青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊勢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仰せ~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~ 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 伊~
伊勢~
伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~

「伊勢~」 1737, 19ppm, 6110位

▼ 伊勢~ (534, 30.7%)

17 国の 10 海の 8 国に 7 国から 6 海を 5 古市の, 国を, 大廟, 大神の, 寮の, 海 4 国は, 大神に, 寮へ

3 [17件] 佐那の, 国, 国で, 国にも, 国へ, 國の, 外宮の, 大神宮に, 大神宮の, 山田の, 巫女様尊い, 滝川一益も, 神宮に, 神風宇佐の, 船木の, 長島へ, 飯高の

2 [38件] なでしこ, 亀山藩の, 古市で, 品遲部, 国には, 国まで, 國に, 大神が, 大神さまに, 大神宮を, 大神宮様の, 大鳥居の, 大鹿の, 太の, 宮の, 小萩, 山田で, 山田に, 巫女樣尊い, 庭内に, 息子と, 斎宮, 斎宮に対して, 方に, 方へ, 松坂で, 松坂は, 桑名の, 津へ, 海は, 滝川一益を, 皇太, 神宮の, 神宮へ, 神宮を, 神様は, 話を, 遊び場は

1 [317件] あわびの, いわゆる神嘗, うまれでは, おふくろが, お医者さん, お宮に, お宮へ, お札が, お百姓, お辰, ことを, つと入り, はどこ, ほうに, オホカの, 一の宮都波木大明神は, 一件です, 一名族北畠氏の, 一志郡などで, 一志郡中原村大字田村の, 一揆を, 一身田の, 一部などの, 丁稚上りに, 三井小津長谷川名古屋の, 三津という, 三重郡には, 上ものでございます, 丹生村は, 久留眞神社は, 亀山, 亀山で, 亀山に, 五十鈴川上に, 人が, 人である, 人に, 人にて, 人は, 人間は, 仁田村では, 今北山に, 伊良虞に, 使者を, 俊傑城将山路弾正は, 信孝一益の, 倭姫命の, 側には, 内部が, 出身者で, 分が, 別, 別登袁の, 北八郡南五郡の, 北畠と, 北畠の, 北畠具教とか, 北畠甲州の, 北畠顕能の, 北畠顯房とか, 南を, 南端において, 南部の, 又玄, 友三人に, 古市まで, 古市以来幼馴染の, 古市間の, 名の, 名家の, 品遲部伊勢の, 商人である, 四五百森へ, 四日市い帰る, 国じゃ, 国そうして, 国であります, 国でございます, 国五十鈴川の, 国司として, 国司の, 国境大杉谷の, 国大湊から, 国宇治山田と, 国波の, 国産品村の, 国藤堂家の, 国鈴鹿の, 国鈴鹿峠の, 国関の, 国飯高郡の, 國, 國において, 土神に, 土豪の, 地に, 境に, 外宮にのみ, 大御神, 大御神の, 大海ばらも, 大湊, 大湊が, 大湊の, 大神, 大神宮が, 大神宮では, 大神宮でも, 大神宮と, 大神宮といふ, 大神宮や, 大神宮様と, 大神宮様とが, 大神宮様は, 大西源一君から, 大輔, 天照大神に対しては, 天照大神の, 太神楽に, 奄芸郡の, 守りを, 安濃津へ, 客引きも, 宮と, 宮に, 宮崎文庫に, 宮川に, 宮川の, 宮柱の, 宮路に, 家中の, 寮が, 寮に, 寮は, 寮を, 小郷士, 尾津の, 山々こちらは, 山口の, 山奥に, 山岳地方へ, 山河から, 山田から, 山田では, 山田でも, 山田奉行から, 山田奉行であった, 山田奉行勤役中殺生厳禁の, 山田辺から, 山辺の, 嶮高岡の, 川崎音頭の, 巨勢という, 巻と, 帳場へ, 平氏は, 店でも, 店の, 度会郡には, 度会郡にも, 後ろに, 御事三倍は, 御師, 御師達, 御息所との, 御息所に, 御息所の, 御笥作り内人土屋氏, 御陣, 戦火は, 戦野に, 手に, 手にて, 拝田村では, 拝田村に, 播摩山の, 斎の, 斎宮から, 斎宮に, 斎宮加茂の, 方, 方を, 方面へ, 旧城下, 暖簾にも, 暦が, 月僊和尚という, 本居宣長, 本郷という, 松ヶ島尾州の, 松ヶ崎城に, 松坂へ, 松阪あたりの, 桑名に, 桑名へ, 森が, 楠原という, 歌が, 歌に, 残軍である, 水に, 河崎良佐が, 津に, 津の, 津城主藤堂家領地に, 浜を, 浜田屋から, 浜田屋弥兵衛の, 浜田氏から, 浜荻だ, 浜荻だって, 浜荻折ふせ, 浜萩折りふせ, 浜辺に, 海あたりを, 海だけが, 海では, 海に, 海へ, 海も, 海五太夫と, 海以来米友は, 海岸に, 海岸へは, 海浜で, 海遠く, 消息に, 港へ, 滝川の, 滝川攻めじゃ, 滝川攻めにも, 狭長田五十鈴川上, 玉纏横太刀や, 生まれの, 生れだ, 生れで, 生れであります, 生子人形も, 産だ, 産れ, 男は, 町, 町人が, 白子は, 白子浜に, 皇大神の, 皇大神宮その他に関する, 皇学館の, 相の, 相生の, 看松, 矢田川原にて, 神三郡に, 神主さまを, 神主等又は, 神垣へ, 神域, 神域に, 神官渡会の, 神官藤波家へ, 神宮, 神宮文庫の, 神戸という, 神戸城へ, 神戸宿の, 神様が, 神様と, 神様を, 神熊野権現の, 神職の, 神職荒木田家に, 神風あり, 神風が, 神風の, 神風若く, 禰宜たちから, 空は, 聖域の, 能褒野は, 若旦那でございます, 荒木田とかいう, 荒木田守武の, 荒木田神主から, 藤堂家へ, 衆には, 衆二名駈け込み, 見物の, 言葉かと, 話として, 諸友, 諸城, 講中が, 講中と, 豪家へ, 豪族北畠家の, 赤堀に, 道者か, 遠縁の, 邂逅は, 郷士と, 野は, 野武士新九郎が, 鈴鹿口へ, 鈴鹿山かい, 鈴鹿山が, 鈴鹿山だ, 長嶋門派の, 間の, 関の, 関まで, 阪の, 阿坂という, 阿漕ヶ浦という, 陣から, 陣を, 領民は, 高い鳥居

