青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「二郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

事物~ ~二 二~ ~二つ 二つ~ ~二人 ~二度 二度と~ 二月~ ~二本
二郎~
~二階 ~云 云~ ~云々 云々~ ~云い 云い~ ~云いました ~云う 云う~

「二郎~」 1460, 14ppm, 7693位

▼ 二郎~ (412, 28.2%)

14 云った 8 自分の 3 お君, それを, 目を, 豹一が

2 [18件] きゅうりを, とぼけて, ぼんやりと, ハッと, 口を, 増さんが, 大きな眼, 姉さんに, 息子の, 懐を, 止めに, 玄関へ, 男だてらに, 続けた, 訊き返した, 豹一の, 身代を, 風呂銭を

1 [342件] あくる日の, あてなくきゅうり, あとへ, あまりの, あらわなる, ある日, あん寿, いいかけた, いかにも男, いきなり出喰わした, いたく酔い, いつかみんなから, いつまでも, いつもの, いませんか, いま十五歳に, うどん屋の, おかしいほど, おじいさんから, おっかなびっくりで, おのれの, おばあさんに, おまえの, おやと, お伽話にでも, お兼, かの方, ぐっしょり汗, げたに, こういい, こうして街道, こう云い, ここらに, こそこそと, この日, この時昨夜, この間口一間, これが, これこそ, これまで, さう, さすがに, さっそく圃, さびしそう, さも暢気相, しばし黙し, しばらく考え, しみじみと, じっと一つ所, じっと我慢, じりじりし, すぐに, すでに家, ずかずかと, そうやっ, そこそこに, そこに, そのおじいさん, そのきゅうり, その代, その合歓, その家, その年, その晩玄内宅, その次に, その理由, その笛, その言葉, その遺書, その馬, その鶺鴒, それでも答えなかった, それどころで, そんなこと, そんな彼, たずねました, たびたびうっとりと, ちょくちょく寺島村, ちらと, どうした, どうしてもゆく, どうっと, なお思いあきらめる, なお言葉, ながながと, なぜか, なれなれしく飯, なんとなくそれ, にやりと笑った, のっそりと, はじめての, ぱたぱたと縁側を, ひょんなところ, ふいに, ふと沖, ぺたんと坐っ, ほんとうだ, ぼんやりとして, まず起き, また姉, また砂山, また起き上がりました, まだ六つ, まつたくトキ子, まつたく何, まぶしそう, まるで堂摺連, まるで夢, むろん呶, もう一度いい, もう五十, もう手段, やっとの, やっと尻, やつぱり憎い, よく夜泣き, わがこと, わが手, わけの, われを, センチでも, チョキンと, ツカツカと, トキ子の, トキ子を, ドンブリと, ワツと, 一寸詰った, 七十二歳の, 三の, 不思議な, 二三歩跡を, 二度びっくりした, 云い渋る, 五十面下げ, 今に, 今月から, 今朝夜明けぬ, 他の, 仰いで, 体中汗ばん, 何か, 何の, 何処へ, 何度と, 余りの, 余り兄の, 例の, 偽せ, 元の, 兄さんの, 兄さんや, 兄の, 全宇宙, 全然ふだん, 其処の, 内地で, 再び算盤, 凧を, 初めてお, 別の, 前の, 前へ, 副こう丸炎, 北へ, 十歳であります, 友だちも, 呟きながら, 和服を, 咽喉が, 哀れに, 唇を, 四十二歳であった, 国学者として, 土気色を, 執達吏を, 堪えかねて, 声も, 外から, 外へ, 夜叉の, 失望を, 女の, 女を, 女房の, 妙信が, 姉の, 嬉しいやら, 子供心ながらにも, 家へ, 寝るとき, 寺の前の, 尋ねました, 小さな豹一, 小娘の, 小屋には, 小笠原流の, 少時まっ, 屋根の, 帰って, 幸太郎と, 床の, 廃球以外に, 強情をは, 彼を, 後を, 微笑した, 微笑みつ早く早く, 心の, 心中ひそかに, 心地よげ, 心配そうに, 怖さ, 怖気を, 思いつく限り, 思いの外上品な, 思いました, 思ったから, 思つた, 思わず叫び声, 急に, 恐る恐る, 悲しくなっ, 意気地なく, 慌てた, 慎重だった, 懸命に, 我慢を, 戦争中は, 手拭いを, 手早くコップ, 打ちのめされた気持, 握って, 握つた手頸, 放蕩者だし金も, 断絶す, 既に一万円近く, 昨夜見た, 昼の, 時々は, 月明の, 本所辺に, 本能的に, 来たれ来たれと, 柿色の, 椅子を, 欄に, 歓然として, 此の, 歩みを, 死の, 毎年夏に, 気が, 気の, 永久を, 沖の, 泣いたり, 泣きそう, 泥跳を, 消印が, 深夜に, 湯にとて, 炊事場の, 無事に, 牧の, 物やさしく, 物を, 物怖, 牽, 狂気の, 独りあても, 狼狽した, 玄関の, 生意気いう, 生酔いの, 田圃の, 田圃を, 申出に, 病を, 痔を, 益々不安, 直ぐに, 相続し, 眉を, 砂山の, 砂山へ, 秘密といふ, 種々な, 空怖しく, 突然さう叫ん, 笛を, 答えました, 糸を, 糸巻を, 紙の, 素早く逃げ出そう, 細心に, 羽織を, 翌日から, 考えこみました, 肌を, 背中を, 自分が, 苦い顔, 苦り切って, 蔵前の, 虫の, 裏に, 覗いて, 覚悟を, 言い渋った, 言うまでもなく貴, 誰にとも, 請求書と, 豹一に, 豹一を, 貰い子を, 赤ン坊の, 足もとに, 足踏みを, 跣足の, 身に, 返事を, 遂に其場, 達磨が, 邸を, 部屋に, 隣へ, 震えながらも, 震え上った, 静かに, 面白い夢, 頭あげ, 頷いた, 頼みました, 頼むと, 首を, 首肯た, 馬の, 高く笑い, 魂の, 黙って

