青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「以後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~ 以下~ ~以前 以前~ ~以外 以外~
以後~
以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~

「以後~」 3690, 40ppm, 2920位

▼ 以後~ (1117, 30.3%)

19 ことである 18 ことで 12 日本の 9 ことは 8 ものは 6 時代の 5 事である, 彼の, 彼は, 日本は, 時代に, 詩人は 4 ことを, ものである, ものと, 事だ, 歌は, 物ばかりと, 私の

3 [13件] かれの, ことと, ものが, もので, ものであり, 事なり, 事を, 作品の, 作家たちの, 婦人の, 彼が, 歌よみの, 見せしめに

2 [59件] ことが, ことだ, ことだった, ことであった, ことであります, ことであろう, ことでなけれ, ことに, ものに, ように, ゴーリキイ芸術に, プランを, 世の中との, 事だけ, 事で, 事情を, 事柄は, 人世は, 作品には, 作品を, 俳人の, 内閣中に, 内閣中最も, 分は, 各篇, 国と, 外出は, 大隈伯は, 太田は, 平安朝近代の, 年代を, 思想を, 支那の, 政府は, 数日は, 文人は, 文学, 文學には, 新らしい, 日本人は, 時代は, 時間を, 書き物に, 歌の, 武鑑には, 武門の, 歴史は, 歴史も, 氏の, 民衆の, 消息は, 消息を, 美人画によりては, 言葉で, 詩は, 詩人が, 諸作, 谷崎君の, 韻律を

1 [830件 抜粋] あまたの, あらゆる諸, いくつかの, いつでも, いわゆるドイツ浪漫主義, おあし, お歌は, かう云, かしましく苦しい転向, こうした文化的自由主義, ことかも, ことだろう, こととして, ことも, ことらしかった, この口語体表現, さだかならぬ, すべての, それに, それらで, つまり萬延, どの時代, ぶさたの, またその他, ものだけに, ものであるべき, ものであろう, ものとしても, ものとに, ものなどは, ものにも, ものの, やうに, わずか十八時間, アメリカの, アンネットを, イヤに, インテリゲンツィアに, オペラの, クラネクの, サーニズム全盛を以て, ソヴェト社会が, ドイツ哲学は, ファシスト事務総長国民軍指揮官学士院長国防特別裁判所長総, ブルジヨア作家の, プロレタリア, ベートーヴェンは, マホメット教徒の, モダアニズムの, ユダヤ文化は, レコードだけでも, ロシアの, ロシア青年を, ワラタ号を, 一人と, 一人なり, 一大巨峰であった, 一生五十年姫樣には, 一般の, 七百年の, 万葉歌人等で, 三ヵ月だけ, 下痢は, 不自然な, 不遇が, 世の中は, 世情が, 世界の, 中国情勢や, 主なる, 主君の, 乱暴を, 予定を, 事が, 事であった, 事であろう, 事でなけれ, 事な, 事なるべし, 事實あれ, 事蹟とともに, 事蹟には, 二十年間の, 二条伝統は, 二条派の, 五刑の, 五百年即ち, 五箇年間の, 交際の, 人々が, 人々で, 人々には, 人で, 人に, 人に対しても, 人は, 人も, 人人の, 人士は, 人形が, 人民たる, 人間と, 人間には, 人間生活は, 今の, 今人, 今日まで, 仏画の, 代は, 伊吹の, 伝承に従って, 伝来は, 伝説たる, 作であろう, 作とは, 作中から, 作品に, 作品は, 作戦は, 作用については, 作者の, 俗体は, 俗流唯物論や, 信長は, 修養は, 俳人たちの, 俳人も, 俳句が, 個人主義的芸術至上主義と, 僞作と, 僧侶の, 先生の, 克己と, 公家生活には, 兵法第, 内紛や, 写真店の, 冬の, 出來事だ, 出典, 出来事だ, 出来事を, 分と, 分も, 剛毅大志の, 勅撰集に, 勅語などは, 勉強を, 包みは, 北支那は, 十カ年に, 十日間, 十餘年間は, 半生も, 占星学では, 即ち之, 反動時代で, 反民主性, 取扱いは, 句との, 句には, 史実に, 史書にも, 各種の, 合戦に, 同じ問題, 名稱, 呉一郎の, 和歌集が, 哲学それが, 哲学の, 哲學フィヒテシェリングヘーゲルなどの, 四年間に, 四年間英国中の, 因縁までも, 国史を, 国家連合の, 国民政府乃至, 国民生活から, 在り方を, 地方的動乱の, 地理的発達による, 報告は, 増加率から, 士気にも, 変化であった, 変遷も, 夏目さんは, 外国の, 多くの, 大公儀, 大圓朝, 大家と, 大小の, 大戦の, 大衆小説, 天候の, 天才と, 天皇の, 天皇は, 夫婦生活に, 奥州人の, 女学生には, 如く多く, 子供の, 子孫が, 学者社会に, 安否は, 安泰を, 実際を, 宦官は, 宮廷生活が, 家屋は, 対象概念の, 封建制を, 小児に, 小著中より, 小説と, 小説を, 少年の, 少年期に, 尾張は, 巨匠だ, 巴里の, 平家事情は, 平民画壇は, 幾つかの, 幾十日も, 広小路界隈に, 建立で, 弁証法の, 弁証法唯物論的弁証法唯物史観階級闘争等の, 弟子で, 形をと, 形式とでは, 彫像, 後醍醐軍の, 御作だ, 御政道, 御用学者は, 御製で, 忍苦を, 忠誠を, 念仏宗の, 急発展, 悪党らしい, 悲劇が, 悲哀寂寥に, 態度で, 態度を, 慣例と, 憎しみや, 懲らしめたとへ, 成長と, 戦乱社会では, 戦争のみを, 戯曲は, 戰亂と, 所は, 所産で, 手紙の, 手際なり, 捷報も, 提擧市舶としては, 支那文学の, 放送を, 政治には, 政治家は, 政治的情勢に, 教育の, 教育を, 数十年間を, 数年間が, 数百年あるいは, 文は, 文人の, 文壇に, 文学では, 文学に, 文学を, 文学作品を, 文学思潮文壇の, 文学的年代は, 文學から, 文學が, 文明に, 新しい層, 新しい詩, 新人の, 新傾向, 新様式, 新派の, 新産物, 新鋭船を, 方言区域であっ, 旗じる, 日の, 日本が, 日本に, 日本には, 日本人の, 日本文学ぐらゐ著しい, 日本文学史は, 日本軍は, 日記である, 日記には, 明君である, 昭和へ, 時代においては, 時代を, 時期である, 晩周の, 景樹の, 暗黒乱麻な, 暗黒時代を, 書で, 書に, 書の, 書留と, 最初の, 有り様は, 期間を, 札多く, 朱子の, 材料とを, 東方との, 棠軒日録を, 極端な, 様々な, 模倣者に, 欧州の, 歌が, 歌には, 歌人の, 歌及び, 歌集に, 歌風の, 正史野乘に, 正成と, 武家政治も, 武家政道, 武田麟太郎, 歩み, 歴史であった, 歴史家に, 歴史家は, 殖え方, 殺人と, 氏子は, 民は, 江戸の, 江戸文化の, 法令には, 洋学者という, 流行を, 流行語の, 浜松からの, 浮世絵は, 浮世絵人物画の, 浮世絵美人は, 混乱期に, 清子に, 源氏とは, 源氏或, 滅茶滅茶ぶりを, 演劇は, 演技者は, 演説会は, 災変, 無秩序な, 燒物は, 物百四十四点と, 物語りで二人, 物騒な, 特別目立つた, 状況を, 猫か, 現金主義な, 理論へ, 生い立, 生死も, 生活に, 生涯を, 生理学の, 産物であった, 用語例を, 画やら, 画家中に, 発句の, 発達とばかりは, 発達を, 百星に, 目録には, 目録は, 短歌に, 研究会はなやかであった, 社会が, 社会に, 祝詞の, 神学を以て, 神話学界の, 祭文である, 禅味を以て, 福沢諭吉である, 秀吉の, 私に, 私は, 私達も, 科学の, 第一人, 第一人者と, 米友という, 精神的及び, 約半月, 素晴らしい種類, 経済学または, 経験が, 絵画, 繊美な, 織田家の, 美, 群雄割拠時代が, 義貞の, 習慣であり, 考へ方, 者とは, 肝心な, 自分という, 自分の, 航行制限を, 花袋自身は, 芸術と, 若い人, 苦しさ, 苦みいよいよ, 英文学評論の, 著訳, 藤村の, 蜀の, 行動が, 行動は, 表は, 複雑な, 西欧彫刻は, 西田哲学, 見せしめと, 規則を, 言語では, 記事である, 記憶も, 記録です, 記録簿における, 詠みぶり, 詩を, 詩人の, 詩壇における, 話いろ, 話である, 話も, 誤解を, 読み物で, 調子である, 諡は, 諸国の, 諸大名諸公役, 諸書, 諸聖徒, 諸運動, 警戒は, 豪傑なる, 責任は, 賤業者は, 趣向歌或は, 足利勢は, 近世の, 近代音楽に, 進境を, 運動については, 運動音楽に, 道である, 道徳とを, 道徳を, 部下だった, 銀座には, 銅器には, 鎖港交渉主義を, 長い, 長い生涯, 開化時代に, 雲浜は, 革命時は, 頃から, 頽廃し始めた, 顔二個とを, 風雨にも, 飢饉年である, 高山右近も, 鯛は, 黒田清輝氏たちの, 黙阿弥作として

