青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

世人~ 世帯~ ~世界 世界~ 世界中~ 世紀~ ~世話 世話~ 世辞~ ~世間
世間~
~丘 丘~ ~丞 丞~ 両~ 両人~ ~両側 両側~ 両国~ ~両手

「世間~」 15115, 140ppm, 752位

▼ 世間~ (3935, 26.0%)

143 人は 88 人が 71 人の 50 人に 40 噂に 28 噂を 26 人々は, 人も 25 注意を 24 評判に 22 噂では 21 口が 20 ことは, 人を 19 眼を, 耳目を, 評判が 18 人々が 17 ために 16 ことを, 人達は, 眼から, 評判も 15 噂が 14 事は, 人々の, 人たちは, 人と, 噂は, 評判を 13 人から, 手前も 12 多くの, 目を 10 事を, 人々に, 人達の, 人間は, 眼に, 者は, 聞えも, 評判は 9 ものは, 人たちが, 口の, 同情が, 噂で, 噂も, 注目を, 物笑いに, 目から, 評判の 8 人気を, 人達が, 前に, 口は, 問題に, 目に, 者が, 評判では

7 [13件] ことに, 一部では, 中に, 人たちに, 人には, 人間の, 口に, 口を, 女の, 奴らは, 奴等が, 非難を, 風潮に

6 [11件] ことも, 信用を, 同情を, 噂の, 奴は, 奴等は, 思惑に, 景気が, 眼も, 苦労を, 風に

5 [11件] うわさに, すべての, 一部の, 噂だ, 噂には, 大評判, 女は, 奴等に, 男たちとは, 者も, 語を

4 [41件] うわさが, やつらが, やつらは, ように, 事が, 事に, 事情に, 人たち, 人たちの, 人たちを, 人間が, 例に, 信用も, 反感を, 受けが, 口も, 同情も, 噂と, 大衆は, 女が, 奴らが, 好奇心を, 娘の, 差別待遇の, 常識に, 心ある, 悪評を, 批評を, 普通の, 氏上家の, 注意が, 為めに, 無理解, 物笑いの, 男は, 眼は, 表面に, 視聴を, 評判でも, 進歩に, 騒がしさ

3 [65件] ことが, これを, ためだ, ほうが, ゆるさねば, 一部は, 上にも, 中で, 中でも, 事には, 人々も, 人々を, 人たちから, 人たちも, 人気は, 信仰を, 出来事を, 前では, 口より, 問題を, 声を, 大抵の, 夫婦は, 奴が, 奴等の, 娘を, 差別待遇に, 常識から, 常識は, 或る, 所謂, 掟に, 攻撃が, 景気も, 有象無象に, 様子が, 様子を, 為に, 物音が, 狭さ, 男を, 目も, 相場で, 眼と, 眼には, 眼の, 空気に, 習慣で, 習慣を, 者に, 聞こえも, 衆は, 裏を, 見るところ, 親は, 評が, 評判で, 評判です, 評判などは, 誤解を, 誰もが, 迫害に, 風が, 風にも, 騒ぎは

2 [224件] あらゆる人々, あらゆる男性, いは, うわさでは, うわさを, ことだ, ことには, これに対する, すべてが, それと, ためにも, できごと, どこに, なかの, ばか共, ほうで, まだ知らない, ものが, ものを, やつらの, わらい声, 一般人の, 一部で, 一部に, 下等さを, 不公平を, 不景気な, 不評判を, 中には, 中の, 事も, 事情を, 交際を, 人々から, 人々に対しては, 人たちにも, 人と共に, 人にも, 人情に, 人情は, 人気も, 人氣を, 人達から, 人達からは, 人達と, 人達にも, 人達も, 人間に, 人間を, 他の, 何かも, 何人が, 侮蔑と, 俗物の, 信仰が, 出来事に, 卑俗な, 反響を, 取沙汰にては, 取沙汰を, 口と, 同情と, 同情に, 同情は, 名聞を, 味を, 嗜好の, 嗜好を, 嘲笑の, 噂, 噂から, 噂じゃ, 噂など, 噂にも, 噂や, 圧迫が, 圧迫に, 圧迫を, 均しく認むる所, 声が, 外に, 多数の, 大多数, 大衆の, 大部分, 夫なら, 奧樣といふ, 奴の, 奴らに, 娘たちとは, 娘とは, 婦人に, 子供に, 学者の, 実際は, 小姑とは, 小説に, 巴渦の, 常識が, 常識で, 常識という, 常識との, 広い又, 広い方, 底も, 心に, 思わくの, 思惑と, 思惑は, 思惑を, 悪意を, 意志に, 愚劣な, 慣いでは, 慾を, 憎悪と, 手前この, 手前多助の, 批評が, 批評は, 批難が, 批難は, 批難を, 掟と, 掟として, 掟に従って, 文化の, 方が, 普通一般人が, 景気は, 景気を, 有様を, 期待と, 毀誉褒貶は, 毀誉褒貶を, 法が, 法に, 波に, 注目は, 活動に, 潮流にも, 無明の, 無理解者, 無知な, 物議を, 物音は, 物音を, 状態を, 狐狸談中には, 現象が, 理屈を, 生活から, 生活が, 男が, 男どもに, 男の, 男性が, 疑いが, 疑いを, 疑惑が, 目の, 眼からは, 眼が, 眼にも, 空気の, 笑いものに, 群小を, 義理に, 義理を, 習慣とか, 習慣に, 老婆の, 者の, 耳に, 耳を, 耳目は, 若い女, 融通を, 表面から, 表面には, 要求に, 見る目, 視聽, 親たちが, 親の, 親父よ, 親達の, 評に, 評判と, 評判という, 評判といふ, 評判にな, 評判にも, 評判通り風太郎が, 話題と, 話題に, 誅求が, 誤解が, 誤解も, 読者の, 誰にも, 誰も, 識者を, 趨勢を, 軽侮を, 輿論は, 迷信も, 通念から, 通念である, 通念は, 道を, 道徳と, 道徳とか, 道徳の, 邪魔に, 金持の, 闇へ, 非難とを, 風と, 風評などを, 風評を, 騒ぎに, 黄金を, 黙殺に

1 [1773件 抜粋] あいだに, あぶれ者を, あらゆるもの, ありさま, あるの, いい笑いもの, いざこざの, いやな, いわゆる幽霊, うごきを, うちだ, うるさいったら, うわさであった, うわさは, うわさ話を, おきてに, おとなを, お世話に, お祝儀, からくりに, きびしい批判, ことごとくが, こととしても, ことにも, こと万事不思議は, こと出世間の, さういふ, さわぎを, しきたりだ, すがた, するし, そう思う, その低級者, それとは, ためである, ためよりも, たれも, だれよりも, つまらぬ不平, どこかに, どの歌人, どんな例, なかで, なぶりもの, ならはし, なりゆきを, はやりうたなどを, ひとたちも, ひとは, ひとりに, ひどく不景気, ほうへ, ほとぼりも, みんなが, ものと, もの笑いです, やつに, やつらにも, よい物笑い, よめさん, イデオローグ式頭脳は, ウハサは, デマでございます, バカが, 一人としては, 一切を, 一度結婚, 一般常識に, 一隅では, 万葉学といふ, 下積みに, 不幸を, 不景気の, 不理解, 不評に, 世渡りも, 予想は, 事にかけて, 事ばかり, 事実において, 事必ず, 事情について, 事物は, 云う処, 交渉を, 交際は, 亭主は, 人々からは, 人々と, 人々わけても, 人かて, 人じゃ, 人たちには, 人として, 人ばかり, 人まで, 人よりも, 人並に, 人口が, 人口増殖に, 人情よりも, 人樣は, 人気の, 人生観を, 人達にとっては, 人達を, 人間には, 人間銘々が, 他人野郎とは, 代表ぶりが, 以上に, 体裁が, 体験や, 何事に対しても, 作や, 例と, 例外でも, 便りに, 俗人の, 俗見, 信仰も, 信望を, 信用などから, 修業は, 偏見という, 健実な, 働きを, 儒者と, 全部が, 公平な, 冷たい風, 凡人共の, 凡庸者失敗者といふ, 出来事の, 出来事配給物の, 制裁が, 前にも, 副将と, 動いて, 医者が, 博学から, 反省と, 取り沙汰を, 取沙汰なみの, 口々に, 口にもの, 古い型, 名優でなけれ, 名声によって, 名聞利慾からは, 向ふ, 商人や, 善人よりはずつとずつと, 喧騒の, 嘲りを, 嘲笑を, 噂さだの, 噂だった, 噂でも, 噂なぞ, 噂にさえ, 噂ぬからず, 噂びくびく, 噂好きな, 噂話で, 噂通りに, 圧迫と, 圧迫も, 塩を, 塵労への, 声には, 声援を, 外には, 外聞という, 多少理解, 大人たちから, 大勢で, 大問題, 大衆には, 夫は, 夫婦の, 奢りを, 奥様といふ, 女なみに, 女より, 女子の, 女房と, 女達が, 奴らの, 奴らアッ, 奴等あ, 奴等には, 奴等糞くらえだ, 好劇家, 好評を, 妖怪と, 妻君たちに, 娘が, 娘に, 娘達とは, 婦人たちは, 婿取りの, 嫉妬の, 子どもとは, 子供の, 学問の, 学者な, 學者と共に, 定評である, 定評に対する, 実相です, 実際に, 家には, 富者も, 寝て, 寡婦たちが, 審判の, 尊敬する, 尋常翻訳と, 小狐共, 山師の, 左甚五郎式, 差別観念から, 常態では, 常識だけが, 常識の, 平俗さに対して, 平均的な, 幽霊は, 広い孫太郎虫, 広くなっ, 底の, 強い人たち, 当りまえ, 役に立たなくなる, 彼らに対する, 徳, 心理です, 忌避と, 快楽に, 思わくだって, 思わく一つ, 思惑という, 思想という, 性質やら, 恋愛事件をも, 恩で, 悪い人間ども, 悪口だろう, 悪名を, 悪魔にも, 悲喜劇に, 惡い, 惡評に, 意志や, 愚かな, 感情から, 態度を, 憤慨を, 所謂低, 所謂常識の, 手まえ, 手前が, 手前で, 手前は, 手前余り, 手前奉公人の, 手前懲らしめ, 手前申譯が, 手前迂闊に, 手品師などには, 批判が, 批判も, 批評から, 批評も, 批評家が, 批議を, 抜け目ばかり, 持上しなり, 掟という, 攻撃に, 教師らは, 文化も, 料理屋は, 新聞一切報告せし, 方がと, 方で悟つ, 日の丸も, 明るい体, 普通から, 景気の, 暗い身柄, 曲りくねったもの, 有様は, 末ッ子の, 松の内も, 構成分子たる, 様子人の, 標準だ, 権利に対する, 檜舞台に, 歌学者達である, 武芸者の, 毀誉褒貶からも, 毀譽褒貶にも, 母親なみ以上の, 氏, 気受けも, 気風の, 汚れを, 法すなわち, 法については, 波へ, 注意に, 注目が, 活きた常識, 流行に, 流轉とか, 浮気者の, 深夜を, 温泉らしい, 漂流記に, 火で, 為にも, 無自覚な, 無頓著, 父母を, 物わ, 物笑いこれは, 物笑いは, 物語以上に, 物音に, 特徴は, 状態でも, 狂に, 狭い先生, 獅子芸能を, 現実を, 理窟の, 甘い考え, 生活の, 用心のか, 男たちが, 男たちを, 男女老少多く交会婬色等の, 男性は, 疑は, 疑惑の, 百姓町人らは, 盛衰を, 目について, 目一般は, 相場が, 相手に, 真実にも, 眼という, 眼を以て, 知らないこと, 知るごとき人間, 知識階級に対し, 祈祷という, 神仏二教を, 秘密の, 称えには, 空気から, 空氣が, 端を, 笑いを, 笑い話に, 笑草だ, 系図が, 細民と共に, 経験に, 編集ジャーナリスト達は, 罪, 罪にまで, 美學者や, 義に, 義理と, 義理にも, 義理人情とは, 習いどおりに, 習俗通りに, 習慣は, 考えかたも, 考えにては, 者から, 者どもは, 者らが, 聞えを, 職長の, 能書が, 臆測した, 舅や, 興奮は, 色めきを, 艶種を, 若い美しい娘たち, 苦労も, 荒い波風, 荒んだ空気, 蒙を, 蔭口も, 血なまぐさい騒ぎ, 衆生いず, 衒学者どもは, 表情と, 表面と, 裏へ, 裏表も, 要求の, 見るとおり, 見方が, 視線から, 親たちの, 親としての, 親父が, 観察家に, 解釈を, 言い伝えは, 言伝へを, 記憶には, 評などよりも, 評価が, 評判さ左近先生だって, 評判だけ, 評判なんて, 評判ほど, 評判通りこのごろは, 評判通り何万両という, 評議をも, 話など, 認むる所と, 認識も, 誤まった考え, 誤解に, 誤謬を, 誰しもが, 誰と, 誰れ, 誹が, 諒解を, 論者と, 謡曲と, 議論に, 貧乏人を, 賑わいに, 賞美する, 贅沢附合に, 軌道に, 軽侮冷笑ない, 軽蔑も, 軽薄な, 輩であった, 辛さ, 迎うる, 迷惑である, 通例どおりに, 通常である, 通念を, 通評であり, 連中時々, 逸楽を, 道徳から, 道徳家は, 道徳意識に, 道法に, 道義は, 酸いも, 醜行男子が, 金持ちが, 金持は, 開化者流には, 関心も, 附合い, 陰口が, 隅々に, 雑事らしい, 雰囲気と, 霊魂論について, 静まりたるとき, 非道な, 非難に, 面白がり, 鞭に, 音楽家を, 顔の, 風儀が, 風声鶴唳に, 風潮にも, 風潮政談の, 風聞, 風評に対して, 風評や, 飾りだ, 馬鹿共は, 騒々しいお話, 騒ぎにも, 騒音も, 驕慢が

▼ 世間~ (1931, 12.8%)

29 知られて 22 よくある, 出て 14 鬼は 12 名の 11 名を 10 ざらに, 伝わって 9 向かって, 向って, 知れて, 聞えて, 通用する, 顔向けが 8 ありがち, 通用しない 7 例の, 對し, 発表し, 発表する, 通用し 6 いくらも, ザラに, 現れて, 類の 5 その名, 公に, 幾らも, 恥を, 持つ事, 発表した, 知れては

4 [12件] ひろまって, 出たやう, 向つて, 對する, 洩れては, 流布し, 流行する, 知れると, 知れ渡って, 評判の, 認められて, 顔を

3 [40件] あること, あるの, あるもの, ある事, お約束, すれて, たくさんある, ためしの, ないこと, よく知られ, パッと, 下女つかふ, 伝わると, 公表し, 出して, 利益を, 合わす顔, 吹聴し, 多いの, 広まって, 持て囃されて, 比して, 洩れきこえると, 流布され, 流布する, 無類の, 発表され, 知られたの, 知られちゃ, 知られては, 知れちゃ, 知れわたって, 立って, 罪を, 肩身の, 行はれ, 行われて, 褒め物, 見せびらかして, 遠慮は

2 [119件] ありふれた継母根性, あると, あるよう, いくらだ, いくらでも, いろいろな, この見せ物, しっかり印象づけたい, すくない, その例, たつた一つ, ためしが, たんとは, ない, ないと, まこと, もまれて, 不安な, 中るん, 之を, 二つある, 二ツと, 交際も, 人の, 人も, 伝えられて, 伝は, 住む人間, 例が, 俗に, 信ぜら, 公けに, 其例甚だ, 処するだけ, 出したの, 出で, 出るの, 剛愎の, 反抗する, 受けいれられるよう, 名前を, 向かっては, 向っては, 向ひ, 喧伝され, 堂々と, 多い, 多いが, 多からず, 女は, 好くある, 妙な, 存在し, 少なくない, 幾人ゐる, 幾何も, 広がりました, 弱い, 往々ある, 得て, 忘れられて, 惡評も, 接触する, 攘夷論が, 散漫な, 於て, 暴露せらる, 曝露し, 有り触れたこと, 有り触れた常識的型, 沢山ある, 洩れて, 流布した, 流行し, 流通する, 滅多に, 漏れるの, 珍しくない, 現はれ, 生きて, 用いら, 用うる, 發表し, 知らせて, 知られないよう, 知られること, 知られるよう, 知れわたった法則等, 知れ渡つて, 知れ渡ると, 示したること, 私ほど, 紹介したい, 紹介する, 聞えては, 背中を, 能く, 自分と, 見せまいとして, 触れて, 評判が, 評判せられた, 評判を, 誇るに, 認められないの, 認められるやう, 認識せられた, 誰知らぬ, 迷惑を, 通った名前, 通りの, 酒が, 重んじられて, 関係の, 頓着する, 顔出しが, 顔出しを, 類が, 騒がれて

