青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「以上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~ ~以上
以上~
以下~ ~以前 以前~ ~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定

「以上~」 21286, 230ppm, 433位

▼ 以上~ (6272, 29.5%)

216 ような 161 ことは 125 ものを 94 ことを 73 ものが 67 ように 51 もので, ものは 34 やうな 26 ものに 25 ことが, ものである, 事は 20 ものと 17 事を 16 何物でも, 意味を 15 人は, 者は 14 力を 13 人が, 説明は 12 ものとして, 二つの, 興味を 11 ものだ, 三つの, 如くである 10 人々の, 深さ, 話は 9 ことから, ほかに, 働きを, 教育を, 者が, 高さ 8 ものだった, 仕事を, 何ものでも, 力が, 或る, 私の, 立派な, 言葉を 7 ものの, ものも, 事実を, 人口を, 子供を, 死亡率, 説明を

6 [15件] ことも, ものであった, 人間が, 何者でも, 外に, 好意を, 幸福は, 日が, 点を, 美しさ, 見地から, 親しさ, 言葉は, 話を, 関心を

5 [25件] ことで, ことに, ごときもの, ごとく見れば, ものであり, ものでない, 事実は, 交際を, 人の, 人間に, 仕事は, 価値は, 価値を, 労働が, 学校に, 客を, 小説を, 山を, 怖ろ, 昔の, 点に, 者に, 苦しみを, 金を, 関係が

4 [45件] あるもの, ごとく, もの, ものとは, ものには, 三者は, 事実に, 事柄は, 人を, 人間だ, 何か, 何ものかを, 価値が, 価格を, 収穫が, 地位に, 大なる, 大船を, 如きもの, 如くに, 家庭の, 年月を, 愛を, 成功を, 数の, 時間を, 樣な, 注意を, 活動を, 熱を, 理由で, 理由に, 石を, 穀物を, 者を, 興味が, 船が, 薬を, 諸事情, 重要な, 金が, 金は, 間隔を, 関係を, 面白さ

3 [93件] とおりである, ところに, ものじゃ, ものにまで, ものに対する, ものへ, ものまで, やうに, スピードで, 三人の, 不安を, 事として, 事に, 事実が, 事情を, 二人の, 五つの, 人で, 人なら, 人間を, 他に, 位置に, 何を, 何事も, 何物か, 何物をも, 作と, 作品は, 価格で, 利益は, 力で, 力の, 努力を, 効果が, 四人は, 地面を, 報告を, 増加は, 増加を, 大きさ, 大物が, 奇怪な, 妻を, 子供が, 存在が, 客が, 家に, 山に, 心を, 恥辱な, 意である, 意義を, 所説は, 手柄を, 敬意を, 数に, 日数を, 昔に, 月日が, 条件を, 点は, 熱が, 物語を, 生命を, 生活を, 目的を, 知識を, 研究を, 程度に, 経過を, 絶対の, 老人に, 者の, 苦境に, 苦心を, 苦痛を, 複雑な, 親しみを, 言葉が, 証人の, 説を, 説明によりて, 趣味を, 身分, 通りであります, 速力で, 道を, 重みを, 金額を, 長さ, 雪の, 食物を, 高度を

2 [382件] いきさつを, うち, うちの, うち第, お買物, お金が, お金を, ことだ, ことと, ことな, ことによって, ことまで, ごとき, ごとくである, ごとく考えて, ごとく考えれば, しつこさ, すぐれたもの, すべての, ところが, ところで, ところは, ところへ, ところまで, とんでもない, のろくもい, ほかにも, ものであったであろう, ものでありました, ものです, ものでなく, ものでなけれ, ものな, もの即ち, もの恐怖政治よりも, ようだ, ようである, 一切の, 三人が, 三人は, 三点を, 三種が, 三種類の, 上空を, 不備な, 不思議は, 不気味な, 世界が, 中で, 主張は, 事には, 事柄を, 事業を, 二つに, 二つは, 二項あたりが, 人々に, 人々は, 人々を, 人と, 人に, 人口の, 人格を, 人気を, 人物だ, 人物なりと, 人間と, 人間の, 人間は, 人間も, 仕事も, 何かの, 何ものかの, 何物かを, 何等の, 作品を, 例は, 借金が, 値打の, 偉大な, 偉大なる, 健康を, 働きである, 入り, 公卿を, 共産主義者や, 内容を, 再生産, 凄い不愉快, 処置を, 出生を, 分量を, 刑罰を, 利子は, 利潤を, 利益を, 制限を, 劇薬を, 力と, 労働と, 労力を, 効果を, 厚さ, 反響を, 収入に, 収穫を, 名誉は, 品を, 問題が, 問題である, 問題に, 善いこと, 嚴重な, 四つの, 固定資本を, 土地を, 地位を, 報告から, 報酬を, 場合と, 場合に, 増加に対する, 増大を, 売値に, 変化は, 変化を, 多くの, 多人数を, 多数の, 大きなもの, 大事件, 大兵が, 大名が, 大声で, 大成功, 大紙鳶, 夫には, 女だ, 女は, 女を, 好奇心を, 好成績, 好機は, 好結果, 如くでございます, 威厳を, 子供の, 子供は, 子弟だけが, 存在を, 学力ある, 学力を, 学問を, 安心を, 宝石を, 客観性を, 家では, 家庭に, 家庭には, 家庭は, 家庭を, 尨大なる, 山が, 巨額な, 平和を, 年に, 年齢に, 幸福が, 建築は, 形を, 役割を, 待遇は, 心配は, 心配を, 快速力, 思想を, 急な, 急務は, 怪物が, 恐ろしいもの, 恐怖に, 恥と, 恥辱だ, 悦び方, 悩みは, 情熱を, 意味が, 意味で, 意味に, 意味の, 意義は, 愛情を, 感受性と, 感受性を, 成功であった, 成績でした, 成績を, 或物, 所へ, 所説を, 手当を, 手腕を, 扱いは, 推理に, 援助を, 損害を, 支払ある, 改良が, 放射線を, 政治的要心を, 教育ある, 数を, 数字を, 敵を, 文化が, 文字を, 新しき天才, 方法を, 旗本の, 日本人の, 日本人を, 時日が, 智識を, 暇を, 暮しを, 最も大切, 本を, 材料を, 条件が, 条項と, 来賓は, 根拠は, 楽しみは, 歌を, 歳月が, 歳月を, 死者を, 比例で, 比率で, 比率は, 決意をも, 流星は, 流派を, 消息を, 深入りを, 混雑で, 温度に, 激しさ, 点で, 烈震は, 物が, 特徴を, 状態だ, 理由から, 理由が, 理由の, 理論の, 生徒に, 生徒は, 生徒ばかり, 生活の, 生産を, 生産物の, 産出, 田地を, 由, 男の, 男女に, 異種族が, 発達も, 登山電車が, 真理が, 真理は, 真理を, 知識は, 研究に, 確率を, 社会観察による, 神の, 神話は, 移住の, 種類が, 空想が, 筋道を, 簡単な, 糸七である, 細かいこと, 組織力を, 経費を, 経過で, 結果から, 結果が, 緊張が, 緊迫した, 罪を, 美人は, 老人が, 老人であった, 老人の, 老婆の, 考えは, 考えを, 考察は, 者で, 者である, 腕が, 腕を, 自信を, 船に, 芸を, 苦が, 苦痛に, 行動は, 行為に, 衝動を, 表現は, 親切な, 親切を, 親屬, 解釈は, 言葉に, 記述は, 記録を, 評価を, 詩篇を, 話の, 話術, 詳しいこと, 説明で, 諸事実, 諸作, 諸例, 諸点を, 諸篇, 諸論, 諸関係, 議論は, 負担を, 財産を, 貴族の, 貼札, 資料を, 資本と, 資本の, 資本を, 資本投下に対しては, 資本投下に対する, 資格を, 賛成で, 質問は, 贈遺致すべし, 身分に, 軍隊を, 迫力を, 追及を, 通りであった, 通りである, 速度を, 逸品だ, 道理は, 適任者は, 酒は, 重大意義が, 重物質, 重量を, 量の, 量を, 金で, 金も, 金高に, 長寿を, 門下の, 間も, 關係を, 首領を, 驚きと, 高山と, 高山に, 高峰, 高等な, 高華, 魅力を

1 [3456件 抜粋] あとに, ある深, いかなる債務, いとま, うち私の, おくばりで, お人, お方, かつての, けわしさ, ことです, ことの, こまかい嫉妬, ごとき収入, ごとき文句, ごとき課程, ごとく八十七, ごとく道元, さわぎをおこすことはやつらにとって不利だ, すごい発揚状態, そしてこれ, たかさ, でき事, ときにのみ, ところを, どんな責任, のろが, は抹殺, ひまが, べた通りである, ほか武者小路実篤の, まことに幽霊, みじめな, ものあつ, ものだけでも, ものであったろう, ものなら, もの一人の, もの友達以上の, やつらで, よい品, より積極的, を食った, エタは, カケが, スペキュレーションが, ドンランあくなき, パパや, マージンで, モーター, レベルに, 一事だけ, 一文によっても, 一説を, 三つで, 三十二箇所である, 三娘子を, 三流れから, 三通の, 上に, 不便が, 不埒な, 不幸と, 不愉快さを, 世間的な, 丹念さと, 乱暴や, 事々を, 事の, 事実にも, 事柄だけ, 二つよりも, 二例によ, 二書によ, 二点について, 二首は, 五流は, 交際に, 人々まで, 人でも, 人兎道を, 人命を, 人手を, 人物と, 人達の, 人間的魅力, 仕事した, 仕方と, 仙術を, 件で, 伯母さんの, 住民あり, 何かが, 何ものかが, 何物かに, 余命は, 作は, 作用によって, 例によって, 供物を, 便宜無き, 俸給を, 値うちに, 偉い行い, 傾斜を, 儀装も, 光度を, 入りでした, 全ての, 六人, 兵力が, 具体化や, 内未婚の, 冷たさ, 処置など, 出来事が, 刀に, 分類は, 切符代を, 判事の, 利己的な, 前代未聞の, 割引は, 力は, 助郷村民, 労働者を, 勇気を, 動悸を, 務めの, 勢力には, 区別は, 千年が, 危険さを, 原料は, 参衆を, 反歴史性, 叡智の, 古法律, 史料を通じて, 名作だ, 名潜水夫, 否以上, 呪いの, 味覚の, 品物を, 問題かも, 善女が, 喜捨を, 器量だ, 四事は, 四宗が, 四類型は, 困難を, 国家には, 圧力を, 地域を, 垢抜けの, 基礎の, 報いが, 塩切れに, 増加にとり, 士分でも, 売上げの, 外ここに, 外日本には, 多忙を, 夢見る秘訣, 大きな伝統, 大きな箱, 大勞働, 大変が, 大役である, 大望を, 大火災, 大石臼, 大苦痛, 大阪に, 大鱸, 天空に, 夫人として, 奇抜滑稽や, 女, 女七人の, 奴等が, 如き, 如き作用, 如き数々, 如き精神, 如き観察, 如くほんとに, 如く伊香保と, 如く國民, 如く日本, 如く考えねば, 如し, 妻の, 娘の, 婦人に, 嫁を, 子を, 字義どおり何れの, 学力は, 学校の, 学者ばかり, 完備は, 官職に, 定義に従って, 実収が, 実覚, 宣伝法を, 害悪は, 家の子は, 家庭において, 容積すなわち, 富を, 審美的価値が, 寿命を, 尊長を, 小説かい, 屈強な, 層の, 山肌を, 崇高は, 巨人である, 巻を, 干渉によってのみ, 年収を, 年配の, 幻魔術が, 度を, 弓張提灯に, 強い色彩, 強敵と, 役人でも, 得点だ, 御美貌, 心が, 心眼じゃ, 必要は, 忠義者であっ, 快適を, 思想感情から, 急迫を, 怪談に, 恐ろしいこと, 恐怖と, 恥でござる, 悦びを, 悪意が, 悪罵に, 悲劇と, 情操に, 惡人と, 想像は, 意味は, 意志も, 愚劣だ, 感化を, 感想は, 感謝は, 慾心を, 憤懣を, 成功に, 成行筆紙にて, 戦争が, 所に, 所説に, 手に, 手当は, 手荷物は, 打撃が, 批評は, 技術を, 拒りです, 掛け値を, 接近も, 提言は, 改善に関する, 政府が, 教会や, 数でした, 数点の, 文化的本質での, 文献が, 斜な, 新人は, 方も, 旅行を, 日本犬が, 昂奮で, 映画ファンが, 景色であり, 暑さ, 暴威を, 月給取りでも, 期間租税の, 未亡人を, 本文における, 材料と, 条件は, 根本原理に, 検討の, 概観において, 標準に, 権謀術数と, 次第である, 歓びと, 武家だ, 歴史が, 死傷を, 残虐を, 比例において, 民族文化の, 気持の, 水分を, 江戸ッ子ぶりであった, 法螺を, 浮雲や, 深いこと, 深い美しさ, 混雑を, 湯銭を, 滑稽が, 瀕死の, 炭量を, 烈しい力, 無為な, 無茶な, 照射を, 熱で, 熱弁を, 牢獄を, 物語が, 特別賞与が, 状態六官七官の, 猛悪を, 玉子を, 現金また, 理由からだけでも, 生き甲斐は, 生活が, 生活資料も, 用心とは, 田舎者らしい, 男を, 男性と, 異った, 異質的実体が, 疫病神だ, 癇癪を, 発見を, 発達によって, 發展を, 百分値は, 盛会であった, 目的に, 相対説を, 真の, 真理も, 矛盾は, 知恵さえ, 石垣に, 破格である, 確信を, 社殿の, 神話が, 科学とも, 称呼が, 税か, 穀物に対する, 積み込みは, 空に, 窓だ, 童子に, 筆を, 答への, 米を, 精神に, 約束は, 素晴らしいもの, 紳士的悪漢で, 経済的基礎を, 結果を, 絵絵に, 総理の, 美くし, 美人が, 群集を, 老人で, 老妓や, 老熟を, 考へに, 者だけが, 者または, 耕作を, 職位をとな, 肉体的交渉は, 能力は, 脳髄の, 膂力は, 自家だった, 自由を, 船の, 芝居を, 芸術家として, 苦しい所, 苦悩を, 荒い物音, 華工を, 蓄積は, 虎を, 行動を以て, 表情と, 裝甲軍艦なら, 要点に, 覇道主義者である, 見透しで, 親しみと, 親密な, 観察から, 観点から, 角錐角柱及び, 言を, 計り二十一本, 記憶は, 設問に, 詩詩の, 詰問には, 話には, 誓いをも, 説明が, 読書家である, 請求には, 論理的決闘は, 諸件, 諸名家, 諸役人, 諸点が, 諸能, 諸點, 議論を, 豪奢を, 貢献を, 貴婦人客が, 費用を, 賑いを, 質問を, 贅澤に, 趣味が, 距離は, 軍船三本檣の, 辛苦であった, 返本が, 退職金を, 通りにな, 通池田屋襲撃は, 速度と, 連續せる, 運不運を, 道には, 遠い島々, 遺恨は, 部屋を, 酔態を, 重大なる, 重量が, 金と, 鉄筋建築から, 長夜は, 開きが, 間一悲惨で, 関係に, 附合を, 階層だった, 随喜でした, 雄弁を, 難事業, 雨は, 需要とに対して, 静かな, 面構えを, 音は, 順序で, 頭脳と, 顛末を, 食事を, 食物購買力は, 饒舌を, 騒ぎだ, 驚きを, 骨格を, 高い象徴性, 高位置, 高山なれ, 高度な, 高熱が, 高級な, 高齢で, 魅力である, 鮮明さで

▼ 以上~ (3413, 16.0%)

32 出ずる出生 27 なると 19 なって 14 なる 10 何か, 達して 9 出ること 8 出て, 述べたよう 7 増加する, 物を 6 なるの, 一歩も, 人の, 及んで, 増加せん, 彼の, 立派な, 自分の, 重大な 5 これを, して, なります, なるが, なれば, 困難な, 増加した, 愛して, 自分を, 複雑な

4 [14件] あなたが, なるので, なるのに, 伸びて, 何が, 増加し, 多数の, 彼を, 心の, 必要な, 感じて, 発達した, 私の, 進んで

3 [50件] あなたの, ある, かれは, さへ, それを, なった, なつた, なりますと, 不幸な, 二人の, 人を, 人間の, 何の, 何も, 何事をも, 何物をも, 偉大なる, 働いて, 出るもの, 危険な, 及ぶ, 受けて, 同情を, 大切な, 嬉しかった, 尽きて, 強い, 彼は, 心配し, 惨酷, 挙げたよう, 明瞭に, 有つ, 有力な, 残酷な, 深入, 深刻な, 知って, 知的な, 私が, 私を, 立派に, 育つ, 親しくし, 誇張し, 追窮する, 進むこと, 重要な, 騰貴し, 驚いて

2 [209件] あげたよう, あなたは, い, おそろしいもの, この, この女, これは, その人, その者, それが, それは, なったこと, なったそう, なったの, なつて, なりますが, なるから, なるけれども, なること, なるだろう, なるでせう, なるという, なるよう, なるん, ひとびと, もって, もつと, ものを, やって, よいもの, よき者, よく知っ, よく認め, わたしを, グレゴール, 不思議な, 世界の, 世間を, 乱れた, 事件の, 人物を, 人間が, 今の, 他人に, 仰天した, 会員の, 体に, 何かの, 何かを, 何らの, 何物も, 何等かの, 何等の, 価値を, 信一郎の, 信用の, 健康な, 働くこと, 僕は, 僕を, 共和政治を, 出ずるその, 出ずるもの, 出ずる超過, 出ては, 出でること, 出ないと, 出なかった, 出来て, 切実な, 切迫し, 列記したる, 卓越する, 危険である, 即物的, 厄介な, 及ぶと, 可愛がられて, 喜んで, 声を, 外国語の, 多かった, 多くの, 大きい, 大きいの, 大きかった, 大きくなっ, 大きくなった, 大きくなる, 大事に, 安定し, 尊重し, 少しも, 居心地が, 展覧会と, 希望し, 強力な, 彼等を, 心を, 心得て, 怖ろし, 性格を, 恐れられて, 悲しむべきこと, 情緒の, 意識し, 愛させる様, 成功した, 我々の, 或る, 手を, 扱ひ, 押しつけて, 持つて, 挙げた, 探訪の, 昇ること, 明かに, 暗い影, 有益な, 本当の, 本能的な, 欲望を, 歓迎され, 此の, 毀す事, 注意する, 注意を, 派手な, 深くなっ, 深く愛した, 深く考え, 深入りし, 深刻に, 減らず口を, 満足し, 溯って, 激怒した, 父と, 物が, 現在の, 生々と, 生活不如意で, 男の, 発達する, 目を, 相当する, 真摯である, 眼を, 神経を, 秀吉自身が, 私たちの, 私は, 精神的な, 繊細巧緻を, 美しいもの, 美味いと, 老けて, 考えるの, 肝要な, 能く, 能の, 自ら進む, 自分に, 自尊心が, 自尊心の, 自己の, 自然な, 苦しいこと, 苦手で, 見せかけようと, 訊く事, 詮議の, 認められて, 語学の, 説明する, 諸君は, 豊富な, 超越した, 路が, 身に, 身体が, 軽蔑せられ, 辛辣な, 述べたところ, 述べたやう, 述べたるが, 述べた大気中, 述べて, 追及する, 進まないかとも, 進んでも, 達しその, 達したと, 達し破竹, 達すること, 達するの, 達するもの, 遥かに, 適当な, 重要なる, 鋭い犬歯, 鋭どく, 鏡に, 限られて, 難有, 骨が, 高く買, 高潮した

1 [2534件 抜粋] あがらぬ由, あたる, あてずっぽうの, あの水, あり, あるの, ある筈, あわれ, いたわり合って, いつの間にかだんだんと, いふ事, いるよう, うまいかも, うまく吹く, えらそう, おなりに, おもしろい音, お寂しい, お目出度い, かすかな, ききだすこと, きれいに, くわしく書かれ, こすれて, このホトトギス, この作品, この屋敷, この植物, この約束, この雉, これだけの, こんがらかつて, さかのぼりて, さらにはっきりと, しっかりし, しはらったには, じっさい詳しい, すさまじいもの, すばらしく童心, そうさせ, そこに, その作品, その家庭, その独自性, それらの, たずねるわけ, たのもしい点, ちやんと, つくして, つよく頭, でかでかと金, でなかつた, どうかする, どこか, どんなゼイタク, なさんと, なったよう, なったわけ, なにも, なられ二月, なりましょうが, なるであろう, なるわけ, なる者, なんらの, のべたの, のぼる, はずんで, はなつて, ひとりで, ひどく刺戟, ふえて, ふんゐ, ほめたり, またすぐれ, また人, まばゆく感じ, みんなに, むなしいもの, もちが, もっと本当, もつて, やりきれないの, やれやれと, よいこと, よくは, よく描ける, よく覚え込ん, より真実, わかるとは, わたしの, われわれの, ケンカを, スピードが, スリルへの, ドイツ的だった, ピッタリと, ポマードを, モノスゴイものが, 一人ずつ, 一度破損, 一歩でも, 一般的奨励の, 丈夫な, 上ったこと, 上るが, 上気させ, 不可能だ, 不快の, 不正で, 不都合な, 世良田, 主婦を, 乱酔なさる, 二人には, 云ふ, 五%を, 亙つて, 人々の, 人文の, 人類共通の, 仕事に, 他の, 仮想した, 休養を, 似て, 何にも, 何事に対しても, 余裕の, 使いよい, 価すると, 俗悪だつた, 信じて, 信頼し, 借りて, 偉くなろう, 備わりすぎて, 僕に, 優れた観音, 元氣, 入っては, 全身の, 共通した, 具備し, 冒険な, 冷淡に, 凄愴, 出ずる供給, 出ずる男子出生, 出たもの, 出でざるを以て, 出でない七兵衛, 出ない, 出ない譜代, 出ようとは, 出るほどの, 出る気, 出来る限りそれ, 分裂し, 利いた様子, 創作欲が, 力を, 加うる, 努力を, 勇敢なる, 務むる教育者, 卒業生に, 即ちた, 原因を, 及ばぬこと, 及ぶの, 及んだと, 取り澄ました表情, 口の, 古くなる, 可愛がって, 各地方自治体, 同化の, 名の, 周到な, 哲学と, 問題であります, 喜ぶ今, 困ること, 固パン, 地主に対し, 地震による, 執拗な, 増やす要, 増殖する, 売り込んで, 変な, 多い, 多く出でぬ, 多分の, 多産的に, 夥しく匿, 大きくならない, 大きなもの, 大きな騒ぎ, 大事がり, 大分不気味に, 大罪人, 天皇自身が, 奇つ, 奇怪な, 奥方の, 好かれ城中, 好結果, 始終そば, 嫌われおそれられるもの, 存在しなけれ, 宇治の, 完全だ, 実は危険, 宣伝され, 寂しいの, 寒いの, 寵愛し, 尊い箴言, 尊敬せね, 小さいあの, 少ないこと, 尼も, 山の, 崇高な, 巧みに, 帰りが, 平次も, 幸福な, 広告し, 店を, 延長する, 弱い人, 強いて, 強い私, 強くない, 強められる必要, 強烈な, 強靭な, 当然の, 役に立つかも, 彼らを, 彼等東亜諸, 御いたわり下さいます, 徳富蘆花の, 心は, 心配を, 忙しい身の上, 怒る好個, 思い上がった性質, 思はれた, 急きこんで, 怪奇な, 恐ろしい奴, 恐ろしくも, 恰好な, 悪い人間, 情に, 惱ましい, 意味を, 愕き, 愛したおまえ, 愛国心を, 感ぜられる, 感激し, 慌てて, 慣れて, 憎らしくさえ, 懺悔する, 成長しない, 我國を, 戦闘力を, 手の, 抑制する, 抜け切った非常, 拡がりを, 拡張される, 持てて, 挨拶に, 捜索は, 接近する, 描出された, 擧げた種類, 支持する, 改善される, 敏捷っこい, 敬服し, 整つた宿場を, 文化的な, 文盲な, 新しいもの, 新式鐵砲の, 既成演劇界の, 日本では, 日本的な, 昇らずとも, 明日が, 映画を, 時としては, 智慧走る, 暴かった, 更に大きな, 有効だ, 有害な, 有難かった, 未だ奥, 本家へ, 東京言葉を, 柄が, 根本の, 桐生の, 検討せず, 構成的綜合的でなく, 歌も, 止まらぬ, 正確な, 武藝の, 歴史家乃至, 残念の, 母娘を, 気が, 気を, 水が, 求めるところ, 汲取らし得る, 沈着し, 泣き笑わずして, 活かし得た成果, 浄土の, 淋しい心持, 深い所, 深い秘密, 深くかつ, 深く立入らぬ, 深まること, 深刻痛切な, 減少し, 満足した, 演った, 澹山を, 濕ひ, 無情な, 無知で, 無関係です, 熱くなっ, 父の, 物的交通諸, 特別な, 狐に, 猫も, 珍味な, 現実と, 理想化し, 理論を, 生々しく胸, 生きて, 生ずる血気旺ん, 生存した, 生長し, 田舎の, 當る, 痛感する, 発展する, 白く塗らなけれ, 的中した, 盛んに, 目立たせようと, 相手を, 眞で, 真剣に, 眼の, 睡眠を, 知らないの, 知識を, 確かです, 神だの, 神経過敏に, 秀吉を, 私らは, 種々の, 空想する, 突込ん, 立ち入った質問, 立ち入る事, 立入って, 笑は, 精密な, 純粋絵画という, 素晴らしく報いられた, 終つたのなら, 続いて, 纏まるはず, 置くと, 美しいと, 美しい少なくとも, 美しかった, 美に, 義父の, 老人臭い, 考えたよう, 考へて, 耕作に対して, 聞いて, 肉感的な, 肩身の, 腕の, 自信は, 自制し, 自然は, 臭くなり, 興味が, 良人は, 芸術家である, 苦しい, 苦しんだ, 英国風の, 荒れる, 蒼い苦り切, 薄暗かった, 虚名を, 行屆きます, 表現に, 装飾せず, 要求される, 見えるの, 見せむとする慾望, 見るか, 見知らぬ人びと, 親しかった, 親しんで, 親友以上に, 解りにくい, 言葉の, 記録の, 詩としての, 話すこと, 詳しく名, 認めて, 語るため, 説明した, 調べた上, 謙遜し, 豪奢な, 貧しく荒れはて, 貶しても, 買って, 費用が, 賢明な, 超然たるもの, 超越する, 足の, 身を, 輸出貨物表に, 近い程度, 述べた, 述べた事実, 述べた所, 追求する, 通用し, 進みいでて, 進む能, 進化した, 運の, 道理と, 達したわけ, 達し爪, 達するに, 達者に, 適した素質, 邪慳だ, 都合よく, 酷かつ, 重いもの, 重大に, 金めの, 銘記せしめる, 長かった, 長く辛かった, 開き様, 降雪あり, 陰欝な, 雄弁であった, 難解な, 青面金剛などという, 面倒だ, 面白い場面, 靴先に, 頭の, 風変りな, 食べるの, 馬術を, 騰貴し得る, 驚いたに, 驚愕した, 高い目標, 高められそして, 高尚な, 高熱を, 魂の

▼ 以上~ (2715, 12.8%)

17 これを 15 それを 14 仕方が 12 自分の 11 何も 8 何か 7 私の 6 ある, それが, それに, 何の, 私が 5 それは, 何を, 太宰帥の 4 これに, なれて, 人の, 他の, 日本の, 生きて, 私は, 第二, 自分が, 自分で

