青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人達~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人物 人物~ ~人生 人生~ 人目~ 人相~ 人種~ 人足~ 人通り~ ~人達
人達~
~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇 仇~ ~今 今~ 今さら~

「人達~」 5689, 59ppm, 1953位

▼ 人達~ (1304, 22.9%)

9 私の 7 私が, 自分の, 誰も 6 それを, 皆な 5 多くは 4 何の, 何も, 自分で, 見ると 3 いずれも, 彼の, 彼等の, 非常に

2 [60件] いろいろ相談, この時, これらの, そこらの, その日, そんなこと, だまって, てんてこ舞いで, どうした, どうしました, どうだ, どうなった, ほんとうに, みすぼらしい私, わたしを, 一度に, 云って, 人の, 人を, 今も, 他の, 何か, 何を, 何時迄, 口を, 啄木を, 噂した, 園内の, 変に, 夢中で, 大喜び, 大変な, 好んで, 富江を, 少年の, 平気で, 廊下から, 彼と, 彼を, 彼女達を, 急いで, 慌てて, 手を, 日本の, 早くも, 早く出掛け, 更に其源助さん, 此の, 海の, 生きて, 町の, 皆この, 皆風呂に, 神様が, 親の, 言って, 返す言葉, 馬鹿な, 駕籠かい, 驚いて

1 [1109件 抜粋] あきも, あすこに, あっけに, あなたと, あなたも, あのよう, あの作者, あの通り一生懸命, あまりに早まっ, あまり彼, あまり遠く, あわて, あんなの, いい加減馬鹿, いうだろう, いうに, いかさま師じゃ, いた, いつの, いつも善く正しい, いつも愛, いまだに江戸, うちとけて, おおかた仲裁, おそらくもう少し陰影, おのづと列を, お互に, お寺へ, お百草, お酒さ, かかる自慰的, かわるがわる訪ね, きょうも, こう云い合った, ここで, ことに佐渡, この不幸, この五六年, この奇妙, この比喩, この現世, この言葉, この雑誌, これに, これを, こんな事柄, さうい, ささやかな, さすがに, しきりに彼女, して, すぐに, すでに各々, すべてを, ずっと寺町, そういう事実, そういう幾パーセント, そう言っ, そこの, そこまで, そっくり私, そのあくる朝, その一生, その功徳, その場, その大, その子孫, その廊下, その方, その最後, その珍, その音, それぞれどんな, それぞれ祖国を, それと, それに, それまで, それらの, そろ, そんな馬鹿, たいてい漁, たしかにもと, ただ阿Q, だれでも, だんだん発展, つかまつたし, づけづけと, とても確りした, ともあれ一度, どうしてあんなに狐, どうしてゐる, どうであったろう, どうなりました, どうも氣, どこへ, どれだけ, どれも, どんな事, どんな若者, なおいっそう, なぜこの, なにか宿命, なるべく自分, にわかに態度, のみならず土地, ひとつも, びっくりした, ほっとした, ほんとに気の毒, ぼくを, まさかそんな, また愚助, まだボンボン, まつたくその, まるで小銭, みなお金という, みな同じ, みな淺草に, みな自分たちが, みんなその, みんな乗込みました, みんな其処に, みんな嬉し, みんな戦線に, みんな炉ば, みんな窓から, みんな荷物を, みんな驚きました, もうこんな, もうどうしても動く, もう千米, もう寐, もう怺, もう見馴れ, もう革命, もとは, やがて同じ, やがて眉, やはりそこ, ややもすればわれ等, よくお転婆, よくでき, よく一緒, よく彼, よく見, よほど仕合せ, わたくしの, わめいた, イギリスの, ウケという, セエラが, ツイ眼の, ドウなる, ファラーの, ムッつり, ロンドンで, 一まわりズーッと, 一人でも, 一人一人自分の, 一人残らず, 一体どうなったでしょう, 一向援助, 一家を, 一晩中碌に, 一生に, 一瞬シーンと, 三十余年前に, 上手だって, 不思議そうに, 不景気なれ, 世間一般の, 中まで, 予を, 云いました, 云う, 云うまでも, 云ふ, 互に顔, 京都に, 人生において, 今から, 今では, 今に, 今の, 今夕飯最中, 今日の, 今更私, 今食う, 仕事なんか, 他郷からの, 代る代るに, 以前よりも, 仲, 体が, 何かという, 何とも云, 何にも, 何れほど, 何んと, 何事な, 何時でも, 何時までも, 余りお人好し, 余り自信, 信用せざる, 偃月刀を, 側について, 働き出した, 先き, 先生の, 兎も, 全くみじめ, 全山紅葉, 全部元気を, 其が, 其処まで, 冗談半分だ, 冬毎に, 出版物によって, 初めて犬, 別に, 前から, 前日の, 努力する, 動揺した, 勿論知つて, 勿論非常, 北海道で, 十分行き届いた, 千世子に, 協議の, 印度洋や, 又彼, 又藏書, 反対に, 口が, 古い伝統, 可哀そうに, 合点し, 同じよう, 同じ惡, 君の, 呆気に, 咽喉に, 唄にまで, 唯彼, 四里の, 地獄で, 城東の, 墓地の, 夏目先生の, 多かれ少なかれ血, 多分あれ, 夜ど, 大いに狼狽, 大人気ない, 大変に, 大変感心しまし, 大家の, 大島司法主任を, 大抵は, 大抵大きな, 大抵自分, 大抵道路, 大理石の, 大阪の, 天狗だ, 太宰治を, 奈良の, 女中としての, 如何にも可愛い, 妻も, 妾を, 子が, 子供に, 孝行な, 学者に, 定って, 実業家として, 害を, 家の, 寒々と, 寝室へ, 寺内将軍の, 専ら評判, 小声で, 小賢しい現, 少しも, 尻つ, 屆く, 山に, 山高帽子を, 帰って, 常に馴れ, 平和に, 平気な, 幸福だ, 幾らでも, 床から, 式台の, 彼が, 彼女達の, 彼等を, 心配で, 忘れて, 念を, 怖いこと, 思い思いに, 思い込んで, 思はずシーン, 怠業状態に, 急に, 怪しまないだらう, 恐らく頭上, 悠々と, 惨めな, 意外な, 愚助の, 慌て, 成程と, 我を, 或る, 戸毎に, 所謂政治家でございます, 拝殿の, 揃ひも揃つて皆, 政治的意見を, 敬称し, 数学を, 文壇に, 新子の, 新道へ, 旗を, 日に, 旧の, 早く見た, 早速棺, 明らかに, 昔さながら, 時々のぞく, 時世に, 時時そんな, 普通の, 暇の, 暴力によって, 書物が, 最後に, 木の下で, 未だ二人, 未だ雑誌, 本能的に, 来ないよう, 東沢の, 柄杓で, 栄養不良で, 格闘した, 植物学と, 極度に, 楽な, 橘屋と, 機関銃の, 次第に半日, 正午の, 此世の, 此夏泊った, 武蔵が, 死人に, 殆ど裸体に, 殊に米国語, 母の, 毎日弁当持ちに, 気がつかなかったが, 気の毒が, 気狂いの, 氷河期以前の, 江戸で, 江戸詰でなく, 決して, 河原町の, 泣きながら, 海から, 火焔を, 炉端に, 無氣味, 煙草を, 父さんと, 爺さんと, 片岡鉄兵が, 物事を, 特別だった, 狩野流や, 獣人族の, 現に神仏, 生活に, 生膽傳説, 田舎の, 申す迄も, 町から, 異様な, 當然の, 白法師と, 百姓だけ, 皆これから, 皆そこを, 皆な笑った, 皆よく, 皆ノルプー・チェリンの, 皆僕等の, 皆同じ, 皆幕府が, 皆幸福であっ, 皆揃つてこつ, 皆生れつきが, 皆眼を, 皆私を, 皆署名し, 皆見つけ, 皆驚い, 目前に, 直ぐ絶念め, 相変らず, 相手の, 相結束, 眼を, 知らないそう, 確かに, 祝儀不祝儀の, 私に, 私は, 私共とは, 私達よりも, 科学の, 空席を, 立ちつくして, 笑い疲れ, 笑つてゐた, 米の, 素朴に, 終生変る, 給金を, 網を, 綺麗な, 総てさう, 羨しいね, 老人よりも, 考えて, 耐へ, 職務上ある程度, 腹を, 自分たちの, 自分を, 自分達の, 色の, 芸者を, 茂作の, 草人だ, 落附い, 薄情だ, 虫けらの, 行列を, 街に, 表面では, 西田政治さん山下利三郎さんを, 見なれぬ登志子, 親だ, 言いあいました, 話すそば, 誇つて, 誰もかも深い, 誰れで, 誰彼と, 警戒した, 賛成した, 赤羽夫人の, 足を, 軽はずみを, 近藤が, 逃げて, 遊ぶ人間, 遠い山, 遠慮会釈も, 避難の, 部落の, 酔っ払って, 金比羅山に, 鉄梯子を, 長いこと, 降って, 階段の, 雇われて, 雑誌社の, 電車の, 順々に, 風味という, 飾り一つない, 馬鹿七が, 騒いで, 驚異の, 鶏小屋の, 黙って

