青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「世~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

与えた~ ~与えられた 与えられた~ ~与える 与える~ 与八~ 丑松~ ~且つ 且つ~ ~世
世~
~世に 世に~ 世にも~ ~世の中 世の中~ 世人~ 世帯~ ~世界 世界~ 世界中~

「世~」 16804, 156ppm, 681位

▼ 世~ (4671, 27.8%)

90 人の 45 ために 43 多くの 41 人は 40 人に 33 なかに 31 つねの, なかの 22 なかは 16 人を 14 なかを, 人々の, 人が 13 なかへ, 人も, 耳目を 12 ありさま, ため人の 11 なかが, 春を 10 すべての, 無常を 9 人々が, 有様を, 辛酸を 8 外に, 罪を 7 なかには, ような, 人から, 夢に, 姿を, 時代に, 知る所, 視聴を, 風潮に 6 ことごと, ことは, ことを, 事だ, 人々に, 光を, 命を, 塵に, 姿, 流行

5 [21件] ありさ, ことが, さまを, ため, なかで, 下に, 事で, 事を, 伝ふる, 信用を, 名を, 幸を, 後を, 手に, 波に, 為に, 荒波に, 誤解を, 諺に, 賞讃と, 風に

4 [40件] いは, うつろひ, さまも, ためにも, はかなさ, 上に, 人々は, 人心を, 介の, 便利を, 同情を, 味気な, 噂に, 塵の, 大方の, 妃と, 孫に, 寂しさ, 尊敬を, 幸福を, 後に, 恋の, 掟である, 昔語りや, 時代の, 智慧, 曾祖母の, 有樣, 末の, 様を, 注目を, 習ひ, 苦しみを, 荒波を, 識者に, 識者の, 進歩に, 間に, 限り見るべき, 顔を

3 [77件] うごきを, こと人の, さまに, さまの, ためだ, ならはし, ならひ, もので, 一切の, 一般の, 事は, 交際を, 人, 人と, 光である, 光に, 動きを, 勤めなり, 古今を, 嗤笑に, 嘲笑と, 噂を, 夢の, 夢を, 好劇家, 姿が, 孫が, 孫の, 害を, 己の, 底に, 悪評を, 成り行きを, 成行を, 所謂る, 推移を, 文明を, 方を, 春と, 春の, 時に, 普通の, 末に, 末を, 果ての, 榮華を, 樣を, 歴史を, 治世に, 波風に, 渦の, 物笑いと, 王冠の, 用には, 男女の, 知る処, 祖である, 秋つらし, 秋の, 約束を, 終りだ, 良風美俗を, 街に, 親たちに, 親と, 親の, 誰よりも, 諸仏も, 諺にも, 迎ふる, 進歩とともに, 進運に, 運命を, 非を, 非難を, 風俗は, 風潮を

2 [304件] あさましさ, あらゆるもろもろ, あらゆる物, いろいろの, いわゆる新, うからのみ, うちに, うつり変り, かぎり思ふ, くらし, けしきかな, こと, ことで, ころの, さまが, しくみである, すがた, すべては, た, たとえにも, たのしみをば, ためしぞと, ためと, ためとか, ためには, ための, ため国の, つね, つねならぬ, なかから, なかだ, なかでは, なかも, ならいに, ならひと, にほひ, はじめ, はじめから, ひとの, ほかの, ものか, ものとは, ものとも, ものなるべし, やうな, ように, わかき人々, アシュルの, ジュンプウ良俗に, 万人に, 下では, 不思議, 不思議見た, 世直しを, 乱は, 乱れを, 事, 事に, 事をも, 事業では, 二人は, 交を, 享くる, 人々には, 人々よ, 人たえ, 人たちから, 人たちは, 人だ, 人では, 人とは, 人には, 人にも, 人びとの, 人ほめ, 人よ, 人哀戚きたる, 人皆, 人間が, 代に, 何ぴとよりも深, 佗し, 佶屈難句なる, 俗人たちが, 俗物どもを, 保証を, 僧義存没し, 儚さ, 光なり, 凡夫の, 処刑に, 出来事として, 千年は, 半ばを, 友か, 反抗表裏の, 取沙汰ほどに, 古典と, 名も, 名利を, 命により, 嘲笑を, 噂むなしから, 因果の, 国の, 坂に, 型の, 塵を, 士君子あるいは, 変りを, 変化を, 変遷が, 変遷とともに, 変遷に, 外にも, 外の, 外へ, 夙志が, 夢は, 大人達の, 奇才を, 契りは, 契りを, 女に, 好事家を, 好奇心に, 好評を, 妃に, 姿でも, 姿は, 子女を, 季の, 学問は, 学者が, 学者詩人に, 孫で, 孫であった, 孫である, 孫にあたる, 孫光の, 孫水津信道の, 実相を, 害悪だ, 家居さ, 尊崇を, 尊敬も, 尋常とは, 小唄を, 山の, 巷に, 常識に, 常識を, 幸は, 幽霊論者が, 形見に, 役に立つところ, 往くさ, 心を, 怖ろ, 思惑は, 悲しみを, 惱み, 意を, 態を, 憂きよりは, 憂きを, 憎疾, 成りゆきを, 成行きを, 成行く, 批評を, 指弾を, 掟の, 推移と共に, 政府が, 政談家に, 教育者特に, 教育論者が, 文学雑誌を, 文明が, 文明は, 方で, 旅を, 日ぞ, 春に, 春愁は, 時の, 暗さ, 暗殺の, 最も美しい, 有難さ, 望みに, 朝に, 木枯も, 末である, 果敢なさ, 歌は, 歌人に, 歎き, 死に, 毀誉褒貶を, 母の, 母を, 治世の, 波, 波は, 流行に, 流転を, 浅間し, 海の, 潮の, 澆季を, 火宅を, 無情を, 煩ひ, 煩累に, 煩累を, 爲に, 爲めに, 父たる, 片隅に, 物笑い末代までの, 物識りといふ, 状なり, 王甥イヴァン・チェルトクーツキイを, 生きること, 生活が, 生活は, 町に, 皇統皇孫や, 盛衰に, 眼を, 知らぬ人, 祖が, 祖に, 神神, 秋に, 秩序を, 移りか, 移り変りの, 立憲内閣に, 笑いぐさに, 笑い草に, 紅い顔, 終り, 終りが, 終りと, 終りに, 終りまで, 終りを, 終るまで, 編集長で, 罪の, 罪も, 美しさ, 義理に, 習いで, 習いである, 習いとは, 習はしは, 耳目に, 腐敗の, 自信と, 苦労を, 英雄と, 荒波が, 荒浪に, 行末, 裁判に, 裏を, 見て, 見方でした, 親たちが, 親たちの, 親たちは, 親に, 親達に, 親達は, 言葉で, 記憶の, 評伝家から, 試ぞ, 話を, 語草である, 謗りを, 謹厳なる, 識者と, 識者を, 譬にも, 象, 賢者たちに, 転変は, 進むと共に, 進むに, 道を, 銅像が, 陽の, 離宮も, 頃には, 頃の, 顔に, 顧る, 風が, 風俗の

1 [2862件 抜粋] あいだ安泰に, あたりで, あとひとつ, あらしある, あらゆる情熱, あら波には, あること, いかなる行為, いわゆる哲学, いわゆる宗教, いわゆる慈善家, いわゆる狐惑, いわゆる餅粥, うごきと, うたか, うつし身, えり飾りと, おも, お妃, お蔭か, かぜぞ, かをり俤に, くらさ, ことしけ疎く, ことであろう, ことに, ことわざにも, この白痴, ごとき人, さだめ, さま, さまや, しくみは, すえどう, せいとも, そしりなんかには, それらの, たみ, ためになど, ちぎりも, つねである, とかくの, なか, なかにまで, なごり, ならい, ならひだ, ならわしなの, にくしみ人, はらからの, ひろさ, まが, まわり合わせは, むくのしらぎぬかばかりに染め, ものに, もの笑いと, やむなき乱れ, よろこびでなくて, わらいぐさ, イタリアに, カッサイを, スポットライトを, デカダンスの, ポン中毒者の, 一切から, 一弱点であったろう, 一言も, 七宝百珍に, 上の, 下るとともに, 不例を, 不幸なる, 不景気と共に, 与うる如くならず, 主が, 主も, 乱れという, 乱れるの, 乱脈に, 亂る, 事どもを, 事人の, 事業を以て, 事物を, 云ふ, 交際に, 人々にと, 人おそれ, 人これを, 人たちの, 人とり沙汰うるさく, 人めかしき, 人をや, 人兄弟を, 人常に, 人心ますます, 人法學または, 人神の, 人醒めよ, 人間関係に, 介を, 仕組みが, 令旨に, 伝うる, 伯夷叔斉静岡は, 体裁ぶつた, 何物たる, 作者たち, 來る, 侘住居いちりん, 俗悪に, 俗論古論保守論を, 信念だ, 俳諧士は, 偉人武甕槌命を, 傳えごと, 儀式と, 兄と, 光と, 公に, 其以前は, 冷たい波, 凡ゆる, 出入は, 初めより, 別れを, 創業と, 努力と, 動作を, 勤めも, 千万言の, 即位まで, 友を, 取り沙汰に, 口の, 叫びと, 同情と, 名利に, 名残が, 向うを, 吾人を, 呼んで, 和学者風にも, 喜びとを, 営みを, 嗤い草と, 嘲笑の, 回想, 図, 圧制君主に, 坂東曠野時代この, 場合と, 塵紛を, 墳墓の, 変り目である, 変化は, 変遷と, 夏の, 多事を, 夢魔生き, 大事業, 大勢を, 大患を, 大波に, 大衆が, 大革命災厄報償令, 天狗沙汰も, 太平にも, 奇才の, 契りと, 奪略に, 女たらし色魔と, 女子教育を, 女性にも, 女等は, 好いお爺さん, 好尚につれ, 如く眼, 妃一八二六年に, 妹である, 妻君に, 始め, 姫君そだち, 姿と, 娘だった, 婦人が, 婦女たる, 嫖客といふ, 子の, 子供達は, 字の, 学匠たち伝へ, 学者たる, 学説に, 孫には, 孫延興王の, 孫袁本杼の, 學者は, 安らかさを, 宗謙だった, 定め, 定評は, 宝なりけり, 実業家は, 宮中では, 家で, 宿業である, 富めるもの, 富貴は, 寛仁大度な, 寵愛が, 専制者に, 尊信崇敬する, 小姓みたいに, 局面が, 山路なれ, 嵐を, 巾利は, 帯, 平凡常識低俗に, 年月が, 幸福と, 幼い人たち, 幽霊談中には, 広きに, 座主慈円和尚の, 廃り物に, 建てたエジプト現存, 建築家は, 強い無常観, 彫刻家の, 彼女が, 後は, 後妻なり, 後裔には, 御前で, 御殿の, 心勞を, 忘る, 怖しさ, 思わくをも, 思潮を, 怪しさ, 恋を, 恨み背後, 悪しき諺, 悪評が, 悲哀の, 情勢が, 惨たる, 意味で, 態は, 慣いで, 憂いを, 憂き風, 憂苦を, 懲戒に, 成金の, 戦争終結以後ヨオロッパが, 所謂不祥なる, 所謂實際派を, 所謂賢臣なり, 手本に, 批判と, 批評家は, 持凶器強盗清水定吉が, 捕物小説又は, 掟踏躪り, 推移と, 撰集に, 改善運動家融和運動家等は, 政府を, 政略の, 救済については, 教法政法皆悉く, 教育家に, 数奇という, 文化的経綸の, 文学者なる, 文明に, 新しがり, 方々には, 旅の, 日本では, 早瀬には, 星なる, 春さへ, 春も, 是沙汰飯粒に, 時には, 時陰謀を, 智慧のみ, 暗闇に, 書が, 曽祖母の, 最後における, 月を, 有様に, 有識社会は, 朝顔か, 末々まで, 末やらん, 末迄, 本願や, 果つる如くに, 栄華を, 極めは, 榮光をのみ, 標準と, 横光党に対しては, 欲を, 歓楽に, 正意, 武士とは, 歴史は, 死に対する, 死後は, 毀誉も, 母なり, 民くさ, 水に, 沈黙恐怖の, 治りは, 法と, 波かぜにも, 波濤に, 注目の, 流より, 流説では, 浜の, 浮事を, 浮華なる, 涙そら, 混乱に, 渦巻きの, 滅びた時, 潮流に, 濃霧を, 為な, 無常が, 無端, 煩いを, 營み, 父ある, 父兄の, 父母を, 物に, 物笑いにて, 物語と, 物音が, 犧牲者に, 狂母の, 玄の, 王子だ, 珍しい名残, 現象も, 生命に, 生家からは, 生活には, 申し奉った君, 男女或は, 異数と, 病気は, 登場は, 皇女ドグマール, 益と, 盛衰人の, 相が, 相を, 真実の, 知らざる食物, 破れたる, 礼拝堂の, 祖, 祖先を, 祖頼氏の, 祭せ, 禍いは, 福人と, 秘書役を, 移り変りには, 種に, 空間で, 笑いぐさだ, 笑ひ, 第二一年, 粗土, 紋章梨は, 終まで, 終わりに, 終焉に, 経験の, 絶て無くして, 緑り, 縄墨に, 罪しらぬ, 罵りと, 美姫たちが, 義理は, 習いいつどこ, 習いとして, 習である, 習なれ, 習ひなるべし, 翰墨を, 耳語き, 聞こえも, 肉体を, 背後に, 腐り方, 臣下である, 自稱神佛, 良民に, 花の, 若い花婿, 若人の, 苦しみ悩みは, 苦痛不快たる, 茶道者流は, 荒波へ, 落語家の, 蔭口にも, 藏書家に, 虚栄を, 蝋を, 衆愚を, 衆目の, 行末を, 衰ふる, 補修と, 襖の, 見方は, 親なみに, 観じよう, 触りにも, 言葉にすら, 言説を, 記憶は, 訴訟事件には, 詩はも, 詩歌の, 認めて, 誘惑と, 語は, 語草に, 読書人には, 誹りの, 論である, 諸仏たち并びに, 諸現象, 謎を, 識者という, 讀書家に, 豪傑にて, 貴紳の, 賞罰ある, 賤し, 趨勢が, 軍隊中にも, 軽蔑と, 辛酸が, 辻の, 逆しまを, 通ぜざるもの, 通念的な, 進歩なる, 遊学させ, 道なかば, 道學先生の, 道理も, 遺族の, 邪悪を, 釋く如き, 金力智力が, 釣り舟に, 長子アルフォンソ三世, 門に, 間にも, 附加とが, 陰性を, 隠れた前, 雑音に対しては, 雲は, 青年子弟が, 非難の, 音が, 頃に, 頼みな, 願いは, 風俗が, 風声を, 風潮と, 風紀が, 風騒に, 飾りの, 馬鹿は, 騒がしさ, 體驗を, 鬱憤やら, 鹽原太助の

▼ 世~ (3521, 21.0%)

44 知られて 42 出て 19 なって, 出で, 生きて 18 生れて 16 出ること 15 なっても 14 ありて, 出たの, 知らる 13 して, 公に, 行はれ 12 出れば 11 あって, 出して 10 於て, 立って 9 出すこと, 出た 8 ある人, 出でて, 立つて, 聞えて 7 なると, なれば, もてはやされて, 処して, 名を, 隠れて

6 [11件] あらば, すぐれて, なつて, 出た時, 残って, 現れて, 現われて, 紹介した, 行は, 行われて, 謂ふ

5 [13件] あつて, お上り, 亡い, 出したいと, 出すの, 出でたり, 出ると, 出るよう, 出る機会, 問ふ, 殘る, 生まれて, 自分の

4 [24件] あっては, あらじ, あること, あるもの, あるや, ある頃, あれば, はびこる, 伝えられて, 出した, 出たこと, 出たもの, 出てから, 出る時, 出る望み, 大なる, 歸り, 現はれ, 知られずに, 知られたの, 示すこと, 稀な, 言ふ, 類の

3 [39件] あったころ, ありそう, ありては, おもふ, これを, なった, なつた, 一人と, 伝えて, 何の, 公けに, 出しては, 出す事, 出す準備, 出そう, 出たという, 出た頃, 出づる, 出る, 出るの, 出る見込み, 出る道, 勝てり, 引かれて, 忘らるる, 望みなき, 流布し, 生中目, 知られその, 知られるよう, 立ちて, 立つこと, 純善, 義理といふ, 聞えます, 行はれし, 行われた, 道を, 雄飛すべき