▼ 二郎~ (143, 9.8%)

4 頭を, 顔を 3 家の, 話を

2 [11件] かみさんに, かみさんは, ために, ところで, ような, 前に, 問わず語りでしか, 妻, 肩を, 背中で, 顔に

1 [107件] いる前, おばあさんは, からくりが, ことが, ことに, ことを, ごときまた, ところから, ほかに, ほしいという, ものだ, わきへ, ヨットを, 三人は, 世話ぶりには, 両親は, 乱暴な, 人間心理の, 仕事を, 兄の, 出ようと, 努力が, 労に, 友だちの, 口から, 口によって, 口を, 口車に, 呶鳴りつける, 咽喉の, 在りよう, 墓へ, 声が, 声と, 声は, 太刀を, 妻が, 妻の, 姉の, 姿を, 子孫で, 守を, 安全を, 家へ, 家まで, 家光公の, 家風に, 寝巻姿を, 屍体である, 帰るの, 弟です, 後を, 後姿が, 心には, 心底何とも, 恥は, 悪口を, 悲しい心, 情慾を, 招待ま, 方で, 書こうと, 次に, 武松も, 死骸を, 注進によって, 烈しい呼吸, 父親の, 物語ったところ, 狂乱を, 生れるまでは, 申し出に, 申出さえ, 目とは, 目には, 眼に, 着物を, 知らせで, 私宅であった, 突拍子も, 紙入れが, 耳へ, 背中を, 脱税に関して, 苦悩が, 苦悩は, 表情は, 言うまま, 言葉に, 言葉を, 話に, 足は, 身の, 迎えを, 造ったびっこの馬, 錦小路の, 鍬の, 鍬も, 関係に, 隣に, 面も, 頭に, 顔が, 顔には, 養育や, 鼓膜へまで, 鼾が

▼ 二郎さん~ (120, 8.2%)

4 がいいました 3 のところ, のほう 2 から聞いた, が悪漢, と誠さん, は, を送る

1 [100件] え, かえ, かもしくは, からまるで, が, がいい, がいや, がおまえ, がここ, がたずねました, がパイ, がメートル尺, が乗っ, が何, が叫びました, が告げました, が好き, が染め物屋, が殺された, が用事, が訪れられ, が身, じゃない, その河内屋, そんなに僕, たらほんとに, だって聞き飽き, てば, てまして, でしたか, ですか, という人, という反物屋, とわたし, と二人, と呼ん, と正勝さん, など, にききました, にとびつきました, にもそうした, にももっ, に何, に引, に譲られ, に違い, に電報, のお, のお家, のお株, の下宿, の分, の手並, の枕もと, の泊っ, の泊つて, の綿入, の行方, の行方不明, の言葉, はお, はしばらく, ははや, はひったくる, はバケツ, は不幸, は先, は呑気, は喜んでる, は大, は大急ぎ, は好い, は安心, は捕虫網, は日, は目, は赤ちゃん, は顔, への信頼, もいっしょ, もお母さん, もたいてい, も早く, よりもお嬢さん, よりも正勝さん, よりゃ正勝さん, を代表, を呼びました, を市川, を待っ, を案内, を殺し, を訪ねた, を連れ, 御迷惑, 早くお出で, 知らないの, 見たいに, 見てよ, 覚えて

