青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「付いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仕舞~ ~他 他~ ~他人 他人~ 他方~ 付~ ~付い 付い~ ~付いた
付いた~
付き~ 付く~ ~付け 付け~ 仙~ ~代 代~ ~代っ 代っ~ ~代り

「付いた~」 1548, 17ppm, 6802位

▼ 付いた~ (220, 14.2%)

29 です 10 か, である 985 だらう 4 であるが, でしょう, では 3 だが, であった, でした, ですが, は何時

2 [11件] かい, だから, であろう, でございます, ですね, と丁度, は, はお前, はさすが, はその, は昨夜

1 [100件] かい大根畠, かえ, かそれとも, かとお, かと罵る, かな, かぼろぼろ, か喜八, か平次, か李はか, か格子, か警官達, があっ, がある, がこの, が九時四十分頃, が可, が最初, が此画, が災難, が珍しく, が目明し, が筆談, じゃ, じゃある, だし, だつた, だといふ, だね, だろう, であったなぞ, であります, であるという, でござろうよ, でしょう今夜わたくし共, ですがね, でも, で御座いませう, と一緒, ならば, には文字通り閉口, はこの世, はそれ, はそれから, はそんな, はたつた, はほんとに何より, はまだ, はもう, はシロヨモギ, はツイ今しがた, は三日, は主婦, は久吉, は事実, は二重蓋, は亥刻, は今, は何, は何ん, は來客, は例, は例へば, は勘十郎, は半, は南部, は博士, は大きな, は大分經つて, は大勢, は大抵, は天王寺前, は寅刻, は彼女, は数奇, は斯, は日本, は日本橋, は江戸, は石崖, は碓氷峠, は私, は脱ぎ捨てた, は草鞋脚絆, は誰, は迷子札, は錢形, は額, は高浪, もある, もそれ, を, をこれ, を利用, を持つ, を無理, を王應麟, を社, を見付け出しました, んです

▼ 付いたよう~ (68, 4.4%)

3 だ, に云った 2 な着物, に, になっ, に思った, に見える

1 [52件] じゃない, だと, である, でした, でしたが, です, でも, なデリケート, な付かないよう, な声, な夢中, な女, な工合, な心持, な感じ, な気, な気分, な泣声, な物, な皮膚, な草, な逞しい, な鋭さ, にあわて, にお, にこう, にフン, に両手, に六畳, に咳払い, に坐り直した, に思う, に成った, に時計, に書立て, に狂い立っ, に痛む, に眼, に私, に立ちすくんだ, に立ち止まる, に立上り, に笑っ, に細君, に細長い, に自分, に見えた, に身動き一つ, に針金, に間, に飛び出しました, 造るは

▼ 付いたこと~ (63, 4.1%)

11 はない 5 がある, はありません 3 があります 2 があつ, がねえ, は, はなかつた, は無い, は石原

1 [27件] があったら, があったら訊い, があるだらう, だらう, だろうな, であったが, ですが, では, でも, には家, に相違, はこれ, はこんな大きな, はなかっ, はまだまだ, はスキー, は剣, は気がつかなかったろう, は無かっ, は状態, は競場, は船客中一人, は若い, は赤みがかった, を云つて, を第, を述べ

▼ 付いた~ (53, 3.4%)

8 はもう 4 にはもう 2 には既に, に私, の様

1 [35件] お品, であった, にはすでに, には其処, には右近丸, には奇妙, には楽屋, には絶交, にも石垣, にゾッと, に吾輩, に彼, に急い, に靜, のデーカルト, はここ, はとある, はフンハリ, は今, は八十円, は南側, は喜太郎, は夢中, は岩良, は床, は店, は救助船カルパセア号, は目, は相手, は真, は磁石, は追付かない, は雨, は首, 見ると

▼ 付いたもの~ (51, 3.3%)

4 である 2 であつ, です, と思われる, と見え

1 [39件] か合点, か嫁入り早々, か徳川時代, か揉手, か立上が, があった, があつ, がある, が一つ, が与里, さナーニあいつ, だが, であった, であるが, であるの, でお辞儀, でございますね, でしたが, ですから, ですね, でへ, でも, で上げ, で又, で店番, で江戸時代, で驚ろ, と個人, と思っ, と思ったらしい, と解釈, なること, なんかありゃしません, はくずされない, は彼女, は悉く, は梵語, は貫之, も多数

