青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

二度と~ 二月~ ~二本 二郎~ ~二階 ~云 云~ ~云々 云々~ ~云い
云い~
~云いました ~云う 云う~ ~云え 云え~ ~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて

「云い~」 6247, 62ppm, 1849位

▼ 云いながら~ (2314, 37.0%)

40 彼は 18 私は 17 彼女は 13 立って 12 出て, 自分の 10 私の 9 女は, 手を 8 夫人は, 手に 7 彼の, 瑠璃子は 6 それを, 二人は, 例の, 半七, 青年は 5 勝平は, 心の, 急いで, 眼を, 老人は, 自分で, 部屋の, 静かに

4 [17件] その男, はいって, 一人の, 両手で, 信一郎は, 側に, 彼女の, 急に, 戸を, 此の, 涙を, 父は, 私が, 私に, 紳士は, 藤十郎は, 頭を

3 [40件] おかね, かれは, その手, ポケットから, 三人の, 二人を, 二階の, 今度は, 代助, 伸子の, 傍に, 刀を, 四辺を, 女の, 室を, 小六は, 床の, 後から, 後を, 懐から, 懐中から, 机の, 歩いて, 火鉢の, 無造作に, 甚太郎は, 立ちあがった, 立ち上った, 美奈子は, 老夫人, 胸を, 膝の, 自分は, 自分も, 荷を, 近づいて, 近寄って, 障子を, 顔を, 首を

2 [114件] あとから, あの方, お尻, お父様, お花, こちらへ, しずかに, そこへ, その扉, その給仕, そろそろと, もう鞍, グイと, ジリリと, ズラリと, ツカツカと, テーブルの, トンと, ナオミは, ボーイは, 一度に, 一枚の, 一生懸命に, 不図, 両手を, 久田姫は, 二人の, 体を, 何う, 何か, 何の, 倒れて, 僕は, 先へ, 兎の, 入って, 其処に, 前へ, 剣を, 力に, 千世子は, 博士は, 可哀そうな, 坊主頭を, 外へ, 外套の, 大きな声, 大男は, 夫人の, 奥の, 女に, 女中は, 姫は, 孝助の, 室の, 家の, 寝て, 帯の, 帰って, 年は, 彼も, 往って, 後の, 御嶽冠者は, 懐より, 扉を, 持って, 昆虫館館主が, 東巖子は, 格子を, 椅子に, 椅子を, 権九郎は, 次郎吉は, 母は, 注文を, 煙草を, 爺いさん, 爺さんが, 玄関へ, 男は, 町を, 盃を, 相手の, 相手は, 真白に, 窓の, 窓を, 立ち上って, 立った, 立上っ, 笛を, 素子は, 綾小路は, 老ドクトル, 耳を, 背中を, 茶を, 葉之, 藤吉郎は, 袂から, 袖を, 裾の, 誠にお, 走って, 身を, 這入って, 通って, 鉛筆を, 長次は, 雑巾を, 電話を, 鞭を, 髪を

1 [1658件 抜粋] あがって, あすの, あわてて, いきなり札束, いくらか金, いつか足は, うちの, おきぬは, おそのは, おのぶ, おもむろに階, お仙ヒュ, お勢, お屋敷さま, お敏, お神さん, お萱, お雪, かたつむりはも, かなり飲んだ, ぐんぐんあなた, こう語った, こっちから, これまで, こんどは, さぞ胸毛, さっと身支度, さもかわゆい, しかもカナダ, しきりに上, しげしげ伸子, じっとお, じっと白虎太郎, すぐさま左側, すぐ抜い, すすめられるまま, すらりと, ずっと出た, せんべを, そして実際, そっと自分, そのそば, そのひと言, その一足, その吉原, その城, その婦人, その政府, その橋, その汚れた, その細い, その顔, それでもお前, それでも軽い, それへ, たえられないよう, ちえ子さんの, ちょっと意味, ちょっと顔, でも辛抱強く, とうとう兎, どうした, どさり, なおと, なぜか, のそのそと, はじめてシガレットケース, はなはだ面倒, ひそかに, ひょろ, ひろ子が, ふところから, ふと気, ぺたんとあなたの前に, ほほえみ合う顔, まことに気の毒, またさめ, またどす, また例, また別, また後, また津田, また眼, また身, まだ飯, みんなと, めくらの, もう一つ頭, もう玄関, やがて入っ, やさしく撫で, やって来ましたから, やっぱり年ごろ, やはり住む, やはり田舎縞, やり出した, ようやく甲斐, よその, よろいの, よろよろと, わざわざ机, わなわな顫, われわれの, カイロ団長の, カリッと, キシリキシリ雪を, クララが, サイの, シガレットを, ジーッと, ストーン氏は, ズボンの, ツカ, ドアの, ナイフを, ネネムは, バアーの, バタリと, ビッショリ濡れた, ピッケルで, ブラブラし, ベッドに, ポッケットから, マッチを, マージャンを, レコードを, ワッワッと, 一体の, 一度俯, 一様に, 一生けん命糸を, 一目で, 一足門の, 七兵衛は, 三つ上の, 三尺四尺五尺六尺と, 三度目の, 上げた泣き声, 上着の, 上衣を, 下を, 不調法なる, 中, 中野君は, 主任は, 九郎助は, 二つ三つ喜六の, 二三怪しき, 二十ドルの, 二階を, 五右衛門は, 人ごみの, 人浪を, 今では, 今日が, 今朝別れた, 仙吉の, 伏原半蔵は, 伸子のよ, 伽羅大尽へ, 何とかし, 何と突拍子, 何事も, 余は, 作左衛門は, 信一郎の, 俺は, 側へ, 傘を, 元気に, 兄妹契りを, 入る, 八方に, 六郎兵衛が, 其の手紙, 其戸を, 再び身体, 冷や冷やと, 出かけて, 出迎えたの, 切れた草鞋, 列を, 利右衛門は, 刻み足に, 前よりも, 勝手口から, 北条右門様が, 十三間の, 千世子の, 単衣, 去定, 参ると, 又も, 又五郎が, 又始終, 又洋盞, 友田は, 取り上げて, 古竹, 叮嚀に, 右手の, 同じく泣出, 向うへ, 吸口に, 周囲を, 和泉守は, 喜六の, 喜太郎は, 嘉吉は, 四ツの, 四百人の, 圭子は, 坐ったの, 基督教聯合病院の, 壁の, 声ばかり, 夕方に, 夜遅く, 大きなカミン, 大きな荷, 大へん, 大切そうに, 大烏, 大結髪, 太田は, 太鼓は, 奇妙にも, 奥平からも, 女中には, 如来衛門は, 妾の, 娘である, 婆様は, 孝助と, 学士は, 安土を, 実は大目, 実物は, 客夫妻夫人を, 家来の, 寒月君は, 寝台の, 封書の, 小さい見栄え, 小倉は, 小平の, 少し夜, 少年の, 居ずまいを, 屏風を, 山本は, 屹度詰寄る, 巌谷小波氏や, 左の, 左手の, 己の, 布巾で, 帯を, 帳を, 幕府を, 平四郎は, 年に, 幸子は, 幽霊は, 庄三郎の, 座りましたが, 庭口の, 弁当を, 弦四郎は, 彼が, 彼には, 彼等の, 後へ, 御前へ, 微かに, 徳山須賀子が, 心を, 応接間の, 快さそう, 思わず知らず, 怱々に, 息杖を, 悪い方, 愧る, 懐へ, 懐中より, 我とわが, 戸口の, 手にだに, 手まめに, 手拭を, 手紙を, 打ち掛る, 択り, 拇指と, 拾いにか, 指差した, 振って, 振向いて, 提灯の, 撫でまわすよう, 敬太郎は, 数馬に, 文三は, 文庫を, 斑犬の, 新十郎, 新屋敷の, 日本人側は, 昇が, 明智に, 是れ, 暫く躊躇, 書いて, 最初の, 木村さんも, 末造は, 本当の, 杉箸を, 杖を, 東作は, 松虫は, 枕元の, 柏の, 柵矢来に, 栗の, 桂斎先生も, 梅子が, 棒の, 楢夫は, 様子が, 横を, 橋を, 正太夫, 歩きだした, 歯を, 死んで, 死骸を, 母も, 毎月米を, 気の毒な, 水夫長は, 汲んで, 没表情な, 法水は, 泣出し, 注意深くあたり, 津留はつと, 浅吉に, 涙ぐんだ, 清七が, 渡して, 澄子は, 為ること, 無教育, 無理無体に, 然しモト, 煙に, 照れたよう, 爪を, 爺は, 片手は, 牡丹餅を, 狼狽て, 猫板の, 王子は, 瑠璃光丸は, 用場へ, 申上げた, 畳んだ屏風, 瘤の, 白い布, 白法師は, 百合子は, 皮膚や, 直ぐさま地袋, 直輝は, 真ッ赤, 真紀子から, 真青に, 眼に, 眼鏡を, 睫毛が, 矢代を, 石や, 石鹸と, 碁会所の, 社殿の, 秀吉は, 私たちに, 私達の, 稗だの, 突き出した, 突然わき, 立ちあがった真名女, 立ちかけた, 立ちどまるもの, 立ち上がって, 立ち上った時, 立上った, 立膝を, 笑って, 筆に, 箸を, 糸子は, 紅巾を, 紙を, 素早く宗像博士, 紫縮緬の, 細い蔓, 終りかけたらあの, 結局納まっ, 給仕を, 続けて, 罪作りの, 美くしい濃い, 美和子が, 翌日病院に, 老婆は, 考え出した, 肩から, 肩を, 背中に, 腋に, 腰に, 腰障子を, 自分が, 自動車を, 興趣つきない, 船長室の, 若侍, 茂之助の, 茶道具を, 荷物こしらえはじめました, 菅が, 蔽い被さるよう, 薬草道人ヒョイと, 蘭医北山が, 蜂谷は, 行儀よく, 表面では, 裏口から, 襖を, 西郷は, 見つけたもの, 見るとも, 見守ったの, 覗き込ん, 親方は, 訪ねて, 語るの, 誰ひとりランプの, 豆の, 貧すれ, 赤い切符, 走りつづけました, 起った, 足を, 跡を, 車座に, 辰蔵の, 近藤鶴代外務次官は, 追掛けて, 逃げに, 進み出たの, 遉に, 道中差の, 遣って, 部屋へ, 里虹はぜい, 重大な, 野鼠は, 金子を, 針助の, 銀色の, 鏡から, 長い長いため息, 間接には, 阿賀妻は, 陶器師は, 隔ての, 隣りの, 雲は, 青木君兄弟にばかり, 静子は, 靴を, 頑丈な, 頭巾を, 額の, 顔出しを, 颯ッと, 食い残しを, 飲みほした, 馬鹿な, 駕籠に, 高も, 鬼の, 鹽原の, 黒い塊, 鼻だけは