▼ 二郎~ (114, 7.8%)

3 それを 2 お君, 一しよ, 妻子を, 店内装飾を, 来て, 迎えに, 遊びに

1 [97件] あちらから, いいましたので, いったとき, うけ出し, おずおず横ちょ, お店, かたわらから, きっと何とか聞くだろう, けちだ, この言葉, しつこく訊いた, そういった, その人当り, その問い, その声, その為, たつた一人, ために, はいって, ぶっきら棒, ぼけの, まあ急, また性質, やっと低め, コダックを, サルマタ一ツの, バットを, 上を, 云いました, 云ひました, 亦性質, 人知れず戀, 今井博士と, 今日ある, 六尺棒を, 凧の, 出かけて, 出頭しなけれ, 南洋航行の, 原アサヲ, 去ったとたん, 友われに, 叔母とのみ, 叔母なり, 叫ぶと, 呆気に, 呶鳴った, 呼びに, 四畳半の, 声のみぞ, 声を, 大きな声, 大声を, 大得意, 家に, 容姿の, 寝返りを, 師事した, 幸なき, 庭先へ, 彼等の, 後を, 悶死した, 手続きし, 拵は, 旧歓, 来り放送, 来ると, 欄干に, 気がついたころ, 氷れる, 沈みゆく今, 深き悲しみ, 煙草には, 燃ゆるごとき, 猛気, 生れた, 目と, 目の, 眼は, 知って, 耳には, 腹立たしげ, 苦笑いし, 茶の, 藤吉の, 言っても, 追って来た, 通りかかって, 進み出た, 遊び仲間の, 邸を, 酒と, 隣へ, 首を, 骨を, 黙って

▼ 二郎ちゃん~ (47, 3.2%)

5 のお母さん 2 お馬, と勇ちゃん, はねこ, をお

1 [34件] がふり向い, がポケット, が代わっ, が打った, が見, この方, にうち, にはちょうど, に上げよう, のいま, のお, のおばさん, の兄ちゃん, の声, の釣り, はいいはりました, はいいました, はおしどり, はきまり, はさっき勇ちゃん, はそんな, はどこ, はなに, は勇ちゃん, は外, は月謝, は糸, は自分, もおじいさん, も帰る, をごらん, を見る, 帰ったの, 引いたの

▼ 二郎~ (44, 3.0%)

2 向かって, 喰って, 言って, 頼んだが

1 [36件] あいたまいたるその, いい聞かせた, うれしいこと, その絵, その資本三百円, たかって, 云うの, 仔細を, 借りむろん, 力づけて, 同情した, 同情を, 向かいて, 向ったとき, 問いました, 嫁ぎ夫, 子供の, 強意見した, 手伝わせて, 挑みか, 掛かるの, 敵意を, 昼の, 比ぶれ, 決闘を, 渡す必要, 百貫の, 知れて, 突き落されたの, 義憤を, 聞いた談片, 聞きか, 見せに, 親しみを, 頭を, 頼んだの

▼ 二郎~ (40, 2.7%)

2 見るにつけ, 見る眼つき

1 [36件] あやすかと, あやす言葉, かわいがって, ざまあ, 中心に, 動物と, 呼び正月, 呼ぶ者, 引っ立てて, 恨む気持, 感ずると, 打眺め, 抱いて, 抱き停めた, 抱き緊め, 押しやった, 殴つて, 河から, 無理矢理に, 結びつけて, 自分の, 見あげた, 見た, 見下して, 訪ねたとき, 訪問した, 説得し, 豹一は, 負いたがるので, 迎えて, 返り見て, 連れた藤吉, 連れ出さば, 顧みて, 風呂場の, JOで

▼ 二郎~ (37, 2.5%)

2 われも

1 [35件] あとに, おたね, おとなしくし, お初も, かかる時, この年齢, これで, それが, それは, たいそう驚いた, つりこまれて, どうやら痩せ, ほとほと敬意, また懐, みるみるうち, 何かと知ったかぶり, 入つて, 公然とは, 勘次も, 古傷まで, 含まれて, 呆気に, 小男も, 意地張て, 斯様優しい, 水に, 生地名題の, 自分と, 貴嬢, 返すこと, 遂に返事, 酒の, 附合の, 黄色い木の葉, JO入りする