▼ 付いたやう~ (40, 2.6%)

54 に云 2 な気

1 [29件] だと, だな, ですが, でも, なこと, なわけ, な平凡そのもの, な男, な顔, にその大きな, になつ, にみのる, に八五郎, に其処, に取つた, に四方, に後, に手ばしこく, に斯, に是方, に痛く, に粒立つ, に細い, に自分一手, に袴, に言, に貴方, に飛び出しました, に飛び込ん

▼ 付いた~ (36, 2.3%)

93 だが, ですか 2 だから, だらう, でしょう, です, ならもう少し

1 [11件] か, じゃありません, じゃが, じゃない, だね, だよ, だろう, だナ, ですが, ですつて, ですの

▼ 付いた~ (35, 2.3%)

5 見えて 2 云うの, 見えまして, 見え少し

1 [24件] いうじゃ, したらどんな, すると, すれば, みえて, みたの, 一ころは, 云って, 云はれ, 云ふ, 云やあ, 同時に突然恐ろしい, 同時に車, 同様お前の, 思うた時, 思うと, 思う途端, 思った, 思って, 本多は, 見える乳首, 言つたらう, 言ふ, 記して

▼ 付いたので~ (35, 2.3%)

9 せう 5 あつた 2 小指を, 意味が

1 [17件] いわれない前, とうとう別れ話, なくして, わざと君, サア事が, スッカリ眼が, 事が, 二人は, 二人を, 其礼心やら, 喰い付かれた不幸, 安心し, 寧ろ此邊, 蛇も, 見舞いに, 込み上げて, 迚も

▼ 付いた~ (31, 2.0%)

2 証拠が

1 [29件] あんな偏屈, いいか, さてどう, その上, それで, ただ二人, ただ瞰, どうする, なかなか寝られない, まだ解らない, もうひと息, よもや斯, わたしが, 今度は, 別に深く, 却も, 庖丁を, 戦中の, 最後容易に, 椅子が, 此時障子の, 焼け爛れた皮膚, 私の, 箪笥の, 肝甚, 起ち上がって, 長八の, 靜子が, 魔法化された

▼ 付いた~ (21, 1.4%)

2 して, 八

1 [17件] え, お通さん, それとも栄養, それを, 下つ, 些と, 八若い, 女房の, 急に, 手當てが, 無礼者ッ, 猛然として, 直助, 知らん, 知りませんが, 破れかぶれだ, 飛出して

▼ 付いた~ (17, 1.1%)

2 で, を出した

1 [13件] が聞えた, だった, でいった, でポツリ, で一尺法師, で云った, で五里, で口, で尋ねました, で島村, で注意, で答え, で答えた

▼ 付いたから~ (15, 1.0%)

2 である

1 [13件] あわてて, この二朱, それを, なのでありました, ドッコイその, ハッと, ムヽ咬付かれ, 寝衣はずるり, 後から, 村川の, 此處へ, 私は, 筋書の

▼ 付いた~ (15, 1.0%)

2 に, に見えた

1 [11件] だから, な洗面所, にし, にそれ, にな, にまた, に急, に熱し, に生え, に言, に長い

▼ 付いた調子~ (13, 0.8%)

3 で, で答えた 2 だった 1 でこう, で云った, で咳一咳, で多分, とに私

▼ 付いた気分~ (12, 0.8%)

2 になった 1 で出かけ, で同じ, で居ります, で描かなけれ, で紙, にある, になした, になる, になれない, にもなり

▼ 付いた~ (11, 0.7%)

2 はない 1 があったら, がある, があるなら, と思いおった, は, はなかつた, は何, は無, は無い

▼ 付いたという~ (9, 0.6%)

1 ことだ, ことに, ときに, のだろう, のは, ような, 位, 位に, 風で

▼ 付いたところ~ (9, 0.6%)

1 でございました, で御座いました, で御座います, で親, へ休みたい, へ折, までは上出来, も出来, を読みあげた

▼ 付いた~ (8, 0.5%)

