青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~ 仰せ~ ~仲
仲~
~仲間 仲間~ 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 伊~ 伊勢~ 伊藤~ 伊豆~

「仲~」 4559, 49ppm, 2357位

▼ 仲~ (733, 16.1%)

22 惡い 21 いい友達 20 よかった 14 い, よくない 13 いいお, よい友達 11 よいこと, よさ 10 好いの, 好い友達, 好い夫婦 9 よいお 8 いい友だち 7 よい夫婦 6 いいこと, いいの, 好かった, 悪かった, 惡か, 良かった 5 よい友だち, ように 4 よい兄弟, 悪い二人, 良い男, 良さ

3 [14件] いいところ, いいもの, いい兄弟, いい方, いい朋輩, よい兄妹, よくなかった, 功業を, 善くない, 國の, 好いお, 好い兄弟, 宜い, 惡かつ

2 [41件] いいわたくし, いい三人, いい二人, いい友人, いい御, いい間柄, やり取りを, よい, よいよう, よい友達同士, よい姉妹, よい御, よい親友, よく無い, 仁を, 俯向いた, 句は, 善い友達, 善い夫婦, 善い或, 好い二人, 好い姉妹, 好い御, 好かつ, 好さそう, 如きは, 娘お, 悪いこと, 悪い母娘, 悪い神様, 悪さ, 惡さが, 持物では, 着物を, 腕を, 良いの, 良いもの, 良い友達, 良くなかつた, 話は, 話を

1 [354件] あるよう, いいいさかい, いいこ, いいこの, いいはず, いいわけが, いいわずか, いいコック, いい兄, いい兄妹, いい判官, いい友だち七, いい同僚, いい呑み, いい問答, いい天使, いい女, いい姉, いい姉妹, いい娘, いい子, いい徒党, いい徹男夫婦, いい恋人, いい愉快, いい所, いい文雄, いい旅籠, いい時, いい植源, いい父娘, いい牝鹿, いい紋作, いい継子さん, いい老婢, いい評判, いい間がら, いい靴工ポール, いきさつを, ええもの同士, お君, お染, お菊, くせし, ことあ, ことは, ことを, ごとく専門, した事, ところにも, とりもち, ふたりは, よいお話, よいご, よいそして, よいその, よいまま, よいめ, よい中原兄弟, よい友人, よい右衛門さん, よい同じ, よい同士, よい大, よい夫婦生活, よい夫婦飴屋, よい姉弟, よい姑, よい娘, よい少, よい悪口, よい様子, よい温泉宿, よい生活ぶり, よい田安家, よい碁敵, よい私, よい稼ぎ仲間, よい自由, よい若, よい菊龍, よい萩, よい貉, よい遊び友だち, よい間柄, よい関係, よい隣人, よい隣同士, よい雌雄, よい顔, ような, よか, よくないらしい, よくなかつた, よくなった, よくなつたお, よさそう, よすぎる, よろしい魚, よろしくない, わるい, わるいの, わるい二童子, わるい利己主義, わるい友達同志, わるい姉, わるい従兄妹同士, わるい染福, わるい母親, ユウであった, 一女お, 一子は, 一子を, 一粒種の, 三人が, 三人だ, 下に, 不知哉丸も, 両名, 事でありました, 二人が, 人たちばかり, 人でも, 人とは, 人物が, 人物について, 人足らざれ, 人間でも, 伜文次郎と, 何もかも知っ, 何人なる, 余りよく, 兄さんが, 兄さんで, 兄と, 兄の, 兄も, 兄弟だ, 兄進が, 兄馳還って, 入智惠, 初の, 初子は, 別れ, 別莊, 力だ, 功亦, 半玉や, 合圖を, 吉岡拳法の, 同人の, 味が, 善いあり, 善いある, 善いところ, 善いにも, 善い僚友, 善い兄弟, 善い友達同士, 善い同胞, 善い方, 善い春どん, 善い時, 善い者, 善い貧棒, 善い鮭, 善かつ, 善さ, 器を, 声と, 夏或, 女で, 女子, 女性が, 女雍姫, 好いうち, 好いこと, 好いこの, 好いと, 好いわたくし, 好い一列, 好い人間, 好い佐, 好い兄妹, 好い八百吉, 好い友人, 好い同志遊び, 好い同胞達, 好い名門, 好い喜三郎, 好い女同士, 好い奴, 好い嫁姑ぢ, 好い家来, 好い小使, 好い岡田さん夫婦, 好い新婚夫婦, 好い昔, 好い春代, 好い時, 好い男, 好い社会学者達, 好い筈, 好い組合せ, 好い継子さん, 好い継母, 好い繼母, 好い花ちゃん, 好い藻, 好い辻, 好い間がら, 好い間柄, 好い隣, 好え圓次, 好くない, 如きもの, 姉お, 姉は, 娘十九の, 子, 宜いも, 家では, 屋敷, 市十郎だ, 幇間だ, 幇間で, 幼い者, 引渡しを, 弟子なり, 後兼美兼哲兼通兼雄を, 後裔だ, 徒を, 御合体, 御子息, 御嶽の, 悪いと, 悪いとかいふ, 悪いところ, 悪いの, 悪いはず, 悪いもの, 悪いものの, 悪いドノバン, 悪い万屋茂兵衛, 悪い下男, 悪い互, 悪い人, 悪い伊豆, 悪い伊那高遠, 悪い佐吉, 悪い俺, 悪い兄, 悪い勘次, 悪い友次郎, 悪い友達, 悪い同士, 悪い同志, 悪い夫婦, 悪い宮津方, 悪い従兄, 悪い悪い二人, 悪い支那兵, 悪い楼内, 悪い標本, 悪い甲, 悪い百姓, 悪い筈, 悪い紋作, 悪い絵師仲間, 悪い者, 悪い頃, 悪かつ, 悪くなる, 惡さには, 政子へ, 旧弟子, 柿の, 槍は, 槍先は, 様だ, 浪宅に, 渋川宿の, 濃やかな, 父を, 父親の, 狂いを, 玉枝と, 理想が, 男が, 男と, 男女が, 癇癪を, 直るの, 眼を, 睦じい私どもに, 睦じい話を, 睦まじい時, 睦まじさ, 知りあいな, 知公綽の, 私の, 称, 絶えたよう, 絶えた気, 總領吉之助を, 美しいの, 美しさ, 聲と, 肘を, 自分の, 臭いこと, 良い, 良いお前さん, 良いくせ, 良いこと, 良いわけ, 良い二人, 良い人間, 良い俺, 良い兄妹, 良い内儀さん, 良い友人, 良い夫婦, 良い女, 良い嫁, 良い小さい娘, 良い振り, 良い方, 良い方ぢ, 良い様, 良い母娘, 良い気持, 良い父子, 良い親, 良い親分子分, 良い風, 良え, 良かつ, 良くない, 芸者の, 親しさ, 言に, 言葉は, 評語あり, 話の, 遂げる様, 遣戸を, 銭形平次です, 錢形平次です, 頸を, 顏は, 顔は, 食客に, 驚いたこと

▼ 仲~ (713, 15.6%)

39 よかった 22 惡かつ 20 悪かった 16 良かつ 15 惡い 11 好かった, 悪いの 10 よくなる, 惡か, 惡く 9 いい, よくて, よくな 8 よさそう, 悪くて, 良かった 7 よくない, 悪いという 6 いいの, 好い, 悪いん, 悪かつ 5 よい, よいの, よくなかった, わるかった, わるくて, 悪いので 4 いいよう, よくなかつた, よくなった, よくなつ, 好いん, 好くない, 良いの 3 よすぎ, わるい, 好いやう, 好いよう, 好過ぎ, 悪い, 悪くなっ, 良いやう, 良いん, 良過ぎ

