青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇 仇~ ~今 今~ 今さら~
今に~
今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~ 今宵~ 今年~ ~今度 今度~ 今後~ ~今日

「今に~」 1452, 16ppm, 7187位

▼ 今に~ (139, 9.6%)

16 つて見る 15 つては 13 つて考へ 7 つても 6 つて考へる 3 つて思へ, つて私は, つて見れ 2 つて, つてそんな, つてた, つて考へれ

1 [65件] つてあ, つてうつかり, つてお母さんと, つてか, つてこんな, つてさう, つてそなた, つてだんだん, つてつく, つてどう, つてよさう, つて一刻前と, つて一時に, つて一番これは, つて不思議でならん, つて両親や, つて事情が, つて云ふたかて, つて人が, つて俺達が, つて僕が, つて僕に, つて僕は, つて公平に, つて冷静に, つて出さなかつたら, つて判つた, つて卑怯です, つて口惜しく, つて吃驚する, つて君等は, つて囘顧し, つて回想る, つて増税案を, つて少う, つて引きあげた, つて役者が, つて後悔しました, つて思つ, つて思ひ当る, つて思ひ返す, つて急いだ, つて想像する, つて披い, つて断る, つて斯んな, つて気がついた, つて理由が, つて田舍にかへ, つて疑ひ, つて直木氏の, つて突然, つて筍は, つて考え, つて考える, つて考げえて, つて考へます, つて自分の, つて自分を, つて自分自身の, つて詩人を, つて足が, つて遅々なす, つて顧みます, ッて

▼ 今にその~ (36, 2.5%)

1 [36件] お咎め, ことを, 一言一句を, 人が, 人達の, 例が, 価値を, 古趾, 名が, 名こそ, 名前を, 堂宇を, 大じゃが, 子供が, 子細は, 実名を, 家に, 家の, 悪魔に, 手拭が, 手紙を, 株が, 業を, 樹が, 浪江という, 火の粉の, 玩具の, 男が, 第三期, 罰で, 証拠を, 詳を, 趾あり, 辺の, 非を, 颯爽たる

▼ 今に~ (34, 2.3%)

2 かにひどい, か掴ん, をする

1 [28件] か, かが素敵, かの役, かはじまる, かやっ, かやってくる, かやる, か一言, か事, か云っ, か別, か呶, か恐し, か捕える, か書きます, か言っ, か起り, でもはあ, でも出来る, にもならぬ, の係り, の型, の大名, の消息, もかも持っ, もかも片, も彼, をいい出し

▼ 今になつ~ (32, 2.2%)

7 てみる 4 て初めて 2 てそれ, て僕, て始め

1 [15件] たらすつかり忘れて, てそんなに, てたいへん, てふり, てみれ, てやう, てわたし, て仙さん, て何, て何故, て又, て彼等, て思い出し, て我々, て私

▼ 今にあの~ (25, 1.7%)

3 方は 2 人と

1 [20件] ような, 卿は, 子は, 山の, 機械に, 父親が, 男の子が, 男も, 穴の, 窓から, 竹藪もなあ, 絶壁の, 船は, 船頭を, 若者が, 賭けで, 阿古屋の, 青い職工服, 音楽堂の, 鶏も

▼ 今にきっと~ (24, 1.7%)

1 [24件] お内儀さん, お前の, お腹が, この島, そなた, みるよう, チチコフに, 一身代造る, 云いたくなるわよ, 兄上に, 兵馬の, 巧く, 帰って, 後悔する, 怒り出すの, 思いしらせて, 恭一よりも, 晴れるよと, 来やしないかなと, 来ると, 源十郎が, 爆発点に, 私たち二人追放の, 興奮が

▼ 今にこの~ (24, 1.7%)

1 [24件] おじさんが, しかえし, ランプの, 世の中に, 仲間が, 国の, 坑の, 大蔵の, 夫が, 小説の, 年齢で, 店を, 式の, 方面の, 日本の, 気に, 池の, 浴衣の, 男が, 社の, 継ぎ棹世に, 縄を, 薬を, 鶏も

▼ 今に~ (22, 1.5%)

