青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~ 付く~ ~付け 付け~
仙~
~代 代~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~

「仙~」 2848, 31ppm, 3796位

▼ 仙~ (341, 12.0%)

5 の刀, の顔 4 が大刀, さ, と段六, の手, の肩 3 の気持, はお

2 [42件] がヒョロヒョロ, がムッ, が縁側, だ, とガラツ八, と今井, と向い合った, と長五返事, ないで, に川, に斬られ, に迫る, のやつ, のポケット, の前, の声, の姿, の左二, の方, の父親, の突き, の血相, の足元, は, はいい, はこの, はだんだん, はまた, は半, は呆れ, は町, は立ち上った, は赤子, は追おう, もジリジリ, も肩, も黙っ, よっ, を睨ん, 折れた刀, 襲いかかって, 黙る

1 [221件] いきなりオウ, いきなりオウー, おぼえて, がいずれ, がきいた, がけろりと, がここ, がそれ, がどうか, がのっそり, がひょろひょろ, が今, が地上, が斬った, が斬殺, が極端, が止めた, が立上り, が荒し, が逃げ帰っ, が遂に, が道服, が驅, この甚伍, さええ, さお, さそう, じゃない, だってこと, だべ, だよ, で, でございます, ですが, というの, という人, という酒店, といえ, とその, と一室, と一緒, と云, と云う, と五介, と何処, と瀧三, と結びつけられ, と見, と言つて, どうか死ん, に, にそう, についていろいろ, にもそう, にも解った, に不意, に何, に内証, に報酬, に対して構えた, に撲, に撲られた, に礼, に言, に違い, に首, のあぶらや, のさきざき, のため, のズボン, の仆, の侠気, の去った, の右傍, の子分, の実, の息づかい, の持ち物, の掌中, の握っ, の敗, の朋輩, の横顔, の母親, の沈黙, の激しい, の番, の疾, の目, の眼, の繩張ぢ, の背, の腰, の茶屋, の虚, の行動, の親分, の話, の赤, の身柄, の野郎, の首, はかっと, はぎょっと, はくすん, はこう, はさ, はずっと, はその, はっ, はでも, はとうに, はどうしても, はふと, はぽかんと, はまだ一向に, はもう一度, はガラツ八, はザザ, はプログラム, は一言, は中町, は五円, は以ての外, は低く, は何, は何遍, は例, は俯向, は傍ら, は先づ, は冷えた, は剃刀, は叫んだ, は噂, は堅く, は大童, は少し, は屋根, は山, は平次, は弱々しい, は弾み立った, は往来, は得々, は徹夜, は怒鳴った, は息, は戸, は据, は提灯, は数人, は斯, は日本橋界隈, は時計, は朝日, は根っ子, は根株掘り, は横, は毎日, は永い, は消化, は狂, は生真面目, は眼, は立った, は線香, は老巧, は耳, は背後, は苦り切ります, は藪, は話, は身軽, は道端, は重い, は飼犬, は馬車, は黙っ, へつけ入る, へ付け入る, へ突きつけた, まだおそく, もう戻ろう, もお, もその, も早く, も段六, も苦しい, やお, よ, よその, よまあ, よりも少し, をやりすごし, を使っ, を冷笑, を出さねえ, を出せ, を助け起しかけ, を撃った, を殺した, を殺す, を激, を目がけ, を背後, を見, を見懸けなかった, を見詰め, を見較べ, を認め, を追放, 坐ったまま, 思はず立, 思わず立, 斬れっ, 気づいて, 気付いて, 聞くな, 逃げるか, 黙って

▼ 仙太郎~ (293, 10.3%)

7 の方 5 の肩 4 である 3 が重三郎, と丹波丹六, の女房

2 [28件] が助け, という者, とくらやみ, と段六, と申す, と美奈子, に向っ, に命中, の両足, の声, の姿, の宅, の後, の様子, の背中, の腰, の跡, はこうして, はまた, はイロリ, は四年, は飛, も手, も重三郎, を見詰め, ムックリ, 流れた刀, 立って

1 [212件] ありがて, かお, かてな, がいる, がうっかり, がおり, がまた, が丹六, が五人力, が人, が伊皿子台町, が信心, が偶然, が傍, が先, が出, が刀, が大きな, が子分, が小三郎音羽, が小走り, が居る, が岡本政七方, が帰っ, が懐中, が成功者, が欄間, が目, が続け, が美奈子, が色, が蒼い, が覗い, が言った, が赤樫, が頭巾目深, が駈け, が駕籠屋, これからすぐ江戸, これからどうなる, さあよ, だと, っ, であった, でごぜ, ですわい, で楫柄, で闇さ, というもん, というナラズ, という二十二, という誠に, といふ漂輕, として湊, とせまい, と並ん, と云った, と滝三, と申しまする, と睨み, と言っ, と誤認, ならば, なる人, にも支配, にも美奈子, に傾いた, に取っ, に対してどんなに, に比べ, に知らせたなら, に笑顔, に逢った, に酌, に頼む, のあご, のたのむ, のなれ, のボート, の不思議, の世話, の出世, の利腕, の前, の口, の命, の問, の娘, の恋女房美奈子, の慈悲, の浅ましい, の眞, の経験, の縁類, の美奈子, の耳, の脅し, の脚, の腕, の襟, の調子, の身構え, の頭, の鼻, はいつも, はおずおず, はかつ, はこれ, はすっかり, はそういった, はその, はまことに, はよろしい, はわめきもがき, はカフスボタン, はツクヅク自分, はナポレオン一世, はビルディング, は不思議, は中年男, は事面倒, は二百万円, は位牌, は侍, は信じ, は力, は力んだ, は危, は口惜しい, は大きな, は大門, は如何, は始めて, は子供, は小三郎, は少しく, は岸, は幸運, は庭隅, は心, は快活, は怒鳴つた, は思い, は思いついた, は恐ろしい, は悄々, は悲しく, は抜群, は指, は提灯一つ, は歴史上, は海岸, は火, は無神経, は煽動, は申す, は疑ひ, は白紙, は空しく, は窓, は立ち上つ, は笑つた, は細く長く, は縁台, は美奈子, は美奈子嬢, は背, は臆面, は自分, は船, は覗い, は重三郎, は金森様, は音羽, は頭, は飛ぶ, は首, は驚い, は驚きました, へ向き直った, もあえて, も上っ, も何, も共に, も政七, も敢えて, も栄螺, も立止り, も肩, も連れ, も驚き慌て, や万年町, や伊之助, や常吉, や政七, わめきながら, をジッ, をズタズタ, を出し, を徳松, を恥, を投げる, を捜し, を認め, を驚かしました, を麾いた, 不甲斐, 出て, 次に段六, 許せ, 馴れない重荷, 黙って