2 [45件] いいかい, いいって, いいと, いいもの, よいと, よくなっ, よくなり, よすぎた, よすぎる, よろしいそう, わるかつ, ガタピシと, 二度も, 兎角面白く, 口を, 善かった, 善くて, 善くなり, 好いと, 好いといふ, 好いの, 好いわけ, 好かつ, 好かつたの, 好くなかつた, 好くなっ, 好さそう, 好過ぎる, 悪いよう, 悪くって, 悪くな, 悪くなった, 悪くなり, 悪くなる, 悪くば, 悪くも, 惡いから, 惡いと, 直れば, 良いか, 良いさ, 良いといふ, 良いとて, 良いよう, 離屋へ

1 [282件] あのよう, あんまり悪かっ, あんまり睦まじい, あんまり陸じいの, いいか, いいたつ, いいだろう, いいね, いいので, いいもん, いいらしかった, いいらしく, いいん, いい筈, いい遊び友達, いくらか小僧, いって, いなかったと, いまさらの, うまくゆかず, うまく行かない, うまく行かなかつた, うまく行き, うまく行きません, えいかと, およろしかっ, おんむつまじく, お伴を, かなりに, ことばの, このやう, この心中騷ぎで一ぺん, しっくり行かない, しっくり行かなかった, そうし, そんな経緯, とかくに, どうこうという, どうしてこんな, どうだろう, どうなる, どうもうまく, どうも面白く, どれほどの, どれほど密, ねんごろ, ひどく悪くな, へんな, ほぐれて, まるつ, むつまじゅうなりましょう, もうどうしても離す, よいか, よいから, よいし, よいといふ, よいとは, よいので, よい動物, ようない, ようの, よくいろいろ, よくこの, よくって, よくってね, よくつて, よくても, よくないらしい, よくないらしかった, よくなく, よくなくなった, よくなったらしい, よくなりすぎ, よくねえ, よくまるきり, よく互いに, よく子供たち, よく月光, よく父, よく誰, よろしい, よろしいとな, よろしいの, よろしくない, よろしゅうござる, よろしゆお, わるいそう, わるいと, わるいの, わるいよう, わるくそうして, わるくなっ, わるくなった, わるくなり, わるくなる, わるく兄弟, わるければ, わるしさ, 一ぺんに, 一人で, 一生の, 上首尾らしく, 不和で, 世間で, 主人に, 今夜こそ, 他人より, 仲です, 仲とは, 何となく面白く, 來た, 僧形の, 公子糾の, 六つ季が, 其君の, 切れずには, 切腹し, 加は, 加わって, 合わず今, 善いと, 善いね, 善いも, 善かつ, 善くても, 善くない, 善く再々, 善し, 善過ぎた, 堰かれるよう, 変だ, 変に, 好いこと, 好いぞ, 好いだけに, 好いです, 好いとは, 好いなんて, 好いのに, 好いもの, 好いらしく, 好い緩, 好うてする, 好かつたこと, 好かつたら色女, 好かつたん, 好かつた譯, 好くって, 好くつて, 好くなりました, 好く僕, 好く幼いころ, 好く見えた, 好ければ, 好さ, 好すぎる, 好の, 好過ぎるとて人, 如何に, 妙に, 始めて, 完全に, 宜しゅう御座いました, 專横で, 小面倒, 心配し, 思いの, 思ひの, 思わしくないため, 怪しいという, 悪いから, 悪いくせ, 悪いこと, 悪いし, 悪いだが, 悪いな, 悪いなどという, 悪いなんて, 悪いに, 悪い上, 悪い仲, 悪い前者, 悪い画家, 悪うて, 悪うなる, 悪かったです, 悪かったらしい, 悪かったろう, 悪くては, 悪くとも, 悪くなかった, 悪くなつ, 悪くならなかった, 悪くなりました, 悪くなります, 悪くなりません, 悪くカフェ, 悪く一つ所, 悪く二人, 悪く互に, 悪く北野, 悪く周瑜, 悪く年中, 悪く彼等, 悪く昼, 悪く毎日毎日福岡市内, 悪く猿, 悪く蔵書一切, 悪そう, 惡いがお, 惡いし, 惡いだらう, 惡いとも, 惡いやうでした, 惡うございました, 惡う御座いました, 惡う御座います, 惡かつたらう, 惡さうだ, 惡さうに見せ, 惡つたさうだ, 惡る, 戦場で, 戻ると, 来た, 来たと, 桓公を, 死んでしまつたから, 気拙く, 江島屋養子安次郎の, 深かつ, 深まり遠慮, 清七, 炭坑中の, 無事であった, 疎うなる, 疎遠に, 直り過去, 睦じ, 睦まじくなりましょう, 睦まじさ, 知って, 知つてゐる, 知れて, 筏くむ, 絶えそう, 絶えた形, 良い, 良いあの, 良いくせ, 良いとかいう, 良いとは, 良いのう, 良いので, 良いも, 良いわけ, 良い方, 良うて, 良きゃ世間, 良くいつも, 良くって, 良くなかつた, 良くなつた, 良くなり, 良くなりました, 良くなる, 良くも, 良く下宿, 良く境, 良く行く, 良すぎる, 良過ぎる, 表面もとに, 親身の, 近頃どうな, 遠くな, 長続きは, 険悪に, 雇人達が, 非常に, 面白くなかった, 鬼丸小野川の

▼ 仲~ (342, 7.5%)

43 なって 23 立って 10 入って 8 なった 7 なったの 5 して, 立つて 4 なつた 3 なりました, なる, 對する, 生した子, 訊ねました, 這入って

2 [21件] ござります, しても, なったが, なったこと, なってしも, なり, なりましたので, なること, なると, 入つて, 同情し, 好意を, 子が, 生れたの, 立った人, 立った人間, 立った私, 立つた男, 立てないで, 落ちて, 見ら

1 [177件] あっても, ありながら, ありふれたそして, あるよう, おこった変化, おなり, お綱, この一夜, ござりまする, すぎないの, たって, たつ人々, できた子, なったって, なったまで, なったわけ, なったんだい, なった人, なった貴様, なっちまえば, なってから, なってて, なっても, なってるよ, なってるん, なつたらしく, なつちやつたんだ, ならうでは, ならうと, なりましたが, なりましたなれど, なりまして, なり十日あまり, なり子供, なり更に, なり末, なり株, なり結婚, なり行末, なり評判, なり金之助, なるちゅうことは, なるなんて, なるまでにゃ, なろうとは, はいった, はいったからには, はいりました, はいれば, はさまった身, はさまれ切ない, はさんで, ふたりの, まだ初孫, むかって, もうけられたお, もさういふこと, ゐる一緒, ヒビが, 七八百万の, 三人で, 介しての, 介するほど, 低能が, 住んで, 何も, 入ったおれ, 入ったくらい, 入ったため, 入ったにも, 入った国府弥八郎さん, 入った方, 入つた, 入つた國府, 入つて百五十円, 入つて百五十圓, 入て, 入られたお陰, 入りせっかく, 入りましたからには, 入り二人, 入り押問答, 入るもの, 入る人, 入る私, 入る者, 入れて, 六十両捲き上げられた, 出たもの, 出來, 出来た子, 出来た子供, 割つて, 加わったわけ, 助けられて, 妙な, 姉が, 嫉妬を, 子の, 子供が, 安重根, 對し, 居るの, 左様な, 巷の, 当然交つて行つて仕舞, 彼を, 思いがけない, 戻って, 打明けたそう, 挟んで, 挾まった川村書記さん, 挾んで, 改まること, 改めてなんて, 於いては, 春風が, 板挟みと, 極度の, 武藤と, 気が付いて, 気が付かないから, 気まずい争い, 水を, 潮が, 生したひとり子, 生した亀寿丸, 生した子ども, 生した当年九ツ, 生した格太郎, 生まれた, 生まれた黒い, 生れながらの, 疎まれ巣鴨, 直した, 相対した, 立った人達, 立った僕, 立った奥さん, 立った者, 立っては, 立ってるつもり, 立つた以上, 立つた程, 立つた者, 立つてる癖, 立つ人, 立つ才取り, 立つ旨, 立つ私ども, 立てて, 続いて, 至り元, 花咲かせ, 落ちたという, 落ちたといふ, 融けて, 見えるかも, 許されしか, 許ししかも, 許したもの, 許る, 贈つた詩, 追出されたり, 這入った人, 這入った甲斐, 這入っては, 這入つた, 這入らんければ, 逢ひ, 醜い角突き合い, 長庵, 阿部, 陷る, 雑病の, 飯炊きの, 養はれ

