青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「九郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

乗った~ 乗り~ ~乗る 乗る~ ~乘 乘~ 乙~ 九~ 九州~ 九月~
九郎~
乞~ ~乞食 乞食~ 也~ 乱~ ~乱れ 乱れ~ ~乱暴 乱暴~ ~乳

「九郎~」 1048, 10ppm, 10343位

▼ 九郎右衛門~ (173, 16.5%)

3 が文吉, の娘, の訴状, は文吉 2 だ, の病身, の部屋, は斯, は眼

1 [151件] かその, が, がその, がそれ, が事, が云った, が会っ, が兄, が受け取った, が宗室, が寝た, が怒, が手, が披, が指図, が書附, が無心, が神戸, が自分, が話さない, が起き, であった, でないか, という, という人物, という図太い, という大男, とが九郎右衛門, とは地底, とコマ皇子, と不破河内守, と云っ, と再会, と合体, と林兵左衛門, と石坂屋由兵衛, と隼人, なぞいう, なら有難い, にことわっ, には恐らく, には逢わなけれ, にも変, に代っ, に傷, に手渡せ, に挨拶, に百石, に行き会わなかったら, に言った, に話した, のあり, のこう, のゆくえ, の三人, の三重臣, の二人, の倅, の倅英太郎, の別荘, の前, の子, の富田流, の居間, の居間たる, の年, の強い, の心, の恢復, の死後, の目, の立場, の素姓, の肉親, の見舞旁姫路, の詞, の財産, の足, の足痛, の願, はいい出した, はこう, はこれ, はそれ, はただ, はなぜ, はまた, はギラギラ, は一, は七十一歳, は三十歳, は乗り掛かっ, は二人, は云った, は伜, は住持, は何, は兄, は其壮年時代, は兼, は刀, は十五歳, は只, は大きな, は宇平, は強烈, は意気揚, は手拭, は按摩, は改めて, は敵, は旅, は是非, は杯, は柬埔寨, は気, は江戸蠣殻町, は渋り, は無限, は物, は王, は病弱, は白洲, は皇子, は眉間, は答えた, は素早く, は考え, は胆, は自分, は花色木綿, は若殿, は蠣殻町, は語っ, は賊, は近所, は逃げ場, は重々しい, へ無心, もなんだか, も丑松, も宇平, も由兵衛, も自由, も詞, や宇平, をここ, を一旦, を最初悪人, を送っ, 同英太郎

▼ 九郎~ (99, 9.4%)

2 あわて, かく観じた, 山門を, 彌平次, 閑山寺を

1 [89件] いずれに, いった, これが, そうでない, その方, たたらを, ちょいと, なおこの, なお声, ぼんやりと, ぽつんとことば, まだ私, むやみと, もう吉次, もって, もと徳川家に, ウーツと, コムパスの, ハッと, パチパチ石, ヒョロヒョロ立ち上がった, モウ白髪頭では, 一切主張を, 一生懸命に, 一目見, 主水, 二人に, 人々の, 伊丹屋の, 伴左衞門の, 体を, 何度も, 何時でも, 何時まで, 元々片, 全身で, 公然日幡城, 再び隱, 切腹左京太夫は, 前へ, 双肌, 城下から, 夏の, 多四郎へ, 大火鉢, 大物を, 宮内には, 宮内の, 宮内を, 小鬢の, 山杉甚作を, 帰らなければ, 年五十九でございます, 当然な, 快男子, 急いで, 急を, 憎しさりとて, 手を, 振り返った, 摺寄る, 早々に, 暇を, 次第次第に, 汝れ斬り, 烟草を, 熟慮し, 男の, 直ぐ後悔, 眼を, 終列車にも, 老僕の, 考えた, 自分が, 自分の, 自棄に, 舌打ちし, 血走る眼, 言葉を, 赧く, 踏み込むたより, 逸りきった口調, 隠居で御座った, 隣村の, 雪の, 非力者が, 顏を, 髪も, 黙って

▼ 九郎~ (90, 8.6%)

