青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人相~ 人種~ 人足~ 人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~
仁~
~仇 仇~ ~今 今~ 今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~

「仁~」 1740, 19ppm, 6096位

▼ 仁右衛門~ (203, 11.7%)

3 の畑

2 [16件] が眼, が自分, といっ, の妻, の姿, の小屋, の所, の馬, はある, はそれ, はまた, は何, は小屋, は自分, は赤坊, よ

1 [168件] が, がこの, がそう, が僧, が出, が取合わない, が呻い, が猿臂, が見た, が這入っ, が重い, が鎗, が馬の背, すこし若い, だけは燕麦, だった, だの坊様, だよく, であった, という彼, とて拙者ら兄弟, と云う, と呼ぼう, と娘, と申します, と馬, などが駈けつける, にこう, にとってはこの, になすりつけられた, には人間, には尊く, には意外, にみ, に不利益, に付添っ, に相違, に退場, のいう, のごとき, のしよう, のそれ, の保証, の出した, の前, の口, の右, の堂, の声, の居室, の幻, の後, の懐, の淋しい, の眼, の縁者, の背, の腹の中, の苦虫, の血, の話, の蹠, の軽い, の酒, の鉄拳, は, はあたり近所, はあて, はいい, はいわれる, はおぞましく, はこの, はしかし, はすぐ, はすっかり, はそういう, はそこ, はその, はそんな, はただ, はだだっ広い, はだらんと, はちょうど, はふと, はへたへた, はもう, はもう一度如何にも, はやがてぶらりと, はわざと, はッ, は一旦, は一本, は一片, は不愍さ, は二度, は他愛, は先, は卑下, は取り合わなかった, は受取る, は叱りつけなかった, は右手, は吼える, は呻く, は四辺, は土間, は場主, は場規, は声, は家, は川森, は帳場, は平気, は後ろ, は怒り, は思った, は思わず, は怪訝そう, は息気, は悪戯者, は惘然, は押太, は押黙った, は掛金, は早, は暗い, は有難い, は朝, は木の葉, は死体, は殺人者, は沈んだ, は火の玉, は無表情, は皮, は真面目, は眼路, は空中, は突慳貪, は笠井, は脂, は腕, は腸, は膝頭, は農場, は逞しい, は遮りとめ, は酔い, は鍬, は長幼, は馬, は馬鹿, は高笑い, は黒い, は鼻, ばかりは日, ぶるぶると, もそば, も出, も居らず, も岸九兵衛, も戸外, も登っ, も知っ, や私, をけしかけた, を案内, を見付け

▼ 仁~ (135, 7.8%)

3 顔を 2 ほむちわけなどに, 意志に, 意義を, 書くもの, 遺骨を, 集まるの, 頃から, 顔と, 驚きは

1 [114件] あとを, きざしが, ことが, ことについて, ことは, ことを, ころとか, ござるげ, その後の, ために, でこぼこ侍を, ふたりです, ふたりを, やうな, よいところ, ようにも, ベッドの, ヤツも, 両親とも, 亂に, 事に, 二人だ, 二学者を, 二朝に, 云ふ, 以て, 価値を, 備忘録, 光に, 具体化な, 内容なり, 別荘に, 前へ, 前へも, 前途多幸を, 厚意を, 原理を, 向側と, 命令は, 問答を, 場合には, 声は, 天性と, 女婿にな, 奴が, 妻子をねえ, 姓名は, 姿は, 子である, 字は, 実現は, 家です, 寝室から, 屍体が, 屍体を, 巻に, 弟子と, 彫刻そのものが, 彫刻隆盛の, 影が, 後を, 徒は, 従者と, 御朝, 徳に, 急使を, 意味, 愛情の, 懇意に, 数を, 日頃の, 時代には, 書中, 書面は, 末頃である, 本で, 本である, 本と, 来るの, 根本で, 根本と, 欲が, 死後も, 気分には, 特性を, 癖で, 皇沢に, 私は, 範圍が, 義を, 耳へは, 肉体は, 能でない, 至義の, 萌芽が, 言に, 言葉には, 詩に, 語に, 身にとっては, 造形美術の, 道に, 道にかけては, 道を, 遺骸を, 部屋へ, 野性奔放な, 間に, 際に, 頃に, 頃まで, 顔色を, 館で, 館の

▼ 仁~ (135, 7.8%)