▼ 仙~ (140, 4.9%)

3 御蔭で

2 [12件] ように, 倉平, 前へ, 帶に, 思想を, 手代を, 方を, 説を, 野郎が, 金を, 雨に, 顔を

1 [113件] あやまりああ, おい, けたたましい叫び, ごとき磐石, ごとく物静か, そうあらく, ために, ぬからぬところ, ひくい声, ふたりを, ふとん, やからが, れいの, サツマアゲ等食堂で, 一軒屋という, 一軒屋に, 三人は, 三民主義すなわち, 上酒一升鴨一羽は, 下に, 二人であった, 二人に, 人物月旦に, 傍へ, 先刻の, 凉し, 処で, 処の, 処へ, 処を, 切手を, 割合で, 勢力も, 北条流の, 単衣, 厚顔さを, 右側の, 向いへ, 向う側に, 唯利害を, 園苑および, 増給を, 声が, 声であっ, 声であります, 声です, 声も, 天ぷら五個と, 娘で, 字, 安物に, 家に, 家を, 密使が, 密使早足の, 密書を, 尊称を, 尊稱を, 帯に, 幽霊ばかりは, 店で, 弟春泰名は, 影が, 役人海老蔵の, 息子に, 手がたい一点, 手を, 手許に, 指図によって, 指揮に, 旗下に, 日本ビールを, 昼食にも, 暫くこの世, 書を, 最初の, 来るに, 松王海老蔵の, 染め物や, 格言を, 格豫言者の, 死体は, 汲んだ茶, 涼しげに, 真道, 眼の, 眼は, 碑を, 笑い声が, 籍を, 紅葉目に, 紅葉眼に, 美しきは, 老いたるすさび, 耳もとへ, 聊斎志異あり, 臆病意見富士の, 自殺した, 芭蕉煎餅を, 術は, 袖や, 裸形の, 親類なんかは, 解釈も, 語が, 説で, 諱であった, 講義は, 跡也常磐は, 野郎の, 集まる蟠桃会, 面, 顔いろ

▼ 仙~ (116, 4.1%)

6 の方言 3 に住む, に居る, へ來 2 に於ける, に行く, の人たち, の或, の方, の田舍, へ歸

1 [87件] からつづけ, からの歸途沼田, から始めて, から早く, から西, から返事, ではこんな, ではじめようかと, では多く, でもかね, で同, で土佐, で妹, で待つ, で書いた, で汁粉屋, で生れた, で生れました, といふ所, とか長崎, との氣候風俗習慣, と妹, と松島, と靜岡, ならで, なら汁粉屋, にありき, にある, にて, にはまだ, には仙臺, には外國人, に住はる, に住むべく, に住ん, に學生, に定住, に家, に居つた, に戻り, に於い, に歸, に歸つて片平町小學校, に滯在中, に立つ, に遊ん, に開かれた, に飛ん, の, のそれ, のプロフェッサー, の別々, の十人兄弟, の友人, の女學校, の宿, の小池堅治氏, の市, の我畑, の文化, の時, の晩翠氏, の櫻, の河北新報, の河北新報社, の町, の留守宅, の發音, の耶蘇教學校, の讀者山崎有信氏, の郊外七北田村, への旅, へ一寸, へ出, へ參, へ御, へ芝居見物, へ落ち, へ行, へ行つて先生, までの三等切符, までの切符, まで材料, を出立後, を去り, 及び東京, 小利根

▼ 仙~ (100, 3.5%)

20 助の 13 助が, 助は 9 助を 7 助氏の 5 助と 3 助も 2 助, 助さんは, 助という, 助に, 助氏と, 助氏は

1 [18件] 助お, 助から, 助だ, 助つづみの与吉その他十四五人の, 助つづみの与吉などの, 助などは, 助には, 助へ, 助ト云ウ男ニモ, 助一党, 助与吉らほか十四人が, 助抜き合わせる, 助栄三郎に, 助櫛まきお, 助氏, 助氏に, 助氏には, 助氏を

▼ 仙~ (93, 3.3%)

3 それを, 言いました 2 妙な

1 [85件] あざ笑う声, あって, いました, うなずいて, おりて, ここに, さよう, しかつめらしく, しきりにまくし立てる, しゃらけきって, じぶん, そう教えた, そこでようやく, そこで気, その本, その枕元, その理由, その番付, それまで, つぎに, つまらない面, とっさの, とつかわと, ほめる, ほんとうに, まず杖, まず驚歎, またそれ, またと, また抜からぬ, もがき死, やってきたよ, ややろうばい, 一たび神足を, 一太刀うけ, 一種の, 事務所の, 亡命中の, 介添気取りで, 仏頂寺を, 仏頂寺弥助に, 以前の, 再び最初, 前後し, 十津川話を, 国禁の, 堪り兼ねて, 小さい珠数, 小瓶を, 弱りきって, 強いて笑い崩そう, 後に神野親王, 徐ろに, 悪態を, 手に, 早くも, 望楼の, 松本を, 殺したよう, 気兼ねを, 猪口を, 眼の, 空うそぶくよう, 立ちあがって, 笑ったも, 笑つたも, 笑止がっ, 絶叫した, 続いて, 老年に, 腰を, 見て, 解せない顔, 訓で, 語りつづけていう, 起ちあがって, 趣の, 軍配の, 転生と, 雲の, 非常に, 頓狂な, 頭から, 顔を, 騒ぎ出したのみ

