青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「以前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~ 以下~ ~以前
以前~
~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰

「以前~」 10567, 114ppm, 922位

▼ 以前~ (3228, 30.5%)

149 ように 70 ような 33 やうに 26 ことを 25 ことである 21 ことは 20 ことで 18 やうな 15 ことだ 14 ままの 13 ものと, ものは 12 ま, 状態に 11 事で, 様に 10 通りに 9 ことに, もの 8 ことであった, ところへ, ものが, 事を, 通りの 7 ことです, ようには, 事だ, 場所へ, 時代に

6 [11件] ことだった, とおりに, ままに, もので, ものを, 事である, 古に, 問題として, 場所に, 方が, 美しさ

5 ところに, ものである, 事です, 事は, 価値の, 価格にまで, 私の, 話だ

4 [17件] ことな, ものに, 事, 作と, 分は, 声が, 如くに, 姿勢に, 家の, 故土, 時代の, 物は, 状態が, 生活に, 生活を, 自分では, 記憶を

3 [38件] おもかげ, ままで, ままである, ままな, ものの, ようで, 世の, 事の, 事も, 人間の, 住居の, 価格の, 出来事の, 女が, 女に, 姿を, 子供の, 岸本では, 形を, 彼とは, 御身分, 快活な, 所へ, 支那の, 日本の, 日本人の, 時は, 東京の, 様子を, 歌は, 浅草の, 生活の, 素朴な, 自分の, 若者と, 詩は, 話が, 話を

2 [180件] いろいろの, お竹, お袖さん, ことが, ことだろう, ことであろう, ことでした, ことなんか, ことには, ことの, ごとく, しのびなきに, たなばたつめの, ところまで, ものだ, ものであろう, ものです, ものとして, わたくしなら, エタの, ギリシア哲学, サンジョ, システムに, フランスと, フランスの, 上泉塚原柳生の, 下宿の, 不出來し, 世界が, 久しい期間, 事が, 事であります, 事な, 事に対して, 事情を, 二人の, 人々は, 人と, 人は, 人間には, 人間は, 仲間の, 位置に, 位置へ, 低廉な, 住居に, 作を, 作品を, 価格で, 価格に, 信仰を, 俳句は, 健康な, 八の, 出来事を, 南子と, 及び現在, 句と, 句に, 句よりも, 品物と, 唯一の, 問題だ, 問題に, 大地震, 失敗に, 女の, 女は, 如くそれ, 如く深厚, 如く清く, 妻の, 姿で, 子供は, 学術書で, 室から, 家に, 家を, 小説の, 小間使が, 少年が, 少年では, 左翼の, 席へ, 庵の, 廃頽生活から, 形が, 形で, 形而上学と, 彼が, 彼と, 彼には, 彼の, 彼は, 彼女と, 彼女には, 彼女は, 心には, 怪物の, 恋の, 悲劇の, 意見を, 感情の, 感情は, 我々の, 或る, 戦国乱世では, 所から, 所に, 手紙は, 抒情詩を, 持主の, 文学の, 日本人を, 時に, 時代と, 時代には, 朋輩衆と, 本を, 本所相生町の, 本草の, 村, 東京では, 東京に, 染井の, 様子と, 樣に, 武家に, 母の, 気持に, 水準にまで, 浮世絵師の, 無関心な, 状態と, 状態は, 生活が, 生活や, 生活よりは, 私では, 秋思立つて都門の, 笑いの, 経験を, 習慣を, 老人には, 聲が, 自分と, 自分とは, 自分に, 自分には, 自然の, 芸術である, 若い男, 落着を, 薬売が, 行動主義の, 衛門督の, 記録に, 話である, 話です, 話など, 誼み, 諸王の, 貴方が, 通りだ, 通りで, 通りである, 通り一文無しに, 邑落生活の, 録さんに, 関係が, 関係も, 雪華図としては, 面影を, 音楽な, 音楽は, 風景である, 養生論においては, 高さ, 高輪の, 麻の

1 [2014件 抜粋] あどけない素顔, あの方, あるひととき, ある夜, ある秋晴れ, いろであ, おそらくは戦時中, お千世殿, お屋敷, お癖, お花畑から, お誼, かれの, きれいな, ことかと, ことでありました, ことと, ことなどを, ことなんて, こと今の, こと私の, この事件, この門弟, ごとくその, ごとく厩組, ごとく形, ごとく薬, ごとし, すでに過去, その奇怪, それで云う, それの, たしなみを, つぎは, とおりで, とおり庭内の, ときと, とは違いました, と殆ど, どれにも, は落し差し, ほこりに, ままだ, ままでは, まま私の, ものから, ものでありませう, ものといふ, ものばかり, もの即, やうにも, ような光り, ような落ちついた, よりは少々, わたし, わたしを, アダム夫婦は, インテリ論者達は, エタに対する, ギリシアに, シナには, ゼーロンに, ドイツ語訳によって, ニユウ・イングランドの, パリ当時に, プランにおいては, モスクワ時代へ, レコードにも, ロッキー山下の, 一人を, 一年ばかり, 一筋道で, 一間に, 七番堂の, 三つに, 三味線の, 上へ, 下等動物ばかり, 不動祠畔の, 不統一, 世界な, 世紀との, 丸裸婦人は, 主人を, 主題に, 九一〇磅の, 乳母が, 事た, 事であろう, 事どもを, 事まで, 事實は, 事私が, 二倍も, 二千五百餘年の, 云わば, 井の頭公園の, 京大阪の, 人々が, 人である, 人として, 人口の, 人文の, 人間らしい要求, 人類に, 仕立と, 伊予介は, 会社が, 伝説を, 住人の, 住居は, 佐久間柴田の, 何倍もの, 作なる, 作家たちと, 作物に, 例もござりますれ, 価格より, 保護を, 俤さへ, 修験者の, 俳諧は, 借主が, 偉材であった, 偶然型押しつけ型で, 僕にとって, 元気な, 先祖代々より, 光秀の, 全歴史, 内心の, 凝集を, 出來事で, 出来事は, 出鱈目な, 刊行を, 剃刀お, 剽輕な, 労賃よりも, 動物時代から, 勤先である, 北アメリカ合衆国における, 十二三時間も, 十年間の, 半分も, 南洋軒力水先生が, 単純の, 即は, 原始人だ, 厳格な, 友と, 友誼を, 友達を, 取るに, 古い家屋, 古い着物, 古代の, 古典から, 古屏風, 古書を, 史學雜誌にも, 各派の, 吉原の, 同役がんまく, 名は, 名教館の, 吹込みだ, 和尚, 哲学者の, 唐人小路の, 商業が, 問題により, 噺を, 因縁で, 国史上の, 國情は, 土地に, 地点で, 坐礼, 城門街あたりに, 場合と, 塀際へ, 墨家者流の, 変化を, 多くの, 大卓子, 大家らの, 大桝には, 大草原, 天宝八年に, 天皇記と, 太陰暦という, 奉公人が, 奧州に, 女では, 女大, 好みである, 如くである, 如く堀の内の, 如く居付く, 如く怪我人を, 如く玲, 如く自由, 如く麹町の, 妻に, 姿であったらしい, 姿は, 娘三人は, 婆が, 婦人へ, 子ども子どもした, 学校の, 学習院うら, 学説に, 定九郎, 客間に, 宮廷の, 家へ, 宿場の, 寵妓であっ, 尊崇を, 小六党, 小屋へ, 小泉の, 小説には, 少年時代の, 尾州公の, 居住者, 居間へ, 屋根裏の, 山中へ, 岐れ, 島々の, 巣くつは, 巨船が, 帝政時代には, 常世神の, 平和な, 平田は, 年号は, 幹事室兼帯でも, 幽霊に, 広間の, 座敷に, 建て方, 弁信さんなら, 強味は, 形です, 形は, 彼で, 彼女では, 往来の, 御厚情, 御愛情, 御計画, 心持ちとは, 念仏踊りの, 思想, 思想を, 性格の, 怪物と, 恩は, 恩義若しくは, 悪事仲間の, 悪心は, 悲しみを, 情婦で, 愚直な, 感じとは, 慓悍な, 戀人が, 戦争の, 戸山英二郎時代とは, 所与などは, 手代仲間ながら, 手近な, 拙者なりゃ, 持主二度目のは, 捲簾大将, 支那思想界は, 故事も, 教会として, 教養の, 数十年の, 文壇とを, 文学などが, 文学的用語でしか, 文献に, 文芸協会の, 新作家群, 方の, 旅には, 旅行の, 日常生活が, 日本では, 日本人が, 日本式の, 日本語と, 旧い鈴木, 旧家で, 旧道に, 明治三十年頃までは, 昔には, 春も, 時よりも, 時代よりも, 晩時刻は, 暦を, 書と, 書斎で, 書物の, 曹操とは, 有明楼の, 朋輩であり, 朗かさを, 木版物は, 本は, 札幌を, 村方では, 東京市民わけても, 松野運転手が, 林田文次が, 栄三郎へ, 校長先生と, 極めて素朴, 様な, 樣な, 欠点だけを, 歌川へ, 歐土の, 正月の, 武家は, 武蔵野の, 歴史で, 歴史的發展に, 残酷な, 母なら, 母家から, 毛利先生と, 民主的文学評論の, 気味合ひ, 気魄強, 水準以下に, 求婚者で, 泉にまで, 洋学者は, 流域を, 浄行も, 浮気な, 清朝の, 演技と, 潁川地方に, 炉辺に, 無邪気な, 熊藏は, 爆発の, 片側塀の, 物だ, 物の, 物四点その, 物理学においては, 物語に, 特別学生の, 状態にまで, 王福の, 現象又, 琵琶の, 生気は, 生活に迄, 生産物量に対して, 由緒も, 男の, 画家の, 番附は, 異国のとは, 疲れきった目ざめ, 癖を, 盛時を, 真っ白な, 瞑想の, 知行高は, 礫死者は, 社会的現実を, 祇園藤次に, 神, 神田川に, 神話解釈法を, 私だったら, 私よりも, 秘密それが, 稍頓狂な, 種子にな, 空楼の, 竜吐水が, 第一次世界大戦, 筑摩県時代に, 籾納の, 紀行文には, 紙屑屋が, 素質として, 経験で, 絵本は, 緑雨なら, 罪悪を, 美術院派の, 習慣どおりの, 老練家は, 者或は, 職場へ, 胸の, 自分にも, 自然哲学は, 舊思想舊感情の, 舶来品であろう, 船頭三体ともに, 芸術と, 若くば, 若者らは, 荒物屋の, 葉子の, 蒲団の, 藩の, 行地社並みに, 表門の, 襖子の, 西谷に, 見物席の, 親善を, 言葉も, 記憶から, 記憶の, 記録簿が, 許婚だ, 詩の, 詩集, 話で, 認識理論を, 語根お, 読書人の, 調子に, 諸先住民族, 諸論策中こと, 豊な, 財界の, 貧苦を, 貴重なる, 賊徒今の, 超現実, 身に, 身構えで, 軽佻粗暴は, 農村の, 近衛軍の, 通りその, 通りまったく, 通り一点一劃の, 通り外へ, 通り押しつぶされる, 通り朗か, 通り身動きも, 通貨であっ, 連歌と, 道なり, 道徳を, 遺物だ, 部室へ, 都ての, 野武士だった, 金助でありました, 鎌倉時代以後の, 長城を, 長州藩松平大膳大夫は, 開元, 関係などから, 関係筋が, 闇黒の, 陰影は, 陸奥十郎義盛でなく, 隠れた事由, 隷属者達の, 難渋は, 雰囲気が, 雷門を, 露路との, 靄の, 青鞜社の, 非常に, 面影全く, 音楽が, 頃に, 頭は, 風俗に, 食事が, 飼い主は, 香が, 馳走の, 高橋に, 魅力として, 鳥追歌や, 黒犬かが

▼ 以前~ (1524, 14.4%)

23 於て 12 比べると 8 存在した, 比べて, 私は 7 出來, 私の, 自分の 6 倍した 5 あっては, ありては, くらべて, 増して, 於ては 4 なるが, 何かの, 増し冴え返つて張り, 此の, 犯人は, 私が

3 [22件] あつた, あつて, くらべると, なかった, わしの, 三度もの, 住んで, 何度も, 倍し, 倍加した, 僕が, 存在し, 属して, 彼に, 彼の, 或る, 数倍した, 於いて, 早くも, 書いたもの, 消費した, 自分が

2 [84件] あって, あの世の, ありて, あるの, かつて見なかった, こうしなけれ, この家, この省察, この紳士, これほど, これを, さかのぼる, して, すでにしばしば善, すでに存, なる, まさるとも, まして, また或, やって, ゐたやつ, シナに, ナポレオンが, マルクス主義者でなけれ, 一つの, 一度経験, 与八が, 世を, 九一〇磅に対し, 交換された, 人気の, 何か, 使って, 僕は, 出来たもの, 卒業した, 多くの, 容易に, 少なくとも伯, 属する, 幾度も, 彼は, 得て, 懲りてや, 我々が, 戻つた, 手を, 持って, 掘られたもの, 於ける我が, 既にその, 既に変化, 既に行, 既に變化, 日本には, 日本の, 日本へ, 曲者を, 書かれた, 書かれたもの, 東京へ, 次の, 比して, 比べれば, 溯つて, 溯ること, 理性よりも, 生きて, 生じた大きな, 生産された, 竹山を, 終結せり, 聞いたこと, 聞いて, 行われて, 見たこと, 見たの, 読んだこと, 購われしもの, 較べて, 較べると, 遡って, 遡つて, 長野と

