青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人足~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇
仇~
~今 今~ 今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~ 今宵~ 今年~

「仇~」 1715, 19ppm, 6190位

▼ 仇~ (423, 24.7%)

20 取って 19 討って 9 討つて 6 討たせて 5 するの, するもの, とって, 報ぜんと 4 して, 報いんとて, 討とうと 3 うって, するとて, 取つて, 打って, 討つこと, 返されて, 長崎で

2 [25件] されるの, するかも, する氣, する者, その御, なす, なすこと, むくいしもの, 加える事, 取つたやう, 取るには, 報いて, 報じて, 打たなければ, 打った話, 持つ身, 討たせん, 討たぬと, 討たんが, 討ちたいと, 討ちに, 討つつもり, 討つという, 討とうという, 返したいは

1 [266件] いたしましたそれでは, いたはる精神, いたわる精神, うけた当人, うければ, うたなくちゃ, うった, うったのみか, うつこと, うつため, うつつもり, うつ一事, え殺せず, かえさずには, こ, されるかも, される様, しそう, した, したとも, したの, したもの, したん, した族, してやろうかと, しは, しましょう, しやしまいかと, しようと, しよう腹, し三十年, する, するかという, するぞ, するため, するだろう, するっていう, するつもり, すると, するに, するばかりか, する二人, する怪塔王, する憂ひは, する松戸, する積り, そそぎ転じて, そのままに, その場, それも, たずねて, つけ狙ったそう, とった, とつたる, とつて, とらなくちゃ, とられる事, とるから, とること, とるつもり, とるよう, とれ, とれという, とろうと, どうする, なして, なし引着, なすとも, なす怪塔, なす憎むべき敵, なす結果, なす者, ねらうわけ, ほろぼして, まんまととつ, むくいし頃, むくいよ, むくいようと, もって, わが子孫, ビールで, ユダヤ人に, 一人に, 不倶戴天と, 不遜の, 今年の, 以下の, 伏しき, 刺して, 刺そうと, 加えたり, 取った, 取ったという, 取った後, 取らうと, 取らなければ, 取られた, 取られるん, 取り残したほどに, 取るため, 取るん, 取ろうと, 取ッ, 受けるじゃ, 受けるぢゃ, 叩き斬って, 君と, 呪い殺そうと, 報いずに, 報いたいと, 報いたの, 報いたま, 報いますよう, 報いまつらむ, 報いようと, 報いられて, 報いんため己, 報いんと, 報いんとも, 報い本意, 報い罪, 報う前, 報じその, 報じようでは, 報じるという, 報じる大, 報ずなれ, 報ずること, 報ずるため, 報ずるにも, 報ずるよう, 報ぜずには, 報ぜぬうち, 報ぜよ, 報ふべく, 報ゆ, 報ゆれ, 報わん為め, 報ゐ, 夢と, 大法官, 尋ねる者, 尋ね探して, 庇うか, 庇われて, 復される時, 復さんとの, 復したが, 復すは, 復す事, 復そうとて, 徳で, 思い知らして, 情の, 愛し, 愛し汝ら, 憎むの念, 我に, 手に, 打たれた気, 打たんが, 打ちたくならせるよう, 打ったけなげ, 打ったの, 打つと, 打つところ, 打つなどと, 打つの, 打とうという, 持って, 持つ人, 探して, 探し廻って, 撃ち, 斬るならば, 晴らすの, 最も皮肉, 果たさん隙, 殺すこと, 水の, 求める一念, 狙って, 皆滅し, 石で, 突然この, 致します奸人共, 見ず, 見乍ら, 見出すこと, 見目前, 見遁, 覓め虎の, 視ながら, 討たして, 討たずには, 討たせようと, 討たないで, 討たなければ, 討たぬ中, 討たねば, 討たれたか, 討たれて, 討たれ候廉, 討たんずもの, 討たんでは, 討たんとして, 討ちたいという, 討ちたくないか, 討ちたさ, 討ちため, 討ちぶっ切るべ, 討ちました, 討ちましたお話, 討ちましたが, 討ちました所, 討ちまして, 討ちますからね, 討ちますのに, 討ち主人, 討ち屍體, 討ち度, 討ち果す, 討ち終, 討ち過ぎた, 討った, 討ったと, 討ったの, 討ったのち, 討ったもの, 討ったよう, 討ったる後, 討った功労者, 討った妹, 討った忠義, 討った積り, 討つ, 討つかの, 討つたに, 討つたの, 討つため, 討つた吉之助, 討つた孝心, 討つと, 討つなぞ, 討つなら魏, 討つの, 討つ心算, 討つ氣, 討つ身, 討てと, 討とうが, 討とうて, 討とうとして, 討果すべき者也, 討遂せ, 誘ひけるかな, 返さなければ, 返して, 返してたべ, 返しに, 返せない者, 返せり, 返そうと, 避けるため, 酬いて, 重ねたる關東武士

