青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「以~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

代~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以
以~
~以上 以上~ 以下~ ~以前 以前~ ~以外 以外~ 以後~ 以来~ 仮に~

「以~」 3773, 41ppm, 2851位

▼ 以~ (2466, 65.4%)

15 之を 14 彼れ 13 これを, 彼が 8 今日に, 如何と, 此の 7 それが, 今日の 6 侯の, 如何に, 彼の, 能く, 見る可 5 之に, 人間の, 何の, 日本の

4 [19件] これに, それを, ものを, 一種の, 世に, 人に, 伯の, 先帝の, 公の, 内閣を, 国家の, 大に, 天下の, 当時の, 彼等の, 怪しからん, 社会の, 自己の, 自身の

3 [15件] 人を, 人民を, 僅に, 吾人の, 國家の, 序に, 彼等を, 昔の, 未来の, 用意し, 知って, 聞いて, 自分の, 見るべし, 食って

2 [185件] お断りし, ここに, この辺, こんな白痴, した, その人, その後の, その研究, その系統, それは, やって, やりにくい, わからないの, モーラリチーの, 一旦大, 一旦衆議院, 一般を, 三思三省せらるべし, 不思議な, 不慣れなる, 不正直と, 世人に, 中外に, 二ち, 今に, 今後の, 他の, 他人の, 伊藤侯が, 伯が, 余が, 信服を, 僕の, 優に, 先生の, 全村, 公が, 其の人, 其の今日, 其の信用, 其の政友, 其の敵, 其の旗幟, 其の明達, 其の糾合, 其の領土, 其抱負の, 其由る, 其醇分を, 内治外交, 内閣開放の, 十分に, 十四荷, 千に, 卑しと, 卿等の, 君に, 吾, 吾が民, 問題の, 四方の, 国から, 国民の, 国民的性情を, 多少の, 大疑問, 天晴れ, 天理教が, 太え, 奇怪千万, 妙な, 妾の, 子に, 完全なる, 宗教たるを, 宗教の, 察すべし, 山, 山内は, 山野を, 左り, 市の, 幸なり, 彼は, 彼らが, 往生す, 徐ろに, 思いも, 思想を, 悪鬼を, 想見す, 意を, 愛蘭の, 憂いを, 成ると, 我国の, 我大隈伯を, 推して知るべしである, 政局を, 敵を, 日本国民の, 日足し奉るなり, 星氏の, 最高位に, 有力なる, 来て, 松太郎が, 模範と, 次の, 死に, 残って, 残念に, 毫も自ら反省囘悟, 氏を, 汝が, 決心が, 油断が, 注意の, 注意を, 涙の, 満足し, 濫費の, 然り, 父母に, 物を, 狂と, 生を, 申しわけが, 発表せられたる, 直と, 直接に, 相手の, 相敵, 真実の, 真正の, 瞑すべしだ, 知るべし, 社会を, 祖先の, 神威を, 秀子に, 私には, 穏か, 第二代, 範と, 而も, 聞する勿, 胸や, 自ら寧みする, 自ら求め, 自己と, 自然に, 自由党の, 自由黨の, 華族の, 衆人に, 衆人の, 言って, 言ふ, 詩の, 調和一致の, 議事の, 豪傑の, 財政上他日の, 賑やかなる, 賞品を, 足れりと, 身の, 輔弼の, 進んで, 遂に千古不磨, 遠人, 閣下の, 閣下再び, 陛下の, 陸軍省を, 離る, 難しと, 面目次第も, 韓民の, 頗る世間, 頗る内閣, 飛衞に, 駄目である, 髢を

