青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「京都~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

交通~ ~交際 交際~ ~亦 亦~ 享~ 享楽~ ~京 京~ ~京都
京都~
亭~ ~亭主 亭主~ ~人 人~ ~人々 人々~ ~人たち 人前~ ~人口

「京都~」 7185, 74ppm, 1513位

▼ 京都~ (1852, 25.8%)

43 方へ 20 方に, 町を 17 町の 1312 方の 11 方で 9 女は, 方を 8 土を, 間を 7 地に, 方から 6 人は, 会堂の, 方が, 町は, 町へ, 街を 5 ような, 信者, 悲田院の, 罪人が

4 [15件] 人で, 会堂は, 公家の, 冬は, 北の, 大学に, 大学へ, 御所の, 教会は, 様子を, 町が, 町で, 町に, 美しさ, 街の

3 [30件] からすは, ほうへ, 人たちは, 人間は, 会堂で, 兇変を, 南の, 哲学科に, 夜を, 大学の, 大學, 大町人, 女と, 守護を, 宿で, 市民が, 或る, 教会の, 文科に, 方は, 方へでも, 樹木の, 秋を, 空は, 空気の, 街が, 豆腐は, 長平を, 高瀬川を, 高等学校へ

2 [104件] ある呉服屋, お女郎, ことまで, やうな, モスリン会社の, 三高の, 上品な, 中に, 二条城に, 人が, 人たちの, 人に, 人文書院から, 仮寓を, 伏見稲荷の, 信者たちは, 信者の, 停車場で, 公卿の, 典薬頭の, 典薬頭某の, 出水辺に, 北部全, 叔父の, 同志社で, 名物の, 哲学科へ, 四条の, 四条河原に, 土地に, 地震で, 大きい寺, 天地の, 天地を, 女の, 如き大, 妙心寺に, 姉は, 学校へ, 家に, 家へ, 宿屋で, 寺に, 屋敷に, 山だ, 嵯峨に, 市中に, 市中を, 市民は, 市街が, 市街を, 御所を, 御趣意, 政府と, 文化と, 文雅に, 新京極の, 方角へ, 方面から, 日の出新聞に, 月は, 朝市に, 杉苔の, 東の, 東北の, 東本願寺の, 桂離宮と, 様子も, 浅井黙, 清水の, 清水寺の, 産に, 町でも, 町奉行から, 画家が, 留守居は, 祇園に, 秋の, 空の, 竹は, 第三高等学校, 者で, 聖護院の, 花が, 街, 街に, 街も, 襟新と, 西の, 親戚を, 言葉が, 言葉を, 話を, 貴族の, 趣味なる, 農学校の, 郊外に, 郊外の, 金閣寺の, 飲み屋へ, 駅で, 高瀬川は, 高等学校に, JO撮影所の

1 [1254件 抜粋] あいだで, ある哲学者, ある方面, いかにも女の都, およそ中央, お医者, お寺詣, お邸, こと, ことに女, ことも, このごろは, さびしい御所, しかるべき商賈, すぐてまえの, それに, それを, とある染物店, にぎあいを, ひとびと, ほうが, まちを, まんなかへ, もっともたのしい, もので, やうに, よかった, アクセントで, アラスカも, キリシタンの, ギオンを, ケチンボウから, スケツチは, ダッシー所長八田が, フロイスを, 一乗寺で, 一市民の, 一方の, 一燈園に, 七条土に, 万里小路という, 三井さんの, 三十三間堂で, 三十三間堂を, 三島亭を, 三条大橋の, 三条白河橋に, 三高へ, 上りまで, 上村松園いずれも, 上流は, 下加茂辺りに, 下宿を, 不幸かも, 不良少女は, 両本願寺, 中だけの, 中心, 中流公家の, 丸平で, 乱に, 事だろう, 事名古屋の, 事情にも, 二条京極の, 五条家からは, 人々が, 人々よ, 人だち, 人と, 人にて, 人よりも, 人屋に, 人心は, 人間だ, 今の, 今井氏来診注射今井氏も, 今井泰蔵ドクトル夫妻来訪, 今出川に, 今宮祭まで, 仏師雲慶, 付近なども, 伊良子氏が, 伏見の, 会へ, 会堂では, 住民は, 何とか云う, 余戸は, 作家たちが, 使者参著す, 侘しき町端, 保津川の, 信者たちが, 信者のみ, 俥屋と, 俳人達は, 停車場から, 僕を, 先生を, 八坂神社俗に, 八瀬から, 八神殿以来, 公卿さんの, 公卿たちの, 公卿も, 公卿伯爵の, 公家から, 公家衆は, 公方家の, 六条村の, 六波羅のや, 兵乱を, 内外に, 冬の, 凝った部屋, 出しもの, 出です, 列へ, 動静へ, 勤倹貯蓄週間で, 北から, 北朝は, 北部といふ, 北部地方を, 北野天満宮成田及び, 医家永井朋吉氏方にて, 南方まで, 南禅寺に, 博物館でのみ, 博物館は, 友だちからも, 友人の, 古い建物, 古家の, 各地へ, 吉岡と, 吉岡清十郎へ, 吉田が, 同志で, 同志社に, 同志社東京の, 名だたる貴紳, 名物と, 呉服問屋の, 周囲には, 周囲十二乃至, 哲学畑に, 唯一の, 喫茶店は, 四条道場での, 土であった, 土は, 土産物の, 地が, 地や, 地名, 坂の, 堀川まで, 墓には, 壬生寺の, 声色が, 変の, 夏は, 外へ, 夜は, 夜汽車嵯峨の, 大きな官署, 大きな御社, 大仏造営に, 大内へ, 大学には, 大学教授である, 大工で, 大市式の, 大徳寺にも, 大徳寺へ, 大舎人寮, 大通岡本橘仙氏が, 天地にも, 天皇のが, 天部部落が, 天部部落以外に, 女である, 女大阪の, 女学校を, 女流といふ, 如き区域, 妙覚寺へ, 姉に, 姉夫婦は, 娘に, 存在であります, 学僧たちに対して, 学生の, 学者が, 宅で, 守護武蔵前, 宗仙寺に, 宗家を, 実状であった, 客は, 宣教師の, 宮川町で, 宮廷を, 宮永東山河村蜻山三浦竹泉九谷方面では, 宿に, 宿の, 宿屋へ, 富商脇屋新, 富豪たちにも, 寓居との, 寺へ, 寺院にでも, 寺院見物について, 寿岳文章君と, 将軍義昭が, 小さな活動小屋, 小田進康来り, 少女の, 居酒屋へ, 展覧会に, 山の, 山崎の, 山科から, 山科に, 岡っ, 岡崎辺へ, 島原で, 島原に, 嵐山の, 嵯峨から, 工科大学教授, 巨椋の, 市中は, 市中や, 市制や, 市政を, 市民に, 市民や, 市街へ, 師団も, 幕府勢力まで, 平和は, 平野神社や, 底冷えといふ, 庶政も, 庶民などが, 建仁寺塔頭の, 形勢が, 形勢は, 影響は, 往来を, 御公卿様, 御影堂本家の, 御所に対しては, 御所や, 志士が, 念仏狂言類似の, 悪友から, 情勢と, 或私立中学, 所司代が, 所司代の, 所司代前田玄以は, 手薄を, 攻囲戦, 政情が, 政治を, 教授会で, 敵を, 文化, 文化が, 文化の, 文化を, 文化圏を, 文科の, 文科大学の, 斎場でも, 新京極それに, 新会堂, 新緑の, 新聞に, 方からは, 方でした, 方には, 方へは, 方面に, 旅の, 旅舎で, 旅館へ, 日本の, 日野中納言家の, 明暗寺と, 春が, 時雨の, 景色の, 最大の, 有志者が, 望楠書院で, 朝廷, 朝廷も, 朝顔を, 本場で, 本山から, 本街道, 本阿弥光悦さま, 東寺で, 東寺に, 東山といった, 東山に, 松前屋から, 松島屋東京なら, 松茸を, 林百合子という, 某商会, 某貴族邸, 柳から, 桂の, 桜の, 梅田雲浜頼三樹三郎橋本左内その他京都の, 植村府知事神奈川の, 檀那へ, 歌人の, 歌界内部に対しては, 武士は, 武徳殿で, 比では, 水が, 河上肇君も, 河原者は, 治安を, 法印の, 法科大学を, 法華宗諸, 洗湯へ, 活動小屋へ, 浄雪の, 消息を, 深田教授が, 清水寺を, 清盛入道と, 湿気の, 灯が, 烏丸光広の, 焼物が, 父の, 片山家, 物語は, 特長で, 猪熊先生の, 玄俊は, 現状を, 生れだ, 生椎茸, 生活と, 生活を, 産にて, 産科医賀川玄吾で, 田舎が, 町だ, 町では, 町には, 町へも, 町らしくなる, 町中から, 町人は, 町代表たちで, 町医院には, 町家の, 画家で, 画工某の, 留守を, 留守居を, 百万遍智恩寺境内に, 皇帝へは, 目明し文吉この, 相国寺に, 真中の, 知合から, 知恩院の, 石工や, 社会を, 祇園すなわち, 祇園新地に, 祇園祭に, 祇園祭りの, 神仏を, 神輿かきは, 福井新九郎が, 秋色を, 空へ, 空也念仏の, 空気に, 端から, 端にも, 竹を, 第三高等学校出身, 等持院の, 米の, 粛清が, 紺屋で, 経済復興などに, 経験は, 総督, 縄手三条下る, 繁華を, 織物問屋で, 美術協会も, 義兄から, 義昭は, 者女は, 職人の, 自分の, 舞いを, 芝居は, 花でなけれ, 花園妙心寺へ, 若い叔父, 英学校に, 荒廃, 菊池が, 葵祭にも, 薩邸へ, 藩邸に, 虚禮多き, 行政を, 街なかを, 街へ, 裁判所では, 裏寺町の, 西七条の, 西川一草亭氏は, 西郷さんから, 規模には, 親類などへ, 親類を, 言葉は, 訛りが, 話が, 話なぞを, 誰も, 諸寺, 諸寺参拝, 警察が, 警察へ, 豊田さんからの, 豫感, 貴族, 貴族たちの, 貴族は, 買人某の, 賀茂安倍の, 趣が, 足利義昭将軍は, 辛味が, 辻の, 近くに, 近所にも, 近畿で, 近邊, 近郊として, 返りだな, 通し矢で, 遊廓の, 遊里として, 道路家屋並に, 邊へ, 郊外も, 都ホテルの, 酒友の, 里に, 野長瀬晩花氏を, 鉄石からの, 鍋取, 長平の, 門弟達は, 関白さんの, 防備の, 附近を, 陶器業者に, 陶工青木木米は, 隠岐は, 雨は, 電車ぐらい, 電車は, 鞍馬山の, 頭上を, 風を, 風物が, 駅に, 騒動を, 高井来り, 高台寺焼を, 高等女学校の, 高等学校の, 鴨川の, 鴨河原や, 黄檗山万福寺の, 鼠と

▼ 京都~ (1006, 14.0%)

22 住んで, 出て 19 来て 12 於て 7 いた頃, 滞在し 6 あっては, 入って, 行って 5 いて, やつて, 帰って 4 あって, いた時分, 入った, 入つて, 於ては, 来たの, 遊んで

3 [16件] あるの, ある帝, ある師鉄胤, いた時, 一泊し, 上って, 向かって, 向って, 帰つた, 往つた, 於いて, 於いては, 着いた翌日, 着いて, 着くと, 遊学し

2 [57件] あったという, ありながら, ある時, いた, いたが, いたころ, いたの, いたり, いた人, いた間, いるうち, いること, いる娘, いる時, いる時分, おった時, なかった, ゐて, 一人平家物語りを, 上つてゐる, 上り慶喜, 住みついて, 入ってから, 入つた, 入らんと, 入ること, 共通な, 出た, 到着し, 千年の, 在って, 家を, 寓, 居つた, 居住し, 帰して, 往った, 往って, 待たせて, 戻って, 於いても, 来た翌年, 来ても, 来れば, 止まって, 残って, 流れて, 滞在する, 留まって, 着いたの, 行った, 赴かんと, 足を, 近い宇治, 遊学した, 運んで, 飽きた宗助