▼ 云い~ (270, 4.3%)

19 をした 15 をする 14 をし 6 が悪かっ, である 5 だが 4 だった, だと, であった, ですが 3 だけれど, なの, をすれ 2 がおかしい, が妙, でしかも, ではなかっ, で表現, と声, をします

1 [166件] かもしれない, かも知れない, から惹き起こされる, から身, が, があまり, がある, がおかしかっ, がしつこく, がしんみり, がへん, がまずい, がみんな河田, がやはり, がアクドク, がブッキラ棒, が上手い, が云い, が余りに, が可笑しかっ, が和気, が唐突, が大変, が少し, が彼, が彼女, が拙い, が母, が皮肉, が相手, が神経質, が繰返された, が自分達, が自然, そういう方式, その語気, だ, だね, だよ, だろうと, で, であって, でありその, であり自分, であるとも, であるの, であるので, でこの, でした, でしょうね, です, ですから, ですけれども, ですもの, ですれ, でつかわれ, でとりあげ, でね, ではある, ではだめ, ではない, ではなく, で云う, で何, で北斎, で否定, で味い, で唾, で女, で幸子, で知らましせ, で答えた, で進め, で金博士, としてあまり, と似, と結句, ながらそのまま, ながらも槙三, などもう, など率直, にすぐ, にする, にどっと, になった, になり, になる, にはおだてる, にはややともすると, には何, には或, には楽天的, には深い, には特色, には詭弁, にもなり, にも我慢, によっては之, に一同, に半ば, に嘘, に就い, に拍子抜け, に拠れ, に腹立たし, に若し, に運ばれ, に釣り込まれ, のこと, のよう, の恐ろし, はいけない, はここ, はこの, はその, はただ, はない, はまちがっ, はまるで, はよし, はヨタモン, は全然, は単に, は変, は実は, は忽ち, は既に, は普通人, は止め, は無, は珍, は現世, は皮肉, は空虚, は簡潔, は見ず知らず, は随分, もあっ, もあろう, もいけなかった, もしなかった, もアイヌ説話, も一体, も伝わっ, も強く, も易断, も横着, も決して, をしてる, を仕合った, を何, を借りれ, を少し, を心得, を想像, を我知らず, を承知, を教え, を用い出した, を真似, を綜合, を考え, を褒め, を規定, を許し, を許す

▼ 云いよう~ (214, 3.4%)

70 のない 23 がない 17 もない 8 がなかっ, もなく 4 がありません, のないかなし 3 のない寂し, の無い, はない 2 が悪い, が無い, ないの, はもうしますまい

1 [63件] から誘い出された, があります, がありますまい, がございません, がごぜ, がねえ, がわるい, がわるかっ, が悪かっ, が有ろう, だ, だった, でどう, ないほど, ない優しさ, ない優雅さ, ない微笑, ない深いつつましいためいき, ない物足りなさ, ない自分, ない軍帽, なく仕事, なく哀れ, なく快い互, なく惜まれ, なく楽しいと, なく胸, なく腹, なく苦しんだ, なく見え, なく辛かった, にこぼれる, のない寂しい, のない悪い, のない懐かしい, のない淋し, のない美し, のない騒々し, のなかっ, のねえ, の無い暗い, は, はいけない, はねえ, まで別, もありましょう, もありません, もなき, もなくなつかしかっ, もなくむごたらしく, もなく悲しかっ, もなく激しい, もなく腐りた, もなく重く悲しく, もねえ, も悪い, も悪かっ, をし, をした, をし始めたら, をすっかり改めて, をする, を知らない

▼ 云いつつ~ (117, 1.9%)

3 未亡人は, 私は 2 今度は, 千鶴子は, 秀子の

1 [105件] ああやっ, あたりの, いそいそと, いよいよ自分, おのれも, お浪, お父様, くるりと, しぶきを, すこし暗く, その可能性, その心持, その横顔, その舌, ついて, どよめいた, なお仰ぎつづけた, ゆるりと, コップを, サイの, シュミーズの, チエ子は, ツワイク自身自分の, ポローニアスの, メトロに, ロマン・ロランその他の, 一寸下を, 一方, 下駄を, 両腕, 久慈の, 予も, 亡くなられました, 伸子は, 何故それ, 余の, 先生は, 其の戸, 其の手, 写真の, 凄い顔, 南玉は, 噴水の, 大歩, 妻木君は, 婦人を, 実に暢気, 封を, 少し離れる, 師匠の, 帰って, 床上に, 当然の, 徐に衾, 徐ろに, 悠然と座, 手酌に, 投げ出した, 抱きかかえた, 早や, 末造は, 横田には, 次の間の, 正木博士は, 此の, 歩み来たり, 洋燈を, 消失す, 深雪を, 猪口代用の, 玄関へ, 瓶を, 登ったが, 矢代により, 矢代の, 矢代は, 知り合いの, 秀子が, 秀子は, 私から, 私の, 私を, 突然ぐいと猿臂, 立って, 箸を, 老先生, 背後から, 背面へ, 脚を, 自ら目を, 自分の, 自分も, 行燈に, 赤い椿, 足もとの, 通りに, 隠袋, 頭に, 頭上の, 頻りに戸, 颯と紺蛇の目, 首だけ, 首を, 馬上から, 黒い頭

▼ 云いかた~ (113, 1.8%)

7 をする 5 をし, をした 4 であった 3 である 2 かもしれない, だ, で, でそれ, で表現, のなか, をきい

1 [75件] からはなれ, がある, がふと, がまわりくどから, が出来た, が勉, が誤っ, これから本, しか出来ない, しか出来なかった, するの, だった, である日頃, でいくら, でしか云え, でそこ, でのそれ, ではある, ではよく, でひろ子, でエレーナ, でドイツ語, で云う, で今中, で伸子, で作っ, で使わせよう, で吉之助, で感歓, で新, で答えた, で紹介, としての文章, と先生, なので, にこだわらない, にだまっ, にはいや, にはほんとに, には小枝, には愛情, には進ん, にも何, にやはり, に出会っ, に笑えた, に聞える, に閃いた, のほう, の中, の正当さ, の調子, はどこ, は変, は母上, は比田, は私, は素朴, は腹, は詩的, は謂わ, への趣向, も一面, も執念, も服装, をしなけれ, をするだろう, をすれ, をなさる, を借りる, を又, を好まない, を我知らずいろいろ観察, を私, を計っ

▼ 云い~ (113, 1.8%)

3 がある, ではある, による 2 であった, のある, はある, はない, を聞い

1 [94件] かは知らない, かも知れません, から伺おう, か分らない, があった, があるだろう, があるなら, がしら, がたしか, がない, が出来る, が嘘, が尤も, が気, が煮えくりかえっ, が通っ, が通った, が通る, じゃあねえ, だ, であったが, であった山本君, である, であるかの, であろう, でもあるらしい, で両方, と, とが双方, とすれ, とは無礼至極, ともする, ないでしょう, などもつぶさにそのまま, なの, なるもの, には, には大抵, にも正当, にも道理, に共通, に多少, に対して佐々, に空疎, に調子, に賛意, に賛成, のほう, の方, はありません, はいくら, はこう, はございます, はざッ, はそれだけ, はどちら, はねえ, はベコ対, は両方, は前, は創作, は取り上げなかった, は夫, は少し, は尤も, は当時, は良策, もない, ももっとも, もわかる, も聞い, を, をいっ, をいわせ, をすぐ, をまもっ, をもさも, をもっ, を一向, を世上, を伸子, を全く, を喋りちらし, を平明, を思うさま, を持たれるなら, を決して, を玄徳, を聞こう, を聴け, を肯, を肯い, を通して居る, を隣室

▼ 云い~ (93, 1.5%)

16 わして 8 わせない 7 わすこと 6 わすもの 5 わす 4 わす言葉 3 わした, わす処 2 わされ, わしても, わすと, わすの, わすのに, わす事, わそう

1 [27件] わされる, わさんと, わしたい, わしたら, わしように, わしを, わし尽す, わし従っ, わし文は, わすことば, わすため, わすだろう, わすと共に, わすならば, わすべき言葉, わすべき適宜, わすべき適当, わすを, わす以上それ, わす時, わす紋波, わす者, わす説明法, わせなく, わせば, わそうと, わそう或は

▼ 云いそう~ (81, 1.3%)

7 もない 6 なこと 4 なもの, な事, にした 2 である, なので, な風, に口, 思ってた私自身

1 [46件] だから, だが, だったが, だな, であった, でしてね, で迚, なかたく, なん, な人柄, な人相, な勢, な可愛いい, な場面, な夜, な姿, な常識, な形, な役廻り, な態, な正直さ, な正論, な気持, な状態, な男, な程, な空, な薄, な藤吉郎, な西北, な言葉, な調子, な面構え, な音, な響き, な顔, な風体, にし, にしました, になっ, に仰々しい, に依然ゆったり, に旋律, に自分たち, 一図に, 云う爺

▼ 云い~ (80, 1.3%)

10 をし 8 をする 6 のよう 4 をした 3 でもする, らしく云った 2 らしいこと, をしよう

1 [42件] か, から頻りに, ができない, がましく云っ, が出来なくなりました, が幼稚, が立つ, けをし, けをしたい, けを云っ, しようとも, である, なんかしない, にはなりません, には似てる, に手, に苦しん, に行き, のため, の立たない, の言葉, はゆるされない, はよせ, は三文, は立たない, は聞きたく, もあった, もない, らしい事, らしく云うの, らしく愚痴, を, をかんがえ, をすれ, をせきこん, をつけ, を初めた, を打ち消す, を毎日毎日心, を背中, 出来ぬ以上, 聞こうあら

▼ 云いながらも~ (70, 1.1%)