1 [1832件 抜粋] あえて弁信, あの女, ありがたくない, あれや, いかに彼, いかに自然主義, いた, いるという, うまく食わなかっ, お互, お力添え, お察し, お断り申上げた, お知らせが, お言葉通り, からたちの, この一篇, この場合, この稿, この調査書, これらの, さういふ問題, しっくり調和, しようと, すっかり霊公, すれば, そこから, そのま, その分類上, その同じ甥, その地, その奸, その尻, その恐縮, その所思, その暗い, その機械, その発達進歩, その私徳, その能率, その軸, その醒むる, それだけの, たいへんな, たまりませんや, ちゃんと物価, どんな思わぬ, なおっては, ぶちの, みずから瞑す, やりきれない人間, よく最後, よろしくない, わからなくなった, わかるん, わが用, わたくしなぞは, われ等の, エライ学者だ, ガッカリし, ゴマ化し去られ, セエターを, ハツキリと, ブレンタの, ラジオ, 一代に, 一場の, 一姓が, 一巻と, 一文不通の, 一時は, 一歩一歩生きる, 一緒に, 一般世人をも, 万一の, 三代の, 三軍の, 上の, 上願書及庄司利喜太郎に対し, 不可解である, 不審に, 不成績ぢや, 不服さうです, 不都合である, 世界を, 世相を, 両伯, 中に, 中津の, 久客帰る, 亂心の, 予想し, 事は, 二三の, 二百五十年の, 二重に, 云い表わしたこと, 云い表わそうと, 五分も, 亡者に, 人の, 人口過剰の, 人情世界に, 人生を, 人間は, 今一寸離婚, 今日見る, 仏教史家といふ, 仕込まれるので, 他山の石と, 付近の, 以前邦人が, 伏虎と, 住んで, 何が, 何も, 何等かの, 作って, 作丹の, 來て, 侵叛を, 信ずるに, 倉子が, 偶, 備へて, 僕は, 充たすこと, 先刻の, 光る, 入道す, 全党指導, 全然討幕, 兩伯の, 公卿中の, 兵馬には, 其の勝負, 其の學者, 其の独占権, 其人を, 其力を, 其声を, 其時節を, 其機關雜誌に, 其結果として, 其迷を, 冀州を, 内政府, 再び此処, 冠と, 処せば, 出来て, 分らない, 刎斬の, 初めてアリストテレス, 判斷が, 別に困難, 前に, 前記の, 創め作りしなるべし, 力に, 助からない, 動いた結果, 勤王軍の, 化成し, 十歩と, 千金の, 南京条約を, 即ち貴方, 厭世に, 厳罰に, 又この, 反軍策動を, 叙情詩人の, 古來, 可忌, 同胞融和の, 名篇を, 向ふ, 君側の, 吾が艦隊, 呉の, 呱々の, 和卿の, 唯った, 善く是丈, 器量の, 四谷寺町辺の, 因果の, 図々しい, 国会の, 国家を, 国運の, 國交を, 國礎を, 圧服し得べからざる, 地ものは, 坊主どころか, 執拗に, 堪へがたし, 塗りつぶさうが, 売文の, 外の, 外史の, 夜会の, 夢中遊行状態特有の, 大哲学者, 大幸たり, 大海を, 天下を, 天壌無窮の, 天皇が, 夫を, 奇怪何人が, 女に, 如何とも, 妻に対する, 始めて, 婬鬼の, 子孫の, 孔子の, 学生という, 安住の, 安政大獄の, 宗廟社稷を, 定義される, 実利実, 実験上規定する, 家を, 家庭教育の, 容赦の, 寝ざめ, 察すべきである, 寫眞の, 専制的に, 将来我国の, 尊王討幕軍の, 小説の, 少しく国威, 尽せば, 履行せず, 山家が, 左右翼と, 差上げたの, 市中を, 師に, 帰る事, 幕府の, 平け, 平安朝当時から, 平等世界を, 幽滯, 幾通りにも, 度し難きは, 建文の, 弟に, 当今社会の, 当時絶滅に, 彼らは, 彼等感激せる, 征夷の, 徒らに, 御健祥, 御推量, 御身心, 徳川時代に, 心も, 必ず一応わたくし, 忘機の, 快を, 念仏狂言と, 思合った, 怪しい, 怪訝に, 恐れ多い, 恢復の, 悪い奴等, 悪魔の, 想像する, 愛読し, 慎しむべきである, 憲政党内閣の, 懦夫の, 戀に, 我が学問界以外, 我が美, 我ながら, 我を, 我慢が, 我言を, 或る, 戦争を, 戰國の, 所謂道化者の, 才識に, 打消しの, 承り申候, 拙者に, 指導役の, 探偵すれ, 撲るです, 支那を, 改正の, 故に, 教場に, 数輩なり, 文化日本の, 文明と, 断られたその, 新奇と, 新規に, 既に得たる, 日夜の, 日本人の, 旧い啓示, 明と, 易はず, 是れ, 是非に, 時世遠く, 晨を, 暗に武門, 書いて, 有るなし, 朝廷の, 村民の, 東亞民族の, 東海に, 松陰の, 柱や, 極が, 楽壇人が, 横に, 歌舞伎座の, 正念場だ, 此列に, 此稿を, 武備機関の, 死生を, 段々自分, 氏郷が, 気が, 水軍に, 江戸の, 河南の, 泡盛を, 注文しといたら, 流れが, 浮浪民の, 深き恥, 清涼池に, 満足す, 漂流に, 濡らすだらう, 為す所, 無上の, 無縁の, 無難である, 熱き小, 父母の, 物の数という, 猶太人, 珍と, 現われたから, 現時の, 瓦石を, 甚だ與, 生命に, 産婆の, 申置かね, 男子の, 疎略に, 疑念が, 疾病者の, 発布せしむ, 発程が, 皇室の, 盛なる, 盛世の, 直下げ, 相争, 相爭, 真に醜, 真面目な, 瞑すべし, 瞑するに, 知り得ない, 知るべく其壹岐, 短と, 確實なる, 示し置き候間, 社中に, 祖国の, 祝着, 神秘幽玄なる, 福音伝道の, 秀子を, 私たち後輩に, 私自身の, 稀有の, 窺知るべからざる, 立国の, 笑うべきこと, 第一, 答えて, 米友を, 精巧に, 純粋の, 細微なる, 統一的歴史的の, 綸を, 縛めた, 纒繞せしむ, 置きかえられて, 置き換えて, 美しいと, 美妙の, 聖人の, 聖経に, 聞す河南行省, 職工に, 脱走艦は, 臣等が, 自ら傲る, 自ら安き, 自ら給す, 自分も, 自家の, 自然現象を, 自由に, 自身は, 興行化した, 船中の, 艶麗なる, 花底に, 苟且に, 英國武士道の, 茲には, 萬全を, 蕪村が, 藩主を, 處觀にては, 蜀を, 衆を, 行を, 衣と, 複雑的の, 見れば, 見當, 親の, 解って, 言いけ, 言う可ら, 訓詁ばかり, 許されぬ, 訴ふる, 詩と, 話したの, 語学の, 説明を, 調査し, 諸を, 謎だ, 識者を, 變な, 貫, 責を, 貴舟, 賜わらんこと, 足る可, 身の丈の, 辟易を, 近年に, 返して, 退守自ら安ぜん, 速やかに, 連関する, 運搬した, 邪道と, 都合の, 重役の, 銅板の, 鎌倉の, 長と, 関西に, 除髪の, 階級闘争に, 霊境の, 面妖な, 面白くなっ, 革命家の, 音沙汰が, 類似の, 飛ばして, 食わなくとも, 馬琴の, 驚き入りたる解釈, 驢は, 高札を, 魔術を, 鹿蜀を

