青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仮り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~以上 以上~ 以下~ ~以前 以前~ ~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~
仮り~
~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~ 仰せ~ ~仲 仲~

「仮り~」 1066, 12ppm, 9478位

▼ 仮り~ (672, 63.0%)

13 それが 12 それを 9 私が 7 これを, 或る 6 そうだ 5 これが, 一歩を 3 こ, 一人の, 姿を, 日本の, 正しいと

2 [25件] あったとしても, あつて, あなたが, こういう人間的, これらが, それらの, だね, 三期に, 世界の, 世間の, 之れ, 人生の, 仏の, 何か, 僕が, 名づけて, 日本人が, 消して, 父の, 神の, 私の, 第一, 自分が, 要之助が, 鐚が

1 [543件 抜粋] あいつが, あなたの, あの場, あの夜私, あの辺, あやまるので, あるとしても, ある人, ある人々, ある作家, あッし, いかなる偶然, いたずら者が, いたところ, いったとしても, うまくいっ, おいらが, おほ, おんなじ程度の, お堂, かういふ場合, かう名, かう言, かような, きめたところ, きめて, くれろと, こうして姿, こうなった, ここに, この, このいずれ, このきれい, このウスノロ氏, この下郎, この主題, この事件, この事実, この個別化原理, この兄, この宇宙, この恐ろしき, この油断, この犯人, この男, この者, この解, これきりに, これに, こんどの, こんなこと, さう, さうし, さだ子が, すぐれて, すっかり締められた, そうしたデリケート, そうと, そう名付けます, そう呼ばせ, そのほう, そのよう, その一例, その事, その初, その力, その原因, その名, その団体, その孫, その当時我輩, その形, その後本年まで, その時, その歌集, その水, その現在, その男, その目的, その科目, その要求, その謙遜, その遺骸, その隠, その頃から, それだけの, そんなこと, そんな事, だな, だよ, だ僕, だ自然, だ色々, ちつとも, つけた変名, ですな, では, どうしてももう一, どんなこと, なかった, なって, なり立ったと, なれたところ, なんとか読める, ひめた, ひろ子が, ほいと賤人の, ほかひ, まあそうして, まず最も少く, また一同, まア今, もぐったところ, もしあっし, もしそうして, もしそれ, もし僕, もし有罪, もし私, わしが, わたしであった, わたしに, アルカージイが, イミル説話の, エタ及び, シナイ山の, ストーブに, ニイチェ一人を, 一の, 一キロメートル立方の, 一個十円でも, 一分に, 一坪の, 一字が, 一心にそれ, 一日に, 一時としても, 一私人が, 一説を, 一部分に, 万年筆と, 万葉歌の, 三位一体の, 三分の二だけ, 三千三百〇五万ないし, 三年生であっ, 上手に, 不二を, 不安な, 世人から, 両方の, 之が, 之を, 九十万に, 事物の, 二と, 二種類に, 云われる通り, 五人十人の, 五十嵐と, 五十年と, 五十年に, 京都の, 人の, 人情としては, 人格化した, 人民の, 人物の, 人間の, 今ここに, 今云, 今夜ひそかな, 今度は, 今手もとに, 今日の, 今朝鮮, 今東西の, 仏教の, 他に, 他の, 他人から, 他殺と, 伊藤内閣の, 住つてゐる, 何かの, 何方かに, 作られた舞台花道, 作品に, 使ったもの, 例を, 侯を, 侵略の, 保護者と, 俺が, 値段は, 僕自身は, 兄が, 兄貴と, 先ずそれ, 先祖が, 全然無関係, 公を, 公家, 其処から, 凡ての, 出来ても, 分けたの, 分ければ, 切り放されて, 刈込むと, 別物と, 前座見習といふ, 前記春水の, 加十が, 勘弁する, 北極を, 十一へ, 十二時間走り続ける, 十人あるいは, 十日に, 十間の, 午前に, 半分だ, 博士が, 危険の, 原語に, 叙述語に, 古え, 古言, 右と, 各人の, 合理化を, 吉原が, 同じ趣き, 同一犯人, 同一量の, 名づける, 名を, 名乗る名前, 名付けて, 君の, 吾輩が, 周囲や, 命けた名である, 命ける, 唱導文芸と, 四つの, 因縁と, 図面に, 国民としての, 国際聯盟が, 地球を, 地面一杯を, 坂崎様が, 埋めるこれ, 埋葬した, 堀川と, 声を, 外套を, 外界の, 大きに御, 大多数者, 契沖以来の, 奥平美作守が, 奪われて, 女が, 女の, 女房の, 如何に, 子孫の, 学校の, 宇宙が, 安東氏が, 安永が, 完全な, 宗皇帝と, 定めその間, 定めた, 定めたるに, 定めた凧, 定めよう, 定めると, 定めれば, 実行される, 実際の, 家を, 家来として, 容れて, 寛政の, 対照し, 小説を, 少年少女を, 山に, 巻煙草一センチで, 帝座に, 常慶, 平作と, 幸福な, 幾何学以外の, 幾度美しい, 序歌を以て, 当時に, 彫刻に, 彼と, 彼の, 彼らの, 彼らは, 彼女が, 往時の, 従うと, 徳利と, 徳子が, 徳川の, 志村のぶ子が, 思い棄てたれど, 思想が, 恋愛とでも, 恒星の, 悪女様と, 悪魔の, 悲劇喜劇道化に, 意地汚い子供, 戯曲を, 房一が, 所得税の, 手先き, 手短かに, 打倒し, 扮装した, 抒情芸術が, 折紙を, 持帰った, 擱筆する, 支那人を, 攻めて, 政党首領たる, 救って, 敷いて, 文学よりも, 断髪の, 新宿に, 新聞紙に, 施主と, 日本から, 明治座と, 是等の, 昼の, 更に一歩, 書格と, 最初人形が, 最大速度で, 札幌区外の, 東洋の, 松下一郎で, 某が, 栄三郎殿が, 根太や, 検事局に, 楠公の, 様々な, 機械に, 次の, 正しく神経衰弱, 正直な, 正真正銘の, 此の, 此処を, 歩を, 死んで, 殺されるの, 母が, 毛沼博士が, 毛沼博士の, 民権論派と, 気違いである, 水と, 永徳が, 汎米連邦が, 決めさせて, 没我と, 治るとしても, 法廷に, 活き得ても, 添えたもの, 清麻呂の, 港に, 無神論者が, 無関係な, 父が, 牧が, 狂と, 猫の, 玉山先生の, 現在この, 生死を, 用いたるの, 用いた主人公, 用うる, 用ゐられ, 用ゐる, 番兵さんに, 番附の, 痴情か, 白萩山と, 百円の, 百姓が, 百歩を, 目方の, 相手は, 真一, 真淵, 眼前に, 破り損, 祭りと, 私達が, 私達だけが, 科学は, 科学的に, 種々の, 積極的行為と, 立てた大胆, 笠神博士が, 笠神博士に, 第三者が, 第五句, 純然たる, 結論を, 絨氈の, 絵描きとして, 継母を, 締めたと, 罪と, 置いて, 翁の, 習性的生活, 肝と, 自分の, 花の, 芸術不振の, 若しあなた, 苦痛を, 茱萸が, 荘司を, 落着いた, 蕪村の, 蟻が, 行き会ったところ, 行ふ, 衣服の, 被告人の, 被害者が, 西国への, 西洋の, 見立てるの, 親友が, 親戚の, 観音様を, 角太郎と, 言ふとし, 言葉の, 証拠物としても, 証明する, 話の, 誤りが, 誤解から, 読者中憫な, 諸君の, 譲治と, 谷中村堤内を, 豆腐を, 貧しい家, 貴族階級の, 貴殿方, 買収された, 買収派の, 賃銭を, 賢母と, 賭博に, 造り上げて, 遠泉君, 郵送の, 釈すれ, 重武, 間道を, 関係が, 関連等値の, 電話を, 電車の, 露を, 青嵐と, 須山が, 題して, 飛騨の, 食事を, 食物の, 駒井が, 高村卿と, 鬼の, 鼻の, 2と