▼ 仙~ (84, 2.9%)

2 可憐しき姿を, 煙管を

1 [80件] いう下, うっとりした, うろうろと, きッ, こうして旅人, これを, しっかりと, しばらくあっ, そのまままた, その武者ぶり, それにも, それ見た, それ見ろ, ただ強いて, ためいきつい, どこへ, にたりにたりと笑い, ほんとに山羊, まだ半信半疑, もうかいがいしく, もう受け渡しどころ, もと古伝雑説, やっと眼, やや得意, ゆっくりと, ようやく気がついた, テレきっ, ホッと, 一子の, 一子次郎に, 一時仰天し, 九段の, 二人の, 仏頂寺弥助に, 仙人の, 体の, 何の, 兵馬が, 刀の, 前と, 前日の, 十津川の, 双方の, 命を, 変な, 多少語学, 実地の, 帝釈の, 底意地悪, 店の, 弁舌が, 当時長州壮士が, 必ずしもそれほどに, 思いだしたよう, 手を, 指先で, 振りかえって, 故里の, 旅人甲の, 旧弊な, 柄杓を, 梟雄の, 歩きながら, 毒薬を, 浮かない仏頂寺, 焼酎の, 燕作の, 用心ぶ, 皆まで, 知らぬ世界, 硯を, 葉生の, 詩に, 詮なき, 通夜を, 雁首の, 頻りにうなずき, 高利と, 高部が, 高部弥三次を

▼ 仙~ (71, 2.5%)

3 の心 2 の娘, はまだ, は夏, は見, は頭

1 [58件] がどうしても, が心, が行っ, にこの上なく楽しい, にははっきり, には夏, に告げた, のかくれ, のすき, のまちかねた, の唇, の家, の感情, の気, の目先, の立場, の胸, はいつも, はうすい, はきいた, はこの, はさすが, はそ, はそれっきり他所, はだまっ, はとび上る, はど, はにげる, ははじかれた, ははて, はふるえ, はわけ, はフットあたり, は一番最後, は丁寧, は二足, は住ん, は体中, は何と, は何心, は又, は向う, は垣根, は娘, は嫌悪, は家, は年寄, は恐ろしい, は折々, は時, は暮した, は朝, は涙, は立ち上っ, は翌日, は苦笑, は誘われる, は赤い

▼ 仙~ (55, 1.9%)

2 はなかなか, は例

1 [51件] いい加減, が, がすぐ, が一生懸命, が云い出した, が口, が対坐, が澄まし, が立ち上がる, が鼻, しきりに独り, だ, だけな, だけに時局問題, ちょっと行き詰る, であったが, であって, とはどう, どうか御, に至っ, のみは泰然, のよう, の云う, の受売, の山羊髯, の御, の方, の足, の鼻, はああ, はいささか, はいつの間に, はそう, はもったい振っ, は丹念, は嘆息, は困った, は寒月君, は毫も, は無言, は独仙君, は目, は真面目, は超然, は進行, は鎌倉, ばかりじゃありません, ばかりは超然, も迷亭, より悟っ, 起きた起きた

▼ 仙~ (49, 1.7%)

4 なつた, なつて 3 云ふ 2 なりて, 号した, 言ふ

1 [32件] ある, いえば, いったり, なったと, なって, なり大, なり羽化登仙, 二人の, 云う名, 云った, 云ひ, 仏頂寺弥助と, 千代子の, 千代子は, 同じから, 同じく義経, 名づくるあり, 宇津木兵馬とが, 宋慶齢女史乃木大将夫婦これらは, 峨媚山に, 成り得る, 才蔵を, 改めました, 早足の, 書いたの, 物頭の, 申しました, 相指, 蚕婆の, 道とを, 関係し, 須永と

▼ 仙さん~ (45, 1.6%)

2

1 [43件] か有り難いこ, が可愛く, が帰ろう, が教え, が車, け, さっさとやっちまったら, だった, て御, と安さん, と私, にいつ, にした, に引易, に御, に相談, のふんだ, のよう, の云った, の手, の素生, の農業三事, はお前, はこれ, はこんな, はそれ, はふところ, はまるで, は一剋, は何, は合点, は多少, は御, は母, は気, は私, は自愛家, は血相, もかるく, も御, を憎んだ, を連れ, 近い内

▼ 仙~ (43, 1.5%)

2 の佐々木彦三郎, の室

1 [39件] がお気に入り, がそれ, が己, が朝夕庭先, じゃない, だ, て小僧, というの, という男, といっ, とが相, としてはこれ, とはこうして, と呼ぶ, にした, には懲り, に対してもその, に担がれる, の手, の詩, の野郎, の頭, はきまり, は低い, は出発, は十八文, は女, は小, は往来, は恋人, は泣き, は苦り切っ, は頭, は額, も仕方, や提灯, をかわいそう, を訪ね, を連れ

▼ 仙~ (37, 1.3%)

5 は青年 2 にもらった, の顔, を想

1 [26件] からもらいました, からもらった, が言った, じゃ仙妃, であらせられる, というの, と並ん, と未了縁, と青年, に逢い, のこと, の侍女達, の前, の左, の態度, の手, の片手, の眉尻, の詞, は, は何故, は手, は笑っ, も起っ, も酒, よりも山海

▼ 仙~ (36, 1.3%)

2 六も, 政も

1 [32件] あれで, おもわず床几, この辺, それに, そんなもの, ひとたびは, ほかの, またそれ, また人, もう煙管, 一人で, 主張は, 何も, 冷かし気味であり, 動かなくなりました, 口だけは, 同志の, 含み声, 吹針の, 急に, 手の, 才蔵も, 控えて, 最初から, 松村介石も, 横を, 残って, 白衣の, 糞を, 肉を, 蚕婆も, 負けぬ気

▼ 仙~ (30, 1.1%)