2 [213件] あっても, あらう, あらうか, あらは, あらはれて, あらんとは, あり, ありがち, ありし日, ありし時, ありても, ありと, ありながら, ありふれた筋, あり得ること, あるうち, あるまい, あるまじき御, あるを, ある愛禽家, ある時, いう, いた頃, いて, いでしに, いでず嗟乎惜むべ, いでぬ, いふ竜燈, いること, うごめく眼前, おくれて, かくも, かくれて, かけ替の, きこえて, さよう, しあるかな, しられず又, そむいて, そんな事, た, たぐいなき, たぐひもなし, たよりない, ときめいて, なかった, ながらえて, なったの, なってから, なつたら, なるの, のこれり一説, ふる, ふるくありし, ますこと, またが, まれなる, わびて, 二つの, 二十六万の, 云ふ, 亙って, 亡いお, 亡き人と, 享けし齡と, 人一人生みぬ, 仕事を, 伝ふ, 伝ふる, 伝わらない, 伝われるところ, 住む弱き, 住んで, 働くもの, 公け, 公布する, 処した時, 処するには, 処するの, 出すに, 出す前, 出ず, 出たとき, 出たゴーリキイ, 出づ, 出づるや, 出でん, 出でんこと, 出ぬ方, 出ようと, 出るという, 出るに, 出るには, 出る事, 出る頃, 勘當の, 勝れて, 化したであろう, 口に, 古りた姿, 問うて, 喜ばれ度, 在し時, 在っては, 在りて, 在りながら, 変った, 多きゆえん, 多くの, 嫁す, 存在する, 害を, 容れられざるの, 尽きぬの, 屬する, 布く, 帰ること, 年に, 年月の, 心を, 忘られ, 恐る可, 恥じて, 想像の, 捨てられた日蔭者, 捨てられて, 斯かる, 新らしき, 於いて, 於いても, 於ける履歴, 於ては, 明日あり, 時めいて, 最も悲しく, 望みの, 望むところ, 未練は, 栄えて, 歸る, 残されて, 殘せる, 比類なき, 汚れた私, 江戸の, 洩らさば, 洩れて, 活きる, 流行たる, 渡唐の, 珍しからず, 珍しき磧, 珍らしい, 現れたの, 現われたの, 生きと, 生きながら, 生くる, 生れしは, 用なき, 発表された, 知らせたいと, 知らるること, 知らるるに, 知られすぎて, 知られずして, 知られたと, 知られたる宇陀, 知られた人, 知られなかったの, 知られるに, 知られる学者, 知れて, 示すため, 示すにも, 秀でた者, 立ち事, 立っても, 立つや, 立つ考え, 紹介せん, 経道滅尽せんに, 絶たり, 美人の, 聞えたる先輩, 聞ゆる, 臨り給う, 至りて, 行なわれいくばく, 行はる, 行はれた, 行わる, 行わるるに, 行われるよう, 言って, 言われて, 誇るべき者, 誤解され, 誤解せらるる, 誰が, 謂う所, 貴族と, 身を, 迎へ, 返って, 送り出すこと, 遣わされたの, 遣わされた者, 遺すも, 遺憾なき, 重んぜられて, 離る, 類なき

1 [2332件 抜粋] ああいう, あたる, あった頃, あらうかと, あらずいつ, あらはれしもの, あらわして, あらわれてから, あらん思い出, ありしきとき, ありし昔, ありし頃, ありてさ, ありふれた事, ありふれた白銅磨き, あり勝ち, あり得べしとも, あるうち此詩集, あると, あるは幻影, あるまじき人間, あるまじき災難, ある人々, ある庭, ある日僞, あろうか, あわぬ与力同心門, いくらか近代, いたらしい, いづる時, いなかったが, いふ唐茄子, いふ気欝病, いふ神風, いまし, いろいろの, うたはれるであらう, うまれあひたる嬉し, うめいて, おくりだすの, おそろしきもの, おなじ父母, およそ私, お前が, お銀様, かかる何, かくれつづけて, かくれなき名優, かしましうもてはやされて, か弱いもの, きこえた政治的手腕, くだらむ, けれどもたつた, この世界所有, これ程罪深く, ござりますれ, さす者, さりとては, したがって, してからが, しられざるが, すぐれし知名, すぐれた御作, すねたる神仏, すれて, そういう事, その道を, それが, そんなばかばかしい, たえがたい退屈さ, たぐい少き, たのしみ多し, だしたい, だつて, つまも, ときめいた吉田玄蕃様, とどまり教, ないうつくしさ, ながれては, なす者, なったほう, なったルイ, なっては, なりて, なり出る春衣, なるより, のこし両親, はぐれた男, はばかって, はびこり非難, ばかげて, ひろまって, ふるながめせしま, まさに菩提, また成れ, むかって, めぐまれたとき, もし蓮如, もてはやされた美女, もみらるる, ゆき肉體, わかった, われも, オランダ人が, チヨイ, ロマンチシズム程, 一国民の, 一日たり, 三人の, 下った, 不逞な, 丸の, 事ふる, 二人ばかり, 云う実利益, 亙り十方, 亡くなり給, 交際の, 人情を, 人間を, 他国の, 会うとき, 伝うる, 伝う青海, 伝えてさえ, 伝えられるよう, 伝はらざりし, 伝へた双六谷, 伝わらずに, 伝わり十六世, 伝わるを, 似ずいみ, 住みて, 住むとは, 住む善人彼等, 何なり, 何十万石の, 例あり, 信ぜられよい, 偏屈の, 傳ふべし, 儔なき, 優れた良人, 先んずるもの, 入つて, 入る国民, 公なら, 再び会えるだろう, 処したかが, 処すること, 処する考え方, 処せざる, 出さなかつたもの, 出されること, 出したきもの, 出した信州随筆, 出し闇, 出すと, 出す作, 出す熱心, 出ずる希望, 出たが, 出たに, 出たら知らずさもなければ, 出た人, 出た姫だるま, 出た当時, 出た晋, 出た赤絵鉢, 出づべしともおもはねば, 出づる機會, 出てる電熱器, 出でざるも, 出でし者, 出でたの, 出でた宋槧本, 出ない松花堂, 出ぬ青い, 出ようとして, 出るか, 出るであろう, 出るべき人, 出るより, 出る気運, 出る自分, 出始めた序戦時代, 刀鎗を, 別れを, 加藤は, 労働者は, 勝つため, 勝れたる犬, 包めましょうや, 半可通ほど, 又八, 及べば, 双絶, 取りて, 受けるか, 古りて, 合わず執心, 同調し, 名望ある, 向はしむるため, 君帰らず, 告げるよう, 呼ばれるもの, 唯一つ, 問い得る限り, 問うたもの, 問う積り, 問わん, 喧伝する, 嘆じられる, 圧制され, 在った頃, 在つて, 在りうべきもの, 在るうち, 在るの, 在る習い, 地雷だの, 垂れ教, 報ひられぬ, 変人奇物とて, 多妻の, 大名の, 天下の, 天狗の, 女の, 姿を, 婦人の, 嫁し, 存うる, 存せん, 学問する, 完全な, 定めなき人, 客を, 害毒を, 容れられずと, 容れられない性格, 容れられぬ反骨, 容れられん, 尊きもの, 小説家といふ, 尽きて, 居られぬ, 属く, 屹立する, 布いた保胤, 帰りたくも, 幽霊鬼神を, 広まったの, 延喜天暦の, 引き戻されて, 当るか, 待つべき事, 後れ先きだ, 復る, 心牽かる, 忍ぶが, 忘れられたが, 忘れられ疎んぜられて, 思われては, 恋されよう, 恐いもの, 恐れられた洞窟, 恩を, 悪人の, 悲む可き, 愛せら, 憂ふ人, 成ったもの, 我を, 所謂天道なる, 打克つであろう, 押し出そうと, 拗ねた自棄, 拘らず, 拡充し, 捨てられず主家, 捲き込まれぬよう, 擢用せられ, 敗れ廃人, 数多き事, 新しい文化, 於けるや, 於ける音樂畫圖, 日を, 昔風の, 時めいた人, 時めく女優, 時めく身, 智慧ある, 最もよく要領, 最も高名, 有りと, 期し難く, 来るは, 染まりすぎた, 栄え富める人, 棄てられたるよう, 楽を, 次女エレオノールは, 正しき者小学教員, 此地を, 歸らば, 死の, 残して, 残せ, 残ってるもの, 残るべきほどの, 殖えて, 殘るべき, 母が, 比無き, 永く語り伝へ, 求められて, 沈湎する, 法王の, 洩らす惧, 流る, 流布する, 浮かび出る千載, 混じ長統, 湧かず, 滅びて, 炳焉たる, 無い, 無意味な, 無用なる, 父親の, 狂気と, 献上に, 珍しいつやつや, 珍しい纐纈, 現はる, 現れた反, 現れること, 現われた唯物論, 現われても, 現われるやいなや, 甘え自分, 生きるため, 生き残って, 生まれいやしくも, 生まれても, 生まれ報国, 生れ, 生れざりしさき, 生れたの, 生れた人, 生れなくては, 生れ來, 生れ合せて, 生れ文明, 産出され, 用ゐ, 申す七十, 男一匹の, 疎まれる境涯, 痛ましいもの, 皇學者流なる, 盛んに, 真なる, 眼で, 知らしめる事, 知らぬここち, 知られかけて, 知られざるは, 知られざる才能, 知られずひたすら, 知られたもの, 知られたる紳商, 知られた宿儒篁村先生, 知られた殺人女, 知られてる小唄, 知られないという, 知られない天才的特質, 知られない花, 知られぬもの, 知られぬ涙, 知られぬ馬たち, 知られるまで, 知られ宿, 知られ殊に, 知れれば, 知名の, 示されて, 示すこと能, 示す汝, 神なき, 禁庭八月の, 秋風の, 稀なる, 稱へらるべき, 立たせて, 立たれぬかの, 立ち交つて, 立ち得る妻, 立った, 立つからは, 立つにあたって, 立つは, 立つべく大いに, 立つ以上, 立つ所, 立つ資格, 立戻った, 細君の, 紹介せられ, 絶対の, 缺け, 美しいもの, 羨ましいもの, 羽を, 老人の, 聞えたり, 聞えたる氣, 聞えた二人, 聞えた梁山泊, 聞えた食通, 聞え今, 聞こえて, 背いた尼, 膽の, 臨終の, 至って, 至りても, 與へた文明的形式及び, 芸術家と, 落ちたるならば, 蔓る, 處する, 行きしが, 行なわるるに, 行われここ数年間, 行われた釈迦八相倭文庫, 行儀悪しき, 表現した, 見える例, 見む, 見付けられ危ない, 言うべき事, 訪ふ, 許しなき, 詫びて, 誇るもの, 認められて, 認められるよう, 語り伝へられ変化, 誤り伝えられて, 誰も, 謂う, 謂う本院, 謳わるる吉田兼好, 謳われた学者, 譲位を, 貧者の, 赤なら, 起る無上, 越えたり, 身に, 輝き残るところ, 迎えられ売行き, 迷い出た拝領仮面, 送ったが, 送られたもの, 送り出されたが, 送り出すと, 送る, 通ずべき簡単, 逢はむ, 遊び友達などという, 道楽なんどと, 遣わされた独特, 遣わし給うたの, 遺した業蹟, 遺り易い, 酔生夢死の, 重んぜられたもの, 鉦つづみ振り, 間の, 附和する, 降りて, 陣太鼓の, 隠れたる山姫, 雄雄しくも, 靡く心, 響いた北斎, 頼りない, 顕はれたる, 顕揚せらるる, 風雨霜雪の, 餓鬼ほど, 馴れ人, 高きアンドレ・ジイド, 魔が, 鳴り響いた人々

▼ 世~ (2248, 13.4%)

57 去って 54 去った 19 挙げて 18 忍んで 17 送って 14 終るまで 13 去ったの 12 忍ぶ仮, 忍ぶ身 11 送つて, 遁れ 10 去ったので 8 あげて, 去つた, 去ること 7 呪い人を, 忍ぶ姿, 渡って, 渡るに, 避けて, 離れて 6 厭ふ, 去つて, 捨てて 5 はかなんで, 厭ひ, 去ったが, 去りその, 憚る, 終った, 経て, 風靡し

4 [17件] すねて, のがれて, 去ってから, 去られたの, 去りて, 去りました, 去るの, 忍ぶため, 忍ぶ風情, 忘れ世, 挙って, 早うした, 渡らんと, 益するが, 經る, 見て, 逃れて

3 [38件] うぐひすの貧乏町, うぢ山, お早め, かけて, すてて, ながめて, へて, 厭うて, 去つたので, 去られた, 去らんと, 去るこそ, 去るや, 忍ぶ仮り, 惑わし民, 憚らず, 抱いて, 拗ねて, 捨て, 救い人, 救うため, 早くした, 果敢なむ, 治めて, 渉る, 渡りて, 渡る, 渡るよう, 渡る母, 渡ろうと, 益するの, 紊し, 譲って, 辭した, 送る, 連れて, 隔てて, 風靡した

2 [139件] あげての, いとふ, お去り, かりて, しのび雪, しのぶ老士得印兼光, しのんで, はかなむこと, はばかる必要, ひたすらに, よそに, ギロチンに, 世とも, 元弘の, 去ったある, 去ったお, 去ったか, 去ったこと, 去ったし, 去ったもの, 去ってからは, 去つたこと, 去りまして, 去り給, 去ると, 去るという, 去るもの, 去る三年前, 去る年, 去る時, 呪い人, 呪うこと, 呪った, 呪ひ, 味気なく, 喞ちあかしつ, 大観し, 奇麗に, 如何に, 宇治川の, 安きに, 安楽くせん, 害するもの, 少しでも, 常なし, 平和に, 忍びて, 忍ぶには, 忍ぶ若もの, 思うため, 恨み人, 惜まざる, 憚って, 憤って, 抜けいでて, 指す, 挙げての, 捨てさせし, 捨てしと, 捨てたの, 捨てた人, 捨てた沙門, 捨てようと, 捨てられるので, 捨てる, 捨てること, 捨てる事, 捨て給, 捨人の, 擧げて, 支える柱, 支配したかった, 救うこと, 救うみち, 救うゆえん, 救おうと, 救ひ, 早うする, 果敢な, 果敢んで, 棄てて, 毒し, 没る, 治むるの, 治めるの, 泰平に, 浮舟と, 済う, 済おうと思っ, 渡ったが, 渡つて, 渡りたいと, 渡るかな, 渡ること是, 渡るという, 渡るには, 渡る事, 渡る便利, 渡る者, 渡ろうとして, 無常と, 狭めわが身, 疾く去りし, 白眼視する, 益し, 益するもの, 益せん, 知って, 紊す, 終へ, 終るの, 経るもの, 経れば, 經た, 罵るに, 罵る者, 蓋う, 行くに, 覆したもの, 見はるか, 見限って, 語るの, 誰が, 赦しえずはた, 辞した, 辞して, 辭された, 辭し, 送らねば, 送られい, 送りけるが, 送りたいと, 送ること, 送るも, 過ぐさうと, 過ごして, 遠ざけて, 震動させた, 騷が

