青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「中野~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

中央~ 中学~ 中将~ 中尉~ 中年~ 中庭~ ~中心 中心~ 中村~ 中途~
中野~
中間~ 丸~ 丸い~ 丸く~ 丹~ 丹波~ ~主 主~ ~主として 主として~

「中野~」 1032, 10ppm, 11083位

▼ 中野~ (152, 14.7%)

5 お店, 方へ 3 友人には, 友人の, 町で

2 [11件] お寺へ, お犬小屋, 原の, 友人から, 友人が, 友人に, 家へ, 方に, 甥の, 記憶に, 譯は

1 [111件] おやじに, お祝いの, ことなどは, このよう, とおりを, ところ稲ちゃんの, やりそう, アパートにて, アパートの, アパートへ, コオヒイ店で, スタイルと, モナミで, 一名物也, 三つの, 下宿さあの, 中を, 中野教会の, 二人の, 人が, 人見さんの, 作品である, 保井家へ, 先の, 内で, 博士邸を, 原稿を, 友人からも, 友人なぞを, 友人によって, 友人も, 友人等から, 叔母さんから, 叔母さんの, 古い脚本, 味で, 土地を, 場合は, 場末あたりに, 奥だった, 奥まで, 女房ま, 妻は, 姿は, 姿態と, 子供の, 宣教師ウイリヤムソンを, 家で, 小瀧町, 小説が, 小説について, 小説は, 市場で, 市場へ, 市場まで, 幻影が, 幻影に, 店から, 店を, 思想荒れ, 持って, 教会の, 文化住宅に, 方から, 方の, 方を, 梯子は, 榊家へ, 正体な, 湯寒の, 状態が, 甥も, 町の, 療養所に, 監獄に, 盲唖学校へ, 知人へ, 考へ方, 肩を, 胸に, 自宅から, 藥師さまに, 言語素振りに, 詩人としての, 話の, 話を, 警察大学は, 譯そのまま, 譯も, 質の, 辺を, 通りを, 通信隊に, 邸を, 重大な, 阿母, 隊の, 隠れ家から, 隠邸, 雑木林の, 電信隊を, 顔を, 風貌は, 駅ちかく, 駅へ, 駅まで, 驛前で, 髮毛を, 鶴原家に, 鶴原家の, 黒川邸から

▼ 中野さん~ (121, 11.7%)

5 のところ 4 の家 3 が, の方, は喜代子 2 はいつも, はひどく, はまた

1 [97件] がきのうフロ, が三四日前, が全力, が前, が十歳, が報告, が大島, が慌て出し, が戦争, が新, が来ない, が来る, が誰, でも, と喜代子, と戸塚, と某氏, と渡辺さん, にこっち, にこんな, にとってはいつも, にとっては喜代子, には初め手紙, には喜代子, には大勢子供, には面白かっ, にも腑, にも骨, に会社, に似, の世話, の処, の小説, の末, の注意, の眼, の祝い, の耳, の調子, の赤い, の頭, の顔, はあの, はその, はそれ, はどう, ははははと笑った, はびく, はふい, はまだ, はもう一度, はもう少し, はもっとも, は一人, は一寸, は一度, は上手, は不意, は九大出, は二人, は云い捨て, は云った, は会社, は口, は喫驚, は変, は大きな, は宮さま方, は家族連れ, は富有, は尤も, は彼, は心待ち, は思った, は感じた, は慌しく, は我, は手紙, は改めて, は文学方面, は沈黙, は海, は眉, は眼瞼, は答えた, は美しい, は茶の間, は落, は行詰っ, は話, は調べ物, は頭, は骨董品, へ何, も実は, も気づかれた, 笑ってるから

▼ 中野~ (99, 9.6%)