2 得ようと

1 [28件] かえりみて, つれて, てらうと, へんに, よんで, 出して, 学ばざるか, 学ばずして, 学ぶもの, 得たの, 得ると, 慕わざら, 払いメリイゴオランド, 抱き上げ, 挟んで, 求むること, 求めたの, 画け, 祀った陵, 索めしむるが, 索めて, 見つけると, 見付から, 認めんや, 請じ, 請求する, 貰つた, 貰つてに

▼ 仙丈岳~ (29, 1.0%)

4 の頂上

1 [25件] から駒ヶ岳, が大きく, が聳え, が臥蚕, である, と命名, と駒ガ岳, と駒ヶ岳, に二個, に登った, に続く, の三角点, の右, の名, の絶巓, の附近, の頂, はさすが, は何, は渓谷, も雲, を前衛, を据え, を極め引返し駒ヶ岳, を甲信

▼ 仙~ (29, 1.0%)

2 といわれ

1 [27件] がその, がやにさがっ, がわきざし, がわざと, が救っ, が有難い, が立ち上がった, が自分, が述べた, とずぼし, と称され, にいやがらせ, のいった, の物, の腕, の野郎, はいまいまし, はやぶれ, は又, は可笑し, は彼, もさる者, も江戸, も誰, も運, らしかった, を始め他

▼ 仙~ (28, 1.0%)

2 がビルマ, ではなかっ

1 [24件] がよそ, が人々, が息子, が手首, だけが俯伏, です, とどこ, と吉田八十松, に一目, の人物, の名, の妻女, の心, の様子, の血, の言葉, の邸, の顔, はすでにちゃんと, はもう, は例外, は生来, は長男, を一突き

▼ 仙~ (28, 1.0%)

2 と云う, と信じ, の中, の記事, ノ中

1 [18件] が東西山梨二郡, さては中央, という山名, と木賊山, などの裾, なる称呼, のガラガラ, の主脈たる, の位置, の名, の山塊, の山脈, の東, の諸山, は甲州, へ往復, や雁坂等, ノ高

▼ 仙十郎~ (28, 1.0%)

1 [28件] お蝶, が, が三番叟, が半蔵, が引きうけ, が顔, しっかり頼む, と同行, にし, の体, の妻, の披露, の盃, の言い草, はこの, は伏見家, は吉左衛門, は声, は宙, は素迅, は美濃, は軽く, は酒, は金兵衛, もそこ, もちょっと, も改まった, をも舞台

▼ 仙右衛門~ (28, 1.0%)

2 がズルズル, が何, の懐中, の背中, は叩き, は無力, を叩く

1 [14件] が同心佃三弥, その子, という五十, という男, と申す, の位牌, の呻き, の唸き, の弟仙太郎, は不審そう, は真壁全村, は飛びかかった, も百姓, やらがね

▼ 仙太郎さん~ (23, 0.8%)

1 [23件] が見つかっ, が見つかる, が高い, くらいに, その寄場, という百姓, と一緒, と呼ん, と私ども, にお, には色々, に出馬, のお, のこと, の一人娘, の小さい, の方, はどこ, はなぜ, は何, を斬り, を死なせ, を追いかけ

▼ 仙~ (21, 0.7%)

1 [21件] あらずして, して, せびった, そそのかされて, なって, やられたもの, 二女が, 二枚でございます, 会いたいが, 化する, 取な, 同情する, 寄って, 師事した, 擬する, 注意も, 登って, 相當, 規則を, 近づける方, 邂逅し

▼ 仙~ (21, 0.7%)

3 の幽 2 が綱, を殺した

1 [14件] とが, と人氣, と今, の三年忌, の三年目, の女房, の敵, の未亡人, の死んだ, の死後, の袴, の門, は亡人, を誰

▼ 仙和尚~ (21, 0.7%)

2 の眼, は良寛さん

1 [17件] から米, があなた, がもう, が仙桂和尚, が口, です, に見せた, のところ, の前, の室, はあなた, はしばらく, はそれだけ, は仙桂和尚, は思, は手紙, は開い

▼ 仙という~ (20, 0.7%)

2 鏡研ぎ

1 [18件] ことに, のは, やつちょっと, ような, 名前は, 女が, 妓に, 妓の, 字を, 家で, 小づくりな, 山の, 山は, 幇間が, 画伯さんが, 腹心の, 鏡磨きが, 高い山

▼ 仙二郎~ (19, 0.7%)

4 の父親

1 [15件] おとなしくし, が私, と一処, には私, の声, はさ, はそんな, はワツ, は強情, は柿色, は玄関, は直ぐ, は突然, は赤ン坊, は馬

▼ 仙~ (19, 0.7%)

3 の奴

1 [16件] がウチ, が戻っ, が抜けだした, とここ, とともに三人一しょ, にとってゆっくり, のほか, の奴め, の方, の行きつけ, はいかにも, はふられ, はオヒネリ, は実は, は自分, は角平

▼ 仙~ (19, 0.7%)

4 と次郎作 2 は次郎作

1 [13件] が気, という, というかた, といふ蕎麦打ち, との役得, とは変名, にそろえさせ, のいう, の子, は江戸一番, も心配, も次郎作, も金

▼ 仙太郎親方~ (17, 0.6%)

1 [17件] が, がお, がお前, が自分, でございます, でございますか, という恐ろしい, と忰, にお礼, に口添え, のお, のお蔭, の処, も万年町, も様子, も貴方, や重三郎

▼ 仙~ (17, 0.6%)

2 をお

1 [15件] から逆, にしばらく, に倉庫, に置くべき, のいずれ, のうち, の不破, の中, の屋敷, の林, の秋, の門, の門内, へ立, を造っ

▼ 仙ちゃん~ (16, 0.6%)

1 [16件] かえ, が云います, が感傷的, が来, が起ち上ったらしい, という若い, と冬子, に敵意, に縋りついた, のお, の姿, の膝, は心臓, は熱っぽい, も冬子, を

▼ 仙四郎~ (15, 0.5%)

2 の幽霊

1 [13件] がこうして, がすかさずチョロチョロ, が生き, だった, ならあいつ, なら生きて, に違い, のこと, の死亡通知, の醜, の饒舌, はもう, は何処

