青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「令~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

付け~ 仙~ ~代 代~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~
令~
令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~ 以下~ ~以前 以前~ ~以外 以外~

「令~」 1564, 17ppm, 6734位

▼ 令~ (286, 18.3%)

20 下して 9 発して 8 出した 7 下した 5 伝えて 4 もって, 発した 3 うけて, 出して, 勤めて, 待って

2 [14件] うけると, くだして, して, つたえた, 下せり, 出したり, 布いた, 待ちかまえて, 待つのみ, 正して, 無視し, 発布し, 發し, 設け天下

1 [189件] ある無, いただけるの, うけたの, うけた二十一藩, うけた地方武族, うけた畿内五ヵ国, うけ賤しき勞, うながした, おびて, お布きあらせられました, お発しありたい, お発しねがい, くだした, くだしたさい, くだしたの, くだすこと, くだす自分, さけぶと, しいたと, しいたという, しかれたの, しかれて, すませて, たよりに, つたえそれから, つたえると, つとめた, とくに重く, ぬかりなく, はじめ要路の, ふりかざし軍令部, べつな, むしろもどかし, やぶって, わたくしの, 下しこれから決して, 下しその, 下したるの, 下したればとて, 下し終, 下し鳴海, 下すべく曹操, 下すもの, 下すを, 下せりと, 云い渡した態度, 京都から, 仮らざるべからざる, 仰いで, 伝えいさぎよく, 伝えさせて, 伝えたもの, 伝えに, 伝達する, 傳ふれ, 全軍, 出さしめたといふ, 出させようと, 出されました, 出したが, 出したとき, 出したの, 出したよう, 出したるとき, 出したろう, 出した時代, 出しても, 出し名誉, 出し見目, 出し農村, 出すとか, 出征の, 制定すべき, 剛勇の, 厳にし, 受く, 受けた老, 受けた者, 受け入れながら, 叫んだ, 号すること, 司どれば, 呼びさ, 嚴に, 執行され, 変えたん, 奉して, 奉ずと, 定められし頃, 実施し, 工夫し, 左に, 己に, 布いただけ, 布いた幕府, 布きたる寛永十六年, 布き入るも, 布き康頼, 布き札, 布くとともに, 布くのみ, 布くまた, 布くまで, 布けり, 布告し, 帯びて, 度々下し, 廻したとき, 待ちしびれて, 待ち受けて, 待つの, 待つばかり, 待つべし, 忌避する, 急いでも, 恐れぬ叛逆人, 手に, 拜受し, 掛けると, 採用し, 掲げた高札, 撤囘した, 改正せね, 改正女子も, 敷いたこと, 敷いたと, 敷かれた感, 敷き, 敷き夫人, 施かれた, 施行し, 施行した, 早く撤廃, 書き留める, 果さんず, 欺く時代, 正し国, 正成は, 求めたが, 爲さしめ, 犯した廉, 犯して, 発しかけたが, 発しすでに, 発したとき, 発したの, 発したので, 発したりなど, 発しみずからそれ, 発し城内, 発し多く, 発し征討府, 発し給えば, 発すると, 発せん, 発令する, 発令石田三成に, 発布した, 発布したる, 発布する, 発表し, 發する, 發表し, 皇帝から, 直義へ, 破って, 私に, 等閑に, 紀元前一四九一年なり, 聞いて, 聞かざらん, 聞き天子, 自ら繰返さなけれ, 行うを, 見ますと, 見ると, 見るに, 解き諸, 触れ廻しましたが, 論ず, 變改せる, 貸與, 赤坂中の, 遂ぐ, 適用した, 部下の, 降した, 飛ばして, 飛ばし佐和山

▼ 令~ (165, 10.5%)