1 つとりした所, 久美さんは, 咲チョッと, 浜が, 浦を, 神籤は, 神籤を, 臀に対して

▼ 付いた様子~ (8, 0.5%)

2 です 1 で逃げる, に見えた, に見える, もありません, を思い出し, を見

▼ 付いた~ (8, 0.5%)

2 で, をし 1 で口, で鐵砲丸, ね, もありません

▼ 付いたかと~ (7, 0.5%)

3 思うと 2 思ふと 1 云うと, 問い合わせに

▼ 付いたかも~ (7, 0.5%)

2 知れないが 1 しれなかった, 知れない, 知れないのに, 知れない八方, 知れなかったん

▼ 付いたとき~ (7, 0.5%)

2 に自分 1 から急, どんな泣きッ面, にはあッ, にはその, にはまるで

▼ 付いたまま~ (7, 0.5%)

1 お徳, もうもう決して決して放さない, 少しも, 握られて, 死ぬ事, 遠ざかる, 青白い顔

▼ 付いた態度~ (7, 0.5%)

1 がない, でこの, で云った, で答えた, に自分, をかえなかった, を保っ

▼ 付いた~ (7, 0.5%)

1 だけに小, でどう, でも半年位, によるに黒羽二重, は腐り, を手早く, を擧げるなら

▼ 付いた樣子~ (7, 0.5%)

5 です 1 で, で急

▼ 付いた~ (7, 0.5%)

2 はない 1 がなかっ, がねえ, に大事, はありません, はなかっ

▼ 付いたといふ~ (6, 0.4%)

1 のか, のは, やうな, やうに, 程ではねえ, 鹽梅に

▼ 付いたもん~ (6, 0.4%)

2 だ, ですから 1 だね, で

▼ 付いた~ (6, 0.4%)

1 が有っ, が騎馬, じゃろう, はありません, は尠, も彼

▼ 付いた~ (6, 0.4%)

2 を素直 1 は凍傷, を八つ, を洗っ, を田川

▼ 付いた気持~ (6, 0.4%)

1 で受け容れ, で研究室, で頭, になっ, になった, に返った

▼ 付いた~ (6, 0.4%)

1 の心持, は, はモウ, は世の中, は思い切っ, は障子

▼ 付いたつもり~ (5, 0.3%)

21 だが, であつ, でいる

▼ 付いた~ (5, 0.3%)

1 ホンマらしい, 人形だ, 例の, 美人の, 見霞むばかりの

▼ 付いたわけ~ (5, 0.3%)

2 では 1 である, です, でも

▼ 付いた人間~ (5, 0.3%)

1 として女, の作品, らしいシンミリ, を二三カ所点綴, を二三ヶ所点綴

▼ 付いた口調~ (5, 0.3%)

1 で, であった, でかう, で柳, に還っ

▼ 付いた~ (5, 0.3%)

1 でいる, で眺めやった, はありません, はそういう, もなく

▼ 付いた~ (5, 0.3%)

2 をし 1 で車夫, の表情, を離しました

▼ 付いた~ (4, 0.3%)

2 せう, せうが

▼ 付いた~ (4, 0.3%)

1 が見る, この倨傲, の心, の頭

▼ 付いた心持~ (4, 0.3%)

1 さえした, できいた, と彼女, になっ

▼ 付いた~ (4, 0.3%)

1 で私たち, とで純, のなか, を見あげ

▼ 付いた脇差~ (4, 0.3%)

1 も小判, をお前, を取り直した, を渡しました

▼ 付いた~ (4, 0.3%)

2 を着 1 が一枚, を引

▼ 付いたいい~ (3, 0.2%)

1 のよ, ものである, 趣味で

▼ 付いたかの~ (3, 0.2%)

2 ように 1 やうに

▼ 付いただけ~ (3, 0.2%)

1 ぢや, であと, 助かるといった

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 相違無い, 違いない, 違ひあるまい

▼ 付いたやつ~ (3, 0.2%)

2 だよ 1 で皺

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 がお前, こいつは, タガネで

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 が只, が最, は枕

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 で言った, なので, に烏茶屋

▼ 付いた御影石~ (3, 0.2%)