▼ 二郎~ (37, 2.5%)

2 は兄

1 [35件] が片隅, が目, が言いました, が逃げ出せ, だか, でしたから, と三郎次, と左, と言い, などが夢にも, には生れ, にもお前, に違い, のこと, の肩, はお, はおずおず, はこれ, はこんな, はこんなに, はすぐ, はちょっと, はビクビク, は余り, は小躍り, は心, は武士, は気がつい, は真中, は知らぬ, もとんと, も三郎次, も皆, も逃げよう, を連れ

▼ 二郎~ (35, 2.4%)

3 いっしょに 2 一処に, 同年だ

1 [28件] いった, この私, したためられて, われと岡村, われは, スナップを, 一緒に, 七歳の, 二人し, 云う, 五郎を, 人は, 他の, 侍とが, 別れて, 十蔵とは, 呼ばれる弟, 呼びかれが, 大六, 常三と, 役所詰の, 彼とを, 海陸幾久しく, 物を, 猫は, 称んだ, 稲葉のみ, 袖子が

▼ 二郎~ (31, 2.1%)

2

1 [29件] から保子, がこのごろ病気, が一郎君, が外出, が新た, が椿事, が殺人犯人, が警察, だね, という中学一年生, とが真実, と殆ど同時に, と筆記者建宮君, などがおり, に可, に嫌疑, に限らず, の一家, の光弾性的研究, の外, の家庭, の恋, の無罪, の部屋, は報酬, は死亡, は自白, を犯人, を疑う

▼ 二郎~ (19, 1.3%)

2 の談

1 [17件] が, が真面目, が総代, である, と犯人, などの小説, などは随分, などを知り, に示し, の, の失踪事件, の好意, の恋, の歌集, は次, も, を排斥

▼ 二郎という~ (16, 1.1%)

2 老人の

1 [14件] ことし十四歳に, ものは, 人が, 名代の, 名前さえ, 子供が, 男が, 男であった, 者この, 者だ, 若者であった, 越後の, 道楽者, 青年技師と

▼ 二郎には~ (13, 0.9%)

2 ちくちく胸, 子供が 1 あらず燃, 全く見当, 嬉しかった, 左に, 悲しき木陰, 旧歓, 自分の, 自然な, 風流に

▼ 二郎~ (11, 0.8%)

1 [11件] が大夫様, が逝去, でございましょうが, と仰, なき後, にもしも, ねそれ, のほう, は同じく, へだけ内密, もお

▼ 二郎とは~ (8, 0.5%)

1 おやじの, すなわち貴, 何人なら, 口を, 明朝を, 未だ同衾, 殊に仲よし, 無くて

▼ 二郎~ (8, 0.5%)

1 あの大きく, いくらお隣, この広い, この道, すこしお隣, どうかした, 下役人たちの, 僕も

▼ 二郎国長~ (8, 0.5%)

2 の館 1 がいまさら, とをその, の矢さき, の郎党, はこの, も死んだ

▼ 二郎おれ~ (7, 0.5%)

2 はお前 1 が霊, の腕前, はそんな, は御前, は昔

▼ 二郎お前~ (7, 0.5%)

1 お父様, がむやみ, どうする, のお, はお父さん, は現在, もやっぱり

▼ 二郎~ (7, 0.5%)

1 がゆうべ, が最初, なの, に呼吸, の怒り, の酔い, までが座蒲団

▼ 二郎~ (7, 0.5%)

1 成っ敵, 景とて, 景など, 景なら, 景なり, 景のみ, 景二十五歳殉死す

▼ 二郎三郎~ (5, 0.3%)

1 と名, の三人, の二人, の顔かたち, を眼

▼ 二郎さま~ (4, 0.3%)

2 では 1 でご, です

▼ 二郎それ~ (4, 0.3%)

1 じゃいつ, じゃ御膳, につづい, に師匠

▼ 二郎~ (4, 0.3%)

1 あつたらう, 六貫文に, 母と, 牧野信一小林秀雄中島健蔵河上徹太郎かう

▼ 二郎右衛門~ (4, 0.3%)

1 の門下, はからから, は笑っ, も達人

▼ 二郎御前~ (4, 0.3%)

