青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仏教~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~ 今頃~ ~介 介~ ~仏 仏~ 仏像~
仏教~
仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕 仕~ ~仕事 仕事~ ~仕度 仕度~ ~仕方

「仏教~」 2196, 24ppm, 4901位

▼ 仏教~ (665, 30.3%)

11 方で 6 言葉で 5 ために, 実践哲学 4 いわゆる, ことを, 事を, 影響を, 理想は, 盛んな 3 ごときは, 信仰の, 光輝を, 影響の, 方に, 立場から, 精神に, 行われて, 説明を

2 [26件] いわゆる三界流転, うちに, お経, ことばかり, ほうから, ほうの, ように, 世界が, 伝道に, 信仰を, 信者であった, 修業の, 側の, 僧侶が, 意味を, 教理を, 方でも, 方は, 理想の, 真面目を, 知識が, 立て方, 経典の, 腐敗を, 話が, 話を

1 [535件 抜粋] あの大, ありがたい事, いよいよ栄えん, いわゆる娑婆, いわゆる此土寂光, いわゆる真如, いわゆる解脱, うちでも, おこったの, お坊さん, お寺で, ぎりぎり結着, ことばなんか, ことも, この大いなる不誠実, ごときもの, ごとく, すがた, ためおよび, ためである, とらざる所, なかに, ふかさ, ほかに, まだ社会, もので, ものであった, ものでなかった, ような, よって来たる, を真似た, インドは, エキスです, エキスみたいな, テキスト・クリティックによる, 一付属たるが, 一分派の, 一切の, 一切蔵経を, 一派が, 一派であっ, 一派と, 一流派, 一種の, 一部分と, 七生までも, 三世因果の, 三世説に対する, 三尊崇拝も, 三界流転六道輪廻説をも, 上には, 世界観を, 世間門に対する, 中から, 中での, 中に, 中にも, 中心だった, 中心と, 中心の, 主人公と, 主義に, 予言, 予言等から, 事について, 事相, 二大, 人々を, 人たちも, 人生観, 代表者と, 伝播とともに, 伝来は, 伝来三韓征伐遣唐使などと, 伝統に従って, 伝統の, 体得者が, 体得者です, 価値に, 信仰に, 信仰は, 信仰も, 信仰を通して, 信仰力ある, 信仰者だった, 信徒が, 信心家である, 信者達が, 修業と, 修業法で, 修業法によって, 修法に, 修行も, 偉大なる, 側から, 側で, 側援ある, 偶像だけしか, 僧侶かが, 僧侶たる, 僧侶と, 僧侶に, 僧侶の, 僧正に, 儀式に, 儀式は, 儀式や, 先祖と, 入る前, 全体が, 全修業, 八部衆天竜夜叉の, 典籍一切を, 内に, 出たの, 出発点である, 出発点は, 分るもの, 初歩の, 創設者釈迦牟尼を, 力に, 力は, 勉強に, 勉強を, 勢力は, 匂いが, 半分は, 危機を, 卵中より, 原料産出地と, 原本的な, 原理と, 原理に, 原理は, 原理を, 取るに, 古典の, 古来発達せる, 古派の, 右に, 同人諸君願わくは大いに, 名で, 名を, 否定する, 哲学が, 哲学とか, 哲理を, 唯心に関する, 唯識論と, 唱導的意義が, 善悪因果を, 善悪因果説生死輪廻説地獄極楽説をも, 因果応報論, 因果観を, 因果話と, 因果説などに, 国では, 圏外の, 地と, 地位を, 地古代を, 地獄極楽は, 坊さんとしての, 坊さんの, 坊主達も, 基を, 基礎と, 墓には, 墓石で, 変遷の, 多くが, 大きな文化的役割, 大師と, 天下であります, 天地開闢説に, 奥儀を, 好影響である, 妙理を, 威儀を, 学問だけ, 学校の, 学校へ, 学者に, 宇宙法界を, 安価なる, 宗教思想において, 宗派を, 実在観に, 実地の, 容易に, 寂滅でも, 密部を, 寓意譚である, 寺とか, 寺も, 寺院と, 寺院も, 専門語として, 専門語には, 尊像を, 師教と, 