青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今頃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

今宵~ 今年~ ~今度 今度~ 今後~ ~今日 今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~
今頃~
~介 介~ ~仏 仏~ 仏像~ 仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕

「今頃~」 1177, 13ppm, 8650位

▼ 今頃~ (457, 38.8%)

5 どうなっ, 既に藤原 4 どこに, 何処に 3 どうし, どこへ, 九州に, 半七さん, 如何に, 目を

2 [22件] あなたは, あの古庭, どこかで, どこで, どこの, もうこの, ニヤニヤし, 丁度家の, 何うし, 何んな, 如何し, 定めて, 捕方同心の, 死んだかも, 死んで, 現代思潮の, 盛に, 青息吐息で, 革鞄の, 風で, 首尾よく, 馬車にでも

1 [377件] あのお姿, あの三五屋, あの世で, あの保姆, あの先輩, あの屋根裏, あの櫛, あの汚らわしい, あの洞白, あの男, あの穴藏, あの老爺, あやせば, あんな蝶, いい気持, いって, いんへるのに, うまれかわって, うん, おおかたどこ, おそらく私, お三人, お仕置台にでも, お前の, お娯しみ, お楽しみ, お母様も, かれの, きっと三万ルーブリ, きっと悄気, きつともう大騒ぎ, このくらい, この通り也, これです, こんなところ, こんな日, こんな血の気, さぞおどろい, さぞひもじかっ, さぞ小, さぞ探し廻っ, さぞ難儀, さだめしこの, しきりに敲いてる, して, すっかり手創, そうだろう, そこらを, そのキャゼリン, その金吾, そら道, ちょうど盛, とうにうら枯れ, とうに長安, とくに葉, とにかく一人前, どうしていらっしゃるでしょう, どうしてる, どうして居る, どうして暮し, どうなってる, どうにかなっ, どうやら危険区域, どう成っ, どこぞ, どこを, どっかの, どの耕野, どの辺, どんなこと, どんなであったろう, どんなになっ, どんなに心細, どんなに旅, どんなもの, どんな風, なにを, ねんねで, のんびり湯壺, ひもじい思い, ほくそ笑みやがって, またあたふた, またおじいさん, また菜園, まだ便々, まだ日盛り, まだ暖かい, まだ金輪際離す, みんなお前の, みんなが, もうあんた, もうお陀仏様, もうフラ, もう二人, もう二条, もう二股, もう何處, もう兄上, もう公証人, もう刑事, もう取り返された, もう名古屋, もう少し世の中, もう山, もう左衛門, もう往生, もう後, もう死体, もう江戸城, もう洛中近畿, もう牢獄, もう犯人, もう生, もう疾うに国越し, もう真犯人, もう立派, もう縛, もう腹, もう行きついてる, もう警察, もう踝, もう醜い, もう鎌倉, もう長万部, もつともつと変, やられて, やるせなさ, わしも, わたくしの, ゐざるやう, イライラし, ウェストミンスターに, エネルギー絞り上げられっちまっ, コンゲナ柿は, スッカリ悪魔に, ズット後方の, トラクターは, ボンヤリし, モウとっく, モウ露満, モスクワの, モーポツポツ川下で, モー大原さんと, 一区切りが, 一枚残らず失くなっ, 丁度僕, 万象館で, 三保の松原へ, 三太郎峠を, 三宅島の, 三年ぶりで, 三途の, 三途の川で, 下手人が, 不知森で, 