青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「付き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~他 他~ ~他人 他人~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~
付き~
付く~ ~付け 付け~ 仙~ ~代 代~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~

「付き~」 1796, 19ppm, 5915位

▼ 付き~ (465, 25.9%)

7010 図入る 5 ことは 3 中に, 女中が

2 [16件] ない様子, ま, ような, わるいもの, 二の, 二人の, 勝手出入戸, 大きい角店, 女房は, 室は, 家へ, 惡い, 者が, 臆病者で, 藩士と, 騎兵で

1 [342件] あるのび, ある上品, ある人物, ある内容, ある坐り, ある大家, ある居場所, ある明る, ある生活, ある美男子, ある話しが, ある部屋, いいので, いい坐り工合, いたずら小僧も, いよいよ悽愴, お勝手口, お嫁さん, お武家はん, お腰元ゆえ, お預かり, がんじ, きゃしゃな, こと, ことが, ことだ, ことだろう, この姐, ご官医, その建物, ための, ところは, どこにも, ないもの, ないソハ, ない家, ない形, ない思い, ない日, ない池, ない沈黙, ない自分, ない間, ない雑踏, ない顔, ままこの, ままで, まま塩水に, もの, ものが, ものだった, もので, ものを, やうに, ようです, よくない, わるいの, わるい顔, アパートメントを, ウス手な, クジマの, ショパンの, スウプ容れ, スッキリし, ステッキに, ステッキは, スパゲッティそれに, タマラない, チョッキ膝の, ドイツ人と, ナマクラで, パクリだろう, パンを, ビフテキを, ページ数, ボーイの, レポから, 一人が, 一尾も, 三疊に, 下げ緒が, 下戸で, 下男が, 下駄ヒョッと, 不良に, 不良少年三十名を, 与力同心たちは, 中での, 中歯の, 主義者なぞが, 九谷燒の, 事と, 人々, 人々の, 人たちさえも, 人を通して, 人民では, 人物と, 人物に, 人車で, 人間です, 人間に, 仮面とは, 休みを, 低屋, 侍女で, 値段と, 偽君子, 八疊それは, 六疊は, 凄い老人, 凶状持ちにまで, 医師は, 十二畳それから, 十二疊半さすが, 十六畳も, 参謀四五人と, 取って置きの, 取引契約を, 古い椅子, 古い額縁, 古い麦藁帽子, 召使いに, 同心が, 名誉, 品には, 品物などは, 商人も, 商店と, 善人で, 四疊半に, 堅い人, 境遇に, 墨だ, 売笑婦な, 外套です, 外套を, 大きな箪笥一つ, 大きな部屋, 大声音, 大将を, 大小の, 大小は, 大戸棚, 大盃, 天狗だ, 奉公人やら, 女が, 女であるらしかった, 女の, 女中と, 女中も, 女官たちは, 女房が, 女房たちなどは, 女房で, 女房などの, 女房などは, 女房なども, 女房や, 女房方の, 妙あり, 娘だ, 宏壮な, 官吏だ, 宮内官が, 家でなくっ, 家に, 家を, 家従や, 家職の, 宿屋に, 察しと, 小さなマイク, 小さな別宅, 小樽の, 小町娘が, 尼僧の, 巡査が, 工匠を, 市川義平太という, 幕を, 広間に, 店で, 座敷, 座敷に, 廊下を, 引船, 弱さ, 当推量, 彫刻です, 役人たちに, 役人などが, 役人に, 役人は, 役人よりも, 後ろ姿を, 御坊主衆, 御家人の, 御小人目付, 御腰元鶴江, 御馳走, 念入りな, 急腹痛, 性質である, 性質とでも, 性質の, 怪しいところ, 恋女房様, 恩智左近以下を, 悪い人間, 悪い安価, 悪い格子, 悪い金, 悪党であったらしい, 惡黨だ, 意味しか, 戦利品などが, 所員の, 手洗場の, 手炉に, 提灯を, 新式の, 方に, 方は, 旋毛曲り親に, 書記官メルメット・カションは, 木片が, 東洋的令嬢, 松が, 松丸太を, 柔順さで, 柱も, 栄誉を, 株が, 椅子腰掛けの, 権少, 歯医者が, 残肉を, 母屋が, 気持の, 泥棒の, 涼しい屋敷勤め, 焼パン, 焼鯛, 熊と, 片袖, 片輪, 牛車を, 物々しい一隊, 物である, 犯罪談など, 男か, 留針が, 異常さに, 瘠せっぽ, 癖など, 癖に, 白扇か, 百姓で, 盛装した, 真実よりも, 着物は, 石燈籠に, 硝子コップで, 神主が, 神楽師だ, 禿が, 禿鷲, 移民招致であった, 立派な, 童女たちが, 竿を, 笹と, 笹の, 箱を, 粗末な, 紙を, 紙帽子を, 素質の, 細引で, 組与, 緋牡丹色した, 縞物の, 美しさ, 老女から, 老女格の, 者の, 者のが, 者は, 者も, 胴体である, 腰元が, 腰元な, 腰元に, 腰元の, 自領, 良い方, 芝居とも, 茶碗二個, 茶話会な, 荷揚げ舟の, 莫連もので, 薄っぺらな, 虚弱児童であった, 蜜柑などを, 蜜柑を, 衆臣も, 要職に, 親不孝で, 証書を, 貧弱なる, 赤犬が, 近侍と, 逞しさ, 連中と, 部屋が, 酒場へ, 重大疑問と, 野卑な, 針も, 鉢を, 銀テーブルの, 長い杖, 長靴を, 門の, 雄辯家, 離れ造りお, 離屋で, 顏には, 飲酒癖に, 首を, 香橙を, 馬鹿で, 高官も, 魚を, 鯛という, 鰻と, 麻, 麻の, 黄金指環が, 黒いお