帰依者で, 干渉介助が, 広まってる地方共通, 廟を, 建前です, 弁財天や, 弘通が, 形式と, 形式に, 形式主義が, 影響, 影響が, 影響であっ, 影響による, 影響は, 影響よりも, 律蔵には, 律蔵ラメーレス訳, 御寺, 御話, 復興が, 思想である, 思想を, 思想剣道の, 思想界に, 恩恵に, 悟道なり, 悲哀を, 意義での, 愚痴耶蘇教に, 感化によりて, 慈悲な, 慈悲を, 或る, 所謂, 所謂因縁時節である, 所謂永劫の, 所謂澆季の, 拡布とともに, 振わ, 採否を, 擁護によりて, 改革に, 政治に, 教えによって, 教えも, 教える慈悲, 教には, 教徒と, 教義が, 教義で, 教義に, 教義の, 教義を, 教義内容をば, 教義問題では, 教養は, 教養より, 教養を, 数ある, 数珠, 数珠に, 敵に, 文化は, 文学書も, 文明を, 文献的内容は, 新たに, 新派の, 方から, 方ぢや, 方にも, 方の, 方便も, 方別, 日本化を, 普及を, 智識を, 書物を, 最初から, 最初の, 最終の, 最高経典である, 有りがたい, 有為転変の, 有難い例話, 本など, 本も, 本を, 本場の, 本家本元たる, 本旨が, 本義を, 東洋的ニヒリズムでは, 根底に, 根拠あり, 根本は, 根本を, 根本動機に, 根本原理である, 根本原理を, 根本思想, 根本思想である, 根本思想と, 根本思想は, 根本的思想に対する, 根本的見方であります, 根柢も, 極楽とは, 極楽には, 様式を, 樹立に, 歴史観である, 死灰からは, 殿堂は, 殿堂や, 沢山の, 法会が, 法会を, 法典である, 法典は, 流布に, 流行の, 浸潤につれ, 涅槃という, 涅槃も, 涅槃を, 涵養によりて, 深い哲理, 混血児である, 渡りし後, 渡来だろう, 渡来という, 渡来と共に, 渡来に, 渡来は, 渡来まで, 渡来以後は, 無常観と, 無常観なんか, 無常観に, 焼き直しであると, 特殊な, 特色である, 特色の, 独自な, 玄奥に, 現今の, 現実理想化の, 理想とが, 理想目的を, 理解が, 理解としては, 理解なく, 理解によって, 理解は, 理論を, 生死輪の, 生死輪廻は, 生活化は, 生活化理想の, 用語を, 異なるも, 異教徒が, 発揚を, 発達とは, 発達の, 盆が, 盛な, 盛に, 目的で, 目的です, 目的は, 目的も, 真如法性と, 真実の, 真実体面を, 真実広大なる, 真理に, 真理の, 真理を, 真義を, 真諦に, 真面目なる, 真面目の, 眼目は, 知識や, 知識を, 研究に関しては, 礼拝儀式や, 社会に, 祭儀の, 空観などに, 空観や, 空観を, 立場が, 立場は, 第一, 第一期, 第一歩で, 篤信者で, 粋として, 精神から, 精神が, 精神によって, 精神は, 精神も, 精霊の, 組織とを, 組織は, 組織を, 経典が, 経典という, 経典に, 経典にも, 経文から, 経文を, 経論に, 綱領だけでも, 羅卒と, 美術に, 考えが, 考える世界統一, 考へから, 聖典の, 聖典を, 背後に, 臭気や, 興隆この, 興隆とともに, 興隆とにより, 興隆を, 色彩は, 芸術的労作を, 華厳経の, 蘊奥とまでは, 行事が, 術語では, 西方浄土とは, 要諦, 要領は, 規定として, 解釈に, 話も, 説では, 説を, 説教師菊池氏は, 説明によって, 説明の, 諸先輩たち, 諸宗が, 諸宗に, 諸宗は, 諸宗各, 諸神大黒天, 諸経, 諸経典, 講座に, 識性なり, 象徴や, 貴ぶべき所, 趣意が, 趣意に, 足元にも, 輪廻説と, 輪廻説因果説とは, 輸入後頭陀袋を, 迷信を, 迷信的な, 這入ったる後, 過去に, 道です, 道を, 道徳を, 道楽では, 道理に, 部, 都らしい, 金言警句集とでも, 門を, 開教偈に, 開発性を, 開祖である, 開花は, 関与する, 閻魔と, 隠れ信徒か, 雑誌なり, 難有, 雰囲気旦那さまという, 霊妙不可思議を, 霊跡であります, 顕部についても, 高僧の, 高麗朝は, 魅力が, 魅力も, 鳥だ, 黎明期には

