青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「介~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~今度 今度~ 今後~ ~今日 今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~ 今頃~ ~介
介~
~仏 仏~ 仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕 仕~ ~仕事

「介~」 5721, 62ppm, 1852位

▼ 介~ (1584, 27.7%)

15 それを 8 云った 7 急に, 言った 6 黙って 5 それに, 笑いながら, 自分の, 足を, 首を 4 南原杉子の, 彼の, 浪之, 海舟の, 相手の, 顔を

3 [21件] すぐに, そう云っ, そう言っ, その日, どうした, 何か, 何の, 何も, 先程の, 口を, 奥の, 彼女の, 彼女を, 挾まれて, 気が, 目を, 眼を, 私の, 答えた, 耳を, 驚いて

2 [70件] あいまいな, いつまで, お光, こう云う, その, そのあやかし, その時, ちよつと, どうだ, むくれて, われに, ギョッとして, ダラシなく, ホッと, 一枝に, 不意に, 今更ながら, 何と, 余りの, 例の, 傍の, 優しく云っ, 加納に, 唇を, 嘲笑ひつ, 多四郎の, 妻の, 妻を, 子供の, 川へ, 席を, 彼が, 彼に, 微笑し, 懐から, 手を, 拒否した, 振り返って, 最後まで, 木剣を, 椅子を, 此の, 歩きながら, 歩き出した, 気を, 熱心に, 父の, 父親の, 物を, 眉を, 私に, 空を, 立った, 答えて, 給水タンクの, 腑に, 腕を, 自分が, 自分に, 色を, 苦笑した, 茶を, 言葉を, 話を, 語りつづけた, 道阿弥の, 階段を, 頷いて, 風呂に, 黙ったまま

1 [1289件 抜粋] あきれた, あたりへ, あとへ, あの夜以来, あの雲水姿, ある熱情, あれで, いう, いくぶん溜飲, いさ, いたたまらなくなっ, いつとは, いとま, いぶかって, いよいよ明日, うっとりと, うなずく, おいと, おとといも, お末, お雪, かえって気の毒そう, きのうから, きょうも, ぎょっとし, ぐいと丹田, こうして鶴, こう云った, こう言っ, ここで, こちらに, ことに空腹, このとき鉄, この大, この母, この知慧, この部屋, こりゃ双方仕合わせ, これを, こんなこと, ご前, さっきから, さもあるべし, さも驚いた, さり気なく答えました, しきりに痛, しばらく待っ, しばらく黙っ, しゅんとなり, しーん, すぐお, すぐ侍部屋, すぐ舟, すこし肥っ, すこし顔, すっぽり丸裸, すでに二十歳, すばやく身, ずっと近づく, せめて則重, そうしたもの, そうした言葉, そう告げ終る, そう言い残した, そこで大音, そっと奥, そっと立ち上りました, そのことば, そのままお, そのまま暫く黙想, その両, その前後, その場, その夏, その妻子, その年, その明, その百難, その義定, それから固く, それぞれの, それでも逆らわなかった, それには, そんな男, たうとう, たずねた, ただもう, たびたびハンカチーフ, ちょっと考え, ついに一言, つまらぬ事, とっさに, とみにほ, どうしたろう, どうしてな, どうやら弁舌, どきんとした, どこへ, どんな気持, なおも不審, なお懸命, なぜか, なんにも係り合い, にやりと笑っ, にわかに朗らか, ねえそう, はじめて冷やか, はっと色, ばらの, ひと息ついた, ふくみ笑い, ふと何故とも, ぶらりと来かかった, ほとんどその, ぼんやりし, まあ打っちゃっ, またあらためて, またも, また例時, また笑った, まだ十九歳, まだ来ない, まったくあらたまった, まま見かけた, むしろ顔色, もうその, もう二タ月, もう声, もう退学, もてあまして, もの堅い老人, やがて其処, やがて振り返る, やっとそれ, やっと意味, よいこと, よろけて, わがこと, わけの, わざと陽気, わたくしは, わるびれも, カンカラと, ガウンを, キゲンを, ギョッと, ゲゲッと, サアサアなどと, シャレに, ジリジリしはじめた, ソッと, タバコに, ダンネベルグ事件の, ッた, ニコニコと, バカらし, パイチュウを, ピタリと, フト思ひ出した, ポケットに, ミルクイ, ヤマの, 一つ処に, 一向平気, 一寸言葉, 一層物憂し, 一旦引抜かれた, 一目見, 一礼した, 丁寧に, 三方を, 上京し, 上昇し, 上衣を, 下座, 不思議な, 不意を, 不機嫌に, 世にもまれ, 両人に, 両手を, 主の, 主水, 事件以前の, 二の足を, 二度ほど, 云い捨てて, 五右衛門の, 人が, 人を, 今なら, 今の, 今度という, 今日も, 仔細を, 他の, 仰々しい様子, 任務重大であっ, 伝右衛門奮戦の, 佐渡で, 何かという, 何となく気違い, 何気なくその, 余に, 使いに, 侍者として, 俄かに, 偶然加納と, 元々具足師, 充分な, 先づ門を, 先ほどから, 先生が, 先鋒を, 入って, 入牢し, 八時半ごろ支局の, 六波羅攻めの, 内匠頭の, 冷かに, 冷やかに, 几帳を, 刃の, 判断した, 利右衛門の, 割り切れない気持, 助役へ, 十年の, 千代子の, 南原杉子との, 南方の, 即日城を, 又喬介, 受けねえよ, 口惜しさ, 只黙々として, 叱られたという, 右馬介ひとりの, 同調し, 否定した, 味方を, 呼びかけた, 咄嗟の, 唸つて, 問はる, 喜悦し, 嘆じた, 嘲笑って, 四辺を, 国を, 土瓶の, 城内の, 声を, 変に, 夜の, 夢心持から, 大きなアフリカ産, 大不満, 大事に, 大切な, 大曾根の, 天下第, 太い豪壮, 奇声を, 女が, 女を, 妻が, 姫君に, 娘を, 学業半途に, 安楽椅子に, 実に妙, 実父の, 家の, 家来一同が, 寒さ, 小さな声, 小園を, 小腰を, 少し渋い, 居らで美, 居合せた手下, 屋敷へ, 嶮しい, 左膝の, 己れ, 帳場格子の, 幕の, 年来窺っ, 広告気球の, 建物を, 弟夏彦の, 当惑した, 当然の, 彼も, 後の, 後を, 後悔する, 得心し, 心ききたる, 心地よげ, 忌に, 思いがけぬ大, 思い入った, 思ふよしや, 思わずニッコリと, 思わず叫び声, 思わず舌打ち, 急いで, 急難に, 恃を, 悔んで, 悲しげ, 愈々彼, 意にも, 意外だった, 感じたの, 感嘆の, 感慨深そう, 態と高く, 懐中から, 我にも, 我家の, 戦慄し, 扇を, 手際よく, 打ち笑みながら, 披露と, 拡大鏡を, 持てるもの, 振り返った, 振放しかねて, 支へる, 改めて空, 故郷においても, 敷地の, 斯く疑う, 旗本に, 日本一の, 早口に, 明かに, 昔から, 時々あたり, 暇な, 暗い顔, 暫く考え込ん, 最後の, 有項天, 望楼から, 木陰に, 本を, 本当に鎖, 札束ばかり, 杣夫の, 栄介に, 桟敷に, 森々沈着神色また, 構わず彼女, 横を, 次第にその, 正直つらい, 武家奉公を, 歯を, 殆ど譬え様の, 殺された, 気うとい, 氣さくに, 水柄杓へ, 決してひるまなかった, 決心し, 泣いた, 泳ぎ出して, 浅野家から, 海舟先生の, 消えかかった葉巻, 涙なし, 涙を, 深い昏睡状態, 深く憐れ, 源女を, 漸く上り框, 濁声で, 無事に, 無愛想に, 無自覚に, 煙草に, 煮えきらぬ顔, 父五十一母三十六の, 片手を, 独りで, 猫背を, 現場に, 生き生きと, 町会議員の, 番小屋の, 疑いながらも, 癇癪を, 白い布, 百八の, 皆を, 皺だらけの, 直ぐに, 直ちに外国, 直に鉄蓋, 眼の, 眼瞼を, 矢倉の, 知って, 石河原家へ, 磯石に, 私よりも, 穴から, 突然がばとはね起き, 突然昔, 立ち上って, 立上がると, 立止り懐中から, 笑い茸を, 笑った後, 算盤を, 級友たち三人と, 素直に, 終電車で, 絖の, 縁の, 縁端にて, 縛られた男, 罪の, 義定の, 老齢の, 考えたい, 聞くと, 肩から, 肯定し, 胸に, 脣の, 腰の, 腹を, 膝の, 自企的窒息, 自分から, 自然追いやられる, 興の, 色々の, 花鳥から, 苦しそう, 苦笑を, 苫の, 荒々しくお, 落着い, 蒼ざめて聞い, 藤夜叉の, 血潮を, 衛生上等兵として, 裏切られたよう, 見どころある, 言う, 言って, 訝しそう, 話し出した, 説客の, 誰にとも, 豪快に, 走り出たが, 越せば, 身の上話を, 身構えたまま, 追っかけたが, 退学すれ, 退屈する, 進んで, 道ばたの, 部屋を, 郷士として, 重吉と, 金庫も, 鉾田から, 鎧に, 長い話, 門を, 開いたその, 阿新, 隣りつづきの, 露月に, 青白い秀才, 静かに, 韋駄天追っかけた, 頭を, 風采も, 飛鳥の, 飲みほして, 香氣に, 馬の, 馬鹿丁寧に, 駈けて, 驚きて, 高氏の, 高飛車でした, 鶴彌, 黙った

