青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇 仇~ ~今
今~
今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~ 今宵~ 今年~ ~今度 今度~

「今~」 89180, 923ppm, 91位

▼ 今~ (15481, 17.4%)

381 うちに 260 ように 243 ような 168 世に 160 今まで 112 世の 92 ところは 87 日本の 86 私の 77 私には 76 自分の 72 人は 71 場合の 69 ところでは 56 やうに 52 やうな, 世の中に, 内に 49 人の 47 間に 46 私は 43 うちだ 36 彼は 35 世には, 人が 34 うちなら 33 中に, 僕には, 場合は, 話を 32 世の中では, 自分には 31 世は, 時代に, 話の 30 自分を 29 うちは, 場合に, 時代の 28 ままで, 主人の, 言葉で 27 は, 人には, 彼の 25 若い者 24 ままの, 彼には, 自分は, 話は 23 うちから, 方が, 私に 21 ところこの, ままでは, 自分に, 若いもの 20 場合には, 女の 19 音は 18 時に, 自分が 17 ところまだ, 日本は, 時代は, 東京の, 様に, 言葉は, 通りに 16 世の中で, 世の中は, 吾, 家に 15 ま, 世の中の, 場合では, 所では, 日本に, 社会の, 若さ, 言葉に, 言葉を, 身に 14 ところその, は何, 主人は, 僕の, 処では, 女は, 様な

13 [11件] いままで, ことは, 世の中には, 人間の, 日本には, 物を, 男は, 自分と, 若い人, 話で, 身の

12 ままに, 境遇を, 奴は, 心の, 政府は, 文壇の, 日本で, 時間に, 社会に, 私が

11 [14件] おことば, お話の, わたしは, 人に, 境遇に, 日本では, 日本人は, 時代を, 時勢に, 状態を, 生活が, 社会では, 話に, 身の上を

10 ところ, 京都の, 声は, 学者は, 家を, 彼に, 心に, 所は, 時代では, 時代には

9 [14件] うち, ことを, さきまで, わたしの, 世間の, 先まで, 問題に, 多くの, 彼女には, 樣に, 気持を, 若い人達, 言葉が, 身分に

8 [20件] お言葉, ごとく, は夢, は誰, 世で, 住居の, 問題は, 場合を, 女が, 姿を, 家は, 樣な, 此の, 状態では, 生活を, 男が, 自分から, 若い人たち, 通りの, 青年の

7 [23件] あなたの, お前の, ことばに, はたしかに, わたくしの, 世では, 世までも, 世を, 世中は, 今迄, 住居に, 君の, 場合この, 境遇は, 心は, 心を, 文壇に, 日本人の, 時は, 東京に, 武蔵野の, 法王は, 社会は

6 [46件] おかみさん, おれには, おれの, ことが, ところそんな, ところ別に, ところ私は, は冗談, わたくしは, わたしには, 世の中が, 世の中を, 主人が, 二人の, 人間が, 人間は, 僕に, 先の, 名は, 地位に, 場合, 場合である, 妻と, 子供は, 家内の, 彼女の, 彼女は, 教育は, 文壇は, 日本が, 有様では, 有様は, 母は, 生活と, 生活に, 社会には, 私にとって, 私を, 肉を, 若い女, 若い連中, 身の上で, 身を, 身分で, 青年は, 騒ぎで

5 [58件] うちです, うちの, お若い, ことで, ことばは, この場合, ところで, ままなら, ようで, わたしに, われわれの, 世界に, 世界は, 世間に, 世間を, 中は, 事, 京都は, 京都ホテルの, 人々には, 人から, 人たちの, 位置に, 住居を, 俺の, 僕は, 内なら, 君は, 唐の, 商売を, 場合その, 夫の, 夫を, 妻の, 姿は, 学校を, 学者の, 彼と, 御主人, 所に, 所へ, 時の, 時世に, 時代が, 普通の, 朝鮮の, 東京は, 気持では, 汽車で, 物へ, 物音は, 生活の, 生活は, 男の, 男を, 程度の, 身で, 金に

4 [122件] あなたには, おはなし, お声, お料理, お母さんが, お話で, お通, ことばで, ことばを, ところお, ところじゃ, ところそれだけ, ところどう, ところに, ところ全く, ところ少し, ところ私には, はあれ, はお, はただ, ほうが, ままじゃ, ものは, わが身に, ペースを, 一言で, 一言は, 一部の, 世が, 世でも, 世も, 世界の, 中だ, 中なら, 人たちが, 人では, 人にも, 人も, 仕事は, 仕事を, 住居は, 作家に, 作家の, 俺には, 僕が, 内儀の, 処は, 処まだ, 制度を, 北海道の, 原料を, 名を, 問題と, 問題の, 地に, 地位を, 場合と, 場合少し, 場所に, 境涯に, 境遇が, 境遇では, 夫に, 姿で, 娘の, 子供たちに, 学校に, 学生の, 宗助には, 家の, 小説の, 岡田の, 岩手県の, 彼が, 彼を, 我々の, 我に, 我は, 手紙を, 挙動を, 文壇で, 文壇には, 新聞の, 方は, 日本を, 日本人に, 旦那の, 時勢では, 時間で, 最後の, 母の, 気持で, 気持に, 気持には, 気持は, 汽車は, 法王に, 湯煮た, 相場に, 社会が, 社会で, 私たちの, 私と, 私なら, 私にと, 続きを, 自分としては, 自分とは, 良人の, 若い人々, 苦しさ, 言葉なら, 話が, 話だ, 話も, 身が, 身と, 身の上では, 身の上に, 通りな, 間だ, 電話の

3 [243件] あなたは, あのお, あの声, ありさ, いわゆる特殊部落, うちこそ, うちである, うちにと, うち早く, おれは, お二人, お内儀さん, お前さんの, お母さんの, お綱, お菊, お話しの, お話に, お話は, お銀様, ことです, その話, ために, ところあの, ところお前の, ところじゃあ, ところそれは, ところただ, ところへ, ところを, ところ何とも, ところ何も, ところ分らない, ところ第, ところ自信が, とは違, はお前, はその, はほんの, は何ごと, は君, は嘘, は自分, ぼくには, ままじゃあ, やうで, わしの, わたくしに, を, を聞いた, を見, を見た, ジャガ芋を, スープを, パンを, 一瞬の, 三越の, 下宿を, 不安な, 不快な, 世人の, 世間は, 中央大, 主も, 主人も, 事は, 二人が, 二人に, 二階へ, 亭主が, 人々の, 人たちは, 人と, 人なら, 人達には, 今までは, 仕事が, 仮定に, 余は, 作者の, 俺に, 俺は, 傘屋に, 僕なら, 儘の, 先き, 先己れ, 出来事を, 分にて, 制度が, 半七, 原田へ, 君には, 問題では, 地理で, 場合が, 場合それを, 場合でも, 場合どう, 場合も, 場合一応, 場合是非とも, 塲合に, 境遇で, 境遇と, 声が, 夢の, 大仏殿の, 大学の, 天下の, 夫人を, 女に, 女を, 女子の, 女性の, 如くに, 妾には, 姿では, 娘に, 婦人が, 婦人は, 子供の, 学校の, 学者が, 家で, 家には, 家へ, 宿に, 富豪が, 小説は, 少年は, 工藝家の, 年で, 形に, 形の, 彼にとって, 御亭主, 御時世, 御話, 徳川の, 心が, 心持ちは, 心持で, 心持に, 心持を, 意味に, 意見は, 我々に, 我身の, 所で, 所私は, 手紙の, 批評家の, 政治が, 政治家は, 教育を, 教育家の, 文士の, 文士は, 文学を, 文明の, 新らしい, 日本と, 日本にも, 旦那に, 旦那には, 是を, 時代において, 時間は, 書物の, 条件で, 東京と, 東京を, 栄之, 様子が, 歌が, 歌よみならぬ, 歌よみの, 歳に, 母が, 気分には, 気分は, 気持ちは, 汁へ, 汝の, 河南, 洋服を, 流行の, 浮世の, 物の, 状態から, 状態は, 独逸で, 生活から, 病気の, 病気を, 皇太后様の, 矢代にとって, 矢代には, 社会を, 私から, 私たちに, 私たちには, 私である, 私にとっては, 私も, 私よりも, 私共の, 私達の, 稼業に, 米友は, 細君が, 羽左衛門の, 老人の, 老人は, 胸の, 自分との, 自分なら, 自分にも, 若いひと, 若い方, 若主人, 蠅の, 言葉と, 身には, 身の上, 身の上の, 身分が, 身分ぢや, 身分では, 身分を, 部屋を, 都会の, 重右衛門, 金で, 鉄砲の, 長安縣の, 間と, 間は, 青年に, 騒ぎは, 高等学校, 鶴枝も

2 [767件 抜粋] あそこの, あたしには, あなたが, あなた方の, あのならず者, あの人, あの器用, あの男, あの馬鹿, あれは, うちあの, うちさ, うちじゃ, うちでしょう, うちと, うち一寸床屋へでも, うち死ん, うち沢山勉強し, おやじの, おれを, お君, お君さん, お客を, お家の, お母さんは, お母さんを, お神さん, お米, お袋と, お話です, お身, が夢, くらしに, ことだ, こと誰にも, この世の, この世界, この楽し, この特色, ごとく染汁, ご文, さっきまで, さっき目に, すべての, そちの, たよりない, とおりに, ところあまり, ところそれを, ところそれ以上の, ところどっちとも, ところどれも, ところの, ところはね, ところもう, ところわたしが, ところ一番怪しい, ところ不可能です, ところ僕は, ところ唯一の, ところ大竹, ところ彼の, ところ彼は, ところ無い, ところ生命には, ところ社会の, ところ見当が, と比べ, と比較, なに, はうそ, はどう, はなしの, は二代目, は女, は戯談, は確, は私, ひとは, ほかに, ままだ, ままだって, まんまで, みじめな, やつらは, ようじゃ, よの, よりずっと, わしが, わたくしでは, わたくしとしては, わたしと, わたしにも, をつ, をもう, を聞い, を聞く, アイヌは, ジャーナリズムの, ストリントベルグの, ゼラチンを, ソヴェトの, ソースを, パン種を, フランスの, ブリスケを, ミノの, 一撃に, 一言が, 一言に, 万世橋の, 万養軒の, 三フィートは, 上に, 不幸な, 世じゃあ, 世において, 世の中だ, 世の中と, 世の中ほど, 世まで, 世人は, 世態に, 世間では, 並木孝子の, 中にと, 中の, 中学卒業程度の, 主人で, 主人に, 事で, 事を, 事情で, 事態の, 二人は, 二人も, 二時間, 井上侯は, 京都には, 人々が, 人たちには, 人よりは, 人数の, 人間から, 人間には, 今も, 今僕の, 今松, 仕事の, 代の, 代助, 伊藤侯大隈伯などは, 会社に, 伸子の, 伽藍の, 住ひ, 住家を, 住職の, 佐々木忠次郎博士と, 余を, 作家は, 使いの, 侍は, 信仰で, 修善寺, 値で, 傾向から, 僕から, 僕としては, 僕らが, 儘で, 元園町, 兄の, 兄は, 先は, 先までも, 兵馬の, 内は, 内儀とは, 処へ, 処之を, 処正しい, 出来事が, 分では, 制度に, 刹那に, 北上の, 医者が, 千鶴子の, 単調な, 博物学の, 口上は, 句とは, 名に, 品物を, 商売の, 問答を, 問題である, 喧嘩は, 器が, 地位は, 場合あまり, 場合さう, 場合そんな, 場合な, 場合なら, 場合にとっては, 場合まだ, 場合まったく, 場合唐沢の, 場合夫人に, 場合彼には, 場合必要な, 場合日本の, 場合父の, 場合自分は, 境涯から, 境界が, 境界を, 境遇の, 境遇も, 声に, 変な, 外形を, 多数の, 大あらし, 大学生は, 大杉, 大阪の, 大雲院, 天下を, 太上天皇様が, 夫人との, 失敗が, 奥様が, 奥様には, 奥様を, 女子を, 女房が, 女生徒, 妹の, 妻を, 妾が, 娘だ, 娘を, 婦人の, 婦人を, 婿の, 子どもは, 字で, 季節に, 学問では, 學生は, 安房郡江見村である, 客が, 宮崎さんが, 家内が, 家内を, 家庭説は, 寄席は, 寺院の, 対話で, 小学校は, 小説では, 少女は, 少年少女の, 尚家, 山東省の, 工藝を, 己が, 己の, 市川団十郎の, 常識から, 幕府の, 平岡に対して, 幽霊の, 建仁寺の, 強盗や, 彼女にとって, 彼等は, 御新造, 御生活, 御飯を, 徳さんには, 心には, 心境は, 心持は, 思想界の, 恐怖とでは, 悪戯いや, 悲しみの, 悲しみは, 意味での, 意識と, 態度を, 我々を, 我が身には, 我身に, 所, 所全く, 所少し, 所論に, 所謂文壇が, 手紙は, 批評家達は, 政府の, 政府を, 政治家動も, 政治界に, 政界に, 教育法は, 敬太郎には, 文化の, 文士に, 文治の, 文法は, 斬られた娘, 新しい僕, 新しい空気, 新人は, 新撰組は, 新疆省, 新聞や, 方法で, 旋律を, 日の丸の, 日本, 日本にとって, 日本人には, 日本銀行の, 旦那が, 映画製作者の, 時が, 時世が, 時世だ, 時世では, 時代でも, 時代ほど, 時候では, 時刻に, 時勢を, 時節では, 暁星学校の, 暮しから, 書生の, 有様を, 朝廷の, 村の, 東京では, 東京には, 東京帝国大学理学部の, 東京帝國大, 東京程, 林外務大臣を, 枝には, 楽山堂病院の, 様で, 様子では, 様子は, 機会を, 次第尤も, 歌は, 歌も, 歌右衛門が, 歌舞伎芝居には, 武蔵の, 武蔵野に, 死骸を, 母親は, 民は, 民権論者は, 気分では, 気持ちを, 汐留, 法律を, 法王の, 浙江省の, 海賊, 温泉宿は, 湖北省の, 煎餅屋を, 父に, 牛乳へ, 牛込船河原町の, 王様が, 現在の, 現実と, 現段階, 環境は, 生活では, 生活とを, 生涯には, 男と, 番頭の, 白ソースの, 百万長者と, 目で, 目には, 真似は, 眼の, 瞬間の, 瞬間を, 神尾主膳も, 私, 私で, 私では, 私にまで, 私にも, 秋田, 科学の, 立場から, 竜之, 筑後の, 米国人の, 素振, 細君に, 細君の, 細君を, 紳士は, 美奈子は, 老人と, 者は, 職人の, 自分という, 自分として, 自己を, 自己限定として, 舞台の, 芝の, 芝居の, 芝居を, 芸人は, 若い婦人, 若い方たち, 苦勞を, 苦悩を, 菊五郎が, 萬世橋, 薬の, 藩閥家に, 蚊の, 裁判官に, 西洋の, 西洋諸国の, 西郷さんの, 言葉, 言葉とは, 計算で, 評家は, 詩は, 詩人の, 詩壇に対する, 詩壇の, 話でございます, 話では, 話とは, 語で, 語に, 読者には, 読者は, 調子で, 諺の, 謡は, 議論を, 財産は, 財産を, 貸下宿, 足袋は, 身なれ, 身の上と, 身は, 身持によっては, 農安長春の, 返辞を, 逆上た, 連中が, 運動を, 違うところ, 遼陽附近に, 都は, 間なるべし, 関係を, 関屋少将の, 雀の, 雑誌の, 雷は, 青山御所の, 青年が, 青年を, 青年男女が, 音が, 音羽の, 養家へ, 首相も, 駐在所の, 駒井の, 騒ぎも, 騒動は, 鮪を, 鯰このしろなどの

1 [7338件 抜粋] あいつの, あのわたし, あの海老屋, あらまし告げまつりし, あれも, いは, いわゆる紳士輩, うちそこへ, うちもっと, うち安静に, うち東京に, うち鋳掛屋さんあなたお, おすまひ, おまえの, お光, お娘さん, お市の方の, お方御, お玉の, お角, お貞さん, お駒, がなども返りでねえ, が浜田, こういう心, ことだつ, ことよ, この一瞥, この国, この愛情, この特権, この荒々しい, これに, ごとく人, さきお茶を, さき求め, さっきけいべつしきった, さつき目に, しのぎさえ, その堕胎, その漕ぎ, それとは, つき合, とこさ, ところいつ伺える, ところここでは, ところしっかり, ところちっとも, ところなかなか, ところまだはっきり, ところゆとりが, ところハッキリ, ところ一週間も, ところ不治です, ところ人気の, ところ何事にでも, ところ兄貴が, ところ努力しよう, ところ君達の, ところ女は, ところ平次と, ところ悦子と, ところ既定の, ところ本当に, ところ段々, ところ無事, ところ白紙だろう, ところ私一人です, ところ脚本を, ところ見, ところ軍部は, ところ食料と, と反対, にお, はじょうだんにしたのだ, はなしを, はもう, はモデル, は何と, は十一時, は小手調べさ, は時計, は浦島, は粗末, は足りなかつた, ばあいは, ぼくにとっては, まま不, もあれ, も殺っ, ようだったら, よりもずっと, わが庵, わたくし一個人としては, をごらん, アスカルの, アメリカ料理よりは, インド, オオサカ, カッフェーを, ギリシャの, コーテン, ジヨウジ・サン女史は, ゼフリズは, ダイヤモンドは, テンパンに, ニワトコで, バラックには, パーニア, フライパンへ, プデンなんぞは, ポジションを, メキシコ, ラムネ玉よりもよ, レーニングラード・ソヴェト行政部わきの, 一ときは, 一刀を, 一撃が, 一知という, 万葉研究者は, 三宅花圃が, 三百萬圓以上に, 上士の, 下宿には, 不意討ち的訊問の, 世にも, 世のならひ, 世の中サ, 世今の, 世界が, 世路を, 中で, 中学の, 中村に, 丸の内を, 主人夫婦も, 久松家, 亀岡屋は, 事例において, 二万円くらいに, 二戸, 五十鈴川には, 五鬼の, 京浜国道は, 亭主は, 人としては, 人殊に, 人達に, 今, 今までの, 今私の, 仕方は, 代議士武市庫太君の, 件を, 会社へ, 位置へ, 住所へは, 体裁では, 佛教などの, 作家中で, 供述以外の, 信濃町の, 俺らしい, 値は, 僕でなかつた, 僧院の, 元氣, 先き見た, 先島原へと, 光は, 全本, 公園の, 六区には, 其の方, 内ニハ唯, 内閣の, 冷えた汁, 処で, 処仲, 処大体に, 処日本には, 処自分一個として, 出版界の, 刑務所との, 別嬪も, 前を, 加藤博士を, 勝五郎前, 勤めに, 化粧品の, 北鎌尾根以上であっ, 十五代市村羽左衛門が, 千両箱を, 半ぱな世, 南日野村西大道の, 占だけは, 去年の, 取乱した姿, 口碑の, 史家の, 合祀の, 名勝絵葉書の, 君主の, 周囲も, 命題からは, 品を, 商人にも, 問題で, 喇叭と, 嚊を, 四段活用の, 国王に, 圭介の, 地理に, 堂々たる一家, 場合いくら, 場合それが, 場合どこに, 場合パッ, 場合伴奏に, 場合双方に, 場合夫の, 場合忙しい, 場合男を, 場合葉子にとって, 場所では, 境涯あらましは, 境遇よりも, 売物で, 外骨本の, 大きな声, 大危機, 大工三上の, 大臣などは, 大阪から, 天勇の, 天蔵の, 夫人と, 奉天省の, 奥様故で, 女ニ, 女学校の, 女房, 奴等と, 如く僅か, 妻君は, 姑達の, 娑婆という, 婚礼の, 子供たちは, 字に, 学問と, 学校生活でも, 学者なれ, 學生なら, 完備した, 定義に, 実験でも, 宮滝附近の, 家内との, 宿が, 富田鉄之助を, 尊敬を, 小吏の, 小成と, 小説なんかに, 小銃は, 少年少女にとっては, 居所は, 山家は, 岡田嘉子が, 島は, 工合では, 己は, 市平には, 帝国憲法の, 幕で, 平野屋より, 幸四郎や, 広い意味, 庫車, 建築物を以て, 弾丸は, 役は, 彼も, 後妻の, 御境遇, 御老中, 徳三郎が, 心ほど, 心持もっと, 思いに, 急務であろう, 息は, 情景を, 愚か者は, 慘憺な, 懷を, 我が国民, 我文界に, 所いろいろな, 所もう一度, 所嘘ぢや, 所私の, 所謂学問なぞ, 所謂食人々種だ, 批評家たちの, 持主である, 推測を, 支那音に, 政夫と, 政黨内閣を, 教育法が, 文化人に, 文学から, 文学者連中が, 文法が, 文部省の, 新お代官, 新大和川, 新聞が, 方法では, 日常語には, 日本人よりは, 日本橋区の, 日高の, 旧藩地の, 易の, 時世ぢやさう, 時代われわれの, 時勢など, 時流と, 時間の, 暮しを, 最低五十円の, 有様にな, 朝臣の, 末ちゃんたちを, 本郷西片町十番地の, 束の間を, 東京市長中村是公氏も, 東洋には, 松戸附近也, 林之助の, 栄蔵とは, 桑原荘吉さんだ, 検事が, 槍の, 様子ッたら, 横着が, 次郎には, 歌もう一度, 歐羅巴の, 此方が, 武男は, 死駅の, 母によって, 毛と, 気分が, 気持という, 水, 汐留駅, 池を, 河南省河洛道洛陽縣, 法律は, 泥坊が, 洋燈台の, 津輕地方より, 流行りもの, 浙江省會稽道紹興縣, 淀川を, 清大園の, 温泉は, 演出家じ, 濟州島の, 無上の, 熱海の, 父の, 牛込会館横, 物理学者にとって, 状態でも, 独逸皇帝の, 玉藻が, 現実に, 瓦は, 生活信じたい, 田圃の, 男に, 町田が, 畳の, 病苦から, 白塗りの, 百貨店は, 盤石の, 直接の, 真さんである, 眼眸の, 矢代に, 石切橋, 磯城郡朝倉村黒崎に, 社会制度と, 社長と, 神尾主膳の, 神田淡路町に, 福建省, 私どもには, 私達は, 科学書の, 程度なら, 窮境を, 童女又, 第一周目, 答の, 米友としては, 糸織とは, 素女祠が, 細川家が, 経緯が, 続きが, 織田家が, 群れに, 老人達の, 考へでは, 職務について, 胸には, 腕車に, 自分にとっては, 自然概念も, 舌は, 芝離宮, 芸名で, 若いロスコー君, 若い学生, 若い衆から, 若林鏡太郎君で, 苦しみも, 苦笑や, 茶人の, 荒川公園なぞは, 華子の, 葉書が, 蓄音機に, 藩閥政府の, 處著者の, 衆道好きで, 衰微を, 製陶認識では, 西里亞に, 親父を, 言葉がまことなら, 計を, 詞を以て, 話かね, 話井戸側の, 誡めわが, 諏訪公園の, 證文を, 護國寺その, 貞吉の, 貴族院の, 賭けつこ, 足袋の, 身の上唯, 身性残らずな, 軍隊と, 辯舌を, 辻占売の, 追憶と, 通り置い, 遊三レコードで, 道徳, 遼東地方に, 部屋に, 釈迦で, 金原亭馬生その, 鈴ヶ森あたりから, 銭で, 鎌倉河岸の, 長屋の, 開国の, 間島地方に, 阿克蘇, 陶器職人なんて, 階級制度資本制度すなわち, 雄吉には, 離座敷に, 電燈明滅の, 電車線路を, 青年と, 静かな, 音曲師は, 顏が, 風雨で, 餓鬼は, 駕籠屋共であろう, 驟雨で, 高松市の, 高麗村, 鰯へ, 鹽原が

▼ 今~ (11942, 13.4%)

39 そんなこと 35 それが 32 何も 31 それを 30 どこに 29 ない, 自分の 26 何の 25 何を 19 それも, もう何, 誰も 17 昔の, 私の 16 どうだ, 人の, 故人と, 早や, 私は 15 いって 14 そうで, もうその 13 そんな事, 彼の, 彼女の, 忘れて 12 もう 11 さう, もうこの, 亡い, 立派な 10 これを, もうそれ, 他の, 何か, 何処に, 殆ん 9 これまでと, すべてが, どうなっ, もうそんな, もう私, 故人に, 誰の

8 [12件] これまで, そこに, その時, それどころで, どうなった, 二人の, 何にも, 全くの, 少しも, 彼に, 昔と, 絶えて

7 [17件] ここに, これに, そういうこと, それに, そんなもの, もう彼, 一刻も, 世を, 何處に, 唯だ, 問題に, 夜の, 少しの, 彼も, 心の, 日本の, 黙って

6 [24件] あなたの, あべこべに, ありません, この人, すべての, ただ一つ, どうし, もう夜, もう自分, もう誰, 一人の, 之を, 何事も, 何時だ, 則ち, 反対に, 心を, 死んで, 残って, 浪人し, 無い, 省こう, 神の, 誰にも

5 [56件] あきらかに, この世に, これで, すつかり, そのよう, その人, それで, それの, それらの, ただこの, どうする, どうだろう, どうで, なって, なんの, まだその, もうあの, 一人も, 一種の, 世になき, 主人の, 今昔は, 他人の, 何うし, 何と, 何をか, 僅かに, 十二時である, 午前三時である, 却て, 吾は, 四筋に, 変わって, 如何に, 彼が, 彼は, 彼女と, 彼女に, 後悔し, 心も, 忘れた, 我れ, 故人の, 日に, 明らかに, 東京に, 東京の, 無いの, 私が, 私に, 筑紫に, 自分が, 苗代時である, 見る影, 跡形も, 静かな

4 [93件] あとかたも, あなたは, いない, いないが, このよう, そうじゃ, その反対, それさえ, ただ, ただその, たった一人, どうか知らない, どうか知らぬ, どうであろう, どこにも, なき人, なくなって, はっきりと, ひたすらに, ひっそりと, ほんとうに, まだそれ, もうただ, もうない, もうなくなった, もう忘れ, もう極めて微か, もつと, やめて, よほどどうかし, わずかに, ハッキリと, 一人で, 一切の, 一面の, 不思議な, 世にない, 世の, 世界の, 事情が, 人も, 何う, 何等の, 俺の, 僅に, 僕が, 僕の, 冬だ, 午前四時である, 半蔵も, 又, 口を, 吾, 唯一の, 夢の, 大阪の, 女の, 子供の, 完全に, 容易に, 彼らの, 愈々明り, 日の, 日輪を, 昔なり, 有名な, 村の, 東京で, 此の, 気が, 汝の, 海の, 消え方, 満鉄, 町の, 疾くに, 目に, 省く, 矢代は, 私も, 秋なれや, 自分で, 花の, 花は, 蝙蝠の, 覚えて, 誰が, 誰でも, 身の, 過去の, 道が, 難波で, 雨も

3 [178件] あの通り, いえない, いけない, いずこ, お互いに, かうして, ここで, この家, この寺, この通り, これが, こんなもの, そこには, そこへ, そのお, そのこと, その余裕, その名, その名誉, その方, その時期, その眼, その辺, その逆, それだけ, それどころじゃ, ただそれ, ただの, ただ一人, ただ一色, どうでも, どうな, どこでも, どこも, どこを, どんなこと, どんな風, ないの, なかった, なくな, なくなりました, なし, なんでも, はや, ほかに, またそれ, まだ何, まだ朝, もういない, もうそういう, もうそうでは, もう彼女, もう手, もう立派, もう跡形, りっぱな, わが身に, 一つの, 一片の, 一面に, 不思議に, 丑松も, 世に, 世に亡き, 二人が, 云えない, 五月の, 亡き人の, 亡き妻, 亡せたる, 亡びて, 京都で, 人が, 仇なれ, 今だ, 今の, 仕方が, 他に, 仮りに, 仲, 何かの, 何という, 何よりも, 何所に, 僕は, 全く荒廃, 其れ, 出来ない, 別の, 別居し, 十二時半である, 午前三時半である, 午前二時だ, 古人の, 古本屋の, 名を, 唯彼, 問題外と, 国と, 土地の, 多少の, 天下の, 夫が, 如何とも, 妻の, 娘の, 学校の, 家と, 家に, 寮の, 小さくなっ, 平気で, 当面の, 彼女は, 彼女も, 得堪へず, 御免なさりませ, 心が, 必死の, 忙が, 怖るる, 意識の, 憚る, 或る, 手の, 持って, 斯う, 日本に, 昔, 時間が, 最後の, 校内一の, 根を, 横浜の, 止むを, 死の, 死を, 水の, 江戸の, 流行らない, 浪々の, 涙を, 無いが, 無し, 無禄, 然うでない, 爭はず, 父の, 猶予し, 疑う余地, 白猫が, 目を, 真面目な, 知らぬが, 祖母さんばかりさ, 神戸の, 私を, 秋の, 稍, 空の, 簡単に, 聞えない, 能く, 自分に, 自分も, 自身の, 落ちぶれて, 葛飾に, 見るかげ, 誰知らぬ, 逆に, 闇に, 電燈の, 静かに, 非常に, 頭を, 養生旁旅行の, 駒形の

2 [729件 抜粋] ああし, あたくし, あっちこっちで, あと方も, あの時, あまり流行らない, いけません, いずれも, いっさいが, いつて, いづこ, いて, いやだ, おとなしく臼, おどろと, お互に, お増, お紋, お里が, かなりの, きかずに, こ, こうして自分, ここへ, こときれて, この位, この国, この奈落, この街, この話, この部屋, これだけで, これも, これらの, こんな事, さうは, しかも自分, しばらくその, しみじみと, すうっと, すこしでも, すっかり寂れ, すべしなし靴, そういうもの, そうし, そうでなくなり, そうは, そう思う, そこの, そこまで, その, そのひま, その一部, その処, その家, その影, その日, その時刻, その細長い, その身, その青年, その音, それと, それよりも, それ程の, そんな場合, そんな時, そんな話, そんな風, ただ一, ただ肉体, たひとり, た我, た識, ちやうど, ちょうどその, どうか, どうかする, どうしてゐる, どうでしょう, どうなつ, どうにも, どれも, どんなになっ, どんな人, ない子供, ない筈, なくても, なくなったが, なしはや, なつかしい思い出, ならぬ, のどを, はげしい汗疣, はた, はやその, はや終りなら, ひとの, ふしぎに, ふっくりと, ほとんど夢中, ほとんど絶え絶え, まさしくただ, またこの, また何, また凪い, まだそんな, まだ十二年, まだ明らか, まるで反対, むかしという, もうあきらめた, もうあなた, もうかなり, もうここ, もうすべて, もうそこ, もうなく, もうはっきりと, もうむやみ, もうよそ, もう一人, もう不可抗的, もう二三冊, もう二十四五, もう五十, もう亡くなった, もう人, もう仕様, もう僕, もう判りすぎる, もう口, もう名前, もう女, もう娘, もう悲しい, もう昔, もう歩く, もう死ん, もう殆ど全部, もう沈黙, もう海, もう無い, もう生き, もう目, もう秋, もう網, もう肉, もう見られない, もう見る, もう読ん, もう賃銭, もう青い, もう馬鹿みたい, やって, ゆきなむ, よその, わたしな, わたしの, われらの, クリストフの, ニコニコし, ブルジョアの, メクラの, 一つも, 一句も, 一定の, 一時である, 一般の, 一言も, 七月の, 三時だ, 不幸にも, 世が, 世に亡き人, 世に無い, 世間並みに, 丘の, 中, 丸で, 丸亀を, 之れ, 予備に, 二人とも, 云うまい, 云ひ, 云ふ, 亡き人である, 亡き友人, 亡き母, 亡き父, 亡き畏友, 京都の, 京都も, 人手に, 人間が, 仄白く, 今は, 仕事を, 仕方なし, 他人を, 仙台に, 会計係か, 住む人, 体の, 何でも, 何とか公爵, 何に, 何ものをも, 何不自由なく, 何事をも, 何処の, 何刻だ, 何物も, 併し, 俳名再び, 健康を, 傷だらけの, 元の, 兄の, 先生の, 光の, 入江の, 全くこの世, 全く友達, 全く地上, 全く忘れ, 全く魂, 八犬伝を, 其さた, 其を, 其処までは, 其樣な, 冬の, 冷めたい目, 凄じ, 凋み果てたれど, 出世し, 出来なかった, 列竝む, 別人の, 前の, 力が, 力なく, 勤労者の, 十二支組も, 十六, 十時である, 千万円を, 午前一時だ, 午前二時半である, 午後の, 午後を, 双方とも, 収容病室といふ, 只沈黙, 只管君が, 名も, 名古屋に, 唯不潔, 善しオンコ, 国も, 土地での, 地上に, 地方の, 地球の, 堅気の, 堪へえね, 堺の, 塵堆, 墓石は, 声も, 夕方の, 外に, 多くの, 夜で, 夜である, 夜中の, 夜明けつ, 夢を, 大きくなった, 大切だ, 大変に, 大須の, 天国に, 太陽の, 夫と共に, 夫れ, 夫人の, 妻を, 姉上を, 姿を, 学校に, 家なぞを, 宿も, 寂しいこと, 寢ついた, 實に, 小床, 少し心, 少し気, 山と, 峠, 工場の, 左大臣の, 市中に, 師も, 帽子も, 年齢から, 床の間の, 廃めちまいました, 廃墟と, 引揚者戦災者などの, 弟の, 形見の, 彼には, 往生し, 後に, 御用が, 心に, 忘られ, 忙しいから, 怎だ, 急に, 恐れて, 我も, 我家の, 手が, 手に, 批判の, 故人だ, 文句を, 文学の, 斯様よと, 新聞に, 新芽若葉の, 旅先に, 旅館に, 既に故人, 既に林間, 日本語だ, 日露戦争後の, 昔し, 昔より, 春の, 是非に, 時勢が, 暖く, 朝の, 木が, 末枯れぬそこ, 村に, 村長も, 極度に, 機会が, 止して, 此世に, 此家の, 此樣に, 死か, 残り少なに, 母の, 毛頭も, 気がついて, 気付かぬと, 水は, 永遠の, 汚れて, 決して認められない, 河童の, 法師にて, 活溌, 流浪の, 消えて, 温泉旅館の, 滅多に, 漁人と, 澄みたる, 濁つて, 無ししよん, 無事に, 無用の, 然ら, 熱心に, 片時も, 特に之, 独身で, 甘えるよう, 甚だおぼろ, 生命に, 生死も, 用の, 申上げられません, 畑と, 畑の, 略する, 異常な, 病気の, 痩せて, 目のあたりに, 相樂, 省略する, 眉を, 真の, 真夜中だ, 真夜中で, 眠るらむ, 眼に, 矢も, 知らず, 石を, 石壁の, 確か帝国農会の, 確乎として, 秀吉の, 秋な, 科学的, 空間, 笑って, 絶えた, 絶体絶命, 絶望の, 絶版に, 緑の, 緑蔭の, 練兵場や, 縁なき, 羊の, 老い朽ちた, 考えて, 聞こえて, 自殺する, 舌を, 船橋屋の, 芸術が, 苦労の, 茅萱に, 茶室を, 草も, 荒廃し, 葉も, 葬禮, 蕪村に, 衰えました, 衰微し, 見えない, 見る蔭, 見晴し, 見遁, 親類の, 記憶し, 話の, 誰に, 誰もが, 誰憚る, 調和の, 論ずるの, 諸君の, 警視庁の, 財産を, 貴嬢, 足の, 躊躇し, 躊躇する, 身も, 軽かつ, 輕かつ, 逃亡手段も, 進みも, 違います, 違ふ, 遣れない, 都に, 酒の, 酔って, 野も, 金が, 金の, 釧路に, 銀座の, 鎌倉文庫の, 開けて, 陽が, 隠居の, 雪が, 零落て, 電車も, 青く痩せ, 静に, 非常な, 頭の, 頼み少く, 額に, 食堂に, 飽くまで胸, 高々と, 高潔な, 鳴りを, 黄金の, 黒門町か

1 [8218件 抜粋] ああなんだ, あちらこちら走り使いに, あの半分, あらかた忘れ果て, あるいはドイツ, ある都会, あんなふう, いい時, いかんな, いささかこわい, いつかと, いねえ, いろいろ話す, うつつに, おきき, おのも, お二人共, お在, お登和嬢, お金が, かえって口, かくして, きくまい, けっしてあすこ, こうして気, ここまでに, この, この世で, この哲学, この小娘, この有様, この痛い, この記録, これから日本, これ天命と, こんなに美しく, さうし, さつぱり, さる御大家, した, しようないで, すこし睨合, すっかり境遇, すっかり老けた, すでに四十二歳, すべてを, せむかたなし, そういう道, そうでなくなっ, そちと, そのひとり, その上, その信じ, その問題, その季節, その意見, その数, その水一つ, その矛盾, その胴, その金五郎, それくらいに, それにかは, それ程で, そんな大きな人間, そんな趣き, たその, ただひと株, ただ中央, ただ前途, ただ天道様, ただ感謝きり, ただ浮世絵, ただ良心, たった二冊, たれに, た碁, ちっとも空い, ちょっと動き, つや子さんの, とても中山殿, ともかく館, どうしたら, どうなりました, どこそこの, どっぷり日, どんな装, ない六人, なき先輩諸兄, なされたり, なには, なんらの, はかない, はぶきましょう, はや暗き, ひとか, ひりはむ秋風, ほとほと少う, ほぼその, まあ失業者, まず, また佐々, また死体, まだそこ, まだ七尺五寸, まだ大丈夫, まだ書きかた, まだ確か, まったくそんな, まったく袋, まるで死んだ, みにくい煉瓦, むしろある, むつかしいと, もうありません, もうぐらぐらに, もうすつかり縛め, もうつい, もうふたり, もうよろしくない, もう一途, もう交際, もう侵略戦争, もう冗談, もう博士, もう夕方, もう実際に, もう式場, もう悔ん, もう日本橋, もう本屋, もう水, もう用, もう秀吉, もう自己云々, もう言つて甲斐, もう遠い遠い, もう食物, もっと別, もはや堪えられない, やっと互いに歩み寄り, やや衰えん, ようやく灯影, よさそう, よんどころなく鉄砲, わが國, わずか数百騎, われ友に, アベコベである, エホバに, カフェー, クラーウの, サラサラと, スクスクに, ダンテの, ドクトルハバトフの, ハッハッと, ピエールにも, ベシーは, マークトウェーンの, ヨーロッパでは, 一々説明, 一九五〇年の, 一冊にな, 一向称名, 一往あつ, 一晩泣い, 一疋も, 一軒は, 丁度晩秋, 万事の, 三代と, 三月に, 上野の, 不安も, 不粋です, 世界的の, 並木の, 主として尾, 乃木将軍が, 九月の, 事実から, 二人に, 二尺ばかりに, 云いにくい, 五十に, 亞米利加へ, 亡き名, 亡き祖母, 亡はれた, 亭主, 人家の, 人類の, 今別に, 仕切の, 代が, 仲間の, 休むこと, 伝六が, 住宅地に, 何しろ人, 何とも云, 何れとも, 何処やら, 何様だ, 余地が, 侮り難く, 信託會社が, 備中橋へ, 儂に, 充満し, 入り日さえ, 全く内部的, 全く感謝そのもの, 全く灌漑, 全く見られなく, 全く顔付, 全部これが, 公儀の, 六波羅密の, 其だけの, 其の茶室, 其愛兒をば, 内地へ, 冬で, 処世の, 分らない, 初雪の, 別れなければ, 刺で, 割愛し, 努力の, 勝手に, 北の, 十一時である, 十内には, 千部手写の, 午後である, 半蔵より, 単に愛嬌者, 却, 原書を, 又命, 友達同志として, 取り返しの, 古本でも, 可哀そうな, 吉田屋の, 同等に, 向島一帶を, 和ぎて, 唖の, 唯死と, 問うて, 喜びの, 四十以上の, 回教僧だ, 土地に, 地獄の, 堂々たる某, 塒にか, 夏です, 外来語だ, 夜ごと武者の, 夢とも, 大よそこれ, 大半何もかも, 大小高低何千株の, 大木に, 大言毒舌を, 天保癸未, 夫として, 失礼致します, 女中も, 如何ともし, 始末の, 媼めく, 子鯖, 学士に, 宇宙線と, 宏壯な, 実に惜しい, 室内を, 家光将軍の, 宿だけは, 富山の, 寢て, 専ら女房, 導流柵なんぞで, 小初, 小走りに, 少し後, 尼さんです, 屋島の, 山岡姓を, 巣の, 差当っ, 巾着切仲間の, 帰られねえ, 幕府を, 平気に, 幸子への, 広い雪, 庭も, 廢刊だ, 弟國といふ, 当人達自身の, 影や, 彼女自身の, 後での, 得意先に, 微力な, 心ない, 必ずしも珍しく, 忘れたが, 応接間に, 思いに, 思ひ止るべくも, 怪博士の, 恐ろしい暴風, 恰も大, 悪い風紀, 情に, 愛する子, 慣れた, 憲兵大尉が, 我々一味の, 我怕れず, 戦わないため, 戸塚の, 手代上りの, 技術の, 拡まった, 掛り合いが, 改装の, 救いとも, 数学や, 文壇よりも, 料理の, 新しい帆柱, 新淀川の, 旅順の, 既に旧式, 日光の, 日本へも, 旦那が, 明けの, 昔京に, 映画が, 是を, 時々澱んだ, 時期が, 普魯西の, 暗夜の, 曲技くらべ, 最う何, 最早この, 有益です, 朦朧と, 本は, 杉子の, 東京市内に, 枕詞として, 柔い, 桃園の, 植物学の, 横着な, 次男の, 止み合唱, 正規の, 此等の, 歸らね, 死んだかと, 殆ど廃絶したる, 殘り, 毎日その, 気がつかないという, 水田と, 汝又, 汽車の, 波に, 活力を, 浅草に, 海軍將校と, 淨火の, 減じて, 源光と, 澄んだの, 炬燵掛と, 無くなって, 無理矢理神経, 焼けたが, 熊手の, 父子の, 物思いに, 特別な, 猪飼に対する, 玉の, 現であるだろう, 甚だ人気, 生活も, 甲斐ない, 男の, 界の, 疎々しくな, 疲れ果てて, 痕跡も, 白い紙, 百メートルの, 皆戸が, 皿の, 目蓋にも, 省略せざる, 真人間では, 眠さ, 知らず凄い, 知識競争の, 砕かれた心持ち, 社長に, 神社にだけ, 私にも, 秋葉神社の, 穂を, 空地に, 立て板, 第二, 米国に, 紅が, 索って, 結婚の, 絶壁の, 総て忘れた, 繁華の, 美妙が, 老いを, 老耄れ, 耳新しく身, 肥った膝, 腐れつ, 自分を, 自由主義の, 船も, 芝居の, 若いメシチャンカ, 英吉利に, 荒れるが, 落した財布, 蒼黒い, 薔薇の, 蜜月の, 衆家の, 行動へ, 衰え年老いて, 西教寺も, 見さ, 見る由, 親から, 観て, 言ひ解かん, 許されなくな, 話す訳, 語るべき材料, 課長に, 諸般の, 貧乏なりに, 賑やかな, 起き出でて, 踏むなり, 車中の, 辞するに, 返さん術, 追いて, 逆の, 造り酒屋の, 過去に, 遠いむかし, 避暑の, 都合悪い, 醜い品, 金を, 鉄道が, 錺職の, 長文に, 関原の, 降っては, 階下へ, 隣国で, 雑草が, 雲ばかりを, 霧巻き靄立ち迷い, 静かです, 順天堂分院に, 顛倒した, 食うに, 養父の, 駄目な, 高いところ, 鬚男の, 鳥, 黄いろくなった

▼ 今まで~ (6803, 7.6%)

62 自分の 60 黙って 54 一度も 51 見たこと 36 忘れて 33 何を 32 私の 29 どこに 27 生きて 26 私は 25 見て 23 それを 22 自分が 21 そこに, なかった 19 述べて 17 少しも 16 着て, 聞いたこと, 誰にも 15 人の, 自分を, 通りに 14 でも, 黙つて 13 気の, 私に, 見えて, 見た事, 誰も, 隠して 12 どおりの, 何も, 思って 11 人に, 経験した, 通りの 10 ここに, して, 僕の, 彼の, 眠って, 私が, 考えて 9 そんなこと, 何の, 彼は, 彼女の, 気がつかなかったが

8 [11件] 世話に, 二人の, 云って, 何か, 待って, 書いて, 歩いて, 知らなかった, 知られて, 自分に, 話して

7 [15件] これほど, 人間の, 使って, 多くの, 寝て, 彼が, 持って, 暗かった, 殆ん, 気が, 熱心に, 知らずに, 知らなかったの, 胸に, 腰を

6 [19件] こんなこと, そのこと, それが, だまって, どおりに, 住んで, 何度も, 幾度か, 彼に, 想像も, 気がつかずに, 気がつかなかった, 気がつかなかったの, 泣いて, 自分は, 述べたよう, 通って, 長い間, 頭の

5 [27件] お前の, お前を, かかって, こんな事, すっかり忘れ, だつて, どこで, どこへ, 一緒に, 以上に, 全く忘れ, 其ばかり, 夢にも, 姫の, 姿を, 彼と, 彼を, 心の, 思いも, 我慢し, 日本の, 横に, 気づかずに, 立って, 隠れて, 静かであった, 非常に

4 [52件] これを, その上, ただの, だれも, つひに, なんの, みたいに, やって, わたしは, 一人で, 一心に, 世界中で, 云った事, 人を, 他の, 何事も, 俺は, 働いて, 君が, 坐って, 堪えに, 大切に, 女の, 山の, 幾人も, 思わなかった, 感じて, 抑えて, 日本で, 明るかった, 晴れて, 曾て, 此の, 気が付かなかったが, 気を, 氣が, 沈んで, 無言で, 続いて, 考へて, 聞いた事, 自分たちの, 自然の, 親切に, 言ったこと, 説明し, 起きて, 遁れ, 遠慮し, 開いて, 食べて, 飲んで

3 [112件] あなたが, あなたに, あなたは, いろ, いろいろの, おくびにも, おとなしかった, おれは, お互に, お前が, お話を, お銀様, こ, この人, これに, そういうこと, それに, それは, た, たがいに, ちつとも, つい気, とちが, ぼんやりし, めったに, 一ぺんも, 一度だ, 一度だって, 一続きに, 一言も, 七十年の, 三人の, 世間の, 二人で, 云ったこと, 以上の, 休んで, 何とも, 何処に, 何処へ, 何遍も, 余りにも, 信じて, 俯向い, 傍に, 僕は, 僕を, 全く気, 其処に, 切れて, 別に, 助けて, 口に, 口を, 可愛がっ, 合せたこと, 喉を, 夢の, 夢中に, 家の, 幾人の, 張り詰めて, 御遠慮, 心づかずに, 思ひ出し, 手に, 手を, 手習ひした, 提供された, 握って, 敷いて, 来た道, 東京に, 此処に, 死んだよう, 残って, 気がつきませんでした, 水の, 無かった, 疑って, 発見された, 盛んに, 真面目に, 眼を, 知らなかったこと, 知らなかったという, 秀子の, 私たちの, 私には, 私を, 続けて, 考えたこと, 考え続けて, 聞いて, 腰かけて, 自分から, 自分で, 苦しんで, 見たどの, 見たの, 言って, 許して, 話に, 読んだ小説, 読んで, 身に, 辛抱し, 達者で, 閑却され, 静かだった, 静かに, 默つてゐた

2 [371件] ああし, あそこに, あったこと, あったもの, あつた, あなたの, あなたを, あの人, あの女, あの子, あの店, あまりなされ, あるか, あんなに信頼, いたところ, いたはず, いつでも, いやに, うちで, おせき, お互, お前さんの, お前たちに, お前に, お父様, お目, お糸, お話しした, お話した, お酒, かくして, かけられて, かつて一度, かつて見た, ぐずぐずし, こいつに, ここで, ここの, このこと, こらへ, こんな所, こんな風, したこと, しつかりと, しゃべって, じっと立っ, そう言っ, そこい, そこで顔, そこへ, そこらに, その存在, それと, だれにも, ちっとも気, ちっとも知らなかった, ついぞなかっ, ついぞ一度, ついぞ見た, ついて, でさ, どんな人, ながめて, ならば, にこにこし, のべて, はた, はりつめて, ひそかに, ひとりで, もって, やす子が, やつた, よく知られ, わしが, わしは, わたしが, わたしに, スッカリ忘れ, ペンを, 一向気, 一定の, 一寸も, 一生懸命に, 一筋の, 一續き, 一言の, 三人も, 下に, 下の, 下積みに, 世に, 世界に, 世界の, 主人の, 久しい間, 乗って, 二人は, 云つた, 云わば, 人から, 人間で, 人間として, 何かに, 何と, 何にも, 何よりも, 何んの, 何一つだ, 何一つ立派, 何一つ面白い, 何事に, 何度と, 余と, 作って, 信頼し愛し, 俳句界に, 俺が, 傾聴し, 働いた事, 僕が, 僕に, 兄さんの, 先に, 先生の, 先輩に, 全く世, 六郎を, 其處で, 写真で, 出して, 分って, 分らないで, 前に, 勢いよく, 受けつるあらゆる, 口には, 合点の, 名を, 向うの, 君の, 嘗て見た, 嘘を, 地べたに, 地球の, 堰かれて, 外に, 多勢の, 多寡を, 多数の, 大変な, 夫に, 夫婦と, 奥さんを, 女という, 女に対して, 妙に, 妾が, 嫁の, 嫌悪し, 実際に, 客の, 室の, 家庭に, 寂然として, 居た部屋, 川柳の, 己は, 幾度と, 広い空間, 床の, 店の, 延々に, 延びて, 張りつめて, 彼れ, 彼女が, 彼女は, 彼女を, 彼等の, 彼等を, 待つたん, 待つて, 後生大事に, 得難かつ, 御覧に, 心を, 心配し, 忘れずに, 忘れるとも, 忠実に, 思ったこと, 思つ, 思つてゐた, 息も, 息を, 感情を, 懐いて, 我々が, 我家の, 我等の, 手がけた事件, 手内職を, 押入られる先, 拙者も, 持つて, 指一本も, 挙げて, 捜して, 捨てて, 掛けて, 探して, 控えて, 描いたもの, 支えて, 攻撃し, 放って, 教えて, 散々に, 数々の, 数限りも, 斯様な, 方々の, 日本に, 明いて, 明らかに, 明るかつ, 昼寝を, 晴れやかに, 暮して, 月と, 有った事, 机に, 村の, 来て, 根強く嫌悪, 椅子に, 極端に, 欠けて, 死ぬ気, 死んで, 毅然として, 毎日々, 比較的に, 気が付かずに, 気にも, 氣の, 決してない, 法衣を, 泣伏し, 泥棒は, 涙を, 無事に, 無理に, 無用な, 無邪気に, 無駄に, 熟睡し, 燃えて, 燭台の, 父と, 瑠璃子夫人を, 甘く見過ぎ, 男に, 男の, 町で, 町の, 異性の, 発表した, 登って, 目の, 相当な, 真赤に, 眠つてゐた, 眺めて, 眼に, 眼の, 知らないで, 知らなかった経験, 知らなかつた, 知らぬ顔を, 知りませんでした, 知る人, 研究し, 神を, 私と, 秘密に, 秘密を, 穏やかに, 筆を, 米友を, 絶えて, 絶対に, 經驗した, 續い, 美奈子の, 考えても, 考えに, 考へても, 耽りつ, 聞えなかった遠く, 聞こえて, 背を, 胸を, 臆病者とばかり, 自分たちが, 自分と, 自分に対して, 自己の, 苦労し, 荘田夫人を, 落ちて, 葉子が, 薄暗かった, 藤枝の, 行って, 行方が, 見た実例, 見逃して, 解けたところ, 言は, 言葉も, 話を, 誤診でも, 読んだところ, 読本の, 誰か, 誰からも, 調べた所, 責めさいなんで, 貸して, 踊って, 踏んで, 躊躇し, 身を, 身体の, 身動きも, 軽蔑し, 述べたところ, 述べた事, 述べましたよう, 送って, 途中で, 通りだ, 通りつ, 通り時々, 進んで, 運動にも, 過冷却, 遠く離れ, 遺族の, 部屋の, 長々と, 長生きし, 閉されて, 閉じて, 降って, 随分人, 隠居したる, 雲に, 雲の, 霧の, 青ざめて, 静まり返って, 頭を, 餘り, 馬鹿に, 騒いで, 高を, 鳴りを, 黙然と腕組み

1 [4134件 抜粋] ああいう, あたいを, あった事, あっちこっちに, あのくらい, あの最短線, あの高麗屋敷, あまり世間, あまり泣きたがらない, あやふやに, あれこれと, あんなにいじめた, あんな飛行機, いかなる分類, いくらじまん, いた千鶴子, いた方角, いって, いなかったよう, いろいろ人, うす暗く顫, うなり声, おさら, おっくうに, おとわ稲川もどき, およそ二十種, お前さんにも, お宅, お父さんには, お見掛け, お金を, かく多数, かつてない, かつて見られた, かなり遠い, がまんし, きまって満ち, ぐらぐらと, こうし, ここを, この世の中, この四人, この宿中, この方面, この競争, こらえて, こんなにつまらない, こんなの, こんな広い, こんな美味い, ご覧に, さほどに, さんざん苦労, した悪事, しびれて, じっと悲しく, すこしも気, ずいぶんたくさん, ずっといた, ずっと空房, そうして深夜, そっちのけに, そのボート, その土地, その紹介, そばで, それによって, そんなに感じなかった, そんな形, たいへん思いちがい, ただ受入れる, たびたび刃, だつて何度, だれの, ちっともこの, ちょうど同じ, ついぞそんな, ついにお客, つきあった酒友, つひぞここら, でさえ, とても世, とどまって, どうか, どうしても, どうして持っ, どうやら大, どおりでは, どおり投資し, どこを, どほり面會, どんなに切歯扼腕, どんな考え, なかつた人, なぜ気, なわに, なんとも思っ, のぞいて, はげしく燃え, はつきり申さなかつた, ばかされてを, ひろびろし, ふんで, ほとんど意識, まくを, まだ死なず, まったく飲酒, まるで知らず, みんなが, もさうで, もやもやと, やらしたもの, よく判らなかつた, よそで, わかったつもり, わからなかった多く, わざわざ犇, わたしなんか, ゐたん, カンカン照っ, グッスリ, サルトルは, セエラの, トント忘れ, バーグレーヴ夫人が, プラットフォームの, ポシャポシャやっ, ムロンだった, ロクな, 一万余人の, 一体意志の, 一向に九州, 一心不乱に, 一望の, 一番大事な, 一般小売商人の, 七丈五級の, 三年の, 上天の, 下宿屋の, 不安げに, 不見, 世界にも, 両方で, 丸鋸の, 主従の, 乗懸った, 争ッて, 二人に, 二階の, 云われた点, 些とも, 人心地も, 仇討の, 他事に, 仰ぎ見て, 会つた, 但馬辺りの, 住居などには, 何だか氣, 何とも気, 何一つ見えなかった, 何処でも, 何千年と, 何故引込ん, 余が, 余り触れる機会, 作衛の, 例の, 信じきつ, 俺あ, 倚つてゐた, 偶像だった, 僕たちは, 元気であった, 兇猛な, 免職にも, 全く微力, 全く門外, 全然存在, 公田即ち, 兵馬と, 内密に, 円に, 冷淡だった, 出なかった涙, 出来た紙風船, 分らなかったの, 列車の, 前方を, 加なりに, 労働者自身の, 勝利の, 北に, 十五区に, 十銭の, 卑小な, 印度へ, 友だち附合い, 叔父に, 口の, 只一色大海の, 叱られると, 吉宗公の, 向い合って, 君達に, 吹き付ける白い, 呼ばなかったの, 品物を, 喋つてゐた, 噂に, 団体的に, 国々を, 土間に, 地球上に, 堀口君が, 塔だ, 売った剛愎, 外部から, 多少西洋, 夢に, 大きな問題, 大体英語国民を, 大威張り, 天分の, 夫婦間に, 女が, 女性に対して, 妄想し, 姉の, 婆さんが, 子供たちの, 存在し, 学問の, 宇津以外に, 完全に, 客が, 家中で, 寒々しい新月, 寝転んで, 対象と, 小刀を, 少し呑気, 少数の, 居たもの, 居た白樺, 屈伏し, 山会で, 岸本には, 己を, 常人の, 平次と, 幻の, 幾回も, 店が, 座敷の, 延ばしよったん, 引留めて, 張昭を, 彫刻的に, 彼奴の, 後の, 得がたかった, 御恩, 徳次は, 必ずしもそれほどまでに, 忠志君の, 思いだせなかったの, 思い違えて, 性なく, 恋愛と, 恵まれなかった, 悲しみや, 愉快で, 意識の, 感じなかった様, 憂鬱千万な, 懈くて, 我々と, 我肩に, 所有し, 手ぶらで, 手紙で, 打棄, 折角金を, 押して, 拝見した, 持ち続ける事, 挙げました例証, 掘り起して, 接した日本人, 揺られて, 放送し続け, 散々お, 数多くうけた, 敵であった, 文字通りの, 斯う, 新富座に, 日に, 日本人であった, 明るみから, 時々は, 晝寢でも, 晴天で, 暗澹と, 書いた文章位, 書物で, 最早香潮, 服は, 木の葉の, 未知の, 来たの, 来ないところ, 板場に, 格子の, 植ゑた分までも, 楽天的に, 横揺れだけ, 欧米の, 正直一途の, 此方の, 歩を, 死後の, 残酷極まる, 毎々ヤバイ, 毎日西洋料理屋から, 気がつかなかったか, 気が付かないで, 気づかなかったここ, 気むずかしい芸術家, 水を, 永く患っ, 決してそんな, 沈考し, 法医学研究の, 泣き苦しんで, 洋かんを, 流行の, 海よりも, 淋しさ, 渡さずに, 源氏の, 漠然たる連鎖, 漸く堪へ, 火の, 点もっ, 無事でゐた, 無用視された, 焼けるやう, 熊井熊五郎を, 父が, 片袖, 物理学校で, 狂人だ, 独りでいらっしゃる, 猫背に, 現実の, 生きた心持ち, 生き長らえて, 用ゐたる, 申し上げました外, 畠に, 疑問であった, 發表されなかつた, 百姓, 皮肉な, 目にも, 相変らず, 真夜中にか, 真面目であった, 眼で, 瞑目し, 知らざりしこと, 知らなかったかも, 知らなかったもの, 知らなかった夏目氏, 知らなかった草, 知らなかつた国民, 知られない天体, 知らん顔を, 研究も, 祈って, 神秘的な, 私しの, 科学の, 積った, 空家に, 突いて, 立ち止まって, 笑って, 籠つてゐた, 紅葉山人の, 経た此日, 結婚生活が, 続いた密林, 縁側に, 繙いて, 美しい妹, 美留女姫と, 考えなかったが, 考へた續, 耳に, 聞えて, 聞きませんでしたそれだけ, 肌に, 胡桃を, 脱がずに, 腹掛の, 自分たちを, 自分ひとりの, 自動車の, 自身知らなかった, 舞台だ, 良く見えた, 芝居の, 若い人達, 苦み悩ん, 茶店の, 荒れ果てて, 落第生という, 蒸熱かっ, 薬袋も, 血気盛りの, 衝立に, 袴の, 見いださなかったの, 見えなかったもの, 見えなかった様々, 見しこと, 見たあちこち, 見たディレッタント, 見た朝鮮, 見なかったの, 見出されなかった新しい, 見落して, 親しみの, 解けなかつた神道関係, 言おう, 記憶し, 詮策した, 話相手が, 語り継がれて, 読みかけて, 読んだキリスト, 誰もが, 論じて, 議論以外もしくは, 貰って, 買ったこと, 賢二君の, 赤鸚鵡を, 足り満ちて, 踏みこたへて, 車の, 輝き狂つて, 辷って, 述べたくだくだしい, 述べた土器, 追いかけても, 通した意地, 通りここを, 通りとして, 通り啀み合う機会, 通り己が, 通り混り, 速射砲の, 連れ合って, 遊覽など, 道を, 遥か高く, 邪魔が, 金を, 針仕事を, 銀何匁と, 長いお話, 長の, 閉ざされて, 間違ったこと, 陰に, 随分太平楽, 隠れたる野辺, 雄弁であった, 雇って, 震えて, 青山の, 静まりかえって, 音無しかった, 頑張るだけでも, 頼もしくない, 風俗や, 飯も, 養って, 馬車が, 駒井の, 高らかに, 魔人の, 鴉にな, 黙々と考え, 黙りて

▼ 今~ (4452, 5.0%)

78 昔も 34 残って 30 いう通り 29 今とて, 私の 24 尚ほ 22 それを 21 昔の, 目に 18 私は 16 生きて, 申す通り 15 云う通り, 昔と, 言う通り 14 覚えて 13 彼は, 忘れること 11 ある, 彼の 10 なおその, 云ったよう, 変りは, 自分の 9 ありありと, いったよう, なお私, 云った通り, 尚お, 彼女は, 申した通り, 眼に 8 いった通り, しこの, 僕の, 続いて, 言ったよう 7 そうである, なおこの, なおそれ, まざまざと, むかしも, 昔に

6 [12件] いったとおり, そのこと, はっきり覚え, 云うよう, 云ふ, 変りが, 彼が, 忘れない, 憶えて, 猶ほ, 盛に, 眼の

5 [24件] いうと, おぼえて, その通り, なほ, またその, やはりその, 人が, 伝わって, 信じて, 僕は, 同じこと, 家持の, 少しも, 心に, 思う, 残つてゐる, 猶お, 申します通り, 申し上げた通り, 私を, 耳に, 行はれ, 行われて, 見るごと

4 [27件] あって, あるが, お話した, これを, その時, つづいて, なおお, なお残っ, なかつた, わたくしは, 世に, 云う様, 人の, 同じである, 尚彼岸中日海中, 尚若干, 忘れず, 思うて, 持って, 播州に, 消えきらずに, 申したとおり, 申したよう, 相変らず, 私が, 記憶し, 諸国に

3 [62件] あそこに, あなたの, あるか, いう様, いる, お前の, この辺, この通り, して, そこに, そのま, そのままに, それが, そんなこと, どこかに, なおあの, なお昔ながら, のこって, はた, まだその, まだ私, よく覚え, よく記憶, わたしの, インドで, ハッキリと, 下坐, 二人の, 云って, 今居なく, 何か, 同じよう, 変りなく, 多少は, 奈良市の, 尚この, 忘れずに, 忘れられない, 愛して, 我々の, 時々思い出す, 時々憶, 本の, 机に, 村, 栄えて, 歴々と, 活きて, 熊野で, 申しましたよう, 申し上げたよう, 直れるでは, 考えて, 臨終の, 行は, 見て, 言うと, 言った通り, 記憶に, 話したよう, 述べたよう, 遺って

2 [226件] あなたが, あのとき, あの時, あり, あること, あるだらうと, あるやう, あるん, いうた通り, いうよう, いったが, いやな, いろいろと, うその, お三輪, お前が, お話し申した, お隣の, こ, ここで, ここを, この人, この地, この島, さして, し学問, そうし, そうだ, そうだった, そのよう, その例, その儘, その口, その名所, その姿, その家, その感じ, その癖, その話, その跡, それで彼, それに, それは, である, どうかし, なお, なおする, なおそのまま, なお一つ, なお余, なお保存, なお僕, なお当時, なお彼, なお心, なお昔, なお最も, なお眼, なお続け, なお苦しん, なお記憶, なお諸, なお頑固, なければ, なほある, なほ余の, なほ在り, なほ心の, なほ忘れる, なほ耳に, ならんで, ふらふらと, みんなと, むかしの, アフリカに, 一貫した, 世にいま, 世間に, 之を, 云うた様, 云ったとおり, 云った様, 云つたように, 人々の, 今で, 今彼は, 伝統が, 住んで, 何かを, 作ります, 使って, 信輔には, 停車場の, 健が, 僕を, 兄の, 六十近くを, 六瓣の, 判然と, 印度の, 古老の, 同じで, 同じであった, 同じところ, 同じ事, 名知らず, 変ること, 夢の, 大切に, 太古の, 女に, 存在し, 存在する, 密と, 寝て, 尚その, 尚われら, 尚ハンカチーフ, 尚家, 尚私, 尚記, 居りけり, 居る, 屋敷の, 店頭に, 庭の, 引きつづいて, 引き続いて, 彼女の, 心の, 忘れて, 忘れないが, 忙しげ, 思い出す, 思い出すこと, 思って, 我を, 手で, 手に, 持つて, 捩ぎとられるほど, 探して, 放たじ, 散髪屋などに, 敬意を, 日本が, 明瞭に, 昔ながらに, 昔は, 時々は, 書きたいよ, 朦朧と, 木辻の, 村に, 東京に, 東京の, 正三は, 正月の, 此の世に, 残つて居る, 母の, 水が, 沖縄の, 消えずに, 消えないで, 淡い早春, 漂って, 猶, 猶そこ, 猶わが, 猶尊敬, 猶昔, 猶東方, 猶私, 現に其の, 現に存在, 生き残って, 生き生きと, 生くる, 生活の, 用いられて, 田舎家は, 申しました通り, 申し上げますと, 申し上げる通り, 申上げました, 申上げよう, 男の, 盛な, 盛んに, 目の, 相手の, 矢代は, 知って, 神尾を, 窓から, 絶えません, 続きます, 繁昌し, 耳の, 耳底に, 胸に, 胸を, 衝動的に, 見えて, 見上げると, 覺えて, 言ったじゃ, 言ったとおり, 言って, 言つた來迎の, 言ふ, 記憶せられ, 話して, 説明した, 諸国の, 豊田様の, 迷って, 道, 鍛冶屋が, 除夜に, 陰々と, 離れないから, 頭の, 鮮かに, 鮮やかに

1 [2875件 抜粋] あ, あたりの, あのお祖母さん, あの幽霊, あの陣営, ありしなるべし, あるあの, あるちきり屋, あるは, ある事, ある現物, あれで, いうあるクリスマス, いくらかその, いっけ, いった様, いままで, いるその, うちで, うろうろと, おくみさん, おっしゃる通り, お互いの, お吉, お庭番, お蓮様, お邸, かく其わざ, かのよう, かわらぬ根本, くれるか, こうしたわがまま, こうして祈祷, ここに, こちら側を, この事, この僧院, この和尚, この山, この晩, この津島君, この美男, この街, この風車, これへ, さあらぬ, さる病院, しこうした, しば, しんから, し直観空間, すぐ銀河, そいった通り, そうした気分, そうです, そう変え, そう思った, そこには, そちこち, そのう, そのとき, そのアパート, その仕来り, その儚い, その品, その壁際, その官能的, その当時, その気持, その番町, その美し, その膝, その街路樹, その身, その頃, それお触れが, それで末広町, そんな落語, たしかに, ただひとり祖先, たらふくビフテキ, ちっとも変わってない, ちょっと下, つて二十四五貫の, とけないの, とり行, どんどんつかっ, なおあなた, なおこうして, なおしつつ, なおそんな, なおつづい, なおほぼ, なおわが輩, なおチベット, なお一部, なお且つ, なお佐古, なお出来た, なお古, なお四個, なお変り, なお妙心寺, なお少から, なお往時, なお忘れられない, なお慕われ, なお折ふし, なお教育家等, なお木彫, なお正確, なお決して, なお現存, なお用いられ, なお盛大, なお砂利みたい, なお箕輪心中, なお耳底, なお自然淘汰説, なお衰え, なお語られ, なお酣, なお颯々, なお黄檗, ながれて, なにか鼻唄, なほそこに, なほゐる, なほ仕, なほ大久保湖州を, なほ少しく, なほ後光が, なほ所々に, なほ残れり, なほ疑, なほ私に, なほ美術家は, なほ若, なほ遲くれ, のぞみつつ, はっきりと, ひしと五体, びた公が, ふと胸, ぼんやり, まことし, まじりけの, またこうして畳, またトンネル, また当分, また然, まだいずれ, まだのこっ, まだ勤務中, まだ実, まだ幾分クラクラです, まだ所持, まだ決して変っ, まだ生き, まだ芝居, まだ附纏つて, むろん健在, や, やつて, やはりもと, やはり繰返され, よっぽどそれ, わしを, ゐないが, アンヂラでは, エタの, ガルディンゴの, ジャワで, タンクの, テープ, ネ母親さんが, ピンピンし, マザマザ灯に, 一しょに, 一人臥を, 一斉に, 一種の, 丁度その, 七百年の, 三片食はず三片食はんと, 下の, 不意と, 世に伝唱, 丸が, 久米一の, 亀が, 二三枚所持し, 云いました通り, 云う通りいろいろ, 云った佐兵衛どん, 云った通り何, 云つた通り余程, 亡者の, 亦然, 京阪にも, 人を, 今だって, 今口先の, 今母親, 仏頂寺君に, 以前の, 休みは, 伝三郎の, 住むという, 何かと, 何んだ, 何処にか, 作られつ, 使いが, 例が, 依然存する, 信じられて, 俳壇で, 健在の, 僧一人居り, 先生が, 全く歌い尽されぬ, 八日毎に, 其の中, 其最中な, 其遺風を, 内所で, 冬は, 凶年に, 分らないの, 初めの, 動揺は, 北九州に, 十年一日の, 半労働, 南京上海の, 南部津軽辺で, 参木の, 叔父の, 古名の, 召使の, 各地に, 同じく軽い, 同じ地名, 同じ距離, 同家に, 同社の, 向ヶ崎, 呪いの, 咲けるとぞ, 問題を, 嘲笑うであろうか, 四苦八苦だ, 国民の, 土御門流の, 在る筈, 地形が, 地機を, 堀与次郎が, 壁に, 変つてゐない, 変らず未来, 変らない素朴, 変りありません, 変るもの, 夕陽ななめなる, 多くあり, 多分に, 夢うつつで, 大して変り, 大宮の, 大愚愚堂の, 大錢, 天草島などで, 失われず, 奥日向の, 女優を, 好く切れる, 妾は, 婆さんが, 子どもは, 子守女めらが, 存するは, 学者は, 宗家を, 実はその, 宮が, 家に, 寄席から, 寺名だけは, 尋常に, 小次郎は, 少しずつ, 尚そうろう, 尚よびつづけ, 尚人間狩り, 尚六千年, 尚変らない, 尚当時, 尚思ひ見, 尚普通, 尚残り, 尚物, 尚胸, 尚車折神社, 居りましょうし, 山口土淵辺にては, 岩礁の, 川床や, 市が, 席画と, 年々歳々山伏の, 床しき道中姿, 度は, 建って, 引続い, 当番の, 彼女を, 往時も, 御独身, 心では, 忘られず, 忘れないで, 忘れられねえん, 忠勤を, 思い出して, 思ひ出して, 思想家は, 恋しいふう, 恨めしがっ, 悪い夢, 情熱は, 想ひ出す, 愛する, 感じて, 憤って, 我が額, 戸を, 手には, 手筥の, 抂げぬ, 持ち続けて, 捜して, 提督に, 放蕩の, 数々伝わる, 文吉は, 新九郎の, 方言では, 日の, 日本人の, 旺な, 明白に, 春が, 時々思ひ描く, 時に歩い, 暇なく, 書几によって, 月経の, 朝からの, 未だ自害, 村会議員を, 東京人が, 松虫の, 案じて, 極めて鮮明, 横浜の, 欧州に, 正しいと, 此事を, 此種類の, 歴然と胸, 殊なる, 残念に, 毎日心から, 民家を, 気に, 永久に, 決してこの, 決して解除, 沢山織っ, 泣かる, 活き活き続け, 浅からぬ, 海底へ, 深くし, 深夜です, 湖の, 滝太郎を, 火を, 為しけり, 無事で, 無言で, 煙を, 爭はれぬ肖似, 片田舎に, 牧と, 犬殺しも, 狸だって, 猶さながら見ゆる, 猶まことにし, 猶大, 猶彼, 猶我, 猶無官, 猶野薔薇, 獺祭書屋の, 現にいわゆる, 現に縦, 甘える時, 生存せる, 田中が, 申した如く人, 申しました私たち, 申すとおり, 町はずれの, 病床に, 痛んで, 白刃を, 皆ここに, 盂蘭盆に, 盛大でしょう, 相変わらず噴き出し, 真に恋人, 眼中に, 石人石馬が, 礼拝堂博物館の, 神楽の, 祭礼, 私に, 移香が, 空き家に, 突き放して, 竜王の, 紀久子が, 紫夫人を, 絵筆を, 続きまだ, 羅馬人と, 美しい病妻, 考え出されるたび, 聞く, 聽ゆる, 胸が, 臨時の, 自分達の, 良人の, 花賣, 苦しいが, 草木を, 菊池の, 蓮月焼と, 藤枝が, 蝦夷の, 行って, 行方が, 裏山から, 見えないし, 見ゆる, 見られる筈, 見出すこと, 親方の, 言うて, 言ったとおり何, 言つた来迎の, 記した飲食店, 話した通り, 話に, 語り合うの, 謂つた他人の, 變つてゐない, 豆腐は, 貉が, 赤い顔, 越後信濃の, 身うちの, 轆轤で, 返事を, 途中で, 逞しい海, 道了塚へ, 達者に, 遺つて, 都は, 重き堆石, 銀の, 長旅や, 間接に, 阿波守自身が, 雀部さんの, 需用は, 静かに, 頭に, 飲んだ酒, 駈け出した, 高し, 鬻ぐ, 鮮明に, 鳴るけど, 黒人など

▼ 今では~ (3710, 4.2%)

22 立派な 19 それが 18 彼は 17 私は, 自分の 15 それを 13 私の 12 誰も 11 彼の 10 殆ん 9 すつかり, 昔の 8 これを 7 忘れて 6 あなたの, もう自分, 後悔し, 押しも, 日本の 5 そんなこと, ない, もう, もうそんな, 僕は, 宮廷より, 非常に

4 [25件] これが, それも, それらの, ただの, どこの, もうこの, もうその, もう五十年昔, もう忘れ, もう私, 人に, 何の, 僅かに, 僕も, 全くの, 名を, 女の, 少しも, 当時の, 彼が, 彼女は, 普通の, 東京に, 私が, 誰でも

3 [31件] あなたは, あの人, あべこべに, ここに, この, このよう, さう, すべての, ちつとも, どうする, ほんとうに, もう彼, 一人も, 人間の, 他人の, 何か, 何でも, 勤めが, 可なり, 多人数の, 娘の, 彼女を, 後家の, 思って, 思つてゐる, 支配人の, 日に, 村の, 考へ, 誰が, 跡方も

2 [213件] あきらめて, あの辺, あまりにも, おおかた切り払われ, お前も, かうして, かつての, こちらが, この女, この子, これでも, これも, さうし, さすがに, すっかり後悔, その人, その家, その数, その智慧, その跡, その辺, それさえ, それすら, それに, それの, それは, そんなもの, そんな事, そんな楽しい, そんな風, ただ一つ, たった一人, ともかくも, どこに, どこへ, なくして, なくな, なって, なんでも, なんの, はるかに, ほかの, ほとんど信じ, ほとんど誰, まるで忘れ, むかしの, もうあなた, もうどこ, もう三十以上, もう昔, もう昔話, もう母, もう河童, もつと, やっと二三十軒位, わずかに, ウィスター・インスチチュートの, パラオ語を, 一つの, 一人前の, 一文も, 一方の, 一日に, 一本立ちの, 一般に, 一見し, 一面の, 万事が, 三人とも, 不安な, 不思議にも, 世界中で, 世界中に, 主人の, 二つしか, 二人とも, 二人の, 二人は, 五十銭均一か, 人の, 人生を, 今でも, 仕方が, 代が, 代助, 以前と, 以前の, 仲間の, 伴三郎の, 住んで, 何う, 何も, 何事に, 例の, 修業も, 僅に, 僕を, 元の, 兄の, 兎に, 其所で, 内儀さんと, 別の, 別段彼等, 半里, 反対に, 叔父が, 右の, 名ばかりの, 四五名に, 土地の, 多くの, 夜に, 夢の, 大切な, 大学を, 大津に, 大資本家, 天下の, 女も, 妹の, 子供の, 完全に, 客分の, 家の, 家を, 家賃も, 容易に, 小蒸汽, 少々後, 少年の, 山の, 川の, 常識に, 平日の, 店の, 弟国と, 彼にとって, 彼も, 彼らは, 彼女も, 御家の, 思い出すこと, 恐怖までが, 悔いて, 想像も, 或雑誌社, 手に, 文部省令が, 新進作家の, 新鳥越, 既に兵舎, 普通に, 朝, 朝から, 末の, 東京で, 板倉屋伴三郎の, 椀に, 正三, 此の, 殆ど何, 殆ど絶え, 残つてゐない, 母と, 母の, 民間の, 江戸の, 法律に, 泥坊の, 滅多に, 煙の, 理由が, 生きて, 田代屋の, 田舎の, 番頭の, 皆が, 目に, 相当な, 相応に, 神は, 神戸で, 福音の, 私に, 私も, 私を, 私自身の, 第一, 第二, 節の, 美妙と, 腹部截開の, 自分から, 自分で, 自分は, 茫々たる, 荘田家は, 街から, 誰れ, 諦めて, 貴女の, 赤い色, 迚も, 逆に, 遠い過去, 邪魔に, 金の, 鐘五郎の, 長短併せ, 飛んでも, 飾と, 魚屋や

1 [2839件 抜粋] あそこに, あとに, あのころ, あの猛烈, あまりに一般的, あまり流行らず, あんなところ, いかなる種類, いけないの, いっそうの, いつの, いつ死ん, うかとして, おそらくあなた, おぼろにも, お伽噺に, お前の, お母さんが, お父様, お高, かえって疲れます, かかる生き方, かなり家が, こういうこと, こういった, こう思っ, こっちの, このセ, この人, この国一番, この大学, この悴, この池, この盛, この貝, この銀, こんなお転婆, こんな子供, さして旨く, さまざまの, しかたも, すっかりなくなっ, すっかり堅く, すっかり新, すっかり術, すでに立派, すべて実生え, そういう写実風, そうした考, そう思っ, そこも, そのはけ口, そのラムプ, その中, その入り口, その名前, その媼さん, その店内, その惰性, その打撃, その書類, その橋, その清らかさ, その相手, その肩, その閲歴, それだけが, それまでの, そろ, そんな不運, そんな扱い, たいていは, たしか京都, ただ他人, ただ藁, たつた一つ, だん, ちっとの, ちょっと手短, つまり近世, ときどき自分, とても真面目, どうかする, どうせの, どうなり, どうやら朋輩, どこまでも, どの新聞, どんなに賢く, どんな意味, ないアウグスティヌス, なくては, なつかしい思ひ, ならわしと, なんとも頬, はっきりわかっ, ひとの, ひなびて, ほとんどこの, ほとんど囁き声, ほとんど見すてられ, ぼろ, まして係累, また女性, まだそれ, まだ野良犬, まったく夢想, まどかに, まるで娘たち, みづち, みんなお蔭で, みんな幻滅と, むしろその, もうあたし, もうこういう, もうすっかり開け, もうそうなっ, もうそれ以外, もうどうにも遅い, もうむろん彼女, もうクラブ, もうフィツジェラルド, もう世, もう二万五千人, もう仕事, もう使用, もう兎, もう分らなくなろう, もう十二年前, もう口, もう四十, もう大分忘れ, もう娘, もう常, もう快く, もう押し, もう明るく, もう最後, もう次, もう永久, もう潔癖, もう玄王, もう皆, もう空魔艦, もう色々の, もう行く, もう起き上れる, もう闇夜, もっといや, もっぱら金, もはやその, もはや狂瀾怒濤, やっぱり悲しい, よくよく善良, よほど年, わが友古川緑波, わたしが, われわれは, アメリカへ, ウチの, ガラリと, コタン, サンジョという, ジャーナリズムと, スッカリ諦め, タイヘンな, ナヂェージダと, バラックの, フランスには, プロ野球の, ポタ, マルクス主義に, ユーゴ国内で, リモオジュの, 一つも, 一人, 一切の, 一寸想像, 一日も, 一枚しか, 一財産を, 丁度逆, 万事おしまいです, 三人の, 三國屋といふ, 三杯と, 上塩山第, 下りる事, 不健全も, 不思議な, 不貞不貞しい, 世界的な, 両国橋の, 中学校の, 丸刈に, 主として荷物, 乾葡萄の, 二つとも, 二ツとも, 二十五銭で, 二段目の, 五十万円から, 些と, 亭主も, 人名辞典を, 仏の, 仙台に, 以前よりも, 伊太夫第, 伸, 体言の, 何とかホテル, 何もかも分業, 何不足なく, 何故に, 余りにも, 余程古い, 修験道の, 偶然に, 僻陬の, 先に, 入用も, 全く寂れ, 全く歴史的, 全く覺, 全国の, 全然總ルビ附, 八条の, 共に亡び, 其の犯罪人, 其女に, 再びもと, 凡ての, 出版以来数年に, 判事として, 別に珍しく, 利得主義の, 前後雑糅県庁も, 創作家は, 動かない, 北佐久郡の, 十一人の, 十五分も, 十六七名という, 千九百何号かに, 半分人間に, 単なる歴史画, 却ってみんな, 却って近所, 却つて自分に, 原稿用紙を, 友と, 口で, 古びて, 可笑しくて, 吉田一家の, 同志会の, 名誉教授では, 否定出来ない, 周馬の, 唯一兩百語で, 商売を, 善良な, 嘘の, 四方から, 囲つてでも, 圓朝の, 地中海沿岸の, 地獄の, 執着も, 堂内に, 変に, 外に, 外神田から, 多賀屋の, 夢でない, 大がいの, 大きな有難, 大事の, 大変な, 大学に対して, 大杯を, 大衆文学なる, 天使でなくつ, 太刀を, 夫入口より, 奉公人と, 女を, 女房子を, 如何にも都会, 妾と, 姫君の, 子供が, 季節, 学校を, 宗教心でも, 実際雁坂越, 家に, 容易ならぬ, 寐ようが, 寺院は, 小さいながらに, 小学校の, 小次郎スタイルって, 少しばかり, 少なくとも社会, 局長が, 山と, 山姥は, 山陽線の, 崖の, 己の, 市長が, 平次の, 年々の, 年収三百五十万弗といふ, 幼児の, 底知れぬ, 康子の, 廻船問屋から, 弟樣御夫婦の, 当のおし, 彩牋堂なる, 彼処の, 後悔に, 御後室, 御譲歩, 忍術は, 思い出と, 急激に, 恬然として, 恵那山に, 情熱も, 意地悪な, 愛情の, 慣れて, 懐かしくかの, 我々の, 或る, 手古奈と, 拝む気, 授業料なんぞは, 損はれ, 政党の, 故人にな, 教会の, 数学よりも, 文句を, 断片的にしか, 新たな, 新聞記者が, 既に一個, 日ごとに, 日本に, 日本橋辺の, 旧敵, 明治倶楽部その, 昔程, 時々お, 時代劇の, 普通列車でも, 書の, 最も厭わしい, 最早余生, 月極の, 朝自分が, 未亡人一人の, 本所の, 机の, 来なくな, 東西に, 栄蔵も, 格段に, 森林そのものの, 楽しい家庭, 構成会社二十七払込資本三億円の, 次第に堪へ, 歌沢の, 正蔵君をも, 此形が, 武士と, 死んだか, 殆どなく, 残って, 殻ばかりに, 母親と, 毎日毎日あの, 気軽で, 汚い枯葉, 汽車で, 沢渡峠を, 活動写真館が, 浦塩の, 海上生活を, 淡い実感, 漁村の, 火夫にだって, 無断で, 爪先で, 父親は, 牢固として, 特に山岳地方, 狭い乍ら, 珍書中の, 瓢箪を, 生れた家, 田を, 由次が, 町住居の, 番頭格の, 病気に, 登山者が, 白髪まじり, 百幾つも, 皆小, 盛り場も, 真ッ黒, 眼と, 知らないもの, 知る者, 碁盤の, 社内の, 神妙に, 神道を, 福原に, 私だ, 私一人殘つ, 秘密なんて, 積り積つて此の先生活の, 竜之, 笹村夫婦の, 精も, 紙の, 経済学の, 結構助手さん, 総体に, 罪悪の, 羨ましい, 老医師, 考え浮ばぬが, 肝腎な, 胡麻の, 腕車を, 自分でも, 自動車が, 自殺する, 至って普通, 船は, 芝居を, 若い人, 若松の, 草川巡査の, 菊子さんは, 落ちつきまして, 薬屋を, 蟹田の, 衣絵さんを, 裏の, 西田哲学の, 見る影, 覚えて, 観音経ぐらいは, 記代子が, 詩雑誌, 誰と, 誰もが, 譲受けた者が, 貴様を, 赤の, 越後屋の, 身体が, 身綺麗な, 軍治に対して, 近在の, 通りが, 進んで, 過去った, 遠縁の, 都に, 野末の, 金田一京助博士を, 鉄鎖を, 錆の, 長岡家に, 閑地で, 阿魔め, 隙間だらけに, 雄一匹に, 雨にも, 電熱器で, 青州幽, 面白い方, 頓と, 頼政から, 風致に, 養子し, 馬鹿と, 高潔の, 鬪って, 鰻掻の

▼ 今でも~ (3469, 3.9%)

53 覚えて 45 私は 36 私の 20 記憶し 19 ありありと 17 それを, 残って 11 そこに, その時, はっきりと 10 僕は, 思って, 生きて, 目に, 眼に, 眼の, 自分の 9 あの時, これを, 不思議に, 忘れること 8 そうだ, そうである, そう思っ, 忘れない, 耳に 7 それは, はっきり覚え, ハッキリと, 僕の, 彼の, 憶えて, 昔の 6 おぼえて, ぞっとする, まざまざと, よく覚え, 何か, 信じて, 持って, 時々は 5 あります, ある, あるの, それが, やって, 多くの, 忘れずに, 行われて, 頭に

