~ (5, 0.0%)

1 これが, それに, もう半ば頭, 云いましたでしょう, 妙な

▼ 主人~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やある, やなかつた

▼ 主人であろう~ (5, 0.0%)

1 とは, と思った, と推量, 一人の, 皮肉そうな

▼ 主人でございます~ (5, 0.0%)

21 から忰, やはり女, 味は

▼ 主人でござる~ (5, 0.0%)

21 かな, と言ってない, よ

▼ 主人でない~ (5, 0.0%)

2 と困る 1 と思った, までも家主, 限りは

▼ 主人といった~ (5, 0.0%)

2 ところで 1 ような, 感じの, 筋でございます

▼ 主人はと~ (5, 0.0%)

1 いえば, きくと, 物色する, 聞くと, 見れば

▼ 主人三成~ (5, 0.0%)

1 とし, のあり, の信任, の密旨, の手

▼ 主人五郎次郎~ (5, 0.0%)

1 が投げ, が給料, の仲, の肩, は顎

▼ 主人伊之助~ (5, 0.0%)

1 が放蕩, と落ち合った, に御, は昨年, を誘った

▼ 主人勝家~ (5, 0.0%)

1 からの贈り物, こそははるか, に裾野陣, のうしろ姿, も蔭

▼ 主人勝藏~ (5, 0.0%)

1 と内儀, に呼び留められ, のもの, の照れ臭, も内儀

▼ 主人半兵衞~ (5, 0.0%)

1 が案内, の遠縁, は昨夜急, は矢張り, を初め

▼ 主人小寺政職~ (5, 0.0%)

1 がそれ, といえ, の一族小川三河守, の居室, よりもくれぐれもよろしく

▼ 主人小左衞門~ (5, 0.0%)

1 が寢所, の死骸, の死體, の氣, を殺し

▼ 主人庄司三郎兵衞~ (5, 0.0%)

1 はモヂモヂ, は平次, は後ろ, は拒み兼ねました, は申す

▼ 主人思ひ~ (5, 0.0%)

1 で半身, の呉葉, の徳行, の音作, は有難けれ

▼ 主人来り~ (5, 0.0%)

1 て旅客検, て花月, 余が, 兼て, 蔵書整理の

▼ 主人永左衛門~ (5, 0.0%)

1 の二, の強大, の葬い, は盆, も七転八倒

▼ 主人源左衛門~ (5, 0.0%)

1 からしこたま, の前, の隠し児, はさして, は元

▼ 主人秀吉~ (5, 0.0%)

1 から初めて, と士, には北近江, の今, も同意

▼ 主人~ (5, 0.0%)

1 が四, が黒, と花見, の五分, の種々雑多

▼ 主人總七~ (5, 0.0%)

1 がブラリ, が死ね, に見られず, の死に, は奧

▼ 主人道誉~ (5, 0.0%)

1 がなにか, の仰せ, は勝気, へもそれ, へ見せ

▼ 主人高氏~ (5, 0.0%)

1 なども日頃さよう, には何やら, に代り, の弱い, は道誉

▼ 主人鹿右衛門~ (5, 0.0%)

1 はこの, は恐る, は泣き出し, を顧み, を驚かしました

▼ 主人鹿右衞門~ (5, 0.0%)

1 はこの, は恐る, は泣き出したい, を顧み, を驚かしました

▼ 主人あの~ (4, 0.0%)

1 お民, 床の間の, 笑い声は, 通り千駄木には

▼ 主人こそ~ (4, 0.0%)

1 いい災難, いわゆる破壊, お話に, 別でも

▼ 主人だの~ (4, 0.0%)

1 春日の, 次の間だの, 病院の, 里栄桃龍だ

▼ 主人だろう~ (4, 0.0%)

2 と思っ 1 と仮面強盗, と後

▼ 主人って~ (4, 0.0%)

1 お言いだ, ここわたくしの, のが, 者が

▼ 主人でなく~ (4, 0.0%)

1 て受け身, とも代, 内儀でなく, 家庭教師でなくなった

▼ 主人とても~ (4, 0.0%)

1 なんの, やさしい物分り, 好んで, 小身で

▼ 主人とを~ (4, 0.0%)

1 引替えて, 殺したんで, 見くらべて, 豫想し

▼ 主人なれ~ (4, 0.0%)

1 どこのごろ, ばその, ばなり, ば家来

▼ 主人なんか~ (4, 0.0%)

2 殺せる筈 1 ちっとも衣裳, 毎度大

▼ 主人にさえ~ (4, 0.0%)

1 忘れられるくらい, 挨拶を, 聴いて, 頭を

▼ 主人にて~ (4, 0.0%)

1 あらせ給えかし, なか, 今も, 最初より

▼ 主人にでも~ (4, 0.0%)

2 嗅付けられたら 1 出来る, 訊いて

▼ 主人にとっては~ (4, 0.0%)

1 その仕事, 定めし苦手, 政治という, 無上の

▼ 主人に対し~ (4, 0.0%)

1 一言も, 労働者は, 私は, 自分達も

▼ 主人に対しては~ (4, 0.0%)

1 つい離, とにかく一般人民, 一種特別の, 対蹠的に

▼ 主人へも~ (4, 0.0%)

1 よろしくと, 告げて, 申上べき, 話を

▼ 主人また~ (4, 0.0%)

2 おばあさん 1 大の, 非常の

▼ 主人みたい~ (4, 0.0%)

1 なの, なもん, な中年, にこんな

▼ 主人シャリアピン~ (4, 0.0%)

1 が御, の, の批判, の肉体

▼ 主人一家~ (4, 0.0%)

1 が二十五日頃, が午睡, の方, の来る

▼ 主人三右衞門~ (4, 0.0%)

1 からの傅言, の慈愛, は幸, は老病

▼ 主人三郎兵衛~ (4, 0.0%)

1 が特に, の娘, の旧, は女房

▼ 主人久藏~ (4, 0.0%)

1 に對, に斯, に預けられ, も立

▼ 主人~ (4, 0.0%)

1 を干し, を聞き, ヲ視テ亦, 嘱一勇斎国芳写

▼ 主人伯爵~ (4, 0.0%)

1 にはお, に何, のいない, の食道楽

▼ 主人佐兵衛~ (4, 0.0%)

1 が二十日前, が嘆願, が急死, が頓死

▼ 主人~ (4, 0.0%)

1 は一向, は何卒, は別段, 無實

▼ 主人六兵衛~ (4, 0.0%)

1 に騒ぎ出され, の世話, の眼, も半

▼ 主人六兵衞~ (4, 0.0%)

1 の世話, の眼, はさ, も半

▼ 主人善右衞門~ (4, 0.0%)

1 でこれ, と申す, に預け置きまし, を始め多助

▼ 主人喜内~ (4, 0.0%)

1 が常に, は朱, を刺殺し, を討果し

▼ 主人官兵衞~ (4, 0.0%)

2 の死骸 1 の好み, は心

▼ 主人市兵衛~ (4, 0.0%)

1 が没落, と番頭, の狂喜, 始め居並ぶ人々

▼ 主人~ (4, 0.0%)

1 に着いた, に突っ, の前, の横

▼ 主人幸七~ (4, 0.0%)

1 が説明, その女房, は上根岸, を殺す

▼ 主人幸右衞門~ (4, 0.0%)

1 が言, が貧乏浪人, でございます, の娘

▼ 主人庄兵衛~ (4, 0.0%)

1 と七人, のえり, の先妻, は巴

▼ 主人彦四郎~ (4, 0.0%)

1 の善根癖, は困じ, は委細構はず病人, は説明

▼ 主人治兵衛~ (4, 0.0%)

1 が庭石, が死んだ, ちょうど折, の手

▼ 主人清右衞門~ (4, 0.0%)

1 どうする, の履物, は娘, は辛くも

▼ 主人玄龍~ (4, 0.0%)

1 ですよ, と別れ, のもと, の部屋

▼ 主人直記~ (4, 0.0%)

1 の無事, の語氣, の部屋, は勝手

▼ 主人秀吉様~ (4, 0.0%)

1 の思し召し, の申さるる, より心, を越水

▼ 主人~ (4, 0.0%)

1 から作れる, から工夫, から食物, 刀である

▼ 主人與惣六~ (4, 0.0%)

2 を殺した 1 はその, は私

▼ 主人貫三郎~ (4, 0.0%)

1 に代, の留守, はもう, も氣

▼ 主人あなた~ (3, 0.0%)