14 下に 2 もとに, 出づるを, 劉泌は, 如きは, 字人形の, 役司どり, 本文が

1 [137件] うえで, うちに, うちには, お着き, ことは, ことも, ためとか, なかに, ほんの余暇, むかしに, やうに, ような, タルチュビオスに, 一挙をもって, 一歩手前まで, 一部が, 下にでも, 下るの, 中では, 中に, 五色の, 伝騎来っ, 使を, 使アカイア衆人の, 使者と, 使者は, 使者を, 偽りでない, 先触では, 出たこと, 出た事, 出た年, 出た頃, 出づるに, 出て, 出るまでは, 出来たの, 出発を, 初めての, 初めであろう, 制定に, 制定や, 制度から, 制度として, 制度とにおいては, 制度の, 制度への, 前に, 厳禁する, 古記には, 古記の, 司役どり, 名で, 場合には, 場合は, 夫人が, 奥様が, 奴いい, 好意を, 如くこの, 官制にも, 定むるところなりとて人民, 実施は, 富岡敬明が, 布かれた後, 師は, 常用尺なる, 度なり, 廃止の, 役は, 徒に, 御発布, 恩典に, 意義である, 手段にて, 改正と共に, 改正委員が, 政治的効用については, 断乎たる, 方には, 施行の, 施行規則は, 施行規則を, 旨に, 明察に, 時代の, 更迭は, 末項に, 本文にも, 本文は, 杖の, 桓楷陳矯陳群などを, 比例によって, 民権主義を, 爵は, 物産の, 王立という, 発せられる少し, 発布に, 発表という, 發布によ, 直訳な, 眼には, 神祇令には, 穏かさ, 笏手に, 範囲拡大の, 紹介で, 結果領主は, 聲高き, 職が, 職を, 職田営種に関する, 臨場の, 華, 董允が, 褒美は, 規定する, 規定に, 規定にまで, 規定は, 規定を, 規定以来少しく, 規程に, 解釈上学位は, 解釈上小生の, 解除と, 計画によ, 註釈たる, 説に, 貝の, 身として, 部下として, 随行とは, 頃には, 顔は, 高札などが

▼ 令~ (142, 9.1%)

10 出て 5 下った, 出た 3 布かれて, 発せられた 2 あった, 下って, 伝えられて, 公布され, 出たから, 出たの, 出た後, 敷かれて

1 [100件] あったが, あって, お達しに, くだされました, くだされると, くだったの, くだるであろう, ここへ, しかれた, しかれたこと, しかれて, すでに出, ついに嗤, つたえられて, つたわると, でたの, でやがったからさ, ないと, マニラに, 下されたと, 下ってから, 下らなかった, 下り香椎中将, 下る, 下るか, 下るかも, 下ると, 下るまでの, 之を, 伝わる, 俳句に, 全軍, 公布された, 出さ, 出されて, 出たからと, 出たが, 出たとの, 出たほど, 出たわけ, 出た以前, 出た女, 出てからの, 出ない, 出なかった, 出ること, 出ると共に, 出るまで, 出来上つて, 制定され, 厳しくて, 嚴しく, 国外からの, 外国穀物の, 天下に, 布かれた, 布かれたが, 布かれたちゅうぞ, 布かれた事, 布かれた場合, 布かれた直後, 布かれても, 布かれ丁髷, 布かれ公侯伯子男, 布かれ福田大将, 常に厳, 御発布, 持ち歸つた結果, 改革された, 敷かれたため, 施行せられるだろう, 日本では, 熱心に, 生んだ産物, 発され兵, 発せられたそう, 発せられて, 発せられるや, 発せられる日, 発せられ元, 発せられ国中みな, 発布され, 発布された, 発布せられ, 発布せられた, 發布された, 發布される, 終ると, 聞えなかったか, 行き渡った, 行なわれて, 行われ国定教科書, 赴任する, 載つて, 降った, 降ったので, 降り万民, 降るであろうし, 飛びつづいて, 飛んだ

▼ 令~ (109, 7.0%)