▼ 人達~ (1152, 20.2%)

27 間に 25 ために 23 中に 15 ことを, やうに 12 中には 11 ように 10 顔を 9 中で, 間を 7 事を, 心を, 生活を 6 ことが, ためには, 上に, 様に, 生活が 5 ことも, 中にも, 手に, 眼にも, 話を, 間には

4 [14件] ことは, やうな, 中へ, 住んで, 前で, 前に, 姿が, 心持は, 方が, 方へ, 生活に, 間で, 間にも, 顔が

3 [13件] 何れも, 口から, 名を, 噂を, 家を, 手を, 生活の, 目を, 眼に, 耳に, 話で, 話に, 集って

2 [71件] うちには, おかげで, おさらい, ことで, ことです, すること, する事, ところへは, なかに, なかには, ようであった, 上ぐらい, 世話に, 中から, 中では, 中でも, 中を, 事が, 事である, 事とて, 云ひ, 仲間に, 側に, 北海道に, 口に, 名とか, 命に, 哄笑も, 唯一の, 噂に, 多い神田日本橋, 大半は, 子供つまり, 存在が, 居る方, 影も, 後生を, 心が, 心は, 心も, 思惑を, 持つて, 方に, 様子驚き呆れる, 気分が, 為に, 為めに, 爲めにも, 物を, 物凄い寝息, 生涯に, 白い眼, 目には, 目にも, 眼の, 眼は, 眼を, 神経を, 考へに, 色々な, 苦しみを, 裏面の, 言う事, 言ふ, 話では, 話や, 身の上を, 間では, 集団は, 頭の, 顔は

1 [678件 抜粋] あいだに, あいだには, あったこと, あつた, あひだ, あること, いうこと, いうには, いるところ, うしろから, うちでは, うちにも, うちの, おおあれ, お世辭, お役に立て, お話を, かたまりが, くせに, こととて, ことなどが, ことにのみ, こと何かに, こと何ぼうにも, ご機嫌, さうし, さまたげに, する様, せいね, その姿, その頃フランスに, た, たまに, ためにと, ためにも, ための, でもお, ところへ, と余り, なかから, なかでは, ぬいで, ほうへ, まえに, まだ布, まへに, まわりを, ものだ, ものを, やうだ, やった通り, やつた, ようだ, ようである, ようでした, より大きく, よろこびは, ゐるつ, エゴイスムの, ガンコさには, セレナーデが, 一人で, 一人一人が, 一人一人の, 一小, 一年にも, 一擧一動に, 一番の, 一行の, 三倍ぐらいも, 上にも, 上を, 下駄の, 不名誉に, 不奉公, 世話で, 世話を, 世間話にも, 中からも, 中であった, 中の, 中よりも, 丸く座, 争の, 事だ, 事です, 事務に, 事業としての, 云い草が, 云ったこと, 云ひさうな, 云ふ, 交はり, 交渉の, 交通費は, 人生観所謂, 今は, 今日の, 今日を, 仕事が, 仕事として, 仕事には, 仕事の, 代弁に, 仲は, 仲直りを, 仲間入を, 伊達寛達に, 会が, 住居に, 住居は, 何かに, 何の, 何人が, 何物にも, 余技と, 余技として, 作品は, 作太郎を, 作物です, 信仰ゆえここには, 信念に, 信號や, 倶楽部として, 側について, 傍に, 働いて, 働くあたり, 先きのこ, 先に, 先祖が, 全部の, 全部を, 共同の, 内にも, 内職に, 内誰か, 内部生活が, 冗談に, 写真も, 冥福を, 分析的な, 助言によって, 労働の, 勇気に対して, 動くの, 勢力は, 十余年にわたる, 半身を, 協力を, 協同に, 厚意で, 厭人癖を, 参加を, 口が, 口も, 只ならぬ, 叫び聲などが, 合法論に, 同情に, 同情の, 同情を, 名によって, 名前なぞ, 命令で, 喜びを, 噂お, 噂では, 噂などを, 噂ばかり, 団体の, 場合には, 塊の, 墓を, 声の, 声も, 声船頭の, 夏の, 外には, 多くの, 多くは, 多數, 夜は, 大おじいさん達, 大きな惱, 大事な, 天才と, 女房なんか, 好みだった, 好奇と, 姓名を, 姿であった, 姿であり, 姿を, 娘だ, 媒介を, 子として, 子孫から, 子孫だ, 室と, 家庭を, 寮や, 小品を, 小品展覧会でも, 小袖や, 少なくなる, 居るなか, 山を, 巧妙な, 帰りは, 帰国に, 常識から, 年配で, 幾日かの, 座席の, 引移る, 強制的な, 当然すぎる, 役を, 征めて, 後から, 後姿を, 後胤ばかりが, 御厚意, 心に, 心の, 心よ, 心持ちを, 心持で, 思いからでも, 思いを, 思い上がりを, 思っても, 思想がの, 怨みを, 恩は, 悩みも, 悩みを, 悪意が, 悲哀を, 悲慘な, 惱み, 想像だ, 意氣込といふ, 意見であった, 意識が, 感じるより, 感情の, 感情を, 慰労会を, 懇望で, 懸念も, 或者, 戯とを, 手から, 手伝が, 手前さうである, 手前も, 批評に, 批評の, 持つ思想, 指さえ, 指導が, 指紋が, 挨拶ぶりを, 挨拶を, 探す手先, 握飯みたいな, 揶揄の, 故じゃ, 数は, 数学上における, 新カント派, 方の, 早くも, 時から, 時勢だ, 暢気相な, 暮しも, 最終目的は, 會話の, 朝晩に, 期待や, 来るの, 根本の, 様子な, 樣子や, 樣子を, 横顔を, 歌ったり, 歌に, 歩いて, 歴史とも, 死んで, 気に入らないの, 気持が, 気持に, 氣持にも, 氣象が, 汗だらけの, 治療に, 注意は, 消息は, 消息を, 涙を, 済度に, 湯が, 湯には, 演説などが, 災難も, 為にも, 為むずかしい, 為事だ, 烈々たる, 無慙さに, 無聊を, 無責任さを, 熟睡時だ, 熱望する, 物憂さ, 特別出品が, 特徴である, 率直な, 珍しがり, 理想は, 生命の, 生活から, 生活なぞ, 生活は, 生活も, 生活問題は, 生涯の, 生理の, 略伝が, 異様な, 病気に, 発達に, 白い顔, 皆承知, 目に, 目は, 目付に, 眉を, 真に高価, 真似を, 真赤な, 眠りを, 眼によ, 瞳と, 知らない事, 知識が, 研究室といふ, 硬張つた顏, 祈願の, 神経は, 称える, 窮乏は, 笑いながら, 笑ひ, 笑顏を, 籠つて精進すべき, 素朴な, 素通りを, 経験は, 結成を, 絵を, 絶対多数は, 群からは, 群が, 群で, 群れの, 義務は, 老衰した, 考えも, 考えること, 考えるよう, 耳にまでも, 耳へも, 職業によつ, 肉体組織が, 肩越しに, 背中に, 背後から, 背後には, 脈は, 腰について, 腸を, 自分に対する, 自分の, 自由な, 興味を, 舌なめずりの, 苔蒸した, 苦労を, 華美に, 蔭に, 血の, 行つた, 行動が, 行為が, 行為を, 表情を, 裡にだって, 要求は, 見る芝居, 見解に, 視線に, 視線は, 親を, 観察に, 観念や, 解しがたい, 言いそう, 言を, 言葉が, 言葉に, 言葉は, 言説は, 記憶に, 記憶は, 許へ, 許へも, 詞に, 話が, 話しぶりとは, 話し合う言葉, 話でございます, 話なども, 話声は, 話題にまで, 語り草と, 読み物に, 調べは, 調理に, 謂である, 議論であります, 讃嘆の, 贅が, 赤黒く見える, 走り使いなどに, 足で, 足音が, 足音を, 跡に, 身, 身に, 身の上に, 身体の, 身体を, 車が, 軽蔑を, 通路に, 逢引で, 運命にまで, 遣場, 遺品を, 遺憾を, 都に, 配慮そのものによって, 金を, 門に, 間から, 間と, 間にさえ, 間にでも, 防寒具食料草鞋, 陣取って, 陳述にも, 集り, 集りで, 集りです, 集會所に, 雪明りに, 雰囲気に, 非難の, 面を, 面前で, 面白き談話, 頭も, 額を, 顏が, 顏に, 顏も, 顏を, 顔と, 顔の, 顔や, 顔色は, 顛倒とは, 風俗が, 風俗に, 風町の, 飛行機が, 騒々しい群, 騒ぐ声, 騷ぎや女房の, 魂に, 魂の, 魅力に, 黄色く光っ