▼ 仙太公~ (15, 0.5%)

1 [15件] からことづかっ, がヒョックリ俺, という男, とは餓鬼, どうもはあ, にあえる, にゃ合わねえ, に会っ, のあり, の兄弟分, の天狗党, はここ, はどう, も俺, を仇

▼ 仙~ (14, 0.5%)

1 [14件] に入らず, に導く, のもの, の不死, の人, の僕, の女の童, の斧, の法, の美膳, の者, の菊水, の酒, の食物

▼ 仙~ (13, 0.5%)

1 [13件] か, が始めた, が空中葬, が隠れ柱, だったの, であると, という男, のあの, のこと, の出現, の屍体, の服装, を信用

▼ 仙桂和尚~ (13, 0.5%)

2 のところ

1 [11件] にいはれる, のとこ, のゐる, の方, の春風, はきいた, はけろりと, はさ, はその, はふ, は笑つて

▼ 仙丈山~ (12, 0.4%)

3 の条 1 として紹介, なれと, に関係, の主脈, の位置境域, の最高点, は元, は恰も, は西

▼ 仙千代~ (12, 0.4%)

1 [12件] が身, であるが, とを附添, と共に随, などを質, のため, の三人, は兄, は立っ, まで使者, も一しょ, を念

▼ 仙~ (10, 0.4%)

4 八十仙しか 2 妖か 1 何か, 八仙くらいの, 八仙くらゐ, 十仙ずつ

▼ 仙~ (10, 0.4%)

1 が友達, が同氏主幹, であつ, とヱレベーター, の顔, はす, はそこ, は急, もあ, も叱る

▼ 仙右衞門~ (9, 0.3%)

3 の女房 2 の家 1 といつた, とは道一重向隣, へ少し, も近所

▼ 仙太さん~ (9, 0.3%)

1 がどんな, が一緒, でねえしか, といいました, とやら少し, なんと窶れた, も変っ, 付いてて, 早く早く

▼ 仙臺樣~ (9, 0.3%)

2 のお忍び 1 が, が折, が磯, になぶり斬り, に吊し斬り, の屋敷横, 御忍び

▼ 仙エムどん~ (8, 0.3%)

2 のよう 1 がいた, のこと, の位牌, はそん, はな, は方々

▼ 仙公狸~ (8, 0.3%)

1 が一番, の故郷, の方, の骸, はすぐ, は四足動物, は多年, は有頂天

▼ 仙外史~ (8, 0.3%)

1 に忠臣等名山幽谷, の人, の作者, の名, の奇, の西遊水滸三国諸書, より換骨, を化し来れる

▼ 仙夫婦~ (8, 0.3%)

1 から娘, があの, がこの世, の一軒屋, の殺され, の間, は快く, を惨殺

▼ 仙~ (8, 0.3%)

1 から御岳, とが数十, にすら劣っ, になく, に行き, の覚円峰, の谷, を五十

▼ 仙臺辯~ (8, 0.3%)

1 で申しました, で話す, は助, をつかふ, を憶え, を聞く, を覺, を輕蔑

▼ 仙~ (8, 0.3%)

1 がはいつた, とで刺繍, と赤い, などにあて, などはた, の間, を減し, を用

▼ 仙さま~ (7, 0.2%)

2 の密書 1 あまり思うつぼ, うまいところ, でございましたか, でございますか, のお

▼ 仙五郎~ (7, 0.2%)

2 の話 1 か, が呉一郎, という爺, に会いなすった, の談話

▼ 仙~ (7, 0.2%)

1 が長生, と云う, は帙入, を一枚, を読むべく生き延びた, を読ん, を送っ

▼ 仙~ (7, 0.2%)

1 この提灯, と一緒, に雨具, の話, はなに, はやはり, は提灯

▼ 仙~ (7, 0.2%)

2 の頂上 1 で土地, と歩いた, と言う, の境内, の法印一人

▼ 仙書参~ (7, 0.2%)

7 同契

▼ 仙~ (7, 0.2%)

1 から枕, でもなかっ, の卜, は回教, は道教, をわずらわし, を前

▼ 仙臺地方~ (7, 0.2%)

1 でも珍, には昔, に限らず, の古い, の民謠, の農家, を旅行

▼ 仙駕亭~ (7, 0.2%)

2 に会した, に催された, の詩会 1 であらう

▼ 仙といふ~ (6, 0.2%)

2 字は 1 のである, やうな, 医者が, 字の

▼ 仙太返事~ (6, 0.2%)

2 なし, をせず, をせぬ

▼ 仙次さん~ (6, 0.2%)

1 があまり, がいた, とやらお初, なぞはいう, のたくらみ, もあちら

▼ 仙臺人~ (6, 0.2%)

2 となつ, になつ 1 となり, となりました

▼ 仙~ (5, 0.2%)

1 が始め, が江沼, という主人公, の潔癖, は所謂良心的

▼ 仙~ (5, 0.2%)

1 がある, といおう, とでも云う, をおび, を帯びた

▼ 仙~ (5, 0.2%)

1 が純粋, と云う, に関する者, の場合, を詠んだ

▼ 仙~ (5, 0.2%)

1 がそりたて, が憎い, と申します, のほう, の持ち

▼ 仙辰一座~ (5, 0.2%)

1 から特別待遇, には及ばなかった, にネタ, に二つ, は日本

▼ 仙しか~ (4, 0.1%)

2 取らない 1 取らないじゃ, 取ら無いぢ

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 この草, 別に制限, 番号札を, 直ぐに

▼ 仙にも~ (4, 0.1%)

2 なる三十歳 1 名案が, 遇はず丹をも

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 がひとり, が具合, が茶町, は父親

▼ 仙三郎~ (4, 0.1%)

1 が蕎麦屋, という御, は不埒重々, は養子

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 だらう, には入れられた, は劉向, や葛洪

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 の高き, 峠などより, 峠に, 房大

▼ 仙八親方~ (4, 0.1%)

1 が死ぬ, が迷つて, の三年目, の幽

▼ 仙~ (4, 0.1%)

