青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

今後~ ~今日 今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~ 今頃~ ~介 介~ ~仏
仏~
仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕 仕~ ~仕事 仕事~ ~仕度

「仏~」 6243, 67ppm, 1678位

▼ 仏~ (1082, 17.3%)

32 前に 15 ような 11 顔も 10 前で, 御弟子 9 道に 8 御名を 7 道を 6 ように, 像を, 名を, 花を 5 前の, 真理を 4 ために, やうな, 国に, 顔を

3 [21件] 前へ, 口を, 名号を, 大悲を, 姿を, 御前に, 御力, 御命, 御心, 心を, 慈悲に, 教えが, 教えを, 方へ, 源流を, 真理の, 真理は, 石壇の, 花の, 詞に, 間に

2 [55件] お勤め, お弟子, ことです, ところ走過せ, みちびき給, 上で, 世界へ, 中に, 中の, 予言の, 体を, 供養を, 側に, 再誕, 前には, 前を, 力に, 力を, 化身である, 口という, 声だ, 大弟子, 子に, 寺の, 峠も, 形の, 徒は, 御姿, 念を, 慈悲の, 慈悲を, 慈悲即ち, 戒めを, 手を, 教えの, 教えも, 教と, 教へも, 殊に, 母, 法の, 為には, 真理, 眼の, 立場に, 背景に, 腕に, 茶屋に, 言葉には, 谷間で, 運命という, 道で, 道では, 道の, 飯で

1 [757件 抜粋] あとに, いずれへも, いまだ仏, うすあかり, おいでに, おすがた, おそば, おわす扉, おん前へ, お使い, お兄様, お前で, お力に, お名前, お姿, お救い, お教え, お計らいであろう, お許しは, お通夜を, ことから, ことであります, ことばだ, ごとき子供, ごとく, ごとく下, ごとく信じて, ごとく吸収摂取, ごとく思索的, ごとく端麗, ごとく面, さしのべる手, した行い, そのおさな, そのを, それに, ためにも, ところ止まる, ともしかんがりと, なやみは, ひかりを, ひかり隠れし, ひだを, ほうとの, ほとんど凡て, まえで, まへに, めぐみに, もって, もとにおいて, ものである, ものとか, ものは, やうに, ようだ, ようである, ゐまさぬ所, ゐられる寺, ガンスなどの, コースを, トンネルを, パスカルや, ライプニツの, ラプラース, ワスレガタミ東太だ, 一分派である, 一種に, 一道のみ, 三ヶ国語を, 三十二相, 三国語を, 三密と, 上へ, 上を, 下の, 与える印象, 与楽の, 世より, 世界の, 両指, 並座で, 中で, 中間に, 予言が, 予言によって, 事や, 事を, 二更を, 云うこと, 云ったこと, 五十丁峠, 人に, 人形が, 仏たる, 伝受なき, 位にまで, 位牌の, 低地へ, 体である, 体中より, 促すの, 信仰, 信仰は, 傍で, 傍へ, 像が, 像であった, 像は, 光を, 児, 入滅せられた, 全体を, 公使位には, 兵士らの, 典型たるのみ, 兼輔に, 冥加の, 冥助を, 冷たい頬, 処へ, 出現される, 出現なすった, 別ちも, 利生, 利益が, 制度祖師の, 前では, 前ボストンで, 前身恩知らずの, 力でも, 力を以て, 力末世の, 功徳は, 功徳や, 加護で, 加護である, 加護を, 助けの, 動機は, 勢力と, 化現で, 化身たる, 化身親鸞僧正によって, 南の, 南海に, 博物館を, 博識連へ, 又ドイツそのもの, 口の, 古い奥ゆかしい建築, 名さ, 名前と, 名前を, 周囲には, 命に従い, 咎を, 善行として, 四ヶ国の, 回向を, 国での, 国では, 国と, 国なり, 国は, 国へ, 国を, 国土を, 国旗を, 在世および, 坐すかと, 坐を, 垂迹として, 垢を, 堂も, 境には, 境域に, 声である, 声を, 外に, 夜に, 大いにいましめ, 大きいジャ, 大堂が, 大堂にも, 大悲である, 大悲は, 大智に, 大辞書, 奈良の, 女優サラ, 好事家中浮世絵を, 如きは, 如く透, 妹に, 始末なぞも, 姓名身がらでも, 姿だ, 姿と, 威光に, 娘を, 子育て観音を, 字を, 完成は, 宗教である, 宿から, 尊像高一丈六尺なる, 導きで近づき未来, 導きによって, 小辞典, 居る方向, 山で, 山の, 峠から, 峠で, 峠へ, 峰に, 峰を, 工が, 左右の, 帰る絵, 常備軍も, 底蘊を, 庚申と, 廻転と, 引合わせとか, 弟子です, 当日な, 形を, 彫像その, 後に, 従弟に, 御催促, 御像, 御利益眼前に, 御前の, 御加護, 御助, 御名も, 御名をとな, 御天下, 御座に, 御方便で, 御舎利, 御飯の, 御馳走だ, 微光でも, 微妙なる, 心, 心とを, 心にも, 心ゆく, 心情は, 忌日に, 忌日にでも, 念の, 念も, 思い切った単純, 思い紙衣, 思召し, 思召に, 思想が, 急先鋒と, 恩が, 恩を, 悲心の, 悲願は, 意にも, 意志に, 感覚から, 慈心の, 慈悲な, 慈悲には, 慈悲は, 慈悲も, 慈悲恩徳の, 慈悲神の, 戒めである, 戒を, 戒律に, 戒律を, 戦争後ゲルマン帝国の, 戦線に, 所領と, 手から, 手で, 手びきだらう, 手引きという, 抜苦の, 持ち給う宝, 掌である, 掌の, 描かれたの, 撤下賜べ, 救いの, 教えでは, 教えにも, 教へを, 教示を, 教行に, 数が, 数とは, 数も, 文芸には, 断罪を, 新刊書時々, 方をも, 方便であるなら, 日ごとに, 日には, 昔も, 時である, 時象護の, 智慧と, 曼陀羅である, 最上美称であっ, 有力部隊は, 服を, 木像が, 未来記にもを, 本説は, 本願のみ, 朱丹は, 来迎を, 根本動機における, 極楽世界な, 構図は, 模倣者と, 権化である, 次に位する, 歌を, 正月女の, 正法である, 歴史を, 死が, 毛を, 気風に, 沢で, 法として, 法杖笈の, 流れだけ, 海で, 海を, 涙などと, 混血児, 済度を, 渓谷において, 源流である, 源流と, 源流らしい, 滝次郎いい, 灯も, 為ぢや, 為の, 無罪を, 無量の, 牀前に, 物を, 特徴は, 独における, 王と, 王は, 理念が, 理念についての, 理想の, 理想のみの, 甘酒茶屋から, 甘酒茶屋へ, 生死は, 生涯と, 甥と, 由来を, 画数枚を, 異名を, 目にては, 目には, 目的を, 直道, 相違は, 真なりと, 真理では, 真理のみを, 真理への, 真言だ, 真髄を, 眼から, 眼眸の, 瞼を, 神聖なる, 神通力によって, 秋を, 秘密協商の, 種々相が, 空気といふ, 立像を, 笑まひ面あかる, 第四願, 精進日だ, 紫摩黄金鬼の, 経歴から, 結縁が, 縁起や, 罰でも, 美の, 群像に, 聡明な, 聯合艦隊を, 肩を, 背後に, 背後の, 能く, 腿の, 自由過激論者が, 舎利を, 船の, 花, 花も, 菊が, 葛藤纏繞葛藤の, 蓮弁には, 蘭学生に, 衆生に対するが, 行いの, 行末である, 表情が, 袂に, 袖に, 裏道例の, 裡でも, 見えるお寺, 親分に, 親分様, 言葉である, 言葉を, 許されない罪, 評論家は, 詩人ボードレールの, 誓いなど, 誓願は, 語に, 説いた戒律, 説かれた予て, 説かれた法, 説きたま, 説の, 説法の, 説法を, 説法場に, 諸国に, 謡すでに, 議論を, 護りは, 賊である, 贖罪と, 足の, 足もとに, 距離を, 身なれ, 身肉を, 身長は, 軍艦の, 輸入を, 途に, 途中で, 連合軍を, 逮夜で, 道であろう, 道にも, 道へ, 遺言という, 遺言を, 遺骨を, 金箔臭い, 鉢中に, 銀次だ, 開戦に際し, 間, 関所の, 閲歴を, 閼伽棚に, 集を, 霊が, 霊を, 面を, 面影は, 面影を, 面相における, 鞄を, 音頭念仏に, 頬を, 頭から, 頭の, 頭上で, 顔が, 願いに, 願力を, 顧客を, 風来の, 餅を, 骨が, 骨を

▼ 仏~ (439, 7.0%)

15 のお 12 のよう 9 の前 7 の罰 5 だと 4 だ, です, でも, の尼さん, の御 3 が, にし, のこと, の話, の顔, へお

2 [25件] がある, がお, が一つ, が一人, が居る, が私, と思わない, にあげる, にお, にお礼, に供, に線香, のない, の世話, の中, の光背, の手, の方, の頭, の首, を仏様, を抱い, を本堂, を見る, 臭くなっ

1 [303件] か, からこの, からその, からも卑怯者, から名前, から教えられ, から罰, から見れ, か知らない, か神様, か菩薩, か観音様, があった, があなた, があの世, がいらっしゃる, がいる, がいれ, がうら, がおっしゃる, がお釣, がか, がかく, がご存じ, がそれだけ, がたたっ, がはいつ, がやはり, がよ打ち掛け姿, がわざと, がゐる, が二つ, が人間, が儘, が出現, が四方四面, が寛大, が書, が書い, が有難い, が焼かれる, が皆, が祀られ, が笑う, が見, が見えた, が見える, が見られる, が許し, が逃げ, が道, が附い, くさいと, じゃ, じゃね, じゃァねえ, すみませんでした, だお, だから, だけのもの, だぞ, だったの, だってあらかじめ, だっていう, だって御存じ, だって罪, だつたら溜, だとよ, だな, だの, だの置き物, って何だか, づくる程, であったに, でありました, である, であると, であるので, でしたら差支え, でしょう, ですから, でどっち, でなければ, でも大事, で僕, で大願成就, で草葉, という表現, といおう, とか神様, とし, となれ, とはあんな, ともえたい, と共にあけ暮した, と名づけ, と心中, と泥坊, と筋, と見, なの, ならあの, なら何, なればこそ, なんかを信ずる, なんぞとっく, にあげたい, におじぎ, にお願い, にこう, にご, にでもなった, になっ, になった, にのち, にはお, にはどんな, には支配, には違え, にもお祈り, にも会っ, にも臍, にも返り, に上げた, に何, に供養, に其年, に合掌, に変化, に対して俺, に対して申訳, に御, に心中, に手, に救われる, に朝茶, に無理, に相, に結縁, に聞い, に臍, に見立て, に訊く, に誓文, に関した, に願っ, のいる, のうしろ, のおかげ, のお告げ, のお気, のお蔭, のお願い, のくに, のご, のす, のたたり, のため, のところ, のねえ, のねえお, のみが御, のみ御, のやう, の不動明王, の乗り, の事, の仏都, の体温, の使, の供養, の信仰, の傍, の力, の功徳, の化身, の咽喉, の問題, の始末, の姿, の姿態, の存在, の引合せ, の彫っ, の後, の御利益, の御蔭, の念誦, の思召, の恰好, の情, の掛軸, の教え, の数, の時代, の様, の横, の為, の目, の破片, の神通力, の笑, の笑顔, の素姓, の縁故, の罪, の腋の下, の荷物, の話し, の貴方, の近所, の道, の金歯, の障子, はきっと, はそれ, はそんな, はひょっとしたら, は一寸, は交りつ気, は仏様, は何もの, は何事, は勿体, は台座, は天竺, は将棋, は少し, は崇め, は御, は悪人, は斯, は胡坐, ばかりです, へいつ, へお茶, へお茶湯, への, への安産, への願, へもお供え, へも御, へ上げ, へ回向, へ御, へ攀じ上った, へ線香, までも腹, まで抵当, みて, も, もあった, もありがたい, もお許し, もだいぶ, もまた, もゐられない, も信じません, も出まい, も出入, も喜ん, も妾, も御, も未練, も死, も立ちゆく, も笑つて, も金びかりなら, や天部, や神様, よりも愛念, より一家, より生き, よ妾, らしく始末, をお迎え, をそまつ, をカルカッタ, を下手人, を乗っけ, を作る, を匕首, を御, を念じ, を抱え, を拝まない, を拝み, を振廻し, を掘り出した, を涜, を焼い, を祠つて, を私, を結び付け, を縛った, を見せ, を運び上げる, を選ん, を長く, 担いで, 持ってるぜ, 祈って, 臭いの