1 [22件] があの, がへま, が先代桂三木助氏, が呼吸, が宜, が家, が本当に, が此, が身うけ, の人, の宅, の手, の番, はこの, はその, はそれ, は出世, は往来, は益, もあんな, も行きます, も高い

▼ 今に~ (18, 1.2%)

4 て尚 2 て伯

1 [12件] てなつかしまざる, ては合戦, ては漸く, ても明らか, ても昔, てわれ, てわれわれ, てナポレオン, て兵戈, て悔, て誰, て足下

▼ 今になっ~ (16, 1.1%)

2 て私, て見れ

1 [12件] てあたり, ても多く, ても陰口, てアリョーシャ, て一寸, て少し, て思いみ, て思う, て悔い, て白状, て矢代, て言っ

▼ 今に~ (15, 1.0%)

2 判りに

1 [13件] 会いに, 俊ちゃん達も, 出來に, 分りに, 命にも, 宅の, 尻まで, 正午に, 父さまが, 父様が, 登和嬢の, 米の, 菰に

▼ 今に至る~ (14, 1.0%)

1 [14件] までこれ, まで人々, まで凡て了知, まで大, まで幾年經たる, まで成敗, まで曾, まで此等, まで精神, まで絶えず, まで言い伝えられ, まで野辺, まで関東諸国, 迄号

▼ 今にあなた~ (12, 0.8%)

3 が良く 1 のお, のため, の体, はひどい, はわたし, は私, は身体一つ, も誘惑, も負けない

▼ 今にそれ~ (11, 0.8%)

1 [11件] がやって来る, が伝えられ, が分る, が本当, が見える, が起るだろう, よりはまし, を姉, を英国海軍, を覚え, を顕微鏡

▼ 今にまた~ (11, 0.8%)

2 何か 1 あの犬, ぼくらに, 例の, 強慾な, 御馳走が, 新しい報告, 新しくお, 由井正雪み, 謀反の

▼ 今にここ~ (10, 0.7%)

2 を通る 1 からはこびだされれ, が完成, へ妙, へ来, へ来る, へ火星兵団, へ連れ, を通るだろう

▼ 今になお~ (10, 0.7%)

1 あまべの, その卵, その被害, 世間から, 彼岸と, 懺悔した, 来り人, 盆彼岸の, 述作し, 通用する

▼ 今に~ (10, 0.7%)

1 がそこ, が家, にきかせる, に返す, に金儲け, のあと, はきっと, はそれ, も知識, をびっくり

▼ 今にどう~ (9, 0.6%)

3 するか 2 なるか 1 なること, なるであろうかと, なるでしょうあの, にでもなる

▼ 今にどこ~ (9, 0.6%)

1 かいい, かで小さな, かで突き, かの海岸, からかここ, からか出, からか現われ, からか里虹, の国

▼ 今に自分~ (9, 0.6%)

1 が有名, で自分, の名, の着物位縫, はなつかしい, はもっと, は出世, は忘れず, も叩きのめされ

▼ 今に~ (9, 0.6%)

1 か, かが狐, かこの大きな, かに持っ, か来る, か来るだろう, の処, も気が付かぬ, も話す

▼ 今に~ (8, 0.6%)

1 が出世, が考え, だって適当, の処, の詩, は大いに, も何とか, を呼び棄て

▼ 今にみんな~ (7, 0.5%)

2 殺して 1 おそろしいたたり, をやっつけ, 執り殺されて, 好くし, 殺されて

▼ 今に~ (7, 0.5%)

1 が共, が分らせ, が展覧会, が死んだら, の笑っ, は皆, も成長

▼ 今に始まつた~ (7, 0.5%)

3 ことで 2 ことぢや 1 ことでなく, 事でない

▼ 今に~ (7, 0.5%)

2 客さんが, 結婚でも 1 命にもか, 嫁に, 帰り

▼ 今におれ~ (6, 0.4%)

1 がたたき殺し, が襟, が貧乏, の拳固, の真価, の知恵

▼ 今にお前~ (6, 0.4%)

1 だつて, にも分る, の前, の宅, は自分, を殺し

▼ 今にきつ~ (6, 0.4%)

1 とえらく, とこの, と人類全体, と偉い, と利息, と悪魔

▼ 今にそんな~ (6, 0.4%)