2 で精 1 の洒落れた

▼ 付いた微笑~ (3, 0.2%)

2 を浮べ 1 を示した

▼ 付いた情調~ (3, 0.2%)

2 に居りたかつた 1 に居りたかった

▼ 付いた感じ~ (3, 0.2%)

1 だった, のする, を与え

▼ 付いた提灯~ (3, 0.2%)

2 を挟ん 1 が眼

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 に家督, は初めて, を泥

▼ 付いた時彼~ (3, 0.2%)

2 は狭い 1 の感想

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

2 を払い 1 に眼

▼ 付いた細長い~ (3, 0.2%)

2 箱で 1 輪飾を

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 で云, で言, をかけた

▼ 付いた~ (3, 0.2%)

1 じゃない, だが, ですが

▼ 付いたからの~ (2, 0.1%)

2

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 うだから, うだが

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 吉村さんも, 女房の

▼ 付いたしかし~ (2, 0.1%)

2 テキパキした

▼ 付いたその~ (2, 0.1%)

1 僅な, 腰の

▼ 付いただけの~ (2, 0.1%)

1 ことで, ことな

▼ 付いたばかり~ (2, 0.1%)

1 ですのに, で二人

▼ 付いたほど~ (2, 0.1%)

1 である, 喫驚し

▼ 付いたまま水~ (2, 0.1%)

1 から二時間湯, から四時間

▼ 付いたガラツ八~ (2, 0.1%)

1 は帶, は行燈

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 でなければ, で若

▼ 付いた二本~ (2, 0.1%)

1 の手, の鎖

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 であるが, は無い

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 は殺人事件, は馬

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 の尖った, を調べさせました

▼ 付いた八五郎~ (2, 0.1%)

1 に取, は職業意識

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 がある, で二つ

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 のすわり, の着眼

▼ 付いた吾輩~ (2, 0.1%)

1 の右足, はそれ

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 が恋しく, の極楽

▼ 付いた大きい~ (2, 0.1%)

1 人間に, 寝台マホガニー一式の

▼ 付いた大きな~ (2, 0.1%)

1 煙草入を, 袋を

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 の児, の血

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 ですから, は何より

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 が思ひ出され, で酒

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 じんまりと, 鞄を

▼ 付いた小一郎~ (2, 0.1%)

1 はいそい, は仔細

▼ 付いた平たい~ (2, 0.1%)

2 籠に

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 で呟いた, は見られた

▼ 付いた懐刀~ (2, 0.1%)

1 だ, をお

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

2 のさき

▼ 付いた文箱~ (2, 0.1%)

2 を持っ

▼ 付いた普通~ (2, 0.1%)

1 のお, の赤い

▼ 付いた暖簾~ (2, 0.1%)

1 のかかった, の間

▼ 付いた深い~ (2, 0.1%)

2 水の

▼ 付いた満足~ (2, 0.1%)

2 を覚えた

▼ 付いた煙管~ (2, 0.1%)

1 で煙草盆, を振り上げ

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 で手, をし

▼ 付いた生活~ (2, 0.1%)

1 が余りに, にはいっ

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 だもの, で後悔

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 ですよ, のよう

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 だ, でもう一度

▼ 付いた相手~ (2, 0.1%)

1 がフガ英語, を猛烈

▼ 付いた真面目~ (2, 0.1%)

1 なもの, な気持

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ 付いた箱馬車~ (2, 0.1%)

2 に栗毛

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 の色, をお

▼ 付いた美しい~ (2, 0.1%)

1 情熱で, 文箱を

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 づけ客観的, を旨

▼ 付いた自分~ (2, 0.1%)

1 が嬉し, の柄

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 の紙, の軽快

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 など生えた, のよう

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 の痕, を拭いやり放った

▼ 付いた足どり~ (2, 0.1%)

1 で土塀, で近付く

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 が, ではなく

▼ 付いた部屋~ (2, 0.1%)

1 であった様, で周防

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

2 を置く

▼ 付いた静か~ (2, 0.1%)

1 な微, な眼付

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 と柄, を払っ

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 であるから, には五味左門

▼ 付いた~ (2, 0.1%)

1 をし, を離しました

▼ 付いた顔付~ (2, 0.1%)