1 [1416件 抜粋] あきらめしめずして, あさましう, あざむいて, あざむく似非法師, あざむく計略, あぢきなく觀, あの深い, いかにせん, いつわらざるもの, いといそしり, いとひし, うごかすもの, うみに, うみ梅實, うらむこと, うらんだり, おえつ, おくりても, おくれるものら, おそれぬ不敵, おねがいなさる, おもしろく暮らす, お互いに, かえて, かく観じ得, かねる若い, くつが, くらせば, この地上, これまた, さへ, さられました, して, しのびお, しのぶ一時, しのぶ住まい, しのぶ身, し去る, すごすこと, すごす人々, すてかねてか, すてた人, すて名, すねたかな, すね文学, せばめ人, そのままにしん, そむくべき方, たちまちに, たのしめとも, ちぎった, ついでおいで, つつみ, つらしと, ながめるの, になう時, のがれひっそり, のがれ身, のびのびと, のろったよう, のろわしく思う, はかなみ身, はかなむ人, はかなむ様, はかなんだ男女, はばかるところ, ばた, ば照ら, ひそむ源氏, ひれ伏さしょうと, ふり返っ, ふる身, へだてたるごとくなりきと, へだてて, まどひ, まろが, みだす者, ゆずった例, よくしよう, わすれゆくしるし, わたるいやしき, わたる業, エジプトといへり, チヨイ, ローマ教会から, 下に, 主人公に, 乗せた汽船, 乱して, 乱す天狗, 亡ぼす, 人一倍に, 伯母さんの, 住めるよう, 佗びた女は, 佗び古りた, 作りしは, 信じお, 偲ばしむる, 偽るもの, 傾けむ麗人, 儚み世, 儚む考え, 兵法者で, 処理し, 出づべき道, 利するや, 刺り, 創らせ給え, 動かしたもの, 動かす能, 動かぬ物, 厭うたり, 厭う心, 去ったあと, 去ったため, 去ったとき弥生, 去ったわけ, 去った事, 去った古市寂照寺, 去った故, 去った武蔵, 去った父, 去った癩病, 去った者, 去った麗人, 去つたが, 去つた丁巳六月十七日, 去つた友達, 去つて幽明世界, 去らねば, 去られたため, 去られた六日, 去られる樣, 去らんとて, 去りしとの, 去りその後応仁乱, 去りたるこそ, 去りてなからん後, 去りぬ随, 去りましたので, 去り僕, 去り子, 去り幼帝, 去り悲痛, 去り旧式, 去り父, 去り給いし人, 去り遺跡, 去るつもり, 去るとも, 去るは, 去る一年前, 去る可, 去る数月前, 去る頃, 去れるなり, 反映し, 受けついで君臨, 呪いわが身, 呪うあの, 呪うよう, 呪う声, 呪う鬼, 呪ったとかいう, 呪詛った, 味氣なく, 咀う, 哀れと, 喜ばんか, 喝破し, 嘆いて, 嘲笑い人, 圧して, 圧倒する, 外なる, 外祖父に, 夢の, 夢よりも, 大外交家, 契ったもの, 契った殿御, 契つた男には, 始め老, 学びて, 安んぜんと, 害すると, 害す惧, 容易に, 寝て, 導かんと, 屁とも, 常闇の, 広く余命, 建て直しふたたび, 弄んだ不, 彼女は, 待つ弥勒尊, 御ぞんじない, 忌み嫌っての, 忍びげ, 忍び拙, 忍び給, 忍ぶご, 忍ぶやから, 忍ぶ仮り姿, 忍ぶ処, 忍ぶ役目柄, 忍ぶ才女, 忍ぶ男, 忍ぶ謀叛気, 忍ぶ道行, 忍べるところ, 忍んでの, 忘れたる小, 忘れ時, 怒ってばかり, 思い他, 思い家, 思うとき彼, 思った, 思ふ, 思ふ故, 怨みぶつぶつ, 怨み佗び, 怨み自ら苦むもの比, 怨んだと, 恥じて, 恨むことおの, 患いて, 悪くし, 悲しむ私, 悲観し, 想い治子, 愉しん, 感化する, 憂い時, 憂うる人, 憂きもの, 憂ふるもの, 憚かり, 憚らね, 憤るは, 憶いまた, 打ちはじめた昔, 打建てよと, 投げ遣りの, 押しつけ, 拗ねたしわがれ声, 拗ねた一人, 招いて, 指せりと, 捉えて, 捨つるとは, 捨てさせし其人, 捨てし昔, 捨てし身, 捨てたつもり, 捨てたら, 捨てたる今, 捨てた半兵衛, 捨てた歌よみ専門, 捨てた生活, 捨てました, 捨てるか, 捨てるなぜ, 捨てる片鱗, 捨てんまでに, 捨て仙人, 捨て呑気, 捨て神父, 捨人よしよし, 推し量らん, 推移る世才, 換へ, 擲げたる, 救いだしたの, 救い万民, 救う三世, 救う経綸, 救はんと, 救わざるべししかれども, 教る, 断ったベートーヴェン, 早うし, 早うせられ, 早く去る, 早めた, 易え, 映す鏡, 暗くし, 暮らす男, 望んで, 机の, 果てたと, 果敢なみ, 案じるなら学問, 棄てば, 棄て人, 楽しく暮す, 楽しまずに, 楽しむこと, 楽に, 欺きいた内, 欺くの一実例, 欺く狡猾, 欺けり余, 欺こうとしても, 正しくする, 歩けば, 歩む道, 残酷と, 毒し人, 毒する, 毒するよう, 毒する艶, 汚濁する, 治むるを, 治めつ, 治める參考, 活かす大道, 混亂眩惑に, 済うには, 渡ったもの, 渡つてさへ, 渡つて来た, 渡つて身辺に, 渡らば, 渡りそのうえ, 渡りましょう, 渡り未来, 渡り綺羅, 渡ること, 渡るであらうが, 渡るど, 渡るべき方法, 渡るもの, 渡るよりは, 渡る人たち, 渡る偽り, 渡る家業, 渡る手, 渡る水夫共, 渡る祥蓮, 渡る芸能者, 渡れとは, 渡れ後生, 温め, 滋ほす, 濁流に, 濟ふ, 無常とのみ, 照らし半ば世, 照る大き, 營める, 狭めた人, 狹めて, 王位に, 現出したる, 生きるにも, 畏れぬ鉄輪, 痛ぶ, 白眼視し, 益せざるべからず, 相手に, 眺めたい, 睥睨す, 瞞着する, 知らぬそして, 知らぬ身, 破壊する, 禅り, 禍する, 立つる, 立て直すなどという, 累ね, 終えたこと, 終ったそう, 終ったので, 終つたかも, 終らねば, 終り, 終り給うた, 終るまでの, 終るらん, 終れりルイ十六世, 終わったので, 経しが, 経たよう, 経ても, 経よとは, 経るなるべし, 経るほどに, 経過する, 経験し, 經まする, 継いだよう, 罰する, 罵りて, 罵る, 考えながらも, 背に, 自家の, 自称し, 茶に, 葛木に, 蓋ふと, 蔽う悪政, 蔽つてゐる, 要約し, 見かぎるもの, 見せて, 見つくす世, 見よ後, 見るに, 見んと, 見居る, 見限ること, 観ずる時, 観るごとく世, 観る眼, 観人生, 記憶する, 詛うて, 語つて姪を, 誤まり人, 誤るべきのみ, 諷する歌, 謳歌し, 警むる思想界の, 警醒する, 譲ってからは, 譲りたいと, 讃へる, 貫ぬく, 超え豊臣, 足らはさんとて, 轟かす事業, 辞し去ると, 迎えた, 追いこんだもの, 追放された, 送ったほう, 送った弘法, 送らうと, 送られるもの, 送らん事, 送りし中, 送りたく思うは, 送り得る人, 送るかな, 送るべし人, 送る鷹嘴鼻, 送れば, 送れるを, 送ろうぞ, 逃る, 逃れての, 逆に, 逐はれし, 逝ったと, 逝れり, 造れるローマ, 遁れた, 過ぎて, 過ごさうと, 過ごすが, 過ししぞ, 過すという, 過す蛇, 過るの, 遠ざける樣, 避けたも, 避けた仙人, 避けながらも, 酔わしめん, 鎖す光, 閲さなむ, 隔てたかの, 隔てたもの, 隔てたよう, 隔てたる聲立て, 隔てた事, 隔て樣, 隠れる者, 離れたと, 離れたらと, 離れた靜, 離れ三昧, 静止さして, 面白くなく渡る, 頼母しく思わせる, 風靡せりき, 馬鹿に, 騒がせたこと, 騒がせ生命, 驚かした一番アメリカ臭い作曲家, 驚かしめたりき, 驚かす未来, 驚倒させた

▼ 世~ (1082, 6.4%)

5 如何に, 自分の 4 お雪, かくまでに, 愈, 挙げて, 末だ

3 [18件] あげて, うきもの, お縫ひとり, これを, それを, ぬば, ままならぬ, 不純な, 事も, 叔父に, 夫の, 寂し, 彼れ, 御方便や, 情と, 早くも, 知らず人, 移り人は

2 [66件] あだ, さまざま, さまざまである, もう青葉, もとは, 一人の, 不況の, 之を, 乱れる, 今を, 住みにくき, 佐太郎の, 來る, 切ないという, 叔父の, 古りし衣, 吾とわが, 声を, 変るとも, 変る変る, 大乱の, 妹の, 姑の, 嫁の, 家の, 寒いに, 平家の, 平次と, 広し, 彼が, 御互に, 徳川に, 悦お, 情我儕は, 愁わしげに, 手を, 春の, 来る, 様々何が, 正太の, 気が, 気違いだった, 泰平, 泰平に, 溝も, 滔々と, 滔々として, 澆季なりとは, 火事じ, 狩衣すが, 王政維新の, 真心なんて, 眼の, 知らぬかなた, 空洞の, 自分で, 虚無である, 行末の, 言った, 言って, 道に, 長への, 閉ぢられた, 青年の, 顔を, 鷲の

1 [866件 抜粋] ああこれ, あぢきなき浅茅生, あぢきなき淺茅生, あの人, あまり長く, あらじとぞ, ある日密か, あんなだった, いかにあろう, いかに暗黒, いかに殿下, いずれ名古屋, いちいち手, いったい何, いったが, いつしか, いつの間にか夏, いつもいつも淋し, いまこの, いま乱国いわば, いよいよ乱れるだろう, いよいよ国防国家, ういもの, うし苦し手, うつるの, うつ向く, おしなべてうつろ, おしなべて秋, おどろくほど, お主, お犬様, お種, かくて, かばかり悲惨, げに汝, こう行く, ここで, この問題, この始め, この少年, この惜しい, この眼, これある, こんな顔, ごもっとも, さか, さかさまだ, さだめなきこそ, さびしく時, さまざまであります, さまざまな, さまざまや, さまざま宰相も, さみしくて, さらにこう続けた, さらに陳状, しかしうなずき, しげるわか, しだいに昂, すが, すさまじいほどの, するどい眼, ぜひも, そう会釈, そのかみ清かりき, その乾燥, その二百壜, その即位, その常, その悪政, その機, その玻璃障子, それに対しては, それらの, た, ただ仮, だめだ, だんだんに, とみに鴉羽, どういう気持, どうなりましょう, どうなるでせう, ないとか, なお共和熱月九日, なお戦乱, なくまた, なべて空しい, なれた夜寒, にがし, はかなしや, ぱっちりと, ふしぎな, べつに, ほとんど毎日, ま, まさにそれ, まさに天龍寺, まさに逆しま, また冥々, また我, まださして秋, まだ何, まだ末, まだ溟, まだ簿記, まっすぐに, ままに, まるで火, みだれても, みな忘れはつる, みんな若松において, むかしの, めちゃめちゃに, もうおしまい, もうスツカリ, もう四年前, もう語れなかった, もともとおっとりと, ものうかる, やう, やや治まっ, よく訪ね, よし時, わが世, わが迷, アジア攻略の, イヤに, エドワード七世当時の, カテリナ・リアリオから, キャプシイヌ街の, クラウディウス皇帝より, サン・トーアンにおいて, シリアの, スカアトだけが, チャレス第, デル, ドクター, ハニカンでも, バタ, ピエートロ・ダ・モルロネと, フランスの, ベステュシェフから, ポルトガルに, ラルゴ湖征服の, 一〇七六年も, 一万八百三十六メートルルイ, 一五四六年二月に, 一人仲間から, 一八四七年国内に, 一塲の, 一杯目に, 一百日, 一色の, 七月の, 万作年で, 三の, 三度めぐり, 上下とも, 下剋上だ, 不可解である, 不景気に, 九日以来病的不, 乱れて, 乱れても, 乱麻の, 事大小と, 五千七百九メートルシャール十世は, 人なき, 今, 今やいず, 今樹, 仏国首相レイノーによ, 伝説に, 何でも, 何とも言っ, 何の, 何よりも, 何方からとも, 何時ぞとも, 何時までも, 侍女に対して, 信心深き, 俯向い, 倚子を, 元禄, 入口の, 全く恐ろしい, 再びパリー, 冠せ物, 冬なれ, 凡事の, 刈菰の, 初代仁太夫と, 初攝政基經, 別にさからう, 到る処, 前に, 剛頑の, 労働者である織, 北, 北条の, 十一月末に, 単に人, 去り世, 双手を, 叔母の, 叔父と, 取なし, 受けて, 只暗夜, 可愛らしい顏, 史上まれに, 同じ年頃, 吹雪や, 唯さえ, 唯呆気, 商人の, 四十過ぎで, 困ったよう, 困りたる物也, 国家の, 地獄より, 基經との, 塞翁が, 墓の, 変って, 変りあに, 変りて, 夕づつのかげの明かに, 多くの, 夢の, 大なる, 大乱に, 大名の, 大正と, 太平である, 太平とは, 太鼓を, 奇異な, 女にも, 如何なる時, 妹に, 姑から, 孤立人のみの, 安全であった, 安永元年壬辰に, 宗教を, 定まったよう, 実力の, 室に, 容易に, 寂しそう, 寂びぬ, 寂心の, 寛平年代から, 少しも, 就職難の, 嵯峨の, 己の, 常無しと, 常闇と, 平和と, 平和的に, 平然と, 幸作夫婦を, 底なしだ, 引入れられたよう, 引取って, 当世だ, 彼を, 彼等の, 彼等を, 徐々に地位, 御隠居さん, 微笑んで, 徳川治世と, 必らず, 応仁の, 忽ち極楽浄土, 怒りは, 思わず国訛り, 恐れてる, 息を, 悪しき者, 情けって, 情で, 情知らぬ, 愚か三世までもと, 愛であらうとも, 慰め顔に, 我々の, 我より, 戦でも, 戦に, 戦国である, 戦国の, 戦雲の, 戰勝の, 拒みも, 掃き落されて, 接待の, 播磨守の, 改まって, 政治は, 文久元年, 文化の, 文士保護論の, 断頭台の, 斯くぞ, 新しく禅師, 方角の, 既に明治二年, 既に晩秋, 日々に, 日に, 日曜だ, 日本同士の, 日露戦争の, 明けた, 明日甲府城へ, 明治十九年年は, 昔し, 春なら, 是れ, 晨に, 晩秋の, 暗なか, 暗黒の, 最も大きな, 有為転変蛟龍も, 末じゃて, 末である, 末ながら, 末世と, 末子為冬を, 板の間に, 果敢なきあり, 桑田の, 極めて口腹, 楼梯を, 楽み, 様々である, 様々な, 樂しけれ, 橋本の, 次の, 次第にそれに, 欧州全土を, 正しかれ, 正しく日本, 此事を, 死に登世, 殿の, 母衣蚊屋の, 毎日朝晩欠かした, 民衆化する, 気違ひだつた, 気違ひだつたと, 水屋で, 永く精物, 永遠の, 汝のみの, 江戸へ, 河岸の, 治まりて, 泡沫夢幻だ, 泰平だ, 泰平と, 泰平の, 混乱の, 渡つて見せる, 渡る, 渡れぬ, 渾然たる, 源平の, 漠然と之, 漸次に, 澆季に, 濁り江戸, 濯ぎ物, 灰なりとこそ, 無事です, 無常々, 無理やりに, 熱かった, 牛肉を, 特別な, 特別の, 独語の, 玉の, 王位に, 王政維新と, 生際, 登位する, 白い肱, 盛りと, 盲なり, 直るぞ, 直樹の, 相戦ふ, 真夏と, 瞬きで, 矛盾時代だ, 知らず二三百年前, 知らぬこと, 知られけれ, 神祕の, 私慾と, 秋風の, 科学の, 移れども, 種夫を, 穢れ人, 立ちどまつて, 競つて傑作逸品を, 笑わずに, 答える事, 終った, 結婚前アリスの, 經なむみ, 続けた, 罪に, 老者なお, 考えるよう, 胸が, 腐敗の, 膝を, 自分一代の, 自己の, 自由ならず, 自足し, 興亡の, 花衣春霞人の, 苦いよう, 英国へ, 英邁で, 茶道具を, 荻の, 華族紳商博士学士の, 萎れた, 落ちて, 蒼白い長い指, 藤原氏全盛時代と, 虚無的に, 衰え道, 裕かで, 製造所の, 見ねば, 言淀んだ, 誤の, 誰の, 護衛兵も, 貯えの, 買物を, 起って, 足らじ命, 踊りの, 身振り澤山に, 輪, 近々泰文, 逆さまだ, 逆さまとぞ, 進みましたね, 遅い, 過ぎても, 過ごして, 過去も, 道化芝居, 遠く古, 遠く避けたれ, 遷り変るとも, 部下の, 部屋を, 重い足, 鈍の, 長く人, 長門守正利四世は, 闇なる, 附添えた, 陰晴常ならず, 隠微の, 隼人正, 雪の, 露国皇后の, 青葉に, 靜け, 非常時である, 面白いもの, 靱負正, 頻りに体育論, 颯爽と, 飢饉, 饑えと, 馬耕を, 騒然たるもの, 騒然として, 驚かれぬるパン神, 魔神の, 黄金珠玉に, 默つ

▼ 世には~ (507, 3.0%)

18 ある 7 あるもの 4 人の 3 いる, かくの, たくさんある, 不思議な, 名高きお, 珍らしい

2 [19件] あるの, いかに多い, かういふ, かくも, これを, 一つの, 一般公衆に, 不思議なる, 伊藤侯の, 其の言, 同名の, 天下太平の, 往々何故に, 恐らく二人, 正義人道の, 生きて, 病身に, 種々の, 閣下を