1 事が, 事も, 国に, 子供らしい, 狭いとこ, 目に

▼ 今にどんな~ (6, 0.4%)

2 ことを 1 おそろしいこと, ことが, ことに, 茸でも

▼ 今によく~ (6, 0.4%)

1 おわかり, なりませうよ, なる, なるだらう, なるに, 解る

▼ 今に~ (6, 0.4%)

1 いい犬, お午, なんかの, 何か, 帰つてくる, 機会も

▼ 今に日本~ (6, 0.4%)

1 がアメリカ, にこれ, の勢力, の総理大臣官邸, の言葉, の誇り

▼ 今に記憶~ (6, 0.4%)

4 して 1 する, に残っ

▼ 今に面白い~ (6, 0.4%)

2 ものが 1 事件が, 仕事が, 男に, 静物写真帖を

▼ 今にこれ~ (5, 0.3%)

1 がみんな世の中, だけの総量, でも珍しい, という, を差別

▼ 今に何とか~ (5, 0.3%)

1 いい出すやろ困らされるだけ, なるだろうから, なるでしょう, 先方から, 工夫する

▼ 今に彼女~ (5, 0.3%)

1 が来るだろう, が真面目, の眼, はきっと, は必ず

▼ 今に~ (5, 0.3%)

1 から火, がさめ, が覚める, につい, も開きます

▼ 今に良く~ (5, 0.3%)

3 なるだろうと 1 なるだろう, なるの

▼ 今にあれ~ (4, 0.3%)

1 がどんどん, が銭, で地球磁気, はえらい

▼ 今にえらい~ (4, 0.3%)

1 事に, 先生がたが, 勇士に, 目に

▼ 今にそこ~ (4, 0.3%)

1 からおくり, に勤め, へ出る, へ帰っ

▼ 今にだんだん~ (4, 0.3%)

1 と分かっ, わかります, イヤに, 大きな樹蔭

▼ 今になん~ (4, 0.3%)

1 のお, のご, の御沙汰, の沙汰

▼ 今に~ (4, 0.3%)

1 にといっ, にと待ちかまえ, にと思ひ, にの空恃

▼ 今に~ (4, 0.3%)

1 學の, 捕物が, 變な, 音楽家に

▼ 今に大きく~ (4, 0.3%)

1 なつて, なりますよ, なり性質, モトデを

▼ 今に大きな~ (4, 0.3%)

1 お魚, ことを, 年を, 波が

▼ 今に天下~ (4, 0.3%)

1 は文字どおり, は黄巾党, を取る, を縦横

▼ 今に~ (4, 0.3%)

2 泣かせの 1 のほう, の姿

▼ 今に始めぬ~ (4, 0.3%)

1 ことだ, ガラツ八の, 人心世は, 習ひとは

▼ 今にいたる~ (3, 0.2%)

1 あらゆる詩集, までなかなか, まで二百余年

▼ 今にこっち~ (3, 0.2%)

1 の方, へとびかかっ, まで飛ん

▼ 今になにか~ (3, 0.2%)

1 始まらねえとも, 御城中, 異変を

▼ 今に~ (3, 0.2%)

1 お前たちを, 君達は, 警察の

▼ 今にひどい~ (3, 0.2%)

2 目に 1 暴風雨が

▼ 今にまだ~ (3, 0.2%)

1 様子が, 法廷から, 耶蘇教とか

▼ 今にもう~ (3, 0.2%)

1 何でも, 僕らは, 落ちる

▼ 今にわし~ (3, 0.2%)

1 の毬, の言った, を尋ね

▼ 今に仕事~ (3, 0.2%)

3 をする

▼ 今に何事~ (3, 0.2%)

1 かなけれ, か出来, か起る

▼ 今に多く~ (3, 0.2%)

1 伝えて, 伝へて, 殖えず鵲

▼ 今に好い~ (3, 0.2%)

1 役者に, 様に, 物を

▼ 今に~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 今に必ず~ (3, 0.2%)

1 尋ねだして, 盛り返すなんて, 解らうと

▼ 今に旧態~ (3, 0.2%)

3 を易

▼ 今に東京~ (3, 0.2%)