1 とを見てる, になり

▼ 付いた駕籠~ (2, 0.1%)

2 は往来

▼ 付いた驚き~ (2, 0.1%)

1 と同時に, をもっ

▼ 付いた鼠花火~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼1* [432件]

付いたおいしさが, 付いたお抱え然たる, 付いたかな張教仁, 付いたからには他から, 付いたきり見る影, 付いたくちびるを拭き, 付いたくらいであった, 付いたけれど家人の, 付いたけれども気の, 付いたたア, 付いたこの心が, 付いたこれも今後さよう, 付いたこんな立派な, 付いたさまざまな形, 付いたしっかり者でした, 付いたすべての面倒, 付いたそうであるが, 付いた取逃すな, 付いたただ一筋の, 付いたたった一つの, 付いたためにその後, 付いただけじゃ何にも, 付いただけに体も, 付いたって構うもん, 付いたつて笑やしない, 付いたとかいうのは, 付いたとき私は日本好き, 付いたとしてもだよ, 付いたとは考えないの, 付いたどんな事が, 付いたなぞいう次第, 付いたなりで狂い死, 付いたなりに新五郎と共に, 付いたのに金襴の, 付いたのよ今捕まっ, 付いたはずだ, 付いたばかりにいわゆる, 付いたばかりの新太郎は, 付いたぴかぴか光る貨幣, 付いたぶっ割き羽織, 付いたぺーパーナイフが呪われた, 付いたまだ月は, 付いたままここまで来た, 付いたまま口に出し, 付いたまま命を絞る, 付いたまま声一つ出すもの, 付いたまま思い切り声を放っ, 付いたまま死の色, 付いたまま脳貧血を起し, 付いたまま膝から下, 付いたまま身を悶え, 付いたまま身動きすらしなかった, 付いたまま首だけで生き, 付いたまるで落胆である, 付いたもののそれは, 付いたものスキは見せない, 付いた置いて, 付いたんぢやありません, 付いたんでせう, 付いたアカデミックな静かさ, 付いたアザヤカナものだったので, 付いたアルトの声, 付いたイヤ憶出した事, 付いたガラッ八は, 付いたスピードで進ん, 付いたチフリスで, 付いたデング熱がまだ, 付いた第一妻君, 付いたバターを昔, 付いたビールのコップ, 付いたペトンの破片, 付いたボーシュレーは苦しい, 付いたマヤカシ骰子と言う, 付いたヴィクトリヤ女王朝前に建てられた, 付いた一人の女性, 付いた一例では, 付いた一冊の書物, 付いた一刹那次の波, 付いた一将だが, 付いた一挺櫓を押す, 付いた一枚の貨幣, 付いた一枚板を何ん, 付いた一筋の道, 付いた一面から申せ, 付いたけでも唇, 付いた三人の女, 付いた下層の落葉, 付いた下駄を格子, 付いた中江はもう少し, 付いた二三を選ん, 付いた二枚の板, 付いた五人は叫び声, 付いた五円札がたった, 付いた人位はあつ, 付いた人情本を引続き, 付いた人文の歴史, 付いた明るい世界, 付いたとなっ, 付いた仕事の味, 付いた仕事部屋のない, 付いた以上それを明, 付いた以上轡川にうまく, 付いた以後の, 付いたですもの, 付いた低い声で, 付いたを養い, 付いた余裕があった, 付いた作的気分の十分, 付いた作者の心境, 付いた借金という, 付いた健三は物質的, 付いたの芝草, 付いたの手, 付いた光景着換の爲, 付いた兜形の帽子, 付いた八角形の眼鏡, 付いた六七百ページの本, 付いた六角柱の雪, 付いた刃物ぐらいはどこ, 付いた分別を失わせる, 付いた切手などの入れ, 付いた刹那に僕, 付いた前掛けを一つ, 付いた前進性を評価, 付いたが寂しく, 付いた力強い声で, 