▼ 仏~ (334, 5.3%)

4 仕える者, 会ったよう, 似て 3 なって, なること, 仕える身, 入る鬼, 念じて

2 [14件] こもる祈り, ならずとも, ならなければ, なるの, なれる人間, 五百の, 供へ, 化る, 帰依する, 接して, 謁し, 通じたの, 逢ったよう, 願を

1 [279件] あったそのまま, あはれた, あらぬもの, あり, あわれたじゃ, いたる唯一, いのるの, おすがり, おなりの, お供えし, お優しい, お礼参りを, お祈りし, お祈りした, お祈りを, お結び, お縋りする, お託, お詫びを, お逢いする, お逢い申した, お逢い申す, かえるだろう, かしずいて, こだわって, ささげたもの, したという, したり, しちゃ, して, しては, じっと目, すがったその, すがって, すがる情熱, するか, すること, するも, そういう将来, そむる心, それが, たむけた香華, ちかく或, できたの, とどめを, どんな風, なし給, なったという, なった人, なった人間, なった老人, なってるの, ならせわが, ならせ給, ならせ給わざりし昔, ならんと, なりうるの, なりわが身独り, なる, なるか, なるぞ, なると, なるに, なるには, なるはいらぬこと, なるはいらぬ事, なるべ, なるべき性種, なる人, なる教え, なる時, なれ, なれると, なろうぞ, ぬかづいて, ぬかづいても, ふれて, ふれてない様式等, ふれるには, まかせないならば, みら, みられる微笑, むかい奉ると, もさうさ, 一生仕える, 一身を, 乞にて, 事へる, 仕えますます, 仕えまする者, 仕えるおん身体, 仕えるお方, 仕えるには, 仕えるわれわれ, 仕える事, 仕える外, 仕える寂し, 仕える尼さん, 仕える私, 仕える老人, 仕え奉る, 仕ふる此寺, 仕へる者, 代って, 代わって, 任せ切るという, 会うの, 会えば, 似るよりも, 佞し, 供える仕度, 供するの, 供へる, 供養する, 便れと, 傾きつつ, 入ったとは, 入って, 入り仏, 入る者, 六種の, 出家を, 到らんこと, 加持致し, 化し儒, 化すという, 化する, 去れと, 合せなければ, 向って, 向つて, 向つて合掌, 向つて手, 告ぐ仏, 問う, 因める石碑, 因縁の, 変りの, 多大の, 失礼である, 奉りたる身, 奉ると, 奉納する, 委ねる意, 委託し, 宏大無辺な, 宿って, 宿る御, 対したいと, 対すれば, 対座し, 対面させ, 差し上げる飯, 帰して, 帰する, 帰一し, 帰依した, 帰依し奉る, 帰依せん者は, 帰入, 帰命し, 廻向, 引導を, 往き請, 後光が, 後夜の, 御熱心, 心を, 念じこめられたの, 念じ独り心, 念誦を, 思わないわけ, 愛されること, 感じられたと, 成さんと, 成つた積りで, 成る, 成ること, 成るも, 成ろうと, 手を, 手向奉り, 捧げた香, 捧げて, 捧げようと, 授け奉る, 接したあるいは, 接してから, 接しても, 接するたび, 接すると, 接するとき作者, 援助を, 救われる煩悩, 教師は, 於て, 旅人の, 旧交の, 比べると, 法身報身化身の, 活きて, 活写しじゃ, 済まぬ気, 済むまいとか, 湯灌を, 無事に, 無数の, 物の, 物を, 献ずべしと, 珍宝を, 生擒, 申しきけ, 申し上げや, 疲れた目, 疵を, 白し, 白す, 相済まなく, 相違ございますまい, 祈ったの, 祈って, 祈りするなれ, 祈りつ, 祈れば, 祈請, 祈願する, 神に, 祭られましたが, 種々の, 約して, 結ばれる幸, 結合を, 縁が, 縁の, 縁を, 縁故が, 胆を, 自首し, 花たてまつる, 融け入る境地, 見られないほど, 見放された結果, 許して, 詣り, 詣り出家, 詣れと, 誓ひ, 説かれて, 説法, 諂う, 請えり, 譲って, 讃頌を, 趣く, 身を, 近いほどの, 近かりき, 近づいて, 近づくため, 返さねば, 通じるもの, 通じ打つに, 逢いたるとき, 逢った心持, 逢つてこの, 逢ひ, 逢わなかったため, 関係した, 関係の, 関係を, 附属する, 非は, 預けて, 頼む願文, 願い禁厭, 願うこと, 願って, 首なし

▼ 仏頂寺~ (321, 5.1%)

34 と丸山 106 の声 5 の夢, は 4 の型, は兵馬 3 あるところ, がその, にいい, に憎まれる, の面, は君, を憎む

2 [17件] がいう, がいよいよ, がこう, がなおし, がまた, が急, なんかに恨まれる, の奴, の故郷, の膝, はそれ, は何, は冷然, は女, も丸山, を憎い, 痛いだろう

1 [198件] いったいこれ, からこう, から冷笑, があれ, がいたら, がくみしいた, がこっち, がこの, がこぶし, がしきりに, がすり寄る, がそう, がそれ, がどう, がまたも, がわざとらしい, がズンズン, がテレ隠し, がニヤニヤ, がムキになりました, がワザワザ睨み, が上, が丸山, が今, が仏頂面, が以前, が先手, が兵馬, が冥途, が刀, が合わせました, が呑込み顔, が咎めなけれ, が声, が嫉, が帰った, が待っ, が恐怖, が押え, が振返っ, が斬りかかろう, が最後, が死にたくなった, が眼, が簡単, が至極, が言い出した, が踏ん, が躍起, だと, だよ, とああ, というの, という奴, という悪, という男, といえ, としてもみだりに, とても悪く, との間, とは大, と一緒, と同じ, と見事, と言う, なんかというあんな, なんて仏頂面, には虫, に二人, に多大, に対してはございません, に対して宇津木兵馬, に対して弱味, に引渡される, に恨まれる, に指さされ, に攫われる, に聞きたい, に見つけられ, に見廻される, に言う, に関する夢, のいる, のため, のつむじ, のなす, のやから, の乱暴, の倒れた, の傍, の刀, の前, の剣, の動静, の友誼, の名, の後ろ, の心, の怨念, の悪口, の態度, の方, の最期, の構えた, の死際, の気, の眼, の言葉つき, の註釈通り, の門前, の青眼, の頭, の鬼手, はあなた, はいつ, はいまいまし, はいよいよ, はうけ, はさも, はすでに, はそこで, はその, はそれでも, はふくれ出し, はまぶし, はよく, は世間, は事, は二三度, は仏頂面, は傷だらけ, は兎, は全力, は剣客, は呑込み面, は声, は大, は存外, は左, は床の間, は弁慶, は引込む, は心置, は悪態, は意地, は斎藤弥九郎, は斎藤歓之助, は浮かない, は澄まし返っ, は焼, は盃, は看客, は立派, は笑わず, は耳, は聞き流し, は自分, は障子, は飾り物, は首, は高師直, へ会釈, ほどの亡者, ほどの者, ほどの豪傑, もう少し待っ, もお, もこれ, も兜, も全く, も心得, も無下, も等しく, も見, も面, や川中島, よりあなた, を, をあわれむ, をなぐり, をなだめ, をはじめ他, をほんとう, を好かない, を嫌い, を恨む, を憎み返す, を斬っ, を殺す, を浮き立てる, を煽る, を見た, を証人, 大いに怒り, 実はな, 来たか, 止せよ, 遠慮なく飲み

▼ 仏~ (316, 5.1%)

7 念じて 5 拝し 3 なぐさめて, 念ずること, 意味する

2 [14件] えたらん, おくこと, 作って, 信じて, 囲んで, 奉じて, 小刀の, 念ずるの, 抱いて, 無みする, 現出せしめた, 背負って, 越えて, 迎えること

1 [267件] あとへ, いい換えれ, いくら見, いそいだの, おいて, おがみたいと, おたより, お護, お願いする, かかえて, きざんだの, きままに, ここんな, こっちへ, こわきに, しらず教, すすめ菩提, すっかり見おわる, すべて象徴的表現と, その御, その背後, たずねさ, たのまずに, だます者, ちょっと拝見, つくって, つくりそれ, のせて, ば礼拝する, ひとまず世話人, ひとり橋下で, ほとけを, ほんのいっぺんどおり, まもるには, もつ廬舎那仏, もとむ, ゆびさして, よそに, ゴクッゴクッと, マントの, 一わたり見, 一体取り出した, 下りて, 下ろして, 中心として, 主人公と, 主張し, 主張した, 事として, 人待石に, 仰いで, 仰がんと, 仰ぎ見て, 仰ぐこと, 仰ぐ坊さん, 伝え美術, 何処へ, 作りて, 作り因縁, 作り得るに, 作る方, 使いましたはまこ, 供養する, 供養せん, 侮辱する, 信じさせても, 信じてない, 信じては, 信じてる訳, 信じない人, 信じ皇室, 信ず, 信ずること, 信ずるもの, 信ずる馬子, 信ぜずそのうえ, 信仰しなくっ, 信仰する, 兎形に, 入れたるため, 出して, 出で, 刻む時, 刻んだ, 刻んだの, 刻んだ六角, 刻んで, 前に, 動かしたと, 動かしたの, 動かして, 動かすこと, 勧請する, 取りだすと, 取り出すこと, 叫ぶの, 否定し, 呵し祖, 呼び寄せる, 呼んだ, 唱え始めたので, 回向かたがたお, 囲み, 図し, 地獄に, 埋け終ると, 大切に, 太子の, 奉ずる者, 好み経, 嫌って, 守って, 守護聴聞する, 安置す, 実現させる, 山上に, 希うて, 帳場に, 建立いたした, 建立し, 彫る所以, 彫刻する, 往時の, 後部の, 得んに, 御礼拝, 念うて, 念じそして, 念じその, 念じたこと, 念じたの, 念じた人, 念じながら, 念じようと, 念じる時, 念じ急いで, 念じ称名, 念じ続けた, 念ずるか, 念ずるとか, 念ずるなり, 念ずる限り, 念ずれば, 思い出しながら, 思い起こします, 恐れる筈, 恨む様, 恭敬し, 愛し信じて, 愛し信ぜざるを, 愛する人々, 慕いつつも, 慰めたの, 憶念する, 懐中に, 打っちゃっては, 批判する, 拝した, 拝する, 拝すること, 拝するとは, 拝する妙味, 拝すれ, 拝ませて, 拝みに, 拝むこと, 拝むと, 拝めと, 拝め仏, 拝んでだけ, 拝んでは, 拾いあげる功徳, 持って, 持つと, 持念する, 指していう, 排する皆雄論博議, 掘りだし工場, 掛け椅子, 揺られて, 斥くる, 昼間越える, 殺し, 殺したの, 殺しても, 求めて, 求め自己, 汚すという, 浴し, 火葬のさ, 焼場へ, 献じて, 獅に, 疑うては, 疑ひても, 目し, 睨みつけて, 知るに, 石垣から, 礼し, 礼した, 礼んで, 礼拝した, 礼拝する, 礼讃した, 礼讃する, 祀って, 祀る仏寺, 祈って, 祭った山上, 祭らなかった, 祭りあるいは, 祭ると共に, 秘めた厨子, 種に, 納めた箱一つ, 絶対に, 繞る, 罪するわけ, 美術品として, 聞きて, 表現し, 見いだす心持ち, 見た, 見ないの, 見ること, 見るという, 見るより, 見付け出して, 見失い法, 見失う事, 見守って, 見物に, 観る, 詆る, 語ること, 語るという, 語る人間, 説く, 調えて, 識りそめたる, 讃仰する, 讃歌し, 讃美し, 買うか, 越えては, 越えるもの, 越したと, 踰えて, 軽々と吊り下げた, 辱か, 迎えたもの, 迷わした女, 迷わせて, 追いぬきかけて, 造りま, 造顕する, 運ぶ力, 金の, 開眼し, 降しその, 非常に, 頼まずに, 頼み玉へ, 飾り古寺, 馬の背に, 駁撃する

▼ 仏~ (205, 3.3%)