▼ 仲~ (237, 5.2%)

8 よくし 5 割かれて 4 裂こうと 3 よくする, 裂いて

2 [13件] して, とやかくと, よくした, 割いたの, 割かうと, 割かれた嫁, 好くし, 疑って, 百も, 知って, 裂かれて, 説明し, 驚かしたの

1 [188件] あまり喜ばない, いろいろに, うすうす覚った, うまくゆく, おとりもち, お気づきなさいました, お許しに, かぎつけた, かぎつけた時, かくして置く, かたく結び付けるよす, この際, こんなにした, さ, さかうとは, さかれて, さかれながら, さくべき関所, しきりに気, しょっちゅう嫉, じゃまする, たがえ取り返すべからざる, ちくり, ちやんと, ちよいと, つづけて, とって, とりもって, とりもつため, とりもつつもり, とりもつやう, どうかしろ, どうしても承知, ひとには, ひどく嫉んだ, へだてて, もどして, よくさせ, よくしてやりたい, よくします, よくせぬ, よく暮らす, よく知ってる, わざわざあばき立て, ノヅチと, 一味させたい, 世間に, 主も, 主人に, 今更ひき, 仕止めるという, 何んとか, 何時の間に冷たい, 何者か, 保つて, 傍で, 元々の, 切らせようと, 切ろうとして, 割いたも, 割かうとして, 割かれたか, 割かれた娘, 割かれ泣く, 割かれ泣く泣く, 割かれ病弱, 割くこと, 割くため, 割くよう, 割こうと, 割って, 割ろうと, 厳しく云っ, 友情から, 取って, 取りなし顔, 取りもどせ, 取り持って, 取り持つた指井, 取り持つはず, 取持ったの, 取持つと, 呼びましょうか, 呼びませうか, 呼出して, 和らげる方法, 嗅ぎ出されない為, 堰く慇懃, 夫人が, 好くしようで, 妙に, 妬んで, 嫉かんだ, 家に, 少しも, 庇って, 引きさくに, 引き分けて, 引き裂いて, 復讐と, 心中する, 怖れた, 思うにつけ, 悪くさせよう, 悪くする, 打明けて, 承認し, 折り曲げては, 押しへだてた, 支へ, 改めて取りなす, 斡旋し, 新助, 昧谷に, 林町に, 無事に, 無理に, 照らすの, 犠牲的な, 犧牲的な, 生木を, 疑ぐっていらっしゃるようだが, 疑ったお, 疑ったマン, 疑はれて, 疑りだした, 疑われた弁解, 皆に, 盜み入, 直さするよう, 直して, 眼下に, 知ってるわけ, 知らないの, 知らない者, 知らなかつたの, 結ぶの神, 絶とうとしては, 続けられれば, 美めて, 美め其弟子中顏淵に, 考えて, 聞きましたんでね, 自分の, 臭いと, 苦に, 薄々嗅ぎつけた, 薄々氣, 薄々知つて, 表面だけ, 裂いたの, 裂かれたとき, 裂かれた許婚同士, 裂かれると, 裂きまで, 裂き呉れんと, 裂くとか, 裂くなんて, 裂くの, 裂くもの, 裂くよう, 見せつけられて, 見せられても, 見て, 見とどけたよう, 見るにつけ, 訊いて, 許されて, 許して, 評して, 認めて, 距て, 辯護した, 近よせる, 違えたこと, 遮った, 邪魔し, 邪魔する, 重清, 鈴木某と, 長屋の, 隔て, 隔てるよう, 隠そうと, 顧みて, 顧みました, 養はむ, 養ふ

▼ 仲~ (231, 5.1%)

4 好かつたの 3 どうだ

2 [18件] あまりにも, お弓, よくない, フトそんな, 主人の, 二つの, 今夜の, 四十前後美し, 娘の, 少し息, 平次の, 必死の, 泣き入るお, 涙の, 見る影, 誰も, 近道を, 雨戸と

1 [188件] あっさりできぬ, あの月見寺, あまりよく, あまり良く, あらゆる船員, ありゃおのし, あるまい, あわてて, いっそう親密, いつとは, いつもと, いづれは, お元, きのうきょうの, きょうまで, この事件, この五丁町誰, さはど, すぐ細君, すでに町内, すると, そそんな, そつぽ, その生徒, その頃, それは, それほどまでに, それより, それを, そんな仲, そんな約束, ぞっとし, たいへんいい, たやすく美酒, だんだん離れ, とても濃, どうしても八月かぎり, どうする, どうぞ, どうだったろう, どうもしっくり, どうも昨日, どんなで, どんな工合, どんな風, なるたけ裂く, なんの, まことにお, まざまざと, また元, まだ十八九, まるで若, もう立ち上, もう立ち上がっ, ややこしいと, ややこしい仲, よかった, よく, よくなかった, ツンと, ドゲナ模様か, 一そう悪く, 一そう親し, 一そう親密に, 一向よくならない, 一文字に, 三十前後の, 三右衛門矩之季は, 三帰台という, 三月も, 世間普通の, 中一年, 二人を, 云うまでも, 互に愛し合った, 交際の, 亭主と, 人と, 人物が, 仁者とは, 今も, 今日限りに, 他へは, 他人じゃあねえ, 他人の, 位を, 何でも, 何を, 信長に, 全くままごと, 公然と, 公認せられ, 冷いようでした, 冷えきって, 切つても, 初めから, 別である, 前から, 即座に, 古川柳, 同僚の, 周囲に, 和らげられずとも, 塚本も, 大変です, 大變, 好いし, 好いの, 好くない, 如何あるべき, 婚礼の, 宜しい方, 少ない母, 山崎も, 平次も, 引続き非常, 彼女の, 後ろの, 御新造に, 必死と, 急に, 急速に, 恋愛と, 恐らくその, 惡く, 想像どおりな, 打ち明けられずに, 持前の, 敢然として, 敵と, 斉の, 斯う, 於沢の, 暫らく經つて會心の, 案じたほど, 案外うまく, 案外すすん, 楠平も, 極めて円満, 次第に殺伐, 次第に面白く, 武の, 死ぬの, 母親も, 決して悪い, 決して良かっ, 泣きそう, 漆の, 濃い酒, 無邪気な, 狩谷三平懐之, 玄俊である, 生き永らえて, 生命を, 町内の, 目立って, 直りますが, 県下の, 知人間に, 礼を, 秀吉が, 秘密に, 罪を, 肉体が, 腕の, 自分の, 至って, 至ってよく, 至って円満, 良かった, 芽出度取結ばれました, 蜜柑の, 血潮に, 親密に, 許して, 誰知らぬ, 諸侯でも, 陶酔にも, 陶醉にも, 随分名誉, 雇いの, 霊蘭の, 静かに, 靜かに, 顏を, 飯田の, 馬上から, 鼎季は

▼ 仲~ (154, 3.4%)