▼ 仮り~ (119, 11.2%)

3 宿と, 父と, 調和体を 2 住居を, 名で, 名を, 姿で, 家と, 宿りと, 本心仮りの, 調和体

1 [94件] お堂, こと実は, ものです, ベッドの, 一語も, 世であっ, 乞食の, 二夜の, 住いの, 住み家, 住宅を, 住家じゃ, 住家と, 住居と, 住居という, 住居として, 侘住, 偶人で, 偶人である, 別れも, 区劃を, 名, 名じゃ, 名だろう, 名であった, 名と, 名前で, 名前です, 名実は, 埋葬も, 場所で, 姪とでは, 姿であった, 姿と, 姿に, 姿や, 姿を, 子チョビ安, 安定状態を, 宿という, 宿として, 宿とも, 宿に, 宿りならずと, 宿りの, 宿レザールの, 宿所に, 寓居を, 小屋あたりに, 床に, 床の間が, 庵を, 性格である, 性格に, 接続で, 方式だ, 書斎と, 枕は, 根ざしを, 棲家じゃ, 楽園である, 法王が, 父が, 父上と, 父子と, 父親に, 生業とは, 生活が, 相であった, 相であります, 相です, 相手に, 眠りから, 碇泊こそ, 祝言の, 結びが, 総督の, 繃帯を, 葬儀が, 表題から, 親か, 親です, 親でも, 親に, 親を, 説明で, 調べ室です, 足場を, 通行券, 造営奉行所へ, 道具に, 避難所である, 都を, 面で

▼ 仮りにも~ (116, 10.9%)