▼ 仏教~ (186, 8.5%)

5 主唱する, 信じて 3 修行する, 創める, 勉強する, 理解し, 研究し

2 [11件] もって, 一言の, 中心として, 仏教として, 信ずるもの, 信ずる所以, 勉強し, 教えて, 盛んに, 研究する, 非常に

1 [139件] いろいろの, うけ入れたとき, この国, さかんに, して, その固有, それぞれ数千年がかりで, ただ頭, とって, ほんとうに, わが民族性, チベットに, チベット人に, 三階に, 主眼と, 九天の, 云々しなけれ, 亡ぼさんと, 亡滅せらるる, 人間的に, 伝えたが, 伝来させ, 保護する, 信じそれ, 信じたもの, 信じない時分, 信じると, 信ずるけれども, 信ずるの, 信ずる上, 信ずる事, 信ずる国, 信ぜしむるのみならず, 信ぜよと, 信仰し, 修めて, 修業する, 修行なさる, 充分に, 判摂す, 勉強なさる, 取り調べる事, 受け入れそれ, 受入れたけれども, 各宗共, 味わい人生, 味読する, 咀嚼し得る, 唯一の, 国教として, 土台として, 外来思想として, 多少取り入れた, 大別し, 奉じた東洋, 奉じて, 奉ずるもの, 奉信, 嫌ひたる, 学びしかも, 学び得たとは, 学び或は, 学び牛込, 学ぶこと, 学んだそう, 学んだ人, 学んで, 守護した, 害するの, 害する方, 尊信する, 布きたいもの, 布くの材料, 弘通せられた, 弾圧した, 彼は, 急激に, 恨むより, 愛し敬いこれ, 打ち建てられたとき, 拡めたい, 拡める, 拡張せん, 捨てて, 排した作, 排斥する, 提げて, 提唱する, 教えただけで, 断圧し諸, 日本に, 日本全国に, 時代後れとして, 本来の, 正式に, 求める方, 消極的だ, 深く信じ, 混じて, 現わし, 理解し得た, 産んだインド, 盗むため, 盲信する, 真実に, 知らない人, 知らぬかが, 知らんでは, 知ること, 知るその, 破ること, 破るところ, 稟くる, 筋道立て, 紊す, 維持しよう, 聯想する, 自分の, 草間が, 蠧毒する, 表現せん, 見るに, 覚える必要, 解釈し, 語るもの, 説いて, 説く方便, 読破する, 調べるため, 講じて, 譏った者, 遠きもの, 遺伝され, 重んずると, 開創せられた, 除去せ, 除外し, 題材に, 飾り物に

▼ 仏教~ (141, 6.4%)

4 インドの 2 ことごとくこの

1 [135件] ありません, いかなる者, いかに多く, かえってこの, かく新しい, かなり思ひ切, ここに, この出発精神, この教え, この隠れ, この鳥居, これから法燈, これに, すなわち我が国, そうでなく, その古代インド, その立つる, それに, それ以外の, そんな事, たえず使う, たちまちに, ちょうどこの, ちょっと面白い, ないと, ないの, ほとんど迷信, まこと, むろん一般民草, もっと度量, もとの, もとより力一ぱい, もとより霊魂不滅論, もはや生きてる, わが国の, アートマン思想の, インドから, インドでは, キリスト教の, シナ化せられ, チベットから, テクニカルに, ヤソ教の, 一切衆生を, 一方から, 一種の, 下火に, 中国に, 二十世紀の, 人生上の, 人間の, 今日常識的に, 仏の, 仏を, 伝教大師の, 信じさせようと, 信じない方, 倶舎律真言法相三論華厳浄土禅等と, 元の, 勿論僕, 印度では, 印度の, 印度教, 唯心一元論に, 唯物論の, 因果輪廻を, 地を, 大乗仏教ばかり, 大体に, 宗教である, 実行の, 尊崇された, 屈曲し, 巫道化せざる, 広くわが, 弘通し, 必ずしも肉食妻帯, 必ず民族精神, 忌憚なく, 思想としては, 所謂生を, 支那から, 支那に, 支那天台宗の, 文学を, 文芸に, 新しい展開, 日本の, 日本人の, 日本精神の, 明治の, 智慧を, 暗いもの, 最後に, 欽明天皇の, 此時に, 死を, 死後の, 海外の, 漸く其質, 漸く盛, 漸く隆盛, 無神教なりと, 特に平安朝時代, 生に対して, 生活の, 盛に, 確かに, 祈祷教として, 絶対的である, 絶対的真理であり, 維新の, 翻訳仏教だ, 腐敗し, 興隆され, 興隆した, 著しく古昔, 蓮華によって, 訓えた, 説いて, 説くの, 説明します, 諸行無常の, 諸行無常を, 賞罰を, 転じて, 輪廻の, 迷信だ, 進んで, 進取的であっ, 進取的です, 陰気くさく, 非凡な, 顕部の, 飽くまでも人間

▼ 仏教~ (103, 4.7%)

5 帰依し 4 近きもの 3 して, 於ては 2 あらず, 侮辱を, 化せられたこと, 就いて, 帰依した, 帰依する, 於ける諸, 転向した, 関心を

1 [70件] あっては, あらずや, ありては, ある, おうところ, こつて, こなれた人, これを, しても, しろなに教, せよ浄土宗, たずぬるに, ない経論, よくみられる, 三位一体説ありや, 付会し, 会う, 伴なっ, 似て, 依つて, 依らなければ, 依るもの, 入るにも, 入るよう, 化した話, 化せられて, 含んで, 問い儒道, 基礎を, 声聞縁覚といふ, 寺が, 属し他, 属すべきもの, 帰依せしめ, 幻滅する, 心酔した, 捉われない, 摂取せられ, 摩, 敵対する, 於ける大衆的修道者, 於ける私, 於て, 於ても, 東西の, 梵教の, 欺かれて, 比べて, 満足しなかった, 由って, 異宗派, 移ったらしい, 篤き光明子, 絶望した, 縁が, 縁の, 至らん, 至らんと, 興味を, 苦しんだ意味, 親んで, 説く所, 転迷開悟, 違うのみに, 遠ざかって, 遵わない者, 重きを, 関したる西洋人, 関係を, 随って