1 [1155件 抜粋] あったが, あったと, あった処, あった性格, あっても, あなた方の, あの地方, あの歌, あらかじめ提出, あらゆる什物宝器, あり, ありしに, あるかを, あるという, ある友達, いくばくの, いちおうそちら側, いつた言葉, おこなわれて, おろして, お家騒動が, お紺婆, かえって病床, かえれと, かかる目的, かわりなく, こういう教義, こうした月夜, ことごとく市街店舗, このデカ物, この下宿, この土地, この地方, この屋敷, この急坂, この歌, この産所, この礼節, この音楽, これから話そう, こんなあどけない, ご報告, さうし, さかのぼらなければ, しおれきった小坊主, しばしば十回, すでにこの, すでに一働き, すでに千草さん, すでに司馬談, すでに家族, すでに指定, すでに有力, すでに自然, すべての, そういう有害, そこを, その他の, その家庭, その木食仙人, その裂目, その雑誌, それよりも, そんな問題, ちと複雑, つくられた生産力, つけた跡, どうした, どこへか, なかつたの, なくな, なしたと, なつて, なりますか, ぬけでて, はかように, ふさは, ほんとうの, まう一つ, まさって, まさる大財産, まさる憂鬱, まさる繁栄, まさる親しみ, ました物思い, まして燃え立つた, まず屍体, または遠く隔, まだまだ遠く, もう二人, もどって, もらった手紙, やったと, やって来て, やはりロックフェラー基金, ようやく出版, よんだ西洋, わたくしと, わたしの, アインシュタインが, アドルム中毒の, アルスから, インテリゲンチャが, エセックスの, オデュセウスが, ギユテンベルグが, ゲンズン・ツブという, ゴリラとか, サー, ジョン, ストランド・マガジンか, タンサンか, ディグスビイも, ドイツ国に, ネープルスで, ハガキが, ビクターの, ブダペストから, マゼツパや, マリユスが, ミヤ子の, メソポタミア生れの, ユリウス・ケーサルも, ラジウムの, レベデフという, ローマについて, ヴィーンについて, 一つそちに対して, 一人も, 一八シリングが, 一升壜を, 一年ばかり, 一度やはり, 一度根岸の, 一度通った, 一番近くいつ, 一茶無く, 一貨物を, 三人の, 下した判斷, 与えられ概念的構成, 世間から, 中央公論に, 九〇〇磅が, 乞ひ得た, 予報する, 予想し, 二の宮この, 二人の, 二度かかれた, 云つた, 互いに深く, 五百木飄亭氏が, 亡くなった父, 人と, 人口の, 今日の, 他より, 仙臺への, 伊勢一円を, 伊那南殿村の, 伯父さんの, 佐佐木は, 何より水蒸気, 何人あろう, 何故この, 何者である, 作られた情熱的, 使つた, 例の, 信州方面から, 俺の, 倍する熱心, 停止し, 僕の, 先つ, 先駆と, 入って, 入道から, 八百万が, 其の傑作, 其存在を, 其發展が, 写されたこの, 出たもの, 出た筈, 出来た建物, 出立すべき, 別に耐震的工夫, 別れて, 別れましたるゆえ, 制定せられた, 前知事, 劉瑁の, 勝る激し, 匈奴とか, 北京で, 十一谷君の, 千種忠顕らの, 単独攻撃を, 即ち観念, 又日本以外, 受けた記憶, 召上がったん, 合衆國の, 同郷的愛着同, 君が, 吾, 呪術に, 唄われて, 喜田貞吉博士が, 四磅であったなら, 固定し, 国分の, 在って, 在桑港, 地丸左陣によって, 地球上に, 増した興味, 増て, 売淫を, 変はらね, 変らずいとも, 変らない, 変らぬ友情, 変らぬ草履取, 変りません, 変わらず艶, 多く此語, 夜会や, 大ヤマズミ, 大変懇ろであった, 大學, 大陸との, 夫人に, 失楽園の, 女から, 女友達, 妨止せね, 始まつたこと, 姙娠しとった, 嫁たづい, 存しなかった或, 存せしは, 学校の, 宅に, 宇津木兵馬の, 官僚と, 実地に, 実隆は, 宮は, 家中を, 家出を, 密使を, 密淫売のかど, 対岸から, 小山内薫氏の, 小石川植物園では, 小麦の, 少なくとも一千数百年以前, 属する前, 山中に, 岩井の, 崑崙国と, 巣鴨の, 左樣な, 己が, 已に出, 師匠と, 帰幽せられた, 年寄たちが, 幾年かの, 広津和郎氏が, 廃刊し, 建てられことに, 弁信が, 引き揚げる必要, 当る, 当御城内, 影響を, 彼女は, 得た所, 御存知ゆゑ言う, 復したやう, 徳川政府の, 必ず口頭, 忍び込めるし, 忘れきって, 思い比べると, 患った肋膜, 想像する, 愛して, 感覚によって, 懲りたか, 我国に, 或秘密, 戻すこと, 手に, 抄録解説した, 持つたもの, 捕縛され, 掛けて, 描かれて, 支持し, 支那人の, 故人に, 数学力学星学および, 敷物の, 文学を, 斎藤家を, 新, 於ける損害, 於ても, 既に, 既に前科, 既に角太夫, 日本で, 日本人が, 日鉄労働者の, 早く修復, 早川は, 易介は, 時々狂, 晉の, 暴行を, 書いた体言語尾, 書き始められたの, 有名な, 木曾義仲が, 木活字は, 未曾有の, 村を, 来たの, 東漢時代に, 松竹が, 某が, 柬埔寨国の, 栖鳳なく, 極めて低い, 極めて真, 構想した, 橋が, 櫻木大佐が, 正史体の, 此歌の, 此處に, 死んだとか, 死んで, 歿しまし, 殲滅の, 殺されて, 比しても, 比べても, 民間では, 気味の, 水戸の, 水戸様石置き場の, 池田勝入が, 汽車の, 河田嗣郎氏が, 泰一若く, 流動言語として, 浅草あたりから, 消費し, 淺見君と, 渡って, 湿性で, 溯り得るもの, 滝沢家から, 無かった, 無我を, 煎じたヤカン, 熱せられなかった対象, 版に, 犯人を, 独逸を, 現はれた, 現在の, 現實的, 生きてた多く, 生まれて, 生家へ, 用いられて, 申し越されよ旗鼓, 画家の, 留守の, 癇癪坊主に, 発狂し, 発行した, 白骨と, 百十時間という, 皇子の, 直接者であった, 相愛の, 知って, 知らして, 石川五郎という, 石見の, 磔殺, 神保小, 神格を以て, 私たちに, 私と, 私に, 種々の, 立てた音声, 立派な, 筆記し, 米の, 約束した, 紛擾を, 終ったの, 結婚しなかった, 統一なき, 絶対無条件に, 編纂された, 罪障懺悔の, 習っただけ, 考慮さるべき, 聞いた話, 胎龍の, 自分から, 自分も, 自分自身を, 自然の, 至元, 船客の, 芭蕉の, 英国の, 萌して, 蒔かれて, 藪原長者の, 蘭山は, 行なわれる, 行ふ, 行われたること, 表わしたもの, 被告に, 覆面の, 見かけたこと, 見かけなかったもの, 見たる所, 見られなかった新, 見世物用の, 覚えが, 親睦の, 角閃花崗岩が, 計画した, 計算した, 訪れたもの, 話した事, 認めあり今日, 読みさしたまま, 読者にも, 諸国を, 警察の, 讀んだか, 谷風と, 買って, 費した一, 起こらなん, 足手ま, 輪を, 辞退する, 近江路或いは, 述べたこと, 退学させれ, 通ったよう, 通り過ぎた迷路, 逢った時, 逢つた時, 逸早くこの, 運行を, 遠き田舍, 遡る, 還つた, 還つて其性情, 還ろうと, 郷里から, 酒乱の, 重大な, 金森家の, 長い神, 長崎辺りに, 開かれた文部省, 開通し, 限って, 隋の, 隠すこと, 難船し, 電車の, 非公式に, 頂いて, 領主や, 頼朝夫婦が, 飜譯した, 養われて, 馬籠本陣の, 騰貴し, 黴くさく

▼ 以前から~ (1153, 10.9%)

17 知って 15 私は 10 あつた, 私の 8 見ると 7 存在し 5 何一つお 4 ここに, して, そこに, 彼は, 我々祖先の, 聞いて

3 [12件] あった, あったの, わかって, 他の, 僕は, 彼の, 懇意な, 既にあつ, 此の, 知られて, 考えて, 自分の

2 [54件] あったもの, あるもの, お筆, この村, これと, これを, ご存じの, さう思つて, そうであった, それを, であること, やつて, よく知っ, 一種の, 一部の, 一銭の, 交際し, 人に, 人類生活を, 今の, 代々この, 住んで, 出来て, 問題に, 夜の, 存在した, 存在する, 広島の, 彼に, 彼を, 彼女は, 心臓が, 思ひ合つて, 愛して, 懇意に, 持って, 既に久しい, 林蔵と, 様子でも, 此村に, 流れて, 深い因縁, 疑問に, 百姓には, 知つてゐる, 私と, 聞いては, 行はれ, 行われて, 親んで, 誰が, 貴方の, 鈴木家の, 鎮魂歌を

1 [913件 抜粋] あこがれて, あったその, あったと, あったという, あったよう, あった関係, あても, あなたの, あの傳造, あの嘉門め, あまり勝れ, あまり登りおりする, あり来つた事, あるという, ある個人的確執, ある友人, ある替手, ある病的, ある頭, あんなにおとなしい, いかなる場所, いた緋鯉, いちど軍艦で, いつもあんな, いやに, いろいろと, いろいろな, いろいろ政治的, うかが, おしたい申して, おそらく早朝, おまえの, おゆうさん, お千代, お慕い申し, お源, お留守居, お米, お計らい下され, お願いし, かういふ行き方, かかる不, かの女, きれいに, こうある, ここの, ここまで, この, このお化け鞄, この予言, この信濃, この国土, この山牢, この昔風, この樹, この炭坑地方, この話, これが, こんな花, さう, さうだつ, さうであるが, さかんに, しばしばみんな, しばしば異様, しばらく前途, すでに大衆的, すでに夫婦, すでに日本人, すでに秀吉, ずっと九条院, ずっと愛しつづけ, ずーっと眼, そういう臭い, そうおっしゃる, そうした慎重, そうです, そうなっ, そう思う, その主観, その以後, その地方, その家, その島君, その後頭の, その木版藝術, その胚種, その金切声, それが, それに, それ位居た, そんなこと, たくさんの, ただ今に, だ, だが, だれいうと, だわ, ちゃんと渡っ, ちょくちょく日本橋式部小路, つけて, つなぎが, であつ, でございますよ, で着々, とっくに信長, どうした, どうもこういう, どこかへ, どっちかと, なかなかの, なして, なれて, ぬけずに, ぶら下って, ぼくは, まじめで通った, まったく真実, みずから知らない, もうずっと以前, もう水, もって, やって, やはりそこ, やはり南無妙法蓮華経, よくこう帝, よく存じあげ, よく知つて, よつて, わかっては, わたくしと, わたしは, アカグマ国に, イギリスを, イースト, クリストフに, クリストフは, コマ人の, ジャーナリズムとの, チビチビと, チベット政府が, チャンと, ネバ河口の, ファラデーは, ブリストル市で, メソジストの, ロザリーに, ヴィエイユ・デュ・タンプル街の, 一つの, 一ところ落ち, 一切お, 一度に, 一度入っ, 一度立合っ, 七兵衛が, 三階の, 上野の, 下宿の, 不敬事件秘密出版事件爆發物取締規則違反事件で, 世に, 世間の, 主人の, 主要なる, 予定され, 予定し, 予期され, 二人の, 互いに將來, 五六人の, 亡者な, 交際を, 人は, 人知れず強い, 今に, 今日ある, 今日までも, 仏勤めを, 仕えて, 仕事着などは, 他人の, 代官松の, 仮名遣として, 仮名遣の, 仲違いの, 伝えられて, 伝つた神事芸能だ, 佐伯三千子に, 何か, 何だか処女, 何年も, 作家に対して, 使はれ, 俗に, 信じて, 信濃桜といふ, 俳句を, 倭宮廷に, 偏頭痛に, 僕とは, 僕の, 儀作の, 先輩の, 其の葉, 其宿に, 内々山人の, 冷たいもの, 分って, 初まっ, 別荘に, 前朝, 前立腺肥大が, 勅命を, 勤勉で, 十分に, 半分ずつは, 南風太郎と, 単に趣味, 厳重な, 反対な, 叔父の, 受けた好意, 古代人の, 台所前の, 合わない, 同じよう, 呑込ん, 唯彼等, 問題の, 善くなかつた, 嘱托され, 固くさ, 固定し, 在ったもの, 在つたもの, 塩素の, 変だ, 外で, 多分は, 多少亀裂, 多少縁故, 大きな財産, 大玄関, 夫と, 奥様の, 女王の, 好い顔, 好きで, 妻, 妾を, 姙娠し, 嫌いだった, 子宮を, 存じ上げて, 孝行な, 学校へ, 安藤は, 定つた自分, 宣伝に, 家臣で, 寂しい人, 密かに, 寛政の, 尊敬し, 小次郎は, 少しずつ, 尽未来際に, 屡々使, 屡学校, 山崎が, 巡廻, 已に歴史上, 希望し, 帷幕の, 常世神といふ, 幕府に対して, 幸田節三の, 度々出演, 引続い, 当時の, 形ばかりの, 彼との, 彼も, 彼女が, 彼女を, 後悔の, 後悔を, 御一緒, 御存じで, 御指導, 御贔屓, 心に, 心の, 忌避し, 思って, 思案し, 怨みつらみの, 怪しいと, 想つ, 意図し, 我邦には, 戦に, 戰爭に, 戻りませんので, 所謂政治, 手に, 手を, 手許に, 折ある, 抱いて, 拾い読みに, 持っては, 持参する, 掛って, 探り出して, 探偵小説が, 播磨の, 政治界の, 文学に, 斯うし, 旅行記は, 既にかういふ, 既にとうにすべて, 既に信仰内容, 既に巡遊伶人, 既に雅遊, 既に鶴, 日の, 日本に, 日記を, 旧本陣, 明智と, 昔から, 映画専門の, 昼間の, 時々食べる, 普及し, 書き来った儘, 有ったろうか, 望んで, 木曽家とは, 本位田一家の, 村中の, 村人等の, 東ローマ皇帝を, 東京への, 松永弾正殿の, 校長先生の, 梅子さんを, 梅小路であった, 樂しみ憧憬れ, 機嫌の, 此人柄に, 此別荘に, 武林無想庵川田順小山内薫などの, 死とは, 殆ん, 殺意を, 母屋に, 比べると, 民衆の, 気が, 気さくな, 水の, 永遠だの, 沙漠が, 河原矢来外に, 洒落の, 派手な, 浅間大神と, 浪華亭へも, 海軍軍役に, 涙の, 清盛の, 準備し, 瀬川君に, 無口の, 熟睡し, 熱が, 父想ひ, 物蔭に, 特別好物な, 特色の, 犯罪という, 狂人の, 玉鬘には, 現代まで, 甚しく, 生れながらの, 用意され, 申込み大変, 男子は, 異族排斥の, 病んでを, 痩せた方, 登らう登らうと, 盗難に, 目星を, 相当の, 眼病に, 知っては, 知ってる男, 知りたい事, 知合いである, 研究され, 研究に, 確定され, 磯五と, 社会主義の, 祈祷を, 私が, 私より, 私共が, 私達一座を, 科学者の, 秩父の, 稽古したい, 立てられた舗石, 竜之, 策略家と, 約束が, 紛糾け, 組合の, 縁故の, 美味しい家, 老人と, 考へて, 耳に, 聞えた, 聞き知って, 聞き込んで, 育てて, 胸に, 脈搏つてゐる, 自分にも, 自分を通して, 舊い, 船内の, 苗代の, 茶の, 萌して, 落下する, 著名な, 薄々は, 藤田家に, 血を, 行なわれて, 行われた事, 行われる尨大, 衰頽に, 西洋に, 見ますと, 見慣れて, 見抜いて, 見馴れた俊子, 親しく口, 言葉を, 評判が, 詩人や, 詳しく存じ, 誕生日を, 誠吉の, 誼み, 調整され, 謹直の, 識者の, 買って, 資本家が, 足利幕府に, 輸入されきたった, 農場の, 近づきの, 述べて, 進んで, 遠く兆し, 都合によっては, 酒などの, 里に, 野や, 金吾おじさんの, 鏡に, 鑄造せしめ, 長く奉公, 長安に, 長野県, 関係の, 關係の, 随分探し, 隣国という, 雪枝の, 露西亜を, 音信を, 頭を, 頼母の, 風邪気味だ, 食べる, 食通として, 馴染みの, 驚かされて, 高橋を, 鳥が