3 [23件] いつまでも, ここに, こっちの, そこに, どこまでも, 一般に, 人間の, 今の, 何かの, 何にも, 俺の, 僕の, 光も, 容易に, 彼女が, 手の, 私も, 経って, 絶対に, 自分も, 誰が, 誰も, 顔を

2 [143件] あったの, あったろう, ありそう, いかにこれ, いけない, いずれも, いったん肉体, おれも, きかなかった, この, この人, この四桁, この男, この鈍重, これも, すべての, せいぜい自分一人, せめてムダ金, そこから, そのお, そのままにも, そのよう, その原因, その後に, その時, その覚悟, その部屋, それなし, たとへ, つづいて, である, ともかくも, どうする, どうで, どこへ, ほかの, むやみに, もうあきらめる, もう大丈夫, もとより, やむを得ません, わたくしの, わたしの, われわれが, われわれは, ノロ勘自身の, 一つの, 一刻の, 一刻も, 一歩も, 一種の, 世間的の, 之を, 二人にも, 人を, 人倫の, 人物の, 人間が, 人間としては, 今は, 今度は, 何と, 何んにも, 何処かに, 何心配の, 作物の, 個人の, 出して, 出せないと, 出せませんよ, 努めて, 又賽, 同一の, 君の, 吾, 唯だ, 唯は, 單に, 多少の, 天の, 夫に, 奈何な, 奥様へ, 女に, 好悪の, 安心し, 少くも, 已を, 平次も, 幾時間でも, 彼も, 思い切って, 恰好が, 悪くより, 想像も, 我々の, 我輩は, 或る, 手を, 明日にも, 昔の, 是非とも, 最後まで, 最早や, 此の, 死ほど, 決してお, 父の, 現在私が, 甚だ粗雑, 生徒昇降口から, 発揮させられ, 監督の, 直助, 確に, 神田の, 神話学の, 秀子は, 私に, 私に迄, 種々の, 第二版, 聞かないで, 職業の, 肉体に, 能の, 自分から, 自分を, 自己を, 若い男女, 詳しい話, 誰か, 誰の, 警察の, 貴殿には, 賽の目を, 贋物を, 身を, 途中で, 進まない, 進まない方, 過去を, 郷里の

1 [2191件 抜粋] あ, あくまでこれ, あっしの, あてに, あなたを, あまり妖怪学, あるいはこれ, あるだろうという, あるとの, あんたの, いかなる対象, いかなる手段, いかに声, いかに複雑, いくら制度, いけないなどという, いちどは, いっそ自分, いらぬと, いわば精神論, うまく思いだせない, おちぶれても, およそ余, お上に対しても, お前を, お清, お道楽, かからないだらう, かかる傳統的, かならず嘘, かような, ききただそうと, きっと忍び込ん, こいつは, ここまで, こっちも, このまま, この世の, この喧嘩, この家, この時間, この港, この種, この茶屋, これから自分, これまで, こんな小心, ございますまい, さうし, さっさと柳橋, さなき, してやられても, すぐれて, すでに開発, すべて私の, ずいぶん粗末, せめてそこ, そうある, そう安っぽく, そしてあたり前, その一例, その人間, その反照, その女, その従者, その方, その死, その留守居, その組織, その考え次第, その良人, その親戚, その開発, それくらい, それだけの, そんなたわごと, そんな風, たしかに螺旋, ただちにこれ, ただ一例, ただ全く, ただ話, たとい天下, たとえ日本左衛門, だめです, つきり, つづけられない, できないとは, とうてい押え通す, とても出せない, とにかく生命, どうしてもい, どうしても一たん帰洛, どうしても登れ, どうしても肯く, どうせ唯事, どうなっ, どうにも, どうも個人, どっちか, どんなこと云つて来, どんな事, ないといつて, ない筈, なくなる, なにか深い, なるべく京阪近く, なんとし, なんにも知つて, のべつ幕, はいっても, ひと通りの, ふたたび佐藤, ほとんど意識, ぼくの, まさかに御機嫌, まず私, また来る, まだなんだか未練, まづ仙臺, むしろ持たぬ, めったにここ, もうこの, もうどうにでも, もう一歩, もう女房, もう左顧, もう死んだ, もう綺麗, もう論議無用, もぎとる訳, もちろんかなりいろいろ, もとよりロマンチスム, もはやこの, もはや誰, やはりこれ, やはり余り信仰, やはり研究者, やむを得ないと, ゆつくり話そう, わからないわ, わずかデノアイエ料理店, わたしという, われわれの, カメラの, クラシックの, ストライキぐらい, タダでは, チト品行を, ニューヨーク州における, ボクの, モダーニズム文学を, ワーテルローとても, 一と, 一例に, 一味の, 一度も, 一方的, 一日食う, 一生を, 一般原則を, 一銭も, 万一五体不具, 三浦君の, 上願書中に, 下総に, 不道徳でない, 世間の, 中尾の, 主として前, 主として政治, 主幹たる, 乗れないぼくら, 九牛の, 予期する, 事を, 二三人は, 二日の, 云うこと, 互いの, 亜米利加より, 亭主の, 人民中その, 今いう, 今また, 今後も, 今迄の, 他に, 他国を, 以て, 仰有らんな, 伸びる場所, 何かを, 何とか眼鼻, 何ひとつ見せる, 何一つすら, 何事も, 何千万人いる, 余の, 作って, 使へ, 依子を, 信長の, 個体間の, 偶合論より, 働き学び健康, 僕も, 僣越だ, 兄さんが, 先ず医者, 先生の, 光線固有の, 入用が, 全く自分, 八五郎の, 公使を, 共存者への, 兵馬も, 其の氣, 其時の, 内から, 再び内外, 出しっこないと, 出来なかったの, 分子や, 別して初心, 別天王, 前狼後虎, 力を以て, 動かせなかった, 勝てよう, 勧めなかった, 匡救の, 十仙に, 半ば以上は, 単に便宜上主として, 単に真理, 原因の, 厳則の, 反問は, 取れましょう, 口に, 口調という, 古典的に, 叱られること, 合理的に, 同一物, 名分が, 君臣略伝の, 否も, 味わう能力, 哲学的範疇としての, 商売の, 善いもの, 喋ったこと, 嘘と, 国内における, 国民論派の, 土気色だった, 地面を, 堕落した, 売らないと, 外れるから, 多分蘆湖, 夢の, 大いにこれ, 大体の, 大島小, 大抵檢事, 天文方渋川六蔵の, 失望せず, 女は, 女義太夫一座によって, 如何なる方法, 姉さん今度また, 娘も, 嫉妬という, 子供自身の, 存在者から, 學校教育である, 宗教また, 実行し, 客観なし, 家を, 容易な, 専ら自分, 将門始め弟共も, 小供, 少くたべ, 少なくとも独立, 山の手から, 岩見重太郎らしい, 差し出すもの, 帰らないの, 幕府の, 広い浮世, 廃止した, 引張って, 当人も, 当然の, 役所を通じての, 彼らの, 彼等に, 後の, 御不足, 御家老さま始め此の方等, 心が, 心を, 必ずあるべき, 必ずしるし, 必ず力, 必ず帰らなけれ, 必要なる, 思想の, 恋愛する, 意識が, 憖じ, 我が自, 我を, 戦争の, 所謂, 打ち捨ては, 技巧は, 押しませんでした, 拙者としては, 持って, 描けないといふ, 放送委員会案の, 敏子が, 敵の, 文句は, 文学, 断じて仮借, 断言出来ない, 新春の, 旗本です, 既に解放, 日本文学と, 早くこれ, 明日倒れまし, 昭和二十二年の, 時と, 更に簡單, 書くこと, 書付触れであった, 最早人類, 會社の, 望まれないくらい, 朝から, 未練がましい武装, 本旨である, 来ません, 東京人の, 松田氏が, 枳園尺牘の, 格別彼, 業縁による, 極貧者上流階級の, 樹下石上も, 歌曲である, 正義人道の, 武士らと, 歩みを, 死んじもう, 死亡する, 殺すため, 比較神話学の, 民族の, 永久も, 江戸に, 決して再びその, 決して孤立, 決して推服, 決して貴方, 法律も, 浮世の, 深く穿索, 測定値の, 滅却せらるる, 潜らない一人乗り, 灯火に, 無料, 無論興味, 煙が, 牛の, 物質論者の, 独力で, 王様である, 現存し, 生きてるらしく生きないで, 生涯持たね, 申し上げませぬけれど, 男の, 町奉行から, 畿内以東に, 発着所に, 皆を, 皆死を, 皇典論派の, 目に, 相当の, 相通ずる, 真面目に, 知ったこと, 知ること, 確かに, 社会機構によって, 神仏の, 神社は, 禽獣に, 私たちの, 私一個人としての, 科学的概念の, 空想に, 立聞く, 第三, 筏や, 箱の, 精神の, 純粋な, 素通りも, 終身年金に, 結婚を, 經つ, 繋いで, 美名を, 考えられないという, 聞かずに, 肉の, 脊椎動物の, 自他一様まず, 自分に, 自力で, 自治論派の, 自然派でなかろう, 自由に, 舞台の, 船員の, 芸術という, 苦痛の, 落ちては, 著け, 蟻の, 衆寡敵せざる, 行住坐臥一切が, 表面上の, 西半面, 西洋料理などを, 見える宇宙, 見遁, 解らん, 言えねえ, 言わずに, 言わん, 訊くこと, 証明する, 話さずには, 認めて, 誘拐団も, 語りたくないらしく目, 読者の, 誰だつ, 調理した, 諦める外, 警吏も, 貴方の, 赤ん坊の, 起きて, 跡形も, 車夫馬丁無頼漢ごろつき書生日雇婆産婆妖婆按摩頓馬に, 転んでも, 辛うじて一之橋あたり, 近ごろしきりに, 迷惑が, 退引, 逆捻じ, 逢うも, 進みますまい, 運命に対して, 過去の, 遠征の, 邸内へ, 野郎を, 銃を, 長安も, 関所や, 雌沼雄沼へ, 離れて, 零と, 青木さん独りを, 音として, 顏を, 食いました, 食わなければ, 飲み食いについて, 餌取, 首を, 駿河の, 髪が, 黄色に

▼ 以上~ (874, 4.1%)

15 昔の 11 前の 9 前から 8 前に 7 ある, ある大きな, 続いた 6 たって, 離れて 5 あった, あって, あるの, あろうか, あろうと, かかって, 続いて 4 あるので, 残って, 空いて

3 [12件] ありそう, あるが, あること, ある石, あろう, あろうかと, あろうという, して, 住んで, 年の, 遅れて, 集めて

2 [48件] あったこと, あらうと, あるかと, あるだろう, あるでしょう, あると, あるもの, あるよう, ある大, ある大きい, ある大物, ある漬物石, ある道, いた, おくれて, ここに, こんな山宿, つづいた, つづいて, まえに, 使って, 入りみだれて, 前へ, 勤先を, 勤務を, 外国で, 姿を, 字の, 屯し, 彼は, 待って, 息を, 手を, 持つて, 昇りかけると, 昔から, 時間が, 書いて, 滞在する, 経って, 経て, 経過し, 苦しんだ大病, 費して, 過ぎた或, 過ぎて, 道を, 飲み乾して

1 [619件 抜粋] あったで, あったよう, あったろう, あった二号艇, あっては, あつた, あつて實, あなたに, あのラジウム, あの孤塁, あらうか, ありて, ありまさア, ありました, あります, あり中学校, あり島, あり巨大, あり従って, あり鉄鋲, あるかも, あるがらん, あるし, あるそう, あるだらう, あるだらうと, あるだろうが, あるだろうと, あるでせう, あるといふ, あるとか, あるひも, あるスズキ, ある丸太, ある人間, ある代り, ある凝れる氷, ある処, ある別邸, ある堅牢, ある大木, ある天上, ある山, ある広い, ある建物, ある東京, ある柳, ある橋, ある橋掛, ある火気, ある物凄い, ある石鏃, ある築港, ある背, ある蛇, ある論文, ある身の丈, ある雪, ある青ダイヤ, あれに, あんなにわたくし, いたよう, いっしょに, います, いる, いるかと, いると, いるの, いる人々, いる綱ひき, うけるぜ, うし述べた, おそいと, お屋敷一軒, かかった, かかったかと, かかったけれど, かかったと, かかりそう, かかりました, かかりましたから, かかる, かかるだろうと, かかるでしょう, かかると, かかるよう, かかる時, かぞえられる, くりかえしつつ, ぐつしりとかぢりついて離れなかつた, こうし, こうして縛られ, このまま, この世に, この家, この市, この界隈, こぼれ出して, こんなふう, ございまするが, ごろごろし, ご主人, したといふ, してからの, しなければ, しますなれば, しゃべって, すぎてから, する, するかと, するという, するほど, する宝石, する見事, する銘刀, そのあたり, そればかり, それを, そんな過激, たえず西, たがいに, ただしい位置, たったこのごろ, たったであろう, たった時分, たってから, たって出, たつた大昔, たつて, つきあわねば, つけて, つづいたの, つづきやがて, できた, とって, とてもいい, とり巻いて, はいったふかい, はいる月, はなれた大きい, はなれた所, ひきはなされトラック, ひき連れた馬上, ひと足だ, ひどい罰, ひろ子の, ふれて, ぼくだけで, ぼんやりし, まあと, まつわりついて, まるで事件, みごとに, むだに, やって, わたくしたちは, ゐるで, ウヨウヨし, サンプリス修道女に, ドーバーには, ネバった, ハンメル家へ, ビッシリならん, ベッドの, ベルが, ヨオロッパの, 一つの, 上昇した, 上野の, 下って, 下つたこと, 下へ, 下りた気, 下宿に, 下流に, 並んでは, 中風で, 主義の, 久しい前, 云々と, 云いあって, 井戸から, 交じって, 交際し, 京坂各地に, 人口の, 今まで, 仔細に, 仕払, 以下も, 休んで, 会わないの, 会合が, 伸びたに, 伸びなきゃ, 伸る, 似よった話, 低くなっ, 住みこんで, 何やら喚き立て, 俗務に, 停車場に, 働いて, 働かなければ, 僕は, 優勢を, 儲けて, 元気で, 入って, 入つて, 入りそう, 入浴を, 入牢し, 出て, 出るよう, 切れて, 列を, 前, 前それらの, 前だ, 前で, 動かなん, 勝ち越して, 勝つ, 勤めて, 化石の, 北の, 千切れ見る, 取れました, 古いもの, 古びて, 同じところ, 同じ家, 同宿し, 向うの, 吸い尽くして, 吹かれては, 呉へ, 啼いたの, 喰い違って, 回転する, 国へ, 増加する, 墜落した, 壜に, 売るという, 外の, 外山松村両氏と, 大きい明るい球, 大きい腹, 大明の, 大風と, 天然の, 夫婦で, 失わしめるであろうと, 奥の, 女子を, 姉に, 子供が, 宝塚の, 家の, 寄合って, 寄席へは, 寢起きし, 射込んで, 小さい子たち, 小さくなっ, 崖の, 崩れ落ちた, 川より, 巧みに, 巴里に, 年上の, 年齢が, 年齢の, 幾人かの, 廃れて, 引きずって, 引き止めること, 引こんだ場所, 強ひられる, 彼らは, 彼女と, 待たされた, 待たして, 待ち暮し, 待った, 待つこと, 後れて, 後戻りし, 忍耐し, 忘れて, 息のか, 手入れを, 打ちすえた, 打つて, 払わせられる, 抜いて, 持って, 振り向かざるを, 据ゑてあつただらう, 探題を, 掻きはがされて, 掻き散らして, 搖られた, 支線の, 故郷へ, 数量には, 敷けそう, 旅行が, 日々それを, 旧い古本, 早く起き, 昔からの, 昔ネラと, 是と, 時代が, 暗闇の, 書いたところ, 来たの, 東京に, 森の, 横に, 櫻木大佐等の, 欠けて, 次郎が, 歩かなければ, 歩きました, 歳の, 殆ど芝居を, 泣きながらかへ, 泣きました, 泳ぎ越す, 泳ぐの, 浮きたった, 消息は, 深く掘れ窪ん, 混同し, 減じて, 湯ブネで, 滑走し, 滞った処, 滞在した, 潮流と, 灰を, 無視し, 焼燼, 燒けて, 狭い水路, 獣の, 生きて, 生存を, 産んで, 男は, 病床に, 発表され, 發掘を, 白く光つて, 白紙だった, 盛られたの, 相変らず, 相続税やら, 相變ら, 眠ったの, 睡眠と, 私がかへ, 私には, 積って, 積重ねられて, 空しく待ったでしょう, 空に, 空の, 空費する, 突き出るくらい, 突進し, 立ちならび新, 立ちん棒, 立てこもったという, 笑ひ続けた, 籠を, 米の, 経た青色, 経ったのに, 経った昔, 経った死体, 経ってから, 経つが, 経つたが, 経つて, 経つであらうと, 経てば, 経過する, 結婚式を, 絶えず噂, 絶縁し, 經ちます, 經つた兒その間に, 經つて居り, 經つて誰れ, 続いたと, 続いた古い, 続いた好, 続けて, 繰りかえして, 繰り返して, 繰返して, 群れて, 老けて, 考えて, 考へあぐんでゐたのだつた, 背に, 臥て, 自分ので, 自分を, 船を, 花が, 若いの, 若かった, 苦しまなければ, 苦しんだこの, 落雷は, 行くと, 行ったこと, 行衛不明で, 補ふ, 要ったの, 見つめて, 見る眼, 見張って, 見物し, 覚へて, 訓練された飛び, 話すだけの, 話を, 請求した, 谷川の, 象牙の, 負けて, 負わなければ, 貯って, 買える, 費すべ, 超過した, 距離が, 農奴が, 返事を, 追いぬいたもの, 送って, 逗留し, 通らねば, 通り越したところ, 進んで, 遅くなっ, 遅れたの, 遊んだ場合, 遊戯化し, 運搬した, 過ぎた, 過ぎたと, 過ぎると, 違うからね, 違ったもの, 違って, 違ふお, 遠い所, 遠ざかったころ, 遠道に, 遺憾なく, 醜いよう, 釣るから, 長くお前たち, 長く使っ, 長く働き, 長く鋭く伸び, 門閥を, 開けて, 間が, 隆起しなけれ, 隔って, 集って, 集まった, 離れたところ, 離れた土地, 離れた所, 離れた窓, 雨の, 露出し, 音信不通と, 頑張って, 頭の, 飛出して, 食べて, 飲み喰いして, 飲み尽くして, 高いたいへん, 高いとは, 高い山, 高い綱, 麻川氏と, 齢が

▼ 以上~ (354, 1.7%)

9 占めて 5 もって, 経て 3 何も, 標準と, 経過し, 経過した, 綜合し, 過ぎて

2 [16件] 与えること, 人民の, 仰いで, 包んで, 占領し, 数えること, 望むこと, 水に, 求めるの, 知ること, 聞く勇気, 要すること, 要すると, 要求する, 追求し, 饗するの

1 [285件] あまり曲らず, いうの, おしまい近く書き続け, かい撮んで, かければ, かぞえた人家, くりだしは, ことごとく魚鼈, さまよい歩いて, さよう, して, しめて金網, しめる勤労男女, その傍, ついやした, とって, どうしても迫る, なし得なかった, なじること, なせというは, もうお前, もとめないこころもち, よむ, ソヴェト同盟の, 一人で, 一口に, 一挙に, 一気に片付けた, 一隊は, 七十幾つも, 七歩五朱軒, 三つ得, 三浦屋の, 上演し, 上演した, 与えるほどに, 与へ, 中村屋の, 主張する, 主要なる, 乗り出して, 予期する, 二百俵に, 今や三分の二以上, 以つて大体よろしく, 使って, 使用し, 使用する, 保有しないであろう, 値いしてる, 全部破棄した, 兵役に, 具へて, 兼ぬる, 内篇と, 出しこの, 出ないと, 切らないよう, 削るは, 割かれること, 卒へ, 卒業した, 南方の, 占めるあの, 占めるが, 占めるの, 占めるやう, 占める一巻, 占める本論, 占める農家, 厚い雲, 及第として, 取つたこと, 取得し, 受取るであろう, 周囲の, 問うこと, 多く出でない, 大仏師といった, 失うかも, 失うであろう, 失ったが, 妻として, 学ばしめざるのみ, 実隆の, 尋ねようと, 少しも, 尽したもの, 屋根の, 山に, 常に忘れず, 平ヶ岳の, 引きつれて, 引き出して, 後年破棄し, 得たもの, 得たるもの, 得たるもの一人, 得るすべて, 必要と, 想ふ, 我々は, 我が断章, 打って, 投ぜられて, 抱えて, 持って, 掛けたの, 採り上げて, 数え得ない, 敷地に, 數ふる, 断章の, 新緑の, 旧士族, 書いて, 有して, 有し州政庁所在地, 有する宗旨, 望みよう, 望むには, 望むもの, 望むんだい, 望む事, 望む方, 望めば, 望んだらそれ, 望んで, 朝臣と, 期待した, 期待する, 本軒, 極彩色と, 概括し, 概論と, 欲求しないであろう, 歩く, 歩行する, 比べて, 氏に, 求むるの, 求めず彼女, 求めないこと, 求めなかった, 求めは, 求められない事実, 決して支払う, 流出した, 流失した, 海に, 清常系の, 渡されるの, 無駄に, 物語の, 獄中に, 現は, 理知に, 理解する, 甚内は, 生産し, 産する, 用ゆれ, 発表し, 発表する, 百貨店が, 盗んだもの, 直接引つ張り込んどる, 着服し, 知るべからず, 知性系の, 神の, 私が, 私は, 租税に, 税金に, 節約し得る, 簡単に, 経た旧家, 経過する, 經過し, 続刊, 綴った事, 総合する, 総括し, 老朽者として, 考えても, 考える余裕, 考へ, 聞きえなかった, 聞くの, 聽かう, 自分は, 自身の, 船に, 茶褐色の, 荷えと, 蒐集した, 蓄ふる, 蓄積する, 装うよう, 要した, 要したなかなか, 要したの, 要しなかった, 要すとして, 要するであろう, 要するに生物界, 要するに翁, 要約する, 見せて, 見せても, 見たわけ, 見て, 見とどける勇気, 見も, 見ること, 見る人, 見る明, 見得ないならば, 言い出すほどに, 言い得ないで, 言うと, 言う働き, 言ふ, 訊かうとも, 訊くこと, 記すべし, 語らなかった, 語らなかつた, 語るの, 語れば, 誠範系の, 説いたこと, 読むと, 課するならば, 豆腐か, 貰って, 買いもとめた, 買ひ得る, 費い, 費さなくては, 費したと, 費して, 費しました, 費す, 費やしたわけ, 費やしてる人々, 賭けて, 走って, 超えないらしい, 越えて, 越して, 越す時, 跋文の, 踏み取りやがて, 踏破し, 身に, 輪切りに, 輸入し, 近づけば, 通り越して, 通り過ぎると, 通覧すれ, 進まねば, 進めたこと, 進めた事, 進航する, 過ぎても, 過ぎ或は, 過した八月, 過せるもの, 重ねたと, 重ねる必要, 開墾し終る, 開陳する, 閲た, 降り舟形, 隔てたもの, 隠した顔, 集めた, 雪の, 雲に, 飛行便に, 食べ頃と, 飲むほどの

▼ 以上には~ (214, 1.0%)

4 何も 3 なにも, なんの, 何んにも, 出て, 出ること 2 なれない, 一歩も, 何を, 何物も, 出ない, 出ないの, 出来ないと, 手の, 押すこと

1 [177件] あしらわなかったと, あまり見, あまり進まなかつた, いつて, うけつけなかったし, おもえないの, お滝, くわしく聞きとる, ここで, この物資, この鉄檻, さしたる変, せいぜい自, その件, その教育, どうにも, どう仕様, なかった, なって, なにごとを, なにもね, ならなかったよう, ならなかつたか, なりません, なり得ない定め, なる, なれないほど, なれなかった, なれませんので, なんらの, ほとんど何らの, ほとんど播種, ほとんど知っ, ほとんど謝礼, ほとんど購買, まだ何事, もう力, もう秋, やらなかったけれども, やれないだろう, よみが, わかつては, わからないし, ピンと, 一句も, 一方に, 上る事, 世間の, 両民族, 主張しない, 人類は, 伏せられぬほど, 何か, 何とも, 何にも, 何んとも, 何事も, 何處か, 働きが, 全く求むる, 其教育の, 再び接近, 出でずそして, 出でない, 出でなかつた, 出でること, 出ないじゃ, 出ないと, 出ないよう, 出ない性質, 出なかったであろう, 出なかったの, 出ぬもの, 出ません, 出られない, 出られないだらう, 出られない人, 出られなかったの, 出典も, 出来ぬ人, 出来るだけ, 前進し, 及ばず午前中小屋, 及んで, 受取らないこと, 君を, 困る事, 増加し得ない, 売ること, 売れた筈, 売れるもの, 大した新しい, 定義し得られない, 少しも, 展がらない, 差し当って, 彼は, 御穿索, 必ずその, 必ず曲線, 念を, 怒れも, 思わないだろうし, 恐らく問題, 悉く皆美, 想像を, 扱って, 挙げること, 支払わないであろう, 政府から, 昇らないという, 正四位, 正確に, 毒にも, 永遠に, 決して何らか, 決して甚だしく, 決して騰落, 浮ばれないもの, 深く立入っ, 深入りしなかった, 清澄の, 物を, 狂暴に, 生き方が, 申し上げません, 眼の, 秀吉は, 租税の, 立入って, 立入らないで, 立派に, 等しく一旦, 答えられぬ問題, 考えなかった, 考えられなかった, 考えること, 腹も, 自分の, 自然に, 舞台で, 見えずまして, 見えないが, 見て, 見てを, 解釈の, 触れること, 訊くべきこと, 評価されない, 評価し, 詳しいこと, 誘いませんでした, 説けぬ, 説明の, 誰れ, 貪取せしめず若し, 踏めそう, 踏めない, 追求されない, 通ろうと, 進まなかったが, 進まなかったらしい, 進みは, 進みやう, 進み得ないもの, 進んで, 進展し, 進捗しなかった, 遡りません, 遡れない, 適当の, 適當せぬ, 電瞬の, 頭を, 食封が, 飲めなくなるから, 鼻の

▼ 以上~ (187, 0.9%)