世間一般の, 乞食でも, 二かさも, 人間の, 仄白い, 仔細あっ, 休職か, 伯父が, 佃が, 佐野松殺しの, 何に, 何の, 何ん, 何処かの, 俺が, 俺の, 俺達は, 傳令の, 先生食い放題だ, 兎に, 八ヶ岳に, 八橋が, 共同墓地で, 其の窓, 内には, 冷く, 冷たくなっ, 出あるかねえ, 出世し, 出来て, 動かれぬやう, 北斗は, 半七さ, 半七つ, 南屏山の, 却て, 原稿が, 友達が, 同じこと, 名実ともに, 君自宅の, 品川の, 嘸面白く, 四五日目鳥なら, 土左衞門に, 地理の, 堅気な, 塔の, 塩問屋の, 多分三十里, 多分許され, 多分諸君, 大きに香代ちやん, 大したもの, 大宮あたりまで, 夷狄の, 奇麗な, 奥さんが, 女御で, 女房が, 好い景色, 如何なる幸, 如何云う, 娘つこだ, 孝助が, 安心し, 安房上總の, 定めし北条氏政, 定めし連れ, 客が, 客の, 家に, 家内三人で, 小何とか, 小使が, 小田原かな, 小笠原の, 局長くらいに, 屍骸に, 山にか, 屹度例の, 屹度岸田の, 市街地は, 帰りついた, 庭の, 弔ひ, 弥六親仁が, 彌六親仁, 影武者とも, 彼方此方で, 御互に, 御師匠さん自身, 御酒の, 御飯時で, 悪漢たちは, 或いはニルヤ, 手を, 手遲れ, 捕つて, 捕縛された, 整備兵らが, 新聞の, 旋風一過し, 既によい, 既に大佐, 晩稻の, 月に, 月の, 月桂樹の, 服んで, 材木置場の, 村の, 来て, 東西南北どこの, 松山さんの, 枝垂れ桜の, 栗が, 森や, 楽にな, 樂壇に, 欠伸でも, 正太さんの, 此服装でなけれ, 死出の, 殺されて, 毎日の, 比較放屁学の, 氣を, 江戸に, 河原の, 泊り泊りの, 泰然と, 海浜ホテルも, 混乱してる, 清吉が, 清軍の, 火の気も, 無事ぢや, 無意識な, 無鉄砲な, 焼岳登山は, 熊さんの, 熟睡し, 熱海へ, 父親の, 物干しに, 犯人等千里向うで, 田アちゃんおそろしい, 田舍は, 番所で, 白い花, 皆が, 目に, 相当の, 相模洋の, 眼を, 神名を, 私の, 私は, 私等の, 空も, 筆おき給ふ, 米国か, 紫いろの, 総理大臣の, 緑青の, 縮こまって, 羽虫病に, 腰の, 自分の, 至極ボンクラ, 船の, 花が, 花も, 苦労しよ, 菫夏は, 蒼い顔, 蔵元屋の, 藤尾が, 虐められてるん, 蛍狩さるに, 蛙の, 蜘蛛の, 蝠女と, 裏口から, 親分の, 親友達と, 誰かが, 誰が, 誰と, 調帯が, 請合白状し, 警察の, 豚と, 貧しいが, 賑かな, 赤い着物, 近い未来, 近道を, 逃げ出したろう放って, 透いて, 途方に, 道路が, 郁次郎殿を, 重大な, 重役に, 銀座辺で, 鎌倉中の, 開成山の, 閑散季で, 閻魔の, 隅田家の, 雨乞で, 雪の下です, 雪隠から, 面目まる, 革屋が, 首に, 驚いてるで, 高原の, 高砂を, 鯉か

▼ 今頃~ (68, 5.8%)

40 なって 5 なつて, なると 2 なってから, なっても

1 [14件] ありては, ここに, そっちの, ならないと, なりますと, なれば, 何だろう, 千魂塚の, 参詣する, 參詣する, 帰つて来, 歎服した, 死んで, 母と

▼ 今頃~ (33, 2.8%)

2 季節に

1 [31件] ことじゃと, ことだ, 事だ, 事で御座いました, 京都は, 光線の, 冬ここから, 冬の, 初夏時でした, 北京郊外ね, 夕方は, 娘は, 子供たちが, 帰りとは, 心な, 方が, 旅は, 時候に, 時節の, 暗澹たる, 東京は, 梅雨には, 気候が, 海が, 海の, 玉子でも, 玉子は, 金の, 鎌倉を, 青年よりは, 鳥なら

