青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「付け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

他人~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~ 付く~ ~付け
付け~
仙~ ~代 代~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~

「付け~」 2801, 30ppm, 3866位

▼ 付け~ (1671, 59.7%)

26 見ると 22 ある 21 いた 17 いる, みると, 来た 15 来て 13 しまった 12 あった 9 いたの, いると, 置いて 7 くれた, 自分の 6 あるの, いるの, くれ, 見て 5 あって, おけば, これを, ゐた, 來た, 来たの

4 [12件] あつて, あるから, おいて, くれる, ゆくと, 何か, 来るよう, 置いたの, 置くの, 聞いて, 行くと, 見た

3 [21件] あつた, あります, いて, いるので, おくこと, きた, それを, みますと, やる, やろう, やろうと, ゐると, 出かけて, 出した, 出て, 家を, 居る, 帰って, 海に, 眼を, 見るかきつばた

2 [94件] あるが, ある女中, ある姓名, いたが, いたそう, いたので, いるうち, いるが, いること, いるよう, おいたの, おいたので, おいたもの, おります, お眼, この解決, さへ, しまえば, しまったの, しまつ, そして何, その男, むかしの, もらったの, やった, やったが, やって, やつた, やりましたが, やること, やれと, やれば, ゐる, ゐるの, ゐるやう, ヘクターを, 上げるから, 之を, 人に, 人の, 今の, 代助, 六人の, 吟味し, 呉れる, 呉れるの, 居ります, 居りますが, 居るから, 居るが, 居るの, 帰して, 待って, 心細いから, 思い出されるの, 手に, 打ち込んだ水, 持って, 断らした, 明日の, 来た直也, 来ましたので, 来るの, 来るので, 模様の, 江戸へ, 湯河原の, 煙管を, 直に右左, 磨くと, 礼を, 私の, 窺うと, 置きたいと, 置きながら, 置く, 背中の, 行きますと, 行けば, 行って, 行つた, 裏の, 見せる, 見たが, 見たん, 見た所, 見ますと, 見るが, 詮議する, 貢りき, 貢りました, 賭を, 辞儀を, 送った

