青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「亀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

也~ 乱~ ~乱れ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳 乳~ 乳母~ 乾~
亀~
亂~ ~了 了~ ~予 予~ ~予定 予定~ ~予想 予想~ ~予期

「亀~」 2030, 20ppm, 5672位

▼ 亀~ (490, 24.1%)

60 子の 20 子を 16 ように 13 子が 11 チャーリー 108 子に 6 ような, 前は 5 子は, 子煎餅, 方が, 背に, 面が 4 上に, 尾を, 甲羅に 3 やうに, 前を, 尾の, 王様だ, 甲羅の

2 [34件] こうの, この諦め, ほうが, チャーリーが, チャーリーという, チャーリーに, チャーリーの, 前に, 化石, 化石あり, 化石本草家の, 女房が, 如くに, 姿が, 子た, 子と, 子などを, 子ほど, 子や, 宮を, 尾は, 年, 形を, 徒者に, 方は, 様に, 池の, 眼に, 背の, 背中から, 自由を, 話を, 風流, 首が

1 [220件] ありかは, いた庫裡, おかげで, おもむきの, おやぢ, お内儀さん, お話を, お近, かけくらで, かけくらの, かみさん, ことです, ことに, ことを, これまでの, ころの, した覆奏, すがた, すすめの, たぐいが, ところまで, どぶり, はうで, ほかに, やつを, ゆくえを, ようである, チャーリーと, チャーリーは, 一件に, 一味十人が, 一族を, 一派が, 一派は, 一派も, 一群を, 上の山も, 上へ, 下女も, 主が, 二幅対を, 亭主という, 亭主とは, 亭主の, 亭主は, 仲間入りを, 住むべき屋根, 余念なささう, 出て, 刻印を, 前が, 前であった, 前という, 前の, 力でございます, 動いた下, 動議を, 化したる者, 反逆を, 口に, 口より, 古碑, 古鈔本, 叫ぶ声, 名みたい, 命を, 啼くの, 囲いの, 城亀姫, 夕顔という, 太神楽の, 女房お, 奴らに, 如きは, 如くには, 子だ, 子って, 子でも, 子どころか, 子なら, 子にも, 子ねらった, 子ばら, 子へ, 子み, 子みたいに, 子も, 子やうに, 子一匹掴え, 子以下です, 子同然だ, 子型の, 子大名, 子子供子供ずき, 子島と, 子島の, 子形, 子形の, 子泳い, 子潜行, 子焼などを, 子石と, 子空へ, 子竦み, 子笊, 子第, 子草履, 子這, 子選り取った選り取った, 字で, 宮か, 宮が, 家の, 家は, 家を, 尾ひきたるごとき, 尿を, 島台を, 年だ, 年という, 店さきから, 店口から, 影が, 復習を, 心臓に, 戦国初期に, 手から, 手に, 手の, 文ある, 方でも, 方に, 方の, 日向へ, 昼寝, 曲の, 橋, 次の, 歩みでも, 歩みの, 歩みも, 歩みを, 歩遅き, 毒舌は, 池です, 池まで, 池を, 浮木で, 浮木と, 浮木に, 浮木の, 深切を, 清らかな, 瀬岩附近竜田山の, 現れ出で, 現わ, 甲羅から, 甲羅で, 甲羅みたいに, 甲羅も, 甲羅を, 目玉には, 看板であった, 看板と, 眼, 眼の, 眼球は, 種類だ, 競争として, 競争の, 精霊が, 群れが, 群れに, 習性であり, 背から, 背でも, 背という, 背にでも, 背中に, 背中は, 能は, 脂といふ, 脂や, 色気は, 表情を, 襲撃を, 親かも, 親で, 親戚の, 角兵衛獅子という, 話, 話さ, 話はい, 謡によ, 足の, 踊り明日, 連舞ひ, 遊ぶの, 重量だ, 長寿の, 間とか, 随筆, 零本が, 面かぶり, 面貌である, 頃に, 頭に, 頭の, 頭を, 顔には, 類人間の, 首な, 首の, 首みたいな, 首や, 香合で, 馳けっ, 驚くべき饒舌, 齢, 齢一斤六圓也綾の

