青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊豆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仲~ ~仲間 仲間~ 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 伊~ 伊勢~ 伊藤~
伊豆~
伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~ ~会

「伊豆~」 1488, 16ppm, 7019位

▼ 伊豆~ (462, 31.0%)

9 方へ, 海や 7 海の 6 温泉に 5 伊東の, 大島へ 4 大島に, 温泉へ

3 [11件] 三島の, 下田へ, 伊東に, 伊東へ, 吉田の, 大島から, 大島の, 方に, 海は, 海を, 網代へ

2 [48件] ことを, ひとも, もとへ, 七島で, 七島も, 下田に, 下田の, 侘住居に, 修善寺温泉に, 修禅寺で, 内幕を, 出馬によって, 半島でも, 国へ, 地平線は, 大島は, 天城から, 天城山丹波の, 奇妙な, 女は, 姿を, 山々は, 岬に, 島へ, 心に, 憔悴した, 推量は, 東海岸には, 東海岸の, 海岸に, 海岸を, 温泉宿に, 熱海の, 狩野川の, 胸倉を, 葛藤を, 襟首を, 連山が, 道路で, 配所に, 醜状に, 韮山に, 頭を, 頸を, 頼朝が, 顔を, 顔付から, 首筋を

1 [284件] ある温泉, お山と, お山の, お旗上げ, かた, このちょっと, この家, こんなところ, ご配所, さいの, さかなや, ツンと, ホテルの, 一年は, 一角より, 一郎君から, 七島を, 三宅島でな, 三宅島などでも, 三宅島などには, 三宅島なども, 三島神人は, 三島神社白浜の, 下田, 下田で, 下田でした, 下田での, 両権現, 中であり, 事かと, 人は, 人伊藤一刀斎景久で, 仁田の, 代官江川太郎左衞門が, 代官江川氏の, 伊東で, 伊東温泉さ, 伊東温泉に, 伊東祐持や, 伊東祐親入道の, 住人だ, 何とか云, 修禅寺に, 修禅寺の, 修禪寺に, 修禪寺の, 停車場まで, 兄から, 先の, 入口の, 入江の, 八丈島などでは, 六方石です, 出島十国峠の, 初夏, 北伊豆らしい, 北山や, 半島の, 南温泉が, 南端へ, 南端を, 古い伝説, 古奈へ, 吉田に, 名声に, 国ざかひに感じ易い, 国と, 国という, 国とは, 国とやらへ, 国に, 国には, 国は, 国司の, 国狩野の, 國と, 國狩野の, 土を, 土肥温泉に, 土豪の, 地上では, 夏休みの, 夕日が, 夜叉王五十余歳烏帽子筒袖小袴にて, 夜叉王五十餘歳烏帽子筒袖小袴にて, 大仁と, 大仁温泉へ, 大島か, 大島が, 大島ぞと, 大島だ, 大島で, 大島である, 大島などに, 大島なりと, 大島よりは, 大島を, 大島愛知県の, 大島箱根の, 大瀬崎と, 天城山に, 天城山の, 天野経顕, 奥に, 奥の, 女に, 妻子の, 妻良港は, 子供の, 子島の, 守見, 寺に, 小さい山荘, 小室山が, 小笠原島よりは, 山々から, 山々の, 山々も, 山中で, 山中の, 山中当年の, 山人野火を, 山荘で, 山荘に, 山荘へ, 山道を, 岬にも, 岬の, 岬へ, 岬三保の松原手に, 岬角に, 岸へでも, 島々にも, 島々の, 島々も, 島々を, 島から, 島で, 島では, 島などは, 島には, 島の, 島は, 島辺りかも, 嶋を, 巻を, 平和は, 平氏を, 懸命な, 或る, 戸田村に, 持久戦法に対して, 挙兵は, 新島から, 新島で, 方, 方で, 方にも, 方の, 方御, 方面へ, 日あたりを, 日下部家の, 日蓮聖人の, 春とは, 春とも, 春に, 暖かい地方, 東海岸を, 東部などは, 松崎で, 梅原寛重という, 此旅は, 江川の, 江川は, 沖から, 沖の, 河津川や, 河津川仁科川稲生沢でも, 沼津あたりに, 流人の, 海から, 海が, 海で, 海に, 海も, 海岸, 海岸が, 海岸にて, 海岸の, 温泉, 温泉での, 温泉などへ, 温泉の, 温泉へでも, 温泉めぐり, 温泉を, 温泉伊東の, 温泉各地を, 温泉場では, 温泉場の, 温泉宿だった, 温泉旅館の, 温泉都市でも, 湯が, 湯ヶ島あたりの, 湯ヶ島でした, 湯ヶ島に, 湯ヶ島温泉滞在中に, 湯治に, 火の, 熱海から, 熱海で, 熱海に, 熱海には, 熱海へ, 熱海温泉場の, 片田舎から, 片端に, 片隅に, 物搗歌などとも, 特徴でも, 狩倉でも, 狩野川に, 狩野川へも, 田方の, 田方郡の, 田浦岬の, 田舎に, 町, 町から, 白浜を, 目代平の, 相模な, 石廊でも, 秋戸の, 秋戸郷から, 空を, 素振, 網代の, 網代へも, 網代伊東下田の, 船番所も, 若葉は, 荒磯に, 蒼空を, 蛭ヶ小島と, 蛭ヶ小島とは, 行状中最も, 西海岸の, 西海岸は, 西海岸へ, 西海岸を, 要害を, 親類を, 諸国に, 諸国には, 諸島に, 謀略を, 踊り子の, 踊子, 転地先から, 辺地に, 辺地の, 辺地曾我物語発祥の, 通路が, 連山, 連山には, 連山の, 道路が, 配所を, 金山ほりの, 金山を, 長岡温泉に, 長男の, 間宮氏という, 雪を, 雲見の, 頼朝と, 頼朝よりも, 頼朝木曾の, 風物は, 駅に, 高嶺の

