青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「以下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~
以下~
~以前 以前~ ~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定 仮定~

「以下~」 3500, 38ppm, 3063位

▼ 以下~ (1099, 31.4%)

15 者は 9 もので, ものは, 部分は 8 者が 7 ものが, ものである, ものに, 死亡率 5 ものを, 各篇 4 人々の, 人たちが, 者の, 首を

3 [11件] ものには, ような, 会話は, 場合には, 子供は, 文章は, 歌よみは, 者を, 論述に, 諸件, 諸有司

2 [62件] ことが, もの, ものだ, ものとして, やうな, アメリカの, ブチコワシ的説明に, 一般の, 三人を, 人々が, 人々も, 人が, 人に, 人口の, 人間が, 人間には, 仕事も, 全員が, 全軍, 六省察の, 前に, 場合は, 士に, 多数の, 大名は, 如きもの, 如くである, 妹たちも, 学者の, 差だ, 幹部が, 懲役または, 救援隊員の, 時に, 書に, 条件に, 気温の, 沖縄の, 用うる, 社会の, 罰金に, 者に, 者にも, 者に対する, 言葉は, 詩及び, 説明を, 調に, 諸将, 象徴詩勃興時代の, 賃銀で, 軍は, 軍勢は, 選任より, 部分に, 重なる, 金も, 青年は, 青年労働者は, 面々が, 面々は, 鱗ことごとく

1 [838件 抜粋] あえないご, あらゆる機関団体, ある低い, いわゆる中男, お医者, お客様たちは, お役人, ことしかして, ことだ, ことな, ことは, このパラグラフ, すべての, ために, つまらぬ男, ところで, ところに, なかに, まま死ん, ものから, ものであった, ものであり, ものとは, ものの, ものへ, ものより, もの二十七人一万法以上二万法以下の, もの二十八人である, ように, ストリキニーネでも, ダイヤでは, バカが, ヒケメを, ファッション, フランスの, ボンクラで, ボンクラであった, ミチノリで, ヤクザ本, ラマが, レストラントには, 一万噸巡洋艦隊と, 一小隊が, 一族が, 一族諸, 一節等は, 一般人の, 一隊へ, 一齣は, 七道の, 三后妃は, 三巻に, 三箇年が, 下手ばかり, 下級地方官吏は, 下級官吏は, 下級者に, 不道徳な, 与力同心を, 並居る閣, 主力は, 主将も, 乗組員たちも, 乗組員も, 九人は, 事だ, 事は, 事を, 事已に, 二つの, 二三百人ぐらいの, 五人は, 五卿も, 五卿を, 五箇部落以外の, 亡命の, 亡霊を, 人々と, 人々によ, 人々は, 人たちの, 人たちばかり, 人たちへの, 人士では, 人物じゃ, 人種に, 人間である, 人間なんて, 人間に, 人馬は, 仏蘭西近代の, 他の, 代々によって, 仮名文字に, 伊賀衆を, 会員は, 低温での, 体刑を, 体重を, 作について, 作家は, 作家を, 作者を, 例と, 供人たちは, 価格を, 俳人として, 俳人に, 個性以下の, 僧へ, 僧侶が, 僧達を, 先祖と, 先輩の, 児が, 八隻を, 公卿も, 公卿新人を, 公卿衆大名衆紹巴昌叱, 公卿軍は, 公家方が, 六人が, 六十余体は, 六波羅一門が, 兵は, 兵も, 内容の, 出版屋では, 分量を, 切支丹宗徒の, 刑罰は, 利潤では, 利益とか, 割合で, 加筆である, 助けを, 労働者の, 勅撰集を, 動物に, 勢六万騎と, 勤労青年が, 勤務一週五日出勤一年に, 勤番が, 十三騎も, 十四字は, 南下部隊を, 印象派には, 厳罰を以て, 取り的連中, 古歌, 句の, 召仕用に, 号も, 各節, 各項に, 吉岡門下が, 名が, 名声を, 名簿一軸あり, 吏員の, 品で, 品は, 品物は, 商店の, 問題である, 問題な, 喚問を, 四五人の, 四将は, 四百何十人が, 四色の, 団体稼ぎの, 国学派が, 地です, 地を, 地位に, 地方と, 地方実業家のみ, 地方實業家のみ, 地球人たちへも, 地球人間を, 地震力によ, 坊舎から, 城兵五千の, 報告っきり出来ない, 場合にも, 士卒が, 士官達が, 壮士等切的を, 多くの, 多くは, 大勢を, 大官連も, 大家が, 大少属, 大衆も, 大軍は, 大量的輸出, 天分ある, 奉行人七八名の, 女である, 女官と, 女性は, 如き次第, 如くに, 妓籍に, 娘が, 娯楽は, 婦人で, 婦人の, 子に, 子供か, 子供しか, 子供に, 子供を, 子供達と, 子分を, 存在だ, 存在には, 学歴の, 守兵は, 安い食物, 宗たるの, 官吏に, 官吏や, 宮廷の, 家を, 家庭の, 家政を, 家賃で, 寒い処, 寒冷の, 将兵や, 将士みなほとんど, 将士も, 将軍などは, 小さい数字, 小さい數字, 小児の, 小国には, 小城だ, 少壮軍人で, 少年か, 少年少, 少量の, 屬僚までも, 山許りである, 峠である, 崩し売り, 市民が, 幕僚が, 平侍から, 平地琉球本島の, 年賀を, 年齢に, 幹の, 幹部士官が, 幼児には, 店では, 弓組も, 弟や, 弟妹等の, 弱虫が, 当局者が, 形は, 役人どもとて, 役人は, 役人らは, 役員の, 後代の, 御家人が, 御家庭, 御興宴, 御首, 心的作用へと, 思ひやるだに, 性愛を以て, 恐ろしい生活, 感傷だ, 懲役か, 懲役や, 我々には, 我及び, 戦犯の, 所は, 技師たちが, 挙動で, 接伴員たちを, 擂木, 支那人だった, 敏速なる, 救援隊幹部も, 教化の, 散財で, 数しか, 数句は, 数行に, 数語に, 敵は, 文中に, 文句を, 文字なき, 文明は, 文章で, 料理用としては, 斜面には, 方が, 旗本群まで, 日は, 日数の, 時が, 時代に, 智識高僧や, 書にも, 最初の, 望遠鏡へ, 未決囚は, 末梢的因子を, 本文自身が, 条件を, 来賓も, 枝葉の, 検察当局の, 概要的な, 標高では, 欄外には, 次三男, 止める間, 此人数に, 歩卒の, 死亡率を, 殿様は, 比事物, 民衆の, 水で, 氷河地方に, 沈着なし, 活動だ, 活動の, 浅ましい生活, 湖東留守居軍とは, 点数しか, 無事を, 無品親王などで, 無気力の, 無茶な, 父なし, 状態と, 生きかた, 生存として, 生活であった, 生活では, 生活に, 田吾作青年ばかり, 申楽衆へ, 男の, 男児は, 男女に, 男女労働者は, 男子は, 男子四人と, 畜生同様と, 發見, 白人と, 目的だ, 眷属を, 知人が, 短かさ, 硬い顔, 碩学ならびに, 社会である, 社會では, 祝を, 神人の, 祭りでは, 科学力で, 穀物しか, 空気に, 立論に対する, 章に, 笊で, 筋肉繊維は, 筑紫の, 節には, 籾まじり, 精細に, 紳士連を, 絵は, 絵を, 罰金刑に, 者あるいは, 者この, 者で, 者と, 者との, 者どもを, 者など, 者には, 者までも, 者や, 者共には, 聞かじりの, 職人などに, 職員に, 職業です, 肉親だけを, 自ら画し, 自決だの, 臭味深く, 船手は, 荷物だ, 落城を, 葬儀は, 蒸汽船だ, 蛋白質の, 血族との, 血縁者はか, 表現で, 要塞禁錮だ, 見つかったと, 親しみ深い, 解説を, 言葉の, 計算の, 記述が, 記述の, 記録を, 話は, 話を, 請願の, 諸侯が, 諸侯の, 諸員, 諸士, 諸天皆, 諸委員, 諸氏に, 諸氏も, 諸王侯, 諸神, 諸章, 諸編, 諸胡國, 諸要求, 謀叛の, 識者の, 警官たちも, 買物は, 賄賂を, 資格を, 起原説明が, 距離内に, 身分の, 軍機處の, 軽い武士, 軽蔑虐待を, 軽輩に, 軽輩浪人に, 輩まで, 近侍も, 追記を, 速度で, 連中が, 遂行率だった, 運命は, 運命を, 避難小屋まで, 部下は, 部分, 部分においては, 部将も, 郷士達は, 重き處分を, 重臣は, 量が, 銀行会社員や, 長藩フラクション, 長袖と, 門人達は, 間隔に, 闕を, 険しい視線, 階級の, 隠岐勢は, 雄藩ブロックの, 青年たちで, 青年や, 青年学生の, 韻律を, 順序どおりに, 領土の, 額であった, 顔を, 飛行島の, 食生活を, 首脳部が, 首脳部と, 高さ, 高官たちは, 高山は