▼ 亀~ (200, 9.9%)

2 万年, 万年とか, 万年の, 小声で, 山中に, 是なりとぞ, 私の

1 [186件] あはれで, あはれむやう, あらわれなかった婆さん御苦労さま, いかだから, いつごろから, いよいようろたえ, いよいよ頼り, うしろへ, お近, かの, きまりきつ, くすくす笑, ここに, この河, これも, こんどは, さしわたし一寸, さつそく, さらにまた, しきりに念, すかさず口, すぐ寝そべ, すこしその, すでに彼岸, せせら笑, せつせ, そこで, その声, その後さ, その手足, その間に, そんな友情, たちまちその, だんだん早く, ちょっと懐中, つきものだ, つきものです, つまらなさ, とうとう辛抱, どうし, どうした, どうせ入れる, にやにや笑つて, はらはらし, はるばる海, ひつくりかへ, びっくりし, へんに, ぺたんと白洲に, またあざ笑, また噴き出し, また猿, まつたくの, むかしの, もうそこ, もうとても追付く, もうどこ, もっぱら小笠原島附近, ゆっくりと, ゆらゆら沈下, わざといっ, キーキーと, スックリと, チヤブ台ほどの, ニヤと, ビール瓶の, 一向動かず, 一寸遁, 万年も, 万年を, 三年で, 下へ, 下寺町の, 不敵に, 二三尺動いた, 二十日鼠の, 二羽の, 云ったが, 今太郎, 今年十七に, 今朝から, 今白洲の, 以前の, 低く浦島, 何の, 何んの, 何貫目の, 傘を, 僅か一年, 元気を, 先刻から, 兎から, 兎に, 十ウ二十磧の, 十二階の, 厳粛な, 口は, 呑まれる直ぐ, 喜んで, 固より, 地を, 堅い甲羅, 声を, 多く舶載, 大喜び, 太神楽の, 姉さ餞別やっ, 娘を, 寝ても, 小声を, 居ねいの, 市十郎の, 床板から, 待ち兼ねたよう, 忽下女と, 怒って, 思案ながらに, 懶惰豕は, 承知しまし, 抵抗した, 早くは, 早晩首を, 明らかに, 昨春の, 本気に, 果して勤勉, 梯子の, 楠で, 正直者だ, 死ななかった, 水に, 水中を, 池に, 泳ぎだしました, 海の, 海へ, 漸くこの, 無いもの, 無謀な, 片膝, 狡猾な, 珍らしかった, 現に沢山居る, 生きて, 生れつき馬鹿者だ, 甲に, 町の, 畳の, 盛んに, 看板としては, 眼を, 瞞された, 知って, 石ころと, 石の, 碑を, 神の, 神酒徳利や, 第六, 練馬へ, 聞きとがめて, 自分たちの, 花火の, 莞爾とも, 落ちついて, 蒼くなっ, 蒼天の, 蝦や, 西鶴に, 親切な, 詩人白居易が, 誰かに, 趙宋の, 身を以て, 返事を, 遅いもの, 遊ばなくっても, 長さ四, 関東節及び, 随分気, 頭より, 頭を, 顔を, 首を, 馬鹿さ嘘だ, 鰭で

▼ 亀~ (124, 6.1%)

