青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「云われる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

云え~ ~云っ 云っ~ ~云った 云った~ ~云つて 云わ~ ~云われ 云われ~ ~云われる
云われる~
互~ 互いに~ ~互に 互に~ 五~ 五つ~ ~五人 五月~ 五郎~ 井~

「云われる~」 1273, 13ppm, 8367位

▼ 云われる~ (254, 20.0%)

6 私は 4 急に, 瑠璃子は 3 一言も, 僕は, 彼は 2 すぐ逆上, それを, 云う, 僕も, 私も, 美奈子も, 青年は

1 [217件] ああそう, あたしが, あたしは, いちごんも, いつでも, いつもの, おきの, おちよは, おもわずかっとなる, お世辞, お春, お藤, かえって尻込み, かげで, きかぬ気, ききとれない様, きっとそんな, くだらない用事, こころよく承知, こちゃ, ごもっとも, さすがに, すこしきまり, すっかりてれ, すりよりながら, そうに, その答え, それが, それだけで, そんなこと, そんな夢, そんな気, たしかになんとなく思い当る, ただ, たって止める, ちょっとでき, ついそれ, つい気, どうも妙, どうも私, なおさら困る, なおそれ, なるほどジュリア, なんだかやらなきゃ, ひどく怒っ, びっくりする, ぺたりとまたすっ込む, ほかに, ぽろぽろ膝, また先日喧嘩, また話し, まったく一言, まったく返事, もう一週間, もう痩せ, もと人が, やっぱりやめ, やれぬこと, よけい私, よけい辛く, わたしは, わめく, イヨイヨ見たく, ウルフは, オレは, ドミトリーは, ナオミは, 一刀斎も, 一同迷夢から, 一層出る, 下戸でも, 不キゲン, 世間の, 予て神原, 二つの, 今まで, 今度は, 今更の, 今朝起きた, 仕舞いに, 伊代は, 会わない訳, 伴藏は, 伸子は, 何う, 何だか今, 何だか却って私, 何だか遣りとう, 何と, 何となし, 何一つ惜しまなかった, 何一つ憶え, 信一郎は, 俺と, 俺も, 冥加に, 分別を, 十郎左は, 千世子は, 千枝子は, 千穂子は, 千鶴子も, 半七, 半白眼を, 却って変, 却って栄蔵, 却って父, 厭な, 又も, 口惜しかった, 只さえ, 同時に意気地, 同時に私, 否む言葉, 否応ない, 周平は, 喜平も, 嘉吉は, 嘘だ, 嘘に, 困りますから, 困るけれど, 困るけれども, 困るの, 墨江は, 大変きまりが, 大抵誰, 女は, 妙に, 妻は, 娘達は, 子供らは, 学者も, 宗久も, 宗助も, 実に当惑, 寒い中, 少しも, 少し困ります, 帝王と, 彼が, 彼も, 彼女の, 忍松は, 思いつつ, 思います, 思う, 思つ, 恐れ入るが, 恐ろしく凸凹, 恐縮した, 恐縮する, 恥かしい, 恥入りも, 悪いと, 慌てて, 成程, 技巧し, 拒みきれずに, 持ち前の, 持ってるだけの, 指の, 新子は, 日本人は, 暇を, 木村丈八も, 本当に人前, 本当に身の毛, 松雪院は, 止むなく自分, 正直に, 此方に, 残された家族, 段々迷う, 気が, 気の毒で堪らない, 河野は, 油然と, 滅入って, 漸く聞き取れない, 父が, 父も, 犬なら, 独りでに耳, 瑠璃子の, 由良も, 益々わからなくなりました, 直ぐぷいと出, 相手も, 真赤に, 瞬間心に, 矢代は, 矢張りマゴマゴした, 笑い出して, 筆者も, 素直に, 美くしく, 耳たぶまで, 背中が, 膝から, 自分が, 自分は, 自尊心を, 若い伜, 衣川も, 裏地に, 詫まります, 詫まる, 誰も, 身が, 身も, 鋭い刃物, 閉口した, 順吉の, 頭が, 駭然として, 鳥渡困る

