青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「久しい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

主婦~ ~主張 主張~ ~主義 主義~ 主膳~ 主観~ 乃公~ 乃至~ 久~
久しい~
~久しく 久しく~ 久しぶり~ 久慈~ ~之 之~ 乍~ ~乍ら ~乏しい 乏しい~

「久しい~」 1015, 10ppm, 10916位

▼ 久しい~ (131, 12.9%)

2 に亙る, に又は, に外, の, の事, の惰性, の望み, の私, 忘れて

1 [113件] ああした, あらゆる自分, かれ等, こういう種類, この真実, この辺一帯, この部落, この風, こんなところ, こんなに暢, じっとそこ, ずっと蛇笏, そのお札, そのま, その二つ, その疑惑, たれも, ちょうど頃合, ついて, つい隣国, つねに天下, であるが, でございましたが, とは云え, とれなかつた, なんとかその, にどの, にはみな一つ, には折々, には私, には誰, に何, に如何, に蓄えた, に質, ね私, のこと, のつらい, のぬかるみ, のはかない, のわが, の交際, の壓迫, の妻, の宿願, の懸案, の歴史的進化, の炉, の照り, の独身, の生活様式, の生活樣式, の田舎ぐらし, の疲れ, の病, の癖, の空気, の精進, の経験, の習慣, の花主, の親友, の謎, の過去, の関心, の風雨, はっきりとは, まずは平仮名, まるで先生, ゆるされなかったところ, を独り, 互に別々, 住んで, 信ぜられて, 働いて, 入つて, 入り込んで, 別れて, 只蝉, 吊り腕, 唯求める, 待ちかねて, 御恩, 御懇意, 愛し愛され, 我が戸籍, 或る, 打絶え, 撲天, 時に触れ, 暮して, 歩きつづけた, 死んだ主人, 気づかなかった, 求めて, 狙われて, 知って, 知られて, 祷って, 立って, 経った今年, 絶える暇, 続いたと, 続いて, 続きその, 行かねば, 行われて, 見ずに, 見棄てられて, 覚えたこと, 試みられたこと, 通って, 開き得なかったので

▼ 久しい~ (102, 10.0%)

5 からのこと 4 からこの, のこと 3 からである, から自分 2 から家内, から彼, から聞い, から苦しん, の事

1 [73件] からあらゆる, からある, からいろいろ, からな, からのあの, からの天文, からの宿願, からの疑問, からの自分, からの貸し分, からもっ, からチブス菌, から一枚絵, から世, から世帯崩し, から主, から之, から二三, から云われ, から低下, から住ん, から例, から保養, から及ばぬ, から実質的, から山東, から彼ら, から待ちあぐみ求めあぐん, から忘れ, から念佛道場, から思っ, から思つて, から手, から手前, から承認, から採集, から断定, から机, から村, から標本, から横浜, から武左衛門, から沁, から準備, から申しこんであります, から痛感, から眼, から私, から私達委員, から立ち, から立腐れ, から紋兵衛, から習慣, から考えごと, から苦心, から行衛, から見すかされ, から足跡, から逗留, から野口, から閑却, でなくては, ではなから, にこんな, にそれ, に一度先生, に上方, に云われました, に新た, に死に絶え, に流行, より保護, 外国で

▼ 久しい以前~ (100, 9.9%)

3 から既に, から私 2 からこの, からクリストフ, から僕, から彼, から御, から手, から知っ, から親, から鎮魂歌, のこと

1 [74件] から, からかう考へ, からしばしば, からそう, からだれ, からちょい, からのこと, からのシキタリ, からの仲, からの志望, からの慣習, からの憧れ, からの知合, からみずから, からもう, からわたくし, から一部, から万年筆, から互いに, から偏頭痛, から其宿, から前, から唯一神道, から夫, から妻, から学校, から定, から屡, から徐々に, から懇意, から我々, から折, から持つ, から敵, から日本, から星田, から普及, から正木先生, から毎日, から気さく, から涙, から無い, から瑠璃ヶ岳, から盗難, から知りたい, から社会主義, から私共, から老人, から聞い, から自分, から苦, から行われる, から見慣れ, から調整, から識者, から食人, だけれど, だけれども, ちょっと行った, です, に, にぬけで, にトルハチェーフスキイ, に何, に停止, に其存在, に忘れ, に村, に蛸, に買込んだ, やはり秋, より問題, より自分, 始めて川越