▼ 以下~ (308, 8.8%)

8 なって 7 下落する 5 いづ, 曰く 4 於て 3 これを, して, 減って, 落ちて, 見ゆ, 述べるところ

2 [18件] あるもの, この点, さがって, なっても, なるであろう, 下るやう, 下落し, 使ったとき, 保たれて, 出て, 委し, 常に保たれ, 於いて, 於ては, 書き記す一記事, 無抵抗である, 見て, 降ること

1 [225件] あげる, あげるもの, あったもの, あった空気, あるが, あるであろう, あるらしいという, ある所, ある者, いうところ, いたりて, いづある, いづされど, いづといふ, いへる, いへる女, いる人々, おくよう, おしひろめない理由, おちぶれること, おとしめるといった, くだらず夏時八十度, この事実, この異本, この詩, しるすこと, しろ四十人, その一斑, その例, それが, それぞれ血判を, だんだん深く, ないなら, なった, なったと, なったり, なった者, なつた, なつて, ならないと, なりそう, なりとても, なりましたならどう, なりやしないかと, なる, なること, なると, なるわけ, なれば, のべること, はた, はなはだしく低下, へったが, ぺこぺこ別れ, まず日本, みゆる主, みられると, よく現われ, りの, カトーが, グイード・ダ・モンテフェルトロが, シノンが, ダンテが, ボンコンテの, ヴェーネレ, 下げる事, 下って, 下つた, 下らないが, 下らなかつた, 下ること, 下ると, 下落すべき, 下落すべく, 下落するであろう, 下賜された, 下降する, 事蹟が, 伝うるごとく天, 低いその, 低い精神, 低めるべき奨励金, 低下し, 低下する, 低下せしめられた, 低減される, 低減されるべき, 低減し, 低減せしめられた, 低級である, 何の, 保ちながら, 冷え切った深夜, 冷やしたこの, 出ずるその, 出づる獵犬, 出来たとき, 分割され, 分解する, 切り下げられて, 列記する, 別れの, 卑劣でも, 及ばないの, 取り扱え, 問題の, 埋没せらるる, 堕落し, 堕落する, 報告すべく, 売って, 売らしめる食物豊富, 多い, 多く晩秋, 太陽神に対する, 安値な, 対うて言う, 小さくなった, 少しく述べ, 属する, 廉価に, 引き下げて, 引き下げること, 引下げる, 引下げるかも, 引用され, 彼女が, 後れて, 心得て, 忍ばねば, 忘れられて, 思いつくまま, 恨みを, 意識が, 愛の, 扱って, 抄録せん, 挙げて, 摺り落ちて, 書きつけられた会話筆記, 書き記す事, 書き記す処, 書き記す處, 書き記そうと, 来る母音, 止め禄, 武内博士の, 決定され, 沈没し, 沈淪し, 沈落し, 没落し, 流る, 流通し, 減じたとか, 減ずること, 減ずるの, 減りますよ, 減少される, 減少し, 漫画として, 潜むこと, 潜在し, 潜在する, 激烈な, 点線で, 無知であり, 煮詰まった時, 物質と, 特賞の, 現われたもの, 生えて, 用ふる, 異人を, 盛って, 短縮した, 示すもの, 私が, 私の, 維持する, 置かれたもの, 置くこと, 自分たちよりも, 至つては, 至りては, 苦んで, 落ちおる人々, 落ちること, 落つるの, 落つ可, 著者この, 虐待する, 衰弱しきっ, 見えたであろう, 見ゆる水上, 見られて, 見馴れて, 観られて, 記すところ, 記すの, 記すよう, 記述する, 訳出し, 試みに, 詳し, 詳論あり, 詳論し, 説くべき各種, 賤しめられる, 述べる出来ごと, 述べる宇宙, 述べんと, 通用する, 連れられて, 鈍感といふ, 長く述べ置いた, 降ったの, 降って, 降りますけれども, 降るであろうという, 限らず現今世界各国, 雪が, 項を, 飛び離れた経験, 鳥目五百貫を

▼ 以下~ (205, 5.9%)

4 第六版 3 第三, 第三版, 第二 2 その手紙, その日, 第一版, 第二版, 第五, 第四版

1 [180件] ありませんでしたよ, ある男, いつも一さい切り捨て, いろいろの, いわばこの, おぼろにて, ことごとく供奉, このおどろくべき, この意味, この稿, この錫蘭島, すぐさま手あつい, すべてイズラム文化に, すべて第, ぜひなく, そのお便り, そのよう, そのリヴィエェル, その偉大, その原文, その座談筆記, その時, その物語, その記録, それ, それが, それを, たいへんなよろこび, たがいに, ただ不思議, ところどころただれ, とりも, はからずも臨検, はじめてヨーロッパ, またその, みな側室杉浦氏の, めんくらったかたち, よほど大正, わたしたちは, ギッシリ鮨詰である, フロべ, ヤケノソリエンマノトヤと, 一・二句の, 一人を, 一分を, 一般に, 三上夫人の, 三台の, 三國志に, 三浦方面へ, 上演される, 不倫の, 不道徳で, 主人の, 亀井戸などと, 人の, 休むひま, 佐藤弘といふ, 侍一人に, 元の, 先方が, 全篇, 全部嘘である, 全部第, 八犬後談で, 六時間, 其文書の, 円本出版屋に, 冬の, 凡て消極的に, 処刑と, 切りすてだ, 初め般若寺村の, 到底この, 前に, 前にも, 前述の, 劒が, 労働祭の, 勘定しない, 勾配が, 勿論士族, 勿論芸術家, 十七字十四字の, 十六日間の, 千二三百から, 半額という, 同博士, 名物度數の, 四時間が, 四時間と, 四時間以下しか, 圓朝速記本に, 土井邸の, 大きな錯覚, 大抵千部である, 大部火山灰及び, 奈良朝の, 嫌だ, 実践プロパー, 家の, 家の子たる, 将校の, 小説と, 幾つも, 庁の, 彼の, 彼女が, 御二方, 怪しからず, 惣塗りご, 我らに, 打出ヶ浜で, 捕っては, 改めて続出, 文明人年頃より, 日本に, 明日午後四時半から, 月並的に, 末法に, 本庁留置場に, 構造に, 樹林に, 次の, 次へ, 次第に増益, 正倫, 正精, 死刑に, 母の, 氏郷出発以前から, 永楽に, 流に, 浅沼委員長が, 渦を, 無数である, 無理である, 無賃十二歳以下は, 牧民以下の, 物語の, 理内なる, 生命を, 男なり, 百合, 皆やる, 皆明治四十一年の, 皆月給十円の, 皆顯正之卷と, 省いて, 禊を, 私の, 秘密を, 窓または, 竹見を, 第七章, 第三番, 第五版, 筆者が, 約千九百年間, 老父の, 自作, 自由活版所で, 船井君自身の, 荻窪の, 衛府を, 裸体であった, 見るよし, 説明の, 警部と, 軽輩で, 邦原君の, 釋放レザノフ以來の, 重大な, 鑑識課員を, 隙き, 霧だった, 霧氷も, 順次に, 驚愕の, 黄色に