1 [694件 抜粋] あったが, あったパラダイス, あった住居, あった村上源氏, あった編輯部, あつて, あつて南宮氏, あつて徳望, あつて此書, あつて歿, あらせられた, あり泊月, あるため, あるので, あるもの, ある三大寺院, ある二軒, ある夫人, ある平田同門, ある平田家, ある徳川公, ある明智光秀, ある横議, ある河辺庄司行平, ある源平二氏, ある縁者, ある義経, ある若い, ある身ゆえ, ある間, ある鷹司, いい身投げ場所, いたこと, いたと, いたのね, いたスピノラ, いたポルトガル人たち, いた喜多村緑郎氏, いた時代, いた時分彼, いた武蔵, いた男, いた谷川徹三君, いち早く出来た, いても, いないこと, いないと, いなかった, いねえよと, いませんから, いらっしゃると, いるから, いると, いるの, いる両親宛, いる人, いる同門, いる弟又次郎, いる父, いる父母, いる自分, おいでな, おざる, おすまひ, おっても, おらしまへん, おり, おりましたが, おり日本, おわし故郷, お入り, お帰り, かえったねと, かかりあいが, ご滞在, して, しばらくとどまつ, その人, それぞれ分断し, ちよつと, ついた時, つき夜, つぐほどの, つづいて, とどまる間, なって, ならって, のぼって, のぼりそして, はいったとは, はいった時, はいった景蔵, はじめて御所, ひきつけて, ひらき日本, ふみとどまって, まいりまして, やって来給え, やり都, やり高本, よき身投げ場所, よくある灼きつける, ゐたが, ゐたころ, ゐたころ祇園, ゐた中田博士, ゐた時, ゐた時分彼, ゐた遠藤, ゐながら, ゐました, ゐるうち, ゐるかは, ゐるといふ, ゐる喜劇人, ゐる間, アパートを, ゴロゴロし, 一ヶ月滞在した, 一人も, 一屋を, 一年半滞在し, 一時的の, 一泊桃山陵の, 一隊の, 上せそれ, 上せ御料四千貫文, 上せ諸州, 上つたといふ, 上つた時ある, 上つた時大坂に, 上つてからも, 上つて久我家へ, 上り八年, 上り彼ら, 上り生田流, 上ること, 上ると, 上るには, 上申し, 下ったもの, 主点を, 乗り出して, 乗出して, 二年ちかく, 二日私と, 五名と, 交通巡査が, 今歳八十幾つ, 伝え商用, 伝進すべき, 似てるや, 住せし, 住みたいから, 住み細君, 住む, 住むで, 住む人, 住もうと, 住んだその, 住んだの, 住んでるでしょう, 住居し, 何も, 來て, 候せずし, 停まる, 入ったからと, 入ったが, 入つた年, 入つた後, 入つた永仁正安, 入らうと, 入らしめん, 入らむと欲, 入りあるいは, 入りて, 入り三条車町, 入り以仁王, 入り六波羅, 入り名和長年, 入り将軍, 入り淀川, 入り足利義昭, 入る, 入ると, 入るの, 入るや, 入る時, 入る第一歩, 六箇所の, 兵を, 凱旋し, 出で, 出でし著作, 出れば, 出兵させよう, 出張した, 利助という, 到り遊説, 創立された, 劣らぬ, 勢力を, 十七日名古屋に, 南禅寺学林妙心寺学林かと, 博覧会が, 去つたといふ, 参考が, 又持明院統, 及び京都, 及び義栄, 召されて, 各, 名高い龍文堂, 向う, 向かつて, 君臨し, 呼んで, 土着の, 土著した, 在します一品薬王寺宮様, 在つた時, 在るうち, 在る柏軒, 在る禪宗某派, 在る間, 在職し, 地震が, 埋められる遺骨, 多く流れ, 多く見る, 大勢力, 大地震, 大変が, 大挙出兵する, 大礼使事務官として, 奏上した, 奔つたと, 奔つて児玉塾に, 如雲社と, 妻子が, 学んで, 安閑と, 定住せず, 客死し, 客死した, 寄った, 寄つて殉難した, 寄越した, 對し, 居た時, 居た時分, 居った時分, 居った時分私, 居て, 居なかった, 居なかつたでは, 居りさえ, 居り是非交際, 居る, 居ると, 居るよりは, 居る名族, 居残ったの, 居残ります時, 居残り為替, 屈すべく次に, 島原大阪に, 左遷せられ, 差しつかわされたい, 帰ったが, 帰ったの, 帰っても, 帰つてから, 帰りついた第, 帰るか, 帰れないから, 帰れないという, 帰ろうと, 帰省した, 帷を, 幕府的な, 平家が, 幾日ぐらい, 建つ榊原紫峰氏, 引き上げた, 引き移って, 引き返して, 引越すこと, 当たるべし, 往き淹留中病, 往く, 往つ, 往つた前年である, 往つてゐた, 往つて歳の, 往復したる, 往来する, 後出した, 徙つた時には, 徙り, 必ずなく, 戦争が, 戻ったあの, 手引きし, 持ち來, 接した山村, 接近を, 攻めのぼった, 攻め入り町, 政變が, 敵対する, 料理が, 新撰組という, 於けるたった, 於ける二条, 於ける勢力, 於ける名, 於ける大阪人, 於ける徳川, 於ける東西, 於ける漱石氏, 於ける絶望, 於ける藍染屋, 於ての, 於る, 旅し, 旗幟を, 春日と, 暴れ込んだとか, 有名なる, 本店を, 来たからって, 来たため, 来たとき, 来た小田秀人, 来た由, 来てから, 来てからは, 来りはじめて, 来り十九歳, 来る, 来る時一緒, 来合せて, 松岡門人津島恒之進物産に, 根拠を, 歌の, 武装蜂起を, 歴然として, 歿す, 永らく居た, 泊った, 法律書生を, 派遣する, 流れついたもの, 流言が, 浸って, 滞在した, 滞留し, 滞留する, 潜んで, 潜行する, 濃くなった, 火事が, 煩った時, 現われた, 現存する, 甘えても, 生まれ京都, 生れて, 生活し, 男が, 留まったその, 留まるか, 留めて, 病む, 発つ, 百万遍という, 着いた使, 着いてから, 着いても, 着き二十五日, 着き翌日, 着くまでには, 着くよりも, 着した頃, 知られて, 知人を, 移されるとともに, 移され一種, 移した, 移って, 移っても, 移つて来た, 移りつつ, 移り住みたい意向, 移り住む前, 移り岡崎, 移ると, 移動した, 突入した, 立ち寄つて二十一日, 立ち寄り市民, 立って, 立寄り同志社, 簇出した, 織田代表の, 置いたこと, 罷在, 聳え交市場, 職を, 至り加茂堤, 至るべき道筋, 至る間, 良医が, 落ちついて, 落合って, 落合は, 落着く, 行かっしゃりました, 行かれた節, 行き松女, 行くよう, 行こうかと, 行ったこと, 行ったとき, 行ってからは, 行っても, 行つた, 行つてその道の, 行啓あらせられる, 西田先生を, 見るべきもの, 訪うた, 訪ひ, 講義に, 貴方の, 赴き歌道, 赴くの後, 赴任する, 起こった事件, 起った此, 起つた事變, 踏みとどまること, 踏みとどまるの, 輸入され, 迎えたよろこびが, 迎えて, 近いところ, 近い三条西家, 近い山城, 近い所, 近い畿内, 近かつ, 近き國, 近づいて, 返すの, 返ると, 送って, 送つたの, 送りしたしく, 逆戻りと, 逗留し, 連れて, 進出し, 進撃し, 遁れ, 遊びに, 遊び藤岡旅館泊中村憲吉君宅一泊, 遊んだので, 遊んだ人, 達したもの, 達し実隆, 遠からぬ, 遣は, 遣はす, 還り柏軒, 還幸された, 還幸し, 還幸出来る, 都した, 長居は, 附属した, 降りる, 降るの, 限ったこと, 隠岐和一が, 集った, 集て, 集まって, 集まってる人, 集合し, 離れて, 雨が, 音丸久能という, 頑張り見込違い, 飽いたといふ, 馳せ上つたの, 馳せ上らんと, 馴染ある

▼ 京都~ (880, 12.2%)

33 行って 19 出て, 来て 15 帰って 14 遊びに 11 上って 8 向って 7 向ふ 6 戻って 5 来てから, 着くと, 行くこと, 行つた 4 いって, 上ること, 向けて, 来たの, 行ったの, 行ってから

3 [14件] お帰り, はいった, やって来た, 來て, 入った, 向った, 旅行した, 移って, 立った, 行くと, 行けば, 行った, 行つたのは, 連れて

2 [54件] あつまって, おいでに, お出かけに, お立ちに, たった, つくと, のぼって, 上ったという, 上っては, 上るつもり, 上る路用, 上洛る, 來た, 來てから, 入ったの, 入つて, 入るの, 凱旋いたしました, 出向いて, 参って, 帰ってから, 帰ると, 帰ろう, 廻って, 引っ返して, 往つた, 放浪の, 早馬を, 来た, 来ること, 来ると, 発って, 登って, 着いたかを, 着いた一日目, 着いて, 着いてから, 着いてからの, 立って, 行かないうち, 行くつもり, 行く途中, 行こう, 行こうと, 行こう京都, 行ったわ, 行った時, 行つても, 足を, 逃げて, 還って, 降りて, 飛び出して, 飛んで