4 彼は 3 彼の 2 私は

1 [61件] あの壕, あんなに自分, いよいよこんど, この槙三, しかし人間, その幾つ, それを, そんなこと, なんだか訝しい, ふと来る, もう生き返った, やはりゆっくり構え, 一度前, 一緒に, 久慈に, 久慈は, 何か, 傍で, 刀を, 初めから, 勝平は, 千世子は, 南さんは, 右の, 周囲の, 変な, 女王の, 姉は, 媼は, 彼女にも, 戸閉まり, 折が, 断わりきれず浪, 東に, 死に, 気味悪そう, 涙を, 父の, 瑠璃子は, 百姓達が, 皆愉快そうに, 相手の, 矢代には, 矢代は, 神経質で, 私の, 窓を, 範覚は, 篤は, 素晴らしい別嬪, 美奈子に対する, 美沢は, 自分自身地の, 若者どもは, 話が, 語調だけは, 赤松を, 軽い咳, 遠慮せず, 酒ずきらしく, 顔丈は

▼ 云い~ (66, 1.1%)

9 来たの 3 来た 2 来たか, 来たん, 来て, 来るよう, 行った

1 [44件] あいて, いったの, きた, きたの, させたの, たった一目弟, ちょっと顔, でたよう, なった, なった言葉, ならないほう, なりました, なる, 出るという, 参っても, 司令部から, 来たかも, 来たから, 来たっけが, 来たと, 来たので, 来たのよ, 来た事, 来た亭主, 来た兼, 来た所, 来ましたよ, 来るなんて, 来る筈, 母の, 狐疑が, 生れて, 紀久子は, 行きました, 行くこと, 行く時, 行ったが, 行ったの, 行ったらしい, 行った時, 行った筈, 行って, 赫子を, 鋭次

▼ 云いわけ~ (57, 0.9%)

5 をし, をする 3 のよう, をした 2 して, するの

1 [37件] がある, がまし, が出来る, した, しとるぞ, しながら, です, で結局妹, とさだめ, どころか, にすぎなかった, につかった, には笑っ, にもなりません, に努め, に来, の心持, の理由, はたちます, はリベディンスキー, は世界, は立つだろう, ばかりに箸, もしなかった, もなし, も致しません, や口実, をうまく, をしない, をしよう, を云っ, を云った, を彼女, を申しました, を私, を聞き終る, 出来るだろう

▼ 云い難い~ (51, 0.8%)

1 [51件] がまた, が人, が矢代, が雨粒, ことか, ことだ, ことらしかった, だろう, だろうがね, であろうが, でしょうし, という点, ところも, と云う, のでさらに, ものが, わけで, 一種の, 一筋の, 不快であるらしい, 事が, 事な, 事は, 侮蔑が, 優美さが, 力を以て, 十五六の, 外国語が, 安息流れる, 実情である, 微笑を, 心持が, 快感が, 悦びだ, 悦びであった, 悦びを, 悲しみで, 感を, 憂鬱夫が, 文学の, 期待を, 楽しみであった, 気持も, 理由が, 甘美が, 程の, 苦悩を, 苦痛を, 部落である, 陰気な, 陰鬱さの

▼ 云いその~ (47, 0.8%)

2 意味を

1 [45件] ことを, させて, すべてが, ついでに, もやを, 上を, 下に, 二人の, 二艘の, 伎倆と, 例に, 原因は, 可憐しい, 名前と, 地名なり, 場で, 夜は, 女は, 妻の, 客室では, 座は, 建設の, 思想の, 扱いも, 正体は, 気に, 淋しさ, 理由を, 申し口, 盃を, 看板と, 種族の, 自由な, 衝突から, 許婚を, 論理が, 謎を, 身分にも, 輪廓が, 返事を, 逆だ, 配下を, 重実の, 頃東洋へ, 顔を

▼ 云い~ (46, 0.7%)

7 終らぬうち 2 したろう, しないのに, 了らぬ, 終らぬ内

1 [31件] あえずふた, あえず司馬徽, あえず曹操, あえず消えて, おわらず泣きふして, ごくのびやか, した, しないうち, しないこと, しないし, しないで, しないの, しない事, しなかったに, しなかった社会部面, しなければ, しまいが, しますまいなれば, しめえ, する, せず聞きも, せぬ逢痴, 云ったり, 敢えず, 為しも, 終らず戸田氏鉄, 終らないうち, 終らぬに, 終らぬま, 終らぬ中, 考えも

▼ 云い~ (40, 0.6%)

4 らしてさ 3 らしてのう 2 ま手, ま私

1 [29件] えせん, したので, した時, した正木博士, した私, した若林博士, しながら, し顔, とされた, ぶを, ま, まさすが, まガアッ, まサアベル, ま仲次郎, ま刀, ま同じく, ま呼ばれた, ま平太郎, ま平岡, ま広海屋, ま投げ棄てつ, ま撥, ま攫まえられた, ま此方, ま片手, ま脱き, ま障子, ま雪洞

▼ 云いにくい~ (37, 0.6%)

3 ものだ 2 ことを

1 [32件] からお前たち, がこの, がともかく, が実は, けれど僕, ことが, ことだ, ことである, ことな, でしょうし, というの, ところは, と思う, な, ので子分, ので彼女, のよ, ものである, やね, んだ, んです, 事で, 事です, 事な, 事云う, 因縁だ, 所である, 用らしい, 程度に, 言葉だ, 話な, 話や

▼ 云い~ (37, 0.6%)

3 しない 2 しなかったが, しまい, 云ったが

1 [28件] した, したが, したものの, しないかと, しないが, しないだろうか, しないもの, しないよ, しなかった, しなかったか, しなかったの, しなかったろうか, しなくって, しまいという, しませぬ, しません, しませんか, しませんから, しませんからね, しませんけれど, しませんけれども, しませんでした, せんから, なさらないから, なった, 云っても, 穏か, 致しませぬが

▼ 云い~ (37, 0.6%)

4 いの 3 いことも, くない 2 いのです, いような, い位, かった

1 [19件] いこと, いことは, いとは, いと思う, いと思った, いのさ, いのですが, いのです平林さん, いよ, い丈, い事, い儘, い心持, い所, い要点, い角度, くなかった, くなる, くは

▼ 云いまた~ (34, 0.5%)

2 高品夫人に

1 [32件] ある人, ある町, ある者, お前様の, この室, これを, さらに, すこし間, その当人, その扮装, も耳, やがて, 五十一歳又は, 全体の, 同じ長屋, 外発的とは, 多くの, 多珂郡, 子供の, 孤立無援とも, 思い返したよう, 我が頬, 或る, 或る説, 手紙を, 新しく二百年位, 机の, 泥部を, 津田英学だ, 燕丹とも, 眼前の, 警察事務に

▼ 云いがかり~ (29, 0.5%)

4 をつける 2 をする

1 [23件] か理屈, だ, だと, だという, ですよ, でそのまま, といっ, とか, となる, とは違っ, にし, について彼, に丸多, の身ぶり, も過ぎ, らしい口調, をさがす, をした, をつけられ, を作っ, を作る, を申す, を附け

▼ 云い~ (28, 0.4%)

1 [28件] えくれえ, おのが, なお旃陀羅, 人の, 今更の, 余が, 内に, 内外の, 即ち其人, 即ち内, 即ち無間勝間, 口占を, 帰りぬ, 怒りて, 思想の, 此店を, 泣くこと, 猪に, 猶太人, 男神を, 直ちに内, 直ちに喚び, 直ちに烏, 端然と食, 西班牙の, 誤る所, 跡に, 退きつ後

▼ 云い伝え~ (28, 0.4%)

4 がある 2 は嘘

1 [22件] から思い付い, がこの, がもし, が古く, が夫, が英国辺り, だが, でクイロス, とはどんな, と同様, と甚だしく異, などを思い出し, による, に依る, に元禄十四年, に過ぎません, のある, はこの, はみな嘘ッぱちだといわれても仕方, は大概他, もある, をいちおう

▼ 云い~ (25, 0.4%)

2 天皇の

1 [23件] ある人, お直り遊ばせ, この, その社会道徳的統制, も一杯, も倉子, も言葉, 両者の, 其の首, 別に私, 別の, 勝月房慶政上人の, 吾, 周章てて, 尖端的な, 思いして, 或る, 書きして, 楽器を, 母親の, 牛込だ, 自分でも, 英の

▼ 云いにく~ (22, 0.4%)

19 そうに 1 かつたがね, げに舌, そうで

▼ 云い自分~ (22, 0.4%)

2 の鼻, もそう

1 [18件] が文壇, でも泣かなかった, で思いこん, としては或, と岡村, の世界, の今, の声, の木剣, はすぐ, はもう少し, は二百両, は百プロセント, もその, もそれ, も一寸, も又, も知っ

▼ 云い乍ら~ (21, 0.3%)

1 [21件] いそいで, かの女, こごんで, すり抜けようと, その香具師, たのまれること, ももはや, も為吉, やったが, 其の予期通り, 取り出したの, 寄って, 少し居住居, 度々行く, 淋しかった, 立ち働いて, 近寄って, 這入って, 進むと, 颯と豆, 驚き不機嫌

▼ 云い或は~ (21, 0.3%)

2 人間の, 略して

1 [17件] その羽淵, 中央亜細亜の, 亀化し, 其の価値, 創造者プロメトイス自ら天火を, 又月, 埃及と, 天女の, 妻と, 常世の国と, 常識の, 此神の, 絶交する, 羽衣を, 蓬莱山と, 返さずと, 鳥の

▼ 云い~ (21, 0.3%)

1 [21件] あらば, がもっとも, が気, そのため, その実, その実は, その根気, なり御, に拠らざる, に是認, もまた, をうながす, を立てれ, を素直, を聞け, を見られた, 全然商売気, 実は個人商店みたい, 幼い頃, 聞き飽いて, 諸方法

▼ 云い~ (19, 0.3%)

3 妻は

1 [16件] くみに, くみを, たきの, 久米に, 云い, 兼さんは, 半は, 岩の, 浦が, 父さまは, 篠は, 紅は, 蝶は, 行儀と, 鎌は, 骨壺から

▼ 云い~ (19, 0.3%)

4 した, する人

1 [11件] されるの, したこと, したので, した自分, して, しなかったの, するの, するので, する番頭, 残して, 私は

▼ 云い付け~ (19, 0.3%)