▼ 介~ (970, 17.0%)

11 顔を 9 姿を 5 前へ, 声は, 姿は, 眼は

4 [14件] ことを, すがた, ところへ, ように, 前に, 口から, 報告を, 声に, 妻は, 方が, 目が, 胸に, 言葉に, 身体は

3 [17件] ような, 名を, 妻に, 子供の, 手に, 手へ, 方で, 方を, 眼を, 背中には, 背中を, 胸を, 膝に, 言葉を, 話は, 話を, 野郎は

2 [65件] おもて, ことで, ことばの, ために, ほかに, 一行は, 代に, 体は, 側を, 口に, 口を, 右の, 咽喉を, 声が, 声も, 声を, 大原の, 姿が, 姿の, 存在が, 家に, 家の, 家へ, 家を, 居間の, 帰りを, 弟の, 心には, 情に, 態度が, 所へ, 手には, 手紙を, 推理に, 方から, 方に, 方には, 方は, 方へ, 方も, 柳斎は, 槍, 槍を, 横へ, 死は, 死体を, 気持を, 物狂わしき, 眉間傷も, 眼には, 胸には, 胸の, 自殺を, 血を, 質問に, 身の, 身を, 身体を, 野郎が, 野郎を, 面前に, 顏を, 首の, 首級を, 骨が

1 [693件 抜粋] あでやかな, あとを, あらわれは, ある美しい, いたずら半分の, いたらぬところ, いって, いるあたり, いるたもと, うえに, おどろきは, おびて, おる所, かけ方, ききたいところ, ことであった, ことである, ことなどを, ことも, この不安, この質問, これまで, こんなおかしな声, ごとき弓達者, ごとき生粋, じいさんは, すさまじい胆力, すばらしい男前, その目, その秘密, たじろぎも, つくり方, つくり話だ, つぶさな, てらいの, ところへは, どこが, ふたりが, ふたり連れは, ほうで, ほうへ, ほかは, ほがら, まかり在るこの, むねに, もそれ, もので, ものに, やせた細長い, やったこと, やや上眼, やれやれと, ようだ, よろこびは, ゐる離家, カンに, フクレッ面はとが, フクレ面を, 一卜槍うけ, 一喝も, 一存に, 一生などを, 一端から, 一身に, 一隊も, 三人づれ, 三倍もの, 三河ながら, 三河ながらの, 三角関係という, 三騎づれ馬を, 上まで, 下で, 下宿を, 不時の, 世話を, 両わき, 両手が, 両腕, 主従であった, 乗馬を, 事が, 事を, 事件は, 二の腕深く, 二人だけが, 二人の, 二度日の, 云う通り, 五体は, 人徳ででも, 人間としての, 今夜の, 介添えで, 仕事に, 仕業であった, 仕業である, 仕草を, 代理を, 仮病は, 住宅は, 住居からも, 住居の, 体の, 体を, 作り出した彼, 作品の, 作品は, 侍大将中村新, 依頼に, 保護を, 健康も, 側から, 側へ, 側腹の, 側近には, 傍らへ, 傷ついた心, 元気を, 兄や, 党を, 全貌を, 共謀者が, 写真を, 処へ, 出家を, 分別顔を, 初期の, 到着する, 制止を, 刻苦に, 前の, 力が, 力を, 労を, 動きに, 勢であり, 匂, 十一人は, 半身と, 半面が, 厳丈なす, 双の, 双子の, 受持は, 口以外に, 口元を, 口調は, 叱, 名が, 名だけを, 名に, 呂律は, 周囲を, 周旋で, 呼吸音が, 命う, 命な, 命など, 喉輪を, 土地は, 報告が, 報告な, 報告は, 場合には, 士気が, 声には, 声までが, 声音を, 夢枕に, 大喝が, 大喝一声, 大好物, 夫人は, 失踪は, 女房が, 女房に, 奴オデコを, 妹な, 妹菊路でござる, 妻, 妻であった, 妻と, 姿勢は, 娘だった, 存在など, 存在は, 孫で, 安否が, 官位が, 実兄であった, 実父なる, 家とは, 家は, 家庭には, 家族や, 家臣で, 家門家格は, 容子では, 小方十人に, 小脇に, 尽力により, 尽忠一念と, 居間が, 屋敷に, 屋敷へ, 属する部隊, 左側には, 左手で, 帰国が, 帰国の, 帰陣と, 常用品, 平常の, 店に, 店の, 店は, 弟だ, 強弓, 影像と, 役まで, 役室の, 後から, 後に, 後に従って, 後ろに, 後頭部めがけ, 心は, 心眼に, 心眼は, 必要は, 忌日を, 応えは, 応接間には, 思い遣りは, 怨み, 怪しい祈り, 怪しみは, 息子や, 悩ましげ, 悲劇に, 情報は, 意を, 意識は, 愛撫した, 態度であった, 態度と, 態度には, 戒告を, 戦友だった, 戦病死通告の, 所有品である, 所置につき, 手もとまで, 手元を, 手紙にも, 手首には, 折目だった, 持参した, 指図どおり諸所の, 指図に従って, 指差す, 推理を, 敵対すら, 料簡では, 方であった, 族権, 旗岡巡査は, 日記を, 書斎における, 最期を, 木剣が, 本心も, 本意な, 来るの, 杯を, 柳斎が, 柳斎も, 案内で, 構想だ, 槍の, 様に, 様子を, 横びんに, 横顔と, 横顔を, 橋渡しで, 正眼くずしじゃ, 武勇は, 死, 死が, 死と, 死とも, 死に, 死によって, 死亡に, 死体が, 死因に, 死因について, 死因を, 死骸は, 殺害も, 母と, 母秀は, 気組の, 油画へ, 泣き虫は, 深い用意, 湖水乗切り, 湖水渡しを, 為人を, 為悪し, 烱, 無責任な, 無邪気そうな, 父三宅光安であった, 父三宅光安の, 父松根備前が, 父郷左衝門を, 特色であった, 玉の, 珍演には, 現れたとき, 生家も, 生活と, 生活を, 甲冑など, 申し込みに, 申立てを, 申立によって, 画像に, 略称, 異父弟には, 病的な, 発見が, 白い陣羽織, 盗賊が, 目に, 目の, 目を, 目撃談, 真意が, 真面目な怒, 眸に, 眼に, 眼にも, 眼光も, 眼前へ, 知己である, 祐二を, 祖父さんの, 祖父で, 突いて, 突拍子も, 立って, 立場も, 符牒, 筆蹟に, 答は, 精妙の, 精神分析を, 絵, 絵姿に, 維幾息男為憲を, 罪ほろぼしに, 署名が, 美しい言葉, 耳について, 耳には, 耳へ, 聰明そのものに, 聰明に, 肉体感覚を通じてのみ, 肌着と, 肩へ, 育った故郷, 背中から, 背広を, 背後の, 胸は, 胸底に, 胸板を, 腕から, 腕を, 腰車に, 自己完成の, 自邸において, 至誠の, 興奮の, 舞台でたふれた, 苗字だった, 若い頃, 若衆姿に, 苦悩の, 荷物を, 菰田源三郎は, 葬儀の, 葬儀は, 藤原尚範も, 血は, 血走って, 行きくれて, 行き着いた所, 行方を, 術中に, 袖を, 襟を, 親友で, 言には, 計畫, 記録を, 許婚の, 詞を, 詩を, 話なんかを, 話によって, 語るの, 語る真犯人, 説であった, 説明に, 説明は, 調べによる, 調子に, 財産の, 趣味は, 足が, 足は, 身に, 身も, 身一つで, 身体が, 身体の, 身分だった, 身柄を, 身辺を, 身辺近くに, 躰が, 軍勢は, 軍隊での, 軍隊生活の, 返辞を, 述懐は, 追手であった, 逃亡の, 通りかかるの, 遂に生き得なかった, 遺書には, 遺骨を, 邪推だ, 郡内部屋へ, 部下は, 部屋が, 部屋として, 部屋へ, 酔興は, 野心を, 野望に, 野郎と, 野郎め一度, 野郎ヨダレの, 長い話, 長子である, 長男三之助は, 開けるを, 関係の, 関心を, 隣に, 隣りに, 面々すでに, 面に, 面には, 面上を, 面目を, 靴跡は, 順に, 頬から, 頼みという, 頼みを, 顔が, 顔に, 顔には, 顔は, 顔色が, 顔色は, 飛札を, 飽くまで毅然たる, 館へ, 首が, 首だけを, 首は, 首を, 首級だ, 駈け込んで, 騒々しい毒舌, 骨に, 骨も, 高い武名, 髪の毛を, 魂は, 鼻先に

▼ 介~ (566, 9.9%)

7 云った 3 それを, 此の, 笑いながら

2 [23件] そこへ, その場所, ふらりと, 具足の, 出て, 出征し, 口の, 口を, 後を, 戻って, 新十郎, 死んで, 殺されて, 海舟を, 知ったの, 神意審問会の, 答えた, 答えて, 自分の, 自殺した, 言った, 訊いた, 頭髪を

