青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今宵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~仇 仇~ ~今 今~ 今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~
今宵~
今年~ ~今度 今度~ 今後~ ~今日 今日~ 今晩~ 今更~ 今朝~ 今頃~

「今宵~」 1309, 14ppm, 7893位

▼ 今宵~ (358, 27.3%)

5 月が 4 夜も, 月も 3 ここで, 何となく尋常, 辻より

2 [12件] あたりに, これで, その方, もうあの, 夜毎に, 天晴れの, 時化かも, 月は, 此處に, 殺気を, 自分の, 舊暦の

1 [312件] あなたが, あの時, あまり客, いかに思ひ, いつまで, いつもの, いつもより, いやで, えなど, おん身に, お兄上, お客様の, お帰り, お泊り, お見あわせ, お見え, こうして松島, ここに, ここの, ここへ, こちらへ, ことの, こなた, このまま, この亭, この人妻, この長岡, これなり, これにて, これほどに, ご寝所, さっぱり返事, しかくあらぬなり, しなくも, しゅくしゅく啜り泣い, すぐ根岸, すっぽりと, その互角, その亡霊, その松の木, その納め, その辺, その酒乱, それが, それを, そんな御, ちと情実, ちと激語, ぢめて, とおも, とくべつに, ところがら, ともされぬまま, とりわけて, とりわけ温かく, とんだ目, どうかお, どうした, どうぞ帰し, どうでも, どんなこと, なかなか睡られ, なにか戴きたくぞんじた, なにを, なんだかその, なんとなく心持, ねぶること, はしくも惚れた, ひとつぜひ, ひとつ遊廓へ, ひどくくたびれ, ほかの, ほとほと渡りなやん, またお客, またどう, またなんと, またよくも, また急, また網, まだ月, みな宴席に, めずらしく客, もう, もう珠数屋, もう眠る, もう諦め, もそっと蛍狩り, ゆくりなくも, ゆっくり家庭, ゆつくり, ゆるやかに, ようこそお越し, よもと, わけて, わけてもそういう, ドコまで, ビールでなく, ブラック, 一しょに, 一つこれから, 一人も, 一代の, 一寸のみ過ぎた, 一層悄, 一応下屋敷, 一時就床, 一種の, 一種不思議な, 七丈の, 三度目である, 三百両という, 三輪大明神に, 上田に, 中秋十五夜で, 中秋十五夜であった, 丸めたとても, 久し振り寛ろげるで, 五十稲荷の, 今宵二つの, 休み給へ, 会合の, 何うし, 何が, 何ぞ用, 何んだ, 何処で, 何故かわが, 例より, 元の, 免すべけれ, 入道と, 其実否を, 切めてと, 別の, 別盃じゃ, 別盃を, 前の, 化粧も, 十五夜で, 十五夜である, 十五日で, 十六夜の, 十四日の, 千代の, 半之丞自らが, 原釜の, 参りませぬ, 又し, 友として, 召使いたちも, 向嶋, 地球と, 堪へず膝, 外の, 夜すがら此御堂の, 夜もすがら月, 大分温かい, 大原の, 大宮に, 大神様を, 大路まで, 天に, 太陽と, 奥へ, 妙な, 妻の, 妾の, 客も, 密雲厚く, 小竹の, 少くも, 尺八を, 山の, 左少, 帝に, 帰って, 帰つて来なく, 帰れと, 常よりも, 平穏です, 底浪が, 引き取らねば, 引捕へて, 当家へ, 形而上学的な, 彼も, 彼女といふ, 御行水, 御身の, 心ゆくほど, 心祝いが, 心祝いの, 忍びの, 快うやすまれる, 思ひ止まり給, 恒ならず, 感激し, 懐の, 我と倶, 我らの, 戸を, 折あしく, 拙者の, 摧けて, 新嘗, 新月が, 既に京極丹後守, 旧暦の, 早う眠る, 早くから机, 明かりの, 明るく輝き, 昔たえはてし, 昨夜と, 是非にも, 晴れし小倉山, 暖かで, 更けたから, 最後と, 月だ, 月の, 月冴えたれ, 月夜である, 月明か, 朝まで, 杖を, 来たり, 松の, 松葉の, 柏原の, 梅花は, 楽しそう, 樂劇の, 次から, 歌留多の, 歡樂に, 此処に, 武者修業の, 殊に三藏, 江戸剣者一同の, 江戸名物の, 泊めて, 泊るの, 波が, 浅草方面から, 清し蒼海, 湖西の, 満月の, 激しき音, 火は, 灯が, 烈しく犬, 特に薄暗く, 特別を, 珍らしく, 生かして, 由布岳の, 白しふけ, 相当に, 知盛の, 神田川へ, 稍, 空の, 笠も, 精養軒で, 紅を, 紫の, 絶えて, 肌の, 自分が, 至れり盡せり, 興ある, 芝蘭の, 若殿に, 藤の, 虫は, 蚊も, 蛍と, 蟹の, 見えた, 計らずも, 許せ, 誠心院に, 誰も, 警めなし, 趣が, 路ばた, 躍る心, 身共も, 連れの, 過ぐる夜, 遠慮いたしませぬ, 酒あり, 酩酊の, 重いもの, 野宿する, 金輪際逃がさぬ, 降りそう, 陰暦の, 陰暦七月十五夜だ, 陰暦七月十五夜なり, 陰暦十三夜深, 静かな, 静に, 非常に, 頬が, 風なく, 飲べ, 飲まむほととぎす明けむあしたは鳴き, 鳥渡暇を, 鳳仙閣で, 黄金丸を