2 南廊閣子庫の, 大阪に, 日英の, 次の

1 [127件] あつき心念口演, ある夜, あれあおとっつぁん, いきなり珠緒, うしろから, ここは, この深夜, この近所, これこそ, ござらぬ, さっきの, さもあるべきだ, すぐこれ, そのままそこ, その馬前, それと, それも, それを, ちか頃, ちがう, どういう御身分, どうしてももう一度紅玉, どこへ, はっと思っ, まことに多義, まことに温厚, まだ子供, まだ生き, もうとっくの, もう相談, もう起つ, われぞ, ヒヤリと, 一ふり振, 一人も, 一朝に, 世が, 世界の, 云い放した, 五位が, 五位を, 五十前後とも, 人事に関する, 今朝五位を, 伏見天皇の, 何を, 倉皇と, 個人の, 儒家の, 全力を, 内藤殿の, 判官の, 刻下に, 古への, 呼びながら, 唯今俄に, 喜んだ, 城隍司に, 堅いでと, 墨子の, 変態的の, 多才な, 大きな見, 大悦び, 孝, 孝弟の, 孟子に, 官人の, 実利の, 家へ, 家重の, 寛容あっ, 少し眉, 庄屋勇は, 微笑した, 微笑を, 怒鳴り出した, 恐る恐る受け取った, 恐怖よりも, 感涙に, 慄然と, 支那流に, 旦那様の, 昼間は, 暗い車内, 案の, 此派に, 殆ど博愛, 水や, 永久の, 決して盛名, 浮かない顔, 渡邊織江勇は, 滔々たる, 無任所与力で, 無言の, 狐を, 猶五位, 生きて, 眼を, 社會的感情である, 突っ立った, 童児たちに, 経略家肌で, 自動車の, 自然に, 茫然自失し, 蛙を, 衆民に, 西洋の, 見たところ, 見覚えが, 豚の, 躊躇も, 身の, 遁が, 郎等たちの, 闇の, 陸軍武官で, 鞭を, 顔を, 顔見合わせた, 風貌と, 首を, 鳥にさえも, 黙ったまま, 鼻も

▼ 仁~ (105, 6.0%)

6 もって 3 行ふ 2 好む者, 殺したん, 行うこと

1 [90件] このまま, これまた, して, たすけあうもの, なし得れば, なすこと, なすという, はじめ応挙盧雪崋山などの, はじめ応挙蘆雪崋山などの, やって, よび戻した, わしの, 乞うと, 二合それから, 以つて従つた民こそ, 伐つ, 伐つ敗れざらん, 問ひしと, 問わしめ克己復礼, 啖ふ, 好む人, 好んで, 実現し, 害すること, 寄せた, 少しずつ, 布き四百余年, 座敷に, 御覧に, 忘れて, 感ずると共に, 成しとげること, 成す, 成すは, 成すべきこと, 成す如き烈士風, 成す無から, 成す管仲, 擬して, 施さねば, 施しさて, 施しに, 施すこと, 施すに, 施す要, 本と, 殺したの, 殺し珠緒さん, 殺す妹, 求めて, 求める人, 求め国, 為すと, 為すもの也, 為す有り, 為す者, 為せる男, 爲さむとせし此大聖人の, 皇太子とは, 知って, 知りも, 管仲に, 粉に, 累ね, 行いながら, 行い彼, 行うし, 行うだけ, 行うなら火, 行うには, 行うは, 行う五, 行う人, 行う場合, 行う道, 行ったね, 行われて, 見た, 見た下司, 許さ, 許したと, 許すの, 許す語勢, 許せしこと, 許る, 許るされし, 許るされた, 説いた孔丘さ, 説き孟子, 説けるが

▼ 仁~ (79, 4.5%)

3 の顔 2 だとて, のこと, や正, や竹一

1 [68件] がいう, がいれ, がきばりすぎ, がさされ, がつい, がとっ, がひとり声, がまた, が並んどる, が口火, が大声, が富士子, が弟, が生まれ, が総代, だけがバス, であった, である, というその, としてはひそめた, とは反対, と人, と吉次, どうしてこ, にきく, につづい, のこときり, のさびしさ, のその, のところ, のむじゃきさが, の一生, の三人, の声, の家, の水兵, はいま, はうたて, はからだじゅう, はがてん, はしかし, はどうして, はふしぎ, はほんとう, はむき, はやっぱり, はよほど, は加州大学, は四年生, は少々, は得意, は新調, は用心, ばかりはのんきそう, ばかりはれい, ほど正直, まで泣き, もいつのまにか, やタンコ, やマス, や吉次, や富士子, や対島, や竹一たち, をとりまいた, を四年生, を思いだし, んと