▼ 仇~ (138, 8.0%)

17 ように 4 名を 3 家へ

2 [12件] ありかは, ゆくえを, ような, 一味じゃ, 前にでも, 吉野の, 味方に, 子なりとも, 家に, 結婚式で, 血を, 頭巾を

1 [90件] あとを, あの白覆面, ある人間, いるこの, うちで, ことを, この連中, ごとく, ために, ところへ, と後日, ふしを, ぼくで, やうなる, やうに, ゆくえが, ようだ, わけを, 五味左門である, 亡骸を, 人形を, 何のと, 來らぬ, 僕を, 元兇であった, 冥土に, 冬子を, 南部奴に, 口から, 吉野に対する, 名たしか, 名など, 喉三寸に, 在所を, 報ぜられたる時, 大腿骨を, 奥様と, 女の, 如かり, 如くじっと, 如く与せられざりし悲し, 姿, 娘を, 子が, 家ぢや, 家の, 市郎に, 幾分を, 後ろ姿父母の, 恐ろしい報復, 意地張は, 手掛りが, 方を, 枕もとへ, 様に, 様子, 武蔵へ, 泥棒猟師の, 消息は, 為に, 片われ, 片割れ, 片割れいざ, 片割れで, 片破れ, 玄蕃は, 玄蕃も, 砦は, 碁会所の, 神崎が, 秀吉に, 罪業を, 肩を, 胎児の, 胸もとを, 行方の, 行方を, 誰である, 賛之, 身の, 輪廓だけを, 野郎が, 障壁を, 露国将校を, 面を, 首を, 首級を, 騒動なら, 騷動なら, 髑髏か

▼ 仇~ (104, 6.1%)

7 なって 4 ねらって 3 なった, なりて, 狙って 2 名乗って, 呪って, 思って, 覘って

1 [76件] いうと, いえなくも, いやあよん, しいわゆる, するか, すること, するも, せし可, つけ廻しその, つけ狙うのに, つけ狙う三つ, つけ狙う安成三五兵衛, なすやつ, なったよう, なったらしく矢張り女, なつた, なつて, ならむ, なりさんざん, なりました, なりますから, なり仲よく, なり助け, なり失望, なり無頼漢同様, なり腕, なるぞ, なるべきかの, なるよう, なる場合, なれるを, ねらッ, 一図に, 云うは, 云って, 仇が, 仇そこの, 信じて, 偽わり, 剣の, 叫びつつ, 名告, 君を, 呪い是, 味方の, 呼び合う者, 変わる世の中, 寝刃を, 思いつめるよう, 思うそ, 思う人間, 思わなくても, 思わば, 成ことを, 手の, 敵とが, 昔ながらに, 書いて, 来て, 狙いて, 狙うおぬし, 狙うも, 狙う眼, 狙け, 狙ふて, 狙われて, 申しますは, 睨まれた冬子, 知らず奉公, 知りながら, 稱する, 考えられないこと, 見える, 覘いおる, 覘う, 認めさせる位

▼ 仇~ (96, 5.6%)