1 が好き, で見かける, へ現れ

▼ 今に此方~ (3, 0.2%)

2 が貧乏 1 へ来る

▼ 今に段々~ (3, 0.2%)

1 とお, 取る歳, 恐怖を

▼ 今に~ (3, 0.2%)

1 で出かけよう, にきけ, をびっくり

▼ 今に~ (3, 0.2%)

1 にもの見せ, に物, に附き

▼ 今に直ぐ~ (3, 0.2%)

2 判ります 1 分る事

▼ 今に至って~ (3, 0.2%)

1 その後裔, その身, 居るの

▼ 今に至つて~ (3, 0.2%)

1 は猶, 全く気が付かず, 猶熄

▼ 今に~ (3, 0.2%)

1 の上, の中, を金槌

▼ 今にあいつ~ (2, 0.1%)

1 も思い上がっ, を尻目

▼ 今にあべこべ~ (2, 0.1%)

1 にわれわれ, に敵

▼ 今にいらっしゃる~ (2, 0.1%)

1 わよ, んでしょう

▼ 今においら~ (2, 0.1%)

1 があれ, の世

▼ 今におもしろい~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことに

▼ 今にお侠~ (2, 0.1%)

2 の本性

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 はらぬ, はらぬと

▼ 今にこちら~ (2, 0.1%)

1 のお婆さん, を向く

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 うなる, うなるよ

▼ 今にすぐ~ (2, 0.1%)

1 お父さんです, わかりますよ

▼ 今になつてこ~ (2, 0.1%)

1 の營業, の絵葉書

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 ことです, たれ死にだ

▼ 今にびっくり~ (2, 0.1%)

1 さして, させられるから

▼ 今によい~ (2, 0.1%)

1 ことが, 智識に

▼ 今にアメリカ~ (2, 0.1%)

1 のよう, の少女

▼ 今にサンタクロース~ (2, 0.1%)

2 の爺さん

▼ 今に二人~ (2, 0.1%)

2 で巴里

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が來, の宅

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 をとつ, を討っ

▼ 今に伯母さん~ (2, 0.1%)

1 が, や祖母さん

▼ 今に何処~ (2, 0.1%)

1 かへ消えちまう, へか持っ

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 るだらうと, るべきめつき

▼ 今に保存~ (2, 0.1%)

1 して, し貰

▼ 今に保守~ (2, 0.1%)

2 の論

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 はらぬさ, へて居る

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が御, の拳

▼ 今に其の~ (2, 0.1%)

1 墓は, 怪物の

▼ 今に出世~ (2, 0.1%)

1 して, をするだろう

▼ 今に到つ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て忘れない

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 スワの, 儀旧法を

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が明け, が明けたら

▼ 今に大変~ (2, 0.1%)

2 なこと

▼ 今に~ (2, 0.1%)

2 ったこと

▼ 今に始ま~ (2, 0.1%)

1 つた事ぢや, ッたこッちゃ

▼ 今に子供~ (2, 0.1%)

1 でも出来る, の欲しい

▼ 今に~ (2, 0.1%)

2 が結

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 この頃め, 俤の

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が大, が送り出し

▼ 今に帰つて~ (2, 0.1%)

1 来ますよ, 来るだらうと

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 に呑まれ, をひそめるだらう

▼ 今に役者~ (2, 0.1%)

1 がえらく, が入っ

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 の口, の名

▼ 今に彼ら~ (2, 0.1%)

1 は艇, をはなはだしく

▼ 今に征服~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 今に後悔~ (2, 0.1%)

1 しますぜ, するな

▼ 今に御覧~ (2, 0.1%)

2 なさい

▼ 今に~ (2, 0.1%)

2 も帰っ

▼ 今に怖い~ (2, 0.1%)

1 兄さんが, 夢を

▼ 今に戦争~ (2, 0.1%)

2 がはじまる

▼ 今に新た~ (2, 0.1%)

1 なるを, な思い

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が来たら話すだろう, が来れ

▼ 今に本物~ (2, 0.1%)

1 があらわれる, が出ます

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 な身, になります

▼ 今に母さん~ (2, 0.1%)

1 が好い, が来る

▼ 今に生活~ (2, 0.1%)