4 出て 2 サイカチの, 人を, 先に, 水を, 盃を, 這い出して, 首を

1 [106件] あが, あっぱれな, あらわれました, いきなりこら, いたり, いる, いるの, いるもの, ういて, うろうろし, おそろしい, おのずから持つ, おりました, お前を, この仲間, この広間, すぐに, その斑, その池, その甲, その背, ぞろぞろ這いこん, たくさんゐます, つかまって, とれるの, どんぶりと, なにか囁く, はって, ひよくひよくも, ひよつくり顔, ぴったりと, ぴったりと腹, また続々あらわれ, もそもそと, われの, ゐなくな, ゐなくなつ, ゐます, ゴトゴト通る, 一ばん大事な, 一匹浮き上りました, 一番小さい大人しい, 云い張りますので, 云う通り, 今度は, 住んで, 使いに, 促すやう, 公園で, 冷汗を, 劣ったら汝, 半七, 口を, 四匹最も, 声を, 幾匹かい, 幾匹も, 店を, 強いて云います, 当時の, 往来を, 後脚, 悦びの, 日比谷で, 早渡り着い, 昇天する, 木に, 木のぼりを, 来た, 来た亀, 来て, 棲んで, 歩くなり, 死んだの, 池の, 泳いで, 泳ぎ, 浪の, 浮き出すと, 浮くと, 浮びあがる, 海面に, 生長し, 甲を, 甲羅を, 確実な, 磯へ, 網には, 腮を, 船中に, 芸風の, 見えぬほど, 言うの, 言った途端, 言ふ, 責任を, 賭場を, 躍起と, 身の程を, 辷って, 這うと, 這って, 陰険で, 食べる, 騒ぎに, 高座を

▼ 亀~ (122, 6.0%)

39 介は 17 介の 15 介が 7 介を 5 介に 3 介から, 介と 2 介さまの, 介だった, 介です, 介氏は

1 [25件] 丞という, 丞どの第, 丞は, 介, 介さっと, 介さまが, 介さまも, 介さまを, 介さん, 介だ, 介だけ, 介という, 介へ, 介への, 介も, 介小林トメ芝山宇平本郷末子の, 介氏, 介氏が, 介氏です, 介氏を, 介芝山宇平その, 介訊問の, 古碑共一覧, 屋万年と, 進様の

▼ 亀~ (74, 3.6%)

2 売って, 愛する気持, 焼て, 見て

1 [66件] いたはつ, そのままずる, そばに, つかって, つかんで, ねらつたところが, はなしました, ひろって, もらうという, モリで, 一匹飼つてゐました, 一層神秘的, 作ろうと, 使うたと, 先登に, 助けて, 取り出して, 可愛が, 呑んだとき, 呼ぶの, 呼んで, 屈の, 引っ掴んで, 彼に, 得たり, 思い出した, 愛するから, 押しころ, 捕つて産, 探して, 描き洋妾, 池の, 爪の, 献上した, 獅が, 珍しさうに, 画かせ寿阿弥, 眺めるの, 眺める人, 砂の, 祭るなら亀, 自ら営ん, 舞は, 製し首, 見あやまって, 見た, 見たら決して, 見た者, 訪い人形村, 誘って, 語らい当, 譲りたいもの, 買い取って, 返上し, 追いかけ小, 追ひかけ, 退治しなく, 這わせそうして, 長と, 除いたあと, 静かに, 食べて, 飼うよう, 飼って, 飼は, 飼ふ

▼ 亀さん~ (62, 3.1%)

2 の部屋, まだかい, や庭師, や試写会, よ

1 [52件] お早う, か, からの消息, からも実に色々, から自分, がわらっ, が八, が医師, が暗い, が私, が髪髯蓬, が鳥人, だよ, という十歳, とその, と云った, と云ふから, と遊ぶ, にも似合わない, に教わった, のお話, の前, の妹, の家, の末ッ子, の独創, の面影, の鳥, はこう, はさも, はしめた, はなるほど, ははァ, はまた, はやはり, はハゴ, は乗り気, は何しろ, は借金, は吃驚, は実際, は眼, は首, は鳥, は鼻, も中風, ようい, よの唄, よの如く, よ顔出し, をきめこん, を尊敬

▼ 亀~ (60, 3.0%)

2 しても, ちかきやう, 対した兎, 尋ねる

1 [52件] お前一走り行っ, かなは, くれて, くわえられて, そっくりの, たのんで, たべさせるため, なっちまったね, なって, なつた, なりたい, のり, ひとしい私たち, むかって, やるぞと, よく似, よく肖た, 乗って, 乗つた浦島太郎, 云いつけて, 会うて, 似たもの, 似て, 入りびたって, 出来て, 別離の, 助けられたところ, 口が, 噛まれて, 囁く, 変じたという, 好かれたんぢやあ気味, 姿を, 手出しは, 春みんな憑かれ, 案内を, 水草の, 注意し, 盃を, 目を, 聞いた事, 至るまでが, 舞を, 襲われると, 親しむ気持, 言はれ, 言はれた, 話しかけて, 追いつく事, 頸を, 類した愚か, 食いつかれたら死んじまうじゃ