4 [22件] そうです, どうかする, どこかに, やつて, よくおぼえ, 人を, 何う, 俺は, 君に, 君の, 大事に, 忘れて, 思い出して, 思い出す, 思つてゐる, 眼を, 知って, 続いて, 考えて, 記憶えて, 記憶に, 頭の

3 [51件] あって, あなたを, あの人, おれの, おれは, お君, ここに, この国, この島, そうかも, そうは, そこには, そこの, その女, その家, その男, その頃, つづいて, まだその, よく憶え, わたしは, 一つの, 一般に, 不思議な, 人の, 人気が, 仲が, 何処かに, 僕が, 君は, 変な, 妙な, 存在し, 少しは, 彼女は, 忘れないが, 忘れません, 忘れられない, 思う, 感謝し, 我々の, 村の, 東京の, 残念に, 盛んに, 相変らず, 私に, 私には, 自分を, 覺えて, 身に

2 [194件] あいつの, あなたが, あのお山, あの娘, あの男, あれが, あれを, いくらか, いちばん悲しい, いって, いやな, いるの, お前を, お品さん, かすかに, かなりに, こうやっ, この事, この夜, この山, この日, この時, この言葉, この通り, この鳥, こんなあさましい, する, するの, そういうこと, そうだろう, そうでしょう, そうな, そう呼ぶ, その, そのこと, そのため, そのま, そのままに, その名, その方, その日, それに, そんなこと, そんな齢, ぞっとします, なおまざまざ, なお私, のんきに, はっきり思い出す, はっきり記憶, はっきり頭, ひそかに, まざ, まだ, まだあなた, まだこの, まだしんしんと, まだ人生, まだ僕, まだ生き, まだ眼, まだ私, まだ自分, まだ鹿, やはりこちら, やはりその, よく牧野, よく記憶, わからない, わたしの, チベットでは, 一種の, 一部の, 三河屋の, 不審に, 不思議だ, 両国の, 久住弥太郎という, 人が, 人に, 人は, 人も, 人一倍の, 住んで, 何かに, 何処かで, 信州の, 元の, 冷汗が, 出して, 判りますが, 判りません, 印度の, 印象に, 叔父に, 口に, 同じよう, 善く覚え, 噂に, 土地の, 地方に, 夏の, 多い, 多分に, 多少の, 夢の, 大久保の, 好きな, 子供には, 安住し, 寒々と, 少数の, 己は, 年に, 当時の, 彼に, 彼は, 彼女の, 後悔しない, 微かに, 心に, 心の, 忘れないの, 忘れられぬ, 忘れる事, 思い出します, 思い出すこと, 思い出すたんび, 思い出すと, 思ひ出すと, 怪しい御, 怪物の, 憎いとは, 憶い出す, 或る, 手が, 手許に, 折々は, 折に, 捜せば, 故郷に, 文壇に, 新しい問題, 新聞を, 明かに, 明らかに, 時々あの, 時々その, 時々妹, 時々無心, 時々私, 時節が, 普通の, 暑さ, 机に, 此の, 母が, 気の毒な, 気を, 水と, 決して忘れ, 決して昔, 泣きたくなるが, 済まないこと, 爾迦夷上人, 独身で, 狸や, 狼が, 田舎の, 番町の, 疑って, 百姓が, 目を, 相当の, 稀には, 絵はがきで, 置いて, 胸の, 能く, 腹ん中に, 自分は, 至極達者に, 良平の, 行って, 表面では, 買いに, 通る者, 遠い闇, 遺つて, 陶然と, 雨の, 風の, 骨の, 鮮かに

1 [2312件 抜粋] あいさ, あったらいい, あのほとり, あの先生, あの姉, あの小柄, あの書斎, あの獣, あの色, あの通りがさがさ, あの雲雀, ありあり胸, ありゃしないか, あるそう, あるて, あるよ, あれは, いくだろうね, いっしょに, いるが, いろんな形, おかしさ, おぼえてるかしらん, おりおりは, お上さんが, お前これを, お参りを, お時, お父様, お金を, かなり大切, きたない泥水, きれいに, こういうもの, こうだろう, この一節, この千枝, この山中, この手紙, この曲, この案山子, この男, この石, この自由, この話, この野口家, これの, こんな代議士, さぞ匡, しみじみ味, すぐ目, すでに万遍, ずいぶんと, そういう, そういう悪癖, そうかね, そう思えませんです, そっくり心, そのお母さん, そのまま魂, その世話, その住民, その危険, その噂, その姿, その学生, その帝様, その当時, その方面, その替え, その気, その池, その生死, その知識人, その考え方, その言葉, その魂魄, それらの, そんな御, そんな群棲状態, たくさんお, たしかです, たまには, ちっとも変りません, ちゃんとした, ちょいちょい会っ, ちよつと, できる, ときどきこの, ときに, どうしてあんな, どこを, ないこと, なおその同じ, なお使われ, なお口, なお存, なお支配的, なお沢子, なお眼, なかなかいい, なかなか本当, なにかありましょう, なほ問題を, なれるやう, はだしで, はっきり憶え, はっきり聞えます, はつきり目に, びつくりする, ぶらぶらし, ほんまかしら, まさか信じ, まだおだやか, まださうで, まだはけ, まだカセ, まだ体, まだ君, まだ少し疑っ, まだ彼, まだ方々, まだ最初, まだ残っ, まだ生ま生ましく残っ, まだ続い, まだ舞台生活, まだ貴方, まるで川, むつかしい木取り, もし御, やっぱし, やっぱりお前, やっぱり佃島, やっぱり感嘆, やっぱり遊ぶ, やはりこの, やはりやって来る, やはり気違い, やはり自分ら, やや広い, やるから, よい, よくそれ, よく分つ, よく徹夜, よく種々, わからないが, わずかながら, わたし一人なら, アルファベットで, イワイという, オルガンの, キゲまたは, クラムと, コロール島民女子青年團長を, シャクの, ゾッとして, トン子さんの, ニユーヨーク・ヘラルドの, ハッキリ記憶, バイオリンを, フランスの, マダ絶えない, ヤミで, リットル, ワコーワコーと, 一つは, 一切經の, 一時間毎に, 一番恋しい, 一隅に, 三体詩中の, 三時に, 下岡蓮杖さんが, 不相変, 世界に, 世間から, 中共も, 乃公は, 九州の, 事に, 二尺近い, 互いに遠く, 京都では, 人間としての, 今野小沢両, 伊勢大神宮に, 会つてる, 何となく大儀, 何んか, 何処に, 使って, 便所へ, 信州に, 俳句などを, 健在かの, 僕と, 優秀な, 兄が, 先生が, 児童走, 全国の, 公債の, 其の当時, 其名が, 其處から, 出て, 出来るかしら, 分らないん, 切れ切れながら, 判らぬが, 前の, 北海道の, 十五日の, 千鶴子を, 南北戦争を, 博士が, 印度では, 厳として, 収穫の, 口惜しさ, 古い看板, 古本として, 右岩窟は, 吉野辺に, 同じよ, 同じ高, 名だけは, 向側の, 和蘭人が, 唯一の, 四月の, 図々しく俺, 国元の, 土に, 土葬の, 地方によっては, 埋火, 塀外に, 壮者を, 変らない, 外から, 多くヒノツジ, 多勢の, 多数の, 夜風の, 大きな白い, 大切に, 大変な, 大連の, 天子様などには, 夫婦は, 女の, 好きだ, 妹に, 婚姻問題日本婚姻史といった, 子供が, 子供や, 存し, 学問は, 安いもの, 宏子の, 実さんが, 実際に, 宮津藩の, 家刀自の, 寄席や, 寺子屋の, 小さな然し, 小湊の, 少しずつは, 少し身体, 尚故郷, 居るでしょうか, 山の神様は, 山内諸, 峠の, 巣鴨に, 左樣で, 市民の, 師匠の, 幅の, 年とった, 年長の, 幾分かは, 度たび起つ, 引つか, 当って, 役に立つて, 彼女を, 得意と, 御婆さん, 御降り, 心臓が, 忘れた事, 忘れねえ, 忘れられないほど, 忘れ難く, 怒って, 思いがけずとおい, 思い出すの, 思い出せたが, 思い起こすと, 思っては, 思ひ出すたんび, 思出すかと, 怪しい地図, 恋しがっ, 恐れられて, 恥かしい, 悚然と, 情の, 惜しい気, 想ひ回らせる, 愛して, 感じて, 感涙がもよ, 憶出す, 戦って, 手踊りや, 折々大, 抜け切れない妙, 持つて, 揉めと, 故老の, 教壇の, 敷島や, 斯く信じ, 新年の, 旅行が, 日本に, 日記を, 明いた儘, 明瞭に, 昔彼の, 是に, 時々ある, 時々そんな, 時々やつ, 時々勧工場, 時々引っ張り出し, 時々思ひ出し, 時々真面目, 時々隣, 時折は, 暑い月, 書が, 最も人気, 月に, 有意味に, 朝鮮では, 未だ活き, 本当の, 杓子には, 東北に, 東奉行付きで, 柳原河岸の, 栄之, 森元の, 樣, 歌う歌, 正木博士が, 歴々と, 死んだこと, 残つてゐる, 残念で, 殺せる, 毎月僕に, 比較的に, 気に, 氣比の, 水垢離とっ, 江戸に, 決してその, 汽車の, 河向うには, 泣いて, 泰山府君といふ, 流れて, 浮かんで, 海を, 海鼠の, 淋しい日本海, 清い愛慕, 渚から, 準備として, 漢學を, 炭俵の, 無いこと, 無理とは, 熱心です, 片目の, 物に, 狂言詞の, 独り気の毒で, 猶信じ, 玉太郎と, 玩具屋の, 現にそう見える, 甘い夢, 生き残って, 生徒の, 田舎では, 町は, 疎開先に, 痣の, 白痴的な, 百合を, 皆記憶, 盆踊りの, 目さきに, 盲目の, 相川の, 相当飲める, 真によい, 真紅なまんじ, 眼前に, 矢張下駄に, 知らないが, 石子刑事の, 確め得られる, 社会的に, 神主の, 祟って, 秀子は, 私も, 私見る, 稀ながら, 空気の, 笑ふこ, 籐椅子により, 素人の, 絶えず結婚, 総身の, 美しい色彩, 考へて, 聞きどころ, 肩身が, 腐った軌道, 自分が, 自炊し, 船材を, 色や, 芝居や, 苦しい, 茶人以上に, 草臥れずに, 落語家の, 藪スズメ, 行はれ, 褻の, 見られます, 覗いて, 覚えてる筈, 親類づき合い, 言う姉さん, 記憶え, 評判に, 語気を, 誰か, 諸地方, 議論に, 變らず, 豊臣伯爵など, 貴方の, 賞めものに, 起るん, 路通る, 転落し, 農家などは, 迫害し, 連れて, 遊び事の, 道らしい, 遠くから, 部落の, 里はずれの, 金が, 釣りづらい, 鏡臺の, 長芋を, 関東地方の, 降るの, 隠寮, 雀を, 難波大助といふ, 露眼に, 静葉の, 頑丈な, 顔など, 風を, 食べたいと, 餅団子を, 首の, 駒井に, 骨身に, 魔界の, 鳥や, 鶏を

▼ 今~ (3316, 3.7%)

660 なって 304 して 93 至るまで 59 始まったこと 57 なっても 53 見ろ 44 なっては 37 はじまったこと, 見て 27 至って 24 至るも 22 いたるまで, なると 16 わかる 15 残って 14 わかるよ 12 及んで, 帰って, 見ろと 11 至りて 10 なれば 9 至っても 8 出て, 於て, 至る迄, 見ろ今 6 なってから, なつて, 分る, 到るまで, 覚えて 5 おき耳面刀自, つづいて, なるまで, 伝わって, 判りますよ, 始まったの, 忘れられない, 忘れること, 見せて

4 [13件] おきして, みよ, みろ, もつと, わかります, 今に, 今にと, 分ります, 分るよ, 判る, 忘れ得ない, 生きて, 荒しては

3 [31件] お登和さん, しては, なりて, なりまして, もうしろ, わしの, 三河やの, 伝えて, 何の, 到って, 到っても, 到りて, 到る迄, 及びて, 及ぶまで, 始まった事, 存し, 後悔する, 思へば, 成って, 成つては, 於ても, 此の, 残つてゐる, 比べて, 至っては, 至るまでの, 見よ, 見るが, 見ろといふ, 解る

2 [110件] あっては, い, いたっても, いたりて, きっとあの, きっとお, きっと何, しても, すれば, だん, なすよしもがな, なってさえ, なりては, なりましては, はじまった事, はじめぬこと, みて, みろおれ, もっと良い, わからない, わかりますから, わかること, わかるさ, わかるわ, バスガールや, 七十に, 上等の, 人の, 会わせて, 伝えられて, 偉くなる, 兄さんが, 分ること, 分るさ, 分るだろう, 分るとき, 分るよう, 分るわ, 判って, 判るよ, 古りけむ, 大変な, 太一の, 始めぬこと, 始めぬ事, 始めぬ色師自慢, 家の, 帰ると, 帰る今, 弓矢町と, 徒党を, 必と, 忘れない, 忘れぬ, 忘れません, 思い知らして, 思い知る時, 息子の, 悪魔にも, 慣れるって, 成すよしもがな, 戦争に, 敵を, 来たらば, 来るかも, 来るだろう, 来るよ, 樂をば, 此所の, 死んだか, 殘れ, 殺して, 母親か, 比べると, 治るだろうと, 泣きを, 潰れるよ, 疼むこ, 癒ったら, 癒る, 知れないの, 自分も, 至ったの, 至ってその, 至て, 至るまでも, 至る千年間, 至る長い, 見てて, 見てや, 見な, 見よと, 見ろここ, 見ろという, 見ろどんなに, 見ろ何, 見ろ蛸市, 解るよ, 訊いて, 訊くと, 記憶し, 起きて, 近い, 迫る, 遣るから, 遺して, 遺って, 限ったこと, 限った事, 雨が

1 [1294件 抜粋] ああなって, あなたへ, あの女, あり今, あり年旱, あること, あんなにし, いいもの, いい着物, いい身上, いたって, いたるところ, いまに, うんとおもしろい, えらい騒ぎ, おかみさん, おきやっぱり, おき多く, おき成立, おき映画, おき表門, おじょうちゃんの手, おつぎ, およんで, おん行く, お出で, お前方, お夕飯, お嫁, お正月の, お目, お辞儀を, かう云, がたがたッ, きっとあたる, きっとこんな, きっとシャヴル, きっと何とか云い出す, きっと呉, きっと悪い, きっと本, きっと罰, きみの, くるだろう, ぐつすりねむれるよとかう, こうなったら, こっちも, この六畳, この藤吉郎, こッち, ごらんに, さわりて, したつて, してさえ, しのんで, しゃぶりついて, し坐す, すこしは, すっかり白状, するの, ずんずん伸びるだろう, そのとき, その塵芥, その覆面, たいへんな, ちょっと金, つたへて, つまらん目, てめえの, とび上るに, とんでもない, どうかなっちゃう, どうするだろう, どうなるだろう, どうやら話せる, どんなになる, なおります, なお観る, なすよしもが, なったが, なったら非常, なってからは, なってと, なりますと, なりやがって, なり考えますれば, なるの, なる蛇, なんとかなるだろう, のうのうと, はじまつたこと, はじめず外, はじめぬ事, はっきりさしてやる, ひっくりかえるなんて, ふるえること, ほんとうの, また面白い, みたまえ町じゅう, みよふたたび, みろと, みろひどい, みろ夜逃げ同様ここ, めざましい戦功, もうすぐ私達, もう少し暗く, もしもあいつ, もっとい, もっと暑く, やがてあらゆる, やむ, やるだろうぜ, やろうと, ゆくえが, ゆっくり話します, よく理解, わかって, わかりますよ, わかりません, わかるでしょう, わかるよう, わかる時節, わての, アロハは, ウンと, カイロに, キチガイに, ソヴェト同盟勤労者は, トーキーか, ドンナ事が, ピッポちゃん, プロの, マンガンが, 一人一人われに, 一攫み, 一枚一枚縫っ, 三人が, 下って, 不明なある, 世の中から, 世界中が, 主人から, 主人の, 九兵衛は, 五年も, 亡びますよ, 今にって, 今よりも, 他の, 伝えた一つ, 伝へて, 伝わる皇室, 伯母御さまが, 何か, 何とかする, 何とか云う, 余暇ごとに, 例えば親, 信ずる人, 停年に, 傳る, 僕だって, 優るべし, 先生に, 先生も, 兎神と, 全癒せぬ, 六十くらいに, 其処から, 其子の, 其激怒續けて, 処するの, 出よう, 出世し, 出来ます, 分かるだろう, 分かるよう, 分らなくなるだらう, 分りますが, 分るから, 分るに, 分る時, 刑が, 初めぬ事, 判りますそれでは, 到っては, 到りましても, 到るも, 則って, 劣らず他, 動くかと, 化けるだろうと, 十円百円の, 十時の, 参り申さずや, 及ぼし東, 叔父さんが, 取り殺して, 各地に, 吉野太夫が, 向こうが, 君の, 吠面かく, 吾家でも, 呼び戻すただ一縷, 品物なか, 嗣がむ, 国立公園に, 坊ちゃんが, 執念が, 報告が, 変らざる由, 外して, 外国人が, 大いに不自由, 大きくなっ, 大和魂と, 大学に, 大時計, 大軍を, 天の, 天国へ, 夫婦に, 奥さんを, 女の子が, 奴等が, 如かず如今強, 姉さん方が, 始まった訳, 始まった風説, 始まりしに, 始めぬ滞在, 嫁に, 子猫は, 存せざる, 存れる, 学校を, 実現する, 家族の, 専門の, 尽きるであろうという, 屍は, 屹度しれます, 屹度罰が, 島田にも, 工面し, 帰して, 帰っては, 帰らないお, 帰りますから, 帰るだろう旦那, 年取る, 幾倍する, 廃らないの, 弟月は, 当つて, 彼女が, 後悔するだろう, 御主人, 御母, 御覧じませ, 徳川豊臣の, 心あしく, 必ず明らか, 必とね, 忘れぬ事, 忘れやらず, 忘れる事, 応報は, 思いしらせて, 思い出すかも, 思い知らせて, 思ひつかうぞ, 思ひ知らせて, 思ひ知る時, 急勾配, 怨恨に, 悪劇, 悲鳴でも, 憐み合う, 成す由, 成るねえ, 我身も, 戦争が, 戻って, 手で, 手並を, 抱いて, 持って, 掘り出して, 探し出して, 支那式の, 散歩も, 文明が, 新円本出版, 於いて, 日本で, 旦那が, 明るみに, 春を, 晩方また, 暴れだすだろうと, 月でも, 期す大事, 本当の, 村の, 来る, 来るぞや, 来るに, 東京が, 東口揚屋に, 柔い, 楚狂の, 止めて, 死んで, 残して, 残りしもの, 残りを, 残り居るという, 残る印象, 残る噂, 残る雲母阪, 残れるその, 残存する, 殘念に, 母さんの, 毒瓦斯でも, 毛ほども, 気がつきますよ, 気イ弛んだら, 氣比の, 江戸中から, 治ったら赤ん坊, 泣かされること, 泣き出すだろうよ, 活かす所以, 流行ません, 浅井は, 海人たる, 海鼠の, 清元常磐津習うべからずっ, 潰れるかも, 火の, 炎の, 無量の, 燃え繼, 父が, 物の, 狐が, 猛烈に, 猶ほ, 猶龍虎山, 玩具が, 理由が, 生えて, 生きながら, 生命までがか, 用ゐる, 申します, 男女共口を, 痛くなる, 發展する, 皆さんが, 皆様が, 目明きよりは, 直るだろうと, 相伝え, 真価を, 眼に, 着せて, 知れず, 知れますよ, 破裂する, 示せた, 神様の, 私の, 私語いた, 称揚せられ, 穴ボコの, 突然燈, 立ち上って, 立至ったので, 終らず未来, 絆に, 絶対に, 続きまず, 綽名を, 繁昌なんの, 繰りさげて, 考えて, 聖パオロに, 聳える天主閣, 肥って, 胸の, 腕一本で, 膳を, 自分から, 自分で, 自然に, 至ったが, 至ってこの, 至つた, 至つてこんな, 至つてゐる, 至つて比較見当の, 至つて誤謬に, 至り他社, 至り初めて, 至る一, 至る四千年間, 舞い戻ります見てて, 色々の, 芸者に, 英国海軍が, 落ちるだろうと, 藤本に, 融けて, 行き詰ること, 行くからね, 行くわ, 行は, 裸女用マチス型ソファーバッグシーツ枕一組何円の, 見い, 見えて, 見えませう, 見かえして, 見せるよ, 見ちょ, 見ねえまた, 見や, 見よ同志, 見られると, 見ろきつ, 見ろほんとう, 見ろわが, 見ろ伊之助, 見ろ大臣, 見ろ己, 見ろ思い知らして, 見ろ然し, 見ろ私, 見ろ見ろと, 見知ろうはず, 視野が, 親米に, 解けぬ, 解ります, 解熱せず, 言わなくたって, 話した, 語りかけ今, 語り伝えて, 誰かが, 諸外国, 警視庁は, 貰って, 貴嬢, 資本を, 走り大黒, 路頭に, 踏んで, 転ぶわ, 返すだろうなどと, 返す由, 返報を, 迫ると, 追, 逢わして, 連続し, 遊戲的に, 道端や, 遺ったと, 遼東から, 都に, 酔払って, 金さんにも, 銀行を, 鍛冶屋が, 開けて, 防空壕を, 降りて, 限った訳, 限らずむかし, 限り斯う, 陥るであろうが, 隣の, 雪でも, 雷にでも, 面白くなる, 頼んで, 飛び入りが, 食う, 食は, 飯を, 首に, 馴れると, 高の, 鳴くから, 鹿を, 鼠色なり

▼ 今から~ (2830, 3.2%)

89 考えると 81 思えば 68 考えて 47 思うと 32 考へると 31 見れば 23 では, でも, 考えれば 21 見ると 19 思へば 16 十年ほど 13 考へて 11 二十年ほど, 考えますと 10 思ふと 9 それを, 三十年も 8 すぐに, 二十年前の, 五年前の, 思いますと, 直ぐに, 考えても 7 二十年も, 二十年前に, 二年ほど, 十年も, 行って 6 そんなこと, 一と, 一時間ほど, 三十年ほど, 三年ばかり, 三年前の, 五十年も, 五年前に, 十日ほど, 数えて 5 五年ほど, 出て, 十年ばかり, 十年前の, 横佩墻内へ, 百年ばかり

4 [15件] して, だと, ぢや, 一月ほど, 一週間の, 三十年前に, 三十年前の, 三年ほど, 六年前の, 四十年ばかり, 四年ほど, 心がけて, 思って, 考へれば, 見て

3 [49件] いえば, いっしょに, かんがえると, すぐ行く, そこへ, その日, その時, それじゃ, どこへ, みれば, やつて, 一年程, 一週間ばかり, 七八年前の, 三十分ほど, 三年前に, 二十何年前の, 二十年ばかり, 二千年も, 二年前の, 二月ほど, 五十年ほど, 京都へ, 何方へ, 先の, 八年前の, 十五六年前に, 十六年前の, 十年前に, 十年前までは, 十年程, 四五年前に, 四十年も, 四十年前の, 四年ばかり, 四年前の, 想うと, 想像する, 手を, 振り返ると, 振返って, 数年前まで, 江戸へ, 行けば, 見ても, 覚悟し, 言えば, 説明する, 顧みると

2 [146件] いうと, およそ百年, お前を, お遁げ, この男, こんなこと, ざっと三十年, ざっと四十年, すぐにでも, すぐにも, すれば, そのつもり, その用意, それが, たのしみに, ちょうど三年前, ちょうど百年前, ふり返っ, もう三十何年, わたしの, チャンと, 一しょに, 一ヵ月ほど, 一千年も, 一年ほど, 一時間ばかり, 丁度二十年前の, 七八年前に, 七年ほど, 七年前に, 七年前の, 七日前娘の, 三十五年の, 三十何年も, 三十余年の, 三十年ばかり, 三四十年前までは, 三年も, 三年前この, 三日前, 三日前に, 三日前の, 九百余年前に, 乞食を, 予め断わっ, 予想し, 予想する, 二十五六年も, 二十何年か, 二十四五年前に, 二十年前までは, 二十年前私の, 二十年程, 二十幾年の, 二十幾年前に, 二千年ほど, 二千年程, 二時間ばかり, 二時間ほど, 二百三十四年前の, 二百十五年前の, 二百年程, 五六十万年或は, 五六年前までは, 五十年程, 五年ばかり, 五年前別れ, 何も, 何年か, 兄さんと, 先を, 八十年ばかり, 八年前に, 六代前の, 冬の, 十九年前の, 十二三年も, 十二年前十七の, 十五六年前の, 十五年前に, 十五年前の, 十五年程, 十余年前に, 十分に, 十四五年前に, 十年前お, 十年前格別の, 十年前父の, 十年後の, 十数年前に, 十日ばかり, 十月ほど, 千余年も, 千四百年ほど, 千年も, 半年も, 半年前, 去なれへん, 四五年前の, 四十年以上の, 四十年前, 四十年前に, 四年前に, 四日前の, 四百年ほど, 回想し, 回顧する, 大分前の, 如何に, 宅へ, 宇品まで, 帰って, 帰るといふ, 帰るの, 心配し, 思い返して, 思っても, 思や, 悲しゅうございます, 想えば, 想像される, 振り返って, 教育しなけれ, 数年前の, 楽しみに, 歸る, 町へ, 百四五十年前の, 百年か, 百年も, 私の, 私は, 約十年, 考へるとを, 自分の, 行くん, 行つても, 言って, 訪ねて, 追っかけて, 酒など, 金沢へ, 頼んで, 顧みれば, 飛んで, 飢えて

1 [1622件 抜粋] あたしが, あの大きな船, あらかじめわかっ, あんまり無理, いっそう勉強, いへば, うんと勉強, おなじみの, おむつの, おもへ, およそ二十年, およそ六十年, およそ千三百余年前, おれが, お前の, お寺参り, お手紙, お断りだ, お父さんお母さんの, お禮, お譲り, お風呂, かしくへ, かんがえて, こうああと, このことば, この服装, こまったよう, これ位に, こんなに何もかもととのった, こんなに苦しく, ご合点, さうし, ざっと三年半前, ざっと四千年前, しかと約束, じゃかえって, すぐお, すぐし, すぐ二人, すぐ出向こう, すぐ帰っ, すぐ淺草, すぐ私, ずっと以前明治三十五, そういうこと, そう意気込む, そのしたく, その女房二, その準備, その顔色, そろ, そんなにこわがる, そんなに騷ぐんだい, そんな心細い, そんな無理, そんな行末, そんな風ぢ, たしか六, たった二十九年, たてても, だいぶん先, だけれど, ちやんと, ちょうど一月前, ちょうど三十一年前, ちょうど五ヵ月, ちょうど六百年, ちょうど十日以前, ちょうど四年前, ちようど六十年前に, つき纏って, でもと, どうしよう, どちらへ, ならあす, なんともいえない, のぼって, はてまえ, ひと押し, ふた昔半, ぼくたちを, まず帝都附近一帯, また世の中, まだ二月, みっしりやっ, もう一度出直し, もう二十一二年昔, もう五十年あまり, もう十數年, もう四十年, もう待ってるらしい, もう考え, やっても, やれば, よろしく有望, わずか三十年位前, ザット二十年前奥州仙台に, テグスネ引いてる, ハッチの, パディントン停車場へ, ボーッと, ヤツトウの, 一〇〇年以前における, 一カ月ほど, 一ヶ月ばかり, 一一〇五年の, 一二軒寄っ, 一人宛米二合八勺として, 一千八百年ばかり, 一千百余年前大, 一年前だ, 一年前繰返し, 一時間の, 一時間程, 一月前には, 一生懸命に, 一緒に, 一週間前に, 一週間程, 丁度一年前私は, 丁度三年前同じ, 丁度五十年前の, 丁度十年ほど, 丁度十年後の, 丁度四十年の, 七八十年の, 七八年以前の, 七八年前伊豆下田港の, 七十三年前に, 七十幾年前明治九年の, 七年前です, 七日前の, 七日過ぎた, 七百年前に, 三ヶ月前までは, 三十一年の, 三十九年も, 三十五年ほど, 三十余年前に, 三十八年前の, 三十分後日比谷公園内の, 三十年の, 三十年内外で, 三十年前始めて, 三十年後に, 三千年程, 三四代前とやらの, 三四十年前であったら, 三四年前の, 三四百年前の, 三年の, 三年前おれが, 三年前には, 三年前他界世帯は, 三年前半, 三年前私が, 三年程の, 三時間休養を, 三月ほど, 三百二三十年前の, 三百何十年前の, 三百年ばかり, 三百年も, 三百年前の, 三百年近くも, 上陸する, 与へられた枚数, 中二日, 丸三年前大正十年の, 九十九里浜の, 九十年前に, 九年前たつ, 九百年前に, 予想させる, 予言は, 二ヶ月ほど, 二三十年前に, 二三年前である, 二三日以前の, 二八二年前の, 二十一年も, 二十七年も, 二十二三年前の, 二十五六年ばかりも, 二十五六年前拙者が, 二十五年前觀音樣へ, 二十何年前スコットランドの, 二十余年前一八九一年に, 二十八年前だ, 二十八年程, 二十四年前この, 二十四時間経たない, 二十年と, 二十年以上, 二十年前来栖勘兵衛有賀又兵衛という, 二十年経て, 二十幾年前の, 二十餘年前に, 二千五百万年以前にも, 二千六百余年の, 二千年前に, 二年ばかり, 二年前三百兩だけ, 二年前平次が, 二年半ばかり, 二日たつ, 二時間も, 二月前に, 二百五十五年以前の, 二百六七十年前の, 二百四五十年前に, 二百年前安藤昌益なる, 二週間と, 云え, 五代前と, 五六年前までの, 五六日ほど, 五十三日前の, 五十余年前に, 五十年ぐらい, 五十日前の, 五年あまり昔の, 五年以前女の, 五年前主人の, 五年前小左衞門の, 五年前親方の, 五年前部落青年の, 五箇月も, 京の, 人民裁判です, 仕事を, 伊豆守さまの, 伺っても, 何で, 何を, 何処へ, 何十年昔には, 何年の, 何年後かね, 使って, 俺が, 僅か二百二, 僕と, 先きのもっともっと, 先四週間が, 八九十年昔は, 八十五年の, 八十年程, 八年前親父の, 六七十年ほど, 六七年前に, 六十六七年前の, 六年ぐらい, 六年前九月三十日午後八時から, 六日前の, 六百余年前の, 内地の, 凡そ一千百年前の, 凡そ二十年も, 凡そ五六十年前の, 凡そ十年いや, 出かけて, 出すわけ, 出掛けて, 医すこと, 十一年前に, 十一年前寛政四年の, 十七八年以前の, 十七年前音次郎に, 十三年も, 十三年前わたしが, 十三年前筑紫の, 十二三年前の, 十二年前今では, 十五六年前丁度, 十五六年前裏飛騨の, 十五年ほど, 十五年前即ち, 十何年まえ, 十何年前の, 十八年前の, 十六年前や, 十分ほど, 十四五年前日本で, 十年あまりも, 十年にも, 十年以内に, 十年位前の, 十年前と, 十年前死にかけ, 十年経つ, 十数年前の, 十数年昔の, 十日以内に, 十時間ばかり, 千七八百年もの, 千三百年ぐらい, 千九百年前に, 千何百年前の, 千十余年の, 千年以前の, 卅年前たまたま, 半年ほど, 半月ほど, 半歳ほど, 取り急ぎ出立, 古着屋へ, 吊られては, 君は, 嚇か, 四五十万年前に, 四五千年前の, 四五年も, 四十三年ほど, 四十五六年前の, 四十余年前の, 四十六年前私が, 四十年前には, 四十幾年の, 四千年も, 四年前, 四年前私が, 四時間を, 四百年近くも, 地獄へ, 夜よるまいります, 大事な, 大別山の, 大沢君と, 夫に, 女なんか, 女房などを, 如何にも恐ろしい, 始まつてる, 始めれば, 子供一人で, 宇宙服に, 安里さんを, 室蘭の, 寄合を, 察して, 尋ねること, 少しまえ, 少し袋, 已に五十年, 帰ったらまた, 帰宅する, 幼い子供たち, 廃刀と, 廿二三年前に, 引返すと, 張りきっちょ, 彫刻を, 往こうという, 後には, 後へ, 後白髪小僧様と, 心がけなければ, 心配で, 心配を, 思いかえして, 思いやられます, 思うの, 思つても, 思ひますと, 思召すから, 怪談を, 恐竜に, 想うても, 想像した, 愉しみ, 感心し, 慎重に, 手分けを, 承知の, 振返ると, 探しても, 描かんと, 改めて折, 数世紀前までも, 数年も, 数年前三越か, 数時間の, 數十年前の, 料理人にも, 方さに, 既に, 日本へ, 明言する, 晩までの, 更に純粋, 朝まで, 村中, 東京駅に, 柿の, 森の, 検事局へ, 楽しみである, 概括し, 歩いて, 死んだつもり, 殆ど二千年前に, 気を, 氷峰の, 決断し, 浅黄の, 深水の, 準備を, 炊かしても, 煙草喫ましてどう, 犯人を, 生れ直したい, 用心したい, 用意し, 申し上げやう, 町人の, 疲れて, 癖を, 百三十年ほど, 百二三十年以前の, 百五六十年前にも, 百五十年前元禄年間に, 百余年前に, 百余年昔に, 百六七十年前の, 百四十餘年ほど, 百年ほど, 百年以前ゴオゴルは, 百年生き, 百年近く前の, 百日といふ, 皆様に, 直ぐには, 直ぐ花田軍医, 直に貴様, 眼に, 知ること, 知れ切って, 禁酒し, 穀の, 竪川の, 米を, 約一年, 約一週間, 約三十年, 約三年, 約三百年前, 約二年前, 約十五年前, 約千七百八十年, 約四十年以前, 約四百余年, 素人芝居の, 美しくし, 老ぼれては, 考えての, 考えますれば, 職員会議が, 脊髄病なんぞに, 自分は, 至急認め, 色々な, 茄子を, 荷造りです, 蓮華を, 行きては, 行く所, 行ったって, 行っては, 行つて来るだ, 衣紋を, 見えて, 見ての, 見りゃあ, 解釈し, 言っとくが, 詫びを, 誡めて, 読んで, 講堂へでも, 豫め苦しん, 足かけ八年前の, 足掛け四年以前に, 軍司令部へ, 追想し, 逆算する, 道楽なんぞ, 部屋へ, 酒を, 金持に, 門に, 隠居でも, 雲に, 青葉見物にでも, 頻に, 顧みても, 飯を, 駄々を, 驚かれぬご

▼ 今までの~ (1936, 2.2%)

86 ように 43 ような 23 ことを, やうに 18 自分の 16 ことは 15 事は 14 事を 13 ところでは 11 間に 10 ところは, 通りに 9 やうな, 経過を, 話を 8 ことが 6 彼の, 生活を, 私の, 経験に, 話は 5 すべての, 態度を, 生活が, 経験で, 苦心も, 話の

4 [11件] ものを, ようには, 出来事を, 多くの, 彼は, 心の, 日本の, 日本は, 研究は, 私は, 長い間

3 [29件] うちで, お前の, とおりに, ところで, ふたりそれに, ままでは, ものと, ものとは, ものより, 事実を, 二人の, 例に, 分を, 妾の, 恐怖が, 所では, 様に, 様子を, 生活と, 生活は, 生涯で, 生涯を, 経験から, 考えは, 考えを, 考え方を, 自慢の, 通りの, 関係を

2 [86件] あどけない約束, いきさつを, いずれの, おしゃべりは, かの女, すべてを, どのよう, どれよりも, ばか騒ぎに, ものに, やうには, やり方を, われわれの, 一切の, 三四分間で, 不健全な, 不安は, 世間の, 事が, 事件の, 人の, 人は, 仕来りを, 例では, 倍に, 元気は, 光輝が, 分が, 妙な, 嬉しげ, 学者の, 実験の, 小生の, 彼では, 彼には, 彼女とは, 彼女は, 御恩, 微笑が, 心細さ, 意味を, 感傷的な, 我を, 手口から, 探偵小説では, 政治の, 教育法の, 文化の, 日本には, 日本人でない, 日本人の, 木村ぢや, 樣に, 歌と, 歴史と, 歴史を, 沈黙を, 火事は, 生活に, 生涯に, 疑問が, 疲労と, 私とは, 穏かな, 純文学の, 経緯を, 経験が, 経験は, 緊張が, 罪の, 罪は, 罪を, 習慣を, 考へを, 苦しみを, 苦労が, 苦労を, 苦痛に, 華やかな, 行動は, 話では, 話とは, 費用は, 道徳は, 関係も, 革命に

1 [1256件 抜粋] あなたで, あらゆるもの, あらゆる思想, いかなる年, いきさつは, いろいろの, うちに, おあし, おけいこ, おれだ, おれを, お大尽さま, お得意, お芳, お話しの, お調べ, お馴染効, かりそめ, ぐわん張り, こととして, ことも, ごたごたした, ご勉強, さまざまな, しかつめらしい博士, しわがれ声, すべてと, その音, それと, そんな怪談, ただ一つ, つづきであったらしい会話, とうさんの, とげとげしい調子, ところいろいろな, ところそれを, ところなら, ところまだ, ところを, ところ報告は, ところ手紙に, ところ由起さんの, ところ茶碗に, ところ青江三空曹の, どの九谷, どの日よりも, ならひで, はじめての, べた話は, みのるならこんな, ものは, やうな考へ, やせた骨, やり古, やり方には, ようすで, ような煮え切らない, よしみに, わが國, んこの, ウスノロでは, エンピールは, コックが, ナオミには, ヒダシナノ間の, ブルジョア認識論は, メカニズムが, レコードである, 一年と, 一生を, 七兵衛として, 三つの, 三区を, 三年分暑い, 下宿を, 下準備, 不安を, 不思議が, 不良が, 不運も, 世の中と, 世の中は, 世界の, 中で, 主人に, 乞目では, 争いを, 事の, 事や, 事件を, 事実な, 事情を, 事行末の, 二十四倍ちかい, 二階に, 交際も, 人智という, 人生に, 人間なんか, 仔細を, 仕事について, 仕事も, 仕来りが, 企業資本家の, 会合よりは, 伝統の, 伝統的の, 住居の, 住居を, 何十何百倍もの, 何時彼方から, 作品は, 作物に, 例によって, 例の, 信用を, 俳句の, 個人主義的な, 倍ほどの, 借金を, 假定を, 傾向は, 僕という, 償いには, 元気に, 光景は, 兵馬さんとは, 内に, 冒険談や, 冷やかな, 凄味を, 凄愴, 処二人の, 処相, 出来事の, 出水も, 分類を, 判例を, 剛情や, 劇場の, 努力は, 勇気が, 動揺した, 勢いを, 十倍もの, 十年間は, 千束町の, 千柿鍔も, 半熟という, 卑怯な, 単なる家庭, 単純な, 印象の, 危険な, 原料の, 友だちに対しての, 取調べに, 叙述だけ, 古い家, 句に, 合戦でも, 同僚で, 名勝記は, 君は, 呉一郎で, 周囲の, 命がけの, 商業を, 喜び全部が, 喧噪が, 国外にのみ, 圧迫が, 坊主とは, 基礎を, 報酬を, 境遇を, 声とは, 夏目さんとは, 多くと, 大きい圧迫, 大坂, 大衆文芸の, 天然には, 夫婦生活に, 失敗に, 失礼暴言は, 奇妙な, 奥さんの, 女たちと, 女の, 奴が, 如く不得手, 妙に, 姓を, 子供の, 子猫では, 学問は, 学者が, 学説で, 宗旨を, 定期に, 実験で, 家とは, 家庭教師よりは, 容姿忽ち, 寄宿舎生活と, 寒くも, 小さな内輪揉めみたい, 小成金気分, 小説や, 少し過度, 居所には, 山朸だけ, 岸本捨吉を, 己が, 常識には, 幕府政治の, 平地の, 店が, 座敷より, 引き続きで, 強ひ, 役人方の, 彼にと, 彼等の, 径路が, 得意は, 御家庭, 御論, 心を, 心配を, 忍苦は, 快活が, 快活な, 怖さ, 思想の, 性格が, 怪しい光, 恐怖と, 恐怖を, 恨は, 恩給は, 悄気た, 悔は, 悩みは, 悪感情, 悪酔が, 悲しい思出, 情けない気もち, 惰力とでも, 想像の, 意地汚さ, 愛情より, 態度で, 慌てかた, 慣例は, 憂鬱も, 成り来たりを, 成り行きを, 成行を, 我が國, 我国の, 所じゃ, 所見では, 手並で, 打ちとけた艶容, 持主で, 捜査の, 採訪ぶりは, 接待に, 推量が, 擬勢が, 支倉の, 政治が, 政治に, 政治家とか, 政治運動を, 教育され, 散華舞踊は, 敵を, 數へ, 文化伝播論者の, 文学遊戯の, 斬合いで, 新劇が, 新子の, 方が, 方言研究を, 旅中は, 旅行と, 旅館を, 日本人は, 明るい面白い歓喜, 映画には, 時とは, 普通だった, 暗黒街の, 暢気な, 月日と, 有様を, 木村助手が, 本庄采女で, 材料と, 柔和に, 森は, 極度の, 模様を, 横着な, 正木博士の, 此那に, 歩き方, 歴史の, 死骸は, 段階に, 比較研究が, 気分を, 気持で, 気苦労を, 水素の, 水藥と, 求婚者たちの, 決心も, 沈默を, 法印や, 注意が, 洵吉には, 浅いお, 浮きあ, 混雑に, 温順しく沈ん, 滯在期間の, 演劇を, 澄ました顔, 濶葉樹は, 炭薪奉行村井長門守は, 無遠慮に, 無駄口も, 煩悶と, 物理学では, 物自身としての, 牽引力が, 状態が, 狭い悩ましい過去, 理論から, 生存の, 生活では, 生活について, 生活ぶりも, 生活より, 生涯, 生涯の, 用語例といふ, 田山の, 留置場生活の, 疑いの, 病気も, 白人の, 目まぐるしい生活, 盲目なる, 相部屋と, 眠そう, 知人たちと, 知識が, 石持染小袖の, 研究に, 硯と, 礼を, 神妙が, 神道の, 祭祀組織が, 禁錮と, 私が, 科学を, 種々の, 穴とは, 突慳貪に, 竹の, 筆法で, 精気は, 約束や, 紳士的な, 経歴を, 経過について, 経験では, 経験にて, 経験の, 結論であった, 絶望が, 經驗で, 続きの, 緑一色の, 縮図帖を, 美しさ, 義理が, 習慣とか, 習慣に, 考えから, 考えなど, 考察の, 腰の, 自分であった, 自分という, 自分を, 自白を, 良沢に対する, 芝居は, 苦しかった, 苦しみは, 苦心が, 苦心努力の, 苦痛が, 荒蕪な, 葛藤を, 薄暗い道中, 藥代と, 處とは, 虚無に, 行がかり上堀に, 行きがかりの, 行きがかり上重吉の, 行き掛りは, 行き詰まりの, 行動から, 行掛りも, 表現の, 見方に対しては, 親しみなどは, 親友も, 観察の, 解決不明の, 言葉も, 証人並に, 証言を, 話だけ, 話で, 話よりも, 話全, 語原論, 誰に, 調子で, 調子には, 調査の, 論旨で, 諸記録, 講義が, 豪族風な, 販売店は, 貴方様, 賑かさに, 赤い瑪瑙, 赤面とは, 趣味を, 足の, 路を, 身持を, 追想を, 退屈を, 通りを, 通り充分, 通俗小説を, 通路の, 進路から, 運動は, 運命から, 過酷に, 道の, 道場での, 遠景から, 部屋とは, 部屋は, 酒とは, 重荷を, 金貨や, 錯覚を, 長い工場生活, 長話も, 間この, 間ずいぶん, 間は, 間甲州の, 関係一切合財新聞い, 関係上大変仲が, 防毒面じゃ, 陰気に, 陽気な, 雉子の, 雨つづきで, 雲で, 青では, 静な, 非を, 非行を, 顔いろ, 顔に, 顫いが, 飛鳥的な, 飾を, 養育費を, 鬱屈を, 鬱気が

▼ 今~ (975, 1.1%)

11 一度も, 通りの 9 忘れて, 自分の 8 私の 7 私が 5 何も, 何を, 彼は, 気が, 私は, 誰も 4 お利代, 一度だって, 何処に, 姿を, 少しも, 述べて, 通りで, 通りに, 遂ぞ

3 [11件] 他の, 何か, 何の, 吾, 幾度か, 書いたもの, 考へたこと, 自分が, 自分に, 見たこと, 見て

2 [67件] いい気分, この私, その暇, それを, だつて, でも, どこに, のは, のを, ばかされて, ぶらぶらし, 一緒に, 上島と, 世に, 世間に, 云つてゐた, 以上に, 何事を, 俯きがち, 健の, 傲然と, 充血し, 危く夫人に, 嘗て感じた, 多くの, 嫁にも, 寝て, 平気で, 幾度かの, 張り詰めて, 彼の, 心配し, 愛情の, 感じて, 持って, 捗々しい返事, 敵イ討つ, 敷いて, 書いた一聯, 校長の, 此の, 歩いて, 気付かずに, 氣が, 泣いて, 無口だった, 無雑作, 生きて, 男の, 矢張り不器用な, 知らなかつたん, 私を, 経験した, 考えたこと, 聞いた事, 自分は, 自活し, 見た中, 貴女の, 通ったこと, 野村の, 金で, 隠されて, 餘り, 默つてゐた, 黙って, 黙つて

1 [687件 抜粋] あちこちに, あったとおり, あった箪笥, あつた, あつた型, あの働き, あの婆さん, あまり煩ささ, あるか, あんなにおとなしく, あんなに気儘, あんまり悪い, いた家, いて, いろ, いろいろの, いろいろ蓄積, うぬら, お前には, お桐, お民, お金の, お願いし, かういふ機会, かかって, かけて, かつと, かて先方, かなり皆んな, この人, この元日, この寄宿舎, この未知, この氷山, これツきりの, こんだけ, こんなこと, こんなに全身的, こんなに彼, こんな旨い, こんな気持, こんな話, さほど気, さんざ浮気, しきりに読ん, じっと黙っ, すごして, すつかり忘れき, すて, すべて支那の, そういう風, そう端下, その今謂, その宣傳, それと, そんなあんた, そんな恐ろしい, た, だつて一日, だつて他所, だつて叔母さん, だまつて柱に, だツ, ちつとも, ついぞ病気, ついぞ経験, つひぞ悪い, つひぞ感じたこと, できなかったけれども, で三回, で熱烈, とり上げられて, どうして気付かなかったろう, どうして腹の中, どおり御, どこを, どほり, なすって, なにしてるだ, にやにやし, ので, のべた結晶, はね私達, はやり度い, ぱらりと髪, ほ, ぼそぼそ話し, ぼんやり話, ぼんやり部屋中, まさかと, まるで考え, まア外, みたいな, もつと, やらなくて, よいところ, よく見なかった, よりより多く, ゐた家, ゐた寢床, んの, ガヤガヤ騒い, ジツト止つてゐた, テルシテスに対して, デッキに, ドリアンの, ビラを, フウフウとは, ブロクルハースト氏と, ランプを, 一つの, 一二度逃げ場所の, 一人の, 一切無, 一時も, 一晩でも, 一枚の, 一種きりだった, 三千代の, 不仕合せに, 不可能である, 丑松の, 両手で, 之に, 之所へ, 事実を, 二人の, 云った一切, 互ひ, 人を, 人目に, 仕た事, 他家に, 代々死ん, 仮面を, 仰向いて, 住んだ何処, 何でも, 何べ, 何れ位ひ, 何一つ自分, 何処かで, 何処かの, 何処からも, 何囘反逆を, 何回反逆を, 何處に, 何處にも, 何遍も, 余り多く, 使って, 使はれ, 俺獨り, 停車場で, 僕の, 僕等は, 元気だった, 全, 全く別, 全く知らなかつた, 全然考えた, 其処を, 内緒に, 冗談に, 冷たい空, 分析を, 切なく胸, 動いて, 勝ちたいと, 勝手に, 勢力が, 匂わせも, 十円だった, 半神, 卓子に, 単に変人, 取扱つた, 古い土塀, 名儀, 君に, 君はど, 吾輩が, 周子に, 呼びなれて, 和歌を, 問題に, 喧しかった, 喪失し, 嘗てなかっ, 固くな, 在った燈籠, 坊ちゃんを, 堅い人, 堪えて, 夢にも思わなかった, 大抵一代に, 大概の, 太い細い線模様, 夫とも, 夫人の, 如何に, 姙娠した, 嫁の, 嫂が, 嫂に, 學問を, 完全に, 宗助の, 寄席で, 寢て, 小六, 居たプラットフォーム, 屏息し, 平生の, 平群眞鳥の, 幾度と, 店請が, 度々彼, 引張廻して, 引続い, 引続いてる, 張詰めて, 彼と, 彼といふ, 彼女は, 彼女等の, 彼等の, 待ち望んで, 待っても, 得意であった, 御國, 御存じない, 忘れられなかったの, 忠志君の, 思いも, 思つた, 思つても, 急いで, 恋だ, 恋愛を, 息も, 悪か, 想像し, 意識的に, 感じも, 懐しく床しく思つて, 我々の, 我慢し, 戦争の, 手に, 手傳つて貰つた, 扱つて來た, 抑えて, 折角金を, 抱いて, 押へ, 振り廻し, 提出する, 揺れつづけて, 政府が, 教師を, 文学を, 斯ん, 斯んな, 新聞記者の, 既に種々専門的立場, 日の, 日本は, 日記を, 明かつた世界, 明るかった, 春三郎の, 昼寝です, 暗に力添え, 曇つてゐた, 書いて, 書き続けて, 最も簡粗, 月を, 有頂天に, 朝鮮猫が, 机に, 来た様, 柔弱とばかり, 概念的に, 横坐りに, 機嫌好く, 歌ちゃんの, 此う, 此処の, 此処へ, 死んだやう, 死切れず, 殴られて, 母に対して, 母親に, 毫も気が付かな, 毫も氣, 気が付かなかったが, 気づかなかったこと, 気づきも, 気付かなかったの, 気付かなかった大人びた魅惑, 気付かなかった自動車, 水が, 永井君が, 決して叔父, 沈むだ顔, 沈んで, 流れても, 温顔を, 源氏の, 滝本は, 滞らせて, 滯つた宿賃なんか, 漠然とした, 漠然と気兼ね, 無かった, 無かつ, 無事で, 無表情であった, 無關係, 無駄に, 爭つてゐた, 父からの, 父の, 牢屋に, 物凄い鼾声, 独り身で, 独言を, 現在の, 生きのび豪華, 生みの, 用ゐられ, 用事の, 田舎の, 留守で, 病と, 病まないで, 発表した, 皆相談, 相当苦しん, 真実に, 真紅な, 眠り潜ん, 眺めて, 眼に, 着て, 睦まじく過ごした, 知らずに, 知らない感覚, 知らなかった強い, 知らなかった無機物内, 知らなかつたもの, 知らなかつた温かい, 知らねえが, 知られて, 神妙に, 神官が, 禎輔と, 私共に, 私達が, 私達の, 立聞きし, 章魚木の下で, 笑つたことの, 笑つてゐた, 笠原の, 箪笥の, 篠田君の, 精勤の, 組織的な, 経て, 結婚しなかった, 結婚問題に, 絵を, 継続せられ, 続いて, 緊め付られ, 縁遠くし, 縮み跼んでゐた力, 繁代に, 義妹の, 習慣的に, 考へ, 耳新しい話, 聞いたこと, 聞いて, 聞えて, 肌身離さず持っ, 胸に, 腰掛けて, 自ら識らず, 自分でも, 自分一個の, 至れりつくせ, 舞台に, 船で, 色々な遣り, 色々に, 草に, 著てを, 蓄えた全, 蔵んで, 薄暗かった, 蛙の, 行つた, 行はれた, 行衛不明の, 表を, 袋に, 見えて, 見たどんな, 見たの, 見た内, 見た所, 見た都会, 見た限り, 見つめて, 見られなかった美しい, 見改めて, 見縊り過ぎた反動, 親に, 親方とか, 言ったよう, 言つた, 記憶えて, 誇り気に, 読まれなかつたなぞ, 読んだ小説, 誰と, 誰にも, 議論以外若く, 讀んだレーニン, 讀んだ小説, 豫期し, 貪って, 貴いと, 貴族階級の, 起つたこと, 躊躇し, 車の, 輕蔑し, 辛苦した, 農業に, 辿って, 近づき兼ねて, 述べた樣, 逃げ廻わっ, 通りである, 通り一家同居し, 通り働きます, 通り出たい, 通り小母さん, 通り己が, 通り御, 通り落付い, 通り警察, 通り遠慮し, 逢つたどれとも, 進んで, 遂宗教の, 過ごして, 過したといふ, 部屋の, 釜貞の, 鎖されて, 鑛毒地方では, 長い間, 長く渡世, 長らく自分, 開拓した, 階下に, 階下の, 随分と, 随分迷惑, 随分限り, 隔月位に, 隠蔽し, 隱居したる, 静かだった, 静つてゐた, 静で, 須山を通して, 頭上を, 頼りに, 顏の, 顔が, 風を, 食つた, 食ひ, 餘り病氣に, 首里は, 骨折って, 鯛の, 鳴いて, 黄ばんだ洋燈, 黄人と, 默然と, 鼾を

▼ 今~ (902, 1.0%)

379 なっては 164 なって 39 違って 23 なつて 21 なれば 14 ちがって 11 なっちゃ, 同じよう 9 なっても 7 なると 5 同じやう, 昔と, 昔とは 4 なりては, 昔との 3 いっては, その頃, なっちゃあ, なりましては, 一緒に, 反対に, 成て, 比べて

2 [16件] お三輪, し四歳, 同じであった, 同じ事, 同じ十七, 同様に, 変らない, 変らぬ切ない, 変らぬ風景, 変れば, 少しも, 成って, 成ッて, 昔の, 昔を, 言ふ

1 [145件] あつて, あまり変り, あまり変化は, ある森林, あゝわたし, いうても, いうほど, いっちゃあ, いって, いっても, お照, かけはなれた古典, くらべて, ここに, これからの, し今, し四歳云々, し限るまじ, じゃお金, じゃ伊那, すっかりちがっ, そう大きな, それが, つたのは, つた梨だ, つた野兎の, てかならず, てこの, であるらしかった, どうな, どう違つて, どちらが, なった, なってまで, なつたら, なつちやそれだけ, なつちやアもう, なつちや止められる, なりて, なりますと, なりゃ少し, なり旅, なれゃ泥棒, びかゝって刺しに, ほつて, むかしとは, むかしとを, やこうと, よっぽど違った, りか, 云う一画, 云う今, 今から, 以前とは, 佇ず, 何と云う, 何方が, 余り変り, 傍から, 先刻と, 全く異, 別して心忌, 別に変り, 即ちワンス, 又違ってる, 同じき, 同じく他人, 同じく平静, 同じく無, 同じで, 同じであります, 同じに, 同じ事貴方, 同じ報酬, 同じ様, 同じ物, 同じ状態, 同じ理由, 同じ筆法, 同じ言葉, 同じ餅, 同様な, 同様幸福であった, 同樣ノーモーア, 変つてない, 変りが, 変りの, 変ること, 変るところ, 大した変化, 大分時代が, 大差なく, 大差なし, 大差は, 大急ぎに, 対比し, 心いさみ, 成つ, 成つて金ゆゑ体を, 明日が, 昔で, 昔とで, 昔にわたって, 昔は, 未開と, 本質的に, 東京はど, 格別変っ, 死後と, 殊なる, 比べると, 比較し, 比較すれ, 為って, 為っては, 為ては, 申して, 異った, 異なり堂塔, 異なるに, 異なるべし同, 見えました, 見たよう, 観念した, 言つては, 言われても, 越し方を, 身近く迫れる, 運びし中, 過去との, 違うて, 違うに, 違うよう, 違うわ, 違った空気, 違つた時節も, 違つてどうも, 違つて多くの, 違つて武蔵野の, 違つて金は, 遠くて, 隔りが, 非常に, 顔ばかり, 顔を

▼ 今この~ (862, 1.0%)

13 場で 11 手紙を 8 ような 6 夕日の 5 物語の, 瞬間に, 部屋の 4 ように, 二つの, 前を, 書を, 部屋に

3 [13件] 上で, 事を, 人の, 原稿を, 国の, 場に, 場合に, 家の, 本の, 点を, 男が, 男に, 船の

2 [66件] あたりの, こけ猿, ことについて, ご文, ところに, やうに, 下の, 下人が, 不変な, 中に, 事件の, 事実を, 二者を, 二階へ, 俺を, 区別を, 反問に, 問題に, 問題を, 国では, 土地は, 夏また, 大切なる, 女の, 家に, 家を, 寮に, 席に, 後の, 所有関係が, 手紙は, 手記を, 提灯を, 文に, 文を, 文章を, 方が, 日域に, 時こそ, 時刻に, 机の, 村の, 様に, 港の, 男は, 男を, 目の, 眼前の, 研究を, 私の, 種の, 義を, 花を, 茶碗で, 茶碗に, 茶碗を, 言葉は, 言葉を, 話を, 説明を, 身に, 辺は, 部屋で, 雑誌を, 風呂で, 馬が

1 [618件 抜粋] あかりが, うちから, うちに, おとめまた, おひ, お婆さんの, お客人に, お寺少し, お美夜ちゃん, お茶を, お隣り, ことは, ご新造さん, さむいのに, しおらしい美男, とおりブレフスキュ大帝に, とおり合戦の, とおり過分な, ときを, とき足利尊氏を, とんがり長屋, ひとときの, ひと間において, ふたりの, やさしい心, アイスクリームの, アトリエの, イナサが, ケビンの, ゲルセミウムの, コビルを, ソラ豆を, チャクサム川の, テーブルから, テーブルに, テーブルの, トランクを, ハンマアを, バンクーバーに, パリへ, ルクレチウスの, 一個, 一個の, 一定度の, 一小, 一時が, 一条の, 一流の, 一章の, 一般向きな, 七字を, 万寿丸の, 三人の, 三界は, 三等夜汽車で, 三途無量の, 三高から, 上の, 上り急行列車の, 不器用な, 不景気連年絶えざる, 与の, 世の中に, 世界の, 両人を, 中から, 中国の, 中津藩には, 主水正の, 九人の, 予期と, 事ある, 事が, 事件で, 事件を, 二人が, 二人を, 二品の, 二政論派を, 二種の, 二篇を, 二系統の, 五人だけに, 人々の, 人々は, 人たちが, 人と, 人を, 人形達の, 人気の, 人物の, 今ようやく, 伊藤という, 伊賀の, 低劣な, 作の, 使庁の, 俺の, 倉庫の, 側を, 儘此処で, 優しい言葉, 先で, 先に, 光明中より, 児は, 入口で, 八の, 六条柳町に, 再版を, 写真さえ, 写真師の, 冬の, 冷厳な, 処を, 出雲大社に, 刀の, 分析的操作を, 刹那浪路は, 力を, 勢という, 医者の, 千本松原で, 危急な, 原書を, 原謡, 古い砦, 古刹に, 号外を, 合本を, 名優を, 問題の, 噂で, 四角な, 国民的な, 國の, 土地へ, 地底には, 地蔵さまの, 城隍廟を, 基礎經驗の, 報告を, 場の, 場へ, 場を, 場合において, 場合の, 場合万次郎に, 場合姉御の, 場合突然, 場所で, 場所まで, 境内で, 境遇を, 墓標の, 士君子政府に, 声と, 壺の, 壺を, 夕方ちょうど, 夕方の, 夕方路地の, 夕日に, 外界とは, 夜更けに, 夢の, 夢見たよう, 大事件, 大空艇からは, 大脳の, 天眼鏡と, 太史慈, 女によって, 女は, 女を, 如何とも, 姉小路の, 婦人に, 媒質に関して, 子が, 子を, 子熊が, 学名は, 孫息子の, 孫氏の, 宅助が, 安芳を, 実説風の, 室の, 家から, 家においては, 家全体を, 家賃で, 寝室の, 寮の, 寺を, 対象概念の, 小勢を, 小屋を, 小径を, 小説集を, 小論文を, 屋敷には, 山に, 山の, 山奥深く, 岐路に, 岩窟を, 岩蔭に, 岬へ, 島に, 島を, 崖の, 工場の, 席で, 席においても, 席上なる, 年配で, 幼児の, 広告を, 床店の, 庭を, 廻廊で, 弁護士の, 形式に, 征夷大将軍源氏の, 征服の, 御所の, 御用帳の, 御用窯の, 復活の, 忍耐を, 思い出の, 思い出を, 急場を, 怪しい地下室, 怪人物ぬっと, 怪盗を, 恋愛を, 悲劇について, 意味を, 意識を, 感情に, 感情は, 所で, 所へ, 手を, 手帳を, 手紙に, 手紙の, 手紙下の, 手記の, 批評乃至, 折詰の, 捕虜たちに, 控室に, 政治性, 教師たる, 散財の, 敵を, 文句を, 新しく入っ, 新温泉, 新短歌, 新聞紙を, 方に, 方法を, 方言は, 方面について, 旅籠屋に, 日光の, 日光造営奉行所の, 日常的概念である, 日本に, 映写幕の, 時だ, 時であろう, 時です, 時なにが, 時に, 時代に, 時以外に, 時政が, 時間に, 時隣の, 暑いのに, 暗い深い死後, 書物と, 書物の, 書物を, 最初の, 朝鮮の, 材木場の, 村に, 村にとって, 東京の, 東京劇場の, 松の, 柔かい景色, 根拠の, 案に, 棒を, 棺桶の, 極楽主義で, 標準説話の, 標的と, 橋を, 機を, 歌で, 歌を, 歴史が, 歴史の, 殺婦, 民子も, 江戸南町奉行の, 汽車に, 沈床の, 沈黙の, 法器に, 法律を, 波瀾重畳険危な, 海の, 海底に, 深夜に, 深夜の, 温泉宿に, 激変の, 灰の, 炬燵へ, 点に, 無人の, 無垢の, 無心に, 煮ても, 熱を, 牛の, 牛捨場馬捨場の, 物語を, 特殊内容を, 状態から, 独特の, 獄室に, 現在を, 現実の, 理由を, 瑞鳳殿の, 男女を, 町, 界隈の, 番頭さんから, 異郷を, 畳へ, 疲れた頭, 疲労と, 白い路, 白樺の, 白状を, 相対性原理が, 県城の, 瞬間ある, 瞬間おれにとって, 瞬間から, 瞬間この, 瞬間における, 瞬間には, 瞬間貴様の, 瞳に, 矛盾を, 短き生涯, 石膏像の, 碑に, 碑文に, 碑記に, 社務所でも, 神々しい光景, 神婚説話と, 祭の, 禍ひ, 私が, 秋野を, 種に, 種板の, 種類に, 稿を, 窯では, 竹田の, 篇は, 納屋の, 組長が, 経過を, 結果だけを, 結論の, 編の, 置手紙を, 羊に, 美しい空, 美装の, 老大樹, 老夫婦, 老看守, 考えを, 職務に, 職工たちの, 胃の, 胸へ, 自分の, 自分六樹園石川雅望が, 舞の, 舟が, 若い栖方, 苦闘の, 荷物を, 莫斯科, 菫を, 處を, 虫を, 虱の, 蛇を, 街の, 街道を, 表現を, 表題を, 西湖の, 要求の, 覚え書, 親爺と, 観点を, 解法を, 記録の, 記録を, 許都を, 詩を, 詩集から, 詩集を, 話の, 認識より, 誓言に, 語の, 語法に従い, 諺を, 講演を, 警視庁の, 議事日程について, 財産の, 責めに, 貿易学の, 賑やかな, 足で, 身の上も, 車夫が, 農場へ, 辺で, 迷を, 追憶を, 通りだ, 通りで, 通り白衣と, 進歩的な, 道を, 道路が, 適用条件を, 邸の, 部屋へ, 部屋を, 重しに, 重囲の, 野原に, 量的関係が, 金を, 銀通貨が, 錬金術書は, 鎌倉へ, 鎧を, 門を, 門外に, 闘牛牧人の, 阿駒, 陣に, 陣へ, 陰影の, 陰気な, 際この, 際に, 際何ごとかが, 雑誌で, 雪の, 霧の, 青年の, 青書の, 非に, 願いが, 風景の, 風流の, 飛行島を, 馬楽の, 駕籠に, 騒擾の, 高台盆地の, 黒漆の, 點に

▼ 今までに~ (774, 0.9%)

24 一度も 20 見たこと 16 なかった 10 ないこと, 例の 7 経験した 6 何度も 4 これほど, ない, ないほど, ないよう, ない大, 幾度も, 見た事, 覚えの, 類の 3 ただの, 無かった, 聞いたこと

2 [40件] あったこと, あなたの, かつてない, そのよう, ないほどの, ない一つ, ない不安, ない内攻, ない厳粛, ない恐怖, ない晴れ晴れ, なくひどく体, まだ見た, 一つとして, 一人も, 一度だって, 七人の, 何遍も, 僕の, 出て, 幾人と, 幾度と, 得られた結果, 持って, 描いた所さ, 書いたもの, 比べれば, 江戸時代の, 無い事, 米友は, 経験しなかった, 見ないもの, 覚えたこと, 覚えぬ妙, 誘拐された, 調べたところ, 費した日数, 費した日數, 階級的政治犯人の, 類例の

1 [556件 抜粋] あげたもの, あったならそれ, あのくらい, あの位氣性, あの子, あまりなかつた, あまり例, あまり見た, あらゆる異性, ありましたかね, ありましたろうか, ある手, ある物, あんなこと, あんなに明日, あんな声, あんな植物, あんまり経験, あんまり間違った, いくつと, いくらも, いろ, おあり, お二階, お梶, お耳, お逢いしました, お鶴, かつてないさびしい, かつて二行, かつて例, かつて口, かつて覚えない, かんさんが, がまん出来る, くらべてさえ, くらべれば, くらべ自分, くわだてた文学的, けっして見られなかった, けったいや, こうしたところ, ここでは, このよう, この付近, この刀, この女, この手紙, この海岸, この路, これで, こんなきれい, こんなにほ, こんなによくわかった, こんなの, こんな忌々しい, こんな痛快, した覚え, して, しばしば見, じつにたくさん, すでに長く, ずいぶんある, ずいぶん怪物, ずいぶん色々, そうならなけれ, そのため, その幼主, その機会, それに, そんなこと, そんなに沢山, そんな女, そんな鳥, たくさん作つてゐる, たしか五回, たつた一人仲, たびたびなまけ者, だつて, ちっとも仰有らなかった, ちゃんと発見, ちょっとも, ついぞなかっ, つい其夜, つけて, どこか, どこの, どの位, どんなに発達, どんな仕事, どんな所行, ないいや, ないうつろ, ないうれしい一日, ないすごい爆発力, ないたのしさ, ないという, ないなつかしみ, ないに, ないまじめ, ないもの, ないやさしい声, ないん, ない一種異様, ない一筋, ない不安さ, ない不快, ない不思議, ない事, ない健か, ない分, ない分数, ない含み笑い, ない大きさ, ない安らかさ, ない寒さ, ない尺二寸, ない幸福, ない弛緩, ない彼女, ない心持, ない快速力, ない忸, ない悲しみ, ない感動, ない手荒, ない数々, ない新しい勇気, ない楽しさ, ない涙, ない満足, ない滅失, ない激しい地震, ない無邪気, ない熱心さ, ない爽, ない物凄い発病者, ない猛烈, ない率直さ, ない盗み, ない真剣, ない確実性, ない科学兵器, ない積極的, ない結髪法, ない緊張, ない美しい御殿, ない考え, ない表情, ない親しみ, ない變體, ない重大任務, ない長時間, ない長閑, ない険しい目, ない難戦, ない高い情熱, なかったです, なかつたこと, なかつたん, なき氏, なくこの, なくしみじみ, なくはげしく受け, なくひどい孤立, なくもっとも, なく儼然, なく光らせた, なく増進, なく多量, なく大きな, なく尋常, なく快適, なく早朝, なく明るく見える, なく楽しみ, なく機嫌, なく気軽そう, なく減つて底, なく豊か, なく身, なく青ざめ, なく麾下, なされて, ぬすみためたすべて, ひどくひっかいたらしく, ほかの, ほとんど感じた, まだ発見, まだ覚えた, みた中支, もう七八年, もう何遍, もう四百, もう幾度, もし失敗, やったこと, やったこと位, やってきたわるい, よく吟味, わたしの, ドレ程の, パンを, ベートーヴェンの, マダムの, 一ぺんも, 一人だって, 一千万も, 一千万円は, 一年も, 一度として, 一度や, 一番自分に, 一辺も, 七パーセントが, 七人だ, 七里も, 三十マイルも, 三千円から, 三度も, 不自由を, 与えた恩誼, 与えられた材料, 且つて, 九人の, 事件について, 二つ三つあった, 二つ三つあつ, 二三遍浅草橋界隈を, 二十四度お, 二度も, 二度結婚させられ, 二度行路病者と, 云われて, 互いに冷たい, 五六度も, 五十いくつかの, 五度も, 人情の, 人間に, 人間の, 今晩の, 仏壇に, 会ったどの, 会った人間, 似ずうきうき, 住んだ事, 住んで, 何か, 何の, 何べ, 何べん, 何を, 何一つやり損ねた, 何一つ突き抜い, 何回も, 何度あった, 何度か, 何度と, 何度致死期の, 何故に, 何百千首と, 何遍通った, 余が, 余り知られ, 使ったペンネーム, 例が, 倍した, 儲けるだけ, 先生の, 全く知られなかった, 全く閑却, 全曲に, 出あった数々, 出した脚本九篇, 出た社会主義思想家, 出なかった父, 出来なかったが, 出来るだけは, 分って, 列挙した, 初めておまえ, 判ったこと, 判明した, 十五俵も, 十分勞苦を, 十分徹底し, 十四五人は, 十編ばかり, 千五百年くらい, 千余り獲つた, 博士が, 取りとめて, 取り上げ得たと, 取り出すこと, 受けたあらゆる, 受けた批評, 可なり, 同じよう, 名前を, 君の, 君九十万両ぐらいの, 味ふ, 味わったこと, 味わわなかったよう, 味わわなかった悔恨, 命を, 嘗てその, 嘗て感じた, 四十人の, 土から, 土俗人種学が, 型の, 夢想し得なかった, 大ぶ, 大分断っ, 大分獲つたれ, 大抵の, 天体の, 契った女, 奪われて, 姉から, 宗教家と, 寄せられた解答, 少くとも, 少しは, 幾つかの, 幾つと, 幾つも, 幾つ人を, 幾ら集め, 幾人も, 幾多の, 幾度か, 度々お話, 引き換, 引き立てられ教育, 彼ぐらいな, 彼は, 彼女の, 彼女を, 得られた全, 御なり, 思い出せなかった言葉, 悪い噂, 感じたこと, 感じた事, 感じて, 我々の, 所用で, 手が, 手もとに, 手を, 持たなかったよう, 持たなかつたやう, 持ち込んで, 持ったこと, 探検した, 提出された, 政治力の, 教育心理學二卷産業心理學二卷社會心理學民族心理學性格心理學法律政治の, 斃され, 日本人で, 旦那が, 更になき, 来たこと, 栄介の, 椋鳥を, 横町を, 次の, 此の, 歸つて來た, 殆どなかつた, 残らず捜し尽されて, 残存し, 比べて, 民族学や, 気軽に, 決してなかつた, 決して病, 沢山の, 泣いた事, 活動や, 浜辺の, 浮いた噂, 淑子が, 深く解剖, 火星兵の, 無いところ, 無い力, 無い夫婦喧嘩, 無い心, 無い怖, 無い異例, 無い異端, 無い職務上, 無い調子, 無かつ, 爲した, 犯した悪事, 現れた疑わしい, 現われたこと, 生命を, 用意され, 発表せられた, 発見された, 発言の, 發見された, 相当な, 知つたど, 知らない痒, 知らぬ歓喜, 知られた事実, 知られた材料, 知られて, 知りえた知識, 知り得た實, 私に, 私の, 私は, 私へ, 秋毫も, 管見に, 経て, 経験が, 經驗した, 考えて, 考えられたこと, 聞いた事, 聞きませぬ, 腐敗の, 自分は, 自殺し, 色々な, 蘆屋の, 蛇を, 行くんでしたけど, 襤褸を, 見えなかった人, 見たいろいろ, 見たどの, 見た一番, 見た写真, 見た懐素, 見た美しい, 見た者, 見た諸名, 見つけ出した物, 見て, 見ないこと, 見なかったし, 見も, 見られないもの, 見られなかった流鏑馬, 見慣れて, 見聞した, 覚えが, 覚えた事, 覚えて, 覚えない心, 覚えなかったある, 覚えなかった快楽, 覚えぬつら, 覚えぬほど, 覚えませぬ, 解決し, 言い尽くされ書き尽くされて, 試し物を, 話すの, 読んだ物語, 読んで, 誰ひとりとして, 誰も, 調べたこと, 讀んだ箇所, 貰った学資, 起こって, 辿りついたところ, 述べたよう, 述べて, 述べられたよりも, 送って, 逢った人々, 逢つた事の, 運んで, 野村の, 金で, 関係が, 随分こんな, 随分沢山, 随分色々, 隨分そんな, 青年らしい, 顔を, 顧みられなかったわけ, 食ったもの, 馬を, 鳥でも, 鳥に, 鼠を

▼ 今ここ~ (722, 0.8%)

16 にその 15 へ来 13 にいる 8 でこの 7 で問題 6 で私 5 で何, にこの, にそれ, に持っ, へ来る 4 で, で説明, にある, にいた, に来, へはいっ, へ連れ, を通った

3 [13件] でこんな, でその, でそんな, で御, で述べる, に, にこう, にわれわれ, に君, に現われた, に立っ, に説く, へ出

2 [31件] から出, でお話, で下手, で僕, で分析, で改めて, で科学, で米友, で詳しく, で議論, にあらわれた, にいなさる, にお話し, についた, にゐる, に上, に人, に子供, に挙げる, に提出, に書こう, に記す, に論ずる, へ, へやって来た, へ人間, へ着いた, へ見えた, をお, を出, を通っ

1 [499件] からだす, からの使い, から三分力漕, から君, から思う, から海溝, から間近, がぴかりと, じゃ朝, じゃ話し, だ, だけだった, だけでなんてやれる, であなた, であの, であまり, でいいかげん, でいうべき, でいったら, でいや, でいわゆる, でお, でおいら, でお宮, でお目にかかる, でお話し, でかれこれ, できいた, でこうした, ですぐ, でせきとめる, でそういう, ででも即座, でともに, でと申した, でどう, でどんな, での問題, での説明, ではこの, ではざら, ではそう, ではできませぬ, では交換者, では全く, では分業, では別, では原因, では専有, では岡部将軍, では朝, では言えません, でぴょこんと, でほめられ, でもかれ, でも例, でわざわざ, でわたし, でわれ等, でキリスト教そのもの, でクイクイ, で一声, で一緒, で一般人, で一般的, で不意, で事, で二人, で二言, で云, で五百, で仇討, で会う, で会わせる, で余計, で保証, で俺, で俺たち, で個人, で充分, で光秀, で全, で公, で切腹, で列べあげる, で初めて, で判官三郎, で勃然, で勉強, で博士, で即断, で厳密, で取り戻そう, で君等, で呶, で哲学史, で壮士芝居, で大, で大河内氏流, で女, で始まり, で委しい, で婆さん, で実行, で密, で将門, で山岸, で平岡, で役立とう, で彼女, で御覧, で必ずしも, で必要, で思いがけない, で思い出した, で思想, で怪我, で怪談, で恐らく, で想像, で手紙, で手荒い, で承りましょう, で拝見, で捜し出し, で提琴, で改まつ, で教え, で敵, で断たれ, で断られ, で方則, で明らか, で晴らさん, で暴露, で概括的, で次, で武道者, で死, で死ぬ, で殺す, で気がついた, で水ばな, で演説, で火星兵団, で煙草, で琵琶, で生命, で生活, で申, で申し上げた, で疲れ切っ, で直接, で直接おいで, で破門, で神, で突然, で立ち入る, で箱, で細かい, で考え, で聞きました, で臆測, で自分, で葉巻, で藩主, で蚕, で血, で行, で行われる, で表現, で補祭, で裸, で見, で見つけた, で見られる, で見る, で親しく, で触れず, で言い切れる, で計らず, で許し, で訳, で訴人, で試みよう, で話し, で話題, で誰, で談, で論じ, で論じる, で謁見, で走らせた, で身, で軽々しく, で返し, で述べ, で追懐, で逃, で通りかかった, で逢う, で過ぎ去ろう, で重ねて, で閲すれ, で雷, で非難, で面, で顔, で黒頭巾, にあった, にあったら, にあなた, にあるい, にいう, にいささか, にいふ, にいます, にい合せた, にうまく, にお, において一撃, において竜, において行, にかうし, にかく, にかへりみすれ, にかり, にきこえ, にきちんと, にぐずぐず, にこうして, にことさら, にこれ, にこんな, にさきごろ, にすぐ, にすっかり, にそのうち, にだんな, になかっ, にねえ, にはありません, にはかよう, にはすでに, にはそれ, にはなるべく, には主要, には余計, には岩本, には持っ, には日本人, には書くべきでない, には正味, には男, には美しい, にまず, にまた, にみんな, にわしら, にジャン・ヴァルジャン, にニッケル, にペガッサス, にヤマハ, にリー将軍, に一, に一つ, に一万円, に一人ぼっち, に一体, に一種, に一群, に一言, に一転機, に上海行き, に丹羽さん, に事新しく, に二人, に二重三重, に人事不省, に会社, に何, に余, に余自身, に使う, に俄, に借金, に偶然, に八百五十円, に公, に再, に再版, に出, に動物界, に単, に叙説, に右大沼君, に同書, に吾, に呉其濬, に呼んだ, に四ツ, に四角, に図書館法, に国民論派, に在り, に在る, に坐っ, に墓, に変, に夏休み, に多く, に夫, に女性, に妖怪, に妻子, に姿, に実, に客觀的實在世界, に寄席, に寛政, に小浜兵曹長, に少々, に居, に居る, に屍体, に展開, に店, に彼, に待っ, に待機, に恋愛, に感覚, に我々, に戦い, に手短, に持ってる, に持つ, に掲げたる, に改めて, に敬禮, に敷衍, に文明, に明日, に明言, に晒され, に曙, に書いた, に書きたい, に書く, に書肆, に最も, に最近, に有る, に来た, に来たれるなり, に来る, に来れる, に柳生, に棄てられた, に横, に止宿, に死し, に氏郷, に法学, に活動, に物語, に特別, に現われよう, に甲, に甲辰, に私, に私裁, に秋, に突, に突然, に立つ, に竜神村, に端, に第, に素人, に繰り返す, に置い, に羽根, に考えだし, に聊か, に自分, に自然弁証法, に舞台, に落ち着かせる, に見る, に観望, に言っ, に記し, に評判, に評説, に話さう, に詳しく, に語られ, に語る, に論じ, に論ずべき, に論議, に貴女, に赤化, に転載, に軽々, に農民, に迎, に近代, に述, に述べよう, に述べん, に遣い, に重ね, に集っ, に集まった, に飢えたる, のお, のお上, のこの, のベルリイナア座, の人足たち, の入江, の図書室, の家, の扇屋, の沙, の畳, の青山南町, は私一人, へあの, へい, へお, へき, へくる, へこうして, へこんなに, へなに, へ一匹, へ二十四五, へ何, へ俥, へ入っ, へ刀, へ労救, へ千鶴子, へ埋めた, へ女, へ娘, へ寄っ, へ尋ね, へ帰っ, へ忽然と, へ急, へ怪しい, へ持っ, へ掲げられ, へ来かかった, へ来た, へ殺到, へ水, へ登っ, へ真っ向, へ石, へ立ち, へ竹屋三位卿, へ茶壺, へ荒木, へ萩乃, へ西洋料理, へ迷い, へ追いつい, へ運ん, へ首領, へ駈け込ん, へ高貴, まで会い, まで書い, を六人, を出た, を去ってしめえ, を去る, を外す, を大きな, を小舟, を巡行, を廻り, を引, を拙者, を捨て, を早, を立つ, を耕し, を見廻っ, を逃げ出せ, を通りかかったら, を通りゃあしなかったかね, を長吉, んとこ

▼ 今までは~ (675, 0.8%)

6 気がつかなかったが 5 一度も, 彼の, 誰も 4 私の, 自分の 3 さう, 人の, 何か, 僕が, 気が付かなかったが

2 [33件] こんなもの, どうかする, どんな男性, なんの, 上総の, 何の, 何を, 余り樹が, 南に, 口も, 只おぞましい怖し, 少しも, 恐れて, 期限が, 楽しく明るい世の中, 母が, 毎年長い, 獣的な, 瑣, 私が, 私も, 繁華の, 考えられて, 興奮の, 記憶し, 諦めて, 路で, 辛うじて一山一水一草一木, 隨分隱し, 離れて, 頓と, 顔を, 默つて居ましたれ

1 [565件 抜粋] あそばす院, あつて, あなたに, あなたの, あまりにも, あまりに気, あまり無かっ, あまり見込み, あまり類例, あんたの, あんなに世話, あんな書生ども, いくら強く, いずこの, いっこうにあひる, いっしょに, いつでも, いつまでも, いつも一時的, いつも感服, うっかりそんな, おすがり申し, おそらく十分, おたがいに親切, おちついて, おのづと楽な, おふくろが, お互いに, お前さんたちと, お前にも, お前参覲交代の, お勢, お留守, お福, お袖, お雪, かうちよい, かく思ひゐ, かなり温顔, こういう仕来, こうちょいと, ここで, この世界, これで, これほどの, さういふ島, さうし, さしもの, さすがに, さまざまの, ずっと上, ずっと慈善行為, そういわなかった, そうした戯れ, そうした笑い声, そうであっ, そこに, そこの, そのたび, その下等, その人, その人相, その地名, その準備, その理由, それが, それで, それに, それほどいよう, それほど親密, それも, それを, そんなばかばかしい, そんな間柄, ただねたましい, ただの, ただふわふわ, ただ不思議, ただ体, ただ忘れれ, ただ生きれ, ただ重ね, たまに歸郷, ちッ, ついそれ, つまりその, つれないと, とかく変った, とかく文字, とかく食物, とてもこんな, とても出来, とにかくこれから先, とにかくに, とにかく倉地, どうか, どうして虎, どこまでも, どちらかと, どの家, どんな場合, どんな娘, なかった, なかなかさう, なるべくなら避けたく思った, なるほど, ばらばらだった, ひまに, ほとんど女性, まずその, まだよ, まだ心づかず, まだ語原, まったく没交渉, まるきり眼中, まるで夢中, まるで知らず, みんなが, もうすこし同情, もっと優しい, もとよりの, やはりそう云う, ややもすれば学問, よけいな取越し, りっぱな, わからずやの, わたしを, カ氏の, シュテッヘという, ダンチョンと, チャンタン, トリック即興味と, ノクトビジョンでなけれ, ノラリクラリと, ハイついぞ, ブリュッセル陸軍大学の, 一とおり金髪にも, 一個人として, 一切を, 一向気, 一日も, 一日一双か, 一晩も, 一流百貨店では, 一片の, 一番えらい, 一般に, 一部屋について, 三月と, 下へも, 下りであった, 不安ながらも, 世間から, 両性間の, 両方の, 主として顕微鏡写真, 主人だ, 主君邦夷の, 二交代で, 二人に, 二人一緒だ, 二人離れてた, 二階へ, 二階借り, 二階借りであった, 云わなかったが, 五歩も, 些とも, 京と, 人が, 人並なり, 人間の, 人間性といふ, 今までとして, 仏様専門であった, 仕事を, 他人の, 他人ゆえ深く, 仰向けに, 伝説に, 伝説的な, 何かごた, 何となく戰爭, 何とも, 何と言つて, 何にも, 何ら心, 何事も, 何人とも, 何処へ, 何国人と, 何時も敵, 何物にも, 何等疑ふこ, 余りに恥, 余りに落, 余り人に, 余り彼, 余所の, 余計な, 使い過ぎたよう, 例へば現在, 依頼者への, 修羅の, 僕に, 優秀な, 儲けようと, 先づ其爲に, 先生に, 光線の, 兎も, 兎や, 全く手紙, 全く治療, 全然序の口, 全然忘れ, 八橋が, 八百屋と, 兵卒殿の, 具体である, 内側へ, 円に, 写生句を, 冷笑気分興味本位だけで, 凍り着いたよう, 処々に, 切れたぐらいな, 判らなかったが, 別にそれ程に, 別に異存, 利用法が, 到る所晝, 劇場の, 動も, 北町奉行所などは, 半信半疑であった, 単に序幕, 単に本所, 単に歴史的, 単に炭酸瓦斯, 単に顔見知り, 単純な, 危い, 原住民に, 友だちが, 友に, 友の, 叔父と, 口を, 呉家の, 和女の, 品行方正であった, 唯の, 唯淋しい, 唯畑, 四角な, 固体の, 国の, 地球の, 垣覗きの, 埃の, 執成すこと, 堅い奉公人, 墜ちこんでも, 壮烈な, 夏痩し, 多くの, 多少寂し, 多少遠慮, 夢であっ, 夢にのみ, 夢にも思わない, 夢想だ, 夢想も, 大したはんきょう, 大病人に, 天下の, 夫の, 夫人を, 奉公人まかせに, 奥戸の, 好きでも, 好意に, 姉ひとりが, 婆さんが, 子供と共に, 宇治山田の, 守勢の, 安心し, 家庭が, 家庭教育にさえ, 寂しかつ, 寄宿生中より, 寝台の, 寧子の, 尋常に, 導いて, 少し甘く, 尼さんの, 山の手方面には, 崩した膝, 左様に, 市役所が, 平気で, 幾らかずつの, 床の, 庶民の, 引こんで, 当てが, 当分の, 形容詞ばかりで, 影の, 得易く, 御保護, 御前の, 御爺さん, 心づかなかったその, 心の, 心得て, 忍耐で, 思って, 思つてゐた, 悲しみに, 惜しんで, 憂鬱から, 我が師, 我儘ばかり, 手を, 抑えに, 折々門外, 損ばかり, 政治界で, 敵同士だった, 敷島か, 既に三十八年, 春雨に, 暇なく, 書林が, 月という, 朝廷と, 木炭で, 木造の, 未来を, 本家が, 本当に全く感心, 村に, 東妙和尚から, 松の, 松山附近の, 架空の, 柔和に, 棄権ばかり, 横にのみ, 横側しか, 歌舞伎役者のみで, 武者修行の, 武蔵と, 武運に, 死の, 死んだ人, 毎年必ず, 毎日欠かした, 毎日毎日お, 毎日毎日おおく, 毎日蕗を, 比較される, 民間の, 気が, 気にも, 気も, 気付かなかつたひとつ, 水精と, 永く忘れ, 江戸で, 汽車の, 注射針を以て, 派遣軍は, 浅川の, 海岸の, 液体今からが, 清も, 漱石氏は, 火花を, 灼熱した, 無事な, 無意識に, 無我夢中に, 熱で, 父の, 片側の, 物としての, 特別の, 犬だ, 独りで, 玉藻の, 王宮の, 珠よりも, 生活の, 用事が, 男手としては, 発明の, 白馬を, 目上の, 相手を, 真面目の, 眼も, 知らせずに, 知らなかった, 知らなかったが, 知らなかった複雑, 知らなかつたが, 確かな, 祝詞, 神仙化され, 神経痛の, 私は, 秘密探偵などという, 空の, 窮屈し, 立って, 米友様の, 統一的の, 絶え間なく, 絹階級の, 綺麗だ, 罪を, 美しい悪魔みたい, 聴きよう, 肩に, 自分で, 自分に, 自分一人が, 自発的に, 自身一人が, 若樣, 草臥れ, 葦芦の, 蒼ざめた血の, 蕭条として, 薄暗いので, 藤原の, 蜜みたいに, 蠅男を, 衆評に, 行方が, 裸馬であった, 西洋においても, 見えなかった彼方, 見えなかつた山, 見たこと, 見向きも, 親の, 親弟妹の, 観念的に, 解剖的の, 言はずに, 言葉を, 証拠に, 起きて, 起きも, 身分の, 身分違ひで名を, 車屋の, 近処, 近所の, 逍遙子の, 道庵が, 道楽としての, 道楽半分であった, 遙か, 遠隔な, 適度の, 重罪だった, 野放しに, 長き命, 長屋同様の, 開墾小屋から, 関羽を, 闇であった, 闕位が, 院を, 陽気で, 隠されて, 霧の, 青いため, 静かに, 音無しく睡, 頼みでした, 顧みられないもの, 餘り考へなかつた, 馬だけ, 馬鹿馬鹿しくも, 髪長彦の, 髯が, 髻を, 鮮やかな, 黒との, 黙って, 黙つて, 鼻を

