青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人生 人生~ 人目~ 人相~ 人種~ 人足~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間
人間~
~人類 人類~ 仁~ ~仇 仇~ ~今 今~ 今さら~ 今に~ 今にも~

「人間~」 60602, 627ppm, 147位

▼ 人間~ (18200, 30.0%)

198 ように 130 心の 71 ような 67 力で 65 形を 62 生活の 58 やうに 56 顔が 55 顔を 53 中に 52 心に, 心を 50 ために, 姿を 49 心は 47 生活に, 生活は 45 生活を 42 力では, 手で 41 姿が 40 心が, 生活が 39 声が 38 すること 37 ことを, 方が, 顔の 33 魂の 32 一生は, 住んで, 精神の, 頭の 30 存在の 29 手に 28 眼に 27 中の, 意志の, 運命を 26 生命の, 生命を, 皮を 25 世界, 魂を 24 うちで, すがた 22 世界に 21 姿は, 弱さ, 心と, 道を 20 上に, 形に, 手の, 歴史は, 眼の, 身体の, 顔は, 首が, 魂が 19 力を, 姿に, 心理を, 生きて, 眼が, 首を 18 うちに, 中で, 声を, 子の, 手を, 精神を, 顔では

17 [11件] やうな, 手が, 持って, 真の, 眼には, 血を, 足が, 身体が, 身体は, 間に, 間の

16 感情を, 歴史の, 目には, 眼は, 身体を, 運命の

15 世界を, 心理の, 本当の, 社会に, 肉を, 頭が, 顔に

14 [12件] ことは, 世に, 体の, 前に, 命を, 声の, 存在が, 愛を, 生活という, 言葉を, 足の, 魂は

13 ことだ, 世の, 声は, 幸福を, 方で, 生活と

12 [16件] うちには, 一人として, 世界には, 中には, 力の, 幸福は, 心には, 本性を, 死体が, 精神が, 精神と, 精神に, 自由を, 行為は, 頭は, 頭を

11 [18件] あること, すべての, 内部の, 心理は, 意志を, 文化の, 本性が, 本性に, 本性の, 歴史が, 死を, 理性の, 真実の, 知識の, 社会は, 美しさ, 苦しみを, 運命は

10 [23件] からだの, する事, たましい, ところへ, なかに, 世界の, 中でも, 体を, 価値を, 努力の, 家, 幸福の, 性格を, 方に, 方は, 本能の, 欲望を, 歴史に, 社会生活の, 精神は, 行為を, 身体に, 顔と

9 [42件] ことばを, もので, 一つの, 一切の, 一生の, 世界は, 事を, 仕業だ, 力は, 口から, 可能性を, 声で, 声では, 女に, 子供の, 存在は, 意識の, 愛の, 感情の, 指の, 数が, 最大の, 最後の, 本性は, 生きかた, 生の, 生命は, 生活には, 皮膚の, 真似を, 真実を, 眼を, 知識は, 耳には, 肉体の, 自然の, 血の, 裡に, 言葉が, 言葉で, 言葉では, 頭脳の

8 [35件] いること, もって, ものである, よさ, 一人である, 中にも, 仕事の, 他の, 力が, 労働が, 名を, 姿で, 子が, 子は, 学としての, 小ささ, 強さ, 意志が, 最高の, 根本の, 死の, 為めに, 生活から, 目に, 目は, 社会的な, 立場から, 耳に, 能力の, 行為の, 言葉は, 運命と, 醜さ, 顔だ, 骨を

7 [57件] くせに, ことばで, ほうが, 仕業に, 個性を, 倍も, 出来て, 声に, 多いこと, 夢を, 子を, 存在を, 屑だ, 幸福に, 形が, 影が, 心から, 心で, 性格の, 性質が, 性質は, 愛が, 感情は, 手には, 手や, 数は, 数も, 方へ, 本能は, 本質的な, 欲望の, 死は, 死体を, 死骸を, 活動を, 浅ましさ, 理性を, 生命が, 生命に, 生存の, 生血を, 生首が, 眼では, 知恵では, 脳の, 自然な, 自由に, 血だ, 血と, 認識の, 認識は, 足は, 霊魂を, 頭に, 首の, 骨が, 魂に

6 [71件] あさましさ, 一人であった, 世界から, 世界では, 世界へ, 中へ, 事は, 仕事は, 代りに, 仲間に, 住む家, 作ったもの, 価値は, 命は, 堕落を, 場合に, 声とは, 姿も, 子供が, 寿命は, 寿命を, 屑の, 希望を, 心という, 心持の, 思惟の, 性格は, 意志と, 感情も, 成長の, 手では, 手によって, 数を, 智慧では, 智慧の, 本然の, 本質に, 村の, 条件である, 條件である, 死骸が, 気が, 活動が, 滋養だ, 為に, 無力を, 生涯の, 男は, 眼から, 眼で, 研究, 社会が, 社会の, 経験の, 罪悪と, 肉は, 脳髄の, 脳髄は, 自由な, 自由は, 血が, 行動を, 足を, 運命という, 過去の, 道に, 霊性を, 霊魂の, 面白さ, 頭で, 顔や

5 [109件] かたちを, からだ, からだに, からだは, ことが, ことで, ことである, ことです, しわざ, ための, つもりで, ほんとうの, ものとは, ようだ, ようで, 三倍も, 世の中に, 世を, 五体の, 人間たる, 人間らしさ, 住むところ, 住む所, 体が, 価値が, 像を, 内に, 前で, 力と, 力に, 力には, 努力が, 努力を, 口に, 名前を, 命の, 堕落の, 外に, 大多数, 女の, 如くに, 姿だ, 姿と, 子だ, 存在する, 存在そのものである, 存在と, 実相は, 実相を, 実際生活, 幸福という, 形は, 役者の, 心も, 心持は, 心理や, 思想も, 想像の, 意志とは, 意識を, 感情が, 或る, 手へは, 技術が, 技術は, 方を, 智慧が, 本来の, 本質が, 本質を, 村を, 歴史を, 無智, 現在の, 現實的生, 生命も, 生活にとって, 生涯を, 生首を, 用を, 男と, 目から, 目的は, 真実が, 知識では, 社会生活に, 美は, 群が, 肉体が, 背よりも, 背中に, 脳髄が, 脳髄に, 腕が, 腕の, 腕を, 臭いが, 血に, 行為が, 言葉の, 足, 足で, 身に, 進歩を, 関係の, 顔には, 顔も, 高さ, 高望みは

4 [200件] いうこと, いるところ, いろいろの, うちでも, からだが, きたなさ, しでかすこと, すべてが, それと, はかなさ, ほうに, まねを, ものを, ようです, ようには, 一生を, 世の中は, 世は, 世界で, 世界と, 中では, 中なる, 主観的な, 二倍も, 五体が, 五体を, 交際は, 人性の, 仕事に, 仕事を, 仕業です, 体に, 体は, 値打は, 側から, 先祖が, 内部に, 力も, 労働の, 労力を, 動きを, 動作の, 動作を, 勝手な, 口を, 可完全化性, 可能性の, 呼吸が, 命が, 命と, 命には, 品位を, 唯一の, 問題である, 国の, 国へ, 執心と, 場合は, 声である, 声とも, 多くは, 夢の, 大きさ, 天性に, 姿である, 姿の, 子と, 子とは, 子に, 存在に, 学, 官能が, 官能を, 屑が, 屑という, 幸不幸は, 幸福が, 幸福と, 幸福な, 弱点が, 弱点を, 当然な, 影も, 心では, 心にも, 心や, 心持が, 心持という, 心持に, 心持を, 心理が, 心理に, 心臓を, 思想と, 思想の, 思想は, 思考の, 性の, 性質の, 性質を, 息吹きが, 恰好を, 悲しさ, 情けなさ, 情を, 意力を, 意志は, 意欲を, 意識が, 愚を, 感覚に, 成長は, 指が, 指を, 救ひである, 方も, 日常生活に, 本能である, 本能に, 本能を, 歯は, 気を, 永遠の, 注意を, 洪水の, 深さ, 渦の, 渦は, 片腕が, 現実の, 現実は, 理性と, 理想の, 生命, 生命と, 生命という, 生活といふ, 生活とは, 生涯が, 生産的諸, 生首, 目で, 目です, 目では, 目の, 相を, 知恵を, 知識が, 社会には, 種類が, 笑い声が, 罪を, 罪悪の, 群に, 群の, 群を, 義務である, 耳では, 肉が, 肉体と, 肉体は, 肉体を, 脳髄を, 自然に, 自然的な, 萬事は, 血は, 行為として, 表情の, 見かた, 観念, 観念を, 詩だ, 話を, 足では, 足跡が, 身を, 身体から, 身体には, 身體に, 身體の, 身體を, 運という, 運命が, 酋長の, 間にも, 間を, 面の, 頭では, 頭ほどの, 頭上に, 頭数が, 頭脳を, 顏を, 顔, 顔とは, 食うもの, 首だけが, 首は, 鼻の

3 [346件] あいだに, あとを, あらゆる行為, あらん限り, いない所, いのちの, いる所, いろいろな, うちにも, うちの, かたちに, からだを, こ, ことなど, ことに, ことばが, ことばは, これの, さまざまな, なかで, なかには, なかま, においが, ひとつの, ほうは, ほかには, まこと, まことが, まことの, もう一つ, ものと, もろもろの, やうです, やること, ゆくえは, ようである, ようにも, よりよい, よろこびは, タイプが, モラルの, 一人が, 一人でした, 一人の, 一心は, 一生に, 一生には, 万事を, 不幸は, 不幸を, 不思議な, 不断の, 世の中には, 世界だ, 世界でも, 中から, 主観の, 云うこと, 云ふこ, 五六人は, 五官の, 五官を, 交際を, 人間らしい, 今日の, 仕業と, 仲間を, 仲間入りを, 住居の, 作るもの, 使い捨てた, 信用を, 個々の, 個性に, 個性は, 偉大なる, 健康を, 像, 先祖は, 全貌を, 全身の, 共同生活の, 力, 助けを, 労働を, 動きは, 動物的な, 勤労と, 口の, 可能性が, 右の, 名に, 問題に, 問題を, 営みの, 嗜好が, 団体は, 国に, 国を, 場合でも, 声, 声か, 声だ, 声だった, 声と, 声も, 夢という, 大切な, 大脳の, 女として, 女を, 女性の, 姿だった, 子である, 子どもに, 子には, 子供たちが, 存在そのものが, 存在についての, 安らかな, 実相の, 実践は, 家が, 宿命の, 宿命を, 常として, 幸福とは, 影さえ, 影を, 微妙な, 心だけ, 心である, 心をも, 心情に, 心理という, 心理にも, 心臓の, 思想が, 思慮の, 思索の, 性が, 性情の, 性格と, 性格という, 息を, 悪と, 悪を, 悪口を, 悲しい横着, 悲しみを, 悲鳴が, 悲鳴を, 想像を, 想像力を, 意味に, 意志という, 意欲は, 愛情を, 感情や, 慾には, 慾の, 成長と, 所業と, 手だ, 手足が, 手足の, 持つて, 敵だ, 文化が, 文明の, 方から, 方の, 日常生活の, 智慧は, 智識が, 最も貴重, 最上の, 有する本能, 未来の, 本性と, 本能として, 本質の, 本體, 栄耀を, 業に, 様に, 権利の, 権利を, 正当な, 正直な, 歩行に, 歯の, 歴史である, 死と, 死んで, 死骸である, 気持は, 活動に, 流れは, 浅墓, 浅間し, 渦を, 港の, 為すべきこと, 無知を, 焼ける匂, 片らも, 物を, 特徴である, 現実生活の, 理性が, 理想として, 理解の, 生きようと, 生まれつきの, 生命力の, 生存に, 生活だ, 生活では, 生活との, 生活よりも, 男との, 男に, 男の, 癖に, 発展の, 白い牙, 皮膚が, 皮膚を, 真を, 真実は, 眼と, 眼という, 知力の, 知恵が, 知恵の, 知恵は, 知識や, 研究が, 研究を, 社会では, 社会という, 社会にも, 社会生活が, 神に, 神経が, 神経は, 神経を, 私の, 種を, 精神生活の, 経験に, 経験は, 罪の, 罪は, 群は, 群れが, 義務だ, 考えること, 考へ, 耳の, 聲で, 肉や, 肉体に, 肉体には, 肌の, 肩に, 胎児が, 胎児は, 胸に, 胸の, 能動的な, 脂を, 自己了解の, 自己疎外, 自己疎外の, 自己解釋の, 自然であり, 自然として, 自然に対する, 自由が, 至情を, 良心という, 良心に, 良心を, 苦しみは, 血である, 血でも, 血液が, 血液に, 血液を, 行動と, 行動の, 行動は, 行為と, 行為に, 衝動の, 裡から, 言うこと, 言葉, 言葉としては, 言葉に, 記憶は, 記憶力の, 詩を, 認識に, 誰が, 質の, 足だ, 足と, 足音が, 身の, 通路を, 進歩の, 運命, 運命だ, 運命とは, 運命に, 過去は, 道が, 道だ, 道では, 道徳は, 道徳も, 部類に, 重さ, 鉄の, 間には, 限界を, 隱れる, 集団と, 霊魂が, 霊魂は, 非合理性を, 頭と, 頭蓋骨が, 顔です, 顔という, 食べるもの, 首でした, 首と, 首という, 骨だ, 骨に, 體の, 齢の

2 [1176件 抜粋] あたま, あらゆるパッション, ある事, いちばんだいじな, いのちが, いはば, うめきの, おかげで, お糸さん, かくれられそう, くる処, こしらえたもの, ことばも, ごとく, したこと, すべきこと, することぢ, する鬼畜, それである, たくさんいる, ためでは, ためにも, とおりに, ところは, と同じ, なすこと, においを, ばかさ, ふるさとを, ほかの, みじめさを, もつて, ものだ, ものの, やうには, やつた, ようじゃ, ようであった, より高い, タイプ, テニスや, ヒゲと, 一人, 一人だった, 一人に, 一人一人から, 一人一人を, 一日は, 一生という, 一生なんて, 一種の, 一隊は, 万事は, 上で, 不死と, 不死を, 世の中の, 世界が, 世界にも, 中だ, 主観を, 九分九厘は, 事業として, 事業は, 二重人格を, 交渉の, 交際に, 人格は, 人間としての, 仕事が, 仕事では, 仕業さ, 仕業である, 仮面を, 仲間から, 仲間には, 位置は, 住む世界, 体と, 体力は, 体質や, 作つた法律の, 使う文字, 信義道徳と, 個性の, 値打を, 偉さ, 健康な, 側の, 傍へ, 價値を, 先祖代々の, 入れかえを, 共同生活に, 典型, 内心に, 再発見, 凡ゆる, 出来という, 利己的な, 到底経験, 割合が, 創造的な, 力だけで, 力なんて, 力以上の, 労働と, 動きの, 勝手には, 匂いが, 十倍も, 卑劣に, 危害から, 反射が, 叡智の, 叫び, 可能性という, 号外だ, 名が, 向上の, 味が, 呼吸に, 呼吸を, 命との, 哀れさを, 問題, 問題として, 善意という, 喜怒哀愁とは, 喜怒哀楽を, 噂は, 国土に, 型が, 型の, 執念を, 堕落という, 堕落は, 場合と, 壽命を, 変革は, 外部と, 夢が, 夢な, 夢も, 大集団, 天性を, 奧に, 女性から, 女性としての, 如く行為に, 姿であった, 姿でなく, 姿な, 姿をしか, 威厳に関する, 子で, 子でなく, 子どもだ, 子供でも, 子供なんか, 子供も, 子釈尊, 存在自体が, 学問が, 完全なる, 宗教です, 実存に, 実践を, 実際的, 家に, 家一戸を, 容易すく, 宿命が, 寂しさ, 対立に, 寿命に, 尊厳, 小さい男, 屍体, 屍骸が, 屑は, 左の, 常に, 常識を, 平等が, 平等を, 幸不幸を, 底に, 弱点に, 強弱を, 形である, 形の, 影像を, 得手勝手です, 復活の, 心からの, 心な, 心ほど, 心事に, 心情の, 心理, 心理には, 心的事業は, 心臓も, 必然そんな, 必然などが, 怒濤, 思想, 思想史の, 思考, 性命は, 性情に, 性格に, 性格や, 性質という, 恐ろしさ, 息で, 息吹が, 悪い性質, 悪の, 悪魔的な, 悲しみと, 悲しみの, 悲劇が, 情け無い, 情意, 情熱という, 惨死図とは, 想像に, 愁ひ, 意力が, 意味を, 意志や, 愚なる, 愛という, 愛情という, 愛情や, 愛憎の, 感情という, 感情生活, 感覚という, 慈悲を, 慾に, 憧憬の, 戦争を, 手と, 手足に, 打ち立てた一定, 技術の, 拵えた凡て, 持つ願望, 描寫, 敬愛を, 数と, 数の, 文学が, 文明は, 断末の, 方な, 日常の, 明るさ, 智恵を, 智慧と, 智能にとりましては, 智能によって, 暗黒面に, 書いた字, 最上府を, 最後に, 本務, 本心という, 本心は, 本性なる, 本然に, 本能という, 本質をも, 村での, 柔かい所, 根に, 棲息する, 業の, 構成した, 構成は, 欠点は, 欲望は, 歌声を, 正しい生活, 正体が, 正義は, 歴代の, 歴史で, 歴史的な, 死がいを, 死には, 死も, 死骸だ, 死骸と, 母胎から, 気分という, 気分を, 気持を, 気高い感情, 汚ない, 法則を, 法律に, 波が, 活きて, 浅はかな, 涙は, 滅亡を, 灰色の, 為ること, 無知の, 父なる, 物の, 特徴と, 特異な, 猟を, 獰猛な, 現実を, 理性や, 理想と, 理智の, 生きゆく先々, 生き方として, 生き方の, 生き血を, 生命である, 生命なんて, 生存競争においては, 生死も, 生活のみが, 生活や, 生活慾は, 生涯に, 生涯も, 生理が, 生理を, 生腕, 甲斐は, 男を, 病を, 皆無な, 皮は, 目と, 目星が, 目的を, 相と, 相手が, 相違は, 真実だ, 真実という, 真実なる, 真情は, 真面目に, 眼である, 眼よりも, 着物を, 知力を, 知性の, 知慧の, 知識から, 知識も, 研究という, 破壊の, 社会性を, 社会的実践が, 祖先と, 私から, 私ひろき, 私意で, 秘密を, 種が, 種子が, 究極の, 立場である, 立場において, 第一, 範囲を, 精神とは, 精神について, 精神に関する, 精神をも, 精神活動の, 精神生活に対しては, 精神的な, 純なる, 細工だ, 網膜に, 罰と, 美しい形, 美事と, 群やら, 義勇隊よりも, 考えたり, 考えという, 考え方を, 耳という, 聲と, 職分として, 肉体との, 肉体を以て, 肩の, 肺腑に, 胃腑を, 胎児の, 胸を, 能力を, 脳味噌の, 脳髄と, 腕で, 腹の, 腹より, 膝に, 自然さが, 自然でない, 自覚が, 舌は, 若さ, 苦しさ, 苦悩に, 苦悩を, 虚栄心は, 血も, 血液は, 行為, 行為も, 表情では, 表情まで, 製造である, 製造法に, 要求は, 要素を, 見方が, 親切という, 観念と, 観想的態度と, 言葉である, 言語が, 記憶という, 記録は, 詞を, 誇りが, 認識能力の, 語を, 誠心には, 誰にも, 資格が, 足あとが, 足な, 足跡だらけ, 跡を, 身体と, 身長が, 輪が, 迷信は, 通りの, 造つた, 進化の, 運てえ, 運作を, 運命な, 過失といふ, 道と, 道の, 道徳的努力の, 重みで, 鑑定だけは, 関係にも, 関係を, 随意的行動は, 集合体に, 集団の, 集落が, 霊は, 靈魂と, 面を, 頭です, 頭脳という, 頭蓋骨を, 顏といふ, 顔から, 顔である, 顔といふ, 顔より, 類型化に, 食を, 食物の, 首だ, 首では, 首ばかりが, 首長と, 駱駝が, 骨で, 骨な, 骸骨と, 高い精神, 髪の毛を, 魂から, 魂も

1 [8097件 抜粋] あいだを, あとかたの, あらゆる学, あらゆる知識, ありがたさ, ある特殊, いかに多い, いちばん幸いな, いの一番の, いる里, うじゃうじゃいる, うまみが, おちいるほどの, おろかさは, お骨, かなしいこと, くぐれそう, こうした欲望, こしらえ方, ことばじゃ, この個人主義的, こめかみへ, ごとくはなはだ, さだめたところ, しかも自分自身, じじいじゃ, するとおり, せいだろ, そういう気持, そばまで, たちみたい, ため息だった, つくった飛行機, できうる限り, どこに, なしきたった, にぎる力, はかないあきらめ, ひとりと, ほうです, まことに脆い, みずみずしさ, もっともらし, もつ精神力, もののみに, やるべきこと, ようであります, よろこびの, ゐる處, ウヌボレぐらい, カケラ動物の, シューバルさえも, タネである, ハシクレであっ, ポケットの, 一と, 一分子だ, 一年の, 一生って, 一瞬が, 一貫した, 丈より, 上の, 不健康の, 不完全な, 不正に, 世で, 世界においては, 両脚だった, 中年々結婚する, 主体性も, 主題に, 了簡で, 事と, 二人以上の, 五六匹何んで, 五音の, 交際あらざれ, 人格そのものに, 人間らしい文化的, 仕事だけに, 仕業でなく, 代表者人文の, 仲間へは, 伝記の, 住むべき家, 住む社会, 住居へ, 体及び, 何という, 作った作品, 作つた自然の, 使ういろいろ, 価だ, 便利を, 信念で, 個性も, 倫理は, 健全さと, 傲慢懶惰偏執欲情麻痺自, 像は, 兄弟では, 光栄が, 全体が, 全貌が, 具体的な, 内容よりも, 内部にすら, 冷たさ虐, 出入した, 出来心って, 分析, 利害や, 到底足, 前でなかったなら, 創造てえ, 力って, 力量中最も, 努力反復鍛錬の, 労働姿態としても, 勉強の, 動勢は, 勝利と, 匂いさえ, 十倍ぐらゐ口先の, 卑しさ淺, 卵が, 原罪に対する, 反抗感情という, 叡智を, 古物でも, 可能性に, 合理的な, 名も, 向火性, 味い, 呶号が, 命なんかも, 咳払が, 品質は, 問題にまで, 善良さや, 單なる, 嘲笑を, 団体生活に, 国語でも, 地下戦車なんて, 執拗な, 堕落なる, 塁壁が, 境遇は, 声でなく, 声音だった, 多い国, 夢こそは, 大事は, 大法なり, 天上より, 天職に, 奔流が, 女であっ, 女房だ, 好悪が, 如く言う, 始めと, 姿とり祕密に, 娘である, 子その, 子供で, 子相馬の, 存在殊に, 学問よりも, 完成の, 定義によっても, 実生活の, 実際が, 家らしい, 宿命に, 寝床の, 寿命については, 尊厳に, 小ざかしげな, 少しばかり, 居るらしい音, 屑じゃと, 屠殺団は, 工夫だ, 己惚れから, 常だろう, 常道であり, 平林は, 幸不幸それは, 幸福乃至, 幾倍にも, 式場の, 弱点, 弱身, 形だけが, 形現じ, 影法師の, 彼に, 復興, 徳行を, 心とが, 心友の, 心態は, 心機に関して, 心理學への, 心界に, 必定堕ち, 忍べないと, 思う事, 思想において, 思考などに, 性情は, 性格なんてものの, 性質により, 恋愛に対する, 恥辱であろう, 悟性の, 悪より, 悪相を, 悲哀と, 悲願に, 情味が, 情緒への, 想像でも, 意力や, 意志によって, 意識でなく, 愚人間の, 愛といふ, 愛欲憎, 感化に, 感情さえ, 感興が, 慈悲は, 慾は, 憩いが, 成長成熟の, 戰鬪中に, 所為を, 手でなく, 手垢を, 才知は, 技巧で, 抱く必然, 持ち得る限り, 指も, 掃溜よ, 接触を, 摂生法などを, 改善の, 救済である, 数にも, 文化, 文学, 新しい嗜好, 方より, 日常生活には, 時代を, 智力も, 智慧なぞの, 暗愚なる, 書ける力, 最も常識的遊楽, 最も重大, 最期を, 有つべき, 望を, 本名に, 本性に関する, 本能といふ, 本質には, 村里を, 来る小径, 根性を, 格が, 棲み家, 楽事である, 様式である, 権利としての, 横着な, 機能の, 欲望には, 正しい健康, 此の, 歯では, 歴史な, 歴史的生活は, 死がいも, 死ぬる場合, 死屍が, 死骸で, 残忍を, 母が, 毛では, 気分といふ, 気持として, 水中ダンスが, 沈鬱さが, 泣声は, 活動力の, 浅はかさ, 消息を, 深い理性, 渡世において, 満月どのは, 潜れそう, 為しうべからざること, 無常栄枯の, 無窮の, 熱情を, 爲に, 牧場の, 物質生活の, 特色として, 犯人を, 独裁的な, 獰猛も, 現実性は, 理性よりは, 理想種だ, 甘い唾液, 生きるに, 生き方とを, 生は, 生命そのものに, 生存が, 生存理由もしくは, 生活その, 生活についての, 生活心理を, 生活程度が, 生涯でも, 生理的性情に, 生計あるいは, 生首一つその, 由來現世と, 異常なる, 疾病を, 癖でも, 発明智力は, 發見の, 皮か, 目ざめの, 目的に, 相場が, 眞の, 真体, 真情をも, 眼つきの, 眼千尋の, 着物が, 知らない不思議, 知力にと, 知能インテリジェンスは, 研究は, 礼節の, 社会性の, 社会的存在という, 社會の, 祖先である, 神殿に, 禍の, 私有物では, 移り気だけには, 種族を, 空想に, 立場, 笑い声, 筋力の, 精力という, 精神に対する, 精神母なる, 精神的欲求は, 精髄は, 素人が, 素養性格なぞとは, 経済状態の, 統一体とは, 総体と, 罪過罪悪の, 美しい精神, 美徳なる, 群がるあたり, 義務な, 老後という, 考えも, 考へて, 聚楽を, 職業は, 肉体だけを, 肉体的欠陥には, 肉體も, 肥料だ, 胆といふ, 背景に, 胴体を, 能動的意志としての, 脊丈けほどに, 脛骨は, 脳味噌から, 腕から, 腦膸に, 腹這いに, 臨終よりも, 自己は, 自我の, 自然性を, 自由も, 自覺, 至楽は, 舌以上に, 色恋から, 芸術に, 苦しい運命, 苦労と, 苦悶を, 萬事萬行に, 薄皮は, 血あぶら, 血汐の, 行くあたわずと, 行列だった, 行末は, 行跡としては, 表現と, 表面積の, 裡にも, 褒貶は, 見た林さん, 規格は, 親とか, 観念や, 解釈という, 言葉にさえ, 記念が, 訪れである, 詠歎だ, 話題が, 語に, 誠意義務試み, 談話には, 謙虚な, 貪欲人間の, 資本は, 贄じゃ, 起滅等に, 足下に, 足跡などは, 跫音は, 身の丈けくらいな, 身体ほど, 身體が, 迫害の, 這入ること, 通わぬ窟, 逞しさ, 進んで, 遊戯衝動から, 運命との, 過剰なる, 道だけは, 道徳的均衡が, 遠祖は, 避くべからざる, 部隊は, 醜いところ, 重みが, 野望が, 銅像を, 長年の, 関係について, 限界に, 隔離を, 雄弁な, 集団で, 雑沓を, 霊性の, 青い苔, 面で, 音声に, 頭って, 頭数を, 頭部, 顔し, 顔な, 顔起居動作物云い, 風土性に, 食べなかった壁, 食物としては, 饒舌などは, 首なんぞ, 馴致性という, 骨や, 體質や, 髪の毛でした, 魂精神創造力を, 黒山を

▼ 人間~ (6616, 10.9%)

50 人間を 48 自分の 46 ある 44 生きて 42 住んで 37 はいって 26 出て 21 出来て, 立って 20 いて 19 いるの 18 この世に, 人間の 14 人間に 13 いる, 他の, 勝手に 12 かくれて, 自然を 11 地上に 10 乗って, 変って, 歩いて 9 あるもの, いると, それに, それを, 居る, 死んで, 見て, 隠れて 8 あると, あるん, 入って, 変ったよう, 着て, 神の, 集まって

7 [15件] あって, そこに, できて, 一つの, 何か, 作ったもの, 動いて, 多過ぎる, 如何に, 手を, 殖えて, 空を, 自己の, 首を, 馬の

6 [22件] あるの, あるはず, いた, いるん, 一人いる, 一人でも, 一人も, 世の中に, 人間である, 人間と, 何を, 利己的である, 変つた, 存在する, 彼の, 棲んで, 機械に, 死ぬと, 神を, 自然の, 集って, 非常に

5 [35件] あった, あつた, あらわれて, ありました, あれば, いないの, いるという, いるもの, いるよう, このよう, これを, たった一人, どれだけ, ウジャウジャと, 一日に, 万物の, 二人に, 人を, 働いて, 僕の, 多すぎる, 存在し, 彼女の, 急に, 息を, 持って, 死んでも, 水の, 海の, 火を, 物を, 生れて, 真面目に, 自然に, 血を

4 [58件] あったと, あらわれたの, あります, あるか, あるかも, あるに, いたと, いたの, いない, いやに, いること, いるとは, いるはず, ここに, この部屋, すんで, ついて, どうなる, どこに, なければ, もう五六人, わたしを, ゐる, ゐると, ウヨウヨし, 一人殺された, 二人も, 人間として, 倒れて, 出來, 口を, 坐って, 多いから, 多いの, 好きだ, 嫌いに, 寝て, 小説を, 居るん, 幸福に, 幾人も, 或る, 戦争を, 日本の, 此世に, 死ぬの, 活きて, 消えて, 現われて, 甘いから, 生活し, 目を, 眼を, 知って, 神と, 考えて, 造つた, 違って

3 [114件] あるだろうか, あるという, あろうとは, いないん, いなくても, いるなんて, かくの, この世の中, これまで, して, そこから, その上, その中, それぞれの, たくさんに, どのよう, ひとりで, ぶらさがって, ほかに, ほんとうの, みた西郷, ゐるか, ゐるの, 一個の, 一様に, 一生懸命に, 一緒に, 不幸に, 世に, 二人ある, 井戸の, 人間らしい生活, 人間自身を, 今まで, 今日の, 仏に, 何である, 入つて, 出る, 出入りできる, 味は, 命を, 地の, 声を, 多いが, 多かった, 多くなる, 大多数, 嫌に, 完全に, 家の, 居て, 居ないので, 居ると, 帰って, 平気で, 幸福で, 彼等の, 必要な, 恋を, 悪い, 愛して, 我々と, 手に, 持つて, 揉めて, 最後に, 本能的に, 来て, 椅子に, 横たわって, 機械を, 正直で, 死を, 潜れる, 煙の, 物の, 犬の, 猿から, 現れたの, 生きながら, 生命を, 生活の, 生活を, 男も, 発明した, 眼の, 社会を, 社会的な, 私に, 私の, 私を, 立派な, 絶対に, 自らの, 自分から, 自分自身の, 自動車に, 自己を, 自然に対して, 自然に対する, 落ちて, 虚栄的である, 虚榮的である, 見えた, 誰でも, 豹の, 超越的である, 足を, 足跡を, 降って, 頭の, 飛び出して, 食物を

2 [394件] あったの, あったもの, あったらその, あまりに緊張, あらわれるの, あらん限り, ありますもの, あるかと, あるから, あるところ, あるわけ, あるんで, ある場合, ある筈, あろうとも, あんなに変, いかに生き, いくら骨を, いざという, いずれも, いても, いないので, います, いるだろうか, いるよ, いるらしい, いろいろの, うようよし, うるさい, お前の, かくされて, かくれようと, かくれること, こいつを, ここへ, こちらを, この国, この地上, この家, この小屋, これ程の, ございますが, さらわれて, ざらに, しっかりし, すべての, する, すること, するの, するよう, そういうこと, そういうもの, そうな, そこで, そして歴史, そつと, そなた, その下, その人格, その代り, その本性, その気, その理想, その馬, それと, それによって, そんなの, そんな風, ぞろぞろと, たおれて, たかって, たくさんいる, ちよつと, つくったもの, つくりいだすか, できた, とびこんで, どこかに, どこの, どこを, どのくらい, どんなこと, どんな人間, ない, ないから, なかった, なくなって, なにを, なんの, ねて, のって, ばらばらに, ひしめきあって, ひとりも, ほかの, ほんとうに, またと, またもと, まるで変っ, みんな我々の, めいめいの, もう粗末, やって, やって来て, やられたの, よくある, よくならない, よく生き, よこたわって, よって, わしの, ゐるから, ゐるん, ジッと, スーッと, ズボンを, タイタニックを, ドッと, ノロマが, レンズと, ロゴスを, ワザと, 一と, 一人こんな, 一人ずつ, 一人の, 一人残らず, 一変し, 一時に, 一生の, 一般に, 一足飛びに, 三つの, 不死に, 世界の, 世間に, 並んで, 中に, 主人の, 乗ったり, 乗り込んで, 予想され, 二つの, 二人以上現れ, 五六人位は, 亡びるという, 人民の, 人間としての, 人間らしく生き, 今の, 今度は, 仮装し, 仲に, 住むよう, 住居を, 何うし, 何かの, 何だって, 何処へ, 作れば, 使って, 個々の, 個人としての, 個体を, 個性的である, 光度計を, 全心的, 全部の, 六神丸に, 出られるよう, 出来なければ, 出来上って, 分って, 初めから, 利巧で, 力を, 勝手な, 化けたと, 博士を, 又と, 口に, 右手で, 合理的に, 君の, 器用な, 四つんばいに, 地に, 変ったの, 変つてし, 変わったよう, 変わって, 多い, 多いと, 多くな, 多くなった, 多数に, 多数を, 大きくなる, 大地に, 天の, 天上の, 太いから, 奇面城に, 女である, 女の, 好きだった, 好きな, 好むもの, 好んで, 妙な, 嫌いだ, 嫌ひ, 家を, 小説の, 居ないと, 居るに, 居るのに, 居るよう, 己の, 常に解決, 平等に, 年を, 幸福すぎる, 幸福については, 幾人ある, 庭に, 廊下を, 弩を, 形に, 後から, 得に, 怖いの, 思わず悲鳴, 恨めしい, 息たえだ, 悪くて, 想像する, 感情の, 成熟の, 手で, 持つこと, 控えて, 揃つて居る, 提灯を, 日常生活に, 星を, 時代の, 普通に, 普通の, 暮らして, 最も自然, 最後の, 有つ, 本性上小説的な, 格外なる, 楽に, 機械の, 正しいもの, 此の, 歩き廻ること, 死ねば, 死んだ, 死んだと, 残らず船, 殺されて, 殺されるの, 毒殺される, 求めて, 河童の, 河童を, 泥掻き, 流れて, 浮んで, 海へ, 渦を, 滅びるの, 滅多な, 滅茶苦茶に, 潜んで, 火と, 火に, 火の, 火星へ, 火焔放射器を, 火薬庫の, 無性格, 無提灯, 無数に, 燈火を, 牛や, 特定の, 犬に, 犬を, 猫も, 現れて, 現われたの, 現世に, 現在の, 現実の, 理性を, 環境を, 甘いと, 甚だ感傷的, 生きるため, 生きるという, 生きるに, 生れつき嘘吐きである, 生れる, 生れるの, 生存し, 生存する, 生活に, 生活資料を, 町に, 発明し, 発見し, 百人も, 目の, 目まぐるしく湯気, 相談の, 真の, 真個に, 真理を, 眠つてゐる, 社会に, 社会的に, 神, 私と, 第一, 紛れこんで, 紛れも, 細工を, 網を, 習慣的に, 背中に, 脆弱な, 自分が, 自分で, 自分とは, 自然と, 色々な, 苦しいと, 苦痛の, 草を, 蔭で, 薬で, 蟻の, 行列の, 行動する, 見えて, 見えなければ, 見える, 見たいと, 見ると, 視ては, 詰め込んで, 読んで, 誰が, 誰しも, 誰も, 變つた, 豚の, 贅沢に, 踏めば, 転がって, 近づいて, 途中で, 這って, 這入って, 通るに, 造れるもの, 進化する, 進歩する, 違うよう, 違うん, 違つた, 部屋の, 鉄の, 鏖殺に, 除草器械に, 隠遁の, 隱れ, 面白くて, 頭を, 顔を, 飛出して, 餌に, 馬と, 魚を, 鳥や, 鹿に, 鹿や, 黒いシャツ, 鼻を

1 [4186件 抜粋] ああいふ, あっしの, あつい湯, あのあり, あの月, あまって, あまり好, あらわす知識, ありません, あるじゃ, あるとしても, あるよう, ある瞬間, あんただ, あんまりケチ, いかで時代, いかに小, いくぶんでも, いけない, いそぎ足に, いたとは, いったい何者, いつの間にやら, いないというか, いなくては, いのちを, いよいよ精髄的骨格, いるかと, いるぞと, いるらしいな, いろいろな, うじや, うようよとして, おこったそれから, おどり出した, おりて, おキライ, お河童の, かえってこの, かたまれば, かわいい足, きたぞ, きれいに, くるはず, こうしていま平和, こしかけて, ことごとく世界人, このときゴクン, この光景, この後, この社会矛盾, この通り, これは, こんなに愚劣, こんな怖, さい前より, さぞ多い, しかし目立たない, しなければ, しょんぼりと, すぐ前, すっくと立ちあがった, すべてその, ぜひいなく, そういう誤解, そうやっ, そっと通れる, その不幸, その原始, その弱, その時, その深刻, その粉, その苦痛, そは, それだけ変ってる, それ自体として, そんなに気, ぞろぞろ出, たくさんいます, ただちに女, ただ美し, たべても, だいぶ甘く, だらしの, だんだん得意, ちょうどこの, ついて行かなくとも, つくった料理, つづいて, できうるか, でき上れる仕組み, とたんに清十郎以上, ともかくも, どういふ, どうしてか程, どうして他人, どうなった, どこそこで, どやどやと, どんなに助かる, どんな態度, ないわけ, ながれこむので, なぜ私, ならんで, にわかに重病, のそのそと, はいだして, はじめて暴れだした, はるかに, ひそかに, ひとり宙に, びくとも, ふたりいる, ふんが, へそを, ぼくたちの, まず幸福, また正常, まだ分っ, まちがって, まるで世界, みすみす自分, みな同じ, みんなまた, みんな哲学者だ, みんな盗賊に, めいめいに, もう平気, もし居る, もつて, やったか, やっとすれちがっ, やや山, やるもの, よくあります, よく事, よその, よろいか, わかるん, わめいて, ゐたら他, ゐなくなり私共二人, ゐるよ, イヤに, カニの, グン, ゴリラの, ジョージ, チャンと, トーチを, ニューッと, ブラ下が, モウ一人居る, ロケット航空機に, 一せいに, 一ばん深く, 一人のこらず, 一人プカプカ, 一人押入の, 一人脚を, 一匹でも, 一度に, 一樣に, 一番よく, 一番気に, 一箇の, 七八人突立っ, 三人ばかり, 三千兩の, 上等だ, 下落した, 不幸で, 不知火銭を, 世に出よう, 両腕, 主でなく, 乗った位, 乾分の, 二〇〇〇足の, 二人となり三人と, 二人位樂, 二人死んだ, 二名も, 五つも, 人としての, 人生に対する, 人間には, 人間らしくない, 人間外人間以上の, 今だに, 今大きな, 今日作家として, 仏法の, 他人の, 仲間に対しても, 伺向する, 住むに, 住めませんでございますなんて, 住んでを, 何と感じ, 何万人ある, 何十人か, 何百万人と, 作った銃, 作家に, 例へば小説家, 便法として, 信ずる精霊, 俺に, 偉いの, 僅かの, 先に, 入えつ, 入れそう, 全く木偶, 全然新しく, 公共的食事を, 其の産業, 再び彼, 出そう, 出口を, 出来ちやつた, 出来上った人間, 分らず屋な, 列を, 利口でも, 前車の, 労働と, 動きまわるので, 動物と, 医学博士に, 半分ぐらい, 単に人形, 卵の, 叔母達の, 口出しを, 可哀想な, 合いまた, 同じ暗黒状態, 向ふから来, 呆ん, 呼んで, 善意を, 喰われて, 四十歳にも, 国家の, 土人でございます, 在世の, 地理的事情に, 坑夫に, 塩を, 変ったほど, 変り助言, 変貌する, 多いけれども, 多くある, 多く良心, 多少ずつは, 夜の, 大きく太り兼ねた, 大切に, 大学に対して, 大甘, 天から, 天空に, 奥様の, 好きでたまらねえ, 如何にも邪念, 始終気, 子供だった, 孤立的に, 守るべき至上命令, 実にどうも誠心誠意キリスト, 実存するなら, 家庭を, 寄り集まって, 対象で, 小さい女の子, 小脇に, 少し愚図, 少なく山水花鳥, 居ったか, 居るかという, 居るべき筈, 屠所へ, 島民の, 巻煙草を, 常用食に, 平地を, 幸福を, 幾万人ある, 庭を, 引添って, 当時の, 彼を, 後おし, 従事し, 御飯ぐらゐは炊ける, 心に, 必死に, 忍び込んで, 怜悧に, 思想や, 恁うし, 恐ろしく手剛, 悪いから, 惚れたって, 惹かれ合い恋し, 意識的に, 慰め合う小さな, 憧憬を, 成熟し, 戯曲を, 手ばなしだっ, 扮するの, 押しかけて, 持つ, 掌握したおどろき, 描かれること, 損われ傷を, 支払うの, 救うその, 敬意を, 敵味方に, 文章の, 新らしき, 日光から, 日本語を, 春と, 時として極めて困難, 暮らせると, 書斎の, 最も嫌う, 最も迷信的, 月曜日の, 有給休暇で, 本当にわからない, 杉本さんの, 来た彼, 林檎を, 枯淡であろう, 棄て切れないで, 極悪非道な, 横取りし, 欠伸を, 正しい事, 正親町様だ, 歩いたり, 歪んだシルクハット, 死ななくとも, 死に絶えますね, 死ぬよう, 死ねるの, 死んだらお, 死滅する, 殖え同時に, 殺されるよう, 殺害犯人とは, 毎日変へて, 気の, 水神の, 江戸城の, 沢山居る, 波の, 活物社會が, 浮力を, 消えるの, 淵へ, 渡る分, 溺れ死んだか, 潜み得ないと, 潮流の, 為合せだろう, 無念無想に, 無知で, 焼鳥と, 父母から, 物差で, 物質的貧困から, 犯人と, 狩獵や, 猫に, 玉子から, 現われた以上, 現実を, 甘いの, 生きたまた, 生きる食物, 生の, 生れつつ, 生前に, 生活力が, 生理的に, 申しあわせたよう, 畜生以下に, 病気から, 登って, 百年考へ, 皆様の, 皆頭から, 目前に, 相当の, 相重なっ, 真実に, 眼やに, 矢張前に, 知識を, 石炭の, 社会が, 社会的環境を, 祈らうが, 禽獣の, 科学的に, 穢らわしい行為, 空中を, 立たない, 立つてるちふやう, 笑って, 答えて, 精神病院に, 純粋に, 素直でなくなります, 経験知識し, 絶えず幸福, 総がかりに, 縫ひこまれ, 美しいかを, 翻弄された, 考え動き, 聞きつた, 肉體に, 背中を, 腕組みを, 自の, 自分と, 自己以外に, 自殺を, 自身の, 芥川が, 苦しみ悩み, 荒らしつくしたので, 落ちても, 葬られて, 虫の, 蜜蜂の, 血縁の, 行ふ, 衣食に, 補腎健春の, 見えすぎて, 見たい, 見たら一眼, 見出されました, 観察と, 言語により, 話しながら, 誘惑された, 誰れで, 變って, 豫告し, 賢こ, 超俗物, 踏み荒して, 身を以て, 軽薄に, 返辭, 逆に, 通つたら, 通れますか, 連帯の, 過去だけを, 違つた程, 遠方から, 部屋には, 重なり重, 金や, 鉄人に, 銃の, 鍛えられて, 門から, 間違って, 降る騒ぎ, 陸海軍籍に, 隠れる程, 集まるので, 雨を, 青い脚, 面白い理由, 頭と, 飛ぶなんて, 食って, 食事を, 餓ゑも凍え, 馬鹿だって, 驚愕し, 高等の, 鳥と, 鶏の

▼ 人間~ (5916, 9.8%)

44 自分の 41 一人も 30 誰でも 27 生きて 21 人間の 18 ない 17 それを, 万物の 14 何を 12 自己の, 自然に, 自然の 11 永遠に 10 ありません, 何か, 何でも, 非常に 9 ないと, 人間を, 自分が 8 いつまでも, そうは, どこまでも, 妙な, 彼の, 滅多に, 誰も 7 みな同じ, 家の

6 [19件] いないよう, この世に, それだけの, どうかする, どこに, どこにも, どこへ, なかった, ひとりも, 人間で, 人間である, 今の, 僕の, 勝手な, 昔から, 神の, 自分に, 自分を, 自分自身の

5 [24件] あるもの, いない, かくの, すでに人間, それに, た, どうなる, ないの, なんでも, みんな同じ, 人間だ, 人間に, 他に, 多くの, 妙に, 完全に, 少くとも, 年を, 死んで, 気が, 永久に, 物を, 確かに, 神に

4 [34件] いいもの, これに, ただの, どんなこと, どんなもの, 一匹も, 不思議な, 世界の, 人間として, 他の, 他人の, 何うし, 何の, 何も, 嘘を, 外に, 子供の, 存在しない, 少しも, 幸福を, 形成的世界の, 心の, 悲しいもの, 最後の, 無いよ, 環境から, 私の, 私を, 絶対に, 自分で, 自分は, 自然を, 誰だい, 首を

3 [105件] あるまい, あるまいと, あるまい御前, ある目的, いい, いつでも, いつ死ぬ, いないの, いなかった, いろいろな, からだを, この世では, この世界, この現実, これを, こんなもの, さう, そこに, そのこと, その事, それだけ, それ等の, そんなもの, そんな時, ただそれ, だれでも, どういふ, どうすれ, どこから, どこで, ないか, ないよ, ない筈, なかなか死ねない, ほかに, ほかの, もう駄目, もつと, よく, よほどの, 一つの, 一事件の, 一人残らず, 一個の, 一切の, 一般に, 不幸に, 不正な, 世界から, 二つの, 人の, 人情を, 住んで, 何時の, 何處に, 善良で, 單に, 土の, 地球の, 堕落する, 大きくなる, 孤独な, 容易な, 容易に, 幸福について, 弱いもの, 彼が, 愚かな, 愚な, 感情の, 普通の, 最後に, 正直だ, 死ぬ, 死ぬと, 死ぬもの, 死ぬ時, 死ねば, 殆ん, 気持の, 永遠の, 環境に, 生きること, 生まれて, 生れて, 生れながら, 生存し, 生活の, 生活を, 目を, 社会の, 神と, 立派な, 美しいもの, 自己と, 自己を, 薄情な, 見たこと, 誰しも, 誰だって, 誰だろう, 長生きを, 頭の, 馬鹿な, 鼠を