1 [504件 抜粋] あって, あなたは, あの時あそこ, あらはれるの, あわてたまでの, あんなにむき, いう, いうと, いた, いつの間にか姿, いて, いなくなると, いま着いた, いよいよ犯人, いらだたしげ, いる辺り, うけて, うしろを, おやじの, おッつけ庵, お供し, かけつけて, かけて, かつて久美子, からかえば, からかった, けわしく制した, けわしく叱った, こういう風, こう云う, こう呟く, こう訊ねた, ここで, ここまで, ここを, こっそり忍ん, ことごとく舌, この上, この世の, この中, この日, この窓, この計画, これなら, これへ, これを, こわごわ所化, こんなところ, こんな所, さっきまで, さっそく陣所, さ迷いついたの, しだいに息苦しく, すぐそこ, すでにこの世, すれ違いざま頓狂な, そういった, そう云う, そう叫んだ, そう希望, そう感づいた, そう答える, そこの, その手もちぶさた, その時代, その晩, その様, その犬, その結論, その肱, その脈, その顔, そばから, そばに, そもそも二つ, それほどの, たつた今, つづいて, ですこの, とっさに, とりあげると, とんで, どういう関係, どうぞKaPPa, どの様, どんな感情, なぜ悲鳴, なにかの, のっそりと, はいって, ひそかに, ひょいと活動雑誌, ふと気づい, ふと耳, ふむきょう, ほっとなった, ぽつりぽつり匂わせる, まいると, まず云った, またなぜ止める, また入, また大層, また実に, また悠然と, みえました, むくれたの, もしここ, もったいらしく述べる, もって, もっとあ, やがて多摩川, やって来た, やって来て, やはり静か, よく書, よく知っ, よろよろと, わざわざお越し, われから, オトキの, カヨの, ギョッとして, クネクネと, クラブを, ズラリと, ハヽヽヽヽと, パビアトを, ヒョイと, ピョイと, フラ, ホッと, ミルを, レモナーデを, 一人の, 一所懸命に, 一斗釜を, 一生脱ぐ, 一番よく, 一足出た, 三州吉良大浜で, 三杯食べた, 上って, 上京し, 下赤坂や, 不埓, 両の, 久美子が, 予定し, 二条城へ, 云うと, 云うの, 云ったほど, 仆れ, 今こそ, 他の, 付いて, 代って, 代わって, 仮令巨万, 任命され, 伏戸を, 伝えたかに, 低い声, 低くは, 何かの, 何となく気, 何と穏やか, 何の, 何やら言つて下女, 何用で, 何處で, 來て, 倉皇と, 倒れると, 借りると, 偶然見つけ出した, 傴僂病患者である, 僕の, 僕は, 先に, 八ヶ嶽へ, 六十ちかく, 共犯者である, 内匠頭を, 再三の, 出来たもん, 刀と, 切られて, 制服で, 加納に, 動坂の, 動物を, 勤めてる会社, 十年の, 十手を, 十月の, 千代子殺害の, 即恒三, 去ったあと, 去った遠く, 反対の, 取りつけて, 口走ったという, 叫んだ, 叫んだ時, 同じく膝, 名乗ろうと, 向ひ, 君前の, 否と, 呟いた, 呟いて, 呶鳴っ, 呼び止めながら, 命ぜられて, 命も, 命令一下に, 喬之, 囁いた, 四十を, 坐った, 坑道を, 城中へ, 執念深く葉子, 変装し, 外面から, 多聞山の, 天下お, 太刀を, 奇怪な, 女として, 女の子から, 妻に, 姿を, 娘を, 嫌いだった, 嫌が, 嫌な, 学校を, 孫娘を, 実父だ, 室を, 家政婦を, 寄せて, 寒がり, 将として, 将軍家の, 尊氏と, 尋ねるの, 小姓に, 小細工という, 小脇に, 少佐参謀に, 居ること, 居残りを, 巡視の, 帰った日, 帰って, 平安朝の, 平馬の, 広間から, 座席を, 庭へ, 建策し, 弘と, 待って, 後ろで, 得たりとばかり, 徹宵附添っ, 心の, 忍び音では, 念仏と, 怒らないので, 怒鳴った, 思わず嘆声, 恐々云う, 恐る恐るは, 恥しげ, 悩ましい悪夢, 悲鳴を, 慌てて, 成れの果てに, 戻らないでも, 所望した, 手に, 手数を, 手洗場の, 手紙の, 手綱を, 才蔵に, 打ちこんだ, 承知なら, 折も, 抱き起した時, 押え捕って, 拱廊の, 持ち前の, 捧げて, 散歩に, 料って, 斬れんの, 断乎として, 新家庭, 早馳, 曲者を, 更に右, 書いて, 書置きを, 最も勝れ, 最先, 最所家, 有金さらって, 服や, 来たので, 来た所, 来た為, 来ました, 東京の, 東照權現樣から, 松竹の, 果たし合いに, 柳斎として, 柵を, 根びきを, 格子から, 桜の, 棄ておけずなったわ, 横とび, 横合いから, 機関車を, 止めて, 正宗菊松の, 歩みながら, 死に, 死を, 死んだとき発表, 殿中で, 殿中の, 毎日日にちを, 氏直に, 気がついて, 気さくな, 汗を, 治部に, 法螺丸に, 流行らせたとかいう, 浪士の, 浪江から, 海舟邸から, 海舟邸を, 深いところ, 清作らの, 清河に, 清高に, 源女と, 滞在し, 灰と, 無道に, 煙山の, 片手を, 犯人と, 狂気を, 独断で, 珍しく声, 現はれる, 現われたの, 瓦斯注入口の, 生活と, 生血に, 申す念仏, 申す様, 留守を, 畳を, 疲れた顔色, 発見した, 登城した, 益々ムク, 目撃した, 目通りに, 目黒の, 直参旗本の, 直覚的に, 直訴状の, 相談したい, 眼も, 研桶に, 砕けよと, 破邪の, 神田の, 福次郎に, 禿頭ふり, 秀子に, 私の, 突如面, 突然吹出した, 突然笑った, 立ちあがつて, 立ち上って, 立ち去ると, 立ち去ろうと, 立って, 立合って, 立帰っ, 笑ったとき, 素足で, 経文みたいな, 絢子にたいして, 絵馬堂を, 継ぐの, 継ぐ順序, 続け相, 綺麗に, 編笠を, 聞き流す筈, 自供した, 自分に, 自宅に, 臭いと, 色を, 花廼屋の, 苗畑を, 苦情らしく申します, 茲へ, 茶席や, 菰田源三郎に, 蛇の, 行縢の, 街路樹の, 被害者と, 裏玄関の, 褥を, 見えられたという, 見たという, 見つめるまま, 見て, 親切に, 角帽を, 言いたてようと, 言ったごとくどうも少し, 言葉を, 訊くと, 訪うて, 訪ねて, 証明する, 話さなかったので, 話を, 認めて, 説いて, 説明します, 読んで, 負って, 質子として, 走って, 走るとこ, 跡目を, 車代にも, 軽く叩いた, 軽く呟く, 軽度の, 近づくの, 返事を, 返答は, 追いちらして, 退がって, 送信を, 逃げきれるもの, 逃げるよう, 通りかかった, 造花と, 遊びに, 道三に, 遠い河内, 遣って, 選び出した数本, 遺産相続を, 遽てて, 邂逅する, 部隊長室で, 酔って, 金輪寺へ, 陽の, 隠れ家を, 雄太郎君の, 面白かった, 面色を, 風声鶴唳に, 風流人で, 飛作の, 飽きも, 首を, 馬場から, 駆けつける, 駈けつけた時, 駈け出すと, 駒を, 騎の, 驚いて, 鯉口を, 鳥に, 鶴彌

▼ 介~ (255, 4.5%)

5 して, 訪ねて, 連れて 3 見て

2 [12件] つれて, 入れて, 加えて, 呼びに, 呼んで, 導いて, 後に, 指して, 相手に, 睨めつけて, 見たが, 見ると

1 [213件] いざない入れて, いたはる者, いっしょにそこまでだしてもやるのである, いっそ憎々しく, うしろに, うつもの, うまくひっかけた, おびき寄せる為, お信じ下されまし, かえりみて, かなしむ思い, かばう立場, からかった, からかって, ここへ, この尊者, さそい, したもの, しめ上げて, すっぽかす気, それと, たしなめた, たすけながら, だき起して, つかって, どんなに脅かしたでしょう, ながめて, なだめて, にらみつけた, はじめとして, はじめ池上新六郎飯能主馬横地半, はっきりと, ひどくいじめた, ひッ, ふり顧, みた, みつめて, やめて, ゆり起しました, よんで, わらうこと, ジロジロ見まわし, 一撃の, 一目見る, 下座の, 不肖の, 主人と, 主人公として, 乗せ自分, 事件以前に, 亡きもの, 以御理申候へば, 仰附けられた, 伴れ, 体当りに, 何と心得おる, 供につれ, 共犯者として, 兼ぬる, 兼ね三年, 出さずに, 出して, 出す駒どん, 切らんとして, 初めぴりっと, 制したが, 制するため, 前に, 勇気づけて, 取り卷いた, 取り戻そうと, 取巻いて, 叩ッ斬っ, 合金の, 名乗って, 向こうへ, 呼び, 呼びかけたとき, 呼びたてて, 命ぜられて, 土間の, 女房の, 宮方と, 家臣と, 密使として, 寵愛する, 庇うよう, 引き起こした, 引合いに, 弟と, 当てて, 待ち合わせタクシー, 待ったの, 待つて, 待つの, 待つ者, 待つ間, 心配そうに, 思った, 怨ませて, 怪しませたと, 恨み自殺, 意味あり, 愛さずに, 愛しちゃ, 愛してや, 愛し出したが, 愛するよう, 慇懃に, 慰めます, 憎んで, 成東へ, 戻せば, 手負猪でも, 抱き寄せ, 拒否し, 振りきるやう, 捜し求めた, 捨た, 敵としては, 斬らなければ, 斬り伏せようと, 斬り捨てること, 有したる豈, 本当に殺害, 本所の, 案内し, 案内に, 模本に, 横眼で, 殺さずして, 殺された上自分, 殺したの, 殺したるは, 殺した悪人, 殺し菰田源三郎, 毒殺しよう, 気取つて, 河原へ, 清河八郎が, 無理に, 焼きたがる, 焼きだした, 片手で, 生かして, 生捕り国庁を, 疑い恐れ, 疑うこと, 疑惑しだした, 痛めつけるつもり, 相客に, 眺めたらそこ許, 眺めつつ, 眺めて, 睨みつけて, 睨み付けて, 睨めながら, 知らない者, 知らねえか, 立たせ裸, 筆頭に, 細い目, 紹介した, 罪ならぬ, 置いて, 罵った, 脅かして, 花廼屋が, 薊の, 裸に, 襲って, 見おろした, 見おろして, 見かえりました, 見たの, 見たよう, 見た者, 見るの, 見るめ, 見上げながら, 見下して, 見初めて, 見守った, 見最後, 見直したとき, 見習いなさい, 見習えよ, 見蔑げ, 見送った時, 見送って, 討たすな, 誘つては, 語らって, 責めた, 貰い受けた時, 賓客と, 賞めた, 起して, 軽蔑する, 軽薄と, 追うと, 退学させたい, 退室させた, 送るささやか, 逸した羽柴勢, 選んだと, 附添い, 除いた十二人, 陥し, 露月は, 飽くまでも隠密, 鬼に, 鶴彌