9 結婚まで 5 私の 4 第二版 2 すべての, 僕の, 彼の, 物は, 第一

1 [159件] お魚女史, かつて瘤, ここの, ここへ, このアルメニア, この問題, この物語, この酔漢, ごく重なる, すむと, その全文, その国民学校訓導, その短篇小説, ただいまお知らせ, つかまる余地, まず目星, また地方, まづ十七世紀, エメリヒの, カント自身の, シェストフの, ダイダイ色五十回以上が, パリーの, ブラッドフォード市における, マルクス主義理論の, マル及び, メリー・ロオジャース殺害事件に関する, 一せいに, 一夜の, 一帶に, 一揆の, 三件も, 上半期に対する, 上願書の, 下男の, 不毛の, 世界の, 両統の, 云わば, 京水の, 今回分, 今日の, 今日エジプトを, 伝説である, 作者たる, 侍な, 先年ニューヨーク市を, 先月の, 先生の, 入江家の, 全部であった, 冬期に, 出て, 前半であっ, 十二時すぎる, 十五歳以下の, 十四人七十歳代十人六十代四人五十代七人四十三十の, 卅間堀の, 博士の, 原子構造論即ち, 吉村忠雄氏又は, 同書に, 名和義高の, 啄木の, 国の, 塩田氏の, 夏の, 外国人の, 夢之, 大体エトラスケール種族の, 大体ファラデー時代の, 孔子学派の, 官歴の, 実世間, 実在の, 小山田の, 小生の, 小田さんの, 少くとも, 山林官たちの, 山県の, 嶺を, 川木の, 平凡な, 広範な, 後日に, 必要と, 思想関係による, 悠々と, 惨劇までの, 成層圏についての, 手紙の, 打ち連れて, 支那に, 政江の, 数学的解法である, 文化科学精神科学乃至, 斜酣の, 日蓮の, 日記の, 明和尊王事件の, 明治十二年末から, 朝の, 木挽町の, 本文の, 東京から, 松田氏の, 楠公製作についての, 横に, 武者小路氏の, 洋罫紙に, 混外に, 湖畔亭事件の, 無くなります, 焼失した, 煩を, 物理的空間と, 猪木君の, 生い立, 生産の, 画工エリックの, 疫病で, 真相の, 硯友社劇の, 確実に, 社会科学の, 神, 神戸牧師が, 科学そのものの, 空っぽに, 立ちならぶ大連嶺, 第五部出版遅延, 細川家の, 美術学校時代である, 聚つて口を, 肉を, 能勢氏の, 船中に, 荒巻の, 薄ミドリという, 蘭軒末葉の, 蜀山人手記の, 言葉通りに, 誓言の, 諸国から, 費されました, 賛成した, 道元の, 都を, 金博士に, 長さ三尺許, 阿部侯校刻前の, 霜柱の, 青春期以上まで, 青春期以下で, 風俗派や, 高橋警部の, 麹町の, 黄色十回以上が

▼ 以上~ (156, 0.7%)

9 あつた 6 私の 3 あつて, 尽きる 2 あり得ないが, 尽きて, 幅の, 引越すと, 私は, 終って, 豊次郎に, 買っても

1 [119件] あつたら, あつたらう, あべこべに, あらう, あらうと, あらねば, ありうる素質, おしまいな, この簡略, この芝居, これを, ごわすもの, ざっと柳生家, ざつと, しかもその, すその, すらも有りうる, すら従者五人, その上三人分, その他は, その外面, その後二十年の, その時, それある, それが, ただ何, だいたい主人学, だいたい分った, だいたい君, だいたい語り尽した, とても普通, どんなつまらぬ, なかなかよく出来ました, ね, ほぼ尽きた, みたところ, もう十分, よかった, わけても爛々, オドラデクなる, タンスの, バッタリと, 一寸まあ弟, 一応この, 三種あつ, 中に, 主要なる, 予期以上の, 事件の, 云った制作方法, 交わる方, 今日に, 何か, 傑作かも, 全く気の毒, 全く驚嘆, 全部である, 処女の, 分析が, 別々に, 十分であろう, 吾が敬愛, 和泉屋の, 唐律の, 嘲る以上, 壁は, 売れ洗礼後, 大丈夫な, 大体北海道における, 大体書翰を, 大体申上げた, 大体装綴様式を, 大体解釈が, 大抵御, 大略尽くしましたる, 大體化物, 天文地理動物植物人事時候各, 実は熱心, 巻十二の, 幹部の, 幼少から, 弟子の, 日本の, 日本は, 昇降には, 明かなとおり, 明かなやう, 材料は, 森林と, 樹木が, 殺生を, 比率の, 深さ四, 演説を, 漸く対座, 玉鬘も, 理窟は, 研究者に, 神に, 私が, 私たち即ち, 細節の, 終ったが, 終りである, 終りです, 終りな, 終るつもり, 終るの, 総てを, 老婆は, 花と, 萬吉と, 落下する, 蝕し去る, 見るからに, 親切な, 講演を, 阿母さん, 頭から

▼ 以上~ (140, 0.7%)

7 ものが 4 ものを 2 ところが, のは, ものかも, ものに, んだ, んです, んの

1 [115件] ある同, ことが, ことは, つよい情愛, のだ, ので, のであります, のである, のでこの, のです, ので一見, ので米, のに吃驚, のよ, のよ今, は先ず, ものすら, ものだ, ものだったろう, もので, ものと, ものの, もんだ, ンだ, 不覚であった, 人間の, 似たもの兄弟, 何かが, 価値の, 俳優と, 値段には, 備えを, 傷まし, 兵力を以て, 冴えで, 冷血な, 分外の, 判定は, 別な, 努力と, 動揺を, 危険の, 厚味と, 叫喚が, 問題が, 喧嘩沙汰は, 噂な, 困難さに, 国家変革さえ, 地上の, 大事を, 大列, 大悪人, 大気者を, 大難だったろう, 大難関, 奏功を, 娘じゃ, 官位の, 宿怨が, 巧言令色は, 巨利を, 彼の, 徒党であり, 心持も, 心配を, 恩賞が, 情も, 愛育へ, 憎悪の, 所に, 手おくれ, 敵愾心を, 日か, 時代を, 樂しみと, 機略の, 武士の, 武断政体へと, 気を, 沙汰は, 涙もろさと, 混乱は, 満足は, 無慈悲な, 物を, 物好きで, 理由としては, 生業の, 生活の, 疲弊である, 眼と, 睨みは, 禍いが, 策も, 者だった, 艱難であったらしい, 苦しみだった, 蕩児として, 衝動を, 複雑さが, 親しげ, 親しみを, 観方も, 詫びる気持, 道幅の, 重任が, 鍾愛を, 長距離と, 附与は, 難儀を, 音が, 食糧が, 馬数や, 驚きを

▼ 以上にも~ (136, 0.6%)

7 なると 4 なって, なるが, なるの, 達して 2 およんで, なります, なる, なるん, 以下にも, 及んで, 拡がる, 気を, 莫迦げて, 見えますが

1 [93件] いまや気負う, ご存知な, さかのぼりうるの, して, それが, それ以下にも, なったからは, なったと, なったところ, なつた, なりそれ, なりましたわ, なりますかな, なりますからねえ, なりますわ, なるかと, なるから, なるからな, なること, なるし, なるせい, なるのに, なる春隆, なる絵画, なる読者, なる讀者, のぼった, のぼるであろうか, のぼるの, のぼる敵, わたって, わたる喧嘩腰, 上ると, 九段の, 事を, 以外にも, 伸びた古木, 伸びるだけ, 俊基としては, 信長の, 兄たち夫婦に, 兄上が, 充実した, 出たる人, 厳密な, 及ぶと, 及ぶもの, 及んだ, 及んだので, 可愛がっ, 唇の, 堅固に, 増す尊氏兄弟, 大姫君, 姉君の, 峻嶮に, 引上げられ得よう, 当る大金, 思って, 慕われて, 探偵小説の, 掻きみだした, 政略奇謀を, 数が, 敵を, 時運の, 歓ばせて, 正成の, 此料理店の, 殖えて, 相富, 相当します, 相當, 真剣に, 秀吉が, 積極的であった, 突っ込んで, 老けて, 育つ同じ, 複雑で, 見えたほど, 見える頑丈, 親しくし, 誇張したがる, 貴女は, 通用する, 進んで, 達しあたかも, 達するらしい, 適当な, 重要な, 騰貴する, 驚いたの

▼ 以上それ~ (131, 0.6%)

3 は当然 2 がし, が人間, が当然, が見す見す, だけで, はつねに, はもう, をどう, を機

1 [110件] からの随伴感情, から出る, から逃れる, がある, がいよいよ, がうまく, がまた, がよい, が主人, が代表, が何より, が実際, が局限, が思惟, が町人, が科学的, が自分, が要求, が跡方, が霊, が鳥獣, くらいな, くらいのこと, こそ万事休, だけがのびれ, だけを一個, でいい, と全く, と同時に, にそそのかされ, についての内省, についてまとも, にはかならず, には何, には相当, にひっかかる, に不服, に協力, に基く, に対する彼, に父, に逆らっ, に違い, のみが公民, の無い, の超, は, はそれ自身, はただ, はどう, はなに, は一階, は主, は云う, は働く, は加十, は勿論, は単に, は取り戻せない, は堅牢, は客観的, は常に, は彼ら, は必ず, は押し, は日本, は決して, は無慈悲, は物理的空間, は相当, は純, は純粋, は能楽, は過去, ももっとも, もやむをえない, より外, を, をおしきっ, をこっち, をそのまま, をただ, をとやかく, をむき出し, をむやみ, をもうどう, をわが子, を一貫, を予算, を失言, を実行, を封じ込め, を征服, を悪く, を描き, を明, を更に, を果たさない, を止める, を求めた, を畜生, を知り, を知ろう, を綺麗, を芸術化, を蔽い隠す, を解決, を踏み違え, を追って, を釣り出す

▼ 以上その~ (114, 0.5%)

2 作品の, 正体を

1 [110件] ことについて, ことを, つぎの, ときが, なかで, ま, ような, わが身を, イメージが, 一つは, 上に, 上の, 中には, 中身の, 主人たる, 事件を, 人々の, 人は, 人形の, 任務を, 体系の, 作品が, 作物の, 作者の, 信偽も, 分だけ, 劇的構造も, 区別を, 原因を, 古びぬ秘密, 同盟者たる, 名に, 命令に, 問題に, 問題には, 善後策の, 因果関係の, 場合にまで, 大略の, 娘たちの, 娘という, 孔子について, 対立たる, 對象は, 展望に, 希望を, 役人の, 忙しい機械的, 性格的短所は, 患を, 悪人である, 意味に, 意識の, 態度は, 成立の, 戦争の, 所作扮装共に, 手で, 抵抗に, 方面に, 日以外に, 時まで, 本尊様を, 来訪を, 根源である, 欠損は, 沈黙に, 消息を, 物語の, 犬山は, 犯人は, 狂いが, 理想なる, 生活に, 生活の, 生理上にも, 男との, 画の, 疑いは, 瘤に, 瘤に対して, 百両の, 目的は, 真意を, 節度は, 系統の, 結果たる, 統制は, 罪は, 罪科は, 考へること, 者が, 者を, 行為は, 規則を, 覚悟如何で, 親を, 觀念が, 記録には, 詞質を, 論文が, 身自体が, 運用に, 長剣が, 長歌に, 雲の, 顔の, 顔色を, 風采は, 鼻の

▼ 以上~ (101, 0.5%)

4 も言わなかった 3 も云う 2 が必要, とも云わなかった, と云っ, もいう, もいわなかった, も知る, も言わない

1 [80件] かこの, かしなけれ, かの意味, かの機会, かほか, かよい, かわけ, か云う, か其の, か工夫, か曰く, か確実, か純粋, か貴様, か非常, か面白い, がいりましょう, がいる, がどう, が出来る, が来た, とあっ, と云う, にも引出せ, にも知り得なかった, にも要りません, にも言う, にも言わなかった, にも訊く, のかの, のする, の喜び, の恐ろしい, の手, の手がかり, の文句, の証明, ほどかの創造力, もあわてる, もきかない, もつけ加える, も云わず, も云わなかった, も分らなかった, も及ぼす, も季題, も書こう, も望まない, も望みません, も申し上げません, も申し上げる, も申す, も知りたがらなかった, も結婚, も聞きただそう, も聞く, も聞くまい, も言いますまい, も言わず, も訊かない, も訊く, も訊ねなかった, も記すべき, も迷っ, も食わずで, よりも趣味判断, をおい, をか曹操, をしでかす, を云う, を喋ろう, を惧, を望む, を望ん, を標準, を求めましょう, を申し上げましょう, を聞い, を訊い, を説かれ

▼ 以上この~ (99, 0.5%)

2 事件の, 傳へも, 後は

1 [93件] うえどじを, ことは, たびの, まま, まま帰る, まま引込ん, 一台の, 三つの, 三角などは, 争闘は, 事件に, 二つの, 云い表わし方, 仕事や, 会社の, 伝えも, 伝へも, 先あまり, 内因外情と, 劇団の, 勇敢な, 印象に, 危急の, 命の, 商売は, 問題について, 問題を, 図形は, 国に, 国の, 地に, 大乱の, 夫唱婦和という, 女らしい制限, 女達は, 婿引出の, 子は, 子会社の, 學問に, 家の, 寺に, 小説に, 峠で, 年ごろ辛労を, 役目に, 想像は, 戦時三位一体制は, 手の, 教養への, 新しい友だち, 方を, 方面からも, 時代では, 時代には, 時代の, 期待の, 条件は, 気分が, 法律の, 活力が, 災魔を, 物語も, 物語を, 狭義の, 理論は, 田舎で, 畠は, 病人から, 目的に, 直観に, 社会で, 私の, 秘密を, 立場としての, 紳士は, 船に, 色彩的な, 茅葺家根も, 處置は, 観念的弁証法は, 言葉は, 豆太郎に, 趣味の, 運動は, 道の, 遠駆け, 遺蹟が, 部屋に, 部屋には, 離婚が, 露路の, 青年に, 願望には

▼ 以上述べた~ (97, 0.5%)

8 やうな 7 ような 4 ところを, やうに 3 ところから, ところで, ところに, のは, ように, 所に 2 ことから, ことによって, ことは, ところは, 所を, 通りである

1 [44件] ことで, ことにより, ことを, それらの, とおりである, とおりはなはだ, とおりわが国は, とおり今日の, とおり団体競争を, とおり子供の, とおり生物学が, とおり生物学なる, とおり言葉を, ところによ, ところの, ものの多く, ようであります, シェーラーの, 以上に, 余の, 処の, 処は, 同氏の, 如くに, 所で, 所と, 所は, 操作と, 日本の, 根本の, 点は, 理由で, 理由より, 真理の, 私の, 私立乗合いと, 移行過程は, 言語学上の, 諸方策, 通り余が, 通り現今の, 連帯関係を, 限りの, 雪の

▼ 以上~ (82, 0.4%)

3 なれば 2 いわねば, なること, なると, 定められて, 申さねば, 言っても

1 [67件] あり粒, いうのに, いって, いっても, いつて, いはねば, いふと, いふ事, いわれた人, いわれる勢力, さへ, されて, なって, なつて, なりて, なりまして, なりガソリン, なり得ると, なり皆済, なり項目, なる, なるが, なるであろう, なる筈, なれり, ふんでる者, みえる媼, 云うの, 云えて, 云つて親族關係で, 以下とでは, 偽って, 区別の, 吹聴した, 子供とは, 実測され, 少しく趣, 希望する, 徒士以下とは, 思つてや, 思はれるフッ, 思わなければ, 思わねば, 思われる人数, 想は, 想ふ, 想像される, 我々三人だけと, 測定される, 激賞し, 留まってること, 称されて, 称されました, 聞いて, 聯關し, 自分には, 見えた, 見える, 見えるひよろ, 見えるやから, 見える人, 見える小作り, 言えるが, 言って, 言へる, 言わるる名, 認むべ

▼ 以上~ (75, 0.4%)

2 はその, は何, は自分

1 [69件] がこの世, がどんな, が大, が衝動, が近所, としては伝記, としては何, なぞがヒョコヒョコ, に建たない, に食べもの, のし, のもてる, の前, の友, の手, の散歩, の方, の本, の申, の立場, の考, の語った, は, はあなた, はお前, はけっして, はこの, はしばらく, はそう, はそういう, はそこ, はそれ, はなに, はのれん, はわが, はマイケル・ジヨセフ, はラジィゲ, は主として, は人, は今後, は俳句, は先づ何, は君, は喜ん, は声, は大衆文芸, は方々, は旧, は更に, は曾呂利本馬, は概括的, は狭い, は現代小説, は石川, は私, は私一家, は簡単, は結局石原純博士, は美, は職長, は自然現象, は自身, は見る, は誰, は謹ん, は近着海外各紙, は長々, もおとなし, もむずかしい

▼ 以上自分~ (60, 0.3%)

2 が取る, にその, の用事丈, の顔丈位, はこの

1 [50件] が挨拶, が改造, が特に, ですべて, で其, としてはどう, と光子さん, と言, と雖, にない, には意識, に取っ, に親しみ, のうち, のこと, のそうした, のもの, の仕事, の判断, の天職, の威厳, の安眠, の家, の才能, の方, の有, の罪, の胸, の苦労, の足, の身体, の過失, の金, はこれから, はどの道, はもう, は与えられた, は内, は却つて世の中, は徹底的, は最早, は死ん, は續, は過去, もたしかに, も係り合い, も気, も貯金, を大きく, を捕え

▼ 以上である~ (59, 0.3%)

3 ことを 2 かまたは, かも知れない, ことは, のに, 上に

1 [46件] いや人間以上, か, かない, かもしれぬ, から, からその, からといっ, からほとんど, からやりきれない, から夫, から武家, から無位無官, から金井一角, か以下, があの, がそれだけに, が坪内君, が禅界, し, たとえば, という, という説, といふこと, とさ, としても話す, とともに人間以下, と云われた, と今更, と仮定, と信ずべき, と思う, と想像, と結論, のかも, のに児玉, のに東京, のは, のも, はずである, ように, よりはむしろ, よりは以下, よりもむしろ, 所の, 目的其者である, 近代重工業にも

▼ 以上~ (54, 0.3%)

63 といっ, わ 2 からね, と云う

1 [38件] からでしょう, からと胸, から何, から大変, から油断, がどう, がなお, がコリー, が分別, けれどあなた, さ, ぜ, そうです, ぞありゃ, つた, つたのである, という, というの, といわれた, とのこと, とは私, とばかり信じ, とも言った, と云われ, と勘定, と実感, と思います, と思ふ, と思われる, と書いた, と申します, と聞かされ, と顔, な, なんてね特配, ね, わえ, 哩

▼ 以上では~ (47, 0.2%)

4 ないの 3 ない, ないかと, ないと, なかった 2 ありません, ないだろうか, 無い

1 [25件] ありえないだろう, ありそう, あるまいか, あるまい余, ないか, ないであろう, ないん, ない筈, なかつただらう, なかつたらうか, なかろうか, なかろうかしら, なく幅, ほとんどない, ほとんどなく, 不足を, 全くない, 同じく多勢, 困るとか, 決してなかつた, 決してなく, 無かったでしょう, 生徒は, 藍色, 起り得ないこと

▼ 以上~ (44, 0.2%)

1 [44件] がつつしみ抑え, が常に, が搦め捕られよう, が文学者, が畏れ多く, とつきあう, と会っ, と対話, にとって不利, に傾倒, に逢つて, のいる, の一挙, の一生, の事, の心裏, の我儘, の所説中, の旦那気質, の未来, の生存, の肉体, の苦悩, の説得, はもう, はやや, はよんどころなし, は何, は労働者, は勿論, は十右衛門, は急ぎ, は敬太郎, は敬意, は有吉, は果てし, は當然人肉愛用者, は高氏, も武士, れこれ, を拒ん, を起そう, を追及, を除い

▼ 以上これ~ (39, 0.2%)

2 は明らか

1 [37件] が判らない, こそ理想的, だけは保存, で充分, に対する婦人, はとまっ, はどうしてもそう, はなんとも, はなんら, は仕事, は勿論, は年, は彼, は誰, は飛ん, ほど確か, また到底, までで, もそれ故, もまた, も同, も已む, も止む, を, をうち, をすて, をダンスホール, を一刻, を惜しむ, を掘り出し, を文学, を現代劇, を発表, を補充, を試みざれ, を郵便, を限り

▼ 以上ある~ (34, 0.2%)

2 ことを, んだ

1 [30件] かも分りません, かも知れない, からこの, から二刻, から日本全国, がそのうち, が所得税法, が最も, ことが, ことも, そうだ, といふこと, といわれ, とはどうしても, と思います, のだ, のです, ので歌, ものを, やうだ, 上岩の, 事を, 人の, 人間でなけれ, 内臓は, 封筒の, 意味に, 時は, 綱の, 被害区域は

▼ 以上~ (30, 0.1%)

3 買求めの 2 せい様は

1 [25件] あいにも, くわしい, すがりあっても, ぬしに対して, はなしした, ほよそ三種, めえ, 互に何もかも底, 元から, 出に, 名ざし, 君の, 喜びに, 妙は, 妻は, 姉さんは, 延の, 情金で, 涼しいんで, 耳に, 聞かせすると, 花や, 葉も, 身達とても, 酒を

▼ 以上もう~ (30, 0.1%)

2 部屋に

1 [28件] あんな貧民窟, かくして, こんどは, それに, づ高く, どちらでも, 一つの, 一つ複雜である, 仕事の, 何にも, 判るすべ, 助かるもの, 吉良でも, 執拗く, 多言は, 家には, 彼は, 御養生, 手を, 打明けても, 朝廷へ, 猶予すべき, 田鶴子の, 袋の, 言葉だけで, 調べる必要, 閉めかけられて, 隠すにも

▼ 以上です~ (25, 0.1%)

642 から, から主人

1 [11件] からどう, からね, からね大きな, から無理, が形式的, な, の, ものね, わ, 座敷に, 真白の

▼ 以上三つ~ (24, 0.1%)

2 のこと

1 [22件] が反, のもの, のパラグラフ, のピアノ曲, の中, の事, の作品, の名, の型, の天草島, の敵, の欠点, の活力, の流れ, の流系, の点, の物, の目標, の経, の規定, の話, を続ける

▼ 以上どう~ (23, 0.1%)

5 すること 3 にもならない

1 [15件] あっても, あつて, されても, する事, する必要, であなた, でも宵, で命, で碌, で聞き流し, ともして, 云うつもり, 狹から, 考えて, 騒いだところ

▼ 以上であり~ (22, 0.1%)

1 [22件] ある一教区, ことにお, この超過, しかも女らし, そしてこれ等, その煤煙, それで, また人口実測, また以下, むしろ痛快, もう一つ, 今村が, 何の, 元来町人の, 十六歳以下の, 周の, 大抵の, 復讐は, 換言すれ, 昵近である, 正に夜中, 虫けらは

▼ 以上ここ~ (21, 0.1%)

1 [21件] から出し, から沼沿い, だけはせめて, でなんと, で藤吉郎, で養った, にいた, にいる, においで, にまごまご, に又, に居, に居る, に書く, に逗留, に頭, の有力者, はどけません, は何, は隣近所, を通る

▼ 以上二つ~ (21, 0.1%)

2 のパラグラフ, の例

1 [17件] のこと, の作品, の典型, の場合, の外部, の意味, の文化統制, の断章, の旧知, の無言歌, の結合, の舊知, の観点, の途, の運動概念, の階梯, は結局

▼ 以上であった~ (19, 0.1%)

2 ことは

1 [17件] からアメリカ全土, がこの, ことであろう, ことを, というはず, と云う, と見え, と言わるる, にきまっ, にちがい, のです, のなら, ように, 事は, 場合には, 曹操が, 由

▼ 以上どうしても~ (19, 0.1%)

2 この相談

1 [17件] この悲痛, その息, その目的, 下手人が, 京都には, 人間が, 俺は, 同じ信仰, 捕らえねば, 探し出さなければ, 日本に, 明日子に, 本当の, 目的を, 相手を, 空耳とは, 自分の

▼ 以上でも~ (18, 0.1%)

3 それ以下でも, 以下でも 2 なければ, 無ければ 1 あるはず, いいが, これ以下でも, なく以下, 人として, 以外でも, 常日頃, 殿に

▼ 以上~ (18, 0.1%)

2 は僕

1 [16件] から訊ねる, が饒舌, としては考え, には我慢, にも多かれ少なかれ, に取っ, に鬱屈, の云った, の母, の解釈, は君自ら, は政治家, は止める, は疑う, も真剣, をも下司

▼ 以上彼女~ (18, 0.1%)

2 は今更どう

1 [16件] が後醍醐, が求める, が自分, に迷惑, の後, の最も, の繊細, の行方, の跡, はこの, は打ち明け, は知らない, も生きる, を懲らす, を自分たち, を責めたく

▼ 以上もの~ (17, 0.1%)

1 [17件] たくさんの, をいう, を言, ジミな, ピカピカ光る, 偉力を, 写真を, 古木との, 大石垣, 年月が, 熱に, 生柿, 職工が, 長さ, 間つとめて鏡に, 間一度も, 間彼女は

▼ 以上~ (16, 0.1%)

2 の場合

1 [14件] か, が考え, が見, であろうと, でも一日, でも備, でも米, にも払わなく, にも邪魔, もがそこ, も彼, も彼女, も稼い, よりもまず

▼ 以上追及~ (16, 0.1%)

3 する氣 2 しませんでした

1 [11件] しさ, したところ, しなかった, しようとは, すること, する方法, する樣子, する興味, せずに, はいらない, はしませんでした

▼ 以上かも~ (15, 0.1%)

5 知れない 3 知れません 1 しれません, 知れないけれど, 知れない大, 知れなかったの, 知れぬ, 知れませんから, 知れんぞ

▼ 以上そう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある方, しなければ, すること, でも, でもする, なの, なるに, やって, やっても, ムザムザと, 一つことを, 下卑た行, 出る積極以外, 簡単に, 自覚する

▼ 以上そこ~ (15, 0.1%)

1 [15件] から幸之助, で這いあがる, にいわゆる, にはおの, にはそれだけ, に人間, に他, に何, に居る, に必ずや, に日本精神, に自分以外, に行わるべき, へ何, を尋ねなけれ

▼ 以上という~ (15, 0.1%)

2 のは

1 [13件] おどかしも, ことが, ことに, のだ, のも, ものトラメクサン党と, ように, 事に, 人類史上未曾有の, 証文が, 評さえ, 金が, 針木や

▼ 以上とは~ (15, 0.1%)

2 思われません

1 [13件] また反対, 事前に, 仲間はずれである, 信じかねる, 思うものの, 思はれません, 甚だ遲, 申しかねるが, 見えない, 見えなかった, 見受けられなかった, 隔たって, 驚いた

▼ 以上~ (15, 0.1%)

1 [15件] 何者デモナイトシテオイテクレ, 各種大, 國民教育ノ, 土地ヲ, 多数, 如クナルヲ以テ芋ヲ, 学力ヲ, 富ハ國有タルベキガ故, 文章ハ四六ヲ用ヒ詩ハ白氏ノ, 生産業ガ國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家ノ, 男女及ビ父又, 男子ハ大, 程度ニ於テ海上ニ在, 航海業者ヨリ徴集シタル船舶資本ヲ, 題ヲ

▼ 以上~ (15, 0.1%)

7 ぶるところ 3 ぶる所 2 へ來 1 ぶるが, ぶるよう, ぶる説

▼ 以上述べ~ (15, 0.1%)

5 て来た 4 てきた 2 來れる 1 てまいりました, て来ました, 來つた時及び, 來る

▼ 以上かかる~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことに, ためには, という話, と貴様, のでね主事, のも, ものと, ものは, 奴だったら, 往復も, 概念に, 畑地の, 簡単な, 長い旅

▼ 以上どこ~ (13, 0.1%)

1 [13件] かごく, かに入口, かの部屋, からで, から見, で誰, へも動く, までも文芸, までも自分, までも自己, まで昇進, まで行く, まで行っ

▼ 以上~ (13, 0.1%)

1 [13件] 報告の, 好みの, 引受けない, 流儀だ, 目付役としては, 着の, 米は, 聞きに, 聴取の, 自身の, 辞退申す, 門弟衆と, 願いの

▼ 以上説明~ (13, 0.1%)

1 [13件] ができぬ, ができる, したやう, したるほか, しにくい, しよう, する余地, する通り, する面倒, のしようが, を求めよう, 出来ないのね, 出来ない直接さ

▼ 以上述べたる~ (13, 0.1%)

3 ところは 1 ところにより, は皆例外, 二三の, 国貞国芳国直ら豊国門下の, 場合即ち, 妖怪談は, 所に, 洪水説話を, 英国の, 處は

▼ 以上あなた~ (12, 0.1%)

1 [12件] がそのもの, とお話し, にお目にかかっ, にも生半可, に忠告, の今夜, の心持, の顔, は金博士, は黙, を放っ, を煩わす

▼ 以上また~ (12, 0.1%)

