青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「五月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

云われ~ ~云われる 云われる~ 互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ ~五人
五月~
五郎~ 井~ 井上~ ~井戸 井戸~ 些~ ~交 交~ ~交換 交換~

「五月~」 3803, 39ppm, 2951位

▼ 五月~ (947, 24.9%)

19 末に 12 朝, 朝の 7 空は, 風が 6 日の, 末から, 空に, 陽の 5 お節句, ことで, 山の, 或る, 末の, 空の, 雨の, 風に 4 ある日, はじめに, よく晴れた, 初めで, 挨拶は, 端午の, 節句に

3 [21件] ことだ, ことである, はじめで, 初に, 初めだった, 初めに, 午後の, 半ばに, 夜の, 明るい日, 月に, 月は, 末, 末だった, 田植ゑの, 節句の, 若葉の, 闇の, 頃に, 風の, 鯉の

2 [78件] ころに, ころ女の, しまいの, はじめころたぶん, はじめころであったろう, ように, プランを, 一夜, 三十日だ, 上旬に, 下旬に, 中ごろに, 中頃に, 人形は, 六日, 初めから, 初めであった, 初め朝な, 十日に, 半ば, 埃を, 夕暮だつた, 夜, 夜は, 太陽を, 季節が, 或夜, 或日, 折りの, 挨拶, 新緑が, 新緑の, 日は, 日も, 日盛りの, 早処女, 早處女, 有楽座, 朝風に, 末ごろまでは, 末であった, 末と, 末には, 末まで, 末やら, 条に, 条にも, 歌, 水路に, 流が, 海, 田遊びから, 秩父の, 空, 空だ, 空も, 空を, 節句, 節句と, 節句にも, 節句を, 花の, 花壇の, 薫風の, 街を, 間に, 闇より, 陽が, 雨, 雨が, 雨に, 雨は, 青い空, 青空の, 静かな, 頃から, 頃と, 飛魚と

1 [579件 抜粋] あかるい昼, ある夜, ある晴れた, ある朝, ある麗しい, いまごろ, うららかな, おわり僕, お祭り, かうした青い, が主, きんいろ, こころ, ことそれで, ことだった, ことだろう, ことでした, ことです, ことなりし, こと所用の, この作, ころでも, ころには, さわやかな, すえの, すがすがしい風, すゑの, たたら曲舞, ために, つゆどき, ときは, とりつきか, なかごろから, なかば, なかばいい, なかばで, なかばに, なかばの, なかば何でも, なかば私は, なかば過ぎの, なかば頃でした, のち司馬遷は, のぼりの, はじめあり, はじめから, はじめつい, はじめつかた, はじめひどい, はじめ終に, はじめ郊外の, はじめ雨の, はぢめ, はんらんが, へぼ胡瓜という, へぼ胡瓜の, ほととぎすが, ほのかなる, まひるです, みつばち, みつばちゃ, ものの, ろん, ウィーンの, キウリの, シドニーは, シヤンゼリゼエの, フランスは, プラウダに, プラン, ライラックの, 一と, 一時に, 七日か, 七日であった, 七日を, 三日, 三日と, 三日には, 三日を, 三益の, 上句までに, 上旬, 上旬いわゆる, 上旬だつた, 上旬の, 下旬で, 不成就日, 丘の, 中の, 中ばすぎと, 中ほど, 中旬すぎ翠滴らん, 中旬であった, 中旬と, 中旬に, 中旬を, 中旬凉しい, 中旬暑から, 中旬頃には, 中頃例年行く, 中頃過ぎに, 事で, 事である, 事です, 事なれ, 二つあった, 二十一日に, 二十八日と, 二十六日に, 二十日, 二十日過ぎである, 二字から, 二日の, 五日が, 五日だ, 五日と, 五日は, 五日御岳山上へ, 交か, 交である, 交と, 交は, 交二村の, 作, 作である, 候が, 候に, 光は, 光りの, 入監, 八日と, 六日に, 六日頃, 兵乱には, 兵乱も, 冷, 出し物決定といふ, 出来事で, 出発であった, 初お馨さん, 初であった, 初までに, 初めでした, 初めには, 初めの, 初めを, 初めポルトガル語で, 初め以来最初の, 初め漂然として, 初め頃だった, 初旬, 初旬お母さんおかえり, 初旬に, 初旬十日前後と, 初旬季節も, 初迄に, 利根川の, 匂い, 匂いです, 匂ひ, 十一日に, 十七日ごろに, 十三日青葉が, 十九日で, 十九日であった, 十九日兄弟の, 十二日, 十二日を, 十五日を以て, 十五日過ぎには, 十八日だ, 十六日で, 十日から, 十日である, 千歳座, 午の, 午前十一時過ぎの, 半ばお, 半ばころで, 半ばすぎの, 半ばでした, 半ばには, 半ばを, 半ば頃には, 半ば頃立原は, 半頃に, 原を, 合戦で, 和田合戦で, 喜ばしさ, 四日互いに, 四日粕谷草堂の, 国師岳の, 地震は, 地面犬は, 声を, 夕暮に, 夜々の, 夜であった, 夜明けよりも, 夜気が, 夜石舟に, 夜若葉の, 大事変, 大掃除, 大気, 大気の, 天と, 天候では, 天地が, 天気は, 太陽, 太陽は, 太陽はうら, 始めごろから, 始めで, 始めに, 子が, 季間極めて, 宣伝用写真を, 宵な, 宵ながら, 宿帳を, 寒さ, 居籠り, 山は, 山ほど, 山里を, 嵐っぽい, 嵐の, 嵐は, 巻餅や, 市会議員の, 市会議員選挙に, 幟が, 幟などを, 平均に, 庚午の, 後世爬龍も, 後衛たる, 微風, 微風が, 微風に, 徴風の, 思い出を, 感想, 慎しい, 或朝, 打合せ結局時間の, 文章世界に, 新緑である, 旅に, 旅を, 日, 日から, 日で, 日傘を, 日光, 日向も, 日曜日の, 日琥珀の, 日芳しい, 早苗時の, 明るい陽, 明るい陽光, 映画の, 春は, 春成公用は, 昼日仲だつた, 昼湯沸から, 時を, 時鳥かな, 晝前の, 晦日という, 晴れた日光, 晴れ澄んだ, 晴天だけに, 暑い日, 暴風雨あと仙臺石ノ, 月末に, 朝は, 朝よ, 朝よりも, 朝明け空の, 朝汽船は, 朝露六月の, 末ある, 末ごろ一度, 末だ, 末つ方大, 末で, 末であっ, 末である, 末でしたろう, 末三日前から, 末九州探題の, 末太子は, 末山に, 末思いがけなく, 末或, 末頃に, 末頃アグネスの, 末頃垣の, 本誌上, 本読みを, 来るころ, 案を, 桜, 梓山川端下の, 森に, 森の, 楡の, 楽しい一月, 橘の, 歌舞伎座で, 歌舞伎座である, 歌舞伎座は, 歴史地理全部を, 死びと, 気圧の, 水は, 泥濘道, 海が, 海は, 消印である, 温氣が, 湿度だった, 満月に, 潮の, 潮風に, 燕ついついひらり, 爽かな, 爽涼だ, 牡蠣は, 物忌みが, 犠牲者等の, 犧牲者等の, 犬の, 生温かい, 田植えに, 田植ゑから, 田植ゑに, 田植ゑにあるとするに到つた, 田植ゑ時の, 甲州街道は, 町裏らしい, 発想が, 白雲の, 真昼は, 真砂座では, 硬山, 神谷大和守報告文に, 祭, 祭には, 祭日和である, 秋である, 秩父, 稲の, 空から, 空じ, 空には, 空互になかなか, 空明神下の, 空気は, 空氣の, 窓を, 窓光には, 立山行, 端午に, 第二土曜日, 節に, 節会の, 節供では, 節供に, 節供の, 節句じゃな, 節句も, 節句前から, 節句前である, 節句盆な, 終りごろ慧憧が, 絵看板の, 緑の, 緑は, 緑風が, 總選擧以前に, 美しい夕, 習いまた, 胸, 腹を, 自然, 自然の, 船で, 色の, 芝居に, 花, 花が, 花も, 花を, 花園と, 花盛りそっくり, 苦行で, 苺の, 草の, 菖蒲も, 菖蒲幟七夕の, 落日は, 葉かげで, 蒸し暑い昼, 薄ら甘い, 薄曇りの, 薔薇, 蝶かと, 蝶に, 蠅で, 行事と, 行事に, 表情を, 裾野五月の, 詩, 話, 議会の, 貴公子, 貴公子である, 赤い広場, 車窓に, 軍刑法改正委員会では, 軽快な, 輕風ゆたかに, 連休も, 遊び場所が, 選挙には, 選挙以来初めて, 郊外, 野, 野は, 野よ, 野を, 野平に, 開所式に, 間は, 間わが, 間を, 間莫大に, 闇に, 闇は, 陽は, 陽光が, 陽光は, 陽光を, 陽春であった, 陽気な, 雉, 雑誌, 雛飾的の, 雨である, 雨とともに, 雨よ, 雨期の, 雪代の, 雲が, 雲を, 雲取山十月の, 霖雨期には, 霜は, 青嵐に, 青空に, 青草の, 青葉の, 青葉も, 音楽だ, 頃おい拙者は, 頃で, 頃であった, 頃でございました, 頃には, 頃は, 頃みんみん, 頃信濃川下流の, 頃富士の, 頃田植ゑ前に, 頃麗都の, 頌歌, 頬白見逃し, 風よ, 風を, 風夕立ちはれ, 風景, 風景は, 風猶, 高窓, 魚よ, 鯉のぼりが, 鯉のぼりの, 鯉幟が, 鯉幟でも, 鯉幟り, 黒いオーヴアコート, 黒つち