▼ 伊勢~ (163, 9.4%)

3 がこの 2 がふたたび, が禁庭, のよう, の門, は, はそう, は川中島, も静か, や塚原土佐守

1 [142件] からうけた, から受けた, から自身, から起っ, がいう, がおお, が同, が同行, が城代, が大目附あたり, が希望, が心入れ, が成合平左衛門, が旅すがら, が甥, が立つ, が筆, が自筆, が起つ, が齊昭, こそ某, であった, であったが, で高橋, といふの, として信念, とその, となり, と一行, と云われます, と宗厳, と清川八郎, なき後, など, などとも昵懇, などの名, などの興った, などはまずほっと, にあなた, における塚原小太郎, にその, にとって斉彬, にどうしても, になられた, に会わず, に入門, に出会っ, に取り入っ, に学ばれた, に対する欽仰, に就い, に当る, に御, に書, に見, のひとみ, の一言半句, の人物, の側, の古い, の名, の天覧, の如き, の子, の家, の後裔, の新, の来訪, の正統, の死, の激怒, の甥, の老, の語気, の説明, の門流, の陰流, の頭, はいづれ, はおもしろ, はそこ, はそれ, はとく, はとたんに, はどうせ, はなお, はまず, はもうだいぶ, はニンマリ, は一目, は九州, は二人, は依然, は北面, は同年八月これ, は嘆賞, は宗厳, は実は, は幕府, は待ちかね, は後, は従者, は意伯, は打つ, は斉彬, は春, は永く, は涙眼以, は甥, は目, は神楽坂, は約束, は縁, は腕組, は非常, は頭, は黒書院控, は黙っ, へ, へ報告, へ宛て, へ荒獅子, ほどに進みおり, また信州, もまた, も有馬乾信, も武人, も雙眼, や卜伝, や卜傳, や塚原卜伝, らしい先, をも動かした, を以て庸相, を初めて, を圧し, を始め, を小柳, を想像, を打倒, を訪ね, 亡きのち