1 [12件] かりに帳消し, そこに, その人類, その心状態, それを, もって, 他が, 余りに肝, 余りの, 当分は, 自家に, 自然主義という

▼ 以上まで~ (12, 0.1%)

4 生存する 1 持って, 水が, 生きたの, 生存し, 生長する, 通り越せなかった, 進み会話, 進行した

▼ 以上もはや~ (12, 0.1%)

1 [12件] おれの, それ以上の, どこで, 吾, 固い女, 孤独の, 将軍家の, 戦争などが, 捨てては, 猶予の, 生産者では, 陽子は

▼ 以上挙げた~ (12, 0.1%)

1 [12件] ものの, ものの外, ものを, ような, 二十五箇所の, 以外にも, 思想家達が, 思想家達の, 数点だけでも, 日本の, 本及び, 諸操作

▼ 以上日本~ (12, 0.1%)

1 [12件] がこれ, に帰る, に滞在, の中央, の俳優, の劍道, の固有名, の御幣, の文化, の歴史, の芝居, も中

▼ 以上いずれ~ (11, 0.1%)

2 にし, にせよ 1 かの意味, は平凡, も下, も孔子, も雨, 何かの, 難癖を

▼ 以上かれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が自殺, に近寄る, の布陣, の恥じ入る, の職, は何, は何人, は無論, もこれ, も一人前, らは

▼ 以上そんな~ (11, 0.1%)

2 ことは 1 ことを, こと話題に, はずは, まねは, 制度や, 女給とも, 家の, 曲独楽なんか, 疑いが

▼ 以上どんな~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことで, やつが, 事を, 南へ, 大それた, 成りゆきで, 極悪人でも, 深い思索, 約束も, 難儀に, 飜訳に

▼ 以上なに~ (11, 0.1%)

2 をする 1 がある, もいう, もしゃべれません, も言わない, も言わん, も騒ぐ, を望む, を聴こう, を言つて

▼ 以上決して~ (11, 0.1%)

1 [11件] かくし立て, たがえること, 偶然の, 全智全能と, 国際的通用性を, 大した実益, 強ひ, 無理で, 生活の, 私は, 職業の

▼ 以上でなけれ~ (10, 0.0%)

4 ばならぬ 2 ばならない 1 ばいけない, ばなりません, ば感じる, ば死刑

▼ 以上どうにも~ (10, 0.0%)

1 この部屋, しようがない, なるまい, 仕方が, 出来ないん, 出来なかったの, 方法は, 現在の, 私達には, 言葉の

▼ 以上人間~ (10, 0.0%)

1 が入用, が地上, として難しい, の可能性, の目的, の知識, の肉体, は今度, は何, を描く

▼ 以上~ (10, 0.0%)

2 に極めて 1 にも虫, に働きかける, に理由, の僧ら, の大抵, の高級芸術, を幸福, を廻る

▼ 以上~ (10, 0.0%)

1 がきけぬ, で説きふせる, に出し, の中, も利けなかつた, をあく, をきかなかった, をきく, を利, を利く

▼ 以上同じ~ (10, 0.0%)

1 ものが, ものでなけれ, ものを, 問題に, 国土を, 奴隷と, 物を, 経験を, 裁判所に, 馬車に

▼ 以上彼ら~ (10, 0.0%)

2 を眼下 1 が今, にも相当, に自分, の勤王行動, の気持, の運命, はここ, は死

▼ 以上必ず~ (10, 0.0%)

1 お島婆さん, この詩的精神, 其の樹, 大功を, 憎まれる, 損害が, 男か, 真の, 適用されね, 配偶者を

▼ 以上~ (10, 0.0%)

1 上げたこと, 上げたよう, 上げた通り, 上げて, 上げられないの, 上げるワケ, 上げる訳, 述べた是等, 述べましたの, 述べました歴史上

▼ 以上~ (10, 0.0%)

3 て来た 2 ていられなかった, ている 1 たり聞い, てきた, てばかりで

▼ 以上そして~ (9, 0.0%)

2 この人生 1 それは, それを, 一致した, 同一種類, 最後に, 直観が, 祖國が

▼ 以上そのまま~ (9, 0.0%)

2 にし, に放っ 1 じゃア引っこみ, にざあっと, に捨て, に済ませる, の文章

▼ 以上たっ~ (9, 0.0%)

1 てい, ています, てしかも, ては頼みこまなかった, てもただ一冊手, ても帰らない, ても騎馬, て今, て謂わ

▼ 以上であっ~ (9, 0.0%)

1 ていわゆる, てその, てはいけない, てもなお, ても決して, て従って, て東洋一, て無限大, て粛親王

▼ 以上とか~ (9, 0.0%)

1 いて, それ以下とか, または以下, 云って, 人格以外とかの, 以下とか, 常識以下とかいう, 談話は, 齧って

▼ 以上どんなに~ (9, 0.0%)

1 おぼえたつもり, でも及ぶ, 妄執の, 忌まわしいイヤ, 怒るか, 狂喜する, 美味しい与兵衛, 豪快な, 超政治的

▼ 以上なにか~ (9, 0.0%)

1 からかえば, たしかな, の咎め, の因縁, の売物, の覚悟, 内輪に, 変わった新, 秘密の

▼ 以上なら~ (9, 0.0%)

2 計算は 1 ば三十日苦使, ば其輕重, ば十日苦使, ば正式, ば百日苦使, 下宿並に, 向うから

▼ 以上なる~ (9, 0.0%)

1 ことを, は能, もただ, をあらはせる, を覚ゆ, を選, 成功を以て, 者も, 能は

▼ 以上~ (9, 0.0%)

1 に打ち勝つ, に登っ, は一種, は必要, も仕方, を反覆, を同一, を思想問題, を成り立たせる

▼ 以上四つ~ (9, 0.0%)

1 しか自分, の中, の創傷, の文章, の既知数, の水利事業, の落ち場, の謎, の部屋

▼ 以上増加~ (9, 0.0%)

1 されえないという, したよう, して, しても, し得ないけれども, し得ない時, すべきこと, する力, する可能性

▼ 以上~ (9, 0.0%)

1 が目, のお前, の体, の前, の方, の荷物, は勿論, をめがけ, を訊問

▼ 以上相手~ (9, 0.0%)

2 が書換 1 が三浦, になる, の男, の眠り, をどう, を倒さね, を弁

▼ 以上あげた~ (8, 0.0%)

2 のは, ような 1 ものは, 三つの, 人の, 私の

▼ 以上だった~ (8, 0.0%)

1 あの時, かも知れない, ことである, そうで, という, ということ, のです, ので驚いた

▼ 以上といふ~ (8, 0.0%)

2 ことに 1 ことになつ, 三輪の, 分厚なん, 富を, 意味で, 折紙を

▼ 以上を以て~ (8, 0.0%)

1 でなければ定義, 安閑たる, 尽きない全, 居らずお, 当り得る優位, 応へ, 本書の, 終り同時に

▼ 以上~ (8, 0.0%)

1 が相手, と会い, によって和歌, に向, の句, はいつ, を殺す, を裁かない

▼ 以上列挙~ (8, 0.0%)

2 せしが 1 したところ, した六項目, した様, した諸君, して, しましたやう

▼ 以上~ (8, 0.0%)

2 のローマ時代 1 から火の気, に, にヨオロッパ系, に大, のこと, の第

▼ 以上当然~ (8, 0.0%)

1 な愛情, に仰がね, やるであらう, 学生も, 有の, 演出家は, 至極の, 責任分たれる

▼ 以上~ (8, 0.0%)

1 がつくせない, のつくしよう, の尽し, をつけ得ない, を入れない, を加える, を拱い, 捕りに

▼ 以上~ (8, 0.0%)

3 二の 1 一の, 一問に, 一段および, 二期における, 二種の

▼ 以上~ (8, 0.0%)

1 のたね, もせず, をし, をしたくない, をする, を続ける, を進めない, を進めよう

▼ 以上いかに~ (7, 0.0%)

1 おむずかりなされ, お手, 国民の, 多くの, 将軍が, 彼女が, 私の

▼ 以上いつ~ (7, 0.0%)

2 までも無断 1 でもその, でも同じ, までも生き, までも続く, 出張しない

▼ 以上いろいろ~ (7, 0.0%)

1 と失礼, なこと, の事情, の事業職業, の台所的, の調理, 憶測を

▼ 以上~ (7, 0.0%)

1 ういつた芸術様式, ういふ, うした, うする, う人間, つさ, のみ末節

▼ 以上であろう~ (7, 0.0%)

1 が骨格, と思います, と思う, な, 乎, 何故なれ, 白髪頭の

▼ 以上とも~ (7, 0.0%)

1 いうべき外国関係, いうべき巧妙, なれば, 云ひたい位だ, 見える頬, 見られたが, 言えるほど

▼ 以上どうも~ (7, 0.0%)

1 がい, しようとは, 仕方が, 出来ん, 分り様が, 年造が, 興味が

▼ 以上によって~ (7, 0.0%)

1 あきらかな, 出生及び, 分りました如く船長殺し, 妨げられたよう, 学園の, 自分は, 見ると

▼ 以上まだ~ (7, 0.0%)

1 あなたは, お読み, その学問, ひまも, ワンワンと, 何か, 四十にも

▼ 以上やはり~ (7, 0.0%)

1 いい心持, その粒, ハハコグサの, 上野から, 凡人たる, 在来の, 相当の

▼ 以上一応~ (7, 0.0%)

2 は理解 1 その幽霊実験, は普請方, 君の, 意向を, 読物には

▼ 以上五つ~ (7, 0.0%)

1 に分け, のもの, の印象, の方法, の独りごとめいた, の部屋, ほどの独りごとめいた

▼ 以上~ (7, 0.0%)

2 となっ 1 すぐ訪ね, はサラサラ, は危ない, までのすべて, 些し

▼ 以上今更~ (7, 0.0%)

1 この事件, そうした断定, それを, 俺に, 僕の, 厭だ, 未練がましい言葉

▼ 以上我々~ (7, 0.0%)

1 が未だかつて, は出生, は廻らぬ, は彼, は徹底的, は時々, は決して

▼ 以上早く~ (7, 0.0%)

1 はすませられない, は来られない, 処置したい, 来た, 来よう, 演技が, 終いまで

▼ 以上深く~ (7, 0.0%)

1 なると, は出来ない, は聞かなかった, 内部に, 探索し, 考える事, 考慮する

▼ 以上論ずる~ (7, 0.0%)

2 所に 1 ところこれを, ところを, やうに, 問題は, 所は

▼ 以上述べました~ (7, 0.0%)

2 ように 1 ことは, だけでも, ところで, 条件が, 私一己の

▼ 以上進ん~ (7, 0.0%)

2 ではならぬ 1 でい, ではいけない, でも仕方, で文学, で積極的

▼ 以上あっ~ (6, 0.0%)

2 てこれ 1 てあるいは, ていけない, ていま, てヨシキリ

▼ 以上あつ~ (6, 0.0%)

1 た, たと, たらう, てその, て共に, て或は

▼ 以上いかなる~ (6, 0.0%)

1 たいであっ, 原始の, 漢字を, 謀が, 資本も, 運命の

▼ 以上きっと~ (6, 0.0%)

1 どこかに, ジルベールの, 会社へ, 汝に, 真面目な, 約束は

▼ 以上さらに~ (6, 0.0%)

1 またいわゆる, われ, 広く同族, 方針を, 有料寝台を, 言えば

▼ 以上すぐ~ (6, 0.0%)

1 にお, にも尋問, に命ぜられた, に帰, に帰っ, 秀吉が

▼ 以上すでに~ (6, 0.0%)

1 その筆者, 五万マイル余の, 何かの, 歌子を, 知識の, 迷信と

▼ 以上ただ~ (6, 0.0%)

1 くそ写し, の階級的属性, もう山キ, 手ぶらでも, 運命の, 頼むところ

▼ 以上たとい~ (6, 0.0%)

1 その友達, その場, 将軍家の, 死体が, 相手を, 表沙汰に

▼ 以上たとえ~ (6, 0.0%)

1 どんな事, 人工流産を, 何年別れ, 当方で, 新規召抱えであろう, 民主主義の

▼ 以上だろう~ (6, 0.0%)

1 がそれ, が坑夫以下, といわれ, と仲, と思われる, な

▼ 以上~ (6, 0.0%)

4 體は 1 水正いかにも, 體の

▼ 以上~ (6, 0.0%)

2 ふことは 1 はなかつた, ふこと, ふと純, へなかつた

▼ 以上今度~ (6, 0.0%)

1 の事件, の隠密, は死んだ, は磯五ひとり, は自分, は頻り

▼ 以上何事~ (6, 0.0%)

2 か市政 1 かなけれ, も云, も包み隠し, を差しおい

▼ 以上~ (6, 0.0%)

1 には我慢, はもう, は職業, へのお, も行く, も道子

▼ 以上~ (6, 0.0%)

2 兄の 1 以外に, 優秀なる, 夕暮と共に, 止むを

▼ 以上及び~ (6, 0.0%)

3 別祖 1 以下への, 残疾者, 篤疾すなわち

▼ 以上多少~ (6, 0.0%)

1 の己惚れ, の時刻, の遺漏, は察し, 捻くれや, 遠慮した

▼ 以上書く~ (6, 0.0%)

2 ことを 1 とイヨイヨ, のは, 勇気を, 必要は

▼ 以上~ (6, 0.0%)

1 に乏しい, に浸った, の面, はいらない, を入れる, を呑まない

▼ 以上滞在~ (6, 0.0%)

2 して 1 すること, するにおいては, する外国人, する客

▼ 以上生き~ (6, 0.0%)

1 ていたく, ていられません, てく, て日本, て来た, 延ぶる

▼ 以上~ (6, 0.0%)

1 くさくなっ, として手, として生ながらえ, と同じ, の労働者, も女

▼ 以上立ち入っ~ (6, 0.0%)

1 てくだらぬ, てどう, ては答えなかった, て何物, て坂井, て論じなかった

▼ 以上経っ~ (6, 0.0%)

1 ているでしょう, てもあがっ, てアイリス, て居ります, て後, て葉桜

▼ 以上自然~ (6, 0.0%)

1 な口調, な径路, にやれまい, に多く, の天, の妙味

▼ 以上言う~ (6, 0.0%)

2 ことが 1 ことは, と筧, 勇気が, 権利が

▼ 以上貴女~ (6, 0.0%)

2 が肉体的, のお 1 がここ, にお

▼ 以上追求~ (6, 0.0%)

1 したくないと, するの, せず, は不可能, は止そう, もしませんでした

▼ 以上重大~ (6, 0.0%)

2 な秘密 1 であ, なる問題, な事, な危機

▼ 以上あり~ (5, 0.0%)

1 これだけでもも, という, 気温も, 然し此, 起居も

▼ 以上いくら~ (5, 0.0%)

1 かでも本人, でも出来る, 断わっても, 日本風に, 気違いでも

▼ 以上いや~ (5, 0.0%)

1 が応, とはいわせない, とは言えなかった, 五年にも, 大人に

▼ 以上おれ~ (5, 0.0%)

1 ともまんざら, には我慢, はその, は進ん, を苦しめ

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 ような, 以下か, 以下かは, 以下の, 老人であった

▼ 以上から~ (5, 0.0%)

1 すぐ様想像, 来る, 百円三十五歳に, 結論せられる, 課せられて

▼ 以上これから~ (5, 0.0%)

1 いやでも, かかる伊賀山中, はいよいよ, はかえって, 先何年交際を

▼ 以上すべて~ (5, 0.0%)

1 その術, その麓, のこと, の努力, は第

▼ 以上する~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことは, づもな, シロモノだ, 着物を

▼ 以上たしかに~ (5, 0.0%)

1 お供, こちらに対して, たって, 一つの, 知ってや

▼ 以上だれ~ (5, 0.0%)

1 がどう, が助け, でもぜひ, にも好き嫌い, も強い

▼ 以上どうして~ (5, 0.0%)

1 やりよう, 後へ, 日本的な, 死んだの, 芋が

▼ 以上にまで~ (5, 0.0%)

1 その鼻, 以後の, 印象を, 厳重に, 飛び上って

▼ 以上のべた~ (5, 0.0%)

2 ところで 1 ところだけによっても, ような, 例から

▼ 以上ほか~ (5, 0.0%)

1 に詮議, の三人, の仕事, の女性, の情況証拠

▼ 以上もう一度~ (5, 0.0%)

1 その辺, 命令に, 岸本が, 舞臺の, 逆戻りを

▼ 以上もっと~ (5, 0.0%)

1 あるかも, ママに, 合理的な, 積極的に, 高額を

▼ 以上わが~ (5, 0.0%)

1 いへる凡て, 主君だけは, 好むところ, 歌舞伎劇の, 艦隊に

▼ 以上わたくし~ (5, 0.0%)

1 に大した, は一人, は単に, は第, は退く

▼ 以上われわれ~ (5, 0.0%)

1 が助かる, は事, は再び, は軽卒, を許す

▼ 以上一度~ (5, 0.0%)

1 した約束, で止め, の驟雨, は家庭, や二度

▼ 以上三人~ (5, 0.0%)

1 が三人共, のフランス, の人物, の動作, の患者達

▼ 以上~ (5, 0.0%)

2 は怪しげ 1 が現存, の健全, は歐陽修

▼ 以上二種~ (5, 0.0%)

2 の活力 1 の変化, の文芸, の記録

▼ 以上云う~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことは, ことも, のは, 事が

▼ 以上人々~ (5, 0.0%)

2 はこの 1 がどの, の云う, は他

▼ 以上今日~ (5, 0.0%)

1 ではそれ, の階級的, は義理, までのヨオロッパ人, まで千辛万苦

▼ 以上仕方~ (5, 0.0%)

2 がない 1 がねえ, のない, はありません

▼ 以上何物~ (5, 0.0%)

1 が之, でもそれ, をも加えなかった, をも彼女, をも要求

▼ 以上内容~ (5, 0.0%)

5 の考察

▼ 以上~ (5, 0.0%)

2 ております 1 ている, てこない, て風邪

▼ 以上別に~ (5, 0.0%)

1 云う程, 何とも, 前線作家同盟という, 好奇心も, 詮議の

▼ 以上同時に~ (5, 0.0%)

2 渡る可 1 それを, 伸縮自在の, 渡るべからず

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 に云う, の質問, は他人, もやはり, を引っ

▼ 以上多く~ (5, 0.0%)

1 の地主, の昔話, は超えないであろう, やっては, を求める

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 なる罪, 受けで, 安心は, 自然に, 體今日迄

▼ 以上大きな~ (5, 0.0%)

1 モチーフさえ, 声を, 家が, 比例に, 花火は

▼ 以上大切~ (5, 0.0%)

1 だ, である, です, に思っ, に育くまなけれ

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 に何, はただ, は無論, をも同時に, を押さなかった

▼ 以上~ (5, 0.0%)

2 もすぐ 1 に対して慇懃, のこと, の生命

▼ 以上強い~ (5, 0.0%)

1 てお願い, てたずねよう, ということ, もしなかった, 人口増加の

▼ 以上彼等~ (5, 0.0%)

1 が苦闘, の喜び, はその, は同時に, は青春

▼ 以上待っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ていない, ていられない, てひろ子, てやる

▼ 以上悪く~ (5, 0.0%)

1 しない程度, ないこと, なりっこありませんよ, なりよう, はない

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 る人, る学校, る程度, る芸術的作品, 場合私の

▼ 以上文體~ (5, 0.0%)

5 の考察

▼ 以上書體~ (5, 0.0%)

5 の考察

▼ 以上~ (5, 0.0%)

1 に由つて, の事件, の二つ, の儒教, の点

▼ 以上深入り~ (5, 0.0%)

2 すること 1 しては, しないこと, はしない

▼ 以上無理~ (5, 0.0%)

2 もない 1 に君, に話, をし

▼ 以上相当~ (5, 0.0%)

1 に大きな, に文学, に武芸, の根拠, の理由

▼ 以上私たち~ (5, 0.0%)

1 がもう, の倫理観, はこの, はその, をた

▼ 以上経った~ (5, 0.0%)

1 あとでなく, ね, のです, 今ボートルレ少年は, 昔を

▼ 以上経過~ (5, 0.0%)

3 して 1 してから, すれば

▼ 以上結婚~ (5, 0.0%)

1 したもの, しなくちゃ, する, するの, で束縛

▼ 以上自分たち~ (5, 0.0%)

1 の国境, の安全, の目標, の精神生活, も従来

▼ 以上言葉~ (5, 0.0%)

1 が見つからなかった, ではもう, の上, を交す, を返す

▼ 以上~ (5, 0.0%)

4 する所 1 するところ

▼ 以上述べきたった~ (5, 0.0%)

2 ような 1 ところの, ほかに, 鉱坑の

▼ 以上長々~ (5, 0.0%)

1 しい前置き, と時間, と書く, と話し, と針ノ木

▼ 以上長い~ (5, 0.0%)

1 つきあひは, のは, 列に, 年月の, 詩形は

▼ 以上離れ~ (5, 0.0%)

1 ていない, てもよく, てゐる, てをります, て居る

▼ 以上高く~ (5, 0.0%)

1 するか, ても弱い, なるゆえ, は飛べる, 掲げられたる檣燈

▼ 以上おそらく~ (4, 0.0%)

1 同腹の, 彼の, 百三四十万にも, 間違いは

▼ 以上お前~ (4, 0.0%)

2 の好き勝手 1 はやはり, も盲目

▼ 以上お話~ (4, 0.0%)

1 したの, した巨石記念物, すること, 致しましたイスランド・ノルウェイ文學

▼ 以上かかっ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て私, て行き得る

▼ 以上くわしい~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 ことを, 印象は

▼ 以上こちら~ (4, 0.0%)

1 が怪我, の当て推量, はどうしても, へ八分

▼ 以上こんな~ (4, 0.0%)

1 ことで, ことに, 幼子を, 所を

▼ 以上せめて~ (4, 0.0%)

2 その人 1 はお, 自分の

▼ 以上そういう~ (4, 0.0%)

1 人々が, 問答によって, 諸将, 遠慮は

▼ 以上でない~ (4, 0.0%)

1 かと思はれる, とうまい, ものは, 場合には

▼ 以上とどまる~ (4, 0.0%)

1 ことの, ことは, ことも, 松平近

▼ 以上なお~ (4, 0.0%)

1 ここち栄えの, 仰せられるなら私, 必要であるだろう, 甲源流に

▼ 以上なおさら~ (4, 0.0%)

2 捨てて 1 自分に, 覚えやすく

▼ 以上なんと~ (4, 0.0%)

1 あっても, でもし, も言わなかった, 理由づけ

▼ 以上にもな~ (4, 0.0%)

3 つて居た 1 つて居る

▼ 以上によ~ (4, 0.0%)

1 つてクロポトキンの, つて擬人性が, つて私の, つて科學が

▼ 以上はと~ (4, 0.0%)

1 いうよりも, そんなこと, 親身な, 言った方

▼ 以上ひと通り~ (4, 0.0%)

1 この真言, のお, の掛け合い, の準備

▼ 以上もしくは~ (4, 0.0%)

2 以外の 1 以下の, 同等もしくは

▼ 以上もちろん~ (4, 0.0%)

1 他に, 大人にも, 引っ返すわけ, 誰の

▼ 以上一切~ (4, 0.0%)

1 のこと, の事例, の事情, の場合

▼ 以上三種~ (4, 0.0%)

1 にわけ, の戦争, の書, の聖書

▼ 以上下落~ (4, 0.0%)

1 するであろうが, するならば, するの, せしめる程度

▼ 以上世間~ (4, 0.0%)

1 では大きく, の人々, の奴等, の眼

▼ 以上二人~ (4, 0.0%)

1 の優れた, の間, を一緒, を殺人犯人

▼ 以上五人~ (4, 0.0%)

1 が次々, である, に主人, の方

▼ 以上何ん~ (4, 0.0%)

2 にも引出せ 1 にもわかりません, にも訊く

▼ 以上何人~ (4, 0.0%)

1 か入った, でも働きたい, の肌, も永遠

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 きへ, の当然, へ行く, へ進める

▼ 以上勿論~ (4, 0.0%)

1 夫は, 家中の, 美も, 退屈男にも

▼ 以上即ち~ (4, 0.0%)

1 云わば, 生氣, 社會の, 神佛同等の

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 ふこと, べさしちや, べられなくなる, べる

▼ 以上大きく~ (4, 0.0%)

1 したくない考え, なったよう, ならなかった代り, 前後に

▼ 以上大事~ (4, 0.0%)

1 な兵, な日, にされる, にしたら

▼ 以上少し~ (4, 0.0%)

1 でもそれ, の迷惑, も疑う, も疑ふ

▼ 以上待つ~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ものは, わけが

▼ 以上恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ことは, ものである, 形相の, 思いを

▼ 以上我慢~ (4, 0.0%)

2 ができない 1 が出来ない, をする

▼ 以上教育~ (4, 0.0%)

2 を施す 1 の倫理化, の改革

▼ 以上~ (4, 0.0%)

3 思潮第 1 らしく現

▼ 以上既に~ (4, 0.0%)

1 ある種, イブは, 男女の, 説き尽した

▼ 以上~ (4, 0.0%)

4 んど

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 にかかる, にとめる, になる, に掛けませんでした

▼ 以上深い~ (4, 0.0%)

1 ものに, 海で, 鍋へ, 関係の

▼ 以上深刻~ (4, 0.0%)

1 である, なもの, なわけ, にも精細

▼ 以上~ (4, 0.0%)

2 格社は 1 格社二百円以上の, 鑑査制の

▼ 以上無論~ (4, 0.0%)

1 に表向き, 何かの, 公平無私な, 掛絡も

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 がただ一人, のため, の平生, の皇

▼ 以上現在~ (4, 0.0%)

1 のまま, の位置, の成り行き, の考察

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 くるは, だけは楽しく, やさしい度胸, キナガラエテイタトコロデ格別ノコトモナイノダカラモシ今

▼ 以上生活~ (4, 0.0%)

1 した現在, の余暇, の内面, 出来るだろう

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 せめぐの, 変らず非人, 聯絡なき, 集れば

▼ 以上絶対~ (4, 0.0%)

1 に信頼, に出せない, に必要, に誤解

▼ 以上考える~ (4, 0.0%)

3 ことは 1 に堪えない

▼ 以上聞く~ (4, 0.0%)

1 ことも, にたえなかった, 事が, 必要は

▼ 以上見る~ (4, 0.0%)

1 というなら, に忍び, に耐えなかった, のが

▼ 以上論じ~ (4, 0.0%)

1 來つたエロースより, 來つた所に, 來つた所によ, 來つた所によりて

▼ 以上辛抱~ (4, 0.0%)

2 して 1 したが, だってし切れない

▼ 以上述べたごとく~ (4, 0.0%)

1 われらの, われわれの, チベットは, 人間の

▼ 以上追究~ (4, 0.0%)

1 したり, する興味, の仕, は出来

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 に入る, をおかず, をおく, を置く

▼ 以上離れた~ (4, 0.0%)

2 ところに 1 ところから, 遠方から

▼ 以上~ (4, 0.0%)

1 の長, を真, を見せた, を見合わしかね

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 だし男に, つたで, つた私はぞ

▼ 以上あたし~ (3, 0.0%)

1 が重荷, だって仕方, のそば

▼ 以上あった~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ので, 金額は

▼ 以上あの~ (3, 0.0%)

1 合い図, 婆が, 方の

▼ 以上あれ~ (3, 0.0%)

1 から二十年後, くらいの荒療治, はやつぱり

▼ 以上いい~ (3, 0.0%)

