青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仔細~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

今朝~ 今頃~ ~介 介~ ~仏 仏~ 仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細
仔細~
~仕 仕~ ~仕事 仕事~ ~仕度 仕度~ ~仕方 仕方~ ~仕業 ~仕様

「仔細~」 2046, 22ppm, 5219位

▼ 仔細~ (457, 22.3%)

18 見ると 16 観察し, 観察する 12 調べて 10 見て, 見れば 6 眺めて 5 みると, 告げて, 検討し, 注意し 4 これを, 吟味し, 点検し, 考へて, 語って 3 之を, 点検する, 眺めると, 研究し, 見ること, 観察した, 観察すれ, 読んで

2 [24件] それを, ながめて, 伝へられ喘息持, 凝視する, 分析し, 彼の, 御覧に, 心置きなく, 検査し, 検査した, 検査したら, 注視しよう, 眺めた, 見た, 見たところ, 見たの, 見るでも, 見廻したが, 見聞し, 観察され, 観察しはじめた, 観察し来れ, 観察を, 觀察する

1 [257件] あらためて見ね, あらため候, いい表すこと, うち見よう, おたずねあっ, こう語りだした, この形容, ございます, ござります, したためて, しらべて, その事実, その仕方, その偶人, その心, その斬, その横文字, その細工, その罪状, その運動, その錯綜, たしかめにくい, たづね, とり入れて, ながめながら, のぞいて, はなした, ふみ分けるには, みた, もう一度その, わかりません, わかるの, われわれの, 一枚, 両岸, 両者を, 事の, 事件を, 事情を, 人形を, 今の, 仍て, 伝えられ喘息持, 伝へられたもの, 作品の, 作戦を, 保ち続けて, 備えて, 傷痕を, 兇器の, 先秦の, 其を, 其状を, 其罪惡の, 具合を, 写し出して, 写すべきが, 凝視させないで, 分った, 分って, 分類し, 区別し, 千差万別の, 博士の, 印籠の, 及ばないと, 反射鏡の, 各場合, 吟味する, 吟味を, 吸取紙, 味は, 地勢を, 地理を, 女を, 孔中を, 室内の, 容態を, 尽されて, 山やら, 廊下を, 彼を, 御所持, 御視察, 心に, 心の, 想像した, 戸と, 手さぐりを, 手紙を, 承ること, 探っても, 探ると, 撰り分けよ, 改めて, 故障の, 教え込んで, 書いて, 書きつけて, 書き送って, 校量する, 検した, 検べ, 検べながら, 検むる様子なれ, 検め, 検めた, 検めぬと, 検分し, 検分した, 検査する, 検視せよ, 検討される, 検証された, 楽しまれると, 檢すれ, 武蔵の, 死体を, 死骸を, 比較し, 注意したら, 注視し, 注視しはじめた, 洛内の, 渡って, 点, 点検した, 点検しはじめた, 点検しはじめる, 点検し始めた, 点検すれ, 照し, 熊体の, 物語って, 猜疑し, 玩味すれ, 生理及び, 申し上げますと, 申すわけ, 町名や, 画面を, 當時の, 盆の, 監房の, 目に, 看た, 看て, 眺め, 眺めたこと, 眺めたならきっと, 眺めたならその, 眺めはじめた, 眺めました, 眺めますと, 眼を, 知り得る, 知るため, 知れた, 研究さるる, 研究したら, 研究し来っ, 私の, 穿鑿せし, 窺へば, 筑前の, 系図書の, 給仕女の, 考えて, 考へると, 考へわ, 考察し, 考察する, 耽読すれ, 聞かれた, 聞き質して, 聞けば, 胸の, 莢豌豆の, 表と, 見くらべると, 見くらべるよう, 見しらべましたところ, 見たこと, 見たならば, 見とりいたします, 見なくとも, 見もてゆけば, 見ようと, 見る, 見るに, 見るまでも, 見る事, 見る時, 見る真似, 見わけると, 見分くる, 見届けた, 見廻したり, 見廻しました, 見比べて, 見物する, 見直しました, 見究め拙者, 見調べた上, 見調べねば, 視まもった, 視むことは, 観て, 観よ, 観るなら各, 観る時, 観察し進ん, 観察すべきであろう, 観察するなら, 観察せらるる, 観来れば, 觀るなら, 言上する, 記して, 記録され, 記録し, 詮索したら, 話しつづけた, 話して, 語つてきかせた, 誠を, 説いた, 説明し, 読み比べて, 読むと, 調べそれから, 調べた, 調べたが, 調べだした, 調べる, 調べること, 調べ出した, 調べ更に, 調査の, 諦觀せんひまなかりし, 議論を, 足跡を, 辺りを, 辿つて, 述べはじめた, 述べられい, 追って, 追及し, 透して, 連中の, 釘勘の, 鑑賞する, 食を, 首を, 験べた, 験べたなら, 點檢する