▼ 云われる~ (164, 12.9%)

14 である 9 です 54 が何より, ですが 3 か, であった, であるが, ですか, は甚だ, よ 2 が怖い, だから, だが, でしょう, ですな, ですね, ね, はこの, をきく, を喜ん

1 [90件] か自分, がいたく, がいや, がうるささ, がほんとう, が口惜い, が口惜しい, が口惜しく, が嬉しい, が嬉しく, が少し, が当然, が心外, が怖, が怖し, が恥ずかしい, が真実, が自分, が辛, が辛かっ, だけれど, だった, だと, だ同じ, であるから, であるけれども, であろう, であろうし, でした, でしょうが, ですから, ですからね, では, と父上, なら何故, にはきまって, にも当惑, はいや, はずいぶん, はその, はそれ, はなおさら, はひょっとしたら, はもったいない, はよく, は主として, は事実, は厭, は変, は実に, は実際, は寝, は少々, は当っ, は彼, は心外, は必ずしも, は意地, は拙者, は文学的価値, は此点, は残念, は現実的, は男, は皆豊志賀さん, は興味, は誰, は辛い, は辛かっ, は道理, もここ, もカント時代, も事更, も云う, も初め, も単に, も無念, も生涯, も辛く, も運, やろう, をきらった, を嫌った, を断つ, を晋作, を格別苦労, を見た, ア誰の, 口惜しいん, 嬉しいな

▼ 云われるまま~ (58, 4.6%)

2 になっ, になる, に元, に再び, に彼女

1 [48件] しばらく五六人, であった, にあがった, におとなしく, にご, にしばらく, にする, にそこ, にその, にそれ, にとうとう, にハイハイ, にレンズ, に伸子, に体, に何, に刀, に取られる, に品川, に夫人, に守朝, に常陸, に度胸, に座敷, に彼, に慎しん, に承知, に握手, に新聞, に書き取つ, に木戸, に梯子, に椅子, に炬燵, に無闇, に町外れ, に盃, に矢代, に祠, に私, に立ち上がり, に縁づく, に義兄, に誓約, に買った, に身, に釘抜, に隠れた

▼ 云われること~ (57, 4.5%)

3 では 2 なの

1 [52件] から遠, がしばしば, が信じられない, が出来る, が出来るであろう, が心外, が本当, が辛かっ, さえどんどん, さえ想像, だ, だろうが, であるが, であろうか, で作家, で自分, なら本当, についても私, につき真相, にない, にもなる, に理由, に甘暖かい, のいやさ, のない, のなか, の意味, はかつて, はそのまま, は今やかく, は何, は当っ, は日本, は昭和, は無意味, は迷惑, は都会, は重吉, ばかりである, まるで見当ちがい, もあった, もある, もそれ, もなく, も時, も私, をひどく, を何, を嘘, を大変, を成, を決して

▼ 云われるよう~ (46, 3.6%)

5 になった 3 なこと, になっ 2 にルネ・デカルト

1 [33件] で, なもの, な人物, な半ば明るみ, な心覚え, な思想, な根柢, な理屈, な競争心, な訳, な顔, に, にあなた, にかかる, にしよう, にその, にそん, にたしかに, にもなった, にカント, にショウ, に何, に単に, に単純, に外界, に弁証法, に必ずしも, に思います, に桃, に笑い, に自分, に舌, に資本

▼ 云われるかも~ (39, 3.1%)

11 しれない, 知れない 6 知れないが 3 知れぬ 1 しれないが, しれないすなわち, しれないの, しれぬ, しれぬすなわち, 知れない全く, 知れません, 知れませんが

▼ 云われるもの~ (37, 2.9%)

2 では

1 [35件] かこの, があり, がある, があんまり, がここ, がごらん, がどう, が却って, が混りこ, が生じ, じゃて, だと, であるが, でも, で目前説明, で麗子, として生, に到達, に美, のうち多く, のなか, の一端, の中, の内的要素, の実物, の性質, の正体, の源泉, はその, は何, は勿論, は理性, よりも抽んで, をなまじ, を代表