▼ 今その~ (618, 0.7%)

15 ことを 7 一例を 6 名を 5 原因を, 時の, 要を, 言葉を, 話を 4 ときの, 二三を 3 一節を, 事を, 人の, 正体を, 男は

2 [40件] ような, わけを, 一二の, 一二を, 一例として, 一端を, 中の, 中へ, 主なる, 事について, 人が, 人は, 使用法を, 全文を, 前に, 前を, 印象記を, 反対に, 口で, 國を, 女の子が, 姿を, 家の, 当時の, 心を, 手に, 時分の, 最後の, 林皆伐られ, 概略を, 気持を, 点を, 理由を, 男の, 窓から, 罰を, 草の, 要領を, 面を, 首を

1 [462件] あごをね, あたりの, あらわれを, いずれの, いちいちを, いちばん冷たい, うぐいす張りの, うちの, お礼の, お話を, かくの, かわりに, きれいな, ことが, ことで, ことについて, すらりと, たった一つ, とめ金, どこだった, なしつつ, ひとは, まじめな, もっとも狭い, ゆがんだ階段, わずかな, クロクロ島の, ゴロツキが, ダを, ノウトルダムは, ハイカラな, プランと, ポンプ置場の, 一つづゝについて詳しく, 一つを, 一つ一つが, 一は, 一冊を, 一剣を, 一文を, 一片を, 一部分を, 七つの, 三代将軍の, 上から, 上さんが, 上を, 下を, 下篇の, 下蔭, 不快の, 不気味な, 不注意なる, 不用に, 不運な, 世界が, 世界を, 世話で, 丘の, 中から, 中で, 中に, 中二首を, 主人公は, 事に, 事務所の, 事情の, 二つの, 二つを, 二つ三つを, 二人で, 二匹は, 二十名ほど, 人たちは, 人亡し, 人情を, 人生の, 人間を, 仇敵を, 仕事は, 代官松に, 仮面を, 仲, 企ての, 体裁を, 來べき, 例を, 修行を, 俵を, 倉の, 倍増し, 償いとは, 先の, 先生の, 光景が, 六田の, 典型的とも, 内から, 内でも, 内外の, 内容が, 内容を, 写す所, 処では, 刀が, 初めての, 別館の, 創刊号といふ, 動機について, 勝負の, 十円さえ, 十年の, 十幾種の, 十文字に, 半分を, 半句, 危機に, 危機は, 原因らを, 友を, 友人は, 反射的行為は, 受け売りを, 可笑しさ, 各世, 各項目, 吾妻コオトを, 呼懸けた, 唄う人, 唐唄を, 唐松尾に, 問題の, 喜びの, 図に, 土地では, 地の, 坊さんは, 埋合せ, 報を, 墓から, 墓詣り, 声が, 声に, 売ろうと, 壺は, 外に, 外政に, 大悪魔, 大概を, 大略を, 大要を, 大部分, 太兵衛, 夫婦は, 奥に, 女しか, 女は, 如く側に, 妖女は, 姉さまから, 姦通の, 姿は, 姿勢を, 威と, 威権の, 嫌疑を, 子に, 子供と, 子供の, 存在性が, 学名を, 宅で, 実例を, 実物が, 実証を, 実際を, 家が, 家を, 家出中に, 寢臺の, 小切手を, 小判に, 小柄が, 小照を, 屁を, 屍骸の, 岐れ, 岐路に, 峠に, 川を, 工夫を, 帰りがけである, 帰りがけな, 帰りだ, 帰りで, 帰りな, 常識的な, 幾節をか, 座を, 庭の, 当の, 当人の, 形を, 影の, 影響を, 役割の, 従妹と, 得意な, 御金, 心に, 心持に, 必要な, 必要なる, 快報を, 思いを, 思想傾向は, 性質を, 怪事の, 怪獣の, 恐ろしい罪悪, 恥と, 悪事の, 意味が, 意味は, 意味を, 意図を, 意地惡の, 感激は, 成績は, 戦場は, 所の, 所以を, 所在を, 所見の, 手を, 手拭いが, 手筈を, 手紙について, 手続を, 手録された, 技術を, 掌の, 携えた出刃庖丁, 支度中さね, 支那の, 改作された, 政事上に, 教授との, 敵に, 文を, 文太郎が, 断岩と, 新聞が, 方に, 方角に, 方針の, 方面から, 旧蹟には, 旨を, 旺盛な, 時刻に, 時期にな, 時間が, 晩の, 暖炉には, 暴虐と, 曲を, 書中緊要の, 書簡の, 最も普通, 最も甚, 最も良好, 最も賢い, 最初の, 最悪の, 望みは, 朝の, 朦気を, 本場を, 本陣に, 札幌へ, 李厳から, 板画を, 枝を, 格子戸を, 栽培し, 梢を, 概要を, 榮の, 様子を, 標品は, 機会が, 次第を, 歌について, 正しい理解, 正確だった, 正確な, 正義と, 武蔵野の, 死を, 殿様は, 母が, 毒気に, 気味の, 水が, 氷の, 決心が, 法を, 泥棒が, 泰軒愛蔵の, 海と, 混雑した, 渦巻の, 湖面には, 漢朝に, 然らざる, 然らずし, 然る, 焼あと, 熟読中だ, 熱心が, 特徴を, 特徴をなんぞ, 犬の, 犯人を, 状態によって, 狭い口, 玉璽が, 王との, 珍らしい, 現在価格の, 現場に, 現実の, 理を, 理屈が, 理由が, 生家の, 生活に, 生物の, 由来を, 申訳ほどの, 男から, 男が, 病人に対して, 白梅より, 白犬を, 目的も, 目的を, 相手を, 真心に, 眼が, 眼で, 神殿に, 祠の, 科の, 秘密の, 空林庵の, 端緒を, 竹の, 筋を, 箱の, 精神を, 系図を, 約束通り, 紋也と, 紐育への, 紙面を, 絃が, 経路を, 経験を, 結果を, 絵らしい, 網を, 群は, 考え方に, 考古學の, 考案を, 者の, 肝心の, 肩の, 舌の, 舞台の, 花の, 花やかな, 花穎を, 英国に, 著作には, 著書を, 蓋が, 藪の, 蘊蓄の, 蟒も, 裏に, 裏面を, 要求を, 要点を, 要素, 規定の, 親が, 親切を, 観念が, 角で, 記臆から, 証拠を, 話より, 詳細に, 誤認である, 説の, 誰だった, 談判の, 講義を, 譴責状と, 豊太閤の, 象戯盤を, 財源を, 貴重な, 起原を, 趣向そのまま, 趣向を, 辞世を, 辨當屋から, 辺の, 辺りまで, 辺を, 途中に, 連中も, 連隊に, 進化の, 過去を, 遠逝, 選に, 部屋に, 部落は, 部落発展の, 酒場から, 重なる, 野望で, 金を, 鍵を, 長生き話が, 門を, 限り, 隆線の, 障害を, 隠居さんが, 險しい, 雛形が, 雜誌が, 雲の, 面影は, 面魂を, 音で, 頃の, 顔だけが, 顔に, 風雲の, 首尾を, 馬継らしい, 骨太い, 高時, 高氏が, 黒幕の

▼ 今こそ~ (600, 0.7%)

17 私は 6 俺は 4 私の, 自分の 3 お前の, はつきり, 彼は, 斯う, 語らめ

2 [45件] あなたにも, いって, おれは, お別れ, お前は, これを, こんな田舎, その時, それを, はっきりと, はつきりと, ひたむきに, わしは, われは, われわれは, シルレルを, ロパーヒンを, 今こそと, 僕の, 兄の, 全力を, 再び私, 南洋の, 君は, 地殻の, 堅気の, 大空は, 幇間とも, 彼の, 彼らは, 彼女は, 思い知ったか, 思い知るが, 恁, 我々は, 時は, 暴れよ何十年, 本当の, 生きて, 眼に, 老耄れた, 自分は, 返すべき女性, 逃げるに, 首肯する

1 [464件] あえかに唇, あけすけに, あたしを, あなたがたの, あなたといふ, あなたの, あなたは, あなたを, あなた方に, あのかたさま, あの同門, あばかれたと, あまり振, あらゆる植物, あらんかぎり, ある事件, あれを, あれ件, いくらか小金, いっそう自分, いよいよ相手, いわずに, うすうすわかる, うたへ, おさらばで, おちついて, お二人, お前に, お十夜, お百姓, お蓮さん, お許しなされました, お通, かなり皆, かねて, かねて懸案, かれの, こうしていれ, こうしてまごつい, こう心ならずも疎遠, ここに, ここへ, ここ一日か, この事, この冷笑, この数年, この泥人形, この父, この玉, この茶番, この謎, この赫々, この通り混雑, この顔, これは, こんなにな, こんなにやつれ果て, こんな処, こんな見すぼらしい, ご決断, しっかりせね, しみじみ己, すばらしい機会, そういう余事, そのいちいち, その人たち, その思い, その愛情, その折, その歴史, その気持ち, その秋, そもじに, それらを, そんな事, そんな小さな私事, たしかめねば, だ, つけ込んで, つて何です, でござる, どうしてもそれ, どうにかこうに, どんな手紙, なに言ふ, なんら心配, のうのうと, はじめて正当, はっきりしよう, はつきり理解出來る, はらすこと, ふるいたつべき時, ほんとうに, ほんとうを, ほんとにあなた, ほんの少し, まことにその, まことに冴え冴え, まことの, まされ, まざまざと, まはりゆくなれ, まるで無力, めぐって, もつと, やっと機械, やらずに, よかれあしかれ日本, わかった, わかれめ, わが手, わが手の物, わが望み, わが身を, わたくしの, わたくし鳥でも, わたしにも, わらぢを, アングロ・サクソンは, ウェーブの, クロニオーン汝に, ソヴェト同盟にとって, ヂヤアナリズムが, ハッキリと, ビロクし, プロレタリア作家は, ホントに, ママの, マリヤ, ルネッサンス以上の, 一つの, 一人子の, 一切を, 一大事の, 一寒書生の, 一斉に, 一期の, 一村一族と, 一男を, 一番童話が, 上海位いの, 世間の, 中原に, 乗ずべき時, 予に, 二三流の, 云ふべきだ, 互に相, 亡父の, 亡者の, 人形町の, 人心一新の, 人気では, 人生の, 人間の, 人間は, 人間を, 人類が, 仲違いし, 休火山では, 何もかも明白, 何もかも突き, 何もかも読めた, 作られるの, 作家よ, 俺あ, 借金を, 僕は, 儒艮が, 兄弟手前が, 充たすべく, 光れ渡り鳥, 全く不可能, 全廃です, 内科の, 出かけて, 出合い候え, 出家の, 分けの, 分った, 分ったの, 分ったろう, 初めて多年, 別けの, 到れ天王, 到来した, 前川の, 努力すべき, 動け幽か, 勝者と, 勤めを, 千載一遇の, 危いと, 危急存亡の, 受けしふみ, 古い秘密, 句集を, 名乗って, 君が, 君って, 君の, 君聞か, 呂布を, 呉の, 告ぐれ君, 呪咀の, 呼び起せ, 咽べ我琴, 哀しき夕餐, 唯物論が, 圓朝は, 地中に, 堂々と, 堂守で, 報告の, 声を, 外へ, 外界の, 夢を, 大に, 大事お, 大事な, 大兄から, 大鳥氏にも, 天の, 天下者で, 天下者であった, 夫は, 奮ひ立たしめる, 女の, 奴の, 好む処, 好機が, 妻の, 妾に, 妾の, 始めて, 字が, 孤にて, 孤島に, 孫堅の, 安らかな, 実を, 家族, 寄すれ, 小き, 小屋へ, 尾世川は, 山田君の, 岐路に, 巨盗の, 己は, 己れ, 帝国意匠会社など, 幾分の, 引く弓矢, 弦之, 彼が, 彼には, 彼等の, 彼等兄妹の, 待ちもうけ, 得つれ, 御諭, 徳川は, 心の, 心を, 心中を, 忍耐の, 志を, 志保は, 思いあたりましたが, 思い出して, 思い出でぬ, 思い存分, 思い当りたれ当時妾, 思ひ合, 思ひ知, 思ひ知らすべし, 思ひ知り給へや, 思ひ知れよかし, 思ふ, 急追殲滅を, 性格が, 恋に, 恥じ入る, 愉快の, 憎め, 成るも, 成敗いたす, 我が名, 我が法力, 我は, 我らの, 戦争中よりも, 房枝は, 打ち明けて, 打開される, 按摩を, 掌を, 掴まえねば, 擁護し, 支那に, 支那自身だけが, 攻めるべし遅, 教へ, 教室の, 数は, 敵が, 敵愾心を以て, 断言します, 旗本の, 日本アルプスち, 日本人といふ, 日本内地の, 日本演劇の, 明白に, 昔通りの, 時だ, 時期だ, 曲節面白く, 最も積極的, 最終判決が, 月人を, 有終の美を, 望め戰鬪, 朝家に, 未だ大佐, 本当に祷る, 本当に緑, 本来の, 朽ちめ, 東京に, 東京へ, 枯技に, 染め物店には, 根利村は, 棄つれ日の, 椅子に, 欺かずに, 正直な, 此心晴れ渡り, 武器は, 死ぬべき時, 水は, 求め探して, 汝償はめ, 汝投槍を, 江戸八百八町の, 決然と, 法體なれ, 流行るけれど, 浪々の, 浪人は, 浮世の, 消え去つて, 渦巻の, 漸っと, 潤ひなき, 潸々と, 火を, 無二の, 無産階級意識が, 父の, 爺や, 爾を, 牢に, 特に愛で, 狩人に, 狼は, 玉乗の, 現われてんてこ舞い, 申しますが, 町に, 発見けたのだ, 白馬岳には, 皇帝の, 目の, 目を, 眞宗と云ふも, 真剣試合, 真実の, 着流, 知っては, 知らせて, 石巻や, 神は, 禁門に, 秀吉を, 私が, 私どもは, 私に, 私には, 私達は, 科学小説時代が, 秩父の, 穴の, 笑って, 答えまいらすべしただ, 終に得, 繩縛の, 義元の, 聞いて, 肩に, 胸をを, 脱走する, 腰弁だ, 自分を, 自分自身の, 自由党の, 自由黨の, 自身の, 花は, 花咲かんという, 芸術家という, 苦しいが, 苦笑いも, 草創の, 草山の, 落ぶれ, 落魄は, 蘇き, 蝋は, 行者村は, 街の, 衰へ, 見せん, 見出さめ, 見破ったと, 覚ったん, 覚むれ, 覺むれ, 覺悟せよ, 解りかけたこと, 言葉を, 討ち取りまして, 諸君の, 豚箱で, 豫て, 貴下の, 赤染衞門に, 躍り越えるの, 車夫だ, 追撃する, 逃しては, 進め, 遁世を, 運命を, 遙拝の, 重荷が, 鉄面皮に, 鉞へ, 錢湯が, 鍛冶屋めおれの, 関東砲兵の, 附け髯, 陸つ, 零落し, 露支合弁の, 頭に, 馬籠でも, 駅逓には, 鮫洲に, 鶴雄は

▼ 今~ (562, 0.6%)

10 の心 9 は自分 8 の前 6 は, はこの, はその 5 があなた, がここ, がこの, の住ん, の家, の手許 4 のところ, の眼, はここ 3 が, がお前達, が机, のこと, の方, の胸, の記憶, の講演, は何

2 [35件] がお, が云, が抱い, しの, と一, にはとても, には不明, に動物感情, のいった, のこの, の場合, の大事, の少年時代, の庭, の思出, の愛児, の感じ, の手, の目, の話した, の頭, の魂, はお前達, はこれ, はそれ, は人類, は別, は彼女, は死ぬ, は私, は私自身, は考え, は胆, も清, を強く

1 [378件] がいい, がいかほど, がいる, がおどりこむ, がお前, がお話し, がかう, がかりに, がきちんと, がこ, がこう, がした, がその, がただ, がとても, がとりあげたく思っ, がどの, がどんな, がどんなに, がのぞい, がひいた, がふと, がカパディア氏, がガラス, が一番気, が世界, が主人, が九つ, が事, が二階, が云いました, が云う, が云った, が云つた通り, が伯林, が住ん, が何, が使っ, が修業, が其の, が別れ, が力瘤, が助け, が口, が同じ, が君, が坐つ, が夢, が大急ぎ, が大蛇, が妹, が家, が小さい, が居る, が巴里, が御, が御身, が思はず口走つた, が思案中, が意識, が憶え, が擂鉢, が攀じよう, が文字, が斯, が新しい, が新聞屋, が普遍化, が書い, が會, が欧羅巴, が止む, が此處, が死ななけりゃ, が死んだら, が汲ん, が清国, が源兵衞, が灯, が父, が現に, が申さなく, が申した, が申し上げた, が病気, が登つて, が盲腸, が直接, が真に, が研究中, が立ち, が籠, が締めた, が繪, が考え, が聞く, が若い, が血潮, が行, が見た, が親父, が言おう, が詩, が話さう, が話してる, が話す, が語っ, が説明, が読んでる, が赤い, が足下, が述べる, が金, が附, が附い, が面會, が順序, が頭, が魏延, さう, とあなた, と一つ部屋, と並ん, と太陽, と春一, と神近さん, と離, と須山, などの寄物, にありあり, にお, におっしゃっ, にささやい, にそれ, にだけ解っ, につけた, にとって死, にとつ, にはそれ, にはっきり, には二つ, には分らない, には解せない, には許され, に問, に奬め, に恋し, に手紙, に本, に比較的, に白い, に見せた, に迫られるなら, の, のいる, のかい, のし, のそば, のなす, のよう, のよるべき, のゐる, のタイピン, の一番好き, の一身, の上, の下り, の世界, の云う, の仕事, の代, の佇ん, の住居, の使っ, の傍, の全身, の内, の出, の収容, の受け, の命, の嚢, の在住, の坐してる, の坐つ, の宅, の尋ね, の居る, の帰る, の座っ, の怠慢, の想像, の所, の所有, の手もと, の手元, の手近, の持っ, の探求心, の教育, の敬意, の新た, の日本人, の書斎, の最愛, の望み, の様, の気分, の沿う, の為し得る, の生活, の申す, の留守宅, の目前, の眼下, の眼前, の知っ, の知り得る, の知識, の立, の立っ, の考, の考え, の考へ, の肉眼, の腕, の臥, の舌, の見, の言った, の識, の通り掛っ, の過去一切, の道連, の部屋, の間違えた, の降り, の隣, の頭脳, の鼻, はあの, はあまり, はあれ, はいつも, はお, はおそらく, はお伽噺, はかなり力, はぐみ, はこ, はこういう, はこんなにそわそわ, はさ, はしきりに, はしました, はそういう, はそりゃあ真面目, はそれでは, はそんな, はだれ, ははっきり, はめぐみ, はもがき, はやつ, はゴーリキイ, はマルクス, はユダ, は一人, は一寸, は一番, は下り, は両, は乾杯, は予測, は事実上明らか, は二, は他, は余, は信濃追分, は先生, は党内, は全く, は公衆, は六歳, は其の, は務め先, は北海道, は取扱ってる, は可哀そう, は右, は告別式, は喜ぶ, は喜ん, は大学, は寒, は少し, は峠, は平和, は幸福, は弱り切, は彼, は忘却, は忠実, は思ひ, は思ふ, は急, は性欲生活, は恋愛詩, は恐らく, は戸塚君, は改めて, は故国, は敗けた, は整理, は文学圏, は文語, は時代, は時間, は書斎, は東京, は椿子さん, は死ん, は毎日そちら, は決して, は泣い, は浅間山, は瀬戸物屋, は煩悶中, は獄窓, は現, は生れ, は生れつき, は生活, は用, は眠る, は知らない, は窃盗, は立ち上る, は繰り返すだ, は老人, は考へた, は苦しく, は葉脈, は覚え, は読み, は議事録, は讀者, は豆, は責任, は追われ, は這い廻る, は道理, は道義, は都, は酔っ, は雛, は露子, は飛びこんだ, は黒暗々, への褒美, も子供, も手, も起きる, をおよび, をそそのかし, をだ, をとらえた, をひどく, を取られ, を孤独, を捉え, を探し出し, を殺しかけ, を殺す, を見上げ, を餌食, んところ, 共に与えられた

▼ 今~ (527, 0.6%)

35 今まで 12 始めて 10 今迄 7 今という, 大事な 6 今と 5 今でも, 今どう, 初めてである, 最後の 4 一番大事な, 人の, 刈りしほだと, 初めてで, 大切な, 絶好の 3 盛りの, 花の

2 [29件] その時, それだ, はじめてだ, はじめてだつた, はじめてである, よい季節, チャンスだ, 一日中でも, 一番いい, 一番大切な, 一番高い, 丁度母親, 今お出で, 今こんな, 今の, 今私し, 入り時, 初まり, 初めてな, 勉強ざかりだしね, 大事の, 嫁入, 引き時, 後を, 手すきの, 最後と, 浮沈の, 満開だ, 見頃だ

1 [342件] あいつとの, あがって, あだ, あながち太平, あぶないさかり, あらたまった挨拶, いい機会, いかにし, いちばんいい, いちばんえい季節, いちばん分別盛りな, いちばん幸福な, いちばん恵まれた, いつと, いままで, おいらの, おくれれば, お互いの, お前の, お勢, お帰り, かっきり八時五十分, この男, さかりの, すべての, そういう時, そこに, そのはじめ, そのまた, その小康時代, その山びらき, その時刻, その時期, その時節, その最高潮, その花, それ, それで, それ程絶好, たけなわであった, たけなわと, たすや, た旦那, ちょうどいい, ちょうどその, ちょうどそれ, ちょうど三度目, ちょうど人, ちょうど彼, ちょうど桑名, ちょうど潮時, ちょうど見, ちょうど閑, つかめと, つくりと, つまりむかし, どうしても厭, どんな乱世, なかなか危, はじまった事, はじめて, はじめてで, はじめてでした, はじめてと, はじめてな, ひと月おくれ, ふとそこ, ほんの端緒, まさに盛りであった, まだ人, みろくの, やられたさ, やられたそう, よりみじめ, わかれせめて, わかれ目である, アア今が, ラッシュ, 一ト夏の, 一年じゅうで, 一年中で, 一旦田舎, 一時四十分である, 一生の, 一番お, 一番の, 一番よい, 一番よかろ, 一番中心の, 一番人の, 一番危え, 一番危険な, 一番好い, 一番幸福な, 一番忙しい, 一番有難い, 一番見どころが, 一番身体の, 一等いけない, 丁度そういう, 丁度それ, 丁度出盛り, 丁度刈り時である, 丁度宜いところ, 丁度宜いと言つて舟, 丁度新緑, 丁度潮時, 丁度熟れどきである, 丁度移転の, 七十歳の, 七畝ぢや, 三代目だ, 三度目とかの, 不意に, 世の, 中秋の, 二十粁三十二粁まだまだ, 二度目だ, 云いどきだと, 交替に, 人も, 人出の, 今, 今あれ程, 今いつ来る, 今じゃ, 今すぐ, 今そこで, 今その, 今そんなにいろいろ, 今つかまへ, 今では, 今とて, 今とは, 今どうも, 今なにを, 今に, 今にも何事, 今出る, 今思い立っ, 今思つて, 今明渡さない, 今此儘, 今死ぬ, 今潰れる, 今田舍へ, 今私は, 今自分の, 今誰と, 伸びざかりの, 何どきである, 何より適当, 何時だ, 何時頃だ, 修行の, 俳優に, 僕の, 入って, 八時三十五分だ, 其処の, 其時だ, 出し時や, 出世の, 出盛り百目, 切りどき, 刈りしおだ, 初て, 初めて, 初めてだ, 初めてだった, 初めてであった, 初めての, 初めて江戸生れ, 初めであった, 初日出だ, 初耳でした, 初耳な, 初耳の, 別れだ, 利根川で, 劇場の, 勝負の, 勤め盛りの, 十一時半だ, 十五六で, 午後十一時, 可愛いさかり, 可愛らしい少年, 同意とも, 君の, 咲きざかりで, 問題じゃ, 四十二である, 境目, 夕涼みの, 外出などの, 夢か, 夢なら, 大切の, 天地の, 太平記の, 好い折, 好い機会, 妙齢の, 始めだ, 始めである, 娑婆と, 嬉しがり, 季節だ, 季節と, 季節の, 安いぞ, 密接に, 寝静まってから, 帰りです, 幸福だ, 幸福だけに, 幸福である, 引揚の, 弥勒の, 彼岸の, 得意の, 心の, 忙しい真盛り, 怖しくなつ, 思案の, 急いで, 恋しくなっ, 恐ろしい秘密, 恐ろしく思われる, 戯曲の, 押問答に, 拵えた料理, 日の出の, 明治維新な, 春の, 昼か, 昼寝の, 昼飯刻で, 時機だ, 時機な, 暑い盛, 書き入れ時である, 書き入れ時でございます, 最ほんとう, 最も混み合う, 最も盛ん, 最も華やか, 最初じゃ, 最初で, 最初です, 最後, 最期だ, 最期と, 最期の, 朝飯じゃな, 木戸番の, 来たの, 枕頭に, 桔梗の, 機会じゃ, 歎くだらう, 正に大事, 歩き遅れて, 母屋へ, 気楽で, 汝が, 浅井の, 温泉には, 滿開で, 熱る顔, 狂人に, 現代と, 生れて, 生死の, 田舎へ, 男の, 登勢は, 白糸何の, 盛だ, 盛である, 盛の, 盛りだった, 盛りである, 盛りであると, 盛りなよう, 盛りらしい, 真っ盛りで, 真っ盛りである, 真夜なかでございます, 真最中である, 真最中な, 真盛りであった, 祭りの, 私には, 稲むら生活の, 稲田の, 稼ぎ盛りの, 立って, 第幾萬幾千幾百幾十幾年, 終りか, 結婚前の, 絶頂かも, 絶頂だ, 絶食の, 繁忙の, 美しい真盛り, 脱けだす, 自分の, 花盛りの, 若手の, 若盛り, 荒々しい手, 荷物を, 葉子の, 見せる時, 見たいばかり, 見付けたといふ, 見限り時, 見頃でございます, 訪ねて, 話しかけたこと, 話すとき, 軽い反感, 辯じ立てる, 逆境の, 逢魔が時という, 遁し, 遊びたい盛り, 遊びたい盛り山村君, 酒盛りの, 酣の, 閑散な, 雌雄結婚の, 青春の, 頂上と, 頂上の, 頃合いだ, 順調らしくある, 飛ぶ鳥, 食べる事, 黄色な

▼ 今より~ (514, 0.6%)

14 後は 9 して 4 後の 3 これを, 胸の, 追想すれ

2 [18件] 予想する, 二十二三年前までは, 二百年前までは, 五十二年前に, 以後誰か, 何年か, 多きか, 夫の, 幾年の, 後に, 後も, 後汝, 数十の, 期して, 活眼を, 約千六百年前, 見れば, 顧みれば

1 [442件] いよいよ進め, おおよそ二十年, およそ二千年, およそ千五百四十年前, およそ千百三十年前, お断り申し, きびしく, げんきに, ここを, この姫君, この家, この生滅界, これに対して, さらに三十年, すぐと, すこし幅, ずっとよい, ずっと単純, ずっと幸福, ずっと急, ずっと楽しかっ, ずっと淋しかっ, ずっと生き, ずっと田舎, ずっと稚い, ずっと進歩, そちが, その福, その策, その結果, それが, ただちに早馬, ちょうど一千二百八十余年以前, ちょうど三年前, ないと, なお三十年, のち我汝の, はるかに, ほかに, ますますはなはだしから, もう少し早かっ, もっと, もっとずっと商人, もっとたくさん, もっともっと完全, もっとわかる, もっと不幸, もっと地球, もっと変った, もっと大きく, もっと強力, もっと病ん, もっと自由, もっと貧弱, もっと途方, もっと頭, もっと食っ, やね, やましだ, ようなり, ようなりやせん, ようやくその, よかった, よっぽど親切, わが大空艇, わずかに, われも, ザッと, ズツとも, 一カ月を, 一カ月前に, 一ヵ月の, 一千〇八年の, 一千一百余年前の, 一千三百年程, 一千年前白人文明は, 一層の, 一層暗く, 一層淋しい, 一層甚だしい, 一層精, 一年五ヶ月前即ち, 一年前に, 一時間ほど, 丁度八年前私が, 七十三年以前には, 七年あまり前すなわち, 七年ほど, 七百十五年前後, 七百年ほど, 三カ月以前我らが, 三ヵ年の, 三倍の, 三光穴と, 三割も, 三十一年前私が, 三十七年前に, 三十三年前に, 三十六年も, 三十四五年前の, 三十年以後の, 三十年前であります, 三十年前には, 三十年前大学予備門の, 三十年後には, 三十年若く, 三十餘年前たしか, 三十餘年前眞言宗の, 三千年前初めて, 三四十年の, 三四百年前の, 三年に, 三年の, 三年以前に, 三年前の, 三年前三人目の子が, 三日猶予し, 三月ほど, 三百何十年か, 下りてかの, 不幸の, 不殺生戒, 不足で, 両国は, 中仙道へ, 主水之, 二ヶ月も, 二三代前の, 二三十年を, 二三十年前に, 二三十年前の, 二十三四年前の, 二十三四年前妖怪研究の, 二十三年の, 二十三年前の, 二十二三年前に, 二十二年前すなわち, 二十二年前私の, 二十五年も, 二十何年前には, 二十余年前に, 二十余年前の, 二十余年前まだ, 二十四五年前に, 二十四時間以内に, 二十年以前は, 二十年余りの, 二十年前の, 二十年前伊達家と, 二十日以内に, 二十餘年前に, 二千四百年前の, 二千年以降一千二三百年までの, 二年ほど, 二年九ヶ月目即ち, 二年以前其一行と共に, 二年前の, 二昔前の, 二時間の, 二月の, 二月ほど, 二月程, 二百五十年も, 二百十余年前一七〇五年もと, 二百十余年前英国に, 二百四年前, 二百年ほど, 二百年以前より, 二百年前本邦へ, 二週間ほど, 五七十年も, 五六十年前早く, 五六年前の, 五十ケ月以内に, 五十年を, 五十年余り昔の, 五十年前に, 五十年前の, 五十年程, 五年し, 五年の, 五年乃至, 五年前帚葉翁と, 五日ばかりの, 五時の, 五百年以前までは, 以上の, 以前の, 以後此の, 以後汝等仏弟子の, 以後謀り, 住む所, 何千分の一か, 何年の, 何年を, 余り遠く, 修行門に, 僅かに, 僕は, 先に, 八十一年前安政二年に, 八年前其方が, 八百年ほど, 八百年前の, 六七十年前英国の, 六七年前私は, 六代の, 六時間も, 六百三十四年前の, 六百年程, 共に往き, 凡そ二百五十年以前です, 凡そ八年前大正三年の, 凡そ半年以前, 出なくなるでしょう, 判明りした, 別れなむ, 前約, 勉強し, 勉強は, 十一年前より, 十七八年前誰やらが, 十三年ばかり, 十三年程, 十二三年に, 十二三年前各, 十五六年以前である, 十五六年前と, 十五年ほど, 十余年ほど, 十余年前の, 十八九年以前の, 十八年の, 十八年前の, 十六七年前に, 十六年前に, 十四五年前の, 十四五年前東京本所に, 十四五年前横浜伊勢崎町の, 十四年前, 十四年前夏ごろの, 十層倍も, 十年の, 十年前, 十年前すなわち, 十年前である, 十年前に, 十年前またもや, 十年前まで, 十年前中村座にて, 十年前富田の, 十年前発行の, 十数年前に, 十数年前は, 十数年前わが国の, 十数年前支那上海の, 千二百七十年ほどの, 千二百年ばかり, 千十余年前成った, 千年に, 千年の, 千萬倍の, 参って, 又一層交通, 友いとして, 后の, 君に, 吾が, 呪文を, 和らぎて, 善く又, 四五十年前に, 四五年前の, 四十五六年前余の, 四十余年前早稲田の, 四十年以前の, 四年前の, 四年程, 四百年ばかり, 回顧し, 回顧致しまし, 土地の, 填ち満ち迷魂, 夕方かけ, 外には, 多くの, 大に, 大佐であり, 大変化が, 大変楽な, 大奥女中残らず, 大略五年以前に, 奉行所の, 如此くして, 姫の, 威張つて, 学問に, 安かった, 完全に, 定め置かれ候よう大切, 宜しく戒め, 容易に, 小さかつ, 少しくさき, 少しは, 市中は, 年を, 幼時を, 幾十分か, 幾千年前で, 廉価に, 彼に, 彼の, 後, 後いふべし, 後わが, 後われ爾, 後七年の, 後二十六年天帝天を, 後兩國末永く, 後吾人の, 後地を, 後市中, 後彼に, 後怖, 後思ひ, 後我, 後毎年一度甲冑改を, 後程なく, 思い合わすれば, 思えば, 思ひ, 思へば, 急いで, 急ぎ印度國コロンボ, 恍惚の, 惡く, 想えば, 想へば, 我等は, 打破曹操の, 推算すれ, 数十倍応用の, 数十年前その, 数十年前冬期に, 数十年前零落れ果てた, 数層倍の, 数年の, 数年を, 数年前, 数日遅い, 数等深みの, 數百年前の, 日本海に, 日沒に, 時間でも, 暫し前, 曙覧の, 更らに, 有利な, 枯れぬ用心, 楽しみに, 正しいで, 此問題に, 此法を, 殆ん, 毎年寸志までの, 永く彼, 汝は, 深く潜り込ませ, 減るかも, 満十年余以前, 滝川三郎兵衛の, 狭かつ, 狹く, 猛し, 甚しきは, 登城し, 百二十余年前蜂須賀三代の, 百五六十年前に, 百五十余年前, 百余年の, 百余年前即ち, 百十七年前である, 百年あるいは, 百年ばかり, 百年以前非常に, 百年前其大學に, 百年後に, 百年後の, 直ちに降りかかる, 直にて, 研究せざるべからず, 確言を, 神として, 神に, 究め知ること, 約七百九十年前, 約三百年, 約二十年前, 約五分前, 約五十年以前, 約五十年前, 約八百年前, 約十五年前, 約十年以前, 約千五百二十年前, 約千八百年前, 約四百年前, 約百二十年前, 約百五十年前, 約百五十年前明和七年, 考え想い見るに, 考ふれ, 考へざる可, 胸にを, 臆測すべからざる, 自ら食むべし, 若いころ, 若くは, 薄給で, 薬も, 蛇を, 見て, 轟き初めて, 迥と, 進歩した, 遅く来た, 遅れて, 遊撃隊を, 遙かに, 遠からざる, 遥かに, 遥に, 重大な, 風塵を, 飛行の, 馬鹿で, 駿卿へ, 高等の, 默し, 齡を

▼ 今すぐ~ (422, 0.5%)

104 では 3 この足, という, 帰って, 持って

2 [30件] あなたの, あなたを, お二階, ここで, ここを, だ, でなければ, にあの, にお, にここ, にその, にでも事, に使っ, に出, に申せ, に行っ, はいけません, ぶんなぐって, わしは, 今すぐ, 出て, 家へ, 後から, 来て, 此処を, 私の, 行く, 行くからね, 行って, 開けますよ

1 [336件] あげる, あの戸, あの手紙, あれを, いらっしゃるわけ, おくんなさい, おせい様, おっ始まるの, お別れ, お前を, お寄り, お敏, お番所, お目にかかるからと, お眼, お話し, お読みくださりませ, からでも何とか, ここに, ここへ, こなければ, この人, この公示所, この場, この猪口才, これを, こわれるん, こんな話, すくって, すみますから, そちらへ, それが, それに, それも, それを, ためして, だから, だって心から, だって話, だという, つくれと, でございますか, ですか, でなくては, でなくとも, でもお, でも下手人, とって返しむしゃぶり, とはただ今, とは思いませんでした, とは行かないだろう, とは言わんで, と申しまし, と申す, と言, と言うた, などは勿論, ならいると, ならば, にあなた, にいろいろ, にうけいれる, におれ, にお前達四人, にお話し, にききたい, にこし, にじ, にだ, にだってつけ, にだってシベリヤ, について来られない, にでも, にでもくりかえし, にでもこの, にでもできる, にでもどう, にでもやる, にでも会, にでも出来る, にでも刻つて, にでも御, にでも牢, にでも結構, にでも自分, にでも言われる, にでも転機, にでも追, にでも遣る, にともいわれまい, にと言わない, にのど, にはお詫び, にはだ, にはできません, にはわからなく, には服用, にもあの, にもかきたい, にもちょっと, にもの, にもアッサリ, にも云はず, にも女, にも山村, にも帰し, にも帰ります, にも手, にも持たれる, にも自分, にも舎人, にも解決, にも隣室, にも首, にや分らない, によく, にわしら, にカツレツ, にクリストフ, にジカ, に不, に之, に云ったら, に五重の塔, に佐平次方, に何, に俵一八郎, に公演, に出す, に出向く, に出来る, に分る, に助け, に参ります, に合同, に大軍, に妻, に嫁, に実行, に家, に帰り来べし, に引き出さね, に往きます, に御覧, に思いついた, に急い, に成績, に手続, に捜し出したい, に文学座, に暖かい, に死なれ, に死ぬる, に無電, に父, に用, に看護婦会, に自首, に行きます, に行こう, に表, に見える, に親, に言っといた, に貰ひたい, に貴女, に返さない, に逢わせる, に連れ, に金, に銃殺, に開けまする, に除き去っ, に食事, は結婚, は行け, は言わない, ひまを, ほんの一分, ぼい出して, みんな返し, もらつて, やっちまえば, やっつけて, やって, よ, よだって, わかりませんという, わしが, わしの, ゥ, サナトリウムの, ジカに, スイッチを, テーブルから, ドミトリイを, ハンカチを, ボートを, ユックリ会える, リーザさんを, 一分の猶予も, 一箇師団を, 上げても, 下さい, 下手人を, 世界じゅうを, 二万ルーブルの, 二人で, 人々の, 今すぐしっかり, 今すぐしつかりしない, 会場へ, 伯爵の, 位に, 俺に, 入れて, 入院する, 出かけるよ, 出かけるん, 出来ねえと, 判るよう, 別れろと, 前の, 南町ご, 参ると, 取って, 取立てて, 口を, 古賀さんとこへ, 可愛い頭, 名乘, 向島の, 君たち十六人を, 噴かせられないでしょうか, 基地へ, 大工が, 天使の, 夫婦に, 奥様が, 姉の, 実現できる, 家内の, 帰りますさかい, 広間の, 式を, 引取つて出, 彼れ, 彼女を, 御当家, 御覽, 御返事します, 御返事を, 思い出せませんけれども, 我ら三人を, 戻るよ, 払えという, 承りましょう, 持ちあがるぞと, 持つて, 支度します, 支度を, 放送局と, 料理屋へ, 旅に, 日本に, 書けなければ, 月謝の, 来ます, 染奴の, 桜島に, 楽に, 横に, 此処で, 死んでも, 死刑を, 殺して, 沓を, 灯りの, 灯りを, 無理に, 父の, 牛乳の, 玉が, 用事も, 町の, 病院へ, 真物, 眼鼻を, 知って, 確かめようとも, 社に, 私が, 私は, 私も, 移るつていう, 立つと, 立派に, 約束を, 終るところ, 組合へ, 縄目を, 署まで, 聞いても, 自分の, 自分は, 荷物を, 薬を, 行い得る実際, 行かう, 行かないで, 行きますが, 行くから, 行くぞ, 行くよ, 行くよう, 行こうか, 見せて, 見て, 解るこったが, 訪ねて, 調べに, 謎の, 警察へ, 起ちあがって, 踏み込んで, 車が, 返して, 返事が, 返事せんならん, 野球に, 鎌倉へ, 長い草鞋, 開けます, 階下から, 霊公にぶ, 駈けだすという

▼ 今なお~ (416, 0.5%)

7 残って 4 これを, 生きて, 私の 3 伝わって, 存し

2 [15件] あること, ここに, その名, その痕跡, 不思議にも, 世人の, 人間は, 僕の, 古老の, 多くの, 存せり, 存在する, 玄徳の, 耳に, 自分の

1 [361件] ありありと, ありこれ, ある種, いくらか残っ, いやな, いろいろと, いろいろの, うれしい祖先, お認め, かくの, かなりの, かを私, きわめて痛ましい, この少年, この故郷, この旅人, この町, この眼, すこぶる社会, そうである, そう信じ, そのまま抱い, そのまま私, そのよう, その仰せ, その各所, その各部, その名残, その地, その場合, その学校, その怨み, その社長, その装飾, その記録, それを, そんな事情, ただ一騎で, ちんまりと, どこかに, どこでも, なつかしく立ち昇っ, のこって, はっきり突き, ひとつの, ふかく辱, ほうぼうの, まざまざと, よく寝られ, よく知られた, わが子の, わたくしの, わたしは, われわれの, われわれを, われを, クサリ鎌の, スピードの, スラブ人種の, スラヴ族の, ダージリンに, チベットの, フランスで, マスル・エル・アティカ, ロッテナム美人術を, 一冊の, 一度も, 一生懸命に, 一見二, 一銭天婦羅で, 一首の, 三吉様が, 三名は, 不可思議である, 不思議でならない, 不思議に, 不明であっ, 不明なる, 世にもまれ, 世の, 世人は, 世間からは, 世間に, 世間の, 世阿弥の, 中国へ, 中学の, 乞食の, 乳父の, 予は, 争奪の, 二十年前に, 京都某家に, 人の, 人心に, 人類未知の, 住んで, 作って, 依然たり, 依然として原, 依然として相当, 依然として群がり寄せ, 保存し, 保存せられ, 信ずべからざる事実, 信長から, 信長の, 信頼し, 俥を, 修行の, 健全な, 健在し, 健在する, 健在なり, 儼然と, 再び戦争, 分らない, 分らないという, 判断に, 到る処, 剣を, 割り切れないもの, 勅使を, 勢力の, 勤勉な, 南海に, 南部津軽の, 単刀直入に, 双頬, 取出す事, 古代の, 各地に, 名古屋に, 名高い, 呂布を, 四千年前の, 図書館の, 固有な, 国内にて, 土地の, 地上に, 堂々たる編隊, 士気は, 売って, 多く存し, 多く存在し, 大切に, 大宇宙, 大目村に, 天に, 天然の, 失わないで, 女性の, 姿勢も, 存すと, 存すること等, 存するところ, 安らかな, 完全に, 家老に, 寸時も, 少しく放心, 少しの, 少数の, 山上の, 山中を, 巍然たる, 市中何処という, 帰趨する, 幼稚なり, 床しき物語, 座中に, 庸三の, 引いても, 彼の, 往々僻地, 復興の, 心に, 忘れられないほど, 忘れること, 忘れ得ぬもの, 思い出しても, 思い悩んで, 性根を, 恋愛を, 恐ろしき勢い, 恙なかるべし, 意志を, 意識しかね, 愛する事, 愛好せられ, 愛用し, 感ずるごとく前足, 感謝の, 憾みと, 我々の, 或る, 戦いを, 手が, 手工藝の, 承認せられ, 捜索中であった, 支那公ロン・ウウの, 教わるもの, 数人の, 数回にわたり, 整理されない, 新しい追憶, 新刊書などを, 新鮮な, 旺なる, 明瞭に, 昔の, 星の, 映画界に, 昨の, 昨日の, 是が, 時を, 時折り, 晩からず, 暴力や, 書かないまま, 最もよくこの, 最も強烈, 有る所, 有効である, 有名な, 朗々として, 朗らかな, 未解決, 村落では, 東京市中数え尽されぬ, 杳として, 杵屋の, 栄えて, 概ね没交渉, 榎の, 槍を, 止まないもの, 正装した, 武蔵に, 歴々として, 死せる, 残ると, 残る二王門, 残る沖縄, 残れる一瓶, 残喘を, 残存し, 残惜しく思っ, 残雪で, 気味わるく, 気息喘, 水, 永平寺に, 江北前線に, 法師の, 法律家は, 洛陽の, 流行し, 清悦とは, 渡場が, 渭水の, 澄みきれないもの, 無気力な, 牢守せられ, 牢記し, 牧場森林山岳を, 特別の, 独身で, 猛烈に, 猿嘉氏を, 現に生き, 現存し, 現実であっ, 理想を, 生々しく私たち, 生存せる, 生気に, 田舎には, 留まって, 異常を, 病を, 病床に, 癒や, 登子の, 盛んに, 目的論が, 真面目顔で, 眼の, 眼を, 着用し, 知れずとの, 確める, 確定法に従って, 祀られて, 祇園の, 祭りの, 秋に, 種姓の, 空中に, 竜骨多し, 竹葉の, 笑話と, 米国において, 総称の, 緒に, 織田家との, 美濃が, 老いて, 考え出されたり, 耳底に, 耳目に, 聞こえるほど, 自責の, 芙蓉帳裡の, 芝田村町に, 花柳界の, 若い層, 苦しみ続けて, 蓐を, 虎牢関の, 血氣壯んであった, 行われて, 衛生当局の, 製作され, 解せぬ想像, 言問の, 計画として, 記憶し, 記憶を, 詩興の, 豊かに, 身を, 農村では, 述作中に, 迷って, 迷信と, 追憶の, 通用する, 連綿と, 連綿として, 連鎖の, 運命の, 道子を, 針売りし, 鋼鉄の, 降りしきる雪, 雪が, 頑として陥ちず, 頗る根づよい, 領域内の, 頭の, 飄々たる, 驚き怪しん, 骨を, 髣髴として, 鬱勃として, 鬼二郎の, 鼠を

▼ 今しも~ (406, 0.5%)

5 一人の 3 二人の, 彼が

2 [29件] お柳, その五六軒彼方, それを, わたる深山かぜ, 停車場通ひ, 冷たい金色, 出て, 出席簿の, 台所にては, 唯一人好摩停車場に, 唯一人町の, 壁の, 川上の, 忠太の, 晩餐を, 最後の, 本所の, 机の, 燈台守の, 男の, 町から, 町の, 町を, 登りかけた許, 白塗の, 破蚊帳, 街の, 逆寄せ, 静

1 [337件] いくらか賢く, うれしき夢, おせんが, おりようと, お吉, お宮は, お熊, かう無き名, かじ棒を, きょろりと団栗まなこ, こういう子守唄, こうがむしゃら, ここに, こちらへ, この一大氷山, この古い, この山中, この岡, この怪しむべき, この所, この旗, この浅間, この髪床, こんがらと, さしもの, そこに, そこの, その大将, その太, その太鼓打, その影, その後の, その聖像, それに, たけなわで, だんだんに, ちょうど大原, ぬっと十兵衛半身, ぬつと, ぱつと投網を, ぴたりと, ふと其, ぽたりと, みがきたて, ようやく戸口, よみかけし洋書, わが吹き終った, アンチンヌ並木町に, ダンジリに, チャイコフスキーの, バイエルタールの, ポカリと, ムク犬を, ランチ, ワンタンメンを, 一つの, 一人が, 一個の, 一団の, 一室の, 一挺の, 一曲が, 一本の, 一種狷介な, 一輌の, 一酌を, 一面の, 丁度裸, 三人の, 三千円の, 三機の, 三角洲の, 三高の, 上って, 上り来る人間そのもの, 下を, 不意に, 中流を, 丸山一の, 二三の, 二人づれの, 二匹が, 人が, 人間を, 人間界に, 仏頂寺弥助が, 仕事に, 仰で, 件の, 低きささやき, 住吉の, 住職の, 何を, 余の, 便所の, 兄の, 光を, 入らうと, 入口を, 入日の, 全速力を, 兩國へ, 八面鉄刀に, 六七名の, 兵馬を, 其の腰, 其一座の, 其処に, 内務大臣官邸は, 凄い唸り, 出で, 出帆する, 削りあげた木, 動き出したばかりの, 勧持品の, 匡の, 十七八の, 千代が, 午後八時を, 半天際, 印袢天を, 原の, 厨の, 厩から, 友達に, 台所から, 台所を, 右舷間近に, 号外を, 向ふむき, 吹くる風, 吹上の, 和田倉門内の, 四銃士の, 圃に, 地を, 地平の, 坂を, 城を, 城下から, 場内に, 塀を, 壑を, 売買に, 夕化粧を, 夕方の, 外出先から, 外濠の, 大きい貨物自動車, 大きな塊, 大勢の, 大得意, 大時代な, 天を, 太陽が, 夫人の, 奥の, 女が, 女主人, 女性二人の, 女房が, 妾が, 姜維の, 孫兵衛や, 宮門を, 宴の, 宴会が, 射殺したる, 小学校の, 届きたる二三, 山の, 山麓なる, 岩根に, 岸壁を, 峠を, 崖に, 市川在の, 帆を, 帝国ホテルの, 帰り来たれるなり, 帰朝した, 常念, 広辻, 底の, 庭前に, 庭園の, 建物の, 弾丸を, 彼の, 彼は, 彼を, 彼等が, 後部甲板昇降口より, 徐々に通りすぎ, 御最後川, 御身が, 急いで, 急に, 愛宕へ, 懷か, 我が弦月丸, 戸棚の, 戻って, 手なし, 打ち倒されようと, 打ち寄せる波, 投げ出さんと, 投影された, 摩利信乃法師の, 故郷へ, 敵軍から, 斜陽静かに, 斧を, 断崖から, 日ながの手すさび, 日光室の, 春信が, 書生の, 月の, 月光の, 有楽町の, 朝餐の, 本堂側を, 材木を, 村の, 村井が, 松本平方面へ, 柵の, 梅子の, 森が, 森の, 楽隊を, 樋田の, 横ざまに, 横丁の, 橋場の, 此印度洋を, 死物狂ひ, 水が, 永い冬, 汝が, 汽車が, 沈もうと, 沼の, 波浪に, 洗う大皿, 海蛇丸を, 海賊は, 涅槃桜の, 渠が, 満月が, 照射とも, 燦爛として, 燭を, 爐裂彈で, 狼狽て, 現場から, 現場は, 琵琶湖を, 畑から, 病房から, 痩せたる一人, 登って, 百メートルばかり, 皿を, 盛んに, 目科が, 真名古は, 真昼, 眼前数秒の, 石垣の, 石町通りから, 硯に, 秀吉の, 積み荷を, 立現われ, 端山の, 竹童の, 笠取の, 第一番, 第二周目, 箱崎橋の, 粂之助の, 紐へ, 紛々として, 紺色の, 義元は, 習志野原から, 老師が, 背負い来った長方形, 臨時病院から, 自分を, 自家を, 舞台は, 船首甲板に, 花梨の, 蒼然たる, 薩摩屋敷の, 藻屑の, 蝉が, 血振るい, 袞龍錦衣の, 裏口より, 見つめて, 親分格の, 角を, 調剤した, 談話に, 蹌, 車窓より, 車輪に, 輕氣球から, 通用門から, 遊び人風の, 遠ざかって, 遷坐の, 酒宴の, 金蘭橋の, 鍬を, 開け放して, 闇を, 隊伍を, 階段の, 階段を, 随順した, 電話が, 鞘に, 鞘へ, 風呂の, 飛び立とうと, 馬に, 馬車に, 駅前から, 高社山の, 黒い三つ, 黒雲の, 鼻へ

▼ 今ごろ~ (381, 0.4%)

32 になっ 10 はもう 6 になつて, はどこ, は半 43 はきっと, はこの, は定めし, は彼ら, までどこ

2 [23件] こんなところ, そんなこと, どうした, どうしてる, になつ, のこと, の季節, の時候, の時間, はあの, はさぞ, はその, は冷たい, は日本, は汽車, は眼, は石, は神様, は頭, もその, もオレ, 帰って, 講ずること

1 [256件] あせっせと, あの子どもたち, あの紳士, あり, あんなこと, いい気持ち, いくらくやし, いつたいチップ, うろついて, お伺い, からざっと, からどこ, からなら, からめったに, から中, から九時ごろ, から二人, から出かけ, から原子医学, から夏, から寄り道, から寝る, から怱々, から早, かんかんだ, きっとひじょうな意気ごみ, こうしたこと, このへん, このよう, この奥庭, この暴風雨, この玄蕃, この辺り, こんなお寺, こんなこと, こんな所, こんな花やか, するな, するの, ずっと切迫, そこで人殺し, そんな音, たたって, だしぬけに, つくづくと, であったろう, でございました, です, でも薄い, で父, となれ, と云う, と同じ, どういう身の上, どうし, どうして来た, どう思っ, どの辺, どんなになっ, どんなにひとり, どんなに不安, どんな道楽息子, ならば, なら衣紋竹, なん, に, になり, になる, になるだろう, のっそりと, のよう, の中学生, の帰り, の新緑, の映画人, の河豚, の風, はあちら, はあんな, はいそがし, はお, はおそらく, はおれ, はお寺, はかの, はきみ, はけんか腰, はこうした, はこちら, はこんな, はこんなに, はこッぴどい目, はさぞたいへん, はさんざん, はじまって, はずいぶん, はそう, はそんな, はちょうど, はっきり其, はてめえ, はどうして, はどの, はぬくぬく, はまた, はまだ, はまぶしい, はまんまと, はもうすっかり, はもうだいぶ, はもうとっくに, はもう少し, はもっと, はもはや, はやはり, はよかっ, はアメリカ, はキット, はシヤトル, はドクター, はヒリッピンあたり, はペテルブルグ, はロンドン, は三方子川, は世, は世間並み, は丹塗, は丹塗り, は丹波, は二人, は五体ばらばら, は京都, は会った, は伝統派, は佐藤春夫悪人, は何, は何処, は何十着, は先生, は共産党, は兵隊墓, は冷たく, は冷たく固く, は出張, は北海道, は千隆寺, は千鶴子, は午前, は半蔵, は吉原, は吠え面, は四年生, は困っ, は土左衛門, は地下, は地球, は壇ノ浦, は多分, は大阪朝日会館, は奥州口, は奴凧みたい, は寝入っ, は小屋, は小歌, は小石, は屍, は山腹あたり, は廊下, は彼女たち三人, は心, は手, は手枷, は押入れ, は教室, は断頭台, は新聞, は柏餅, は此処, は死んだ, は泡, は深い, は混雜, は満, は無事, は父, は犬, は生き, は生きた, は生き埋め, は田川, は田植え, は疲れ, は白, は百号大, は監獄, は直ぐ, は砂糖水, は社殿, は私達, は絶望, は縄目, は胸, は自分, は芝居小屋, は若い, は苦しん, は藤, は蚤, は行徳, は誠一, は警察, は道, は酔っぱらっ, は野, は金吾さん, は雪, は風説, は魚, は鱶, またお, まだてんてこまい, まだ営業, までいったい, までその, までも寝, まで何, まで浪宅, まで起き, まで遊ん, まで長々, むし暑い汽車, もうどうなっ, もうホテル, もう遅い, もまた, ようやく見破る, よく建てられ, んなっ, 云ったって, 今入港, 他所行支度, 何でこんな, 出て, 初めて旅, 咲いて, 咲くの, 探したとて, 揉み消すこと, 気がついたか, 気がついたが, 気づいたの, 漸く実行, 珍しいわね, 着くには, 見て, 騒がしい辻斬問題

▼ 今少し~ (358, 0.4%)

8 前に 4 先出の 3 すれば, のこと, の同情, 前の, 力強き歌, 堅固に, 待たれたが, 待って, 申上候

2 [12件] 健全の, 力を, 和歌の, 待つて, 深刻であり, 確かな, 經つたら, 考えて, 若ければ, 話したい, 詳しく言, 詳しく言え

1 [295件] いはせま, いはなければ, うつくしい夢, おそく来る, お待, お話しなけれ, お話し申す, ここで, このよう, この胸, して, すると, ずつ思い出し, その例, その方面, たしかな, たって, たべわが, だ, ちがうであろうと, つづくと, でその, でそれ, でも眠っ, で一人, で不思議, で仕あがるところ, で倒れん, で分かり, で切腹, で口笛, で大きな, で大変, で彼等, で思ひ出され, で手, で林, で気絶, で燃え, で男, で相手, で約束, で締められる, という, といふ所, なり, なりとも, にて閨, の余裕, の後, の御, の明晰さ, の時間, の無理, の間, はでに, はハキハキ, は引い, は歯, は良い, ばかりある, ふやして, ませて, も悲しく, も持つ, も覚え, よい思想, よき境遇, われわれの, ケチな, ナアヴァスに, ヒットラーが, 一般の, 上の, 下に, 下卑て, 不貞であり, 世界的に, 中が, 事象の, 仕事が, 体つきの, 余も, 価を, 個々の, 倹約の, 僕を, 優美な, 具體的に, 冷淡なる, 冷静に, 出這入の, 列挙し, 別嬪で, 制御する, 前とは, 前一寸, 前後の, 前旅館の, 勉強し置か, 勝れて, 印度の, 反省し, 古いもの, 古代法律に, 古風に, 叮嚀な, 可愛がっ, 名の, 吟味し, 咽喉の, 塩加減よく, 墨子の, 外的に, 多く交渉, 多く女子, 大きな店, 大なり, 大人らしく, 大胆な, 天界に, 天賦の, 夫の, 奮発し, 如才なく, 学問が, 学問の, 寝付いた処, 寡かったら, 専横な, 小さく或は, 嵐が, 差支えるから, 常識的に, 平凡な, 平明に, 年が, 年を, 年齢が, 広い家, 広い意味, 広い眼, 広く喰, 広く小女, 度胸が, 廣く, 延びたらこの, 延長する, 強い忍耐力, 強くてもよ, 彩色を, 役を, 後であった, 後の, 後を, 御思案, 御猶予, 御留り, 御邪魔, 御馳走にな, 忙しいので, 急がず落ち着き払って, 急げば, 情状を, 惜しいやう, 意識的に, 愚かの, 手強くまた, 手近な, 打ちやり置いたらかく, 抵抗の, 拡張し, 持ち合ってるよう, 揺ぎ出しせめて, 新しい時代, 新しく出来た, 方針の, 方面をかへて, 旦那の, 早かったら, 早くも, 早く知ら, 早く足羽山黄金舎, 早ければ, 旭山を, 時の, 東京人に, 根気よく, 極端に, 楽な, 楽に, 概括的に, 様子を, 樹を, 機関の, 氣を, 永く相撲, 注意しなけれ, 深刻に, 減じ給え, 演芸的でない, 潤いの, 濃い目, 火鉢の, 無意味なる, 熱くせよ, 物價の, 特殊な, 狭く細かく写そう, 率直な, 率直に, 理屈立つた, 理窟的に, 生かして, 生きて, 男子らしけれ, 疵の, 登ると, 目先きの變つた人物を, 直観的象徴風の, 眞面目ならしめ, 真面目ならしめ, 眠ったの, 眠らうと, 眼を, 睡りを, 研究を, 硬くても, 稼ぎためようと, 立ち入つた研究, 立入って, 立入つて考察せね, 立派な, 精しくいう, 精しくいっ, 精しく彼ら, 精しく知りたく, 精しく考証, 精細に, 純な, 細かく分解, 経てば, 經てば, 続くと, 縁が, 考へ, 考へて, 自分が, 自分に, 自由が, 芸術的の, 茶碗の, 落ちついて, 落ついて, 落着けて, 落附い, 行きて, 行って, 複雑な, 西であっ, 見て, 観照的の, 言葉を, 訳の, 詰責し, 話を, 詳に, 詳細に, 説明し, 説明せね, 豊かな, 貨殖の, 賢いか, 身に, 身体を, 辛抱し, 辛抱しなく, 辺幅を, 述べたいこと, 迹を, 逗留し, 進んだ場合, 進歩的研究的の, 都合が, 酌し, 重き罪を, 重く評価, 鉄面皮であったなら, 長い期間, 長く持続, 長生きしたら, 陸奥よりも, 静かな, 頭が, 高めたら

▼ 今迄の~ (353, 0.4%)

9 やうに 6 ように, 様に 5 ような 4 事は, 場所に, 自分の 3 ことを, 彼の

2 [20件] うちに, ことは, もので, やり方は, 一切を, 三倍も, 事を, 俺は, 心配は, 悪い評判, 気持が, 理由の, 生活が, 罪を, 落着冷静剛愎の, 話の, 誇を, 途なら, 通り列べ, 馴

1 [269件] あなたは, あの場合, あやふやな, あらゆる過去, い, いろんな自分, うち一番夏らしい, うらみつら, お話で, からだ具合いを, けちな, このみぢか, この仲間, さまざまな, すべての, それで, ところなされた, ところは, ところ一番気に入った, ところ学生達は, ところ日本の, どの年, どんな場合, どんな芝居, ひそひそ聲, もの, もので役に立つ, ものに, ものより, やうな, ゆきがかりで, ウジウジした, ゴミゴミした, シカメツ面はど, ジメ, セーラーに, トライチケを, フランスにおける, 上衣を, 下りと, 下宿とは, 下宿の, 下宿を, 下宿屋であったら, 不勉強, 不満気な, 中二巻分位の, 主人が, 主義を, 事情を, 人が, 人間見, 仕事は, 仰山な, 会社の, 会話だつ, 住居に, 何とも, 何んな, 何年もの間の, 例から, 例が, 例を, 価値判断が, 修身の, 修身教育なる, 俳優の, 俺が, 俺の, 借りを, 僅かな, 僕の, 内省には, 凄い科白, 凜然たる, 凡そ官能的な, 処では, 処教導性である, 処決し, 分を, 努力の, 勉強に, 勝ち誇つた気持ち, 十円馬券の, 友情を, 取り巻侍, 叫喚を, 同職より, 君との, 周圍關係を, 唯一の, 問題は, 喜悦も, 四人の, 四斗俵としては, 坑夫達も, 報告では, 報酬を, 声と, 変な, 多くの, 夢は, 大平さんの, 大気や, 失敗の, 失敗を, 奥様が, 女の, 如く汝, 姓名を, 威勢は, 威厳を, 子供の, 子供らしい, 安次に, 家庭教師を, 寄席は, 小作人では, 強い者勝ち, 彼は, 彼女なら, 心の, 心得違いは, 念を, 急がしかつ, 急込み, 恐怖を, 悪事を, 悪業邪慳を, 意見を, 態度を, 憂さを, 成行きを, 成行を, 我々の, 我を, 戯けた調子, 所動物に対して, 敬語の, 数倍も, 敵意と, 文学に, 文学を, 料理法から, 新水会, 方へ, 方針が, 旅行で, 日本の, 日本人には, 晴れやかな, 暗い不潔, 最高記録を, 會話の, 月曜の, 木ッ葉役人は, 本では, 来し方を, 東京生活で, 松葉屋の, 様な, 様なだだいっ, 様には, 様子を, 樣に, 樣子を, 段階では, 母に, 民俗学には, 気持とは, 沈んだ心, 沈黙は, 洋服との, 瀬川君とは, 灰色の, 煩悶は, 煩雜な, 熱情は, 物質的から, 玉帳とは, 生き方が, 生活に, 生活は, 生活も, 生涯は, 疲が, 癖が, 発禁の, 白鷹先生は, 目覚めなかった人間本来, 短い期間, 砂浜と, 私の, 私への, 私も, 笑顔は, 管理者なども, 粗暴な, 紙の, 経済学と, 経過から, 経過を, 経験から, 経験で, 経験に, 経験も, 経験上大抵, 結論, 線に, 繰りかえしの, 罰で, 美しい金色, 美学者も, 美津子で, 習はしで, 習慣だつた, 習慣として, 職業も, 胸さわぎ, 自分で無い, 自分は, 自分や, 若い娘達, 若林博士の, 苦い戦, 苦勞は, 苦心の, 苦心も, 葵なら, 行きが, 言葉は, 計画で, 詩が, 詩人の, 話しかた, 話でも, 話とは, 話を, 詳しいイキサツ, 誤ッ, 調子は, 調査に, 赤の, 転々と, 迫害が, 通りに, 通り熱心に, 遊び仲間の, 道に, 道を, 道具噺は, 遠慮深い, 遣口, 部分の, 酔は, 重苦しい緊張, 鉄縁を, 關係上大變仲が, 陰慘な, 陰気な, 陰鬱な, 陸軍は, 電線を, 静の, 顛末を, 饒舌の, 馬券法の, 鬱悶が, 魂の

▼ 今~ (344, 0.4%)

21 盛りと, 距る 16 盛りの 13 盛りに 7 おいて 6 さかりと, 措いて, 殺したの 5 措いては 4 さかりの, 昔に 3 おいては, 昔と, 盛に

2 [18件] さかりに, つかまへて, つれて, ときめいて, る此許, 下界の, 去ること, 春辺と, 時めく老中, 最後の, 殺して, 現とも, 盛と, 盛の, 盛りなの, 考えて, 限りと, 限りの

1 [190件] あああらしめた, いなかった昔, いにしえと, おこぞと, かぎりと, くれること, ここに, この世の, この千載一遇, さかりとお, さかりな, さかりらしい, さむみ, さる約, しのいで, しのんで, そのままに, その機, ときめく一代, ときめく南, ときめく南町奉行, ときめく江戸町奉行大岡越前守忠相, とりかえしの, どんなとき, どんな時, のぞいて, ののしり昔, はずしては, はずせぬ, はやりの, へた處, むなしく逸し, もう一度きっと僕, りますところ, るここ許, 九時に, 人氣の, 今の, 何時と, 何時とも, 信ずる人々, 初の, 初対面と, 別れの, 危急の, 去ること一八〇〇年前オーグストス・シーザー, 去ること三十余年, 去ること三十余年前, 去ること三十六年前, 去ること九百余年前, 去ること二十五年徳川政府, 去ること二十何年前, 去ること二十余年, 去ること六十四年, 去ること凡そ二千三百有余年, 去ること凡そ十五, 去ること十餘年, 去ること千二百六年和銅, 去ること四十年, 去ること幾百年, 去る七, 去る三十年, 去る事, 去る事三千余年, 去る事六十年前これ, 去る事十八年前, 去る二十八年, 去る二千数百年前, 去る五年前, 去る十三年, 去る十九年, 去る十五, 去る十五六年前, 去る十何年, 去る千百余年, 去る四五千年前, 去る四十年前, 可と, 呼びかけるよう, 呼びに, 呼んで, 咒ふ, 唆った, 喜ぶ, 囃して, 坐視し, 境に, 失すると, 奈何せ, 如何にと, 安楽と, 宮成らすら, 寂しく思った, 引き据えながら, 引き移らせてから, 引き離そう, 待ちかねて, 思う, 思うて, 悲観する, 惜しもう, 感謝し, 慕う熱情, 憶いし追い迫っ, 戀と, 手古, 持ち續, 指すの, 振り顧, 捌いて, 排斥する, 支えて, 救ひ, 敬慕し, 春と, 春べと, 時めく勅任官, 時めく在野, 時めく宰相公, 時めく寵妃, 時めく左大臣, 時めく平家, 時めく権門, 時めく江戸一番, 時めく流行醫者, 時めく龍宮劇場, 時めくABCDS株式国家, 時代と, 時代の, 晏如として, 楽しんで, 標準と, 比較し, 水温む, 活写する, 満開に, 潮時に, 照し, 率直に, 生きたくは, 生きよ生きめけよ, 生きること, 男に, 盛りたる櫻, 盛りだから, 盛りであった, 盛りとぞ, 盛りなもみじ, 盛りなり, 盛りなる空地, 省みると, 知らずして, 精いっぱいに, 糊塗する, 絶好な, 繁盛に, 置いては, 考えいにしえ, 考え当てられるだろう外, 聖代と, 自分の, 興闌の, 花形の, 蕾の, 見と, 見ること, 見るの, 見ろ, 見納めぞと, 詰ったが, 語り先頃, 責め神, 貰っては, 貶す, 迎えるため, 迷と, 退く時, 逸したが, 遁し, 過ぎぬる四年前, 還して, 鎌倉などに, 閃光の, 限と, 限の, 限りに, 除いて, 除いては, 難じ, 駘蕩に

▼ 今また~ (322, 0.4%)

3 ここに, これを, それを

2 [11件] おもいだしたから, この部屋, それの, 千百五十余人からの, 彼は, 私の, 私を, 聞けば, 自分の, 院長の, 霰を

1 [291件] あなたも, あの奇妙, あはははは, あらためて同じ, あらためて彼女, あれだけ, おなじ軌道, おばあさんが, お蝶, お銀様, かかる悲しみ, きれぎれ, こうやっ, ここへ, この三つ, この中学生, この人, この停車場, この先輩, この役目職分, この悲しい, この日, この明治十八年, この暑, この最, この柿, この荘厳, この雑誌, この離座敷, これに, こわいとも, こんなこと, こんな手紙, さしも寄り, しみじみと, すぐ乱, すでに, すでに今, ずんずん小さく, そのほう, その一族, その一点, その告白, その手紙, その母, その満州, その父, その白い, その行列, その遺著, それが, それらの, たといほんの, たッ, ちょうど二人, つづいて, つづけて, どうした, どうやら芽, ふたりも, ふと目, ぷうんと匂う, ようく, ようやく絶えま, わしの, われわれの, アカイオイ我の, ウィルキンソンから, タグチさんの, ツェッペリンの, プールの, マカロフが, リャボーヴィチの, ロロ公爵と, 一つの, 一つ嘘を, 一切を, 一家の, 一条の, 一枚大きな, 丁度来, 三転し, 不意に, 不眠不休の, 世界の, 丸木が, 主人が, 之を, 争覇の, 事あたらしく, 事に, 二の宮が, 二人の, 二人までも, 京都を, 人殺しの, 今度の, 仏天青の, 他が, 令弟と, 伊藤公爵と, 何かの, 何ぞ沒却理想, 何で呂伯, 何を, 何処に, 信長上洛の, 信雄どのへ, 僕の, 元の, 兄にも, 先生の, 先鋒の, 其の方, 其木を, 再び振り向けられた, 再度の, 冬子を, 出火とは, 初まった, 別に求むべき, 前にも, 劉表と, 勝豊を, 半島の, 南関町長たり, 反花鳥諷詠論, 右の, 同じもの, 同一の, 同行二人の, 君の, 君を, 君侯の, 吾, 問ふ, 喜んで, 四百歳の, 国技館の, 土蔵の, 坂田の, 多くの, 大きな衝動, 大事件, 大兄にまで, 大切な, 大奥隠密, 奇夢の, 奉公させ, 妻の, 妾の, 家へ, 容赦ない, 富士子と, 寛斎の, 将軍家から, 小間使小松の, 少しく悔ゆ, 巡礼者等の, 師弟の, 平一郎をさえ, 幾年月その, 弥生の, 彼が, 御池十郎左衛門とも, 志保の, 思い出した, 思い懸けなく一ッ家, 思ひ出したの, 息も, 惡しけく, 憂へ才, 憎き狗, 成善の, 我に, 我を, 我手へ, 批准されよう, 探偵さえも, 攝津の, 改めて士官, 改めて謝意, 敗訴の, 数百里を, 数言を, 敵は, 斯の, 新しい, 新しい創造, 新しい戦争, 新しい機運, 新しい黒船, 新しくそうした, 新しく怖ろ, 新たなる, 新なる, 新らしき, 新らしく, 新規に, 日本の, 日本を, 旧作が, 明智探偵の, 昔風の, 暖炉の, 更に第, 朝臣の, 木場の, 本位田家の, 板の, 棟木, 楽屋口で, 横田, 正行以下が, 此寺で, 此方の, 此軍艦, 歿す, 残夢と, 殘り, 毛利先生の, 民助に対しても, 水弘會と, 汝より, 池田隊四千を, 沢正にも, 法螺の, 海中をも, 深き水, 清廉を, 渋いとか, 然り, 珈琲を, 現われたの, 田口の, 白仙羹ひと折を, 白水社の, 真紀子に, 督郵の, 秀吉の, 秀吉様の, 私と, 私は, 私も, 秋とともに, 秋三は, 第五斥候隊, 義輝将軍から, 老の, 聖母の, 腕ずもうを, 自ら血が, 自分が, 自分を, 良正も, 薄鼠色, 行って, 行つて見ます, 袈裟念珠の, 西洋にのみ, 話しの, 貴女様を, 貴家の, 貸して, 贅せず, 足下が, 身のほども, 速まって, 遠くより, 邸の, 郷里の, 重なる御, 重大なる, 野村の, 阿爺, 陽光を, 隱岐の, 集めて, 雑と, 雪の, 電車で, 霊魂の, 青い甘藍, 非常な, 風聞に, 風邪を, 飢餓に, 養老年金条例の, 驚愕の, 魏の, 鳥越の

▼ 今だに~ (290, 0.3%)

6 私の 4 私は, 記憶し 3 それは, わたしの, 忘れること, 耳に

2 [16件] それが, それを, はっきり覚え, 二人の, 伝わって, 幾人も, 忘れて, 忘れません, 忘れ得ない, 持って, 明治時代電車も, 本家分家の, 残って, 覚えて, 食傷新道の, 骨の

1 [232件] あそこの, あとかたも, あのひと, あの人, あの傍, あの大勢, あの子供, ありありと, あれは, あんな鸚鵡, おぼえて, お独り, くみ子に, ぐずぐずと, ぐづ, こっちに, こないして, この事件, この人, こんなにも異常, ずっと滞在, そう認め, そこに, そしてこれから, そのままで, その御, その画, その薄, ちょいちょい悪性, つづけて, ときどきかの, どういう気, どうかする, どちらか, はっきりしない, ひたすら青江, ふとそんな, まだ警察, まっ向, やつぱり, よく想い起す, よろこんで, わからずじまひ, わからぬ, われらさえ, インフルエンザが, ゴダルミング市民の, ザンキに, シミジミと, シヨーペンハウエルとは, リリー・レーマンに, 一つの, 一つも, 一つ話に, 一人の, 一人先に, 一棟か, 一生懸命で, 一部の, 下手だ, 不思議でなりません, 不思議に, 不明な, 世界的権威として, 乗合自動車の, 事新しいインテリ, 二十五六年を, 人の, 他人の, 他所へ, 住んで, 何とも, 作歌を, 來ない, 便りは, 俗語と, 借金は, 僕には, 僕は, 僕を, 先方の, 先生は, 其の木, 再出現, 出来ない, 出版せられない, 分って, 分らない, 判らない, 判りません, 判明致しませぬ, 印象に, 原の, 去らない, 取り返しの, 古い駅路, 古びを, 同じ楽し, 名まで, 名を, 吹き荒れる烈風, 善いと, 土地の, 境内から, 墨守し, 壕の, 大きく印象, 大衆が, 女手一つで, 妙な, 姿を, 封建時代に, 専門家にも, 小商売, 岡田村の, 巧みな, 帰って, 床の, 強い海洋, 強く成ろう, 弾痕が, 彼には, 彼の, 彼は, 彼を, 得られないもの, 御家人の, 心おきなく, 忘られず, 忘られない, 忘れがたく, 忘れずに, 忘れず記憶, 忘れない, 忘れないで, 忘れようとしても, 忘れられずに, 忘れられないとの, 忘れられないの, 忘れられません, 忘れん始終, 思ひ出しては, 房枝は, 手前隣の, 打ち明けないの, 描いて, 損な, 文章が, 文部省が, 明らかで, 昔ながらの, 来ない小, 東湖の, 歎き居り, 此恐るべき, 歴然と残っ, 歸つて來ない, 残つてゐる, 毎日, 気迷っ, 流行し, 消えきって, 清子さんには, 清岡の, 渡し銭を, 滞留です, 煤けた標本, 父さんは, 狂人に, 独身で, 生きて, 生死知れず, 男の, 疑わずに, 痕が, 盛岡の, 目先に, 相当な, 真相が, 着手も, 着通し, 矢張り散歩が, 私に, 空也餅引掛所に, 笑って, 素寒貧で, 絶えず嘲弄状, 絶えなくて, 続いて, 老人の, 考えられて, 耳について, 耳目の, 背広服を, 胸が, 自分の, 苦笑いたします, 落ちないん, 蚊帳を, 行われて, 行方知れずな, 西班牙から, 西班牙といふ, 見出せません, 見当が, 覚えません, 親指は, 解き得ない要, 解けない謎, 解消する, 記憶致を, 誰の, 調べても, 談話が, 謎だ, 赤星家に, 身許不明な, 軍需産業への, 返却しない, 通った事, 連想の, 達治の, 達者で, 鎖港攘夷を, 長短かに, 離縁さりやしない, 面白く思ひつ, 順吉の, 領事館に, 騎士道が, 鹿児島湾の, 麦畑の

▼ 今じゃ~ (252, 0.3%)

2 あなたは, あの人, お前の, ないか, もうあの, ア女房に, 平田先生の, 甲州の

1 [236件] ああし, あなたが, あなたより, あの一番綺麗, あの世で, あの京都, あの婆さん, あの松尾家, あんなに肥っ, あんなやくざ, あんな田舍町, いけませんこれから, おいらが, お前水田にかけては, お好み焼屋, お役, お扶持, お父, こっちの, このくらい, この町, この私, この通り, この通り苦情, これだ, これだけ, こんなにお, こんなやくざ, こんな所, さっき申上げた, すっかりあんた, すっかりおとなしく, そうは, そうも, そう云う, そのかん, その償い, その敏行, その時分, それを, それ舞台が, たいした土地, だいぶ年, だれも, ちょいと, とてもそんな, とても想像, とても逢わせやしません, とにかく籍, どうして問屋さん, どうだ, どうだい, どこへ, ないけれど, ないの, ないよ, なおのことやけに, なかなか偉く, なくちゃ, なく後, なんでも, また信心, また元気, まるで待合, まるで遊び, みんな忘れた, みんな目隠しを, むしろ一般, もうあなた, もうそれ, もうなん, もう仕方, もう何, もう大, もう妾, もう我慢, もう旦那, もう晩い, もう月末, もう濁ってる, もう知合い, もう私, もう自分, もう警察, もちろんもうとうから, ものも, よっぽどするでしょう, よっぽど厭, わたしにゃ, ア, アお前の, アむやみと, アヤットおちついた, ア伊之助さんも, ア別に, ア十四五人も, ア在の, ア奉公大切に, ア好きでも, ア家の, ア家老とか, ア形学者だ, ア是非とも, ア木を, ア猫の, ア腰が, ア豚の, ア馬小屋見, ア鬼の, スッテンテンで, ツーロン潜水夫組の, ハブリを, ラジオち, 一流の, 七十五ルーブリ以上だ, 三人五人と, 三十五藩ぐらいに, 三千石取, 三里ばかり, 上方へ, 互いの, 京都の, 今じゃと, 伊那の, 何か, 何でも, 何もかもすっかり濟, 何処へ, 使われて, 便りに, 信州の, 僕たちは, 全くの, 全然手, 公使を, 公爵の, 公證役場に, 別の, 化猫わけなし, 十円も, 半株, 厭気が, 合巻と, 同一所, 向うから, 味方の, 善く覚え, 国家の, 国家経済会議の, 土地の, 堅気に, 塀や, 大いに芽, 大きに楽, 大入大, 大分身入り, 大地主, 大変変った, 天下泰平だ, 女を, 女敵討, 学校へは, 宗七, 家に, 家にも, 将校連などは, 少しは, 尼にでも, 山水画などを, 帰って, 店中を, 引揚事業って, 強者の, 後戻りが, 御出入先, 思い出せなくなっちまった, 恐しいよう, 慢性胃弱に, 我々は, 手に, 手の, 手も, 扶持に, 持ち人, 政府だ, 日に, 日陰の, 旦那は, 月日も, 本当に一文, 本當, 来なさらないけれども, 桶屋の, 気楽に, 江戸へ, 父親も, 狐狸の, 独身の, 生悟り, 男が, 病人の, 知己だ, 碌々腰も, 私とは, 私も, 私恥かしい, 立派な, 笑いばなしに, 第四帙, 純然たる, 細かい貸家, 結婚なすっ, 罪も, 美人どころか, 考えて, 自分で, 自分の, 薄り, 薩州でも, 蚊帳より, 蝋燭工場と, 裸かで, 覚えて, 親分の, 親方の, 誰も, 賢こ, 赤の, 身分が, 通俗だ, 道具ばかり, 銅臭く, 銚子の, 食料品屋も, 飲んだくれだが, 駄目よ

▼ 今もっ~ (252, 0.3%)

13 てその 6 て分らない 5 て私 4 て行方 3 てこの, てよく, て帰らない, て知らない

2 [18件] ている, てこれ, てそのまま, てロッテナム美人術, て何, て全く, て姿, て実行, て帰っ, て帰らぬ, て忘れ, て昔ながら, て残っ, て犯人, て発見, て自分, て行われ, て解らない

1 [176件] て, てあの, てあや, てありあり, ていや, ていわゆる, てお, ておよそ, てぐずぐず, てぐっすり, てこうした, てさめぬ, てじつは, てすりへっ, てそう, てそこ, てそち, てそれ, てだらし, てちょっと, てついに, てつづけ, てでき, てどうして, てどうしても真に, てなかなか, てなくならぬ, てなん, てはっきり, てぶらぶら, てまだ, てやはり, てわからない, てわれわれ, てウサギ, てカモ, てステージ, てタカノコオリ, てパンク, てフシギ, てフロ, てプール, て一乗寺下り松, て一向, て一尾, て一度, て三法師君, て上達, て世間, て世間多数, て今日, て他人, て何等, て使い放しである, て俗説紛々, て保全, て信じ, て全日本, て具体的, て出生, て分らなかった, て分りません, て判らない, て到着, て十分, て原因, て厭, て厳重, て参詣者, て叔母, て取留めた, て史家, て各地, て地方, て売れ残り, て変り, て大伴家, て大切, て失, て失わない, て女房, て妙, て嬢, て孔明, て存在, て安否, て官職権門, て実現, て客人用, て家, て容易, て尊敬, て少し, て山人, て島前, て強力, て待合, て御健勝, て復興, て心, て必ず, て忘, て忘れられない, て忘れる, て思い, て恐るべき, て悲しい荒, て愚民, て懐かしい, て戻っ, て戻らず, て手, て折々, て旅人, て日本, て旦那, て明瞭, て書く, て最も, て未, て未熟, て本当に, て東北風, て枕, て歩行, て死にきれませぬ, て残り惜しい, て毎年リッケット, て毛利, て毛頭, て気, て気味が悪い, て江戸, て深く, て無知, て無関係, て父母, て現れ, て甚, て生き, て田舎, て的確, て皆目, て盛ん, て知り得ません, て破られず, て稲, て立ち帰らず, て笠置, て義理堅い, て考え, て考えられません, て胃, て芸術家, て荊州, て蘇民将来子孫, て行き, て行く, て街頭, て見当, て訳者, て迷信談, て都, て酒, て鏡花先生, て鑿, て開かず, て関係, て関心, て陰, て隣家, て頑健, て食道楽, て飽くまで, て鳥獣, て鳴かぬ