3 の説明 2 が云う, の幸福, はちょっと

1 [90件] からつらまえられた, からはこの, がかよう, がそれ, がわが, が出, が私, が聞く, が若い, が高柳君, とその, とはこれ, とはただ, とマダム, と屡々, と石畳, と私, と落ち合った, と行っ, にきく, にこの, に尋ねたら, に挨拶, に相談, に聞い, に致し, に話せ, のあて, のあと, のおやじ, のため, の事務所, の作品, の例, の方, の案内, は, はこの, はしばらく, はすぐ, はすこし, はただ, はとめた, はどう, はひま, はぴたり, はまだ, はプロ文学, は一生懸命, は今さら, は侘し, は倉皇, は千以上陳列, は半身, は名刺, は向, は大島紬, は好人物, は姿, は宿屋, は富裕, は小さい, は少々, は平気, は強い, は快く, は挨拶, は教えた, は横, は欣然, は正面, は気の毒, は洋刀, は満場, は無論, は病気, は真面目, は耳, は階段, は非難, は鷹揚, も, もこの, も何とか, も市岡, を中途, を目, を釧路, を馬, 即ち目

▼ 中野~ (73, 7.1%)

2 それを, もう一遍, 望遠鏡から

1 [67件] あわてて, いったい彼女, いつしか黙りこん, かつて書いた, ぎょっとし, こんどこそ, さぞ苦しい, すこし遲, すっかり意味, そういえ, そこに, それから, ただ酒, つい二三歩, まだ息, まるで望遠鏡, もうすぐだ, やっと呑, ギョッとして, ジリジリと, トランプを, ビールを, マルクシストだ, 一体その, 一段と眼, 一生懸命に, 三十年間転々として, 人情家だ, 仕事の, 仕方なし, 何かしら圧迫感を, 作家である, 僕を, 十六万坪も, 君を, 四季の, 夜中の, 夢中で逃げよう, 実際の, 實に, 川口松太郎と, 帰還兵らしく, 幸か, 思わず低く, 慌てて, 最もそれ, 望遠鏡を, 朦朧と, 海風が, 煙草に, 理論的展開を, 生一本で, 石田より, 窓際に, 立ち去ったらしい, 立止った, 絢爛たる, 自分の, 芸術理論を, 血が, 見物, 訊きかえした, 話を, 足音を, 非常な, 頭を, 顔色を

▼ 中野重治~ (60, 5.8%)

73 と私 2 の作品, の譯

1 [46件] が, がいった, がいろいろ, がそれ, がふれ, がファシズム, が二つ, が云っ, が引致, が戸塚署, が批判, が来, が来た, が稻子さん, が訪問, そして議会演説集, それから, だつた, とそこ, とを愛する, と北陸, と原泉子, と宮本百合子, と徳永直, と戸坂潤, と自分, にもそうした, にやつ, の作品評, の友達, の娘, の小説, の小説集, の故郷, の行った, はさらに, は小説, は市, は言葉, は詩, は非, も同じ, や百合子等, や窪川鶴次郎, らしい男, を奪い

▼ 中野~ (53, 5.1%)

65 のとこ 3 と会 2 と逢, 来り, 来訪

1 [33件] が三週間, が来, が片岡鉄兵, が見, とのむ, とサロン, とバッタリ, とルパン, と山野一郎, と林弘高, と約束, の出征留守宅, の出征見送り, の家, の留守宅, の紹介状, の長篇, へ, も来り, を訪れた, を訪問, を迎, 今朝帰還の, 出征の, 出征留守宅へ, 夫妻清へ, 来りお, 来り一緒, 来り岡, 来り新宿, 来る, 来楽, 留守宅へ

▼ 中野学士~ (34, 3.3%)

2 の背中

1 [32件] から離れた, がそう, が人間, が凝然, が微か, が無言, が鮮やか, とソックリ, と戸塚, と職工, のお, の服地, の眼鏡, の耳, の肩, の背後, の胸, の襟首, の語尾, の顔, はほか, はジリジリ, はポケット, は地獄, は思わず, は相手, は背中, は返事, も又野, をそそのかし, を掴んだ, を火

▼ 中野~ (26, 2.5%)