▼ 介~ (201, 3.5%)

4 なって, 命じて 3 して, 向って, 相違ない, 言った 2 云った, 似て, 助けられる, 取っては, 対面の, 聞いた, 頼まれて

1 [167件] あまり類の, あらざるなき, いった, いった話, いとしい思い人, いわれて, うちあけて, うながされて, おくる彼女, おべっかを, ござりまする, しては, すすめて, そちの, その事, ちょッと, ついて, つきそって, つき合って, とりまかれつつ, とれば, なった男, なった親, なつた, なりたい位, なると, なる男, はなし得ないと, ぶっつかって, べつな, まず無言, まわった, みちびかれて, むかって, もう久しい, ゆり起されて, 一杯喰わされた, 一番の, 不埓, 代らせる, 代表された, 仰いだ, 任じ同日院昇殿, 任官せしめ, 会つたら, 伴われた一行, 似た後姿, 何か, 何となくその, 何の, 何を, 作つてゐる如く, 使われて, 其の旨, 出なさんして, 前から, 前川満兵衛, 剣を, 力を, 十里四方が, 南原杉子の, 取らせた, 召集令状が, 向かい, 向ったが, 呼びかけました, 命じられて, 問うた, 問うた南原杉子, 問へば, 喰らわさねばと, 嘆願書を, 囁いたの, 囁くの, 声を, 声援を, 娶合せようと, 学んだ剣, 寄り添いながら, 対面, 對ひ, 廻し考, 彼様迄は, 復し父, 心こめ, 心の, 思いは, 意見を, 感じさせた, 戻ると, 手を, 手紙を, 指図し, 挟まれ大, 挟まれ苦しむうち潮さし, 擦り寄って, 擬し, 救わせずして, 教えたの, 新規の, 昼間は, 書き送った, 杣夫が, 横取りされた, 気の毒であった, 水島道太郎を, 浴せかける嘲罵, 然るべく, 特有の, 狙いつけて, 珈琲を, 盃を, 相当する, 眼を, 知らせるの, 知らせるべきや, 知られたりと, 示した, 私を, 立ちむかふので, 立ち會, 立向った, 系図を, 紹介した, 絡みつくよう, 続く三回目, 聞くと, 聴かねば, 背負わせるという, 自分の, 興味を, 般若有効という, 船板子で, 菓子折が, 行き会うた, 見えるよう, 見せて, 見て, 見られたため, 視線を, 触れること, 言われて, 訊けば, 討たれて, 詰めよると, 誘われて, 語つた, 負かされたよう, 足を, 身の, 輪を, 近づいた, 返って, 返りその, 述懐し, 送つた, 逢って, 逢つて見よう, 連れ立って, 違いない, 酔狂呼ばわりは, 随伴させるべきである, 集まった, 預け彼一人, 預け放しだった, 飲ませる, 髻を

▼ 介~ (183, 3.2%)

3 は, はそれ 2 です, の手, はその, は何, は昨夜, は笠井君, は頭

1 [163件] からの所報, からウエストミンスター, から次, から装幀, が, がうどん, がベロナール, が一番, が主席, が二月振り, が僕, が先ず, が出なけりゃ, が勤め, が和紙, が夕刻時間, が妙子さん, が戦死, が支配人, が機関車, が眠っ, が矯正, が自殺, が言い, が貰った, が退校, だったかも, だって割に, であり又, とあんなに, といっしょ, などの同門同輩, なん, なんぞは先方, におれ, にもそんな, に似, に寄り添う, に白羽, に目星, の, のが, のが分離, のところ, の兄, の前年, の図案, の固い, の家, の将来, の性格, の手狭, の指導, の方, の日記, の机辺, の水力, の筆, の結婚式, の縁談, の胸中, の迷惑, の運命, の顔色, の骨, はあまり, はいや, はお祖父さん, はきっと, はこ, はこう, はこの, はすっぽかされる, はそこ, はどんな, はひどく, はわたし, はアルコール, はイヨ, はプリ, は一ツ橋出身, は一寸, は一昨日, は一端, は上, は両手, は何処, は先刻, は全く, は再び, は初めて, は到底, は力, は同じ, は喘息, は喜んだ, は大胆, は女, は女房, は安心, は寝, は尚, は尠, は山, は帰宅, は帰還要員, は心細, は応じなかった, は快く, は怒っ, は恍惚, は慇懃, は拳銃, は支配人, は斯, は既に一応, は昼, は時折妙子さん, は書斎, は極めて, は死ぬ, は治療, は漸く, は煮え切らない, は理, は理解, は直ぐ後, は眼, は第, は細君, は結婚式, は聊か, は胸, は舅, は花, は花嫁, は薬品取扱い, は要らない, は要所々々, は辻村君, は遊び, は酔眼朦朧, は長火鉢, は雨, は飲む, は高, も, もう羽織袴どころ, もきっと, もこの, も咳, も町育ち, も辻村君, をすっぽかした, を可哀そう, を私, を誘っ, を貰った, を顧み, 又癪, 悉皆嬉しく, 真に有難い, 頼みますよ

▼ 介~ (182, 3.2%)

7 申す者 3 一緒に, 久子は, 名のる, 申します 2 いっしょに, なった時, 加納は, 夫婦に, 山尾とは, 知って, 私は, 花廼屋は

1 [147件] ああなったの, いい直義, いうが, いうと, いえば, お約束, これまでに, しばしば言葉, する時, その妻, その秘書, その秘書杉村, たった二人, ちがって, であった, ぶつかったり, まちあわせだとは, もうす者, わが名, ガラツ八が, ツルんで, ノブ子の, 一しょに, 三人火鉢を, 二人で, 二人の, 云いその, 云うもの, 云う名, 云う弁護士, 云う者, 云えば, 云つて新町通丸太町下る, 仁科六郎が, 伊織とは, 伊織の, 伊織は, 伊織を, 伸子さんの, 出て, 出合ったこと, 分っても, 別れて, 別れるとき, 別離の, 千代子と, 千代子とを, 千坂内膳が, 千葉の, 南原杉子, 南原杉子から, 南原杉子の, 南原杉子を, 口を, 号した, 同じく鬚, 同じであった, 同じ一番線側, 同じ研究所, 同年輩ぐらいの, 同期の, 同門の, 名字帯刀まで, 呼びずてにするから脅し, 喧嘩しちゃった, 夏彦とは, 多四郎とは, 多四郎は, 大衝突, 太刀を, 奥さんの, 娶合, 存じながら, 宣った美しい, 宣る凄, 宣る武士, 家臣らを, 富塚内蔵允が, 寝む, 寝ん寝たる肌, 小山秀朝が, 小林との, 尾原さんが, 山口辰之介が, 山口辰之介は, 山尾とが, 岡本は, 左兵衛の, 弓矢を, 当代一流の, 彦四郎は, 後藤彦九郎であった, 戸川中尉とは, 押し並ぶよう, 放免上がりの, 新入りお, 新六郎と, 旦那の, 木村清八とだけ, 杉浪之, 森田屋清蔵, 欣一郎に, 毎日顔を, 河辺を, 浪之, 深い関係, 清八とだけは, 申され若殿, 申して, 申しまするが, 申すお, 申すは, 申す小姓, 看破ったは, 知合いに, 秘書は, 続いた血みどろ, 綟つた, 綽名の, 耳に, 自分の, 芝山の, 苦労を, 蓬莱和子の, 薬師丸から, 親しかった, 親密な, 言うてな, 言う男, 言わるるお, 言われるに, 計って, 話したこと, 逸見多四郎とが, 邂逅する, 酒を, 門七は, 間貫一との, 雄太郎君と, 電話で, 鞘当てに, 頼春か, 頼春の, 頼春へ, 高氏の, 鴻山と, 黒沼彦四郎とが

▼ 介~ (174, 3.0%)