▼ 今一人~ (250, 0.3%)

10 の女 7 の客 6 の男 5 が相談 4 が言, の人, の若い 3 が云った, の妹, は十八

2 [11件] の女王, の娘, の子供, の有力, の武士, の紳士, は同, は木, は父, もながらへず, 居た女

1 [179件] あるから, いたぎりであった, かつて見, かむはたとべをあげたのは錯誤, か二人, がそれ, が半ば独語, が舞踏, が見, が言う, ぐらい誰, しかいないであろう, しかおりませぬ, すぐに, そのよう, だが, でやっ, で一杯, で留守宅, とが同じく, と求めし, なるその, になつ, にはきわめて, に目, の, のある, のそつ, のアルマチラ, のチエルケス人, のフランス人, の一力, の三右衛門, の亭主, の人夫, の人物, の人間, の仕込み, の仮, の伴, の兄弟, の光り輝く, の刑事, の別, の友, の友人, の同じ, の名, の名山, の困窮, の壁, の士官, の声, の女中, の女王様, の女生鈴子, の奴, の妓, の姉, の娘さん, の婦人, の官吏氏, の富豪, の導者, の少い, の少年, の弟, の彫刻家, の役柄, の息子, の放免, の新, の方, の書生さん, の書記官, の柄本家, の樺太航路, の死者, の生きのこり, の男がけ, の男性, の相伴, の相棒, の看護婦, の破落戸, の稍年, の純粋, の美男, の老, の老婆, の背, の自分自身, の般若三藏, の船乗り, の船頭, の英語, の薄汚なき, の見知らぬ, の証人, の警官, の貴, の赤黒子, の輝く, の逆, の道連れ, の醫, は, はいかにも, はいったでしょう, はお, はかつて, はこつ, はこの, はまだ, はやはり, はソフイア・イワノフナ, はトリエスト生れ, は三十六七, は中条勝次郎, は予審判事, は仁右衛門, は住所, は供, は保科氏, は内務省, は前, は十八九, は千六こと友雲, は南, は只今此, は土田麦僊氏, は地主, は大阪, は客, は寺男, は尾州藩, は山口県小郡町仏師田坂雲斎氏, は年, は年廿五六小作り, は息子, は春部梅三郎, は月島, は正太, は江田村, は池長孟, は津下正高, は漁師, は現, は理学博士武田久吉氏, は生母徳, は繼立, は考古学, は肉, は肥え太った, は落雪, は賊, は青山銀之丞, は黒, もつぶやいた, やはりこの, よりはるか, より魁偉, をだ, を守るでしょう, を手傳, を曲者, 住んで, 居ります娘, 居る断髪令嬢, 待って, 斬るべき者, 書く, 来てるん, 来るん, 若いの, 若い二十二, 若い妓, 褒めなければ, 踞んで

▼ 今それ~ (243, 0.3%)

12 を考え 5 を思い出した 4 を見よう 3 をここ, を私, を考へ

2 [15件] がし, がはつきり, で煙管掃除, に気がついた, をお, を一つ, を出され, を君, を学名, を思い出し, を思ひ出した, を描く, を明らか, を聞込んだ, を見

1 [183件] か非, がある, がかなった, がしずか, がちょっと, がつい, ができなくなった, がとうてい, がどう, がどっち, がない, がひとごと, がふと, がみんな, がようく, がわかります, がわるい, がスポンジ, が一間, が全, が出来る, が卵, が口実, が始まっ, が必要, が手, が現れます, が発見, が私, が空想, が自分, が高次, さえも感じません, さえ疑っ, さえ省, で充分, で思いついた, と反対, と同じ, と知, と知っ, について一つ, について完全, について徳義, について研究中, について詳しく, について語つた, につかまっ, には柳生一藩, にも引き会わせる, による, に勝ち得た, に抗する, に抵抗, に敵イ, に気, に気がつく, に気付く, に聯關, に苦しん, に葉巻, に飽き, は, はこう, はじつと, はすっかり, はそれ, はどんなに, は不可能, は乞食, は問題外, は揺れ始める, は暫く, は無論, は然し, は眠っ, は私, は立派, は衣服, へ入り込む, へ出かけ, へ参っ, やって, よりも重大, らしい影, をあなた, をいう, をいおう, をいちいち, をきく, をくりかえさなく, をくれ, をこうして, をこの, をさとった, をしてる, をしなけれ, をしらべ, をする, をその, をたずねる, をためし, をつかおう, をつくづく, をなじつ, をのみこん, をみんな, をもらし, をも捨て, をやらう, をよろこん, をアニリン染料, をデリケート, をポケット, を一般的, を人間, を使つて, を信じ, を先生, を判定, を動かし, を取らせ, を吹かれず, を國手, を変, を外す, を多摩墓地, を始め, を始末, を存在論的, を完成, を実行, を審さ, を少し, を引き出し, を役立て, を彼女, を得た, を怖, を思いだした, を思っ, を思ひ出し, を思ひ浮べた, を打ち捨て, を持ち出した, を持っ, を捜し, を排除, を改め, を日本産, を暇, を果す, を求め, を測っ, を簡単, を精しく, を繰り返す, を考えた, を考えてる, を聞いた, を自分, を見せ, を見せられない, を見直そう, を言い出され, を言い出そう, を言うべき, を言おう, を言っ, を語らん, を語る, を説明, を読みあげ, を読み聞かす, を読み返し, を調べ, を論じよう, を讀ん, を述べ, を遂行, を遣っ, を顧, を黙っ

▼ 今~ (239, 0.3%)

16 の心 13 の眼 8 の前 6 はその, は自分 5 の目 3 の胸

2 [11件] に向, のすぐ, のそば, の傍, の様子, の直ぐ, の言葉, はそれら, はドロシイ, をし, を乗せ

1 [160件] がさげ, がつつんだ, がひとり, がほっそり, がみずから, がやって来た, が一身, が享, が受けた, が命, が奥村, が家康, が得, が掻き混ぜ, が新九郎, が書き続け, が最上, が歩い, が現地, が當世, が當面, が自分, が見た, が言, が近づかう, が近づこう, とし, と談ずる, にこんな, に与えられ, に久遠, に会った, に先生, に向かっ, に向っ, に対していささか, に対面, に捉, に殊, に残っ, に注目, に浮かん, に見られ, に顕, のあ, のいった, のいる, のくだ, のしよう, のす, のねぼけ, のほか, の三人, の乗っ, の人, の人生, の住ん, の内心, の周囲, の姿, の寝顔, の左半面, の布陣, の幼年時代, の弟, の心中, の心理, の感知, の書, の書斎, の死, の死んだ, の死兒, の民, の涙, の涜職事件, の狐, の甘き, の甘言, の目前, の眠っ, の眺, の眼前, の立っ, の習性, の耳, の腕, の言い, の言った, の訴える, の読ん, の跫音, の身, の身体, の面前, はいつか, はかかる, はきわめて, はすべて, はそう, はそうした, はそれ, はなお, はひっきりなしに, はひょいと, はわざと, はクリスト, はサン・ミッシェル廣場, はハプスブルグ, はパリー人, はルイザ, は一兵卒, は三千子, は乳母, は勇, は半分以上死骸, は地べた, は大洋中, は天, は好, は己, は彼女, は思い出した, は思う, は思ひ出した, は戰車, は描い, は新しい, は既に, は最後, は死, は比較的, は温厚, は破産, は神, は練兵場, は翼, は膝, は自然, は自縄自縛, は落, は規律, は身, は轉換, は過去數ヶ月間, は適, も母, れの, をどこ, をながめてる, をピカルディー, を其陣中, を助け, を害そう, を斬らし, を殺さなけれ, を診察, を読み直し, を運ん, 去らんと

▼ 今一度~ (238, 0.3%)

5 言って 4 考え直して 3 ハッキリと, 繰り返して, 見せて, 見たいと 2 ホッと, 会いたい, 眺め大急ぎ, 考へ直して, 読み直して

1 [207件] あのルンペン男, あの墓原, あの廃屋, あの鏡, ありし姿, お作, お勢, お正さん, お目, お目にかかり度, お眼, お立寄り, お考, お考え直し, お見せ下さいませ, お返事, お金持, お鳥, かっと燃え立った, かのお, かの女, からだ, がこの, きっぱりと, このデルタ, この事, この事件, この女, この室, この快, この方面, この若い美しい, じっと考え, せんたくいたし申候事ニ, ぜひ逢いたい, そうした不吉, その子, その眼前, その言, その通り, その魚, たしかめた, たしかめて, だけ聽, つく, で可, とくと見直さ, とりあげて, と云つて, と心, と慥め, と扇, と望みた, どうかし, なおる気, なって, など親しき, にお, に出し, に感じた, のぞき返した, の幸, の手合せ, は人, は仮初, は例, は古い, は社地, は逢っ, むらがって, やって, やつて, やはり小声, やり直せ, ゆすつたので, よくよくあと先, よく室, よく考え直し, よく見た, よく見直した, よびよせよ, よみ直して, わざとらしく繰り返した, カッと, グッと, シンシンと, ニコニコと, ニッコリと, ニヤニヤと, ハッと, ブルブルと, 一層恐ろしい, 不遠慮, 仰ぎ見て, 使って, 剥くって, 励まして, 参ります心組, 双ヶ岡, 取り返して, 取上げて, 取出して, 取寄せる様, 古鞘, 叫んだ, 呼んだら返事, 呼出されて, 大消毒, 大混乱, 太い深い溜息, 委しく話し, 嬉しそう, 尋ねた, 小さな手, 小さな森, 幼い子, 座り直した, 引っぱり出して, 引立てて, 引返して, 強く鞭, 御目, 思い出すべくボンヤリ, 思い切った高い, 思い切って, 思い起して, 思ひ切つて, 思ひ見る必要, 思ひ返して, 抱きしめて, 振り返って, 振向いて, 支え直さんため, 改めて出頭, 救えば, 新しく私, 新しく通らね, 旧いなじみ, 早く東京, 最も厳密, 正しい批評, 殴れば, 気色ばんだが, 深く突き, 漏れて, 点頭き合った, 物凄くニンガリ, 生きて, 申して, 留めて, 病める叔父, 登れとも, 真向う, 知り合, 立ち帰りたいと, 細い溜息, 繰り返した, 繰返して, 繰返してから, 繰返し私語, 考えて, 考へ直さねば, 聞いた, 聞いて, 聞きたいと, 聞きたいよう, 舞え, 若々しい愛, 若侍, 行きたいと, 見たいという, 見たかつたが, 見つけ出して, 見て, 見に, 見上げ見下した, 覗いて, 親しく思ひ浮べさせられた, 解いて, 言えますね, 訊ねて, 診て, 話して, 話す機会, 説いて, 説くつもり, 読みあげて, 読み返して, 読んで, 謡わせられて, 謹しんで, 讀み返した, 讀んで, 買った八百屋, 赤い唇, 軽く左右, 返して, 逢いたかったと, 逢いて, 逢おうという, 逢って, 連れて, 遠い昔, 遣って, 長いため息, 飲みに, 黒い煙突

▼ 今どこ~ (231, 0.3%)

70 にいる 12 に居る 7 にいらっしゃる 6 にゐる, に何 5 にある, へ行っ 4 で何, にどう 3 にいらつ, におられます, にどうして, を歩い

2 [12件] からともなく, にいるだろう, にいるであろう, におります, におる, に住ん, に住んでる, に居らっしゃる, に居られます, の畑, へ行く, を飛ん

1 [76件] いら, かしらこの, かで喧嘩, かに押し込む, かの施療病院, かの病院, かへ出, かへ遊び, からお, からかけ, からか帰っ, から電話, かモスク, か知らん, が一番賑, だかという, ですの, でどの, で流行っ, と言っ, に, にあります, にい, にいっとる, にいます, にいるか, にいるでしょう, にお, においで, におらるる, におられる, にお出ですか, についておいで, にでもある, にもありません, にもない, にもなく, にもなくなったでしょう, にゐ, にゐます, にゐるだらう, にをる, にドレ, に住居, に奉公, に奥さん, に居らし, に巣, に我々, に本当, に来た, に権威, に泊つて, に泊まっ, に管理, に行っ, に連れ, に陣, に隠れ, に隱, の国, の路地, へいった, へお, へ何, へ失せ, へ帰ろう, へ来, へ移された, へ行こう, へ行った, へ隠れ, まで出来, まで追ってる, をお, を通っ

▼ 今云った~ (225, 0.3%)

35 ような 12 ように 7 意味に 5 のは 3 ことから, 二つの, 通りだ 2 ことによって, ことは, 夫, 意味での, 意味を, 点から, 通りな, 限りの

1 [141件] お蘭, こういう物質, ことを, この団体, この常識的段階, この性質, この抽象性, この根本弱点, この注意, この点, この立体的論理, この第, この結果, この統一関係, この関係, じゃありません, じゃない, その宿命, その意図, それ膚合の, とおりおれが, もとの, ものに対しては, ような誤った, アベラルドゥスに, イデオローグから, イデオローゲンの, ガータロの, スポーツマンシップの, ソフィスト式独善主義だった, ッて, デモクリトスの, ブルジョア新聞の, ヘブライ思想に, モザイクの, 一つの, 一定の, 一定連関, 一間幅の, 之等の, 事は, 京大問題, 人民戦線という, 今日に, 代表関係を, 内部的批評と, 内部矛盾の, 処による, 出版の, 分析や, 北川すみ子な, 反対者にばかり, 吾, 和泉屋の, 哲学の, 哲学的, 唯物論と, 国粋ファシストの, 国際問題等に, 変換を, 変装を, 外務省の, 天狗猿博士の, 夫の, 女が, 学問性を, 定位問題とは, 客観的現実とは, 巨頭連中は, 広範な, 弧線とか, 思想警察という, 性格上の, 怪事件の, 悲劇喜劇の, 意味からも, 所謂, 手順を, 擬似アカデミシャンは, 政治的組織とは, 文化全般に, 新しい意味, 新聞紙格に, 方が, 最後の, 朝野の, 朝鮮行きも, 根本的な, 様な, 段階の, 氏の, 点を, 物理的測定の, 特色を, 狭い意味, 現象には, 現象は, 理想状態は, 理由からは, 理由によって, 理論の, 生活や, 男の, 疑問に, 白髪の, 私の, 立場の, 結合の, 義理だけは, 自分の, 自白心理を, 血盟団の, 論理学的乃至, 論理的困難を, 諸問題, 諸経験, 諺だ, 谷の, 豚の, 通り, 通り伊之助はんは, 通り僕も, 通り妻としての, 通り新参の, 通り明らかだ, 通り最初はね, 通り法律的には, 通り理解され, 通り相川へ, 通り身体を, 通り飛ん, 連中が, 連中に, 連関の, 部分的断片としての, 野本氏越野氏その他二三氏の, 金子も, 限り実は, 限り無条件に, 首領の, 高価な

▼ 今これ~ (198, 0.2%)

11 を書い 4 を詳 3 に反し, を審, を書き, を知る, を読ん

2 [13件] だけさしあげ, だけし, でお前, という心当り, を持っ, を明らか, を服さう, を筆, を自分, を見る, を試むる, を読む, 漸くに

1 [142件] が出来た, が日本, が見つからない, が記念, が説明, しかお, だけが僕ら, だけきり, だけのこと, だけの地所, だけの富, だけの気持, だけ力める, で追剥, なる座敷, に処する, に加, に就い, に布報, に気, に言及, のこれ, は僕, へおいで, へかかっ, へ参るであろう, へ味方, へ来, へ来られた, へ着いた, へ駈け, ほど切りつめられた, ほど切実, までと思い, より古い, を, をいう, をお正月, をかきつづけます, をかく, をしんじ, をぞつくり, をつまびらか, をまとめ, をわが, をエゴノキ科, をトウジュロ, をノー, をメイワク, を一冊子, を一結, を上, を下, を云え, を京水本, を人物画, を仏教, を使用, を先生, を全般に, を公, を写真, を冷やか, を分り, を分離, を判, を判ずる, を化石, を受, を古谷栄一君, を和名, を売ろう, を失, を妙, を学名, を宗教哲學, を少し, を広重, を廓大, を征服, を後悔, を我, を拒む, を拡張, を括弧内, を掌, を採り集め, を明, を星, を春信, を時間, を書きかけ, を書き出す, を検閲, を欺かん, を正しく, を此處, を比較解剖学, を水津本, を溝挾本, を理論, を生物分類学的, を略する, を略図, を異, を眞, を知っ, を知らない, を知りたる, を矯正, を研究, を笑い草, を絵画的効果, を置き放し, を胞子煙, を蒸し返したら, を裁判, を襤褸着物, を観る, を解り, を記す, を証明, を評せむすべ, を詳しく, を詳知, を詳論, を誌, を語っ, を語る, を誦すれ, を説い, を論ずる, を論弁, を論述, を讀ん, を通読, を進化論, を重刊, を陛下, を集録, を食べよう, 迄とはちがっ

▼ 今~ (198, 0.2%)

12 と思った 7 今だ 64 からいう, から申します, から白状, から言う, ッ 3 からこそ白状, から云う, から話す, となのつて, と心, と思う, よ 2 からこうして, から云, から告白, から正直, とお, 今が, 今こそは

1 [118件] あの方, お前に, お小夜坊, かは彼, からあなた, からあんた, からいっ, からいふけん, からお話, からこう, からこそ, からこそやっと, からこそ大きな, からこそ笑つて自白, からこそ言います, からこそ言っ, からこそ遊ん, からこんな, からこんなに, からはっきり, からはつきり言, からよご, から云います, から何もかも, から何時, から座, から御, から御前, から打ち明け, から打明け, から断念, から洗, から申, から行っ, から言, から言います, から餘計, がと身, が弟, し辰, それが, ぞといった, ぞ復讐, ぞ淵, ってなみたい, っと草むら, つたのです, つて, つてさうし, つてその, つてた, つてまだそう, つても, つてランプなし, つて会社の, つて信州と, つて先生あんな, つて其噺すつ, つて別れたくない, つて君土地会社つていふ, つて好い, つて斯うし, つて日本の, つて淺間位わけなし, つて生き, つて目も, つて筆を, つて絶望は, つて自分の, つて若し, つて認め, つて高足に, とある声, という, というの, という事, という気, という直感, という風, とすぐ, とだれ, とてあの, となのっ, とばかり懸命, とばかり満身, とアマタル, と呟いた, と大急ぎ, と家, と帆村, と彼, と思, と思い, と思うとります, と思っ, と思つて後先, と思つて非常, と愛嬌, と手, と直に, と義貞, と言, と言い切れよう, と都会, と頭, にし, ッ退け, ナ, 今こそ, 今だけ, 今の, 今往, 各自の, 成行は, 早く乗り, 潮時も, 研究中の, 菊池半

▼ 今~ (191, 0.2%)

28 をし 8 を考へ 3 うして

2 [11件] うか, して, に慰め, のため, の為, の用, をお, をした, を云った, を見, を読ん

1 [130件] ういう運命, ういう関係, うも, かあったかい, かいいつけられ, かいっ, かうっとり, かうまい, かがあったらしい, かし, かその, かにすがりたい, かに囲まれ, かの関係, かまったく, かもたせ, かをカルル, かを書く, かを求め, かを読者, か一つ, か云い出し, か作業, か喋っ, か大きな, か宗教的, か御馳走, か持っ, か捜し, か救済, か欲しい, か物, か用, か白い, か私, か考へ, か言わなかった, か言ッ, か話, か起れ, か飲む, がそんなに, が一番, が一番不満, が嬉しい, が起こった, したか, してる, してるだン, でございます一寸, です貴女, でもない, でも思う, という名, という町, といっ, とし, とする, と有, にもあんなに, にもない, にも考へ, に使っ, に使つて, に当ります, のめぐりあわせ, の上, の仰せ, の働き, の処, の反橋, の報い, の座敷, の役, の役に立つ, の後悔, の止む, の気, の爲, の話, の辺, の面目, ほどか, まで使, もいわない, も云, も問題, も持つてない, も目, も知らない, も説明, よりも先, よりも我々, よりも眠り, よりも睡眠, をいう, をされ, をしよった, をする, をどう, をなさっ, をなし, をやっ, をよん, を与ふべき, を云っ, を喋られた, を売る, を夢み, を好ん, を思っ, を憂え, を投げた, を植え, を演, を為, を為し, を申, を目的, を稽古, を考え, を考えた, を聞きつけた, を聽, を言, を言っ, を言ッ, を話した, んてった, 習うてる

▼ 今なら~ (173, 0.2%)

4 ば, ばまだ 2 ば何, ば疾翔大力さま, 何百万円の, 少々は

1 [157件] あの白い, いいかも, いいでしょう, いいところ, お胸, お話しし, きっと掛る, きっと読む, この位, この盤石, これじゃ, こんなもの, こんな専制的命令, ずいぶん失礼, そこの, その安全器械, それだけで, それら参陣の, それを, とても簡単, とても買手, どうかなる, どんなにでも, どんな気, どんな氣, ばこの, ばこんな, ばさしづめ, ばまだいろいろ, ばもっと, ばよむべき, ばトランク, ばネ, ばハッ, ばフォルマリン, ば一切, ば一向, ば一日, ば九つ, ば二人, ば人, ば他, ば何うに, ば区役所, ば夢, ば巡査, ば年鑑, ば恐らく, ば我方, ば文学的, ば暴力団, ば民, ば田川さん, ば目, ば睡っ, ば私, ば組付く, ば総理大臣, ば美容院, ば菜穂子, ば蜀陣, ば被害品, ば記憶, ば謂う, ば霜解け, ば革命分子, ば馬, ば骨, ほんとに勉強, まだいる, まだお, まだひ, まだやってる, まだ言う, まだ遅く, もうわたし, もう少し僕, もう読める, わたへ, カッフエという, カルケットや, コンクリートの, トタン板を, ドシドシ直し, ハンケチを, バラツク劇場の, ヘルメリンの, ボーシンの, モレロや, 七銭均一とか, 三千円ぐらいは, 不自然でいけない, 不良扱いされる, 中学程度に, 五ヵ年計画による, 人が, 何でも, 何とか考へ, 何のくらい, 僅か三十分, 儀仗兵に, 六尺の, 六百円あれ, 冬の, 却つて言へる, 反つて, 和服仕立と, 四人ぐらい, 大方後援者, 女優という, 女優を, 女給など, 宜しかつ, 小学校四五年生ぐらいの, 小読点, 差当りクラシカルな, 帝展に, 広い土間, 当然発売禁止, 往っても, 技官という, 文化生活で, 文部省に, 新じ, 新派が, 昔噺として, 暗記にも, 浮浪罪で, 深い文章, 無料だ, 白状し, 百貨店の, 直ぐ女学生, 相当の, 知事の, 私が, 私は, 移動できる, 総評幹部の, 自動車を, 舞台監督兼作者と, 葉書集の, 襁褓干し, 西郷さんの, 計理士の, 話を, 警視庁の, 貿易とか, 運命の, 重婚である, 金が, 難なくあの, 電報で, 電車も, 音響の, 高が, PTAが

▼ 今~ (165, 0.2%)

130 今かと 4 今か, 咲くらむ 3 いまかと 2 靜こころ

1 [22件] えん, たつかたハ霜こ, へりこむ, へり來, へり來ん, へり見ると, へるらし雪, ほのかに, ように, らちゅうたって汽車が, ア, 今かという, 今かとまで, 今は, 以前かに, 出づるとのみおもひ, 小野の, 成る, 搏んず, 昔かと, 畏怖の, 荒まむ

▼ 今そこ~ (159, 0.2%)

6 に居る 3 に立っ 2 いら, にいる, にゐた, に住ん, の角, へ来た, へ行く

1 [136件] から出し, から咲き出した, から帰る, から彼等, から歸つて來, から渡船, から着, から馬場, が噴火山, でうかがった, でおそろしく, でお目にかかりまし, でさいなまれ, でさいなまれつ, でしゃべっ, でその, でそんな, ではマツシヤ, では帆村, で一人, で上, で下, で五人ひとかたまり, で会, で何, で偶然富井さん, で友達, で宿, で急病, で技術, で拙者, で掘出し物, で書いた, で朱文, で村, で松, で火の手, で狐, で現実, で眠っ, で着, で聞い, で見かけた, に, にあった, にある, にいた, にうろうろ, におかみさん, にその, には大島, には山羊, には新, にゆるんだ, にわれわれ, にゐる, にをつた, に危險, に坐っ, に婆さん, に宮本, に寝, に尖っ, に帰っ, に当の, に御座った, に持ってる, に漸く, に現われかけ, に立つ, に腰, に色料, に落ちた, に蕪村, に行, に見, に見え, に見える, に輪廻, に鳥, のへん, のドア, の交番, の刀剣師, の前, の名所田間, の土, の坂, の奥, の家, の小暗い, の山吹, の廻廊, の日傘, の椅子, の河原, の漬物蔵, の番人, の翫具屋, の蕎麦屋, の街角, の鈴川, は空っぽ, は豊富, は電車路, へ, へきた, へゆく, へ初めて, へ動いた, へ取卸した, へ帰っ, へ来, へ来ます, へ検証, へ気がついた, へ登っ, へ行かう, へ行かん, へ行きなすった, へ行きます, へ行った, へ行つた, へ顔, へ駆出し, までいったら, までけえっ, までは説明, まで来, まで自分, まで観念, まで話し, をその, を出た, を年さん, を渡っ

▼ 今~ (156, 0.2%)

17 いえば 10 言えば 9 云えば 6 いへば 5 さへ, もさう思つて 3 いうと, もちやんと, 五年の, 申せば, 言ふ, 言へば 2 云うと, 云へば, 思へば

1 [80件] いうならパート, いうなら検事, いうエキゾチック, いうゲリラ的, いうファン, いうリウマチ, いう公務員, いう午後八時, いう大, いう大衆小説, いう委員会, いう密貿易品, いう尺八, いう御用商人, いう撫肩, いう東京湾, いう現場不在証明, いう神経痛, いう結核, いう諜者, いう警察官, いふ, いふと, いふアパート, いふブリキ屋, いふ四六判です, いふ地方文化, かねていいつけられ, こうして長屋, さえそう, さえないくらい, さへも, すらその, すらも考へ, すら一日, すら分らない, てきた, てらッ, なけにゃ, はい, はかへって, はごたぶん, はさほど, はさむらい, はじつと, はた, はたいせつだ, はちよつと, はつひ, はねあなた, は種を, もさうか, もさうだが, もさうですが, もさう言つて, もさほど, よろしいでしょう, わみんな画板, ア村アあの, ハ身を, 一番記憶に, 云うルンペン風, 云う急性肺炎, 云う政略結婚, 云う虎列剌, 云ったら号外もの, 云へ, 好もしい小, 思い合わせると, 桔梗は, 治兵衛坊主に対しても, 申すと, 考えると, 見ますと, 見れば, 言う喫茶部, 言う肺炎, 言う間歇遺伝, 言ったら義足, 謂つたら

▼ 今ある~ (137, 0.2%)

6 のは 3 がまま, ような 2 のだろう, ままの, ものを, 祝詞は, 種の, 限度限定に対して, 限界を

1 [111件] かしら, かどう, がその間, がままでは, こと, ことと, ことどもを, ことを, だけの水, と面白い, ので, のと, ま, まま公開されたら, ものが, もので, ものでなかった, ものについて, ものは, ものも, ようにと, よりほか, よりも, よりもただ, よりもなお, ズズダマの, 一二人が, 一人の, 一枚刷りの, 一見不可解な, 三つの, 下界の, 世界よりも, 九州, 事件の, 五六尺以上の, 人に, 代官殺しだの, 会社を, 伝本の, 作物には, 僅かな, 儘の, 各地方, 各地色々の, 唯一の, 問題を, 地方の, 城廓は, 境の, 姉様遊びに, 子どもの, 展覧会も, 山伏道も, 島々の, 幸福の, 庚申の, 延喜式記載の, 形などは, 形にまで, 形は, 戯曲が, 所の, 所は, 手と, 採訪記録の, 文書で, 文献の, 文獻を, 日本の, 日本語の, 曙覧自撰の, 有名な, 木を, 本は, 村の, 桜なども, 此平安初期に, 武生水村郷野浦の, 気が, 決心を, 潜水艇に, 潜水艦は, 特定の, 現実の, 生活に, 由来譚が, 社に, 社や, 祝詞だ, 種々の, 組合と, 翻訳を, 自分の, 薬品を, 設備を, 訳じゃ, 試みを, 説経の, 豊富な, 赤米の, 農法と, 通りで, 通りの, 酒の, 長火鉢の, 附木は, 附木をも, 離れ小島, 非常な, 餅という

▼ 今よりも~ (136, 0.2%)

7 遥かに 6 はるかに 5 遙かに 4 もつと 2 もっと幸福, 幾倍か, 進んで, 雄の, 青くながれ

1 [104件] あの頃, いいと, いたく彼, いっそう不安, いつかもっと, かえって多かっ, さらに著しい, さらに驚くべき, しッ, ずっとから, ずっとずっと悪い, ずっとまずかっ, ずっと下手, ずっと体格, ずっと地球, ずっと多く, ずっと容易, ずっと弱かっ, ずっと急, ずっと愉快, ずっと深かっ, ずっと盛ん, ずっと色, ずっと親しい, ずっと近く, ずっと黄色かっ, つとひど, つと幸福, つと臆病, つなぎが, なほ北にあたる, なほ北斗に, なほ海に, なほ痛烈に, はっきりし, ひどいダラク, まだ年, まだ習慣, もう少し低い, もっとつつまし, もっとよい, もっと人間, もっと占め, もっと多量, もっと気の毒, もっと花やか, もっと辛い, もっと飲酒, もっと高尚, よほど殺伐, よほど美しかっ, より確実, ズッと, ハイカラな, 一層暗かっ, 一段と彼等, 一段と接近, 五節だけ, 人間が, 何倍か, 劇しかった, 地に, 多いの, 多かった, 多くしたら, 多くの, 多くハッキリ, 大きな氷河, 大人の, 大寺院, 女臭く, 子供の, 宗門の, 寒く日本アルプス, 少いという, 嶮しく, 希望を, 幸福には, 心の, 思いきった堅固, 悪い悪戯, 愉しかつ, 愉快に, 意識的に, 愛されること, 愛すこと, 成長し, 早く来たし, 昔の, 更に出来, 更に更に草深い, 更に高等, 比較的信じ, 深甚に, 濃かった, 盛んに, 精確に, 自然に, 苦しいくらい, 荘厳にも, 迅速だった, 遥に, 陸地に, 餘程美し

▼ 今あなた~ (135, 0.2%)

4 のお, の前 2 がそんな, と一緒, にお, のため, は眉, は私

1 [115件] からの手紙, から初めて, から聞かされる, から離し, が, がお, がおいで, がおっしゃった, がここ, がこの, がごらん, がどこ, がバルナバス, がピアノ, がムッソリニ, が乗っ, が云, が云つたの, が云われる, が仰有った, が兄さん, が大胆, が持っ, が接吻, が描い, が火, が甘い, が考へ, が読ん, が驚嘆, とお話し, とこうして, と二人, と初めて, と同じ, と結婚, と議論, にある, にお話し, にとってまたとなき, にともかく, にもう, に云った, に会いたく, に告げ, に対する感謝, に廢め, に拔, に教, に敬礼, に歌つて, に真, に縛られ, に言っ, に話しかけ, に話す, に誓っ, に読ん, に起させ, に進呈, のいる, のおっしゃった, のおっしゃる, のお腹, のお話, のお話し, のこと, のそば, のところ, のもっ, のもの, の一挙一動, の云った, の人生観, の仰っし, の住んでる, の命名法, の噂, の子, の寝台, の帯, の思, の手, の満足, の目, の知らない, の被, の要求, の話, の運命, の頭, はいま, はいわば, はこの, はたかがもう, はもう, は何, は女, は子供等, は征服, は手紙, は鼾, へ電報, へ食っ, をお, をそういう, を去らう, を寒く, を活, を私, を自分, を訪ね, を許す, を送り, 持って

▼ 今いった~ (135, 0.2%)

24 ような 8 ように 3 ことは, 私の 2 ことが, ことを, 三人の, 点について, 言葉の

1 [87件] ことだけを, ことと, ことば, ことばで, ことばにも, こと忘れる, この, じゃありません, じゃない, すしや, そのいち, そのなまめかしい, その草香流, とおり, とおりあっしだっても, とおりあの, とおりに, とおり一角は, とおり二日以内に, とおり帰る, とおり若い, のと, のは, ばかりであった, もっと大きな, やくざの, よりここ, トテナム号の, マハツブの, マラスピーナ氷河や, ミドリモ君てえ, リットンの, ロジェル・エ・ギャレの, 一見科学論的な, 不知火銭た, 不自然感不, 事も, 事情によって, 亥の, 先祖の, 六回だけ, 匕首が, 十五人組以下の, 千枚分銅を, 右門の, 噂話が, 四人と, 子供を, 小旋風柴進さま, 工場みたいな, 御居間方, 心理的にも, 意味で, 意味での, 所属不明の, 政府の, 日曜日の, 最初発見の, 条件に, 水芸で, 活東が, 点で, 琴と, 碧梧桐虚子の, 社会的リアリティーを, 第四, 裏木戸が, 言葉が, 話に, 諸口寄せ手の, 農村電化問題も, 通りあゆという, 通りだ, 通りです, 通りの, 通りもっとも, 通りアイヌも, 通り先生は, 通り古市加十が, 通り向うも, 通り杉箸の, 通り運ぶ, 道理と, 野天の, 限りの, 順序に, 鬼心仏手という

▼ 今~ (135, 0.2%)

4 知る 3 しるそれ, 出で立つ父母, 悔しき, 淋しう

2 [11件] おどろく, っ, っ今, とおも, 初めて彼, 別れま, 和ぎぬる, 夢の, 現わし, 知りぬる, 秋や

1 [97件] おのおの身, かくわが身, くれなゐ, こぞって前, この世の, この時, この霊, さやなる, しる恨み, その空, なりなん, はじめて知らるる, ろ, わがごと祝, わたしは, ッと, 世は, 今ぞ, 今身, 來し, 元禄の, 初めてあかした, 別れむ, 到らん, 到来ぞ, 剥ぎ出す乞食, 声揺りあがる, 大き御代, 大やまと, 大霜, 始めて, 始めの, 季節の, 寄せ来る長浜, 展開され, 廓は, 廿日の, 御教, 思いがけなく役に立った, 思い当ったぞ, 思い当るところ, 思い起こす, 恋しき, 悔しけ, 悲しき, 押しゆく昧爽, 拝み奉ると, 日は, 日光を, 明らかに, 明らめし, 時と, 時貝が, 晴す, 晴らさん, 来し, 来ませる, 栄華威勢を, 根こそぎ快く, 沁, 発つと, 盛と, 盛夏の, 目覚めて, 目醒め, 真実心から, 知たり, 知ったか, 知るなる, 知る世, 確と, 秋が, 立野より, 答へん, 者共かかれ, 胸の, 興あり, 色濃き春, 莞爾として, 見えつつ, 見え来つその, 見しよ, 見て, 見む郷国, 見る, 親娘, 観念と, 觀念と, 逢ひぬる, 遂に十ヶ月, 重なる秘密, 限と, 離るる, 飛び越ゆ, 飛ぶ嫉, 飛行機と, 鳴くらん望月

▼ 今かと~ (134, 0.2%)

33 待って 5 待ち受けて, 待つて 4 待ちかねて 3 待ちかまえて, 待ち構えて, 待構え, 思って, 首を 2 出で, 待ちながら, 待ち受ける心, 待ち受け顔, 待つうち, 心待ちに, 期待した

1 [58件] お嫁さん, お待ちし, お待ちにな, ご出軍, その到来, その時機, それを, ひそかに, ふるえながら, まちうけて, まちかまえて, まった, まって, ペテロや, 二ツの, 余念なく, 使節の, 俺の, 冷たい足, 出発を, 動員令を, 呼び出しを, 帰りを, 待ちあぐんで, 待ちうけて, 待ちました, 待ちもうけて, 待ちわびた, 待ち合うの, 待ち居るに, 待ち構えました, 待ち焦れて, 待ち設けるの, 待つばかり, 待つ焦らだたしさ, 待てり, 待焦れた, 待設けて, 思ひながら, 息を, 文三が, 死刑の, 江を, 油断なく, 涙ながらに, 源三郎の, 狙い出した, 男の子が, 窓の, 紐解きて, 群れて, 胸の, 見て, 見守って, 註文を, 諸井嬢を, 順番の, 鬼どもの

▼ 今来た~ (132, 0.1%)

18 道を 6 方へ 3 この道, ところです, のは, ように, 方角から, 路を

2 [13件] ところで, のが, ばかり, ばかりだ, ばかりです, ばかりな, 峡谷の, 廊下を, 方を, 男は, 町の, 道と, 道の

1 [64件] あの母親, おもて, か, があいつ一人, この手紙, というわけ, といふやう, ところだ, のかい, のだ, のです, のも, ばかりじゃない, ばかりぢ, ばかりで, ばかりで解らない, ばかりのところ, ばかりの初, ばかりの常連, ばっかりで何, ひと金子さんの, ほうへ, ほうを, もんでござんす, よ, わ, シチウを, 一人も, 上空に, 人が, 人間が, 入口に, 処で, 同じ路, 坂を, 大将の, 娘も, 少女は, 少年の, 廊下の, 愛吉ッて, 方向を, 方角を, 様子でなく, 母のてが, 水の, 父の, 男からでも, 男が, 線路の, 許り, 路で, 路とは, 路の, 路は, 路より, 道が, 道さえ, 道は, 道へ, 道筋を, 郵便は, 間道を, 階段の

▼ 今あの~ (128, 0.1%)

4 時の 3 人の, 人は, 子の, 料理人が

2 [11件] 人が, 女の, 子は, 家には, 方が, 書生さんから, 木挽小屋の, 男と, 男に, 男は, 話を

1 [90件] お嬢様と, お方が, お方は, さつきへ, ときの, どこかへ, ひとの, へんを, ぼんちの, ままじっと, ままに, ように, タ丹下左膳では, マドロスが, 不動様へ, 丹那トンネルを, 二人は, 交番, 人々の, 人そりゃ素晴らしい, 人たちみんな帰ります, 人と, 人に, 人を, 人造人間部隊を, 入口で, 凄じい勢ひで中国軍, 列車に, 化物みたいな, 噴水の, 坊さん少し, 女が, 女は, 女中を, 妓は, 娘っ子の, 娘を, 子が, 宮までを, 家を, 小僧から, 山かげへ, 山道を, 岩の, 年ごろの, 店で, 店に, 店の, 往還は, 惨めな, 扉の, 手紙に, 手紙を, 指紋を, 方は, 方を, 昔の, 時分の, 曲馬に, 有馬の, 木立の, 本さえ, 栄町の, 歌が, 池の, 淋しい森林, 火薬の, 灰色の, 甲虫が, 申しました, 男が, 男の, 番頭の, 短笛, 科人を, 穴の, 素晴らしい実験, 茶の間の, 通りね, 通りの, 通り橋の, 通り酒井の, 部屋に, 鐘楼に, 雜誌社へ, 頃の, 頼りない, 顔が, 騒ぎの, 黒い樅

▼ 今とな~ (127, 0.1%)

116 つては 5 つても 2 つて考へ, ッて 1 つてこそ, つて見

▼ 今までも~ (127, 0.1%)

3 そんなこと 2 君と, 幾度か, 時々そんな, 決して遊ん

1 [116件] あちこちの, あなた方の, あの不可解, あの佐野, あまり気, いろいろな, いろいろ友人, お藤, かなり平和, こういう不愉快, さのみ, しずくは, しばしば申し上げた, しばしば紹介, すすめたこと, すでに自分, ずいぶん手, そういう関係, そうで, そうであった, そう云う, その手, それを, ときおりちょくちょく, ときおり貴方, どこの, なおその, よくこんな, よく外国, よく法螺, よほど歩い, わかつて, 一通りの, 不身持な, 中途で, 二三度出つく, 今迄, 他の, 似たよう, 何かの, 何べ, 何度と, 俺には, 個人, 兄さんでした, 再々油絵という, 初恋の, 双六巌の, 取替へ, 周助から, 善くあつた, 報酬で, 多くの, 夢今も, 大抵僕, 大目に, 妻と, 娘役の, 嫌悪感と, 尚ほ, 届けて, 屡, 履行され居る, 師匠か, 常に一応疑る, 幾つと, 幾十遍と, 度, 度々人, 度々持っ, 引かれて, 待って, 待つたやう, 思いがけない人, 情けの, 既に一度, 既に出し, 旦那樣が, 時々に, 時々思いました, 此上も, 殆ど動かす, 殆ん, 残つてゐる, 気づかいながら, 泥の, 清に, 温室を, 潔く諦めよう, 無籍者な, 煩悶は, 甚蔵等に, 生きて, 町道場や, 痕跡を, 盗んだり, 私に, 私の, 継母の, 続けて, 續い, 自分を, 自然が, 落着い, 蒼かつた, 蔵って, 行掛り上, 近所かいわいに, 述べた, 逢った時, 酒の, 鎌倉町の, 随分厄介, 随分恋, 隨分いろ, 隨分手を

▼ 今~ (124, 0.1%)

4 が自殺 3 のなか, の云った, の前, の心 2 がその, の横, の眼, の胸

1 [100件] がお話, がここ, がこれ, がこんな, がやっ, がやや, がタクマ少年, が乗っ, が云った, が云つた条件, が伺, が取り消す, が君, が実験, が居る, が或, が新, が書い, が発見, が考へてる, が行つた時, が行つて外科醫, が言つて, が話さう, が話した, が資本家, が逃げたら, と並ん, と同じ, にとつ, には何もかもはっきり, には名実共, にわかりました, に分る, に吸, に打ち明け, に親近感, に許された, に話す, のかうし, のことば, のしよう, のところ, の上, の使つて, の僅か, の内部, の切札, の列記, の医者, の喰った, の外, の夢想, の子供等, の家, の感情, の斯, の机, の枕元, の機嫌, の歩い, の画室, の疲れた, の登っ, の目, の着込んでる, の立つ, の考え, の聴力, の背後, の行く, の言, の言っ, の訳しつ, の誠実さ, の足許, の身体, の部屋, の阿, の鞄, の頭, は, はいそがしい, はここ, はこれ, はそれ, はどの, はマリユス, は何者, は六百枚, は再び, は君, は現に, は眼, も藤枝, をからかってる, をつつん, を知っ, を知つて, を迷路

▼ 今~ (121, 0.1%)

7 ている 2 て居る, 今一き, 工藝と, 悔しも, 立ち潔し

1 [104件] あの湖水, あんまり新しく, お銀様, がたぶ, きりと, こそゆめ, こそ胸, この夕方, この室, さと, そこから, そこへ, そっと這いこん, その妖霊星, その憧れ, ちゃ駄目, ていらっしゃる, ておく, てほしい, ても差支えない, てゐる, びる, ほのかにに, また燃えさかった, ょいつを, われがちの, アレースに, ドロドロドンと, バらく命を, パッと, ブン廻しで, ーんとして, 一ノ, 上段に, 九十九間の, 亂鬪の, 人無き, 仲間喧嘩が, 余らは, 傲慢の, 全く閑却, 八幡の, 刻々と, 効験顕著な, 勅使の, 午砲の, 南風に, 又老, 問題の, 夜陰こうして, 妙覚寺を, 季節の, 山道を, 序戦の, 庭の, 建安十五年の, 役署の, 彼をぞ, 彼女の, 彼等の, 戦端を, 戰場を, 掘られつつ, 日は, 昇つたばかりの, 昼寝を, 晒された井戸, 晴れ行く, 本所の, 来らしも, 棺の, 歸れ, 水寨へ, 水芸の, 江の, 泥舟は, 海道筋に, 漆黒な, 激しい斬り, 爭へ, 父と, 父の, 猿ヶ馬場ぞと, 生れた呱々, 生命判断を, 甲士が, 盛んな, 盛んなる, 眠りから, 米友が, 縁の, 義貞の, 耳の, 街道を, 辻を, 逃げ去った, 道庵が, 間柄を, 関守氏から, 雪を, 音曲の, 馬の背を, 高潮に, 鴎むれ居

▼ 今~ (117, 0.1%)

3 がいった 2 が見, が見た, と僕, の双手, は何, は弱冠

1 [102件] から何, から見られたら, がし, がした, がその, がどう, がやっ, がやった, がわざわざ, がスツカリ, が云つたよう, が僕, が向う, が塀, が大声, が尋問, が挙げた, が腰, が膝, が自分, が蔀, が言った, が誰, が通っ, が遭っ, が顕微鏡, だちの困難, とこの, と助手たち, と吾輩, と相談, に, にそれほど, にもその, にもっと, にも云つたよう, に云われ, に会っ, に余外, に告ぐべき, に告げよう, に告げる, に対してそれ, に尺八, に最善, に行っ, に見せ, に話した, に説明, の, のいうごとくん, のお不, のすべて, の云った, の云つたの, の仲間, の処, の剣名, の勉強, の問, の室, の家, の御馳走, の心臓, の所, の批評, の指摘, の来る, の案内, の死, の留守中, の細君, の聖書, の親戚, の言ってる, の詩, の話, の顔, は, はある, はどこ, はわし, はゐる, は何處, は暇, は桂川中良, は此, は私, もこれ, もよく, をちよ, をとらえる, を会わせる, を救, を欲し, を糾弾, を紹介, を見つける, を訪う, を訪え, を誹謗, 亦石敢当

▼ 今見る~ (117, 0.1%)

9 ような 4 ところでは 2 とお, と実に, ように, 姿は, 形に

1 [94件] うぶな, が如き, ことが, この景色, その空, その絵図面, それは, と, といつの間に, とう, ときみ, とこの, とこれ, ところと, ところに, ところ或は, とごくわずか, とその, とたと, となるほど, とほら, とまるで, ともう, とチラ, と一羽, と事実歌風, と何とか, と何とも, と其処, と勿体ない, と同じ, と城太郎, と多少, と平凡, と急, と指し, と日本左衛門, と最も, と最前, と朝日の, と汚, と洟, と無く, と符号, と縞お召, と花嫁, と非常, ふうだった, ままの, やうな, イチョウ樹は, 三島は, 不断着などは, 事である, 事の, 公が, 処に, 前かがみの, 叡山はた, 図は, 土竈の, 夢やすかれ, 孫の, 役者たちの, 彼が, 彼ルパンの, 彼女は, 御常, 我に, 所, 所の, 星は, 枕崎の, 橋はきやしや, 武蔵野の, 水は, 滿山の, 熱愛と, 町の, 画には, 画面においては, 疵が, 盆正月の, 社では, 節子と, 美の, 羽左衛門は, 老人は, 能の, 通りの, 雪の, 靈よ, 顔の, 顔は

▼ 今迄に~ (116, 0.1%)

2 なかった, 味った, 私は, 経験した, 見たこと

1 [106件] あった陶器, あんまり沢山君達, いくらか, いつかあった, こんなに静穏, さう, したいこと, しても, しろ母親, すねて, そちらに, その地盤, ただの, ついぞ見た, ついぞ覚え, どんな所行, ないかわいいもの, ないひどい事, ない不安, ない強いもの, ない早い足, ない生々, ない立派, ない進歩, なくかなり, なくチョコナン, なく綺麗, もう何時間, もう何遍, やりとげた仕事, アイヌの, 一人も, 一度も, 不具者や, 人々が, 他人を, 何か, 何度か, 何度も, 何等かの, 何隻の, 余りない, 余り経験無き, 例が, 僅か十四, 僕の, 受けたこと, 受けた批評, 夢想だ, 大分断つ, 天國と, 失敗した, 学び得た知識それ, 學び得た知識それ, 屡々何故日本, 幾回とも, 幾度か, 幾度も, 引き代, 彼の, 感じたこと, 揺籃を, 旅行家が, 日本の, 時々ございました, 書いたいくつ, 書いたが, 書いたもの, 書かれた画論, 来たこと, 此山が, 此雪渓を, 残されて, 沢山出され, 無い程, 無かつ, 父子の, 病気した, 知つた事よりも, 知らない世界, 知り得た処, 私が, 私の, 聞いたこと, 菊池に, 見かけたこと, 見たたった, 見たどの, 見たの, 見た一般, 見た一般俳優, 見た中, 見た何物, 見た少数, 覚えない逞しい, 覚えなん, 触れるべき点, 詩人である, 諸処方々で, 軍艦淡路と, 道楽といふ, 金子等も, 釣ったこと, 随分行われ, 類の, 馴れて

▼ 今いう~ (112, 0.1%)

2 とおり

1 [110件] お世話に, お前あの, がともかく, がんりきの, この簡単, その出, その南条先生, その暖流, その檜, その路用, ところの, と生意気, のであった, のは, は愚痴, ひどい風の音, ような, ように, カワグルミ沢の, クルズスである, ツバキ科の, バッタである, フジの, ムラサキススキの, 三尺の, 不断着に, 主婦に, 伊東甲子太郎な, 催眠状態に, 前世という, 動物報恩譚が, 勝麟太郎の, 化物屋敷へ, 口も, 団子に, 土蔵造りを, 安倍能成君らであります, 実験室は, 小間使である, 小鳥の, 山田の, 干菓子という, 御雪, 心理遺伝の, 必要も, 怒り肩で, 急な, 斎藤父子でも, 新来の, 旅人も, 木喰五行上人の, 木立の, 毛谷主水の, 気にも, 江戸の, 洲は, 浮川竹の, 淀君他の, 清姫様の, 清川が, 牙歯山が, 獣的という, 甚内様の, 生菓子を, 百八十億, 米櫃の, 紅蓮峰であろう, 職業の, 袂の, 言葉には, 言葉は, 贋金遣いという, 通りお, 通りじゃ, 通りすっかり, 通りそこに, 通りそんな, 通りどうも, 通りの, 通りもうこの, 通りカシミールの, 通り丈夫な, 通り両方の, 通り人に, 通り何か, 通り型が, 通り外から, 通り婆が, 通り実際, 通り寺院に, 通り幕府に, 通り彼を, 通り拾った, 通り損を, 通り新撰組そのものの, 通り早く, 通り柿の木泥棒の, 通り男子の, 通り背に, 通り見, 通り遠から, 通り長崎の, 通り頼むべき, 通り食っ, 遊女と, 間食を, 障子の, 頑固者だ, 餅の, 鶯餅の

▼ 今までとは~ (112, 0.1%)

11 打って 7 まるで違った 4 違って 3 ちが, 丸で, 別な, 別人の 2 ちがった意味, 全く異, 全く違った, 全然異, 別の, 反対の, 違った意味

1 [64件] うって, おのづか, がらりと, すっかり調子, ちがったこと, ちがった人間, ちがって, また全く, また少し, まったく異なっ, まるっきり事情, まるでちがった, まるで別, まるで別物, まるで反対, まるで変, まるで打っ, まるで相好, まるで違, まるで違っ, まるで違っためぐり, まるで違った沈んだ, ガラリと, 上下が, 交際いが違て, 人が, 似ても, 低い調子, 全く別, 全く打っ, 全く趣向, 全く違つた窕子, 全るで, 全然ちがった, 善い方, 変って, 変らなかつた, 打つて, 方角の, 方面の, 更に違つた, 格別の, 様子が, 正反対の, 生れ変ったよう, 異って, 異つた窓, 縁も, 見違える様, 話題の, 變つて如何にも, 違いいくら, 違ったところ, 違った不快, 違った印象, 違った変わり方, 違った心掛, 違った治療法, 違った調子, 違った魅力, 違つ, 違つたさびしい, 違つた地味な, 違つてすつかり

▼ 今迄は~ (112, 0.1%)

2 それでも慎, ガタリとも, 凡ての, 可なり, 敵と, 秋の

1 [100件] あんまりあたし, うかと経過, お父さんと, かの流行作家, こんな気, その極限, それに, それほど身, それを, た, ただ室, ただ片隅, たった一人, ちやんと, どうして虎, どんな生活, よいけれども, わたしが, ヤツアタリの, ローウッドに, 一も, 上國の, 体裁の, 余だ, 余り口演されなかつた, 元気で, 元気であった, 其邊を, 分らなかったが, 動きたくても, 北斗七星の, 半病人, 友の, 古いなじみ, 只いとわしき, 只外国人, 否応なく, 吾等の, 周子の, 地球の, 堅え, 売るとも, 大概埒外に, 女に, 女房の, 婚期に, 実践的に, 家族の, 少しも, 工合よ, 帰って, 平気で, 御自分, 必要だった, 忍耐で, 恰も天, 意味も, 手を, 教場などで, 新聞の, 明暗だけは, 昼休みなどに, 晴朗で, 此山王山を, 殆ど常磐木かと, 毎月三銭かの, 気が付かなかつたが, 気にも, 気付かなかつたが, 氣が, 波子と, 深く念頭, 清親と, 温習へる, 無沙汰, 無理を, 父や, 物質が, 特に近代, 珍しいの, 男の, 病気で, 白色巡洋艦の, 相当に, 知らずに, 私が, 納骨堂みたいな, 純造, 経文により, 縁遠かりし, 自分も, 親しい仲間, 誰にも, 講堂を, 醫者の, 関わざりし形容, 随分私, 隨分私の, 風の子も, 飽きて

▼ 今~ (111, 0.1%)

2 お私, かくの, ほ働ら, ほ廃す, ほ斯, ほ日本, 十八世紀的に, 家郷ある

1 [95件] お個人, お崇拝, お昨の, お暗雲低迷, お残念, お生き, お記憶, お里人, この小説, この館, ひそかに, ほあの, ほおぼえて, ほかすかに, ほこの, ほ之, ほ信じられて, ほ八戸町, ほ其の, ほ厳酷, ほ古い, ほ吾人, ほ嚴酷, ほ存すとは, ほ彼, ほ昨, ほ歴然, ほ生気論者たち, ほ石, ほ覚えて, ほ詩, ほ貝殼點, ほ農, ほ隣県山形, ほ顕勢力, ほ顯勢力, みちて, ニオベーは, ホ其血統ヲ, 一つの, 一個の, 一般に, 主として姉, 今後幾度の, 体重三十四貫の, 其国民的英雄クラルエヴィッチマルコの, 分化の, 判らぬ事, 到る所, 博士の, 厳として, 古代の, 古式に, 同地氏神社殿には, 和合団結せざる, 嚴重に, 夢寐に, 好んで, 存セリ蓋郡名, 宮城前に, 山中に, 山村には, 政府の, 文章を, 是等を, 時々見聞き, 更に別, 東京監獄に, 機会の, 歌文を, 此日を, 此風の, 残って, 殘存於余耳朶誰料越而纔旬日君忽獲病而遂不, 毎日の, 活きて, 生ける信仰, 目に, 神の島と, 神楽坂警察署内に, 私の, 私は, 立ち上がろうとして, 続いて, 自分の, 茫々たる, 草の, 西宮市の, 西銀座に, 言ひ続け, 諸国を, 迹を, 長崎に, 闡明せられざる, 鹿の

▼ 今でこそ~ (108, 0.1%)

2 人口も, 日本の, 日本は, 話すが

1 [100件] ああし, あの人達, あの会議, あの辺, あまり往来, あまり聞かない, あれ其の, おどおどし, およう, お前さんだって, お話し致します, お話を, お身, こうあっさりお話, こんなこと, こんな山家, こんな田舎, すっかり精神, そのこと, なお烈々, へえバクチ, ほとんど食えない, まだやつ, もう覚え, シヨオでも, リウマチスの, 一つは, 一座の, 三卿の, 上諭奏摺或は, 交際嫌いで, 今日の, 何だ, 佗しく, 修驗者の, 僕も, 写楽, 出不精でいらっしゃる, 別に不思議, 匪賊に, 各地の, 各種の, 同じ音, 地方の, 多少の, 大がかりな, 大した画工, 大菩薩, 小刀を以て, 少し改まった, 山の, 平気で, 懐かしいなどと, 斯うし, 斯うして, 日本語は, 時流の, 普通の, 未だ若干, 村第, 東京一という, 東京市の, 松屋位の, 樟脳臭い, 此山へ, 氏の, 江戸で, 洋画に, 燕石十種は, 牛肉すき焼と, 狩猟を, 猫も, 病的な, 目黒駅は, 私は, 私も, 種疱瘡と, 立派な, 笑ひ, 縁は, 義兄妹アッハッハッ, 考へること, 若崎先生, 蔭間は, 薯の, 衰滅の, 話を, 誰れ, 謹厳方直な, 貧乏し, 赤坂の, 赤岩村の, 足軽を, 跡形も, 道家の, 道灌山かいわいは, 金勘定の, 長野県では, 電車が, 頭脳が

▼ 今こうして~ (107, 0.1%)

2 あなたを, 生きて, 見れば

1 [101件] あなたが, あなた達と, お民, お話し, お話し申し, ここで, ここまで, このこと, このせち辛い, この土地, この手, こんなあり, こんなに元気, こんな山, それが, なにし, ぶつかった時, ほんとうに, まともに, ハイカラな, ブルブル慄, ペンを, ルリさんを, 一代の, 一個の, 一生の, 三人泣き合い, 丸太小屋の, 乗るか, 人様の, 会社を, 優しかった, 全く見ず知らず, 写真を, 前途の, 向い合って, 君たちと, 土瓶を, 坐つて, 多少精神, 夥しい銭勘定, 天空を, 女が, 女の, 安閑として, 実父と, 小樽へ, 小虫, 小郷の, 市井の, 師匠自身も, 幸福な, 床に, 庵の, 彼女と, 忍び寄って, 懺悔話を, 手を, 手前たちを, 敏子という, 暗く歩ん, 書きつけて, 本物の, 来た刀, 東へ, 歩いて, 毒虫に, 汽車が, 洞くつの, 火星兵の, 無事に, 病院の, 癩者佐柄木と, 白根の, 目のあたりその, 目明しの, 相手を, 眼を, 瞼を, 空中を, 立ちかえるところ, 立派な, 筆を, 簪を, 肉薄し, 自分の, 自分は, 自分自身の, 落ちぶれた三好, 見えなくなったこと, 見て, 見る画面, 認めつつ, 貧し気, 貴方に, 賑かな, 身の, 逃げまわったあんばい, 連れだった, 陽炎の, 黙々と病院

▼ 今~ (107, 0.1%)

3 にし, の作品, の心, の眼, は誰 2 としての有力, の世, の思想, の想像, はこれ, は少数, は既に, も古人, を罵る

1 [74件] おのずから来往, から敬, がともし, がど, が云, が墜ちた, が想像, が文, が易行, として見る, となる, と云, と人, と四條橋畔, と昔人, と異, なお発見, には矛盾, に交わらん, に先だって事, に劣らざりし, のこと, のみ古人, の作, の作詩, の信太妻, の僕, の凡作, の及ぶ, の壺算用, の形, の思, の思ひ, の思ひよらぬ, の所, の所謂, の文法観念, の日常, の智, の智能古人, の玩弄物, の皆, の目撃, の知識, の筆蹟, の職分, の見, の賛同, の集まった, の驚異, はうるさし, はかえって, はそれ, は九牛, は古人, は無数, は社会, は買冠ら, もまた, も共に, も無邪気, よりも古人, よりも溌溂, よりも生命, をし, をやっ, を二人, を撲っ, を相手, を罵, を送, を集め, 流るる水, 見て

▼ 今~ (105, 0.1%)

3 存し 2 その先夫, 人の, 或は世界, 明かに, 昨の, 淨火の, 生々と, 耳に

1 [86件] あるを, ある事, お文学, お権威, お燃え, お眼底, お臨, お顕, これを, すこやかである, そのお母さん, それを, ほあれば, ほ健, ほ元禄時代, ほ十數日以來, ほ甚だ, ほ生きて, ほ研究中, アピウス街道の, ホ炳然トシテ青史ヲ, ローマ寺院の, 上に, 不能忘, 何処にか, 健在し, 其文は, 勢力を, 古の, 古人の, 向島の, 墳墓あれ, 多く用ゐ, 夢の, 太説話と, 好事家必読の, 存す, 完存し, 市民これによりて, 広く世間, 微かに, 徳さんの, 心に, 忘れでありしなり景, 忘れられないの, 想荒川雨, 愁ふ, 我を, 或る, 探窮, 数世紀前の, 文学なぞに, 新なり, 昨日の, 曾能子刀自が, 望氣の, 本郷一丁目に, 残つてゐる, 殘つてゐる, 清新の, 渡場が, 湯江に, 父を, 猿猴猩々の, 獅子熊の, 生きながら, 生存せらる, 目に, 直径一寸余の, 私は, 絵として, 胸に, 自分の, 茶の, 蜂や, 行はる, 記す, 跡を, 追懷, 連綿として, 都人の, 野獸の, 青山内科の, 静め兼ね候, 非なる, 饑に

▼ 今~ (103, 0.1%)

2 三輪お, 三輪と, 三輪とは, 三輪の, 帰り, 父さまの, 目に

1 [89件] たっしゃで沢井, つし, とうさま, ばばに, ばばへ, ひささんが, みよ婆さんを, もひ出される, もひ出し, もひ出した, もふて見る, 久良から, 二人の, 互に肉体的, 代官の, 会い申したばかり, 会わせする, 住居は, 使ひ, 光の, 内儀さんの, 助けいたします, 化粧を, 千絵は, 君さんお前が, 君さんが, 君の, 夏を, 姉さまの, 宅の, 宅へ, 屋敷では, 師匠様の, 帰りでございます, 帰りです, 帰りな, 店で, 店の, 弓の, 弟子の, 心当りを, 忙が, 忙しくって, 手許に, 持ちですの, 文と, 昼寝中と, 暇でしょう, 歸りです, 渡し申す, 火を, 熊さんは, 燈明を, 父様お母様の, 父様も, 目ざめと, 目通りに, 着きか, 秀の, 稻荷さまの, 粥を, 絹の, 綱の, 義父さんにも, 聞きの, 腰の物にも, 芳の, 蓮様丹波の, 藤は, 見かけ申せ, 角さんから, 買ひ, 辻の, 退城か, 通さんは, 通と, 通の, 邸から, 金持ちに, 銀様が, 銀様に, 閑, 雪は, 電話が, 電話で, 頭を, 風呂に, 館の, 駒ちゃんが

▼ 今だって~ (99, 0.1%)

5 そうだ 3 みんな標本室に 2 そうです, 僕は

1 [87件] あいつの, あたしは, あなたその, あなたの, あるよ, あんたが, いいわ, いつだって, いやだ, おまえを, かまや, からかってるん, がつがつしない, きっと好き, こう急, こっちが, この間じゅうに, こん畜生ひでえ目に, させなかったよう, そういう危険, その時分, その源因, それが, それを, そんな事, ちゃんと御徒町, なかなかの, ふところ工合は, まだ多少の, まだ残っ, もうろくすっぽ紙, やっぱり私, やはりそう, よむに, わたし逃げる, エリザベートは, レモンの, 七人か, 二頁前の, 些とも, 何じゃ, 信州と, 側の, 全く無い, 別に良心, 取ろうと, 取出せますよ, 君が, 君の, 君は, 在るよ, 変りが, 夢に, 好意を, 実はそんな, 寺で, 少しは, 尾羽うち枯らし, 尾道は, 己の, 平賀に, 弟の, 持って, 探して, 文字を, 日本の, 昔だって, 本当の, 東北の, 水に, 汚くも, 決してすべて, 決して遅く, 父の, 疲れたら眠ること, 知らないなどと, 私には, 私の, 私一人じゃあ, 義龍を, 自分の, 自分は, 花火さえ, 若し譲治さん, 見給え同じ, 責任を, 闇の

▼ 今考え~ (99, 0.1%)

18 ている 17 てみる 10 て見る 6 てみれ 5 て見 4 てみ 3 てみます 2 ていた, てもゾッと, ても惜しい

1 [30件] ていません, ていられない, てみた, てみよう, てもあの, てもあんな, てもおかしい, てもおかしく, てもおかしな, てもこんな, てもそう, てもぞっと, てもはっきり, てもよう, てもゾーッ, ても不快, ても冷, ても判らない, ても口惜しく, ても妙, ても早熟, ても理由, ても生々しい, ても痛快, ても自分, ても莫迦莫迦, ても髪の毛, て彼女, て本当に, て見れ

▼ 今までと~ (98, 0.1%)

15 違って 5 同じよう, 打って 4 ちがって, 丸で, 反対の 2 ちがった楽, まつたく変つて, まるで違った, 反対に, 反對, 変らない

1 [49件] うつて, おなじ姿勢, すこしも, すっかり違っ, ちがう雰囲気, ちがった光, ちがった心持, ちがった感情, まるで異, まるで違つて, 云つても, 全く違った, 全く違つた思想, 全で, 同じ, 同じい, 同じく日, 同じく朝夕, 同じ方向, 変って, 変つた方角へ, 変りなく, 変わってる何, 大差ない, 少しも, 異って, 著しく態度, 見違えるよう, 見違える程, 逆の, 違います, 違いますれば, 違うから, 違うの, 違うよう, 違った光, 違った凜, 違った感じ, 違った新しい, 違った波濤, 違った眼つき, 違った色, 違つた人の, 違つた眞劍さが, 違つた結果が, 違つて少し, 関係の, 雖ども農業に, 非常に

▼ 今自分~ (96, 0.1%)

6 の心 2 が氏, の口, の手, の眼, の身, を手

1 [78件] がそう, がふと, が伏し, が何, が堪らない苛立たし, が姉, が幸福, が心から, が成し遂げた, が手, が斯, が日本民衆, が植ゑてゐる苗, が残し, が病身, が相, が考えた, が遥か, が飯, が馳, が鬼頭, だけひとり二度と, ですら, で三十八歳, で犯人, で自分, といふもの, とおんなじ, にこの, にはそれ等, に対して急, に蝙蝠, に話した, のこと, のし, のそば, の不実, の住宅, の体, の兵法, の前, の周圍, の城, の境遇, の女房, の娘, の小室, の幕舎, の性質, の意見, の戀人, の持ち, の枕元, の演じ, の生れた, の病室, の目, の瞼, の立っ, の肩, の身の上, の身近, の過去, の雑記帳, の頭, の顔, はそれでも, はよし, は少く, は根柢, は色んな, へ, へみつぐ, もその, も家臣, より身分, をこんなに, をどんな

▼ 今言った~ (94, 0.1%)

20 ような 12 ように 5 ことを 4 ことは 3 のは 2 ことが, とおりに, 塵の

1 [44件] ことから, じゃない, その運転手台, とおりおそらくは, とおり子供らしい, とおり暗夜の, とおり死刑台は, なんとか一つ, ばかりだった, 一つくらいの, 下級の, 事は, 事を, 交通不便の, 命題が, 大阪御, 客観的だ, 家々を, 市川と, 市川の, 広い意味, 文叢, 方面を, 旅が, 日本左衛門の, 様な, 様に, 気持の, 現代日本が, 理想屋で, 甲州に, 神田帯屋小路の, 秋茄子を, 蓮池や, 言葉に, 計画が, 通りお, 通りです, 通り二本立てが, 通り我輩が, 通り言語の, 通り跣足です, 通俗の, 関係の

▼ 今考える~ (90, 0.1%)

7 とそれ 3 ことが, とその, と実に, と私 2 とあの, とおかしい, と嘘, と惜しい, と馬鹿馬鹿しい, のは

1 [59件] ことさえ, ことは, とあの大, とあるいは, とあれ, とここいら, とこれ, とこれら, としかし, とすべて, とそれほど, とちょっと, となかなか, とほとんど, とほんとう, とほんとに, とまことに, とまったく, とみじめ, とむしろ, ともったいない, とやはり, とよくも, とわれ, とサロン, とステップニャツク, とチブス, と今度, と何, と何だか, と何トン, と僅か, と僕ら, と兄, と冷汗, と分らない, と半分, と南日君, と名, と名前, と大きい, と式台, と徳川期, と戸山ヶ原, と普通, と月琴, と残念, と水蜜桃, と田舎, と目舞, と立派, と継母, と自分, と若い, と蛙, と随分, と面白い, と頗る, 程強く

▼ 今とは~ (87, 0.1%)

6 違って 2 世の中が, 別人の, 到底比較, 時代が, 違う, 違ひ

1 [69件] あまりにも, いいませんけれど, こっちの, すっかり別人, すっかり変った, ずいぶんちがっ, その状態, だいぶ考え, ちがう, ちがうが, ちがった形, とても比べもの, どうして知り, どうして知合い, どうちがっ, また違いました, まったく心, まるっきり違った, まるでそんな, まるで別, まるで別人, まるで容子, まるで正反対, まるで違っ, もつと, よほど違っ, 丸で, 事情が, 事情も, 人情の, 人間が, 何といふ, 全く世, 全く趣, 全然違う, 初日の, 刻々變つて, 反対の, 同じで, 変わってるだろうと, 大きな違, 大に, 大分ちがう, 大分異, 大違い, 少し違う, 幾分違, 形勢が, 心持は, 感じが, 數日しか, 正反対の, 比較に, 物価が, 異う, 異って, 異つた足場, 若い者, 較べもの, 逆さに, 道が, 違いは, 違いますから, 違うが, 違うでしょう, 違つて昔は, 違て, 違ふ, 随分違っ

▼ 今はじめて~ (86, 0.1%)

5 自分の 2 それと, 氣づいた, 知って, 知りました

1 [73件] あの約束, おれも, おわかり, お目にかかるん, しかも戸, そのこと, その人, その大きなガラス戸, それを, だ, のこと, の話, ふり返つて, ほのかに, わかった, わかったよう, 一転させ, 与次郎と, 人形芝居を, 仔細に, 会うた人, 会つたので, 僕の, 其懐を, 受けたもの, 夕陽に, 宮内の, 寂しい恐ろしい山, 實際見, 思い当って, 思ひあたつた, 悟つたかに, 成り立った間柄, 我にか, 承知した, 教えられた, 文明開化という, 明瞭に, 染, 気がついたとも, 河原町での, 浄瑠璃を, 物ごとを, 狼狽し, 生れて, 発見した, 知ったか, 知ったの, 知ったん, 知った新しい, 知つた, 私たちの, 私たちは, 経験した, 老衰に, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いて, 聞くこと, 聴かされた, 聴くこちら, 胸を, 苦しい, 行われもう前もって, 見たこの, 見たん, 見るやう, 見る陰翳, 解ったはず, 言葉を以て, 許されたよう, 谷の, 起こった

▼ 今見た~ (85, 0.1%)

5 のは 4 夢の 3 ような, ように, 女の 2 ことが, 不安も, 光景ばかりが, 手紙の, 青年の

1 [57件] かあれ, があゝ, ことについて, ことを, この必然性, その風采, ところの, のである, のです, のより, ばかしの舞台面, ばかりです, ばかりの, ばかりの夢, ばかりの景色, ばかりの木部, ばかりの私, ばかりの舞台, ふしぎな, もののすべて, ものの姿, やうな, よ, 一つ, 事に, 二人が, 人形の, 人影は, 兼子の, 千代子の, 墓の, 夢が, 夢も, 夢を, 如くに, 姿を, 寒山拾得の, 屍体が, 幽霊の, 影法師も, 彼の, 怪しい男, 怪我人の, 怪物に, 映画の, 橋の, 母親の, 犬の, 男が, 穴倉の, 竜の, 美人の, 自分の, 花は, 話を, 貴婦人の, 飾磨屋と

▼ 今申した~ (82, 0.1%)

10 ように 3 やうな, 通りの 2 のは, ような, 男の

1 [60件] あの人, お甲, お銀さん, ことさえ, その体, だけかと申します, とおりほかに, とおりアルゼンチンの, とおり塾に, のうこれ, のでありまし, やうで, やうに, ようで, ジャムカステラを, ライスカレーは, 事に対する, 事を, 二間一組の, 例は, 古い日本, 古本屋な, 品物の, 四カ条の, 女風俗などでも, 妹と, 山村武兵衛の, 山牛蒡や, 年の, 廻避の, 当のフォン・ゾン, 怪信号の, 我と云う, 所が, 杉浦という, 松谷秀子を, 法則を, 浪人者は, 海岸の, 理由で, 理由に, 私の, 筆屋幸兵衛なる, 精神問題だ, 色の, 資本家教育者などの, 通であります, 通りあまり乾燥し, 通りき, 通りで, 通りです, 通りどれだけ, 通りアイヌ語の, 通り夜分に, 通り手狭至極な, 通り海戰では, 通り秋川さんの, 通り荒川は, 通り西暦千二百四十六年七月から, 飯島の

▼ 今いる~ (78, 0.1%)

9 のは 3 ところは, 家は, 所は 2 ここの

1 [58件] か, この位置, この地方, この部屋, その室, その監房, とこは, ところが, ところで, ところに, ところ引上げる, としたら, んです, サーカスだった, 世界の, 人たちは, 人達の, 位置に, 位置は, 停車場は, 処, 四階の, 地区へも, 場所から, 場所が, 場所で, 場所と, 場所までは, 場所も, 場所を, 場所今いる, 奇妙な, 姿の, 室に, 家から, 家に, 家へ, 宿の, 小さな箱, 山里の, 席の, 平田という, 年寄の, 日本橋の, 月は, 温泉の, 無能力と, 現実すらも, 田村町の, 町の, 監房には, 立場が, 蚊帳を, 裁縫師が, 部屋を, 都会の, 隧道よりも, 風の

▼ 今お前~ (77, 0.1%)

2 がいう, が福造, のいった, の家, の書いた, を呼び

1 [65件] えらば訴えて, お君さん, がいった, がいつた, がぷいと, が云つたつけ, が刈つた, が始め, が知らせ, が私, が羨ん, が自分, が見せられた, が見た, が言った, が言訳, が話, なんかに構ってる, におふくろ, にこんな, にとつて食慾, に何, に御馳走, に戻っ, に殺される, に溺死, に答, に行かれ, に言っ, のお, のライフ, の云う, の云った, の仲間, の国, の悪, の父親, の申した如く, の耳, の腹の中, の言った, の話, の身, の頭, の首, はいる, はお前, はその, は何とか, は俺, は冥界, は民家, は理想屋, は神尾殿, は膝, は臆面, も聞いた, をつれ, をアルト, を味うの, を呼んだ, を捜し, を死, 若い物貰い, 若い物貰ひと言

▼ 今までよりも~ (75, 0.1%)

1 [75件] いっそう厳粛, いっそう茶室, いっそう退屈そう, かえって歩き, きれいに, さらに美しく, すくなく, ずっとかわった, ずっと上品, ずっと有り, ずっと楽しい, ずっと砕けた, なお急ぎ足, はっきり聞こえます, はるかに, また大きな, もっとしっかりさせた, もっと仲よし, もっと元気, もっと勾配, もつと, やや厳格, ケタタマシク額を, 一そうの, 一そう深い, 一層つめたい, 一層はげしい, 一層はげしく, 一層低い, 一層執拗, 一層大, 一層心, 一層急ぎ足, 一層慎, 一層気, 一層猛烈, 一層甚だしかっ, 一層申合わせ, 一層親切, 一層静か, 三十分は, 三四間あとの, 上流から, 亦ずっと, 体も, 余計に, 倍も, 倍以上の, 優しみの, 又ズット, 困難に, 増して, 多くの, 夜寒を, 大きくならなかった, 少しわかつ, 少し勇気づい, 広く, 弱まって, 強くこの, 心丈夫な, 忙が, 悪いこと, 更に数等, 更に達者, 杖を, 柳沢と, 満足な, 白首を, 縦の, 自由に, 賢くする, 遙か, 遙かに, 高く大きく見えた

▼ 今しばらく~ (74, 0.1%)

4 の間 2 待って

1 [68件] あらゆる人, おきき, おとどまりを, お待ちくださいまし, かくしておこう, このまま, この点, この産婆, この臆説, これに, これを, すると, そのものに, その海, という, とはばかっ, ながめさせて, のこと, のちの, の御, の辛抱, の間傍観, は, はできぬ, はわからない, はインディファレント, は不問, は何, は斬り捨てだ, は父上, もゐた, やす子の, ゴドウィン氏の, ファルスを, 今しばらく, 仕事について, 仕事を, 企業者のみが, 伊東で, 伊東に, 例に, 内分にと, 前説に, 北方へ, 土地にも, 堪忍し, 大入満員の, 実家の, 家の, 尾州藩の, 庸三との, 待ちてよとの, 御容赦, 御猶予, 手首が, 批評し, 文明の, 旅費に, 暮れるまで, 書くこと, 止まりてと, 注意し, 生きて, 私たちと, 私の, 第一, 考えられたい, 聞くが

▼ 今までにも~ (73, 0.1%)

2 何回と, 奢侈の, 書いたこと

1 [67件] あったの, あの男, ある, ある意味, ある感じ, いくらも, お光, かつてなかっ, こう言う, ここの, これとそつくり, こんな言葉, しばしば言われ, すっかり食わされ, そういう念, その例, その術, そんなこと, たくさんの, たびたびこんなことがあったのでござりまするな, ちゃんとそういう, どんなに頼んだ, ないこと, なかった, よい主人, よくそんな, 二三人の, 二三回ありました, 二人は, 仕事に, 佐山が, 何人組と, 何度と, 何遍か, 出来なかったもの, 多くの, 大事件, 大抵判っ, 家を, 少くは, 少なくは, 尼が, 屡経験, 幾度か, 度々聞い, 度たび出合つてゐる, 度度書いた, 彼等に, 政治に, 数回この, 方々から, 既に幾度, 明瞭である, 村方で, 機会は, 無かった, 煩瑣な, 私は, 若い女性, 話した事, 誰か, 近親の, 随分ある, 随分いろいろと, 随分危な, 随分多い, 頭痛を

▼ 今初めて~ (71, 0.1%)

2 お前に対する, それを, である, 一人に, 知りました

1 [61件] お目にかかる景色, この事件, こんな人, さとりました, そんなこと, だったから, つく, つけられたもの, であつ, でご, の夜, クリストフの, ベルリンで, 事あらたに, 人間の, 仰いで, 会うの, 來れる, 分った, 切実に, 医学なる, 哲學史を, 多年の, 平民の, 得た恋人, 思ひ當, 怪しむ訳, 感じたの, 感じたよう, 投げつけられた驚愕, 探検の, 書く, 気が, 気がついた, 気づいた珍しい, 氣が, 由良に, 白髮に, 目のあたりに, 知った, 知ったん, 知つた, 私の, 私は, 空気が, 聞いた, 聞いて, 自由の, 見た人, 見る, 見るかの, 見るこの, 見るやう, 見る顔, 覚えた, 覚った, 誠の, 貴下の, 足下に, 醫學なる, 鋭く意識

▼ 今~ (71, 0.1%)

42 の前 5 を閉ぢ 2 がさめた

1 [22件] が眩ん, が見えなくなった, が覚め, さめたという, には見えない, に見, に見え, に見えない, のくり玉, のさき, のま, の先, をさました, をさましたら, をさましたらしく, をその, を瞑る, を落す, を轉, を過つた, を醒まし, を閉じ

▼ 今もし~ (70, 0.1%)

3 ここに, 生きて 2 私が

1 [62件] えといったじゃ, おれが, お父様, ここへ, これに, これらの, それ故, わが身に, エレア主義的形而上学に, シェリングの, ルクレチウスが, 不幸に, 世の, 之を, 人あり, 何の, 働くべき仕事, 僕が, 前の, 前途の, 医学が, 各国万般の, 呉が, 單に, 地震でも, 大利根博士が, 女来也が, 妻が, 始めの, 學士が, 小波瀾, 幾何学的直観が, 形象の, 彼奴を, 戈を, 我の, 手向は, 数学の, 日本の, 普遍的なる, 概念が, 此処に, 此處に, 歴史的事実の, 歴史的存在の, 汝の, 汝を, 汝戰鬪に, 河上氏が, 物体が, 物理学の, 物理的空間が, 玄徳の, 玄徳を, 画家の, 範疇が, 絶対に, 見ようと, 試みに, 諸新聞, 露子が, 飛んだお前さん

▼ 今~ (70, 0.1%)

2 其の趣旨

1 [68件] おそらく世界中, かの和泉守, ここの, このこと, この刑務所, この暗合, この行商, この黒姫, さつ, その惱, それを, た, とない, はがきが, わしと, イギリス湖水地方特に, ソビエット・ロシヤで, トロイア軍勢は, 一つ聞ね, 二人な, 二艘斗取, 五女万知が, 何事なりや, 何処カヘ出テッタワチョット, 例證を, 八の, 台所やる, 唯継, 四女順を, 塞を, 屈托の, 帰つて来た, 心の, 慰藉を, 我を, 押切へ, 控訴裁判所が, 政宗に, 新たに, 方法論と, 最後に, 最後の, 来て, 柏軒を, 次ぐに, 此の, 此室でも, 此毒舌の, 此詩が, 煙管は, 生父, 目前に, 知友上村海軍少佐の, 私から, 竹亭松宇の, 素顔君も, 聖書の, 自分が, 蓄電池自動車の, 衆に, 谷間田に, 起行の, 近く離れた, 里の, 重ねて, 重力が, 間の, 隠すとか

▼ 今帰った~ (70, 0.1%)

154 ぞ, ところだ, のか 3 ばかりで 2 ところです, ばかりです

1 [36件] お北, か, かといいました, かと声, からッ, がさっき, が松, ところ, と元気, のかと, のかとは, ばかりだ, ばかりでございます, ばかりな, ばかりなん, ばかりの家, ばかりの直江津, ばかりサ, ばかり玄関, ばっかりだ, ばっかりや, よお, よもなに, んだ, んです, 人は, 処じゃ, 処じゃがの, 勝則さんも, 客は, 役人たちは, 来客の, 能く, 良人として, 若い者, 誰だ

▼ 今どう~ (68, 0.1%)

20 して 11 なって 2 すれば, という, なつて, 性根を

1 [29件] あがいて, いって, いふわけ, いふ位置, いふ地位, お考え, したこと, したら一番, してる, してるか, してるだろう, してるね, してるの, しようかと, しようという, しようも, するか, するに, する金, でしょうとくに, でしょうね, でも, ともはつきり, と云う, なったこと, ならん, 云う陽所, 考え感じるであろうと, 見られて

▼ 今にも~ (68, 0.1%)

3 消えそう, 消えて 2 お三輪, 吹き飛ばされるの, 消えさうに, 破れそう

1 [54件] あのとおり, あふれ出しそう, ざんぶりこ, その夜, のしたいもの, ひっぱりそう, ブルジョアに, 三越から, 云われるかと, 今にもとびかかっ, 倒れさうに, 倒れそう, 倒れるかと, 出かけて, 出そう, 刈り取られるの, 叩かれは, 地面に, 孔明の, 折れは, 掴みかからんばかり, 掴みかからんばかりの, 斬られそう, 斬られて, 斬られる人間, 斬らんず構え, 来そう, 梢に, 梢を, 殘る, 殴らんばかりに, 泣き出しそう, 消え入らんばかりの, 潰れて, 燃えきって, 生れるばかり, 発見され, 目の, 眼に, 立ち上らうと, 縛られそう, 脱け, 葉子と, 襲いかからんと, 見えるよう, 見て, 説き勧めた, 送って, 閉ざされさうに, 降り出しさ, 降り出しそう, 雨に, 飛びつかうと, 飛ぶ首

▼ 今現に~ (67, 0.1%)

2 生きて

1 [65件] ある, あるかを, あるごとき完全, こうして生き, この受信機, この場, この家, これを, その国, その地, その朱, その洞窟, どこか, どんな変, やって, 世に, 二階に, 会場の, 俺が, 努力し, 南洲先生を, 地上の, 大衝突, 奉天の, 妻が, 存し, 存在し, 存在する, 実測に, 居る位地, 山の, 心の, 懲役に, 我々と, 持つて, 断つた女, 日本に, 時の, 有である, 有るもの, 朝や, 検するに, 模索し, 檢討の, 櫓を, 此処に, 歩いて, 浮世の, 海賊仲間の, 無慙な, 現実の, 生きる人間的, 生きる生, 目の, 目撃し, 私が, 私の, 育てつつ, 自分にも, 自分の, 行きつ, 行なわれようと, 見とるん, 金の, 難破船が

▼ 今~ (62, 0.1%)

15 て来た 10 ている 6 てゐる 4 てきた 2 て來

1 [25件] てあげる, ていた, ていれ, ていろ, ておけ, ておる, てすら少なから, てぞ身, てみたら, てもそう, てもその, てもちっとも, てもつまらぬ, てもやはり, ても地方, ても好から, ても數枚, ても木像, ても耻, てろ, て居る, て来た変わった, て来た驚くべき, て来ました, て直ぐ

▼ 今~ (61, 0.1%)

2 ている

1 [59件] あのお嬢さん, あの広間, あまり飲ませなさる, いそがしいから, え皆使, え私中西屋さん, お返事, お雪ちゃんが, きくや, こうして凝, この一週間分, この塀, こんな時世, せいちやん, そこを, ぼくの, まきに, わしが, クレエゲルと, 二本芽の, 仙吉を, 兄さんに, 其の家内, 内の, 叔父さんが, 君の, 和尚の, 墓番の, 壮い, 妹と, 姉さん多四郎さんがね, 家じゅう屋鳴り震動という, 家へ, 家を, 宿の, 寝て, 寝ながら, 山の内の, 己が, 帰りがけに, 彼の, 御覧なさい, 憤るなよ, 新高野, 日本産の, 明智さんが, 来客中で, 母親さん美土代町の, 田圃へ, 私が, 考えて, 良ちゃん, 貴女が, 貴方の, 赤坂見附で, 通りがかりに, 配給の, 高橋へ, 鼠が

▼ 今思う~ (61, 0.1%)