▼ 伊豆~ (185, 12.4%)

9 のお 5 のご 3 の, の頭 2 がお, ご自身, です, に引き上げられた, の邸, はさすが, は声

1 [151件] かの有名, から五個, から献上箱, から認められ, から諸侯がた, がある, がこの, がこれ, がわざわざ, がペルリ, が不思議, が代, が作戦下手, が侍臣, が右門, が天草表, が希代, が折り紙, が献上箱, が田沼侯, が甲賀者, が総帥, が閣老阿部伊勢守, が頻りに, さすがに, たったひとり, つづいて, ですらも, という鬼, とおぼしき, とその, とはいう, と名人右門, と會見, と釜, などは私, なの, なるべしと, なればこそ, なんてえ, なんと返答, にいいました, にいった, にきき尋ねました, には思い当たる, にも言い聞かせ, にも言い聞かせた, によって引き上げられた, に伝わり, に切腹, に向かっ, に平将武, に当てた, に見えた, のせきたてる, のそれ, のところ, のほう, のやり方, のわざわざ, の下した, の偉物, の側, の先鋒, の処断, の別邸, の口, の娘, の子, の子供, の子甲斐守輝綱, の家中, の寝所, の居城, の屋敷, の左右, の帰藩, の息子, の才覚, の推挙, の智恵, の浪人取り締まり政策, の烏帽子姿, の無礼, の用人, の白ムク, の突然, の繩取, の行く手左わき, の邑封, の面前, の顔, の顔色, の驚かれた, はいる, はおそるおそる, はおちつきはらっ, はかたわら, はことごとく, はこれ, はすすみいで, はその, はそれ, はぼう然, はやう, は事態容易, は二十一日, は五臓六腑, は口小言, は巧者, は得意そう, は徳利, は態と, は支度, は故意, は時, は智略, は毛利方, は物憂, は目, は目付, は矢文, は知恵伊豆, は石火矢台, は老中, は老中部屋, は膝, は諸人賞讃, へ囁いたらしい, へ用人, へ納める, へ送った, ほどの智恵者, また賢女, もおどろかない, もまた, もキリキリ, も承知, も言明, も雪ずきん, も高貴, を, をのせた, を睨みつけた, を筆頭, を見おろし, を討っ, を顧み, を驚かし, 打ち案じたが, 頷いたが