2 して 1 せんか, の後

▼ 仙大学~ (4, 0.1%)

1 にはどっさり, の女学生たち, の教授, の留学生

▼ 仙寺前~ (4, 0.1%)

2 の竹原屋, の茶屋

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 が或, の軍, はもと高麗人, は天寶十

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 がその, も太夫元, も買わず, を訪れ

▼ 仙金膏~ (4, 0.1%)

2 はいかが 1 とか疝気膏, とか疝氣膏

▼ 仙~ (4, 0.1%)

1 で独酌, の夢, の趣, も亦

▼ 仙とは~ (3, 0.1%)

1 兵馬の, 違って, 違つて奴は

▼ 仙なり~ (3, 0.1%)

1 といふ道家, なの, 何の

▼ 仙~ (3, 0.1%)

1 小唄の, 早足の, 蚕婆や

▼ 仙ヱムどん~ (3, 0.1%)

1 がいた, が見つかった, は結城様

▼ 仙丈山塊~ (3, 0.1%)

1 が蒼, に陣取っ, を含む

▼ 仙丈秩父郡界~ (3, 0.1%)

3 ノ雁坂等ニ綿亘セリ

▼ 仙伝中~ (3, 0.1%)

2 の人々 1 の人物

▼ 仙倉山~ (3, 0.1%)

1 と恵比須大黒, は三条, や白砂山

▼ 仙冠者~ (3, 0.1%)

1 は稲葉なにがし, は舞台, をわれ

▼ 仙十郎さん~ (3, 0.1%)

1 と二人, と別れ, はアメリカ

▼ 仙~ (3, 0.1%)

2 の彫刻 1 の片端

▼ 仙~ (3, 0.1%)

2 から板 1 へ飛ん

▼ 仙~ (3, 0.1%)

1 か, がお, は天文地利

▼ 仙太兄哥~ (3, 0.1%)

1 に惡, のやり, は與母吉

▼ 仙太郎それ~ (3, 0.1%)

2 を聞く 1 をチョッ

▼ 仙太郎刀~ (3, 0.1%)

2 を抜いた 1 を振廻し

▼ 仙太郎自身~ (3, 0.1%)

1 の不正, の眼, も破産

▼ 仙市座頭~ (3, 0.1%)

1 がいった, に罪, を呼びよせ

▼ 仙~ (3, 0.1%)

1 とある, とよびならした, 其の後

▼ 仙早足~ (3, 0.1%)

3 の燕作

▼ 仙歌亭~ (3, 0.1%)

1 に於, の宴, は恐く

▼ 仙~ (3, 0.1%)

21 おのずから幽

▼ 仙臺堀~ (3, 0.1%)

1 だ, にしろ, も見え

▼ 仙臺平~ (3, 0.1%)

2 の袴 1 のりう

▼ 仙臺方言~ (3, 0.1%)

1 で母, を一つ, を憶えた

▼ 仙臺藩~ (3, 0.1%)

1 に仕, に預けられ, は旗本三十名以下

▼ 仙臺驛~ (3, 0.1%)

1 から電車, に向, に着きました

▼ 仙閣本~ (3, 0.1%)

1 である, の病源候論, を借り

▼ 仙から~ (2, 0.1%)

1 うけた密書, つきつけられた色縮緬

▼ 仙くら~ (2, 0.1%)

1 ゐなもの, ゐの

▼ 仙くらい~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 仙ちゃんお前~ (2, 0.1%)

1 が悪い, も彼処

▼ 仙ちりめん~ (2, 0.1%)

2 の切れ端

▼ 仙である~ (2, 0.1%)

1 が其の, ということ

▼ 仙とか~ (2, 0.1%)

1 八十仙くらい, 八十仙くらゐな

▼ 仙とが~ (2, 0.1%)

1 勢いよく談笑, 続いて

▼ 仙とともに~ (2, 0.1%)

1 ここに, 北伐

▼ 仙ヶ俣~ (2, 0.1%)

1 の場合, の旅行

▼ 仙一氏方~ (2, 0.1%)

1 に小憩, へ厄介

▼ 仙七一族~ (2, 0.1%)

1 の心, の血

▼ 仙丈山脈~ (2, 0.1%)

1 の一部, を尾根伝い

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 が前後, という女

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 という五十男, は養蚕

▼ 仙出し~ (2, 0.1%)

1 て座蒲団, て本物

▼ 仙千代丸さま~ (2, 0.1%)

1 のおとし, の御

▼ 仙友さん~ (2, 0.1%)

1 が外, は仲

▼ 仙取れる~ (2, 0.1%)

2 二十歳に

▼ 仙君君~ (2, 0.1%)

1 なども妻君難, の気に入り

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 にふさわしき, の修業

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 に赴きし, へ旅行

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 と云い, と号

▼ 仙太それ~ (2, 0.1%)

2 をボンヤリ

▼ 仙太ウン~ (2, 0.1%)

2 ともスン

▼ 仙太ザッ~ (2, 0.1%)

2 と横

▼ 仙太公お前~ (2, 0.1%)

1 ほどむごい, 何とか言った

▼ 仙太兵藤~ (2, 0.1%)

2 を横

▼ 仙太刀~ (2, 0.1%)

2 を引い

▼ 仙太剣法~ (2, 0.1%)

2 も何

▼ 仙太土手~ (2, 0.1%)

2 の傾斜

▼ 仙太横~ (2, 0.1%)

2 に払う

▼ 仙太殺害~ (2, 0.1%)

1 とはどんな, の謎

▼ 仙太気~ (2, 0.1%)

2 を変え

▼ 仙太自分~ (2, 0.1%)

2 が打たれた

▼ 仙太親分~ (2, 0.1%)

1 の見込み, は若旦那

▼ 仙太身~ (2, 0.1%)

2 を沈め

▼ 仙太郎お前~ (2, 0.1%)

1 あの娘, が先

▼ 仙太郎さ~ (2, 0.1%)

1 どうした, はもう

▼ 仙太郎抜身~ (2, 0.1%)

2 をすかし

▼ 仙太郎畜生~ (2, 0.1%)