3 と, とそれ 2 とこの, とその, とそんな, とまるで, とよく, と実に

1 [43件] だに悲痛, てみれ, ても実に, ても帰らぬ, ても目覚しい, て見る, とおかしく, とこれ, とこんな, とどうも, とほんと, とほんに, とまことに, とやはり, と上着, と体じゅう, と余, と刺される, と半ば殆ど狂気, と定めし, と少から, と後, と恐らく, と感慨, と手, と昨夜, と是, と気の毒, と猿沢佐介, と私, と腹, と船宿, と誠に, と貧書生, と随分, にすべて呂, に此時, のは, のよバルザック, ほどで, よ, 事は, 程の

▼ 今思え~ (60, 0.1%)

3 ばその 2 ば, ばあの, ばこの, ばそれ, ばもし, ば十一年八月二十三日

1 [45件] は明治四十二年, ばあれ, ばいかにも, ばいっそ, ばいよいよ, ばじつに, ばたしかに, ばちゃんと, ばどれ, ばなつかしい, ばなん, ばやはり, ばわし, ばウォータアマン, ばモザイク風, ば一そ不思議, ば両者, ば五十嵐さん, ば京都, ば全く, ば其女, ば刻薄, ば割合, ば却って, ば古い, ば噴き出したくなる, ば大, ば天下, ば夫, ば実に, ば宣戦布告, ば年中, ば彼, ば明治四十二年, ば是, ば杞憂, ば田舎, ば白い, ば真実, ば純粋, ば結句幸い, ば芝, ば虫, ば貴重, ば馬鹿世界

▼ 今直ぐ~ (60, 0.1%)

2 行けば

1 [58件] おいで, ここで, して, それが, といふ, とは云わん, と云う, と云え, と言つて, と言われ, につかないです, にでもお召物, にでも首, には来られない, にもここ, に下り, に分る, に止め, に此家, に訊きたい, に銃殺, 一緒に, 二人の, 云うと, 伴れ, 何にも, 何処かに, 何物も, 來なく, 僕と, 其真似は, 出て, 動かすわけ, 妾へ, 帰つた方, 広海子爵, 引渡せと, 応用すべき, 手が, 手に, 来いと, 来なくても, 止めて, 此処を, 此場でも, 死ね, 殺そうとは, 独断に, 眞物を, 縛つ, 舟を, 行かう, 行くわ, 行って, 行つ, 逃げなければ, 長い草鞋, 默つてお

▼ 今~ (59, 0.1%)

3 此の 2 大隈伯の, 幸に, 見れば, 貴女の, 雨に

1 [46件]  ―― ― ― ―― ―  モ, これを, たく世, づ食を, に生きつい, までにここ, ゐりながら, 一人でも, 一圓でも, 一杯行つてくから, 余が, 先生を, 党員たるの, 十年生かし置い, 千五百萬圓掛ける, 厳乎し, 天下に, 始めて凡て, 始めて既に悪魔, 始めて真実同情, 始めて貴, 実に恐るべき, 将に, 徒に姑息以, 我が親友, 昼の, 村舎に, 歌を, 正に生死二途, 歩いて, 死する際, 波蘭の, 海軍部内では, 演壇には, 爰に, 爰へ, 直ぐと, 直と, 空しく牢獄, 縫ふ, 自己の, 自転車に, 若し基督, 若し貴女, 鉱業停止問題の, 露西亜に

▼ 今~ (59, 0.1%)

2 がいった, の考え

1 [55件] あ階下, がピストル, が今, が何, が助け, が捕えた, が握っ, が死んだら, が胸, が飛ん, でないと, とキス, と同じ, におく, にそれ, にはそんな, にはただ, のなすべき, のもの, の事, の傍, の内面生活, の友達, の問題, の心, の想, の感情, の毒矢, の生活, の言う, の貯, の頭, は, はあの, はストーブ, はドン, は何, は少し, は彼女, は怖, は愛, は橋, は此誘惑, は江戸, は獄窓, は略, は職務執行中, は葡萄酒, もその, も考え, も考へ, を呼んだ, を引っかけよう, を撲っ, を苦しめ

▼ 今~ (59, 0.1%)

17 て来た 11 て行った 6 て行け 3 ていった, ている 2 てきた, て來, て来る, て行っ

1 [11件] ていない, ています, てお, てき, てこられ, てました, て行く, て行こう, て行つたの, て行つた二人, て行つてしま

▼ 今ちょうど~ (58, 0.1%)

1 [58件] あのかどを, お会いする, お前の, お月様, お茶に, ごらんに, そういう消滅, そういう話, そこを, その夢, その機会, その総決算, それと, それを, よい場所, スミスさんの, トヤに, ドイツから, ブリュジョンについて, 二階が, 何でも, 六人目と, 出かけようと, 十一時四十分を, 十三度を, 博士論文を, 台所で, 向い合った窓, 君に, 地球の, 墓詣り, 外海から, 太陽が, 太陽面の, 子午線を, 山坂の, 引き潮時です, 御馳走が, 我々の, 日本語の, 暮れたばかり, 机博士の, 正月の, 気を, 気分の, 海岸から, 消え尽そうと, 満開の, 町に, 看守が, 脳溢血で, 花が, 落成しかかっ, 複雑な, 見えます, 訳して, 試験な, 速力は

▼ 今述べた~ (58, 0.1%)

10 ような 6 ように 3 やうな 2 この著述態度, 処である

1 [35件] あらゆる一般, ことから, ことは, とおりそれは, とおりだ, とおりである, とおりどの, ところの, とほり, のは, ばかりの, ばかりのこと, やうに, フィゾーの, ロシアや, 三花である, 両者の, 両論文, 事情は, 人造の, 任意的の, 例は, 処で, 原因によって, 如くに, 実験の, 家畜は, 意味に, 文法時代の, 日本人との, 点は, 確率の, 言葉に, 通り固く, 順序で

▼ 今そんな~ (57, 0.1%)

26 ことを 7 事を 3 ことに

1 [21件] くだらないこと, ことが, ことは, こと問題に, とこまで, のが, もの, 人が, 人に, 以前の, 心にも, 所に, 才覚の, 抱負に, 瑣末を, 話を, 誇りどころな, 連中だって, 運動が, 道を, 風に

▼ 今ちょっと~ (57, 0.1%)

2 思い出せない, 調べて

1 [53件] あの鴉, いいかけましたが, お客さんどす, お留守, お話しした, そのこと, その名, で僕, と言った, どこへか, どっかへ, のところ, の所, ほかへ, まえに, チーフメーツさんが, ボールが, 上へ, 二階で, 井上の, 先に, 出かけて, 出て, 切符を, 外出と, 奥が, 専右衛門さんとの, 工合が, 御書斎, 憶い出さぬ, 手を, 手許に, 拝見した, 散歩に, 本郷の, 用談を, 用達に, 留守どす, 知った呉服屋さん, 考えただけでも, 考えて, 落着き状態に, 行こうと, 見たらこの, 見出さず, 見当たらずお, 貴方が, 買物に, 適当な, 間にあわせに, 隠袋, 静まった犬, 靴を

▼ 今まさに~ (57, 0.1%)

2 われわれの, 帰京の

1 [53件] ここに, この楽しみ, これを, その時, その死, その準備, その稚拙画, その覆面, その轍, それは, とらんと, みち渡る, わが国に, シナリオそのものが, レースコースに, 一つの, 一人の, 一滴千両である, 中途に, 乗り越えようとして, 二人の, 何許く, 兢々然, 出勤という, 出勤といふ, 努力し, 動き出さうとして, 南亜米利加から, 去らんと, 大きな灰色, 強盗の, 感じて, 斃れよう, 新らしく, 新橋堂の, 最大の, 来つ, 東京の, 淡黄緑, 滅亡せん, 炎上し, 産せん, 百花爛漫の, 秋とて, 端を, 興らんと, 茶を, 落ちようと, 通り過ぎようと, 遠く離れまつるべし, 馬車を, 駆けだそうと, 鳴り出そうと

▼ 今ほど~ (56, 0.1%)

1 [56件] くずれては, こそこそ出, その程度, でないとは, な天皇, はっきりと, みじめじゃ, めっぽう大きく, ブルジョア婦人雑誌の, 一般的で, 一般的に, 万葉が, 事件の, 人々の, 人人は, 何某の, 太っても, 夫婦連れ立っ, 寒くは, 幸福な, 幸福に, 強まって, 御家老, 心が, 心持よく, 忙しくなく, 急なる, 愉快なる, 愛して, 払底でなかった, 改まった時世, 政治の, 政道の, 日本を, 明らかに, 明瞭に, 有名で, 東京風に, 機敏で, 此室に, 浪人慣れ, 無残な, 甚だしい時, 痛切に, 社會に, 競争試験は, 美麗なる, 脆く弱りきっ, 自己の, 茸狩りといつ, 薫は, 訳されては, 跳びあがるほど, 身に, 運べますまいから, 雑駁に

▼ 今少しく~ (56, 0.1%)

2 考えて

1 [54件] この慕わしい, この点, これにつき, その度量, その謀, たくさんの, われわれの, ソーンダイクが, 之を, 人間らしいもの, 他人の, 兵を, 大きい火の玉, 孝道を, 実着, 家庭の, 寿山子の, 平易に, 彼に, 彼の, 彼らの, 怯懦であったなら, 愚見を, 政治に, 暗く今, 未知の, 根本的精神的で, 正確に, 活溌なる, 深味, 父母の, 理想を, 眞面目に, 知り且つ, 簡素に, 精しくいう, 精しく知りたい, 精細なる, 精細に, 規模を, 詳細な, 詳細に, 述べて, 進むまで, 進んだ方, 進んで, 達意, 遡って, 適切に, 錦橋の, 非分業的, 頭に, 高き精神, 高尚に

▼ 今云う~ (54, 0.1%)

4 のは 3 ような 2 通りの

1 [45件] ことが, この弱点そのもの, ている, てもちょっと, ところな, のには, ように, イデオロギーという, イデオロギー論という, キチガイ地獄や, 体系は, 保険会社から, 吾輩の, 唐菖蒲の, 失業時代で, 官僚の, 常識, 彼の, 必要も, 意味に, 意味は, 意識の, 本質では, 池田ヶ原である, 泥水の, 疫痢であったろう, 素顔です, 財産も, 通り, 通りこの, 通りなぜ, 通り明ける, 通り最早, 通り社会とは, 通り禄も, 通り私へ, 通り経歴が, 通り責める, 通り軽い, 通り遣り損ずる, 通り高い, 道徳か, 道徳では, 道徳な, 門は

▼ 今こんな~ (53, 0.1%)

5 ことを 3 事を 2 ところで, 事に, 手紙が, 身に, 風に

1 [35件] がらん洞の, ことが, じじいに, ときの, ところに, ふうに, ものが, ものを, わけも, パイプの, 上品な, 中で, 事が, 具合だ, 問題に対しては, 大胆な, 家業を, 忌な, 恥を, 悲慘な, 戰況の, 所で, 所には, 時に, 暴力で, 有樣, 浅ましい姿, 煩わしい描写, 物を, 瑞西の, 目に, 立場で, 美しい少年, 話を, 面倒な

▼ 今こう~ (52, 0.1%)

33 やって 6 して

1 [13件] いいながら, いえます, おなりあそばし, なったからと, なって, 云った理由, 云って, 云われた時, 成ったッ, 言いながら, 言われて, 謂われて, 零落し

▼ 今どんな~ (50, 0.1%)

5 気持で 2 だか, 状態に

1 [41件] ことが, ことに, ことにも, ことを, ところに, ふうに, ものが, 事が, 事を, 人間が, 位置に, 具体的な, 危険な, 商売を, 問題を, 固有の, 堕落した, 場合に, 夢が, 夢の, 姿で, 姿を, 形に, 思想に, 思想を, 所で, 手仕事を, 政治的変動が, 断定的な, 活動を, 田舎でも, 約束を, 素晴らしい戀, 苦境に, 衣服を, 計画が, 話にも, 身なりを, 顔を, 風です, 風に

▼ 今わたし~ (50, 0.1%)

2 はあなた

1 [48件] あの人, から離縁, があの, がリイケ, が帰っ, が急, が捧げる, が数えあげた, が明り, が書い, が机, が石, が部屋, にはそんな, には自分, にぶつかった, に突き当りました, のあ, のいる, のお, のところ, の両, の二人, の人生, の体, の使っ, の出, の前, の心, の掏, の机, の眼, の眼前, の見た, の記憶, の話し, の部屋, の頬邊, はその, はちょうど, は君, は塹壕戦, は少々, は男, は誘惑, も思いつい, を呼んだ, を妙

▼ 今までより~ (49, 0.1%)

2 以上に

1 [47件] いくらか広い, いっそう大きく, いや増して, すこし大人, ずっと大人, ずっと嶮, ずっと暮し, ずっと重荷, なお深く, はっきり分った, また一層彼, もっともっと困難, もっと恐ろしい, よけい燃え, 一層か, 一層はかない, 一層はっきりと, 一層彼, 一層惨, 一層気勢, 一層渾沌, 一層烈しく, 一段昇格した, 不幸な, 五六割も, 以上の, 健康でも, 働いて, 僕の, 勢よい, 多くの, 大分あらわに, 少しは, 少し彼, 巌畳に, 幸福であれ, 強くなつ, 強く樽, 形を, 彼の, 恐ろしい事, 手紙かく, 歩度を, 深い自覚, 無愛想に, 真剣に, 苦しい

▼ 今すこし~ (47, 0.1%)

4 著く

1 [43件] お待ち下さいません, くわしく言っ, こみ入って, その職, でおぼれ, で占領, で流れる, という, の辛抱, 一つ一つの, 人物なれ, 人間味の, 仔細に, 具体的に, 前に, 前の, 前庶務の, 前貴方, 君に, 命ながらえ, 小規模で, 幅広い寛容, 形容詞屈折の, 待てと, 待て今, 御めいわく, 推察を, 早く甘川歌枝さん, 早く精神異状者, 書きつけて, 杯を, 永く續, 生きぬいたらば, 留めたく候, 砕いて, 著くみ, 西の, 言ひかへ, 負傷兵を, 遅からう, 過さぬかの, 長い目, 面倒です

▼ 今二人~ (47, 0.1%)

2 して, のいる, の男女, の間

1 [39件] が來, が出, が媾曳, が来た, が試合, が通りかける, が頼ん, が飛び出せ, だけいる, でこう, で六十ルーブリ, で御, で扉, で見, で青島, で饒舌, のこの, の兄, の十, の密話, の平田門人, の文章, の目, の眸, の立っ, の蘭人, の談話, の開けた, の髪, はこれ, は低い, は岩の上, は恋, は悲し, は田村, は運転手, は随分, を大いに, を料亭染田屋

▼ 今何処~ (46, 0.1%)

8 にいる 6 に居る 4 にある 2 に, にかある

1 [24件] かから手榴弾, で行, といっ, にあっ, にあり, にあります, にありや, にいられる, にいるだ, におる, にゐる, に在りや, に在る, に寝, に居られまする, に居られるでしょう, に立つ, に納涼, に被, の空, の誰, の通り, へ行った, を歩い

▼ 今帰っ~ (46, 0.1%)

16 て来た 5 て来ました 4 てきた 3 て行った 2 ていった, て来

1 [14件] てあなた, ていっ, てき, てくれ, てくれれ, てすぐ, ては困る, てみる, てよ用, て参りました, て夕食, て家内, て来ます, て行く

▼ 今からでも~ (45, 0.1%)

1 [45件] いいから, いいさ, いいですよ, いいわ, おそくは, こういう光景, ここへ, この勧告, これを, それに, それを, まだ遅く, やつて, よろしゅう御座います, エルザの, ズンズン人中で, 一人行っ, 一緒に, 二人で, 出かけますぜ, 出て, 出来ます, 別れて, 前非を, 大書店で, 山へ, 役に立ち得ると, 断ったらええ, 正直な, 白洲へ, 百姓仕事は, 立ちますかの, 箕谷斜谷の, 自分を, 行けると, 見ること, 許婚に, 認識する, 調べること, 追, 追ッ, 遲いこ, 鎌倉に, 関いますまい, 黒旋風を

▼ 今よりは~ (45, 0.1%)

2 嶮しかった, 涼しくなりぬ

1 [41件] うぶで, かえって賑やか, しっかりと, ずっと楽, ずっと珍, ずっと生きた, たは, どんなにか, まあ優し, まあ良い, まだ痛快, もっと豊富, もつと, 一層堤上, 優って, 前に, 反って, 同じ夢中, 君が, 城の, 増しだ, 多かった, 大多数, 官軍へ, 少しばかり, 少し蒼く, 川島浪より, 当世流の, 我に, 振るつて, 昔の, 構へて, 無口でした, 片手の, 緩やかであった, 緩徐に, 自由主義だった, 芸術的好尚を, 遙かに, 遥かに, 難義

▼ 今我々~ (45, 0.1%)

2 に必要, の仕事, はかかる, は一人物

1 [37件] が三十年前, が同じ, が濁っ, が見る, が見捨て, が語ろう, が賓客, には, に分っ, のはいっ, のほう, の中, の仲間, の佇ん, の周囲, の実際, の思想そのもの, の抱い, の決して, の現在, の生活, の見る, の間, の食う, は, はこんな, はさ, は一人, は二ツ, は彼, は枝葉, は氏, は生命, は菊池契月氏, を呼び迎え, を感動, を案内

▼ 今じゃあ~ (44, 0.0%)

2 後悔し

1 [42件] お粂, こんな百姓居酒屋, すっかり忘れ, そのお, そんなこと, どなたの, まあとにかく自分, まあ両国, もう何年, もう倍, もう若, アートマンと, ダーネー君と, ボートルレ君君と, メチャクチャです, モウ何とも, 一番の, 仏様で, 伊勢屋が, 六匹しか, 十手を, 双六の, 同じよ, 夢に, 大岡越前とか, 子どもの, 家督を, 山羊の, 川向うの, 御息女, 忘れて, 怖がる者, 柳屋の, 玄蕃や, 田町を, 痛くも, 盛大に, 真当の, 種痘と, 自分でも, 表向, 言わば自前

▼ 今思い出し~ (43, 0.0%)

4 てもゾッと 3 ても可笑しい, ても胸, ても腹 2 てみる, てもぞっと, て見

1 [24件] ておかしく, てなぜ, てみ, てもおかしくおもしろい, てもこの, てもやっぱり, てもウンザリ, てもゾオッ, ても三野村, ても不思議, ても何, ても夢, ても妙, ても心中, ても忌々しい, ても戦慄, ても涙, ても物凄い, ても腋の下, ても誠に宜, ても身の毛, ても身体, ても飛び立つ, て見る

▼ 今~ (43, 0.0%)

2 が来, もいない, も居ない

1 [37件] かこの, かに呼ばれ, かに教, かに頼まう, かやって来るらしい, からも保護, からも見られたくない, かわし, か不道徳, か介抱, か新任地, か来, か来てない, か登っ, がいる, がお前, がすん, がゐる, が何, が持っ, が老いたる, と定める, と話, と誰, にでもと云, にも会わしたくない, にも使, に向かい, に対しても何, の心, の物, も予見, も住ん, も居ないらしいです, やら暗闇, れか, をといつ

▼ 今おれ~ (42, 0.0%)

1 [42件] から取つた, がいろいろ, がお前, がこうして, がし, がした, がその, がふんづけた, が亀田, が何, が案内, が気つけ薬, が気楽, が爆弾, が言った, が話した, にはそんな, には性慾, に不動様, のところ, の哥薩克帽, の娘, の宿, の後ろ, の心, の手, の振ったつぼ, の連れ, の鼻っぱし, はあの, はその同じ, はそれ, はどうしてもそれだけ, は人, は何, は死, は火事, もあちこち, もし, も男, をその, を助け

▼ 今生き~ (42, 0.0%)

14 ている 6 てゐる 3 て居る 2 てい, ていたら, てもがき, てゐ, てゐれ, て居たら 1 つつある, ていれ, ておられ, て来れる, て益, ながら公開, ながら棺桶

▼ 今からは~ (41, 0.0%)

3 何を

1 [38件] このみ, そんなご, つきりきまつて, つねに朕, また尊氏, もう三〇〇年前, わからないけれども, ヤマトタケルの, 七十余年以前に, 三十數年前の, 不思議で, 二千四百年ばかり, 五百の, 人間に, 作物に, 全く分らない, 又大丈夫, 地の, 大凡二千一百年代の, 容易に, 年代の, 廿数年前守田勘弥と, 彼を, 往なれまい旦那殿, 恥しい程, 想像の, 想像も, 日本国中に, 浅いと, 父は, 疑いも, 目に, 稍事実に, 織田家の, 考えるの, 親の, 誰も, 豹子頭林冲を

▼ 今ようやく~ (41, 0.0%)

1 [41件] この屋敷, その寺, それは, それらの, それを, たどり着いた田楽狭間, にし, わかった, フランス革命の, 五十一二と, 僕にとって, 僕の, 八時なれ, 出て, 出来かけて, 分った, 向いの, 地球に, 墓の, 始まりかけたこと, 寝たばかりの, 寝刃を, 寝静まった我が, 帰って, 帰り着いたわが家, 平静に, 彼の, 思い出したの, 息を, 果すこと, 私は, 緒に, 脱け, 自分に, 落下しよう, 覚醒した, 訊問が, 謎が, 追いつきかけたと, 郵便集配人ユルトゥルーの, 除かれるの

▼ 今~ (41, 0.0%)

1 [41件] から吾, こそが現代, とは一応, に対して異議, に就い, に続こう, に触れる, を一々, を上古, を他, を佛道, を吾, を唯心史観, を問題, を存在論的規定, を学問的, を思ふ, を想, を措き, を断ずる, を書い, を次, を決定, を特に, を猶, を略し, を省略, を見, を見る, を解釈学的, を証明, を試みた, を詳, を論ずる, を邦俗, を頭, を駁論, ヲ明言スル事甚ダ困難ナリト雖モ, 因後之, 果夙之因也今之, 蘭

▼ 今行く~ (41, 0.0%)

1452 よーッ, よ今

1 [18件] から待っ, から青森, さかい, ぞどうせ, つてさう, ということ, ところです, ととうとう, と伝えい, と言っ, のも, は追憶, よって言う, よ直ぐ, んだ, ッたら, 今行く, 方が

▼ 今はっきり~ (40, 0.0%)

2 して, と思い出す, 思い出すこと, 記憶し

1 [32件] したこと, それを, とは判らない, とは覚え, とわかった, とわかる, と内容, と分った, と判らない, と心, と思い浮べる, と感じられた, と感じられる, と知っ, と知った, と見せつけられた, と証明, わからない, 云われた通り, 分ること, 名ざしたくない, 思い出された, 思い出した, 思い出して, 思い出せない, 思い出せないが, 思い出せないし, 気がついた, 現れて, 知りました, 覚えて, 誓いたまえ

▼ 今暫く~ (40, 0.0%)

3 待って 2 の御

1 [35件] が間, この恋愛問題, これを, したら一度, したら僕達, して, しますれば, じゃ辛抱, と思い, の猶予, の間, の間左様, はやはり, はインデイフアレント, 世の, 国営農場, 後見は, 御清聽, 御滞留, 御猶予, 手の, 書き続ける事, 猶予され, 玲子に, 生きて, 発表を, 研究と, 結婚を, 見合せた方, 話して, 買えないの, 辛抱し, 酔いを, 金を, 黙つて

▼ 今もつ~ (38, 0.0%)

2 て何, て分らない

1 [34件] てあの, てこ, てこの, てその, てそんなに, てつひ, てわからない, て不思議, て他人, て分らぬ, て初歩英語以上, て判らない, て半信半疑, て多少, て大, て如何程, て実, て小, て彼, て彼女, て心, て忘れる, て思想, て旅行癖, て来た, て歩い, て決して, て漢字, て無上, て無関係, て質素, て阿, ぱら父の, 人間知識では

▼ 今見れ~ (38, 0.0%)

2 ばいよよ, ばさま

1 [34件] ばいよいよ, ばお松, ばさ, ばどう, ばひたと, ばまた, ばまだ, ばペリッ, ばペーリュウス, ば不満, ば何, ば何処, ば全く, ば奉納, ば女, ば妙, ば字, ば存外, ば少し, ば彼, ば拙き, ば散りつもる, ば歌, ば生, ば男, ば町家, ば米俵, ば紛う, ば聞きし, ば蜀, ば身拵え, ば金庫, ば銅賞, ば麺麭屋

▼ 今われわれ~ (36, 0.0%)

2 が, の前

1 [32件] がペペ山, がルクレチウス, が一丸, が手, が物語ってる, が直面, が真に, が食べた, にとってはたして, には残つて, に必要, のまわり, の中, の仕事, の住ん, の周囲, の問題, の喚問, の宇宙艇, の時代, の棲む, の求め, の自動車, の長兄, の関係, はおまえ, はようやく, はパデレヴスキー, は世界, は殆ど, は狸, は話

▼ 今とて~ (35, 0.0%)

1 [35件] あゝ神, お嬢様と, お越しとは, この甲州, これから八王子, これが, そうである, そなた, そのこと, それに, どこか, どこへ, まかれて, 一天万乗の, 一族や, 下総常陸の, 何気なく見廻りました, 公方様の, 向うの, 噂した, 堅くそう, 変更され, 夢にも忘れ, 定巡の, 宮中の, 家臣の, 寸分の, 少しも, 彼奴の, 打出しの, 樽神輿の, 父子対面の, 蹴つまずいたとたん, 離れて, 雲霧に

▼ 今居る~ (35, 0.0%)

2 現実を

1 [33件] あたりまで, かね, この部屋, たくさんの, ところの, ところは, ところも, と會つて, の, ような, んだろう, 下宿には, 下宿の, 位置が, 兄弟の, 処から, 処も, 女中は, 家の, 家のも, 島々の, 島々へ, 所を, 書生の, 村に, 村の, 照どうも, 片町十番地の, 班の, 白痴なども, 處なる, 部屋がい, 食店の

▼ 今どうして~ (34, 0.0%)

3 いらっしゃるの 2 居るだらう, 暮らして

1 [27件] いいか, いましょう, いますか, いますな, いらっしゃる, いらっしゃるか, いらっしゃるでしょう, いられますかね, いるであろうか, おられるだろうと, ここへ, このこと, ゐら, ゐるか, ゐるかといふ, ゐること, ゐるだらうか, ゐるだらうたしかもう, ゐるであらうみな散り散り, ゐるの, ゐるん, んの, 居るか, 居るの, 日を, 秦啓源の, 説明が

▼ 今はた~ (34, 0.0%)

3 何処にか 2 これを, 何の, 何を, 思へば, 浮きつ, 鈍に

1 [19件] おほいな, などや堰きあへぬ, 二のう, 安しむらぎも, 彼の, 彼は, 思はず戀, 悟るべし思慮淺, 最期覺悟せる, 木の間には, 残る歌反古, 泣くか, 狂ふ, 空し, 絶えぬ, 老王, 聞きね, 聞けば, 計慮

▼ 今申す~ (34, 0.0%)

4 通りの

1 [30件] ことをば, とおりに, とおり越後の, とほり, ような, 三世思想などが, 丹塗りの, 二十二三年以前の, 哲学という, 瀧の, 火事の, 通りいつ帰る, 通りこの, 通りだ, 通りで, 通りわたくしか, 通りヨーロッパを, 通り大工棟梁の, 通り実物を, 通り少し, 通り度はずれ大きく, 通り我に対する, 通り日本などから, 通り時の, 通り無駄足を, 通り甚だ, 通り私共の, 通り自己の, 通り門外漢の, 鎧師その

▼ 今彼女~ (33, 0.0%)

2 の眼前

1 [31件] から出, がもがい, が必要, が来る, が結婚, が自分, と並ん, に会っ, のこと, のし, の上, の不幸, の後ろ姿, の心臓, の所, の手, の胸, の面前, の頬, はそうした, はただ, はまた, は代, は寝床, は日夜, は流し, は笑顔ひとつ, は赤い, は身, は軽い, へ結婚

▼ 今持っ~ (33, 0.0%)

14 ている 2 て居る, て来, て来た, て来ます

1 [11件] てあがります, ていない, ていぬ, ています, ていません, てません, てらっしゃらない, て出, て来さす, て来る, て行く

▼ 今みたい~ (32, 0.0%)

2 な家

1 [30件] だった, なこと, なふう, なオシャベリ, な人間離れ, な仲, な冗戯, な口, な女, な役たい, な手あら, な時, な時世, な機會, な治乱興亡, な真似, にこんな, にすぐ, になっ, になる, にやかましい, に二人, に働い, に坐り, に山, に文字通り, に昂奮, に昼休み, に睨み返せ, に箱

▼ 今太郎君~ (32, 0.0%)

2 は我

1 [30件] が不審, が十五, が放し, が横合, が貝, が鱶, の方, の生命, の考, はお父さん, はきつ, はすぐさう感じました, はその後お父さん以上, はそれ, はわツ, は一人前, は不思議さうに, は初めて, は厚い, は又もや, は心, は気絶, は無我夢中, は珍しい, は目, は真珠貝, は自分, は船板, は蛸, を載せる

▼ 今死ぬ~ (32, 0.0%)

2 という時, という間際, のは, 私が

1 [24件] かと思つて気, かと思われた, か今, ぞつつうて, ために, という, という間ぎ, という際, とすれ, など, なんかと云ったら, のだらう, のも, ものとは, も惑い, んだ, 事は, 人とは, 気に, 氣に, 目に, 私に, 私は, 身に

▼ 今死ん~ (32, 0.0%)

3 でいる 2 ではたまらない, で火, で行く

1 [23件] じゃあいられない, でおっかさん, でしまう, でしまった, でどう, でなる, ではつまらぬ, ではならない, ではゐられなかつた, では今, では島津, では欲しく, では犬死に, では生まれ, でもかまいません, でも悔む処, でも用意, でゆく, でゆこう, で了, で何, で御覧, で行っ

▼ 今そう~ (31, 0.0%)

5 思って 4 やって

1 [22件] いいたげな得意満面, いって, いわれたろうが, おっしゃいました, しなければ, では, なると, 云う境遇, 云ったが, 云つ, 思いました, 思うの, 思うばかり, 思うん, 思ったん, 申して, 簡単に, 考えること, 言ったじゃ, 言って, 言われて, 謡いながら

▼ 今~ (31, 0.0%)

4 んだ 2 のだ

1 [25件] あんまり音, おさんさんと, おぬ, お節を, お茶の, お足の, こうにも, さむ, そこでひょいと, そこで十番館, つてを, のじゃ, ので, のである, のに, のに俊基, ほかうし, ほかつてわが, ほこの, ま, んでごぜ, んといったの, 奥さん坊ちやが, 教へ, 禁裏さまや

▼ 今ふと~ (31, 0.0%)

2 思い出して

1 [29件] その時, それが, そんな気, 今まで, 十郎左の, 口を, 己が, 己れ, 思いついたの, 思いついた名前, 思い出された, 思い出されて, 思い出したもの, 悲しくな, 我に, 昔の, 池の, 清麗たとえ, 秀吉の, 立ちあがつたの, 考えたん, 考えて, 考へた, 考へられて, 耳の, 胸に, 薬屋の, 見た夢, 語録の

▼ 今再び~ (31, 0.0%)

2 これを, 建設時代に

1 [27件] あつて, かの列樹, かの牧場, ここに, この河畔, せられるの, その中, それらの, それを, 五ヵ年計画によって, 会えるの, 元の, 埃の, 壮助に, 彼から, 最前の, 柵を, 水津本を, 生きて, 私の, 立戻っ, 若い批評家, 見出したよう, 話の, 諸君に, 谷崎氏に, 逆に

▼ 今歩い~ (31, 0.0%)

12 てゐる 8 て来た 7 ている 3 て行く 1 ていた

▼ 今において~ (30, 0.0%)

2 なおこれ

1 [28件] いくらかの, この企, これを, じゃ, その事, その勢力, なおいわゆる, なおその, なお余輩, なお地方, なお東人, なお決定, なほ忘られず, なほ然, 一工夫し, 佐野の, 何人も, 分らない, 回顧すれ, 始めて野, 存し, 思ふ限り, 新たに, 東方の, 正しく反省, 此処に, 自から, 高価くなった

▼ 今日本~ (30, 0.0%)

2 のモダン語, の仏教

1 [26件] が乱れかかっ, でいっ, で一番, で作られ, で切実, においてそういう, にて平民, には妻, には植物学者, にも一つ, に於ける, に飜訳書, の九月十月, の人口, の国, の天下, の婦人たち, の帝都, の有様, の演劇文化, は, は戦争, は開闢以来, へ渡っ, を双肩, 大政府

▼ 今~ (29, 0.0%)

7 ういふ 2 うした, う云

1 [18件] ういふ語学力, うきめる, うする, うすると, うはげしく, う云つて, う思った, う思つて, う断つ, う氣, う示した, う簡単, う考へる, う聞く, しむかい, つきはじめて, つき剃つたばかりの, つき鳴つた鐘

▼ 今住ん~ (29, 0.0%)

24 でいる 2 でゐる, で居る 1 で見たい

▼ 今始め~ (29, 0.0%)

2 てお, て感ぜられる, て氣

1 [23件] ている, てかと思います, てそう, ての事, て三窓, て事務長, て僅か, て切実, て参りました, て女, て彼, て気, て気づいた, て病院, て知った, て神, て総監, て自由, て舞台裏, て見る, て解, て解っただろう, て鴎丸

▼ 今~ (29, 0.0%)

2 におりましょう, を出

1 [25件] から馬, では病人揃い, にある, にいます, にいる, にいるだろう, にはそんな, にはゐない, には居ない, に居ない, に帰っ, に帰らん, に残っ, に立歸, のうち, の中, の方, へあて出した, へなんか帰っ, へ上がっ, へ戻っ, へ行っ, へ行ったらつかまる, を出かける, を黙っ

▼ 今~ (29, 0.0%)

2 にかかっ, ぬる馬鹿, を決した

1 [23件] が余, せり, なば, なん, にし, に臨む, に臨ん, ぬるか, ぬるかと, ぬるの, ぬる様, ぬる覚悟, の中, の暗黒, の耳, の間際, は明, を前, を急ぐ, を恐れない, ヌカト云ウ気ガシタコトハ事実, ヌカ今死, 無悔

▼ 今聞いた~ (29, 0.0%)

32 ばかりの幽霊

1 [24件] ことの, ことばかりを, って云う, のか, のです, ので婆, ばかりのホヤホヤ, ばかりの外国語, ばかりの洒落, ようだ, ようで, んだ, んです, 市役所の, 御暇, 思いを, 支那の, 松村青年はては, 無意識に, 詞は, 話が, 鐘の, 電話の, 顛末を

▼ 今一方~ (28, 0.0%)

4 はその

1 [24件] からは右, が主, に北海原野, に数理, に発想法, の事蹟, の人, の側, の入, の宗匠, の左, の手, の本棚, の板, の横綱, の片側, の組, の裸婦, はずされどちら, はそのまま, は身分, 其境遇が, 呪言系統の, 現下の

▼ 今丁度~ (28, 0.0%)

2 幕が, 晩の, 箱根の

1 [22件] あなたに, そこの, その立派, そんな気, 出かけるところ, 四つ目を, 売りに, 夕陽が, 外海から, 女王の, 弟さんが, 春風楼の, 昨日まで, 昼飯時で, 正午の, 研究者の, 稲あ, 袖裏を, 貴方が, 髯にか, 鮭の, 麦の

▼ 今帰る~ (28, 0.0%)

3 か今, ところだ 2 か, ところです

1 [18件] かと待ちかね, かと待っ, かと待ってる, からって帰った, ことそれは, ところで, ところな, とその, と君, と好い, なといっ, のかい, よ, よきいさん, 所です, 途中で, 途中な, 途中らしく思へた

▼ 今改めて~ (28, 0.0%)

3 伺ひに 2 之を, 自白する

1 [21件] あなた方の, いうまでも, かの女, くり返す必要, ここに, これを, それについて, ニライという, 同じい, 帆柱の, 師匠に, 彼歌を, 御禮申, 思い出したの, 机に, 来て, 狭山さん私は, 葉子の, 言ふ, 言ふんだ, 逍遙子に

▼ 今既に~ (28, 0.0%)

1 [28件] ある峯, この事, この川一帯, その獸, 中支, 久保田君の, 事済んだ, 二時を, 其處に, 動きつつ, 半ば満たされた, 印刷し, 口を, 大いなる効果, 帝たり, 幾日か, 幾枚をも, 指摘し, 旧草, 歳月の, 死せりや, 滅せり, 神の, 秀子は, 罪を, 老いて, 貴方も, 養父殺しと

▼ 今書い~ (28, 0.0%)

13 ている 4 てゐる 2 て差上げます 1 ちゃいけない, ていく, ています, ているつづき, てやる, てらっしゃる, てゐます, て君, て居れぬ

▼ 今考へ~ (28, 0.0%)

10 て見る 3 てゐる 2 てみれ, て居る, て見ます 1 ごとを, てみた, てみる, てもその, てもをかしく, ても彼, て気の毒, て見, て見れ

▼ 今一層~ (27, 0.0%)

2 高等なる

1 [25件] これを, の奮発, の望み, の静かさ, はげしい生活難, シツッコクした, 不思議な, 向上させるべく, 国民性の, 当時の, 文化的に, 新子を, 普及し, 束縛せられ, 深くアケスケ, 深く考え, 深く観察, 理想的作風を, 研究すれ, 興隆致し候え, 輪を, 通俗化しよう, 通俗的に, 高くなけれ, 高潮し

▼ 今~ (27, 0.0%)

2 だった

1 [25件] からそらし, がいきなり, がよんどころなく, が困り, が引っ, しきりに悪く, だの山遊亭金太郎, って言われる, とお, の名, の存在, の師匠, の顔, は, はこの, はなんにも, はへん, はジッ, は丁寧, は停車場, は師匠, は心, は怒鳴った, は思わず, は知っ

▼ 今申しました~ (27, 0.0%)

3 ような, ように

1 [21件] お歌の, が実は, とおりまったく, ようにね, アメリカ式の, シカゴというは, ペトログラードの, 区長さんの, 悪支配人, 意味において, 横穴でも, 此の, 母にだけは, 漢学の, 犯人の, 狂人救済の, 紅殻入の, 言葉では, 詩の, 貴女と, 齊侯

▼ 今でさえ~ (26, 0.0%)

1 [26件] このいっさい, こんなに人, そうなる, そう思っ, そのこと, その話, それほどでなけれ, それを, まだ半, まだ口, わたしは, 世人は, 借りた金, 安い賃銀, 家に, 尚だ, 彼を, 彼女の, 御自分, 心苦しく思っ, 悚然なすった, 毎晩極, 泣けて, 自ら進ん, 見るも, 音吐朗々たる

▼ 今という~ (26, 0.0%)

2 んじゃ

1 [24件] ときが, ところです, のじゃ, ので, わけには, わけにも, 今, 今あきらかに, 今こそ, 今その, 今ほんとに, 今感ずる, 今痛切に, 今苦し, 只今貴方の, 大地を, 心配も, 性格は, 時代の, 時代を, 最初の, 瞬間を, 訳に, 速急な

▼ 今とても~ (26, 0.0%)

2 変りは

1 [24件] いい相談, この差別, じゃ足腰, せいせいした, それは, つらいつらいけど, カテリーナさんに, 之を, 値が, 働く人たち, 先生金右衛門が, 入れんからなあ, 吉弥が, 同然です, 売れ口が, 嬉しくなる, 忙しいのよ, 悪事を, 或る, 是非知りたく, 気分が, 竜の, 重大な, 靴下の

▼ 今もう~ (26, 0.0%)

1 [26件] おかゆです, こちらに, こわばって, じき帰っ, ひとことも, 一つあやしい, 一人の, 一時近くです, 九時すぎ, 何の, 何刻だ, 何時, 何時です, 先に, 命を, 地球の, 夕方, 必死と, 押し迫って, 熱心に, 直である, 私が, 自分で, 衰えて, 誰にも, 雪の

▼ 今一応~ (26, 0.0%)

2 も二応

1 [24件] おなじこと, お検め, その道の, は敵, 丁寧に, 三つの, 交渉を, 仲間の, 先刻の, 凝視めた, 取調べるが, 尋ねよう, 思案した, 本人の, 検めましょうかね, 検分の, 甲田の, 私が, 約束の, 考えて, 考え直して, 自身で, 説明し, 願いくれるよう申来候

▼ 今聞い~ (26, 0.0%)

4 ていれ 3 ている 2 ていたろう, ていりゃ, ておれ, て居れ

1 [11件] ておる, てきた, ても本当にぞっと, ても耳新しく, ても身ぶるい, てゐる, てゐれ, て参った, て居た, て来ます, て見る

▼ 今話した~ (26, 0.0%)

2 やうな, ような, 通りの

1 [20件] こと, ことについて, ぢやあない, のは, 事は, 例の, 富豪という, 小さな娘, 小説の, 小説家の, 支配人の, 渡辺の, 渡邊の, 瀬川君も, 火の, 相輪, 航海の, 訳は, 通りである, 金魚鉢の

▼ 今通っ~ (26, 0.0%)

12 て来た 5 ている, てきた 1 たってやはり, て行きました, て行った, て見

▼ 今かうし~ (25, 0.0%)

2 て, て寫眞

1 [21件] てあなた, てお話し, てその, てゐ, てゐる, てロチスター家, て何, て写真, て半ば好意, て坐つ, て大勢, て家, て寝, て帰つて来, て手紙, て本当に, て母親, て筆, て考へる, て自由, て諸君

▼ 今~ (25, 0.0%)

2 が書い, が頭, は漸く

1 [19件] がに五両, が出し抜け, が帯革, が後, が手, が手前, が救っ, が柿, が為す, が逢, が過ち, と相対, の心, の最初, の最後, の話した, の雑誌, はここ, は最高

▼ 今最も~ (25, 0.0%)

2 不幸な, 必要な

1 [21件] いい時期, 勢力ある, 危険な, 厳密に, 善しと, 弛んで, 心配し, 急務と, 惡い, 救世主を, 欲しいの, 残念に, 気に, 理想的な, 痛切な, 簡単に, 精神を, 美しいもの, 豐か, 適切に, 鋭いそして

▼ 今残っ~ (25, 0.0%)

22 ている 1 ていたら, ていない, て居る

▼ 今ちゃん~ (24, 0.0%)

1 [24件] あんまりひどい, お嫁, がつい, が泣い, が身不相応, ただいま, ちっと来た, なぞがい, などといった, にお礼, にそんな, の借, の力, の家, の当夜, の話, の顔, は, はどう, はもう, もいよいよ, より私, をすぐ, を出し

▼ 今なに~ (24, 0.0%)

6 をし 3 を考え 2 して, してらつし, してるの 1 が起っ, してるかなあ, よりも大切, をした, をしてる, をする, をやっ, を空想, を考へ

▼ 今までだって~ (24, 0.0%)

2 いい加減

1 [22件] あの子好き, ありますよ, うんと例, お役人, これが, ごらんなさい, ずいぶんがんばっ, そうだった, もっと稽古, わかるには, 一厘一銭だって, 一度でも, 他人じ, 何か, 何にも, 余分な, 信者も, 俺は, 叔父さん私の, 同じ事, 安楽に, 放って

▼ 今わたくし~ (24, 0.0%)

2 がこれ, の手許

1 [20件] がどこ, が中村不折さん, が参ります, が感じたきこえぬ, が書斎, が踏ん, に何, に感ぜられます, の作る, の手, の手元, の手近, の知り得た, の記憶, の許, は思いきっ, は未だ, は橋, は錦橋, を相手

▼ 今われ~ (24, 0.0%)

1 [24件] が柱, と共にこの, なんじ月, に, に妙齡, に知らしめ, に面し, の, の忠言, の曰, の曰ふところ, の畏怖, の眼, の自ら, の言, は勝利者, より私立, を滅し給う, 実にかの, 宣んすわが, 望むとある, 老いて, 若し逍遙子, 覚えて

▼ 今仮に~ (24, 0.0%)

1 [24件] この諸, その怪事, その質量, だ彼奴, ツウラ沼と, 之等の, 例の, 八月九日を以て, 内縁を, 出来たと, 古人の, 度外視する, 情報を, 或女, 抜きに, 是等の, 火という, 特定の, 立場としての, 範疇が, 自然科学において, 西洋の, 許して, 詩的性情を

▼ 今思へ~ (24, 0.0%)

2 ば, ば無

1 [20件] ばあの, ばかの, ばこれ, ばすべてさ, ばそれ, ばつくりごと, ばふくろ, ばほんの, ば全く, ば夢, ば姫, ば小, ば小林清親, ば恐らく, ば既に, ば母, ば涙, ば淺, ば独身, ば見合

▼ 今正に~ (24, 0.0%)

2 爛漫たる, 私達は, 高等科の

1 [18件] その修行, それを, 上方勢の, 主人に, 何事かが, 倉子を, 其任に, 午前二時二十分だ, 収穫の, 図書館界に, 晩餐の, 東京を, 死を, 殆どすべての, 片手を, 私達の, 自分が, 自分自らを

▼ 今漸く~ (24, 0.0%)

2 そのからくり, わかりかけて

1 [20件] かたぶき身, こ, その緒, にハッキリ, 三十代を, 乾きかけて, 其下手の, 冬の, 分るの, 午前九時に, 君長の, 彼を, 思い出したくらい, 此處まで, 火星に, 田植の, 知つた, 花魁が, 釣れて, 飮みつぶれ

▼ 今私達~ (24, 0.0%)

1 [24件] があけた, が何, が出発, が呼んだ, が月, が歩い, が立っ, が辿っ, に安堵, の惨敗, の手, の文壇, の方, の気持, の目, の目前, の追掛け, の運命, の間, はまぶしい, はシャアトル, は四十五数へた, は春, を助ける

▼ 今突然~ (24, 0.0%)

2 橋の

1 [22件] お末, こういう事, この訴え, その実相, その心持, ふりむいて, クラスを, 出身の, 医者として, 可愛らしい眼, 彼らの, 想像した, 意外な, 敏子と, 朝子にだけ, 生じた静けさ, 目の, 眼覚め, 私を, 自分は, 通商上の, 鏡は

▼ 今若し~ (24, 0.0%)

1 [24件] これに, アヌンチヤタまことに, 之を, 優秀強大な, 再びそれ, 劔を, 名実兼備の, 名實兼備, 君を, 喉もとへ, 彼に, 彼等の, 我軍悉く, 此の, 此人の, 武家の, 汝の, 自分に, 自由党員を, 自由黨員を, 自身も, 英米戦争を, 誰か, 除かれて

▼ 今かく~ (23, 0.0%)

2 のごとし

1 [21件] いう私, ことは, と披露, なり玉, のごとく, 中古に, 健全の, 失主狗と, 女子と, 常夜往時, 心が, 正して, 殘忍なる, 物語する, 空腹を, 良友に, 行くと, 言教へ, 貴い身, 重なる不幸, 飛札し

▼ 今これら~ (23, 0.0%)

2 のこと, の家, を極めて

1 [17件] について簡単, のいろいろ, の事情, の二商品, の人々, の仕事, の友人たち, の同じ, の婦人たち, の学説, の真相, の経路, の行動, の記事, の議論, の連中, を詳述

▼ 今~ (23, 0.0%)

2 はこの, は便宜

1 [19件] が妖怪研究, が洋行, が立ち, が考, が行, が言, が辛抱, が述べよう, が面前, と秀子, の再読, の微力, の案内, の発表, の眼, はさらに, はシナの, もいささか, を以てこれ

▼ 今思ふ~ (23, 0.0%)

52 とあの

1 [16件] からこそおかしい, さまその, ても罪, とその, となぜ, と一體, と不思議, と彼, と待て, と怪しく, と情ない, と手, と此二人, と武大夫, と貧弱, に此言

▼ 今立っ~ (23, 0.0%)

20 ている 1 て居る, て行った, て見おろし

▼ 今読ん~ (23, 0.0%)

4 で見る 2 でいる, でも, でゐる, で見

1 [11件] でいた, でおられた, でお出で, でくれた, でみ, でみた, でみる, でも相当, で打たれ, で置く, で聞かせやしょう

▼ 今やっ~ (22, 0.0%)

18 ている 1 ています, てごらん, てみる, て見せた

▼ 今ゐる~ (22, 0.0%)

1 [22件] その監房, のが, んです, 二階家から, 場所に, 場所を, 大槻如電氏なども, 女ぢや, 女の, 奴は, 婆やは, 室は, 家は, 家を, 所に, 所は, 所へ, 村に, 病院へ, 監房には, 神戸の, 部屋を

▼ 今雄さん~ (22, 0.0%)

5 と京一さん

1 [17件] がお, が旗, が言つた時, だらうか, でした, とはあくる日, とはばつ, のお, の方, はお, は五年級甲組, は学校, は旗, は直ぐ, は赤い, も京一さん, も同じ

▼ 今こちら~ (21, 0.0%)

2 の岸

1 [19件] からお, から見る, から逃げ, が控え目, であなた, にいます, に人殺し, に晩, の目前, の親方, の部屋, はすぐ, へお客様, へご, へ入らつ, へ御, へ歩い, へ見える, へ調べ

▼ 今其の~ (21, 0.0%)

2 所謂る

1 [19件] お話の, 一つを, 事を, 出処を, 印を, 塩梅の, 大意を, 家で, 幕を, 批判的方法に, 技術が, 最初の, 牝牛から, 理由が, 祠は, 肉を, 道家といふ, 鸚鵡の, 點に

▼ 今問題~ (21, 0.0%)

3 でない, になっ 2 ではない, にし

1 [11件] がある, である, とする, となる, にしたい, になる, の領域, はこの, を便宜上ごく, を単に, を特に

▼ 今着いた~ (21, 0.0%)

1 [21件] その汽車, という彼, ところで, のじゃ, のである, の御, ばかりだ, ばかりで, ばかりなん, ばかりのところ, ばかりの好男子, ばかりの孫娘, ばかりの客, ばかりの火星人たち, ばかりの謙蔵, 事を, 二挺の, 人な, 汽車から, 船から, 電車の

▼ 今考へる~ (21, 0.0%)

2 と腹

1 [19件] ことが, とこの, とさう, とそいつ, とそれ, とをかし, とアブソルバン, と冷汗, と凡て, と屏風, と彼, と気の毒, と済まなかつた, と滑稽, のとは, のにそれ, のも, 様に, 組踊りよりも

▼ 今かの~ (20, 0.0%)

2 六人の, 女が, 女の

1 [14件] ひからびし落葉, オスティア人または, バグリオーニ教授の, 公の, 國を, 女に, 如く搖げ, 娘の, 幽霊橋にて, 忠臣義士が, 森の, 男女皆号し, 遠里, 酒を

▼ 今~ (20, 0.0%)

1 [20件] ぶん, ぶんおそい, ぶんお家の, ぶんが, ぶんこっ, ぶんこんな, ぶんどこか, ぶんなんて, ぶんの, ぶんもう, ぶん一番鋭く, ぶん急に, ぶん誰に, ゃすっかりかたきどうしとなったんだというんですがね, ゃもうすっかりわかったぞ, ゃもうはぬけの様に, やあモウ, や五十人, や土地, や村

▼ 今何時~ (20, 0.0%)

32 だと, だろう, ですか, にかあれ 1 か知らん, だねえ, だらう, だろうね, でごぜ, でしょう, でしょうって, です, ですおかみさん

▼ 今思ひ出し~ (20, 0.0%)

2 ても涙

1 [18件] てもはつきり, てもふき出したくなる, てもほ, ても先生, ても冷汗, ても可笑しい, ても微笑まれる, ても思はず, ても悪夢, ても気の毒, ても確か, ても総身, ても解らない, てゐる, て恥しい, て見, て見た, て見る

▼ 今直に~ (20, 0.0%)

2 後から

1 [18件] お前達の, か, これに, 之を, 五重の塔の, 何う, 分る, 実行しよう, 御膳を, 御飯に, 承認を, 描て, 斯部屋を, 正しい見方, 畫き, 言うこと, 買って, 饂飩饗つてよこす

▼ 今しきりに~ (19, 0.0%)

2 啼いて

1 [17件] して, もの珍しげ, ロシアの, 乱れ騒いで, 冷汗を, 反竹内熱, 呶鳴っ, 声を, 夢みる真昼, 幻想が, 戻って, 戻つて, 督促に, 私の, 美禰子に, 考えて, 顧みられた

▼ 今です~ (19, 0.0%)

32 から申します

1 [14件] かええ, からお話, から気, から申, から申しあげます, か今, ぞ, ぞ宮廷, って, ね, の, よ, 前刻, 早くお

▼ 今でなく~ (19, 0.0%)

4 てもいい 2 てもよい

1 [13件] つても, てはいけない, てはいけません, てはならない, ては何, ては謀り, ても, てもい, てもよろしい, て宜, て武士, とも逃げやしねえ, ね

▼ 今までには~ (19, 0.0%)

2 なかった

1 [17件] あり得なかった暁, この, そこまで, そのやう, ついぞさ, どんどん変っ, なかつた禁足, ほとんどない, 一度も, 無いので, 無かった, 無かつ, 聞かなかったこと, 見かけなかったが, 覚えたこと, 警察へ, 酌めなかったもの

▼ 今までよりは~ (19, 0.0%)

2 嶮しい

1 [17件] いくらかいい, ましだ, よい一日, 一そう公平な, 一俵につき, 一層はで, 一層熱心, 一層苦, 一層高らか, 余計耳, 大きな淵, 少しゆっくり歩い, 幾分声高, 広い明るい通, 広い明るい通路, 急ぎ足に, 気軽な

▼ 今やっと~ (19, 0.0%)

2 わかりました

1 [17件] ここへ, これに, そうしたこと, わかりかけて, わかるよう, ベッドから, 分ったの, 切ったとこ, 助かったという, 売り出しかかって, 彼の, 思い出したわ, 思い当るの, 生きかえった, 遠野に, 鈴虫が, 隆ちゃんたちが

▼ 今大きな~ (19, 0.0%)

1 [19件] スコールが, 功名の, 問題に, 声, 声を, 夢を, 店の, 日が, 柳の, 構えを, 樫の, 盃洗に, 眼を, 秤に, 階段を, 雲が, 面を, 音が, 麦藁帽子の

▼ 今~ (19, 0.0%)

2 る他

1 [17件] るは, る事柄, る事物, る仕事, る力, る家, る強い, る意味, る感情, る新聞社, る望遠鏡製作会社, る温泉, る物体, る種, 人に, 処から, 者を

▼ 今さん~ (18, 0.0%)

3 を殺す 2 の足袋

1 [13件] か, じゃア, すぐこしらえ, とお, と言, どんな使い, はそのまま, も, もステッキ, も可哀そう, も家, をどこ, 相變ら

▼ 今でもは~ (18, 0.0%)

9 つきり 3 つきりと, つきり覺 2 つきり覚 1 つきり眼

▼ 今三人~ (18, 0.0%)

2 の立つ

1 [16件] で最中食つて, なん, のお, の何者, の前, の可憐, の命, の女性, の好色漢, の男, の男女, の立っ, の紳士, の若い, は氷上, をいい

▼ 今~ (18, 0.0%)

1 [18件] 一同が, 不審の, 両親が, 二人に, 城内から, 宝蔵に, 幽閉させ, 座敷へ, 用いなくば, 番所へ, 着に, 茶でも, 話しする主義, 話しする通り何人, 辺の, 門前へ, 陣屋へ, 隠居さんから

▼ 今思い出した~ (18, 0.0%)

1 [18件] から直に, から言伝, があなた, がおれ, ことを, ってわけ, というの, という風, と陳べた, のが, のだ, のだろう, のは, のよ, もんです, ように, わい, んだ

▼ 今挙げた~ (18, 0.0%)

3 ような

1 [15件] が之, この, これ等の, ものと, ホンの, 三つの, 人物は, 例或は, 別途の, 卯の花は, 四事件の, 性格の, 或る, 片倉小, 種類の

▼ 今申し上げた~ (18, 0.0%)

2 ような

1 [16件] おかしな文句, とおりな, ように, ナリン太子殿下, ユージットな, ユーヂットな, 二ツの, 人の, 権力という, 牛飼の, 私の, 話と, 通りこれと, 通りたしかに, 通り何かに, 通り共和制と

▼ 今聞く~ (18, 0.0%)

3 のが

1 [15件] がごとくん, が初めて, とおかしい, とお前さん, とこの, ところは, ところ此夢を, と彼, と極めて, も同じ, ように, 唸り声は, 声も, 彼女の, 處に

▼ 今貴方~ (18, 0.0%)

3 の御 2 のお

1 [13件] から拒絶, がお, が御, が改心, とお話, に伺っ, に少し, の前, の妻, は, へのフランネル, をなくし, を銃口

▼ 今起きた~ (18, 0.0%)

3 ばかりで

1 [15件] というところ, ところか, ところだ, のか, のかい, ばかりだ, ばかりといふ, ばかりのところ, ばかりの庸三, ばかりの慵, ばかりの者, ばかりの耳, ばっかりじゃない, ような, 所と

▼ 今迄と~ (18, 0.0%)

5 違って

1 [13件] あんまり変り, おなじ事, まるで異う, まるで違った, ア違う, 世界が, 別な, 反対に, 同じ食事, 少し変, 違つた気持で, 違つた顔付を, 違つて士蔵の

▼ 今迄とは~ (18, 0.0%)

1 [18件] ちがって, まつたく異, まるでちがった, まるで別, まるで違つた調子, 些し, 全く異, 全然打つ, 別な, 変ったもの, 性質の, 打つて, 比べものに, 生れ変ったよう, 異つた氣持, 知らないうち, 趣きの, 違ったところ

▼ 今迄にも~ (18, 0.0%)

2 度々世話

1 [16件] あったくらい, こんな思ひ, さう, そんなこと, ましてさう, 人から, 他家の, 何んな, 何囘と, 幾度こう, 度々あつ, 憑きものの, 数回実戦の, 此の, 随分多く, 雪子の

▼ 今かりに~ (17, 0.0%)

2 一歩を

1 [15件] ここに, その事実, その木, どれかの, も法体, 両者を, 地形図の, 大弾丸, 旋律的要素と, 次の, 気やすめ, 江戸の, 現代科学者が, 秋川家の, 自分の

▼ 今それら~ (17, 0.0%)

2 のもの, の作, を列挙

1 [11件] が成人, のある, の光栄, の四つ辻, の城主, の意味, の新劇, の条項, の親しい, の話, 諸版

▼ 今たしかに~ (17, 0.0%)

2 私の, 誰かと

1 [13件] この二階, この家, この座敷, この点, これを, 三十五哩は, 小萩, 希望を, 我慢を, 覚えて, 言つた, 追ひ込み, 駕籠屋さんと

▼ 今はの~ (17, 0.0%)

4 際に 3 際にも 2 きざみため息 1 一目くらやみの, 師匠の, 床を, 憾みなる, 時の, 話も, 際で, 際には

▼ 今よく~ (17, 0.0%)

2 眠つてあん

1 [15件] しらべて, そこの, わかりませんが, 寝て, 思い出しますから, 探しましたら戸棚, 汝の, 流行つてゐる, 眠つてを, 知りぬらむ, 考え解決, 見えて, 見る宮, 覚えて, 記憶し

▼ 今~ (17, 0.0%)

2 とこは

1 [15件] ちは, とこどっちも, ところき, ところは, ところひとり男が, ところまだ, とこ始めつ, なつたつ, なつて, になっ, まの, 成つてから, 来るよ, 處ぢや, 處俺れ困つ

▼ 今出た~ (17, 0.0%)

1 [17件] あたりの, お内儀さん, のは, のを, ばかしでございましょう, ばかしで御座いませう, ばかりの, ばかりのお, ばかりの便所, ばかりの旭, ばかりの月, ばかりの月光, ばかりの朝, ばかりの煙, 佛の, 処を, 門に

▼ 今思っ~ (17, 0.0%)

2 ている, てみる, てみれ

1 [11件] てみ, てもこわい, てもその, てもぞっと, てもぞッ, ても小気味よい, ても毛穴, ても涙, ても確か, ても襟, て見れ

▼ 今私たち~ (17, 0.0%)

2 の前

1 [15件] がここ, がこの, が企て, が毎日, が短い, が診察, と同じ, のいる, のまわり, の休ん, の取った, の登っ, の目, の真正面, はパン

▼ 今迄よりも~ (17, 0.0%)

1 [17件] ずっと美しい, つと, つと高熱, ますます悲しい, もつと, 一層いとしく, 一層冷静, 一層多く, 一層奧, 一層屡, 一層沈黙, 一層繁く, 好いもの, 精力的に, 自由に, 見なれた花, 遥かに

▼ 今いづ~ (16, 0.0%)

131 ことも, こに, こ歩む

▼ 今こそは~ (16, 0.0%)

3 依り立たせけ

1 [13件] あの方, もっとも良い, 一切の, 三唱しよう, 使って, 凡ての, 夏の, 寺男なれ, 我心を, 我等が, 汝と共に, 生死断末魔の, 祝は

▼ 今一段と~ (16, 0.0%)

1 [16件] おかしいもの, ツス・ツシタマと, 人が, 古い時代, 嚴重で, 大事な, 子どもらしい, 安泰なる, 尊いもの, 弘い, 愉快なる, 深いところ, 理想的な, 稀, 自由に, 顕著なる

▼ 今彼等~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそこ, に云, のトラック, の一行, の問答, の墓, の歌, の間, は坂, は彼等自身, は自分たち, より一次元上, を問題, を憐れみ, を救済, を運ん

▼ 今~ (16, 0.0%)

3 にし 2 が離せん

1 [11件] がすい, が柄, でもつ, にあたった, にもとられず, に入れよう, をかけ, をたたけ, を拭こう, を掉, を貸し

▼ 今明日~ (16, 0.0%)

2 のうち

1 [14件] が判らん, が危期, だけ教室, で此, にも生れ, に喜ばしき, に控え, に迫られ, に迫り, のこと, のところ, の中, の試験, もわからねえ

▼ 今~ (16, 0.0%)

8 の前 1 がひらい, が覚めた, が醒め, で見た, に見, に見せ, のあたり, をさました

▼ 今~ (16, 0.0%)

8 ている 2 ていらっしゃる, て居る 1 てござらっし, てみる, て寝る, て見た

▼ 今言う~ (16, 0.0%)

1 [16件] から聴い, がごとく, てよい, とおり商売が, とおり真実なる, ような, わけに, ヤマハゼを, 通りあの, 通りまた, 通り大, 通り天下に, 通り昔は, 通り牛も, 通り職業の, 通り語義を

▼ 今迄も~ (16, 0.0%)

1 [16件] かつて無かっ, きいて, この部屋, して, じ, つい酔つた紛れ, またして, よく法螺, 人知れず此処, 今後も, 其の術, 幾度か, 指導部で, 殆ど動かす, 理学博士に, 随分捜査上

▼ 今こっち~ (15, 0.0%)

3 を焼 2 い来て 1 からつっつく, かられんらく, じゃあ思い出しました, で働い, にいない, に来, の方, の正体, へやって来るだ, へ近寄っ

▼ 今これから~ (15, 0.0%)

1 [15件] いうところ, お前さんとこへ, それに, の人生, 二ヶ年と, 他人に, 夜行ででも, 大演説, 大長篇, 学ぼうと, 小屋に, 帰宅しない, 私が, 答えようと, 行くから

▼ 今しばし~ (15, 0.0%)

2 お名, は遊ばる

1 [11件] いのちを, とも引きとめ, と詫びつ恨みつ取りつく, のほどには帰り, は遊ばるる, 例に, 形勢を, 待たれたら, 御猶予, 浮世に, 生きて

▼ 今すでに~ (15, 0.0%)

2 ここに

1 [13件] その身, 初めたり, 北軍を, 受精を, 帰郷する, 成したり, 日夜に, 礼拝すべき, 腹の中で, 薫は, 論述した, 非なる, 響いて

▼ 今との~ (15, 0.0%)

2 間には

1 [13件] あいだには, この甚, こんなにも違う, その作物, 得失は, 心の, 心持を, 氣持の, 発展的相異は, 解説が, 連鎖を, 間に, 間を

▼ 今入っ~ (15, 0.0%)

5 て来た 3 てきた 2 ている, てくる 1 ちゃ, てはならぬ, て行く

▼ 今~ (15, 0.0%)

1 [15件] があけた, になつてこ, の七時すぎ, の七時半, の九時, の八時, の八時前, の八時半, の十時, の幕, の明けた, の膝, はこわい, はどこ, も寝られない

▼ 今来る~ (15, 0.0%)

2 途中で

1 [13件] か, かという細かい, か今, か悲しい, が私, そうです, でせう, とさ, とは思わなかった, のだ, ようにって, わよ綺羅子, 客を

▼ 今~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] からの自分, のあたらしき, の全集, の寺, の手, の海, の涙ぐましい, の町なか, の詩集, の静安, の鼻缺, 驚く可

▼ 今死んだ~ (15, 0.0%)

2 のは, 娘の

1 [11件] お袋の, からとて十年, ぜ, っておれ, と聞いた, のである, はずの, ツヤ子さんの, 奴の, 姉の, 方が

▼ 今特に~ (15, 0.0%)

2 問題に

1 [13件] どの点, 云うべき言葉, 強く思う, 政治的機能を, 文明批評又は, 注意する, 注意せね, 注意を, 科学の, 絶対必要な, 自然科学で, 記憶し, 調査委員会を

▼ 今覚え~ (15, 0.0%)

6 ていない 3 ている 2 て居りません 1 ていろ, ておらぬ, てもいまいし想い, てゐる

▼ 今いつた~ (14, 0.0%)

4 やうな 2 ように 1 とほり, やうに, 三つの, 女だ, 活東が, 源之助の, 通りだ, 重大な

▼ 今お前さん~ (14, 0.0%)

1 [14件] が力, が行っちまっ, が言, のいふ, のいる, のうわさ, のそうして, のゐる, の家, の所, の顔, は歌, は病人, を探し

▼ 今そういう~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことを, ものが, ものを, 娘の, 実験という, 心くばり, 日を, 明らかな, 時代を, 最期に, 楽観の, 永遠の, 相手の, 騒々しさ

▼ 今どの~ (14, 0.0%)

3 ような

1 [11件] あたりに, くらいあります, くらいある, くらいする, くらいな, ようで, ように, 土地に, 地方が, 辺に, 辺の

▼ 今なほ~ (14, 0.0%)

1 [14件] かく信じ, この認識, その本家, その権利, その流儀, その痕跡, はつ, 取り組んで, 存す, 存すと, 存するや, 帰らない, 強い執着, 続けて

▼ 今には~ (14, 0.0%)

2 浮いた噂

1 [12件] おかしく思え, ちょっとした外出, なくて, ひとりで, 不満足であった, 室という, 山田の, 彼処に, 日下の, 此処に, 菟神と, 限らないし

▼ 今一例~ (14, 0.0%)

7 を挙 2 を挙げ 1 として, をあげる, を挙げる, を挙げん, を擧げ

▼ 今~ (14, 0.0%)

2 に函館

1 [12件] におまえ, にそんな, につまらなく, に外, に季, に客, に御, に手, に敵, に痛み出した, に腹, に離縁

▼ 今聞け~ (14, 0.0%)

1 [14件] ばお前さん, ばお金, ばさる, ばわし, ば一足ちがい, ば侍, ば勇, ば君, ば実に, ば家, ば急, ば撲っ, ば盗人, ば飛んだ

▼ 今いうた~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことちょっと, だけの事, とおりじゃ, とおりなんべ, ミュースでは, 一点に, 三つの, 三種の, 六円泥棒の, 樋田の, 自分の, 通りありました, 通りの

▼ 今おっしゃった~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの武器, おことばどおり, お言葉通り, ことは, ことを, じゃありません, ような, 下司下人の, 事と, 人数は, 外に, 行先を, 通りちょうど

▼ 今とでは~ (13, 0.0%)

1 [13件] だいぶ心境, まつたく人間, まるで他, もとより外国, 人工的に, 今の, 可なり, 同じ物, 四辺の, 差異が, 第一時代, 金の, 非常な

▼ 今までのは~ (13, 0.0%)

1 [13件] この国, こんどの, すっかり夢, みんな下手な, グラムダルクリッチの, スッカリ夢で, 今度の, 偶然が, 前置きよ, 忽ちにし, 橋の, 正面から, 驚異と

▼ 今二階~ (13, 0.0%)

1 [13件] からいらっし, だが, においで, に寝させ, に東京, のさだ子, の北, の手摺, の物干し, の病室, へ上っ, へ上った, 借りて

▼ 今出る~ (13, 0.0%)

3 か今 2 今出る 1 かと待っ, かと思っ, かと考え, ということ, ところが, と雷, ふうに, んじゃ

▼ 今天下~ (13, 0.0%)

1 [13件] に多い, に孔明, に虻, に遍き, のため, の大勢, の憎む, の義人, の英雄, の諸侯, は如何なる, は家康, は平

▼ 今我が~ (13, 0.0%)

2 自然親方の

1 [11件] ものよ, 弦月丸は, 形容を, 持たる, 日本人の, 日本国が, 春秋の, 枕頭に, 此思ひ, 獲し者, 草卒に

▼ 今書いた~ (13, 0.0%)

2 ばかりの, 三行を, 字は 1 この手紙, のに違い, ばかりの葉書, 事を, 小説は, 歌を, 真を

▼ 今行き~ (13, 0.0%)

1 [13件] かけて, すごうた知り, てわが, てアキルリュウス, て愛友, て我が, て檢, て死滅, て甲冑, て競技, て脚, て諸, て雷霆

▼ 今話し~ (13, 0.0%)

3 ている, て下された 1 ていたろう, てしまつ, てみる, てゐる, て下さい, て聞かせた, の第

▼ 今話す~ (13, 0.0%)

2 わよ

1 [11件] から, から待っ, がね, がねこんな, ことの, ことよろしく, ことを, のが, のは, も同じ, 通りの

▼ 今読んだ~ (13, 0.0%)

1 [13件] とこどす, ところが, ところを, のは, のを, ばかりのこと, ばかりのところ, 句からも, 所から, 文章の, 書物の, 裏面の, 通りを

▼ 今非常~ (13, 0.0%)

1 [13件] なこと, な危険, な困難, な混乱, な速度, にお金, によく, に前非, に幸福, に急い, に惡, に清々しい, に用

▼ 今あらためて~ (12, 0.0%)

2 見るもの, 説明する 1 お夏, この明るい, さしあげましょうと, その生活, はいったの, 直七, 見て, 見ると

▼ 今いろいろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あんたはんから, な事実, な問題, な意味, な角度, のスミレ, やって, 悪者がは, 考へて, 聞いたやう, 言ってるが, 討論中である

▼ 今うち~ (12, 0.0%)

1 [12件] から電話, でうんうん, では入れる, にはあれっきり, に二三ヵ月分, に来てる, に誰, の庭, の旦那はん, の門, の防空壕, へ来てる

▼ 今こういう~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことだけが, ところで, のは, 取扱いを, 所に, 操作によって, 時矢田さんで, 美人を, 腐敗の, 話が, 話を, 風に

▼ 今~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, からこの, からそんな, からわからない, から何処, から待っ, から想像, から旦那, から泊まる, から海岸, から苦労, から衣服

▼ 今にな~ (12, 0.0%)

2 つては, つても 1 つてぽっくり, つて又, つて手違ひ, つて村瀬は, つて枯骨が, みんなも, ッて, 俺ら汝に

▼ 今にわかに~ (12, 0.0%)

1 [12件] この刺衝, この外物, そのすべて, その原書, それを, 人為的に, 他国へ, 家に, 思い出すすべ, 書く事, 気に, 義経を

▼ 今一寸~ (12, 0.0%)

1 [12件] こうして君達, したもの, した気候, その事, 何を, 思い出せず名刺, 思い出せないが, 探して, 時間が, 来て, 見た時, 重大な

▼ 今一本~ (12, 0.0%)

1 [12件] と註文, には何とか, には遺子, の手紙, の新, の松の木, の腕, は真, は誰, 取りさっぱり, 持って, 突こうと

▼ 今全く~ (12, 0.0%)

2 不良少年の, 忘れて 1 人気の, 他の, 別な, 建設時代だ, 母の, 異なつた心持, 自由を, 覚えて

▼ 今別れ~ (12, 0.0%)

4 て来た 2 てから前方百歩 1 ても再び, てやる, て來, て行け, の昼御飯, の目礼

▼ 今同じ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことを, ぼくの, 一つの, 人が, 列車に, 坂道を, 川添ひ, 方向に, 染退, 處に, 道の, 部屋に

▼ 今恐ろしい~ (12, 0.0%)

2 のだ 1 世間の, 事が, 勢いで, 混乱の, 炉の, 犯罪の, 破廉恥な, 秘密を, 程の, 速度で

▼ 今~ (12, 0.0%)

5 ている 1 がけに, ていや, てお前, てます, てゐやはりましたやろ, て君, て貰おう

▼ 今考えれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ばおお, ばこれ, ばさっき女, ばさほど, ばわし, ば僕, ば別, ば天罰, ば旦那様, ば本当に, ば驚く, ば鹿児島

▼ 今いず~ (11, 0.0%)

4 こ, こに 1 くにか, こへ, こ今いず

▼ 今いふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ところの, やうな, やうに, チエエスは, 予想たるや, 予想といふ, 其檜ぢや, 神経病とか, 蘭は, 記録慾, 骨相学で

▼ 今こんなに~ (11, 0.0%)

2 して 1 なって, 幸福に, 悲しむべき姿, 悲しんで, 早く来る, 栄達し, 腐つた気持, 自分に, 馬鹿に

▼ 今する~ (11, 0.0%)

6 妹を 1 のが, 妹, 妹が, 妹は, 時だ

▼ 今どんなに~ (11, 0.0%)

2 して 1 なって, キワどい, 嬉しいか, 居心地よく, 役に立ったか, 思ってるか, 惨めな, 苦んで, 説明し

▼ 今ぼく~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこ, がこの, がもぐっ, が即席, が折りとった, が着, が翻訳, が考え, が退治, の出た, の女房

▼ 今みんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, が庭, が非常, が飢えかけ, して, でひろつ, で担架, の経歴, は豊島園, 出払って, 喰えなくなって

▼ 今別れた~ (11, 0.0%)

1 [11件] お母さんと, その婦人, はずの, ばかりの主税, ばかりの門七, ばかりの鶴子, 大きなしかし, 室の, 愛想の, 数奇な, 遍路の

▼ 今泣いた~ (11, 0.0%)

4 烏が 2 鴉が 1 せいか, のできのう, ので昨日, 子が, 顏に

▼ 今直ちに~ (11, 0.0%)

1 [11件] これを, なし得る国民, 傳道の, 引渡されると, 欲しとの, 私の, 立って, 西北原へ, 見る以外, 逆寄せを, 非常時訓練を

▼ 今~ (11, 0.0%)

2 一の, 二の 1 一に, 一回の, 一端艇の, 一項の, 三金時丸は, 十一巻という, 十章全部を

▼ 今行った~ (11, 0.0%)

2 のは 1 かと思う, が開かなかった, とは反対, 人たちの, 女が, 女と, 家へ, 将校は, 徳川万太郎かな

▼ 今あんな~ (10, 0.0%)

2 ことを 1 おふくろが, ものを, 人が, 人間から, 原っぱの, 憎いこと, 目に, 真似を

▼ 今きい~ (10, 0.0%)

3 ている 2 てびっくり 1 ておればね, てきた, てゐれ, て見, て見る

▼ 今こそと~ (10, 0.0%)

2 わななきながら 1 いわぬばかり, 彼女は, 思いながら, 思った, 腕を, 自分の, 覚悟を, 馬を

▼ 今ちよ~ (10, 0.0%)

1 うどこ, つくらその, つと, つとひま, つと他人, つと内外, つと困つた, つと手, つと見させます, つと訪問

▼ 今までから~ (10, 0.0%)

1 あまり由良, こうした好意, こんなふう, そんな人, だれもが, 他人に, 宮の, 度度感じ, 憾みに, 私の

▼ 今わかっ~ (10, 0.0%)

6 ている 2 てみる 1 ていただく, てきた

▼ 今わし~ (10, 0.0%)

2 が偈 1 からゆずられた, が言った, が隠居, のす, の膝, はそれ, は何もの, を剥ごう

▼ 今一個~ (10, 0.0%)

1 のもの, の人, の伝説, の堅固, の抽匣, の瓶, の茶碗, を右手, を得, 最も恐怖

▼ 今一歩~ (10, 0.0%)

3 進んで 1 こそ初めて, で外, で彼, をすゝめ, を何故, を進ましめ, 進めて

▼ 今~ (10, 0.0%)

2 のこと 1 そのこと, という今, ならば, の御, の潜伏, まで胴忘れ, 言はんくらゐなら, 話すがね

▼ 今~ (10, 0.0%)

1 て不可解, て不思議, て帰らず, て心得, て思い出し, て果さぬ, て欠かさず, て残っ, て面白から, て飛ばし

▼ 今以上~ (10, 0.0%)

1 な禍い, にあなた, によく, にスピード, に太陽, のこと, の事, の厳罰, の満足, の確信

▼ 今~ (10, 0.0%)

2 を知られ 1 にし負う, のショウブ, のマキ, もちよし, も知れぬ, よぐそみねばり, をいはん, を思い出せない

▼ 今~ (10, 0.0%)

2 から戻っ 1 から入, から帰つた, から帰つて, から聞い, では雨, へいっ, へ出た, へ出ようっ

▼ 今思い出す~ (10, 0.0%)

1 ことは, とおかしく, と怖, と楽しかっ, と矢張り, のであった, のである, のは, ままを, ものは

▼ 今持つ~ (10, 0.0%)

6 てゐる 2 て來 1 てゐた, て来た

▼ 今武蔵~ (10, 0.0%)

1 が, と権, に関する参考書, のうしろ, のまえ, の姿, の真筆, の耳, の胸, の足もと

▼ 今知る~ (10, 0.0%)

5 ことが 1 ことは, こと全, とともに人々, とヴィルジリオ, 由も

▼ 今私共~ (10, 0.0%)

1 がこの, が想像, が斯, が見ず, が通っ, の問題, の生活, の読ん, は七十歳, を嗤

▼ 今~ (10, 0.0%)

1 い, おれも, 不自由でなかった, 俺を, 幸福な, 思想は, 昔語に, 肥後国へ, 自身を, 良い話

▼ 今ああ~ (9, 0.0%)

4 して 1 いうのろい, いう争闘, いった, やって, やってるの

▼ 今あちら~ (9, 0.0%)

2 の方 1 で受け承りました, で咳, で投扇興, で掟, へあなた, へ参った, へ行った

▼ 今あっち~ (9, 0.0%)

2 の座敷, へ行った 1 のうしろ, のホーム, の田町, の縁側, の部屋

▼ 今かかる~ (9, 0.0%)

2 神が 1 印度を, 孝子の, 実なき, 時代の, 理想を, 病床に, 達人の

▼ 今きた~ (9, 0.0%)

1 ところあの, ところだ, ほうへ, 三角の, 堤を, 常盤橋の, 戸口へ, 手紙を, 高原も

▼ 今さらに~ (9, 0.0%)

1 この二者, この点, これを, たが, 二三の, 医家療法の, 寂しと, 悲しからむ, 意向に

▼ 今した~ (9, 0.0%)

1 あの音, がた何處かへ, ことも, ことを, ばかりな, やうな, ような, ように, 許な

▼ 今しみじみ~ (9, 0.0%)

2 とよろこん 1 と, と八月, と初めて, と夕映え, と思っ, と自覚, 思う

▼ 今ぞと~ (9, 0.0%)

1 さ, 思うより, 思って, 思ふ書, 捨身に, 立ち帰って, 笛の, 見上げる弟, 誇って

▼ 今ただ~ (9, 0.0%)

1 お前さんに, そんな風, の意識, 先生自称の, 急ぎ新た, 手当り次第に, 文字を, 田舎の, 目前の

▼ 今ちょい~ (9, 0.0%)

21 とお, とひと, と出ました, と外面, と御, と見える, と調べ

▼ 今ついた~ (9, 0.0%)

1 ぞお, ところさ, のであった, ので詳しく, ばかりで, ばかりの東京, ばかりの街燈, ばかりの電燈, ばっかりの僕

▼ 今なん~ (9, 0.0%)

2 のため 1 かすばらしい, でも育つ, になっ, の役に立たう, の権利, の気, の関わり

▼ 今にと~ (9, 0.0%)

3 空約束はて 1 いって, いってれば, おふい, 待ちかまえて, 思ひながら, 懸声

▼ 今はと~ (9, 0.0%)

1 叫ぶ暮, 尊氏の, 朝廷も, 正成は, 決心の, 見えし明け, 見ゆる悲鳴, 見送ろうと, 覚悟し

▼ 今はとて~ (9, 0.0%)

1 あまの, 占野の, 彼立ちあがり, 池田の, 涙に, 火を, 燃えん煙, 荒しや, 見えざなるを心ある

▼ 今ふっと~ (9, 0.0%)

1 それに, 一つの, 切なく思い出され, 思いついたの, 思うの, 明るくなった, 気が, 気がついて, 考えて

▼ 今よん~ (9, 0.0%)

4 でいる 2 でい 1 できた, でも涙, で女中達

▼ 今わが~ (9, 0.0%)

2 頭掠めし 1 体質と, 劇壇は, 寵姫が, 描かんと, 機に, 艇を, 邸へ

▼ 今一日~ (9, 0.0%)

1 だけでもあの, のびて, をここ, を争う, を割い, 後れりや, 早かったなら, 早く来れ, 突然に

▼ 今一枚~ (9, 0.0%)

2 の風景画 1 だけ蓙, の写真, の姿絵, の画, の羽二重, は少し, を得る

▼ 今一段~ (9, 0.0%)

1 くだけた歌, にし, の修行, の区別法, の進歩, の風流気, 光る美, 古い形, 進めて

▼ 今住む~ (9, 0.0%)

2 家の 1 ところも, 三多摩地方には, 地方の, 場所は, 家は, 者, 者の

▼ 今在る~ (9, 0.0%)

2 処まで 1 だけの自己, ということ, ものは, ものを, 危險の, 形も, 祝詞の

▼ 今~ (9, 0.0%)

5 の家 1 が追求, に渡し, の生活, の立場

▼ 今始まった~ (9, 0.0%)

4 ことで 1 こっちゃないやおまけに, ことじゃ, ばかりだ, ばかりと云う, 症状でも

▼ 今存する~ (9, 0.0%)

2 ものは 1 ところの, の詩集, は同, 令の, 彼の, 所の, 論語が

▼ 今彼ら~ (9, 0.0%)

2 の宿命そのもの 1 の心, の滅種政策, の目, の眼, はいたる, はその, は考え

▼ 今~ (9, 0.0%)

2 のうち 1 に思へ, の中, の前面, の眼, を動かせる, を落ち着け, を落着け

▼ 今新しい~ (9, 0.0%)

1 インテリゲンチャを, 一人の, 不審が, 世界と, 出発点に, 力が, 声で, 理想を, 社會に

▼ 今登っ~ (9, 0.0%)

3 て来た 2 ている 1 ていった, てきた, て来る, て行った

▼ 今~ (9, 0.0%)

1 がなしてる, が話してる, と智慧, なで, ひき上げたところ, よんで, 亡びて, 聞いて, 聞きました何しろ

▼ 今行きます~ (9, 0.0%)

41 お濱さん, から, が一服, よと高く, よウ

▼ 今行っ~ (9, 0.0%)

3 て来た 2 てみる 1 ても母, て居る, て来, て見れ

▼ 今~ (9, 0.0%)

1 かにわれ, かに城門, かに我, かに解き放せ, かに都城, にかの場, に我, に此場, に遣

▼ 今あそこ~ (8, 0.0%)

1 でやっ, で往, で承わりました, で武蔵様, に, に出来, の店, の路次

▼ 今あれ~ (8, 0.0%)

2 を飲んだ 1 ほど明らか, をみる, を世話, 程までに激賞, 程多勢, 程激しい

▼ 今いい~ (8, 0.0%)

2 気持に 1 お気持, お菓子が, ものの, オルグさへ, 古本や, 気に

▼ 今おまえ~ (8, 0.0%)

1 が家, に, に明かす, はそれ, はわし, は家, は彼ら, を調べる

▼ 今かれ~ (8, 0.0%)

1 が口, が惡夢, とわれ, の手, はその, は床の間, は深い, らの

▼ 今さき~ (8, 0.0%)

1 あなたは, おマンさん, がた謎, これも, そう言ったでしょう, つぶして, に用いた, に行く

▼ 今~ (8, 0.0%)

2 なたを 1 とでよそ, と風, なたが, なたと, なたの, なたは

▼ 今そこで~ (8, 0.0%)

1 おやり, お手, お逢いなすった, 会ひましたけん, 何とおっしゃいました, 十八番の, 會ひました, 澄子さんたちに

▼ 今そちら~ (8, 0.0%)

1 にいくつ, の側, の門, の静か, はどんな, へは行き, へ参ります, へ走っ

▼ 今たいへん~ (8, 0.0%)

1 あぶないこと, おわるい, な上昇率, な危難, な開発ブーム, に困ってる, 寂しいの, 長く引留められ

▼ 今だつ~ (8, 0.0%)

2 てまだ, て貴方 1 てまあだ, てみんな標本室, て大して, て随分

▼ 今~ (8, 0.0%)

3 から少し 2 から延びる 1 からでも曳ける, から伸びる, ッ立った

▼ 今である~ (8, 0.0%)

1 がその, というよう, といった, とばかりクルリ, のか, ような, ようにも, 現代は

▼ 今どういう~ (8, 0.0%)

1 わけで, 人達と, 季節か, 方向に, 時だ, 状態に, 環境に, 風に

▼ 今ない~ (8, 0.0%)

1 けど直ぐ, た烏, にした, のか, のです, ばかりじゃない, ものは, らしいよ

▼ 今なり~ (8, 0.0%)

1 て, と余, われは, 今こそ, 今なり, 南無阿弥陀, 是が, 来客の

▼ 今なれ~ (8, 0.0%)

1 ばこそある, ばこそ急速, ばこそ目, ばと存じます, ばない, ばふい, ば豪家, バ彼ユニヲンに

▼ 今まだ~ (8, 0.0%)