▼ 以後~ (428, 11.6%)

4 私の 3 次第にその

2 [17件] これを, その武家屋敷, それが, たしなむが, ならぬぞ, 他の, 代助, 如何に, 完全な, 急速に, 慎め, 更に混雑, 殆ど団子坂の, 決してそういう, 私は, 蔭で, 趣味家です

1 [387件] あきらめて, あの男, あまりに意味, いかに此方ら, いさ, いっさい口に, いつでも, いろいろ取締り, おのずから山木, お見知りおき, かならずみだりにうごく, きっと慎め, きっと気, きっと酒, こっちにも, このきみ, このこと, この一廓, この平凡, この文化同盟, この老, この通り, こまかい描写, これまでの, こんなこと, ご当家, ご注意, さう, さして大きな, さらに土台的, さる事情, しいて開けよう, しなくなりまして, すこし戦がやん, すっかりしずか, すっかり破られ, すべての, ずっと行なわれ, そこに, そちら些か, そのこと, その名乗り, その禁, その禁制, その芸, その闘争心, それで, そんな事, だんだんに, ちと場所柄, ついに被害, てんで見向き, できるだけ変体仮名, ときどき詩壇時言, とても真犯人, どうかほうっ, どうした, どうも僕, どっちも, なおはつきり, なお繁忙, なくなって, なにもかも放擲, なるべくつつしん, なるべく小石川, ふかく反省, ふっつりと, ふっつり道楽, ほかの, ほぼわれわれ, ほんの数える, まことに貧乏, また他日, また忽然と, まったくその, まったくたより, まったく山, むしろ色彩, めぐりあえないで, めっきり廃れ, めったに御, もうなかっ, もう何ら疎通, もっぱら兵, やぶれかぶれ, やるたび, やるもの, よい酒, よくよく心せられよ, よく注意, よけいに, わが家の, わしの, わたくしども小姓組の, エルンストの, クイッククイックスローなど, コッペと, ドイツ哲学の, ネストル教の, ホテルに, 一切世の, 一切近づける, 一向に振, 一日に, 一汁一菜か, 一軒も, 一錢も, 七つに, 万事滑らかに, 三度でした, 三曲線とも, 下駄も, 不思議な, 両国の, 中期に, 二円ずつ, 云い申さぬ事, 五厘を, 人の, 人体の, 人間が, 仰せの, 佃と, 佐多稲子が, 何かに, 何もかもストップ, 何んな, 何度この, 余りに智謀, 僕等二人で, 儒教が, 元弘における, 入場で, 全くこれ, 全く一行, 全く入ってない, 全く実験助手, 全く時代, 全く疎, 全く疎隔, 全く途絶え, 公羊學に, 共産党が, 内丹, 内蒙, 出かけること, 出仕も, 初めに, 加速度的に, 勝手な, 化け物や, 十分心を, 南支那が, 南支那の, 又八どのの, 叔父の, 口を, 古着屋の, 可成小石川, 右将軍として, 向うの, 君主のみが, 吾人の, 呉羽嬢が, 品格が, 唐僧道栄, 喧嘩口論を, 四時半, 固有の, 国家は, 国家問題に, 国民戦争と, 国際法上の, 地方の, 堂々たる大乗仏教, 堂を, 墮落し, 士族屋敷も, 変動を, 外国の, 外国人を, 多く振るわざりし, 大いに人物画, 大いに寺域, 大いに騰貴, 大体天候も, 大分金に, 大和丹波市外六人の, 大臣の, 大體實物, 天子の, 如何なるよき, 如何なる場合, 妻帯を, 妾が, 妾と, 姓も, 婚姻は, 子供の, 子供を, 官吏のみを, 宮が, 宿直の, 實際目を, 尊氏方へ, 小人の, 屹度慎んだ, 峨山で, 嶮を, 左方に, 平安末, 年々行われた, 幼君の, 庭先を, 廃絶した, 弟の, 当分無, 当時から, 当然今, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼を, 従来国造と, 御辺, 復た, 必ずあの, 必ず夜, 忘れたフリ, 念には, 急に, 性欲どころで, 恐らく日, 慎む, 慎もう, 應仁文明より, 戦時においても, 手離すで, 技巧も, 技術上の, 探題と, 改心し, 政府に, 政江の, 政治でも, 政治的にも, 政界に, 文学的な, 断じて宅, 断じて罷りならぬ, 旅人は, 旗岡剛蔵と, 日ごとに, 日本では, 日本の, 日露戦争の, 明けても, 明治座で, 春夏の, 昼夜なき, 時には廃址, 時の, 時期を, 普軍に, 暫らく韜晦し, 更に余, 最早あらゆる, 村へ, 条々慎ん, 来るとも, 東京から, 東京じゃ, 格別その, 検非違使の, 極めて僅少, 横溝君に, 機関誌, 次第に下り坂, 欽吾が, 正団員, 此が, 武田残党の, 殆ど著しい, 殊に誇示, 殴られなくなったろう, 段々と, 段々墮落, 母の, 母子は, 毎年ごとに, 毎年同じ, 毎日公判廷に, 気を, 水道端町一丁目二丁目に, 決して再び被害者, 決して妻帯, 決戦戦争が, 法名崇鑑を, 注意するこった, 洛中平家一色と, 流石に, 深く気, 深夜の, 清書も, 溜池署の, 漸次その, 澄見, 熱帯に, 父も, 特に人的資源, 理否を, 異国人渡来候とも, 當時の, 發表された, 皆的屋の, 皆編年と, 皇位への, 益々クサッ, 盛り場の, 直ぐに, 研究会事務所, 確かな, 神を, 神代の, 神号が, 神筮降霊の, 秀吉の, 私が, 穀物の, 空白と, 窓も, 簡素の, 約十日, 納税金を, 紙と, 絵画のみ, 絶えたので, 絶対に, 絶滅した, 総体として, 緞子が, 美妙が, 自分の, 自分も, 自然の, 自由の, 船員の, 良民に, 若干の, 茶人に, 華々しさ, 萬延元年末飽, 藩士尊攘派にたいしては, 衆人周知の, 行いを, 衣食住に, 見えないとの, 見るかげ, 規模が, 許さないから, 読まないの, 誰も, 論ずるに, 謀反惡逆等の, 謹むが, 貫名流で, 貴様にも, 農より, 農民に, 近代を, 通り違う, 通詞たるべく, 遠慮し, 郷里に, 醴酒を, 鉄舟と, 錦小路と, 防火扉を, 雄を, 青山北町四丁目に, 非常に, 頓と, 食事の, 餘り, 高氏を, 鰐淵寺の, 龜卜の

▼ 以後~ (280, 7.6%)

10 なって 9 なると 7 於て 4 なっても, 新たに 3 あっては, なりますと, 於いては, 於ても 2 この世に, なれば, 出来たもの, 及びて, 在りと, 於ては, 至って, 連続し