2 [429件] ああし, あきらめて, あさましいもの, あっても, あてに, あまり賢, あまり賢く, あらゆる情念, ある意味, ある時, あれで, いかなる場合, いかなる苦痛, いくらでも, いくらでもある, いざと, いったいどうなる, いったいどこ, いったい何, いつの, いつまで, いつも何, いないと, いねえの, いまい, いまを, いやでも, いろいろだ, えて身勝手, おそらく絶望, おまえの, お互い同士の, お内儀, かうして, かかる幸福, かように, けばけばしいこと, こういっ, ここに, このよう, この大谷ひとり, この自然, これだ, これは, これまた, これまで, こんな風, しまいには, すぐに, すすむ, すべて, すべて躓き, するもの, せつないもの, そういうもの, そういう性質, そういう点, そうで, そうなく, そう急, そう沢山, そこから, そのとき, その人自身, その出生, その日々, その点, その男, その誇り, その近辺, それが, それくらいの, それぞれの, それだ, それで, それよりも, それらの, そんな人間, ぞろぞろと, ぞろぞろ動い, たえず何, ただこの, だらしが, だれしも, だんだんに, つまらないが, つまり人間, とうていだまされません, どうかし, どうしても死ななけれ, どうする, どうだ, どこか, どこの, どんな人間, どんな場合, ないはず, なか, なくなるが, なし, なぜ笑う, なにを, なんといっ, ひとつの, ひとりで, ひとり残らず, ふしぎな, ほんとうに, まことに少い, またぞろぞろ, また彼自身感性的存在, まだしも忍び得られる, まだその, まだ一人, まだ犬猫なみ, みんな姦淫を, みんな弱い, むかしから, めしを, もちろん地球上, もはや何事, もはや環境, よかった, よしや暗黒, よろこびの, ガラガラし, ガラスと, ケンプ博士に, サルから, レンズでも, 一たまり, 一人として, 一人一人の, 一度は, 一様でない, 一生に, 一生の, 一生五十年の, 一瞬の, 一種の, 万能の, 三年と, 三次元の, 上からの, 不幸な, 不思議に, 不断に, 世の, 世界と, 世間に, 二人と, 二人居る, 二重に, 人から, 人を, 人形ぢや, 人間であろう, 人間としての, 人間同士の, 人間獣である, 人間的に, 今は, 今日でも, 今日の, 代々の, 何かに, 何かの, 何が, 何でもある, 何とはなし, 何事にも, 何処から, 何処で, 何処へ, 何故この, 何故に, 何時どんな, 何里歩ける, 余程の, 作り事や, 健康が, 健康な, 働きたいが, 元来そういう, 元来社交動物に, 出来て, 出来るだけ, 初めから, 別として, 別な, 利己的だ, 制限せられた, 前に, 動いて, 動物が, 動物である, 動物と, 動物よりも, 十中八九は, 即座に, 口が, 各人が, 吉三郎の, 君に, 吾, 唯だ, 善いこと, 四囲の, 四百四病の, 国の, 地上に, 増長します, 変って, 変りは, 変化する, 多いが, 夢みること, 夢を, 大なまくら, 大嫌いな, 女の, 女を, 好い感興, 好きだ, 好きな, 如何に, 始めて, 嫌いだ, 存在し, 孤児として, 学問が, 完全な, 実際的, 封じられて, 小説を, 小説的動物である, 少いから, 少し甘い, 少し甘く, 少し甘口, 居ないか, 已を, 常に神, 常に網, 平和を, 幸福に, 弱い, 形の, 形成された, 彼に, 彼等の, 往来で, 徒に天, 御免蒙る, 徳利の, 必ずしも立派, 必ず死ぬ, 必然的に, 忽ち姿, 怒を, 怖ろ, 思ひの, 思惟する, 怪物の, 恋と, 恐らく一人, 恐ろしく太い, 息の, 悪鬼に, 悲しい, 惰弱で, 意気地が, 感傷的でない, 手に, 抽象的な, 敵も, 斯の, 昔も, 時と, 最初から, 服装の, 朝から, 木の, 木端微塵に, 未完成, 本当の, 本能的に, 本質的に, 果して幸福, 棺桶に, 正義とか, 此の, 歴史と, 死すべきもの, 死ぬまえに, 死ぬまで, 死ねるもの, 死んでも, 気の, 気を, 気候に, 水に, 決してかく, 決して深い, 沢山の, 河童ほど, 浦粕には, 浮気に, 深くは, 滅多にない, 潜られないが, 火を, 無いじゃ, 無事を, 無意識的に, 煩悩に, 熱誠を以て, 牛や, 物が, 特別の, 犬猫牛豚同様誠に, 猿から, 猿と, 猿の, 現在に, 現実的存在である, 理性によ, 理性の, 環境を, 甘いやう, 甘くても, 甘く猿, 生きながら, 生きる間, 生れた時, 生れつき嘘吐きである, 生れてから, 生れるとき, 生活すべし, 生活する, 生物の, 男女に, 畜生以下の, 百まで, 皆この, 皆その, 皆薄情です, 目的の, 眞の, 眞理を, 真の, 眠って, 着物を, 知らず知らずに, 知らないもの, 社交的には, 社会に, 神を, 神意による, 神様が, 私が, 私たちの, 私です, 私は, 科学の, 稀である, 稀れ, 種々の, 究極なる, 竜神の, 精神を, 網や, 総じて男女, 群衆の, 考える葦, 考える蘆, 肉体だけで, 肚が, 臨終ちかく, 自分から, 自分という, 自分自身に, 自己みづか, 自意識の, 自然と, 自然における, 自然自分が, 自由に, 自由の, 虚栄によって, 虚榮によ, 見たくない, 見当らなかつた, 話相手に, 誰かと, 誰だ, 誰とて, 誰に, 誰れで, 諸々の, 足が, 身勝手な, 近づいて, 逃げること, 遂に自分, 邪見だ, 部落と, 量的な, 金が, 金に, 鋼鉄の, 長く生き, 閉じた社会, 附き合, 限定された, 非常な, 非現実, 頭が, 頭に, 顔で, 食う動物, 餓鬼ぢや, 馬鹿に, 駄目だ, 骨董好きに, 骨髄を, 魚よりも, 黙りこむか, 鼠賊と

1 [3960件 抜粋] あ, あくまで生物学的, あたしの, あのなか, あの水際, あまりに小さく醜い, あまりトントン拍子, あらゆる屈辱, ありゃしねえ, あるが, ある度, あんなにまでも, あゝも, いかなる瞬間, いかに懐疑的, いくらでも飢餓, いくら美顔術, いたと, いつか必ず, いつの世にも, いつも一種悲痛, いつも楽し, いつも魂, いないで, いなかったとは, いまだに人間, いやだ, いろいろ迷惑, うごきだした, おかしなこと, おそらく血, おちぶれて, おもしろいと, おろか機械人間の, お使, お妙, かういふもの, かくあっ, かつて一度, からだは, きっとうごかなくなっ, ぐいぐいと, こういう宿命, こうなる, ここで, ことごとく孟優, このくらい, この世を, この地下道, この汽車, この絵巻物, この重大, これだけ, これ程の, こんな時, さうさ, さっさと万億人, さらに次, しては, しめきった部屋, すぐ代用心臓, すこぶる内気, すでに隠れた, すべてにせ, すべて無に, ずいぶん方々, そういうとき, そうしたもの, そう易々, そして私, そのエネルギー, その偏屈, その半額位, その富, その時, その片隅, その遊星, それぞれミルキ国人に, そればかり, それ以前に, そんなとき, そんなに浮氣, そんなもん, そんな悪い, たいてい探偵, たしかにいる, たしかに頭, ただひとり, ただ利害, ただ眼前, たとい悪魔, たれしも, だから懐手, だんだん利口, ちょうどよい, ついに悲鳴, つきあって, つねに環境, つよくなる, とかく自分, とても世間並, とにかく理知, どういふ風, どうしてあんなに憂鬱, どうしても殺人狂, どうせ盲目, どうにかなる, どこかに, どつ, どんどんふえ, どんなに悧巧, どんなりっぱ, どんな時, どんな絵, ないなどと, なかつたの, なかなか重宝, なぜひとり, なにに, なるべく賑やか, にくまないもの, はげしく体, ひじょうな勢いで, ひろ子か, ふじゆう, ぶんなぐらなければ, ほらを, まことにぼんやり, ますます孤独, まず年相応, またかく, また柔らかい, まだひとり, まだ幸福, まづ人間, みじめだ, みなごろしだ, みな滅び失せん, みな色盲に, みんなお互いに, みんな兄弟一様に, みんな患者さ, みんな焼く, みんな頭が, むやみな, もうさまざま, もう出ない, もう死ん, もっともっと困難, もっと真剣, もともと家族, ものの, やっとこの, やはりならず者, やはり心, やれとか, よくても, よほどお転婆, よろしくそんな, わからぬよ, わざと気ちがい, わたし始めて, アイデアリストである, アルチュウル・ランボオただ一人である, カタリという, ギリシャの, ゴウマンで, セン滅する, ツツーと, ネパール人程, パンのみでも, フワリフワリと, ミルキ閣下と, ヨハンの, ヱゴイストです, 一人, 一人残らず出, 一体自分, 一定の, 一度可, 一旦毒薬, 一生人間の, 一種知覚の, 一體どう, 三十を, 下らない仕事, 不可決, 不断の, 世上に, 両手, 主人ひろ子さだ子初江笹田執事それから, 九十名近い, 事実彼の, 二十名以上も, 二種ある, 互に闘, 五十年も, 人々に, 人格であり, 人知で, 人間な, 人間らしく生きよう, 人間鳥は, 今日と, 今朝から, 仕方なし, 仮装会を, 住み付きやしません, 何だか活動, 何にか, 何れも, 何処までも, 何時迄, 何者だろう, 余を, 作品を通して, 俊太郎一人であった, 俺たちの, 個人としても, 倫敦の, 偽善的である, 働かなければ, 働くべきもの, 元始時代から, 元禄を, 先づ悧巧者と, 兎角類型的性格, 全く盲目, 全然いない, 全部立, 兵隊に, 内に, 凡て奴隷所有階級に, 出来ねえという, 切れないなあ, 別になん, 利己主義から, 到達を, 創造的世界の, 勁い, 動物でない, 勘違いし, 化けものです, 十八世紀でも, 十皿も, 卑しい立場, 単に役割, 危険という, 却て, 原子爆弾を, 反対の, 口癖の, 可い事, 各々の, 同時にその, 向島飛鳥山に, 命が, 哲学を, 善と, 單純な, 嘆美崇拝した, 四十を, 困っちまいます, 土だけで, 地上から, 地面から, 塵ひとひらに, 士農工商あるいは, 外面に, 夜昼なし, 大きなくしゃみ, 大嫌ひで, 大概な, 大義名分だけでも, 天下に, 天然の, 女でありました, 好いもの, 好むところ, 如何にも神そのもの, 娼婦と, 子供と, 存在せず, 孤独の, 宇宙の, 完全円満な, 実に現金, 実は誰, 密閉された, 将来どう, 小天地想なり, 少し位, 少なくなった, 居ないもの, 山里に, 常に大, 常に無限, 平生彼らの, 年が, 幻覚によ, 幾何も, 広い芝生, 弱いやう, 当局に, 彼なり, 彼等相互に, 御辺ひとり, 心に, 必ずしも人, 必ず何, 忍耐が, 忽ち咒文, 思いの外すぐれた, 怠屈して, 恐しく弱, 息が, 悧巧に, 悪意の, 悲喜交, 意志的に, 愚か猫一匹も, 愛の, 慾と, 我も, 戦い合って, 所謂仙人と, 承知しない, 持ちつ持たれつの, 捜し出しても, 搾られるし, 救われないよ, 敵方の, 斬れね, 新しい発見, 既に所有, 日本人が, 早く云, 昔こんな, 時々常識, 時を, 智識の, 更にその, 最も殺伐, 有り得ないゆえ, 木の葉の, 本当に憤る, 本来一面で, 机の, 林の, 栄えました, 森林に, 極めて少い, 様々の, 次の, 正しく信じる, 正直者です, 歩いて, 歴史の, 死に, 死ぬだろう生れたもの, 死ぬ生物, 死んでから, 殆ど皆無, 殺されて, 殿に対しては, 毒草から, 気安いなあ, 水びたしに, 永久僕一人で, 江戸中に, 決して他, 決して書物, 決して真摯, 決して近道, 泊まって, 活物杓子定規の, 消えて, 渡ること, 潜水服の, 無いと, 無我夢中に, 無論です, 燃える發音, 牛馬の, 犠牲的奉仕にまで, 犯罪者, 猫の, 玉砕に, 現在の, 理性的存在である, 環境の, 生きた人間, 生きるといふ, 生じた, 生れた母, 生命の, 生涯ドブロクと, 産れ, 田舎者まる, 男女ともに, 疑いようが, 痩せて, 発電の, 百回書け, 皆んな憎く, 皆世の, 皆息, 皆濁, 皆酔っ, 目下地道に, 相当の, 真に人間, 真面目に, 矢つ, 知りたがるし, 知能の, 礼を, 社会生活を, 社會的存在として, 神との, 神秘に, 私も, 秘密な, 空想的の, 立ち上がりはじめて, 笑うでも, 箇人主義又は, 精神を以て, 素ば, 終に, 結局自分自身の, 絶えず自分, 綺麗な, 罠を, 美を, 習慣に, 老少不定の, 而も, 職業がら英租界などは, 肩を, 能が, 腕次第じゃ, 臆病者で, 自分だけを, 自分丈を, 自己満足や, 自然力の, 自由で, 至極柔和, 良心的である, 芸術は, 苦しそう, 苦し紛れに, 草の, 落ちぶれても, 蝶に, 衣食の, 表面現象であり, 西国の, 見ても, 見榮, 親友を, 言ふまで, 討たずに, 認識の, 誰さ, 誰人に, 豚を, 貧乏じゃ, 買ひかぶられる, 起きあがるやいなや, 踏み止まらない, 軍隊に, 近所合壁いっしょに, 追剥, 通俗文学や, 連中の, 遂に人間的, 運動に, 道には, 違うよう, 遺伝によって, 野心の, 金を, 鈴ヶ森に, 長年の, 間もなく基地, 随分辛い, 雲の, 青年時代の, 頓と, 顔の, 飛べませんよ, 食べ物を, 飽いたり, 餓鬼だ, 馬鹿でございます, 駭い, 鬼でも, 鴨よりも

▼ 人間~ (3392, 5.6%)

27 して 18 見て 17 見ると 13 離れて 12 支配する 11 相手に, 知って, 見た, 見たこと 10 愛すること, 殺して, 自分の 9 私は 8 作ること 7 殺すの, 馬鹿に 6 不幸に, 使って, 信じて, 愛して, 殺すこと, 理解し, 発見した, 見るの, 連れて 5 他の, 作って, 差別する, 幸福に, 指して, 支配し, 犠牲に, 研究する, 造るの

4 [19件] よく知っ, ソシアスとして, 代表し, 作るの, 信用する, 嫌ふ, 完全に, 対象と, 忘れて, 探すの, 描いて, 殺そうと, 無理に, 知らない, 考えて, 自然の, 見ても, 見ること, 非常に

3 [57件] からかって, ここに, そこに, その全貌, だまして, つかまえて, みた, みろ, もって, 一人も, 不安に, 二つに, 人間たらしめ, 作るに, 入れて, 創造する, 助けて, 助けるため, 区別する, 呪って, 呼んで, 堕落させる, 宣言した, 尊敬する, 形成し, 恋して, 感ずること, 憎んで, 或る, 手玉に, 把握し, 探すこと, 掻きわけて, 描くこと, 描くという, 正当なる, 活躍させる, 熟視し, 生かして, 生きて, 生産する, 発見し, 益し, 盗むの, 相手として, 知ること, 神に, 突くの, 表現する, 見つけて, 見れば, 観て, 観る目, 賢くする, 軽蔑する, 造ること, 養成する

2 [246件] あいてに, あやつって, おもへ, おれは, お愛し, お造り, ぐうたらに, ここで, こしらえること, こんなふう, さがし出して, ただ殺人, たぶらかして, つかまえること, つかまへて, つくりだすこと, つくること, つくるといふ, つくるに, つくるの, つくるもの, つれて, とって, とらないで, とるん, どうしよう, のせて, ばかに, ばらばらに, ひっぱって, まじめに, またかかる, みつめた, むやみに, トコトンまで, 一つの, 一ツの, 一人不意に, 一人作る, 一人預っ, 一掃する, 一般的な, 乗せて, 二三人殺す, 二人も, 二重の, 人工的に, 人形に, 人間らしくする, 人間的に, 他所からでも, 代表する, 仰ぎ見ては, 作ったの, 作るもの, 作る事, 作ろうと, 使うの, 使用する, 信じること, 信ずるの, 信ぜよ, 俺は, 偉大に, 写して, 冷凍する, 出せ, 出来るだけ, 分離する, 判じて, 助けること, 動かして, 動物の, 半分は, 卑屈に, 叩き上げて, 同胞として, 同胞を, 吾, 呑むの, 呪つてゐる, 喰べ, 嘲笑って, 土百姓と, 変貌させた, 大事に, 大別し, 大自然界, 好きな, 娯ませる, 安易に, 定める方, 容易に, 平次は, 平等に, 幸不幸に, 引っ張って, 待って, 後ろから, 必要と, 性格的に, 恋し理解, 意識した, 愚弄し, 愛しそして, 愛す, 愛するから, 愛するの, 感傷的に, 手に, 手掛けて, 扱ふ, 指すの, 捉えて, 捕えるの, 捕獲する, 捕虜に, 探究し創りつづけ, 揉み苦茶, 描くもの, 描けと, 描こうと, 描写した, 搾取する, 撫でまくるさまざま, 攫い閃光, 攫って, 支配しよう, 改良する, 改造する, 攻めるの, 救うため, 救つ, 救ふ, 教育し, 教育する, 教育せん, 斬って, 書く仕事, 本位と, 本当に親しませる, 栽培する, 棄てて, 殖やして, 殺しあって, 殺しても, 殺しは, 殺すという, 殺すもの, 殺す奴, 殺せば, 比較する, 水の, 求めて, 江戸ッ子と, 沢山必要, 満載し, 焼いて, 片っ端から, 牛蒡や, 特徴附け, 現示せん, 生かすもの, 生物の, 畜生以下の, 疑って, 発見する, 益する事, 相手には, 真ん中に, 真面目に, 眺めたならば, 眺めて, 睨みつけて, 知らねば, 知り人間, 破滅させる, 私の, 科学する, 種々の, 穀物の, 窮屈に, 粗末に, 精神的に, 紹介した, 絶対に, 締めだした文学, 縛らせたの, 縛りつけて, 縛るの, 脅や, 脱け, 腹部から, 自分よりも, 自然に, 芥だ, 苦しめないなぜ, 苦しめる奴, 虚無より, 袋へ, 補助する, 製造する, 襲うこと, 襲撃し, 見たの, 見つめて, 見ようと, 見るよう, 見る力, 見る目, 見下して, 見張って, 見掛けたら有無, 観察し, 観察する, 解きがたい, 解剖した, 評價すれ, 誰何した, 調べて, 調べるん, 赤裸々に, 超えた意味, 趣味的に, 追い出されかけて, 逃がして, 透視する, 造った, 造ったの, 造つた, 造り出す, 造るので, 遠方へ, 醜怪, 醜悪に, 鏡の, 間違は, 集めて, 非人間的, 革めないと, 頭から, 食うと, 飼って, 養うこと, 養う力, 駆って

1 [2362件 抜粋] ああ軽々と抛り出した, あっと, あの写山楼, あやつる傀儡師, あるいは動物, あわれんで, いかに書く, いくら観察, いつまで, うごかして, うっかり死んだ, おそれたり, お叱り, お選び, かくという, かつて疑った, がんじがらめに, きらって, くって, こえたみ, こしらえなければ, ことごとく自分, この中, この空家, ころして, こんなに恐怖, ご承知, さしたの, さまざまに, さらって, したが, しらべながら, すくって, すり替えりゃがったか, せめほろぼし自分たち, そうする, そっと中, そのままに, その制度, その外, その罪悪, それだけ深く, たおして, たたき殺して, ただ尊敬, たべたり, だましたつもり, つかまえると, つかめえて, つくったばかり, つくりかえるの, つくり出すの, つくるという, つくる老人, つつむ文化, できるだけ多勢彼女, とらえて, とり出さず人間, どうご覧, どうやっ, どう描い, どんなもの, ながめては, なくして, なんだって, のせた巨船クイーン・メリー号ごと, のぞけば, はつきり分け, はらめるおんみ, ひき寄せるん, ひとりこしらえあげる, ふせぎきれない, ふるえあがらして, へばりつかせて, ほめて, ぼくは, まったく知らず, みたこと, みる明, めあてに, もっと宿命的, やっつける, ゆがめて, よくよく検め, よく表し, よりよく爲, よんで, わりあいに, イキイキさせよう, クラッシュせずん, ノンビリ, ブチまけ, ロボットという, 一つ今日は, 一人, 一人作り度いと, 一匹撃ち落した, 一層彼, 一日に, 一番よく, 七十五歳迄, 三味線堀に, 下谷の, 世の中では, 世話を, 中心に, 主君に, 乗せてもへ, 乗せるロケット, 乗つけられさうな, 二三ヶ所点綴した, 云々する, 五色人と, 亭主に, 人格を, 人間たらしめる, 人間の, 今しがた葬っ, 今晩は, 仮死に, 伴うこと, 低めるだけの, 何か, 何よりも, 作つたのも, 作らなければ, 作り上げたの, 作り出すの, 作るが, 作るところ, 作ろうかなど, 使いご, 使は, 使者に, 価値の, 侮辱する, 信じない間, 信用しなくなり, 個性的に, 偽善に, 優等に, 入れないよう, 全く影, 全部こ, 其中庵訪問者として, 内地から, 再建する, 冒涜する, 凍結させる, 出すし, 刃物で, 切りやがる, 制御できる, 刺せるの, 前に, 創り出したの, 創造し, 助くる場合, 助けるの, 動かす号令, 包む窒息, 化かして, 区別すれ, 十貫目の, 単に個人, 単純に, 友だちと, 取られては, 取り扱って, 受けた時, 召上つたとは, 吊るなんて, 同一価格, 否定する, 呈示しあっ, 呑む事, 呪う, 味い得る, 呼集めうち陸の, 善くも, 喪失し, 喰った妖怪花, 嗅ぎだして, 嘲笑する, 嚇かす, 圧した, 埋葬し, 塗りこめなければ, 変えないもの, 変化させ, 多勢手下に, 大ぜ, 天の, 天真爛漫に, 失格し, 奴隷的に, 始末する, 婿には, 嫌つ, 孤独に, 安手に, 実験する, 害する気, 容れるには, 寒く小さくし, 寫して, 専一に, 尊重し, 小説の, 少数の, 屠殺できる, 岩の, 差別的に, 常に不, 平氣, 底の, 庵寺の, 引きあげること, 引き出して, 引張って, 弱さ, 弾奏する, 彫刻した, 彼女の, 征服出来ない, 律しようと, 忌避し, 忘れ無い, 怖れ過ぎる, 思わせる燈火, 怯懦に, 恋人に, 恐ろしいとも, 悉く木石, 悩ますある, 惜しんで, 想像し得る, 意志的に, 愚弄するやり, 愛したい君たち, 愛し人間, 愛し生活, 愛すると, 愛する人, 愛せよと, 感動させず, 慈味に, 慰めるよう, 憎むべきでは, 憐みたい気もちを, 憶い起す, 成長させる, 手ばやくモーターボート, 打殺すに, 扱ひ, 投入し, 抱いて, 抵當に, 押しのけ鉄道線路, 抽出した, 拵えだした, 拵えるよりも, 持ち出すの, 指し, 捉へる, 捕らえて, 捜し求めて, 捨てても, 掘り出して, 探し出して, 探し当てること, 描いた, 描かんと, 描くには, 描く時, 搜しませう, 撃ったこと, 操縦する, 支配しない, 放ち出すの, 救いながら, 救い出そう, 救うの, 救う大, 救つて来た, 救済しよう, 敬う心, 敵愾心の, 料理するで, 斬つた脂, 斬ると, 斬ッ, 日に日に片, 明るみへ, 普通の, 更に自然, 書いて, 書き得たとは, 書くの, 書こうとも, 最も自然, 本位として, 果敢ないもの, 案出した, 極度の, 槍を, 機械化する, 欺いては, 止めて, 歪めるもの, 死から, 殺させるならば, 殺したこと, 殺したり, 殺しながら, 殺し得るの, 殺すところ, 殺すん, 殺す必要, 殺せる, 殺害しなけれ, 毎日毎日恥を, 毒殺する, 気弱な, 求めた今様ディオゲネス, 決して二人, 泊めること, 活かそうという, 活躍させ, 淘汰する, 混乱させる, 溺れさせるの, 滅ぼさぬの, 火焔放射器で, 無気力に, 焼き亡す力, 焼却する, 片ツ端, 物色し, 犠牲として, 狙って, 獄門へ, 珍らしがっ, 理性の, 甚だ神經質, 生かすこと, 生きながら, 生き還らせること, 生みつけた以上, 生んだこの, 産み出しうる国民性, 用いると, 町を, 疲労させる, 発狂させた, 發見する, 百年も, 益し易き, 目の, 目的に, 直視する, 看破できなかった, 眺めもの, 眼によ, 知っての, 知つてゐる, 知らないから, 知らなかった, 知らぬという, 知り彼, 知ろうと, 研究すべき, 磨く, 示唆した, 神そのものの, 神様や, 神變不可思議な, 積みこんで, 空気男と, 突き放したツモリ, 窺って, 立てるか, 笑わせに, 粗忽者に, 純な, 組み立てて, 維持し, 縛らぬ平次, 繁殖させる, 置かねば, 罰するわけ, 翻訳する, 考えたり, 考へさせないほど, 考へること, 育てるには, 育て上げる事, 胎生させ, 脇差なんか, 腐らすかという, 臆病に, 自分自身の, 自由なり, 芋刺しに, 若くする, 荒々しく叱りとばした, 蔑み笑った, 虐げつ, 虚偽に, 蟲の, 袈裟がけに, 裁く法官, 裏返して, 襲う時, 要求し, 見いだしたという, 見させて, 見たという, 見たら浮世小路, 見つけた, 見つめたり, 見なかったの, 見ましょうし, 見る事, 見付けると, 見向きも, 見張るより, 見殺しに, 見究めないの, 見高い, 覗き込む, 親しい塩田検事正, 観るという, 観る様, 解き放ったという, 解放しなけれ, 記録する, 診察出来ねえ, 評価すれ, 試験台に, 詰めた檻, 誑かしを, 誘惑するであろう, 誤魔化したり, 誰だって, 論ずるの, 識別する, 讃める, 豚の, 貧困と, 責めること, 貴様の, 買い被った仮定, 超えたもの, 超人間的, 超越し, 踏まえいたり, 身体と, 軽んずる気質, 轢きたおしいくら, 迷ひから醒めしめ, 追いたくって, 追って, 追及した, 送ったか, 通り抜けて, 造って, 造らんと, 造り上げる能力, 造る大, 造ろうという, 遇する, 過不足なく, 選ばなくては, 選挙する, 酔わせる代り, 量りあって, 釣りに, 鍛えること, 限られたるもの, 陰気に, 隠すに, 集めるの, 雇うのに, 離れたよそ, 離れたる大, 離れること, 靜に, 頤から, 食いはじめるという, 食うという, 食べたり, 養うから, 養成しよう, 首切っ, 駆つて機械, 騒がせや, 骨ごと食っ, 高尚に, 鵜呑に

▼ 人間~ (3313, 5.5%)

148 なって 39 して 22 とつて 17 似て 16 なるの, なろうと 15 なったの, 化けて 12 なった, なりたいと, なると, 對する 11 なつた, なつて, なること, 限って 10 なったよう, 向って, 對し, 違いない 9 共通な, 生れて 8 されて, ならなければ, なる, 比べて, 相違ない, 見えて 7 あっては, ちがいない, なるよう

6 [12件] しても, ならねば, なりたい, なりつつ, 出来ること, 固有な, 変って, 害を, 就いて, 必要な, 近いもの, 過ぎないの

5 あるの, しては, なれると, 到るまで, 取って, 就て, 死ある, 至るまで, 返した

4 [27件] ありがち, しようと, すること, ちがいありません, なったという, ならうと, なりたいの, なりました, なれるの, 一つの, 仕立てて, 会って, 取つて, 接して, 於て, 物を, 理性を, 生まれて, 生れながら, 自由を, 興味を, 見えた, 見えるの, 返って, 通じて, 逢って, 違ひない

3 [54件] あって, あっても, あり天, したいと, それを, たましい, ちがいなかった, つかまって, なったこと, なったと, なりすまして, なります, なるぞ, なるため, なるには, なるやう, なるん, なれ, なれて, なれない, なれば, なろうという, むかって, よくある, 与へ, 代って, 何の, 依つて, 共通した, 共通である, 出来て, 加被, 取っては, 口を, 号令を, 変りは, 大切な, 憑く, 於ける食人肉, 於ける食人肉風習, 於ては, 本当の, 特有の, 生れても, 真の, 眼を, 紛れも, 自分の, 見えたの, 見える, 近い, 近い生活, 還れ, 驚いて

2 [206件] あきらかに, あつて, ありて, ありては, ある, あるか, あること, ある限り, お変えください, かえて, かわって, きまって, くらべると, この半分, したこと, したの, したやう, したよう, してやろうと, すぎない, すべてを, そのまね, その調子, だつて, できて, できること, なおも燃える, なっては, なっても, なつたら, ならないため, ならないで, ならないでございましょうか, なりさえ, なりたいという, なりたがって, なりますか, なりますよ, なり得るの, なるだろう, なるだろうと, なるつもり, なるでしょう, なるという, なるまで, なる事, なる前, なれるだろう, なれるやう, なろう, にて, はなつて, ぶつかって, まじって, めだたない人間, ものを, よく似た, わかるもの, エサを, ロクな, 一時に, 与えられ文明生活, 与えること, 与える影響, 乳を, 人生を, 人間らしい生活, 人間を, 仇を, 付きまとって, 任せて, 似たもの, 余裕を, 例外は, 依って, 信用ある, 催眠術を, 共通の, 共通普遍な, 冷淡なり, 出あうと, 出くわすと, 出会ったこと, 出來, 出逢って, 判らぬ事, 動物的な, 勘定する, 勝って, 化けたという, 即した生活, 又人性, 及ぼす力, 取っても, 可能な, 向っては, 向ひ, 君は, 命じて, 命令する, 喰付かれた, 図々しくされる, 変ると, 変わって, 変装し, 多くの, 始めてある, 宗教が, 宿って, 屈従する, 屬する, 当てはまるの, 彼自身の, 心が, 心当りは, 心當り, 必然が, 応用する, 思はれました, 思われて, 怯れ, 恨みを, 愛想が, 愛憐を, 感じ出した, 憑い, 憚られよ, 成り変った, 戻って, 打たれて, 挨拶を, 捕られたならもはや, 授けて, 接すると, 接触した, 救ひ, 最も大切, 最も必要, 有用な, 服ませる, 服従しない, 比べれば, 気を, 爽やかな, 特徴的である, 特有, 特有な, 特色的な, 生れついて, 生を, 生活は, 由って, 男女が, 疑いを, 眼の, 知られずに, 神の, 米や, 絶望し, 義務を, 自分を, 至っては, 至て, 興味が, 行は, 行はれ, 要るの, 見えました, 見えるよう, 見せて, 親しいもの, 親しみを, 親んで, 言うよう, 言って, 訓練され, 評判の, 話すよう, 謝罪は, 變り, 賭けて, 転生した, 近い動物, 近い性質, 近づいて, 近づくため, 通じる様, 通有の, 遇った, 過ぎない, 過ぎないと, 過ぎぬ, 違ない, 違なかっ, 関係の, 關する, 附着する, 難儀を, 霊魂が, 面会し, 面白いこと, 顔を, 食べられること, 食物を, 飼われるの, 高さ

1 [2007件 抜粋] あいそを, あたって, あったの, あてはめると, あらざれども, あらずといふ, あらは, あらわれる事, ありとか, あるいわゆる, あるほう, ある三つ, ある本能, あれば, あんなにこちら, あんな美麻奈さん, いい出すの, いじめられと, いちばんだいじな, いるの, うつして, うまみが, えんりょなんかしていないことが, おとなしいので, お与, お言, かえるもの, かかると, かつて話され, かまわずよ, かわるなんて, くらべて, こしらえたから, この世の, この宇宙, こらしめられた話, こんなところ, さう, さそい出されたに, さまざまの, されたの, しがみついて, したしまないが, した環境, してやりたいと, しばしばある, しようとして, しろ溶鉱炉, し科學的人間, すぎなかったという, するか, する爲, せよ動物, そういう役, そう見える, そのまま草, その姿, その物質生活, その補助, そんなおそろしい, そんな恐ろしい, たいがいの, たつた一度, たまたま破廉恥, だ, ちかづいたとき, ついて, つきとばされたよう, つまり大切な, できずし, できる事, とうてい見るべからざる, とてつもない偉い事, とりての, どうしてどうして藝術, どこにも, どんなに精神的, ないの, なずみ人間, なったでしょう, なったもの, なったらまるで, なった気持, なつくの, ならう, ならうよ, ならなけれやあ, なりえて, なりかわって, なりきらぬもの, なりきれるの, なりすますに, なりたいとは, なりたかった筈, なりたくないという, なりなせえ, なりましたよ, なりますれば, なり代, なり切れなかった魂, なり度いもの, なり果てるよう, なり立てみて, なり食うに, なるが, なるだらうと, なるところ, なるに, なるべしと, なる一瞬, なる方, なる決心, なる邪魔, なれたの, なれてたろうと, なれない事, なれるか, なれるだらう何分, なれる訳, なんでこの, ねらわれて, はきつと, はなし難い, ひきあわせて, ひと眼, ふさは, ふさわしい指し, ぶっつかったという, ほめられるほう, まけるもの, まのあたり現, みる, めいわくを, もう一本, もし感情, もてはやされるよう, もまれて, ゃやれねえな, ゆずって, よくもこんな, よびかけるよう, わかって, わかんないなんて, イクラ読書を, サーヴィスする, ビクツクような, ヴィント遊びの, 一方ならぬ, 一生涯しがみつい, 一瞬でも, 三度の, 下されたる神, 不利益と, 不幸を, 不要と, 与えたの, 与えら, 与えられたもの, 与えられて, 与えるという, 与える損害, 与へた一番, 与へられた至上, 乗り移って, 事へて, 交って, 人間の, 仕上げやう, 仕立てられるから, 他の, 代えて, 代られた, 会う, 会ったという, 会つた後の, 伝えし貴重, 伝える役, 似たる守宮, 似てると, 住み面, 何か, 何ぞお, 何らの, 何度訪れる, 作りあげるとしても, 作用を, 來て, 依つて組織, 保任せられる, 保障された, 信頼を, 偶然出遇っ, 備われる宗教的本能, 傾倒し, 價する, 元気を, 免れぬ事, 其位の, 内攻する, 凡化し, 出るもの, 出会うの, 出会ったよ, 出口が, 出来ない事, 出来る仕事, 出来上ったかという, 出逢うこと, 分らないくらい, 分り易い, 分配し, 初めて考えられる, 利を, 到るまでも, 創られたもの, 加えて, 劣らず真実, 勝ること, 化けたつもり, 化けた話, 化ける, 化けるん, 化して, 十二分の経済的満足を, 即きすぎた, 及ぼすところ, 反問したい, 取られしなどと, 取り憑, 口も, 同じ方法, 同様の, 向かって, 吹きかける怪竜, 呶鳴っ, 命ぜり神, 品が, 善人たる, 喧傳せられ, 噛みつく危険, 圍まれて, 在っては, 在る位, 報告し, 売ろうと, 変りが, 変化する, 多い恒産, 大きな衝動, 天の, 失格したです, 好き嫌いが, 好奇心を, 嫌悪を, 存在する, 定義を, 客体に, 家名じゃとか, 宿命づけた, 対すれば, 尊敬し, 少しも, 尤も普遍的, 尻尾の, 屈従しなく, 山魅又は, 帰った, 常に暗い, 平等に, 廃りは, 強いる運命, 当面し, 役立つが, 待伏せされる, 復らなかっ, 心当りを, 必要なる, 忠実である, 思えるよう, 思われたし, 性慾が, 怨家の, 恋し恋, 恵まれた力, 悪人と, 惠を, 想像や, 愛想を, 慇懃に, 憎まれること, 懇意な, 成りまして, 成り得んの, 成るという, 成長する, 或, 戻し緋衣, 戻ること, 手向う, 扮し, 投げかけた, 抱えられたと, 拾い上げら, 持って, 捕まって, 接した, 接すること, 提供し, 操縦される, 改心し, 敗けて, 教えて, 教訓を, 料理し, 於けるこの, 於ける大, 於ける着物, 施して, 早く知られる, 時計を, 書かれて, 最も好ましき, 有利なる, 服従性が, 本当に大切, 来世の, 棺桶は, 模倣衝動を, 欺され, 歸り, 死を, 殺害させた, 比して, 比較し, 気は, 永久に, 汚されないらん, 沈黙あれ, 注射し, 流行し, 浸み, 深い影響, 渡って, 潜在する, 災し, 無くなった, 無理な, 無関心な, 片付いたまでと, 牝牛を, 犯罪者の, 独り論議を, 現れるとは, 現われるあの, 理解される, 生き返るので, 生まれさせて, 生まれた事, 生まれ来し意義, 生み付けられたの, 生れたいとか, 生れたもの, 生れた筈, 生れ付いたか, 生れ変って, 生活が, 用が, 申伝居候, 疾病を, 発見した, 目を, 目鼻が, 直接実験し, 相撲を, 相違ねえ, 眠り音波, 着せるの, 知らせること, 知られるもの, 知識慾の, 祈りを, 禁じぬ, 禍が, 私達が, 移つて手代部なる, 種々の, 窮局まで, 立ち戻らせずに, 立聞きされる, 第六感の, 精の, 累を, 絶対の, 縄を, 美しいもの, 翻案せられた, 考えられる範囲, 聞いたつて, 聞えるでは, 聞こえない音, 肉体という, 育つて, 育てて, 胴あげ, 自慢の, 自由の, 至って, 至ては, 至るまでの, 良心の, 若し自然, 苦痛を, 血が, 表われた, 襲いかかるよう, 見えたこと, 見えまして, 見えるで, 見かけるよう, 見せては, 見たの, 見ようとして, 見られる柔順, 見限り, 親切な, 解らないある, 言いかけるよう, 託さなければ, 許さるる最高, 許されて, 訴えつつ, 話しかけて, 話したくなかった, 話を, 語らんか, 読まれること, 誰も, 諂って, 譬えられて, 變裝する, 負けますと, 責めるに, 買へる, 賢愚あり, 賦與した, 起るすべて, 転嫁させよう, 近い姿, 近い浅間山, 近い美, 近くその, 近く脚は, 近ければとて, 近づくほどの, 近隣を, 迫って, 追われて, 逆らうと, 通用すべき, 逢う, 逢っては, 逢つて一人, 逢わんが, 進化の, 遇つた, 過ぎないぢやないか, 過ぎません, 達するため, 違いは, 遠ざかった生物, 適当な, 還れと, 都合の, 重い魂, 釣られて, 鍛えなおす必要, 関わるの, 閣下が, 附属せしめられた, 限った話, 限らずおよそ, 限られて, 限るなどと, 雜はりては, 非ざる樣, 須要なる, 頼るわけ, 類する点, 風流氣なんか, 飜訳せられた, 食ひつく, 食われるか, 食物の, 飲ませる水, 飼われ, 飽いたなら永遠, 駆使せられる, 高等教育を, 魚を, 黄金時代が

▼ 人間~ (1435, 2.4%)

69 人間との 27 人間の, 同じよう 24 なって 20 云うもの 16 一緒に, 云ふも, 自然との 15 人間とが 13 云ふ, 同じこと 12 動物との 11 他の 10 思って 9 人間とを, 同じやう 8 少しも, 神との 7 すれば, 動物とを, 名の, 違って 6 いうよりも, なること 5 いうよりは, いえば, そっくりの, 同様に, 社会との, 自然とを

4 [11件] いうと, その生活, ちがって, なった, なる, なると, 人間が, 思うの, 猿との, 生れて, 自然とが

3 [18件] いっても, いはうか, おなじ大き, なつた, なつて, 動物の, 化して, 同じに, 同じ姿, 同居し, 変りは, 機械との, 獣類との, 生れたからには, 生れた以上, 申すもの, 言ふも, 話を

2 [97件] あまり姿, いうものの, いうより, いえども, いふよりは, おなじぐらいの, して, そうでない, その社会, そんなに違つた言葉, ちっとも変らない, ならなければ, なるため, ぴたりと, みえて, わかると, 一しょに, 世界との, 云う人間, 云う奴, 交渉し, 交際を, 人間個の, 会話を, 似て, 何の, 作品の, 信じて, 全く同じ, 化け物とは, 口を, 同じくらいの, 同じぐらいの, 同じで, 同じである, 同じです, 同じもの, 同じ事, 同じ形, 同一に, 同一の, 同樣, 同種の, 名づけて, 名付くる, 変りの, 外を, 学問の, 宇宙との, 思うか, 思うから, 思ったの, 悪魔との, 散らばされた道具類, 文学との, 文学の, 時代とに対する, 書いて, 植物との, 歴史の, 歴史は, 死んだ人間, 牛との, 物との, 狂人との, 狼を, 猩々とが, 猫の, 環境との, 環境とは, 環境の, 生れたれ, 生活の, 異る, 社会の, 神とは, 私との, 笑って, 結婚する, 聞いて, 肩を, 自然の, 草の, 見えて, 見られたに, 見ると, 見做, 見分けが, 見立てて, 見違, 言ふ, 話して, 認めて, 間違えて, 非人間, 馬と, 馬との

1 [750件 抜粋] あいそもこそも, あまりかわらない, あまりちがわない, あるべき人間, あんたは, いい切らないで, いい金銀, いうぐらいの, いうごときもの, いうには, いうので, いうほどの, いえない, いおうか, いかなる夜, いったら当然, いづれが, いふが, いふと, いれかわって, いわなければ, おそろしい違い, おつきあい, おなじです, おなじな, おなじよう, おなじ服, おめ, おもい牢, おんなじ口, お会い, お思い, お見, かわって, かわらぬ運動, きまれば, きめられたが, ぐるに, ここで, この女, この官兵衛, したらそう, したら一番神, しましょう, し男, すこしも, する, するの, すれ違いながら, そう違わない, そっくりだ, そっくりな, そっくり何だか可愛い, そののぞみ, その二つ, その他一瞥の, その作品, その奥, その実相, その性格, その文化, その環境, その生き方, その秘密, それが, それだけの, それに, それを, たたかって, だ, だら一緒, ちがい勝れた智能, ちがうの, ちがう凄い, ちがったもの, ちがわなかった, ちがわんじゃ, ちっともかわり, ちっともちがわない, ちっとも変り, つき合うたため, できない人間, とっ組みあって, どこに, なかよしに, なったか, なったの, なった後, なった新しい, なっても, なにを, ならなかったころ, なり, なりたいと, なりたいという, なりつつ, なりて, なりました, なりますため, なり労働, なり政吉, なり果てた, なり逸子, なるでしょう, なるとき, なるの, なるのみ, なるべき原因, なるまでには, なるゆえん, なるよう, なるん, なる常道, なれるの, なろう, にらむな, にらんだから, ばかな, ひとりの, ほめよう, ほんの少し, みえる, みくびったの, みては, みなさねば, よぶよう, わかったので, わずかの, イツシヨに, キタナイ人間との, クサカとを, コンクリートを, チットモ変らない, ピッタリ握手, ヘンデルの, 一かたまり, 一つには, 一匹の, 一口に, 一緒でない, 一致しないごとく, 世の中は, 世路の, 世間と, 世間に, 丸で, 争つて互に, 事変と, 事業について, 二ツ合し, 二人が, 云いヒューマニティー, 云うこの, 云うやつ, 云うよりも, 云う意味, 云う点, 云う者, 云う足, 云えば, 云って, 云へ, 云もの, 云わなければ, 云わねば, 交ったもの, 交らなかっ, 交わって, 交渉を, 交際し, 交際した, 人前に, 人生を, 人間たま, 人間と, 人間としても, 人間とは, 人間は, 人間を, 人間同士の, 人間国と, 人間関係を, 今の, 仕事が, 他人に, 伍を, 会うとき前, 会ふとき, 似通うた部分, 何も, 何ら違った, 余り変り, 作品を, 個人的なる, 傲語する, 全く同様, 全く無関係, 共に楽しむ, 共に踊り, 其営みとを, 其本性を, 出会ったよう, 出会わないよう, 出逢, 出逢う, 別に大した, 剣を, 動物が, 動物とでも, 動物一般とを, 化けて, 化合した, 区別されない, 協力する, 厭な, 反対側の, 取っくみあって, 受取れない, 合の子の, 同じう, 同じか, 同じくらい, 同じく動い, 同じく神神, 同じく貞子, 同じほど, 同じ一個人, 同じ人間, 同じ体重, 同じ家, 同じ家屋, 同じ恰好, 同じ様, 同じ痛み, 同じ知恵, 同じ者, 同じ野郎, 同一だ, 同一人, 同席では, 同形を, 同書曰ふところの, 同様の, 同様抽象的である, 名付けるあなたがた美, 呼ばれる種族間, 呼ぶの, 呼んで, 品物との, 善いこと, 土くれ, 地球の, 埃ばっかり, 声とが, 変った新しい, 変らぬ老獪さ, 変りない大き, 変るところ, 変わりません, 大地へ, 大差は, 天使との, 天地の, 契ったが, 契りて, 奴隷との, 妖精とでは, 妥協する, 婚する, 存在条件との, 季節との, 学問との, 学問上の, 定める事, 宥されぬ, 寸分たがわぬ, 対立し, 小鳥とは, 少しばかり, 帽子との, 彼すら, 彼等の, 彼自身の, 心の, 思いお, 思うが, 思うこと, 思うと, 思うとるから, 思う様, 思おうが, 思はれて, 思はれるお客, 思ひ込むに, 思ひ込んで, 思われちゃ, 思われて, 思われないの, 思われぬ, 思われるよ, 思われる部隊, 思想の, 性慾, 恋愛する, 恐るべき言語, 悪い奴, 悪弊とを, 成り下がって, 成り変つて, 戦って, 所得を, 承知で, 接触し, 放れて, 政治とを, 数十の, 数正の, 文学とに対する, 斯う, 旗とが, 昆虫と, 明るく暗く錯綜, 明るみに, 最も不思議, 最も縁, 未知の, 来たらあれ, 来ては, 格闘し, 格闘する, 樹とに対する, 機械とが, 機械機械と, 歴史的に, 死人ほどの, 民族の, 水との, 没交渉で, 法律との, 無い人間, 無実の, 牛を, 物資の, 犬が, 犬との, 狸の, 猛牛, 猛獣との, 猩々と, 猿とは, 猿とを, 獄とは, 獣との, 獣類が, 現代の, 理解し, 理解し合うには, 生きた馬, 生とを, 生まれて, 生まれながらなじかは, 生れたからは, 生れたの, 生れた価値, 生れた効, 生れた宿世, 生れた宿業, 生れた甲斐, 生れてから, 生れなければ, 生を, 生涯の, 申さなければ, 申しましても, 男性実際, 畜類の, 異った, 異なること, 異なるという, 疑って, 発句の, 相争う, 相對, 相識る, 相違は, 真正面に, 睨み合ったとき, 知りあうこと, 知る由, 社会とに対しても, 社會と, 神の, 神また, 神乃至運命との, 神様との, 私を, 科学との, 称する此二足動物, 稼いでも, 突合わし, 競争し, 精神病患者との, 結びついたもの, 結婚しよう, 結婚せん, 緻密な, 羊とを, 考えた, 考えたの, 考えようと, 考えるよう, 考へ家族, 聞きつけない言葉, 肉体の, 背中合わせに, 自分たちの, 自分という, 自分との, 自分ながら, 自動車と, 自然あるいは, 自然とは, 自然とへ, 自然を, 自然界の, 自転車の, 致しましては, 良く出来ぬ, 色彩と, 草木とは, 荷物との, 荷物を, 葬式の, 虫けらを, 蛙は, 表裏を, 見えたの, 見えますかね, 見え床の間, 見せかけて, 見たらすぐ, 見て, 見なければ, 見ゆれど, 見られて, 見るより, 見れば, 見積もられたの, 見誤りしなり, 覚しき労働者風, 親しく交っ, 観ずる寂寞, 観人間的解釈, 解釈した, 触れ合うこと, 言うよりは, 言う言葉, 言ふで, 言へ, 言われる人, 許して, 詩や, 認めるわけ, 調和する, 談話を, 謂つた人たちの, 識り合い, 豚と, 資力を, 起源を, 通信したがる, 逢い襲われそう, 進化し, 遊ぶよりは, 道具とを, 違ったところ, 違った一つ, 遺物が, 邂逅しなけれ, 金を, 金網と, 間違へ, 関係づける, 關係殆ど絶えたる, 附き合, 隔離した, 雑居する, 離れた故郷, 離れ過ぎた感, 霊物とで, 面会する, 顔を, 類似の, 馬だけは, 馬車とが, 魔の, 魚と, 鳶とは, 鶏だけ, 鼠とは