1 がいなくなる, にだってそう, は幸い, 見たいに

▼ 二郎その~ (3, 0.2%)

1 人であっ, 壇の, 武松さんとは

▼ 二郎といふ~ (3, 0.2%)

1 のから, 人は, 男から

▼ 二郎にも~ (3, 0.2%)

1 それから丁稚, ばば様と, 挨拶一つしなかった

▼ 二郎少年~ (3, 0.2%)

1 が拾っ, が蜂矢, の目

▼ 二郎竜八~ (3, 0.2%)

1 とて二人, の二子孫, はこの

▼ 二郎義綱~ (3, 0.2%)

1 が見えました, は塩冶, をたよっ

▼ 二郎~ (2, 0.1%)

1 ぬしは, 養子ニす

▼ 二郎から~ (2, 0.1%)

1 帰って, 金を

▼ 二郎ここ~ (2, 0.1%)

1 だけの話, はどこだい

▼ 二郎この~ (2, 0.1%)

1 二人を, 度は

▼ 二郎さんとこ~ (2, 0.1%)

1 に煙突, へもサンタクロス

▼ 二郎である~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 二郎とが~ (2, 0.1%)

1 乗って, 相対し

▼ 二郎どうか~ (2, 0.1%)

1 おれを, したか

▼ 二郎~ (2, 0.1%)

1 朝倉より, 面会致す

▼ 二郎また~ (2, 0.1%)

1 もスルスル, 御母さん

▼ 二郎~ (2, 0.1%)

1 なども, もみな

▼ 二郎及び~ (2, 0.1%)

1 その他の, その家族たち

▼ 二郎君僕~ (2, 0.1%)

2 はもう暫く

▼ 二郎太郎三郎川~ (2, 0.1%)

2 に日

▼ 二郎実は~ (2, 0.1%)

1 少し云い, 頼みが

▼ 二郎建物~ (2, 0.1%)

2 の角

▼ 二郎~ (2, 0.1%)

1 秀, 秀と

▼ 二郎殿~ (2, 0.1%)

1 でで, もお蔭

▼ 二郎泥棒~ (2, 0.1%)

1 が送られた, と余儀ない

▼ 二郎爺さん~ (2, 0.1%)

1 が若い, と子供

▼ 二郎直実~ (2, 0.1%)

1 などという豪, の権太栗毛

▼ 二郎相手~ (2, 0.1%)

1 の油断, はこんな

▼ 二郎老人~ (2, 0.1%)

2 の話

▼1* [200件]