▼ 以って~ (316, 8.4%)

4 彼を 3 しては, しても, すれば, 彼女を, 知って

2 [11件] これに, これを, して, するの, その人, 世を, 人体の, 任じて, 左様な, 自任し, 非に

1 [275件] あいさつも, いるか, いろいろの, お政治向, かれら, きいた, こういう条件, この感想, この男, してこそ, しません, しようと, しようという, すべてを, するならば, する様, する革命, せられた, そうは, その三脚, その前, その天職, その素晴らしい, その費用, それだけの, それを, ただ一種, ちゃんと頼み込ん, つねに打診, はじめる, ぶつかる目標, みる, みれば, やっとの, やむもの, われわれを, ケッタイさ, サンピエトロ寺院を, スクルージを, フランス精神の, ホームズの, リーニーに, 一生の, 一騎打の, 下駄の, 不愉快な, 世に, 世にも稀, 両者を, 之を, 乞食小屋を, 争うの, 事件に, 二人は, 二度の, 云い表わされるという, 云い表わすため, 云った, 云わしむでキリスト教徒全体, 五体を, 人は, 今釈明する, 仕事する, 他に, 他の, 代表的と, 任じ死後, 任ずる, 休戦と, 作文の, 侵入者の, 停車場に, 僅かに, 先住者を, 其背中へ, 内川の, 再び現われた, 再審を, 再度その, 処分しよう, 出来るだけ, 出雲守を, 初めて相手, 剣法を, 割るという, 危険千万だ, 危険千万である, 双方の, 反対されるべきで, 反抗した, 古代聖楽を, 各自の, 名ある, 名を, 向い合った, 吹聴させ, 咽喉を, 四国を, 回答と, 固く禁ぜられ, 固めた, 埋められた, 堂々と, 堅くお, 堕落を, 報いるだけ, 墨くろぐろ, 士誠を, 夜陰に, 大きな穴, 大切と, 奇態な, 女の, 女性の, 妖しい光, 始まると, 娘を, 存じて, 学位を, 宅下げの, 尊意は, 小説などで, 居るでなし, 当り東野山方面, 当時被告支倉の, 彼等の, 後者は, 徐ろに, 御征, 御断り致し, 御通告, 御通知, 忌々しい, 応えて, 快庵, 急き込んで, 急所を, 恐れ入る外, 愛人達の, 我国現在及び, 我等の, 我等を, 我藩の, 扇形に, 手を, 打ん, 抉って, 押えるの, 押通された, 拝見し, 指南番を, 挨拶する, 捕手の, 推し進められた係長, 救うであろうと, 教に, 数うべきだ, 敵の, 旅館経営に, 日に, 早計にも, 昨夜の, 昼めしに, 時の, 暗示し, 有名である, 有名の, 木遁を, 末森急, 来て, 東京を, 正方形を, 此の度の, 此頃の, 武田君も, 毒を, 水が, 満身の, 源三郎昵懇の, 濡れ切って, 無念無想に, 熊本に, 父の, 狂人だ, 狂人と, 率いました, 生活を, 申し付, 画いたこと, 留守居役を, 異なお, 異変の, 痛感した, 白刃を, 目され, 目的とは, 直ちに幽冥, 直接に, 真田幸村に, 眺めて, 眺めました, 瞑すべきかも, 瞑するぞ, 知らさなくちゃ, 知られて, 石膏の, 神に関し, 神妙の, 秀吉が, 私は, 科学の, 空を, 空怖, 竹駒稲荷の, 答えた, 答えと, 累進し, 終始一貫何らの, 絶えず彼, 置かれて, 置きかえるの, 置き換えられたという, 聞えたこの, 能事と, 脱衣場の, 臨んでも, 自分の, 至急御, 芸術上に, 落込み, 葛西大崎の, 蔓延する, 血粉を, 行われたの, 行動した, 覆われ下部, 見て, 見られた, 見られたとも, 見ると, 角深く, 言い得る, 訊いた, 許せません, 話し出した, 語るの, 説明し, 説明する, 読者の, 諫める, 謎を, 謹んで歌った, 追放を, 逃が, 途中に, 造られ太い, 逢った, 進んだ, 進化する, 部屋の, 都に, 鋭いという, 鍛て, 防ぎ摺沢少尉, 陣取って, 陣構えした, 際立って, 面を, 面白いぞ, 飾られ無数, 馳せ参ずれば, 馴らすかと, 高まりつつ, 魚を, 鳴けば

▼ 以つて~ (199, 5.3%)