▼ 今頃まで~ (28, 2.4%)

2 何を, 放つて

1 [24件] お帰り, したたり, そんな所, どうしてどこ, どこで, どこに, どこを, ほっつき歩いて, まだ深川, 与右衛門様に, 何し, 何してる, 何所さいただ, 俺を, 元の, 待っちゃ, 怒って, 愚図, 愚図愚図し, 晩酌を, 残って, 殘され, 町を, 起きて

▼ 今頃こんな~ (27, 2.3%)

4 処に 3 ものを, 所に 2 ところを

1 [15件] ことに, ところで, ところに, ところへ, 人を, 取り乱したよう, 古風な, 山路へ, 所で, 所へ, 標題を, 消極的な, 淋しい所, 菊が, 露路みたいな

▼ 今頃から~ (24, 2.0%)

2 何処へ

1 [22件] あんなほう, いきり立つ事, いったい何処, お帰り, お杉, ここへ, そんな支度, どこへ, ソレを, ドン・キホーテの, 今日までに, 冬にかけては, 冬へ, 帰れるもの, 急行列車が, 斯る, 暑くなる, 桜が, 棺桶の, 真夏にかけては, 雪は, 鞍が

▼ 今頃~ (23, 2.0%)

5 をし 3 しに 2 のご用, のため, の必要 1 か記念, がある, して, だって機織室, にをし, に化, に成つて, の電報, も知らず

▼ 今頃どうして~ (21, 1.8%)

2 問題に

1 [19件] あるね, いやがるか, いらっしゃるかしら, いるであろうかを, いるに, おりますこと, お退がり, ここに, ここへ, ここらを, こんなところ, ゐるかなあ, ゐるだらうか, 其処らに, 居られるか, 来た, 来たん, 神明の, 蝶々が

▼ 今頃にな~ (18, 1.5%)

3 つて

1 [15件] つてから, つてごまかし, つてぢや, つて一寸とでも, つて僕は, つて変に, つて夜の, つて弁解などを, つて斯んな, つて男は, つて睡, つて見付かる, つて避暑なんて, つて顔が, ッて

▼ 今頃どう~ (15, 1.3%)

7 して 2 したの, なって 1 したわけ, したん, したんだい, してるかしら

▼ 今頃そんな~ (14, 1.2%)

3 ことを 2 事を 1 ことが, ところに, ものに, 事言つて厭, 細工を, 話が, 質問を, 音が, 高級レコードは

▼ 今頃どこ~ (14, 1.2%)

2 へ行く

1 [12件] かで見掛けなかった, かの宿場, で昔, で自分, にいる, に行く, へ, へゆく, へ参る, へ行っ, へ行つたの, をあるい

▼ 今頃~ (10, 0.8%)

1 あいさんは, 会いしたいなんて, 八ツ, 帰り, 掛けに, 日さまが, 杉が, 父う, 篠は, 雑煮を

▼ 今頃この~ (8, 0.7%)

1 おじいさんと, さびしい所, 三人に, 処に, 場所で, 席に, 暗中で, 淋しい林中

▼ 今頃~ (7, 0.6%)

2 は何 1 が立つ, なんかに, のこと, の宅, はどう

▼ 今頃~ (6, 0.5%)

1 あの忍術, いいです, もつとも酒, ベルリンの, 一番いい, 逃げ出す潮時

▼ 今頃~ (5, 0.4%)

1 あねえ, からいい, で, な, 永代の

▼ 今頃また~ (5, 0.4%)

1 このよう, そんな例, 一所懸命に, 出かけて, 附録に

▼ 今頃何処~ (5, 0.4%)

1 かの女, にどー, に生き, へ使い, へ行く

▼ 今頃来る~ (5, 0.4%)

1 から是非内, とは思いがけなかっ, のは, 人は, 奴が

▼ 今頃あんな~ (4, 0.3%)