▼ 人達~ (993, 17.5%)

6 ある 5 それを, 私の 4 何か, 吾, 立って, 自分の, 集って, 集まって

3 [11件] あつた, あつまって, いる, わたしを, 住んで, 居る, 帰って, 思い思いに, 持って, 来て, 私に

2 [52件] あつて, いた, お惠, そこに, それに, もつと, よく遊び, タイキャクする, 一勢に, 一日の, 一齊に, 今日の, 何の, 何を, 八方に, 其頃頭の, 出て, 去った後, 多い, 多いと, 多いの, 多かった, 多かつ, 多くなっ, 夜の, 大声で, 如何に, 姿を, 実は私, 家を, 家主や, 寄つてたかつ, 少なからずある, 店を, 彼等の, 忙しく働い, 成金に対する, 揃って, 散歩し, 晏然として, 歩いて, 気忙しく動き, 湖の, 珍らしがっ, 男と, 私を, 考えるよう, 自分を, 自分達の, 見て, 非常に, 驚く

1 [816件 抜粋] あたり一杯に, あったとか, あったとして, あっても, あの契冲, あの熱海, あまり無益, あまり賢く, ありまた, あるかと, あるからなの, あるもの, ある夜, あればこそ, あんなに働い, あんなに夢中, いじめつけられて, いたんだそして, いちいち生活上, いっぱいあふれ, いて, いと厳か, いま花束を, いると, いるわけ, いろいろさまざま, いろいろに, うごめいて, うようよい, うようよし, うらやましくて, おいでなさる, おそろしく卑猥, おまき, お互にどんなに, お母さんと, かういふ所, かかる紙, くっついて, くる然し, ぐるりと, こうした安物, このトンネル長屋, この世に, この家, この私達親子, この辺, これまで, これを, こんなに歓迎, こんな人間生活, こんな所, ごたごたし, ごつた, さうめつた, さも愉快そう, しきりに止める, じろじろゆき子, そうし, そうであり, そこで, そのまま本通り, その今, その圧し, その女, その小山, その後に, その時, その考え, その頼り, それでは自分, そろそろ雪, そんなにまで, そんなに勝手, そんな時, そんな酷い, ぞろぞろ歩い, たいへん羨し, たくさんそこへ, ただ羨し, たんぼの, だんだんに, ぢろぢろあたしの, つけきれないだけ, ところどころに, どういふ, どうしてにんにく, どうして知ろう, どうしました, どうも私, どの階級, どんどん運ん, どんなこと, どんなに喜ぶ, どんなに無, どんな顔, なぜ祟られた, なだめて, はくので, ばたばた駈け付け, ひいては隣村, ひどくした, ひどく横暴, びつくりし, ふつうの, ほとんど變つて, またやはり, まだ多く, まだ来, まるで幻燈, みな出, みんなはっきり, みんなタロちゃんの, みんな勝手な, みんな笑った, むす子, もう, やってきた, やって来る, やって来る始末, やはり來, ゆうべの, よくその, よったりは, よもやまの, わたくしの, ゐる, ゐること, ゐるので, ガサガサと, コンナ会話を, ズラリと, タゴオルの, デビーの, 一々唇, 一々筆者, 一つところへ, 一ぱいに, 一ぺん毎に, 一人も, 一口に, 一堂に, 一度笑, 一揆さわぎ, 一日中を, 一番多く, 一種の, 一通りの, 三高を, 上さんに, 上京し, 上司氏の, 不安そうに, 不思議に, 与えたの, 並んで, 中心にな, 主とな, 主人な, 之に対して, 乗り合わして, 二三人, 二三人スキーを, 二三十人列ん, 二人の, 二人揃っ, 互に交通, 互に親しい, 五六人学校に, 五六人来, 交わす嬌声, 人間について, 今夜も, 今度の, 他に, 会釈し, 住まって, 住めるやう, 住んでるその, 何でそんな, 何となく喜ん, 何人か, 何時来, 使う眼鏡, 使って, 來て, 俄かに, 俳優の, 偉くな, 停ち止って, 側に, 偶の, 偶文壇の, 働きに, 僧院に, 先ず真理, 先を, 兎も, 入つて, 入替り立替, 入込む温泉, 全く自分等, 兵士の, 内庭に, 円く坐つ, 再び其処, 出会頭に, 出来た, 出来て, 列を, 初めは, 別に存在, 助音, 勇気を, 勘定方の, 十分名所旧蹟の, 協力し, 協同し, 叫んだ, 可哀そうよ, 各, 命を, 商売ああ, 商賣, 囚人かと, 四五人一緒だった, 四方から, 団扇を, 囲繞いた, 土間に, 在満軍人慰問金, 塵埃だの, 壁に, 声を, 売つたり, 多いかを, 多いので, 多くなつた, 多勢で, 夜にな, 大勢で, 大勢は, 大勢見物席から, 大喜び, 大抵寄席芸人, 大森林, 大火事, 夫, 奥秩父の, 女だ, 女房に, 好きで, 好きです, 始終投書, 威勢よく, 嫉妬で, 子供の, 安心し, 宗教登山者の, 家の, 寂しく夜伽, 寄り集つて, 寒さ, 尋ねて, 小作米を, 小屋の, 少しも, 居て, 居るん, 屋外へ, 岸本の, 岸野に, 巴里から, 帰ってから, 帰つて来た, 帰りましてから, 平一郎に, 年ごろの, 幾人づばぬけて主殿頭の, 幾十人と, 幾組と, 引締まつた, 彷徨うてゐた, 彼を, 彼女を, 彼是れ言う, 待って, 後に殘, 心配しましょう, 念誦し, 怖れ, 思想を, 悠々と, 想像した, 慣用し, 憎くて, 我々の, 戦略上自分が, 戰時の, 手伝った, 手軽に, 折柄の, 押しあったり, 振向いて, 捜しに, 提灯を, 提燈を, 支えて, 改札を, 敗戦のの, 教界の, 数学を, 數千年前の, 斯く儂, 斯ん, 新しく始めた, 旅人扱いに, 日本で, 早くから来, 早く死ん, 早く駈け付け, 昔はを, 昨夜私達の, 是を, 更に羨ましく恋しく, 書いたの, 書物に, 月島の, 朝起き, 木の, 本当の, 村に, 来たならば, 来ましたよ, 来るたび, 杭州を, 東京を, 棄てられて, 棺の, 極度の, 概念は, 次々に, 次第に召喚, 歌って, 止めるの, 此世界に, 此庵の, 此方の, 歩くの, 殊更に, 殺すだろう, 毎日押し寄せ, 毎晩飲み, 比較的常識的, 氷滑りでも, 求めて, 江戸へ, 沢山ありました, 沢山ゐる, 沢山集っ, 泊まること, 泊るに, 注意した, 流れ込んで, 涼んだり, 清水山付近に, 滞在した, 漏れきいて, 漢文と, 潮を, 澤山持ち込んだ, 濠ば, 灯を, 無理算段の, 焼き足りないで, 熱心に, 物好きさうに顏を, 物好きに, 犬の, 現われた, 現われて, 現在許され, 理論として, 生きた人間, 生命がけ, 生活を, 田舎の, 男女群を, 町は, 畑と, 畑に, 當時有ゆる, 痩せて, 登って, 登山には, 皆そう, 皆な, 皆わたくしを, 皆大いにもっとも, 皆揃つて一緒に, 盛んに, 目覚めて, 眠さ, 眼を, 着くと, 神様の, 私が, 私と, 私に対して, 私方に, 突然自分, 立ちあがるの, 立ち上つてしまつてから, 立ち止まった程, 競争を, 笛を, 管理する, 紙本を, 細い流, 縫物を, 續, 群れて, 羨しいね, 羨ましい様, 考へ, 考へるやう, 耳に, 聞いたら怒り, 聞伝えて, 聴きに, 腰に, 臥て, 自分と, 船を, 色々の, 花村様から, 苗字を, 若い時分, 茶なぞを, 茶を, 蒲団食器その他を, 蔵前と, 藏前と, 蜿蜒と, 行って, 街路を, 見えた, 見られるの, 見ると, 見付けなかったの, 見兼ねて, 見通しの, 親切に, 言って, 言ひました, 言ふ, 計画し, 誘ひに, 読書に, 誰でも, 貧乏で, 貧弱で, 走って, 越して, 路の, 車に, 近い交渉, 近づいて, 通俗小説を, 通行人の, 遊説に, 遽かに, 野田の, 鉄砲を, 長く並んだ, 闘花に, 陸続と, 随分ある, 雁の, 集つてゐた, 集つて議題を, 集まる楼上, 集結し, 雪に, 靄を, 非難と, 頭に, 風呂へ, 飛び出す騒ぎ, 食事の, 首うなだれ, 首を, 駈けあつまると, 駈けて, 駈け付けたとき, 騒ぎ出しは, 騒ぎ出しました, 驚いて, 魂を, 魔物の