▼ 亀~ (57, 2.8%)

2 いうと, いって, いひ俗, いふ, ろ思てる, 兎の, 化して, 話を

1 [41件] いえば, おなじよう, お蝶, お軽, きいて, きては, なり, インド鰐とが, 三平は, 並んで, 亀とが, 云う男, 仲よく食べてる, 兎で, 化せしと, 半七, 半日でも, 呼ばれて, 呼称する, 声を, 子供だ, 子供ぢやあ, 子供でなく, 烏とが, 熟して, 獅と, 王蛇とが, 申ハ何やら, 称し晩年, 蛇とは, 蛙は, 蛙を, 蜥蜴, 袂を, 見たん, 言ったらようやく, 間違えた甲虫, 阿能十, 鯉とが, 鯉とに, 鷹の

▼ 亀千代~ (52, 2.6%)

3 の後見 2 が家督, に家督, の守, の家督, をもって家督, を生んだ

1 [37件] が八歳, が幕府, が死ん, が浜屋敷, が生れた, こそ故, どの家督, どの抱守, に会う, のかう, のこと, の二人, の前, の屋敷, の弟, の後見役, の新しい, の綱村, の繊手, の身の上, はそこ, はもう, は万治三年, は万治三年八月, は何歳, は側近, は僅, は寛文九年, は寛文二年九月, は抱守, は火事, は身もだえ, を伊達家, を保護, を毒害, を産ん, を除こう

▼ 亀~ (32, 1.6%)

1 [32件] あれば, あわてた, いよいよ朽ちはてよう, おどおどし, お燕, この美しい, すこし急き込んだ, のそのそと, もう時々水の上, よちよち登っ, 一度修繕, 一旦は, 先代の, 味噌久も, 大きかった, 始終海, 娘の, 常の, 年経る, 形が, 有名でした, 松も, 根ほり葉ほり, 毛だけを, 気が, 私も, 舞ひ遊べ, 蒼い顔, 蝦も, 豚も, 隣の, 首を

▼ 亀天正~ (29, 1.4%)

5 の昔 3 の頃 2 の時代

1 [19件] から封建時代, ならば, に至る, に謳われた, のあと, のころ, のころ一人, のみぎ, の丈, の世, の乱世, の人間, の兵乱, の戦国時代, の機会, の武将, の荒武者たち, へかけ, まで富士不断

▼ 亀~ (18, 0.9%)

2 の亀, の易, の法, の神 1 がしめした, で定められる, という占い, にせよ, に熟した, に達した, の卦面, の示す, をカラリ, を灼く

▼ 亀~ (18, 0.9%)

2 という女, という女学生

1 [14件] が突然, であった, であったろうか, というの, という東京, とこの, と一緒, のもの, のオペラバック, の枕もと, の検死, の死, の親戚, の顔

▼ 亀~ (16, 0.8%)

2 んは

1 [14件] おもち, しな亀, んの, デモ倉の, ロック鳥などが, 三平などの, 小犬の, 川のぼり来る, 沙魚の, 藤助の, 蟹などの, 雉子の, 鵞鳥などの, 鼬や

▼ 亀重君~ (16, 0.8%)

2 の兄さん, の家

1 [12件] がなんと, が耳, というの, にきい, に指, のうえ, の金策, はすぐ, はその, はなさけない, は那覇, は頑として

▼ 亀~ (15, 0.7%)

2

1 [13件] が屋根一ぱい, だの柳光亭, と申す, に往, の向側, の団扇, の桟敷, へ無理矢理, へ犬, も八百松, も調査, よりきこえ, を知らん

▼ 亀右衛門~ (14, 0.7%)

2

1 [12件] が静か, と蔵人, と謀り, はこう, はことさら, はほんとう, はもと丹後, は十人, は折り折り, を呼び, を呼び止め, を枕頭

▼ 亀二年~ (13, 0.6%)