6 の革命 2 が安, に於ける, に渡り, の, のある, の民法, の美術館, の若き, より帰

1 [181件] か, から帰朝後, から招聘, が好ん, が守備, が断然, が殊に, であった, でいふなら, でない, ではガボリオ, では仏国風, では他, では十五世紀, でも竜, でも豆, で修業, で出た, で無線電送, で試験, で調べた, との国境, との開戦, と中華民国, と墺国, と戦端, と英国, と講和, などでは股権, などで俳諧, にあ, にあらず, にあり, においても一七五七年, にては同国製造, にては既に, にては能, にて証明, にでもかく, にほかならない, にもロア・デ・リボー, にソンネット詩形, に二人, に使いする, に出, に向っ, に在る, に在勤, に大, に対しても見事, に復讐, に決戦, に決戦戦争, に渡つて, に渡航, に移したる, に託し, に讐, に走り, に遊び, のかかる, のこと, のほか, のわけしり, のアカデミー出身, のカルメット, のギゾー, のシンヂケート, のジヤン・バチスト・セエ, のジュリアン別, のジョリオ・キュリー夫妻, のジル・ド・レッツ, のチソー, のデオン, のニノン・ド・ランクロー, のポルダ, のモンペリエ, のラネツサン氏, のロセス, の三色旗, の上, の下, の人民, の代表的作品, の体面, の公債, の兵威, の初期印象派, の劇作家, の劇作家中, の北部一帯, の十八世紀, の南部, の哲学者等, の大統領, の天文学者フランマリオン, の好事家狂奔, の如き, の学校, の学者, の宗教教育法, の将来, の屈伏後, の常備兵, の思想, の抒情詩, の抵抗意志, の探偵, の探偵秘伝, の操典, の教化, の教育, の数学者ポアンカレー, の文学芸術, の文豪, の文豪ゴンクウル, の旅行僧ジョルダヌス筆, の旗艦ジヤンヌ号, の旗色, の有名, の東南部, の某, の歴史家ニコラス・ショリエー, の殖民政策, の民心, の水兵, の汽船, の流麗艶美, の浮世絵蒐集家中, の港, の狂暴, の狼狽者流, の猫, の現代, の画家, の皇帝, の突進, の竜同様変遷, の経過, の統一, の腐敗, の自由主義, の荒廃, の製品, の訛, の訳官, の諷刺画家ドオミエー, の貴婦人, の軍人, の軍服, の軍艦, の陸軍部内, の革命主義, の革命党, の風, はカーキ色, は世界, は再び, は国境, は日本, は次に, は英, へでも向っ, へ派遣, へ渡っ, へ燕, へ行っ, またはドイツ, もなく, や米国, よりイタリア, より帰り, より輸出, より追放, を仇, を以て一闘犬, を属し, を改良, を見, ノ古物家ニ日本, 及び外国

▼ 仏~ (196, 3.1%)

5 アンの 3 生死を 2 人間の, 現世の, 自分の

1 [182件] あらずもがな, ありがたいもの, あるべしという, あるもの, あんまり美くし, いいかけたの, いついかなる, いつも菩薩, いますという, いまだ燃え, おどろいた, おどろいて, おなごは, お見せ, かくの, かねて知りたい, かれら, ここの, ことごとく皆, この人形, すなわちしからず, そういう, そういう教え, そこへ, そのくらいに, そのたくさん, そのはじめ, その大, その女, その本分, その模範, その金, その闘争, それから, それら一切の, たしかにご, ただ現世利益, つつましく燈明, どうしても救おう, どうして出来た, どうで, どうであろう, どうなった, どこの, どんな事, なかなかの, ふしぎそうな, ふたりともに, ふと今, ほれぼれと, むっとし, やっとそれだけいった, われを, アンに, サンドウィッチを, シナで, ネラと, 一切を, 一切取り除ける, 三十過ぎの, 与えようと, 並べられ造花, 二人の, 二寸に, 二荒山の, 五濁, 人なる, 人に, 人身に, 今様を, 仏と, 仏慧菩薩の, 伊は, 何んと, 元来木彫である, 其の絶対, 円光の, 刹那に, 刻まれて, 則ち, 動きだしませんかね, 勝碁の, 勿論本国, 十七八の, 十四歳の, 千差の, 単に自己, 印度で, 受難の, 口の, 同時に王, 呪詛の, 在すの, 坐って, 外道の, 大光明, 大内青, 大分耳が, 大詐欺者, 失うべき何もの, 女の, 実に可憐, 寂然として, 審判者では, 小さいもの, 小流れ, 少しも, 居ませぬ, 屋上に, 嵐の, 常にいませ, 廻転し, 弁解らしくいった, 従来地方の, 必ずお, 思ったこと, 愕い, 愚かな, 愚癡である, 成熟した, 我の, 手を, 拳を, 持つちや, 日本の, 明治時代に, 智慧を, 末法の, 来給う, 概して俗, 歓喜踊躍, 正成に, 比較級構造の, 気持ちじゃ, 池中の, 河口の, 法然を, 泰然として, 火事の, 無い, 無事に, 生前泥鰌が, 異常な, 発心修行菩提涅槃と, 皆藍面赤髪背中に, 確かに, 私の, 種々の, 立ち上ると, 筒井の, 筒井は, 精一杯の, 結晶岩なる, 絶大の, 美男に, 自ら十二の, 自在身でなけれ, 自室に, 舌を, 苦しそう, 血盆地獄に, 裸身であっ, 見れば, 見付からなかった, 請わるれば, 貧しいながら, 赤坂の, 身肉手足を, 車に, 述べて, 逢茶喫茶逢飯喫飯と, 遠い西, 銅を, 長寿の, 門衛に, 限りない, 青竜刀を, 静止し, 鶏に, 鹿島清兵衛, 黙って, 黙りこくって

▼ 仏~ (183, 2.9%)

7 なって 6 仏との 3 なりて, 倶に

2 [12件] あり, いえば, いっしょに, なった, なる可能性, 云って, 唱えて, 申されるお, 申すやう, 菩薩の, 衆僧を, 観ずる日輪

1 [140件] あい対するところ, あおぎ敬う気, いいみな幾分, いえども, いえる人, いって, いっても, いつなりに, いふ者に, いわるる深大寺, おっしゃって, おらが, したい浄土, した位牌, すがりたいよう, その子, だいぶ違う, ちがって, なったこと, なったこの, なったもの, なった新, なった者, なった釈尊, なづけて, なられた苦行, なられました, なりし十兵衛何, なりし十兵衞何, なりたまひ, なり大慈大悲心, なり浄土, なる, なること, なると, なるという, なるなんて, なるの, なる教え, なる時, なる筈, なる素質, なれば, なれる人, ひとしく長, よびたくなったの, よび理性, アンとの, シナとの, ススケ峰の, チベット仏教の, 一つ, 一つに, 一緒に, 二人づれ, 云うもの, 云う天魔外道, 云う諺, 云っても, 云はれた, 云ひ, 云われる多助, 人間が, 伝えまた, 住めば, 側立の, 儒との, 共に隣りし, 凡夫との, 十声唱へて, 右門とは, 同じよう, 同体といふ迄には, 名づけた, 名づけても, 名乗って, 唱うれば, 唱えながら, 問われて, 問答し, 壁画との, 多少異, 多羅尼, 小声に, 崇めこの, 心の, 心は, 心得て, 念じたという, 思うよう, 思つて毎日拝ん, 思ひ必ず, 思ふて, 思めし準へて, 成ったの, 成って, 成る前, 我が皇室, 推古仏の, 政治謀略は, 映るの, 時衆名を, 景信の, 書かれた文字, 朋輩の, 法と, 渇仰される, 無常の, 独伊自分を, 申しますの, 申すばかりを, 申すよう, 申ものは, 異名の, 碁を, 神を, 称されて, 称した, 称し衆, 競争を, 縁の, 美術品との, 能く, 脇士の, 自分との, 藤原仏の, 見て, 見ようと, 観じ捨て, 言うて, 言うものの, 言うより, 言ふより, 詐称した, 詩魔とを, 説く, 謂って, 雑魚し, 顕れ夜叉, 鬼を

▼ 仏~ (170, 2.7%)

4 仏に 3 あると, 正覚を, 説かれた

2 [11件] ある, あんまり退屈そう, 仏を, 勝れて, 始めて, 安置され, 帰って, 我国に, 生前に, 神が, 立って

1 [135件] あたかもじっと静止, あの人, あり高尾, あるかい, あるかも, あるという, あるとしましたら, あるわけ, いて, いられるという, いるから, おためし, お計らい, お責め, かわいそうじゃ, こういう風, このよう, これを, ござる, しずかに, すわって, その下, その人, その前, その資格, たくさん列ん, なくなってから, なくなりゃア, ふと思い出した, ふりかえって, ふりまわして, よく知っ, よごれるからな, ブダガヤの, ホトケである, 一代の, 一子羅喉羅その, 一念籠めて, 一番だ, 一纏まり, 与えて, 人を, 人体に, 仏自らを, 仮に人, 何んだ, 保証する, 光り合って, 入ったので, 出て, 出ても, 出る, 出るか, 出来るという, 出来るの, 刻まれて, 即心, 友人を通して, 右へ, 唯さびし, 国学の, 在しますこの, 在す, 売り残した煮物類, 大きい声, 大事だ, 天平時代の, 好きだった, 好ましきもの, 嬉鬘歌舞の, 孕ませて, 寺門屋下に, 対立し, 導くよう, 巣を, 帰ったと, 廻りだしたこと, 廻転を, 彼らより, 微妙の, 憎んで, 憐み, 憐んで, 戒めたから, 戦後の, 手に, 持った鉢, 捧げて, 救いの, 新兵衛, 書きました像, 本尊であった, 本当に助け, 本来その, 来たと, 来たりて, 桃盗人を, 次々と, 次第に私, 正しい御, 正面を, 死ぬとき, 殺されたと, 涅槃に, 爆撃の, 王舎城に, 理想の, 理想を, 生まれて, 畢竟自分, 白骨と, 睨みますなんて, 知恵を, 示現したまう, 私を, 立ち上ったとき, 第一, 給孤独園に, 背上の, 自分の, 華厳を, 衆生を, 行ぜられた図, 見て, 説かれたそう, 谷中三河屋の, 身を, 迎へに, 迷います, 迹を, 鉄格子の, 青竜刀を, 首楞厳三昧に, 鬼女を, 魔か

▼ 仏さま~ (148, 2.4%)

6 のお, のよう 4 どうぞ仏さま 3 はお 2 か, がある, にどうか, に会った, の花, の頭, はおじいさん, は女, を拝ん

1 [111件] からいただいた, からとんだ, から子宝, があります, がおられる, が古来, が彼, が有りまする, が有る, が生き, が祭っ, じゃ, だか, だけに螢, だとて, だとばかり, だタンボ大事, であります, でありますが, ですか, という, といっ, とか, となり, との仲, とやや, と呼ばれた, と呼ばれる, ならもう, にあげ, にある, におまえ, にお祈り, にそれから, にちがい, にな, になっ, になっちゃった, になっとった, になり, になりかわっ, になる, にはあと, には楽しみ, にもお, にも中, に上げる, に仕え, に供, に叱られる, に向かっ, に対しては手, に物, に道案内, に酒, に願い, のうち, のおぼしめし, のこと, のさかずき, のため, のやう, の下, の前, の守護神, の御, の御利益, の怨み, の慈悲, の数, の敵, の血脈, の過去帳, の道, の遺物, は, はいろいろ, はいわれました, はお前さん, はごらん, はしばらく, は一時繁昌, は三人, は少し, は浮かびません, は無縁, へお, へおまかせ, への供養, への御, への言葉, へは今, へ御, へ蚊とり線香, も, もあるらしい, もない, や神さま, よりやさしい, をおがみました, をおがむ, をお前さん, を信じ, を利用, を念じさせました, を念じさせよう, を念ずる, を持っ, を春, 御領主さま, 見て

▼ 仏頂寺弥助~ (111, 1.8%)

15 と丸山勇仙 3 はその, はそれ 2 が, が傲然, が眼, の亡霊

1 [82件] があわただしく, がいいます, がおっかぶせ, がこう, が丸山, が代っ, が何, が何故, が傍, が先, が先達て, が冷笑, が刀, が叢, が合わせます, が四方, が後ろ, が捲, が改めて, が渋面, が真顔, が睨み返す, が立ち上っ, が耳, が耳錠, が足, が驚い, であって, でありました, でございます, でも丸山勇仙, で後ろ, と, という御仁, という浪人, ともう, と中ごろ, と仏生寺弥助, と竹刀, と長州, と高杉晋作, にたずねる, にはわからない, に出逢った, に向っ, に至っ, のした, のカラカラ, の一行, の声, の如き, の如く, の柄, の気色, の高笑い, はいずれ, はいよいよ, はうなり出し, はしっかり, はついに, ははげしく, はようやく, はズカズカ, は三谷一馬, は不承不承, は加茂河原, は勃然, は勇仙, は友禅模様, は太刀, は当時有数, は投げ出した, は沢井道場, は番付, は着, は組敷かれた, は羽織, は鍵屋, は長押, もやむなく, 並びに丸山勇仙, 共に信州松代