3 と弥助, の顔 2 が一枚, が二人, が行方不明, と仲, の娘, の家, の顫, は灯, は若い, を八五郎

1 [64件] あわてて, から取り上げ, から取上げ, がつい, が機嫌, が火, じっと弥助, だけで, だった, だな, であるし, ですよ, というの, という者, といふの, といふ者, とが各自一枚, と一緒, と同様, などかねがね, にはもっともっと, には思われた, にまでとにかく, に大きな, に近, に返っ, に返つ, に限らず, の二人, の手, の札, の肩, の背負つて來, の頭, の顏色, の顔色, はお勝手, はようやく, はホッ, は一枚, は五十, は使, は後, は心, は忠次, は思った, は悪い, は毎度, は火, は独言, は立ち上っ, は立っ, は自分, は返事, は顔, は駕籠かき, も知つて, わっと, 住家の, 取られたり, 拾い集めて, 狼狽し, 筆を, 黙る

▼ 九郎~ (64, 6.1%)

2 ような, 坐禅諷経を, 方は, 顔に

1 [56件] ことばを, はなしとは, ほうも, エンブリ摺り一行は, 一党が, 三名が, 不行跡を, 二男当時鬼歓と, 任だった, 剣術を以て, 卵を, 唇もとを, 噂を, 声が, 声に, 女房の, 妻を, 姿の, 姿は, 姿へ, 家に, 家は, 小説を, 帰りが, 弟十郎です, 弥弥助の, 強げ, 往来は, 後へ, 悲嘆は, 意外で, 意外であった, 方が, 様子を, 次男歓之助弱年に, 死骸を, 為の, 父は, 生涯を, 眸は, 眼は, 練兵館に, 練兵館桃井春蔵の, 羽根を, 背中を, 腕前の, 譚も, 道場練兵館へ, 里方西村家の, 長男新太郎が, 門下で, 頭ちかく, 首を, 骨な, 高弟, 鼻柱に

▼ 九郎兵衞~ (57, 5.4%)

2 が申立, は然

1 [53件] が僞はり, が申詞, が答, が計, が願書, と云, と云者有平生, と密通, と平生, と怪敷中, と申合せ其所, と申者, と申藥種屋, なるぞと, に取, に向, に惡智慧, に連添, の在所, の墓, の方, の訴, はグツ, はヘイ大井川, は一言, は二人, は以外, は何者, は其方兩人, は双方, は口, は夫, は彌, は思はず, は懷中, は早く, は此方, は江戸, は渡り, は漸, は狡猾, は猶も, は理左衞門, は神妙, は跡, は途中, は遣らじ, へ相, へ眼, も惣内方, も茲, より時候見舞, より賄賂

▼ 九郎~ (36, 3.4%)

3 申すもの 2 お染

1 [31件] いい謡う歌, いって, いふが, きいとは, その一党, その妻きい, ちがうこと, である, なる順番, もうす者, 不和な, 与吉とが, 与吉との, 乾藤吉郎が, 乾藤吉郎は, 云う夫婦, 云ひ, 云わあ, 判った, 可児才蔵は, 名のりあった, 小五八, 幾度か, 有馬源之, 松木久之助それに, 申す, 舎弟弥九郎とが, 親しい友達, 言い眷属, 言われた剣客, 静の

▼ 九郎~ (30, 2.9%)

1 [30件] おる, その旨, それに, ひよどり越えの, 一商人として, 一枚の, 三日月の, 不行跡を, 云い足すと, 今日は, 先に, 別の, 去ると, 参ったと, 合槌を, 墜死した, 変死した, 大自慢, 妾どもを, 姿を, 娘の, 帰つたなら, 握って, 爲に, 眼を, 着流し頬冠り, 私の, 訪ねて, 赤岩清九郎に, 追っかけて

▼ 九郎~ (27, 2.6%)

2 彫像の

1 [25件] あるか, いまさら後悔, いよいよ物, お染, きいも, これには, その高弟共, ちょっと予想, どうやら一つ穴, みんな攘夷家に, むっとした, 一と, 再びその, 女の, 少し安心, 少し行き詰まった, 少し言いそそくれた, 思いわずらった, 来た, 殺されたさうでは, 熱心に, 甚作を, 眉の, 知って, 続いて

▼ 九郎という~ (23, 2.2%)