1 [13件] であった, とある, になっ, になる, に正, に武田家, に歿, に門弟宗長, のとき, の七月二十九日, の信長, の兵燹, の秋

▼ 亀~ (12, 0.6%)

1 [12件] で, という男, と申す, に弟子入り, に雪女, の家, の活人形, の生, はもう, もつづい, を呼びよせた, を訪ね

▼ 亀~ (12, 0.6%)

3 の一寸法師 2 の小男 1 であるうえ, で小男, で手長, なん, の愚楽, の愚楽老人, の肩

▼ 亀千代ぎみ~ (11, 0.5%)

1 [11件] が初めて, に不慮, に異議, のお, の側近, の召される, の御, の御前, の袴着, は十一歳, ばかりでなく

▼ 亀~ (11, 0.5%)

2 の顔 1 といい, のこの, の図, の激しい, の髪, はこの, は基房, は横浜, をかいた

▼ 亀~ (10, 0.5%)

1 から助けた, か蛇, が, しかし予, そうです, つたからね, とか, とか筵, のに代弁, 亀だ

▼ 亀との~ (10, 0.5%)

2 齢にて 1 三人しか, 問答が, 昔話の, 米饅頭くらい, 細工物が, 話, 話の, 間に

▼ 亀三年~ (9, 0.4%)

1 から翌, には信長, には召出された, に三百疋, に始め, に実隆新作, の春, の頃, までは文字

▼ 亀元年~ (9, 0.4%)

1 から, だと, となっ, にわたるあいだ, に南島, の九月, の奥書き, の昔, の条

▼ 亀~ (9, 0.4%)

8 ぽんたん 1 ぽんたんと組ん

▼ 亀~ (8, 0.4%)

1 のお, の体, の唇, の守, の柔順, の眼, の肩, の読書

▼ 亀先生~ (8, 0.4%)

1 の噛, の最も, の本名, の長話, は先生, は受附, は師弟, は生えぬき

▼ 亀~ (8, 0.4%)

2 の番頭 1 から碁石, という老舗, と言え, のほう, の暖簾, へ遣った

▼ 亀親方~ (8, 0.4%)

1 から工面, がのっそり, が左次郎, だけが例, に言っ, の世事, の五人, も帳場支度

▼ 亀~ (7, 0.3%)

1 さうし, その甲, まだ見た, 今では, 卯月の, 太十, 短いくちばし

▼ 亀ヶ谷~ (7, 0.3%)

2 のトンネル 1 とはどこ, には亡父義朝, の急, へわし, まで参りたい

▼ 亀千代さま~ (7, 0.3%)

1 がそんな, が元服, が御, に家督, のいらっしゃる, の髪, 御家督

▼ 亀千代どの~ (7, 0.3%)

1 かうん, にすすめる, のため, の膳部, の袴着, の身, は安泰

▼ 亀とが~ (6, 0.3%)

1 あった, いいの, 十匹ばかり, 書いて, 角力を, 道庵先生の

▼ 亀~ (6, 0.3%)

2 亀さんよ, 亀さんよの 1 人参呑ん, 汝は

▼ 亀~ (6, 0.3%)

1 でロイド, とはどこ, のはしたない, の喜遊, の娼女洋銀三枚, の小

▼ 亀菊さん~ (6, 0.3%)

1 が, がいいました, はいいました, はじ, はじっさい, はひさしぶり

▼ 亀~ (5, 0.2%)

2 のである 1 のであった, んざ小指で, んだ

▼ 亀~ (5, 0.2%)

1 むやみに, 出張って, 行って, 言いました, 軍鶏や

▼ 亀みたい~ (5, 0.2%)

2 なもの 1 にのばした, にゆるやか, もんだ

▼ 亀~ (5, 0.2%)

1 が探し, じゃ行っ, にし, のとこ, は何

▼ 亀千代君~ (5, 0.2%)

1 というよう, という紛れ, に家督, の家督, の幼弱

▼ 亀四年~ (5, 0.2%)

2 の編戸 1 に新た, に編戸, に薨ぜられた

▼ 亀~ (5, 0.2%)