▼ 仏~ (102, 1.6%)

5 の思ひ 4 から戻つ 3 から引, での生活, の山林 2 での様々, にゐた, のダラット, の事, の林業, の頃, へ来

1 [70件] からお, からかと思う, からご, から帰っ, から戻つた, がなつかしく, だと, でそんな, での一切, での二人, での古都, での思ひ, での華やか, ではあんなに, では小戦, では研究, でニウ, で別れた, で死ん, で終戦, で読んだ, で負傷, で買つた時計, と泰国, にとっては小戦, にまで来る, に似てる, に住ん, に捨て去, に木炭自動車, に渡航, に着い, に落ちつく, に行つて, のやう, のアンコールトム, のハノイ, のパンフレット, の何処, の個人, の土, の土地, の土地々々, の安, の山々, の山奥, の山岳林地帯, の所想, の時, の景色, の景観, の林業調査, の林野局, の森林, の歌, の河内, の記憶, の話, の高原, はよかつ, はボルネオ, へなぞ行つて, へ呼びもどされ, へ森林業, へ発った, へ発つ, へ私, へ行く, へ行つて, へ軍属

▼ 仏~ (99, 1.6%)

4 ないもの 3 あるもの 2 ないかと, 元は, 喜びましょうからな

1 [86件] あつた, あらば, あります, ありまた, あるものニ, いまだ求むる能わず, うまけれど, かない給わざる事, かならず納受, きつくお, ことごとく焼き払え, これを, ございません, さぞ喜ぶでございましょう, さぞ喜ん, さだめし甚八, ずぶ濡れだった, その祠, ともに, ない, ないか, ないんで, ない世, ない世の中, ない世界, ない事, ない内陣, ない血, なし, なし鬼, ねえという, ましますもの, また法, 一年三百六十五日打通し, 一緒くたに, 人形も, 今は, 仏教と, 仏教の, 仕合わせたい, 何処までも, 信ぜずなにごと, 冥助を, 取り出さなければ, 嘸かし草葉, 在しまさぬ此世, 多くあった, 大いに悦ぶ, 大した道程, 奇特を, 如是一心と, 察する, 居られそれから, 居られるの, 御仏, 御座る世, 心配なされ, 必ずやゆるし給う, 敵と, 昔は, 此世には, 浮ばれないん, 浮べないねえ, 浮まれまい, 無いかとは, 無きもの, 王と, 知らないの, 知らぬほくそ, 神も, 移して, 種々なる, 血も, 衆生もろとも, 見そなわさずに, 説かれて, 護らせたま, 踏み潰し蹴散らして, 踏殺し, 遂には, 酒なり, 閉口せらるるであろう, 阿難, 附添っ, 頼みに, 願はず隠れ住む

▼ 仏天青~ (57, 0.9%)

2 であること

1 [55件] か, が目, であるが, というの, という名前, という文字以外, といえ, とはどんな, と漢字, と認め, などというおかしな, なる中国人, に挨拶, に違い, のうしろ, の妻, の手, の略称, の眼, はおどろいた, はこれ以上, はこんな, はそういう, はその, はどう, はなぜ, はひどく, はまた, はまだ, はアン, はリバプール, は一つ, は両, は例, は俄, は全身, は刃, は列車, は前, は大使館参事官, は廊下, は思った, は機上, は眼下, は礼, は身, は遂に, もようやく, も人々, を呼びつけ, を戻し, を扱った, を拾っ, を迎え, 駐仏大使館参事官

▼ 仏勤め~ (50, 0.8%)

8 をし 2 もよく, をあそばし, をなさいます, をばかりし

1 [34件] がおでき, がされ, がしたい, にも没頭, にやつれ, に傾倒, に励ん, に痩せ, に精進, のできる, の合い, の障り, はし, はする, は怠け, ばかりに気, ばかりをし, ばかりをする, ばかりを家, もおでき, もしよう, もたいして, もできないでしょう, をあそばされた, をあそばされる, をあそばす, をしよう, をし馴れた, をする, をなされた, をよく, を十分, を取り返しうる, を平生以上

▼ 仏~ (46, 0.7%)

2 は仏語

1 [44件] からそう, からの命乞い, がアルサス, がトルーフル菌, が国家, が新, だいたい日本酒, だそう, といったよう, とチュートン人種, なるが, に代, に任せ, に依頼, のいわゆる, のかいた, のとなえる, の利益, の剣幕, の名, の名前, の国民精神, の天主堂宣教師, の女, の思想, の怨恨, の手紙, の熱灰上, の脚肉, の軍陣, の遊び, はこの, はこれ, は一歩先, は両手, は五, は国利, は彼, は征略, は自己, は音, も露人米人, を延, を雇い

▼ 仏~ (38, 0.6%)

2 の弾丸

1 [36件] があたかも, が必ず, と独軍, と策応, にし, にはフランス, に向った, に対しては攻勢, のマグネシューム光, の一部, の勝利, の反撃, の大敗, の将士, の左翼, の後方, の意表, の損失, の有力, の無為, の砲火, の行動, の補給, はそうした, はぞく, はケバ要塞, は今度, は多数, は敵, は遂に, を中断, を侮辱, を大いに, を常勝軍, を捕捉殲滅, を敗

▼ 仏頂寺丸山~ (32, 0.5%)

3 の徒 2 の両人

1 [27件] からは聞かなかった, が店, が徴発, が教える, が窮, といえ, にさらわれ, のやから, の両, の両君, の事, の二人, の亡者, の前, の友人, の存在, の血みどろ, の身辺, の輩, はあれ, は名うて, は待っ, は煙, は肉, は興, もこれ, も去った

▼ 仏~ (30, 0.5%)

2 の中, の秘密, の話, の部屋割

1 [22件] から発見, が容易, である, にけち, に百年間, のある, のいいつたえ, の入口, の外, の治安, の番人隊, の見取図, の調査, の長老, はここ, はもちろん, は大切, へ来た, を参観, を見, を見物, を閉鎖

▼ 仏~ (28, 0.4%)

1 [28件] おすがり, かかった美, かかるの, ささげたく思召, さしかかって, ばらっと投げ懸け, むかって, 二里八王子へ, 何よりの, 出るには, 出るまでは, 向ったから, 向って, 天狗が, 奪られ, 対して, 恥ずかしくお, 敬意を, 来たの, 無沙汰を, 祈って, 立てた誓いを, 老師は, 花を, 行く和尚さん, 走る一線, 預金し, 頼む意味

▼ 仏兵助~ (27, 0.4%)

2 という奴, という親分

1 [23件] が続け, だぞ, であります, という桶屋さん, という盗人, という者, といわれる, ともいわれよう, と名乗った, と名乗り, と青梅, なる親分そのもの, に導かれ, に追われた, のため, の前, の親分, の面, はさっぱり, はそこで, はその, はついにきっぱり, は自分

▼ 仏戦争~ (26, 0.4%)

2 を題材

1 [24件] が終っ, そしてパリ, でパリ, とかグリーンランド, と翌年三月十八日, なの, による帝政崩壊後, に於ける, に臨み, に際しては奮激, に際して非常, のよう, の五十枚続き, の前, の当時巴里, の影響, の後, の時, の最中, の永久, の結果, の起こる, を境, を機

▼ 仏~ (25, 0.4%)

1 [25件] あつた, あり得るありがたい, いい気な, いる方, こちと, これも, ござります, すっかり大, すまして, その上, なき限り, なしに, まだ開かない, 世の, 別にお, 別れた時, 吹いて, 安心しきっ, 折々の, 殺された久米, 稼いで, 迦葉波仏が, 釈迦如来像は, 金を, 難を

▼ 仏とは~ (25, 0.4%)

3 このこと, 何ぞや 2 よく言った

1 [17件] いえないわけ, うまいこと, かわいた馬糞, どんなもの, まったくこの, 何である, 十三号車の, 大乗, 心々に, 我々の, 正しくこの, 死んだ人, 申しながら, 真偽の, 縁起でも, 違って, 麻三斤である

▼ 仏にも~ (24, 0.4%)

1 [24件] あらざれば, うかがわれると, そちこち, なりゃあ, ねがって, またいろいろ, よくわけ, 仕よう, 余韻し, 供え看護婦, 供へ, 古人の, 奇蹟を, 思いっきりその, 憎まれて, 手を, 暫く滞留, 相手次第で, 祖師にも, 縁が, 見放されたよう, 見放されたらお前, 触れて, 近所にも

▼ 仏でも~ (22, 0.4%)

1 [22件] ある, あるかの, あると, あるやう, ございませぬ, ちと深き, ない, ないから, ないやり, ない同時に, なくして, 何でも, 大日如来などは, 容赦する, 尊い手, 拝んで, 無宗教, 百済観音や, 見るやう, 迷うの, 面見せろ, 鬼でも

▼ 仏~ (22, 0.4%)

2 を念じ

1 [20件] が犬, が皆, にお, に甚太夫, に祈った, に祈り, に祈る, に祈誓, に誓言立て, のいずれ, のお, の中, の力, の垂跡, の夢想, の御名, の混合, への不敬, も不浄, やかつ

▼ 仏という~ (21, 0.3%)

2 のは, ものは, 奴だ

1 [15件] ことに, ことも, のだろう, のでございましょう, のも, ものだ, ものに, 名は, 大梅, 対立が, 新しい光り, 考えに, 者が, 語句とも, 諺が

▼ 仏~ (21, 0.3%)

3 の中

1 [18件] して, するといふ, だけは世界的, で読み始めた, とても既に翻訳, になった, に対する彼, の, のもの, の法華経, は仏文学, までも添え, をまとめ上げた, をピトエフ, を借り, を読ん, を読んだ, 第二巻八八頁

▼ 仏~ (19, 0.3%)

1 [19件] ああ痛, かちょッ, からお, から仏, そうだ, つたこれは, つたのです, といいます, とちゃんと, とも云う, と思っ, と思った, と言う, などという怪しい, のと, のという, 仏だ, 茶は, 魔でない

▼ 仏とも~ (19, 0.3%)

2 書いて

1 [17件] いう, いうの, いうべきもの, いわれた人, いわれて, おも, おもうて, ただもう, 天人とも, 申そう様も, 神とも, 称えたそう, 親しくし, 言うべき端厳微妙, 言うよ, 言ふべき, 阿弥陀とも

▼ 仏たち~ (18, 0.3%)

1 [18件] が人, である, という名詞, に面する, のお, のまえ, のまわり, の前, の名, の回向, の魂まつり, はふたり, もが人類, も安心, や天人, よすなわち, よという意味, 猶飛べるあり

▼ 仏~ (18, 0.3%)

1 [18件] キリシタンの, 古典への, 夢殿観音像の, 寺院にのみ, 念打ちなどは, 梁川星巌の, 毘婆尸仏の, 甲斐の, 神の, 耶蘇の, 英の, 菩薩が, 菩薩に, 菩薩の, 蓮の, 衆生や, 諸大弟子滅後, 鵬斎に

▼ 仏~ (18, 0.3%)

1 [18件] だと, とでした, との耶蘇教, に宗論, に訊ねた, の上, の切支丹転宗, の堕落, の外そこ, の生活, の翻訳語, は乞食托鉢, は皇帝, や神官, を供養, を断, を睨まへ, を追放家臣

▼ 仏国革命~ (18, 0.3%)

2 の際

1 [16件] が民衆, と同一視, におけるモンテスキュー, に依っ, に現われでる, のごとき, のとき, のルーソー, の威力, の張本人, の当時物好き, の恐怖時代, の立者, の血, まで持久戦争, も正味

▼ 仏さん~ (16, 0.3%)

3 の前

1 [13件] が彫り付け, だちゅうことを, では, なんぞ持っ, に定めた, のお, のお腹, のねうち, の右手, は, もちゃんと, を沢山, 拝みさ行ぐべ

▼ 仏~ (16, 0.3%)

2 の文学者

1 [14件] で呼び合いました, のあらゆる, のいわゆる, の三国, の三科, の同志, の学者, の文学科, の旧, の書物, の機械論的唯物論, の間, よりも先, 同

▼ 仏~ (14, 0.2%)

2 により, に渡した, は左右, は隠しじる 1 というの, といふの, はさて, は延珸, は廷珸, は扨

▼ 仏~ (14, 0.2%)

2 という人

1 [12件] がインド, が教えた, とインド, と同, などという印度人, に大, の仕事, の手, の梵語, は喜ん, は熟練, を見つけ

▼ 仏国人~ (14, 0.2%)