▼ 五月~ (266, 7.0%)

22 なると 9 なって 7 入ると 5 なった 4 入って 3 なっても, なれば, わたくしは, 入つて, 私は 2 して, しては, なってから, なつた, 入ってから, 入ってからは, 入っては, 入っても, 再版に, 木曾川を

1 [184件] あの特色, かえり六月, かかるでしょう終るには, ここに, この事件, この城, この筑波, これを, さえずる鳥, さへ, すっかりとけ, せめてわれ君刺し殺し死, ちかい眩ゆい, ちかい野, なったの, なったばかりの, なったら畳, なったら蚕さん夜養せん, なってからは, なつたばかり, ならない内, ならぬうち, ならぬと, ならねば, なりますと, なりますよ, なり君, なるお, なるかと, なる身, はじめて会った, ゆけば, ようよう東京, わたしが, アゾレス諸島及び, アフリカの, イエニーが, イヴリン・バルフォーアと, オー・ドュ・シェーンという, ニューヨークの, 一度咲き, 三田君が, 上梓する, 下田から, 下谷御徒町へ, 世田谷区経堂の, 両を, 中座に, 中村南日の, 九州へ, 五年ぶりで, 亡くして, 今の, 今度は, 令した, 会った国目付, 先方も, 入った, 入ったと, 入ったの, 入ってからの, 入ってからも, 入っての, 入つて旬日, 入りかけて, 入りて, 入唐の, 再び行, 出した, 出演し, 出版され, 出発し, 刊行され, 初産を, 到り苗, 労救, 北条氏に, 十日も, 南日君と, 受領し, 君と, 咲くという, 咲く第, 堤, 大阪の, 天下の, 始めて, 娘義太夫竹本富子の, 実行された, 将軍が, 尺の, 岸本が, 帳消しに, 彼は, 御腫物, 復員し, 忠利は, 支払いずみの, 支払いスミの, 於ける関東軍司令部編制改革, 於て, 日本に, 晩霜が, 書いたもの, 本官の, 村じゅうの, 東京から, 東京に, 東京新聞に, 東方の, 林檎や, 某病院, 栃木の, 根津の, 桜が, 桜狩が, 棠軒が, 棠軒は, 森田座で, 横間歩, 歌舞伎座に, 此の, 死するなれば, 江戸を, 没く, 浦塩斯徳から, 海防から, 海防を, 源頼朝が, 溶けると, 演る, 潰えた函館, 焼けて, 王立研究所, 生まれて, 田村成義の, 病氣に, 発熱し, 皐月, 知り初めて, 破天荒な, 祭るが, 福山に, 福島へ, 私が, 私の, 第三男子安産, 細君を, 終れり, 総領の, 繰り返され更に, 聞いた話, 職を, 至って勝三郎, 至つて又, 至つて四男三木八が, 至つて玄宗は, 至らば, 至り死去せり, 至るまで, 若君を, 茂る, 菅茶山が, 萱を, 葉が, 蘭軒が, 行はれ, 見たとき, 調べられたの, 起こった暴動, 起こり関西, 起ったが, 起りて, 這入つて, 通ったとき, 逢った時, 遼東より, 金沢医大でも, 開發社, 頒布せられた, 頼山陽に, 駿河相模武蔵同年七月に, 高砂屋福助父子上京の, 黒田清隆を

▼ 五月~ (128, 3.4%)

7 くて 6 いこと 4 からね 3 いの 2 いと云, いな, いひては, い下らない, い奴, くない, くなり, く思い, 這入込んでは

1 [90件] い, いことは, いっ, いですからね, いと, いとばかりに, いと焦立っ, いのに, いよ, いよつて, いッ, い世間, い人, い係累, い勘, い商売敵, い子供, い客, い気, い男, い話, い車夫, うござんすがね, うて, え, え奴, え野郎, かった, かったん, がって何, がって出る, がつて, がつて仕事, がつて碌々取り合, がつて邪險, がられたので, がられたり, がりあっち, がるだあ, きこと, くか, くかれこれ, くする, くその, くって, くつきまとっ, くなつ, くなつかしく, くまつわって, く付き纏う暗殺者, く仰, く厭, く喧嘩, く徒ら, く思っ, く愚図愚図, く感じ, く感じた, く感ぜられ, く根, く耳, く聞く, く苛めた, く親, く追窮, く附き, く頼み込む, く顏, く鳴らし, さうで, さうな調子, しい奴, しと, しとて, しの, じゃありません, ぜ, と云ッ, と書い, なって, なッ, ね, ので或, ほどに客, ほどの嫉み, ほど仕, やと, やと切に, 云って, 喧しいと

▼ 五月一日~ (113, 3.0%)

4 のメーデー, の子供 3 の朝 2 なりわれら, の事件, の日, を警戒

1 [94件] からとり, からの京都市主催, から七日, から三十日, が気, が近, が近い, こそ愉快, この日, だ, だから, だったが, だつたな, だなと, であった, というこの, という約束, といつ, とはよかつ, にあんなに, にお, にかけての出来事, にかの, にそれ, になっ, には信長, には北陸, には吾妻村, には熱, にも驟雨, にわれわれ, にアメリカ全国, にエルリング, にマリア, にモスクワ, にロンドン, にワルシャワ, にヴァッヘル, に会, に出発, に同じ, に完成, に実効, に実効発生, に当る, に死人, に測量, に発しられ, に私たちみんな, に第, に至って, に與, に行おう, に行なわれた, に行われた, に農村, に革命, のこと, の世界, の光景, の前夜, の午後五時頃, の夕方秋川邸, の夜, の夜明け, の夜更け, の天気, の小さな, の日曜, の暴力的, の記念祭, の顔, はやつ, は割合, は山田郡毛里田村, は新聞, は私たちすべて, は終つたの, まではまた, まではやす子, までは六週間ごと, までは待てぬ, まで待てぬ, まで犯罪, よりも痛切, より二年間, をさける, をまたず, を以て東京大学教授篠山博士, を待たず, を期し, を見, を豆, 附けを以て

▼ 五月には~ (83, 2.2%)

4 いって

1 [79件] いってから, いってからも, いつた, お内, かえる予定, かきつばた, すでに七百枚, たいてい番人, とうとう, また武蔵, もう日本, もう正式, やはり大和, ソヴェトから, ディッケンズは, 一〇〇レアルス・ヴェロンであり, 七十六歳の, 三吉夫婦は, 下賀茂神社に, 世界一の, 京都同年十一月には, 六〇〇レアルス・ヴェロンであった, 初産と, 初産という, 加賀の, 十四日間の, 叔父春風が, 同志から, 在原行平が, 大使らは, 大坂は, 大坂退去が, 子を, 山城大和伊賀伊勢近江摂津和泉丹波丹後若狭美濃信濃肥前同年九月には, 左を, 廓で, 引き続いて, 彰義隊の, 必ずはんらん, 折柄依然, 挙式を, 未だ北裏, 杏花の, 杜若花とりどり, 来ます, 来るか, 東京の, 柏餅を, 榛軒の, 歌舞伎座で, 水戸藩浪士らによって, 江戸と, 江戸に, 泥棒が, 無事長女の, 理化学研究所の, 産卵し, 田植の, 田能村竹田が, 病院の, 白い花, 白き雲, 石山本願寺に対する, 祇園神社の, 私自身の, 稲の, 笹村が, 羽後の, 肺病の, 花火の, 豪州の, 農産品六九・二に対して, 遠江国に, 郷里の, 鍾馗妹の, 長篠の, 阿部正弘が, 陸奥に, 雨が