▼ 仔細~ (324, 15.8%)

23 聞いて 10 聞くと, 話して 5 告げた, 語った 4 いえ, きくと 3 云え, 告げて

2 [20件] お聞かせ下さい, きいて, きけば, はなした, よく聞いた, 告げ, 問ひ, 尋ぬる, 尋ねると, 明かさなければ, 物語って, 知らない人々, 知ると, 聞き糺したが, 聞けば, 訊いて, 話した, 語って, 語る, 語ると

1 [217件] あかして, ありのままに, いえば, いって, いろいろに, いわねばこそ, うかがいますると, おおかたは, おただ, おはなし, お告げ申しあげ, お尋ねなさるで, お尋ねに, お打明けする, お話しします, かたって, きいたので, くり返しくり返し語り続ける, この男, ごらんに, ご存じか, したためた公明正大, たしかめて, たずねたが, たずねようとも, たずねると, ただしその, たづぬれ, だんだんに, つまびらかに, のみこませる事, はっきりと, はつきりと, はなすと, はなせ, もたらして, よくも, よく話し, 一通りお, 両親や, 中央へ, 了解する, 云うわけ, 云えと, 云えない, 云え情由, 云へ, 仰しやつ, 伝えて, 伺いたいと, 伺いたいもの, 伺って, 何とぞよろしき, 俺に, 割って, 吟味しなけれ, 告げてたも, 告げると, 告げ代金, 告げ兎, 告げ張飛, 告げ知らせた, 周瑜へ, 問いただして, 問いただしました, 問い質した, 問うた, 問うと, 問うに, 問えど, 問ひただした, 問ひ糺さう, 問へば, 問われしゆえ, 問給へば, 大抵推量, 大目付衆まで, 存じおりながら, 存じて, 将門に, 尋ぬれ, 尋ねさせようか, 尋ねて, 尋ねましたが, 尋ねましたところ, 尋ねるであろう, 尋ねる間もなく, 尋ね候, 御存じなき, 御差支, 御聞き, 徳島城へ, 心ある, 心得て, 手短かに, 打ちあけなかった, 打ち割って, 承わりて, 新たに, 明かさずただ, 明かさなかった, 明かさなかつた, 明かしちや, 明かして, 明かしません, 明かし踵, 書いて, 書きあげさせて, 柴田勝家に, 物語ると, 理解し, 理解する, 甥の, 申さば, 申しますから, 申し上げた, 申し上げに, 申し上げましょう, 申し上げるの, 申し聞かせて, 申すこと, 申せ, 申そうぞ, 知ったか, 知って, 知つて居, 知らずして, 知らせて, 知らつし, 知らない, 知らない通行人, 知らぬもの, 知らぬ主人, 知らぬ栄三郎, 知らぬ番人夫婦, 知らぬ者, 知りたかった, 知りたげなる模様, 知りぬ, 知り掘り得た金, 知る由, 知る者, 知れるにや, 窺わせて, 糾問すべし, 聞いたうえ, 聞いてから, 聞いては, 聞いても, 聞かされて, 聞かして, 聞かせて, 聞かせよと, 聞かぬこと, 聞きその, 聞きただしたが, 聞きましても, 聞きまた, 聞き及ばれて, 聞き取って, 聞き取ると, 聞き大いに, 聞き追い尋ねて, 聞くに, 聞こうと, 聞こし, 聴いたとて, 聴いて, 聴たと, 胡散臭く白眼ん, 見て, 見聞きした, 言えぬあの, 言え何ぞ, 言おう, 言は, 訊きに, 訊きますと, 訊き出そう, 訊くと, 訊けば, 訊した, 記して, 訛りの, 詮議する, 詰れば, 話されて, 話し, 話したところ, 話しましたが, 話し出した, 話す, 話すと, 話すに, 話すの, 詳しく書いた, 語ったから, 語った上, 語つたのである, 語らせて, 語り, 語りて, 語りまた, 語り怪物逮捕, 語り直ちに, 語るの, 語る事, 語れ, 語れと, 語れよと, 謙信の, 質すと, 述べしめたの, 追求した, 通じたので, 開陳したい, 附加え