▼ 仏教~ (92, 4.2%)

3 入って, 行われて 2 チベットに, 日本に, 日本には, 深遠だ, 渡来し

1 [76件] ある, あるから, あるの, おこなわれたの, この世の, この悪逆, この興味, すべての, その思想, その教理, はいってから, ますます多く, まだ常民, もたらしたもの, もと浄土, インドから, 一番徹底的である, 世間から, 中国朝鮮を, 伝えられて, 伝来した, 何んだ, 何時の間にかおのずから衰微, 充分に, 入った欽明朝, 冥想の, 勇ましく私たち, 単に唐文化, 受入れられその, 哲理でも, 国の, 国民の, 変化した, 形づくられるよう, 必要なら, 急速の, 意外に, 成立した, 我が国文明の, 我が日本, 持つ大, 支那から, 支那に, 既成宗教として, 日本の, 旺然として, 時代に, 栄えるやう, 次第に普及, 渡来した, 渡来する, 無神論である, 物事を, 現世利益の, 盛に, 盛んであった, 盛んに, 真実我が, 社会の, 神道を, 私たちの, 紊れ, 純真の, 結局に, 興り華麗, 芸術と, 著しく厭世的否定的, 行く所, 行われるよう, 西蔵へ, 起って, 超政治的, 跡を, 這入つて後, 遠い土地, 開けてから

▼ 仏教では~ (59, 2.7%)

2 これを, 王は

1 [55件] ありません, いつしかこれ, こういうの, この, この一句, この境地, この大きな天地, この性欲, この方法, この智目行足, この無限, この現実, この菩薩, その智慧, その歪み, それを, どうする, ない, なかった, また, われわれ凡夫の, 一切衆生悉有仏性と, 一口に, 三世という, 三世に, 人間の, 仏は, 他生の縁という, 俗諦すなわち, 僧侶の, 奴隷たる, 存在し, 宇宙に, 実相と, 平常の, 形ある, 慈悲と, 成仏と, 掌の, 摂受門, 智慧を, 樹下石上と, 死を, 牛に, 牛頭天王に, 現実上の, 私たちの, 私どもの, 縁といふ, 考えるの, 自分の, 誘惑を, 説尽し, 説明する, 説明の

▼ 仏教~ (50, 2.3%)

3 インドの 2 一緒に, 文芸は

1 [43件] いわずクリスト教, その他の, である, なりついで, チベットの, チベット仏教との, マホメット教と, マルキシズムの, ヤソ教と, ヤソ教との, 一致し, 交渉を, 人間との, 仏教美術には, 似て, 儀式の, 儒教, 儒教との, 儒教に, 共通点の, 別系統に, 前後し, 同じく前世, 同一である, 同一なら, 外教とは, 大いに異なる, 大いに類同, 平安朝の, 庶民生活とが, 日本今日の, 日本固有の, 申されましたが, 異なるところ, 異なるも, 相並ん, 称して, 縁の, 習合し, 融合し, 言って, 関係なく, 非常に

▼ 仏教美術~ (39, 1.8%)

1 [39件] から近頃, がそこ, がシナ, が上代人, が単なる, が当時, が時代, が根源的, が異国, が知識的, である, と, と呼ばれ, なるもの, において, には相当, によって代表, に中心, に自己, に関しては特に, のみで, の偉大性, の写真, の創作, の変遷, の展開, の東漸, の様式, の様式展開, の鑑賞者, は, はもう, はシナ文化, は支那, も万葉, をも漢式化, を一枚, を想起, 特にその

▼ 仏教~ (36, 1.6%)

1 [36件] だとか, だなど, であって, であり根本仏教, である, であるかも, でないなどという, なの, ならぬもの, な体験, な厭世思想, な大学, な安心感, な思想, な日本, な無常観, な理想, な空, な空想, な説経文学, な雰囲気, にいう, にいえ, に彩られ, に深めた, に申します, に行方, に解釈, に説明, の悲哀, の本性清浄観, の真理, の返答, の鑑識眼, 大建築物, 或いは却って

▼ 仏教~ (29, 1.3%)

1 [29件] この国師, この教, その生まれ, つぶして, ともに彼, ないの, ないのに, なるだけ, また地平線上, よく知っ, よほど異なった, インドの, カイゼルに, 人間学として, 今言う, 入ったよう, 同じであります, 同一種, 基督教も, 実際的, 後の, 極度の, 真如探求から, 知って, 知らなかったところ, 研究する, 虎も, 融けきって, 釈尊入滅後数世紀乃至

▼ 仏教思想~ (27, 1.2%)

2 の影響

1 [25件] がいかに, とを併せ, と共に鋭意, と深い, と耶教思想, については南都六宗, についてもまた, によっ, に対する日本人, に対する理解, に触れ, に豊か, の伝来, の大体, の所産, の方, の特殊性, の表面的, の頂点, より来れり, をその, を明らか, を歌った, を理解, を考へ

▼ 仏教~ (24, 1.1%)