1 [1117件 抜粋] あぐらを, あげる, あったの, あった眉毛, あとで, あの中, あの晩一, ありたま, ありますが, あるくの, あると, あるところ, あるので, ある事柄, ある写楽, ある又は, ある或, ある時計, ある繃帯, ある荷鞍, ある通り, ある金庫, ある馬, いいの, いたこと, いたにも, いたり, いた彼, いた白い, いた者, いった, いても, いないので, いなかった越度, います, いよいよ小声, いるか, いるつもり, いるところ, いるらしい鈴, いるらしくそんな, いる中将, いる人, いる女, いる恰好, いる榲, いる模様, いる筈, いる若い, いる警世家, おあり, おいたが, おいたよう, おいた小者, おかうとお, おきますから, おきん, おくから, おくという, おくべき接触点, おくれよ, おく内, おしまいた, おやんなさい, おられる, おりましたお蔭, おりますうち, おる目貫, お久美さん, お出なさい, お呉れ, お藤, お調べ中, かの両人, きたと, きた男, きて, きょうから, くる長屋, くれたが, くれたまえ, くれた土地, くれた殿樣, くれよう, くれると, くれるはず, こしらえたもの, この原書, これはと, さて雨戸, しきりに覘, しまいたがるん, しまうと, しまえと, しまえ今度当選, しまおうと, しまったらしい, じっとなる, すっきりたたずんだ, すり鉢状の, そいつを, そこで書く, そこらの, そして舊, その傍, その出来事, その夕方寓居, その宝庫, その小使, その翌日, それから, それから今朝死骸, それで作家, そんなに立派, たまるもの, ちよと, とい弔いを, どうしてあんなに出来, どこからか, なにも, なんとかし, ひそかに, ほんの少し, まさぐると, またよく, また煮る, まだ驚き, みたくなるであろう, みたらたちまち, みますると, みるのに, もらいたい, もらうやう, もらったり, やったそち, やったり, やってきた為, やつてから, やらう即ち, やらねば, やりたいと, やりてえくれえで, やりましたよ, やりますと, やるかなあ, やるが, やるの, やる時, よくお話, よく聞きたまえ, よこされた五人, よこした者たち, よしと, わたくしは, わらって, ゐたり, ゐないの, ゐます, ゐようとも, ゐるそれで, ゐるので, ゐるらしかつ, ゐる奴, アリストテレスの, カン, クドクドと, コンな, シャクリ上げシャクリ上げ云った, スッカリ大, ズイと, タッタ一吹き, ニヤリニヤリと, フランスの, ボンベイと, モウロの, 一と, 一ぺん火に, 一分一厘隙の, 一月間騎り行く, 一歩も, 一種の, 一體何が, 三十分ほど, 三四日間も, 三河一色村へ, 上げな, 上り下りを, 下さいと, 下さい今晩, 下さる方, 下すつた其時, 下手人を, 不愉快不平な, 世話に, 中学時代の, 丼二つ三分と, 九州に, 了ふ, 二三度も, 五色芝木芝草芝石芝肉芝の, 交番へ, 人は, 今にもむしゃ, 仕入物, 仕舞つた, 付合って, 以前から, 休む家, 低声, 來い, 來ま, 例えば小, 信長に, 假役場を, 僕の, 先に, 児飼の, 八丈島へ, 共に立てる, 其の日, 其の身一代, 其實地籍の, 其顔を, 写真を, 凄烈, 出した小船, 出すの, 出すよう, 出せ, 出来るだけの, 到頭水門, 力一杯こ, 助かる事, 動かさなかつた, 動けなくでも, 勝手の, 勢いよく謡う, 包まなければ, 