青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「井上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ ~五人 五月~ 五郎~ 井~
井上~
~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~ ~交換 交換~ ~交渉 交渉~ 交通~

「井上~」 1717, 18ppm, 6425位

▼ 井上~ (318, 18.5%)

25 とノロちゃん 12 とポケット小僧, のおとうさん 10 のおじさん 5 がいいます, はそれ 4 がノロちゃん, です, のからだ, の手, はそう, もノロちゃん 3 にかなう, のうち, の目

2 [16件] がささやきます, がしかる, がたずねます, でも, といっしょ, とノロ, と二人, におぶさっ, にくらべる, のほう, の名, はすぐ, はノロちゃん, は団員, もその, やノロちゃん

1 [184件] か, からはなれ, から借金, かノロちゃん, が, があなた, がいいました, がいや, がうち, がおし, がおじさん, がおずおず, がおそろしい, がこの, がささやきかえす, がささやきました, がしのびこんだ, がすこし, がすっかり, がそれ, がどなりました, がねむ, がふしぎ, がふたり, がまがり, がまっさお, がやせ, がやられた, がやる, がワハハハ, が一メートル, が一人, が先, が力, が勇気, が叫ぶ, が寝台, が心, が懐中電灯, が聞きかえします, が草, が言いかけ, が話しよった, が黄金怪人, くたぶれたろう, だ, だけが当選, ちょっと活, ですね, とがじ, との地盤, とはねまき, とはもう, とを目標, と一寸, と井上君, と小さく, などはとびだし, ならいい, におぶわれ, にからだ, にくっつい, にささやきました, にしがみつい, にしがみつきました, にそう, にはそれ, にはとても, にはノロちゃん, にばけ, にも, にもノロちゃん, にも種々, に忠告, に手紙, に聞け, のあと, のいう, のいった, のうしろ, のくる, のくるくる, のところ, のまわり, のゆびさす, のよう, の力, の命令通り, の大きな, の家, の指さす, の注意, の眼球, の耳, の肩, の胸, の腕, の頭, の首, は, はあおむけ, はいきなり, はいちばんあと, はいま, はいわれる, はう, はおかし, はがっしり, はけなげ, はころん, はさすが, はさっき錠, はさびしい, はしっかり, はしりごみ, はそこ, はそこで, はどう, はひじょうに, はびく, はびっくり, はぴったり, はほこらし, はまっさきに, はもと, はやくたすけ, はやっき, はやっと, はやっぱり, はやられ, はギョッ, はクラス, はコンクリート, はサフラン湯, はナイフ, は万年筆型, は三号車, は三浦さん, は両手, は両方, は中学一年, は二号車, は君, は息, は手, は政友会, は東北大学, は水, は知恵, は肩, は胸, は腕, は顔, は骸骨, までふるえだす, もいっしょ, もうなずい, もからだ, もげんき, もささやきかえしました, もしずみ, もそれ, もときどき, もふしぎそう, ももう, もポケット小僧, も勇気, も叫び声, も心配, も泣き声, も肩, も苦しい, も走りだしました, やあいきょうもの, よりはしょっちゅう, をおさえつけ, をからかっ, をはげます, をひじ, をひょいと, を力づけ, を助け, を助けたい, を送っ

▼ 井上~ (125, 7.3%)

7 二少年は 6 兄は 4 兄が 3 おだんな, 御嬢さん, 方が 2 だんなが, だんなも, 三老を, 二者に, 兄の, 奥様が, 家に, 家の, 方は, 胴に