1 こまかく予定, そこに, 一卷を, 二十人ばかり, 半分以上物置き, 太古の, 教育局長の, 病気が

▼ 今~ (8, 0.0%)

2 きは, しほの 1 と競技, 思ひに, 返知らせて, 響きびしとしたのは

▼ 今一つ~ (8, 0.0%)

2 ある 1 のすぐれた, のグループ, の羅漢, の考えかた, の背, の話

▼ 今~ (8, 0.0%)

3 を下 1 から袋, にあげよう, に叙, のよう, のベルトゥーフ

▼ 今世界~ (8, 0.0%)

1 でいちばん, でいちばん貴重, のインテリゼンス, の中, の凡て, の十大学者, の大勢, を支配

▼ 今云うた~ (8, 0.0%)

2 戦争ごっこで, 諸方の 1 ひとり言は, 松井ヨネ子という, 真の, 神様です

▼ 今云っ~ (8, 0.0%)

5 ている 1 ていた, てくれ給い, て来た

▼ 今京都~ (8, 0.0%)

1 からお, におら, にゐる, に新撰組, に来り, の大学, の本, を通過

▼ 今何處~ (8, 0.0%)

1 かへ奉公, にあらむ, にある, にかある, にゐ, にゐる, に住ん, に居る

▼ 今使~ (8, 0.0%)

2 を出さう 1 が来, はれて, ひに, へます, を見せ, 去るを

▼ 今坐っ~ (8, 0.0%)

6 ている 1 て居ります, て幸福

▼ 今~ (8, 0.0%)

1 が幸い, たずね尋ねて, だつね, に入ろう, の中, の南, の頭, を見

▼ 今~ (8, 0.0%)

1 で貴方, に休ん, の前, の方, へ入ろう, をやめ, を出す, を明けた

▼ 今新しく~ (8, 0.0%)

1 伝えようと, 初めて陽光, 国民全体の, 生れたよう, 練吉の, 見るもの, 読みかえして, 遣直せば

▼ 今~ (8, 0.0%)

1 に四千, の内, の告げし, の抱緊, の言, の願, はアテネ市, 心して視るべし

▼ 今~ (8, 0.0%)

1 がどんな, のクルウ大尉, の会社, の側, の建てた, の申し上げました, の非, も祖先伝来

▼ 今生れた~ (8, 0.0%)

2 ばかりだ 1 ばかりの子供, ばかりの小さな, ものが, ように, 人間の, 許り

▼ 今若い~ (8, 0.0%)

2 日本の 1 お侍, 一人の, 世代は, 女の, 男は, 者が

▼ 今~ (8, 0.0%)

2 でお話し, に霎時 1 で問題, で買つて了, にいふ, に詳しく

▼ 今~ (8, 0.0%)

3 の上 1 で行く, の中, へ乗っ, を下り, を呼ぶ

▼ 今逃げ~ (8, 0.0%)

3 て行った 2 て来た 1 つつある, やうとして, 崩れた蜂須賀

▼ 今面白い~ (8, 0.0%)

3 ことを 1 とおっしゃった, と思つて, ものを, 二階に, 話を

▼ 今あける~ (7, 0.0%)

2 よ少時辛棒おし 1 からな, のに, よ, よ少時辛防おし, ッたら

▼ 今あたし~ (7, 0.0%)

1 が何, が摘ん, に云つたつて, のあと, の肩, は四次元世界, をたしかに

▼ 今あらゆる~ (7, 0.0%)

1 予備的な, 劇場で, 可能性が, 安静や, 新らしき, 方面について, 点で

▼ 今いかなる~ (7, 0.0%)

2 時代に 1 事を, 人間としての, 方角に, 計画を, 難儀に

▼ 今いっ~ (7, 0.0%)

3 ている 1 ておきます, てきた, てしまわね, て居る

▼ 今といふ~ (7, 0.0%)

1 ことだ, のは, 今にな, 今文学談でも, 今汝, 十一に, 女房が

▼ 今どちら~ (7, 0.0%)

2 におい 1 が正しい, にお, においで, にお出で, に存在

▼ 今ひとり~ (7, 0.0%)

1 ここに, なのよ, の僕, の儒者ふう, の年老, の旅人, ぽつち

▼ 今わが国~ (7, 0.0%)

1 がこれ, に伝来, に行わるる, の宗教家, の状態, の神仏二道, は戦争最中

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 フッと, 一寸場を, 何処からか, 御輿の, 本田さんが, 本田さんがネ, 親方あっしが

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 からは寿江子, におりる, に下り, の火鉢, へおり, 御所, 邊に

▼ 今不意~ (7, 0.0%)

1 にこうして, にざんぶと音, にしかしながら, にその, に死神, に逃げ出し, を衝い

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 つたやう, はない, ひに, ひやう, ひ度, ふ如く自分, ふ職業

▼ 今何人~ (7, 0.0%)

1 かが何, か何, が自分, にも妨げられない, の手, もおりません, もパリス

▼ 今働い~ (7, 0.0%)

4 ている 1 ていなく, ています, てゐる

▼ 今出し~ (7, 0.0%)

1 てあげる, てしもたら, てそれ, てまいった, て来, て見よう, て見る

▼ 今十年~ (7, 0.0%)

3 も活かし 1 したら無, もすれ, も待たせ, も稼げ

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 うつしに, から出した, ではい, ではいえない, に出し, の中, をきく

▼ 今向う~ (7, 0.0%)

1 からやっ, からやって来る, から此方, から結婚, の小屋, の軒下, へ行かれた

▼ 今吾輩~ (7, 0.0%)

1 が吾輩自身, が松の木, が眼下, が記述, の主人, の云った, の輪廓

▼ 今四人~ (7, 0.0%)

2 が出, の患者 1 が耳, の正直, はすこし

▼ 今多く~ (7, 0.0%)

1 その文, を言はず, を飼養, 古註, 結つて居る, 試驗法を, 贈與

▼ 今多少~ (7, 0.0%)

1 ありますか, でもそれ, でも引用, の事實, の勞, の増訂, の羽

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 坂城での, 夏の, 真面目だった, 祖宗厳公は, 野山を, 金儲けが, 閤秀吉や

▼ 今如何なる~ (7, 0.0%)

2 罪悪を 1 事を, 悲慘の, 方向に, 犠牲を, 苦痛が

▼ 今~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 なこ, な服装, な音, にひっそり, に落ち

▼ 今~ (7, 0.0%)

2 てゐる 1 ざめの, ている, とかなん, ルトコロダ, 転むだ儘退屈を

▼ 今少々~ (7, 0.0%)

1 あるの, 生き延びて, 解せぬ女, 話して, 諸君に, 述べて, 金持に

▼ 今~ (7, 0.0%)

4 にその 1 に, に二, に芭蕉時代

▼ 今幸福~ (7, 0.0%)

1 だと, だよ, である, に安らか, に暮らし, の代り, らしい

▼ 今忙しい~ (7, 0.0%)

1 からいづれ, から後に, から駄目, がまア, ところ, と言っ, 時では

▼ 今斯く~ (7, 0.0%)

1 お話致し居りまする, なつて, の如き, の如く, 偶然に, 目のあたりに, 言ふ

▼ 今明らか~ (7, 0.0%)

1 でない, にする, に実, に思い起こした, に源三, に無知, に示され

▼ 今曹操~ (7, 0.0%)

1 とは正しく, の兵力, の胸, は徐州攻略, は烏林, は都, を除く

▼ 今~ (7, 0.0%)

2 の者, へやってきた 1 での日日, では大人, の豊か

▼ 今東京~ (7, 0.0%)

1 では会社, で大きな, にある, におります, にはいらつ, に帰つて, の方

▼ 今江戸~ (7, 0.0%)

1 でどんな, でも有名, の話題, はおろか, へ上っ, へ行かれ, を出発

▼ 今注意~ (7, 0.0%)

3 せねば 2 しなければ 1 したい, しよう

▼ 今生き残っ~ (7, 0.0%)

7 ている

▼ 今痛切~ (7, 0.0%)

1 にその, に学んだ, に感じ, に生存, に知った, に肉體的, に責められた

▼ 今知っ~ (7, 0.0%)

6 ている 1 て悔ん

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 か仏, が在る無い, と眞理, になっ, より得た, をい, を理想

▼ 今立つ~ (7, 0.0%)

2 てゐる 1 ている, てお前, ても人目, て居る, 所

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 に反復, に手, に描い, へ下がった, をすえ, を突かれた, を責めつけられました

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 から上つたん, のこと, の中, の蔭, の走っ, はなんだか, は狂氣

▼ 今見せ~ (7, 0.0%)

3 てやる 1 てはまずい, ては惡, てやろう, て下す

▼ 今謂う~ (7, 0.0%)

1 会計と, 南西の, 所の, 杖だ, 無精鬚という, 講釈種である, 鏡餅の

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 のため, も心, も知らぬ, も縮む, をつつまれ, を以てかかる, を寄せ

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 がある, がない, がまる, が急流, で衆, を持ってない, を返し

▼ 今~ (7, 0.0%)

1 の前, の所, の方, の閂, をしめた, をはいっ, を入っ

▼ 今飲んだ~ (7, 0.0%)

1 ばかりだ, ばかりってあれ, ばかりの茶, ビールを, 水から, 酒が, 酒とが

▼ 今あいつ~ (6, 0.0%)

1 がこの, が附け, の葬式, はどこ, は僕たち, を連れ出し

▼ 今あげた~ (6, 0.0%)

1 ところの, ように, 人々とは, 六つの, 四つの, 最後の

▼ 今あなた方~ (6, 0.0%)

1 がやつ, が対話, の前, の御, やまた, を前

▼ 今あり~ (6, 0.0%)

1 つつ有る, また昔, や, 後あり, 後ある, 昔あり

▼ 今あんた~ (6, 0.0%)

1 と私, のとこ, の便, の話, は隣, を研究所

▼ 今いかに~ (6, 0.0%)

1 なすべきか, 在るかと, 変じたか, 心苦しいか, 批判せらるる, 秘密な

▼ 今いく~ (6, 0.0%)

21 たりぐらゐ泊, やつが, よオ, 程よも

▼ 今いつ~ (6, 0.0%)

1 になく, にもまして, の時代, までもいつ, までも通わせ, 来るかと

▼ 今かう~ (6, 0.0%)

1 いふ話が, いふ風な, やつて, やつて病院, 云ふ, 解釈し

▼ 今きみ~ (6, 0.0%)

1 が自分, に白状, に見, のお母さん, は壮二, をとらえる

▼ 今こと~ (6, 0.0%)

2 に方便 1 さらにこの, さらにこれ, さらに我が, に身

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 いんきよの, 主人が, 報告しよう, 座船は, 自身の, 近所へ

▼ 今さえ~ (6, 0.0%)

1 こう溌剌, こんなに高貴, それでお, たのしければ, よければ, 助かりゃあと

▼ 今しか~ (6, 0.0%)

2 ない 1 あるまいぞ, するを, 盛りなるらむ, 知らなかつた筈

▼ 今してる~ (6, 0.0%)

3 様に 2 樣に 1 やうに

▼ 今すっかり~ (6, 0.0%)

1 あいつを, どなたかに, 主人に, 体も, 家が, 話したよう

▼ 今ただちに~ (6, 0.0%)

1 というわけ, 南町御, 大公爵, 必要でなく, 悪魔と, 織田軍が

▼ 今だけ~ (6, 0.0%)

1 だ, であるそう, ですわ, でなく永く, 口を, 手を

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 やお前, やこ, やたいした, や庄さん, や汝, や餘ンまりこ

▼ 今つい~ (6, 0.0%)

1 そこで, そこで敵, そこの, て, 庭さきまで, 手早く探

▼ 今つかっ~ (6, 0.0%)

3 ている 1 ていらっしゃる, ているでしょう, てしまっ

▼ 今つくづく~ (6, 0.0%)

1 とわが子, と感じた, 思い当りました, 思う, 思うて, 考えて

▼ 今でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ば書けない 1 ばならない, ば実行, ば家出, ば海底要塞

▼ 今とを~ (6, 0.0%)

1 たくらぶるばかり, 家に, 比べて, 目のあたり比較対照する, 結びつけるに, 胸に

▼ 今にでも~ (6, 0.0%)

1 すぐ会える, また降っ, 別れるよう, 立ち上つて, 腫れ物に, 降り出して

▼ 今はじまった~ (6, 0.0%)

3 ことで 1 ことか, ことじゃ, 事で

▼ 今ふい~ (6, 0.0%)

1 っとあっし, とそう, とそれ, と十七年, と掻き消え, に蘇っ

▼ 今まったく~ (6, 0.0%)

1 不明と, 思いがけないもの, 手薄と, 済んだ, 生まれ変わったよう, 異なった心持

▼ 今まるで~ (6, 0.0%)

1 それと, 夢よりも, 彼女の, 無能力な, 生きて, 青硝子の

▼ 今みる~ (6, 0.0%)

1 ことの, この山, とその, と大木, よりももっと, 一行の

▼ 今やつ~ (6, 0.0%)

2 てるやう 1 てゐる, て見たい, と否定, と女

▼ 今わずか~ (6, 0.0%)

1 に一, に三組, に入間郡, に生死, に茶道, に謹慎勉強

▼ 今一度口~ (6, 0.0%)

5 に出し 1 を拭っ

▼ 今一度念~ (6, 0.0%)

3 のため 1 を入れ, を押した, を押したくなる

▼ 今一時~ (6, 0.0%)

1 といふ間際, にこの, にまた, に冷め, の快楽, 苦しいの

▼ 今一番~ (6, 0.0%)

1 で行く, という, に困っ, の文化, よい品, 困ること

▼ 今一軒~ (6, 0.0%)

1 のノロ, の問屋九郎兵衛なぞ, の家, の店, の池, もつこと

▼ 今一通~ (6, 0.0%)

1 には藤枝真太郎殿, の別, の手紙, の郵便, の電報, はわざと

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 にときめい, に来, に限られたる, の人心, の識者, 及び後

▼ 今世にも~ (6, 0.0%)

2 亦他 1 幸福さうな, 恐ろしいわし, 恐ろしい生死, 稀なる

▼ 今二つ~ (6, 0.0%)

2 の国 1 の場合, の概念, の設計, の赫々

▼ 今何より~ (6, 0.0%)

4 大事な 1 大切な, 注意すべき

▼ 今何事~ (6, 0.0%)

1 かの非常, か嘆い, が起り, も思いません, も知らず, を思ひ

▼ 今使っ~ (6, 0.0%)

5 ている 1 ていた

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 によってお祈り, の, のせまい, の火星世界, の錦, を挙げ

▼ 今先生~ (6, 0.0%)

1 が掛けてる, のお, の仰つた, の日誌, の言う, をお

▼ 今八郎~ (6, 0.0%)

3 はそう 1 が半白, はもう一度, は静か

▼ 今君達~ (6, 0.0%)

1 にかまっ, にした, にとって国, のため, の前, の真に

▼ 今呼んだ~ (6, 0.0%)

3 のは 1 って彼奴宿, 声が, 怖ろ

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 のため, の方, の為, へ帰っ, へ帰らん, 越えを

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 であり妻, に向, に向っ, の死, の許, れを

▼ 今幾人~ (6, 0.0%)

1 あるだらう, いて, いる, かの人, がふたたび, 残って

▼ 今彼方~ (6, 0.0%)

1 から退出, の御, の樹, の橋廊下, の部屋, へ又八

▼ 今~ (6, 0.0%)

2 から往く 1 から後, よりご, をついで, 漢の

▼ 今思ひ~ (6, 0.0%)

1 がけなく, もかけぬ, 出づる能は, 出で, 當りません, 附いた事は

▼ 今思ひ出した~ (6, 0.0%)

1 かのやう, からである, がおれ, けどお, のである, やうに

▼ 今思ひ出す~ (6, 0.0%)

2 のである, 彼は 1 ことは, 儘の

▼ 今明ける~ (6, 0.0%)

1 から, から待ちてろ, ぞ待ち, よ, よ妙, 戸が

▼ 今明日中~ (6, 0.0%)

1 に, には御, には捕縛, には通ずべき, に会堂, に大奥

▼ 今暗い~ (6, 0.0%)

1 ところに, 中で, 中空から, 方が, 海上を, 部屋の

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 となっ, のおかゆ, の光線, の日の, の窓, の風呂

▼ 今為朝~ (6, 0.0%)

1 がきた, とあだな, とはやされ, とまでたたえ, ともいわれたじ, の矢

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 がかった黄, が名高い, には土佐, の名, の女, は明治

▼ 今~ (6, 0.0%)

1 さから, どの, もまだ, 乙若, 乙若の, 牛若生

▼ 今著い~ (6, 0.0%)

1 た, たところ, たばかりの, たエンゲン, た新聞紙, た海岸

▼ 今言っ~ (6, 0.0%)

1 ちゃいけない, ていた, てきかした, てしまう, てみ, てやる

▼ 今詳しく~ (6, 0.0%)

1 お打明け, ここへ, 思出す, 書いて, 語り得ぬが, 述べて

▼ 今読み返し~ (6, 0.0%)

4 てみる 1 てみたら, て見る

▼ 今起き~ (6, 0.0%)

2 て出た 1 て見たら, て顔, 出でたる, 立の

▼ 今迄より~ (6, 0.0%)

1 ひどく面白くなつた, もっともっと恥かしく, モット色々な, 一層滑, 多くなるでしょう, 貧しくなり

▼ 今近々と~ (6, 0.0%)

5 見る其手 1 顔を

▼ 今通った~ (6, 0.0%)

1 のは, 森や, 西洋婦人の, 道が, 馬車の, 馬鹿は

▼ 今開い~ (6, 0.0%)

2 てさしかざした 1 ている, てみる, てゆく, て見ます

▼ 今開ける~ (6, 0.0%)

1 からお前, ぞ, ぞ誰, よ, 気は, 瞼の

▼ 今降り~ (6, 0.0%)

2 つつある, て来た 1 て御座らっした, て来る

▼ 今静か~ (6, 0.0%)

1 です, な動ぜぬ彼, に厳しい, に彼, に空気, に絵

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 たへられたとしても, たまの, 下谷の, 母屋に, 食へ

▼ 今あったら~ (5, 0.0%)

1 さぞ面白い, と今, と昔, 大変な, 相当永く

▼ 今いちいち~ (5, 0.0%)

1 おどろいたん, これを, その論点, 例を, 挙ぐるに

▼ 今いろんな~ (5, 0.0%)

2 人が 1 ことを, ものが, 意味で

▼ 今おも~ (5, 0.0%)

1 かげに, ふごと, ふとたしかあれ, ふと恥, ふの

▼ 今おり~ (5, 0.0%)

2 て来た 1 てゆこう, て湖水, よく江戸

▼ 今かえって~ (5, 0.0%)

2 来て 1 お茶を, こんな顔, 仕合せだ

▼ 今かけ~ (5, 0.0%)

1 ている, てござる, てみます, て出る, て居る

▼ 今からじゃ~ (5, 0.0%)

1 あまり遅, だけんど, とても切符, どうにも, ないと

▼ 今からの~ (5, 0.0%)

1 僕は, 変わりない愛, 宮を, 手入れは, 結婚が

▼ 今くわしく~ (5, 0.0%)

1 いって, これを, その顔かたち, 言って, 訳を

▼ 今じっと~ (5, 0.0%)

1 すかして, チロの, 女の, 私を, 見ると

▼ 今どうも~ (5, 0.0%)

2 記憶に 1 ないのに, 御挨拶, 遲く

▼ 今なんと~ (5, 0.0%)

1 いった, いやったか, 申した子, 言ったんだい, 言った目黒

▼ 今ひどく~ (5, 0.0%)

1 その罰, 心臓と, 恐れて, 疲れたり, 緊迫した

▼ 今へん~ (5, 0.0%)

2 な街 1 な壮士, な女, な怪物

▼ 今ほとんど~ (5, 0.0%)

1 その証拠, 学校中の, 寝まき, 相平均, 自分の

▼ 今ほどの~ (5, 0.0%)

1 人気役者では, 地獄は, 失礼は, 好時期, 幅利でも

▼ 今ほどは~ (5, 0.0%)

1 ありがとう, お世話に, また廚裡, やらない時分, 寔に

▼ 今まのあたり~ (5, 0.0%)

1 であるに, に変った, に生き, に見る, 又更に

▼ 今もの~ (5, 0.0%)

1 の形, をいった, をいふ, 來て, 来て

▼ 今ゆく~ (5, 0.0%)

4 先も 1 サルタムの

▼ 今ようよう~ (5, 0.0%)

1 この相馬中村, ごく僅か覚る, その気まぐれ, ほんとに今ようよう, 晨の

▼ 今わかる~ (5, 0.0%)

1 という本, ところが, よ, ようだ, ような

▼ 今わたしたち~ (5, 0.0%)

1 が坐っ, のつかう, の生んだ, の腰掛け, はこ

▼ 今一たび~ (5, 0.0%)

2 戻りくれよ 1 せよさらば, は, はあはれ桂

▼ 今一人若人~ (5, 0.0%)

5 の肩

▼ 今一代此方~ (5, 0.0%)

3 から進ぜなかつたら 1 から進ぜないなら, から進ぜなかったら

▼ 今一切~ (5, 0.0%)

1 から別れ, が僕, の禍, は明白, 残らずそういった

▼ 今一台~ (5, 0.0%)

2 の飛行機 1 の人力車, の箱自動車一九三六, は町

▼ 今一度私~ (5, 0.0%)

1 にお預け, の主人, の変装姿, の専門, は自分

▼ 今一杯~ (5, 0.0%)

1 すすめた, で使役, になつ, に射し込ん, やって

▼ 今一種~ (5, 0.0%)

1 あること, あるよう, のミイラ, の名詞, の異名

▼ 今乗っ~ (5, 0.0%)

3 て来た 1 ている, て見ましょう

▼ 今云おう~ (5, 0.0%)

2 とする 1 とし, と思っ, と思ってる

▼ 今仕事~ (5, 0.0%)

2 をし 1 が多く, の口, は忙しい

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 に貸す, の一例, の二件, の諸君, 出前の

▼ 今何ん~ (5, 0.0%)

1 だか, でも, とか云わなかった, と申, な狂言

▼ 今何故~ (5, 0.0%)

1 こんな時, に支那, に斯く, に来, の降臨

▼ 今信長~ (5, 0.0%)

1 がなお, に反, のあっさり, の前, へ報ら

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 に書い, のへん, の事, へ行く, を

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 にない, にゐません, に入り, に居る, 治と

▼ 今出来る~ (5, 0.0%)

1 だけ古く, もので, ものは, 丈けの, 丈ため

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 つた乘換切符, つて, の東海道線鉄橋下, の渡, の渡し昔

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 から醒された, ではなく, に墓場, の中, の起こる

▼ 今大した~ (5, 0.0%)

2 景気で, 苦情には 1 問題では

▼ 今大変~ (5, 0.0%)

1 な危険, な評判, に危うい, に危険, 忙しくて

▼ 今奈良~ (5, 0.0%)

4 の宮 1 から帰った

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 から私たち, にあっ, に来, のほう, へはいった

▼ 今始めて~ (5, 0.0%)

1 いとしさ, この町, 囁く大事, 帰る, 書くこと

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 が入, が大変, の処, の療治, を喰っ

▼ 今実際~ (5, 0.0%)

1 にこの, にみた, に少し, 彼を, 眼の

▼ 今寄っ~ (5, 0.0%)

2 て来た 1 てきた, て来ました, て誘う

▼ 今小さい~ (5, 0.0%)

1 お産を, 奴等の, 波動として, 畠の, 胸の

▼ 今已に~ (5, 0.0%)

1 そのいくばく, 之を, 佚亡した, 其身の, 比丘に

▼ 今帰りました~ (5, 0.0%)

41 と母上

▼ 今彼処~ (5, 0.0%)

2 の店 1 で聞い, で飲む, の横手

▼ 今思いだし~ (5, 0.0%)

1 て, てもあんな, てもぞっと, ても堪りません, ても決して

▼ 今戻った~ (5, 0.0%)

21 ぞ, ぞこれ, ぞよ

▼ 今按ずる~ (5, 0.0%)

1 に, に世俗, に安石, に年, に此宴

▼ 今探し~ (5, 0.0%)

2 ている 1 にお出かけ, に来た, に行く

▼ 今新た~ (5, 0.0%)

1 な立場, な考察, に之, に窃盗, に開かれ

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 から帰っ, にお出かけ, の戻り, の芸妓, ぼこりの

▼ 今普通~ (5, 0.0%)

1 に, にある, にいう, には用いられない, の人間

▼ 今書こう~ (5, 0.0%)

2 とし, とする 1 として居る

▼ 今~ (5, 0.0%)

2 の上 1 から一丁, に轟く, のそば

▼ 今此処~ (5, 0.0%)

1 に居る, に打明けよう, に持つ, に集つて, へ出す

▼ 今此處~ (5, 0.0%)

1 でつくす, で搜, で親分, にゐらし, に公表

▼ 今殺された~ (5, 0.0%)

1 ばかりの者, 二人の, 五百万の, 五百万人の, 父親の

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 が何一つ, にこの, に言, の寝, はお

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 がつく, が変, にかかっ, のついた, も魂

▼ 今渡した~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 五十両は, 金だ, 鷹笛を

▼ 今~ (5, 0.0%)

2 やく咲き 1 っとうろつき, っとそれ, 減少並學大

▼ 今珍しく~ (5, 0.0%)

5 響いて

▼ 今生れ~ (5, 0.0%)

4 て初めて 1 てはじめて

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 が無, が闇, の前, の四十九歳, の意地

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 の寺, の棺桶屋, の湯, の辻, へ行っ

▼ 今眺め~ (5, 0.0%)

3 ている 1 てみる, てゐる

▼ 今眼前~ (5, 0.0%)

2 に炎熱 1 に大きな, に暴露, に現われました

▼ 今知った~ (5, 0.0%)

21 のであった, のでご, ようです

▼ 今米友~ (5, 0.0%)

1 がスワ, が凭れ, が縦横無尽, の一撃, は組んずほぐれつし

▼ 今考へれ~ (5, 0.0%)

1 ばこれ, ばそれ, ばわけなく作れた, ばわれ, ば極

▼ 今聴いた~ (5, 0.0%)

1 ところを, ばかりだ, ばかりのあの, 母の, 音響こそは

▼ 今自ら~ (5, 0.0%)

1 この事, その男, にまで如何, の姿, 退きて

▼ 今~ (5, 0.0%)

2 さきみだれ 1 のまばら, の一茎, の収縮

▼ 今見え~ (5, 0.0%)

4 ている 1 てゐた

▼ 今諸君~ (5, 0.0%)

1 と一緒, と共にこの, にわからなけれ, の御, の心

▼ 今貴女~ (5, 0.0%)

2 に進上 1 に書き送らう, は戸塚, 干杓

▼ 今貴様~ (5, 0.0%)

1 が死ん, の働き一つ, の変装, の生, の見た

▼ 今迄よりは~ (5, 0.0%)

1 もう一倍, やや広いひどく, 一層強い, 眼に, 見違えるよう

▼ 今近づい~ (5, 0.0%)

2 ている 1 てくる, てゆく, て来た

▼ 今述べられた~ (5, 0.0%)

2 私の 1 そんな危險, ような, 意味に

▼ 今述べる~ (5, 0.0%)

1 ことは, のは, 場合でなく, 必要を, 感情は

▼ 今迷っ~ (5, 0.0%)

3 ている 1 ていらっしゃる, て居る

▼ 今途中~ (5, 0.0%)

2 で聞いた 1 でおでん, でだんだん, でへんな

▼ 今逢っ~ (5, 0.0%)

1 てきやし, てはいけない, てひと, て居所, て置かなけれ

▼ 今部屋~ (5, 0.0%)

2 の西南端 1 には人影, には甥, に入っ

▼ 今開け~ (5, 0.0%)

1 てはいけません, てはならん, ては困る, てやる, と云つて

▼ 今開けた~ (5, 0.0%)

2 ばかりの裏門 1 戸の, 穴だ, 門の

▼ 今~ (5, 0.0%)

1 といふの, の意義方式, の時, の行, を取れ

▼ 今あがる~ (4, 0.0%)

2 大御軍, 御船泊てぬ

▼ 今あわて~ (4, 0.0%)

1 ちゃいかん, て宴, て逃げだした, て飛び出したらしい

▼ 今いきなり~ (4, 0.0%)

1 あたしの, 死んでからの, 背負い込むの, 駿三の

▼ 今いた~ (4, 0.0%)

1 ところから, のは, 応接間の, 門野は

▼ 今かい~ (4, 0.0%)

3 今はね 1 ている

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 さまの, さまを, ている, てはいけない

▼ 今くらい~ (4, 0.0%)

1 お前の, どん底を, 僕に対する, 僕は

▼ 今くる~ (4, 0.0%)

1 かいま, かくる, かと待つ, か今

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 えったぜ, えりましたよ, がる, ふ一日

▼ 今こうした~ (4, 0.0%)

1 人間学倫理主義的解釈学が, 僧たちの, 悲運を, 願書を

▼ 今これこれ~ (4, 0.0%)

1 だと, のところ, の二人連れ, の人

▼ 今さしあたっ~ (4, 0.0%)

1 ての問題, てはたいへん, て話したい, て金

▼ 今すべて~ (4, 0.0%)

1 がまさしく, のもの, の人間, は一先づ終つたの

▼ 今すれ違った~ (4, 0.0%)

1 のが, 大男に, 葬式の, 馬が

▼ 今そち~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が病, のことば, は何と

▼ 今そっち~ (4, 0.0%)

1 は弟, へいく, へ廻っ, へ行きます

▼ 今それほど~ (4, 0.0%)

1 万寿丸を, 動いちゃ, 大きな變貌, 忙しくない

▼ 今そろそろ~ (4, 0.0%)

1 とあの, 五時に, 出来掛かって, 書きはじめた長篇

▼ 今たしか~ (4, 0.0%)

1 肉食型とか, 葛飾に, 言つたのである, 閉めて

▼ 今たずね~ (4, 0.0%)

1 てみよう, て来た, て行こう, て行っ

▼ 今たとえば~ (4, 0.0%)

1 シリウスの, ララ物資に, 一九三〇年ころに, 次の

▼ 今だったら~ (4, 0.0%)

1 たとい電車, ば譲治さん, 大変欲しい, 皆が

▼ 今つとめ~ (4, 0.0%)

4 ている

▼ 今でもさ~ (4, 0.0%)

2 ういふ 1 う呼ん, う考へられない

▼ 今として~ (4, 0.0%)

1 つまりさ, 何処までも, 何處までも, 見れば

▼ 今とも~ (4, 0.0%)

1 いうべき同時場面, つかぬ幻覚, づなを, 思ほえず

▼ 今どうしても~ (4, 0.0%)

1 出来ないの, 思い出せない, 手が, 書かなければ

▼ 今どうやら~ (4, 0.0%)

1 その連中, 一歩前進の, 奧の, 役に立ちそう

▼ 今なる~ (4, 0.0%)

21 ことを, にせよ

▼ 今にても~ (4, 0.0%)

2 わが証 1 こを, ウテツなどの

▼ 今にまで~ (4, 0.0%)

1 いたって, つづいて, 縮図される, 遺り伝って

▼ 今ねえ~ (4, 0.0%)

1 あと一つの, この会社, たしか田鶴子, 村の

▼ 今のう~ (4, 0.0%)

2 ぢに 1 強いかたち, 良い薬

▼ 今のべた~ (4, 0.0%)

1 ように, 三つの, 演目を, 理屈で

▼ 今はたと~ (4, 0.0%)

1 ひと, ひ耕すとも, へいらない, 聲絶え

▼ 今はという~ (4, 0.0%)

1 お気もち, 日の, 昔の, 言葉に

▼ 今はも~ (4, 0.0%)

1 うその, 少しはっきりと, 早や, 阿摩

▼ 今ひょいと~ (4, 0.0%)

1 判ったよう, 思いついたんで, 欄間を, 気がついて

▼ 今ひょっくり~ (4, 0.0%)

1 と思い出す, 気がついたん, 目を, 見えなくなったあの

▼ 今ふたたび~ (4, 0.0%)

1 めぐり会うや, 岬の, 浮かび出して, 頑強に

▼ 今まことに~ (4, 0.0%)

1 あの國, この語, その國, 美しい安見児

▼ 今まざまざ~ (4, 0.0%)

1 と居る, と眼, と見えるだろう, 見た棺

▼ 今まず~ (4, 0.0%)

2 易筮を 1 偶然について, 問題である

▼ 今までが~ (4, 0.0%)

1 あの有様, 三十円だ, 不真面目, 今まで

▼ 今までにだって~ (4, 0.0%)

1 いまの, 僕は, 機を, 随分働いた

▼ 今までのと~ (4, 0.0%)

1 人を, 同じよう, 違い大体骨組, 違って

▼ 今もな~ (4, 0.0%)

1 ほさうである, 八丁堀の, 床屋さ行っ, 新中納言知盛様

▼ 今われら~ (4, 0.0%)

1 のむっつり, はすべて, を包む, 見ゆ

▼ 今コックリ~ (4, 0.0%)

3 の回転 1 の原因事情

▼ 今ハッキリ~ (4, 0.0%)

1 と分った, と思いだしました, と思い出した, と思い当った

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 去ル千八百余年前日本武尊御東征, 距ル事凡ソ三千年前, 距ル二千六百年前, 距ル十五六年当時函陵酒量超

▼ 今一年~ (4, 0.0%)

1 といふ處, と半年, もしたら, や半年

▼ 今一度ここ~ (4, 0.0%)

1 で会おう, で繰返させる, で繰返した, へはずし

▼ 今一度これ~ (4, 0.0%)

1 を写生, を寫生, を救うであろう, を許容

▼ 今一度眼~ (4, 0.0%)

1 をこすった, をコスリ, を平原, を瞠

▼ 今一息~ (4, 0.0%)

1 ついて, という所, と踏, 入れて

▼ 今一時間~ (4, 0.0%)

1 の中, も立っとったなら, も過ぎたら, 早かったら

▼ 今一面~ (4, 0.0%)

1 かうし, につつじ, に擴, の花ざかり

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 図見た, 図足の, 圖此悽愴たる, 正義の

▼ 今丑松~ (4, 0.0%)

1 が腰掛け, の傍, の母指, の胸

▼ 今主人~ (4, 0.0%)

1 の弟, はいません, は船, を呼ん

▼ 今乗った~ (4, 0.0%)

1 ばかりの豊志賀, 一乗客の, 下らしい, 女は

▼ 今九時~ (4, 0.0%)

1 すこし前, 少し前, 少し廻つた, 打ちました

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 の伝, の始終, の序, を挙げる

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 此慘あり, 此灯の, 此裁判長も, 至大有所得

▼ 今伝わっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていなく

▼ 今何と~ (4, 0.0%)

1 なしうるおされ, 云つた, 答を, 言ひます

▼ 今俺達~ (4, 0.0%)

1 がガンバラ, がフンバラ, は五月祭, は毎日

▼ 今僕等~ (4, 0.0%)

2 の歩い 1 が入っ, が坐っ

▼ 今入った~ (4, 0.0%)

1 のが, ばかりの松ヶ谷学士, 入口の, 板戸の

▼ 今全然~ (4, 0.0%)

2 暗黒に 1 失敗し, 見られなかった

▼ 今共に~ (4, 0.0%)

1 協力し, 立ち留り, 計るべしされど, 閨に

▼ 今出かけ~ (4, 0.0%)

1 ていった, てはドーブレク, て来た, て行った

▼ 今出す~ (4, 0.0%)

1 からまア, とすれ, 所の, 書類で

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 からこっち, にわれ, のところ, の高村さん

▼ 今動い~ (4, 0.0%)

1 ている, てみた, てゐる, て居る

▼ 今千部~ (4, 0.0%)

2 に満たず, に滿

▼ 今叔父~ (4, 0.0%)

1 が居た, や持主, を迎え, 御が

▼ 今取り出し~ (4, 0.0%)

2 て見 1 てその, て来た

▼ 今取出し~ (4, 0.0%)

1 てそのまま, て見, て見る, て読ん

▼ 今咲い~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ています, てます

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 と云, に下り, に下りん, に俯

▼ 今大阪~ (4, 0.0%)

1 からこんな, から電話, にいる, にゐます

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 から薪木, つ神, に轟く, を仰ぎ見る

▼ 今子供~ (4, 0.0%)

1 が出, の咽び泣く, の間, を甘やかす

▼ 今学校~ (4, 0.0%)

1 から帰った, が始まった, は休み, をやめさし

▼ 今~ (4, 0.0%)

3 の外 1 へはい

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 と早, と肴, と非道いよ, シ廣クテ近代的様式

▼ 今少し何とか~ (4, 0.0%)

1 なしよう, 景気を, 考へねば, 良き結果

▼ 今帰ろう~ (4, 0.0%)

1 かといらいら, と思っ, と立ちかけた, と考え

▼ 今幸い~ (4, 0.0%)

1 にこれ, にも兄弟相, に何, 山鹿の

▼ 今広く~ (4, 0.0%)

1 この人間世界, 世間の, 事実について, 流布し

▼ 今庸三~ (4, 0.0%)

1 の前, は別に, は文字どおり胸, は自分

▼ 今~ (4, 0.0%)

3 之丞 1 を放れた

▼ 今思い出せない~ (4, 0.0%)

1 がこんな, が何, けれどその, のです

▼ 今悪い~ (4, 0.0%)

2 時季な 1 有様に, 風邪が

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 なるもの, に来れ, に與, れ其成規

▼ 今戦争~ (4, 0.0%)

1 が終った, だぜ, に行つて, をやる

▼ 今~ (4, 0.0%)

3 つたお父さんも 1 つて来た

▼ 今振り返っ~ (4, 0.0%)

2 てみる 1 てこれ, て考え

▼ 今教え~ (4, 0.0%)

1 てあげます, ていた, ている, て上げる

▼ 今文学~ (4, 0.0%)

1 と呼ぶ, におけるリアリズム, の信仰起原説, を語り

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 ぞ落つれ, は山々, は西, をうけた

▼ 今~ (4, 0.0%)

3 は昔 1 の遊蕩

▼ 今更に~ (4, 0.0%)

3 なつて 1 なつて来月

▼ 今書き~ (4, 0.0%)

1 おわった原稿, ながらも念, ながらフト, 終った手紙

▼ 今朝方~ (4, 0.0%)

1 ですがね, と同じ, まで八方, 御病中

▼ 今~ (4, 0.0%)

4 岡の

▼ 今死に~ (4, 0.0%)

1 そうな, そうに, つつある, 直面し

▼ 今死ね~ (4, 0.0%)

1 ば大, ば忽ち, ば暗から暗, 己は

▼ 今残ってる~ (4, 0.0%)

1 のは, 椿岳の, 見事な, 馬琴日記の

▼ 今殺し~ (4, 0.0%)

1 てしまう, てしまつて, てしまふ, てやる

▼ 今気がついた~ (4, 0.0%)

1 けど今年, という風, のである, ように

▼ 今汽車~ (4, 0.0%)

1 がその, が著い, の来る, を下りた

▼ 今泣い~ (4, 0.0%)

1 ていた, ています, てたん, てはいぬ

▼ 今~ (4, 0.0%)

2 で運漕業 1 で泳い, べに立っ

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 のそこ, の中, の外, は一段と

▼ 今~ (4, 0.0%)

2 の考 1 の作物, の書いた

▼ 今燈火~ (4, 0.0%)

3 をつけ 1 を持っ

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 が出, が出来た, が有ります, ゐて

▼ 今病気~ (4, 0.0%)

2 のため 1 だし, なん

▼ 今白い~ (4, 0.0%)

1 シャツまで, 卓布を, 摶飯を, 穂で

▼ 今秀吉~ (4, 0.0%)

1 からも心から, の口述, の泥まみれ, の軍

▼ 今立ち~ (4, 0.0%)

1 てアカイア, て休ら, て先鋒, て軍勢

▼ 今笑った~ (4, 0.0%)

1 のと, ばかりの影, 者は, 赤帽の

▼ 今聴い~ (4, 0.0%)

1 ている, てさえも余り, て来た, て見る

▼ 今落ち~ (4, 0.0%)

1 ている, てきた, てゆく, 入らはりますん

▼ 今行きす~ (4, 0.0%)

4 がうた

▼ 今行け~ (4, 0.0%)

1 ば梨, ば此涼場, や日, 胸甲の

▼ 今行われ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 つつある, ていなけれ

▼ 今~ (4, 0.0%)

2 の方 1 におりました, のほう

▼ 今見たら~ (4, 0.0%)

1 つまらない山, またもと通り, エッフェル塔は, 木戸前に

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 つたやう, で荘重, の和名, ひ直した

▼ 今言うた~ (4, 0.0%)

1 ことを, やうに, 裳着の, 道などは

▼ 今言おう~ (4, 0.0%)

2 と思っ 1 かちょっと後で, かもう

▼ 今言ってる~ (4, 0.0%)

1 ところは, のは, ような, んじゃ

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 があった, が面白う, の種, を聞い

▼ 今語る~ (4, 0.0%)

1 ことの, ところに, にはいっそう, 古代には

▼ 今説明~ (4, 0.0%)

1 して, する必要, すれば, を聞いた

▼ 今調べ~ (4, 0.0%)

1 ている, て見, て見た, もの

▼ 今買っ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 て来, とくんだ

▼ 今越え~ (4, 0.0%)

3 て来た 1 て來

▼ 今踏ん~ (4, 0.0%)

3 でいる 1 でゆく

▼ 今迄さ~ (4, 0.0%)

2 ういふ 1 う憎悪, う言

▼ 今返す~ (4, 0.0%)

1 と言っ, のは, わ受取れ, 静かに

▼ 今述べ~ (4, 0.0%)

3 て来た 1 て之

▼ 今連れ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 てゆく, て行く

▼ 今過ぎ~ (4, 0.0%)

1 てゐる, て来た, て行く, 来りし江東梅園前

▼ 今遠く~ (4, 0.0%)

1 の方, 永田町に, 遼東に, 離れて

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 のお客さま, の人, の踊り, を遠く

▼ 今重い~ (4, 0.0%)

1 かという, 病床に, 肺病にな, 責任を

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 には書かれ, に映った, に見ゆる, の

▼ 今閉めた~ (4, 0.0%)

1 のを, ばかりの唐紙, ばかりの扉, ドアを

▼ 今開く~ (4, 0.0%)

1 ときだろう, と朝, 此戸より, 路なら

▼ 今隣り~ (4, 0.0%)

2 の室 1 にだれ, の部屋

▼ 今離れ~ (4, 0.0%)

1 てゐる, で誰, へ出, 岩ん

▼ 今電報~ (4, 0.0%)

1 が, が来た, が来ただ, を打たせました

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 から甘茶, が痛く, に描い, のま

▼ 今頻りに~ (4, 0.0%)

1 お茶を, 人を, 今夜の, 流れつ

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 を合わせた, を吹く, を洗い, を洗つて

▼ 今~ (4, 0.0%)

1 に餌, の上, の鼻面, を降りた

▼ 今鳴る~ (4, 0.0%)

2 かもう 1 は一時, 鐘は

▼ 今あった~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 儘を

▼ 今あつ~ (3, 0.0%)

1 たやう, たら, ちへ

▼ 今あと~ (3, 0.0%)

1 に残った, の一, の半分

▼ 今あなた様~ (3, 0.0%)

1 が地蔵様, のいらっしゃる, の身

▼ 今あら~ (3, 0.0%)

1 と思い出し, ばその, ば此頽勢

▼ 今ありあり~ (3, 0.0%)

1 と捉, と眼, 思い出される

▼ 今あわただしく~ (3, 0.0%)

2 長島の 1 脱いだ舞台

▼ 今いくら~ (3, 0.0%)

1 もわたし, 有つたら, 鈍な

▼ 今いく歳~ (3, 0.0%)

3 のさかり

▼ 今いと~ (3, 0.0%)

1 寒き高嶺, 薄く内部, 誇り顔に

▼ 今いない~ (3, 0.0%)

2 んだ 1

▼ 今いわれた~ (3, 0.0%)

1 何割何分という, 時も, 言葉を

▼ 今うれしい~ (3, 0.0%)

1 からなん, といったわねえ, んだ

▼ 今おいら~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, が門, はいい

▼ 今おっしゃる~ (3, 0.0%)

1 女の, 通りの, 通り闇から

▼ 今おもい出し~ (3, 0.0%)

1 ても妙, ても総身, て考え

▼ 今おもしろい~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものを, 事を

▼ 今おら~ (3, 0.0%)

1 が口, の前, を追いかけ

▼ 今お前様~ (3, 0.0%)

1 がどうしても, が入らっした, が疑はつせえた

▼ 今お母さん~ (3, 0.0%)

1 と肥料, と話, は寂しい

▼ 今お湯~ (3, 0.0%)

1 からあがったらしい, に入っ, の帰り

▼ 今かえった~ (3, 0.0%)

21 ところ

▼ 今かかっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, ておる

▼ 今かけた~ (3, 0.0%)

1 がそつ, ばかりの棺, ばかりの様

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 は相手方, やつたちは, よい足利家

▼ 今こつち~ (3, 0.0%)

1 から云, に同情, を向

▼ 今これ等~ (3, 0.0%)

1 の子供達, の方法, の論文

▼ 今こわれ~ (3, 0.0%)

1 ていく, てしまいました, やすいよう

▼ 今こんなにも~ (3, 0.0%)

2 幸福の 1 明るい地球

▼ 今こん春~ (3, 0.0%)

3 はとても

▼ 今ごろどこ~ (3, 0.0%)

1 かの小さな, に何, へ

▼ 今さかん~ (3, 0.0%)

1 に武器, に焼け, に稽古

▼ 今しいて~ (3, 0.0%)

2 自らこの 1 次郎を

▼ 今しっかり~ (3, 0.0%)

1 しないと, と幸福, 考えること

▼ 今しづか~ (3, 0.0%)

1 にし, に何ごと, に振り

▼ 今しらべ~ (3, 0.0%)

1 ている, てみ, てみました

▼ 今すこしも~ (3, 0.0%)

3 離れがたき

▼ 今すれちがった~ (3, 0.0%)

1 のは, 時どこかで, 自動車の

▼ 今そうした~ (3, 0.0%)

1 彼の, 思いに, 苦しみの

▼ 今そっと~ (3, 0.0%)

1 抜足を, 来て, 立って

▼ 今それ等~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の器

▼ 今ぞろぞろ~ (3, 0.0%)

2 と歩い 1 帰って

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 あだいぶ, あち, とし

▼ 今たった~ (3, 0.0%)

1 一つの, 一人で, 一人の

▼ 今だけは~ (3, 0.0%)

1 こんな風, ゆるす, 何も

▼ 今だしぬけ~ (3, 0.0%)

1 にあらわれ, にそんな, に東京

▼ 今だっても~ (3, 0.0%)

1 きっとお, まだ誤解, やはり寂しい

▼ 今だれ~ (3, 0.0%)

1 かがジャン・ヴァルジャン, か来た, の仕事着

▼ 今ちゃんと~ (3, 0.0%)

1 こうしてこっち, よむもの, 持ってるん

▼ 今つく~ (3, 0.0%)

2 熱きひと息 1 だに屋さんに

▼ 今つけ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てやる, て行った

▼ 今つれ~ (3, 0.0%)

1 て来, て歸ら, の婦人

▼ 今でしたら~ (3, 0.0%)

1 十円出ましょう, 電気で, 飛行機にも

▼ 今でなくっ~ (3, 0.0%)

2 てもいい 1 ていい

▼ 今としては~ (3, 0.0%)

1 いいもの, ただ双方, 最上という

▼ 今とりかかっ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 今どっち~ (3, 0.0%)

1 かという, かにきめなけれ, へ取り掛かっ

▼ 今どんどん~ (3, 0.0%)

1 お金が, 射向ける矢, 水面に

▼ 今なかなか~ (3, 0.0%)

1 の人気, よめるの, 丹念に

▼ 今なにか~ (3, 0.0%)

1 いったかい, お言いつけ, 聞いたか

▼ 今なほ私~ (3, 0.0%)

1 が彼, の眼底, の耳

▼ 今なんか~ (3, 0.0%)

1 仔馬が, 私は, 面白いでしょう

▼ 今なんだか~ (3, 0.0%)

1 ウラゴーゴルのけだ, 知らないけれど, 足の

▼ 今なんにも~ (3, 0.0%)

1 惜むな, 比較する, 見えないん

▼ 今に迄~ (3, 0.0%)

2 るまで 1 りて

▼ 今ので~ (3, 0.0%)

1 出拂つた, 呼覚され, 少し酔っ

▼ 今はからずも~ (3, 0.0%)

1 この研究所, それを, 引き分けられて

▼ 今はじまろう~ (3, 0.0%)

1 とし, として全す, とする

▼ 今はや~ (3, 0.0%)

1 とせ, 暮れぬかな, 観念し

▼ 今ひと~ (3, 0.0%)

1 りつきりで, 刻の, 思いに

▼ 今ひろ子~ (3, 0.0%)

1 から電話, が住ん, は却って

▼ 今ほんとう~ (3, 0.0%)

1 に夜明け, に脱線, に行われたらしい

▼ 今までだっても~ (3, 0.0%)

1 ずいぶんごたごたした, ずいぶん舟, 顔を

▼ 今までで~ (3, 0.0%)

1 一番の, 一番大きい, 見た

▼ 今までとて~ (3, 0.0%)

1 ときどき矢代, 日本と, 船中の

▼ 今までのが~ (3, 0.0%)

1 あまり汚れました, 優れた作, 寝惚けた音

▼ 今までのとは~ (3, 0.0%)

1 少し意味, 打って, 違ったもの

▼ 今までよりか~ (3, 0.0%)

1 ずっと鮮明, 一層姉妹, 気持が

▼ 今までを~ (3, 0.0%)

1 夢と, 最後に, 省みて

▼ 今ま貴~ (3, 0.0%)

1 嬢の, 嬢は, 嬢を

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 ている, てえ, てきたれる

▼ 今むこう~ (3, 0.0%)

1 から来る, から見る, の空

▼ 今めかしい~ (3, 0.0%)

1 品の, 意見を, 洋服を

▼ 今めかしき~ (3, 0.0%)

1 事ながら, 文化の, 石煉瓦の

▼ 今もか~ (3, 0.0%)

1 くる念珠, はらず, へりみられないの

▼ 今もかの~ (3, 0.0%)

1 水色眼鏡の, 町人どもに, 辺には

▼ 今もしも~ (3, 0.0%)

1 こういう場面, その辺り, と思っ

▼ 今もっと~ (3, 0.0%)

1 大きなもの, 若ければ, 読みなおして

▼ 今もどっ~ (3, 0.0%)

1 ていたずらに, て來, て来た

▼ 今もね~ (3, 0.0%)

1 お児さん連れ, そこへ, 兼ちゃんが

▼ 今やった~ (3, 0.0%)

1 そんな断末魔, 残忍な, 真珠が

▼ 今ゆくりなく~ (3, 0.0%)

1 これに, も泛び, も立ち止

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 ひもいねよ, 以後汝が, 後天皇の

▼ 今よみかえし~ (3, 0.0%)

2 てみる 1 やっぱりこういう

▼ 今をも~ (3, 0.0%)

1 知れない老人, 知れぬこの, 話して

▼ 今をもって~ (3, 0.0%)

2 古を 1 考うる

▼ 今イギリス~ (3, 0.0%)

1 とアメリカ, とフランス, の半

▼ 今スグ~ (3, 0.0%)

1 来マスカラ, 行キマス, 行クカラムコウノポストノソバニイテオクレという

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 ちから, ところ, まの

▼ 今一二~ (3, 0.0%)

1 の例, の場合, を挙

▼ 今一人別~ (3, 0.0%)

1 の吾輩, の自分, の青年

▼ 今一人車~ (3, 0.0%)

1 に乘りつ, を乗りつけける, を乘りつ

▼ 今一度あなた~ (3, 0.0%)

1 に会わなけれ, に教え, のお目にかかっ

▼ 今一度そこ~ (3, 0.0%)

3 いら

▼ 今一度京都~ (3, 0.0%)

1 に出, へ向かいたい, へ行つて墓守り

▼ 今一度声~ (3, 0.0%)

1 に出し, を高く, を高め

▼ 今一度自分~ (3, 0.0%)

1 の口, の胸, の足下

▼ 今一度言~ (3, 0.0%)

1 つて, ふべき折, へば

▼ 今一組~ (3, 0.0%)

2 の商人態 1 の撲り

▼ 今三年~ (3, 0.0%)

3 の後

▼ 今三造~ (3, 0.0%)

1 の告白, の眼, は世間

▼ 今上っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てき, て行った

▼ 今下りた~ (3, 0.0%)

2 山の 1 沢の

▼ 今与えた~ (3, 0.0%)

1 ような, 定義では, 簡単な

▼ 今与えられた~ (3, 0.0%)

2 のである 1 天分と

▼ 今世間~ (3, 0.0%)

1 で要求, にて議院, をさわがせ

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 から出し, が一番あと, に取捲い

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 なしの, なる單吟, に文化形態

▼ 今~ (3, 0.0%)

2 にとつて 1 の手許

▼ 今二三~ (3, 0.0%)

2 の例 1 を挙げ

▼ 今二十面相~ (3, 0.0%)

2 はその 1 のぶらさがっ

▼ 今二千円~ (3, 0.0%)

1 の釣, も奮, をイタブッ

▼ 今二等車~ (3, 0.0%)

1 で乗客, にある, の方

▼ 今云いたい~ (3, 0.0%)

3 ことは

▼ 今五人~ (3, 0.0%)

1 とも屍室, の恋人, の産婦

▼ 今五郎~ (3, 0.0%)

1 はその, はやっと, は思う

▼ 今人々~ (3, 0.0%)

1 には気づかぬ, は多く語つて, を自分

▼ 今人間~ (3, 0.0%)

1 が二人, の形, の頭

▼ 今仮り~ (3, 0.0%)

1 にさう呼ぶ, に容れ, に食物

▼ 今仰っし~ (3, 0.0%)

1 ゃったのは, ゃったように余りに, ゃった新九郎さまへ

▼ 今休ん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 で行かしやんせ

▼ 今会う~ (3, 0.0%)

1 ことが, のは, までの間

▼ 今会っ~ (3, 0.0%)

1 たっていい, てきた, て見る

▼ 今伸子~ (3, 0.0%)

1 と別居, にはそういう, の心

▼ 今偶然~ (3, 0.0%)

1 この作, にも腰掛けた, の機會

▼ 今入る~ (3, 0.0%)

3 我は

▼ 今六十~ (3, 0.0%)

1 だから, だが, だし

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 を再説, を言, ノ二三

▼ 今其処~ (3, 0.0%)

1 で同, で植物, に足

▼ 今冷やか~ (3, 0.0%)

1 なる其の, な山懐, になつ

▼ 今出かける~ (3, 0.0%)

1 ところであった, 前に, 所だ

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 な人たち, な悲しみ, の名

▼ 今到る~ (3, 0.0%)

2 ところに 1 夜に

▼ 今力強く~ (3, 0.0%)

1 彼を, 意識しだした, 立ち上り堅実

▼ 今医者~ (3, 0.0%)

1 が戻, の市川楽翁, をよびます

▼ 今十一時半~ (3, 0.0%)

1 だ, になる, ばかりです

▼ 今十九~ (3, 0.0%)

1 にもなっ, のおし, の夏子

▼ 今半分~ (3, 0.0%)

1 だけ払つて, に破い, ほど積みました

▼ 今単に~ (3, 0.0%)

1 この認識論, 経済上より, 観念的な

▼ 今去っ~ (3, 0.0%)

3 て行った

▼ 今参る~ (3, 0.0%)

2 今参る 1 まで静か

▼ 今召し~ (3, 0.0%)

1 ている, てお出で, 上つた

▼ 今叱られた~ (3, 0.0%)

1 ばかりなん, ばかりの狭い, ばかりの狹

▼ 今啼いた~ (3, 0.0%)

2 烏が 1 鴉が

▼ 今困っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 今図らず~ (3, 0.0%)

1 もこうして, もめぐり会った, も故人

▼ 今坐つ~ (3, 0.0%)

3 てゐる

▼ 今売る~ (3, 0.0%)

1 のは, のを, 下り酒の

▼ 今大いに~ (3, 0.0%)

1 必要な, 知りたがって, 駭い

▼ 今大事~ (3, 0.0%)

1 な点, な身体, を語る

▼ 今太郎~ (3, 0.0%)

1 おい今太郎, が風邪, に次郎

▼ 今太陽~ (3, 0.0%)

1 が, の光, の昇る

▼ 今女中~ (3, 0.0%)

1 に導かれた, や料理番, をとり

▼ 今女性~ (3, 0.0%)

2 は月 1 の真美

▼ 今始めた~ (3, 0.0%)

1 ことの, ばかしなん, ばかりぢ

▼ 今完全~ (3, 0.0%)

1 な戦い, に私自身, を悦ぶ

▼ 今官一君~ (3, 0.0%)

1 がいま, の姿, の第

▼ 今宜しく~ (3, 0.0%)

1 其意を, 封を, 御後援

▼ 今実に~ (3, 0.0%)

1 苦悶の, 酷い目, 非常な

▼ 今寝た~ (3, 0.0%)

1 がねえ何, ばかり, ばかりの雨戸

▼ 今寝る~ (3, 0.0%)

1 が寒い, ところな, ところ博文館からは

▼ 今居なく~ (3, 0.0%)

3 なつたら

▼ 今居りまし~ (3, 0.0%)

3 ても未だ

▼ 今居ります~ (3, 0.0%)

1 モヨ子と, 安泊り, 田舎の

▼ 今届いた~ (3, 0.0%)

1 のである, 中島善照寺の, 手紙を

▼ 今山たづ~ (3, 0.0%)

3 ね尋ね

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 かどにぶつけた, が濤, に腰

▼ 今~ (3, 0.0%)

2 の水 1 に火焔

▼ 今幽霊~ (3, 0.0%)

2 ありと 1 も遊び

▼ 今幾時~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, です

▼ 今彼奴~ (3, 0.0%)

1 が倒れた, にこんな, は

▼ 今得た~ (3, 0.0%)

1 ばかりのこの, まどかな, 結果から

▼ 今必要~ (3, 0.0%)

1 なこと, なの, な限り

▼ 今忽ち~ (3, 0.0%)

1 報ひ来, 暇の, 破れ団扇と共に

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 つて御覧なさい, ッちゃ, 濤と

▼ 今怒られ~ (3, 0.0%)

3 ては法

▼ 今~ (3, 0.0%)

2 ろしい 1 ぢず

▼ 今思いついた~ (3, 0.0%)

1 ことで, のか, んだ

▼ 今思い出しました~ (3, 0.0%)

1 がその, が水天宮様, が泥棒

▼ 今思い合せる~ (3, 0.0%)

1 とあれ, とこの, と貴殿

▼ 今急い~ (3, 0.0%)

1 でいるで, で千早館, で正札

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 もつかず, をつめ, を入れ

▼ 今想起~ (3, 0.0%)

3 する

▼ 今愛する~ (3, 0.0%)

1 ものの, 照の, 者が

▼ 今感ずる~ (3, 0.0%)

1 ところは, ような, よりももっと

▼ 今房一~ (3, 0.0%)

1 の右, の顔, は向

▼ 今手紙~ (3, 0.0%)

1 の封, を寄越し, を書い

▼ 今打った~ (3, 0.0%)

2 のは 1 大砲で

▼ 今打つ~ (3, 0.0%)

2 鐘は 1 この畑

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 はつたお, はつて, わった

▼ 今承われ~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば当方, ば殿さま

▼ 今投げた~ (3, 0.0%)

1 お賽錢, 鉄槌の, 鍵を

▼ 今指さし~ (3, 0.0%)

2 てやる 1 給ふ

▼ 今掲げ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てある

▼ 今描い~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てゐる

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 にもやすやす, の討手, は眼前

▼ 今新しき~ (3, 0.0%)

1 時代の, 芸術の, 香りを

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 おた, かにわれ, 渡さないでも

▼ 今明け~ (3, 0.0%)

1 てお, てやる, て見たら居ねえ

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 ならぬ輕氣球, を得た, 平に突然みそ

▼ 今晴れた~ (3, 0.0%)

2 かと思う 1 かと思ふ

▼ 今暫し~ (3, 0.0%)

1 にて忘れ, 五大洲上を, 傍に

▼ 今書かう~ (3, 0.0%)

2 と思つて 1 とする

▼ 今書きかけ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ている

▼ 今書きたい~ (3, 0.0%)

1 ことが, なに押され, ものが

▼ 今書く~ (3, 0.0%)

1 というの, のは, ものを

▼ 今最後~ (3, 0.0%)

1 に彼, の戦ひ, の歯車

▼ 今朝顔~ (3, 0.0%)

1 の鉢, を作っ, を作れ

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 から目, の身, を持っ

▼ 今来るべき~ (3, 0.0%)

2 時代に 1 工藝を

▼ 今業平~ (3, 0.0%)

1 と世評, と言われた, の称

▼ 今~ (3, 0.0%)

2 と縦 1 に払った

▼ 今横須賀線~ (3, 0.0%)

3 に多い

▼ 今正しく~ (3, 0.0%)

1 これらの, その岐路, 浴場に

▼ 今歩き~ (3, 0.0%)

1 つつある, ながら感じた, ながら考

▼ 今死なう~ (3, 0.0%)

2 としてゐる 1 としてゐ

▼ 今死のう~ (3, 0.0%)

1 とし, とする, とは思いがけなかったろう

▼ 今~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ 今残る~ (3, 0.0%)

1 あの一軒家, 書物では, 金物類としては

▼ 今残念~ (3, 0.0%)

2 ながらそれ 1 なこと

▼ 今殺す~ (3, 0.0%)

1 という, という有様, のは

▼ 今殺そう~ (3, 0.0%)

2 と云う 1 と思い込ん

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 をしめし, を与へた, を持つ

▼ 今決して~ (3, 0.0%)

1 それを, そんなもの, 無意味で

▼ 今泣きやんだ~ (3, 0.0%)

2 ように 1 やうに

▼ 今流行っ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ている, て居る

▼ 今流行る~ (3, 0.0%)

2 本な 1 簡便式な

▼ 今渡った~ (3, 0.0%)

2 分には 1 橋は

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 の円座, をあんなに, を起します

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 の論理, 名丸の, 所得証明書と

▼ 今無い~ (3, 0.0%)

1 ことが, ちょうど間に合う, よ困ります

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 やうな, らざる, る能わざるもの

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 が鳴いた, に食物, は無辜

▼ 今生きる~ (3, 0.0%)

1 か死ぬ, ことの, 希望を

▼ 今生憎~ (3, 0.0%)

1 その時間, ほかに, 手許に

▼ 今産む~ (3, 0.0%)

2 時に 1 可き

▼ 今甲板~ (3, 0.0%)

1 でさわい, に腹巻, へ出た

▼ 今申し上げよう~ (3, 0.0%)

1 と思う, と思っ, と思つて

▼ 今申す如く~ (3, 0.0%)

1 世界が, 無証拠, 発育盛りの

▼ 今異常~ (3, 0.0%)

1 なる混乱, に苦しん, に鋭く

▼ 今病ん~ (3, 0.0%)

1 では事毎, でゐる, で居る

▼ 今登った~ (3, 0.0%)

1 ところすなわち, 一〇一〇メートルくらいの, 高原君あれは

▼ 今皆懺悔~ (3, 0.0%)

1 しつかりしろ, すべきである, そして私

▼ 今相手~ (3, 0.0%)

1 が買った, に名, に見えなかった

▼ 今眠っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ては危険

▼ 今知らせ~ (3, 0.0%)

1 が入った, が入りました, て来

▼ 今磨いだ~ (3, 0.0%)

1 ばかりといふ刄, ばかりの剃刀, ばかりの庖丁

▼ 今社会~ (3, 0.0%)

2 の即ち 1 の問題

▼ 今私ども~ (3, 0.0%)

1 の借り, の方, の道具

▼ 今私自身~ (3, 0.0%)

1 について信じる, の外, の言葉

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 となっ, になり, の光線

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 に浮ん, のうへ, は悲しい

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 から伝書バト, の下, を開け

▼ 今立たすらし~ (3, 0.0%)

1 夕狩に, 御執らし, 暮猟に

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 がいくら, が不足, を炊い

▼ 今紀文~ (3, 0.0%)

1 だと, と云われる, と称え出した

▼ 今終った~ (3, 0.0%)

1 からだ, ところで, ばかりな

▼ 今美しい~ (3, 0.0%)

1 コロンビイヌが, 五月の, 声で

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 の眼, 先生にも, 夫人の

▼ 今老い~ (3, 0.0%)

2 て七十路 1 たり戦陣

▼ 今自分達~ (3, 0.0%)

1 がかうし, が掘りかえした, の見

▼ 今舞台~ (3, 0.0%)

1 では一人, で見る, は

▼ 今花巻~ (3, 0.0%)

2 に着いた 1 を発つ

▼ 今苦し~ (3, 0.0%)

1 がつて, がる郁太郎, さうに喘い

▼ 今苦しい~ (3, 0.0%)

1 には違い, のわかれ, んだ

▼ 今苦しん~ (3, 0.0%)

2 でゐる 1 でいる

▼ 今葉子~ (3, 0.0%)

1 が威勢, との恋愛, は思いがけなく

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 を持っ, を背負った, を脱いだ

▼ 今裏門~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, に立っ, のほう

▼ 今西~ (3, 0.0%)

1 になる, に沈みかけ, の市

▼ 今西洋~ (3, 0.0%)

1 だけが文明開化, にて東洋学研究, に発達

▼ 今見えた~ (3, 0.0%)

1 のだ, もんだ, 黄色い輪ね

▼ 今親しく~ (3, 0.0%)

1 その画, われの, 身に

▼ 今言いました~ (3, 0.0%)

1 よ, 事業で, 外浜を

▼ 今計らず~ (3, 0.0%)

1 も平常, 君に, 素子に

▼ 今記憶~ (3, 0.0%)

1 して, に残っ, を働かし

▼ 今詫びた~ (3, 0.0%)

2 からとて甲斐はなし 1 からとて甲斐

▼ 今話します~ (3, 0.0%)

21 が誰

▼ 今語っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てくれた, てみたい

▼ 今語ろう~ (3, 0.0%)

1 とし, とする, と思ってない

▼ 今読め~ (3, 0.0%)

2 ば通俗小説 1 ばまた

▼ 今讀ん~ (3, 0.0%)

1 でい, で今それ, で見る

▼ 今讀んだ~ (3, 0.0%)

1 ものを, 書物の, 物語の

▼ 今起きたらしい~ (3, 0.0%)

1 伜の, 倅の, 郁次郎は

▼ 今起つ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 たこと

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 を引きずっ, を止め, を洗う

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 が半分, が言った, といった落語家

▼ 今辛うじて~ (3, 0.0%)

1 それを, 命を, 起ち上がる其形勢

▼ 今迄が~ (3, 0.0%)

1 冒頭にて, 暢気過ぎ, 精一杯に

▼ 今返し~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てはかえって, 更にダナオイ族

▼ 今返せ~ (3, 0.0%)

2 と強請られる 1 ばいい

▼ 今逃げた~ (3, 0.0%)

1 って後, ばかりだ, 兵が

▼ 今這入った~ (3, 0.0%)

1 ばかりで, ばかりのところ, 女の

▼ 今通り~ (3, 0.0%)

1 すがった二人づれの, の大き, 縋りの

▼ 今通る~ (3, 0.0%)

1 この一隊, ところ木原店の, 娘の

▼ 今逢う~ (3, 0.0%)

1 ても顔, のは, 晃一郎氏は

▼ 今遣らない~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 ところで

▼ 今郷里~ (3, 0.0%)

1 に居ます, の蜀地, の銀行

▼ 今長い~ (3, 0.0%)

1 あいだ夢に, 眠りから, 苦しみの

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 母さんとも, 母様の, 母樣の

▼ 今階下~ (3, 0.0%)

1 からあがっ, で新聞記者連, で話し

▼ 今電話~ (3, 0.0%)

1 がか, でおよびしよう, のベル

▼ 今顧みる~ (3, 0.0%)

1 とおかしい, ときまり, に当たらない

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 が吹かう, の変った, を食らっ

▼ 今飛ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, でもない, で行く

▼ 今食う~ (3, 0.0%)

1 ものを, や食わず, 米が

▼ 今食べ~ (3, 0.0%)

1 ている, てみれ, ても中

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 にちょっと, の構内, をたった

▼ 今~ (3, 0.0%)

1 加索の, 唐州から, 往く鵠

▼ 今高く~ (3, 0.0%)

1 せられて, 汽笛を, 赫々と

▼ 今~ (3, 0.0%)

2 つたのは 1 つたばかしの

▼ 今鳴らし~ (3, 0.0%)

1 てみよう, てみる, てゐる

▼ 今あかるく~ (2, 0.0%)

2 月明に

▼ 今あくよう~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 今あたり~ (2, 0.0%)

1 は奇妙, は焼け野原

▼ 今あっ~ (2, 0.0%)

1 てじつは, て見

▼ 今あなたがた~ (2, 0.0%)

1 の足, はお

▼ 今あはれ~ (2, 0.0%)

1 なり, に思ひやる

▼ 今あぶない~ (2, 0.0%)

1 時な, 目に

▼ 今あまりに~ (2, 0.0%)

1 もはっきり, も見

▼ 今ありません~ (2, 0.0%)

1 から, が文句

▼ 今あんまり~ (2, 0.0%)

1 気が, 言うと

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 ずくに

▼ 今いうごとき~ (2, 0.0%)

1 情実なれ, 業績を

▼ 今いえ~ (2, 0.0%)

1 ばただ, ば日本橋区内

▼ 今いかにも~ (2, 0.0%)

1 取り戻せるよう, 奇妙に

▼ 今いくつ~ (2, 0.0%)

1 になりやした, もここ

▼ 今いささか~ (2, 0.0%)

1 その理由, それへ

▼ 今いちじるし~ (2, 0.0%)

2 若芽萌え立つ

▼ 今いっそう~ (2, 0.0%)

1 根本の, 詳しくこれ

▼ 今いったごとく~ (2, 0.0%)

1 に鋭く, 四直径の

▼ 今いつも~ (2, 0.0%)

1 の婦人雑誌記者, 難しい対熊野勢力

▼ 今いふた~ (2, 0.0%)

1 窓が, 通りミローの

▼ 今いらつ~ (2, 0.0%)

2 しやる

▼ 今いれ~ (2, 0.0%)

1 て出した, ばこんな

▼ 今いわゆる~ (2, 0.0%)

1 刀刃上を, 愛敬商売の

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 かがつた用件, や

▼ 今うっかり~ (2, 0.0%)

1 そんな気ぶり, 悪い事

▼ 今うつっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今うまい~ (2, 0.0%)

1 から沢山, ことを

▼ 今うまく~ (2, 0.0%)

1 まいて, 行ってねえが

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ろう泣い, ろう泣いてた

▼ 今えらい~ (2, 0.0%)

1 プンプンします, 事件起っ

▼ 今おえい~ (2, 0.0%)

1 と丹三郎, に離縁状

▼ 今おかしな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 夢を

▼ 今おくれた~ (2, 0.0%)

1 鳥だつた, 鳥な

▼ 今おこりかかっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今おそらく~ (2, 0.0%)

1 どんな娘さん, 一人も

▼ 今おっしゃっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ても

▼ 今おびただしい~ (2, 0.0%)

2 噴行艇の

▼ 今おまえさん~ (2, 0.0%)

1 のおっしゃった, の家

▼ 今おやすみ~ (2, 0.0%)

1 中, 遊ばしました

▼ 今おります~ (2, 0.0%)

1 かなあ, 下宿に

▼ 今おりる~ (2, 0.0%)

1 わけには, 道は

▼ 今おる~ (2, 0.0%)

1 かな, 家へ

▼ 今おれたち~ (2, 0.0%)

1 が八人, が話し

▼ 今お前達~ (2, 0.0%)

1 に話した, に金

▼ 今お嬢様~ (2, 0.0%)

1 から, の夭折

▼ 今お札~ (2, 0.0%)

1 の降る, を頒

▼ 今お父さん~ (2, 0.0%)

1 から送っ, は仕事

▼ 今お茶~ (2, 0.0%)

1 を一つ, を入れ

▼ 今お話~ (2, 0.0%)

1 がある, の一人

▼ 今お願い~ (2, 0.0%)

1 した書生さん, して

▼ 今かえり~ (2, 0.0%)

1 道であった, 道に

▼ 今かが~ (2, 0.0%)

2 やけり

▼ 今かくする~ (2, 0.0%)

2 ようにと

▼ 今かなた~ (2, 0.0%)

1 に, の森蔭

▼ 今かへ~ (2, 0.0%)

1 して, せといふ

▼ 今かも~ (2, 0.0%)

1 沈め, 知れない

▼ 今からす~ (2, 0.0%)

1 ぐでもいゝですか, ぐまどをおしあけにげ

▼ 今からも~ (2, 0.0%)

1 亦お前, 早や

▼ 今かんがえる~ (2, 0.0%)

1 と実に, と少し

▼ 今きいた~ (2, 0.0%)

1 のだ, 佐渡ヶ島の

▼ 今きく~ (2, 0.0%)

1 と聯想, と藁小屋

▼ 今きけ~ (2, 0.0%)

1 ばくま, ば僕

▼ 今きこえ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 さめが, ひし蕎麥

▼ 今くり返し~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 今くわつ~ (2, 0.0%)

2 と明り

▼ 今ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なると, 暮して

▼ 今こいつ~ (2, 0.0%)

1 が風, に火

▼ 今ことさら~ (2, 0.0%)

1 に自分, 外遊熱を

▼ 今この同じ~ (2, 0.0%)

1 列車に, 電車の

▼ 今ごろこれ~ (2, 0.0%)

1 が三社前, が載る

▼ 今ごろそこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, にゐる

▼ 今ごろ東京~ (2, 0.0%)

1 の真ん中, へ行く

▼ 今さし~ (2, 0.0%)

1 当って, 当つて

▼ 今さしあた~ (2, 0.0%)

1 つての, つて人々が

▼ 今さし迫った~ (2, 0.0%)

1 問題は, 棺の

▼ 今さっき~ (2, 0.0%)

1 までいたんだ, 出しなに

▼ 今さる~ (2, 0.0%)

1 ところで, 望なき

▼ 今さんざん~ (2, 0.0%)

1 ご冗談, 紅茶を

▼ 今しきり~ (2, 0.0%)

1 となだめ, と彼

▼ 今しくやし~ (2, 0.0%)

1 も, も勢語

▼ 今しぼった~ (2, 0.0%)

1 ばかりです, ように

▼ 今しめた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの口蓋, 戸を

▼ 今しゃべっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今しよう~ (2, 0.0%)

1 とし, とする

▼ 今じたばた~ (2, 0.0%)

1 したところ, 騒いでも

▼ 今すぐいろいろ~ (2, 0.0%)

2 入用な

▼ 今すぐどう~ (2, 0.0%)

1 しようといふ, しろとは

▼ 今すこしく~ (2, 0.0%)

1 冷しく相成り候, 端緒を

▼ 今すなわち~ (2, 0.0%)

1 已に好き胥, 親鸞が

▼ 今すやすや~ (2, 0.0%)

1 と思い入り, 眠って

▼ 今せっかく~ (2, 0.0%)

1 出来上った国民歌謡, 読みかけて

▼ 今そうして~ (2, 0.0%)

1 保名狂乱もどきに, 歩いて

▼ 今それだけ~ (2, 0.0%)

1 のお金, の勇氣

▼ 今それどころ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, では

▼ 今たいそう~ (2, 0.0%)

1 倖せらしく, 出世を

▼ 今たけなわ~ (2, 0.0%)

1 になりぬ, の最中

▼ 今たそがれ~ (2, 0.0%)

2 のおとろ

▼ 今たった今~ (2, 0.0%)

1 あの女, 彼の

▼ 今たどっ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 今たふれぬべき~ (2, 0.0%)

2 を知りつ

▼ 今たべ~ (2, 0.0%)

1 ている, て一服

▼ 今だけでも~ (2, 0.0%)

1 妾の, 幸福を

▼ 今だった~ (2, 0.0%)

1 が彼, と足

▼ 今だつたら~ (2, 0.0%)

1 とても飲める, 生命は

▼ 今だには~ (2, 0.0%)

2 つきり

▼ 今ちよい~ (2, 0.0%)

1 と, と失念

▼ 今ちら~ (2, 0.0%)

1 と小母さん, と町家

▼ 今つね~ (2, 0.0%)

1 の話, をやりました

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 まえが, まえの

▼ 今てめえ~ (2, 0.0%)

1 がいった, が俺

▼ 今でさえも~ (2, 0.0%)

1 半分は, 狂わんばかりに

▼ 今ではも~ (2, 0.0%)

1 うごく小さな, だあん

▼ 今でもから~ (2, 0.0%)

1 だ中まっ白, 紙障子や

▼ 今とうとう~ (2, 0.0%)

1 その地金, 先生は

▼ 今ときどき~ (2, 0.0%)

1 に思い出さず, 考える

▼ 今とっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今とに~ (2, 0.0%)

1 区別し, 角民衆を

▼ 今とはずつと~ (2, 0.0%)

1 異つて, 違つてゐ

▼ 今ともかく~ (2, 0.0%)

2 一度人々の

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 つかで, ないしてる

▼ 今どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, じゃなかった

▼ 今どなた~ (2, 0.0%)

1 がお, もいや

▼ 今どやどや~ (2, 0.0%)

1 と社殿, 入って

▼ 今どれほど~ (2, 0.0%)

1 あるか, 僅かな

▼ 今なくなっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ原稿料, ている

▼ 今なし~ (2, 0.0%)

1 つつある, て来た

▼ 今なしうる~ (2, 0.0%)

2 唯一の

▼ 今なにげなく~ (2, 0.0%)

1 出た自分, 振仰いで

▼ 今なにもかも~ (2, 0.0%)

1 夢中で, 忘れて

▼ 今なほそれ~ (2, 0.0%)

1 は完全, は破損

▼ 今なほ俗人~ (2, 0.0%)

1 のこれ, の劇

▼ 今なるべく~ (2, 0.0%)

1 社会との, 鼠に関する

▼ 今における~ (2, 0.0%)

1 如くいと, 尊敬は

▼ 今にて~ (2, 0.0%)

1 ハ日本第, 思へば

▼ 今にの~ (2, 0.0%)

1 方は, 空恃み

▼ 今のぞき込んだ~ (2, 0.0%)

1 所は, 部屋は

▼ 今のでも~ (2, 0.0%)

1 いいらしいの, ですが

▼ 今のみ~ (2, 0.0%)

2 ならじ

▼ 今のむ~ (2, 0.0%)

1 からお前, らくは

▼ 今はいった~ (2, 0.0%)

1 人の, 楼の

▼ 今はか~ (2, 0.0%)

1 たみよ, ひなき恨み

▼ 今はげしい~ (2, 0.0%)

1 苦悶が, 風雨と

▼ 今はじまつた~ (2, 0.0%)

1 ことでなく, 事で

▼ 今はじめてはっきり~ (2, 0.0%)

1 とその, わかったよう

▼ 今はっと~ (2, 0.0%)

1 何かに, 受け取ったの

▼ 今はつきり~ (2, 0.0%)

1 したこと, その子

▼ 今はなつ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 今はね~ (2, 0.0%)

2 坪内先生の

▼ 今はめ~ (2, 0.0%)

1 ている, てもらった

▼ 今はわ~ (2, 0.0%)

2 づかに

▼ 今はん~ (2, 0.0%)

1 また明日, 行かんか

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 たんと閉, たんと閉つて

▼ 今ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく多聞丸, では

▼ 今ひとたび~ (2, 0.0%)

1 そのほお, 振向きぬ

▼ 今ひどい~ (2, 0.0%)

1 生活を, 目に

▼ 今ひよつ~ (2, 0.0%)

1 としたら, と太政官

▼ 今ぴったり~ (2, 0.0%)

1 と金魚, 的に

▼ 今ふたり~ (2, 0.0%)

1 に言っ, の客

▼ 今ふらふら~ (2, 0.0%)

1 して, のこの

▼ 今ふれ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ばらなかったの, 生きて

▼ 今ほどには~ (2, 0.0%)

1 珍らしく思われない, 見ぐるしくは

▼ 今ほども~ (2, 0.0%)

1 北, 申しました児

▼ 今ぼくたち~ (2, 0.0%)

1 には直接必要, にぶっつかった

▼ 今ぼくら~ (2, 0.0%)

1 が自動車, は苦しい

▼ 今まさしく~ (2, 0.0%)

1 平野に, 起こったの

▼ 今まじめ~ (2, 0.0%)

1 な用件, にならなく

▼ 今またこうして~ (2, 0.0%)

1 その後を, 親切に

▼ 今までか~ (2, 0.0%)

1 あやん, へりみずに

▼ 今までからも~ (2, 0.0%)

1 その気持ち, 病身な

▼ 今までさ~ (2, 0.0%)

1 ういふ, うだつた

▼ 今までずつと~ (2, 0.0%)

1 ねて, 家に

▼ 今までつつ~ (2, 0.0%)

1 ましやか, ましやかに

▼ 今までな~ (2, 0.0%)

1 おい欲, まもち

▼ 今までほど~ (2, 0.0%)

1 同情しなくなっ, 心は

▼ 今までや~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, ならんといふ

▼ 今までよりはずつと~ (2, 0.0%)

1 少い報酬, 幸福に

▼ 今みづか~ (2, 0.0%)

1 ら思ふ, ら負ふ

▼ 今むしろ~ (2, 0.0%)

1 各方面, 生き甲斐を

▼ 今めかしく~ (2, 0.0%)

1 いうまでも, 申すに

▼ 今もうすこし~ (2, 0.0%)

1 ではっきり, 暑くなりかけました

▼ 今もう少し~ (2, 0.0%)

1 であなた, で私

▼ 今もどった~ (2, 0.0%)

1 ぞ, よ

▼ 今ものうい~ (2, 0.0%)

2 路に

▼ 今もらった~ (2, 0.0%)

1 ばかりの第, 五十銭玉二つの

▼ 今もネ~ (2, 0.0%)

1 私一人で, 花ちやん

▼ 今やう~ (2, 0.0%)

1 やく覚らしめる, やく蹉

▼ 今やかましく~ (2, 0.0%)

1 云はれ, 云われて

▼ 今やってきた~ (2, 0.0%)

1 のです, 婦人の

▼ 今やって来た~ (2, 0.0%)

1 ばかりの者, トンネルの

▼ 今やつら~ (2, 0.0%)

1 と一戦, の悪霊

▼ 今やはり~ (2, 0.0%)

1 むずかしいところ, オオグスブルグに

▼ 今やらなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば駄目

▼ 今やる~ (2, 0.0%)

1 なと思う, によい

▼ 今よい~ (2, 0.0%)

1 もあそこ, 折と

▼ 今よそ~ (2, 0.0%)

1 でも聞いた, の怖い

▼ 今よりか~ (2, 0.0%)

1 ずっと意味, 半分も

▼ 今よりはずつと~ (2, 0.0%)

1 安定感を, 活

▼ 今わかった~ (2, 0.0%)

1 か, のです

▼ 今わかりません~ (2, 0.0%)

1 か, が

▼ 今わき~ (2, 0.0%)

1 から見, においた

▼ 今われわれ人類~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 今われ最上~ (2, 0.0%)

2 の策

▼ 今ウィーン~ (2, 0.0%)

1 に来た, のワインガルトナー

▼ 今カルル~ (2, 0.0%)

1 が贈物, にはそう

▼ 今ガタ~ (2, 0.0%)

1 という音, といふ音

▼ 今クラム~ (2, 0.0%)

1 がやってくる, が出

▼ 今クリストフ~ (2, 0.0%)

1 とオリヴィエ, の演奏

▼ 今チョット~ (2, 0.0%)

1 不思議に, 喧嘩を

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 一銭八分九厘, 低級ナル所謂文明國民ヲ

▼ 今パッ~ (2, 0.0%)

1 と話す, チリ好い

▼ 今フランス~ (2, 0.0%)

2 大革命

▼ 今ロケット~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, のなか

▼ 今ワイワイ~ (2, 0.0%)

1 言つてゐる, 騒いで

▼ 今一たび相~ (2, 0.0%)

2 見んの

▼ 今一ばん~ (2, 0.0%)

1 こわい, 欠けて

▼ 今一人きり~ (2, 0.0%)

1 で何, になっ

▼ 今一体~ (2, 0.0%)

1 どこに, 何を

▼ 今一冊~ (2, 0.0%)

1 の方, の書物

▼ 今一匹~ (2, 0.0%)

1 の印度猿, の大熊

▼ 今一句~ (2, 0.0%)

1 の中, の入

▼ 今一回~ (2, 0.0%)

1 は実に, は實

▼ 今一団~ (2, 0.0%)

1 の山鳩, の群集

▼ 今一国~ (2, 0.0%)

1 と言い, の政治上

▼ 今一夜~ (2, 0.0%)

1 に長蛇, 語り明かそうという

▼ 今一大事~ (2, 0.0%)

1 が降っ, である

▼ 今一寸一所~ (2, 0.0%)

1 に行っ, に行つて

▼ 今一年中唯一度~ (2, 0.0%)

1 の盛装, の盛裝

▼ 今一度ふり~ (2, 0.0%)

2 返って

▼ 今一度よみ~ (2, 0.0%)

2 かへし

▼ 今一度シャッポ~ (2, 0.0%)

1 を脱い, を脱がず

▼ 今一度二人~ (2, 0.0%)

1 の顔, を呼び出し

▼ 今一度他~ (2, 0.0%)

2 に流用

▼ 今一度冷笑~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 今一度前~ (2, 0.0%)

1 からの考, と違った

▼ 今一度創作~ (2, 0.0%)