参った種, 参りましたから, 参る, 參りました, 古川某を, 号泣し, 向ふ, 吸って, 呉れて, 呉れるなら入, 呼んだの, 商主ますます, 喋りたきは, 喰ったです, 嗅いで, 嘴の, 在る姓名, 垣の, 報告する, 塀際へも, 売りに, 外科と, 夢だ, 大きく手, 大切に, 大変喜こんだ, 大小三個の, 奥様との, 女人を, 好んで, 嫁に, 子供が, 孤燈の, 宜いか讀めなかつた, 実に還さじ, 家へ, 密かに, 寵愛した, 小包を, 少しくほぐす, 少しは, 少年二人を, 居たが, 居つた人相, 居なすつたやう, 居られた, 居りますと, 居ること, 居ると, 居る樣子, 峰松は, 差上げる工風, 己自ら先き, 帯の, 帰った, 平民が, 店の, 廊下を, 弁当を, 引き分けて, 引立てなきア, 強い火, 役人の, 往きな, 後に, 後足で, 御侍, 御酒を, 心丈夫である, 憎い奴等, 戴いたの, 戸棚を, 手には, 手伝って, 抱き上げたり, 持たせて, 振りかざしこの, 捜査課殺人係主任フイリップ・パアジェスを, 探し適當, 揺がない, 收入の, 文次の, 斧を, 斯様な, 新聞に, 旧友の, 昨日の, 昼間の, 時々見せ物, 書かない事, 最初に, 有りまして, 本堂の, 来たいと, 来たらしい一人, 来た二三人, 来た他, 来た医者, 来た山伏, 来た新聞記者一名, 来た武士共, 来た目的, 来ね, 来ました直に, 来ますと, 来る, 来ると, 来る様子, 果物を, 根好く, 棄てまいと, 構え込んだ, 横山町一圓に, 歌うと, 此方の, 歩いたの, 歩くみたい, 歩け, 残り少ない火, 氣輕相に, 水底に, 江戸川の, 江馬兆策脚色とか, 汽車中へ, 泣いちゃったわ, 泥の, 洞口方面へ, 浮屠家といった, 漸く氣, 灌漑の, 炊いて, 烈しい感情, 焦げるの, 焼くの, 熱心に, 燒いた, 父母に, 牛肉と, 物の, 物産総会所という, 献上し, 珍重する, 生ませた後胤, 用弁を, 申すの, 疫病除け, 發音しない, 白状させました, 直に自分, 眠を, 知って, 研究し, 祝儀を, 祭を, 称ぶといふ風だつた, 窘める種, 立って, 端の, 竹皮包でも, 第一等, 米を, 紅玉を, 細工を, 終ったと, 結ひ上げた, 絶叫する, 繰り返して, 置いたが, 置いたり, 置いた下女, 置かないの, 置きな, 置きましょう今日, 置きゃア, 置くこと, 置くわけ, 置く小さい, 置く方, 考うる, 考えると, 考えれば, 而し, 聞いた, 聴こうと, 胆を, 能く, 腕ずくで, 自分で, 船を, 色を, 若しや, 萩野を, 血を, 行かっせ何, 行きねえ, 行きました, 行く先, 行こう, 行こうと, 行ったと, 行っといでよ, 衣鉢の, 西瓜の, 見せたの, 見たいと, 見たり, 見ても, 見むと, 見ようという, 見ろ早く, 見落さぬよう, 親切に, 解釈する, 言ふた, 訊きました, 訴える件, 試して, 話し込むよう, 調べて, 警護を, 豚の, 貰うの, 貰えば, 貰って, 貰わないと, 買わせるの, 赴任させ, 路端に, 踊り走る, 辷る真似, 返したまいし, 返事を, 追い出しました隙, 退屈を, 逃げ出したと, 通がってる, 連年の, 進みきたり, 遂には, 過失の, 遣って, 遣つて, 遣り又, 遣るって, 邪魔し, 邪魔を, 重た増し, 金を, 鍾愛措かない, 長く使い込んだ, 降り始めたが, 雪の, 面喰つてる, 面白く言う, 頭に, 風雨を, 食う, 食べないと, 飲ませても, 養育する, 駈けまわって, 黒い足