3 人が 2 者が

1 [18件] お旗本, ので, ものは, 一人の, 中年者が, 事に, 侍で, 先生に, 家に, 感じの, 甥が, 男だの, 男は, 番士が, 者を, 若い商人, 血気の, 青年が

▼ 九郎左衛門~ (20, 1.9%)

3 の側女 2 が暗殺

1 [15件] が死んだ, が絶望的, が袂, であった, とは新参, と彼, などを付け, にはそばめ, のうち, の二名, の住居, の口, の妻, の膝, は客間

▼ 九郎~ (19, 1.8%)

2 の弟, は馬

1 [15件] がずかずか, がまた, が扉, たぶん徳川家, というの, と女房, の一番槍, はそんな, は武田勢, へいっ, 先達の, 夫婦です, 夫婦と, 夫婦を, 郎之

▼ 九郎盛長~ (17, 1.6%)

1 [17件] が下総, が政子, が賞め, が頼朝, とが並ん, と申します, に密書, は先, は少し, は足, は軽装, は頼朝, もそっと, も天野遠景, も帰らず, を使い, を導い

▼ 九郎~ (15, 1.4%)

1 [15件] ひき出せば, 伴って, 勤めたの, 叱った, 呼び入れた, 引連れ甲州, 懲らそうと, 殺したの, 睨み付け, 罵つた後, 罵る私, 襲名した, 赤族し, 躍らせた秀吉, 連れて

▼ 九郎義経~ (15, 1.4%)

1 [15件] か, がここ, です, と, とはどんな, と名のり, と薄命, なる異母弟, にちがい, の如き, の妾, の征西軍, はことば, は源兵衛佐, もいるであろう

▼ 九郎~ (13, 1.2%)

2 のお

1 [11件] っ, にぜひ, にも折, に無情, の御, の手, へお, へ深まる, もお, を打, を立て

▼ 九郎殿~ (11, 1.0%)

1 [11件] が, こそ, と有馬源, にはまた, には事々, に続きめされ, の真価, は余りに, も何分, を以て管領家, を措い

▼ 九郎さん~ (9, 0.9%)

2 が有金 1 がお出で, が居なく, ですか, の事, の前, の妻, 一杯交際

▼ 九郎~ (9, 0.9%)

2 関係は 1 すぐこれ, ちがいない, なろうとも, 云って, 告げる者, 嫁いでからは, 引っ立てられながら

▼ 九郎夫婦~ (9, 0.9%)

1 が殺され, が誠に, ではなかっ, に, に成った, の死骸, はあまり, は城下, も才蔵

▼ 九郎判官~ (8, 0.8%)

1 がこれ, が天下, して, に仕え, に随従, の罪過, は恐れ多い, は蝦夷

▼ 九郎判官義経~ (6, 0.6%)

1 かなん, って源頼光さん, は衣川, ほどの実在, ほどの実在人物, を贔屓

▼ 九郎太氏~ (6, 0.6%)

1 が出動, と教えられました, の出動, はこの, は今, よ

▼ 九郎兵衞夫婦~ (5, 0.5%)

1 の者此兩人, は是, は有難き, を呼出し, を見遣られ

▼ 九郎~ (5, 0.5%)

1 の家禄, の追放, は切腹, は大目付殿, を肥後

▼ 九郎~ (5, 0.5%)

1 が何, が献身的, が高橋農場, の下, の新

▼ 九郎~ (5, 0.5%)

1 が啣, という鴉, に, にさらわれた, は伊太夫

▼ 九郎右衛門等三人~ (4, 0.4%)

1 は口書下書, は河岸, を呼び出した, を引き渡された

▼ 九郎~ (4, 0.4%)

1 です, に帰る, の個人, を手玉

▼ 九郎御曹子~ (4, 0.4%)

1 が, ではない, と称, には亡き

▼ 九郎昌秋~ (4, 0.4%)

1 が太刀, のう, の額, は二十畳

▼ 九郎時綱~ (4, 0.4%)

1 とであった, なども顔, のひきいる, の姿

▼ 九郎~ (4, 0.4%)

1 がゐなく, の一団, の赤提燈, は無言

▼ 九郎それ~ (3, 0.3%)

1 に就い, に足軽三人, を見る

▼ 九郎とは~ (3, 0.3%)