▼ 五月五日~ (81, 2.1%)

4 の夜 3 の朝 2 には天皇賞レース, に鼈, のひと, の夜祭り, の晩, の条, はお, は男

1 [58件] お節句, から先, が来たら, この日, だ, であつ, でそろそろ, で前祭, というの, とがどういう, ときめ, と共に次第に, なん, にお, になりません, にはかし, には男の子, には男の子達, にまず, にパリー, に三男, に仙台新寺小路孝勝寺, に友, に東京, に済んだ, のお, のその, のひるだった, の一夜さ, の午前, の夜夕方, の天気よしあし, の子供, の山登り, の日記, の早朝, の暮れ, の柏餅, の條, の男, の男子, の祭, の端午, の節句, の菖蒲, の試合, の騎射, は, はこ, は女, は府中六所明神, は府中大国魂神社所謂六所様, は日本, は皆んな留守, は非常, までひきつづい, を女, を忘れず

▼ 五月~ (70, 1.8%)

7 になる 2 から私

1 [61件] かね, から, からずっと, からね, からはもう時々, から十月, から夜泊まり, から始まっ, から屡々, から浅草, から父親, から詩, から諸所, だと, であった, であったであろうか, である, でしたか, で未だ, で若い, に, にいよいよ, においてこと, にだ, にとる, になつて, になつて此方, になります, には日本, には間違, に七, に徴兵検査, に新宿駅前, のこと, のつまり二十六日, の事, の夕方, の客, の山毛欅, の明石だい, の春鯛釣り, の柔, の気候, の潮, の産卵, の都会, の青葉, は兎角, は水田, は百舌, まず去年, までずっと, までである, までに芽, までの大半, まで可, まで白い, 忽然とし, 探せば, 書いた戯曲, 最も悪い

▼ 五月~ (62, 1.6%)

3 初の 2 とかく陰り勝ち

1 [57件] いやな, おも月, きたる, この誓い, この騒ぎ, こんなにまで, それに, ただ草, ほとんどドイツ語, まったくべつ, もつとも自分, やっと桜, ダレた, ワルシャワでね, 二十と, 五月四日づけ, 佐夫之, 体の, 例の, 僕が, 全くい, 前に, 北半球の, 十日初日と, 千島列島を, 国民一般の, 大で, 大般若会, 大阪へ, 天気さえ, 好い月, 幾日ある, 廩米中より, 撮影と, 撮影六月は, 日本の, 旧暦で, 明るい夢見時, 松の, 横丁の, 浪さんと, 炎暑, 爽で, 爽快な, 物を, 物忌みの, 田植の, 節の, 花の, 苦しめられて, 荷花の, 菜た, 輝きいで黒い, 迫って, 野の, 革命月だった, 黄昏が

▼ 五月から~ (59, 1.6%)

4 六月にかけて, 六月へ 3 十一月まで 2 六月にかけての, 十月まで, 十月迄, 大阪の

1 [40件] お送りする, この方わたくしは, それが, だ, で十月, 一九三六年春にかけて, 七八月にかけては, 七月までを, 七月頃までが, 九月いっぱい会を, 今年の, 今日まで, 入って, 八九カ月の, 八月にかけて, 六月に, 六月まで, 六月までの, 六月上旬へ, 初まつ, 初夏の, 十一年二月まで, 十一月末まで, 十二月末まで, 十月にかけての, 十月へ, 十月までという, 十月までを, 十月下旬まで, 又出たい, 大坂に, 寒くな, 怪しい事, 歌舞伎座に, 物を, 私は, 秋十一月までが, 造営を, 開場した, 雨続きで

▼ 五月下旬~ (39, 1.0%)

3 のこと 2 から六月上旬, になる, にようやく

1 [30件] からもう精一杯, から九月, から約, か六月上旬, であったろうか, にはヴァラエティー寄席ごっこ, にも再度, に一坪, に両親, に出初め, に半蔵, に博多, に書いた, に通った, のある, のほとんど, の公園, の六里ヶ原, の半ば, の基督昇天祭, の或, の日, の朝, の私たち一行, までが一番, まで残る, まで毎月一回, まで真白, より草花時季, を以て改めて

▼ 五月二日~ (38, 1.0%)

2 の夕方

1 [36件] すぐ下, だと, である, です毎月壱回, で九号, にお, にロンドン, に事, に保, に保科哲夫, に兄, に天津, に往訪, に愈, に正造, に維納, に聞いた, に臨時議会召集, に至り, のベルリン陥落, の事件, の午前三時前後, の午前二時数分後, の午前二時過ぎ, の夕刻, の早朝, の月, の朝, の朝日新聞, の祭り, は, はいわば, は休み, は治三郎, を以て申出た, 之暁天

▼ 五月三日~ (37, 1.0%)

3 の午後, の夜 2 の條

1 [29件] から実際, から新しい, から私たち日本國民, づけの, です, におめにかかっ, にはそれ, には競馬, にまた, に京都, に実効, に思い出し, に施行, に日比谷, に辞世, のベルリン市, の今ごろ, の午前ぢ, の夜の, の天候, の式典, の新聞, の暮方, の月蝕, の朝, の窪尼あて, 新憲法施行, 新憲法発布, 流しの

▼ 五月~ (36, 0.9%)

6 来た 5 過ぎ六月 2 きた, きて

1 [21件] くると, すぎて, よほどお, 今を, 御番あけ, 曇りなく, 有毒時期に, 来たので, 来たら花, 来た五月, 来ても, 来ました, 来ると, 梅雨の, 真つ, 自分に, 近い, 逝く, 過ぎたら出家, 過ぎて, 青春である

▼ 五月~ (36, 0.9%)

4 いへば 3 なって, なれば 2 なった, 九月との

1 [22件] いえば, いへど, おなじやう, この二月, たたないの, だんだんに, なりぬれば, 七月との, 九月この, 云う詞, 八年九月との, 六月との, 六月の, 十月とで, 微笑したい, 心得た, 相場が, 秋晴れの, 翌四十二年一月, 言えば, 言ひ, 黄金の

▼ 五月ごろ~ (31, 0.8%)

2 になっ, の事

1 [27件] からかきはじめる, からそっと, から不渡手形, から中央公論, から内面的危機, から大病, から普通, から粋, であ, であったが, でしたらあなた, となります, になる, に再び, に市場, に彼, に現出, の外光, の東山, の気温, の陽気, の雨上り, の雷雨性, は山火事, までむなしく, まで熊本鎮台, 書き終えられた

▼ 五月二十八日~ (29, 0.8%)

4 の夜 2 の川開き, の晩

1 [21件] いつも朝寝, である, と六月十一日, には浅草川, に下院, に夭, に棠軒, に正方, に股引, に蘭軒, の, の命日, の子, はいよいよ, は両国, は兩國, または中世, まで, より上流下流, を以て本郷, 有楽座

▼ 五月~ (29, 0.8%)

2 に其の

1 [27件] かには, が出, が出来, が市場, で, では, では水谷八重子, と, と三十一年四月号, に, にあれ, にのった, に乗込ん, に出し置いた, に出せし, に掲載, に相違, に間, の原稿締切, の戯曲, の探偵創作, の評論, の部分, を挿, を木々氏, を見つけた, を開い

▼ 五月中旬~ (26, 0.7%)

1 [26件] からロンドン, から倫敦, から六月上旬, から六月中旬, から六月末, であった, であると, で陽気, ということ, と下旬, における露都, には五年ぶり, に入らん, に前山, に小笠原父島二見港, に当り, に来, に船, のこと, のさわやか, のはじめ, の事, の半ば, の或, までに蒔い, 猶結氷

▼ 五月十五日~ (26, 0.7%)

1 [26件] から十六, であった, であったそう, に棠軒, に永田町, に津軽家, に神田三崎町一番地, に突発, に行われる, に起きた, のこと, のなか, の事件, の午前十一時, の午後, の夕刻, の夕方, の夜, の日, の晩, の蕭々, は上根岸三島神社, もやっぱりびしょびしょ, より今日, 丁度彼, 第六議会

▼ 五月~ (25, 0.7%)