▼ 伊勢~ (73, 4.2%)

3 行って 2 出て, 来て, 津島へ

1 [64件] おいで, おいでに, お下り, お出, お行き, こえむ, さう, さし向ける, つれて, ひっ返した, 下った折, 下って, 下りに, 下向される, 九美濃へ, 伊勢から, 入ったと, 入ってから, 出た, 出向いて, 出征し, 出馬した, 参って, 参つたとき, 参られた時, 参れば, 向った, 向って, 奉るの, 女王が, 密告した, 帰った, 帰った時, 帰って, 帰られるそう, 御出発, 旅立つに, 来たとき, 来たの, 残った, 至る道路, 落ちたと, 行くこと, 行くと, 行くという, 行くとか, 行った, 行っても, 行つた, 行つて來る, 親の, 赴き具教, 赴任した, 越ゆる, 転進を, 退いた滝川三郎兵衛, 退却し, 送り出されて, 連れて, 進攻する, 進路を, 遊びに, 金毘羅へ, 馳せ向ったこと

▼ 伊勢~ (49, 2.8%)

2 召されるだけ

1 [47件] ありしこの, あるの, おくだり, したいと, みとめられ小, 下って, 下向せん, 久求都彦という, 侵入した, 入り船, 入り随処, 入る, 入るまで, 出で, 北畠親房河内和泉には, 北陸に, 十日ばかり, 参るという, 参詣し, 名高き赤福餅, 向ったと, 大神宮を, 居た事, 居ると, 帰った, 帰つたのが, 引き合いを, 往いて, 戦うこと, 抵る, 於ては, 求められないが, 献られ, 留まつた, 着いて, 行きそこ, 行くまで, 行幸, 行幸御, 討つべく大軍, 訪ひ, 赴け, 通ふ, 遷し両, 鎮座の, 限つた, 駕に

▼ 伊勢から~ (41, 2.4%)

3 出て 2 東海道を, 鈴鹿を

1 [34件] おいでに, お知らせ申した, である, 三河, 仙台に, 伊賀へ, 伊賀越え, 南尾張方面の, 名古屋へ, 売られて, 大和へ, 奈良京大阪を, 始まって, 巾着に, 帰った後, 帰って, 帰る途中, 戻って, 来た, 来たという, 来て, 東山道を, 河内の, 浄法院その他へ, 海路陸奧に, 熊野路の, 甲賀へ, 私たちに, 紀井紀井から, 紀伊へ, 自分の, 訪ねて, 長谷寺へより, 鳥羽京都の

▼ 伊勢~ (38, 2.2%)

2 寂照寺の, 津で

1 [34件] お馴れ遊ばした, こうして席巻, ここに, ことによる, 七度よい, 三月か, 再び奥, 台所へ, 夢の, 天孫族の, 小さい庭, 崩れ北伊勢, 必ず御, 志摩は, 思い出したよう, 戦という, 暖いに, 横幅の, 江戸町でも, 海から, 海の, 片づけた, 田舎じゃ, 眼を, 神国である, 腰を, 蚊いぶし, 部落の, 配流の, 風雨参河, 首を, 鬼門だ, 黙って, 鼻を

▼ 伊勢参宮~ (37, 2.1%)

4 をする 3 の講中 2 をした

1 [28件] から帰りかけた, した家, でもした, とかに出かけた, にきた, にさそわれ, にでも上ろう, にも伴, に出かけ, に同行, のため, の場合, の客, の形, の御利益, の道者本願寺, へ参っ, または名古屋, もした, も許される, や名所見物, や奈良見物, や物見遊山, をしたい, をしない, を済まし, を致します, 迄で満足

▼ 伊勢~ (24, 1.4%)

3 大和の

1 [21件] いうべきでありましょう, ならんで, 並んで, 二人で, 云って, 云説も, 内侍所へは, 吉野と, 同じこと, 対峙し, 平家史蹟の, 平氏の, 春日, 春日とを, 春日の, 武蔵と, 熱田の, 縁の, 美濃へ, 言われて, 鳥羽港に