2 女が 1 ところで, 所に

▼ 今頃~ (4, 0.3%)

1 お笑いに, なって, 云う感じ, 思ふやう

▼ 今頃~ (4, 0.3%)

1 出かけです, 散歩とは, 知りなされし, 経を

▼ 今頃あの~ (3, 0.3%)

1 中に, 橇で, 部屋の

▼ 今頃ここ~ (3, 0.3%)

1 へ来た, へ来る, を退い

▼ 今頃それ~ (3, 0.3%)

1 はまた, をお尋ね, を言

▼ 今頃~ (3, 0.3%)

2 あつた 1 もう誰

▼ 今頃でした~ (3, 0.3%)

1 が, っけなあ, ね

▼ 今頃どんな~ (3, 0.3%)

1 ことに, ものに, 善後策が

▼ 今頃もう~ (3, 0.3%)

2 家へ 1 お船

▼ 今頃やっと~ (3, 0.3%)

1 国際文化の, 着くほど, 遅い月

▼ 今頃やつ~ (3, 0.3%)

2 と遲 1 と遅い

▼ 今頃~ (3, 0.3%)

1 おも, これから越後, わが

▼ 今頃~ (3, 0.3%)

2 を叩く 1 をお

▼ 今頃漸く~ (3, 0.3%)

1 孝吉の, 着到か, 電灯が

▼ 今頃~ (3, 0.3%)

2 が死なう 1 はどうして

▼ 今頃自分~ (3, 0.3%)

1 の嫁, の室, は福島

▼ 今頃~ (3, 0.3%)

1 がそんな, だ強盗, を対手

▼ 今頃~ (2, 0.2%)

1 つたに, 一生懸命探し

▼ 今頃あなた~ (2, 0.2%)

1 のよう, は何

▼ 今頃きっと~ (2, 0.2%)

1 吉見さんは, 四阿へ

▼ 今頃そう~ (2, 0.2%)

1 やって, セルが

▼ 今頃どの~ (2, 0.2%)

1 ように, 宿へ

▼ 今頃~ (2, 0.2%)

1 んだろう, んでこんな

▼ 今頃なら~ (2, 0.2%)

1 ば, 霜解けを

▼ 今頃には~ (2, 0.2%)

1 お陀仏に, 再び海岸

▼ 今頃~ (2, 0.2%)

2 つて来た

▼ 今頃やって来た~ (2, 0.2%)

1 のか, わけか

▼ 今頃ノコノコ~ (2, 0.2%)

1 帰つて来やあが, 母娘連れで

▼ 今頃丑さん~ (2, 0.2%)

1 が女, が誰

▼ 今頃云っ~ (2, 0.2%)

1 ている, て来

▼ 今頃亡くな~ (2, 0.2%)

2 つたのだ

▼ 今頃出かけ~ (2, 0.2%)

1 ても食う, て来

▼ 今頃初めて~ (2, 0.2%)

1 君江に, 見たの

▼ 今頃島原~ (2, 0.2%)

1 の残党, の殘黨

▼ 今頃帰る~ (2, 0.2%)

1 に食事, はずの

▼ 今頃~ (2, 0.2%)

2 してる事

▼ 今頃新聞~ (2, 0.2%)

2 を読む

▼ 今頃来た~ (2, 0.2%)

1 って何, つて入れ

▼ 今頃~ (2, 0.2%)

1 の山, の白い

▼ 今頃汽車~ (2, 0.2%)

1 があつ, にのっ

▼ 今頃生き~ (2, 0.2%)

1 ていたら, てやしない

▼1* [279件]