▼ 付き~ (145, 8.1%)

37 して 6 失って, 見せて 5 見ると 4 した 2 しながら, とりもどした, 取り返して, 感じて, 持って

1 [77件] しいしいパン, した事, した少女, した色, するん, つけた者, とりかえさなければ, とりかえすため, とり戻したよう, どうしても見出す, なくし荒れはじめた, ほめられたさ, もった, もった筆, もって, ショボショボさし, チラリと, 一層危な, 一生懸命に, 並べるか, 乱だす, 交わした, 保とうと, 保治は, 備へ, 厭う, 反映し, 取りもどすこと, 取り戻し冷静, 取り戻し平静, 取り戻し神さま, 取り戻せば, 取り返すと, 取返して, 受けて, 命じられた, 命ぜられた諏訪, 失った, 失わせるに, 奪つて, 差しだした, 彼に, 得た五十一歳, 得るの, 思い出して, 思うと, 恢復した, 想い出して, 感じさせた, 感じた, 感じたやう, 手早く焼き, 拝見し, 持つこと, 持つ便利, 振返ると, 求めて, 深く感じ, 無くした, 無くして, 発見しました, 真似し, 示して, 示しはじめたと, 聞いた時, 装おうとして, 装はう, 見ただけでも, 見たトタン, 見やりつ, 見りや, 見る, 見出しえた事, 足下の, 迫めて, 長谷川に, 頂戴し

▼ 付き~ (132, 7.3%)