6 よれば 4 よると 2 付て, 任ぜ, 依って, 規定し

1 [91件] あるごとく五十戸, いわゆる僧尼以外, いわゆる賤民中, うごき目, お取りなし, しても, せまって, ちからびとの, ない純, なお背後, なったの, なり燕国公, ひっかかること, ひとしい厳しさ, よったと, よりて, エタが, 丁匠役に, 三位以上及び, 不平満々たる, 事ふる, 五色の, 代えぬか, 任じた, 伏すまいなどという, 余勢を, 出て, 効うべし, 匠丁兵士防人の, 取立てたが, 古令新令あり, 向って, 告げた, 因り, 因りて, 国家に, 執行の, 報告する, 変更, 大蔵を, 宮内省の, 寄せた書翰, 封じた, 帳内, 建議し, 引っかかって, 待たんでも, 待つべきを, 従った際, 從ひ立ちあがる, 從へ, 心せよ, 応じぬ大名, 応ずること, 所謂, 所謂大蔵が, 所謂家人奴婢に, 招かれて, 挙げられ母, 撰抜された, 敵前偵察の, 於ては, 服さぬ俘囚, 服したふり, 毎夏兵, 準拠する, 現実の, 申立てる, 登用された, 相当する, 累進した, 署名を, 至りては, 致斎と, 薄命な, 薦めた, 行軍の, 見えた詔書式, 見えて, 見えるいわゆる, 見える様, 訊いた, 詳しくみえ, 賤民の, 趙雲や, 転任された, 進み死後太師, 遅るる, 面食った, 願って, 鶴ヶ岡の

▼ 令~ (85, 5.4%)

2 どうした, 大きい声

1 [81件] いつか, いまに, おろか執るべき, かなり, きびしく達しられ, このところ二途, この千早一城, これだけ, さてこそという, しきりに出た, すぐに, すでにやがて来る, すでに発しられ, そこで, その以前, その俳優, その当時埋葬, その職掌がら, その長官, とりしづむ, ない, なおそこ, なくて, なるべく狭い, まだ出, まだ解かれ, みなその, 一令より, 一度地方官会議, 一町村に, 下って, 下役ふたりに, 五月一日に, 京伝の, 令を, 伝えられ一同, 何を, 信長の, 全軍, 八方へ, 出でたり, 前後の, 厭な, 台命です, 吉野の, 四十二年後の, 國風習慣を, 城守と共に, 大宝令なり, 安土から, 宗教を, 家齊退職の, 容易に, 將軍家齊である, 屋外のみを, 思いきった令, 悉く行き, 意外にも, 故あっ, 敗走の, 既に布かれ, 日本の, 日本人の, 李白へ, 添え言葉, 漢学者で, 理でございましょう, 疑った, 発しられたの, 発せられた, 相府, 福山宇和島吉田大野の, 置かれないで, 苦々しい顔, 苦吟した, 苦心し, 蛇を, 言って, 貝を, 酒宴の, 野村盛秀であった

▼ 令~ (83, 5.3%)

2 が心, に紹介, のお, はおれ, は微笑み

1 [73件] ありと, が, がお出まし, がふたり, が丸髷, が代る, が圓髷, が坐る, が帝政時代, が振舞其理由, が百日咳, が部屋, が鎌倉, であ, である, でもない, で非常, とある, といふの, との中, と共に參拜, と立つ, なの, ならん, なりけり何處, なん, にし, には有名, にも惡, に仕上げられ, に對, に憎く, に當, に語り, に違, のうはさ耳, のゆかれた, の便り, の外, の姿, の嫁, の寫眞, の小犬, の心, の情緒, の手前, の方, の殊に, の無垢, の父, の生涯, の登美子, の結婚披露, の美色, の部屋, はまるで, は別, は大方, は彼, は暫時うち, は纎手, は靜, は高嶺, ぶればとて, も免, も泣き, も遊ば, をでも, をも幸福, を拜, を案内, を金子, 大商人

▼ 令~ (44, 2.8%)