1 するよう, をよく

▼ 今に療治~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 ったらもう, るだろうって

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 なら夫, 帰つて入らつ

▼ 今に私共~ (2, 0.1%)

1 はこの, は種子

▼ 今に立派~ (2, 0.1%)

1 な旦那, のお方

▼ 今に結婚~ (2, 0.1%)

1 するかも, を申込む

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 が当る, が当るだろう

▼ 今に自然~ (2, 0.1%)

1 おさとり, お分り

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 て始め, て考へ

▼ 今に舊態~ (2, 0.1%)

2 を易

▼ 今に~ (2, 0.1%)

2 のてい大凡

▼ 今に野原いちめん銀色~ (2, 0.1%)

2 にやって来ます

▼ 今に銀行~ (2, 0.1%)

2 が建ちましょう

▼ 今に長い~ (2, 0.1%)

2 目で

▼ 今に閣下~ (2, 0.1%)

2 にも御

▼ 今に降参~ (2, 0.1%)

1 するだけ, する丈

▼ 今に~ (2, 0.1%)

1 になつ, になる

▼1* [568件]

今にけちが, 今にあいつ奴きっと碌, 今にあたしが奴等, 今にあたしたちがほんとに, 今にあたし譲治さんより高く, 今にあつちの焼鍋の, 今にあらゆる女の, 今にありと云っ, 今にあんたとこの, 今にあん通りになる, 今にいかがはし, 今にいくらでも入用, 今にいずれかへ祭場, 今にいろいろな事, 今にいろは四十八組もでき, 今にうちにつく, 今においでになる, 今におき絡み合いのある, 今におしみて, 今におしんも帰っ, 今におまえだって分っ, 今におまわりさんが助け, 今におもしれエ事, 今におもしろくなる, 今におやじも眼, 今にお上から男女同席御法度, 今にお前さんの敵, 今にお前たちは機械, 今にお嬢様のお, 今にお母さんより太つて, 今にお父さんがおかへり, 今にお礼をする, 今にお袋が帰ッ, 今にお釈迦様と云つて尊敬, 今にかいくれ知れませんよう, 今にかたきを取っ, 今にかならずその答え, 今にッと, 今にぐずぐずして, 今にこうして, 今にこうして君の, 今にこもきが来るであろう, 今にごらんなさい, 今にしっぽに鈴, 今にじき夜が明ける, 今にすっかりあきらかに, 今にすゞちやんが一人, 今にそこでいくつかの, 今にそれどころか私の, 今にたいへん不幸な, 今にたしかに記憶し, 今にたゆみもなく, 今に今におれ, 今にだれかたすけ, 今にだんだんだんだん色々な, 今についでのあった, 今につかまってしまう, 今につたふれば, 今につまらないことで, 今にとよ子さんも達者, 今にどうかなるたい, 今にどうして食べて, 今にどかっとまとまった金, 今にどっか好い所, 今にどっちからか動きだすだろう, 今にどの女でも, 今にどんなになるだろう, 今になにが起る, 今になほ十年の宿志, 今になほ原始の姿, 今になほ能は, 今になんだかおそろしいこと, 今になんとかしますが, 今になんとか判るだろう, 今になんともないから, 今になんにも祟りが, 今にはかに現, 今にはじめぬ事ながらと, 今にばか者がやって来, 今にひとりでに気が, 今にぶっくじいて, 今にぶつぶつと呪文, 今にほんとに真面目に, 今にほんまに中毒, 今にぼくの所, 今にみろ飛んでやる, 