青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「件~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~ 仰せ~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~
件~
任~ ~任せ 任せ~ 伊~ 伊勢~ 伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ

「件~」 3149, 34ppm, 3456位

▼ 件~ (779, 24.7%)

12 男は 5 如し 4 ことを, ような, 話を 3 ことは, さむらい, もとに, 中に, 事を, 侍は, 埒を, 大革鞄, 武士は

2 [35件] うちでも, うちに, ために, ときに, 両人の, 人参と, 人物は, 僧は, 動物の, 女が, 女は, 始末を, 小坊主は, 巌に, 故殺が, 方は, 桶を, 河に, 熊の, 独逸人は, 男の, 百姓一揆が, 秋山彌, 米磨桶を, 紫の, 紳士が, 繻子張を, 蜂の巣を, 覆面は, 記事が, 評判の, 話に, 贓品やら, 金額が, 鰐鮫の

1 [653件 抜粋] あったお寺, あったの, あんころ餅を, いが餅は, うちで, うち四十件だけ, おさまりが, おどおどした, おもしろいところ, お神, お館, か, くだりを, ことで, ことです, ことも, こまかな, ごときは, その一銚子, その昼間, その紅い, それぞれの, ためでは, だらだら坂, つもりで, ときには, ところへ, ないのに, ひょろりとした, ひよろり, ほうは, ほかにも, もとにおいてのみ, やうな, アリバイについて, コルシカ人を, コープの, サナダ虫を, ザポロージェ人だ, ハヌマンの, バオバブ一名猴の, プラトが, ヘルメットと, ベデカアを, モリソンは, リボン飾を, 一だに, 一つである, 一つに, 一と, 一人の, 一大原因である, 一揆が, 一瓢を, 一項一項には, 七つ下がりの, 七つ下りの, 三ツ目入道どろどろ, 三物を, 上に, 上山路村の, 下に, 下においてに, 下においてのみ, 不平等を, 不思議あり, 不思議なる, 両人は, 両人相, 中坂下から, 中学校長は, 乗り手に, 乞食を, 乱暴者の, 予言と, 事だ, 事実が, 二人の, 二股を, 二課は, 五ツ紋の, 五十金を, 亜米利加人は, 人に, 人形に, 人形の, 人影の, 仕掛が, 仕舞屋の, 代りに, 会話を, 伝次, 位記を, 作に, 侍を, 係の, 保険学者は, 停車場に, 傘に, 僧の, 兀頭の, 元二, 免状を, 共同墓地に, 具足で, 具足である, 写真が, 出尻の, 出窓に, 出立王子と, 前後までは, 劣等の, 労働者は, 印度人は, 印象を, 原因です, 原因を, 口許で, 古井戸, 古外套, 可恐い, 台所の, 名を, 名歌, 名馬城将, 吹矢筒で, 周章者を, 呪願の, 咳を, 噛み付くやう, 因果に, 団扇を, 図表を, 土地の, 土産に, 坊主で, 垣根を, 埃の, 埃を, 場所も, 塩竈を, 墮馬髻を, 売卜者の, 夏蜜柑を, 外に, 外には, 大崩壊, 大川屋の, 大犬, 大蛇が, 大釜, 大鷲が, 女ただ一人, 女を, 女売子, 女性は, 女的は, 奴は, 如き首, 如くに, 如しさ, 始まりは, 姿ばかりは, 娘たるや, 娘は, 婢は, 婦に, 婦人が, 婦人に, 嫉妬で, 嫗ぶるぶる, 嬌音と, 学者博士たちの, 実証を, 客を, 密書を, 密談が, 専門家として, 将棋盤を, 小丘, 小丼, 小北, 小皿を, 小者, 小者が, 少年を, 少年鷹揚に, 屋台の, 履物を, 山と, 山伏さっそく, 山岳取りくずし, 巌形の, 巡査と共に, 巡査に, 帯上を, 帶に, 常規, 幇間と, 年号にて, 幼児殺しに関する, 庄の, 店に, 店員は, 庭石を, 当日主人の, 当時その, 形は, 後の, 後も, 徒党に, 御吟味, 御報告, 御決儀, 御用風に, 忘却する, 怪人物と, 怪物を, 悪党自分に, 意識を, 懷中に, 手を, 手巾の, 手形を, 手箱を, 手紙を, 批評家は, 押入に, 損害要, 搦手の, 支那人が, 文の, 方が, 方で, 旅亭を, 旅人が, 旅人僧は, 日本画家は, 日本紳士は, 日蓮宗派に, 明取, 時かい, 時から, 時に, 時分は, 晩で, 暖簾を, 書物が, 書状を, 書生は, 最中に, 朝臣賓客座に, 木柱は, 木柱を, 杖もて, 杖を, 杢若が, 松蘿や, 板敷を, 柳の, 梅の, 條件でないなら, 梵漢辭彙に, 森の, 楓を, 様子を, 横睨みで, 次の, 歌に, 歌詞は, 武士たる, 武家が, 武者修行の, 死体に, 死骸は, 毒を, 毒茸が, 水に, 決定が, 油煙で, 泥を, 洋服姿で, 洋風の, 浄瑠璃だけは, 浪士は, 海辺へは, 渋団扇で, 温泉の, 湯壺の, 滑稽なる, 漬物屋の, 為に, 煮豆を, 片付かない間, 片付くまで, 牌には, 牛乳の, 牛切朝から, 牛蒡丸抜安です, 牝猴幼く, 物は, 物を, 物語の, 犯罪は, 状へえ, 狂人が, 狐は, 独逸人夫婦は, 玄明下総に, 理由で, 瓶を, 甕に, 田疇の, 男, 男が, 男です, 男も, 男名は, 男女の, 男色蛇に, 畚を, 畜生中第, 番小屋の, 異彩ある, 疑問だ, 発達し, 白無垢を, 白蔵主, 白骨は, 皿を, 盃を, 盆地だ, 真珠を, 石に, 石を, 碑に, 礼に, 社の, 社司祓神事を, 神馬王の, 禁厭品を, 種明かしを, 空気の, 空缶を, 竜て, 竜葬洲は, 童謠東西に, 竹の, 筆紙に, 籠を, 粉を, 紅白水引を, 素見山の手の, 細々と, 細長い袋, 組は, 経文に, 絵を, 絵襖の, 続きです, 続きへ, 網の, 縁談皆, 繪解き, 缺乏の, 美津田氏は, 羽を, 翁が, 老人に, 老女を, 老婦が, 老樟, 老爺は, 考証が, 考證を, 聴水を, 肉の, 肖像画を, 背広服の, 胴震ひ, 脇差を, 自若たる, 自覚は, 船という, 艶な, 若い者, 若ざむらい二人, 若者方士が, 茶店の, 菅笠を, 落着する, 蔓草の, 薪雑棒を, 藻に, 虫が, 蛇海より, 蝙蝠は, 蟻は, 血の, 術を, 袋戸だ, 要事は, 要求を, 要領を, 親仁だ, 親仁つく, 解決は, 註文主は, 証文は, 詞は, 詮議に, 話が, 話と, 話合いでは, 誓文を, 語を, 語中の, 説は, 説明より, 課長は, 調査書を, 諸兄に, 諸魚, 諺を, 警吏との, 警官氏は, 護並びに, 貞盛は, 負傷蟹を, 貯蓄の, 賀太守を, 賽の目の, 赤大名の, 赤煉瓦と, 起つた日, 跫音とは, 車に, 車は, 輪郭は, 農奴たちは, 近習が, 通りだ, 通天門を, 邸に, 部屋を, 郷士の, 酔客の, 金を, 金屏風, 金時計を, 金袋を, 釘を, 鋭い目, 鐘を, 鐘主の, 鑿を, 長屋窓の, 長椅子と, 長物などは, 長身覆面の, 間夫の, 陣羽織菊綴葵紋服の, 陰相に, 障子を, 隠家, 雌鼠を, 雲水, 雲水非常に, 露西亜人を, 青年は, 青年を, 青狐, 青石に, 革鞄の, 領所と, 顔で, 願ひあり, 願人坊主を, 顛末を, 飴屋が, 餅金を, 餡ものを, 首なき, 馬像は, 駿馬を, 騒動にて, 髮が, 魚瞰鶏睨て, 鯀化黒面などを, 鰭を, 鰻ごとき, 鳶の, 鷓鴣の, 麻袋の, 黒い姿, 黒兎に, 黒衣が, 黒髪の, 黒髯の, 鼠青絹玉顆を