10 の外 6 すれば 5 するも 4 する者 3 しても, すること, するの, する伝承 2 お鳥, したい, して, する事, 知らせるの, 見ると

1 [150件] あの返事, あの鐵童, おほ, おもしろいの, お屆, この弱, この言葉, この詰問, しかし決して, した, したこと, しては, しません, し以, し法世, し藝術家, す, すいづれも, する, するには, するは, するもの, するチグハグ, する形式, する程, する行爲, する視野, する點, せざるが, せずに, そのかけ聲, そのからだ, その上, その使, その口, その姿, その對象, その惡, その新聞, その暖簾, その森, その生徒, その空想, その胸, その英材, それだけの, だく, でも宗教家, なぐり倒しそれから, なぐり附け妻, のみ日本映画, のみ證悟, の外畏縮, はその, は如何ん, ばかり立つ, もつと, も容易, も結着, よくそれ, よしと, わが國人, ゐる人, 一々の, 代るつもり, 何らかの轉機, 作り成したかと, 充分記憶, 免れて, 再び東京, 判りやしないん, 制し暴, 包む事, 受け流しながら, 呼ばれる愛, 喜んで, 嗅いで, 嗅げる限り, 固められた, 報いられねば, 大いに慰められ, 大新聞, 小さい洞窟, 居られるが, 居る, 居るから, 屡, 度々某々, 強く, 急いで, 愛する群, 感ずるに, 我が作品, 我が四肢, 或る, 押し迫つて來, 接して, 撃つた炎, 撓めたから, 改めて大家, 新しく神田連雀町, 時々あやまつ, 書いたもの, 最も多く, 次第にその, 求める者, 深く藝術家, 測るは, 為るの, 然う, 特に論爭, 猶此等, 現はれ, 生れて, 申し込み志願者, 直ちにこの, 直ちに僕, 直ちに其出發點, 睨み付けられたこと, 知る縦令, 示し, 立たうと, 立ちあがり隣室, 絶えず, 続けられた, 罰した例, 考へられたもの, 考へられは, 聊か逆境, 自から, 若しくは誤れる, 見ても, 見れば, 見捨てたこと, 解りません, 許して, 許す服部純雄君, 許せる身, 語りたい希望, 読む事, 読んで, 貫かれたる多, 貴しと, 赦し難い, 起つたの, 起つたのに, 迫り來, 造る所ゆゑ自然子供, 鏤めた冬, 陣取つて

▼ 以~ (56, 1.5%)

4 定ム 3 之ニ擬ス

1 [49件] 之ト離別シ, 之ニ名ク, 之ニ當ツルハ, 之レニ名ヅク, 之レニ応ズ, 之ヲ云ヘバ, 之ヲ使用スル者, 之ヲ園ニ培養セザルヲ得ズ, 之ヲ大成シ此ニ日本植物誌, 之ヲ守ルモノナリ, 之ヲ市有トスルモノナリ, 之ヲ済ス必ズヤ此ニ幾十, 之ヲ箝提スト, 之ヲ観レバ, 之ヲ遇ス, 之ヲ飾ル, 今ヤ西太平洋ニ出航セントセルモ, 全國, 全篇, 到ルベカラズ, 去レリト考フル如キハ齒牙ニ足ラザル淺慮, 各其, 大殺戮, 大禁, 或ハ老親, 易ヲ学ババ大過ナカルベシ, 最第一トナス, 本トスル處ナレハ, 本トナス, 正ハ, 満十五年, 漸ク保全, 無月謝教科書給付中食, 異ナラン, 異民族, 直ニ範圍狹シトナス勿レ, 第二ノタンポヲ叩キ, 自カラ慰セント, 自ラ君臣, 自ラ平生, 自ラ焼クナリ, 自ラ現役年限, 自ラ警ム, 自ラ身, 諸参宮人ニ銭, 諸大名ニ奉公ニ出, 遠キニ寄ス, 鳴ラント欲スルモノハ財, 鳴ルヤ久シ

▼ 以~ (52, 1.4%)

8 てその 3 て今 2 て申さく

1 [39件] ておの, てこの, てつぶさに, て一日, て伊耶那岐, て八百萬, て吾, て大殿破れ壞, て太卜, て宣れ, て宮, て建内, て得た, て御, て御世, て思ふ, て惡, て意祁, て新, て旦夕, て明, て汝, て海, て海塩, て猿女, て番, て白し, て百, て百姓榮, て神, て腹中, て臣安萬侶, て言, て軍士, て速, て連, て過, て録しぬ, て高御

▼ 以つて自分~ (9, 0.2%)

1 が未だ, に突掛つて來, のハゲアタマ, の尻, の最初, の生活, の生涯, の誤解, を彼等

▼ 以っての~ (6, 0.2%)

3 ほかの 2 外の 1 外と

▼ 以つて自己~ (6, 0.2%)

1 と自己, の本質, の生活, の足らざる, より優れたる, を律せ

▼ 以~ (5, 0.1%)

1 ような, ソピエタ国だ, 大きな雲, 奇怪な, 響を

▼ 以つて之~ (5, 0.1%)

1 を取扱つた方, を忍び, を擯斥, を視る, を視れ

▼ 以つて迎~ (5, 0.1%)

2 へられた 1 へられる, へる, へる様

▼ 以~ (5, 0.1%)

1 て人, て全く, て完全, て愚物, て重要

▼ 以~ (4, 0.1%)

1 出來, 掘ったもの, 掘つたもの, 高瀬川を

▼ 以ちまし~ (4, 0.1%)

1 て, て両, て手前, て藝

▼ 以~ (4, 0.1%)

1 てきまつてた, てくれ, て始めず, て始めた

▼ 以つてお前~ (4, 0.1%)

1 といふ人間, とは附き, は夢, は長生き

▼ 以つて君~ (4, 0.1%)

1 の心, の批評, は貨, も社会

▼ 以つて彼~ (4, 0.1%)

1 の被告, は他, を取扱つて, を批評

▼ 以つて自任~ (4, 0.1%)

1 すること, するに, するわたし, する人

▼ 以てからに~ (4, 0.1%)

1 あちこちを, お飯ア, 塩梅が, 彼方此方を

▼ 以ての~ (4, 0.1%)

2 他の 1 事, 智識即ち

▼ 以~ (4, 0.1%)

2 外の 1 ないという, 外トサ一旦

▼ 以つてそれ~ (3, 0.1%)

1 に任じ, までの生活, を読み返す

▼ 以つて他人~ (3, 0.1%)

1 と社會, の生活, を包容

▼ 以つて對~ (3, 0.1%)

1 すること, する事, する若干

▼ 以つて日本~ (3, 0.1%)

1 なる姿, の勝利, の文化

▼ 以つて滿足~ (3, 0.1%)

2 すること 1 する者

▼ 以つて答~ (3, 0.1%)