1 はお嬢さん, は仏様, は佛樣

▼ 主人および~ (3, 0.0%)

1 その次序, 久米猿之助等と, 酋長に対する

▼ 主人かも~ (3, 0.0%)

1 しれません, ないもん, 知れないが

▼ 主人がた~ (3, 0.0%)

1 の人, の座敷, の頭中将

▼ 主人たち夫婦~ (3, 0.0%)

1 の祕藏娘, の秘蔵娘, をみた

▼ 主人だけに~ (3, 0.0%)

1 七兵衛は, 仕えるという, 何もかも正直

▼ 主人だけの~ (3, 0.0%)

1 使ひ, 内端, 房州話であった

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 い肩, のを, ふ触れ込み

▼ 主人であっ~ (3, 0.0%)

1 てみれ, ても目, て同時に

▼ 主人でしたなら~ (3, 0.0%)

1 なぜ顔, なぜ鼠, 危険の

▼ 主人とともに~ (3, 0.0%)

1 妻子も, 戦うよう, 社会に

▼ 主人とな~ (3, 0.0%)

1 つた, つて二十年以後であります, つて高振

▼ 主人ながら~ (3, 0.0%)

1 その卑劣さ, 友達共思ふ, 豊国に

▼ 主人などが~ (3, 0.0%)

1 この私達, 私の, 車座に

▼ 主人などと~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 若殿の, 近づきに

▼ 主人なりが~ (3, 0.0%)

1 お伺い, その部下, 覚て

▼ 主人なんて~ (3, 0.0%)

1 ありませんのよ, めったに, 大ウソ

▼ 主人にな~ (3, 0.0%)

1 つて尤もらしい, つて氣難かしい, ツて

▼ 主人にまで~ (3, 0.0%)

1 いやしい遠慮, 迷惑を, 食って

▼ 主人によ~ (3, 0.0%)

1 つても, つて發せられた, つて破られた

▼ 主人はが~ (3, 0.0%)

1 ちょうとねこ, ちょうに, ちょうの

▼ 主人ほど~ (3, 0.0%)

1 一見し, 僕の, 羨しい

▼ 主人ほどの~ (3, 0.0%)

1 人材を, 人物を, 男を

▼ 主人みずから~ (3, 0.0%)

1 が祭主, もまた, 出迎えた

▼ 主人みづか~ (3, 0.0%)

1 らの, ら扇箱と, ら税を

▼ 主人よりの~ (3, 0.0%)

1 お約束, 口上に, 申附け

▼ 主人らし~ (3, 0.0%)

1 さに, ゅうござりましてほかの人たちは, ゅうござんすよ

▼ 主人をも~ (3, 0.0%)

1 急き立てて, 招いて, 笑わせた

▼ 主人オトー・ポントス~ (3, 0.0%)

1 です, はいつか, を探しだす

▼ 主人一族~ (3, 0.0%)

1 とのこういう, とも思われる, を餓え

▼ 主人三七~ (3, 0.0%)

1 の死骸, の部屋, を殺した

▼ 主人三五兵衛~ (3, 0.0%)

1 に愛想, の気に入らなく, は結構

▼ 主人三右衛門~ (3, 0.0%)

1 からの言伝, の慈愛, は幸い

▼ 主人不在~ (3, 0.0%)

1 でがっかり, とある, の時

▼ 主人久兵衛~ (3, 0.0%)

1 に声, の無残, は急病頓死

▼ 主人久兵衞~ (3, 0.0%)

1 に聲, の無, は名だたる

▼ 主人五左衛門~ (3, 0.0%)

1 と申す, は脂ぎった, は驚きまし

▼ 主人佐兵衞~ (3, 0.0%)

1 が二十日前, が急死, が頓死

▼ 主人佐渡守~ (3, 0.0%)

1 から喜平, に聞いた, の家

▼ 主人傳右衞門~ (3, 0.0%)

1 の死骸, の遺骸, は一塊

▼ 主人六右衞門~ (3, 0.0%)

1 と老, の口やかまし, は頑固

▼ 主人内匠頭~ (3, 0.0%)

1 が一挙, とやらいう, に代っ

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 て行く, でぬ, で來

▼ 主人利右衞門~ (3, 0.0%)

1 にさしたる, に對, の眼

▼ 主人勘兵衛~ (3, 0.0%)

1 と仲屋, の評判, の顔

▼ 主人勝久~ (3, 0.0%)

1 がかく, の助命, はすでに

▼ 主人博士~ (3, 0.0%)

1 が其書, はい, は伊藤君

▼ 主人即ち~ (3, 0.0%)

1 お今, 私の, 總兵衞の

▼ 主人同志~ (3, 0.0%)

1 が知り合い, はただ, はもとより

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 は私, は買います, もつい

▼ 主人大いに~ (3, 0.0%)

1 喜び早速, 恐縮し, 瞋って

▼ 主人大学~ (3, 0.0%)

1 のいい, の保証, はもとより

▼ 主人宇部東吉~ (3, 0.0%)

1 が東京, は四万五千円, は東京

▼ 主人宗左衞門~ (3, 0.0%)

1 の話, は確, は金

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 にフロイス, に寄せられた, の親展書

▼ 主人尊氏~ (3, 0.0%)

1 に代っ, は山上, をおい

▼ 主人平左衛門~ (3, 0.0%)

1 が予想, さえ死ね, の死骸

▼ 主人徳兵衛~ (3, 0.0%)

1 と棟梁, に望まれ, の話

▼ 主人振り~ (3, 0.0%)

1 だったでしょう, でした, です

▼ 主人李応~ (3, 0.0%)

1 とこの, は病中, も本来

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 がかつて, なり, なるもの

▼ 主人気取り~ (3, 0.0%)

1 で俺ら, で半井氏, は多分

▼ 主人治兵衞~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の手, は娘

▼ 主人清兵衛~ (3, 0.0%)

1 の心, の死体, をくわえ

▼ 主人清兵衞~ (3, 0.0%)

1 の死骸, の死體, の部屋

▼ 主人父子~ (3, 0.0%)

2 を殺した 1 の後

▼ 主人玄徳~ (3, 0.0%)

1 の命, を刺す, を子

▼ 主人甚兵衞~ (3, 0.0%)

1 と相, の死骸, は若

▼ 主人男爵~ (3, 0.0%)

1 の注意, は与, は何

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 にも大抵, はシャンパン, は兎

▼ 主人筑前~ (3, 0.0%)

1 からのおすすめ, が真実, には心

▼ 主人筑前守~ (3, 0.0%)

1 がお, にはこの, のお

▼ 主人谷右衞門~ (3, 0.0%)

1 と伜, にはまだ, は平次

▼ 主人~ (3, 0.0%)

2 兵衛も 1 兵衛の

▼ 主人~ (3, 0.0%)

1 が吹かされよう, を吹かした, を吹かせ

▼ 主人飯島平左衞門~ (3, 0.0%)

1 の一周忌, の留守, より形見

▼ 主人鴨下ドクトル~ (3, 0.0%)

1 にも会っ, のほか, の留守中

▼ 主人おもへらくさては~ (2, 0.0%)

2 去年の

▼ 主人かなんぞ~ (2, 0.0%)

2 らしい男

▼ 主人かの~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 主人かは~ (2, 0.0%)

1 存ぜぬが, 知らないが

▼ 主人こんな~ (2, 0.0%)

1 具合に, 若僧に

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 夫婦に, 姉妹に

▼ 主人さん~ (2, 0.0%)

1 へ, もあんたはん

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 ぢの, は狐

▼ 主人そして~ (2, 0.0%)

1 子供が, 最後が

▼ 主人たり~ (2, 0.0%)

1 得ては, 良人たるべき

▼ 主人ちょっと~ (2, 0.0%)

1 十分ばかり, 御足労だ

▼ 主人つまり~ (2, 0.0%)

1 男爵は, 資本家から

▼ 主人であるべき~ (2, 0.0%)

1 竜之, 者が

▼ 主人でございまし~ (2, 0.0%)

1 てお, てどうも

▼ 主人でした~ (2, 0.0%)

1 か, が

▼ 主人というは~ (2, 0.0%)

1 後家さんだ, 藐庵や

▼ 主人ときたら~ (2, 0.0%)

1 えらいち, 男も

▼ 主人とで~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ 主人とに~ (2, 0.0%)

1 よく調和, 酒を

▼ 主人なき~ (2, 0.0%)

1 がごとく, 誉の

▼ 主人などという~ (2, 0.0%)