▼ 久しいもの~ (69, 6.8%)

148 である 5 であった, であつ 4 だが 2 があった, がある, さ, であります

1 [25件] さその, じゃのう, だなと, であったこと, でありました, であること, であるらしい, でいま, でしたよ, です, ですが, ですでに, ですねェ, でその, でもし, で二十四五年前, で既に, と信ぜられた, と言っ, なの, には足, のよう, は十年, まだなかなか夜, やて

▼ 久しいこと~ (50, 4.9%)

3 だ, でお, では 2 で, であるが, でございました, になる, 遊んで

1 [31件] お帰り, お目にかかりませんでしたが, お綱, かと思う, この習慣, しませんでした, だった, だったので, つづいて, であった, であったな, でありました, である, であるし, であるのに, である上, でいったん, でございます, でござった, でござる, でしばしば, ですもの, でも, なので, になりました, はない, やぞや, ゆっくり入浴, を称えた, 会わないので, 話して

▼ 久しい~ (18, 1.8%)

5 のこと

1 [13件] でその, でのふた, に戻っ, に漸く, までこの, までの気がかり, までもわり, までも後世, までも持続, まで忘れる, まで断篇風, まで是, まで私

▼ 久しい年月~ (13, 1.3%)

2 を経

1 [11件] である, になる, に尚, のある, の文学, の間これ, は歌垣, を品, を経た, を重ねる, を隔て

▼ 久しい~ (12, 1.2%)

2 なの 1 がながめ, その響, であるから, であろうのに, でございます, でしばしば, では, になります, のよう, 出ませんので

▼ 久しい馴染~ (12, 1.2%)

3 でござんしたけれど 1 じゃな, だけ手前, だつた神田伯龍, であった, で斯, なん, のよう, の美しい, 深い李彩

▼ 久しいもん~ (11, 1.1%)

3 だが 2 だ, だね, ですね 1 だからの, でさ

▼ 久しい歳月~ (11, 1.1%)

2 という, の間 1 の異, の間これ, の間一時, を掛け, を経た, を越え, を過ぎ

▼ 久しい~ (9, 0.9%)

2 から僕 1 からである, からの成立, からもう, から今, から書伝以外, を見る, 読んだの

▼ 久しい~ (7, 0.7%)

1 こんなに手数, しかもそれ, もとは, 今だ, 今ほど, 何人も, 先づメッショナリウスを

▼ 久しい~ (7, 0.7%)

3 である 1 じゃ, だ, であった, である芋銭氏

▼ 久しい時間~ (6, 0.6%)

2 を勘定 1 が過ぎ, に対しては叶, のたつ, をかけ

▼ 久しいあいだ~ (5, 0.5%)

1 かの女, たがいに, の室町幕府, の心労, の肩

▼ 久しい~ (5, 0.5%)

1 千代ちゃんの, 妻さん, 念佛を, 馴染な, 馴染様じゃ

▼ 久しい~ (5, 0.5%)

3 代々 1 荒廃の, 馴染でした

▼ 久しい石城~ (5, 0.5%)

5 の問題

▼ 久しい間自分~ (5, 0.5%)

1 の主, の表記法, の貞操, を囚, を掩

▼ 久しい~ (4, 0.4%)

1 ひだの, ひだ祖父の, ひだ遠遠しく, ひだ郷里を

▼ 久しいよう~ (4, 0.4%)

1 だったが, である, ですが, では

▼ 久しい~ (4, 0.4%)

1 が立つ, が経つた, にきいた, の流れ

▼ 久しい歴史~ (4, 0.4%)

1 ある所, の記憶, を忘れ, を経

▼ 久しい間彼~ (4, 0.4%)

2 の名前 1 が頭, の友

▼ 久しい間私~ (4, 0.4%)

2 はもう 1 は寢, は自分

▼ 久しいから~ (3, 0.3%)

1 その実感, 天然の, 道

▼ 久しい~ (3, 0.3%)

1 やがて地熱, 宣告した, 言って

▼ 久しいので~ (3, 0.3%)

1 先の, 文章を, 親子夫妻の

▼ 久しい久しい~ (3, 0.3%)