▼ 以下~ (70, 2.0%)

5 見よ 2 つれて

1 [63件] あてがわれるの, きびしく囲っ, きめた, くさらせる, ごらん下さい, でもたび, ひきつれ二ノ橋, もじって, 上下し, 与えるところ, 与えるならば, 二分刈に, 任命した, 再興しかかった, 処分され, 加えると, 参照, 取れるは, 召捕りまして, 呼び入れた, 呼ぶの, 地の, 寒から, 左の, 床下に, 引きめくること, 従へて, 恐れない, 捕縛する, 探すこと, 支配し, 数へ, 新士族, 本論の, 歓迎する, 歴史と, 殺戮し, 液の, 率いて, 皆古への, 相手の, 省略し, 祭った神廟, 第一彗星号, 習ふ, 聴かうと, 船長六十フィートごとに, 萩城に, 裏切って, 見事鼻を, 言ひ, 認め得るよう, 読んで, 課するならば, 讀破した, 貴方の, 赤い火焔, 迎えに, 追い落し, 鏖に, 門男と, 閲読し, 雲の

▼ 以下では~ (69, 2.0%)

14 削除された 4 六段目の 3 ないの 2 ないから, なかった, 二桁と, 売らないと, 決して売らない

1 [38件] あったが, あり得ない, あるが, お売りできません, この基礎理論, これを, これ以下の, その分らない, てんで振り向こう, どうしてもできなかった, ない, ないかと, ないであろう, ないと, ないところ, ないらしい, ない所, なかなかケリ, なくそれ, なくまた, なんの, むりであろうが, オジヤが, テコでも, 人口を, 何とも当家, 偶然性に, 前章で, 前章に, 右の, 奉公せぬ, 平野に, 断わるとか, 日本人が, 有り得ないダイヤ, 来ません, 次の, 泳がない

▼ 以下~ (66, 1.9%)

11 死亡する 3 あつた 2 ゆっくりと, 削除された, 死亡し

1 [46件] あつて, あり得る, すなわち商人, すむ, すむこと, その從者, それを, できそう, どんな思い, なぜなら, 一生その, 一般勤労者に, 三年四年が, 不一致に, 倍加すべき, 働くの, 入れ替えされた, 出しもの, 味わうべきもの, 売っても, 売ろうと, 奥は, 家賃が, 手を, 捨売りされ, 数回廻らね, 最終幕の, 本文の, 死するが, 死亡した, 水蒸気の, 流れた例, 液状を, 済まそうと, 済んだよう, 燒いた, 用語上の, 皆を, 羊毛を, 自分から, 船脚も, 色が, 貨幣を, 足りるであろう, 雇うこと, 雪の

▼ 以下~ (64, 1.8%)

3 結婚まで 2 僕の

1 [59件] いよいよ青く, ここに, これに, ございます, すでに示談説, すべてこれであった, そこへ, その分類, その大意, ぶっ倒れた, やがて同日, やつて, わっと, ヨードルに, 三倍の, 下町の, 乗り込むと, 九, 予期しなかった, 人の, 何事だろう, 余を, 働き出した理由, 八, 六, 其筋書である, 出迎えると, 前日福山に, 十三, 十二, 十五, 千恵の, 協議した, 各々その, 固めて, 固唾を, 地の, 山谷に, 序歌に, 悪く一円席, 放送する, 救援に, 春の, 最後の, 次の, 正義党の, 此の, 武庫川堤で, 没落譚に, 珈琲を, 発見されてる, 白い手術着, 祝賀演説を, 禮の, 立てこもった北条勢, 荊州から, 袂を, 適当で, 集って

▼ 以下には~ (25, 0.7%)

1 [25件] あまり烈しい, ならんの, なるべく重複, ビタ一文まけやらん, 下らなかった, 下らぬよう, 下落し得ない, 二百以上の, 値切れそう, 全く忘れられ, 出ないね, 判然と, 未婚な, 橋ある, 正味の, 正從, 減って, 良子刀自所蔵の, 菅茶山の, 見えなかった, 言えぬくらい, 言へ, 身を, 間道が, 降らない

▼ 以下その~ (24, 0.7%)

2 例を

1 [22件] ことを, しかる所以, ための, つもりで, ほかの, 一類四十余人を, 乾魚臭い, 俳句について, 列の, 効用について, 夜の, 大軍の, 手記である, 摸写図の, 日の, 然る, 紀行を, 群臣から, 老爺さんの, 考案に, 証拠が, 質問と

▼ 以下である~ (24, 0.7%)

4 ことが 2 時には

1 [18件] かであろう, かに従って肥沃, から多く, から車掌, がこの, が出生, が画, が畫, ことには, ことを, それらの, ということ, という事, という場合, といふこと, と大分楽, と言っ, ように

▼ 以下~ (20, 0.6%)

3 なる 2 なりそして

1 [15件] いうと, して, なって, なるそう, なると, なろうとは, 上甲板とが, 云ったら中らずと, 全く同文, 判断する, 次の, 第八条以下, 考えられる, 見て, 見るでありましょうか

▼ 以下この~ (17, 0.5%)

2 パラグラフの

1 [15件] ことを, 例多し, 例甚だ, 小道具を, 日記が, 本の, 物語に, 物語の, 発火信号が, 種の, 認識様式の, 過飽和比, 道の, 雑誌を, 頃の

▼ 以下でも~ (17, 0.5%)

2 ありません

1 [15件] あると, ない, ないこと, ないこの, ないだろう, ないであろう, なくまさに, なく認めます, 以上でも, 凍らず水, 同様である, 比較的暖かい, 無い, 無い好もしさ, 無い資格

▼ 以下~ (17, 0.5%)

1 [17件] これに, しない, そのうち, それに, ちゃんと出来, ない, やがてつづい, よかった, 列せられて, 同じ, 同じよう, 同様, 正造の, 皆由來, 給仕に, 舞台の, 飛び飛びにしか

▼ 以下及び~ (17, 0.5%)

1 [17件] スカルタッツィニ註參照, ダンテが, ルカ一一・二以下, ルカ一一・二以下に, 一一・一二七以下參照, 一一二以下參照, 二一・一一二以下, 二七の, 同三二・八二以下, 地一〇・七九以下, 地一六・一一八以下參照, 地三〇・一, 地四・六〇, 天一・一〇一, 淨一〇・七三以下並びに, 淨二〇・一三以下に, 雑色人等を

▼ 以下~ (15, 0.4%)

2 役人の

1 [13件] 先生の, 先輩の, 國の, 大名への, 大将が, 女官の, 官の, 将も, 役人や, 役人議員裁判官弁護士らは, 書に, 臣の, 軍も

▼ 以下これ~ (14, 0.4%)

4 を略す 1 について考察, に同じ, に従い一列, に準じ, に準ず, に準ずる, に関連, を再, を概説, を見とどけた

▼ 以下という~ (14, 0.4%)

4 ことは 1 ことが, のである, ものは, わけで, ブランクによって, 値段が, 大体の, 意味だ, 時代に, 相場で

▼ 以下にも~ (14, 0.4%)

2 減って

1 [12件] この例, その型, た, たりなかった, どうする, なって, ひろげるの, 出来ないの, 同例, 安く見, 弾かなかった, 鮹旗廿頭を

▼ 以下並びに~ (14, 0.4%)

12 註參照 1 註, 註及び

▼ 以下~ (13, 0.4%)

1 [13件] が指示, が申し述べる, の見聞, の記憶, の述べる, はこれら, はやはり, は博士, は各論, は安藤, は此, は漫然と, は祈り

▼ 以下しか~ (12, 0.3%)

4 結婚まで 1 ないこと, ない推摩居士, 労働を, 売れないこと, 売れない券, 得て, 買えないところ, 騰貴しないであろう

▼ 以下~ (12, 0.3%)