二郎ある技巧は, 二郎あれを御覧, 二郎いざったままに, 二郎おとなしくしねエか, 二郎お初の恋, 二郎お母さんは先刻, 二郎お父さんのはお, 二郎お茶を持っ, 二郎かの時は, 二郎からはよ帰って, 二郎くんが知っ, 二郎この間の問題, 二郎こんな場合にも, 二郎さんあなたも手, 二郎さんあなた下宿なさるん, 二郎さんあなた仕度は好い, 二郎さんお前さんはどうか, 二郎さんお隣のお家, 二郎さんここが大事, 二郎さんわたしじゃいけない, 二郎さんサンタクロスのお爺さん, 二郎さん一人ですから, 二郎さん久しぶりに相撲, 二郎さん二郎さん早くお出で, 二郎さん今になっ, 二郎さん僕の予言, 二郎さん写真は見たでしょう, 二郎さん同様今も武ばった, 二郎さん喫驚したでしょう, 二郎さん始めお直さん, 二郎さん川越の老母, 二郎さん敵討ちなら早, 二郎さん訴人が突っ走っ, 二郎さん隣のおばさん, 二郎しからばなんじ, 二郎そう三人が, 二郎そこの二階, 二郎そだたきその御, 二郎それから江戸の, 二郎そんな法が, 二郎たといお前が, 二郎だから道徳に, 二郎だけは人足たちの, 二郎だの安藤太郎だの, 二郎だまっておい, 二郎ちゃんあすこがいい, 二郎ちゃんお前さんは何, 二郎ちゃんびっこの馬は通った, 二郎ちゃんメロンが, 二郎ちゃん僕先へ帰る, 二郎ちゃん遊びにきた, 二郎ちょうど好いところ, 二郎ちょっと話が, 二郎ついでに妾, 二郎ですよ, 二郎でも同じこと, 二郎で挟み打ちに, 二郎とかいえる実名, 二郎としては品川くんだりまで, 二郎とてもわれとても, 二郎とで芳江姫を, 二郎とともに倶楽部を, 二郎とも称し候, 二郎どこへ行く, 二郎どのを良人, 二郎どんな怪異に, 二郎んだ, 二郎なぜ肝心な, 二郎などの若者は, 二郎なんぞ金を, 二郎にとって母以上の, 二郎にとっては豹一が, 二郎に対する罪深い仕, 二郎しよ, 二郎はげに泣かざるなり, 二郎への愛着か, 二郎ほどの男も, 二郎まず入りて, 二郎までうれしくて, 二郎やっぱり百姓家な, 二郎やむを得ず宝丹取りだし, 二郎やや蒼白な, 二郎俺は, 二郎ら下役人の手配, 二郎われらまたいつ, 二郎ガ来テ帳面ヲ出, 二郎グルリと周囲, 二郎トイウ仁ガ有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 二郎御頼, 二郎た, 二郎パッとばかりに足踏み, 二郎ピッシリ平打ち撲り倒した, 二郎ポンと飛び返る, 二郎モロにうしろへ, 二郎一束の手紙, 二郎一歩下がって, 二郎一瞬ヒヤリと胆, 二郎三木三郎内に置候, 二郎三郎松冠者宮太郎太郎冠者及ビ檜枝又三郎, 二郎下総の子安利平治, 二郎丸三郎丸らの幼子, 二郎丸君の御, 二郎丸様は当年, 二郎二人で行こう, 二郎二郎とは何人, 二郎になっ, 二郎今朝ちょっとあの, 二郎以下たくさんな戦死, 二郎以下五人の兵, 二郎伊豆公夫その他新進気鋭の諸氏, 二郎佐原太郎多多良, 二郎だってそんな, 二郎何とか云わないか, 二郎何故肝心な, 二郎保元の弓勢, 二郎偽りの涙, 二郎兄さんの機嫌, 二郎六兵衛それに本店, 二郎六兵衞それに本店, 二郎内山省三浅川巧の諸兄, 二郎前田夕暮等の友情, 二郎化かされたような, 二郎卑怯な態度, 二郎博士によって開拓, 二郎弟惣吉は, 二郎受けて火花, 二郎右横に避け, 二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 二郎合同の歌舞伎劇, 二郎君櫻井平喜君と共に催された, 二郎国長殿も今夜限り草葉, 二郎外国語学校の水野繁太郎氏, 二郎大森禅戒の諸氏, 二郎妙信は色々, 二郎子分は島造, 二郎学者ってもの, 二郎に現れた, 二郎安川らの一行, 二郎安蔵のふたり, 二郎実際今の, 二郎寺島一夫河野重弘等の同志たち, 二郎将国といふの, 二郎少し御前に, 二郎山口辰之介海後磋磯之助, 二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 二郎左衛門の所望, 二郎帰って来る, 二郎幸村の鍛, 二郎往生しろ, 二郎俳人落柿舎去来と, 二郎御苦労だったね, 二郎復左其弟三木三郎醇が並ん, 二郎忠頼が, 二郎打ち惑いたる, 二郎早く早く貞二と, 二郎時行と名, 二郎本当に驚いて, 二郎来ないか, 二郎来り十月是非使っ, 二郎来る八月の, 二郎東京上りの刺戟, 二郎桜井仁平永沼政吉田野入利三郎, 二郎梁川星巖春日などの名, 二郎森島二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 二郎のケラ首, 二郎様それがやられる, 二郎欠点といえ, 二郎次にわがため, 二郎殿年若きにも, 二郎殿碁はお, 二郎氏富山藩では磯部四郎氏, 二郎を悪く, 二郎決して決して油断は, 二郎涙ぐんでいる, 二郎玄武三郎に朱雀四郎, 二郎理学士によって蒐集, 二郎町越後町旅籠町南が大川, 二郎直家がまるで, 二郎石丸重治らとこの, 二郎祐親の軍勢, 二郎空腹ならずや, 二郎築山のうしろ, 二郎義助である, 二郎義助さまで, 二郎義助以下大館宗氏, 二郎義澄は, 二郎自身であったこと, 二郎色部修理安田治部などが喚きかかる, 二郎艶書を開い, 二郎葉末はツッ, 二郎薄田与五郎などは問われる, 二郎西洋小間物の店, 二郎ている, 二郎謡曲か何, 二郎述べおわりて座, 二郎は昨夕どこ, 二郎重光が頼朝公, 二郎面白いだろう, 二郎飛ぶがごとく, 二郎驚いちゃいけない