1 [79件] あの京都, おばさまが, おばさまずいぶん, おばさまに, おばさままで, おばさんとかを, だんなな, だんなの, とこへ, は例えば, やうに, 三人から, 三人は, 両人は, 中老役が, 中間演劇中, 事で, 二少年と, 二少年も, 仲間との, 兄さんと, 兄とが, 兄に, 兄も, 写真が, 写真は, 反対説に, 和英の, 和英中, 声を, 奥さんが, 奥さんは, 奥様と, 奥様という, 奥様の, 奥様一寸, 女中が, 嬢さんに, 字義は, 家つきの, 家では, 家は, 家へ, 家を, 家事を, 役は, 後に従って, 御前に, 悶着の, 方へ, 方を, 春子さんが, 梅子さん騒ぎか, 様で, 次兄が, 欧化政策時代であっ, 歌の, 母の, 母は, 母も, 気息が, 気息は, 気質に, 留守宅に, 目を, 眉目秀麗な, 眼には, 稽古場へ, 血は, 衝突論を, 話が, 部下であっ, 金八, 金八が, 金八と, 金八めゆだ, 金八館は, 養母は, 養父は

▼ 井上さん~ (110, 6.4%)

3 のうち, の所 2 がいつ, じゃない, のところ, の宅, は, はいつ, は私

1 [90件] ありがたうまた, お起きなさい, からヤイヤイ, から貰, がい, がいらしたら, がいらっしゃいました, がお, がしゃがん, がやって来る, がトンビ, が今日, が吸入, が土地, が大勢, が日本, が来, が私, が連れ, が酔っぱらっ, が非常, しっかりなさい, ちょいと, ですか, と, というよう, とお父さん, とがきらい, ときたら, と二人, と喧嘩, と奥, と姐さん, と密談, と秘密, と銀座, どうした, なんかじゃ, におんぶ, にしろ, にじかに, にせよ, にもお礼, にも聞い, に見せる, に話し, に頼ん, のお, のお世話, の人情, の奥さん, の委嘱, の年, の方, の男, の連れ, の門, はいろんな, はお父さん, はすぐ, はコツク, は何, は反対, は君自身, は寝る, は将来見込み, は居残っ, は料理, は気, は白犬, は監督, は真面目, は突然, ひょっとしたらあいつ人形怪人, へ呼ばれる, まあま, まだ寝てる, までがお, までが中尾さん, まで私, もうぼく, もそう, もそれ, も御, も鏡子君, や玉井さん, を訪ね, を訪ねる, 聞こえるかい, 苦しい

▼ 井上~ (63, 3.7%)

19 十郎は 11 十郎の 6 十郎と 5 十郎思わず 4 十郎に 3 十郎が, 十郎を 2 十郎正 1 十郎, 十郎には, 十郎も, 十郎久し振りだ, 十郎今度曲者の, 十郎兎も, 十郎手籠に, 十郎暫らくは, 十郎泣い, 十郎言葉も

▼ 井上~ (43, 2.5%)

2 押され気味, 甚伍左と

1 [39件] あるあるね, げにもと, そういうもの, そうやっ, そこで, その金, その頃マダ壮齢, それを, どうした, また小, まだ希望, めったに失敗, やつぱりうまい, ガラスの, レントゲン科を, 下総国高岡の, 中学生も, 主人の, 二重に, 云つた, 俄に, 僕に, 優秀な, 大いによろこび, 好きな, 小学生の, 帰り平間, 後家に, 掘った竪穴, 松浦潟の, 瑛子が, 益々せっせと掘っ, 盗みを, 直參, 自分に, 葉巻の, 薄情だ, 首を, 駄目さ

▼ 井上くん~ (40, 2.3%)

5 とノロちゃん 3 もルミちゃん 2 が, とノロ, と木村くん, のかた, の妹, は思い切っ

1 [20件] がさき, がその, がよびかけます, とふたり, にささやきました, のからだ, のふたり, はおかあさん, はおどろい, はしっかり, はとびら, ははじめて, はトラ, はルミちゃん, は手さぐり, もいっしょ, もにっこり, もノロちゃん, やノロちゃん, をさき

▼ 井上~ (39, 2.3%)

2 の部屋, を以て霞亭

1 [35件] が先ず, が南洋, が宣告, が岡山, が本日, が特に, が簡単, だけであった, でも, と共に御, と再会, に会, に伝えた, に対しても気の毒, に言, の塋域, の庭, の御, の懐, の機関雑誌, の言葉, の話, はその, はそれ, は一応, は兄, は危く凶刃, は頃日福田禄太郎さん, は頑として, もその, も棒, や松村氏, を納, を連れ, を頗る