1 口を, 少しの, 支配頭に

▼ 九郎どの~ (3, 0.3%)

1 か, は家臣, も主

▼ 九郎冠者~ (3, 0.3%)

1 のよう, はしばらく, は道

▼ 九郎右衛門りよ~ (3, 0.3%)

1 に賞美, は, は天保五年二月

▼ 九郎右衛門宇平~ (3, 0.3%)

3 の二人

▼ 九郎右衛門等~ (3, 0.3%)

1 の届, の言う, はそれ

▼ 九郎右衞門~ (3, 0.3%)

1 が名跡, に成代り此伯父, の弟

▼ 九郎次郎~ (3, 0.3%)

1 きむら, の三人, の言

▼ 九郎さま~ (2, 0.2%)

1 とおっし, に見せました

▼ 九郎その~ (2, 0.2%)

1 ほかも, ほか五六人の

▼ 九郎たち~ (2, 0.2%)

1 にいちはやく, の一行

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 名前の, 現在の

▼ 九郎といふ~ (2, 0.2%)

1 狐が, 男の

▼ 九郎なん~ (2, 0.2%)

1 ていうやつ, なりと

▼ 九郎には~ (2, 0.2%)

1 いい見せつけ, まだ鎌倉

▼ 九郎また~ (2, 0.2%)

1 乾藤吉郎松木久之助そして, 来たか

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 が総力, の曾我廼家一座並び

▼ 九郎一座~ (2, 0.2%)

1 の花形, の道化

▼ 九郎兵衞夫~ (2, 0.2%)

1 は千萬忝, は衣類恰好

▼ 九郎右衛門殿~ (2, 0.2%)

1 と六蔵殿, と囁いた

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 が何れ, は嬢

▼ 九郎正次~ (2, 0.2%)

1 などいずれ, は天王寺

▼ 九郎澄之~ (2, 0.2%)

1 とならせた, を立てん

▼ 九郎爺さん~ (2, 0.2%)

1 の代, はその

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 であった, であつ

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 の如く, は舞台

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 夫婦の, 夫婦も

▼ 九郎行長~ (2, 0.2%)

1 とみずから, は走っ

▼ 九郎~ (2, 0.2%)

1 の実, の挨拶

▼1* [177件]