▼ 以前~ (992, 9.4%)

6 そうで 5 立派な 4 そこに, それほどでも, 今よりも 3 あつた, お旗下, それを, そんなこと, よかった, 人の, 此の, 私の, 私は

2 [42件] あつたの, あれほど, あんなに死, この附近, これが, これでも, これほど, さぞ立派, そのお, どこかの, どこの, よくあの, よほど高い, バスが, 両国の, 丸ぽちゃで, 二間も, 人が, 人を, 人形や, 何か, 侍で, 俺と, 同様の, 同樣, 大抵夜分, 左官の, 彼女の, 旅の, 普通に, 東京近傍の, 武家の, 江戸に, 沖縄最高の, 物置だ, 相当な, 相応に, 禊ぎの料として, 私も, 荒尾但馬守様の, 誰が, 軍人で

1 [858件 抜粋] あったかも, あったの, あったらしく関東東北, あって, あの明神, あまり鳴らなかった, あれで, あんなに召し上がらなかった, あんな美人, あゝじゃァ, いくらか, いちじるしく快活, いつも着物, いろ, いわゆる一波万波, うれしいこと, えらい謠道樂, おこったもの, おみ, お勢, お君, お多福豆の, お屋敷さん, お洒落で, お酉さまの, かう云, かなりの, きっと軍人, こうで, ここから, ここで, こつとう, このギネタ, この二人, この人, この広い, この横穴, この水田, この講, この都会, これで, これも, これよりも, これを, こんなじゃ, こんな生活, さうし, さかいでが, ささなかった日, さる大名, しばらく措き, すいぶん判断, すぐ寝, ずいぶんそうぞうしく, ずいぶん頻繁, そういうこと, そういう無茶苦茶, そうとう莫連, そこは, そのへん, その四人, その形, その時節会, その発生, その筋, その通り, それが, それほどに, そんなで, そんなにべたべたしなかつた, そんな吝, そんな辞儀, たしかに二食, たしか常磐様, ただ青雲, だいぶ仲よし, だれからも, つかさやを, とにかく, ともかくも, どういう団体, どうであった, どちらで, どの門口, どんなにだだ, なかつたかと, なかなかそういう, なかなかよく釣れた, なかなか流行った, なるほど, なんにも, ひ, ひっつめて, ひよろひよろ, ぶすっとした, ほとんど公開, ほんとうに, ほんとに仲, まだたより, みたま, むやみに, もう少しゆとり, もちろん今, もっとかわいがっ, もっとひどかっ, もっと目, もっと遅く, もとより明治, もとより現在, やっぱりこの, やはりある, やはりこの, やんごとなき宮すじ, よくあった, よくルンペン, よく予想, よく子供, よく流行色, よく男達, よく行った, よく酒, わしに, わたくしは, わびしき漁村, キリーリンの, ジュムナ河が, ダシにも, チョイと, トダ人が, ドラ焼を, パンのみを, ホルテンシウスの, ユフの, ヨーロッパより, 一か, 一天俄に, 一層豐富, 一度に, 一本あげる, 一等運転士だった, 一般に, 一花咲かした, 七ツあった, 七七十里とて, 三日に, 上下の, 上海あたりを, 与力だった, 中, 中山で, 主人が, 久八の, 乱れたまま, 事務長の, 二つまで, 二十人ばかりを, 二又に, 二日に, 二足の, 京橋の, 人も, 人形廻し自身が, 人牲を, 人間も, 今とは, 今問題外と, 仕方の, 伊豆半島の, 会議及び, 佐野と, 何とか檢校, 何とも, 何事も, 何処に, 何等かの, 何處かの, 余技は, 俗に, 信じたこと, 倉庫で, 傘紙とか, 優れた歌人, 元より, 克く, 全ヨーロッパ, 全国的の, 六七杯も, 其帰つて来る, 内から, 内ロース, 内藤右之助という, 処女は, 別に是, 前記の, 加州金沢の, 勝手不如意で, 勤めの, 北国においても, 北条家に, 十五六円だつた, 南方に, 単に, 単に龍, 博多の, 占ひ, 参拝や, 反対だった, 口語でも, 叩鉦を, 各地に, 吉原の, 同じ新撰組, 同家に, 名の, 名人が, 味噌屋の, 商売人であった, 單なる, 四谷では, 団菊の, 土州軍からは, 在官の, 地べたに, 城の, 堂の, 壮年の, 夕方に, 外出すれ, 外神田の, 多分こういう, 多量の, 夜など, 大した栄耀, 大名であった, 大問屋, 大塚の, 大小を, 大目付とかを, 大西という, 大阪に, 天皇御, 奥州筋の, 女たらしの, 女に, 女修道院の, 奴隷だったろう, 始終あゝ, 娘道成寺の, 嫌いだった駆, 安かった, 定まった約束, 宝石商人で, 実に先生, 客に, 宮寺さえも, 宮角力では, 家に, 寺院楽と, 小さなホテル, 小さな室, 小博奕, 小田原から, 小麦を, 少々御, 少しばかり, 少し大きい, 少なくても, 少女らしく, 尻拭いには, 山に, 山の, 山人は, 山女が, 山根さんが, 岸辺伝いから, 左翼闘士としての, 市の, 市杵島姫命と, 帯の, 幕府という, 平靖号という, 年二回の, 幽界の, 広い家敷, 広東の, 座頭は, 式日に, 弓矢取る, 当主の, 彼にも, 彼処の, 彼等も, 徒歩した, 御祝いの, 御遺, 必ずそこ, 恋愛や, 恰度我々が, 悪いこと, 愛し合ったのに, 我々に, 或る, 戦争に, 手工を, 拙者の, 拙者より, 措て, 政府に, 敏腕な, 教場で, 断りなし, 新内の, 新宿警察が, 方丈記の, 日光の, 日本橋とかで, 日本橋の, 春に, 是も, 是をも, 時々爆発, 時流を, 暗いほど, 書物で, 月金で, 朝家が, 朝鮮済州島の, 木魚だけ, 村の, 東京中で, 東京朝日新聞社の, 松平伊予守の, 某藩侯, 柳橋で, 梅田から, 楊弓に, 権門の, 横井樣の, 橋を, 機を, 此三湖の, 此所の, 武士だ, 武士なれ, 武芸に, 歯科医が, 死にたかったの, 殯室, 毎年の, 毎朝カーテンを, 気質の, 水上から, 江戸一の, 沼の, 泉先生の, 洋食ばかり, 浅草の, 海の, 海岸に, 渡良瀬に, 渾沌の, 湯島の, 準備の, 瀧壺へは, 烏の, 無か, 無代であった, 然るべきお方, 然るべき侍, 燥ゃぎ立っ, 父の, 父親と, 物置き, 犬千代殿と, 猫も, 王子傅育官を, 現在の, 甚だしく面倒, 田地の, 田安殿奥方様が, 田舎の, 男女の, 男爵か, 町, 畑で, 痩せて, 癪に, 発足に, 白の, 百姓が, 百姓じゃ, 皆汽笛が, 盗匪が, 盛んであり, 相州さまで, 相当の, 眠ること, 眠る僧, 知つ, 知らなかつたの, 知らぬ同士, 石町の, 確かに, 神で, 神の, 神子上典膳と, 神田に, 神軍より, 福知山でも, 私と, 私にとって, 私共の, 立襟の, 竹本雛吉と, 第四圈, 築地で, 精, 素顔君の, 素麺箱に, 組屋敷らしい, 統制ある, 絵に, 綺麗な, 縊死による, 美濃の, 美術倶楽部の, 耶蘇教信者と, 肴屋でございました, 能く, 膝まで, 自分に, 自在に, 至って元気, 船の, 船島と, 良い支配人, 芝の, 芳町の, 若い人たち, 若い女性, 草葺屋根が, 荒凉として, 荒物屋で, 荷馬車などは, 華僑の, 萱原で, 薬材, 藤橋ホテル等に, 蜊河岸の, 表の, 袁紹の, 西川伊登次という, 見通しの, 言うた語, 言事が, 詩人であった, 誘拐であった, 誰しも, 誰の, 論理と, 豊島郡金杉村の, 財布を, 赤うなれ, 赤坂よりも, 越後では, 身分ある, 車内に, 軒端をめぐって, 農村に, 逆さに, 通人気取りの, 違つた島々に, 遥かに, 里から, 重く感じた, 野外に, 金槌の, 銅貨で, 鎌倉の, 長く歌, 長高と, 開港場に, 陸稻つ, 随分盛ん, 隨分惡いと, 雲南の, 青山に, 音に, 顔を, 飛騨の, 食事の, 飼蠶部屋にな, 餅草即ち, 馬主の, 馬鹿な, 駒井と, 騎せず, 髯むぢやの男なりし, 鬱々と, 鳳凰の

▼ 以前には~ (355, 3.4%)

5 もつと, 誰も 4 なかった 3 あらざるべくこれら, それを, 一人も, 私の, 私は

2 [18件] あんなに私, この例, それに, ないこと, みぬま, 人々は, 天皇の, 好んで, 存在せず, 彼は, 思ひも, 新刀無念流の, 日本には, 浅草から, 溝よりも, 確かに, 穀物を, 竜の

1 [290件] あった, あったという, あった野性美, あの人, あまり, あまり見かけなかつた, あるとおり, ある高貴, あれほど, いくら泣い, いっさいの, いつも自分, いま少し, おそらく見られない, およそそんな, およそ外人, かかる土地, かつてその, かなり勤勉, かなり親しい, こういう特別, こうした赫怒, この上, この他人, この地方, この泥沼, これが, これでも, これに, これも, こんないい, こんなこと, こんなで, そういう危険, そうひどく, その歴史, その移植, それが, それでもあめりか, それは, それも, そんなに流行, ただ蘇武, たとい空腹, だいぶ探偵小説, どちらでも, どんなに親しかっ, なかなか愉快, ねえ, ほとんど無くし, ほんとに黙っ, まだ漠然, まだ見, まったく確実, まつたく確實, まるで空白, むしろ, むしろ掃除, もう迚, もっと屡そう言う, もっと有利, もっぱら内国市場, やっとの, よくあすこ, よくあった, よくよくの, よく夏, よく往来, よく町, よく白昼, わたしたちも, イヤな, オボクレ坊主と, カルマック族の, ココ椰子の, ハムブルグ貨幣の, パリーの, ピイプザアムも, プライスの, ロシアの, ロマンチストであった, 一〇〇〇磅で, 一人の, 一千百万を, 一日で, 一本立てで, 一週間くらい, 七二〇磅で, 三つながら, 三つの, 三條だけでも, 上下ともに, 上流社会の, 不自然に, 主に, 久保先生の, 事実であったであろう, 二四〇磅であった, 二四磅すなわち, 二条に, 人が, 人世に対して, 人形の, 以前だ, 伊香保から, 何一つでき上がった, 何処でも, 何萬人何十萬人といふ, 使節が, 例が, 信州の, 信州や, 健康な, 億劫がっ, 先輩や, 光彩に, 入ったので, 全くなかっ, 全く明, 全く無, 全く知られ, 全く空白, 全く芸術的, 全然国家, 円まる, 冬も, 出生に関して, 刑の, 創造され, 力は, 動も, 北陸の, 十二月とも, 半紙が, 単に他, 口授を, 可なり, 司令官が, 周知の, 唐では, 唯何となく俺, 噴火した, 国々村, 国造県主等の, 地代を, 地区司令官は, 地方出の, 地方銀行の, 型ばかりの, 増したまひ, 多分主人公駒井, 多種多様の, 大抵帰国, 大衆文学なんぞと, 太い釘, 奇妙な, 如何な, 子供を, 存在せなかつた, 学校へ, 宇治山田の, 小倉の, 少くとも, 少しは, 少しも, 屍体の, 岩石菖が, 年の, 広く行われ, 廻す毎, 当時新しかっ, 当時矢張り銀座に, 彼らは, 従兄の, 必ず半分, 思いも, 思っても, 思ふに, 意識しなかった, 懇意に, 懺悔の, 或は黒部五郎岳, 或る, 所有格を, 政府は, 数学に関する, 斬新奇抜だ, 断片的ながら, 旧の, 明らかな, 明智, 時之, 書き得なかった後白河法皇, 書類を, 最も普通, 有り勝, 有名な, 有限である, 木とか, 村の, 東大寺の, 東洋は, 杵屋六左衛門派の, 橋が, 欠乏に, 歓びも, 此よりも, 此を, 母家の, 母親と, 水揚場と, 決してなかつただらう, 決して見当らなかった, 洋画の, 流行病の, 浮かれ女を, 深い溝, 温度偏差は, 温泉の, 溯らないしかし, 溯らない新しい, 溯り得ない, 澤山な, 無かった, 無かつ, 無く構造, 無償で, 父と, 特にさむ, 理科の, 生活必要品の, 用水堰が, 田舎の, 画の, 疑いも, 直接的であった, 直系子孫と, 相当こういう, 相当に, 眞理の, 真なり, 私も, 稲垣あたりへ, 穉氣なく, 競争によって, 第一等鉱山, 米や, 素晴らしい馬, 組合の, 絵端書が, 絶えず行われ, 考へる人, 聞かれなかったよう, 肺病は, 自分の, 自由平等博愛の, 花を, 花嫁が, 若し人, 若葉が, 萬物發展の, 蓋し無, 虚偽と, 蚯蚓を, 見られなかったよう, 見當ら, 親しい仲, 触っても, 証明せられる, 謙三郎の, 證明せられる, 貴方がたの, 貴方と, 貸席とも, 走りを, 身分と, 農業者は, 酒甕の, 野洲川の, 隨分聞いた, 雀を, 非常な, 非常に, 頭に, 風致を, 食用の, 馬車を, 驚くべく観念明晰, 高い水準, 高等普通学と