1 者は, 類に

▼ 主人などを~ (2, 0.0%)

1 向うに, 相手に

▼ 主人にしか~ (2, 0.0%)

1 なつかない二主, 目を

▼ 主人にとって~ (2, 0.0%)

1 この蛇足, 死の

▼ 主人によって~ (2, 0.0%)

1 いろいろ話し, 満州か

▼ 主人に従って~ (2, 0.0%)

1 六条院へ, 家に

▼ 主人はじめ一家~ (2, 0.0%)

1 で頂く, の者

▼ 主人はよ~ (2, 0.0%)

1 くさう申しました, だれを

▼ 主人はを~ (2, 0.0%)

1 かしく思ふ, られるか

▼ 主人ひとり~ (2, 0.0%)

1 に任し, の胸

▼ 主人ぶり~ (2, 0.0%)

1 があんまり, に努めた

▼ 主人または~ (2, 0.0%)

1 一個の, 娘などに

▼ 主人まだ~ (2, 0.0%)

1 ウィーンに, 家は

▼ 主人やら~ (2, 0.0%)

1 分らない, 家族やら

▼ 主人やらが~ (2, 0.0%)

1 來て, 来て

▼ 主人らしき~ (2, 0.0%)

1 人の, 男問う

▼ 主人わざわざ~ (2, 0.0%)

1 台所へ, 長崎に

▼ 主人わたし~ (2, 0.0%)

1 の出歩き, はかれ

▼ 主人をと~ (2, 0.0%)

1 心がけて, 眺めかえした

▼ 主人を以て~ (2, 0.0%)

1 まづはその鼻祖, 美術の

▼ 主人を通じて~ (2, 0.0%)

1 申し込みが, 聞かされて

▼ 主人アレサンドロ氏~ (2, 0.0%)

1 によってそれぞれ一晩, の異常

▼ 主人イレエネ~ (2, 0.0%)

1 の顔, はそんな

▼ 主人カテリーナ~ (2, 0.0%)

1 は今, は静か

▼ 主人セレスティン~ (2, 0.0%)

2 は三階

▼ 主人ポントス~ (2, 0.0%)

1 とが不足, も本国

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 介シテソノ著ス所ノ, 抱キ起シタ時主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返

▼ 主人一人奉公人一人~ (2, 0.0%)

2 の見る

▼ 主人一条~ (2, 0.0%)

1 のおや, のおやじ様

▼ 主人一色宗六~ (2, 0.0%)

1 という方, といふ

▼ 主人七兵衞~ (2, 0.0%)

1 いそいそと, の死體

▼ 主人万三郎~ (2, 0.0%)

1 と人知れず, は小判

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 が店, けは助け

▼ 主人上野介~ (2, 0.0%)

1 の奥方富子, の身近く

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 在中だ, 在中の

▼ 主人中川~ (2, 0.0%)

1 の口, は平生食物論

▼ 主人丹後守~ (2, 0.0%)

1 の懇請, へも確

▼ 主人主婦~ (2, 0.0%)

1 と店員, の世界

▼ 主人主計~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ 主人五郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 は六十二歳, は留守

▼ 主人仁右衛門~ (2, 0.0%)

1 でデップリ, はもう一度如何にも

▼ 主人今夜~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 主人代理~ (2, 0.0%)

1 としてお, として帳場

▼ 主人伊兵衞夫婦~ (2, 0.0%)

1 が休ん, と養子

▼ 主人伊右衛門~ (2, 0.0%)

1 がそんな, が或

▼ 主人伊太夫~ (2, 0.0%)

1 が手ずから, その人

▼ 主人伊左衞門~ (2, 0.0%)

1 には伊太郎, の遺骸

▼ 主人~ (2, 0.0%)

2 に籠

▼ 主人俗中~ (2, 0.0%)

2 に雅

▼ 主人信玄公~ (2, 0.0%)

1 の御諚, の申さるる

▼ 主人側三人~ (2, 0.0%)

2 と女中三人

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 の想像, はいつか

▼ 主人先代~ (2, 0.0%)

1 の幽, の幽霊

▼ 主人其の~ (2, 0.0%)

1 人の, 他が

▼ 主人其処~ (2, 0.0%)

1 が日本, にある

▼ 主人利家~ (2, 0.0%)

1 に取っ, の邸

▼ 主人勘六~ (2, 0.0%)

1 のニコニコ, は甚だ

▼ 主人勝り~ (2, 0.0%)

1 の智恵者, の武士

▼ 主人勝藏夫婦~ (2, 0.0%)

1 に訊き, は少し

▼ 主人千本金~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 主人半之丞~ (2, 0.0%)

2 の床

▼ 主人又は~ (2, 0.0%)

1 老人が, 長上の

▼ 主人又兵衛~ (2, 0.0%)

1 の顔, はこの

▼ 主人又次郎~ (2, 0.0%)

2 は足袋跣足

▼ 主人及び~ (2, 0.0%)

1 その雇人, 店員四人保険会社の

▼ 主人右京~ (2, 0.0%)

1 が話しかける, は苦り切る

▼ 主人右衞門佐~ (2, 0.0%)

1 に逆, は火急

▼ 主人吉兵衞~ (2, 0.0%)

1 の指した, の聲

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 樣に, 樣の

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 はいう, は五郎作

▼ 主人名代~ (2, 0.0%)

1 として拙者, として罷り越しました

▼ 主人名義~ (2, 0.0%)

1 のあたし, のお

▼ 主人和泉~ (2, 0.0%)

1 が懸想, の朋友

▼ 主人善五郎~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ 主人善八~ (2, 0.0%)

1 はお, は床

▼ 主人喜七郎~ (2, 0.0%)

1 はこの, へ下げ渡され

▼ 主人喜右衛門~ (2, 0.0%)

1 は先ほど, を壬生

▼ 主人土岐氏~ (2, 0.0%)

1 の妾, の子

▼ 主人在宅~ (2, 0.0%)

1 であった, でございましたらお

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 に後悔, 煩いし

▼ 主人大場石見~ (2, 0.0%)

2 は大

▼ 主人大村兵庫~ (2, 0.0%)

1 の脂, の脂切つたの

▼ 主人大澤彦四郎~ (2, 0.0%)

1 の度, はまだ

▼ 主人大鳥氏~ (2, 0.0%)

1 に引合わせた, はすっかり

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 左衞門が, 左衞門の

▼ 主人夫婦男~ (2, 0.0%)

2 の児

▼ 主人妹お松~ (2, 0.0%)

2 を縛らせました

▼ 主人始め多勢~ (2, 0.0%)

1 の人, 居るから

▼ 主人始め店中~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 主人姓名~ (2, 0.0%)

2 の儀

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 のお, の子ら

▼ 主人孫氏~ (2, 0.0%)

2 は大

▼ 主人宗次郎~ (2, 0.0%)

2

▼ 主人宗治~ (2, 0.0%)

1 の前, の許

▼ 主人官兵衛~ (2, 0.0%)

1 の容子, の身

▼ 主人将門殿~ (2, 0.0%)

1 は弱者, を呪咀

▼ 主人將監~ (2, 0.0%)

1 が歸, は長崎

▼ 主人小兵衞儀~ (2, 0.0%)

1 は仕, は留守

▼ 主人少し~ (2, 0.0%)

1 待つて, 訊き度

▼ 主人尾張守頼盛~ (2, 0.0%)

1 のやしき, の母公

▼ 主人山本さん~ (2, 0.0%)

1 が僕, が自動車

▼ 主人左京~ (2, 0.0%)

1 の本家, は遽

▼ 主人左近将監~ (2, 0.0%)

1 はいつも, をはじめ

▼ 主人市兵衞~ (2, 0.0%)

1 が沒落, と番頭

▼ 主人帰り~ (2, 0.0%)

1 までにめ, 来りしかば

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 右衛門始め, 右衞門始め手代の

▼ 主人平兵衞~ (2, 0.0%)

1 に咄, より送りたる

▼ 主人平馬~ (2, 0.0%)

1 もお, もお嬢さん

▼ 主人庄司右京~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 主人弓形氏~ (2, 0.0%)

1 がお茶, はモロー彗星

▼ 主人弥五郎~ (2, 0.0%)

1 と云っ, は

▼ 主人張繍~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, は色

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 八です, 左衞門は

▼ 主人彌太郎~ (2, 0.0%)

1 のこと, は早速

▼ 主人彦七~ (2, 0.0%)

2 の話した

▼ 主人待合~ (2, 0.0%)