43 の言, はその 2 が西涼, の, の唇, の意見, の計, の首, はうしろ, はなお, はまだ, はもっぱら

1 [124件] から特に, かれも, が, がくれぐれも, がこの, がなお, がはや, がふたたび, がわざと, が口々, が嶄然, が申しつけた, が知ったら, が蜀軍退却, が見物, が逃げ, が遂に, が駒, その首, だった, であった, であるか, ではない, というもの, という稀代, といずれ, にその, にまさる, にもなお, にも不敗, に会見, に恃, に我, に渡し, のなす, のはからい, のほう, の中軍五千騎, の主力以下, の六感, の大軍, の姿, の急ぎ, の態度, の憂, の旨, の機智, の灰, の申された, の皮肉, の目標, の眉, の考え, の胸, の舌, の西涼赴任, の観る, の言葉, の雄弁, の非凡, はあたかも, はある, はいかなる, はいちいち, はおっとり, はからかい気味, はこれ, はそう, はなぐさめ, は一日, は一礼, は中軍, は乗れる, は仰天, は何, は信じなかった, は初めて, は味方, は呵々, は営所, は大, は天下, は孔明, は度, は彼, は徐晃, は怒った, は急, は愕然, は慙愧, は機, は歎, は歿, は気乗り薄, は珍しく, は甚だ, は直ちに, は眸, は眼, は祐筆, は節, は絶叫, は要心深く, は読みかけ, は諸, は郭淮, は重大視, は非常, は馬, は驚倒, へすすめた, への非難, もまさに, ももとより, も断りあぐねた, をおとし入れた, をし, を奔ら, を控えさせ, を走らす, を走らすごとし, を追, 見たか, 計らる

▼ 仲~ (105, 2.3%)

2 の話, の邸, も時益

1 [99件] からさい, がおります, がここ, がこれ, がさ, がつぶやいた, がひとり自責, が会う, が小松谷, が彼, が恃, が絶望, が草心尼母子, が馬上, だが, だった, である, とおなじ, と会う, と共に南, と北条時益, と同様, と左将監時益, どのの, にさえ今, にすがっ, には一時務, には今, によってわざわざ, に代っ, のあと, のす, のやしき, の不覚, の使い, の側役, の塚, の声, の惑い, の手, の指揮, の方, の耳, の重責, はあえて, はいつか木蔭, はいや, はかろく否定, はさき, はじ, はすぐ, はそこ, はつい, はつつしんで, はなだめた, ははじめて多少, はひそか, はまだ, はもう, は今日, は低く, は公卿一同, は力, は勅, は大事, は天来, は庁, は床几, は彼, は忙しい, は思う, は愍笑, は振, は探題, は正直, は獄中, は真に, は細心, は親身, へもまあ, へ諮っ, また時益, も, もいくらか, もそれ, もほとほと, も当惑顔, も意, も若年, も見た, や時益, よな, をとりかこみ, をよん, を烈しく, を知っ, 両探題, 参れと, 召さると

▼ 仲~ (93, 2.0%)

6 ござります 5 あつた 2 せう, その内, でも

1 [76件] あつたの, あつて, あられたの, いきなり刀, いらっしゃいましたから, おそらくはいちばん, おり世間, お互いよく, お品, お竜, お負け, ことに一昨日, ことに私, この秋, これくらいの, ござりまし, ござりました, すらない, そうこだわる, その場, その為, その関係, それに, それ以来急速に, そんな思い, そんな水くせ, たしかめ合うこと, ちいさな夫婦, つい口, ね何, はござりますなれど, はなしたいこと, はらはらし, やりませう是非貰, われ彼を, サト子に, メスメリズムを, 一人は, 一番すらり, 主人とは, 争うこと, 二人で, 他所眼には, 仲善く, 何かの, 何でも, 何も, 勤めの, 十分し, 嘗ては, 子供を, 居ませうよ, 恩に, 愚痴は, 慶応義塾出の, 戈を, 挨拶を, 旧い家, 本人同士は, 死ぬの, 殺意を, 水臭かろう, 淡い憎しみ, 無くても, 無理を, 照代が, 父親は, 猫又法印佐多田無道軒, 現に二, 生れて, 藝者を, 評判の, 負けず劣らず美しい, 起こった事件, 途上で, 隨分よく

▼ 仲~ (89, 2.0%)

4 から外 3 つたといふ, ということ 2 がそれ, といふ, ものせめて

1 [73件] から, からこう, からこの, からそれ, からそれでも, からついに, からどっち, からな, からね, からの, からはじめ, からネ, から伊之助, から先ず, から別, から口, から悪く, から決して, から男, がうま, がそして一方, がついぞ, がなん, が一寸, が至つて, けれどもいづみ子, しその, しむしろ, し利息, し弁政, し耳, そうで, そうでござる, それが, ちといふ, ちとなる, つたでねえ, つたと, つたな, つたに, つたのです, つてえ, つてことだらう, という, といふ噂, とか許婚, とね, とは云え, とやらその, と云っ, と判る, と思っ, と思った, と思われない, と思われる, と聞いた, と言, と言ふん, と言われ, と辛うじて, なあ, ね, のにあんまり, のにそう, のに書付, もの, ものあたいが, ものです, よ, よなんてのんき, 悪いこと, 相で, 私にも

▼ 仲好く~ (88, 1.9%)

24 して 3 なって 2 しようじゃ, しようや, 暮して, 話して

1 [53件] あさ, うようよしてる, おつきあい, お取, したいもの, しねえじゃあ, すっこと, するし, すると, そんなこと, ないやう, なった, なったん, なった私, なつて, ならんで, なりました, なり過ぎて, なるの, なれそう, ふざけて, やって, やりましょうぜ, 一しょに, 三ど, 交って, 其の年, 出来ないと, 出来ないの, 分け合, 分け合うの, 利家は, 寄り添うて, 暮し互に, 暮らして, 楽しんで, 歩いて, 歩くなんて, 海底見物を, 真実に, 肩を, 行けば, 行つてらつ, 話しこんだ, 話し合いましょうや, 話そうじゃあねえか, 足を, 遊びつづけ, 遊んだ, 遊んで, 附き合って, 附合は, 頼まれもし

▼ 仲~ (78, 1.7%)

2 よかった, よくない, よく私, 頑としてそれ

1 [70件] うまく行くだろう, おのずと水, おむつま, お互いに, お千勢, これだけの, これと, しきりと, たいへんに, ついに論争, なにぶん丸く, まず円満, またそれ, まだその, むつまじくなん, むつまじく生活, むつまじく男の子ふたり, むつまじく見えた, よう御座いました, よくいつも, よく知っ, よし能文, 不仲と, 丸く美敷, 今や両者, 俗世間の, 内儀も, 円満に, 初めの, 割きたいしさ, 墨, 大そう, 大夫の, 大層よかっ, 女犯の, 好いから, 好いと, 好かった, 好く他目, 好く常に, 妙に, 宜し結構, 強くまた, 必ず好く, 志丈も, 思ひやられます, 悪かった, 悪くない, 惡かつ, 折り合, 折り合うまい, 抜きさ, 暇を, 末始終そい遂げられる, 極めてよろしくそうして, 次第に円満, 睦じ, 睦まじかった, 睦まじく姑, 睦まじく所帯持, 続けて, 羨ましいほどに, 肚の, 至極ご, 至極むつまじい, 至極むつまじかっ, 良くない, 解けて, 離屋の, 難なく御

▼ 仲~ (70, 1.5%)

7 なって 4 なった, なったの 2 なつた, 云ふも, 飯炊きの

1 [49件] あって, いう, いおうか, いっても, いふので, お榮, ことに惣七, これまで, なったそう, なった麗人理学士志水サチ子, なってから, なつて, なりそれ, なりに, なりましたので, なり久松留守, なり今日, なり破戒, なり金子男, なる, みえて, みえまま, みえる, みえる忠顕, みゆるが, 三郎兵衞と, 云う医師, 云ったからとも, 云つて此年に, 仲人の, 夷逸については, 寂しい愛, 思ったその, 思つたのだ, 思われたもの, 承る, 承るが, 書いて, 林蔵の, 無れり去れ, 申す者, 知ったらあんなに, 知っても, 見え閾ぎわ, 言つても, 賞嘆したで, 違うし, 鮑叔との, 鮑叔の