▼ 件~ (428, 13.6%)

15 知って 10 話して 6 話した 4 報告した, 聞かされて, 話すと 3 思い出した

2 [16件] そっと話します, もう知っ, 依頼した, 備へて, 分析し, 報告し, 報告する, 完全に, 忘れて, 持つて, 持出したの, 書いたので, 聞いて, 聴いて, 語った, 説明し

1 [350件] あて付けたもの, あらまし打ち明けた, あらまし話し, あんなに熱心, いと真, いろいろと, いろいろ話し合い, おきき入れ, おそるおそる質問, おまん, お土産, お忘れ, お調べ, かたづけて, かんたん, きいた, きいたん, きいて, ききこんだから, くり返すこと, くわしく話した, こいつの, ことごとく削除, この卜筮者, さぐる手がかり, さばくわけ, さらに追求, しかとおおせつかった, しゃあしゃあと, すっかり先生, すっかり見届け, すべて知っ, すり付け損じた後, ぜひなき, そっと訴えます, その日, それで, ただまったく漠然と, たのまれたので, つ, つきとめて, つくらうと, つくり新しい, つけた, つまりおれ, どうする, どう鑑定, なんとか決め, のぞいて, はからず思い出したから, はじめつまらぬ, はじめ上方に, ふと思い出した, べらべらしゃべる, ほんとうに, まだ後廻し, まんざら, みても, もう一度初め, もちだした, やはり超, やること, よく兄さん, よく知っ, よく頼ん, スッパ抜い, ドイツの, ノズドゥリョフに, モウ一度印度洋で, 一つたのむ, 一つも, 一ノ関の, 一分時間でも, 一時保留に, 万次郎も, 三斎隠居に, 上の, 下らぬそう, 下ろしたぜ, 不承知なら, 並べただけ, 並べ出すと, 事や, 云々と, 云い出したの, 云うの, 交渉って, 京助に, 今日に, 仕組んだの, 他人に, 他言させなかった, 付しては, 伏せに, 会長と, 伝へた, 伴蔵に, 何う, 余に, 余り公, 依然としてきわめてつまらぬ, 俺に, 備えて, 充し, 充たす地, 充たす如く見える, 共通に, 具備し, 兼ね備えて, 再び忌々し, 処置せん, 出來, 出来るだけ, 切り出した, 切り出して, 切り出しても, 切り出す, 切り出すと, 切出し兼ねて, 前に, 前提し, 加集君まで, 勧めたら大原君, 南の, 占って, 受取ったこと, 口外すれ, 可決し, 同心らの, 吐き出すと, 周禎に, 問題に, 嗅ぎつけたん, 嗅ぎつけやがったに, 噺し出そう, 報告され, 報告しました, 報道せり, 増して, 増田君にも, 大形に, 大臣が, 女中が, 女房の, 始めとして, 始末し, 定法として, 実行し, 実行した, 宣告された, 容れること, 容れる外, 対決させ, 尋ねますと, 小官の, 小脇に, 少しも, 市五郎から, 平次は, 廢絶し, 弁義する, 弁護した, 当付け, 彼は, 御存じねえと, 御承諾, 御自身, 御重役方, 徹底的に, 心に, 心の, 忘れた訳, 忘れないやう, 忘れるとも, 忘れるよう, 怒って, 怒りながら, 思いおこして, 思いだした, 思い出したの, 思い出したので, 思い出して, 思い合わせて, 急いで, 想起し, 感づくに, 感付い, 慊と, 我輩に, 打ち明けると, 打ち明け得ずしてやみぬ, 打明けさ, 打明けさえ, 打明けると, 扱って, 持ち出し, 持ち出しさ, 持ち出したが, 持ち出して, 持って, 持出しは, 指して, 握って, 握つて, 撤回し, 撮る, 擯斥する, 改めて意識的, 是非と, 書いて, 書き出して, 有耶無耶に, 村会に, 松竹側から, 林之助が, 果すため, 根に, 根よく, 案じてや, 梅次郎にも, 検察庁長官の, 楯に, 極秘に, 欲し, 正され給, 殆ん, 母に, 母や, 池に, 注進した, 洩らすこと, 済して, 済ましてからの, 測らずも, 測らずもを, 照会し, 父が, 片づけに, 片付けたの, 片付けて, 物語り, 物語り金内, 物語ると, 申出でた, 申込んだ, 発明する, 発表した, 白状させ, 監督せし, 目撃した, 直接に, 相談し, 相談する, 知った, 知ったから, 知つてゐる, 知らすまいと, 知らないから, 知らないもの, 知られたなと, 知らん新聞記者, 確かめたい気, 秘して, 稍等しく, 種々提示, 種に, 穏便に, 突破し, 立聞した, 素っ, 細大洩らさず, 考えると, 考える苦し, 考慮の, 聞いたかと, 聞いた時, 聞き出したが, 聞き知って, 聴かされて, 聴きましたか, 聴くに, 脅威される, 脚色し, 自慢し語った, 自白しない, 自首し, 萎微凋落させられた, 薄々気取っ, 見て, 見ると, 見出すこと, 見出だした, 見極めると, 親や, 親御の, 触れて, 言い出した, 言い出したあの, 言い叫ぶと, 言わなければ, 計上し, 訊いて, 訴人する, 詮議する, 話さなければ, 話し, 話したが, 話したら, 話したら先生, 話し出した, 話す, 話すが, 話を, 詳しくぶちまけた, 詳しく話し, 詳しく説明, 詳らかに, 誇張し, 認識の, 語りだしたが, 語るの, 説き種々, 説服した, 説諭し, 誰も, 調べに, 調べると, 調達した, 請求し, 議会へ, 貴様は, 身体に, 載せて, 述べ, 述べてから, 追求し, 遣付けた時, 阿部が, 附会し, 除く他, 難じたる, 雪ちゃんが, 電話で, 頼まれて, 頼みこんで, 頼みます, 頼み込んで, 頼むに, 願いいでた, 顧慮し