2 の女将

▼ 主人御店~ (2, 0.0%)

1 にゐる, に居る

▼ 主人徳之助~ (2, 0.0%)

1 が店中, は口惜し

▼ 主人忠作~ (2, 0.0%)

1 の前, の家

▼ 主人忠右衞門~ (2, 0.0%)

1 が死ぬ, の氣兼

▼ 主人怪しみ~ (2, 0.0%)

2 人を

▼ 主人惣吉~ (2, 0.0%)

1 の土手, の土手っ腹

▼ 主人成政~ (2, 0.0%)

1 に代っ, の一命

▼ 主人或は~ (2, 0.0%)

1 最初に, 目上の

▼ 主人拾ひとり~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 主人摂津守~ (2, 0.0%)

1 が釈然と, のお

▼ 主人撰十~ (2, 0.0%)

1 の唯一, の姿

▼ 主人放火~ (2, 0.0%)

2 は引廻し

▼ 主人政宗~ (2, 0.0%)

1 に向っ, は一年二回

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 六の, 兵衛夫婦と

▼ 主人曹操~ (2, 0.0%)

1 はつと, は大軍

▼ 主人東京~ (2, 0.0%)

1 から嫁いだ, より來

▼ 主人松平左七郎~ (2, 0.0%)

1 に広間, に廣間

▼ 主人柳生対馬守~ (2, 0.0%)

1 が思いたたれた, このたび日光造営奉行

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 として一番上等, のマダム

▼ 主人桂子様~ (2, 0.0%)

2 ご姉妹

▼ 主人梅雪~ (2, 0.0%)

1 がすでに, はお

▼ 主人權右衞門さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, も唯

▼ 主人殿~ (2, 0.0%)

1 が山内家, なら私

▼ 主人源兵衞~ (2, 0.0%)

1 が千兩箱, は商略

▼ 主人源助~ (2, 0.0%)

2 が手土産

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 たる口, とテーブル

▼ 主人父娘~ (2, 0.0%)

2 に受け

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 が後先, を謡

▼ 主人玉屋総一郎~ (2, 0.0%)

1 その人, は自ら引

▼ 主人甚五兵衞~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, が隱

▼ 主人甚十郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 こそ日本一, と申す

▼ 主人由兵衛~ (2, 0.0%)

1 はお, を番屋

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 に死する, を問

▼ 主人白米~ (2, 0.0%)

1 また五升, を惠

▼ 主人白米五升~ (2, 0.0%)

2 を贈らる

▼ 主人真蔵~ (2, 0.0%)

1 が会社, の平常

▼ 主人石井馨~ (2, 0.0%)

1 之助, 之助氏

▼ 主人石崎平馬~ (2, 0.0%)

2 は所用

▼ 主人祐玄~ (2, 0.0%)

1 の殺された, を絞め

▼ 主人神津右京~ (2, 0.0%)

2 の袖

▼ 主人福島嘉平太~ (2, 0.0%)

2 の一粒種

▼ 主人秀衡~ (2, 0.0%)

1 が考え, は遮

▼ 主人笑い~ (2, 0.0%)

1 ながら, を忍び

▼ 主人笹野新三郎~ (2, 0.0%)

2 と妻

▼ 主人筑前守長政~ (2, 0.0%)

1 の手, は守

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 て曰く, へて曰く

▼ 主人細君~ (2, 0.0%)

1 それからお婆さん, を奥さん

▼ 主人細川家~ (2, 0.0%)

1 からは敵討, の領土

▼ 主人総一郎~ (2, 0.0%)

1 が書斎, の愛娘糸子

▼ 主人能登守~ (2, 0.0%)

1 のあと, の姿

▼ 主人自ら調剤~ (2, 0.0%)

2 したそう

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 を変じ, を變

▼ 主人若し~ (2, 0.0%)

1 商利, 打たれては

▼ 主人苦沙弥先生~ (2, 0.0%)

1 も今頃, を圧倒

▼ 主人茂三郎~ (2, 0.0%)

1 だって怪しい, だつて

▼ 主人荘太郎~ (2, 0.0%)

1 の弟, の許嫁

▼ 主人莊太郎~ (2, 0.0%)

1 の弟, の許嫁

▼ 主人菱屋~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 主人萬三郎~ (2, 0.0%)

1 と人知れず, は小判

▼ 主人萬藏~ (2, 0.0%)

1 の身, の驚きやう

▼ 主人藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 がここ, のいい

▼ 主人袁術~ (2, 0.0%)

1 とご, へ申しあげ

▼ 主人~ (2, 0.0%)

1 の惡事訴出候時, 之惡事

▼ 主人謙信~ (2, 0.0%)

1 より申し遣わされ, より篤と

▼ 主人述斎~ (2, 0.0%)

1 が, の六男林復斎

▼ 主人邦夷~ (2, 0.0%)

1 の名, 並びに家中

▼ 主人重兵衞~ (2, 0.0%)

1 の後添, もこれ

▼ 主人重太郎~ (2, 0.0%)

2 がまさか

▼ 主人野田素峰子~ (2, 0.0%)

1 が直, が直ぐ

▼ 主人長崎殿~ (2, 0.0%)

1 からさき, へなにか

▼ 主人長政~ (2, 0.0%)

1 が和議, のお

▼ 主人長谷倉甚六郎自身~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 主人陽吉~ (2, 0.0%)

1 がふと, の美男ぶり

▼ 主人隠さず~ (2, 0.0%)

2 に言っ

▼ 主人青江備前守殿~ (2, 0.0%)

1 には困った, には困つた

▼ 主人音次郎~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 主人預け~ (2, 0.0%)

1 として下げられた, になっ

▼ 主人飯島平左衛門~ (2, 0.0%)

1 に前, を傷つけ

▼ 主人飯島様~ (2, 0.0%)

1 の家, の追善供養

▼ 主人高定~ (2, 0.0%)

1 に会っ, は実に

▼1* [1153件]