1 [554件 抜粋] あそびに, いそぐの, いったん伺い, いった後, いつてる, いらしつたらお, おいでたら, おいでにな, おいでると, お供, お入り, お出でに, お帰りなさる, お戻りなさらぬ, お越しに, お越しの, お連, お連れ, お餅, かえって, かえりステーション上ル, かえれば, かくれこんだ僧俗, きた, きて, きてから, くると, くるよう, さして帰りました, さして急, せまった, ぜひ行く, その夜, だ, ちょっと行く, ついた, ついたその, ついた私, つきさ, つき隠岐, つく, つくの, つれて, でかけた, とびこんで, なだれ入り大坂城の, ならこの, なりおいで, のぞみながら, のぼった, のぼったらぜひ, のぼりたいが, のぼりました, のぼること, のぼる公儀, のぼる船, はいったので, はいると, はいれば, はじめて行つた時, はたして藩主, ひきあげた, ひきあげて, ひき出したこの, ひっ返す事, ひッ, まいって, まいる, まいるぞ, まいれば, むかって, もう一度幸子, もどること, もろもろの, やったの, やって, やつて, やること, ゆきあと, ゆく汽車, ゆく由, ゆこうと, わざわざ上っ, タイムスの, ダッシー八田氏の, トボトボ帰っ, ビレラは, 一人立つ, 一日, 上せまして, 上った, 上ったとて, 上ったの, 上った堀田備中守正睦, 上った帰り山陰, 上った序, 上った節, 上つたときは, 上つて歸つた如水と, 上られて, 上りました, 上り首尾, 上るその, 上るため, 上るという, 上るとき, 上るの, 上る帳面, 上る時, 上る気, 上る途中, 上ろうと, 上洛した, 上洛って, 上洛り, 下らうもし, 下ろうもし, 不逞浪人が, 乗り込んだ加藤市左衛門, 乗り込んで, 乗込むよ, 乗込んだの, 乗込んで, 二百四十八里大阪へ, 二門船積にて, 京都へと, 伝えて, 伝えられた時, 伝わった, 伝わるであろう, 伝わる日, 住むやう, 住居し, 何か, 使いする, 使いに, 來てからも, 來る, 供給する, 侵入し, 保証し, 修学旅行に, 修行に, 先発, 入ったなら滅多, 入った足, 入って, 入ってから, 入りこみましたよう, 入りこみ旧縁, 入り両, 入り込んだの, 入るつもり, 入る所, 入れた, 入れること, 再び来, 出かけた, 出かけて, 出かけました, 出かけること, 出かけるそう, 出してから, 出た, 出たお, 出たらおまえ, 出た信長, 出た原因, 出た折, 出た時分, 出た翌々年, 出で, 出ようと, 出京都, 出入りし, 出向いた, 出向いた者たち, 出向かれその, 出向く旅, 出張し, 出張した, 出発, 出発する, 出発だ, 出発なさった, 初めて往つた時, 北朗居に, 去って, 参ったの, 参らば, 参りましたこと, 参りましょう, 参り姉夫婦, 参ると, 参る支度, 参る途中, 参候, 参勤し, 取り残されたいといふ, 向う夜行, 向う旅に, 向かいたいとの, 向かおうと, 向かった, 向かった伊那丸, 向けたり, 向ったよう, 向つて出発, 君たちよりも, 問いあわせたの, 問い合せに, 嘆願の, 報じ美濃路, 報告した, 売ったの, 売られたもの, 売られて, 売りに, 奉る, 奔って, 寄った, 寄つて結納を, 寄り急, 寝に, 将軍は, 差送る, 帰った, 帰った時, 帰っては, 帰らしめるという, 帰りそこで, 帰りたい, 帰りついたが, 帰りましょうか, 帰ります, 帰りナガサキヤ, 帰り又, 帰り桂子, 帰る, 帰ること, 帰るため, 帰るなり, 帰るには, 帰るほども, 帰る免許状, 帰る気, 帰れと, 帰ろうと, 帰ろうよ, 帰ッて, 帰省中の, 帰着, 帰還し, 廻るから, 引あげた, 引きか, 引き移った, 引き返した, 引き返して, 引っか, 引っ張って, 引返して, 張って, 往きませうと, 往くの, 往こうとして, 往って, 往つてそれを, 征め上り両, 御上洛, 御催促, 御出馬, 御着き, 御降嫁, 微行で, 心は, 急いで, 急いでも, 急ごうとして, 戻った, 戻っても, 戻ってもと, 戻つた時, 戻り世間, 手紙を, 押し出て, 持ち込んで, 持つて, 推参し, 攻めこんで, 攻めのぼって, 攻めのぼるべき気勢, 放たれること, 旅を, 旅立った, 旅立ったよう, 旅行し, 旅行なすっ, 早く行きたくなる, 早馬され, 暁葉子の, 来い大概, 来たこと, 来たせい, 来たついで, 来たという, 来たよう, 来たらぜひ, 来たらん, 来たん, 来た事, 来た初頃, 来た時, 来た理由, 来た私, 来た足, 来てからは, 来てるん, 来ないかと, 来ましたが, 来るたび, 来るので, 染めに, 歸つた, 歸られる, 残して, 残って, 汽車で, 泊らなくとも, 演奏旅行を, 潜入し, 物資を, 特急で, 独り帰つて来た, 生れ木屋町, 番上した, 疎開し, 療養に, 着いたその, 着いたとて, 着いたらと, 着いた事, 着いた事丈, 着いた時迎い, 着いた際, 着かないうち, 着きますなあ, 着き宿, 着くとき, 着くの, 着くはず, 着くまでの, 着く時分, 着く筈, 着けるはず, 知らせて, 知れたらどういう, 移つてからは, 移つて町人と, 移りしばらく, 移り時, 移る前, 移る時, 突いて, 立たうとして, 立たず, 立ち入ること, 立ち寄って, 立ったらいい, 立つ, 立つた, 立つなり, 立つまでの, 立つ日, 立つ約束, 立寄ったが, 立寄つて龍馬, 立退き申すべく, 米を, 罷越, 翌る, 耶蘇寺を, 脱ける, 至る人力車, 興行に, 花を, 荷為替を, 落ちたこと, 落ちられたという, 行かうか, 行かうその, 行かうと, 行かしゃったという噂, 行かせて, 行かなければ, 行かぬの, 行かれて, 行かれましょう, 行きそれから, 行きたいと, 行きたいの, 行きたくなった, 行きたくなって, 行き上皇さま, 行き信長, 行き南蛮寺, 行き最前, 行くが, 行くそう, 行くという, 行くとは, 行くには, 行くの, 行くまでに, 行くよう, 行くん, 行く喜び, 行く度び, 行く必要, 行く気, 行く用, 行く筈, 行けと, 行けとの, 行けばよ, 行け姉, 行こうかと, 行ったが, 行ったこと, 行ったそう, 行ったって, 行ったら泊めて, 行った事, 行った人, 行った年, 行った折, 行った素子, 行っちまったですよ, 行ってからの, 行っても, 行つたばかりの, 行つた時が, 行つてから, 行つてからは, 行つて下さる, 行つて六条の, 行つて墓守りが, 行つて居, 行つて居た, 行つて居れ, 言って, 訪ねて, 詣るであらう, 詰め寄せ, 誂えて, 護送いたし, 賣り江戸, 走った, 走ったの, 赴くこと, 赴任した, 越える山中, 越える逢坂山, 足ぶみ致すまい, 軍を, 転学した, 転居した, 轉學した, 迎え入れたの, 迎え取る方法, 近いこの, 近づくにつれて, 返して, 返せ, 迫って, 迫れ, 追跡いたしました, 送られて, 送りつけた, 送り届けた事, 逃げ帰って, 通ずる咽喉, 連れ帰って, 運んで, 道行きする, 達しまず, 遣った, 遣らない, 降りた, 除書の, 集つて来た, 集まった時, 集まって, 電話しました, 面を, 預けて, 飛ぶであろう七兵衛, 馳せ上った, 馳せ参ずるの, 鬼が

▼ 京都~ (300, 4.2%)

3 あった, あつた, 最初の

2 [11件] あると, さる知名, 一人で, 京都は, 教育を, 暮さうと, 暮らします, 殺された時, 浪士に, 著名な, 降りて

1 [269件] あったのう, あって, あゆを, ありまして, あるが, ある人, あんなにお世話, あんまりぜいたく, いろいろ手柄, お茶の, お菰, お逢い, お降り, かくまで, この手合, この植松先生, こんな言葉, そういう印象, その年, それを, たった二日, ちょっと用が, どんこ信州で, どんな生活, はた, ほんのちょっと, みゑ子を, もちよい, もっとも繁華, やった, やったもの, ゆっくり再会, よからぬ, よく知っ, カブラルに, ジョアンの, ダンサーを, テスト済みだ, ピエエル・ロチイ的の, 一人の, 一年半, 一度大阪で, 一所に, 一番いい, 一番上手な, 一番品の, 一番賑かな, 三人暮らす, 三年私が, 三月程, 三百年に, 下村勝助が, 下車いたします, 世帶を, 乗客の, 二三ど, 二十年育った, 五十二名の, 亡くなった木戸忠太郎君, 今は, 他の, 伏見宮近衛殿の, 会したの, 会った, 会った漱石氏, 会つた事が, 会堂の, 会堂新築の, 何かの, 何が, 何を, 何事か, 作って, 作楽井に, 信者と, 修業し, 停る, 働きたくは, 先づ食ひたいの, 先に, 全国高等学校の, 其年の, 内国勧業博覧会が, 出世の, 出会った時, 初めてそれ, 初めて同じ, 別れてから, 勉強し, 勤めて, 勤め口を, 医者に, 十一年間も, 千鶴子と, 半年か, 又歓迎, 友人が, 受取つてゐた, 受取り翌朝, 吉岡との, 吉岡一門を, 吉岡清十郎一門と, 名物の, 呼び付けられて, 和服を, 四郎左衛門の, 土州の, 坊主に, 多勢の, 大きな会, 大仏騒動と, 大学生が, 大寺の, 大騒ぎを, 失脚し, 始めて, 威勢を, 宇治の, 宣伝スチールと, 宿屋ぐらしを, 寝込んだダルメイダ, 将軍家兵法所の, 将軍暗殺という, 将軍暗殺の, 展覧会を, 嵐山の, 年々米二千俵を, 庭園を, 張り切って, 彫金家の, 彼を, 彼女の, 待ってるさかい, 待つ彼女, 得た味覚, 御世話, 必ず探し当てる, 思うさま遊ばせ, 悪い噂, 悪事を, 懇意に, 或る, 戰爭が, 打ち続けて, 扱うて, 抱えた, 挙行された, 捕はれた, 捕らえ一味, 捕縛され, 掘り出したもの, 握つて, 撮影中, 教授した, 教授を, 数百年以前から, 新会堂, 新派の, 日本最初と, 日本髷の, 暗殺された, 暫らく居つた, 暮らして, 書いたもの, 最も美しい, 最初に, 月に, 有名な, 栄えないの, 梯子を, 梶原氏に, 款待した, 武名を, 歿した, 殺されて, 殺されましたってね, 毎日毎晩碁ばかり, 河原者, 泣く子, 洋書を, 津田に, 活動を, 派手な, 火の, 無声会という, 煙草屋を, 物好きな, 独りぼっちで, 生れた上方, 生れて, 生活の, 生活難に, 産まれたころ, 男の, 異変が, 病死した, 発達し, 眞晝の, 研がせよう, 祐信と, 秀吉と, 秘法を, 立派な, 笛の, 策動し, 緩くり, 緩くり会おう, 縛に, 考えられた, 考えられたこと, 耳に, 耳を, 聖週を, 聞えて, 聽いた, 育っただけに, 育った娘, 育って, 色々な, 色紙を, 芝居を, 茶室ご, 荻江節を, 落ちあうこと, 落ちあったらある, 落ち会うこと, 落ち合う予定, 落ち合う筈, 落ち合う順序, 薩摩の, 虚名を, 行は, 行使させる, 見た多く, 見た頃, 覚えたもの, 観楓, 討幕府派の, 評判の, 詠んだという, 誰それと, 誰何を, 誰知らぬ, 謂ふ, 講義せられ, 買った金襴, 買物を, 費した自分, 起こったあの, 足利の, 身を, 近藤勇に, 送った, 逢って, 連中が, 遊び茶屋を, 遊ぶには, 過すと, 録音の, 長州兵が, 門前払いは, 開かれたシナ学会大会, 開かれた美術協会, 降りると, 陶器の, 非常に, 顔を, 馬鹿受けした, 鳥毛立屏風の

▼ 京都から~ (291, 4.1%)

10 帰って 4 大阪へ, 来て 3 鎌倉へ

2 [18件] して, 上京し, 何百里も, 参ったの, 奈良へと, 姿を, 手紙を, 東京に, 東京へ, 江戸に, 江戸へと, 江戸への, 滝村, 盗みに, 移って, 立って, 訪ねて, 近江へ

1 [234件] あらかじめ聯絡, いえば, いらつし, おおおれ, お下り, お入り, お帰り, お登り, かえる, かくかくの, かれら, きたという, こつちへ, この地, この地方, この山岳地, こんな山奥, こんな雑誌, すぐ広島, すぐ廣島, そこへ, その頃, たった今着いた, であつ, でかけるさ, とりよせて, のがれて, のりかえて, もたらして, もって, やって来た時, やつて, わざわざいらっし, わざわざ出かけ, わざわざ越前, ハガキが, ワザワザ上京した, 一人は, 一先ず帰郷, 一掃し, 上京の, 下向させる, 下向する, 九州に, 二回も, 伊勢へ, 伏見へ, 伝えられた, 伯父さんが, 但馬までの, 何か, 何とか云っ, 使が, 來た, 八田ダッシー氏が, 出た人, 出た定, 出て, 出は, 出向くこと, 出品した, 出稽古に, 到来の, 勝利を, 北陸を, 十津川までの, 午後に, 午後の, 南山陽の, 博覧会で, 去って, 参った人, 取りよせる話, 取り寄せられたという, 右の, 号令した, 同道の, 名古屋へ, 名府へ, 呼び迎, 四時間も, 園子様を, 堺へ, 多少の, 大きな新田西瓜, 大和地方へ, 大坂へ, 大津の, 大津へ, 大津経由で, 大湫まで, 大阪に, 大阪もよりへと, 大阪を, 失意のみを, 奈良に, 奈良へ, 女が, 女の, 妙法上人に, 宣教師に, 寺院の, 届いた, 岐阜に, 岐阜へ, 左程遠く, 帰ったばかりの, 帰ったらすぐ, 帰った信長, 帰ってから, 帰つて以来は, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰られた西田さん, 帰る途中, 帰る頃, 帰着し, 引き揚げる将軍家用, 引返して, 引返すという, 強って, 往って, 得た収穫, 御輿入れ, 御音信, 志賀の, 我々は, 戻って, 打電された, 抜け出させて, 抱え入れた, 招いた, 控訴か, 携えて, 播磨国に, 故の, 故郷なる, 救い出すため, 時々上京, 木曾街道を, 来た, 来たという, 来たものぢ, 来た宇野喜代, 来た手紙, 来た本好き, 来た氏, 来た飛脚, 来てるの, 来なければ, 来るお針医, 来るとき, 来る叔父, 来る飛脚, 東では, 東へ, 東へは, 東京の, 東京まで, 東京までの, 横浜まで, 歩いて, 歸つて來て, 歸つて間も, 毎年きまりで, 江戸まで, 江戸を, 沖田様を, 没落し, 浅野長政等の, 浪速九州と, 滝村和男が, 為替が, 病院までの, 発したと, 登って, 直義の, 眞晝の, 知己である, 福知山を, 移住し, 約束の, 義経が, 義経軍の, 職人を, 脱出し, 芋粥に, 芸者に, 華族見学団が, 落ちられて, 葉書を, 薩長の, 蘭軒に, 街の, 襲せ, 西を, 見ると, 親戚の, 諸国修行に, 越前まで, 踵を, 輸入され, 輸入された, 輸入される, 迎えに, 追い家職, 追い払って, 追放させ, 追放しよう, 退いて, 退けられた, 退却を, 送って, 送つて, 送られた留書き奉書, 逃げて, 逃げ出して, 逃げ返った, 逃出し, 通知の, 進入し, 遊士の, 遊歴に, 運ぶ際, 遠隔の, 郷里の, 野蛮の, 金剛謹之介氏が, 関門まで, 降って, 隊士を, 難を, 電報が, 駆逐された