▼ 伊豆~ (105, 7.1%)

11 の虎松 10 の若旦那 7 のお 5 の女房 3 の店, の方 2 と和泉屋, の主人, の妻吉, の嫁, の虎松さん, の身上

1 [54件] からお, から本郷丸山, だ, ってえ, でさっき, という酒屋, という酒屋さん, とは祖先, と本郷丸山, に出入り, に引, に引つ返しました, に留まり, のこと, のほう, の一家, の下男元吉, の二番目息子, の代り, の伜, の出前持, の名前, の娘, の家, の弟, の息子, の手, の番頭, の番頭治兵衛, の縄張り内, の總領, の腕前, の若い, の菊次郎, の表二階, の見舞, はかなり, は伊豆屋, は四谷坂町, は葬, は質兩替, へは入らず, へ久し振り, へ縁付い, へ行つて, へ見舞, へ質, まで行き着く, ものぞい, も旦那方, をも快く, を出た, を取卷く, を引上げ

▼ 伊豆~ (67, 4.5%)

2 [18件] がくんと首, そこまで, その一々, ばたばた, ふいに, よいところ, 一向無表情, 不興げに, 力の, 実に物足りない暗い, 小笠原の, 手足を, 斯う, 死よりも, 自分の, 落付きを, 薄い唇, 返事を

1 [31件] あた, あたたかく野宿, うっかり痴川, うつかり, こう言い残す, こう言われた, さすがに, どうやら起き, どうやら起き上っ, どこからも, ない, なかなか幕末, ねちねち笑, ねちねち笑い, 冬でも, 天産物の, 安房上總と, 掌を, 敵の, 湯は, 生きるにも, 田方郡の, 盡きた, 相識の, 石の, 笑おうと, 笑は, 第二, 至るところ花, 藤陰に, 頼朝の

▼ 伊豆~ (48, 3.2%)

2 ある頼朝, 武者振りついた

1 [44件] ある甥, いたので, いつて, いるとは, いる頼朝, もはや長い, 一日寒波が, 会えば, 会って, 会つて次の, 会へば, 佐殿の, 入る日, 兵を, 出かけたこと, 出かけて, 出発と, 多いの, 大地震, 子供の, 客なる, 寿し君が, 御山駿河に, 揚がった波濤, 敗れ辛くも, 旅立った, 梶は, 流されて, 流される迄は, 潜んで, 移って, 立ち木曾冠者, 行くと, 行ったろうか, 訪ねて, 逃げのびた頃, 通う蒸気船, 逢うこと, 逢ふことがなかつた, 金山の, 霰降り, 頼朝あり, 頼朝が, 養いに

▼ 伊豆守様~ (42, 2.8%)

4 のお 2 がお

1 [36件] おことば, お待ちかねにござりましょう, からお, からが一番注文, からのお, が, がご, がにやりと, がまえ, がもう, がわざわざ, が主, が仰せ, が希代, が火急, ご帰藩中, だ, だよ, でした, というすてき, とおっしゃいます, とのお, にお, に直訴, のお召, のお話, のご, の力, の罪, は当代名うて, までが詮議, をお, をはじめ, を最後, 其の外, 御邸

▼ 伊豆~ (39, 2.6%)

4 流されて 2 ゆくと, 流されてから, 行くの, 行って

1 [27件] かけての, ことし配流された, つれだして, ときたま行っ, はいり頼朝, ロケーションに, 一緒に, 下っても, 下られたらすぐ, 下られる道中, 來て, 出掛けるの, 出掛けるらしい人びと, 急使を, 打合せに, 来てから, 来るの, 流された, 流して, 流罪と, 立つとき, 行きたくなくなったの, 行こうといった, 行つ, 行ッた, 送り遣られた, 逃げた