▼ 人達~ (449, 7.9%)

4 取つて, 對し, 挨拶を 3 とつて, よると, 何か, 分けて, 挨拶し, 聞いて

2 [31件] いつも親切, お願いし, して, それを, だつて, とりまかれて, ひそかに, むかって, 並べて, 交つてピクニツクに, 会ひ, 別れを, 制められ, 取って, 取っては, 声を, 後の, 心配を, 念入りに, 比して, 比べると, 混って, 聞かして, 証明する, 負けないで, 送られて, 逢って, 連れられて, 頼んで, 顔を, 飽き

1 [357件] あたい達は, あつて, あてた上海, あてはめて, あり勝, いたはられながら, うまく話し込み, うんとお酒, おごるわ, お会わせする, お寺を, お着き, お話は, お願い致したい, かういふ歌, かかりあうこと, かくしてゐた, かまつて, きいて, きっと何とか言われる, きらきら浴びせる, くらべて, くらべても, こうおし默, こう言った, このあり, この傾向, この経験談, こんな具合, ござります, さうし, さう言つて來, しても, しらせて, しろ一寸法師, しろ挙つて感心, すぐ振返られ, するからよ, すゝめて, ぜひ研究, そうした捨台辞, そっと話した, その呼吸, それとなく別離, ちょっと挨拶, つかまつて, つくらせたが, つらなって, とりて, とると, とれば, どうしてパノラマ島, どうして知れた, なつかしがられ, なつた, なるかも, なるわけ, なれば, なんとぴつたりした字, にこにこ挨拶, ひ, ひどい別れ方, ふさわしゅうござる, ぼくの, もてなされて, よくある, よく見つからなかった, よけいな, よりそって, わけて, アツと, 一寸した, 一層深い, 一度, 一応逢っ, 一日の, 一銭損を, 下りますよう, 与えないよう, 与へたもの, 世話を, 予約した, 事づけ, 云いつけて, 亡くなった母親, 交って, 交る, 交際する, 今ここで, 今晩の, 今朝吉三郎の, 仕事を, 代って, 任せたらどう, 会うこと, 会うのに, 会釈し, 伝へて, 伝わること, 伴われて, 何とも言いよう, 何事も, 余りわれわれ親子, 使命を, 依って, 促されて, 傳へて, 元気よく, 先づ昼飯, 免じて, 八つ裂きに, 冬の, 出会ひ, 出會, 出遇, 出遇つて, 別れるの, 前後を, 劣らぬ貧困, 助言は, 励まされて, 励まされながら, 包囲され, 包圍され, 厭きられはじめて, 又その, 取つてゆ, 取りて, 取り巻かれて, 取巻かれて, 受け容, 同情する, 同情も, 同誌上, 向う所長さんはじめ皆さん, 向けられたこと, 向つて, 告げるため, 唆か, 問わんと, 問合せて, 因果を, 圍まれて, 圍繞かれ, 圍繞され, 売って, 大体の, 好かれて, 嫌がられ乍ら, 孝次郎は, 宗教心を, 宛てて, 密告した, 対抗し, 将来の, 就いて, 差上げても, 帽子を, 幾分の, 廻り会うこと, 引きずられて, 引率された, 往々見られる優れた, 御心配, 御馳走し, 心が, 心残りが, 心配さし, 忠告し, 思う存分働い, 思ひ較べて, 思われ云われは, 怨みを, 怪しませたり, 恵あれ, 悟られては, 惠んで, 愛されて, 愛せられて, 感じないでも, 感づかれて, 憎まれないよう, 懇ろに, 應待し, 成って, 承知させまし, 押し出されるよう, 捉えられて, 探し出すこと, 接して, 接触する, 描きのこした河童, 支えられた, 教えるため, 教えるの, 敬愛され, 文人畫家が, 文化の, 斯うい, 新たに, 方々から, 旦那と, 明け渡して, 會つて見よう, 期待し, 構はず平次は, 構わず平次, 檄を, 此人の, 殆ど全体誰, 殘酷な, 殺されたと, 比べたら何, 比べて, 比べるやう, 気がつかないの, 気付かれないよう, 気兼を, 気狂いとか, 求めて, 求めると, 油断は, 注目される, 流行って, 渡して, 灰色の, 点数を, 父の, 父は, 猛省を, 由つて予等の, 留守を, 異状の, 疑うべき点, 疑われるくらい, 皆知らせる, 目付けられる, 目禮し, 目立つよう, 真ッさき, 眼を, 眼立った, 睨まれましたの, 知らせて, 知られて, 知られましたら乗ぜられないもの, 知れ渡った時, 礼を, 私は, 私共は, 穴の, 立ち雑, 笑はれる, 笑われますね, 義理を, 考古學の, 聞えたかも, 聞かれたらば, 聞かれるの, 聞けば, 聴かせること, 能く, 自分から, 自分が, 自分の, 自動車でも, 自慢し, 自慢の, 自由を, 色々な, 芸事の, 苗字の, 苦しめられど, 虱つぶしに, 行き会うこと, 表現の, 褒められもし, 見いだされそれから, 見せびらかしたいもの, 見せるの, 見せるん, 見つかっては, 見つからないうち, 見て, 見られたの, 見付けられ度, 見送らるること, 見送られたその, 見送られ霊柩車, 親しんでからも, 触れないよう, 言つて聞かせ, 言わせますと, 言葉を, 訊いて, 訊くと, 訊ねた, 話した, 話したの, 話したら本当に, 話す, 話す時, 話そうと, 話を, 誓ひました, 誘われて, 説教し, 謝罪し, 護られて, 負けずに, 貴婦人の, 貴様が, 貸し付けて, 贈らぬと, 身動きも, 軽蔑される, 辞儀を, 迎え入れられた, 迎へ, 近よって, 返され松藏, 追付いた, 退治られた, 通じて, 逢うと, 逢うという, 逢う前, 逢う楽, 逢ったと, 逢ったの, 逢ったら私, 逢つた, 逢つて全く, 逢つて見よう, 逢ふと, 遇つた, 遉はと, 道の, 違いありません, 遠ながら, 遣るの, 邂逅った, 都會の, 酷い迷惑, 限つて余り書物など, 際立って, 隠して, 隨い, 集つて貰つて隱した, 雑り, 非難の, 預けると, 頭を, 頼まれて, 頼みました, 顏を, 食後の