1 と声, のかしずき, の供頭, の前, の眷属

▼ 亀~ (5, 0.2%)

1 か跛足, する底, も陰毒, を貸し, んで居る

▼ 亀という~ (4, 0.2%)

1 のは, 亀の, 例が, 珍らしい

▼ 亀などを~ (4, 0.2%)

1 山もしくは, 見あやまったの, 見向きも, 飼えようわけ

▼ 亀ヶ淵~ (4, 0.2%)

2 へ往 1 と云う, の近く

▼ 亀~ (4, 0.2%)

2 を組み, を組む

▼ 亀清楼~ (4, 0.2%)

1 で催した, のある, の楼上楼下, の石垣

▼ 亀~ (4, 0.2%)

1 がよい, という小, ならば, の方

▼ 亀から~ (3, 0.1%)

1 無用の, 聞いたか, 脂肪を

▼ 亀では~ (3, 0.1%)

1 あるまいと, ないか, 評判が

▼ 亀とは~ (3, 0.1%)

2 形状少しく 1 べつな

▼ 亀とを~ (3, 0.1%)

1 そのとき避難, 友と, 合併し

▼ 亀なら~ (3, 0.1%)

2 ば一層 1 ば格別

▼ 亀には~ (3, 0.1%)

1 察しの, 少しも, 責任が

▼ 亀にも~ (3, 0.1%)

1 いろいろの, みんなから, 何か

▼ 亀~ (3, 0.1%)

1 と云っ, はとうとう, も女房

▼ 亀之進~ (3, 0.1%)

1 から三右衛門, の奥, の邸

▼ 亀事安井亀二郎~ (3, 0.1%)

1 が, がこの, が取ってつけたよう

▼ 亀~ (3, 0.1%)

1 の窯, へつけさせ, を訪れた

▼ 亀右衛門丞~ (3, 0.1%)

2 の母 1 などの人々

▼ 亀年間~ (3, 0.1%)

1 からこの, に亘る, の頃

▼ 亀板面~ (3, 0.1%)

3 に顕れた

▼ 亀縮ん~ (3, 0.1%)

2 でいる 1 でいた

▼ 亀~ (3, 0.1%)

1 は包皮, は花冠, は露出

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 めえ, 相手を

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 庄太に, 獺の

▼ 亀たち~ (2, 0.1%)

1 と一, をからかっ

▼ 亀である~ (2, 0.1%)

1 ことを, ところに

▼ 亀といふ~ (2, 0.1%)

1 名は, 名前だ

▼ 亀とくさ亀~ (2, 0.1%)

1 とが十匹, にし

▼ 亀とも~ (2, 0.1%)

1 に千歳, 心安くし

▼ 亀ほどの~ (2, 0.1%)

1 巨き, 相違では

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 が大きく, に対してもお

▼ 亀一名筮亀~ (2, 0.1%)

2 あるひ

▼ 亀二年五月~ (2, 0.1%)

1 に今, の条

▼ 亀五年~ (2, 0.1%)

1 の古, の格

▼ 亀元年六月二十八日~ (2, 0.1%)

1 だから, まだ夜

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 とは誰, は此人

▼ 亀公お前~ (2, 0.1%)

1 この俺, も掏摸

▼ 亀~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 亀千代家督~ (2, 0.1%)

1 のとき, の礼

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 の, の一作

▼ 亀四郎~ (2, 0.1%)

1 の死骸, は癩病

▼ 亀坐である~ (2, 0.1%)

2 のか

▼ 亀天正以来~ (2, 0.1%)

1 の大名小名, の歴史

▼ 亀天正時代~ (2, 0.1%)

1 ならば, に豊臣秀吉

▼ 亀惣様本町~ (2, 0.1%)

2 の藤勘様

▼ 亀横町~ (2, 0.1%)

1 から花咲橋, の露店

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 から冬木町, のある

▼ 亀比売~ (2, 0.1%)

2 之夫也

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 の句, の方

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 まで三通り合計七升, をグイ

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 だの数え立てますれ, の秘蔵猫

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 して, の形

▼ 亀縮むだ~ (2, 0.1%)

1 手を, 掌面で

▼ 亀背上~ (2, 0.1%)