1 [1231件 抜粋] あかるい大蔵, あったこと, あったよう, あばき出し自分, あまり披露, あま酒を, あらわれ始めた三味線, ありとあらゆること, ありふれた人情, ありふれた凡庸, あり振れた出鱈目, あり来りの, あり触れた紋, あるあの, あるが, あるならわし, あるやつ, ある侍, ある口先, ある徳行, ある父親, ある鶏, いいふらす, いくら名まえ, いたずらに, いないと, いふ絶世, いるからこそ, いる親戚先, いろいろ伝わっ, いわれては, うたわれて, うとく歌, うわさでも, おなじよう, おびえた目, お金が, かういふ細君, かくした, かつぎ上げられて, かなり少ない, かれこれいわれた, きこえたならば, きこえましては, けちを, この事, この悪弊, この芝居, これから暮し, ころがって, こんな妙, ごろついて, さほど, さらしとるやう, しばしばあるごとく, しらせたの, すがた, ずいぶん多い, そうは, そのこと, その智識, それを, そんな物語, たくさんいよう, たった一人, たんとありますまい, ちっとも名前, つないで, でて, とぼけた野郎, どれ位隠れた, ないのみ, ないよう, なくかれ, なければ, なってからは, なれた様, はなはだ稀, ぱっとしない, ぱっと広まっ, ひろがって, ひろがりました, ひろがるの, ひろく紹介, ひろまりました, ひろまれば, ふれない人間, へり下, ほまれ, まき散らしたよう, まだ伝えられ, まんざら無い, むかっては, めったにない, もう顔向け, もっとよく知られ, もてはやされてること, もて囃されると, もまれ現実, ゃあいろいろの狐や, ゃあどうして盲が, やつて, よくあり, よく知られた, よく見うける, よく語らるる, より多い, わからないだろうと, ア馬鹿が, センセイシヨンを, バレねえよう, マジナイを, 一向それ, 一歩を, 一般に, 不気味がられ, 与えた感動, 与える事, 乗出したの, 事勿れです, 二つできた, 二つは, 云い伝えられて, 交つて遣, 交わること, 交際の, 人望が, 人気の, 人魂というも, 伍し, 伝うるところ徃, 伝えて, 伝えられたとき, 伝えられたので, 伝えられる皿屋敷, 伝はることの, 伝へられた真相, 伝わらざる逸事, 伝わりました, 伝わるべきは, 伝播し, 似たよう, 住み一つ社会, 何が, 何にも, 何ぼ, 余り例が, 余り聞かない, 侍の, 信じ込ませたり, 信用させる, 借金の, 傷つかない処, 公表される, 公表しました, 公表の, 其例少なから, 写本が, 出さぬも, 出されようかと, 出しては, 出す為, 出たから, 出たの, 出た當座, 出ては, 出ぬ時分, 出ようと, 出られるん, 出ると, 出る出ないよりも, 分るはず, 別人の, 勢力の, 半煮え, 又は自己, 及ぼすこと, 反感を, 取り沙汰される, 受けが, 受ければ, 口外は, 可なり, 同化し, 同行者の, 名だかい行者武松, 名告, 向う時, 向ったが, 向つて約束, 吹聴しないらしい, 吹聽する, 周知せしめよう, 呼び掛ける人, 哲学臭い, 問うこと, 善を, 喋々する, 喜ばれる様, 喧伝せられた, 噂され, 噂を, 圧制政府と, 在るやつ, 在勝, 執着しない, 報告せざりし, 増加し, 売り出して, 外聞が, 多いこと, 多い丸, 多くその, 多く存, 多少でも, 多少徹底, 大変動, 大手を, 奔走し, 女あ, 女学と, 妥協する, 姿を, 婦人の, 媚びざる処, 存するところ, 学んで, 実に多い, 宣伝し, 害の, 家庭生活の, 容れられなくなるの, 寡く, 対せず, 専制の, 少ないと, 少ないほど, 尤不思議な, 山岳趣味を, 左様な, 幾つとは, 広がらないよう, 広く行き渡った, 広まったについて, 広まるたび, 廣告し, 弘むここにおいてか, 弟という, 形を, 役立つ程, 後れぬ生活, 従つて第二義的に, 御遠慮, 心配と, 思い知らせて, 思わせようと, 思われて, 恥ずかしいわ, 悪く云われる, 惚れ手, 愚民は, 憚る, 或いは世界, 所謂記憶術なる, 打ち込んで, 技倆の, 押し出されるに, 押し出す度胸, 拡がるの, 拡めなけれ, 持てたり, 持囃された, 接して, 提供してる, 撒かれて, 播布せられ, 擴がります, 散ばらすか, 数が, 於いて, 日蔭を, 晦いとも, 普及した, 普通一般に, 普遍し, 暗くても, 暴露し, 曝すこと, 更に景気, 有りふれたこと, 有りふれた次, 有りふれた者, 有名な, 棄てられます, 横の, 歌われたの, 歯すべからざる, 殘つてゐた, 毎度見られる, 比無き, 気がねし, 気を, 気兼ねし, 気取られないよう, 求め天下経綸, 沙汰し, 沢山あります, 沢山御座い, 法理を, 洩れきこえて, 洩れたら貴様たち, 洩れないこと, 洩れないよう, 洩れると, 洩れ今, 流れたこと, 流布してる, 流布致せ, 流行すれ, 流行つてゐる, 浸漸, 深く入り込ん, 減った道理, 満ちて, 漂い出すの, 漏れぬよう, 漸く高まった, 無いの, 無視され, 無頓着と, 熾盛に, 珍しからず, 珍らしい, 現して, 現れない俳人, 現われて, 現われるの, 生き通して, 男は, 當ても, 疎い丈それ丈仲, 病苦を, 発表されました, 発表します, 発表出来ない, 發表せなかつた, 相済まねえ, 瞬きし, 知らされるだろう, 知らしめたこと, 知らせること, 知らせる意味, 知られずして, 知られた, 知られた一家, 知られた実業家, 知られた店, 知られた霊験あらたか, 知られてから, 知られまいと, 知られるくらい, 知られる機会, 知る者, 知れたらあんた, 知れたらどう, 知れたら二人, 知れたら全く, 知れた今日, 知れないうち, 知れない方, 知れまして, 知れようもの, 知れるだろうという, 知れるとしても, 知れるやう, 知れれば, 知れわたった人殺し, 知れ渡たその, 知れ渡った美貌, 知れ渡つたこと, 知己朋友の, 短歌が, 示した政治的才幹, 示そうとして, 神経衰弱といふ, 秘められた裏面, 称さる, 立たされたとき, 立ちました, 立つつもり, 立てなくなったの, 笑う者, 笑われますから, 納まって, 納得させよう, 紛れ出る, 紹介し, 絶えなかった, 綿は, 繁昌し, 美人で, 習慣という, 耳馴れた古, 聞えた商人ボリース・チモフェーイチ, 聞える憂ひも, 聞え當時, 聞こえた大, 聞こえては, 聞こえるはず, 肩身が, 背を, 自分だけが, 自然淘汰説が, 苛め抜かれても, 若し此説, 茶の湯の, 落着く, 虐まれて, 融通を, 行き渡るころ, 行なわれるという, 行はる, 行わるるところ, 行わるる五行, 行われるまでは, 襤褸を, 見すかされたこと, 見せつけたの, 見せびらかすこと, 見せよ, 見たの, 見ても, 見られる通り, 見ると, 見苦しく聞き苦しきこと, 触れたらよい, 触れること, 言いふらさねば, 言いふらそうと, 言はれ, 言ふ, 言われるの, 記憶術の, 評判され, 評判に, 誇大に, 認めさせたり, 認められたの, 認められると, 認められる機会, 認められ独り歌許, 誤られた人気役者, 読まれて, 誰一人, 諒解せられない, 謳わるるが, 識者視せらる, 負けて, 貴様の, 貽る, 起これる実例, 踏み出してからの, 転がって, 輩出した, 迎へ, 迎合する, 通じた人, 通じない田舎, 通ぜぬ話, 通らねえ理窟, 通るの, 通用させよう, 通用しなくなる, 通用せぬ, 道徳が, 遠かって, 遠ざかったよう, 遠ざかるよう, 都合の, 重くいま, 附き合って, 降るほど, 隠さうといふ, 隠されて, 隠れも, 隱蔽しよう, 面らを, 面倒といふ, 面目を, 頒布したい, 顔が, 顔むけできず, 顔も, 顔向けできぬ, 顔向けの, 類例が, 飛出して, 騒しくなる, 體質の, 魅力が

▼ 世間~ (791, 5.2%)

22 見て 14 知って 12 憚る, 騒がせて 10 さわがせて, 相手に 9 あっと, アッと 6 歩いて, 茶に 5 はばかって, 怖れ, 憚って, 渡って, 見るに, 騒がして 4 よそに, 呪ひやめなかつた, 狭くし, 知らないから, 見ると, 見る眼, 騷が 3 して, 忍んで, 忘れて, 渡つてゐる, 渡り歩いて, 知らない, 見たり, 見ること, 離れて, 驚かしたもの

2 [49件] あっ, おどろかした, おどろかしたの, おどろかした新富座, ごまかすため, さわがすよう, さわがせた, さわがせたこと, だますよう, つくろって, のんびりした, ひろく渡っ, よく見, アツと, 味方に, 広く渡っ, 度る, 感ずる, 憚らず, 敵と, 明るくする, 欺いて, 欺く一つ, 欺瞞し, 気に, 渡りましょう, 煙に, 狭くする, 相手と, 知つてゐる, 知らないこと, 知らない若い, 知らぬ人間, 知らんと, 知る爲, 胡魔化し, 自分の, 虚喝する, 見るの, 見れば, 見渡して, 見渡すと, 見返して, 避けて, 震撼させた, 馬鹿に, 騒がした, 騒がしたこと, 驚かすよう

1 [495件] あざけっては, あざむけば, あざわらうつもり, あのやう, ある程度知つて, あんなにはばかっ, いろいろ渡っ, うかがうよう, うまく誤魔化した, うまく飾ろう, うらむ言葉, うろついて, おさわがせし, おそれかつ, おそれて, おそれる身, おどろかしたかも, おどろかしただけの, おどろかして, おどろかし我が, おどろかせましたが, おどろかそうと, お目, かくれて, くら闇に, こまさぐつてみて, こわがらせようと, ごぞんじない, ごまかしたの, ごまかす, ごまかす工夫, ごらんなさい, ごらんに, さがしても, さまよって, さわがしたという, さわがしたので, さわがした五・一五事件, さわがした実例, さわがした機密文書, さわがして, さわがすの, さわがせたあの, さわがせた私, さわがせるの, さわがせるやつ, さわがせる気, すねて, せばめて, せばめ入水投身, そういう風, そう甘く, だましたこと, どうしよう, ながめて, ながめ世間, のぞいた事, のろうよう, はなれたの, はなれたよう, はばからなければ, はばかり控え目, はばかること, はばかるため, はばかるという, ばかに, ひがみも, ひょこひょこ見歩い, ひろくあるい, ひろく見, びっくりさせ, びっくりさせた, まず浄土, みくだし一段, みたら分かるこっちゃ, みても, もう一度, よく知っ, わたって, わたり, オドカす, ワッと, 一人の, 一向知らない, 一筆に, 七分五厘に, 余り見ない, 信じて, 信用し, 偽って, 偽ろうと, 兼ねたり, 兼ねる情婦, 写す鏡, 冷評する, 出る事, 切り抜けて, 動かしたといふ, 動かしたるよ, 動かして, 動かすほどに, 動かせず熱い, 包むと, 化かして, 危気無しには, 去る, 去ると, 反省せしめる, 取扱ふ, 可燃性な, 向うに, 否定する, 吹き靡かせて, 呀っと, 呀ッと, 呑んでか, 呑込ん, 呪いたがって, 呪いやめなかった, 呪うな, 呪わざるを, 善くしたい, 喜ばせて, 喰詰めた, 嗅ぎ歩いても, 嘗めやがる, 国語教育者は, 壊る, 多く知らぬ, 夢想だ, 大きく渡ろう, 大手ふっ, 奉行が, 好くする, 孜々として, 審判官に, 対手と, 対照し, 導いて, 巡り行く我が, 広くわたっ, 広く渡つた人, 広く知っ, 広く見, 広く見た, 廣くして, 弄ぶ質, 強くわたれる, 後楯に, 御らん, 御存じが, 忍ぶかりの, 忍ぶ生活, 忘れたね, 忘れるよう, 忘れ甚しき, 怖がらない強, 怖れたまえ, 怖れる, 思って, 思わせるほど博士, 思切って, 怨むん, 怨んで, 恐れずに, 恐れて, 恐れるべき理由, 恐れる気, 恐嘆, 恐怖させる, 恐愕, 恥づる餘, 想像し, 感じ見ること, 憂しと, 憎まねば, 憎むの, 憚かって, 憚かつて, 憚かる, 憚かるべき, 憚った, 憚つ, 憚らない, 憚りほとんど, 憚れ, 成就しよう, 戸惑いさせたり, 押し通すこと, 押し通ろう, 押廻し, 持たなかつた彼等, 挙げて, 振り切ったという, 捨てた恋, 捨てて, 捨てよう世間, 捨てるの, 捨てる代り, 掌上の, 摺れ枯らした結果, 擒に, 改良したい, 救う主, 救ふ, 救ふと, 教えて, 敬服さした, 敵として, 旅から, 欺いた, 欺きあわせて, 欺きおおせたかも, 欺き人, 欺き家庭, 欺き小, 欺くが, 欺くと, 欺くに, 欺くほどの, 欺けば, 欺騙した, 武者修行に, 歩いた事, 歩かずには, 歩きまわって, 歩き廻って, 歩くうち, 歩くから, 歩くと, 歩くとは, 歩く気, 歩く都合, 歩けば, 歩けも, 毒する作, 汚れたりと, 浄土に, 浮き立たせて, 清く過さるる, 渡った男, 渡りあるくとは, 渡りながら, 渡り歩いたの, 渡り歩行, 渡ること, 渡るの, 渡るよう, 渡る肺活量, 渡ろうと, 游行する, 無視した, 狭く暮し, 狭く渡っ, 狭く渡る, 狭く身, 狭く郷党, 狭められると, 狭めるという, 狭めるん, 狭め恥, 狭め辱, 狹くしちや私を, 現出する, 甘くごまかし, 甘くみた, 甘く見, 甞め切っ, 町を, 疑惑の, 痛罵し, 白眼で, 益するまた, 目安として, 相距, 看おろしたやう, 眺めて, 眺め一どきに, 睥睨し, 睨め付けては, 瞞着し, 瞞着する, 瞞着せん, 知らずに, 知らず人情, 知らず人間, 知らず十六, 知らず酒, 知らせずに, 知らないお父さん, 知らないお礼, 知らないか, 知らないくせ, 知らないし, 知らないで, 知らないという, 知らないのね, 知らないよ, 知らないよう, 知らないわけ, 知らない二人, 知らない処女, 知らない十六歳, 知らない姉達, 知らない彼, 知らない彼女, 知らない文子, 知らない方, 知らない生気さ, 知らない男, 知らない若者, 知らない親子はさ, 知らない貴族, 知らない青年教育者, 知らなかったから, 知らなかつた, 知らなくて, 知らな過ぎる, 知らぬと, 知らぬので, 知らぬ乳臭児, 知らぬ光子, 知らぬ小児同様, 知らぬ少女, 知らぬ独りよがり, 知らぬ筈, 知らねえや, 知らねば, 知らんから, 知らんじゃ, 知りたい若い, 知りつくした五十男, 知りつくし物, 知りぬいた女, 知りませんし, 知り又, 知り男, 知り自負, 知ること, 知るため, 知るの, 知る為, 知んねエ, 知ンな, 私は, 立ち廻つて, 粗末に, 経めぐった, 繕らふ, 罵倒する, 翻弄し, 考えた, 考え直した, 肩身狭く, 胡麻化しました, 脱出し, 脱離した, 舞台と, 良くする, 苦労し, 蔽ふ, 見えないやう, 見させたり, 見させようと, 見ずに, 見ず親, 見せて, 見せるつもり, 見たこと, 見たです, 見た事, 見た人, 見つづけて, 見ても, 見なかったわたし, 見なかつたわたし, 見なければ, 見ますと, 見まわして, 見まわしても, 見ようと, 見るから, 見るつて, 見るという, 見る人, 見下すという, 見捨てる気性, 見棄てて, 見渡したり, 見渡した所, 見渡せば, 見物顔し, 見知った年頃, 見給え, 覗いたばかり, 覗いたよう, 覗いたり, 覗く必要, 観じて, 観るの, 観る眼, 観察する, 觀察する, 觀察すれ, 詐わり, 試して, 試すこと, 試すつもり, 誤魔化すため, 誤魔化そうと, 説き動, 謀って, 謬つて見, 識つてゐる, 警醒しよう, 負かして, 賑わして, 賑わすもの, 超絶し, 超絶した, 超越された, 踏み躙れない, 迷ひ歩く, 逃げて, 逃れて, 通れると, 遠くに, 遠ざかった静寂, 遠去, 遠去かった, 酔っ払わせて, 酔っ払わせるの, 闊歩する, 隔てて, 離る, 離れずに, 離れた空, 離れること, 震憾, 面白づく, 韜晦した, 顧慮せずやりのける, 風靡せし, 食い詰めたよう, 騒々しくさせる, 騒がしたが, 騒がしたなどという, 騒がしたの, 騒がしたは, 騒がした事件, 騒がした日, 騒がした照之助, 騒がした疑獄事件, 騒がした罪, 騒がした美人殺し, 騒がした翌, 騒がしましたが, 騒がし驚かした一事, 騒がすこと, 騒がすでも, 騒がすの, 騒がすよう, 騒がす心配, 騒がす惧, 騒がす者, 騒がせかの, 騒がせた, 騒がせたと, 騒がせた三重渦巻, 騒がせた事件, 騒がせた前, 騒がせた唇, 騒がせた噂, 騒がせた大, 騒がせた天一坊, 騒がせた女性, 騒がせた結婚沙汰, 騒がせた絲満事件, 騒がせること, 騒がせるまでも, 騒がせるよう, 騒がせるわけ, 騒がせる悪い, 騙して, 驚かした, 驚かしたい万世後, 驚かしたが, 驚かしたこと, 驚かした事, 驚かして, 驚かすため, 驚かせたの, 驚かせて, 驚動する, 驚殺させた

▼ 世間~ (748, 4.9%)

7 何と 5 これを, 広い, 広いもの 4 それを, 彼を, 狭いもの 3 あなたを, いろいろな, どうでも, 不景気だ, 広いん, 彼の

2 [49件] いつまでも, おれを, こんなもの, さう, せまい, それに, そんな物, なお彼ら, ひろい, まことに口, また文学者, もうこの, よく知っ, 之を, 今この, 今文学, 何の, 何故に, 余りに平凡, 妙な, 学生の, 容赦なく, 左様に, 己の, 広いや, 広いよう, 復た, 恐怖の, 案外な, 森と, 正直な, 此の, 氏に, 気次第で, 汝を, 滅びば, 直ぐに, 相手に, 知って, 私に, 私の, 自分の, 裏屋に, 複雑に, 見て, 銀行預金の, 隣人に対して, 静かな, 馬鹿らしくて