▼ 伊豆~ (33, 2.2%)

2 かなり厭, 仰向けに, 捩伏せた, 訪ねた

1 [25件] いっぺんに跳ね返す, いつぺんに, こえて, とったやり方, とりかこむ海, はじめ幕閣諸老臣の, 一廻りし, 卑怯者と, 呼び捨てに, 奪つたわけ, 思い出す度, 思ひ出す度, 挙げた, 旅し, 発して, 笑は, 笑わせまいとして, 罵って, 罵つて, 見富士山, 言いまくり遣り込めようと, 言ひまくり遣込め, 誘い小笠原, 誘ひ小笠原, 這い出た坂東者

▼ 伊豆~ (21, 1.4%)

2 ある朝, とある白昼麻油, 漸くに, 痴川を, 目前に

1 [11件] ふらふらやって来た, ふらふらやつ, やうやう追, ようよう追付く, 例の, 豐かに, 近く見える, 金山で, 釜の, 長崎に, 陣取り又

▼ 伊豆~ (19, 1.3%)

2 痴川の

1 [17件] いわれた松平伊豆守, いわれるだけが, いわれるほどの, うたわれ徳川三百年, むっつり右門, よばれ十分自他, 一流品の, 云えば, 人魚, 将監の, 渡島とに, 相模の, 称した, 称す, 称せられた松平伊豆守信綱, 謳われた松平伊豆守, 違つて東京の

▼ 伊豆七島~ (19, 1.3%)

2 の三宅島

1 [17件] から小笠原諸島, では大島, と同じ, における八丈島, に流す, のうち二三, の八丈島, の南端, の幾つ, の新島, の方, の日忌様, の迷信談, は絶海, へ差し, や関東, 全圖

▼ 伊豆~ (19, 1.3%)

2 を蹴落し

1 [17件] から取り上げ, から奪われ, が一手, と同じ, と筆屋, と筆幸, と言え, に代っ, に頼まれる, のほう, の店, の有名, の油御用, はもとより, は西丸, は身上二十五万両, を倒す

▼ 伊豆権現~ (12, 0.8%)

2 の社 1 が焼亡, と伊東家, の山, の正月十五日, の神前, の雪祭り, は豆州, を携, 或は以前此地, 或は其別

▼ 伊豆~ (10, 0.7%)

1 からのお, だっておら, とお, につき従っ, にむっつり, にわざと, のお, のおん密事, はさすが, は今ごろ

▼ 伊豆~ (9, 0.6%)

3 相模の 1 富士五湖や, 東国へと, 海道筋からも, 熊野の, 甲賀者と, 紀州辺の

▼ 伊豆大島~ (9, 0.6%)

2 の沖 1 さらにその, でも謂っ, なども燒, の三原山, の方, の近く, へ通う

▼ 伊豆守信綱~ (9, 0.6%)

1 である, に招かれ, のお, のさしがね, の方, の献策, はただ, は寝所, を上使

▼ 伊豆から~ (8, 0.5%)

1 中央へ, 出る沢田石, 御便り, 戻つて, 東海道へ, 渡って, 渡つて來て, 西は

▼ 伊豆~ (8, 0.5%)

1 いいひと, さんざん鍛えられ, めぐり逢ったん, 同宿した, 産声を, 産聲を, 行い本葬, 過した夏

▼ 伊豆屋伍兵衛~ (8, 0.5%)

1 が婿, と申しまする, の娘, の油御用, は今回, は考えた, を引き立て, を蹴落し

▼ 伊豆~ (8, 0.5%)

1 で建てた, にかぎられ, の塀, の寄進, の御手洗, や城普請, を敷いた, を積重ねた

▼ 伊豆志袁登~ (6, 0.4%)

3 賣を 1 賣, 賣その, 賣の

▼ 伊豆あたり~ (5, 0.3%)

1 からでも登っ, では月並, の神社, へ遠出, まで行なわれ

▼ 伊豆~ (5, 0.3%)