1 へよう, へると, へる者

▼ 以つて自然~ (3, 0.1%)

1 と共に生き, に對, を見る

▼ 以つて言~ (3, 0.1%)

1 ひ含めたもの, ひ換, ひ表

▼ 以テ名~ (3, 0.1%)

1 ヲ干, ヲ成サント欲シ, ヲ標ハス

▼ 以っても~ (2, 0.1%)

1 勢力の, 彼等の

▼ 以つてこれ~ (2, 0.1%)

1 だけの事, に対せ

▼ 以つて世界~ (2, 0.1%)

1 に名, の現状

▼ 以つて事實~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ 以つて云~ (2, 0.1%)

1 つた, ひあら

▼ 以つて交つて~ (2, 0.1%)

1 ゐる若干, 行くこと

▼ 以つて人~ (2, 0.1%)

1 を懼, を責める

▼ 以つて人生~ (2, 0.1%)

1 に衝當, の途

▼ 以つて今~ (2, 0.1%)

2 も尚

▼ 以つて何~ (2, 0.1%)

1 か一つ, か談判

▼ 以つて僅か~ (2, 0.1%)

2 にその

▼ 以つて價値~ (2, 0.1%)

2 を判ずれ

▼ 以つて充~ (2, 0.1%)

1 された人, したいと

▼ 以つて凡て~ (2, 0.1%)

1 の人, の學説

▼ 以つて多く~ (2, 0.1%)

1 の優れたる, の效果

▼ 以つて大~ (2, 0.1%)

1 に自由党, に自由黨

▼ 以つて大地~ (2, 0.1%)

1 を一面, を霑

▼ 以つて對手~ (2, 0.1%)

1 がその, に忠告

▼ 以つて對話~ (2, 0.1%)

1 すること, せざるの

▼ 以つて彼等~ (2, 0.1%)

1 と應酬, の勞

▼ 以つて支那~ (2, 0.1%)

1 を見る, 本國

▼ 以つて此~ (2, 0.1%)

1 のあたり, 新しい感じ

▼ 以つて滿~ (2, 0.1%)

1 足した, 足せずに

▼ 以つて目的~ (2, 0.1%)

1 とする, もなく

▼ 以つて神~ (2, 0.1%)

1 の被, は勿論

▼ 以つて結婚~ (2, 0.1%)

1 しなかつたと, に応用

▼ 以つて藝術~ (2, 0.1%)

1 を唯, を評價

▼ 以つて身~ (2, 0.1%)

1 づから病氣, の華

▼ 以てとは~ (2, 0.1%)

1 これに, これは

▼ 以てな~ (2, 0.1%)

1 かるべきこと, 魚屋でも

▼ 以ては~ (2, 0.1%)

1 世間の, 計られなくなるという

▼ 以ない~ (2, 0.1%)

2 ニナんじ

▼ 以テ仁~ (2, 0.1%)

1 ヲ害スルナク身, ヲ成スアリ

▼ 以テ今~ (2, 0.1%)

1 ノ低級ナル所謂文明國民, 尚

▼ 以テ其~ (2, 0.1%)

1 ノ保護者, ノ扶養

▼ 以テ彼~ (2, 0.1%)

1 ノ大学企図, ヲ亡ボス也

▼ 以テ東西文明~ (2, 0.1%)

1 ノ融合, ノ融合時代ト云フ

▼ 以テ神~ (2, 0.1%)

2 ヲ降

▼ 以テ血族其他ニ~ (2, 0.1%)

2 贈與シ

▼1* [498件]