1 [25件] からの撮影, から七月初め, から十月, つか, であったろうと, である, には全, にコロンブス, にベルリン, に断然語学校, に独伊軍事同盟, に開催, に雪, に電報, の夏, の夕がた, の夜, の或, の日, の日曜日昼近く, の青竹, は大雨, までの間, まで国境, 漸く意

▼ 五月十一日~ (24, 0.6%)

1 [24件] にこの, にはその, にわかに東京, にモスコー, に京, に家茂, に晩餐, に本所相生町, に棠軒, に湯河原, に発ちます, に還御, に長子信一, のあけ, のこと私, の午後, の夜, の日曜, の日記, は折角, は甲斐, は約, まで三百二十四回, まで三百二十四回連載

▼ 五月四日~ (24, 0.6%)

2 づけの

1 [22件] が始め, だった, であった, という夏, と紀念祭あけ, と記念祭あけ, にあたります, には宿舎, に横浜市, のいきさつ, のきょう, のこと, の午下り, の午前, の午前十一時, の午後, の夜, の女, の月, の朝, の条, の項

▼ 五月~ (23, 0.6%)

1 [23件] あとの, この山, すむと, まだこれから十五日, まだ早い, もうなかば頃, やがて半ば, 中旬である, 十日過ぎの, 十日頃我が, 半ばと, 半ば過, 大切を, 暮れて, 末に, 末にな, 末の, 漸く晦日, 終りに, 経って, 過ぎたある, 過ぎて, 釣る蚊帳

▼ 五月十日~ (23, 0.6%)

2 の夜, の朝

1 [19件] から長, その発会式, だと, にありました, にはナポレオン, に何, に出発, に死亡, に片付, の或, の戦い, の条, の東京朝日新聞, までに審議終了, も明らか, より一九三六年三月二十七日, 既にセダン附近, 第十三信, 迄の手紙

▼ 五月人形~ (22, 0.6%)

2 のよう

1 [20件] が一パイ, が臭い, が都大路, が飾り棚, で外, に怨, に隱, の中, の作人, の内, の大将軍右近衛中将平維盛, の市, の箱, の贅, の鐘馗様, ほどになり, もみんな燒, を取出し, を見せ, を賣

▼ 五月~ (21, 0.6%)

2 近み

1 [19件] おも, おもいふけって, はつきり感覚する, 五月らしく思わしめる, 勝手休みした, 半過ぎる, 堪えがたく思う, 季と, 待つ, 待つて, 春と, 溌剌と, 経ざるに, 謳歌した, 迎えるころ, 迎えるまでの, 過ぎたら否や, 過ぎて, 過ぎてゐたとおもふ

▼ 五月七日~ (21, 0.6%)

1 [21件] からこっち, から工, といふ日, といわれ, に, にいつも, には将軍家光日光参拝, にヴィーン, に五十二歳, に到着, に死んだ, に當, に蘭軒, のこと, の寅, の払暁, の朝, の条, は三代将軍家光, より十三日, をもって全く

▼ 五月八日~ (21, 0.6%)

1 [21件] が本, であり尊氏, にキエフ, に女子, に忠之, に棠軒, に正式調印, に歿, に生れた, に福山, のこと, のたそがれ頃, の噴火, の赤城さま, の開所式, までに事務所, まで掛る, まで滞留, もまだ, を用いる, 遂に秀頼淀君

▼ 五月六日~ (21, 0.6%)

1 [21件] からいう, が来, になった, には体量十二貫五百目, には将軍家, にもし, にソ連軍, に二十六日, に将軍, に東京, に海岸, に突發, に自火, に蘭軒, に開会, のとき, の初夏, の戦, の手合せ, の朝, まで神務

▼ 五月~ (20, 0.5%)

4 あつた

1 [16件] あるならば, いろいろの, その時, その翌年, 一本の, 一葉の, 三十六歳往きは, 佐助は, 冬の, 多吉という, 夜どおしよし, 期限の, 桜の, 産卵後であった, 躑躅が, 馬一匹は

▼ 五月二十五日~ (20, 0.5%)

3 の空襲 2 の夜

1 [15件] から昭和二十年九月十日, であったが, である, といえ, においていよいよ, には東京, に丸やけ, に丸焼け, に支払ズミ, のこと, の夜間, の所, の日附, は則, は新暦

▼ 五月初旬~ (20, 0.5%)

1 [20件] から七月中旬過ぎ, から引続き, であったかと, でしょう, という, なるを, にこんな, には愈, には湊町, にロンドン, の伊豆山, の八十八夜前後, の夜, の奈良公園, の爽涼, の由, の詩, の陽気, の雨上り, までは自動車

▼ 五月二十日~ (19, 0.5%)

2 である

1 [17件] から二十二日頃, が木村重吉, すぎると, ちょうど私, でこの, で何回目, にバガモヨ, に二人, に儲君, に東京, に至る, に黄葉夕陽村舎, のこと, の夜, の晩, は安積, またラサ

▼ 五月~ (19, 0.5%)

2 の竿

1 [17件] がハタハタ, が風, のよう, の下, の下絵, の竿頭, の籠玉, の翻つて, の音, の頂, の類, もたて, も五月人形, よりは新しい, りにつき, 時に満員, 立つ家家

▼ 五月二十四日~ (17, 0.4%)

1 [17件] から病カン, づけ, であること, なら五月二十四日, にどう, になった, には日本プロレタリア作家同盟, に九歳, のお, の公開講演会, の午前中, の夜, の暮れがた, の朝, の空襲, をもって生る, 予てから不快

▼ 五月十三日~ (17, 0.4%)

2 に歿

1 [15件] で竣工, にこれ, には三たび静, には詩会, には関帝, に千住, に広島, に祭つた関帝像, に重, の午後, の夜, の朝, の空襲, より七月二十九日, 即ちチベット暦

▼ 五月九日~ (16, 0.4%)

1 [16件] から三週間, せいろん島コロンボ市マカラム街, である, でちょうど, という日, にその, に五十八歳, に共和制, に学校長, に棠軒, に至つて, のこと, より竜口用邸, を以て万石以下, 翌る, 過藤戸浦

▼ 五月二十六日~ (16, 0.4%)

2 の書牘, の朝まだき

1 [12件] には山巓, にも私, に書, に知事, に茶山, に菅茶山, に藩庁, の午後八時三十分, の書柬, の菅茶山, の貞子誕生日, までの十日間

▼ 五月十八日~ (16, 0.4%)

2 の日曜

1 [14件] から十月二十七日, から和蘭, に富岡永代寺, に彼, に恒善, に歿, に火星, に至る, の午, の夜, の条, より六月十七日, 薨ぜられた徳川頼倫侯, 迄クラパム

▼ 五月にも~ (15, 0.4%)

5 なれば 1 たれた, ならうと, やってきた, やはり同じ, らへ, 一度来た, 下谷神田を, 執権相州さまの, 大きな競技会, 見えず六月

▼ 五月三十一日~ (15, 0.4%)

1 [15件] だと, でその, で書き了, と訂正, には大阪, に死んだ, に翌日, に関藤藤陰, のこと, のロンドン, の夕暮, の夜, の私, までには一ヶ月以上, を初日

▼ 五月二十一日~ (15, 0.4%)

2 のこと

1 [13件] である, となった, にこの, には一日, にアムンセン, に近頃幾晩, の午前十一時五十分日米, の午後五時, の夕ごろ, の夜, の暁時, の町, まで受信

▼ 五月十九日~ (15, 0.4%)

2 に江戸, の朝

1 [11件] である, で同年十二月, にてある, には, にベルリン, に山田郡四カ町村, に正弘, に門司港, の午後五時頃, の朝乗船, より二十二日

▼ 五月十二日~ (15, 0.4%)

2 に大阪

1 [13件] であった, という奥書, に五合目以上, に古い, に独軍, のこと, の午前十時, の反乱, の項, も近づいた, より二十八年, を忘れる, を期し

▼ 五月なかば~ (14, 0.4%)

1 [14件] あのお天気, から六月なかば, である, になった, には紅緑, に半, のある, の事, の俄, の午過ぎ, の真昼, の雨, は椎の木, を過ぎなけれ

▼ 五月上旬~ (13, 0.3%)

2 迄である

1 [11件] から下旬, から六月, で家康, とはなった, と云う, にいたる, になる, にはアフリカ南岸, には釣れはじまる, のまだ, 迄に甲武信

▼ 五月~ (13, 0.3%)

2 のこと, の重要 1 から雨, で結局三回, なおしばしば, に, に陸奥外務大臣, の, の小説化, の手紙, また苺

▼ 五月二十二日~ (13, 0.3%)