2 現在自分の 1 さすがに, 伊東まで, 身は

▼ 伊豆らしい~ (5, 0.3%)

1 ところは, と思はせた, 下知を, 柔かい枯草山, 空の

▼ 伊豆半島~ (5, 0.3%)

1 からさらに, から元気, から駿, とこの, と伊豆七島

▼ 伊豆~ (5, 0.3%)

1 など毎度これ, に土地, に遊び, の飛, 走湯山

▼ 伊豆地方~ (5, 0.3%)

1 が強震, ではこの, とし, の人心, の大震災

▼ 伊豆守さま~ (5, 0.3%)

1 おひとり, がだんな, っていや, のお, はふたり

▼ 伊豆相模~ (5, 0.3%)

1 に根, のあたり, の国境, の恩賞, の豪族

▼ 伊豆では~ (4, 0.3%)

1 一時かなり, 今の, 屈指の, 平家方に

▼ 伊豆一国~ (4, 0.3%)

2 の主 1 から毎年二十万円位, だけを見

▼ 伊豆三国~ (4, 0.3%)

2 の領有 1 を与へる, を存続

▼ 伊豆伍夫婦~ (4, 0.3%)

1 が惚れこん, が惚れ込ん, にお上, まで召し捕られ

▼ 伊豆圓一~ (4, 0.3%)

1 だけであった, とも深い, と懇親, のこと

▼ 伊豆地震~ (4, 0.3%)

1 など地震現象, のとき, の名残, の時

▼ 伊豆大仁~ (4, 0.3%)

3 などに籠つて 1 などに籠っ

▼ 伊豆方面~ (4, 0.3%)

1 にでも出かけるらしい, のブリ, の山地, へ三泊

▼ 伊豆~ (3, 0.2%)

2 どこかの 1 小笠原あたりの

▼ 伊豆には~ (3, 0.2%)

1 ゆかぬ由, 模範村と, 若者が

▼ 伊豆伊東~ (3, 0.2%)

1 に於, に近い, の別荘

▼ 伊豆半国~ (3, 0.2%)

1 にとどまり, に亙る, の絵図

▼ 伊豆南端~ (3, 0.2%)

1 にせまり, まで南下, を通過

▼ 伊豆~ (3, 0.2%)

1 といふ名, のあと, の名

▼ 伊豆~ (3, 0.2%)

2 という質屋 1 の娘

▼ 伊豆韮山~ (3, 0.2%)

1 の人, の反射炉, の江川太郎左衛門

▼ 伊豆からの~ (2, 0.1%)

1 御手紙, 連絡は

▼ 伊豆さま~ (2, 0.1%)

1 のご, を一時

▼ 伊豆~ (2, 0.1%)

1 からこいつ尋常一様, が

▼ 伊豆です~ (2, 0.1%)

1 がその, よ

▼ 伊豆という~ (2, 0.1%)

1 下級職工です, 異名を

▼ 伊豆なぞ眼中~ (2, 0.1%)

2 にない

▼ 伊豆ならびに~ (2, 0.1%)

2 小笠原とも

▼ 伊豆にと~ (2, 0.1%)

2 つては

▼ 伊豆にとっては~ (2, 0.1%)

1 是程, 毒に

▼ 伊豆一帯~ (2, 0.1%)

1 が震う, に心中

▼ 伊豆大島波浮~ (2, 0.1%)

2 の近く

▼ 伊豆天城山~ (2, 0.1%)

1 で珍しい, の北

▼ 伊豆守殿~ (2, 0.1%)

1 が今日, へ町奉行

▼ 伊豆守阿部豊後守~ (2, 0.1%)

1 をはじめ, をはじめ若年寄り

▼ 伊豆安房~ (2, 0.1%)

1 の, の四國

▼ 伊豆屋さん~ (2, 0.1%)

1 なんぞと一緒, に何

▼ 伊豆屋弥平~ (2, 0.1%)

1 といういい, はおなじ

▼ 伊豆新島~ (2, 0.1%)

1 の方言, の話

▼ 伊豆~ (2, 0.1%)