1 [12件] からという判定, から百合組, が所謂, けど, とさ, とメーター, と云う, と思わざる, と聴いた, と軽蔑, わ, 秀子は

▼ 以下~ (12, 0.3%)

1 [12件] 人間, 全國民ニハ寸毫, 各省皆同ジ, 幼年勞働ヲ, 懲役二処ス, 支線鐵道ハ之, 時ニ於テ自己自身, 株券ヲ, 生産ヲ, 私有財産ハ國家又, 私有財産ヲ, 體刑ヲ

▼ 以下~ (12, 0.3%)

2 二版の 1 七までの, 三十一行に, 九まで, 二, 二十四歌迄, 何十夫人までを, 六回アースキンの, 十駆逐隊, 十驅逐隊, 四句まで

▼ 以下三人~ (10, 0.3%)

1 がこの, が土蔵, の兇徒, の妃, の姿, の男子, の神さま, の貴女, は, はもう

▼ 以下すべて~ (9, 0.3%)

1 が甲冑, そのとき, といっ, の乗組員, の官民, の者, の高山, もっとも早く, 白い戦袍

▼ 以下多く~ (9, 0.3%)

1 これを, の作家, の家臣, の尊い, の留守居衆, の艦船, の薩人, は歌, は皆天

▼ 以下において~ (8, 0.2%)

2 私は, 詳細に 1 削除された, 収録された, 多く自, 私が

▼ 以下四人~ (8, 0.2%)

2 の者 1 がいかなる, の不在証明, の子たち, の若, は多産, を射ころし

▼ 以下であっ~ (7, 0.2%)

2 てはならない, て農民 1 てただ, てイスラエル, て笑名

▼ 以下であった~ (7, 0.2%)

1 かも知れない, ことは, ことを, そうで, とは思わない, と云わなけれ, に違い

▼ 以下~ (7, 0.2%)

1 のかしら, のが, のであり, のである, はまだ, わけです, んだ

▼ 以下~ (7, 0.2%)

1 係長新聞社員等の, 判事を, 判事検事等は, 版との, 節の, 部長各, 部長等に

▼ 以下みな~ (6, 0.2%)

1 しかり, ひざまずかずに, ふたたび眼, 云いあわせたよう, 引き留めたが, 漂いを

▼ 以下一同~ (6, 0.2%)

1 があっけ, がいや, に向い, のもの, へ幕府, 何とも申しわけ

▼ 以下~ (6, 0.2%)

1 に附随, の一令一令, の三族, の傑作, の諸, を初代

▼ 以下~ (5, 0.1%)

1 もなる, 味方の, 徒歩で, 新の, 誓約の

▼ 以下です~ (5, 0.1%)

21 からね, から売る, がその他

▼ 以下とは~ (5, 0.1%)

1 いやな, 何です, 何等の, 衆目が, 質の

▼ 以下一族~ (5, 0.1%)

1 とその, のもの, の吉良, の立, の者十数名

▼ 以下~ (5, 0.1%)

1 職員は, 議員たちの, 軍の, 軍は, 隊士の

▼ 以下原稿~ (5, 0.1%)

5 なし

▼ 以下原稿数枚~ (5, 0.1%)

5 なし

▼ 以下~ (5, 0.1%)

1 一九の, 七三, 二〇・一二四以下參照, 劇団の, 文略

▼ 以下~ (5, 0.1%)

1 ぜい, 元気だ, 將の, 通詞志筑龍太小, 館宗氏堀口貞満同

▼ 以下大勢~ (5, 0.1%)

2 して 1 の供, の手代, の顔

▼ 以下ことごとく~ (4, 0.1%)

1 その経文, 日本人同士英語での, 架空の, 蜀の

▼ 以下とか~ (4, 0.1%)

1 それ以外とかも, 個々別々に, 常識的とか, 思想は

▼ 以下なる~ (4, 0.1%)

2 は達磨 1 ことを, マラコダの

▼ 以下にまで~ (4, 0.1%)

1 作者の, 大衆化する, 減って, 減ッて

▼ 以下三名~ (4, 0.1%)

1 の典侍たち, の将士, の目ざした, の首

▼ 以下三隻~ (4, 0.1%)

1 が機微, である, は下田, を率

▼ 以下五人~ (4, 0.1%)

1 の兵, の役人, の良師, ばかりの伴奏

▼ 以下少し~ (4, 0.1%)

1 でも疑はれる, ばかり智, ダブるが, 私事にわたる

▼ 以下少しく~ (4, 0.1%)

1 この貞操, 恋愛について, 独白めい, 私の

▼ 以下から~ (3, 0.1%)

1 なる政友会, 成って, 見て

▼ 以下それ~ (3, 0.1%)

1 に準ずる, を少し, を用いたい

▼ 以下であり~ (3, 0.1%)

1 アルプス及び, 平均寿命は, 香りにおいては

▼ 以下でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならぬ, ばなりますまい, ば売れない

▼ 以下なら~ (3, 0.1%)

1 ばそれ, ば山川村里立地, 無税だ

▼ 以下ほとんど~ (3, 0.1%)

1 全滅わずか, 半数以上が, 斬り殺されるか

▼ 以下まだ~ (3, 0.1%)

1 數行つづい, 暗澹と, 神代の

▼ 以下わずか~ (3, 0.1%)

1 な断片, の影, 百四十五年間に

▼ 以下一二六行~ (3, 0.1%)

1 までベアトリーチェ, まで三一, まで神

▼ 以下~ (3, 0.1%)

1 に同じ, に準じ, 御仕置

▼ 以下二十人~ (3, 0.1%)

1 ばかりの小さな, ほどの侍, を鳶田

▼ 以下~ (3, 0.1%)

1 のあいだ, のすそ, の人々

▼ 以下十一人~ (3, 0.1%)

1 のもの, の親類衆, までの家来

▼ 以下十三名~ (3, 0.1%)

1 の一行, ほどは井口城, を密輸問題

▼ 以下単に~ (3, 0.1%)

1 亀と, 商隊長と, 検非違使随従の

▼ 以下吾人~ (3, 0.1%)

1 はこの, は主として, は暫らく詩

▼ 以下幕僚たち~ (3, 0.1%)

1 が全部, はいずれ, も揃っ

▼ 以下悉く~ (3, 0.1%)

1 一刻半ほど, 架空の, 粗食に

▼ 以下数人~ (3, 0.1%)

1 いるが, の墓石, の手代

▼ 以下数十人~ (3, 0.1%)

1 の親昵従類等, の重臣大将, は斬

▼ 以下数名~ (3, 0.1%)

1 の弁護士, の青年, を引率

▼ 以下数百~ (3, 0.1%)

1 の乗組員, の兵, の死傷

▼ 以下日本~ (3, 0.1%)

1 のファシズム, の北派, の特殊文学

▼ 以下漢語~ (3, 0.1%)

2 を用 1 を用いたる

▼ 以下~ (3, 0.1%)

1 こうした犬田博士, さうである, なこの

▼ 以下~ (3, 0.1%)

1 二万の, 六十人が, 百五十隻なり

▼ 以下あまた~ (2, 0.1%)

1 な僧, な女御

▼ 以下いずれ~ (2, 0.1%)

1 も去年, も立った

▼ 以下いろいろ~ (2, 0.1%)

1 な雪形, の官署

▼ 以下およそ~ (2, 0.1%)

1 二百ばかり, 百余人は

▼ 以下かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れませんが

▼ 以下さらに~ (2, 0.1%)

1 数回に, 深く真理

▼ 以下すなわち~ (2, 0.1%)

1 令旨を, 反対の

▼ 以下たくさん~ (2, 0.1%)

1 な戦死, の怪我人

▼ 以下との~ (2, 0.1%)

1 和親条約と, 間にも

▼ 以下なるべく~ (2, 0.1%)

1 これの, は簡略

▼ 以下にては~ (2, 0.1%)

1 子を, 愛衷に

▼ 以下への~ (2, 0.1%)

1 価格変動を, 労働の

▼ 以下まで~ (2, 0.1%)

1 現わす, 裂けて

▼ 以下一一四行~ (2, 0.1%)