▼ 人間~ (1015, 1.7%)

6041 ということ 29 と思っ 19 と思う 17 から 151310 といふ 8 からね, と云う, と思った, もの 7 というの, と思ふ 65 ぜ, ぞ, と思つて

4 [12件] からその, からである, からです, から何, かわからない, つたのである, とは思われない, と云, と思います, と思われ, と自分, なあ

3 [20件] え, からいつ, からそう, からそんな, からだ, が, がこの, がその, といっ, とお, とは思っ, とは思つて, と云っ, と思, と思いました, と思ってる, と言う, なんて, もん, 自分の

2 [58件] からあなた, からお, からこんな, からそれ, からで, からどんな, からな, からまア, から今, から先方, から君, から心, から我慢, から明日, から過失, か土, か知らない, か自分, がそれでも, がたつた, がね, が何ん, が女, が金, けれどそら, しその, しそんな, つたに, つたのです, つたのよ, つた事に, という, というよう, というん, という事, という気, という点, といふ風, といわれ, とおれ, とすぐ, とする, とすれ, と云つた, と云われ, と信じ, と分っ, と思い込ん, と思え, と聞い, と自ら見積, と見え, と言っ, と言った, のに, ものでも, ア, 人間だ

1 [520件 抜粋] あ, あね, あれこそ, あれには, あ化物, いくら下手, いと大きな, いや邪魔, うんことに, おなかは, おめ, お前に, お松の, かあなた, かえたい, かけだ, かこりゃ, かということ, かどう, かどんな, かなにとぞ, かはっきり, かひとつ, かも解らなかった, からああ, からいかなる, からいけない, からいろいろ, からうんと, からええ, からおとなしく, からお袋, からかぎ, からここ, からこそいや, からこそここ, からこの, からさ, からしたがって, からすこしも, からせめて, からそりゃ, からそれ以上, からた, からただ, からたま, からってそれ, からという何, からという簡単, からとにかく, からと云, からどう, からどんなに, からなあ, からねえ, からね決して, からのろのろ, からばか力, からべつに, からもう, からわけ, からゴッホ, からナ, からヌケヌケ, から一歩, から上野, から下らな, から世間師, から事, から云う, から云わん, から京都, から人, から今にも, から今度, から何とも, から僕, から兄貴, から先刻, から分りゃしない, から別に, から厭, から可愛, から君たち, から地球博物館, から堕ちる, から大事, から女, から彼女, から怒れ, から怨み, から悪い, から憎い, から懐中, から捻る, から文士たち, から旅宿, から時, から暖, から暗い, から根, から殿, から洞庭湖, から深く, から無害, から生かそう, から相手, から真, から矛盾, から神樂坂小町, から空恐ろしい, から終い, から經濟思想, から聞かれない, から血, から裸, から話しかけ, から誤り, から誰, から貧乏, から近頃, から遅かれ早かれ, から酒, から鋼鉄車, から面白, から頼まれ, から首, から馬鹿, から駄目, かわからなくなっちまいます, か一つ, か人間, か何だか, か兎, か分る, か判らない, か動物, か化け物, か悪い, か本人, か機械, か猫, か猿, か甲斐, か知っ, か知ってる, か能, か荷物, か蝶, か見, か見分け, か言っ, がいったい, がお, がお前, がかか, がこうして, がこれ, がさすが, がそれにしても, がただ, がただちに, がとにかく, がもし, がやつら, がゆうべ, が二ヵ月, が付け文, が伊勢屋, が余, が先祖, が其様なに, が剣道, が君, が如来様, が官兵衛, が当局, が彼, が彼ら, が往生, が思いの外金, が思いやり, が悪党, が惡黨, が憎む, が此上, が石橋山, が行, が顔, けどこの, けれどどうも, けれどもどのみち, けれども人, けれどやつぱりブルヂョア, けれど思案, さ離し, しお婆さん, しかも同時に, しきりにいつ, しどういう, しどんな, しなんにも, しまた, しよそ, し君, し女, し家庭, し洗礼, し花, し若い, し金兵衛さん, せめてその, ぜくい, そうだろう, そうである, そうです, そう思っ, そして人間, それでも家, それを, ぞと心, ぞと思い込まし, ぞばか, ぞよ地主, ぞッ, たまには, だから泥棒, っけ, つた, つたかも, つたから, つたが, つたと, つたなら, つたのかと, つたのが, つたのだ, つたので, つた今は, つた句作したい, つた彼に, つた記憶の, つた頃己の, つてありませんだ, つてあゝ, つてお, つてけつきよく, つてことは, つてさうな, つてたくさんウロウロ, つてわたくしの, つてゐない, つて三服四服はつ, つて乗合馬車位の, つて希望は, つて書けねえ, つて爪の, つて生きてる, つて違ひます, つて間違ひといふ, つて間違ひと云ふこ, と, というふう, という他, という信念, という心持, という看板, という確信, という考え, という自負, という証明書, といえ, といえる, といってる, といはれ, といふやう, といふ感じ, といふ考, といふ逆説, といわざる, とおっしゃるなら, とおもった, とお笑い, とかえって, とか博愛万歳, とか文化, とか武蔵坊弁慶, とか考える, とくりかえし叫んだ, とさえ云わね, とさえ考える, とさびしく, とさわい, としたら, としてもしかし, としてもヘレン, としましょう, とその, とつくづく, とてこんなにどっさり, とても助言, とて同じ, となっ, とにらん, との自覚, とはいかにも, とはいわない, とはとても, とは今, とは心, とは思えない, とは思えなかった, とは思えなくなった, とは思はれない, とは思はれなかつた, とは思わない, とは思わないだろう, とは思われなかった, とは思われぬ, とは気, とは気がつい, とは疑っ, とは知らなかった, とは考えられなかった, とは肯けなかった, とは見えなかった, とは見受けられない, とばかりおもっ, とばかり思つて, とばかり考え, とふだん, とみ, とも, ともいわれ, ともおもわない, とも思わない, とよく, とわかる, と中毒量はるか以下, と云った, と云つて, と人々, と仮定, と仰し, と信じ切, と僕, と内心軽蔑, と分つ, と卑下, と呟い, と呼ぶ, と固く, と威張っ, と少々, と幹男, と弁護, と得てして, と心, と思い, と思いがち, と思いこん, と思おう, と思はせる, と思はれる, と思ひ込んだ, と思へ, と思わず, と思わせる, と思わない, と思われたい, と思われよう, と思召, と悟る, と意識, と感じられた, と感じる, と承知, と早合点, と気づかれない, と氣, と熟, と理解, と相手, と確か, と私, と私達, と称えた, と絶えず, と考え, と考えた, と考える, と考へ, と考へる, と自称, と見, と見られたくない, と見込んだ, と観念, と言えます, と言っただろう, と言ふから, と言われれ, と非常, と面白, と頭, どれだけの, どんなにおれ, なあ誰, なと即座, なと思う, なと思った, などということ, などとはそれ, などと思われたくない, などと熱, などと説明, なにも, なんて思っ, なんて恐ろしい, なんて気づかなかった, なッ, ねアレクセイ, の, のいう, のが, のにこの, のにね, ばかな, みんなおなじに, みんなそうだ, もしコルマック・コンリナス, ものこの, ものそう, ものそれ位の, ものたまには, ものどこまで, ものね, ものまさか, もの何密夫を, もの誰だって, もの遠慮は, もんなあ, よおまえさん, よそう, よたしかに, よだが, よぴちぴち, よ二十九歳, よ人間, よ俺, よ愛, よ熊, よ確, よ落着, よ行, わえ, わしは, わね男らしく, われわれロシア人や, アから, ッた, ナア, 不正不義と, 人間である, 人間の, 人間らしく振舞っ, 何を, 俺あ, 俺の, 八年まえ, 哲学者と, 夜っぴて起き, 天皇も, 女けが無く, 対座し, 己は, 年頃は, 彼は, 惡口を, 教頭ひとりで, 晩かれ, 武勇一徹とは, 油断も, 無分別だ, 特に酒, 猫の, 理論とか, 社会の, 私に, 素面の, 自分が, 自分に, 血あり, 親代々の, 角力取遊人世話役親方等々の, 詳しい症状, 誰かの, 隙間などから, 電線だ, 馬券買っ

▼ 人間~ (978, 1.6%)

87 なもの 58 主體 1511 である, な力 10 なこと 9 な条件 8 な愛, な生活 7 では, なるもの, な余りに, な要素 6 な感情 5 な内容, に, 弱さ 4 であること, であるの, な印象, な幸福, な弱, な心持, な意味, な愛情

3 [20件] であった, であつ, であるから, であるという, なの, な声, な大, な心情, な抑圧, な根拠, な概念, な欲求, な気, な物理学, な知性, な立場, な表情, にした, になった, になつ

2 [70件] だ, だった, だと, であって, であるが, でない, という意味, と呼ばれる, なあらゆる, なこの, なすべて, なつながり, なところ, なまでに, なパッション, な世界, な事情, な人間, な仕事, な何, な修養, な働き, な優しい, な努力, な労働, な動き, な動機, な反省, な同情, な善良さ, な圧力, な場所, な姿, な尊厳, な差, な弱点, な性格, な情念, な情緒, な感覚, な権利, な欲望, な活動, な涙, な深, な現実, な生命, な神, な素質, な自由, な芸術, な行為, な貧し, な進歩, な鈍い冷たい, な雰囲気, な面白, な餘, な高, にされ, になり始める, には彼, にも文学的, に彼等, に愉快, に扱った, の力, の美, めざめを, 反人性的

1 [480件] えらさ, たり得る, たること, だった時期, だという, だな, だらう, であたたか, であったか, であったかを, であったなどと, であった所以, であっても, であまりに, でありあれ, でありいはば, でありいわば, でありその, でありどちら, であり人間, であり後者, であり得るし, であり情緒的, であり自然科学, であり銀子, であるか, であるかといふ, であるかを, であるため, であると, であるといふ, であるとは, であるに, であるよう, であるよりも, でかつ, でその, でないという, でないとして, でないもの, でない崇高, でなかつた, でまた, でも, でもっとも, で個性的, で具体的, で冷静, で古い, で同時に, で彷徨, で私, で苦しく, で苦痛, で赤裸, といい得る, というの, という言葉, といえた, といはれる, といはれ得る怒, といふ, といわれる, といわれ得る怒, とすれ, となつて來, とも謂うべき, と云う, と怪物的, と考えられる, なあた, なあの, なあまりに, なある者, ないきいき, ないろんな, なお, なおもしろ, なかびくさい臭, なきのう, なさまざま, なそして実は, なたたずまい, なたより, なつつましい, なつよ, などこ, などと呼ばれなかった, なは, なまた, なゆき子, ならぬ直, なるとともに, なるどんな, なるより, なるを以て, なるファインさ, なる人間中心的, なる故に, なる犯すべからざる意義, なる血液, なわれ, なギリシア, なグロバリズム, なジャーナリスト資格, なセンセーション, なデリケートさ, なプラス, なムジュン, なモラル, なライラーテ, なリアリスティック, なリリシズム, な一つ, な一条, な一部分, な一面, な不幸, な中味, な主観的, な争閨, な事実, な交渉, な人, な体現, な体験, な佛像, な価値, な価値判断, な侮辱, な偉, な優し, な優位性, な先生, な光彩, な全面, な共に, な共同生活, な共同精神, な内奥, な内面, な処理ぶり, な分子, な刺激, な前進, な功名心, な労働条件, な勧善懲悪主義, な化身説, な半面, な協調, な危期, な厳格さ, な又は, な友だち, な可能性, な合理性, な同感, な同時にきわめて, な味, な味ひと, な味わい, な問題, な善意, な変化, な外部的, な多く, な夢, な天才, な夫, な奥行, な好奇心, な妄想, な威壓力, な存在, な孤独, な学究, な官能, な宣伝, な害悪, な審美感, な対等, な尊敬, な小さな, な小説, な差別, な希願, な幸, な強圧, な形, な役目, な従って, な微笑, な心, な心理, な思いやり, な恋愛, な恐ろし, な恩愛, な悩み, な悲劇, な悲愴さ, な情味, な情感, な愉楽, な意志, な意欲, な愚, な感じ, な感動, な感化, な感情上, な感激, な感覺, な感銘, な態度, な憂愁, な成長, な我慢, な或, な或いは, な戦い, な探偵, な接触, な損傷, な擅断, な教養, な敬虔, な文化的権威, な方面, な時間, な最も, な本然的, な本能, な本質, な本質的, な枯淡さ, な根據, な模写, な権力, な欠陥, な死, な殊に, な残虐, な段階, な母子, な気持ち, な浄ら, な浪費, な淋し, な深刻さ, な温い, な温かい, な準備期, な激昂, な点, な無, な無為, な熱意, な片鱗, な牢獄, な物思い, な特別, な犠牲, な猿, な現世主義, な現象, な理性, な甘, な生き方, な生活感, な疎外, な疎外化, な目標, な眼, な知恵, な短所, な研究, な確信, な礼拝, な社会, な社会現象, な社会理念, な社会進歩, な神秘, な稚い, な立派さ, な範囲, な精力, な精神, な純, な素地, な統一, な総括的, な美, な美し, な美的生活, な義, な義務, な羽ばたきである, な自由さ, な自覚, な興味, な興味価値, な良, な良心, な色彩上, な苦し, な苦悩, な苦悶, な苦酸, な葉, な虚偽, な行い, な行動, な行為的, な行違い, な表現, な表面的, な複雑, な要求, な親しい, な親しみ, な親近感, な観, な記録, な話, な話しかけが, な認識, な誠実, な論理, な豪, な足跡, な逡巡, な連中, な週期性, な過去, な選択, な部分品, な長所, な関係, な電磁波, な非, な顔, な顔貌, な風習, な香気, な高熱, な齒, にあつかわれた, にあらせる, にあらわれる, にいかがわしき, にいわゆる, にさも, にし, につかまえ, にない, になされる, になすでしょう, にならざる, になり得るらしく信じ, にはこの, にはたしかに, には両方, には信用, には哀れむべき, には夫婦, には尊氏, には幸福, には獄, には疑, には自然発生, には謙遜, には重, にまし, にまであの, にまで狂暴, にむしろ極めて, にも作家的, にも光り, にも凡俗, にも幻滅, にも思慕, にも把掴, にも精悍, にも肝要, にも非常, にウーン, にドメスティック, にプラス, に一つ, に一段, に一貫, に云っ, に云った, に互, に交錯, に今, に低め, に低俗, に余りに, に処理, に分類, に反撥, に取扱, に取扱う, に向上, に大, に完全, に宗教的感情, に実に, に尊氏, に展開, に岩, に師事, に引き戻す, に徹底, に恐らくは余りに, に愛し得る, に感覚, に昇華, に活かす, に無知, に犬, に率直, に生きぬこう, に生きよう, に生きる, に社会, に社会的, に育つ, に育て, に見くらべ, に見る, に観察, に解放, に解釈, に言, に読む, に論じられ, に通用, に過ぎた, に非常, に餘, に高級, に鬢髪, に魅力, の世界, の交渉, の仕事, の修養, の創造者, の叫び, の性格, の性質, の感じ, の決心, の理想, の生長, の精神, の苦悩, の親性, の魔力, 主體自ら, 仕くみ, 低卑, 余りに人間的, 再出発, 又は作家的, 及び文化的, 問いかけの, 強さ, 深さ, 突こみを, 親しさ, 諸感情, 諸要素, 諸関係, 超社会的関係

▼ 人間~ (906, 1.5%)

23 というもの 10 の主張, の解放 8 といふもの, の発展, の自覚 6 の中, の恢復, をゆがめ, を無視 5 の問題, の自然, を解放 4 である, の一つ, の最も, の発露, の省察

3 [26件] がある, とその, と文化, に根ざした, のうち, の一面, の上, の内容, の再, の尊貴, の尊重, の底, の探求, の本質, の根本, の流露, の深い, の確立, の表現, の覚醒, の観念, の課題, の高揚, をその, を主張, を恢復

2 [72件] からの人間性, からの解放, がより, が何, だと, というの, という点, とそれ, との複合, なの, にとつて, に基く, に就, に於, に解釈, のあるべき, のこと, のため, のなか, の再建, の分裂, の喪失, の回復, の地盤, の実現, の尊厳, の展開, の弱点, の復活, の悲劇, の抽象的, の拡大, の探究, の概念, の横溢, の浪費, の為め, の無, の無視, の特徴, の獣化, の発見, の破壊, の破壊者, の秘密, の立場, の純, の肯定, の自由, の虐待, の評価, の追求, の陶冶, はその, は変化, への省察, や良心, をほりさげる, をもっ, を不当, を刺激, を否定, を失い, を守ろう, を尊重, を強調, を忘れるなら, を描く, を文学, を現, を見る, 大きい才能

1 [558件 抜粋] か, からこの, からのぬけ, から人間, から超絶, があった, があらゆる, がありがたかっ, がいかに, がさまざま, がその, がそれ, がどこ, がない, がのびきらない, がひどく, が人間, が劃出, が勝負師, が卑屈, が即ち, が取り返された, が完全, が欠け, が無限無数, が現われ, が生れる, が美しき, が芸術化, が蔓, が豊か, が輝く, が過去, が部分品視, が金, が長篇, さえも畸型, さえ抹殺, その全, だけを彼, だとでも, であり人間性, であるという, でないもの, ではそれほど, で人類, で逆, というかあるいは, というよう, という三つ, という方, という自分, という言葉, という評価, といふやつ, といわれる, とかいうもの, とかいう心情, とかといふもの, とかはこういう, とか云え, とか何, とか良心, としてもかえって, として感じられる, として見る, とそして, とでもいふべきであらう, となっ, との奥深き, との官能, との表示, とはかかる, ともいうべき, とを切り離し, とを更に, とを最高, とを焔, とデスデモーナ, と半分, と堅実, と女性, と狂暴, と理性, と申すべき, と真正面, と社会事情, と社会性, と絡ん, と聯関, と芸術性, と非人情, などというもの, などは彼, なるもの, にあき, においてこそ初めて, においてとらえ, においての抗議, において成り成らん, にかえりみ, にこのまし, にさ, にじかに, にその, にそれ自身経済的, にたいして寛大, についてその, についての二元的, についての根本的, について又, について訴えはじめ, について語りました, について語るだろう, につながる, には乏しい, には物理, にまで即ち, にまで導くべきである, にまで掘り下げ, にまで自, にめざめ, によって大成, に加えられた, に反し, に反射, に外, に富む, に対して彼ら, に対し深く, に対する侮蔑者, に対する叛逆, に対する新しい, に対する最初, に屬, に徹, に徹し, に感銘, に批判, に放つ, に於ける, に明, に根ざし, に歩み出した, に注意, に率直明白, に発見, に目覚めた, に目覚める, に目覚めるであろう, に直属, に矛盾, に禀具, に立脚, に結合, に觸, に訴える, に認識, に迄ふれ, に遺伝, に醉, に関して何, に関するもの, に関わる, に饑ゑて, の, のあらゆる, のある, のいたましい, のおもしろ, のきよら, のさまざま, のそういう, のそれ, のどの, のどれ一つ, のどん底, のひきつぎ, のひとつ, のぴくぴく, のふた, のむき出された, のもっと, のもっとも, のもり, のゆえ, のゆたかさ, のよ, のより, のよわい, のテーマ, のリアリティー, の一側面, の一断片, の不当, の不足, の両面, の中心, の主要, の争闘, の井戸, の仮象, の低級, の係争, の假象, の偉大さ, の先験的, の全, の全体的表現, の全部, の内, の冷酷, の剥奪, の動き, の勝利, の勝敗, の卑屈, の原本的, の及ぶ, の反映, の叛乱, の叫び, の可能, の向上, の否定, の命令者, の啓発, の善い, の地獄, の奔流, の如何, の姿, の守護神, の完成, の実在感, の実話的表現, の客観的, の實, の弱点ぐらゐで, の強, の復興, の徹底的, の悲哀, の情緒, の情線, の意欲, の把握, の抽象化, の支柱, の教育, の新, の新しい, の新た, の方向, の明る, の明朗さ, の時代的, の普遍, の最深, の有する, の本然, の本能, の本能的, の根原, の根柢, の極度, の様々, の機械化, の止み, の正確, の歪み, の歪められ, の歴史的矛盾, の汚れ, の没却, の油, の活躍, の深刻, の深部, の清潔, の濃度, の無意識的快感これ, の無限, の現われであり, の現実, の理解, の生面, の疎外, の痛切, の発達上, の登場, の發展, の皮膚, の真剣味, の真実, の真相, の矛盾, の砦, の確保, の稟有, の積極, の積極性, の範囲, の粗末さ, の精神的要素, の約束, の純真純美さ, の結晶, の美し, の美点, の群像, の習作, の自主, の至, の苦しみ, の苦悶, の虚偽性, の要素, の見, の諷刺, の諸, の講演, の讃美, の豊富さ, の赤裸, の超越, の迸出, の逆説的, の通俗, の進歩, の道徳, の邪道, の重大, の開花, の附属品, の陥り, の離反, の霊的, の露出, の非力化, の非合理的, の願い, の飛躍, の高められた, の高貴, の麻痺, はあり得る, はかなぐり捨てられ, はすでに, はどう, はイカサマ師, はデスデモーナ, はメチャメチャ, はロマンチシズム, は一つ, は万人, は何人, は排した, は無限, は男女, は畢竟, は知らね, は過去, は重き, への信, への反逆, への広い, への神性, への自覚, への裏切り, への解放, への追求, も, もあります, もっとも複雑, も不知, も人間理性, も健やか, も良心, も解放, やまた, や人類, や欲望, や真実性, や道徳, よりい, よりひろく, をいじけさせ, をおさえつける, をおのずから, をかえりみ, をこの, をころした, をさかむけ, をさします, をとおし, をとつき詰め, をどの, をどれほど, をひどく, をぼんやり, をゆすぶる, をゆたか, をよく, をより, をオモチャ, をファシズム, を与えた, を主題, を乱舞, を云云, を互いに, を何, を余りに, を侮蔑, を保ち, を信じ, を信じる, を全く, を内容, を劣情, を十分, を取り上げ, を取り戻す, を取り返す, を向上, を唯一, を嘲笑, を圧し潰し, を埋められる, を塗り立て, を失, を失った, を奔騰, を奪う, を守り, を巨大, を帰納, を度外視, を引き出し, を強く, を征服, を心から, を忘れん, を意志的, を感じ, を感ずる, を成就, を抑えつける, を持つ, を描い, を描きだそう, を擁護, を殺戮, を求めた, を求める, を没却, を消滅, を溢れさせました, を濁らせ, を無限, を熱愛, を理想化, を理解, を発揚, を発揮, を発散, を発見, を皆, を知らせる, を研究, を示す, を積極的, を立派, を精錬, を納得, を細かい, を結婚, を絶大, を育て上げた, を自分, を蔑ろ, を見つけた, を見出す, を見失うまい, を認め, を護り, を讃美, を超越, を通してすでに, を通じて世界文学, を還元, を重んずる, を重圧, を鍛え出す, を隈, を高める, 即ち不, 即ち短い, 及び人間性そのもの

▼ 人間~ (875, 1.4%)

7 あるもの 6 ある, 他の 5 いるが, こうなっ 4 あった, あるの, いる, いるの, 亦た, 動物も, 同じこと 3 こうなる, 出て, 少しは, 少なくない, 自然も

2 [60件] あったもの, あらゆる場合, ありますが, ありません, あること, あるぜ, あるだろう, あるに, あるん, あれば, いた, いっしょに, いて, いるだろう, いるもの, お前の, こうまで, このくらい, この要素的世界, すくない, ずいぶん多い, たまには, なくお, なければ, みじめだ, ゐること, 世間には, 世間も, 五十人三十人の, 住んで, 出来て, 同じだ, 同じよう, 四十に, 多少は, 少くなかった, 尠い, 居る, 年代も, 悉く敵, 正直で, 沢山ある, 溜める人間, 潜れないこと, 無事だ, 無縁だ, 犬と, 犬も, 猫八はじめ芸術家達なども, 矛盾が, 私です, 素直で, 自分の, 自然の, 色んなこと, 遊山が, 須く, 鱶鮫も, 鳥獣も, 鶏も

1 [683件 抜粋] ああし, ああなっては, ああ来なくっ, あきて, あそこまで, あって, あつて, あの鳥共, あまり利口, あまり我侭, あまり賢く, あらあらとして, あらゆるもの, あらゆる犯罪, ありえないほどの, ありました, ありますけどね, ありまするで, あり默つて, あるいは今後, あるかと, あるからネ, あるが, あるし, あるには, あるはず, あるめ, あるよ, あるらしいでは, ある事, ある様, ある程度の, あろうが, いいという, いかなる理性, いけないあの, いけないと, いたある, いたであろうし, いたには, いっぱしな, いとも弱い小さい, いなくなって, いますが, いますよね, いよう, いるから, いるっていう, いると, いるという, いるに, いるもん, いる乱世, いる又, うじゃうじゃ出, うっかりし, うわば, おだやかに, おとなしく容貌, おもしろい気, およばないうつくしい, およばんところ, おらぬ, おるに, おれば, おんなじだって, お仕舞, お墓, お濠, かくして初めて, かなりたくさん, かなり単純, かなり高い, からりと, かわいそうな, かわりは, こうしてできあがっ, こうしてチャン, こう甲羅, ここでは, ここに, ここまで, こしら, このこと, この後光, この猫, この空間, この美, この規則, この霊地, この香り, これで, ころがされるしまつ, こわいとある, ございます, さうし, さうだらう, さまざまです, しっかり縛っ, しまいには, すぐ見破つ, すっかりあわて, すべてこの世が, すべて他の, すッ, ずるくなる, そうかも, そうなっ, そう云う, そこでは, そこに, そこらに, そのうち寂滅, そのおわん, そのま, その一部分, その人間固有, その才能性格, その日, その條件, その真似, その通り, その間に, それと, それに, たいていやりきれた, たくさんあります, たくさんある, たくさん棲ん, たしかに必要, たべられると, たべろと, たまに得, だいぶ殺しました, だいぶ見ました, だれの, ちがって, ちょうどそういう, つくりはやく, つまらないと, できない人間, とんと変り, とんびも, どうする, どことなく鷹揚, どこに, どの人間, どんな事, どんな境遇, ないだろう, ないで, ないであろう, ないわけ, なかった, なかったであろう, なかなか利口, なかなか如才, なかろうし, なくすべて, なくは, はきはきし, ばかでは, ばかに, ひとりで, ひどくお, ふくめて, まず一人並, またあいにくきわめて, またいまだ, またかかる, またこんな, また偶然, また切れ切れ, また商品, また少なかっ, また幾多, また現在, まだ稚, まだ追い付い, まるで小さな, まれには, みなそう, みな海水に, みな震え上がった, みんな正直に, もうおしまい, もはやこの, やがて蒸し殺され, やはり自然, やはり自然界, ようやく政策, よくねえ, よく自分, よりさらに大きく, よろこぶ, よろしくない, わたくし共に対しては, わたしたちの, われわれは, ゐるから, ゐるの, セパードみたいな, センチメンタルであり, ツイ人付き合いに, ドマグレた, ハンスの, モスク, 一しょに, 一つの, 一人ぼつちで, 一匹の, 一年間社会から, 一段と悧巧, 一生懸命に, 一緒に, 万策つき, 三十に, 三年経て, 下ると, 不健全な, 世界における, 世話アねえ, 世間に, 乾燥室も, 事歴も, 二の足を, 二三人ずつ, 云つてゐる, 五六人斬られ, 亦かく, 亦その, 亦実に然, 亦少, 亦最も, 人生観も, 人間, 人間うら若い, 人間人間の, 人間容易ならぬ, 人間研究という, 伊太郎の, 住まわれよう畑, 何にも, 何らの, 何度同じ, 何等の, 佛に, 使えば, 信長の, 俺見たい, 倍増悧巧だ, 傷ついて, 僕が, 僕は, 價の, 價値が, 入りこまないの, 全く勝手, 全然ちがっ, 共に動かない, 共に幻像化, 其の有力, 其処に, 初めの, 動物で, 動物でしか, 動物です, 十人ばかり, 千年くらい, 半分に, 厭は, 又北海道, 古風です, 同じやう, 同じ事, 同じ吉岡清十郎, 同一じゃ, 同様で, 同樣, 名誉心を, 名譽心, 哺乳獣の, 唯々として, 嘸嬉しから, 噛み合い出した, 四つ五つの, 四十歳位に, 団体の, 固まって, 土塀に, 圧力の, 地獄の, 地球の, 堅くて, 声を, 変って, 変れば, 多い, 多いし, 多いん, 多く家作, 多少この, 夜は, 大いに重用, 大きな仕事, 大丈夫だろう, 大丈夫です, 大切でなく, 大多数, 大概揃った, 大臣か, 夫婦の, 好きぢや, 子を, 存外迂, 学としての, 学者も, 宙に, 実利主義者も, 家賃の, 寡く, 實に, 小さな団体, 小羊, 少しく緊張, 少ないし, 少ないであろう, 尤もらしく, 居さ, 居そう, 居なかった, 居りますが, 居るが, 居るの, 居るん, 希望を, 希望氏に, 常に自然生活, 年を, 年三十に, 幸福である, 彼が, 彼の, 彼程に, 復興した, 心の, 忘れ野心, 忘却した, 忙が, 性悪しと, 恩給もらう, 悠久なる, 悪くなかった, 悪くなし, 悪く変わっ, 悪魔も, 慾だ, 成るべくポオル, 我輩の, 或る, 批評される, 揃いやした, 改良は, 文芸も, 早や, 昔の, 時にはかかる, 暮しかたも, 書く人間, 有るが, 有ると, 木の葉と, 末です, 本質的には, 来ない鴉, 東京の, 根は, 案外少く, 棲むよう, 樺太まで, 正直である, 正義や, 武者修行中に, 武蔵の, 殖えて, 殺される人間, 殺される側, 決して馬鹿, 活動的と, 渡鳥の, 滅多に無い, 漸く成熟, 濡れて, 無いで, 無かつ, 爾の, 牛も, 物と, 特に不幸, 特に少なく, 犢鼻褌一つで, 犬以下でなくなった, 狐も, 猿も, 現われねえの, 現われるもの, 生の, 生れ出且つ, 異様です, 発達しなけれ, 登って, 皆心から, 相当な, 真に汝, 眼に, 着物も, 矢張り一つの, 知らない間, 知恵の, 碌な, 確りし, 社会と, 社会も, 神様みたいな, 稀には, 等しく人間, 簡便だ, 米を, 紅葉の, 純一無垢な, 純粋の, 素直だ, 結局は, 絶望は, 縁の, 罷めて, 美しいけれど, 老境に, 聢りし, 自分と, 自然淘汰に, 船も, 良い本, 草木も, 萬物の, 落ちぶれると, 落目に, 虫も, 蚤も, 蛇の, 蝸牛や, 蟻も, 血漿の, 見あたらぬが, 見えず静か, 見たであろうし, 親切であり, 観事, 謀み得ない, 變ツて, 貝殻の, 貴女がたの, 赤沼の, 近代に, 返事が, 追い立てて, 通りは, 通る, 通わぬ難所, 遂に見つける, 遊んどる暇, 道具かも, 違うし, 遭ったこと, 野良犬も, 銅臭に, 閨情に, 随分あります, 随分ある, 随分わがまま, 随分出るだ, 随分無い, 随分非道, 隨分無い, 雀みたいだ, 難産する, 非常に, 非常の, 頗る變ツ, 頼もしいよう, 頼母しく, 馬の, 馬も, 馬鹿じゃ, 馬鹿でない, 馬鹿の, 駄目です, 驚くの, 鬼畜の, 鳥の

▼ 人間として~ (779, 1.3%)

16 生きて 9 立派な 6 他の 5 女としての 4 なすべきこと, 人間の, 描かれて, 生きる権利, 生れて, 男として

3 [11件] また芸術家, 何か, 作家としての, 少しも, 我々は, 生存する, 社会人として, 私は, 美しいこと, 自分の, 芸術家として

2 [43件] あたりま, かく漂浪, この世に, どこか, どれほど立派, どんなに立派, わたくしは, 伸びようと, 充実した, 向上し, 基本的な, 女として, 實に, 当り前の, 当然な, 後から, 必要な, 忍びざる心, 成長し, 扱われて, 振舞うべきでこせついたり, 捨て, 最も重んずる, 甚だいたらん, 生息する, 男と, 當り, 相手に, 真の, 社会に, 考えて, 自分が, 自分は, 自然に, 葬るなら止むを, 見直して, 親しみを, 通って, 通用しない, 通用する, 静かに, 非常に, 魅力が

1 [600件 抜粋] あせる心, あたへられた, あたり前の, あつかわれること, あなただつ, あなたの, あの方, あまりにか, あり得ないこと, ある成長, あんまり幸福, いいこと, いかに生きる, えらいか, お会い下さる, かかれて, かくの, かの永遠, くちおしいこと, くらさなければ, けだかいこと, ここに, このおれ, この事自体, この収税請負人, この性質, この方面, この私, これが, これに, これは, これより, さらに奉ずる, ずんと胸, そういう礼儀, そこから, そこまで, その所有, その頃, それ相応の, そんなこと, そんなに恥ずべき, そんな事, たいへん後悔, ただ現在, ちょうど手頃, できうる仕事, できるだけの, です, でなく機械, でなければそれ, では, とうてい堪えがたい, とても逃れる, どうしてもあなた, どうだ, どう生きる, どこまでも, どっちが, どのよう, どの位確立, どれだけ, どんなに狭く, なくて, なって, ならずもの, なんの, のかう, はたして兄さん, はっきり理解, はなやかな, はるかに, ふとしたとき自他, ほとんど完備, ほとんど承認, ほんた, ほんとうに, ほんとの, ましな, ましに, また一国民, また同時に, また国民, また社会生活者, また私, また細君, まだ出来, まだ酢, まるで逆, めざめて, めったに味わえない, もう我慢, もっともけだかい, もっとも美しい, もっと自分, ものの, もはや許されてない, やってきたの, やりたいこと, ようも, よく生きぬかなけれ, よく生きよう, より正しく深く, より高まろう, りっぱに, わが子に対する, わたくしを, わたしを, ゴマ化しなし, スッパダカに, デスデモーナの, トルストイ夫人を, ローズものです, 一人の, 一口に, 一応興味, 一括し, 一番よく, 一番平凡に, 一番聡明な, 一番高貴な, 一笑の, 一級品である, 不幸な, 不自然に, 不良性, 世の中の, 二十年前あるいは, 亡びるだけ, 交わること, 交わろうとは, 享楽も, 人々に, 人格の, 人物としての, 人生に, 人間としての, 人間に対する, 人間性に, 人間性の, 今日うけとれる, 今日までの, 他人から, 仲間として, 伸びつつ, 低卑, 何かに, 何かを, 何も, 余り期待しない, 余を, 例外では, 信じて, 信用した, 信頼し, 修行する, 偉くなれる, 偉大な, 健全に, 健気である, 働くに, 僕が, 僕の, 僕を, 僭越な, 兄さんよりも, 充分の, 全く当然な, 全英, 公けに, 共通の, 其名の, 具えて, 再出発, 冷笑した, 凡人以上の, 出て, 出來そこない, 出来る何, 前時代, 創造の, 労働者として, 十分尊敬に, 又あんまり, 又文學者, 又画家, 又芸術家, 取りあつかうの, 取り扱われ初め, 取扱ったこと, 取扱はれる, 受けるべき程度, 口から, 各自じぶん, 同情と, 同胞として, 向上しよう, 向上する, 君は, 君らの, 吾, 周囲から, 呪咀の, 善くなります, 喩えて, 国民として, 国民としての, 在った, 墮ちたと, 大いに意義, 大きな幅, 大切な, 大手を, 大自然, 奪い得る凡て, 女性としての, 妻として, 姑と, 孤高のみが, 学ぶべきもの, 完成し, 完成した, 完成する, 実に恥, 宰相と, 密度の, 対すべきかを, 対等の, 尊くは, 尊敬され, 尊敬し, 尊敬し得る, 尊敬できない, 尊重し, 小なら, 少し頑迷, 少なくも万一の, 左程, 常識である, 平凡の, 平均の, 平次に, 平等に, 強く純潔, 当然の, 当然憤懣, 当然社会, 役に立たない, 彼は, 彼女の, 彼我打ち解けた, 彼自身が, 待遇され, 得べきだけの, 心から尊敬, 心から親しん, 心の, 必ず関心, 息吹き返させる史料, 悪くなる, 悲しむべき生活, 情愛を, 愉快だ, 愛して, 感ずべく知るべき事, 感ぜられるの, 感覚の, 成熟する, 成長の, 成長も, 我々の, 或る, 或者, 所謂幸福と, 扱いきれたらそれ, 扱いようが, 扱う, 扱って, 扱われるの, 批難されね, 拵え上げる上, 持ち得る最大, 持って, 持てぬ非, 挙止する, 振る舞われないん, 描いたといふ, 描いたば, 描寫する, 提出した, 改造し, 救はれ, 救われて, 敬意を, 文学に, 文明情操の, 断腸の, 新しい生活, 日本の, 日本人から, 日本民族の, 明瞭に, 是非訓練しなけれ, 普通の, 智慧を, 暮したこと, 書かれて, 曾呂利は, 最も卑怯, 最も完全, 最も正しく, 最も浅ましい, 最も純粋, 最も耐えがたい, 最も落着, 最も誠実, 最も警戒, 最も軽蔑, 最後まで, 最高の, 有すべきもの, 有意義な, 望ましい生き方, 本当だ, 本心に, 村の, 栄える, 根本から, 格別感心すべき, 極めて愚か, 極印を, 極度に, 楽しみを, 欠陥が, 正しくたのしく, 正則の, 此一面を, 武士としての, 歴史は, 死して, 死人にも, 死刑台に, 殉情的に, 母として, 比較的融通, 民衆として, 気に, 氣ぶつ, 決して恥かしく, 沈着で, 法律が, 活溌である, 浪費は, 深い絶望, 淺薄なる, 満足し切れない, 火も, 為すべき道義, 無関心, 熱心に, 牢屋に, 独立し, 独立した, 狭くとも, 猫より, 珍らしい, 現しうる極度, 現はれる, 現実を, 理性の, 理想化し, 生きうるが, 生きたい希望, 生きてを, 生きようと, 生きること, 生きるため, 生きるどの, 生きる甲斐, 生きる精神, 生きる諸, 生きる道, 生き復, 生れかわること, 生れた以上, 生れた筈, 生れ人間, 生存し, 生活し始め, 生活する, 生活の, 男女が, 男性よりも, 疑問を, 発育し, 直接に, 相互に, 相手の, 真剣に, 眺めて, 眼覚める, 着物を, 矢田津世子の, 確立しよう, 磨かれ練れて, 禄など, 禰宜は, 私にとって, 立場性格仕事を, 立派に, 精進し, 純情な, 純潔であり, 細々と, 繪を, 習俗に対して, 考うべき, 考えたいの, 考えると, 考える自主独立, 考え得べからざる不潔千万, 職業婦人としての, 肉を, 育ちたい気持, 育って, 能力者である, 脚本の, 自らに, 自分を, 自分達が, 自営の, 自己の, 自然といふ, 船長は, 良い人間らしいが, 良人として, 良心の, 色々悪い, 苦しかった, 苦しまなければ, 苦しみを, 苦悩と, 行なうまじきを, 見た, 見たらお前, 見て, 見ての, 見ないで, 見れば, 観察すべき, 解し難き, 解放した, 解釈する, 許されて, 許される範囲, 許して, 話すだけの, 誇るべき何もの, 認めるもの, 認めるやう, 誠実に, 誤解される, 誰か, 誰でも, 論じた人, 識って, 豊かな, 買ったん, 質の, 贅沢な, 赦すこと, 越智から, 身に, 軽蔑し, 較べるなら郭嘉, 近寄つて, 迚も, 述べられて, 退場すべきだろう, 通用し, 通用しかねる, 進んで, 進化か, 達し得る最上至高, 遠い感情, 選ぶん, 院の, 難しいもの, 面白味を, 面目を, 頼らず怨まず自己, 頼りない, 顔を, 願わしくない, 風当りが, 飮みほすべき, 馘首せられ, 高まって, 高めうるかやっ, 高められること

▼ 人間には~ (752, 1.2%)

12 相違ない 5 絶対に 4 何か, 何の, 誰にでも 3 その時代, ちがいない, できないこと, 二つの, 人間の, 出来ないこと, 想像も, 違いない

2 [31件] このこと, これと, それが, そんなこと, たった一人, どこか, どこかに, ない, なくて, なれない, わからないよう, シグナルが, 人間が, 在るという, 寿命という, 平常に, 年齢の, 性格が, 想像が, 永遠なんて, 生きる権利, 相違ありません, 社会感情と, 自分で, 自然に, 色々の, 訊く必要, 誰でも, 誰に, 誰にも, 限度が

1 [637件 抜粋] ああいう, ああいふ, あの男, あまりおもしろく, あらかじめ知恵, あらずと, あり得ないこと, ある, あるぞ, あるの, あるわね, あるん, いちいち持ち前, いったいに, いつかは, いつもおく, いつも偶然, いろいろな, いろいろの, おそれ, おぼろげながら, おもしろいでしょう, かう身分, かえって動揺, かなり親切, かまわぬが, きけんを, きっぱり分りきっ, きらわれますが, こうしたこと, この世の, この事, この弱点, この理想的, この男, ごく安全, さぞ都合, しては, しばらくでも, すくなくともその, すっかり手, すでに生物学的, そういういわゆる乱神怪力, そういう感情, そういう社会内, そういう頼り, そうも, そう云う, そう人, そのよう, その僅か, その味, その場, その犯人, その論理, その頂上, それぞれその, それぞれの, それぞれ好き嫌いが, それぞれ情熱という, それだけの, それらの, それを, それ位の, そんな生活, たかだか一月位, たからないっていうじゃ, ただ人間, たつた一つ, だれしも, だれだって, だれにも, ぢつ, つい目, つきあえない, つとまらない, つねに六感, できないよう, できない化けもの, できません, でき得ない所, とうてい信ぜられる, とうの, とてもこの, とてもむずかし, とても想像, とても聴こえない, とても苦手, とりわけて, どうかする, どうしても必要, どうしても手探り, どうしても歯, どうしても運動, どうなっ, どうにも抑える, どうも口, どんなこと, どんなところ, どんなにし, どんな人, ないぞ, ないと, ないの, ないので, なおさら通じる, なかなかおっくう, なかなかそれでは, なかなか金, なって, なにか一つ, ならないでしょう, ならなかったかも, ならなかったろう, ならんだろう, なりたくないもの, なりとうない, なり切れなかったから, なり得ないで, なれないの, なれないん, なれませんよ, なんにも聴こえない, はじめから, はっきりは, ひとから, ぴったり嵌, ふしあわせ, ふるさとが, ぶら下って, ほんと云, まだ使う, まだ見どころ, ままある, みんなそんな, みんなに, むかしの, めいめいの, めまぐるしくて, もうこり, もうこりこりしてる, もっと社会的, もはやまっ, やはりわからない, よい事, よくこんな, よく有り勝ち, わかって, わからない, わからないこと, わからないの, わからないむずかしい, わからぬどんな, わからぬの, わからぬはず, わからねえん, わからんよ, わかるまい, イクラ云っ, タイプが, プライドといふ, マチガイない, マンホールの, 一人も, 一人残らず, 一定の, 一生の, 一番肝心だ, 一種の, 一種特別な, 七転び八起きという, 不可欠の, 不可能と, 不可能な, 不平も, 不思議な, 不慮の, 両親の, 二種の, 互いに働きかけたい, 互の, 人を, 人格は, 人生の, 人間に, 人間相應の, 今とても, 他の, 他人の, 他動物, 仙人に, 仲, 住まはれなくて, 体以上の, 何かしら常軌に, 何が, 何でも, 何と, 何よりあたたかい, 何事を, 使えません, 使用させない, 信じないで, 修練という, 個性が, 個性という, 備は, 元来精神肉体中, 兎角偽り, 入り易, 全くひで, 全く無用, 全く驚嘆, 六かしい, 出会ったこと, 出來, 出口は, 出来そう, 出来ない, 出来ないの, 出来ない事, 出来ること, 出来る物, 分からない, 分からないが, 分かりません, 分らないから, 分らないほど, 判らない, 判らなかったはず, 判らなかつた筈, 判斷が, 利己主義の, 利目が, 到底そのまま分り, 到底それ, 到底同情, 到底堪え難い, 到底大家, 到底想像, 到底理解, 到底発見, 到底適, 努力より, 動機次第で, 勝てるもの, 勿論全, 危害を, 却ってよい, 厖大な, 口という, 古今通じ, 可哀そうさだが, 右に, 合性という, 同じである, 名の, 名誉心が, 向う側は, 向上心求欲心が, 呼び名の, 善いこと, 嗜好何等かの, 国籍も, 執心という, 堪らないと, 声は, 多かれ少かれこうした, 多くの, 夢が, 大和魂なんて, 大晦日も, 天壽が, 天禄が, 好んで, 妙に, 姿が, 嫉妬の, 嫉妬心の, 存しない, 存在する, 完全なる, 実に複雑, 実際そういう, 害を, 容易に, 審美的感情が, 尚更わからん, 尾崎一雄流の, 山型と, 崇高や, 常にかかる, 平凡な, 平気で, 幸先や, 幾人か, 廂と, 延板の, 弥次馬性が, 弱い者, 弱点が, 強い颯爽, 影が, 後に, 得て, 必ずちゃんと存在, 必ずまた, 必ず合理的, 必らず, 必要欠くべからざる, 忘れると, 怖ろ, 思いがけぬ, 思い違いも, 思考力が, 性慾食慾その他の, 悔悟とか, 悪意などの, 悪戯を, 悲観の, 意地という, 意志が, 愛想が, 感情でも, 感覚の, 成りっこありません, 戸外以外には, 手が, 手の, 手取早い, 手軽に, 持てない様, 振り向いても, 接触した, 故郷は, 救いが, 教えても, 教えること, 数千年の, 断じてなりません, 斯う, 是の, 普通の, 普遍性が, 智恵といふ, 智者も, 智識あり, 智識慾が, 書物で, 會つた事が, 有害であり, 朝に, 朧ろ, 未來などは, 未来が, 未来などは, 案外そんな, 楽焼きの, 構は, 権利だけ, 機械的な, 欠けて, 欲の, 正直に, 此は, 此手兒名靈堂といふ, 死という, 死傷が, 殆ど想像する, 殊に, 殊に山岳崇拝, 気が, 気を, 永久に, 汲むべからざるもの, 油が, 油断が, 法律で, 活動が, 深い共存, 滅多に, 潜れそう, 無意味に, 無限に, 無難に, 爪も, 特殊の, 犯人を, 独立すべき, 理屈以外都会に, 理性による, 理智が, 生えて, 生まれついて, 生れつい, 生れない前, 生活上に, 由來好奇心が, 男と, 當然な, 皆善事を, 盗むという, 目新しい風景, 直接当面の, 相違あるまい, 相違なかっ, 相違無い, 矛盾の, 知ること, 知情意という, 知識の, 示さない, 社交場裡に, 社会生活の, 神とも, 科学の, 程よいので, 種々な, 窺知し得ない, 立候補の, 端倪する, 籍の, 結婚し, 絶対的幸福は, 絶望という, 縁が, 美しい質, 老, 考えも, 肉類は, 肝腎の, 育てなかったつもり, 自分が, 自分の, 自得の, 自敬, 至極便利, 興味が, 色々な, 色々用事, 芳子の, 苦しみも, 苦労の, 落第の, 裏と, 要らぬもの, 見えた, 見えない, 見こみはずれ, 見やぶられる心配, 見られないほど, 見ること, 見当の, 親しみが, 解らないか, 解決の, 許されぬ警戒線, 訳の, 訴えて, 話という, 誠実が, 誤解という, 讃美され, 負けないつもり, 賢愚善悪大小高下さまざまの, 起らない筈, 超越的な, 趣味という, 足が, 躍起に, 身体の, 近寄れないこと, 迚も, 通ぜぬ奴, 通行甚だ, 造ること, 逢は, 過ちという, 過失や, 違ない, 違ひある, 違ひない, 遣り度, 郷愁という, 野獣的精力が, 金魚の, 銀幕の, 間違いという, 関心すべき, 限りなき, 雨位人泣かせの, 面白いの, 面白い見物, 音の, 顔が, 騙されたいという, 驚かないが, 高さ, 高尚な, 魂と