6 して 5 なって 3 向き 2 なる, めぐり逢ったよう, 授け給

1 [76件] あべこべに, うばわれたこと, お浦め, こんな事, されて, したその, しては, しないよう, しや, しようと, すごすこと, すること, するっていう, するね, するは, するん, する外道, とられる, なさるると, なしそ, なったという, なったわ, なっちまいました, ならぬ程, なりすまして, なりそう, なりたくば, なりて, なりなん口惜し, なりやした, なるよう, なる短慮, ぴったり抱きつい, めぐり合ったよう, めぐり逢うとは, もさうは, 今では, 余所ながら, 使おうって, 出し抜かれて, 出会ったよう, 加担する, 向かうも, 報ゆる, 宿って, 巡り合う, 廻り逢った, 心得違いを, 怒るよりも, 思うか, 思って, 思っては, 思ほ, 思われたほど, 恋の, 憎むほどの, 成ると, 散らして, 暮して, 月日を, 生みづけられて, 田鴫山鳩如き, 相違ない, 私が, 立って, 繞り会いたくなる, 美しかつ, 聞き過して, 聞侍るべき, 致します, 苛めるの, 近寄る機会, 遇へる, 過ぎざりきただ, 過ぎし日, 過さなければ

▼ 仇~ (54, 3.1%)

2 きっと取っ, 両国, 仇恩は, 俺が, 討てるぞ

1 [44件] うって, きつと, こいつじゃ, この忠相, さくらなりけり, その家, ともかく首尾, ない筈, まだほか, キッと, 一人住居だ, 仇なんの, 何者か, 元の, 双方で, 取って, 取らない, 取り逃がしあ, 土にぞ, 報いずは, 報いないでは, 報ぜられた, 安ん, 尽きたり, 屹度と, 弱すぎる, 彼の, 必ず討つ, 惜しや, 我なり, 打ち得ずとも, 早や, 武蔵でもねえ, 死んでも, 秋川家に, 角川市郎であった, 討たれたの, 討てず亦, 討てませんよ, 討てんから, 誰だ, 返さにゃ, 関矢一郎の, 鳥居甲斐守様だ

▼ 仇~ (36, 2.1%)

4 返すとは 3 返すよう 2 ごわす, 人間業で, 返したよう

1 [23件] かえすなんて, かえすの, かえそうという, でも, な, 人けがな, 吉太郎が, 報ずるよう, 報ゆる, 意気で, 返さないとは, 返されたよう, 返したん, 返した不忠者, 返した奴, 返すこと, 返すつもり, 返すなんて, 返すばかりか, 返す了簡, 返す気, 返す身, 酬われた

▼ 仇~ (35, 2.0%)

3 男に 2 心が, 男と, 男の

1 [26件] ごとを, て我, なにゆえに, ヶ原の, 世空華の, 人に, 人の, 仇浪浅, 名を, 契りの, 女などに, 女に, 女を, 姿に, 姿の, 婦と, 子を, 心に, 男との, 男とは, 男などは, 男は, 男らしき人物, 男を, 矢の, 野の

▼ 仇討ち~ (34, 2.0%)

3 をする 2 は須, をし, をした

1 [25件] かしら, があっ, が実現, にすけ, にたくさん, にでかける, に僕, に出かけた, に出かけたら, に出る, に加勢, に精, に行った, に衣類, のこと, も仇, をしかける, をしてやる, をなさらなけれ, をなされました, を思い立たせる, 物と, 物の, 物語である, 物語を

▼ 仇~ (32, 1.9%)

2 のじゃ, のだ, んだ, 姿を, 気を

1 [22件] んです, 一匹もらし, 中年増を, 八ツ橋の, 処を, 努力であった, 化粧のを, 化粧を, 取引の, 夢も, 女と, 女に, 姿に, 年増どころか, 年増ッぷりでした, 新内流しが, 気じゃ, 江戸前の, 目の, 話では, 身体付によりて, 野望と

▼ 仇っぽい~ (27, 1.6%)

3 女が, 女で 2 声が

1 [19件] お神さん, ことと, ところから, ところが, ところで, ところも, 仏様で, 台詞で, 名や, 声は, 声を, 大年増, 女の, 女彫, 娘で, 婦人だった, 粂三郎の, 美い, 美人である