1 ようも, 取引は, 張ること

▼ 以上いた~ (3, 0.0%)

1 のが, ので外出, のにいきなり

▼ 以上いつか~ (3, 0.0%)

1 こうある, はその, またなんとなく

▼ 以上いる~ (3, 0.0%)

1 がため, と発見, ように

▼ 以上うまく~ (3, 0.0%)

1 する自信, ならない芸人, 運んだもの

▼ 以上かかります~ (3, 0.0%)

1 からどうぞ, からドカンドカン, から家

▼ 以上かとも~ (3, 0.0%)

2 見える老人 1 思われた

▼ 以上からの~ (3, 0.0%)

1 上り高は, 百姓が, 百姓の

▼ 以上かれこれ~ (3, 0.0%)

1 言うこと, 言ふこ, 詮議だ

▼ 以上きく~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 興味も

▼ 以上くどくど~ (3, 0.0%)

1 いう必要, と並べたてた, 言うこと

▼ 以上こういう~ (3, 0.0%)

1 もので, 場合には, 娑婆に

▼ 以上こうした~ (3, 0.0%)

1 崩壊の, 相互研究を, 種類の

▼ 以上こっち~ (3, 0.0%)

1 からそれ, も盲目, も逃げ出す

▼ 以上これら~ (3, 0.0%)

1 と比較, の作家たち, の忌まわしい

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 厄介を, 無事の, 用向きも

▼ 以上しかも~ (3, 0.0%)

1 その上命知らず, 山の, 流儀は

▼ 以上しない~ (3, 0.0%)

1 ことに, で笑い, 話なんて

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 ぶんに, ぶんは, やない

▼ 以上すなわち~ (3, 0.0%)

1 一三・三分の一対一〇であるなら, 三分の一以上増加した, 約五割二分

▼ 以上その他~ (3, 0.0%)

1 あがって, に頼る, の小さい

▼ 以上たった~ (3, 0.0%)

1 が松江, このごろ伸子と, 今日でも

▼ 以上でございます~ (3, 0.0%)

1 から随分, なと早速, よ

▼ 以上とても~ (3, 0.0%)

1 それは, 動けやしません, 決着が

▼ 以上との~ (3, 0.0%)

1 事だ, 信仰を, 話

▼ 以上なまじい~ (3, 0.0%)

1 に包み隠さない, に逃げ, の人

▼ 以上なんて~ (3, 0.0%)

1 ぇとんでもねえ腕に, 不用の, 書て

▼ 以上なんにも~ (3, 0.0%)

1 いえませんでした, すること, 聞えなかったので

▼ 以上において~ (3, 0.0%)

1 これが, 勞働者革命の, 短期間に

▼ 以上にわたって~ (3, 0.0%)

1 すべての, 実際を, 経済的活動を

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 だたりが, 滲み徹って, 行かない組織

▼ 以上みだりに~ (3, 0.0%)

2 お筆 1 邪魔に

▼ 以上やがて~ (3, 0.0%)

1 あなたが, 六里ほども, 四月くらいは

▼ 以上やる~ (3, 0.0%)

1 と僕, と皮, トリに

▼ 以上よく~ (3, 0.0%)

1 なれとて, 弁えて, 百姓たちが

▼ 以上よほど~ (3, 0.0%)

1 なお見通し, 低級な, 重大な

▼ 以上らしい~ (3, 0.0%)

1 が骨, のよ, もう一度見たい

▼ 以上わし~ (3, 0.0%)

1 はナプラーウニック, は今, を拷問

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 望マズ領ハ武蔵相模ノ, 生活セシムル勞働力ナキ原則ニ依, 超過セル土地ハ之

▼ 以上一人~ (3, 0.0%)

1 だけの用, で待つ, で来た

▼ 以上一日~ (3, 0.0%)

1 に五合以上, も猶予, も違え

▼ 以上一言~ (3, 0.0%)

1 も発せない, も聞き出し得なかった, も言わなかった

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 といふ数, に一つ間違い, 之助様

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 に下った, も百五六十アル, をむかない

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 備乍ら課せられた, 必要と, 必要に

▼ 以上二首~ (3, 0.0%)

1 のみである, は登美子, は積極的

▼ 以上云った~ (3, 0.0%)

1 ような, 意味は, 理由により

▼ 以上五分~ (3, 0.0%)

1 までのもの, までの七分, までの長い

▼ 以上今夜~ (3, 0.0%)

2 の約束 1 のお前

▼ 以上今後~ (3, 0.0%)

1 ともお, は何, は文学

▼ 以上仕事~ (3, 0.0%)

1 の息ヌキ, をきたなく, をする

▼ 以上何とか~ (3, 0.0%)

1 けじめを, 向へ, 婉曲に

▼ 以上何とも~ (3, 0.0%)

1 しようが, 仕方の, 言うこと

▼ 以上何らかの~ (3, 0.0%)

1 形式の, 方法が, 方法で

▼ 以上何処~ (3, 0.0%)

1 に居る, までも知る, まで発育

▼ 以上余計~ (3, 0.0%)

1 な念, に朝寝, に種々

▼ 以上作者~ (3, 0.0%)

1 が美しい, としてその, はその

▼ 以上便利~ (3, 0.0%)

1 で有益, で贅沢, なん

▼ 以上信長~ (3, 0.0%)

1 の性急, の才腕, を殺せ

▼ 以上僕等~ (3, 0.0%)

2 の作品 1 は到底

▼ 以上先生~ (3, 0.0%)

1 が同気相, なしである, の意志

▼ 以上全く~ (3, 0.0%)

1 コーヒーを, 以上の, 老人の

▼ 以上再び~ (3, 0.0%)

2 元通りに 1 もと通りに

▼ 以上出る~ (3, 0.0%)

1 ことは, とき紙代と, のだ

▼ 以上前進~ (3, 0.0%)

1 した分析, した科学的研究, しようと

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 七は, 七も, 商主義も

▼ 以上博士~ (3, 0.0%)

1 から奇怪, をときふせる, を動かす

▼ 以上~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の主意

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 種類の, 章にわたって, 部分の

▼ 以上合せ~ (3, 0.0%)

1 て五宝, て五香, て六路

▼ 以上同一~ (3, 0.0%)

1 の場所, の性質, の貨幣利子

▼ 以上吾人~ (3, 0.0%)

2 は主として 1 はできるだけ

▼ 以上四人~ (3, 0.0%)

1 が鳰鳥, の名, の浅まし

▼ 以上四段~ (3, 0.0%)

1 にわけ, のミダル, の自動詞

▼ 以上国家~ (3, 0.0%)

1 という機構, の公民, を一団

▼ 以上大衆~ (3, 0.0%)

1 がいつの間にか, でなければ, の新た

▼ 以上大阪~ (3, 0.0%)

1 にも何, に依っ, の料理人

▼ 以上奈良朝~ (3, 0.0%)

1 においては後世, において後世, における諸

▼ 以上女子~ (3, 0.0%)

1 が子, に限らず, の職能

▼ 以上女房~ (3, 0.0%)

1 に出来ない, の文学, も子供

▼ 以上如何なる~ (3, 0.0%)

2 意味かで 1 名の

▼ 以上完全~ (3, 0.0%)

1 な輝かしい, に, に彼女ら

▼ 以上実は~ (3, 0.0%)

1 夫は, 未だ一向に注意, 無責任

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 に置いたら, の中, を借り

▼ 以上尋ねる~ (3, 0.0%)

1 ことは, のが, のは

▼ 以上小さな~ (3, 0.0%)

1 川は, 珠數を, 石でない

▼ 以上居る~ (3, 0.0%)

1 わけにも, 宿の, 職工の

▼ 以上年上~ (3, 0.0%)

1 であった夫人, であろうとは, のそして

▼ 以上広い~ (3, 0.0%)

1 包容力と, 意味に, 範囲に

▼ 以上強いる~ (3, 0.0%)

1 ことは, ことばも, のは

▼ 以上~ (3, 0.0%)

2 の上丈 1 なし東下

▼ 以上役立つ~ (3, 0.0%)

2 すべての 1 物すなわち

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 にさがれない, の二人, は向かれない

▼ 以上~ (3, 0.0%)

2 の中 1 にかかり

▼ 以上或いは~ (3, 0.0%)

2 以外の 1 当時すでに

▼ 以上戦争~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の終った, の輪

▼ 以上折角~ (3, 0.0%)

1 のよい, 企てた支那旅行, 自分の

▼ 以上掘り出され~ (3, 0.0%)

2 ていました 1 てゐました

▼ 以上~ (3, 0.0%)

2 であるが 1 の夢

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 が非, をでも, を外国

▼ 以上普通~ (3, 0.0%)

1 の入門書, の思考力, の軽薄

▼ 以上暮し~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐる

▼ 以上更に~ (3, 0.0%)

1 作家として, 多数の, 進んで

▼ 以上書い~ (3, 0.0%)

1 ている, ては削りました, てゐる

▼ 以上書いた~ (3, 0.0%)

1 からなア, ことで, 事実は

▼ 以上書き~ (3, 0.0%)

1 畢つた後徳さんの, 畢つた時弟潤三郎が, 續ける

▼ 以上最も~ (3, 0.0%)

1 不可思議な, 代表的な, 安らけ

▼ 以上最後~ (3, 0.0%)

1 にその, に至っ, の最後

▼ 以上根本的~ (3, 0.0%)

1 な, な言葉, の改革

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 倫代, 寧代, 精代

▼ 以上正確~ (3, 0.0%)

2 な知識 1 に云え

▼ 以上武蔵~ (3, 0.0%)

1 の新, の方, の生き

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 にむかっ, のこと, はどう

▼ 以上永久~ (3, 0.0%)

1 にローマン主義, に存在, に我々

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 入し, 入しよう, 酷に

▼ 以上湯煎~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にします

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 の表裏, を言, 置きに

▼ 以上理窟~ (3, 0.0%)

1 は別, も云いたくなかった, を云つて

▼ 以上生産~ (3, 0.0%)

2 しなくなるまでは 1 するか

▼ 以上男子~ (3, 0.0%)

1 が女子, として武士, には冒険

▼ 以上知識~ (3, 0.0%)

1 の客観性, の普及, を政治

▼ 以上研究~ (3, 0.0%)

1 に不十分, の進め, を進める

▼ 以上確実~ (3, 0.0%)

1 なこと, にし, に認識

▼ 以上科学~ (3, 0.0%)

1 のこの, の社会的, は認識

▼ 以上立ち入る~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことは, ということ

▼ 以上立派~ (3, 0.0%)

1 な形, に國産, に自分

▼ 以上簡単~ (3, 0.0%)

1 に引用, に述べた, に述べました

▼ 以上精神~ (3, 0.0%)

1 に於い, の体位, を取り乱し

▼ 以上続い~ (3, 0.0%)

1 ている, てゐた, て居た

▼ 以上続け~ (3, 0.0%)

1 てはしまいに, てゆけ, てゐる

▼ 以上続ける~ (3, 0.0%)

1 ことが, なんていう, 必要は

▼ 以上置かなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばなりません 1 ば決して

▼ 以上美しい~ (3, 0.0%)

1 にちがい, ひととして, 言葉の

▼ 以上義理~ (3, 0.0%)

1 とし, にもいちど, の悪い

▼ 以上老人~ (3, 0.0%)

1 と青年, などは置き去り, をなやませ

▼ 以上考え~ (3, 0.0%)

1 つめなかった, てみよう, ようは

▼ 以上考へ~ (3, 0.0%)

1 て見なけれ, て見る, 難き事

▼ 以上考へた~ (3, 0.0%)

3 とて私

▼ 以上聞い~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ては嫌

▼ 以上興味~ (3, 0.0%)

2 をもつ 1 をもつてる

▼ 以上芝居~ (3, 0.0%)

1 が好き, で挨拶, をぶち

▼ 以上芸術~ (3, 0.0%)

1 の社会的役割, はその, も好き

▼ 以上苦しむ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことを

▼ 以上英語~ (3, 0.0%)

1 が出来, ですべて用, の名称

▼ 以上複雑~ (3, 0.0%)

1 な又, な正月, に出来ぬ

▼ 以上記し~ (3, 0.0%)

1 畢つた後寛政甲寅の, 畢つた後近世日本演劇史と, 畢つた時浜野氏は

▼ 以上~ (3, 0.0%)

2 は唐以上 1 であったという

▼ 以上詮議~ (3, 0.0%)

1 しても, に詮議, の要

▼ 以上詳しい~ (3, 0.0%)

1 ことを, 事を, 孔子の

▼ 以上詳しく~ (3, 0.0%)

1 はきかなかつた, 述べる必要, 述べる暇

▼ 以上論述~ (3, 0.0%)

2 した所 1 したるところ

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 司の, 画工の, 科学に

▼ 以上諸君~ (3, 0.0%)

1 から収める, は飢えた, も亦

▼ 以上譬喩~ (3, 0.0%)

2 による序 1 で太子

▼ 以上近づく~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことは, のも

▼ 以上述べき~ (3, 0.0%)

1 たりし, たりしごとく, たりたる

▼ 以上述べたごとき~ (3, 0.0%)

1 ことは, 性質の, 次第ゆえおよそ

▼ 以上述べた如く~ (3, 0.0%)

1 エタと, ローマンチシズムの, 美の

▼ 以上述べ来った~ (3, 0.0%)

1 ように, 事については, 所を

▼ 以上進行~ (3, 0.0%)

1 しないって, すると, する事

▼ 以上過ぎた~ (3, 0.0%)

1 時分大概は, 頃である, 頃の

▼ 以上過去~ (3, 0.0%)

1 に属し, に於ける, の克服

▼ 以上違っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て来る

▼ 以上適当~ (3, 0.0%)

1 ないかなる, な人間, な題言

▼ 以上飲む~ (3, 0.0%)

1 と近頃, と道, な本家

▼ 以上騰貴~ (3, 0.0%)

1 するであろう, せしめるかも, せしめること

▼ 以上~ (3, 0.0%)

1 は如何なる, は決して, も低い

▼ 以上あったら~ (2, 0.0%)

1 たまらないし, どうかね

▼ 以上あと~ (2, 0.0%)

1 はただ, へお

▼ 以上あまり~ (2, 0.0%)

1 女性との, 宙が

▼ 以上いたずら~ (2, 0.0%)

1 に対峙, に見過ごしまする

▼ 以上いっしょ~ (2, 0.0%)

1 におります, にやっ

▼ 以上いま~ (2, 0.0%)

1 直ぐ貴殿, 駈引き

▼ 以上おくれ~ (2, 0.0%)

1 さうなので, てしかし

▼ 以上おまえ~ (2, 0.0%)

1 の一座, の方

▼ 以上おまけ~ (2, 0.0%)

1 に私, に編輯者

▼ 以上お腹~ (2, 0.0%)

1 がすかない, がふくらむ

▼ 以上かう~ (2, 0.0%)

2 云ふ

▼ 以上かくし~ (2, 0.0%)

1 ている, ておく

▼ 以上かくして~ (2, 0.0%)

1 求められた規範性, 軽々しく仮定

▼ 以上かん~ (2, 0.0%)

1 がへない, が発達

▼ 以上きれい~ (2, 0.0%)

1 に親許, に違い

▼ 以上きわめて~ (2, 0.0%)

1 概括的に, 簡単に

▼ 以上くだくだしく~ (2, 0.0%)

1 いわずとも, 述べて

▼ 以上くどく~ (2, 0.0%)

1 画家さんに, 説明する

▼ 以上ぐずぐず~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 以上けっして~ (2, 0.0%)

1 軽蔑し, 黙って

▼ 以上こう~ (2, 0.0%)

1 でもしなく, 云う馬鹿息子

▼ 以上こっそり~ (2, 0.0%)

1 抜け出して, 町を

▼ 以上さまざま~ (2, 0.0%)

1 の種類, の罪悪

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 て貰い, ょうがねえつうんでそん時に

▼ 以上しか~ (2, 0.0%)

1 映じなかったより, 眼に

▼ 以上しつこく~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 訊かせない調子

▼ 以上すこし~ (2, 0.0%)

1 はパッ, 暇に

▼ 以上すすめる~ (2, 0.0%)

1 ことを, とぼく

▼ 以上ずつ~ (2, 0.0%)

1 かけて, 殖える

▼ 以上そうして~ (2, 0.0%)

1 人の, 歩き続けるより

▼ 以上その間~ (2, 0.0%)

1 に将軍, に彼女

▼ 以上それだけ~ (2, 0.0%)

1 の覚悟, の責任

▼ 以上それに~ (2, 0.0%)

1 一度没入, 成効の

▼ 以上たいへん~ (2, 0.0%)

1 なこと, 大ざっぱな

▼ 以上たずね~ (2, 0.0%)

1 てくれる, もしない

▼ 以上たつ~ (2, 0.0%)

1 ても口, とあと

▼ 以上だけ~ (2, 0.0%)

1 で完結, で常連

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 がふ, がふか

▼ 以上つづい~ (2, 0.0%)

1 ていた, て営利的

▼ 以上つまり~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, 文芸と

▼ 以上であったろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思われる

▼ 以上できるだけ~ (2, 0.0%)

1 おもしろおかしく脚色, 誤解の

▼ 以上でなく~ (2, 0.0%)

1 ては出られぬ, ば許されなかつた

▼ 以上とうてい~ (2, 0.0%)

1 そっちへ, 示し得ないところ

▼ 以上として~ (2, 0.0%)

1 あつた, 使ったとき

▼ 以上ともかく~ (2, 0.0%)

1 もなる, 料理として

▼ 以上なぜ~ (2, 0.0%)

1 山形警部の, 憎まれても

▼ 以上なつかしい~ (2, 0.0%)

1 もの, 彼の

▼ 以上なりと~ (2, 0.0%)

2 いう

▼ 以上なるべく~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, 平易に

▼ 以上なんとか~ (2, 0.0%)

1 声でも, 後始末を

▼ 以上なんらかの~ (2, 0.0%)

1 形で, 形式に

▼ 以上においては~ (2, 0.0%)

1 多く小作料, 輿論の

▼ 以上について~ (2, 0.0%)

1 居り幽, 考える所

▼ 以上にて~ (2, 0.0%)

1 漢書を, 終りぬ

▼ 以上にな~ (2, 0.0%)

1 つては, つて假名遣

▼ 以上にわたる~ (2, 0.0%)

1 旅行は, 長い間

▼ 以上のが~ (2, 0.0%)

1 おそば, ない

▼ 以上のち~ (2, 0.0%)

1 からのあら, に見

▼ 以上はも~ (2, 0.0%)

2 早市民

▼ 以上はるか~ (2, 0.0%)

1 に甚, に重大

▼ 以上ひと~ (2, 0.0%)

1 を蹴っとばす, 揉めは

▼ 以上ひどく~ (2, 0.0%)

1 なっては, はなれ

▼ 以上ひろげない~ (2, 0.0%)

1 こと今始め, ということ

▼ 以上ほんとう~ (2, 0.0%)

1 だと, にコレラ

▼ 以上まことに~ (2, 0.0%)

1 やむを得ないこと, ザッパクに

▼ 以上まさか~ (2, 0.0%)

1 その妙, はいらぬわけ

▼ 以上まず~ (2, 0.0%)

1 十中八九まで, 嫁入りは

▼ 以上まったく~ (2, 0.0%)

1 お世辞, 根拠の

▼ 以上までが~ (2, 0.0%)

1 濡れて, 腰弁を

▼ 以上みじめ~ (2, 0.0%)

1 なる敗走, な気持

▼ 以上むずかしい~ (2, 0.0%)

1 もので, ものと

▼ 以上むろん~ (2, 0.0%)

1 本校職員の, 田村へは

▼ 以上めくる~ (2, 0.0%)

1 のを, 頁が

▼ 以上もし~ (2, 0.0%)

1 私が, 重い科人

▼ 以上もつ~ (2, 0.0%)

1 と本気, と詳しく

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, ろうとは

▼ 以上やっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て貰った

▼ 以上やっぱり~ (2, 0.0%)

1 日本精神を, 美しい高いところ

▼ 以上よい~ (2, 0.0%)

1 作品を, 絵は

▼ 以上よき~ (2, 0.0%)

1 技術者の, 日本文化の

▼ 以上より~ (2, 0.0%)

1 どころの, ほかに

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 宗教人としての, 鮭の

▼ 以上わからない~ (2, 0.0%)

1 のだ, 顔を

▼ 以上ドウ~ (2, 0.0%)

1 しても, にも仕様

▼ 以上ホテル~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 以上一こと~ (2, 0.0%)

1 もいわせない, もいわない

▼ 以上一つ~ (2, 0.0%)

1 の部屋, の階級化

▼ 以上一ヵ月一円五十銭~ (2, 0.0%)

2 の家賃

▼ 以上一寸~ (2, 0.0%)

1 おかしいだろう, も其所

▼ 以上一時代~ (2, 0.0%)

2 の風俗

▼ 以上一泊~ (2, 0.0%)

2 や二泊

▼ 以上七人~ (2, 0.0%)

1 が打, になりました

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の字, 移である

▼ 以上三個~ (2, 0.0%)

1 の主, の理由

▼ 以上三回~ (2, 0.0%)

1 の放談, の犯罪

▼ 以上三点~ (2, 0.0%)

1 の区別, をお話

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の実業家, の芝居好き

▼ 以上世の中~ (2, 0.0%)

1 とのつながり, を愛し

▼ 以上並々~ (2, 0.0%)

1 とあ, とある

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 には百年二百年, を覗き

▼ 以上主として~ (2, 0.0%)

1 たッ, 經學の

▼ 以上主人~ (2, 0.0%)

1 はその, や番頭

▼ 以上乗りかかった~ (2, 0.0%)

1 船だ, 船で

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 を荒立てない, を荒立てる

▼ 以上事実~ (2, 0.0%)

1 を抂げ, を概念

▼ 以上二三~ (2, 0.0%)

1 の例, の合鍵

▼ 以上二個~ (2, 0.0%)

1 の力, の神婚説話

▼ 以上二時間~ (2, 0.0%)

2 もすれ

▼ 以上二神~ (2, 0.0%)

1 の爭鬪, 誘い出す意味

▼ 以上人命~ (2, 0.0%)

1 の呪咀, を失う

▼ 以上人民~ (2, 0.0%)

1 の歴史, は従わざる

▼ 以上今さら~ (2, 0.0%)

1 未練らしく, 素手では

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の好い, 睦まじい叔父甥

▼ 以上会う~ (2, 0.0%)

1 必要は, 機会知己に

▼ 以上住ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で居る

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 はどうも, を疲らせなけれ

▼ 以上例示~ (2, 0.0%)

1 したるごとく生涯, した激情

▼ 以上俳優~ (2, 0.0%)

1 とは何者, は舞台

▼ 以上偶然~ (2, 0.0%)

1 の効果, の解釈

▼ 以上催促~ (2, 0.0%)

1 されなければ, はしなかった

▼ 以上傾きよう~ (2, 0.0%)

2 がなくなる

▼ 以上働く~ (2, 0.0%)

1 かどう, ことよりも

▼ 以上優れた~ (2, 0.0%)

1 演劇, 翻訳を

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 より彼等, 蜂須賀村の

▼ 以上元来~ (2, 0.0%)

1 が時事的, 今云った

▼ 以上兄さん~ (2, 0.0%)

1 だってもう, に立て替え

▼ 以上充分~ (2, 0.0%)

1 それを, なる覚悟

▼ 以上先ず~ (2, 0.0%)

1 この辺, 例の

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 も角釋詁, やこう

▼ 以上入っ~ (2, 0.0%)

1 て十銭, て居るだろう

▼ 以上全然~ (2, 0.0%)

1 現実から, 踊らぬの

▼ 以上全部~ (2, 0.0%)

1 で凡そ七十冊, は第

▼ 以上公平~ (2, 0.0%)

1 な物, は保てない

▼ 以上六人~ (2, 0.0%)

1 でそれに, を連れ

▼ 以上六首~ (2, 0.0%)

1 の末, は彼

▼ 以上其の~ (2, 0.0%)

1 会社の, 社会国家の

▼ 以上具体的~ (2, 0.0%)

1 に述べられない, の話

▼ 以上内部~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の正確

▼ 以上冷静~ (2, 0.0%)

1 なる態度, を装っ

▼ 以上切り取られ~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまった

▼ 以上列記~ (2, 0.0%)

1 したもの, した雀

▼ 以上初学者~ (2, 0.0%)

2 が構図

▼ 以上加える~ (2, 0.0%)

1 ことは, なんの

▼ 以上勝手~ (2, 0.0%)

1 である, に超え

▼ 以上勤続~ (2, 0.0%)

1 した者, の店員

▼ 以上十二時間~ (2, 0.0%)

1 と云う, は寝る

▼ 以上単なる~ (2, 0.0%)

1 最近の, 虚栄である

▼ 以上却って~ (2, 0.0%)

1 この新た, 何かの

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 さは, さ一分位の

▼ 以上双方~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の関係

▼ 以上収監~ (2, 0.0%)

2 された場合

▼ 以上取り~ (2, 0.0%)

1 ながら, の若隠居

▼ 以上古い~ (2, 0.0%)

1 もの, 事実と

▼ 以上召使~ (2, 0.0%)

2 や運転手

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 なり真相, なり範囲

▼ 以上合わせ~ (2, 0.0%)

1 て五宝, て五香

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 ひ詰めたら何, ひ詰めても

▼ 以上問題~ (2, 0.0%)

1 となつた, の新しい

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 のよう, をつい

▼ 以上四十~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの人, ぐらいの奴

▼ 以上四十五歳~ (2, 0.0%)

1 までの人, までの男子

▼ 以上四十歳~ (2, 0.0%)

1 までが特別, までの人

▼ 以上四十歳以下~ (2, 0.0%)

1 という時代, の年齢

▼ 以上四種~ (2, 0.0%)

1 のうち, のヒレ

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 より多, より対象

▼ 以上国民~ (2, 0.0%)

1 の言語, は当然

▼ 以上地面~ (2, 0.0%)

1 の下, は落こ

▼ 以上執拗~ (2, 0.0%)

1 にうんぬん, には尋ねなかった

▼ 以上場所~ (2, 0.0%)

1 に依, を取らない

▼ 以上境遇~ (2, 0.0%)

1 がよく, が許す

▼ 以上多分~ (2, 0.0%)

1 一億年くらいの, 夫人が

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 と人, も雨

▼ 以上大した~ (2, 0.0%)

1 ことは, 吉報でない

▼ 以上大学~ (2, 0.0%)

1 に学ぶ, の一流選手

▼ 以上太っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 へいく, へはいる

▼ 以上如何~ (2, 0.0%)

1 にし, に鯉幟

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 は夫, も子

▼ 以上~ (2, 0.0%)

2 も妹

▼ 以上姿~ (2, 0.0%)

1 はスラリ, を現

▼ 以上婿~ (2, 0.0%)

2 にも行かれず

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 として申し分, の立場

▼ 以上存在~ (2, 0.0%)

1 すと, を一般化

▼ 以上学問~ (2, 0.0%)

1 で六等以上, の六等以上

▼ 以上容易~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に変更

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来られた

▼ 以上寧ろ~ (2, 0.0%)

1 一般に, 是は

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 冊子, 藤次の

▼ 以上少い~ (2, 0.0%)

1 といふ事実, 時でも

▼ 以上少く~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, も秋川家

▼ 以上少なくとも~ (2, 0.0%)

1 千円より, 然るべき女子供

▼ 以上屹度心~ (2, 0.0%)

1 から待っ, から待つ

▼ 以上島民~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 以上平家~ (2, 0.0%)

1 のす, の武家政治

▼ 以上年齢~ (2, 0.0%)