▼ 人間では~ (605, 1.0%)

110 ない 56 なかった 35 ありません 24 ないの 23 なくて 17 ないか 12 ないと 9 なかつた 8 あるまい, ないよう 7 ありませんが, ございません, なかつたの 6 あるが 5 ないこと, ないらしい 4 ありませんでした, ないかと, ないから, ないが, ないという, なくなって, なさそう 3 あったが, ありますが, ありませんか, ありませんから, ありませんし, あり得ない, あるまいと, なかつたが, なかろうか, 無いの

2 [25件] あつた, あなたが, ありませぬ, あるけれど, あるまいか, ないからと, ないぞ, ないですよ, ないよ, ない人魚, ない海, ない畜生, ない筈, なくして, なく世間, なく人形, なく彼, なく自分, 御座いません, 手に, 無い, 無かつ, 綿入を, 脳髄の, 駄目だ

1 [158件] あった, あっても, あつて, ありえないの, ありませぬけれども, ありませんけど, ありませんと, ありませんまた, ありませんよ, ありません人, ありません犬畜生, ありません貴, ある, あることに, あるつもり, あるまいかとさえ, あるまいして, あるまいという, あるまい鬼, あんなになる, いけないあの, いけないん, けっしてなかっ, この大川, この本能, この邊, ごいっしょ, ございませぬ, ございませんお, ございませんか, ございませんから, ございませんが, ございませんよ, しかたが, その芝居, どんなに深い, ないいや, ないかという, ないかなり, ないかも, ないからね, ないからの, ないこんな, ないじつに, ないそれどころか, ないぞという, ないだろう, ないだろうか, ないだろうかと, ないで, ないですね, ないでは, ないといふ, ないとか, ないに, ないばかりか, ないまた, ないむしろ, ないもし, ないわ, ないん, ない事, ない何, ない動物, ない地下, ない天魔, ない妖怪変化, ない妖精, ない実に世にも, ない怖ろ, ない植物, ない機械, ない死ぬ, ない氷, ない私, ない等, ない自分, ない金以外, ない鬼, なかったであろう, なかったらしく, なかったろうか, なかつたよ, なかつた筈, なかろう, なく, なくあるいは, なくかえって, なくずるずるべったり, なくただ, なくって, なくとても, なくとも, なくな, なくなった, なくなつ, なくなる, なくなる境地, なくほん, なくむしろ, なくイマジナリー, なく一つ, なく一種, なく丘, なく人々, なく他, なく全体, なく内部, なく却, なく叢, なく單, なく地球人間, なく大理石, なく奇態, なく実は, なく性根, なく怪物, なく感情的, なく最初, なく狐, なく真黒, なく街ぜんたい, なく誰, なく邪教, なささうだ, なしこれ, ねえ三時間, まず平均, よもあるまい, 一番輕い, 一等お, 不気味だ, 佐, 修行の, 僅, 出来ないやう, 出来るもの, 到底通れ, 味わうこと, 御座いませんでした, 有りませんか, 水戸烈公より, 決してない, 決してなかっ, 決してなかつた, 無いが, 無いよ, 無うて, 無かった, 無さそう, 独り者旅人貧乏人である, 生存競争の, 絶対に, 脳の, 角力に, 話に, 迚も, 間にあわぬ

▼ 人間という~ (592, 1.0%)

268 ものは 49 ものが 26 やつは 22 ものを 21 ものの 14 のは 11 者は 9 奴は 8 ものに 6 人間が 4 ことに, のが, ものには, ものはね, ものも, やつが, 人間は, 動物は 3 ような 2 ものじゃ, ものについて, わけで, 不都合な, 大事な, 弱き者にとって, 形態を, 感じが, 超微生物

1 [105件] うちには, ことです, ことには, ことは, この魔性, すべての, のを, べつの, ほかは, もの, ものかい, ものから, ものさえ, もので, ものであろう, ものです, ものと, ものどこまで, ものへの, ものや, もの厭アな, もの女という, もの程, やつぁなまじい, やつぁ生き, やつその, やつほど, やつを, やつ何か, りっぱな, わけだった, 一種の, 不合理に, 主観が, 事が, 事である, 事です, 些事に, 人間ことごとく, 人間に, 人間をさえ, 代名詞みたいな, 以外に, 以外の, 個体に, 動物が, 動物である, 動物に, 動物にも, 化け物に, 名に, 名の, 哀れな, 器械的体系の, 壁の, 大きな世界, 奴が, 奴では, 存在者を, 宿命みたいな, 対比に, 将棋の, 形を以て, 形態によって, 形態以外に, 思いの, 意味だ, 意味だろ, 意味で, 意味でも, 感じからは, 感じだ, 感じで, 感じです, 感じを, 文化が, 日本語が, 概念も, 概念を, 煩悩の, 物質としては, 特別な, 現物を, 生きものの, 生命と, 生命を, 生物の, 生理的機関の, 目鼻だけの, 社会的歴史的, 称号を, 群棲動物にとっては, 群集動物の, 考え方が, 観念が, 観念とを, 観念は, 観念的なみかたを, 言葉が, 言葉の, 関係そのものは, 非論理, 順序に, 風に, 高尚な

▼ 人間~ (537, 0.9%)

42 あつた 11 あつて 9 いえば 6 さへ 5 せう, でも 4 いへば, 言えば 3 あらうか, あらねば, ござります, 人間の, 埋まった, 埋まって

2 [35件] あつたら, あとは, あらう, いうと, おまけに, ござりまする, さ, しかもそれ, それに, それらに, それを, どうかする, どこからか, はござりませぬ, ゐながら, 一人は, 人から, 人の, 公明正大な, 勝手な, 品吉と, 尻尾を, 彼の, 普通の, 最初に, 最初は, 根が, 私が, 終るの, 自分の, 言へば, 貴女に, 銘々の, 青年の, 風に

1 [363件] あたくし, あつたらう, あつてさ, あつて個性的, あなたが, あの人達, あの部屋, あまり果物, あまんじない限り, あらうと, あらうとも, あり得ないといふ, あり得るといふ, あるとしても, あれの, あんまり堅い, いいますと, いうならば, いう女性, いくらかでも, いさせたい, いたいと, いたかった, いっぱいだった, いっぱいに, いっぱいらしい, いようと, いようはず, いらっしゃいます, いられたら, いられよう, いられるの, いること, いれば, うずめて, えと, おざる, おりますと, お店大事, お曾根婆さん, お茂與, からだじゅうに, こういう大事, ここで, こっそりこの, こっちにも, この世の, この人, この土地, これから先, これぐらい, これこれの, これまでに, ごくわずかな, ごったがえして, ごつた返し, さあ, さいなくなりや, さへも, しかもその, しかもアンジョーラ, しかも武家出, しかも畑あらし, しよう, すし詰めに, すらない, すらもない, すらもなかっ, すらも自分, すら義足, せえ, そう言った, そこえ, そのため, その上喧嘩出來事, その後岡野知十氏に対しても, その性格, その悟性活動, その技倆, その支配, その決心, その点, その独自, その男, その血統, それ相応の, そんなこと, そんな仕事, そんな物, たいして信用, ちっとも動かない, ちっとも変り, ちゃんと両親, ちょっとした事, てんから役に立たない, とかくよく話題, どうしても惡, どう云う, どこで, どんなこと, どんな仕事, どんな生活, どんな良い, なあんた, なしに, なたとえば, なにかと, なにを, なまじいに, ならねば, なんと申しあげ, なんにも, ぬかりは, ねえ, ねお, ねだが, ねでも, ね肌合い, はござりませぬぞ, はござりません, はござり申さぬ, ほんの使, ほん物の, まことに結構, まるきり学, まるで人生そのものみたい, もめつたには, やさしい心, やって, よろしい枯木寒巌, れっきとした女, わしの, テラウ気持や, ボルネオ土人では, ヨーロッパ人に, ラスコリニコフが, 一ヶ月二十円の, 一個の, 一方が, 一日幾許, 一生を, 三人犬に, 三野村という, 中に, 主人の, 二こと三言話し, 二た, 二人を, 二人組で, 云って, 云ふと, 云へば, 些少も, 人が, 人とも, 人に, 人を, 人形を, 人間と, 仕方が, 他人から, 他人は, 仮令酒, 体が, 何う, 何も, 何を, 何んな, 何一つでき, 余程怜悧, 作った博物館, 作った行列, 作られたそうして, 作男の, 信州の, 僅に, 先生を, 先祖傳來の, 全く平和, 全く怪物, 全部の, 六等官とも, 凉しい, 別に何, 利助が, 剣術も, 勝手でない, 十人に, 半分は, 半分馬みたいな, 博奕を, 又極めて, 友人間には, 右手に, 吉三郎の, 同僚とも, 名前を, 吾輩の, 善いこと, 善かり, 善を, 喰べ, 在りさ, 在りさえ, 埋められた, 外した者, 外国に, 多くの, 夜は, 大きに病魔, 天寿を, 太宰の, 太物の, 女客と, 姪の, 実直過ぎる, 実験を, 家族と, 小博奕, 居やう筈, 居ると, 屋敷の, 岡っ, 岡つ, 島田の, 巧く, 己れっち見たい, 巾着切り上がりの, 平次と, 平次に, 引き取って, 強奪を, 彼自身の, 従来以上の, 御主人苦心, 心の, 忌に, 忽ち山, 怪腕は, 息れ, 成功などとは, 或いはこれ, 或期間, 手を, 手筋を, 拵へ, 持つて, 捕虜の, 描いた花模様, 新しい使者, 旅行中随分, 早慶戦の, 昔から, 昔の, 昨夜から, 昨夜留守に, 昼頃起き, 時間通りに, 有ったならば, 有つた, 有る獣物, 木賃宿に, 本人に, 本阿弥家, 椎葉村へ, 横着で, 機会さえ, 歓喜と, 正体の, 毎日の, 毫光でも, 気性も, 江戸などに, 江戸時代の, 決して, 決して神様, 泡立つよう, 清潔な, 満ち, 無うて, 無えべ, 無くなりました, 熱情的な, 父劉向など, 特に取立て, 猪子先生の, 猿は, 理論的には, 生きて, 生れ変りでも, 生涯, 申せば, 盛りこぼれ相, 相当の, 相手の, 眼に, 神では, 私は, 私ほど, 科学を, 突飛な, 第一, 精神の, 紙屑籠を, 終つてしまつても, 結んだところ, 絵の, 絵筆を, 網を, 縞目の, 罵った方, 義隆に, 聖降誕祭の, 職人の, 胴体が, 胴体は, 臍緒書は, 自分が, 自分一個の, 芸界などには, 苛烈な, 若いうち, 蒸れ返って, 薄い明色, 蛇食い又は, 表向きは, 裝つた眞面目さの, 親兄弟, 親族も, 親讓り, 角も, 言わば仲, 誤りに, 誤り易い, 誰でも, 調べも, 諸君に, 買う奴, 身体が, 身體は, 追撃させた, 途中でも, 通つて来た, 通りたいそれ, 道徳という, 道理も, 遠い日本, 醉月に, 金を, 金目を, 金魚の, 銀子も, 錢形平次の, 鏡じゃあ, 鏡の, 閉塞し, 間に合うの, 階段なんぞ, 雑作なく, 雪の, 雲助風の, 青白い顔, 鷲と

▼ 人間である~ (512, 0.8%)

57 ことを 13 以上は 10 ことが 9 ということ 8 ことは 7 事を 6 ためである, のを 5 と思っ, のは 4 かのやう, かのよう, から, と同時に, のだ, のと, ように 3 から大抵, がその, ことに, ことも, ために, ところの, とすれ, 事が, 事は, 限りこの

2 [20件] かは一緒, かもしれない, か否, がそういう, ことさえ, ことだけは, この可憐, せいか, という事, といふ刺戟, としたなら, と云う, と判断, と判斷, と私, なぜなら彼, には相違, のか, のが, 者が

1 [288件] うえは, おかげで, か, かあるいは, かが直感, かぎりそして, かぎり自然発生的に, かさえ己, かただし, かということ, かと云, かと云う, かと申します, かどう, かどちら, かどんな, かなしさ, かなどといふこと, かの如く人, かはしらない, かは諸君, かまた, かもわからず, かも判りかね, かも知れない, からこの, からこんな, からそこ, からそれ, からたいへん, からだ, からである, からにはその, からにはそれ, からにはとき, からには平等, からには年, からには必ず, からには文覚, からには有り, からに恥ぢよ, からはたま, からは性慾, から低く, から手先, から斯, から時に, から死, から益, から矢張神通力, から神経, から継母, から若し, から表向き, から風呂, から飲み食い, かをよくよく, かをわれわれ, かを知らない, かを知らなかつた, かを知りたい, かを証明, か僕, か或いは, か男, か考えた, か考えたなら, が, がこの, がこれ, がため, がもどき役, が一番, が事実そのもの, が五年間作品, が人間, が兼次, が同じ, が四海, が感覚, が或, が故に, が未だ, が社会的, が英語, が車掌, くせに, ことからの, ことだれも, こととが, ことなどを, ことには, ことによってのみ, ことにより, ことの, ことを以て, こと男女の, し, しかない, そうして, それも, ぞ, ためには, ため海苔選定には, だけにそうした, だけに二股侍, だけ兎, と, という, というお, というつよい, という事実, という人々, という刺戟, という実, という明らか, という暗示, という特権, という証券, といえるであろう, といとも, といふこと, といふの, といふ確信, とお, とかいうよう, とし, としても剛, として卑下, とじ, とする, との感, とはそれ, とは思っ, とは昔, とは私, とも言われる, とわかった, と万人, と主張, と云, と作者, と信じた, と信ぜさせる, と共に内的人間, と取る, と天皇みずから, と思う, と思った, と思つて, と断, と標榜, と決まれ, と疑わざる, と考へ, と考へられ, と自他共, と自信, と自分, と著者, と言い, と言う, と言わね, と誇張, などといふこと, にし, にすぎません, にちがい, にも拘わらず, に反し, に過ぎない, のである, のでその, のでちっとも, のでわたし, ので師匠, ので木戸番, ので李公, のに, のに磊落, のみであり, はずが, はずの, ばかりでなく, ぼくが, ものとして, もんです, ゆえんも, よ, ようだ, ようであります, ようにと, よりもより, よりも空間存在, わけです, われわれが, を要しません, アルトゥールを, ジャン, ジャヴェルと, 三笠宮に, 上に, 世の, 事によって, 人々の, 人倫の, 人間の, 以上いや人なみはずれ, 以上これから, 以上その, 以上それは, 以上それを, 以上どんなに, 以上めいめい自分の, 以上もう一度, 以上一瞬間も, 以上一門西海のも, 以上二十四時間の, 以上何ほどかの, 以上個人の, 以上全部真実を, 以上境遇が, 以上彼が, 以上彼は, 以上必ず, 以上感じるだろう, 以上憐愍の, 以上早, 以上暑い, 以上決して, 以上濫り, 以上然, 以上猫婆は, 以上理性を以て, 以上研究に, 以上社会百般の, 以上絶対に, 以上義士の, 以上自分の, 以上良心を, 以上誤診という, 以上食わず, 余は, 作家が, 個人の, 儂は, 凩の, 切なさ, 名門の, 天皇人間である, 女も, 如何に, 彼が, 從つてまた, 必要は, 故にあなた, 有機體であり, 様な, 浮世の, 点で, 点を, 熊の, 男に, 男の, 私が, 私は, 程度以上に, 筈が, 筈は, 総ての, 自分が, 良くいえ, 良く云, 訳である, 調度も, 鉄面皮な, 間は, 限りこれを, 限りにおいてのみ, 限りは, 限り千慮の, 限り尾沢重太という, 限り恐怖は, 限り最善を, 限り甲乙の, 限り社会の, 限り自分の, 限り道に

▼ 人間としての~ (496, 0.8%)

8 自分を 5 生活を 4 生活の, 矜り 3 人格の, 偉さ, 女の, 心の, 成長を, 矜持ある, 素質の, 自己の

2 [44件] あなたの, ことを, ほこりを, 一切の, 交りでなく, 体格が, 俺を, 働きが, 僕を, 味ひ, 夏目なにがしに, 完全な, 室生犀星を, 尊厳を, 幸福を, 彼に, 彼の, 忍びざる心, 思想が, 悩みは, 愛と, 憤りが, 成長の, 日本人に, 日本人の, 日本人をも, 最後の, 最悪の, 本当の, 本能が, 権利を, 歴史的な, 生活は, 矜持が, 立場から, 純潔さを, 自信が, 自分の, 良心の, 誇りの, 貴方が, 進歩とは, 面白味が, 魅力が

1 [363件] あた, あたりまえの, あの人, あの男, あらゆる意識, あらゆる陰影, ある感情, いっさいの, おもしろさ, お銀様, かなしみで, このわずか, さだめを, さまざまの, すなわち天命, それだけの, ほこりが, ほこりと, ほこりとを, ほこりは, ほんた, ほんとうの, むしゃくしゃが, ものから, よさ, われわれの, エキゾチツクな, ケッカン, プラスの, モラルの, レベルが, 一つの, 一ばん高い, 一生という, 一生にたいして, 不幸の, 不正直さの, 世界の, 互の, 人情の, 人間に, 今の, 体面だけを, 作句でありました, 來雑物や, 価値に, 価値を, 信用も, 信義の, 信長は, 信頼が, 信頼を, 修業が, 修業を, 値うちに関する, 値打に, 健全な, 價値が, 價値は, 優婆塞が, 先生の, 全力を, 全的活動を, 全面的生活を, 公け, 共通の, 判断力穢れざる, 到らなさ, 制限を, 創造的能力の, 力が, 力の, 力を, 勇気を, 卑しさ, 単純な, 博さと, 厳しさ, 又は芸術家, 友田君は, 可能性によって, 各個人, 合理的な, 同時に芸術家, 向上に, 向上心を, 君は, 吾, 和歌な, 品位と, 品位にか, 品位を, 品性の, 品格が, 品格を, 善意が, 善意と, 善意に, 善意の, 善意は, 善意を, 営みに, 固有な, 地位に, 執着は, 基本的な, 変化を, 奉公は, 女が, 女性の, 女性を, 娯楽を, 存在さえ, 存在理由を, 宝は, 実力を, 実質的な, 尊き矜持, 巧まない魅力, 希望で, 希望の, 希望を, 常識では, 平等な, 幸福であった, 弱さ, 弱点であった, 当為が, 形態は, 形態を, 役割に, 役目の, 彼とは, 彼を, 彼女の, 彼女より, 待遇を, 御近況, 徳が, 徳を, 心がけを, 心に, 心は, 心を, 心持の, 志が, 性情に, 性格も, 性格や, 性格発展なし, 性質を, 恥づか, 悪夢を, 悪意からだけ, 悲哀が, 情熱が, 意味を, 意識では, 意識を, 愛を, 愛情が, 愛情苦悩が, 感じに, 感動にまで, 感情から, 感情が, 感情では, 感覚は, 態度を, 慎みが, 憤りとをもって, 憤りを, 成功の, 成長です, 我々に, 我が貴, 我に, 或は日本人, 扱いを, 抗議は, 教養と, 教養は, 教養を, 文化事情も, 文化的価値は, 文学そういう, 日夜の, 明敏とを, 普遍的真理の, 暖かい血, 最も不幸, 最も健全, 最上の, 最低の, 最劣等, 木村義雄は, 未熟さを, 本分を, 本性と, 本性に, 本性を, 本然の, 本能即ち, 本質の, 本質を, 根気を, 格が, 森本の, 極度の, 楽翁を, 権利そのものへの, 権利において, 権利の, 欠くべからざる教養, 欲望を, 正しさ, 正義感が, 歴史は, 氣持と, 洞察から, 活力は, 活動を, 深い智慧, 深みを, 清盛に, 温かい感情, 為事即祝言職だ, 物足りなさ, 特殊な, 特殊面であるだらう, 理性から, 理想とを, 理想の, 理想的生活と, 理想的生活とは, 理想的生活を, 理智, 理解と, 生きた心臓, 生き方の, 生の, 生活に, 生活感を, 生活態度を, 田巻安里は, 男としての, 男の, 男女の, 男女平等とかいう, 画家, 疑いあるいは, 発達を, 皮の, 盗賊でなく, 真の, 真実であった, 真実を, 真理に, 矜持か, 矜持とは, 確乎たる, 確信を, 社会生活を, 社会的存在の, 社会的発想は, 私に, 私の, 秩序を, 程度が, 立ち場から, 第一, 等身大を, 精神に, 純潔について, 素朴に, 素直な, 素質を, 結びつきが, 結末を, 美しさ, 美と, 美質に, 義務とを, 義務な, 考へから, 肌合いの, 自主を, 自主的な, 自信を, 自分が, 自分という, 自尊心も, 自尊心を, 自己には, 自己を, 自我が, 自我の, 自然への, 自由と, 自由な, 自由の, 自由を, 自立性を, 自覚体が, 自覚体を, 自覚活動の, 自覺, 致命的欠陥である, 良さ, 良心的に, 良心芸術家としての, 苦しみです, 苦しみは, 苦悩が, 苦悩を, 苦痛が, 荘厳の, 行動を, 表現力において, 要求は, 見とおし, 規模も, 視野を, 親しみが, 親と, 解釈に, 記録の, 評価の, 誇りは, 誠実な, 誠意を, 諸悪心, 豊かさを, 貞操の, 責任を, 責任感が, 資性も, 資格と, 資質如何を, 質は, 質量が, 質量などについて, 質量に, 躰の, 進化を, 運命の, 過ちを, 道義でありました, 道義を, 釈尊は, 重厚さ, 鍛練が, 鍛錬をも, 長上の, 関係の, 関係を, 青年たちに, 面白さ, 面白味つまり, 面白味であっ, 顕在的実践的な, 魅力など, 魅力には

▼ 人間生活~ (411, 0.7%)

9 の理想 8 の中 7 に於ける 5 の歴史 4 の上, の諸相 3 というもの, のあらゆる, の具体的, の現実, の真, の矛盾, の自然, の自然形態, の過程

2 [31件] である, といふもの, にもたらした, に及ぼした, に関係, の, のすべて, のない, のなか, の何, の内容, の奥行, の常態, の底, の暗示, の最も, の本質, の根本, の永遠絶対, の汗, の状態, の相貌, の真相, の確實, の総体, の美醜, の表皮的, への理解, を他, を理解, を美しい

1 [285件] から把握, から遊離, から除かう, が, がすでに, がすべて神, がそして, がなく, がはたして正しく, がヒシ, が伝統, が浅ましく, が眼, が群畜生活, が裏づけられ, が解釈, が音楽, での善い, という概括, という肉体, という見地, としての意味, としての政治活動, として必然, として果して, として面白い, との交渉, との問題, と不離, と云, と共につきぬ, と文学, と歴史, と精神, と絶縁, と菜の花, なしには, なんて無い, にある, において重要, におけるそれぞれ, における一つ, における理性, におこる, にそんな, についてのそういう, にとっての自由, にとって不, にとって合理的, にとって普遍的, にとりいれ, にどんなに, には偶然, には木材, には限り, にもたらす, によって眺め, にヤミ, に加えた, に及ぼす, に取っ, に向けられた, に固有, に基く, に多量, に夢, に大切, に密着, に対して働け, に対するモラリスティック, に対する理解, に就い, に影響, に必要, に新しい, に於, に最も, に現, に現われ, に直接関係, に矛盾, に統一, に興味, に見られる, に進歩, に関, に関心, に離れ, のあぶら, のあり, のある, のあるべき, のいきさつ, のいぢ, のうち, のうはつら, のこと, のさまざま, のため, のたゆ, のもろさ, の一つ, の一切, の一場面, の一断片, の一等直接, の一部門, の万能語, の下部構造, の不可避不可欠, の不安定そのもの, の不平等, の不幸, の事, の二つ, の五合目, の享楽者, の人為的, の今, の仕合わせ, の体験, の侘し, の像, の優しい優しい, の全面, の内奥, の凡て, の切れはし, の労力, の匂い, の可能, の味, の問題, の図絵, の土台, の基調, の堅実, の外, の外面, の多く, の多種, の大きい, の実情, の実相, の家郷, の寂し, の將來, の尽きぬ, の希望, の年明け, の幻影, の底流, の廃跡, の形式的, の形態, の形成, の彫刻, の意義, の感情, の慰樂, の或, の持續, の描寫, の文化, の断片, の方針, の明る, の暗い, の最大不幸, の最後, の最高, の有機的, の本当, の本源, の本能的刺激, の果敢な, の根本的, の根源, の歓び確信, の正し, の歴史的動向, の深, の深い, の物質, の物質的, の特色, の玩具箱, の現象, の理論, の生きる, の画面, の目的, の相, の真実, の研究処, の礎, の社会的機構, の神秘, の神秘さ, の秩序, の紛糾, の統一, の絶対的経験, の総て, の緩, の縮図, の美し, の興味, の色彩, の苦味, の苦楽, の血, の表現, の表裏, の裏面, の複雑, の要素, の視野, の認識力, の課題, の諸, の豊富さ, の豊富化, の貧弱, の責任者, の足手, の跡, の軌範, の通り一遍, の逞, の運命, の重要, の鉄則, の長い長い, の関係, の陰翳, の隅々, の需要, の非, の領域, の風雨, の養い, の高度, はそれ, は決して, は科学, は長足, へのわけ, への交渉, への味気, への思意, への感動, への或, への翹望, をより, を中心, を人間生活自身, を今度, を内包, を収めよう, を合体, を合理化, を営む, を圧し殺し, を宗教的, を思念, を悟りすまし, を描い, を支配, を最善, を現実的, を眼, を破綻失調, を縦横, を肯定, を表現, を見る, を規定, を観る, を観察, を豊か, を追, を野蠻的生活, 及び其表現, 特にその

▼ 人間~ (410, 0.7%)

96 のだ 85 んだ 34 んです 27 のか 25 のです 23 のである 7 のだろう 5 ので 4 の, のだらう, のであった, のであろう, のでございます, んだろう, ンだ 3 のかい, のかしら, のさ, のよ, んだらう, んでしょう 2 のであらう, のであります, のでありませう, のでしょう, んだい, んていう, んで, んでせう

1 [46件] ことが, ことは, のかと, のかね, のかも, のが, のだった, のであっ, のでこういう, のでこれから, のでした, のでしよう, のでせう, のでそれ, ので事, ので他, ので信長, ので俺, ので去年将軍, ので右, ので帝大, ので捜査, ので無言, ので見える, のになぜ, のに間違い, のねキラリ, の横田, もんです, んざ甘, んざ甘えもん, んじゃ, んでございます, んでへツ, んでゆうべ, んで人間, んで愛, んで私, ンて, 事情と, 偉力に, 実際との, 悪法である, 惨虐, 権力の, 非合理な

▼ 人間でも~ (354, 0.6%)

10 なかった 8 ない 5 ないん, なければ 3 ないの, 動物でも

2 [22件] あった, ある, あるまい, さむらい, そうだ, それが, だからつまり, ないと, なんだかこれ, もとは, 一度席, 不幸な, 人の, 何んで, 原稿用紙だけは, 役に立ちますかい, 往復の, 持って, 死ぬの, 猫八氏などは, 現実に, 見たかの

1 [276件] あせり, あたしきっと, あたりま, あったの, あの二人, あらうけど, ありません, ありませんよ, ありもう, ありゃあ, あり然, あるかね, あるかの, あるから, あるの, あるめ, あるよう, あるん, あろうでは, あんなにまで, あんな暢気, あんな通俗的, いくらか寸法, いたの, いちばんよく, いったん女, おいらの, お小夜, がまんが, けっしてあえて入っ, こういう場合, こういう薬, ここを, こちらで, このくらいの, このベルリン, この事実, この室, この殺人事件, この点, この音, これでは, これを, これ程に, こんな俗, こんな隔絶境, さがし出した, さがせる, すぐ見わけます, すこししっかりした, せめて二十里, そういじられ, そうしたこと, そうである, そこに, そこは, そこまでは, その交渉, その場, その威勢, その性格, その時, その種差, その長所, そりゃもう, それを, たとえば奥山, ときにはまるで知らない, とても及ばぬ, とても恐ろしく, ないけれども, ないし, ないのに, ないば, ないへん, ないもの, ないよ, ないよく, ないらしい, ない一種, ない動作, ない民衆, なくそれ, なくなって, なく一日一日, なく正, なく頭, なく鬼, なく鳥, なさそう, なし, なんでも, ねえん, はいれるよう, はげましたり, ひきつけずには, ひとのみに, ほんとうに, ほんとの, また作家, まだその, もしも, やはりなぐる, やはり同じ, やはり英領インド, やりきれない, やれ奇特人, りっぱな, わけなしだよ, わたくしより, わるいと, イヌでも, シネマで, ピンピン撥ね付ける, 一と, 一の, 一人ずつに, 一人前の, 一年も, 一様に, 一眼見たら, 一瞬間の, 一言で, 三人も, 三回も, 丑松の, 両手で, 争えないもの, 二度と正視, 二筋の, 人から, 人を, 他の, 何でも, 例へば床屋, 信頼する, 僕と, 充ち足りざるもの, 兎も, 公然知れ, 公然知れわたっ, 内耳の, 凡庸な, 出られっこの, 努力し, 匿う穴, 匿って, 及ばぬ堅ろう, 反する目的, 口に, 古代の, 各自に, 同じだ, 四十歳五十歳の, 国家の, 大した情熱, 大臣大将の, 女性でも, 好い声, 子の, 子供には, 子供の, 字が, 学問の, 家畜でも, 容易に, 専門の, 尊敬を, 少しも, 尚ほ, 年から, 幾分か, 座談や, 建築でも, 引き付けられますて, 強い人間, 彼の, 彼等の, 心を, 必ず刀, 恋患い見, 恐らく一人, 悪業が, 惡業が, 意識の, 感心な, 戀患ひ見, 戦争ッて, 敵いっこない, 昆虫でも, 昏倒する, 時による, 智慧が, 書いて, 書く, 有つて, 木偶の坊に, 未来の, 本名が, 来たよう, 楽に, 死ぬという, 死んだらそれつきり, 死人に, 気が, 気を, 水を, 浮浪人は, 無い, 無いが, 無さそう, 無しかと, 片っぱしから, 犬でも, 犬猫でも, 猿でも, 現に実在, 甘えて, 生かさなくちゃ, 生きるため, 生れるとき, 生命の, 用心も, 甲の, 畜生でも, 疑えば, 目を, 目標物には, 真正面から, 破れない生簀, 私に, 秋の, 突然に, 立てること, 素質を, 細川家には, 老若を, 育つ時, 脇腹か, 腐る, 臨終の, 自分の, 自己の, 自殺だけは, 自然に, 芸術家でも, 菊池と, 落度を, 蕗の, 蛇の, 蛙でも, 血の, 行き倒れずに, 見す見す闇討ちの一件, 見るよう, 見わけ, 言うよう, 試験前には, 貝原益軒や, 赦すこと, 足跡は, 跳び降りたよう, 身の, 身体の, 身投が, 軍人である, 通りぬけること, 遠く溯れ, 金さえ, 金魚でも, 長之助は, 随分くたびれました, 露宿する, 非常に, 風邪を, 鳥でも

▼ 人間とは~ (300, 0.5%)

6 思われない 4 違う 3 いえない, ちが, どんなもの, 何か, 思って, 縁が, 見えなかった

2 [22件] いかなるもの, ちがって, 中を, 人間に, 何ぞや, 何と愛すべき, 何者である, 受け取れなかった, 如何なるもの, 弱いもの, 御違, 思えない, 思はれない夢, 思はれない程, 思はれません, 死と, 私も, 縁なき, 見えません, 違って, 違ひます, 附き合

1 [225件] あてに, いえないでは, いえないと, いったい何者, いわれないと, うまく考えた, お前の, かなり相違, かわりは, くらべもの, けっして話さないでしょう, こういういきさつ, こうした世間性, こんなに悲しい, こんな小, しいて苦痛, しを, ぜんぜんちがった, そういうもの, そもそもそういう, そもそも不愍, それは, それ自身既に, そんなも, そんなもの, たいへんちがった, たいへんな, たがいに, たといいかに嫌い合っ, たびたびとっ組みあった, だいぶ懸隔, ちがった異状, とうていいっしょ, とても受取れなかった, どういうもの, どうしても思えない, どうしても思えなかった, どうしても思えません, どうしても見る, どうも性, どの階級, どんなに不幸, どんな人間, どんな場合, なかなか真正面, なにか, なにかと, なにものである, ならないよう, なれないの, ばかな, ふしぎな, また違, まったく違った, まるで別, まるで違う, ものが, よべない, よほど違つて, チットばかり, ロゴス, 一つには, 一つの, 一体見た, 一切の, 一切交際しない, 一所に, 一緒に, 一體何を, 不幸にも, 云え私, 云ひ, 云われないよ, 云われません, 五分五分の, 交らぬ, 交渉を, 交際った, 交際らない, 人が, 人間が, 今日まで, 他でも, 何うし, 何かといふ, 何とつまらない, 何者か, 信じなかった, 信じられない, 個人の, 全く生活, 全く関係, 全く類, 全然別, 全然別種, 全然異, 全然違う, 兩極端である, 共に人生, 凡そ縁遠い, 別だ, 別ものである, 別者みたいに, 利己心の, 動的雙關的に, 勞働の, 即ち朝子, 即酒, 友達として, 受けとれぬ, 口を, 同種族もの, 城主の, 外見は, 夢にも, 大抵逢っ, 天空海濶の, 好い友達同士, 少しく昔, 差別を, 徳の, 思いませんでした, 思えないぐらい, 思えないこの, 思えないだろう, 思えないよう, 思えないハッキリ, 思えない身の毛, 思えなかった才, 思えなん, 思えぬほど, 思えぬよう, 思えぬ沈着, 思えません, 思はれないすさまじい, 思はれぬやう, 思へないほど, 思へない位, 思へません, 思わなかった, 思われないけれど, 思われないでしょう, 思われないの, 思われないほど, 思われないよう, 思われない猛烈, 思われなかった, 思われなかったから, 思われなかったので, 思われなくて, 思われなくな, 思われぬまでに, 思われぬよう, 思われぬ故に, 思われますまい, 思われませぬ, 思われません, 思わんでしょう, 想えない, 意識しない, 招かずして, 明日も, 最も現, 本来品を, 桁違いな, 極めて親しい, 極端な, 機械人間の, 正反対に, 正反對, 死せる, 殆ど其の, 比べものに, 氣が, 決して思っ, 決して相いれない, 流儀が, 浅ましいもの, 無意識の, 無縁であり, 生きた血, 生命なき, 生者と, 画壇生活の, 異いまし, 異なって, 異なつたもの, 目方が, 知らぬので, 種類が, 絶交する, 縁の, 考えられぬくらい, 考へて, 肉食の, 腦髓的存在, 見えないで, 見えないでしょう, 見えない槍術, 見えませんでした, 見て, 見ない当時, 見なかったよう, 覺え, 言われませんや, 記號動物, 誇大する, 誉高き, 認めない獣, 辯證法的に, 進歩しない, 道伴を, 道具動物, 違うんで, 違う積り, 違った, 違った方々, 違った点, 違つたわかり, 違つてさ, 違つて居ら, 違ます, 関係なく, 關係なく, 風も

▼ 人間なら~ (244, 0.4%)

4 ば誰 3 ば, ば自分, 誰でも

2 [13件] それを, どこの, ばこんな, ばドン・キホーテ, もう山, わざと眼, 其場を, 後も, 私だって, 自然一生懸命に, 誰しも, 誰だって, 足を

1 [205件] ああいう, ああ癇癪, ああ風, あいつの, あの記事, あんなちょっとしたこと, いい, おれも, お察し, このへん, このよう, この一件, この変り者, この病気, この際, これくらいの, こわくない, こんなに残酷, こんなむちゃくちゃ, こんな事ぐらゐは常識, ざる者の, すぐ氣, すぐ解る, そうある, その一睨み, その境遇, その論文, それが, そればかり, そんなふう, たやすく口, だれにだって, では実, では實朝, とうに死ん, とてもそんな, とにかくこの, と言う, どうかホント, どんな人間, なんとでも, ばいう, ばいかに, ばいくら, ばいくらピストル, ばいつか, ばお, ばお前さん, ばかほどの, ばこういう, ばこうした, ばざっと, ばそっと, ばそんな, ばたまらない, ばだ, ばです, ばとうてい, ばともかく, ばどんな, ばね, ばもう到底, ばもっと, ばわたし, ばデク, ば一, ば中肉中背, ば中野一人, ば人相, ば人間, ば僕, ば其生活, ば凹, ば司祭者, ば商売敵, ば大, ば大抵一緒, ば安心, ば当然, ば怒った, ば恥, ば恥じ, ば意見, ば感じとらなけれ, ば手, ば来年, ば歓呼, ば決してそう, ば涙, ば無能力, ば生きてる, ば産婆, ば百万ボルト, ば相手, ば私同然, ば腰, ば自意識, ば自然, ば苦痛, ば親, ば言いかねる, ば貧しい, ば足音, ば逃げ去っ, ば階級, ば音, ば顔, ば髪の毛, べつな, ほぼこれ, また一日, まだしも鴉, まだ扉, むしろ僕, むんむとする熱病の, もうそろそろ思いあがるべき, もうモルヒネ中毒, もう死ん, もっと早く, もっと立派, よけい雑踏, よほど偉い, わたしも, オレも, ラジオの, 一層辛, 三振すれ, 上を, 下曾我, 二人の, 二人分だ, 五人や, 五六人を, 人間として, 人間の, 人間らしい人間, 人間らしくきょう, 仁輪加で, 今やっ, 何かの, 俺れ, 俺様も, 先祖は, 兎も, 兜を, 公益の, 力の, 勘当する, 十人つめ, 口外すまい, 土地に, 大人三人位の, 大佐位に, 女も, 女一人の, 好い齢, 子供らや, 帽子の, 当然人間同士, 思いつきも, 怨みが, 悪魔の, 政治に, 日常生活では, 日本が, 星の, 未知の, 桝で, 横目づかい, 死骸の, 汗や, 江戸で, 泥に, 泥酔漢だ, 瀕死の, 火に, 爺顔に, 猿かも, 男が, 男にだって, 男女合わせ, 百万ボルトの, 直ぐ解る, 相当大国, 空疎な, 窃盜とか, 第一, 老人も, 胸倉を, 自分が, 自分に, 自分まで, 自我の, 舌という, 襖を, 親方は, 誰にも, 誰も, 貧乏書生染み, 赤ちやん, 随分危, 隨分澤山あります, 面白いの, 頼もしいところ, 駄目のこった

▼ 人間~ (242, 0.4%)

5 のこと, のもの, の現象, を離れ 3 の代物, の凡

2 [14件] から天上界, ではない, と日月, に下り, に化現, に団栗酒醸造, に宿命, に死, に火, に留まりし, の事実, の方, の最も, の話

1 [188件] あるいは天上界等, からはなれた, から姿, から来た, だけの問題, でさんざん, でなくて, ではなく, では余り, で何, で妖精, という意味, との中間, との作為, とはまったく, とは大分, とは没交渉, とは見えじ, と云, と交通, と直接交渉, なの, ならぬ神秘, にあっ, にいた, においては高い, において現実, における天人, における芸術, におった, にかえし, にかえる, にかなり, にこびりつい, にそれ, にては之, にとって幕府, にはこの, には出, には律, には未だ, には祭礼, にもどこ, にも法則, にも見あたらぬ, に人文, に伝える, に伝わる, に出現, に助けられたい, に動乱, に及ぼした, に在り得べからざる, に大, に対する倦厭, に対する諸, に就, に居なくなる, に屈服, に庶幾, に引き起こした, に恩恵, に戻した, に於, に来, に流し得る, に漏らされたる, に生まれ, に生まれた, に生れ, に発生, に立, に立ち戻った, に索むる, に置かれました, に行, に行かれる, に行く, に見失った, に試みた, に起こった, に起る, に載せ, に遊ばん, に過つ, に降りた, に降り来たる, の, のけがれ, のしかも, のすべて, のでき, のもろもろ, のよう, のわれ, の一つ, の一切, の一年, の中間, の主宰者, の事, の人, の人間的自然現象, の仙宮, の住み, の先入主, の出来事, の切符, の別, の剣術, の卑怯者, の取っかかり, の呻吟, の圧迫感, の変則, の夜明け, の天税, の奥さん, の妖怪, の字, の実, の家庭, の常套, の年数, の形容, の影響, の心池, の怪物, の怪魅, の恋, の情報, の所謂霊媒, の批評家, の措辞用語, の方則, の束縛, の水, の法廷, の浅ましい, の深い, の清潔, の煩悩, の特別階級, の生き物, の異, の碁打ち, の種々相, の約束ごと, の自然方則, の花, の街, の語, の迷, の関係, の饒舌, の魔窟, はいい, は人間性, は善人, は或, は暗し, へおく, へは決して二度と, へ下り, へ帰れなくなる, へ帰れる, へ戻れない, へ擯出, へ立, へ蘇生, もまた, よりだんだん, より天上, より遠ざかる, をおとずれ, をはなれ, を下, を制せ, を去られた, を支配, を案行, を棄て, を横切り, を絶縁, を表わし, を覗く, を高, 或いは人間

▼ 人間じゃ~ (241, 0.4%)

37 ない 12 ありません, ないん 10 ないか 9 ないよ 8 ないの 6 ありませんよ, ございません, ないと 5 なくて 4 ありませんか, ない人間, アない 3 あるまい, あるまいし, ないという, ないよう, ないわ, ねえか 2 ありませんぜ, ないから, ないし, ないって, なかったの, なかったん, なくって, ねえん, アね, アねえか

1 [80件] ありますが, ありますまい, ありませんあの, ありませんが, ありませんね, ありませんので, ありません狐, ありません疑わずに, あるまいから, あるまいな, あるめ, ございません花魁, ござんせんぜ, じっと何日, とても火口底, ないおっ, ないおまえ, ないかと, ないかも, ないからな, ないからね, ないが, ないこと, ないさ, ないじゃ, ないぞ, ないってでも, ないて, ないですか, ないとか, ないとも, ないなどと, ないならば, ないね, ないほん, ないみたい, ないらしいな, ないわね, ない化物, ない悪魔, ない神さま, ない神様, ない計り炭, ない金, ない風, なかった, なかったし, なかったですな, なかったねえ, なかった様, なかった筈, なくけ, なければ, なしそう, ねえが, ねえこと, ねえぜ, ねえぞ, ねえな, ねえやおっ, ねえやね, ねえよ, ねえよう, ねえテン, のにこと, もう叱, アございますまい, アございません, アねえ, アねえや, ア釈迦も, 大した代物, 寐られる, 必ずお前さん, 持運びの, 無いよう, 無いん, 無えと, 立ち所に恐ろしい, 聞いたって

▼ 人間との~ (237, 0.4%)

26 間に 8 間の 6 関係を 4 交渉を, 結婚を, 関係に, 関係は 3 接触から, 接触の, 最初の

2 [19件] あいだの, ために, 中間に, 二つの, 交渉が, 交渉は, 交通の, 列に, 区別を, 合の子の, 合乗でも, 媒介を, 心の, 現実を, 結婚は, 間が, 関係から, 関係である, 関係の

1 [134件] あいだに, あひだ, あらゆる関係, あること, いきさつを, たのしみかた, つきあいを, つながりと, つながりを, まじはりを, やりとりという, 一角を, 不幸の, 中からの, 中間くらい, 中間の, 争いは, 争闘を, 二色に, 二通りが, 云わば, 交り, 交わりの, 交わりは, 交感に関する, 交渉など, 交渉よりも, 交渉を通じて, 交錯の, 交際の, 交際を, 会見の, 会話は, 何たる此世, 偶然な, 入り乱れた真剣, 全面的衝突の, 共同生活において, 前に, 動的の, 化合物ないし, 区別は, 區別は, 協力を, 双方を, 反目が, 取つ組み合ひと, 呼吸, 問答が, 善悪の, 境遇の, 夢幻の, 契約条件の, 完全な, 実に思ひ, 対照並に, 対話は, 對立物は, 影が, 従属, 従属に, 従属を, 心持も, 性欲的交渉を, 恋愛という, 意欲の, 愛に, 感情の, 或る, 接触, 接触では, 接触に, 接触について, 接触による, 接触は, 接触より, 接触を, 接触共感民衆が, 接触協調に, 接触結合は, 格闘で, 格闘であった, 気持ちに, 永久の, 深い因縁, 混み入, 物語は, 特殊な, 状態を, 相互の, 相互的な, 相互関係に, 相対太刀討又は, 相違が, 相違に, 矛盾と, 神婚説話と, 種類を, 純粋な, 結び目高僧達の, 結合なく, 結合の, 結合様式として, 結婚の, 結婚説話としての, 結婚説話なり, 結婚説話に, 統一の, 統一を, 縁は, 繋がりの, 群れに, 言葉が, 話で, 誤謬を, 輪廓人間と, 辯證法は, 追いつ追われつの, 遭遇の, 間にすら, 間には, 間を, 間隔が, 関係が, 関係という, 関係において, 関係についての, 関係には, 関係個人と, 関係自然と, 關係は, 關係を, 雰囲気の, 類比

▼ 人間社会~ (224, 0.4%)

10 の歴史 3 というもの, に於, のこと, の発展 2 から逃げよう, にあっ, の一人, の事, の歴史的発達, の歴史記述, の諸, の進歩

1 [186件] からいつか, から再び, から凡, から拒まれた, から救済, から消え, から絶縁, から遊離, から離れる, が到達, そっくりそのままの, その物, である, ではかく, では一人, では一度, では人道, では新しい, では無, では自覚, では請け合っ, では財産, でもすこぶる, で不愉快, で善, で権威, という実在, とその, とともに進化, とのでき, との関係, との離反, とは何ら, と接触, と自然, にあ, にあった, にある, においてもこの, においても人種, においても財産, において目撃, における, におけるただ一時, における個人, における強弱優劣, にかなり沢山, にぞくする, にとってこれら, にとって自由, にとどまっ, になれ, にのみあっ, にのみ存, にはあっ, にはいかなる, にもそのまま, にもつとも, にも応用, によく, により広汎, に一歩, に住ん, に何故, に働きかける, に共通, に即し, に善い, に在っ, に如何, に帰るあたわざる, に当てはめた, に於ける, に最も, に現われる, に生じたる, に矛盾, に行われ, に貞操, に起こる, に関するそうした, の, のあらゆる, のあり, のいろんな, のけわし, のすべて, のなら, のへんてこ, のまんなか, のみならず, のもの, のより, のイデオロギー交通, の一人たる, の一大悪事, の中, の事物, の事物今日, の事象, の全体, の円滑, の切断面, の功業, の動き, の原理, の反逆者, の外, の多数者, の大, の宇宙, の実質的, の常, の幸福, の当然, の掟, の描出, の改良, の文化現象, の暴威, の最, の最期, の有様, の未来, の構成, の歴史上, の歴史性, の歴史的展望, の歴史的所産, の歴史的運動, の温か味, の片隅, の物事, の物質的生産力, の特産物, の状態, の現実問題, の現象, の理想, の生活, の生産力, の発見, の盛衰, の真相, の秩序, の約束, の経済問題, の肉体, の肉体的情慾, の自然, の自然史的発達, の良き, の表面, の観察, の進展, の進歩改良, の運行, の道徳個条, の醜, の開進, の関係, の隔差, はこれ, は一人, は不, は家内, は機械的, は矛盾, への批判, へ伸び, へ飛びこむ, へ飛びこん, もそう, も宇宙, をくだらない, をのみ相手, をも亦, を信ずる, を導き, を幸福, を形成, を支配, を整理, を白眼視, を益々, を陰惨

▼ 人間です~ (203, 0.3%)

311286 もの 5 からね 4 から 3 からこれ, からどうせ, がお, がこんな 2 からそれ, からというよう, からな, からみんな血, がこれ, が悪気, が義兄荻野左仲, けれど弟, ぜ