2 の文字

▼ 亀腹柱高欄垂木桝肘木貫~ (2, 0.1%)

2 やら角木

▼ 亀茲国~ (2, 0.1%)

1 の夕日, の舞楽

▼ 亀茲王~ (2, 0.1%)

1 が漢, のごとき

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 が歌っ, である

▼ 亀~ (2, 0.1%)

1 ハ云フ雲忙シト, 江湖散人伝

▼ 亀風流~ (2, 0.1%)

1 と似たらしい, の場合

▼ 亀鳴く~ (2, 0.1%)

1 や皆, 頃は

▼1* [251件]

あたりとも交際, 亀いい当てるということ, 亀うたい申し心の, 亀かと思ったら今, 亀かみたれば五六軒, 亀がね咽喉が, 亀がもどつて, 亀がんねんで, 亀ぐらいもある恐ろしく, 亀こと高橋であった, 亀さながらの長い, 亀さんお前えなんぞは, 亀さんちの区役所の用務員さん, 亀さんとんでもない忘れ物, 亀さんまだかい, 亀さんみたいに首, 亀さんよう亀さんようい, 亀さんツたらお前, 亀さん亀さんツたらお前, 亀さん以下四人の者, 亀じゃないでしょう, 亀その親族の, 亀その他いわゆるおとぎ話, 亀それに安直, 亀そんな話は, 亀たのむぜ圓朝さん, 亀たる肉体は, 亀だけがそのまま残っ, 亀だけに過ぎない, 亀だったのである, 亀だろうと無, 亀でさえ跳ねる, 亀ですよ, 亀でも這って, 亀とか天ぷらとか, 亀とかいう軍鶏屋の, 亀とかいふものが, 亀としては言葉を, 亀とちがつて, 亀とでは身長は, 亀とに見えて, 亀と共に上の, 亀ぶ川, 亀どのそこの料紙, 亀どもは肯いた, 亀どんが見つけ, 亀などすっかり人, 亀などが池から, 亀などではない, 亀などのごとく間接, 亀などは別に, 亀などもよく捕え, 亀なら知らぬこと, 亀なりとし或は, 亀なんぞもともといや, 亀なんてこちと, 亀なんどのよう, 亀において彼は, 亀について三様の, 亀については記して, 亀についても依然鶴, 亀にとっては蛇は, 亀になつた子や, 亀にまで同じ様, 亀に対して気の毒だ, 亀に対する考へ方, 亀はげ亀梅坊主など私, 亀はげ亀梅坊主たちが好ん, 亀はをぢさんが, 亀はんたちとよう腹, 亀まで歩いて, 亀て自由, 亀もちよつと, 亀やあお海亀をも, 亀やになりませんでした, 亀やの包みは, 亀ややま亀, 亀やんという老人, 亀よにしましょうか, 亀よりのろいわ, 亀よりは幾分ましでした, 亀よりも上手に, 亀よわれ汝が, 亀らしくもない, 亀わめき出ずる様の, 亀をも飼いたく美し, 亀オカにつる, 亀スッポンなどは美味, 亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, 亀ッ甲の皮, 亀ヶ谷寿福寺の一禅僧, 亀一ッ支度して, 亀一匹を贈られた, 亀一味十名は築地, 亀一座にはがんもどき, 亀一派の追求, 亀一般にあり, 亀一門の出, 亀三年上吉田の本町, 亀三年十二月三方ヶ原の一戦, 亀三年十二月二十二日三方ヶ原の戦, 亀三年四月には一日, 亀三年正月二日の条, 亀三年頃筑前守天平五年の沈痾, 亀上がりその背, 亀与兵衛の見物, 亀並びにその先輩, 亀中廷議冗兵をはぶき, 亀乗りかけてやめ, 亀大きな亀, 亀二年九月十二日織田信長が比叡山, 亀二年五月南部高信と戦ひ, 亀二年伯耆守神亀三年頃筑前守天平五年の沈痾, 亀二年夏五月芳野離宮に行幸, 亀二年実隆が座敷, 