1 のひらき, の差

▼ 以上幸福~ (2, 0.0%)

1 な存在, になれる

▼ 以上幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの例, かの時機

▼ 以上幾何学~ (2, 0.0%)

1 に於, の対象

▼ 以上広義~ (2, 0.0%)

1 に詩的, の国防上

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 についてい, に居た

▼ 以上延ばす~ (2, 0.0%)

1 ことも, わけに

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 が言っ, はその

▼ 以上弱い~ (2, 0.0%)

1 奴ばかしが, 火にかけて

▼ 以上当然そう~ (2, 0.0%)

1 ならざるを, なるべき結果

▼ 以上必要~ (2, 0.0%)

1 であること, なもの

▼ 以上忠実~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 れた, ろし

▼ 以上怪しい~ (2, 0.0%)

1 と思わぬ, ものも

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 えかねて, えきれないという

▼ 以上感傷的~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ 以上感情~ (2, 0.0%)

1 にさし迫っ, の論理

▼ 以上成功~ (2, 0.0%)

2 したろう

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の態度, は我

▼ 以上我が~ (2, 0.0%)

1 國は, 船を

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 せましと, に由り

▼ 以上所詮~ (2, 0.0%)

1 かの娘, 駄目だ

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 考の, 訳

▼ 以上挙げたる~ (2, 0.0%)

1 神婚説話の, 誤字の

▼ 以上捜索~ (2, 0.0%)

1 の歩, も致しませぬでした

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 ッて, 鷹は

▼ 以上数十冊~ (2, 0.0%)

2 の読書

▼ 以上数回~ (2, 0.0%)

1 にわたって私, を重ね

▼ 以上数種~ (2, 0.0%)

1 の外, の妖怪

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 に嗤, の罵倒

▼ 以上敵国~ (2, 0.0%)

1 の国相, の領土

▼ 以上文章~ (2, 0.0%)

1 の作製法, をつづる

▼ 以上料理~ (2, 0.0%)

1 もまた, を考え

▼ 以上断る~ (2, 0.0%)

1 ということ, のは

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 が立て, の照っ

▼ 以上日本人~ (2, 0.0%)

1 だけの手, の

▼ 以上日本民族~ (2, 0.0%)

1 の上代, への侮辱

▼ 以上昇れぬ~ (2, 0.0%)

2 というところ

▼ 以上明日~ (2, 0.0%)

1 に育つ, も亦

▼ 以上明日子~ (2, 0.0%)

1 もまた, を浮気

▼ 以上明瞭~ (2, 0.0%)

1 な不安, な考

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の流動推移, は本質上

▼ 以上時に~ (2, 0.0%)

1 はこうした, よると

▼ 以上暗く~ (2, 0.0%)

1 して, 必要以上固く

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 かるべき文字, は魯公以上

▼ 以上曹操~ (2, 0.0%)

1 とてもそう涙, もそれ

▼ 以上期待~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 以上来る~ (2, 0.0%)

1 ものの来た, ものは

▼ 以上枚挙~ (2, 0.0%)

1 するところ, の件

▼ 以上果敢~ (2, 0.0%)

2 いとか

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 が倒れる, 甲の

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の一時間, の句

▼ 以上止む~ (2, 0.0%)

1 を得ない, を得ぬ

▼ 以上此家~ (2, 0.0%)

1 にいる, にゐる

▼ 以上歩い~ (2, 0.0%)

1 てもうそろそろ, てもまだ

▼ 以上歩く~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 以上歩合~ (2, 0.0%)

2 を上せ

▼ 以上死ん~ (2, 0.0%)

1 でからも亦, でこの

▼ 以上残っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 以上残り~ (2, 0.0%)

1 の五人, の八人

▼ 以上殺された~ (2, 0.0%)

2 大尉殿は

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 でもつかう, 食わば

▼ 以上水中~ (2, 0.0%)

1 できく, に沈んだ

▼ 以上河流~ (2, 0.0%)

2 と運河

▼ 以上法律~ (2, 0.0%)

1 が許し, を知る

▼ 以上注意~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ 以上津田~ (2, 0.0%)

1 はたしかに, を押さなかった

▼ 以上源氏~ (2, 0.0%)

1 の三浦, の末路

▼ 以上演劇~ (2, 0.0%)

1 に志す, の史的研究

▼ 以上潜る~ (2, 0.0%)

1 と動揺, にきまっ

▼ 以上無意識~ (2, 0.0%)

1 で睡眠, の朦朧

▼ 以上煮なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなりません, ば良い

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 が出ちまっ, は失った

▼ 以上熱心~ (2, 0.0%)

1 に古, に耳

▼ 以上父子~ (2, 0.0%)

1 の間, の關係

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の死ぬ, の罪

▼ 以上特に~ (2, 0.0%)

1 断わらない限り範疇, 異を

▼ 以上犯人~ (2, 0.0%)

1 が出入, のない

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 にでも聞かなけれ, の眷属

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 さら踏み込ん, 又以上

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 以上現れ~ (2, 0.0%)

2 て活動

▼ 以上現代~ (2, 0.0%)

1 のよう, を最も

▼ 以上生きる~ (2, 0.0%)

1 は辛い, 大動物

▼ 以上生物~ (2, 0.0%)

1 として先ず, もまた

▼ 以上申しあげた~ (2, 0.0%)

1 ことの, 儀は

▼ 以上申した~ (2, 0.0%)

1 ような, 三つの

▼ 以上申し述べました~ (2, 0.0%)

1 ような, 事は

▼ 以上申す~ (2, 0.0%)

1 までもなく, 必要は

▼ 以上男らしく~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 以上略記~ (2, 0.0%)

1 した過去, する所

▼ 以上略述~ (2, 0.0%)

1 した如く日本家屋, した通り

▼ 以上病的~ (2, 0.0%)

1 に削られ, に非

▼ 以上発展~ (2, 0.0%)

1 しなかった, の余地

▼ 以上発達~ (2, 0.0%)

1 すると, せしむべ

▼ 以上百人~ (2, 0.0%)

1 が代るがわる, もの知り

▼ 以上百姓~ (2, 0.0%)

1 が通っ, を悲しませる

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 古言, 親覽

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 に残った, を研い

▼ 以上知らない~ (2, 0.0%)

1 ことに, とは言いません

▼ 以上知ろう~ (2, 0.0%)

2 とはしなかった

▼ 以上確か~ (2, 0.0%)

1 な筋, な者

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 に迷惑, 大党

▼ 以上社会的~ (2, 0.0%)

1 な意味, に問題

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 に近づいた, の正義

▼ 以上秀吉~ (2, 0.0%)

1 とて実は, にふかく

▼ 以上私達~ (2, 0.0%)

1 にどう, に目

▼ 以上程度~ (2, 0.0%)

1 ではとても, の学力

▼ 以上積極的~ (2, 0.0%)

1 な性格, には出ない

▼ 以上究極~ (2, 0.0%)

1 の抽象, は他

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 つく必要, 込まないの

▼ 以上~ (2, 0.0%)

2 粹の

▼ 以上素直~ (2, 0.0%)

1 に自分, に荊州

▼ 以上細君~ (2, 0.0%)

1 に説明, の病気

▼ 以上紹介~ (2, 0.0%)

1 したところ, したよう

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 でないと, の中

▼ 以上結合~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 以上經つて~ (2, 0.0%)

1 から出た, 居るので

▼ 以上続いた~ (2, 0.0%)

1 のでずいぶん, 豊作を

▼ 以上縦令~ (2, 0.0%)

2 子爵の

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の赦し, を重ねる

▼ 以上署長~ (2, 0.0%)

1 からの報告, に聞く

▼ 以上美奈子~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 以上習慣~ (2, 0.0%)

2 においても我々

▼ 以上聞いた~ (2, 0.0%)

1 とおりな, とて何

▼ 以上聴く~ (2, 0.0%)

1 元気は, 必要は

▼ 以上職場~ (2, 0.0%)

1 にいた, にしばられ

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 にぶら下げ, を落ち着け

▼ 以上良人~ (2, 0.0%)

1 たる中, との愛情

▼ 以上芸術家~ (2, 0.0%)

1 としては技巧上, は天

▼ 以上若い~ (2, 0.0%)

1 女の, 彼は

▼ 以上苦しめる~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ 以上藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 が心, には読める

▼ 以上行く~ (2, 0.0%)

1 ことが, よりほか

▼ 以上西洋人~ (2, 0.0%)

1 だし, に就い

▼ 以上見た~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 ともなり子, の敵

▼ 以上親しく~ (2, 0.0%)

1 なったらもう, 新居を

▼ 以上観る~ (2, 0.0%)

1 という心, 興味を

▼ 以上解る~ (2, 0.0%)

1 ところへは, はずが

▼ 以上触れ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てゆく

▼ 以上詮索~ (2, 0.0%)

1 しないで, は無用

▼ 以上話し~ (2, 0.0%)

1 ている, を進める

▼ 以上話す~ (2, 0.0%)

1 事なし, 気持に

▼ 以上詳細~ (2, 0.0%)

2 に述べる

▼ 以上認識~ (2, 0.0%)

1 が文化的生, すること

▼ 以上語る~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事は

▼ 以上語ろう~ (2, 0.0%)

1 としなかった, とはしなかった

▼ 以上説いた~ (2, 0.0%)

1 所で, 所によ

▼ 以上説く~ (2, 0.0%)

1 ところの, な聞い

▼ 以上読んだ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 暑いのに

▼ 以上読者~ (2, 0.0%)

1 の反響, はこの

▼ 以上論じた~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところを

▼ 以上諸種~ (2, 0.0%)

1 の植物質器具, の石器

▼ 以上警察~ (2, 0.0%)

1 はあなた, へ引っぱられ

▼ 以上譲歩~ (2, 0.0%)

1 すると, できません

▼ 以上負け~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てゐた

▼ 以上貴君~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 以上貴方~ (2, 0.0%)

1 のよう, も真剣

▼ 以上走る~ (2, 0.0%)

1 ことは, などいう

▼ 以上起したく~ (2, 0.0%)

2 も起されない

▼ 以上踏み~ (2, 0.0%)

1 止つては, 止つてゐる

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 を全う, 死せば

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 では進めなかつた, の輪

▼ 以上軍部~ (2, 0.0%)

2 が無理押し

▼ 以上近寄る~ (2, 0.0%)

1 ことは, と棒

▼ 以上返事~ (2, 0.0%)

1 をうながす, をよこす

▼ 以上述べる~ (2, 0.0%)

1 必要が, 通りである

▼ 以上迷惑~ (2, 0.0%)

1 かけちゃ, をかけられる

▼ 以上追窮~ (2, 0.0%)

1 する必要, する面倒

▼ 以上退く~ (2, 0.0%)

1 に退かれず, 者は

▼ 以上通じない~ (2, 0.0%)

2 男である

▼ 以上進まない~ (2, 0.0%)

1 うちに, としてもそれ

▼ 以上進む~ (2, 0.0%)

1 事の, 気持ちが

▼ 以上違う~ (2, 0.0%)

1 のであった, んだ

▼ 以上適切~ (2, 0.0%)

1 な例, に現し得る

▼ 以上重点~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を明らか

▼ 以上金吾~ (2, 0.0%)

1 の気質, の身

▼ 以上長く~ (2, 0.0%)

1 して, 禍根を

▼ 以上関係~ (2, 0.0%)

1 したくないと, を進行

▼ 以上随分~ (2, 0.0%)

1 へとへとに, 佐竹屋敷は

▼ 以上雑多~ (2, 0.0%)

1 なこと, な人数

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 かしい教理, 攻である

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 が降ったら, の中

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, の中

▼ 以上青木君~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 以上面倒~ (2, 0.0%)

1 な商量, な學問

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 からわかる, を混乱

▼ 以上類似~ (2, 0.0%)

1 の事柄, の政策

▼ 以上馬鹿~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ 以上高い~ (2, 0.0%)

1 から讀者, 象徴の

▼ 以上魅力~ (2, 0.0%)

1 ある, を読者

▼ 以上~ (2, 0.0%)

1 の生れつき, を殺し

▼ 以上鳴る~ (2, 0.0%)

1 ところといった, ところ五回以上鳴る

▼ 以上~ (2, 0.0%)

2 っては居れない

▼1* [2625件]