▼ 仔細~ (296, 14.5%)

31 あるの 27 あって 18 ありそう 12 ある 10 なくては 9 ありさ, なければ 6 あること, あるに 5 あろう 4 あったの, あるん, ある事 3 あつて, あるか, あるから, あると, ございまして, ございます

2 [16件] あった, あったか, あったので, あってか, ありまして, あります, あり相, あるだろうと, あるよう, あるわい, おあり, ござります, 御座いませう, 有って, 無くては, 無ければ

1 [101件] あったと, あったもの, あったら何, あったわけ, あった処, あってと, あってとも, あってな, あっての, あつた, あつたさう, あつて所払, あの, あらう, ありげ, ありましての, ありましよう, ありますか, ありますもの, ありませう, あるかと, あるかな, あるそう, あるだらう, あるだらうが, あるだろうが, あるであろう, あるでしょう, あるという, あるなと, あるので, あるもの, あるゆえ, あるらしい, あるらしいから, あるらしいと, あるらしいともかく, あるらしいの, あるらしいよ, あるらしかった, あるらしかつ, あるらしくも, あるらしく問い掛けた, あるらしく思って, あるらしく思われた, あるらしく思われる, あるらしく疑われたので, ある者, ある訳, あればこそ, あろうぞ, あろうとて, あろう如何様, あろう妹, あろう幸い, ございましょう, ございましょうよって, ございますか, ございますわたくし, ございませう, ござって, ござりまする, ござろうそれ, ないけれど, ないとも, ないわけ, なうては, なくッ, なけりゃあ, よく呑, わかったの, わからない, わからぬそれ, わからねえじゃあ, わかりかけた呉青秀, 伝聞せられる, 分った, 分らず気, 分りましたよ, 分りますれば, 分るかも, 分ると, 初めて判った, 判明し, 判然ったらしく, 半七, 在りそう, 引っからん, 御座います, 御座いますので, 御座いますんで, 御座るか, 有りそう, 有りましてね, 有ろうから, 無いとも, 無くて, 知れて, 解かった, 解って, 解つて確に

▼ 仔細~ (260, 12.7%)

26 ない 15 ないが 8 ないと 5 あとで 4 あるまい, あるまいと 3 こうです, ござりませぬ, ないじゃ, ないの, なかろう, 無いが, 知らぬが

2 [13件] ございませぬ, ございません, ないので, ない其の, ない只心, ない筈, ねえが, ほかでも, 何じゃ, 希有な, 御座いませんが, 私のから, 追

1 [151件] あと, ありません, ありませんよ, あるまいけれども, あるまいな, あるまいなるほど, あるまい何, あるめ, いかなること, いけば, いずれお, いらぬ, おおかた御存じ, お話し申し上げる, こうだ, こうで, こうである, この書面, これで, これに, ございませんが, ござらん, ござらんまた, すこしもない, そうした事, そこに, そなた, それで, ちっとも判りません, ちょっとわかり兼ねる, どういう事, どんなこと, ないから, ないし, ないその, ないよ, ないよう, ない事, ない今夜, ない尤も, ない控え, ない頭, なかった, なかつたさ, なかつた樣子, なきが, なけれど, ねえよしんば, のうて, まず第, まだわからない, まだ判らなかった, もれなく本紙, やはり判らなかった, よく判っ, わからないが, わからぬ, 一体どんな, 下々にて, 云うまでも, 云えない, 云えぬが, 云えん, 什, 何も, 信長の, 信長卿の, 俺と, 全てあぐりの, 分らないけれど, 判らなかった, 判らなかったが, 判別出来なかつた, 別にある, 別に当家, 前にも, 厶りませぬ, 叔父朝夫は, 右馬介より, 名主利右衛門より, 味方の, 固より, 大体次の, 天子に, 妾が, 娘の, 子孫にも, 存ぜぬしかし, 帰ってから, 後でお, 後に, 御座いません, 怎麼にぞ, 斯う, 斯様である, 明しませんでございました, 書中に, 書面に, 月清から, 有りません, 有りません孫兵衞さんお前さん, 松山どのからも, 次の, 毛利小平太の, 氣の, 決して小我, 無い, 無いから, 無いよと, 無いらしい, 無い事, 無い重ね, 無うてあらうもの, 無かった, 無かつ, 無かろう, 無かろうと, 無けれど, 無し今, 疾くご, 直ちに明らか, 直に判った, 矢文にて, 知らずその, 知らず七兵衛はさ, 知らぬ, 知らん, 知りませんけれど, 知れず, 私が, 窺いえませんが, 紛糾交錯し, 経基から, 聞いたが, 聞いたであろうな, 臣が, 船宿で, 荒, 解けた, 解らず武家, 話さずに, 詳しく申, 語らずただ, 語らず唯, 誰にも, 談しも, 貴公から, 跡部大炊から, 輿論の, 関盛信から, 魚が