2 を守っ

1 [17件] がはる, でここ, でございますもの, でその, で餘儀, と云う, なら厭, なら聞かなければ, に来る, に背いた, の所, やがった, をなぜ, をよく, を聞かなかろう, を聞こう, 同じ形

▼ 云いさえ~ (18, 0.3%)

12 すれば 1 した, しなければ, しなければい, すりゃあ, する, するが

▼ 云いそれ~ (18, 0.3%)

1 [18件] から数日, が, がある程度, がいわゆる, が十人, が培っ, が証言, に彫られ, は空, もそう, よりも日, よりも日ソ, をサンカ, を一息, を信じ, を自然, を行う, を読み

▼ 云い~ (17, 0.3%)

2 何を

1 [15件] これ, さりますが, さりも, さンな, ただ, はりますな, はりやったわ, はると, ましな, 何も, 勿体ない, 彼の, 相手は, 酔った紛れ, 馬鹿な

▼ 云い~ (17, 0.3%)

1 [17件] が悪い, に和女, の, の喉, の打たれた, の許, の頭, は, はおみやげ, は何, は分つ, は或, は祖父, もこの, も遣りたい, を冷血動物, を引き留め

▼ 云いがたい~ (16, 0.3%)

1 [16件] が, なと思った, ほど重い, ものが, 一種の, 位何か, 別な, 努力の, 味が, 嫌悪を, 当惑と, 感じを, 新鮮さで, 焦躁に, 苦痛を, 謙虚極

▼ 云い廻し~ (16, 0.3%)

1 [16件] だ, だと, だとも, で自分, には大阪訛, に取り変えられ, に於い, ねどういう, の情趣, は決して, も知らない, をした, をする, を使い, を考えた, を致し

▼ 云い~ (16, 0.3%)

2 がない

1 [14件] がありません, がある, が有り, その頭, のない, のない寂し, のない気忙し, のなえ, の無い気高い, はある, まで一つ, もあろう, もない, をしました

▼ 云いつけ~ (15, 0.2%)

2 もしない

1 [13件] でそんな, で僕, で日本服, で治部, は反, は守るべき, は必ず, もございます, をおし, を守らな, を待っ, を思い出します, を聞かない

▼ 云い争い~ (15, 0.2%)

3 をし 2 をした 1 からあわや, が下, となった, の末何楼, はしない, までし, をはじめ, を始めた, 出した, 果ては剣

▼ 云い立て~ (15, 0.2%)

5 にし 1 になった, による, に奉公, に女房, に御, に有り金, に本郷追分, に片, に辞職, はした

▼ 云い悪い~ (14, 0.2%)

2 事な

1 [12件] からちゃんと, からね, がそう, が人間, だけよ, ところを, んです, 事で, 名この, 外題でございます, 皮肉な, 訳が

▼ 云いそして~ (12, 0.2%)

1 [12件] くろに, その人, ぱっと鞍, 与右衛門が, 僕が, 彼は, 思い出したよう, 片手を, 生活は, 祝宴や, 結婚の, 馬上から

▼ 云い~ (12, 0.2%)

3 かったの 1 かったと, かって一種, かって居る, かって当惑, かって牛込辺, かると, かるよう, であった, に従ってその

▼ 云い其の~ (12, 0.2%)

1 [12件] まま今度は, まま余の, 中吉崎様の, 他其の, 婆の, 家庭の, 活動の, 用心の, 積りで, 身は, 辺の, 顔を

▼ 云い初め~ (12, 0.2%)

52 たもの 1 から人, たが, たって, たという, ました

▼ 云い~ (12, 0.2%)

2 の顔 1 に近付い, の傍, の腕, はせっせと, は並ん, は片, もほほえみ, をつくづく, を呼んだ, を食堂

▼ 云い~ (12, 0.2%)

1 [12件] が返事, によれ, の底なし, の手, の鍬, はいそい, はふと, は岩室, は林, は猿, れや, を西皇帝

▼ 云い開き~ (12, 0.2%)

2 が出来る 1 が立たねえ, が立たんで, が立て, のたたぬ, は都督, も充分, も出来ない, をせぬ, を付け様, を立てた

▼ 云いすぐ~ (10, 0.2%)

1 には書き直そう, にペーパ, に支度, に私, に隼人, に雁屋, 女の, 指を, 気がついたよう, 洗面器に

▼ 云いそれから~ (10, 0.2%)

1 それと, ふと思いついた, ふと新, もういちど躯, 下を, 歩きだした, 瓶子を, 稿料を, 自分の, 谷の

▼ 云いつつも~ (10, 0.2%)

1 ずいぶん烈しく, たしかに今夜, ふとまた, やはりそれ, 僕は, 別れ難かっ, 得意そうに, 灯の, 猶短銃, 矢代は

▼ 云い渡し~ (10, 0.2%)

3 があった 2 をまもらない 1 がある, だったと, に蔡瑁, を受ける, を文書

▼ 云い~ (10, 0.2%)

7 そうに 3 そうな

▼ 云いぶり~ (9, 0.1%)

1 から独特, がどこ, で, ではなく, などにあまやかされ, なの, にはおのずと, は尋常一様, もも早

▼ 云い~ (9, 0.1%)

1 がんだ, そうだ, はるさ, はるさかえ, はるほんに, アしない, 来ちゃ, 行儀も, 面倒です

▼ 云い~ (9, 0.1%)

1 いつまでも, え何ん, ッ, 何んの, 十人は, 嘘を, 大それた, 怖いだろう, 紅丸め

▼ 云い更に~ (9, 0.1%)

1 伸子を, 余に, 余にのみ, 同国に, 壁を, 巡査に, 思い出した様, 権田時介に, 附言し

▼ 云い二人~ (8, 0.1%)

1 で庭, で渋谷, の女中, の娘, の小姓, の話, はまた, を立たせ

▼ 云い悪く~ (8, 0.1%)

5 そうに 1 して, て, なるが

▼ 云い或いは~ (8, 0.1%)

1 その材料, ニホンと, 八握, 散所, 文字に, 藤太の, 訛ってか, 高い山

▼ 云いあの~ (7, 0.1%)

1 ひとも, ように, 古色蒼然と, 夕刊を, 女を, 建物の, 弱々しい音

▼ 云いこの~ (7, 0.1%)

1 仲間での, 千駄ヶ谷の, 商事会社の, 妹さんは, 店の, 役は, 禿に

▼ 云い一方~ (7, 0.1%)

1 があなた, に於, に田, は天地, は箸, は飽くまでも, へ躰

▼ 云い~ (7, 0.1%)

1 うも, かの粗相, かをする, かをねだっ, か知ら, の手筈, も返事

▼ 云い少し~ (7, 0.1%)

2 離れて 1 こわいよう, も余, 物わかりの, 笑いを, 考え込んだまま元

▼ 云いいずれ~ (6, 0.1%)

1 も, もより, も今, も他, も同, も申し合わせた

▼ 云い~ (6, 0.1%)

2 がれの 1 ある一九五〇年, かい, はお前, 簡明率直さは

▼ 云い~ (6, 0.1%)

1 と云う, の政府, は吉祥院村, もって, も白, 出し抜けに

▼ 云い~ (6, 0.1%)

1 されたセリフ, された事, された話, された議論, されて, 塚の

▼ 云い~ (6, 0.1%)

1 おも目科, お其外, 刃物や, 問われて, 留守中に, 秀子に

▼ 云い難き~ (6, 0.1%)

1 不快を, 恐れの, 恐怖に, 悔恨の, 愉快を, 深刻の

▼ 云いある~ (5, 0.1%)

2 者は 1 ところでは, 人は, 新聞に

▼ 云い~ (5, 0.1%)

1 いなき味方, いよいよ作りもの, たかるべし, 出来た, 明るくて

▼ 云いこれ~ (5, 0.1%)

1 だけの花, には皆, は別人, は又, も猪

▼ 云いねえ~ (5, 0.1%)

1 ほんとにする, 云えよ, 月謝は, 殺したか, 泥坊に

▼ 云い~ (5, 0.1%)

1 に反し, に対してお, に註し, をツルガザワ, を邦語

▼ 云い~ (5, 0.1%)

1 さと, さわぎ, 書院らしい, 水上神の, 盃を

▼ 云い~ (5, 0.1%)

1 が真面目, で何ごと, に持っ, はない, をつけない

▼ 云い日本~ (5, 0.1%)

1 に在留, の住民, の柱, の近代洋画, 第一

▼ 云い~ (5, 0.1%)

1 の土地, の後, の権田, の頃実家, 縮れ具合

▼ 云い殊に~ (5, 0.1%)

1 分別ある, 彼の, 我国には, 此の, 町人の

▼ 云い逃れ~ (5, 0.1%)

1 ができる, の可能性, はできません, をし, をする

▼ 云い難かっ~ (5, 0.1%)

2 た, たこと 1 たが

▼ 云い難く~ (5, 0.1%)

1 ければ, げに顔, それなら, なった, なる

▼ 云いそこ~ (4, 0.1%)

1 では普通, なったり, の三崎神社, へこの

▼ 云いたて~ (4, 0.1%)

1 ながら畳, にし, に此処, ましょうとも

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 りん, 夫人の, 左右に, 申し入れて

▼ 云いにくかっ~ (4, 0.1%)

21 たけれども, たもん

▼ 云い一人~ (4, 0.1%)

1 が, にて獅子頭, の学生, は一見

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 てた, てたの, てられて, には今度

▼ 云い乍ら香具師~ (4, 0.1%)

1 はもう, は地面, は天井, は手

▼ 云い~ (4, 0.1%)

2 で買う 1 で売っ, にまかせ

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 の堅石, の香山, 之安, 之岩戸

▼ 云い当て~ (4, 0.1%)

2 しもの 1 それを, たろう

▼ 云い彼女~ (4, 0.1%)

1 に仕事, のとなえる, は部屋, も同意

▼ 云い~ (4, 0.1%)

4 そうに

▼ 云い憎い~ (4, 0.1%)

1 が四ツ木君, ことは, ものであろう, んじゃ

▼ 云い憎く~ (4, 0.1%)

3 そうに 1 気に

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 は少かっ, るとき, る一定, 他の

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 や勘定, や探偵, や立ち去ろう, や飛下り

▼ 云い栄二~ (4, 0.1%)