主人あさいながまさ, 主人あずけで無事, 主人あだ名を, 主人あっしは大変, 主人あつしは大, 主人あてにこれから, 主人あやうしと見て取った, 主人ありと假定, 主人あることを, 主人あるいはお得意, 主人いい方じゃ, 主人いひ畢つた, 主人いらっしゃいますか, 主人いろいろの人達, 主人いわく己は竜王, 主人おもいだ, 主人おもいで格別奥さまを敬愛, 主人おりますのでな, 主人おろしまして私, 主人お前は雇人, 主人お前さんのところ, 主人お前さん方は夫婦養子, 主人お守りしなければ, 主人お尋ねにあずかりました, 主人お話ししませんでして, 主人かが所望の, 主人かと思う人, 主人かな縦しや, 主人がと言うから, 主人がにツこり, 主人がへえと恐る恐る, 主人は伊太利, 主人こう知る上, 主人こそはわれら一統が, 主人こちらも悪かっ, 主人こっちは親方, 主人こと事実江戸へ参り, 主人こと今日は珍しい, 主人までいらっしゃれ, 主人さきに国民, 主人さすがに心得たる, 主人さねへっ, 主人さまおん家にかかわる, 主人さま屠殺場といふの, 主人さま農村の美風, 主人さる人は, 主人さ人面白くも, 主人じみたいやらしい女, 主人すじからこんなに, 主人すじ駿河大納言の一子, 主人すら時々は, 主人そうじゃア, 主人そちのほう, 主人そのものからは少し, 主人その他尊長に対する罪科, 主人それに未だ些, 主人それ自身客それ自身が趣味, 主人ぞと崇むれ, 主人ただの興, 主人たち三四人が共同, 主人たらしめられたのは, 主人たるべきものに, 主人たるべく約束せられし, 主人たる富める大長老, 主人だけしかゐないと, 主人だけというのは, 主人だけには挨拶し, 主人だけを連れて, 主人だったら出勤が, 主人だらうそして川前市助, 主人ちと変人でございます, 主人ちょっともう一度あの部屋, 主人つまみ出されるといけない, 主人づきのまあ, 主人でありしたけれ共いずれも, 主人でありまして警察, 主人であれば自分, 主人でございましたが二十年奉公, 主人でございますればし, 主人でさえ二度目には, 主人でさえという自然と, 主人でしょうそうで, 主人でなかったことは, 主人でなかつたことは, 主人でなかつたら誰が, 主人でなきやお, 主人でなければ話せない, 主人でねえか, 主人でやして, 主人といへど, 主人とかいう話だ, 主人とだけ先に, 主人とてもどうにもならない, 主人とてもまだはっきり自分が, 主人とに対する義務を, 主人とばかり顔を, 主人とやらのとも, 主人どうしたの, 主人どうやらそんな塩梅, 主人どこへ行く, 主人どもに対する土人等, 主人どれほどにか喜びましょう, 主人なおも怒りに, 主人ながらに縁故の, 主人なぞと一緒に, 主人なぞにも能く, 主人なぞは随分みじめ, 主人なぞもだいぶ足, 主人などからも厄介視され, 主人などに客に対し, 主人などの及ぶところ, 主人なりに献上し, 主人なり忘れてもこんな, 主人なるべき客を, 主人なるべし腰に, 主人なんとかいって, 主人にかけ合ひました, 主人にかなふもの, 主人にたいしてなんの, 主人にたいする奴僕の, 主人にだけは内々で, 主人についてはなにも, 主人についても私としての, 主人にとつては, 主人にとっての何と, 主人にとりまた店, 主人にのみよりすがりて, 主人にばかし勤めさせは, 主人に従い膝掛や, 主人ねえあなた, 主人のうでに, 主人のけふお帰りを, 主人のこたへはしごく, 主人のだけが女結びに, 主人のてまへ, 主人のてのひらに筆, 主人のばかりでは, 主人のぶなが, 主人のみは幾分か, 主人のめり安の, 主人のやしきをな, 主人のるすの, 主人はかういつて, 主人はかぶりを振っ, 主人はけたけたと, 主人はじぶんで明智探偵, 主人はじめ末頼もしく思っ, 主人はじめ一族の冷淡さ, 主人はじめ五つの首, 主人はじめ其他の人々, 主人はじめ土工も近所, 主人はじめ通人らしいその, 主人はずつと病気です, 主人はちよつとまえ, 主人はってきくから, 主人はなプールきっと, 主人はにこ, 主人はねどろぼう, 主人はのん気である, 主人はむッつりと, 主人はものいみでございまして, 主人はるすで, 主人ばかりが多い, 主人ばかりをもつて, 主人ひかえのあと, 主人ひとつ公孫勝氏もその, 主人ひろ子さだ子初江笹田執事それから二人, 主人びぜんのかみが斯くそれ, 主人ふたりの犯人, 主人ぶって押えつける, 主人ぶった顏つきを, 主人へと傳來する, 主人ほどに親身を以て, 主人まじりに御新, 主人までも殺して, 主人みずから感服し賞讃, 主人みずから温室内に寝泊り, 主人みずから税を出し, 主人みずから青蛙堂と称し, 主人みっちゃん, 主人むづかしき顔しつつ, 主人もうあと二十五分の辛抱だす, 主人もかはりて, 主人もも早落つい, 主人もろとも波, 主人もをかしが, 主人やさうしたこの, 主人ゆずりの娘, 主人大なる, 主人ようこそおいで, 主人よくこれを, 主人よこしてしらべ, 主人よその旦那, 主人らしくして居なけりゃあいけない, 主人らしくないからな, 主人らしく取り澄ましている, 主人らしく振舞って来た, 主人らしく行わずしてかえって, 主人らしく見ゆるにぞこの, 主人わが室に, 主人わたくしの良人, 主人わたしたちはみすぼらしい, 主人われにも新しき, 主人われ等ここへ斯, 主人をば精神病の, 主人アントニイに書い, 主人イレエネ・ホルンであつ, 主人イワが帰つて, 主人イワノフ博士のあから顔, 主人ウォリック夫人はもう, 主人エドワァド・フェアファックス・ロチスターに他, 主人オトーでございます, 主人カスミ女史に言いあてられ, 主人カラバ侯爵からのいい, 主人カラバ侯爵さまのもの, 主人カンビュセス王も次第に, 主人クロスレイ氏だった, 主人サゴヤ佐五郎とかいう老人, 主人サンチョの立てた, 主人シヤツ一枚になつて庭造り, 主人シュトルツ氏以下夫人や子供達, 主人ダメス王の真, 主人チャンは籠, 主人チルナウエルは客, 主人テナルディエとであった, 主人アル, 主人デパート外客廻り係長歯科医師畳屋の伜, 主人ト挨拶ヲ交シ, 主人仕フル事, 主人ニ前駅ヲ距ルコト, 主人ニ話シテ見マショウ, 主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 主人ハチャント私ガワカッテ居タヨウデアリマシタカラ勿論私, 主人バルヂピエロの手, 主人ピエエルが現代, 主人フト窓から下, 主人フレデリツクは断えず, 主人ブリュウテンツワイクさんです, 主人ブルジョアジーの戦略戦術, 主人被対如何ト, 主人ベソをかい, 主人ホールは馬, 主人ボンクラで些, 主人ヤアフネンコの禿頭, 主人ヤアフネンコ支那人ボウイ兵卒ロシア人の売春婦三人, 主人ヤリウス様がどこ, 主人ラアネフスカヤの邸宅, 主人リボーの許可, 主人レスパネエ夫人の行方, 主人レーニングラードへ出発, 主人ロツテイニイ夫婦は予, 主人ロデリック・アッシャーは私, 主人と箱, 主人一ばん子にて是, 主人一九の膝栗毛, 主人一人小僧一人で休み, 主人一存にては取り計らいかねる, 主人一小冊を携え, 主人一平氏は家庭, 主人一度あること, 主人一方は家来, 主人一書巻を展覧, 主人一益の心づけ, 主人一眼見るより, 主人一製造場の長, 主人一軒は紙問屋, 主人七兵衛の死体, 主人七郎兵衛の毒害, 主人七郎兵衞の毒害, 主人万太郎の意思, 主人好長慶, 主人三七郎と内儀, 主人三上宗助は国会議員, 主人三五兵衛福之助お専夫婦, 主人三代の, 主人三十七八と思える, 