▼ 伊勢~ (23, 1.3%)

10 りの 4 りに 3 りが 1 り, りから, りするん, りと, りを, りをば

▼ 伊勢殿~ (18, 1.0%)

4 のお 2 が悪い, と御, の寵愛無双, の御, へ懇望 1 こそ柳生家, とともに入洛, の手, へ勧め

▼ 伊勢海老~ (18, 1.0%)

2 のチーズ焼

1 [16件] か桶, がまだ, が持ち出され, でない時, でも車海老, とあ, とか一本, と油漬鰯, のよう, のコロッケー, のマヨネーズ, の大, の料理, の皿, の真, をほほ

▼ 伊勢詣り~ (18, 1.0%)

1 [18件] たくさん, といふ趣向, とわかれ, と洒落よう, にでも出かける, に旅立った, に行く, のとち, の帰り, の戻り, の旅, の時, の検校, の浅黄, もし, も武家, を致す, 湯治客國侍飛脚馬

▼ 伊勢~ (17, 1.0%)

1 [17件] お通り, かさねて, かし江戸もの, ざっと一巡, つれて, 併合せん, 出る時, 去る時, 帰して, 常世の, 恃ま, 恣には, 攻め奪って, 発し二十二日, 立つの, 経て, 起點として

▼ 伊勢~ (16, 0.9%)

4 の若旦那 2 の主人, の祝言, は煮えくり返る, への道中, へ嫁入り, へ連れ込む

▼ 伊勢~ (14, 0.8%)

1 [14件] へ行く, また神戸信孝, 伊賀の, 善光寺への, 源氏の, 熊野の, 熱田の, 竹取, 紀州の, 諸所方々, 貫之に, 賀茂に, 陵墓へ, 鳥羽へ

▼ 伊勢~ (14, 0.8%)

1 [14件] という処, などみんな関西, なども一巡, にあっ, には女郎屋, に妾, に河辺昌伯, の五人組強盗, の商家, の大, の方, より中, を焼き, を突き当たる

▼ 伊勢音頭~ (14, 0.8%)

1 [14件] が始まっ, が河波, で名高い, というもの, にいたしまし, の作り, の拍子, の類, も花やか, を唄い, を知る, を見た, を見物, を踊っ

▼ 伊勢大神宮~ (13, 0.7%)

1 [13件] と崇めた, に捧げた, に残つて, に詣で, の建築, の御厨, の御用林, の重大, への何里, へ出, へ参った, へ奉る, や出雲

▼ 伊勢~ (12, 0.7%)

1 [12件] が乗出し, が殺され, が水, なのねえ, の番頭, の番頭さん, の腰, の釣, の隠居, は全く, は悪く, を怨ん

▼ 伊勢方面~ (12, 0.7%)

1 [12件] からの戦況報告, には滝川一益, にもいつ, に蠢動, の信雄, の味方, の地盤, の変, の戦場, はこの間, へ西, へ隠密

▼ 伊勢~ (11, 0.6%)

2 ござります, 浜荻 1 ですが, 始めて見, 戦備を, 暦を, 病んで, 聞え渡って, 見たところ

▼ 伊勢~ (11, 0.6%)

1 [11件] からこの, から来, で酒一升銭十九文, にその, には獅子, に候わず, に入り, に大, の伊良虞, の染物屋, の百伝度会県

▼ 伊勢~ (11, 0.6%)

1 [11件] お伊勢様, とおっしゃる, と云う, の思召, の罰, は一足, へ, へお, へ往く, へ御, へ抜け参り

▼ 伊勢~ (11, 0.6%)

2 と云う 1 が一座, が感慨無量, と幇間, と近所, についてもすこぶる, の前, の質屋, は狼狽, へ向き直っ

▼ 伊勢~ (10, 0.6%)

2 のオカミサン 1 という旅館, の倅, の子供, の息子, の極道息子, の質屋, へ戻っ, へ行く

▼ 伊勢守正弘~ (9, 0.5%)

1 が世, の代, の家来伊沢磐安, の役宅, はこれ, は三四月, は不, は此時十九歳, は老中

▼ 伊勢~ (9, 0.5%)