1 [422件] あつめぬ和歌, あらざるなり憎, あらぬところ, あらぬ所, ありが, ありがち, ありますが, ありませんからね, ありませんな, あり得べからざること, あり得べき事, あるが, あるという, あるなり, あるまじき麗人, いのちを, いまだかかる, いろいろと, いろいろの, うつけ者も, えにし, え知らぬ, おかざる, おかしいこと, おぼえた事, おまえが, おわさない, お化, お身, かういふ書, かかるお, かかる不可思議, かかる不幸, かかる切, かかる理論, かの異常, きっと幸福, こういう案外, こういう理, こうした女子, このよう, この佳話, この機会, この気力, この石柱, この種, この翁, これに対して, これよりも, これ以上を, こんなにもしとやか, こんな巨大, こんな悲惨, こんな珍しい, ござると, しばしばそういう, すべてに, すべて武人多く, ずいぶんある, ずいぶんいる, そういう人, そういう隠れた, そのよう, その境遇, その幸福, その慣例, その比, それに, それを, それ程で, そんなこと, そんな害獣, たくさんない, たくさんの, だいそれた奴, とうてい混一すべ, とかく天真爛漫, とても完全, とんだ者, どうかし, どうにも向かない, どんな艱難辛苦, ないこと, ないもの, なき習慣, なったか, ふしぎな, ふるも, ぼくを, また一種拗戻偏僻, また人間, また偽, また基督者, また己, また稀, また色紙短冊, また試み, まだ愛すべき, むごたらしき人鬼, めずらしい押し借り, めったにありません, めったに見られない, もっときびしい, もつと, ゆき消えなんと, よくある, りっぱな, わが草紙, わざも, ミケランジェロの, メンデルスゾーンの, 一人の, 一種の, 七十いくつの, 上士たちの, 下層にも, 不平家, 不幸な, 不幸に, 不思議は, 不思議も, 不明な, 与えら, 乱れが, 二種屬の, 人も, 人を, 人喰ふも, 人心の, 人生を, 人類の, 仏法の, 伝わって, 似ずに, 似た事, 似た者夫婦も, 何でも, 何の, 何事にも, 何染何縞が, 何様し, 例外が, 信ぜざることなり其鬼, 俳句を, 僕と, 僕みた, 僧侶や, 充ち満ちて, 光悦の, 全く無い, 全国民, 六十を, 六尺豊かの, 出たが, 出でじ, 出られず常に, 出られないの, 出られないよ, 出られまいと, 切実な, 判官贔屓という, 利害打算的集團によ, 利慾を, 到るところ, 労働問題とか, 勤人が, 十階目まで, 千夜一夜という, 千手観音という, 卑しい俗, 卑しき限, 卑怯の, 危ふき宇治橋を, 又人, 又何樣, 名も, 名画の, 告げてよ, 哲学を以ても, 唯むごい, 善人に, 執柄家が, 報酬なく, 売女と, 外乱も, 多かり, 多きもの, 多くあり, 多くの, 多さ, 多し何處, 多数の, 大なる, 大事に, 大早計, 天性女郎に, 天性肉體の, 天祐という, 夫人が, 奇特な, 奇特の, 如来に, 妖怪の, 妙な, 婦道を, 子供が, 存在する, 宗教の, 定つて芸術, 実に美しい, 宣和画院の, 宴席にも, 容られぬ, 容れられず神, 寢て, 尊ばる, 尋常の, 小児の, 少く無い, 少しも, 少数の, 山の, 山師流の, 崩じ, 巾着の, 平家調伏の, 幾たびか, 往々ある, 往々この, 往々に, 往々ほんの, 往々仁者, 往々今日, 往々旧約聖書, 往々昔, 往々未, 往々科学, 得がたしわれ, 得難き人, 御家人と, 心からし, 必ず同じ, 思いあがらせ, 思ひ掛けぬ人, 思想の, 急に, 性質も, 怪異を, 恐しい罪, 恐ろしい奴, 恐ろしき夫婦, 悪い草, 悪くする, 悪食家という, 悲惨な, 情ある, 愉しむ物, 意見を, 懐疑的な, 成功ほど, 我が子, 戸籍の, 手品師といふ, 才能に, 抂げても, 拙僧, 捨てられ世, 捨てられ事業, 描写すべからざる, 搗臼によ, 搗臼によって, 文を, 斬れぬもの, 斯かる, 斯様な, 新年の, 既に死したる, 日本の, 旧約聖書は, 早稻田文學, 是の, 暗い思い出, 暴力を以てしか, 暴動が, 更に美しい, 書を, 最もふきげん, 最も深い, 有たぬ, 有とか, 有りも, 朝廷内の, 染色模樣など, 棄てられ候, 極端な, 槍を, 機密の, 止まりませぬさりながら, 正則なる, 正義と, 此の, 歳の, 歴史家の, 残りますまい, 母の, 求めて, 江戸ッ子とやら, 沢山ある, 法律に, 法皇の, 流行の, 淫猥無頼の, 清らかな, 源氏を, 演劇の, 無いらしい, 無かった, 無数な, 物の, 狂愚なる, 狐が, 猶飽かずけり, 獄屋の, 獣や, 王に, 王政復古を, 珍しいほどの, 珍しくない, 理外の, 甚だ少く, 甚だ見分け, 生まれ来し, 生れ変れ, 生命を, 男子の, 異常な, 白米で, 百姓が, 百姓は, 相手の, 相縁奇縁, 真の, 真正の, 知らない者, 短い月日, 確かに, 神ほど, 神様仏様それこそは, 福を, 稀な, 税さえ, 突然意外, 立つべき心, 立派に, 粗忽かしい, 粟散, 純善, 経験を, 絶えせぬ焔, 絶倫の, 縁の, 縁遠い, 繋がるなると, 美しい人, 美と, 美を, 群盗が, 聞いた事, 聞く人, 能く, 腹が, 自分が, 自分たちは, 自由詩の, 良く出来た, 菊花の, 蓬的自己を, 虫に, 蛇が, 蟹の, 行なわるべからざる一種, 裸体少年が, 西行法師という, 要なし, 見も, 見るもの, 見榮, 言語同断な, 言論よりも, 許多ある, 説客という, 諸仏開祖の, 貧民に, 貫一さん私は, 貴様の, 費用の, 賢人顔を, 賤しき業も, 起つて, 躰健かなる, 軽蔑という, 辰の口の, 近眼者流が, 通りは, 道徳の, 醜悪な, 鎌倉の, 長く家, 陋劣なる, 階級の, 随分念, 隠れたれども, 露西亜の, 音律あっ, 頑冥不, 頻々として, 類ひなき, 風流を, 馬という, 騎乗用の, 高麗の, 黄金を

▼ 世~ (475, 2.8%)

56 世なら 8 世であれ, 末に, 言った 6 世なれ 4 いやに 3 世で, 死んだ時, 進んで

2 [20件] ある, かつて開いた, タンプルで, ヴァランヌの, 乱れる, 來た, 來て, 厭に, 夏草を, 悪くなった, 戦国だ, 断頭台に, 日毎に, 来たと, 来て, 来ます, 焦つの, 自分の, 進むに従って, 進めば

1 [336件] あのよう, あるか, あるに, あろうか, あろうが, あんなに圓滿, いうの, いちどなにか, いつも着る, いても, おとずれつつ, お倉, かわっても, かわるがわるやって来, くだるに, くだるにつれて, こういう町中, ここで, こしらえたエルミタージ美術館, こぞつて菊五郎, この世か, この日, この通り, これで, これによって, これほどの, こんなに悪い, してを, すでにそうだった, その前年, その名, その女ベアトリス, その小, その膝, その薨去, その道に, そんなたわけた, つくった広場, つづいて, つづくの, ともに第, どうする, どうぞ何時, どう向い, ねっしんに, はじめてヴオルガ河, はり代, ひじょうな気にいりで, ひらけねえから, ほとんどスペイン, また昔, まだ太子, まだ嫁, まだ開けませぬ, みきりも, みだれれば, みを, めずらしそう, めちや, やって来てネ, よい, よくない, わざと出会う, オランダ人から, コロンナ一家と, コロンブスが, サバケて, サムマア・ガアデンから, シベリアへの, ジョットーに, テムプル騎士團, ド・ラ・ペルウズ海軍大佐に, ハツキリと, バルト海に, フランス王家の, プタ神を, プロシヤ王と, ベアトリスを, ペテルブルグの, ホッと, マダム, ローマの, ローマを, ヴェルサイユと, 一つ笑っ, 一人の, 一大事が, 三十五万デュカットを, 三吉の, 上って, 下って, 下つて, 下るに従って, 不安に, 世だ, 世であら, 世であり, 世である, 世ならです, 世の, 世智辛く, 世界外交の, 世話に, 主宰し, 乱れた, 乱れて, 乱れるが, 乱れるにつれて, 云ったは, 亡びなければ, 人に, 仆せたろう, 今の, 住みにくい, 住みにくけれ, 何かの, 何時の間にか嗅, 余りに狐, 使節団を, 來る, 例に, 借りて, 側から, 傍に, 児を, 入って, 入替って, 八十九の, 処刑された, 出て, 出で, 出現する, 初めてで, 動いたの, 勢込ん, 勧める水薬, 危ない, 受取って, 名乗って, 名古屋へ, 否生き, 呆れたよう, 呼吸が, 命令し, 哀れつ, 国外に, 声を, 変った様, 変って, 変っても, 変り, 変化しよう, 夢か, 天女の, 天女花世が, 太平で, 太平に, 好きであったろう, 嫌に, 嬖臣たる, 宥めるよう, 容れぬならなぜ, 小さい堂, 小脇に, 左褄を, 巨額な, 巴里へ, 巴里中の, 帰って, 幕府の, 平和に, 平和会議を, 平和条約の, 平定乃至, 幾分矜ら, 形式的な, 影なる, 彼に, 彼を, 待つて, 徳川の, 心細く天地蕭条, 心配顔に, 必ず短刀, 必死の, 急いで, 恋ひし, 悪いの, 悪くっては, 悪くなりました, 悪しかれとは, 悲しくて, 悲しく子安貝, 愁わしげに, 愛しまれ世, 憐れに, 成金とか, 戦国とは, 打ち建てられると, 推移し, 改まり時, 斃された, 文學に, 文明に, 断頭台上に, 断頭台上の, 新たに, 日本國現在書目にも, 明けわたると, 明け渡って, 春松の, 春松を, 時々した, 暗殺され, 暗殺された, 最上である, 未だパンフィリオ僧正, 未だ進歩, 末で, 来たという, 来ても, 来るの, 来るはず, 柳沢吉里と, 欺瞞的な, 死する時, 死になん, 死去した, 殺伐となった, 江戸へ, 没落した, 治まるくらい, 治まるほど, 法令を, 泰平で, 泰平と, 泰平なら, 泰平に, 渡られず我, 渡れるよう, 湯から, 爺の, 王女アンの, 王権を, 現れても, 生んだ矛盾, 用語論から, 男らしい気持, 病め, 登位し, 皇位に, 真直ぐに, 着るよう, 神の, 私の, 移って, 移り変ったとは, 移るにつれて, 立たぬ, 立った, 立ったが, 立つと共に, 立てなおる王政, 竜を, 笑ったので, 精神派, 納まらずヘンリー四世, 終わるまでに, 経過し, 続いたため, 続いた後, 置いて, 聖地を, 聖地恢復の, 聞いた, 聞きたくても, 腐りだすと, 腐るより, 膳を, 自分が, 自分を, 自分用意の, 花やかな, 苦悩を, 衣の, 衰えて, 衰え紊, 衰へ, 袂を, 複雑に, 襦袢の, 見た時, 親戚の, 観衆の, 言って, 許さない, 誘うまま, 變つた樣に, 變わ, 貧しい一人, 貰い物だ, 贅沢に, 起り芥子粒, 身に, 身を, 追放される, 退位し, 逆賊の, 造営した, 進み生活, 進み社会事情, 進み隣国, 進むと, 進むに, 進むにつれて, 進むの, 進歩する, 道徳の, 遮る手, 采配を, 重なり時間, 鋳て, 鎮まると共に, 開けたのに, 開けて, 降って, 降るとともに, 階下から, 静かなら有り得ない, 静まつて, 静まり不穏, 頷く, 顔を, 騒がしくなっ, 騒がしくなる, 鷲を

▼ 世~ (383, 2.3%)

11 ないよう 9 あらぬ思い 4 あらぬ気持, 捨てた, 末に 3 あらぬ姿, ないやう, 三世も, 忘れて

2 [20件] あらぬ, あらぬほどに, あらぬもの, あらぬ体, あらぬ恐怖, あらぬ絶望, あられぬほどに, あられぬよう, かくや, ない, ないほど, ない思い, なかった, 前から, 変りは, 姑と, 忘れた態, 打ち明けて, 捨てて, 見たま

1 [299件] あげて, あちらに, あらじ人, あらずもだえのたうちま, あらずもだえのたうちまわって, あらずピッタリ, あらず動き, あらず吠え狂って, あらず嘆き, あらず嬉しく, あらず戦きて, あらず戰, あらず歎, あらず没入, あらず泣きふして, あらず泣伏, あらず滅, あらず滅入り込んで, あらで唯, あらぬおもいで, あらぬさまで, あらぬその, あらぬほど, あらぬまるで, あらぬよう, あらぬ寂し, あらぬ念い, あらぬ思, あらぬ思ひも, あらぬ恍惚状態, あらぬ悩み, あらぬ悲し, あらぬ悲しい, あらぬ未亡人, あらぬ楽し, あらぬ様子, あらぬ樣子, あらぬ歎, あらぬ気持ち, あらぬ無残, あらぬ焦燥, あらぬ苦しみ, あらば, あられずお, あられず悔いて, あられず悶え戦いて, あられず憤怒, あられないやう, あられないよう, あられない思い, あられない様, あられなくなって, あられぬといった, あられぬほど, あられぬ嬉し泣き, あられぬ寂し, あられぬ思, あられぬ悲嘆さ, あられぬ情けな, あられぬ歎きの声, ありは, ありません, あるまい, あれで, いや七生, いらぬ神, おなじこと, お仙と, お種, かわったのう, かわらないかたい, くらしよく, こうなっ, こうなる, ここに, こんなも, こんな兵塵, ございません, さかりを, ざらに, しずまらば, し一口一口, すこし安心, そうであった, その日約束, ちゃっと, とどめむ, ないあの, ないここち, ないたすからない, ないという, ないといふ, ない声, ない姿, ない山, ない心配, ない恋慕, ない様, ない歓喜, ない気もち, ない気持, ない萩乃, ない豊臣, ない辛いもの, なきほど, なき思ひ, なく, なくお, なくおろおろ, なくちぢまる拍子, なくなるほどの, なくよろこばしそう, なく妻, なく小, なく心, なく心細くなっ, なく悲しくなっ, なく悲しみ, なく悲嘆, なく慕わしいもの, なく憂鬱, なく最後, なく林冲, なく氣, なく泣かされた, なく泣き, なく泣きぬれ, なく涙, なく肩, なく酔い痴れる, なげな, なさそう, なし, なべてほっと安堵, ねえほど, はっきりしない, はなはだ焦慮, はや末, またしかりと, またその, また小, また自分, また開けた, まだ逢っ, まっ暗な, みだれて, もうじき二十三, やがて三十, やがて来ない, ゆるし自身, わからないという, わすれて, アレキサンダー二世も, フィリップと, ロザレや, ロベスピエルも, ロベスピエールも, 一しょな, 一代の, 一新の, 三世までも, 三世もと淨瑠璃の, 串談の, 二人の, 京洛も, 人も, 今, 今の, 今日や, 仕度が, 何も, 何れ衰ふる, 侍らずと, 信じられなくなったおれ, 光そひくる, 入らぬまで, 六道, 出て, 別れに, 前の, 力を, 千代も, 千仭の, 友も, 同じこと, 同じである, 同じ江戸っ子, 同じ芸者, 吾身も, 変った, 変ったが, 変らぬ主従, 変りましたな, 変る, 変わらぬ我欲妄念, 大館の, 太平に, 夫婦に, 女は, 女夫じゃ, 姑の, 宇喜川の, 安心しなかった, 定まり眞, 宝永正徳と, 家に, 家も, 寄席の, 小人は, 小康と, 尽きぬらむとおもひゐたり, 床を, 引續い, 後に, 後の, 御仏, 心に, 忘るる, 忘れたる貫一, 忘れた姿, 忘れた祈り三昧, 忘れた行為, 忘れはて, 忘れ立ちつくしけり, 忘れ處, 思はず自己, 悪時代, 愛の, 我ありし, 我らの, 手が, 持たず歸, 捨てた私しゃ初恋, 捨てよ, 断念めて, 既に十四五年, 是迄と, 暫く小康, 月明かに, 未来世, 末か, 末じゃ, 末だ, 末です, 末と, 末とは, 棄てて, 楽し斯く, 様々である, 武家の, 治まって, 泰かれ, 浮気は, 浮浪児や, 消え, 消えよと, 深き契り, 清くに, 無く恨ま, 煙草盆を, 生き長らえるもの, 田舎ザムライそのものな, 男ごころは, 疑うまい, 眠られなかった, 知らず古りし磬, 移ったのう, 移っては, 終りだ, 終れり, 経ぬべし姫小松, 老人にとっては, 考深く, 聖者と, 肝臓先生の, 腐っては, 臥床を, 薫れ, 要らぬとまで, 見えけり, 見んと, 許し人, 諄く, 諦めたの, 貴妃, 起きて, 身に, 逢いに, 過ぎゆくもの, 過去った, 野分の, 銀行家の, 降参し, 雪間の, 非ず, 面白うござる, 革まって, 黄に, 黎明を

▼ 世~ (292, 1.7%)

13 なって 10 なつた 6 一緒に 4 なつて, なりて, なりぬ, 云ふ 3 いへば, 二人で

2 [16件] いえども, いっしょに, いづれ, いひたるもの, なった, なったの, なること, なるに, なれば, 世の, 人とを, 仏得力三世との, 己れ, 申します, 隔絶し, 離れ人

1 [209件] あきらめては, あったり, いう, いうが, いえないこと, いたしました, いって, いつて, いつも並べ, いひ九九六年, いふと, いふに, いふので, いふ者も, いわれるの, いわれる餓鬼, おもえば, お軽, お雪は, きては, この世と, しようという, する, せし魂, その, その侍医, その反, その皇后, そらに, ちがい家庭的, つけて, つづいて, でて, なさんとの, なして, なったら大身, なってからは, なっては, なほも, ならしめて, ならば, ならんも, なりさらに, なりしとき, なりその, なりその後, なりたるなり, なりに, なりぬ少女, なりバトラル, なり太宗, なり才力, なり現在, なり終った, なり老子孔子孟子, なるか, なるだろう, なるであらうといふ, なるであろう云々, なると, なるべし, なるや, なれり, はしらずて, ほとんど同じ, もうされるお, よばれるだけ, クイン・メリーを, ハルナックとの, パリの, ルイ十五世の, 一郎と, 三世相, 三代も, 云へ, 云われるその, 云者あり, 人と, 人とに, 人の, 他人との, 佛得力三世との, 傳ふれ, 全く絶ち, 共にうつれ, 共に楽しみ, 共に苦しむ, 分かれなむ, 化り, 同じ, 同じく別に暴君, 同じく海, 同じであろう, 同一に, 同年三十一だ, 名のる, 向を, 呼ばる, 四世にわたって, 在りわが, 変つて行かう, 天使の, 天地創造, 夫の, 契ったは, 宣言し, 容れず, 容れず心, 密接に, 将校たちが, 尊敬され, 幸作とに, 彫物が, 彼女を, 徳川時代とは, 思うて, 思う風情, 思えば, 思って, 思はましかば, 思ひ定め, 悟りて, 懸け離れた生活, 懸隔し, 成るや, 戦うこと, 戦うため, 戦うの, 戦った時, 戦わんと, 戰ひ, 戰ふ, 折合は, 折合わない性格, 押移つて行く, 推しうつりたらましかば, 推移りて, 推移り時世, 断つの, 書き換, 有た, 有は, 期待し, 楽み, 次第に色濃く, 歩を, 法王カリストゥス三世の, 浮沈し, 濁流の, 為り漸く, 為兼, 為兼との, 為教の, 申しますが, 申すが, 申すやう, 申す人, 異名の, 疎き也, 皇后の, 相おり, 相反する, 相渉ら, 相触れ, 相關, 知った, 知らずあくがれ出, 知りしより, 知りながら, 知りぬつめたき, 知り候, 知るべし, 神との, 私を, 称す, 称ふる, 稱し, 稱す, 稱ふる, 経基だ, 絶つの, 絶つ事二十年, 続くの, 老婆と, 老婆の, 花世の, 衝突せざる, 袂別する, 親密なる, 観じた道長, 観ずるも, 覺え, 觀ずるも, 言うそれ, 言うぞ, 言つてゐるで, 言はれ, 言替せし, 誓った浜田, 誤り思へるなり, 警告し置く, 跋を, 連立って, 進んで, 関係が, 闘って, 離れた田舎, 離れて, 黥みある