主人三十二歳妻益二十六歳嫡子棠助五歳次子常三郎四歳の四人, 主人三右衞門樣の從弟, 主人三宅典膳も事変, 主人三宅左近も皆備中国連島, 主人三島屋祐玄樣が殺されました, 主人三左衞門も權兵衞, 主人三斎公にお, 主人三浦介の孫娘, 主人三浦左衛門が, 主人三蔵琢磨にございます, 主人上村君の名, 主人下女下男にどんな, 主人下宿の家番, 主人下田長造は遽, 主人与倉中佐どのは午前九時ごろ, 主人与兵衛でございます, 主人与平とこと, 主人世古六太夫さんを案内, 主人並びに一門中の, 主人の属官, 主人中川三郎兵衛を打っ, 主人中川襖を開き, 主人中村さんは商売, 主人中村弥左衛門君もツイこのごろ世, 主人中村萬一さんの二の舞い, 主人丹右衞門殿に會, 主人丹後守殿御身上に較べ, 主人主人ってお, 主人主婦在宅で幸, 主人主婦女中などは職員, 主人主水正がただ, 主人主計様にお, 主人主計樣に御, 主人久八が死に際, 主人久兵衛殺しまで幾松, 主人久兵衞夫婦許婚の新六郎, 主人久兵衞殺しまで幾松, 主人久隅雪子は私, 主人せて, 主人の細君, 主人九助が無, 主人九条師輔の輦, 主人九郎兵衛をも驚かした, 主人九郎右衛門の娘, 主人九郎右衞門は目, 主人九鬼嘉隆よりも平常, 主人九鬼殿もちと, 主人にも主人, 主人二両二分で越後, 主人五兵衞並に悴, 主人五兵衞召使ひ千太郎身持放埓, 主人五兵衞始め此所へ出し, 主人五兵衞方へ改めて, 主人五十五の千兩箱, 主人五十五歳長女千代十七歳養子祐二五歳の三人世帯, 主人五十妻益四十四榛軒二十三常三郎二十二柏軒十七長十三, 主人五十歳五百三十九歳陸八歳水木二歳専六生れて, 主人五左衞門は脂ぎつた死體, 主人五郎三郎は十三, 主人五郎次が指圖役, 主人井元安吉と知合, 主人井杉延太郎さんが迎, 主人亡き後もよく, 主人亡くなられたんです, 主人交際の広い, 主人にその, 主人仁兵衛は八年以前, 主人仁左衞門殿へ御, 主人聞いた松村青年, 主人今晩はいろいろ, 主人今朝大阪より此処, 主人に行故, 主人の女中, 主人代わりにまめまめしく, 主人以外羽振りのよい, 主人仲仕連中といつ, 主人伊兵衛と申しまする, 主人伊太夫殿へはお世話, 主人伊織助は従弟同士, 主人伊藤伊兵衛の著, 主人伝右どのが石川伯耆守, 主人伝右衛門と倅伝次郎, 主人伯父郷里の兄, 主人伴作の許し, 主人似つかわしゅうござる, 主人伽羅大盡, 主人伽羅大臣貫兵衛です, 主人但馬守様が道場, 主人佐々木氏の祖父, 主人佐々木道誉がみずから顔, 主人佐久間勘解由殿に御意, 主人佐久間殿も敵, 主人佐五衛門は行燈, 主人佐吉をはじめ, 主人佐吉これが小, 主人佐藤六石氏が乞い, 主人佐野屋正兵衛の分別顔, 主人うか, 主人何より先き, 主人何んと思われる, 主人何小二なる者, 主人何進は謀叛の, 主人が前, 主人作爺さんこと作阿弥である, 主人使われし時何かの, 主人來書に東京市中米, 主人によって冷淡, 主人右衛門の, 主人保護の下, 主人信兵衞はあわて, 主人信厚を助け, 主人信美が歿, 主人信長様に一度, 主人信雄と秀吉, 主人信雄様にも事実, 主人健作と夫人久子, 主人側一つは召使側, 主人傅次郎は嫌がらせ, 主人儀兵衛の姪, 主人儀当惑いたしおりまする, 主人儀私しを, 主人は東京, 主人元康儀もはや, 主人には普通, 主人先ず自から, 主人先刻から御, 主人先生のこと, 主人入り來りて, 主人八蔵に面会, 主人八郎兵衛と番頭, 主人八郎兵衞は病弱, 主人八郎右衛門とが連立つ, 主人公爵のそれ, 主人公私の病的, 主人公私大好きよ, 主人共々心地よげ, 主人兵部少輔, 主人兵頭一力親方の犠牲, 主人其人にあらず, 主人典厩の首, 主人兼隆の命, 主人内儀が出刃庖丁, 主人内儀さん若い衆などが大八車, 主人内田魯庵があり, 主人内蔵助成政以下われら重臣座を共に, 主人写真機を携, 主人冬次郎様が立派, 主人出雲のお, 主人出雲殿の饗応, 主人初め女中達も物柔, 主人初め家中の者, 主人初め家族雇人総勢京橋のある, 主人初瀬はどう, 主人利兵衞へは四十七兩二歩, 主人利右衛門はノッソリ寝所, 主人利右衞門八五郎娘のお, 主人利藻氏は古い, 主人のお, 主人劉備の書中, 主人加藤氏に聞いた, 主人労働婦人及赤ネクタイをつけた, 主人勘兵衛親類五六人老番頭宅松, 主人勘兵衞さんはわけ, 主人勘兵衞親類五六人老番頭宅松, 主人勘十郎自身のもの, 主人勘右衛門を抱き起し, 主人勘定はいくら, 主人入斎輝政様, 主人勝豊も秀吉, 主人勤中の養家, 主人勿体らしく指の, 主人十五万円では, 主人十右衞門は心, 主人十吉は僅か, 主人千太郎を締, 主人千浪という人, 主人半九郎の死骸, 主人半兵衛さんを相手, 主人半兵衛樽拾いの小僧元吉, 主人半兵衛番頭の宇八, 主人半兵衞さんを相手, 主人半蔵のため, 主人卜斎だったかと, 主人卯三郎お見知り, 主人又四郎の寝間, 主人及久米氏と清元梅之助, 主人及店員の主, 主人及老遍路さんと話す, 主人友吉これも大, 主人友吉さんで, 主人可成が間もなく, 主人史進の前, 主人右近も今, 主人司祭は実際, 主人吉保の好み, 主人吉兵衞娘お清, 主人吉川元春どのには近ごろ, 主人吉良上野介へ刃傷, 主人同士が戦わね, 主人同町の生け花師匠某ら, 主人同道お誘いに参り, 主人名藉字は元助, 主人でないの, 主人向きでないの, 主人吹革もて烈しく, 主人吾妻屋永左衛門が千両箱, 主人吾妻屋永左衞門が千兩箱, 主人吾輩は吾輩, 主人呉竹氏の紫檀机, 主人周左衞門は五十, 主人は無事, 主人しずきにて, 主人和島佐五郎と文無し画家岡本弘, 主人和田利彦と余, 主人和田氏来りて, 主人和田氏年賀に来る, 主人商人風の好, 主人商売振わ, 主人善五郎様はゆうべ人手, 主人善五郎樣は昨夜人手, 主人善兵衛の歎, 主人善兵衞夫婦もなにやら, 主人喜べわが君, 主人喜兵衛に案内, 主人喜兵衛はじめ後家弓ともよろしく, 主人喜兵衞に案内, 主人喜兵衞様の内儀様, 主人喜内儀病氣にて平臥, 主人喜左衛門は親類共, 主人喜田川三郎の留守中, 主人嘉介が風流人, 主人嘉兵衛儀は折ふし, 主人四人をかくまう, 主人四十五歳妻五百三十四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 主人四郎兵衛は一時, 主人因幡守様の名代, 主人国家老津田頼母をはじめ, 主人園さんと自動車, 主人園さん人夫などもこの, 主人土佐守へ御, 主人土岐政頼を殺し, 主人地頭と言, 主人坊ちゃん嬢さん集り話し込む, 主人坪田平吉は以前歌川家, 主人堀口但馬は神仏, 主人堀越玄鶴は画家, 主人堪え切れなくなったと見え, 主人塩谷忠氏画家吉積長春氏加わりて, 主人増田博士の周囲, 主人で言う, 主人夕刊を持つ, 主人でも無い, 主人多門兵衛尉教之殿その人, 主人大利根博士の上, 主人大変喜ばれまして, 主人大庭悠吾が折鞄, 主人大木蓊は体格, 主人大橋氏逝きて, 主人大澤彦四郎さんは元, 主人大炊之助, 主人大蔵様には旅立ち, 主人大鳥清蔵老人はひじょうにはでずきなかわり者, 主人太兵衛が偉かっ, 主人太田多吉という茶老, 主人太郎兵衛は船乗り, 主人太郎兵衞は船乘, 主人夫妻召使などの心配, 主人夫妻養女旧臘から逗留中, 主人夫婦きりの素人下宿, 主人夫婦はじめ四人の女, 主人夫婦伜娘お町, 主人夫婦倅娘お町, 主人夫婦天井裏には母, 主人夫婦妻の妹, 主人夫婦始め娘のお, 主人夫婦娘ふたりの前, 主人夫婦家のもの, 主人夫婦恒善夫婦陸水木の六人, 主人夫婦番頭女中さんなどがむらがり, 