▼ 京都~ (267, 3.7%)

6 中心と, 中心に, 出発し 4 出発した, 立って 3 去って, 去つて, 発って, 立つ前, 見て

2 [20件] めざして, 主な, 出る時, 出発する, 出立し, 包囲した, 南から, 占領し, 去るとき, 同じもの, 奪回せよ, 尊敬する, 後に, 指して, 捨てて, 経て, 背景と, 見うる日, 見るの, 通過し

1 [186件] あけて, あこがれて, あそんだ事, あらわして, おさらばする, おびやかしうる体勢, おびやかしたオトド, おびやかす一団, お慕, お見せし, かえりみて, さして上る, さして国, さして帰っ, さして帰る, さして木曾路, すてて, それ以来私は, つい背後, でた伊那丸主従, どう思います, のがれて, はじめと, ひき上げて, まるで知らない, めぐる覇権競争, よく一度, よく表現, 下瞰, 中心として, 主に, 乗廻した, 二人で, 二日の, 享楽しよう, 兄たちと, 凌がうと, 出たばかりから, 出づる, 出て, 出てから, 出まして, 出ると, 出発走る, 初めとして, 初め列藩に, 動かすもの, 包囲し, 包囲する, 十一時二十分ので, 十時半の, 去つて備後, 去つて大阪, 去つて江戸, 去りがてに, 去り聖霊降臨節, 去ること, 去るという, 去る事, 去る折, 去る最後, 去る直前, 去ろうとして, 取り巻く山々, 同じ運命, 圧したる, 圧して, 圧迫し, 奇襲し, 奪回すか, 始めとして, 存じません, 守護し奉つ, 左右し, 廻って, 引き上げて, 引き払うこと, 引き払うとき, 引き払った日, 引き払って, 引上げられる, 引払って, 後に名古屋, 思いうかべる人, 思い出させたよう, 思ひ出し三高, 恢復し, 恢復する, 愛したびたび, 慕つてゐ, 打って, 抜かしては, 捨てること, 支配する, 敵に, 旅する, 明け渡すこと, 易々として, 本山と, 本店に, 根本として, 横ぎる際には, 歩いて, 歩くより, 没落し, 源流に, 漂浪し, 留守に, 発した, 発した急行, 発した日, 発して, 発し十三日, 発ち米原駅下車, 発ち際, 発った岸本, 発つて, 皮切りに, 監視する, 眺めて, 瞥見した, 瞰下した, 知って, 知つてゐる, 知らない私, 稲妻の, 稻妻の, 突いて, 突ッついた, 立ち, 立ちその, 立ちの, 立ち坂本, 立ち大和路, 立ち退き自分, 立ったフロイスたち, 立った大石内蔵助, 立つ, 立つさい, 立つと, 立つとき, 立つとして, 立つ数日前, 立とうと, 立去り故郷, 立退いて, 納得させる, 維持しきる, 股に, 脱出あそばした, 脱走せられた, 舞台に, 落ちて, 西京といふ, 見うるの, 見た日, 見よ, 見下ろす東山, 見捨てるならば, 見物かたがたいかがです, 見降ろし一方, 觀る, 訪れる度, 評して, 詩的と, 讃美し, 辞し去る, 辞し去ろうという, 追われて, 追放され, 逃げたの, 逃げ出したい気持, 逃げ出して, 通った, 通り丹波, 進発した, 過ぎて, 過ぎる頃, 離れかねる事情, 離れたこと, 離れた後, 離れた鎌倉, 離れなかつたで, 離れるよう, 離れれば, 飛出したので

▼ 京都~ (201, 2.8%)

4 三条小橋縄手の 3 結構な

2 [11件] いざ知らず, ぜんざいである, もう火桶, 三条小橋縄手池田屋の, 乱前よりも, 今も, 全く好い, 千年も, 堀川に, 好い所, 彼の

1 [172件] ああ云う, あっても, あなたから, あやうくなった, いいな, いいね, いい街, いやな, ええな, おろか日本中が, けちくさい, この報, この鹿, こんな吹き, さぞ青葉, さながら毎日, しくじる, すっかり藤原, すでに荒々しく, すでに都会, すでに電池, すばらしいわ, そういう条件, その主, その噂, その実, それを, それ以降やや, ただでさえ, とにかく吉野山中, どうでした, どうなっ, どこという, どんな有様, なお穏, ほんまに, ほッ, ますます美しく, また戦乱, まだい, まだどこ, まだ比較的静か, まるで野蛮人, もうそこ, もう古い, もちろん奈良, もはや昨日, よいな, よく, よくよく人, よく寺院名, よさう, わが国の, ア伏見の, ガタロウで, ギオンの, 一口に, 万歳の, 三十五六歳位横顔の, 三方山に, 三方緑の, 二条の, 京都じゃ, 京都将軍家は, 人力車が, 今では, 今は, 今もっ, 今や薩長, 今復興の, 今旋風の, 優れて, 全く別, 全く焼, 全然藤原時代, 兵乱の, 兵燹に, 其包囲に, 兼て, 再び大阪, 冬の, 冬は, 冷えまっさかい, 勤皇の, 古来水明で, 古障子, 名に, 嘗つて小生自身二年間ゐ, 地形的に, 夏の, 多く焼, 大きい都, 大きな神社, 大兵を, 大好きな, 大阪の, 大阪や, 天地こそ, 天子さまの, 女の, 如才なく, 始めて, 定めて, 実際あわただしい, 実際見, 寒いです, 将軍の, 展覧会を, 左京から, 市の, 帝京天子在す, 常に多く, 広い広い町, 底冷えが, 当時まつたく, 当然兵火, 彼が, 彼等の, 徳川家の, 怖ろ, 恐ろしいところ, 戦争の, 戦塵の, 文化都市だ, 断念められなかつた, 新しく障子紙, 新町丸太町辺に, 既に無力, 日本の, 日本一の, 昔から, 晴れた日, 暑いて, 東京と, 東征軍の, 楓多く, 気色の, 江戸とは, 決して平和, 沼の, 淋しいだろう, 火の, 無警察, 物静かで, 生々と, 盆地の, 目前だ, 確かに, 第五列, 統一は, 絵描きの, 織物と共に, 罹災し, 美人の, 美術工芸の, 落付いた, 街全体が, 衰微の, 言うに, 諸事倹約の, 近藤勇の, 遠いよう, 酷い, 金物の, 鎌倉に, 間の, 関ヶ原以前の, 静かな, 静で, 面白いだらう, 面白いでしょう, 頻りに能弁

▼ 京都では~ (120, 1.7%)

2 ない, なくて, 加茂川の, 学生の, 悲田院の, 蛤御門の, 袖の

1 [106件] いつもあの, いつもなにか温かく, いつも定宿, このフロイス, この両, この敗報, この点, この落ちついた, さう, すでに, ただで, たとへば一人, ともかく満々, なかった, なからう, ふだんでも, まず高級, また, まだ四ツ足, もうひとつ, もう古い, ゆいしょ, わたしが, オルガンチノも, フリユウ, 一列一体に, 一流だった, 一足街へ, 七月二十何日とか, 三島亭の, 三高の, 下村庄助, 下賀茂すなわち, 主として賀茂川, 二本さした, 人々が, 伏見の, 何よりも, 何人よりも, 例えば嵐山, 信長の, 僕の, 八月九日加茂社行幸が, 公卿の, 内裏修復用の, 写実的の, 出来ないで, 別にこれ, 北畠と, 叡山の, 唯一の, 国学の, 坂の, 売って, 大久保利通江戸の, 大抵あの, 大晦日の, 大石かるく, 孤堂先生の, 宇治の, 宮方や, 屡々新京極, 山陽が, 岩倉病院と, 幕府政治総裁松平春岳は, 広く賤民, 形の, 徳川時代の, 数日間田原氏と共に, 既に東京行幸, 旧友が, 暮の, 有力な, 未だ厳しい寒, 本願寺から, 杉苔や, 梅田雲浜氏の, 武士は, 段々と, 法住寺殿の, 洛西の, 浴衣を, 満員に, 狩野派や, 珍しいこと, 生活を, 百貨店対抗策として, 祇園町である, 神父カリヤンや, 禁裡の, 秀吉施主の, 第一, 第九十六代後醍醐天皇, 素姓を, 美人画を, 見られなかった東京風, 覚えが, 貞之助が, 軒並みに, 鉄胤先生も, 錦絵を, 関白基房の, 非人の, 鞍馬の, 鴨川上流で, 麩屋町の

▼ 京都には~ (84, 1.2%)

3 二人の 2 地震とか, 絵を

1 [77件] いって, かつてわが国, こういう店, この春, この景色, これを, こんな住宅, さういふ生活, その年, それきり帰らず, たんと居る, だいぶ御, ちがいあるまい, ない感じ, なんでも, まだコーヒー, まだ市, もう一人, もう門松, もう食物, もう飽いた, よい身投げ場所, よく見かける, ボルチュンクラ寺院を, 一一三二年に, 一定の, 三人にとって, 上の, 中根の, 中根元, 久しい以前早稲田, 二本ざし, 京都らしい, 会津関白薩州関白長州関白と, 住んで, 何養軒と, 借りようと, 僕の, 僧の, 入つて, 力に, 参考が, 古くから, 吉岡拳法の, 大鹿と, 天下の, 天資英邁文武の, 女の子つきで, 居なかつた, 巴里の, 帰らぬとの, 常時たくさんな, 悲田院という, 態と表情, 所司代を, 明治初年まで, 書生を, 朝着いた, 未練が, 歌壇という, 残って, 田中綽名雷という, 由来寺, 知合も, 美人が, 自由党の, 花鳥の, 茶人が, 親戚が, 調和し, 諸宗派, 越前も, 身寄りらしい, 鈴木百年松年幸野楳嶺岸竹堂今尾景年森寛斎森川曾文等諸, 長い事, 間に, 鼠骨君が

▼ 京都まで~ (80, 1.1%)

4 出て 3 来て, 行った, 行って, 訪ねて 2 来る間

1 [62件] いって, お運び, こうして話し, ならともかく, なら良い, のぼりますか, ぶらりと行っ, まかり上る, やって来た, ゆくこと, キレを, ノンストップな, 一緒に, 三度も, 上って, 上るに, 乗って, 伸したもの, 供を, 出かけたもの, 出かけて, 出向いた, 出向いて, 参らうと, 参りました, 同行しよう, 同行する, 同道いたそう, 同道し, 呼ぶの手数, 和尚様を, 喧伝された, 四十里とは, 夜汽車です, 安全に, 差し向い, 帰る, 引き返して, 引っ張って, 往つて萬一宿が, 御奉行様, 敵か, 歸住其の, 毎日毎日降っ, 汽車の, 煙山氏を, 知らせに, 自動車で, 行かうかしら, 行くほか, 行けぬ心地, 行ける, 行こうと, 話が, 追いつめて, 送って, 送つて來, 通じて, 通って, 運ばせ聖母, 運んで, 騒動聞き届け

▼ 京都~ (71, 1.0%)