▼ 件~ (323, 10.3%)

4 落着した 2 これで, それで, どうなりました, ない, わたくしに, われわれが, 大抵知っ, 我々の, 無事に

1 [301件] あかさなかったん, あなた方が, あの女, あの息子たち, ありゃどうしたんだい, あれは, いく分気にいらない, おことわり, おさまりが, おそらく最初, おめ, おれに, お冬, きっとそんな, きまって, けりと, こういうこと, こういう工合, こういう筋, ここで, この女芝居, この松尾, この高, これから始まる, ごく内密, しむれば, すぐに, すっかり忘れ, すでに何年, すべてわたくしの, そいつが, そっぽ向い, そのま, その後どう, その毒, それが, それの, それ程までに, たくさんの, たしかにお, たしかにお願い, たしかに私, とかくに, どういうこと, どういうの, どうした, どうしたい, どうしたです, どうしてもウマ, どうする, どうぞわっし, どうだ, どうで, どうな, どうなった, どうなったでしょう, どうなる, どうなるだろう, どうも廓, どう極まり, どんな性質, なかなか当り, なにぶん捗, なんの, はたして広田先生, はなし上手な, ひきつづいて, ひょっとし, ほんとうかね, まあ百両, まずそれ, まず第, まだ世間, まだ心当り, まだ曖昧, まだ自分, まだ解決, まったく事実, まったく外人的, まったく小栗, まったく李香, まったく霧, まるでどこ, まアこれ, めでたく落着, もう心配, もう蒸し返されない, もう見込み, もっとも大事, もはや忘れたる, やがて本, やはり貴様, よく分る, わたしが, わたしに, われらに, シュワルツの, ソレ竜の, ドウなるだろう, ハガアスさんに, ブルジョア時代の, プラトンにおいての, モウだいぶ, 一ノ関の, 一切累する, 一寸忘れ, 一応僕, 一番カンジンの, 万事が, 三千石の, 三田村にも, 不問の, 世間にこそ, 中, 丹後宮津の, 事実な, 二つの, 二重である, 今の, 今は, 今更始まった, 今現存, 他の, 以上で, 会ひ, 何う, 何うも, 何か, 何かといふ, 何である, 何とも云つて, 何分よろしく取計らっ, 何分よろしく願います, 何度訊い, 何日ぐらい, 余が, 作者梅野十伍に, 併合罪として, 保留し, 修好條約, 俺ばかりじゃねえ, 僕は, 優に夜, 先刻すでに, 先日も, 入って, 全く事実無根, 全く偶然, 全く李, 全く気, 六波羅殿へも, 冗談でした, 初耳です, 別として, 医専の, 十両で, 南の, 取調べと, 同じで, 同じ説経, 同時に經驗, 吾, 唐の, 嘉永六年の, 嘘か, 四谷の, 因縁が, 大小を, 大略今から, 天保三年正月の, 天保年中の, 天台龍宝寺で, 失敗しました, 女と, 如何に, 安政二年三月六日の, 寄留地簡閲点呼参会願の, 實に, 實は, 寧ろ伯父, 寺社方の, 小さな件, 小栗の, 小生申告の, 少々苦しい, 少し可笑しい, 崇ります, 已に紹介, 常世と, 当分むずかしく, 当時の, 当時予約を, 彼女に, 待って, 後から, 後に, 後廻しに, 御免を, 御希望, 御急ぎ, 心配する, 心配せんで, 必ずある, 忘れられたかも, 怪物が, 恰も一つ, 慶応元年の, 我々自身の, 我等三人とも, 拵えものに, 改めてゐない, 攻撃の, 放念し, 政府中実に, 政治の, 文久元年九月の, 文化の, 旗本屋敷へ, 日時も, 日本の, 早川主膳から, 早速話, 明日にも, 昔の, 春三郎をも, 是非内證に, 暫く中止, 暫く措き, 東京に, 極力否認, 模様に, 横浜市の, 橋の, 次の, 次郎に関する, 次郎兵衛じゃあ, 此方の, 江戸に, 決してノズドゥリョフ輩, 消滅した, 源氏物語と, 濟んだ, 熟し切つて, 父からも, 片附いた, 特に重大, 瑞仙が, 由来が, 留の, 異つて, 相済みました, 知ってるだろう, 知れずじまい, 石芋民譚, 私に関する, 私人の, 穩健そのものと, 第一, 署内でも, 義雄が, 耳で, 聞いたであろうが, 腑に, 自作ならぬ, 菓子屋の, 落着しました, 藩主の, 行き悩んだなりに, 要するに個人的, 見込みを, 説明された, 説経を, 誰が, 誰にも, 調べて, 諸外国, 諸藩, 議論が, 豊後風土記と, 賃銀勞働である, 近々御, 返事が, 追ってお, 追て, 重兵衛, 闇に, 随分危険, 隕石の, 隠居に, 雪子に, 非常な, 頗る苦情, 風検とは, 飽くまで拙者, 餘り, 首を, 馬丁平吉の, 高屋駅と, 高等なる, 鳥亀の, 黙殺し