2 その一人, それに, それを, 三河ながらの, 余と, 浪之, 目を, 自分の

1 [158件] あとから, あれきりわし, いささか呆れ返っ, いる, うかとは, お羨まし, きいて, きっとどんな, ぎゅうと参っ, さじ投げ, さすがに, しばらく黙っ, すすめられたが, そのひとり, その秘書, その馬鹿, それは, そんなこと, ついに約した, つい色, はっと足, ひとみを, びくん, ぶあいそ, また, またつねづね, また人々, また恍惚, また直ちに, また自ら, また起ち損じ, まだ知るまい, みんなの, もし利三, やがて安心, やや警戒心, われから, アッと, キモに, ダンネベルグ夫人が, ノブ子も, ビックリした, 一夜省作の, 一寸驚いた, 一所にな, 一日一度ぐらいは, 一緒に, 三千七百四十二人の, 不意を, 中国の, 主水も, 久子も, 乗り気に, 乱軍の, 二年煩ひ, 亦胸中, 京では, 京弥も, 京都に, 人夫用意致し, 人間だ, 今井も, 今更開いた, 仏たすけ給え, 仏に, 付いて, 以前から, 体の, 何か, 何となく何, 何事が, 十三人の, 単にこう意外, 又常に, 口を, 古田巡査も, 右馬介だ, 合点し, 吉岡専務が, 同様な, 同様也, 向こうを, 喜んだ, 嘗て予期, 大した退屈, 大賛成, 嫌いな, 存じませんでしたが, 小さな香氣, 少し不意, 山支度を, 島田の, 庫裡の, 彼について, 彼女の, 彼方を, 御意の, 微酔の, 心を, 怒って, 思いうかべた, 思った, 急ぎかけた, 怪しみ出した, 恍惚の, 悲しそう, 愉快そうに, 感ぜざるを, 戦死した, 拠んどころ, 振り返った, 明石へ, 暗然と, 暫くは, 来りギルビイ, 松田も, 根からの, 案じて, 梨枝子も, 欣んで, 武田信玄も, 死んだ, 泣いた殊に, 深く詫び, 現に本統, 男の, 的確に, 真面目に, 知って, 祖父さま譲りの, 科も, 立ち上ったが, 置き去りを, 胆を, 腹切らね, 茫然策を, 血に, 衆を, 行って, 衛生下士官な, 言いかねました, 許されなかったわけ, 負けて, 起きて, 近頃新, 這ふ, 這般の, 郷士ながらも, 釣りが, 頷いて, 顴骨が, 馬を, 駒吉も, 驚いた松谷秀子, 鬼に, 鹿之, 默つてじ, 黙って

▼ 介~ (60, 1.0%)

9 のお 2 はお

1 [49件] あっ, あんまりなお, お秋, がお越し, がお迎え, がこう, がもうだいぶ, が万が一, が京都, が幸蔵主殿, が憎らしい, が正親町天皇天正年間, じゃねえです, だとか, で, でご, といふお, との生活, と仰せられました, と夏彦様, と欣一郎様, にお目もじ, には御, に迫り, のおから, のおん弟夏彦様, のお世話, のこと, のしばしば, のよう, の下, の勇ましい, の家臣ども, の肉体, はいつか何, は多数, は屹度, は平然と, は手, は晴れやか, は自分たち, また江戸表, や鴻山様, を一同, を慕っ, を独り占, を見殺し, 嬉しいじゃ, 恨みある妾

▼ 介という~ (55, 1.0%)

4 ひとは 2 人の, 人は, 男は, 者です

1 [43件] あの若者, た名だたる, のが, のへ, のを, ひとが, ものが, ものの, ような, 一士が, 一大剣豪が, 一条の, 亡くなった立花博士, 人が, 人です, 人を, 人物そのものの, 人物を, 人間を, 仁の, 侍です, 名前は, 大家が, 奴これも, 奴らしい, 姓名な, 小姓が, 書生とも, 気障, 男が, 男であった, 男の, 男らしいの, 署名も, 者, 若い男, 若い者, 若党を, 評論家で, 話です, 陰陽師が, 青年を, 駕籠舁き

▼ 介~ (42, 0.7%)

42 の自殺, は

1 [34件] から翁, が下っ, が何故, が帰っ, が帷, が米国, が自分, が自殺, であった, であろうと, ですか, という優れた, と十七万騎, と同宿, と縁続き, などの作者, に充分, に勧められる, に逢わなかった, のダンス, の事, の助手, の後援, の正体, の注文, の論文, はこの, は即興曲, は床几, は社会的, は階段, らしい人, を想い出し, を訊問

▼ 介どの~ (40, 0.7%)

2 そなた, では

1 [36件] か, からはそち, がたって, が心, が追いすがっ, これを, そっくりじゃ, とお, どこぞそなた, にいたる, にお, にご, に教える, のお, の子供, の手下, の身, はじめ三河の, は世の中, まず考え, までがおなじく, も気, よい御, わしの, を責めたて, を連れ, 今宵の, 今福浄閑斎どの, 刑部どのみなあなた様の, 学問と, 実は密, 年は, 御自害, 御覧なされた, 片里どのの, 粟野杢助どの

▼ 介から~ (39, 0.7%)

2 真犯人の, 聞いて

1 [35件] いわれた通り, かような, しばしば麻薬, それは, つぶさな情報, よく伺つて, ヤマを, 予期しない, 伏見城の, 何か, 充分其の, 出た策, 取上げられて, 奪った彼, 委細を, 小右京, 小山に, 指図を, 横どりした, 正成の, 父へ, 申し出たお, 申し受けた無銘, 祝いの, 私に, 聞いたという, 聞いたの, 聞いた中央, 聞かされても, 聞けば, 自分だけは, 詳しい説明, 送り届けて, 連打され, 金は

▼ 介光春~ (39, 0.7%)

1 [39件] か, からいわれた, から次, がどういう, が亀山, が住む, が唱えた, が知っ, ただいま湖水, だったこと, であったそう, であろう, でござる, でもなかっ, とおっしゃった, にとってはその, にはうれしい, のそれ, の妻子, の姿, の率いる, はそこ, はといえ, はふと, はまだ, はもう, はものいう, はやがて, はよく, は呵々, は城頭, は始終, は安土, は死に場所, は狭間, は聞き終る, は胸, も此方, をも帷幕

▼ 介には~ (36, 0.6%)

2 それが, 何が

1 [32件] すぐわかった, とうていこれ, ない, なんでも, まだ聞き及びない, よく分らなかった, わかった, わかって, 不思議でならず, 云うまでも, 会わないわね, 何一つ貢い, 公務の, 出来ないの, 出来ません, 彼が, 彼の, 徐々と, 恨みが, 想像が, 濃いもの, 特別な, 甲冑の, 研げんという, 精神的拷問に, 聞かせぬが, 苦労であった, 見えなかったけれども, 覚えの, 解しかねますが, 障子越しに, 音楽会などで

▼ 介たち~ (30, 0.5%)

1 [30件] が初年兵, が幼, が当り屋, が柴採り, に従い, に救い, に行手, のたてこもっ, の上月城, の奇襲部隊, の方, の極刑派, の横, の眼, の誤算, の転属先, はその, はほとんど, はまた, はゾッと, は不審, は徴発, は斥候, も右, も招, も草むしり, も運, を撃ち取ろう, を籠め, を認め

▼ 介しない~ (28, 0.5%)

4 ように 2 様子で

1 [22件] かのよう, か眼, がしかし, でいよいよ, で苦悩, というよう, という短所, といふ行き, ところである, のである, ふうで, ものの, やうに, クリティシズムであり, 事柄だった, 底の, 彼でした, 放縦に, 源三郎, 相である, 荒海の, 覚悟が

▼ 介さん~ (26, 0.5%)

2 は私

1 [24件] かえ, からあらまし, がこの, が南京, が殺された, が流感, だったね, です, と喧嘩, と声, にお, には家, に代, に再会, に送られ, のこと, のところ, の妙, の心, の眼, はとんだ, は未だ, は決して, も御存知

▼ 介~ (26, 0.5%)

2 組みついた

1 [24件] お託, お話の, こう託し, そっと語っ, その後図, つめよせて, むかって, ゆるして, わかぎみを, 一言の, 一階級ほど, 主君の, 使いを, 向った, 完全に, 宛てた紹介状, 挨拶を, 研に, 言い放った, 言葉巧みに, 訊いた, 語ってから, 運よく, 酌し

▼ 介との~ (20, 0.3%)

2 約束に

1 [18件] この交遊, つながりを, みて, 会話が, 勝負に, 堅い約束, 果し合いと, 相談で, 約束が, 約束には, 結婚前に, 結婚後以前の, 関係に, 関係にも, 関係によって, 関係は, 関係を, 闘いに

▼ 介殿~ (20, 0.3%)

2 じゃ

1 [18件] か誰, が家来, が来られる, でご, でござろうがな, とやらお上, とよん, なども, の娘, の意見, の手, の指図, は, はその, はどう, は八幡, をあッ, 御案内イ

▼ 介せず~ (18, 0.3%)

2 それで

1 [16件] この友人, それは, なんでも, にしまったらしかった, にはいられない, ひたすらに, 一身の, 今度は, 名家の, 大いに即興的効果, 度々山頂, 敵は, 敷居の, 文字どおり博士めがけ, 日の, 陣十郎は

▼ 介天狗~ (18, 0.3%)

4 のご 3 の木像 2 の黄金 1 のお, の拝殿, の甲冑, の社殿, の祭礼, の鎧冑, は裸身, を勧請, を尊ぶ

▼ 介とは~ (17, 0.3%)