2 の生活

1 [12件] がスカンヂナヴィヤ劇, が敷設水雷, である, ではない, に売渡さるる, のごとき, の中, の住宅地, の作, の魔術, は難攻不落, も見た

▼ 仏~ (14, 0.2%)

2 を得

1 [12件] とし, にも達する, に依る, の方面, の照明, の裁き, はこの, は各自, は心眼, を喚び起せ, 現れここ, 見と

▼ 仏~ (13, 0.2%)

5 を唱え 1 が彫っ, であります, の僧, の又の日, を唱, を唱えましょう, を御, を称し

▼ 仏から~ (12, 0.2%)

1 [12件] 動いて, 勧めて, 摺差へ, 放れた清潔さ, 甲府に, 甲斐東部の, 笹子の, 義務の, 見られたならば, 見れば, 許された法悦, 陣馬を

▼ 仏租界~ (12, 0.2%)

2 の方 1 といふ厄介, に聳えたつ, の人口, の街頭, はそんなに, へラシイヌ, ほどの品, を昼, を歩き尽くし, を通り抜けね

▼ 仏菩薩~ (12, 0.2%)

1 [12件] すなわち外護, では不動明王, ならこういう, においてもこれ, に祈, の教義, の種々相, は染物屋, は自分, への不信, を祀り, を頼む

▼ 仏である~ (11, 0.2%)

1 [11件] かどう, から誰, がその, が地蔵十輪経, が眼病平癒, ことと, ことを, ということ, という御, のです, 糞掻き

▼ 仏には~ (11, 0.2%)

2 実によく 1 あらず, かかる和, そんな仕掛, ないの, なりませぬ, ほとんどない, 十分注意が, 山の, 見られずまた

▼ 仏への~ (11, 0.2%)

1 [11件] お祈りは, せめてもの, 供養を, 信の, 信仰によって, 可能性, 帰依を, 祈願を, 結縁として, 菓子折り, 願文を

▼ 仏との~ (10, 0.2%)

2 間の 1 まじり合った深, 仕事な, 単伝, 実在を, 相伝も, 間で, 面授面受に, 面授面受を

▼ 仏に対する~ (10, 0.2%)

2 私の 1 心理状態を, 感情が, 法事を, 深い信仰心, 自分の, 詐らざる, 遠慮なら, 顧慮は

▼ 仏国公使~ (10, 0.2%)

1 からは五か条, が調停, の勧め, の厚意, の意見, の手, の挙動, の答, の通路, も待っ

▼ 仏~ (10, 0.2%)

3 伝来記, 行集経 1 行経と, 行経七巻の, 行集経相, 願意在

▼ 仏~ (10, 0.2%)

2 をひきくるめ 1 がこれ, など諸, に学びたい, の国歌, の自然主義, の諸, の軍備充実, は立場

▼ 仏領印度支那~ (10, 0.2%)

2 において開発 1 に於, に渡つたの, のある, のメコン河, の苦力, の首都, は曾遊, を舞台

▼ 仏~ (10, 0.2%)

1 が企て, が四つ, と広隆寺, と推古天平室, と菩薩頭, の作者, の方, はその, はスフィンクスみたい, もむろん

▼ 仏~ (9, 0.1%)

1 うるさく質問, さっぱり分からず, まだ判明, むろんわからない, 一なる, 毒か, 知らないけれども, 神が, 鬼か

▼ 仏なら~ (9, 0.1%)

3 ねど, ねどこ 1 この小屋, ば斯, 七蔵頓死さして

▼ 仏~ (9, 0.1%)

9 って魂

▼ 仏国劇壇~ (9, 0.1%)

1 に大, に於, に重要, の中堅作家, の傾向, の先駆的傾向, は前, は将, を騒がした

▼ 仏国大使~ (9, 0.1%)

3 の乗った 2 が伺候 1 が東京駅, として日本, に出会, に右

▼ 仏御前~ (9, 0.1%)

2 が出 1 が云う, との一情話, につづく, に寵愛, の云う, もなく, も一家族

▼ 仏~ (9, 0.1%)

1 のごとき, の一二流店, の人達, の文, の書, の盲虫, の諸国, の面々今, わずか二

▼ 仏では~ (8, 0.1%)

1 ない, ないか, ないかと, ない人でなし, なお打, なかろうかと, なくして, 無かった

▼ 仏として~ (8, 0.1%)

1 いっしょに, 丈六の, 体を, 拝する, 礼拝され, 給べ, 色道修行者の, 霊験を

▼ 仏なり~ (8, 0.1%)

1 いづれも, なの, まことを, 仏も, 忝じ, 故将軍, 活仏なりとの, 笹子なりに

▼ 仏~ (8, 0.1%)

1 が今, が荒神様, が飾っ, などの実, は却つて焼, は焼きすて, を想い出します, を拵え

▼ 仏~ (8, 0.1%)

2 の皇甥李光明 1 の勝利, の李光明一派, の物部氏, の皇甥, の蘇我氏, はひとりのこらず

▼ 仏~ (8, 0.1%)

2 も大きく 1 というもの, とやら神通力, ならこっち, は黒味, もて観れ, を開はし

▼ 仏頂寺君~ (8, 0.1%)

2 らしくも 1 おーい丸山君, か, がいや, がそれほど, にそう, は鼻

▼ 仏これ~ (7, 0.1%)

3 を聞い 1 に水, を忘れる, を波羅夷罪, 即心是仏

▼ 仏のみ~ (7, 0.1%)

1 ぐし落ち, であると, 前にて, 名も, 心がけふし, 是れ, 舟の

▼ 仏より~ (7, 0.1%)

1 上野原へ, 云えば, 五十億フランクの, 外には, 尊いペッマ・チュンネ, 御開山, 旧教派

▼ 仏~ (7, 0.1%)

2 語を 1 国民の, 強国の, 民族の, 租界の, 語で

▼ 仏~ (7, 0.1%)

2 の加護 1 に感謝, のお, の冥護, の御, を祭っ

▼ 仏~ (7, 0.1%)

1 がどちら, であるが, で書い, にする, に熟達, は公認用語, を以てする

▼ 仏~ (7, 0.1%)

3 づらを 2 づらして 1 とが仰ぎ望まれた, に明日

▼ 仏頂ヅラ~ (7, 0.1%)

1 であるが, で怒っ, の合間, は当分, をしかめ, をする, を見せ

▼ 仏じゃ~ (6, 0.1%)

1 あるし, え, ないか, ないの, アある, 親父が

▼ 仏その他~ (6, 0.1%)

2 の国々 1 で政党, の諸, の諸国, を現に

▼ 仏とか~ (6, 0.1%)

2 神とかいう 1 云って, 悉く南無阿弥陀仏, 教祖とかを, 病之

▼ 仏~ (6, 0.1%)

2 のだ, のです 1 ので, のである

▼ 仏に対して~ (6, 0.1%)

1 では, とやかくうらみ, みずから告白した, ものを, 友に対して, 済まぬ事

▼ 仏をも~ (6, 0.1%)

2 擲け 1 信じ得られる人, 加えれば, 拝み奉り勝縁, 親をも

▼ 仏両国~ (6, 0.1%)

1 に近く, の政府, の望み, の水兵, の海戦, は中立

▼ 仏~ (6, 0.1%)

1 して, で御座るぞ, に従って江戸, に騙り, を以て爵録, を承っ

▼ 仏~ (6, 0.1%)

4 無仏 2 無仏南

▼ 仏国政府~ (6, 0.1%)

1 との間, に労農政府, の命, はこれ, は昨日ホノルヽ, より公然

▼ 仏~ (6, 0.1%)

6 受経を

▼ 仏~ (6, 0.1%)

1 が姿, が居る, である, と称し, の小, は僅か

▼ 仏~ (6, 0.1%)

1 一号は, 五の, 五軍及び, 五軍少なくも, 四号の, 四軍を

▼ 仏~ (6, 0.1%)

2 を脱し 1 が去った, のある, を帯びた, を脱した

▼ 仏越え~ (6, 0.1%)

1 にかかっ, にただ, には馭, の本道, の道, の道程

▼ 仏~ (6, 0.1%)

1 にも参詣, は多, もあり, を参拝, を巡拝, を探り

▼ 仏頂寺ら~ (6, 0.1%)

1 が口癖, が帰った, のいう, のした, の前, の豪傑連

▼ 仏頂顔~ (6, 0.1%)

2 をし 1 したり, でスマシテ, で縁側, は心から

▼ 仏~ (6, 0.1%)

1 でもあつ, のひかり, のゆげ, の残り, をさげ, を食う

▼ 仏だった~ (5, 0.1%)

1 かそれとも, のであった, のです, 地蔵様が, 弥陀を

▼ 仏~ (5, 0.1%)

2 の縁 1 に出た, の理想, の研修

▼ 仏~ (5, 0.1%)

1 に遥か, の式場, の折, の歌, よりもすぐれ

▼ 仏南無~ (5, 0.1%)

3 仏と 1 弥仏阿, 阿弥陀ァ

▼ 仏国公使ロセス~ (5, 0.1%)

1 であった, とオランダ代理公使ブロック, と駿河, の建言, を見る

▼ 仏国東洋艦隊~ (5, 0.1%)

1 に属, は急, は昨日争闘中日本水兵, をのぞむ, 亦本国政府

▼ 仏国船~ (5, 0.1%)

1 に乗っ, に出かけ, の一等船客, や独逸船, 将ピレックス

▼ 仏~ (5, 0.1%)

1 である, としての方, にあり, への畏れ, を穢し

▼ 仏~ (5, 0.1%)

1 であるまい, にはかなうまい, に合はん, に違っ, をいかなる

▼ 仏~ (5, 0.1%)

2 というやつ 1 なん, に干戈, に掏

▼ 仏洞内~ (5, 0.1%)

1 での双方, で顔, にて殺害, に殺人事件, の現場

▼ 仏眼寺~ (5, 0.1%)

1 にある, の仁照阿闍梨, の品, の墓, の門前

▼ 仏~ (5, 0.1%)

2 わく舎利弗 1 わく吾が, わく波羅夷, 亦在

▼ 仏銀行~ (5, 0.1%)

1 から僕, から逆, でうけとり, の表口, へ行った

▼ 仏あり~ (4, 0.1%)

2 一々の 1 との安心, 法あり

▼ 仏かと~ (4, 0.1%)

1 こおどりした, 云つて指で, 忍ばる, 思うけれど

▼ 仏くさい~ (4, 0.1%)

1 お方では, 事を, 名ぢ, 名前を

▼ 仏さま仏さま~ (4, 0.1%)

4 どうぞ仏さま

▼ 仏であった~ (4, 0.1%)

1 という寺伝, という話, な, に相違

▼ 仏といふ~ (4, 0.1%)

2 ものを 1 ものが, より外

▼ 仏とが~ (4, 0.1%)

1 その直観的, 並んで, 同じであり得よう, 安置し

▼ 仏など~ (4, 0.1%)

1 あまり心に, あらゆる国々, 各国の, 寺が

▼ 仏などを~ (4, 0.1%)

1 丹念に, 可愛がって, 専門家が, 見せて

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 あなたさまを, ちからよ, まことよ, 三世十方の

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 その上演, のこと, の傑作, の観察

▼ 仏光寺~ (4, 0.1%)

2 の開智校 1 などでも同じ, を破壊

▼ 仏~ (4, 0.1%)

2 助親分 1 は小銃, は数日

▼ 仏国領事~ (4, 0.1%)

1 に伝え, に引き渡す, の雇い人, を見

▼ 仏~ (4, 0.1%)

2 と称せられる, の山岳

▼ 仏文学~ (4, 0.1%)

1 との比較, の影響, をかぢ, を原統的

▼ 仏桑花~ (4, 0.1%)

1 がある, とかは暴風, の大木, の燃

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 のいわゆる, の教え, の正法, また森無黄氏岡野知十氏

▼ 仏涅槃~ (4, 0.1%)

3 ののち 1 の霊蹟

▼ 仏臭い~ (4, 0.1%)

1 ような, 匂が, 烟で, 線香の

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 の背後, の間, は漫然これ, 各三人

▼ 仏英和女学校~ (4, 0.1%)

1 などでは女学生, の才媛, の附属小学校, へ通っ

▼ 仏見笑~ (4, 0.1%)

1 が鮮, と二人静, と云う, を眺め

▼ 仏足石~ (4, 0.1%)

1 があつ, の事, の条, の歌

▼ 仏~ (4, 0.1%)

2 を贈り 1 に薄い, を一緒

▼ 仏~ (4, 0.1%)