▼ 仔細らしく~ (114, 5.6%)

12 小首を, 首を

2 [11件] わたしの, 坊主頭を, 控へて, 眼を, 筮竹を, 考へ, 聞直し, 説明し, 頭を, 顔を, 鼻を

1 [68件] あごの, あの木柱, あの枝, お經, こう答えた, こっちを, この時, こんなこと, しきりにそういった, そこここと, その娘, ちょっと考え, やかましい学説入り, 三十一文字を, 三筋ばかりの, 両手を, 二人を, 人目を, 仲裁に, 住処姓名年齢経歴それから, 俊助の, 其の笠, 刀身の, 刃文の, 合点, 咳嗽払いでも, 問い糺しました, 啣へ, 夜中に, 展げて, 左右に, 引結んだ, 御料理, 思案の, 意味取りち, 感心する, 手を, 打傾けた, 指を, 新聞を, 杯を, 検討し, 正義の, 法然頭を, 注意した, 流し元を, 煙を, 物おだやかに, 物すごく持ち掛け, 眉を, 真実子供が, 矢立の, 私の, 糞真面目な, 老眼鏡を, 耳を, 脈を, 腮の, 茶を, 言ひける, 説明した, 講釈を, 赤鉛筆で, 雁首を, 頤を, 頸を, 髯を, 鼻眼鏡を

▼ 仔細あっ~ (85, 4.2%)

4 て私 3 てあの, てその 2 てこの, てそれ, てわし, て師, て浪人

1 [65件] て, てえ, てお, てかたい, てきょう限り暇, てここ, てこのごろ江戸, てご存じ, てしばらく, てただ, てちょっと, てのこと, てのご, ての事, ての山住い, ての浪人, てまだ, てよう, てわざと, て世, て主家斎藤家, て今夜四谷, て仮, て何者, て俺, て全く, て公儀, て公太守, て其許, て出た, て勘当, て右, て各地, て命, て城, て変, て大府, て妹, て姓名, て娘, て宮内殿, て当所, て彦根, て忍月, て忘れられぬ, て拙者, て捜査課長, て捨て, て旧姓山本, て暫く, て某等, て此, て江戸, て犬吠, て町人, て禁断, て私たち, て聖人, て送金, て遅く, て遠方, て郷国, て阿波守, て預かっ, て飯田町

▼ 仔細~ (79, 3.9%)

25 あること 6 ある事 2 ありさ, ありそう, ことは, ことを, ない者

1 [38件] あらう筈, ありげ, ありさうな, ありてなり, ありましたこと, あるでは, あるところ, ある儀, ある間, あれば, あろうと, お物語, ことが, ことそれに, ことや, ござること, ないこった, ない小川, ほどは, 候て, 候へ, 儀は, 全部であった, 取調べは, 商論は, 報告を, 大かたは想像, 有そうな, 有りそう, 有る事, 有る女, 様子を, 無い事, 無い金子, 考察と, 観察を, 身の上を, 連絡が

▼ 仔細~ (71, 3.5%)