今頃あたたかい炬燵の, 今頃いい御身分に, 今頃いかに今宵を, 今頃いやでしょうですから, 今頃うせたか, 今頃うろつくのは, 今頃おいでになります, 今頃おくれてカッフェー, 今頃お出まし遊ばしましては, 今頃お前夕飯前でこれから, 今頃お気注きあそばしてか, 今頃かけじにでもなっ, 今頃かなうそもうすこし, 今頃からはからっと晴れた, 今頃ここらを徘徊, 今頃これがわかった, 今頃ア上れ, 今頃ゃばへ, 今頃しんみりとどっか, 今頃じゃなかったかしら, 今頃すでに自由の, 今頃そこらにい, 今頃そちらは雪, 今頃そ奴はのうのう, 今頃たくあんをかじっ, 今頃ただ一人でどうして, 今頃たった一人で, 今頃ださうな, 今頃だったねえ姉さん, 今頃だったろうあれは, 今頃であるが従令, 今頃ですわふとした, 今頃とし子が居たなら, 今頃ともなれば, 今頃とやかく言って, 今頃とれなかったサバが, 今頃ないし, 今頃どうしてそんなに吃驚なさる, 今頃どちらへい, 今頃どの道通ってるあの, 今頃どんなに幸福に, 今頃なお敵の, 今頃なにしに, 今頃なほ眞白なの, 今頃なほ裾まで深い, 今頃なんと言われたって, 今頃ぬけぬけとどんな, 今頃はからあきで, 今頃ひとりでどうして, 今頃ひどい熱を, 今頃ふたたび以前と, 今頃ふらふらして, 今頃ふるさとの篠崎, 今頃ぶらぶら歩いて, 今頃までにキットものに, 今頃までにはもうどうにか曲りなり, 今頃までもうかうかと, 今頃みんな何して, 今頃たしかに血, 今頃つぽ, 今頃ようそんなこと, 今頃ようやく祖国の, 今頃よりもう少し早目, 今頃よりはもっと涼風, 今頃ら食へば食, 今頃しゃ首, 今頃ウロついて, 今頃サラセンで踊ってる, 今頃ソバのお, 今頃トランクの代り, 今頃ドウして, 今頃ドシドシ食物が来る, 今頃ニイチェを論ずる, 今頃ピストル何か出した, 今頃ポツポツ私たちが, 今頃ミチミはどう, 今頃ロスアンジェルスに居た, 今頃ヴルヴァールの枯葉, 今頃丁度済んだか, 今頃三枚の写真, 今頃下るって云う, 今頃不思議がる方, 今頃両国橋をうろついてる, 今頃房へ, 今頃中学校に通ったら, 今頃主婦の部屋, 今頃九太の事, 今頃九段をのぼっ, 今頃亀井戸の家, 今頃二十日ばかり床, 今頃云ってるんだい, 今頃の来る, 今頃仏国へでも向っ, 今頃仕舞いかけている, 今頃伯父は何処, 今頃何所へ行く, 今頃何者か, 今頃何處から歸つて來たん, 今頃何誰ですい, 今頃使ったら物笑いの, 今頃やがつた, 今頃だなんて, 今頃入る船は, 今頃公園なんか散歩, 今頃其那ことでどう, 今頃て来た, 今頃出来る事は, 今頃出版する筈, 今頃切支丹の詮議, 今頃動き出してゐる, 今頃動物園の中, 今頃十兵衞が周囲, 今頃十月にはいった, 今頃卒業祝いか, 今頃危険じゃない, 今頃病人だった, 今頃同志が苦しん, 今頃は調書, 今頃周旋屋の餌, 今頃咲き出したのを, 今頃地団太踏んで, 今頃だなと, 今頃へ投, 今頃多賀ちゃんがあおい着物, 今頃夢中だった時, 今頃金持に, 今頃大手柄を顕し, 今頃太夫は帯, 今頃女房はどう, 今頃はどう, 今頃子分の八五郎兄哥, 今頃学校にいれ, 今頃定めし私を, 今頃室内で絵, 