▼ 件~ (232, 7.4%)

6 あるので 5 あるの 4 あってから, ある, あるから, 気に 3 あって, 落着し 2 あります, あるが, なければ, 何である, 出来して, 絡んで, 耳には, 評判に, 頭の

1 [181件] あそこで, あった, あったり, あまり古くは, ありありと, ありますが, ありますならば, ありますので, あり又もや, あるぞ, あるもの, あるもん, いい氣持, いつか屋敷の, いつとは, いろいろ長く, うかんで, うまくゆかない, うるさいため, おこったの, おこなわれた丁度, おれの, お此, お耳, きまると, きわめて長い, この病院, こびり付いて, しきりに邪魔, すつかり, その一つ, その事件, その名, それから, そろつて, ただきわめて, だ, どういふ, どうなりました, どうにか調子, どうの, どうも気, どうも氣, ない, ないといふ, ないに, ないやう, はじめから, ばれたか, ばれたな, ばれて, ひき起こしたほんとう, ひとつあつ, ほんのしばらく, ぼくの, また誰, まだ掴めない, まだ残っ, まだ解決, まとまったので, もう人, もそもそ動き出しやしない, よくて, わたくしの, キツカケで, バレなければ, 一つ残っ, 不適当, 了解出来ん, 事實不備な, 二つございます, 人々の, 今宵誕辰の, 伴ふ, 伴ふと, 何も, 保證され, 備つて居る, 出たので, 出てる, 出来したので, 出来したもん, 出来しましたそう, 出来た至急, 厚手でない, 又おもしろく, 反映した, 可い, 各, 唯の, 問題の, 四人の, 地主藤澤の, 城で, 夙に済ん, 多いので, 大勢の, 大問題, 大成功, 大手を, 大臣の, 如何に, 妙に, 完全に, 実在する, 小室に, 小雛, 山ほど, 峠の, 当時の, 役割を, 御不在中, 必要である, 意に, 成功する, 成功すれ, 持ち上ったの, 持ち出されないの, 持上る, 揃つた, 揃つて嫁入先から, 政見の, 日程に, 早や, 明白に, 明記し, 暗黙に, 暴露た, 有まして, 本店の, 東洋諸, 次の, 正式の, 江戸の, 江戸表で, 済んだので, 湧いて, 漏洩する, 潛んで, 澤山あ, 濟んでから, 無事に, 無数の, 片づくと, 片付いたらいっそ, 片付き兼ねる, 町奉行の, 町方の, 皆備つて, 眼目では, 知れたので, 祟って, 祟りを, 祟ッて, 終ると, 絶えず疑問, 胸の, 落着い, 落着次第当然, 虚無である, 行はれない, 表向きに, 親兄弟, 解決し, 解決しない, 解決すれ, 起こって, 起った時, 起りプロレタリヤ, 転じて, 逐一町奉行所, 遂に行, 道誉にとっては, 適当な, 都合よく, 露見て, 露顕し, 露顕した, 露顕すれ, 食物の, 餘り

▼ 件~ (170, 5.4%)

8 就いては 7 就いて 6 しても, 就て 4 なって, なると 3 係り合いが, 就いても, 就ては 2 して, 付きても, 依つて思考, 備つ, 就いての, 関係が, 関係し

1 [112件] あてはまるもの, おかかわり合いなさる, かかって, かかりっきり, かなつてゐる, かなふ, からかって, からみ以来, からんで, ございますか, したって, しちゃったら, してからが, すぎないの, すぎなかったこと, その指導, だってな, ちげえ, ついちゃあ, つきそのまま, つきまして, つきましては, つき両, つき人道問題, つき先方, つき君, つき宗碩, つき断り, つき旅費補助, つき私, つき語りつ, つき頭, なりました, なり二十件, ぶつかってから, ほかならなかった, よりて, ピタリと, 付岩下左兄, 付申上候, 何かの, 余って, 來たり, 係り合いの, 係り合うこと, 係り合って, 係吟味と, 先づ第, 出逢って, 制約された, 加へる, 助太刀を, 即下に, 及んで, 取りかかった, 受けとる心理, 口を, 叶は, 君の, 基づいて, 外ならなかった, 女房の, 尊重したい, 對し, 對する, 就きましては, 就きソヴィエト政府, 就きソヴェート政府, 就き新井, 就き貴下, 屈從させ, 心を, 應ずる, 或修正, 手出しが, 抵觸する, 推讚し得る, 提供したい, 望ましいこと, 横手を, 欠点ある, 次郎吉が, 止まらないの, 比すると, 減って, 狂奔し, 異ならずと, 直接の, 直接関係の, 科學を, 立ち会った関係, 至るまで, 触れた, 触れたからには, 触れて, 話を, 賛成である, 越州が, 近い人, 連座し, 過ぎずしかも, 適は, 重みを, 重大な, 鑑み第, 関かれる, 關し, 關係の, 限っては, 面白味が, 驚かされて, 黒ん坊でも