1 [13件] から攻囲, だから, だった, と合計三回飛行機, にはとうとう, に三原, に生れ, に病, に神辺, の夜, の項, はまだ, 即ちチベット暦

▼ 五月~ (13, 0.3%)

1 [13件] には榛名辺り, の遅い, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 六日より, 四, 霜が

▼ 五月十七日~ (13, 0.3%)

2 の晩

1 [11件] いわゆる出版, であった, には七女幸, には之, には曳網, に前記, に影, に甲斐, の夜, の未明, まで両方

▼ 五月~ (13, 0.3%)

3 の前夜 2 の前 1 に, のなごり, のビラ, の合唱, の真, の示威, の足どり, を書け

▼ 五月まで~ (12, 0.3%)

1 [12件] およそ二か年間, お待ちなさい, かかって, つ, つづいた, つづく, とけない位, プラーク商科大学で, 二年間開かず, 他の, 持ち支えて, 月に

▼ 五月二十三日~ (12, 0.3%)

2 である, の但馬地震 1 といえ, とし, と二十五日, に正造, に致仕, に開かれた, の泊り客, まで凡そ四

▼ 五月六月~ (12, 0.3%)

2 の若鮎 1 そろそろ盆地特有, とぶっ続け, と三つき, と引き続い, におしめ, の二箇月, の柔らか, の水, はすぎ, は農園

▼ 五月十四日~ (12, 0.3%)

2 に第 1 その兄, と五月二十二日, にこの, に棠軒, に種痘祭, の事, の午前, の午過ぎ, の真昼, は開場三日目

▼ 五月という~ (11, 0.3%)

1 [11件] うちから, のに, のは, 季節に, 季節は, 所を, 日限を, 時節は, 月が, 月ほど, 気候の

▼ 五月より~ (11, 0.3%)

1 [11件] このかた三十九度以上, 七八月の, 三年二月に, 八月までは, 六月と, 六月に, 前の, 十月迄, 同十四年閏九月, 少し前, 金一両二十貫四百目に

▼ 五月三十日~ (11, 0.3%)

1 [11件] で廃刊, で越えて, といふ, に上海, に出された, に古, に既に, の名古屋, の東京人民大会, まで公開, より八月十三日

▼ 五月二十七日~ (11, 0.3%)

1 [11件] である, です, と二十八日, になっ, にチチ, に一子鶴松, に京都町奉行伊奈遠江守忠告, に歿, に谷, の条, はズッ

▼ 五月はじめ~ (10, 0.3%)

2 のある 1 には三角, に君死, のこと, の晩, の晴れ渡った, の朝, の朝まだき, は府中

▼ 五月~ (9, 0.2%)

3 という 1 が寒く, けれども寒い, つた, と言う, な, 私の

▼ 五月にな~ (9, 0.2%)

4 つてから 1 つてからの, つての, つても, つて春光の, つて藏から

▼ 五月~ (9, 0.2%)

1 が僅か, とはここ, とは天地, と名づけられた, の中, の乗組, の出立, の物語, の船

▼ 五月十六日~ (9, 0.2%)

1 から確か, に書い, の午後四時頃, の晩, の朝, の条, より銀四貫目, をもっ, 依然天候

▼ 五月節句~ (9, 0.2%)

1 が素通り, だと, の, のチマキ, の菖蒲湯, の贈り, は男子, をお, をもっ

▼ 五月半ば~ (8, 0.2%)

1 であった, であったろう, には再度, に行商, のよく, の太陽, の或, の校庭

▼ 五月二十九日~ (7, 0.2%)

1 からの切符配分, にここ, に単身入京, の京都義方会, の朝, まだ将軍家, より始めた

▼ 五月朔日~ (7, 0.2%)

2 の事也 1 からの大, にやはり, に至つて自ら, の朝, 前隊

▼ 五月~ (7, 0.2%)

1 でお腹, でご, になっ, になつて, に岸本, に彼, の男の子

▼ 五月~ (7, 0.2%)

1 が御岳黒沢口, が酷い, が麹町, は, はたった, は始め, は牧口君

▼ 五月蠅い~ (7, 0.2%)

1 から学校, から行っちゃおう, ではない, という気持, ばかりでなく, ほど何, 程沢山

▼ 五月蠅さ~ (6, 0.2%)

1 が減るだらう, と気の毒さ, どうなりと, には飽き飽きした, に堪りかね, を感じ

▼ 五月~ (6, 0.2%)

1 に, の夕ぐれ, の晝, の濡跡道, の遠, をよこぎ

▼ 五月~ (5, 0.1%)

1 五年四月であっただろう, 六月で, 六月に, 六月には, 六月の

▼ 五月であった~ (5, 0.1%)

1 から両側, が丁度, が悲しみ, が惜しい, が白根

▼ 五月にかけて~ (5, 0.1%)

1 きっと頭, 但馬美作備前讃岐あたりから, 何か, 水底の, 近在を

▼ 五月~ (5, 0.1%)

2 かけて 1 かけた若葉, 藤山, 行き宿

▼ 五月までの~ (5, 0.1%)

2 間に 1 冬その間に, 品が, 文稿二冊これ有り

▼ 五月以後~ (5, 0.1%)

1 から自分, には時々, のこと, の棠軒日録, の話

▼ 五月初め~ (5, 0.1%)

1 の夕刻, の子供, の灌仏会, へかけ, までしかいなかった

▼ 五月~ (5, 0.1%)

1 で地肌, に還りた, の木, の裏, の麓

▼ 五月田植ゑ~ (5, 0.1%)

3 の際 2 の時

▼ 五月興行~ (5, 0.1%)

1 とうち, には久しぶり, にも出演, の東京座, を開場

▼ 五月蠅そう~ (5, 0.1%)

1 に, にそれ, に傲然, に眉, に言い捨て

▼ 五月~ (5, 0.1%)

1 が一尾腹, のやう, の棹, の風, 吹き出だしたる此子

▼ 五月です~ (4, 0.1%)

1 から日, ね, わ, 僕は

▼ 五月といふ~ (4, 0.1%)

1 声を, 料理店へ, 月に, 月は

▼ 五月までは~ (4, 0.1%)

1 吹雪で, 待って, 知らぬふり, 胸に

▼ 五月処女~ (4, 0.1%)

1 としての資格, の笠, を定める, を選定

▼ 五月端午~ (4, 0.1%)

2 の節句 1 の日, の節供

▼ 五月~ (4, 0.1%)

1 い其の, い時, え奴等, く讀んで

▼ 五月からの~ (3, 0.1%)

1 ことで, 事に, 名前で

▼ 五月この~ (3, 0.1%)

1 予防命令が, 勝地に, 英雄の

▼ 五月だった~ (3, 0.1%)

1 が木曾福島, と思い, と申しました

▼ 五月である~ (3, 0.1%)

1 から, から凍える, が朝日新聞社

▼ 五月のぼり~ (3, 0.1%)

1 のコイ, の翻っ, よりは新しい

▼ 五月までに~ (3, 0.1%)

1 二百四十五戸の, 民主国家の, 読んだもの

▼ 五月を以て~ (3, 0.1%)

1 勝れりと, 所謂法隆寺再建論を, 日本に

▼ 五月中村座~ (3, 0.1%)

2 にて 1 の大切浄瑠璃

▼ 五月~ (3, 0.1%)

1 からの物忌み, に仕上げ, の葉書

▼ 五月場所~ (3, 0.1%)

1 の方力瘤, 各々前頭筆頭, 第二日目

▼ 五月大阪~ (3, 0.1%)

1 にて発行, に行かれた, より高砂屋福助父子上京

▼ 五月廿五日~ (3, 0.1%)

1 と二, の出版, の聖体

▼ 五月廿八日~ (3, 0.1%)

1 から八月廿八日, に始, より病床

▼ 五月発行~ (3, 0.1%)

1 とある, と書い, の

▼ 五月~ (3, 0.1%)

1 一日を, 三の, 三册は

▼ 五月蠅いもの~ (3, 0.1%)

1 だ, である, を用

▼ 五月あたり~ (2, 0.1%)

1 から毎日, に東京

▼ 五月あまり~ (2, 0.1%)

1 も閉じ, 一月の

▼ 五月ころ~ (2, 0.1%)

1 から原稿, のよう

▼ 五月そう~ (2, 0.1%)

1 です, 思うと

▼ 五月たち~ (2, 0.1%)

2 ける

▼ 五月ちょうど~ (2, 0.1%)