▼ 世~ (162, 1.0%)

25 を持つ 10 の苦勞 6 を持つた 3 やつれ 2 だから, になつて, に飽き, らしく小綺麗, を持せ, を持たせ, 染みた事, 染みて

1 [102件] お春, が持つ, が決して, が費, くづし, じみたこと, じみた事, じみた結びかたであつた, じみた親し, だ, だが, だけにひどく, ださうで, であ, でお, でこんな, です, ですが, ではお茶, では何彼と, では心細い, でも持たせる, でも持ち, で一朱, で土間, で溝口屋, で鰹節, と相, と違つて, などは全く, になつ, には危なく, には構, には非常, にもかかはらず, に下女一人, に先生, に家ぢ, に構, に飛込ん, に馴れ, のくせ, のこと, のやりくり, のカンテラ, の中, の主人, の刄物, の切り盛り, の切盛り, の困惑, の大綱, の思ひ出ならざる, の持ち, の方, の機構, の疲れ, の苦し, の誓約, の貧乏徳利, の音頭, はその, は主人, は全部後添, は八五郎, は妻, は持てめえ, は猫, へ一, へ後妻, らしい色彩, をもたう, をもち, をもつ, をもつた, を仕舞お, を仕舞つた時, を仕舞家財, を切盛り, を別, を引き受ける, を持, を持たう, を持たし, を持たせたい, を持たせる, を持つ足し, を持何, を有, を有つて, を渡さない, を渡せ, を片付女房, を維持, を若, を蔭乍ら, を覗きました, を覗く, を讓つて此方, を賄, 染みた商, 染みた喜び

▼ 世~ (100, 0.6%)

2316 次郎 5 次郎は 3 介を, 助の, 松と

2 [11件] れを, 介の, 松は, 次郎これは, 次郎さんと, 次郎さんなどには, 次郎さんのだ, 次郎と, 次郎とが, 次郎には, 次郎の

1 [25件] が代, 人物に, 介であれ, 介でも, 介ほど, 介も, 介二十四歳の, 助が, 助とでは, 助伍長, 助元気, 卷全體を, 卷第, 墓, 松が, 松さ, 松さんと, 松でした, 松を, 松囃方の, 次郎様が, 次郎樣が, 法戒一也, 説今之, 雄

▼ 世~ (98, 0.6%)

10 を言 5 の良い

2 [11件] がよく, が良い, であんな, などを言, にも云, にも美いち, も上手, も愛嬌, をいふ, をも言, を言つて

1 [61件] いふわけぢ, かな, がうまい, が言, たら, だつたの, ですが, です尤も, でない本心, では無き, で無く, とでも取られた, と媚, と思ひ込ん, と戀, などは無論, などを, など云, なもの, なんか止せ, なんか言, にいふ人, にも拘らず, に異ら, に負け, のい, のつもり, のない, のやう, の宜, はお, は一, もい, もなく, もの, ものでなか, ものね, も云, も出る, も申分, も雜, も驅, らしい事, をいうた, をいつ, をつかつ, をつかつた, をふり撒く, をよく, を下し置かれ, を交換, を何處, を先登, を愚, を浴びせます, を聞く, を聞捨て, を言う, を言つたの, を言ふつ, を鏡

▼ 世~ (88, 0.5%)

4 はそこ, はその, は老婆 3 の体 2 と秀英, の眼, の顔, はそこで, はそれ, ははじめて, は何

1 [59件] からもらった, がそれ, が乗ろう, が墜ちた, が声, が帰らない, が来, が死ん, が牆, が首尾, だよ, であった, という秀才, とお嬢さん, にくれた, に取りつい, に囁いた, の両親, の入れた, の名, の屍, の忍び込んだ, の故郷, の来る, の止める, の話, はきまり, はすぐ, はそのまま, はそんな, はひっかえし, はびっくり, はふとあまり, は不思議, は両手, は京師, は何事, は入っ, は劉万戸, は女, は帰り, は店, は懐, は施十娘一家, は昭慶寺, は棲雲石, は牆, は物好き, は白綾, は秀英, は耳, は返事, もその, も決して, を促した, を恥, を秀英, を裏門口, を見つけた

▼ 世~ (77, 0.5%)

8 と経基 4 や玄明 2 だから, と不, は上総, や経基

1 [57件] から将門, がやや, が二月二十五日, が勢い込ん, が同勢, だけは既に, だけを客殿, である, です, という男, という者, とは如何なる, ともまた, と介, と新, と武芝, と武蔵介経基, にそれ, のほか, の上, の事, の事情, の妻, の心, の方, の次官, の治世, の言, の部下, はこう, はどうも, はもう, は亡命, は初めて, は実に, は将門, は或は, は権守, は次官, は経基, は酒豪, は面白, ばかりで, もこれ, もまた, も加わっ, も口, も大, も蓋し, も遠, や不, や玄茂, や玄茂等, を大, を安房守, を手, を相手

▼ 世~ (75, 0.4%)

6 あつた 3 あつて, 最も美しい 2 あつたら, いろいろ与えられ, お前の, 御経手写, 御經手寫, 悪いこと

1 [51件] あつたれ, あらう, いくらか話せる, いらつし, いるわけ, おまえは, さきに, その人, それを, そんなこと, だつて滿身, はありません, はない, めぐり会おう, 一番大切な, 云うと, 人間と, 善いこと, 善報を, 嘘を, 四十五歳の, 女は, 安楽を, 宗教などを, 寵臣柳沢吉保を, 将軍の, 山家に, 彼の, 彼らは, 待って, 得られる仕合わせ, 微禄, 忠義の, 恋しい鬼頭さん, 愛称は, 早く東京, 最も名高い, 林町へ, 歌唄ひ, 法華経手写の, 滅びても, 百年後の, 私共の, 笑ひださぬ, 純粋な, 純粋に, 繁昌を, 見きはめ, 見きわめの, 見放されたもの, 言へば

▼ 世なら~ (75, 0.4%)

72 ばお, ばこんな, ばと御, ましかば, め, 伝馬の

1 [56件] いや敗軍, お前は, こういう言葉, このメムバー, こんなこと, と嘆き, と言う, どうか知れません, なあ, ばが, ばこういう, ばこの, ばそ, ばそういう, ばです, ばと晴れわたる, ばと胸中, ばなと口癖, ばもうい, ばわれ, ば人生, ば今度, ば倉地, ば土下座, ば将軍様, ば当然, ば我々, ば新劇, ば無罪, ば猿面, ば私共, ば竜胆寺妥女, ば貴様ら, ば革命, よもやと, んか, クリスマスだ, ミス, 上下ぐらいは, 今頃は, 伊勢の, 何ぼ, 僕は, 初めから, 君は, 善三郎は, 彼は, 木歩の, 殿様だ, 汝達が, 犬養総裁は, 竹屋三位卿も, 組紐の, 自分から, 萱や, 革命家だ

▼ 世田ヶ谷~ (68, 0.4%)

3 のボロ, の家, の方 2 の奥, の本場, の豪徳寺, は欅竝木, を通る

1 [49件] かけて, からかり, から通う, だかの, ですから, で小学校, といふ處, と書い, などと鎌倉, にいた, にいる, にて, にはない, に出, に往き, に隠居, のある, のお, のごみごみ, のぼろ市, の三宿, の上宿下宿, の下北沢, の五八番, の人, の八幡樣, の北沢村, の吉良氏朝, の廃屋, の町中, の町役場, の砲兵聯隊, の老人, の聯隊, の自動車大隊, の陸軍病院, の隠宅, はお, へお出かけ, へかえりました, へきい, へこしました, へゆきました, へリアカー, へリアカー一台, へ行かなけれ, または小金井, を過ぎ, 故滅多

▼ 世から~ (59, 0.4%)

1 [59件] いわれたの, うけついで, かういふこと, かの継続, さうし, ちょっと顔, ともないわれわれ, なくなって, のがれたくなったの, キッシリと, セラダの, フィンランドなる, ヤアパンニアに, 一時姿を, 一緒に, 二度焼け, 人から, 仕切った, 伝はる所謂, 住みにくき, 何によって, 何ものをか, 何千年か, 刃でも, 十六世ごろまでの, 友情から, 取残されたやう, 受ければ, 受け容れられるもの, 呼ばれるよう, 因縁の, 基督を, 始まったこと, 定った, 定められて, 室町の, 往き通う, 後漢, 忘れられた上人, 忘れられようと, 抜き出して, 抜け出して, 拝領した, 振り返って, 教えられて, 此の, 盗ッ人と, 称え出した事, 美しい次代, 聞いた正太, 葬られて, 見れば, 見捨てられた一, 言い始めたこと, 誤解される, 起るこの, 超越した, 隠れて, 顧みられないで

▼ 世では~ (51, 0.3%)

3 ない 2 ないであろう

1 [46件] あづまから, ありました, ありませんから, ある, あるが, あると, あるまいし, きつと, このひと, これを, せめて酔ってる, そうした人倫, そんな特殊人, とてもさう, どうする, ないか, ないぞ, ない食っ, なかった, なかつた, なく公延, ほとんど聞いた, もともと旋毛, もはや, 一つの, 一層悪く, 何でありし, 君臣の, 天国へ, 屹度よい, 忘れられて, 普通の, 望みの, 死の, 死も, 流行らなくなって, 無い, 無い戦乱, 無かった, 皆が, 秀子一人である, 致し方の, 苦学なんか, 許されぬこの, 許されぬ美しい, 迂遠な

▼ 世~ (48, 0.3%)

2 の方, は藍子

1 [44件] がいくら, がバスケット, が来, が牛込, であろうか, と藍子, にやった, に教え, に渡された, のずぼら, のところ, のどんな, のステッキ, の何, の家, の宿, の心, の背後, の身辺, の部屋, の顔, は, はしまっ, はその, はやっぱり, はハガキ, は俄, は勝手, は売店, は夜, は尚子, は愕, は数日前, は文字通り, は昨日稽古, は暮し, は汽車, は直ぐ, は麦, まで段々, もその後, も思わず, を来させろ, を訪ねた

▼ 世でも~ (45, 0.3%)

2 使用価値と, 労働力を

1 [41件] あつた, ありもし, あるならこの, いること, うんざりな, お目にかかりまた, この概念, しんじつ国家を, どこの, ない, ないが, なければ, リイダーは, 一寸珍しい, 一生を, 世間は, 人民達は, 倫理, 僕の, 兎角人, 同じこと, 同じだ, 多少これ, 大抵は, 女なら, 女の, 女御入内の, 当り前の, 得難い, 探索に, 教師の, 新しい道, 新しく勃興, 明日の, 欺される, 民衆は, 無い, 理想家は, 生きて, 相当効目, 革命の

▼ 世~ (45, 0.3%)

6 の事 2 に何, へ出

1 [35件] が変, が改まつ, が清く, が開け, そむかせたま, だもの, ですもの, でどういう, では, で最も, にこれ, にどうして, になっ, にはそれ, に誠実, の方, の語, の道, の錚, はうっかり, は何, は妙, は我が, は旅亭, は汽車中, は病人, は紳士, は道理, をめぐり, を凌い, を悲観的, を感化, 多有, 常に乞食, 見というは

▼ 世までも~ (36, 0.2%)

2 名を, 呉れとは

1 [32件] うたわれて, このす, その名, ゥ, 一種変った, 並び立たないとは, 仕へ, 何処かに, 信ずべきなれ然るに今や, 変わらぬ誓いを, 契りし御方, 帳外浮浪の, 年貢お, 忘れない嬉しい, 忘れますまい, 惡名を, 手無から, 持ちさ, 栄えて, 武士道的異彩を, 残されて, 消えじ, 溯ること, 滅びずに, 滅びない日本, 苦しみを, 苦しんだ, 草むらに, 親子とや, 話し伝えるに, 賑やかな, 頑強に

▼ 世~ (35, 0.2%)

3 お仙は 2 お雪, ぽたら, 猫も, 送るらん

1 [24件] お俊, お前は, お島, そこらの, と謡拍子, われや, エリザベス女王の, プリンス・オブ・ウエィルスの, リシュリューや, 一身の, 二世の, 今日は, 夢の, 天から, 年玉さへも, 意地惡る, 憎みなんそれゆゑに, 暴王ジャンや, 暴王ジヤンや, 森彦や, 経基の, 行燈に, 酒は, 長かりし

▼ 世より~ (30, 0.2%)

1 [30件] いまに, して, なりき, のが, よく訓人, 一層幸福円満, 世にわが, 之あり, 五十年許り, 仕えて, 住古せし, 來り, 假准許を, 出で, 前に, 剣山の, 天に, 定まれるが, 心不, 忘れら, 思ひ初めて, 戀か, 持ち伝へた芸能, 散りうせざるは, 最小さく, 梯状琴とともに, 生みつけられたこの, 相知れる, 神の, 言へば

▼ 世をも~ (30, 0.2%)

5 人をも 2 一包みに, 恨みつるかな, 身をも

1 [19件] われは, フランスをも, 動かそう, 厭ひ, 咀った, 子等をも, 思ひすてながら, 怨まず与へられた一日々, 怨みわびとでも, 恨みつくして, 愛せざる者, 欺く悲しき, 殺して, 治め自己, 益すること, 益するなく碌々昏, 知りそめて, 超えなければ, 顧りみない

▼ 世という~ (29, 0.2%)

2 ことに, のは, ものは, ような, 女は, 少女雑誌に

1 [17件] ことを, のであっ, ほかない, また次, フレコミで, 下部が, 下部は, 中婆さん, 乳母で, 名目は, 娘と, 存在は, 御旗楯無, 男だ, 癩王は, 縁合の, 頑な

▼ 世~ (28, 0.2%)

3 出て

1 [25件] あかす愚, いい触らし, おいで, お迎えする, むかって, 二度とは, 來て, 入籍する, 出して, 半クラウン, 叫べるかも, 宛てて, 屏居と, 引き出されるの, 引っさらっ, 引つさら, 思い到って, 来て, 現われなかった, 生れかわった誕生, 行くところ, 行って, 送り出すの, 逝った, 降りて

▼ 世まで~ (28, 0.2%)

2 名が

1 [26件] お伝えに, その名, つづいたわけ, もと封じ, もと豫期, 一石琴を, 伝は, 反語を, 口伝えに, 君が, 国家守護の, 妙な, 常の, 我々を, 持ち伝えて, 来て, 武門の, 残しお伝え, 残して, 残そうと, 永く語り伝えるであろう, 消え去るまい, 知る人, 行われつチムコウスキ, 誓うお, 雀は

▼ 世~ (27, 0.2%)

5 の人 2 に置, の狂人, の花

1 [16件] どころかおせっかい, に超脱, のもの, の一廓, の事物, の功名心, の山院, の無, の物, の老人, の衲子, の趣, の隠士, の雅客, の高士, へ隠れ

▼ 世さん~ (25, 0.1%)

2 の許

1 [23件] から伺った, から羨まれる, が心配, が聞いたら, が被入, こういう説, じゃ, でしたね, でもあった, という従姉, のお, のこと, の方, の裁物板, はお, はそんな, は心配, は貴方, もあんまり, も好い, も御, を一つ, を見

▼ 世瑞仙~ (25, 0.1%)

9 直温 2 の家, 直卿

1 [12件] が幕府, と善く, と徒士町, と称した, の先祖書初代瑞仙, の所謂, の手, はその, は卅三歳, は此届出, は此年正月二十六日, を識つて

▼ 世なれ~ (24, 0.1%)

2 ども

1 [22件] かみやれ, ていた, ている, どもあふひ, ば, ばこそ危険, ばこそ親, ばこれら, ばすず, ばという, ばとて僅, ばなり, ばやせ, ばわれ, ば二人三人, ば人訪, ば四條橋, ば影, ば旗下, ば書籍, ば母, ば鎗一筋

▼ 世時代~ (24, 0.1%)

2 の古い

1 [22件] すなわち長禄二年, でもなかろう, などといふ言葉, にはフランス, に出来た, に掛けられた, の, のドイツ人ら, のフランス趣味, のランプ, の名優, の宗匠, の宮廷, の悲劇, の栄華, の様式, の老, の芝居, の花籠, の若い, の面白い, を偉大

▼ 世なれた~ (23, 0.1%)

2 人の

1 [21件] おとなの, ところが, ふうに, 乳母さえも, 人かと, 人たちだ, 人だ, 人を, 人間で, 利口な, 口調で, 商売人気質と, 女でない, 女給たちは, 恥しげ, 態度で, 男の, 観察眼が, 調子で, 調子の, 風に

▼ 世である~ (22, 0.1%)

1 [22件] から御, から永遠, から街道, がそこ, がまた, ことが, ことは, ことを, ということ, とする, のだ, のみならず, ものを, 之に, 以上二本の, 位の, 善悪判明の, 故に今, 明暗混沌の, 東朝座の, 若い和一郎夫妻, 青年は

▼ 世とは~ (22, 0.1%)

1 [22件] いえぜひ, いえ東国, いえ神, いへ, おもへど, こんなもの, こんな言葉, ちがい先君, なったの, 云え聞くも, 五十六億七千万年後の, 仏法が, 個人的に, 全く違つた世界, 別な, 思はず, 暫時顔を, 知らねど, 聞くもの, 衆人的に, 誰か, 顔を

▼ 世~ (20, 0.1%)

1 [20件] かのメス, からああ, からさ, から小指, から少し, から死刑そのもの, から離れ, かりに徳川家, か世の中, か八世, これを, つて人間としての, と, と自分, と鈴, なんて, 交通便利の, 紫の, 道義タイハイ末世の, 都の