4 東京の 3 江戸の 2 その周囲, 云ふ, 奈良を, 江戸との

1 [56件] いうよりは, いえば, いっても, いひ町, この地方, その附近, なると, よばれるヒダ, 中国筋の, 二本松だけ, 云うと, 云う所, 云う海, 云つてゐた, 云ひ, 出雲が, 北陸とを, 同じやう, 同じよう, 同じ日, 地方の, 堺との, 外国の, 大阪とでは, 大阪の, 大阪へ, 奈良と, 奈良とを, 奈良に, 宋国との, 干戈相見み, 故郷とに, 故郷とを, 書くと, 東京と, 柳生谷とは, 比肩する, 河口一庄とだけの, 火の手を, 熱海で, 現在踏ん, 琵琶湖を, 異人とは, 直接結ぶ, 経て, 聞いて, 薩長とに, 言つたら, 越後との, 転々し, 近接し, 通信を, 違つた別の, 関東との, 関東の, 限ったわけ

▼ 京都~ (55, 0.8%)

6 奈良の 3 大阪や, 東京の 2 九州の, 大阪には, 大阪へ, 奈良を, 江戸に, 難波の

1 [31件] あるいはその他, 他の, 伊賀や, 北国路や, 唐の, 堺においても, 大阪あたりから, 大阪あたりの, 大阪などを, 大阪なんだか, 大阪に, 大阪の, 大阪は, 大阪よりも, 大阪を, 奈良が, 奈良でこそ, 奈良に, 奈良へ, 奈良や, 奈良辺りの, 宇治へ, 安土で, 安土の, 江戸で, 江戸大坂等の, 浪華でも, 淀や, 竹生島などへ, 諸国の, 鎌倉にこそ

▼ 京都より~ (50, 0.7%)

2 下向す

1 [48件] おしの, お帰り, ほど遠からぬ, よく, 一掃し, 一枚の, 下向した, 下著し, 之を, 出張大阪中い, 到来す, 到着なさいまし, 参し候もの, 同行の, 和漢の, 堤様横田様御, 塵っぽい, 奈良へ, 好い処, 小さかった, 帰りて, 帰京, 広島に, 往復二十日ばかり, 本宮に, 来た公子余四麿, 来り三益, 東せる, 東上せられし, 求めずあづま, 江戸へ, 渡し奉らる開眼供養, 的屋に, 盲人の, 神辺へ, 細川陸奥守以下数十人河内発向藤井寺に, 至り古本大学刮目, 被仰, 買うて, 迎え江戸, 追放した, 退却を, 逐一御, 遅く到る, 還つた, 還御の, 長崎に, 馳せ至

▼ 京都~ (43, 0.6%)

2 の日常生活

1 [41件] が如何, が家, が日本人, が田舎, が食通, であった, であるからばかり, ですよと, で彼, で飯, というの, という人, には恐るべき, にもまず, によってサンカモノ, に食べさせる, のよう, の持つ, の日記, の書いた, の流儀, の血, の記録, の饗応, はこれ, はその, はどう, はゆでない, は他, は意気地, は旧習, は由来, は男, は目, は精進料理, は色, は霊魂, ばかりで, も矢張り最後, らしい陰険, らしく聞えたの

▼ 京都~ (41, 0.6%)

2 いやに

1 [39件] あったから, あつた, こはい, こはくて, その幸福, それを, そんなにお, ひとり占めに, もう眼, よいと, イヤつまり, イヤ京都, 三藏の, 中心地である, 久しぶりに, 今度その, 何故この, 分り難い, 危ないという, 危なくなる, 古く, 執拗く追い廻し, 女の, 好きに, 守護され, 帝都に, 幾度か, 彼を, 彼女の, 戦国時代の, 日本の, 本場で, 本場である, 歴史に, 混乱に, 生んだ女性, 第一, 舞台に, 遠くなる

▼ 京都でも~ (37, 0.5%)

2 江戸でも

1 [35件] いかなる事件, いろいろお, そう啼いた, もちろん弟子, やかましい紅屋, よく往来, エタの, ホームに, 一番物価の, 一番目貫き, 一粒選りの, 一般に, 下層階級の, 下村勝助に, 今頃は, 会って, 出来ますで, 加十と, 又は今, 大阪でも, 府下の, 度々音楽, 廻って, 指折りの, 最上級の, 有数の, 然るべき家がら, 田舎でも, 甲野に, 祭の, 種々の, 茨城県の, 藩主が, 食べたこと, 驚きおびえたもの

▼ 京都あたり~ (33, 0.5%)

2 で十五錢

1 [31件] からたくさん, からもつ, から来た, でこの, でちんまり, ではこの, ではサンカ, では一種, では何, では比較的, では魚屋, でもほんとに, でよく, で出来ます, で言え, にばば, に旅行, の人たち, の古い, の庭, の攘夷家, の政治的, の武士, の留守居, の相当, の茶人, の言葉, の風聞, まで実状, を見, を隠密

▼ 京都~ (30, 0.4%)

2 の必要

1 [28件] で, である, で何とか, で相手, で答えた, で言った, というもの, という身辺小説的伝統, とをまぜ, につかえ, になつて, のごとく, のむつかし, の若い, の違い, はまるで, は簡素, は誰, も似, よりも下品, をなおし, をチャンポン, を使, を使う, を使った, を喋らせ, を混成, を表現

▼ 京都にも~ (28, 0.4%)

2 行つたので

1 [26件] いました, お立寄り, こうした真摯, こんな本, すでに行なわれ, 一日だって, 五日ほど, 別段たよる, 劣らない大, 勝れて, 同志の, 地震が, 大分俳人が, 奈良にも, 少しは, 少し飽いた, 屡々出没, 彼の, 昔から, 未練が, 東京にも, 気の, 江戸にも, 遊びに, 部下を, 鯛や

▼ 京都への~ (28, 0.4%)

3 旅に 2 通路を

1 [23件] して, 上洛が, 上洛は, 使者を, 出入が, 出入りは, 出奔が, 出張が, 初旅, 当てつけに, 往復に, 往還には, 旅路の, 未練だろう, 栄えある, 策か, 米の, 聞えも, 聞え御, 途中に, 途次伊予で, 道と, 長道中を

▼ 京都へは~ (28, 0.4%)

1 [28件] いったんだ, いつお発ち, いつ着く, ともに, まわりに, 一日足らずに, 一週間ほど, 三十万人と, 三四度も, 上らなければ, 九州からの, 何べん, 六時着, 出られないし, 報告され, 夜の, 帰らなかった, 帰られぬ, 帰れず, 幾度も, 時々出る, 来て, 来ないで, 由吉一行のみ, 立ち寄らないこと, 立寄れなかつたこと, 行けないから, 諸国の

▼ 京都~ (28, 0.4%)

2 神戸も

1 [26件] いまが, おだやかでなく, どこか, ひどく照り, またその, やられたさうですね, 一緒に, 中国方面も, 今とは, 伏見中書島など, 休ませるからとの, 同様であった, 変ったなあ, 大阪も, 寒くつて駄目, 明日とも, 時世の, 油断が, 知らず参考, 見たいという, 見物どころじゃあ, 近いしさ, 長居する, 閉息した, 騒がしゅうございます, 騒がずには

▼ 京都~ (28, 0.4%)

2 なのに

1 [26件] が吹き出し, だった, つまり御所言葉, である, でかなしい, で小, というもの, な受口, な宗旨, な小さい, な市街区画, な煮う, な顔, にうけ, になりかけ, に傚, に卵, に奥, に寺院, の家風, の手軽料理, の文化, の男, の茶碗蒸し, の風流, の鰻

▼ 京都~ (28, 0.4%)

3

1 [25件] から急行, から東京行き, から汽車, から省線, でうっかり, では二十一時, で停車, で春隆, に列車, に張りこん, に有島武郎氏, に着い, に着いた, の方, へ下りる, へ今井先生, へ出迎え, へ着いた, へ行っ, へ降り, まで一しょ, まで九時何十分, まで見送られ, を発っ, 前集合

▼ 京都所司代~ (27, 0.4%)

4 の番士 3 となり 2 に任

1 [18件] が一睨み, が居り, であった松平輝高, となっ, と江戸閣老, にしばしば, にもっ, に由つて, の任, の役目, の手, の板倉勝重, へ差し出した, よりまいりましたる, をも訪ねた, を訪ねた, を辞職, 御式方頭取

▼ 京都帝大~ (22, 0.3%)

4 の教授

1 [18件] に位置, に学ん, に招かれ, に迎, の不文律, の九鬼周造氏, の人々, の史学科, の学生課長, の小泉源一博士, の日本美術史, の権威, の石川興二氏, の精神病学主任教授今村博士, の経済学教授, の経済学部教授, の講師, の贏

▼ 京都における~ (20, 0.3%)

1 [20件] キリシタンの, フロイスの, 丹波氏の, 佐久間象山の, 合体尊攘方策の, 合体派諸, 大殉教, 学徒の, 布教事業の, 彼は, 悲田院の, 敗北が, 教会の, 最初の, 生活は, 真正合体派の, 社会生活の, 祭礼や, 藩士尊攘派の, 討幕派巨頭田中河内介に

▼ 京都~ (19, 0.3%)

1 [19件] でこの, で一番, に行われた, に走らし, に高札, の, の出品, の妓, の家々, の小学校, の当時, の映画館, の碁, の評判, は焼け, を奔走, を探し, を探し歩いた, を駈まわつた

▼ 京都からの~ (17, 0.2%)

1 [17件] あれが, このわた下駄松葉カレイを, 丹波街道については, 使とに, 使者と, 使者として, 勅使が, 勅使を, 急命, 早馬の, 決答も, 生香魚料理万端, 相乗りである, 知己じゃ, 脱走を, 道へ, 飛脚が

▼ 京都~ (17, 0.2%)

4 の北部

1 [13件] か大阪府, だ, でも小, と滋賀縣, の一部, の勧業課長, の北, の警察部, の警部さん, の駅逓印鑑, へかけ, へ出した, や兵庫県

▼ 京都方面~ (17, 0.2%)

1 [17件] から伝わっ, から応援, から急い, から木曾街道, から金, から関東, で奔走, との交通, に多く, に於, の情報, の飛脚便り, へ, へ乘換, へ出張, まで異議, を凝視

▼ 京都行き~ (17, 0.2%)

2 の省線

1 [15件] から深く, と一緒, の切符, の新撰組, の決定, の汽車, の準備, の腹, の話, の送別, は九日十日, を伝へる, を命ぜられた, を承知, を自分

▼ 京都との~ (16, 0.2%)

2 連絡を

1 [14件] こと, 中央にあたる, 中間まで, 信者たちが, 往来も, 往来交渉を, 御約束, 折衝などにおいて, 模様を, 講演会の, 間を, 関係から, 関係の, 風土の

▼ 京都ホテル~ (16, 0.2%)

2 のところ, の処

1 [12件] から電話, である, で嗅いだ, に着い, の, のある, のグリル, のモダン, の前, の裏, へ着いた, ヘ戻

▼ 京都での~ (15, 0.2%)

1 [15件] 一夜の, 一苦労も, 別れは, 夜抱擁と, 待遇の, 御所の, 新しい仕事, 新撰組の, 流行を, 滞留は, 生活中彼は, 行為も, 話である, 連日の, 風聞に

▼ 京都という~ (15, 0.2%)

2 山の, 所は

1 [11件] ものの, ものは, スケジュールで, 一小, 井戸の, 因習の, 土地が, 土地は, 政略上重要な, 町ほど, 都会に

▼ 京都~ (15, 0.2%)

2 の役人

1 [13件] と御, にあった, にとっては恐ろしい, にも公武合体, の反対, の大きな, の希望, の様子, の深い, の誤解, も江戸方, を安心, を満足

▼ 京都~ (15, 0.2%)

2 の大社

1 [13件] での平安末, では引き出しこ, では引出し昆布, では普通, で夜, で用いる, で称へた, で紫, で親しく, のもの皆, の攘夷論者, の流行語, まで盛ん

▼ 京都付近~ (14, 0.2%)

2 のエタ

1 [12件] が震うた, でこれ, では見る, では非人, でも部落, のみに限った, のもの, の主, の穢, の諸, の部落民増加, へ行った

▼ 京都見物~ (14, 0.2%)

1 [14件] じゃない, と奈良見物, にはじめて, に発っ, に行った, に過し, の人, の前, の話, は生まれ, をし, をする, をもやった, を一定時日

▼ 京都大阪~ (13, 0.2%)