1 [26件] いて, こう僕, すこし似, それを, もし小説家, ホントの, 並んでるので, 二三日うち座へ, 何か, 僕の, 呆然と立ちすくん, 唖然と, 宮本百合子の, 小説を, 市場で, 御乱行, 怪談を, 承知する, 早速役に立った, 最も規模, 眞先に, 舐めたの, 親切な, 言って, 転げこんだ物音, 近づいて

▼ 中野~ (19, 1.8%)

2 ルパンで, 私とは

1 [15件] つきあひウイ, 一緒に, 乾杯する, 云う人, 僕とは, 僕大, 出て, 大久保に, 始めて會つたの, 徳永について, 有楽座で, 皆揃ひ, 落合ひ, 道順を, 銀座へ

▼ 中野~ (19, 1.8%)

2 の耳, はかう, はそれ

1 [13件] が先年紐育, にはそれ, のもの, の力作, の原文, の家系, の宿, の手紙, の知人, はその, は壇上, は声, は毎日電車

▼ 中野~ (18, 1.7%)

1 [18件] あって, あるので, ある操一氏, お母さんが, ご出勤, 一大犬舎を, 三重の, 向った, 家が, 小さな家, 振りかえる余裕, 會つた, 着いたそう, 移転し, 耳を, 藩の, 連関し, 邸宅を

▼ 中野~ (13, 1.3%)

3 見ると 1 すぎ杉並区, 好きだ, 得たり, 支える柱, 東宝本社へ, 脱出する, 見る彼女, 過ぎて, 避けるよう, 麾ねいた

▼ 中野~ (12, 1.2%)

1 [12件] いれないの, それに, 一緒に, 今月中に, 同じ, 国, 大いに賛成, 或は面白, 来た, 橘も, 私も, 続いて

▼ 中野好夫~ (11, 1.1%)

2 が沈黙 1 がどうして, が英国, に向っ, に意見, の場合, の足, は, は林, は牢獄

▼ 中野正剛~ (10, 1.0%)

1 の倒閣運動, の東条暗殺計画, の死, の自殺, の葬式, の雑誌, は憲兵隊, をはじめ東方会, を婿, を愛婿

▼ 中野英治~ (10, 1.0%)

1 からも電報, がやって来る, が来り, が金, といふ変った, とやっ, とポーカー, にポーカー, を髣髴, 迄おまけ

▼ 中野~ (10, 1.0%)

2 で電車, の近く 1 が見える, であるの, で降りる, におずおず, のホーム, を降り

▼ 中野から~ (8, 0.8%)

1 そんなに遠い, 千葉行の, 小田原へ, 来たん, 柏木に, 神田神保町へ, 線路伝いに, 電車

▼ 中野~ (8, 0.8%)

1 それは, 出ると, 帰って, 帰る葛岡, 戻つて, 散歩に, 避難し, 飛ぶ

▼ 中野実に~ (7, 0.7%)

2 会ふ, 逢ひ 1 広東の, 書く, 逢ふ

▼ 中野~ (6, 0.6%)

3 犬小屋荒し 2 犬小屋の 1 犬小屋だの

▼ 中野~ (6, 0.6%)

2 降りて 1 すって, 汽車に, 銃口を, 降りた

▼ 中野~ (6, 0.6%)

1 大崎には, 彼方此方に, 渋谷あたりから, 目黒あたりに, 私は, 阿佐ヶ谷へんに

▼ 中野~ (6, 0.6%)

1 と云う, の草庵, へ著一泊, まで帰る, より夜半帰寓, 迄帰

▼ 中野重治氏~ (6, 0.6%)

31 が繰返し, による, の鈴木

▼ 中野あたり~ (5, 0.5%)

1 あるいは渋谷, さしてぶら, の麦畑, までとりとめ, を心

▼ 中野五郎~ (5, 0.5%)

1 ですよ, という者, はいま後, は先ず, は顔馴染

▼ 中野という~ (4, 0.4%)