1 [598件 抜粋] あかるいその, あたかも暫らく消息不明, あたかも百鬼昼行, あなたの, あなたは, あの人, あの噂, あの妻, あまり巽, あまり知っ, あまり知らない, あるいはその, あッと, いくら日が, いたずらを, いっこう顧みなかっ, いった, いったいどう解釈, いろいろだ, いろいろに, いわゆる緒戦, うつり気である, うるさい, うるさいね, うるさくなく, うわさを, おおよそは, おどろいた, おのづと, おれみたいな, お互い持ちじゃ, お前たちの, お金ほんとうに, かく安楽, かれには, かれを, きびしいもの, こういう事, こうしたもの, ことごとくその, このこと, この事件, この二人, この同情, この春秋子, この昼間, この状態, この神聖, これで, これ新九郎にとって, こわいもの, こんなくだらない, こんな場合, さうし, さうは, さまざまです, さわがしく東京, しずまりかえって, して, しばしばみすごし, しばし中将, しんと寝し, しんと致し, すっかり初夏, すでに立憲政治, すべての, すべて善意に, すべて自分を, すらりと, せちがれえ, せち辛いと, そういうもの, そういう人たち, そういう仕事, そうしたもん, そうで, そうと, そうは, そうばかりも, そう受けとつ, そう思うまい, そう考える, そう視, そちを, その, そのよう, そのよろこび, その不満, その不自然, その功績, その日, その絵, その資格, その駄句, それでも, それ程甘く, そわそわと, そんなこと, そんな消息, ぞっとした, たうとう, たしかに迷惑, だれ一人, だんだん実質本位, だんだん狭められ, ちっとも知らない, ちょうど黒い, つい, ついに無辜, つらかつ, てんで見えなかった, とかくよくいわない, とにかく君, どうあろう, どういう誤解, どうかと, どうしてもそういう, どうなる, どうも判官三郎, どう動い, どう見よう, どこまでも, どんどん進ん, どんな噂, どんな改悪, どんな用, なかなかわかっ, なかなか名医, なかなか彼, なくお前, なく戦, なんとなく風雲, なんと云, なんら理解, はなはだしく彼ら, はなはだしく目覚めました, ひとつの, ひろいもの, ひろいよ, ひろく歩い, びっくりし, ふり向きも, ふるえあがって, ほんとうの, ほんとに醜く, まあそんな, ますます無, また全くよく, まだそう行き詰まっ, まだちっとも知らない, まだ不幸, まだ静か, まだ餘, まつたく氣, みずから想像し, みなそうお, みんなこんな, みんな恐ろしい, むごいもの, むずかしいこれ, めくらばかり, めでたいお正月, もうけろりと忘れ, もうその, もう偉人伝, もう相手, もちろんの, もちろん兄君陛下, もっとハッキリ認識, もの笑いに, もはや振り向かう, やかましい, やかましく批難, やはりその, やや拍子抜け, ようやく大川, よくは, わからない, われわれの, アッと, ズット大学より, デカダンな, 一入ひっそり盛夏, 一変し, 一定の, 一層私, 一方ならず騒がしい, 三造を, 上手に, 世の, 世間で, 中, 二十面相の, 五月に, 五月蝿もの, 人を, 仇なり, 今とは, 今まで, 他人ごとどころで, 以前より, 伝えて, 何でも, 何と浅, 何と無, 何と考えましょう, 何と見る, 何も, 何んで, 何時しか迷宮入り, 余りにも, 余りに大きく, 作者自身が, 俄かに, 信じて, 信長が, 俺が, 借家人の, 僕が, 兇暴一点張りの, 兎に, 兎角程よく, 全く変っ, 全く知らない, 公然私, 其の光輝, 其を, 其以前に, 其許の, 其資格を, 再びその, 冷めて, 冷淡だけを, 出版権と, 判定した, 前身の, 力以外には, 勿論彼, 勿論文壇, 勿論自分, 勿論軍部, 十一月で, 十倍も, 単純に, 危篤なる, 却って才略家, 去る三十年五月, 又広い, 反省せね, 取沙汰し, 口うるさいもの, 口が, 只黄褐色, 名利に, 名誉と, 向さんの, 嘗て柏崎工場, 嘘の, 四すみから, 四月の, 変って, 変つて居ない, 多くの, 多少景気, 夜が, 大仰に, 大分静かに, 大動乱, 大目に, 大騒ぎです, 奇を, 女の, 如何に, 始めて, 娘は, 存外低い, 存外甘く, 学校の, 学者の, 安心し, 実行に, 宵の, 容易に, 寒かつ, 寛容な, 寢し, 対比し, 将軍を, 小原氏を, 少くとも, 少し彼, 平作に, 平常に, 平日の, 幸いにも, 広いから, 広いが, 広いし, 広いそうとう, 広いの, 広いので, 広いやう, 広いよ, 広い様, 広くても, 広くッ, 広く之, 広く人, 広く人間, 広し私, 底の, 廣いや, 廣いやな, 廣し, 廿四五で, 張って, 形に, 影の, 彼女を, 待望し, 後世に, 御奉行様, 御方便, 復春が, 必ずこの, 必ずしもさう, 必ずしも財産, 必ずわたし, 必ず家庭, 忘れすぎてるよ, 忙しい, 忽ちに暗澹, 怒りました, 怖いもの, 思って, 怨まない, 恋を, 恐れて, 恐ろしい小馬鹿, 惜しんで, 感じて, 態とムシャクシャ腹, 慾の, 我し, 我儘娘の, 戦争だ, 戦争にたいして, 戸惑つて彼を, 手を, 打ちこわして, 承知いたしますまい, 承知する, 持ち寄りです, 持って, 挙って, 斟酌せぬ, 旅行帰りの, 既に寝, 既に政治小説, 日清戦争の, 明るくて, 春廼舎の, 春廼舎をのみ, 春風に, 景気い, 暗かった, 暗澹として, 暗闇でも, 暗黒に, 暫く彼, 未だ固, 果して能, 格別問題に, 案外に, 案外広い, 案外物識り, 案外静か, 森として, 森閑と, 極端に, 楽に, 次第に靜, 歌舞妓の, 武子さんが, 武蔵を, 殆ん, 殺しても, 決して素直, 治まり兼, 泣き言としか, 注意し, 注視し, 泰平すぎる, 洪水の, 派手に, 浮いて, 淺い, 渠を以て, 渡られねえぞ, 湧立った, 漸く秋, 炎暑に, 無いかも, 無事かな, 無常の, 無暗に, 物騒だ, 物騒な, 狭い, 狭いし, 狭いね, 狭え, 狭くそのうち, 玲子の, 珍らしい, 珍らしがらなくなり, 甘くそして, 申す迄も, 異様に, 疑いの, 疾く治まりまする, 皆学者では, 盛んに, 目を, 目出度いお正月, 盲千人と, 盲滅法に, 真偽いかんも, 眼ま, 瞞着される, 知らいでも, 知らずここ, 知らなかった, 知らなかつた, 知らぬ, 私たちの, 私や, 種々の, 穏か, 穢れて, 竹村君には, 笑うに, 素直に, 終日ほとんど, 統制とは, 絶対に, 綻び初め, 考へなかつた, 自分を, 自然主義を, 花咲き鳥歌う, 芸術に対して, 荒いか, 落ち目に, 蔭で, 薄情でございます, 藤岡を, 虚仮唯だ, 虚偽の, 表裏さだめ, 被害者達は, 西田幾多郎博士を, 角を, 解って, 言つて居ります, 許しゃしません義賊, 誤解する, 誰しも, 誰でも, 誰も, 讒人で, 輿論を, 透明人間の, 這般の, 通る, 逸早く承認, 邪推する, 酒の, 闇でございます, 陶器という, 随分物騒, 青年の, 静かだ, 非国民として, 非立憲, 面倒だ, 面白い, 面白いん, 響応した, 頭から, 飽きつぽい, 餘り, 馬鹿らしいが, 騒がしいん, 騒然として, 騙しあ, 驚いた, 驚異の, 鬼, 黙って

▼ 世間では~ (664, 4.4%)

11 それを 10 之を 8 さう 7 これを 5 南家と, 私の, 言って 4 普通に, 申して, 考えて, 誰も 3 あなたを, あれは, そんな噂, 云って, 何んとか, 噂し, 彼を, 私を, 自分を

2 [27件] あの老人, いろ, いろいろと, いろいろの, おれの, この人, そう言っ, その話, だれも, みんな捨てちまう, よい月, 一般に, 伊勢殿が, 伝えて, 俺が, 彼が, 捨てて, 更に新しい, 殆ん, 田代屋の, 考えられて, 芸ごとの, 見て, 言う, 言うよう, 風に, 風太郎と

1 [516件 抜粋] あなたほど, あの女, あの男, あまりこの, あまりに今日, あまり本気, あまり構い付けぬ, あまり知らないだろう, あるいは神話, あれを, いって, いつかその, いつからか, いつの間にか之, いづれ侍従武官, いやあれ, いろいろに, いろいろ噂, うるさく言, うるさく言います, おほめし, お前の, お嫁入り, お嬢さんと, かう言, かえってその, かなりに, かみなり師匠, からかう人間, かれこれいう, きっとわし, こういう事実, この, このモダーニズム, この一語, この三木的, この事件, この二つ, この保昌, この旧家, この歌, この男, この能力, この舊家, この草, これから後, これだけを, こんどの, こんなよう, こんな書画, ごくあたりまえ, ございませんか, さうでない, さうでは, しきりと, して, すべての, ずっと前, そういいます, そういう名, そういう風, そうしたかれ, そうはいっ, そう云っ, そう作らなかった, そう作る, そう思う, そう申し, そう言う, そう言ってる, そこを, そのこと, そのまま受け容れ, その仕事, その作家, その名, その後ろ, その著名, その計算, それだけを, それに, そろそろ忘れかけ, そんなこと, そんなに噂, そんなもの, そんなよう, そんな事件, たしかに利江子夫人, たまに学者扱, だれ一人非難, ちゃんと克子, ちょいと, ですわ, とかくこの, とかくの, どうかする, どうもまだ治安維持法, どんなお尋ね者, どんな名前, なおこれ, なくて, なぜそんなに騒ぐ, なって, なにも, びっくりした, ふつうの, ぶっつかること, ぼくの, また現代語訳, まだやってる, まだ知らず, まだ知る, まだ鎌倉あたり, みなそう, めくらとして, めずらしげ, もうそれ, もう充分, もう前, もう次郎兵衛, もちろん専門, もっと察し, もっぱら情痴作家, もつぱら情痴作家, やはりあなた, やはりかう, やはり俳優, やはり噂, ややもすれば白, よい辰, よく, よくいう, よくこうした, よくさ, よくそう仰しゃいます, よくそんなふうに纒, よくめぐり合わせ, よくトン, よく中国, よく学生, よく小説, よく翌日, よく言う, よっぽど猫好き, わしの, わたくしの, わたしを, わりあいに, アマチュアと, インテリの, ケーベル博士は, ソシアル・ダンスと, チットは, チヤホヤ申します, ツバキの, テーモ・リンボチェの, ナカナカそう, ビックリするだろう, モダアンな, ヨク監獄内の, ラジオに, リアリスチツクな, ルパンが, ヴィール夫人を, 一向この, 一応筋, 一時何故, 一本足同士が, 一番正当に, 一般に岡, 七不思議などと, 万年娘といふかも, 三重渦巻の, 不具者じゃとか, 不具者は, 不浄役人と, 不良だ, 不良なんて, 与え得ない, 主人公独りが, 之に, 二人を, 二兎を, 云うまでも, 人さらいは, 人の, 人麿は, 今おっしゃる, 今でも, 今の, 今は, 今度吾輩が, 仏教以外の, 仏蘭西の, 他に, 何か, 何でも, 何と, 何という, 何とか申します, 何とか言う, 何と思ふ, 何と申します, 何に, 何を, 何んと, 何んといふか, 俗物も, 信じない, 信用の, 催促病気というくらい, 先に, 光明氏も, 児玉希望氏の, 全く實業雜誌, 全く識, 八カ月兒だ, 兵助は, 其論策の, 内大臣の, 内記の, 内閣が, 円滑な, 初めて警察, 前者を, 割合に, 加賀田の, 動植物に関する, 医学博士の, 十日も, 単に統制経済, 単純にも, 博士に, 博士の, 即ち各種, 却って省内, 又いろいろ, 又統制経済, 反対説を, 取る, 君の, 哲学者を, 唯研転向を, 問題に, 問題の, 図書館に, 土牛に, 土牛は, 坊主が, 堅気の, 外相暗殺犯人の, 多くは, 多く説い, 大きく評価, 大したもの, 大分揣摩臆説した, 大庭長平は, 大抵それ, 大瀬の, 大部分雷同, 大野より, 大騒ぎを, 天下第, 夫婦喧嘩が, 如何にも華, 妖怪学は, 娘と, 娘を, 婚期の, 嬢様の, 嬰児は, 子供が, 子桑伯子, 実際この, 実験科学という, 家を, 専ら噂, 專らさ, 專らそんな, 小原氏を, 尾白と, 尾鰭を, 屋根裏部屋に, 平関白, 年末だ, 幸子が, 庸之, 当然の, 当然予測, 当然恋愛, 彼の, 彼らの, 彼是いふ, 彼此申す, 彼等の, 往々この, 往々に, 往々文学, 往々科学者, 往々軍部, 往々雲助, 律が, 得たり, 御用聞き, 必此感情論理の, 思うだろう, 思うらしいけれど, 思つてゐ, 思つて居る, 思ふだらう, 急な, 急に, 怪しみさえ, 息子が, 悪くいう, 悪口を, 悪辣だ, 悪逆塚の, 惣十郎町の, 惰性的結合に, 意地を, 意外に, 慌た, 指紋に, 揉み潰さなかった, 支那人を, 改革と, 教育屋などという, 散々の, 文学と, 文芸学の, 文芸批評だけを, 斯う言いました, 新宿の, 新憲法, 新聞の, 新聞記者を, 既に純文学, 日常的な, 日本在来の, 早くその, 明治の, 映画と, 時候の, 普通一方, 曙覧と, 最も楽しい, 最近特別に, 有名すぎ, 本卦, 東洋的な, 東金君の, 案外こういう, 極めて平俗, 歌における, 歌合せの, 死んだ聖霊, 殿様の, 母君が, 毒な, 汝の, 決してこうした, 決して単にこれ, 決して許されない, 沢山金でも, 法廷に, 洞窟だ, 海老蔵と, 深くその, 清楽の, 温順しい, 準戦時的体制, 漢書を, 漫然とファシズム, 無雑作, 爾は, 物議の, 独尊者は, 猫は, 王様が, 珍らしい, 田中正造君を, 申してを, 申しますのよ, 男の, 男は, 男子が, 町人, 異論は, 疱瘡が, 疾う, 盛んだ, 直ぐそう言いました, 相当の, 相手に, 眼を, 知って, 知らずに, 知らないでしょう, 知らぬが, 知られて, 知りませんが, 知識や, 石原は, 石田は, 破壊党と, 碌な, 祇園女御と, 祝家荘の, 神の, 神泉を, 神泉氏に対して, 禅坊主は, 福田吉岡の, 私が, 私たちが, 私たちを, 私と, 私などを, 私は, 私共の, 稀塩酸で, 立って, 笑って, 答えて, 経済学という, 絶対に, 織部の, 繼母の, 羨しいと, 義太夫の, 義金の, 翁の, 考えたがるかも, 考えたがるの, 考へて, 耳さえ, 職人に, 肉を, 腹の, 自然科学の, 芥川さんが, 芸術家の, 若菜の, 荒い商売, 薩摩の, 藏の, 虫も, 行われて, 表向き養子に, 見た, 親も, 親宏叛起の, 解して, 言つてを, 言つて居ります, 言ふ, 言われて, 討入を, 許すべからざる大きな, 詐欺師扱に, 評判し, 評判の, 認めて, 誤って, 誰いう, 誰一人として, 謡曲の, 谷川を, 貞潔が, 貴女を, 貴様の, 趣味の, 身投げの, 軍部の, 農村問題を, 追腹などと, 遊びの, 道徳を, 金河豚と, 針ほどの, 銭形の, 鏡花先生を, 関白殿が, 陰険悖戻, 随分いろんな, 電車は, 非常な, 非常に, 頗る受けた, 頻りに文化的, 食糧不足の, 養子とか, 騒ぎ出して, 驚きました, 高倉女御と, 高橋教授の, 鬼だ, 鬼の, 黒谷の

▼ 世間~ (619, 4.1%)

6 物騒だ, 知って 5 これを, 急に, 私を

3 [11件] うるさい, そうぞうしいので, ゆるさない, 問題に, 広いから, 期待する, 無事で, 認めて, 買いかぶって, 静かに, 騒いで

2 [30件] それに, それを, のんびりし, もつと, よく知っ, イヤに, 一体に, 之を, 五月蠅からね, 何といおう, 初めてひっそりと, 厭に, 嫌いに, 己れ, 平たい複雑, 広大である, 彼を, 忘れて, 承知しない, 承知しません, 持つて, 明るくなった, 物騒に, 狭くなる, 相手に, 知らないこと, 自分を, 許さない, 酷過ぎる, 餘り

1 [499件] あった, あっと, あとから, あなたを, あなた自身よりも, あまり親切, ありましょうか, あり師弟, あり特に, ある, あるかとも, あるの, あるやう, あるよう, ある芸, あんまり先生さま, あんまり物忘れ, いかにも騒々しく, いじめ殺し, いった, いつもの, いつ迄も, いやという, いろいろあしざま, いろいろの, うるさいし, うるさいです, うるさいと, うるさくって, うるさくってね, おしゃべりである, おだやかで, おまえを, おれを, おッとり静か, かうザワザワ, かうセチ, かってに, かれこれ云う, かれこれ言, かれこれ非難, くらくなる, くらしよく, げつ, こうした予定調和, こう酬, このごろ物騒がしい, この得, この点, この煩悩児, この病気, この種, これに対する, こわかった, こんなこと, こんなにうるさくっ, こんなに不景気, こんなに善い, こんなふうにな, こんなもの, ごま化され, さうし, さうは, さう思つた, させるの, させるんだい, さわいで, しきりに諸君, しづまりかへつて, しんと, しんとして, しんと致し, すぐに, すべて彼に, せちがらくなっ, せち辛くとも, そうぞうしいから, そうぞうしくなっ, そうであります, そうな, そうは, そう思っ, そう見る, そちを, そっくり自分, そのままに, その事実, その子供達, その方, それだけにしか, それぢや, それとなく感得, それに対して, そんなに見え, そんなに買, そんなふう, たぶんそうするであろう, たまりません, だまされるの, だんだんと, だんだんに, つまらないあんまり, できた, とやかくいふ, どういうん, どうか, どうこうと, どうみる, どう云おう, どう判断, どう変り, どう言う, どう非難, どう騒がう, どう騒ごう, どんなからくり, どんなこと, どんなにあの, どんなにきたなくっ, どんなに広い, なんだかざわ, なんとなく騒がしく, なんにも, のろまか, はつきりと, ひっそりと, ひろいから, ほがら, また格別, まだそれほど進ん, まだ知らない, まるきり狭く, まるで変っ, みなそうだと, みなキチン, みんなそう, みんなそういう, みんな寝静まった, もう三分間, もてはやすの, やかましい, やかましいの, やかましくなっ, ゆるさないからな, ゆるさぬわさ, ゆるすも, よくいいますまい, よく君, よろこぶであろうという, わかって, わからないから, わからなくなる, わかりすぎるこれ, わが地方, わたしと, わるいと, わるかん, アカデミーに, グレハマ, ザワザワし, セチ辛く, ファウストを, 一切の, 一時北支問題に, 一番静かな, 一緒に, 一般に, 一般にひどい, 万遍なく, 不思議で, 不思議に, 不憫を, 不景気だ, 不景気だって, 不景気で, 不景気でいけ, 不景気で萎びちゃっ, 不景気に, 不景氣, 不正直な, 世間が, 世間だ, 世間なら, 世間へ, 両者を通じて, 丸で, 之を以て, 事実上その, 二葉亭を, 云うの, 五十嵐博士と, 些とも, 今それらの, 他に, 会わさないの, 何だ, 何でわし達父子, 何と, 何となく懐しく, 何となく陽気, 何と言おう, 何んと, 何時か, 余の, 余りにこの, 作る噂, 例の, 俄に, 信ずるくらい, 信用しない, 俳優という, 働けなくすると, 先に, 先生の, 先生を, 八釜しく, 再びさり気, 冷たいの, 冷然と, 分らないん, 分りそう, 切迫し, 北支問題に, 却て, 厳然として, 又それ, 取って, 取り合う気, 取沙汰し, 受入れて, 口惜しかつ, 只濕, 可なりオーム返し, 可笑しく見える, 同じよう, 君を, 哲学に, 嘘か, 噂を, 変つて来た, 夙に認め, 多事に, 大騒ぎにな, 大騒ぎを, 失って, 好景気の, 妙な, 妻の, 嫌いな, 存在し, 学位令に, 安定すれ, 実証的な, 容れて, 寄って, 寄つてたかつ, 富む, 寝しずまったころ, 寝て, 尊敬し, 小さかつ, 小説の, 少しも, 少しやかましい, 差別し, 己に, 平和じゃ, 平和に, 平素から, 平静に, 平靜に, 広いらしうございます, 広い上, 広い男たち, 広い面白い話, 広くなけれ, 広くなった, 広くなる, 彼から, 彼について, 彼の, 彼らに対して, 復た, 必ずしも実証的, 必要と, 忘れきらぬうち, 怖ろ, 思いこむでご, 思って, 思つてゐる, 怪しんだ相, 恋しい, 恋しくなっ, 恐ろしかった, 恐ろしくて, 悪いでしょう, 悪いの, 悪い事, 悲劇的と, 想像し, 意外に, 愛憎を, 慵うく, 憎いと, 憎くなる, 憚られ, 憚られた, 憚られる, 憤ろしくなって, 成り立って, 成金成金で, 所謂現在の, 批評し, 承知しねえ, 承知しまい, 持つよう, 改まつ, 改革熱に, 放蕩者を以て, 教えて, 文壇が, 文芸復興に, 斉しく認め, 新しさ, 新聞が, 早稲田を, 映る, 春らしくなった, 昼に, 普通の, 晴々しくなっ, 暗いやう, 暗くなった, 暗くなります, 暗闇と, 暮らせたら実際, 期待と, 本当に尊重, 来た時, 松本氏の, 枯れて, 横浜の, 欲しいの, 正しかつ, 武張ると, 死の, 段々と, 段々静か, 殺したの, 殺伐だ, 氏の, 注意しません, 注目する, 泰平じゃと, 泰平に, 活動の, 清新の, 清潔で, 済みませんからね, 渡られる身体, 漸く彼, 無批判, 無暗に, 無理です, 無理やりに, 無関心な, 煩さう, 熊坂長範ばかりに, 物音立て, 物騒であろう, 物騒でございます, 物騒と, 物騷と, 特に珍重, 狭い, 狭いから, 狭うなった, 狭くなっ, 狭くなった, 狭過ぎた, 獄舎か, 現れると, 申すでございましょうか, 白んで, 皆目知らない, 目新しいと, 相手である, 真に受ける, 知ったならどれほど, 知った事, 知らう筈, 知らないの, 知らないん, 知りたいの, 知りたがって, 知れたであるベイ, 知ろうはず, 社会が, 私の, 私通や, 科学や, 称へて, 穏やかな, 穏やかに, 穩かで, 穩や, 穿鑿を, 繁盛する, 美しい作品, 美童と, 考へる程, 聴いて, 肉食を, 自分で, 自分の, 良くなる, 芸術家を, 落ちつかせて, 落ちつかなかった所為, 落ち付いて, 落着か, 著作家に対して, 葬むるのか文壇なら, 蒼蠅かった, 要求する, 見えて, 見えてると, 見えるって, 見て, 見ること, 見抜く処, 観て, 観念を, 解って, 解り過ぎて, 言うほど, 言って, 許しとくはず, 許しませんが, 許すから, 評家に, 詰まれば, 詰らないあんまり, 認めぬよう, 認識する, 誤算する, 誤解し, 誰も, 誹ると, 調子づいて, 變つて來た, 貧しい人びと, 赤く黄色いやう, 趣味を, 軽蔑し, 軽蔑する, 辛いの, 辛く当たる, 追, 送って, 通しましょうぞ, 通つ, 通用させ, 遊ぶときゃ人並み, 違って, 酒や, 金を, 鎮まるまで, 開けて, 開けなかった昔, 陽気に, 隙だらけで, 静かで, 静かな, 静だ, 静まっても, 馬鹿に, 騒々しいそう, 騒々しいとおてん, 騒々しくて, 騒々しくな, 騒々しくなっ, 騒々しくなり, 騒がしい, 騒がしいからな, 騒がしいという, 騒がしいとき, 騒がしいもの, 騒がしい時, 騒がしかろう, 騒がない方, 騒ぎ出して, 騒ぐだろうし, 騒ぐはず, 騒ぐほどに, 騒しい, 騷が, 驚嘆した, 鬱陶しかつ