2 昔から 1 間こんなに

▼ 久しい伝統~ (3, 0.3%)

1 となる, までに干与, を称し

▼ 久しい対面~ (3, 0.3%)

2 をした 1 の嬉し

▼ 久しい懸案~ (3, 0.3%)

1 であつ, で殆ど, になっ

▼ 久しい間何~ (3, 0.3%)

1 か未, の洗練, の答え

▼ 久しい間口~ (3, 0.3%)

1 でばかり呼ん, の言葉, 説いて

▼ 久しい間沈黙~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 久しい間病気~ (3, 0.3%)

1 でいられた, で臥, に悩ん

▼ 久しい馴染み~ (3, 0.3%)

1 じゃ, であったが, であった陶器師

▼ 久しいうち~ (2, 0.2%)

1 に, には全く

▼ 久しいかな~ (2, 0.2%)

1 兄弟相距ち, 由の

▼ 久しいこの~ (2, 0.2%)

1 人の, 老骨らは

▼ 久しいべか~ (2, 0.2%)

2 舟が

▼ 久しいまえ~ (2, 0.2%)

1 から家, から逗留

▼ 久しい仕来り~ (2, 0.2%)

1 だから, の反映

▼ 久しい友達~ (2, 0.2%)

2 で若い

▼ 久しい年代~ (2, 0.2%)

1 を経, を重ね

▼ 久しい幸福~ (2, 0.2%)

1 であります, を続け

▼ 久しい~ (2, 0.2%)

1 のふるさとの, のふるさと寄席

▼ 久しい戦争生活~ (2, 0.2%)

2 から来た

▼ 久しい望み~ (2, 0.2%)

1 であった, も稍達

▼ 久しい期間~ (2, 0.2%)

1 は籾, 投げて

▼ 久しい習わし~ (2, 0.2%)

1 であるが, はあったらしい

▼ 久しい習慣~ (2, 0.2%)

1 が満足, にも結びつけられ

▼ 久しい~ (2, 0.2%)

1 は十年, は稀

▼ 久しい~ (2, 0.2%)

1 だもう, ですが

▼ 久しい赤禿~ (2, 0.2%)

2 の駒

▼ 久しい鎖国~ (2, 0.2%)

1 のため, の方針

▼ 久しい~ (2, 0.2%)

1 陣とは, 陣に

▼ 久しい間これ~ (2, 0.2%)

1 を栽, を緒

▼ 久しい間人~ (2, 0.2%)

1 が住ん, の口

▼ 久しい間人生~ (2, 0.2%)

1 と運命, を自然

▼ 久しい間俺~ (2, 0.2%)

1 よりも偉大, を惱

▼ 久しい間朝鮮~ (2, 0.2%)

2 の藝術

▼ 久しい間空屋~ (2, 0.2%)

1 となっ, になっ

▼1* [320件]