1 もち屋から, 村では, 男に, 町を

▼ 中野まで~ (4, 0.4%)

1 汽車, 行くうち, 行った, 送って

▼ 中野権太丞~ (4, 0.4%)

1 はそれら, は右, も頗る, を案内

▼ 中野逍遙~ (4, 0.4%)

2 が秋怨十絶, をいたむ

▼ 中野とは~ (3, 0.3%)

1 卒業以来絶え, 室生さんの, 言葉の

▼ 中野には~ (3, 0.3%)

1 まだ武蔵野, 小説が, 會ふ

▼ 中野より~ (3, 0.3%)

1 汽車に, 規模が, 遠く迂回

▼ 中野一人~ (3, 0.3%)

1 だけが, となった, を愉快

▼ 中野~ (3, 0.3%)

2 の某 1 へ入る

▼ 中野卯三郎~ (3, 0.3%)

1 がいた, のせい, はまだ

▼ 中野春台~ (3, 0.3%)

1 とある, とか云う, の事

▼ 中野碩翁~ (3, 0.3%)

1 がご, という男, の気に入り

▼ 中野~ (3, 0.3%)

1 から有吉刑事, に応援, へ電話

▼ 中野~ (3, 0.3%)

2 の電車 1 を待つ

▼ 中野駅前~ (3, 0.3%)

1 のあたり, の屋台, の狭い

▼ 中野さんたち~ (2, 0.2%)

1 ぐらいです, の会

▼ 中野ソックリ~ (2, 0.2%)

1 の男, の貌

▼ 中野三允氏~ (2, 0.2%)

1 が催し, の句

▼ 中野信近~ (2, 0.2%)

1 などいった, などが加わっ

▼ 中野区鷺~ (2, 0.2%)

1 の宮三, の宮二

▼ 中野善右エ門立石村~ (2, 0.2%)

2 の長兵衛

▼ 中野実氏宅~ (2, 0.2%)

1 へ, を訪問

▼ 中野~ (2, 0.2%)

1 之丞, 之丞ら

▼ 中野教会~ (2, 0.2%)

1 でウイリヤムソン, のウイリヤムソン

▼ 中野敬次郎氏~ (2, 0.2%)

1 からの書翰, が登壇

▼ 中野桃園~ (2, 0.2%)

1 に隠, の人

▼ 中野江漢君~ (2, 0.2%)

1 につれられ, の僕

▼ 中野秀人~ (2, 0.2%)

1 という絵カキ詩人, と云う

▼ 中野行き~ (2, 0.2%)

1 のバス, の切符

▼ 中野貫一~ (2, 0.2%)

2 という成金

▼ 中野輝一~ (2, 0.2%)

1 の恋愛論, は美しい

▼ 中野近く~ (2, 0.2%)

1 で橇, の医者

▼ 中野重治さん~ (2, 0.2%)

2

▼ 中野重治その他~ (2, 0.2%)

1 の人たち, の作品発表

▼ 中野重治宮本百合子評論家~ (2, 0.2%)

1 では六, では岡邦雄

▼ 中野駅附近~ (2, 0.2%)

1 のひどく汚, の汚

▼1* [138件]