1 とは伊勢太神宮, と書い, の始末, はずっと, も足りまい, を出さず, を引き出す, を荒町, を落合川

▼ 伊勢~ (8, 0.5%)

1 そう思った, 代表する, 内実は, 子の日の, 常世の, 気に, 眼と, 答えた

▼ 伊勢では~ (8, 0.5%)

1 ありません, かくれも, やはりカイノコ汁, 建子の, 櫛田川の, 花岡村の, 誰にも, 豊臣秀吉が

▼ 伊勢には~ (7, 0.4%)

1 まだ戦争, 二つあつ, 天火が, 宿年の, 御縁故, 暫くいた, 極めて簡単

▼ 伊勢~ (7, 0.4%)

1 のよう, のチーズ焼, のムニエ, の生きた, よりもっと, を自慢, 赤し夏

▼ 伊勢えび~ (6, 0.3%)

1 とは比較, と車えび, には鋏, は日本, もその, よりもむしろ

▼ 伊勢乞食~ (6, 0.3%)

2 やぞ 1 というあれ, といっ, となった, と矢張り一口

▼ 伊勢地方~ (6, 0.3%)

1 での戦利品米, には仁木義長, に於, の確保, への旅行, へ晩年

▼ 伊勢守正倫~ (6, 0.3%)

1 が十月六日, が詰衆, に召し, の家臣竹亭頼恭, の臣, 同備中守正精

▼ 伊勢守殿~ (6, 0.3%)

1 だけじゃ, とか, と御, へ御, も御, 被仰

▼ 伊勢平氏~ (6, 0.3%)

1 いらいの, たる平正盛, との海運関係, の健児, の子弟, の後胤

▼ 伊勢~ (6, 0.3%)

1 で南竜, という寄席, の庭, の記憶, の高座, を叙する

▼ 伊勢貞丈~ (6, 0.3%)

1 の, の如き, の故実, の隨筆, はその, は一銭切

▼ 伊勢さま~ (5, 0.3%)

2 へお 1 だの琴平さま, のお蔭, へお参り

▼ 伊勢でも~ (5, 0.3%)

1 何処でも, 大和, 熊野でも, 虎杖を, 遠く離れた

▼ 伊勢という~ (5, 0.3%)

1 女郎屋が, 奴は, 家の, 店の, 神の

▼ 伊勢にも~ (5, 0.3%)

1 あるには, その名, 武士あり, 謡うたう, 途上の

▼ 伊勢まで~ (5, 0.3%)

1 たれか, 行かれない人々, 行つたが, 行つてし, 長い道

▼ 伊勢山田~ (5, 0.3%)

1 から栄転, のお, のよう, の一地方吏, の商人勾玉

▼ 伊勢武熊~ (5, 0.3%)

1 は傲然, は壮士, は牛飼君, は真摯, も一足飛

▼ 伊勢熊野~ (5, 0.3%)

1 とて長寛年中, などの海党, の海賊, の遠く, へ上陸

▼ 伊勢~ (5, 0.3%)

1 から凱旋, から外し, でつぶさに, に参加, の頃

▼ 伊勢さん~ (4, 0.2%)

1 に会い, のところ, のひと, へお

▼ 伊勢より~ (4, 0.2%)

1 備後に, 尾張へ, 播磨へ, 都へ

▼ 伊勢三郎~ (4, 0.2%)

1 が見出される, など二百余騎, の方, は妙義山麓

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 の波, は一体, は偽り, は日本中

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 という資産家, と称した, のあと, は伊東八兵衛

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 か岐阜あたり, の戦雲, の長嶋門徒, は鎮まり

▼ 伊勢太神宮~ (4, 0.2%)

1 のお告げ, のお札, の御, へ祈願

▼ 伊勢守どの~ (4, 0.2%)

1 にはまだ, に拝顔, へお, を御

▼ 伊勢守秀綱~ (4, 0.2%)

1 です, とか土佐守卜伝, は永正七年, をさがした

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 がある, の二階, の横, の鰻

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 にでも往こう, に出掛けた, に行, のしるし

▼ 伊勢踊り~ (4, 0.2%)

1 が七夕, と同様, と根本, もこ

▼ 伊勢~ (4, 0.2%)

1 と云う, と申す, に這入りまし, の方

▼ 伊勢その他~ (3, 0.2%)