6 自分の 2 一戸を, 親と

1 [106件] あなたの, いった人, お医者さん, お役人, がんりきの, こういう疑い, こうやっ, この本家, こんな人間, こんな大罪, しそれ, し一人, し人為的, し軽々と, そのよう, それが, それを, そんな人, そんな忌わしい, そんな衝動, レディーを, 一カ寺に, 一国一城を, 不同意, 主と, 主人を, 主君の, 二代目の, 二長町で, 云は, 京都の, 亭主を, 人の, 人を, 人形と, 人間の, 供と, 侠気を, 俳句という, 俺に, 兄さんを, 兄嫁呼ばわり戯れと, 出家僧形の, 出来るの, 十七字という, 十二万石の, 口幅ったいこと, 名奉行, 命を, 土地の, 夢を, 天下の, 天下分け目の, 天子に, 女ひとりを, 宗教界に, 宗教的な, 客に対する, 家来としての, 尊族に対して, 師弟と, 常識を, 役目で, 御主, 敵の, 旗本と, 東京に, 東照宮の, 正式に, 武士たる, 武士たる者に, 殿の, 母と, 母の, 毒殺などとは, 浴衣には, 無礼な, 無礼を, 片道二両の, 玄関と, 現在の, 男と, 男に, 疑うよう, 知れる婦人, 神様と, 義理の, 羽左衛門を, 老先生, 自分が, 自分よりは, 自分を, 色に, 花の, 若者である, 茶聖などとは, 蝦夷という, 親を, 試そうと, 誤つて, 迷路と, 選を, 金銭の, 預言者と, 頭巾の, 鷲と

▼ 仮り~ (90, 8.4%)

2 以て, 国を, 日本語の, 書いたもの, 音を

1 [80件] いた玉藻, いました, いわば, いわば是, ここで, これを, さてはかかる, ただ寃枉, のどかに, みずから豪なりと, みるだけの, 上ること一里余杉樅, 世に禍い, 丹道を, 之を, 云ふも, 人物を, 人間と, 人間の, 仰っしゃってるには違い, 作った点, 入り交じって, 兵を, 其笛の, 出た様, 十二三歳の, 南朝の, 古今未, 唐船男爵の, 商売を, 喫は, 執念ぶ, 奇戯を, 女を, 宗教を, 実は漢, 寄居に, 居るやう, 幽里子, 座方を, 弁当を, 弁疎, 往来する, 怪しき奴, 戯れた, 政宗を, 政府を, 政権を, 政治上の, 政略を, 日本を, 来て, 来る段, 板の間に, 法の, 為すべきを, 現は, 現れた, 現れない限り, 現わし, 現われたの, 発したの, 着て, 禅を, 空間時間連続存在の, 笛の, 自然の, 荷物を, 落ちのびて, 虚相を, 衆を, 観察しますれ, 言は, 諷し置く, 諸獣, 谷グクの, 貫一は, 連印者に, 青空の, 魂魄を

▼ 仮り~ (6, 0.6%)

1 ことと, だけで, とあっ, とも自分, のである, 別人だった

▼ 仮り~ (3, 0.3%)

1 ことも, ことを, つもりらしかった

▼ 仮りたれ~ (2, 0.2%)

2 ばなり

▼ 仮りない~ (2, 0.2%)

1 でもっと, で事

▼ 仮りもの~ (2, 0.2%)

2 であるから

▼ 仮り住まい~ (2, 0.2%)

1 の狭い, をし

▼ 仮り住居~ (2, 0.2%)

1 となされた, にいる

▼ 仮り~ (2, 0.2%)

1 として無名, にとどめ

▼ 仮り小屋~ (2, 0.2%)

1 の壇上, 見たい壁

▼ 仮り~ (2, 0.2%)

1 のま, らしい柿

▼ 仮り来り~ (2, 0.2%)

1 て以, て天地

▼ 仮り縫い~ (2, 0.2%)

1 というやつ, を合せ

▼ 仮り~ (2, 0.2%)

1 じゃ, でございますと

▼1* [38件]

仮りたかったのであろう, 仮りたままで, 仮りたるや疑うべからず, 仮りてと橋の, 仮りての暴虐である, 仮りてのみ再現せられる, 仮りであるのか, 仮りでない美が, 仮りでなくて本当に, 仮りとじの小さな, 仮りにかの怪奇なる, 仮りにずつと降つて, 仮りにでも本当でしたら, 仮りようかとも思っ, 仮りられしばかりつくづく, 仮りばかならず, 仮りひを, 仮り住いをする, 仮りの逆, 仮り国籍の同志, 仮り埋めされたことは, 仮り姿でひと皮, 仮りである, 仮り屋根をし, 仮り払下の, 仮り数多の獣類, 仮りて兵, 仮り来つてわが, 仮り来つて主人公としても差支, 仮り来らずとも分明, 仮り来れば, 仮りをお, 仮り染めにも鼻, 仮り海外に潜, 仮り用いる必要は, 仮りをし, 仮り着せるならん既に, 仮りのいほ