▼ 今宵~ (265, 20.2%)

13 うちに 5 ような, 月は 4 ことは, 月に 3 あなた, 中に, 内に

2 [20件] あなたの, あるじ, ところは, ラヂオお, 塒を, 宿が, 宿を, 影見れ, 月の, 月下氷人を, 物語を, 祝賀の, 祭に, 祭典の, 私の, 空の, 話が, 闇の, 雪の, 雲は

1 [185件] あんない, うちが, うちにでも, うちにも, おいでを, おもふこ, お宿, お寺は, お手柄, お招き, お身, こころ躍る, ことを, この二人, この危うい, この庭, この言葉, ごとく戦, ごとし, ご発向, ご酒, さわぎには, とまりは, ひとりは, ぴか一才色兼ね備わっ, まどゐ, ものである, やうな, やすらかな, 一戦に, 一曲なり, 一条を, 一番の, 上に, 不思議な, 中には, 中心人物な, 主賓に, 乱闘に, 乾雲の, 事を, 事彼の, 五更に, 京都の, 仕儀を, 仕業は, 伏刃も, 供に, 働きに, 働きを, 光息づき, 出来ごとを, 助太刀ついでに, 十二時に, 十五夜の, 即興を, 受用の, 句も, 句を, 名人は, 名月を, 土と, 場合は, 夢の, 夢はと, 大変に, 大空は, 天流辺, 天狗の, 失策の, 始末を, 婚礼などには, 婿がね此の, 客だつた, 客という, 客なる, 客の, 客を, 客人が, 宴を, 宴会の, 宴会も, 容子は, 宿です, 宿は, 宿も, 宿りにて, 宿りの, 宿居は, 密会を, 寒さ, 少年の, 当てに, 彼の, 御宴, 心, 心ぞ, 心の, 恋の, 悩みは, 慕を, 我れ, 我身や, 手裏剣に, 新婿, 新嫁, 方言, 旅の, 春の, 晴れた, 晴れの, 曲の, 最後の, 月が, 月を, 月夜は, 月景色を, 望月の, 本望を, 本陣は, 枝の, 栄三郎は, 桔梗の, 極楽と, 楽を, 様は, 様子には, 歡待が, 歡曾も, 氏神詣り, 気の, 泊りの, 泊場所と, 泊場所剣沢の, 淋しさ, 清き華, 無礼で, 無礼を, 特別な, 犯罪者は, 玄蕃には, 珍客なる, 用ひ, 目的物が, 祝宴に, 祝宴は, 神の, 私は, 空に, 空も, 策動を, 糧に, 縁女と, 肴に, 自分の, 船も, 良人射殺事件は, 艶や, 莟み, 蕎麦は, 虎徹は, 蚊のせ, 街を, 裏座敷の, 襲撃を, 襲撃者は, 観察を, 記憶が, 話の, 話手に, 誇りは, 諏訪栄三郎の, 逢瀬幾年の, 邂逅を, 酒宴が, 酒量は, 野営地であった, 野営地と, 銀座の, 間に合うので, 静けさの, 風呂に, 風流は, 食事は, 騒ぎを