1 [17件] お月様, われぞ, 不知哉丸に, 何とも知れぬ, 古くから, 年来の, 引き裂かれて, 思われぬほど, 愉快そうに, 段が, 渡船にでも, 異な, 耳の, 親友と, 誰か, 走り出した, 遊んだ事

▼ 介~ (15, 0.3%)

2

1 [13件] うぬ, から寝る, から狂介, が彼, この少, それなら, とお, とか何, とは悟らなかった, なと悟りました, よと銀ちゃん, わえ, 余は

▼ 介にも~ (15, 0.3%)

1 [15件] いって, したいこと, そういうこと, それが, それを, たしかにある, よく見えた, よく解る, わからない, 事実を, 十三に, 底の, 申して, 第四次, 見あらわされずその

▼ 介幸盛~ (15, 0.3%)

1 [15件] ありとは, であった, であろうはず, です, とも熟談, と会っ, と安土, と志, と黒田官兵衛, の不撓不屈, の生涯, の百ヵ日, の進退, は三十九歳, は降

▼ 介~ (14, 0.2%)

1 [14件] その他の, とうとう鬼唐人, どうもえらい, 久子から, 伊藤俊輔などの, 伸子さんとは, 土岐左近へも, 守や, 小山秀朝も, 常陸大, 掾も, 浪之, 源右衛門を, 源女などと

▼ 介広常~ (14, 0.2%)

1 [14件] からも言葉, がその, がもっぱら, でござる, には, の耳, の軍勢, の館, はまぎれない, は馬, も北条父子, も土, を見かけ, を選

▼ 介~ (14, 0.2%)

2 をのける

1 [12件] に包まれ, の内部, の前端, の毀, の毀れ, の表面, は小さく, は特種, は背部, をのけた, を自由, を連結

▼ 介~ (13, 0.2%)

2 あつた

1 [11件] あわてて, こっちは, ござりまする, どう言う, まず穏, ニュース源の, ヒランボは, 行く, 露月を, 面差は, 髪は

▼ 介~ (12, 0.2%)

1 [12件] があり, が鎮撫, の人たち, の尼子一党, の近習小姓, はある, はそこ, はその, は手, は間もなく, も共に, を擁し

▼ 介~ (10, 0.2%)

2 の化石 1 から抜けた, さえも材料, のやう, のよう, の蝶番部, や烏賊, を立て並べた, を調べくれた

▼ 介では~ (9, 0.2%)

5 ない 2 ないか 1 あったが, 強かろう

▼ 介その~ (8, 0.1%)

2 人も 1 ほか尊氏の, 人が, 人であった, 人であり, 人については, 後身では

▼ 介といふ~ (8, 0.1%)

3 のは 1 一つの, 先生が, 老人を, 者が, 豪傑と

▼ 介とて~ (8, 0.1%)

1 お察し, 一か, 今は, 同じお, 容赦せぬ, 幼少からの, 無役, 無理解

▼ 介清秋~ (8, 0.1%)

1 からかたく, が宮方, であったの, にてお, はここ, はその, も甲, をこわらしい

▼ 介なる~ (7, 0.1%)

1 ものの, ものは, 人物が, 人物を, 男が, 者内匠頭へ, 若党の

▼ 介まつ~ (7, 0.1%)

4 てゐる 1 てゐ, てゐた, て女性

▼ 介~ (7, 0.1%)

1 としてとりなし, となつ, のあつ, は世間, は親方, ばかりで, を煽ごう

▼ 介自身~ (7, 0.1%)

1 が何, ではどう, では少し, にし, の力, の危急, を此世

▼ 介~ (7, 0.1%)

2 の泊まっ 1 が行った, と一緒, は井上嘉門家, は何故, を迎え

▼ 介さま~ (6, 0.1%)

1 が二時, のこと, の事, もそう, もはや, を家

▼ 介である~ (6, 0.1%)

2 ことは 1 ことが, ことを, と敏子, と見

▼ 介~ (6, 0.1%)

1 のだ, のだった, のである, んだ, んです, 江戸ツ子達は

▼ 介など~ (6, 0.1%)

1 いう一族, であった, 七八千を, 其である, 北条遺臣中でも, 言ふ

▼ 介について~ (6, 0.1%)

1 これまで, であるが, 学ぶが, 感想を, 自分が, 長沼流の

▼ 介まっ~ (6, 0.1%)

1 ていた, てしゃがん, て動く, て池, て食, て黙ん

▼ 介~ (6, 0.1%)

1 がこの, が合戦, が帯び, ずに, に頼まれ, は不届き

▼ 介一人~ (6, 0.1%)

1 が責められる謂われ, が責任者, だけがこの, では, の胸, 出かけたの

▼ 介先生~ (6, 0.1%)

2 でよかっ 1 から極意, が足, のお話, は間もなく

▼ 介~ (6, 0.1%)

4 胤の 1 胤なども, 胤や

▼ 介~ (5, 0.1%)

3 ている 1 その頭, 少しお

▼ 介~ (5, 0.1%)

1 ず横, ッ, 上杉家全, 庭番の, 構はん構はん

▼ 介この~ (5, 0.1%)

1 ように, 光秀の, 女に, 平泉発掘事業の, 男については

▼ 介そち~ (5, 0.1%)

1 にも骨折賃, に密偵, の眼, はもう, も一陣

▼ 介へも~ (5, 0.1%)

1 今夜は, 刑を, 映って, 申して, 頼み入ると

▼ 介ほどの~ (5, 0.1%)

1 ものが, 人物にも, 嫡男が, 男が, 男を

▼ 介~ (5, 0.1%)

2 ずに 1 ず弁じられよう, ず遊ばせて, ないから

▼ 介信長~ (5, 0.1%)

1 であったとは, にてござる, の人, はちょうど, は曠

▼ 介経基~ (5, 0.1%)

2 の告状 1 だった, と足立郡司判官武芝, はどう

▼ 介~ (4, 0.1%)

1 春の, 梨江の, 濠端の, 許であった

▼ 介これ~ (4, 0.1%)

1 でお, に睡り, も地面, も花鳥

▼ 介じゃ~ (4, 0.1%)

21 ない, ないか

▼ 介する~ (4, 0.1%)

1 に及ばなかった, に及ばぬ, に足らず, に足らぬ

▼ 介せずし~ (4, 0.1%)

1 て一直線, て全力, て居た, て直接

▼ 介それ~ (4, 0.1%)

1 が猫又先生, にて読め, に大西, に小姓

▼ 介だけは~ (4, 0.1%)

1 とうにお, 何と, 本ものです, 監の

▼ 介です~ (4, 0.1%)

21 がそれでも, が当人

▼ 介でも~ (4, 0.1%)

1 なくそして, やはり女法師, 三五兵衛でも, 掾でも

▼ 介とか~ (4, 0.1%)

1 勝頼とか, 掾などで, 薩摩の, 重次郎などと

▼ 介とが~ (4, 0.1%)

1 みやこの, 何処まで, 巴里の, 引き添つて

▼ 介などを~ (4, 0.1%)

1 割り当てて, 思ひだす者, 斃した, 見殺しに

▼ 介に対して~ (4, 0.1%)

1 信を, 恐るべき疑惑, 毛利家から, 訊きたいこと

▼ 介ひとり~ (4, 0.1%)

1 となっ, とは思わない, の胸, を従え

▼ 介より~ (4, 0.1%)

1 お静, つまらない男, 一つ二つ若い, 聞きとりました

▼ 介~ (4, 0.1%)

1 と兜, をヘープァイストス鑄, を被り, 鳴りひびく

▼ 介夫婦~ (4, 0.1%)

1 が顔, と二人, の言葉, は経済的

▼ 介~ (4, 0.1%)

1 したいの, して, し四面援声, の弊

▼ 介~ (4, 0.1%)

1 に任, の勇士, の諸氏, は六時

▼ 介輝勝~ (4, 0.1%)

1 でご, と名のり, も一時, も則重

▼ 介~ (4, 0.1%)

1 ではない, の一種フオラス, の發光物質中, を調べる

▼ 介だけ~ (3, 0.1%)

3 では

▼ 介だった~ (3, 0.1%)

1 からです, のである, のです

▼ 介であった~ (3, 0.1%)

1 からである, 時の, 男は

▼ 介として~ (3, 0.1%)

1 いま何事か, さほどな, 之を

▼ 介としては~ (3, 0.1%)

1 この言葉, 一種異様の, 得意で

▼ 介とも~ (3, 0.1%)

1 今後決して, 時々会った, 杢蔵とも

▼ 介と共に~ (3, 0.1%)

1 拙者を, 救って, 縁側の

▼ 介などの~ (3, 0.1%)

1 いわゆる尼子一族, 党が, 旗本が

▼ 介なら~ (3, 0.1%)

1 で林田門七, ばその, 私も

▼ 介についての~ (3, 0.1%)

1 感想などを, 特集を, 評論は

▼ 介にとって~ (3, 0.1%)

1 お秋, 当然の, 生活上の

▼ 介にとっては~ (3, 0.1%)

1 一層苦しく悩ましく, 大した品, 誘惑であった

▼ 介に対する~ (3, 0.1%)

1 のと, 心の, 追及は

▼ 介に従って~ (3, 0.1%)

1 六階へ, 大きな鉄工場, 武術の

▼ 介また~ (3, 0.1%)

1 つねにわびしく寂しい, 別路から, 罷り越すぞ

▼ 介まり~ (3, 0.1%)

1 ておなじ, て後, て推され

▼ 介よりも~ (3, 0.1%)

1 其の朝倉, 彼等自身の, 難解かも

▼ 介~ (3, 0.1%)

21 推の

▼ 介以外~ (3, 0.1%)