▼ 件~ (147, 4.7%)

3 警視庁へ 2 あげられましたと, あつた, ね

1 [138件] ああ遣っ, あっしは, あつたの, あやか夫人, あらう, ある人々, いっぱいであった, おいらあ, おれが, おれたちの, お払い物として, お父様, お越しくださりました, お近, かねて伊那, きびしく問われる, きみの, こうした決定, これも, ござン, すこし旋毛, すっかり気, すゝめて, せうね, そのままに, その噂, その真相調べ, どうにもなりません, ながい間, なにしろその, なぶり物, ねあいつ, ね一寸展覧会, はおまえ, まだガラツ八, まちがいを, むしゃくしゃする, もない, もらへるやう, ようやくその, わたくしが, ネ, 一議員が, 二日の, 今にも江戸, 他人の, 代用教員に, 何事にも, 例の, 信用が, 借りるという, 先輩の, 内務大臣に, 内密に, 出すもの, 出張って, 前申しました, 又迷惑, 吉左衛門の, 同意し得られる, 執達吏が, 堤真佐子の, 変死人は, 多門先生の, 大勢の, 大津屋の, 失敗って, 奬推する, 完全に, 宜しく世話, 家に, 寢たま, 小倉の, 山に, 山城守は, 幕に, 度胆を, 延び延びに, 弱まるどころか, 当分江戸から, 役所の, 彼女の, 後悔した, 從つて行く, 心配させた, 我が身に, 手前共も, 托児所設立に, 承認し, 捕へられて, 斯う, 早く社, 是非御, 曹植を, 木村は, 来たの, 来たん, 某所まで, 格別の, 殿から, 気病で, 江戸つ, 決定を, 法本の, 浅草と, 漸く聟入, 無理を, 牢名主の, 百姓の, 相談もみぢの, 神保の, 福島の, 私が, 秋川に, 笑われたと, 糺問所の, 翁が, 腹に, 至急に, 裁判所へ, 見ても, 規定せられる, 言は, 説諭を, 調印を, 謝罪します, 警視庁に, 軍部乃至, 迷惑を, 重複し, 錯雑まして, 面罵された, 飛んでも, 饅頭の, 馬籠の, 高槻を, 髪を, 麦粉菓子の

▼ 件~ (99, 3.1%)

3 落着した 2 あるので, 一埒明いた, 落着しました

1 [90件] あった, あって, あつた, あの惨劇, あらゆる事件, ありかつ, ありますからね, ありますので, ありもちろん, あり岡, ある, あるから, あるが, おそらく屋敷内, おなじ奴ら, かくやと, がらがらと, きっとあざやか, これで, さうぢ, さっそくその, しツ, すぐに, ぜひ尽力, そのままう, その二代目, その後左衛門尉さまが, その悪ふざけ, その首謀者, それほど気, たいがい眼鼻が, たうとう, てえして, どうにか当たり, どのみち落ち着く, なお念入り, なかった, なしに, まあこれ, まずは無事, まず一, また貫一, みんな埒が, もう一度調べる, ややそれ, われわれの, オジャンに, サロンに, 交渉し, 今夜の, 何か, 何だかそんな, 何に, 余さず片づけて, 光俊の, 其儘である, 具へて, 十分に, 可ささうだ, 同じう, 営林署の, 四件も, 困つたもの, 大切でござる, 大場氏から, 実の, 当分は, 御心配, 或る, 早く片付けたくなった, 本人の, 決して, 漱石が, 烟草休なし, 無しに, 片付きほか, 町じゅうに, 畳まっ, 発覚し, 皆ここらまで, 真名古にだけは, 知れて, 私の, 終り今夜, 自分の, 薩州屋敷あたりの, 記して, 誰より, 遂には, 露顕しない

▼ 件~ (63, 2.0%)

2 するが, それから, なるの

1 [57件] いいあの, いいいろいろ, いい忍び上洛, いうなあ, すること, するその, するとき, するところ, するの, するのみ, するもの, する戰ひで, する批評, する樣, する黨派, せる三分三厘説, せる課税法, その晩, それに, どんな関係, なく持ちこん, なし未来, なつて, なりまた, なり中門廊, なるやう, ぶくりん, まるで縁, 一日に, 云ふ, 今度の, 仕様と, 何か, 併せて, 同様水洗便所の, 名の, 存じ候が, 思って, 手を, 掛り合ひ, 政治的の, 書くもの, 機會に, 爲すを, 狐の, 申しますと, 皮膚科の, 結びつけて, 背に, 見て, 言うん, 言う轢殺事故, 認識の, 關係し, 駿三の, 鬼娘の, 鶏とを

▼ 件について~ (60, 1.9%)

3 何か 2 あなたが

1 [55件] あなたなにか, いささか申, いささか申し上げます, いやああ, この赤猪口兵衛, こんな怪談, しばしばその, すべて阿闍梨の, ただ一般的, ちょっとした審理, ちょっと取調べ, です, なにかおいい残し, なにかの, なんにも心当り, なんの, のちに, ひと通りの, まだ幾分, わたしの, ステパン・イワーノ, プトナム氏と, 一そう深, 中島裕八荒井啓五郎木暮武太夫堀越寛介藤田吉亨郎等に, 主としてあなた, 何も, 何事も, 僕は, 出願用の, 前後の, 厚かましい明らか, 參つた始末です, 大勢の, 妻が, 彼は, 御伺い致しました, 御手入, 書くまでも, 特別の, 相談を, 知らないうち, 礼を, 自分の, 自分は, 訴えて, 話し出した, 語つた, 語ること, 誰を, 議会で, 郷党の, 長な, 長八が, 陳情した, 非常に

▼ 件~ (50, 1.6%)