▼ 今宵~ (103, 7.9%)

4 谷の 3 いたく更けぬ 2 一廻りと, 共にいまし, 闌けに

1 [90件] おなじ樣, お袖, かく罠目, この境内, この洞門, これで, これ程私, さっきから, しかるべき客筋, すでに燈, そのお, そのお気に入り, その通り, それが, そんなにぴんぴんし, だんらんの, ちょろちょろと, どうぞオースチン師, ふわふわと, またしか, またその, またポチ, また海, また苦しみ明, また行燈, まんじりとも, やがて夜明け, ブラブラと, 三人の, 亦何となく, 亦再び, 今宵湯島なる, 仕事する, 來ない, 例に, 例によって, 例の, 倉の, 兄上には, 先生方の, 八人の, 凛々しく美しく且つ, 同じところ, 呉羽之, 品切れ也, 学校に, 安らかな, 宿より, 将軍家慶は, 小野川に, 市長の, 帰りの, 常と, 幸福である, 廓の, 弥生が, 彼は, 彼女に, 忍んで, 恐らくは人間, 憶い出した, 我慢しきれなく, 新撰組の, 早く戸, 明るい月, 星は, 暑いぞと, 月明かに, 此處に, 武蔵は, 歸り, 消ゆる, 涼しいので, 涼みの, 無理無体に, 紋也は, 素晴らしい月光, 美しかった, 花の, 蜜柑や, 衣川柳太郎は, 見えられてか, 迎える駕籠, 過ぎて, 酒宴が, 野面を, 隈なき, 集って, 雪に, 青玉色の

▼ 今宵~ (35, 2.7%)

9 限って 2 始まったこと, 限ったこと, 限っては, 限つては

1 [18件] かぎり少々どうか, さいわいあれ, すべし不思議, なりとみめよき, なりました, なれり, なれり天の河, はじまったこと, 泣きたま, 至って, 迫る二百両, 迫る仇打, 迫る十三両, 限った事, 限つて妙に, 限つて少し, 限つて温かい, 限つて滝は

▼ 今宵~ (30, 2.3%)

2 のがして, 仕舞へば, 期限の, 限りに

1 [22件] いかに送るなら, すごせ, どこかで, はじめた二人, またとない機会, 二人で, 埋む千重, 幸い橋下, 待たず君, 待って, 待てり, 暗示した, 最後と, 終であれ, 話し明かそうと, 送る, 過ぎては, 過ごさず能登守, 過ごさで書, 過ごすは, 限りで, 限り餘所

▼ 今宵こそ~ (18, 1.4%)

1 [18件] この甚太郎, しめやかに, はとて, まこと上首尾に, 世界の, 初めて自分, 千浪の, 大事なれ, 容赦致さぬ, 尋常に, 屈竟なれ, 幸衛門にも, 御恩, 慾望を, 有無を, 源次郎を, 遁れぬ, 雪生き

▼ 今宵一夜~ (16, 1.2%)

2 を, を十分

1 [12件] おあずかり, が名残り, だけお, だけは保つ, といえ, のため, の宿, の戦場, は, は空虚, を世, を共に

▼ 今宵~ (15, 1.1%)

5 始めて 1 うちに, はじめてか, 初めてだった, 初めてであります, 初めてでございます, 初対面と, 当分の, 最後の, 終つた, 色酒の

▼ 今宵この~ (15, 1.1%)

1 [15件] 丸薬を, 刻まで, 地に, 場合は, 場限りの, 女子を, 婆さんの, 山の, 月の, 異体の, 真夏の, 者に, 荒れ寺, 通り前, 館に

▼ 今宵こそは~ (11, 0.8%)

2 お前に, 左膳どのも 1 ともかくも, もう遁, ゆっくりと, 一層心, 一騎がけ必ず, 兄弟の, 手控へ

▼ 今宵ばかりは~ (10, 0.8%)