4 私を 3 檜の 2 あつた, 引き立てられて, 登場させる, 見た

1 [117件] いうの, いらっしゃいましょうね, この弱い, こんどは, こんな事, ごさい, じっと眺めた, じろりとわたくしたち, そうした人, その見返し, それを, ちらりと女, どんな表情, ほのぼのと, まず訊いた, みのるは, もし琴, やって, ゆるした, わたくしの, わたしを, エタ頭に, キャラコさんを, ジイッと, ストーン氏の, チラリと, マジマジと, ローリーさんの, ワルトンの, 一冊三四百ぺージも, 一句一句相手の, 一同を, 丁寧に, 三銭, 並んで, 中には, 中江家に, 主張し, 乗せられた, 二足進ん, 五郎を, 交通巡査の, 今までの, 伊那から, 何の, 働いて, 先に, 先生十七八の, 六間ばかりの, 兵糧方でございました, 凝視められたい, 十手を, 又, 叔母さんに, 嘆願する, 嘘でなく, 妾たちを, 娘を, 嫁に, 室の, 寺社奉行の, 岩の, 差出したの, 差渡しに, 急ぎの, 悪魔らしい, 折曲っ, 探したこと, 日下部の, 春陽を, 暫くの, 栖方は, 梁川星巌その他日本での, 正木博士の, 歩いて, 母親の, 気象も, 水, 犯人を, 玄関まで, 男前でも, 発表し, 相手を, 眺めながら, 睨むを, 祖先からの, 禄を, 私に, 私の, 穴の, 端座し, 笑った, 笑みかけ指先, 耳に, 良次郎は, 若者の, 菊千代を, 見まわして, 見下しながら, 見返り見返り三人の, 見送ったが, 見送られながら, 親, 解ります, 記者を, 許可する, 豹一を, 踵を, 身ひとつで, 迷信し, 鏡を, 間貸しを, 階段の, 隱した, 食は, 駕籠の, 點頭き

▼ 付き~ (91, 5.1%)

15 なって 6 なった 4 なるの 3 なりませんか 2 して, 落付い

1 [59件] あそばされ院, ある新, お作, けり, させて, そしてこれ, とぼし題材, なったから, なったの, なったよう, なったら達治さん, ならないでしょうか, ならないのね, ならないよう, ならなかったよう, ならなければ, なられる事, なりましたでしょうか, なりましたら階下, なりますか, なりませんでした, なりませんでしたか, なりませんでしたよう, なる, なるだろうと, なると, なる光栄, なれば, なれようと, なれること, なれるであろうと, まろねを, スッカリ荒胆を, チラリと, 云い知れぬ反感, 似て, 何か, 何故かおれ, 冴えた光りが, 分けられて, 匹敵し, 基くもの, 変った, 定まって, 富む風情, 抜擢した, 持つあどけな, 掛りますから, 来る, 烏頂天にな, 現われその, 盲目の, 移されつ, 終るでありませう, 結い付けぬ内, 落ち付いて, 見えたのよ, 誘はれて, 霊前へ

▼ 付き~ (65, 3.6%)

3 ない 2 ある, 覚束なく

1 [58件] あった, あって, あつて, ありました, あり文章, いい, いくらかできる, いそいそと, いるという, こもって, それほど賞讃, ちがうん, できて, どうも得られなかった, どこへ, どこやら, ないこと, ない軽薄, なかった, なかつた, なくなり用, なくなり皿, なく皮膚, なく顔, なんだか人間らしく, 一人それに, 一人来られます, 三千何百も, 何時かの, 出て, 出ますぜ, 出来て, 出来充実, 危険の, 含まれて, 変って, 如何にも多い, 得られさえ, 得られるや, 心に, 必要だろう, 恰も良心, 悪かった, 悪くて, 意気だ, 按摩の, 気に, 犬神の, 癪に, 自分の, 荒いの, 見出される場合, 記されて, 証拠だ, 貸し蒲團その, 遅いの, 頭の, 黒い顔

▼ 付き~ (40, 2.2%)

4 ママ

1 [36件] ありません, ありませんでしたが, いたしません, お米さん, こうしていよいよ, して, しないか, しないから, しないからね, しなかった, しませず家, しません, しませんあの, ただごく, なくなったね, まず今夜, また梅花, もう平常と, 一生涯僕にとって, 一眼で, 何と, 何処にも, 何猫でも, 僕と, 僕を, 入用る, 内儀の, 剛いが鼻の, 尋常で, 尋常でなかつた, 得たが, 時代ものには, 申分ない, 笑殺的で, 自分が, 長四疊

▼ 付きそう~ (36, 2.0%)

2 だと, なこの, なもの, もない

1 [28件] だから, ていた, ですし, ですて, でなかった, で思わず, なの, なので, な人物, な作, な棒, な権幕, な物, な空合, な表情, な顔色, な風, にし, にしました, になった, になったら, になりましたら, にも思えぬ, に思う, に思はれる, に思われる, もありません, もなかっ