亀五年作か, 亀五年十一月に智行僧九人, 亀亭等から私, 亀以後には女房役, 亀以来の新, 亀とかいふ漁師, 亀何とか言ふ, 亀何年かには越後, 亀甲子年伽藍を, 亀元年三月御年十六歳, 亀元年五月には遠江国, 亀元年六月二十八日織田信長が徳川家康, 亀元年冬十月紀伊国に行幸, 亀元年和田伊賀守を討ち, 亀元年四月七日の条, 亀元年四月北陸の雪, 亀元年織田右府公浅井朝倉退治の時神祖, 亀先代岩てこバンカラ辰三郎らが至芸, 亀先代岩てこ太神楽の人々, 亀八作の蝋細工, 亀八作小宮山良助あッと, 亀八独特の蝋細工, 亀八生井北風胸悪ハクショウ, 亀公いいかげんにしない, 亀公お前良心ないの, 亀出現の会, 亀割阪などと麗, 亀助石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 亀千代ぎみ元服九日辰の刻登城, 亀千代ぎみ登城両後見これ, 亀千代ぎみ相続の願い, 亀千代ぎみ袴着の式, 亀千代さま鶴千代さま岩沼寺池の御, 亀千代乳母がところ, 亀千代登城のあと, 亀千代附になつたの, 亀千萬男てえ, 亀卜算術の長, 亀なこと, 亀右衛門丞安積八弥太木南加賀四郎など夜来, 亀右衛門丞船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 亀同様の存在, 亀などという山, 亀の扱い, 亀多く居るを, 亀菩薩の, 亀大きな亀だ, 亀天正あたりの人, 亀天正ころの武稽人, 亀天正以前の状態, 亀天正以後のこと, 亀天正群雄鹿を逐う, 亀如程違って, 亀姫振袖裲襠文金の高髷, 亀姫薄と女の童等, 亀安自慢の売出物, 亀えてしから, 亀小亀の太神楽, 亀屈んで何, 亀を御立, 亀山口から東海道, 亀岳山万松寺の門前, 亀の活人形, 亀年間平田将監という者, 亀延年の思想, 亀弥太が戦死, 亀弥太大利鼎吉新宮次郎元山七郎位です, 亀後に源僊と, 亀御前とも申した, 亀御前三十三歳四番にはおわ, 亀御苦労だが, 亀徳さんがいいました, 亀息吹きにたり, 亀手一歩もはこび, 亀手方非異薬, 亀が多く, 亀暫くだったな, 亀の節用集, 亀をすぎ, 亀松屋弥太郎の家, 亀松竹を書く, 亀梅坊主など私, 亀梅坊主たちが好ん, 亀楽園に憩う, 亀楽煎餅の別荘, 亀はまだ, 亀横丁へ曲がる, 亀は, 亀の下, 亀泳ぎをし, 亀が景気, 亀派勤王がよけれ, 亀浮木といった態, 亀清柳光亭といった一流二流, 亀清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 亀清楼柳光亭も近く, 亀というところ, 亀瀬峠は南, 亀牡丹に唐獅子, 亀特有の魅力, 亀に対い汝, 亀の毀れ, 亀畳塔と名づける, 亀百年に一度大海, 亀盃丹頂鶴盃など一通り, 亀変らずのんびり, 亀短い縁だった, 亀社中と晩春, 亀の類, 亀築地異人館の誰々, 亀紐鐶紐紫綬などの大法, 亀縮む掌を, 亀縮んだ山の, 亀を用いたら, 亀背病患者が殺され, 亀自身も以前, 亀を啜りまし, 亀踊りをやってる, 亀ちゅうのは, 亀重君はかぶりを強く, 亀金魚二十日鼠豆板しょうが飴なめて, 亀から運ん, 亀間違ったことを, 亀頭バナ属に似たる, 亀頭バナ属亀頭は花冠, 亀頭剥落して, 亀高声に喚ん, 亀高村喜左衛門というもの, 亀鯛等で今, 亀鯨兎蛙あざらし蟻ペリカンこの七つ, 亀鳩獅子犬象竜の如き, 亀など色々, 亀鶴亀そんな話, 亀も白牡丹, 亀齢下物は茹葱