▼ 人達~ (303, 5.3%)

8 相手に 6 見ると 5 見て 3 呼んで, 眺めて

2 [14件] よく見よう, 助けて, 厭だ, 合せて, 呼びあつめて, 招いた彼丈, 眼下に, 私は, 見ま, 訪ねて, 退席させ, 集めて, 驚かした, 驚かしたの

1 [250件] あてこんで, あまり好まない, あやつり使って, ありがたく思っ, い, いとおしんで, いよいよおびやかした, うらめしい思ひ, おいて, お召し, お待ち合せに, お相手, お迎, お騷がせ, かきわけて, ここから, ここへ, こんな目, さし招き乍ら, さわがせて, しばらくここ, じろりと一瞥, たきつけて, だまして, ちょっと調べ, つかまえて, つつんだ西, つなぎとめて, つれて, なぐさむるため, なだめたり, のせて, はじめ誰一人知らない, ほんとうに, まどわして, みて, めずらしがらせた, もてなした, もてなすうち, ゆびさして, よく憶え, よく見かける, よぶから, レディスと, ロンドンの, 一種の, 三の, 下女の, 不思議に, 主人に, 乗せた汽車, 乘せ, 云ふ, 今に, 今迄, 代表し, 何程憎んだ, 作り出した, 使って, 傍で, 僕たちの, 僕に, 助けたほう, 助ける為め, 勧誘し, 古澤先生が, 可羨し, 叱り飛ばして, 吃驚させ, 呪い殺して, 呪う, 呼びましょう, 呼び起すの, 喚起する, 嘘偽の, 嘲った目, 坑夫と, 城跡の, 大いに感心, 大つ, 大切がられる, 大変可愛がる, 失望落胆させた, 奉公人の, 好きません, 好くもの, 嫌がらせて, 守つた, 守らんが, 守護し, 完全に, 家庭教師に, 宿の, 尊敬し, 尋ねて, 尋ねる事, 尚更ら憶, 尻目に, 幼少の, 幾人と, 幾分なりと, 引留めて, 影繪の, 彼は, 彼等自身よりも, 待ちながら, 待ち合した一むら, 待った, 後ろに, 徒らに, 忌み嫌うという, 思い出させる種, 思えと, 思ひ出し乍ら, 怨んだもん, 恨まないで, 悦ばした, 悦ばしたらしい, 悩ました問題, 悪し様, 悲しい目, 悲しませたり, 惑わして, 惑わせる, 想い遣ると共に, 愛したくて, 愛して, 愛し同情, 愛国心だの, 感動させ, 感動させた, 慰めて, 慰め憩, 憐れみも, 扱うには, 抑えつけた, 担架に, 招き煖炉, 招んで, 招待しなけれ, 招待する, 持つて, 振り返りました, 排斥し, 掻きわけて, 掻きわけるやう, 掻き分けるやう, 撒いたあと, 救い出せ, 救ひたい念願を, 救ふ, 数へ, 敵として, 根こそぎ持っ, 根絶し, 案内し, 植物学者と, 歯がゆく思ふ, 気に, 渡舟場までしか, 溺らそうと, 火焙りや, 無茶に, 煙に, 犯罪の, 生かして, 生れて, 疲労させ, 皆な, 相手として, 相手の, 眺めながら, 眺めると, 眼顏で, 睥睨する, 睨みながら, 知って, 知つた, 知つてゐない, 知つて來れ, 知るやう, 研究的な, 祖先に, 神田の, 突きのけて, 笑い興じさせた, 糞尿を, 納得させられる, 紹介し, 絞った金, 絶えず苦しめる, 縫って, 罪から, 置いて, 罵るほどの, 罵倒し, 羨ましいと, 自家の, 自由に, 船まで, 苦しめたくないと, 苦しめたこと, 苦める, 苦笑いさせた, 蔽うて, 裏切って, 見おろして, 見せる光景, 見た, 見たという, 見た事, 見に, 見やって, 見るの, 見る勇気, 見る度, 見る時, 見ろ, 見定めること, 見廻って, 見返した, 見送るため, 見送るに, 観察した, 観察するで, 訪れて, 迎いに, 迎えるため, 近づかせて, 迷は, 送り出した山の手, 連れて, 遂に救う, 道連に, 遠退けて, 選んだの, 限りない, 霑おす, 非難したく, 頭の, 顧みて, 顧みながら, 顧み乍ら, 顰蹙せしめた, 騙すの, 驚かしたであろう, 驚かしました, 驚かせて, 驚かせました, 魅惑する

▼ 人達~ (268, 4.7%)

6 あった 3 あつた, あまりの, ありましたが, 皆な

2 [15件] あったが, おどろいて, その後敗血症で, ビックリし, 一度に, 一緒に, 何か, 名士達の, 嘸小川, 少くない, 少くは, 期せずして, 漸くその, 自分の, 近頃は