1 には気, にも, の者

▼ 介光春様~ (3, 0.1%)

1 にもお迎え, をお召, を始め

▼ 介~ (3, 0.1%)

2 で一泊 1 へひとつ

▼ 介川文學士~ (3, 0.1%)

1 が伴, の隣, は既に

▼ 介形類~ (3, 0.1%)

1 と言, の一種, は日本

▼ 介~ (3, 0.1%)

1 に介六, 文兵衛, 称文兵衛

▼ 介~ (3, 0.1%)

1 たつたお, の御, の遊ばされ

▼ 介正勝~ (3, 0.1%)

1 であった, で櫂, に従い

▼ 介法師~ (3, 0.1%)

1 か, とはいかなる, は始め

▼ 介維茂~ (3, 0.1%)

1 にございまする, の息, の許

▼ 介老人~ (3, 0.1%)

1 は冷かす, は歎, も口

▼ 介茂光~ (3, 0.1%)

1 というもの, は老人, も老体

▼ 介輝高~ (3, 0.1%)

1 となれなれしく, にはさしたる, の紋

▼ 介えて~ (2, 0.0%)

1 海を, 海辺へ

▼ 介おまえ~ (2, 0.0%)

1 とは幾つちがい, は黙っ

▼ 介お前~ (2, 0.0%)

1 はどう, は恐ろしい

▼ 介からの~ (2, 0.0%)

1 使では, 又聞き

▼ 介しか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, ゐず甲子郎

▼ 介しないらしく~ (2, 0.0%)

1 万事事務的に, 古堀裁判医

▼ 介せざりき~ (2, 0.0%)

2 と見

▼ 介せない~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 介せる~ (2, 0.0%)

2 状も

▼ 介そして~ (2, 0.0%)

1 それを, 一色刑部も

▼ 介だけが~ (2, 0.0%)

1 そっとそこ, 知って

▼ 介だって~ (2, 0.0%)

1 一向構い, 肌を

▼ 介って~ (2, 0.0%)

1 人を, 居ずと

▼ 介でさえ~ (2, 0.0%)

1 これまで, やっぱりかげ

▼ 介でなく~ (2, 0.0%)

2 ちゃア

▼ 介とかいう~ (2, 0.0%)

1 名じゃ, 奴よな

▼ 介とを~ (2, 0.0%)

1 見比べた, 見較べながら

▼ 介どのこの~ (2, 0.0%)

1 儀も, 四五日相見ぬ

▼ 介どん~ (2, 0.0%)

1 は日, 頼まれて

▼ 介などが~ (2, 0.0%)

1 あとに, 大手の

▼ 介などという~ (2, 0.0%)

1 人物が, 名は

▼ 介などに~ (2, 0.0%)

1 禍いの, 騒ぐには

▼ 介などは~ (2, 0.0%)

1 例外な, 悪しざまに

▼ 介に対しても~ (2, 0.0%)

1 寧ろ, 此の

▼ 介に関する~ (2, 0.0%)

1 浮世の, 約束を

▼ 介はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, みると

▼ 介はとも~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 介はに~ (2, 0.0%)

1 こと笑った, ったり

▼ 介はは~ (2, 0.0%)

2 ッと

▼ 介へは~ (2, 0.0%)

1 それ以後よけい, 刑を

▼ 介までが~ (2, 0.0%)

1 その味方, やや暫し見惚れた

▼ 介まれ~ (2, 0.0%)

1 てもしも, て策

▼ 介~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 介みたい~ (2, 0.0%)

1 な侏儒, な化物

▼ 介もう~ (2, 0.0%)

1 およし, 寝るま

▼ 介らしい~ (2, 0.0%)

1 文学的悽惨ばかりを, 知的な

▼ 介わざわざ~ (2, 0.0%)

1 参ったが, 手数を

▼ 介わん~ (2, 0.0%)

1 で置け, のさ

▼ 介クン~ (2, 0.0%)

1 は秘書, も才蔵クン

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 への御, 総介

▼ 介事件~ (2, 0.0%)

1 の一部, の際

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 の連中, 一同が

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 にかけてもこの, に物

▼ 介兄弟~ (2, 0.0%)

1 が情, が来会うた

▼ 介右馬介~ (2, 0.0%)

2

▼ 介天譴~ (2, 0.0%)

2 を加え

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 でもねず, とか段會宗

▼ 介宗厳~ (2, 0.0%)

1 なの, は二十五歳

▼ 介小文吾再会~ (2, 0.0%)

2 の機縁

▼ 介常胤~ (2, 0.0%)

1 は胤正, も上総介広常

▼ 介忠常~ (2, 0.0%)

1 なども出た, も武蔵押領使

▼ 介忠輝~ (2, 0.0%)

1 といったよう, は有名

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 なさ, に於

▼ 介成政~ (2, 0.0%)

1 が小, ほどの鼬花火

▼ 介斉政~ (2, 0.0%)

1 である, の女

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 に嫁, へ出入り

▼ 介松平~ (2, 0.0%)

2 の御前

▼ 介様それ~ (2, 0.0%)

1 から松平周防守様, はあんまり

▼ 介様山野辺~ (2, 0.0%)

1 の寮, も楯岡

▼ 介様私~ (2, 0.0%)

1 は我慢, は私

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 と肩, の掌

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 勝ほどの, 春など

▼ 介正純~ (2, 0.0%)

1 が石見守, は私

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 とあり, 又波太豆

▼ 介~ (2, 0.0%)

2 の城

▼ 介程の~ (2, 0.0%)

1 男が, 者が

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 遠の, 遠は

▼ 介義央~ (2, 0.0%)

1 が江戸城内, なの

▼ 介義明~ (2, 0.0%)

1 であった, も木蘭地

▼ 介致した~ (2, 0.0%)

1 なッ, 勝秀は

▼ 介藏少将~ (2, 0.0%)

1 の御, を訪うた

▼ 介藤原厚~ (2, 0.0%)

1 載も, 載武蔵守高向利春

▼ 介藤原子高~ (2, 0.0%)

1 が海賊軍, を殺し

▼ 介~ (2, 0.0%)

1 だってね, とは面白い

▼ 介貞胤~ (2, 0.0%)

1 だの小山五郎左衛門秀朝, と小山秀朝

▼ 介貴殿~ (2, 0.0%)

1 の身辺, を追っかけ参りました

▼ 介賞め~ (2, 0.0%)

2 つかわすぞ

▼ 介逃亡~ (2, 0.0%)

1 の旨, の理由

▼1* [456件]