▼ 井上~ (37, 2.2%)

2 ジリッと, 薨去した

1 [33件] うしろへ, きみに, この竪穴, さう思ふの, そう思う, そこに, また, よからう, ウィーン風, ドロンした, ポケットから, 世話に, 予想を, 何か, 何時の間にかそれ, 借りて, 先づ舌戰, 加賀山にも, 夏の, 大変それを, 子供にも, 廣小路の, 承知すまい, 死の, 死んだと, 独身で, 細い糸, 自分で, 角の, 調べに, 軍法諸流の, 追って来そう, 金色の

▼ 井上~ (35, 2.0%)

2 [12件] が伊藤侯, が嘗て, にも忌まるれ, に至, の入閣中止, の失蹤, の如き, は内閣組織, は政治上, は深く, は閣下, 及び伊東男

1 [11件] とか侯, の胆気, の膽氣, はその, は当時, は老, は老来, は自身先づ政友会, は自身先づ政友會, を大蔵大臣, を大藏大臣

▼ 井上嘉門~ (34, 2.0%)

4 の領地 2 であった, の領地内

1 [26件] がいる, が嘲笑う, が支配, その人, でありもう, という, という大, という日本的, という馬大尽, とこう一概に, などという大, にすんで, によって操, に捧げた, に攫われた, のこと, の一団, の側, の城砦, の大宝財, の屋敷, の賓客部屋, はどんな, は謎, を乾児達, を迎え

▼ 井上少年~ (30, 1.7%)

6 とポケット小僧 4 とノロちゃん 2 はひも

1 [18件] からなお, が, がいった, がかけこん, がすこしも, がすっかり, が前, が叫んだ, が少し, が老, でした, と野呂少年, のおじさん, は, はけっして, はへび, は思いきっ, も四方

▼ 井上~ (29, 1.7%)

3 野呂の 2 ノロを, 兵藤が, 兵藤マジマジと, 加多, 水谷の

1 [16件] ありたるため, ノロちゃんだった, ノロは, 云ふ, 仙太の, 吉村に, 女中の, 少しびつこに, 山下, 山下とは, 泰造との, 相談し, 碁を, 私との, 羽黒の, 野呂だ

▼ 井上~ (24, 1.4%)

2 とを訪問, の養子

1 [20件] から毎日, と血縁, にいった, につなぎ, に入る, に貰いうけ, の死籍相続人, は代々江州鍛冶, は元, は初めそこ, は四代, は辻川, へも届く, を一番, を囲ん, を引受け, を管理, を継い, を継がせ, を起し

▼ 井上~ (23, 1.3%)

2 にも伊藤侯, は大久保攻撃, も我輩

1 [17件] がまだ, が主宰, が亡くなる, が地獄, が聞太, と新島氏, と相談, に向っ, のよう, の所, の美, はいつも, は君, を今日, を手管, を猛獣, を訪問

▼ 井上安五郎~ (23, 1.3%)

2

1 [21件] がやって来た, が笑っ, が苦々し, が顔色, とを絶対, と仲よう, と手, にいわれた, に仲介, に声, に話した, のまだ, の横, の金魚, の門, はちびちび, はまだよく, も出席, も金魚, や原田雲井, や政友会

▼ 井上先生~ (22, 1.3%)

2 の事

1 [20件] あんなに威張っ, からただ, が, が言う, と共にベザント嬢, と別れ, には大変世話, のあの, のまわし者, の今, の写真, の前, の所, の當時, は, はお, はその, は電報, をし, を訪う

▼ 井上博士~ (22, 1.3%)

2 の如き

1 [20件] がまだ, が仏人, が媒酌, と共にサラナータ, と私, に依, に見, に限らず, の, の哲理, の妖怪学講義, の法律事務所, の説, はロングフエロー, は實在, は横浜, も皆自由意思論者, を始め諸君, 又曰く右樣, 又曰動向

▼ 井上一郎君~ (18, 1.0%)