中野あたり東京の西郊, 中野さんあなたはこれから, 中野さん等来て, 中野しきりに小説を, 中野じゃありませんか, 中野そっくりの, 中野ただ一人だった, 中野たちみんな厳重な身拵え, 中野だけのもので, 中野だつたので, 中野といふ男の, 中野とか承わりましたが, 中野との関係を, 中野など大切な, 中野などは夜の, 中野にて脱稿, 中野へんから右, 中野までの切符を, 中野までは電車に, 中野みたいな重荷, 中野グーグーねちまって, 中野ノビてしまふ, 中野両氏に近い, 中野中老の息子大八郎, 中野丸岡両君のもそれぞれ, 中野五日入営の由, 中野五郎ソックリ寸分の違い, 中野以外の者, 中野伊沢らに乗ずる, 中野近五味国太郎演, 中野健之助という教官, 中野は荻窪, 中野其村君のよう, 中野区上高田一ノ九九大塚方, 中野区昭和通一ノ一三, 中野区淀橋区に入る, 中野卯女康子ターンその他無慮十二人, 中野又兵衛楠木長安宮内卿法印の三人, 中野吉三郎氏の殆, 中野仁教会ウイリヤムソンと, 中野君たちも元気, 中野君一息に, 中野君僕と三人, 中野商工會議所會頭の高山彦九郎, 中野圭介さんと, 中野圭介氏がその, 中野壺井その他の人々, 中野外務権太丞がその, 中野大分心境変化したらしい, 中野天門の露清語學校, 中野夫妻はスキー, 中野好夫久保田万太郎丹羽文雄亀井勝一郎横山泰三かつての, 中野好夫教授は教授, 中野を名, 中野学校というの, 中野実は新国劇の, 中野実大阪の隊, 中野実宅へ寄る, 中野実家へ寄り, 中野実屋井と来り, 中野実氏のとこ, 中野実等現はれる, 中野宮園町の国民酒場, 中野へ行った, 中野實君でした, 中野實氏が, 中野局消印で, 中野屯所へ帰陣, 中野式梯子でルパン, 中野往復を下さい, 中野徳永大宅大村私お茶をのみ喋り, 中野忠雄とならなけれ, 中野打越にある, 中野敬次郎とした, 中野新井の家, 中野方面の徳川三百年, 中野村上野村と行け, 中野村平野寿徳寺に永眠, 中野村平野長田源長氏の離れ家, 中野村引払当所本陣へ転陣, 中野村新井の薬師, 中野村青木氏の報知, 中野東中野大久保と電車, 中野柳圃の, 中野正剛その他は, 中野正剛伊沢多喜男らはそれ, 中野正剛君が警視庁, 中野正剛氏は三宅雪嶺氏, 中野正剛等が日本, 中野武二谷口喬一今村信吉なんぞ一騎当千, 中野武営氏に招かれ, 中野氏中途でかえった, 中野清次郎というもの, 中野のウイリヤムソン師, 中野療養所で死去, 中野登美雄なる, 中野登美雄氏に反対, 中野に又, 中野盛紀氏から寄せられた, 中野知事ノ嘱, 中野碩翁様が俺ら, 中野碩翁等を宮廷, 中野秀人君や黄瀛君, 中野秀人氏のところ, 中野私戸坂岡鈴木安蔵堀真琴そのほかすべて, 中野へ出る, 中野築地の田川, 中野署刑事有吉俊太郎と記し, 中野鉄山の, 中野自殺に関し風評, 中野自身却て狼狽, 中野臺吉春谷津五木岩名築比地是れ也, 中野英光諸氏と私達夫婦, 中野英治ヘウ然と, 中野英治京都より来り, 中野荻窪吉祥寺の諸, 中野藤枝さんに堀江時子さん, 中野見物が利い, 中野貴司その他の人々, 中野ではもう, 中野逍遥坪内逍遥などいふ, 中野郷一円ずっと離れ, 中野重治君と一緒, 中野重治堀辰雄などの若い, 中野重治堀辰雄西沢隆二宮木喜久雄窪川鶴次郎などが同人, 中野重治壺井繁治世田三郎窪川鶴次郎その他諸氏によっていくつ, 中野重治小林多喜二等によって幾つ, 中野重治徳永直宮本百合子の作品, 中野重治新島繁甘粕石介高沖陽造, 中野重治萩原恭次郎等所謂新進詩人の作物, 中野重治鹿地亘久板栄二郎等の論文, 中野鍋屋横町の近く銀座, 中野電信隊が出動, 中野電信隊跡へ移し, 中野高円寺馬橋荻窪遅野井, 中野高圓寺に家, 中野鷺宮の壺井栄さん, 中野鹿地江馬佐野硯等は残留