今にみんな村中の人, 今にみんな正体を見ぬい, 今にむかしの型, 今ににもの, 今にもう少し火山に関する, 今にもっと詳しいこと, 今に崩れなんと, 今にやがて息の根を, 今にやってきますよ, 今にやってくるぜ, 今にやはりこの生活, 今にゆくえが知れねえ, 今にわたしが林檎, 今にわれわれの仲間, 今にアッと云わせ, 今にアルプスの雪景, 今にアンナ二等賞を貰う, 今にウンと一つ, 今にエス樣がきつ, 今にエッタ法師だの小, 今にオレの子供, 今にキチガイになります, 今にキットわかるわよ, 今にキット犯人を探し出すでしょう, 今にギョッと云わせ, 今にクリスマスの飾りもみ, 今にコチコチの石頭, 今にゴムマリのよう, 今にセメントが値上り, 今にゼススさまマリヤさまのみもと, 今にデニー博士がコーヒー, 今にデングリ返しが始まります, 今にドイツとか米国, 今にググググ軍之, 今にハバネラが始まる, 今にハムーチャが来る, 今にバスに引かれる, 今にヒボシになつ, 今にピンシヤンして, 今にホエ面をかこう, 今にポツポツよんで, 今にポンプもこっち, 今にムネ・シユリイの此食卓, 今にメリケンヘ渡っ, 今にヤス子がくる, 今にヨーロッパのどこ, 今にラッパの圓太郎, 今にの人, 今に一人としてこれ, 今に一人此家へ尋ね, 今に一匹つかまえて, 今に一大事が持ち上る, 今に一年間幽閉されたるこの, 今に一日に数時間, 今に一頭の牛, 今に万力を養子, 今に丈夫で暮して, 今に三千人を越えるだろう, 今に三四人ばかりいり, 今に三谷の小, 今に上方の戦, 今に上方端唄として謡, 今に上杉神社に遺っ, 今に上等の運, 今に下人筋等と云っ, 今に下総の法恩寺中, 今に不可解な事件, 今に世の中がどんでん返し, 今に世界の方々, 今に世界的の流行, 今に中塗りのまま, 今に乃公の国, 今に久米さんも来, 今にれありと, 今に乱入して, 今に乱暴を始め出し, 今に二三の友だち, 今に二十年も経つ, 今に二見郷の三津村, 今に五万石を小出し, 今に五郎はんがターン, 今に五郎蔵の自由, 今に人々の心, 今に人間が進化, 今に仰山な鯛, 今に伝はつてるやう, 今に佐比持神という, 今にも埋まる, 今に何ごとかが起るだろう, 今に何もかも話して, 今に何んとか成るだらう, 今に依頼者がやってくる, 今に信州の管内, 今に信長はやられるだろう, 今に覆成らず, 今に修することゆかし, 今に偉い者に, 今に停年にでもなったら, 今に傳つてゐる, 今に僅かな比較, 今に兄君も常盤, 今に先生がお, 今に先生びっくりするぞ, 今に全滅の傷手, 今に八ツになる, 今に八瀬童子と呼ん, 今に六十になっ, 今に其不経済運動のタタリ, 今に其形を模, 今に其舌の根ッ子オ引ン, 今に内の人が帰ったら, 今に出入りしとるの, 今に出雲大社の傍, 今にまった事, 今に初めて知られた事, 今に初めてよくよく注意し, 今に判然と合点, 今につて忘るる, 今に劫羅を経, 今に動悸がする, 今に化け物が出るだろう, 今に十三人十三匹の人馬, 今に十二年目になる, 今に十分調ばって, 今に南東風になる, 今に厭世自殺するぜ, 今に参観の者尠, 今に及彼地よりし, 今に叔父さんが来る, 今に取りかへよう, 今にが利, 今に古老の伝, 今に各地に残存, 今に名所の称, 今にふへ, 今に向うの瓦小屋, 今に吠え面掻いて, 今にと云われぬ, 今には無かったろう, 今に和尚さんも自分, 今にえこと, 今に嘆称するの, 今に噴煙の頭, 今に四五月ごろの雷雨性, 今に四十になる, 今に回顧して, 今に団子坂から小菅, 今に土星も見え出す, 今にせり後, 今に地租の改正, 今に地震が決して, 今にがああ, 今にのなか, 今に堅気のお, 