▼ 仲~ (66, 1.4%)

7 おりを 6 のだ, んです 5 おりの, んだ 4 おりが, のである 3 のです 2 のでその, のにまだ

1 [22件] ことで, の, のかい, ので, のであります, のでお, のでおりおり, ので堪へ, ので天然自然, ので早速, のにいざ, のにとその, のに今日, のよ, ほりが, ほりし, ほりしたら, ほりを, んぢや, んつうもんは, んで, 日本人などは

▼ 仲~ (49, 1.1%)

11 入って 6 這入って 5 はいって 2 はいった, 立って

1 [23件] たって, だてけり, はいっての, 人が, 入ったので, 入った人々, 入った女, 入つて, 入つて口, 入りました, 入れて, 入ろうと, 割りこませた, 日頃から, 立ち交じった, 立った私, 立つて, 行けツ, 這入ったの, 這入った処, 這入らないで, 這入りました訳柄, 這入るなら僕ら

▼ 仲では~ (46, 1.0%)

7 なかった 5 ない 4 ないか 3 あったが 2 ありませんか, あるが, ないから

1 [21件] ありませぬか, ありませんでした, あるよ, いられない, かたく信じ合え, ございますが, ござらん, ござんせん, ないかという, ないこと, ないと, ない筈, なかつた, なくて, なく夫人, 一切しませんでした, 御座いませんが, 日本の, 済まされなくならあ, 無いらしく, 無かった

▼ 仲~ (38, 0.8%)

13 ひを 7 ひの 5 ひして 2 ひは

1 [11件] して, だ, になる, ひ, ひしたの, ひしたる時, ひした事, ひたり, ひに, をし, をしたく

▼ 仲でも~ (37, 0.8%)

3 なかった 2 ない

1 [32件] あったが, あったの, ありかつ, あり同じ, あるかな, あるの, あるまい, いざと, いざという, かねて, これだけは, しょっちゅう逢っ, そのふたり以外, ないから, ないが, ないし, ないと, ないのに, なかつたが, なし何, ねえの, 二人は, 僅か二年, 元々ない, 共に籠城, 兼輔の, 常に幾多, 惡い, 極限に, 無し縁, 親を, 讐うちの

▼ 仲~ (37, 0.8%)

3 は佛教 2 の, の傳, の親

1 [28件] が出, が町人, が黄檗山, であると, といふ人, と兄毅齋, と葛城慈雲, に, によつて創め, に關, のお祭, のこと, のどう, のみでなく, の亡くな, の佛學, の佛學といつて, の傳記, の兄毅齋, の如き, の學問, の弟荒木蘭皐, の生み, は, は先づ, は大阪, は通稱, 程に卓見

▼ 仲麿~ (35, 0.8%)

2 の作, の歌, もみじめ, を見る

1 [27件] がこの, が最も, が玄宗, が聡明英雋, が隣り, だつたが, と同道, と背中合せ, などは大, などは支那詩文, に見出した, の作った, の全て, の出生地, の奏上, の専横, の搭乘, の蜘蛛, はもう, は作歌, は即ち, は実業家, は自身, は誰, も之, を登用, を買取る

▼ 仲~ (33, 0.7%)

2 には人君

1 [31件] がいった, がたずねた, がまた, が仁, が仁者, が先師, が魯, とを結びつけ, などとならび称せられ, などを尊ぶ, にいくら, にけち, に対してそういった, に対する蔭口, のこと, の二人, の問題, の四人, の言, の身分, はこのごろ, はそれ, はもの, は一寸あて, は孔子, は寛仁大度, もこのごろ, もなかなか, を特に, を謂う, を讃め

▼ 仲~ (32, 0.7%)

2 が印, が奧さん, のお, の老婆

1 [24件] お三, が二十六, が來, が出, が叔父様, が奥, が此處, が立ち, が表, だか, と両, に御飯, に貸し, のお宮, の口, の命ぜし, は, はお, はそれ, は見ぬ, もいっしょ, らしい女, を置い, を連れ

▼ 仲さん~ (30, 0.7%)

1 [30件] か, が, がここ, がほめてた, が吃驚, が遊女, じゃったか, というおとなしい, というの, とふざけ, と二人両方, には然, にまかし, に教, に早く, に至っ, ね, の筏, の袖, の話, の酌ん, はどう, はどうしても, はまた, はやっぱり, は二階, ばあたし, もっと, よ若か, をお

▼ 仲には~ (30, 0.7%)

11 いって

1 [19件] あるもの, ある高尚, いつた鷺宮, いると, この時, さう, どんな恋, まだ子供, もう分裂, もう少しの, 一と, 一人の, 何事も, 品行の, 威令や, 子が, 子さえ, 歯が, 違ひない

▼ 仲善く~ (30, 0.7%)

4 して 2 こんなに冷たい

1 [24件] いたしとう存じます, いたしましたので, しましたので, そして静か, て返, はならない, やつて, カロルを, 一処に, 一緒に, 出来るもの, 助け合つて参ります, 半分頒合つて食べる, 喋舌り合っ, 拾つて喰べ, 日當で, 暮して, 暮す事, 暮せる, 歩いて, 王宮に, 肩を, 育て上げよう育て上げようと, 遊ぶこと

▼ 仲だった~ (29, 0.6%)

6 のです 2 のである

1 [21件] からって大きな, が四十, が生れ, ことが, しこんど, という, ということ, とみえまする, と云った, な, なんて事, には間違い, のかしら, のだ, ので客, ので日, ので格別, のに, のは, んだ, 山屋敷の

▼ 仲麻呂~ (28, 0.6%)

5 である, の威勢, は今年

1 [13件] がここ, が死ん, という名高い, と同心, のぬ, のよう, の代, の子孫, の方, の眉, の話, の顔, を中心

▼ 仲じゃ~ (22, 0.5%)

5 ないか 3 あるめ 2 ねえか

1 [12件] ありませんか, あるまいての, ございません, ござんせんか, ないかい, ないかいな, ないぞ, なし, ねえん, アありません, アない, 無理は

▼ 仲善し~ (21, 0.5%)

2 になっ, になった, になつ

1 [15件] だ, だったと, だつていう, であって, でいつも, で一緒, で小学校, といふやう, の, の友達, の朋輩, の武夫, の衛生課長, の飼猫, は年

▼ 仲~ (21, 0.5%)

2 さそうに

1 [19件] だから, でございますから, でした, で学校, なの, なん, になっ, になつて, になり, になりました, に成っ, に成り, の友達, の呪, の朝子, ク颯チャント話シ出シタンデ, 三人, 三人で, 朋友であった

▼ 仲であった~ (20, 0.4%)

2 がお

1 [18件] からその, が十日, が又, が孔明, が彼女自身, が成, が筒井どの, し問題, というの, ところその, としてもし, とみえる, にしろ, のかも, のが, のでございます, のです, ものを

▼ 仲です~ (19, 0.4%)

3

1 [16件] か, から, からいろいろ, からねあの, からへエ, からツァ・ルンバ, が, がお, がね, が小, が御, が生死, が生死境, が精力的, のにそれ, もの

▼ 仲よう~ (19, 0.4%)

2 して

1 [17件] くらしたいと, したいと, してても, しとると, しとるの, しとるやっぱり, しとるよう, しや, しようとは, するの, する人, なっとるとか, なつて, 歩いて, 添い遂げたい, 稼ぎなさる暗い, 行って