▼ 世間から~ (546, 3.6%)

13 見れば 6 見ると 5 忘れられて, 認められて, 離れて 4 いためつけられて, 白い眼 3 云えば, 云はれ, 云へば, 冷遇される, 区別せられる, 後ろ指を, 後指を, 教育され, 賤しまれ

2 [37件] いえば, いためつけられたと, いわれて, おとしめられるよりは, どんな眼, みれば, 一般に, 人並の, 何彼と申される, 切り離された, 受けた軽蔑, 受けて, 同情を, 嘲笑される, 存在を, 忘れられた, 忘れられたまま, 忘れられたよう, 憎まれない, 歓迎された, 目され, 目ざされるよう, 范獺子と, 見て, 見られるの, 誤解され, 賤ま, 賤視せられる, 身を, 遠ざかって, 隠して, 隠れて, 非常に, 非難され, 非難を, 馬鹿に, 鬼の

1 [403件] あいぢめ, あにいとか, あの九州, あやかり者の, あれは, いろ, いろいろの, いわれても, うけた冷遇, うるさく取りすがられ, おいてきぼりを, かくして, かけ離れて, この問題, この母, さう呼んだの, さげすまれ嘲られようとも, さもさ, すれば, そういう風, そう冷遇, そう思われ, そのものが, その存在, その美しい, そろそろ忘れられかけ, ちやほや賞め, ちょっと騒がれた, とやかくいわれる, とやかく言われ, どう云われ, どれほどの, どんなにいじめられるだろう, どんなにインチキ, どんな屈辱的, ながめた時, なし崩しに, なるべく離れよう離れよう, のがれて, のけ者に, はくたば, はなやかに, はみだし世間, はみ出た人間, ひきはなして, ひでえ, ひどいめ, ひどく虐げられ, ひどく賤, へだてられて, へんに, まったく隔てられ, みすてられても, みたら単なる, みて, もてはやされながら, もてはやされるよう, やがて見捨てられる, やんやと, よく云われる, わいわい騒がれる, わけも, わるく思われた, エタ程に, チヤホヤされ, チヤホヤされたら, チヤホヤされる, ドンナ事を, バカに, ビリケン呼ばわりを, フランスの, 一人の, 一応大事, 一片の, 一番圧迫される, 一種の, 上手と, 不幸な, 不当に, 不意に, 不正を, 与えられた自分, 与えられるだろう, 二返, 人気が, 仰がれるよう, 仲間はずし, 伝わって, 低く認められ, 何と, 何とか攻撃, 何とか言われる, 何らの, 何んとか, 何一つ批難, 作家として, 侮られ除け者, 信用され, 信頼され, 兎や, 全く忘れ去られた, 全く隔, 全く隔絶, 全く離れ, 公達と, 出て, 出來, 切り離された孤独, 判定され, 別世界視され, 剥ぎ友達, 募って, 化物屋敷の, 区別さるる, 区別せられ, 卑しまれ, 危ぶまれて, 取持たれて, 受けたじゃ, 受けた悪名, 受けなければ, 受けるくらいの, 受けるべきはず, 受ける待遇, 受ける批難, 受け入れられたらう, 召し募らるる, 可愛がられる筈, 名探偵, 君子と, 喧しく持て囃される, 嘲罵される, 噂され, 囃されるの, 囃し立てられて, 困らされてはといふ, 圧制家を以て, 埋もれて, 変人あつかいされ, 変節だ, 大事に, 大人物だ, 大変珍重される, 大騒ぎされよう, 大騒ぎされる, 大騒ぎを, 天才とか, 失われた, 失われて, 妬かれたり, 姿を, 婚を, 嫌がられませぬ, 嫌われたという, 嫌われたの, 嫌われた人々, 嫌われた所以, 嫌われて, 嫌われては, 嫌われなかった時分, 嫌われなかった際, 嫌われる, 嫌忌された, 孤立させられた, 孤立する, 定評ある, 家を, 寄って, 尊敬され, 尊敬された, 尊敬される, 尊敬せらる, 尊敬も, 尊重されない, 小松殿あるいは, 山師と, 幾分賤視, 引き離し好き放埒, 引込んで, 引離して, 彼らの, 彼女の, 必ず軽蔑, 必要と, 忍んで, 忘れられるよう, 怖がられて, 思われがち, 思われた位, 思われて, 思われても, 思われるだろうと, 悪くいわれ, 悪く云われた, 悪口を, 惜しまれ手厚く, 惡七兵衞とか, 愛想を, 愛讀された, 慈善事業家とか, 憎まれて, 憎まれるとか, 我意傲慢な, 手厳しくやっ附けられる, 扱われて, 批難される, 承認された, 承認を, 折り紙を, 抜したい, 押しかくされる時期, 押しよせて, 押し包むよう, 拒絶され, 持てはやされること, 指弾され, 捨てられても, 据ゑられた不自然な, 排斥される, 排除する, 掛離れて, 掛離れようと, 擯斥せられ, 擯斥せられる, 攻撃の, 教わって, 教育家の, 敬意を, 敬遠され, 敬遠される, 敵に, 最も罪業, 最近著しく, 有名な, 有識者として, 望みを, 棄てられるやう, 棄てられ笑, 款待や, 歓迎され, 歓迎せられ, 死ぬまで, 気むずかし屋, 注目された, 消え去って, 消滅し, 源氏の, 無惨に, 無敵一刀流とか, 無視され, 爪は, 爪弾きされる, 狂人扱いに, 珍しがられる, 甚だしい圧迫, 甚だしく疎外, 生かして, 申されること, 疎まれ嫌われ憎まれたり, 疎れ, 疎んぜられるの, 疎外され, 疑われて, 疑われない一種, 痛めつけられ騙されたり, 盛に, 盛んに, 目するに, 目を, 目指されぬの, 目立たないの, 相談を, 睨まれた二人, 睨まれながらも, 私の, 称えられたよう, 穢れ多い, 立てられるよう, 笑われたって, 笑われる人, 羨まれもし, 習得し, 翻弄され, 考えられて, 聞いて, 聡明だ, 胡散臭いもの, 自分たちを, 色々と, 苦労を, 葬られる, 蒙った非難, 蔑視されなかつた, 虐遇せられる, 蝮扱いに, 見くびられ除け者, 見た一種, 見ては, 見ても, 見ますれば, 見られた或, 見る私, 見傚, 見出した事, 見捨てられた此路地, 見捨てられて, 見放された地位, 見棄てられて, 観た彼, 解釈され, 言はれます, 言はれるだらう, 言われて, 言われては, 言われるの, 許されて, 認められた, 認められたよう, 認められた男, 認められた諸, 認められだした比, 認められだした頃, 認められないため, 認められなくても, 認められるという, 認められるよう, 認められる必要, 誤解されない, 誤解される, 誤解せられ, 誤解を, 誤解被, 読書から, 誹を, 諒解されない, 變な, 變節だ, 貧乏神扱いに, 賤しまれる, 賤しめられ, 賤まれた, 購い得た唯一, 起る, 超然と, 超然と生きる, 軽侮せられ, 軽侮忌避さるる, 迎えられて, 迫害されるだろう, 迫害を, 追いつめられて, 追い出して, 追い出しを, 退散しない, 過不足なし, 道徳の, 遠くな, 遠く離れ, 遠く離れた, 遠ざかつて, 遠ざかつてゐる明子, 遠ざかり万事, 遠ざかるよう, 遠ざけようと, 遠のいて, 遮断され, 遮断された, 遮蔽し, 選ばれた二人, 邪魔を, 重んじられて, 重んぜられて, 重んぜられても, 重んぜられるせい, 重要視され, 阿婆摺, 除外される, 隔った, 隔絶されたひそや, 隔離され, 隔離された, 隔離される, 隔離せられ, 隔離せられました, 隠れつづけて, 集団的に, 離れたやう, 離れたよう, 非常な, 非情に, 面白くない, 顔を, 飛び離れた所, 飽かれてしもて, 馬鹿が, 騒がれたもの, 騒がれること, 騒がれるよう, 騷が, 鬼か, 魔術師扱いを, 鶉と, 黙殺され

▼ 世間には~ (529, 3.5%)

6 自分の 4 よくある 3 いくらも, いろ, さう, ざらに, ザラに, 例の, 僕の, 好きな, 通用しない

2 [14件] ある, いるもん, こうしたなごやかな家, こんなこと, まだ, よくそういう, 他人の, 君が, 幾らも, 怪しい人間, 男性に, 知識を, 通りませんや, 通用し

1 [464件] ああいう, あまり知られ, あまり聞えてない, あり余る程, あるから, あること, あるであろうが, あるの, あるのに, あるもの, あんな変物, いくらでも, いくらでもござる, いくらでも需要, いけいこと有りやす, いって, いまだに一種, いらっしゃるん, いろいろと, いろいろな, いろいろの, いろんな事, いろんな偏見, いろんな夫婦, いろんな望み, うまい字, うわべばかりの, うんといる, かういふ種類, かうした例, かうした愚者, かうして, かげ口, かなり多い, かなり広く, くらしに, けっして洩れない, この, このコバ, この小説, この御, この感激, この時, この書入, この書入れ, この町, この目標, この種, この論文, こまかいところ, これを, こんなにいろいろ, こんな事, こんな愛嬌者, こんな生活, こんな誤り, さうし, さしたる交渉, さまざまの, じつにいろんな, ずいぶんいろいろ, ずいぶんそんな, ずいぶんふざけた, ずいぶんよい, ずいぶん変った, ずいぶん思いがけない, ずいぶん気, ずいぶん立派, そういうこと, そういう例, そういう子供さん, そうしたこと, そうしたりっぱ, そうした奴, そうした男, そうそう鴨, そうでない, そのままで, その沿革, それと, それを, それ自体として, そんなふう, そんなパテー, そんな慈悲, そんな村長, たくさんあった, たくさんあります, たくさんある, だいぶあります, ちょうどこれ, ちょっとしたはずみ, つつましく一族, でたらめが, とおらないだろう仏, とかくの, とんと何, どうした, どうもまぎれ, どう伝えられましょう, どう通用, どのくらい, どれだけ, どんな幸福, ないこと, ないと, なお私, なかなか世話好き, なほある, なほ端厳く, ひとり無可, ふしぎな, ふたりが, ほかに, まぐれ当りという, また働く, また妻, まだ凝固, まだ同じ, むろん知られ, めったにある, もう梅酒, もう飾磨屋, もっといろいろ, もっとおおく, もっとひどい, もっともっと郵便脚夫, もっと大々的, もっと悲しい, もっと真面目, もはやそれ, やつて, よくばか者, よく似た, よく病人, よく色々の, わかっても, わざとこんな, わざわざ継娘, われ, ウジムシ以下の, オンテレ・メンピンが, ザラだ, ダンス自体が, トリックを, パナマ帽子を, ピエロを, 一を, 一人で, 一人位は, 一定の, 一枚の, 七十八十まで, 七十歳にな, 丈夫な, 三島由紀夫について, 三年打捨つ, 三度の, 上手な, 不人気で, 不仕合わせ, 不好, 不思議な, 世話に, 世間の, 両眼, 予想外であった, 二十めんそうの, 五割増どころか, 人をも, 人獣混血の, 人違いで, 今だに, 今もっ, 他にも, 仮怪, 伏せて, 似たもの, 位を, 何かの, 何を, 何百人と, 余り名が, 余り多く, 信ずべからざること, 健全な, 偽らずに, 僅かな, 先天的もしくは, 先生よりも, 内証で, 冷淡で, 別れるため, 前の, 化石の, 医者にも, 十年ぶり二十年ぶりなどで, 千人針を以て, 又迷信者, 反対に, 口の, 口外せぬ, 只ぼんやり, 可成, 同じ短刀, 同趣味, 名が, 名を, 名人達人が, 吹聴し, 咎めらるべき, 哲學概論と, 啀み合う鑼, 善人も, 四季を通じて, 売って, 売物, 変った事, 多いが, 多いの, 多いので, 多いもの, 多くの, 多少批難, 夜中石を, 夥え, 大人の, 大勢人間が, 大変利口な, 大変評判が, 大胆な, 大酒, 夫婦として, 女の, 好んでお, 好評嘖々たる, 妖怪が, 存在し, 存外, 存外な, 存外に, 存外馬鹿者, 宇宙には, 宗教は, 定評という, 家相を, 密通という, 寒風が, 専門家的馬鹿者や, 小判の, 少からぬ, 少くない, 少なかろう, 届き難い, 岡本太郎流の, 左様な, 巧いものと, 常に絵画世界, 平素学問も, 幾つも, 幾何でも, 広く用いられ, 形だけ, 往々いわゆる, 往々この, 往々これ, 往々伯, 往々内村鑑三, 往々思想, 往々我が, 往々職業, 往々親切, 往々読まざる, 心臓痲痺という, 必ずしも広く, 忍術使いの, 忘られ, 怖ろ, 思いも, 恋人同志厭気の, 恋愛心痛厭世怯懦自, 恐ろしい奴, 悪い奴, 悲境に, 愚癡から, 愛子が, 慾の, 我妻を, 戦争が, 手並み勝れた, 披露し, 拙を, 探偵を, 放蕩息子を, 数多いこと, 数年断絶した, 文法の, 料理書の, 斯うい, 斯んな, 新館長, 旅で, 日蓮聖人は, 明日食う, 星を, 有りふれて, 有るが, 有るもん, 木乃伊取りの, 未来の, 本當, 来賓祝辞を, 杳として, 染色の, 案外な, 極めて暢気千万, 檀那ばかり, 武者絵作者も, 死んだこと, 殺したばかりの, 母の, 母親の, 毛ぎらいするものもなくはありませんでしたがしかし, 氏を, 気にいらない女, 沙汰無しだ, 沢山ある, 沢山は, 泥棒などより, 津田よりも, 洩れなかったが, 流行と, 浮気を, 漏れないん, 漢名を, 漢字の, 無いで, 無くも, 物好きも, 物足りないらしい, 物騒な, 狐の, 狐火鬼火と, 猫の, 現在の, 理解の, 生きてるうち, 産まない方, 男の, 男女結婚の, 男子の, 病死と, 病気の, 痴けた奴が, 発表されず, 発表しない, 発表しなかった, 発表しなかつた, 目が, 目の, 相変らず, 相当の, 真を, 眼から, 眼を, 知らせない方, 知らせなかった筈, 知らせなかつた筈, 知られずに, 知られも, 知れずに, 知れないが, 知れません, 知識が, 福田吉岡よりも, 禹の, 禿頭も, 私などと, 私に, 私の, 私より, 私同様もっとも, 科学者に, 秘められたまま, 秘密に, 稀には, 種々な, 種々の, 立派な, 立身栄達の, 竜之, 精神上か, 系図に, 素早い奴, 細君を, 絶対に, 聞えないの, 肝の, 肥りたがって, 腐る程, 腹を, 自分が, 自分たちの, 自分と, 自分に, 自分程の, 自殺する, 良人の, 色々と, 色々義理, 芸術の, 芸術家という, 若いうち, 蓋然に, 血統に, 行はれ, 行われがち, 行われないで, 行方しれず, 見られまい, 親の, 記憶術の, 語るに, 誰れ, 諷語と, 諺にも, 警察官と, 資本家専制の, 賢者を以て, 足の, 身の, 迂濶もの, 近来しきりに, 這, 通らない, 通らぬ話, 遂に無視, 遙かに, 酒と, 金が, 金に, 鍛冶屋も, 間々あっ, 間々ある, 間々其手段, 随分あります, 随分一人前, 随分気, 随分賢から, 隠蔽せられ, 隨分あり, 雑りたく, 青春と, 非良心的, 顔を, 類が, 類の, 顧みられなかった, 食うため, 餘り知られ, 馬車に, 馬鹿が, 馬鹿者が, 鬼親も

▼ 世間~ (518, 3.4%)