2 さすがに 1 お見え, よくよくこらえかねた, キャッと前, 不都合な, 別人です, 庇いだて, 闇夜の, 闘争刃傷一切無用に

▼ 今宵限り~ (10, 0.8%)

2 の命 1 この打, じゃ, であろう, なりと思へ, に姿, の参会, 擦り合せて, 立って

▼ 今宵にも~ (9, 0.7%)

1 お上より, どこぞへ, またどこ, 出陣せね, 命が, 大事が, 御領主, 洞窟の, 米沢表へ

▼ 今宵から~ (8, 0.6%)

1 でも, またみなさん気, 三名の, 二十一日の, 天下晴れ, 夫人の, 始まって, 舐めようと

▼ 今宵また~ (8, 0.6%)

1 あの酒壺, かなたに, その通り, ゆく都川, 寝な, 桜を, 熱は, 相見

▼ 今宵かぎり~ (7, 0.5%)

1 お別れ, この国, どうしても帰る, に売れ残った, の名, の江戸, 潔よく

▼ 今宵からは~ (5, 0.4%)

2 最愛の 1 木下殿の, 木曾川へ, 若年の

▼ 今宵だけは~ (5, 0.4%)

1 このまま, せめて寮, どうか湯, どうしてもその, ピタリと

▼ 今宵~ (5, 0.4%)

1 云ふ, 人の, 夜の, 明日との, 言って

▼ 今宵という~ (5, 0.4%)

1 今宵はじめて, 今宵ばかりは, 日が, 日に, 時に

▼ 今宵はじめて~ (5, 0.4%)

1 名玉の, 天と, 字を, 憐れに, 荷を

▼ 今宵もか~ (5, 0.4%)

5 殿の

▼ 今宵~ (5, 0.4%)

1 に向, は, はいよよ, 照る戀, 白し

▼ 今宵~ (5, 0.4%)

1 のパイプ, の命はか, の心, を招いた, を訛

▼ 今宵あたり~ (4, 0.3%)

1 は久良, は彼, は頂上, も出るだらう

▼ 今宵ここ~ (4, 0.3%)

1 で伊賀, で源三郎, に来りし, へ来い

▼ 今宵その~ (4, 0.3%)

1 折の, 秘密の, 籠を, 青き光

▼ 今宵晴れ~ (4, 0.3%)

3 を待つべき 1 て雲

▼ 今宵此処~ (4, 0.3%)

1 にて邂逅はん, には来た, に罠, に集りました

▼ 今宵~ (3, 0.2%)

1 ひたいと, ひみし嬉し, ふぎて

▼ 今宵~ (3, 0.2%)

1 使番の, 借りせねば, 身が

▼ 今宵しも~ (3, 0.2%)

1 上野鶯渓なる, 彼の, 思ひあがりつ

▼ 今宵はも~ (3, 0.2%)

2 何の 1 三五十五夜照る

▼ 今宵ばかりの~ (3, 0.2%)

1 命とも, 月も, 露けさ

▼ 今宵ひと夜~ (3, 0.2%)

1 この庭先, しかこの, のお

▼ 今宵ほど~ (3, 0.2%)

1 人間という, 得意な, 酒の

▼ 今宵初めて~ (3, 0.2%)

1 この宿舎, 中田博士を, 望む所

▼ 今宵~ (3, 0.2%)

1 にしのび入る, をきめまし, をこめ

▼ 今宵忍ん~ (3, 0.2%)

1 でお前, で妹め, で来る

▼ 今宵死ん~ (3, 0.2%)

1 でしまふ, でも可, で悔いぬ

▼ 今宵~ (3, 0.2%)

1 が首, に超, の霊魂

▼ 今宵見れ~ (3, 0.2%)

3 ば如何にも

▼ 今宵限り原田~ (3, 0.2%)

2 へ歸ら 1 へ帰らぬ

▼ 今宵いち夜~ (2, 0.2%)

1 お廂, のご

▼ 今宵かぎり何~ (2, 0.2%)

2 うしても

▼ 今宵かな~ (2, 0.2%)

1 浦静かなる, 浦靜か

▼ 今宵かの~ (2, 0.2%)

1 家に, 広海屋

▼ 今宵こそと~ (2, 0.2%)

1 思い立った, 思ったから

▼ 今宵こそに~ (2, 0.2%)