2 とすこし, とノロ

1 [14件] がそう, がその, がたおれ, が一足, です, とノロちゃん, のおとうさん, のほか, の声, はそういう, はただ, は勇気, は団員, やおくびょうもの

▼ 井上~ (18, 1.0%)

2 をお

1 [16件] いつもお, から伝書, から秘巻, がお, ご無事, さらばでございます, とした, とは書い, の与, の伝書, の御, の火薬, は, は此処, もお, も他

▼ 井上野呂~ (15, 0.9%)

7 の三少年 4 の二少年 3 の三人 1 のふたり

▼ 井上次郎~ (14, 0.8%)

1 [14件] がある, だけはいかに, と, という男, とは同じ, と私, によってでありました, に対するその, に説伏, に逢え, のいない, の細君, の話, は一体

▼ 井上~ (12, 0.7%)

2 九郎と 1 九郎, 九郎が, 九郎この, 九郎その他の, 九郎つれの, 九郎である, 九郎なんていう, 九郎に, 九郎の, 九郎真田源次郎と共に

▼ 井上安治~ (12, 0.7%)

2 の木版画 1 うつす版画, が面白く, のこの, の写した, の板画, の洲崎, の真, はやがて, は小林清親門, も柳橋

▼ 井上という~ (9, 0.5%)

1 スキヤキ屋が, 代議士の, 友人に, 名の, 夫の, 家へ, 男が, 美術専門店が, 苗字の

▼ 井上正夫~ (9, 0.5%)

1 がとても, だの, と相識, に与ふる, に私, の底力, は新派, も見物, を浅草

▼ 井上~ (8, 0.5%)

2 聯ね 1 しかったこと, そのままに, だして, グッと, 内務大臣に, 見る

▼ 井上唖々君~ (8, 0.5%)

1 が代, が自分, が高等學校, と其頃発行, の助力, や, を伴, を知った

▼ 井上園子~ (8, 0.5%)

1 だって金持, とはもう, と対比色, にはよけい, のよう, のピアノ, の演奏, や草間加寿子

▼ 井上文雄~ (8, 0.5%)

1 から松の門, といふ國學者, と云, に學んだ, の, の内弟子, の内弟子兼妾, の歌

▼ 井上~ (8, 0.5%)

3 の大筒 1 ではこの, と稲富流, の名手, の大筒完成, の秘術

▼ 井上友一郎~ (7, 0.4%)

1 がさう, がそう, が先, などの小説, の, の住んでる, を励ます

▼ 井上唖々~ (7, 0.4%)

1 と共に編輯, に対する場合, の二亡友, の二友, の二子, の猿論語, は俳句

▼ 井上夫人~ (7, 0.4%)

2 と田島 1 が富子, と富子, と新た, は幾度, は田島

▼ 井上~ (7, 0.4%)

2 の如く 1 が密か, のあいだ, のもと, の口入, は条約改正

▼ 井上~ (6, 0.3%)

2 かふきだし 1 と云い切る, な, よ, よう

▼ 井上~ (6, 0.3%)

2 向って 1 しました, しろ松村, たずねた, 云った

▼ 井上~ (6, 0.3%)

2 すきやき 1 久しぶりで, 榊と, 白井鉄造再, 直接申し

▼ 井上唖々子~ (6, 0.3%)

1 が, と打連れ立ち, と相, ばかりである, を失い, を招き

▼ 井上流砲術~ (6, 0.3%)

2 の秘巻 1 の完成, の祖, の秘伝, をもう一度

▼ 井上玄蕃~ (6, 0.3%)

1 が一人, と御, の頭, は生, は藪, は錢形

▼ 井上一夫~ (5, 0.3%)

2 の部屋 1 で蠅男, という偽名, といえ

▼ 井上出雲守~ (5, 0.3%)

1 が真赤, が頷い, は小脇差, は腕組, は若

▼ 井上医院~ (5, 0.3%)

2 の玄関 1 が広い, にやってきた, は井戸

▼ 井上哲次郎博士~ (5, 0.3%)