32 て之

1 [39件] ておられるで, てこの, てこれ, てそこ, てその, てそれ, てみすみす, てみた, ても帰らぬ, てキリスト教, て一斉射撃, て三万, て再挙, て前後, て各々, て四書五経, て奢侈, て家ごと, て宿る, て就学適齢, て引きあげ, て引っ返した, て徐凱, て曰く, て来た, て汎, て矢, て立ち去っ, て組織改造, て続々, て自分, て諸, て軍, て金鼓, て長崎, て陣, て飛ぶ, て鳴海, 給える

▼ 令~ (27, 1.7%)

3 なって, なつた

1 [21件] あれば, いやあ今, し梁虔, なりぬ, なり或は, なる, クーデターとへの, 云うこと, 云うの, 云ふ, 人事と, 同時に明石領主ジュスト高山右近, 同時に磯, 同時に軍費徴発令, 同時廃業し, 唱えて, 對比する, 思われる, 書くの, 為ったて, 言ひ

▼ 令~ (24, 1.5%)

1 [24件] あつた, おざる, かういふ学課, きめられた制度, このところ僅, つたえられた, みんな市中の, 三寸五分以上の, 云へ, 仕方なく, 全軍, 公平の, 十六人の, 唐律で, 圖案は, 定めたいと, 帝国大学教授の, 手早く制服, 掏摸は, 新田を, 河内の, 盲聾学校令が, 許されず輸出物, 追手の

▼ 令~ (24, 1.5%)

1 [24件] あって, ある, おさしずし, この会, しかれ軍隊, なくここ, ほとんど思う, 内務省の, 出たり, 出ては, 出ない, 出なかった, 出頭命令という, 出頭命令といふ, 同志社の, 外國人の, 布かれた, 布けれ, 後で, 断髪令も, 洵ね, 行はれじ, 行われず全, 近々御

▼ 令~ (24, 1.5%)

1 [24件] が, がいいました, がお母さん, だけがまだ, だって考え, にそんな, にとって不思議, にはちっとも, はいいました, はさびしい, はつぶやい, は姉, は強く, は怒った, は怖, は指摘, は母, は気, は相手, は窓, は笑いました, もそう, を二人, を芸術家

▼ 令~ (19, 1.2%)

2 にあった, にあり, の事情

1 [13件] だ, だね, ではそういう, にある, にしよんぼり, に出征, に於, に諸国, に銃剣, のよう, の国土, の如き, の消防団員

▼ 令という~ (16, 1.0%)

8 ものが 1 ことも, のが, のも, のろいことば, 千二百余年前の, 罪悪及び, 職が, 言葉を

▼ 令には~ (15, 1.0%)

1 [15件] いわゆる五色, 三位以上及び, 不具癈疾或いは, 五色の, 位田正, 何の, 功に, 天神地祇という, 必ず改元, 恨めしい眼, 或る, 正成の, 聞こえて, 見えない, 誰か

▼ 令によって~ (15, 1.0%)

1 [15件] ふっとんだ, アングーレームは, 劇場の, 反乱者と, 大焼打, 好ましからぬ, 宗教団体の, 封禄を, 市内の, 新円切換え, 根から覆された, 王婆の, 禁止された, 行われたの, 設けられたの

▼ 令~ (13, 0.8%)

2 の家

1 [11件] が八十歳, が猶, といった, と倶, に一男一女, の嫡子道秀富穀, の曾孫, の貯えた, は出で, は小字, を同

▼ 令~ (11, 0.7%)

1 [11件] が眠っ, が竿, という息子, の吹き鳴らす, の衣物, は手, は言っ, は起っ, は雪, は青竹, 下されて

▼ 令ちゃん~ (10, 0.6%)

1 が通りかかる, の思う, はいったい, はおそい, はこれから, はどうか, は一人, は詩人, をどう, をにらんだ

▼ 令~ (10, 0.6%)

1 あり, がこの, が妻, が妻室, の家, を突出, を見, 少からず, 慌て惑, 驚いて

▼ 令から~ (9, 0.6%)

1 令が, 侍御, 学ばれたもの, 御褒美, 意表で, 登用した, 西郷の, 視察し, 除外される

▼ 令~ (8, 0.5%)