1 [218件] あらわれたよう, あり, ありてかの, ありと, あり今日以後, あると, あるの, あるので, ある処, いたっては, いらっして, おくりもの, おこったところ, おこなわれた皇室中心, おりおり雑誌上, かいたムーシナック, この部屋, これらの, こんなよう, しようかしら, せいぜい一尺, それぞれ傾向的な, ぞくして, できた美しい, なったとき馘首, なった分, なってから, なってからが, なりました, なりまして, なります, なり立つた生活樣式, なるけれども, なるでしょうから, はじめて名, はじめて生じた, ほとんど一枚, もはや変化, やった岩崎, やっと戸塚, やるので, やる者, エタと, ダメス王の, ロッチェが, 一茶なし, 下げられたとしても, 会うこと, 位置の, 佚亡し, 作られたこと, 作られたとしても, 作られたの, 作られたもの, 作られた仏教経典, 使用される, 偏し, 傑出した, 儒家の, 入蔵を, 全人民, 其の體裁, 再興し, 出た侠客, 出た美学者, 出た重, 出れば, 出来た他, 出来た唯識, 出来た怪談劇, 出来た町名, 出来ましたもの, 刃の, 刃を, 創設された, 加えられたもの, 動いた形跡, 及び一般, 及ぼすところ, 及ぼそうという, 及んでは, 吾輩が, 唄われたもの, 唐土から, 國學が, 在つて, 在るという, 在るといふ, 在るなり, 変じたもの, 外出する, 外国から, 多いよう, 多量の, 大将軍贈, 太陽が, 始まったこと, 始まって, 始まつたこと, 始めて, 完成した, 属す, 巧拙は, 建てられた宮殿寺院, 建てられた小学校, 形成せられた, 彼は, 彼ほどに, 得た新しい, 復び其の, 急激な, 慣用された, 成つた事が, 成ると, 成れるもの, 成長し, 戰爭といふ, 手を, 新しく作られた, 新しく出, 新しく発見, 新に, 新國學, 於いて, 於いても, 於ける, 於けるわが, 於ける二人, 於ける仏教的, 於ける儒教的, 於ける同, 於ける宦官, 於ける帝國, 於ける店以外, 於ける弁証法, 於ける東京下層社会, 於ける淨土宗, 於ける詩, 於ける近代, 於ける近代登山, 於てのみ, 日本の, 日本人によって, 書かれたもの, 書かれてを, 月日の, 月日は, 来るか, 来る大抵, 東久邇の, 松陰に, 板行せられし, 栖鳳なし, 植え替えられた何代目, 次回興行の, 此方は, 武士道が, 気の, 渡来した, 漸く, 潜在する, 無くな, 無し, 爆発する, 現はれ, 現れた, 現れたの, 現われた形而上学, 生きた余, 生じた, 生まれたせい, 生まれた我々, 生まれファラデー, 生れたわれわれ, 生れた子供, 生れた男, 當れる, 発して, 発生した, 発表した, 発達した, 發船する, 發達し, 相違ない, 移るの, 竄亂された, 章學誠の, 經濟界は, 継続し, 至りその, 至りては, 至るまで, 萩が, 行くべき国, 行ひます, 行われる例, 複雑化され, 親殺しは, 諸子は, 谷風なし, 貴ばれた刻絲, 起こる精神的革命, 起った文学, 起った肉体上精神上, 起つた主義, 起る訳, 足が, 輩出した, 重ねた事, 關する, 附け加, 限つて隋以前に, 限ります, 限る, 限るやう, 陥った泥, 顕はれる, 高さ二百三十尺

▼ 以後には~ (74, 2.0%)

1 [74件] あまり流行らなかつた, いくつか, ことごとく, この国, この種, さよう, すべての, その慣例, それが, それは, たしかにあ, ついぞ二度, つまり幽霊, どうしても一遍, また杳, まだ曾, もう見え出した, よくよくの, パンゼラの, 一つも, 一旦公民権, 一般民衆までが, 二人の, 人類の, 低級な, 何らの, 何等の, 全く宰相, 全く廃止, 公文の, 出入り屋敷という, 分類に, 名ある, 和算に関する, 土地の, 地主の, 外国市場と, 大宝令に, 大英国, 幾多の, 弟の, 当時の, 彼の, 後宇多天皇, 復分家を, 提灯を, 早く寝さし, 時々登城, 時には本, 桃湯の, 橋口五葉氏や, 殆ん, 殊に石川数正, 民間の, 民間舞踊の, 決してあり得ない, 決して起こらなかった, 流行し, 浪人の, 物語は, 皆無だ, 益其の, 相当に, 短い口髭, 社会から, 誰も, 諸大名, 趣味的に, 農民一揆と, 通用せぬ, 野史と, 静心の, 頗る衰, 鼠穴に

▼ 以後~ (70, 1.9%)

2 不安なかるべし

1 [68件] ことによる, さうし, さしたる活動, そうであり, その影響, その旧態, その過程, その門人国貞国政, ただの, ただ世間並み, たびたびそれ, なお八百年, ぬからず御, はかばかしくなく, またしかり, また用, また用いる能わざりき, また長く, やはりその, ペンを, 久しく最大, 今も, 以前と, 何かと忙しい, 何度か, 依然物静か, 依然物靜, 六条家伝統の, 同一では, 同様に, 城を, 変りなく, 宮方と, 實行され, 山から, 度々の, 引きつづき隠微, 当然常に義経, 彼は, 従前の, 御注意願上候, 支那人の, 數百年間は, 日記を, 旧態依然として, 昨日以前同, 梁諧夏珪馬遠, 次々に, 武者所詰の, 歴代の, 歴代行幸は, 殆ど毎日, 殊勲の, 河北軍は, 消耗戦略の, 父母舅姑の, 眞の, 神社との, 私が, 私は, 絶えなかった, 絶えること, 継続された, 義昭の, 読者から, 輸出するであろう, 長くこの, 関係が

▼ 以後今日~ (29, 0.8%)

6 に至る 2 に到る

1 [21件] では大分カナ書き科名, では稀, で十三日目, にいたる, に及ん, に在, までとの長, までに私, までに行, までの苦い, まではただ, までもそう, まで三十八日間, まで世界, まで同様, まで呉青秀, まで始終, まで日本国民, まで異常, 迄幸, 迄繼續

▼ 以後~ (27, 0.7%)

3 は削除

1 [24件] あつた, あつたらう, あの上落合, あらう, それから後, それ以前には, それ以後の, はあった, はあるまい, はだめ, はなかっ, は十五日, は周, は数字, は私, は第, は若干, 其初めの, 前述の, 古くは, 家橘, 平家の, 旅人の, 祭りの

▼ 以後にも~ (25, 0.7%)

2 以前と

1 [23件] あること, いろいろの, ございます, ない訣, ない訳, なりますと, まづ類例, 以前にも, 刈るが, 唐初五經正義が, 大いに其, 存在し, 存在しない, 志野は, 手近い, 日本の, 昼夜数度の, 残つた民俗の, 相変らず, 社会は, 種々の, 虫干の, 重要な

▼ 以後から~ (24, 0.7%)

1 [24件] あらゆる娯楽道楽, この家, その瓦解時代, だったよう, だん, つい室町幕府, であった, であるらしい, でなければ, はじめて現れた, 体の, 十年の, 夜までの, 始まって, 居住を, 戦国時代にわたる, 明治にかけての, 明治維新に, 昭和戦前までの, 暫くが, 神社は, 自分の, 鎌倉期にかけての, 開場する

▼ 以後その~ (24, 0.7%)

2 描かれたる人物

1 [22件] あとへ, ことについては, ような, シャンマティユーという, 事に, 任を, 俗廃れ, 危惧は, 吟咏に, 場所で, 壇ノ浦へ, 大患は, 徳川家を, 必要の, 晩年をば, 池に, 消息を, 牢人の, 着た振袖模様, 語學と, 説を, 通りを

▼ 以後~ (22, 0.6%)

2 書き続ける勇気

1 [20件] あまり褒めず, かくという, きっと慎みおれ, どんな風, 人間と, 僕は, 冬と, 大入り場として, 慎むの, 指すの, 斥し, 書かうと, 注意せしむれ, 現代と, 知らず以前, 見ないという, 詳しく言, 誡めて, 誡められ, 高くかかげる

▼ 以後この~ (19, 0.5%)

1 [19件] 世の中は, 二種の, 取次が, 地方にも, 家へ, 意識と, 日の, 時が, 模造碑は, 武士道ドラマは, 法律は, 社会的常識の, 禁止は, 種の, 統帥権干犯問題には, 花嫁の, 谷の, 青年に, 鯨の

▼ 以後~ (19, 0.5%)

1 [19件] と呼ぼう, のポケット, の世界, の主, の心, の愁訴, の最初, の示した, の粗暴さ, の進退, はもう, はオリヴィエ, は以前, は公務, は小城, は毎晩毎晩, や勝家, れの, をこの

▼ 以後~ (16, 0.4%)

3 なると

1 [13件] いつて, なって, なっては, 云って, 云は, 区別した, 同じく, 御あきらめ下さい, 文字通り一致する, 朱書し, 考へて, 見て, 雖も

▼ 以後~ (16, 0.4%)

2 は馬場

1 [14件] が時々, が眼, というもの, のため, の失敗, の家, の調べ, はずっと, はもう, は度々, は彼, は氏, は腸管拷問法, 共に近寄れない

▼ 以後日本~ (15, 0.4%)