▼ 仲左衞門~ (18, 0.4%)

2 でした, は少し

1 [14件] から平次, が相手, です, と主人五郎次郎, に別れる, に訊ねました, のしつ, の惡賢, の齒, は土壇場, を援, を追, を顧みました, 代つて平次

▼ 仲通り~ (18, 0.4%)

2 の絵草紙屋, を歩い

1 [14件] にある, に開業, の事務所, の前後, の呉服屋増田屋, の牛肉屋, の街角, の銭湯, の靜, へ來, へ入っ, をしかも, を大股, を徘徊

▼ 仲好う~ (17, 0.4%)

3 して

1 [14件] さすこと, してたかて, してるぐらいで, してるだけ, してんねんわ, しましょ, しょうなあ, せん方が, なったこと, なって, なりたいいうの, 大阪い通てた, 脇仏の, 遊びに

▼ 仲という~ (15, 0.3%)

3 ものは 2 女中が, 女中は 1 ことも, ので, ものさね, 二人の, 女中の, 字が, 悪人の, 若い地弾きが歌女代

▼ 仲~ (15, 0.3%)

1 [15件] が放し, が長嘆, であった, という者, のこと, の親友, はつい, はほほ笑み, は今, は王朗, は甘んじ, は言下, もその, をさがしだし, を用い

▼ 仲である~ (14, 0.3%)

2 ような

1 [12件] から, からお, からまず, が彼, くせに, こと, ことが, しここ, といった, とのこと, ので千生, のみならず

▼ 仲~ (14, 0.3%)

2 の母

1 [12件] が正面, であったと, との早替り, と仲光, と母, の脚本, の身がわり, は世に最も, は活歴熱, を向う, を謡っ, 半助

▼ 仲~ (14, 0.3%)

1 [14件] が優れ, が大急ぎ, と申す, の云う, は, はその, はむろん, は平家, は御馬, は此, は返事, も思わず, を御, 近う参れ

▼ 仲でした~ (12, 0.3%)

41 からあなた, がこれ, が利助, が腹, が若旦那, が近頃, ね, 目

▼ 仲にな~ (12, 0.3%)

5 つてゐた 2 つたのを, つてし 1 つてしまつ, つてと, つて居た

▼ 仲にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] あの年頃, かかわらず燭, そぐわない所, なったの, なつた, なるであろうと, 別居という, 困ったもん, 戀さへ, 温かい春, 特に用心, 礼儀あり

▼ 仲~ (12, 0.3%)

1 [12件] が君公, が呼ばれる, が来た, だけが父, に使, の二人, の許, はそこ, はひそか, は昭公, を呼ぼう, を後嗣

▼ 仲~ (12, 0.3%)

1 [12件] とは子, の事, の増す, の後, の徒桓文, の智, の門五尺, は誰, より賢, をそしった, 之徒, 之門人

▼ 仲のよ~ (11, 0.2%)

10 かつた 1 いおぬしにも

▼ 仲~ (11, 0.2%)

6 さそうに 1 さそうだ, さそうです, さの, そんなこつ, グ飮むアネ

▼ 仲~ (11, 0.2%)

1 [11件] かった, きを, くおくらし, くさせたの, くした, くしたい, くするよう, くなる, く暮らして, く致したいので, さそうに

▼ 仲とは~ (10, 0.2%)

1 いいながら, いえ, いえ女性, いえ蚊帳, だいぶわけ, どういふ, また違った, まるで遠い, 思えん, 思はれないよ

▼ 仲どん~ (10, 0.2%)

2 もお 1 が催促がま, が次の間, が置い, が耳門, が衣裳, になりすまし, は止めち, 内しょ

▼ 仲毅生~ (10, 0.2%)

2 のこと 1 が耳, だと, であること, といえ, の名前, は嘗て, へは特殊, を襲撃

▼ 仲がよ~ (9, 0.2%)

8 かつた 1 かつたん

▼ 仲~ (9, 0.2%)

1 かり, ではない, で死後, で通した, なった思いなさったらなおのこと未練, の婆, の譬, るく兄夫婦, クアリマセン

▼ 仲~ (9, 0.2%)

2 にある 1 で大した, で小料理屋, で拵えさせた, で鳴らした, には某楼, の富田屋, の通り

▼ 仲だって~ (8, 0.2%)

2 事を 1 いいじゃ, こともよ, まさあ, 僕は, 始終愛情, 貸しなど

▼ 仲~ (8, 0.2%)

4 の古道具屋 2 の近所 1 の北田屋, は下町

▼ 仲~ (8, 0.2%)

2 と冉求 1 という者, と申す, の二人, は政, は政治, を季氏

▼ 仲~ (8, 0.2%)

5 じく 1 しいといふ, しくどちら, じそうに

▼ 仲睦まじく~ (8, 0.2%)

1 おすごし下さいまし, して, そんなこと, 手を, 肩を, 諸国を, 遊んで, 飲んで

▼ 仲~ (8, 0.2%)

1 が自身, が駒, と平, におくれじ, の子, は父, へ室外, や兼綱

▼ 仲~ (8, 0.2%)

1 がある, が漢代, それから今, などはこの, の如き, ほどの学, を学ん, を相手

▼ 仲~ (8, 0.2%)

1 といった三十前後, と二人, にきい, のところ, の言った, の話, は, は持っ

▼ 仲~ (7, 0.2%)

3 やありません 1 やあるまい, やない, やね, や無い

▼ 仲よい~ (7, 0.2%)

1 とか睦じい, 兄弟たちである, 同胞に, 夫婦で, 夫婦の, 姉弟の, 父娘の

▼ 仲~ (7, 0.2%)

2 の友 1 かりし某, でしたが, と見え, になつて, の津田

▼ 仲買い~ (7, 0.2%)

1 といったよう, の四十男, の様, の男, をし, をする, を商売

▼ 仲であり~ (6, 0.1%)

1 ながら文壇, 乍ら何の, 叔母が, 嫌ひでなかつたら, 尊攘派の, 明治八年

▼ 仲なおり~ (6, 0.1%)

1 というよう, に, に一杯, に来た, はできぬ, ネ

▼ 仲なか~ (6, 0.1%)

1 どうして世話, どうして地球的, 得難い穏厚実直, 負けて, 速いこと, 面白い

▼ 仲なれ~ (6, 0.1%)

1 ど軍夫, ばお, ばこそずいぶん, ばそれ, ばだ, ば梅

▼ 仲むつまじく~ (6, 0.1%)

1 いらっしゃる事, 一つ鍋を, 暮らして, 盃の, 眠って, 連れそって

▼ 仲らい~ (6, 0.1%)

1 という, に限られた, を叙べた, を叙べたもの, を和らげる, を喜ん

▼ 仲~ (6, 0.1%)

1 が五六人, と運転手, の女, はすこし, らしい老, をし

▼ 仲継ぎ~ (6, 0.1%)

1 して, するより, にし, の人足, の史料, をし

▼ 仲~ (6, 0.1%)

5 の逃亡 1 だけの名

▼ 仲~ (5, 0.1%)

2 がえ, がひ 1 がひし

▼ 仲であっ~ (5, 0.1%)

1 てそれで, てみれ, ても公共, ても経済的, て見れ

▼ 仲といふ~ (5, 0.1%)

2 人が 1 ものの, 方が, 浪人者は

▼ 仲とて~ (5, 0.1%)

1 入りまじつて, 同じよう, 無理も, 言葉に, 遠慮せず

▼ 仲まで~ (5, 0.1%)

1 お安く, 割いて, 割かれた文次郎, 大目に, 戰つてしまつたのであります

▼ 仲~ (5, 0.1%)

1 が之, と云, に對, は其妻, より遙

▼ 仲和尚~ (5, 0.1%)