1 に眼, に頷い, の脇腹, は僅か

▼ 云い次に~ (4, 0.1%)

1 並ぶ二個, 六道の, 外套を, 本題へ

▼ 云い片手~ (4, 0.1%)

1 で宇乃, で頭, を筒, 撲りに

▼ 云い~ (4, 0.1%)

1 がましい, がましく云った, のよう, をする

▼ 云いぐさ~ (3, 0.0%)

21 だと

▼ 云いしかし~ (3, 0.0%)

1 そうだったら, 手足は, 自分ブッテルブロードしか

▼ 云いただ~ (3, 0.0%)

1 おどろくばかりの, 信義の, 逢痴の

▼ 云いなり~ (3, 0.0%)

2 次第になっ 1 次第になります

▼ 云いぶん~ (3, 0.0%)

1 がある, があるだろう, が奇怪

▼ 云いもし~ (3, 0.0%)

1 善玉悪玉に, 思いも, 教えも

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 をセインタキス, を常識, を年季

▼ 云い一旦~ (3, 0.0%)

1 その領国, 出たが, 奥へ

▼ 云い乍ら自分~ (3, 0.0%)

1 の意志, も笑う, を抱い

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 ってまた, って話し手, って話手

▼ 云い今日~ (3, 0.0%)

1 の, の安行殺害事件, も子孫

▼ 云い付け通り~ (3, 0.0%)

1 にさせ, になった, の事

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 は胸, を入口, を引き

▼ 云い先生~ (3, 0.0%)

2 の脈 1 をながし

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 でこの, でし詞, でん

▼ 云い四辺~ (3, 0.0%)

1 には森, の寂寞, を仔細

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 の低い, をあげ, を合わせ

▼ 云い実に~ (3, 0.0%)

1 感心した, 申し分が, 面白いよう

▼ 云い寿江子~ (3, 0.0%)

1 はバス, も云い, わかりそれで

▼ 云い度い~ (3, 0.0%)

1 が実に, が寧ろ, 程で確

▼ 云い廻わし方~ (3, 0.0%)

1 で, をされる, をもじれ

▼ 云い~ (3, 0.0%)

2 といい 1 と云い

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 でも願っ, にも思い, のこりなく

▼ 云い~ (3, 0.0%)

2 ると 1 つると

▼ 云い掛り~ (3, 0.0%)

1 でも云っ, をいう, を附け

▼ 云い~ (3, 0.0%)

2 れば 1 ゆれば

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 の小口, 包みと, 居宣長翁は

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 と口論, は出し, もつい

▼ 云い民衆~ (3, 0.0%)

1 と云う, と云われる, の内

▼ 云い甲斐~ (3, 0.0%)

1 ない方々, なき遠国, に向かっ

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 が眩ん, の配り, をまえ

▼ 云い籠め~ (3, 0.0%)

2 られた形 1 られ弓

▼ 云い縁側~ (3, 0.0%)

2 の外 1 へあがっ

▼ 云い~ (3, 0.0%)

1 は人身, は畜生, を隠す

▼ 云い辛く~ (3, 0.0%)

1 なって, ふと黙る, またイエ

▼ 云い間違い~ (3, 0.0%)

1 か考え間違い, であろう, のもと

▼ 云い頼母~ (3, 0.0%)

1 は握っ, は油断, は老い

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 うけれ共, われに

▼ 云いあい~ (2, 0.0%)

1 が始まり, をあと

▼ 云いあるいは~ (2, 0.0%)

1 アハスフェルスと, ブタデウスと

▼ 云いあんな~ (2, 0.0%)

2 方は

▼ 云いいっそう~ (2, 0.0%)

1 の讃辞, 私を

▼ 云いいろいろ~ (2, 0.0%)

1 あった由, の単語

▼ 云いかの~ (2, 0.0%)

1 女いない, 羽衣無く

▼ 云いがた~ (2, 0.0%)

1 しっ人, そうに

▼ 云いこう~ (2, 0.0%)

1 云い云, 云えば

▼ 云いここ~ (2, 0.0%)

1 で会おう, の内

▼ 云いこんど~ (2, 0.0%)

1 は激しく, もみんな

▼ 云いさま後~ (2, 0.0%)

1 へひ, へ飛び退り

▼ 云いざま~ (2, 0.0%)

1 にとんとん, もう一散

▼ 云いしかも~ (2, 0.0%)

1 別れる時, 自らは

▼ 云いしきりに~ (2, 0.0%)

1 その話, 義務を

▼ 云いしも~ (2, 0.0%)

1 帝卒に, 車の

▼ 云いそのまま~ (2, 0.0%)

1 のごく, 居間の

▼ 云いたり~ (2, 0.0%)

1 ないほど, ないもっと

▼ 云いっ放し~ (2, 0.0%)

1 で帰っ, にし

▼ 云いつけ通り~ (2, 0.0%)

1 に, にする

▼ 云いでも~ (2, 0.0%)

1 するよう, 後の

▼ 云いどう~ (2, 0.0%)

1 したこと, するかね位

▼ 云いどうしても~ (2, 0.0%)

1 一介の, 例の

▼ 云いなにか~ (2, 0.0%)

1 の有効, 可笑しいこと

▼ 云いなよ~ (2, 0.0%)

1 何方の, 殿様が

▼ 云いふじこ~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, に眼

▼ 云いへん~ (2, 0.0%)

1 な男, に有難がった

▼ 云いほか~ (2, 0.0%)

1 に参加, の者

▼ 云いまたは~ (2, 0.0%)

1 亡き魂, 別の

▼ 云いみの~ (2, 0.0%)

1 えの, えを

▼ 云いもと~ (2, 0.0%)

1 は貧しい, 必ずしも人形舞わし

▼ 云いやあ~ (2, 0.0%)

1 ソレッキリだ, 向でも

▼ 云いわたし~ (2, 0.0%)

1 ながら佐々たち, のあった

▼ 云い一升壜~ (2, 0.0%)

2 からじかに

▼ 云い一寸~ (2, 0.0%)

1 したもの, とした

▼ 云い不思議~ (2, 0.0%)

1 なこと, に武道

▼ 云い乍ら彼女~ (2, 0.0%)

1 はその, はふと

▼ 云い乍ら老人~ (2, 0.0%)

1 は屹, は手

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 に負われ, の差別

▼ 云い人品~ (2, 0.0%)

1 といい, と云い

▼ 云い人柄~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い今に~ (2, 0.0%)

1 古スワ, 旧家として

▼ 云い今度~ (2, 0.0%)

1 は, は自分

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 に人, の一人

▼ 云い他人~ (2, 0.0%)

1 からは浦原嬢, に同情

▼ 云い何れ~ (2, 0.0%)

1 も, も教権

▼ 云い何処~ (2, 0.0%)

1 の家, やら地

▼ 云い先ず~ (2, 0.0%)

1 お旗下, 肱を

▼ 云い全く~ (2, 0.0%)

1 あれは, 秀子を

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 と思わなけれ, 九後三の

▼ 云い勝ち~ (2, 0.0%)

1 だが, ですからね

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 刻ばかり, 纒を

▼ 云い又五郎~ (2, 0.0%)

1 はなお, も新

▼ 云い取り次第~ (2, 0.0%)

1 さ, で首

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 それよりも

▼ 云い唐人~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を

▼ 云い器量~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い国民~ (2, 0.0%)

1 の生活利益, の重要

▼ 云い地獄~ (2, 0.0%)

1 というの, を見る

▼ 云い外套~ (2, 0.0%)

1 の下, を畳ん

▼ 云い大きな~ (2, 0.0%)

1 婦人の, 手錠の

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 れから, を所天

▼ 云い女中~ (2, 0.0%)

1 のいる, は出

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 が又, を江奈古

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 は子, を仲

▼ 云い学問~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い容子~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い容貌~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い度いが~ (2, 0.0%)

1 実は万人, 実は丸部さん貴方

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 に二百円, は声

▼ 云い得ら~ (2, 0.0%)

1 るる, るるだろう

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の方, は嘉市

▼ 云い或はまた~ (2, 0.0%)

1 その塚, 殺されし後三年

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 で膏薬売, で鼻

▼ 云い探偵~ (2, 0.0%)

1 の過ち, はサッサ

▼ 云い支那公使昇格問題~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 云い改めて~ (2, 0.0%)

1 もいい, もよい

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 八郎は, 技巧派と

▼ 云い明道~ (2, 0.0%)

1 の執見, 何ぞ乃ち自ら苦

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 が支那人, れだけは

▼ 云い普通~ (2, 0.0%)

1 とは変っ, の人

▼ 云い暫く~ (2, 0.0%)

1 して, は彼女たち

▼ 云い最後~ (2, 0.0%)

1 にあの, の有様

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 と夕方, まで泣き

▼ 云い構え~ (2, 0.0%)

1 と云い, は要らぬ

▼ 云い満州国~ (2, 0.0%)

2 の興味

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 まない, まなかっ

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 は遠, は里

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 の云い

▼ 云い特に~ (2, 0.0%)

1 おくゆかしい所以, 青年士官達は

▼ 云い玄関~ (2, 0.0%)

1 から追い返す, に出

▼ 云い生活~ (2, 0.0%)

1 のため, を一緒

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の方, 先ず死し

▼ 云い白い~ (2, 0.0%)

1 歯を, 笠を

▼ 云い目科~ (2, 0.0%)

1 と云い, は更に

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 に仏足, の戸

▼ 云い私達~ (2, 0.0%)

1 は一寸, は電車

▼ 云い老人~ (2, 0.0%)

1 に大変, もそれ

▼ 云い老女~ (2, 0.0%)

1 が外, は近寄った

▼ 云い耐乏~ (2, 0.0%)

2 を美徳

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の色, 之助

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 介は, 介も

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 がどう, が風邪気

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 っていた, っている

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 将の, 神の

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 にびちりと身, にクンクン

▼ 云い~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ 云い込み~ (2, 0.0%)

1 には何分, を故障

▼ 云い返し~ (2, 0.0%)

1 に来た, もしなかった

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 うのは, わなかっ

▼ 云い進歩~ (2, 0.0%)

1 というの, と云う

▼ 云い遂に~ (2, 0.0%)