2 ひまくらすれ

▼ 今宵こそはと~ (2, 0.2%)

1 いきまいて, 最後の

▼ 今宵これ~ (2, 0.2%)

1 にて打ち切り, へ参った

▼ 今宵すぐ~ (2, 0.2%)

1 にも獄内, 近くの

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 悟るわが身, 月に

▼ 今宵だけでも~ (2, 0.2%)

1 大みそかの, 拙者が

▼ 今宵とて~ (2, 0.2%)

2 又拝み申さぬ

▼ 今宵なら~ (2, 0.2%)

1 では世, む

▼ 今宵のみ~ (2, 0.2%)

1 相見, 空かな

▼ 今宵のみは~ (2, 0.2%)

1 万一の, 免し

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 幾世秋の, 指かがな

▼ 今宵よりは~ (2, 0.2%)

2 一時づゝの

▼ 今宵ランプ~ (2, 0.2%)

2 はポトホト

▼ 今宵切った~ (2, 0.2%)

1 あのふたり, この者たちふたり

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

2 の風

▼ 今宵受けた~ (2, 0.2%)

2 恥を

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 の, 去後

▼ 今宵喇叭~ (2, 0.2%)

2 吹きさしわ

▼ 今宵始め~ (2, 0.2%)

1 て聞いた, て見る

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 一同に, 隠居所を

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 に迫り来, れを

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 を探す, 降る東京

▼ 今宵死ぬ~ (2, 0.2%)

1 かも知れぬ, ことも

▼ 今宵生命~ (2, 0.2%)

2 の森

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 一の, 一番の

▼ 今宵約束~ (2, 0.2%)

2 も御座れ

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 ひませう, ふ人皆美くし

▼ 今宵限り關~ (2, 0.2%)

2 はなく

▼ 今宵~ (2, 0.2%)

1 あり涼しく, 寒く身

▼1* [221件]