▼ 付けよう~ (76, 2.7%)

18 がない 14 がありません 7 のない 5 がなかっ, の無い 3 がねえ, もない 2 が無い, とする, はありません, もありません

1 [13件] がなく, が少し, が有ったでしょう, が無かっ, ですねえ, で大食, として全く, とそれ, とまたは, と千万, は格別, もなく, をした

▼ 付け~ (69, 2.5%)

3 姿勢で 2 醫者も

1 [64件] お医者, お医者様, お医者様順庵様, お誂え, どこかの, ものが, ように, わるい土間, わるい戸, わるい雨戸, フィラデルフィア発行の, 一年前すなわち, 中に, 人形の, 仕事彫刻を, 仕方である, 儀にて, 全部を, 匂いだ, 医師に, 号令を, 四五行ぐらいは, 坂本発の, 夕刊の, 大きな吸取, 天主教会に, 女です, 好い男, 姿で, 姿勢を, 嫌いが, 寄席へばかり, 帳場まで, 帳場迄, 悪いに, 悪い扉, 悪い窓, 悪い肱掛け窓, 悪い障子, 悪人が, 惡い, 感情を, 所へ, 所まで, 手紙の, 打ち合せ, 数式を, 木偶の, 楽人, 機関銃と, 油屋兼吉です, 法師が, 点で, 番号札を, 競争が, 芸人が, 衣裳な, 調査は, 途次この, 道具立てが, 金を, 隙間から, 願文を以て, 飛脚が

▼ 付けても~ (61, 2.2%)