1 桐の, 満一年

▼ 五月では~ (2, 0.1%)

1 あったが, 山に

▼ 五月でも~ (2, 0.1%)

1 まだこんなに小さい, 三国権現の

▼ 五月との~ (2, 0.1%)

1 仲よと, 生命の

▼ 五月なら~ (2, 0.1%)

1 五月の, 狂人にな

▼ 五月まち~ (2, 0.1%)

2 は端午

▼ 五月までには~ (2, 0.1%)

1 きっと間違い, 浅草の

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 そなた, 塔の

▼ 五月ササゲ~ (2, 0.1%)

1 と同属, を正名

▼ 五月マリヤ長逝~ (2, 0.1%)

2 おなじく七月

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 と月, の夜

▼ 五月一杯~ (2, 0.1%)

1 だけは, に原稿

▼ 五月七月九月~ (2, 0.1%)

1 である, の芽

▼ 五月三日あと六日~ (2, 0.1%)

2

▼ 五月三日五月四日~ (2, 0.1%)

1 と紀念祭あけ, と記念祭あけ

▼ 五月二十五日付~ (2, 0.1%)

1 の約束, の飜譯文

▼ 五月二十五日午後三時二十分一本スギ~ (2, 0.1%)

2 のてっぺん

▼ 五月二日五月三日五月四日~ (2, 0.1%)

1 と紀念祭あけ, と記念祭あけ

▼ 五月以来~ (2, 0.1%)

1 の長州藩, 開かれて

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 が凱旋, が凱旋大観兵式

▼ 五月信子~ (2, 0.1%)

1 の慰問, や筑波雪子

▼ 五月初めごろ~ (2, 0.1%)

1 であったかと, の野外

▼ 五月初旬京城~ (2, 0.1%)

2 において開かれる

▼ 五月十九日二十日~ (2, 0.1%)

1 に国会内, をもって死滅

▼ 五月十何日~ (2, 0.1%)

2 であったかに

▼ 五月安南船長崎~ (2, 0.1%)

1 に到着候時, に到着候節

▼ 五月帝国劇場~ (2, 0.1%)

1 にて初めて, にて文芸協会公演

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれる, に面する

▼ 五月待つ~ (2, 0.1%)

2 花橘の

▼ 五月新富座~ (2, 0.1%)

1 でかの, にて

▼ 五月明るい~ (2, 0.1%)

1 海浜, 空を

▼ 五月明治座~ (2, 0.1%)

1 にても一種, にて岡本綺堂作

▼ 五月春陽堂~ (2, 0.1%)

1 から出版, が

▼ 五月時分~ (2, 0.1%)

1 からもう, はしりの

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 に杏坪, に達し

▼ 五月末頃~ (2, 0.1%)

1 であった, には北京

▼ 五月来た~ (2, 0.1%)

2 時とは

▼ 五月某日~ (2, 0.1%)

1 を境, 終に笹子

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 の寂しき, の残つて

▼ 五月浅草座~ (2, 0.1%)

1 で小伝次, にて子供芝居

▼ 五月田植~ (2, 0.1%)

1 の季節, の日

▼ 五月節会~ (2, 0.1%)

1 とともに禁止, に大

▼ 五月節供~ (2, 0.1%)

1 の日, の柏餅

▼ 五月芳野離宮~ (2, 0.1%)

2 に行幸

▼ 五月蠅くつ~ (2, 0.1%)

1 て仕, て本

▼ 五月蠅さ何~ (2, 0.1%)

2 うなりと

▼ 五月蠅なす~ (2, 0.1%)

1 悪しき神, 騒ぐ児等

▼ 五月~ (2, 0.1%)

1 しろ水, の消える

▼ 五月頃漱石~ (2, 0.1%)

2 の墓

▼1* [653件]