▼ 以前~ (333, 3.2%)

33 同一の 26 少しも 23 同じよう 13 違って 12 ちがって 11 同様に 10 同一であろう 8 同じやう 5 同一量の 4 すこしも, 正確に 3 同じであった, 同じ人間, 同一であるなら, 変って, 異る

2 [11件] まさに同一量, 以後の, 何の, 同じこと, 同様な, 変らず心安く, 変らなかった, 少しの, 異なる事, 言ふ, 較べて

1 [147件] いえば, いくらか違う, いっこう変った, いふこと, いふの, おなじくまた, かわらずに, かわらないので, かわらぬ親し, かわりが, かわりし白, さしたる変わり, さして変り, さほど形, さらに変りません, しますかね, すこしも変っ, その作品, だいぶ感じ, ちがったところ, ちがった感覚, どこか, なったが, なり露伴先生, なんの, ほぼ同, まったくちがっ, みなして, わたし感じが, ハよ, 事ちがい, 云う時, 云う稀有, 云えば, 云おうか, 今日とでは, 今日とを, 以後とでは, 以後とは, 以後とを, 伝わって, 何も, 何一つ変わっ, 全く同じ, 全く同一, 全く変りました, 全く容易, 全く違つた一つ, 其の時代, 其還りし, 反して, 同じく優しい, 同じく左端, 同じく彼, 同じく相伴, 同じく相伴う, 同じだけの, 同じで, 同じところ, 同じに, 同じみじめ, 同じもの, 同じらしい, 同じ不変, 同じ仕事, 同じ全く, 同じ分量, 同じ嗄声, 同じ場所, 同じ大, 同じ天真爛漫さ, 同じ奇蹟, 同じ姿, 同じ姿形, 同じ学生服, 同じ富, 同じ方角, 同じ旅館, 同じ機数, 同じ洞窟, 同じ状態, 同じ街道, 同じ道筋, 同じ金, 同じ隔たり, 同一であり, 同一である, 同一でなけれ, 同一ならしめ, 同一に, 同一分量の, 同一比例の, 同一量が, 同様の, 同様豊富に, 同樣俗事, 変ったの, 変つても, 変らず, 変らずそれ, 変らずに, 変らないから, 変らない電車通り, 変りが, 変りない, 変りの, 変りは, 変るわけ, 変わらなかった, 変わらぬよう, 変わりなく, 大同小異で, 大差ない, 大差は, 少し変わっ, 御米, 思ふ, 思われるの, 我々以後とで, 我々以後とでは, 打って, 替わりが, 様子が, 様子の, 殆ん, 比べて, 比較し, 異って, 異なった様子, 異なり日進月歩, 異なるもの, 自白以後とで, 言へども, 認定すべき, 變らず響く, 違いお, 違い水墨, 違い活発, 違ういらだち, 違う点, 違った父, 違つた貌にな, 違つてすつかり, 違つて今の, 違つて變な, 雖も, 餘程調子が

▼ 以前にも~ (212, 2.0%)

21 増して 2 あったの, まさって, 上泉信綱が, 優して, 増て, 泊りこんだこと

1 [179件] あったかも, あったかりそめ, あったであろう, あの抗争, あらゆる煙, あり源氏以後, ある, あるん, いたかも, おいでに, お話しした, かかる火, かなりの, こうした使い, ここに, この人, この博士, この幅, これほど, これ以後にも, こんなこと, さかのぼったアラユル過去, しばしば好評, そういう思想, そうだ, その實例, その種, それからも, それほど信頼, それほど増加, それ以後にも, そんな女, たびたびある, だん, ちょっと出た, ないで, なき難, なれないこと, ひとり人影が, ひどい暑気, ほんの僅か, まさるシェイクスピア熱, まさる可愛, まさる四面, まさる孝行, まさる母性, ました大, ました大騒ぎ, ましてあかるく, ましていろいろの, ましてかり立てる, ましてしぶい, ましてしみじみと, ましてだ, まして創作戯曲, まして善根, まして愛, まして愛らしく, まして沈痛, まして熱い, まして物柔, まして犀川, まして美くし, まして脂肪, まして自身, まして良く, まして苛め抜く, まして言葉, まして逢い, またその後, むつみと, やったよう, やはり私, よくこう思っ, よく組んだ, わしが, わたしは, キリスト教の, 一人その, 一度ありました, 一度こんな, 一度來, 一度来た, 一度此の, 一度死を, 一度繰り返された, 一日でも, 三味線を, 両三度, 二三囘彼は, 二人は, 五十万ほど, 今一度若林博士から, 今朝みた, 仏教の, 作中に, 信徒である, 優るほどの, 全然抵抗, 内々同じ, 内弟子同様な, 再々申しました, 別になお, 前世紀, 功績ある, 勝る熱心, 勝る親しみ, 同じ程度, 同じ質問, 呪言の, 地方銀行は, 垂仁紀を, 増した喚声, 増した物思い, 増した陽気さ, 増す混雜, 変わって, 大きな鳥, 存在し, 小城魚太郎は, 少くない, 少し記しました, 少年が, 屋敷内の, 幕府には, 幾つかの, 幾度か, 度々いった, 強盗殺人で, 当たる, 彼が, 彼女は, 恐れられて, 情人の, 我々の, 或る, 所々方々に, 接吻は, 新古今和歌集, 新派劇女優劇と, 方程式に, 既に其の, 既に帝紀, 既に特に神, 既に高山樗牛, 早稲田騒動で, 時が, 暮しを, 極刑を, 檀那は, 歌曲は, 此処に, 泊めて, 爭ひたれ, 申しました通り, 申し上げました通り, 申上げました, 百両講を, 百四五十人検挙された, 相当な, 私の, 私は, 立優る, 箕子の, 約四ヵ月前, 経済現象が, 翻訳などは, 舜天王の, 若干は, 菊池君が, 行はれ, 見えたこと, 見たこと, 親に, 言った通り, 誰彼と, 貨幣商業及び, 辮髮種族が, 露骨に

▼ 以前よりも~ (170, 1.6%)

4 より多く, 多くの 3 もつと, 遥かにより 2 慎しい, 温和しい, 猛烈な, 青く広く目

1 [148件] いっそうお, いっそうその, いっそうぼけ, いっそうぼんやり, いっそうりっぱ, いっそう小柄, いっそう御, いっそう手強く, いっそう深く, うつろな, おつかわし, からだの, この方, この頃, こまごまと, すこし沈んだ, ずっとてごわく, ずっと弱っ, ずっと深く, ずっと邸, ぞっとする, たしかにひどく, どこか, はげしくなった, はげしく流れ, ひそ, ひときわまさった, ひどい発作, ますます肥っ, また繁, また荒れ, また荒れた, むずかしくおなり, もっと冷たい, もっと大切, もっと巧み, もっと愚劣, もっと成功, もっと濃い, もっと痩せ, もっと睦まじく, もっと罪, もっと軽蔑, もっと頼もしい, やさしく思われる, よけいに, より以上, より大, より容易, より少い, より親密, ズット合理的に, ズット色が, パイチュウの, モット豪商や, 一個の, 一層の, 一層むずかしい, 一層よく人, 一層不穏, 一層余, 一層彼, 一層有名, 一層繁く, 一層鮮明, 二十四メートルも, 人を, 人目が, 今は, 仕事に, 偏見の, 健康らしくなった, 兎も, 六波羅から, 冷静な, 勤勉節約と, 却ってなに, 却って穏, 却つて島に, 又美しく, 執拗申します, 増した緩, 増加せず, 売上げ高が, 多くフランス, 多く使う, 多く消費, 多く花, 多少よい, 多数の, 大きくなった, 安定した, 実際より, 寧ろ秩序, 小さく見えた, 小なる, 少くなっ, 少し宮, 少し嶮, 少量の, 尚いっそう自分, 屡々秀子, 巧妙に, 強くなった, 微笑を, 快活に, 急速に, 恢復された, 悪くなっ, 早婚に, 旺盛に, 晩婚に, 更に熟する, 更に痛切, 更に痩せ, 根戸川へ, 正確な, 武士の, 活き活きと, 深い真実, 深く青く見えだした, 激しき速度, 濃くなっ, 物凄くなっ, 猥褻に, 現在の, 禍いを, 細かに, 綺麗にな, 緩慢な, 美しくなられた, 艶, 荒れまさって, 落ち付いて, 表情を, 親しみの, 親しみを, 親しめます, 言葉少なに, 賢くは, 辛かつ, 近々と寄っ, 遙かに, 遥かに, 遥に, 部屋の, 鋭く啼きたてる, 高い品物

▼ 以前より~ (150, 1.4%)

2 この耀, して, 家族に, 禿げて, 遙かに

1 [140件] あつた, いっそうお, いっそうみじめ, いっそう強固, うまくなつ, おやとい, お仙は, お帰り, くずれて, この世の, この年, ごそごそと, ご承知, さらに堪えられない, さらに頻繁, ざわついて, ずっと上手, ずっと瘠せ, ずっと長く, その猫, たばこと, はっきりと, ひき続いた官能, ひどい机, まして声, もっとさかん, もっと大役, もっと身軽, よほど叔父, インニッヒに, 一そう可哀想に, 一層きびしく, 一層ひどく, 一層また慌しく, 一層ネツ, 一層侘しく, 一層心, 一層早く, 一層深く, 一層肉, 一貫し, 二三倍も, 二倍も, 五十年前までは, 人には, 伝わりて, 何層倍も, 健康を, 全く無, 其筋の, 出来て, 勝っても, 十倍もの, 問題に, 喋り出して, 増えましたが, 増加した, 多少明るく, 大であるなら, 大分変っ, 大分薄らいだ, 大幅に, 存し, 家数が, 少々厳しく, 少くなっ, 少しお, 少しく慇懃, 少し濃く, 少し痩せ, 少なくない, 平和に, 強い刺戟, 強くなった, 役儀の, 心臓性喘息を, 志して, 快活な, 悪辣に, 手づよくゆすってみました, 手数を, 打ちとけた談笑, 打ち寄, 放駒, 数倍も, 新道が, 既に多少の, 日本新聞の, 日本画家の, 更に明るく, 更に満足, 本なら, 機関雑誌を, 機關雜誌を, 此国土に, 殖え山懷, 段々に, 毎週, 決して不幸, 海底又は, 深くも, 減ったという, 渠は, 漢学の, 猪飼が, 王と, 發熱八九度の, 目立って, 直心陰の, 直截な, 睡くて, 神経質に, 禹徳淳は, 窶れて, 算額の, 約定セし, 紙幣を, 美しく若やい, 肥え始めた, 自分の, 自分は, 興味を, 良い時代, 苗字帯刀は, 若々しく化粧, 落付も, 薄かった, 薄かつ, 街で, 西洋は, 言葉が, 路幅が, 軽くこの, 道祖神と, 避難民の, 重くなっ, 鍵が, 頻繁でなくなった, 高くなっ, 高くなる

▼ 以前からの~ (112, 1.1%)

3 ことである, もので, 風で 2 ことであった, ものである, 事であった, 事である, 伝説を

1 [93件] いきさつを, お知り合い, かの女, こだわりが, ことだ, ことであり, ことです, ことな, ことも, ことらしく, ことを, これらの, しきたりである, ひきつづきで, ものが, ようで, アトリエも, エタの, 不知火道場の, 仲だった, 伝説が, 位置を, 先住民が, 先生の, 具足師では, 勤め村に, 原住民の, 友達で, 古い仕来り, 古い伝統, 古木だ, 同志でも, 名である, 名物である, 周囲の, 噂を, 噺に, 大きな一つ, 好奇心も, 学校の, 定客, 屋号であった, 建物か, 当時の, 慣例で, 慣習で, 憧れの, 技術家が, 持ち越しかも, 持病である, 教育を, 来住者の, 歴史も, 洋学者の, 流転の, 潜んだ威圧, 熟練した, 状態である, 用例に, 癖で, 知り合いである, 知り合いの, 知り合いらしかった, 知り合ひで, 知合いで, 知合いである, 知合ひでし, 知辺と, 種族の, 約束で, 約束を, 約束今宵忍ん, 習慣を, 舊家で, 落ちつき払った, 行き掛かり上全, 西洋を, 解釋の, 言葉が, 話の, 諸国の, 贈答歌の, 通り路では, 郷の, 長いあいだ, 長い傳統, 開基と, 関係も, 關係である, 雜誌, 風であった, 食物の, 馴染は

▼ 以前~ (72, 0.7%)