1 [107件] あの清らか, かどう, かね, かまたは, からあなた, からあまり, からうかうか, からこういう, からこの, からさっぱり, からそのまま, からそんな, からだれ, からつまり, からてまえ, からとても, からどんな, からなんだか, からな此の世, からねこんな, からまだ, からよほど, から一律的, から井戸, から人相, から今後, から他人, から危険性, から嘘, から変, から家, から年, から所詮, から旦那, から早速, から曹操, から死ね, から決して, から清七, から渡り用人並, から物心, から眼, から義務, から腹立ちまぎれ, から解剖, から非常, から黒太夫, か人間, が, があと, があの, がことに, がこんど, がただ, がどうかまあ, がなにぶん, がまるで, が一寸, が一徹, が何分店, が其, が四尺以上, が如何にも, が性格, が悪, が惡智慧, が払った, が父, が相, が自分, が言, が言う, けどでも, けど先生, けれどその, けれども大分, しいくら, しそう, ぞ, って, っていったい, と, とさ, とまあ, ねえ, ねなん, ね一方, の, ものこっちの, もの何處で, もの内に, よと言っ, よまさか, よ人間並み, よ夜, よ私, よ若し, よ親分, わ, 人間なんて, 初めから, 同胞兄弟です, 地方の, 決して鬼, 神様でも, 証書を, 静かに

▼ 人間たち~ (196, 0.3%)

43 が, よ 2 が夢魔, が鹿, と共に苦しみ, なの, の姿, の間, も

1 [172件] から切り離し, から邪視, がいる, がおどった, がこんな, がたのし, がつくる, がなおさら, がはさみ, がまるで, がみんな, がみんな盛装, がよく, が人間, が人間たち同志, が仲, が動揺, が大きな大きな, が少なから, が彼等, が手, が朽ちかかつた, が沢山, が流れる, が海幸, が火星人, が自分, が苦しい, が苦瀬, が蠢動妄動, が血, が遠慮なく, が酒, が青年期, が餓死, すなわち太陽, だけで坐ろう, だけの道具, だった, だったこと, だと, だという, だよ, だわ, であった, であふれ, であること, ではある, ではない, ではないだろう, ではなく, でも原始スト, で満ち満ち, というもの, として彼ら, とは遥か, と同じ, と平和, と言う, に, にたいしてひ, にとくに, にとってはなかなか, にとって芸術, にどんな, にはあきあきし, にはこの, には絶対, には考えられない, にふかく, にも気, によく, に何等, に呉れ, に悪戯, に憐れ, に裁かれる, の, のいみ, のこと, のこの, のさわぎ, のほう, の一人, の一角, の中, の今日, の体臭, の例外, の動き, の叫び, の大地, の嬉し, の子孫, の後, の心がけ, の怒り, の悪臭, の愚, の感謝, の成れの果て, の拍手, の数, の智恵, の業, の營, の目障り, の眼, の祭日, の舞, の衣服, の話声, の運命, の頭, の鬨の声, の魂, はいつも, はお互い同志, はこんな, はそれ, はびっくり, はみんな, はモロー彗星, は世, は二重, は今にも, は力強く, は動物, は博士, は早く, は暇, は決して, は泣い, は混乱, は猟, は生, は真昼さ中, は精進, は自分, は霜, は鹿, ばかりだ, ばかりの中, へこの, へ病, へ発令, までが, もその, もだる, もやがて, も今, も食物, よりはずつと神, をここ, をも, をよく, を一視同仁, を住まわし, を呼びだし, を哀しん, を字義どおり, を昂奮, を期待, を眺め, を眼, を立ち, を胸, を見た, を観衆, 悪い人間たち, 新しい文学, 見たこと

▼ 人間から~ (186, 0.3%)

9 見ると 7 見れば 3 みると

2 [15件] いきなり斬りかけられ, では, ふわり, 出る肥料, 好い感興性, 抽象された, 物を, 独立な, 盗みを, 知識を, 給料を, 見られること, 軽侮される, 金を, 離れて

1 [137件] いったい何, いふと, いろいろ話も, お世話に, かかる思, かけはなれて, きかされるので, この純真, こんどは, こんなに深切, さらに強い, されると, されるまま, すっかり逃避, すでに少しばかり, すると, すれば, そらして, である, はじまる経済, ひどい目, よっぽどひどい, よほどひどい, アメーバに, バカヤロー, ホントの, 一刻も, 一歩は, 下は, 二人前の, 人間へ, 作られ逆, 侮辱を, 冷笑され, 出る声, 出発しなけれ, 切り離した自然, 利を, 区別され, 厚く保護, 原始の, 取つて, 受けて, 受ける印象, 同情し, 同情を, 多く影響, 大事に, 天分に, 失つた所を, 奪うならば, 奪わないため, 奪われて, 好意の, 威圧を, 嫌はれる, 嫌われると, 学問技芸等の, 学界の, 孵りかけて, 孵化りかけ, 將來の, 引き離すもの, 引離して, 征服され, 得たもの, 恁る, 恩を, 惡魔に, 憎まれ恐れられて, 憎悪や, 成りたって, 成り立つ社会, 抽象し, 掠め取ったに, 掠め取って, 教えて, 昆虫へ, 是れ, 時を, 来て, 来るもの, 機構へまで, 武門の, 殺されて, 永劫に, 決して礼物, 決して離そう, 煙を, 犠牲に, 現実の, 生れて, 発揮される, 目を, 知恵の, 神を, 神樣に, 空想の, 精神力を, 素知らぬ顔, 結婚を, 緩急調節できた, 自然から, 見たらそれ, 見たら僕, 見たら猫, 見た時, 見ての, 見ますと, 見ますれば, 見られるとて, 見られ見られること, 見捨てられて, 親しい言葉, 観れば, 言えば, 言へ, 認識される, 説明されね, 誰が, 豚や, 身体の, 通だ, 遊ぶといふ, 遠ざかって, 遠ざかりたかつた, 遠ざかり一人自然, 遠ざかる, 遠廻しに, 遠退い, 遺伝し, 離れた物質, 離反しよう, 霊魂を, 非合理が, 頭脳の, 鳥獣の

▼ 人間ども~ (186, 0.3%)

5 には忘れ

2 [13件] がみんなバカ, が泣面, であった, なの, の中, の勝手, の姿, の間, の頭, は不, は何, は俺, を眺め

1 [155件] かという, かなと眺め, から隠す, がこの, がその, がどこ, がどどど, がふみつけた, がグズ同志, が一人, が一致団結, が下, が今, が他人, が住ん, が何, が何やら, が反骨, が呂布, が大蛇, が寄っ, が平気, が年中, が彼, が憂えられる, が憎悪, が攻め, が昔ながら, が更に, が樹陰, が死, が泣き面, が繁殖, が蜘蛛, が賤, が跳躍, が転居, が迎え見, じゃねえ, だ, でありしかも, でありましたから, であること, でご, です, ですか, ときたら, とは一緒, とは喧嘩, と一緒, と振りかざす, ならかえって, に, にあり, にいじめられてる, におそいかかった, にはとうてい, にはどうしても, にはわからない, には人生, には何, には分らない, には要らねえ, にぶつ, にジッ, に仕えられ, に啓示, に対してさえボス, に対する天罰, に港, に盗まれまい, に頼る, に飼われ, のあらぬ, のうごき, のこと, のごく, のつながり, のひそか, のほう, のぼんくら, のやう, のよう, のヨチヨチ, の侵入, の叫喚, の唾, の問題, の妄念, の寒, の巣, の度々, の弔辭, の心中, の怒号, の思量, の悪, の悪事, の悲慘, の持っ, の方, の正体, の混乱, の眼, の羨まし, の諸声, の面相, の顏, は, はあす, はおれ, はかなわない, はことごとく, はその, はだんだん, はどこ, はどっさり, はひたすら, は下敷き, は君, は孔明孔明, は撲殺, は日ごろ, は月, は浮気, は火山弾, は用心, は逢う, ばかりだった, への愛情, もあと三週間, も味, よ, をあざける, をそ, をちぢみあがらせる, をとりおさえる, をねめまわし, をみんな, をトコトン, をバカ, を仕方, を冷, を助ける, を取戻す, を威し立てる, を完璧, を手あたりしだい, を操り, を檻, を狩りあげる, を見, を見おろし, を載せ, を驚かせた

▼ 人間にも~ (164, 0.3%)

2 いつか次第に, そして感情, その巻添, なかった, 動物にも, 同じよう, 女中や, 鳥の

1 [148件] あの松の木, あらずただ, あるなどと, あるの, ある憂愁, ある春, ある特質, あんな真似, い, いろいろある, かうした一種, かわいがられるに, きつと, こうした不安, この嫌味, この性質, この方法, こんなに昂奮, こんなの, こんな情, せよその, せよ神様, そのまね, その秘密, それが, そんなこと, そんなん, そんな事, できないほど, どうせ夜, ない勤勉, なお一つ, なかなか侮るべからざる, なほ一つ殘された, なり得ないと, なるという, なれるので, ばかが, ばけること, ふかく嵌り込ん, またその, またはただ事物, また直接, まだまだ多分, まったく蕁麻, みられる表情心理, やはり植物, よくある, 一つの, 一片の, 二度とお目にかからない, 五官以上の, 亦た, 亦此種不可思議, 人間の, 他動物, 会い恐らく, 会うて, 会えません, 会って, 似た確り, 似合わん不徳, 使って, 兄弟も, 全身を, 内在し, 凡物で, 出あわなかったじゃ, 出来ない芸当, 出来ること, 出遇うこと, 分らないみたい, 動物に, 古井戸, 同じ効き目, 品の, 噛みつくよう, 大事な, 大分接し, 天然に, 存するこの, 学業は, 実現されね, 実行できる, 害を, 尊厳性は, 少いの, 少くなかった, 居る所, 山は, 希望を, 幾たびか, 弥陀は, 恐らく眼, 悧巧者は, 意識的發動の, 慣れ易い, 投げて, 文化人にも, 普通の, 木偶の坊に, 残って, 毒に, 比ぶべき, 気づかれずに, 永遠なる, 汚されたこと, 江戸幇間の, 油断が, 油野郎みんみん, 流用できる, 物にも, 特別の, 生まれつき具わって, 用いられる語, 疫病が, 的確に, 益々具体的, 盛衰は, 真似る事, 神通が, 純潔な, 美女あり, 自ら定まれる, 自分と, 舟旅の, 行わる, 見える装置, 見つけられないもの, 見なさいますもの, 見放されて, 解らぬ人, 賢い人間, 身心ともに, 逢わず姿, 逢わなかった, 適するという, 遭ったが, 鉄の, 非ず, 非常な, 面皰の, 頼るやう, 顔の, 風物にも, 食慾が, 駈け競走, 高尚な

▼ 人間といふ~ (154, 0.3%)

73 ものは 11 ものが 8 奴は 6 ものを 4 もの, ものに 3 ことが, のは, 奴が, 感じが 2 ものの, ものも, 言葉を

1 [30件] くらゐ, ことだ, ことです, ことに, ことにな, ことを, ので, ものがを, ものだ, もので, やつしよう, やつは, より塑像, ろくでなき, 不変の, 主體, 事な, 人間どもを, 人間の, 人間は, 人間を, 全の, 動物の, 動物は, 奴では, 社交動物は, 種類が, 謂はば, 集團この, 風に

▼ 人間でない~ (142, 0.2%)

12 ことは 8 ように 5 ことを 4 ということ, ような 3 ことだけは, と 2 か, かも知れない, か誰, ことが, たしかに古狐, のだ, のです, 事は, 事を, 場合が

1 [83件] かも知れません, からである, からでございます, からというの, から仕合せ, から化けの皮, から幾分, こと, ことよう知っ, しるしに, そうです, ために, だけに早く, だけまだ, というの, という噂, という外, という恐れ, という感じ, とうまく, とされ, とでもいう, とでもいふ, となか, とはなん, とは言, とまでいわれた, とみずから, とも限らぬ, とわかった, と云う, と人間, と心得, と思う, と思え, と思っ, と思った, と知ったら, と芸術, と見る, と言いたい, と言う, と誰, と霊媒, のかね, のかも, のが, ので市中, ばかりか世, ばけ, ほかの, みたいに, ものが, ものと, ものに, ものの, ようだ, 一種不思議の, 事, 事に, 人間も, 動物だ, 動物でもね, 勿論, 器械として, 声が, 夜叉である, 奴の, 姿の, 性質の, 我々に, 様な, 決してそんな, 畜生だ, 者の, 者は, 部分が, 限り, 限りそう, 限りは, 限り不可能である, 限り否定し得ない, 髀肉の

▼ 人間~ (137, 0.2%)

8 動物の 4 馬や 3 動物や, 動物を 2 世間の, 事物を, 生活は, 自然の, 馬の

1 [109件] あるいはきわめ, あれへん, いうこと無理, いうこと私, いう噂, いろいろの, いわゆる学問, えらい人間, がてんでに, そういったもの, そない, その心, その思想, その習慣, どうぶつ, なあお前, ないと, のんで, まちがいだらけの, ヒューマニティーの, 一切の, 不快な, 世界が, 世間は, 事件が, 事実や, 事情の, 事物が, 事象を, 人性について, 人生の, 人間が, 人間の, 人間社会にとって, 人間関係の, 他の, 働きたくても, 動植物などは, 動物から, 動物が, 動物などは, 動物に, 動物植物は, 和服を, 場所その他どんな, 境涯を, 太い神経, 存在という, 存在は, 学者たちと, 宇宙に対する, 家畜なんかが, 家畜や, 封建の, 尊大な威ばった, 少なくとも幽霊, 建物なんかが, 思い切った変態生活者, 悪く作られた, 惡く作られた, 愛に対しての, 文化にさえ, 本当の, 機械力を, 正直な, 洋車や, 活動家は, 熊の, 牛馬を, 物に, 物の, 物事を, 特色の, 犬の, 犬猫について, 狗に, 狡猾さが, 猟犬の, 猿では, 猿の, 猿のに, 獣に, 獣を, 生き物が, 生活の, 生活やの, 田舎者である, 病人やの, 発音体の, 眼の, 社会に対する, 笑ひし, 職人どもを, 自分自身を, 自然としか, 自然を, 自転車の, 自転車や, 話に, 貨物を, 赤蜻蛉が, 車の, 都会の, 鋼鉄や, 隠密が, 馬に, 馬を, 馬牛などを, 鳥獣を以て

▼ 人間よりも~ (131, 0.2%)

3 遥かに

2 [12件] すぐれて, ずっとかしこい, つねに恕, むしろ妖しく, 不幸である, 動物に, 土の, 狸に, 畜生の, 蝶に, 鋭敏である, 風景を

1 [104件] あの野郎, えらいと, えらい生物, おそろしい, お好き, かしこいの, かしこくて, このおれ, この辺, すぐれたる光明, すぐれた思考力, ずっとすぐれた, ずっとするどい, ずっと力, ずっと賢い, それが, たとえそれ, どのくらい, はるかに, まさって, また才能, むしろ彼, もっと動物的, もっと怖い, もっと恐ろしい, もっと神話的, もっと詩人, もつと, よく出, よく夜番, よほどぜいたく, より人間的, より多く, インニッヒに, 一層生, 一段高い, 一生懸命に, 丈の, 上等だ, 不幸で, 些と, 享楽的に, 人類を, 何倍も, 余程感心, 前に, 動物らしいでしょう, 化け物に, 君を, 地べたに, 多少不, 大きなカブトムシ, 大きな一つ, 天使に, 妄執と, 季節に, 家が, 家屋よりも, 尊重すべき, 巧妙なる, 年長者で, 強いもの, 強い虫, 強く賢いよう, 心得て, 恐ろしい, 恐ろしい奴, 愚であった, 早熟であった, 死んで, 火星人の, 特権的だ, 犬の, 狂人の, 猿に, 神様の, 空想的である, 精神病者の, 純粋に, 素捷いであろう, 縷々として, 背の, 自分が, 自然を, 草木が, 蝗に, 蝶の, 貧乏な, 貴いもの, 賢い, 賢い犬, 贅沢で, 足が, 近いもの, 遙に, 遠いもの, 高等だ, 高等な, 高貴な, 魚の, 鳥獣の, 鶏を, 鹿や, 鼻持ちならない

▼ 人間世界~ (130, 0.2%)

2 から何処, に, にありうち, の事, の事実, を遠く

1 [118件] から, から伝わっ, から奪い去った, から消滅, から神様, から追い出し, から遠ざかっ, がある, がわかった, が渡れる, です, ですでにそう, ではエロティシズム, では進歩, で使われる, とに共通, とはこんなにも, と隔離, なら二円五十銭, なるに, にあっ, にあり得よう, にある, にあるべからざる, にい, において損益苦楽, にかえれる, にどこ, にはまだ, には住めなからう, にもさまざま, にもっとも, にエライ人, に人望, に住む, に住めなけれ, に働きかけ, に内乱, に出す, に出た, に天, に夫婦別れ, に居よう, に居る, に居れ, に帰らない, に帰らん, に本当, に為し得べき, に現われる, に生まれ, に用, に男女同数, に異ならざる, に知らしめ, に通用, に降っ, に饑饉, の, のこと, のそこ, のほか, のやむをえざる, のわびし, の一人, の一奇談, の一美事, の一面, の光明, の善悪邪正, の境, の夜, の定法, の実状, の実相, の寿命, の悲しい, の情慾, の成壌, の戦場, の拘束, の文化, の暗黒面, の最も, の最後, の本体, の歳月, の法律, の浅薄, の理窟, の男性, の真似, の累積, の要求, の諸, の譏り, の馴染, はもたない, はもともと大抵, は余震, は壁, は多少, は存外, は幸福, へは帰るまい, より我, をお, を因果転輪, を悪く汚く, を捨てた, を支配, を敵, を発見, を若, を見渡す, を観, を通じて行われる, 第一

▼ 人間同士~ (125, 0.2%)

4 の間

2 [13件] がお, が戦い, が父, が血縁, のよう, の交渉, の尊敬, の愛, の感情, の殺戮, の約束, の親しみ, の関係

1 [95件] がこんなふうに, がなすり合っ, が世間態, が会つて, が信じられぬ, が兄弟姉妹, が日曜, が暮し, が獣性, が相, が親愛, こそ底, すれ, だから, だからこそ, で, であっても, でお, でなかったら一さい, ではその, ではわかりません, でひきおこす, で交, で嫁取り婿取り, で暮す, というもの, としての, として向い合っ, どうしてこう殺し合い, なら北, なら大変, なら羞, にし, にそくいん, に声, のあいだ, のお, のこうした, のこと, のする, のたすけ合い, のつき, のつながり, のなか, のまたは, の乾いた, の争い, の争ひで, の人情, の住む, の作法, の出合い, の別れ, の力ずく, の勝負, の友誼, の取りっこです, の和解, の姿, の娯楽, の孤立, の平静さ, の幾多, の心, の思いちがい, の性的, の戦い, の戦争, の接触, の摩擦, の方, の理解, の生活, の真, の礼節, の立話, の縁, の肌合い, の親, の話, の調和, の闘い, はあたりまえ, はあんまり, はもつ, は必然的, は生き, ひょいとしたはずみでそういうことになった, もある, もすべて狐たぬき, 仲よく暮らす, 感じ合うに, 理解し合えなければこそ, 理解し合えぬほど, 甘んじて

▼ 人間だった~ (114, 0.2%)

18 のです 9 のだ 5 のである 3 のか, んだ 2 かも知れない, ことが, ことは, そうです, ということ, な, のでしょう, のでその, よ

1 [58件] か, かお話し, かすら今, かとほんとう, かね, かもしれない, かも知れません, からここ, からこれ, からたちまち, からだった, からで, からである, からです, からにちがい, から後, から葬式, か分からぬ, か女房, がいま, がお, がその, がそれでいて, が殺され, けれど真一君, ことを, そうだ, そうで, ってこと, というの, という事実, という自覚, という証跡, とします, とは書く, と彼, と見え, と見える, に相違, に過ぎない, ね, のかしら, のかと, のかも, のさ, のでありましょう, のでこんな, ので困った, ので己, ばかりかこの, んだい, んだってね, 七十郎も, 事も, 時毎々, 記憶の, 過去の, 頃己の

▼ 人間そのもの~ (112, 0.2%)

4 である, を革め 3 の本質

2 [13件] が朝鮮, が革命的, が馬鹿げた, に, にも絶望, に拠る, に良かれ悪しかれ, の性格, の生命, を即, を書いた, を見る, を革める

1 [75件] がいつも, がここ, がさみしい, がそう, がアメリカ, がディレッタント的, が一個, が中庸的, が元々, が助からない, が宿命的, が従, が微妙, が性格, が持っ, が無く, が芸術, が芸術品, が足, であ, であるを, ではない, ではなかっ, ではなく, で煩悩邪悪, と無関係, にさえ性格的, について何ら, について疑い, になりたい, には望み, には本来, にほかならぬ, に区別, に敵対, に求める, に附属, の値打, の動き, の向上, の問題, の存在, の悪, の憂鬱, の改造, の死, の真理, の色合, の足跡, の進化, の道理, は容易, は未だ然, もひとつ, もまるで, も前, も繰り返される, を, をつくる, をてんから, をも革めるであらう, をも革めるであろう, を先, を写し, を写す, を凍らせ, を凝視, を検視, を注視, を無, を発見, を發見, を示現, を約束, を視る

▼ 人間以上~ (111, 0.2%)

15 のもの 10 の力 3 だ, である 2 のある, の存在, の美し, の能力

1 [72件] じや, だつた, だよ, であり虫けら, であること, であるとともに, であるよう, で神, と言っ, なもの, にあつかわれ, にかしこい, になった, になる, にも以下, に一歩, に五月蠅いもん, に大事, に強い, に強く高い, に役, に心, に発達, に神, に箔, に美しい, に見えた, のおそろしい, のこと, のとんでも, の不, の事, の人, の人間, の人間業, の何, の何者, の働き, の勇気神わざ, の動物, の叡智, の大, の奇びな力, の奇怪, の威厳, の官能, の尊厳, の引力, の形, の怪物, の恐るべき, の所謂予言者, の新しい, の本能, の永久, の理想, の生命, の神々しい, の神秘, の絶対, の者, の膂力, の親愛, の超絶意思力, の辛抱比べ, の離れ業, の高い, の高き, の高く, の高等, の高等生物, 即ち神佛同等

▼ 人間~ (103, 0.2%)

7 どうか 2 え, そいつを, それとも, それとも獣, わかる, 人間でない, 別の, 動物か, 猿か, 獣か

1 [76件] あるだろうか, いずれに, いまに, いやこの, おまえらに, おれにや, お蔦に, きいて, この二つ, さもなければ奥様, すぐ判断, それともざら, それとも動物, それとも妖怪, それを, そんなこと, どうかしらん, どうかといふ, どうかも, どうかを, どっちか, どんな女, ひとつ探りを, またあの, またはこの, よく分らなかった, わかったか, わからずおそらく, わからずまた, わからないが, わからない死骸, わからなくなって, わかるだらう, サッパリ得体が, チベットの, ハヽヽヽヽ, 上杉家の, 人間か, 人間の, 何う, 何か, 何を, 優しい人間, 分らないよう, 分らなくなって, 分りませんが, 到底判らぬ, 又は数等上手, 又は特殊, 古色蒼然として, 否か, 否抵抗的, 夫の, 始めて, 子供の, 強い人間, 得体の, 怪物か, 悪い人間, 或は一番人間, 暮し向は, 木実か, 死んだ者, 汝に, 火事場泥棒に, 物事を, 狼狽者が, 知ら, 知らずに, 知りたかったん, 知りたければ, 知りませんが, 知合は, 見て, 見とどけて, 途方も

▼ 人間関係~ (99, 0.2%)

3 というもの, のすべて 2 だけで, であるから, には平和, の世界, の進歩, は苦痛

1 [81件] がそう, が二次的, が同じ, が潜ん, が生れいく, が表わされ, が閉ざされ, じゃない, それからいっさい, だったの, だつたの, でありながら, であるよりも, としてのその, として勝っ, などは多く, における, についての見, によつて, に対する抗議, に対する此, に巻き込まれた, に殆, のあらゆる, のいきさつ, のえぐ, のなか, のパノラマ, の世界以外, の中, の定め, の弱, の心理, の把握, の方, の最大, の最深, の煩らわしさ, の煩労, の状況, の真率, の社会的地位, の究明, の窮局, の素材, の美, の腐敗, の葛藤, の複雑, の調整, の豊富さ, の追求, の間, の関数関係, はありがたい, はぼく, は不快, は全く, は古来, は論理的, へすすみゆく, またデロオリエ, も環境, やデロオリエ, や人間性, をつくりだす, を人間同士, を人間関係自体, を再現, を大切, を掴みだし, を描い, を文学, を生み出し, を突, を表示, を見た, を見る, を規制, を解く, 面白くて

▼ 人間精神~ (94, 0.2%)

3 の本質, の活動, の美 2 のもろもろ, の形成, の成長, の本性, の欲求

1 [75件] から鋭い, がより, が不安, が超, でないという, というもの, とがぴったり, と肉体, にひかれた, のあらゆる, のかの, のくつきり整つた形態, のどこ, のよ, のコンソレイション, の一, の一契機, の三つ, の不撓, の不滅, の二つ, の健全, の傑作, の内奥, の冒険者, の努力そのもの, の勝利, の協力, の変っ, の尊重, の成育, の戦ぎ, の所産物, の推進, の明確, の暗, の最も, の正常, の溌剌さ, の獄吏, の生成, の発動, の発展, の発現, の研究, の確立, の積極, の積極性, の純潔, の経, の美し, の美しい, の自然, の自由, の自立, の自立性, の若, の解毒剤, の記念的, の諸, の踏んまえ, の鍛錬, の類型, の高い, の高度, の高揚, は形, も在らざる, をいためつけ, をめざま, を浄化, を淨化, を私たち, を運命, を高め目

▼ 人間に対する~ (93, 0.2%)

2 彼の, 愛を, 真の, 興味を

1 [85件] あふれるよう, こういう批判, この覚悟, ときことに, ほとんど憎悪, ものだろう, ような, 人間の, 作用を, 侮辱それは, 侮辱である, 信頼と, 厚意の, 反抗心と, 同情の, 同情は, 呪詛が, 哀愛の, 場合でも, 外的境遇の, 好悪は, 好悪も, 好意ある, 嫉妬, 客体の, 強さ, 彼らの, 御奉公, 心意気の, 怖れ, 恐怖から, 恐怖も, 情操の, 愛など, 愛情が, 愛着は, 感情を, 態度が, 態度である, 態度は, 態度や, 憎悪が, 憎悪と, 憎悪心が, 憤りと, 技術が, 挨拶としても, 掠取の, 支配力を, 教養の, 敬意を以て, 数千尺に, 新しい憐憫, 最大の, 最後の, 期待は, 本体的人間と, 根本の, 比例からい, 永遠の, 深い愛, 深い理解, 無智モーマイ, 特殊の, 理解とか, 甚だ無慈悲, 用意は, 真実の, 神の, 罪悪な, 義務も, 考察に, 自然の, 至大の, 興味と, 興味の, 行為としては, 親しみへ, 観察力は, 言辞に, 評価という, 追従の, 関係においてのみ, 需要が, 鴨下ドクトルの

▼ 人間ばかり~ (90, 0.1%)

9 では 54 である 3 なの, 見て 2 だった, でした, です, ですから, でなく種々, 住んで

1 [54件] あって, いて, じゃ, そろって, だから, だぞよ, だったん, だと, だという, だ近所, ぢや, で, であった, であつ, でありますよ, でありませぬ, である筈, でございます, ですが, でなあ, でない, でなくあらゆる, でなくたくさん, でなくて, でなくどんな, でなく一部分, でなく動物, でなく畜生, でなく結局なにもの, でなく部下, でなく魚, でねっから, でふつう, で一家, で互に, で無いと, で異人館, で私, で角力取り, で警察, なんだ, ゐる, ゐるのに, 不幸な, 出来たん, 多い土地, 扱ツて, 揃った所, 本気に, 此の, 見つけて, 訪ねて, 集まって, 集めたよう

▼ 人間より~ (90, 0.1%)

5 遙かに 2 一段高い, 取れ残忍, 強いもの, 早く走る, 遥かに, 馬の

1 [73件] ある人間, おそろしい, かしこい鳩, かなお知る事, ぐつと賢い, ずっとずっと敏捷, ずっと偉大, ずっと豪い, ずっと高かっ, それは, もっと, もっとすばしこかっ, もっと偉大, もっと豪い, もより速かに, よく歌う, よっぽど利口, りこう, 一まわりほど, 一段上の, 二倍も, 他に, 以上の, 低い鬼神, 何より芸術, 余程行儀, 偉い, 働く人間, 優れて, 前へ, 劣等だ, 勝つて, 千両箱を, 千兩箱を, 壽命が, 大きいから, 嬉しそう, 少し平たく, 少し背, 幸福です, 幸福な, 当てに, 恐ろしい奴, 悧巧だ, 意志を, 抜けて, 持って, 数等力強い, 早いに, 智力が, 暖いだらう, 最つと, 来る学問, 毛深くて, 猫の, 直観的に, 神に, 稍すぐれた, 紙に, 絶たんと, 脱出した, 自由であり, 蝉に, 術士術士より, 見れば, 親切だ, 豪い他, 重い人間, 重い身體, 電車が, 非常に, 頭がい, 顔の

▼ 人間離れ~ (89, 0.1%)

48 のした 11 がし 5 をし, をした 3 のし 2 がします, をせぬ

1 [13件] があまり, したところ, したよう, した境地, した方, した決斷, した猿, して, のしてる, のする, の地, をしない, 神様離れした

▼ 人間~ (86, 0.1%)

31 やない 17 やありません 9 やねえ 6 や無い 5 や御座いません 3 やあるまい 2 やございません, やて

1 [11件] や, やある, やから, やな, やなかつた, やね, やねえよ, やねエ, やア, や村, や無え

▼ 人間にとって~ (86, 0.1%)

2 人間よりも, 他の, 意外な, 重大な

1 [78件] あたりまえの, いかに大切, いつまでも, かなり憂うべき, ぎりぎりの, この上, じつは一ばん, その過程, それだ, たいせつな, つねに惨め, なんと縁遠い, なんらかの見地, まだ耐えうる, まったく好ましい, もっとも尊い, よりよい, より興味, アブノーマルである, 一番たい, 一番どう, 一番の, 一番重大な, 不可能な, 不滅という, 事実それらは, 人生を, 人間ほど, 代表的な, 何と皮肉, 何の, 何より尊い, 切実な, 地上は, 大へん, 大切な, 女にとっても, 娯楽は, 安らいの, 実は一ばん, 希望を, 年と共に, 心強いもの, 必要なる, 感受とは, 手段生活である, 持て余す邪, 損です, 故郷ほど, 文学が, 新しい慾気, 最も充実, 最も多方面, 最も尊い, 最も苦しい, 最大の, 最大不幸である, 有利だ, 有害である, 果していつ, 欠くこと, 死は, 深奥な, 特別に, 特徴的な, 理想は, 甚だもの悲しい, 生きて, 真にむずかしい, 真に有利, 確かに, 神である, 神の, 神様は, 精神的苦痛に, 良心の, 親しみやすい, 骨の

▼ 人間一人~ (85, 0.1%)

6 の命, の生命 4 殺せるわけ 2 を助ける

1 [67件] いないの, いなかった, がここ, がはいれる, がやっと, が孤独, が楽に, が死んだ, が満足, が生き, が貴方, が陥没, が隠れ, つり上げたり, ですから, で動く, で持てる, といいなさる, としての価値, として一人, にお, の一日, の他人, の力, の化, の存在, の感情, の救主, の死, の父, の生, の生き, の生きる, の生涯, の血, の運命, の部屋, の重味, は入りません, も通らなかつた, をつかまえ, を勝手, を取戻した, を吹き消す, を小脇, を引き上げる, を慰められる, を担ぎ出す, を斬り殺し, を無駄, を綱, を締め殺しました, を縦, を轢逃げ, 増えたため, 居なかったから, 横たわって, 殺して, 殺せるほどの, 殺せるものぢ, 消えて, 絞め殺したん, 見落す筈, 見落としたとは, 通れるほどの, 隠す場所, 隠れて

▼ 人間らしい~ (83, 0.1%)

3 ところは, 生活の 2 ところを, 人間, 人間に, 正直な, 父と, 生活を

1 [65件] ある明る, かどう, この欲望, そういう美, その良心, という, といえるであろう, とか人間らしく, ところじゃあ, ところだった, ところでは, ところに, ところへ, ところ迄, とは云, のは, ひろや, またよほど, ものに, シンミリと, 一日を, 上にも, 事をよ, 互にわかった, 享樂と, 人の, 人間は, 健気さでは, 共同的な, 利巧な, 吉祥天女の, 品も, 女の, 奴は, 姿が, 家康である, 心もちそのものの, 情熱は, 意欲についても, 感情までも, 所の, 柔らかい感じ, 楽しみを, 武士らしい, 気品の, 気持が, 生々した思ひ, 生きかたと, 生活, 生活に対する, 目付の, 真情の, 美しい瑞々しい人生, 義理まで, 臥床, 自由が, 自発的な, 苦しみ, 言葉を, 誠実さが, 誠意の, 適応性が, 頭脳の, 頼りでした, 黒いかげ

▼ 人間であった~ (78, 0.1%)

3 ことは, ことを 2 か, という, ということ, としたら, にし, のだ

1 [60件] かそれにしても, かという, かということ, かどう, かも知れない, かも知れぬ, からこういう, からだ, からで, から京都, があなた, がいかにも, がその, が信長, ことに, しいつ, し自分, せいであろう, その子, その彼自身, だけにかれ, だけに板倉重宗, という事, という儔, という風, ところの, としてもその, とは, とは考えたくない, と思います, と思える, と見え, と言っ, なと云う, なんて, に相違, に違い, のである, のでおおいに, のです, ので兄, ので私, のに猪口, よ, わえ, んだ, んです, 事に, 先祖たちの, 前の, 当時の, 彼の, 時と, 時に, 時の, 時己は, 為め女人は, 金兵衛らは, 限りまちがいは, 頃の

▼ 人間であり~ (71, 0.1%)

5 ながらその 2 さえすれ, ながらどうして, ながら人間, もう一つ, 人間の, 男であり, 自己の

1 [52件] ある時, いまは, きわめて人間的, しかもその, そして人一倍, それが, それは, それ以上でも, ながらついに, ながらなぜそんなに, ながら一方, ながら一番, ながら内, ながら大名, ながら宗教, ながら心, ながら朝倉先生, ながら自分, ながら虎, ふつうの, またどうして, または今, 一つことを, 三十を, 乍ら自分等ばかり, 人間とともに, 人間一般と, 人類の, 他の, 他人の, 作家であり, 同じく本能, 国家の, 女である, 宇宙の, 彼が, 心が, 恐れなどという, 政治家であった, 日本人である, 正道についても, 殊には, 無人間, 無情な, 理想郷の, 生活能力者である, 相手も, 真理として, 社会人で, 而も, 自分の, 長崎などと

▼ 人間全体~ (71, 0.1%)

5 のため 4 を代表 3 を指摘, を発見 2 で使用, に対してまるで, に役立つ, の不安, の代表者, の生活

1 [44件] から背かれる, が, がはり切れ, が一箇, が別種, が叡智, が嫌い, が嫌ひな, が幾世紀, が活動, が雑兵そのもの, として何, とすこしも, にしみとおっ, にそれ, にとって意義, によっていたわられね, に一貫, に共通, に対して一種, に対する彼, に目的, に親愛, の問題, の型, の存在, の心理, の最後, の生き方, の生命, の罪, の能力, の苦, の苦しみ, の解放, の運命, は, は餓, をただ, をひっぱっ, を主人, を信用, を憎んでる, を見出した

▼ 人間~ (71, 0.1%)

2 がその, が唯物論, というもの, という言葉, のこと

1 [61件] あるいはもっと, から云っ, から現象学的残滓, がハイデッガー, がプロレタリア的基礎経験, であった, で而, という観点, という課題, として, となっ, と国粋哲学, と治療, と称せられる, などがこれ, なの, なるもの, なるもの一般, にならね, にまで移行, によって基礎, に他, に対する連関, に通じた, に適用, に陥る, の一科目, の先輩, の先駆者, の出発点, の変貌, の大家, の始まり, の歴史, の演繹, の系統的, の系譜学, の背後, の諸, の類, はそうした, はである, は一種, は云わ, は今日, は例, は好意, は模範的, は治療, は風土理論, へ辿っ, へ連なる, もそう, も今日, や解釈学, を勉強, を導く, を持ち出した, を採用, を独力, 其の他

▼ 人間ほど~ (70, 0.1%)

3 恐ろしいもの 2 わからんもの, イヤな, 嫉妬的でない, 愚鈍な, 我には, 相手を, 美しいもの

1 [53件] あてに, いざと, ですが, ふてえ奴, みじめな, みっともないもの, わからぬもの, キライな, ヱゴの, 不人情な, 不思議な, 人迷惑な, 仕方の, 儚い情ないもの, 分らんもの, 勝手な, 半面には, 卑しく汚らわしく愚鈍, 卑劣でない, 同時にこの, 境遇に, 始末に, 始末の, 嫌な, 尊く美しく清らか, 常に, 平等的なる, 幸不幸の, 幸福の, 強いもの, 得手勝手な, 御しやすい, 微妙な, 怪しいもの, 恐しい, 惨めで, 愚かな, 憐れむべきもの, 毛唐から, 無慈悲で, 生きる力, 的に, 破倫, 肉親愛が, 自由な, 薄情な, 複雑不純で, 豊富に, 豪いもの, 貴い者, 足は, 邪見な, 醜惡

▼ 人間以外~ (70, 0.1%)

13 のもの 9 の動物 3 の犯人 2 のある, の人間, の何物, の力, の生物, の美し

1 [33件] すなわち畜生仲間, にはぜったいに, にはない, にはゐない, には一種, にもある, に偉力, に外, に注ぐ, に種々, に見た, に酒, のこと, の一切, の一大怪物, の世界, の全, の声, の天, の宇宙, の心理作用, の星, の沾, の生き物, の異類, の社会生活, の者, の血, の醜, の非, の鬼神, はとうてい, は誰

▼ 人間~ (67, 0.1%)

2 の虚しい, の表裏

1 [63件] あ年がら年じゅう夜昼, が, がはるか, がやっ, がやぶれ, が伝えた, が大阪, が寄食, が旧態, が死, が通ってる, だ, だからね, だと, だろう, だ其樣, であった, でしょうその, というもの, とても幾世, に, にしらせ, にたいして本当, にとってはまた, にや違, に位置, に寄っ, のかげろう, のかすり, のげす, のごく, のする, のエゴイズム, の争い, の云う, の侘し, の前代, の存在, の得手勝手, の思考, の悪声, の悲しみ, の数, の智慧, の眼, の祈祷, の言葉, の配慮, の魂, は, はみんなイエス, は其の, は戦争以来, は死んだ, は身, は飲酒, もなかっ, も本心, よ, を大声, を案内, を犠牲, ノ以テ金言ト成ス所ナリ

▼ 人間なんて~ (66, 0.1%)

3 あるはず, ものは 2 いるはず, かなしいもん, この世に, そんなにたくさん, のは, ものが, 仕方の, 聞いたこと

1 [44件] あてに, ありやしないん, あんまり感心, いうもの, いくら威張った, いないの, いやしない, いるでしょうか, いるわけ, えたいの, この世の中, じつにきみ, そうは, そんなもん, つまんねえもの, どんないい, どんなもの, なんだかばけ, なんとまあ, なんと云っ, ばかな, ほんとうに, まずない, ものを, チットも, ホントに, 一たいどうして, 一つ狂う, 一体どんな, 一個の, 不良少年それだけ, 全然いない, 君そんなに, 問題に, 嘘の, 妙な, 實に, 本当の, 殊に男, 無いだらう, 犬っ, 生れてから, 自惚, 達者が

▼ 人間としては~ (62, 0.1%)

3 下等の 2 当然の

1 [57件] あまりにも, いない, すぐれた, すこぶる尊とい, それだけで, そんなに感動, たった一人, ちとやり損なった, である, なおさら口惜しい, なかなか良い, はるかに, まず普通, まったく成っ, まったく無, むしろ不相応, むしろ仙, むろんの, もう別, われわれは, 上るべきもの, 主人だけ, 何でも, 何等の, 免許皆伝じゃ, 別に怪しむべき, 到底忍べない, 堕落です, 大敗けした, 妻の, 婆さんが, 存外善人, 尋常事では, 常識として, 必し, 恩愛の, 感心できない, 我々は, 或は不可能, 最も窮乏, 月心院内門番の, 欠目の, 正直すぎる, 殆ど実行出来ない, 無情すぎる, 無理ならぬ, 無論通用, 猶ほ, 疑わざるを, 病的なはにかみ, 矢張り現世の, 良心の, 芸術の, 負けたの, 赦しがたい, 通用しない, 頭の

▼ 人間に対して~ (62, 0.1%)

3 偉大なり, 抱いて 2 絶望を

1 [54件] あまりに惜し, いだく事, いつも恐怖, おそろしくりんれつ, この挑戦, そういう感応, その実際, なし得るすべて, なにかムヤミ, 不敬であります, 人間ならざる, 何か, 何を, 何事も, 個別な, 先生という, 冒頭から, 別になん, 別に親切, 動くにも, 勝ち誇ったよう, 危害を, 執刀する, 女同志である, 客観的に, 寛大な, 屡々危害, 怖ろ, 感じた羞恥, 感じるの, 感じる馬鹿馬鹿し, 憤怒と, 提供せられる, 敵意を, 更に倍加, 有して, 本能的な, 決して禍い, 災難を, 理想と, 生物の, 直接には, 神経が, 自衛を, 若い血, 行うには, 行乞せず, 親切で, 言ふ, 言語道断の, 軽々しく物, 道徳的教育的意味を, 頗る無愛想, 頭を

▼ 人間にとっては~ (61, 0.1%)

2 全く不可能, 八十年に, 初めから, 自分の

1 [53件] あなたという, あまり安全, ことにそうでしょう, このソドム, この地上, その, そのまま通用, そんな冷やか, たしかに自由, ただ無限, ちっとも感じ, とうてい不可能, なかなか不利益, はなはだ不利益, やはりそれ, ケーベルさんの, スタンダールの, セラダが, バイブルが, 人間が, 何んで, 健全な, 全く概念的, 全く無縁, 全く現実的, 只棲息, 安寧無事と, 山は, 常識に, 強敵だ, 彼は, 彼等と, 意味の, 我慢の, 数多い店, 暦などと, 松本氏の, 極楽の, 死も, 油断ならぬ, 演じがたい, 無限に, 無限大なる, 甚だ心細い, 生きること, 生活という, 益々その, 自殺は, 自然は, 迷惑千万である, 醜も, 重荷である, 驚異です

▼ 人間だって~ (60, 0.1%)

2 いるかも, そうだ

1 [56件] あまり変り, いう事, いやこれ, うそだろう, お前エラクなる, ことな, ことには, ことは, しじゅういってる, そういつ, そうながく, そのとおり, そのなか, それぞれの, たくさんウロウロ, ついて, つい近年, なかなかさがしだせない, みすみす自分, むき出しの, やはり死ぬ, やるだろう, よもやあれ, ウザウザ居る, クサル, ツイ千年前ぐらいまでは, 一生涯飽きる, 三服四服は, 似たよう, 俺は, 同じこと, 同じじゃ, 同じです, 堪まる, 大抵は, 太陽を, 女とも, 子供は, 宅で, 平気で, 忘れること, 持ち出せる, 敵う, 月給こそ, 気の, 火星へ, 爪に, 生きて, 生きてる時, 百歳の, 皮血肉五臓六腑そんな, 血液の, 見かけること, 通り抜けること, 馬だって, 鮪だって

▼ 人間同志~ (57, 0.1%)

3 の生活, の間 2 だから, で内地, の関係

1 [45件] お互に, が一つ, が争う, が会, が無上, さえ知る, そのくらい, だからね, ではない, でもまるっきり, で枕元, で苦しむ, として握手, と思っ, なら二の次, にはなんにも, のする, のマサツ, の仲, の会話, の作っ, の問題, の平和, の従属感, の微妙, の恋, の我利, の機械的, の浅間, の競合, の結び目, の話, の醜い, の間柄, の闘, はいつ, はしたしく, はその, はつねに, は案外, 争っては, 互いに持ちまえ, 憐れみ合い助け合うよう, 攻めあい殺しあいして, 殺し合うの

▼ 人間であっ~ (56, 0.1%)

3 てその, てみれ 2 てしかも, てはならぬ, てもいい, てピアノ, て他

1 [40件] てくれ, てこんな, てさまざま, てただ, てもぐっと, ても人, ても人間, ても何だか, ても多少, ても差しつ, ても直接, ても自分, ても自然, てわが国, て両, て人間, て人間以上, て個性的, て単なる, て同時に, て外, て学者, て少し, て幽霊, て建設的人間, て悲哀, て昔, て時に屡々, て時代精神, て書物, て東洋人, て板, て相応, て真剣, て箱入り息子式, て精神, て身長, て雌狸, て頗る, て黒き

▼ 人間エフ氏~ (56, 0.1%)

2 の室, の身体, はあなた, をお前

1 [48件] かもしれない, からされた, があばれ出し, があらわれた, がそれ, が戦車, じゃない, だ, だけ見, であった, では, というの, という骨組, とまちがえ, とマリ子, なかなかりっぱ, につれられ, にどう, にひきずられる, にも追いかけられない, のそば, の姿, の実験, の手, の拳骨, の足あと, は, はたいへん, はとうとう, はどう, はますます, はまるで, は機械人間, は相手, は部屋, やイワノフ博士, をうごかす, をこの, をさしむけ, をつかっ, をつれ, をとりしずめる, をむかえ, をよん, を前, を操縦, を日本, 見せます

▼ 人間って~ (50, 0.1%)

7 奴は 6 ものは 2 つまらないわね, やつは, 薄情な

1 [31件] あてに, あるもん, あんまり図体, いいこと, いいなと, いったいどんな, こんなもの, こんな姿, そんなに変る, ちっとも恐, とても大きい, のが, のは, ほんとにある, ほんとに恐い, ものはね, やつの, 何だろう, 何故そんなにばかばかしく, 何者な, 僕たちの, 割切れないもの, 名は, 吝だから, 奴あ, 奴が, 奴どこまで, 奴何だって, 弱いもん, 気持の, 知らないこと

▼ 人間存在~ (48, 0.1%)

7 の超越性 5 の構造 3 の模型 2 の根柢

1 [31件] から始めて, が完全, が物質的生産関係, が社会的, が自覚的, である, というもの, なの, なるもの, にあっ, に於ける, の一連関, の不思議, の仕方, の何より, の個々, の受容性, の政治的性格, の最後, の本来的, の根本構造, の根本規定, の構造内, の現象, の社会性, の表現, の表現性, の規定, の間柄, の骨組み, を肯定

▼ 人間にと~ (47, 0.1%)

25 つては 5 つての 2 つても

1 [15件] つてかう, つてと, つて一つの, つて娯樂は, つて家と, つて宿命的な, つて急所だ, つて最高の, つて極限までも, つて特徴的な, つて生き, つて研究さるべき, つて神の, つて見ゆる, まつても

▼ 人間たる~ (46, 0.1%)

4 ことを 2 ことが, ものが, ものの, 親み

1 [34件] おまへも, ことさへ, ことは, ところだ, と物たる, には十分, の単純さ, の権利, の面目, ものは, われわれに, 乃公の, 事実を, 以上は, 位地に, 俳優は, 名に, 容積の, 尊厳の, 尊厳を, 悲しさ, 我々は, 所以が, 所以である, 所以其の, 最高執政者に, 真性だけは, 系統を, 自分自身を, 自覚は, 貴さ, 資格を, 道は, 限り自分の

▼ 人間への~ (44, 0.1%)

2 映像が

1 [42件] ボートク人間の, 一般的興味の, 一転機が, 不信から, 不信は, 不信を, 信頼に, 信頼を, 光明と, 共感皆もって, 反感, 反感病的な, 命令や, 回帰を, 尊敬を以て, 恋に, 恐怖から, 悲心と, 愛であり, 愛では, 愛を, 愛情である, 愛情と, 感動なし, 憎悪が, 成長の, 接近への, 最後の, 殉死者であった, 献身, 理解は, 生活への, 目しか, 省察が, 祈願に, 肯定によって, 落し穴の, 見せしめの, 還元だ, 郷愁に, 金言だろう, 鋭い心理的洞察