▼ 仇~ (27, 1.6%)

6 ぽくて 5 ぽさ 2 ぽいところ, ぽいの, ぽく見えます 1 ぽい, ぽいお半, ぽい作爲的, ぽい姿, ぽい年増, ぽい新造, ぽきに, ぽくも, ぽく吉原, ぽく見える

▼ 仇~ (27, 1.6%)

4 なさ 2 ない微笑

1 [21件] ない, ないお, ないから, ないこと, ないこの, ない可愛らしさ, ない娘風俗, ない子供, ない愛嬌, ない真面目さ, ない笑い, ない笑顔, ない風, ない馬鹿げた, なくしかも, なく小, なく平手, なく眠っ, なく自分, なく莞爾, なく高声

▼ 仇~ (25, 1.5%)

1 [25件] あり迫害, あると, あろう, して, それくらいにまで, たきだ, たきです, どうなりゆく, どこかへ, 五人や, 天誅組から, 手強ければ, 打てるだろうと, 打てるもの, 江戸に, 為たる, 犬に, 現われました, 討ちたいから, 討ちたかったばかり, 討ちたく成りました, 討てたらその, 討てたら私, 討てないなんて, 誰だった

▼ 仇~ (22, 1.3%)

2 無し, 討たないうち

1 [18件] ある訳, そそがずには, とって, なき高利貸, なくただ, なさけも, 争も, 來らまじ, 同様いよいよ, 多い, 怨もある, 恋人も, 情も, 憎からぬ, 打たなけりゃ他, 確かに, 討てませんからね, 討てるかも

▼ 仇~ (21, 1.2%)

2

1 [19件] から殺しました, がそっち, がそれ, ぞ, つたに, つたわけで, ということ, というよう, といっ, といった, とも思うだろう, と思う, と断, と言っ, と言った, なんどつけねらわれる, みんな敵な, 知つてる, 自分にとっても

▼ 仇なる~ (17, 1.0%)

1 [17件] かの烏円, こゑのみ, 両人の, 人の, 今時の, 夢で, 宮野邊源次郎お, 彼の, 心に, 恋には, 望にて, 權能, 權能來る, 汝が, 白濱の, 范疆張達の, 面影に

▼ 仇同士~ (17, 1.0%)

4 のよう 2 のやう

1 [11件] が四人, であった, であろうとも, となった, と聞き知っ, の仏様, の喧嘩, の新吉, の癖, の魂, 見たいに

▼ 仇~ (15, 0.9%)

5 おろそかに 4 おろそかには 1 おろかな, おろそかの, 疎かな, 疎かに, 疎かには, 疎な

▼ 仇打ち~ (14, 0.8%)

1 [14件] であるとか, という時代, には不賛成, に帰っ, の一念, の場, の工夫, の浪人者, の途, の願書, はいわゆる, は武士道, をされ, を待たず

▼ 仇めいた~ (13, 0.8%)

2 女の

1 [11件] 匂いが, 声が, 女であった, 女である, 女です, 姿を, 強敵が, 気持に, 移香かと, 遊蕩的な, 道中姿の

▼ 仇~ (13, 0.8%)

2 があり, が湧き起り 1 かぬ, とみ, なき身, には相違, の一興, もやや, も起き, をもやさなけれ, 浮きて

▼ 仇~ (12, 0.7%)

1 [12件] だよ, になりまする, に加ら, のお話, の女, の工夫, の志, の相談, の首途, は出来ません, をしなけれ, を父

▼ 仇~ (12, 0.7%)

2 の露 1 が咲いた, が文学, と凋ん, にさ, に心, に虻, の中, は拗つ, よ, を咲かせよう

▼ 仇でも~ (11, 0.6%)

2 ある 1 あって, ありゃしねえ, あるし, ない, ない筈, 尋ねるよう, 討とうと, 討とうという, 許して

▼ 仇~ (11, 0.6%)

3 といふ人 1 が, であります, といふの, といふもの, といふ意味, といふ者, のつまつた音, も

▼ 仇~ (10, 0.6%)