▼ 云われる~ (30, 2.4%)

2 これは, それは, 私は

1 [24件] いずこよりか, こう云う, ここは, この場合批判精神, この空間, しかしそういう, そのタレス以来, それが, どうもこの, なにが, わしは, スリルは, 今の, 伝蔵の, 併し, 勇気や, 却って対立, 学問も, 彼に, 彼の, 徳川殿の, 画壇で, 角背は, 近世数学に

▼ 云われるので~ (24, 1.9%)

2 先生に, 紹介し

1 [20件] おかめ, お二人, こっちも, そなた, その後この, その駕籠, つい治療, ではともかく, どうか, にくらしいのね, 三人で, 中に, 塀の, 外へ, 御邪魔, 断れなくなった, 早くから少しずつ, 相模と, 自分も, 踏段の

▼ 云われる通り~ (20, 1.6%)

4 にした

1 [16件] おごった気持, その部屋, だ, であったとしても, にし, にしました, にすぐ, に引廻, に指, に白地, に酒, の男, の自供, の蔵, 大きいもの, 結ぶと

▼ 云われる~ (16, 1.3%)

3 です 2 だ, だよ, ですか 1 じゃない, だからね, だって, ですがね, ですもの, ですよ, や

▼ 云われる~ (13, 1.0%)

1 [13件] かも知れない, があった, があり, だったろう, と覚悟, はない, は分った, は真に, は真理, は結論, は能, もなかっ, もなかろう

▼ 云われる~ (13, 1.0%)

1 [13件] がやや, が夫妻, が身, だから, で失礼, にただ, に対しても私たち, の余り, の演奏, の薪, の間, もうれし, をどうして

▼ 云われるまでも~ (10, 0.8%)

1 そこまで, ないこと, なく先程, なく問屋場, なく彼, なく早まった気, なく林田, なく無駄, なく自分, なく酒

▼ 云われるから~ (9, 0.7%)

2 である 1 これは, どうかね, もしかしたら, ポッチャリと, 己が, 胸に, 足探りに

▼ 云われる~ (9, 0.7%)

1 あの人, また夕方, 一言が, 午過と, 取り締りの, 姦通罪に, 実際に, 自分も, 講演が

▼ 云われるとおり~ (9, 0.7%)

6 にした 1 という面持, にジャム, 出かけること

▼ 云われるその~ (8, 0.6%)

1 ホテルは, 子供たちの, 宰相が, 専制的な, 意義が, 日本の, 時の, 階級の

▼ 云われる~ (8, 0.6%)

2 にその 1 にそんな, に二人, に彼, に曖昧, に真佐子, に胸

▼ 云われる言葉~ (8, 0.6%)

1 がある, だけでも知っ, だと, はそれ, は一つ, は都会, をきいた, を感情的

▼ 云われるくらい~ (7, 0.5%)

1 だそう, であれ, であんまり, です, なれば, 強気と, 当然の

▼ 云われるだけ~ (7, 0.5%)

2 である 1 あって, でした, でどういう, 私は, 衣服の

▼ 云われるほど~ (7, 0.5%)

2 だった 1 あって, である, 実際冉求, 持ちくずした私, 暮れるに

▼ 云われる人々~ (7, 0.5%)

1 である, のもの, のフィクション性, の文学, の私, の間, は小林多喜二

▼ 云われる所以~ (7, 0.5%)

2 である 1 かもしれない, なの, はこの, はフォイエルバハ, を示し

▼ 云われる~ (6, 0.5%)

1 さあ来い, 分らない, 知らんが, 知らんですが, 知れぬ, 私も

▼ 云われるほどの~ (6, 0.5%)

2 人の 1 もので, 人です, 信任が, 商家の

▼ 云われるまで~ (6, 0.5%)

1 典膳の, 皆は, 練習した, 肇は, 行くなんて, 身を

▼ 云われる~ (6, 0.5%)