1 までダンテ, まで名

▼ 以下一三五行~ (2, 0.1%)

1 まで前, まで諸

▼ 以下一四一行~ (2, 0.1%)

1 までベアトリーチェ, まで神人兩性

▼ 以下一行抹消~ (2, 0.1%)

2 されて

▼ 以下三パラグラフ~ (2, 0.1%)

1 については本章末尾, は第

▼ 以下九〇行~ (2, 0.1%)

1 まではフィリップ四世, までダンテ

▼ 以下二三言私~ (2, 0.1%)

2 明けて

▼ 以下二将軍~ (2, 0.1%)

2 の木像

▼ 以下五つ~ (2, 0.1%)

1 の短篇, の砦

▼ 以下五十名~ (2, 0.1%)

1 の切支丹宗徒, は山手

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 の魂, も馬

▼ 以下人馬~ (2, 0.1%)

1 のすべて, の流れ

▼ 以下全員~ (2, 0.1%)

1 そろって, と風間三郎

▼ 以下八つ~ (2, 0.1%)

1 の恐ろしい, の罪名

▼ 以下八人~ (2, 0.1%)

1 のもの, の公卿大将

▼ 以下八代~ (2, 0.1%)

1 は多少, は帝紀

▼ 以下八名~ (2, 0.1%)

1 の多少, の証人

▼ 以下八四行~ (2, 0.1%)

1 まで天上, まで天使

▼ 以下六名~ (2, 0.1%)

1 が捕へられ, をさしまねい

▼ 以下刑事達~ (2, 0.1%)

1 に入り, に対し物凄い

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 に数, 同文

▼ 以下十一名~ (2, 0.1%)

1 に以詔, はすぐ

▼ 以下十七名~ (2, 0.1%)

1 が送りこまれた, の剣援隊

▼ 以下十二人~ (2, 0.1%)

1 と作兵衛, の乗組み

▼ 以下十人~ (2, 0.1%)

1 ばかりの猛者, ほどを京

▼ 以下十数名~ (2, 0.1%)

1 のもの, の浪士

▼ 以下千余~ (2, 0.1%)

1 の東国武人, の軍勢

▼ 以下各省~ (2, 0.1%)

1 と目次風, 諸學堂

▼ 以下各種~ (2, 0.1%)

1 の学校, の山の神

▼ 以下同様~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 以下~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 以下周囲~ (2, 0.1%)

1 の武者たち, の血気

▼ 以下四つ~ (2, 0.1%)

1 の五パラグラフ, の階級

▼ 以下四五行~ (2, 0.1%)

1 までウェルギリウス, まで第

▼ 以下四名~ (2, 0.1%)

1 のご, の男女患者

▼ 以下城兵~ (2, 0.1%)

1 の士気, はみな

▼ 以下多数~ (2, 0.1%)

1 に海彼岸, の火山

▼ 以下平家~ (2, 0.1%)

1 が油断, のほか

▼ 以下幾人~ (2, 0.1%)

1 かが出迎え, かの尊い

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 一門が, 不審を

▼ 以下或は~ (2, 0.1%)

2 曾て

▼ 以下教員~ (2, 0.1%)

1 にいたる, は修道女

▼ 以下数百人~ (2, 0.1%)

1 の大名ども, を白日

▼ 以下斬合い~ (2, 0.1%)

2 が終っ

▼ 以下旗本~ (2, 0.1%)

1 の士四百騎, の面々

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 幕府の, 重臣の

▼ 以下~ (2, 0.1%)

2

▼ 以下東堂西堂~ (2, 0.1%)

1 あるいは老若, あるひ

▼ 以下次號~ (2, 0.1%)

1 である, とし

▼ 以下特に~ (2, 0.1%)

1 断らない限り観念論, 日常的科学を

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 とする, はすべて資格

▼ 以下百五十隻~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 を丸く, を見あわせ

▼ 以下~ (2, 0.1%)

2 を累

▼ 以下続々~ (2, 0.1%)

1 と辿りつい, 駒の

▼ 以下腹心~ (2, 0.1%)

1 の諸, の随身たち

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 するところ, する所

▼ 以下~ (2, 0.1%)

1 が立, は東京中心

▼ 以下誰々~ (2, 0.1%)

1 がアメリカ, にされた

▼ 以下譜代~ (2, 0.1%)

1 の旗本, の重臣

▼ 以下足軽~ (2, 0.1%)

1 に至る, までの者

▼ 以下重臣~ (2, 0.1%)

1 もみな, をあつめ

▼ 以下陳ぶる~ (2, 0.1%)

1 ところの, 処の

▼ 以下鞭打~ (2, 0.1%)

1 の響きごと, の響ごと

▼ 以下順次~ (2, 0.1%)

1 に頂戴, 四粒中なる

▼1* [916件]