2 いう, 言ふ

1 [20件] あつて, いう人, いう菩薩行, いう須弥山頂, いえば, これを, とりつく島, よくいう, よく修業, 上ぬり, 折伏門と, 極楽と, 法に対して, 申しますアミダさま, 聴きますの, 言い慣らされた言葉, 言うニルヴァーナ, 言う小乗的, 言う真, 説いたもの

▼ 仏教~ (22, 1.0%)

1 [22件] から日本, から甚だしく, が仏教, が地主神, が太子, としての特色, なるもの, の一部, の偏見, の古河氏, の夫人, の如き, の妨害, の子弟, の平和主義, の手, の陰陽道, はこの, や一般, や仏教かぶれ, よ, 並びに両部神道家

▼ 仏教~ (21, 1.0%)

4 の事 2 の学問

1 [15件] からやった, どうか一切衆生, に互に, に於ける, のいろいろ, の主義, の信心, の問答, の教え, の智識, の清浄, の理屈, の話, の語, の道理

▼ 仏教~ (19, 0.9%)

2 であるから

1 [17件] が互いに, であって, でありながら, でその, でどんな, と言われる, なり, なる日本僧侶, において微々たる, に生れ, に虎, に釈迦像, の我々, の王者, はある, は今日, へ流れ

▼ 仏教から~ (18, 0.8%)

2 出て, 来て

1 [14件] ルイ十六世の, 儒教に, 入ったもの, 大乗精神を, 始め儒教更に, 得たの, 得て, 拾ったらしい種, 来たもの, 来た名前, 縁なき, 胚胎した, 言えは, 離れて

▼ 仏教~ (18, 0.8%)

2 ヤソ教の, 基督教の

1 [14件] いろいろの, 仏教芸術は, 儒教, 儒教が, 儒教の, 儒教や, 印度哲学又は, 外道と, 寺や, 神道そのものに, 神道の, 老荘, 耶蘇教の, 道教が

▼ 仏教信者~ (16, 0.7%)

1 [16件] が多かっ, が恐ろし, だし, であった為め, ですから, でもある, でもなお, で普門品, として第, となり, とみえ, と見え, のお, は食事, もすこし, を随分よく

▼ 仏教芸術~ (15, 0.7%)

1 [15件] がギリシア, が起きた, においてもまた, によって心, に現われた, の世界, の全体, の力, の影響, の歴史, の製作, はこの, はその, は貴族生活, を仲介

▼ 仏教学者~ (14, 0.6%)

2

1 [12件] がありました, がヨーロッパ的方法, が出まし, であった, でこの, の哲学概論, の講演会, はそれでは, は波, は私, よりえらい, を食う

▼ 仏教という~ (13, 0.6%)

2 ものは, ものを 1 おしえである, なり, のは, ふうに, まるで今, ものと, 信仰を通じて, 答もちろん, 論理の

▼ 仏教には~ (11, 0.5%)

1 [11件] 一方安楽平易, 不向きな, 人と, 八宗百派が, 六度すなわち, 実践が, 昔から, 殆ど陶酔的状態に, 細滑と, 賢劫と, 遠かった

▼ 仏教によって~ (10, 0.5%)

1 一時押された, 与えられたの, 完成した, 導入せられた, 毫も顧みられなかった, 民心を, 民族生活が, 私たちの, 立てられて, 解釈せられ

▼ 仏教僧侶~ (10, 0.5%)

1 であるか, でさえ実に, で仏道, で爵位, としてはそれ, の一人, の事, の手本, の時局説法, は戒法

▼ 仏教文化~ (10, 0.5%)

1 であった, と心生活, に対して無, のもたらした, の一側面, の影響, の絢爛成熟, はかがやいた, を以て文化的, を措い

▼ 仏教である~ (9, 0.4%)

1 かぎりその, かキリスト教, か何, といっ, と思っ, のか, 以上, 以上つまり, 限りに

▼ 仏教でも~ (9, 0.4%)

1 いい, ただ頭, まず第, 信仰の, 外国の, 宗教でも, 耶蘇教でも, 西洋の, 駄目だ

▼ 仏教哲学~ (9, 0.4%)

2 の中 1 の帰結, の影響, の理解, や儒学, や況して, をもよく, を一応

▼ 仏教そのもの~ (8, 0.4%)

1 がインド, が日本, のもつ, の信仰, の欠点, もまた, も多少, よりもまず

▼ 仏教における~ (8, 0.4%)

1 さとりの, のと, 一種の, 先覚者の, 哲学と, 智慧と, 無常の, 聖道門は

▼ 仏教にも~ (8, 0.4%)

1 ありとは, いろ, 悪人成仏と, 祈祷などに, 神道にも, 種々の, 立派に, 飛馬あれ

▼ 仏教渡来~ (8, 0.4%)

1 という重大事件, によって西方, のころ, のとき, の時代, の頃, までの天皇, より五百年

▼ 仏教にては~ (7, 0.3%)

1 六道輪廻生死昇沈を, 前世の, 善因善果悪因悪果と, 多くこの, 最初真如の, 生死輪廻の, 過去世界の

▼ 仏教~ (7, 0.3%)