1 [13件] から東京, で子ども時分, と今度, と廻つたこと, には東京以上, にわたって十八尺, の両, の名所, の市民, の郊外, はては仙台, は勿論, をひやかし

▼ 京都において~ (12, 0.2%)

1 [12件] できたと, 主人の, 亡君の, 営み得たる, 大嘗会, 慶喜の, 政権を, 明治に, 涵養され, 焼失した, 疑問であった, 随一と

▼ 京都地方~ (12, 0.2%)

1 [12件] ではワリニャーニ, では四季, で急激, に求めた, に特有, のエタ, の信者たち, の受洗者, の戦乱, へ派遣, へ行き, を中心

▼ 京都までの~ (11, 0.2%)

2 汽車の 1 したはず, 切符を, 時間は, 沿道で, 途中としては, 途殊に, 道すがらに, 道のりは, 道中二十日の

▼ 京都奈良~ (11, 0.2%)

1 [11件] お濠, が焼け残っ, そのほか日本, とへめぐ, に及ぶべき, の三箇所, の二旧都, の古, の如き, の話, を遍歴

▼ 京都~ (11, 0.2%)

2 を中心 1 がイタドリ, だけは覚えさせたくありません, である, ではセ・ゼ, では今日, ないし近畿, など, の北の方, よりも早かっ

▼ 京都とは~ (10, 0.1%)

2 有史以前から 1 あまり接近, とうてい離されない, どんな事情, 今迄, 似ても, 到底離されない, 目と, 違った気分

▼ 京都よりも~ (10, 0.1%)

1 ずっと若く, 三倍以上の, 十度から, 却つて名古屋に, 大阪弁の, 大阪神戸南海沿線などの, 奈良よりも, 奧州に, 繁華であったろう, 詳しくなっ

▼ 京都市中~ (10, 0.1%)

2 を縄張り 1 に深い, に移り住む, の小学校, の葬儀, の葬式, の警察, を彷徨, 見廻役

▼ 京都生れ~ (10, 0.1%)

2 のお 1 だが, で中学校, で辛抱強い, の古河市兵衛, の女, の武士, の生徒, の者

▼ 京都にて~ (9, 0.1%)

5 捕はる 1 卒す, 病死す, 皮田頭中え, 色

▼ 京都以来~ (9, 0.1%)

1 いろいろの, か, すでに銷磨, の友人, の平田鉄胤, の旧, の旧友, の論理主義, 存じて

▼ 京都学派~ (9, 0.1%)

4 の哲学 1 にぞくする, にまで現に, にまで確実, の成立, の発展

▼ 京都守護~ (9, 0.1%)

5 の任 1 などの比, の予備, の軍, をまかせられた

▼ 京都市民~ (9, 0.1%)

1 に与えた, に米, のよろこび, の動揺, の反対, の希望, の生活, の間, は将軍

▼ 京都附近~ (9, 0.1%)

1 から須磨明石, ですら, の国々, の山, の山棚, の川, の神社, の空閑, の話

▼ 京都といふ~ (8, 0.1%)

2 處は 1 ところは, のは, ものの, 土地は, 在來, 町に

▼ 京都へも~ (8, 0.1%)

1 やってくるに, よく長政, わざわざ旅費, 出て, 行く奈良, 足を, 連れて, 騒ぎが

▼ 京都守護職~ (8, 0.1%)

1 から在京, であった会津侯, とかいっ, として会津, の大任, の松平容保, の重大, を承

▼ 京都~ (8, 0.1%)

2 大経済学部 1 大図書館, 大文學部講師大谷大學, 大法学部, 大法科, 大病院, 大総長

▼ 京都~ (7, 0.1%)

2 なと感じたぎり 1 からああ, からあゝ, からとて美味い, とか聞い, と思う

▼ 京都へと~ (7, 0.1%)

1 こころざす旅立ち, さしかかる, 上貢の, 引き返し二条城, 急いだ, 歩調を, 飛び込んで

▼ 京都伏見~ (7, 0.1%)

2 の計理士 1 で計理士, のある, の天下, の弁当仕出し屋, の稲荷神社

▼ 京都便り~ (7, 0.1%)

1 だ, はあっち, も半蔵, を手, を持っ, を読ん, を読んだ

▼ 京都帝國~ (7, 0.1%)

5 大學 1 大學到着, 大學經濟學批判會

▼ 京都画壇~ (7, 0.1%)

1 いな, では京都中, という, には今尾景年先生, に旭日, の中堅, の大半

▼ 京都~ (6, 0.1%)

2 大阪で 1 大阪位に, 奈良の, 奈良へ, 鎌倉か

▼ 京都からも~ (6, 0.1%)

1 お偉い, 信者が, 多く連れ, 数人の, 殆ど隔日, 申して

▼ 京都だけの~ (6, 0.1%)

1 ことで, 事で, 人口を, 市政に, 戦闘だけ, 文化面を

▼ 京都二条~ (6, 0.1%)

2 の城 1 のあの, の外れ, の家康, の自分

▼ 京都及び~ (6, 0.1%)

1 その近郊, その附近, 信長領国中の, 其附近の, 畿内近国関西諸国一般の, 近畿地方は

▼ 京都~ (6, 0.1%)

2 のある 1 の一燈園, の嵯峨, の西田天香, 番を

▼ 京都在住~ (6, 0.1%)

1 のうち, の作家, の信長, の少, の画家, の者ども

▼ 京都~ (6, 0.1%)

1 の三十三間堂, の拡張以来, の晴雨, の病院, の私立中学, を脱出

▼ 京都~ (6, 0.1%)

4 役所向 1 本山じゃ, 発駕あり

▼ 京都文明~ (6, 0.1%)

1 の一半, の伝播, の永い, の絶頂, の頂上, は古典的見地

▼ 京都~ (6, 0.1%)

1 からわざわざ, から毛利領, のこと, の拙宅, の者, を立っ

▼ 京都言葉~ (6, 0.1%)

2 を操る 1 で喋々, に変, も慌し, を使った

▼ 京都からは~ (5, 0.1%)

1 偉い人物といつて, 初めてであった, 法華宗の, 菊池氏が, 静間小次郎が

▼ 京都などでは~ (5, 0.1%)

1 とてもみられない, 余程後, 早くからエタ頭, 殊に此考, 特にそれ

▼ 京都などの~ (5, 0.1%)

1 ような, キリシタンは, 大都市を, 安物の, 神父たちとも

▼ 京都ほど~ (5, 0.1%)

1 分りよい, 分り難い, 勝手の, 娘達や, 暗くは

▼ 京都までは~ (5, 0.1%)

1 それも, 僅か三里, 取り次がれなかった深い, 行かずそこ, 行かないまでも

▼ 京都らしい~ (5, 0.1%)

1 しずけさの, 印象を, 呼び名を, 家並みが, 情緒を

▼ 京都回復~ (5, 0.1%)

1 の企図, の作戦, の努力, の大命, を望ん

▼ 京都大学~ (5, 0.1%)

1 にこの, に移られた, の哲学科, の講師, を早く

▼ 京都嵯峨~ (5, 0.1%)

1 に於ける, に遊んだ, の事情, の奥, の某

▼ 京都~ (5, 0.1%)

1 なもの, にその, の天井, の眉, の都市計画

▼ 京都時代~ (5, 0.1%)

1 にあった, に主として, の延長, の私達, を通じて文学書

▼ 京都清水坂~ (5, 0.1%)

3 の非人 1 の坂, の非人長吏

▼ 京都町奉行~ (5, 0.1%)

3 の配下 1 に任, の職

▼ 京都祇園~ (5, 0.1%)

2 の犬神人 1 の名, の歌舞, の生れ

▼ 京都~ (5, 0.1%)

1 に延ばす, に決定, のついで, の動機, の電車

▼ 京都訛り~ (5, 0.1%)

1 でいつ, になっ, を使つたの, を出さない, を押し隠さう

▼ 京都近く~ (5, 0.1%)

1 でもツクツクシ, にもいくつ, に居り, に近年, まで持っ

▼ 京都その他~ (4, 0.1%)

1 では黒白赤, の大, の大きな, の払

▼ 京都とか~ (4, 0.1%)

2 奈良とかいふ 1 何処ぞ, 奈良とかの

▼ 京都など~ (4, 0.1%)

1 これまで, そのよう, 東洋的には, 特に神社仏閣

▼ 京都なら~ (4, 0.1%)

1 ば松茸, ば聞い, 京都へ, 安心だ

▼ 京都なる~ (4, 0.1%)

1 中央政府以外において, 先生に, 実隆の, 弟又次郎宅において

▼ 京都よりの~ (4, 0.1%)

1 お荷物, 帰るさ, 御土産, 転学組に

▼ 京都らしく~ (4, 0.1%)

1 あるいは一夜妻, てよかっ, 出来上つてゐる, 好い氣持

▼ 京都ムーラン~ (4, 0.1%)

1 ではない, というレビュー, の話, よりももっと

▼ 京都以外~ (4, 0.1%)

1 ででき, のどの, の人, の地

▼ 京都包囲~ (4, 0.1%)

1 のまっ, の巨魁, の責め, は明

▼ 京都堀川~ (4, 0.1%)

1 にてその, の中, の伊藤家, を忍び出

▼ 京都守備~ (4, 0.1%)

1 の任, の将, の明智光秀, の重任

▼ 京都宮廷~ (4, 0.1%)

2 を中心 1 の文化, をとりまく

▼ 京都寄竹派~ (4, 0.1%)

1 の一節切, の普化僧竹枝, の普化宗明暗寺, の本則

▼ 京都御所~ (4, 0.1%)

1 のかしこき, の苑内, への言葉, を結ん

▼ 京都~ (4, 0.1%)

2 政府の 1 政府に, 政府においては

▼ 京都画家~ (4, 0.1%)

2 のなか 1 にほん, の多く

▼ 京都~ (4, 0.1%)

1 であろうゆえ, へさして, へと急い, へ追いかけ

▼ 京都麩屋町~ (4, 0.1%)

1 の伊勢久, の染め物屋, の染め物屋伊勢久, の跡部氏

▼ 京都くん~ (3, 0.0%)

1 だりの不良少女, だりの不良少女づれ, だりを遊ん

▼ 京都です~ (3, 0.0%)

21

▼ 京都でなく~ (3, 0.0%)

1 ては見られぬ, 両国の, 江戸を

▼ 京都とへ~ (3, 0.0%)

1 向けて, 行くの, 送り出すので

▼ 京都においては~ (3, 0.0%)

1 ただ自然美, 惨状は, 罪人を

▼ 京都について~ (3, 0.0%)

1 お説教, だいたい十一時半前後, みても

▼ 京都に対して~ (3, 0.0%)

1 一戦に, 何か, 責任を

▼ 京都に関する~ (3, 0.0%)

1 ことを, 事なら, 話を

▼ 京都のみ~ (3, 0.0%)

1 でなく東大寺造立供養記, ならず中山道, 休むと

▼ 京都へでも~ (3, 0.0%)

1 攻め上って, 行けるん, 行ったよう

▼ 京都みやげ~ (3, 0.0%)

3 に貰

▼ 京都三条~ (3, 0.0%)

1 と言ってる, の南, 下る

▼ 京都二条城~ (3, 0.0%)

1 に群臣, の奥, を退いた

▼ 京都出来~ (3, 0.0%)

3 のもの

▼ 京都出身~ (3, 0.0%)

2 の者 1 ではある

▼ 京都博物館~ (3, 0.0%)

1 などには古い, においてある, の婆藪仙人

▼ 京都名古屋~ (3, 0.0%)

1 と云, にある, もコーヒー

▼ 京都周辺~ (3, 0.0%)

1 の異名, の諸, の農村

▼ 京都四条坊門~ (3, 0.0%)

2 に四町四方 1 なる紫雲山光勝寺

▼ 京都図書館長~ (3, 0.0%)

1 の湯浅半月氏, をし, を辞め

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 などにかけても先祖, の商賈, を見物

▼ 京都天部部落~ (3, 0.0%)

1 の年寄松浦氏, の旧, の状態

▼ 京都奪回~ (3, 0.0%)

1 には一念, を目標, を見る

▼ 京都守護職松平容保~ (3, 0.0%)

1 のほか, の信頼, は純情一徹

▼ 京都居住~ (3, 0.0%)

1 と布教, の許可, を許され

▼ 京都帰還~ (3, 0.0%)

1 であるという, については長房, を許可

▼ 京都引き揚げ~ (3, 0.0%)