2 子文 1 たる孫叔敖, にそれほど, に引きついだ, の子, の職, を務め

▼ 令といふ~ (7, 0.4%)

2 ものが 1 ことが, ことを, のが, 字を, 桎梏を

▼ 令~ (7, 0.4%)

1 古い国司, 告諭ぐらいでは, 悪貨鋳造などからの, 禁止令を, 諸将, 軍防令に, 高知の

▼ 令使~ (7, 0.4%)

1 たる恒松某, に命じ, は見る, は遠, もあるまい, 即ち之, 即ち命傳

▼ 令による~ (6, 0.4%)

1 ことだろう, ものの, 一級者に, 専門学校の, 手配も, 研究結核予防の

▼ 令~ (6, 0.4%)

4 の賤民 1 に背い, の精神

▼ 令にも~ (5, 0.3%)

1 チャンと, 保導協会にも, 僧尼乞食の, 凡教授正業, 斎の

▼ 令により~ (5, 0.3%)

1 または救貧監督官, 一円ずつの, 俳優は, 出陣征伐あるべし, 厳正なる

▼ 令~ (5, 0.3%)

1 という人, といふ道者, の故郷, は考へた, は遼東

▼ 令として~ (4, 0.3%)

1 では, マリヤ, 見る限り, 関門を

▼ 令~ (4, 0.3%)

1 て鮫皮, で, でざりしならば, 近郷迄

▼ 令~ (4, 0.3%)

2 は必ずしも 1 の一警策, は追放

▼ 令した~ (3, 0.2%)

1 が案ぜられる, ものである, 徳島藩でも

▼ 令では~ (3, 0.2%)

1 ないか, ないの, 特に家人奴婢

▼ 令でも~ (3, 0.2%)

1 下ったのでか, 仰げば, 発しえよう

▼ 令とか~ (3, 0.2%)

1 で定員以外一切, 申しまして, 高崎岡山県令とかも

▼ 令なる~ (3, 0.2%)

1 が故に, 勅令を, 故火葬の

▼ 令によ~ (3, 0.2%)

1 つて作者に, つて公布された, つて推知さるる如く

▼ 令~ (3, 0.2%)

1 には各, の僧尼令, はたとえ

▼ 令~ (3, 0.2%)

1 仏道也という, 仏道也といふ, 於佛道

▼ 令司馬遷~ (3, 0.2%)

1 の脱殻, は天漢三年, は眇

▼ 令狐綯~ (3, 0.2%)

1 が刺史, の家, も温

▼ 令~ (3, 0.2%)

1 一条の, 八条の, 四条に

▼ 令集解~ (3, 0.2%)

1 の古, の文, 引くところ

▼ 令ありし~ (2, 0.1%)

1 とのこと, はその

▼ 令くし~ (2, 0.1%)

1 そのおも, ては居りませぬ

▼ 令これ~ (2, 0.1%)

1 ぐらいな軍, を両断

▼ 令され~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 令さん~ (2, 0.1%)

1 それから亡くなつた, の家

▼ 令たる~ (2, 0.1%)

1 師範の, 時一道士来り

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 ととにかく, のと

▼ 令である~ (2, 0.1%)

1 から徹底, はず

▼ 令との~ (2, 0.1%)

1 ふた夜きり, 折合いが

▼ 令などに~ (2, 0.1%)

1 由って, 見える古代賤民

▼ 令などは~ (2, 0.1%)

1 とかく軽, 命令法である

▼ 令において~ (2, 0.1%)

1 形式から, 正一位三百戸

▼ 令に従って~ (2, 0.1%)

1 二字を, 去就いたせ

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 歯を, 錆びた大釜

▼ 令を以て~ (2, 0.1%)

1 禁止され, 禁止する

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 撤廢スルト同時ニ三大, 聞クモ天子

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 がその, のかすか

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 は全, を罵る

▼ 令以下~ (2, 0.1%)