1 にてもその, になんぴとの作り, の他力教, の密教, の様々, の漸, もとよりその

▼ 仏教~ (7, 0.3%)

1 がいかに, の伝記, の共, の肉食妻帯, はこれ, も亦, や神道家

▼ 仏教関係~ (7, 0.3%)

1 の事, の事物, の文学, の文献, の方々, の書物, の書物二十五冊以上

▼ 仏教との~ (6, 0.3%)

1 交渉が, 協同和合に, 外形上の, 相違点が, 習合によ, 関係を

▼ 仏教とは~ (6, 0.3%)

1 どんな宗教, どんな教え, 仏陀の, 反対であります, 大変な, 礼拝の

▼ 仏教に対する~ (6, 0.3%)

1 信仰の, 信仰も, 信心は, 御実力, 御理解, 過激思想左傾思想の

▼ 仏教信仰~ (6, 0.3%)

1 からの出家, にあった, によっての安心立命, のせい, の可否, の思想

▼ 仏教~ (6, 0.3%)

1 には思い切った, にもこの, に著しい, に関するにせよ, の恥, は今や

▼ 仏教経典~ (6, 0.3%)

1 などはすべて語録, の中, の方, の詩的妙味, を作り始めた, 特に大乗経典

▼ 仏教だの~ (5, 0.2%)

3 クリスト教だ 1 キリスト教だ, 儒教だの

▼ 仏教に対して~ (5, 0.2%)

1 かなり久しい, よくない, 勿体ない話しであっ, 梵教を, 無理解

▼ 仏教以前~ (5, 0.2%)

2 から我々祖先 1 からいろいろ, からの古い, の根源

▼ 仏教修行~ (5, 0.2%)

2 のため 1 に来た, に来られた, のためかつ

▼ 仏教建築~ (5, 0.2%)

1 がわが国, という, においても皆同様, のよう, をはじめ

▼ 仏教研究~ (5, 0.2%)

2 の第 1 には大事, に資する, の欧米各国

▼ 仏教なる~ (4, 0.2%)

1 か, も信仰, ゆえんは, 真理を

▼ 仏教に対しても~ (4, 0.2%)

1 クリスト教に対しても, 多大の, 憎悪を, 死に対しても

▼ 仏教のみ~ (4, 0.2%)

1 である, ならず西方, ならず諸々, 日本に

▼ 仏教をも~ (4, 0.2%)

1 味覚しました, 宗教という, 宗教の, 混じて

▼ 仏教~ (4, 0.2%)

1 されたもの, されて, したに, せられた日本

▼ 仏教及び~ (4, 0.2%)

2 文字の 1 それに, 文学を

▼ 仏教史家~ (4, 0.2%)

1 といふもの, と称する, の口癖, は何すれぞ

▼ 仏教~ (4, 0.2%)

1 に傾いた, に合理化, のもの, の色彩

▼ 仏教文学~ (4, 0.2%)

1 というもの, の必要, の方面, の精粋

▼ 仏教興隆~ (4, 0.2%)

1 で有名, によって有名, のあけぼの, の詔

▼ 仏教とか~ (3, 0.1%)

1 クリスト教とか, 伝統宗教とか, 支那文学とかの

▼ 仏教として~ (3, 0.1%)

1 嫌います, 見て, 見ること

▼ 仏教とを~ (3, 0.1%)

1 混じ日本流, 混和した, 較し

▼ 仏教においては~ (3, 0.1%)

1 二に, 出発の, 彼らが

▼ 仏教について~ (3, 0.1%)

1 内奥の, 概略だけ, 沢山説明し

▼ 仏教以外~ (3, 0.1%)

1 にもよく, に信ずべからざる, のある

▼ 仏教~ (3, 0.1%)

1 をやる, を受持つ, を口

▼ 仏教~ (3, 0.1%)

1 が加, に合体, を多く

▼ 仏教~ (3, 0.1%)

1 にて今, の三種, の教会

▼ 仏教~ (3, 0.1%)

1 信仰に, 信仰は, 尊信に

▼ 仏教特に~ (3, 0.1%)

1 日蓮聖人の, 真言密教では, 腐敗せる

▼ 仏教精神~ (3, 0.1%)

1 が初めて, であること, は活きる

▼ 仏教辞書~ (3, 0.1%)

1 の編纂中, をフランス語, を拵える

▼ 仏教あり~ (2, 0.1%)

1 いまだ日本, てフランス

▼ 仏教ある~ (2, 0.1%)

1 のみインド, を聞かず

▼ 仏教この~ (2, 0.1%)

2 二句より

▼ 仏教すなわち~ (2, 0.1%)

1 十三宗五十八派の, 小乗仏教として

▼ 仏教だけの~ (2, 0.1%)

1 問題としても, 理論では

▼ 仏教であり~ (2, 0.1%)

1 しかし仏壇, 民主主義も

▼ 仏教です~ (2, 0.1%)

1 か基督教, 因縁の

▼ 仏教としては~ (2, 0.1%)