4 心非

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 が一つ, であったかも, は古手, をなし

▼ 仏~ (4, 0.1%)

1 が渾然, の深, を頼り, 故

▼ 仏高力鬼作左~ (4, 0.1%)

3 どへん 1 どち

▼ 仏あるいは~ (3, 0.0%)

1 インド仏に, 明王とか, 菩薩であっ

▼ 仏からの~ (3, 0.0%)

1 お使い, 贈物が, 酬いである

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 へ念ずれ, までもありますまい, までも知る

▼ 仏さま私~ (3, 0.0%)

1 の勉強, はもう, は悪人

▼ 仏その~ (3, 0.0%)

1 因縁を, 従弟調達が, 時代の

▼ 仏たる~ (3, 0.0%)

2 ことな 1 所以が

▼ 仏であり~ (3, 0.0%)

1 ながら剣, 正義の, 菩薩であろう

▼ 仏であろう~ (3, 0.0%)

1 かと想像, とうごかし, とも当分

▼ 仏です~ (3, 0.0%)

1 からあしざま, ぜ, ね

▼ 仏とを~ (3, 0.0%)

1 つれ陣, 不二ならしめ, 最初に

▼ 仏などが~ (3, 0.0%)

1 今こうした大きな, 手本と, 見られる

▼ 仏などは~ (3, 0.0%)

1 その最も, 東京の, 果して信ずべき

▼ 仏なれ~ (3, 0.0%)

2 ど釈迦牟尼 1 どシヤカムニ

▼ 仏よりも~ (3, 0.0%)

1 お前に, 此の, 著しく資本主義的発達

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 尾へ, 座ハ田平子也其葉蓮華ニ似, 時ニ於テカツテコノ山ニ住ス

▼ 仏三道~ (3, 0.0%)

1 おのおの霊魂不滅説, の諸君, は唯物

▼ 仏両派~ (3, 0.0%)

1 の競争, の論陣, の間

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 に向かう, に於ける, に滞在

▼ 仏人宣教師~ (3, 0.0%)

1 がこの, とこれ, の一人

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 の二箇国語, の国境マントン, の通俗楽

▼ 仏作戦~ (3, 0.0%)

1 ならば, に於ける, は御

▼ 仏~ (3, 0.0%)

2 の撤下物 1 とか上

▼ 仏公使~ (3, 0.0%)

1 が幕府, が浅田, の云々

▼ 仏凝り~ (3, 0.0%)

2 が過ぎるで 1 が過ぎるでのう

▼ 仏協商~ (3, 0.0%)

1 のこと, も日英同盟, 行き悩み

▼ 仏国中部~ (3, 0.0%)

1 の古都ツウル, の田舎, の田舎あたり

▼ 仏国大革命~ (3, 0.0%)

1 の後, の時代, は実に

▼ 仏国学士院~ (3, 0.0%)

1 のブーケ・ド・ラグリー氏, の報告, の報告中

▼ 仏国少年バクスター~ (3, 0.0%)

1 に一任, の口, はだまっ

▼ 仏国戯曲史~ (3, 0.0%)

1 から少く, の一頁, の巻頭

▼ 仏国民~ (3, 0.0%)

1 のロシア語, の露西亜語, を代表

▼ 仏国禅師~ (3, 0.0%)

1 の法脈, の禅門, は善財

▼ 仏国近代劇~ (3, 0.0%)

1 の史的研究, の姿, の著しい

▼ 仏国風~ (3, 0.0%)

1 ならざるを, にドイツ, の教化

▼ 仏在世~ (3, 0.0%)

1 の時, より後, 既にあまねく俗間

▼ 仏天青氏~ (3, 0.0%)

1 なの, の素姓, を御

▼ 仏小平~ (3, 0.0%)

1 がすん, の戸板, の衣裳

▼ 仏智不思議~ (3, 0.0%)

2 の誓願 1 につけしめ

▼ 仏棄釈~ (3, 0.0%)

2 の運動 1 をやった

▼ 仏毀釈~ (3, 0.0%)

1 とキリスト教学校, の影響, の時代

▼ 仏混血児~ (3, 0.0%)

1 のジョン・ハッチソン, のバロンセリ, のルイ

▼ 仏牙寺~ (3, 0.0%)

1 にまう, に至る, のある

▼ 仏独伊~ (3, 0.0%)

1 の各国別, の四箇国語, の文芸

▼ 仏独語~ (3, 0.0%)

1 で出版, の効能, をよく

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 に伝わった, に伝わる, の将軍

▼ 仏~ (3, 0.0%)

2 の簡明 1 に通じ

▼ 仏生会~ (3, 0.0%)

2 を見よう 1 に女人等

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 との精神的結合, の国境, の戦闘意志

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 の教, を攘斥, 志を

▼ 仏自ら~ (3, 0.0%)

1 が美しく, の慈心, を作る

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 は惜しみ, を作り, を灰燼

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 に裹まれ, を守り, を買っ

▼ 仏言う~ (3, 0.0%)

1 今より, 舎利弗譬えば, 説法の

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 で三十九円六十銭, や独逸, を交ぜたら有る

▼ 仏~ (3, 0.0%)

1 と一, は如来, は直に

▼ 仏頂寺はじめ三人~ (3, 0.0%)

1 のもの, の者, はやれやれ

▼ 仏領インドシナ~ (3, 0.0%)

1 のハノイ, のメンヤン, 某地点

▼ 仏ある~ (2, 0.0%)

1 家は, 沢辺に

▼ 仏かの~ (2, 0.0%)

1 けじめも, ように

▼ 仏くさけれ~ (2, 0.0%)

1 ど, どさり

▼ 仏すなわち~ (2, 0.0%)

1 彼の, 来て

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 いましける, や

▼ 仏~ (2, 0.0%)

2 あ言い条

▼ 仏だけは~ (2, 0.0%)

1 そこに, 花に

▼ 仏だつた~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, が起きた

▼ 仏でない~ (2, 0.0%)

1 と考えるごとき, ようだ

▼ 仏でなく~ (2, 0.0%)

1 て仏, 天人でない

▼ 仏でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば巡られない

▼ 仏とかいう~ (2, 0.0%)

1 ような, 語が

▼ 仏としての~ (2, 0.0%)

1 尊厳も, 調和も

▼ 仏とぞ~ (2, 0.0%)

1 思ふ, 聞く

▼ 仏とても~ (2, 0.0%)

2 なく唯

▼ 仏とに~ (2, 0.0%)

1 就て, 登って

▼ 仏とやら~ (2, 0.0%)

1 でうんうん, で存外

▼ 仏ながら~ (2, 0.0%)

1 崇高な, 橘夫人念持の

▼ 仏などに~ (2, 0.0%)

1 傾倒した, 附けるもの

▼ 仏などの~ (2, 0.0%)

1 科学国の, 諸外国

▼ 仏における~ (2, 0.0%)

1 仏の, 第一義の

▼ 仏について~ (2, 0.0%)

1 彼が, 志賀直哉氏の

▼ 仏にでも~ (2, 0.0%)

1 供えて, 思って

▼ 仏はを~ (2, 0.0%)

2 なごは

▼ 仏まいり~ (2, 0.0%)

1 の利生, をした

▼ 仏らしい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 藤原時代の

▼ 仏を以て~ (2, 0.0%)

1 三教と, 呼ばれたまい寿

▼ 仏ヶ根~ (2, 0.0%)

1 に, の山腹

▼ 仏ヶ根山~ (2, 0.0%)

1 の方, も前山

▼ 仏ヶ根池~ (2, 0.0%)

1 からす狭間, のなぎ

▼ 仏一躯~ (2, 0.0%)

1 だけを拝, と六方印一顆

▼ 仏~ (2, 0.0%)

2 渉一途阿弥陀仏

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の値い, を去り

▼ 仏人たち~ (2, 0.0%)

1 はその, は日本語

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 猶存す, 現

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 おかしいわい, ではない

▼ 仏伊人スラブ~ (2, 0.0%)

2 の露墺人

▼ 仏伊日~ (2, 0.0%)

1 の三国, の四国

▼ 仏作戦計画~ (2, 0.0%)

1 である一九〇五年十二月案, は彼

▼ 仏使~ (2, 0.0%)

1 と称する, のよう

▼ 仏供養~ (2, 0.0%)

1 が行なわれ, のほか

▼ 仏倒し~ (2, 0.0%)

1 うしろ返り, に倒れ

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 ともなし, の無限大

▼ 仏光国師~ (2, 0.0%)

1 に謁, の熱喝

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 でず鬼神, で去る

▼ 仏出現~ (2, 0.0%)

1 の日, ましまして

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 に任じ, に任せん

▼ 仏印ラオス産~ (2, 0.0%)

2 の竹

▼ 仏印国境~ (2, 0.0%)

1 から日本軍, まで移転

▼ 仏印行き~ (2, 0.0%)

1 が本当に, の決心

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 である場合, を記す

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 ならん, 諸菩薩及天人四衆

▼ 仏国人民~ (2, 0.0%)

1 にし, ははたして

▼ 仏国内~ (2, 0.0%)

1 には露国懲, の排露熱

▼ 仏国出兵~ (2, 0.0%)

1 の主張, を主張

▼ 仏国劇~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の先駆的傾向

▼ 仏国十八世紀~ (2, 0.0%)

1 の貴族名媛及女優, の追慕者

▼ 仏国印象派~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の画論

▼ 仏国土~ (2, 0.0%)

1 に一切衆生, の建設

▼ 仏国委員~ (2, 0.0%)

1 に照会, は当時仏国憲法改正案

▼ 仏国巴里~ (2, 0.0%)

1 に起こった, の真中

▼ 仏国文壇~ (2, 0.0%)

1 に於ける, のセンセイシヨン

▼ 仏国汽船~ (2, 0.0%)

1 でマルセエユ, で港

▼ 仏国現代作家~ (2, 0.0%)

1 として一様, の作品

▼ 仏国軍艦デュソレッキ号~ (2, 0.0%)

2 の乗組員

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の山道, を経

▼ 仏~ (2, 0.0%)

2 比丘衆一千二百五十人及び

▼ 仏官憲~ (2, 0.0%)

1 の臨検, を丸め

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 でまだ, を見

▼ 仏家人名辞書~ (2, 0.0%)

1 に載っ, までひっぱり出し

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 とを有する, を主峰

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の真上, へ出る

▼ 仏慈悲~ (2, 0.0%)

1 を知っ, を知らなかったらしい

▼ 仏成道~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 仏~ (2, 0.0%)

2 れに

▼ 仏或は~ (2, 0.0%)

1 人の, 聖なるもの

▼ 仏戦争当時~ (2, 0.0%)

1 の挿話, の軍歌

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 というの, という山伏

▼ 仏文学者~ (2, 0.0%)

1 の福岡易, の福岡易三郎君

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 によって統治, の酋長

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の光輝, はかく

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 というはじめ, 給ふけは

▼ 仏様さ~ (2, 0.0%)

1 へ手, 上げるの

▼ 仏様みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, に拝まれた

▼ 仏様側~ (2, 0.0%)

1 が手, のいろいろ

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の中, の美し

▼ 仏氏三世~ (2, 0.0%)

1 の説, 之説

▼ 仏浄土~ (2, 0.0%)

1 のとも, を描いた

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 に代っ, も悉く

▼ 仏~ (2, 0.0%)

2 阿弥陀南無

▼ 仏独国境~ (2, 0.0%)

1 の交通, の交通断絶以来

▼ 仏独露~ (2, 0.0%)

1 の諸, の軍艦

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 と書いた, の微妙さ

▼ 仏生日~ (2, 0.0%)

1 がきた, が来た

▼ 仏町勘解由店~ (2, 0.0%)

1 の一軒, の刑部屋敷

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 から始まっ, に村

▼ 仏笹子~ (2, 0.0%)

1 の両, の険

▼ 仏答え~ (2, 0.0%)

1 ていわく, て過去久遠無量無数不可思議阿僧祇劫

▼ 仏米諸国~ (2, 0.0%)

1 の一流, の軍艦

▼ 仏自身~ (2, 0.0%)

1 であって, であつ

▼ 仏舎衛国~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ 仏舎衛城~ (2, 0.0%)

1 に在す, に在り

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 がそれ, と一隻

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 などが落ち散っ, 奉る

▼ 仏英軍~ (2, 0.0%)

1 との間, に大

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 としてはよろしい, は後世

▼ 仏蘭人~ (2, 0.0%)

1 が拾っ, には

▼ 仏蘭四国~ (2, 0.0%)

1 の連合艦隊, を相手

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 である, でござる

▼ 仏訳語~ (2, 0.0%)