1 の各地, の戦場, を修業

▼ 伊勢両国~ (3, 0.2%)

2 の官兵等 1 に於

▼ 伊勢伊賀~ (3, 0.2%)

1 などの内, に散在, の叛乱軍

▼ 伊勢八幡~ (3, 0.2%)

1 というは伊藤八兵衛, の恵み, の諸

▼ 伊勢參宮~ (3, 0.2%)

1 がそれほど, する同宿, をする

▼ 伊勢古市~ (3, 0.2%)

1 でやっ, の人, の大楼あたり

▼ 伊勢宇治~ (3, 0.2%)

1 の今北山, の町, の館太夫方

▼ 伊勢守父子~ (3, 0.2%)

1 の方, は成合, も根城

▼ 伊勢攻略~ (3, 0.2%)

1 に潮, の企て, を開始

▼ 伊勢斎宮~ (3, 0.2%)

1 に侍り, に参られる, の群行

▼ 伊勢~ (3, 0.2%)

2 といふ所 1 の内

▼ 伊勢~ (3, 0.2%)

1 で蛇, の名所古跡, より遊女

▼ 伊勢あたり~ (2, 0.1%)

1 から移住, で見る

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 から配流地, とあすこ

▼ 伊勢とか~ (2, 0.1%)

1 もう少し東, 石清水の

▼ 伊勢どの~ (2, 0.1%)

1 から足, にも云われ

▼ 伊勢へな~ (2, 0.1%)

2 なたび熊野

▼ 伊勢までは~ (2, 0.1%)

1 カイヅといふ, 根気が

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 あなたが, たしかに

▼ 伊勢らしい~ (2, 0.1%)

1 在所風景どの, 氣分が

▼ 伊勢をの~ (2, 0.1%)

1 海人の, 海人を

▼ 伊勢一円~ (2, 0.1%)

1 の北畠信雄, を片づけ

▼ 伊勢与三郎~ (2, 0.1%)

1 などと共に一団四百七十騎, はいか

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 宮に, 宮の

▼ 伊勢五十鈴川上~ (2, 0.1%)

1 に住む, に帰る

▼ 伊勢全土~ (2, 0.1%)

1 の平定, は秀吉方

▼ 伊勢八郡~ (2, 0.1%)

1 の兵, は名実とも

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 から取った, で豆人形

▼ 伊勢国薦野~ (2, 0.1%)

1 の人, の人黒沢退蔵

▼ 伊勢大和~ (2, 0.1%)

1 の方, めぐり四国

▼ 伊勢太郎~ (2, 0.1%)

1 と曰, に譲つた

▼ 伊勢守上洛~ (2, 0.1%)

2 の記事

▼ 伊勢安斎~ (2, 0.1%)

1 と桂川桂嶼, の所見

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 この辺, の手代

▼ 伊勢志摩~ (2, 0.1%)

1 の三國, は三重県

▼ 伊勢新九郎~ (2, 0.1%)

1 の出身, は金貸

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 へでもお, へ出かけた

▼ 伊勢武士~ (2, 0.1%)

2 は皆緋

▼ 伊勢水軍~ (2, 0.1%)

1 の兵船数隻, の来襲

▼ 伊勢源氏~ (2, 0.1%)

1 などの物語, のなつかしき

▼ 伊勢父子~ (2, 0.1%)

1 がドジ, の居る

▼ 伊勢生れ~ (2, 0.1%)

1 の女中, の旦那

▼ 伊勢甲州~ (2, 0.1%)

1 にわたる信雄, 頼む味方

▼ 伊勢町河岸~ (2, 0.1%)

1 の材木場, へと急ぐ

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

2 太神宮

▼ 伊勢皇大神宮~ (2, 0.1%)

1 でない紀州, として鎮座

▼ 伊勢神話~ (2, 0.1%)

1 の現代篇, はここ

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

2 の番頭さん

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 の儒家, の儒者

▼ 伊勢行き~ (2, 0.1%)

1 を思いとどまらせよう, を断行

▼ 伊勢訛り~ (2, 0.1%)

1 でフ, のある

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 といえ, の一族

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

1 の繩張, の繩張り

▼ 伊勢~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼1* [222件]