▼ 人間だけが~ (43, 0.1%)

2 すべてを, 地獄を

1 [39件] あくせくし, これらの, さまざまあります, そこに, そこまで, つくりあげたおどろくべき事件, もって, もつ一つ, ヨタモノ稼業が, ルウレットを, 一段飛び離れ, 下痢を, 人生の, 出す音, 名誉心を, 名譽心, 威張って, 小説家に, 悩み苦しむと, 感ずる事, 手と, 折折づぬけて稀には, 持つ冴えて, 文化の, 残された, 残ること, 災難を, 熱心に, 特別の, 現実の, 生きて, 用の, 直接話しよる, 知ってりゃいい, 突如と, 自信を, 見えた, 貰えること, 起床就寝を

▼ 人間とも~ (43, 0.1%)

2 あろうもの, 動物とも

1 [39件] いって, お友だち, さして変る, つかない変テコリン, とれる言, とれる言い方, なったある, なった暁, なれば, わからない姿, わからぬ事, 交際は, 交際ひ, 似て, 倒幕派の, 判らない若い, 区別なく, 思えなかった, 思はれない, 思へない位, 思わなかったの, 思われない, 思われなかった早業, 思われる, 本質的変化を, 死骸とも, 海鼠とも, 猿とも, 知って, 結びつけられては, 菩薩とも, 見えないが, 見えないその, 見えなかった, 言えないその, 言葉を, 違うって, 違ふ, 類人猿とも

▼ 人間自身~ (43, 0.1%)

2 が悪い, の一定, もその

1 [37件] がある, がそこ, が一つ, が主観的, が作り出し, が大, が工夫, が往々, が思っ, が悲しみ, が数千年来, であるという, ではない, ならびに周囲, にとってそれ, に同情, に対して穏当, に罪, の不注意, の内的, の冒とく, の力, の努力, の存在, の弱, の惡事, の智慧, の生活, の肉, の肉体, はピアノ, を世界, を侮辱, を救う, を有, を笑う, 全く判っ

▼ 人間~ (42, 0.1%)

2 の脚, は, はこの, はやや, を見おろし

1 [32件] からの引用, がぼく等, が三々五々, が住ん, が彼方, が急, が愚かしい, が手, が死に, が漱石, が発見, が親分, が道, だけと一定, です, にはこの, に他, の心理, の手, の持つ, の生活, の素姓, の美し, の間, はいわゆる, はそんな, も都市対農村, よビルデング, よ人間達, よ可愛い, を材料, を蔭

▼ 人間でなく~ (41, 0.1%)

2 て機械

1 [39件] ことごとく烏天狗, ただ機械みたい, つてほんとの, てはいい, てはとうてい, てはならぬ, てはほんとう, てはもてない, ては全く, てむしろ, てもい, てもロボット, ても虚言, てオランウータン, て一つ, て一個, て天狗, て小さな, て幽霊, て昔話, て村, て物, て狐, て狐仙, て猿造猿公, て獣, て自ら額, ともよい, とも動物, なつて, なつて了, なにか恐ろしい, 人格である, 何かの, 内部の, 御朱印の, 扱は, 無機物の, 真実の

▼ 人間によって~ (41, 0.1%)

2 切り取られた本能, 復讐される

1 [37件] つかさどられて, では, とられる偽装, やめさせられなければ, やめること, 乱用せられる, 云われた言葉, 作られた伝説, 作られてる現在, 作られること, 値段が, 出来て, 十分に, 変な, 始められる以前, 彼は, 復讐せられ, 戦争が, 支配され, 救われるであろう, 書かれたもの, 書かれるもの, 死刑に, 決定せられ得る, 満たされて, 無窮なる, 生み出されたもの, 確かめようと, 禁じられて, 約束された, 統制しよう, 裁かれること, 見られたこと, 見られた世界, 評価される, 踏み敷かれつつ, 追求された

▼ 人間~ (41, 0.1%)

2 との間, に於, は人間

1 [35件] がプロレタリア的基礎經驗, が有する, が第, である, であるやう, といふもの, と他, と名, と矛盾, と稱, によつて, に出, に解消, のマルクス的形態, の上, の主要思想, の位置, の内部, の對立, の特殊, の限定, はもと, はデカルト, はフォイエルバッハ, は新興, は極めて徐々に, は比較的, も今日, をそれ, をもつ, を後者, を根柢, を破つ, を覆すべき, 即ち制作人間

▼ 人間~ (40, 0.1%)

12 ものは 4 やつは

1 [24件] ありませんからね, あんまりひどい, いふもの, がらを, がんは, こんな模様, そうしたもの, どうして人, なんです, まが, みなこんな, ものあ, ものが, やつあ, やつが, やつどこで, わからぬもの, わがままな, 不思議だ, 云われるの, 何という, 奴は, 妙な, 死ねるもの

▼ 人間とが~ (39, 0.1%)

3 ある

1 [36件] あるだけ, いるの, からみあって, なるべく少い, ふれあへば, ミーメの, 一直線の, 一緒に, 二元的に, 互に抱き合う, 交わるとき, 分らないの, 区別され, 厚ぼったく居流れた, 友愛を, 尽くる, 差別を, 待ち受けて, 息を, 愛し合, 教会堂に, 歓び合う情愛, 正しく一つ血, 武蔵から, 滅茶苦茶に, 生きて, 相対し, 相等しい, 社会に, 群を, 草原や, 衝突した, 認められた, 論じ合, 鍔ぜ, 静かに

▼ 人間とを~ (38, 0.1%)

2 ひとめで, 結ぶ客観的, 觀察し

1 [32件] くらべて, その正常, 別々に, 区別する, 合作し, 同日に, 型に, 外科手術で, 対立させ, 対立させず, 対立させまし, 巧みに, 彼女に, 待ち望んだ, 愛し続ける, 捉えること, 本当に対立矛盾, 比べると, 比較し, 比較する, 無数に, 痛む心, 知ること, 結びます, 結び合うもの, 結ぶ政治, 結ぶ直線, 結合させ, 見くらべた, 見誤るほどに, 責めて, 超越しよう

▼ 人間~ (37, 0.1%)

2 が宿っ, を養う

1 [33件] から流れ出, が流れ, が溢れ, でもない, と, というもの, といふもの, とか友情, とそして, とを彫みつけた, と信仰, と火, と社会的良心, どうしても我々, によってのみ理想, に不足, に富んだ, に対してどれ, に徹, に徹する, に恵まれ, に比べられた, に渇, のため, のためいき, の中, の方, の深, の演説, の燈火, の雄大壮麗, を注いだ, を養成

▼ 人間本来~ (37, 0.1%)

3 の欲求 2 の, のもっとも, の弱, の意志

1 [26件] のある, のこころ, のもっ, の不自由さ, の傾向, の声, の姿, の怠惰性, の性情, の性質, の感情, の我利我利心理, の故郷, の本音, の求め, の温か, の生活, の生活形態, の真情, の真相, の純粋性, の美しい, の美しき, の自己愛惜, の関係, の面目

▼ 人間~ (36, 0.1%)

19 なれの 7 なれが 3 なれを 2 なれして 1 つかり居るから, なれした偶然, なれした日常, なれした清浄無垢, なれした激しい

▼ 人間ひとり~ (36, 0.1%)

3 の命, やっと通れる 2 かくれる場所

1 [28件] かくれられそう, が乗っ, が死ん, が殺され, が生死, しかはいれません, じゅうぶんは, と猿一匹, にお, に取付, に裁判, の生死, の自殺, も余す, やっとくぐりぬけられる, らくにはいれる, をなぶり, をもちあげる, を一生, を殺し, を殺した, を消し, 入れるぐらい, 在ればさ, 居らざりに, 斬ったくらい, 立って, 養う余裕

▼ 人間一般~ (36, 0.1%)

2 の弱点, は永遠

1 [32件] というもの, とは違う, と自分, と違う, にくらべれ, に共通, に妥当, に対する先入主見, に属する, に歸, の, のこと, のさもしい, のもの, の倫理, の姿, の希望, の心理的状態, の恥, の理性, の真, の福利, の精神, の通則, の運命, はまだ, は結局, は英国風, を持つ, を指し示す, を明らか, を考える

▼ 人間~ (35, 0.1%)

2 人間へ, 向って, 吹矢が, 復帰しなけれ, 犬の

1 [25件] いうよう, うつしつた, うつるの, お交際, つまずいて, 下から, 与えるの, 充分同情, 向つて, 帰らう, 戻って, 打つける, 押しつけられ人間, 持って, 斬って, 移行する, 突き戻すだけ, 絶えず鞭, 迫って, 送る電波, 逆もどりした, 進化し, 還れの, 酌す, 電気を

▼ 人間~ (35, 0.1%)

2 である

1 [33件] いやプロレタリヤ, が覗かれる, といい, として深刻, と悲しみ, なども起つ, には結晶, にへしつぶされ, により, に悩む, のせつな, の一つ, の中, の体験, の抒情性, の根本, の現れ, の生活, の解脱, の記録, の試錬, の象徴, の途, の黄昏, は彼等, への警告, も知らない, を主題, を思ひ, を息づかせる, を知らぬ, を見つめ, を集めた

▼ 人間みたい~ (34, 0.1%)

3 になっ

1 [31件] じゃない, じゃないでしょう, だが, だな, なこと, なところ, ななき声, なもの, なやつ, な考へ方, な野蛮, な顔付, にここ, にさっき, にし, にす, にぜいたく, にフラフラ, に口, に思われる, に憐れ, に歩い, に灰色, に硬直, に行きたい, に見えた, に踏ん張っ, に階下, に馴, に黙々と, に黙っ

▼ 人間心理~ (33, 0.1%)

3 の機微 2 の批評

1 [28件] がそこ, がハッキリ, が起す, と罪, と離れ, なの, のニュアンス, のフリ出し, の一つ, の一面, の奇異, の奥底, の把握, の最も, の本能, の洞察, の洞察力, の特徴, の発展過程, の研究者, の秘奥, の秘密, の縺れ, はのち, をいみじく, をデッチ, を伝統的理想, を作者

▼ 人間~ (33, 0.1%)

2 そんな作家, でありながら, であるから, であると, でなければ, ではない, の文学, の裏附

1 [17件] だという, であり簡潔, であろう, でもない, でもノブ子さん, で人, で男女道, という, というもの, と申すべき, と虚無, など, の作品, の眼光, はめったに, を以て任じ, 色々知りぬいた

▼ 人間でなけれ~ (32, 0.1%)

5 ばならない 2 ばできぬ, ばならぬ, ばなりません, ば彼

1 [19件] ばあの, ばいえない, ばこんな, ばさ, ばその, ばどう, ばよい, ばわからない, ば出, ば出来ん, ば分らない, ば厭世觀, ば大衆生活, ば実行, ば本当, ば決して, ば見えぬ, ば読めない, ば駄目

▼ 人間かも~ (31, 0.1%)

4 しれない 3 知れない 2 しれないの, 知れないと, 知れないよ, 知れませんね

1 [16件] しれないが, しれませんね, しれませんよ, わからないん, わからんな, わかりません, 分らない, 知れないが, 知れないぞ, 知れないでも, 知れないな, 知れないね, 知れない武士, 知れない私, 知れぬ, 知れません

▼ 人間なみ~ (31, 0.1%)

2 の大き

1 [29件] さ, では計りきれない, なところ, な言, にさせられる, にそつ, になった, になれ, にはし, に云つて, に多少, に大きな, に扱える, に痛い, に見られた, のこと, のゼイタク, の地響, の悩み, の愛慾, の扱い, の挨拶ぐらゐ, の欲望, の正義, の生活, の習俗, の者, の言葉, の過分

▼ 人間をも~ (31, 0.1%)

2 もう信じ得ない, 憐れまずには

1 [27件] おかしい笑うべき, その一部, その親切, どっちつかず, ひきつけずには, ひと突き, 一個の, 先へ, 前言ったごとく, 含む動物, 含む生物界, 寂しい死, 導くに, 工場をも, 幽霊の, 持続する, 掌に, 描くこと, 有無を, 楽しませる事, 生活をも, 見て, 見ようと, 見出し, 道に, 避けなければ, 除さず

▼ 人間並み~ (31, 0.1%)

2 の人, の待遇

1 [27件] ではこれ, につきあっ, になりかかったらしい, になりたい, には駆けます, に数えられない, に楽しい, に見られない, に送る, のあしらい, のお産, のもの, の人間, の奴, の姿, の思慮, の戸籍, の沙汰, の注文, の生活, の社会, の笑いぶり, の食物, は人間並み, らしい感じ, を外れた, を廃業

▼ 人間~ (31, 0.1%)

3 だぞ

1 [28件] が平生愛国者, が機械, だ, だからな, だろう人面, では, になった, に相, に角觝, に都合, のくせ, の中, の仰, の君達, の恋路, の方, の様, の殺人鬼, の生活苦, の男女, の相撲, の罪, の間, はどういう, はどこ, は人間様, も犬, を征服

▼ 人間としても~ (30, 0.0%)

2 有能な, 芸術家としても

1 [26件] ちょっと底, でき上がって, なかなか変っ, まずこれ程立派, もっとも高く, ゲーテの, 一人物であり, 世路の, 信雄が, 全く意味, 剛健で, 味ひ, 完成される, 心から尊敬, 本当の, 獸同樣の, 甲斐には, 画描き, 相すまない, 相當, 立派な, 美しいもの, 至幸至福の, 重んじて, 非凡な, 非常に

▼ 人間及び~ (30, 0.0%)

3 作家としての, 社会の 2 作家として, 其他の, 文学者としての, 歴史に, 歴史の

1 [14件] 世界の, 人生社会等の, 人間生活の, 人間群の, 仕事を, 他の, 大所高所からの, 救主, 知識人として, 社会が, 社会等の, 神明の, 芸術家として, 芸術家としての

▼ 人間~ (30, 0.0%)

2 がそれ, を何

1 [26件] から抜きん出, が荒い, が階級, であった, である, であると, で悲しい, というもの, としての大衆, にま, に対してだけ特別, のぬき, のタイプ, の動かし, の実態, の悲喜, の最も, の現実的, の生活, の観念主義的意企, は, はふつう, は何, をきりさい, をとらえ, を自身

▼ 人間なる~ (29, 0.0%)

10 が故に 4 ものは 2 ものを

1 [13件] かなついで, がゆえ, ことを, こと是なり, もの, ものが, ものと, ものの, やといふ, 一種の, 専制コハクの, 無限なる, 者である

▼ 人間かと~ (27, 0.0%)

2 思いましたが, 思って, 思や, 思われるよう

1 [19件] いうと, 云うくらい, 云うこと, 云うと, 云う事, 云えば, 云ふ, 思いますと, 思うほど, 思えば, 思った, 思ったのに, 思われるほど, 怪しまれたが, 怪しみまして, 押し返して, 申しますと, 疑つて, 胸を

▼ 人間だけに~ (27, 0.0%)

2 察しが

1 [25件] ある感情, あれは, うけいれられるいきもの, お艶, かかって, して, その姿, どうかすると, みんなが, むやみに, 三十歳といふ, 兎にも, 大きな社会的堕落, 女出入の, 女出入りの, 妬きやう, 對し, 敬意を, 斯うなる, 看貫, 見事に, 貫, 間けつ的に, 限って, 限らん

▼ 人間一生~ (27, 0.0%)

4 の間 2 に一度, の中

1 [19件] いやしくも命, だ, どうころんだ, の, のあいだ, のうち, の七十年, の中軸, の内, の前, の務め, の吉凶禍福, の大, の旅行, の浮沈, の運命, は七転び八起きさ, は肺臓, をかく

▼ 人間であろう~ (26, 0.0%)

2 とする

1 [24件] か, が美術品, が闘争者, と, としてその, として依然, とその, とその大きな, とも乃至, とも勅命, とも化け物, とも驚きません, とオレ, と三郎, と危急, と太陽, と存在, と思われる, と木草, と選ぶ, などとは, に孟達, のにそれ, 今は

▼ 人間にな~ (26, 0.0%)

5 つてし 4 つて現し 3 つたと 2 つては, つてゐた 1 つてからの, つてしまつたのである, つてしまつては, つて作つたもので, つて帰る, つて後屹度赤い, つて行く, つて行つたのでございます, つて行つたら, ツて

▼ 人間臭い~ (26, 0.0%)

2 人間に

1 [24件] がこの, が尻, ことを, し明るく, ぞ, ところである, とも思っ, と思わない, と見, なにかの, ほこりっぽい, ものは, 執着を, 悟り切れない暗, 所に, 所へ, 暮色が, 気分が, 特色を, 生活は, 筈だ, 街のな, 顏つきを, 風景である

▼ 人間について~ (25, 0.0%)

2 実験し, 実験する

1 [21件] きた自分, さへ, すべての, その性格, ただこの, とりわけ自分, ほんとうに, 一の, 人間自身が, 例へばフリードリヒ大王, 希望を, 彼が, 思ひ煩, 無知で, 直接実験を, 研究した, 経験した, 考えて, 興味を, 見れば, 論じて

▼ 人間感情~ (25, 0.0%)

2 のリアリティー, は激しく

1 [21件] からだけで, がたかまった, が存在, のすべて, のどんなに, のもっとも, のやさし, の不具, の微妙端巌, の悲哀, の憎, の本質的, の氾濫, の純粋, の紛糾, の結合, の繊細さ, の葛藤, の露骨, への同情, を生粋

▼ 人間的存在~ (25, 0.0%)

2 の意識

1 [23件] からの一個, が性的交渉, が自覚的存在, であります, である, でなければ, ではある, と文学, に固有, に関する社会, の仮象, の假象, の全, の具体的, の具體的, の根拠, の根本的規定, の現, の現実性, の理解, はエキジステンツ, はモンスーン的風土, への主張

▼ 人間だったら~ (23, 0.0%)

2 どうする

1 [21件] あんなこと, あんなにうまく, えらい恥, お粂, きっとこんな, ここに, この路地, さぞ痛い, すっかり参らせ, その翁, どうせいくら稼い, どうだったろう, どうだろう, なんなく取繕う, 中毒症状を, 人間なみに, 人間の, 再び見ない, 殺人罪を, 腹が, 葉子に

▼ 人間よりは~ (23, 0.0%)

2 寧ろ獣

1 [21件] いかほど自由, いくらか価値, ずっとすぐれた, ずっと鋭敏, どれぐらい, ねずみの, はつきりし, まだ気, まだ氣, 余程悧巧, 小さかった, 少し大きく, 悧巧な, 数等まさった, 気の, 獣類に, 生命の, 精いっぱい生き, 豚に, 遊食が, 金銭の

▼ 人間相互~ (23, 0.0%)

6 の関係 5 の間 3 の關係 2 と自然 1 のつながり, の共同, の愛, の感情, の残酷性, の生活, の生活感情

▼ 人間~ (23, 0.0%)

2 しも類人猿以来, にもめいわく

1 [19件] かは懼然, しもが各々, しもこういう, しもさうな, しもた, しも好ん, しも旅行, しも機嫌, しも異性, しも腹, しも野獸, だってその, だって手首, だつて, でも持っ, にもある, もの心, れか, れも

▼ 人間じゃあ~ (22, 0.0%)

4 ない 3 ないん 2 ございません, ねえん

1 [11件] ありますけれども, ありませんね, ないが, ないね, ないの, ない根, ない維新, ない蕈, なかった, なく怨霊, なさそう

▼ 人間嫌い~ (22, 0.0%)

1 [22件] か, かと思われる, が軟化, だから, でその, では無い, で時々, と変る, と言っ, にし, にする, になっ, になった, になる, にはなりたくない, に変じた, の, の仙人戸沢図書虎, の医師ウスチモーヴィチ, の危機, の男, はかなり

▼ 人間~ (22, 0.0%)

2 である, に抗

1 [18件] からそれ, がそう, がそこ, が尻尾, であった, であり他方, とかまた, に厳粛, に従っ, の一斑, の不用意, はたしかに, は従つて, やまた, をさ, をもっ, を知り, を述べなけれ

▼ 人間部隊~ (22, 0.0%)

1 [22件] がばらばら, が出来る, が現われた, が粛々と, が肩, なん, の一番後方, の中, の勝った, の襲来, はあいかわらず整然と, はいかめしい, はその, はたちまち, はばらばら, は弾丸, は粛々と, をいくら, をじっと, を一時, を作りあげた, を指揮

▼ 人間~ (22, 0.0%)

2 の砲兵陣地

1 [20件] がねえ, がみじめ, がやって来た, が戦車, が見えなかった, が退却, が隊伍, でございますが, にかけます, に来られる, に負けた, のため, のガス弾, のガス砲陣地, の進軍, は, はたちまち, はどこ, は山, は強き

▼ 人間~ (21, 0.0%)

3 は朕

1 [18件] が主要国道, が頭, に対し次, に対する弾劾文, のポケット, の歩い, の物, の説明, の身体, はまるで, はブレフスキュ国, は不忠, は二ヵ月以内, は毎日, は皇后, は近頃, は閑, は陛下

▼ 人間社會~ (21, 0.0%)

1 [21件] がその, ではじつ, といふもの, と言う, には法律, に對, に於ける, に材料, に結びつけ, のいろんな, の低き, の最下底, の浮き沈み, の生きた, の移り變, の諸, の過去, の關係, はちつ, をのみ相手, ノ連絡

▼ 人間なんか~ (20, 0.0%)

2 見たこと

1 [18件] ありゃしねえ病気, ありやしません, いませんがね, いやらしいわね, かなわないね, そういう点, でなくとも, もう一人, やめに, ゐないや, 一人も, 下らないみじめ, 俺は, 惨めな, 殊に婦人, 滅多に見付かりません, 猿の, 見向きも

▼ 人間ばかりが~ (20, 0.0%)

2 集って, 集まって

1 [16件] いちばん偉い, その夫人, たむろを, どうして射殺, はえの, 大切な, 寄集まっ, 持って, 揃って, 時たま彷徨, 残つ, 牽かれて, 生まれるだろう, 町中で, 社会生活の, 行って

▼ 人間~ (20, 0.0%)

1 [20件] あなたの, お前の, かく行うべし, どこかに, 人間よと, 冷たければ, 切なし, 君自身を, 怒って, 愼み, 欲するまま, 汝等の, 汝自身を, 泣きたくば, 物からは, 生悟り, 生活の, 白ちゃけた行い澄した, 笑いたくば, 貧しい友

▼ 人間一匹~ (20, 0.0%)

2 の命, 殺せる人相の

1 [16件] がいる, がむやみ, が根もと, が消え, が片, ずつ一つ, の価, の生涯, を台無し, を押しつぶし, を拾い出す, を故郷, を殺す, を生かし, を隠す, 殺すに

▼ 人間理性~ (20, 0.0%)

2 の社会学的批判

1 [18件] としてのこの, によって否定, に固有, の勝利, の普遍性, の有, の歪曲, の発展, の発達, の目ざめ, の自律, の闘い, は建築的, は本性上建築的, への信頼, も追いこまれ, をみとめ, 乃至人間悟性

▼ 人間だけ~ (19, 0.0%)

3 である, では 2 だった

1 [11件] あって, あると, えらんで, ついにこの, でありしかも, であります, ですか, でその他, でともかく, でほか, 無事に

▼ 人間だろう~ (19, 0.0%)

4

1 [15件] かと思う, からそれ, か妖怪, が, さ, じゃない, と, と思った, と思つて, と思われた, と格子, と極め, な, に, 私の

▼ 人間扱い~ (18, 0.0%)

2 にし, にしない, にはし

1 [12件] じゃない, するには, ではございません, にされず, にされない, にしなかった, にしなくなった, にはしない, に畜類, も受け, をうけ, をしなくなる

▼ 人間的魅力~ (18, 0.0%)

1 [18件] が全然, が比較的, が決定的, というもの, という点, といふかさ, とを備, とを別々, などというもの, にしろ, にひかれ, に結びつけ, は彼, もこの, を感じ得る, を深め, を添える, を豊か

▼ 人間自体~ (18, 0.0%)

2 がない, が俗悪, の偽らざる, の発育 1 が, が常に, が案山子, にある, に関するもの, に関する限り, の美, も驚く, をどう, を侮辱

▼ 人間~ (18, 0.0%)

2 さが

1 [16件] からざる, が強かっ, が忘れえぬ, さ, さから, さには, というもの, とが一つ, にた, に無心, の強い, の無い, をだせる, をもつ, を嫌つて, を感じ

▼ 人間こそ~ (17, 0.0%)

2 まことに憐れむべきである

1 [15件] あやしい人物, いい迷惑, その独楽, たとい実際上, たよりに, みんな幽霊であっ, もう毀れちまった, シャツの, 世の中の, 先ず建, 彼の, 最も大きな, 本当の, 頭の, 飛んだ災難

▼ 人間など~ (17, 0.0%)

1 [17件] あとから, ある筈, いふこと, いるはず, いる筈, すべて相掏り, たくさんあります, どうして村, どこにも, まだ地球上, 一度も, 世間には, 往々例外, 掃溜へ, 生きて, 結局互に, 通用しない

▼ 人間に対しては~ (17, 0.0%)

1 [17件] いつも沈黙, きらいだ, どういうもの, はかり知れぬ憎悪, 伯母が, 充分垣, 利害一途で, 厳重に, 模範にな, 特に其点, 理解する, 環境が, 肚の, 行わない, 責任を, 隠形, 面会は

▼ 人間レコード~ (17, 0.0%)

2 の声

1 [15件] が黙り込んだ, じゃ, だと, って一体, って恐ろしい, です, ということ, というもの, なん, にきまっとる, に使われる, に度々, の内容, を使いおった, を向う

▼ 人間万事~ (17, 0.0%)

1 [17件] からくり一つ, があめり, がさ, がそうした, が仁輪加, が何一つ, が腹, が色気, この理, そうこなくっ, そうだ, そんなもの, のいきさつ, は塞翁, まだほんとう, を実用一点張り, 思うまま

▼ 人間以下~ (17, 0.0%)

5 のもの 2 の人間 1 であり得る, である, の条件, の生き, の生活, の生物, の畜生同様, の荷物, の邪神, ノ人間

▼ 人間~ (17, 0.0%)

114 ひに 1 ひであるかの, ひの

▼ 人間学的~ (17, 0.0%)

1 [17件] な, なおめでた, なもの, なるもの, なる立場, なカテゴリー, なレトリック, な代, な倫理学, な存在, な空間概念, な立場, な見解, な説明, には甚だ, に解釈, に解釈学的

▼ 人間~ (17, 0.0%)

2 なきを, の旨

1 [13件] とかいわれ, と名, なきは, に入れといはむ, に入れり, に戻っ, に至り, の別, の小説家, は人, は新, を以て最, を求め

▼ 人間~ (17, 0.0%)

5 の一匹 2 の一生, への復讐 1 が無為閑散, であること, である為, の一群, の依然, の牝, の能力, は夕やみ

▼ 人間さえ~ (16, 0.0%)

2 見れば

1 [14件] いなければ, いるん, やっつけて, シッカリし, 一人も, 出るよう, 出来て, 出来る世の中, 咋った, 用いたでは, 見たら刺青, 輩出するなら, 食えないの, 食べないもの

▼ 人間でございます~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] からあやまち, からこちら, からこんな, からそんなに, からな, からね, からよろしゅう, から赤い, から逃げやんした, がもし, ね人間, ものか, よ, よお

▼ 人間交際~ (16, 0.0%)

2 のため, の仲間, の義務, の要 1 においてもっとも, に害, の大義, の起こる, の道, もすりゃ, を見る, を親子

▼ 人間~ (16, 0.0%)

2 したもの, して

1 [12件] されたる非, された特質, された親し, される, した自然, し平凡, し戯画化, する最初, する機智, せられた物語, であり又, 或いは主観化

▼ 人間性そのもの~ (16, 0.0%)

2 からの抽象, を変

1 [12件] が基調, が解放, だった, であること, です, には変化, にもかかわっ, に対する認識, のもつ, の自然, を変えない, を変える

▼ 人間研究~ (16, 0.0%)

1 [16件] が不十分, というもの, という点, としてこれ, において独特, のたった, のため, のメス, の一つ, の最大関心事, の結果, の衰えざる, はできる, をし, をしなく, をする

▼ 人間自然~ (16, 0.0%)

3 の要求

1 [13件] の事, の傾向, の情, の情感, の意味形態, の意嚮, の最も, の欲求, の状態, の発祥, の発達, の発露, の道

▼ 人間観察~ (16, 0.0%)

2 の深

1 [14件] が出来る, というもの, としてね, にはいくら, にバルザック的, の一定, の代り, の方法, の正し, はすでに, は犯罪心理, も秘奥, や心理解剖, を益々

▼ 人間などは~ (15, 0.0%)

2 一人も, 何を

1 [11件] あろうはず, だらしの, どこにも, どんなこと, まだそうして, 上からも, 問題には, 問題にも, 国賊に, 寥々たる, 彼にとって

▼ 人間~ (15, 0.0%)

4 の人間 2 での貴族, で尤も 1 で一番獰悪, にかかる, には其資性, のある, の人間らしい, の君主, の最

▼ 人間成長~ (15, 0.0%)

2 のため, の箱

1 [11件] と性, の内容, の可能, の実感, の室, の急所, の枠, の点, の過程, はしなく, を辿り

▼ 人間戦車~ (15, 0.0%)

1 [15件] が満足, とは, とはソノ, とは実に, に全速力進撃, に必要, の主要部分品, の模型, の発明, の設計, の設計図, の部分品, はとたんに, は性能, は電撃

▼ 人間教育~ (15, 0.0%)

1 [15件] であった, である, と社会革命, におかれ, に必要, の上, の書, の立場, の骨子, も必要, をする, をなし得る, を一応, を受けた, を高めなく

▼ 人間最高~ (15, 0.0%)

2 の徳

1 [13件] なあれ, の, の仕事, の力, の努力, の心がけ, の心掛け, の智力, の理解, の目的, の精神的努力, の表現, の趣味

▼ 人間活動~ (15, 0.0%)

2 の真

1 [13件] がその, である経験, として最も, に伴っ, に就い, の中, の外囲, の最高, の根本, の究明, の裏, の通俗, は物的

▼ 人間~ (15, 0.0%)

2 のこと, をするであろう, をはじめる 1 に出, に出発, に成功, の恐怖, の計画, の話, は案外, をする, をはじめて

▼ 人間であります~ (14, 0.0%)

1 [14件] から, からがんりき, からそういう, からその, からな, からまず, から今日, から各々, が今度, が近年上海, けれどもとにかく, けれども教授方, だけにこの, ので蝶

▼ 人間でしょう~ (14, 0.0%)

101 かとにかく, か猿, ね, ねこの

▼ 人間のみ~ (14, 0.0%)

3 である 2 では, ならずあらゆる 1 かたには, であると, である故, ならず又, ならず珍宝, 多くなっ, 日々に

▼ 人間主義~ (14, 0.0%)

1 [14件] かと問い詰められれ, が文学, が決して, が私, であり人間主義, である, の人間, の別名, の小説界, の思潮, の物理学, は今日, は心理主義, 乃至擬人化

▼ 人間くさい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ところが, ものなんか, 中へ, 何か, 優しみの, 刺戟と, 呼吸を, 小説を, 心の, 涙が, 自覚を, 顔に, 魚

▼ 人間さま~ (13, 0.0%)

2 よアハヽ

1 [11件] かてんで, だぞ, だったって, だよ, であること, と深く, のお, のやった, の雌, の魚, は

▼ 人間しか~ (13, 0.0%)

3 見て 2 しないこと 1 いない, いないと, いない以上, おらず男女, 住んで, 生きのこらないと, 育て上げないこと, 集め得ないで

▼ 人間だらう~ (13, 0.0%)

31 か愕, が亡者, そして友, とも思つて, と呆れました, と平次, と思はれた, と自分, 何といふ, 酒が

▼ 人間なれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ばこそどんな, ばこそよく, ばこそ猶, ばこそ生物, ばこそ自分, ばその, ばぞ哀れ, ば堪へ, ば必ず, ば怒っ, ば時には, ば煙, ば食事

▼ 人間にまで~ (13, 0.0%)

4 進化し 1 およぼせば, 作り變, 進化さす, 進歩した, 還元する, 鍛い上げられ, 鍛へ, 飛びかかるよう, 馬鹿に

▼ 人間に関する~ (13, 0.0%)

3 トリック 1 ことを, ものでありましょう, 侵害は, 場合に, 学問を, 学科なら, 深き観察, 研究は, 観察帰納演繹の, 限りの

▼ 人間仲間~ (13, 0.0%)

2 ではない

1 [11件] でこんな, とのあいだ, にとっても当然, には入れない, に置かれなくなった, のいる, の作った, の役, の手助け, の楽し, はあの

▼ 人間悲劇~ (13, 0.0%)

2 を代弁, を語らなけれ, を語る 1 の希臘的序曲, の軸, は社会関係, をかもした, を感じ, を扱っ, を生んだ

▼ 人間的生活~ (13, 0.0%)

1 [13件] と統一, にうちのめされ, に破綻, のえら, の上, の種々雑多, は人間, への要求, も実験, をし, を強いられ, を目標, を解放

▼ 人間的経験~ (13, 0.0%)

2 の本質

1 [11件] が多少, との関係, と認識, によって裏付けられ, の大事, の文学的表現, の文学表現, は初め, も人間的生活, を単に, 乃至認識

▼ 人間でさえ~ (12, 0.0%)

2 あれば 1 あったが, ありますれば, いよいよ出家, なかなか六ヶ, なければ, もう一方, 出来るもん, 少し狂った, 思い詰めると, 満目中に

▼ 人間における~ (12, 0.0%)

2 この力 1 ちょっとした評判, ヌース, 一つの, 主体への, 主体的超越として, 二つの, 信も, 内的法廷の, 客体から, 神の

▼ 人間にとっても~ (12, 0.0%)

1 [12件] ある場合, いまの, です, はっきり感じられる気ばらしであった, また実に, 両立し, 売る人間, 救済は, 望ましいこと, 犯すこと, 自分の, 苦しみでは

▼ 人間ほどの~ (12, 0.0%)

10 大きさ 1 太さ, 知力と

▼ 人間まで~ (12, 0.0%)

1 [12件] その猛, ぬすみだすという, 出て, 好きには, 歪められたの, 消えて, 甘く見, 皆京八流の, 知らず知らず遠ざけられて, 行かなくても, 解って, 馬鹿に

▼ 人間喜劇~ (12, 0.0%)

2 を発見 1 である, ではない, ということば, のただ中, のところどころ, の中, の柱, の登場人物, の著述二三子, を書きあげ

▼ 人間悟性~ (12, 0.0%)

1 [12件] と呼んだ, に固有, に関する経験論的エッセイ, の不完全, の信頼, の前, の即ち, の問題, の権威, の線, への信頼, をどういう

▼ 人間その~ (11, 0.0%)

2 人間が, 物の 1 ま, 心の, 方面の, 物が, 物も, 癖第, 者の

▼ 人間については~ (11, 0.0%)

1 [11件] そうは, その姿形, ほとんど見当る, 人間をば, 何も, 全然無, 処罰の, 生命の, 知らないん, 私も, 種々の

▼ 人間にでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] きわめて微量, ちょっと絵心, できそう, なったよう, なるか, ぶつかったという, ものを, 云い聞かせるよう, 向くという, 接近する, 話しかけるやう

▼ 人間ばかりの~ (11, 0.0%)

1 [11件] いる村, ことで, ところへ, もので無い, やうに, ような, ように, ゐる村, 住んで, 間に, 集りです

▼ 人間までが~ (11, 0.0%)

1 [11件] そうなる, そこに, だいぶ違っ, 忌わしくなる, 戀しく, 歴史的に, 源氏の, 自分を, 見物かたがたやって来る, 見物旁, 面白くなく見える

▼ 人間修業~ (11, 0.0%)

2 と称し 1 から出直し, と, ということ, といふこと, なり自治生活, にならなかった, によつておの, のプラス, をし

▼ 人間到る~ (11, 0.0%)

3 ところに 2 処に 1 ところ青山, 処で, 処篦棒と, 所に, 所青山あり, 處に

▼ 人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] がより, ではどう, と自然, に対抗, のある, の出所, の大潮, の限度, の限界, を極めて, を超えた

▼ 人間学主義~ (11, 0.0%)

1 [11件] が個人主義, だという, ともいうべき, と変っ, にでも帰着, に立たね, に立脚, の前派, の必要, は一等安易, を益々

▼ 人間~ (11, 0.0%)

6 一の 2 六号は 1 一号と, 五号に, 四号に

▼ 人間能力~ (11, 0.0%)

2 の限界, の限界内, の驚嘆 1 なるもの, の一つ, の可能, の最高度, の考察

▼ 人間~ (11, 0.0%)

2 に異ならず 1 から云, が不, だ, に引, に生まれたい, のなり, の完成, を外れし, を通じて

▼ 人間だけを~ (10, 0.0%)

1 この小柄, つくるの, 信じて, 入れて, 火星に, 相手に, 知って, 見てるつもり, 見るん, 観て

▼ 人間だつた~ (10, 0.0%)

2 こと 1 か想像, か覺, がその, がそれでも, ために, やうである, わ, んだ

▼ 人間であったら~ (10, 0.0%)

1 あるいはその, このよう, などと取り止め, ほうびに, まともに, もうこの世, 人間の, 何も, 文学なんか, 決してしとげられないであろう

▼ 人間であれ~ (10, 0.0%)

3 ばある 1 その魂, ばいか, ばこそその, ば彼, ば必ず, ば時間, ば気

▼ 人間でした~ (10, 0.0%)

2 が中年 1 からしたがって, が, がさも, がそれ, がたつた, がひとり, が開業, けれども人間

▼ 人間とか~ (10, 0.0%)

2 キマイラとか 1 お千勢, ロボットとか, 云う咀, 仏とかいふ, 存在とかいう, 心とか, 狂暴性や, 細則具體的な

▼ 人間などの~ (10, 0.0%)

2 像を 1 もたない美し, 姿に, 存在を, 対象に, 思惑などには, 滅多に, 造った家, 鑑査を

▼ 人間において~ (10, 0.0%)

2 政治的欲望即ち 1 いかに困難, 人類の, 何が, 優越な, 分れて, 別ちが, 悲惨そのものを, 感ぜられる一切

▼ 人間による~ (10, 0.0%)

2 ものぢや 1 ので, 人間の, 判断を, 征服という, 物の, 自然の, 自然力の, 認識をば

▼ 人間のみが~ (10, 0.0%)

1 なし得るの, 人格であり, 人間を, 人間的な, 持って, 時々味, 知る事, 自然を, 詩人である, 貧に

▼ 人間二人~ (10, 0.0%)

3 の命 1 が一度, の生命, の生活費, の着物, もの凄い異状, を殺害, 殺したら大抵

▼ 人間交渉~ (10, 0.0%)

1 が生じ, に真実, のモメント, の丸彫り, の姿, の課題, の際卒然, をめぐって展開, を求められた, を生じる

▼ 人間~ (10, 0.0%)

1 かせず, がつらい, が幸福, が必要, でも運不運, と云っ, も別にえらく, よりも餌食, をか為す, をし

▼ 人間全部~ (10, 0.0%)

2 でどこ, を庭先 1 が一生, が酸素吸入, と共にこの, に逢つて, のもの, のアタッチメント

▼ 人間共通~ (10, 0.0%)

1 のもの, の不幸, の合致, の問題, の愚, の神秘的傾向, の立場, の自然, の語源論的需要, の運命

▼ 人間固有~ (10, 0.0%)

2 の属性 1 のもの, の常数, の性, の悟性, の意欲, の智力, の本能, の脳髄

▼ 人間地下戦車~ (10, 0.0%)

1 がお, ですよ, となっ, になっ, のこと, の行先, の訓練, はそんな, はだめ, は土

▼ 人間放れ~ (10, 0.0%)

7 のした 2 がし 1 が致し

▼ 人間文化~ (10, 0.0%)

2 の歴史 1 が次第に, にとって愉しい, の一段階, の創造者, の意義, の最古, の本質, は未だ

▼ 人間最大~ (10, 0.0%)

2 の幸福 1 な不幸, の不幸, の恐怖, の文明, の断末苦, の禍, の資本, の運動力

▼ 人間特有~ (10, 0.0%)

2 の温み, の誇大性 1 のがつ, の性質, の澄み切った, の無表情さ, の理想, の錯覚

▼ 人間的価値~ (10, 0.0%)

1 がよく, とは特に, と幾分, と教師, と考える, の最高標準, は零, をもつ, を標準, を表面的

▼ 人間的活動~ (10, 0.0%)

2 は忽ちに 1 である, との変化, との變化, の基本的, の美し, をする, をそれ, をそれだけ

▼ 人間~ (10, 0.0%)

2 危険な 1 大切な, 好い人間, 崇厳善美な, 怖しい, 早く人生, 自分の, 道徳的でない, 馬鹿

▼ 人間行為~ (10, 0.0%)

2 の実践形態 1 のねうち, の動機, の客観的妥当性, の指導原理, の準則, の無常, の社会関係, の説明

▼ 人間解放~ (10, 0.0%)

1 とがどの, のため文学, の典型, の動き, の問題, の方向, の面, への熱望, を叫んだ, を意味

▼ 人間記録~ (10, 0.0%)

1 が尊重, であるから, などという言葉, にはちがいありません, の一, の価値, はその, も可, を焼き捨てさせられた, を綴ろう

▼ 人間~ (10, 0.0%)

1 がイデオロギー論, としてはあり得ない, との連関, とも違え, などと同列, に人間愚, の材料, はこの, も恐い, を云々

▼ 人間関係方面~ (10, 0.0%)

4 の成果 1 での実験, の一つ, の何, はこん, は刻々, は変化

▼ 人間かの~ (9, 0.0%)

5 ように 1 ところに, 区別が, 議論が, 讃詞で

▼ 人間からは~ (9, 0.0%)

1 さる智恵, 一段も, 不信と, 何の, 得られないよう, 独立し, 神の, 私の, 誤解を

▼ 人間それ自身~ (9, 0.0%)

1 が現実, というもの, なの, のどう, の儚な, の問題, の殖え, は現在, を他

▼ 人間だけは~ (9, 0.0%)

1 どうかし, どうしてこんなにはかない, どうにか救, 他の, 将来これまでより, 生活の, 空を, 自然の, 飽食し

▼ 人間つて~ (9, 0.0%)

2 あんな工合 1 いふもの, そんなもの, た, どうしてあんな, どうにもならなくなつ, どうにもやりきれない, 判らないもの

▼ 人間とに~ (9, 0.0%)

1 密着し, 希望を, 思い知らして, 思ひ知らして, 捉はれすぎた, 接して, 濁った都会, 触れる, 身を

▼ 人間と共に~ (9, 0.0%)

1 その人間, 住し, 住す, 可能だつた, 土中に, 已に可能, 楽しみに, 生きて, 頑是なく

▼ 人間人間~ (9, 0.0%)

1 して, なん, に變, のあり, の中, の価値, の流れ, より術士, 余りに脆弱

▼ 人間個々~ (9, 0.0%)

1 が未生, が永世, において, にもそれ, の境遇, の希望, の心理, の歴史, の身

▼ 人間個人~ (9, 0.0%)

1 が夫, が社会, である主観, との概念, と大地, の一切, の主観的, の復活, の社会的実験

▼ 人間~ (9, 0.0%)

1 といっ, との間, に強く, の哲学, の汚辱, の綾, の鏡, はこの, を描きださう

▼ 人間同様~ (9, 0.0%)

1 に不完全, に夕食, に意識, に考え, のなつかし, の墓, の悪戯, の葬式, の葬式行列

▼ 人間~ (9, 0.0%)

2 に施為 1 にさ, の人形, の怪しき, の真白, の石膏, の自動機械, の黒い

▼ 人間~ (9, 0.0%)

2 としての自分 1 かて人間, としての傷, として力, として向上, として婦人, として自身, の意識

▼ 人間孤独~ (9, 0.0%)

9 の相

▼ 人間平等~ (9, 0.0%)

2 の思想, の法理 1 だとか, の権利, の道理, の領域, はフランス

▼ 人間形成~ (9, 0.0%)

1 がめざされ, に及ぼした, のモメント, の問題, の方向, の波瀾, の点, の道, を描い

▼ 人間~ (9, 0.0%)

4 ひに 1 にし, にはしなかつた, ひし度, ひすること, ひにや

▼ 人間的感情~ (9, 0.0%)

1 が欠け, といい, と世界観, の上, の集約的表現, をこの, をぼく, を不, を少し

▼ 人間的認識~ (9, 0.0%)

1 がそこ, の唯一, の客観性, の本質, の歴史, の総和, の限界, を一貫, 乃至主観的態度

▼ 人間自分~ (9, 0.0%)

2 で自分 1 が自分, との関係, と共通, と同じ, の事, の手足, への信任

▼ 人間ぐらいの~ (8, 0.0%)

6 大きさ 1 仏像が, 背丈に

▼ 人間~ (8, 0.0%)

1 あんな人間, が現代, へある, へが何ん, へもかれ, へ立派, へ見付かれ, を描破

▼ 人間だの~ (8, 0.0%)

1 それは, ばかだ, 人間探究のと, 個性だの, 急に, 畜生だ, 真っ黒な, 馬だ

▼ 人間つまり~ (8, 0.0%)

1 あらゆる文化, がパンパン, アフォリズムや, 人間よりも, 人類全, 同郷人については, 殺されるかも, 民衆と

▼ 人間などが~ (8, 0.0%)

1 この町, たくさんに, どんな風, わかる道理, 世間の, 焙烙の, 行くところ, 食欲の

▼ 人間にたいする~ (8, 0.0%)

1 取りあつかいかた, 怨念が, 愛の, 愛も, 愛情で, 憐憫の, 暴力は, 注意書が

▼ 人間にだって~ (8, 0.0%)

1 ありゃしねえや, かけるよ, その人, よいところ, 容易な, 悪魔にだって, 果して, 立派に

▼ 人間ばかりは~ (8, 0.0%)

1 いないから, ないぜ, わしの, ゐませんからね, 居ないから, 已む時なく, 第二義の, 騙り取っ

▼ 人間ふたり~ (8, 0.0%)

1 が突然, のぬけだした, の命, の命騒ぎ, の重み, を殺し, を殺した, を殺す

▼ 人間をば~ (8, 0.0%)

1 あく迄, 世間は, 人間を, 凡ゆる, 単に自然, 故意に, 昔の, 道徳的に

▼ 人間を以て~ (8, 0.0%)

1 し又, 以前に, 始まり人間, 教うべ, 構成された, 終つた, 自他共に, 面白いと

▼ 人間五十年化転~ (8, 0.0%)

5 の内 3 のうち

▼ 人間価値~ (8, 0.0%)

1 とに関する諸, において同じ, に立っ, のいつはり, も技工過程, を発揮, を見出し, を評価

▼ 人間侮蔑~ (8, 0.0%)

1 じゃない, だから私, だってえ, っていった, って何, てえんだ, に胸, よ

▼ 人間労働~ (8, 0.0%)

2 である 1 によって生産, に対し機械, に約, の相, の評価, 即ち抽象的人間労働

▼ 人間完成~ (8, 0.0%)

1 いや渋く, とを志向, にまで高める, に心, のため, の大, の要求, へよじ登る

▼ 人間~ (8, 0.0%)

1 だ人間, なるもの, なる者, にからみ, に愛想, の無限軌道, を人間, を書く

▼ 人間改造術~ (8, 0.0%)

1 ということ, というもの, などというおそろしい, についてながなが, にとりかかる, によって悪人, のふしぎ, を使った

▼ 人間本位~ (8, 0.0%)

1 で言うなら, の判断, の史論, の立場, の自分本位, の要素, の言葉, の言論

▼ 人間本能~ (8, 0.0%)

1 に則した, の今, の最大, の肉慾, の誠實, の重大, をさぐる, を自戒

▼ 人間的実践~ (8, 0.0%)

2 が同じく, が物的体系 1 が認識論, に帰着, の自然, の足跡

▼ 人間的態度~ (8, 0.0%)