▼ 仁~ (73, 4.2%)

2 あって, あるもの, あれば, おるか, 寄って

1 [63件] ああのと, あります, あり南郡, ある, あるが, あると, いって, いてね, お飽かせ申さう, かかる所業, この森林, ございますぞ, そう申した, その人, ただならぬ眼光, ばてれん, びく, まだ完全, よくあります, ゲタゲタ笑いだした, 一人居る, 乃公の, 五位を, 京都から, 何かと教え, 何だかまだ皆目見当, 何びとである, 城を, 声を, 夏場無理ば, 多いよう, 大作殿か, 孔安國の, 室町将軍の, 居るから, 広東で, 御座いまして, 急に, 戦争巧者な, 敦賀の, 枯野の, 殺された時, 牽かせて, 珠緒を, 現れないとは, 現われた, 理を, 申すには, 突然五位, 突然向う, 第一, 草鞋穿きで, 行きやせなんだか, 言ったが, 論語を, 貸して, 走っても, 退城しよう, 通らなかったかという, 遅れ通しで, 面白く思われ, 館へ, 馬を

▼ 仁~ (59, 3.4%)

3 またセイモク, 会うて 2 みなぎれるその, 当っては, 會うて, 近しと

1 [45件] あうと, お点, かかっちゃ, こつちの言, しがみついて, しろ君, そむかないよう, とびこんで, とらわれては, なるに, はげめば, ひとたまり, ガンと, 不幸一人も, 仕えるのみ, 会って, 依頼される, 出会ったこと, 到達する, 助けられて, 化する, 参って, 取っては, 合致せしめたい, 向ってさえ, 告げては, 帰向するであろう, 捉われ, 擴大する, 数歩負け, 生きる者, 示しその, 立脚し, 至つては, 致せ刻限, 話して, 貫禄劣らざる, 近い徳, 近き男也, 近き親切, 近づく最善, 邇し, 非ざる限り, 頼むと, 顔を

▼ 仁~ (49, 2.8%)

2 墨家の

1 [47件] あの状態, あやかさん, ある, いうべきか, いえば, いえましょうか, いえるか, いえるだろう, お前と, お知り合い, お見受け申します, そのままで, なすという, なすべしとの, なって, 主人が, 云うもの, 云う官吏, 云ったなど, 五位との, 交渉が, 其の弟子, 号し, 同藩家中, 名け, 君子とに関する, 妃の, 存じて, 思うが, 愛とに, 慈悲と, 手合せが, 時に応じ, 書いて, 用達しに, 申します, 申し奉ること, 目すべきであろう, 称して, 称するは, 結論を, 綴じ紙との, 義とを, 見て, 見受けましたれば, 言い或いは, 謂うべきであろう

▼ 仁さん~ (40, 2.3%)

3 の寝室 2 のお, の部屋

1 [33件] から正餐, から預っ, が死んでる, が殺され, が目, だけが御存知, て, と珠緒さん, と私, にやられた, に関係, ね, のところ, の上衣, の事件, の場合, の寝台, の屍体, の心臓, の枕元, の鍵, はお茶, はまた, はもう, はタバコ, はビール, は丈夫そう, は敵, は珠緒さん, は眠っ, まだねてる, をダビ, 殺されて

▼ 仁天皇~ (36, 2.1%)

3 の時 2 がお, に召された, のお, の命, の御, の皇后, の皇子

1 [19件] が御, が父天皇, の七年, の仰せ, の卷, の女, の孫女, の宝亀二年, の宝亀年間, の寶龜七年, の寶龜九年, の御世, の御代, の御代前後, の朝, の皇子春日王, の頃, まで七代, 迄この

▼ 仁~ (34, 2.0%)

2 と四ツ目屋

1 [32件] がうろたえる, がしきりに, が来る, じゃねえ, たしかにあの, だやっぱり, だ雲霧, で, でございます, です, という者, とひとり, ともあろう, と久六, と新, などと申す, にも会釈, のよう, の一組, の一行, の姿, の方, の物腰, は堪りかね, は狼狽え, は駆け出し, は驚い, もこの, も容易, を取り囲ん, を女衒, 持ったる笠

▼ 仁十郎~ (33, 1.9%)