1 [15件] では支配層, で最初, などでよく, におけるラジオ, にはそれぞれ, には多く, には獣肉, に対する支那, のファシズム, の政府, の海賊衆, の社会, の科学, の若い, の造船術

▼ 以後における~ (13, 0.4%)

2 日本唯一の

1 [11件] ムク犬の, 公けの, 和算界の, 天文学の, 政事上の, 新賤民, 日本の, 東西洋の, 欧洲の, 歌舞伎劇の, 近世産業の

▼ 以後~ (12, 0.3%)

1 [12件] ぬしは, 互に殆ど, 味方の, 慎みは, 昵懇に, 耳に, 見知りおきくだされい, 見知りおきを, 見知りおき下されましょう, 託し, 馬の, 鳥とは

▼ 以後において~ (10, 0.3%)

2 しかも華麗 1 あやまつて, であり天, 初めて徐々に起っ, 勇悍に, 日本の, 歌人四人を, 盛んに, 都鄙の

▼ 以後~ (10, 0.3%)

1 別懇に, 奉公に, 引合在, 心易く, 父子の, 相談は, 見知り置き, 見識り, 見識り置き, 見限り

▼ 以後~ (10, 0.3%)

2 をつけ, をつけます 1 になってる, をつけい, をつけたら, をつける, をつけろ, を附け

▼ 以後である~ (9, 0.2%)

2 ことは 1 からこの, がこれ, ことが, ことだけは, ことも, とし, 事は

▼ 以後再び~ (9, 0.2%)

1 あんなこと, こんなこと, そのよう, 下り坂, 妨害しなかった, 幼時の, 感ずる能はず, 新派へ, 退歩し

▼ 以後次第に~ (9, 0.2%)

1 ある不安, それなりに, 京都に, 出來, 国民化され, 情調を, 日和見的な, 盛んに, 衰微した

▼ 以後特に~ (9, 0.2%)

2 外科医の 1 安政の, 宝暦明和寛政と, 強い太陽, 文化文政以来は, 文筆を, 継体朝以後推古時代までの, 遠州あたり

▼ 以後それ~ (8, 0.2%)

1 がし, がなくなった, がまた, が足利方, につづく, に従事, はますます, を口

▼ 以後ずっと~ (7, 0.2%)

1 お変りなく, 動かないの, 意識が, 続いて, 越後から, 遙かな後まで, 霊魂の

▼ 以後でも~ (7, 0.2%)

1 ありません, しばらくの, 時々支那, 書齋は, 死刑を, 矢場は, 若干の

▼ 以後東京~ (7, 0.2%)

2 で興行 1 に高層建築, はその, は特に, へ帰っ, 始めての

▼ 以後これ~ (6, 0.2%)

1 が当家, で基経, ほど大きく, までの出来事, を一つ, を翻訳

▼ 以後にな~ (6, 0.2%)

1 つてから, つてからでも, つては, つても, つてカツポレといふ, つて徳政と

▼ 以後全く~ (6, 0.2%)

1 師を, 成長も, 注意いたします, 衰えたと, 衰えたもの, 韜晦し

▼ 以後更に~ (6, 0.2%)

1 二萬何千卷の, 十カ年をも, 寛政年間に, 播州の, 歩を, 然ることを

▼ 以後自分~ (6, 0.2%)

1 が頻りに, と志村, に害, の前, の茶堂, の責任

▼ 以後~ (5, 0.1%)

1 どうかという, よかろう, わからない, 受けさうな, 新たな

▼ 以後ここ~ (5, 0.1%)

1 で数回落ち, にいる, に甲州武田氏, の人, へ移っ

▼ 以後しばらく~ (5, 0.1%)

1 のギリシア人, の間, はそう, は当然, ようとして

▼ 以後においては~ (5, 0.1%)

1 もうそういう, より良い, 原則として, 土一揆や, 革命の

▼ 以後においても~ (5, 0.1%)

1 なおある, 俗衆の, 相手からの, 維持した, 道鏡は

▼ 以後にては~ (5, 0.1%)

2 新古今稍 1 新古今, 詞は, 降臨せる

▼ 以後ますます~ (5, 0.1%)

1 ヒステリックに, 全国的に, 深い信仰, 物狂おしく高まっ, 甚だしく暴露

▼ 以後まだ~ (5, 0.1%)

1 どのやう, どのよう, 半年と, 大合戦, 百年にも

▼ 以後~ (5, 0.1%)

2 か恃 1 にも会わん, にも生き, もガスコ氏

▼ 以後かれ~ (4, 0.1%)

2 は何物 1 の製作, は人知れず

▼ 以後たびたび~ (4, 0.1%)

1 お手紙, 不興に, 思い出しては, 聞かされて

▼ 以後~ (4, 0.1%)

1 ということ, という事, とすれ, と見なけれ

▼ 以後でなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばならぬ, ば不可能, ば入場券, ば開場

▼ 以後という~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 事は, 語を

▼ 以後どう~ (4, 0.1%)

2 して 1 だい, なったか

▼ 以後また~ (4, 0.1%)

1 印象派の, 堅く要害, 痕迹を, 見るべきもの

▼ 以後もう~ (4, 0.1%)

2 宅からは 1 一人の, 少将は

▼ 以後一度~ (4, 0.1%)

2 も踏み込んだ 1 も心, も覆刻

▼ 以後二人~ (4, 0.1%)

1 の関係, は互に, は市治郎, は文通

▼ 以後~ (4, 0.1%)

1 うだい, があっ, にも知らなかった, の物音

▼ 以後~ (4, 0.1%)

1 が如何なる, が彼, の田口, はあらゆる

▼ 以後多く~ (4, 0.1%)

1 の人, の文人, の西洋語, は足利

▼ 以後~ (4, 0.1%)

4 の門閥

▼ 以後決して~ (4, 0.1%)

1 他で, 妻と, 罪悪を, 罪惡を

▼ 以後あなた~ (3, 0.1%)

1 の文学, の話しぶり, は私

▼ 以後いろいろ~ (3, 0.1%)

1 な点, の国, の方面

▼ 以後おれ~ (3, 0.1%)

1 の日々, の記憶, もそんな

▼ 以後こんな~ (3, 0.1%)

1 ことを, 事件は, 人間に

▼ 以後ついぞ~ (3, 0.1%)

1 怒った試し, 怒つた試し, 顔を

▼ 以後であり~ (3, 0.1%)

1 この時, 第一次世界大戦末期, 諸国の

▼ 以後といふ~ (3, 0.1%)

1 ものは, 事だつた, 意味の

▼ 以後まで~ (3, 0.1%)

1 ここらには, 投げこまれなかったと, 結婚せぬ

▼ 以後までも~ (3, 0.1%)

1 仕事を, 空想の, 開いて

▼ 以後わずか~ (3, 0.1%)

1 に二人, に活躍, まる三年

▼ 以後久しく~ (3, 0.1%)

1 明智家へ, 甲斐の, 行われなかった学会

▼ 以後~ (3, 0.1%)

1 が軽蔑, はやっと, を見

▼ 以後~ (3, 0.1%)

1 が許す, は誰, 唯一人暮し

▼ 以後十年間~ (3, 0.1%)

1 に八銭, のロシア, の普段

▼ 以後大いに~ (3, 0.1%)

1 利用しよう, 減少した, 進み関孝和

▼ 以後天下~ (3, 0.1%)

1 の分布図, の耳目, を平定

▼ 以後奈良朝以前~ (3, 0.1%)

2 の日本人 1 の感情生活

▼ 以後学校~ (3, 0.1%)

1 の標品, の風呂, へさし

▼ 以後~ (3, 0.1%)

2 右京の 1 ぜり合い

▼ 以後~ (3, 0.1%)

2 秩序の 1 らしい人口調査

▼ 以後最も~ (3, 0.1%)

1 支那で, 致命的な, 華やかな

▼ 以後歴代~ (3, 0.1%)

1 の仏教家, の支那官憲, の諡號

▼ 以後殊に~ (3, 0.1%)

1 元以後, 清朝では, 目立って

▼ 以後段々~ (3, 0.1%)

1 さういふ考, 出なくな, 養はれ

▼ 以後江戸~ (3, 0.1%)

1 からは切支丹, の初期, よりやがて

▼ 以後注意~ (3, 0.1%)

1 して, しますから, するよ

▼ 以後漢語~ (3, 0.1%)

2 が多く 1 が次第に

▼ 以後漸く~ (3, 0.1%)

1 固定し, 知れ亙つた, 腐敗し

▼ 以後漸次~ (3, 0.1%)

1 キ・ケ・ギ・ゲに, 歴史の, 發達し

▼ 以後~ (3, 0.1%)

1 がめっきり, なく家, は凝

▼ 以後~ (3, 0.1%)