今に報告が来る, 今に増給のご, 今に夕立でも降る, 今に外国奉行でしょう, 今に多代子さんは兄さん, 今に夜光の短刀, 今に大きうな, 今に大したものに, 今に大寺の和尚, 今に大将にでもおなり, 今に大河君に叱られる, 今に大病になる, 今に大雨が降りゃ, 今に大風な口, 今にの定紋, 今に天子をも殺しかねない, 今に太子がお, 今に太郎のため, 今に奉公人が帰っ, 今に奥様が迎え, 今に奮発して, 今に女給が帰っ, 今に奴らは堅気, 今に奴等は思ひ当るだらう, 今に好きになり, 今に好くして, 今にの枕, 今に妻室と密会, 今に姉さんに御, 今に始つた事ではない, 今に始まりは致しません, 今に委員から二度と再び, 今に姿を現さぬ, 今に婚姻も禁じるであろう, 今にをみな, 今に存在して, 今に学校に行く, 今に家々の軒丈, 今に家産も蕩盡, 今に富五郎や安田一角, 今に寒くなります驚いて, 今に寒餅を搗かせます, 今に寿江子がここ, 今に小さいのが, 今に小学校の先生, 今に小次郎の訪れ, 今に屋敷を持っ, 今に屋根の何処, 今に屹度松埃がかかっ, 今に島じゅうが大, 今に巡査さんが來, 今に左甚五郎が出, 今に己達のゐる, 今に巴里へ行っ, 今に市会議員に出世, 今に帰つてくるだらう, 今に帰宅いたしませねば, 今に帽蛇にその, 今に幕の内に登る, 今に年數が經, 今に幾倍する摯実, 今に幾次郎が来る, 今に当方の用事, 今に役人が来, 今に彼地にては知る, 今に彼奴め来るに, 今にも忘, 今に御前に遣ろう, 今に復古して, 今に必ず何とかなるであろうが, 今に必要な時気, 今に忘れず老畸人, 今に忘れず覚えていた, 今に忘れないものの, 今に忘れられない楽しかった, 今に思いがけなくこの哀れ, 今に思う存分笑い転げられるぞと, 今に思出されます, 今にまざる, 今に悪事を重ねる, 今に悪名高い袴垂れ, 今に想像すること, 今に愉快でならぬの, 今に意識を返す, 今に成つちや何も, 今に成仏せぬやから, 今に我が腕一ツにて, 今に戯曲も書く, 今にが破れます, 今に手がかりがありません, 今に手掛りもございません, 今に掛り合いだよ, 今に右大将家をも, 今に文吉が帰っ, 今に斯んな風, 今につかずと, 今にが射さなくなる, 今に日の下開山横綱の許し, 今に日当が三四割がた, 今に日本一の女優さん, 今に日本人も素足, 今に日本人全体が東京人, 今に旦那が来る, 今に旦那さん持ったかて, 今に旧家として富, 今に明らかに残っ, 今に時刻が来れ, 今に時計屋の主人, 今に晋ちゃんご自分, 今にを出そう, 今にくなる, 今に暴落が来る, 今に最う一人此処へ, 今に最もよく喧伝され, 今にが出ます, 今に月代も剃らずいる, 今に有名になる, 今に望むのは, 今に未練の冒頭, 今に本当の力学的, 今に本当に確認される, 今に本社の宝物, 今に本陣も脇本陣, 今にになる, 今にの不思議, 今に村落都邑の場末, 今に松吉の悪心, 今に栄一が玩具, 今にに赤点, 今に根こそぎ貰い返して, 今に検査の医者, 今にの葉, 今に横綱の陣幕, 今に機長が話, 今に次兄が病院, 今に欧羅巴人同士血で血, 今に歌右衛門でも死ね, 今に此処に其の, 今に此城主に謁, 今に此家に血, 今に歩行もできる, 今になしに, 今に死なず一人は, 今に残って居る, 今に残り居りまするの, 今にしける池籠め, 今に殿様がお, 今にも御, 今に民衆の心, 今にが咎め, 今に気違ひに, 今にがつくだらう, 今に水瓶の中, 今に永遠の青年, 今にがため, 今に汝らも白髪, 今に江戸からの競い, 今に汽笛を鳴らし, 今に沢山残って, 今に法律で処置, 今に洗骨と称する, 今に活躍するよ, 