102 がそいつ, と考へ, な, ものと

1 [32件] からなるたけ, から堪忍, があの, があれ, がお前さん, がそれ等, がね, がね僕, が下, が亭主, が娑婆, その名, ぞ, つてつまりは, とはっきり, と云, と口, と思つて, なぞと云う, なとどうやら, なと思った, なんて云う, なゼムリヤ号, ね, ね人事係, ね誰, ね那奴, よ, よ君, ッてね, 余が, 轟と

▼ 件~ (48, 1.5%)

6 がある 3 を読んだ 2 になる, までは正宗式逃避性, を次, を読ん

1 [31件] から金田一博士, がしばしば, が一日じゅう, が円朝, が時々, が書い, が読売新聞紙上, としてはその間, と二枚, などさ, などその, などに於, などは情景躍動, に, に葡萄畑, のあたり, の撮影, は彼, は朝鮮公使, は松助, は殆, は省い, は芝居, は黙阿弥, も悪く, を丁寧, を夢中, を撮る, を発見, を白状, 関東節では

▼ 件です~ (43, 1.4%)

732 がね

1 [31件] かえ, からこの, から一応, から油断, から災難, か相模屋, がお, がこれ, がそれ, がといひ出す, がなぜひ, がねあなた, がねありゃ, がねあれ, がねえ, がね去年, がまあ, がナ, が博士, が四日前, が奥さん, が憚りながら, が茶店, ぞ, て, なそれ, なア, ねありゃいけませんでした, もの, よそれからまた, ネ

▼ 件から~ (39, 1.2%)

2 平次の

1 [37件] お半, こうして訪ね, この女, して, しようも, だぜ, であります, でした, またわたし, まだ私, まるで気抜け, 三月の, 不必要, 世界の, 事の, 五十幾年の, 何だかこの, 何だか心, 出發, 初めない, 十日ほどの, 因果律で, 始まつて, 守るため, 富蔵との, 巣が, 必要と, 思うと, 急に, 段々と, 物堅い主人, 生じたもの, 荷に, 見て, 諭旨免官の, 遂, 願いたいがね

▼ 件である~ (23, 0.7%)

1 [23件] からであります, があれ, がそれと, がオツネ, が單, が目, けれどもそれだけ, ことが, ことにと, ことは, ことを, と, ということ, といふの, ところから, ところの, と思ふ, のだ, のです, ものの, よりも結果, 故に自然, 苦行は

▼ 件については~ (23, 0.7%)

1 [23件] あくまで尽力, さっぱりわからない, ちっとも変, つれあいにも, はつきりした, もっと徹底的, やはりその, わたくしまだちっとも, 何も, 何ら警官, 係では, 先便で, 彼は, 本国へ, 格別の, 父を, 白魚河岸でも, 直接ここへ, 私は, 自分から, 語らなかった, 責任ある, 道誉も

▼ 件として~ (21, 0.7%)

2 美しい齋

1 [19件] フランス語を, 二三黨員の, 他の, 勿論必要, 居るもの, 必行は, 患者に, 持つて, 提出する, 日本の, 爭ふて, 父が, 現れたので, 研究せね, 約束として, 要求される, 見出すところ, 閣下に, 黨員を

▼ 件には~ (21, 0.7%)

1 [21件] いろいろあなた, えらく気, お冬, お角, どうしても係り合い, ばかに, ふれて, チト腑に, 何の, 係り合いが, 係り合いの, 先生も, 大吉が, 女の, 底の, 止らないの, 気がつかないらしく吠える犬, 決してふれよう, 犬が, 関係なかつた, 驚かぬもの

▼ 件落着~ (20, 0.6%)

11 の後 3 してから 2 して 1 しました, に及んだ, まで閉門謹慎, を待ち兼ね

▼ 件~ (16, 0.5%)

2 のである, のです, んだ, んで 1 あれが, の, のだ, のでございます, んざ夢にも, んでげす, んでございます, んです

▼ 件書類~ (14, 0.4%)

2 を金庫

1 [12件] がかれ, が大臣, に眼, の秘密閲讀, はいっこう家, をやう, を区裁判所検事局, を折り, を持っ, を携える, を机, を読ん

▼ 件では~ (12, 0.4%)

1 [12件] ありますまいな, ない, ないです, ないとい, ない菱屋太兵衛, なくなるといふ, 一悶着を, 好いもの, 居並ぶ御, 常住苦労も, 皿屋敷が, 顎十郎が

▼ 件という~ (12, 0.4%)

7 のは 1 のも, のを, 義務通り提案した, 言葉で, 譯には

▼ 件とは~ (10, 0.3%)

1 どこまでも, 一つに, 何だ, 何の, 全く別, 別になん, 別口で, 深い関連性, 逃が, 違って

▼ 件だけ~ (9, 0.3%)

2 です 1 あった, ございます, それも, では, ならあした, 年齢が, 引っかかって

▼ 件じゃ~ (8, 0.3%)

1 ありませんか, が, これなり, ございませんか, ございませんかね, ござんせんかい, で夕方, シドニー君は

▼ 件でも~ (8, 0.3%)

1 ある, なし梯子段, ミンナ貴様の, 大学は, 知ること, 知れる, 起ったよう, 非人でも

▼ 件~ (8, 0.3%)

1 それからもう, なんかが, 今日の, 何かも, 烏羽玉組の, 自分と, 規定を, 金策の

▼ 件だけは~ (7, 0.2%)

1 ここの, その最後, 全然そんな, 引船の, 私にも, 解釈の, 遠慮し

▼ 件もの~ (7, 0.2%)

2 多きに 1 で大騒ぎ, で貴方御存じ, の女, をう, をの優しい

▼ 件まで~ (6, 0.2%)

2 之を, 持ち出したの 1 劇中の, 参りました所

▼ 件以来~ (6, 0.2%)

1 いわばいい, その空屋敷, どうも気, もう十五年, 寒い風, 小ひと月

▼ 件~ (6, 0.2%)

1 介意に, 備え置き被, 奥御, 筆に, 許容に, 話これあり

▼ 件なんか~ (5, 0.2%)

1 あとで, では, 僕は, 持ち出しやしませんわ, 面白いに

▼ 件につき~ (5, 0.2%)