3 の門閥

▼ 以後~ (3, 0.1%)

1 一ヶ年間の, 一年ぢかく, 四百年

▼ 以後絶対~ (3, 0.1%)

1 になかっ, に他人, に庶民

▼ 以後いつ~ (2, 0.1%)

1 いかなる戦場, とはなし

▼ 以後いま~ (2, 0.1%)

1 の土地, もって

▼ 以後いよいよ~ (2, 0.1%)

1 要害を, 道に

▼ 以後おたがいに~ (2, 0.1%)

1 往来し, 生死の

▼ 以後かかる~ (2, 0.1%)

1 ことの, ことを

▼ 以後かたく~ (2, 0.1%)

2 いましめるべき事

▼ 以後かの~ (2, 0.1%)

1 切支丹の, 当時ハイカラと

▼ 以後きっと~ (2, 0.1%)

1 かような, 慎もう

▼ 以後きょう~ (2, 0.1%)

1 の心, 迄ね

▼ 以後しだい~ (2, 0.1%)

1 に民主的傾向, に高まっ

▼ 以後しばしば~ (2, 0.1%)

1 往来し, 秀逸の

▼ 以後そんな~ (2, 0.1%)

1 不謹慎な, 真似を

▼ 以後ただ~ (2, 0.1%)

1 の, 山間の

▼ 以後つまり~ (2, 0.1%)

1 ひろ子を, 中国文明を

▼ 以後でなく~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば魚河岸

▼ 以後とても~ (2, 0.1%)

1 変化も, 教育家が

▼ 以後とで~ (2, 0.1%)

1 彼らの, 田山花袋氏に対する

▼ 以後とでは~ (2, 0.1%)

1 文壇及それ以外の, 洋学者の

▼ 以後どこ~ (2, 0.1%)

1 にどの, へも外出

▼ 以後どの~ (2, 0.1%)

2 詩派が

▼ 以後どんな~ (2, 0.1%)

1 かたちで, 気持で

▼ 以後なお~ (2, 0.1%)

1 久しい間, 蜀帝国が

▼ 以後なら~ (2, 0.1%)

1 たいていひま, ば俳諧歌

▼ 以後においてすら~ (2, 0.1%)

2 これを

▼ 以後にわかに~ (2, 0.1%)

1 一変した, 勢いを

▼ 以後ほとんど~ (2, 0.1%)

1 ない, 中絶の

▼ 以後までは~ (2, 0.1%)

1 吾, 生存は

▼ 以後よろしく~ (2, 0.1%)

1 お願, お願いいたします

▼ 以後わが~ (2, 0.1%)

1 側に, 陣中に

▼ 以後わが国~ (2, 0.1%)

1 における科学, に知られた

▼ 以後わたくし~ (2, 0.1%)

1 は機会, は池上

▼ 以後カナ~ (2, 0.1%)

1 で書かせ, で書きます

▼ 以後ソヴェト同盟~ (2, 0.1%)

1 では勤労大衆, で生産

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 の有志たち, は源平

▼ 以後両者~ (2, 0.1%)

1 の冷たい, はただ

▼ 以後乃ち五世界~ (2, 0.1%)

1 に繁る, に繋る

▼ 以後乃ち天下~ (2, 0.1%)

2 に繋る

▼ 以後二十余年~ (2, 0.1%)

1 の今日, の後

▼ 以後二十年~ (2, 0.1%)

1 とは経っ, 実に何

▼ 以後五代~ (2, 0.1%)

1 にわたるヒダ王家, の頃

▼ 以後今度~ (2, 0.1%)

1 がはじめて, は私

▼ 以後仏教~ (2, 0.1%)

1 の魅力, は広く

▼ 以後他人~ (2, 0.1%)

1 と思っ, の悪い

▼ 以後~ (2, 0.1%)

2 助は

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 かに歩, に隆昌

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 鼎へ, 龜天正の

▼ 以後六十二歳~ (2, 0.1%)

2 で示寂

▼ 以後六十年~ (2, 0.1%)

1 の変遷, も見る

▼ 以後別々~ (2, 0.1%)

1 になった, に母屋

▼ 以後北条氏~ (2, 0.1%)

1 がとっ, の力

▼ 以後即ち~ (2, 0.1%)

1 天明前後から, 西暦紀元前第

▼ 以後~ (2, 0.1%)

2 に墜ち

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 百貨店も, 體その

▼ 以後大久保百人町~ (2, 0.1%)

2 に仮

▼ 以後大正昭和~ (2, 0.1%)

1 の悪人, の戦争文学

▼ 以後~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 以後小林兄弟~ (2, 0.1%)

1 には絶対, に会っ

▼ 以後屡々~ (2, 0.1%)

1 の災禍, 政争の

▼ 以後平家~ (2, 0.1%)

1 の人達, の繁栄

▼ 以後彼女~ (2, 0.1%)

1 だけはお, はふたたび

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 に同情, 加速度を

▼ 以後急速~ (2, 0.1%)

1 に秀吉, に行なわれた

▼ 以後我等~ (2, 0.1%)

1 のリズム, の新しき

▼ 以後或は~ (2, 0.1%)

1 一人前の, 増竄を

▼ 以後戦国時代~ (2, 0.1%)

1 には此, の産物

▼ 以後支那~ (2, 0.1%)

1 の歴史, の革命

▼ 以後数日~ (2, 0.1%)

1 にわたって徳川軍, のあいだ

▼ 以後新しい~ (2, 0.1%)

1 情熱で, 段階に

▼ 以後時々~ (2, 0.1%)

1 源氏は, 神領の

▼ 以後最近~ (2, 0.1%)

1 に至る, の終戦

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 ダ自決, 曽有の

▼ 以後武士~ (2, 0.1%)

1 を, をやめ

▼ 以後歴史~ (2, 0.1%)

1 は別, を作る

▼ 以後毎日~ (2, 0.1%)

1 のよう, 見て

▼ 以後毎日東京~ (2, 0.1%)

2 や札幌

▼ 以後永く~ (2, 0.1%)

1 その旧居, 他宗折伏を

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 が命, を休ませ

▼ 以後無学~ (2, 0.1%)

2 無識

▼ 以後玄徳~ (2, 0.1%)

1 の陣門, を父

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 しくな, しくなった時期

▼ 以後生活~ (2, 0.1%)

1 の形, の過半

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 の家, の形

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 株を, 模倣の

▼ 以後益々~ (2, 0.1%)

1 綜合的と, 衰へ

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 にお, に東京府下

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 の作家, の江戸ッ子文学

▼ 以後種々~ (2, 0.1%)

1 の人, の災害フィレンツェ

▼ 以後空白~ (2, 0.1%)

1 だつた青春的娯楽, になっ

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 一人の, 一回の

▼ 以後絵画~ (2, 0.1%)

1 にわかに勃興, は人間

▼ 以後苗字~ (2, 0.1%)

1 をあらため, をつける

▼ 以後茶道~ (2, 0.1%)

1 の墮落, の真意

▼ 以後著しい~ (2, 0.1%)

2 短歌改革運動を

▼ 以後著しく~ (2, 0.1%)

1 増補され, 変って

▼ 以後藩主~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 以後蘭軒~ (2, 0.1%)

1 が頻, の集中

▼ 以後言論~ (2, 0.1%)

1 と出版, の自由

▼ 以後路普請~ (2, 0.1%)

2 なども何分

▼ 以後近世~ (2, 0.1%)

1 に到る, の浮世絵師

▼ 以後野呂~ (2, 0.1%)

1 から僕, がつくった

▼ 以後関羽~ (2, 0.1%)

1 の武勇, の武名

▼ 以後非常~ (2, 0.1%)

1 に不完全, に盛ん

▼ 以後領地~ (2, 0.1%)

1 は安泰, をもらっ

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 の平衡, ひは

▼ 以後~ (2, 0.1%)

1 の大, の関中

▼1* [921件]