伊勢えびのニューバーグ他食べるわりに, 伊勢おんどう手拍子, 伊勢美濃路へでも, 伊勢からの早打ちが, 伊勢からは建国当初海産物の, 伊勢ざかいまで聞えて, 伊勢であったし関, 伊勢でしたね, 伊勢での寛斎老人は, 伊勢というだけに何しろ電信柱, 伊勢とかで育ったそう, 伊勢として味って, 伊勢とに行くこと, 伊勢との間でも, 伊勢んです, 伊勢などの地方からも, 伊勢なりと連絡, 伊勢にてまします, 伊勢にては火の, 伊勢にわたる多年の, 伊勢はくり返して, 伊勢ばかりでも, 伊勢へでも行かれたらずいぶん, 伊勢へと発足する, 伊勢への発向も, 伊勢へは我々一年半の, 伊勢へも出て, 伊勢幸いの, 伊勢もうでの道中, 伊勢ものもある, 伊勢もの語にひきあて, 伊勢エビ料理がハキダメ, 伊勢ガ浜というところ, 伊勢退ク, 伊勢ヶ浜玉椿浪の音, 伊勢一人の井伊掃部, 伊勢一志郡松ヶ島村の城, 伊勢三国の境, 伊勢三郎義盛を批評, 伊勢三郎義盛与一が後, 伊勢三郎貞興を討ちとる, 伊勢下向はその, 伊勢与三郎等の軍, 伊勢与三郎藤田伝五郎等二千人である, 伊勢与三郎貞興の侍頭, 伊勢國邊の, 伊勢と云, 伊勢丹後若狭因幡越前加賀能登の九ヵ国, 伊勢久留麻神社があり, 伊勢川崎良佐帰路同道江戸へ, 伊勢亀井片岡鷲尾四天王の松, 伊勢亀山の城主, 伊勢二見ヶ浦日出の景, 伊勢京師などの不慮, 伊勢京都への旅, 伊勢人全体の上, 伊勢人勝地を得, 伊勢伊賀一円はみだれ飛ぶ, 伊勢伊賀大和あの辺, 伊勢伊賀尾張全州, 伊勢伊賀尾張美濃などの大軍, 伊勢伊賀紀州の戦, 伊勢伊賀近江山城をつらぬく, 伊勢という生薬屋, 伊勢備中守からし, 伊勢に買い, 伊勢八幡住吉三社の神馬, 伊勢其他の伝説, 伊勢内外宮を始め鶴岳, 伊勢出来ることなら, 伊勢別宮たる鎌倉, 伊勢勘楼で打合せ, 伊勢十津川の奥, 伊勢参宮ついでに京大阪, 伊勢参宮四国巡礼あるいは京, 伊勢参宮崇敬講は多分, 伊勢又は尾張三河の, 伊勢吉野方面などのけわしい, 伊勢吉野紀州西国にまでひそむ, 伊勢商人ののれん, 伊勢と書いた, 伊勢喜のどぜう, 伊勢嘉和泉喜などいう, 伊勢四日市の諏訪神社, 伊勢国一身田の人, 伊勢国亀山に往, 伊勢国五十鈴川の上, 伊勢国古市から内宮, 伊勢国司北畠具教で後年柳生但馬守, 伊勢国多気郡とにあり, 伊勢国奄芸郡に一人, 伊勢国安濃郡津の城主, 伊勢国度会郡山田岩淵町の人中西用亮, 伊勢国度会郡林崎に駐, 伊勢国桑名で南宮大湫, 伊勢国河曲郡の大木神社, 伊勢国海松五十斤参河国海松一百斤紀伊国海松四十斤同書巻, 伊勢国白子から江戸, 伊勢国説を主張, 伊勢國度會郡の處, 伊勢地方西は播磨あたり, 伊勢壱志郡八太村の辺, 伊勢外宮の御, 伊勢外宮日の宮, 伊勢大和近江の境, 伊勢奈良を廻っ, 伊勢守上泉秀綱の名, 伊勢守以来の剣術, 伊勢守以来上朝廷に下, 伊勢守信綱の徳, 伊勢守先生が当, 伊勢守吉清は葛西, 伊勢守塚原卜伝柳生十兵衛荒木又右衛門などの剣客等, 