1 の世界, の方

▼ 今一度去年以來~ (2, 0.0%)

2 の物語り

▼ 今一度去年以来~ (2, 0.0%)

2 の物語り

▼ 今一度夢~ (2, 0.0%)

1 から醒めた, に描かせられる

▼ 今一度女~ (2, 0.0%)

1 の爲め, や事業

▼ 今一度少女~ (2, 0.0%)

1 の寝顔, の幸福

▼ 今一度念入り~ (2, 0.0%)

1 にコスリ, に敬礼

▼ 今一度日本人~ (2, 0.0%)

1 が過去, の住ん

▼ 今一度窓~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 今一度義雄~ (2, 0.0%)

1 の顏, は大野

▼ 今一度被告~ (2, 0.0%)

1 とジャン, に投げ与

▼ 今一度部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, の内部

▼ 今一度頭~ (2, 0.0%)

1 の中, の痛い

▼ 今一思い~ (2, 0.0%)

1 に出ない, に死んだ

▼ 今一挺~ (2, 0.0%)

1 の駕籠, 新しいの

▼ 今一段上~ (2, 0.0%)

1 の御, の趣味

▼ 今一生懸命~ (2, 0.0%)

1 にさ, に兄

▼ 今一番興味~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を惹かれ

▼ 今一瞬間~ (2, 0.0%)

1 でも油断, もしたら

▼ 今一種奇妙~ (2, 0.0%)

2 な感じ

▼ 今一粒~ (2, 0.0%)

1 でも二粒, 飲んで

▼ 今一羽~ (2, 0.0%)

1 の鷲, もう蛇

▼ 今一脚~ (2, 0.0%)

2 の卓子

▼ 今一般~ (2, 0.0%)

1 に一片, に技術的範疇

▼ 今一遍~ (2, 0.0%)

1 調べること, 調べ間違

▼ 今一陣~ (2, 0.0%)

1 の, の煙

▼ 今一際~ (2, 0.0%)

1 の勉強, の辛抱

▼ 今一首所望~ (2, 0.0%)

2 いたす

▼ 今七之助~ (2, 0.0%)

1 がまっ, を皮肉った

▼ 今七年振り~ (2, 0.0%)

1 で日本, に初めて

▼ 今三代~ (2, 0.0%)

1 に王, の世

▼ 今三十~ (2, 0.0%)

1 だが, の新進

▼ 今三崎町三丁目~ (2, 0.0%)

2 の混雑

▼ 今三時~ (2, 0.0%)

1 ですから, を点

▼ 今三浦~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の山里

▼ 今上げ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来ました

▼ 今上げる~ (2, 0.0%)

1 からちょっと場, ものは

▼ 今下らない~ (2, 0.0%)

1 会話の, 噂なんか

▼ 今下り~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 今不幸~ (2, 0.0%)

1 だだから, つ

▼ 今与八~ (2, 0.0%)

1 がこの, が自分

▼ 今世に~ (2, 0.0%)

1 名高き秀才, 行わるる

▼ 今世の中~ (2, 0.0%)

1 がこんな, を見る

▼ 今世人~ (2, 0.0%)

1 の一般, の見る

▼ 今丞相~ (2, 0.0%)

1 と天下, の軍

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 崖山, 政党の

▼ 今中国~ (2, 0.0%)

1 の事, や関東方面

▼ 今丸木~ (2, 0.0%)

1 のため, の目玉

▼ 今丹後守~ (2, 0.0%)

1 が取り上げた, が取り出した

▼ 今主家~ (2, 0.0%)

1 のお, の安き

▼ 今久しぶり~ (2, 0.0%)

1 でお目にかかった, に自分

▼ 今二三分の裡~ (2, 0.0%)

1 にあった, にあつ

▼ 今二十九~ (2, 0.0%)

1 で五年, になる

▼ 今二十五歳~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 今二十四~ (2, 0.0%)

1 の図書館, の青年

▼ 今二十年~ (2, 0.0%)

1 も過ぎたら, 早く生れしめたなら

▼ 今二十枚~ (2, 0.0%)

1 かき終ったところ, ばかりの評論

▼ 今二年~ (2, 0.0%)

1 である, 生きのびたであろうと

▼ 今二本~ (2, 0.0%)

1 のユズリハ, の箸

▼ 今二週間~ (2, 0.0%)

1 の後, も経て

▼ 今二重~ (2, 0.0%)

1 となりぬ, に危険

▼ 今云わない~ (2, 0.0%)

1 でも宜, 方が

▼ 今云われ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 今五十頭~ (2, 0.0%)

2 ばかり居る

▼ 今五時~ (2, 0.0%)

1 すこし過た, ちょっと前

▼ 今五月~ (2, 0.0%)

2 の半ば

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 し世俗向き, や好い

▼ 今亭主~ (2, 0.0%)

1 と女たち, に死なれた

▼ 今仙台~ (2, 0.0%)

1 の東北帝大, の第

▼ 今代表~ (2, 0.0%)

1 する焼点, を三人

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 有い, 言た

▼ 今仰し~ (2, 0.0%)

1 ゃったお言葉お話し致しましょう, ゃったように

▼ 今仰有った~ (2, 0.0%)

1 ことを, 薬だったら

▼ 今休む~ (2, 0.0%)

1 と家, 暇なき

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ふことは, を起せ

▼ 今会った~ (2, 0.0%)

1 かたは, 田口と

▼ 今伝馬~ (2, 0.0%)

1 にい, は波

▼ 今伺っ~ (2, 0.0%)

1 てみます, てみれ

▼ 今佐々木小次郎~ (2, 0.0%)

1 との試合, の駈け

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 が悪い, で位置

▼ 今何うし~ (2, 0.0%)

1 てるね, て居らつ

▼ 今何ぞ~ (2, 0.0%)

1 我が妻, 狐狼の

▼ 今何だか~ (2, 0.0%)

1 いい意味, 新らしい

▼ 今何とか~ (2, 0.0%)

1 言つて此の, 言つて此木田父爺を

▼ 今何となく~ (2, 0.0%)

1 家の, 房一を

▼ 今何れ~ (2, 0.0%)

1 だけ積, の国

▼ 今何刻~ (2, 0.0%)

1 だえ, だろう

▼ 今何時ごろ~ (2, 0.0%)

1 かな, だろうか

▼ 今何時頃~ (2, 0.0%)

1 でしょうまだ, でせう

▼ 今何粁~ (2, 0.0%)

1 かと訊ね, だ二十八粁

▼ 今余す~ (2, 0.0%)

2 ところは

▼ 今余り~ (2, 0.0%)

1 のんきな, 騒ぐと

▼ 今余り人~ (2, 0.0%)

1 のやらない, も居ねえ

▼ 今作っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見ろ

▼ 今作る~ (2, 0.0%)

1 もので, ものは

▼ 今使われ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 たり, たり眞鐵

▼ 今例えば~ (2, 0.0%)

1 ですね, パリの

▼ 今便宜~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 今便宜上~ (2, 0.0%)

1 これを, 直接の

▼ 今俺たち~ (2, 0.0%)

1 につい, に与えられ

▼ 今俺ア~ (2, 0.0%)

2 飛んで

▼ 今倒れる~ (2, 0.0%)

1 かと思われ, か今

▼ 今借り~ (2, 0.0%)

1 ておられる, て倒さん

▼ 今傾きかけた~ (2, 0.0%)

2 午後三時の

▼ 今僕達~ (2, 0.0%)

1 が入っ, が純粋

▼ 今元気~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, にしてやる

▼ 今兄様~ (2, 0.0%)

1 にお, の為

▼ 今先ず~ (2, 0.0%)

1 はじめに, 諸王の

▼ 今入り~ (2, 0.0%)

1 かけの, し少女

▼ 今公儀~ (2, 0.0%)

1 のおと, の御

▼ 今六時~ (2, 0.0%)

1 がうつ, が打つた

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 にいたわられ, を起し

▼ 今其處~ (2, 0.0%)

1 で逢つた, へ

▼ 今冬子~ (2, 0.0%)

1 がやってくる, の言葉

▼ 今冴子~ (2, 0.0%)

1 に思いがけぬ, は好き

▼ 今冷たい~ (2, 0.0%)

1 朝の, 紅茶が

▼ 今凡て~ (2, 0.0%)

1 が清らか, の人々

▼ 今処方~ (2, 0.0%)

1 しました, を書い

▼ 今出来~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今分った~ (2, 0.0%)

1 の随分, んです

▼ 今切に~ (2, 0.0%)

1 もとめて, 望んで

▼ 今切り取った~ (2, 0.0%)

2 ばかりのよう

▼ 今切り抜け~ (2, 0.0%)

1 て来た, 様と

▼ 今判じ~ (2, 0.0%)

2 がたい

▼ 今判った~ (2, 0.0%)

1 のか, んだ

▼ 今別に~ (2, 0.0%)

1 をかしく, 謄写代についての

▼ 今別れたら~ (2, 0.0%)

1 またいつ, また会う

▼ 今刻々~ (2, 0.0%)

1 と変革, 死の

▼ 今前者~ (2, 0.0%)

1 の意味, の批評

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を協, を集

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 にはそんな, はだから

▼ 今勝平~ (2, 0.0%)

2 の横

▼ 今北海道~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の十勝

▼ 今十一人~ (2, 0.0%)

1 の剣客, の女共

▼ 今千代子~ (2, 0.0%)

1 が来る, が追求

▼ 今午後~ (2, 0.0%)

1 の十時, の四時半

▼ 今卓子~ (2, 0.0%)

2 を打てる

▼ 今博士~ (2, 0.0%)

1 の口, は燻製

▼ 今印度支那~ (2, 0.0%)

1 にゐます, のハノイ

▼ 今去った~ (2, 0.0%)

1 庭の, 駕かきの

▼ 今叔父さん~ (2, 0.0%)

1 が家, が私達

▼ 今取っ~ (2, 0.0%)

1 ておいた, て来

▼ 今取った~ (2, 0.0%)

1 中身の, 君の

▼ 今受け~ (2, 0.0%)

1 たりとは申せ, ても恩

▼ 今受けた~ (2, 0.0%)

1 招待の, 訪問に

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の蘇秦, 若干の

▼ 今古い~ (2, 0.0%)

1 筐底から, 縮図帖を

▼ 今叫んだ~ (2, 0.0%)

1 ので少し, 声の

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 につかっ, のうえ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 のこと, の所有者

▼ 今吐いた~ (2, 0.0%)

1 唾が, 広言を

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ふから見る, ふの

▼ 今向こう~ (2, 0.0%)

1 を通った, 山を

▼ 今君たち~ (2, 0.0%)

1 がわたし, にそっと

▼ 今吹い~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ 今吹き出し~ (2, 0.0%)

2 ていい

▼ 今吾が~ (2, 0.0%)

1 為に, 足え

▼ 今吾人~ (2, 0.0%)

1 が彼, はただ

▼ 今吾等~ (2, 0.0%)

1 の前, の目撃

▼ 今呂布~ (2, 0.0%)

1 が変心, も亡ん

▼ 今周囲~ (2, 0.0%)

1 のすべて, の多く

▼ 今周蔵~ (2, 0.0%)

2 のいる

▼ 今呼び~ (2, 0.0%)

1 にやりました, にやる

▼ 今呼びかけた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 今咲いた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 芙蓉の

▼ 今哲学~ (2, 0.0%)

1 はもがい, を一つ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 一つの, 學部所論の

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 はない, ふの

▼ 今問う~ (2, 0.0%)

1 ている, 処は

▼ 今問題外~ (2, 0.0%)

1 だが, としよう

▼ 今喋っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今喧嘩~ (2, 0.0%)

1 なさったの, のとき

▼ 今噴火孔~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 今囘自ら~ (2, 0.0%)

1 起て立憲政友会, 起て立憲政友會

▼ 今四五日~ (2, 0.0%)

1 もすれ, 御猶

▼ 今四十二~ (2, 0.0%)

1 です, のひと

▼ 今困ってる~ (2, 0.0%)

1 ところな, んだ

▼ 今固き~ (2, 0.0%)

2 守や

▼ 今国全体~ (2, 0.0%)

1 として変, として夜襲

▼ 今圖ら~ (2, 0.0%)

2 ずも

▼ 今土地~ (2, 0.0%)

1 の人, を見る

▼ 今坊様~ (2, 0.0%)

1 に弟, に頼みました

▼ 今坐った~ (2, 0.0%)

1 に違い, ばかりの中折

▼ 今城下~ (2, 0.0%)

1 から戻っ, に人相書

▼ 今基督~ (2, 0.0%)

1 の其, を見た

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の聞こえた, をかけよう

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 だこと, な奴

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 の夕暮

▼ 今外国~ (2, 0.0%)

1 と交わる, の下宿

▼ 今多助~ (2, 0.0%)

1 が藁草履, が起き上ろう

▼ 今多賀子~ (2, 0.0%)

1 から手紙, は野原

▼ 今夢見~ (2, 0.0%)

2 て居

▼ 今大きい~ (2, 0.0%)

1 だのおもい, 鋏と

▼ 今大きな大きな~ (2, 0.0%)

1 丘陵の, 試練を

▼ 今大分~ (2, 0.0%)

1 さめて, 可愛がられたそう

▼ 今大将~ (2, 0.0%)

1 と話した, は忙しい

▼ 今天子~ (2, 0.0%)

1 の府, を扶

▼ 今天狗~ (2, 0.0%)

1 が落ち, にあった

▼ 今天皇~ (2, 0.0%)

1 の御, はその

▼ 今太い~ (2, 0.0%)

1 毛糸針の, 眉を

▼ 今太郎助橋~ (2, 0.0%)

1 でワザ, の橋杭

▼ 今太閤~ (2, 0.0%)

1 が亡き後, を怒らせる

▼ 今奥さん~ (2, 0.0%)

1 ですか, の室

▼ 今奥様~ (2, 0.0%)

2 とお

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 あ家, が居ない

▼ 今如何~ (2, 0.0%)

1 ともし難, に遠く

▼ 今妖怪~ (2, 0.0%)

1 の事実, を不

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 が板, と遊ん

▼ 今姉さん~ (2, 0.0%)

1 に書い, を呼ん

▼ 今始まつた~ (2, 0.0%)

1 といふで, わけで

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 がひざ, よ

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 に対する愛

▼ 今孔明~ (2, 0.0%)

1 があり, の称

▼ 今存在~ (2, 0.0%)

1 の性格, を具体的

▼ 今学問性~ (2, 0.0%)

1 の分析, の実践的規定

▼ 今宇宙~ (2, 0.0%)

1 の池, の生気

▼ 今安く~ (2, 0.0%)

1 にある, に在る

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を去る, を捨て

▼ 今実は~ (2, 0.0%)

1 もっと重大, 弱つて

▼ 今家屋~ (2, 0.0%)

2 の倒壊

▼ 今宿~ (2, 0.0%)

1 の者, へ着いた

▼ 今寂しい~ (2, 0.0%)

1 のだ, 花を

▼ 今寂しく~ (2, 0.0%)

2 苦しんで

▼ 今寝返り~ (2, 0.0%)

1 を打っ, を打った

▼ 今対遺影感~ (2, 0.0%)

2 転切

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に第, 何処に

▼ 今尊兄~ (2, 0.0%)

1 は怪しき, は癲癇三角形

▼ 今尋ね~ (2, 0.0%)

1 て行く, て行こう

▼ 今少く~ (2, 0.0%)

1 事の, 無い

▼ 今少しよく~ (2, 0.0%)

1 できるはず, 詮索せね

▼ 今少なくとも~ (2, 0.0%)

1 カントによって, 有史以来の

▼ 今少時~ (2, 0.0%)

1 にし, にて勝負

▼ 今居た~ (2, 0.0%)

1 と思う, 方が

▼ 今居ない~ (2, 0.0%)

1 ので留守居, 珪次が

▼ 今居ねえ~ (2, 0.0%)

1 がお前さま, よ

▼ 今居れ~ (2, 0.0%)

1 ば三十八九, ば幾齢

▼ 今崩れ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今川長~ (2, 0.0%)

1 から出, へ入っ

▼ 今帝室~ (2, 0.0%)

1 の保護, より私学校

▼ 今帝都~ (2, 0.0%)

1 の空, は敵機

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 は老病, ヲ挙ゲテ遠征シ転運万里

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を解い, を解き

▼ 今帰つて~ (2, 0.0%)

1 いらつしたん, 来ましたやう

▼ 今帰られた~ (2, 0.0%)

2 ところだ

▼ 今帰り~ (2, 0.0%)

1 つつある, に買っ

▼ 今常に~ (2, 0.0%)

1 之を, 個人的意識の

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 を着る

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に就く, を敷く

▼ 今店頭~ (2, 0.0%)

1 で売っ, の賑わい

▼ 今座敷~ (2, 0.0%)

1 に出る, に坐っ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 には蟋蟀, の奥

▼ 今建ち~ (2, 0.0%)

1 つつある, 春の

▼ 今引い~ (2, 0.0%)

1 て行かう, て行こう

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 てこれ, ひて

▼ 今強い~ (2, 0.0%)

1 てかかる, て云

▼ 今当の~ (2, 0.0%)

1 一切の, 左馬介光春にとっては

▼ 今当麻~ (2, 0.0%)

2 の語部

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に現われた, を取

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 のなか, を見せ

▼ 今役人~ (2, 0.0%)

1 がその, に一

▼ 今彼一人~ (2, 0.0%)

2 の爽

▼ 今彼女ら~ (2, 0.0%)

1 は二人, は解放

▼ 今彼自身~ (2, 0.0%)

1 がいう, は以前

▼ 今往く~ (2, 0.0%)

1 のは, よ

▼ 今後悔~ (2, 0.0%)

1 してらつし, するの

▼ 今御身~ (2, 0.0%)

1 の姿, の説かれた

▼ 今心細い~ (2, 0.0%)

2 境遇に

▼ 今忽然と~ (2, 0.0%)

1 厩の, 現われて

▼ 今思います~ (2, 0.0%)

1 と若い, のは

▼ 今思い出そう~ (2, 0.0%)

1 としても僕自身, とする

▼ 今思い返し~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見る

▼ 今思はず~ (2, 0.0%)

1 腕を, 面を

▼ 今思ひ出せない~ (2, 0.0%)

1 がその, けれどその

▼ 今思ひ浮べ~ (2, 0.0%)

1 ても異, てゐます

▼ 今怪しい~ (2, 0.0%)

1 旅の, 艦艇が

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ということば, よりも食物

▼ 今恐し~ (2, 0.0%)

1 いこと, い荒鷲爆撃機

▼ 今恐らく~ (2, 0.0%)

1 一生自分は, 恒雄は

▼ 今恐れ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今恐ろしき~ (2, 0.0%)

1 夢みたり, 夢を

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 かしい事, かしい身

▼ 今悉く~ (2, 0.0%)

1 唱を, 燃え上る

▼ 今悲し~ (2, 0.0%)

1 かり, まで喜べる

▼ 今惜気~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 今想う~ (2, 0.0%)

1 ても余り類, ても餘

▼ 今感じ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今感じた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 永劫の

▼ 今懸命~ (2, 0.0%)

1 に写し, に努力

▼ 今戦う~ (2, 0.0%)

1 ことの, も同じ

▼ 今戻つた~ (2, 0.0%)

1 か遅, ばかりぢ

▼ 今手元~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 今手当~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 割っていう, 揚げられたる

▼ 今打ち明け~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て御

▼ 今打っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て鼓

▼ 今打明け~ (2, 0.0%)

2 て懺悔

▼ 今抱い~ (2, 0.0%)

1 ている, ているであろう

▼ 今押した~ (2, 0.0%)

1 人造人間は, 呼鈴の

▼ 今拙宅~ (2, 0.0%)

1 のつめたい, の庭

▼ 今拵え~ (2, 0.0%)

1 てみ, て進げ

▼ 今拵えた~ (2, 0.0%)

1 花綵を, 鳥の

▼ 今掘っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今掘つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 今揚げた~ (2, 0.0%)

1 お芋, アる

▼ 今支払った~ (2, 0.0%)

2 茶代は

▼ 今支那~ (2, 0.0%)

1 に対して行っ, に題材

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 とは独立, ならぬもの

▼ 今数え~ (2, 0.0%)

1 てみい, て見る

▼ 今文学的表象~ (2, 0.0%)

1 のこの, の核心

▼ 今料理~ (2, 0.0%)

1 がと, がとどいた

▼ 今斬られた~ (2, 0.0%)

1 のは, ばかりの武士

▼ 今斯様~ (2, 0.0%)

1 な手紙, にかけ離れた

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 らしき舞台, 編制の

▼ 今日吉~ (2, 0.0%)

1 へ手招き, を撲った

▼ 今日本国中~ (2, 0.0%)

1 にて明治, に小学

▼ 今旦那さま~ (2, 0.0%)

2 とお

▼ 今旦那様~ (2, 0.0%)

1 が好き, の小間使

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 中グリークラブの, 附木を

▼ 今明い~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ 今明り~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を灯

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 と夏, になつて雪

▼ 今時計~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を見なかった

▼ 今~ (2, 0.0%)

2

▼ 今暗き~ (2, 0.0%)

1 を捨て, 他界より

▼ 今曲りなり~ (2, 0.0%)

1 にもトーキー, に線

▼ 今書いてる~ (2, 0.0%)

1 とこです, ものについて

▼ 今書かれた~ (2, 0.0%)

1 とも思われる, ものの

▼ 今書きました~ (2, 0.0%)

1 けれど好き, とおり銀行では

▼ 今書斎~ (2, 0.0%)

1 にいるでしょう, にのんびり

▼ 今月世界~ (2, 0.0%)

1 において怪人群, まで行きつく

▼ 今月光~ (2, 0.0%)

1 に化粧, をため

▼ 今有る~ (2, 0.0%)

1 形を, 状態を

▼ 今朝子~ (2, 0.0%)

1 が感じ, のかきたい

▼ 今朝来~ (2, 0.0%)

1 いずれへか, 僕に

▼ 今朝飯~ (2, 0.0%)

1 を頂戴, を食べ

▼ 今本当~ (2, 0.0%)

1 の下手人, の実

▼ 今本棚~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 今本艇~ (2, 0.0%)

1 がただよっ, の総員

▼ 今村井源吉~ (2, 0.0%)

1 のいる, のゐる

▼ 今来し~ (2, 0.0%)

1 姥と, 道を

▼ 今来られ~ (2, 0.0%)

1 ては困る, ては都合

▼ 今東北端~ (2, 0.0%)

2 の肱掛椅子

▼ 今東洋~ (2, 0.0%)

1 の美, 諸邦

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 今果たして~ (2, 0.0%)

1 その調査, 自分の

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 という博士, の間

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 うる菊

▼ 今極めて~ (2, 0.0%)

1 小部分, 稀にしか

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 のよう, の年

▼ 今欧洲~ (2, 0.0%)

1 の大, の戦争

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 と俳諧, はれて

▼ 今止められ~ (2, 0.0%)

1 ちゃア, ては会社

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 倉院に, 教徒が

▼ 今此旅先~ (2, 0.0%)

1 で, で匆匆

▼ 今此等~ (2, 0.0%)

1 のもの, の語

▼ 今歴史~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を誌

▼ 今死す~ (2, 0.0%)

2 とも悔

▼ 今死なれ~ (2, 0.0%)

1 てはおれ, ては堪らない

▼ 今死なれたら~ (2, 0.0%)

1 どうして生き, 今死なれたら

▼ 今死にたく~ (2, 0.0%)

1 はない, も生きたく

▼ 今死んだら~ (2, 0.0%)

1 どうだらう, 貴様は

▼ 今殆ど~ (2, 0.0%)

1 すべての, 言葉で

▼ 今殺され~ (2, 0.0%)

1 ている, んと

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 から生れた, を冠

▼ 今殿様~ (2, 0.0%)

1 がお, と一つ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 そんなに蠅, は御

▼ 今気づい~ (2, 0.0%)

1 て, てもまだ

▼ 今水神様~ (2, 0.0%)

2 のお告げ

▼ 今求め~ (2, 0.0%)

1 ている, てやまない

▼ 今求めた~ (2, 0.0%)

2 三段目の

▼ 今江戸市中~ (2, 0.0%)

2 の取締り

▼ 今決める~ (2, 0.0%)

1 がいい, ことが

▼ 今沈む~ (2, 0.0%)

1 かと気, かと氣

▼ 今河岸~ (2, 0.0%)

1 といったじゃねえ, に沿う

▼ 今泊っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今泣く~ (2, 0.0%)

1 なかれそれ, なかれ今

▼ 今注いだ~ (2, 0.0%)

1 ので引, 車輪の

▼ 今注目~ (2, 0.0%)

2 しなければ

▼ 今流し~ (2, 0.0%)

1 ている, の板

▼ 今流れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ 今流れる~ (2, 0.0%)

2 命を

▼ 今流行~ (2, 0.0%)

1 の変化, の衣裳

▼ 今消え~ (2, 0.0%)

1 ては大勢上不都合, て了

▼ 今深い~ (2, 0.0%)

1 仲に, 闇の

▼ 今深く~ (2, 0.0%)

1 かえりみて, 思いを

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 はここ, も亦

▼ 今渡し~ (2, 0.0%)

1 ておく, て置いた

▼ 今渡る~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 今湯殿~ (2, 0.0%)

1 から出, では妻

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 洲に, 洲の

▼ 今満身血まみれ~ (2, 0.0%)

2 の幹部候補生

▼ 今漢中~ (2, 0.0%)

1 に出, の張魯軍

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 がはいれ, をつける

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 たこと

▼ 今焚いた~ (2, 0.0%)

1 はまさしく, 香は

▼ 今無く~ (2, 0.0%)

1 てもい, て困っ

▼ 今無し~ (2, 0.0%)

1 あるもの, と

▼ 今無事~ (2, 0.0%)

1 で牛込, ならば

▼ 今燃え~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の背, も人

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を書き, 書くべき心地

▼ 今狭い~ (2, 0.0%)

1 室の, 白狐龕の

▼ 今獄中~ (2, 0.0%)

1 でもこの, に在っ

▼ 今玄徳~ (2, 0.0%)

1 に正室, の運命

▼ 今率直~ (2, 0.0%)

1 にかう, に云え

▼ 今現われ~ (2, 0.0%)

1 つつある, てくれた

▼ 今現在~ (2, 0.0%)

1 この場, 未曽有

▼ 今現実~ (2, 0.0%)

1 に当面, の世界

▼ 今理屈~ (2, 0.0%)

2 を味方

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 州粛州および, 眠は

▼ 今甘い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 杯が

▼ 今生きてりゃ~ (2, 0.0%)

1 いくつに, 二十五か

▼ 今生活~ (2, 0.0%)

1 の中, の白兵戦

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 れたと, れて

▼ 今用い~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 今用いる~ (2, 0.0%)

1 味噌こし, 衣服は

▼ 今申し~ (2, 0.0%)

1 ている, て参ります

▼ 今申し上げ~ (2, 0.0%)

1 ておく, ても御

▼ 今申し上げました~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 今申し上げる~ (2, 0.0%)

1 お話は, 事は

▼ 今画いた~ (2, 0.0%)

2 卵子を

▼ 今當麻~ (2, 0.0%)

2 の語部

▼ 今疾く~ (2, 0.0%)

1 使いを, 行かむ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 をいだい, を忘れ

▼ 今病床~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 今病氣~ (2, 0.0%)

1 である, でね

▼ 今病院~ (2, 0.0%)

1 の外科室, へ連れ

▼ 今白刃~ (2, 0.0%)

1 のなか, の前

▼ 今皆懺悔私~ (2, 0.0%)

1 はお, は跪い

▼ 今皇后~ (2, 0.0%)

2 のお腹

▼ 今目前~ (2, 0.0%)

1 にその, に眞劍

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の大衆, 闇な

▼ 今真赤~ (2, 0.0%)

1 な月, な顔

▼ 今眠った~ (2, 0.0%)

1 ところである, ばかりじゃありません

▼ 今眠る~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 今眺める~ (2, 0.0%)

1 と恰, 海は

▼ 今着きました~ (2, 0.0%)

1 と云っ, よ

▼ 今知られ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 今示し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 今祖国~ (2, 0.0%)

1 という団体, の直面

▼ 今神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 が故意, のこと

▼ 今科学~ (2, 0.0%)

1 では世界観, の学問性

▼ 今空い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今空いてる~ (2, 0.0%)

1 ただ一つの, のは

▼ 今窓下~ (2, 0.0%)

1 では提灯, でバタバタ

▼ 今立ち去った~ (2, 0.0%)

1 侍には, 空白を

▼ 今立派~ (2, 0.0%)

1 な商人, な青年

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 やがしぼっ, わたりの

▼ 今笑い~ (2, 0.0%)

1 という現象, ながら打ち明け

▼ 今笑つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたぢ, 居る直に

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 にうつし, を取っ

▼ 今筮者~ (2, 0.0%)

2 に請う

▼ 今米国~ (2, 0.0%)

1 にい, の人民

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 と湯気, を附けた

▼ 今紐育~ (2, 0.0%)

1 のメトロポリタン, の町中

▼ 今細かい~ (2, 0.0%)

1 のが, 欠点などを

▼ 今細君~ (2, 0.0%)

1 が愁訴, をもらう

▼ 今結んだ~ (2, 0.0%)

1 口元には, 様である

▼ 今練吉~ (2, 0.0%)

1 に対, は隣り

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の神, を詑びて夫婦

▼ 今置い~ (2, 0.0%)

1 ておく, てけ

▼ 今置かれ~ (2, 0.0%)

1 ておらぬ, て居る

▼ 今考えた~ (2, 0.0%)

1 ような, 距離の

▼ 今考えたら~ (2, 0.0%)

1 あんなえらい, どうも怪しい

▼ 今考えついた~ (2, 0.0%)

1 わけで, 細工だ

▼ 今考えてる~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 今考えます~ (2, 0.0%)

1 といずれ, とよく

▼ 今考へられる~ (2, 0.0%)

1 形は, 限りでは

▼ 今聞いたら~ (2, 0.0%)

1 ね検事局, 足弱を

▼ 今聞え~ (2, 0.0%)

1 ているで, て来る

▼ 今聞えた~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, のは

▼ 今聞かされ~ (2, 0.0%)

1 ている, て彼

▼ 今聴く~ (2, 0.0%)

1 ともなし, 淋しき看経

▼ 今脱いだ~ (2, 0.0%)

1 かと媚, ばかりのコート

▼ 今自分たち~ (2, 0.0%)

1 が完全, の後ろ

▼ 今自分自身~ (2, 0.0%)

1 が身, を育てたい

▼ 今自動車~ (2, 0.0%)

1 でお送り, に乗っ

▼ 今自宅~ (2, 0.0%)

1 で, とオフィス

▼ 今自己~ (2, 0.0%)

1 と周囲, の全

▼ 今自然~ (2, 0.0%)

1 のふところ, の意味

▼ 今興亡~ (2, 0.0%)

2 の岐路

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 から手, へ髪の毛

▼ 今芭蕉~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 今芸術~ (2, 0.0%)

1 と科学, の世界

▼ 今若き~ (2, 0.0%)

1 妻の, 貴婦人に

▼ 今若く~ (2, 0.0%)

1 あるよりも, て利口

▼ 今若衆武士~ (2, 0.0%)

2 が右手

▼ 今苦い~ (2, 0.0%)

1 杯が, 杯こそ

▼ 今苦しめられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 をたて, を注ぎ

▼ 今草むら~ (2, 0.0%)

1 から不意, の中

▼ 今荊州~ (2, 0.0%)

1 の東南, を収めなけれ

▼ 今莫謂往昔~ (2, 0.0%)

1 とも云, とも云う

▼ 今菓子~ (2, 0.0%)

1 など喰わせた, を遣らすであろう

▼ 今葉書~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 今葬式~ (2, 0.0%)

1 で皆, で誰

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 が利く, を進ぜる

▼ 今蘇っ~ (2, 0.0%)

1 てくる, ては山野氏

▼ 今蜀四十一州~ (2, 0.0%)

1 を併せ, を取り

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に巡り会わし, の雨だれ

▼ 今行こう~ (2, 0.0%)

1 とし, と思っ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に魔法使い, まで着い

▼ 今見し~ (2, 0.0%)

1 処に, 夢を

▼ 今見せられた~ (2, 0.0%)

1 ところである, ように

▼ 今見られる~ (2, 0.0%)

1 がキンサンジコ, ときまりが

▼ 今見るごとき~ (2, 0.0%)

1 さまざまの, 笑話化は

▼ 今見る如き~ (2, 0.0%)

1 生物は, 赤煉瓦の

▼ 今見上げた~ (2, 0.0%)

1 山の端には, 時に

▼ 今見事~ (2, 0.0%)

1 に敵, に斬れた

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 し物, ている

▼ 今視め~ (2, 0.0%)

1 ている, ても身の毛

▼ 今覚えた~ (2, 0.0%)

2 ばかりの青年

▼ 今親方~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は留守

▼ 今~ (2, 0.0%)

2 えてゐる

▼ 今解釈~ (2, 0.0%)

1 して, とは理解

▼ 今言われ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見

▼ 今言われた~ (2, 0.0%)

1 あいつとは, ことを

▼ 今試み~ (2, 0.0%)

1 にその, に大正三年

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 が朗読, と小説

▼ 今語られた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 刑執行の

▼ 今語り得た~ (2, 0.0%)

1 やうにしか, 以上にまで

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 テホウホウソウト云マンジュギクト葉同, 怪の

▼ 今説いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 通りである

▼ 今読む~ (2, 0.0%)

2 と全然

▼ 今論じ~ (2, 0.0%)

1 つつある, ている

▼ 今論外~ (2, 0.0%)

1 として私, としよう

▼ 今講談~ (2, 0.0%)

2 に就

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 ふ所, ぶわれて

▼ 今貰った~ (2, 0.0%)

1 百円を, 花束を

▼ 今貴方がた~ (2, 0.0%)

2 の運命

▼ 今買った~ (2, 0.0%)

1 ばかりの中等切符, 京人形を

▼ 今貸し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てもらわなく

▼ 今起きる~ (2, 0.0%)

1 ところです, よ

▼ 今起こった~ (2, 0.0%)

1 ことも, ことを

▼ 今起っ~ (2, 0.0%)

1 て懐かし, て来た

▼ 今起った~ (2, 0.0%)

1 ばかりの惨事, 一揆は

▼ 今起り~ (2, 0.0%)

2 つつある

▼ 今足りない~ (2, 0.0%)

1 といふこと, んだ

▼ 今踊っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今蹴倒した~ (2, 0.0%)

2 扉から

▼ 今転んだ~ (2, 0.0%)

1 つて下へは, のは

▼ 今輝く~ (2, 0.0%)

2 海と

▼ 今迄で~ (2, 0.0%)

1 勢一杯な, 自分の

▼ 今迄には~ (2, 0.0%)

1 兄弟し, 都からの

▼ 今迄よりずつと~ (2, 0.0%)

1 意識が, 遠くに

▼ 今迄を~ (2, 0.0%)

1 悲しき夢, 顧みても

▼ 今迎え~ (2, 0.0%)

1 に来られ, に駆け出し

▼ 今送っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て参りました

▼ 今送つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て行く

▼ 今逃げ出し~ (2, 0.0%)

1 て国, て行こう

▼ 今這入っ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 今通つて~ (2, 0.0%)

1 来た所, 来た林

▼ 今遅ればせながら~ (2, 0.0%)

1 取りもどせるわけ, 家へ

▼ 今運ん~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 でシュッシュッ, で見

▼ 今遺っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 かにその, かに改めるで

▼ 今都會~ (2, 0.0%)

1 の中, を除いた

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を追加, 買うところ

▼ 今醜い~ (2, 0.0%)

2 勢いの

▼ 今重大~ (2, 0.0%)

1 な事, な敵

▼ 今金兵衛~ (2, 0.0%)

1 がたどっ, は先方

▼ 今鈴子~ (2, 0.0%)

1 と共に失われよう, はさすが

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の如く, の寝台

▼ 今鉄筋~ (2, 0.0%)

2 の残骸

▼ 今銀五郎~ (2, 0.0%)

1 の左, の手

▼ 今鎌倉~ (2, 0.0%)

1 が近い, にはいなかった

▼ 今長兵衞~ (2, 0.0%)

1 が橋, は着物

▼ 今長崎~ (2, 0.0%)

1 の, の大波止

▼ 今門番~ (2, 0.0%)

1 からきょう, の又

▼ 今閉まった~ (2, 0.0%)

1 ばかりの扉, 扉が

▼ 今開いた~ (2, 0.0%)

1 んだ, 引戸の

▼ 今開けます~ (2, 0.0%)

1 が, 唯今

▼ 今開こう~ (2, 0.0%)

1 とし, とする

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の山, も話

▼ 今間違~ (2, 0.0%)

1 で詰らぬ, へてもう

▼ 今降った~ (2, 0.0%)

1 と思う, 雪が

▼ 今降りた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの客, 支那人の

▼ 今降る~ (2, 0.0%)

1 譬ふれ, 雪の

▼ 今階段~ (2, 0.0%)

1 からが, を昇り切った

▼ 今離れた~ (2, 0.0%)

1 ばかりと見える, ばかりの自分達

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 に蔽われ, 之丞

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 が鳴ったろう, の劫

▼ 今電燈~ (2, 0.0%)

1 が消えた, の下

▼ 今青い~ (2, 0.0%)

1 と云ふよ, 炎を

▼ 今頑固~ (2, 0.0%)

1 な朝, に斷つて

▼ 今頭上~ (2, 0.0%)

1 に迫っ, の黒板

▼ 今頼んだ~ (2, 0.0%)

1 テントの, 事を

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 にある, を土

▼ 今顔色~ (2, 0.0%)

1 にあらわす, をかえ

▼ 今食った~ (2, 0.0%)

1 ばかりの腹, 汁の

▼ 今飢え~ (2, 0.0%)

1 ている, に迫っ

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を切られ, を抜き出した

▼ 今馬春堂~ (2, 0.0%)

1 は命旦夕, を殺そう

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 の口輪, を持つ

▼ 今駒井能登守~ (2, 0.0%)

1 が前, の屋敷

▼ 今騒い~ (2, 0.0%)

1 じゃ何, でもぜひ

▼ 今高華~ (2, 0.0%)

2 なる都会

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 を抜いた, を洗った

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 になつ, を見る

▼ 今鳴った~ (2, 0.0%)

1 のは, 雷の

▼ 今鶴子さん~ (2, 0.0%)

1 の前, の立てかけた

▼ 今黙っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てパスカル

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 と彼, の総

▼ 今~ (2, 0.0%)

1 と決, と決まった

▼1* [5224件]