2 の名 1 としてのジャーナリズム, と科学的精神, は腑, を名づけ, を意味, を見逃がし得ない

▼ 人間的理性~ (8, 0.0%)

1 がいかに, と直接関係, と神的理性, の判断, の勝利, の批判家, の窮極, の過信

▼ 人間的生~ (8, 0.0%)

1 と考える, のあらゆる, のいづ, の発現, の續, はある, は常に, は建設

▼ 人間的自由~ (8, 0.0%)

1 が資本的経済人, だ, というよう, の本質, の概念, の目的, は与えた, や又

▼ 人間すべて~ (7, 0.0%)

1 が満足, の個人, の女性, の想像生活, の意識, は, 同じこと

▼ 人間それ~ (7, 0.0%)

1 でい, でグレる, も死ん, を前提, を次郎, 故貴方, 自から

▼ 人間だけの~ (7, 0.0%)

1 ことそれだけ, 小理窟, 山に, 持つ欲望, 持つ靜, 眼で, 話で

▼ 人間でありたい~ (7, 0.0%)

2 という希望 1 ということ, と云う, と思つて心, と無意識, んです

▼ 人間でさえも~ (7, 0.0%)

1 そういわれ, なくただ, ほんの少し, 咽喉を, 堪えられないのに, 楽に, 気狂い染みた

▼ 人間としか~ (7, 0.0%)

1 思はれない, 思われない, 考へなくなつ, 考へられない, 見えて, 見えないであろう, 響かなくなって

▼ 人間などに~ (7, 0.0%)

1 かかずらって, かかわりの, なかなかそう簡単, なると, 傍目も, 思いを, 比べましたら比較

▼ 人間などを~ (7, 0.0%)

1 いじめたの, いぢめ, 殺して, 殺せさ, 殺せそう, 比較し, 見ると

▼ 人間にだけ~ (7, 0.0%)

2 与えられて 1 あるもの, かからないはず, かかわりある, 渡って, 限られた聲

▼ 人間一代~ (7, 0.0%)

1 だけで決して, のうち, の仕事, の恥辱, の運命, の間, を棄てる

▼ 人間乃至~ (7, 0.0%)

2 人間群が, 人間群を 1 人間性か, 人間群の, 動物の

▼ 人間~ (7, 0.0%)

2 體の, 體は 1 たいの, 生活の, 體に

▼ 人間即ち~ (7, 0.0%)

1 その殺人犯人, アダム, ノアという, 俳優を, 器ならず, 宇宙の, 活きた混沌

▼ 人間失格~ (7, 0.0%)

2 の第, グッドバイ 1 も熱海, よ, 第二

▼ 人間尊重~ (7, 0.0%)

3 の精神 1 の側, の意志, の感情, の気風

▼ 人間改造~ (7, 0.0%)

1 が必要, の必要, の運転, は十八世紀, も結構, をとも, を叫ぶ

▼ 人間歴史~ (7, 0.0%)

1 においてはたらい, の実相, の方, の跡, の運行, の領域, は闘争本能

▼ 人間的事実~ (7, 0.0%)

2 すなわち人格, であって 1 である, であるが, は純粋科学

▼ 人間的苦悩~ (7, 0.0%)

2 もすべて人間 1 の現れ, は生れない, を感じる, を画, を癒し得ず

▼ 人間自ら~ (7, 0.0%)

1 がその, がつくつた, が手づくり, に歸つて來, の力, の生き方, 亦絶えず

▼ 人間自由~ (7, 0.0%)

2 の本能 1 なる公民, に物, の原則, の行動, の選擇

▼ 人間ある~ (6, 0.0%)

1 ことを, は神明, ひは, を知らざりき, 特殊の, 限りその

▼ 人間からの~ (6, 0.0%)

1 ものだ, 命令によって, 命令を, 手紙を, 承認は, 持てあましものの

▼ 人間この~ (6, 0.0%)

1 くらいな, 上どう, 味あり, 年に, 愚かな, 苦汁を

▼ 人間すら~ (6, 0.0%)

2 よくも見ない 1 そうであった, なお断念, 古来ない, 自分を

▼ 人間そのまま~ (6, 0.0%)

2 なの 1 である, の姿, の時, を感ぜしめる

▼ 人間つてもの~ (6, 0.0%)

1 は明日, は正気ぢ, は自己本位, は面白い, も萬物, を縦横自在

▼ 人間であるなら~ (6, 0.0%)

1 この世より, ばおそらく, ばこの世, ばその, ばできるだけ, 親切に

▼ 人間でござん~ (6, 0.0%)

3 すほどに 21 すが

▼ 人間でし~ (6, 0.0%)

3 てね 1 てなで, てなまして, てな秘密

▼ 人間とでも~ (6, 0.0%)

1 いうふう, いう風, 一しょに, 取り組んで, 忍耐し, 話すよう

▼ 人間とともに~ (6, 0.0%)

1 あること, つきないの, 古い現象, 存在する, 発生した, 臆病で

▼ 人間どうし~ (6, 0.0%)

1 が戦争, なん, のいひかけいひ, の交際, の相談, の関係

▼ 人間などという~ (6, 0.0%)

2 ものは 1 こんなりっぱ, その文化的, 奇妙な, 存在は

▼ 人間ならぬ~ (6, 0.0%)

2 不思議な 1 その方, もとの, 世界に, 訪客と

▼ 人間においては~ (6, 0.0%)

2 動物においてよりも 1 それは, 凶悪と, 分離し, 脊椎骨が

▼ 人間についての~ (6, 0.0%)

1 ことで, ことばかり, 印象記などは, 批評も, 知識を, 経験を

▼ 人間にのみ~ (6, 0.0%)

1 不幸な, 恵まれた最大, 特有の, 見る偽善, 込めない筈, 限らるる好奇心

▼ 人間にゃ~ (6, 0.0%)

1 あ変, きこえないの, ア縁ごころてえ, 出来心って, 相違なかろ, 違いなかった

▼ 人間によ~ (6, 0.0%)

2 つて生み出される 1 つてま, つて復讐せられ, つて滿たされ, つて變化され

▼ 人間に対しても~ (6, 0.0%)

1 その死, もつと, 同様だった, 失礼で, 存在する, 決して飛び立つ

▼ 人間ほども~ (6, 0.0%)

1 あったが, あります, あるでっかい, ある大, ある鉄, 大きくは

▼ 人間ぽい~ (6, 0.0%)

1 のよ, ものに, 好ききらいを, 生活の, 生活感情で, 知的な

▼ 人間らしき~ (6, 0.0%)

1 人間, 人間の, 人間は, 感情は, 生き方, 血を

▼ 人間一人一人~ (6, 0.0%)

2 の核心 1 がこの, が一年, が神, の自覚

▼ 人間一個~ (6, 0.0%)

2 の生存 1 としての生活, の生活, の蟹, の解説

▼ 人間万事塞翁~ (6, 0.0%)

5 の馬 1 が何と

▼ 人間主体~ (6, 0.0%)

1 が有っ, が空間的, の主体, の側, の性格, の能力

▼ 人間感覚~ (6, 0.0%)

1 では空虚, に直接, のうち, の喪失, の較べ, を麻痺

▼ 人間或は~ (6, 0.0%)

2 動物の 1 三人の, 人間群という, 動物と, 完成した

▼ 人間探究~ (6, 0.0%)

1 でなくては, に過った, に過つた, の仕事, の態度, の道

▼ 人間改造機~ (6, 0.0%)

2 の吸上ポンプ 1 が運転, というの, の運転手, も一種

▼ 人間最後~ (6, 0.0%)

1 の価値意識, の哀音, の心, の時, の最後, の理想社会

▼ 人間本然~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 の原始的, の心, の憧れ, の純

▼ 人間~ (6, 0.0%)

1 が出来る, が湖上, が珠江夫人の, に変形, は改めて, は水面

▼ 人間的思惟~ (6, 0.0%)

2 に對象的眞理 1 の内部的, の歴史, の発展, 及び行爲

▼ 人間的懊悩~ (6, 0.0%)

2 を文章的, を真に 1 というもの, といふもの

▼ 人間的機能~ (6, 0.0%)

2 のうち 1 のまっ, の言葉, の調和, は包含

▼ 人間的欲求~ (6, 0.0%)

1 が四周, であったし, と共に熱病的, に同情, の真実, をもつ

▼ 人間的自然~ (6, 0.0%)

2 における最も, の問題 1 のうち, の研究

▼ 人間~ (6, 0.0%)

1 が死ぬべき, 善情涙には, 悪人間皆, 死ぬと, 死ぬ事, 知って

▼ 人間~ (6, 0.0%)

1 と内的経路, について, に始まっ, に対する探究, のない, 乃至心理学

▼ 人間~ (6, 0.0%)

1 のあやしい, の最も, の標準, の現われでなけれ, の精髄, は永遠

▼ 人間~ (6, 0.0%)

1 に戻る, の完全不完全, をも表す, を獲たがる, を表した, を解脱

▼ 人間集団~ (6, 0.0%)

1 について語る, にも見られる, の息吹き, の構成, の歴史, の関係

▼ 人間いや~ (5, 0.0%)

1 それ以上に, 一万人の, 人間に, 却って美点, 浜の

▼ 人間がも~ (5, 0.0%)

1 ぐれさ, ぐれるわけ, しいると, ひとりいた, ッぱら努力を

▼ 人間これ~ (5, 0.0%)

1 がなかつた, も人間, を忘れ, を承っ, を造り得ず

▼ 人間そして~ (5, 0.0%)

1 人間性という, 人間性といふ, 最も原始的, 貴島の, 革命的ジャーナリストとしての

▼ 人間そっくり~ (5, 0.0%)

2 の形 1 ね, のヤーフ, の道具

▼ 人間それぞれ~ (5, 0.0%)

2 の生涯 1 なりの充実感, の性, の意志

▼ 人間たり~ (5, 0.0%)

1 とどうして, 主体たる, 得た凡て, 得た唯一, 男たるに

▼ 人間っていう~ (5, 0.0%)

1 のは, ものの, ものは, やつは, 奴は

▼ 人間てえ~ (5, 0.0%)

4 ものは 1 ものも

▼ 人間でなき~ (5, 0.0%)

1 やむづかしいわけだらう, や側, や追, や騷, ア真の

▼ 人間とても~ (5, 0.0%)

1 ここでは, 二つ以上の, 及びも, 同じこと, 松の木に

▼ 人間なり~ (5, 0.0%)

1 その中, 事件なりが, 事実なり, 動物なりの, 生活なりを

▼ 人間なんかに~ (5, 0.0%)

1 二川家を, 恋を, 気を, 物の, 眼も

▼ 人間のみに~ (5, 0.0%)

1 なって, 与えられた能力, 在る落着き, 景仰を, 自由意思が

▼ 人間ばかりを~ (5, 0.0%)

1 ムヤミと, 保護する, 択んで, 研究し, 襲ったので

▼ 人間または~ (5, 0.0%)

1 国民ほど, 感心な, 試験の, 面と, 高貴の

▼ 人間よりか~ (5, 0.0%)

2 窓の 1 毛の, 火の, 馬鹿だ

▼ 人間~ (5, 0.0%)

1 は動物, は決して, よたがい, よ私, を教える

▼ 人間一疋~ (5, 0.0%)

2 の私 1 の通用, を持ち上げる, 乗れそう

▼ 人間万歳~ (5, 0.0%)

1 です, にみち, の声, の時代, を唱え

▼ 人間五十年~ (5, 0.0%)

3 下天 1 どころかあした, の石火

▼ 人間~ (5, 0.0%)

1 に使われる, に依れ, に好かれない, のため, 不識

▼ 人間共存~ (5, 0.0%)

3 の意識 1 のシンパシィ, 同悲

▼ 人間各自~ (5, 0.0%)

1 の事業, の内容, の徳, の生活, の進歩

▼ 人間天皇~ (5, 0.0%)

1 と憲法, など, の微笑, は機関, への困難

▼ 人間好き~ (5, 0.0%)

1 である, で弥次性, な美し, な道, には落ちる

▼ 人間學的~ (5, 0.0%)

3 なる限定 1 なる立場, に誤れる

▼ 人間実験~ (5, 0.0%)

1 で破った, という着想そのもの, に外, を敢, を行う

▼ 人間対人間~ (5, 0.0%)

2 の関係 1 の問題, の目前, の相互関係

▼ 人間性一般~ (5, 0.0%)

1 にある, の大, の徳, は階級, を語る

▼ 人間~ (5, 0.0%)

1 の初, の衝動, も横行, を許されない, を限り

▼ 人間情熱~ (5, 0.0%)

1 が揺れ, のどういう, の悲しい, の総量, の記号

▼ 人間意志~ (5, 0.0%)

1 だけでうごい, による構築物, の儚, の所産, や宇宙意志

▼ 人間意識~ (5, 0.0%)

2 の歪み 1 の, のクラシシズム, の正常

▼ 人間~ (5, 0.0%)

1 が犇, に取り憑かれ, や生活感, をよび起した, を飛躍

▼ 人間描写~ (5, 0.0%)

1 とインテリゲンツィア, にいかなる, に於, の努力, の能力

▼ 人間操縦室~ (5, 0.0%)

2 を占領 1 で, に火焔放射器, へ侵入

▼ 人間教養~ (5, 0.0%)

2 のため 1 としての倫理学研究, の仕上げ, の最後

▼ 人間普通~ (5, 0.0%)

1 の人情, の実学, の常識, の感覚, の苦楽

▼ 人間死ん~ (5, 0.0%)

2 でしまえ 1 じゃつまらない, ぢま, で見なき

▼ 人間生き~ (5, 0.0%)

2 ている 1 かたについての, て行く, とし生ける

▼ 人間生命~ (5, 0.0%)

3 の本質 1 の有限, の裏打ち

▼ 人間発展~ (5, 0.0%)

2 の室 1 としての民主主義確立, の希望, の明確

▼ 人間発生以前~ (5, 0.0%)

2 から存在 1 に即ち, の宇宙, の自然

▼ 人間的尊厳~ (5, 0.0%)

1 にみちた, に通ずる, の主張, の抗議, を愚弄

▼ 人間的弱点~ (5, 0.0%)

1 かそれとも, が挙げられ, と卑屈, に道徳的, の暴露

▼ 人間的感動~ (5, 0.0%)

2 をもっ 1 こそ今度, に一人, の尊重

▼ 人間的教養~ (5, 0.0%)

1 と呼ん, に帰属, に結びつける, の問題, の材料

▼ 人間的真実~ (5, 0.0%)

2 の保証 1 と誠実, を専ら, を愚弄

▼ 人間的自覚~ (5, 0.0%)

1 のあかつき, のよろこび, をもった, を与へるべき, を目覚めさせた

▼ 人間的興味~ (5, 0.0%)

1 のある, の対象, の後, を中心, を増進

▼ 人間的良心~ (5, 0.0%)

1 である, というもの, に沈潜, に関する道徳上, のうち

▼ 人間的行為~ (5, 0.0%)

1 の, の性質, の理想, の純粋, を捨て

▼ 人間真実~ (5, 0.0%)

1 が失われ, に対する絶望, の悲喜, の現実, の追究

▼ 人間種族~ (5, 0.0%)

2 が相対 1 からすっかり, が我々, の改良

▼ 人間~ (5, 0.0%)

3 體が 1 からの, 體の

▼ 人間行動~ (5, 0.0%)

1 にうつされた, の基準, の曲折, の標的, の社会的

▼ 人間通有~ (5, 0.0%)

1 の凡小, の弱, の惨, の欲, の賭博的興味

▼ 人間かという~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ことだ, 議論が

▼ 人間こそは~ (4, 0.0%)

1 人間の, 個人であり, 文字通りかかる, 最も巨

▼ 人間しかも~ (4, 0.0%)

1 一人ぼっちで, 中年過ぎの, 友人の, 自分が

▼ 人間じゃが~ (4, 0.0%)

1 この間久し振りに, われながら, 流石に, 若い者たち

▼ 人間すなわち~ (4, 0.0%)

1 グリッフィンからの, 原型としての, 彼女を, 模範的な

▼ 人間そんな~ (4, 0.0%)

1 もの, ものの, 作品の, 所の

▼ 人間たらしめ~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 真や, 芸術を

▼ 人間でしか~ (4, 0.0%)

1 ない, ないと, ないの, なかった

▼ 人間にしか~ (4, 0.0%)

1 なり得ない, なれないの, 生きる道, 通用しない

▼ 人間に対し~ (4, 0.0%)

1 てひどく好き嫌, 八百幾円しか, 生活資料を, 異常な

▼ 人間のけ~ (4, 0.0%)

1 ぢめも, はいも, はいを, はひ

▼ 人間のね~ (4, 0.0%)

1 うちという, うちに, うちは, うちを

▼ 人間ばかりに~ (4, 0.0%)

1 なったという, なって, 見えた世間, 限ったもの

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 さなども, さに, さを, さ動物らし

▼ 人間めいた~ (4, 0.0%)

1 不思議な, 姿の, 所が, 臭いも

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 ナカデモソンナニ利口ナ, 中ニ於テ自決スル能ハザル八十歳, 子ドモラシクイキイキトシテキマシタ, 強奸ナル口論

▼ 人間一人隱~ (4, 0.0%)

1 して, す場所, れて, れる隈

▼ 人間一切~ (4, 0.0%)

1 の事象, の教訓, の美徳, の行動

▼ 人間万事嘘~ (4, 0.0%)

3 は誠 1 ばかり

▼ 人間五十~ (4, 0.0%)

1 になつて, にもなれ, に達すれ, をこえる

▼ 人間修行~ (4, 0.0%)

1 と兵法鍛錬, への私, をしつかりやれ, をやっ

▼ 人間修養~ (4, 0.0%)

1 に重大要件, の上, の手本, をさせ

▼ 人間~ (4, 0.0%)

4 も人間

▼ 人間再生~ (4, 0.0%)

3 の要求 1 の熱意

▼ 人間叡智~ (4, 0.0%)

1 とを感じ直し, と諸, のかちどきだった, の内容

▼ 人間同等~ (4, 0.0%)

1 の大, の気位, の記憶力, の趣意

▼ 人間宿命~ (4, 0.0%)

1 といいうる, の涙, の解脱, を一箇

▼ 人間復興~ (4, 0.0%)

1 というもの, という文化上, の声, の希望

▼ 人間性解放~ (4, 0.0%)

2 の一つ 1 ということ, の現実的

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 と無常, と超人慾, にかける, には限り

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 がある, だけで構成, と同じ, は一律

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 して, するあり以, の苦しみつて言, を覚悟

▼ 人間活力~ (4, 0.0%)

1 の発展, の発現, の発現上積極的, の示現

▼ 人間理想~ (4, 0.0%)

2 が賢者 1 とが歴史, を求める

▼ 人間生々~ (4, 0.0%)

1 の中, の商売, の痕跡, の約束

▼ 人間~ (4, 0.0%)

2 も女 1 と生れた, の妻

▼ 人間男女~ (4, 0.0%)

1 としての努力, の生れた, の間, をあこがれ

▼ 人間的交渉~ (4, 0.0%)

1 がもう, の上, の話, をさけ

▼ 人間的労働力~ (4, 0.0%)

1 がもつ, であるプロレタリア階級, に他, を節約

▼ 人間的善意~ (4, 0.0%)

1 というもの, のその, の価値, の諸

▼ 人間的完成~ (4, 0.0%)

1 が遂げられ, に資する, の面, への彼

▼ 人間的幸福~ (4, 0.0%)

2 も人間的苦悩 1 からこの, への憧憬

▼ 人間的情緒~ (4, 0.0%)

1 そういう心構え, による解釈, に揺られるべき, の内容

▼ 人間的技術~ (4, 0.0%)

1 として存在, の進展, の類型, は急

▼ 人間的本質~ (4, 0.0%)

1 が発見, に基く, の他, の規定

▼ 人間的欲望~ (4, 0.0%)

2 もずゐ 1 の根源, もずいぶん

▼ 人間的真理~ (4, 0.0%)

1 に随喜, のこと, を二, を確か

▼ 人間的関心~ (4, 0.0%)

1 の中心, の対象, をつなぐ, を集中

▼ 人間~ (4, 0.0%)

1 ではない, の活動, の苦痛, を予想

▼ 人間至上~ (4, 0.0%)

2 な能力, の欲望

▼ 人間解釈~ (4, 0.0%)

1 についてあらゆる, のひとつ, は個人, は社会的

▼ 人間認識~ (4, 0.0%)

1 のレジュメ以上, の史的発達, の遂行者, の集団的

▼ 人間革命~ (4, 0.0%)

1 であり人間発展, ということ, をこそ広汎, を完成

▼ 人間~ (3, 0.0%)

3 つての

▼ 人間あっ~ (3, 0.0%)

1 ての宇宙, ての自然, て以来

▼ 人間ありのまま~ (3, 0.0%)

1 な生, のすがた, の混沌

▼ 人間あるいは~ (3, 0.0%)

1 シッキム地方に, 人間化されたる, 動物の

▼ 人間あんまり~ (3, 0.0%)

1 おどろくと, 腹が, 金銭に

▼ 人間いかに~ (3, 0.0%)

2 生くべき 1 して

▼ 人間いじ~ (3, 0.0%)

1 ょうの, ょうの力が, ょうの力を

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 互ひ, 君さんなどを, 酒を

▼ 人間お互い~ (3, 0.0%)

1 が短所だらけ, の中, の気持

▼ 人間かは~ (3, 0.0%)

1 なか, 大体分るだろう, 大体想像が

▼ 人間からも~ (3, 0.0%)

1 あいてに, 愛され拍手, 救われ得ぬ

▼ 人間かを~ (3, 0.0%)

1 この年, 判定しよう, 御存知な

▼ 人間がを~ (3, 0.0%)

1 りますよ, る, ると

▼ 人間くさく~ (3, 0.0%)

1 したもの, て空々しい, なつて來

▼ 人間ぐらい~ (3, 0.0%)

1 わけなく殺せる自分, 下手で, 厭な

▼ 人間~ (3, 0.0%)

2 やない 1 ゃあるめえし観音さまは

▼ 人間そう~ (3, 0.0%)

1 とる奴, 完備し, 考えて

▼ 人間そこ~ (3, 0.0%)

1 から育った, まではせぬ, まで行

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 あ思えません, あ訳, あ違い

▼ 人間だけには~ (3, 0.0%)

1 いるもの, 大きな幸福, 妖女の

▼ 人間だつたら~ (3, 0.0%)

1 どれだけ, 中学の, 惡黨に

▼ 人間だらけ~ (3, 0.0%)

1 の地上, の屋根, の町

▼ 人間だれ~ (3, 0.0%)

1 しもしまい, しもホント, でも皆

▼ 人間てなんて~ (3, 0.0%)

1 だらしが, 性懲りが, 癪な

▼ 人間でありました~ (3, 0.0%)

1 から四方, が働き, が弟

▼ 人間でございまし~ (3, 0.0%)

21 ても狐

▼ 人間でないなら~ (3, 0.0%)

2 その外部 1 結局結婚する

▼ 人間でなくなっ~ (3, 0.0%)

1 ている, て了, て手廻しオルガン

▼ 人間でなくなる~ (3, 0.0%)

2 のか 1 ことに

▼ 人間でねえ~ (3, 0.0%)

1 ことは, のが, ような

▼ 人間どう~ (3, 0.0%)

1 したらこう, して, 間違えても

▼ 人間どこ~ (3, 0.0%)

1 にいい, へころん, までメソメソ

▼ 人間などとは~ (3, 0.0%)

1 全くちがっ, 比べ物に, 見えなかった

▼ 人間なども~ (3, 0.0%)

1 あったッ, やはり非人, 有つたツ

▼ 人間などより~ (3, 0.0%)

1 どんなにか, よほど賢い, 趣味も

▼ 人間ならず~ (3, 0.0%)

1 いと逞, とは仰せられ候え, と見極めた

▼ 人間なんぞは~ (3, 0.0%)

1 そんなにハッキリ死にたくつ, そんな風, 来ないの

▼ 人間にか~ (3, 0.0%)

1 へる數時間, へれ, 七生鬼にか

▼ 人間にさえ~ (3, 0.0%)

1 ありがち, あるの, 聞きなれたところ

▼ 人間にとっての~ (3, 0.0%)

1 価値関係と, 最も大きな, 特別なる

▼ 人間に対すると~ (3, 0.0%)

1 その挙動, 全く同じ, 同じく事変

▼ 人間はね~ (3, 0.0%)

1 相手が, 自分が, 鍋一つで

▼ 人間ばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ない, ない学問, ない金銭

▼ 人間ばっかり~ (3, 0.0%)

1 おるから, なん, 住んで

▼ 人間また~ (3, 0.0%)

1 しゃしゃり出で, 会おうと, 進み出で

▼ 人間までも~ (3, 0.0%)

1 この真理, 溺らせずに, 生気を

▼ 人間もしくは~ (3, 0.0%)

1 人間生活に, 人類の, 動物の

▼ 人間もの~ (3, 0.0%)

1 の誰, もあらざれ, を思え

▼ 人間一人前~ (3, 0.0%)

1 になれた, の能事, の資格

▼ 人間一度~ (3, 0.0%)

1 はきつ, 染ったらもう二度と, 落ちたらもう

▼ 人間万事塞翁が馬~ (3, 0.0%)

1 とはけだし, に御, よ馬

▼ 人間万事夢~ (3, 0.0%)

1 だ, のごと, のよう

▼ 人間万事金~ (3, 0.0%)

3 の世の中

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 と知るべし, に処する, に売れ

▼ 人間中心主義~ (3, 0.0%)

1 でかえって, という弱点, としての人間学

▼ 人間今日~ (3, 0.0%)

1 のいわゆる, の車中, は情勢

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 なら捕れるだらうな, の大き, 悪好者

▼ 人間~ (3, 0.0%)

3 出発の

▼ 人間創造~ (3, 0.0%)

1 という意味, の生活, の自然力

▼ 人間動物~ (3, 0.0%)

1 の類, は活物, や植物

▼ 人間商売~ (3, 0.0%)

1 さらりと, に越した, を選ぶなら

▼ 人間国宝~ (3, 0.0%)

1 が歯ぎしり, の篠原治さん, の菊村

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 の一乾坤, の物, の犯人

▼ 人間天賦~ (3, 0.0%)

1 の仁, の権, の霊性

▼ 人間失格者~ (3, 0.0%)

1 としか思われぬ, のごとき, のごとくいう

▼ 人間~ (3, 0.0%)

2 時節といふ 1 時節

▼ 人間宇宙~ (3, 0.0%)

2 の深 1 を極めよう

▼ 人間宿業~ (3, 0.0%)

1 のかなし, の子, の極まりな

▼ 人間常識~ (3, 0.0%)

1 の能力, への醗酵, を授ける

▼ 人間心情~ (3, 0.0%)

1 に立つ, のため, を源

▼ 人間性これ~ (3, 0.0%)

1 が克服, はインテリゲンチャ自身, を刈り取っ

▼ 人間性格~ (3, 0.0%)

1 すなわち主体的, というところ, の相剋

▼ 人間性讃美~ (3, 0.0%)

2 の音楽浴 1 の曲

▼ 人間恐怖~ (3, 0.0%)

1 の自分, はそれ, をたとい

▼ 人間情緒~ (3, 0.0%)

1 が捲き起さざる, の本質, の純

▼ 人間意欲~ (3, 0.0%)

1 のより, の手がかり, の肯定

▼ 人間態度~ (3, 0.0%)

1 としての主義, とするなら, を意味

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 ひは, 学究の, 栽而為賞

▼ 人間戦車隊~ (3, 0.0%)

1 がある, の出現, の進撃

▼ 人間掘り~ (3, 0.0%)

1 だ, だ人間掘り, なんて初めて

▼ 人間最上~ (3, 0.0%)

2 の天職 1 の光栄

▼ 人間有機體~ (3, 0.0%)

1 である, は變化, を除去

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 のなか, の前, の鉄格子

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 のため, のまん中, の反動

▼ 人間欲望~ (3, 0.0%)

1 の結局, をおこさず, をまる

▼ 人間歓喜~ (3, 0.0%)

2 をどう 1 の一典型

▼ 人間正成~ (3, 0.0%)

1 の出現, をこの, をなお

▼ 人間殊に~ (3, 0.0%)

2 女などは 1 役人として

▼ 人間永遠~ (3, 0.0%)

1 の問題, の未来, の理想

▼ 人間現象~ (3, 0.0%)

1 の姿, を予想, を事実

▼ 人間理解~ (3, 0.0%)

1 がその, に於い, の型

▼ 人間生来~ (3, 0.0%)

1 の性質, の本能, の欠点

▼ 人間生涯~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 の貧苦

▼ 人間的労働~ (3, 0.0%)

1 による物理的生産, による物質的生産, をする

▼ 人間的反省~ (3, 0.0%)

1 といふもの, に基く, を基礎

▼ 人間的心情~ (3, 0.0%)

1 にとって数百年間, に立っ, は所謂美

▼ 人間的性格~ (3, 0.0%)

1 の真理, をともなわない, を育て上げる

▼ 人間的情熱~ (3, 0.0%)

1 の歴史的課題そのもの, の発動, を欠い

▼ 人間的感性的活動~ (3, 0.0%)

2 であるが 1 として捉えられね

▼ 人間的成長~ (3, 0.0%)

1 というもの, の全体, の願望

▼ 人間的抗議~ (3, 0.0%)

1 がより, となっ, を通じてこれ

▼ 人間的条件~ (3, 0.0%)

2 の下 1 であったか

▼ 人間的温熱感~ (3, 0.0%)

1 のありすぎる, のある, を超越

▼ 人間的滋味~ (3, 0.0%)

2 を発揮 1 を加え

▼ 人間的立場~ (3, 0.0%)

1 からみ, にたっ, に立つ

▼ 人間的義務~ (3, 0.0%)

1 が人間的完成, を果さう, を生ずる

▼ 人間的肉体的~ (3, 0.0%)

1 なもの, な要素, に描かう

▼ 人間的能力~ (3, 0.0%)

1 としてしか取り上げない, の表現, をもっ

▼ 人間的行動~ (3, 0.0%)

2 や観念 1 の自由

▼ 人間的衝動~ (3, 0.0%)

1 の根柢理論, はデモーニッシュ, をもっ

▼ 人間的表現~ (3, 0.0%)

1 としての文学運動, の核, をないがしろ

▼ 人間的要素~ (3, 0.0%)

1 からの離脱, をどんな, をも持て余し

▼ 人間的解釈~ (3, 0.0%)

1 でかの, に拠ろう, の新しい

▼ 人間的誤謬~ (3, 0.0%)

1 になる, によって歪められない, の夾雑物

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 が少し, そのままが, 見る束の間

▼ 人間相手~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の陶器, は真平

▼ 人間知識~ (3, 0.0%)

1 ではほんの, のその, の相場市場

▼ 人間社会生活~ (3, 0.0%)

2 の原始的 1 の現実

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 の中, をつきたおし, を自分

▼ 人間総て~ (3, 0.0%)

1 に対して怨恨, の女性, の要求

▼ 人間群像~ (3, 0.0%)

1 であるにも, のありとあらゆる, の生活

▼ 人間肯定~ (3, 0.0%)

1 に対して私, の名, の行手

▼ 人間自我~ (3, 0.0%)

2 の探求 1 と共に自我

▼ 人間臭く~ (3, 0.0%)

1 てしばらく, なること, 整頓し

▼ 人間至る~ (3, 0.0%)

2 ところ山あり 1 ところ青山あり

▼ 人間若い~ (3, 0.0%)

3 時は

▼ 人間菊池~ (3, 0.0%)

1 が人間, とはかうし, の天分

▼ 人間観察家~ (3, 0.0%)

1 とでも言ふん, とも自称, など

▼ 人間計り~ (3, 0.0%)

1 が町中, ではなかつた, 不幸な

▼ 人間誕生~ (3, 0.0%)

1 として赤坊, のおごそか, の意義

▼ 人間進歩~ (3, 0.0%)

1 の動力, の型, の大本たる

▼ 人間道徳~ (3, 0.0%)

1 のうち, の学, の根本

▼ 人間~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, のごたごた, の心持

▼ 人間關係~ (3, 0.0%)

1 の上, を時間, を生み出す

▼ 人間霊魂~ (3, 0.0%)

1 の内部, の第, 非不滅論

▼ 人間あまり~ (2, 0.0%)

1 文明的に, 重宝が

▼ 人間あり~ (2, 0.0%)

1 さ, てより

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 なすべて, はゆる

▼ 人間いくさ~ (2, 0.0%)

2 の怖い

▼ 人間いつ~ (2, 0.0%)

1 でも逃げ得られる, どんなもの

▼ 人間および~ (2, 0.0%)

1 作家としての, 歴史に関する

▼ 人間かといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことを

▼ 人間がい~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, はしない

▼ 人間がた~ (2, 0.0%)

1 はむれ, はむれない

▼ 人間こんな~ (2, 0.0%)

1 莫迦げた目に, 面白い世の中

▼ 人間さまざま~ (2, 0.0%)

1 だ, な運命

▼ 人間しか使~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 人間じみた~ (2, 0.0%)

1 何かを, 斑の

▼ 人間じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 これだ, 中年過ぎの

▼ 人間すべからく~ (2, 0.0%)

1 酔ふべし, 醉ふべし

▼ 人間すらも~ (2, 0.0%)

1 あやつって, あやつつて

▼ 人間ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 の叫び, を泥まみれ

▼ 人間その他~ (2, 0.0%)

1 の生物, 全生活

▼ 人間たらしめる~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものは

▼ 人間たらん~ (2, 0.0%)

1 とした, と欲望

▼ 人間たる者~ (2, 0.0%)

1 が喰い殺され, は和順

▼ 人間だけとは~ (2, 0.0%)

1 かぎらない, 限らねえもん

▼ 人間だつ~ (2, 0.0%)

1 たりする, ていうこと

▼ 人間ぢやあ~ (2, 0.0%)

1 ない, ない簟

▼ 人間ていう~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ 人間であり死ね~ (2, 0.0%)

2 ばなくなる

▼ 人間でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 人間でござる~ (2, 0.0%)

1 が私, が計らず

▼ 人間でしたら~ (2, 0.0%)

1 いくら自分, どんな恥ずかしい

▼ 人間でなくなろう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 人間でもが~ (2, 0.0%)

1 あって, あらば

▼ 人間で御座いました~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ので老人

▼ 人間で御座います~ (2, 0.0%)

1 からね, から勿論

▼ 人間で無い~ (2, 0.0%)

1 から安堵, とは言

▼ 人間といった~ (2, 0.0%)

1 方が, 状態であった

▼ 人間とかいう~ (2, 0.0%)

1 のも, 概念が

▼ 人間とかく~ (2, 0.0%)

1 四角張ってばかりは, 忘れがち

▼ 人間とち~ (2, 0.0%)

1 がつたところ, がつて

▼ 人間とて~ (2, 0.0%)

1 現実では, 相当頭

▼ 人間とでは~ (2, 0.0%)

1 うまれつきから, 何も

▼ 人間とな~ (2, 0.0%)

1 つては, つても

▼ 人間とに対する~ (2, 0.0%)

1 人間的信仰を, 広い理解

▼ 人間とのみ~ (2, 0.0%)

1 心得た現在, 見られない超越的意味

▼ 人間とばかり~ (2, 0.0%)

1 思いつづけたかも, 見えて

▼ 人間とりわけ~ (2, 0.0%)

1 大衆や, 政治的人間が

▼ 人間なぞは~ (2, 0.0%)

1 いなかったろうと, かえって邪魔くせ

▼ 人間なに~ (2, 0.0%)

1 が幸福, もよけえな者

▼ 人間なら下し~ (2, 0.0%)

2 て助けよう

▼ 人間なら持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐ, ものだ

▼ 人間なりと~ (2, 0.0%)

1 し終生, 一念こ

▼ 人間なりとて~ (2, 0.0%)

1 容赦すべき, 心柄によっては

▼ 人間なん~ (2, 0.0%)

1 でも働かなく, でも諦め

▼ 人間なんかの~ (2, 0.0%)

1 いない所, 在る余地

▼ 人間なんかは~ (2, 0.0%)

1 いってや, 見られない

▼ 人間なんぞに~ (2, 0.0%)

1 かかわりは, 俺等の

▼ 人間にたいしては~ (2, 0.0%)

1 なおさらである, 施す術

▼ 人間にたいしても~ (2, 0.0%)

1 もっと思いやり, 口を

▼ 人間にては~ (2, 0.0%)

1 あるまじと, けっして未だ発達

▼ 人間にとり~ (2, 0.0%)

1 価値ある, 同等の

▼ 人間にばかり~ (2, 0.0%)

1 ある譯, でなく猫

▼ 人間にや~ (2, 0.0%)

1 二種類ある, 見えませんね

▼ 人間により~ (2, 0.0%)

1 幸福を, 活用せらるる

▼ 人間に対しての~ (2, 0.0%)

1 処分法であった, 認識を

▼ 人間に対してのみ~ (2, 0.0%)

1 ならずキリスト, 云へる

▼ 人間のば~ (2, 0.0%)

2 あひ

▼ 人間のみには~ (2, 0.0%)

1 それに, 有限的意思が

▼ 人間のみを~ (2, 0.0%)

1 後から, 歌は

▼ 人間はとはに~ (2, 0.0%)

2 賞づら

▼ 人間はど~ (2, 0.0%)

1 いつもこいつ, ない申分

▼ 人間はな~ (2, 0.0%)

1 どんな事, みんなが

▼ 人間はも~ (2, 0.0%)

1 ぐれませんよ, ぬけの

▼ 人間ばかし~ (2, 0.0%)

2

▼ 人間ばかりか~ (2, 0.0%)

1 ふつうの, 犬畜生でも

▼ 人間ひとり横~ (2, 0.0%)

2 になれる

▼ 人間ひとり通り~ (2, 0.0%)

2 ぬけられるほどの

▼ 人間へと~ (2, 0.0%)

1 いう時我々, 一転した

▼ 人間まさか~ (2, 0.0%)

2 機械人形では

▼ 人間までを~ (2, 0.0%)

1 売っては, 棚曝し

▼ 人間まる~ (2, 0.0%)

1 むきの, 出しで

▼ 人間まるで~ (2, 0.0%)

1 形式的だ, 悩みそのもの

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 てえ, てエ

▼ 人間みずから~ (2, 0.0%)

1 が資本主義社会, の作った

▼ 人間みんな~ (2, 0.0%)

1 が一様, が可哀想

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 うまく化けた, が博士

▼ 人間もけ~ (2, 0.0%)

2 だもの

▼ 人間もろとも~ (2, 0.0%)

1 にそつくり, に縫い附け

▼ 人間やけ~ (2, 0.0%)

1 になったら, 出された人

▼ 人間やはり~ (2, 0.0%)

1 ここまで, 時勢に

▼ 人間やら~ (2, 0.0%)

1 器械やら, 魔物やら

▼ 人間よりもずつと~ (2, 0.0%)

1 力の, 時代といふ

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 づか五十年, づか五十年とい

▼ 人間わずか~ (2, 0.0%)

1 な寿命, の人間

▼ 人間をさえ~ (2, 0.0%)

1 攫って, 涙ぐませる力

▼ 人間を通して~ (2, 0.0%)

1 出現する, 見た現代世相

▼ 人間を通じて~ (2, 0.0%)

1 情が, 景色が

▼ 人間アネット~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の方

▼ 人間タイプ~ (2, 0.0%)

1 の把握, を創造

▼ 人間タンク~ (2, 0.0%)

1 のよう, の大群

▼ 人間テキ~ (2, 0.0%)

1 にされちまっ, にはお

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 在リト雖ドモ人識ラズ, 非ザル有リ

▼ 人間一人二人~ (2, 0.0%)

1 の感情, の死

▼ 人間一人姿~ (2, 0.0%)

1 を隠せる, を隱

▼ 人間一人突き~ (2, 0.0%)

1 殺せるはず, 殺せる筈

▼ 人間一度度胸~ (2, 0.0%)

2 をきめれ

▼ 人間一心~ (2, 0.0%)

1 の親切, 凝め

▼ 人間一般永遠~ (2, 0.0%)

2 なる人間

▼ 人間三十~ (2, 0.0%)

1 づらを, にもなる

▼ 人間三百歳~ (2, 0.0%)

2 にもなり

▼ 人間不変~ (2, 0.0%)

2 のエゴ

▼ 人間並びに~ (2, 0.0%)

1 神の, 神明の

▼ 人間中心~ (2, 0.0%)

1 の唱えられた, の心情

▼ 人間主義者~ (2, 0.0%)

1 が浪漫派, によって初めて

▼ 人間主義者等~ (2, 0.0%)

1 が意味, は初め

▼ 人間主観~ (2, 0.0%)

1 の作為, の感覚器官

▼ 人間事件~ (2, 0.0%)

1 と事件, の責任

▼ 人間二人三人~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 人間二度~ (2, 0.0%)

2 たあ

▼ 人間互に~ (2, 0.0%)

1 その本もの, 相譲る

▼ 人間五人~ (2, 0.0%)

1 ばかりをひきつれ, や十人

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 が必要, ふ人間

▼ 人間侮辱~ (2, 0.0%)

1 ではない, という言葉

▼ 人間俳優~ (2, 0.0%)

2 の創造

▼ 人間~ (2, 0.0%)

2 の対立

▼ 人間全身~ (2, 0.0%)

1 が黒い, の各

▼ 人間共に~ (2, 0.0%)

1 あやうい芸当, 仰有って

▼ 人間共同体~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の概念

▼ 人間其言語一切皆克~ (2, 0.0%)

2 く雨

▼ 人間冒涜~ (2, 0.0%)

1 でありこの, の文学

▼ 人間凡衆~ (2, 0.0%)

1 のもつ, の働く

▼ 人間別れる~ (2, 0.0%)

2 時に

▼ 人間剥ぎとられた~ (2, 0.0%)

2 世界の

▼ 人間力以上~ (2, 0.0%)

1 の人物, の精神

▼ 人間努力~ (2, 0.0%)

1 の影響, の結果

▼ 人間労力~ (2, 0.0%)

1 の徒費, の逆転

▼ 人間又は~ (2, 0.0%)

1 社会の, 神の

▼ 人間及人間相互~ (2, 0.0%)

2 の關係

▼ 人間史的社会~ (2, 0.0%)

1 との中間領域, とを自然史

▼ 人間同士話~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 人間同志一人~ (2, 0.0%)

2 と一人

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 とか観, なんてむしろ

▼ 人間哀詩~ (2, 0.0%)

1 の絵巻, を奏で

▼ 人間問題~ (2, 0.0%)

1 について特に, の一つ

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 と国, は新しき

▼ 人間地獄~ (2, 0.0%)

1 をさ, を見おろす

▼ 人間堕落~ (2, 0.0%)

2 の原因

▼ 人間墳墓~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 人間変革~ (2, 0.0%)

1 のテーマ, の過程

▼ 人間外れた~ (2, 0.0%)

1 お役目柄, シコ溜め

▼ 人間多様~ (2, 0.0%)

2 の欲望

▼ 人間大衆~ (2, 0.0%)

1 につい, の歴史的意欲

▼ 人間女房~ (2, 0.0%)

1 が可愛い, の恋しく

▼ 人間存在そのもの~ (2, 0.0%)

1 がイメージ, を表わす

▼ 人間学化~ (2, 0.0%)

1 し主体化, し解釈学化

▼ 人間学的考察~ (2, 0.0%)

1 の粗い, は大いなる

▼ 人間学的解釈学~ (2, 0.0%)

1 の独特, は自然

▼ 人間尊氏~ (2, 0.0%)

1 をきざまれ, を私

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 がある, に視野

▼ 人間工場~ (2, 0.0%)

1 からすぐさま, のポスター

▼ 人間平等論~ (2, 0.0%)

1 の切先, をかつぎ出した

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 をとる, を取っ

▼ 人間幾人~ (2, 0.0%)

1 かの生命, の命

▼ 人間~ (2, 0.0%)

2 前の

▼ 人間彼ら~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, はいかに

▼ 人間必ずしも~ (2, 0.0%)

1 住家を, 長寿が

▼ 人間忠相~ (2, 0.0%)

1 に対する人間泰軒, に触れた

▼ 人間思想史~ (2, 0.0%)

1 の史的叙述, の諸

▼ 人間性問題~ (2, 0.0%)

1 の健在, を解く

▼ 人間性探求~ (2, 0.0%)

1 とは生活, の文学

▼ 人間性論~ (2, 0.0%)

1 にある, の課題

▼ 人間恢復~ (2, 0.0%)

1 だったの, ではなく

▼ 人間恩愛~ (2, 0.0%)

1 の情, の神聖

▼ 人間愚か~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 人間感動~ (2, 0.0%)

1 などによってその, をつたえたい

▼ 人間才能~ (2, 0.0%)

1 の典型, を開花

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 であること, ではない

▼ 人間探求~ (2, 0.0%)

1 の思想家, の緒

▼ 人間放庵~ (2, 0.0%)

1 であるかといふ, の仕事

▼ 人間政治~ (2, 0.0%)

1 の一役割, の意義

▼ 人間救済~ (2, 0.0%)

1 から人類, のため

▼ 人間~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 人間時々~ (2, 0.0%)

1 しくじること, 何う

▼ 人間智仁勇~ (2, 0.0%)

1 が忘れられない, この三つ

▼ 人間本懐~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, なの

▼ 人間梯子~ (2, 0.0%)

1 となっ, を組ん

▼ 人間椅子~ (2, 0.0%)

1 ええ人間椅子, の中

▼ 人間模様~ (2, 0.0%)

1 と性慾, も世さまざま人さまざま

▼ 人間次第~ (2, 0.0%)

1 さ, そして組合せ次第

▼ 人間武蔵~ (2, 0.0%)

1 のおもしろ, はまちがい

▼ 人間死ぬ~ (2, 0.0%)

1 のは, 覚悟が

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 に小児, に西洋

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 が, よ安心

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 のきいた, の変る

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 のきいた, の持ち

▼ 人間洒落~ (2, 0.0%)

2 や冗談

▼ 人間無上~ (2, 0.0%)

1 の幸福, の快

▼ 人間煩悩~ (2, 0.0%)

1 のすさまじさ, の児

▼ 人間特に~ (2, 0.0%)

1 女の, 物理学者が

▼ 人間犧牲~ (2, 0.0%)

1 は殉死, を人形

▼ 人間狩り~ (2, 0.0%)

1 が行われ, も終り

▼ 人間生きる~ (2, 0.0%)

2 から死ぬ

▼ 人間生れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, ながらの権利

▼ 人間生存~ (2, 0.0%)

1 の意味, の根柢

▼ 人間生死~ (2, 0.0%)

1 の境, の瀬戸際

▼ 人間生活そのもの~ (2, 0.0%)

1 に外, の崩壊

▼ 人間生活上~ (2, 0.0%)

1 におけるいっさい, の問題

▼ 人間生活史~ (2, 0.0%)

1 と見る, の中

▼ 人間生理~ (2, 0.0%)

1 のうち, の大

▼ 人間~ (2, 0.0%)

2 の黒

▼ 人間的事物~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は五十年毎

▼ 人間的人性的~ (2, 0.0%)

2 なので

▼ 人間的作用~ (2, 0.0%)

1 という問題, の科学文明

▼ 人間的修業~ (2, 0.0%)

1 だとは, であります

▼ 人間的個性~ (2, 0.0%)

1 に関する規則, に關

▼ 人間的値うち~ (2, 0.0%)

1 にはその, を見出す

▼ 人間的創造~ (2, 0.0%)

1 はかやう, はかよう

▼ 人間的可能~ (2, 0.0%)

1 のまず, を伸ばしひろげよう

▼ 人間的同情~ (2, 0.0%)

1 にとんだ, に富み

▼ 人間的味~ (2, 0.0%)

1 がその, ひが

▼ 人間的品位~ (2, 0.0%)

1 とあらゆる, はすでに

▼ 人間的実在~ (2, 0.0%)

1 は一つ, を捕える

▼ 人間的実質~ (2, 0.0%)

1 だという, をうける

▼ 人間的形式~ (2, 0.0%)

1 からである, の偉大さ

▼ 人間的性質~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, を脱却

▼ 人間的意欲~ (2, 0.0%)

1 の喪失, をもつ

▼ 人間的愛~ (2, 0.0%)

1 の像, を感ずる

▼ 人間的感覚~ (2, 0.0%)