2 の関東方 1 の葵

▼ 京都撮影所~ (3, 0.0%)

1 から人, の滝村, へ

▼ 京都政治所~ (3, 0.0%)

1 でする, と山崎, の閣臣

▼ 京都本山~ (3, 0.0%)

2 の許し 1 まで出かけ

▼ 京都本能寺~ (3, 0.0%)

1 で弑せられた, に在った, に於

▼ 京都東山~ (3, 0.0%)

1 に庵, の五条坂あたり, の大文字火同然人造

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 その, そのの朝, そのへ

▼ 京都民俗志~ (3, 0.0%)

1 にはある, には棚おろし, によれ

▼ 京都江戸~ (3, 0.0%)

1 のみにと, の三都, へ奔走

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 のため, の画家, を克服

▼ 京都~ (3, 0.0%)

2 の女中二人 1 の白味噌

▼ 京都留守居~ (3, 0.0%)

1 と交代, の時, を引

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 はすっかり, は午後六時四十一分の予定, 早々行李

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 の, の宣教師館, の発音

▼ 京都蓮台野~ (3, 0.0%)

1 からもこれ, から出, のエタ伊兵衛

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 で, で言った, の言葉

▼ 京都警護~ (3, 0.0%)

1 の任, の兵, の役目

▼ 京都貴紳~ (3, 0.0%)

1 が去就, が数百年来未曾有, の間

▼ 京都趣味~ (3, 0.0%)

1 は地方的趣味, は実, をもつ

▼ 京都~ (3, 0.0%)

1 行って, 送らうと, 飛ばすクタ

▼ 京都駅逓司~ (3, 0.0%)

1 の新, の方針, の設置

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 直談いたし, 立入議論の

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 役所向, 手薄と

▼ 京都じゃ~ (2, 0.0%)

1 こんな事, 木屋町の

▼ 京都その~ (2, 0.0%)

1 ほか遠国に, まざ

▼ 京都それから~ (2, 0.0%)

1 大阪, 江戸なぞの

▼ 京都って~ (2, 0.0%)

1 そんなに遠い, ところは

▼ 京都でした~ (2, 0.0%)

1 の, ような

▼ 京都でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば見られない

▼ 京都といった~ (2, 0.0%)

1 方が, 面影が

▼ 京都とを~ (2, 0.0%)

1 両中心, 緊密なる

▼ 京都などに~ (2, 0.0%)

1 撮影所が, 置くと

▼ 京都などは~ (2, 0.0%)

1 いつでも, もう北

▼ 京都なり~ (2, 0.0%)

1 で仮に, 大阪なり

▼ 京都においても~ (2, 0.0%)

1 今さらやむを得ぬ, 勤王諸

▼ 京都にては~ (2, 0.0%)

1 全く話対手, 名目を

▼ 京都にでも~ (2, 0.0%)

2 行って

▼ 京都にの~ (2, 0.0%)

1 ぼつた, ぼつて

▼ 京都にを~ (2, 0.0%)

1 つて後伊賀に, りますよと

▼ 京都やら~ (2, 0.0%)

2 奈良の

▼ 京都よりは~ (2, 0.0%)

1 入ってるわけ, 高価で

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 自分, 行キ祇園会ヲ

▼ 京都一円~ (2, 0.0%)

1 にわたつ, 荒れて

▼ 京都一条~ (2, 0.0%)

1 の戻, の辻

▼ 京都一流~ (2, 0.0%)

1 の旗亭, の白拍子遊君

▼ 京都三十三間堂~ (2, 0.0%)

1 のよう, の写真絵はがき

▼ 京都二條~ (2, 0.0%)

2 の城

▼ 京都五条~ (2, 0.0%)

1 から連れ, の橋

▼ 京都住居~ (2, 0.0%)

1 が栞, は僅か

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 として責任, の書き物

▼ 京都入り~ (2, 0.0%)

1 の場合, を何故

▼ 京都円山~ (2, 0.0%)

1 の茶寮, へ移り住む

▼ 京都加茂神社~ (2, 0.0%)

1 の供物台, の傳説

▼ 京都北山甚兵衛開~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ 京都医大~ (2, 0.0%)

2 に入院

▼ 京都南禅寺~ (2, 0.0%)

1 の書院, の末院

▼ 京都参府~ (2, 0.0%)

1 が自分ら, を各国使臣

▼ 京都同志社~ (2, 0.0%)

1 の創立者, の生徒

▼ 京都土産~ (2, 0.0%)

1 にはかなり, の玩具

▼ 京都大阪奈良~ (2, 0.0%)

1 と答, と諸所

▼ 京都大阪神戸~ (2, 0.0%)

1 に亘っ, の六大都市

▼ 京都大阪辺~ (2, 0.0%)

1 の富豪家, の旅館等

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, を代表

▼ 京都守衛~ (2, 0.0%)

1 の会津藩士, の役

▼ 京都島原~ (2, 0.0%)

2 に花魁

▼ 京都川崎村~ (2, 0.0%)

2 すなわち今

▼ 京都市内~ (2, 0.0%)

1 の葬式, へ入る

▼ 京都市外上加茂~ (2, 0.0%)

1 に最初, に民藝協団

▼ 京都市街~ (2, 0.0%)

1 の復興, の西部

▼ 京都帝国大学~ (2, 0.0%)

1 にシュタムラア, の学生監花田

▼ 京都府下~ (2, 0.0%)

1 だけの異動, の富豪

▼ 京都府庁~ (2, 0.0%)

1 に打合せ, に汽車

▼ 京都府知事~ (2, 0.0%)

1 が疏水工事, の蜷川虎三氏

▼ 京都府立画学校~ (2, 0.0%)

1 が設けられ, へ入学

▼ 京都弁そ~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 京都所司代村井貞勝~ (2, 0.0%)

1 をし, を会堂

▼ 京都所司代板倉勝重~ (2, 0.0%)

1 によってなされた, にキリスト教会堂

▼ 京都手入れ~ (2, 0.0%)

1 から最も, はやがて

▼ 京都支局長~ (2, 0.0%)

1 から, の

▼ 京都文化~ (2, 0.0%)

1 の一面, の分け前

▼ 京都新京極~ (2, 0.0%)

1 の中座, の坂井座

▼ 京都新聞~ (2, 0.0%)

1 の三面, を見た

▼ 京都方言~ (2, 0.0%)

1 ではエ段, では享保

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 六条村の, 六条部落の

▼ 京都暮し~ (2, 0.0%)

1 の女性, の時代

▼ 京都札幌~ (2, 0.0%)

2 は好い

▼ 京都東福寺~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の法師

▼ 京都歌壇~ (2, 0.0%)

1 における二条, の元老

▼ 京都浪華~ (2, 0.0%)

1 そのほか, なぞを都

▼ 京都清水~ (2, 0.0%)

2 の成就院

▼ 京都滞在~ (2, 0.0%)

1 の時, は朝日新聞入社

▼ 京都無宿~ (2, 0.0%)

2 の藤吉

▼ 京都瑞光院~ (2, 0.0%)

1 と寺, の者

▼ 京都町奉行所~ (2, 0.0%)

1 の仮, の方

▼ 京都界隈~ (2, 0.0%)

1 から大阪奈良初瀬, にはどこ

▼ 京都留守居役~ (2, 0.0%)

1 の小野寺十内, の手

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 のツバメ, 第二こだまニ乗ル

▼ 京都神戸~ (2, 0.0%)

1 に出張公演, をはじめ

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 でない, 笑ひ

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 一中学校を, 二中学の

▼ 京都管領~ (2, 0.0%)

1 になった, になり

▼ 京都紫竹村~ (2, 0.0%)

2 の鷹ヶ峰

▼ 京都義方会~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 というばかりすこぶる, の軽い

▼ 京都街鼓今~ (2, 0.0%)

2 尚ほ廃す

▼ 京都西陣~ (2, 0.0%)

1 などは水藍, の某

▼ 京都訪問~ (2, 0.0%)

1 は三代将軍家光, を機会

▼ 京都近畿~ (2, 0.0%)

1 において宗門屋敷, はほとんど

▼ 京都近郊~ (2, 0.0%)

1 の八幡産, の御料地

▼ 京都遊学~ (2, 0.0%)

1 が近づい, の一年間

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 に上り, の義

▼ 京都郊外~ (2, 0.0%)

1 の八瀬, の村

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 とただ二ヵ所, には

▼ 京都~ (2, 0.0%)

1 は急行, を主管

▼ 京都高等学校~ (2, 0.0%)

1 の入学試験, の生徒

▼1* [500件]