2 席を

▼ 云い金剛杖~ (2, 0.0%)

1 を振り, を振りあげた

▼ 云い陣十郎~ (2, 0.0%)

1 は立ち上った, は言葉通り

▼ 云い障子~ (2, 0.0%)

1 を啓, を閉め

▼ 云い静か~ (2, 0.0%)

1 に歩み寄っ, に階段

▼ 云い面白い~ (2, 0.0%)

1 のだ, 人

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の働き, はがんがん

▼ 云い頼春~ (2, 0.0%)

2 は大

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 と云い, を突き出した

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の方, を飛び出し

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の小さい, を傾げた

▼ 云い~ (2, 0.0%)

1 の死後, の飽

▼1* [1106件]

云いあっちこっち泳ぎ廻って, 云いあなたはうち, 云いあらわしかたには一種, 云いあるいはまたイサク・ラクエデムと, 云いあるは鷹狩の, 云いあわただしく障子を, 云いいいように, 云いいかなる災難に, 云いいかにも高野の, 云いいきなり溝の, 云いいささかも動じない, 云いいつなん時でも意志, 云いいにしえの宗匠, 云いいまも同様, 云いおうと応えれば, 云いおしのには, 云いおすえに酌, 云いおそのが栄二, 云いおまえの本当, 云いお伽噺と云い, 云いお母様としては勿論, 云いお茶の水の上級生, 云いくるに, 云いかたや表情から, 云いかよはべそ, 云いから体の, 云いがいもない, 云いがたき楽しさのみが, 云いがたく静かな, 云いがたくにくらしく見えた, 云いがたく難しい実生活の, 云いきゃあと笑い罵りあった, 云いぐさじゃあねえが他人の痛み, 云いぐさだ不埒な町役, 云いぐさではないが山々や温泉, 云いぐさではないけれどもそう云う, 云いぐさ今に見ろ, 云いぐっと一と, 云いけりがついた, 云いこういう人たちに, 云いここらでも主, 云いこちらは年, 云いこれらが存在, 云いこんな森まで, 云いさして口ごもる, 云いさっさと自分の, 云いさっそく腹を, 云いさっと耳まで, 云いさまにつと, 云いさらにつづけて, 云いざま公平はびゅっと身, 云いざま剣を袁紹, 云いざま登は自分, 云いざま肩にひっ担ぎ, 云いざま鹿之介, 云いしずかな微笑, 云いしばらく手を, 云いじっと透かして, 云いじゃないか, 云いすぎをした, 云いすばやくあたりを, 云いすべてがパンチ, 云いすべて春松検校がその, 云いするどい眼で, 云いせめて炊事や, 云いぜひそれを, 云いそういう時は, 云いそこで平蔵は, 云いその他も現に, 云いその他色々で水, 云いその他身上に起る, 云いその間をつなぐ, 云いそれこれを考え合わす, 云いそれでも行状が, 云いそれどころか暇が, 云いそれにしても厳重すぎる, 云いそれらのもの, 云いこなう, 云いたしかに書籍商を, 云いたておやじをやりこめた, 云いたて命にさからい, 云いたまえと云う, 云いたまえ一国の興亡, 云いたまえ僕の方, 云いたまえ君達としては悪く, 云いたまえ敵は誰, 云いだってあなた, 云いちょっと様子の, 云いつい刀を, 云いついに一緒に, 云いつくづくと新, 云いつけらるると, 云いつけ通り床を延べ始めた, 云いつけ通り海岸通の古, 云いつつかの蓮の, 云いつまり次とか傍, 云いづらいが達子, 云いづらかった, 云いづれえことに相違ねえ, 云いづれえこともあるだろうがもう仕方, 云いてこでも動く, 云いてれくさそうに, 云いでと涙こぼし, 云いいくら云われ, 云いとがすべての, 云いときに口やかましい, 云いとくに入用だけの, 云いとりあえず仮小屋, 云いおしな, 云いどうして自分の, 云いどうも変な, 云いどこか聴き, 云いどことなく悪心とでも, 云いなおできるだけ早く, 云いなかなか立派で, 云いながらかたつむりはふきのつゆをどくどくのみました, 云いながらかの女は, 云いながらでも彼等の, 云いながらとみんなの, 云いながらとは云うべきでないだろう, 云いながらはア斬っ, 云いなし陳寧児と, 云いなし家を出たる, 云いなと云うに, 云いなども穏しく, 云いなり放題になっ, 云いなるべく希望を, 云いにくうございますわ, 云いにくくなる, 云いにくければ私, 云いえ気味, 云いねえよさ借金, 云いはげしく泣きそして, 云いはてはただの, 云いはばかりと云う名, 云いばか笑いを, 云いばかりするやつ, 云いひとまず先に茶室, 云いひどい力で, 云いひどく意気込みや, 云いひまはかかる, 云いひょっとしたら西郷が, 云いひろい庭を, 云いふたたび机に, 云いふり仰ぐお, 云いほれぼれするもの, 云いほんのちょっと酒, 云いぼくの影, 云いまさにかくあるべきところ, 云いまさをはどうぞまた, 云いまさア浦賀中で聞い, 云いまたも例の, 云いまだ湯気を, 云いまっせん, 云いまっしょうか, 云いまったくの武蔵野, 云いまもなくその家, 云いまるで瓜二つで, 云いみんなが笑った, 云いみんな声をあげ, 云いもう自分が, 云いもっともっと努力ほんとうに, 云いやがて隣の, 云いやがて全然違う話, 云いやすいということ, 云いやはりそこを, 云いやや暫く間を, 云いゆっくりと云う, 云いよう一点も非, 云いよう何や角, 云いよう声の調子, 云いよう男振りと云い, 云いよう立ち居振舞い羅刹のよう, 云いよう表現で書かれたら, 云いよう裾捌きなり何, 云いよくなって, 云いよくよく日本は, 云いよし行こうと, 云いよってさ, 云いよりやんした, 云いよろしくないの, 云いわが意気と, 云いわきに立っ, 云いわけ役をさせられる, 云いわんと云い, 云いアウフクレールングというの, 云いアフロディーテは世界絶無, 云いアメリカ人はアメリカ人, 云いアメリカ女のこと, 云いアルマ青年はやっと, 云いアンナ・リヴォーヴナは立ち上っ, 云いウチの唐変木ども, 云いエタという名, 云いエネルギーと云う, 云いオックスフォードのお歴々, 云いガックリとなった, 云いキッチリという, 云いキールケゴールと云い, 云いクリヴォフ夫人とは全く, 云いグリムの童話集, 云いケプラーはこれ, 云いの音, 云いコップを手, 云いコルコロなどと云う, 云いコンスタンティンと云う, 云いショボショボした人, 云いシワン坊ケチン坊皮坊ツン坊, 云いジリジリと付け廻す, 云いスタンダールを一流, 云いストーブへ薪, 云いスリッパのうしろ, 云いズンズン歩いて, 云いセラピオンと云い, 云いソウカと云う, 云いソッポをむいた, 云いソヴェト同盟の小学校, 云いタバコ入れと云い, 云いチャセンをもハチヤ, 云いチュウリップはぷらぷらゆれ, 云いけ, 云いディオニシウスと云い, 云いドイツではウィンナー・シュニッツレル, 云いニュージーランドのネルソン, 云いノシノシと部屋, 云いハッキリして, 云いヒューマニティーというもの自身, 云いヒョイとその, 云いヒョッとしたら, 云いファシズムの存続, 云いプロレタリアと云い, 云いプロータスは女子, 云いポッキは女性, 云いマウトまたはモート, 云いマリイ・アントワネットの侍女, 云いマルと云い, 云いマルキアンと云い, 云いマルクスと云い, 云いヨハンと云い, 云いロマンティック派の星, 云いロンドンへ行ったら, 云い一つとしてあの, 云い一ノ関が支持, 云い一万とも云われ, 云い一五九九年ヘーゲの出版, 云い一代の風雲児, 云い一子久吉をつれ, 云い一帖の粉薬, 云い一念の微, 云い一気に勇気を, 云い一筋縄でいく, 云い一説にはそれほど, 云い一通の封書, 云い一面の樹海, 云い七〇は一般, 云い万妖悉く起る, 云い三二は, 云い三人はそれぞれ, 云い三兄の子車, 云い三厘かといえ, 云い三右衛門の取り出した, 云い三吉は一番下, 云い三時からは又, 云い三田の東洋軒, 云い三百四十七年と云う, 云い三羽しか見えぬ, 云い三野王の女房, 云い上州は坐り込んだ, 云い上路と云い, 云いへ降り, 云い下らない事で, 云い変量と, 云い不安そうに荒れ, 云い不愉快極る, 云い不断の心, 云い不滅と云い, 云い且つ又闘ったつもり, 云い世界にも又, 云い両手で顔, 云い両方で押し合い, 云い両親が不安, 云い中頃には愚痴, 云い之等は皆人間, 云いらしん, 云い乍らそこへ下り, 云い乍らとりは娘, 云い乍ら一つの椅子, 云い乍ら一寸体をひねり, 云い乍ら例の財布, 云い乍ら其娘は懐中, 云い乍ら切り殺したよう, 云い乍ら厨へ去った, 云い乍ら孫軍曹の肩, 云い乍ら岩の上へ置く, 云い乍ら巡査の方, 云い乍ら床の間の奥, 云い乍ら心には実に, 云い乍ら急に娘, 云い乍ら松井は突棒, 云い乍ら桜の鉢, 云い乍ら椅子をガス・ストオヴ, 云い乍ら模型屋敷の小川, 云い乍ら泰子は小さい, 