2 に序文 1 が獨逸, に頼み, も信用

▼ 井上嘉門様~ (5, 0.3%)

2 をご 1 か, だと, に申し上げます

▼ 井上嘉門殿~ (5, 0.3%)

2 の屋敷 1 なので, にいやいや, のお

▼ 井上外記~ (5, 0.3%)

1 が丹精, が江州鍛冶, の子, は席上組頭, 正継

▼ 井上通泰氏~ (5, 0.3%)

1 がわれ, が小出氏, などは特に, のお, の紹介

▼ 井上~ (4, 0.2%)

2 大隈や 1 中学生が, 石川や

▼ 井上一郎くん~ (4, 0.2%)

1 と野呂一平くん, に小学校三年生, はそう, もいっしょ

▼ 井上一郎少年~ (4, 0.2%)

1 でした, とが黄金, とポケット小僧, は庭

▼ 井上九郎~ (4, 0.2%)

1 の三名, は元々, もある, 次郎

▼ 井上侯爵~ (4, 0.2%)

1 が皇帝陛下, の奥様, の家, は晩年

▼ 井上円了博士~ (4, 0.2%)

1 が大宮さん, の研究, は遠く, 遠訪于哲孟

▼ 井上出雲~ (4, 0.2%)

1 からの便り, が唯一人, に御, を召し

▼ 井上大使~ (4, 0.2%)

1 からこの, のお, の奥様, 御夫妻

▼ 井上清虎~ (4, 0.2%)

1 ての, という人, に就い, の名

▼ 井上秀子女史~ (4, 0.2%)

1 が戦時中日本女子大学校長, だけ贔負, の御, の所

▼ 井上通泰~ (4, 0.2%)

1 の, の説, の養父, は大学

▼ 井上順三~ (4, 0.2%)

1 が何事, と言います, の屍体, の背後

▼ 井上くんたち~ (3, 0.2%)

1 が上, はそこ, をかえさなけれ

▼ 井上さんあなた~ (3, 0.2%)

1 その奥さん, に話, はこの

▼ 井上といふ~ (3, 0.2%)

1 のが, 年老の, 顔役が

▼ 井上~ (3, 0.2%)

1 中学生も, 同じこと, 負けては

▼ 井上~ (3, 0.2%)

3 佶君が

▼ 井上博士曰スペンサー氏~ (3, 0.2%)

1 は心理學原論中, は所謂, もヘッケル氏

▼ 井上君たち~ (3, 0.2%)

1 がへびにかこまれてこまっていた, が歩い, は人

▼ 井上孤堂~ (3, 0.2%)

1 の四字, はいくら, は法律上

▼ 井上~ (3, 0.2%)

1 景, 景の, 景は

▼ 井上~ (3, 0.2%)

1 の大きな, の書き残した, は金子堅太郎

▼ 井上毅先生~ (3, 0.2%)

2 の字音假名 1 の議論

▼ 井上河内守~ (3, 0.2%)

1 とその, の名代, はこの

▼ 井上源兵衛~ (3, 0.2%)

2 の娘 1 といえ

▼ 井上真改~ (3, 0.2%)

2 の一刀 1 の太刀

▼ 井上筑後守~ (3, 0.2%)

1 から商館破壊, をはじめ, を始め日本

▼ 井上蘭台~ (3, 0.2%)

1 と井上金峨, の後, の門

▼ 井上金八~ (3, 0.2%)

1 でした, と名, と申します

▼ 井上金峨~ (3, 0.2%)

1 とを加えなく, の所謂, を出し

▼ 井上あぶなく~ (2, 0.1%)

2 それを

▼ 井上かろうじて~ (2, 0.1%)

2 ガッと

▼ 井上それだけ~ (2, 0.1%)

2 退る

▼ 井上たち~ (2, 0.1%)

1 のする, の引上げ

▼ 井上でも~ (2, 0.1%)

1 なかった, 大橋でも

▼ 井上とは~ (2, 0.1%)

2 少し段違い

▼ 井上などの~ (2, 0.1%)