▼ 世~ (20, 0.1%)

2 おしだ, のだ, のである, ほしだ, ほし世 1 のか, のだった, のでこの, のでしょう, のです, ので貞盛, ほし, ほしと, ほしに, んです

▼ 世なり~ (20, 0.1%)

7 せば 3 とも君 1 ければ, ただ浄土, と名乗る, レキレキレキ, 一人言は, 倫理教育全盛の, 是れ, 智識全権の, 木曾道中第, 殺さば

▼ 世~ (20, 0.1%)

2 中ニハ

1 [18件] 一人, 中ニハアキアキシタ, 中ニハ三九郎ノヨウナ者ガ, 中ニモアンマリ有ルマイト思ウ, 中ニ合ハナイ着物, 中ニ軍職グラヰ愉快ナ職ハナイノカモ知レヌ, 中ハ恩, 中ヘノ私, 中ヘハ面, 中ヲウシトヤイハン哀トヤ云ハン, 中ヲカケ廻リテ, 大因縁タル日露戰爭, 幸福ニ恵マレ得ヌ家族ガアルコトニ想ヒ到, 治マレル事ヲ, 稀トスル所, 雄ナリ, 雅流ニ告グ, 首肯ヲ

▼ 世~ (20, 0.1%)

2 のたつき, をし, をする

1 [14件] が出来なく, するを, でございました, と云, の犬, の茶, はありますまい, は煩, は随分, も手, やここ, をいたし, をした, をしよう

▼ 世からの~ (18, 0.1%)

4 ことを

1 [14件] かたき同士, たよりが, 因果で, 因縁で, 因縁である, 極少数で, 約束が, 約束ごととでも, 約束だった, 約束事で, 習ひなり, 遊芸人の, 長き眠り, 風習の

▼ 世とも~ (18, 0.1%)

2 和らぎながら

1 [16件] おもえぬほどに, おもほへず, おもわれない, ならば, に執, 一緒に, 分らぬ, 思えぬほど, 思はず涙, 思ひ御, 思わない御, 思わぬ豪勢, 感ぜめ, 無き世, 話したこと, 遠ざかり何事

▼ 世にな~ (18, 0.1%)

8 つても 4 つてゐた 1 かりしなり, つてあれほど, つてからは, つては, つて概念化された, つて民間哲学が

▼ 世をば~ (18, 0.1%)

2 厭ひそめ, 盡さんには

1 [14件] せめに, ふるふ, 今ぞ, 何か, 厭ひ捨て, 如何に, 尽さんには, 平和に, 惑は, 萎み去りて, 見果てむ, 讚へ, 隙見しぬ, 頼まん

▼ 世~ (18, 0.1%)

1 [18件] から宋, が宋, が我が, に拜謁, の日本入寇, の日本征伐事件, の末年, の權臣, の皇女, の至, の順治元年, はこの, は元日, は兔, は却つて, は帝位, は蒲壽庚等, 御筆

▼ 世にて~ (17, 0.1%)

1 [17件] ありき, この諸, わが, 候間中, 十二の, 奪ふ, 尼なりき, 彼等に, 戀の, 我を, 我等の, 汝が, 汝等の, 笑の, 第三, 羊または, 覚めし現

▼ 世~ (17, 0.1%)

1 [17件] だと, であったこと, であった厳しい, である, としてはきわめて, に害, の下, の壊敗, の媚, の金ぴか, の金色, の頬髯, の髭, は今日, は用捨, も士風, を慨する

▼ 世~ (16, 0.1%)

2 久しかりちふ

1 [14件] うつし世に, かの世, この町, または相, 乱世か, 二世か, 佛殿を, 報い来らぬこと, 夜雨禅師という, 待ちませし心, 枕より, 獣の, 著し紫, 賭を

▼ 世~ (16, 0.1%)

1 [16件] から講武所, から電車, が, でしたが, と叫び, にもあらず, に來, の停車場, の側, の袂, は俗, へ參, まで往来, を左, を渡っ, を眼

▼ 世~ (15, 0.1%)

2 厭ヒ佛ヲ, 玩ブト

1 [11件] 乱ストキハ源氏コレヲ鎮メ源氏世ヲ, 侵ス日ハ平家コレヲ治ム, 去リ, 去ルト共ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ, 恨ミ申ス事アツテ実, 早ウ, 睥睨シモシ意ニ忤ルコトアレバ輙チ面折シテ人ヲ, 瞞キ以テ名ヲ, 経テ失サルカナ, 蓋フ時利アラズ騅逝カズ騅逝カズ奈何スベキ虞ヤ虞ヤ若, 隔テテ同

▼ 世~ (15, 0.1%)

2 の旦那

1 [13件] だそんな, という, とか列傳, として知られ, となった, となる, に同, に於, の来訪, の生れ, の註, の面影, も仲尼弟子列伝

▼ 世陛下~ (15, 0.1%)

3 の御

1 [12件] がわめいた, とを結びつけ, と皇后陛下, に捧ぐ, の庶子アングーレーム公爵閣下, の御子, の精神障碍, の臣民, の赤ら顔, は悲しむべき, は独逸人, やフィリップ殿下

▼ 世すぎ~ (14, 0.1%)

2 のため

1 [12件] からの敗北, である, でい, の, のみじめさ, の俗, の大地, の歌うた, の法, をいたし, をし, をもふくめ

▼ 世において~ (14, 0.1%)

1 [14件] しばらくも, すでになしたる, すでに霊化, その場, 世間有用の, 二人まで, 家の, 徹底と, 是ほど, 更に明, 決して乏し, 神の, 空想という, 絶えず起り

▼ 世~ (14, 0.1%)

2 の進歩, は常住 1 に際, の吉凶, の変遷, の意志, の文明開化, の漸く, の衰替, ようやく下る, 与時倶一新, 正に欧化時代

▼ 世にか~ (13, 0.1%)

1 [13件] へり来ぬ, へり見られなかつた詩, 争闘と, 又めぐり, 家号の, 日本においても, 歸參する, 添加せられた, 知己の, 私の, 覲る, 解けて, 諸国の

▼ 世~ (13, 0.1%)

1 [13件] でもなく, でもなけれ, の効果的合成, の帽子, の建築, の椅子, の白い, の百合花模様, の精巧, の装, の軍服, の非常, の頭髪

▼ 世~ (13, 0.1%)

2 の中

1 [11件] というもの, にすべて, にはとても, に国際的, の向背, の変遷, の浮沈, の變, はしぶき, はとうとうと, を口

▼ 世~ (13, 0.1%)

1 [13件] お取上げ, に衣食, に被, の世, の古制, の命, の外, の家, の武家, は依然, もその, を排斥, 仕幕府

▼ 世語り~ (13, 0.1%)

5 などをし, にも申します 21 に人

▼ 世かけ~ (12, 0.1%)

2 て, て契った 1 てちぎる, てとは固, てなど, てむつびあふまでおいせずばむかしをしのぶけふにあはめや, て契, て尽きる, て誓, て誓う

▼ 世までの~ (12, 0.1%)

2 勘当と 1 ただ一人, 主人と, 嗤い, 心を, 心外である, 思い出に, 用語例である, 罪に, 語りぐさに, 語り草

▼ 世~ (12, 0.1%)

1 [12件] といふ貰, とお, とそして, の怒り, の肩, はさすが, はそれ, は一番纒まつ, は兩腕, は打ちひしがれ, もその, を奪

▼ 世盛り~ (12, 0.1%)

2 のころ 1 からだった, というもの, といえましょう, としていったん, と自負慢心, には江戸, には間, のとき, の中納言さま, もおろか

▼ 世~ (12, 0.1%)

1 [12件] からし, たること, である, と同, なり, の力, の相違, の考, は張得天, は書, は藝舟雙楫, を祖述

▼ 世といふ~ (11, 0.1%)

3 ものが 1 のにでも, もの, ものだ, ものは, やうな, ローマ法皇の, 王様が, 縁に

▼ 世とぞ~ (11, 0.1%)

3 おもふ, 思う 2 思ふ望月 1 思うもち月, 思う望月, 思ふ

▼ 世わたり~ (11, 0.1%)

1 [11件] にする, のため, のむずかし, の上, の俗世間, の才能, の拙き, は, はきまり, よ, 上手が

▼ 世~ (11, 0.1%)

2 とは比較 1 から見れ, その故, にはすでに, には男, の石, の銅版, をそのまま, 後白河法皇, 約四百年

▼ 世においては~ (10, 0.1%)

1 この世における, この制限, 一切の, 学者あるいは, 實在者は, 敵は, 滅びるであらう, 物の具とっ, 神の, 自他の

▼ 世勝三郎~ (10, 0.1%)

1 たらんこと, となった, には子女, の建てた, の病, の花菱院, の蓮生院, の長男金次郎, の馬喰町, は終に

▼ 世~ (10, 0.1%)

1 からの智愚, から云え, であり故にまた, に疎かっ, に相応しく, の如き, の威厳, は亦, は慈仁, を以て釋

▼ 世と共に~ (9, 0.1%)

2 歩調を 1 おりルーヴォア, 変ずべきもの, 変遷し, 推遷る, 次第に甚だしき, 衰えて, 貴女を

▼ 世まい~ (9, 0.1%)

6 言を 1 言として, 言に, 言は

▼ 世一系~ (9, 0.1%)

1 であるといふ, として永遠, など, の國, の天皇, の我國體, の皇室, の皇統, 之皇統而已

▼ 世~ (9, 0.1%)

2 は曾 1 に採用, の大徳十一年, の時, の諭旨, の顯徳年間, は, は今

▼ 世~ (9, 0.1%)

1 が小, が平次, だけが板屋家, と一緒, の幼, の話, の配偶, は自分, を園江金次郎

▼ 世つぎ~ (8, 0.0%)

1 となる, とは誰, にもなるべき, に老公, に選ぶ, の子, をトッコ, を受け取る

▼ 世であれ~ (8, 0.0%)

1 ば, ばなどとすぐ, ば一国, ば大名, ば大学教授, ば帽子掛け, ば押し, ば馬まわり五百石

▼ 世とともに~ (8, 0.0%)

1 ようやく加わり, 増加し, 変遷す, 推移す, 救われんこと, 次第に推移った, 濁波, 第二十字軍

▼ 世なる~ (8, 0.0%)

1 かも無き, ものなり, を我が身一ツ, 叔父は, 哉, 大都會, 暮色の, 間は

▼ 世~ (8, 0.0%)

1 が漸く, と謂, に眩惑, に遭つて其所在, のため, を好む, を見る, を見れ

▼ 世こそ~ (7, 0.0%)

1 あらま, つたなき, つらけれ, 広けれ, 悲しけれ, 望ましけれども, 治子の

▼ 世~ (7, 0.0%)

1 いとど悲しき, うらめしきのろ, かし, 二日灸, 今は, 今はという, 待つ

▼ 世における~ (7, 0.0%)

1 お前の, その地位, 五月の, 個人的の, 夫の, 実の, 新しき婦人

▼ 世にも~ (7, 0.0%)

1 あらずかしはるばる, これに, たよらに, 変らない浮世, 変らぬもの, 知られず人, 知られ二刀流

▼ 世のみ~ (7, 0.0%)

1 だれに, だれまた, だれも, だれを, だれ官, である, ならんや

▼ 世帶道具~ (7, 0.0%)

1 で長持, はこれ, はどう, まで路地, も一, やら缺擂鉢, や食糧品

▼ 世~ (7, 0.0%)

1 というわけ, という意義, とした, とは何, にたいして生命そのもの, の軍, はなかっ

▼ 世~ (7, 0.0%)

1 が明らか, の問題, の略, は磐州, を詳, を説く, ノ如キハ野乗ニ詳ナリ

▼ 世~ (7, 0.0%)

1 が無い, とせざる, と仰がん, なきこと, なきは, なし, には人

▼ 世その~ (6, 0.0%)

1 ほか後醍醐に, 伯叔父を, 先の, 才智並に, 期に, 魂の

▼ 世との~ (6, 0.0%)

31 戰ひ, 聯關だけで, 評する

▼ 世など~ (6, 0.0%)

2 言ふ 1 いふ方, いふ結構, 世の, 皆世の

▼ 世三世~ (6, 0.0%)

1 かわいいおまえ, の事業, の大, の後, までも苦しんだ, 諸孃

▼ 世以来~ (6, 0.0%)

1 しきりにここ, のフランス植民政策, の土佐絵巻, の幕府勢力, 初めて王弟, 深仇

▼ 世~ (6, 0.0%)

2 安に, 安の 1 安と, 安は

▼ 世全安さん~ (6, 0.0%)

3 の蔵する 1 の家, は別に, を尋ね得た

▼ 世~ (6, 0.0%)

1 に全く, に適, に関する気, をうるさがる, を始め, を開く

▼ 世十方~ (6, 0.0%)

2 の諸 1 お見通し, とは, を坐, を蔽

▼ 世~ (6, 0.0%)

1 の一仏蘭西女, の人心, の大家簇出, の諸, の革命, は土台

▼ 世~ (6, 0.0%)

1 という本, にもなっ, にも久求小野, によるに倭姫命天照大神, に見えた, の久求都彦

▼ 世および~ (5, 0.0%)

1 その忠良, シャール十世の, ナポレオンが, マリー・アントアネットの, ヴォギューエ氏

▼ 世からとも~ (5, 0.0%)

1 なく代々, なく女の童, なく行われ, 知れずお, 知れずかく

▼ 世にでも~ (5, 0.0%)

1 あんなやつら, ナポレオンが, 似たり, 悪運の, 産まれたら小城

▼ 世にわたって~ (5, 0.0%)

1 不可得なりと, 平家を, 武人の, 活動する, 糸を

▼ 世に対する~ (5, 0.0%)

1 が為め, 企計に, 反撃は, 関係を, 黄金の

▼ 世~ (5, 0.0%)

1 の, の作, は急, は泉州, を頭目

▼ 世~ (5, 0.0%)

21 に反し, に拘わらず, ト同

▼ 世川さん~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 が来る, に会わし, も種々

▼ 世~ (5, 0.0%)

2 と蘇双 1 という者, はいった, はそう

▼ 世~ (5, 0.0%)

1 にも関わるべき, のため, の改進, の為め, は多難

▼ 世いかなる~ (4, 0.0%)

1 代にも, 場合でも, 生活を, 社会にも

▼ 世おの~ (4, 0.0%)

2 づから 1 づからこれ, づから矯激詭異

▼ 世かけた~ (4, 0.0%)

1 かわいい男, 主従の, 主從, 勝敗は

▼ 世からか~ (4, 0.0%)

1 仕切られて, 発見された, 皇室と, 神変夢想流剣道の

▼ 世この~ (4, 0.0%)

1 かた御, 世の中に, 四つの, 風を

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 づまりて後出, てその, また八重山, 紫衣を

▼ 世たち~ (4, 0.0%)

1 にも秘密, の祈祷場, は竹柴台, を考へ

▼ 世であり~ (4, 0.0%)

1 さえすれ, そこでは, や, 又さ

▼ 世であろう~ (4, 0.0%)

1 か, が春, が源氏, な

▼ 世とか~ (4, 0.0%)

1 はりつつ, 云ふ, 神の, 近ごろの

▼ 世ならず~ (4, 0.0%)

2 朴の 1 とも自分, 家々の

▼ 世なれない~ (4, 0.0%)

1 坊ちゃんらしく, 少年の, 様子を, 眼付を

▼ 世なれぬ~ (4, 0.0%)

1 わがまま者の, をあざけり, 月江は, 無躾さ

▼ 世においても~ (4, 0.0%)

1 そうである, 撰集の, 新たに, 種々なる

▼ 世にこそ~ (4, 0.0%)

1 ありけれ, 庶物の, 月雪花の, 蔽へ

▼ 世にては~ (4, 0.0%)

1 人眠らざる, 善く始められし, 時を, 送りも

▼ 世によって~ (4, 0.0%)

1 なされたクーデター, 利用された, 建てられルイ十五世, 革命時代は

▼ 世に対して~ (4, 0.0%)

1 そう云わせる, 好嫌, 害を, 謂わば

▼ 世はか~ (4, 0.0%)

4 はる

▼ 世ナポレオン~ (4, 0.0%)

1 がこの, に重用, はその, はついに

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 が悪い, が惡, のこと, は割合

▼ 世劇神仙~ (4, 0.0%)

1 となった, と称した, になった, の後

▼ 世及び~ (4, 0.0%)

1 クレメンス五世の, ジョージ六世が, ロベルトの, 後

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 とし, となつ, に至つて, は兎

▼ 世~ (4, 0.0%)

4 本経

▼ 世団十郎~ (4, 0.0%)

1 が市川宗家, の孫, は壬子, 元祖宗十郎ら出

▼ 世市川団十郎~ (4, 0.0%)

1 が, が死んだ, の人格, の評判

▼ 世或は~ (4, 0.0%)

2 大隈伯の 1 之を, 時に自ら小

▼ 世捨て~ (4, 0.0%)

3 びとの 1 びとのごとく名誉なく

▼ 世放れ~ (4, 0.0%)

3 のした 1 がし

▼ 世新聞~ (4, 0.0%)

2 がある, にあの

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 だが, の僧正宰相, の宰相, の財政

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 が一晩, の話, は私, も一緒

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 が隋, だろうあれ, の徒, の細君

▼ 世渡る~ (4, 0.0%)

1 ことなれ, たつきとも, 家五軒, 橋は

▼ 世瑞仙晋~ (4, 0.0%)

2 の子 1 が七十七歳, の撰んだ

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 をなし, をも成し申すべく, を充たした, ヲ希ヒシガソノ才

▼ 世田ヶ谷若林~ (4, 0.0%)

2 の生活 1 にて, の舗装道路

▼ 世紀文福茶釜~ (4, 0.0%)