あるなりまた, 以混淪の, 以っていう時は, 以ってか一人来たれる, 以ってしか到達出来ない, 以ってなされた聖徳太子様, 以ってはしないが, 以つた述懷による, 以つてうねり行きその後ろ, 以つてお知らせして, 以つてこちらを信じない, 以つてせんにはと其處, 以つてそこは何とか, 以つてまどろツこしい, 以つてやつとの事, 以つてわたくし安萬侶に仰せられまし, 以つてアカイア人の幾萬, 以つてキリスト教の信仰, 以つてトルストイのあの, 以つてバーナード・リーチの肖像, 以つてフレムトなる力, 以つてモンテスキユーかウオルター・スコツト, 以つてロマンテイシズムの夢, 以つて一切に捨てられ, 以つて一度捨てた自然, 以つて一萬二千石小堀家の危急, 以つて一面の錦, 以つて上から義雄, 以つて上役に引立て, 以つて上野の宿屋かた, 以つて下女のお, 以つて下柳原同朋町及新地と称せり, 以つて丹波屋さんは頑固, 以つて事にあたれ, 以つて事情の許す, 以つて二三年間どこにでも引ツ, 以つて二十分ばかり演説, 以つて二連の輪麺麭, 以つて亞細亞的なりとし, 以つて人跡未到の深山大澤, 以つて人間的主體, 以つて仁義を爲す, 以つて今日に及び, 以つて他から呼ばれる, 以つて任ずるの, 以つて任ずるなア, 以つて任ずる内山がゐる, 以つて修業の生活, 以つて俺一人の問題, 以つて個性を征服, 以つて傳へて來, 以つて傳道師になつ, 以つて償ひ盡, 以つて兩者の世界, 以つて八五郎親分は大した, 以つて其土まんぢ, 以つて其姦淫を告白, 以つて其背に十字架, 以つて出来上つた, 以つて判官諸公を見送つた, 以つて創作を批判, 以つて劇中人物の對話, 以つて包容し得る日, 以つて匍匐して, 以つて北地を睥睨, 以つて十一代の五郎作, 以つて南天が毒, 以つて原語通り寫し取つたもの, 以つて參つて, 以つて參考にし, 以つて双方の間, 以つて取り扱つてゐる製造主任, 以つて取扱はれて, 以つて取扱つてそこに作者, 以つて右と左, 以つて同社の支局, 以つて否定せむとする相應, 以つて吹聽しに, 以つて告白するに, 以つて周圍の友人, 以つて唯一の規則, 以つて問ふて居る隨分重き罪, 以つて器に應, 以つて国体の得失, 以つて報いらる可, 以つて大体よろしく万, 以つて大勢の神, 以つて天井際から蔽, 以つて天才の天空, 以つて奴隷と暴君, 以つて妄念を拂, 以つて妥協的に勧誘, 以つて婦人を置きました, 以つて婦徳を進むべし, 以つて学士の冠, 以つて室を出, 以つて家のこと, 以つて實業雜誌社へ行く, 以つて實際お鳥, 以つて小杉さんは, 以つて巖丈に築きあげた, 以つて希望する, 以つて平然としてゐれ, 以つて広場や狭い, 以つて広重の保永堂版版画, 以つて庭を作る, 以つて形を追, 以つて従つた民こそ真, 以つて思想の價値, 以つて思想家に極めて, 以つて思索と研究, 以つて息の根を押し, 以つて意識的には善, 以つて慇懃な情, 以つて慷慨激越な演説, 以つて戀を實現, 以つて我は汝, 以つて戒しめられるところ, 以つて押へるの, 以つて押し問答して, 以つて擯斥する一切, 以つて政府の貧富, 以つて教義を議し, 以つて新らしき文化, 以つて斷わつて, 以つて日本人の世界的地位, 以つて日本人的素質を脱却, 以つて日本國を背負つて, 以つて明かに映るだ, 以つて易ふるの, 以つて易々と他人, 以つて是を紛らし, 以つて是認せる, 以つて昵み切れないもの, 以つて時勢の沿革, 以つて東都の文界, 以つて栄とする, 以つて業腹である, 以つて極細の真書き, 以つて構想をめぐらす, 以つて構成された読書生, 以つて標榜して, 以つて模倣的に行動, 以つて橋上に立つ, 以つて此世を去らず, 以つて此事實を承認, 以つて此等の好意, 以つて武備の強弱, 以つて死者に對, 以つて殆んど, 以つて毒でないと, 以つて民族に奉仕, 以つて民族心理學的乃至民族史的考察, 以つて水彩がかつ, 以つて沈潛して, 以つて沢山のこと, 以つて法界を觀, 以つて洞窟の寂しく暗い, 以つて流轉を續, 以つて無我を唱, 以つて無茶苦茶に突き荒し, 以つて熊の胸, 以つて營業化されるまでには, 以つて爆發したもの, 以つて爭つたやう, 以つて父に報い, 以つて特別に蟹田地方, 以つて猛勇のアレース神, 以つて猛烈に見つめた, 以つて獅子吼をする, 以つて獨立の生活, 以つて現代の豐太閤, 以つて理想とする, 以つて甘受するところ, 以つて生活の重なる, 以つて用を害する, 以つて田の作, 以つて男爵になつた人, 以つて畢へしむべき, 以つて痛快に切れ味, 以つて的解を下す, 以つて盆の払, 以つて直接なる内面的知覺, 以つて相爭ふとき母親, 以つて研究成果の速, 以つて禁止されたけれども, 以つて私に對, 以つて空を條, 以つて籠絡して, 以つて糺明する, 以つて終結し自己, 以つて絶對の前, 以つて經濟的に製造, 以つて縁組せねば, 以つて繁昌して, 以つて聖地を残らず巡つた, 以つて膝をたたき, 以つて自ら居る僭上, 以つて自ら任ずるもの, 以つて自他を責めなけれ, 以つて自刃し得たで, 以つて自負して, 以つて臭ぎ其の穎, 以つて草木禽獣に親ん, 以つて萬に通ずる, 以つて著者の為め, 以つて蔽はれなか, 以つて蕪雜と純潔, 以つて薬研堀と称す, 以つて行はれたの, 以つて衣物の裾, 以つて襲ひ乾, 以つて言つてゐる, 以つて誠實な人, 以つて諸方の新聞社, 以つて證すること, 以つて貞潔の理想, 以つて返事に換, 以つて退治したにも, 以つて遁辭とする如き, 以つて遂行する奉仕, 以つて遇するといふ, 