▼ 付き払っ~ (34, 1.9%)

10 ていた 4 ている

1 [20件] て, ていられる, ておる, てそれでも, てもう, て云い出した, て出, て勉強, て受けた, て只, て客間, て家, て心, て朝, て木村, て淀屋橋, て為吉, て衆人環視, て行くべき, て運ん

▼ 付き~ (23, 1.3%)

6 ている 3 てい

1 [14件] ていた, ていまし, ています, ていらっしゃれ, ております, てホッ, て厭, て古, て宿直, て来た, て泣い, て行く, て行こう, 所が

▼ 付き~ (23, 1.3%)

1 [23件] あらば, かたい決意, その優位, なった程, なりて, 一種の, 云うもの, 呼吸だけ, 存じますが, 安らかさは, 安らかな, 年間の, 性質の, 松葉の, 格子戸にも, 申された紙包み, 皮を, 真剣さの, 眼の, 老成と, 肉食と, 見識とを, 言葉は

▼ 付き~ (21, 1.2%)

1 [21件] あつた, いい, したこと, しない様子, しねえ犬, しぶとさ, します, すまい此処, するだろうが, せず二階, たくさんお, なかった, なくしやりかう, なく郡境, なければ, やりきれない, よく案, ソクラテスの, 二人を, 出来て, 分らないが

▼ 付き~ (19, 1.1%)

1 [19件] あしません, がったん, しなかったかナ, しめえ, アが, アがって, アがる, アしない, アしなかつた, 僕は, 口もとの, 口付きを, 思慮を, 態度を, 手よう眼ように, 折紙付きという, 挙動であった, 気分を, 顔立ちが

▼ 付き~ (18, 1.0%)

1 [18件] いささかも, お打合せ, 俳優似顔を, 匕首を, 却て, 問ふ, 巡査に, 我等の, 消えず, 深き據, 痿へ, 百姓稲を, 自ら怜悧がり, 覺えず, 記述を, 鍼もて, 離れまじとは, 馳せ下れり

▼ 付きながら~ (15, 0.8%)

1 [15件] かの女, ぼんやり小半日, わざと假名, 乗りかえるよう, 叔父の, 四五枚の, 土の, 彼は, 更に一番不幸, 歩き出した途端, 歸つて行つた, 永い事, 片脚, 酒を, 際限も

▼ 付き払った~ (15, 0.8%)

1 [15件] ひとみを, ものであった, 中年の, 始終の, 微笑を, 態度に, 日本型ファシズムの, 武者振, 歩調を, 泥棒作業が, 病人とても, 葉子の, 軍議の, 金貸振りに, 食慾の

▼ 付き~ (13, 0.7%)

3 つて 2 ひに, ひ度 1 つたが, ひが, ひきれねえぢ, ひしながらも, ひは, をし

▼ 付ききり~ (10, 0.6%)

1 でいる, でしきりに, です, でどう, で二人, で甲斐, で看護, なの, になる, のよう

▼ 付きその~ (10, 0.6%)

1 お宅番, クグツを, 一部を, 万太郎が, 中には, 人に, 口から, 無法な, 袖や, 鋭い爪

▼ 付きたる~ (10, 0.6%)

1 が, が折, に此方, を見, ホクチ樣の, 人は, 外套を, 白き絹, 窓櫺の, 鉤と

▼ 付きでは~ (10, 0.6%)

2 ない, なかった 1 あったが, ありません, お茶とは, どうで, 御座いますけど, 首肯されるであろう

▼ 付き~ (9, 0.5%)

3 うだ 1 うだから, うです, うもない, うもないと, うもなく主人, うも無いので

▼ 付きては~ (9, 0.5%)

2 別に 1 全体に, 内部の, 口碑存せず, 口碑甚不完全なり, 吾妻鏡は, 後段別に, 慥なる

▼ 付き~ (8, 0.4%)