付いた勇気に満ち, 付いた勉強をしよう, 付いた北斎は駕籠, 付いた北方的風景が気に入るらしい, 付いた千之助の前, 付いた半ヶ月目関東の大震災, 付いた半纏をこれ, 付いた友田君に両君, 付いた刃の, 付いた口吻で云いおわった, 付いた吾等一同は殆ど卒倒, 付いた呼び声でコーモリ, 付いたを漏れた, 付いた唐人笠をかぶっ, 付いた唐皮の箱, 付いた唯一の人間, 付いたになっ, 付いたの上, 付いた壁土であらん, 付いた声音で云った, 付いた夏羽織と薬草, 付いた夜具か何, 付いた大広間満々たる清水, 付いた大形な銀杏返し, 付いた大男が自分, 付いた大身の槍, 付いた天鵞絨の胴衣, 付いた太い眉と, 付いた夫婦らしい情愛, 付いた奸物かに限られ, 付いたはモウ, 付いた嫌悪にみちた, 付いた孝太郎の頭, 付いた学者たちは今, 付いた安住を読む, 付いた安心を得, 付いたを随時, 付いた家人は一勢, 付いた家令が電話, 付いた家具の感じ, 付いた容子で盃, 付いた寛闊な麻, 付いた小さい家を, 付いた小さな宅が, 付いた小型の聖書, 付いた小形の洋傘, 付いた小柄を抜こう, 付いた少女でした, 付いた少年ぽさ, 付いた履物のま, 付いた左孝はまだ, 付いた巨万の財産, 付いた帽子を持った, 付いたを張る, 付いた平常の白衣, 付いた平次は人, 付いた広縁が廻し, 付いた床の間は余, 付いた座敷へ席, 付いたを憐れむ, 付いたき方, 付いた吉は, 付いた形態を見せ, 付いた後日毎に待たれる, 付いた守脇差を, 付いた御家人喜六と唐人, 付いた御馳走小山も応接, 付いた心構えがあった, 付いた心算で御座います, 付いた忠蔵は苦笑, 付いた怪物である, 付いた怪痴を払い除ける, 付いた恥骨のみが高, 付いた情熱である, 付いた慰さめをこめた, 付いたほど其の, 付いた世界が, 付いた所々には深い, 付いたを持つた, 付いた手代の使, 付いた手拭が出, 付いた手紙を受取った, 付いた手袋が見付かっ, 付いた手足のその, 付いた手頃の石燈籠, 付いた扱帶と違つて, 付いたなどは慌て, 付いた押絵がある, 付いた振りをし, 付いた揚げ句に宗慶寺, 付いた故今日がきょう, 付いた散歩をした, 付いた文次はふと, 付いた新しい土を, 付いた新説である, 付いた新進作家だ, 付いたの落ちた, 付いた日暮しを失っ, 付いた日本語にうつせる, 付いた日覆ひの, 付いた昆布のよう, 付いた明るい色の, 付いた明るみを取逃すまい, 付いたが表, 付いた昼餐をし, 付いた時いくらかの衝動, 付いた時これが密室, 付いた時分私の頭, 付いた時川向うの潮音寺, 付いた時店の方, 付いた時郷里から妻, 付いた景色を眺め, 付いたの町, 付いた曲者どもが我慢, 付いた曲者共が我慢, 付いた樣で, 付いた有様は眼, 付いたを着, 付いた木戸の扉, 付いた木綿針だ, 付いた木製の椀, 付いた本社のマーク, 付いたの抽出, 付いた条件が三ツ四ツ, 付いた板塀の上, 付いた果てに林道, 付いたが見える, 付いたにそれ, 付いたをいくつ, 付いた機嫌のいい, 付いたの瞬間, 付いた此不可思議な音, 付いた此家へ祝儀, 付いたは意外, 付いたになれ, 付いた気持ちでそれら, 付いたに向いた, 付いた汽車を見送っ, 付いた法華経三部経のごとき, 付いた洋燈が灯っ, 付いた流行色の山高帽, 付いた漸近線の水準, 付いた濁声がこ, 付いた灯籠を提げ, 付いたを申, 付いた為め今まで払底, 付いた無性人で夫, 付いたでしたが, 付いたをたまわっ, 付いたである, 付いただから, 