3 彼は 2 また夫人, わたしたちの, 信一郎は, 宜う, 杉野子爵は

1 [48件] いいが, いなければ, お杉, さっきの, そこには, その娘盛り, その後の, その華族様, ふびんな, もう一度お, よろしからん, わたくし共の, カステラへ, 中二, 人生の, 何にでも, 何にも, 使徒が, 六三郎は, 取亂, 口惜しいの, 同じこと, 唯一の, 外庭を, 女は, 寺が, 差支ない, 引張って, 引張り出したい心持, 心に, 思い遣りの, 懐疑の, 散りか, 文句を, 昨日かの, 暫くは, 林之助が, 栄之, 死なれて, 河川法に, 涙ぐまれた, 物狂わしゅう, 特別な, 独り罷り出, 癒りません, 私は, 結論だけは, 身体の

▼ 付けやう~ (60, 2.1%)

21 がありません 6 がなかつた 4 がない, のない 2 がねえ, が悪い, はありません, はあるまい, はない, はねえ, もありません, もない 1 がある, がなく, が御座いません, といふもん, なく江戸一番, の無い, はねエ, もあります, もなく

▼ 付け~ (60, 2.1%)

6 して 2 しました, 守って, 自分が, 防ぐに

1 [46件] うけて, おどおどし, きいて, させて, させられて, した, する, するいろは, する必要, せぬ机, つかまえて, なぜ聴かぬ, やつて, よく守らなく, よく聞い, 一服やる, 伝えると, 受けなければ, 受けますと, 含めて, 固く守っ, 守つてその, 守らない男, 彼に, 得た原野, 惧れ, 括りつけたって, 持って, 盜つたのも, 直すよう, 繰返して, 聞かなかろうもの, 聞こうとも, 致しまして, 致すならば, 行わせること, 要すると, 見せて, 觀て, 託しもって, 買いに, 釜へ, 開拓使に, 頼まれた時, 願います, 願い出ろと

▼ 付け~ (59, 2.1%)

4 して, なって 2 こう書い, する, なった, よると, 出直す方

1 [41件] かかった, かかり何, けり, されたやう, しすぐ, したブリキ, した十人, そう思わせよう, それを, なったの, なった古い, ならなければ, ならんと, なりたいと, なりましたころ, なります, なりません, なる, なるよう, なんの, まいると, 一杯呑む, 下の, 乗り込んで, 來ても, 全身の, 冷酒でも, 反いた, 反き兼ねた, 往き難い, 従わぬわけ, 持って, 掻鯛の, 来たって, 来なかったね, 用いる鉄分, 答へ, 背いた者, 行ったの, 行って, 通って

▼ 付け~ (36, 1.3%)

2 取次ぎに, 同じ所, 大したもの

1 [30件] あとは, いいのにね, この身, それを, とれぬもの, まずその, やはり異国, よいがと, 中毒を, 亀でさえ, 付いただけ, 例のが, 各々の, 味方にも, 天井裏を, 好漢どころか, 心に, 忽ち卒業, 扨も, 放つては, 政宗が, 晴天の, 殺すんぢ, 私の, 聰明は, 落ち付く程思想界, 誰にでも, 謎を, 馬翁に対する, 黒田藩の

▼ 付け~ (35, 1.2%)

2 を求め

1 [33件] がだいじであれ, ができあがるべき, であっても, との, との接続, との間, との関係, とは二つ, とは心像, と合わせ, には, には警戒, に取りつい, の, の一つ一つ, の世界, の付け方, の作者, の制作過程, の場合, の妙味, の暗示, の素材, はできない, は失敗, は成立, を, をした, を作っ, を困難, を提出, を案じるであろう, を構成

▼ 付けたり~ (32, 1.1%)

4 して

1 [28件] しいしい一分間, した, しないという, し金庫, するだけの, すると, するの, でまるで, で師匠, 三日目毎に, 中学校の, 仏の, 入り口を, 切り抜いたり, 台所には, 奥深く引込ん, 嬉しそう, 思い出したり, 悪口を, 料理の, 是等の, 汚物を, 浄瑠璃三味線のみにて, 火を, 銘々受持が, 離したり, 頭を, 髪を