五月五月は, 五月あの焼跡の, 五月あまりにもなりましょう, 五月あやめを葺きし, 五月あやめ女史や女学校, 五月あゝ五月, 五月いうても眼エ, 五月いつもつながれて, 五月いらい岸内閣の, 五月かの郷土飛翔の, 五月からと言えば, 五月からは殆ど一ヵ年以上へ, 五月くらいがいい, 五月ぐらいの気候の, 五月ぐらいまで作品の, 五月ぐらゐ経つ, 五月ごろヒマをもら, 五月ごろ全国の各所, 五月ごろ奈良ホテルとある, 五月ごろ彼は品川方面, 五月ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, 五月ごろ私が御, 五月ごろ著述の草案, 五月ごろ達ちゃんかえれるという, 五月ごろ酒井雅楽頭の侍医, 五月さらに優れた作品, 五月すなわち十二月に, 五月ずば抜けて美しく, 五月その甥ヨハンの, 五月そんな水の, 五月だって女を, 五月だろうな, 五月ついたちなどの頃, 五月ついたち大蒜の, 五月でありケーテは, 五月であればすべて, 五月であろうと思う, 五月でなくっても悪, 五月とく子の腹部, 五月とは扨もと計り身を, 五月ともなると, 五月どきの蕭, 五月なかばヴェニスで全く, 五月などはまして気候, 五月なり諸王の, 五月なんでも雨, 五月における愚論中, 五月にかけての若葉時が, 五月にかの有名な, 五月にさえなったと, 五月にしんの月, 五月にでもなったらと, 五月のやどの二人, 五月はじめて輯録された, 五月ばかしの赤子さんを, 五月ばかり前スパセニアから, 五月ばかりにもずまろ, 五月ひらめという, 五月ぶり氷は今年最初, 五月へと進んだ, 五月ほどになって, 五月まずしき生活の, 五月まぢかい北の, 五月まつ間のほととぎす初音, 五月までにななたび, 五月までを晴期と, 五月もはや末である, 五月躑躅が, 五月やが人知れずにこにこ, 五月やみが屋, 五月らしくなったきららかな, 五月らしく思わしめるものである, 五月らしく着せてあつ, 五月わずかに半年前, 五月わたしが戦地, 五月アムンセンの一隊, 五月アルプという川, 五月ケーテはどんな, 五月バリャドリードに於, 五月バンジャマンの, 五月フランスが共和政体, 五月フランス軍がウィーン, 五月ベンサムは当時ロシア, 五月ホラ磯部の温泉, 五月マジノ線を突破, 五月マラスピーナがセルラヴァルレ, 五月マルセーユまで行っ, 五月ミレナとの関係, 五月ヨリ十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 五月ライデンの大学, 五月リスボン発南アメリカの東岸, 五月一家を引連れ, 五月一年中でのよき, 五月一日わたしが二十六歳, 五月一日メーデーです, 五月一日ヨリ三ヶ月間若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 五月一日ワルシャワで殺された, 五月一日云々のそれ, 五月一日五日六日はパン屋キオスク, 五月一日作兵衞が生き, 五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 五月一日六十三歳をもっ, 五月一日午前六時宿を出, 五月一日午後は丁度, 五月一日巳の一点, 五月一日日米の国交, 五月一日私が二十六歳, 五月一日薨去年は七十八, 五月一日関東軍司令部で各地, 五月七日ドイツのハンブルク, 五月七日七十二歳で亡くなられた, 五月七日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 五月七日幸村は最後, 五月七日早朝ベルリンを発し, 五月七日私儀是迄外宅, 五月七日鉱山技師の子, 五月七月九月十月の六回興行, 五月万物は一新, 五月三十一日ハイドンの魂, 五月三十一日午後三時四十分出発した, 五月三十一日午後三時四十分校前に記念撮影, 五月三十一日四代目嵐璃寛大阪に死す, 五月三十一日父王の死, 五月三十日ごろだそう, 五月三十日前後からモスクワ, 五月三十日発行の, 五月三十日相州三崎へ行つた時, 五月三十日駅馬を雇い, 五月三日ライプチヒに至り, 五月三日今日明日に追手, 五月三日付老中への建白書, 五月三日加藤式部少輔明成, 五月三日午前九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 五月三日午後六時すぎ牛込警察署の一室, 五月三日夜に上京, 五月三日天気晴朗なり此晨歩, 五月三日左之願書付, 五月三日親王は二十八, 五月三日酉剋に至つて和田四郎左衙門尉義直さま, 五月三藏が漸く, 五月上旬芥川氏は氏, 五月上旬門へ打つ, 五月上旬頃から播き付け, 五月上洛中の主君信長, 五月上野に大, 五月上野公園高射砲陣地に於, 五月下旬これを下った, 五月下旬ダルメイダが口, 五月下旬二人は雲取山, 五月下旬何でも二十八, 五月下旬新緑の頃, 五月下旬欠席しましたが, 五月下旬私は東京市内, 五月下旬長野縣下に於, 五月下旬長野縣明科に於, 五月下旬頃は頂上, 五月下旬麓の新緑, 五月下田奉行はハリス, 五月中旬千葉県人会よりの帰途, 五月中旬午頃の郵便局, 五月中旬検挙された百合子, 五月中旬私が八歳, 五月中村福助は養父, 五月中村鴈治郎大阪より初めて, 五月中栃木県では中山丹次郎, 五月中浣妻とともに葛飾, 五月中頃でございましたから, 五月丸物語をもう一応, 五月九日一人の男, 五月九日付で兵部, 五月九日午後林町にて, 五月九日山本鹿州氏から聞いた, 五月九日帰国して, 五月九日我々は神戸, 五月九日永井栄安成田玄良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 五月九日病死す, 五月九日越中国府の諸, 五月九月の結改, 五月二三の友人, 五月二十一日のを買うでしょう, 五月二十一日千葉県千葉町の郊外, 五月二十一日早曉爲千載不歸之客於是吾等三人之寫眞, 五月二十一日条に五ヶ所, 五月二十一日西アフリカのゴールド, 五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 五月二十七日彼は鎮守府将軍, 五月二十七日日本国民として忘, 五月二十七日遼陽に至る, 五月二十三日スミスは殺人犯人, 五月二十三日七十九歳で同, 五月二十三日十一時十分城崎豐岡大地震大火, 五月二十三日喜平第三回, 五月二十三日播州無宿の吉五郎, 五月二十三日済庵の子, 五月二十三日神戸発七月一日にマルセーユ, 五月二十三日還幸の沙汰, 五月二十九日チベット暦の四月二十日荷物, 五月二十九日京都義方会に於ける, 五月二十九日大阪へ出た, 五月二十二日以後に月日, 五月二十二日広東韶州府の西城, 五月二十二日淫売窟に近き, 五月二十二日無人島生活二日めの朝, 五月二十二日警察書記フリードリッヒ・ワグナーとその, 五月二十二日鎌倉に到着, 五月二十二日頃にはその, 五月二十二日飛行機で着水, 五月二十二月の書信, 五月二十五日ころ仙台に着く, 五月二十五日ごろ神戸を出帆, 五月二十五日以後はふっつり, 五月二十五日公判開廷の際, 五月二十五日午後三時に小林くんたち五人の, 五月二十五日大西一外逝去せし由, 五月二十五日長篠の陣, 五月二十五日館に火, 五月二十五日麹町の私, 五月二十八日プレエシアで再演, 五月二十八日午前〇時三十九分私は山陰線八鹿駅, 五月二十八日午後二時から大東学園, 五月二十八日幕命を以て天狗方, 五月二十八日森枳園は閏五月二日, 五月二十八日無条件で独軍, 五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 五月二十六日コマンドルスキイ沖の合衆国巡洋艦, 五月二十六日午前五時二十分六十三年にわたる多彩, 五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 五月二十六日梅雨を冒し, 五月二十四五日ごろ支払いの分, 五月二十四日メールスブルク附近に買いもとめた, 五月二十四日九合目以上に約, 五月二十四日左のプログラム, 五月二十四日早朝発にて斗満, 五月二十四日雨が降ります, 五月二十日ごろ佐々の一家, 五月二十日ごろ神戸を出た, 五月二十日今川殿陣亡遊ばされ候時, 五月二十日島の樣, 五月二十日横浜を出帆, 五月二十日郷里の和歌山市, 五月二度目の, 五月二日ソヴェトの勤労者達, 五月二日モスクワじゅうの数万人, 五月二日付の一通, 五月二日以来小栗警視総監は内務省, 五月二日夕刻に至つて大膳大夫広元さま, 五月二日東山仙洞で鶏合せ, 五月二旬の間, 五月五日ごろまでつづいた, 五月五日したたか酒に酔いまし, 五月五日すぎに敏子, 五月五日一人の骨組, 五月五日一同はいかだ, 五月五日以内であったに, 五月五日午後一時半約束通り神田駿河臺YWCAにこの, 五月五日南半球の五月, 五月五日咸臨丸は無事, 五月五日夜のアリバイ, 五月五日大谷塋亮君および市川代治氏, 五月五日平和は成り, 五月五日端午の日, 五月五日節句の日, 五月五日菖蒲の節句, 五月五日躑躅の花盛ん, 五月五月に桜狩, 五月些細の事, 五月亡卒せる義盛以下, 五月人形屋の店, 五月人形諸方から貰った, 五月今日では六月, 五月代掻き馬を里, 五月以來執筆せし小説, 五月以來隨處に檢擧, 五月以前にはなかっ, 五月以後久々の汽車, 五月以来一晩も欠かさず, 五月以来八九カ月見なかった容姿, 五月以来新婦がゐた, 五月以来母病気のため松山, 五月休ませてくれ, 五月休ませるか何, 五月会上皇御幸その時, 五月何日かの日暮れ方, 五月使者たち二百二十人は宣宗, 五月に樹, 五月偶然のこと, 五月と空気, 五月八日ピアツェンツァ附近に於, 五月八日マルチニック島プレー山の噴火, 五月八日一度に死んだ, 五月八日五代目市川寿美蔵死す六十二歳, 五月八日佐佐木茂索君は, 五月八日初代市川女寅死す二十八歳, 五月八日頃細くは, 五月八月考古學雜誌第十二卷第七號第九號, 五月六七八そろそろ秋風, 五月六所明神の闇祭り, 五月六日これは日曜日, 五月六日ウィッテンベルクに至り, 五月六日プラーグ東方地区で墺軍, 五月六日五十日近くか, 五月六日以来旱となっ, 五月六日六月十日同二十五日, 