1 セイロンの, 理解し得なかった

▼ 仏教とも~ (2, 0.1%)

1 からみ合せて, 思えないこちら

▼ 仏教なり~ (2, 0.1%)

1 神道なりの, 神道なりを

▼ 仏教においても~ (2, 0.1%)

1 同然で, 道教においても

▼ 仏教に関する~ (2, 0.1%)

1 ものは, 書物

▼ 仏教への~ (2, 0.1%)

1 門, 門は

▼ 仏教より~ (2, 0.1%)

1 他には, 転じた仏僧

▼ 仏教を以て~ (2, 0.1%)

1 本体と, 民族の

▼ 仏教乃至~ (2, 0.1%)

2 儒教の

▼ 仏教伝来~ (2, 0.1%)

1 とは仏像伝来, の魂祭り

▼ 仏教信徒~ (2, 0.1%)

1 の現今世界, もヤソ教信徒

▼ 仏教修業~ (2, 0.1%)

1 がいかにも, の結果

▼ 仏教儒教~ (2, 0.1%)

1 が古来, の代り

▼ 仏教全体~ (2, 0.1%)

1 に大, に渡っ

▼ 仏教受容~ (2, 0.1%)

2 の仕方

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 にはエトルリア, の哲学

▼ 仏教女子青年会~ (2, 0.1%)

1 などの会員, 其の他

▼ 仏教婦人会~ (2, 0.1%)

1 の新, の連絡

▼ 仏教守護~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 仏教宗教~ (2, 0.1%)

2 としての仏教

▼ 仏教寺院~ (2, 0.1%)

1 の幽玄, の檀那

▼ 仏教式美術~ (2, 0.1%)

1 がシナ, にもまたは

▼ 仏教弘通~ (2, 0.1%)

1 のはじめ, の勢力

▼ 仏教復興~ (2, 0.1%)

1 と云つて, や各種

▼ 仏教教典~ (2, 0.1%)

1 の知識, を古典的文献

▼ 仏教文化史~ (2, 0.1%)

2 の研究

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 でしかも, に多い

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 が日本紀, の精巧

▼ 仏教流布~ (2, 0.1%)

1 に伴, の後

▼ 仏教渡来以前~ (2, 0.1%)

1 にその, のもの

▼ 仏教特有~ (2, 0.1%)

1 の不可思議, の喝

▼ 仏教的世界観~ (2, 0.1%)

1 の支配, の産物

▼ 仏教研究者~ (2, 0.1%)

1 で漢文, はシナ

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 の影響, の知識

▼ 仏教自身~ (2, 0.1%)

1 その宿弊, は勿論

▼ 仏教臭味~ (2, 0.1%)

1 の多い, を嗅ぎ分けた

▼ 仏教藝術~ (2, 0.1%)

1 の末期, はむしろ

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 で捧げ, のいわゆる

▼ 仏教青年大会~ (2, 0.1%)

1 に対して満州国代表, は日本

▼ 仏教~ (2, 0.1%)

1 のもの, の教義

▼1* [222件]