1 [220件] あたかもロンドン人, あったであろう, あつまつて, あとから, あまり寄りつかなく, ありさ, ありエピソード, ある, あるが, あると, あれば, あれを, あわてて, いい道具, いた, いるとの, いろいろと, おそらく私, おのずと涙ぐまれた, お日様と, お閑, ここまで, このよう, この声, この様子, この異常, これに, これは, さすがに, すくなかつた, すぐに, そう思っ, そこに, その中, その人達, その噂, その姿, その珈琲店, それからそれ, それに何ん, それよ, そろそろ帰仕度, そんなこと, ただ形ばかりの, だんだんに, ついには, とうとう諦らめ, どこかへ, どれが, はてはずらりと次, ひどく心配, びっくりし, ぶつぶつ言いだした, ほんとの, まあ仕方, またよく, また亡き, また同じ, まだ來, まってるん, まるで知らなかった, みな彼の, みな門に, みんなも, みんな出した, みんな引越しを, みんな彼女に, みんな私に, みんな簡単に, めいめいの, もう一層嫌い, もう寝, もう諦めた, やがては, やがて心配, やっと席, やはり別, よく知つて, わたくしの, ゐる, ゐるで, テープを, ナポレオンの, ピアノの, モシャクシャしてる, 一斉に, 一旦は, 不思議そうに, 不思議に, 久々で, 二人の, 五階に, 交って, 亦おのずから, 亦山奥, 亦此所, 人達である, 今は, 何う, 何しろ国歌, 何時か, 俄かに, 僕は, 僕を, 先の, 内へ, 凡てお前の, 出て, 助かるだろう, 同じい, 同じホテル, 同じ経験, 変に, 多いが, 多くは, 多くやって来, 多く集め, 夢の, 大いに良心的, 大勢あらわれ, 大半は, 大変上品で, 大変喜びました, 大抵は, 大衆に, 女学生達も, 好い気持, 妙子が, 始めは, 娘の, 安心でした, 宿の, 少なかろう, 少なくない, 少なくなかった, 居る, 左翼に, 己と, 帰って, 帰りの, 年に, 張の, 張宗昌を, 当然それ, 彼に対して, 彼の, 後には, 御おき, 忙しいの, 思はず感歎, 思わず感嘆, 恨を, 恰度都會に, 悉皆信用, 所謂日本民族の, 扉の, 手を, 持って, 曾て, 最もこの, 最早大抵, 村人も, 植付期とか, 次の, 次第に眉, 此時少し, 死にもの狂い, 残った人達, 母子が, 気の毒がっ, 泣いても, 泣かないで, 流石に, 済んだ頃, 灯が, 現在の, 生きか, 生きて, 番を, 疲れ切って, 皆この, 皆そうだ, 皆夫, 皆默つて, 知つてゐる, 知り合いに, 短い練習, 私の, 私共最近の, 空想の, 立派な, 納得し, 結婚したら, 繻子奴が, 聞いたかも, 薄々その, 行くなと, 行くん, 表に, 表へ, 要領を, 見えなくなった, 覚えず家, 評判が, 識りたい, 起きて, 車を, 追出されるさ, 退屈凌ぎに, 長いこと, 集つてゐる, 頭を, 頼れなければ, 顔を, 馬で, 駆け付け翌日, 騒ぎだした, 驚いた様子, 驚きましたが, 黙って

▼ 人達~ (216, 3.8%)

39 一緒に 11 同じよう 4 一しょに, 同じやう 3 いえば 2 いっしょに, 一緒では, 云ふ, 同じ様, 同視される, 比較する, 結婚しよう, 話すこと, 顔を

1 [137件] あとや, あの話, いいそれから, いうよりも, いつしよ, おなじよう, お友達, お喋りし, お知己, こうして顔, ここで, この昔, この路地, これ程熱い, さへ, しばらく話し, そこい, その妻子, ちがった世界, ちょっと集まる, つきあ, つきあふこと, なにか小声, みえて, よく他人, わたくしは, コップ酒を, 一しよ, 一処に, 一度も, 一日喋っ, 一昨日の, 一般社会との, 三年位までは, 三日前から, 並んで, 云うもの, 交わって, 交際しよう, 交際のを, 交際り, 代を, 仲よくする, 会った, 会って, 会つた席上で, 何處が, 働くこと, 僕とが, 僕には, 全く一致, 全く無関係, 出会ふこ, 出来るだけ, 別れた泰軒, 別れて, 別れる時, 区別する, 十人に, 取り引きを, 口を, 同じくこちら, 同じく東, 同じだ, 同じ人間, 同じ屋根, 同じ年配, 同じ生活, 同時にこちら, 同様だ, 同様に, 名刺の, 向かい合って, 吾, 地方から, 妙に, 官憲と, 客間で, 彼との, 彼自身との, 後ろの, 御結托, 心もちに, 思うによって, 懇意で, 懇意に, 接しとりかわされた会話, 接するの, 接触した, 接触する, 文学を, 文學を, 旅行を, 日本食, 時々集まっ, 暫くの, 来たら斯ん, 来た日, 来ては, 無差別に, 無駄話が, 無駄話を, 申しますの, 異つた運命, 相談し, 知り合いに, 私との, 私の, 笑い合って, 約束した, 結びついた出来事, 繁, 考えられたの, 自分の, 色んな話, 茶を, 落ち合つた, 親しくし, 觸接の, 話して, 話す機会, 話を, 警官の, 賑やかに, 連立って, 違った特色, 酒を, 銀座で, 関係の, 附き合つて, 隔なく, 離れて, 雷落しや, 静かに, 頻りに喋っ, 顔馴染が, 鼻を

▼ 人達には~ (90, 1.6%)

2 何色とも

1 [88件] あまねく作らせ, あまりに高, こういう時, この, これよりも, さう, さして興味, さつぱり, すぐわからない, その儘, その面白, それが, それぞれ得意の, それは, それほど自分, それも, そんな事, そんな汚, つきもの, とにかく身内, どうも判り兼ねます, なにかもの, まだ書けた, もうそれ, もちろんそんな, よくあった, よくあつ, クリスチヤン・コンランド・スプレンゲルの, クリミヤ半島が, ヘンに, 一日中で, 不便が, 云へ, 何か, 何となく妖怪, 何んの, 何処で, 充分の, 出来ないこと, 分らぬ気持, 力強くそれ, 勇気が, 勿論教育者, 単に闘争, 張合が, 彼に, 彼女は, 怪異な, 意気で, 感じられなかった, 感謝しなけれ, 懸賞金が, 房子が, 新しさ, 新年とは, 既にこの, 棒も, 永久に, 源氏を, 熱心な, 王様から, 甚だ喜ばれなかった, 生田長江小山内薫沼波瓊音栗原古城山田耕作岡田三郎助など, 皆若い, 目も, 知らせない方, 社交能力の, 社会主義や, 神様である, 福髷が, 私の, 私は, 第一批評, 自分の, 舞台も, 良い演劇運動, 花見にも, 荒れないやう, 解らんと, 誰へも, 誰彼と, 諸藩, 貧しい大工, 返事を, 迷惑の, 道路人夫の, 隔世の, 麗しい人

▼ 人達~ (79, 1.4%)

16 あつた 4 あらう 2 さへ, せうね, 家の, 車室は

1 [51件] あつたらう, あつて, あらうと, い, お徳, お祭の, この橋本, この美しい, こんな家, ござります, さへも, すらそんな, すら感心, せう, それが, それぞれ隠し芸を, でも, なにか植物採集, もし無心, もって, よしんば河賊, バイロイトの, 一杯だった, 一杯である, 互に肘, 仕て, 何か, 先頭には, 其處まで, 古那屋, 叫んだり, 可笑しくな, 各自に, 多少の, 大満員, 婦人も, 山の, 常から, 恐ろしい群衆, 恰で, 手紙の, 日本の, 有る, 歌と, 由が, 申分の, 終日賑は, 貧乏な, 銭形平次などは, 長時間遊ん, 飯田町の

▼ 人達から~ (77, 1.4%)

2 みれば, 離れて

1 [73件] いたわられて, うるさい程, こちらを, じろじろ見られる, その耕作地, はとや, まず一ばん大切, まだ子供, まるで見捨てられ, もうすこし険, よく思われ, よく思われよう, よく惡戲, 一口に, 上げて, 余程の, 先生と, 内証で, 出来て, 単に形式的, 反對論, 受けた最初, 可愛がられにわかに, 叱られるかも, 吸血鬼だ, 唯社長, 奪はれ, 寄進を, 富や, 尊敬され, 尊重され, 少しずつ, 後れやしないかと, 徳蔵の, 悪いの, 手紙が, 新しい事, 早く死ねよ, 本當, 歓迎されました, 片輪者, 特殊な, 猫婆という, 知らず知らずの, 私は, 米三斗づゝ内證で, 素晴らしい人気, 羨まれた, 羨まれるよう, 考えると, 考へれば, 聞いたので, 聞き得たであろう, 肥つて下品に, 自分が, 自由に, 茶の, 菓子や, 見えるでしょう, 見て, 見られるほど不具, 見れば, 見詰められるよう, 観れば, 詳しい話, 警戒され, 責任の, 遠く離れ, 遠ざかり行くこと, 遠ざけて, 鋏を, 頭脳が, 驚異の