▼ 付けながら~ (29, 1.0%)

2 云つた, 爪立てを

1 [25件] かなり芝居たっぷり, これから先, その大望, だんだんに, ズンズン先へ, 一足飛びに, 云った, 今夜妻が, 何か, 半ば皮肉な, 口ずさんで, 小言を, 引出しを, 早朝から, 是から, 火の, 独り妙と, 眼で, 老刑事, 聞く, 袴を, 覚兵衛は, 遠い幻影, 飛ばして, 首肯いた

▼ 付け~ (23, 0.8%)

1 [23件] あつて, あり疑うべからざる証拠, ないから, なんだい, はるに, ましく, まず半蔵, ものを, よくなっ, 主でなく, 前提される, 固いから, 変わったのよ, 多くなり, 始められたところ, 悪いと, 悪いので, 悪くなっ, 惡いから, 惡いんだ, 惡く, 滞りなく, 狂って

▼ 付けては~ (22, 0.8%)

1 [22件] おいたの, ならない, ならないという, ならないといふ, ならないの, ならない家, ゐないよ, 位の, 剛勇の, 叶うまい加勢, 困る, 大功を, 居させなかったろう, 居りません, 悪る, 成らぬという, 教育家の, 殆ど毎日, 水を, 置かれん酒ゆえ, 頻りに揉療治, 頻りに都々逸

▼ 付け~ (22, 0.8%)

2 行げ

1 [20件] あつて, ええと吹矢, おげ, ここに, この私, これから其の, その包物, よんどころなくあんな, カン, 伊勢まで, 俺の, 參つたの, 吉原元, 小さい実験装置, 彦四郎貞宗の, 新刊書を, 番頭の, 置げ, 退学する, 餘儀なく

▼ 付け~ (13, 0.5%)

8 へた 1 へたい, へておきたい, へて居た, へるが, へる以上

▼ 付けたる~ (11, 0.4%)

1 [11件] は些, は心得違い, を怪しい, 会釈の, 外に, 所謂十字の, 白石の, 笑ひ, 綿入, 蒔繪の, 金は

▼ 付け~ (10, 0.4%)

1 いたんだに, いてな, いても, なった重要, なって, なると, 云うよりも, 云えば, 云ふ, 馬指および

▼ 付け~ (10, 0.4%)

2 がれ 1 がった, がって, がる, がるん, がれ間拔け, しないよ, アが, アがる

▼ 付け合わせ~ (10, 0.4%)

1 が例句, として感ぜられる, と情, に関して, の付け心, の心理的機巧, は最も, も客, を, を理解

▼ 付け~ (10, 0.4%)

1 であろう胸, とが出, と付け眉, と手紙, をお, をし, をどこ, をはずした, を紙屑籠, を顔いっぱい

▼ 付けその~ (9, 0.3%)

1 一端を, 上に, 中に, 利子で, 手さきは, 氏義を, 石と共に, 管には, 銘文に

▼ 付け~ (8, 0.3%)

2 お品さん, んだら 1 けらば, ね, はれや, んって

▼ 付け~ (8, 0.3%)

1 しないで, みな一様に, アメリカ人向きの, 出来るか, 基底としての, 申分なく, 立派でございまし, 糊づけ

▼ 付けてから~ (7, 0.2%)

2 切り替へること 1 お話を, もとの, 何気なく, 大体の, 大匙四杯

▼ 付けなく~ (7, 0.2%)

2 て弱りました 1 ちゃいけません, てはいけない, てマジマジ, て顔, とも吾

▼ 付け~ (7, 0.2%)

1 ございませんか, はっきりせず, 人間の, 何時でも, 唐津の, 善惡共に, 目を

▼ 付けそれ~ (6, 0.2%)