1 が黙, の報告どおり, の身辺, はなんと, は早く

▼ 仲~ (5, 0.1%)

21 が書し, の贈る, は自己

▼ 仲だち~ (4, 0.1%)

1 がある, にてあらせ給え, をつとめ, をなされました

▼ 仲だつた~ (4, 0.1%)

1 がいつ, が兎, ので千枝子, んだ

▼ 仲つぎ~ (4, 0.1%)

1 して, なんか止せ, にし, の任務

▼ 仲でない~ (4, 0.1%)

1 ぐらいは昨晩, とする, までも犬, 限りは

▼ 仲らしく~ (4, 0.1%)

2 口小言などを, 私も

▼ 仲入り~ (4, 0.1%)

1 ということ, とする, に廊下, の前

▼ 仲密夫人~ (4, 0.1%)

1 に勧告, は出, は要らない, は鴨

▼ 仲尼先生~ (4, 0.1%)

1 といえ, は傷つけよう, は日月, をそしっ

▼ 仲数枝~ (4, 0.1%)

1 がフラリ, が久美子, という女, の最後

▼ 仲時以下~ (4, 0.1%)

1 の四百何十人, の死者四百三十二人, の者, を寒

▼ 仲楽毅~ (4, 0.1%)

1 に劣らず, に擬し, に比し, に比せ

▼ 仲から~ (3, 0.1%)

1 またいい, 今の, 異様に

▼ 仲それ~ (3, 0.1%)

2 に娘 1 を丸屋

▼ 仲だけに~ (3, 0.1%)

2 利助も 1 通じるよう

▼ 仲であろう~ (3, 0.1%)

1 がよく, と友, と若殿

▼ 仲でございます~ (3, 0.1%)

1 からお, ゆえ竹之助様と, 事が

▼ 仲なおりし~ (3, 0.1%)

1 ちゃいけない, てくれる, てジョウ

▼ 仲なら~ (3, 0.1%)

1 ば, 先生の, 間接にも

▼ 仲よき~ (3, 0.1%)

1 チンドン, 友達とて, 御夫婦

▼ 仲ヶ間六部~ (3, 0.1%)

1 といふもの, と同じく, の方

▼ 仲右衛門~ (3, 0.1%)

1 がまいっ, でございます, 寄れ

▼ 仲密君~ (3, 0.1%)

1 が蓮, の屋敷, の屋敷内

▼ 仲~ (3, 0.1%)

1 の事, は越後国茨曾根, 遠恥

▼ 仲悪しく~ (3, 0.1%)

1 なり嫁, なること, 候まま定めし

▼ 仲~ (3, 0.1%)

1 というもの, の乱, の妹

▼ 仲晏子~ (3, 0.1%)

1 のみを天下, を知る, 之功

▼ 仲~ (3, 0.1%)

1 に至つて備, の一書, を祖

▼ 仲樂毅~ (3, 0.1%)

1 たそ, などの人々, の下

▼ 仲橋広小路~ (3, 0.1%)

3 の市

▼ 仲猿楽町~ (3, 0.1%)

1 に新居, の中央工科学校, の僕

▼ 仲皇子~ (3, 0.1%)

1 が反逆, の近習, を刺し殺す

▼ 仲~ (3, 0.1%)

1 から聞いただろう, という人, の言

▼ 仲違ひな~ (3, 0.1%)

2 すつて 1 すつた

▼ 仲門前~ (3, 0.1%)

1 に住ん, の長安寺, を私

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 せい様を, 徒町の

▼ 仲お前~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 へよけれ, 殺すわけ

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 ゃんかあ, ゃんなんの声じゃろ

▼ 仲しゃ~ (2, 0.0%)

1 んありゃ, んよう

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 ゃったちゅうけ今に, やない

▼ 仲っていう~ (2, 0.0%)

1 んだ, 人が

▼ 仲でしょう~ (2, 0.0%)

1 そんなに素気, 人一倍あの

▼ 仲でなく~ (2, 0.0%)

1 てもずいぶん, て他人

▼ 仲との~ (2, 0.0%)

1 中に, 二人ぎりで寂しい

▼ 仲とも~ (2, 0.0%)

1 見えたでしょう, 見えまた

▼ 仲なおりした~ (2, 0.0%)

1 ところであった, 逸話が

▼ 仲など~ (2, 0.0%)

1 いう子, 氣に

▼ 仲ほどの~ (2, 0.0%)

1 人が, 仁者は

▼ 仲みせ~ (2, 0.0%)

1 を奥, 通りの

▼ 仲仙道線~ (2, 0.0%)

2 で故郷

▼ 仲保者~ (2, 0.0%)

1 を認め得よう, 又救出者

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 が言った, の家

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 益が, 益拝

▼ 仲六番町~ (2, 0.0%)

1 の島田, の私宅

▼ 仲兼さま~ (2, 0.0%)

1 に仰せつけ, はその

▼ 仲叔圉~ (2, 0.0%)

1 が外交, の外交

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 の悪口, の舌

▼ 仲好い~ (2, 0.0%)

1 兄妹は, 風を

▼ 仲姉さん~ (2, 0.0%)

1 が意地わる, とも誰

▼ 仲宜し~ (2, 0.0%)

1 であった, よ

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 でございます, は十年

▼ 仲弓自身~ (2, 0.0%)

1 にし, にとってはどう

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 の女, 猶右衛門

▼ 仲徒士町~ (2, 0.0%)

1 とだけ言っ, に住

▼ 仲悪い~ (2, 0.0%)

2 叔母も

▼ 仲悪き~ (2, 0.0%)

1 は天下, 訳を

▼ 仲悪く~ (2, 0.0%)

1 して, なる事

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 の死女, 在都中十八歳

▼ 仲時どの~ (2, 0.0%)

1 が庁, へはよしなに

▼ 仲時ら~ (2, 0.0%)

1 がことごとく, の四百余人

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 が見染め, の子

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 で狼藉者, へ持ち帰り候

▼ 仲父親~ (2, 0.0%)

1 は店, は義理

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 は長禎, 名祥

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 を呼び, 苦しう

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 が殿, を率い

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 と云, を憑

▼ 仲継者~ (2, 0.0%)

1 としてう, の潤飾

▼ 仲綱殿~ (2, 0.0%)

1 がお, にお目にかかりたい

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 といふ名, の朝臣

▼ 仲至極め~ (2, 0.0%)

2 でたかりし

▼ 仲良く~ (2, 0.0%)

1 して, なりつこ

▼ 仲~ (2, 0.0%)

1 が前後一致, に關

▼ 仲贔屓~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 仲麿めいい加減~ (2, 0.0%)

2 な茶羅

▼1* [308件]