2 がこう, が立, と市助, の手, の方

1 [23件] が, が疲労, が祭壇, だ, と医者, と申しまする, と高木市助, にはよく, に目配せ, はあたり, はこう, はそれ, は何故, は手拭, は玄白斎, は肌着, は肩, は谷間, は身体, も警戒, をじっと, を見た, 貸せ

▼ 仁~ (30, 1.7%)

1 [30件] が不幸数奇, が十余年, が往来, が誤っ, であった, であつ, である, です君子, とおや, としても詩人, と溌皮, と褒め, にし, になっ, にも狂人, に向かっ, に恵まれ, に訴, に謀り, の君子, の多き, の熱烈, の義軍, の言, の誤り, は生, は身, もまた, を気取る, 之言其利薄哉

▼ 仁~ (26, 1.5%)

2 あろうし

1 [24件] あった, ある, あるだろうと, あるなあ, あるものぢ, いっしょに, その辺, どうもうまく, ない劣等, 亦狂死, 側から, 内心それを, 喰いつめて, 大方もう, 必竟長人安民の, 忽ち疳癖, 暗号書の, 涅槃も, 然るべきお方ゆえ, 珍しい, 珠緒さんが, 珠緒さんも, 真っ青に, 軽薄な

▼ 仁太夫~ (21, 1.2%)

2 の支配

1 [19件] から右, から鑑札, が元, つづいて, つまり, となつ, との關係, と思はれる, なる者, によつて出版, のこと, のところ, のみ五十一, の先祖, の幼名, の由緒書, の配下, は身, を土俵

▼ 仁兵衞~ (20, 1.1%)

2 といふ百姓

1 [18件] からも聞きました, がそれでも, が一緒, が縁側, が行方不明, のところ, の手, の表情心持, の養, はいきなり, はわからない, は僞物, は八五郎, は恐る, は若者, を尋ねる, を赤塚家, を連れ

▼ 仁左衞門~ (17, 1.0%)

2 がたつた, の伜金之助, の手

1 [11件] さすがに, だつて間違つて二階, ですが, ではありません, と用人, はどんな, はハツ, は堺奉行, は明かに二階, ひどくあわてた, を下

▼ 仁~ (15, 0.9%)

2 の眼, の部屋

1 [11件] が根びき, でございます, というもの, に, の家, の杯, の身内, の郡内部屋, へ宛てた, もお, もそれ

▼ 仁という~ (13, 0.7%)

3 のは 2 ものは 1 ものでございましょう, 二つ年下の, 女子との, 官吏の, 方です, 男が, 者が, 至上の

▼ 仁輪加~ (13, 0.7%)

1 [13件] が出来る, ではその, で笑う, なんか無論, の文句, の材料, の花, の軽妙さ, は歌舞伎劇, をけしかけた, を云う, を初める, を警察

▼ 仁~ (13, 0.7%)

4 ですが 3 です 2 でした 1 が良い, でこの, まことに穩, 着實さ

▼ 仁~ (12, 0.7%)

1 [12件] が心臓, だった, と今福西枝, と新婦西枝, に行き会った, の人柄, の性行調査, の病床, の秘めたる, の足, の関係, は烏啼

▼ 仁~ (11, 0.6%)

1 [11件] じゃと, ぞと仰がれ, だ, であると, でいらっしゃる, でカプシン僧, とうけたまわり, となし奉らね, とサロン, の徳, も笑い

▼ 仁~ (9, 0.5%)

1 が即ち, も相当, より頼まれた惚れ, をもっ, を以て仁, を刺戟, を始終, を抱い, を知った

▼ 仁~ (8, 0.5%)

1 かと思う, からいくら, から決して, から舞台効果, と思っ, と紹介, のう, もの喧嘩に

▼ 仁~ (8, 0.5%)

1 おざる, ござります, さ, よく約束, 一つ間違う, 先づ庄屋の, 尤も大, 秋月喜一郎かな

▼ 仁~ (8, 0.5%)

2 内海は 1 内海や, 利仁の, 懐手, 有仁, 汪兆銘も, 舅の

▼ 仁~ (8, 0.5%)

1 の同母弟, の天聖五年, の子大位, の慶暦年間, の景祐元年, の洪, また崩, 立って

▼ 仁~ (8, 0.5%)

1 には天平時代末期, のそれ, のもの, の僧尼, の気分, の開基, は外来文化輸入, への橋

▼ 仁~ (7, 0.4%)

1 か何, が御, の一切, の取り合せ, も飴, を煎じ, を食っ

▼ 仁親王~ (7, 0.4%)