2 だね 1 だの, のこと, の回錦図巻, の如きある, の描く, の楼閣山水, の絵, の豊麗

▼ 仇うち~ (9, 0.5%)

2 をする 1 だ, の方法, をされる, をしてやった, をしない, をしなく, をしなけれ

▼ 仇たる~ (9, 0.5%)

1 お國源次郎, そちとは, ふたりの, を秘し, 悪者を, 机竜之, 某紳士, 蜀を, 駿三が

▼ 仇~ (9, 0.5%)

1 ぽい, ぽいの, ぽいよい女, ぽい女, ぽい扮装, ぽい櫛巻き, ぽい瞳, ぽくて, ぽさ

▼ 仇同志~ (9, 0.5%)

1 がお, じゃあるめえし, であるが, のする, のやう, のよう, は妙, も一度, や

▼ 仇っぽ~ (8, 0.5%)

32 さが 1 さの, さ半四郎より, さ最も

▼ 仇なす~ (8, 0.5%)

2 無名草も 1 は討ち, やつやがて, 奴, 姦物を, 禍津日だ, 賊将に

▼ 仇めい~ (8, 0.5%)

1 てい, ており, てゐ, てゐる, て垢, て横山五助, て艶, て見える

▼ 仇~ (7, 0.4%)

1 あざけりかほほゑみあまた我, え, おめ, 主人の, 今この, 何ぞである, 大切の

▼ 仇っぽく~ (7, 0.4%)

1 さえなった, て美しい, て而, もあり, 聞こえるなあ, 見えます, 見えること

▼ 仇とは~ (7, 0.4%)

1 いえこれ, いえ侏儒, よもいいきれまい, 云いながら, 初耳だ, 夢にも, 存じながら

▼ 仇とも~ (7, 0.4%)

1 云うべき冬子, 云うべき角川市郎, 心得ずお, 思うようす, 思う怨, 思わず憎い, 知りません或

▼ 仇十洲~ (7, 0.4%)

5 の回錦図巻 1 の筆意, は御存じ

▼ 仇呼ばわり~ (7, 0.4%)

2 をする 1 されて, は御免, は片腹痛い, をした, をしたら

▼ 仇~ (7, 0.4%)

1 に噬食, に討入, の偵察, の動静, の為, の細作, へ気づかれぬ

▼ 仇である~ (6, 0.3%)

1 からお, と申す, に違い, 事実は, 彼への, 織田の

▼ 仇では~ (6, 0.3%)

2 ないか 1 ありますけれども, あるし, ないからなあ, なく盗賊

▼ 仇という~ (6, 0.3%)

1 ので, のは, ような, 事ばかりを, 二句の, 相対的な

▼ 仇として~ (6, 0.3%)

1 いつか兵部さまを, もったおれ, 怨むには, 恨んでや, 旗幟を, 討ち果たして

▼ 仇~ (6, 0.3%)

2 も仇道 1 といふ二代, といふ文字, を尊んだ, 即ち久度

▼ 仇ある~ (5, 0.3%)

2 ことを 1 に非, を見よ, 仏国に

▼ 仇には~ (5, 0.3%)

1 あらめやと, あれども, 廻り逢いません, 思わねえ己, 死なじ五十年

▼ 仇~ (5, 0.3%)

1 からおい君, について出, の歌声, の頬, は踊る

▼ 仇~ (5, 0.3%)

2 を深川 1 だったか, と米八, の声

▼ 仇敵討ち~ (5, 0.3%)

1 かなとおやじ, だ, だぜ, っての, のよう

▼ 仇~ (5, 0.3%)

1 なるか, の一つ, をば, をば取り, を拝する無かるべし

▼ 仇にな~ (4, 0.2%)

1 つて, つてどう, つて娘は, 引くな

▼ 仇にも~ (4, 0.2%)

2 あらぬ壁 1 なるわよ, 巡り会わぬもの

▼ 仇十州~ (4, 0.2%)

2 の画, の贋筆

▼ 仇~ (4, 0.2%)