2 の好き, の家, の居た, の思想, の書いた, も日本人, も詩, を喜ばせた

1 [56件] がここ, がこちら, がその, がふるさと, がまだ, がよく, が仕立屋, が勞働組合運動, が十八歳, が大学, が小さな, が暮, が歩いた, が海, が縁側, が美術学校時代, が考へ, が荊州, が青年文化協會, が飯山, と会っ, には互いに, のお, の中隊, の二歳, の住んだ, の恋人, の方, の朋達, の父, の眼, の考, の考え方, の親類, の車夫, はある, はいったい, はいつたい, はこの, はその, はちょっとした, は先生, は夏中, は山火事, は怪説絹布団, は恩, は情熱, は新道, は未だ, は柿沼, は詩, は誰, は道頓堀, も是, も社長, を惹きつけた

▼ 以前とは~ (71, 0.7%)

4 すつかり 3 ちがって, 比較に, 違って 2 似ても

1 [56件] あべこべに, いくらかちがった, うって, お変りに, お変わり, がらりと, ことかわり, ことごとくちがっ, すこしも, すっかり変った, すっかり変わった, すっかり違った, その内容, その行方, だいぶち, だんだんちがっ, ちが, ちがった光, どこかしら, まったくちがった, まるきり違つて, まるでちがった, まるで変っ, まるで違う, ガラリと, 丸っきり, 余程その, 全く違っ, 全く違つた現象, 別な, 反対に, 地形も, 変つて来た, 変わった御, 変わりましょう, 多少物, 安並も, 少しばかり, 打って, 打つて, 様子が, 殆ど反対に, 比較にも, 異って, 異つて, 異る, 研究以前の, 著しく変っ, 見違えるほど, 言ひ, 趣が, 逆に, 違つた眞劍な, 違つた眼で, 雲泥の差ほど, 餘程その

▼ 以前よりは~ (68, 0.6%)

2 いくらか, 打ち解けて

1 [64件] いっそう人, いっそう水, いっそう親切, ずいぶん早い, ずっとお, ずっと多く, ずっと幸福, ずーっと遅く, だいぶん砕け, またいっぱし, また痩せ, また落ち, もっと清らか, もっと濃い, やさしくなった, やや無口, よほど低く, よほど良く, 一層の, 一層加わっ, 一層影, 一層自由, 一層落ち, 一種の, 三倍も, 余計に, 倹約家に, 多くの, 好ましく成った, 小粒に, 少しいい, 少しご, 少し物思い, 少し量, 少し間遠, 幽鬱, 幾倍忙しく, 弱くは, 強い愛, 念入りに, 悲しき声, 早くはかどっ, 明らかに, 明るく綺麗, 気が, 烈しいよう, 甚だ烈しい, 申し合せの, 白くなった, 素直であった, 繁く通いぬ, 肌も, 能く, 自分に, 良い方, 血液が, 親密の, 身体の, 軽快であった, 近いところ, 近い所, 遥に, 頻繁と, 顔が

▼ 以前~ (46, 0.4%)

2 ここらは, 其前も, 家へ, 絶え間の

1 [38件] あそこの, あったの, こうした場合, こう云う, このよう, この男, この通り, しばしば御, そうであった, そうでございました, その一部分, その前, それを, ちょいちょい来た, つと若, やはりおめでとう, よく宮本武蔵, 一度こんな, 一度上海郊外, 二三度見かけた, 今の, 以下も, 以後も, 同じこと, 同じ需要, 同一であろう, 地方では, 多くその, 小仏, 感じたやう, 旧道で, 春と, 書きはじめてからも, 気の, 現在も, 眠られないとき, 老けたお, 苑地に

▼ 以前この~ (39, 0.4%)

3 家に, 辺は 2 家を

1 [31件] ような, 世界に, 両日に, 事件の, 二村の, 仙台藩で, 叔父から, 問題は, 土地で, 土地に, 塾に, 女の, 家には, 屋敷に, 庭の, 役人を, 指を, 日も, 果樹園の, 氏の, 男の, 町の, 種類の, 立場が, 蓮池邸の, 裸体の, 辺の, 辺まで, 道を, 郷に, 頂上にての

▼ 以前ほど~ (34, 0.3%)

1 [34件] あれこれと, うけなくなりむかし, うしろめたい氣, しっくり行かなくなっ, でないやう, では, な実力, はっきりと, まん, マア坊を, 仕事に, 僕に対して, 勝ちを, 叱言, 寛大な, 寵遇を, 強くは, 得意に, 思はしくない, 悲しい記憶, 有難くない, 気乗りは, 深くは, 碧く, 確固たるもの, 絶対的には, 羽ぶりは, 致命的で, 苦に, 費さずに, 都会人という, 長くなく, 面白くない, 面白く思わなかった

▼ 以前~ (34, 0.3%)

5 知って 2 想像し, 知つてゐる, 記す

1 [23件] つなぐもの, ひっくるめて, 一括し, 中心に, 云ひ, 体験し, 保持する, 思い出せと, 思うたら恥, 意味する, 挙げないの, 推すこと, 春のや, 知ったもの, 知らないお雪ちゃん, 知るお, 示す, 私は, 第一期, 考うれ, 言えば, 語って, 説くに

▼ 以前なら~ (24, 0.2%)

2 ば一直線

1 [22件] いま伊東の, お譲り, きっとそうは, これも, ばすぐ, ばそのま, ばどうにか, ばアリョーシャ, ば一刀, ば何, ば兔, ば十五分, ば夫, ば惚れた, ば書けない, 二十年間も, 人力車だ, 別に其仁, 家禄が, 彼女は, 感心したであろう, 自ら策略も

▼ 以前既に~ (24, 0.2%)

2 枯れつくして

1 [22件] あつた, あつて, この名, これらの, ほかひ, ドイツにおいて, 一たび世に, 一度聯隊に, 一部の, 俳優肖像画の, 前年松本学氏が, 太陽を, 幾多の, 彼女は, 念仏者等によ, 相当の, 短歌の, 石川豊信鳥居清満, 立派な, 経過し去り, 荒廃し, 読者の

▼ 以前からも~ (22, 0.2%)

5 あつた 2 そうであった, 彼は, 此風は

1 [11件] お頼みし, たくさんの, 北国陣と, 實行され, 少しづつ開墾, 庶民の, 春季の, 試みて, 遊蕩など, 重んぜられて, 集会は

▼ 以前~ (22, 0.2%)

4 あつた

1 [18件] あつたらう, あつて, あらうと, それが, ヨタモノだったら, 云や, 仮に和銅二年, 元正天皇御, 刑事警察の, 大体ぼくの, 安政二年の, 山地には, 未だ太宰府, 未だ火葬, 生物的な, 申せば, 道宣や, 階下に

▼ 以前~ (22, 0.2%)

1 [22件] から想われた, が二人, が名倉, が江戸, が直樹, と共に善, に, の乳人, の前途, の心, の故郷, の胸, の選定, の飛騨行き, はこんな, は山田駿三, は文章博士, は斬首人, は此処, は町内, は画, は龍

▼ 以前~ (21, 0.2%)

1 [21件] から, からという気, からまた, が, がそれ以来, が博賭徒, が番町, が足利, けれども今, けれど大塚, つたいまの, つてさうだつた, つて叔父が, つて斯う, といわなけれ, とてさして, と云っ, と今頃, と本田, なあ, 大阪へ

▼ 以前その~ (20, 0.2%)

2 意味が, 男の

1 [16件] あたり一帯が, ま, 先に, 前です, 土地の, 地の, 女が, 女の, 委曲を, 小僧時代に, 島に, 授翁様を通じて, 方が, 是々非々で, 流行の, 質屋の

▼ 以前までは~ (19, 0.2%)

1 [19件] それが, なかなか盛ん, われわれは, ナマの, 九州の, 今の, 僕も, 其処の, 其處の, 学生の, 尠く, 彼女と, 我, 文通し, 百年にも, 科学と, 管子なら, 経済財の, 織田も

▼ 以前~ (15, 0.1%)

2 利代の

1 [13件] おかみ狩りを, 三輪の, 京に, 北が, 屋敷に, 民を, 藤さんの, 角一行の, 賤が, 通の, 雪の, 館の, 高から

▼ 以前まだ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あたしが, かの女, この地方, そこの, 両親の, 子供だった, 定まった墓地, 小室の, 愛の, 文三が, 早稲田の, 父が, 獅子屋さんの, 私が, 結婚しない

▼ 以前自分~ (15, 0.1%)

2 は不

1 [13件] がまだ, が梯子乗り, が母, が甘, が真面目, のところ, の家, の小舟, の知っ, の腰掛けた, の麦, はお, はよく

▼ 以前ほどの~ (14, 0.1%)

1 [14件] 勢いは, 張合ひ, 往来は, 御寵愛, 御熱意, 情熱が, 気乗りも, 気魄は, 活気が, 熱は, 熱を, 熱心を, 苦労を, 親しみを

▼ 以前東京~ (14, 0.1%)

2 に被

1 [12件] では縁日の出はずれ, で三藏, で遊蕩, にもしばらく, にゐた, にゐられた, に住ん, に居る, に長らく, の市中, の本殿, の神田あたり

▼ 以前通り~ (14, 0.1%)

1 [14件] ご機嫌, にする, にヘイチヤラ, に動いた, に社会医学, に立ちこめ, の冷たい, の協同農法, の有様, の秦, の鋭さ, の需要, の静けさ, 優しい言葉

▼ 以前~ (13, 0.1%)

3 以前だ, 立派な 1 中世の, 人なみよりも, 伝説の, 侍だけに, 形而上学の, 無鉄砲な, 知りたかったの

▼ 以前において~ (13, 0.1%)

1 [13件] かの, この世の中, すでに僕, それに関する, そんな遠方, 大西洋の, 如何に, 既に何人, 既に本当, 既に發生, 消耗する, 漸次それ, 誰か

▼ 以前まで~ (13, 0.1%)

1 [13件] こうで, この表情, ふとした事, ロッテナム美人館と, 二十三人の, 存在し, 当地方主要炭坑, 御隣町, 殆ど全国的に, 私と, 私は, 芭蕉の, 開かれて

▼ 以前における~ (12, 0.1%)

2 パリパテー会社の 1 ありとあらゆる物理的生理的心理的経験, インカ王国当時の, ラサ府の, ラプラス並びに, 一〇〇〇足の, 人間の, 代表的の, 日本人の, 的確な, 近代精神の

▼ 以前あの~ (11, 0.1%)

1 [11件] あたりの, ラドベリーの, 人たちに, 人の, 例の, 塚の, 女と, 女は, 山荘に, 行水を, 賊の

▼ 以前よく~ (11, 0.1%)

2 やつた 1 わたくしの, ヴォズネセンスキイ通りに, 三組町の, 三郎自身が, 先輩は, 宅へ, 強盗に, 往来を, 見かけたの

▼ 以前である~ (10, 0.1%)

1 から, から私, がどこ, が初, ことだけは, ことを, といふこと, にちがい, 処の, 鏡花氏に

▼ 以前です~ (10, 0.1%)

21 から, からね, から天慶年間, がどうも, が朝廷, と重々不届き至極, ね, 爾すれ

▼ 以前どおり~ (9, 0.1%)

1 だが, にあの, にはし, に好き, に親しい, の味気, の険し, 凍えつきそう, 絶えなかった

▼ 以前においては~ (9, 0.1%)

1 かなりかかる, こういう区別, その差, まさしく源女, ハムムラビの, ユトランドの, 人と, 漢文学の, 発音が

▼ 以前までの~ (9, 0.1%)

1 もので, 事で, 学堂は, 學堂は, 彼の, 暗い気持, 浪曲と, 苦しみと, 鎖攘を

▼ 以前~ (9, 0.1%)

1 かに私, かの基礎, かの折, かの用事, かの知人関係, かの講演会, かまた, か兼吉, と言っ

▼ 以前でも~ (8, 0.1%)

1 これが, そう魅力的, それ以後でも, ないの, やはり定, 上野の, 米の, 飲食物その他何に

▼ 以前~ (8, 0.1%)

2 贔屓に 1 ひいきに, 交際を, 厄介にも, 宅の, 老中松平信祝様より, 金蔵の

▼ 以前~ (8, 0.1%)

2 名士に 1 る一人, る人相観, る女, る寫眞好き, る旅館, 僧が

▼ 以前あった~ (7, 0.1%)

1 ことによって, ものに, よ, 人たちを, 噂も, 片側は, 通り寂然たる

▼ 以前ある~ (7, 0.1%)

1 反動的組合の, 夏北海道旅行を, 家に, 爭議に, 田舎に, 薬局の, 駅長が

▼ 以前では~ (7, 0.1%)

1 あったから, あるが, そんな手紙, ないと, なかつたはず, ラプラスや, 一つの

▼ 以前という~ (7, 0.1%)

2 ものが 1 ことが, のは, ような, 意味が, 語を

▼ 以前どこ~ (7, 0.1%)

1 かでお目にかかっ, かでお目にかかった, かで散々, かで私, かで考, かの旧領内, かの本

▼ 以前京都~ (7, 0.1%)

1 からのがれ, で懇意, で月, にいた, のある, の吉岡家, 第二中学

▼ 以前即ち~ (7, 0.1%)

1 かの, 今年五月一日を以て, 春秋戦国の, 東京市の, 漢が, 異教時代に, 足利時代から

▼ 以前同じ~ (7, 0.1%)

1 下宿に, 土地に, 地方の, 山から, 建物の, 所で, 病院で

▼ 以前だったら~ (6, 0.1%)

1 ねこは, 女先生は, 彼は, 毎日の, 通り切れるこっ, 馬は

▼ 以前であった~ (6, 0.1%)

1 から, が三宅島, ということ, という点, とは言える, に違い

▼ 以前とても~ (6, 0.1%)

1 ナニモ非常に, 定めし悪事, 幾度か, 必要は, 正月とか, 親友と

▼ 以前やはり~ (6, 0.1%)

1 さうし, 不意に, 会社の, 店員でした, 捕虜と, 秋に

▼ 以前~ (6, 0.1%)

1 にいた, に置い, の女中, の殿, の番頭, へ子守

▼ 以前ここ~ (5, 0.0%)