1 維新の, 連絡も

▼ 井上マサ~ (2, 0.1%)

1 などもその, ははっきり

▼ 井上一二氏~ (2, 0.1%)

1 に対する御礼, を御

▼ 井上二少年~ (2, 0.1%)

1 はその, はたたかい

▼ 井上伯失蹤~ (2, 0.1%)

2 の一珍事

▼ 井上伯爵邸~ (2, 0.1%)

1 の天覧芝居, へ両

▼ 井上信子~ (2, 0.1%)

1 とだけで, 老女史

▼ 井上円了~ (2, 0.1%)

1 の心霊学, の心霊術

▼ 井上匡四郎~ (2, 0.1%)

1 とが話し合い, もその

▼ 井上博士曰余~ (2, 0.1%)

1 は決して, は猶

▼ 井上友一郎菱山修三田村泰次郎~ (2, 0.1%)

2 死んだ河田誠一

▼ 井上叔母~ (2, 0.1%)

1 が来, の造りし

▼ 井上唖々さん~ (2, 0.1%)

1 という竹馬, といふ竹馬

▼ 井上四明~ (2, 0.1%)

1 である, との応酬

▼ 井上外務大臣邸~ (2, 0.1%)

1 において演劇天覧, における演劇天覧

▼ 井上大尽~ (2, 0.1%)

1 が今日, だと

▼ 井上安五郎君~ (2, 0.1%)

1 から聞いた, を出した

▼ 井上安五郎氏~ (2, 0.1%)

1 であったが, は最近

▼ 井上小河~ (2, 0.1%)

1 の二人, は城内

▼ 井上市次郎~ (2, 0.1%)

1 が京町堀, というその

▼ 井上教授~ (2, 0.1%)

1 の注意, を二人

▼ 井上~ (2, 0.1%)

1 が利章, が鉄砲

▼ 井上~ (2, 0.1%)

1 約案, 約案出づるや

▼ 井上氏敬~ (2, 0.1%)

1 が其中, は神辺

▼ 井上水夫長~ (2, 0.1%)

1 の三人, はう

▼ 井上流大筒~ (2, 0.1%)

1 の無事, の試し撃

▼ 井上流砲術秘巻~ (2, 0.1%)

1 が何処, を盗んだ

▼ 井上~ (2, 0.1%)

1 なんての, の両君

▼ 井上源右衛門~ (2, 0.1%)

1 の妻, の次女

▼ 井上準之助氏~ (2, 0.1%)

1 の講演速記, や団琢磨氏

▼ 井上玄蕃樣~ (2, 0.1%)

1 が宰領, は木像

▼ 井上甫水兄~ (2, 0.1%)

1 に遇う, 亦自

▼ 井上田村河田~ (2, 0.1%)

1 はいずれ, はいづれ

▼ 井上稲富両家~ (2, 0.1%)

1 とも立つ, は断絶

▼ 井上竹二郎氏~ (2, 0.1%)

1 から何, で春興行

▼ 井上筑後守正滝~ (2, 0.1%)

1 の医官, の家来鈴木伯寿

▼ 井上聞多~ (2, 0.1%)

1 だの, と共に英国

▼ 井上通泰さん~ (2, 0.1%)

1 のやう, の関鳧翁伝

▼ 井上~ (2, 0.1%)

1 の, のやう

▼ 井上馨侯~ (2, 0.1%)

1 が素晴, のよう

▼1* [255件]