以後あたりからで, 以後あの件については, 以後あらゆるナポレオン反対の, 以後ある大, 以後いくぶん自分の, 以後いくらもたたない, 以後いちいちそれに, 以後いっそう寛十郎に対する, 以後いづれの句, 以後いまだ百年も, 以後いまだに女々しい恨み, 以後いわば蔭に, 以後いわゆる星菫趣味の, 以後およそ十一万石の, 以後お前とは絶交, 以後お礼心の積り, 以後お腹の大きい, 以後かつてこんな不体裁, 以後かに子供を, 以後からでも着くこと, 以後からはヘブライ的キリスト教的な, 以後きかんことに, 以後げんざいまで続い, 以後こう云うこと, 以後ことに常備軍創始以後, 以後ことごとく末代まで, 以後ことに自分が, 以後これから自分たちの, 以後これらの諸, 以後こんりんざい忘れは, 以後さういふ影響を, 以後さきには蘇我氏, 以後さようなこと, 以後ざつと千三百年間に亙る, 以後しきりに余憤を, 以後じゅうぶん気を, 以後すぐ戦争準備に, 以後すでに多くの, 以後すなわち尚真王以後, 以後すべての学校, 以後ずつと行はれ, 以後ぜったい出入禁止の, 以後そう呼ぶが, 以後それから成童に, 以後たしなむか, 以後たしなめ此の度は, 以後ただ一人なり, 以後ただ一人たるの名誉, 以後たとえ敵方であった, 以後たまたま家人の, 以後たよってはくれぬ, 以後だけに国家が, 以後だったかはっきり, 以後だったら断然呉羽嬢, 以後だれも決して, 以後だんだん盛に, 以後ちと気を, 以後ちょいちょい他の, 以後であってこの, 以後であったら何とかなり, 以後でありますが安, 以後であるらしいと結論, 以後であろうか, 以後といつても宜しい, 以後とかく仕事も, 以後として居ります, 以後となつては, 以後とに可成, 以後との差異に関して, 以後とは丸で, 以後とめどもなく, 以後とも想は, 以後ともすれば銃後の, 以後とを分明に, 以後とんと御前さんを, 以後どうかして, 以後どんどん開けたの, 以後ないしは明治維新の, 以後なかなか御全快披露目, 以後なにとぞご昵懇, 以後なほ幾多の邪路, 以後なりとす, 以後なるものは, 以後なんの返し, 以後においてさえドイツの, 以後におけるが如く滑稽諧謔, 以後にかけて人生を, 以後にかけてまで半世紀余, 以後にと申しますが, 以後にまでひそかに, 以後にわたって警視庁内部は, 以後のどをかきとる, 以後のよつぎは, 以後はげしく良人を, 以後はな成べく, 以後はね義雄さん, 以後はも少し気, 以後ばかりを知って, 以後ひきつづいて敗残, 以後ふたたびこの問題, 以後ふもとの坂本城, 以後ぷつつり黙りこんで, 以後への北朝は, 以後へは下らない万端, 以後またも陣, 以後まったく積極的に, 以後までを包含し, 以後まもなく二人の, 以後まるで別人の, 以後みずから称えて, 以後みづから畫壇生活の, 以後みるみるうちに, 以後つきり弱, 以後めっきりと元気, 以後めったに外へ, 以後もう再び創作の, 以後もし来られたらあの, 以後もっとすくなく, 以後もつと若い, 以後ものが無い, 以後やうやうに進み, 以後やむ事なき故, 以後やめて欲しい, 以後やや年処を, 以後ようやく腐敗し, 以後よけい愛想よく, 以後わが家に出入り無用, 以後われは汝, 以後われら貧乏なる日本人, 以後をずつと調べ候ひし, 以後アウストラシア王国に属し, 以後アメリカの繁栄, 以後イギリスのリアリズム, 以後エスペラントと堕した, 以後オーストリアとフランス, 以後カフス釦からよごれた, 以後キリスト教は他, 以後ギリシア哲学の中心, 以後ケンムのよう, 以後コザトヘンの阪, 以後ゴーグセザンヌ立体派野獣派等正に壮大, 以後シナの鞏固, 以後シナ人の勢力, 以後スヰスイギリスおよびアメリカ, 以後ダレたが, 以後ツシタラと親しみ, 以後ドイツが西洋軍事学, 以後ドストエフスキイに親しませ出す, 以後非レバ開封スベカラズ, 以後ニナレバコノ習慣ハ次第ニ廃レタガ予ノ幼少時代マデハソウデアッタ, 以後戰爭ニ在, 以後ハ何ゴトモナク無事ニ過ギテイルノデアルガ, 以後ハ何時爆発スルヤモ計ラレズ, 以後パトラッシュはコゼツ, 以後フランスでは生計費, 以後プロレタリアートを先頭, 以後ボクノ文章読マナイデ下サイ, 以後ポウの不幸, 以後マルクス主義哲学がインテリ層, 以後ミケルアンジェロの作品, 以後モハメダンの蹂躙, 以後ヤンとマヌエラ, 以後ヨオロッパが相対的平和状態, 以後ヨーロッパ特にフランス, 以後ルネサンス後の世界, 以後レンブラントの名声, 以後ロシヤ人ヤコビ教授以下の人々, 以後ロマ書の講義, 以後ヴァン・ダインまでの最大, 以後一二年間政論の全局, 以後一作毎に徐々, 以後一兩を十錢, 以後一八九九年に至る, 以後一分間でも言葉, 以後一切の独断, 以後一切厳秘に附した, 以後一切關係を斷, 以後一千日宮寺に参籠, 以後一四七八〇年頃からのこと, 以後一家で負う, 以後一寸史乘に痕, 以後一層目鮮しかった, 以後一年ばかりは重行, 以後一年間の人間, 以後一年間自らすすんで, 以後一方には片山潜, 以後一日としてこの, 以後一時に暗く, 以後一時的に混亂, 以後一曲ひとかなでをも, 以後一本立ちで働きこみ, 以後一生を通じてその, 以後一種の鑑賞法, 以後一等国になった, 以後一箇の剣人, 以後一箇月ばかりは堅く, 以後一篇もあらわれ, 以後七代の間光仁天皇, 以後七八十年の間豊, 以後七八年の間, 以後三十五日四十九日百ヶ日と過, 以後三十四五歳の間, 以後三十四年間都城を改修, 以後三十年間は鋭意, 以後三十餘星霜ヲ經ルノ今日ニ至ルモ, 以後三四年たった時分葉子, 以後三太郎の日記, 以後三年間の勞作, 以後三日目に死亡, 以後三日間の祭礼, 以後三月ばかりの間, 以後三次中学の方, 以後三法師の擁護, 以後三百年とのみ言, 以後三百年来凡庸と雖, 以後三百年間ギリシア系のプトレマイオス王朝, 以後上層の支配者, 以後上海經由で輸入, 以後上総介広常はまぎれない, 以後下級民衆の發達, 以後不吉などといふ軽々しき, 以後不換紙幣政策が極端, 以後不義へは睨み, 以後世界をあげ, 以後世界経済中に占める, 以後世運の漸く, 以後世間一般ではひどく, 以後両人は貴殿, 以後中国の人民民主主義革命, 以後中折を被った, 以後主として低級神話の, 以後主人を狂人扱い, 以後主膳は良寛, 以後主観的自己の立場, 以後乃ち匹夫も一国, 以後乃ち匹夫一國に繋る, 以後久々の汽車, 以後久しからざる頃, 以後九州を二分, 以後の急, 以後二か月半俸としてある, 以後二カ年余りの遺跡, 以後二ヵ月昼夜のた打ちまわった, 以後二・二六事件の時期, 以後二三代の頃, 以後二三年間は無事, 以後二人連れの者, 以後二十世紀まで続い, 以後二十五年間は殆ど, 以後二十余年間の歴史, 以後二十四年間の世, 以後二十年實に何, 以後二十年間は校歌, 以後二十餘年に亙る, 以後二度と魏, 以後二度と十万円を, 以後二心なくあの, 以後二日それも夜, 以後二条家に生れた, 以後二百余年の今日, 以後二百年足らずの間, 以後云われぬように, 以後五ヵ年計画実施までの六年間, 以後五代拓宋拓元拓明拓といふやう, 以後五六年の間, 以後五六本の手紙, 以後五十七年間を吉野時代, 以後五十余年の長き, 以後五十余年間三備地方を巡遊, 以後五十年もたつた, 以後五十年ぢかくなる, 以後五十年近くなるまでの, 以後五月一日にかけての出来事, 以後五月上旬迄に甲武信, 以後五百部ずつ版, 以後五箇年間の出生, 以後五箇月山中にか, 以後京流吉岡の悪評, 以後京都辺で称へた, 以後人形が出ない, 以後人間にまで進化, 以後今夜小六がそれ, 以後仏国三代の帝王, 