1 から是非, がそんな, つたと, と思われる, と村田, ね, よ, ッて

▼ 付きという~ (8, 0.4%)

2 のは, ような 1 ものは, ものを, 代物です, 工合です

▼ 付きよう~ (7, 0.4%)

1 が無い, が遅かっ, だった, でこれから, でほか, と来たら, のない

▼ 付き合つて~ (7, 0.4%)

1 ゐては, ゐる仲間, ゐる間, 一旦消え, 下さいますの, 同じ事, 見るか

▼ 付き鉄砲~ (7, 0.4%)

2 を持った, を肩 1 で前後, の兵隊, を突きつけ

▼ 付き~ (6, 0.3%)

1 あるいは多年, あるいは虐遇, それともどこ, とにかくに, どうか判りません, 何かで

▼ 付きさうな~ (6, 0.3%)

1 のを, ものぢや, もんだ, 家を, 気が, 素振

▼ 付きさえ~ (6, 0.3%)

3 すれば 1 すりゃいい, ないホテル暮し, 暴

▼ 付きどころ~ (6, 0.3%)

1 でしょう, としてその, の騒ぎ, を借り, を置き, を覗かせる

▼ 付きなく~ (6, 0.3%)

1 どこかを, キョロキョロ動かし, 動いて, 又母, 目を, 見物し

▼ 付きにくい~ (6, 0.3%)

1 という, ので当局, ものである, んだ, 建物であった, 部類に

▼ 付きはらっ~ (6, 0.3%)

1 てい, ていた, ている, てお前, てかゆい, て人々

▼ 付き~ (6, 0.3%)

1 うて花嫁, っていた, はれて, ひます, ふて離れなかつた, われて

▼ 付きから~ (5, 0.3%)

1 して, 中の, 出来たもの, 直ぐに, 襟元から

▼ 付きである~ (5, 0.3%)

1 から源兵衛夫婦, が三伝, ので姑, のみならず, 上に

▼ 付きでも~ (5, 0.3%)

1 あったろう, する様, なければ, もうこうなっ, 何百石何千石の

▼ 付きまつわる~ (5, 0.3%)

1 と命, のか, のだろう, はかなさ, 車夫を

▼ 付き~ (5, 0.3%)

1 いといひ出した, いよう, いような, かつた, くなった

▼ 付きにも~ (4, 0.2%)

1 よろしいでしょう, 拘らず何故, 拘らず彼, 拘らず私

▼ 付きやすい~ (4, 0.2%)

1 それに, ものであった, 処に, 性質の

▼ 付きッきり~ (4, 0.2%)

1 だと, でいる, でもう, で早打ち駕

▼ 付き易い~ (4, 0.2%)

1 では, ものに, 効は, 絵な

▼ 付き纏つて~ (4, 0.2%)

1 ゐた, ゐた芸妓達, 居たの, 来る相手

▼ 付きこの~ (3, 0.2%)

1 上強い, 女を, 心を

▼ 付きだった~ (3, 0.2%)

1 ことが, のだろう, わ

▼ 付きても~ (3, 0.2%)

2 重々の 1 思ふまま

▼ 付きです~ (3, 0.2%)

1 か, が權柄, よ

▼ 付きとか~ (3, 0.2%)

1 うしろ姿だけでも, 感興とか, 電燈付きとかいう

▼ 付きには~ (3, 0.2%)

1 あらずセリ売, 似合は, 物凄じいもの

▼ 付きまで~ (3, 0.2%)

1 伊作に, 獣類に, 社交馴れた

▼ 付き初め~ (3, 0.2%)

1 たの, たるお, でそれ以来僕

▼ 付き~ (3, 0.2%)

1 がなく, はあるいは, を失った

▼ 付き場所~ (3, 0.2%)

1 であった, とでも思っ, をすっかり

▼ 付き~ (3, 0.2%)

1 と涙, などに叔母さん心覚え, のする

▼ 付き~ (3, 0.2%)

1 判断なし, 勝に, 病身で

▼ 付き~ (3, 0.2%)