付いた物々しい恰好の, 付いた狂犬見たいなもの, 付いたを子, 付いたのやう, 付いた玉子釈きも, 付いた玉子廻しを大層, 付いた理性の判断, 付いた瓢箪で汲む, 付いた田舎の青年, 付いた町並みと柳原あたり, 付いた異性に対して堂々, 付いた白亜の典雅, 付いた皮肌饂飩のよう, 付いた皺だらけの紙幣, 付いたで省みる, 付いた看護衣の長い四角い, 付いた真新しい麻の, 付いた短い棒を, 付いた短刀だってわざわざ, 付いた短靴を召され, 付いたの右, 付いた社会において今, 付いた社会面の大, 付いた科学者であった, 付いた称呼をヒラガタケ, 付いた稀特な詩集, 付いた稽古槍の仕合, 付いた積りだ, 付いた穹窿形の門, 付いた空氣を透し, 付いたがある, 付いたを出した, 付いた竹筒を埋め, 付いた竹籠を作る, 付いたに瓜, 付いた笑顔で受け容れ, 付いたを取った, 付いた筆致と省略的, 付いたです, 付いた箪笥の上, 付いたを落し, 付いた精神をもっ, 付いた糟糠の仲, 付いた糸織の古, 付いた紅白の鈴, 付いた紋服小倉の馬乗袴, 付いた細引を切り, 付いた結晶が天然, 付いた綸子の綿入, 付いた綿密な態度, 付いた緊張した態度, 付いたに細長い, 付いた纒まつた建物, 付いた羈絆は離れぬ, 付いた美しさに, 付いた羽織ぐらい着, 付いたを羽搏, 付いた老人だったので, 付いたの線, 付いたを据え, 付いたの方, 付いた船員が揃っ, 付いた艫櫓を引きずった, 付いた色氣を持つ, 付いた色調の組紐刺繍, 付いた花枝は, 付いた若者の姿, 付いた苦笑を, 付いた茶色の頭巾, 付いた草履を履いた, 付いた荷札に実父, 付いた菱餅をガラッ, 付いた葉巻の屑, 付いた葡萄葉のさやさや, 付いたの方, 付いたと一緒, 付いた藁屋が両側, 付いた藝當は出, 付いた藤沢桓夫氏の虫けら, 付いた藤色の表紙, 付いた處女の肩, 付いたや卵, 付いた蜘蛛の巣, 付いた行書で閑枝, 付いた複雑な形, 付いたやレース, 付いた西班牙犬の毛, 付いた見物気分を起しました, 付いた親切な医学士, 付いた親族だけをいう, 付いた観客は金, 付いた観察を以て終始, 付いた評価がやさし, 付いた詩子ですが, 付いたになっ, 付いた話ぶりには流石, 付いた誇りの色, 付いた論語集註とを時々, 付いたのやう, 付いた象牙の骰子, 付いた豪勢なオペラグラス, 付いた財布中には小粒, 付いた賑やかさの夜街, 付いた赤い紐を, 付いたがあった, 付いたやまるく, 付いた足取りで進ん, 付いた身体へ存分, 付いた輿のよう, 付いた殆ど無意識, 付いた途端一時ははっ, 付いた通りに翁, 付いたを走らせ, 付いた遠国者らしい五十前後, 付いた遺骨の壺, 付いた部落を解散, 付いた配縄の一端, 付いたそうな, 付いた重い分銅が, 付いた野猪一向御, 付いた釘抜きの体, 付いた釜山の署長, 付いたが一本, 付いた鉄管の氷簾, 付いた鉄色の紋付, 付いたや網, 付いたを佐比, 付いた鋭利な一丁, 付いたのやう, 付いたを出し, 付いたが両側, 付いた長方形の鏡, 付いた陰惨な苛ら立ち, 付いた難所に差しかかる, 付いたが降っ, 付いたの結晶, 付いた靴下の兩方, 付いた頃暫らく遠ざかって, 付いた頃私は其涼, 付いた頗る見窄, 付いた顔つきで快活, 付いた顔色で, 付いた風景の一部, 付いた風采をし, 付いたを苧ヶ瀬池, 付いた香箱の蓋, 付いたと妻, 付いた騒ぎでした, 付いた骰子の片割れ, 付いた提灯を, 付いた髪編紐で, 付いたで枕, 付いた麻裃を着, 付いた黒い紐を, 付いた黒土原の上