1 じつはアルミ製, にこもっ, の破片, はじつは

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 とし, とする, にする, を完

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 か吾郷, ぞ常, にか語るべき, によって何

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 と謂, の爲, り之, を見れ

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 と多少, の言, の言う, 既にこれ

▼ 世辭笑~ (4, 0.0%)

3 ひを 1 ひの

▼ 世迷事~ (4, 0.0%)

1 とも思わず, も云い, を口走り, を書く

▼ 世~ (4, 0.0%)

2 の難 1 は艱難, ノ難

▼ 世降っ~ (4, 0.0%)

1 てはそれ, ては弘法大師, て価値, て恒例臨時

▼ 世~ (4, 0.0%)

1 がギラギラ, すなわち世間, の暗い, も心

▼ 世あり~ (3, 0.0%)

1 とす, とぞ覺, とも思はぬ

▼ 世ある~ (3, 0.0%)

1 とき有名の, は少なく, も亦

▼ 世あるいは~ (3, 0.0%)

2 一人を以て 1 蝦夷以外にも

▼ 世いずれ~ (3, 0.0%)

1 の人, の処, の時

▼ 世お前~ (3, 0.0%)

1 はもう, も何, も行っ

▼ 世からも~ (3, 0.0%)

1 女性の, 絵葉書を, 近代風な

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 へしのばれ, へほととぎす, へ無い

▼ 世じゃ~ (3, 0.0%)

1 あるまいし, わいな, 因果覿面地ならしの

▼ 世すて~ (3, 0.0%)

1 びとのような佗びしいおくらしでござりました, 人だ, 人とも

▼ 世する~ (3, 0.0%)

2 儒臣なり 1 日は

▼ 世であった~ (3, 0.0%)

1 から忽ち, から魔法, はずである

▼ 世どこ~ (3, 0.0%)

1 と限らず, の世界, の国

▼ 世などは~ (3, 0.0%)

1 そう弘, それの, 法王の

▼ 世ならぬ~ (3, 0.0%)

2 古色が 1 コン吉も

▼ 世なりと~ (3, 0.0%)

1 ぬらす袖, 神に, 雖も

▼ 世にかけて~ (3, 0.0%)

1 これ以上の, たくさんの, 彼女も

▼ 世について~ (3, 0.0%)

1 伝説が, 城壁の, 私に

▼ 世については~ (3, 0.0%)

1 一九一九年に, 嫡家の, 私は

▼ 世よりも~ (3, 0.0%)

1 なお住み, 河幅も, 表情が

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 少シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ, 当ツテ, 有難シ

▼ 世ホテル~ (3, 0.0%)

1 という名, のプラロン氏, の部屋

▼ 世不朽~ (3, 0.0%)

1 に傳へん, の胸づくし鐘, の金言

▼ 世了達~ (3, 0.0%)

3 の智

▼ 世以前~ (3, 0.0%)

1 にある, に生れし, のキリスト探究史

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 かお前, の人, の因

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 七郎という, 七郎に, 有一種大乗居士校本

▼ 世外道~ (3, 0.0%)

1 と云, の如く, は今日

▼ 世多く~ (3, 0.0%)

1 のフランス人, 之有り, 伝誦す

▼ 世帶持~ (3, 0.0%)

1 がよく, はよろ, 同樣

▼ 世広場~ (3, 0.0%)

1 とを通り, と呼ばれ, には馬

▼ 世既に~ (3, 0.0%)

1 あった事, プーリアに, 支那に

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 に見える, に記された, を見る

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 の剣道, の習慣, の達人

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 に流したる, の情波, の狂風激浪

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 が谷, が谷村, が谷近く

▼ 世皇帝~ (3, 0.0%)

1 がプロシヤ, の威容, はどうやら

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 なくやがて, をはかる, を図る

▼ 世祖忽必烈~ (3, 0.0%)

1 と其弟, の女, の頃

▼ 世経る~ (3, 0.0%)

3 など

▼ 世維新王~ (3, 0.0%)

1 のこと, のよう, は十七歳

▼ 世菊五郎~ (3, 0.0%)

2 なるべし 1 が出勤

▼ 世薪水~ (3, 0.0%)

2 の大功記 1 が果して

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 が出で, 無著, 無著像

▼ 世親王~ (3, 0.0%)

2 は道真 1 と刈屋姫

▼ 世~ (3, 0.0%)

2 の注 1 に対する俗難中

▼ 世~ (3, 0.0%)

1 があっ, ということ, というもの

▼ 世造り~ (3, 0.0%)

1 と人, と人拵え, の手

▼ 世都加比~ (3, 0.0%)

3 之友造

▼ 世野沢吉兵衛~ (3, 0.0%)

1 の手ほどき, の手解, の手解き

▼ 世あに~ (2, 0.0%)

2 かくの

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 ずくに, ずくの

▼ 世うれし~ (2, 0.0%)

1 な父母, も

▼ 世かと~ (2, 0.0%)

1 それも, 時の

▼ 世かな~ (2, 0.0%)

1 あり掬ぶ, 成らぬを

▼ 世かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 兼光を

▼ 世きく~ (2, 0.0%)

1 ものかん, もの感ぜ

▼ 世ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ところかな, もので

▼ 世これ~ (2, 0.0%)

1 をわが子ハインリヒ六世, を稱

▼ 世ごろ~ (2, 0.0%)

1 の古い, までの猛烈

▼ 世さびし~ (2, 0.0%)

1 と泣く, 身丈おなじ

▼ 世ずれ~ (2, 0.0%)

1 のした, のせぬ

▼ 世ずれた~ (2, 0.0%)

1 人の, 表情の

▼ 世そう~ (2, 0.0%)

2 もり

▼ 世ぞと~ (2, 0.0%)

1 人に, 御手

▼ 世だけに~ (2, 0.0%)

1 当嵌め, 藩と

▼ 世だった~ (2, 0.0%)

1 ので日本国人, 明石志賀之助は

▼ 世であっ~ (2, 0.0%)

1 ても今, て死ん

▼ 世としての~ (2, 0.0%)

1 生活を, 自分の

▼ 世とな~ (2, 0.0%)

2 つてから

▼ 世なく~ (2, 0.0%)

1 われなくまことに, 神なく

▼ 世などを~ (2, 0.0%)

1 軽蔑する, 輕蔑する

▼ 世なみ~ (2, 0.0%)

1 がよく, は近年

▼ 世なるべし~ (2, 0.0%)

1 という, 世間は

▼ 世にたいして~ (2, 0.0%)

1 どう生き, 彼と

▼ 世にたいする~ (2, 0.0%)

1 プロシアの, 考えも

▼ 世にだって~ (2, 0.0%)

1 ざらに, ないこと

▼ 世につき~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 進んで

▼ 世にての~ (2, 0.0%)

1 再會, 逢いがたき

▼ 世にても~ (2, 0.0%)

1 あれ君に, 我儘で

▼ 世にながら~ (2, 0.0%)

1 ふべくも, へて

▼ 世にまで~ (2, 0.0%)

1 のこされました奇特, 残すため

▼ 世にや~ (2, 0.0%)

1 あらん, あるらん

▼ 世にわたる~ (2, 0.0%)

1 われわれの, 重職を

▼ 世に対しては~ (2, 0.0%)

1 いかなる俗務, つらい涙

▼ 世に対しても~ (2, 0.0%)

1 不忠に, 恥かしい

▼ 世のがれ~ (2, 0.0%)

1 てしげれ, て隠れ栖む巌秀

▼ 世のわ~ (2, 0.0%)

1 づらひ, づらひより避

▼ 世はじめロマノフ一家~ (2, 0.0%)

2 が殺された

▼ 世への~ (2, 0.0%)

1 おん祈り, 志も

▼ 世までは~ (2, 0.0%)

1 一郷の, 忘れゐたま

▼ 世までを~ (2, 0.0%)

1 その純朴, 夢に

▼ 世まよい~ (2, 0.0%)

2 ごとを

▼ 世よりか~ (2, 0.0%)

1 世に, 改めつつ

▼ 世よりは~ (2, 0.0%)

1 あたたかいと, 表悪裏善

▼ 世わたりを~ (2, 0.0%)

1 して, しようと

▼ 世をか~ (2, 0.0%)

1 經し, 經て

▼ 世をぞ~ (2, 0.0%)

1 さらに捨てつる, 思ふ

▼ 世をと~ (2, 0.0%)

1 へよ松あと, 言つてゐる

▼ 世をわ~ (2, 0.0%)

1 づかに, びびとの

▼ 世ヨリ~ (2, 0.0%)

1 今ニ至ルマデ, 斯ク

▼ 世七代~ (2, 0.0%)

1 とま, と云い

▼ 世主水~ (2, 0.0%)

1 であらう, は文化三年

▼ 世乃さん~ (2, 0.0%)

1 の遠縁, は諦め

▼ 世京都~ (2, 0.0%)

1 に住み, に於い

▼ 世以上~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, に惨

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の君主, を書い

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 に対する反動, に通ぜずし

▼ 世俗諦~ (2, 0.0%)

1 すなわち第一義諦, を超脱

▼ 世信階~ (2, 0.0%)

1 が一旦, は本郷

▼ 世其の~ (2, 0.0%)

1 然る, 結構の

▼ 世切つて~ (2, 0.0%)

2 も切れねえ

▼ 世化成~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ 世北高和尚~ (2, 0.0%)

2 といひし

▼ 世即ち~ (2, 0.0%)

1 彼の, 當時の

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 からただちに, はどう

▼ 世又は~ (2, 0.0%)

1 ハムレット王, 後世を

▼ 世叔母さん~ (2, 0.0%)

1 が好く, だよ

▼ 世取り~ (2, 0.0%)

1 の, のうない

▼ 世吉兵衛~ (2, 0.0%)

2 正重

▼ 世名人~ (2, 0.0%)

1 が早朝, にこう

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 で言, のすべて

▼ 世~ (2, 0.0%)

2 い言

▼ 世囈言~ (2, 0.0%)

1 は冥途, もほどにいたせ

▼ 世因果~ (2, 0.0%)

1 の教え, の説

▼ 世坂東彦三郎~ (2, 0.0%)

1 がある, と親しかっ

▼ 世坊さん~ (2, 0.0%)

2 と生れ

▼ 世夜半亭~ (2, 0.0%)

2 を称

▼ 世大王~ (2, 0.0%)

1 の寵遇, の後裔

▼ 世夫婦~ (2, 0.0%)

2 は二世

▼ 世如何~ (2, 0.0%)

1 にし, に慰めん

▼ 世姉さん~ (2, 0.0%)

1 がこんな, だって随分

▼ 世宗王~ (2, 0.0%)

1 の時, の時彼ら

▼ 世川自身~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, の声

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の記念塔, を弑した如き

▼ 世帶仕舞~ (2, 0.0%)

1 があつ, ひを

▼ 世帶崩れ~ (2, 0.0%)

1 がし, のした

▼ 世年代記~ (2, 0.0%)

1 をわが, を書かう

▼ 世弥五右衛門~ (2, 0.0%)

1 は才右衛門, は鉄砲十挺頭

▼ 世弥忠太~ (2, 0.0%)

1 は栄喜, は番方

▼ 世彦三郎~ (2, 0.0%)

1 であること, を贔屓

▼ 世思想~ (2, 0.0%)

1 でありまして, などがその

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 は二十あまり娘, は布子

▼ 世挙っ~ (2, 0.0%)

1 て之, て此

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 た其必要, 来世との

▼ 世本因坊~ (2, 0.0%)

2 の名人道策

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の外, を享

▼ 世棄人~ (2, 0.0%)

1 のよう, 過ぎたあんまり

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 に冷淡, に競奔

▼ 世正久~ (2, 0.0%)

1 に至つた後, の庶子

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 したり, を与える

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 なる牛, はその

▼ 世池田瑞仙~ (2, 0.0%)

1 直卿, 直温

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 と闘わざる, を乗り越す

▼ 世津ちや~ (2, 0.0%)

1 んお, んこつち

▼ 世津ちやん~ (2, 0.0%)

1 の友達, の方

▼ 世海峡~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の風

▼ 世渡上手~ (2, 0.0%)

1 なもの, の掛引

▼ 世渡草商人~ (2, 0.0%)

2 の仮

▼ 世漸く~ (2, 0.0%)

1 将に, 落寞の

▼ 世~ (2, 0.0%)

2 と彼

▼ 世王等~ (2, 0.0%)

1 が和, を謗り

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の妄言, の訓蒙字会

▼ 世生神~ (2, 0.0%)

1 と書い, は人

▼ 世田ヶ谷代田~ (2, 0.0%)

1 に彼自身, に移り住み

▼ 世田ヶ谷街道~ (2, 0.0%)

1 となり, に出る

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 にし, 變

▼ 世病み~ (2, 0.0%)

1 とか, と申しましょう

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 で其上之, なもの

▼ 世的詩人~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を以て深く

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 には団扇車, の頃

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 に慣れ, を盲目

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 かき生の, 意常

▼ 世祿~ (2, 0.0%)

1 の家來, を與

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 に出, に見る

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 二世としての, 六次十字軍を

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 と云, を見る

▼ 世系表~ (2, 0.0%)

1 がある, は即ち

▼ 世耕事件~ (2, 0.0%)

1 の静岡, は今日

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の関心, を惑乱

▼ 世親子~ (2, 0.0%)

2 は一世

▼ 世話せられる~ (2, 0.0%)

1 ことに, 者にとっては

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 などしつ, をし

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 の過程, を処理

▼ 世辭上手~ (2, 0.0%)

2 にて人

▼ 世通天和尚~ (2, 0.0%)

2

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 のため, は日本

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 人亡, 人亡と

▼ 世~ (2, 0.0%)

1 である, は七世生神

▼ 世~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 世顕如~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の長子教如

▼ 世高う~ (2, 0.0%)

2 わもりあんじ

▼1* [797件]