1 が機嫌, では, はまだ, は余り, もひやっこい, も漠然と

▼ 云われる~ (6, 0.5%)

1 が何故, が是位い, で戦争, にはその, のほう, や

▼ 云われる~ (5, 0.4%)

1 きまってらア, きまって居る, 及んで, 反して, 止らずして

▼ 云われる~ (5, 0.4%)

1 がある, の殺人, は三百坪, は九分九厘, へ行く

▼ 云われる~ (5, 0.4%)

1 の大, の宝ゆえ, の熱情, 多く読まれた, 青くからり

▼ 云われるけれど~ (4, 0.3%)

1 そのよう, たとえば競馬, 自分では, 黒砂糖を

▼ 云われるとき~ (4, 0.3%)

1 には現実, のよう, 向い合って, 焙きつく

▼ 云われるよりも~ (4, 0.3%)

1 この初, はるかに, まだまし, 良人の

▼ 云われる~ (4, 0.3%)

1 がつらい, であった, ですが, のもの

▼ 云われる~ (4, 0.3%)

1 の, の厳正科学, の自然, の非

▼ 云われる~ (4, 0.3%)

1 が来, すぐ様之, そのヒューメーン, は要するに

▼ 云われる~ (4, 0.3%)

1 なおどけた様子, になる, にはどうしても, にも御

▼ 云われる理由~ (4, 0.3%)

1 に外, は単に, も生じ, を不審

▼ 云われる~ (4, 0.3%)

2 もない 1 の楽天性, はない

▼ 云われる~ (3, 0.2%)

1 つやであった, 父様の, 言葉から

▼ 云われるお方~ (3, 0.2%)

1 がまあ, が本気, たとえ毎晩そち

▼ 云われるそう~ (3, 0.2%)

1 だ, です, な

▼ 云われるところ~ (3, 0.2%)

1 から, であった, は我輩

▼ 云われるわけ~ (3, 0.2%)

1 であると, です, なん

▼ 云われる場合~ (3, 0.2%)

1 がある, はそれ, 永い歴史

▼ 云われる貴殿~ (3, 0.2%)

1 の素性, の言葉, はどなた

▼ 云われるうえ~ (2, 0.2%)

2 に貯金

▼ 云われるかと~ (2, 0.2%)

1 内心気がかりで, 思って

▼ 云われるからには~ (2, 0.2%)

1 有益な, 看護婦も

▼ 云われるけれども~ (2, 0.2%)

1 フランスという, 芸術の

▼ 云われるこの~ (2, 0.2%)

1 時代に, 輪郭が

▼ 云われるため~ (2, 0.2%)

1 に生れた, に若い

▼ 云われるだけに~ (2, 0.2%)

1 彼の, 生きて

▼ 云われるだけの~ (2, 0.2%)

2 ことは

▼ 云われるには~ (2, 0.2%)

1 もう一千万円, 困った

▼ 云われるのに~ (2, 0.2%)

2 お前が

▼ 云われるはず~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, だ

▼ 云われるまでは~ (2, 0.2%)

1 どうしても私, 気がつかんと

▼ 云われるもん~ (2, 0.2%)

1 ですからな, でそんな

▼ 云われるより~ (2, 0.2%)

1 はるかに, ひろ子にとって

▼ 云われる亭主~ (2, 0.2%)

2 を持った

▼ 云われる人間~ (2, 0.2%)

1 が入込ん, ほど破

▼ 云われる作家~ (2, 0.2%)

1 ではありません, のぐるり

▼ 云われる~ (2, 0.2%)

1 に出し, に切符

▼ 云われる意味~ (2, 0.2%)

1 をつきつめ, を失います

▼ 云われる~ (2, 0.2%)

1 にはなあ十兵衛, の生活

▼ 云われる時代~ (2, 0.2%)

1 にこれ丈, に文芸作品

▼ 云われる然し~ (2, 0.2%)

1 これも, 斯うい

▼ 云われる現象~ (2, 0.2%)

1 であって, は決して

▼ 云われる生活~ (2, 0.2%)