以下あえなく内山の, 以下あなた方とともに検討, 以下あらかた宗家の, 以下あらまし召捕り終んぬ, 以下あらゆる官司の, 以下あるいは一二万以上の, 以下あわただしく門外に, 以下いかに戦うも, 以下いつたいそんなの, 以下いわゆる二十八座の, 以下うるさい連中が, 以下おおむねジャケットを, 以下おびただしい損害と, 以下おぼろげに記憶, 以下おろかしき浪人共でした, 以下お送りしましょうか, 以下知らないが, 以下かはわからぬ, 以下がやがやと跫音, 以下ながしの, 以下くやしがること一通り, 以下ぐらいという話な, 以下ぐらいの僅少な, 以下ここの家中, 以下さまざまの御, 以下しるすように, 以下じゃ見のがされんぞ, 以下すこしくわたくしの, 以下すこしも油断は, 以下すべてみな徒立ちで猛, 以下すべてチェーホフ及びその, 以下すべて六波羅へ疎開, 以下すべて印象ですから, 以下すべて新田党の武将, 以下すべて本丸その他へわかれ, 以下すべて沖へ逃げ退いた, 以下すべて蛇の名, 以下すわというよう, 以下そこの将領たち, 以下それから商売を, 以下それぞれにひとり, 以下それぞれ一週間位の停学, 以下それぞれ勇士勲功の恩賞, 以下それぞれ愛国の熱情, 以下そんなにもさんざん, 以下たいていは錦絵, 以下たれもが驚い, 以下だいこんの想像力, 以下だいぶ異論も, 以下だけを使って, 以下だった人は, 以下だってあると, 以下だつたさうな, 以下だろうが儲かろう, 以下ついおろおろせずに, 以下つめ寄らんばかりに, 以下であるならば何ら, 以下であるらしいことが, 以下であろうと想像, 以下できるだけ先手を, 以下でしょうか, 以下でなくちゃ困る, 以下でなくなったと思う, 以下とかいうことを, 以下とすら想像される, 以下とでは殆ど交際が, 以下とに別条に, 以下とも云へ, 以下とりわけ一〇三ページと, 以下どんなことが, 以下なお余論あり, 以下なぐり筆に, 以下なり裟竭難, 以下なんのこと, 以下においては自由競争が, 以下にさえ落ちないとも, 以下にしか光らなくなって, 以下にても父母の, 以下のには奥医師の, 以下のべるところの, 以下のや二十キロ位のや, 以下はやご自決, 以下はらやの小, 以下ひそと着席, 以下減らしても, 以下へは巻いた絹, 以下ぼくがツラツラ, 以下まずたいした損害, 以下まつたく僕も, 以下みな一団に白い, 以下みな手籠や笊, 以下みな播磨から西国, 以下みな旗を伏せ, 以下みんな真青になっ, 以下もとメリー号の, 以下うるさいな, 以下よく防ぎ戦ったが, 以下よりもおそらく以上, 以下わたしとか自分, 以下われらの生命, 以下われら同志のもの, 以下われら将士は捨てられた, 以下われら端武者にいたる, 以下われら重臣座を共に, 以下われわれどもが一夜, 以下を以て間に, 以下アグネスがロンドン, 以下アンチノーラを敍, 以下イザナギイザ, 以下ウジムシじゃない, 以下グリイスンの問い, 以下コマ村と書く, 以下コレニ同ジ, 以下サルランド中学校の若い, 以下スサノヲの命, 以下ダンスチームの数名, 以下デザートを終える, 以下トロメアを敍, 以下ニニギの命, 以下ニ於テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, 以下ネブカドネザル王の夢, 以下ノオサンプトンでは十歳以下, 以下ノリジでは五歳以下, 以下ノータイムで四五歩, 以下ハ八幡村ノ二階ニテ, 以下パラグラフの終り, 以下ファーリナータの豫言, 以下フッセルルの現象学, 以下プトナム氏の思ひ, 以下プロ階級の女, 以下ベアトリーチェの言, 以下ペテロ問ひダンテ答, 以下マリアはキリスト, 以下マンチェスタでは五歳以下, 以下メーツらはその, 以下ラム・チャンドの告白, 以下ルクレチウスと私, 以下ローマ皇帝の稱號, 以下一々の場合, 以下一〇七行までフランチェスカ, 以下一〇八行までガブリエル, 以下一一一行まで神, 以下一万の勇士, 以下一万一千が城南含毬門方面, 以下一万三千二番加藤主計頭清正以下二万二千三番黒田甲斐守長政以下一万一千更に四番, 以下一万八千の勢, 以下一三三行まで第, 以下一三八行まで第, 以下一二三行までダンテ, 以下一二九行まで眞, 以下一二行まで信仰, 以下一人も反抗, 以下一八行まで讀者, 以下一切の行列, 以下一千人は鍋島, 以下一名も余さず, 以下一味の皇子公卿ばら, 以下一団となっ, 以下一圓から二十五錢甚しき, 以下一家眷族をすべて, 以下一寸何から, 以下一族ぐるみお館, 以下一族北条が, 以下一族数百人が自刃, 以下一族郎党を数多, 以下一族郎党三百余人は犬射, 以下一族部将格二十何名かをいちどに, 以下一百首を作つた, 以下一石八百円これはマル公, 以下一篇の女, 以下一軍こぞって香椎, 以下一連の市井戯曲, 以下一里半ほどの間, 以下一驚を喫し, 以下奉や, 以下七ヶ寺の番僧, 以下七二行までユーリウス・カエサル, 以下七人は同年七月二十日, 以下七八人の男, 以下七八行まで第, 以下七十人の勇士, 以下七名が部下, 以下七将の三万余騎, 以下七度十一度十五度そしてついに, 以下七石五斗以上を七歩五朱軒, 以下七隻が沈没, 以下万分の一の間, 以下万国航海仕り智見, 以下万葉集の恋歌, 以下三つの白馬連峯, 以下三カ月にわたって第, 以下三九行まで第, 以下三人早々當表え差越候樣, 以下三六行までの大意左, 以下三十万の精兵, 以下三十人の赤松家, 以下三十余人は降参, 以下三十余名の人々, 以下三十名の剣星, 以下三十篇ちかい歴史的素材, 以下三千である, 以下三千七百人部将皆郷士豪農, 以下三千余騎が喊, 以下三千騎ほどをとりあえず, 以下三四十シリングの男女行員達, 以下三大臣に出席, 以下三山の勢力, 以下三教授の試験, 以下三番目の, 以下三百人はことごとく, 以下三百名にちかい, 以下三百番本による, 以下三者もおのずから, 以下三聯から成る, 以下三草山の東麓, 以下三行抹消されて, 以下上杉方の家中, 以下上願書の続き, 以下下品下生に至る, 以下不信任案に対する賛成, 以下世界にほこる, 以下両院や女御, 以下並べたものは, 以下並居る上官に, 以下國の, 以下中軍の旗本七百, 以下主力の出払った, 以下主君の眷族, 以下九パラグラフは第, 以下九三行までカペー, 以下九流について書いた, 以下事ごとに関東, 以下事実に即し, 以下二つ三つ例をとっ, 以下二一行までダンテ, 以下二万の勢, 以下二三十人の法師武者ら, 以下二人の警官, 以下二十一藩雲霞の如き, 以下二十三名の船員たち, 以下二十三日のノート, 以下二十二名の一団, 以下二十二名嘗つては革命, 以下二十二字分の伏字, 以下二十五人をし, 以下二十余人の従者, 以下二十六カ条のもの, 以下二十六節まで馬太伝, 以下二十名の隊員, 以下二十四名の証人, 以下二十隻の主力艦, 以下二千五百人本渡の但馬, 以下二千人上津浦の一郎兵衛, 以下二千名の俸給, 以下二名のとむらい, 以下二所より御, 以下二条城内へ転陣, 以下二番三番七番と二列縦隊, 以下二番手の勢, 以下二百の兵, 以下二百名の将兵, 以下二百石以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 以下二首上総の海辺, 以下二首京にありし, 以下二首坂本の宿, 以下五パラグラフは第, 以下五位六位までも着, 以下五六人の者, 以下五六十円以上の為替生活者, 以下五十三名を合祀, 以下五十余人をつれ, 以下五十余名が戦死, 以下五十騎ほど連れ, 以下五名が焼死, 以下五巻の長文, 以下五幕目の, 以下五百の将士, 以下五百余の兵, 以下五百艘の艦隊, 以下五石迄を半軒, 以下五等まで賞品多数, 以下五項に分っ, 以下井伊榊原本多などの人々, 以下交通通信衛生防備警備の手, 以下猶是焉, 以下京都における真正合体派, 以下仁三郎懐手をし, 以下今日に至る, 以下を害し, 以下代々の先祖, 以下代数記号で呼ぶ, 以下以上の思想, 以下伊邪那美神まで併せ, 以下の怖, 以下何円以上何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 