云い乍ら独りで近づい, 云い乍ら理由が無けれ, 云い乍ら皆を呼ん, 云い乍ら目や鼻, 云い乍ら私自身は大して, 云い乍ら結局この二階, 云い乍ら翻訳して, 云い乍ら腕をグイ, 云い乍ら膝の辺, 云い乍ら酔眼を拭, 云い乍ら門の方, 云い乍ら顔をかえ, 云いは味い, 云い乙女が思わずかっと, 云い九字をきる, 云い九州人は多かれ少かれ, 云い九州地方では山, 云い了らぬうち, 云い争い度い儘, 云い事実には違い, 云い事情を知らない, 云い事物にも取り乱されたる, 云い二升ならば, 云い二年の後, 云い二度と逢いたくない, 云い二流の中, 云い二百円も金, 云い二神結婚の条, 云い二銭ずつ二人, 云いいまわして, 云い云々という人間, 云い互に瞞着しよう, 云いの医師, 云い京洛の茶人, 云い京都三条畷の檀王法林寺, 云い人文の発達, 云い人民的民主主義の方向, 云い人皇と云い, 云い人身に似, 云い人道と云う, 云い人間の獰猛, 云い人類学派は後, 云い今にも噛みつくかと, 云い今後注意しますからと, 云い今生は貧窮下賤, 云い今野自身も医者, 云いと云う, 云い仏法を以て論ずれ, 云い仏英和女学校などでは女学生, 云い仕事と云う, 云い仕様がねえ, 云い他愛なく腹, 云い付けお金を遣っ, 云い付け口をする, 云い代々日本人の一番世話, 云い仲間の中, 云い伊之助を引ぱって連, 云い伊勢の土神, 云い伊勢大神宮六月月次祭の祝詞, 云い伊川の言, 云い伊賀国上野町の城代藤堂家, 云い休みの間, 云いの手, 云い伝え通りひるには, 云い伝統といい, 云い伯父が羽生村, 云い但しその婦人, 云い位置と図形, 云い体系を範疇組織, 云い体躯の線, 云い何とも腑に, 云い何年ぶりかでここ, 云い余り気に入ったから, 云い余程旅で, 云い作品の中, 云い佩刀を取っ, 云いでは, 云い信助に話しかけた, 云い信夫と云う, 云い信濃から蓼科, 云いすの, 云い値以上に売り込ん, 云い倫敦まで逃げ, 云いらし, 云いをはい, 云いの座, 云い元祖と仰ぐ, 云い兄いはお, 云いきに, 云い先住土着の民族, 云い先賢大儒世の尊信崇敬, 云い全体の感じ, 云いっちゃ, 云い八分通り弦を引き, 云い六・三制予算丸けずりの, 云い共々に出かける, 云い共に晩餐前なれ, 云い兵士と従業員, 云い其上連て居た, 云い其他成文神話中には風習, 云い其傾に於, 云い其北は信州武州, 云い其名は互に, 云い其妻のあ, 云い其方と云い, 云い其旨を小林方, 云いねえ男, 云い写しの遺言, 云い冠者は着座, 云いゆる方面, 云い凡ての点, 云い凡て人間の背骨, 云い凡て白色に関係, 云い出づるを走り, 云いの柄, 云い刀屋から虎徹, 云い刃物のよう, 云い分道理には合っ, 云い初めて見るディグスビイ, 云い初版とは全, 云い別荘と云う, 云い制約と云っ, 云い前後の事情, 云い前田殿を除き, 云い剣術使いをヤットオ使い, 云い創世記に皮肉, 云いというもの, 云い労働法をつくれ, 云い効用と云う, 云い勇士と云い, 云い動作によりてその, 云い勘定場からはなれ, 云い勤皇精神に似た, 云い北国の名家, 云い北条方にも勇士猛卒十八万余, 云い北海道では, 云い北畠親房の後胤, 云い北陸方面でトウナイ, 云い医者を欺い, 云い十三の方, 云い十九歳だという, 云い十人が十人, 云い十年後にと云い, 云いと云う, 云い千代子が来, 云い千島アイヌを, 云い午後から行く, 云い半分ほど身, 云い卓子に就い, 云い南東風をオイロス, 云い南風の神, 云い博士と云い, 云い又は猿か, 云いく関羽, 云い反抗を計画, 云い叔母の苦り切, 云い叔父の手, 云い取りをした, 云い口調と云い, 云い古くはある, 云い古したこと, 云い古来定評のある, 云い古記にも崇神天皇, 云い台所の光景, 云い右手を後, 云い右衛門は鎌首, 云いを鹿, 云い合せに女, 云い同書また日蓮, 云い同類が許さん, 云いも白露, 云い周ちゃんのその, 云い和子はそう, 云い咽喉を締め, 云い品位と云い, 云い品物にも覚え, 云い唯物論と云い, 云い商取引というよう, 云い商売のコツ, 云い善人と云われたる, 云い喜びという, 云い嘗つて義元が度々, 云い嚊煙草の空箱, 云い四丁鼻先生と云い, 云い四十何歳と云う, 云い四方を睨み廻した, 云い回しを翻訳, 云いを治むるのもとは, 云い国民信仰と云い, 云い国男さん鎌倉へ送っ, 云い地形から考え, 云い地方的農村と中央的都会, 云い地皇と云い, 云い地維と云う, 云い地金と云い, 云いの者, 云い埼玉の者, 云いはその, 云い堀内惣左衛門に二人, 云い塩野はいや, 云い境遇も年増, 云い夏子の父, 云い外国人はジャパン, 云いと云い, 云い夜中と云い, 云い大きさと, 云い大どかな眉と, 云い大剛の士, 云い大和守に向かっ, 云い大国主と云い, 云い大地を動かぬ, 云い大坂の滅亡, 云い大宝令には或, 云い大抵早朝に, 云い大様に命, 云い大蔵という方, 云い大藤五郎太が, 云い大袈裟の身, 云い大足に向う, 云い大金を出し, 云い大風雨を縦, 云い天国に行きし, 云い天地の起原, 云い天晴立派な主人, 云い太く横に, 云い夫人がすぐ, 云い奇麗に平らげた, 云い奉行町野左近将監繁仍の妻, 云いへ走っ, 云い奥さんとよび, 云い奥州相馬の棟梁, 云い奥深く余を, 云い女子供の唄, 云い女房はすぐ, 云いむるままに行い, 云い如何にも真に迫った出来栄え, 云いと云い, 云いも本当は, 云いや兄貴, 云い姉さんと云い, 云い姑息な意地, 云い姓名を尋ねたら, 云い委しくは教え, 云い姿と云い, 云い姿勢と云い, 云い娘さん達は白い, 云い婚姻を置く, 云い婦人を罵っ, 云い嫉妬と云い, 云い嫌いになった, 云い子爵と愉快そう, 云い宇乃の顔, 云い宗全は切腹, 云い実は御隠居さん, 云い実質的釈義とは尚, 云い客用の八帖, 云い宮木裁判長と云い, 云い宮本には黙っ, 云い整うて, 云い家扶と二人, 云い家臣たちが側, 云い容易に落ち着く, 云い富裕な青年紳士, 云い寝床の方, 云い寝間へはいる, 云い小僧と云い, 云い小娘の顔, 云い小柄とも云い, 云い小次郎をギラギラ, 云い少女自身は年, 云い尚子は, 云い屍体を焼き, 云い山内の広, 云い山川と云い, 云い山村の農民, 云い山賊として罵り返すべき, 云い岡安喜兵衛がその, 云い岸田国士氏は文壇, 云い島原や撞木町, 云い川原者というは共に, 云い巡査と格闘, 云いの群集, 云い左手の刀, 云いに向っ, 云い巴提使は虎, 云い帝人事件にからむ, 云いを饗応, 云い帰りを待つ, 云い平助が手, 云い幸い別居する, 云い幸村の子大助, 云い幸福を平凡, 云い幽霊に頼まれ, 云い広告だけで, 云い庇厨子の手筥, 云い度いために思い出話, 云い度くもないの, 云い度げに構え, 云い座右を見まわし, 云い廉価なこと, 云い廊下をゆるやか, 云い廻しその他から解き放たれ, 云い廻わしじゃありません, 云いと云い, 云い弥兵衛は踵, 云い張りになる, 云い当局者は迷う, 云い当麻郷なる香島香取二神子, 云い形態と云い, 云い彼等に酒肴, 云いってしまった, 云い往時はエタ, 云い後に傳次郎それから, 云い器量と, 云い復讐の旅, 云い徹頭徹尾私の, 云い心中地精を意識, 云い応対と云い, 云い快活で動的, 云い怒り散々つねった, 云い思いして, 云い思い乍らつまり我意, 云い思惟とも呼ぶであろう, 云い急所と云い, 云い怯じいたして, 云い恐しいもの, 云い息子をとられ, 云い恰も甲武信岳を, 云いと云っ, 云い悪うござります, 云い悪ければ, 云い悪口たら, 云い惟私意を逞しく, 云い愈々買い取る事, 云い意味と云い, 云い意次は近寄っ, 云い感心せぬ者, 云い慈昶を連れ, 云い態度と云い, 云い慣わしであった, 云いっておる, 云い懐中へ手, 云い懲罰と云う, 云い我毛利先生だと, 云い我輩は座, 云い或は又素雲嗚尊は, 云い戯談で人, 云い所謂天平時代の風俗, 云い手付けとして五両, 云い手前の欲目, 云い手早くなにが, 云い手水場と云い, 云い手紙を置く, 云い扮装をし, 云い技巧は無用, 云いから降りだした, 云い持物が伽羅, 云い振りをしたかった, 云い振り艶かしく笑った顔, 云い揃いも揃っ, 云い提灯を受取った, 云いったの, 云い播磨の印南郡, 云い放題になった, 云い政治と云い, 云い教学局というどれ, 云い敦忠が時平, 云い数学教育の理想, 云い文士なんてなんて, 云い文章のたぐい, 云い文芸欄の小原壮助さん, 云い斜めならず彼, 云いえざる陶冶訓練, 云い新八が立ちあがる, 云い方丈を辞し, 云い方考えかたを導こう, 云い旃陀羅が家, 云い旗本の事, 云いに数首, 云い日月と云い, 云い河口に, 云い早くも通り, 云い昆布のこと, 云い易かった, 云い昔印度に居た, 云い星辰と云う, 云い春琴の父安左衛門, 云い昨夜もちゃんと, 云い是非とも晩餐, 云いと云い, 云い時折彼の表情, 云い時計もたしかに, 云い晦庵の言, 云い晦庵此の如く, 云いにはまた, 