五月六日千歳座より出火, 五月六日妻と共に一旦, 五月六日常磐津林中死す六十五歳, 五月六日庸書檄を作り, 五月六日房の長, 五月六日捜査のため山, 五月六日柿内夫人園子より光子, 五月六日片山道明寺附近の会戦, 五月六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 五月六日私は陛下, 五月六日立ふぢ, 五月六日足痛年月を重, 五月六日馬関へ長, 五月六月ふたつきは何やら, 五月六月七月そろそろ藪蚊, 五月六月七月八月と毎月, 五月六月七月八月九月十月十一月十二月だ, 五月六月七月私たちのため, 五月六月頃は丁度, 五月六本木のカッフエ, 五月其花ヲ得, 五月内務省主催第二回神職講習会, 五月再びサロメ夫人と共に, 五月出版のもの, 五月出立の節, 五月初め頃から父, 五月初旬武男はその, 五月初旬渡支ではない, 五月前後ならば, 五月勝頼一万五千の大軍, 五月十一日ハルゼミは最早ほとんど, 五月十一日光子より園子, 五月十一日前夜の約, 五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 五月十一日号どうしたでしょう, 五月十一日敬高三十歳にし, 五月十一日正造は小舟町, 五月十一日源平小手指原にて戦う, 五月十一日滋賀県の巡査津田三蔵, 五月十一日私はヤナギ, 五月十一日肺炎のため, 五月十一日飾磨郡増位山随願寺の会式, 五月十七日コツウジッツに於, 五月十七日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 五月十七日午前十時へんろ装束に身, 五月十七日政治的にデンマルク, 五月十三回目で一, 五月十三日今日は西田君, 五月十三日印度のベンガル湾, 五月十三日妙義山麓の陣場ヶ原, 五月十三日山下奉文氏と汽車, 五月十三日後の文, 五月十三日条にも, 五月十三日静宜亭宿題, 五月十九日わたしは刑期, 五月十九日入京のむね, 五月十九日此の王立学会, 五月十九日熊本で死んだ, 五月十九日長崎撫院和泉守曲淵公に従, 五月十二日五代目市川門之助死す五十八歳, 五月十二日付のロダン宛, 五月十二日入唐爲初學習と云, 五月十二日午前一時三十分あこがれの北極頂点, 五月十二日小学部職員父兄を招集, 五月十二日幕吏は突如, 五月十二日朝小日山満鉄理事, 五月十二日東京丸の内署に沼田, 五月十二日生れの嫡男専之助, 五月十二日越中国守の館, 五月十二日鎌倉を立ち, 五月十五六日頃までは頭, 五月十五夜だつた, 五月十五日のと六月二十五日の, 五月十五日上野では官軍, 五月十五日岡山県美作国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 五月十五日市村座と守田座, 五月十五日府に着い, 五月十五日新嘉坡に着いた, 五月十五日生憎とこ, 五月十五日發行の, 五月十五日陸海軍将校ら首相官邸などを襲撃, 五月十八で岡崎屋, 五月十八日スイスの勝, 五月十八日付東京朝日新聞の社説, 五月十八日信長家康両旗, 五月十八日園子より光子, 五月十八日江戸を発った, 五月十八日甲斐は船岡, 五月十八日船は安, 五月十八日開校式の際私, 五月十八日附の米國プリンストン大學, 五月十六日将軍はついに, 五月十六日朝の官軍上野攻め, 五月十六日羽前村山郡新庄領の堺田, 五月十六日隊歌発表式あり, 五月十六日隊歌發表式あり, 五月十四日午前八時テラー村に着陸, 五月十四日午前八時大久保利通は麹町, 五月十四日周信の失踪捜査願い, 五月十四日母の館, 五月十四日発満州旅行の途, 五月十四日聖霊降臨節の日, 五月十日ごろだした手紙, 五月十日付が最終, 五月十日付都下各新聞, 五月十日以来のドイツ, 五月十日前なりし, 五月十日午後四時頃北米合衆国メーヤアイランド軍港附近に於, 五月十日復た草, 五月十日攘夷期限の詔勅, 五月十日攻勢を開始, 五月十日昨夜睡眠不定例の如し, 五月十日条に, 五月十日独軍が西方, 五月十日船は印度洋, 五月十日頃より留守, 五月千歳座にて, 五月歳と, 五月半ばごろである, 五月半ば真冬の着物, 五月半ば頃トマトは苗床, 五月半歳親切な島, 五月南部高信と戦ひ, 五月即ち我明治三十六年北清事件の, 五月参戦と同時に, 五月友人山川均と共に雜誌, 五月合戦の時, 五月同様虔しまねば, 五月の水陸軍, 五月呉傑平安兵を発し, 五月四たび巴里に出, 五月四日附だった, 五月地球は神々しい, 五月夏祭神田祭を今ここ, 五月大連湾より帰り, 五月天皇親しく鳥, 五月天科村の広瀬庄太郎, 五月天鉄車暁発古城辺従今深入, 五月妖民伊金を誅す, 五月は長女, 五月始めの或, 五月学生祭の日, 五月安南国から香木, 五月宗門弘通許可状を下し, 五月であつ, 五月小六月大であつ, 五月山嵐寒透襟, 五月山陰に遊ばれた, 五月川上音二郎の一座, 五月川上音二郎一派は歌舞伎座, 五月左千夫らと子規, 五月巴里に出, 五月の前祝い, 五月市川女寅, 五月市川染五郎改名して, 五月市村座にて, 五月のわけ, 五月帰途の船, 五月幟風の吹き貫き, 五月幾次郎は清七, 五月を白龍山, 五月延安で行った, 五月廿一日私儀新規被召出候, 五月廿七日鉱毒防禦工事命令書が鉱業人古河市兵衛, 五月廿三日暁卯刻女子出生名乃夫, 五月廿九日大石田にて斎藤茂吉記, 五月廿二日家を立つ, 五月廿五日川べりを歩い, 五月廿八日寛は着, 五月廿六日寛は王藏, 五月廿四日までは記者, 五月廿日の黄昏時, 五月廿日板谷を越え, 五月廿日長崎の何, 五月にタンゴ, 五月吉報の, 五月心地になり, 五月忍ばゆ, 五月応召兵我家に宿る, 五月於弦, 五月戊午ノ朔乙丑, 五月成監督東京府技手恩田岳造と固く, 五月我等の世界, 五月戦争目的以外の研究, 五月振りにしかも, 五月摂津の石津, 五月改元天慶元年となつ, 五月文藝春秋新社刊, 五月満原野三百万坪余, 五月斯螽股を鳴らし, 五月京に, 五月新宿の駅, 五月はまさしく, 五月日光に遊ばれた, 五月日本のいさぎよ, 五月日盛りは過ぎた, 五月の九月, 五月早くも蚊, 五月早大内の演劇博物館, 五月早苗を植ゑる時, 五月猶浅, 五月春木座にて大阪俳優, 五月時事新報社にて前途有望, 五月暗にふさは, 五月更に大府に, 五月最初の午, 五月有楽座の新聞広告, 五月有楽座案を相談, 五月朔日今川義元いよいよ全, 五月朔日社友早矢仕氏, 五月未だ外崎恵美子君が, 五月末ごろから江戸中, 五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 五月末ノビレ大佐の救援, 五月末ミラノを発し, 五月末大元帥陛下凱旋したまいて, 五月末季のある, 五月末旅団はついに, 五月末日に贖, 五月末日コロンブスは六隻, 五月末日警備隊の, 五月末本国を出発, 五月末築地から引越し, 五月末越後長岡の悠久山, 五月末雨季になり, 五月杉山陸相によって提言, 五月来ぬわすれ, 五月東京の郊外荻窪, 五月東京座へ呼び, 五月東京麹町区飯田町の皇典講究所, 五月東北を旅, 五月枝端に大, 五月某日予等は明子, 五月柑子の黄金, 五月柳塘の緑, 五月梅雨ですから, 五月棲み馴れていよよ, 五月極地方面の飛行, 五月次兄が亡くなった, 五月歌舞伎座にて, 五月六位上佐伯部三国に, 五月此月に遇, 五月死すべしと神告, 五月殉難者の血, 五月水野信元のとりなし, 五月汽車はあかつき, 五月沢村座の番附, 五月淡紅色の花, 五月滿谷國四郎鹿子木孟郎二氏の, 五月を渡り, 五月照子との交際, 五月熊野參籠の此方, 五月燕兵泗州に至る, 五月牡丹未だ散らず, 五月特別號に發表, 五月狂言は, 五月現在の神山, 五月生まれという, 五月生れとはっきり, 五月甲府の愛犬家小林氏ら, 五月甲斐の国, 五月國船が, 五月発病当時も母, 五月登って見た, 五月登れなかったのでこれ, 五月白い日の, 五月皇后ならびに諸, 五月目位から滞り出した, 五月着手矢吹慶輝博士の御, 五月祭りか, 五月秀吉は諸国, 五月程になるの, 五月稿のもの, 五月は梅雨, 五月笛吹川の東沢, 五月節日に妖巫黒兎, 五月米國のペルリ提督, 五月経ってなれた, 五月経った時に, 五月結局左の出し物, 五月羅馬を逃れる, 五月美濃の国, 五月肥溜に落ち, 五月胃癌で患っ, 五月至東京是月廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 五月艦隊の演習, 五月芭蕉が最後, 五月でなければ, 五月花つみな玉, 五月若葉はこと, 五月茎梢ニ花ヲ開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル, 五月荒陵の松林, 五月菖蒲の造花, 五月薫風簾を動, 五月薬用のため, 五月藍子が五日程, 五月藻作氏と連れ立った, 五月蘭軒は医心方, 五月蛍匍ひいでヂキタリス, 五月と云, 五月蠅いもの, 五月蠅いもんでしょうね, 五月蠅がりになる, 五月蠅きものに昼, 五月蠅くもあるが, 五月蠅げな答え, 五月蠅さうに横つチョ, 五月蠅さ夜分なりと歸, 五月蠅エや何ン, 五月蠅ッて, 五月蠅云ふ, 五月行南北三月行各至於海, 五月西国での文芸, 五月西宮に崩ず, 五月詰まらない小ゆすり, 五月待てと, 五月迄と思って, 五月近い腹を, 五月連年蝦夷地の防備, 五月遊びに興じあっ, 五月唐持節使粟田真人唐に, 五月醉茗君が, 五月金峰山に登る, 五月長崎の土産, 五月長門国壇の浦, 五月閑古鳥の啼く, 五月雑誌文芸春秋からはじめて, 五月の行列, 五月の空, 五月雨降りつづくころ, 五月雨雲を廂, 五月雪消の跡, 五月れたるひと日, 五月革命の旗, 五月音一が伊勢, 五月頃一遍やりかけて, 五月頃何度も賞味, 五月頃太平洋の沖合, 五月頃庭へ五六輪, 五月頃朝鮮に旅行, 五月頃東京にいない, 五月頃氾濫して, 五月頃真夜なかにした, 五月頃私はモオリアック, 五月頃聖路加へ通っ, 五月頃自分が開成山, 五月頃行はれた成年戒, 五月高田屋では与, 五月麦藁で, 五月黄花開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食