あのお内儀, 世あらわる, 世いみじと知るべき, 世ふみは, 世おのずから数という, 世かかる身をこそ, 世かくのごとき, 世かけましょうとうれしい, 世かさねて出生, 世かは知らねども, 世かも雨露の, 世からでも御聞きでした, 世からは想像も, 世かわいいおまえの, 世かを安住し, 世がかはつて零落は, 世がよかつた, 世がわりに, 世がわり代がわりの前兆, 世きく者かんぜざら, 世くだつていつしかこの, 世ぐらいに見立てられるに, 世けれどももっとも悪い, 世ここで家, 世こぞつて諫鼓の, 世ことごとく濁れり我独り, 世この世次の世, 世ごころの結ぼれ, 世ごろここの社殿, 世さまは良人, 世さまざま人さまざま種々めずらしい, 世さまざま同室四人みなへんろさん, 世さみしくヒヤシンスうす, 世されて来た, 世さわぐ浪の, 世さんッてよく, 世さん煙草はいかが, 世さん豊世さんッてよく, 世さん貴方はどう, 世さん顔色が悪い, 世しもこそ思ひいで, 世しりよわれ, 世しるいずれも, 世じゃあ金さえ, 世なは, 世すがれの悲, 世すぎ身すぎといふ奴, 世すごしもかろ, 世すでに定評ある, 世すね人が, 世すら連歌の, 世すゞしと, 世かいだった, 世そうセヂといい, 世そのものが無明長夜, 世それからインドの, 世それ吾れを, 世そわりに, 世ぞとはえも, 世たのしと鳴く, 世だけでなくその, 世だって夢にも見なかったでしょう, 世だんなとあっしゃ, 世ちや待つて, 世や, 世っていう俳号を, 世づくりのため, 世であったら寒い東北, 世であらばの嘆, 世でこそ万民謳歌の, 世でございますのにお, 世でござる何卒箙, 世でござれば切り取り強盗, 世でさえあるならば, 世でしているであろう, 世でないとはなん, 世でなくては発達, 世でもかの民主主義者アニュトス輩によって, 世といは, 世とかいう語を, 世とかからお貰いに, 世とかたり後第, 世とがひとつ地上に, 世とさえ説明せられた, 世としてユダヤの, 世としては異人の, 世とてかわりは, 世とてもわれらは, 世とにまでもおよんだ, 世とのみ見て, 世とばかりに活動し, 世とや知るらん秋風, 世とやらこんな兄, 世とを隔てる幕, 世どの方角から, 世どれとは瀞, 世なおこれを, 世なおし一揆, 世なからのもの, 世ながら人間の, 世なぞがあるもの, 世なぞは解らないから, 世なぞもよくそう言っ, 世などが手こずるの, 世などに引かるる人, 世などの方々が, 世なども切にお, 世ならず動く世を, 世ならですもの, 世ならぬ光りはその, 世ならねば, 世ならましをどる, 世ならもつと完全, 世なら知らずいま泰平の, 世なら飼ってやっ, 世なりきな, 世なりけりとあれ, 世なりしかどその夜われ, 世なりとも君に, 世なるまじく見え候, 世にあたってその仁, 世におけるが如き関係, 世におわせし頃も, 世にかの屈原も, 世にさえ明かならざるに, 世にしも生れあひて, 世にすらも親友が, 世につれ人に, 世にとほざかる程, 世にという力強い十分, 世になど風波の, 世にまでも伝わって, 世にゃァ犬, 世にわたっての人類を, 世にわたりて不滅なるべき, 世にわたるなんてえの, 世に対し人に対して, 世に対しての憤懣と, 世に関する追想覚書伝記実録小史の, 世に際しておのづか, 世のさかしらの, 世のちひさき魂, 世のちぎりやありけん又此人, 世はうすぐもり, 世はじまって以来, 世はじまつてから直ぐ, 世はつひに, 世ばかりつづいて, 世ばかりの契りでは, 世ひらけたりという風, 世ふうの卓, 世ふけて沼, 世ふさへる高座, 世ふたりともいまだ, 世へだけでなく子, 世へだけの事だったら, 世へだてて, 世へは出て, 世へも残りかつ, 世べに住むべきもの, 世ほどはやかましくは, 世まだかつてこんな稀代, 世までというでは, 世までとも見えた政子, 世までもと思ふ雪枝, 世冬の, 世みな知る, 世めぐみし父なれ, 世め中はだ, 世もう一つ先の, 世もしかぞあるべき, 世もしくはナポレオンの, 世もとより定評, 世もと淨瑠璃の文句, 世もねがひも, 世やのメロディが, 世ゆゑはたわれ, 世ゆ世を継ぎ, 世らしいのが, 世わたる家五軒, 世われに夕短かき, 世をかへ給ふ, 世をかへて皓々として, 世をこそ遂の, 世をのがると, 世をへたてて, 世をや厭ひし, 世アウガスタスの黄金時代, 世アンリ四世リシュリユールイ十四世公安委員会などの後継者, 世エポニーネとサビヌス, 世キリストの教, 世シテ幕府ニ禄仕シ, 世ジェームス四世それからインド, 世ジョージ六世とつづい, 世ズレタズーラ市に美人, 世ダンテとかたる, 世疎濶ス, 世ナポレヲンが欧洲, 世ニイフ所ノ二刀流, 世ニオ伝ノヨウナ女ガ現ワレタラ, 世ニハ及ボスベカラズ彼等ニシテ久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 世ニモオ綺麗ナオ方デスシアノ時分ヨリ又一倍オ美シクナッテラッシャルンデスモノッテ, 世ニモ珍シイ廻リ合セト云ウベキハ陰険ナ四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ, 世ニ伝ハルモノ六七枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, 世ニ伝布シテ恰モ此書普通ノ称タルガ如シ, 世ニ其匹ヲ罕トス, 世ニ処スルノ道ヲ知ラザルコト匹婦ヨリモ甚シ, 世ニ出テ人ノ上ニ立ツ者, 世ニ有ル程昨日ニカハル習ナレバ, 世ニ生レ出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, 世ニ生存シテイテコノ颯子ノヨウナ女而モ彼女ノ義理, 世ニ臨ムヤ民政ヲ旨トシ, 世ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, 世ニ頼モシクコソ隠シ置, 世ニ高キモシカモ或モノハ, 世ハ殊ナリ事ハ異ル, 世ハ錯誤を伝ヘル, 世ハ長篇ヲ作レバ人ハ輙チ以テ大家鉅匠ト為シ, 世ビスマルクワシントンモルトケナポレオン三世というよう, 世フィレンツェ復舊の事, 世フランス王及びナヴァール王, 世フランス王聖ルイの弟, 世ブリューヘル自ら率いたツィーテン, 世ボニファキウスと相, 世リシュリユールイ十四世公安委員会などの後継者, 世ルニジアーノ家のキュプロス王, 世ロベスピエエルサヴォナロラなぞの肖像, 世一つ生くに無意味, 世一二七七年より一二八〇年, 世一二九四年より一三〇三年, 世一二五三年ボヘミアの王, 世一人に下され, 世一切仏諸尊菩薩摩薩, 世一族虐殺などは風, 世一日睾丸抜いた牡馬, 世一派の, 世一系連綿たること, 世一黒蛇あり一犢子, 世万歳も神, 世万民のため, 世三世だんなとあっしゃ, 世三公を経, 世三右衛門を称し, 世三条泰季なども付き, 世三語楼や戦後高齢, 世三谷氏系圖では第, 世三遊亭圓生とあと, 世上道學先生の所説, 世下るに従い恋, 世如愁, 世不多有而字形陋拙刻様, 世不易の形, 世世々住持しきたる, 世並びにその家族, 世並みが悪い, 世並信常と書い, 世丹後どのには他, 世丹羽郡の領司, 世厚く能楽, 世九華は六十一歳, 世九華和尚が学頭, 世九郎兵衛は養子, 世九郎次は番方, 世せば, 世はなぜ, 世乱れてからは, 世乱れた時推し, 世乱変転の相, 世乱風騒のここ幾年, 世五十二年にわたる呉, 世直称無量寺也歟, 世の臣, 世の時, 世今に始めぬ習ひと, 世仏国の画家, 世仕立屋銀次になり, 世代りを見た, 世令旨を下し, 世て新, 世以後に生れし, 世以来フランス人は空気, 世以譯司食公祿以斯致死即吾分而已, 世以降双方の家, 世伊止宇眼に萎えた, 世伊止宇苧環の花, 世伊達ノ三位遊雅, 世会員として出席, 世に長, 世を退ける, 世何人が発明, 世侍女三四それぞれの席, 世侍従の中納言公明, 世信全は桃酔軒, 世信崇は巌松院道盛, 世信政の外舅, 世信栄は短命, 世信美は歯医者, 世傑梁中書はその, 世へて曰く, 世傳來といふこと, 世儀通称は勇七, 世を兼ね, 世兄弟の死, 世兆民居士を棄てたる, 世先王の遺, 世と保命, 世光三男が忠幹, 世光以下三人の男子, 世全滅し今, 世八百年を興した, 世公園を貫く, 世公安委員会などの後継者, 世六世ふたりともいまだ, 世六百年二月十七日是日大淵之源潰, 世共に婚姻の, 世其人の立法, 世其人ニ乏シカラズ, 世其例に乏しから, 世其後をうく, 世其物を棄てなけれ, 世其者を棄てよう, 世内記方守は系図, 世円太郎本名石井菊松明治卅一年十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 世再び罪の, 世刀戟の業, 世太夫, 世初期のオランダ戦争, 世の都, 世の天変地異, 世を積んだ, 世加茂保憲最奥儀を極め, 世加賀守綱紀以来大廊下詰, 世世尚, 世助けの業, 世助三郎は慶応武鑑, 世助三郎政義は文政四年, 世動物の化石, 世動運行をあやつる, 世勘兵衛また馬, 世勘兵衛正勝はその, 世勘平見ごとつとめて, 世勝三郎東成で小字, 世勝二郎の柩, 世の大きな, 世の補, 世医官直郷, 世十三使徒の一人, 世十方一切仏教を判, 世十方斎の名, 世千種庵と云う, 世半井氏が護持, 世のいうごとく, 世単伝の一人子, 世即位式の道すじ, 世又之丞も唯七, 世及十六世の治世, 世がその, 世叔早世の後, 世叔母ちゃんが負, 世に成れ, 世吉兵衛方貞は系図, 世吉兵衛正久は武鑑, 世吉次郎は文化十三年, 世少将定, 世同居して, 世同志で夫, 世同氏同称, 世を諸, 世と思っ, 世呑海和尚の開山, 世和志と戯号, 世問題の中, 世喜三郎また六左衛門, 世喜寺の山, 世嘗めし身の, 世四十三年の終り, 世四十六年目で亡んだ, 世四方より敵, 世四百年も漢室, 世因縁と言, 世団十郎初代菊之丞ら出でたる宝暦, 世団十郎時代のお, 世より酔う, 世国貞国周芳幾芳年の如き, 世圓朝を襲名, 世圓生門下の音曲師, 世圓生門人音曲をよくす, 世辛い所, 世の急, 世坦蕩の時, 世基世助世, 世士農工商の階級, 世弄す懐中, 世壽幾何であつ, 世変り時遷りて, 世変ることなき, 世変転化は落花, 世外めに厶, 世外人の悠長, 世外侯の額, 世外的な閑日, 世以為始自, 世ぞと狂歌乱舞, 世大典によつて, 世大和国味白檮岡の言八十禍津日前, 世大淵和尚の法弟, 世太平の國是, 世に作る, 世如何なる因縁あれ, 世如来の御, 世如皐其水新七ら, 世を出した, 世というの, 世婆羅尼斯国の白膠香王隣国王, 世婦八十一女御合せて, 世なり大, 世の届け, 世孫六のころ, 世れか, 世安楽の勤行, 世宗十郎の子, 世定まれば誰, 世如の, 世実事によく, 世になっ, 世宮殿の毛氈, 世家一九にこの, 世家世など皆世, 世家等であ, 世家言あり本紀言, 世寄橋と名づけ, 世小さんもそれ, 世小さん先代圓右先代志ん生, 世小山内朝之助だぞ, 世小稲がいた, 世世など, 世尽きぬと君, 世尽く驚く, 世山麓に浪士, 世川柳の門下, 世已に劉向, 世こう書く, 世市三郎を称した, 世師夏師幸師景などみな武装, 世帶ずれもあつ, 世帶一切た, 世帶一軒は裕福, 世帶持ちとしてみんな, 世帶新造と娘, 世帶構へること, 世帶水茶屋とは名ばかり, 世帶淺ましくも, 世帶疲れのした, 世帶話は未だ, 世にはこの, 世平にそう指摘され, 世幸四郎の追善興行, 世広重が歌垣和文, 世広重家を捨, 世廊下の奥, 世を随, 世雄飛, 世当時の皇太子, 世彜一に世夷, 世がグエルフィ黨, 世往々にし, 世征夷府ニ事ヘ, 世後継嗣未定物議伝不顧身分有所建, 世御前の身代り, 世御恩顧をうく, 世復古政府の第, 世徳川内府を向う, 世心身忠孝信などいふ, 世忘れの仙境之, 世忠らを斬った, 世忠ら五人の使者, 世忠兵を伏せ, 世であって, 世失せて, 世思はず欲らず, 世急逝の報知, 世怱忙として俄, 世は久保田君, 世て有し, 世に適する, 世であつ, 世時殺人罪を, 世所共聖殷本紀述湯誥曰古禹皐陶久勞於外, 世所絶少者, 世挙つて引三味線の調子, 世し人々, 世揃った美女ばかり, 世擦れて人馴れ, 世りて, 世支那は隋初, 世改まり義と, 世放れたる処などは, 世政府との間, 世教万分の一を維持, 世教習慣の然, 世教育をやつ, 世数百年回社会の事情, 世文内と称した, 世斎節にはいる, 世族舊家の多く, 世を除け, 世昌造が登場, 世時節じゃない, 世暗愚なりと, 世暦年代暦こうも, 世の時代, 世朝廷の奥, 世朝機密閣史の中, 世木地師の頭, 世未だ屋舎あらず, 世末代愚鈍の名, 世末孫文答師であった, 世本木仁太夫が元, 世村田桃鄰も始め, 世を学林, 世杵屋勝三郎で馬場, 世松林伯円も嘗て, 世柳家小さんはその, 世栄喜は養子, 世の本, 世桃林契悟禅師号は残夢, 世棄人それでこそ見, 世楊庵と称した, 世で安蘇郡, 世とお, 世とお, 世の部屋, 世橋始め江戸橋海運橋鍛冶橋そのほか数カ所, 世橘家圓太郎を襲名, 世に乗じ, 世重二世正信三世正, 世正信三世正岸, 世正蔵襲名以後で前述, 世死して嗣子, 世死ぬよの睦言, 世死刑執行の日, 世氏名となしぬ, 世水戸家の用達, 世水津氏の信重, 世江戸に住, 世江戸時代を経, 世江戸石原に住ん, 世池田全安さんの手, 世池田啓である, 世池田鑑三郎さんである, 世河竹新七が初代市川左団次, 世治まり民安かれ, 世治新君按司といふ女君, 世法王を廃する, 世法王時代に有名, 世泰平の世, 世流四方国爾波山河乎比呂美安都美等多弖麻豆流御調宝波, 世に揺られ, 世海波高きところ国家, 世に帰らざる, 世淡々凡て興なし, 世清信あり, 世清元延寿太夫である, 世清元延寿太夫等と同じく, 世清満の事, 世渡りゃア嫌に, 世渡下の福田屋龍藏親分さん, 世溢漢奴加己利を尚, 世漂浪の体, 世潮渦流の中, 世激戦多しと, 世瀾海峡に吹い, 世烈堂和尚は彼, 世幾, 世無税家康湯の島へ入湯, 世無缺の全, 世照らさるる海の, 世は七星門, 世爵以下の一万三千, 世爵祖承訓以下, 世玄明の輩, 世玄瑳と改め, 世玄益と称した, 世玄益成美だと, 世王どのもその, 世王なんどの遣, 世王はじめ皆相談にあづか, 世王武芝等の間, 世王玄明不死人, 世王経基の三者, 世王謀反の企, 世に斧うつ音, 世琴通舎面堂春の屋始め梅屋文の屋, 世瑞仙晋京水の三人, 世瑞仙晋撰の行状, 世瑞長であらう, 世田ヶ谷中學前の暗い, 世田ヶ谷二個所の陸軍病院, 世田ヶ谷北沢の明石方, 世田ヶ谷宿のはずれ, 世田ヶ谷往還を世田ヶ谷宿, 世田ヶ谷東北澤に家, 世田ヶ谷町に満, 世田ヶ谷町松陰神社の鳥居前, 世田ヶ谷自動車隊が一夜, 世田ヶ谷若林砧村大蔵等に亘る, 世田ヶ谷行で午後二時頃家, 世田ヶ谷近くで將校, 世田ヶ谷騎兵聯隊から持っ, 世田三郎窪川鶴次郎その他諸氏によっていくつ, 世田之助の父, 世田安藩の臣, 世田芳柳氏で米国, 世第七位, 世當時未だあら, 世百一朝にし, 世百徳の大本, 世的態度とうてい掻い撫で, 世知るとおり, 世皇后ウージェニイ学問自慢の貴族, 世皇孫である俊寛, 世になる, 世直り中直り, 世相継いでの書家, 世矣開井之由, 世知らぬ乙女心の, 世知りであつた, 世碑碣の厄, 世磨れ場慣れ, 世社会の階級思想, 世祐博士の, 世祐氏にたのみ, 世祕密の許され, 世祖上都に万余, 世祖大明六年詔曰倭王世子興奕世載忠, 世祖将官に位勲, 世祖時代に政權, 世祖本紀を見る, 世祖純白の馬一万匹, 世禄三百俵を給せられ, 世禄二百石八人扶持なので, 世禄五百七十二石を食み, 世禄千八十石役料三百俵左太夫と通称, 世福音書の中, 世秀栄康和の頃陸奥津軽郡, 世秀鶴の中村仲蔵, 世秘府に蔵儲, 世称して三老, 世称一ノ谷合戦で通っ, 世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 世称雄武遺訓守淳猶混農, 世移り人失せぬれば, 世種彦の高畠藍泉, 世積み綾船の古伝等, 世積綾船のよう, 世空想の世, 世空華のながめ, 世立ちをながめる, 世策君の血みどろ, 世簡字は季父, 世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 世粉商をし, 世粛已に没し, 世となった, 世系碑の建立, 世紀ルイ十四世の時代, 世紫文となった, 世れる後, 世経し磐よ, 世経氏立派な髷, 世経済の才, 世絵馬屋二世琴通舎面堂春の屋始め梅屋文の屋, 世絶えて其比, 世經氏宅の門, 世継世家世など皆世, 世綱以て光る, 世を抛た, 世繼絶たるが如し三男信房卿同家, 世而天之所興人力不與, 世耕情報といふもの, 世耕情報以来ブローカーの暗躍, 世耕情報尺祭り節電盗電日本は目下, 世耕指令だか, 世耕氏へこの, 世を驚かした, 世胤字は君冑, 世能静氏に就い, 世えに, 世臣大久保氏の支流, 世臨御の下, 世自ら公論あり又, 世自在王仏のもと, 世自在王如来と申す, 世自由の身, 世自身はフランス全体, 世芸庵と称した, 世若し福沢君の, 世の世, 世荻江露友といっ, 世藤次郎となった, 世藤龍軒は七十歳, 世が出帆, 世蜀山人ならで, 世のうへにうけ, 世へ民, 世西班牙の王樣, 世要職におる, 世覇者として有名, 世見物小屋は, 世親菩薩が教育, 世の一転, 世言有類と申し, 世営々客, 世討伐する所摧靡, 世記念碑のうしろ, 世記的な小説作法, 世証如のころ, 世詁一に名, 世話しかけた地所を, 世話すべつちいものも, 世説ニ奉行ヘ告グルハ, 世説左伝戦国策老子荘子と云う, 世説注李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 世誰一人妾の本当, 世誰人の説, 世のゆえ, 世孃の, 世諸仏のおぼしめし, 世謂いて薬王, 世謹んで江戸の, 世に依れ, 世事無く, 世豊国の, 世貞のは制度文物, 世貞らの称えた, 世貫主は政教, 世たらば, 世ちに, 世を終る, 世を起し, 世の表, 世転縹渺の間, 世辨記二册と自然眞營道三册, 世辭ものです, 世辭好き人なり, 世辭愛嬌も申分, 世辭笑ひと妥協で暮し, 世辭者ですが, 世辭聲で, 世辭追從や繁文褥禮, 世辯一つ言はぬ, 世掛し夫, 世近く来るとは, 世近く來るとは, 世迷いごとに聴く, 世通行の道, 世進むにしたがい, 世運ここに至り, 世運日に進み, 世運時習の然, 世に, 世り時易つて, 世郷士を以て聞え, 世里さんの可愛らしい, 世金龍を惜し, 世錦峰信敬は富田能登守, 世の夜雨, 世毘曇論, 世つて桃から, 世に陽, 世陰河のほとり, 世階級観念が次第に, 世る, 世隔てざるらむ, 世隼人正正信, 世の悩み, 世雪中庵と称した, 世雪山下に近く師子王, 世革めの真っ先, 世音羽屋宅の並び, 世頃一門と共に栄えた, 世頃四十六坊といわれた, 世順成には弟, 世に朝, 世は今, 世願必至無上道斯願不満足, 世養うところの, 世馨号は平, 世駒込願行寺を菩提所, 世のミカド, 世高等学校の教授, 世鴨下晁湖などの人々, 世鶴屋南北は尾上松助, 世黄金の, 世黒田家の歯医者, 世に祿, 世齟齬の第