1 には何, に寝泊り, に立っ, へお, へ来た

▼ 以前それ~ (5, 0.0%)

4 がし 1 がすっかり

▼ 以前とか~ (5, 0.0%)

2 わらない 1 はりない, はりなく, わりないが

▼ 以前人間~ (5, 0.0%)

1 が意慾, だったの, だつたの, であった当時, であった時

▼ 以前今頃~ (5, 0.0%)

4 になる 1 は蛙

▼ 以前~ (5, 0.0%)

1 がよく, の入所当時, の家, の描いた, もお世話

▼ 以前勤め~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ておった, てゐた, を致した

▼ 以前~ (5, 0.0%)

1 はっきりした, 一生懸命に, 大騒, 給料袋を, 衝動的美し

▼ 以前見た~ (5, 0.0%)

1 ことが, ときは, 夢の, 折には, 焼跡の

▼ 以前うち~ (4, 0.0%)

1 に使っ, の下男, の女中, の女房

▼ 以前~ (4, 0.0%)

1 らちつ, 以後かに, 又同時に, 将た

▼ 以前これ~ (4, 0.0%)

1 が, は便利, を以てオシラ遊び, を秋田県

▼ 以前そこ~ (4, 0.0%)

1 には高, にゐた, の寄宿生, まであと

▼ 以前であったら~ (4, 0.0%)

1 それに対して, なんの, 何等不自然, 自分の

▼ 以前においても~ (4, 0.0%)

1 そのとおり, 日本人は, 皆写実, 聖ルイは

▼ 以前~ (4, 0.0%)

1 お借りする, もどるが, 帰りたいにと, 歸り

▼ 以前ほどは~ (4, 0.0%)

1 入っても, 悠長でなくなっ, 浴びせなくなった, 続かなかった

▼ 以前よりの~ (4, 0.0%)

1 ことです, 予謀に, 北奥の, 沙汰なりき

▼ 以前住ん~ (4, 0.0%)

4 でいた

▼ 以前及び~ (4, 0.0%)

1 万葉人の, 以後に, 以後の, 後において

▼ 以前奉公~ (4, 0.0%)

4 して

▼ 以前少し~ (4, 0.0%)

1 その道を, は登った, ばかり分析, ばかり易学

▼ 以前彼女~ (4, 0.0%)

1 にたいしていだい, はお父さん, は叔父, は吉村篤史

▼ 以前~ (4, 0.0%)

2 に隠れ 1 の弥右衛門, の秘書

▼ 以前程の~ (4, 0.0%)

2 元気は 1 熱は, 鋭さを

▼ 以前読んだ~ (4, 0.0%)

1 ラスキンの, 事の, 書物の, 英国の

▼ 以前関係~ (4, 0.0%)

2 のあつ 1 して, のあった

▼ 以前すでに~ (3, 0.0%)

1 増さんという, 昔日の, 棺台の

▼ 以前すなわち~ (3, 0.0%)

1 方則が, 明治初年の, 群雄割拠の

▼ 以前そう~ (3, 0.0%)

1 であったよう, やって, 言った仕事

▼ 以前そういう~ (3, 0.0%)

1 不謹慎な, 心境を, 経験を

▼ 以前たしか~ (3, 0.0%)

1 アメリカの, 森鴎外の, 立川とか

▼ 以前どんな~ (3, 0.0%)

1 人の, 關係に, 鰻を

▼ 以前にかの~ (3, 0.0%)

2 旅館に 1 船が

▼ 以前ほどに~ (3, 0.0%)

1 この犬, 信頼せず, 眼立たなかった

▼ 以前ほどには~ (3, 0.0%)

1 ビールを, 目に, 過剰でない

▼ 以前わたし~ (3, 0.0%)

2 の旅館 1 は趙太爺

▼ 以前世話~ (3, 0.0%)

1 したもの, になっ, をした

▼ 以前厄介~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, になつ

▼ 以前~ (3, 0.0%)

1 が殺された, の夫, の殺された

▼ 以前彼等~ (3, 0.0%)

1 の同類, は不潔, は韻律

▼ 以前恐らく~ (3, 0.0%)

1 三百年も, 持統六七年あたりでは, 数百年前から

▼ 以前早く~ (3, 0.0%)

1 もそこ, も此, エトルスキも

▼ 以前来た~ (3, 0.0%)

1 如くに, 時と, 道の

▼ 以前~ (3, 0.0%)

1 の家, の山崎附近, の町

▼ 以前疑ひ~ (3, 0.0%)

3 を持ち初める

▼ 以前私達~ (3, 0.0%)

1 がはじめて, の学校, の學校

▼ 以前非常~ (3, 0.0%)

2 い事世話 1 に流行

▼ 以前あなた~ (2, 0.0%)

1 のお, はあんなに

▼ 以前あんなに~ (2, 0.0%)

1 好きだった, 私を

▼ 以前いた~ (2, 0.0%)

1 お久, 家へ

▼ 以前おなじ~ (2, 0.0%)

2 銀座の

▼ 以前お座敷~ (2, 0.0%)

1 での時, へ出

▼ 以前かも~ (2, 0.0%)

1 知れぬ, 知れませんな

▼ 以前からは~ (2, 0.0%)

1 やつて, 夫に

▼ 以前こんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, 時刻に

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 ういふところ, うで

▼ 以前ちょっと~ (2, 0.0%)

1 甲府で, 行った事

▼ 以前であっ~ (2, 0.0%)

1 て当時, て独断等

▼ 以前であり~ (2, 0.0%)

1 出発点以前であった, 發明後三十年ないし

▼ 以前といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 如し

▼ 以前とて~ (2, 0.0%)

1 その傾向, 会えば

▼ 以前どうして~ (2, 0.0%)

1 暮らして, 興味を

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 のよ, んです

▼ 以前にな~ (2, 0.0%)

1 つたやはり, つた英國人の

▼ 以前にまで~ (2, 0.0%)

1 この復古, 立ち還らなければ

▼ 以前ひそか~ (2, 0.0%)

1 にこの, に細工

▼ 以前への~ (2, 0.0%)

1 復古も, 暗示が

▼ 以前までに~ (2, 0.0%)

1 やってきて, 仕事を

▼ 以前よりか~ (2, 0.0%)

1 もっと細か, 一層寡黙

▼ 以前よりずつと~ (2, 0.0%)

1 沈黙に, 骨ばつて

▼ 以前よりもずつと~ (2, 0.0%)

1 真面目に, 若々しい姿

▼ 以前わたくしども~ (2, 0.0%)

1 では土地, のいたし

▼ 以前われわれ~ (2, 0.0%)

1 のいなかった, は彼

▼ 以前ゐた~ (2, 0.0%)

1 秘書の, 部屋の

▼ 以前アメリカ~ (2, 0.0%)

1 に渡っ, に留学

▼ 以前チャップリン出現以前~ (2, 0.0%)

2 におけるパリパテー会社

▼ 以前チョビ安~ (2, 0.0%)

1 という者, はこの

▼ 以前フランス~ (2, 0.0%)

1 とプロイセン, に留学

▼ 以前一二度~ (2, 0.0%)

1 お目にかかったこと, お見かけいたした

▼ 以前一度~ (2, 0.0%)

1 その家, 見たこと

▼ 以前一月~ (2, 0.0%)

1 には始め, の手間七円五十銭

▼ 以前一番懇意~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 以前丁度~ (2, 0.0%)

1 この頃, その先駆者

▼ 以前上下~ (2, 0.0%)

1 の旅人, の草鞋

▼ 以前上海~ (2, 0.0%)

1 の地, へ上陸

▼ 以前下宿~ (2, 0.0%)

1 をさがす, をし

▼ 以前二三~ (2, 0.0%)

2 の日本映画

▼ 以前二人~ (2, 0.0%)

1 が別れ, の使女

▼ 以前交際~ (2, 0.0%)

1 があった, した家

▼ 以前仕え~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 以前住んだ~ (2, 0.0%)

1 ことの, 町を

▼ 以前何処~ (2, 0.0%)

1 かやさしい女らしい, に住

▼ 以前何時~ (2, 0.0%)

1 か能楽趣味, だったか

▼ 以前信長~ (2, 0.0%)

1 が長嶋門徒, の在世中

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 はあの, も覗き

▼ 以前備中~ (2, 0.0%)

1 で植物採集会, の倉敷在

▼ 以前入っ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 以前全く~ (2, 0.0%)

2 細微に

▼ 以前出した~ (2, 0.0%)

1 物には, 短篇集を

▼ 以前出産~ (2, 0.0%)

1 の際母, を助け

▼ 以前別れた~ (2, 0.0%)

1 ときと, 人々と

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 の山々, の新地

▼ 以前医者~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 以前十七歳~ (2, 0.0%)

2 の花盛

▼ 以前十里許~ (2, 0.0%)

2 り離れた某

▼ 以前友達~ (2, 0.0%)

1 から頼まれた, の物

▼ 以前同じく~ (2, 0.0%)

1 父親ゆづりで着慣れ, 甲府の

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 がしばしば, んとこ

▼ 以前土蔵~ (2, 0.0%)

1 の方, を毀した

▼ 以前多分~ (2, 0.0%)

1 夕刻位に, 小学時代だった

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 へん御, 掾国香の

▼ 以前大家~ (2, 0.0%)

1 と云う, の人

▼ 以前大岡市十郎~ (2, 0.0%)

1 といっ, なる者

▼ 以前大阪~ (2, 0.0%)

1 で兵隊, で知っ

▼ 以前奈々子~ (2, 0.0%)

2 に別れ

▼ 以前奈良~ (2, 0.0%)

1 の朝, の浅茅ヶ原

▼ 以前常磐~ (2, 0.0%)

1 が雑仕女, の前

▼ 以前平屋造~ (2, 0.0%)

2 で一寸見

▼ 以前広小路~ (2, 0.0%)

1 にあ, の

▼ 以前引きつけられた~ (2, 0.0%)

2 支那画の

▼ 以前往々~ (2, 0.0%)

1 その言葉, 同人雑誌の

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 に描い, をゆるした

▼ 以前懇意~ (2, 0.0%)

1 だった芸者, の将棋会所

▼ 以前我々~ (2, 0.0%)

1 の彼, は常識

▼ 以前我が~ (2, 0.0%)

1 君と, 都民が

▼ 以前或は~ (2, 0.0%)

1 七重の, 当時の

▼ 以前放浪者~ (2, 0.0%)

2 で今

▼ 以前故郷~ (2, 0.0%)

1 で一面識, のある

▼ 以前新井白石~ (2, 0.0%)

2

▼ 以前新橋~ (2, 0.0%)

1 の, の芸妓某

▼ 以前旅先~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 以前日本~ (2, 0.0%)

1 にいた, の片隅

▼ 以前暗号~ (2, 0.0%)

1 というもの, については一寸

▼ 以前書いた~ (2, 0.0%)

1 作品を, 十何篇かの

▼ 以前本来~ (2, 0.0%)

2 の面目

▼ 以前本町~ (2, 0.0%)

2 に刀屋

▼ 以前机竜~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 以前東洋~ (2, 0.0%)

2 においても西洋

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 の売立会, 閣僚にたいしてのみは

▼ 以前楠正勝~ (2, 0.0%)

2 が普化僧

▼ 以前槇氏~ (2, 0.0%)

2 は開業医

▼ 以前横浜~ (2, 0.0%)

1 で懇意, の山手

▼ 以前殊に~ (2, 0.0%)

1 その時, 親しくし

▼ 以前殿~ (2, 0.0%)

1 とお, にそういう

▼ 以前汽車~ (2, 0.0%)

1 が横切, の通じ

▼ 以前浅草~ (2, 0.0%)

1 のお, の花屋敷

▼ 以前浦島~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 に親しい, をこえ

▼ 以前~ (2, 0.0%)

2 を入れた

▼ 以前田舎~ (2, 0.0%)

1 に住ん, へ旅行

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 上げた宮本先生, 立てた

▼ 以前発表~ (2, 0.0%)

1 された, したもの

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 に西洋風, に説かれ

▼ 以前盛ん~ (2, 0.0%)

1 に世間, に旅行

▼ 以前知っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 以前~ (2, 0.0%)

2 に居た

▼ 以前程には~ (2, 0.0%)

2 興味を

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 二週間中隊は, 十年一日いろいろな

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 に乗, へ一しょ

▼ 以前良人~ (2, 0.0%)

1 が戦, と会った

▼ 以前親しく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 以前警察~ (2, 0.0%)

1 で勝手, の大がかり

▼ 以前貴女~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 の館, を寄せ

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 一人だけ, 彼れ

▼ 以前通り百姓~ (2, 0.0%)

1 や杣夫, をし

▼ 以前郵便局~ (2, 0.0%)

1 に監督人, に監視人

▼ 以前野村~ (2, 0.0%)

2 が初めて

▼ 以前鉛筆~ (2, 0.0%)

1 で書いた, を製造

▼ 以前随分古く~ (2, 0.0%)

2 から至極

▼ 以前飯田町~ (2, 0.0%)

1 にいた, に邸

▼ 以前~ (2, 0.0%)

1 を曳い, を殺し

▼1* [1044件]