云いなき絵, 云い智者と云い, 云いえれば, 云い更めて時計, 云い最近まで吉長, 云い月読尊の保食神, 云い巣と, 云い有徳な町人, 云い朋友は勿論, 云い朝寝した怠け者, 云い朝食をたべ, 云い木村さんに対する彼女, 云い木村父子に対して氏郷, 云い木霊とも云い, 云い未だに日本座敷とは, 云い未来を過去, 云い本当に嬉しそう, 云い本来非人法師であるが, 云い本気で翻訳, 云いの説, 云い朱子も亦, 云いのあらまし, 云い村主と書い, 云い村人たちの助力, 云い村山喜兵衛に会釈, 云い村方のお, 云い条それぞれ代物の金銀, 云い条それ等の事実, 云い条はそれか, 云い条五郎左も至極, 云い条件と云い, 云い条半分は写しもの, 云い条司法官の癖, 云い条本質的には全然, 云い条貴女はそれ, 云い東方浄瑠璃世界の教主, 云い東海道筋で説経者, 云い松前下国家, 云い林田はさだ子, 云い栄さんも云った, 云い梅原でもようやく, 云いの見事, 云い検視でもそう, 云い満人, 云いと云う, 云い概念の内, 云い榊原の家来, 云い様小僧の胸, 云い様発作を起し, 云い権田を推し退け, 云い樺太アイヌを苦夷, 云い次いで彼に, 云い次の間の八帖, 云い正しくなれと, 云い正成は守袋, 云い正木博士は消えかけた, 云い正次はキリ, 云い此の方も自分, 云い此二ツ揃ッた所, 云い此所まで押し, 云いには暗, 云い母さままでもそういう, 云い母親はこころもち青, 云い民族と云う, 云い永く待つ, 云い気の毒に感じた, 云い気の毒そうに壮年武士, 云い気味悪く白い眼で, 云い気晴しに紅葉, 云い気立と云い, 云い気絶した, 云い気質と云い, 云い水牛の抱角, 云い江戸では訛っ, 云いに面した, 云い河原者と云い, 云い河口はあにい, 云い油揚げ一枚供えようとも, 云い泥まみれのまま庭, 云い泥坊に違い, 云いは声, 云い洒落さえ云いかねない, 云い之助, 云い浪人は懐中, 云い浮橋と云い, 云い浮藻はそっち, 云い海辺の風, 云い消しよったろう, 云いをハラハラ, 云いさと, 云い深川の門前仲町, 云い混乱を避ける, 云い清七は帰っ, 云い清吉はその, 云いに這入った, 云い湯呑を取っ, 云い源女は右, 云い源頼朝が征夷大将軍, 云いの中, 云い滋幹が一句, 云い漸く其の承諾, 云い火桶へ手, 云い焚火をへだて, 云い無私と云う, 云い無邪気に口, 云いも五年前, 云い煩悩即菩提, 云い熊野参詣の馬, 云い熟柿とは特に, 云い熱っぽいと云っ, 云い燈火のない, 云い燗鍋の酒, 云い燧人と云う, 云い燭台をひっさげる, 云い爪弾の音色, 云い父上はよし, 云い父親が正気, 云い片方の手, 云い物凄い迄に巧, 云い特殊の尊称, 云い特殊部落と云う, 云い特色があっ, 云い犬伏と云う, 云い狂歌を詠じ, 云い狙い速力その道の習練, 云い狭い勝手で, 云い猛獣同様に取扱った, 云い玄察が立ちあがる, 云い玄慧の作, 云いえ, 云い現にアイヌと, 云い現実と云い, 云いをつくし, 云い理解して, 云い瓜二つどころか全く, 云いい剣幕, 云い甚だしきに至れ, 云い甚藏は縁切, 云い生霊死霊と云い, 云い申分がない, 云い画界と云う, 云い畜生の身, 云いって四手, 云い略解から以降, 云い畦道へおり, 云いをそのまま, 云い白木の箱, 云い白組と称する, 云い白鶴と云い, 云い皆一同の嘆称, 云い皆痴人の妄語, 云い皓衣と云い, 云い盛んにこれ, 云い盤面の駒, 云いにし, 云い目前五六十米突の近景, 云い目明しふうの男, 云い直ぐに調子, 云い直ちに店の, 云いだ何となく, 云い相互に管領, 云い相当な蓄財, 云い相愛の男女, 云い相手の顔色, 云い真に情の, 云い真理と云い, 云い眼付と云い, 云い矢庭に両手, 云い短く返事を, 云い石段を下り, 云いと云う, 云い社会学と云う, 云い神子と云い, 云い神宝のこと, 云いを転じ, 云い科学は解剖, 云い科学的精神問題以外のどこ, 云い程夫子崛強自任す聖人, 云い穏やかな眼, 云い佇まって, 云い立派な正しい, 云い立秋奈良風景を描い, 云い童話と云い, 云い竹中をモヤ, 云い笑止らしく桂子, 云い筆先に現, 云いすると, 云いを以て天, 云い管長は三十, 云い箪笥をあけ, 云い範覚は林, 云いの口, 云い籠めようとする, 云い紀念碑といい, 云いに包んだ, 云い紙質と云い, 云い素子から, 云い素朴の人, 云い紳士的な高尚, 云いせずに, 云い終つた時ドアがあい, 云い終つて一息ついた, 云い終戦後の今日, 云い組み打ちになった, 云い結局最後の統制力, 云い給仕頭は白ネクタイ, 云い絨氈といい, 云い絶対には禁止, 云い綬賞と云い, 云い維新後付近の石原村, 云いを張る, 云いと云い, 云い緞子の厚い, 云い縁喜の能, 云い縁談に賛成, 云い繕ろって吉村, 云い罐詰を食べる, 云い罪過と云う, 云い美術的教養がある, 云い義就と云い, 云い翌日に成りまする, 云い習わしに従って矢張シヘイ, 云い老年の者, 云いして, 云いを聳, 云い職業とする, 云いが老婆, 云いへ手, 云い胆力と云い, 云い能動主義を云う, 云いのきかぬ, 云いを上げました, 云いのあたり, 云い自らも盃, 云い自ら旃陀羅の子, 云い自分たち足かけ八年目故この, 云い自分一人出かけたら, 云い自分自身が聞く, 云い自動車に乗っ, 云い自宅で幾人, 云い自己廻転をはじめ, 云い自我を云いたてた, 云い自然と云い, 云い自発的の生命, 云い自首して, 云い舜天下を周遊, 云い舟橋田村高見など若い, 云い船橋と云い, 云いを舟, 云いあって, 云い色々の名, 云い侍たちは, 云い若し病院が, 云い苦痛の呻き, 云い苦笑した, 云いと云う, 云い茂兵衛もかたき, 云い茅の輪をもっ, 云いを啜った, 云い茶碗の盆, 云い草履を持っ, 云い草鞋の穿き, 云い荒五郎入道はげん竹, 云い荒炭和炭の名, 云い荻生徂徠は, 云い莫大な金高, 云い菊太郎の手, 云い華美な装, 云い落しやがった, 云い蒼蝿く縁談, 云い蓮葉な処, 云い蔵人はテーブル, 云い薪十郎八重梅を見上げ見下した, 云い藤森成吉の文芸理論, 云い藻西太郎に罪, 云い虚子氏の弟子, 云い蜘蛛屋と云う, 云いまた一方, 云い血痕と云い, 云い血統と云い, 云いにすぐれた, 云い衣裳の着, 云い表しかたは不十分, 云い被害者の残した, 云いを脱ぎかけた, 云い装飾と云い, 云い裾捌きと云い, 云い西南のほう, 云い要作は町奉公, 云い要素とは芸術組成上, 云い見事な物, 云い親孝行でな, 云い観念論という存在論, 云い觸らす者もある, 云い言葉と云い, 云い言語と云い, 云い言語学的比較神話学派と正反対, 云い計量幾何学には曲率, 云い訊問にたいしても尊大, 云い訳位は仕, 云い訳顔に語りはじめた, 云い証人が各, 云い証拠がそろっ, 云い誠実という, 云い説明すべき事, 云い調子と云い, 云い諸説一定せずと, 云い警句も云い, 云いというもの, 云いと云い, 云い谷間田は又, 云い豪商と云う, 云い貴顕と云い, 云い賀毛郡の条, 云いかにたべる, 云い賤民というもの, 云い質店の主人, 云い質量と云い, 云いでふんづけ, 云い足長と云い, 云い足音を忍ばせ, 云い踊りと云い, 云い躁ぐ声が滝川, 云いが駆け出す, 云い身悶えしつつ, 云い身支度をし, 云い軽く気無しに, 云い軽井沢の別荘番, 云い辛いことが, 云い農人と云う, 云い近畿地方でオンボ, 云い返しつまりはこの, 云い返事も待たず, 云い返辞は聞く, 云い迷惑をかけ, 云い逆えば逆, 云い途中で落ち合っ, 云い連日の苦戦, 云い連続と云い, 云い連続的傾向と云う, 云い遊学先の江戸, 云い達弥は哀訴, 云い邪推をすれ, 云い部屋の中, 云いを飲む, 云い酒気のある, 云い重厚さとさっぱりさ, 云いさえあれ, 云い金銭に不自由, 云いし責, 云いの鎖, 云い鉄砲を八帖, 云い鋭い眼で, 云い鏡花と云う, 云い長く長崎に, 云い間もなく去る, 云い間狂言を見る, 云い関東地方では山男, 云い阿波や土佐, 云い阿賀妻は一足, 云いに浄土, 云い院長は美代子, 云い随分流行を, 云い隣室へ引き取っ, 云い隼人もその, 云い雅楽頭は頷いた, 云い雑作まで取り外し, 云い雑巾がけを励行, 云い雑戸と云い, 云い難い嬉しいような, 云い難い淋しさを, 云い難い淋しい心持が, 云い難ければ文, 云い難しよ, 云いと云う, 云い雪隠と云い, 云い霊柩を高く, 云い青衿と云う, 云い非人と云い, 云いと云っ, 云い音色といい, 云い領巾をかついだ, 云い笑んで, 云い頭上の柄長, 云いの疵, 云いへ手, 云い顔かたちと云い, 云い顔立ちの気味, 云いを徴, 云い食卓の前, 云い食道楽と云い, 云いを孝陵, 云い香気と云い, 云い駒子の父, 云い駒込署の主任, 云い高松侯の足軽, 云い高見順がそれ, 云いへ手, 云いのタネ, 云いと云い, 云いとも云い, 云い魯粛のあまり, 云い鳥巣庵が急, 云い黄能或は黄龍, 云い黄袍と云い, 云い黒焼屋で密売, 云い鼓楼の前, 云いと云っ, 云い龍教と云い