1 の中, の方

▼ 云われる~ (2, 0.2%)

1 だ, である

▼ 云われる範囲~ (2, 0.2%)

1 のもの, の各地

▼ 云われる自分~ (2, 0.2%)

1 はどこ, までがなんだか

▼ 云われる覚え~ (2, 0.2%)

1 はございません, はない

▼ 云われる身の上~ (2, 0.2%)

1 となる, になった

▼ 云われる~ (2, 0.2%)

1 目を, 自分を

▼ 云われる迄も~ (2, 0.2%)

1 なく兵庫, なく蓄め

▼ 云われる部類~ (2, 0.2%)

1 の人々, は凡そ数十万

▼1* [240件]

云われるあのオデュッセイア, 云われるいかにもリルケの, 云われるうちに若旦那, 云われるお前も名誉, 云われるからにゃアほかに, 云われるくらいな微かな, 云われるくらいに律儀一方で, 云われるぐらいですが, 云われるそういったような, 云われるそんな注文を, 云われる不肖ながら, 云われるたびにそう, 云われるつまらないことを, 云われる何うにも, 云われるとおりわたしの説明, 云われるとおり寝所へ戻った, 云われるとおり手当りばったり針, 云われるとおり拙者と貴殿, 云われるとかッと, 云われるときこれまで何度, 云われるときまりが悪い, 云われるときめいめいが自身, 云われるとき人々はその, 云われるとき小山いと子の心, 云われるとき私たちの心, 云われるとだってというより, 云われるととッても, 云われるとは思わない, 云われるなあ腹が, 云われる知れたこと, 云われるばかりで既に已に, 云われるひとたちが自身, 云われるほうも馴れ過ぎ, 云われるほど特殊の意義, 云われるまま久慈は服, 云われるお前の, 云われるもの性格に関する問題, 云われるやつだろう, 云われるよりはそッちの方を, 云われるんでげすが, 云われるオフィルの地, 云われるグループとこれら, 云われるセイロン島の樹陰, 云われるテレーズ・シニヨレだったの, 云われるトスカニーニはアメリカ, 云われるドイツ流の綜合力, 云われるドレスデンの美術館, 云われるヒューマニズムとは略, 云われるビアンカ・カペルロから始まっ, 云われるベーコンの投擲弾, 云われるムッソリーニやヒトラーさえ, 云われるロシアの可能性, 云われるロージャー・ベーコンは十三世紀, 云われる一つの感想, 云われる一八二四年に終る, 云われる一婦人が錦繍, 云われる三人の異国楽人, 云われる上席の女中, 云われる下等品なの, 云われる不忠の罪, 云われる世間体体面を喧しく, 云われる二人の男, 云われる二十七八歳の生, 云われる人たちことごとく可能性, 云われる人柄であったと, 云われる人物は, 云われる人間性とか何, 云われる他方では殆ど時, 云われる以上に主張, 云われる仲間のうち, 云われる住所不定の男, 云われるかの指図, 云われる何んの必要, 云われる作品がとかく, 云われるの外地, 云われる侮蔑は全く, 云われる先生の言葉, 云われる刀鍛冶と, 云われる切り取り壁が出張った, 云われるから自分, 云われる前田河広一郎中西伊之助宮嶋資夫等の作品, 云われる剣橋現代史も尚, 云われる割合に民衆, 云われる創作でも夫, 云われる半面のああ, 云われる危険がある, 云われる原作の椿姫, 云われる原因もそういう, 云われる封建の, 云われる口惜し紛れに, 云われるきものである, 云われる周囲の壁廓, 云われるでさえ内乱, 云われる国々ではもう, 云われる国語の相違, 云われる堯帝の娘, 云われる場合モチーフの健全, 云われる場合物質という概念, 云われる場合私はこういう, 云われる墨染の服, 云われる多助が帰っ, 云われる神秘僧, 云われる大人は白昼, 云われる太夫為俊卿であった, 云われる如くに心許ない, 