以下何千人大江の岸, 以下何部を定めた, 以下を挙げれ, 以下侍者の公卿, 以下のすべて, 以下供奉の官員, 以下俗士族の多い, 以下候文を現代文, 以下偉人出現の豫言, 以下元春様にも隆景様, 以下先ず概勢は, 以下先刻考えた文句, 以下先輩諸氏を少く, 以下全員即死したもの, 以下全員国立国会図書館エジプトの間, 以下全員気勢大にあがった, 以下全国の選挙ビラ, 以下八五度よりも低い, 以下八係官を現地, 以下八千騎隊伍粛々として余呉, 以下八名金庫爆破の上本部引揚, 以下八百米以上の山, 以下八種あるそう, 以下八罪につき東京地方裁判所, 以下八隻が大, 以下公卿あらましは捕虜, 以下公園にて, 以下公立と称す, 以下老僧, 以下六〇行まで己, 以下六人の工人, 以下六六行まで背ける, 以下六十人の山, 以下六十余人の徒輩, 以下六十余行は殆, 以下六十名の搭乗, 以下六十騎は完全, 以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以下六波羅の主, 以下六神海の神, 以下六首赤城山に遊びける, 以下共産党以外の政党, 以下の二百余人, 以下兵たちの跫音, 以下兵二千人夫千七百決死して, 以下兵卒は兵営, 以下其品の有る, 以下其射手たりと云々, 以下具体的に書く, 以下内容を詳述, 以下凡三巻ある, 以下出来るだけロオラン自身, 以下出迎えに来, 以下刑事二名が現場, 以下刑事連が支倉, 以下列記されたる個条, 以下別当勾当座頭が一堂, 以下前田利家らの中軍, 以下の進行中, 以下劇場関係者一同フロックコートで整列, 以下勝家が当夜, 以下勤王諸藩, 以下勤番の人, 以下勤行の最中, 以下北征の諸, 以下北藩の援士, 以下十一篇はその, 以下十七度にくだった, 以下十三の仮名, 以下十二区にわたって四十か所, 以下十二篇の作品, 以下十五人が江戸城, 以下十五六人の人間, 以下十五名表口は大谷団長以下八名, 以下十五歳まで金三枚也, 以下十代は物語, 以下十余名の同勢, 以下十余行内務省の注意, 以下十六人の首, 以下十六歳以下は四時間以下, 以下十分一にもなっ, 以下十名ぐらいな藩士, 以下十名いずれも勤王, 以下十四五を頭, 以下十四五名の貴婦人, 以下十四篇の小説, 以下十四訓ほどの註, 以下十字分の伏字, 以下十将軍の名, 以下十度ないし十二度, 以下十指に近かっ, 以下十数人遺骸を奉じ, 以下十編につづく, 以下十頭の駒, 以下十餘萬言を著す, 以下十首の詩, 以下十首人に別れ生き, 以下千二百人大矢野の甚兵衛, 以下千二百余人の降参者, 以下千五百人有家の監物, 以下千余艘とみゆる, 以下千四百寺沢の営, 以下協力の割当, 以下南朝系の天皇, 以下南朝諸国のみのこと, 以下博物地文産業経済物理生理にまできっちり, 以下卿相列座の中, 以下原文のまま, 以下参考までに若干, 以下叙事詩という言語, 以下口合は邦語, 以下を逐い, 以下各地へ四散, 以下各大酋長の, 以下各巻に現, 以下各項にわけ, 以下合計九こ師団の歩兵聯隊, 以下吉川小早川の大軍, 以下吉田氏の受売り, 以下同僚に対して合わせる, 以下同僚たちのこらず見送り, 以下同君談話の中, 以下同族の武将, 以下同誌編輯の諸子, 以下もない, 以下名前は並ん, 以下吏民が皆, 以下の諸, 以下のあらん, 以下命運に關, 以下和平派はただ, 以下品陀の御世, 以下問答体でその, 以下啓蟄の虫, 以下に龜, 以下営中の幕僚たち, 以下四パラグラフについては本章末尾, 以下四五人の刑事, 以下四八行まで天使創造, 以下四分の三のノート, 以下四十七人一人残らず無事, 以下四十九字を激, 以下四十五名の乗組員, 以下四十余人の幽閉, 以下四十余宇焼亡す, 以下四十八節まで, 以下四十六名の者, 以下四十分早目三十分早目というよう, 以下四十度なんと云, 以下四千五百名の悲壮, 以下四半軒までの区別, 以下四天王を一楼一楼, 以下四字分の伏字, 以下四百何人がことごとく, 以下四行半抹消されて, 以下四行抹消されて, 以下困っている, 以下を挙げ, 以下国民の尊敬, 以下国語音韻の変遷, 以下国賓級人物を以て組織, 以下土岐左近らもとにかく, 以下土浦園田木下小玉博士それに若い, 以下地上の樂園, 以下地下人武者の勃興, 以下とともに悉く, 以下城中の士気, 以下城兵すべて餓死か斬っ, 以下城兵一千余はもちろん, 以下城方の人々, 以下堀尾茂助の帰り, 以下士官が百何十名, 以下士官一人医師一人水夫四五人久しく滞留, 以下外国に関係, 以下外記権之助, 以下多勢の丁稚小僧, 以下多数参列の下, 以下にまぎれ, 以下大あむしられ大あ, 以下大いに困却した, 以下大分荒れました二十九年, 以下大切の, 以下大学の一教室, 以下大尉以上の將校, 以下大小炭鉱のあり, 以下大村藩の記録, 以下大熊氏の訳文, 以下大筒役石火矢係など多, 以下照らす大神, 以下天使の數, 以下天明の狂歌師, 以下天目山に滅亡, 以下天竜八部を聚め, 以下夫人の筆, 以下奉公人は全部, 以下奕譜の世, 以下奥方さま和子さま達までも火, 以下女優をマネキン, 以下奴國に至る, 以下安房守の召使, 以下宝満寺の本営, 以下実例に就い, 以下客崎詩稿中に就い, 以下の供人四十余名, 以下宮人など六十余人, 以下家中悉く参列, 以下家中一統御手, 以下家主地主たちにまで連帯, 以下家族奉公人全部を階下, 以下家格にし, 以下家職や小, 以下宿将群臣たちは日々評議, 以下寄人たちの方, 以下寄手の三十万, 以下富士の人穴探険, 以下實例を擧げ, 以下寺坂吉右衛門にいたる, 以下寺院に屬, 以下対一という出生, 以下専門史家の多く, 以下将卒の亡霊, 以下将来有為の先輩, 以下尋常文人の手, 以下治田の, 以下小児の事, 以下小早川殿にせよ, 以下小者まで入れ, 以下少々私自身の, 以下少なくとも田辺哲学の, 以下少数の人, 以下屈強な兵二千, 以下山口海老丞柘植玄蕃などの部将, 以下山城も上杉家, 以下岐阜を発した, 以下岡村純吉の小説, 以下工藤氏の受け売り, 以下巨大な三角形, 以下の吏員たち, 以下帆村の物語, 以下についた, 以下常識的空間概念を略し, 以下常野十二藩に出兵, 以下幕僚を大, 以下幕僚たち数騎で市中, 以下戚の, 以下幾十篇皆独特の観察, 以下幾多の武門, 以下幾百万の貧民, 以下広い道場の, 以下底本に, 以下庶民の場合, 以下く例, 以下建業城中の諸公, 以下建白の趣旨, 以下弁護士書記に到る, 以下続いて, 以下張飛や関羽たち, 以下当代人の作物, 以下当年五歳の鶴子, 以下当然不平を, 以下形勢が急転, 以下役人囚人もろとも二十三人, 以下彼らの言葉, 以下従士千三百を率い, 以下御家人僧侶山伏医者浪人者はひと, 以下御池十郎左衛門だの太田黒兵助, 以下御身らはみな, 以下復抄せない, 以下徳川家の中堅, 以下必ず一読せられ, 以下忘れてしまった, 以下思いいずるまま, 以下思わず笑えました, 以下恒例になっ, 以下もつかず, 以下悲腸にとらわれ, 以下篤との, 以下意味だけ述べる, 以下愛書癖の穏健派, 以下憤怒怨恨誹謗嫉妬等あらん限り, 以下成規の判官, 以下我が大師を, 以下我が国でも往々, 以下或いは光悦以前光悦以後に, 以下戦死した敵将, 以下戦死者一万数千人の弔魂祭, 以下所謂三家者の賤民, 以下所謂道の者, 以下扈従すと, 以下をかざし, 以下手代子分衆まで泉田筑後, 以下手伝い小役人吹所の棟梁, 以下手負死人二百余に及ん, 以下手飼いの郎党小者, 以下拾弐首さること, 以下拾首さること, 以下捕虜すべて都送りとなった, 以下排泄物によつて, 以下接待役の丹羽長秀, 以下控同心神田権太夫伝兵衛の下, 以下掲ぐる所は江戸獄中, 以下掲ぐる文章は殆, 以下掲載の諸, 以下揃ってお, 以下援軍の全, 以下撰述有定名而記注無成法, 以下支那語に堪能, 以下出すもの, 以下政府の首脳部, 以下政治上の実権, 以下散々に智慮外, 以下数ヵ所を拝領, 以下数個の文字, 以下数十人河内発向藤井寺に陣, 以下数十度の寒, 以下数千艘をみな意気地, 以下数句燕王に召出されし, 