今頃にいる, 今頃寂しい思いを, 今頃寝とぼけたことを, 今頃寝ぼけて関門, 今頃小説をかい, 今頃山吹の花, 今頃の蔭, 今頃岩本のおばさま, 今頃島前からの急使, 今頃帰って来た, 今頃帰ったか解っ, 今頃帰られましたが持っ, 今頃当地に地方事務所, 今頃彼女は何, 今頃彼等は王子稲荷, 今頃待ち伏せでもする, 今頃怒ってらっしゃる, 今頃思ひ出しても胸, 今頃感心する奴, 今頃我家へ帰っ, 今頃戻って来る, 今頃扇風機の三つ, 今頃折檻せられ居るやも, 今頃挨拶する奴, 今頃探偵はき, 今頃探鉱など来る, 今頃提燈を点け, 今頃教員に用, 今頃敦賀へつい, 今頃敵討騷ぎを起し, 今頃なしで帰る, 今頃文筆に携, 今頃斯んなもの, 今頃新婚旅行でもあるまい, 今頃新規にそんな, 今頃旅行して, 今頃既に出版に, 今頃既決監に移された, 今頃日本のどこ, 今頃日本人を乗せ, 今頃昼間の疲れ, 今頃普請をする, 今頃更めてある, 今頃書くのは, 今頃やがって, 今頃来ようとは思はない, 今頃来られちゃ, 今頃東京の郊外, 今頃栗林さん行って, 今頃梅田の駅, 今頃楊枝なぞを銜え込ん, 今頃楽しかったね, 今頃此処で火, 今頃此航路を本船, 今頃此邊へ彷徨, 今頃此間中は詰らぬ, 今頃歩いている, 今頃死なすつても, 今頃が付いた, 今頃江戸の市, 今頃泣き濡れて生きた, 今頃流行るハイカラな, 今頃熊谷を連れ, 今頃父母を慕っ, 今頃犯人はまだ, 今頃珍しさうに見返す, 今頃珪次はおとなしく, 今頃現われたのだろう, 今頃田植をやつ, 今頃田畑が民間, 今頃に現れる, 今頃留守へ娘, 今頃病気だなどと, 今頃発見するの, 今頃白い蝶が, 今頃白い小さい壺形の, 今頃百姓共を皆, 今頃に唾, 今頃着いたでしょうか, 今頃されたと, 今頃矢張り斯うやっ, 今頃矢張霧のか, 今頃石油ランプの事, 今頃私達を見, 今頃秋風の吹く, 今頃突如とし, 今頃立山から人, 今頃笑つたつて間に合, 今頃綾子はどう, 今頃纏まる気遣, 今頃が生え, 今頃自宅へ行っ, 今頃が咲く, 今頃若し巴里に, 今頃若葉と白い, 今頃英学塾というよう, 今頃の花, 今頃など織っ, 今頃は咲く, 今頃蘇生つてゐる筈, 今頃蛙どもが必死, 今頃のこゑでもあるまいと, 今頃たかて, 今頃行くとたしか, 今頃行っても医者, 今頃行ったの, 今頃行つたつてちやんと本式, 今頃行つても覺, 今頃なんか歩い, 今頃見られるのいや, 今頃見物して, 今頃訪ねて来, 今頃訪問するの, 今頃警鈴が鳴る, 今頃讀めたつて自慢には, 今頃谷底で往生, 今頃貝原益軒の, 今頃というもの, 今頃貴方が冷, 今頃赴任の時, 今頃起きて起きる, 今頃起きたのか, 今頃起き出す人間は, 今頃迂遠な実験, 今頃納屋を, 今頃迄けづかったん, 今頃迎いに往, 今頃送られる身に, 今頃這入るにはあれ, 今頃通用するの, 今頃をのん, 今頃野球でもあるまい, 今頃野良から鍬, 今頃間貸をする, 今頃雑誌でも読んでる, 今頃電報が来た, 今頃青梅がある, 今頃飛行機から, 今頃飲むと一向, 今頃馳せ着け得るものに, 今頃騒いでいるだろう, 今頃騒いだつて私は, 今頃は晒され, 今頃鳴つてゐる, 今頃打つてる騷ぎだあ