6 いうよう 5 云ふ, 言ふ 4 いう, 言われて, 評判の 3 あつた, いって, いわれて, 知って, 認めて

2 [34件] いうところ, いう魔, いろ, さう言つて, そう言っ, にんきの, よく, よく言う, 云うよう, 何を, 信用しない, 偉いと, 兎や, 問題に, 噂する, 往々考える, 忘れて, 思って, 普通に, 極めた名前, 樂を, 爲事を, 私の, 見て, 言うところ, 言うよう, 評判する, 評判を, 読まれて, 通用する, 闇太郎と, 騒いで, 騒ぐほど, 騒ぐよう

1 [407件] あああれ, あつて, あの衆, あまりよく分析, あまり沢山は, あんなにいっ, あんなに騒ぐ, あんな男一匹, いいますところ, いうあれ, いうが, いうこと, いうに, いうほど, いうりんしょくからそうなのではなくて, いうん, いうアマリリス, いう不夜城, いう以上, いう善悪, いう噂, いう堕落, いう女, いう如く人, いう恋, いう放蕩, いう文学, いう相当, いう私学, いう美声, いう義理, いう譜代家老, いう身売り, いつと, いひ古, いふの, いふほど, いふやう, いふよう, いふエラ者, いふ手習ひ, いふ變物, いふ身分, いろいろ亀阜荘, いろいろ誤解, いろんなこと, いろんな噂, いわゆる, うわさが, おどろくの, おめかしを, おもちゃに, お通, お雛さま, かれこれいう, かれこれ云う, きわめて重大, ぐず, この千坂家, この顔, これからの, これらの, こんな笛, こんな風, さう言ふから, しきりに異質, しばらくこの, すぐに, すれば, そういう, そう呼ん, そう言う, それほどまでに, そんな事, そ云ってる, たいした方, たいそうに, ただ物持ちの, たっとばれてる, ちらと, つなぎを, とかくよう, とられて, どう自分, どんなに特価販売, な, なかなかやる, ののしる明智, はかれら, はなやかに, ふつうに, まちがう人, まちまちの, みないっ, もさういふ, もし蔭口, もつとも流行, もてはやされて, やかましい傾城塚, やかましい鬼丸, よいと, よくいう, よくいつ, よくひと足ちがい, よく云う, よく云われる, よく人々, よく以心伝心, よく空想家, よく臆測, よく見る, よく譬え, よく魔, よぶ検非違使, よぶ紺染, よりより噂さ, らくを, わけの, わ大, アマリリスと, アンドレイ・アレクサンドロヰツチユを, エライ人が, ガスを, クヨクヨし, サイドカーという, ジャーナリズムと, チヤホヤされ, テク・タ・リルと, ドクトルだ, ナシリンゴスイカカボチャなどを, モテルから, モラルと, ライス, ワイ, 一々それ, 一升桝に, 一層気受け, 一番嫌はれ, 一等心配に, 上に, 上の, 上品な, 不幸という, 不思議がっ, 不治の病と, 与えた渾名, 世相派とか, 中村屋中村屋と, 乙麻呂の, 云い出す時, 云うでは, 云うの, 云うまま, 云うめっと, 云う功名心, 云う南画, 云う姉女房, 云う嫌疑, 云う所謂技術, 云う様, 云う赤字なになに, 云って, 云はれる, 云われて, 人は, 人一倍苦労, 人間の, 人間は, 仕事を, 会えるね, 伝うる如くお, 何が, 何となし, 何と受ける, 何と申しましょう, 何と言おう, 何んと, 何事かと, 余りかんばしく, 例の, 信長の, 偶, 偶然だ, 働いて, 働くさ, 僕を, 全体主義と, 公式主義的な, 其の評判, 其様な, 別々に, 別段鼻, 前から, 創造できるだろう, 十九と, 取り沙汰し, 受け容れるもの, 可愛いい子, 同情し, 名うての, 名高い托塔天王, 名高い話, 吹聴する, 周の, 呼ばれるよう, 呼んで, 唱道され, 啓蒙という, 喝采する, 嗤はれる, 噂に, 噂の, 噂を, 因業婆アといふ, 報恩寺の, 変った品, 夢に, 大変悪く, 大家と, 大智勝観氏の, 夫や, 女でも, 女子にも, 好く云う, 子供が, 学校を, 定義され, 実験科学と, 富尾木氏の, 専ら評判, 尊敬され, 尊敬も, 尊重される, 少し認め, 左や, 左翼を, 広く評判, 当に, 彼此云っ, 往々想像, 得意を, 御披露, 必ずしもそうは, 思うの, 思う切支丹屋敷, 思つ, 恐いもの, 悪声を, 想像される, 想定し, 愛情と, 感心する, 所謂, 手を, 扱われる場合, 承知しましょう, 投機熱が, 持て餘, 指摘し, 散見する, 文化統制と, 文壇の, 文学と, 文学の, 日本歴史の, 時花って, 普通技術と, 普通考え, 普通言語学と, 有名な, 有名に, 楽しみと, 歌はれ, 殆ん, 段々反省, 毒を, 気が, 気の, 気違ひだと, 氣の, 汚くし, 油断も, 泣き多助, 滝の, 漠然信ぜられ, 漫然と考え, 烏や, 無雑作, 犯人が, 猪なべ会を, 珍しく評判, 甚だ懇切, 生活する, 田山の, 甲州の, 申して, 申しますから, 男の, 異名され, 疑惑を, 皆んな言つてる, 相当知れ渡っ, 真珠塔の, 知らない, 知らないは, 知らぬ者, 知る者, 秀麗と, 秩序ある, 突然騒ぎ出した, 立派に, 笑われようが, 簡単に, 純粋な, 結婚や, 美と, 美男という, 義賊だ, 考えた倍, 考えて, 考えるの, 考えるほど, 考へた倍, 考へる以上, 耳づらい, 耳に, 聞いたこと, 聞いて, 臆測し, 自分の, 自力のみ, 自家の, 色気の, 芥川の, 苟めにも, 茶道とか, 萬屋の, 褒められて, 要求せられ, 見くびって, 見られて, 見るほどに, 見るやう, 見るよう, 見分け方, 親の, 観賞され, 解して, 言いふらす通り, 言いますから, 言いますこと, 言う, 言うじゃ, 言うほど, 言う怪盗風太郎, 言う生霊, 言う程, 言う自棄半分, 言う通り, 言ったの, 言ったもの, 言って, 言は, 言ひ, 言ひ囃した, 言われるとおり, 言われるよう, 許されて, 評判が, 評判される, 評判し, 評判する如く, 評判のよ, 試めされる, 話題に, 認めないだろうが, 認めなければ, 認められて, 誰ひとり, 誰も, 誰某は, 譏られること, 警官の, 豪い騒ぎ, 貧乏人を, 貶すほど, 賤しまれた, 通って, 通るやう, 通俗的に, 通用し, 通用しない, 逢いたいと, 進歩という, 遣つて, 重役風を, 金もちと, 鍛え上げたの, 随筆と, 非常に, 頻りに唱道, 騒々しいうわさ, 騒いだ時分, 騒がしくなっ, 騒ぐ一人, 騷ぐことだらうなどと窕子は, 騷ぐほど

▼ 世間~ (465, 3.1%)

85 をし 28 をする 24 をした 9 などをし 7 の一つ 5 でもし, のうち, の中 4 に時間, に興じ, のよう, をしよう, をし出した, を始めた

3 [11件] でもする, などし, に打ち興じ, に時, に移っ, に興, に花, の末, の種, をはじめた, を二つ三つ

2 [26件] がはじまった, だから, といふ, などをした, などをする, などを二つ三つ, なんてたいてい, になる, に余念, に大口, に耽っ, のお, のついで, のやう, の体, の序, も折々, や昔話, をしかけ, をしかける, をすれ, をつづけ, をはじめ, を交し, を始め, を続け

1 [188件] お祖師様, からかえって, からその, から兵衛, から本題, から深, から近所, があっ, があった, があつ, がすん, がその, がちょっと, がどうしても, がはじまる, がはずみます, がはずむ, が何時の間にか, が出, が四人, が始まっ, が暗示, が済む, が続い, が続けられた, が聞かれた, が連続, が長う, さえした, さえそれ, しばらくの, しようと, すら途絶えさし, するこれ, その話, だ, だった, だのに, であ, であった, であつ, であるやう, でお茶, でつい, でもされ, でもしたら, でもしてる, でもない, でも仕, でも持ちかける, でも聞かし, で家, で思はず, という, とか雑誌新聞, として, としてたずね, としてちよ, としてはおそらく, となりました, とは父上, ともつかぬ, と思い込ん, なぞをし, などどうしても, などの中, などは一切, などは少し, などもし, などをいつ, などをし始めた, など二三, など決して, なの, なんかし, にうちくつろい, にうつり, にけり, にしみじみ, になっ, になった, にのみそんな, にはいささか, にも耳, にも聞, に加わり, に取り交ぜ, に口, に夜ふかし, に夢中, に打ち興じた, に打ち解けた, に油, に無, に移つて行, に移りました, に笑, に紛らした, に耳, に興じる, に身, に退屈, に連日, に過し, のなか, のほか何, の会, の冒頭, の切れ目, の気軽, の調子, はおろか, はすぐ, はたいてい, はもうまるで, は一層, は作品, は書けない, ばかりだった, または何度, または由緒, までが流言蜚語, もした, もする, もできない, も何, も出, も多く, も身の上話, やら商, やら商売, や時候, や発作的, や経験談, や自分, や貪り食う, よりほか, よりもさっき, をいたしまし, をされ, をしだした, をしました, をし給え, をそのまま, をつ, をなさっ, をなし, をね, をはじめました, をはじめる, をもした, をやっ, をやめ, をやり出した, をわざと, を一つ二つ, を二口三口, を交, を仕掛けられ, を伝え, を何時, を共に, を初める, を利用, を取交し, を取交した, を口やかましく, を口重そう, を少し, を平生, を徐々に, を快活, を急, を態と, を持出し, を材料帳, を楽しみ, を然し, を申し, を聞い, を聞かせ, を聞き, を薄っぺら, を語りだす, を語り合う, を進め, を遊ばし, を面白

▼ 世間~ (464, 3.1%)

28 出て 15 対して 9 顔向けが 7 顔を 6 対しても, 知れて, 知れては 4 出して, 出れば, 知れると, 顔出しが 3 でて, 出しても, 出ること, 洩れるの, 知れないよう, 見せて, 顏向けが, 顔出しも

2 [30件] いい触らす, もれて, 公表する, 出せねえ文, 出た時, 出るの, 向つて, 吹聴し, 吹聴すれ, 対しては, 広告し, 恥か, 抛り返して, 披露する, 洩れたらそれ, 洩れては, 発表し, 発表する, 知らせずに, 知れずに, 知れたならば, 知れちゃ, 知れても, 知れること, 聞えては, 行って, 見せないよう, 顔向けの, 顔向けを, 飛び出して

1 [287件] あそばしながらの, あの人, いいふらしたの, いいふらしたのみか, いいふらしました, いって, いっとき曝し, いわせたほう, おし出し金持, お帰り, かえして, きこえたら廓じゅう, この面, そのまま用い, ちらばり其, でたらどんなに, どうしても知らしたくない, のがれて, はっきりし, はばかって, はばかってさせないもの, ばれて, ぱっとせん, ぱっと知れん, ぱつとさせまして, ぱつとしてからは聟殿が, ぱつとせぬ内に, ひろがったの, ぺこぺこ頭, むかって, もれた会見, もれては, もれること, もれる親類, わしは, 一歩踏込ん, 乗り出さうと, 乗り出して, 乗り出すには, 云いましょう, 云ったという, 云って, 云っては, 云ふてくれる, 交じって, 人中へ, 人間の, 仮病が, 伝えさせ信じさせるため, 伝えるの, 伝わると, 伝播る, 伝聞し, 体裁を, 何も, 借りや, 公けに, 出かけるの, 出さないよう, 出しませんでした, 出すわけ, 出す顔, 出ずに, 出せぬ, 出そう, 出たからとて, 出たがって, 出たくない一生, 出たこと, 出たって, 出たとき正業, 出たところ, 出たら外聞, 出た以上, 出た名器, 出てから, 出ては, 出てまで, 出なかったよう, 出ようと, 出られないから, 出られないの, 出られるだろうか, 出る, 出ると, 出るな, 出るのに, 出るやう, 出る多く, 出る始め, 出る気, 分ったら大岡十家, 医者として, 印象させた, 叫び立て, 合せる顏, 合せる顔, 名を, 名乗り出ること, 向かっても, 向けて, 向けられない鬱憤, 向って, 向て, 吹聴した, 吹聴する, 呈供いたしました, 告げるよう, 啖呵を, 喧伝させたい, 嗤うてやる, 噂いたされ, 噂に, 噂の, 売って, 外聞が, 大き過ぎ, 媚びずに, 実際に, 密かに, 対しての, 対し分家, 巣立って, 帰った気, 帰ろうとは, 広まります, 広まる, 引き出されて, 復帰させる, 怒って, 急ごうぞ, 恥かしい, 恥さらしに, 恥ずかしいこと, 憚りある, 憚り乍ら精一杯の, 憚る, 成算的に, 戻っては, 戻りたくないと, 打ち開けて, 披露された, 押し出すが, 持って, 持出しても, 挑戦してやろう, 推薦しよう, 放り出されて, 散つて, 明かしたら賽の目, 明国とは, 曝らし, 来ると, 此顏が, 母の, 気がねする, 気がねそうに, 気を, 気兼ねし, 泛かび出せなかった, 泳ぎ出した程度, 洩らさないため, 洩らされぬよう, 洩れずに, 洩れたの, 洩れて, 洩れても, 洩れぬこと, 洩れようもの, 洩れる, 流布し, 流布する, 済まぬ, 済まぬこと, 済まねえ了簡, 漏らすよう, 漏れては, 漏れると, 濟ま, 物音も, 狂死と, 現れ, 生きて, 申す処, 発くぞ, 発行し, 発表され, 発表されず, 発表された, 発表される, 発表した, 発表しない, 発表せね, 相知れ, 知らさないという, 知らさない試合, 知らすまいと, 知らすまい自殺, 知らせたくないから, 知らせないよう, 知らせなかったにも, 知らせぬよう, 知らせまいため, 知らせること, 知らせるその, 知らせるの, 知らせるよう, 知らせ度, 知られりゃ何かと, 知れ, 知れせえ, 知れたから, 知れたの, 知れたら困りますよ, 知れたら飯島, 知れた以上, 知れっこない, 知れない内, 知れぬよう, 知れましたの, 知れますからね, 知れようもの, 知れるよう, 知れる恐れ, 知れる日, 知れんよう, 知れ有司, 知れ渡れば, 私の, 稼ぎに, 立つわけ, 笑いの, 納谷家の, 紛れ出, 紛れ出なけれ, 紛れ出ること, 素ッ飛ん, 紹介された, 聞えて, 聞えぬ中, 聞かれても, 聞こえいかが, 聞こえた時, 聞こえては, 聞こえても, 聞こえるよう, 背を, 自分の, 自分を, 自慢に, 自由の, 行くと, 表現されない, 見せかけて, 見せしめ二人, 見せずに, 見せびらかすよう, 触れること, 言いふらしたり, 言わんよう, 訊くの, 誇ろうと, 認めさせるの, 語らない, 辛い思い, 送り出されようと, 送り出すよう, 這い出して, 通じが, 通るかい, 通るし人, 通用いたしません, 醜態も, 金の, 降りて, 面出しが, 面出しを, 面向けが, 面向けの, 響くか, 顏出しも, 顏向けの, 顏向けも, 顏向も, 顔の, 飛び出したいという, 飛び出すには

▼ 世間~ (325, 2.2%)

13 のこと 7 の娘, の挨拶 5 の良い, の話 4 の生活, の眼 3 に挨拶, のもの, の人, の女, の遠慮, の金持, 除け物

2 [31件] から言え, じゃない, だつたの, です, でねえ泥棒, で平凡, なこと, にいえ, にし, にする, にならなけれ, になりたい, に平ら, に結婚, のお, の事, の人間らしく, の半切, の女房, の常識, の平凡, の御, の恋, の方法, の時間, の殺され, の泥棒, の礼儀, の返事, の雁首, よりも早く

1 [197件] からいう, から見れ, だと, って女郎屋, であった, であること, でご, ですが, でないもの, でない事情, でなくな, では尋常, で何ん, で早く, とは大分, と愛, なその, なの, ならマア避暑, な下心, な事, な因習, な年輩, な忠告, な批評, な気, な生活, な立身出世, な話ぢ, な道義心, にうれしい, にこの, にこれ, にしなく, にしなけれ, にすべて拷問, にたかが, にだけ見, になった, になつ, になる, になれ, にはぼく, には少し, には心得, には良い, にやっ, にグズ, に一万円, に一人, に上滑り, に中国, に俗, に出来る, に出来上った, に北山, に売っ, に売れ, に娘時代, に年齢, に店, に彼等, に従つた, に恋, に想像, に意地悪, に成長, に持ち堪える, に持ち堪へる, に方角, に暮したでしょう, に曖昧, に母親, に池上, に流行, に王献之, に私, に考える, に考えれ, に考へる, に船, に若い, に言っ, に訪づれると, に過ぎない, に長閑, に頭, に高, に髪, のあたりまえ, のいい, のえら, のお母さん, のしきたり, のたしなみ, のただ, のところ, のほう, のやう, のよう, のよしあし, のわけ, の一人, の下宿, の交際, の人品, の企業会社, の会社づとめやそこでの出世, の使用人, の保護, の修辞, の倍額, の力仕事, の匕首, の医者, の半紙, の友人, の友人関係, の召使, の台所, の囲われ, の国粋流者, の坊ちゃん, の奇談, の奉公人, の奥さん, の奥様, の姉妹以上, の嫁入り支度, の子供, の小説家以上, の少年, の尼女房達, の岡, の年寄, の形式, の息子, の悔み, の感情, の手當, の才人, の接待, の方, の春夏秋冬, の晩餐会, の書物, の會合, の正月気分, の正月氣分, の気持, の派手さ, の流行感冒, の物, の男, の男一匹, の相場, の真人間, の礼, の立派, の縁談, の縫いかた, の考え, の者, の職業, の腐敗, の若, の若様, の草根木皮, の裏, の親達, の観察, の言, の言葉, の評價, の誤字, の諌め, の責任, の貴族, の費用, の道楽, の道樂, の醜い, の野心家, の雷同, の食料, の駒下駄, の黒い, のSOS, よりは手當, よりは物柔, より或, より變つた人間, をはずれた, を取る, を外れ, を外れとる, 殊に婦人

▼ 世間一般~ (259, 1.7%)

10 の人 8 の人々 5 に通用, の人達 3 の例, の読者

2 [15件] に, によく, に対しては固, のこと, の人々以上, の人間, の噂, の定説, の常識, の有様, の気風, の注意, の考え, の衆, の風