1 に跨った, を一々, を染めた, を耳朶, を護った, を隱

▼ 付けでも~ (6, 0.2%)

2 したよう 1 して, しながら, しようと, なんでも

▼ 付け~ (6, 0.2%)

31 るという, るるは, るれば

▼ 付け~ (6, 0.2%)

1 に反映, に関する議論, の上, ふそこ, を一瞥, を見ず

▼ 付け通り~ (5, 0.2%)

1 この叔父, にさせ, になった, に運ぶ, の事

▼ 付けさえ~ (4, 0.1%)

4 すれば

▼ 付けそう~ (4, 0.1%)

1 して, ですが, なもの, に考えた

▼ 付けそこ~ (4, 0.1%)

1 から雪, にいた, ばかり一心, へ萠

▼ 付け~ (4, 0.1%)

2 がない 1 とでもすれ, の無い

▼ 付けこの~ (3, 0.1%)

1 全体を, 利鎌を, 日また

▼ 付け~ (3, 0.1%)

1 したと, した上, つし

▼ 付け~ (3, 0.1%)

1 て使っ, て使用, にわれ

▼ 付けちゃ~ (3, 0.1%)

1 いけないよ, いやヨ, どうだ

▼ 付けである~ (3, 0.1%)

1 から間, というところ, 事を

▼ 付けという~ (3, 0.1%)

1 ことも, のは, 隠語を

▼ 付けなすっ~ (3, 0.1%)

21 てあなた

▼ 付け~ (3, 0.1%)

1 いま右門が, すごいの, んやろ

▼ 付け~ (3, 0.1%)

1 としつ, とする, との大胆

▼ 付け上っ~ (3, 0.1%)

1 て人, て華族, て虫けら

▼ 付け置いた~ (3, 0.1%)

1 親臣, 鎗を, 黄金の

▼ 付け遊ばし~ (3, 0.1%)

3

▼ 付けから~ (2, 0.1%)

1 印刷者の, 抜き取った楊枝

▼ 付けした~ (2, 0.1%)

1 とこな, のです

▼ 付けそうして~ (2, 0.1%)

1 その中心, 陰部へも

▼ 付けそれから~ (2, 0.1%)

1 お役人樣方, 髪を

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 のかも, んで

▼ 付けだけは~ (2, 0.1%)

1 全く新しい, 精一杯に

▼ 付けちや~ (2, 0.1%)

1 ならないと, ならねえ

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 やない, やね

▼ 付けてね~ (2, 0.1%)

1 先生を, 初めから

▼ 付けてや~ (2, 0.1%)

1 がる周助, ッたら

▼ 付けながらも~ (2, 0.1%)

2 声が

▼ 付けなせ~ (2, 0.1%)

2

▼ 付けまた~ (2, 0.1%)

1 しても, 安息させね

▼ 付け乍ら~ (2, 0.1%)

1 訊くと, 追つかける

▼ 付け分析~ (2, 0.1%)

2 し劇薬化

▼ 付け又は~ (2, 0.1%)

1 弁論で, 糸にて

▼ 付け句作者~ (2, 0.1%)

1 の創作当初, の網目

▼ 付け合い~ (2, 0.1%)

1 に, には

▼ 付け同じく~ (2, 0.1%)

2 椰子の

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 の数, を示すであろう

▼ 付け大小~ (2, 0.1%)

1 を差し, を差した

▼ 付け女房~ (2, 0.1%)

1 の一筆, を投げ飛ばし

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 が非常, の奈々子

▼ 付け工作~ (2, 0.1%)

2 にとりか

▼ 付け得られる~ (2, 0.1%)

1 かもしれない, ことが

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 の不即不離, は薄

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 にも絶対, を肉

▼ 付け更に~ (2, 0.1%)

1 卓の, 後輩へ

▼ 付け物貰い~ (2, 0.1%)

1 の徒, の輩

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 の前, も加勢

▼ 付け~ (2, 0.1%)