6 なしに 4 なかった 3 あること, ないが 2 あるまいと, ない, 知らずに

1 [49件] あらんと, ありませんが, あり御, あるので, あるまいけれど, あろうと, ございませぬ, ござろう, それで, ないの, ないよう, ない事, なかつたと, なく四肢, なく轉げ, なく過し, なく黄色, なけれども, へちまも, ほどなくお, わかつて, 云はずに, 云わずに, 分かった, 分らぬ併, 分るだろうが, 分る此, 分ろうにと, 分明し, 判った, 大抵さとられた, 媼の, 御座候はんと, 御所望, 忽ちすべて, 承わらず恐れ入っては, 明瞭に, 有るまじく亡き, 有ろうけれど, 無いが, 無いと, 無かった, 無かろうけれども, 無く済む, 無さそう, 無しいずれ, 知らず慰め顔, 糺さず騎馬, 聞かずに

▼ 仔細あり~ (59, 2.9%)

20 げに 9 げな 3 げなり, そうに, そうにも, と見, 気な 2 そうな

1 [13件] げじゃ, げで, げなと, て両人, て真, とにらんだ, と見て取つ, 子は, 是は, 気です, 気に, 氣な, 相な

▼ 仔細ない~ (29, 1.4%)

2 のだ

1 [27件] お方だ, から置い, がお, がすこし, が万一, が弱る, が或, が羽, が自分, が金銀, けれどそう, じゃア, ぞ, と云, と仰し, と御意, と放し, と認められ, のに宙外さん, よ, わ, ツて, 事で, 仔細ない, 美徳である, 腹心の, 逢い度

▼ 仔細らしい~ (27, 1.3%)

5 顔を 4 事を 2 表情を, 顔つきで, 顔つきを

1 [12件] が山の手, 取沙汰は, 手附, 文句を, 物の, 番頭で, 目を, 碁盤や, 表情が, 面で, 面を, 顏を

▼ 仔細なく~ (16, 0.8%)

1 [16件] そこを, てはならぬ, ば速, やはり大酔, 兎である, 動いたの, 岸に, 当方の, 此都を, 約束はと, 蒼空の, 解放された, 跪いた, 通過させた, 開きて, 鼻の

▼ 仔細~ (12, 0.6%)

1 [12件] つてこの, つて世を, つて公儀から, つて命を, つて大阪朝日新聞學藝部の, つて姿を, つて左仲に, つて本郷妻戀坂に, つて歸參叶はず伜習之進の, つて申兼ねる, つて貫一は, つて遠い

▼ 仔細~ (12, 0.6%)

1 [12件] いつぞやここ, かくかくの, こちらから, この山国, こんな不慮, ごぜえます, そうみんな, まア水司又市, 四人が, 妾を, 旧の, 曳ッぱられてゆく途中だった

▼ 仔細あつ~ (11, 0.5%)

2 て私 1 てその, て世, て主人, て些, て取出し, て横山町, て此, て老母, て那

▼ 仔細有っ~ (10, 0.5%)

1 てこの, て亡, て其の, て坊様, て姓名, て申し, て自害, て越後, て隠れ, て離別

▼ 仔細~ (9, 0.4%)

2 申しますの 1 いうほどの, いっては, 丁度いい, 來た, 同一だ, 申し聞すべく, 申し語るらく

▼ 仔細~ (8, 0.4%)

1 のか, のです, んです, 候て, 引例を, 所を, 観察を, 顔は

▼ 仔細なし~ (8, 0.4%)

2 にするりと 1 だが, と, という事, には済むまい, に自分の, 仔細なし

▼ 仔細あるまい~ (5, 0.2%)

1 が, そのうち酔い, と朝, 一つまじなっ, 一つまじなつ

▼ 仔細ある~ (4, 0.2%)

1 に違げ, 事また, 女子ゆえ留守の, 者なれ

▼ 仔細あれ~ (4, 0.2%)

2 ば遠から 1 ばここ, ば多年

▼ 仔細~ (4, 0.2%)

2 あらんと 1 あらん聞かま, 苦しからず

▼ 仔細なかろ~ (4, 0.2%)

21 うが, うモン

▼ 仔細~ (3, 0.1%)

1 その家, 候べき, 顔を

▼ 仔細~ (3, 0.1%)

1 にいぶかる, に小首, に首

▼ 仔細こそ~ (3, 0.1%)