▼ 人達にも~ (59, 1.0%)

3 別れを 2 思い知らせること

1 [54件] あるの, いや死ん, お暇, お菓子を, そう云っ, それぞれの, それと, それを, だんだん拡げ, まさか半鐘, また大きな, みんな配った, やがて墓, やがて段々懇意, やはり滿, よく判らなかった, 僕は, 元気が, 内しょ, 内密に, 別れ別れて, 前々から, 可愛がられて, 可愛がられるよう, 同じ若, 困るね, 好かれては, 好評を, 寄附し, 尊敬と, 当分会えなかろう, 愛想が, 打開け, 持って, 挨拶し, 春が, 此の, 段々逢, 気の毒です, 決してあの, 泊り客にも, 済まぬこと, 知合に, 研究を, 神様の, 習はせ, 親戚にも, 評判の, 諸大家, 議論せられ, 逢った, 逢はずに, 逢わせて, 隱し

▼ 人達~ (52, 0.9%)

5 と思っ, な 2 と云, わね

1 [38件] かその, から, からあなた, からであろう, からな, から恐ろしい, から祖国, から話し, から跡, から驚い, から黙, か見たい, がお前, ぞ, つたのです, でな, ということ, とか, とこう, と前髪, と尚更, と思, と思い, と思う, と思つて, と腹の中, なともん, などこ, ね, ほんとうに, ほんとに動いてる, ほんとの, もの, よ, よ各, わ, 貴島は, 金子君や

▼ 人達ばかり~ (47, 0.8%)

53 だった, だつた, である, です 2 で, でした

1 [26件] だ予, であった, であつ, ですから, ですね, ですよ, ですわ, でただ, でなくアルプス登攀, でなく年老いた男, でなく彼, でなく文学者間, でなく近く, でなに, でまだ, で事務机, で問題, で夏場, で大阪, で家庭, で自分, で色々, なので, 家族中で, 居る家, 煙草を

▼ 人達~ (35, 0.6%)

2 それから, 当分誰にも, 近所の

1 [29件] その間を, たわし売り, ないかいな, みんなが, わと芸者, アアミンガアドや, 人夫等で, 前進座の, 又その, 只口の, 各新聞社, 坂の, 坂の下の, 場所に, 学生連や, 或はそれ, 新国劇の, 新派の, 旅の, 村長管理者などに, 當夜招かれた, 背広の, 裏秩父に, 親しい人達, 親類の, 警官や, 道具の, 遠い親類, 駄馬の

▼ 人達~ (34, 0.6%)

8 のだ 5 んだ 4 のです 2 んです

1 [15件] のか, のかも, のでありました, のであります, のであろう, のでございます, のでその, ので仲, ので小町紅, ので私共, ので見る, んだらう, んだろう, んぢや, んでせう

▼ 人達とは~ (26, 0.5%)

1 [26件] あきれた, あまり仲よし, あまり繁, お世辞, こちらの, その心持, そんなの, ちょっと挨拶, どうしても見えない, どうも友達, まるっきり違った, まるつきり, 一緒に, 不満の, 仲よく附き合っ, 大分に, 思えない, 気分が, 異ふ, 違った意味, 違って, 違ってよ, 違ってるのよ, 違つた人の, 鍵のてに, 随分親しく

▼ 人達である~ (20, 0.4%)

2 からこの, ことを, のを

1 [14件] か, かも知れない, から案じた, から私, が, ことが, ために, という評判, と思はれる, と知り, のだ, のに違, 中に, 故にその

▼ 人達です~ (17, 0.3%)

32 か, からね, よ 1 からさ, からね軍夫, から山, から老僕, どうか私, のね, よ壇那, よ見

▼ 人達では~ (17, 0.3%)

4 なかった 2 ないの

1 [11件] あった, あるけれども, あるまいと, ない, ないよ, ないらしい, なかろうかと, なく之, 一枚位違つてゐ, 判らない, 到底及び得ない

▼ 人達まで~ (16, 0.3%)

2 もじつとしては, 支配しました

1 [12件] いづれも, この老人, 今に, 出て, 幾人と, 弔みを, 手拭を, 昼夜交代で, 皆な, 美しくなった, 若しや, 變な

▼ 人達でも~ (15, 0.3%)

1 [15件] その当時, ないし, なかった, ならば, 下等の, 今日では, 先づ自分の, 全然根拠, 少しでも, 思ひ懸けなかつた事, 教養の, 斯うなる, 知つてゐる, 自分等の, 西洋人の

▼ 人達とも~ (13, 0.2%)

1 [13件] いっしょに, みんな心安く, よく折合, 云へ, 交際が, 仲が, 家族的に, 早く挨拶, 永久に, 親しくなった, 話を, 連立って, 連立つて

▼ 人達によって~ (13, 0.2%)

1 [13件] つまらないこと, どれ程, ぶちこわされて, 一応探索, 云い伝えられた伝説, 全く別, 右とも, 意識的に, 批判された, 本当に社会矛盾, 濫用された, 科学批評, 賑う

▼ 人達に対して~ (13, 0.2%)

1 [13件] あの大勢, もさほど, よけいな, 丁寧すぎます, 女達は, 子供や, 引け目を, 彼等が, 憤りを, 持つい, 持つて, 親しみを, 鹿児島の

▼ 人達からは~ (12, 0.2%)

2 何時しか七八間 1 ことにかれ, その師, 下品だ, 嘲笑され生き残った, 国力等の, 妙に, 年少の, 感心な, 批難され, 誰でも

▼ 人達~ (12, 0.2%)

1 [12件] こう挨拶, 一應の, 告げようかと, 囁いた, 土産に, 奉仕の, 怨みを, 怨を, 振る舞って, 相当の, 聞えるよう, 金を

▼ 人達までが~ (11, 0.2%)

1 [11件] いずれも, そこに, ただ不思議そう, 一生懸命に, 互に親しい, 大勢魔法使いが, 彼の, 皆やって来た, 羊の, 聞いて, 自分の

▼ 人達よりも~ (10, 0.2%)

1 かえって頼もしい, もつと, 一と, 一層深い, 一日遅れ, 幸福で, 幸福な, 意見の, 眞に, 聊か群

▼ 人達との~ (9, 0.2%)

2 間に 1 交際なども, 均衡が, 接触も, 間には, 間の, 間を, 関係を

▼ 人達に対する~ (9, 0.2%)

2 手前何か, 片輪 1 彼女の, 矜を, 私の, 謀反に, 辱か

▼ 人達にとっては~ (8, 0.1%)

1 あまり最初, この上, まさに干天, 一向こわく, 人間に対する, 俺の, 少女小説と, 恐らく青天の霹靂

▼ 人達より~ (8, 0.1%)

2 半刻 1 一方ならぬ, 先に, 外に, 此私が, 踊り手には, 進んで

▼ 人達だって~ (7, 0.1%)

1 あまり附き合いたがらない, あるでしょう, すこしは, もう家, 本当に知っ, 気は, 誰が

▼ 人達からも~ (6, 0.1%)

1 よくその, よく聞い, 思はれて, 手紙を, 持ち込まれ宿, 褒められた

▼ 人達であった~ (6, 0.1%)

1 か, から雪, がそれ, ことは, だけに私, のだ

▼ 人達にと~ (6, 0.1%)

5 つては 1 つても

▼ 人達からの~ (5, 0.1%)

1 お祝いの, 手紙を, 横尾説松村説も, 熱心な, 追悼録が

▼ 人達さえ~ (5, 0.1%)

1 あり日本, あれば, どことなくゆったりと, ホーソンの, 懐しく思われた

▼ 人達だけ~ (5, 0.1%)

2 では 1 でした, で別に, 殘つたのは

▼ 人達~ (5, 0.1%)