おおかみ, 今あいている, 今あいつどこにゐる, 今あかるい陽の, 今あがいております, 今あがった壁の, 今あがらうと思つて, 今あきらかに覚りました, 今あきれかえっている, 今あけびの油いため, 今あげましたがそれ, 今あげますよ, 今あげられている, 今あしこの穴, 今あすこへおいで, 今あせって心配, 今あせることは, 今あたいたちがこしらえる, 今あたしお勝手もとへ行っ, 今あたしお昼のおかず, 今あたしたちが相談, 今あたしたち三次元世界をつらぬい, 今あたしとこ金ありませんわ, 今あたふたと帰っ, 今あたらしく世に, 今あちこちに出, 今あっとるのね, 今あてにし, 今あなたさまが仰っし, 今あなた自身が朝廷, 今あのそらへ飛びあがろう, 今あばたのやつこ, 今あまねく味方の, 今あまり飲みたくないん, 今あやまつて置いた, 今あやまりに行こう, 今あらいざらい飛び出し, 今あらたに思い出された, 今あらたまったように, 今あらねばこれ, 今あらましの小説, 今あらわに態度, 今あるいて来た, 今ある如き人間の, 今ある如く不朽に, 今ある如くあらねばならぬ, 今ある如く置いた人発明した, 今あれアたとい東京, 今あわてふためいて自分, 今あんちゅうた, 今あんなにさつと, 今あんばいが悪い, 今いいえまだと, 今いいました通り格別の, 今いい合っていた, 今いうたでないか, 今いう勝つべき相手の, 今いう透き通る様な, 今いかでかさる, 今いかめしい法廷の, 今いきている, 今いくらいくら残って, 今いけないの, 今いさぎよし大陸軍, 今いじると又, 今いずれもしかつめらしく, 今いそがしぶりを, 今いそがしいから会えない, 今いたして来た, 今いたるところの, 今いちばん人から後れがち, 今いっそ一思いに, 今いった如き困難が, 今いった如く二階が, 今いった見慣れぬ男が, 今いった負けるのは, 今いっぱいの花ざかり, 今いっぺんに酒が, 今いつの間にか作られたと, 今いはうとする, 今いまだ時間の, 今いみじき事に, 今いやはりゃしまへん, 今いよいよ危うく曹操, 今いよいよそうかそう, 今いらっしゃって彼方, 今いらっしゃらないから, 今いらっしゃるんです, 今いるならば安全, 今いわないでもよい, 今いわんとおきやす, 今うかがえば昔, 今うかがったわけです, 今うけおっている, 今うけたまわつたんです, 今うけたまわりたいのは, 今うけたまわりますと何, 今うけだして持っ, 今うけよアカイア族は, 今うごいている, 今うするる影, 今うたいましたよそれ, 今うちあけることが, 今うっすらと足許, 今うった弾丸は, 今うっとりしかけたの, 今うつうつと眠り, 今うつすからまあ, 今うつとりとなつ, 今うつり住む人は, 今うとうとと仮睡, 今うなりたけつてミス, 今うまれける魂を, 今うら手にあたって, 今うるさい噂が, 今うれしくてじっと, 今うんと忙しいところ, 今えぐよオ, 今えらいえらい難儀してる, 今えらく忙しいん, 今おいかけている, 今おえて自転車, 今おお勢が, 今おおせのその, 今おかえりになった, 今おかれている, 今おきますよ, 今おくればせながら以前は, 今おけからあふれ出た, 今おこっている, 今おさえている, 今おすすぎを, 今おそるべき殺気を, 今おだてられておれ, 今おちぶれて身上, 今おっ死にましたよ, 今おとなし遊びの, 今おとなしくなりました, 今おのれの幼年時代, 今おはらいをし, 今おふくろが来, 今おぼえていない, 今おぼろげな回想, 今おめおめと死ぬべき, 今おめかしの最中, 今おもい起して, 今おもえば実に, 今おもしろく晴れて, 今おもっても冷汗, 今おもむろに焼けつつ, 今おもろい話聴かしたる, 今おりませんからとそう, 今おれどもの前, 今おろすところだ, 今お先走って, 今お前たちに見せた, 今お前下で何, 今お前勇助さんが何処, 今お前様処のお嬢さん, 今お前等の仲間, 今お前自分で自分, 今お力を借り, 今お婆さんの形, 今お子さんはお, 今お客さまですから, 今お客様よ, 今お手本を書く, 今お断りして, 今お昼のお, 今お松に於, 今お母さまにお目にかからず, 今お盆をつき出し, 今お目にかかってみれ, 今お目にかかったばかりお, 今お目にかかりますのは, 今お目にかかるのは, 今お話しして, 今お迎えに見え, 今お酉さまに連れられ, 今お金を持つ, 今お雪さんが初めて, 今かういふものは, 今かうしたところに, 今かう書いてゐる, 今かえっている, 今かえりみてもぞっと, 今かおいろを, 今かかりかけて居る, 今かきながら思います, 今かきだしたばかりだ, 今かき上げた絵を, 今かき終ったところ, 今かぎりのもの, 今かくかくのこと, 今かくして成立つ共同, 今かけだそうと身, 今かけてる眼鏡の, 今かげんが悪い, 今かごから放たれた, 今かぞえたのが, 今かつとした, 今かついで来た, 今かつぎ出されようとする, 今かつぎ出したところであります, 今かつての私, 今かというような, 今かとまで思われたこと, 今かどわかしにひっかかっ, 今かなたアルゴスに主として, 今かなりの深山幽谷, 今かなりはっきり浮んで, 今かねての念願, 今かぶっている, 今からかへりみれば, 今からかぞへたら, 今からが固形体という, 今からだって行こうと, 今からだっても遅うはなあ, 今からでもともう胸, 今からということが, 今からなどとても, 今からね長岡へ, 今からわづか數年前, 今かれこれ突っつくの, 今かわかされたばかりである, 今かんかん虫という, 今かんぬきを外す, 今がはそで無い, 今がやがや言って, 今きこえるかも分らない, 今きたいな夢, 今きたないものを, 今きまるところな, 今きょうの分, 今きらきらする雲, 今きりだ, 今くくして, 今くぐりぬけて来た, 今くず折れるの, 今くだくだと申しあげません, 今くだすってもしかた, 今くどいていた, 今くどくどしくそれ, 今くやしがること, 今くらいの薄いホスゲン, 今くれて行く, 今くれたという事, 今くろき眼を, 今くわりんの, 今ぐっすりとねこん, 今ぐらいな小功, 今ぐるぐる巡って, 今ぐんぐんと近づき, 今けっしてさきほどの, 今こうした大きな悲しみを, 今こうしてただ病室を, 今こえて来た, 今こけ猿の, 今こけえ這入ったのは, 今こけつ転びつ小山の, 今ここ五稜廓に立っ, 今ここ十一月初旬まで日, 今ここ生涯の門, 今こしらへ, 今こしらえている, 今こしらえさせている, 今こしらえるのはね, 今こじられたのは, 今こずんでいる, 今こそかの芸術の, 今こつこつ一生けんめいに, 今ことごとく想起する, 今ことに君に, 今ことばをかけられた, 今こないだインドから来た, 今こぼされたばかりに見える, 今こまいとぬかしよる, 今これからすぐカッフェへ, 今これら各種の間隔, 今これら歌麿が美女, 今これら浮世絵各時代, 今これら諸家の制作, 今これッきりになりたくない, 今これ以上又以外, 今これ以上水に乏しい, 今これ壮んで丁度, 今ころみんな行ってるぞ, 今こんといひし, 今こんなふうになつて來, 今ごく概略述べた, 今ごたごたで手もと, 今ごつた返し, 今ごろあすこを通った, 今ごろあれはアメリカ, 今ごろいろいろな意味, 今ごろお母さんがおいしい, 今ごろだいすきな星, 今ごろどこ行つたて, 今ごろまゆをぬらした, 今ごろジンギスカンの義経, 今ごろタケノコなんか売っ, 今ごろトンネルを越し, 今ごろベルネのうち, 今ごろ一人旅は飛脚, 今ごろ一寸試し五分だめし, 今ごろ二本さして歩ける, 今ごろ二組家へき, 今ごろ五月の節句, 今ごろ人のい, 今ごろ今は亡き, 今ごろ何をくつくつ, 今ごろ備中総社の町, 今ごろ先に宿, 今ごろ先生は大野先生, 今ごろ冬近い日, 今ごろ名称なんかにこだわっ, 今ごろ周章えて, 今ごろ品川の海, 今ごろ夕立のする, 今ごろ大騒ぎをし, 今ごろ妙見さまへ駆けつけ, 今ごろ宇都宮に着いた, 今ごろ家内の二人, 今ごろ御馳走を食べさす, 今ごろ急に思い立った, 今ごろ恋にとらわれ, 今ごろ支柱を取る, 今ごろ敵の連合艦隊, 今ごろ本陣じゃ水, 今ごろ此処ら歩てるな, 今ごろ殿は胴, 今ごろ母は夜中, 今ごろ煖炉の寝, 今ごろ田の畔, 今ごろ町医じゃあるめぇし, 今ごろ登山っておる, 今ごろ私はカバン, 今ごろ線香花火に関する学位論文, 今ごろ腰を撫で, 今ごろ自宅に居ない, 今ごろ花があつ, 今ごろ虫が鳴く, 今ごろ補祭の家, 今ごろ西へ行け, 今ごろ要求するの, 今ごろ身振りを信ずる, 今ごろ銚子の船長, 今ごろ長戸検事がこんな, 今ごろ陽ちゃんきっとまいっていてよって, 今ごろ雪崩が起る, 今ごろ電車どうだろう, 今ごろ顔を見せたら, 今ごろ首を捻っ, 今ごろ騒ぎですぜ, 今ごろ髪を七三, 今さあ雨だ, 今さいて見せ, 今さえも嫉妬を, 今さかえて居らっしゃる, 今さがってます, 今さき触つたらもう冷たう, 今さけがたい一つ, 今さけんだのはだれだい, 今さしあげますよ, 今さしあたり自分の, 今さしかかっており, 今さしずめ金には, 今さしてる其の指輪それ, 今さし当たって自分, 今さし迫っている, 今さすが勝れし勇將, 今させておりまする, 今さぞ満足に, 今さっきビレラフォンが下, 今さっき水蒸汽で引上げ, 今さっそく現われて, 今さつき落した帽子, 今さつき私が牧師補, 今さとって恥じ, 今さながら夢の, 今さびしきすまひひとまの, 今さまざまに思ひ, 今さまよっている, 今さめたんだ, 今さめようとし, 今さよならしても, 今さわいだって夜具, 今さわげるも, 今さんあなたは傍, 今さん伊三郎は昨夜, 今さ現在の僕, 今さ鶴やに聞いたら, 今ざつと紹介して, 今しかかる素振りに, 今しかく賢ぶりて, 今しかしすでにその, 今しかをはりなるらむ, 今しくわとこそ狂, 今しげしげと通わなくとも, 今しさしかかったのが, 今しずんでいく, 今したくしています, 今したたずめば本尊仏, 今しとく方が, 今しとめようという, 今しとやかに置い, 今しなければもう, 今しばらくぜひ猶予し, 今しまって貰わなけれ, 今しまつたものの在所, 今しまりけり除夜詣, 今しめてるとかやってない, 今しめやかに話し, 今しもかの列車が, 今しもはつきり, 今しゃべったのを, 今しゃべり切れるもので, 今しゃべるとこの, 今しゆうとはなに, 今しよんべん, 今しらす久邇の, 今し勇みて力假, 今し去りゆく悔いてかへらず, 今し取りかけた草鞋を, 今し帰った時の, 今し思ひがけなき, 今し来らしも, 今し泊るべき時分にも, 今し焼け落ちようとし, 今し見れば, 今じきに明暸なる, 今じっき帰って来る, 今じぶんあの部屋, 今じゃから申すが, 今じゃと木戸番は, 今じりじりと牡牛, 今ッかり忘れ, 今すかんぴんだ, 今すぎてゆく, 今すぎやうとしてゐる, 今すくった少しばかりの, 今すぐしっかりしないと, 今すぐしつかりしないと大変, 今すぐちょっとわたくしは, 今すぐどうかうつて, 今すぐひょいとこの俺, 今すぐもう一度引っ返して, 今すぐ猶豫なし, 今すこぶる元気でいる, 今すごして来た, 今すしを御馳走, 今すすんで, 今すてられ行かんとする, 今すばらしい楽想が, 今すべからく思ふべし, 今すべて衆こぞり和議, 今すべり込んできた, 今すませたばかりだ, 今すら殆ど実現出来, 今するらしも, 今すれちがいつつある, 今すれちがって見えなくなった, 今すわって見た, 今すわつてゐる, 今すんでいる, 今すんだばかりのところ, 今すんだらこの時間, 今ずっとかいて, 今ずるずると宇宙墓地, 今ずんずん地底へ, 今せつかく寝ついた, 今せん無き夢を, 今ぜひともここに, 今そこかしこと歯磨, 今そこここに佇ん, 今そこもとがご, 今そそれどころでは, 今そだつてゐる, 今そち達が行っ, 今そっくり蘇って, 今そのあらゆる方面に, 今そのうえに僕, 今その他のもの, 今その同じ丸っこい顔, 今その大きなもじゃもじゃの, 今その道を上, 今その間の感激, 今そやつが正面, 今それからそれへと, 今それでお玄関, 今それどころぢやない, 今それはとに角, 今それら宝暦以前の浮世絵, 今それ国費を以て史書, 今それ程の餘裕, 今そんなに矢が, 今そんなにいろいろのこと, 今ぞいで立つ, 今たいせつなこと, 今たえずクラムの, 今たえだえの, 今たがやしている, 今たくさんの従僕, 今たくさん立派な供, 今たしかにそう言いました, 今たすけてあげます, 今たずねた事だけを, 今たたいた雨戸が, 今ただちに突然に完全, 今たちどころに七斤の, 今たつた今それを, 今たとい他に, 今たとえ東京へ, 今たどりついたものらしい, 今たのんだら倉庫で, 今たべたのにああ, 今たべたいものを, 今たゆらにわたる, 今たゆたいながら軽々と, 今たれより先, 今だけしかない, 今だけで前後に, 今だけの知識では, 今だっと床下, 今だにぞつと恥, 今だらうと思つて, 今だれそれの視線, 今だんながお, 今だ見て置く, 今つと勘弁, 今ちいと物入れ, 今ちっとだに, 今ちびちび売って, 今ちまきを食べたら, 今ちゃんお前さんお茶でも持っ, 今ちゃん旦那がこれ, 今ちょうにんちょう, 今ちょうどうとうとして, 今ちょうどそうしてるところ, 今ちょっとしたはずみで, 今ちょッと遊び, 今ちようどお薬, 今ちようど春休みで奥さん, 今ちよツと途中, 今っていつです, 今つかまへてしまはなけれ, 今つかまれたりし, 今つかれて, 今つきあげて來, 今つきつけられて初めて, 今つくねんと影法師相手に, 今つくられた許り, 今つくる路さやかにも, 今つける処な, 今つつまれていた, 今つぶした方が, 今つまみ上げた二寸程の, 今つまらぬ感傷に, 今つまれているふとん, 今つまんだ油菓子を, 今てっちゃん, 今てる空の, 今であったら彫り直したい位に, 今でありさうし, 今でありますか, 今できあがっただけの糸, 今できあがりつつある, 今できないかどう, 今できませんよ, 今できるだけはやくこの, 今でしょう八上を, 今でたばかりの彼, 今ではわづかに, 今ではナ却ってわしら一同, 今でもかーはんが, 今でもであらうが, 今でもというのは, 今でもともすると, 今でもよだれが, 今でもよほどの物好でない, 今でもをりを, 今でようございましたね, 今でると治らない, 今とある小屋掛けの, 今とか言ふ, 今とかも妹が, 今とがこんなこと, 今とがめた相手の, 今ときめいて居らっしゃる, 今とざしごろ, 今とし子に示された, 今とちがつて電話, 今とっただけです, 今とっても面白いこと, 今とてもやや形を, 今とても全く職務を, 今とても決して後悔し, 今とても決してどう空想を, 今とでそれほど目立つ, 今とにかく一段落ついた, 今とびおりたばかりの二十面相, 今とまりたり, 今とまれない程きたなく, 今とめることの, 今ともに默し, 今とらないと駄目, 今とりつつある, 今とりあげたばかりのピストル, 今とりかかれる仕事では, 今とりひろげかけています, 今とり上げたばかりの三味線, 今とり出されそれについての, 今とる金だ, 今とれ疾き, 今とれたと云つて山女魚, 今とんでいる, 今どうか嘘を, 今どうしてもしみじみとした, 今どうして突然意外にも, 今どしどし家を, 今どすんといったの, 今どっかへ出掛けたでしょう, 今どれくらいな, 今どれぐらゐの時であらう, 今どれ位あるんだい, 今なあ日本左衛門だ, 今なえし眼よぎり, 今なかからあふれ出, 今なか空に吹く, 今ながめている, 今なくなった万岳楼へ, 今なさっている, 今なさらうとする, 今なされつつある, 今なさろうとする, 今なす如く亂言を, 今なぜ思ひ出すの, 今なつかしく帰って, 今などに世話を, 今などの前にも, 今などはどうしてもそうほか, 今なども年とったら, 今なにごとを遂行, 今なほこれらを領する, 今なほそこに在り, 今なほわが国の新劇, 今なほわれわれの魂, 今なほ二三の考古家, 今なほ僕等に適切, 今なほ公教の東漸, 今なほ刻苦精励を続けられ, 今なほ古老が語る, 今なほ在郷軍人としての覚悟, 今なほ地方人は舊藩主, 今なほ大成殿その他の建築保存, 今なほ彼の病む, 今なほ御蔭を以て繁昌, 今なほ折にふれ, 今なほ日本一ではあるまい, 今なほ朧ろげに私, 今なほ木の香新, 今なほ極東のエキゾチスム, 今なほ毅然として光, 今なほ永平寺に消えず, 今なほ産婦は板敷, 今なほ神社や民家, 今なほ續いて, 今なほ耳に殘つて, 今なほ襟にあり, 今なほ講師として奉職, 今なほ貴方に申し上げたうございます, 今なほ進行中である, 今なほ郷土の人々, 今なほ風流詩文をよろこぶ, 今なめさせられている, 今なやましているだろう, 今ならいうに相違, 今ならかうしてぢ, 今ならずは謀り, 今ならないのです, 今ならわかりきったことだ, 今なら伐取り勝手次第, 今なら分りやすく, 今なら尋ねて見たら, 今なら挙げて友軍義貞, 今なら至って微弱, 今なら見てやれる, 今なりと信じます, 今なんざあんなしだら, 今なんぞには適したもの, 今なんぞも行って, 今なんぞより窶れて, 今なんていつたの, 今なんといったんですか, 今なんとかおっしゃいましたな, 今なんともいえない悪い, 今なん時だと, 今においてこそいちばん感じ, 今においては疑いも, 今においてもその思想, 今にかけて友人に, 今にが曲物な, 今にじゃないもう, 今にじり口の外, 今にぞ思ひ待て居れ, 今にって私もう, 今にては御旗本, 今にというお心, 今にとは思つてる, 今にのうぼた餅に, 今にもというところで, 今にわたる無數, 今に対する憎しみの, 今ぬきとった鎧の, 今ねじまげた煙筒の, 今ねっている, 今のかれにとってはあまりに, 今のがれて来た, 今のくらいで充分, 今のこっている, 今のさッき, 今のさういふ勤労階級の, 今のぞきにまいりましたら, 今のだけでちゃんと出来, 今のっている, 今のてまえの, 今のなんぞも百姓には, 今のにコリて, 今のねうちに, 今のの名ハ龍, 今のびてる猫は, 今のびのびと体, 今のべっかっこで, 今のぼった天の川の, 今のみかどとは事々御, 今のみが残る, 今のみにあらず, 今のれん口からあらわれ, 今のんでいる, 今はいづくぞ, 今はかへつて逆に, 今はからだ一つ, 今はかるよマダム, 今はかれも胸, 今はがしている, 今はくのが, 今はこそさらばこそ, 今はしごまがいの階段, 今はしも激しく恐怖, 今はじつと寝かせ, 今はじまってのこと, 今はずしたらいつうだつの, 今はずつと増加し, 今はぞっくり子供, 今はたいたま, 今はた更に何をか, 今はちよつとさう, 今はと共に立ち歸り, 今はな今は, 今はなすことも, 今はにへなみ, 今ははづかし, 今はばたきをした, 今はべんべ, 今はよほどに世帯じみ, 今はらしてやろう, 今はるかな回想, 今はる子の心, 今はをかしき, 今ばかげた臆病者に, 今ばくろ町に逗留, 今ばば殿がああ, 今ばらばらに切れ, 今ひいてちょうだい, 今ひいたものだ, 今ひかれて行く, 今ひしひしと是, 今ひじょうな喜びとひじょうな恐怖, 今ひそやかに通っ, 今ひたと身を, 今ひたひたと湛えた, 今ひっくりかえるような, 今ひっくり返るような, 今ひっそりかんと, 今ひっぱり出してやる, 今ひとしきり強く吹き寄せた, 今ひとりでに海底にと, 今ひと奮発です, 今ひと思いにほうり出せない, 今ひと息で首尾よう, 今ひと目と見, 今ひと眼でも千鶴子, 今ひと突きと小坂部, 今ひと足先にけえりました, 今ひと身をわかち, 今ひょこひょことそんな, 今ひょっこりとその, 今ひらいてはいけない, 今ひらいたドアーの, 今ひらめいたその一つ, 今ひるむのは, 今ッと, 今ふざけていた, 今ふしぎに自己, 今ふっともう二度と江戸は, 今ふとき呼息しぬ, 今ふみ江の抱い, 今ふらりと来, 今ふりむいたときに, 今ふり上げた尺八は, 今ふるさとのほとり, 今ふれんとする, 今ふん縛ったらどうする, 今ぶつかっている, 今ぶらぶら遊んでるん, 今ぶらりと帰って, 今へこたれて罪, 今へっこんだから, 今へと向ふも, 今へらへらと酒, 今べったり床に, 今べつに言ふこ, 今べつにまだ何も, 今べらべら申すの, 今つと安心, 今ほかの家, 今ほして送ります, 今ほしい出しおしみするなと, 今ほしくありません, 今ほとほと途方に, 今ほぼその話, 今ほろびんとする, 今ほろりとなっ, 今ほんとの事, 今ほんとに憎らしい子, 今ほんとにどうしたらよい, 今ぼうっと桜色ににおいて, 今ぼつぼつと思い出し, 今やっと眸, 今ぽうっと赧く, 今ぽつねんと休んで, 今まあ假に, 今まいた豆の, 今まいり青柳などと, 今まお熊さへ, 今まぎれる方も, 今まさかあの自動車, 今まさにさういふ, 今まさにめったにない幸い, 今まさに既に数十年来の, 今まじまじと目, 今または今後しでかす, 今まっすぐに彼, 今まつたく彼の, 今まつたく見えなくなつた, 今までからでも人々の, 今までこそ呉服は, 今までさえ食え無いの, 今までさのみでも, 今まででも必死なり, 今までとして以来は, 今までとに最も多く, 今までともちがい各国公使, 今までにおいてもっとも長期, 今までにでも云は, 今までにゃア帰る, 今までのにくらべれば, 今までのよりは淡い色の, 今までべちゃべちゃしゃべっていた者, 今まで程用心を, 今まで程に信任し, 今まとまって欲しい, 今まとめて見る, 今まア何処に, 今ま可いこと, 今ま御自愛なさらね, 今みえないのは, 今みごとに世界, 今みしりみしりと, 今みずからふかく考えた, 今みたやうな, 今みたなら或いは人, 今みなの心, 今みなさんに月人, 今みほ子はもう, 今みれば, 今みんなどこにいる, 今みんな腹をへらし, 今むかふ側に, 今むかへるや無辜, 今むくむくと持ち, 今むざむざ葬るの, 今むす子と, 今むつまじく肩に, 今むなしく私の, 今めかしく打語らひて, 今めかしく註を入れた, 今めくものか, 今めし屋でつかっ, 今めずらしい物を, 今めずらしく火星の, 今めづらしい白熱, 今めづらしく驚くは, 今もうからっとした石燈籠屋, 今もうし上げたような, 今もうそろそろ雨戸を, 今もうとうこの村, 今もう一寸さっきな, 今もう一度これを, 今もがいている, 今もぎたての, 今もぎとっている, 今もぎとられたる現実の, 今もぐつた寝床の, 今もさこんなこと, 今もさう思つてゐた, 今もさうだがこれから, 今もさうである樣に, 今もさう思うて居る, 今もしかあれアテーネー, 今もしまったく風帆船のみを, 今もし単に私が, 今もし突如この平衡, 今もそもそと坐り直した, 今もちあわせがない, 今もちつとも変らない, 今もちの木坂三ツ目の曲り勾配, 今もって巡り会うこと, 今もっともやかましくいわれ, 今もとの国, 今もどりましたよ親分, 今もなあ婆さんや, 今もよつぽ, 今もらいうけて来た, 今もらって, 今もをりを, 今やかたらふに, 今やかましい道場荒し, 今やきもきと思い起し, 今やすやすと聞き流せない, 今やったらちょっとも, 今やってるとてその, 今やって来て以前, 今やって来ましゅよ, 今やって来る者どもの, 今やっとる仕事に, 今やっぱり探偵根性を, 今やつれ輿にて, 今やぶいてしまいました, 今やみがたい一代, 今やみやみ北条家へ明け渡せ, 今やむなく放棄せね, 今やめて休ら, 今やめたまでの話, 今やめましょうよ, 今やめられて新た, 今やめるもなお, 今ややお疲れ, 今やられはすまい, 今やられたに違げ, 今やられたら全く階級的裏切, 今やりどころなくなっ, 今やりかけてるところだ, 今やりなおしています, 今やりやすと二割方得, 今やり過ごした冬と, 今やろうか今や, 今やんだ五月雨が, 今ゆうぜんとしては, 今ゆうゆうとあの, 今ゆきますよ今, 今ゆくりもなく, 今ゆめの中, 今ゆらゆらと揺れた, 今ゆるして平民, 今ゆるやかに辷り出た, 今ようやく再び筆を, 今ようよう目をあいた, 今よき老に, 今よせばこっち, 今よは行き, 今よほどごたごたして, 今よみがえった屍臭の, 今よめばうまく, 今よりずつとずつと美しかつ, 今よりてうど五年前の, 今よりとこしへに, 今よりもずつと美しく明晰, 今よりより一段馬鹿に, 今よるべき一縷の, 今よろこびの頂點, 今よろよろと坂路, 今よんだばかりだ, 今よんだらどういうもの, 今よんどころなく意見役の, 今よんどころ無く意見役の, 今らしいことは, 今らしくなくなつて來る, 今らしくなくなって来る, 今ら子に, 今ろうそくをつけます, 今わいわいいってる民衆自身, 今わかったゆるしてくれ, 今わかつたやうな, 今わかないでもない, 今わかりそうに, 今わかりました霧の, 今わかりますから, 今わがこの長き言, 今わが国旧来の宗教, 今わが家の子供ら, 今わざわざ竹見を, 今わたくしたちが向っ, 今わたしあなたから去つ, 今わたしここに火鉢, 今わたし一人はらいその, 今わたし耳門をあけ, 今われさまよへり, 今われひとりなり, 今われら人類だけによって支配, 今われら自身でわれら, 今われわれ全体としては錯乱状態, 今われわれ地球人類は本気, 今われわれ夜光虫派とおっしゃいました, 今われトロイア軍勢と裾, 今われ一事君に曰, 今われ假りに, 今われ君に陳, 今われ山路の歸さ來, 今われ彼に敵対, 今われ曹が前, 今われ某地において妖怪, 今われ汝の側, 今われ訪ひ來, 今われ黒檜の絶頂, 今ゐた門野は, 今ゐないことが, 今ゐられないのです, 今を以て考うれ, 今アイヌ語民譚集といふもの, 今アキリュウス取り出でて, 今アキルリュウスよ戰, 今アヂヂ河岸のプロムナアド, 今アヌンチヤタが藝, 今アノ美人の事, 今アフリカへ行, 今アフリカ人を北米, 今アメリカに強い, 今アリアリと偲, 今アルプスの嶮, 今アレキサンドリアへ書記生, 今アンは彼, 今イデオロギーやジャーナリズム, 今イデオロギー論の課題, 今イライラときびしい, 今イワン君は無神論者, 今ウルスガァルでふんぞり, 今オツな名乗り, 今オペラがかかつ, 今オホーツク海を北, 今オリンピック大会が始まつ, 今カエッテ子ノ幸ニ如何アルベシナド思イ, 今カーブを廻りきろう, 今カーペンター氏の, 今カールの肩, 今ガラス窓のむかふ, 今クビにする, 今グリイン検察官がこの, 今グレゴールが, 今ケリッヒ夫人といっしょ, 今ゲルマン魂の中, 今コクリコクリとやっ, 今ゴタゴタして, 今ゴングの方, 今ゴーリキイをやっ, 今サナトリウムの中, 今サネわかるだろう, 今ザポロージェにゐる, 今ザラザラと零れ落ち, 今シャツ一枚の薪割姿, 今ジャヴェリが開こう, 今ジョンがねあなた, 今スエ子が慶応, 今スクリインの上, 今ストライキに入ろう, 今ストリンドベーリの青書, 今スペインのフラメンコ, 今スワンソン夫人に命令, 今タンクの中, 今ダイナマイトの箱, 今ダリヤ嬢が場, 今ダンリ中尉の妙技, 今チカチカと光りかがやく, 今チラとこっち, 今チラチラと木の間, 今テーブルの上, 今デイヤレクテイクの思想, 今トゥウェルスカヤとよばれる, 今トラックに揺られ, 今ドアの所, 今ドイツがロンドン, 今ドッチを向い, 今ドンドン流れて, 今ドーヴァを左, 今ナオミさんを一番自由, 今ニユーヨーク巡回文庫その他の組織中, 今ネネの眼, 今ノソノソとあの, 今ハイカラーを見る, 今ハッセなんかが, 今ハナヤへ行っ, 今ハヤブサ司令官と大事, 今ハンコ屋みたいなこと, 今ハ既ニ此大業ヲ執, 今バラツクのま, 今バルボアが思いつく, 今パリでボート, 今パリ大学ニ滞在中デアル, 今ヒンドスタンを勉強, 今ピンと胸, 今ピンカンウーリの阿媽さん, 今ピース提督がひとり, 今ファイアーエンジンが通りました, 今ファニイによって, 今フィレンツェ人となりて兩替, 今フイと思い出した, 今フランシスの言葉, 今フランス文学についてみれ, 今フリーダにもそう, 今ブエノスアイレスの大学, 今ブラッセルからロンドン, 今ブルジユワと賃金勞働者, 今ブルジョアジーの知能, 今ブルジョア社会に於, 今ブルジョア革命の前夜, 今ブルジョワと賃金労働者, 今プラットフォームでちら, 今プロレタリアートの發達, 今プールから岸, 今ヘリコン山の頂, 今ヘンな所, 今ベスの望み, 今ベッキイに一つ, 今ベッドから降りる, 今ベツドだけぢ, 今ベートーヴェン百年祭に際会, 今ペトローヴィッチとかれこれ, 今ペーピーがそれ, 今ホウホウと口笛, 今ホツとしてゐた, 今ホームには電気ブラン, 今ボーシンさんに起されたら, 今ボートルレ少年はその, 今ポケツトの中, 今ポツポツとツワイク, 今ポトリポトリと膝, 今ポーが生き, 今マアシュ・エンドにゐ, 今マルクシストやポシビリスト, 今マルクスシストやポシビリスト, 今マルセイユ監獄に繋がれ, 今マンが奇怪, 今ミサにお参り, 今ミスはかう, 今ミス・アラベラが出, 今ムクはお, 今ムシ歯が痛ん, 今ムニャムニャムニャという発音, 今モルモン宗は多妻, 今ヤソ教は精神上, 今ユニテリアン宗の説く, 今ユーゴスラヴィアの南部, 今ヨリ直グニココニ居リマショウト居タガ, 今ライスカレーをつくる, 今ルージュスキーは広い, 今レンズの場合, 今レヴィー・クールよりもいっそう, 今ロザレの霊魂, 今ロシヤ兵と別れ, 今ロビンソンの明るい, 今ロンドンで会った, 今ロンドントリビュナー書肆のみにて発行, 今ロンドン見物の標題, 今ワラをもつかみたい, 今ワラ半紙一枚であらう, 今ン処じゃただ, 今ヴィーコの歴史的分類, 今一々列記する, 今一しきり秋空が, 今一たびこれに詞, 今一たびアヌンチヤタと相, 今一たび彼女の肉体, 今一たび我手に接吻, 今一たび苔の下, 今一つ日本の大審院判決, 今一つ書き終って, 今一とせ許させ給, 今一キログラムの水, 今一ツ御達し, 今一ト昔もあり, 今一パイ喰わせる, 今一ペン読み直して, 今一ヶ月待つて, 今一一標柱が立てられ, 今一万以上の学生, 今一二間先に行く, 今一人一人の兇漢, 今一人上に立っ, 今一人乘組んで居つた, 今一人二三日前から泊り合せ, 今一人京都で抱えた, 今一人來客があつ, 今一人助手として誰, 今一人北国の人, 今一人同僚の先輩, 今一人同席の北海新聞記者, 今一人向うの部屋, 今一人唐縮緬の帯, 今一人土佐で亡くなった, 今一人塩田楊庵という奇人, 今一人外山長蔵という同業, 今一人姙婦がゐた, 今一人実の妹, 今一人小夜子の古い, 今一人是非そなたに, 今一人最近の英文学, 今一人来客と食味, 今一人楽屋に来, 今一人此人のお手本, 今一人殘つて漸く心, 今一人毎年下つたと見られませう, 今一人民さんといふ四十あまり, 今一人永井君へ想, 今一人治平といふ親類, 今一人洋服を着た, 今一人独美の子, 今一人画家が加, 今一人知つてゐるから, 今一人確かな醫者, 今一人私の弟子, 今一人立役延若を加, 今一人背広に縞ズボン, 今一人行き方の知れない, 今一人誰であったか, 今一人誰か出て, 今一人警察の本職探偵, 今一人赤人の先輩, 今一人雑用に働い, 今一人韋駄天ばしり, 今一人鳥打帽を目, 今一体どうしたらば, 今一個人の事, 今一倍気品があり, 今一児狼群中より捉え来られた, 今一党の者, 今一兩年經たる上, 今一八一五年にはイギリス軍, 今一八七二年のこと, 今一円だけ持つ, 今一円四十一銭あります, 今一処に棲ん, 今一刻ニ破却ニ会ヒ, 今一勝負済ますから, 今一匁いくらで買っ, 今一千九百十九年の, 今一同と共にじっと, 今一名すがた, 今一名渠と同じ, 今一向見かけない珍, 今一商いした通船楼, 今一囃子そんな景気, 今一基あって, 今一場の大, 今一夕と呑む, 今一夜師匠の棺, 今一客を止めず, 今一家揃って, 今一寸一語か二語, 今一寸二十円ばかり貸し, 今一寸云えない, 今一寸他所へ行っ, 今一寸前に, 今一寸手がはなせない, 今一寸教へてくれない, 今一寸気持に引, 今一寸片方の脚, 今一寸考へが附かない, 今一寸説明しよう, 今一尺先へ進んだら, 今一尺縁へ出, 今一尾投げて, 今一層グッと身, 今一層古くはあるまい, 今一市場を想像, 今一年卒業の日, 今一年廃学して, 今一年有余の体刑, 今一度お前の扶, 今一度お嬢さんと二人きり, 今一度お釈迦様の誕生日, 今一度お金を頂戴, 今一度くり返すならば, 今一度そなたに, 今一度ただ今のよう, 今一度もとの可愛い, 今一度もの書くこと, 今一度アリアリと描き, 今一度エログロナンセンスでもあるまい, 今一度オズオズと部屋, 今一度オランダ使節は江戸, 今一度ギョッとさせられない, 今一度シンミリとそういう, 今一度ジット少年の顔, 今一度ステトスコープを取り出し, 今一度ソーンフィールドへ向, 今一度タタキ殺して, 今一度タメ息をしいしい, 今一度チョト拝見さして, 今一度ツシタマの古名, 今一度ツルゲーネフを引く, 今一度パスを請求, 今一度ヒロイックな美しい, 今一度ベートーヴェンがオーストリア, 今一度ホーッとばかり喘ぐ, 今一度モットモット深くかえりみる, 今一度モトの処, 今一度ヨーロツパの土, 今一度ライン河畔の幼, 今一度ルパンを驚かす, 今一度一同を見廻, 今一度一声なり次第, 今一度一大事を聞いた, 今一度一度期に一閃光, 今一度七十日の秘密, 今一度万歳の声, 今一度丈夫になりたい, 今一度上京をまち, 今一度上人にお目にかかる, 今一度不思議と健康, 今一度不思議そうにドクトル, 今一度中の様子, 今一度丸亀市で展覧会, 今一度乞食のゆき, 今一度予と握手, 今一度二階の左, 今一度亡児の跡, 今一度京子を叱っ, 今一度人生の充實, 今一度人間の村, 今一度今夜の月, 今一度他国人から調和, 今一度会つたら今度, 今一度何でもなく, 今一度信遠三, 今一度倫敦に遊びたい, 今一度傍なる室, 今一度僕の手, 今一度八重山群島の民間傳, 今一度共産党らしい執着, 今一度内側から締めて, 今一度内城へ入, 今一度冷然と睨み付ける, 今一度出仕して, 今一度出発点に戻し, 今一度初から繰り返した, 今一度初めの樣, 今一度勘定して, 今一度勢よく軍刀, 今一度十分訴たえて, 今一度午睡をし, 今一度博士の所説, 今一度双眼鏡をもっ, 今一度叔父の横顔, 今一度叫けんで置きます, 今一度右の表, 今一度同氏に問, 今一度名誉を博する, 今一度君にまみえ奉らん, 今一度吸ひたいと思つて, 今一度吾輩の専門, 今一度味はう, 今一度味われはすまい, 今一度咳の出る, 今一度唇をムッ, 今一度唐崎へ往, 今一度嘆願書の提出, 今一度四方の壁, 今一度回転椅子の上, 今一度困窮ノ直, 今一度図書館に通いまし, 今一度圧し鎮めて, 今一度墓を掘らで, 今一度大連と旅順, 今一度天顔を拝, 今一度奥様の強い, 今一度女首を持ち来り, 今一度如那いふこと, 今一度妃の笑顔, 今一度妹と佐殿, 今一度妻の顔, 今一度妾の頭, 今一度姫の死, 今一度娑婆の様子, 今一度子供たちに話し, 今一度宗風を揚げ, 今一度実験をやり直す, 今一度室内の調度, 今一度家の方, 今一度家内の生前, 今一度宿屋らしい家, 今一度寄手の来る, 今一度寸を縮めい, 今一度少年の日, 今一度屍体をあお向け, 今一度山から特に, 今一度山川みたくおもへども, 今一度山木と共に, 今一度山林事件のため, 今一度川本に向, 今一度左右の寝, 今一度市街見物をした, 今一度常世神の昔, 今一度帽子を脱い, 今一度幸福と平和, 今一度廿歳代に若返るだろう, 今一度役場に立寄っ, 今一度彼の膝, 今一度彼らの艶容, 今一度彼女の先生, 今一度徘徊して, 今一度御前体を取, 今一度御意度得存候然者, 今一度御面会仕候時ハよほどおもしろき, 今一度復活させようかと, 今一度心の底, 今一度恢復させて, 今一度感覚入門的な独断論, 今一度戦線へ返し, 今一度扉の前, 今一度承知して, 今一度拙著の, 今一度故郷へ下, 今一度敬虔なその, 今一度数学の解式, 今一度整理して, 今一度斯様な舞台姿, 今一度新に考へ直した, 今一度新たに考えさせる, 今一度方面をかへて, 今一度明るみへ持ち出した, 今一度昔に還つ, 今一度曙覧の記憶, 今一度會つて見たいと, 今一度朝鮮にその, 今一度本街道に立, 今一度札幌へ立ち, 今一度机の上, 今一度李陵は北海, 今一度村の人々, 今一度東上しこの, 今一度校合の仕, 今一度標山に就, 今一度樺太へ舞, 今一度歐羅巴にお, 今一度此女の嬌態, 今一度此文を進げ, 今一度此方を振返つ, 今一度死人の顔, 今一度残りの籾, 今一度母上に逢, 今一度母校の正門, 今一度気を落ち付け, 今一度水にて洗い清め, 今一度決定的に解決, 今一度沈黙の中, 今一度活路を求め, 今一度浪路と目, 今一度海よりも深く, 今一度湖に放し, 今一度湖畔に宿り, 今一度湯にあッ, 今一度演って見たい, 今一度火の中, 今一度灰色のバルドヰン, 今一度爆笑が起った, 今一度特筆大書する, 今一度独語して, 今一度猿のよう, 今一度玄関に出, 今一度玲子の背中, 今一度現場を見せ, 今一度現場附近を調べた, 今一度田舎の方, 今一度男として彼女, 今一度畳の上, 今一度疑問の林, 今一度目をひらい, 今一度相会して, 今一度相馬先生に見, 今一度真偽をたしかめ, 今一度真赤になった, 今一度眼前を活き, 今一度瞽女を見ん, 今一度神武の創造, 今一度私等二人に剣, 今一度秋冬の間, 今一度稽古を続ける, 今一度稿を起し, 今一度窟の底部, 今一度竜顔を拝し奉らん, 今一度童子となっ, 今一度箸を執っ, 今一度精選して, 今一度結婚をした, 今一度絵巻物に顔, 今一度維倉青年を見下し, 今一度縁あらば, 今一度老婆に滯在, 今一度背後を振り返っ, 今一度至急に御来, 今一度舞台へ来なさい, 今一度芝居を見, 今一度若がへつて, 今一度若林博士からこの, 今一度英子の家, 今一度華やかに誇り, 今一度葉子に会う, 今一度薄着して, 今一度行ふ, 今一度行つて見て, 今一度裁判を開い, 今一度裁判所へ呼び出される, 今一度親類の者, 今一度言葉をかへていふ, 今一度訊問して, 今一度試つてみて, 今一度誰の胸, 今一度諸君と共に大, 今一度躊躇する, 今一度身に著, 今一度辛棒して, 今一度農学士達の深切, 今一度近松や西鶴, 今一度逢つてたしかめてからに, 今一度運を試し, 今一度邸へ帰, 今一度都門の外, 今一度鐵工場の鐵, 今一度長崎へ帰っ, 今一度闇になった, 今一度降服を勧告, 今一度降魔の祈祷, 今一度雪江さんと差向い, 今一度青年の方, 今一度青春を与えよう, 今一度青雲の志, 今一度静かに左右, 今一度非常な努力, 今一度非道なす訳には尚更, 今一度顔を上げさせる, 今一度食道鏡を突, 今一度首を傾げず, 今一度駐在所の表口, 今一度鬘を脱ぐ, 今一度鷹ノ巣瀧とやらを見た, 今一度鼻のない, 今一度鼻眼鏡をかけ直し, 今一度龍顔を拝, 今一応あらためて真実心を以て, 今一応篤と考えて, 今一所けんめいにその, 今一所懸命に網, 今一手もあったら, 今一打を蛇, 今一文も渡さず, 今一斉に驚き, 今一日平均数百円の多き, 今一日滞在して, 今一日鶏を殺さず, 今一時自然科学を考え, 今一時近く之より仕事, 今一時頃かしら, 今一月はやからば, 今一服氏が帰った, 今一朝にし, 今一期の大事, 今一本あなた様の御, 今一本如何大藏大臣之を許す, 今一本手が欲しく, 今一本矢が残っ, 今一本腕の化物, 今一本飮まば, 今一朶の雲, 今一枚上わ手, 今一枚妙な浅黄色の, 今一枚洗つて今日は大原, 今一枚素敵に好い, 今一棟横の路次, 今一椀はと思つて口, 今一段光彩のある, 今一段厳重になるべく, 今一段推測し易い, 今一段考へを進め, 今一段自分の狡猾さ, 今一段進歩した時分, 今一母同産, 今一滴の涙, 今一片のパン, 今一狼は一羊, 今一生一度のよう, 今一生懸命ナオミを恋い慕っ, 今一生懸命事件を探し, 今一町も下る, 今一番健康のよう, 今一番外国の文人, 今一番婦人にとって必要, 今一番富士太鼓を謡っ, 今一番神聖な誓いの, 今一発短銃の弾機, 今一眼見んとて, 今一着同じ服, 今一科勉強したいと, 今一秒時間の後, 今一種神招ぎの場としてかう, 今一筆書いて, 今一等車の坐り心地, 今一箇所といふ真際, 今一緒に出し, 今一群の人達, 今一色党の面々, 今一茶の百三十年祭, 今一萬圓の餘, 今一葉には, 今一袋は老, 今一言言つたら直ぐに, 今一説を主張, 今一足おさきに斬られた, 今一足早かりせば, 今一足遠くへ尋ね, 今一身を賭し, 今一軍を拝借, 今一軒商店向きの家, 今一連の列車, 今一遍云つて見ろ俺, 今一遍拝をし, 今一郎が感じ, 今一部だけ払っ, 今一重余計に裹むという意味, 今一重別にはい, 今一重裹むというのは如何にも実感, 今一面彼に新しい, 今一首のよい, 今一首歌よめと, 今一首皇后のうちとけ, 今一騎一騎背のびするよう, 今一鼠を伏, 今丁度三ヶ所切れて, 今丁度五十年前の昔, 今丁度人の出潮時, 今丁度食い酔って, 今丁抹で持て囃され, 今七ツ時頃夷船遠沖, 今七倉岳と称する, 今七八ツ程肝, 今七八分前まで現に, 今七八十人の同勢, 今七兵衛はムク, 今七十一議会に於, 今七十幾つになっ, 今七十歳の老, 今七千の公民館, 今七宝を鏤めた, 今七時二十分人の出盛っ, 今七時間働いてるところ, 今七色蕃椒屋のある, 今養軒という, 今万吉の口, 今万里の長城, 今三つの点, 今三井寺の裏山, 今三人掛りでこの, 今三代家光公の治世, 今三保にいる, 今三倍を與, 今三光稲荷の下, 今三内町で, 今三分の二ほどよみ進ん, 今三分一ほどよみかけた, 今三十二錢で買つて來, 今三十五六の女, 今三十五六歳党のちゃんと, 今三十五哩の速力, 今三十代になっ, 今三十六七なるべし, 今三十六歳工兵士官として戦争, 今三十分二十五分と時計打, 今三十幾通残つてゐる, 今三十歳つまり二十九歳の初冬, 今三千ルーブリだけ貰え, 今三吉野の河, 今三味線堀にいる, 今三四子らしい女, 今三四封度を携え, 今三四年はお, 今三四百年も以前, 今三四郎の目, 今三回に分けた, 今三太刀七太刀と称せられ, 今三女史の包囲攻撃, 今三巻の巻物, 今三年前の殺人, 今三度まで予, 今三度そこを去っ, 今三成の敵, 今三方の路, 今三時三十八分だから, 今三書を湊, 今三条五分で行ける, 今三枚橋と下谷, 今三次がたくさん, 今三次元世界の中, 今三番竈に火, 今三社の前, 今三箇月もすれ, 今三頭とも見つ, 今上げますで少し, 今上げようと思っ, 今上った山は, 今上ろうとする, 今上京しとります, 今上官としてお前, 今上方へ向け, 今上月城にたてこもっ, 今上海市庁の要職, 今上田で数学, 今上衣の袖口そのもの, 今上野介の住ん, 今下げた頭の, 今下さればいい, 今下って来た, 今下ったのとは, 今下り松の変, 今下るのです, 今下ろしてゐる, 今下宿へかえって, 今下手人の名, 今下着にはあたりまえ, 今下車した坊っちゃん達, 今下都賀郡岩舟駅の近く, 今不二夫君たちの前, 今不可解な人間, 今不安の時代, 今不思議な旅人, 今不明である, 今不用意のうち, 今不破の古関, 今不肖この田崎, 今不自由な仮, 今不要意につぶやいた, 今不覚にも自分, 今不足を言つた, 今与えておかね, 今与え給わんことを, 今与兵衛の扉, 今与力の鈴木藤吉郎, 今与力同心総立ち合い, 今与右衛門は逃げ, 今世の常の自, 今世界中を見渡す, 今世界未曾有の戯曲時代, 今世界観と直接相互決定, 今世紀の罪滅ぼし, 今世話をし, 今世間一般にいっ, 今世間日常の話, 今世阿弥の残した, 今丘仁義の道, 今両国に身投げ, 今両者の間, 今並べてみたくなる, 今並んで歩く, 今並存論によるに左図, 今中の間で寝, 今中位の象, 今中古の計算, 今中国攻略の難業, 今中学四年を卒, 今中学校の先生, 今中學の寄宿舍, 今中川さんへ寄ったら, 今中年を過ぎた, 今中止されては, 今中津川から歩い, 今中谷助役の手, 今中軍の幕, 今丸ビルの中, 今丹念に振返っ, 今丹陽の地, 今主としてグリムに, 今主人欽蔵が店先, 今主夫人の云った, 今主治医に聞いた, 今が来ます, 今乃公があの, 今久々でかの, 今久光が斉興, 今之に関して三つの, 今之孝者是謂能養至犬馬皆能, 今之等四つの空間形態, 今乗せてゆく, 今乗つて来たの, 今乗り出した渚が, 今九円という倍加, 今九十九折の岩角, 今九大精神病学教室本館階上教授室の自分, 今九尺以上も身長, 今九時二十分頃でしょう今日, 今九時十二分ばかりだ, 今九時御帰藩被遊候に付, 今九枚残って, 今九死の境, 今九段の遊就館, 今九江に同期, 今九種類の材料, 今をくれたら, 今乾いた洗濯物を, 今乾かしてる最中だ, 今乾ききった低い石垣, 今亀三郎は春雄, 今亀山も陥, 今争っている, 今事件の当日そこ, 今事務所に居る, 今事実によって考え, 今事新しく述べ立てるまでも, 今事物が特に, 今の太刀, 今二〇ワットの電燈, 今二インチも自分, 今二三ヶ月三上於莵吉の名前, 今二三十万石どこからか切取らね, 今二三十年も生存, 今二三年は新潟, 今二三日の処, 今二三月もこの, 今二三間行き過ぎた惣太, 今二三隻の軍艦, 今二世全安, 今二五〇〇磅であるが, 今二五八八年は千葉県浦安町, 今二人ぎりです私と, 今二人ともにこれから, 今二人伴れて, 今二人自殺するよりも, 今二匹が噬合, 今二十ノットに上げた, 今二十七八やっと女, 今二十五になる, 今二十五号の絵, 今二十五才だよ, 今二十人居る, 今二十位になる, 今二十何日もたつ, 今二十六日をつぶし, 今二十円しか金, 今二十円お願い致しますので, 今二十前後の若い, 今二十四五歳の日本人, 今二十幾人を一時, 今二十日の月, 今二十日午後五時頃九州帝国大学精神病学教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 今二十階建の家, 今二十騎の侵入軍, 今二千六百年天高し, 今二子が植木屋, 今二寸に伸び, 今二少年にむかい, 今二島は渡黨, 今二幕ばかり覗い, 今二年めです, 今二年目だから, 今二度目のをもらっ, 今二時が鳴った, 今二時昼ねよ健坊, 今二本煙筒二本檣の不思議, 今二枚に要約, 今二枚所有して, 今二次元の世界, 今二点を拍, 今二物の存するある, 今二百四五十人も遊ん, 今二百石ばかり加増, 今二軒長屋のせまい, 今二郎さんがおまえ, 今二騎の侵入兵, 今云いに来た, 今云いたくはない, 今云い出すと却って, 今云い掛けたおれもの, 今云ったら大変な, 今云ってることは, 今云わなければそれ, 今五フランきり持ち合わせがない, 今五・一五事件の公判, 今五七頁のところ, 今五万円の保険, 今五六年もたて, 今五六本扇が欲しい, 今五分でも十分, 今五十いくつかになっ, 今五十キロの由, 今五十両渡しましたら栄三郎様, 今五十八もう二十年, 今五十円位するって, 今五十円六十円すぐ出せる, 今五十名余りの男, 今五十四番の人, 今五十度です, 今五十枚ばかりペシコフ爺さん, 今五十歳ですが, 今五十銭も出す, 今五千円か一万円, 今五寸ばかり雨戸, 今五年にい, 今五年さきに失, 今五日午前十時頃市内海岸通二丁目四十一番地四角天主教会にては日曜日, 今五日四時より九時, 今五百万の信者, 今五百円のペトロン, 今五經の中, 今五郎次が濡れ, 今五重の箱, 今井上友一郎の住んでる, 今井田は服, 今井田流の大, 今亜砒酸を用い, 今亡くなつてしまつたのである, 今亡君の墓, 今交渉中なのよ, 今享保何年かの三月十五日, 今の色街, 今京中に於, 今京王閣の帰り, 今人もさまで感情, 今人其説を執り, 今人天の師, 今人學多く浮淺, 今人形を取り出した, 今人手にわたりてとど, 今人殺しと言った, 今人物経済上の利害, 今人生の中腹, 今人相書が廻っ, 今人胸奥の絃, 今人胸奧の絃, 今人自ら来往す, 今人足が云った, 今人造人間エフ氏があばれ出し, 今人類の恐怖, 今人類全体の課題, 今仁政をよろこん, 今仁杉英さんの教, 今今なにして, 今今井君が云つて, 今今仙十郎さんと二人, 今今居ませんよ, 今今後二三十年のこと, 今今牛も人, 今今皆なで, 今仏蘭西巴里から着いた, 今宦した, 今仕かけて居る, 今仕なければ余り, 今仕ふる所の, 今仕へる者も, 今仕舞つたばかりのところ, 今仕込み最中のちょっと, 今他人の眼, 今他国者のやり, 今と道, 今仙十郎さんと二人, 今仙石家の者, 今代りにやらむとするは, 今代りますから, 今代議士なんてやってる, 今以後飼部となり, 今仮令異国の, 今仰いましたか, 今仰ぎみるその樹, 今仰ぐと二十歳, 今仰った事は, 今仲間の若い, 今の青年, 今伊織が外, 今伊豆大島の沖, 今伊達に婆さん, 今伊達さんが来, 今伏見の宮, 今伏見城を始め諸国, 今伐り倒すことは, 今既に足る, 今休んだ茶店の, 今休んでるがこの, 今会いに行く, 今会えるかどう, 今会ったら変っているだろう, 今会つて来ました, 今会津薩州二藩の兵, 今会計課の窓, 今会議の最中, 今伝うるは一人, 今伝えられて居らぬ, 今伝へる如く五島の, 今伝わるものは, 今伝七郎の方, 今伝道のこころ, 今伝馬町の薬屋, 今伯爵夫人のところ, 今れて, 今伸子たちの間, 今伺うと検視, 今伺おうと思っ, 今伺ったお話です, 今伺ひたいのでございます, 今たり, 今但馬守の駕わき, 今低い水準に, 今住んでる家が, 今佐々木高氏が胸, 今佐殿の旗, 今何かしら聖礼を要する, 今何げなく眺めた, 今何ごとも発生, 今何ぞ殊更に敬, 今何づれの處, 今何でさ合せ, 今何とも明解する, 今何ひとつ語る言葉, 今何ら悪意を, 今何シテイルカト問ウノデコレ, 今何万円とかいはれ, 今何不足ない身分, 今何十メートルとも知れぬ, 今何故か彼を, 今何時大陸に達し, 今何気ない風を, 今何者が所持, 今余ガ唯物論ヲ唱フルモ其原ハ, 今余詩聊寓復古之意云, 今余輩の勧むる学問, 今作劇の筆, 今作爺さんに呼ばれ, 今作者の周囲, 今使い奴が, 今使つてゐる第, 今使人の容儀, 今使屋が届け, 今侍従の君, 今侍臣から耳, 今侏儒の姿, 今便利な新道, 今俄然としてくずれた, 今俊夫君の頭, 今に大口浦, 今保管と収支, 今保護されて, 今信仰がある, 今信吉は観客, 今信玄を毒, 今修業中なん, 今修道院に居る, 今俺とこへ来よった, 今倉皇ともと, 今個々の事物, 今倒れて死ぬ, 今倒れたのは, 今倒れたるそのめぐり, 今借りた本で, 今倫理中毒の代り, 今倫理教科書は文部省撰, 今がいった, 今偉きな潮, 今偉大な文化, 今まれる, 今停つたバスから, 今停車場に着いた, 今健気でした, 今偶然これを篋底, 今偶然君に追いつい, 今偶然暴風に吹流, 今傍らの初瀬, 今催眠術治療法はそのいわゆる, 今傳つて居るの, 今傳説に從, 今僅かに星, 今僅か一尺あるか, 今働いてるドコかへ, 今僕部屋をのぞき, 今僧正さんがお, 今億万の人, 今珠閣で, 今兄弟中でも最も, 今兄弟父をともに, 今充分其功能を, 今先ぐにも手紙を書こう, 今先ぐ家へ行っ, 今先づ淨土眞宗から始め, 今先づ隅田川より説き起し, 今先ぼくが明日子, 今先何事も胸, 今先刻の事, 今先刻吾輩がここ, 今先私も病院, 今光ったのは, 今光りに満ち, 今光る雲の上で, 今光丸さんが居る, 今光明寺へ行っ, 今をたくさん, 今も年, 今兒等にも實地, 今兜町に山一商會, 今入らば, 今入れている, 今入口の番, 今入町でございますよ, 今入道の子孫, 今全力を集中, 今全身の力, 今全速力で走っ, 今全部の藩公, 今全部君に言っ, 今全部早稲田大学図書館に移管, 今全集の書簡篇, 今兩者の間, 今八十六の御, 今八官町のどこ, 今八日未明西太平洋において米英軍, 今八時十分でございます, 今八橋周馬が敷台口, 今八百の単位, 今八百部まで行, 今公共性とは普遍的通用, 今公務の余暇, 今公式主義者ではない, 今公徳の美, 今公然と持ち出される, 今公花間の文字, 今六ヶ敷い仕事, 今六・一です, 今六人のエタ, 今六十五になる, 今六十六でしょうが, 今六十頭をります, 今六幕目の終わり, 今六年以前なら別に, 今六年生の一番, 今六月二十九日の午後九時前後, 今六条の宿, 今六枚の畳, 今兵力を分け, 今兵士と受刑者, 今兵部卿親王の土牢, 今兵隊に行, 今兵頭が参ったなら, 今兵馬はお雪ちゃん, 今兵馬さんが先輩, 今其の大きな息子を, 今其上へ登つて, 今其如何にし, 今其溺時之種々, 今其目的地に達し, 今其自然の美しい, 今其馬糞が土地, 今具体的に一例, 今冀州に虎, 今内地へ帰れなかったら, 今内行の不, 今内輪から苦情, 今円筒形の途方, 今再三それを, 今冒険を必要, 今写し出すに臨ん, 今写山楼の門, 今写真を取り出し, 今冬坡君を何, 今冷している, 今凍えて行く, 今つと自分自身, 今凝視して, 今出あっている, 今出かけたところ, 今出かけましたのです, 今出かけようとする, 今出さなければ又, 今出されている, 今出しかけた処な, 今出した金で, 今出しますから, 今出で立つ汝等節度使の, 今出なくてはならぬ, 今出ぬと半兵衛め, 今出られちゃ出る, 今出仕か, 今出先の寺井玄渓, 今出入の骨董屋, 今出品の絵, 今出掛けている, 今出来かかっている, 今出来ただけ私, 今出来ないのです, 今出来心だろうが, 今出陣の別離, 今出雲の國, 今出鱈目を言わず, 今のところ, 今分ぢやさ, 今分つたからといつ, 今分らなくてもお前, 今分らなくなったんです, 今切って落された, 今切らなければ鉄, 今切られたばかりの殿, 今切りかえで市中, 今切り抜いた筈の, 今切れてし, 今切港や清水港, 今切符を買っ, 今切離されたばかりの生々しい, 今刈り了へて真夏, 今ね返, 今刑務所当局に対して交渉中, 今刑部のまわり, 今初めたばかりだ, 今初め源吉は自分, 今初夏の光芒, 今初子さんの所, 今初学の人, 今初江の場合, 今判らないが家, 今別れることは, 今別れろ別れないと何度, 今別れろ別れると約束, 今別人の手, 今別状なく帰宅, 今別荘の下男, 今別離の情, 今利潤形態より脱し, 今刺してしまった, 今刺すがごとき, 今刺繍の衣裳, 今前座にそんな, 今前後の行き掛り, 今前芸とあっ, 今剣術の方, 今院長の, 今割ってしまう, 今割下水で恥, 今劇作をし, 今劉備の前, 今加奈子の膝, 今加来博士の臨終, 今加藤氏が福沢氏, 今助けますから頑張っ, 今助けるから安心, 今助役さんに云, 今助手たちがまた, 今効果ある状態, 今勇將の姿, 今勇敢な看護婦, 今勇氣振り起しまとも, 今勉めなければならぬ, 今勉強中だと, 今動かしちゃ病人, 今動坂三郎を自動車, 今動物園と有斐閣, 今勝ち誇った色が, 今勝てるもんだ, 今勝利の快感, 今勝誇る麦秋の, 今勝頼の痛切, 今を尽し, 今勤めている, 今包紙を調べた, 今して, 今北之荘の町端, 今北極の頂上, 今北津輕岩木川村の丘, 今北陸にある, 今医学士の婆, 今医家の療法, 今十一時を打った, 今十一時食堂でポツン, 今十七日付を以て彼, 今十七歳の少年, 今十三日はお, 今十三日中になりましょう, 今十三銭の銭, 今十両ほどあります, 今十九夜の月, 今十二の樽, 今十二三人見えるから, 今十二台の, 今十二時半までまっ黒やみ, 今十二社に住ん, 今十二通の裏, 今十五か六, 今十五六円ばかりすっかり, 今十五分も一緒, 今十五日づけの, 今十五里も先, 今十兩に利子, 今十八歳のコムソモール, 今十六七歳の少女, 今十六世紀の野蛮性, 今十六日魯西亞使節多吉郎へ面會仕度旨, 今十六節出て, 今十内が云った, 今十円の給料, 今十分に研究, 今十分間の休憩時間, 今十吉めの素性, 今十四日にはすでに, 今十四日午後六時出帆定期航路に就く, 今十四日吉良邸で年忘れ, 今十四章を全体, 今十国峠あたりから見る, 今十巻の全集, 今十年間八州を以て又, 今十幾発目かの花火, 今十数年後木曽駒ヶ岳恵那山などの山, 今十数艘の兵船, 今十時を打ち出し, 今十時三十分だ, 今十時十五分前です, 今十歩と思われた, 今十歩今十歩と思われた, 今千世子の掛け, 今千両の金, 今千九百二十六年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 今千二はただ, 今千数百年以前の我々, 今千歳ののち, 今千浪に会う, 今千艸屋に飼われ, 今千萩が話, 今千蔵のうわ, 今午前三時半における新宿, 今午前二時三十五分を指し, 今午前八時か, 今午前十時の日光, 今午後十時ここでこれ, 今午睡をとっ, 今半年も此処, 今半鐘でも聞こえる, 今卑しい高声, 今かに彼, 今卓上に玻璃罎, 今協議中である, 今の方, 今南半球七月初旬の麗らか, 今南海の我が, 今南無阿弥陀仏を左, 今単なる発展説と, 今印鑑届および委任状, 今危機一発の戦時状態, 今危険な病気, 今却って自分が, 今卸したかと思われる, 今を馬, 今原口さんの話, 今原子医学界では日本, 今原田さんに聽, 今のなか, 今厳島合戦記について精査, 今矣, 今去る九月に, 今去れヘーレーに, 今去就の半ば, 今参内するところ, 今参河の安, 今参考のため, 今又チョット新タニ思イツイタコトモアルンデ, 今又一書估の齎し来る, 今又更にトロイアの, 今又村家亡し, 今に對, 今友人らが劇場, 今反対の方策, 今反省と悔悟, 今叔父上とも母上, 今つて上げま, 今取つ組んでゐる, 今取りかかつて, 今取りかえたばかりだ, 今取りかかっている, 今取り上げられる多くの, 今取り出したばかりの甘, 今取り去るに過ぎざれ, 今取り外してみる, 今取り寄せて見る, 今取り巻かれている, 今取り戻す事を, 今取り扱っている, 今取り次いだ家職が, 今取り調べられている, 今取ろうというの, 今取上げた葉卷を, 今取払われるという, 今取散らした室内に, 今取替へたばかし, 今取次の者, 今受取ったそれさ, 今叡子さんを目, 今叡山のどこ, 今口まめに饒舌, 今口先の嚇し, 今口入屋にたずねた, 今口述しつつ, 今古井有之即, 今古巣に戻, 今古書をひろげ, 今叩いて居る, 今只今宿の表, 今叫ぶ髑髏急, 今召さむぞ, 今召されるといふ, 今召したらもうすこし寒気, 今召し上りますか後, 今召捕った四五人を, 今台所で染物工場, 今叱ったのは, 今叱り付て, 今叱りつけてやった, 今史局薩摩に擬す, 今右舷左舷に印度洋, 今右門が不審, 今司令部から電話, 今各地の小, 今合せて見る, 今合点の行った, 今合衆国はその, 今吉岡がじゃあ, 今吉岡側のほう, 今吉弥を紹介, 今吉次の眼, 今吉田の両所, 今吉良殿の身辺, 今吉野朝廷へ上表, 今州無料図書館会議の, 今同じそのお直参八万騎, 今同感しないでは, 今同時に存在する, 今同書に拠っ, 今名タビラコ古名ホトケノザは我邦諸州, 今名リュウノヒゲの実, 今名乗りをあげ, 今名人がいった, 今名分のない, 今名刺あげるわ, 今名古屋での足あと, 今名古屋城をお前, 今后すぎの二時半, 今吐き出しそうに, 今向い合った窓ぎわに, 今向かい合っている, 今向きつけて女, 今向き合っていた, 今向けられて来た, 今向け換えたばかりの眼, 今向方の堤, 今君らに真剣, 今君侯のお断り, 今吸いこまれるように, 今吸っている, 今吹雪いてゐるらしく, 今が生める, 今吾家へ帰る, 今吾川郡浦戸村の南, 今吾海を超え, 今の譎詐, 今呉れた衿と, 今呉自身の浮沈, 今呑んでいる, 今呑んだかと思う, 今呑牛を見送, 今味わっていられる, 今呼ばして頂き, 今呼ばれた件の, 今呼ばれないことを, 今呼びますからと座敷, 今呼び寄せますから, 今呼ぶ声が, 今にかけてもと, 今命がけで仕事, 今命ずこ, 今して, 今和主が一箭, 今和尚はアトリヱ, 今和次郎氏が調査所, 今和蘭人と日本, 今咲きそめた花に, 今咲枝も太郎, 今哀しき道伴れ, 今唄っていた, 今唄口を濡, 今唾液がその, 今商売人の青白き, 今問わぬとしてとに角宣伝, 今問合せる訳にも, 今問屋場の前, 今問注所のそうした, 今啖呵を切ッ, 今啻に可能な, 今善吉の口, 今善蔵氏は日光, 今喜びて自ら, 今喜多宗家に伝わっ, 今っては旨く, 今喰いとめられなければならなくなった, 今喰うた切肉を, 今喰ったばかりだ, 今嘆いたりなんかし, 今嘉代さんを操りかね, 今嘗て青春の, 今嘗めて居る, 今嘶いたのは, 今器械全部は運転, 今噴水を直し, 今囁いて行った, 今の陰謀, 今四たび泉のほとり來, 今四スーきり持ち合わせがありません, 今四五十になつ, 今四五年經つて此根が腐つ, 今四五日前といいました, 今四人目の妻君, 今四十もある, 今四十七歳だそう, 今四十何枚めだかを, 今四十六歳です, 今四十前後の男, 今四十日後にやめる, 今四十枚ばかり見た, 今四十歳にし, 今四回ばかりやっ, 今四年だけれど, 今四度目を丹念, 今四明ヶ嶽の谷道, 今四時四分を示し, 今四月だから, 今四条畷の戦い, 今四校目の訂正, 今四次元の世界, 今四次元世界に住ん, 今四男又一君が住ん, 今四軒茶屋のおやじ, 今四辺を見, 今四郎は机, 今四隣夜更けた一室, 今四馬が指, 今回復期のきわめて, 今回想しつ, 今団長が見つかった, 今困ったことが, 今困つて居るいろ, 今困つた樣子です, 今困つてる事情を, 今困るんです, 今図らず追い詰めてお供先, 今図書館の大きな, 今国分の仕事, 今国宝館を出, 今国家的孤児である, 今国民元気道義の根源, 今国法未だ存, 今国男たちが階下, 今国野の許, 今国防国家として前衛的, 今国際紛争を仄めかす, 今園丁を見つける, 今圓馬系の噺, 今土佐の政, 今土方歳三を柳原, 今土橋の上, 今在すあたりは, 今在りながら現在, 今在官の人物, 今地の利に於, 今地ひびきをたて, 今地下戦車をこしらえよう, 今地元の青年たち, 今地内で淺川, 今地名だけに遺っ, 今地図を披, 今地方にあっ, 今地方官として赴任中, 今地獄極楽の見世物, 今地球がたいへん, 今地理的に, 今地面に種, 今地鳴りを聞きませんでした, 今の向こう, 今坂野がいる, 今坐り直すゆえちょッと, 今坐れば席, 今の中, 今坪内君から聞い, 今垂死の兵士, 今地で, 今埋けた白骨に, 今城壁去る遠し, 今城太郎が見, 今城普請は全国的, 今城門をあける, 今もなく, 今執っている, 今執務時間であるから, 今埼玉の冬, 今堂番の男, 今堅い事のみ, 今堪え兼ねて石垣, 今堪へられぬ梏を, 今堪ゆべからざる疲労を, 今報われるときが, 今報謝をしよう, 今報道禁止にし, 今場合を逆, 今をおり, 今塔上に座する, 今塚屋とやって来た, 今じて, 今塞いだばかりの炉, 今塩ビスケットを割っ, 今墓中より呼び起こし, 今墓地へゆく, 今墓場を掘った, 今増しつつある, 今を蹴つた, 今壇ノ浦の前夜, 今壊されたその跡, 今壊れた太郎坊な, 今を四方, 今壯年のヴィンチスラーオ, 今声帯は躍動, 今売らずにあったら, 今売らなければならない, 今売られている, 今売りあげをみんな, 今売りだされている, 今売りだしの島崎親分, 今売り出そうとしかけ, 今売れば三百円以上, 今売れない和唐内や, 今変ったばかりであった, 今夏侯楙がはいっ, 今夕影のしる, 今外さなくっちゃ時間, 今外側の室, 今外国密偵団の監視, 今外套を脱いだ, 今外敵をひかえ, 今外界とはわが, 今外科が傷, 今多分この家, 今多勢の妾, 今多忙を極め, 今夜来鳴き響もせ, 今夥しく都の, 今大いなる沈黙は, 今大きかつた, 今大きくなつて, 今大して隆盛で, 今大人になっ, 今大人気な県城, 今大体それに向い, 今大切な点, 今大勢の人, 今大地の底, 今大変健康をこ, 今大学で知り, 今大将柴田勝家が馬, 今大川の生命, 今大御所の広間, 今大急ぎで家, 今大望を仕遂げ, 今大朝にいる, 今大森山王に家, 今大業の途, 今大水の響, 今大江の流れ, 今大空の神, 今大空艇にのっ, 今大蔵の名, 今大衆の手, 今大路侍従道三玄淵に学び, 今大阪市中に大人気, 今大騒ぎの真っ最中, 今大鷲を搏, 今天われを助け, 今天下一般の関心, 今天下三分シ操ハソノ二分ヲ占メ, 今天人共に容, 今天正十二年は本能寺, 今天正時代の海国武士, 今天津や北京, 今太夫ほどに派手, 今太夫元の使い, 今太守の鎮守, 今太左衞門が丹三郎, 今太平洋の海, 今太平洋上を飛ん, 今太平洋横断にはアメリカ, 今太郎さん竜宮へ御, 今太閣の天下, 今夫妻は閑静, 今失った言葉を, 今失われた連鎖が, 今失礼いたしましたちと, 今失禮して, 今失踪した田川勇, 今奇剣乾雲は左膳, 今奇妙な男女, 今部與曾布の, 今奉行所の裏門際, 今奔流のよう, 今奥さまが髪, 今奪い取ったばかりの旋条銃, 今女房には内密, 今女郎は旧, 今女郎買いの話, 今奴等の顔, 今好んで述べる, 今如意輪堂に行く, 今妊娠したと, 今妖怪学を講述, 今妙心寺史の, 今妙秀とそう, 今を喫, 今は敏子, 今の人生, 今姉川五郎のこと, 今て生ぜる, 今始まつたで, 今始まりかけたばかりな, 今始まるを見ん, 今始まれることにも, 今始めんとする, 今く保留, 今姓名を記す, 今委しくここに, 今は壇上, 今姿を見せ, 今婆さんの前, 今婦人の地位, 今嫁いてる先は, 今嫂達は彼, 今嫌疑がはれ, 今き苗木, 今孔子廟へ向っ, 今孕んでいる, 今存じていない, 今存ずる所の, 今学んだのである, 今学期になっ, 今学期間の副, 今学者と金持, 今学術上の道理, 今孫権その遺産, 今に從, 今學者之流, 今宇一がそこ, 今宇喜多家からそれ, 今宇治山田の米友, 今守川英吉は尾行, 今安らかな暁方, 今安中城に立てこもっ, 今安宅村へ行っ, 今安心に暮してる, 今安芸郡の奈半利村, 今安里をほん, 今宗十郎門下にい, 今宗教上のいわゆる, 今官職なき町公卿, 今県の, 今実例をツルゲーネフ, 今実在に就い, 今実相の一端, 今実行して, 今実証しきらめく星, 今実験の性格, 今を降した, 今客観的状勢はどう, 今宣んす宣ん, 今室井さんと県, 今室内の掃除, 今室津港と云われ, 今室蘭駅の機関庫, 今宮島口駅の改札, 今宮本武藏を讀ん, 今宴会の最中, 今宵月に照らされ, 今家じゅうにきまった, 今家康が心, 今家来とお伴, 今家畜にやる, 今家督の任, 今家賃が二十円, 今容易ならぬ位置, 今容疑者は二名, 今宿泊所の女, 今かに訪れ, 今寄った清月から, 今密使をもっ, 今密行中に路上, 今富五郎が私, 今富士川から退, 今富士川游君が蔵, 今富強の勢い, 今富豪の聞こえある, 今寝ころんでゐる, 今寝ようと思った, 今寝台から辷り降りた, 今寝室を用意, 今寝所に入った, 今寧ろ興味の, 今ならず, 今審美的合目的性は論外, 今寺男は主, 今寿江子が来, 今封建の制, 今将来の文芸, 今将軍の一師範, 今将軍家よりの命, 今尊氏の末裔, 今尊王攘夷で国, 今尋ねようと言った, 今舎人が, 今小さなものずき, 今小伝馬で上っ, 今小便に行, 今小倉にこう, 今小型トラックが来, 今小夜子は彼, 今小女一人を対手, 今小学校を指し, 今小屋を掛けさせ, 今小山君の処, 今小峯君の話, 今小川の縁, 今小川さんは非常, 今小松の陰, 今小林君が持っ, 今小林徳三郎が春陽会, 今小橋を渡った, 今小沢はその, 今小生の危急, 今小田原で競輪, 今小船が流れ寄った, 今小諸の城址, 今小路から蜀勢, 今小高いところに, 今少しく昔ながらの生産協同, 今少しごたごたして, 今少しさっぱりとした, 今少ししっかりして, 今少しはっきりとし, 今少し古くにはしかつめらしい, 今少年の生徒, 今少年期から青年期, 今尖がり過ぎてゐる, 今尚氏を去りません, 今尨大な数, 今就いた職務の, 今端折りで主人, 今尼さんは他, 今尿道注射に来た, 今居ったなら一廉の, 今居らんのでね, 今居るらしい事も, 今届いたらしい封書を, 今届けて来ました, 今届キマシテ急ニ出立ノヨウイニカカリマスノデ, 今の伊草, 今屋さんの建物, 今屋根の下, 今展覽會へ出す, 今を見, 今山姑に逢った, 今山岡静山天下の第一人者, 今山木兼隆から来た, 今山東の曹操, 今山梨縣の田舍, 今山河に添う, 今山田申楽の一同, 今山賊と野盗, 今山道で久しぶり, 今山陰道の海岸, 今と胸, 今岡田に和服, 今岡田汽船會社の渡邊君等, 今岩波書店の主人, 今岩見澤から歸, 今へ上がっ, 今峯子が帰ろう, 今の中央, 今の端, 今崖っぷちに立っ, 今の跡, 今川上から内所, 今川北に逢っ, 今川北先生のそば, 今巡回文庫の起源, 今巡拜者の靈場, 今成って, 今工事は進め, 今工夫が来, 今左京之介輝高, 今左樣考へて, 今左馬介を逸した, 今巨勢博士や当事者, 今当って, 今差し当り起きて来, 今差上げた料理の, 今差出した書冊に, 今差当り内廷を, 今差当り非常に困難, 今差支るからって, 今巴西地方からすべて, 今に喘げる, 今でもっ, 今の人, 今市じゅうを乗り廻し, 今市五郎がお嬢様, 今希望と喜悦, 今帝銀でかせい, 今帯びている, 今つたところ, 今帰ったらしい若い妓, 今帰らうとしてホテル, 今帰らせえますかね, 今帰らっしたところじゃが, 今帰りかけて居る, 今帰りがけのところ, 今帰りしぞ, 今帰りぬ早く燈点, 今帰り来たれるなり, 今帰り来んそれは, 今帰り路ですなんて, 今帰り途なの, 今平一郎の苦痛, 今平八郎さんの手, 今平和の時, 今平四郎のす, 今平家琵琶の古, 今平常に着, 今平戸頗る古風, 今平河町の万平ホテル, 今平等社会の下, 今をとり, 今年号を, 今年老いた伊予子は, 今年譜を調べ, 今幸せだ, 今幸内が語り出す, 今のよう, 今幾らしますの, 今幾カ所も盛ん, 今幾人病人がいます, 今幾分か残っ, 今幾日見ら, 今幾日尋常誰と与, 今幾箇有るの, 今幾群かの坑夫達, 今広い世間の, 今広陵にひそむ, 今床几で一ト息, 今にかえ, 今序文中に誌, 今の平たい, 今底雪崩を起し, 今店子と家主, 今座っていらっしゃる, 今庫裡から草履, 今庵居しようなど, 今廃園に佇み, 今廊下の外, 今廟堂で天下, 今き日の本, 今建ってる家は, 今建てかけて, 今建てた彼方の, 今建造中の巡洋艦, 今廻っている, 今弁信というおしゃべり坊主, 今弁信さんが鷲, 今弁当を食べ終えたらしく, 今弁証法的に物, 今でい, 今を提げ, 今弓弦葉の御井, 今引いたお神籤, 今引かうとして漁師, 今引き上げたばかりの縄, 今引き入れた馬が, 今引き出した金紗縮緬の, 今引き揚げるところだ, 今引き渡しますからここ, 今引き潮の最, 今引ける汝の, 今引っぱっている, 今引っぱりだして来た, 今引っ返して荷作り, 今引つぱつたその線によ, 今引受けている, 今引抜いた半襟が, 今引起こしたところ, 今引込むのは, 今引返してその, 今引返したところだ, 今が帰つて, 今から精しく, 今弟子の前, 今弥兵衛さんの重, 今弱い立ち場に, 今弱りきって死にかけてる, 今弱者としての自分, 今張る氣を, 今張飛が申した, 今張飛さまがお, 今強く叱つた筈, 今強引にその, 今強調したわけ, 今弾く位に, 今当ったのだ, 今当事者の調査, 今当分堅固な生きた特殊階級, 今当面の問題, 今彫りよったところ, 今彼ら三人は刑務所, 今彼ら訪ひ行きて, 今彼女等は畳まう, 今彼女達という複数, 今彼方此方の棟, 今彼禍ひの, 今彼輩の手, 今往々山に, 今往来で拾った, 今待たしてあります, 今待たれている, 今待ち受けている, 今待つものは, 今後とりの庄左衛門, 今後者から始めよう, 今後醍醐の輦輿, 今徐々に何かしら別の, 今徒らに古谷栄一氏, 今徒渉りして, 今従者の一色右馬介, 今従者たちが争い, 今て居る, 今得られたのであった, 今御上へ御, 今御前が御, 今御礼を申, 今御覧なすったじゃ, 今御近衆に, 今御飯代りに食べ, 今復旧しつつ, 今復興の最中, 今徳山を待つ, 今徳島藩邸内の騒ぎ, 今徳川どのが死ん, 今徳川慶喜征討令を掲げた, 今心から親睦でない, 今心地よきこの火, 今心痛にたえない, 今心魂に徹し, 今必ず頼朝の, 今必ずしも真理を, 今必死になった, 今必然的なもの, 今のご, 今忍ばせた力は, 今忍びやかに出, 今志すところの, 今忘れてはならぬ, 今忘れたが相州鎌倉, 今忘れることが, 今忝くも尊い光景, 今忠顕から聞かされ, 今快からずさる, 今から聞きます, 今忽焉としてその, 今怒ってると思っ, 今怒り出してはお, 今怒る勇気も, 今怒鳴られている, 今怒鳴りつけた事を, 今思い上って, 今思いかえして見る, 今思いがけない人間の, 今思いきって役署, 今思いだしましたよ, 今思いだすだけでも熱帯, 今思いついた変え字である, 今思いなおしみて深い, 今思いましても有難い, 今思い出のなか, 今思い出さねばならぬ, 今思い出されて役に立ちます, 今思い出されたが駕かき達, 今思い出せるのは, 今思い合せても奇異, 今思い合せれば先年, 今思い当りましたホッ, 今思い掛けなく面会致した, 今思い知らせてやる, 今思い立って今, 今思い起こさねばならぬ, 今思い起すかれこれも, 今思うたとてとても, 今思し災難を, 今思つてもその, 今思はぬ方角から, 今思ひついた鉄瓶だ, 今思ひ出さうとしても思ひ出せない, 今思ひ出しましたが水天宮樣, 今思ひ出すなら彼自身で, 今思ひ出せるものを, 今思ひ直してもあの, 今思想の科学, 今急がぬ旅の, 今急き込んでるのは, 今急ぎ屍體を, 今急くこの水門, 今急激に身, 今性急に判断, 今怪美人の玉枝, 今怯えている, 今恋愛工作の第一歩, 今恐しい男に, 今恐る勇なる, 今恥じる位なら, 今恩讎両つながら, 今恭太さんから聞い, 今息もたえん, 今息子からさい, 今息杖の先, 今恰もこの点, 今恰度喉が喝, 今悉皆久原家の, 今悠々と歩い, 今悦に入ったりし, 今悦子が知らせ, 今るいことを, 今悪く言って, 今悪漢が玉井金五郎, 今悲しいといふ訳, 今悲しむことが, 今悶えの底, 今惣領の宗時, 今ひ出して, 今想いだしてもなつかしく, 今想いやるさえ肉, 今想い出して, 今を決し, 今意見を申し上げる, 今意識をこの, 今意趣も恨み, 今愛宕山の上, 今愛情のこと, 今感じられた幸福感も, 今感じ合っている, 今慌しく沈まうとして, 今慎まねばならぬ, 今慕わしさなつかし, 今慣れぬさかひ, 今憎まれるのが, 今憎みながら怒り, 今憐れにも浮力, 今憩いつつある, 今ひ出すと, 今憶えば病み上がり, 今憶えてないが言葉, 今應接間へ七人, 今懐かしく嗅ぎ直して, 今懐しく思い出されるの, 今懐中電灯の光, 今金の, 今成り立っている, 今成功したの, 今我々自身予想すること, 今我々親子の世間, 今我と倶に, 今我らの持つ, 今我メネラオス咎めむよしや親しく, 今我人の性質, 今我君の跡, 今我国の重量, 今我慢して, 今我敢て宣んし, 今我等の正, 今我輩の記憶, 今戦地へ行か, 今戦捷の意気, 今戯曲を書く, 今戯談などをいへる, 今戴かずとも貴方, 今戴きたいけれどもマア晩, 今をあけ, 今戸外を通る, 今戸針さんの御, 今戻せ明日返せ, 今戻って来ました, 今戻り途に, 今房州に行っ, 今所持品置場の内外, 今所蔵して, 今所証の浅き, 今所謂幽蘭也, 今所謂宗教批判を当面, 今所謂文学と所謂科学, 今所長さんが戸口, 今扇屋を出, 今を叩きこわし, 今手こずっている, 今手こずったよ, 今手もとにある, 今手わけして, 今手一ぱいで商い, 今手伝っておけ, 今手先臭い男, 今手塚さんはなんと, 今手当てして, 今手提に引返す, 今手提洋燈を点けます, 今手枕をかっ, 今手法といふこと, 今手渡ししようと, 今手術を終った, 今手許におい, 今打たせちや三十掛は, 今打たれた鞭の, 今打ちに蒐ら, 今打ち寄せし浪の, 今打ち明けた銘銘の, 今打ち落した氏輝の, 今打とうと振上げた, 今打樹てた理論, 今払おうかと思い, 今払わなきゃどうなる, 今批判する余裕, 今批評家に拘泥, 今承ってみる, 今承りますまで目, 今承りますれば咎, 今承れば何, 今承知して, 今へる力, 今投げすてたところな, 今抛り出したばかりの写真, 今抜いたばかりの錨, 今抜こうとする, 今択ばれた座標系の, 今抱えられている, 今抱かして上げます, 今抵抗するつもり, 今押さえようかと三次, 今押してある, 今押しましたから, 今へ, 今担い出そうとし, 今拙者が出な, 今拝んだのと, 今拝島から降り, 今拡がり始めたのである, 今拭いて貰う, 今拵えるのは, 今ひあげたい問題, 今持ち歸つた小籠の, 今持ち出した思い出が, 今持ち出したら雪子ちゃんが, 今持ち出すことは, 今持ち合わせてもいる, 今持つた感情が, 今持合せが一文, 今持運んでいる, 今い切られる事, 今指して行く, 今按摩に肩, 今挙げて王府, 今挙げられた諸規定, 今挙って不満, 今挙動の妙, 今振り上げたばかりのよう, 今振り出しに行っ, 今振り返つてみれ, 今捉えられている, 今捕えられた郷士の, 今捕まっている, 今捕るものは, 今捕手たちが追い込ん, 今捜しに出よう, 今捜査の難点, 今捨てて来た, 今捨てない生命も, 今捨てられた子を, 今捨次郎から聞いた, 今据わつてゐる, 今捲き込まれたウニデス潮流と, 今掃いた許り, 今掃除をさせ, 今つてらあ, 今掘りかえしてい, 今掘りだしてみましょう, 今掘り出したのは, 今掘り起こされつつある, 今掛けた山水の, 今採って来た, 今採ったばかりの茸, 今採るに足りない, 今探しあてたスリッパを, 今探し出して捕える, 今探偵と肩, 今接吻なんかし, 今措きて討たずん, 今掲げた自然弁証法が, 今掴めて来た, 今掴んだのは, 今揉み合い押し合いながら, 今揉んで上げる, 今描きかけていた, 今描く漆絵としては, 今に入れた, 今揺落の秋, 今搖れたのは, 今携えたる男の, 今摺ったばかりな, 今撃たば善, 今撃ち合っている, 今撃ち試してみた, 今撃った砲の, 今撃つがよい, 今播いている, 今撰ぼうとする, 今ぐられた憤怒は, 今操縦室には三根夫, 今擦り硝子の, 今擦違ったそれ, 今擽られてたまる, 今支那人の抗日思想, 今改まって知らせるべき, 今攻めつぶしたとの, 今攻め上りつつある, 今放した鳩を, 今政代の眼, 今政務長官と用談中, 今政子の首, 今政府の事業, 今政教に関するはなんぞや, 今政権の向背, 今政治的イデオロギーは文化的イデオロギー, 今故に使者を, 今故主の所在, 今故人の作品, 今故郷の周防, 今敏活の動作, 今るるとも, 今教えた合言葉を, 今教育もあり, 今散りますとでも, 今散ろうとする, 今散歩に出てるつ, 今敦忠集を見る, 今敬太郎の立っ, 今数えると, 今数万の役夫, 今数十矢もあれ, 今数千人の沖仲仕, 今数千艘の水軍, 今数名の足軽たち, 今数年寿命を保つ, 今数日の間, 今数日世を去る, 今数本の中, 今数百哩離れたところ, 今数秒の前, 今数首を抄, 今敵側からも搦手, 今敵営を襲っ, 今敷いたばかりの中の間, 今數秒の前, 今文久元年でござるぞ, 今文代と例, 今文代さんをあすこ, 今文学作品が作者, 今文学談でもないだらう, 今文学論を述べる, 今文平の組, 今文部省より定めたる, 今斉彬が相続, 今斉藤へ行つて, 今斎藤茂吉君の, 今斬って今, 今斬られるということ, 今斬り人の, 今斬り取ったばかりのよう, 今断っておいた, 今断られたことを, 今新之助がどんなに, 今新九郎様が帰っ, 今新五郎は死ぬ, 今新免家から出, 今新城へ攻めかかっ, 今新山の学校, 今新川の岸壁, 今新月の宵, 今新橋行の列車, 今新野にある, 今方々の払い, 今方位家の論ずる, 今ゆうから, 今旅先から帰っ, 今旅客はこの, 今旅路の不安, 今旋風の中心, 今挙げを, 今旗岡巡査が一度, 今旗本真柄弥三郎に成りすまし, 今日の出の勢い, 今日の出幕になっ, 今日の本の一つ, 今日光には大きな, 今日出海などというお, 今日出海君のお, 今日出海氏から, 今日向地へ渡ろう, 今日大多数の人々, 今日本人がメリケン, 今日本兵がどれ位, 今日本国をし, 今日本国会議事堂の前庭, 今日本女は同じ, 今日本左衛門がここ, 今日本文化に就, 今日本文化史の中, 今日本橋区長谷川町増永氏よりの報知, 今日本民族は立至っ, 今日琉同系論を論じ, 今日田町という, 今旦暮老母を想う, 今旦那にお, 今旦那御新造様なぞと一座, 今中津藩地士農商の, 今旨く煮て, 今早く学校の, 今早まって命, 今早打がはじまった, 今早朝ある漁師, 今早苗さんの眼, 今早速に其方, 今旺んだった, 今昇った坂一畝り, 今昇りかけた十六夜の, 今昇るのを, 今明くという時, 今明けがたになる, 今明けますよ何方, 今明けやす宵から, 今明けるだが締りイ, 今明るよ裏口, 今明るかったと, 今明るくします, 今明中に御, 今明年のもの, 今明方の夢, 今明智の士卒, 今明智君と事件, 今明智探偵がおいで, 今明智方の一軍, 今明治大帝や伊藤博文, 今明確に指示, 今明神坂の常盤湯, 今明詔ヲ奉, 今昔奈良の東大寺, 今昔日の黒馬博士, 今星影で見た, 今映っている, 今映画の中, 今春休みの中程, 今春枝夫人が波間, 今昼寝して, 今昼食の休息, 今時刻は何時, 今時平の父, 今時計硝子の中, 今時間は充実, 今晝後八ツ半時頃此所へ着船, 今晩年に及ん, 今晩秋初冬の夜, 今晩餐の最中, 今普請場できいた, 今景勝自身兵を信濃, 今景親からの三度目, 今晴れるか晴れる, 今晴れ晴れとした, 今晴れ渡ったばかりのニッケル色, 今晶子さんのこの, 今イ盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ故, 今暖簾の外, 今暫く猶豫され, 今暮れたばかりだ, 今暴れそうに, 今暴力を過信, 今暴風のなか, 今の猪苗代湖, 今曉霧の一皮づつ, 今はむ, 今をかえる, 今曲げてしばらく, 今曲ってきた, 今更け行きて曙來, 今更さうとも云, 今更めて礼, 今において天下, 今書かず候, 今書きかけた端書の, 今書きまくっている, 今書きますから, 今書き上げたのは, 今書き物をし, 今書くべきことで, 今書けないのは, 今書信の往復, 今乏しい花車形, 今最早大きくなつたん, 今最近の知合, 今最高潮に達し, 今月夜の東海道, 今月明を仰い, 今知の, 今有っている, 今有名な友達たち, 今有馬へ行, 今有馬温泉の駐在所, 今服用して, 今れ丈六, 今朕汝の人, 今望んでいる, 今朝命によって五千余騎, 今朝廷数十万が財, 今朝方あなたのこと, 今朝方厠へ起きる, 今朝方夜明の一番列車, 今朝方寝床は藻抜, 今朝方自動車でまつ, 今朝方藩邸で聞きました, 今朝鮮にいる, 今かと疑, 今木島と同棲, 今木戸から聞いた, 今木戸博士は, 今木村前名人, 今木沢先生がまた, 今未だ其女が, 今未来のみこそ, 今末造の来た, 今本位田家のお, 今本堂で別れ, 今本家と分家, 今本庁へそう, 今本当に宙返りを, 今本気で信じ, 今本船の後, 今本郷妻恋坂からかけつづけ, 今札場の辻, 今札幌の低温科学研究所, 今朱実と道連れ, 今の前, 今朽ち果てて, 今の下, 今杉山と逢, 今杉山勧工場のある, 今杉山氏を見舞っ, 今李儒が読み上げた, 今村人に知らせる, 今村正のおじさん, 今条件の方程式, 今来ましたよというその, 今来ますれね, 今来月の内, 今杭州の師団司令部, 今へ歩き出した, 今東光君は好学, 今東北医科大学にゐる, 今東国じゃあ将門, 今東海岸散歩道の浮カフェー, 今東渓村に馳, 今東経百三十七度十六分北緯三十六度九分のところ, 今東西の風俗習慣, 今東西朝日に, 今松さん今夜遠回りして, 今松ッあんが私, 今松ヶ谷学士が扉, 今松原の洲先, 今松島海軍大佐閣下は英國テームス河口, 今松村の話し, 今松様とは言わない, 今松自身愚痴になる, 今林崎流の居合, 今果そうとし, 今果てしも知らぬ, 今枯れたとのこと, 今某誌の編輯者, 今柔道について論じ, 今を打っ, 今柳営の春, 今柳生対馬守の嘱望, 今柴門をひらい, 今の中, 今あるのみ, 今根岸の方, 今根性をつけ, 今桃代の死体, 今案ずるに人長軾, 今よりも桑, 今梅丸竹丸両, 今梵天帝釈の許し, 今に振らせ, 今棒鼻の辺, 今の後, 今棟領から, 今として, 今椅子の背, 今植物の例, 今椎葉村といふの, 今検出して, 今椰子の実, 今楊彪の申された, 今く普通, 今極地一帯は白夜, 今極寒の冬, 今極端に性質, 今楽屋の美人連中, 今楽屋ぶろから上がっ, 今概括して, 今と槍, 今之助, 今権六がいわれる, 今横井さんの最後, 今横浜の宅, 今がとびだした, 今機會を得, 今次ぎに私, 今欣一さんと文子さん, 今欧弗同盟の空軍, 今欲しいんです, 今歌ったものは, 今歌代さんいやこの, 今歌劇を書い, 今歌留多は出来ない, 今歌苑に花, 今歓呼して, 今止まったばかりの電車, 今止めてつくづく, 今正午のサイレン, 今正午ごろである, 今正木から至急, 今正義が行われ, 今正面なる入日, 今此の方面でその, 今此処机の前, 今此危急の塲合, 今此厄難に際して吾等, 今此古代印度の聖人, 今此場合になつ, 今此宵の月, 今此所に猫, 今此新奇なる海底戰鬪艇, 今此船の責任, 今武器もない, 今武田さんの真似, 今武蔵さんから聞け, 今武蔵塚で話しかけられた, 今武蔵様の方, 今武蔵自身の人間性, 今歩いてると書い, 今歩きつづけながらベースボール, 今歩き疲れた体を, 今歯噛みをし, 今歴々思いだしたが, 今死するも決して, 今死なしたく無いんだ, 今死なねばならぬ, 今死なれようとは思わなかった, 今死ぬおよつの眼, 今死ぬなら支那人に, 今死ぬべき者を, 今死んでしまつている, 今死人をまでも甦らせ, 今死以外のどこ, 今死体係りの事務員, 今死床にあ, 今殆ど小室に心, 今殆ど松竹と云, 今殊更にこれ, 今残されたものが, 今残されたる只一つの, 今残らずここに, 今残れる此最後の, 今殺さないでも還る, 今殺さなきや, 今殺さなくともかえり, 今殺されかかっている, 今殺されかかつている, 今殺されかけている, 今殺される夢でも, 今殺らずとも還ら, 今殺人罪で警察, 今毀してゐる, 今毀したのは, 今毀れて居る, 今毀れたものらしくなく, 今母さんが出し, 今母子で通っ, 今母親がフラリフラリ, 今毎日いっぱいなん, 今毎日それを書い, 今を盛られ, 今毒々しい捨て言葉, 今比何処へ往く, 今比提灯を点け, 今比較的自由な, 今毛利の前衛, 今毛筋立を突張, 今毛虫もこれ, 今が自殺, 今氏富はその, 今民子が言った, 今民族を単位, 今気がねをすべき, 今気まぐれどころじゃない, 今気付いていた, 今気味のわるい, 今の附く, 今水夫に櫓, 今水牛が穴, 今水着を脱い, 今水薬を調, 今水門をあけさせます, 今水面へさっき, 今氷峰の女, 今永久のお, 今永幡智善翁の示す, 今求められた規定は, 今求められる世界を, 今汐時で薄く, 今汝歡迎の宴, 今汝武器を取り, 今汝等の真正面, 今江ノ島に別れ, 今江戸中での人気, 今江戸吉祥寺の境地, 今江戸川にて自ら, 今江波さんの家, 今の端, 今池上を爪責め, 今汲んでみろ, 今決して少しばかりも成心, 今決議したところ, 今汽船が一艘, 今沈もうとする, 今沈んだばかりの太陽, 今沈痛に問われ, 今沢庵さんを呼ん, 今沢田が口, 今河内介の胸, 今河出の本, 今河南の地, 今河原の地蔵堂, 今沸かしてまいらすべし, 今沸かしたコーヒーを, 今沸かしまっさかいお, 今治療中かね, 今治維法関係の思想犯, 今のほとり, 今泉水堀の前, 今泊まっている, 今法華宗の僧侶, 今泡立てた白身は, 今泣いたら人々が, 今泣かなければ俺, 今泣きながら暗闇, 今泣き泣き丘の, 今泰二君がひらいた, 今泰子がこの, 今泰平郷分譲地全体に亙, 今洋服に著, 今洗うは最後, 今洗ったらしい色々の, 今洗濯したの, 今洗濯ものをし, 今洛中にある, 今洞窟の中, 今洩らすのは, 今の先, 今洲股の一城, 今活きている, 今活動がハネ, 今に動かそう, 今流行ってる十姉妹な, 今流行りの露助, 今房山という, 今浅草公園にかかっ, 今浜松を空け, 今浮いて来る, 今浮かんだ思ひつきの, 今浮んだま, 今浴びさせて進ぜる, 今浴室のバケツ, 今海上では同じく, 今海岸を引上げ, 今海底においておこなわれ, 今海底戰鬪艇の成敗, 今海浜旅館で見かけた, 今海道の方面, 今消えぬわがこれ, 今消えるのだ, 今消え去らんとする, 今消させて直ぐ, 今消したばっかりの蝋燭, 今をのん, 今涙橋の上, 今涼しい風が, 今淀川をゆるく, 今淡路の潮崎, 今深井はぼんやり, 今深川まで血, 今深水と鬼頭, 今深田橋のたもと, 今深見重左が立ち去った, 今の前, 今混沌と錯綜, 今混雑しいさかい, 今やの叔父, 今清々としてゐる, 今清き曙に, 今清子の姿, 今清少よむらさき, 今清岡さんが子供, 今清澄の茂太郎, 今清盛が四十八歳, 今清藏に聞きまし, 今清逸の頭, 今渇かないやうに, 今渇望の滿, 今済んでよ, 今済んだところな, 今るところ, 今渋谷の山の端, 今渡されて来た, 今渡すので, 今渡そうとする, 今渡らうとしてゐる, 今渡れたら乞食は, 今渡君にでも聞かう, 今渡舟を下りた, 今温い方が, 今温室は荒れ, 今測らうとする, 今に錨, 今游ぐならば手足, 今を沸かし, 今湯立の舞, 今湿える心を, 今満ちて, 今満ちきりて溢, 今満足して, 今源さんがどんな, 今源九郎義経と名, 今源兵衛が湯, 今源十郎はお, 今源次をここ, 今源氏の棟梁源, 今準備中です, 今溢れる際まで, 今溢れ流れてゐる, 今溶けあったいい心持, 今溶けし焔なり, 今滅びかかつた自分の, 今滅亡しかかつて, 今滑った事を, 今滑つてゆく, 今滿の五字, 今漁れたのだ, 今漁夫に仕事, 今漉きのもの, 今演じて居る, 今演ぜられつつある, 今演劇学校を設立, 今漕いでいる, 今漕ぎ歸る, 今漕ぎよせるからちょッ, 今漠然と心を, 今漢学の名, 今漢江の神女, 今漬物か何, 今漸くよちよち立ち始め危なく, 今潁州の練兵指揮, 今潜って来た, 今潰れるとか滅亡, 今激しく外界を, 今濁るらんの, 今濠内へかかろう, 今濮陽城は留守, 今瀬川君のこと, 今瀬戸物町で四十両, 今火星から宇宙電話, 今火星人の話, 今火炎の反射, 今火焔の裡, 今火花を出し, 今がかった黄, 今にかけた, 今炊いて居ります, 今つ, 今点ぜし街燈に, 今為されようとし, 今為す無し, 今は一揺れ, 今焚いて居る, 今無きやうなり, 今無くっちゃア, 今無心に睦, 今無数の敵, 今無断で一割, 今無明の迷路, 今無残にもタタキ, 今無理にも本, 今無理強いの御, 今無秩序の時代, 今無縁の石, 今無電室から報告, 今然し初めての, 今ヶ岳の, 今焼いております, 今焼いとるんや, 今焼かれようとし, 今焼けてゐる, 今焼けてるという交換局, 今焼跡に発生, 今煙突掃除夫の手, 今煙草やの店, 今を塗った, 今照二郎というの, 今煩っている, 今煽情的な音楽, 今熊野といっ, 今熊野権現の聖地, 今熱いお茶を, 今熱した絶頂に, 今熱心といふ物, 今熱病のよう, 今に燃え, 今燃えかかっている, 今燃えつくような, 今燃えてるとかいう警報, 今燃え上がった柴の, 今燃え立ち襲って来, 今燃しますから, 今燃やしつけたばかりらしい, 今燻りつつある, 今爆発したこと, 今に囁き, 今さむ, 今父親が死に, 今やに捲き揚げさせます, 今爺さんの獨, 今又曰, 今片づけたところな, 今片づけますわ, 今片付けますから, 今片方の脚, 今牛込警察署でゆうべ, 今牧夫をし, 今牧草地にいい, 今物々しい身支度を, 今物持といわれ, 今物理学の用語, 今物見の知らせ, 今物語った人とも, 今物音の聞えた, 今特別の刺戟, 今特定に限定, 今特殊な歴史的過程, 今特記しようと, 今特許局は人手不足, 今犯した恐ろしい罪, 今犯人を当て, 今狂おしい憤怒に, 今狂っていた, 今狂瀾を既倒, 今独りで此, 今独逸に行つてゲーテ, 今い白狐龕, 今猛然と瑛子を, 今猪子先生のこと, 今猪狩と書い, 今猫八君も言われた, 今猶まざまざと御, 今猶多少の渦, 今猶決してトルストイ宗の, 今猶頗る相異なる, 今猿めの所, 今ものを, 今獲んがため, 今玄徳亡く遺孤劉禅, 今玄蕃允と勝敏, 今玄関に使い, 今のよう, 今玉藻がむい, 今に位, 今らしい人, 今珍本が一冊紛失, 今珠子から私, 今わして, 今現にこんなふうに又反動, 今現にどうなって, 今現れている, 今現れた人の, 今現われようとし, 今現代製陶の価値, 今現在ここで逢う, 今現在私のため, 今現実其者が詩, 今現金は手もと, 今理由もなく, 今理論を立場, 今瑠美子たちの継母, 今瓦斯でおこします, 今甘んじてこの, 今甚だ少なくなる, 今甚だしく迷って, 今民以来者亦, 今生えようとし, 今生かして置け, 今生きてらつしやれ, 今生きてるのが, 今生き甲斐を感じてる, 今生き育つてゐる, 今生き返ることが, 今生けるもの, 今生まれしみどり児の, 今生まれたばかりのよう, 今生れ変って来るなら, 今生命のこの, 今生死の裡, 今生涯の望み, 今生産力が特に, 今の兵庫, 今甦って来, 今甦ったらあの禅林, 今甦るなら随喜の, 今用いられるような, 今田中正造が日比谷, 今田口鼎軒が専門家, 今田圃になっ, 今田宅を求めましょう, 今田村町一丁目で放送局, 今田植時になつて, 今田沢の口, 今由仁にゐる, 今由子の登場, 今申したいろ, 今申した如く江戸へ, 今申します通りこの, 今申し上げますのは, 今申し上げられますのは, 今申し述べたような, 今申し述べましたように, 今申し述べやすがねこの, 今申すごとくたとい愛, 今申す水際立った殿御振, 今申分なくほがら, 今町内の奴, 今町奉行の内命, 今に対する熱心, 今のところ, 今番屋に止められた, 今異しみゐ, 今異様の風采, 今をむしりこわし, 今畳んだものへ, 今非古文, 今疑った詫びを, 今疲れ切ってすやすや, 今病中でかうして, 今病的に極端, 今さを, 今痛んだばかしの足, 今痴人の如く, 今発している, 今発ちたるは蔡家屯, 今発つところだ, 今発とうとして烟, 今発作的に浮んだ, 今発見したの, 今登ってる山を, 今白き鳥と, 今白洲の縄付, 今百余の県, 今百円位になっ, 今百合の花, 今百名あまりの児童, 今百貨店ギャラレ・ラファイエットの飾窓, 今百頁ぐらいまで成功, 今なたより, 今皆これを知る, 今皆さんであなた方, 今皆どっかへすっぽかし, 今皆わたしと同じ, 今皆之を略し, 今皆佚して, 今皆確知する能わざるなり, 今皆苦しみ惱み默, 今益々深ま, 今盗ったばかりの売溜め, 今盛りぞと, 今盛りなり吾が恋, 今監督の役所, 今目さきの敏い, 今目ざめたばかりの彼, 今目のあたり坂を行く, 今目のあたり調和した家, 今目白僧園の鐘鳴り, 今盲腸の手術, 今盲進は戦争, 今直ぐたった今棄てて, 今直ぐ堂々と外, 今直ぐ目の前, 今直人は思い出した, 今直接だとか, 今直接関係がない, 今変らずの, 今相場が高くっ, 今相対する母, 今相對ひて, 今相對峙して, 今相当切迫した, 今相爭へる一局處, 今相當の資産家, 今相談がしたい, 今省みても感心, 今ひるどき, 今眞志屋の祖先, 今真に頼みが, 今真剣にもの, 今真実の形, 今真直に立て直す, 今真青に慄, 今さむなのです眠い眠い, 今眠くなると, 今眠ってるじゃありません, 今眠つてゐます, 今眠られない夜が, 今眠りこむなんてまったく, 今眠りたいと云, 今眼下にその, 今眼鏡の中, 今着々計画を, 今着いて昔, 今着きし汽車にて, 今着られる服は, 今着直した処な, 今睡っている, 今睡ったばかりよ, 今睡りかけている, 今睨めつこした宿の, 今矢作川の橋口, 今知ってる人々や, 今知らしてやる, 今知れてみる, 今知的生活を送る, 今知識の実践的規定, 今知識階級の奮起, 今短い感想を, 今石橋の下, 今石見様からお, 今研究しようと, 今研究室から電話, 今研究所で起き, 今破れたコップに, 今硬くみゆるもの汝, 今硬直して, 今をあげよ, 今く約する, 今確か東京高裁に勤め, 今確実に湖畔, 今磔刑になりかけ, 今示した通り曖昧である, 今礼拝堂にいる, 今社会問題解決の一策, 今祀られている, 今祈った仏は, 今祖先の生活, 今祖母は重い, 今祖父から唐突, 今神戸海岸通りのレストラン・エイシャ, 今神明と帰し給う, 今神林先生が来, 今神楽司の人長, 今神様がお迎え, 今神浦と謂う, 今神田濠の茶屋, 今神秘論者もひたすら, 今神経の構造, 今神近さんと私, 今神通力と申, 今の饂飩, 今の方士, 今の出生並, 今秀子も起き, 今私ども経験に徴, 今私ら二人は岸, 今私一人ですが, 今私一個の推定, 今私権を保護, 今科学そのものに対して科学, 今科学的文学や科学, 今秘帖の一半, 今程じゃありませんが, 今程の收入が, 今程はつきりと, 今稼いで置かない, 今稿を錬る, 今空くという, 今空しくなさんとや, 今空屋敷の雨戸, 今空樽をそこ, 今空濠の底いちめん, 今空襲のため, 今空間的に冬, 今突いている, 今突然はっきりして, 今突然実にたやすいむしろ当然, 今窮地にあった, 今立たしてやった, 今立たすらしみとらしの梓, 今立ちあがつても, 今立ちあがった紳士も, 今立ちあがつた時は, 今立ち上がって帰ろう, 今立ち上がるかいま, 今立ち上がろうとしてその, 今立ち入ろうとする, 今立ち到つてゐる, 今立ち去ってしまい, 今立ち去らうとする, 今立ち去るのだ, 今立ち合っている, 今立ち寄って又右衛門どの, 今立ち帰って来た, 今立った旧の, 今立ってる横町に, 今立てば大阪, 今立てる地は, 今立て替へて呉れ, 今立話して, 今立退いて呉れだ, 今端々の仕え, 今端艇を出し, 今競って出家, 今竹内さんの話, 今笑うたのは, 今笑つた許の影, 今の意, 今筑前様から拝領, 今筧さんの親, 今箪笥から掛物, 今がわるく, 今範疇使用方法の最後, 今築地小劇場に対して新た, 今粗末ですが, 今を背負っ, 今精しく探ったの, 今精神的な束縛, 今精神的冒険をやめ, 今の垂れ, 今紀州から来, 今約束を守れ, 今紅き帆きたる, 今純三君が精細, 今純毛純綿のベッド, 今純粋小説を等閑, 今のよう, 今を前, 今紙帳より一間, 今紙類に不足, 今紛れない事実の, 今素姓の知れない, 今素裸でいる, 今細川家所蔵の, 今細数落花緩尋芳草, 今終に陥落し, 今終らうとしてゐる, 今終焉の炎, 今経済学といい, 今結ばれている, 今結びし藁鞋の, 今結婚と生児, 今絞め殺して汁, 今給仕人が引下げ, 今給料が出る, 今絵図面を見せる, 今絶えたもあろう, 今絶えるかとばかりに苦しい, 今の中, 今絹張りの長椅子, 今継ぎ足して力, 今の端, 今で岸, 今之丞, 今総て凍て附いて, 今総子と話し, 今総門の前, 今緑青の, 今緘口がとかれ, 今締めてゐる, 今締め切った障子の, 今編輯して, 今ばなから, 今縁まわりの大戸妻戸, 今縁側に腰, 今縄生の陣, 今縛りつけるそのボート, 今縛り上げますよ, 今を厭わずし, 今言な, 今繰り返して見せられた, 今繰返して之, 今繻子の寝床, 今纏めることが, 今へ押収, 今署長にきいたら, 今罵詈をし, 今罷めようといふ仕事, 今罷らんとしつる, 今羅摩庸人になれ, 今羅馬を立つ, 今の日本的源泉, 今美人とは申しませんでした, 今美代ちゃんを請出せ, 今美代吉が出, 今美川君は裁縫, 今美紅姫は自分, 今美緒にそんな, 今美術部のもの, 今群來の二字, 今群来の二字, 今群神の集, 今を示す, 今義兵を興し, 今義弟がなにやら, 今義朝のまわり, 今義経が立っ, 今義雄の目, 今習いつつある, 今翻ってわが国の, 今翻訳して, 今老人が手, 今へ直した, 今考えさせられている, 今考えずにはおられますまい, 今考えだしても学校時代, 今考えりゃおれが, 今考え中だそう, 今考え事をし, 今考え出してみ, 今考え出したので李一, 今考え出しますと妙, 今考え始めている, 今考へてること, 今考へねばならぬ, 今考へますとよく, 今考察すれば, 今の底, 今聖壇のそば, 今聘せられし測量地より, 今聚楽第にいるらしい, 今聞いてりゃ聞いちゃいられねえ, 今聞いてるんだ, 今聞えてるはやしがやっぱし, 今聞かされた須永の, 今聞かせておくれ, 今聞かせられている, 今聞きたいといういらだたし, 今聞きましたが山, 今聞く如き次第なる, 今聞けり我が意, 今聞ける君が, 今聞こえた銃声が, 今聞こえるのは, 今聞取りましたが爾, 今に就く, 今がなやん, 今と骨, 今肉体と霊魂, 今肉眼で眺める, 今肉身の弟, 今をチチアン, 今を決めた, 今育てている, 今胆吹王国の留守師団長, 今背中の石地蔵, 今能動精神の文学, 今能弁な士, 今能楽と言, 今能登守はそこ, 今脂色の点, 今うって, 今の高い, 今脱兎のごとく, 今脳髄で物, 今を手当て, 今腕力か智力, 今腕組みをし, 今を上げさせる, 今腰かけてゐる, 今腰かけたところを, 今腰かけてた椅子にかけて, 今のうえ, 今膨張すること, 今膨脹すること, 今臘月の末日, 今臣らをし, 今臨命にさいし, 今臨時ニュースをやっ, 今自ら合點するの, 今自ら皇室を警衛, 今自ら知らずして, 今自ら運命の主人公, 今自家独特な三段論法, 今自己革命に面し, 今自殺を思った, 今自然科学に従事, 今自由不自由と云う, 今自由主義時代の童話, 今自由哥薩克のあ, 今自身で射殺, 今臭いと思いました, 今臭味と名づける, 今を波だたせた, 今至急何んとか, 今興味中心娯楽中心なぞと一口, 今興行をもくろん, 今舌打ちしろ, 今舎衛城にあっ, 今舐めたような, 今は瞽, 今舞っていた, 今舞台表現の進化, 今の動いた, 今般若の面, 今船島と小倉, 今船底から出, 今船腹に激しい, 今船長の処, 今艇内の毒ガス, 今艇長さんがもどっ, 今良人の死, 今色々と心, 今の皮, 今芍薬やら擬宝珠, 今芝居を観, 今芝明舟町で娘さん, 今芥川氏の心, 今花岡さんと一緒, 今芳子の手紙, 今芸苑の河流, 今若松で, 今若殿のお, 今若葉照りの彼方, 今苦しくありませんか, 今苦しんでる屈辱を, 今苦境中の苦境, 今苦心して, 今苦悩に逼, 今苦悶に堪えられなくなっ, 今英国中にある, 今茂時とされ, 今茅屋から取っ, 今茲処で私, 今茶々は, 今茶山と願, 今草鞋を取ろう, 今荒れられるだけ荒れ, 今荒木村重をも説い, 今荷十郎の言, 今荷馬車が通つて, 今菊枝の心, 今菰田源三郎の腐りかかった, 今菲才をもっ, 今萌えいでし若葉の, 今萌え出たばかりの柳, 今萌した神を, 今萬屋から手紙, 今落ちし杉の, 今落ちた猴たちまち, 今落ちついています, 今落ちつきを失つて, 今落ちぶれた姿で, 今落ちんとする, 今落ち相になつて歸つて來たん, 今落ち着いたとのこと, 今つぱ, 今葉卷の箱, 今てゐる, 今著しい事情のみを, 今葵ヶ岡の下, 今蒔いて居る, 今蒔絵の鳥籠, 今古と, 今蒟蒻は貴重, 今蒲団部屋の物陰, 今蒸されてゐる, 今蒼い炎の, 今蓄財の使い時, 今から探し出す, 今蕎麦など打っ, 今蕭何の任, 今薄々と覚めよう, 今薦めたそのひと口, 今薬鑵を持っ, 今藝苑の河流, 今藤尾が預っ, 今藤村は山, 今藤枝の場合, 今藤枝君の所, 今の方々, 今蘭軒医談を閲する, 今虚子先生の序文, 今の音, 今が這いで, 今蚊帳を外す, 今蚯蚓をひどく, 今蛇神と女性, 今がゐる, 今蛸重をよび, 今蜂須賀家もおれたち, 今蝋燭の灯, 今が来, 今蟻田博士にすれちがった, 今血判した奴, 今血相をかえ, 今衆人環視の中, 今衆前に披露, 今をし, 今行かねばならぬ, 今行かれますよじ, 今行かんアカイアの, 今行きてなきがらに, 今行きます待つてゐらし, 今行きめづる子に逢, 今行きアカイアの, 今行きネクタルとアムブロシア, 今行き友軍の間, 今行き過ぎた西洋の, 今行き過ぎようとする, 今行くだあよ, 今行くてえのにねうるさく, 今行く待って居, 今行ったらここの, 今行なわれつつある, 今行われる少女小説について, 今行動をともなわせるべく, 今行燈を運ん, 今街道を歩き, 今表記のところ, 今袁紹は北平, 今から出し, 今被っている, 今裁かれようとし, 今裁判所に移され, 今裂けし欅の, 今装幀された一巻, 今裏切られて愕然, 今裏切ることは, 今裏山からこう, 今裏庭の木蔭, 今製造えるの, 今ふ槍, 今西山先生の言われた, 今西日の座敷, 今西欧精神の辿り来った, 今西洋人が日本画家, 今西洋社会は家屋, 今要するものは, 今要らない金だ, 今要らんからい, 今要るという訳, 今見えましたが, 今見かけたその和歌, 今見せた腕の, 今見せつけられて節, 今見せられていた, 今見せるから待っ, 今見たい本は, 今見たでしょうねあの, 今見たまえはじめて危険, 今見つけた様に, 今見ないとして, 今見なくてもいい, 今見よ園の, 今見られたのでちよ, 今見りゃここを, 今見るごとく目に, 今見上げる空よりも, 今見下している, 今見回ったがなに, 今見捨てられたら僕は, 今見渡すこの広い, 今見直して見る, 今見直すと実に何とも, 今見知らぬ都市へ, 今見詰めてゐた, 今見離されたら美緒は, 今視空間を視覚, 今視線が更に, 今覗いて見れ, 今覚えたる料理の, 今覚えてないけれど, 今覚してはいけない, 今覚めたるか覚め, 今親分と言ったで, 今親切に教え, 今親友が切迫, 今親方其処で口, 今親爺は僕一人, 今之従頭至足, 今観えて来た, 今観客席の床, 今覺めて再び, 今解いて上げる, 今解き始めたが深更, 今解き崩されて片々, 今解っている, 今解放がある, 今触った冷たい耳, 今言いにくいが, 今言いし警察官の, 今言う如く西洋の, 今言えば絶望, 今言えないがことに, 今言えなければいう, 今言つた通りこちらからは一寸見, 今言わしゃったは度胸でない, 今言わず語らず次の, 今言わなくったっていい, 今言わねばならぬ, 今言われる通りどんな, 今言わんとし, 今言葉の上, 今畫を, 今計ったら七度二分, 今計れ計慮誤る, 今訊いてみれ, 今訊いた話を, 今訊かないで, 今訊くとうち, 今訊けばこの, 今訊ねた二つの, 今討ちとりし敵將はさまでの, 今討ち入ったな, 今討ち洩らした一名の, 今討つのだ, 今記している, 今記すべき一事は, 今記念品の娘, 今訪ねて来, 今訪れて来た, 今許すという権利, 今許都は軍事経済, 今もなく, 今へられ, 今診たところに, 今証書を手, 今って蜀, 今評判の逆, 今評論が出来ぬ, 今試みようとする, 今試験のため, 今試験的に穴, 今詮索するの, 今詮議なさりたいの, 今話さしつた案山子が, 今話してたけど会, 今話してるグラフィーラと, 今話し相手が欲しく, 今話せないんだ, 今話そうと思ってた, 今詳しい報告を, 今を加え, 今誇って仰っし, 今認めて優者, 今誓って下さい, 今誓わねば未来永久幾等貴女, 今誘いに来ました, 今を以てした, 今語られてゐる, 今語りしは近頃, 今語りついで居る, 今語れるは誰, 今説いている, 今説かぬが, 今説かんとする, 今説こうとし, 今読みあげてみた, 今読みかけている, 今読みかけた所に, 今読み切ったばかりの薄い, 今読み切つた許の, 今読み耽っていた, 今読むだばかしだ, 今読上げてもらう, 今読者の前, 今誰かが売り, 今誰さんとあなた, 今誰人かかく, 今誰方の所領, 今調べたところに, 今調べつづけている, 今調べるのは, 今請う獣に, 今を進めん, 今論じた所に, 今論じませぬが近頃, 今論じる機会では, 今論者諸賢のため, 今諸々の文学機関, 今諸国から腹, 今諸国ともにやや, 今諸法実相を教え, 今謀叛でも起したくなった, 今ふ公表, 今謎みたいなこと, 今講じたような, 今講義の行なわれ, 今講道館のこと, 今謝罪っている, 今譏り合ひて子ら教へを, 今警官から御, 今警察にひっぱられ, 今警視庁から何, 今警部があちら, 今議会に於, 今譲四郎を拘, 今護国寺の三門, 今讀まれたところを, 今讀むと實, 今の方, 今谷博士も同じ, 今豊世さんから伺った, 今豊臣家の大奥, 今の御馳走, 今然として, 今実無比, 今負けるのは, 今貧弱なバラツク, 今貨幣が十分の一, 今責めるのは, 今官の, 今貴さまは裏山, 今貴下方がかうし, 今貴公に手, 今貴方方の前, 今し松茸, 今買い取った鎧櫃の, 今買うて置かれたら, 今買えばと云, 今買える人なら, 今買つたばかりの御, 今貼りかえたばかりのよう, 今をとらえ, 今賜わらんことを, 今出しの, 今賭けておいた, 今賭場から追われ, 今贈っては目, 今赤い広場に, 今赤く日が, 今赤ん坊がくる, 今赤間ヶ関に御, 今赤須貞子となつ, 今走っている, 今走つて来る, 今走り出でんと, 今起きあがってからだ, 今起きかえったばかりの葉子, 今起きたらしく板を, 今起きますよツ, 今起きようと思っ, 今起き上って来た, 今起ちなすったのは, 今起つた事が, 今起らうとしてゐる, 今起りかけている, 今越えたのが, 今越前屋の主人, 今足早に, 今足音がした, 今路上の放浪者, 今路傍に立っ, 今跳ねている, 今跳ねたのは, 今跳び起きて二人, 今踏み付けた奇妙な, 今踏み台へ乗る, 今踏込むべき黒, 今躍り上りて, 今躍る心を, 今身心を新た, 今身持ちになつ, 今しに, 今軍事でも科學, 今軍勢は寄せ, 今軍服を脱いだ, 今軍艦と云, 今軍裝われと君換, 今軒行燈に灯, 今転ばうとした, 今軽蔑できないつてこと, 今軽騎の精兵五千, 今載せて杳然, 今輔俗にめっかち, 今輝いている, 今にとめよ, 今輸送方法もあり, 今轟さんが来, 今辛い心持を, 今辞去して, 今農事の手傳い, 今農村に都会, 今農業に働い, 今辷らした銚子を, 今辺境すべて戦乱の時, 今迄ずつと空房で, 今迄だって之を, 今迄とも角も, 今迄よりもずつとせきこんだ調子, 今迅速に陷らむ, 今迎え始めた気もちな, 今近しこ, 今近しくして, 今近づくべきにあらね, 今近頃の孔明, 今返そうとする, 今返っていったなら, 今迫って来, 今述べきたった事業を, 今述べし計慮, 今述べたごとく露骨なる, 今述べてる事件から, 今述べねばならぬ, 今述べんとする, 今迷い苦しむ切れ目, 今迷信の弊害, 今迸つたばかりの血, 今追いかけ廻しておりやす, 今追い払ってやる, 今追っぱらったとこだ, 今追出されては恩返し, 今追出してしめえ汝ア幾歳に, 今追出します名主へも, 今追出すから, 今退く平家亡ぶ, 今退けて来た, 今退却して, 今送った原稿の, 今送られた香水吹を, 今送り出した子の, 今逃がしてやった, 今逃げだす時に, 今逃げられてはと一, 今逃げ出せば見つかる, 今逆縁のよう, 今透き通る水の, 今途方もない, 今途絶えています, 今這いこんで来た, 今這入つて來た, 今通つた店でわい, 今通つて來た所, 今通りすぎた男女の, 今通りすぎようとし, 今通り抜けて来た, 今通り抜けたあの大, 今通り掛って雨, 今通路の戸口, 今逝くという人, 今速記録を見, 今造っています, 今造った穴の, 今造るべき墳塋を, 今逡巡しながら, 今逢い見ることかなわぬ, 今逢うたが, 今逢ったばかりなん, 今連れ添う二人の, 今連立って歩いた, 今週刊に連載中, 今進んでるかを知らなかった, 今進行して, 今逸してなろう, 今蒔ながら, 今遇ったのだ, 今遊び半分に自分, 今遊蕩の帰りがけ, 今よく, 今運び出されている, 今運動を起す, 今運転手から尊敬, 今過ぎた蜜柑山で, 今過ぎ去ったばかりの昨日, 今過ごしている, 今過つた野に, 今道ばたで見かけた, 今道場の端, 今道廳古株の高等官, 今道徳の標準, 今道者船とり止めの高札, 今志斎集を, 今遠い処へ, 今遠州灘を東京, 今使臣答黒麻, 今遣ふ人にも, 今遥かに低き, 今適度の暗, 今選り出て下, 今選抜の歌, 今遺り過去のに, 今遺れるを拾っ, 今つて行つてスミノエノナカツ王を, 今還り下りて墨江, 今部分的需要曲線例えば, 今郵便一束の中, 今都会へ馳, 今都会人が散策, 今都合があっ, 今都大路に大, 今には稀, 今の下刻, 今酒井と那須, 今酒井さんに忠告, 今酒場のお, 今酒店に大酔, 今なん, 今酷くおほいな, 今醒めたように, 今醒めよと呼び出され, 今醤油屋の小僧, 今釈明する次第, 今から食料, 今重ねてこ, 今重吉が一人, 今重夫のその, 今野中の観音様, 今野呂さんのお金, 今野枝さんを停車場, 今野爪の沼, 今金ボタンの付いた, 今金五郎はその, 今金博士があの, 今金吾さんがお世話, 今金物屋の癇癪, 今金色の精氣, 今を買った, 今釣り上げたばかりの者, 今釣れるかねなどときく, 今釧路へ行, 今鉄平の申立, 今鉄砲にし, 今鉄道が通っ, 今鉄道踏切の中央, 今銀子は時々, 今銀座のよう, 今銀鱗を立て, 今鋳出されたような, 今錦旗を擁し, 今をぶらさげた, 今を出さなかったら, 今鍋島様やら池田様, 今鍛冶倉の笑い, 今鎮まろうとして這, 今鑑識課にまわし, 今長く抄する, 今長のりといふ有それ, 今長屋へ案内, 今長岡佐渡の邸, 今長崎奉行をし, 今長崎市立病院勤めその, 今長庵はご, 今長江の大陸, 今長浜におりまし, 今長火鉢の処, 今長田の言う, 今門倉の平馬さん, 今門倉うじ仰せの通り, 今開いとる産婆学校も, 今開けやすよはい, 今開け差した雨戸に, 今開墾させて, 今間違ったよ, 今関白たるべしとの, 今関羽張飛の武将, 今阪井がゐなけれ, 今阪部に会っ, 今阿波三好党の大将, 今阿波二十七関は一切, 今阿波守に拝謁, 今降りだしたばかりである, 今降りますゆえしばらく, 今降り出されちゃア, 今降り出すか降り出す, 今降り立ったのは, 今降伏すれば, 今限りえい退きおろう, 今陛下のお, 今陣中にいるらしく, 今陣外にいなないた, 今陣營の中, 今陣痛の苦悶, 今除きていへる, 今除けたばかりに責められ, 今陥ちたとみゆる, 今陥った無限の, 今陥りつつある, 今陰ながらその健康, 今陸軍の演習, 今の中天, 今隆ちゃんに一番, 今隆夫のたま, 今隆夫君が来, 今随筆を書かう, 今隠したのは, 今隠れている, 今隠者かでなければ, 今隣家の庭, 今隣村から帰っ, 今雄さんびいきの人たち, 今雄吉が近藤氏, 今集まっている, 今集めて一冊, 今雇い人のコック, 今雇ったのじゃ, 今雑巾を上げる, 今雜然と腦裡, 今離せないからと頼みこんだ, 今離れることは, 今離座敷の左門, 今難波に新た, 今難破もしかねない, 今の音, 今雨戸のところ, 今雨覆いの幕, 今雪子のお, 今雪江さんの心臓, 今雲上から落ちた, 今零度ほどの寒, 今零落した男, 今零落れて此地, 今電撃の不意, 今電氣を焚く, 今電線の発見, 今震えていた, 今霊柩車と乗用車二台, 今露出した腕, 今露次の方, 今青倉先生はこれ, 今青年の, 今青年達の読書力, 今青春の記念, 今青木に提出, 今青森県下の銀行, 今青白い顔を, 今青空を背景, 今非常時どすえ, 今革命の最中, 今もなく, 今音楽堂の丸家根, 今音樂會に行く, 今頂いた御祝儀, 今順平のいる, 今順慶の言葉, 今須永の従妹, 今預つてゐる, 今領受し薄く, 今頭殿の胸, 今頭脳の皺, 今に唇, 今頻繁なる対人圏, 今頼まれた物を, 今頼むだ子供が, 今頼家變死の事件以外, 今頼春は歩い, 今頼朝がそう, 今額堂のうえ, 今願本より異なる, 今類別するならば, 今顧みて神楽以前, 今風呂を宿, 今風船ボートの上, 今颯々と水けむり, 今飛ばむずる雄の, 今飛びおりたばかりの姿勢, 今飛びかかるかと冷, 今飛び上るほど疼ん, 今飛び出して来た, 今飛び出たような, 今飛び去った雌鴨の, 今飛び去りし蝶と共に, 今飛び込んでは少し, 今飛ぶべきはこの, 今飛んだ矢を, 今飛込んで来た, 今飛込んだ娘が, 今飛馬譚のついで, 今食い繋ぎを, 今食ってもうまい, 今食べたしと思ふ, 今食べるぞ, 今食事ごしら, 今食堂に居た, 今食物を欲し, 今食膳にでものせよう, 今を食わせ, 今飲みほした液体に, 今飲む酒は, 今飲んでる酒をヨ, 今飽くまでも能弁に, 今飾磨の浦, 今餅屋で聞く, 今養生が大切, 今りに, 今館林様が歩い, 今えに, 今首くくりを助け, 今首一つ二つ獲った処, 今首塚の松, 今香華を持っ, 今馬の背から降り, 今馬上からそれ, 今馬方が来, 今馬車が出ます, 今馬鹿に固く, 今け通った, 今馳せつけて見えた, 今駄目だよ, 今駅前を通っ, 今落を, 今駈けつけたばかりです, 今駈け付けて面喰つて, 今駈け出しても及びますまい, 今駈け降りた山を, 今駈出そうてえ, 今駐在へ知らせ, 今駒井の研究心, 今駒井様へ行っ, 今駒井甚三郎の無, 今から降り, 今駕かきの一人, 今駿府に養われ, 今騒がれては, 今騒ぎ出しますぞ, 今驕慢と恐怖, 今驚いてゐる, 今驚かれるほどの新, 今驚く光の, 今高きこと二時に, 今高められた水準との, 今高僧が来着, 今高台寺へ行く, 今高城のこと, 今高層建築の五階, 今高氏の本陣神祇官, 今高等女学校に通わし, 今を拔, 今をはやし, 今鬨の声があがりましたろう, 今鬼怒川の河口, 今鬼頭の口, 今魏延に叛, 今の群, 今魚とりに行く, 今の大群, 今のよう, 今鳥子が調べられ, 今鳴いている, 今鳴いたにゃあ, 今鳴きて来らむか, 今鳴っている, 今鳴つた板木は, 今鳴らされたばかりみたい, 今鳴りわたっている, 今鶴雄を見た, 今鹿が産気づい, 今かな太陽, 今の取り入れ, 今麹町の番丁, 今もほんの, 今麻布の自身番, 今麻酔から覚めた, 今麻雀が終ったらしく, 今黄祖は亡び, 今煙りの, 今黒川にどうか, 今黒猫の所有, 今黒眼鏡を引っぱ, 今黒黍を刈っ, 今黙々として歩いてる, 今鼠屋の前, 今鼻腔の処, 今の羽, 今S子さん一家のいる