1 つて, ひ居り候, ふてゐるやう

▼ 付き過ぎ~ (3, 0.2%)

1 である, になっ, の

▼ 付きある~ (2, 0.1%)

1 完成の, 御堂であった

▼ 付きがたき~ (2, 0.1%)

2 今日の

▼ 付きがち~ (2, 0.1%)

1 がふんだ, のもの

▼ 付きさうに~ (2, 0.1%)

1 なると, はなかつた

▼ 付きじゃ~ (2, 0.1%)

1 でよい, なかったわ

▼ 付きそっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てきた

▼ 付きそっくり~ (2, 0.1%)

2

▼ 付きそれ~ (2, 0.1%)

1 と御霊神社, をそれと

▼ 付きって~ (2, 0.1%)

1 えただし書き, 何の

▼ 付きであっ~ (2, 0.1%)

1 ても肉体上, て普通

▼ 付きであった~ (2, 0.1%)

1 のである, のです

▼ 付きでございます~ (2, 0.1%)

2 こと

▼ 付きとを~ (2, 0.1%)

1 加えて, 室に

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 のであった, んです

▼ 付きない~ (2, 0.1%)

1 か, 心持の

▼ 付きなら~ (2, 0.1%)

1 お姫様は, どっちがね

▼ 付きにて~ (2, 0.1%)

1 保証する, 戻る国債応募額

▼ 付きにな~ (2, 0.1%)

1 つて居らう, つて持つ

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 とひ, へんもん

▼ 付きまつわっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 付きやう~ (2, 0.1%)

1 でほか, もない

▼ 付きを以て~ (2, 0.1%)

1 冷かに, 試驗官を

▼ 付き仕事~ (2, 0.1%)

1 が出来ない, に向い

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 か御, か心当り

▼ 付き~ (2, 0.1%)

2 もお

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 へども此姑, へば万一

▼ 付き入浴八時かぎり~ (2, 0.1%)

2 と触れ渡された

▼ 付き切り~ (2, 0.1%)

1 でいる, で看護

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 の巣離れ, の座主マルクス・キンツス・マルチウス

▼ 付き加減~ (2, 0.1%)

1 にまで注意, を試みる

▼ 付き売屋~ (2, 0.1%)

1 とは何, の札

▼ 付き工合~ (2, 0.1%)

1 を現, 実によい

▼ 付き帽子面もちゆたか~ (2, 0.1%)

2 に洋服

▼ 付き廻った~ (2, 0.1%)

1 御隠居さん, 末原中に

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 たくなりぬ, たく成たは

▼ 付き払つた態度~ (2, 0.1%)

1 に驚ろか, をした

▼ 付き払つて~ (2, 0.1%)

1 ゐて, 受けた

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 ひし語, ひます

▼ 付き改めて~ (2, 0.1%)

1 この御沙汰, 御用箪笥

▼ 付き~ (2, 0.1%)

1 が遲, で立ち上り

▼ 付き日本~ (2, 0.1%)

2 の軍艦

▼ 付き明日出頭~ (2, 0.1%)

2 すべしと

▼ 付き深く~ (2, 0.1%)

2 御評議

▼ 付き父杉百合~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 付き申し~ (2, 0.1%)

1 ている, て行きゃ

▼ 付き裁判~ (2, 0.1%)

1 の審級, を爲す

▼ 付き近い~ (2, 0.1%)

2 頃日本に

▼ 付き面白い~ (2, 0.1%)

2 噺が

▼1* [315件]