久しいあいだお便りもせず, 久しいあいだパイプをくわえ, 久しいあいだ不敗の鉄軍, 久しいあいだ全盛をきわめた, 久しいあいだ合掌した, 久しいあいだ名望を天下, 久しいあいだ惘然と刻, 久しいあいだ捕獲すること, 久しいあいだ朝飯夕食のよう, 久しいあいだ毎晩枕だけ持っ, 久しいあいだ祈念をこらし, 久しいあいだ空き家になっ, 久しいあいだ空地になっ, 久しいあいだ蟇のよう, 久しいあいだ通信を交す, 久しいあいだ郷里を離れ, 久しいあいだ鏡など覗こう, 久しいあとに親父, 久しいお目もじでございます, 久しいうした, 久しいかけ言葉が復活, 久しいかつての社会生活, 久しいかはこれを, 久しいけれどまた芸術, 久しいことあなたは断言, 久しいことそれをしまい込ん, 久しいこと便りもしない, 久しいこと切れの長い, 久しいこと口にしなかった, 久しいこと巖蔭の冷たい, 久しいこと彼は家, 久しいこと救世軍の本営, 久しいこと江戸へ行っ, 久しいこと私はそのまま, 久しいこと自由な天地, 久しいこと菊を作つて, 久しいこと野望して, 久しいこと門を閉め, 久しいこと階下にたっ, 久しい邂逅, 久しいご無沙汰おゆるし, 久しい郭沫若と, 久しいせいだろう, 久しいそれまでの日本, 久しいだけ門なみ知っ, 久しいということは, 久しいうま声其さへ, 久しいながらこの新, 久しいなじみだおれたち, 久しいなつかしきかぎりの, 久しいなれたつき合いの, 久しいにもかかわらずまだ, 久しいのう三郎兵衛, 久しいのにお君, 久しい代々, 久しいもの柳派の朝枝, 久しいもの歴史背景を思はせる, 久しいもんぢや, 久しいイナクティブな生活, 久しいマンネリズムの穴, 久しい一つの古語, 久しい一般の常識, 久しい沙汰を, 久しい世人の自暴, 久しい中間期の忌避, 久しい主人がこうして, 久しい二軍の接戦, 久しい交友であった, 久しいと言, 久しいではただ, 久しい今日となっ, 久しい以前二の酉の時, 久しい以前早稲田で自分達, 久しい以前汽車が横切, 久しい以前絵に出た, 久しい以前誰かが焚火, 久しい伝承が窺, 久しい伝来のもの, 久しいだった, 久しい体験であった, 久しい何で汝ごとき, 久しい作者が古典, 久しい保持者だと, 久しい傾向が俊成, 久しい優惰のため, 久しい先妻の本名, 久しい内省に耽った, 久しいから蘇つた心地, 久しいでは容易, 久しい出席のため, 久しい分配供与の任務, 久しい前君に貸した, 久しい前室蘭や虻田辺, 久しい前年から今日, 久しい前後の伝記, 久しい前水戸に浪人, 久しいには極めて, 久しい医者飢饉に悩ん, 久しい助と, 久しい卑屈に依り, 久しい印象となつ, 久しいに封じ込まれ, 久しいであつ, 久しい友人関係が結ばれ, 久しい古い問題です, 久しい懐さに, 久しい同士としての友情, 久しい問題である, 久しい因習は男, 久しい困窮も戦場, 久しい圧迫から跳ね起きる, 久しい地方生活によつて, 久しい井じゃに, 久しい場面であった, 久しい建築物であった, 久しい大きな鼻が, 久しい大昔からの不思議, 久しいの姿, 久しい妄念があれ, 久しい妻恋坂のお, 久しいの看護, 久しい孤独を忍ばね, 久しい宗教舞踊があり, 久しい実に久しいそれ, 久しい宿望を叶えられる, 久しい宿痾を養っ, 久しい宿願であつ, 久しい封建の社会生活, 久しい封建社会の歴史, 久しい山村も多い, 久しい年月手塩にかけた, 久しい幼友だちの一人, 久しい幽囚の身, 久しい影響が痕, 久しい徒弟生活は終っ, 久しい御代御代に仕えた, 久しい御無沙汰になりました, 久しい思いでいた, 久しい恋ごころさえ働きかけ, 久しい恋人であつ, 久しい悪政と兵革, 久しい慣例となっ, 久しい慣用の後, 久しい慣習の跡, 久しい慣行よりも新た, 久しい戦乱のため, 久しい戦争の年々, 久しい戦陣の飢渇, 久しい手紙を書きました, 久しい播磨屋千六と青山銀之丞, 久しい文化的老練家の場合, 久しい断酒ですぐ, 久しいすがた, 久しい日本人の宛字, 久しい旧友にでも逢った, 久しい旱魃や家畜, 久しい時代に渡っ, 久しい時日の間, 久しい曾つての社會生活, 久しい月日東国においてはお, 久しい期間平和に共棲, 