1 にさ, に呟いた, に呼ばれた, をき

▼ 仇大月玄蕃~ (4, 0.2%)

1 であるとか, という奴, は今, は当

▼ 仇首王~ (4, 0.2%)

2 といふ人 1 といふの, といふ時

▼ 仇うち物~ (3, 0.2%)

2 であった 1 の血

▼ 仇おろそか~ (3, 0.2%)

1 な年月, のすさび, の努力

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 をば, を取っ, 深沢の

▼ 仇であり~ (3, 0.2%)

1 傍流に, 年頃心に, 片眼

▼ 仇です~ (3, 0.2%)

1 ですから私, よ, 最愛の

▼ 仇なら~ (3, 0.2%)

1 いいが, まだしもである, め郎従下部ごとき

▼ 仇ならず~ (3, 0.2%)

1 心なき, 意を, 書斎の

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 ぽい女, ぽい愛嬌, ぽきその

▼ 仇~ (3, 0.2%)

2 で人間 1 をいと

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 にばかり廻っ, のみで, の騎士

▼ 仇持ち~ (3, 0.2%)

1 だ, の人間, の心理

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 が月, に漂, の寄せぬ

▼ 仇白く~ (3, 0.2%)

1 なって, 空虚な, 見開いて

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 であったため, であって, なの

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 して, するが, すると

▼ 仇讐同志~ (3, 0.2%)

1 がめぐり, であった, である

▼ 仇~ (3, 0.2%)

1 となつたの, も, も同じ

▼ 仇あらめ~ (2, 0.1%)

2

▼ 仇しよう~ (2, 0.1%)

1 とても爾, などというの

▼ 仇~ (2, 0.1%)

1 ぶんの, やない

▼ 仇じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない武蔵, 思い知ったか

▼ 仇する~ (2, 0.1%)

1 には余りに, に至ろう

▼ 仇たり~ (2, 0.1%)

1 女讐たる, 申さば

▼ 仇でか~ (2, 0.1%)

2 へすの

▼ 仇としか~ (2, 0.1%)

2 聞えない

▼ 仇どう~ (2, 0.1%)

1 でも一太刀, で死なん

▼ 仇なく~ (2, 0.1%)

1 云って, 怨みなく

▼ 仇なし~ (2, 0.1%)

1 お千絵様, たニキビ侍

▼ 仇などと~ (2, 0.1%)

2 旧弊な

▼ 仇なれ~ (2, 0.1%)

2 ランスの

▼ 仇めかし~ (2, 0.1%)

1 さは, さを

▼ 仇をと~ (2, 0.1%)

1 前非後悔健気にも, 思って

▼ 仇をば~ (2, 0.1%)

1 恩で, 討つべきぞ

▼ 仇二人~ (2, 0.1%)

1 は汝, をほろぼした

▼ 仇~ (2, 0.1%)

1 という言葉, の

▼ 仇光り~ (2, 0.1%)

1 のする, の陰気

▼ 仇~ (2, 0.1%)

1 との兵火, と心中

▼ 仇思い知った~ (2, 0.1%)

1 か, かこん畜生め

▼ 仇~ (2, 0.1%)

2 は恩

▼ 仇机竜~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 仇~ (2, 0.1%)

1 でいつ, など馬鹿

▼ 仇~ (2, 0.1%)

2 も無き

▼ 仇繁き~ (2, 0.1%)

2 より懐かしき

▼ 仇覚悟~ (2, 0.1%)

1 をしろ, 致せ

▼ 仇討ちで~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 仇辛い~ (2, 0.1%)

1 お雑炊, 雑炊の

▼1* [167件]