1 一度御, 御目, 相談に, 相談十月は, 話あり

▼ 件~ (5, 0.2%)

1 布告ス, 片附ケテヤルシ, 片附ケロト云ウカラ, 白状サセテ予ヲグウノ音モ出ナイヨウニサセソレカラ颯子ト春久トノ関係ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過, 缺クベカラズ

▼ 件~ (4, 0.1%)

1 へも変更, へよけり, へ無けれ, へ首尾

▼ 件とが~ (4, 0.1%)

1 何かの, 殆ど同時におこった, 相互に, 結び付いて

▼ 件との~ (4, 0.1%)

1 下に, 似よりから, 調和の, 間に

▼ 件などが~ (4, 0.1%)

2 あって 1 原型を, 決議された

▼ 件などは~ (4, 0.1%)

1 いちばん小さな, みなそうである, むろん一笑, 事実だろう

▼ 件についての~ (4, 0.1%)

1 何かの, 記録をもっては, 評定の, 話は

▼ 件についても~ (4, 0.1%)

1 お客さまは, 源氏は, 説を, 黒田んと

▼ 件~ (4, 0.1%)

1 のザポロージェ人たち, の声, の如し, の鋏

▼ 件以外~ (4, 0.1%)

1 にその, に何等, に孤獨そのもの, に死そのもの

▼ 件~ (4, 0.1%)

1 お夏, が, だ, のこっ

▼ 件あり~ (3, 0.1%)

1 参上仕るべく, 柳は, 食物は

▼ 件~ (3, 0.1%)

1 え, それともことに, やがてわかる

▼ 件かと~ (3, 0.1%)

1 初めて気づき, 夕餐の, 思って

▼ 件その他~ (3, 0.1%)

1 がある, にこの, 色々の

▼ 件それ~ (3, 0.1%)

1 が確か, について惟光, はお

▼ 件であり~ (3, 0.1%)

1 一つの, 第三, 第二

▼ 件とを~ (3, 0.1%)

1 持ち出して, 組んで, 調べ拔きました

▼ 件なし~ (3, 0.1%)

1 に君, に父, に舅姑

▼ 件など~ (3, 0.1%)

1 明らかと, 根掘り, 自分は

▼ 件などを~ (3, 0.1%)

1 相談した, 考へる暇, 里ばなしに

▼ 件にて~ (3, 0.1%)

1 ひどく恐入らせ, わが主人, 調所を

▼ 件に関して~ (3, 0.1%)

1 われわれと, アメリカ人中久しく, 秘説を

▼ 件に関する~ (3, 0.1%)

1 不思議な, 伊丹兵庫助との, 報道であろう

▼ 件はう~ (3, 0.1%)

3 やむや

▼ 件ばかりは~ (3, 0.1%)

2 まるで私 1 確かに

▼ 件を以て~ (3, 0.1%)

2 裁判に 1 自らの

▼ 件承知~ (3, 0.1%)

2 した 1 して

▼ 件あの~ (2, 0.1%)

1 唐人飴屋が, 幾点の

▼ 件ある~ (2, 0.1%)

1 その貸家, のみである

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 考えおき下さい, 詮議に

▼ 件かの~ (2, 0.1%)

1 コソ泥を, 縁談その

▼ 件さえ~ (2, 0.1%)

1 お聴, わからなければ

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 何だ, 鼻事件かい

▼ 件だけに~ (2, 0.1%)

1 あるいは多少, 就いて

▼ 件だけを~ (2, 0.1%)

1 全部書き直し, 申せば

▼ 件だの~ (2, 0.1%)

1 いろ, カフェー

▼ 件といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, のを

▼ 件とかの~ (2, 0.1%)

2 順序を

▼ 件とともに~ (2, 0.1%)

1 これを, そのよっ

▼ 件とも~ (2, 0.1%)

1 そうです, なく云い伝えられて

▼ 件なども~ (2, 0.1%)

1 出て, 恐らくは揣摩臆測

▼ 件なら~ (2, 0.1%)

1 ばこの間, わっしも

▼ 件なり~ (2, 0.1%)

1 彼れ, 然れ

▼ 件なんぞは~ (2, 0.1%)

1 そっちの, とうに忘れ

▼ 件にも~ (2, 0.1%)

1 ただ一人の, 関係し

▼ 件によ~ (2, 0.1%)

2 つてである

▼ 件にわたる~ (2, 0.1%)

1 書類に, 権益問題を

▼ 件に対する~ (2, 0.1%)

1 自分の, 部分的な

▼ 件に関し~ (2, 0.1%)

1 昨日編輯会議を, 院議を

▼ 件に関しては~ (2, 0.1%)

1 その挨拶, 度々申しあげたる

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 あれお断わりし, あんなすさまじい

▼ 件ばかり~ (2, 0.1%)

1 でいざこざ, でない政治上

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 機才が, 浮薄と

▼ 件~ (2, 0.1%)

2 兄哥が

▼ 件また~ (2, 0.1%)

1 ある日正作, 堺屋の

▼ 件より~ (2, 0.1%)

1 以下に, 日清の

▼ 件をも~ (2, 0.1%)

1 話して, 酒の

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 依リテ干犯サルルコトヲ許サズ, 立至リ候

▼ 件以来彼~ (2, 0.1%)

1 はそうした, はもっぱら

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 である, の種々複雜

▼ 件~ (2, 0.1%)

1 は公儀, 片付け新

▼ 件落着後平次~ (2, 0.1%)

2 は八五郎

▼1* [255件]