1 に改めて, のなか

▼ 人間的政治家~ (2, 0.0%)

1 であったけれども, であつ

▼ 人間的文化~ (2, 0.0%)

1 に盲目, へと復興

▼ 人間的暴力~ (2, 0.0%)

1 には精神的, に反対

▼ 人間的概念~ (2, 0.0%)

1 であり知識学的通路, である

▼ 人間的構造~ (2, 0.0%)

1 すなわちその, へと昇格

▼ 人間的権利~ (2, 0.0%)

1 についての自覚, への憧れ

▼ 人間的水準~ (2, 0.0%)

1 というもの, の上

▼ 人間的特徴~ (2, 0.0%)

1 がそう, をもつ

▼ 人間的理想~ (2, 0.0%)

1 という, としての自由

▼ 人間的理解~ (2, 0.0%)

1 の確立, を要求

▼ 人間的生命~ (2, 0.0%)

1 にとって現実的, にとつ

▼ 人間的真情~ (2, 0.0%)

1 が歴史, の枯渇

▼ 人間的研究~ (2, 0.0%)

1 と神, は歴史

▼ 人間的確信~ (2, 0.0%)

1 に従ってその, の失墜

▼ 人間的社会~ (2, 0.0%)

1 にまで上昇, の歴史そのもの

▼ 人間的社会的~ (2, 0.0%)

1 な問題, な責任

▼ 人間的経験作家~ (2, 0.0%)

2 としての鍛錬

▼ 人間的統一~ (2, 0.0%)

1 はこん, への自然的機能

▼ 人間的美~ (2, 0.0%)

1 にまで近づい, の一つ

▼ 人間的美質~ (2, 0.0%)

1 というよう, や技能

▼ 人間的脱出~ (2, 0.0%)

1 を示す, を見出し

▼ 人間的自己~ (2, 0.0%)

1 の尊重, をもつ

▼ 人間的自己疎外~ (2, 0.0%)

2 を現

▼ 人間的自然現象~ (2, 0.0%)

1 であるよう, の一つ

▼ 人間的臭気~ (2, 0.0%)

1 が強く, の濃厚

▼ 人間的葛藤~ (2, 0.0%)

2 の比喩

▼ 人間的要求~ (2, 0.0%)

1 の一発露, の根源

▼ 人間的見識~ (2, 0.0%)

1 のよう, の水準

▼ 人間的解放~ (2, 0.0%)

1 の体系, も亦

▼ 人間的誠実~ (2, 0.0%)

1 である, とは思われる

▼ 人間的鍛錬~ (2, 0.0%)

1 と文学的, にもとづく

▼ 人間的関係~ (2, 0.0%)

1 をかえます, を指し

▼ 人間的願望~ (2, 0.0%)

1 が彼, は肉体

▼ 人間的飛躍~ (2, 0.0%)

1 であります, のクライマックス

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 がでなくなる, はふつう

▼ 人間真正~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 の悪い, を以て説明

▼ 人間研究家~ (2, 0.0%)

1 が殺害, のイワノフ博士

▼ 人間破壊~ (2, 0.0%)

1 に対して闘わなけれ, を他

▼ 人間禽獣~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, まで解脱

▼ 人間突撃隊~ (2, 0.0%)

1 との大, を踏みにじろう

▼ 人間~ (2, 0.0%)

2 みに

▼ 人間精神史~ (2, 0.0%)

2 と我々

▼ 人間終極~ (2, 0.0%)

1 の幸福, の理想

▼ 人間経験~ (2, 0.0%)

1 というところ, の諸相

▼ 人間肉体~ (2, 0.0%)

1 の生理的危機, の頭脳

▼ 人間至高~ (2, 0.0%)

1 の價値, の肉慾

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 が濃厚, という色

▼ 人間芸術家~ (2, 0.0%)

1 としての成長, になり切る

▼ 人間行事~ (2, 0.0%)

1 のカタログ, は窮極

▼ 人間衛生~ (2, 0.0%)

1 の事, を知らなけれ

▼ 人間製造~ (2, 0.0%)

1 ができる, の方

▼ 人間製造会社~ (2, 0.0%)

1 が驚くべき, の支配人

▼ 人間見た~ (2, 0.0%)

1 やうで, ようだって

▼ 人間見切り~ (2, 0.0%)

1 がかんじん, が肝腎

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 でも性愛觀, にも作家

▼ 人間解釋~ (2, 0.0%)

1 についてあらゆる, をあらかじめ

▼ 人間評価~ (2, 0.0%)

1 により立つ, の尺度

▼ 人間説話~ (2, 0.0%)

1 に於, に至る

▼ 人間諸君~ (2, 0.0%)

1 の脳裏, の赤恥

▼ 人間超克~ (2, 0.0%)

1 の苦行, の道程

▼ 人間軽視~ (2, 0.0%)

1 の著しい, の重大事実

▼ 人間追求~ (2, 0.0%)

1 としての筋, の手段

▼ 人間達成~ (2, 0.0%)

1 の可能, への苦闘

▼ 人間違い~ (2, 0.0%)

1 だろ, でござろう毛頭

▼ 人間~ (2, 0.0%)

1 ぐらい飲まねえで, と女

▼ 人間銘々~ (2, 0.0%)

1 が自分自身, の一身上

▼ 人間錬成~ (2, 0.0%)

1 の真面目, は何

▼ 人間関係の~ (2, 0.0%)

1 より美しい, より豊富さ

▼ 人間関係自体~ (2, 0.0%)

1 に於, をそれで

▼ 人間面白い~ (2, 0.0%)

2 婦人の

▼ 人間頼朝~ (2, 0.0%)

1 に, の良

▼ 人間馬鹿~ (2, 0.0%)

1 では, な苦労

▼ 人間魚雷~ (2, 0.0%)

1 が発射, の多く

▼1* [1531件]

人間あさましいもので, 人間あたり前の生活, 人間あてのねえ, 人間あの怖ろ, 人間あはれなる哉, 人間あまりに文明的に, 人間あらばそれ, 人間あらゆるものを, 人間ありやと呼ばわらん, 人間あんなちょろっ, 人間いかなる貧しさ, 人間いくら年をとっ, 人間いずこを, 人間いたづらつ, 人間いたずらな努力, 人間いちど嫌ひに, 人間いっぴき雇う, 人間いっさい天地宇宙の事, 人間いと無造作に, 人間いよいよ食えなくなると, 人間いろいろだなあ, 人間いわゆる冷笑って, 人間うったりし, 人間うっかりして, 人間うまいもの食っ, 人間うら若い娘だった, 人間おたがいに人間の, 人間おちめに, 人間およそすこしでも武蔵, 人間お前は精, 人間かかる清福ある, 人間かなのだ, 人間かなと考えた, 人間からだけ友と, 人間からでも彼は, 人間かれも生きなけれ, 人間がかかつた, 人間ががちゃンが, 人間がけだもの, 人間がぞろ, 人間がちえを, 人間がともすれば, 人間がのべつに, 人間がべルトや, 人間がらでない事, 人間がわーっと, 人間きわめて尠く, 人間ぎらいという人, 人間ぎらいだった私はまだ, 人間ぎらいという程で, 人間ぎらいな人を避け, 人間ぎらいな少年が彼, 人間ぎらいな生活をなすっ, 人間ぎらいの役目をなし得よう, 人間ぎらいの心を起こさせ, 人間ぎらいの怪塔王の耳, 人間ぎらひになりかけた傾向が終戰後, 人間くささで, 人間くさい弱さと, 人間くみしやすしと見, 人間くらゐ古, 人間くらい世の中に, 人間くろがね天狗を自由自在, 人間ぐさいろくでもない言葉を云っ, 人間ぐれえに縮, 人間けんかの弱い, 人間こうなると, 人間こうした氣持で, 人間ことに年, 人間ことごとくが平和, 人間ことに女などに, 人間この世に生まれ, 人間これくらゐ不幸, 人間これ発狂もくそ, 人間さう一概に言, 人間さえも毎年毎年殺し, 人間さえもが鶏小屋に, 人間さがりたくねえもんだ, 人間さながらに腕, 人間さ力はえらく, 人間ざかりと一門繁昌, 人間て居る, 人間しかしそれは, 人間しただけのこと, 人間じゃあねえこの通り, 人間じゃからな, 人間じゃというに, 人間じゃに手は, 人間じゃによって秀吉人間誰もの, 人間じゃねえとおっしゃる, 人間じゃねえと思って, 人間じゃねえに人間じゃねえ, 人間じゃもんあろうわな, 人間じゃろうかなあ, 人間じゃァあるめ, 人間なほが, 人間すぎてね, 人間すべきものは, 人間すべて善玉だ, 人間すらがその神話, 人間せつなの感情, 人間ぜんぶを辱, 人間そうそう永生きは, 人間そのもの国家社会を組織, 人間その他いろいろなもの, 人間その他多くの動物, 人間それぞれ自分の神, 人間それ自らが現実, 人間たいへん秘密あります, 人間ただ鈍重は, 人間たち一枚二枚と数えられる, 人間たち同志の戦争, 人間たち特有の事務的, 人間たち芸術家たちは知っ, 人間たましいと, 人間たらしめようと望み, 人間たるべき洗礼を, 人間たるべくは多く, 人間たれしも思い浮かぶ, 人間だいまごまごしよると, 人間だけかと思ったら犬, 人間だけしか生きられない世界, 人間だけじゃない, 人間だけで片は, 人間だけとして考えて, 人間だけにしかできないこと, 人間だけについていうても, 人間だったらじぶんの, 人間だったら見ちゃ居られ, 人間だってもこくを, 人間だつたさうだがそれ, 人間だにがすな, 人間だ曲った事が, 人間だ泣くなといわれ, 人間ゅうの, 人間ちうもなアその, 人間っぽいところが, 人間つうものは生れた, 人間つき合いしてくれた, 人間つて云ふの, 人間つて何処でも自由, 人間つて奴はこの, 人間つて妙ね考, 人間つて瞬間のもの, 人間つまりひと口にいえ, 人間つるの曲った, 人間づきあいの世間的, 人間づらして親, 人間てもなあこうすべき, 人間てもの中, 人間であったならば今日, 人間でありいはば一個, 人間でありたいものよのう, 人間でありたくないと云う, 人間でありつかえる人間である, 人間でありましょうか, 人間でありまするとそこ, 人間であり得ようはずは, 人間であり頼り得る者である, 人間であるしからざれば五, 人間であるまいと驚嘆, 人間であるやということ, 人間であるらしいと思われた, 人間である従ってまた, 人間でうぢやうぢや, 人間でからだが, 人間でございますまいか, 人間でだけありたい等, 人間でないらしいことが, 人間でなかったことだけは, 人間でなかったら誰も, 人間でなくするような, 人間でなくったってみんな大事, 人間でなけりゃ駄目だ, 人間でなけりゃいけないと言う, 人間でねえならば獣, 人間ではわづかに, 人間でばかりはなかった, 人間でももぐりこむすきさえなかったんだ, 人間で御座いましたろうか, 人間で無きや出來, 人間で無ければ彼, 人間というもいつも芝居ッ気, 人間といふだけでなくうつ, 人間とかが実際に, 人間とかはまるで分かっ, 人間としてとにもかくにも, 人間としてやむにやまれない力に, 人間としてよりもむしろ獣類, 人間とだけだという, 人間とちゃあんと, 人間とっておき, 人間とては余の, 人間とで発声器の, 人間とについてもいわれ得る, 人間とに対して一種の, 人間とのみは限らぬ, 人間ともけだもの, 人間どうして私が, 人間どうしてこうおろかな, 人間どうにも運命の, 人間どおりでありますが, 人間どころでは, 人間ども幾人ともわかりません, 人間どんな宗教でも, 人間どんなに小さくとも, 人間なあ誰でも, 人間なかまでも野, 人間なかなかのんびりはできない, 人間ながら僕と, 人間ながらの犬と, 人間なくしては, 人間なぞ何を, 人間なぞがノコノコ出掛け, 人間なぞに生れたろう, 人間なぞの訪問に, 人間なぞを何うし, 人間などでは西山は, 人間などと平等な, 人間などには目も, 人間なほ味あり, 人間ならいうところだ, 人間ならかうしたことも, 人間ならきさまなんかに, 人間ならざるものと, 人間ならしめている, 人間ならだ人間らしい気持, 人間ならつきあつて, 人間ならでは実, 人間ならやりおほせる, 人間ならゐたつてゐなくたつ, 人間なら取ろうと思え, 人間なら引きあげて貰える, 人間なら忘れるわけには, 人間なら怒らずにゐられる, 人間なら捕蚤の, 人間なら疲れ果ててへたばっ, 人間なら絡みついたとき腰の, 人間なら諦めて忍従, 人間なら譲る事も, 人間なりとは申されん, 人間なりに何か, 人間なりやという, 人間なるべきものに, 人間なれやこそ宗旨, 人間なんかと飲んだっても, 人間なんかにはそんなこと, 人間なんかよりずっとしあわせ, 人間なんかよりはりこうだ, 人間なんぞありゃしません, 人間なんてという感じが, 人間なんとかいうの, 人間においての如く與, 人間においてのみでなく出来事, 人間においてもまたそう, 人間にかへれたの, 人間にすら嫌厭が, 人間にだけはなりたくは, 人間についてさえ彼等の, 人間についてだのまた斎藤家, 人間についても言われます, 人間につきものだ, 人間にて候うぞ, 人間にても多少世間, 人間にとってのみ価値ある, 人間になんか分からないはず, 人間にものいふやう, 人間によっては許されないもの, 人間によりも天使に, 人間に対してさう感じた, 人間に対してさえつかえること, 人間に対してだけは彼は, 人間に対するは蛇の, 人間に関して同じこと, 人間に関してはどのやう, 人間ぬきの自然美, 人間男と, 人間のいばしょ, 人間のうでの力に, 人間のかずだって大した, 人間のくづにすぎないよ, 人間のくらい閉ざされたる靈, 人間のせゐか武士, 人間のせゐと見破つたガラツ八の, 人間のみかは畜類について, 人間のみの具有せる, 人間のみは時を, 人間はかへつて葛藤, 人間はくすぐつたいものだといふことを彼等は, 人間はじまって以来, 人間はずゐ分, 人間はとしを, 人間はとも角として, 人間はなあ四十を, 人間はのう悪い心, 人間はばかることなく, 人間はまごころ一つが肝要, 人間はめつたにゐない, 人間ばかりかと思うと, 人間ばかりで死んだ人間, 人間ばかりとかぎって, 人間ばつかり住んで, 人間びろいをしたのであるが家に帰っ, 人間ふだん何でも無い, 人間ふっと気が, 人間ふつう日用にちかき, 人間へはかつて加害者, 人間ぺらぺらの畸形児, 人間ほどに道理が, 人間ほどはあろう, 人間ほんとのこと, 人間ほんとうの自分, 人間まさしく王の, 人間まして術者とござりますれ, 人間までに発達しない, 人間までは及ばなかった, 人間みずから人間の住む, 人間みたように, 人間みづからの, 人間みな思い思いに, 人間みんなデタラメさ, 人間みんな学生女生徒まで工場, 人間むしろウジムシと, 人間めいて, 人間めくのは, 人間もから意気地が, 人間もし正確細微の, 人間もちつと真似た, 人間もちィっと身上, 人間もねうちものだ, 人間やが驚いたり, 人間やけもののこと, 人間やはだかの, 人間やぶれかぶれな, 人間ゆえ一図に主人大事, 人間よくしたもの, 人間よとうなります, 人間よほど幸運に, 人間よませてくれる, 人間よりもかへつて生々と, 人間らしいやりかたには, 人間らしい思いやり方策現実的な, 人間らしい言い換えますと, 人間らしかったドイツの, 人間りっぱに御, 人間わがま, 人間わけても自分の, 人間われわれは帰納的, 人間をしか頭に, 人間をだって罪に, 人間をでも粗末に, 人間をのみ恋す, 人間をよけて通るもの, 人間アダムとエバ, 人間イワノフ博士の方, 人間エネルギーの根元, 人間オスカア二世は仲なか, 人間カブトムシもそれ, 人間キリストは原罪, 人間ギライめなどと言われる, 人間ゴルバートフが十分の時間, 人間サチルスは兩脚, 人間シューベルトの良き, 人間ズルイ奴はよそ, 人間ダカラ世間カラキラハレタレプラ療養所デ働ク決心ヲシタ, 人間ダ神様では無い, 人間チェスタトーンのよう, 人間チストカが意外, 人間ツラがちがつて, 人間テストであったと, 人間数年臥床ヲ, 人間デーであった, 人間ニハ体ノドコカシラニチョットシタ些細ナ斑点, 人間ニ対シ適当ナ電波的保護, 人間ニ政府ヲ立ル所以ハ此通義ヲ固, 人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, 人間案外身辺ニ, 人間バッハの良, 人間パデレフスキーの偉大さ, 人間フランクの尊, 人間フリーダとのあいだ, 人間ブラームスの伝記, 人間ヘクトール女性の胸, 人間ベルリオーズは小児, 人間ホグベンのよう, 人間ボートクかね, 人間ポンプというの, 人間メンデルスゾーンでさえ, 人間ヨリモ恐ロシイ, 人間ヨリ悪ヲ行フ所尠ク, 人間ラーマがランカ, 人間リストの仕上げ, 人間ルナアルの不思議, 人間ルミについて僕, 人間レコード製造所が在る, 人間レマルク君が独逸, 人間ロシヤなんかに生れる, 人間一ぴきつかまえるの, 人間一ぺん夫婦となった, 人間一世や二世, 人間一人この世から抹殺, 人間一人つて安里のこと, 人間一人アブアブと土左衛門, 人間一人ブチ込んだら五分間, 人間一人一年の給料, 人間一人並みになる, 人間一人十分隠れること, 人間一人大学を卒業, 人間一人大學を卒業, 人間一人当り一日に酸素, 人間一人救ふた心持, 人間一人楽に出はいりできる, 人間一人水中で突いた, 人間一人滅多に死ねる, 人間一人煙のよう, 人間一人生命を取られる, 人間一人確かに殺され, 人間一人車一台通らないの, 人間一人運び上げるの, 人間一人飢死を免れた, 人間一人餓死を免れた, 人間一代山は見えとる, 人間一休となる, 人間一個人にしまし, 人間一個自立自存の思想, 人間一匹位にムダ飯, 人間一匹何をし, 人間一匹血みどろになつ, 人間一悟門に到達, 人間一接斯光景豪気将呑五大洲, 人間一日も文学, 人間一旦やろうと, 人間一時的激情によって殺人, 人間一生中ですらも, 人間一生中安心のため, 人間一生中最上の愉快, 人間一生五十年ないし六十年, 人間一生実ニ猶夢, 人間一生涯の中, 人間一生涯好きな物, 人間一番の生命, 人間一疋蚊のよう, 人間一羽の小鳥, 人間一般論を出す, 人間一頭の白熊, 人間七八人の結束, 人間万世の法, 人間万事あとかたも無き, 人間万事かくの通り, 人間万事しんぼうが大切さ, 人間万事はじめに泣く, 人間万事不如意一身長在轗軻中, 人間万事人の持たない, 人間万事余り世話をせず, 人間万事停滞せぬよう, 人間万事圧制を以て組織, 人間万事塞翁が馬何からいい, 人間万事天運に在り, 人間万事廻り燈籠というの, 人間万事成行きにまかせるべきだ, 人間万事政党をもっ, 人間万事数理の外, 人間万事有形の経営, 人間万事気で持っ, 人間万事漱石の自転車, 人間万事無頓着と覚悟, 人間万事独力独行さ, 人間万事空想の世の中, 人間万事算盤を用い, 人間万事身から出た, 人間万人の心がけ, 人間万様な生き方, 人間万能の思想, 人間万能論だね, 人間三人分ぐらいの白い薄い, 人間三分に化け物七分, 人間三十前後は謂わ, 人間三十四五の頃, 人間三月の花, 人間三木を失った, 人間三本足は腰かけ, 人間三浦としての純粋さ, 人間三百六十五日何の心配, 人間のもの, 人間上乗の楽しみ, 人間上乘の樂しみ, 人間下りたくはねえ, 人間下宿屋だけは始め, 人間下落だと, 人間不信はあり得ない, 人間不可避の慾望, 人間不完全では, 人間不平の事, 人間不幸の初, 人間不義をあらだて, 人間世の中から歓喜, 人間世態の現実, 人間世界それ自身が内部的, 人間世間の神秘, 人間世間深入りするなかれ, 人間両個の命, 人間並み以上の子供, 人間並み生活などはばからしく, 人間並外れた低い奴, 人間中味の内, 人間中心的なる世界, 人間中心芸術中心の天才教育, 人間主張と云っ, 人間主義世俗主義は畢竟, 人間主義者的な逆説感, 人間主體がいかに, 人間予定で動く, 人間二人一しょに本当に, 人間二匹居のうなって, 人間二十五六歳まで教育, 人間二十人も住ん, 人間云いならわした愛という, 人間云うもんは, 人間五人分の長, 人間五十年以上も生き, 人間五十年君に任せ, 人間五十年贅沢をし, 人間五常の道, 人間五感の対象, 人間五穀を食わず, 人間些末の事務, 人間交互の心的交渉, 人間交通の法則, 人間享楽の茶碗, 人間人前であつ, 人間人情の取, 人間人格完成を目標, 人間人物の好き, 人間人生の見, 人間人種は白川, 人間人間人間なん, 人間人類を考, 人間仕事の一様式, 人間の人間, 人間他人に対して正直, 人間仙都之別, 人間代表に次席, 人間以上神に近づいた, 人間以上自己以上殆んど, 人間以下獣類同格に置く, 人間以前の人間, 人間伊三郎が又, 人間位い怖ろしいもの, 人間位始末におえない, 人間低能呼ばわりをされ, 人間体内の最も, 人間何ぞ斯の, 人間何で死ぬか, 人間何号と呼ん, 人間何時死ぬか, 人間余り環境に, 人間余りに脆弱なる, 人間作家としての何より, 人間作家それぞれにタイプ, 人間使用は最も, 人間侮蔑残酷無慙なもの, 人間信仰において確信, 人間信頼からぼく, 人間倉庫の中, 人間個性を通じて夫, 人間個體の不滅, 人間倫敦の流行児, 人間倫理の大綱, 人間倫理学がつくられ, 人間偉い男として, 人間健康のノルマル, 人間傴僂の人間, 人間僅か五十年人生七十古来稀何か腹, 人間に対して或は, 人間より変, 人間元来病なく薬石, 人間先生はただ, 人間全く無差別, 人間全体心全体身体全体でぶつ, 人間全然扶養される, 人間共働の記念塔, 人間共同のやむを得ない, 人間共有の拂, 人間共生と共, 人間兵士を収容, 人間其他を空中, 人間其故貴方は何ん, 人間内奧のたま, 人間内部の至上命令, 人間再建がのぞまれた, 人間冒涜軽佻浮薄などという忌まわしい, 人間冥加と申すべきです, 人間凡そ米の無い, 人間凡夫の浅まし, 人間凡通の本然性情, 人間処世の権理, 人間の魂魄, 人間出ようによって仏, 人間出世は出来ぬ, 人間分布図といっ, 人間分身術というの, 人間切腹の覚悟, 人間初期の本相, 人間初老の年, 人間ルトコロ青山アリです, 人間創造説話は第, 人間であったと, 人間劇場の舞台, 人間労働力の支出, 人間動作の趣味, 人間動物何が何やら, 人間勝りの殊勲, 人間十二月號の爲め, 人間十人並の一生, 人間十年の事, 人間千里万里先のこと, 人間印象があ, 人間仏の, 人間我々の, 人間及人間の生活, 人間及作家としての尊敬, 人間及芸術家の生活現象, 人間友心といふもの, 人間暗澹として, 人間史上画期的な瞬間, 人間史的でさえ, 人間史的所産であった, 人間史的範疇も取り出された, 人間各個の個性, 人間各種族の膨脹, 人間吉宗とふたりっきり, 人間同士構やしません, 人間同士殺戮の道具, 人間同士相殺して, 人間同志お互いに溢れる, 人間同志親しみ合ふの, 人間同志逢つてゐたら案外, 人間同様寺の墓場, 人間同様腹を立てる, 人間同様芸術は元々, 人間となる, 人間向上の培養素, 人間君お礼をいう, 人間な総て, 人間否定である, 人間周圍に對, 人間味見たいなもの, 人間呼ばはりを, 人間呼吸困難になる, 人間を投げだせ, 人間命数つきれば, 人間品位の差, 人間品性に対する係蹄, 人間唯一の目的, 人間唯髯のない, 人間喪失の憤り, 人間嗜食の一形式, 人間吐き等, 人間嚮導の, 人間四人それを囲ん, 人間四十になっ, 人間四十年も生きる, 人間四囲の自然界, 人間であり日本, 人間図本能図可憐なる家族図, 人間図絵の過程, 人間圖本能圖可憐なる家族圖, 人間の主人公, 人間在って以来, 人間地下戦車事件の終幕, 人間地獄餓鬼畜生に向っ, 人間地道に事, 人間坂口は単に, 人間を完, 人間型的な文化, 人間執着がとれ, 人間塵俗の気, 人間増長慢でたしなみ, 人間変って来, 人間変ったみたいな, 人間変化のある, 人間変態総如此, 人間外人間以上のもの, 人間多しといえ, 人間夜光怪人のうわさ, 人間を見ず, 人間夢想家と一致, 人間大きいものを, 人間大事の穀物, 人間大体まあそんな, 人間大岡忠相を補佐, 人間大抵の心持, 人間大自在の法, 人間天上から一人, 人間天性の破壊者, 人間天才論で客観的, 人間失格あたりまえのこと, 人間失格時代とおめでたい, 人間失踪の不思議, 人間女性の思い, 人間好戦古今然, 人間妄執の長夜, 人間って以来, 人間始まつてよりの, 人間婚合の物語, 人間婦女の比, 人間嫌ひと自覚して, 人間が猿, 人間を知らなく, 人間存存の超越性, 人間学世間学の深, 人間学倫理主義的解釈学がいかに, 人間学校から遂に, 人間学的カテゴリーとして解釈, 人間学的モデルになっ, 人間学的代用物としての役目, 人間学的倫理学の強調, 人間学的存在論的解釈を必要, 人間学的性格を持たされる, 人間学的構造にまず, 人間学的段階に於ける, 人間学的自覚がこの, 人間学的趣味判断の上, 人間学通暁者歴史推進者が政治家, 人間學的心理學なるもの, 人間學的見解の正否, 人間學習には試行, 人間守護の霊魂, 人間定家に対してはその, 人間宝庫であるとも, 人間実際の行動, 人間家内の道, 人間容易ならぬ人間, 人間宿業劇は余りに, 人間にくだらぬ, 人間対手のよう, 人間対照の角度, 人間対自然の関係, 人間対蛇獣婚姻の関係伝説, 人間寿命がくれ, 人間専有の天地, 人間小さな善良な, 人間少しまとまつた金, 人間居家の極意, 人間山の上衣の右ポケット, 人間山頭火を観, 人間差し出てさほど, 人間れ以外, 人間常住の環境, 人間平家史文化平家史の永遠性, 人間平生が大切, 人間平等主義の存する, 人間幾多の矛盾, 人間庶民の中, 人間弱味がなけれ, 人間当然な凡情, 人間の体験, 人間征服感の満足, 人間待遇の道, 人間後悔をする, 人間復興そのものの課題, 人間復興論を流布, 人間心奥の慈悲, 人間心裡の洞察, 人間心霊の歴史, 人間必要の習慣, 人間思惟創造の限界, 人間思想家吉田松陰や雲井龍雄, 人間思想界の根底, 人間思慮のありすぎる, 人間思考の二, 人間急務の仕事, 人間性それが唯一, 人間性のよりどころ, 人間性ゆたかな近代的市民, 人間性ヒューマニティーというもの, 人間性以上に生活様式, 人間性全体主義の別名, 人間性全般に及ぼされる, 人間性剔抉の近代小説道, 人間性合理性という点, 人間性善説を提掲, 人間性大衆の生活感情, 人間性女性の個性, 人間性尊重とその, 人間性性格現実の文学的反映, 人間性悪説を執り, 人間性情の力, 人間性抹殺のうらがえし, 人間性探究というテーマ, 人間性智性と俗物性, 人間性歪曲とその, 人間性氾濫に陥った, 人間性滅落せざる人心, 人間性焦点から眼, 人間性率直さを被うた, 人間性発展の確信, 人間性発見への小路, 人間性知性をぬき去っ, 人間性研究の一つ, 人間性肯定とヒューマニスティック, 人間性諸相の社会関係, 人間性質のある, 人間性非人情の正確さ, 人間怨執のきわまる, 人間恐らく無双の, 人間恐ろしいものは, 人間悟性自身を他, 人間悟性論を中心, 人間悪くなると, 人間悪性の下, 人間悲喜の裡, 人間悲願の歴史, 人間情感の性質, 人間り此鈎束, 人間のエツセンス, 人間惨苦の記録, 人間意力の逞, 人間意慾の現れ, 人間意気には感じる, 人間愚痴をこぼす, 人間愛思想の深, 人間愛情の最高, 人間愛慾の葛藤, 人間愛欲の争闘, 人間愛道場掬水園の板, 人間感応の微妙さ, 人間感情そのものの存在, 人間感銘によって自分, 人間慧鶴の岩次郎, 人間慾望と人間愚, 人間憎悪の象徴, 人間懺悔を返し, 人間成人して, 人間成功するには, 人間成熟のため, 人間成立の今日, 人間成長勤労者階級間の諸, 人間も同じ, 人間我慢ができないらしい, 人間或いは意識と, 人間戦闘の窮極, 人間戯楽の図絵, 人間手足を労, 人間扱えにしなかった, 人間扱ひで面白い, 人間批評が巷, 人間抑圧への反抗, 人間投擲の奇抜, 人間抗争の布図, 人間抗議の誠実, 人間抵抗を思っ, 人間持前のもの, 人間採取にどの, 人間美生活に, 人間探求生活探求そして魂, 人間探究のと云い, 人間接触も歌, 人間描いた訳で, 人間描法の魔術, 人間提示でもあった, 人間揶揄に出, 人間操縦の暗号言葉, 人間操縦信号簿といったよう, 人間操縦信号薄か, 人間改造家ワグネルの使用, 人間改造機械が必要, 人間攻めに遭つて, 人間放れだが火柱, 人間教育者としてのわれわれ, 人間文化発展の両, 人間文学といふ立場, 人間文学者としての抗議, 人間断末の呻き, 人間既に処を, 人間日常の礼儀応対, 人間日本語でかかれた, 人間日頃はいつ, 人間昆虫のよう, 人間昌造を含め, 人間時代以前からの教育, 人間普通八時間睡眠ししかして, 人間普通日用に近き, 人間景気が湧い, 人間曲るより他, 人間最低の知力, 人間最大一の心得, 人間最第一の, 人間最終の悲しみ, 人間有るかぎりの, 人間有三の眼, 人間有名になれる, 人間有害な人間, 人間有限の脳力, 人間朝起をしなけり, 人間の大きな, 人間未來の歸宿, 人間未生以前から存, 人間末代までの恥辱, 人間來の, 人間本心の課題, 人間本性の声, 人間本質の輝き, 人間果して生命を, 人間栄華の執着, 人間栄華一睡の夢, 人間栄達立身出世の野心, 人間根本の欲望, 人間梗概と書き, 人間植物が領分, 人間業績の集積, 人間楽土の顕現, 人間概念は通用, 人間構造なの, 人間様たちの精神, 人間模型を製造, 人間の美, 人間樹明のし, 人間機能の觀念, 人間機関車のリトラ, 人間權力を切望, 人間欠くべからざるものにて, 人間止め得たり一香嚢, 人間正直はいい, 人間正直者でございますよ, 人間此の世に生れ, 人間武藏のおもしろ, 人間武術鍛練の豪, 人間歪曲罪と申すべきや, 人間死のうは一定, 人間死んだらおしまひ, 人間死別の悲しみ, 人間死後のこと, 人間死損うと, 人間残らずが神様, 人間殺戮のため, 人間殿先程黙って, 人間母親の腹, 人間と一者, 人間気前がよく, 人間気力の爆発, 人間気力これより衰え, 人間を避け, 人間永く死を, 人間池田勝入のこころ, 人間決して死な, 人間油断も隙, 人間波浪から突立, 人間洞察の能力, 人間津島修治です, 人間活動そのものとの間, 人間活動地だとしても, 人間派詩人はこれ, 人間に考える, 人間浪漫家を指す, 人間消失の奇蹟, 人間消失事件だ, 人間消滅後に於, 人間消火に必要, 人間消耗の気風, 人間消費者としての人間, 人間淋しいみすぼらしい人間として, 人間清盛の史的誤謬, 人間清盛伝の一部, 人間満足な者, 人間漱石を見ろ, 人間は上昇, 人間火野としての自然, 人間灰事件の謎, 人間の真ん中, 人間為すあらんとする, 人間無きかの如く, 人間無事にめぐまれ, 人間無差別の悟り, 人間無手の勇気, 人間無為にし, 人間無私な態度, 人間無限の天地, 人間焼跡のバラック, 人間爆発のモメント, 人間眼鏡を, 人間犬電信柱なん, 人間独占の快楽, 人間独得の苦痛, 人間独立自尊の精神, 人間猿犬兎等のごとき, 人間現存の有様, 人間現実の一相, 人間現実そのものについて改めて, 人間理性否定の暗黒, 人間理論は勿論, 人間環境としての存在条件, 人間を享, 人間生かしておいた, 人間生きてる以上は, 人間生きながらえば恥, 人間生きられないことは, 人間生まれながらの宿命, 人間生れつきの性質上, 人間生存上の必要上何, 人間生態図を描い, 人間生死薬を発明, 人間生殖の必要, 人間生活一般の精髄, 人間生活全体にいつ, 人間生活全般を貫く, 人間生活全部を否定, 人間生活圏境の裡, 人間生活場としての世界, 人間生活建設への不屈, 人間生活形態をば終局, 人間生活日常風景都会雑景である, 人間生活日本生活のなか, 人間生活状態の縮圖, 人間生活理解の上, 人間生活社会生活の強い, 人間生活精神の単純化, 人間生活者である, 人間生活自身から自己解釈, 人間生活諸相の報告, 人間生物論めいた見解, 人間の巣箱, 人間画家の一角, 人間界上下賢愚一同に子孫, 人間界以外に存する, 人間界外にあり, 人間界意識の底, 人間界生死の起原, 人間界自然界における新しき, 人間界自然界絶対界の三種, 人間畜生から山川草木, 人間病んじまっちゃあ金, 人間発狂する, 人間発生の叙述, 人間発覚の力, 人間発達は綜合的, 人間白日醒猶睡, 人間百万年の未来, 人間百人についてその, 人間百行のもと, 人間的あこがれをよびさますよす, 人間的あらわれと見るべきである, 人間的いきさつ結核研究者が書い, 人間的ぢやなくなる, 人間的つながりがそれ, 人間的エネルギーを傾け, 人間的シウ態といふ, 人間的チャムピオンの感銘, 人間的プラスの面, 人間的プロテストなのね, 人間的モラルを主張, 人間的モロサを露出, 人間的一歩をすすめる, 人間的不幸である, 人間的世界は現実, 人間的世界観察者を人間, 人間的予盾のいまいましい, 人間的事業の重圧, 人間的二重性に他, 人間的交通を持つ, 人間的享受の各, 人間的人気がある, 人間的人間関係に対する抗議, 人間的仕合わせの全, 人間的会話的でなくなって, 人間的会話的親しみが出, 人間的体現を私, 人間的作家としての野望, 人間的信仰をわれわれ自身, 人間的信念だけだ, 人間的修養が足らず, 人間的偉大さを示す, 人間的偏愛の上, 人間的傾向を徹底, 人間的先輩が次代, 人間的光の下, 人間的全力を傾け, 人間的典型を研究, 人間的内争もある, 人間的内在性すべての亢奮, 人間的再起がみすてられ, 人間的分離を意味, 人間的判断のため, 人間的利害の判断, 人間的利己心の脈, 人間的力量にめぐまれた, 人間的勇気の出る, 人間的動きの中, 人間的半面をみる, 人間的卑屈さである, 人間的危険について最も, 人間的原因ありこれ, 人間的叙事詩に革命劇, 人間的叡智の根源, 人間的哀感を傾注, 人間的善良さの見地, 人間的器量の小さ, 人間的因子がたとえば, 人間的固定の感, 人間的圧力がよく, 人間的圧迫に堪える, 人間的基体たる肉体そのもの, 人間的堕落の象徴, 人間的境地がある, 人間的境涯を見つめる, 人間的好みを通じる, 人間的妄想を以て絶対神, 人間的威厳で私たち, 人間的実感人生への発言, 人間的寄与の跡, 人間的尊貴の美し, 人間的希望の社会的, 人間的常識だろう, 人間的弱小の非力感, 人間的強健さを保ち, 人間的強力やについて, 人間的形態に近づかね, 人間的影響をもち, 人間的役割をもっ, 人間的徳性を貫く, 人間的徳義心の問題, 人間的心の苦しみ, 人間的心事を少く, 人間的心持に内容, 人間的心理の現実, 人間的必然性の印せられたる, 人間的恥辱をかんじた, 人間的恩愛を描いた, 人間的悪徳の片鱗, 人間的悲劇と腐敗, 人間的情味を超越, 人間的情意の総体, 人間的情愛の純, 人間的情感としてだけ止る, 人間的情慾に充ちた, 人間的情況のスナップ, 人間的情熱家だった, 人間的意義を疑られる, 人間的愚さをここ, 人間的感受およびその, 人間的感受性これは印象, 人間的感官を初めて, 人間的感応を考へる, 人間的感性と文学, 人間的感興の欠けた, 人間的慎重さそういう良心, 人間的慾情人間的願望は肉体, 人間的慾望は果たされ, 人間的慾求をすて得ない, 人間的才能を機械的才能, 人間的探究とか一定, 人間的摂取を経なけれ, 人間的操作が加わる, 人間的敏感さを多分, 人間的教訓を, 人間的文化そのものの内容, 人間的文化的生の型, 人間的文学的ポーズを感じさせる, 人間的文学論に飽き足りない, 人間的方面についてはクリストフ, 人間的時間の中, 人間的智慧の輝, 人間的本性における普遍的, 人間的構成であること, 人間的様相をあつく, 人間的権力や戦争, 人間的機智と明察, 人間的欠点の自然, 人間的正義感と民族解放, 人間的歴史類型をもつ, 人間的氣質を異に, 人間的没情熱や冷静無私, 人間的洞察人性を見通さない, 人間的活動実践として把握, 人間的活動實踐として把握, 人間的流露の価値, 人間的深みを加え, 人間的温情の持主, 人間的滋味豊かな慈味, 人間的火華に自分, 人間的無知を自白, 人間的燃焼の不足, 人間的物理学の上, 人間的特色の研究, 人間的状況に対応, 人間的独立が虐げられ踏みにじられ, 人間的獣性を青空, 人間的現実と文学作品, 人間的環境を驚ろ, 人間的生き方を社会的現実, 人間的生存の問題, 人間的生存そのものに対して生殺与奪, 人間的生活条件を止揚, 人間的生活経験の内容, 人間的生活自身が理解, 人間的生長といった面, 人間的用意があるであろう, 人間的痴呆でなくては, 人間的発展の諸, 人間的発露を阻まれた, 人間的直接性を有っ, 人間的省察も階級的責任感, 人間的眞實を信ずる, 人間的知性の殺, 人間的知性そのものの否定者, 人間的知能を云い, 人間的短期間の習慣, 人間的確立などということ, 人間的磁力がきつい, 人間的社会実践の原型, 人間的社会的モラルの発展的, 人間的社会的自我の課題, 人間的神業的所業所産のよう, 人間的禁欲主義の規矩, 人間的禍悪よりの離脱, 人間的私憤的な軍法会議場, 人間的空氣の漂, 人間的空間は任意, 人間的等の名, 人間的範疇として, 人間的精力文学的能力の可能性, 人間的組織であり個人相互間, 人間的緊張の経験, 人間的缺陷を暴露, 人間的罪悪を犯した, 人間的義憤を感じ, 人間的肯定をいう, 人間的自主性を守らん, 人間的自主的な判断, 人間的自信の低, 人間的自己完成の努力, 人間的自然観の根元, 人間的自負を特に, 人間的興味感動による観察, 人間的良心能動性の発展, 人間的良識をもった, 人間的芸術的解決を見出そう, 人間的苦しみをさえ征服, 人間的苦悩時代の重し, 人間的薄弱さと関係, 人間的虚偽が成り立つ, 人間的血液の乏しい, 人間的血肉の所産, 人間的行為実践として科学, 人間的表情に接近, 人間的要因というもの, 人間的要素さへいささか, 人間的規格とはべつ, 人間的規模をもつ, 人間的規準をもっ, 人間的視覚としてその, 人間的解決も与へられぬ, 人間的記録として最初, 人間的評価も地元, 人間的誇りの故, 人間的認識作用にある, 人間的課題を今日, 人間的調和をもった, 人間的諸事物を自然, 人間的謙遜さがある, 人間的識見の高い, 人間的豊かさに於, 人間的豊富さにおいて物足りない, 人間的豊饒さへの過程, 人間的責任を負う, 人間的責任回避の動機, 人間的資材を提供, 人間的資格に於, 人間的辛酸は殆ど, 人間的述懐をもらした, 人間的追求の問題, 人間的連鎖を破壊, 人間的連関を見落し, 人間的進化を嫌う, 人間的進軍の中, 人間的運動は資本主義的文明, 人間的過程は勿論, 人間的道義的侮蔑は深く鋭い, 人間的達成の水準以上, 人間的長所と心得, 人間的関心自身をテーマ, 人間的関繋を取り結ぶ, 人間的限界を超えた, 人間的階級的摂取は作品, 人間的集果を生み出し, 人間的離愁がただよっ, 人間的霊体の顕現, 人間的非力を以て神, 人間的非合法なの, 人間的頂点において総括, 人間的頂點に於, 人間的類型をもつ, 人間的風土論から行く, 人間的風格は無論, 人間的高度の知的, 人間皇族としての文化代表, 人間盗賊ではござらぬ, 人間目的の分らない, 人間直観層の稀薄化, 人間相互いの附, 人間相場はお, 人間相当の重, 人間相愛の道, 人間相應の記憶力, 人間真にもう一度全部を, 人間真心を以て人間, 人間知らずだったこと, 人間知力の有限, 人間知性の深化, 人間知能の本質, 人間知見上の名目, 人間破綻におかれた, 人間確かに逃げ込み参った, 人間確信にたっ, 人間磁気です, 人間磯屋平兵衛もこの, 人間礼儀をわきまえる, 人間社会人としてどう, 人間社会以外に脱出, 人間社会俗に娑婆, 人間社会大必要の具, 人間社会現実の剔抉, 人間社会発達に於ける, 人間社宛ての原稿, 人間社會ト同ジク群居スル者ナルヲ以テ, 人間社界ありて, 人間神ら息を切らしてる, 人間神経の排列, 人間だけが見た, 人間科学が幼稚, 人間移動展覧会と戯, 人間移行は心理學的, 人間には退屈, 人間の力持ち女, 人間種々の事柄, 人間種属は文明, 人間すれば, 人間立てり余は, 人間竹内の上申書, 人間ふ声, 人間第一人者と云つたの, 人間米国ではウェンスレー博士, 人間精神そのものの本質, 人間精神チカン所フハイ所だと, 人間精神一般の中, 人間精神上の生活, 人間精神作用の根柢, 人間精神最大の神秘力, 人間精神的にま, 人間精神虐殺の犯罪性, 人間精髄としてその, 人間系図の中, 人間終末には枯淡, 人間経済の現代式一点張り, 人間統一に復活, 人間練磨の問題, 人間縦心の境, 人間縦隊は私たち, 人間縮図が見られよう, 人間美学の深奥, 人間群共通の, 人間群衆のもがき, 人間義経の功労, 人間習俗の中, 人間老少不定といふ事, 人間老幼男女つんぼの, 人間肢体の自己振動週期, 人間脳膸の犯す, 人間自分以上に自分, 人間自決主義ト云フガ如キ笑倒ノ沙汰, 人間自滅が来, 人間自然淘汰で佐兵衛さん, 人間自然物事のそれぞれ, 人間自然社会世界の本性, 人間自然科学者を考え, 人間自身内の仏性, 人間臭い美しさを, 人間臭き存在として, 人間臭ふんぷんたる所以である, 人間臭芬々たるもの, 人間至上主義といつたら, 人間至上性の発露, 人間至純の感情, 人間至美のこころ, 人間良心の日当, 人間色気と食気, 人間色街にも出入り, 人間艶消しの頂上, 人間芝居は人間, 人間花火みたいであった, 人間若しくは欠点を, 人間若年という, 人間苦しいことを, 人間苦人間悪を限り, 人間苦人間愚の無限軌道, 人間苦労をし, 人間苦悩の哀れむべき, 人間苦解脱の悲願, 人間英雄でなければ, 人間に珍讀, 人間菊路でなくとも, 人間萬事天意のま, 人間落ちめになる, 人間葛藤の微妙, 人間蕪村の傷, 人間虐使の残像, 人間虐待の世界, 人間虐待法の是非, 人間虐殺の場合, 人間血肉の新陳代謝, 人間行き逢う人間満足な, 人間行爲の最高目的, 人間衒気のつい, 人間衣食住の需用, 人間裸一貫ことに男, 人間のキャタピラ, 人間製作のやり, 人間製作法が他, 人間製造器械は君, 人間てエ, 人間見識のない, 人間観察力に与える, 人間観照の眼, 人間りは, 人間評価のよりどころ, 人間を高く, 人間詩自然がよく, 人間詰め長椅子の行方, 人間誘惑の罠, 人間でしずか, 人間を唱えた, 人間説話たるの差, 人間誰カ母ノ子, 人間誰一人身勝手で無え, 人間課題がどう, 人間論的虚偽論に外, 人間論者の或, 人間諦めきれるものでない, 人間諸業のす, 人間諸種の苦悩, 人間諸行の曼陀羅, 人間讃歌であった如く封建思想, 人間讃美の音楽浴, 人間に造化, 人間豊かさを持ち合わさない, 人間豊富になった, 人間豐富な童話精神, 人間の背, 人間買うことは, 人間と白の, 人間超越の見込み, 人間越前として幾夜, 人間越前守へかかっ, 人間とたたかっ, 人間輿で意味, 人間を知ってるた, 人間近くに少く, 人間返す返すも行きがかり, 人間迷っちゃ損, 人間退化の極み, 人間退屈すると, 人間通ぶってあれこれ, 人間造型の美, 人間連結機から吹出す, 人間進化論とは不, 人間遂にこれを, 人間遊び出して, 人間のいい, 人間運動の原則, 人間運命の最も, 人間道場たる江戸, 人間道楽気のある, 人間違げえしやがった, 人間違つた事を止め, 人間遠い出来事, 人間配置図は平次, 人間配置圖は平次, 人間醜悪な魂, 人間釈尊の生命, 人間釈迦あるいはその, 人間よりは気持, 人間金庫とは考えた, 人間金銭にきたない, 人間を粗末, 人間鍛錬というよう, 人間鏡花として掬めど, 人間鑑定の中, 人間鑑識の目, 人間開花の美, 人間間違いはない, 人間関係みたいにあちら, 人間関係社会の現実, 人間関係等についての理解, 人間の海, 人間闘争の原因, 人間附き合ひ, 人間陰気ということ, 人間と水等, 人間階級に移った, 人間集合日本知識人の意識機構, 人間集団全体の運命, 人間のした, 人間離れどころでは, 人間雲霧を払った, 人間霊知の作品, 人間靈長の迷信, 人間靈長教や靈魂不滅説, 人間非難が起ころう, 人間音楽家の手, 人間響導の, 人間頭脳のうち, 人間風物がゆたか, 人間ふがため, 人間食わしてくれる, 人間食わずにゃいられねえからの, 人間食物の個々, 人間ゆると, 人間飢えということ, 人間飢饉の大波, 人間飽くまで意志の, 人間のない, 人間は馬, 人間馴れのし, 人間駄目だよ, 人間高潔な人間, 人間は鳥, 人間鳥獣山川草木とこの, 人間黒犬とあの, 人間黒猩々の雑交児, 人間黒猩々間の雑交児, 人間がのうて