以つて過去の文章, 以つて道廳は日本流, 以つて道徳的操守の著しく強い, 以つて都會人の域, 以つて酒楼茶店簷を並べ, 以つて野に耕す, 以つて金を殖え, 以つて金貸しになつ, 以つて釧路や帶廣, 以つて鎭撫する能はず, 以つて開鑿せられて, 以つて陛下の逆鱗, 以つて除却するには, 以つて靜的實在だと, 以つて顏を覆うた, 以つて顛倒し惑亂, 以つて馬が馬, 以つて髮を抑, 以つて魂の世界, 以ていはゆる, 以てかの無学なる, 以てがたりびしりと探る, 以てこの問題, 以てさう軽々, 以てさえ敢えて用いられ, 以てじやれ着いてろくに, 以てつよくした, 以てひどく怨んで, 以あるから, 以とも署した, 以我を, 以についてはほんの二三, 以出来ず, 以みれば吾兄, 以故に衆生皆, 以了解せられた, 以テカ億兆ノ赤子, 以テカ欧米列国ハ夙ニ莫大ナル費用ヲ投シテ外国留学生, 以テゲス俗顔ノ眼ニ, 以テコレヲ補ヒツツ, 以テコロボックルト見爲サヾルヲ得ザルヤ明ナリ, 以テシテ如何ゾ, 以テス嗚呼是レ亡友漱石, 以テストモ日本ハ數年ノ後, 以テスレバ善良ナル性質ヲ有, 以テスレバ如何シテ其蘊ヲ発スルコトヲ得ルヤ決シテ能クセザルナリ自ラ, 以テセズ各方面, 以テセバ恰モ晶盤ニ水ヲ加フルガ如ク彰, 以テセルハ婦ノ訴ナキ場合ニ於テ姦通罪, 以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ非ス, 以テソノ及バザル所ヲ補クルノミ, 以テソノ成功ヲ責メ, 以テソノ骨ヲ埋, 以テツヅリシヲ着シ腰小旗ヲ横ニ, 以テノ他御不満ニテ, 以テホトンド全部ヲ占メヰタルガ, 以テマズ巨鼠ヲ窒息セシメヨ, 以テモ之ヲ知ルベシ, 以テモ上方勢ト取合フコトノ無益ハ, 以テ一切ヲ高下セントスル現代マデノ惡徳, 以テ一夜ノ主, 以テ一身ノ幸福, 以テ一部ヲ祝ヒテ終ヘタレバ, 以テ一隊ヲ作リ一客来レバ隊中当番ノ一婢出, 以テ世ノ雅流ニ告グ, 以テ世間ヲ聞糺スカラ, 以テ中止イタシ候尚秋船, 以テ之ヲ返, 以テ五葷ト為シ各同ジカラズト雖ドモ, 以テ五葷ト為シ仏家ハ大蒜小蒜, 以テ人ノ忙, 以テ人心ヲ蕩ハシ, 以テ他ノ徴兵ニヨリテ斯ル軍國主義者, 以テ仲街ノ衰勢, 以テ伽藍ニ渉登シ高歌狂乱シテ信者, 以テ修養ニ享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, 以テ傘ニ代テ暴雨ヲ防グ, 以テ先帝ノ遺, 以テ公命ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 以テ公権ヲ犯ス者ニシテ固擅殺, 以テ公私ノ生産業ニ雇傭セラルル者, 以テ其レヲ室内, 以テ其レヲモ廢止スルガ故ニ, 以テ其状ヲ模シ尽スコト能ハズ此ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精, 以テ切要トスベシ既ニ園ヲ設クレバ則チ磁盆鋤鍬, 以テ別個ノ意味ニ於テ加罰スル者ナリ, 以テ利器原料ノ主要ナルモノトナス時代, 以テ利害ヲ計, 以テ利得ヲ爲ス者ハ家屋其者ヨリ, 以テ刻下教育ノ須要ニ応ジ一ハ以テ日常生計, 以テ労ヲ待ツ, 以テ動ヲ観, 以テ印度文明ノ密封セラレタル寶庫トシテ, 以テ参高霊位大相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 以テ只管御歎願申上ゲル次第ニ候得バ, 以テ吾ヲ救フベキ権力, 以テ吾ガ国ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之ヲ禦グベシト, 以テ吾人ノ心情, 以テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, 以テ單ニ手數料ノ徴収ニ止ム, 以テ四海同胞皆是仏子ノ天道, 以テ四海同胞皆是佛子ノ天道, 以テ国内ヲ悩マスニ至ルベシ, 以テ国家ヲ保護ス, 以テ國人ヲ服セシヨリシテ, 以テ國威ヲ發揚セシハ歴史, 以テ國家ノ經濟的統一, 以テ國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, 以テ國民タル常道常識ヲ教育セラルル者, 以テ國民教育ノ終了トスルハ國民個々, 以テ國民教育期間中ニ世界的常識ヲ得, 以テ國運ヲ隆盛ナラシメン, 以テ國際語トセント決議セシ程, 以テ土地民有制ヲ取, 以テ塩ノ浸, 以テ存立スルコトハ各其, 以テ学理ヲ強行ス, 以テ學術ヲ應用セシヤ盖シ, 以テ家ヲ保ツニ足ル, 以テ家屋ト為ズシテ書ヲ友トナスノ益ニシテ, 以テ容ヲ為シ難シ, 以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行, 以テ尺寸ヲ長, 以テ屋根ヲ葺キタルガ, 以テ山林高隠, 以テ己レガ任トナスといひ, 以テ席ヲ織, 以テ帰京後同処小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花, 以テ平民ヲ蹴, 以テ廣ク之ヲ小, 以テ彼此親睦事変ヲ生, 以テ彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, 以テ徐徐ニ之レ, 以テ得ベカラズ歳月ヲ以テ, 以テ徴集スル所以ハ現時大資本家, 以テ忙ニ交ハル可シ, 以テ念ト為サザルニ在ラズンバアラズ, 以テ急追攻撃セシメタルモ天暗ク敵影, 以テ悉ク己ノ心ニ得タリト為シ独ダ一ニ書, 以テ悉ク此等ヲ賠償スル時ハ, 以テ意ヲ行フベシ, 以テ懇談シ斯ク暴政, 以テ我疑ヲ解クニ足ラズ解, 以テ我ガ王世子ト定ム, 以テ我人民ヲ制伏セント欲シ徒党ヲ結テ其党, 以テ我無上の娯楽トナスノ外敢テ富貴, 