久しい棚田の晃一郎氏, 久しい棲家でたとえ, 久しい武蔵野の北田家, 久しい歩みの跡, 久しい殺生禁断で河岸すじ, 久しい民間伝承なるが, 久しい浪人暮しの主人, 久しい浪人生活をし, 久しい湯治場だろうのに, 久しい無縁墓だで, 久しい父子の対面, 久しい物珍しさだった, 久しい物語には今, 久しい現代であるが, 久しい現実と似通う, 久しい生活の伴奏者, 久しい由来のある, 久しいの生活, 久しい町人の家の子, 久しい疑問だった, 久しい病気の後, 久しい病臥に足, 久しい知人からなつかしい, 久しい磔刑というもの, 久しい神道学の準備, 久しい競争相手に立つ, 久しい米友はその, 久しいの白餅, 久しい紀念の夕日, 久しい経験から地形, 久しい絶対主義と封建性, 久しい耐乏生活に胃袋, 久しい自己快感を覚えました, 久しい自然観察とその, 久しい良人に會, 久しい苦吟の後, 久しい蓄積によって価値, 久しい蟄伏期を脱し, 久しいと飢餓, 久しい血筋の続きあひ, 久しい見舞いの手紙, 久しい親しみがある, 久しい観察に養われた, 久しい言い伝えの沈澱, 久しい記憶が幸い, 久しい論争の後, 久しい赤ら顔の師匠, 久しい進歩のあとみたい, 久しい過去の主従, 久しい道教のわりこみ, 久しい邂逅である, 久しい間いつかはその, 久しい間かなり人口が稠密, 久しい間くり返されたもの, 久しい間ここでめぐり会った, 久しい間そこへ気が付かなかった, 久しい間それを念願, 久しい間ぼんやり人間性の発展, 久しい間わたしは自分, 久しい間パリに白馬, 久しい間ロウマの武器, 久しい間世の中を見, 久しい間二人とも聞きとれ, 久しい間人々の心, 久しい間佐助に許さなかった, 久しい間作者の心, 久しい間使用した, 久しい間例の岩, 久しい間侮辱を受け, 久しい間僕には家, 久しい間其結構を工夫, 久しい間別の経路, 久しい間努力した, 久しい間反目の形勢, 久しい間同一政府の下, 久しい間土木を起し, 久しい間夜の鳥, 久しい間大切にし, 久しい間大師を待たせました, 久しい間女の職業, 久しい間婦人の人間, 久しい間子供ばかりをきき, 久しい間學問といはず, 久しい間學校の子供等, 久しい間客観的に存在, 久しい間客間に取り附けず, 久しい間宮古島では信じられ, 久しい間家へもよりつかない, 久しい間家康の声, 久しい間岩木山周囲の村里, 久しい間島に置い, 久しい間干渉しないこと, 久しい間幽かに響い, 久しい間心の中, 久しい間慈母の口, 久しい間我々は漢文, 久しい間房江は人間的, 久しい間抜け殻のよう, 久しい間故郷とは消息, 久しい間文学的才能とか文学的教養, 久しい間新聞や雑誌, 久しい間方々を迷, 久しい間日本普通の代表的蜜柑, 久しい間書冊とは縁, 久しい間東京に駐, 久しい間検挙されなかった, 久しい間歌らしい歌, 久しい間此細路が何處, 久しい間此落付かない, 久しい間殆んど, 久しい間気がつかず, 久しい間治乱のうち, 久しい間浮世の転変, 久しい間海に来ない, 久しい間清悦の名, 久しい間灯を入れなかった, 久しい間独身生活をつづけ, 久しい間玉音にさ, 久しい間王がダナエ, 久しい間珍重せられ国内, 久しい間現代文学の課題, 久しい間田舎に住む, 久しい間男嫌いで通し, 久しい間異教的良心の美, 久しい間病臥にいた, 久しい間病身のため出仕, 久しい間神に供えた, 久しい間秋の空, 久しい間空が曇れ, 久しい間空っぽの胃, 久しい間空地になつ, 久しい間立往生した, 久しい間絶へてゐた, 久しい間聖書をわすれ, 久しい間背中合せの逢いたく, 久しい間舞台にそれら, 久しい間藤原氏が政, 久しい間行はれ沙翁, 久しい間行人を待った, 久しい間試験したの, 久しい間誰れも, 久しい間論諍の目的物, 久しい間資本の利潤, 久しい間農民の持ちつたえた, 久しい間辺卑な田舎, 久しい間金は法貨, 久しい間鎖国政策によつて, 久しい間陸にはげしい, 久しい間鞦韆に關, 久しい間音信不通にし, 久しい間飼はれて, 久しい間首にかけられる, 久しい間魏の猛, 久しい隣住居でまた, 久しい風習でありました, 久しい風邪でな, 久しい飢渇におかれた, 久しい馴染ゆえお線香, 久しい鰥暮ぢや可