1 がある, は吾妻橋

▼ 伊豆殿~ (2, 0.1%)

1 へはお礼, まで其趣

▼ 伊豆温泉~ (2, 0.1%)

1 の松川, の相模屋

▼ 伊豆熱海~ (2, 0.1%)

1 に逃れ, の緑風閣

▼ 伊豆田方郡~ (2, 0.1%)

1 で重代, の平野

▼ 伊豆相模武蔵~ (2, 0.1%)

1 など近国, の平氏

▼ 伊豆自身~ (2, 0.1%)

1 深く追及, 深く追求

▼ 伊豆~ (2, 0.1%)

1 です, の汽船

▼ 伊豆~ (2, 0.1%)

1 まで出かけました, をぼんやり

▼ 伊豆通い~ (2, 0.1%)

1 の汽船, の船

▼ 伊豆駿河~ (2, 0.1%)

1 に蕃息, の平野

▼1* [188件]

伊豆こそ浮べ海, 伊豆さんです, 伊豆そだちよまだ, 伊豆そんなところを, 伊豆上杉伊豆, 伊豆とか房州とかは, 伊豆とても安心は, 伊豆との三国を, 伊豆とはどんな遠国, 伊豆ともあろうもの, 伊豆どのの急使, 伊豆もんか, 伊豆などいう奴, 伊豆などに流すはず, 伊豆などの一部にも, 伊豆ならば頼朝, 伊豆なんかはお米, 伊豆びとは何, 伊豆へなんかいかなくても, 伊豆へは奥州から, 伊豆へまで行ったこと, 伊豆へも参られたか, 伊豆ほとほと持余し, 伊豆まで行って, 伊豆まではのびなかったネと, 伊豆まわりの大がかり, 伊豆めぐりなどをし, 伊豆やっと安堵いたした, 伊豆よりはこの地方, 伊豆バスの遊覽案内, 伊豆一圓を歩き, 伊豆七島あたりに漂着, 伊豆七島屈指の海産物問屋, 伊豆三島の合戦, 伊豆三河遠江に大きな, 伊豆三津の五杉山荘滞在中, 伊豆三津浜に今年, 伊豆三浦越中弘中三河守等の勇将, 伊豆上総といたる, 伊豆上総八丈島などで海, 伊豆下総上総相模武蔵の味方たち, 伊豆閣老免職の, 伊豆両人の登城, 伊豆丹那トンネルが開通, 伊豆九州が多い, 伊豆仁木兵部そのほか, 伊豆付近の地震, 伊豆代官江川の家, 伊豆伊予等各地風土記に現れた, 伊豆伊東行き温泉特急はフル, 伊豆信濃出羽越中越後出雲にも大きな, 伊豆信綱の血, 伊豆修善寺を発し, 伊豆公夫その他新進気鋭の諸氏, 伊豆公夫その他諸氏によって編まれ, 伊豆公夫平貞蔵小林高四郎中村浩山田武の諸氏, 伊豆公夫徳永泰を始め, 伊豆函根の諸山, 伊豆北山を掘らせる, 伊豆北条の地, 伊豆南方の洋底, 伊豆南端神子元島の烏賊腸釣り, 伊豆及び奥州地方十二ヶ国の, 伊豆の三島, 伊豆は惟恭, 伊豆君澤郡久連村より出でし, 伊豆国下田の近郷, 伊豆国修善寺に下向, 伊豆国天城山南湯ヶ野温泉旅館に数年前, 伊豆国賀茂郡松崎村の鰹船, 伊豆国韮山の某, 伊豆國出身の某, 伊豆土肥温泉土肥館にて, 伊豆に居り, 伊豆地方強震の号外, 伊豆堀越御所を攻略, 伊豆大仁在の穂積忠さん, 伊豆大島三原山にて, 伊豆天城あたりでも大分, 伊豆守どのに説い, 伊豆守グット突っ込んだ, 