仏教かぶれの神道家, 仏教からも超脱し, 仏教ぎらいの守屋も, 仏教ぐらい大欲な, 仏教こそは讃美べき, 仏教ことに日蓮宗を, 仏教これを真如, 仏教これらを通じて著しい, 仏教さえも廃せらるる, 仏教さえもが文飾としては, 仏教その地に, 仏教その他の伝統的信仰, 仏教それ以来のチベット支那, 仏教たるとキリスト教たる, 仏教とまでいわれる, 仏教だけでも三宗を, 仏教だつたり儒教, 仏教だろうという人, 仏教つとに三獣の, 仏教であってそれ, 仏教でありますが倶舎, 仏教でないという, 仏教でなくとも判っ, 仏教での俗諦に, 仏教とかに関する書物だった, 仏教とかの信者に, 仏教としての修行であります, 仏教とて必ずしもかく, 仏教ともにこの神, 仏教ともよほど異なって, 仏教と共にギリシア建築の, 仏教なしにはこの, 仏教なぞを勉強した, 仏教などでは種々の, 仏教などでもそれを, 仏教などはなくても, 仏教なども非常な, 仏教ならばこの, 仏教なれどもその, 仏教にたいして苛烈な, 仏教についてなども何も, 仏教についての争ひといふよりは, 仏教については関心を, 仏教にて善悪因果を, 仏教にてもヤソ教にても, 仏教によつて哲学化した, 仏教によるいろいろの, 仏教に対してはあまり同情, 仏教に関したるもの, 仏教はというよりも, 仏教ばかりであります, 仏教ひとり真理の宗教, 仏教再びあの, 仏教ほど敵や, 仏教またアラビア譚等多くその, 仏教よりも外道の, 仏教らしき感起らず, 仏教モハメット教拝火教なども行なわれ, 仏教モハメット教拝火教等の諸宗, 仏教モハメツト教拝火教なども行, 仏教モハメツト教拝火教等の諸宗, 仏教一色の思想, 仏教上積極的に活発, 仏教中天台等をもっ, 仏教主義の新聞, 仏教互いに相異なる, 仏教享受は最初, 仏教以下だと, 仏教以来の史的開展, 仏教というもの, 仏教会館の二階, 仏教伝来以後さきには蘇我氏, 仏教伝来以後今日まで日本国民, 仏教伝来千三百年にし, 仏教侵来以後の日本, 仏教倶舎唯識三論もあれ, 仏教僧マホメット教行者ギリシャ修道者マホメット教隠者シャム仏僧マホメット教僧侶彼らが増加, 仏教僧侶その他の名士, 仏教儒教基督教また希臘哲学, 仏教儒教神道武士道が妾, 仏教光明后と大仏殿, 仏教入った頃の, 仏教全般に対しての信憑, 仏教公伝から百年近く, 仏教ま, 仏教典籍に凝っ, 仏教の争い, 仏教凝りや釈教歌, 仏教協会員とかその他, 仏教博物館と称し, 仏教即ち偶像教でない, 仏教反対者なる物部氏, 仏教史上から自分, 仏教史観ということ, 仏教史論を読み, 仏教各派から多く, 仏教同志会に加入, 仏教哲学思想の中枢, 仏教哲学的に云, 仏教哲学程朱の学, 仏教哲理を具体的, 仏教団体を総括, 仏教国イスラム教国等の源泉, 仏教国史などに関係, 仏教国民の名, 仏教地域は宗教的, 仏教坊主の欠点, 仏教基督教それに僅か, 仏教声楽で練り上げた, 仏教趣多様の, 仏教大会と云った, 仏教女子青年館の会館, 仏教字典を編纂, 仏教に秀でん, 仏教学者達の思い, 仏教宗派は主, 仏教宣伝の区域, 仏教家たちの渇仰, 仏教寺院陳氏祖廟富豪墓所等を一巡, 仏教小乗の一切経, 仏教巫徒の, 仏教式特徴が芸術的, 仏教式遺品はルコック, 仏教思想史の題目, 仏教思想史上重大な論議, 仏教所宗の人, 仏教排撃者であって, 仏教排斥の主唱者, 仏教擁護の神, 仏教政治といふ, 仏教教学について素人, 仏教教義や憲法論, 仏教文明の副産物, 仏教方面に大, 仏教時代の日本, 仏教書中サンスクリット語より訳する, 仏教書中パーリ語より訳する, 仏教書類六十二部のうち, 仏教伝の, 仏教本来の面目, 仏教様式の変化, 仏教殊に日本仏教は, 仏教民衆の宗教, 仏教求道者として過ごさせられた, 仏教流行の結果, 仏教流通の結果, 仏教浄土もある, 仏教渡来以来宮中と廟堂, 仏教渡来年代の誤り, 仏教渡来後に竜神, 仏教渡来時代の天皇, 仏教独特の眼目, 仏教班首脳部の方針, 仏教生活では眼, 仏教的儒教的な精神主義, 仏教的厭世詩家の観たる, 仏教的哀愁と都人特有, 仏教的哲学を通っ, 仏教的哲学概論や儒教的倫理学, 仏教的思想の音楽的表現, 仏教的悲哀と滑稽, 仏教的日本の, 仏教的様式の醇化, 仏教的母親はシナ, 仏教的気分に過ぎない, 仏教的漢詩的な輸入要素, 仏教的理念こそ欧米人, 仏教的禅宗的である, 仏教的聖旨は日本, 仏教的見地から採訪, 仏教的観相のもの, 仏教的説明の答, 仏教的趣味を加え, 仏教的迷信を背景, 仏教的迷信種が多, 仏教的静観の趣, 仏教盛弘する由, 仏教知識の影響, 仏教研究学派が世界, 仏教破壊のあおり, 仏教社会の僧侶諸君, 仏教神学者達は夫, 仏教の生徒, 仏教秘密の事, 仏教秘密文学の耽溺者, 仏教一の, 仏教の神, 仏教累世の仇敵, 仏教経典等にはかなり, 仏教経巻などの置かれた, 仏教美術史を専攻, 仏教美術関係のもの, 仏教者中にその, 仏教耶蘇教の自由家, 仏教聖典の真髄, 仏教聯合会の理事, 仏教至上思想をも昂揚, 仏教興隆時代だから, 仏教若しくは大乗的な, 仏教薬師十二神中兎神あり, 仏教行わるると雖, 仏教衰微の時代也, 仏教襲来の機縁, 仏教西洋に流行, 仏教観相の影響, 仏教解釈でグズグズ, 仏教よりもずっと, 仏教起原のもの, 仏教輸入以来はその, 仏教辞典にもあらゆる, 仏教辞典法宝義林をいま, 仏教連合会の当時, 仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 仏教開教以来今日まで二千五百年間, 仏教降っては貴族, 仏教隆盛の素地, 仏教隆盛国として我国, 仏教雑誌の主筆, 仏教青年会館に開催, 仏教音楽であると, 仏教音楽舞踊読経これら一切をふくめた, 仏教風俗儀式美術薬物遊戯に至る