2 についてはデカルト自身責任

▼ 仏詐偽~ (2, 0.0%)

1 の品玉, の項中

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 から生じたらしい, が秀郷竜宮入譚

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 尊菩薩摩薩摩訶般若, 比丘に

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 と云い, や仏歯

▼ 仏造っ~ (2, 0.0%)

2 て魂

▼ 仏造った~ (2, 0.0%)

1 額を, 顔に

▼ 仏連合軍~ (2, 0.0%)

1 の中, の戦闘

▼ 仏道也~ (2, 0.0%)

1 という文字, といふ文字

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 であった, を埋め尽くし

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, を理想

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 には十一月三日, の軍備

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 陀仏弥無, 難を

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 と, になっちまってる

▼ 仏頂寺なにがし~ (2, 0.0%)

1 と名乗る, と申す

▼ 仏頂寺丸山ら~ (2, 0.0%)

1 がいあわせた, は煙

▼ 仏頂寺弥~ (2, 0.0%)

1 助, 助かい

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 のセエゴン, もあり

▼ 仏領印度~ (2, 0.0%)

1 に於ける, に関する秘密協商

▼ 仏領東京支那~ (2, 0.0%)

1 から来た, にいる

▼ 仏高力~ (2, 0.0%)

1 といわれた, は仁者

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 の剱, は一紙

▼ 仏~ (2, 0.0%)

1 がほ, がパッ

▼1* [783件]