あいつは惜しい, 件あったほかは, 件あなたもひどい, 件あまりとスリ, 件あるならん, 件あれが動かない, 件いろいろ御配慮, 件お前さんも生々無事息災, 件お願いに背い, 件かもしれない, 件からはこッちの身一つも, 件がのそりの, 件がよかつた, 件きりしかなかっ, 件ぐらいだな, 件こいつは充分, 件これで打ち止め, 件ごときも一大問題, 件ごと別々の袋, 件さりとは慾, 件じゃあありませんか, 件じゃから耐らぬ, 件じゃが大殿御, 件すなわち品地別命が, 件すべて件と名, 件そのほか彼の, 件その他二三ヶ条である, 件その他二三片付け日劇地下の蛇の目ずし, 件それから松島が, 件たる財産關係に, 件たるまれびとのおとづれを忘れなかつた, 件だけで云えば, 件だけについてしか保管し, 件だすか, 件だったが忠相, 件だつたが, 件だらうと思ったら, 件ちかい数に, 件やから, 件つまりいわゆるまちがい, 件でありますからし, 件でありまするか御, 件でございまして在, 件でございますかあれ, 件でして今さら, 件ですつかり氣を, 件でないといへる, 件でないならば如何, 件でなくてはならぬ, 件でなければならぬ, 件での上で, 件でほ大分驚いた, 件で無いにした, 件で聞けば昨夜, 件とお高の, 件とか野蛮人が, 件としての波そして, 件とでも云うならわかって, 件とにもかくにも, 件と共に森栖氏の, 件どうしたの, 件ながら早々に, 件なぞがそうです, 件なぞは知らないでの, 件なぞを嫉妬出し毎日の, 件などと一氣に, 件などにあふとすぐ, 件などにも力瘤を, 件などをも嫌な, 件なにとぞ当藩, 件なりという, 件なるべくなら他, 件なんかは僕の, 件なんぞがいい手本, 件なんてえもの, 件においてはそんなこと, 件にこそ一門宿老の, 件にだけ精根を, 件にとつては, 件になつて居た, 件にものぼつたであらう, 件にゃあ, 件によつてそれ, 件に対しても町奉行所では, 件に関してだけはあの伝説, 件に関してのこととは, 件のせゐでないしは, 件のみを問い始めた余, 件はとに角, 件はなカテリーナ・リヴォーヴナすっかり, 件はね国元の, 件まではその直接原因, 件みんな話して, 件もうぬの, 件やら例の, 件やを次々に, 件よく功を, 件よりも死体そのものに, 件よろしくと言っ, 件らしいのが, 件りで梅坊主の, 件りでありますから, 件て来られる, 件をとはずいつでも, 件をなははははこちと, 件をばお聴き, 件をめぐって輸出業当事者と, 件イヤ輪田夏子の件, 件ヂヤ無いかナ, 件ト二ツノ急要ガアルタメデス, 件あれを, 件ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, 件ニ候得バ元より天下, 件あの話, 件ハ唯大兄計ニ内, 件ハ石清ニ申送候, 件ハ鎌倉已来武門ニ帰せる大権, 件バスに於ける, 件ビクターも協力, 件一つは加増, 件一ノ関領における金山所属, 件一段落らしく安心, 件三十件になっ, 件下田から白浜, 件世間なみの応答, 件並びに被告の, 件丹下左膳鈴川源十郎一味の行状, 件輩有謀反之, 件九月十九日未明三時半ごろ当港岸壁, 件二件毎日あるところ, 件云々大坂四ツ橋大仏や門前, 件五柱の神, 件人間二人もの凄い異状, 件で假名, 件付きの男, 件以上の新, 件以後の事, 件以来あいつ親分に不首尾, 件以来これで二度目, 件以来伝蔵の消息, 件以来僕も随分, 件以来勢力を打ち消された, 件以来大島町の方, 件以来女房は半, 件以来幸次郎は半, 件以来旅館にも居, 件以来次郎の警戒心, 件以来泰文は猜疑心, 件以来浅井の奥さま, 件以来自分のからだ, 件以来葉子はタコスケ, 件以来馴染だが, 件何しろ世界的な, 件の奉仕, 件全く落着を, 件八十禍津日の神, 件八島士奴美の神, 件六百円近くの金, 件其他重要の件, 件兼而存居候所とや実に, 件負傷者六人違警罪一人迷児十四人と, 件勿論そのつもり, 件医院の方, 件印度洋上の大, 件政府部内に対する, 件各地を合せる, 件向うに煙草屋, 件喫飯の件, 件四人の兄たち, 件四月廿四日上陸より此所, 件国素大略虜掠, 件の常立, 件ワシントン英国大使館ヨリ桑港英国総領事ニ電命, 件垢すり糸瓜の一件, 件墓地が狹, 件多い割に, 件大きな大きな楽が, 件大年の神, 件大至急で出願, 件から鶴子, 件如月敏の件等, 件家長共私へ一向, 件封じ目を突出, 件小生自身何の経験, 件小身ニ一生の思ひ, 件広告されて, 件の環境, 件御存じの如く兼, 件志摩徳の一味, 件情報云々のこと, 件引の, 件ひは, 件拝読仕りました, 件挨拶の件, 件提携を約し, 件まつて, 件新聞紙上に現われた, 件のべの事, 件日頃の団結, 件明日昼ホテ・グリで会, 件さと, 件書類その他さしあたり必要, 件最も彼の, 件に熱中, 件が生徒取締, 件正月は有, 件此島に紀念塔, 件死亡は驚く, 件毎日あるところ, 件江戸中は引っ, 件であろう, 件溜池署からここ, 件焼鳥一件のよう, 件特に六分縮むべき, 件生娘だと, 件異存があるならしょ, 件的成功の作, 件的抛棄が要求, 件皇帝の非凡, 件直次郎ニ御伝, 件相調ひ候上, 件石井漠の件その他, 件石拆の神, 件返之處, 件米艦に護送, 件組合内に購買組合, 件結婚八件死亡は驚く, 件結局岡崎に誠意, 件結局田中三郎の厄介, 件羽山戸の神, 件が来る, 件船戸の神, 件行われた丈である, 件記録の上, 件記録中に証拠, 件許可する, 件か, 件調べてみました, 件談判の件, 件警固木挺の番争い, 件警視庁が有明荘, 件讓與を爲, 件起った警察沙汰は, 件辛崎の松, 件返書ヲ出ス, 件通りを行つて呉れい, 件進路およびその, 件那波氏と相談, 件重態に落ちた, 件野呂乗り込みの坐り込み, 件金山の件, 件附きの證書, 件雑話の件, 件顕治と百合子, 件OKとなった