1 [195件] か, からはあまりに, からはづれて, からは云う, からは余りに, からは顧み, からみれ, からも好評, からも甚だしく, からも見なされた, から云っ, から好感, から最も, から茶の湯, が, がその, がそれ, が不景気, が大切, が常に, が懐く, が文章, が斯様, が新しく, が暗い, が無感覚, が神経過敏, が考え, が見, が飢餓状態, が鳴物, そうありたい, ではひどく, でもこの, で善良, として, とともに彼, とは何, と同じ, にあまねく, にある, にいっ, にこの, にさういふ, にた, にとっては大した, にはいわゆる, にはもちろん, には目見以上, には着, には茶道, にも少なく, にコックリ, に今, に伝えられ, に依存, に信じ, に公表, に出版, に医学士, に十分, に及ぼす, に向っ, に吹聴, に団十郎, に女, に妖怪, に宗教家, に對, に広く, に徹底, に承認, に昔, に桜, に比し, に理外, に生活, に知られ, に知れましたら, に知れます, に知れ渡った, に考へられ, に肉, に與, に行, に行なわれ, に行なわれる, に襲用, に西洋崇拝, に言, に言いならされた, に言われる, に説教, に通らなけりゃならねえ, に適用, に革草履, の, のならわし, のもの, のよう, のベースボール, の主調, の事, の人たち, の人士, の人気, の仕, の仕事, の会釈, の俗習, の凡俗, の処子, の判断, の口, の呼び, の問題, の大衆, の女, の女房たる者, の妖怪, の婦人, の富, の少年少女, の就職難, の平凡, の幼稚, の弱者, の必要, の必要問題, の怒り, の思考形式, の恋人たち, の想像, の意見, の感情, の戀人たち, の手記, の文学愛好者たち, の時期, の有象無象, の標準, の歌, の気持以上, の淑女, の混雑, の無, の煩瑣, の生活人, の田中英光, の男, の町人職人, の痴猫, の百姓, の目, の科学的精神, の結婚式, の美しい, の義務, の習慣, の者, の至当, の親達, の解釈, の評, の話題, の誤謬, の議論, の趨勢, の迷信, の通念, の連中, の関心, の非, の風潮, の風習, はこれ, はそう, はどう, は仙, は十露盤, は必ずしも, は承知, は特に, は私, もこれ等, もたいがい, も何ら, も俳優, も同時に, も少し, をし, を見れ, を見給え, 先ずソンナ風, 特に実業者

▼ 世間~ (257, 1.7%)

7 に有名 6 なこと 4 のこと 3 な名声, な苦労, な見栄

2 [21件] なライバル, な仕事, な出世, な形式, な生活, な色々, な道徳, な野心, な関係, には最も, に不問, に云え, に云っ, に知名, の体裁, の兄, の地位, の夫, の意味, の知識経験, 又態度的

1 [189件] である, であるの, である一, では, で無く, で超, という意味, な, なお座, なことば, なもの, な一切, な事, な交遊, な体面, な俗物はと, な僧侶, な利益, な務め, な卑俗性, な取り上げられ方, な名利, な名士, な名誉, な善行, な地位, な妖光, な尊敬, な常識性, な形式ぬき, な快楽, な思想, な悪評, な悲哀, な意味, な慾, な折紙, な放浪的, な政治上, な教訓, な根, な欲, な歡樂, な無数, な物價騰貴, な独自, な生き方, な生活能力, な眼, な知恵, な知識, な社会科学アカデミシャン, な神経, な策士, な箇別性, な経験, な羞恥心, な自由さ, な興味, な虚栄, な要因, な見方, な解釈, な談笑, な諸, な階級秩序, な障害物, な集會所, にあなた, にあまり, にいえ, にしばしば, にでき, になった, になつ, にならせられた, になれない, にはい, にはおろか, にはかれ, にはさして, にはすべて, にはとる, にはのこされ, にはスター, には利口, には功, には動物画家, には大智勝観氏, には夫婦, には失敗, には寡作者, には小説, には弱く, には敗れた, には新鮮さ, には無関係, には知られ, には認識, には誠に, には蹉跌, には逸作, には随分, には黙, にむつかしい, にも, にもあまり, にもいろいろ, にもっと, にもまた, にも承認, にも有名, にも私生活的, にも自分, にも見せきれない, により普通, に一躍, に云, に仏法, に何者, に価値, に偉い, に処理, に出世, に出来た, に割引き, に又, に又は, に叮嚀, に名, に地位, に失敗, に好評, に孤獨, に常識的, に役, に徹底的糾弾, に意味, に成功, に持ち直そう, に搖ぶつ, に有利, に権威, に死なね, に演ぜられる, に無力, に生き, に目, に知らせた, に知られる, に立身, に美妙, に自分, に自覚, に芽, に華々しい, に虚栄心, に表通り, に見, に見れ, に観れ, に言っ, に評判, に認められ, に貫禄, に通用, に非常, に非常識, に須磨子, のすべて, のもの, の人情, の人物, の価値, の價値, の優秀者, の勢力, の応対, の才, の栄誉, の爵位, の甲羅, の知識, の神秘的靈威的, の自由, の虚栄心, の行事, もしくは人間的, 又は世俗的

▼ 世間~ (185, 1.2%)

4 それを, 知って 3 何も, 見て 2 そう信じ, 人も, 信じて, 知つてゐる, 義理も

1 [161件] あたしを, あまり注意, あらじとぞ, あらずなりて, あらゆる人間, あり親, あるから, いった, いって, お前を, きゆうくつ, ここも, この事件, この変屈者, この業師, これが, これを, さう思つて, しらぬま, し余, し涙, せまくなる, せまく年, そいから, そう信じる, そう見, そう見る, そのやう, その事情, その疑い, それと, ただただ狭苦しく, だいぶ変わった, だまって, だれ一人今度, だんだんに, だんだん陽気, ついでに, ともどもに, どうとも, なければ, なにも, はばからず音曲, ひろいが, またいつか, またそれ, またより, また同じ, また汚らわしい, まのあたり勢力, もっぱら称揚, やはり我々, やや静まり, やんやと, よく知っ, よく知らず, われわれも, サンタヤアナだけ, 中の, 之を, 乱れて, 亦この, 亦多少, 亦濁乱せり, 亦自由党, 亦自由黨, 人間も, 今度は, 何だか騷, 侍は, 俄かに, 信じ切って, 個人も, 公平である, 共に間違つて, 助かるもの, 又吾, 友達も, 同じ事, 周知の, 喧しくなり, 変りに, 大かた然, 女という, 嫌いでございます, 存外見え透いた, 安心し, 実際そうだ, 家の, 寝静まって, 広いだけに, 広くなっ, 当然然あるべき, 役者自身も, 彼の, 彼女を, 忘れるその, 恐しくは, 悧巧に, 愚昧な, 感じたり, 承知しないだらう, 承知しないだろう, 指彈し, 政府も, 文学も, 早くから, 普通の, 有る, 朋友も, 棄てて, 検屍も, 構わず傍若無人, 檢屍も, 次第に複雑, 正式に, 武士道も, 歩けぬほどに, 段々さうなっ, 法律も, 浮気でなく, 渡って, 烈しい變, 物騒尼前や, 狭くする, 狭く歩い, 狹き, 疑った関係, 疑って, 相對性原理, 相手に, 相手には, 知らずに, 知らず互, 知らないそんな, 知らぬ若輩者, 知らぬ青年, 私たちは, 美しいもの, 落ついて, 薄々知った, 見い, 見聞きし, 観て, 観人間, 言い弘徽殿, 許さないでしょうから, 許して, 許し劇場, 許し門弟, 認めて, 認めぬ, 道徳も, 金詰りだ, 鎮まって, 随分か, 静かでない, 静に, 驚けば, 黙っては, 黙つて

▼ 世間知らず~ (176, 1.2%)

6 の娘 5 の女 4 だと, のお 3 だから, であった, なの

2 [11件] だった, だったん, だつたの, だでねえよ, で物, のうぶ, のくせ, の彼女, の心, の私, の若い

1 [126件] から起った, か甘い, がいきなり, がどっち, がはっと, が然るべき, ことには, じゃない, だ, だあ, だからなあ, だったのね, だな, だなあ, だわね, てんで下情, であったけれど, であるの, でしょうか, です, でサ, で中, で全然, で家庭, で書斎, で有るべき, で母親, で気立て, で話し相手, といっ, といふ, とは言い, と思う, と思え, なお, なお坊ちゃん, なくせ, なので, なん, なシムプル, な小娘, な悠長さ, な楽天地, な者, な若い, にて何, にどうして, にのばしきり, にはどれ, には唖然, にも程, に呆れた, に御前, に見える, に近い, ね, の, のいと, のお人好し, のお嬢さん, のお嬢様, のお方, のこの, のため, のところ, のねんね, のわがまま, のウブ, のバカ者, の一介, の不束者, の初心, の千太郎, の単純, の可愛い, の坊, の坊さん, の坊ンチ, の女心, の妹, の妻, の娘時代, の娘達, の子供, の学生, の学者, の寝言, の寡婦, の少女, の山猿ども, の山育ち, の息子, の明治娘, の様, の正さん, の深雪, の無, の然し, の父, の甘いおめでたい, の生, の生娘, の生活, の生粋, の秀才, の筈, の素朴さ, の細君ドラー, の若様, の蒙昧, の記代子, の身の上, の金持華族, の青年, の青年ども, の非常, の顔, はじき, はよく, は度しがたい, らしい, をいたわる, 人間知らず, 忍耐力従順を, 箱入り娘の, 苦労知らずに

▼ 世間~ (132, 0.9%)

4 云うもの, 交渉を 3 多忙な 2 争って, 交際を, 僕との, 同時にあざむく, 懸けは, 自分との, 隔離し, 離れて

1 [105件] いうより, いうよりも, いくらか違, いわゆる特殊部落, おっしゃるが, かけはなれて, かけ離れた世界, かけ離れた生活, きりはなされて, すっかり断絶, たたかいもしくは, ちゃんとけじめ, つながる事, とり組む方向, なる, べつな, まるでかけ離れた, まるでちがった, むすびつけられて, 一切の, 一切を, 不思議な, 世間が, 争ふための, 云う者, 云ふも, 交わらない, 交わること, 交渉の, 交際しなかった, 人を, 人間とに, 人間とに対する, 人間とを, 伴わなった, 作家とに, 來た, 僅かずつ, 全く交通, 全く違った, 共々に, 出世間の, 出来るだけ, 刃の, 切り離された私, 区別する, 取っくみあう時, 取引し, 同じこと, 同じよう, 同列にな, 同化し, 呼ぶさ, 変わりない色, 対立せしめ, 急に, 恋の, 戀とを, 戦いを, 戦うには, 戦かわ, 戰ふべき, 手前と, 批評家との, 批評家とを, 折合って, 断たれた世界, 旦那として, 杜絶せる, 格闘しよう, 楽屋と, 殆ん, 水平ならしめたなら, 水平の, 没交渉で, 没交渉な, 現実とを, 申しても, 異うところ, 異った, 相いれない偏狭, 相遠かる, 私との, 絶縁する, 縁を, 自分への, 融和し, 衝突し, 言うもの, 言ふも, 言訳な, 調和的に, 謂ふも, 足並を, 軍隊とを, 逆な, 違つて旋毛が, 遠ざかつた變, 遠ざかること, 関わりなし, 隔てられて, 隔絶した, 隔離され, 隣の, 離れた海岸

▼ 世間並み~ (124, 0.8%)

2 な最後, の女, の幸福, の感情, の挨拶, の資本

1 [112件] が怖, じゃありません, だ, であって, でありました, である, でしょうが, でないところ, では不足, という程度, なこと, なもの, な出世, な幸福, な生活, にいえ, にごらん, にだんだん, には珍しい, にやつ, にルパン, に一人, に付和雷同, に出来上った, に唯水, に唯水水, に捉, に標準, に生き, に自分, に裁縫, に見やがっ, に解決, に通俗的, に通用, のお, のおき, のお方, のこと, のしゃんと, のところ, のもの, のやくざ, のやり手, のやり方, のよい, のよく, のゴザ, の一時的, の世渡り, の人, の仲人結婚, の何, の倍, の剣客, の土地, の坊さん, の大麦, の夫, の夫婦, の女達, の妻, の姫君, の子供, の安易, の家庭, の希望, の常識, の庄屋, の床屋, の弓張提灯, の待遇, の心掛け, の恋, の恋人どうし, の恐らくは, の愛情, の慈善, の挨拶質問, の文化水準, の料理屋, の方, の暮らし, の書院造り, の松, の栄養, の歩き, の気持ち, の申込, の男, の盲目, の積り, の立身, の細君, の結婚, の義太夫, の義理, の習慣, の翻訳, の肩身, の萩, の裁判官, の補祭, の言葉, の謙遜, の道, の金持後家さん, の風俗思想, の食糧配給, の鳥目, よりはグッ, よりは容貌

▼ 世間でも~ (99, 0.7%)

7 知って 2 ずいぶん流行った, それで, 小三郎さんを, 言ひ, 評判の

1 [82件] あまり強情, あるから, あるまいが, いって, いやな, おれを, お才, かんづいて, こいさん独得の, この点, これは, そういう時代, そういってる, そう批評, そう考え, そう規則ずくめ, その教授, それが, そんなこと, だんだんに, なければ, またかと, また画家仲間, みな知っ, よく噂, よく申しおります, よく知っ, よろしくは, ホッと, 一人前の, 中元大売出しって, 何ですか人, 何も, 余り知る, 使ふ, 助かったか, 口惜しがる, 名の, 商売した, 嗅ぎつけて, 地獄の, 多く見る, 大へん評判, 大抵知っ, 大方は, 少しは, 少なくない, 幾分かの, 往々に, 御賀, 恐怖王の, 感心な, 文壇論壇でも, 案外問題, 歌舞妓に, 殆ん, 父の, 犬と, 理解しはじめた, 生みの親より, 由々しいもの, 皆いっ, 知つて居ます, 知つて居る, 知らぬ人, 磊落だ, 秀才の, 褒めそやすの, 見て, 親類方でも, 言いますよ, 言うでは, 言って, 評判が, 評判される, 評判請し, 認めて, 誤ったしかた, 随分騒ぎ, 馬鹿の, 騒ぎましたし, 黙って

▼ 世間普通~ (96, 0.6%)

6 のこと 5 の人 4 の男 3 にいう, の人々, の意味 2 な色好み, のお, のお方, の人情, の人間, の女, の常識

1 [58件] と変る, な犬, には晩唐様式, に多く, に想像, に行なわれる, に誰, に適用, のそうした, のとりつく, のもの, の主婦, の交, の人間愛的差別, の何, の例, の偽, の兄弟, の再婚, の十二, の品, の地主, の好男子, の娘さん, の嫁, の學生, の官私, の小説読者, の幽霊, の彼ら, の心, の思考, の恋, の患者, の所謂月並式, の手前勝手, の新聞記者, の根性, の母, の生活, の生臭, の礼儀作法, の祭日, の種々雑多, の紅い, の考え, の考え方, の興味, の舟, の蒐収家, の見る, の見解, の親, の親子以上, の観察者, の解釈, の財産世襲, の賢母

▼ 世間なみ~ (95, 0.6%)

4 のこと 2 なもの, に嘘, の休息, の妻, の暮らし

1 [81件] からいえ, から申せ, じゃア, なくらし, なこと, なん, な口, な当座, な後悔, な顔, に, にある, にいえ, にこせこせ気, にし, にすぎない, にと思ふとる, になり, にもと, にも一度, に一しょ, に云え, に交際, に先生, に包んだ, に外面緊張形式, に怪談, に松かざり, に男女共通, に認識, の, のあいさつ, のお, のお座なり, のお話し, のくらし, のところ, のコクリサマ, の人, の人情, の人間, の仁義, の仕事, の僧侶型, の凡夫, の受験生, の口, の召使, の大して, の奥様, の女, の女房, の女房亭主, の子供, の家, の平凡, の幸福, の式, の後家, の応答, の悔み, の意識, の愛人たち, の感傷的, の感情, の挨拶, の日々, の気質, の温順, の生活, の礼義みたい, の秀才, の立身出世, の紳士, の衣食, の話, の道中, の部類, の酒, の金持, の陽

▼ 世間にも~ (90, 0.6%)

3 有るだらうかねえ 2 ざらに, 聞えて, 顔むけ

1 [81件] あたしが, あなたの, あるでしょうか, あるもの, いろいろと, おおよそ知れ渡っ, おなじ考, かれ程有為転変, この通俗的, こびぬところ, これほど, ずいぶん同型, ずゐぶん, そうたくさん, そう思わせ, その人自身, だいぶ売出, だんだんに, ちッ, ないとは, また生滅, ようやく帳合, よくあり, よく知られ, わかって, わかるだろう, 二人とは, 伝わらず典膳, 何かと取沙汰, 余りに知れわたっ, 公表する, 出ずに, 出ず勿体, 出にくい, 判ったと, 十分有名で, 印象を, 取り囃されたので, 同流を, 名を, 名声を, 山の, 平家の, 広く人気, 彩りたいの, 彼らに, 思ふさま, 恰好が, 捨てられその, 有るもの, 楽しい美しい家庭, 権妻は, 次第に学問, 欲にも, 歴史上にも, 求めず超然, 溢れ出よう, 無用の, 相当記憶され, 知らせないやう, 知られずに, 知られずひたすら, 知られるほどの, 知られ何十年来関係, 知れて, 知れ渡ったが, 知れ男女, 社交夫人として, 笑われ自分, 米友の, 紹介された, 罪は, 習慣にも, 脅かされたり, 自分の, 見て, 親しまれる通り名, 訴えねば, 評判好きな, 随分多い, 顔を

▼ 世間という~ (89, 0.6%)

19 ものは 13 ものが 10 ものを 4 ものの 3 のは, ものから, ものに, ものに対する, やつは 2 ものと

1 [26件] お節介で, お節介者です, ことであり, ことを, ところは, ものさ, ものです, ものに対して, ものも, ものや, もの常識の, やつが, やつほど, 一つの, 仰山な, 大きい敵, 大空へ, 奴が, 奴と, 奴とかく, 実社会の, 広い広い部屋, 故郷の, 普通の, 鎖に, 馬鹿な

▼ 世間からは~ (79, 0.5%)

2 いろ

1 [77件] あまり顧みられない, あらぬ心事, いささか小馬鹿, うしろ指を, きっと, こ, ずいぶん気違い扱い, そう嫌われない, そんな家, ほとんど知られない, まるで別, まるで変った, もぎ離され前途, もてはやされる, よく實直, よもやそれほどで, クラフト家の, ドブ泥の, 一向知られなかつた, 何んとか, 傲慢一方の, 全く知られず, 可愛がられたと, 同様に, 嘲笑的に, 多く知られ, 好かれて, 娘と, 学者と, 定めて, 実際上, 容れても, 尊敬を, 当るも, 忌避されず, 忘れられて, 忘れられる, 悪評判, 憎まれた上, 批難攻撃の, 指弾を, 故人に, 案外詰らぬ, 正しい人, 毒婦と, 氏と, 気の毒がられ, 気の毒だ, 注目されない, 海賊である, 無二の, 無口で, 物ずき, 特殊なる, 男地獄の, 白眼視され, 皮革業者の, 相変らず, 相当に, 知られて, 礼の, 私までが, 色々と, 花の, 蔑すまれ, 褒められない方, 見られて, 触っては, 謹厳な, 連想される, 遊戯女の, 那珂といふ, 長州人と, 隠退し, 難行苦行の, 非難の, 馬鹿に

▼ 世間ばなし~ (66, 0.4%)