今宵ああして, 今宵あれらの水びたしの, 今宵いち夜遊興して, 今宵いぶかしいことばかり, 今宵いま幾人の孤児, 今宵いる島井宗室の, 今宵おぼろげならぬ秋, 今宵おん身の來, 今宵すけき囁き, 今宵かぎりほかへ移す, 今宵かぎり俄かにここ, 今宵かなうらに, 今宵からいずくを, 今宵からのお筆, 今宵がくらい収めじゃと, 今宵くちづけの感激, 今宵ぐらいは早く奥, 今宵こうして, 今宵こちらへ参上, 今宵ことに月明らか, 今宵これから拙者が, 今宵こッそりと帰っ, 今宵へいく, 今宵さしかかったのが, 今宵さしぐむ月代の, 今宵さても有, 今宵さびしくさまよいます, 今宵六日の, 今宵しばらくは別, 今宵しら蓮色まどはず, 今宵じゃ明日に, 今宵ただいまこの門, 今宵たった今米友は, 今宵ぞ, 今宵だけでもと思って, 今宵だけをおくるため, 今宵ちと風流の, 今宵過ぎる娘時代, 今宵であることを, 今宵とぐろをまい, 今宵とともに死ぬるであろう, 今宵とは誰の, 今宵ともなりがちだ, 今宵どんな品を, 今宵などはお小夜, 今宵なればと人々心, 今宵にはかぎらぬあす, 今宵によるの月, 今宵ねむらなければ三夜, 今宵のねむりあたたかくこそ, 今宵はたして安らかに, 今宵はるかに照, 今宵ばかりでない, 今宵ひどくつかないケタ, 今宵ふたたび冥々の, 今宵どけき月天子, 今宵まくら神にゆ, 今宵まさに丹波の, 今宵まで月ゆゑ惜しく, 今宵めずらしくこの家, 今宵やは同じ雲居, 今宵より修法を, 今宵わが身の果てん, 今宵わしを誘うた, 今宵アチャコトニー谷と共に再び, 今宵カンテラを点し, 今宵ソ連兵たちが大盤, 今宵チャンウーの店, 今宵チュウリンの街, 今宵ニューカルトンの仮装舞踏会, 今宵いと寒き, 今宵一族をつれ, 今宵一晩いずこの, 今宵丁度汽船が, 今宵七夕まつりに敢えて, 今宵七松園の縁日, 今宵三人の犠牲者, 今宵九ツに館, 今宵二つの極端, 今宵云々と書い, 今宵五千騎をおかし下さい, 今宵亡き良人も, 今宵人手にかかっ, 今宵他郷で久しぶり, 今宵伊豆守の邸, 今宵伏見へ取り懸け, 今宵会わなければ軽井沢, 今宵の安んずる, 今宵のご, 今宵催すのである, 今宵の秋, 今宵兵馬は思いきっ, 今宵再びこの禍, 今宵冷ゆべみ, 今宵て来た, 今宵出帆する予定, 今宵切めては妻戸, 今宵匹夫下郎の手, 今宵参っても苦しく, 今宵参った甲斐が, 今宵古き都の, 今宵同じ手ぐちで, 今宵は残り, 今宵名月の光, 今宵吾一人の少女, 今宵呆然歓喜に酔っ, 今宵図らずも殿たち二匹, 今宵図書館を出る, 今宵ばかりだに雲, 今宵壮烈な夜襲, 今宵外出します, 今宵はふけ, 今宵大方こっ家, 今宵大納言師道卿の屋形, 今宵が旧友, 今宵のひけ, 今宵女中共の慰み, 今宵如何に成り, 今宵妖怪を退治, 今宵の霊, 今宵入る筈, 今宵宿らんもチユウゲン, 今宵の縁側, 今宵の手, 今宵帰していつ, 今宵帰り着くと夜中, 今宵弁慶堀で仇討, 今宵の洞, 今宵彼女は文机, 今宵彼方より帰次第, 今宵の月, 今宵忍ぶは, 今宵志賀の山越え, 今宵忽漫報新晴, 今宵思ふことなき, 今宵思へば変る, 今宵成就いたした, 今宵我が家に持ち行き, 今宵入って, 今宵招かんため今朝より, 今宵支倉事件を心行く, 今宵斬れば明日, 今宵新手村の上空, 今宵日曜日の夜, 今宵明けても秋, 今宵春子さんはどんな, 今宵月明に乗じ, 今宵木の葉がそよぐ, 今宵本宅の嫁, 今宵ていた, 今宵との, 今宵のよう, 今宵つかまつる御, 今宵哭君, 今宵此地に集れる, 今宵武蔵もここ, 今宵ぬる命, 今宵死んだムルタックからも, 今宵江漢が押し, 今宵汽車にて渡りけり, 今宵浦戸にとまる, 今宵深川へお, 今宵深更結城の城下はずれ, 今宵湯島なる人目, 今宵煙術師のお, 今宵に奴国, 今宵を破った, 今宵も拾はん渚, 今宵らしく獨, 今宵へわたった, 今宵白紙の一軸, 今宵には不可能, 今宵破牢のあった, 今宵碁敵の隠居, 今宵祈って一目, 今宵私たちは私たち, 今宵自分といふ, 今宵の月, 今宵空色の衣, 今宵なく御, 今宵糸子を迎え, 今宵紅子は彼女, 今宵綴じ紙についてもいっ, 今宵考えてみれ, 今宵背戸の畑, 今宵芝居が閉, 今宵若杉さんの前, 今宵英一が行つて, 今宵荒々しい闘牛士の, 今宵きくうす, 今宵行うた眞間の, 今宵覚えて屋, 今宵討死せば, 今宵がある, 今宵誕辰の祝宴, 今宵誘おうとする, 今宵語り明して, 今宵講釈のあれ, 今宵舟ヲ, 今宵辻斬天狗が大, 今宵逗留せよと, 今宵逢い申したな, 今宵逸見家を襲った, 今宵適カツフヱーノ女給仕人ノ中, 今宵銀燭を列ねし, 今宵門並に燃す, 今宵の朧, 今宵限り南島の情緒, 今宵限り和尚様ともお目にかかる, 今宵限り国府未亡人の古い, 今宵限り浪人したの, 今宵限り関はなく, 今宵を引く, 今宵集まった人達に, 今宵降らん, 今宵の夜, 今宵に湿った, 今宵飲んで知った, 今宵首尾よく本懐, 今宵高倉さまのお通夜, 今宵高田に娶す