主人夫婦長男恒善長女純次男優善の五人, 主人奉公人一同空っぽの千両箱, 主人奉公人達の持物, 主人奥平貞昌の御, 主人奥田氏の気, 主人女坂染吉も主犯, 主人な一巻, 主人妻何程申付候共又七も主人, 主人妻女娘馬方その他大勢の村人達, 主人姉妹が小次郎, 主人姉娘弟と区切っ, 主人姉小路卿には伊香保あたり, 主人始め一同を一人一人, 主人始め家内も娘, 主人姫路の城主池田輝政殿, 主人娘たち二人の仲, 主人娘息子の端, 主人娘達二人の仲, 主人子供の食事, 主人子女のみの居間, 主人子爵片岡中将はネル, 主人宇佐美直記の待ち構, 主人宇佐美直記樣は笹野樣, 主人安兵衛は卒中, 主人安兵衞は卒中, 主人安城郷太郎は又, 主人宗十郎は気色, 主人宗右衛門のこんな, 主人宗対馬守の重役, 主人宗山清兵衛の女房, 主人宗盛から帰国, 主人実はですな, 主人宮古に行き, 主人宮松三之助と言, 主人に在, 主人家厳が意見, 主人家庭教育が家庭教育, 主人容易に出, 主人富雄隆治ともう, 主人寺西右京と話し, 主人対店員の間, 主人左衛門の, 主人小倉が後に, 主人小倉嘉門の筆, 主人小室が歸つた時, 主人小山が土産物, 主人小川虎之助の許, 主人小豆蒔くとて, 主人少々伺いますが, 主人少く学を, 主人少将は北川老人, 主人山口屋善右衞門から着物, 主人山口屋善右衞門様親切に世話, 主人山名屋五左衛門が開けた, 主人山名屋五左衞門が開けた, 主人山名時氏も戦死, 主人山崎剛平氏にば, 主人山木兵造なるべし, 主人山本氏からの便り, 主人岡村宏策老にこの, 主人岩吉と狐, 主人岩崎氏を説い, 主人岩崎盛太郎の出迎, 主人岩瀬氏にこの, 主人島五六郎樣始め拙者までも腹, 主人島五六郎殿は御, 主人島原藩主より御, 主人川手庄太郎氏の三人, 主人川波良斎が深夜仇敵, 主人川瀬條吉といふネフリフドフ, 主人工匠を好み, 主人左内と暫く, 主人市之助の死骸, 主人市兵衛六十近いが少し, 主人市十郎殺しの下手人, 主人師直の指図, 主人帰り来る主人は, 主人帰宅快食, 主人常に臣下へ, 主人平作もいれ, 主人平吉儀は若年者ゆゑ血氣, 主人平岡氏田中訥言の画幅, 主人平賀源内これが俺ら, 主人の頃, 主人に平, 主人并びに井戸源次郎, 主人幸右衛門が貧乏浪人, 主人幸右衞門樣のお, 主人幸衛門の顔, 主人幼稚なるゆえ, 主人庄三郎は極めて, 主人庄三郎女房お常, 主人庄三郎妻つね何程申付候うとも, 主人庄三郎養子又七妻熊, 主人庄五郎であった, 主人庄兵衛はじめおもだった親類, 主人庄兵衛気をうしなっ, 主人庄司甚右衛門はスルスル, 主人庄太郎外見ばかりはゆ, 主人店先へ一昨夜九ツ時, 主人にすわり込ん, 主人廣田利右衞門の寢間, 主人引越し来る由, 主人弥二右衛門が信長, 主人弥五郎様顔役衆だと, 主人弥八ですがね, 主人弾正の御, 主人彌太郎事は最早, 主人彦四郎目を覺, 主人彦四郎間違ひもなくやられた, 主人役に立たれたあなたが, 主人役仙夢さんはよく, 主人に, 主人後日に至っ, 主人得右衛門に頼ん, 主人得心の上私養子, 主人徳さんの世, 主人徳之助夫婦の奉公人, 主人徳善院承り代理, 主人徳太郎は二度目, 主人徳川万太郎様の頼み, 主人徳村撰十の変り果てた, 主人よく承知, 主人心づくしの鯉, 主人心得として普九さん, 主人忠三であった, 主人忠利公にはお, 主人思ひだつたりする, 主人思わん仕事が, 主人すこぶる苛酷, 主人怪しんで犬, 主人怪塔王が二人, 主人恒川警部の両, 主人恒藤権右衛門どのに相違, 主人息子などがとびだし, 主人息子娘である, 主人悴五郎藏を殺害, 主人惡漢六名の狼藉, 主人惣右衛門親子のもの, 主人意気揚に願書, 主人慶順の弟, 主人懶惰にも眼, 主人戎谷亀吉君などがすでに, 主人成田作蔵と云う, 主人成田作蔵さんが発見, 主人成田兵衛が感づい, 主人成田兵衛さまも宇治川, 主人我々落語家は正直, 主人戦死の公報, 主人みづから比目魚, 主人手代を伴, 主人手枕舎里好では, 主人打ちあけて申します, 主人ひするやう, 主人入つて申上げ度い, 主人押川進の事務, 主人拙者は途次仕置場, 主人招待で神楽坂, 主人持ちですから旧, 主人持氏を非業, 主人捨次郎がこうした, 主人津守村重に, 主人天, 主人の言葉, 主人操一氏の居間, 主人支局の人々, 主人政七よりも馴染, 主人政元はという, 主人政宗公へこの, 主人和田篤太郎君私の, 主人故事をたずね, 主人救出組の人々, 主人敬三郎樣のやう, 主人数人の客, 主人数十人を将, 主人文學士の淺井能文, 主人文明寄稿家を深川八幡前, 主人文科大學教授文學博士高山峻藏君, 主人斉藤亮輔氏の招待, 主人新之助の鑑識, 主人新免氏の姓, 主人旅亭に来り, 主人旗田鶴彌氏, 主人既に逝きて, 主人日曜にロンドン見物, 主人旧宅荷づくりの帰途, 主人早世などの大, 主人早朝に, 主人早瀬主税には先生, 主人昌之助は三十一歳, 主人明成で城代, 主人明智の行く, 主人明智光安入道の嫡子, 主人明治四年十一月本邦出立支那印度等に旅, 主人春山昇が使用, 主人春山昇氏の遺骸, 主人春日藤左衛門は一色友衛, 主人春日藤左衞門は一色友衞, 主人春日邦之助に相違, 主人春木氏に一度, 主人景勝をすすめ, 主人景親という者, 主人景親様をあの, 主人暖簾のお蔭, 主人曰く丸梅の女将, 主人曰く我も余り, 主人更に杯を, 主人書画絵本の鑑定, 主人書肆新橋堂主人とは相識, 主人木曽義明を滅亡, 主人末期に及び, 主人本多意気揚は徳川家康, 主人本復されたそう, 主人之助, 主人杉山氏との両氏, 主人之楫氏, 主人李応さまを侮辱, 主人村山半が中央, 主人村田幸吉老に語る, 主人村越峰右衛門は掛り合い, 主人村越峰右衛門殿へよろしく, 主人村越峰右衞門は掛り合, 主人村越峰右衞門殿へ宜しく, 主人庵し, 主人東市正と同席, 主人東洋的の生活者たる, 主人松井佐渡守の手もと, 主人松向寺殿御逝去遊ばされて, 主人松坂甚吾様はご, 主人松平源左衛門世に在りし, 主人松平源左衞門世に在りし, 主人松木亮二郎は思いの外, 主人松村という長吉, 主人松蔭が書いた, 主人松蔭大藏方へ忍び込ん, 主人板前ラジオの放送料理, 主人板屋八十郎を乘, 主人林櫟窓の媒介, 主人果てて後, 主人柏軒と父楊庵, 主人某等々が宇野浩二氏, 主人と大庭, 主人柳亭翁が自慢, 主人校正刷を持來, 主人らしいたぶん, 主人株指導者として承認, 主人根子立という山, 主人根性ではなく, 主人根西夫婦は未だ, 主人桑造ノ死後遺族ガコヽニ移ッテカラハメッタニ訪ネナイヨウニナッタ, 主人梶原源左衞門の話, 主人森田氏の招待, 主人森長七の承諾, 主人楯凡児氏はおよそ, 主人榮右衞門の末, 主人榮左衞門樣は苗字帶刀, 主人様お立ちなれば, 主人様がたを鏡, 主人様ことのほか, 主人様ヘレネ様の, 主人樣ことの外, 主人之丞様, 主人権右衛門殿に不慮, 主人権太夫こと公用多繁, 主人橋本福松君が, 主人權右衞門の死んだ, 主人次郎兵衛は貰い, 主人次郎右衛門や奉公人たち, 主人次郎右衞門や奉公人達, 主人次郎吉の身分, 主人欽蔵が店先, 主人歌麻呂の春本寐乱髪, 主人身の, 主人正季どのの許, 主人此通り四十八本の手紙, 主人武田屋馬平品川の幇間富本登, 主人武芝の帰り, 主人武蔵守の近習, 主人すれば, 主人歿後の倉持家, 主人をする, 主人氏郷が茶讌, 主人のせゐで, 主人気むずかしい顔で, 主人気取でいた, 主人気軽にて親切, 主人氣取でゐた, 主人永左衛門殿の呑んだ, 主人池川の云う, 主人池田瑞仙と知己, 