云われる威人の建築技師, 云われる宗像君を思う, 云われるの中, 云われるに生れました, 云われる家庭の婦人, 云われる小さな田舎家こそ, 云われる小倉庵長次は割烹, 云われる島君当世流に襟元, 云われるよ, 云われる年ごろの若い, 云われる年配の作家たち, 云われる度びに恭二, 云われる張出縁の真下, 云われる後世風の人間, 云われる奉行様が, 云われる必要はお, 云われる婆よもおめおめ, 云われる悪く云われる世間体, 云われる悪文家だという, 云われる悲しさの, 云われる情熱も感情, 云われる想像力で誰, 云われる意味日本文学として云われる, 云われる所謂素朴実在論とは正確, 云われる文学作品の真, 云われる新しい民主主義は, 云われる新刊書の広告, 云われる新太郎少将も矢張女, 云われる新宿をすこし, 云われる日本の純文学, 云われるの宵, 云われる時そこには区別, 云われる時勢となっ, 云われる時即座には固, 云われる時機がもう, 云われる曲線を描き出し, 云われるを買っ, 云われる本場水晶の印, 云われる朱刺ぼかしぼり, 云われる松本楼に満月, 云われる松本警保局長は益々, 云われる根拠がある, 云われる概念を打破, 云われる標準は常識, 云われる機械の精密さ, 云われるの風精, 云われる民衆も無限, 云われる法律的な離婚問題, 云われる津多子夫人は昨朝, 云われる浮浪の子供たち, 云われるは吾, 云われる父親であったのに, 云われる物質主義精力主義並に実利主義, 云われる現代ではなんとなく, 云われる甚だ深刻な, 云われる産業資本の方, 云われる男女の間, 云われる町人の中, 云われる病人はけっして, 云われる白夫人伝説のなか, 云われる皮肉とソヴェト, 云われる目鼻だちを, 云われる直観は生産的構想力, 云われる真実とひとしく, 云われる祈りまじないは, 云われる私財を皆, 云われる程上昇しても, 云われる程彼は辛い, 云われる程明瞭な, 云われる種類のもの, 云われる空気大きい家, 云われる立派なお, 云われる竹内栖鳳の五匹, 云われる笑いかたをした, 云われるだ, 云われる素よりこの言葉, 云われる経済学者ヴェブレンはそういう, 云われる結婚適齢に入る, 云われる義理はない, 云われる考えでの話, 云われるのひょろ長い, 云われる自動車を持っ, 云われる自殺事件であった, 云われる舟橋氏も主張, 云われる芭蕉のこんな, 云われる芸術家やロシア文学紹介者たち, 云われる茶屋の板前, 云われる藤枝それと並ん, 云われる蝋燭の数, 云われる表現と生活, 云われる西南の文珠山, 云われる覚悟でいなけれ, 云われるはない, 云われるは有りません, 云われるについてなにか, 云われる質屋の倅, 云われる踊りてで, 云われるになった, 云われる身体の遠く, 云われる身分だから, 云われる軸物が奥深い, 云われる迄になったの, 云われる迄はどうしても置き換えられた, 云われる近代の三味線, 云われるじゃ, 云われる通りそれが宜しかろ, 云われる通りカラダを許し合った, 云われる通りマルクス主義の哲学, 云われる通り中間層としての, 云われる通り僕は僕, 云われる通り概念の世界, 云われる通り理論と実践, 云われる通り矛盾にある, 云われる通り笛を吹きました, 云われる通り素直に上っ, 云われる通り自覚の足りなかった, 云われる通信社の合同, 云われる逸見氏のな, 云われる運命が男, 云われるはなく, 云われる長崎すらも, 云われるはまだまだ, 云われる関係の内側, 云われる降矢木の館, 云われる降矢木家の建物, 云われる限りこの専門的知識, 云われる険しい鼻そういう, 云われる電気ストーヴにし, 云われる青年の四人, 云われる青木昆陽の甘藷, 云われる須佐之男命, 云われる頼朝はずいぶん, 云われる風潮もあり, 云われる高緯度の植物, 云われるTKの弟子