付きあったというもの, 付きあるいている, 付きいよいよ憤発, 付きいらい尊氏が, 付きうたをよみ, 付き茶坊主であった, 付きおしゃべりで朝, 付きおったかい, 付きおとなしくまず申し分, 付きお話が大好き, 付きかの女の, 付きかもしらんが, 付きからだ中がひやりと, 付きぐあいから見ても, 付きこそ少々生温く, 付きこまかく心が, 付きこれを率い, 付きこわしたような, 付きさうだつたぜ, 付きさうに口を開ら, 付きさらにいちばん後列から, 付きしかくれやしない, 付きしかも一層澄みとおった, 付きしたがい総勢は, 付きじまいになっ, 付きすました美しい不, 付きたりかの家, 付きたりといふ句境にも, 付きたる分即ち石製, 付きだけで尋ねかけて, 付きだってあの浪人者, 付きやな, 付きつこありやしませんわ, 付きてぞ歩みける, 付きての政子の, 付きであり無上の, 付きでありませんでしたか, 付きであればなお, 付きでしたが更に, 付きでしょうか, 付きといふことそれだけでも, 付きとかいう文句の, 付きとは人種と, 付きともいうべき大きな, 付きどう展開する, 付きなきための, 付きなくそわ, 付きなさいましお仕事, 付きなさいましたか, 付きなどと云う諸, 付きなり能の, 付きにさえならないで, 付きによって武勇抜群の, 付きぬれど皆, 付きのみがある, 付きのむツつりした, 付きはつと飛, 付きばかりでは, 付きばかりは小賢しげ, 付きぶりというもの, 付きますると私, 付きまたはトウ付きの, 付きめされたかな, 付きものの土臭いよう, 付きやう尋常ならず, 付きやがつて, 付きやすくて戦わぬ, 付きゆとりというよう, 付きよくありません, 付きより仕出せしを, 付きをも多少は, 付きコンナ醜い恰好, 付きスルスルと梢, 付きズボンをつけ, 付きヒネクレたもの, 付きボウイが私, 付きメソメソ泣き出した, 付き一人金二両二分を差出せ, 付き一層深い信頼, 付き一旦烏頭大黄の, 付き一生懸命意見をした, 付き上下一同謹慎, 付き下僕の数, 付き下宿料は上る, 付き申る, 付きのぐあい, 付き乍ら七助の九郎助, 付き乍ら声を限り, 付き乍ら首を小田島, 付き乱暴なこと, 付きの字点, 付き二三度搦まりましたすると, 付き二人互に陳, 付き二十の扉, 付き二圓若くは, 付き五錢づつ貰つて帶を買, 付き京師に大, 付き人々笑ったところ, 付き人間万事無頓着と覚悟, 付き今日に殘, 付き今晩これぎりと打ちだしたとき, 付き今更何も, 付き介抱して, 付き仕合わせ致しました, 付き代々公儀の御用達, 付き代りに諸, 付き以前とは違つた眞劍, 付き体裁も整った, 付き何かと申置くべき, 付き何やらおかしい, 付き余り苦労したくなく思うの, 付き侍りし今宵の, 付き価十五円町地の方, 付き信じ合った愛の, 付き候これらも樂, 付き候見識と一概に, 付きの人, 付き先ず作右衞門が, 付き具合は滅多, 付き冷え固まって, 付き出したような, 付き出し急に頭, 付き出頭すべしという, 付き初めて男装せし, 付き別して長州海防の, 付き別隊組兵士なぞは位置, 付き剛気の男, 付き千鶴子の待ち受け, 付きずぼん, 付き却って人目を, 付きな眼付, 付き向うから, 付き劇場は, 付き合してもいい, 付き合ひで如才もありません, 付き同所へ罷越し, 付き唯今にては親類縁者, 付き四円七十銭高土間三円五十銭平土間二円八十銭であった, 付き困難ありと, 付き埋葬も終え, 付き場処を青山, 付き売家で売り, 付き外出を禁じられ, 付き外国の者, 付き大いに困らす, 付き大正十三年四月二日公判準備手続に於, 付き探女, 付き天下の人物, 付き太子も非常, 付き夫人付き姫君付きの盛装, 付き女中料理人せんたく女, 付き機会の, 