6 をし 4 でもし 3 のよう 2 の末

1 [51件] がしばしば, がはじまっ, が出た, でございますが, ではありません, でもお, でもする, でも聞こう, というの, とそれ, などお, などし始めた, などである, などに移っ, などを持ち出し, にことよせた, にこの, にはもう, にまで渡っ, にも加わらず, に事寄せ, に刻, に座, に来た, に移る, に笑い興じ, に興じ, に費やし, のうち, の如く, の方, は面白かっ, ばかり, へ転じた, まで織り交ぜ, もめったに, も好き, も聴かし, をいろいろ, をおかし, をさせ, をしかけよう, をし向け, をつづけ, をはじめた, をよく, を交し, を聞い, を聞かされた, を聞かせ, を黙っ

▼ 世間~ (57, 0.4%)

2 に顔向け, の褒め, は横目

1 [51件] からなん, から存分, から申されました, から目ざし, から評判, から隠居芸者, がこう, が何かと, が岡, が御, が淋し, が物騒, じゃあどっち, でも飼っ, とのお, にはよく, にも変, にも恥ずかしい, にも申しわけ, にも聞い, に対して相, に思われる, に気兼ね, の前, の思惑, の方, の機嫌気づま, の言う, の邪魔, はそりゃ, は厭がり, は彦兵衛, は有難, は気, は皆, へお, へお目見得, への礼儀, への聴, へは斑組, へも申訳, へ名乗っ, へ対し, へ済みません, へ申します, へ通る, も皆, も私, をごまかし, を騒がせ, を騒がせたくない

▼ 世間見ず~ (51, 0.3%)

3 の女 2 のわがまま, の我儘, の若い

1 [42件] が世間, が俺, ぢや, でゲス, で入っしゃいます, で笑うべき, で話, と一緒, と独, なお嬢様, な幼稚, な弟たち, な思い, に育つた, のもの, の一, の令息令嬢, の偉人傑士, の千太郎, の坊ちゃん, の天邪鬼, の姫君, の娘, の小天地, の廿三, の御, の我, の捨吉, の方, の有村, の田舎者, の男, の私ども, の自慢, の苦労, の銀子, は御, をいい, をば手の平, 御大名, 空威張りと, 胸に

▼ 世間からも~ (43, 0.3%)

3 認められて 2 相当に

1 [38件] あたしが, こはがられて, これを, そう見える, そう賤, その前科者, ひどい悪漢, またあまり, もう立派, 中務省の, 云はれ, 人間からも, 余程軽く, 俺ア何日の, 妙な, 子規氏と, 尊重され, 己れ, 慈悲心の, 故旧からも, 敬はれる, 文人として, 法師陰陽師など, 注意され, 注意を, 淡島と, 白い眼, 私は, 立てられは, 聡明で, 自分からさえも, 西という, 見做, 許さないが, 認められるやう, 身を, 軽蔑される, 重く見られず

▼ 世間じゃ~ (42, 0.3%)

3 ない 2 そう言っ, そんな事, 誰も

1 [33件] ああよく, あるまい, お倉, お天道様と, そうとは, そう思い込ん, ちっとも知らない, なんと思ってる, ねえか, はじめの, まるでおれ, みんなそう, よく夫婦喧嘩, ア直に, シャリマは, 余計な, 勘兵衛の, 北を, 君が, 変な, 夜の, 大評判, 大騒ぎさ, 定太郎を, 旦那が, 母親の, 江戸の, 直ぐに, 知らないらしいが, 見上げたもの, 言って, 誰ひとり, 追

▼ 世間への~ (41, 0.3%)

3 聞えも 2 名聞も, 義理を

1 [34件] おんなじ功徳, お体裁, はばかりもござりましょうゆえ, 不義理, 仏婚であり, 体裁からばかり, 体裁も, 体面これも, 告白を, 外聞で, 弱みが, 慎しみが, 憤懣の, 手前が, 手前も, 本家の, 気兼ねから, 気兼ねを, 申しわけが, 申し訳故郷へ, 申譯故郷へ, 直言が, 義理からでも, 義理ぐらいは, 義理や, 自己解体自己溶解これらの, 虚榮を, 見場悪く, 解放され, 遠慮から, 遠慮が, 障壁には, 面目は, 首途それが

▼ 世間との~ (39, 0.3%)

5 交渉を 3 交通を, 間に 2 距離は, 連絡が, 間の

1 [22件] いさく, 交り, 交渉は, 交渉以外もつ, 前を, 取引き, 専門と, 意嚮が, 接触の, 接觸から, 約束から, 縁組にも, 融和が, 調停役を, 諒解の, 足並は, 門を, 関り合い, 関係は, 関係みな多くは, 関係を, 關係に

▼ 世間に対して~ (39, 0.3%)

1 [39件] あまり親切, この上, これまで, すまないと, なので, ぶざま, まったく迷惑, もつと, ゐる, 事件を, 事情を, 二つの, 云ふべき, 伊之助を, 余計な, 僅かな, 問つてやりたい, 喋々する, 執成, 堂々と, 外聞の, 如何うかと思う, 官憲は, 弱い鴎外翁, 御三家の, 恥ずかしいという, 慎む心, 推薦した, 相済まない, 私自身の, 積極的な, 謙虚に, 軽蔑と, 闘争形態を, 面倒な, 面目ない, 頗る面目, 顔向けが, 顔向けも

▼ 世間~ (38, 0.3%)

2 を気

1 [36件] が, がない, が悪い, だ, だけでもそこ, だけな, というもの, などちつ, なるもの, なん, にはまず, に気がね, に鬱々, のため, のみを娘, の表面, は人なみ, は綺麗, は良い, ばかり気, もある, もあれ, もよく, も何, も考えない, や人前, をつくろおうで, をとりつくろい, をとりつくろう, をはばかっ, をはばかった, を宜しく, を恥ぢ, を恥づる, を慮つ, を憚

▼ 世間~ (37, 0.2%)

3 人を 2 人間の, 学校当局が, 親類の, 親類方の

1 [26件] まわりの, 世間の, 人が, 人間を, 作者自身が, 功名や, 友人の, 同志を, 多くの, 奥畑家に対する, 姉たちを, 学校当局からの, 家の, 家庭から, 家庭への, 役人の, 敵討といった, 文学界から, 時候の, 物事を, 特には, 男の, 自分の, 自然を, 近所の, 階級や

▼ 世間~ (35, 0.2%)

2 としての義務, の道

1 [31件] から見, だ見識, でもある, とか言, としての聡明, としてはさした, としては整うた顔, として他人, として練れ, として読者, との交渉, にずいぶん, に云わせる, に伍, に共通, に利用, に取っ, の全体, の嗜好, の大胆, の如く生活, の浮気, の良識, の話, の軍事的言論, の遊戯, の道徳的義務, は科学, もそう, らしいところ, ノ習イダガ

▼ 世間といふ~ (34, 0.2%)

9 ものは 7 ものを 4 ものが 3 ものに 2 ものから 1 ことであり, もの, ものの, やうな, やつは, 平行線の, 概念の, 物を, 舞台を

▼ 世間へは~ (34, 0.2%)

2 死んだと, 駈け落ち

1 [30件] お千絵様, かう言, こう言い触らそう, だれとも, どこへも, 仁愛を, 何とも発表, 何卒此, 偏人だ, 入れられない, 内証で, 出られませんや, 妹と, 左様に, 心中と, 思わせること, 手ぶらで, 申して, 知らせて, 知らせられないそう, 知れないん, 秘密に, 精, 薩州家の, 虎に, 親父の, 言って, 貧乏を, 通るまい, 顔も

▼ 世間にて~ (31, 0.2%)

2 卜筮の

1 [29件] ほ, よくいう, 不景気の, 云ふ, 人の, 人間は, 仏教の, 伊勢屋の, 卜筮人相等の, 大いに信用, 奇怪に, 妖怪博士と, 子の, 少々物知り顔, 往々過賞, 或は無聊, 政府に, 数に, 方角について, 最も喋々, 極端の, 楽を, 火柱の, 糸の, 解釈すべからざる, 記憶力に, 議院などの, 食事の, 高山に

▼ 世間に対する~ (31, 0.2%)

2 態度の

1 [29件] それだけ, はたらきについても, 一種の, 不如意の, 不安も, 不平と, 仮面に, 優越的な, 御辞儀, 復讐の, 意地ずくなどに, 意地も, 憤慨が, 手前と, 日本の, 標準が, 気兼が, 無言の, 特に, 知識の, 義理だけでも, 考えも, 聞こえは, 腹癒せである, 自分の, 芸術家的な, 虚栄心が, 見得, 誇りとか

▼ 世間~ (29, 0.2%)

2 の方, の褒め

1 [25件] からは評判, から存分, から申されました, から評判, が岡, だつて可哀さうに, ではよくさう, に思はれる, に錢形, に顏向け, の噂, の思惑, の扱, の言, はそり, はもう, は氣狂, へお, への聽, へ名, へ知らせる, も全く, も私, をお, を騷

▼ 世間へも~ (27, 0.2%)

2 披露いたしたい, 披露したら, 親分へも

1 [21件] いって, よほど秘か, 伝わるであろうから, 何の, 先へも, 出ずに, 出ない小娘, 外聞を, 少しは, 披露いたし, 放して, 発表せず, 知らさずこうして, 知れて, 知んねえから, 聞えると共に, 聞え終に, 良人へも, 面目なく, 顔を, 顔向けが

▼ 世間とは~ (24, 0.2%)

1 [24件] いえかえって, いったい何, かういふもの, こんなにも美しい, すべての, ぜんぜんお, ちがう, まったく往来, まるでかけ離れた, アパートの, ツツ抜けな, 何で出世間, 個人じゃ, 反対に, 受け身に, 君を, 本当はそういう, 沒交渉で, 没交渉で, 没交渉である, 没交渉の, 自ら断ち切った, 輕蔑や, 隔って

▼ 世間~ (23, 0.2%)

1 [23件] が惡, が惡い, だけです, だけでも有難く, だけは心, だけは村, で愛國婦人會, といふもの, の職業, の表向き, は兄, は弟, は良い, ばかり氣, も惡い, をばかりつくろつ, を兼ね, を兼ねた, を恐る, を憚, を憚つて男, を憚つて裏, を誤魔化す

▼ 世間或は~ (22, 0.1%)

6 彼れ 2 伯の, 侯が, 彼を, 氏を以て 1 之を, 人目を, 山県侯を以て, 山縣侯を以て, 当期の, 當期の, 第十九世紀, 説あり

▼ 世間さま~ (21, 0.1%)

1 [21件] からは冷たい, からもとかく, がさぞ, では, にはこわ持てされ, には目, に云わせたら, に済まない, に知れわたりまし, に見せかける, に顔出し, に顔向け, のこと, の御, の評判, は暑熱, へ顔, へ顔出し, を憚ら, を睥睨, を騒がし

▼ 世間周知~ (20, 0.1%)

6 のこと 4 の通り 2 のもの, の事実 1 である, であるが, の万暦赤絵, の事實, の知識, の者

▼ 世間~ (17, 0.1%)

1 [17件] から, からしまいに, からそこ, からネ, から段成式, から私達, から科学, から自, つてことは, とおも, と思っ, と絶念, もう以前, よ, 八五郎に, 嘘も, 真実の

▼ 世間~ (17, 0.1%)

2 うの, やそんな

1 [13件] やお, やさう言, やアやつ, やセミョニッチ, や何割, や俺達, や勘兵衞, や嗤ふか, や專ら, や江戸, や變, や隨分, ゆうが

▼ 世間てい~ (16, 0.1%)

1 [16件] からも二条家, が持ち切れない, なんかない, に対する神経, に左右, の勘当, の問題, の装, はいい, は問題, もある, もあるだろう, を作ッ, を恥じ, を気, を氣

▼ 世間~ (16, 0.1%)

2 に富んだ, の代表的所有者

1 [12件] がありすぎる, でとりあつめた, でもお, でもつて硬化, というもの, と愚, と果断さ, に対する彼, の乏しい, ばかりで, を万全, を學んだ

▼ 世間じゃあ~ (15, 0.1%)

2 専ら噂

1 [13件] あるけれど, いうん, いろいろの, みんな化け猫に, 五十歩百歩と, 変った彫り, 大家は, 娘が, 幽霊が, 朝の, 本所の, 松屋敷と, 豹だ

▼ 世間全体~ (14, 0.1%)

2 が癪, を意識, を敵, を軽蔑 1 が迷惑, になく, の, のあ, の事跡, の安堵

▼ 世間ずれ~ (13, 0.1%)

4 のし 2 がし, のした 1 がしてねえ, がしなさすぎる, がし過ぎた, して, はし

▼ 世間に対しては~ (13, 0.1%)

1 [13件] いかにも学殖, だんだん積極的, とつぜんヤリウス様, はなはだ気, まだいくら, 万事控え目で, 何等の, 単なる同棲者, 叔父さんだ, 私の, 絶対に, 臆病であり, 詩人ぶつ

▼ 世間にゃ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あ口, あ耳, あ通用, あ鬼, お蘭ちゃん, ころがって, ざらに, そうした情, そうそう鴨, もう立派, もらい合わせて, 勝たれないから

▼ 世間~ (11, 0.1%)

3 のである 2 のだ 1 のかなあ, のでしょう, のに一人, んだ, んです, 平穏な

▼ 世間である~ (10, 0.1%)

1 から, がこれ, がわが輩, が故に, が見す見す, ことも, にもかかわらず, のは, ましてこの, ように

▼ 世間での~ (10, 0.1%)

1 所謂勞働の, 生活は, 章房その, 自分の, 苦労人らしい, 言葉が, 評判に, 評判の, 通り相場は, 遊び仲間私にとっての

▼ 世間に対しても~ (10, 0.1%)

2 父親を 1 その無知, 先生自身の, 外聞が, 常に不足不平, 申しわけが, 申し訳が, 申訳が, 申訳ない

▼ 世間~ (10, 0.1%)

8 なれの 2 なれが

▼ 世間離れ~ (10, 0.1%)

2 のした 1 がし, がした, がしてねえで, した反逆, した奇人, して, てシッポリ, のため

▼ 世間にては~ (9, 0.1%)

2 これを 1 之を, 人の, 何と申し, 加持祈祷と, 妖怪と, 妾と, 馬鹿者の

▼ 世間一体~ (9, 0.1%)

2 を良く 1 から馬鹿, が静か, そう云う, の風潮, は非常, も寂然, 何となく浮立つ

▼ 世間多く~ (9, 0.1%)

5 の人 2 は侯 1 の人々, はハイカラー

▼ 世間多数~ (9, 0.1%)

5 の人々 2 の人 1 の人間, の常識論者

▼ 世間より~ (8, 0.1%)

1 以外に, 冷遇せらるる, 咎めらるれ, 捨てられたる者, 歓迎せらるる, 歓迎せられ, 申せば, 自信が

▼ 世間からの~ (7, 0.0%)

1 べつに, 侮蔑に, 呪詛や, 圧迫とが, 多少の, 要求に, 非難は

▼ 世間づきあい~ (7, 0.0%)

1 ができる, もし, もできる, も出来ず, をいっさい, をし, をせず

▼ 世間~ (7, 0.0%)

4 ほりには 3 ほりに

▼ 世間一統~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 がひどい, が狂人, の米高, の行者, の陽気

▼ 世間常識~ (7, 0.0%)

1 から云っ, から云つて, が禍, にも煩, によるジャーナリズム, のあいさつ, 又は一身

▼ 世間~ (7, 0.0%)

2 が外遊, れの, れを 1 を見る如き

▼ 世間晴れ~ (7, 0.0%)

1 ての勤め, ての忙し, ての披露, ての無礼講, ての話, て藤枝家, て裸体画

▼ 世間的価値~ (7, 0.0%)

1 がゼロ, と荒唐, によって定まる, の一切, の無意義, の破壊, は云う

▼ 世間馴れた~ (7, 0.0%)

1 口調で, 父は, 箱登羅の, 素振, 話振, 調子, 風が

▼ 世間だの~ (6, 0.0%)

2 義理だの 1 みんなだ, 世評だ, 仕事だ, 町方が

▼ 世間とか~ (6, 0.0%)

3 夫とか 2 社会とかいふ 1 他人とかいう

▼ 世間一切~ (6, 0.0%)

2 の相 1 の善男子, の法, の相談役, の種

▼ 世間~ (6, 0.0%)

2 しの 1 しに, に踏付, をし, をも面白く

▼ 世間慣れ~ (6, 0.0%)

3 ている 1 がし, ております, のしない

▼ 世間話し~ (6, 0.0%)

1 ていた, てやった, などしかけました, もある程度, や祖母, を聞きます

▼ 世間じゅう~ (5, 0.0%)

1 が惜しん, で知っ, に知れ渡るでしょう, の人, の者

▼ 世間なんて~ (5, 0.0%)

1 ものは, 厭な, 存外甘い, 構って, 表面きり見ない

▼ 世間をも~ (5, 0.0%)

1 忘れて, 欺いて, 甘く見, 見要路, 驚かせたの

▼ 世間~ (5, 0.0%)

2 れを 1 愚人之, 父一切衆生皆是吾子深, 相事時

▼ 世間大衆~ (5, 0.0%)

2 の意向 1 が生んだ, とも共に, の平均的

▼ 世間往々~ (5, 0.0%)

1 あるもの, この問, にし, 学者の, 旧時の

▼ 世間慣れた~ (5, 0.0%)

1 むとんじゃくな, 口の, 御亭主, 快げ, 快活な

▼ 世間しらず~ (4, 0.0%)

1 のお, の寄辺, の老, も甚

▼ 世間その~ (4, 0.0%)

2 物にも 1 予定の, 事情に

▼ 世間って~ (4, 0.0%)

1 のは, みんなの, ものを, 親切な

▼ 世間とが~ (4, 0.0%)

1 おも, だんだん離れ, 彼の, 遠く遠く

▼ 世間と共に~ (4, 0.0%)

1 これを, わめかないばかり, 一種の, 容易の

▼ 世間なら~ (4, 0.0%)

1 こっちも, そんなもの, まわりが, 単純である

▼ 世間なる~ (4, 0.0%)

2 ものを 1 ものは, ものも

▼ 世間における~ (4, 0.0%)

1 処世では, 幸福が, 監獄という, 處世では

▼ 世間何人~ (4, 0.0%)

2 も之, も復

▼ 世間~ (4, 0.0%)

4 もすれ

▼ 世間向き~ (4, 0.0%)

1 であった, であつ, にはもてはやされた, の刺激物

▼ 世間~ (4, 0.0%)

1 な山寺, にはた, に孤立, の誼

▼ 世間~ (4, 0.0%)

1 がお, だモヤー, にも相当, の深

▼ 世間幾多~ (4, 0.0%)

1 の人, の婦人達, の平坦, の青年

▼ 世間~ (4, 0.0%)

1 が盛ん, というもの, といふもの, に対しては之

▼ 世間憚ら~ (4, 0.0%)

1 ず女, ず実現, ず恣, ぬ不貞

▼ 世間摺れ~ (4, 0.0%)

2 のした 1 ていない, のし

▼ 世間~ (4, 0.0%)

1 な賊, に言い替え, を加, を求めし

▼ 世間的歡樂~ (4, 0.0%)

2 に對 1 の中, は遙

▼ 世間的生活~ (4, 0.0%)

1 だけの意味, に較べ, の縮図, は広い

▼ 世間~ (4, 0.0%)

2 を寫す 1 を生じ, 交わり相

▼ 世間知り~ (4, 0.0%)