京都はた, 京都あまりに無勢, 京都いらいの将士二, 京都かという顔つきで, 京都がじゃあねえが, 京都ぐらいまでしか知らないけれど, 京都守護の, 京都じゅうを揺りかえし, 京都そのものが気に入った, 京都それから神戸, 京都だけ考へても, 京都だけといって, 京都だけに止まって, 京都だけには母を, 京都だけにも黒谷には, 京都だけは六尺三寸から, 京都だったか白水, 京都だって同じ事, 京都だろうと言う, 京都つて言ふところはお金, 京都できのかわいい, 京都ですら然りである, 京都といつてもよい, 京都とかに置くという, 京都とで恐らく十年, 京都とに二三人宛と, 京都とばかりでは, 京都ともいえる社会, 京都のだ, 京都などから運んで, 京都などと違つて斯う, 京都などとは趣を, 京都などには京雀とも, 京都などもこの技術, 京都などを旅する, 京都ならびに近海の, 京都なんて隠退蔵物資みたいな, 京都においで遊ばされ, 京都においてさえも神父の, 京都にこそは兵法の, 京都にすら多く見出し, 京都にだっている, 京都にとまつて, 京都にとって見よう, 京都にまで続いて, 京都に対しては敬遠主義を, 京都に対する善後策を, 京都のみがまた旧, 京都はややっこしい, 京都ばかりの大地震, 京都ばかりは多くの, 京都へなどやって来たの, 京都へまゐりまして, 京都へまでお妻太夫さん, 京都ほどに発達した, 京都または京阪地方が, 京都みたいに分り, 京都やの支社とか, 京都らしいくすんだ黄昏れ, 京都らしくぶら下っている, 京都らしく見える筋塀に対して, 京都をも見ないで, 京都カラ遠クナイ所, 京都ガ一番安全デアル, 京都デハ人目ニツキヤスイカラ京都カラ遠クナイ所, 京都埋メテ貰エバ東京, 京都ニュース映画劇場へ入る, 京都見納メニナルカモ知レン, 京都ホテル颯子ハ南禅寺ニ泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, 京都一乗寺の下り松, 京都一乗寺村の下り松, 京都一乘寺村の下り松, 京都一体にどこ, 京都一地方のみに於ける, 京都一部大阪に移つた, 京都七条口から発し, 京都七条油小路時は慶応三年十一月十八日, 京都三千院の写真絵はがき, 京都三島の肉, 京都三島亭あたりのやり方, 京都三本木の信楽, 京都三条小橋の万屋, 京都三条御幸町の旅宿松屋, 京都三条河原に晒し物, 京都三条畷の檀王法林寺, 京都三条車町の細川邸, 京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋に宿申候, 京都三條柳馬場上に住, 京都三界に来, 京都上京区元六六組北町, 京都上加茂の社家, 京都上州前橋市近郊に旅, 京都上流の間, 京都下りの友禅, 京都下京區住心院の文書中, 京都下京堀川本願寺門前町に寺地, 京都下加茂の北小路家, 京都下加茂二十四狩野方より, 京都下加茂社内へ移植, 京都下河原二階堂志津馬の寮, 京都下鴨の質屋, 京都並祇園の生活, 京都中国鎌倉と三分, 京都九条のうち, 京都二条通りで時世, 京都二条通辻に佇んだ, 京都五条天神の, 京都人形のやう, 京都人経営の喫茶店, 京都仏師七条左京の作, 京都仕込みの剣舞, 京都付近十一ヶ村の戸口, 京都付近十一部落の合数, 京都仙台北海道から九州, 京都以上に細々, 京都以來既に銷磨, 京都以北においては何, 京都以来吉岡家の問題, 京都以西の村里, 京都以西東北地方にまでわたっ, 京都伊勢中國邊, 京都伏見大坂堺などで市中引き廻し, 京都伏見深草願成に仮り, 京都伏見稲荷山の祠官, 京都伝奏からのその, 京都住ひではある, 京都何処へ行かう, 京都便利堂主人がしい, 京都便利堂主人中村弥左衛門君もツイこのごろ世, 京都保津川のもよい, 京都修行時代で上京, 京都俳優の随一人坂田藤十郎, 京都儒者の間, 京都八坂神社に元朝, 京都八坂郷の清水寺, 京都公家の官僚, 京都六条村年寄から近年手下, 京都六波羅をご, 京都六角の獄, 京都六角通りの牢屋, 京都だけでの政治的関係, 京都内外の古い, 京都出兵も多く, 京都出生説をのべ, 京都出発のあと二週間, 京都制圧の勢力, 京都加茂の医家岡本由顕, 京都勉強のため, 京都勤番をつとめ, 京都して, 京都北野の子, 京都医大附属病院で助産婦見習兼看護婦, 京都医専出の陸軍何等軍医, 京都十日間といふこと, 京都千本通りの大, 京都南座で氏, 京都南禅寺内の元, 京都南禅寺瓢亭へ出かける, 京都占領が覇権, 京都参内当時のこと, 京都ガ丘に, 京都叡山の延暦寺, 京都叡山天台の座首, 京都古市を経, 京都合戦の真相, 京都吉本興行の寄席廻り, 京都吉田山へ伊勢, 京都五年五月には, 京都同年十一月には越後, 京都は水藻, 京都名代の大寺, 京都名所地理に不案内, 京都名産と銘打っ, 京都名題の不良少女, 京都向きらしく名古屋, 京都哲学科の伝説, 京都四周の大きな, 京都四条坊なる南蛮寺, 京都四条坊門南蛮寺が巨然, 京都四条坊門極楽院空也堂の支配下, 京都四条坊門空也堂紫雲山光勝寺の門流, 京都四條寺町で見た, 京都四條河原の宿, 京都因幡堂に住, 京都図書館の休業, 京都土着の人, 京都在住作家の不満, 京都地方裁判所で重, 京都坂本方面まで後退, 京都坊目考などには詳しく, 京都堺町にて売弘め, 京都之壇幸神町, 京都大和路の間, 京都大坂の動脈, 京都大坂あたりの商人, 京都大坂どこの大名, 京都大坂兵庫と過ぎ, 京都大坂長崎名古屋なぞと地名, 京都大学図書館に預託, 京都大学教授である, 京都大学教授法学博士市村光恵氏は憲法学者, 京都大津の座, 京都大津間を数える, 京都大番の組織, 京都大阪ニューヨーク天津マルセーユ香港横浜等々世界中の名, 京都大阪名古屋などへも火の手, 京都大阪東は仙台, 京都大阪東京の三都, 京都大阪神戸あたりからの湯治, 京都大阪神戸仙台福岡で画期的長講演, 京都大阪神戸方面から北海道方面, 京都大阪須磨や奈良, 京都太秦の広隆寺, 京都奈良伊勢出来ること, 京都奈良伊勢等の名所古跡, 京都奈良伏見の町奉行, 京都奈良堺などの唐綾, 京都奈良大阪神戸の位置, 京都奈良神戸という四つ, 京都奈良等の人, 京都奈良等諸所見物して, 京都奈良鳥取と方々, 京都奉行の村井民部, 京都奪還の軍備, 京都妙心寺の塔頭天球院, 京都妙心寺出身の大淵和尚, 京都始諸侯にも右浪人共, 京都学習院の徴士, 京都宇治奈良宮島日光等の神社仏閣, 京都守備隊の応援, 京都守護職始末にあらはれ, 京都守護職松平肥後守邸に応急, 京都安土方面のうごき, 京都宝塚劇場の高井主任, 京都室町姉小路の辺, 京都宮樣方初め大阪表並に諸, 京都寺田屋の事変, 京都寺町若林書店の番頭, 京都寺町通の或, 京都寺社奉行所と飯田千村役所, 京都将軍家は将軍家, 京都居住者の想像, 京都居住許可会堂に対する徴発, 京都屈指の名家, 京都山科の天華香洞, 京都山科その他を実地, 京都山端平八に行く, 京都岡山までで, 京都岩倉村の出身, 京都嵐山の隠岐和一, 京都嵐山花の家, 京都市中京区間町竹屋町上ルの私, 京都市主催の綜合展, 京都市公会堂で梅, 京都市内散在のエタ, 京都市右京區にある, 京都市外の嵯峨, 京都市妙心寺の南蛮寺鐘, 京都市左京区の某, 京都市左京区一乗寺のあたり, 京都市東山区山科町の同, 京都市東山区山科町深野百二十番地であります, 京都布教を命ぜられ, 京都帝国大学付属図書館に蔵する, 京都帝国大学植物学教室の小泉源一博士, 京都帝国大学福岡医科大学と申しました, 京都帰還問題が論ぜられた, 京都広しといえ, 京都を開き, 京都府下全体に於ける, 京都府乙訓郡新神足村友岡, 京都府事務官補大森吉五郎氏の調査, 京都府内に於, 京都府北桑田郡周山村の八幡宮, 京都府北桑田郡神吉村の八幡社, 京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 京都府宮津中学校の四年生岡山大助君, 京都府庁内で府庁, 京都府知事大森鍾一氏が山, 京都府知事時代に管内, 京都府立京都第一中学校, 京都府立図書館に勤め, 京都府立図書館在職中に筆, 京都府立病院を全国, 京都府綴喜郡にいる, 京都府葛野郡朱雀野村である春, 京都府警察部長と松谷鶴子, 京都府警察部長殿御原籍は京都市東山区山科町深野百二十番地, 京都府警部の, 京都建春門を開かせた, 京都式文物の摸倣, 京都御名代として日光, 京都御室のサクラ, 京都御所以来のまま, 京都復帰を決定, 京都急襲の用, 京都懐月堂の江戸, 京都或いは東京と, 京都所司代前田玄以の長子左近, 京都所司代松平左京之介, 京都所司代板倉周防守重宗をし, 京都所司代酒井若狭守忠義は月並み, 京都把握を危殆, 京都抱えの若党, 京都政事所では吏, 京都政府へ届け出るでしょう, 京都政権の支持者, 京都文科大學教授諸君, 京都文科大学の教授桑原隲蔵氏, 京都料理の講釈等, 京都新町姉小路にあっ, 京都方々を思うさま, 京都方面のには敵, 京都旅行に従った, 京都旅館の準備, 京都日之出会館において学者, 京都旧跡の廻り, 京都昼夜二回といふ, 京都智恩院の, 京都智積院障壁の楓図, 京都曼殊院の束帯像, 京都平門外, 京都東京間を日帰り, 京都東寺の掃除, 京都東寺粟田口青蓮院嵯峨清涼寺坂本来迎寺所蔵のもの, 京都東本願寺家の粟津陸奥, 京都東洞院姉小路に住む, 京都東西の盛衰, 京都松吉旅館の朝, 京都柊家を朝, 京都某家にあり, 京都柳原の明石民造君, 京都柳馬場の鍵屋, 京都栂尾高山寺の大徳明恵上人高弁, 京都根生いの役者, 京都に行く, 京都桃山へ向った, 京都梅津の唱門師, 京都此大都會から五六十人, 京都比野大納言殿より, 京都江戸あたりの騒がしい, 京都江戸同年五月には山城, 京都池田屋における変, 京都河原町から寺町あたり, 京都油小路の裏店, 京都泉涌寺六角堂同寺町又叡山西塔ニアリ元亨釈書ニ千光国師栄西入宋, 京都洛外の太秦辺, 京都派兵も抑止, 京都派遣を決意, 京都海苔は大森, 京都清遊の後, 京都滞在中に何かと, 京都滞在中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 京都滞陣の父, 京都滞陣中に井筒屋, 京都炭屋第一夜, 京都烏丸に集めた, 京都牛蒡が捨て去られ, 京都物十五人揃ひでなんと六萬圓, 京都特別警備隊としての役割, 京都特有の春霞, 京都瑞泉寺縁起に依れ, 京都生れ京都暮しの女性, 京都生活から来てる, 京都生活中後にも先, 京都産まれの青, 京都田中とし, 京都町奉行付の同心, 京都町奉行伊奈遠江守忠告が里恵, 京都町奉行扱いの, 京都町奉行附の同心, 京都町民の代表者たち, 京都町餌指之儀, 京都画人の座談会, 京都画壇再興の為, 京都画壇連合の月並展覧会, 京都留守居役乃美織江の手記, 京都留守役年はことし五十九, 京都畿内のいたる, 京都痘瘡大に流行, 京都療病院の室内, 京都発行の, 京都発足いらい七日目, 京都白川の里, 京都百万遍知恩寺にある, 京都皇学所の監察, 京都皮田村え罷登り, 京都盆地の夕立雲, 京都監獄を放火脱走, 京都監獄放免後八年間在京いたし荊妻, 京都相場なら二円, 京都着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 京都着大文字屋へ, 京都着麩屋町の炭屋旅館, 京都知恩院境内の源光院, 京都石田旅館にあり, 京都研究をふかめる, 京都祇園社の信仰, 京都祗園会の庭景, 京都神戸方面よりする, 京都神戸雨の水害, 京都神護寺に厳存, 京都は朧ろ, 京都移住越中流離洛南幽居等, 京都程に行かない, 京都程の大きさ, 京都稲荷の神官, 京都稲荷山からはるばる, 京都立命館中学に転校, 京都築城のこと, 京都粟田白川橋南に入る, 京都系次が瀬戸系工人, 京都紫野に着いた, 京都紫野大徳寺孤篷庵に寄贈, 京都統治が専横残虐, 京都絵画専門学校へ出, 京都綾小路の有名, 京都而静謐僕等本, 京都美術学校に教鞭, 京都美術學校出身の牧互秀先生, 京都老妓中西君尾はその, 京都耶蘇寺の焼亡後, 京都聖護院の御内, 京都聯隊区司令部に少佐, 京都聿庵は江戸, 京都育ちの何人, 京都育児慈善会から貴方, 京都脱出がうまく, 京都の方, 京都花見小路の祇園館, 京都芸術クラブの座談会, 京都菊亭公の雑掌, 京都落ちを極め込ん, 京都藤原氏の攝關政治, 京都藩邸の用人, 京都藩邸留守居宍戸九郎兵衛を物産取組内用掛, 京都行キノ主タル目的ハ実ハコヽニアル, 京都行ヲカネテカラ楽シミニシテイタガ京都滞在中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 京都行啓の砌, 京都行啓中の陛下, 京都衛戌講話に, 京都の棚, 京都だろうと, 京都西山に閑居, 京都西本願寺折々大, 京都西陣小学校で児童, 京都言葉関東を舞台, 京都のお, 京都諏訪神社の禰宜飯田氏, 京都地方への, 京都警察本部の某, 京都警衛総督の一橋慶喜, 京都赤松殿邸にありし, 京都車屋町に住ん, 京都転学組一同は余ら, 京都の穩, 京都辺りへも流, 京都迄の小一時間, 京都迄は汽車が, 京都近傍の三井寺石山寺等, 京都近在で行われ, 京都近在十一箇村の穢, 京都近江とまわっ, 京都近辺の医者, 京都追放を憤り, 京都の野球, 京都進出以来天下の耳目, 京都進撃以来二週間にし, 京都道中通し駕籠, 京都還幸の希望, 京都郊外壬生に着いた, 京都郡真崎村小川三四郎二十三年学生と正直, 京都郷里の三地方, 京都金沢長野とまわっ, 京都に藻蝦, 京都銭屋総四郎, 京都鎌倉ノ両, 京都鎌倉あたりの名高い, 京都鎌倉等においてなお, 京都間それに前年, 京都間位離れて, 京都阪神などのほう, 京都阿弥陀峯なる奥津城どころ, 京都陰陽師の両家, 京都随一の書家, 京都雜志には主として, 京都雜志皆之を載せ, 京都雲上の人々竝, 京都青年会大バザー, 京都駅ハ下リノ時ハブリッジヲ沢山登ラナケレバナラナイノデコレガ甚ダ億劫デアル, 京都駅行きの電車, 京都高倉の御召呉服商長野商店, 京都高倉三条南入ル, 京都高倉綾小路に, 京都高等女学校の校長, 京都高等工芸の中沢岩太博士, 京都高辻富小路の仏師, 京都の棚, 京都鴨川の河原, 京都鷹司家諸太夫