付き好きなこと, 付き始めて横文字の, 付き委員より政府, 付き姫君付きの盛装, 付きを産む, 付き学問に不向き, 付き官許はこれ, 付き宜しくお心添, 付きと称し, 付き家事の都合, 付き家族のもの, 付き寒い朝風が, 付き将校に見られる, 付き尋常ならざる, 付き才覚の, 付き小文字4文字目の, 付き小梅中屋敷へ罷り越し, 付き少し遠廻り乍ら屋根から, 付きに少しく, 付き左利きで御座いましたが, 付き左様抑聞け下さるべく候, 付きれの, 付き幕議遠洋の渡航, 付きが高く, 付き廻したがるんで, 付き廻るより暫く, 付き廿日の曉, 付き弓矢の名人, 付き役人の幾人, 付き心地には飽きない, 付きを知った, 付き悪うございます, 付き悪からず御, 付き情深い女です, 付き慌しく戻って, 付き憎い女の, 付きる者, 付き手付き口つき言葉つきの端々, 付き手提が前, 付き払い出した姿を, 付き払ってるようだった, 付き払つた卓一の様, 付き払つた手つきでそれ, 付き払つた風をし, 付き払つて拾ひ終つた, 付き払つて退屈しきつて, 付き投獄の人少な, 付き抜けていなさる, 付き拂つて居ります, 付き拂つて卷煙草を袂, 付き拙者も二月二十五日, 付き振りは, 付き採決の結果, 付き数年の間, 付き文才があり, 付き新田の諸, 付き早々帰省致せ, 付きかつた, 付き易く夫で, 付き是非帰国と云う, 付き是非得失を考え合わせ, 付き智恵や勇気, 付き有志の士, 付き本能の同型, 付き村方の人々, 付き梅干をしゃぶっ, 付き検脈致し呉れ候様, 付き横一文字にピッタリ, 付き横浜外人中に一方, 付き次第に雑言する, 付き正規労働時間の倍額, 付き此方へ付きし, 付き此辺の人, 付き歩いて女郎屋, 付き死罪申付ける, 付き殺風景でもあるまい, 付きに語れ, 付き毎年凡そ二三百圓を生命保險, 付き毎晩あの押入, 付きに食わない, 付き気の毒だなあと, 付き気息が常態, 付き気持ちに含ん, 付き氣味であつ, 付き氷上郡の高山寺城, 付き消極的な性質, 付き添つてゐました, 付き添つて桐ヶ谷へ行かせる, 付き済している, 付き潔身の祓云々, 付き然し彼は, 付きは姿, 付きに此の世界, 付き独木舟だ, 付き噛みつき死んでも, 付き獅子鼻ではない, 付き落したは, 付き申しますから, 付き申し上げた私で, 付きをつれさせ, 付き男子の如く, 付き瘍医を広東, 付き目先が見える, 付き真心ある渋味, 付き真直ぐか内股, 付き社会の裏面, 付き私見聞致し候次第, 付き科学者らしい洞察, 付きの敷居, 付きの上げ下げ, 付きばしこい, 付きっていた, 付きひしに, 付きつた, 付き纏つて乗車を勧め, 付き纒うのです, 付き纒ふし此樣子ぢやどうも, 付きは騒ぎ, 付きが鈍く, 付き自ら抱く角出, 付き自今以後は異国人渡来候, 付き自分の体, 付きへ手, 付き花嫁のお仙, 付き少者数百人, 付きを, 付き虚弱な上, 付き血色もよく, 付き表現の途, 付き西洋腰掛け便器を運ぶ, 付き要領よくかつ, 付き覚悟も定, 付き親友の長与専斎, 付き誓うように, 付き誘惑的になった, 付き販売や温泉招待, 付き貸間という札, 付き足場を踏みしめた, 付き返ってい, 付き追われて元, 付き通しで離れない, 付き通弁のため漢文, 付き遊ばしておられる, 付き運命を腐らす, 付き重々しい美は, 付き金持ちの跡取り娘, 付き金次第で如何にも, 付き隠れたる凄腕記者何, 付き隨つて居るやう, 付き雑草が茂り, 付き難いかと存じます, 付き電灯つきで月, 付きひ居り両, 付き頑固な上, 付きが悪い, 付きわくば, 付き風付き何やらおかしい, 付きが嫌ひで, 付き高い鼻緊張まった, 付きと称される冴えた, 付きもじ, 付き黒幕の大久保市蔵, 付きをいじる