2 あれ実は 1 あれとは

▼ 仔細では~ (3, 0.1%)

1 ないが, なかろう, 断じてございませぬ

▼ 仔細という~ (3, 0.1%)

3 のは

▼ 仔細には~ (3, 0.1%)

1 わからなかったが, 美味いとも, 聴取って

▼ 仔細らしき~ (3, 0.1%)

2 理屈顔し 1 あやしき男

▼ 仔細らしくうなずい~ (3, 0.1%)

21 て帰った

▼ 仔細ありません~ (2, 0.1%)

1 がな気, 届にも

▼ 仔細~ (2, 0.1%)

1 つたえ申しおきまする, 聞かせ下さいませ

▼ 仔細かは~ (2, 0.1%)

1 存じませぬが, 知らぬが

▼ 仔細これ~ (2, 0.1%)

1 あり今日, で相

▼ 仔細~ (2, 0.1%)

1 ざります, ざりませぬ

▼ 仔細といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, のを

▼ 仔細なかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たでございますれども

▼ 仔細など~ (2, 0.1%)

1 すこしも, つぶさに聞き取った

▼ 仔細にわたって~ (2, 0.1%)

1 したため, はてしなく

▼ 仔細らし~ (2, 0.1%)

1 くしや, げに小首

▼ 仔細らしく考え込ん~ (2, 0.1%)

1 で, でいる

▼ 仔細ニカカハラザルコト~ (2, 0.1%)

2 同前ナリ

▼ 仔細~ (2, 0.1%)

1 えね, 之構

▼1* [88件]

仔細あらずば言い, 仔細あらまし聞きとったが, 仔細ありぬるにや, 仔細あるべからずとお許し, 仔細あるべしと泰助, 仔細あるまい見舞おうとおのおの, 仔細あるまじと思い寄っ, 仔細あんめえ, 仔細かい話などは出, 仔細かくかくと打明け, 仔細かと人々にも, 仔細からにござります, 仔細がのうては, 仔細調べて, 仔細ござって久しい, 仔細ござらばお, 仔細ござらぬわッ, 仔細ござれば奉行所, 仔細そうな顔, 仔細よ, 仔細ちうはどう, 仔細であれば当方, 仔細でございましょうか, 仔細でしたか, 仔細ですか, 仔細でとお噂, 仔細でもありは, 仔細といふは到底不可解, 仔細とか先方の, 仔細とが認めて, 仔細と共につつみなく申しあげては, 仔細なおつまびらかに, 仔細なございまして庶子, 仔細などは後でよい, 仔細ならご心配, 仔細な光りを放つ, 仔細にてこの陋巷, 仔細によっては金を, 仔細はね今度僕の, 仔細ばなしござってか, 仔細ぶる男であった, 仔細ぶればぶる, 仔細までは俺には, 仔細までをつい正直, 仔細らしくうなづいて歸つたあと, 仔細らしくながめて, 仔細らしく云うが世に, 仔細らしく傾けながら, 仔細らしく坐っている, 仔細らしく尋ねたそうです, 仔細らしく打見て墨, 仔細らしく抱き上げ奥様の, 仔細らしく検めてみ, 仔細らしく物語ろうというわけ, 仔細らしく皺めながら小声, 仔細らしく立ちどまつて尖, 仔細らしく立っていた, 仔細らしく細めると両, 仔細らしく組んで, 仔細らしく見比べながら両方, 仔細らしく視めた, 仔細らしく調べている, 仔細らしく論じ出して更に, 仔細らしく貼札を, 仔細ナド御訊ネナサレ, 仔細ニ原名ヲ考フル時ハ国際法, 仔細ニ観察シタ上デ, 仔細申上ゲ奥州閉伊郡ヲ, 仔細主水之介, 仔細あり御, 仔細判らざれど初め, 仔細又は理由の, 仔細如何にと問, 仔細小六からも聞きとりました, 仔細有りません有りませんが困る, 仔細有る可き, 仔細有ッて当分, 仔細残りなく話し, 仔細に首, 仔細無い事で, 仔細無き奴原でござる, 仔細無しに出る, 仔細申聞て仮, 仔細知らぬものが, 仔細聞いたばかりじゃ, 仔細角兵衛から聞い, 仔細之, 仔細連続したという