以前あしかけ四年, 以前あたしの伴奏, 以前あつた事, 以前あのお屋敷に, 以前ありたり今, 以前あるいは一乱以後という, 以前あれほど云った, 以前あれこれと考えた, 以前いい小説を, 以前いうが如く, 以前いかに高価であっ, 以前いずれの国人, 以前いちどこの店, 以前いまだ猿であった, 以前いまだに忘れること, 以前いらしたダンスホールで, 以前いろいろなおもちゃ, 以前いろはになる, 以前うなぎの大和田あたり, 以前おそらく日本紀編纂の, 以前おそらくは共和国が, 以前おばさまにお, 以前および田植終りの, 以前おれが養父丁原, 以前お嬢様のお伴, 以前お寺で聖母様, 以前お歌所の千葉胤明翁, 以前お玉杓子や二十日鼠, 以前お話のありました, 以前お雪ちゃんも坐り, 以前お雪ちゃん一人で空想, 以前かう云ふ, 以前かかることありき, 以前かつて私は, 以前かなり遠い過去, 以前かに標準を, 以前かの三蔵法師で, 以前からかも知れません, 以前からずつと後まで, 以前からって何時頃から, 以前からと俄かに, 以前からというここの, 以前からものの見事に, 以前かれに向かっ, 以前きいていた, 以前ぐるりを囲っ, 以前こういうものを以て, 以前こしらえてやりました, 以前こそあれ人通り, 以前ことに大地震, 以前老師一行が, 以前ごくふつうであった, 以前さあマッサグリアか, 以前さかんに行われた, 以前さして置いた箸, 以前さびしく死んで, 以前ていた, 以前したことの, 以前じゃア未だ, 以前すこしばかり其処, 以前すべての動物, 以前すべて物は必然, 以前すわ兎角まけ, 以前ずっとおいでに, 以前せつせと, 以前なたは, 以前それから母に, 以前そんな事に, 以前違つて一杯幾らつ, 以前ただ戦争の, 以前だけでもそれらの, 以前だけに石炭を, 以前だったのです, 以前だって悪い人, 以前だつたかと思はれる, 以前ちょうど鐙小屋の, 以前や, 以前ついていた, 以前つからあゝゆんだ, 以前つとめていらした, 以前つまりトビ市を, 以前つれあひといろいろ, 以前であったならば将来キャゼリン嬢, 以前でさえも月賦で, 以前でしたものね, 以前でしたら六七円の, 以前でなくては協, 以前でなければならぬ, 以前とかいう時に, 以前ときまつて, 以前としての軽侮を, 以前とちがつて, 以前ともに携えて, 以前ほり何事, 以前どういう名を, 以前どうかすると良寛さん, 以前どおりグルーシェンカのやって来る, 以前どおり鎌倉方の女, 以前どなた様のお, 以前どれほどの資産家, 以前ながらの平和に, 以前などと称する者, 以前なまけだしたのでしょう, 以前ならざる可らず, 以前なら知らずこの喜劇, 以前なるべきことは, 以前においてすら三百万もの金が, 以前においてのみでは, 以前においてはというよりも, 以前にてはキリストの, 以前にでも主人が, 以前にはかやうに, 以前により大なる, 以前のさういふ気持が, 以前はさ程で, 以前はじめて東京に, 以前はといっても, 以前はなァあんた少し, 以前はね人の, 以前あやさんを, 以前ぱっちりして, 以前ひんぴんとそういう, 以前ふかく心を, 以前ふたりは伯父, 以前ふとヴァヰオリンが, 以前へは辿って, 以前ほんとに短い演説, 以前ぼくは人, 以前まえからの約束, 以前またその後の, 以前みたいに普通の, 以前めんどうを見, 以前もう三十年あまりにも, 以前もしくはそれ以後においても, 以前もっと南方の, 以前もの知らぬ里, 以前もはや二十年も, 以前もみぢの料理場, 以前やっていた, 以前やっぱり佃に, 以前やつた商, 以前よっく知っていた, 以前よんだ泉鏡花の, 以前らしく六月の, 以前ら知つて居られたが, 以前わからない異国情調を, 以前わが父孫堅を, 以前わけても世話, 以前わたしどものをりました, 以前アダムは天, 以前イヤな思い, 以前ウィンナで僕, 以前ウェールスの山, 以前ウォーラストンがやはり, 以前ウラスマルは本国, 以前オリヴァ・ロッジとかフラマリオン, 以前オリヴィエが無益, 以前ガッソーの曲馬団, 以前キャプテンの乗っ, 以前クリストフに会った, 以前クヴァというの, 以前グッビオ諸山の一, 以前グレゴールが, 以前グロデーエフは何人, 以前コゼットが住ん, 以前コノ十年間グライハ僕ハ常ニ妻, 以前ゴオゴルは其の, 以前サンデイ毎日に出, 以前サントウイス島も合衆国, 以前シャンヴルリー街といった所, 以前ショッペンハウエル氏の著, 以前ジュネーヴに私たち, 以前スイスではこの, 以前スイッツルで鉱泉浴, 以前ダンテは白黨, 以前チャタムの町, 以前チラリと耳, 以前ツキヌキ団子と謂った, 以前ヅツシリと重, 以前テオクリトスやヰルギル, 以前トウシン社より出版, 以前トシ子と仲, 以前ナターリヤ・ガヴリーロヴナが私, 以前ナッソー街一二九番地に住ん, 以前ナポレオンによって連戦連敗, 以前ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 以前ニ当村出行仕候, 以前ニ於テ公知ニ属スルヲ以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, 以前ハブ蛇多き山, 以前ハルトマンブーシュケンプナーなどいう, 以前パリで知つて, 以前パリーの大, 以前ヒマラヤの北, 以前ファンティーヌが骨, 以前フリントの砲手, 以前フリーダという女の子, 以前フレデリツク・ルメエトルが演じた, 以前フロウマンといふ同じ, 以前プロレタリア作家の特等席, 以前ベートーヴェン以後の一大巨峰, 以前ボロジン夫人は, 以前マルキシズムをやってた, 以前マルクープが此, 以前ミルゴロドでは判事, 以前メイン州の海岸, 以前モチの日, 以前ヨリイヨイヨ悪イコトヲシタコトヲ残ラズ書取ッテ, 以前ルネッサンス時代のヨーロッパ生活, 以前レクラム版の独訳, 以前ロシヤ菓子は直接ハルピン, 以前ローマの大, 以前ローマ人は半, 以前しよの, 以前一つの不思議, 以前一ツ橋様なんぞがお, 以前一ヶ月許り女中, 以前一七七六年の戦争, 以前一九二七年八月二十八日夜このブレント入江, 以前一二二三年なり, 以前一切の研究, 以前一匹の巨竜, 以前一年半ほど京都, 以前一度彼女も伊吹, 以前一度旦那の家, 以前一座の部長, 以前一枚売ったん, 以前一生懸命に学んだ, 以前一町ほどの小作, 以前一町二町の田地, 以前一種の政治的革命, 以前一等属より進ん, 以前一緒に暮し, 以前一通りは頁, 以前一閑斎の身, 以前七宝寺の千年杉, 以前七百有餘年前即ち第, 以前三代目三木助門下となっ, 以前三十歳の人, 以前三吉も読み耽った, 以前三味線の門付け, 以前三女らくは実, 以前三山割拠よりもさらに, 以前三日月茶屋でもそう, 以前三月上旬の頃兵庫浦, 以前三月堂建立以後の製作, 以前三条西家にも奉公, 以前上流の専有, 以前上田秋成の, 以前阪する, 以前下役の者, 以前下谷で瀬戸物屋, 以前忍池の, 以前不動堂がまだ, 以前不幸な日, 以前与作方へ縁付き, 以前をつらし, 以前両国辺のある, 以前両度の戦, 以前に唐, 以前牟県の, 以前中国公使館があつ, 以前中国地方のある, 以前主殿といった人, 以前久しい間夜の, 以前久しく文壇的摩擦を, 以前久米正雄とこの, 以前西遊を, 以前之通可召出, 以前九州の田舎, 以前九段の坂上, 以前乞うて主君, 以前事情があつ, 以前二つほど読ん, 以前二の酉の時, 以前二三回行ったこと, 以前二三度英語雑誌へ宿題, 以前二三間ずつは必ず, 以前二十円といわれ, 以前二十四五で亡くなり, 以前二十四五歳の頃, 以前二十枚近く書いたこと, 以前二回にわたってセントラル, 以前二度も通っ, 以前二条の院, 以前二週間の間, 以前五十年間に小麦, 以前五年間にはそれ, 以前五月中旬に小笠原父島二見港, 以前五百石取の, 以前井上という代議士, 以前亜米利加生れのある, 以前亞拉比亞から傳へた, 以前京師にありし, 以前京極家に仕え, 以前京都帝大の教授, 以前京阪江戸を含んだ, 以前が普通居住地, 以前人々の心, 以前人力車を入れたらしい, 以前人形町辺に居りました, 以前人形舞台を組立てた, 以前今川家に仕え, 以前今日の御, 以前仏国郵船の事務所, 以前仏教がまだ, 以前仏蘭西の大統領官舎, 以前仕えたことの, 以前仕事どころかそういう, 以前以上の比例, 以前以前から聞き込ん, 以前仲之町の声妓, 以前伊上凡骨といふ奇骨, 以前伊勢鈴鹿山の安濃郷, 以前伏見の稲荷さん, 以前会ったことが, 以前会津侯が江戸登城, 以前会社に使っ, 以前会館の中, 以前った町, 以前住みならした人の, 以前何とかいう馬奉行, 以前何んと申した, 以前何千万年の間, 以前余程親しい間柄, 以前佛國の教授, 以前作ったような, 以前佳い名が, 以前であったとか, 以前侍医などし, 以前依頼まれて二三度絵, 以前係蹄をかけ, 以前信ぜしは其地, 以前信州の俳友, 以前俳人であっただけに, 以前倉地の見, 以前借金で責, 以前倫敦ハットン・ガアードンの金剛石商, 以前倭文子と茂少年, 以前備前屋でしたよう, 以前に二十有餘年, 以前働いてゐた, 以前儼存して, 以前と同じ, 以前兄さんがあつ, 以前先生が水産講習所, 以前光子と二人, 以前光学器械に用, 以前光悦以後に及ぼそう, 以前營中に, 以前八住が殺された, 以前六十三年間に小麦, 以前六朝頃迄の古書, 以前六条院で踏歌, 以前六波羅で放免, 以前六角承禎, 以前共に携へて, 以前共同厠のあった, 以前共通な信念, 以前兵部省の書記官, 以前内輪にだけでした, 以前再三繰返された場面, 以前写本で行われ, 以前凛とした點, 以前京した, 以前函館の方, 以前で人, 以前刑務所内で病死, 以前初めて女に, 以前の人, 以前別々なもの, 以前別後の挨拶, 以前利根川の上流, 以前を抜い, 以前前後の関係, 以前割ヶ嶽の城, 以前劉皇叔が曹操, 以前労働問題の日に日に, 以前動物園を見物中, 以前北条泰時さまが本, 以前北米テキサス州で冬, 以前北見のある, 以前医学専門学校に一ヶ年半, 以前医師の邸, 以前十四代将軍のところ, 以前十風にかけた, 以前千枝子が二度, 以前半蔵が木曾下四宿総代, 以前南方に知事, 以前南日君の一行, 以前南洋方面にも大分目, 以前博士のところ, 以前博物館からでた, 以前印刷費に菜大根, 以前印度にでもいらした, 以前去年の秋頃, 以前参謀本部詰めで特務機関, 以前太郎高氏の, 以前又は其以外にも, 以前双葉山が全勝, 以前反古にした, 以前反目した時, 以前叔母マルトの死, 以前取り立てて御, 以前取手という利根川べり, 以前受け取った手附け, 以前古い支那の, 以前古くから興言利口, 以前古本専門で原書類, 以前古風な帳場格子, 以前召使だった靴型工, 以前にあった, 以前合法的に隠匿, 以前合衆国マサチュセッツ州サレムにあった, 以前吉原で一遍, 以前樣の, 以前同人が寄, 以前同様に, 以前呂布の下, 以前の周泰, 以前周防の大名, 以前呼吸器の病気, 以前和歌の指導, 以前和泉屋へ遊び, 以前商用で何度, 以前問題を引起, 以前嘗て私は, 以前嘗テ一タビ之ヲ開ク, 以前に聞い, 以前四七年四月から八年四月, 以前四月二十四日の夜, 以前四条に居た, 以前にいた, 以前国家老の娘, 以前土器のカケラみたい, 以前在留の人, 以前地方の祝女, 以前つてゐた, 以前坪内博士も脚色, 以前城内の耶蘇学校, 以前城北の方でかなり, 以前執事をし, 以前埼玉県の或, 以前堀越からなんと, 以前堺衆が秘蔵, 以前をとつ, 以前士官室だった底, 以前士族と平民, 以前売ったからに相違, 以前売色の巷, 以前外国人である父, 以前多くの土地, 以前の中, 以前夢見たように, 以前大原さんの店, 以前大夫が御, 以前大岡亀次郎と申した, 以前大正年代のこと, 以前大殿油の火影, 以前大火があっ, 以前大衆文芸勃興以前の文壇, 以前大阪辺におりました, 以前大陸の東海岸, 以前天台眞言の二宗亦出羽奧州, 以前天武持統の頃, 以前天理教にこった, 以前夫婦でいた, 以前夫婦づれで散歩, 以前失いたる男の子おり, 以前失っている, 以前奇怪な托鉢僧, 以前奉公人を沢山, 以前奥平家に対して朝鮮人, 以前奧州の津輕, 以前女房にし, 以前女髪結が住ん, 以前好まざりし物を, 以前のもと, 以前に連れられ, 以前始めて社会民主党, 以前始めて川越の, 以前始終あんなだ, 以前嫁いていた, 以前に向けた, 以前子丑寅卯の十二支, 以前子供らが, 以前子規居士から聞いた, 以前子鼠であ, 以前孔雀のよう, 以前学校で大原, 以前学生の頃, 以前安土の城, 以前安置されて, 以前室生さんがあまり, 以前室町の中世期, 以前宮本武蔵を書い, 以前宮様がそれ, 以前家屋の建築, 以前宿にゐた, 以前寄宿舎仲間で俳句, 以前密訴した伯父, 以前富士男が次, 