伊勢守山岡鉄太郎石坂周造安積五郎清川八郎金子与三郎それに島田虎之助, 伊勢守政懿雁木坂の四加番, 伊勢守様ももう, 伊勢守正弘三十八歳の時, 伊勢守正弘捐館の事, 伊勢守正福が所領, 伊勢守澤本徳兵衞中邑忠平, 伊勢守等の名, 伊勢守近くは荒木又右衛門, 伊勢小町紫の抱帯, 伊勢の寸, 伊勢尾張の三国, 伊勢尾張三州で百七万石, 伊勢尾張伊豆一帯が震う, 伊勢尾張小牧の全, 伊勢尾張等の方言, 伊勢尾張美濃近江北陸道分てありけり, 伊勢尾張美濃近江遠江三河相模駿河甲斐伊豆豊後の諸国, 伊勢尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 伊勢尾張近江播磨などに夫, 伊勢山城扶桑が千七百噸級, 伊勢山田外宮御師, 伊勢山田奉行の大岡忠右衛門, 伊勢岡崎浜松あたりの情勢, 伊勢や潮干, 伊勢平定の労, 伊勢平氏忠盛と子, 伊勢という洋服屋, 伊勢広伊勢嘉和泉喜などいう, 伊勢廻り上方見物をする, 伊勢御前と称え, 伊勢志摩南紀熊野那智大阪神戸界隈までを誌上, 伊勢志摩近江の諸国, 伊勢援隊に, 伊勢怪異の由, 伊勢情調が人, 伊勢新九郎長氏の種姓調べ, 伊勢朝明郡安房長狭郡, 伊勢朝熊山の円通寺, 伊勢朝臣継子大同の末春宮, 伊勢朝長の大庄家, 伊勢松平雲州松平伊予松平ならびに池田備前侯, 伊勢松阪から肉, 伊勢桑名の太守北畠具教, 伊勢や鎌倉桜, 伊勢を取っ, 伊勢武者の平忠清, 伊勢にもつたえました, 伊勢江州北陸諸国に蜂起, 伊勢津彦があった, 伊勢が脱走, 伊勢源それから下っ, 伊勢源旅館の二階, 伊勢を出, 伊勢熱田の両, 伊勢のはき物, 伊勢町中の条, 伊勢町堀ともいう, 伊勢畿内の兵力, 伊勢石熊野石が伊勢, 伊勢と称え, 伊勢神楽がおど, 伊勢秋田山形などどなた, 伊勢等十二ヶ国の領主, 伊勢紀伊伊豆上総八丈島などで海, 伊勢紀州のどこ, 伊勢経略の意表, 伊勢美濃その他の味方, 伊勢美濃三河を外廓, 伊勢美濃飛騨にわたる不平ども, 伊勢で上方, 伊勢良一らしい人, 伊勢茂さんへ番頭さん, 伊勢荒布の名産, 伊勢は北畠大納言殿, 伊勢行幸にでも扈従, 伊勢詣して内宮辺, 伊勢語義仲の木曾語, 伊勢貞丈武士厩の神, 伊勢貞興の隊, 伊勢貞興らの二千人, 伊勢赤堀村の産, 伊勢越前の諸国, 伊勢でたらふく, 伊勢辺見左京一騎当千という, 伊勢出かけて, 伊勢近江山城に同年九月, 伊勢近江摂津和泉丹波丹後若狭美濃信濃肥前同年九月には日向, 伊勢近江若狭飛騨伊賀越後に領地, 伊勢通りは備前備中, 伊勢造りになる, 伊勢進出を断行, 伊勢遠江駿河甲斐相模伊豆の諸国, 伊勢をお, 伊勢がある, 伊勢鈴鹿山の安濃郷, 伊勢鈴鹿川の琴, 伊勢鈴鹿郡の鶏足山, 伊勢銀さん何うです, 伊勢長島と京大坂, 伊勢長島三河の一向, 伊勢長島城に移っ, 伊勢長嶋へもどっ, 伊勢長門日向豊後紀伊などの海, 伊勢関氏の分れだ, 伊勢随一の聞え, 伊勢音頭油屋の十人, 伊勢駿河常陸坊の四天王, 伊勢鳥羽浦山陰では舞鶴あたり