今に浅草八軒寺町の東陽寺, 今にはひつくり返る, 今に浩一が帰っ, 今に浮浪民のこと, 今にの中, 今に消息が知れない, 今に涼しくなると, 今に清子の方, 今に渡りくる黒船縁が, 今に渡り来たる黒船, 今にが満ち, 今に火事があります, 今に火燵を拵え, 今に灯かげは外, 今にして, 今に照彦様にかかっ, 今にが迎え, 今にで暮し, 今ににでも税, 今に猴神に室女, 今に球磨郡の名, 今にくといふ, 今に生計もだ, 今に田原が來, 今にに見棄てられます, 今に番頭さんになった, 今に當つて何ぞ厚, 今に疑問にし, 今に病気になられる, 今に発熱したり, 今に百目蝋燭芯切る高座, 今に皆んなをアッ, 今に皆んな社会の男子, 今に皆別って来ます, 今にりたく無くなるよ, 今に盛大に営業, 今に目科が遣, 今に直に癒ります, 今に知れぬ甲賀世阿弥の, 今に石川淳あり, 今に砂糖時代は過ぎ, 今に硫黄の雨, 今に磔柱を背負, 今に神異と伝え居る, 今に神秘でも何でも, 今に神罰が下ろう, 今にの前後, 今に私たちの大嫌い, 今に私どもの生活, 今に私ゃそこに湧いてる, 今に私設大使にされ, 今に科学者がすべて, 今に穴ボコの中, 今に空地として存す, 今に空襲警報がなる, 今に突如とし, 今に竜神を氏, 今に継続して, 今に縁談がきまらない, 今にき得ば, 今に美留藻が俺, 今にに残っ, 今に聖帝と傳, 今にをならべられる, 今に胃弱になる, 今に背中の刺青, 今に脚本を書く書く, 今に腎臓が破裂, 今にが痛みだす, 今に自分たちもここ, 今に自殺の必要, 今に自由な身, 今に至つて予は忘却, 今に至つて微力その効, 今に至つて忘るる能はず, 今に至つて支那人は世界, 今に至つて甚悪筆なり, 今に至つて百数十年其の人, 今に至りしかも其教, 今に航空がもっともっと, 今に船乗りになっ, 今に良い清水を, 今にも彼奴, 今に若い娘つ, 今に英一が玩具, 今に莫迦を見る, 今に菅秀才になれます, 今に菊池は町会議員, 今に菜の花が咲いてる, 今に落ツこちらアな, 今に落着せぬ, 今に落語家も柳家, 今に薬さへさがしたら, 今に藤さんの話, 今に虹ヶ浜へつれ, 今にが鍵盤, 今に血路をひらい, 今に西洋でも武士道復興, 今に見やがれあの女, 今にてあげ, 今に証拠を見つけ, 今に詳しく申上げます, 今に認められるさ, 今に誘惑して, 今に読み始めるにはいい, 今に調べがあるだろう, 今に臣が, 今に謝恩の心, 今に豆腐の汁, 今に豪い者に, 今に貧乏人との恋, 今に貴いと思ふ, 今にでも始まり, 今に身代限りになり, 今に身延山に思恩閣, 今に近い徳川時代から, 今に迷惑するの, 今にる, 今に磔刑に, 今に通讀する機會, 今にが開け, 今に道夫さんにくわしく, 今に達者でボーイ達, 今に遺憾遣る方, 今に酷い目に, 今に重くなるよ, 今に重吉が井沢郡, 今に野良犬と一緒, 今に金持になつて, 今に鈴木春信一筆斎文調らの錦絵, 今に鏡花でも再, 今に長蔵さんが恰好, 今に関取が出, 今に父さんも, 今に降つてくる, 今に限つてはそれ, 今に陣太刀づくりのまま, 今に難儀すること, 今にがふる, 今にが降る, 今にっぽい薄闇, 今に青い物は, 今にの風格, 今に音信は無い, 今に須賀といふ, 今に額縁を一つ, 今にの上らない, 今にも出, 今にの時, 今に飲料水にも事欠くであろう, 今に飼主の手, 今にを取っ, 今にのよう, 今に馬盗人が知れた, 今に馬糞の道傍, 今に駒鳴峠の名, 今にでも参ったら, 今に骨ばなれがし, 今に高潮の力学的, 今に高田さんが来ます, 今に髣髴とし, 今にが出, 今に鬼筋などと呼ばれ, 今に黒眼が流れ, 今に鼻面をひきずりまわし, 今に龍宮からお