あって城下, 仏あはれよき庵, 仏あれど堂守容易, 仏いかばかりの力まします, 仏いずれの先進国, 仏いぢりに, 仏いまだ酔ひ臥し, 仏いわく師子王は我身是, 仏いわく昔迦葉仏の時, 仏いわく梵天様でも, 仏いわく過去に一城, 仏うつつに見えまし, 仏うまるる人, 仏にし, 仏はす, 仏おかしいわいけがらわしい, 仏および法の, 仏かがこんなところ, 仏かただの人間, 仏かも知れないという, 仏がてまえを, 仏ぐらいでは済度されない, 仏ぐらゐでは済度されない故, 仏こえてはや, 仏ごとく敬い福利を, 仏さえ知って, 仏さえも恨むであろうこと, 仏ささ子の難, 仏さまぢや, 仏さまなんどがあんに, 仏さま御免ください, 仏さま舞台の上, 仏さんたちも悦ばれませう, 仏さんだつた, 仏ざまにものし, 仏しきたり究尽しきたった, 仏したので, 仏しようとし, 仏じゃが医者に, 仏じゃねえ詮ずる, 仏じゃのそんな事, 仏じゃわい阿房言う, 仏すらも取捨の, 仏ずきな老婆, 仏せしむるに, 仏せん故と, 仏そして水仏, 仏そっくりの裸, 仏そのままの風貌, 仏そのものの全体, 仏その他いずれの国, 仏その他文明国の急進派婦人, 仏その他楠家一党の陣, 仏それは御, 仏そんなものが, 仏たすけ給えと思っ, 仏たちゃまだなまなましい若そう, 仏たちわが立つ, 仏たち大な石地蔵, 仏だって今の, 仏だふれに仰, 仏だ思はず手に, 仏やが, 仏ってことは, 仏つくって魂, 仏つくる真朱足らず, 仏づくった祖母でなく, 仏であって戒律, 仏であったろうと思う, 仏でありますから梵語, 仏であるらしくその日, 仏でござんす, 仏でしかありませんでした, 仏でももしそう, 仏というまでに有りふれた秘密, 仏というもよのなかの, 仏といった安堵の, 仏とかいふものを, 仏とでもいいますか, 仏とはなんぞや, 仏ともしてその, 仏とやいわん, 仏と共におきふし, 仏どもの水, 仏などと言いますが, 仏ならびに十二神将の, 仏なりけり触り冷き, 仏において見いだした, 仏にておは, 仏にても人間に対して, 仏にともし奉る, 仏にとってそういう意味, 仏にとってはそんな煩わしい, 仏によりて養われるならば, 仏に対し礼拝を, 仏に従って自己において, 仏のみが一切放下し, 仏のむかへをぞまつ, 仏はじめてこれを, 仏はも仏と, 仏ばかりでなく花鳥, 仏ひとり殖えたり, 仏へよりひどい雨, 仏ほど深い慈悲, 仏まさに天下を, 仏また還り入る事三度, 仏まつりの番, 仏までこれを, 仏てえな人, 仏みたいにあなた, 仏やなどによる美的法悦と, 仏よと呼び掛けなさい, 仏を敵, 仏われ懸くるなり, 仏て光りかがやく, 仏をのみ尊くせん, 仏をば袈裟御前に, 仏ををくこと, 仏あらん, 仏サマよ, 仏トイフモヨノナカノ人ノ心ノホカノモノカハ, 仏ニ殆ド近カリキ, 仏マダガスカル航空の郵便機, 仏ロシアの勢力, 仏念ズル声各種, 仏一つたとえ命, 仏一代の教え, 仏一代正法五百年像法一千年末法一万年には衆生, 仏一処一教を立て, 仏一対が仲よく, 仏一致論ともいえる, 仏七万遍になっ, 仏けは正しく, 仏三体がおかれ, 仏三国の主要飛行場, 仏三年大分たくさん論文を書いた, 仏三箇国の名誉, 仏ノ中, 仏上品の仏, 仏生すと, 仏不自惜身命, 仏与瀬猿橋大月とこの, 仏世尊の誕生, 仏世界の衆生, 仏両国人連名のこんな, 仏両国公使に御, 仏両者を比較, 仏中劇場はもとより, 仏中田秋平中原大烏来船, 仏乞食上りの輩, 仏事始めがとりおこなわれた, 仏二体がその, 仏二千余人住む, 仏二神のおかげ, 仏五独六日三などという類い, 仏も琉球, 仏交換展覧会の用事, 仏京桑野麦田看不尽, 仏人これを礼賛, 仏人カルメットの蛇毒試験, 仏人コンスタンチンの, 仏人ゴビノーという曲学者, 仏人サミュール・ド・シャムプレーンの, 仏人スリエ九段招魂社にて曲馬, 仏人タヴェルニエーの, 仏人テイザンの, 仏人バーボーが西アフリカ, 仏人ボアソナード教授に命じ, 仏人メートル氏が俳句, 仏人モロー・ド・ジョンネの著書, 仏人リイル・アダン氏の小話, 仏人ルナアル氏の真似, 仏人レセップス氏は隻手, 仏人ヴァレリイの呟きらしい, 仏人ヴェルネさんの経営, 仏人人物は乙, 仏人固有のもの, 仏人天主教宣教師十二名中九名を断首, 仏人寿二万歳の時迦葉波仏, 仏人寿四万歳の時倶那含牟尼仏, 仏人寿百歳の時釈迦牟尼仏, 仏人局長に対する日本, 仏人民に向かっ, 仏人混合の一座, 仏人煙草を呼ん, 仏人独逸人魯人以太利人西班牙人の名, 仏人能く屁, 仏今日は御, 仏仏教辞典法宝義林をいま, 仏仏教辞書の編纂中, 仏代表イーデンラバールの肖像, 仏以下の敵, 仏以前の怨み, 仏以後の忍苦, 仏以西等の諸国雷応, 仏仰ぎて珠運, 仏伊その他十ヶ国からイプセン研究者イプセン役者, 仏伊印独支八ヵ国の少年, 仏伊日蘭波蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 仏伊独等の青年男女, 仏伊西の各国語, 仏会神事の催しごと, 仏会話の頁, 仏は過去世, 仏作ってさえ見せ, 仏作つて霊入れずの, 仏作りで半面, 仏作仏行である, 仏信心もだ, 仏倒れや一, 仏の部, 仏は英, 仏僧マホメット教僧侶彼らが増加, 仏僧侶乱童の五種, 仏僧側の反感, 仏僧入朝の時, 仏僧共の無, 仏儒両教を通じて存する, 仏儒神道が日本, 仏光り合いつつ, 仏光るは海, 仏光禅師を見, 仏の人々, 仏入り乱れて, 仏入滅せるを, 仏山の, 仏全くお前にとっては, 仏公使ロッシュと幕府, 仏公使曾根荒助に推挙, 仏公使館の訳官, 仏六独八日三で長期, 仏兵助さんとおっしゃる, 仏兵助ファッショイ連女軽業の一座, 仏大婬, 仏内閣の閣僚某, 仏走過, 仏処勿住無仏処, 仏出世の地, 仏刻鏤鋳写繍師, 仏前生飛馬たりし, 仏前生鶏尸馬王たり, 仏助け給えと, 仏勤め以外のこと, 仏したという, 仏をもっ, 仏医ショアベーの名著, 仏十万世界一切の諸仏, 仏千人供養を求むる, 仏千句の安居, 仏協会の人, 仏協約が更に, 仏南弥仏阿弥弥無弥陀仏, 仏南海望中夕照収星光波際見点点去来舟, 仏印みやげの香水, 仏印フィリッピンビルマ戦争らしい戦争, 仏印侵略のため, 仏印出発と聞く, 仏印問題蘭印問題がわが国, 仏印地方に日本画, 仏印度仏ぐらいでは済度, 仏印度仏ぐらゐでは済度されない故, 仏印通ひの, 仏印雲南省境のあたり, 仏心即, 仏大阪の, 仏古生層西は花崗岩, 仏が弘法大師, 仏号星の名, 仏に使役, 仏合せになれる, 仏合同一大毛織物会社, 仏同前だ, 仏名ドラゴンはギリシア, 仏名リエヴル等が出た, 仏名式の日以上, 仏を忘れ, 仏の第, 仏と宗教的虚無思想, 仏和女学校の学科, 仏和辞典を引い, 仏哲これを伝, 仏唯一の燈火, 仏器仏壇等幾百種あるを, 仏器永正古図, 仏器等も輸出, 仏四体あり, 仏因縁を証する, 仏国アミアンの僧正, 仏国オランダの三公使, 仏国オランダ等の諸, 仏国オート・ヴィエンヌ州リモオジュ町バビロン新道そこが岸本, 仏国グレノーブル辺では, 仏国ツウロン港の例, 仏国ドルドオニ県に土民生活, 仏国ドレフューの大, 仏国ニて薩生両人周旋, 仏国ブリヴ邑の若, 仏国ボルドオに移り住ん, 仏国ボーフォールに生れた, 仏国マルセーユにおいて, 仏国ミニストルひとまず軍艦ウエスト, 仏国メサジュリイ・マリチイム会社に属する, 仏国ラ・ロシェルに立て籠った, 仏国ローマ教の害毒, 仏国三代の帝王, 仏国三分の二に過ぎ, 仏国上院に於ける, 仏国下セエヌ州にある, 仏国人ボアソナード氏が大木司法卿, 仏国今日の富, 仏国作家としてマルセル・アシャアル, 仏国側の兵力増加, 仏国全権ロセスに面会, 仏国全権公使ロセス伊国特派全権公使トゥール普国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 仏国公使あてに持参, 仏国公使サバリーに対し皮肉, 仏国公使レオン・ロセツにし, 仏国公使無法に威張る, 仏国公使館付きの二人, 仏国公使館外に暴言, 仏国共和国大統領の椅子, 仏国共和国政府の諸君, 仏国劇作家の利権擁護運動, 仏国劇作家協会は正会員四百, 仏国勢力を感受, 仏国北海艦隊は緊急出港, 仏国十七世紀の悲劇, 仏国協和論を生ずる, 仏国南部で燕, 仏国印度支那政庁に都合, 仏国印象派勃興との関係, 仏国各州の都市古蹟, 仏国品を取, 仏国四千万の驀頭, 仏国国師の墳墓, 仏国国民議会なり, 仏国圧制に反動, 仏国外相のタレーラン, 仏国大総兵交着, 仏国大使はやにはにそば, 仏国大使館員と生田流, 仏国大統領の特別, 仏国女かなり贅沢, 仏国学政の枢機, 仏国安南総督は東京駐箚仏国大使, 仏国官憲との緊密, 仏国少年のサービス, 仏国少年ガーネットは幼年組, 仏国巴里市場に於, 仏国巴里府ルーモルグに在る如き, 仏国式かはた, 仏国当代の名優リュシャン・ギイトリイ, 仏国思想は遂に, 仏国想を担, 仏国憲法改正案の討議, 仏国撃破後英国を屈し得た, 仏国教師の言, 仏国文学を唱道, 仏国方には二三名, 仏国映画に出る, 仏国書記官メルメット・カションが日本執政, 仏国最大の劇作家, 仏国有名の小説, 仏国東洋学院同本部, 仏国東洋艦隊それである三色旗, 仏国東洋艦隊司令官は今や, 仏国植物学大家ジュシューいわくいわゆる植物羔, 仏国武官の監督, 仏国殖民政策の弊害, 仏国流の殖民政治家, 仏国海岸を占領, 仏国海軍の士官, 仏国漫画の大家ドーミエー, 仏国王家壇横の事跡, 仏国現代の戯曲家, 仏国現代式装飾だなと, 仏国生の自由主義, 仏国産の白い, 仏国的色容を帯び, 仏国盛なり英国, 仏国種のウーダン, 仏国米国の風, 仏国米国オランダ暹羅中国の諸国, 仏国絵画の評論三巻, 仏国総督の不満, 仏国羅曼的文学の先鋒, 仏国翰林院学士に当選, 仏国艦隊の優勢, 仏国葡萄の美酒, 仏国製のレモン石鹸, 仏国西方に傾く, 仏国詩人等の存在, 仏国語と半々位, 仏国警察の頑丈, 仏国議会に於ける, 仏国象徴派詩人の考え, 仏国軍人の盲従, 仏国軍艦や伊国軍艦, 仏国近世の抒情詩, 仏国遊学後自分の郷里, 仏国郵船の事務所, 仏国郵船会社の巨船ポルトス号, 仏国革命史を仏語, 仏国革命政府の眼, 仏国革命時代に行, 仏国首相レイノーによつて殆ど罵倒, 仏国駐箚日本公使は急, 仏在世一種姓竜肉を食い, 仏地中海艦隊の援助, 仏坐しまして秋さなか, 仏坐像におけるごとく, 仏埃及の三語, 仏を穢す, 仏基それぞれの宗教, 仏塗香を以て供養, 仏墺戦争は持久戦争, 仏士官もさ, 仏外相国民党右翼の暗殺団, 仏大使としてパリ, 仏大使らの一団, 仏天青名義の二冊, 仏仏一対が, 仏女仏を拾いあげる, 仏如来そのものだけが一切, 仏孤栖といへるは, 仏学伝習所が横浜, 仏学生会館に入る, 仏学者安くに, 仏仏, 仏宝法宝僧宝の三宝, 仏寒からず, 仏は執心, 仏尊しと云う, 仏小兵衛長兵衛部下の錚, 仏小原与瀬吉野関野上の原鶴川野田尻犬目下鳥沢鳥沢の宿, 仏小平其奴の顔, 仏小旗紫金印の量天尺, 仏も見物, 仏山脈が一段, 仏巌寺で切腹, 仏は我と, 仏幕秘密条約が手, 仏幕連合によって行われた, 仏幡随院長兵衛の死, 仏の暮, 仏常念仏, 仏の東, 仏弁天山にかけての一区劃, 仏弥勒とし, 仏弥勒仏が出る, 仏弥南阿陀, 仏御仏, 仏得力三世との崩, 仏木像一体, 仏御利益疑なし, 仏御岳四顧山また山, 仏に対する義憤, 仏念々不忘, 仏念誦の写本, 仏が存する, 仏恋しき草枕, 仏恩愛永離の時, 仏悉達太子と言った, 仏悟り済した顔, 仏意冥慮にもかな, 仏感極まったものの, 仏慧菩薩のため, 仏我が本来の, 仏我と倶に, 仏我一体の三昧, 仏にも背く, 仏の勝利, 仏戦争中もビスマーク, 仏戦争当時戦塵を避けた, 仏戦争後に於ける, 仏戦争後十年余を経た, 仏戦争時代の国防記念, 仏戦史著作中なり, 仏に定め, 仏手藷のやう, 仏扱いをされる, 仏掌藷のよう, 仏杉浦与四郎昨日捕縛咄人非人, 仏政府に対して朝鮮, 仏教会は中国, 仏文化事業も仏教字典, 仏文学史四巻を二十法, 仏斉国の酋長, 仏が二著, 仏斎藤貞幹の蔵する, 仏新教は英米, 仏既に出た, 仏日これらの四ヶ国, 仏日支の国語がち, 仏日本人の評判, 仏日本大使館付武官福士大尉の烈々, 仏日爾く広大, 仏日耳曼の語学, 仏明らかにましまさ, 仏晩年発心と人, 仏智力法力をもっ, 仏智慧を荘儼, 仏曰くこの呪, 仏最初得道の時優陀夷, 仏因, 仏木彫石彫の, 仏本来の意味, 仏村小原駒木根あたりの灯, 仏条約が締結, 仏来る時は, 仏来所経諸劫数, 仏よ, 仏林語堂魯迅などで人権同盟, 仏柴田となった, 仏桑花ベコニアダリアカーネーションそれにつつじ, 仏桑花蘭など沢山, 仏様いじりなんか止し, 仏様それこそはよう御存じ, 仏様何にも隠す, 仏様同志で鉢合せ, 仏様大切といった恰好, 仏様専門であったが, 仏様達まで拾っ, 仏模倣の行, 仏の前, 仏檀神棚などもそれ, 仏次に花林の, 仏の模造, 仏母摩耶夫人の影像, 仏母文珠の外, 仏の害, 仏比丘を制し, 仏毘舎離にあった, 仏民乱を好む, 仏永享七年銘の鉄鉢, 仏法律学校ありドイツ法律家, 仏の憲法, 仏海氏は日本, 仏海涼初湧, 仏混淆だ, 仏混血のルイ, 仏滝一家の名跡, 仏灯梵鐘の間, 仏ふかし蒟蒻, 仏照徳光に参す, 仏照派の下, 仏を高め, 仏を捧げ, 仏の霊, 仏も大方此類, 仏牙寺見物のとき, 仏とおぼしめし, 仏独なんでもござれだ, 仏独三国市民の名, 仏独三国語の解説, 仏独両国領事裁判の結果, 仏独伊希臘羅甸の書物, 仏独伊露の現代語, 仏独墺露の五強国, 仏独戦争が始まった, 仏独支那の各国人, 仏独武器くらべ, 仏独相対して, 仏独米の四個国, 仏独英の諸, 仏独英支の先生, 仏独英日の各国語, 仏独蘭の稀覯書肆, 仏独語科の学生, 仏独諸国の新聞, 仏独露日墺伊八カ国の出兵, 仏狼機を造っ, 仏王ルイ第十三世, 仏王ルイ十六世はある, 仏王舎城に在せし, 仏珠運が刻みたる, 仏生まれて成道, 仏生活は大分, 仏に祈祷者, 仏町勘解由店刑部殿参る, 仏画師眠白の白壁屋敷, 仏画師良秀のよう, 仏白国境のキャップ・ド・ラ・ブラン・ネ, 仏皆座にあれ, 仏目蓮をし, 仏相反する二つ, 仏相手の戦い, 仏相花のやう, 仏眠りて天蓋, 仏知るは大, 仏礼拝の儀式, 仏神事納官封家の諸, 仏神感応して, 仏神棚のごとき, 仏神空中にみちみち, 仏祭獅子であったの, 仏秘密協商の成立, 仏秘密条約の成文, 仏種子が知らず知らず, 仏の血骨筋髄一切, 仏竜王が己, 仏竹園で説法, 仏笠品及武尊の三山, 仏等月輪殿の子息, 仏の語, 仏籬祖室の扉, 仏と交渉, 仏米両国に使節, 仏米二国人の外, 仏米等の外国軍艦, 仏米蘭四国公使に面接, 仏経僧侶等すべて見えず, 仏羅希にも通ずる, 仏を窺い得た, 仏の嘘, 仏耶両道だつた, 仏聞法の最初, 仏がさびしい, 仏臭味を帯びない, 仏舎利弗して, 仏舎堂塔も平安朝建築, 仏舎宝塔が建っ, 仏舎霊閣を業火, 仏艦スチツクス号に捕へられ, 仏艦三隻米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 仏艦瓜哇を占領, 仏艦隊ホノルヽ港外に於, 仏艦隊海戦に勝利, 仏を帯びる, 仏英側に対しドイツ, 仏英協同して, 仏英協約にも決定的, 仏英和の幼稚園, 仏英女学校というの, 仏英米の世論, 仏英結婚手続きの相違, 仏英蘭公使いよいよ来たる, 仏英露独西伊墺匈の諸国, 仏茶屋で暫く, 仏菩薩信仰の深い, 仏之浩瀚, 仏蘭四カ国の聯合艦隊, 仏蘭四国連合艦隊の来襲, 仏蘭米四ヶ国から幕府, 仏蘭製の上等ハム, 仏笑と, 仏見るより怒, 仏言わくかの比丘八種, 仏言人死虫亦死, 仏訳九世紀のアラビア人, 仏訳本である, 仏訳版の註, 仏訳等で読ん, 仏は高踏派, 仏詩壇に冠たる, 仏をし, 仏誕ここに二千五百余年, 仏誕会に返し, 仏誕日の夜記, 仏誕生と関係, 仏誕生会とは無関係, 仏誦経に身心, 仏調声を行い, 仏讃歎よりも人情描写, 仏がで, 仏象護に教え, 仏贔屓でしかも, 仏起塔に努められた, 仏え, 仏足石歌碑の歌, 仏を浮浪, 仏蹟探検の事実, 仏も千躰, 仏躯凡そ三百五十躰別に集め得た, 仏躰凡そ三十個書軸六十余本の多き, 仏躰裏に, 仏軍侵入の際, 仏軍将士のため, 仏軍当局に注意, 仏軍活動開始せらるるを, 仏軍飛行機が高空, 仏軍首脳部において全線, 仏とを見較べ, 仏送りのこと, 仏通信というガリ版, 仏通寺へ拝登, 仏造りはすまなかった, 仏造る真朱足らず, 仏運動のため, 仏道儒教が互いに, 仏達菩薩達の行, 仏遠くて甲州東部, 仏教経の, 仏に帰す, 仏邪神であると, 仏郎機砲霹靂砲子母砲, 仏が百冊書籍棚, 仏部祖師部に分れ, 仏釈尊苦行のお, 仏にて九十里, 仏長く朽損の, 仏閉等のが尊霊, 仏間平和の破れ, 仏関係の教会, 仏の李光明擁立派, 仏阿弥弥無弥陀仏, 仏阿弥陀仏と唱え, 仏無阿弥陀, 仏へ出入り, 仏隆寺のひだる, 仏離間を策す, 仏露エスギリシアラテン其の他, 仏露三国が協約, 仏露両国のスパイ, 仏露伊葡諸国の人民, 仏露伊西以外和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 仏露同盟以来はロシア, 仏露国公使のクラキン, 仏露支の五ヶ国語, 仏露敵味方各国の人民, 仏露洪米瑞の探検家, 仏露等の公使, 仏露米伊等の何れ, 仏革命の段階, 仏音楽の奏せられる, 仏頂体が立ちます, 仏頂寺いやに真剣, 仏頂寺おまえのも楽, 仏頂寺お前は剣, 仏頂寺さんから種, 仏頂寺そのものがいよいよ, 仏頂寺なにがし, 仏頂寺ら四人のもの, 仏頂寺丸山その他二人の壮士, 仏頂寺丸山壮士らは取合わず, 仏頂寺二人ともに影, 仏頂寺仏頂寺と言う, 仏頂寺以上でただ, 仏頂寺以下もその, 仏頂寺以外の奴, 仏頂寺冗談は止せ, 仏頂寺君それは違う, 仏頂寺君丸山君君たちなぜ死ぬなら死ぬ, 仏頂寺君丸山君待ち給え待ち給, 仏頂寺変な真似, 仏頂寺様も一人, 仏頂寺殿がその, 仏頂寺貴様は今, 仏頂気な顔, 仏項面ばかりし, 仏須寺が頭, 仏領アフリカから急, 仏領インド支那の農民, 仏領カレドニアのアンチ, 仏領コンゴに姉妹, 仏領コンゴーの土人, 仏領コンゴー国では蟹, 仏領ジュプティの港, 仏領タヒチ島に近い, 仏領交趾支那の港, 仏領南阿の, 仏領印度支那ハイフォンの出張所詰, 仏領各地から出さしめた, 仏領海岸を去る, 仏領西アフリカのボルト・ノヴチ, 仏頭みたいに自分, 仏頼みおぞくも, 仏顔幾たび見ても, 仏願力に帰し, 仏颪のからつ, 仏飯仏そして水仏, 仏飯器などには雄大, 仏餉献鉢献燈献花位牌堂の回向, 仏を賜わっ, 仏馬祖答えて, 仏騒ぎには宮司, 仏高等兵学の方式, 仏鬼軍の条, 仏魯等の諸国, 仏鵬斎蜀山真顔千蔭春海等当時の聞人, 仏鷲頭山に在った, 仏龕ほのかな辺り, 仏龕塔のうつし