町内へ, 仲水さそいう, 仲いいところを, 仲うどの, 仲うど口をきく, 仲ええようや, 仲とにかく出, 仲かと思えば, 仲かということを, 仲かもしれない, 仲がまづくな, 仲がよかつた相で, 仲こんな苦勞した, 仲さんあんたホントに博多帯, 仲さんみたいなこと, 仲しゃんなまだ, 仲じゃあないか, 仲じゃあねえそうとも, 仲じゃつつまず言え, 仲じゃに身なりが, 仲じゃもの所詮添われぬ, 仲すぐ義貞へ, 仲え宜, 仲そこまで申される, 仲そこで近江屋から, 仲それなのになぜまた立ち入った, 仲たげえも, 仲たとえ実家へ, 仲たとえいまだお目見え, 仲たり楽毅たらん, 仲たれよりもゆるし, 仲だけと判りました, 仲だけのこんで, 仲だけは話さなかった, 仲ださうだが近頃, 仲だしくじらせる事も, 仲だったではありません, 仲だったらしいので, 仲だの何だ, 仲ゅうことじゃがほんとな, 仲ってこと, 仲であったら私は, 仲であればその, 仲でこそと見えた, 仲でござんすから傍, 仲でござんしてなところ, 仲でござんしたかい, 仲でしかしないもの, 仲でなかったのう, 仲でなかつたのが, 仲でなければああ, 仲というもおろか刎頸の, 仲といふだけに面白い對照, 仲とうとう証拠を, 仲とかいうことでございました, 仲とでも見えそう, 仲とともに朝夕の, 仲とを理想として, 仲と共に朝夕の, 仲どっちの親, 仲なおりさせていっしょ, 仲なおりさせる必要を, 仲なおりしたらどうだ, 仲なおりするまで帰らない, 仲なおりなさいあたしも, 仲なか叮嚀親切な応揚, 仲なか巧いこと, 仲なか絵画的な描写, 仲なか耳が早い, 仲なか至難な許, 仲なか顔の売れ, 仲などの同じく, 仲ならず子まで, 仲なら嘗めもしよう, 仲なら添わせてやらない, 仲なるがいづれ, 仲なんていい加減な, 仲にこそ創りあげようと, 仲にでもなって, 仲にまでまとめあげた, 仲はよかつた, 仲たらきの, 仲ばかり良くなる, 仲ばかりに居誰一人, 仲ふだんからその, 仲まことに心得た, 仲また人道愛の, 仲みたいな轟又八, 仲むつましさで, 仲むつまじゅう語り暮らすが, 仲その他の, 仲よう生涯を送る, 仲よさうに洞熊先生, 仲よそうにし, 仲よりも急に, 仲よろしからぬを, 仲ひを, 仲わるく各々派を, 仲をさえ裂こうと, 仲をも割いて, 仲アカア良オ, 仲悪クナッタ, 仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 仲ダツタラシクテワタシタチノ忠告ナド耳ニモ入レヨウトシマセンデシタ, 仲デアルガ身ハ不肖ニシテ時マタ利アラズイタズラニ君ノ義胆, 仲一日を置い, 仲三郎氏講演から得た, 仲が篆刻家, 仲二十五六のこいつ, 仲ふ此, 仲仕切の暖簾, 仲仙道上田にござる, 仲掘れるもん, 仲伯先生も云う, 仲何ともしようが, 仲働お玉と云う, 仲働小間使私の乳母, 仲働抱え車夫はいう, 仲儀今暁錦地へ罷, 仲光内膳と数馬, 仲光屋敷では仲光, 仲に駈けつけた, 仲の馬上姿, 仲もそれ, 仲割いてやろ, 仲功業の顯著, 仲去りて九百年, 仲右衛門上書にあわせ, 仲右馬介のおび, 仲同じく齊の, 仲問風情には可, 仲善き甲乙の, 仲善二人肩へ手, 仲国さま秀康さまいづれも, 仲国ひと役でも団十郎, 仲国御前近う参る, 仲国花は謡曲, 仲の隔て, 仲基一人と言つて, 仲基本人の墓, 仲の易, 仲士市治郎は馬力, 仲士達が立った, 仲士飯屋の下廻り, 仲の女, 仲売りが菓子, 仲夫婦の曲藝師, 仲好からん事, 仲好き友達の家, 仲好き夫婦の互に, 仲好き女房ありて, 仲好くおしなんし, 仲姉弟仲でした, 仲媒口によっての誇張, 仲孚肥前国島原の人, 仲なる哉管仲, 仲との会見, 仲の, 仲が起っ, 仲の子, 仲の屋敷, 仲の言, 仲小路様おいで遊ばした, 仲小路氏を農相, 仲小路農相は商売人, 仲尼以上の人物, 仲尼弟子の傳, 仲尼弟子列伝も子路, 仲尼弟子列伝中に孔子, 仲左衛門と岩下佐, 仲左衞門廊下を幾, 仲をし, 仲という者, 仲康氏が待ち, 仲弓為季氏宰問政子曰, 仲弓言論に秀でた, 仲徒士町竹町等は氾濫, 仲徒士町等を経, 仲徒町へ掛け, 仲綺麗に, 仲に染まぬ, 仲は教盛, 仲怒られてもい, 仲悪しきものの, 仲感づいてたように, 仲戦国の名将軍楽毅, 仲手數をかける, 仲手槍を投捨てる, 仲がまだ, 仲掘れるもんでねえ, 仲文官をやめ, 仲日ごとに険悪, 仲の, 仲時以下一族数百人が自刃, 仲時以下四百何人がことごとく, 仲時以下悲腸にとらわれ, 仲時以下糟谷三郎宗秋そのほか都合四百三十二人, 仲時供の人数, 仲時時益のふたり, 仲時殿待て, 仲時殿はじめ私たちも仰天, 仲時茂時名越安達金沢父子普恩寺入道または赤橋守時, 仲景者定医之法, 仲来して今君, 仲であるから, 仲へ地, 仲梅吉を殺した, 仲であった, 仲業朝臣相具伊賀四郎計, 仲楽毅いま何処にあり, 仲樣御屋敷から來, 仲樣晝過ぎに田熊丹後樣, 仲橋下谷で埋, 仲次貿易の始め, 仲の歌, 仲生襲撃事件, 仲と立て, 仲にしまし, 仲温一字は子, 仲温撰の墓表, 仲温撰孝子池田晋直卿謹書併建, 仲温渋江至公である, 仲濁ってるとお, 仲のよう, 仲とたのまれた, 仲猿楽町五番地に卜, 仲猿楽町五番地豊田春賀の許, 仲猿楽町時代の飼犬, 仲と申しました, 仲甫棋訣を撰す, 仲由さんとやらそれ, 仲由字は子路, 仲百人の通り, 仲の楓橋寺, 仲をつぶつて, 仲睦じいお二人, 仲睦じい容子を見る, 仲睦まじい叔父甥であった, 仲とが遠く, 仲知らんといたいう, 仲礼小字は浪江, 仲祥我は才芸, 仲禎卿雲初見, 仲禎名は祥, 仲禎君と素問合読, 仲秋月の明暗, 仲程の仁者は, 仲居る所, 仲章之首當彼時此堂戍神不坐, 仲章因幡前司師憲, 仲章御剣の役, 仲章朝臣申して, 仲章朝臣之を注し出し, 仲は扶桑略記, 仲絶えて行, 仲継放送がある, 仲縉感懐の韻, 仲繼ぎにする, 仲の妻劉氏, 仲義忠春実等をし, 仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 仲馬を, 仲のうち, 仲職人が, 仲く致しました, 仲自ら養子となる, 仲自然にその, 仲舒未だ出, 仲良氏之儒, 仲茶屋の横手あたり, 仲藏菊之丞などの似, 仲藤さんの記述, 仲藤原顯基等の名流, 仲ノ衰勢, 仲街ニ開ク者ヲ以テ巨擘トナス, 仲裂かいで置こう, 仲だけは異相, 仲謀生れつき口が大きく, 仲謂皐陶庭堅不祀, 仲買いあり卸売あり, 仲買い人との契約, 仲買い見たような, 仲という名, 仲輔氏茨城県代議士の鈴木錠蔵氏, 仲近くて遠い, 仲通りさんの相, 仲達これに比する, 仲達個人の運勢, 仲達武侯の営址, 仲達蜀の衰亡, 仲達軍の先鋒, 仲達近ごろ曹操の側臣中, 仲違ひで御話, 仲違ひとなり僕, 仲違ひといふと, 仲違ひと云ふ様, 仲違ひもそれではつきり, 仲違ひも此邊で幕, 仲遠くて遠い, 仲に転ん, 仲頃唐宋の学芸, 仲高云ふ晋, 仲魏徴の事, 仲鮑叔ごとき類, 仲鮑叔以上だという, 仲麻呂といひける人, 仲麿のと背中合せ, 仲山両人を