あらば皆刃, 仇あらゆる苦しみを, 仇あらんや, 仇いつ何どきいかなる, 仇かたきでもある, 仇かのように, 仇からでも保護される, 仇き討ちをする, 仇くらゐは, 仇ない所, 仇やつの, 仇こそ見付け申した, 仇この万太郎が, 仇へ討ち, 仇されるしさうっかり, 仇じゃあありませんか, 仇じゃがそのお, 仇じゃと申して, 仇すぎる風俗な, 仇そこの渓流, 仇それを晴らします, 仇ぞと思うて, 仇あこの, 仇たまさか見付けて, 仇たるべく実相の, 仇だすな, 仇だ思い知れっといっ, 仇だ知ってることは, 仇ち棄てて返す, 仇っぽい美しさは, 仇っぽい色っぽいお方の, 仇つて見なかつたの, 仇であって原因不明, 仇でございますとも, 仇でしたね, 仇でしょうか, 仇でない事は, 仇といふ志を, 仇とか武士の, 仇とでも狙われて, 仇となつて遠い, 仇とばかり八ツ裂き, 仇とばかりに飛びかかって, 仇どころか寝るにも, 仇ない顔し, 仇ながらも可哀そうだ, 仇ならぬ人を, 仇なら殺しても構わねえ, 仇なり心を, 仇なりと広言し, 仇なんのお, 仇なんぞは取って, 仇なんてこたあいま, 仇にあたるやつ, 仇にか思ひけんよしや, 仇にでも遇ったよう, 仇ねらふ子を, 仇ばらし胸の, 仇びとの名ある逢状, 仇ふせぐ構への, 仇ふたりが出家, 仇また自分の, 仇まで討って, 仇みかたたすけ, 仇きたる寝巻姿, 仇めいた寝乱れ姿を, 仇めかしく両頬, 仇めきすぎて見える, 仇春寒し, 仇よりし賠償收め, 仇をさ秋川一家さ, 仇討たんければ, 仇ア己ア屹度取つて, 仇オロソカに思っ, 仇返ストハ, 仇デハナク君ノ厳父ハ, 仇一人ならば, 仇七生まで祟りくれん, 仇上野介の首級, 仇不倶戴天こういう義理, 仇両々深く敵意, 仇の仇, 仇主君の敵, 仇二つあり, 仇人王の幸臣, 仇人馬に騎, 仇がため, 仇に天, 仇仲を, 仇で, 仇六お前篠町から乗合, 仇六今帰るか, 仇兼女房の仇, 仇十州銭滄州あたりの扮本, 仇南部集五郎であった, 仇一家の, 仇同前に心掛け, 仇同士二人の行く末, 仇同然な立場, 仇名分も立派, 仇を二十重, 仇ゆるを, 仇報いずにおきません, 仇大野の首, 仇の仇, 仇の寝くたれ, 仇の敵, 仇の仇, 仇姿ねたま, 仇のかたき, 仇定明はここ, 仇宿怨あるに, 仇宿敵であり北条, 仇専門の役どころ, 仇将軍家光をとっ, 仇峰右衛門に思い知らせ, 仇峰右衞門に思ひ知らせ, 仇父上の, 仇心遊びと浮気, 仇悪魔につけいられる, 仇情貴下私も無, 仇我が子の, 仇打ち事件の素因, 仇打ち以来某男爵, 仇打ち物語に典型的, 仇敵討の法, 仇敵討物はますます, 仇しトロイア, 仇に仕へ, 仇曹操を亡くさぬ, 仇最上の怨み, 仇松平家を代表, 仇武兵衛にとっては仕官, 仇ないまで, 仇汚れて且つ, 仇滝沢休右衛門を討っ, 仇潘璋逃げるなかれ, 仇さの, 仇無げに口, 仇の仇, 仇玄斎坊主之助, 仇生かしておい, 仇申訳相立たず自害, 仇を持った, 仇白いやつを, 仇磯貝浪江を討っ, 仇の仇, 仇米国の末路, 仇に聴き流さず, 仇を咲かし, 仇を放っ, 仇英一派の後勁たる, 仇兄弟の, 仇はその, 仇言はず語らずの, 仇討ちしたぐひは, 仇討ちつていふ, 仇討ちですよ, 仇を勦滅, 仇讐相視るの間, 仇貞盛を尋ね出せ, 仇赤格子の娘, 仇返しをする, 仇のため, 仇頼まれないでも急, 仇頼もしゅうない世の中, 仇馬超を討ち