井上松村か, 井上から電話が, 井上くんルミちゃんも, 井上これを騒ぎ出せ, 井上あんミッ, 井上さんこれが, 井上さん一人を酔わし, 井上さん何か刻つて, 井上さん僕お父さんの夢, 井上さん先刻の高井, 井上さん星城子君といつ, 井上さアーンともう, 井上だが今では, 井上やったら具合, 井上でないか, 井上とも今井にも, 井上には絶対に, 井上に対して一向圧し, 井上ばかり大事に, 井上へは約束通り物質的の, 井上へもよく申し聞かせ, 井上ほど商売熱心な, 井上までがその番号, 井上より後白河院, 井上の看護婦たち, 井上らしくも見えます, 井上ノロの三人, 井上ミツネという子, 井上一夫はんいうお客さん, 井上一夫三十三歳と左手, 井上一郎たちが先生, 井上三枝叔母と娘, 井上三枝支那料理持参で来り, 井上重の, 井上両氏は母堂, 井上主計頭土井大炊頭この四名連署, 井上九郎光盛をし, 井上九郎衛門がすゝ, 井上九郎衛門母里太兵衛が諫め, 井上二郎君という中学一年生, 井上五郎から緊急動議, 井上五郎兵衛は高地, 井上五郎兵衛景貞の六千, 井上五郎兵衛望み見て, 井上今日は徳川夢声, 井上今晩探険に出かけない, 井上代理大使夫妻孫田日本学会主事藤室夫妻等と小, 井上伝兵衛が最も, 井上伝兵衛先生がその, 井上伝女の始める, 井上佐太夫御預り, 井上侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 井上侯爵中心時代を全く, 井上侯自ら御やりなさい, 井上侯邸でかしこく, 井上元良両先生, 井上元良上田などの諸氏, 井上より御, 井上先生大塚先生小山内薫氏本を送っ, 井上先程からの貴公, 井上兩博士は共に, 井上八千代流の京舞, 井上八段の門下, 井上八郎塚田幸平これらの儕輩, 井上八重がおびえた, 井上公使の猟区, 井上典蔵と云, 井上内記も十太夫, 井上内記黒田兵庫黒田市兵衞小河縫殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 井上円了さんも来, 井上円了先生は用, 井上円了有賀長雄大西祝清沢満之高山林次郎などという人々, 井上円了氏の演ぜし, 井上出雲守吉井七之丞, 井上出雲守様が, 井上蔵相が, 井上勇氏久米正雄氏などが出席, 井上の孤弥六, 井上勝之助侯爵にも大使, 井上勝君像とある, 井上勝山尾庸三らの洋行, 井上は明軍坂, 井上訳する処, 井上勤君編輯局に入り, 井上匡四郎君に会った, 井上医師がやってき, 井上博士曰そこで右嚮動, 井上博士曰ウント氏も意思, 井上博士曰以上論ずるやう, 井上博士曰進化論は右, 井上参謀長に声, 井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 井上友一郎その他のいわゆる, 井上友一郎それから河上徹太郎, 井上友一郎愛用のスタンドバー, 井上友一郎氏に会い, 井上友一郎石川達三北条誠の諸氏, 井上君あれ人間の顔, 井上君きみがいちばん力, 井上君なにもいない, 井上君ほか二名の仲よし五人少年, 井上君ノロちゃんなんだろう, 井上君ポケット君助けにきた, 井上君今のこと, 井上君入局して, 井上君君にはもう, 井上君手をはなせ, 井上君拉甸語伊太利亜語以斯班牙語を引証, 井上君星城子君を訪, 井上君気でもちがった, 井上君芳島君が加わる, 井上周平は隆吉, 井上周防之房, 井上哲博士が先頃心理學會, 井上哲次郎と云, 井上哲次郎三博士の合編, 井上哲次郎先生も一両年前, 井上哲次郎博士湯本武比古先生高山林次郎氏木村鷹太郎氏藏原惟廓氏, 井上哲次郎君を称し, 井上哲次郎氏の作, 井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 