2

▼ 仙太郎老~ (2, 0.1%)

1 がこの, のため

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 の拓字, 名娼明月

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 が自分, といふ人

▼ 仙晶寺~ (2, 0.1%)

1 というの, の磴

▼ 仙木斎~ (2, 0.1%)

2 の居ない

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 の合奏, を奏し

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 が都々逸, の一節

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 がむらがっ, の漂う

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 に言, に訊

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 が谷干城, を除け

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 あり, がある

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 が典薬頭, 至

▼ 仙聖人~ (2, 0.1%)

1 と同人, と呼ばれ

▼ 仙臺言葉~ (2, 0.1%)

1 で話される, を一つ二

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 の一名, の条下

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 を看ん, を視

▼ 仙藏はん~ (2, 0.1%)

1 の隱居, は毎

▼ 仙衛ム~ (2, 0.1%)

1 てえ, どんなあ

▼ 仙衛ムどん~ (2, 0.1%)

1 だで, にいろいろ

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 の五節舞, の塵

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 にもあてさせられ, をやっ

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 に懺悔, に通ず

▼ 仙高橋秀臣~ (2, 0.1%)

1 の一行, の諸君

▼ 仙~ (2, 0.1%)

1 という舞妓, の話

▼ 仙鶴観~ (2, 0.1%)

1 には常に, に近い

▼1* [347件]