九郎身は, 九郎では大人気, 九郎かう言ふ, 九郎この三名を, 九郎へ帰れ, 九郎さえ忍びきれば, 九郎さんたちとともども, 九郎その他の者, 九郎恋争いに, 九郎だつたか, 九郎だの勘平だ, 九郎つれのふたり, 九郎でござるお首, 九郎でしたから退屈男, 九郎ですぜ, 九郎でも御座るまいが, 九郎とか五蝶とか, 九郎とかいう役者絵の, 九郎とが田楽刺しに, 九郎とで菰に, 九郎とも見立てられる身拵え, 九郎とやら言ふ, 九郎などという弟御, 九郎などにはわからぬこと, 九郎などの諸氏あり, 九郎などを問題に, 九郎ならずとも眉間, 九郎にげみちを, 九郎にすら秀吉は, 九郎にでも訊いたらよかろ, 九郎に対して俄かに, 九郎はみかへり, 九郎ばかりでは, 九郎ばかりは無考えにも, 九郎まできたら此度, 九郎みたいな感じ, 九郎を贔屓, 九郎め好男子だからな, 九郎もどきにクルクル, 九郎より藤子の, 九郎スタスタあるき出した, 九郎ゾッと寒くなった, 九郎ハッとあっけ, 九郎一人に御用, 九郎一柳市助などいわゆる, 九郎三郎のととやかく, 九郎中村七三永島茂右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 九郎中田一亭童徳宝等の如き, 九郎何んと俺様, 九郎先生が越中国氷見郡仏生寺村, 九郎光盛をし, 九郎八郎七郎の三人, 九郎兵衞ふか惣内里等は爪印申付, 九郎兵衞同道にて惣内夫婦金谷村, 九郎兵衞故意と斷, 九郎兵衞是を見, 九郎兵衞殿如何なる前世, 九郎兵衞申開きありやと, 九郎兵衞答へて渠, 九郎兵衞親子の奸計, 九郎其の方に, 九郎兼ねて後継, 九郎冠者めを討っ, 九郎冠者義経が兄頼朝, 九郎判官さまをあまり, 九郎判官殿や平, 九郎判官直筆の証文, 九郎判官義経さまが橋, 九郎判官義経公にはあれ, 九郎助不承不承に手, 九郎助憤然として筆, 九郎助貸金も取立て, 九郎助身をもがい, 九郎勘平テンテレツクの猪, 九郎勝長の槍, 九郎千葉周作など劍道, 九郎千葉周作桃井春蔵それ等の剣道師範, 九郎千葉周作桃井春蔵近藤勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 九郎右衛門それと長井隼人, 九郎右衛門とりよとを載せる, 九郎右衛門めは奥, 九郎右衛門りよ文吉の三人, 九郎右衛門ニ向カッテ跳躍スルモノアリ, 九郎右衛門三十八歳にし, 九郎右衛門主従は六月二十八日, 九郎右衛門宇平文吉の三人, 九郎右衛門家来と云う, 九郎右衛門後に男山八幡, 九郎右衛門教之であった, 九郎右衛門文吉は本多某, 九郎右衛門日根野備中長井隼人牧村丑之助その他三十余名の側臣, 九郎右衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 九郎右衛門片目をおさえた, 九郎右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 九郎右衛門町の福田屋, 九郎右衛門荒木摂津守武井夕菴そのほか柴田, 九郎右衛門麻布の米屋千倉屋長十郎, 九郎右衞門宅に入, 九郎右衞門比惠の原, 九郎君嬢は全く, 九郎和田豊治日比翁助伊吹雷太等があった, 九郎と呼ばれ, 九郎塾それから桃井春蔵塾, 九郎になる, 九郎太夫が和田, 九郎奥方幼名を贈らる, 九郎自雷也, 九郎女房お竹, 九郎奴十年前の古, 九郎好み羽織の, 九郎如きものを, 九郎妙見勝三郎日向一学保利庄左衛門博多弓之丞笠間甚八峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 九郎の奥庭, 九郎宗重熊谷小五八照賢, 九郎い所, 九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 九郎左衛門宮本又市などで名目, 九郎左衛門直政の士川井三十郎突, 九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 九郎左衛門野々村三十郎丹羽五郎左衛門などの旗, 九郎左衛門高畠孫三郎前田利久同安勝, 九郎左衞門年寄役村方で九, 九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 九郎廿七八歳先生の代, 九郎弘次の身の上也, 九郎弥六小熊彦一などが大, 九郎弥太松ふたりをがみがみ, 九郎願い申す, 九郎御曹子様のお, 九郎のため, 九郎につりこまれ, 九郎に手, 九郎掛り人与七, 九郎掛り人與七手代榮吉下女お文, 九郎日向一学猪股小膳, 九郎有馬源之丞, 九郎本田龍平こう七人, 九郎松原源兵衛の三番士, 九郎桃井春蔵に伊庭親子, 九郎桃井春蔵伊庭軍兵衛と名声, 九郎倒れに, 九郎次源四郎の両, 九郎次源四郎ふたりの母, 九郎次郎穂三尺の槍, 九郎次郎鎧の袖, 九郎次長谷川与次, 九郎次関十郎数千の兵, 九郎武田喜太郎柏原兄弟今川孫二郎なども終始, 九郎歿後そんな有力, 九郎殺しの疑ひ, 九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 九郎殿方へ遊佐, 九郎津村彌平次, 九郎が悦びまし, 九郎猩々の酒兵衛, 九郎盛長どのか, 九郎盛長仁田天野など刎頸, 九郎真田源次郎と共にわずか, 九郎笑止らしくいった, 九郎義経公ノ御, 九郎義経様について奥州, 九郎老人の枕元, 九郎苦笑をし, 九郎へ秀子, 九郎落合貞次郎は附加随行, 九郎衛門がすゝ, 九郎衛門母里太兵衛が諫め, 九郎親方お蝶, 九郎資貞が子, 九郎足軽五人と小者三人, 九郎跳ねあがって逃げだす, 九郎輩下の者共, 九郎允が, 九郎重成は民心, 九郎非力者とうたわれた, 九郎靭負が継ぎ, 九郎鴉めはどこ