1 という意味, の渡り仲間, の老, も村人

▼ 世間虚仮~ (4, 0.0%)

4 唯仏是真

▼ 世間見ずで~ (4, 0.0%)

1 はある, はいけない, はなかっ, 一本気な

▼ 世間~ (4, 0.0%)

1 にもわからず, も知っ, も知った, も知らなかつた

▼ 世間馴れ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てみえる, のした

▼ 世間あるいは~ (3, 0.0%)

1 君の, 強いて, 歴史とだに

▼ 世間さま並~ (3, 0.0%)

3 の事

▼ 世間そのもの~ (3, 0.0%)

1 が何, が十余年そこ, の浄土

▼ 世間~ (3, 0.0%)

1 どうしてこんなに薄情, ものが, ものも

▼ 世間です~ (3, 0.0%)

1 からいろいろ, ものお子さんの, よ

▼ 世間でない~ (3, 0.0%)

1 ことを, 人なかの, 智慧材能ある

▼ 世間どこ~ (3, 0.0%)

1 かには眼, で聞い, にい

▼ 世間なんか~ (3, 0.0%)

1 どうでも, もう眼中, 相手に

▼ 世間なんぞ~ (3, 0.0%)

1 はかまふも, 問題に, 構つてゐられる

▼ 世間においても~ (3, 0.0%)

2 いつか同じ 1 真実天下の

▼ 世間に対し~ (3, 0.0%)

1 または夫, 友人に対し, 学界に対しては

▼ 世間のて~ (3, 0.0%)

2 まえも 1 まえかえって

▼ 世間一躰物~ (3, 0.0%)

3 せわしき中

▼ 世間一體~ (3, 0.0%)

2 から馬鹿 1 が此樣

▼ 世間~ (3, 0.0%)

2 見の 1 行慾等事随依

▼ 世間人間~ (3, 0.0%)

2 を馬鹿 1 がお

▼ 世間及び~ (3, 0.0%)

2 出版界は 1 彼の

▼ 世間~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, のない, や知識

▼ 世間沙汰~ (3, 0.0%)

1 でも鎌倉攻め, もおもしろから, をあげたら

▼ 世間漸く~ (3, 0.0%)

2 氏が 1 官權黨の

▼ 世間的評価~ (3, 0.0%)

1 の仕方, の印象, は何れ

▼ 世間相場~ (3, 0.0%)

1 ですから, と言う, は改定

▼ 世間~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の小説家, みに

▼ 世間自身~ (3, 0.0%)

1 が想像, のもつ, の気休め

▼ 世間~ (3, 0.0%)

1 じゃと申す, になる, に世馴れ

▼ 世間通り~ (3, 0.0%)

21 に従う

▼ 世間道徳~ (3, 0.0%)

1 の戒め, の所謂孝道, の門

▼ 世間附き~ (3, 0.0%)

3 合ひ

▼ 世間~ (3, 0.0%)

1 な為事, になした, の興味

▼ 世間風俗~ (3, 0.0%)

1 のもの真似, の移り変り, の観察

▼ 世間馴れない~ (3, 0.0%)

1 んだ, 嫁な, 若い男

▼ 世間あり~ (2, 0.0%)

1 がちな, 社会あり

▼ 世間いまだ~ (2, 0.0%)

1 かかる事情, この精神上

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 きまりの, ほかた

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 分らなくなりましょう, 江戸はな浪人や

▼ 世間からばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくもと, でなく警察当局者

▼ 世間これ~ (2, 0.0%)

1 を動物電気, を毒物

▼ 世間ざら~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 世間じゃァ~ (2, 0.0%)

1 しかしいっぱし, そうは

▼ 世間ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 が敵, をおどかす

▼ 世間そして~ (2, 0.0%)

1 之に, 現にその

▼ 世間だって~ (2, 0.0%)

1 そうそういつ, 貧乏人などは

▼ 世間づき~ (2, 0.0%)

1 あひなども一分のひけ, 合ひもさせ

▼ 世間であり~ (2, 0.0%)

1 その真物, 人への

▼ 世間でございます~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 世間でなく~ (2, 0.0%)

1 てもお母さん自身, て個人

▼ 世間とに~ (2, 0.0%)

1 全く蔽, 遠慮し

▼ 世間とを~ (2, 0.0%)

1 見返すため, 離間する

▼ 世間どおり~ (2, 0.0%)

1 にはいかぬ, に女部屋

▼ 世間なれた~ (2, 0.0%)

1 ような, 自信ある

▼ 世間において~ (2, 0.0%)

1 けっして筆, 吾

▼ 世間においては~ (2, 0.0%)

1 それらの, 外来の

▼ 世間にこそ~ (2, 0.0%)

1 知れねえが, 秘して

▼ 世間にまで~ (2, 0.0%)

1 奴呼わりを, 広まりわたって

▼ 世間にや~ (2, 0.0%)

1 いくらでも生臭坊主, アゐない

▼ 世間はなはだ~ (2, 0.0%)

1 多くし, 多し

▼ 世間ふつう~ (2, 0.0%)

1 には果実, のしもべが主人

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 どんな取沙汰, 何だつて取沙汰

▼ 世間もう~ (2, 0.0%)

1 十兵衛の, 十兵衞の

▼ 世間もっとも~ (2, 0.0%)

2 普通の

▼ 世間よく~ (2, 0.0%)

1 これを, 子を

▼ 世間よりも~ (2, 0.0%)

1 明智先生を, 親の

▼ 世間らしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 望みを

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 呉レナイモ尤モダト思ッタソレカラ普請ガ大破故, 岡野ト云ウト誰モ嫁

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 コトヲ, 多クノ父親ト違イ

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 広クナサルカラ, 聞糺スカラソノ心得ニテ居ロトイウカラ待ッテ居タラ頭ガ或

▼ 世間一ぱい~ (2, 0.0%)

1 になっ, の評判

▼ 世間一帯~ (2, 0.0%)

1 が何となく, に触れ

▼ 世間一様~ (2, 0.0%)

1 に如此, のもの

▼ 世間一流~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 世間一通り~ (2, 0.0%)

1 のたしなみ, の事

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 の場合, の知識経験

▼ 世間不知~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ 世間並以上~ (2, 0.0%)

1 の崇敬, の披露

▼ 世間乃至~ (2, 0.0%)

1 世の中ほど, 時代の

▼ 世間~ (2, 0.0%)

2 の庭園

▼ 世間人自身~ (2, 0.0%)

1 が今, についても直接関係

▼ 世間付き合い~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の良い

▼ 世間以上~ (2, 0.0%)

1 に俗化, に更に

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 うる如き所謂監獄部屋, ふる所

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 ふる所, へて曰く

▼ 世間公知~ (2, 0.0%)

1 のかたわら, の事実

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 だつた, のやる

▼ 世間受け~ (2, 0.0%)

1 のしない, を聞きたく

▼ 世間~ (2, 0.0%)

2 だ彼

▼ 世間啻に~ (2, 0.0%)

2 其然る

▼ 世間婦人~ (2, 0.0%)

2 の常道

▼ 世間嫌い~ (2, 0.0%)

1 だから, になった

▼ 世間容易~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 世間寧ろ~ (2, 0.0%)

2 其手腕の

▼ 世間対名誉~ (2, 0.0%)

2 それだけの

▼ 世間~ (2, 0.0%)

2 た侯

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 がなくなり, の原理

▼ 世間日用~ (2, 0.0%)

1 の事, の文書

▼ 世間~ (2, 0.0%)

2 て彼

▼ 世間有志者~ (2, 0.0%)

1 の発意, の發意

▼ 世間果して~ (2, 0.0%)

1 進歩党を, 進歩黨を

▼ 世間欺す~ (2, 0.0%)

1 いうこと, ばっかりや

▼ 世間決して~ (2, 0.0%)

2 有る可

▼ 世間流行~ (2, 0.0%)

1 の, のもの

▼ 世間無知~ (2, 0.0%)

2 の輩

▼ 世間狭い~ (2, 0.0%)

1 大阪を, 私にも

▼ 世間的交渉~ (2, 0.0%)

1 に煩, をつづけ

▼ 世間的処世~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 世間的名声~ (2, 0.0%)

1 はじみ, もこの

▼ 世間的幸福~ (2, 0.0%)

1 をもより, を願わぬ

▼ 世間的態度~ (2, 0.0%)

1 で芝居, を内心

▼ 世間的成功~ (2, 0.0%)

1 に酔つて, をした

▼ 世間的活動~ (2, 0.0%)

1 の玩具, の雄々しい

▼ 世間的知識~ (2, 0.0%)

1 に富ん, を習得

▼ 世間的経験~ (2, 0.0%)

1 が広く, と少し

▼ 世間的見方~ (2, 0.0%)

1 でそれ, の最も

▼ 世間的野心~ (2, 0.0%)

1 があっ, や慾望

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 以為らく鉱毒問題或は, 以爲らく鑛毒問題或は

▼ 世間直に~ (2, 0.0%)

1 尾崎学堂を, 尾崎學堂を

▼ 世間相手~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の子ども

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 というもの, にすれ

▼ 世間自ずから~ (2, 0.0%)

1 有為の, 栄達の

▼ 世間自ら~ (2, 0.0%)

2 其の人あらむ

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 になやまされ, に染まない

▼ 世間見ずだ~ (2, 0.0%)

1 から口, つたんだ

▼ 世間~ (2, 0.0%)

2 ち之

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 に対する主義, の事

▼ 世間~ (2, 0.0%)

1 てゐ, ない夫婦

▼ 世間馴れぬ~ (2, 0.0%)

1 お梅, 内気な

▼1* [358件]

世間あらゆる地行飛行水性の, 世間ありきたりの法則どおり, 世間ありふれたお粗末, 世間あるきができる, 世間いくらもある, 世間いっぱんがこんな, 世間いっさいと自分自身, 世間いつぱんの, 世間いなずま目, 世間い聞えてみい, 世間え被爲對候所も, 世間おしつまりて人, 世間おそらくは能く, 世間かえってこれを, 世間かけかまいなく欲する, 世間かたぎは金平其他, 世間かまわず騒げるような, 世間からのみならず自他平等, 世間こそ男こそ, 世間この大なる, 世間さえなくば, 世間さわがしければ門, 世間さ顔向けが出来なくなる, 世間ゃあるめえし, 世間じゃもの誰の, 世間すなわち衆生の, 世間するといふ言葉, 世間ずれない公卿の, 世間せまく暮らして, 世間ただ好みて, 世間たるや住み, 世間たれも知らぬ, 世間だけが世間の, 世間だけに過ぎぬ, 世間っていう小姑が, 世間つきあいてえものが, 世間てえものは, 世間であっただけに忍剣, 世間でと角の, 世間でなければなりませぬ, 世間とかいふものは, 世間とかに持つて, 世間とから全く飛び離れた, 世間とかを非常に, 世間としても浅墓, 世間とて油断は, 世間とてもあんまり楽しくあるまい, 世間とともに変動せしめ, 世間とへ暴露しなけれ, 世間とも余り交際しない, 世間とやらを引き入れて, 世間なぞ無くな, 世間などどうで, 世間などはどこにも, 世間なみ人間なみのこと, 世間なり殊に女子, 世間なりがこれらの, 世間なりの彼らに, 世間なれてい, 世間なれしないためそういう, 世間なれない二十二の, 世間なんぞとは交じわらずに, 世間にたいしてむしろ臆病, 世間につき進んで, 世間にてもわが家と, 世間にでも存外多い, 世間にとり容れられもてはやされた, 世間になつて来た, 世間にばかり囚われて, 世間にもの笑を, 世間により広く紹介, 世間に対してだって佐々姓を, 世間に対すると共にまた自分, 世間に関する経験も, 世間のみでなく大学, 世間びとはかう云ふ, 世間また往々これら, 世間まだ騒然たり, 世間までがこのため, 世間まれに見聞, 世間みずの私, 世間みずでつまらない生活, 世間みな馬鹿に見え, 世間みんなが証人, 世間めったなこと, 世間もさのみ騒がしく, 世間もっぱらの評判, 世間ものの活字, 世間やら聾でなかつたら, 世間よりか彼女自身の, 世間わが慈心を以て, 世間をのみ對象に, 世間をはばかつて, 世間をばかり心の, 世間カラキラハレタレプラ療養所デ働ク決心ヲシタ, 世間カラキラハレタ人間ダカラ世間カラキラハレタレプラ療養所デ働ク決心ヲシタ, 世間ガ安心シテイルトコロガ附ケ目デアル, 世間コックリに配する, 世間タイプで云, 世間デハオマエヲ豪傑ダト云ウカラ近附ニ来タ, 世間ト絶縁スルノガ俺ノ生, 世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 世間広シ, 世間一ぱんに流行, 世間一体不景気なり稲葉家, 世間一統亀手んで居る, 世間一統動揺して, 世間一統年を祭り替える, 世間一統皆々様のお, 世間一般どこでもやってる, 世間一般久米一のよう, 世間一般午前八時に朝飯, 世間一般好景気の手前, 世間一般普通の人々, 世間一般西洋流の喧, 世間一般誰でもが共通, 世間一部の観客, 世間万事これですよ, 世間世智辛くなった, 世間世間とおっしゃる, 世間並といへない, 世間並み以上の者, 世間並み普通の事, 世間並人は少し, 世間並以下の人物, 世間並外れておりました, 世間並過ぎ上手過ぎて, 世間のうはさ, 世間中皆きつと, 世間乱流の中, 世間事物の外形, 世間人並のつきあい, 世間人情の交渉, 世間人界の仕組み, 世間人達がむす, 世間人類のばかりでなく, 世間付合いを好き, 世間以上金がもの, 世間以外の道, 世間伝へて曰く, 世間伝へる所では, 世間俗称のアマリリス, 世間俗間から冷遇, 世間信仰のひよ, 世間士無から, 世間體に, 世間共通の逆上, 世間其匹を見出す, 世間其精神を誤解, 世間出世間の善道, 世間利口に立, 世間剣術話ヲシテ居タガオレノナリヲヤタラニ見テ, 世間動乱に妨げられ, 世間した谷, 世間医薬に通暁, 世間匿好の士, 世間即ち自己であれ, 世間又はその時代, 世間の好い, 世間の画, 世間を突抜け, 世間咄一つせず叱言, 世間咄出入商人職人等の近事, 世間唯一意匠ありて, 世間デ之ヲ買フ, 世間に時, 世間坊主としては珍, 世間外ずれな非常識, 世間外れのだんまりむつつり, 世間評判で, 世間大体はま, 世間大望を抱きたる, 世間大概の馬鹿, 世間大衆道徳後世そのあらゆるもの, 世間天津教以上に不都合, 世間奇怪の説, 世間好事者の多い, 世間委しく記せるもの, 世間の美徳, 世間学校の落第生, 世間学者の説く, 世間学通の人たち, 世間実に流行の, 世間対ジャーナリズムの態度, 世間対自己の問題, 世間尋常政治家には容易, 世間山県有朋を見る, 世間山縣有朋を見る, 世間島田沼南犬養木堂尾崎学堂を隈門, 世間島田沼南犬養木堂尾崎學堂を隈門, 世間常例の如く先, 世間幾千万人の子, 世間広しといえ, 世間の見方, 世間弘通の歌謡, 世間当然のこと, 世間往々よくこの字, 世間も起った, 世間必ず余が, 世間恐怖もて満たされ, 世間意識があった, 世間態といふこと, 世間慣れない物事に, 世間慣れるのが, 世間るよう, 世間所謂使用人の地位, 世間摺れした心から, 世間摺れたとは違, 世間摺れない正直さは, 世間放れのした, 世間政論を業, 世間に屬, 世間日常の話, 世間の如くならざるべからず, 世間を説く, 世間月並の常識, 世間月並みのお, 世間有勝の事, 世間有用の人物, 世間朋友の交わり, 世間としきった, 世間様どさくさして, 世間様並の会費, 世間殊に批評家たちが, 世間気質の善平, 世間汚濁しその, 世間治安する訳, 世間泣かせの小, 世間淨嚴品の一, 世間深入りするなかれ, 世間渇仰の的, 世間渡りのありふれた, 世間カル可ラザル者ハ文字也, 世間無害地の人々, 世間無我などを唱道, 世間無数の老人夫婦, 世間無数疵持つ身, 世間無用の間人, 世間無類な言葉, 世間父兄の子, 世間物騒のおり, 世間犯罪の凝集, 世間さが, 世間狭く相成る可, 世間生活と私, 世間町内の評判, 世間疑った者は, 世間疑問の一問題, 世間的アムビションにわずらわされる, 世間的世界を有し, 世間的事相に対する興味, 世間的人気を繋ぐ, 世間的人間的な苦酸, 世間的人間的辛酸は殆ど, 世間的以上の見地, 世間的体面に災い, 世間的俗習を手頼り, 世間的信用を高め高級, 世間的信頼だけである, 世間的價値がゼロ, 世間的公認が思つた, 世間的名声これらのもの, 世間的因果によって紛糾, 世間的存在であるという, 世間的常識ではまだ, 世間的慈善事業にもかかわらず, 世間的扱ひを, 世間的智識も広い, 世間的条件の変化, 世間的栄誉を目指し, 世間的権力を連想, 世間的確認となる, 世間的立場を傷, 世間的策略との二つ, 世間的約束がある, 世間的良心批判のごく, 世間的虚栄心とをご, 世間的見えでもあり, 世間的観念が支配, 世間的評價を得, 世間的通念は避けた, 世間的通解によった, 世間的運命を開拓, 世間的道徳律をのみ見, 世間的関係の交渉, 世間的雑報を雑誌, 世間的顧慮も一切, 世間真面目の人, 世間の持ち, 世間知らずめが威張りくさっ, 世間知らずゆゑもう少し時, 世間知らず位に考え, 世間知らぬ子どもの, 世間知りであり世なれ, 世間知る人皆無である, 世間社会で伝達, 世間社会問題を論ずる, 世間稲妻目が光る, 世間一の, 世間経験の末発見, 世間罪人のいない, 世間の念仏, 世間能流行なの, 世間自らさう認める, 世間臭くなくって, 世間花卉無踰蓮花者, 世間若し草屋春斎の, 世間華やかな江戸, 世間衆知の遊び, 世間衣糧の資, 世間見ずなんだ, 世間見ずらしい無知の, 世間見物にむしろ, 世間と威張る, 世間親類に後指, 世間が改, 世間観ずでせう, 世間がある, 世間話こだはらず語り合, 世間話ひとつするでなくかえって, 世間話みたいに流し, 世間話一つかわしたこと, 世間話上手の秘訣, 世間話尋常の交際, 世間話小説の方, 世間話山の話, 世間話彼はよい, 世間話控え室での饒舌, 世間話文壇話をし, 世間話景気の沙汰, 世間話的に言う, 世間話酔ひどれの口説, 世間からいへ, 世間誠実の君子, 世間誠實の君子, 世間も初, 世間商売の, 世間識らず, 世間豈かく窮屈なる, 世間財理の融通, 世間資格を具, 世間を飾った, 世間迷惑さね, 世間通例のお, 世間通俗の人情, 世間通用の語, 世間通途の儀, 世間れ, 世間過去及び現代, 世間野心多き者, 世間関係の理解, 世間附きあひを好き, 世間陶器を鑑, 世間随分物騒でござれ, 世間隠れもねえ, 世間静謐となった, 世間というもの, 世間騒擾するは