1 の祝, の職員

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 軍の, 軍を

▼ 令~ (2, 0.1%)

2 れが

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 之云曲者即, 居之

▼ 令図富穀~ (2, 0.1%)

1 であらう, の父子

▼ 令如何なる~ (2, 0.1%)

1 事情が, 名説なりとも

▼ 令孃たち~ (2, 0.1%)

1 はどう, は次

▼ 令孃甚之助~ (2, 0.1%)

1 の暫時, は嬉しく

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 というあの, というもの

▼ 令服児欲得~ (2, 0.1%)

2 とあれ

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 に厳禁, の規定

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 や万作, や石楠

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 の名, へ這入っちゃった

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 の筵会, や斐

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 な体制, な作用

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 であつ, は差役

▼ 令~ (2, 0.1%)

2 の為

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 の軍縮会議, を並べ

▼ 令違反~ (2, 0.1%)

1 にはならない, の嫌疑

▼ 令~ (2, 0.1%)

1 のよう, は勿論

▼ 令郎様~ (2, 0.1%)

1 へ宜, 追

▼1* [251件]

あてに木曾谷山地官民有, 令ありまた以, 令いつでも弑逆, 令今嫩き, 令又は鴻臚卿, 令からも幾らかの, 令くせんとする, 令ぐらいでは止みますまい, 令こそ千秋の, 令このかた殊に, 令さま大膳大夫さままたは陸奥守さま, 令さま武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, 令しかれて以来, 令じゃという事を, 令すべき事柄に, 令せらると雖, 令その他明治政府の革新政策, 令それはどんな, 令そんなことが, 令たつたそれだけの, 令だつたらうと推定, 令だに下しては, 令ちゃんお母さんに心配, 令ちゃん芸術家で食っ, 令であった三島通庸に対する, 令であり文武天皇の, 令ですが, 令でなく自身の, 令といったていで, 令とかもよく口, 令とが方々に, 令と共に錨鎖を, 令なきうちは, 令なく戦線を, 令などであった, 令などで官権党は, 令などの文句は, 令などを読もうと, 令にてなぜこれ, 令によりて全く消, 令に対して起こったこと, 令に対してもさほど遠ざかる, 令に対する準備を, 令に関する法家の, 令ば虫に, 令みちのくの兵, 令むべし, 令て仁寿, 令もう寸刻の, 令もほどほどにお発しなく, 令ゆえに命, 令より繁く下れり, 令よりの御返辞, 令をば布令た, 令をも布く, 令イダイオスヘルメーアスの側近く, 令一下寄手の軽, 令一人不櫛沐, 令一令のもと, 令一令政治するにも, 令一度発せられるや, 令一日でも秀子, 令一言四十九歳を以てこの世, 令万葉集云々之レニテ判ズレバ古ヘハ, 令下し勵ます時, 令下す身は, 令下せ勇も, 令下りて逐, 令下るの報, 令並びにプリアモス賢き, 令中日本要塞より締め出されたる, 令を沙汰, 令乱入雑物取る, 令事件を強硬, 令二絵は描き上がりました, 令人達は大理石, 令以來めつきり氣力, 令以後の民, 令以後長崎に許された, 令以来侍は土蔵, 令を承り, 令使らは朗々, 令使ユウメーデース黄金に, 令使今城中を觸, 令使分ちやる, 令使命を奉じ, 令使者の姿, 