以テ我諸州ヲ抑圧セリ, 以テ戰ヒシ英米ヲ見, 以テ拒絶セラルル理由ヲ発見シ得ザルモノナリ, 以テ搗爛シ雄黄鹿頭血, 以テ放火ノ自由殺人, 以テ政所ト為ス可, 以テ故国ヲ逃レテ和蘭, 以テ敢テ此大業ニ当リ, 以テ敵ノ二ニ応ズル所也, 以テ敵ニ向ヒ, 以テ文局ノ右ニ置タリ, 以テ既知遺跡實踐ノ案内トシ, 以テ日ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, 以テ日新ノ教育, 以テ日本ガ國家ノ權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン, 以テ日鮮ノ融合ガ試ミラルルニアラズ, 以テ明示スルニ至リテハ実ニ, 以テ昭君漢ヲ慕フノ心, 以テ是等学生ヲシテ安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, 以テ時ニ或ハ書説ニ, 以テ曰ウ蜀ハ龍ヲ得, 以テ最善ヲ尽ス可キ旨, 以テ朝廷ニ奉リ, 以テ本邦今日日新学術, 以テ枕席ヲ薦ム, 以テ染メ黄金ヲ作スベシ, 以テ柱ヲ飾リ, 以テ歐洲大陸ト比シ本邦ヲ以テ英國ニ比シ, 以テ正確ニシテ従フベキト為サズ反覆討尋其正ヲ得, 以テ此心ヲシテ恒ニ放逸散離セシメザレバ一睹スル者此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲, 以テ此種ノ普通名トナサント欲スルナリ, 以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, 以テ比較スルモ惺窩羅山闇齋ノ程朱ハ, 以テ民ヲ化スヲ本, 以テ海軍力ノ躍進的準備, 以テ滋養價値等ヲ云々シテ眞, 以テ無為涅槃之部ニ至ランニハ如カジ, 以テ片鱗ヲ存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適, 以テ物ニ克ツノ義ニ取ル, 以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, 以テ独リ吾レヲ肥サントス, 以テ独立シ英国ト交ヲ絶チ, 以テ獨逸ヲ亡ボシ英國, 以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 以テ班揚ニ比ス七齡思ヒ即チ壮, 以テ現行法律ニ保護ヲ求ムルヲ得ズ, 以テ生産ヲ營ム後者, 以テ甲ト乙トハ同種族ノモノナリトハ云フ能ハズ, 以テ甲ハ乙ノ後裔ナリトハ云フ能ハズ, 以テ申入候近年婚礼相済ミ候者水振廻, 以テ癖説ナリト疑フ者アレドモ, 以テ盛大富強ヲ致ス能ハザル知ル可キノミ, 以テ相属ス蜉蝣ヲ天地ニ寄ス, 以テ相済ウベクイタズラニソノ勇ヲノミ恃ムベカラズ, 以テ知ル可ラザルノ説ヲ信ジテ以テ悉ク己, 以テ知ル可ラズ誤未, 以テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 以テ祖宗ノ治業大仁, 以テ私慾ヲ恣ニセントスル意味, 以テ移住民ノ祖先, 以テ稍ク二三ノ楼ヲ営ム, 以テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, 以テ精算ノコト, 以テ終ニ天皇大權, 以テ組織サレザル社會ハ奴隸的社會萬能ノ中世時代ナリ, 以テ羽翼ヲ舒ベ張ル, 以テ聞ス情切ニシテ涕泣言ウ所ヲ知ラズ, 以テ肉體ノ強健, 以テ臨マザル方針ヲ取, 以テ自然ノ理トス, 以テ船上御手当中遂ニ本日午後七時二十七分, 以テ芋ヲ焦, 以テ英人リンドレー氏ノ学校本草, 以テ血ヲ洗フガ如シ, 以テ血族其他ニ分有セシメ又ハ, 以テ衆議院議員タル尊台ニ対シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ呈スルノ大罪, 以テ衣ヲ踏洗フ, 以テ誘引可有之事, 以テ読マザル可ラズ書ヲ読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖, 以テ譴責サレンヲ恐ル, 以テ財産ヲ血族其他ニ, 以テ資本ガ限度以内ニ於テ各人ノ所有權, 以テ贅疣ト爲サンノミ然リト雖モ贅疣, 以テ身ヲ飾ル, 以テ輸贏ヲ决スル如キモノト日, 以テ通信ヲ行ワム, 以テ造レル舟ヲ有, 以テ遂ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須ノ偉, 以テ道ヲカネテ夜半ニ此前, 以テ道路ヲ照ラスガ, 以テ遠洋航路ヲ主, 以テ醜悪ニシテ怖ルベキ勁烈ノモノトナシ, 以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, 以テ阻心ヲ去, 以テ限度以下ノ時ニ於テ, 以テ露國ノ侵略, 以テ食フ或ハ夏期ニ於テ, 以テ飢ヲ療スベシ, 以テ鰹節ニ代フレバ能ク甜味ヲ生, 以テ黄色ヲ染ム, 以テ6033ト記シタル唐紙片ヲ発見セラルベシ, 以不参候よしいよ, 以不可然事候条, 以与信厚信重二児, 以交以孝以とも署, 以俯瞰則満洲平原千里茫茫, 以入獄申付吟味中に候処, 以再度衝突被, 以同志相期許焉先生時猶在, 以吾人既不能知前身又何, 以地理の事, 以堪らず無い用, 以大御目付稲生伝右衛門殿え, 以大能證主耶蘇之復生, 以官請爾来欧心刻骨其術を事実ニ試, 以宝永七年庚寅自下毛移此, 以宿意誅亡之故, 以年紀其末序蔡仲之命費誓呂刑文侯, 以推進一態嬋娟而上躋乍龍伸而蠖屈將欲上而復低と, 以活動を得, 以申立候に付, 以男子爲王住七八十年倭國亂相攻, 以畠山次郎重忠餘黨等所領賜勳功之輩, 以百姓為心念五気之或, 以知行御切米, 以祈祷為先冥加以正直為本, 以莫大之金子拜借, 以誓紙を沙汰, 以返事いたさず畳表, 以魁たる者も死一等