以上○○の胸, 以上あきらめてゐる, 以上あきらめる外は, 以上あくまでも探査の, 以上あけて見たい, 以上あけようと思え, 以上あげて天, 以上あげるとエンジン, 以上あせるは愚, 以上あぜんとした, 以上あたしゃもうもう, 以上あたたかい服装を, 以上あつまればかならず, 以上あてにする, 以上あなたがたに何一つ, 以上あなた一人のため, 以上あぶない目には, 以上あまりながながと続ける, 以上あるいは代議士社長, 以上あるだろうかと云う, 以上ある程度までは共通性, 以上あわてたのは, 以上あんなことについて, 以上あゝピカピカする, 以上ては別れ, 以上いいたいことは, 以上いうと事, 以上いうた様な, 以上いきなり廃めて, 以上いくらか飲ませなくちゃ, 以上いけないとおっしゃれ, 以上いさめる語を, 以上いそぎ足で講道館, 以上いっさいの個人的関心, 以上いつかそれが執り行われる, 以上いつたことは, 以上いつどう気を, 以上いつわっておけぬ, 以上いづれも客體, 以上いぶされちゃどいつも, 以上いま戸田さんのこと, 以上いや人なみはずれて, 以上いられて別れ, 以上いるなら交代に, 以上いわせんで二階, 以上いわば彼の, 以上うかうかしては, 以上うかがうことは, 以上うかと甘言に, 以上うたがいも, 以上うつくしくもなけれ, 以上うまい比較は, 以上うようよして, 以上うれしさが, 以上おかしくなった, 以上おさえがたい形勢, 以上おしゃべりをし, 以上おちるところが, 以上おっしゃらなくてもちゃんと, 以上おっしゃるにはおよびません, 以上おとなしくないわけ, 以上おどろいたり怯, 以上おのずから尊重され, 以上おびただしい人命を, 以上おぼろげながら名詞語根説, 以上おまんも, 以上おまえさんも抜からず, 以上おまえたちになんで, 以上おやと思う, 以上およそひとりで, 以上おると考え, 以上おれたちの腕, 以上おん大将ならびに軍師, 以上お世話になっ, 以上お前たちに買う, 以上お力になる, 以上お母さんから笑, 以上お父さんばかりじゃない, 以上お答えすること, 以上お話しするには, 以上かかったと言う, 以上かかっちゃった閉口だ, 以上かかりましたものね, 以上かかり合っちゃいられねえ, 以上かかるでしょうからそれ, 以上かかるでせうね, 以上かかるらしいので到底, 以上かくのに, 以上かくされている, 以上かくれている, 以上かけ放して, 以上かさまぬよう希われる, 以上かたいものが, 以上かつてそこで, 以上かと思われまする, 以上かなしい目には, 以上かならず噛む, 以上かならず互いに親交が, 以上かの女を, 以上からになったの, 以上かんがえないことに, 以上きいてもムダ, 以上きかなかつたのでございました, 以上きっちりする方, 以上きびしい岡崎の, 以上きょうは商売, 以上はしく, 以上くしゃみをした, 以上くずしようの, 以上くだらぬ原稿は, 以上くどい話を, 以上くよくよしたって, 以上くらいと見積れば, 以上くらいの程度なれ, 以上くわしく説明する, 以上ぐすってみる, 以上ぐらいで有ったろう, 以上ぐらいに計算され, 以上ぐらいの高い処, 以上ぐるりとタタキ, 以上ふの, 以上ここらにうろうろ, 以上ここん処を, 以上こそこそ逃出し, 以上こぞってその指, 以上ことごとく死亡率が, 以上こりゃアのっぴきなら, 以上これ以上荏苒日, 以上こわれかけてるんだ, 以上こんにちの歴史, 以上こんどは功, 以上こんぶを取ったら, 以上ごろついている, 以上ご無沙汰をつ, 以上さからおうとせず, 以上さきだってちゃんと, 以上ささえたり生気, 以上さしずめ天下は, 以上さしずめ最も疑うべき斎藤勇, 以上しいんとひそまりかえって, 以上しかと違背ある, 以上したものに, 以上しちくどくいう必要, 以上しゃべることは, 以上しょせん生きては, 以上しん吉と思う, 以上じっとして, 以上じつとし, 以上じゃないか, 以上じゃが肝腎の, 以上じゃという点に, 以上じゅんまわりに朋輩, 以上じらすのも, 以上すいてゐ, 以上すくなくとも五人や, 以上すぐれている, 以上すこぶる結構な, 以上すすめようともせず, 以上すすんで来た, 以上すね者扱いされる, 以上すべて同断だよ, 以上するだろうし修繕費, 以上するならしてみろ, 以上すわり暮しておいで, 以上ずけずけ云われるの, 以上ずつも顔や, 以上せがむまでもなく, 以上せつない思ひを, 以上せんさくをする, 以上ぜいたくをいう, 以上ぜひとも行かなくては, 以上なたの, 以上そうしたことを, 以上そうやすやすと瞬時, 以上そしてまた高音に, 以上そち一人では, 以上そち達に断じて, 以上その後はさしずめ, 以上それからごくよい, 以上それきりなん, 以上それで素直に, 以上それほどは得られ, 以上それらの点, 以上そろっていた, 以上そんなに簡単に, 以上わや腕の, 以上たいして私の, 以上たうてい, 以上たえがたいほどのかわき, 以上たおれてくる, 以上たかがスポーツの, 以上たくましくはしかね, 以上たずねることは, 以上ただし外界とは, 以上たちますと王さま, 以上たちまち自慢の, 以上たってから抄録, 以上たびたび見て, 以上たべたかつたら人に, 以上たべると鼻血, 以上たまたま生じたあり合せ, 以上たまつてゐるんで, 以上たらねばならぬ, 以上たる物なれ, 以上たわけな聟どの, 以上だいたんに, 以上だいぶ熊について, 以上だから警察も, 以上だけでも義仲を, 以上だったろうな, 以上だっていうから, 以上だらう尤もその, 以上だ驚くべき食慾であり, 以上ちかく迫るでも, 以上ちっとも恐しくない, 以上ちつぽけな, 以上ちょっと進みかねて, 以上ちよつと気, 以上つとして, 以上ついうかうかと, 以上つきあいきれない気も, 以上つき出した向きあいの, 以上つくと危険, 以上つけたことは, 以上つっかかってゆく, 以上つっこんだ気質でも, 以上つづき中期王朝時代に, 以上つづく可能性が, 以上つづけざまに, 以上つづけないことだ, 以上つづけぬため彼女は, 以上つづける勇気を, 以上つなぎ合わせて, 以上つなげねえんだ, 以上つまらないことを, 以上つりあげるのに, 以上つれて行かぬ, 以上てこずりぬいたこの問題, 以上であったら四桁以上に, 以上でありましてこの, 以上であるならばその, 以上であるらしく片手に, 以上であれば活著, 以上できないからだ, 以上できる方の, 以上でございませんように, 以上でさえあります, 以上でしたからこれ, 以上でたらめに本, 以上ででもなく, 以上でないならばその, 以上でなけりゃア招かれない, 以上とうぜんその矢, 以上とかがあって, 以上とかの老人たちが, 以上ときとしては四人, 以上とどまってはいられない, 以上とどまるべき因縁は, 以上となえたことも, 以上とにかくそのおかげ, 以上とのみ考えて, 以上とばかりアッコルティ先生が, 以上とめておきたくない, 以上とりあへず御返事まで, 以上とろうとする, 以上ッち, 以上どういうことが, 以上どうか何事も, 以上どうしてもそのままにし, 以上どうせ文章は, 以上どうにか始末を, 以上どうもそのままには捨て置かれない, 以上どころか寧ろ上等, 以上どの家庭婦人も, 以上どのみち舟を, 以上どれ程巨額, 以上ないという究竟, 以上なかなかその疑い, 以上ながびいたばあい, 以上ながめいみは, 以上なくてはなりません, 以上なくなってしまうだろう, 以上なくなるかもしれない, 以上なぐり合いをする, 以上なでしゃばりをやッた, 以上なにかきっぱりしたお, 以上なほ四五十度の熱, 以上なまなかの事言, 以上なみなみとあり盛り, 以上なむかつきをすら覚え, 以上なやますことは, 以上ならしめる原因と, 以上なりということが, 以上なるあり車中の, 以上なるべきかこれ, 以上なる如く此家あるじの, 以上なればたとい, 以上なんの遠慮, 以上なんとも言えなくなるの, 以上なんびとも永遠, 以上なんら嫌疑を, 以上にあたり全国富, 以上にかへつて誇でで, 以上にくはしい, 以上にさえも見えた, 以上にたいして言葉を, 以上にたいしてはだれも, 以上につき御考如何, 以上につけ加へる, 以上にても肉食は, 以上にと言っても, 以上にやはらか, 以上にわたつて, 以上に対してしか彼の, 以上のさばらせず究極においては, 以上のぞめない程度の, 以上のと言ひ直し, 以上のどに別条, 以上のねうちの, 以上のばすわけには, 以上のびないのであった, 以上のべました通り加代子さんが, 以上のみのりとなり, 以上のむ必要が, 以上のり出して真紅, 以上はいりこむつもりは, 以上はいり込むには躊躇, 以上はかまにかかっ, 以上はたから墨縄, 以上はっきりした病名, 以上はというように, 以上はなはだ拙い講義, 以上はなやかにそれら, 以上ひきさがらなくてはならない, 以上ひくわけには, 以上ひそかに高く, 以上ひとつざっくばらんにブツ, 以上ひとりで動く, 以上ひどい重傷で, 以上ひどかったの, 以上ひろふんだから, 以上ひろかった, 以上びっくりしたの, 以上ふさわしい仕事は, 以上ふしぎなもの, 以上ふたたび江戸城の, 以上ふたりの旧知, 以上ふだんよりは相当, 以上ぶつかってゆく, 以上へえそうです, 以上への紙幣の, 以上へは御用列以下の, 以上べつにぶしつけな, 以上べつに好奇心も, 以上ほとんど二年近くも, 以上ほとんどどうすること, 以上ほとんど同時に一つ二階へ, 以上ほめようとしてもほめる, 以上ほんとはない, 以上ぼかされて霞, 以上まさに小圓太, 以上または以下の, 以上までも生きる, 以上まとまってゆく, 以上まるで土用の, 以上まるで互に異っ, 以上まわりの板, 以上まわり道であっても, 以上まわるに違い, 以上みすぼらしい風を, 以上みなその真蹟, 以上みな旅行服で, 以上みな自ら裁決なすって, 以上むこうへ合図, 以上むしろその方, 以上むだだと, 以上むつかしい術を, 以上むりな搾取を領下, 以上めいめい自分の頭, 以上めそめそした或は, 以上めったに姿を, 以上めりこんでいる, 以上もういたずらに栄三郎と, 以上もうこの仕事, 以上もうそうでは, 以上もうそのままに打捨て, 以上もうどうすること, 以上もう二度と彼に, 以上もう少しく進められるならば, 以上もう決してとやかく云わないこと, 以上もしかするとも, 以上もっていました, 以上もっとも重厚な, 以上もてないので残念, 以上もとより生還を, 以上もどっていた, 以上もらえる由, 以上やがて何とかいって, 以上やきもきしたり, 以上やったがこれ, 以上やつてやつ, 以上やむをえないことだ, 以上やむを得ないことだろう, 以上やむを得ぬ事実として, 以上やりきれなくなった, 以上やれば出, 以上やれきれないんだ, 以上ゆっくり食堂に, 以上ゆるすことは, 以上よくもこんなに住み荒らしたもの, 以上よくよくの事情, 以上よけいなこと, 以上れっきとした表門は, 以上わかりやうは, 以上わかりきったことばかり, 以上わかるもんか, 以上わざわざこの不景気, 以上わずらわしくなると, 以上わたしは心苦しい, 以上わめき合う必要も, 以上わるいようです, 以上わるくもしなけれ, 以上われは常住日夜, 以上われらも腹, 以上われら家人として一応, 以上われ等は此問題, 以上ゐたな, 以上をば荒川と, 以上をもちまして私の, 以上アメリカに滞在, 以上イタリーの四火山, 以上イハサクの神, 以上エゴイストであつ, 以上エセックスの出世, 以上エトリの語, 以上エンタイア・デボーションは感じられない, 以上オシラ神の名義, 以上オタツを説得, 以上オドシ利かん思, 以上オホトシの神, 以上カタリを書く, 以上カッフエに勤めさせ, 以上カンジンカナメの点, 以上カントは非, 以上ガブガブのみちょうど, 以上ガン張るの, 以上キンギン国の領土内, 以上ギイトリイが筆, 以上クリティシズムの否定的機能, 以上クロの翼, 以上ゲロをはいた, 以上ゲーテミケロアンジェロバルザックなどよりもむしろ, 以上コックリの伝来, 以上ザッと話しました, 以上シャイロック・ホルムスとアルセーヌ・ルパン, 以上シャベッている, 以上シヤム人以上と思つて, 以上ジッとしてる, 以上スタイルの統一, 以上スタティウスの言, 以上ズーッとキャメラ二台, 以上センチメンタルになっ, 以上ソヴェト社会の嫡出子, 以上タダは起きない, 以上チッポケな湯殿, 以上ツシヤという名詞, 以上アル, 以上トボケて居る, 以上トルストイの原始教, 以上トロなん, 以上ドッチから見, 以上ドライヴしたり, 以上ナオミさんを貰わなけれ, 以上ナゼ役者を入れない, 以上ナル各種大鑛山, 以上ニ喰イ散ラサレテイル, 以上ニ影響ヲ與ヘタル獨乙語ニ, 以上ニ泥酔シテイルヨウニ見エタガ, 以上ニ渉リ包括シテ受任シタル場合ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, 以上ニ熱心デアル, 以上ニ積極的デアル彼女, 以上続ケナイデ下サイ, 以上ハスベテ眉ヲ剃, 以上ハタに責任, 以上ハヤマトの神, 以上ハ目下ノトコロ工合ガ悪イ, 以上ハ経チャンダッテ飛ビ込ミマスヨ, 以上ハ草木生セサル程, 以上バツトは無論, 以上ヒューメンな苦痛, 以上ビール一杯二十五銭とす, 以上ピアノと取組む, 以上フィルムにし, 以上フグ茶だってあっ, 以上フナドの神, 以上フランス画壇の最新, 以上フロイドを連想, 以上ブランクとなっ, 以上プリューシキンはつづけ, 以上プロらしい実力, 以上プロレタリアのもの, 以上ベアトリーチェの言, 以上ペッチグリウが挙げた, 以上ボオトをおろす, 以上ボオドレエルの詩, 以上ポケツトから喰, 以上ミス・ソーヤーに睨まれたら, 以上ミンチン女史の愚痴話, 以上メデューサの首, 以上前ナンダケレド, 以上モーゼスの述べた, 以上モ所謂ネッキングヲ恣ニシタ, 以上モ途中デ時間ヲ費シテ, 以上ヤシマジヌミの神, 以上ヤソマガツヒの神, 以上ラテン的頭脳と相容れない, 以上ラヴィニアまで愛す, 以上ルピック夫人が打つ, 以上レビューは音楽, 以上ロシヤ人を除い, 以上ワザワザ川デ打, 以上も二, 以上一々かぞえあげて, 以上一しょに死ぬ, 以上一カ月以上の天気, 以上一トンまでの爆弾, 以上一ヵ年以上同一の場所, 以上一ヶ年毎に一ヶ月, 以上一ヶ月前の老, 以上一一であった, 以上一七であり他, 以上一万円くらいの差, 以上一三〇〇年までにフランス王, 以上一九〇〇瓦以下の蛋白質, 以上一人当りいくらといふ割合, 以上一倍結束して, 以上一八九二年十一月スヴォーリン宛の手紙, 以上一六六頁の図参照, 以上一刻のがまん, 以上一口酒となれ, 以上一国を奪, 以上一定の地, 以上一尺二寸までの魚, 以上一層の大胆, 以上一座の方以外, 以上一方が返り, 以上一旦なおっても, 以上一時このまま, 以上一時間位です, 以上一時間近くもしやべつ, 以上一晩だってこの, 以上一本腕のつづく, 以上一歩も出なかった, 以上一段落を告げる, 以上一睡もしなかつた, 以上一瞬間も諸君, 以上一種の因果関係, 以上一節毎に一万磅, 以上一般の注目, 以上一般にそれは, 以上一般論は終り, 以上一葉が文学, 以上一行から離れる, 以上一言一句あやまちなし, 以上一言挨拶して, 以上一語を加, 以上一貫五百匁ぐらいまでのもの, 以上一通りわたしの経験, 以上一門西海のもくず, 以上七カ年以下の懲役, 以上七人軒溝石へ立, 以上七八十名までの召使, 以上七八十尋といふ, 以上七八百目から一貫目, 以上七兵衛はやはり, 以上七年以下の懲役, 以上七篇生活の上, 以上七間などというべら棒, 以上七項が書い, 以上万一御秘義, 以上万事うまく運ん, 以上万事作法通りになさい, 以上三〇〇〇米以下が十三, 以上三キロくらいまでは普通火傷, 以上三パラグラフがこの, 以上三事なり, 以上三人オトナ, 以上三作を最後, 以上三倍もあろう, 以上三円位まで御, 以上三分の一の財産, 以上三十万円にも達するであろう, 以上三十匁以内だけの料, 以上三十日の分, 以上三十日足らずの間, 以上三十歳までの生, 以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上三四十円位取るの, 以上三女史も私, 以上三島に向っ, 以上三年以下ノ體刑, 以上三方を三宝, 以上三書共に金港堂発行, 以上三枝は秀岡, 以上三校の内, 以上三次の経験, 以上三段の結果, 以上三毒を仏教, 以上三氏ノ他, 以上三百円位するそう, 以上三筋程ある, 以上三策のうち, 以上三組のレコード, 以上三者の大, 以上三草をもみ, 以上三説の中, 以上三通にてわれ, 以上三通りに考え, 以上三里近くもあろう, 以上三項目入院の前夜, 以上三類中にはいっ, 以上三首に共通, 以上三首日本書紀に景行天皇, 以上三首皆面白し, 以上につく, 以上上下乱脈の世相, 以上上手にはまた, 以上上手下手はべつ, 以上上等は二十銭, 以上上総澪はその, 以上上述の正義感, 以上下がる心配は, 以上下五に, 以上下級人民の立場, 以上不信きわまる艇長, 以上不可思議なもの, 以上不可能なこと, 以上不合理な考え, 以上不安は益, 以上不思議な事, 以上不愍では, 以上不慣れなる事業家, 以上不死性も亦, 以上不気味なそよ風, 以上不甲斐なく後へは, 以上不相応なこと, 以上不眠症に悩ん, 以上不自然な制度, 以上不行儀者の御, 以上不覚をかさねる, 以上不足を感じなかつた, 以上不都合千万な奇怪事, 以上与えた二つの, 以上世界の平和, 以上世間知らずの素朴さ, 以上両者は同一, 以上両親ももうかれこれ, 以上並び其れ, 以上並べた中でも, 以上並んで附着, 以上並河に出させます, 以上中らぬことを, 以上中止すべきであるよう, 以上丹後の部屋, 以上丹念をこめ, 以上主上にせ, 以上主人公たり得る, 以上主人自ら汲むので, 以上主張をつづける, 以上主従四人一体となっ, 以上主観の真, 以上主観客観の対立, 以上之は論理的な, 以上乗せずに短艇, 以上乗り気になっ, 以上九人佛と平次, 以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上乞食と言われ, 以上の波及, 以上争う意志が, 以上事件の起りよう, 以上事芝居に関する限り, 以上事重大と思惟, 以上二〇〇倍ばかりの素粒子, 以上二ツの自供, 以上二パラグラフの中, 以上二ヶ条の原則, 以上二一○○米以下が十五, 以上二万法以下のもの二十八人, 以上二三〇〇米以下が八, 以上二二〇〇米以下が十二, 以上二五〇〇米以下が六, 以上二円も其上, 以上二割の税, 以上二十一度以下の地, 以上二十一項はヤソ教, 以上二十七八歳までの真面目, 以上二十二例について, 以上二十五六二十七八というよう, 以上二十四時間のうち十時間, 以上二十四首は, 以上二十歳以下のいわゆる, 以上二四〇〇米以下が九, 以上二図は実物, 以上二州よりもやや, 以上二年近くも相, 以上二度も三度, 以上二時という時刻, 以上二書の間, 以上二枚は傑出, 以上二枚以内でまとめ, 以上二様の考察, 以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 以上二百仞も高く, 以上二百名まで居る, 以上二神家の敷地, 以上二神生成の思想, 以上二篇において見た, 以上二話ともあまり, 以上二里近い道, 以上二重に出す, 以上二重廻しの下, 以上二頭の犬, 以上二首一人旅して, 以上二首小林輝次君の葉書, 以上云いたいことは, 以上云い換えれば空間表象, 以上云ふたことは必ずしも, 以上云わでもの事, 以上云わずテーブルの, 以上云わなかったがそれ, 以上五つ位食べなければ, 以上五ヶ所へ捨札, 以上五万法以下のもの二十七人, 以上五六寸もある, 以上五六百枚以下それから商売, 以上五六百疋田地はヤク二疋, 以上五冊の有益, 以上五十万以下の資本, 以上五十三歳までの男, 以上五十五キロ以下の空中, 以上五十余名であった, 以上五十四人古今未だこの, 以上五十度近く傾いて, 以上五十歳以下の男子, 以上五千円以下の賄賂, 以上五年生を代表, 以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上五月までに読んだ, 以上五百人のうち, 以上五百法以下の罰金, 以上五百石以下の未決囚, 以上五箇月の所業, 以上五箇月分となり, 以上五箇條である, 以上五篇もの覚えの悪い, 以上五色人の解釋, 以上五試合のこと, 以上五軒が一流, 以上五里半は慥, 以上五首あること, 以上井戸掘を, 以上些末な私情, 以上亞細亞大陸や歐羅巴洲, 以上亡びるという持論, 以上交会はよろしく, 以上交際っている, 以上くること, 以上人力車は自動車, 以上人口十万を越え, 以上人様に顔向け, 以上人氣のある, 以上人生に深入り, 以上人間以外の全, 以上人類の発達, 以上人魂の如き, 以上の範圍, 以上仁木義勝の言, 以上れても, 以上仇敵の男, 以上今さらおめおめと逡巡, 以上今さらとやかく詮議立てし, 以上今さらどう気を, 以上今にきっと源十郎が, 以上今更どうにもならぬ, 以上今更なまじいにそれ, 以上今月はもう, 以上仏蘭西婦人の将来, 以上仕損じの無かっ, 以上他人に相当, 以上他家の嫁, 以上他所の山, 以上以上の所説, 以上以前はそんな, 以上仮りに武家政治, 以上仲よくしましょうという, 以上仲壬を後嗣, 以上伊賀へ帰れ, 以上休みなく働いた, 以上休日がつ, 以上ふ機会, 以上会そのものの責任, 以上伝蔵が何, 以上伝説化した恐怖, 以上伸ばして御座った, 以上伸びなくなるからそこ, 以上伸びなければ仕方, 以上伸びる必要が, 以上伸子の神経, 以上伸子たちはもう, 以上似かようたものが, 以上似た話が, 以上なもの, 以上住みついてゐる, 以上佐古の嫉妬, 以上何かしらそれだけの, 以上何げなく談笑, 以上何と歌へ, 以上何らの説明, 以上何一つできるもの, 以上何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 以上何故職に, 以上何方が勝つた, 以上何箇所だか, 以上何處に否定, 以上はこの, 以上余程獰猛な, 以上余輩の臆測, 以上作ってはならぬ, 以上作られた作品が, 以上作家としての才能, 以上作為のない, 以上使ってはならん, 以上使つてゐるうち, 以上使われている, 以上使用したもの, 以上を列挙, 以上依然として生活に, 以上保留しなければ, 以上信じてきた, 以上信じさせたのだ, 以上信じられない事です, 以上信玄が詳しかっ, 以上信長公の忌諱, 以上信頼すべき同志, 以上修理は近日中, 以上修錬の目的, 以上俳人の観察, 以上俳優全体の生れ, 以上個々の具体的事実, 以上個々人は決して, 以上個人の獨立自存, 以上個別的に適応, 以上個性的性格的でなければ, 以上借りてないものは, 以上借りられないぐらい借金, 以上倫理面に活動, 以上健三を強いなかった, 以上健全なもの, 以上傑作お嫁, 以上傲岸で不遜, 以上傷つけないように, 以上傾くと倒れる, 以上働いた資格が, 以上働かされている, 以上働かしてそれで, 以上億兆の人, 以上償還して, 以上優秀な機械, 以上の僕, 以上兄以上な生活, 以上先ずざっとその位い, 以上先づわれわれの貧しい, 以上先づ印刷刊行のもの, 以上先んじていた, 以上先方が精神状態, 以上先生一人が歳費, 以上光悦以下或いは光悦以前, 以上光明を失った, 以上免許ちけ, 以上入れぬというわけ, 以上全くそうなの, 以上全部真実を告白, 以上全部説五年全部説各学級代表説, 以上全部雪渓をなし, 以上兩者がこの, 以上八〇パーセントもあがる, 以上八ヶ条を主人心得, 以上八五郎から聽, 以上八人であった, 以上八人私をこめ, 以上八十七の音, 以上八十五類に分れる, 以上八境の外, 以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上八挺の外, 以上八氏中九州説は白鳥博士, 以上八策は方今天下, 以上公儀お使者, 以上公判廷にのぞむ, 以上六十歳まで領内, 以上六十歳以下のいわゆる, 以上六千駄位ある, 以上六名がいずれ, 以上六座総計六十三座を数, 以上六郡越後の内, 以上六郡都合十二郡一庄で四十二万石, 以上が大事, 以上宜しく恕, 以上其位の責任, 以上其夫の繁仍, 以上其論は何時, 以上其頭角を露, 以上其點で聊か, 以上具体化する事, 以上蒙に, 以上内閣が退陣, 以上円滑に納め, 以上再び当然の成行, 以上写しがたいの, 以上写実時代が立派, 以上冬期でないもの, 以上冷酷な道子, 以上凄惨なもの, 以上凡ての夫, 以上処女自身にあくまでも, 以上出さねばならぬ, 以上出したものよりも, 以上出すと壊れます, 以上出たあくる日, 以上出来ないのです, 以上出来るだけそれ, 以上出来上った時である, 以上出来上ったら恐らく日本, 以上ッこない, 以上分らないことじゃ, 以上分割出来ないよう, 以上分析された程度, 以上分解すること, 以上分限帳に, 以上切ない胸苦しいかたまりは, 以上切り取られることに, 以上切れぬ仲の, 以上刑事は追求, 以上校すみました, 以上初めから案内, 以上判って来ました, 以上判定に油, 以上別段の話, 以上利く凄いもの, 以上利他奉公の精神, 以上利用されて, 以上到底なんとも申し上げやう, 以上前川の妻, 以上前述のこと, 以上前途がない, 以上の第一人者, 以上剣磨の行, 以上剥げて筆, 以上院長の, 以上副業の二階, 以上割り切れない種子の, 以上劇烈に来た, 以上の強い, 以上力み返つてゐる, 以上功名以上に或, 以上助け助けられるに, 以上助三郎夫婦の発った, 以上労働する, 以上労働者は自ら譲歩, 以上効き目があっ, 以上効果を失っ, 以上動いて来なかった, 以上動きのある, 以上動力を停め, 以上動物の本能, 以上勝った計算に, 以上勝れた船は, 以上勝利を欲する, 以上勝敗の遷延, 以上勤めた者に, 以上勤めることは, 以上勤続者には千円, 以上勧められなくなって入道, 以上勧める権利も, 以上勾当別当検校などの六, 以上包容する余地, 以上北国の産, 以上北航しても, 以上北門は六千, 以上区別がつきません, 以上医者の来る, 以上をあげ, 以上十ヵ月未満の赤坊, 以上十一度の正月以外, 以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上十一類あり, 以上十七歳以下の者, 以上十万法以下のもの八人, 以上十三の仮名以外, 以上十三年八月東京で, 以上十三度以下の土地, 以上十三座の中, 以上十九か二十歳, 以上十九箇条の結論, 以上十二三以下の児, 以上十二人である, 以上十二円百名以上十円という苦肉の策, 以上十二種の他, 以上十五円五十名以上十二円百名以上十円という苦肉の策, 以上十五間はあろう, 以上十五頭ぐらいに刺, 以上十六歳未満の少年漂泊者, 以上十円という苦肉の策, 以上十円位まで大差, 以上十分に自信, 以上十四五日掛るという, 以上十四名とし, 以上十四座二千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上十山なり, 以上十数人の妻, 以上十日や十五日位保存, 以上十里以下のもの, 以上十銭二十銭くらいをその, 以上千二三百度で燒, 以上千住宿あたりを流る, 以上午前と午後, 以上卑下したよう, 以上卑屈は禁物, 以上卑怯者と譏られない, 以上協力して, 以上協調ということ, 以上印度のある, 以上印象そのものの分析展開, 以上危ない地上は, 以上危険な相手, 以上即刻これを攻めね, 以上厖大な, 以上厚生に関する諸種, 以上原作の妙味, 以上原因或いは理由, 以上原子核物理学はこれ, 以上でも応, 以上厳しい言葉は, 以上厳密に失神, 以上厳格に云え, 以上参加するよう, 以上参議院議員になる, 以上又は以外の, 以上又八も一緒, 以上及ばないことに, 以上双生児以上の, 以上反作用の否定, 以上反対はできない, 以上反射的にいやそう, 以上叔母さんに頭, 以上取られてしまっ, 以上取り留めもない, 以上取り逃がしたのは, 以上取る利国の, 以上取れた英訳本, 以上取れる会員が, 以上取ろうとする, 以上受けるし見た目, 以上したところ, 以上叙述するところ, 以上口上に御, 以上口幅ったいようでございます, 以上口数をききたくない, 以上口耳之學也, 以上古事記の組織, 以上古典の神話, 以上の中, 以上叩けばもっと, 以上大意だけを, 以上可能なこと, 以上右顧左眄して, 以上号外原文のまま挿入, 以上各国の在留人, 以上各項の示す, 以上合同の公理, 以上合計七字が同, 以上吉川の方, 以上吉田の次男幸之助, 以上同じく長歌が, 以上同一場所に居住, 以上同一所有者が所有, 以上同一進路に当った, 以上向うは賣る, 以上向後に回復, 以上君側の奸, 以上君等をし, 以上否定するわけ, 以上否応はありません, 以上吸うのは, 以上吹き飛ばされて読めなくなる, 以上吾身は如何にも, 以上吾輩がタッタ一人, 以上呂宋兵衛を討つ, 以上呆れ返らざるを得ない, 以上が天下, 以上呉君の胸中, 以上呑んではよく, 以上周りは一丈三尺余, 以上周囲にはお, 以上殺申すよりは, 以上呪わしい怖ろしい, 以上がない, 以上咆哮して, 以上唐人の撰, 以上唐宋時代の目録, 以上唯そのままに捨て置く, 以上の九分通り, 以上商売のひろげ, 以上問い詰めたら何を, 以上問い詰めようとはしなかった, 以上問い詰める権利は, 以上問うことも, 以上問答無用です, 以上啓蒙的な意義, 以上を通らず, 以上喋つてゐた間, 以上喋らせるような, 以上喋りもしない, 以上喋れないと云う, 以上喋舌る元気, 以上喜劇的な場面, 以上之助, 以上なる虚榮, 以上営利を目的, 以上嘉門今夜は若返りまし, 以上を否定, 以上噂以上に嘉門, 以上四カ月くらいな, 以上四ツの事件, 以上四十七のほか, 以上四十四字の中三十九字, 以上四十尺の間, 以上四十日も留守, 以上四台の荷車, 以上四名ほどという者, 以上四回とも霧, 以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 以上四月十日早朝の景, 以上四本の蝋燭, 以上四氏の著書, 以上四社が共同利益, 以上四通りの草案, 以上四陣地の東方, 以上四項の申請, 以上四項更につきつめた, 以上回転する即ち, 以上固く必要以上力み返つ, 以上固まれそうに, 以上固執すること, 以上の内容, 以上国家権力による行政上, 以上国民全体の利益, 以上国民自体の戒飭, 以上國務大臣もじ, 以上園田氏が政治生命, 以上在るとも無い, 以上在職したもの, 以上地名の臚列, 以上地方によっては村毎, 以上地理上の考證, 以上坂下鶴吉の言葉, 以上坂口流の文学, 以上埋められていた, 以上埋められたのです, 以上基礎前提にもまた, 以上り出されて, 以上堅固なもの, 以上堕落の機会, 以上堙滅して, 以上場合によっては三百円, 以上の町, 以上の中, 以上塞がってはいる, 以上塩冶は安閑, 以上墓参だけでもし, 以上増したら諸陣, 以上増殖する焚き方, 以上墜落しないですん, 以上もただ, 以上壁面を探しまわる, 以上売ってはくれず, 以上売れたものは, 以上売れるとあぶない, 以上変って行っ, 以上の詩十七首中, 以上へ落ちなき, 以上外れる様な, 以上數の, 以上多いのが, 以上多大な犠牲, 以上多数のこの, 以上夜更しをせぬ, 以上夜目を利かし, 以上夜間五十五六度なるを, 以上夢中になる, 以上大きい家な, 以上大げさないい, 以上大まかに見た, 以上大吉なぞにはもう, 以上大国の隷属, 以上大学以上になる, 以上大寺が少く, 以上大将や中将, 以上大将軍六人戦場を遁, 以上大小を兼ねた, 以上大山守の命, 以上大抵彼等の, 以上大正東京文化史の上, 以上大目に見, 以上大胆にも物, 以上大衆文學を開拓, 以上大講会の中止, 以上大通の酔興, 以上天下の人, 以上天候と雪崩, 以上天気の吉凶, 以上天津北京にむかっ, 以上天皇または皇子, 以上天賦の才能, 以上夫人の像, 以上夫婦どちらもその, 以上失われている, 以上失業者は後, 以上奇妙な事, 以上奇怪なこと, 以上奇異な感じ, 以上奇説や罵倒, 以上崇し来たれる, 以上奮発出来ないよ, 以上女人の姓, 以上女剣戟なんか見, 以上女王國の興亡及其, 以上女装をする, 以上好い役割は, 以上好きな剣, 以上好都合なこと, 以上如上の意味, 以上妊娠するか, 以上に鋭い, 以上にたいする愛情, 以上姉さんという女, 以上始末におえぬ, 以上始皇は最初, 