あてに来た, 介あまりぞっとしない, 介あるを聞く, 介あわてるな, 介いかに江戸一の, 介いささかもひるまない, 介いち人は断じて, 介いやしないけれど, 介いやしませんね, 介えしまま床上に, 介えた憐れな, 介えようとした, 介およそか, 介おりから今年, 介お迎えに参った, 介かた足あげて, 介かと思ったら警視庁, 介からは一と, 介がはいるの, 介さま, 介くまじき如きを, 介ここのはもう, 介ごときき斬れんわけで, 介さえ今日は, 介さっと顔を, 介さまかくもお, 介さんだつたインテリルンペン, 介しかと承わろう, 介じきじきに将軍家, 介すべて茫たる焦土, 介せざるが如く, 介せざる如く首を, 介せず歩み慣れた道を, 介せぬようで, 介せぬごとくそうです, 介せんのじゃ, 介そうだろう, 介そうしたわけだ, 介そのまま手紙を, 介その他一万の兵, 介それ以上にうれしい, 介ァ何ん, 介ただ一人を供, 介たちまちにし, 介たち譜代直参の旗本八万騎一統, 介ちと久方ぶりに, 介っていうならずものの, 介ついに待望の, 介つづいて京弥, 介つて残つて居るの, 介てめえは確か, 介であって見れ, 介であったらそれ丈けの, 介であり見れば宿意, 介であればある, 介であろうとはたった, 介でしょう彼は, 介といったようじゃ, 介とこうして, 介とともに丹後国田辺城を, 介どのその場を, 介どの人というもの, 介どんと無駄話を, 介なかなかに兵法家, 介などからお下り, 介などへ急使を, 介ならぬ尾行者達に, 介ならびにこの海舟, 介なら待ちかねていた, 介なり勝頼なり, 介なればこそだった, 介においても絶命後具足の, 介にこそ賜わるべきであるまいか, 介にさえその内容, 介については人形の, 介にてはなきか, 介にと言わぬばかり, 介にまで化け込んで, 介に対してはそれに, 介に従い義侠の, 介に関してのことだ, 介のみならず職掌柄, 介はかろく打消しながらまた, 介はずに乘ツ, 介はぶッとふきだし, 介ばかいいを, 介ばかりでない彼, 介ひとり召連れて, 介ひもせず續けた, 介ふたりの姿, 介への止めの, 介ほか一団二十三名一藩の大事, 介ほか下妻の一同, 介ほか二十三名の一団, 介ぼつぼつお暇, 介らね, 介まず第一, 介まだしばらくは勘当, 介まった里と, 介までの六人の, 介まるこの時, 介みな討死して, 介もし切腹せぬ, 介もすつかり煙に, 介もて萬人に, 介やや色を, 介やら新太郎とか, 介ゆえにまぶしく, 介ゆたかな芸術的天分, 介ゆるゆる詮議致し, 介やさしく訊い, 介よく致して, 介よとありがたい仰せ, 介よほど長く眠った, 介よりはかえっておと, 介よろこばしき儀に, 介ら二十三名の柳門選り抜き, 介なとのみ, 介わざとお借り申した, 介わらず何も, 介をも見殺しに, 介カバンの執念, 介キッと押えました, 介サマと云え, 介シテソノ諒解ヲ僕ニ求メテイルノデハナイカ, 介シ天下ノ要, 介タチカイ一名鳥介同名多し玉, 介タチバナの時安, 介てえ, 介ッそちの思案, 介ト云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御番, 介前司宗直, 介パッと家, 介フツカヨイとはいえ, 介一刀の背, 介一条心にかかり, 介一鞭くれると, 介三善春家は前, 介三軍の見せしめ, 介に降りる, 介不審あって, 介に警察医, 介並木の駒吉, 介中山良三と千代岡, 介乃至愚婦懦夫あらゆる, 介二三人踏み倒して, 介二人の名, 介二十四歳の時, 介二十歳前後の律義, 介二間あまりスルスルと, 介五郎そのほか, 介五郎淡河兵庫斎藤宮内城ノ介師時, 介京弥老神主三人, 介は仁斎, 介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 介今夜こそ好機, 介今宵のこと, 介今日の下, 介仔細ござって, 介以下のリリパット人, 介以下二名のとむらい, 介以下十人ほどを京, 介伊介の十一人, 介伴うて南蔵院, 介伴太郎左衛門兄弟村田吉五などはそこ, 介伸子以外の四人, 介佐久間玄蕃允など万夫不当, 介佐脇藤八山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 介佐野の源左衛門, 介を覗く, 介何よりの歓び, 介は英国, 介信長さまにもさも, 介信長様です, 介信雄卿が去年十一月, 介信雄尾張の勢, 介働き殊に, 介を作りあげ, 介の技, 介兄妹から贈られた, 介兄是ハ去年頃よりも御, 介充分に休息, 介兆民は其号, 介光春の面には何, 介光春以下一族とその, 介光春斎藤内蔵助利三などの率いる, 介光茂となり, 介入道して, 介八百蔵の網干左母次郎, 介公雅安房の庄司公連, 介と新, 介六孫王が武蔵介, 介六役者が団十郎, 介六白酒売新兵衛のち, 介六郎兵衛はともかく, 介共犯説も考えられる, 介典厩信繁の隊, 介典厩信繁どののおん首, 介冥土から菓子折, 介で來, 介名多, 介前川満兵衛それから山村紋左衛門, 介前田又左衛門, 介して, 介十九歳の大柄, 介十二石被成下, 介千葉重太郎等が共に, 介原隼人などの叡智, 介去りしことやっぱり, 介又は関五郎と, 介古田八左衛門古田加助四人蒐りで辛くも, 介只今父を失いまし, 介吉野の葛, 介同じ八万騎の, 介同名多し玉, 介同姓甚左衛門すなわち越中先方衆, 介同左馬之助, 介同様一汎に平凡, 介探索とは, 介君丈けに出, 介君自身はそう, 介四番には六手組, 介と云, 介土岐左近家臣小姓たちもふたり, 介在宿に極まった, 介坂田公時も山家育ち, 介城介に関する約束, 介執筆のマニ教撮影苦心談, 介塗師の源五郎, 介の国, 介大戸片里と露月庵, 介大江山退治の際一泊, 介天地に誓っ, 介天狗様へ申し, 介夫妻は語り合っ, 介女勘介他の連中, 介女歌舞伎宇喜川お春, 介子弟などは幸, 介子息為憲もきかぬ, 介子推の股肉, 介子細は見届け承, 介子重次郎がいる, 介子重次郎清蔵五郎兵衛という浪人上り, 介安倍実季道を遮り果さずし, 介宗厳様を長く, 介宗時という一老臣, 介宛てに来た, 介実は鬼王と, 介客賓樹明不二生, 介富田正光らの若, 介小宮山丹後すなわち御, 介小山秀朝の東国勢六, 介小林トメ芝山宇平本郷末子の四人, 介少なからず恐縮, 介を訪ねる, 介屋主人が一昨日青年, 介屋本店へ着いた, 介山居士が背負っ, 介島田惟幹を殺した, 介川俣踏絵村雲笑子幸田節三酒月守の六人, 介師時なども酒気, 介常に刀に, 介平山ノブ子は天草物産, 介平常胤の, 介平広常と共に京都, 介平良兼数千の兵, 介幼名を贈, 介広常殿には二万余騎, 介庄田喜兵衛次和田野々宮松枝などの老臣旗下たち, 介延明はいるか, 介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 介引田妙源らはべつ, 介所司代殿に, 介当惑して, 介従五位上とある, 介従五位上常陸平氏の祖, 介従五位下長田の祖, 介忠成の手の者, 介忠清のところ, 介忠順である, 介思い出すなあ, 介思ひの外手輕, 介怯懦にし, 介には上下, 介恐れながら祖師日蓮に, 介愚劣なり, 介愛妾にし, 介ばず, 介といふもの, 介成胤さまが安, 介成胤法師一人を生, 介或は作家相川良之介の, 介才蔵ぬかりなく, 介承諾するが, 介押し返され道場の, 介撃滅の壮挙, 介政方の単, 介政範さまが京都, 介は何者, 介六, 介旗上げの祝い矢, 介旗本一統に成り変っ, 介旦那が血相, 介時おりはまた, 介景盛さま隠岐守行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 介景盛以下数百人の大名ども, 介曩日の祈誓納受, 介最もこれを, 介朝宗どのに出, 介木村権之衛門, 介本人思いもしなかった, 介本名英太郎今日中橋商事の社長, 介かかって, 介来り南の, 介来るお歳暮, 介東京貴石倶楽部の松沢平吉, 介槍術では海内無双, 介様争いに争い, 介様以来の家名, 介様動きなきお, 介様御宿と書きしたためた, 介樣殿樣を御, 介権助丸儲けじゃ萩, 介権田時介余は英国, 介樺俊雄加茂儀一清水幾太郎の四氏, 介次郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 介正次は常に, 介死にとうないからのう上様, 介殿とりどり懐しい人達, 介殿一人は中御門山尾殿, 介殿三介殿とよん, 介殿十分に討取, 介殿印揚候者も警固一通, 介殿御出ニ候得共今少し御, 介殿御同伴上坂も致候, 介殿御屋敷へ押込働, 介殿源女の部屋, 介氏これは長州人, 介氏並に随行員二人, 介氏成候の家来, 介氏連れ来る, 介をくれ, 介江戸に名代, 介河越喜翁千村民部奈良井主水, 介法師奇遇だな, 介とかの何, 介流元祖というの, 介流十手の元祖, 介海後磋磯之助, 介添いしている, 介源任が府舎, 介源義明であること, 介溝尾五左衛門桜井新五逸見木工允堀口三之丞磯野弾正鳥山主殿助など枕, 介を見よ, 介無手勝流の奥義, 介熊谷大膳亮の三人, 介狂介と呼びずてにするから, 介珊瑚王の伜, 介理学士は同君, 介甲部となり, 介申しましょうや, 介當南部藩の家老職, 介病休と思ひし, 介らしいこの, 介監督の手, 介にかけまして力, 介経に, 介直参旗本の格式以, 介相当の誇, 介眉間に傷, 介眉間傷御披露, 介眞家の眞家源左衛門, 介真庭念流の覚え, 介真木和泉梅田雲浜頼三樹三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 介京, 介知っている, 介知らず知らずに頭, 介知れたか, 介を受, 介を招か, 介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 介福由和寿蔵太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 介秋山要介, 介底の, 介突然お召状, 介竹尾忠吉の諸君, 介等三人を失っ, 介等水戸に縁, 介篝火を焚けっ, 介約束通り土産一匹つかわすと, 介昌である, 介紫紐丹左衛門こう六人, 介結城七郎千葉平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 介罷り帰るぞ, 介の永遠, 介胃彼の上, 介自ら手を下し, 介自身孤独な知的焦躁, 介至極無事息災じゃ, 介船国王の書翰, 介芝山宇平その外, 介苦労がしとうなった, 介苦痛を忍び, 介茂光岡崎四郎義実宇佐美三郎天野遠景加藤次景廉, 介にしろ, 介菊路京弥の三人, 介薫陶の揚心流当身, 介藤原維幾の手, 介藤原維幾朝臣の息男為憲, 介藤原維茂が常陸, 介藤田吉亨郎等に参集, 介即ち亀, 介蛇蘭語で云う, 介蠣崎君などいかが, 介行ってみよう, 介行宗の諡, 介てこいや, 介覚悟の時, 介親子を逃がし, 介親行と云, 介計ろうておくりゃれ, 介訊問の意図, 介の, 介護衛のため, 介谷森種松と筑前守鈴鹿勝芸, 介貞俊以下いずれも去年, 介貞胤小山秀朝らにはかり, 介貴様を尋ね, 介越後守有時右馬ノ頭茂時, 介の潔白, 介軍曹らもごっそり, 介濶に, 介く参っ, 介近頃いちだんと気に入っ, 介遂に旧友露月を, 介道中半ばに無心, 介道鬼の陣前, 介達三人が窺いよっ, 介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 介野口村長役關澤源兵衛夫より長倉, 介野村彝之介, 介金沢塩田などの諸, 介門井村神職大越伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 介陽子まで加, 介の墓所, 介露月と不, 介風情には眼, 介颯然として色めき立った, 介飛燕の如く飛び込ん, 介馬数万意気堂々と, 介付けると, 介沖陽造本間唯一伊豆公夫徳永泰を, 介高氏はそんなに, 介高胤由良新左衛門なども巷, 介鳥獣古銭古器物, 介黒沢忠三郎斎藤監物蓮田市五郎広岡子之次郎