令停止候間たれ, 令へ, 令入水捕魚, 令はいまだ, 令内田雄之介, 令出しは本, 令出島和蘭屋敷の絵巻物, 令出迎えて上舎, 令分限帳改となり, 令制上の賤民, 令制以後における公, 令制定の時, 令制度のテロリズム, 令が消え失せた, 令十号の十三条, 令千葉の柴原県令, 令といい, 令即ち長官と, 令惑情歌, 令叛逆哉若被, 令史堂前の幕, 令史大に怪, 令史府生獄丁などの下役, 令史敢て動かず, 令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 令史間の拔けた事, 令司令官が山梨, 令司令部のケンエツ, 令品物が有, 令四方俾祭地震神とある, 令図一家のため, 令を滅, 令土工司条泥部を集解, 令の僧尼, 令大統領の諭告, 令天下を驚かす, 令奉じ最も誠, 令女界の編輯者, 令孃うた子君も醫學士夫人, 令孃さへ垣根, 令孃のも四本, 令孃夫人の間, 令孃姿と洋髮美人, 令孃崇拜だとか, 令孃方へ愛相, 令孃美彌子によつてすべて, 令孃趣味がちつとも, 令季秋雀大水に入っ, 令または唯, 令官斎藤参謀長水町袈裟六独立守備隊司令官らも相つい, 令実施中ですから, 令宮内省土工司の条, 令宮嬪笑爲宴樂明皇呼爲半仙戯とある, 令初めて至り, 令宰白に何, 令家僮朝掃時或不能如意, 令尹咸が數術, 令布かれたる号外売る, 令尚と, 令廢罷京師女末尼七十人皆死在回, 令式主題を採つ, 令張路斯その夫人, 令共に, 令の誉, 令徴兵令その他明治政府の革新政策, 令心爲形役乃獸乃禽という二本, 令忽ち高く本艦, 令思遠擧之思遠饒力不能擧帝擬自取不空笑曰, 令惚苦之時稽首白僕者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 令に叱られた, 令戸令に, 令所司訪其風俗使者言倭王以天爲兄以日爲弟天未明時出聽政跏趺坐, 令所競者探之, 令手段というの, 令手段禁圧対抗手段折衝協力手段収攬手段教化宣伝手段という風, 令扶助条可有其心得候, 令押被の平凡, 令拔荷を受取る, 令をし, 令政治するにも, 令文状といふもの, 令文状他を恨み, 令解には, 令新令あり, 令施行以来一磅及び二磅, 令時代に俗論, 令曰くしからば, 令曰く君は好い, 令更に大声に, 令に一行, 令東却夫餘西撃烏孫盡據匈奴故地, 令林左門が笠松県出仕, 令が, 令此創業の一年, 令殿の貴い, 令にもわからなかつた, 令永山盛輝の名, 令法犬黄楊楢米躑躅七竈の類, 令海アリュウシャン群島に到る, 令が承知, 令犯し難き叙事詩, 令生ざらめや, 令み天離, 令せらる, 令発布当時森文部大臣は半ば真面目, 令発表以来今日まで審査件数, 令發布されてから, 令百由旬内無諸哀艱と唱え, 令的官制を廃, 令的政治停止の意義, 令直ちに南下し, 令祖父の審言, 令秋霜烈日の如し, 令等参会し御所新造, 令等諷詞を尽さる, 令に題す, 令と同じ, 令を啖ら, 令組織や各種, 令義解の解説, 令翻譯俾用流行卿夙慕忠勤職司禁衞省覽表疏, 令として諸, 令者エーピュチデースの姿, 令者ユウリバーテス運び行く, 令者神明及び人, 令自分がよからうとい, 令與不空驗優劣他日會干便殿思遠持如意向之言論次, 令與義盛奉射御方, 令蒸溽呉中梅雨, 令藤川為親は渡良瀬川, 令はれず, 令行われてより, 令見知給被, 令規定以外の種々, 令の言葉, 令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 令葛原は, 令の処, 令軍法刑法などの条令, 令辛毘ならきっと, 令近づくや先登, 令連署し又, 令違犯者の処分, 令遠山は雪, 令郎がた次第に御, 令郎二位へ宜, 令郎君おさよ, 令郎様方おさよどの, 令郎様方風気同上足下之吉祥善事莫過, 令郎至おさよどの, 令となった, 令長官に告げる, 令関氏のおとしだ, 令勅の, 令陳令の師, 令集解職員令宮内省土工司の条, 令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 令革命の理論, 令を承け, 令を截, 令風霜の威, 令飲霊社神文之水, 令養子に行く, 令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