以下数名上陸いたし私儀, 以下数名立会の上, 以下数度に降らね, 以下数枚にわたって書こう, 以下数百千の彫刻, 以下数節及び次, 以下数篇の戯曲, 以下数脈のいのち, 以下数艦はわがその, 以下数行何となし, 以下の一族, 以下數十人が待ち受け, 以下數句が錯簡, 以下數聯に於ける, 以下文中私とある, 以下文武周公に至る, 以下文武百官もみな錦, 以下文武百官喪服して, 以下文芸部の連中, 以下新田一族の者, 以下新田名和結城塩冶そのほか, 以下新聞社員一同これに和, 以下旗下達も声, 以下既記の順序どおり, 以下日子波限建鵜草葺不合, 以下日本人ばかりで, 以下明日は美保, 以下明智勢はそれ, 以下明智家の将士, 以下のフィレンツェ, 以下時に諸氏に, 以下時間を三十秒, 以下暫く筆者の, 以下暴風の性質, 以下を著さなかつた, 以下書くことは, 以下書生が開演, 以下書生三名泊って, 以下最後までについては第, 以下有功の将三十六人, 以下朗読の間, 以下木曾の党類, 以下まで第, 以下末尾までは次, 以下本多広孝, 以下本編に於い, 以下本論に入っ, 以下本陣にある, 以下村役場の椅子, 以下を追って, 以下来てる島田正吾ひょっくり, 以下来賓が全部, 以下東京湾の入口, 以下をならべ, 以下柏軒自己の動静, 以下柳田君の, 以下柴田どの始め, 以下柴田勝家羽柴秀吉丹羽長秀細川藤孝池田信輝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆などあらかた, 以下柴田幕下の輩, 以下案内女は十円以下, 以下森兄弟一門の今や, 以下森厳の気, 以下検察当局一統がもしや, 以下楠木一族の供養, 以下楠木一族あらましは死にたえました, 以下楠木勢の一念, 以下取水夫十二人, 以下樂園に水, 以下樊城へ入った, 以下章に, 以下次号ってやつ, 以下次第に絲縷の, 以下歐洲に於ける, 以下正雪の遺書, 以下武士たちにすれ, 以下武士どもはかえってよけい, 以下歩兵五十人ほどをつれ, 以下歴代天皇の時代, 以下歴史性と階級性, 以下を決して少し, 以下殆ど同説, 以下殆ど失神の状態, 以下殉難の将士一同, 以下殿上月卿雲客はことごとく, 以下民間特志の団体, 以下気づいたことを, 以下に關, 以下水戸浪士処刑のこと, 以下水源地の山, 以下江戸の末, 以下江田里見烏山羽川山名などの旗本, 以下池田勝入細川藤孝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆など居流れ, 以下決死のてい, 以下沢山いるし, 以下法正も張飛, 以下津多子に至る, 以下浜松の家臣, 以下浪士全員の引き取り, 以下深夜手合の終る, 以下深田博士の意見, 以下淳仁帝の四年, 以下清洲城を立ち退い, 以下渡邊崋山は, 以下滅するものと, 以下演技者の天稟, 以下漢軍の幕僚たち, 以下澤山の船員, 以下子と, 以下を避け, 以下唾を, 以下版画である, 以下牛肉のスキ燒, 以下物語に, 以下射事務長, 以下太人中に, 以下獣類同格に置く, 以下獨乙羅曼派の諸家, 以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 以下甘利跡部小笠原の諸, 以下生徒たちは校庭, 以下甫刑文侯之命, 以下甲斐の源氏, 以下男女社員が犇, 以下町奉行までが麻上下, 以下略原文のまま, 以下番頭用人給仕の果て, 以下畿内の将, 以下白人戦死体の首, 以下に余る, 以下百四十度という極寒, 以下百官城を出, 以下百騎余り兵卒若干を従え, 以下皆これなり, 以下皆んな出かけて, 以下皆一類の語, 以下皆元気なので, 以下皆夭死して, 以下皆往復共に四等客車, 以下皆悪人こちらは大納言以下皆善人, 以下皆諸王を削る, 以下皇室の大御, 以下槙から, 以下直接事件の関係者, 以下相伝の儀, 以下省略する, 以下真に地方の, 以下真田源太左衛門信綱土屋右衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 以下真黒だ, 以下眼前の惨敗, 以下矢作の大橋, 以下硯友社諸氏の文品才藻, 以下礼儀信義質素の徳目, 以下社会党の考え, 以下の系列, 以下神名によつて, 以下私見を書く, 以下科学的世界は自然科学的世界, 以下積年のうらみ, 以下竹見も丸本, 以下第一線に立つた, 以下箭鏃に至る, 以下簡単に此, 以下簡單ながら十惡, 以下簡略に柳生家, 以下粉砕せざるなく, 以下精神病理学に到る, 以下糟谷三郎宗秋そのほか都合四百三十二人, 以下糟谷小鴨赤崎らの手勢, 以下細川和氏仁木今川一色畠山斯波などの重臣, 以下終りまでは前掲, 以下終也より以上, 以下組頭奉行それぞれに職務, 以下続いてゐる, 以下軍の, 以下総勢をあげ, 以下縷述するところ, 以下て他, 以下織田家の援軍, 以下美少年を歌, 以下老人が多く, 以下考察の外, 以下職長社員が職工, 以下脱走士の為め, 以下腰弁当にて之, 以下腰辨當にて之, 以下註, 以下自然富士への情熱, 以下もコンパス, 以下船員たちが避難作業, 以下船子水夫が六人, 以下荊州軍をことごとく, 以下荷拵への手伝, 以下菅公和気公楠公新田公織田公豊臣公近来の諸, 以下蒲田の女優連, 以下蕪村の作品, 以下薩軍の諸, 以下の将軍文官たち, 以下蜀臣百二十人の連署, 以下蜂須賀勢の野武士二千, 以下蜂須賀父子仙石堀長谷川日根野浅野戸田高山一柳などのおよそ, 以下蜂須賀衆の人々, 以下血眼になっ, 以下行旅の列, 以下行米三石六斗の代価七貫百三十二文, 以下行軍のものすべて, 以下裁判官の名前, 以下裸國黒齒國の事, 以下西洋人の住宅, 以下言う意味の, 以下言葉は概念, 以下討死相伴の衆, 以下記すところは, 以下記述するよう, 以下証拠を挙げよう, 以下詐謀日和見の偽装, 以下評定衆引付衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 以下評議の末, 以下試みようとする, 以下詫状ぐらいではすまさん, 以下該詩集に関するルネ・マルチノオ氏, 以下読者と共に芭蕉俳句, 以下がその, 以下誰一人として帝, 以下請僧七人と云々, 以下諸人群参す, 以下諸君の署名, 以下謹んで再拝した, 以下警察医等十数名現場に出張, 以下警部と部長, 以下警部一名刑事巡査六名がことごとく, 以下豊田の将兵, 以下ある者, 以下責任者が退陣, 以下賤男女皆, 以下貴島勉が私, 以下賓客のハバノフ氏, 以下賞与を受けた, 以下越後の者共, 以下越後全土の人心, 以下足軽組まで, 以下身ぶり手つき一切を含め, 以下身分に應, 以下転換はすべてフラッシュ風, 以下輦輿をまもる, 以下辛抱づよく天王寺附近に旗, 以下を以て国本, 以下近づくと, 以下述べたところで, 以下述べる中国の, 以下時総, 以下連日散見のまま, 以下進んで啓示, 以下道阿弥自ら語るところ, 以下適宜抄訳意訳に簡単, 以下適当に酒, 以下邪馬臺に至る, 以下邪馬臺國に至る, 以下部将たちの顔, 以下郵便局長なんかの姿, 以下の者たち, 以下郷党のすべて, 以下釋天に至る, 以下釋水に至る, 以下字の, 以下重複する点, 以下野獣のごとき, 以下の銀, 以下金十枚といふ話也, 以下金繍の職帯, 以下銀甲つけて, 以下錯雑した記憶, 以下鎌倉組の英仏派, 以下鑑識課員大森署より司法主任綿貫警部補以下警察医等十数名現場, 以下長崎伝習生を以てし, 以下長門日向伊勢山城扶桑が千七百噸級, 以下門徒ことごとくこの, 以下開運日輪抄の中, 以下関藤氏との往反, 以下閣員の任命, 以下附近の諸, 以下陳述された重要, 以下随参の供四十余名, 以下随行の兵五百人, 以下随身みな山上に二泊, 以下集録するところ, 以下の夜, 以下面倒だから, 以下を追う, 以下順つぎに名, 以下順序を追, 以下振れには, 以下飢えつかれた姿, 以下焚きの, 以下を承知, 以下けつけた, 以下駅逓の人々, 以下騎馬の幕僚たち, 以下高家一族を葬り去った, 以下高橋謙三郎を単に, 以下がブオンコンテ, 以下の全, 以下魏軍の馳, 以下ことごとく逆, 以下黒田官兵衛その他不眠不休にその