伊豆守一つ頷くと, 伊豆守七万石の御, 伊豆守保之か, 伊豆守信古の給する, 伊豆守信幸に賜った, 伊豆守信直等馳合せて, 伊豆守声をかけた, 伊豆守安部豊後守をはじめ, 伊豆守宮本丹後守等三百余人が平野, 伊豆守幸豐公齡わづか, 伊豆守幸豐君御手, 伊豆守時氏の屋敷, 伊豆守様はじめ高位の方々, 伊豆守様折り紙つきという一条, 伊豆守様自らお調べ, 伊豆守様讃岐守様山城守様などと共に天一坊, 伊豆守江戸に參覲, 伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 伊豆守等骨を砕い, 伊豆守豊後守によろしく, 伊豆守酒井左ヱ門尉ならべると, 伊豆守重房と須賀左衛門, 伊豆守重房須賀左衛門そのほか十騎, 伊豆守重能そのほか, 伊豆守重能畠山大蔵少輔直宗, 伊豆守重能畠山直宗大休寺の僧妙吉, 伊豆守阿部豊後守阿部対馬守の連名, 伊豆守首を傾げた, 伊豆安井将監と名, 伊豆寒くなる, 伊豆小姓と江戸, 伊豆屋おれは俺, 伊豆屋与吉はその, 伊豆屋勘六でございます, 伊豆屋吉郎兵衛さまお帰り下さいまし, 伊豆屋奴なぞそれぞれ, 伊豆屋徳兵衞は腹, 伊豆屋甚兵衛の娘, 伊豆屋虎松とも言, 伊豆山中をふき, 伊豆山行をすゝめ, 伊豆岩松の禅師頼有, 伊豆左衛門有綱, 伊豆を起し, 伊豆の九分, 伊豆御山六百階を散り, 伊豆御山走り湯権現へのぼっ, 伊豆志の八前の大神, 伊豆志の大神という名, 伊豆志乙女という女神, 伊豆志河の河島, 伊豆戸田の帝, 伊豆戸田村寶泉寺においての川路對プーチヤチン, 伊豆折り紙つきの生き, 伊豆旅行は凡て円太郎馬車, 伊豆木曾の同時旗, 伊豆というところ, 伊豆東海岸の各地, 伊豆松平信綱の孫, 伊豆案内記に書い, 伊豆椿が咲い, 伊豆殿お前様であった筈, 伊豆殿私はこう, 伊豆まで来た, 伊豆海岸信濃路その他にて, 伊豆湯ヶ島の湯本館, 伊豆湯ヶ島温泉に往つて, 伊豆湯ヶ島温泉附近である, 伊豆熱海客中試みしこと, 伊豆熱海町だとか, 伊豆熱海街道の駕籠, 伊豆狩野川の釣聖中島伍作翁, 伊豆甲州等の近国, 伊豆甲斐信濃の九ヵ国, 伊豆界隈の三千, 伊豆相模境もわかず, 伊豆相模武蔵あたりの近国, 伊豆石家々の屋根, 伊豆神社を訪, 伊豆一の, 伊豆に於, 伊豆箱根あたりを彷徨い, 伊豆箱根三島の三社, 伊豆箱根説を退け, 伊豆系統の熟練, 伊豆紀州から来る, 伊豆絵物語なぞによっても牛若どの, 伊豆網代の味噌鯛, 伊豆網代沖初島まわりの鯛釣り場, 伊豆といふ, 伊豆育ちの海女, 伊豆賣, 伊豆舞子とよばれる, 伊豆苦心の策戦, 伊豆蔵人形とか嵯峨人形, 伊豆蜜柑を買おう, 伊豆西海岸には殆, 伊豆西海岸古宇といふ小さな, 伊豆湯の, 伊豆豊後の諸国, 伊豆では西浦内浦, 伊豆近海におがみ, 伊豆ひの, 伊豆連山のかなた, 伊豆遠江伊勢長門日向豊後紀伊などの海, 伊豆面目身にあまる, 伊豆飯富兵部山県三郎兵衛内藤修理原隼人山本勘介入道道鬼