以後仙臺で書いた, 以後伊太利唯一の天才, 以後伏生の尚書, 以後休みなくひらかれます, 以後低い神, 以後何ぞの折, 以後何ら記する, 以後何人がかかる, 以後何十年への生命, 以後何度となく, 以後何故とも知らず, 以後何百年を通じて五刑, 以後何者たりと, 以後は曾, 以後余りチヤーチル物を売らう, 以後作家に限らず, 以後作文は私, 以後作歌は途絶える, 以後作者は数歩, 以後使用する由, 以後便利で安, 以後俄然復興し, 以後保養のため, 以後信長だけであった, 以後修験道は当山, 以後借金だけは堅く, 以後傑作を出さない, 以後僧尼は歩一歩, 以後儒家の人々, 以後儒家發展の經過, 以後元治元年十一月の長州服罪, 以後充分に気, 以後先帝ということ, 以後先怎して, 以後光秀の画策, 以後全体主義の時代, 以後兩漢の間, 以後八十人の大臣, 以後八幡屋を名乗る, 以後は伊藤侯, 以後六七年の間盛, 以後六巻からは平家全盛期, 以後六年葛飾へ移る, 以後六年間三好三党に襲われ, 以後六朝にかけては古墳, 以後六朝時代の交通, 以後六郡八十一州ならびに荊州, 以後兵糧難の打開, 以後其の跡を, 以後からの輝き, 以後内匠頭は家臣, 以後内風呂がまた, 以後渡来した, 以後再発したこと, 以後再起した尊攘志士派, 以後に行, 以後出さねえもんだ, 以後出京とハガキ, 以後出入りかなわぬと, 以後出版ものの一部, 以後出血が殖え, 以後號ヲ, 以後別懇に願います, 以後られて, 以後刻々来る報, 以後前日と異なる, 以後前田家との縁談, 以後前線に赴い, 以後創立せる寺院, 以後力めて栄養物, 以後勃然として起つた, 以後勇ちゃんはずっと, 以後勘次の家, 以後勝川春章磯田湖龍斎らの画工, 以後勤メナイノデ颯子カ女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 以後北条足利などの先例, 以後北陸の佐々, 以後十三年目の一七九八年, 以後十二年間全く暗黒, 以後十二時間の延着, 以後十五人扶持出ること, 以後十八世紀になっ, 以後十六七日ひどく暑うございましたろう, 以後十四年自分が七十三, 以後十数年間泣いたり, 以後十日までのあいだ, 以後十箇年間に四十二億圓, 以後南北朝のもの, 以後南朝はよほど, 以後南洋を經, 以後厩方を申し付ける, 以後厳秘となっ, 以後去年の五月, 以後杳として, 以後友人としてつき会っ, 以後口語には盛, 以後史學が盛, 以後史料の内, 以後右耳は全く, 以後労働組合や, 以後同じような, 以後同列の宿将, 以後同志小林が行った, 以後同盟通信社の再, 以後向島居住の有志者, 以後君主專制となる, 以後の軍事, 以後はう事, 以後味わう事を, 以後和歌が堂上, 以後哲学は新, 以後唄うたいの, 以後唐代の書籍, 以後唐以前の六朝, 以後唐時代に至る, 以後のやう, 以後唯二囘遭遇しただけ, 以後商人達を悩ます, 以後問題の起らぬ, 以後嘗て逢ったこと, 以後噴煙は尚, 以後四十四五年を経過, 以後四十年間衆生を化度, 以後四十軒にも殖えた, 以後四月三十日までは毎日午後, 以後困ることが, 以後図らずも, 以後国元の熊山, 以後国名を大, 以後国民各自をし, 以後国経は八十一歳, 以後国語中に用いられる, 以後國學が發達, 以後土地の気分, 以後地志の書, 以後坑内のこと, 以後堅く御無用, 以後変らず忠勤の, 以後変乱時代を通じてその, 以後夏至以前には動, 以後外出セザルコトの禁止事項, 以後外国人の浮世絵研究盛, 以後多事多端であった, 以後多少の波瀾, 以後大きな仕事ほど, 以後大した功も, 以後大して現れなかつた發想法上, 以後大勢はすでに, 以後大化にいたる, 以後大和の地, 以後大正に到っ, 以後大正二年三月にいたる, 以後大正十年位までの間, 以後大阪市の発展, 以後大黒屋秀民に始まり, 以後天子の諡, 以後天平十九年以前の物, 以後天正の御, 以後天皇尊崇の名, 以後失意となれ, 以後はよそう, 以後女房がかえって, 以後如此き態度, 以後妖婦の跡, 以後に逢, 以後中終, 以後始めて翻訳書, 以後始めてその要, 以後の村, 以後について兄, 以後孟子以前の時代, 以後宇内の暗黒, 以後守護地頭などになりました, 以後安井の名, 以後安田が何, 以後安直な学問, 以後元明, 以後宋末まで久しく, 以後宗家の主, 以後実家の方, 以後実生活上の老, 以後実際世の中には, 以後客席が入ってる, 以後客観的の歌, 以後客観的歌想の歌, 以後客足がばつ, 以後宣命化したのりと, 以後室町幕府の紊乱, 以後の息吹きどこ, 以後宮刑が廢止, 以後宮方の手, 以後に困つた, 以後家人もしくは郎等, 以後家居この年, 以後家庭生活に這入れ, 以後寄手は求め, 以後寝室にも茶室, 以後将門と名, 以後尊氏の胸, 以後尊者と言, 以後小学校の教師, 以後小寺家の被官, 以後少し宛それが, 以後民間に, 以後山崎の合戦, 以後山陰山陽十六ヵ国の事, 以後岡崎を持て, 以後岩石より成る, 以後島原の遠征, 以後帝国の高貴さ, 以後帰宅がおそく, 以後幇間となり, 以後幕府の文教政策, 以後平安初期に続いた, 以後平安朝の頃, 以後と共に巻, 以後年々天子へ御, 以後年代順にした, 以後年結婚数は減少, 以後幼児について余り, 以後幽霊なぞこしらえぬ, 以後幾たびも密, 以後幾多の句, 以後広東における主要, 以後廃刊すること, 以後廃業したの, 以後引き續き, 以後強迫は一切, 以後当分はわし, 以後当家の隣, 以後を隠した, 以後彼らが鋭意, 以後彼女たち夫婦に好奇心, 以後彼此参酌して, 以後往来を絶たなかった, 以後の藪入り, 以後後藤先生は益々, 以後御子を育てる, 以後御所の人たち, 以後御身の緑, 以後復痕迹を留めず, 以後復興の再築, 以後はおとろえた, 以後徳川三百年間はその後, 以後徳川家の兵法所, 以後徳川軍は上田城, 以後徹底的に調べた, 以後を入れかえ, 以後心境に動揺, 以後心得まするからお, 以後心掛けを改めます, 以後心臓を悪く, 以後必ず行状相改むべき, 以後忌々しいマルセーユ人は, 以後忘れえぬ警戒心と, 以後忠利の家臣, 以後思わず呻る, 以後思想の變化, 以後恐くは支那傳來, 以後恐らく又二週間, 以後恐ろしい彼の, 以後悪行を止め, 以後意識的に自由主義思想, 以後という問題, 以後愛甲郡毛利に住み, 以後慶應から明治初年, 以後慶長元年に至る, 以後は玉, 以後我と伴れ, 以後我国の植民地独占, 以後我家に出入り無用, 以後我我の韻律, 以後我輩に働け, 以後戦ひ止時なかりし, 以後戦乱に荒れ果て, 以後戦争文学が如何, 以後戦時中緘口令をしかれ, 以後戦術から言え, 以後所演が尠, 以後所謂新作史劇中には脚本, 以後を入れ, 以後手出しした事, 以後手柄次第では将来, 以後承知せぬぞ, 以後折々の芸術談, 以後折角引締まっ, 以後抽斎の時, 以後拘泥しないこと, 以後持ち上がってこない, 以後持続して, 以後授爵した人々, 以後推古時代までの間, 以後推移の実状, 以後揚州は支那, 以後支那哲学の正統, 以後入なき, 以後まつて, 以後改まって両人, 以後改心致して, 以後政江は千恵造, 以後政治運動と共に新しい, 以後敗走兵として他国, 以後敬太郎はもう, 以後数々漠北を親征, 以後数世紀に亘っ, 以後数人の友人, 以後数代は地方, 以後数代南部信濃守と称し, 以後数年の間, 以後数年間はスタイン, 以後数度の戦, 以後数日間ハ執筆ニ堪エズ, 以後数箇月の間, 以後文字を知らない, 以後文学の中心, 以後斉泰も慶寧, 以後かる眞面目, 以後斯様な事, 以後新聞小説にも宗教家, 以後旅行の度毎, 