2 烈亭居士と

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 を呑ませる, を服

▼ 付け~ (2, 0.1%)

1 の類, を穿いた

▼ 付け難い~ (2, 0.1%)

1 です, 判別に

▼ 付け~ (2, 0.1%)

2 と頬

▼ 付け黒子~ (2, 0.1%)

1 だったので, であったと

▼1* [283件]

付け良い恥晒し, 付けあたわざるものが, 付けある通り命も, 付けいつ迄も無言, 付けほきな, 付けお金を遣っ, 付けこう叫んだ, 付けこんだのが, 付けさうなものだ, 付けさうにありません, 付けさすに限る, 付けさせた金の, 付けされてる生けるものである, 付けしか詳なら, 付けしかの白金巾は, 付けしばらく敵を, 付けしも少からず見えし, 付けしもの有り, 付けすぐ河原町の, 付けする様な, 付けずしてはあるべからず, 付けそうこうするうち, 付けその後で箱, 付けそれで片目を, 付けそれらを買い取った, 付けたったそうだよ, 付けたつたんや, 付けたりが一つも, 付けたりと聞く, 付けたりにおっしゃるには, 付けたりの事である, 付けたんねんに紙縒, 付けから仕方, 付けだったので売れ残っ, 付けだの若い者, 付けちや惡いと思つて, 付けてからの事に, 付けてずつと遠いウチユウル河, 付けてでも連れ帰る料簡, 付けてと父上一句さらば御, 付けてなア旅を, 付けての意見かい, 付けであり基底付けである, 付けでございますもの, 付けではないかも, 付けで御座いましたヘエ, 付けとかあるいは茶, 付けとどけをし, 付けとの中に, 付けないこと立法リファレンスに, 付けなければならず, 付けなど必要は, 付けなら厭だ, 付けなら聞かなければなるまい, 付けなれば酒肴, 付けにおいてもまたそれ, 付けにくく何を, 付けにでも来たよう, 付けには反きます, 付けにも蕎麦屋の, 付けによってこの国, 付けねに腫物を, 付けねらわれる憂は, 付けばかり後生大事に, 付けばこそ安心し, 付けへんな, 付けまたは矢立てを, 付けまわしている, 付けえという, 付けもちろん抽薹します, 付けやがつて, 付けやらに立ち働いて, 付けやるとこれ, 付け居宅には, 付けよってもって, 付けより多くし, 付けらしく云うようにも, 付けわざと愉快そうに, 付けをのみ喜び尊, 付けガックリ落とした髷, 付けテンビン棒をかつい, 付けドイツ語でやつ, 付けハンブルな昆虫, 付けバルザックは再び, 付けワルキに来るだらう, 付け一手は龍, 付け一橋慶喜の登城, 付け一緒の行動, 付け三杯もうお, 付けの装束, 付け上つて人を困らせる, 付け上つて華族の娘, 付け下さいますように, 付け世にも不思議なる, 付け両足の間, 付け中学生の話, 付け乗っ立って走らせる, 付け乙名からわたしども, 付け乞食扱ひに, 付け乱れた金髪の, 付け乾児の眉間, 付けもあろう, 付け事件を調査, 付け二十年以上の先生, 付け亡国の民, 付けに絞め殺された, 付け人々の群がる, 付け人足の手, 付けも気, 付け今日は堺, 付けへ縁付, 付け伽羅油がある, 付け何となく唯お辰, 付け何れ劣らぬ情, 付け何事をか言わん, 付け何處の何某, 付け修業には殆, 付け候ことお易き, 付け候間何方より金, 付けつて捕る, 付け八丁堀の坂部さん, 付け其子に例, 付け其端に獸類, 付けノハタノ王子に, 付け内々檢屍だけを濟, 付けて来る, 付け出雲屋さんを斬, 付け初めていたという, 付けを罩め, 付け力強くかつ気転, 付けは五, 付け決断所にて, 付けをする, 付け句作者自身の潜在的, 付け句素材までが一分間, 付け遣候, 付け列を, 付け同じ形を, 付け呼び捨てにする, 付け唐冠の甲, 付け善いに付け噂, 付けをされる, 付け四つ這いに, 付けの許可, 付け地面の目立っ, 付け坐りもしない, 付けを枕, 付け堅めて敵, 付け堪えがたい痛みを, 付け姓名を言, 付け実は斯う, 付け容易ならぬ事件, 付け寄せ石細工を以て之, 付け供心にも, 付け小鳥が餌, 付け尿瓶を掃除, 付けけと役得, 付け屆けが行き亙るので, 付けの棟, 付けの短尺, 付け平伏して, 付け幾つ取つて來, 付けい女, 付け廻わした, 付け彼らを相手, 付け彼等貯へ置き, 付け得られたものと, 付け聖影を, 付け忘れてしまった, 付け忠義を尽し, 付け急ぎ燈火を, 付け急遽討伐に, 付け悉く臣下と, 付け悲しいに付け, 付け慰めるものが, 付け手拭を巻い, 付け捲き付け出, 付けることに, 付け換えてくれない, 付け放題じゃない, 付け散々な目, 付け散々イヤな事, 付け數條の造花, 付けも絹, 付け新田殿のご, 付け日光に晒し, 付けも宇治, 付けのよう, 付け昨日の一行, 付け昭和六年八月十歳で病死, 付け時代に迷, 付けして, 付け最中であつ, 付けを見, 付け来れる高星総監, 付け案じられて今頃, 付けのよう, 付け森棟先生に泊つて, 付けへ押し立て, 付け欧文の記載, 付け歌いながら歩む, 付け武士の安倍, 付け死骸を見, 付け水門を潜らせ出す, 付け滅多に動き, 付け火消しを三十人, 付け煙草などは兄妹, 付けき刃, 付け爛々たる眼, 付け牡蠣の殻, 付け物置一つを燒, 付け獲物を抑, 付けに勸め, 付け申すべく候, 付け留めてある, 付け百円取れるところ, 付けを被せ, 付け相場違いの大, 付けとをかなぐり棄てた, 付け眉みたいに房, 付け矢声もろとも諸手突き, 付け稲富流自慢の強, 付けの障子, 付けの区別, 付けが五分おき, 付け素知らぬ振りで, 付けふに, 付けを赤く, 付けいて, 付け纏っている, 付け纏わられるか分った, 付け置かるるという特殊, 付け置き候, 付け置きしならんと, 付けだけが一つ, 付け膝頭でジリジリ, 付け自ら恥づること, 付け自然と心, 付け芝居へ行っ, 付け芸人や渡り芸人, 付け草鞋ばき, 付け荷物なぞを鞍, 付け落ちている, 付け葬式の時, 付け薄汚なき手拭無遠慮に, 付けは例へば, 付け血眼の調べ, 付け行列して, 付けに四行, 付け表向き離婚の談判, 付け衷心からのよい, 付け裏口から奥, 付けを閉じる, 付けっている, 付ける身分, 付け講釈をし, 付け負傷失心して, 付け足りにすぎなかった, 付け躄者になる, 付けを沈ませ, 付け込みのしるし, 付け効果に, 付け通り学校の課業, 付け通り損料で紋付, 付け通り殿下が玄関, 付け通り番頭の後, 付け遂に仇を, 付け遊ばすとも敵, 付け都合三度この歌, 付け針小棒大にいいふらし, 付け鉈作りの刀, 付け鉾子先を斜, 付けを拾い上げ, 付けを着流し, 付けの母親, 付け静かに先, 付け順次日の, 付けを挙げ得ぬ, 付け顔色でそれ, 付けに付け, 付け駕籠屋に小判一枚はずん, 付け髪ごと根元から鋏, 付け鮫皮を鑑賞