主人決して御心配, 主人河内信弥太は現在, 主人油屋熊八氏東道のもと, 主人治右衛門がそう, 主人泰然として膝, 主人洋服布地店主などつまり, 主人津志田谷右衞門の聲, 主人津田老人などに自動車, 主人洪次郎が外套, 主人浅野の声, 主人浜路が出現, 主人の面々, 主人浦某にそれぞれ, 主人浪太郎の父親, 主人清兵衞女房お杉, 主人清左衞門の説明, 主人清次郎氏は生来, 主人清水屋伝二郎は前, 主人清淡且仁慈, 主人渡辺佐兵衛なるもの, 主人源之助は土地, 主人源左衛門それに争う, 主人源左衞門それに爭, 主人源次郎だという, 主人漁師体のおやじ, 主人潘璋が関羽, 主人瀬下屋は張り子, 主人のご, 主人火鉢の前, 主人無しに居る, 主人特に一書を, 主人狭山九郎太です, 主人之松, 主人獲物は罠, 主人玄内の鼾, 主人玉村銀之助さんのすまい, 主人王植が申されます, 主人王累がどうか, 主人現金な奴, 主人理学士吉岡哲太郎君です私, 主人琢磨の急死, 主人甚兵衛と掛人, 主人生きた神様である, 主人生時は貴人, 主人生駒大内藏へ貴君樣, 主人の風呂場, 主人田沼主殿頭なの, 主人甲賀世阿弥のいた, 主人申付とは云, 主人申置候ゆゑ心にかけ世話, 主人男の子主人の老母, 主人画帖一折携へ来られ, 主人留めもせずし, 主人留守にて分り, 主人畠山氏を凌ぐ, 主人番頭ともひとり, 主人番頭どん小僧たちも, 主人番頭女中などが浴場, 主人病中にも度々, 主人病中ゆえ代って, 主人痛風截瘧の二方, 主人百瀬君は漸く, 主人盗賊の巨魁, 主人盧俊儀があと, 主人目がけて振り上げた, 主人目木と久慈, 主人き直, 主人直家に織田随身, 主人い識ら, 主人真中はワイフ, 主人真田信濃守応接所警衛仰付けられ修理儀, 主人眠白の居室, 主人石崎丹後は平次, 主人石沢閑斎が居る, 主人石田治部少輔殿, 主人破産せし為め働き金, 主人礼助が死ん, 主人社会に立っ, 主人祐吉の供, 主人神尾方へ参る, 主人神崎後備中尉は嬉し, 主人神樂坂の潮田樣, 主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 主人禎輔の方, 主人福島であった, 主人福島市松をはじめ, 主人秀次と同じ, 主人秀秋にしたがっ, 主人秋山要介, 主人秋山伊織に逢, 主人秋田加兵衛などの八, 主人秋田屋清左衞門と申します, 主人秘蔵の恵慶, 主人程の空氣ラムプは, 主人種次郎氏は當時二十一二才, 主人稲垣清蔵は鳥羽稲垣家, 主人穀賊に彼, 主人立ったまま母親の, 主人竜太郎氏が片手, 主人竜泉に至り, 主人竹雨と俳友, 主人笑って曰く, 主人四が, 主人笹沼に話し, 主人筋鈴木家の薬局, 主人筑前様から申しつかっ, 主人筒井どのには右, 主人糊つきの網絹, 主人紀伊守の氣色, 主人紋兵衛は臥せっ, 主人を展, 主人素人写真展覧会を催さ, 主人細川忠興は金森出雲守, 主人細川越中守はその, 主人紺野小太郎老人のまがう, 主人は此方, 主人維明の許, 主人編笠をかぶり, 主人縫殿頭より使者, 主人縫殿頭儀台命を蒙り, 主人總七樣の命, 主人總右衞門と女房, 主人美作守は小, 主人美濃守急病で惱, 主人義哉が出かけ, 主人義明公は本来馬鹿者, 主人義景より承り, 主人義経を打ち据える, 主人義隆に援, 主人羽柴筑前守様にも千載, 主人を密め, 主人胡麻塩交りの, 主人胸中には刑部, 主人能筆の聞え, 主人自ら主人学の修業, 主人自ら之を味, 主人自ら後の幕, 主人自ら朝夕配達をなし, 主人自ら来たりて余, 主人自ら牛を伴, 主人自ら立出でしまま不在, 主人自ら裸になっ, 主人自ら鄭重に奥, 主人自ら配達し近所, 主人自ら鎮火の祈祷, 主人自作の文章, 主人自分の生命, 主人至っての強慾, 主人の会社, 主人良人父の男性, 主人芝田浅次郎さんが自分, 主人花村殿を悪態, 主人樣お, 主人若旦那はどんな, 主人若様御遺骸, 主人苦しみを持つた, 主人苦心の御馳走, 主人苦沙弥君のごとき, 主人英山公様が蘭奢待, 主人茂平も正造, 主人草薙天鬼とは同門, 主人荒川に下さつた, 主人荷風先生の文学精神, 主人莊吉とその, 主人之助, 主人薪左衛門殿の姿, 主人藤五郎召使の者亂心, 主人藤兵衛が死ん, 主人藤兵衛藤井の生地, 主人藤兵衞が死ん, 主人藤吉郎秀吉様からきっと, 主人藤堂良忠は貞徳, 主人藤屋彌太郎の辯明, 主人行商より帰るで, 主人を膝, 主人西にお客, 主人西川さんはナカ, 主人西村小徑, 主人之介, 主人見たように, 主人角右衞門で奥, 主人角屋十兵衛が中津川, 主人ふなる, 主人言いつけでご, 主人言葉すくなきマカ, 主人誇りがにこ, 主人て阪神電車, 主人が斯ん, 主人して, 主人謝罪の辞, 主人證據はあり過ぎる, 主人之助, 主人讃岐守より相, 主人讚州へ行, 主人谷口喜作さんから, 主人貞政の申す, 主人貞昌の書面, 主人貞白及小島金八郎並に尚, 主人貞興ははや, 主人貫兵衛が御, 主人貫兵衞が御, 主人貴公が初めて, 主人買收して, 主人質屋の主人, 主人去, 主人起きて頂戴, 主人越前が口上, 主人越前守の口上, 主人足利尊氏の不心得, 主人転宅荷づくりに来る, 主人輝政へも, 主人轟九蔵氏の扮装, 主人迄がいやに, 主人迄も読書の, 主人近日有城中卜居, 主人返事をし, 主人迷亭独仙寒月東風の五君, 主人迷惑す, 主人退治の道案内, 主人造酒助が顔, 主人過分に贏, 主人達番頭サーシャの靴, 主人遠くより望み見, 主人遠藤に對, 主人遠藤又蔵は夕刊, 主人だ酒, 主人采女自ら迎えて, 主人重治様の義心, 主人野口文吉が主役, 主人野水はその, 主人金之助樣に追, 主人金六独りでは身動き, 主人金六獨りでは, 主人金兵衛は悪魔, 主人金右衛門の死骸, 主人金右衞門の死骸, 主人金吾中納言の馬前, 主人金子君之發意, 主人金次郎の妹つる, 主人鈴川主水樣, 主人鈴木安芸守を呼び出し, 主人鉄三郎の行方, 主人銀一養女お志乃, 主人鐵三郎の行方, 主人ながと, 主人長太の妹, 主人長尾欽弥君がそこ, 主人長岡佐渡様にも今し方, 主人長岡頼母である, 主人長左衞門は立, 主人長政殿のさし, 主人長治や諸, 主人長秀は今し方, 主人長谷川映太郎君, 主人長造は暗闇, 主人長門守爲にも相成まじき, 主人長頼さまも大殿前田利家さま, 主人閑山の在, 主人関口翁を訪, 主人阿部豊後守儀先生のご, 主人陳彩は机, 主人陽吉夫婦はいかにも, 主人さずに, 主人之進様, 主人雇主など三人, 主人雇人までがくっつい, 主人雨坊主というアダ名, 主人震災の後, 主人青山氏谷崎氏が上京, 主人青年に語りし, 主人青木健作は安楽椅子, 主人青森地方飢饉地で出征兵士, 主人静七氏が予, 主人預け申付るとて, 主人を掉, 主人頼宣が入っ, 主人頼政が皆様方, 主人頼芸をまた, 主人で奉公人, 主人饗庭篁村氏は剽軽, 主人を勧め, 主人馮習の密命, 主人駅前の舟橋, 主人駒吉の右, 主人駿三の意見, 主人騒いではいけない, 主人驚いてはいけません, 主人驚きて簷端, 主人高井覺太郎君は生面, 主人高山右近も速やか, 主人高氏どのへの話, 主人高氏殿からも右, 主人鬼三郎が殺され, 主人鬼三郎さんが殺された, 主人鬼王丸殿まで上進, 主人魯粛の為人, 主人鮫島大学で無, 主人鮫洲の大尽君, 主人鶴谷様のこの, 主人鷲津毅堂は江戸時代, 主人鷲津氏ノ事ニツイテ, 主人鷲津順光氏に問合せ, 主人鹿之介, 主人鹿右衛門養子与茂吉, 主人鹿右衞門養子與茂吉などがをります, 主人黒光女史なんかには実に実によく, 主人黒川氏あり出版界, 主人黒田藩のお