あたりとは根本的, 仙えたいの知れぬ, 仙かと疑はる, 仙くらいの賃銭を, 仙ここへ寝かし, 仙この三名に, 仙これが填補, 仙こんどこそはかならず, 仙あのくらい, 仙さま呂宋兵衛さまはやくここ, 仙さま昌仙さまうまいところ, 仙さんあたしゃ明日あたり江戸へ立つ, 仙さんお前寝る前, 仙さんお待ちなせえ, 仙さんお蔦さんは, 仙さんこれは拙, 仙さんどこへ行く, 仙しましたか, 仙ッと, 仙ずつ呉れて, 仙そいつアたしかに勝頼, 仙それ以上は十仙, 仙そんなものじゃ, 仙たらむとす既に, 仙よ, 仙だの矢野二郎だの, 仙ちゃん一つ水晶の珠, 仙ちゃん長さんも即座師, 仙ちやん, 仙ってあの山, 仙づつにしときます, 仙であったからです, 仙ですらが意外に, 仙ではないかと, 仙でもなく無名沼, 仙とあるのが, 仙といったのを, 仙といふは露を, 仙とかいうもう六十歳, 仙とも衝突した, 仙どんじゃねえ, 仙のである, 仙などというやつらが, 仙などの名が, 仙なども振ったもの, 仙なにごとかとあわてふためい, 仙なら立町は, 仙ならずして然, 仙なりを払って, 仙なる所より, 仙に対して尊敬と, 仙のみ舊に, 仙はやまびととも訓ずるが, 仙告げに, 仙までがいつのまにか引入れられ, 仙めがけて投げつける, 仙もうひとりは, 仙コスモスの種, 仙一人は仏頂寺弥助, 仙一行の先発隊, 仙七方吉田八十松発送人も八十松, 仙七殺しの犯人, 仙七氏がビルマ, 仙丈トハ千丈ノ義カ, 仙丈ヶ嶽白根三山から源, 仙丈二山の間, 仙丈岳北岳間ノ岳農鳥岳等天を突き, 仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 仙丈岳西は木曾山脈, 仙丈岳鋸岳などが目, 仙丈方面に屯, 仙丈甲斐駒八ヶ岳の赤岳等, 仙三宅雄二郎高木政勝内村鑑三田中弘之等が基督教青年会館, 仙三江沼山村等の人物, 仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 仙下さいましたつけ, 仙の俗, 仙久留米の平川良衛, 仙の赤ネクタイ, 仙二さんが荷車, 仙二仙で直ぐ, 仙二位の男達, 仙二夫婦も四日目, 仙二家の談話, 仙五郎爺から巻物, 仙五郎爺さんに話し, 仙と云, 仙以外にも人穴城, 仙は手, 仙の教, 仙佛教中の天人, 仙傳七十有餘人とある, 仙傳讃といふの, 仙も見受けぬ, 仙先生にも聞い, 仙八脇勝久で皆稲葉家, 仙八親分が, 仙公いつ俺が暗闇, 仙公これをつるし, 仙公今夜どこへ泊る, 仙公返答に窮, 仙公騒動であったから, 仙などをかぶらせ, 仙冠者牛若三郎, 仙助お前は何, 仙十郎お前も茶, 仙十郎ご苦労であったシテ様子, 仙十郎涙を流し, 仙千代丸の母君, 仙千代丸都におき, 仙千代二十五万石に減封, 仙千代又八郎信時などいずれ, 仙千代招還せんこと, 仙千代様なども安土, 仙商の, 仙税太郎事米人ガルストの, 仙去であったことが, 仙友イビキ声にほくそ笑み, 仙は成玉, 仙吹針の蚕婆, 仙でありません, 仙品其形色変幻端倪スベキナシ故ニ霊芝, 仙商店と京橋, 仙四郎儀療養叶わず遂に, 仙四郎君だった, 仙四郎奴が笑っ, 仙国也汝国之上還有, 仙土手の上, 仙壇上早晩移植到梵家, 仙外史一百回は清, 仙大統領に推選, 仙太いま更になっ, 仙太お前は最初ここ, 仙太お前ここから帰らぬ, 仙太こっちを向け, 仙太さんいま見ると, 仙太さん獲物あったかい, 仙太さん矢っ張り, 仙太公あんた様ご存じでえ, 仙太公いまあえら, 仙太公旦那衆にタテ, 仙太加多源次郎, 仙太斯う聯想, 仙太段六女房などをチョイ, 仙太殺しの一件, 仙太真者即貴, 仙太親方だえ, 仙太親爺ときまっ, 仙太郎ご覧の通りヤクザ, 仙太郎さここか, 仙太郎さなんどは軍, 仙太郎つぎに段六, 仙太郎も本を疊, 仙太郎兄弟一生涯恩に着まする, 仙太郎君の, 仙太郎小走りに出る, 仙太郎恩に着ますでござん, 仙太郎梨売重助等へ心, 仙太郎様とやらこれ, 仙太郎様これで, 仙太郎氏は言, 仙太郎猛然として起った, 仙太郎等三人が松戸, 仙太郎自身社長に呼出され, 仙太郎親方お上んなさい, 仙太郎親方本懐を遂げ, 仙奕臺とて腰かけ, 仙妃はかの老, 仙妃らを海, 仙妃團を率, 仙の援, 仙姿潔素自高標, 仙媛云々と云, 仙媛柘の小, 仙宅襲撃の仕事, 仙として呼ばれたる, 仙寒月東風の五君, 仙寛政二年に歿, 仙には遠慮, 仙寺さんと謂つて, 仙寺雲林寺という風, 仙寺雲林寺等の山門, 仙寿院の名園, 仙の夢, 仙山室軍平また島田三郎氏, 仙岩街道でもあらう, 仙岳和尚や四, 仙岳氏紫波郡宮崎氏の所藏文書等, 仙もこれ, 仙崖さんの絵, 仙崖東圃学に於ける, 仙巌浦と名づけし, 仙州楼の本番口, 仙州誰袖東路などと名前, 仙左衛門が根こぎ, 仙市さんだがね, 仙市宅へ駆けつけ, 仙について受戒, 仙平泉の清悦, 仙幽谷を跋渉, 仙でぼく, 仙庵等は思切, 仙建碑の事, 仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 仙所説の道, 仙撮み出してその, 仙なり靈藥, 仙方延寿丹または江戸, 仙方靈藥の劇毒, 仙早くふみ消さぬと, 仙多見, 仙昇荒太郎多見, 仙昌仙早くふみ消さぬ, 仙池貝監物堀越内蔵八の, 仙春信の錦絵, 仙春泰の兄弟, 仙も汎濫, 仙向碧山行住在, 仙来って惻隠, 仙松村介石一木斎太郎山口弾正樽井藤吉稲垣示高橋秀臣それに田中正造, 仙林王国が新た, 仙ト書キタリケリ, 仙柳橋で幇間, 仙株主準備金から二万元, 仙が進ん, 仙だよ, 仙桂和尚さんで, 仙楼蔵と記, 仙の描法, 仙の黄金, 仙次さんあんたは見くびっ, 仙次郎は磐, 仙次郎小田原より母及妹, 仙殿さまのこと, 仙氏安藤太郎氏などの禁酒運動, 仙すな, 仙に出現, 仙の消極説, 仙湖碑畔の崖, 仙に入りたる, 仙牡丹に因んだ, 仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, 仙その鼻孔天, 仙をひとつ, 仙珠吟社へ請待, 仙な老爺, 仙見奇容, 仙禅斎の代表作, 仙秀氏に表具, 仙童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 仙笑楚満人, 仙粉一袋を頂戴, 仙綱浄は嘗て, 仙署客鳴珠履過, 仙をひと, 仙羹ひと折を中元, 仙翁葛玄に度人經, 仙が嶽, 仙を, 仙自宅の場, 仙臺のを初めた, 仙臺ステーションへ, 仙臺二高時代の話なぞ, 仙臺友の會, 仙臺古老の實話, 仙臺名影町の宿舍, 仙臺名産の埋木, 仙臺在岩沼の生れ, 仙臺堀川ぢやあありませんか, 仙臺屋敷の傍, 仙臺山形地方に北上, 仙臺岩沼の得平, 仙臺市本荒町, 仙臺放送局から頼まれ, 仙臺新寺小路の大林寺, 仙臺方面に飛ん, 仙臺時代以前に書いた, 仙臺會津の援兵二萬人, 仙臺會津庄内と東北, 仙臺滯在中私共との交渉全部, 仙臺特産枝垂櫻の苗木, 仙臺盛岡其盛岡に居た, 仙臺石ノ卷か, 仙臺第一中學校に入, 仙臺笹とかいふ紋所, 仙臺英語塾に通學, 仙臺藩平澤五助の海防唱道, 仙臺藩廳をおどろかした, 仙臺藩領田代島三石崎沖に假泊, 仙臺行きの汽車, 仙臺訛で笑, 仙臺訪問の啄木, 仙臺遊學時代の後輩, 仙臺邊のそれ, 仙臺郊外愛宕山の麓, 仙臺醫學專門學校に入, 仙臺野砲聯隊長の御, 仙臺間のやつ, 仙臺陸軍病院へ揮毫慰問, 仙花一座には一つ, 仙花一座これも二, 仙花咲けりいと, 仙花園なぞ共に, 仙花福壽草など栽ゑん, 仙へきました, 仙藏はんとこへ行く, 仙藏はんなほも嫌, 仙と言, 仙蚕婆穴山の残党足助, 仙蚕婆足助主水正, 仙を見, 仙衛ムどん先々で食べ, 仙衛ムどん初め今日のお仕置き, 仙をもっ, 仙請うてこれ, 仙と号, 仙は人名, 仙貨杉原下天具帖, 仙貴様はいつ, 仙の微, 仙に同化, 仙とでもいう, 仙軒季が鎌吉, 仙軒徳山居士と云, 仙轟又八そのほか燕作, 仙ぐ, 仙譜以下奕譜の, 仙之別, 仙都吾中らも招飲致候間, 仙と呼ん, 仙の娼婦, 仙鉄政誰でも彼, 仙鐵政誰でも彼, 仙閣蔵の書, 仙という旅館, 仙院住僧玄秀の時, 仙院瑞策に賜わった, 仙雲律師覚兼阿闍梨重円大徳, 仙を拝, 仙去後, 仙馬越前北条遠江守武田江馬渋谷狩野などの諸, 仙駕亭会の宿題, 仙駕亭例会の日, 仙鳳阯及び厚岸邊, 仙鶴観毎年九月二日の夜道士一人天, 仙黄金亀の子, 仙龍太郎の切ッ先