以後既に三四回彼らと, 以後を経る, 以後日々結婚登録をする, 以後日本国民もジェンナー, 以後日本新劇史の足跡, 以後日本資本主義はその, 以後日蓮聖人五十七歳ごろから六十歳ごろ, 以後日記に見える, 以後早くから女らしい美しい女形, 以後明らかに将軍家兵法師範, 以後明治の初年, 以後明治以前をひっくるめ, 以後明治四十五年までを第, 以後明治維新以後の近世, 以後明確な意識, 以後くなる, 以後昔臣連の大, 以後春亭とは絶交, 以後春琴は我が, 以後昭和二十年八月十五日祖国の敗北, 以後時代の進歩, 以後時期攻口など万端, 以後までに著述, 以後普通民の増加, 以後晶子さんには心臓, 以後智山豐山の龍象, 以後暦日と自然現象, 以後曲げられて来た, 以後を読ん, 以後書くことが, 以後最大の革新時代, 以後楽座で, 以後朝五・九夕方六・六位にきまった, 以後木下の姓, 以後木曾駒白馬立山御岳乗鞍槍常念, 以後末期に掛け, 以後本日マデ殆ド痛ミ続ケナノデ日記ヲツケル元気モナカッタ, 以後本朝の學者, 以後村会議員には欠けた, 以後村山家へ出入り, 以後東京市の墓地, 以後松平楽翁だの水野越前, 以後松平樂翁以來のこと, 以後染井巣鴨に移り, 以後柳生家の中興石舟斎, 以後棠軒の女長, 以後植物の醋葉, 以後椎葉山中のよう, 以後極めて徐々に文化的思想的の, 以後楽しい事ばかり, 以後機械説なるもの, 以後檜垣の主人, 以後次々とまた, 以後次ぎの二つ, 以後欧州のあらゆる, 以後欧洲の劇壇, 以後歌劇女優女流声楽家等いう各種, 以後歌集の論評, 以後正成と連れ立つ, 以後の盟, 以後此の方に竜樹菩薩, 以後此叙景によつて, 以後武家の制度確立, 以後武田さんは南方, 以後武蔵と巌流, 以後歴史物に手, 以後死ぬまで二十四年, 以後死去と見え, 以後殆ど新しい歌, 以後殆ど十五年間に亙り, 以後残っていた, 以後毎六年目に実施, 以後毎夜となる, 以後毎度行って, 以後毛利方へつく, 以後民主主義化が日本, 以後民主的評論家の陣営内, 以後氷川明神が服部坂, 以後汝等仏弟子の肉, 以後江戸随一の名産, 以後沙汰がない, 以後落して, 以後流石に因循姑息, 以後流言飛語の類, 以後浜町蠣殻町辺には白首, 以後浮世絵の競売目録, 以後浮気は固く, 以後浮薄な慢心, 以後海津の城, 以後消息がふっつり, 以後消極的に堕し過ぎ, 以後は玄関, 以後清水のゐる, 以後減少して, 以後に残る, 以後滅多に詰襟, 以後滔々として転変推移, 以後滞りなく彦兵衛, 以後演劇の向上, 以後演奏回数五百有余に及び, 以後漢初までは隨分, 以後漢書藝文志までを幾らか, 以後無いような, 以後無礼な口, 以後爲汝命之晝夜守護人, 以後片目の鮒, 以後牢人して, 以後獄則を犯し, 以後王国の高貴さ, 以後王子は何事, 以後王室はつづい, 以後王皎崔元までの間, 以後現代までの聖人賢人悪人ども, 以後現在ではフランス船, 以後現地に帰る, 以後現存する目録, 以後現実にわが, 以後理想主義的気質が私, 以後甚だ俗悪と, 以後甚だしきは新た, 以後生きながらへ居る, 以後生れて来る, 以後田中正造の言行一切, 以後由来不明ながら, 以後甲兵を屯集, 以後甲府の牢獄, 以後とお, 以後男女の失業, 以後町人階級が勃興, 以後の門閥, 以後病勢がしだいに, 以後病室を出, 以後病気つづきでこの, 以後病身になっ, 以後療治の上, 以後発見が朝, 以後登子とその, 以後百万円に達する, 以後百五十年餘經て興つた國, 以後百年も技巧, 以後百年二百年を経た, 以後百年余にわたる南北両朝, 以後百年間といふもの, 以後皆無となりし, 以後益隆んになっ, 以後盗み読みすること, 以後に立っ, 以後直観形式と区別, 以後真野博士は電車, 以後硬くまた渋く, 以後のレ, 以後社会の柱石, 以後の名, 以後祟りの話, 以後禁門の内, 以後のぜの字, 以後福田博士は羽織, 以後秀吉に随身, 以後私たちの心, 以後私どもが新しい, 以後の相撲節, 以後秋元家修築前の状, 以後秋分に至る, 以後秋川家に脅迫状, 以後科擧の及第者, 以後の時, 以後には行, 以後税金は収める, 以後穀物価格がまた, 以後空想の文字, 以後突然出来たもの, 以後の出家, 以後筑前殿の手, 以後終列車までに来なけれ, 以後経済的にも独立, 以後統帥事項は当時, 以後統治力が弛んだ, 以後絵画俄かに勃興, 以後絶えて与えられ, 以後絶えてなかつた盛事である, 以後絶交だと, 以後絶對に庶民, 以後絶縁のまま, 以後の欠けない, 以後織物の發達, 以後繰返したくないと思います, 以後に懲り, 以後羽柴方の陣営, 以後翌日の正午, 以後肖像畫は益, 以後育って以前, 以後自ら語の正確さ, 以後自由主義思想が勢力, 以後舟世帯に移った, 以後芭蕉に肉迫せん, 以後芸術性をより, 以後芸術的に荒蕪, 以後若し名前で, 以後若狭の武田家, 以後英国が日本, 以後英國を先頭, 以後英國人で支那學, 以後荊州の守り, 以後荒廃するよう, 以後萎むといふ, 以後萎靡して, 以後萬葉を貴ぶ, 以後落寞として膏, 以後葉子とも倉地, 以後るしく健康, 以後蕪村一茶子規を経, 以後薩長が維新, 以後薩長政府をはじめ御用史家, 以後の人形, 以後藝文志の研究, 以後藤原氏の頽勢, 以後藤原百川や良継たち, 以後蛍雪は与四郎, 以後はれて, 以後行軍はもう, 以後衰微したと, 以後被害者は煙草, 以後製作工芸のもっとも, 以後西太后の時代, 以後西洋においてあれ, 以後西洋演劇の輸入一代, 以後見ることなし, 以後親しゅうして, 以後親子の縁, 以後ふに, 以後言うに足らざるなり, 以後記念音樂會運動會展覽會等一週間に亘つて, 以後どほり, 以後語られる話は, 以後誹諧の季題, 以後して, 以後謀りて殉, 以後謀逆を企て, 以後謙さんへあんな, 以後警視庁で開始, 以後讃辞を素直, 以後豊洲は転じ, 以後豊田の館, 以後豊臣家の援護, 以後豊臣秀吉と称する, 以後貴殿を以て父, 以後賀茂の磧, 以後購買力は著しく, 以後足利氏に至る, 以後跣足厳禁違反者には罰金, 以後跳方を倹約, 以後踏みはずすな, 以後は進め, 以後軍事的傾向と気分, 以後軍国主義的宣伝を根絶, 以後軽い歩行の, 以後辮子を頭, 以後神を, 以後迄も相當皆, 以後近づけるな, 以後近世的代議制國家において全く, 以後近代に至る, 以後近代人の視覚, 以後近代劇に於ける, 以後近江丹波にわたる, 以後近藤勇の新撰組, 以後迷信に關, 以後通俗小説に踏み止まった, 以後通用しそう, 以後通訳は牧師, 以後連戦連敗どうしても朱桓, 以後進駐軍が何, 以後道心日に募り, 以後郷国の領民, 以後に定住, 以後重ねて三, 以後重用遊ばすでしょう, 以後金澤氏は江戸城, 以後鎮台全員は一体, 以後長崎に許された, 以後長州ニ敵すべからざる, 以後長期間にわたって遺, 以後長期間女性の地位, 以後長編だけを作つて, 以後門派の争, 以後間もなく創業に, 以後関ヶ原戦後にまでつづいた, 以後関内侯に封ぜん, 以後に秦, 以後陽成天皇に至る, 以後階級的に認められ, 以後雜劇の流行, 以後離京した者, 以後もない, 以後雪子はついぞ, 以後電話ではたらく, 以後も香, 以後に寂れ, 以後頓阿までを立てる, 以後頭角をあらわし, 以後頻りに行はれた, 以後頻繁に四方, 以後食われぬようにと, 以後飢饉にし, 以後飼部となり, 以後養子を致す, 以後養老四年以前おそらく日本紀編纂, 以後餘程發達した時代, 以後馬市の開催, 以後馳走に招かれたら, 以後高村幸吉となった, 以後魏公と称し, 以後魯迅さんはぼく, 以後を見た, 以後鶴ヶ岳を境界, 以後鹿相成家居, 以後黎明期の時人, 以後黒田家の客分