以前寛文万治までさかのぼった, 以前寛文頃迄は今, 以前寛永十八年正月にも大火, 以前封建の重荷, 以前専ら穀作と, 以前尋常の家庭, 以前小さい寺であった, 以前小さな閻魔堂が, 以前小さな或るグループ, 以前小一年ばかり借金返し, 以前小児の誓言, 以前小城のよう, 以前小林多喜二を記念, 以前小生の家賃, 以前小田原の俥夫, 以前小竹の家, 以前小笠原家に足, 以前小舟を出発, 以前小説やシナリオ, 以前小間使として働いた, 以前少からぬ部數, 以前少しく法律に, 以前少佐にミトライユ, 以前くとも, 以前尽力した故郷, 以前屋久島で開業, 以前くお前, 以前屡々見学に, 以前に棲ん, 以前山神の信仰, 以前岡部に連れられ, 以前岩佐東一郎藤田初巳君ら, 以前岩瀬邸の応接間, 以前岸本が住んだ, 以前の料理屋, 以前島原始まって, 以前崇めたと言, 以前川越し人足が詰め, 以前工場内ではコッソリ, 以前工面のよかっ, 以前左様恰度七年前に, 以前左派の一部, 以前已にかかる佛書, 以前巴里にこの, 以前市村羽左衛門といった尾上菊五郎, 以前希臘には音樂, 以前帝国ホテルにいた, 以前帝国領土内ニ於テ義手或ハ義足ガ, 以前の礼, 以前師事した校長先生, 以前師範校の先生, 以前幕府に受容, 以前幕間にでも殺され, 以前平安朝から或は, 以前平尾先生の所, 以前平日は七時, 以前年取った樵夫の, 以前幾たびか上下, 以前幾十代かの事蹟, 以前幾度も吾家, 以前広く流行した, 以前広津氏が何, 以前によく, 以前座談のなか, 以前庫裡のあったらしい, 以前なぞ傾い, 以前建礼門院の侍女, 以前建築中より登壇, 以前弁護士であった時分, 以前弘前から繍, 以前であった時代, 以前張学良の部下, 以前張幕の下, 以前張松から彼, 以前当家の養女, 以前当時十六歳の少年, 以前彗星の如き, 以前役者の女房, 以前後藤彫で近, 以前得三が人形室, 以前御岳山上で試合, 以前御用雑誌の記者, 以前御身は曹操, 以前徳川夢声と酒間, 以前必ず一度だけは, 以前急死人の魂, 以前怪しい文句の, 以前恋人であった時, 以前想像したよう, 以前のうち, 以前愛された旧主の, 以前感情移入という説, 以前慶応義塾の学生, 以前慶長五年の乱, 以前懐疑の立ち場, 以前物は, 以前懸賞の応募, 以前我が国において果して, 以前我が家の昌つた頃, 以前我らが前便, 以前戸山の原, 以前所謂文壇は壇ごとジャーナリズム, 以前手前四歳の折, 以前折々読みいつも, 以前拝見致して, 以前拝賀には借着, 以前拠って居た, 以前持ち合は, 以前持帰つた其の神秘, 以前捕鯨船の砲手, 以前掃墓したとき, 以前掛茶屋か中食, 以前探偵小説を書いた, 以前支那兵営であつ, 以前放蕩をし, 以前敏行さんが病気, 以前教わったことの, 以前教室の腰掛, 以前教師をし, 以前文化以前の形態, 以前文壇の一角, 以前文学を志し, 以前文学者の生活, 以前文芸は道徳, 以前新橋赤坂で流行, 以前新渡戸博士から聴いた, 以前新潟県のある, 以前新聞などで, 以前新聞記者にチョット, 以前旗本某に使, 以前既に実際の民俗, 以前既に疾く児を, 以前日光の山の寺, 以前日向の伊藤家, 以前日暮里夫人のところ, 以前日本古代史の研究, 以前日本品の賣, 以前日本文学の発生時代, 以前日比谷の興行, 以前旧派の人たち, 以前早瀬氏が東京, 以前早稲田で自分達, 以前明智探偵に尾行, 以前明治の, 以前明治三十五六年の時分, 以前明治二十七八年の博覧会, 以前明治学院時代から知つて, 以前明進軒という洋食屋, 以前易介事件の際, 以前の野, 以前春三郎や照ちやん, 以前春陽堂文庫であったか, 以前時々待合にこそ, 以前普通の家, 以前景子は家主, 以前暮方です, 以前に前, 以前書いておいた, 以前書生の居た, 以前曹操と主従, 以前朋輩であった人間, 以前朝夕ただ二度に喰い尽し, 以前朝鮮で海流, 以前木の芽も未だ, 以前木下杢太郎や私, 以前木橋であつ, 以前木造であった永代, 以前未醒画伯の宿った, 以前本来面目というの, 以前本邦の土地, 以前本郷に住みし, 以前本郷三丁目の藤村屋新兵衞, 以前本陣と言つた頃, 以前を並べ, 以前杉浦や西田, 以前村役場に対して小作争議, 以前来る時に, 以前東京帝国大学理学部植物学教室の学生, 以前東京駅で御, 以前東海道を上っ, 以前東郷五郎左衛門に就い, 以前松前の津波, 以前松谷鶴子と何, 以前板橋で勤め奉公, 以前果して幾人幾十人の, 以前架上の書籍, 以前染物織物なぞに志し, 以前柳橋に逗留, 以前を大きく, 以前根岸の化物屋敷, 以前根津の増田屋, 以前格別御世話, 以前格闘のあった, 以前だったので, 以前検地の不平, 以前概して癆を, 以前実熟, 以前にくらし, 以前樋口十郎左衛門殿方で立合った, 以前模範的と称せられたさうだ, 以前横濱の同, 以前欧洲留学に出かけた, 以前欧羅巴でまだ, 以前歌以前のもの, 以前歌川家の料理人, 以前正月元旦を父母, 以前此レヲ以テ國際語トセント決議セシ, 以前此地の開発主, 以前此奴がお世話, 以前此寺の僧院, 以前此附近の今, 以前武人として岐阜, 以前歩兵でね, 以前歴代の国王, 以前死んだ葉之, 以前が大阪, 以前母様をお, 以前毎號の卷頭, 以前毛利主水正, 以前気まずい思いを, 以前を湯, 以前水晶の栓, 以前永い間の, 以前江戸にて英書, 以前江戸城内のもみじ山, 以前池上の山, 以前売りだったと, 以前沢山あったもの, 以前沢正の傍若無人, 以前油小路の辻, 以前油絵をやつ, 以前治安維持法改正法案として衆議院, 以前泉州堺の織, 以前泊つた宿に着いた, 以前法然が病気, 以前洋行されたん, 以前活版屋の女房, 以前浅草公園の瓢箪池, 以前浪人組栄えました頃, 以前海中にあった, 以前淺草新片町の方, 以前清十郎殿との好誼, 以前清島町時代に一度, 以前清風亭という貸席, 以前湯槽を御, 以前滝本はあの, 以前漢字廃止を高調, 以前漱石氏の寓居, 以前の室, 以前激流に逆, 以前瀬田掃部助の居城, 以前火の見櫓で絵図面, 以前火事に遭つて折角, 以前火山性の活動, 以前煙草だけは愛用, 以前照ちやんが此家, 以前熱病に罹つた, 以前父孫堅の家臣, 以前父小左衞門を鴻, 以前父親か何ん, 以前牛込の矢來, 以前物好きに明治十年代, 以前物置になつて, 以前物置小屋の天井裏, 以前犯罪の真似事, 以前狂文の羽檄, 以前狂歌勃興の状, 以前狂言と謂, 以前のモデル, 以前狩り集めた物を, 以前独逸では歴史哲学, 以前独逸皇帝が土耳其領内遊歴, 以前独逸領だった関係, 以前獨逸語の書生, 以前獨逸領だつた關係, 以前玄鶴の家, 以前玉幡の衣, 以前現在われわれの身辺, 以前としなかった, 以前瑞西にいた, 以前瓜畑に転, 以前瓶口という芸名, 以前生家の方, 以前たしで浅草, 以前用いられたものです, 以前田丸様に若党奉公, 以前田舍者が書い, 以前甲州街道の鶴川, 以前甲府までも主人, 以前申した年頃の, 以前のこと, 以前の大通り筋, 以前町会の役員, 以前番町のお, 以前當地に一晩, 以前疎開者に貸し, 以前疑いを持ち初める, 以前病気で居る, 以前病院に居た, 以前發作で五日一週間, 以前白い花を, 以前百余戸あったもの, 以前百六十有餘年の時, 以前百十年武周の延, 以前百年ばかりの間, 以前皇帝の機嫌, 以前益田太郎冠者もゐた, 以前盗人が居直っ, 以前盛春館に下宿, 以前をかけ, 以前目貫といわれた, 以前直々に貴, 以前相撲だった男, 以前相模の海, 以前相模野街道で南条なにがし, 以前の学務, 以前眺めた田や, 以前睥睨して, 以前知らぬ人も, 以前知り合いだったとかで, 以前知人宅で手, 以前石山君の壮士, 以前磯野から受け取った, 以前礼子が初めて, 以前社会主義者として主義宣伝, 以前祇園の方, 以前に対してのみ経験, 以前神尾に連れられ, 以前神尾主膳の伝馬町, 以前神戸辺にもおりました, 以前神様のお, 以前禅風の悪辣, 以前福岡県知事を勤め, 以前私たちが草鞋, 以前私どもが教え, 以前私方へ出入, 以前科学以前のもの, 以前に用, 以前稲葉山の牢, 以前を飛び, 以前空地であった頃, 以前からながめ, 以前立小便をし, 以前立派な寺, 以前立花が徒に, 以前之助, 以前一と, 以前筑前の大名, 以前筑波騒動の時, 以前築地一流の本, 以前米友が四方転び, 以前籾山書店にゐた, 以前糸七が小玉小路, 以前紀伊守であった息子その他, 以前紀州の竜神, 以前約束した四十円どころ, 以前紅葉の奇才, 以前紅葉先生に叱られた, 以前納戸か何ん, 以前紐育州の知事, 以前累ヶ淵でお, 以前細川楓谷氏が, 以前来つた経験, 以前に出た, 以前綱渡り娘だったなどと, 以前あって, 以前次の, 以前捨てた剣術, 以前美女ヶ原で薬草, 以前美濃の岩村城, 以前美術の秋, 以前美術学校の生徒時代, 以前義尚将軍から鉤, 以前義淨三藏の入寂後, 以前老子を読ん, 以前耶教徒の在, 以前耶蘇を生み落した, 以前の間違い, 以前聖アレキセイ寺院のジナイーダ, 以前聖書はもう, 以前聞いていない, 以前聞いたことも, 以前聞かなかった工場の, 以前聞き馴染んだ母の, 以前肥後の東南隅, 以前能登半島が一の島, 以前自ら非常な難局, 以前自作の脚本, 以前自分らが知っ, 以前至極同主義, 以前舜天氏時代の都, 以前舞わしてやった, 以前を漕い, 以前船乗をやっ, 以前船員だった連中, 以前色々の機会, 以前芸妓で居ました, 以前芸術以前のもの, 以前苦しんでいた, 以前英国の炭坑, 以前荊州へ使いした, 以前荒ごなしの材木, 以前荷風君を銀行, 以前菊人形の名所, 以前菊池大麓氏が文部大臣, 以前葉子が発明, 以前葉茶屋の狆, 以前董卓に仕え, 以前董相国の別荘, 以前蔵前の師匠, 以前薬学をお, 以前藝者の下地, 以前藤吉第一話, 以前藤野古白の句, 以前に対してあれ, 以前藩主の奥方, 以前藩庁の建っ, 以前蜀臣だった関係, 以前蜂須賀村から連れ, 以前蜥蜴を崇拝, 以前行われてい, 以前行われた時と, 以前袁紹に仕え, 以前袁術の席上, 以前裁判所に勤め, 以前製糸工場で, 以前西洋では皆書物, 以前西洋暦にし, 以前西班牙の山, 以前見かけた練吉の, 以前見せの手代一人土藏, 以前見覚えた両眼, 以前観たドイツの, 以前つたやう, 以前言われていた, 以前記したように, 以前記録の殆ど全部, 以前訪ねて来た, 以前許婚だつた金藏, 以前許昌の官府, 以前のあつ, 以前はれた者, 以前詩二十之一, 以前話しました話の, 以前話半ばでその, 以前読みし何とかいう, 以前か友人, 以前諸君の遺した, 以前謝礼として壱百円, 以前警視庁ではまた, 以前譲位せし我父, 以前豆腐の製造機械, 以前に暮し, 以前豊吉も小学校, 以前豫め知悉せられて, 以前貴方の棲ん, 以前買上げた彼, 以前貸座敷業を営ん, 以前賤ヶ嶽の合戦, 以前購買された所, 以前贅沢品ばかり売っ, 以前赤島家の書生, 以前越前に住み, 以前越前守が吉宗, 以前足利の末辺, 以前身持の良, 以前の通った, 以前軍備縮少に, 以前農林省の官吏, 以前辻堂を見張らせる, 以前迄は主としてこの, 以前近所にゐた, 以前返り打に, 以前追っ払ったあのいかめしい, 以前送られて来, 以前逍遥と二葉亭, 以前通いなれた女, 以前通じたと云う, 以前通り職人の手間賃, 以前遇つた所を思ひ出した, 以前道徳なく夫婦以後, 以前遠くから聴いた, 以前遠野物語に出, 以前邦人が香, 以前郵船会社の欧洲通, 以前郷里の祭礼, 以前重工業の中心地以前, 以前野口が申しました, 以前野猪が多く, 以前や鎌, 以前銅貨を呑んだ, 以前はこうして, 以前鎌倉時代より元弘年間, 以前長い間一種の, 以前長安に威, 以前長崎に居た, 以前長崎地方の切支丹信徒, 以前開港地では邦人, 以前をおい, 以前関東名代の弥次郎兵衛, 以前阿媽港日記と云う, 以前阿部家を出, 以前陝西の山寨, 以前陶雅堂と号, 以前陸軍軍楽隊が奏楽, 以前の煬帝, 以前隠れていた, 以前隣邦露西亜の革命, 以前雑文集として出した, 以前雑誌に発表, 以前にもやはり, 以前の降った, 以前電報体と云, 以前露西亜の上流家庭, 以前静岡在の生れ, 以前静脈注射で痙攣, 以前靜岡在の生れ, 以前革命前にはありました, 以前頭巾の頂後, 以前風流と言うた, 以前食べたというの, 以前食堂に働い, 以前食膳の代り, 以前飯田橋舞踏場でダンサー, 以前飲むべき者に, 以前飼っていた, 以前飼った時分は, 以前馬大尽事井上嘉門を迎え, 以前駅逓総監までつとめた, 以前骨董屋には興味, 以前高利貸しをし, 以前高崎さんにも大層, 以前高田藩でございますから, 以前高野山で植物採集会, 以前の曹丕, 以前の定, 以前を飼う, 以前麻布に住ん, 以前で猴, 以前焦にせる棒一本, 以前黒平の湯, 以前黒田組に居た, 以前が来る