井上哲次郎等の諸氏, 井上唖々梅沢墨水等の諸氏, 井上唖々氏は昔, 井上唖々氏らと講武所, 井上唖唖君に校閲, 井上嘉門ともども木曽へ向かっ, 井上嘉門家の客, 井上嘉門様西野郷の馬大尽様, 井上因碩のそれ, 井上外交の華やかさ, 井上外務大臣私邸における天覧演劇以来, 井上大和守様御前へ, 井上大山仁礼の薩長元老, 井上大山仁禮の薩長元老, 井上大膳亮の臣, 井上大膳亮様のお, 井上大膳亮殿これらがみんな壺, 井上大蔵大輔山県兵部大輔の両, 井上女史の腕, 井上妻狩道各五疋, 井上安五郎さんもまだ, 井上安五郎原田雲井の三人, 井上安五郎原田雲井藤本喜八郎その他の人たち, 井上安五郎辻木惣八原田雲井玉井金五郎それに花嫁, 井上家の後園に住む, 井上家時代の重臣, 井上などでこの間, 井上少将は北浦少佐, 井上山下吉田の諸君, 井上岩瀬らは日本, 井上川路岩瀬堀その他の幕吏中, 井上左太夫の組下, 井上巽軒先生の御, 井上平兵衛を使者, 井上幸次郎その他数氏未だほとんど無名, 井上所謂維新の元勲, 井上左衞門は, 井上最早尾栓が, 井上有景が千人, 井上服部の各, 井上杉山さんの四人, 井上条約案に反対運動, 井上条約案出づるや両党偶然其歩武, 井上松太郎氏の邸宅, 井上松村の両氏, 井上栄三の母, 井上様それはどなた, 井上正一君宮城浩蔵君末松三郎君等が最も, 井上正信に嫁, 井上正夫女主人公の香代, 井上正夫木下八百子などを覚えた, 井上正夫桝本清氏等と謀り, 井上正夫氏を加, 井上正夫水谷八重子岡田嘉子などと出, 井上正夫演り中野信, 井上正夫等によつて舞台化, 井上此所へ出い, 井上殿のお, 井上毅君でさえ, 井上氏ニ送リ候手紙, 井上氏松村氏の写真, 井上氏毎日電報の近藤氏, 井上永倉らといった手合, 井上河内守六万石の城下, 井上河内守正甫の貶黜, 井上河合の新派, 井上流五貫目筒が出来上っ, 井上浜大柳吉田五人の看護婦, 井上清氏の労作, 井上源三郎と碁, 井上源五に宿, 井上準之助犬養毅等数年来暴力の犠牲, 井上滿氏の譯, 井上演劇道場と云, 井上澄江さんの, 井上監物吉田壹岐伊丹藏人高橋忠左衞門小河長五郎金出口には野村右京, 井上看護婦がくり, 井上真田の三士, 井上眼科病院で診察, 井上矢田部外山の諸, 井上矢野江木の諸氏その他, 井上神社局長より得たる, 井上稲富が争い, 井上竹次郎死す六十歳, 井上笠園や達摩, 井上又隆景, 井上粟屋勢の後, 井上精一君が埋骨, 井上義雄八段も棲ん, 井上老侯もなけれ, 井上聞多さんは社, 井上聞多井上勝山尾庸三らの洋行, 井上聞太彼島ニ渡りし者ニ問, 井上自身が植松澄三郎, 井上致也氏大阪毎日別府通信所の本条君, 井上良夫君から借りた, 井上若柳花柳等それぞれのリサイタル, 井上英語スクールと同じ, 井上菊子と云う, 井上藤井三師の切諫, 井上藤吉の用, 井上製鞣へ出, 井上製鞣鍾馗タビ向上印刷などへ出, 井上要氏は色々, 井上同士の, 井上観念せい, 井上観斎の子, 井上角五郎が朝鮮, 井上角五郎代議士が何, 井上貴公は江州鍛冶, 井上近江だ, 井上近江喜多川頼母ら四五人の頭株, 井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 井上通泰日高無外, 井上通泰熊沢蕃山の伝, 井上通翁の子, 井上達也という眼科, 井上達也氏に見, 井上で天覧芝居, 井上金八妻女の傷, 井上鎌田大口須川佐佐木の諸氏, 井上雪子だけを使, 井上雷侯も国論, 井上靖氏がぜひ, 井上頼国の旧, 井上頼国氏が中助, 井上頼圀それから再度, 井上馨らが慶喜, 井上馨侯耳聾して, 井上駿河守西町奉行稲垣淡路守この三人, 井上黒武州河越より平知盛, 井上黙ってるって奴