以上始祖に至る, 以上始終諸国を, 以上姓名は言わぬ, 以上には何, 以上の茶店, 以上嫉妬もあろう, 以上と貴様, 以上嫌いだと, 以上嬉しいことばを, 以上を殺され, 以上子供などにどんなに, 以上子分の手前, 以上孔明を論じ, 以上存続すると, 以上学校へやる, 以上学理以外に根拠, 以上学級主任としてはあと, 以上孫兵衛丞のはなし, 以上守らうとする, 以上守護職以上脱走の大藩浪人共, 以上安上りなこと, 以上安土の宿将たち, 以上安心して, 以上安閑としてゐる, 以上宗教上に処女, 以上官名を考證, 以上官吏らしいもの, 以上官吏執務規律にある, 以上官等は君等, 以上定刻に出仕, 以上実体にふれ, 以上実例を列挙, 以上実刑を求める, 以上実務に疎い, 以上実質的価値の倫理学, 以上客観的な概論, 以上客觀性への要求, 以上客體は飽くまでも, 以上客體面はいかばかり, 以上の薔薇, 以上宦官の供給, 以上宮原晃一郎による解説, 以上宮崎に何とか, 以上宮本についての走り書き, 以上家屋は建築, 以上家庭の神聖, 以上家康もわが子, 以上家来の方, 以上家畜を飼う, 以上容れなければなりますまい, 以上寄留して, 以上さにも, 以上寛政二年九年文政二年の三度, 以上寝た事は, 以上寝るのは, 以上實行されて, 以上審問を続け, 以上を出, 以上寺社奉行も単に, 以上寺院の行列, 以上対人関係はつつましく, 以上対坐すること, 以上対手のお気, 以上対手かたの条件, 以上対話といふもの, 以上封建的な絶対主義, 以上専門の手前, 以上専門学校出の職業婦人, 以上将来のルポルタージュ, 以上将来いずれかの学問, 以上将校に語らせ, 以上将軍家の連枝, 以上尊氏方へ転ぶ, 以上尋ねようともせず, 以上小さい声が, 以上小さくなれなかつた, 以上小坂部は今更, 以上小太郎の心配, 以上小役人格の者, 以上小林真船千田三氏の文章, 以上小次郎一人の助太刀, 以上小沢に心配, 以上小生はなに, 以上小箱に出す, 以上小説部会の報告, 以上少なくも両三度, 以上就学する者, 以上からはみ出した, 以上尼君に悲痛, 以上尾張平野は絶好, 以上局部的にはその, 以上づらい気, 以上居ない方が, 以上屈しないしまだ, 以上屋敷の方, 以上に入る, 以上山中に入る, 以上山戎等ありて, 以上山木が, 以上山間の小, 以上岩壁が赭, 以上岳珂の記した, 以上の燈火, 以上川島へ帰っ, 以上川路左衛門尉聖謨の力, 以上工場区域で教え, 以上左様にまでご, 以上左膳のほう, 以上左顧右眄すべきでは, 以上巨大な心臓, 以上巨密なふでを, 以上差支なしと, 以上も殺される, 以上を得ない, 以上市場に払った, 以上市民の風習, 以上市長として置, 以上希望に類する, 以上師たる者には師, 以上帰らない息子を, 以上帰任を延す, 以上帰朝しても, 以上常に斥候偵察機, 以上幕府の栄禄, 以上平たくは申上げ, 以上平凡な戯曲, 以上平助は猶更に, 以上平均寿命は二三・三五八, 以上平易な器物, 以上平次に頼む, 以上平行線公理は曲率, 以上年功一円以上つく, 以上年寄りの寂し, 以上年末とか年始, 以上幼時の回顧, 以上幾多の項目, 以上広く大きなもの, 以上広大な領域, 以上庄太も来, 以上序での事, 以上序で次の玉, 以上も入用, 以上も去らさせまい, 以上座敷では意地汚く, 以上座談を進ん, 以上廓内も広い, 以上延ばしますとおそらく, 以上延びちまつて弱つて, 以上延引いたす場合, 以上延焼すること, 以上廻りっくどいこと, 以上廻り途して, 以上廻れる自信が, 以上弁解のよう, 以上引かれ得るという主張, 以上引きまわされることは, 以上引き合いに出した, 以上引く所に, 以上引っかけて見せる, 以上引っ括らなければならない, 以上引用した若干, 以上次質問, 以上ッとります, 以上弱火で煮ます, 以上強いて訊ねて, 以上強かに泥舟, 以上強制も出来ず, 以上強烈に清子, 以上邸内だけで, 以上当分庸三を擬装, 以上当方こそ約束どおり, 以上当時の武将, 以上当時天下の人心, 以上形以上のメタフィジック, 以上形式的な場合, 以上形骸以上功名以上に或, 以上彫り損じてはこの, 以上役人にとっても笑止千万, 以上彼等自身何等かの色, 以上彼自身には高い, 以上待たせたらどんなこと, 以上待たねば人車, 以上待ち電車は, 以上後れると長蔵さん, 以上後方に突出, 以上後日必ずこの, 以上後退は殆, 以上得度式に出席, 以上從來提出せられたる主要, 以上御山の罰, 以上御返事まで, 以上微塵もその, 以上微妙な矛盾, 以上微細に亘れ, 以上徹底的にこの, 以上心噪がしく, 以上心得て, 以上心配して, 以上して, 以上必ずやなんらかの形式, 以上必然的に文化的意義, 以上忍術家は心霊科学, 以上忘れられもしない, 以上忽ちやられるわけ, 以上怒らせないようにと, 以上怒れもせず, 以上思いつくままに, 以上思い切って言う, 以上思うに五以上, 以上思想の表現, 以上急速な増加, 以上性根の脱, 以上性的鑑識感覚が鋭く, 以上怪塔王の死, 以上怪奇な事実, 以上怪我のしよう, 以上恐らく背が, 以上恐るべき複雑な, 以上恟ッと竦ん, 以上をしのん, 以上恨みはいうまい, 以上恭順論者も諦め, 以上悩ましきものである, 以上悩乱せしめること, 以上変させられてる, 以上悪いことは, 以上悪化すること, 以上悪評などが立つ, 以上悲痛なもの, 以上悶着を解決, 以上情けのない, 以上情けなし僅かの, 以上情慾ヲ駆, 以上惡化させないため, 以上酷には, 以上惨めなローマンス, 以上想像されること, 以上愉しいことある, 以上愉快なもの, 以上意気地のない, 以上意義の変化, 以上意識せずとも, 以上愚圖愚圖して, 以上も後者, 以上愛人と別れた, 以上愛嬌の程度, 以上愛惜なくし, 以上愛憎を感じる, 以上感じるだろうと思われる, 以上感受性の豊か, 以上慄然とくる, 以上慇懃にいった, 以上慌てることは, 以上慣れた名を, 以上を言う, 以上憂いをふくめ, 以上憎しみあう, 以上憎みあうのは, 以上懇ろだった, 以上懐中はなおさら, 以上懸って音調, 以上成らぬということ, 以上成るたけ多く, 以上成るべく安全な, 以上成熟すると, 以上或は自然な, 以上戦っても勝ち目, 以上戦争時代の庶民以上, 以上戦力化しつつ, 以上戦闘に参加, 以上を叩かず, 以上戸籍簿からは何, 以上所謂庵らしい庵, 以上手ごわいものらしい, 以上手つだっている, 以上手切金も主人, 以上手数をかけない, 以上手数料として割戻し, 以上手落はいたさぬ, 以上手足をぶるぶる, 以上手頃な物, 以上打ちとけなければね, 以上打ち消しようも, 以上打ち直される時期が, 以上打ち開けて下さらんなら, 以上打っても叩い, 以上はされた, 以上批評というもの, 以上つて居りません, 以上承知ありたい, 以上技巧呪術の習作, 以上技術の問題, 以上したもの, 以上投ずる予定だ, 以上抗議は成り立つまい, 以上折れないという, 以上押し返すわけには, 以上抽斎の友, 以上抽象的といわれる, 以上拓かれて趣, 以上拙者か拙者, 以上拝聴して, 以上なく申, 以上拡大するため, 以上拡張し得なくなるであろう, 以上括弧中の文字, 以上持ちこたえることが, 以上持ち味を生かす, 以上持ち耐える糧食は, 以上持っている, 以上持ってるものです, 以上持つてゐない, 以上指し示したる二つの, 以上指導的方針はいかなる, 以上挙ぐるところのもの, 以上挙ぐる所を以て元義, 以上挨拶が続かず, 以上捕えた手は, 以上捨てても置けぬ, 以上掃いてゐた, 以上掃き立てる枚数を, 以上掘らなけれやなりません, 以上掘られてその, 以上掘り下げることを, 以上掘る徒労を, 以上掘出されそこで完全, 以上掛ける様に, 以上擇の, 以上採算がとれる, 以上採録したる, 以上探しても無駄, 以上探偵小説は行詰っ, 以上接近しては, 以上け來, 以上掲げし一二の, 以上掲げたような, 以上掲げたる二三の, 以上をすまい, 以上損傷されるもの, 以上損傷シタルモノト被存候, 以上して, 以上搾取されること, 以上擧げた所で, 以上支店長代理が現われた, 以上支払いに役立つ, 以上支那の天子, 以上支那人は金, 以上改善されるであろう, 以上攻める細君に, 以上放したらそれっきりだ, 以上放って置く, 以上政務に繁忙, 以上政右衛門が敵, 以上政子へ誡, 以上政府の意図, 以上なく嫌疑, 以上敍述した要, 以上敏子もこの, 以上救い手がそこ, 以上教えようとは思わない, 以上教務に服した, 以上教学と真理, 以上教正三十歳以上の規則, 以上教科書以外実生活に応用, 以上教育上からこの, 以上て逃げ匿, 以上数えられたので実数以下, 以上数学が一般, 以上数曲を味聴, 以上数章に亘つて, 以上数量で測れる, 以上敵兵のほう, 以上へ來, 以上數節に於い, 以上數篇は明治四十三年, 以上文化乃至文化社会, 以上文壇的ブロックはただ, 以上文士族は足, 以上文学も階級性, 以上文学的人間的感動をもっ, 以上文書史料の外, 以上文芸の夫, 以上斉彬に云え, 以上斉彬公のお力, 以上断えず進化する, 以上断末魔の彼, 以上断続する光, 以上断食すること, 以上の道, 以上新しい問題の, 以上新たにその, 以上新刊しべり, 以上新劇の演出家, 以上新子が自分, 以上新聞のため, 以上をつづける, 以上旅愁に襲われ, 以上旅籠の炉ば, 以上日夜警戒して, 以上日数がかかる, 以上日本本位ではどうしても, 以上日本語に通じなけれ, 以上日本近代劇は断じて, 以上日蔭干しに, 以上仙台領, 以上旧藩諸財産, 以上仕舞いに, 以上旺盛な観察欲, 以上昂らせることの, 以上昇らば魔神, 以上明かな自家撞着で, 以上明くまでは出先, 以上明智の全, 以上明朝と言わず, 以上明治二年十一月から三年四月, 以上明治初年福山東京間の旅程, 以上明滅するちらつきには, 以上明白たること, 以上明証的に何物, 以上明證的に何物, 以上昏睡がつづく, 以上映写致しましたところ, 以上映画界に害毒, 以上昨夜豹一が撲られた, 以上昭和二十三年十年前の未定稿, 以上時代の現, 以上時間性に關, 以上時間的に現, 以上時雨の如き, 以上普化宗本寺の取, 以上暑いときは, 以上暑い寒いなぞは問題, 以上暗い感じの, 以上の知識, 以上暫らく滯在する, 以上暴力団狩りは警察, 以上曖昧にし, 以上曲りなりにも親, 以上曲率が零, 以上に恐るべき, 以上更にもう少し拡大されるなら, 以上書かせたのは, 以上書かせるわけに, 以上書かないけれども太宰治様, 以上書かなければならない, 以上書けたことが, 以上書し畢つた時浜野氏の, 以上書物の形, 以上曾祖玄祖に至る, 以上最上可能の社會, 以上最早自分の, 以上最近の京子, 以上月並な気安め, 以上月丸を苦しめたく, 以上が底, 以上有力なもの, 以上有名な小堀, 以上有為の士人中, 以上を阻む, 以上朝夕二食を算, 以上朝鮮支那に就, 以上木場の甚, 以上未だ如何とも, 以上未来劫の後, 以上未決拘留になつて, 以上未熟な考察, 以上ばかり読もう, 以上本人よりもよく, 以上本書の各, 以上本望と思うだろう, 以上本気になってるらしい, 以上本筋のチャボ, 以上本質とも云, 以上本質的には何人, 以上本質的価値を発揮, 以上に向っ, 以上杉野さんに就い, 以上李杜の詩, 以上材料の出し処, 以上を取り, 以上東京がいい, 以上東屋にゐる, 以上果されそのモクロミ, 以上果し合いにはなおさら, 以上柘榴に於, 以上柳田君の唱門師何者, 以上校内の取締, 以上校友の思想, 以上校長としてはどう, 以上根ほり葉ほりはご, 以上根本想定とならね, 以上根気較べの, 以上桐蔭軒無言録の問答記事, 以上梅坊主のその, 以上梅軒は弁え, 以上棄てて顧みなかつた, 以上にふった, 以上棒以上に相手, 以上棟梁のした, 以上椅子の上, 以上植物と人生, 以上植物性の毒物, 以上検分する必要, 以上検束すること, 以上検視は至極, 以上検閲官がその, 以上極めて険悪な, 以上極力講義に, 以上楸字はその, 以上ませて, 以上槍修行の荒法師ぞろい, 以上権柄ずくでお, 以上になつたま, 以上横切ることは, 以上機嫌を損じ, 以上の名所十五箇所, 以上欠くべからざる規定でなけれ, 以上欠如して, 以上次第に章を, 以上欧米巡見をおわり, 以上も出, 以上欲しいのに, 以上欲しくなかったので, 以上欲張ることは, 以上歌われた感情についての, 以上止める気は, 以上正式に結婚, 以上此方からも見返った, 以上此集には削除, 以上武人の鉄石心, 以上武蔵所持の刀, 以上武藏の生き, 以上武骨だから, 以上歩き僕は, 以上歩きまわる力も, 以上歩行いたの, 以上歴史上におけるトキユタ, 以上歴史的解釈に従, 以上死なねばならぬ, 以上死ぬよりほか, 以上死のうと生きよう, 以上死んだものである, 以上死人の世界, 以上死骸ともいふべき, 以上殆ど生きがたい, 以上残されたる江戸趣味の, 以上残してしまった, 以上残したのが, 以上残ってるなんて確言, 以上残つてゐるは, 以上残忍極まる血, 以上残念なこと, 以上殖やすことの, 以上殴りすえては却って, 以上を重ね, 以上殺さなければならない, 以上殺人強盗という見込み, 以上殺人狂の事件, 以上殺伐で未開, 以上殿のお, 以上母体は今日, 以上夏催す, 以上毎日必ず和文英訳, 以上毎日けじめを喰っ, 以上比翼塚を立てろ, 以上気まずい顔は, 以上気まり悪さうに, 以上気品がある, 以上気楽ですぜ, 以上気長に煮た, 以上気高い威圧を, 以上水気は不, 以上水源の探勝, 以上水牛四百頭を鹵獲, 以上氷原を転がらなく, 以上永久性がなけれ, 以上永遠の夢, 以上求めようとする, 以上求める必要も, 以上求婚者が娘, 以上をかく, 以上汚されるのを, 以上江州の民衆, 以上江戸を離れ, 以上決してかれこれは申しません, 以上決して決して云えませんからね, 以上決心したこと, 以上汽車に揺られた, 以上沈めてある, 以上沈んではまた, 以上油断しては, 以上油絵の基礎, 以上泊るのは, 以上法則は抽象化, 以上法廷を乱す, 以上法規を取り扱う, 以上泣いても喚い, 以上泥酔者の轢死, 以上泰親が半日, 以上をかまず, 以上くべしと, 以上活溌にでき, 以上流れは早い, 以上流行の粋, 以上浦上から避難, 以上浪人だ, 以上浪曲が, 以上海岸の方, 以上海野甚三郎にはもう, 以上消えてしまうであろう, 以上消化され胃壁, 以上なぞ流し, 以上深かったろうと, 以上深夜この辺, 以上深追いすること, 以上深間へ入っ, 以上清子の地蔵信仰, 以上減少した, 以上減額されないであろうけだし, 以上渡すことが, 以上渡った時分に, 以上湖州大久保余所五郎の才人, 以上煮ます, 以上満足の身心, 以上溯り左の, 以上溶け切つた儘で, 以上滑稽でありよしんば, 以上は何とも, 以上滞留するわけ, 以上漢字が混じっ, 以上りに, 以上火星人をおこらせない, 以上火花も散らず, 以上になりました, 以上の噂, 以上無下によこせ, 以上無意味に浪費, 以上無数な世, 以上無沙汰にし, 以上無理押し付けにそれ, 以上無籍者はない, 以上無言のうち, 以上無辜の人命, 以上無闇に困らせる, 以上かもあの, 以上然しそれを, 以上煙草を喫, 以上照之助の命, 以上煩ったが凍傷, 以上煩らはせるには, 以上て出来上った, 以上煮ますが七輪, 以上煮ると透明, 以上熔岩がたまる, 以上熟知して, 以上熾烈な研究慾, 以上爲龍淮南時則篇注引周禮, 以上片々たるもの, 以上片付いたような, 以上片方の耳, 以上物理的化学的説明を与え得なけれ, 以上物理的空間も亦, 以上物自体は時間空間, 以上物質不滅および勢力恒存, 以上特記する必要, 以上や猫, 以上犯罪に属する, 以上犯罪記録とはちがっ, 以上つたから, 以上狐狸退治の秘伝, 以上狭い意味での, 以上猛烈にウーゴモン, 以上の血, 以上猫婆は飼猫, 以上り人間, 以上獰猛な行為, 以上玄徳にも重視, 以上珍しい話が, 以上現にその人間, 以上現代仏蘭西作家のうち, 以上現在日本の映画会社, 以上現実に遠い, 以上現実批判なしに, 以上理会出来ない物, 以上理屈は通らぬ, 以上理性を以てこれ, 以上理想的な考え方, 以上理由とてもなく, 以上寧つぶさに, 以上甚だ悲観的な, 以上甚纏らぬこと, 以上生き延びる人が, 以上生き抜くことが, 以上生き長らえている, 以上生まれたときにゃ, 以上生まれないように, 以上生みの子の育ち, 以上生命には別条, 以上生存して, 以上生徒のならぶ, 以上生活感情も生活態度, 以上生理にふれ, 以上甦ったような, 以上用いられるかまたは, 以上用心のしよう, 以上田辺は言わなかった, 以上甲虫や瓢虫, 以上申さなくともそち, 以上申し上げた科学者哲学者もしくは, 以上申し上げましたような, 以上申し上げること出来ん, 以上申せし如き悪習慣, 以上男女の交渉, 以上に持っ, 以上町奉行所でも罪人伝蔵, 以上町屋の間, 以上町方でむやみ, 以上留まることを, 以上留任運動は今, 以上留置場や保護室, 以上略図について説明, 以上略説したところ, 以上異論をさしはさむ, 以上當時已に中, 以上病少年を森, 以上痛めつける必要も, 以上痛切に案じ, 以上痛心にたえない, 以上痩せられないというよう, 以上発売されて, 以上発展性がない, 以上発表した, 以上登ると錫杖, 以上登れやしないんじゃ, 以上登場させたくない, 以上發達せしむべ, 以上白髪で一面, 以上白鯉になっ, 以上近クモ打ッテイル, 以上百万クヲタアの小麦, 以上百九十四五本當てる人, 以上百人以上のところ, 以上百円の握り, 以上百匁近いもの, 以上百回近くも転宅, 以上百尺内外なり, 以上百尺竿頭一歩を進め, 以上百年前に存在, 以上的確な写生, 以上皆嫡出である, 以上皆當時世に知られし, 以上皇太后の尊號, 以上盗み読まれることは, 以上盗んだものは, 以上盛業して, 以上監獄に繋ぎ, 以上を通す, 以上直接に霊, 以上直接アメリカに接近, 以上直接自分の仕事, 以上直観はただ, 以上相合すれば, 以上相対物が文字上, 以上相談する事, 以上看護婦のこと, 以上看過しない警察官, 以上の新しい, 以上真理を知る, 以上真顔になっ, 以上眠りたることこれなく, 以上眠る気には, 以上眺めることが, 以上眼中にない, 以上着物になっ, 以上着衣はやはり, 以上睡眠を取らせる, 以上矛盾ではない, 以上矢張り先生自身に先生自身, 以上矢張り内心不安であり空虚, 以上矢張り日蔭者である, 以上知っている, 以上知りたい読者は, 以上知識人の政治, 以上短く説明し, 以上破れたれどものすごき, 以上破壊されて, 以上確實に認識, 以上示すところの, 以上示すごとく唯物的の, 以上いう必要, 以上礼儀深くなけれ, 以上社会制度が変っ, 以上社会百般のこと, 以上社会的価値をもつ, 以上社会的相愛の生活, 以上社會人の健康, 以上祖母さんや久米, 以上神孫の義務, 以上を与へぬ, 以上禿げてもいない, 以上秀吉方もやっ, 以上秀郷貞盛の連合軍, 以上私たち自身を甘やかし, 以上私共は欧米, 以上私自身の裡, 以上私達豊かになろう, 以上私風もあっ, 以上科学的天才の仕事, 以上科学者でも哲学者, 以上科学論が文化理論, 以上秘密が保たれ, 以上税目の良否, 以上兒の, 以上種々その後の, 以上っていた, 以上積めば気, 以上積もるということ, 以上積極性を帯び, 以上穏やかな貴方, 以上穢くては人間, 以上空気は無けれ, 以上突き詰めたものに, 以上突くであろう肉を, 以上突っこんでゆくなら, 以上突っ込んだ事も, 以上突ッこまなかった, 以上が雪, 以上立たぬ訳には, 以上立ち入ったことを, 以上立ち入つて論じなかつた, 以上立会うときは, 以上立入って訊く, 以上立入つて訊くこと, 以上立入る必要も, 以上立山に隠れる, 以上立川景子の話, 以上立春の時刻, 以上立身をし, 以上競技会だから, 以上笑いたくても笑えない, 以上をかぶる, 以上を進める, 以上筆以上の壮観, 以上へたがらぬ, 以上も備え, 以上を着ける, 以上に当り, 以上節約の仕様, 以上土も, 以上簡潔にこれから, 以上簡素には出来ないであろう, 以上籐椅子と雖, 以上つたところ, 以上精密にでき, 以上精神内部に屬, 以上精神的苦しみはない, 以上系図や家門, 以上五十名, 以上約束は果たさなけれ, 以上納まりが付かない, 以上素人の我々, 以上素姓も語らず, 以上素通りもと私は二度目, 以上細かい注意を, 以上細分すること, 以上紳士貴女をし, 以上へた, 以上組んでゆけ, 以上て居る, 以上経た後に, 以上経つそうで, 以上経つた材木で無い, 以上経ッテイル筈ダガマダ血壓ガ下ラナイト見エル, 以上経済的その他の理由, 以上経験を積ん, 以上絞れさう, 以上絵画の任務, 以上絶対的な覚悟, 以上經つた今日になつて質問, 以上航する, 以上続きよう筈は, 以上続くことは, 以上続けられないことを, 以上続け得ない様である, 以上綜合して, 以上綜合的に考える, 以上総論を略述, 以上緒戦の功, 以上と線, 以上縁談が調う, 以上縦四尺以上でなかなかよく, 以上繰り返している, 以上繰り返すと厭, 以上繰返す時始め, 以上いたが, 以上罪人扱いには出来ない, 以上罪科を行わない, 以上置きまして御飯, 以上置きますと型, 以上置くのは, 以上美しくなること, 以上美作の人, 以上美和子に掻き乱されたくなかった, 以上美学の先生, 以上美沢を許し, 以上美術通信記事より, 以上群集の手, 以上義務教育のある, 以上義士の人々, 以上義清でないこと, 以上に力, 以上老けて見える, 以上老婆に食っ, 以上老母からの手紙, 以上ふる如くなれば, 以上考えさせられていた, 以上考えずに互いに, 以上考え様ともしない, 以上考慮して, 以上考證せし所, 以上も立候補, 以上耐えられそうも, 以上耐えられないように, 以上を塞い, 以上聖賢のこころ, 以上聞いてる余裕が, 以上聞かいでも大凡, 以上聞かずにすまし, 以上聞きたくもない, 以上聞きたくないのだ, 以上聞き出すことが, 以上聞き質してみ, 以上聞こうともしなかった, 以上聞出し得ずに慌て, 以上の詩句, 以上職責上目前の犯罪, 以上職長にはどうにも, 以上肉体的精神的に一個, 以上肉身たる兄, 以上肝腎の兄さん, 以上肥ったら大変だ, 以上背戸以外から来た, 以上胸中の秘事, 以上ふべくんば, 以上能率と健康, 以上の重い, 以上脱走の大藩浪人共, 以上に落ちない, 以上腕ダメシの必要, 以上を立てた, 以上臆面もなく, 以上自余の王, 以上自分一人ぐらいどうか, 以上自尊心にははじめ, 以上自己の演出, 以上自己以上殆んど, 以上自己本来のすがた, 以上自己独立的な外見, 以上自己紹介するかわり, 以上自殺教唆を公然, 以上自由人としての人間, 以上自由詩は詩, 以上自説を固持, 以上自身の生涯, 以上自軍を疲れさせまい, 以上至難と危険, 以上興奮をし, 以上舊主へ不忠, 以上舞い手は, 以上舞台でこれ, 以上舞台上の革命, 以上艦隊のうえ, 以上良心を持つ, 以上良能と羅, 以上良質な材, 以上芝居道の習慣, 以上あること, 以上苛めればその, 以上苛立つ思ひにならない, 以上若くは以外, 以上若しこれを, 以上若殿の気随気まま, 以上苦しい局面に, 以上苦しめてくれる, 以上苦戦は覚悟, 以上苦痛にも似た, 以上英国こそ今, 以上茄子になる, 以上に事物, 以上草々ノ略記都テ後日結写文飾, 以上草叢と同じ, 以上荏苒日を, 以上莫大な数字, 以上菜種なら一反二石, 以上萩乃にたいする自分, 以上古不易, 以上落ちて地獄, 以上落ちるべき段階が, 以上落目になる, 以上が抜けた, 以上著者の立前, 以上著者並に光田園長, 以上の形, 以上葬式もやはり, 以上蒲団におおわれました, 以上蒸せばよい, 以上蒼ざめた形相となっ, 以上蓄めている, 以上蕃客等各位に陪, 以上蕪村の手柄, 以上藁沓は五足, 以上虎豹の勇, 以上虐め続けていかれるであろう, 以上虚構を如何, 以上蝶々の方, 以上の巣, 以上はひとつ, 以上衆目をそばだてしめた, 以上行ったとて, 以上行はずにすませられる, 以上行わずにすませられる, 以上表向きには友蔵, 以上表現のしよう, 以上表立って津本, 以上被告人は社会的, 以上裁判の専門語, 以上複雑怪奇な姿, 以上襲撃事件などがなかっ, 以上西巻に飲める, 以上介が, 以上要領を得る, 以上覆いかぶさってしんと, 以上見えないことには, 以上見す見す人殺しを, 以上見せると男性, 以上見たいとは思わなかった, 以上見つけた者は, 以上見のがしておきましょう, 以上見張りを続ける, 以上見棄てて置く, 以上見聞のあらまし, 以上見苦しい迷いと, 以上見附からず, 以上覚一はきっと, 以上覚悟して, 以上親たちももう, 以上親子の間, 以上親子以上仲睦まじい叔父甥, 以上親密にせん, 以上親身になっ, 以上親鸞におけるほど重大, 以上観察する必要, 以上觀想も亦, 以上の計量, 以上解き方の詳しい, 以上解けがたいもの, 以上解けたも同じ, 以上解けるはずだ, 以上解剖などといふこと, 以上解剖用の体, 以上解決されて, 以上解釈される事物, 以上触れるのは, 以上れると, 以上ひ換, 以上言うべきことを, 以上言うまでもなかろう, 以上言わなかったが, 以上言及する必要, 以上言語の持つ, 以上言語発想当初の意想, 以上訊かないでください, 以上訊き返さうともしません, 以上訊く必要は, 以上訊ねても無駄, 以上討たれていた, 以上訓導は二十四歳以上, 以上記されてなかっ, 以上記した十個の, 以上記載せる道程, 以上許されたと云, 以上許されないとすれ, 以上訳了して, 以上証拠物件を望まれ, 以上試験をし, 以上話しあった上でない, 以上話した外には, 以上話相手に乏しい, 以上詳記せる如く, 以上認められた時代も, 以上誤字や誤記, 以上誤診ということ, 以上説いた如き宇宙に, 以上説き来ったところで, 以上読まれて居ります, 以上読まれないのは, 以上読み続ける勇気が, 以上読み進む勇気が, 以上読者原田氏の手紙, 以上誰かが代っ, 以上誰か糸を引く, 以上調べたところで, 以上調べることも, 以上調停役に乗り出す, 以上調査すること, 以上談合すること, 以上論じたいような, 以上論じ尽した理由に, 以上論じ来ったところを, 以上論ぜし所に, 以上論争する心, 以上論理的に首尾一貫, 以上諦めてはいた, 以上諫言のことば, 以上諸処に催, 以上諸国に行わるる, 以上諸家の鑑定, 以上諸説を綜合, 以上謙遜にもあれ以上大胆, 以上講演はやめ, 以上警察側ではモウ, 以上議論は少し, 以上谷村を蠅, 以上谷村夫人の歯, 以上豊富なもの, 以上豊後守も引っ込む, 以上豹一だけを乗せ, 以上負けさしちや多賀屋も, 以上負けつづけるのは, 以上負わなければ退かせない, 以上負担すべきでは, 以上貧富の懸隔, 以上責め殺されるまでも, 以上責任者として御, 以上貯金を下げ, 以上貰って来た, 以上貰つてゐたので, 以上とい品の, 以上貴公等一存の指図, 以上貴様の心, 以上貴殿を相手, 以上貴重な誌面, 以上ひかぶつて, 以上買うのは, 以上買える時よりも, 以上買物をした, 以上費します一日分の, 以上費やせしは深く, 以上貼ったほどの分量, 以上資本主義をその, 以上賊盜律の條項, 以上賑わっているらしい, 以上質問を続ける, 以上贋首と判っ, 以上赤穂義士以上比翼塚を立てろ, 以上走らずに歩き続けた, 以上走りつづけたのでつかれ, 以上走れなくなったからかここ, 以上越後何ぞ安から, 以上を留めよう, 以上足利時代の交通, 以上れて, 以上距つたと思はる, 以上距離のある, 以上けて来た, 以上躊躇するの, 以上身体を支え, 以上身体精神ともに健全, 以上身動きしては, 以上身柄は向う, 以上身許から内輪, 以上車体の外, 以上車座になっ, 以上軍人のほとんど, 以上軍人志望なん, 以上軍縮会議対策が精神作興, 以上軽々しく進出は, 以上軽井沢へ付い, 以上軽便鉄道の便, 以上轡川にうまく, 以上辞書的客観性を超え, 以上辞退する力, 以上農村の若い, 以上濶な, 以上無事に, 以上迅速でかつ, 以上よらず, 以上近くはとどかなかった, 以上近づいて来なくなった, 以上近づいたらその後に, 以上近づかない予定であった, 以上近づき得られないでいる, 以上近代人の知能以上, 以上近所にこの, 以上返さずにいる, 以上返電がこない, 以上述べきたったごとく人間の, 以上述べきたりし種々の, 以上述べた如き考へを, 以上述べましたごとくなかなかむつかしい, 以上述べ来たところで, 以上迷信に過ぎない, 以上追うことが, 以上逃げをうつ, 以上逃げようとする, 以上逃げるところは, 以上這いあがるためには, 以上這入れません済みませんが降り, 以上通俗的な常識的, 以上速いのが, 以上速くなると, 以上速力が出ない, 以上逢うようなら, 以上逢わなかった様子で, 以上進みようの, 以上進むべきではない, 以上進める気に, 以上進もうとしなかった, 以上進化の理法, 以上進化論からいっ, 以上進展しさ, 以上進捗して, 以上進駐軍からの命令, 以上逼迫し突進, 以上遅かれ早かれ網に, 以上遅れたのである, 以上運命によって知り合い結び, 以上過ぎてゐた, 以上過ぎしやを覚えね, 以上過ぎ去った頃から, 以上違つて居たし, 以上違わなければつていう, 以上遠いところや, 以上適任なもの, 以上適當ないかなる, 以上選んだ娘子の, 以上還元出来ない最後, 以上邪魔をすまい, 以上部分的に意味, 以上部屋の中, 以上郷土への精神參加, 以上都合のいい, 以上を呑め, 以上酔っている, 以上酸鼻だったの, 以上怪だった, 以上醜行の稍, 以上釈明は要りません, 以上重罪者三十一人の中, 以上重要な役割, 以上重要視すべきは, 以上重視された文学士, 以上野心的な詩人たち, 以上になった, 以上金ヶ崎一城に日, 以上釣ることも, 以上鉢巻を致し, 以上鉱山はすこし, 以上鋭く心に, 以上鋼鉄の機械, 以上録音すること, 以上長久保家の人間, 以上長四尺許の半紙, 以上長居ができない, 以上長屋の者, 以上長崎に留ま, 以上長年するという, 以上門前町の人, 以上開かれなかったこととのみ, 以上開き続けていた, 以上間違いのあろう, 以上関羽を窮地, 以上阿波の本土, 以上人に, 以上降ったら万戸洪水に, 以上降参に出, 以上限定されたもの, 以上陛下の赤子, 以上陰気な巴里, 以上陳列せられたる顔, 以上陳腐にみえる, 以上陸海の武力, 以上険悪であったし, 以上隆造も追究, 以上を組む, 以上隊長に気, 以上隠されている, 以上隠し立てをする, 以上隠れている, 以上隠れた後姿を, 以上雄弁であるぞ, 以上雅子のうえ, 以上集めることが, 以上集る原稿の, 以上集会して, 以上雇うことが, 以上離し置くこと, 以上離れるためには, 以上離別か別居, 以上離婚なる不祥事, 以上離縁されるの, 以上難所だった, 以上難民の話, 以上難解であること, 以上雨樋の蔭, 以上雪子はその, 以上雪害及び雪, 以上雲長の人物, 以上の鳴る, 以上雷鳴が轟いたなら, 以上電氣を論ずる, 以上電話でそんな, 以上白き畚, 以上露骨に出, 以上青ざめて唇, 以上青年の千百, 以上存在への, 以上非常な利益, 以上面白く読んで, 以上面目がない, 以上をあてる, 以上頑なに隠しだてしたところ, 以上頑健を誇っ, 以上頑固な抵抗, 以上頑強な犯人, 以上頬髯や口髭, 以上頼み合ひ終に, 以上頼長と合体, 以上題語などは五十歩百歩, 以上風呂にも入れず, 以上風景に対してのびやか, 以上風聞が伝, 以上飛ぶ鳥でも, 以上ふと不消化, 以上食い込む事も, 以上食べない筈は, 以上食わずに生き, 以上飲まないこと, 以上飲めば喉, 以上飲めないと思っ, 以上飲もうともせず, 以上飼ったり赤い, 以上飼わず白い犬鶏, 以上飼養して, 以上までも国民, 以上飽くまでも物質精神両, 以上りぶしつけ, 以上を跳躍, 以上馬琴の説, 以上まで行かね, 以上駕籠を早める, 以上騎虎の勢い, 以上騒いだつてし, 以上驚いたのは, 以上驚かされたのは, 以上がじゃ, 以上體面上からでもポーランド, 以上さは, 以上高からしめようという, 以上高き前檣, 以上高めるに貢献, 以上高等だという, 以上高級官吏には今日明日, 以上高谷君はその, 以上鬼仏洞の秘密, 以上魁偉な巨人, 以上の抜けた, 以上魔法にやられ, 以上が入, 以上鳥居派の三画工並, 以上鳴くといったら, 以上鳶頭の金助, 以上黄袗は古び, 以上黙っては居られない, 以上黙ったま, 以上黙つたま