2 やありません 1 やが, やなかつた, やらう

▼ 人達について~ (5, 0.1%)

1 ここに, 一応嫌疑, 父さんも, 考うる, 考へて

▼ 人達にのみ~ (5, 0.1%)

1 別れを, 薄かった, 見られる心, 送られるかを, 限つた

▼ 人達であり~ (4, 0.1%)

1 そうして高蔵尼, ながら西洋, また科学畑, 犠牲者こそ

▼ 人達でございます~ (4, 0.1%)

21 こと, の

▼ 人達でない~ (4, 0.1%)

2 からさ 1 から胡瓜, ことを

▼ 人達と共に~ (4, 0.1%)

1 慈海の, 熱心な, 見物席に, 黒パンを

▼ 人達などは~ (4, 0.1%)

1 いささか眉, 仕事も, 皆, 自然科学や

▼ 人達にとって~ (4, 0.1%)

1 いなくては, まことに迷惑千万, 何という, 魅力が

▼ 人達ばかりが~ (4, 0.1%)

1 六人選ばれ, 出入りする, 巣を, 恰も献祭

▼ 人達~ (4, 0.1%)

2 りで其中 1 りで, りで空

▼ 人達かと~ (3, 0.1%)

1 思うと, 思った, 聞いて

▼ 人達だつた~ (3, 0.1%)

1 が兩君, けれどもその, んです

▼ 人達でなく~ (3, 0.1%)

1 おおげさに, てつぎ, ても非常

▼ 人達という~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ものは

▼ 人達なら~ (3, 0.1%)

1 ば万歳, ば何とか, われわれの

▼ 人達なんか~ (3, 0.1%)

2 遊び半分な 1 皆よく

▼ 人達によ~ (3, 0.1%)

1 つてその, つてま, つて營まれて

▼ 人達ばかりの~ (3, 0.1%)

1 様に, 間に, 集まりだろう

▼ 人達への~ (3, 0.1%)

1 別れを, 土産として, 礼奉公を

▼ 人達~ (3, 0.1%)

1 あの人たち, かからん事, 一度雨降り

▼ 人達よりは~ (3, 0.1%)

1 いっそう警察, その偉, なれて

▼ 人達をも~ (3, 0.1%)

1 より高い, 一緒に, 悦ばせたかった

▼ 人達五六人~ (3, 0.1%)

1 と朝里, と薯焼酎, 居たが

▼ 人達~ (3, 0.1%)

2 で旦那 1 は太つた細君

▼ 人達からと~ (2, 0.0%)

1 である, 極端な

▼ 人達こそ~ (2, 0.0%)

1 かえってお, 百姓など

▼ 人達この~ (2, 0.0%)

1 ような, 長靴じろじろ

▼ 人達しか~ (2, 0.0%)

1 持つて, 知らない悪い

▼ 人達それ~ (2, 0.0%)

1 に山下利三郎氏, は昔

▼ 人達だけが~ (2, 0.0%)

1 さう, 他界へ

▼ 人達だけに~ (2, 0.0%)

1 二人は, 案外効

▼ 人達だった~ (2, 0.0%)

1 からその, のか

▼ 人達だの~ (2, 0.0%)

1 さうかと思ふ, 学校の

▼ 人達であろう~ (2, 0.0%)

1 か, クックの

▼ 人達とても~ (2, 0.0%)

1 無縁の, 返しては

▼ 人達にでも~ (2, 0.0%)

1 上げて, 洩らそうもの

▼ 人達にとっても~ (2, 0.0%)

1 また自分, わが奥間百歳

▼ 人達にや~ (2, 0.0%)

1 何一つ私, 違ひない

▼ 人達に対しても~ (2, 0.0%)

1 冷淡な, 面目が

▼ 人達はと~ (2, 0.0%)

1 云へば, 見ると

▼ 人達はね~ (2, 0.0%)

1 いま材木屋の, みんな川村さんの

▼ 人達ばっかり~ (2, 0.0%)

1 だった, ですが

▼ 人達へは~ (2, 0.0%)

1 そのこと, 僕から

▼ 人達へも~ (2, 0.0%)

1 御自身, 顔向けが

▼ 人達ほど~ (2, 0.0%)

1 丁寧で, 木綿の

▼ 人達までも~ (2, 0.0%)

1 喜ぶこと, 迫力の

▼ 人達らしい~ (2, 0.0%)

1 ので二人, 男が

▼ 人達を通して~ (2, 0.0%)

1 それを, 私達国民の

▼ 人達殊に~ (2, 0.0%)

1 久米は, 若い婦人

▼ 人達自身~ (2, 0.0%)

1 が知っ, も意識

▼1* [121件]

人達あるいはその方面, 人達いま出掛けられたよう, 人達米さんも, 人達および講義を, 人達見当が, 人達かいなと思った, 人達かも知れない, 人達がね膝の, 人達がはいつて, 人達がも少し他人様, 人達さえもまるで知らなかった, 人達じゃあねえかね, 人達じゃが一つだけ, 人達すらあった, 人達そういう時代に, 人達その中から, 人達その他の顏, 人達それから片方は, 人達それらを見, 人達だけでお酒, 人達だけの声だ, 人達だけはせめてあと十年間, 人達だけを常連として, 人達だろうそんなこっ, 人達ちさえある, 人達ちよん髷ゆつて段々畑, 人達ったら何んの, 人達ってどんな人, 人達つまりは平凡, 人達でありまして自分自身, 人達でありましょうか, 人達であれ例えば仲間, 人達でござったかな, 人達でさえ自分達の, 人達でなかつたことは, 人達として考えて, 人達とちつとも異ら, 人達とで今では, 人達とともにその生活, 人達とばかり交際し, 人達などだった, 人達などが一番手堅かっ, 人達などにや有むと, 人達なら助けてくださるだろう, 人達なり自分の, 人達なりがあの杉, 人達なるだけに歩調一致, 人達にからかはれて, 人達にさえ気を, 人達にしか求められなかった, 人達にだけ許された平和, 人達についてだの十月革命に, 人達については或る, 人達にて在せば, 人達にとっての地上の, 人達に対しよくない, 人達に対しては効果の, 人達逢うと, 人達ねエそれより, 人達のみが貰ふ, 人達ばかりじゃありませんか, 人達ばかりだけでは, 人達ばかりで演説会が, 人達ばかりと思って, 人達ばかりになつた, 人達へと用意し, 人達ほか居ないだろうとさえ, 人達みんなを助け, 人達もしくは所謂農民主義者一般に, 人達やがテーブルを, 人達やの何かを, 人達をかばふわけ, 人達をば善意に, 人達あんたの, 人達ガラッ八は, 人達番ヲシマシタ, 人達三人文理大の三人, 人達三十名ばかりと一緒, 人達二三人とガラッ, 人達二人は急, 人達云うもんは, 人達以外には誰, 人達何より自由に, 人達信仰は持たなく, 人達の言葉, 人達全体の上, 人達の言葉, 人達からうち, 人達労働者牛乳の壜, 人達南蛮寺の謎, 人達及び私達人民一般は, 人達名匠苦心談の製造, 人達夕食後の散歩, 人達大変綺麗わたし好きです是非紹介, 人達天狗党の人たち, 人達はとても, 人達官能のみひとり鋭敏, 人達後悔して, 人達或は学校の, 人達教師同窓の学生, 人達更にムーランルージュ一座や, 人達に一条, 人達の人達, 人達には老人, 人達牛乳の罎, 人達特に猟師は, 人達甚吉等はそれ, 人達皆あなた達を嫉, 人達絶望したやう, 人達老若男女が湖水, 人達自分の發明, 人達の海, 人達計りが恰も, 人達かに覗かれる, 人達警察の人達, 人達近く郊外に住む, 人達通行人も役人, 人達酔っ払いの介抱, 人達つ拂, 人達頑固の書生達, 人達を眞赤