1 がここ, が御, こそお, という名, と閑院春仁氏, の女, の女楽宮

▼ 仁時代~ (6, 0.3%)

1 にかけての四五十年間, にその, のみ仏, は亂世, へかけ, をはじめその他

▼ 仁~ (5, 0.3%)

21 やあるまい, やお前たち, やな

▼ 仁です~ (5, 0.3%)

1 かい, があつしとお, のじゃ, 布袋和尚に, 殊に大

▼ 仁では~ (5, 0.3%)

1 ございませんか, ござらぬ, ござるまい, ないか, なかろう

▼ 仁とは~ (5, 0.3%)

1 かなり開き, そういうもの, 云えませぬ, 人が, 幼少からの

▼ 仁には~ (5, 0.3%)

1 お家の, まずとにかく私, 戯作は, 獣も, 苦痛だった

▼ 仁三年~ (5, 0.3%)

1 には僧良勝, の八月, の出来事, まで吾妻鏡, 辞し千幡

▼ 仁~ (5, 0.3%)

1 てえところ, でわざとらしい, のマネゴト, をつくした, を述べ

▼ 仁~ (5, 0.3%)

1 が殉死, の世, の大昔, の時, の時代

▼ 仁年間~ (5, 0.3%)

1 には文室綿麻呂, に傳道, に出来た, に藥師寺, 見眞大師

▼ 仁~ (5, 0.3%)

1 じゃがどこら辺り, であった, ではなかっ, で言葉, を凄く

▼ 仁~ (5, 0.3%)

1 がすすん, が居らる, の対談, の手記, も同席

▼ 仁とを~ (4, 0.2%)

1 そっくり人質, それぞれの, 見比べて, 追うこころ

▼ 仁なら~ (4, 0.2%)

1 この多四郎, ば知らせ, んを, 私の

▼ 仁について~ (4, 0.2%)

3 たずねた 1 先師に

▼ 仁人君子~ (4, 0.2%)

1 と称す, の為ざる所, は我が, を見れ

▼ 仁光寺~ (4, 0.2%)

1 とかいうお寺, の山門, の門前, へついた

▼ 仁右衛門夫婦~ (4, 0.2%)

1 だけだった, の嗅ぎつけない, は何処, を罵りつづけた

▼ 仁殺し~ (4, 0.2%)

1 に戻りましょう, の時, 珠緒さん殺し, 珠緒殺し

▼ 仁あり~ (3, 0.2%)

1 て人, 勇ある, 義あるなされ

▼ 仁からの~ (3, 0.2%)

1 由でございます, 飛脚も, 飛脚状を

▼ 仁でない~ (3, 0.2%)

1 といっ, と主張, と思いました

▼ 仁といふ~ (3, 0.2%)

1 ものある, ものと, 人が

▼ 仁とかいう~ (3, 0.2%)

1 ことと, ような, 範囲でだけ

▼ 仁元年~ (3, 0.2%)

1 に三十七歳, のこと左衛門志藤原宗貞, の太政官符

▼ 仁原山~ (3, 0.2%)

1 が前, にアンチモニイ, は市房山

▼ 仁右衛門親仁~ (3, 0.2%)

1 が担ぎました, や私, を

▼ 仁宗時代~ (3, 0.2%)

1 である, に編纂, の事

▼ 仁~ (3, 0.2%)

1 という寺, の寺域, へ行った

▼ 仁~ (3, 0.2%)

1 が師直, とはちがう, の師直

▼ 仁念寺~ (3, 0.2%)

1 というお寺, というお寺そのもの, という寺

▼ 仁~ (3, 0.2%)

1 に伊勢, の美女, の貉

▼ 仁私記~ (3, 0.2%)

2 の序 1 の序文

▼ 仁~ (3, 0.2%)

1 でも徂徠, の頃, は孟子

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 え, 与惣次は

▼ 仁かは~ (2, 0.1%)

1 承知しない, 知らない

▼ 仁から~ (2, 0.1%)

1 優しい言葉, 早馬とは

▼ 仁じゃ~ (2, 0.1%)

1 いずれ光秀, などうも

▼ 仁その~ (2, 0.1%)

1 勇その, 披露を

▼ 仁そのもの~ (2, 0.1%)

1 でない, に安んずる

▼ 仁たべ~ (2, 0.1%)

1 候ば, 候パンと

▼ 仁だけ~ (2, 0.1%)

1 あって, でなく私たち全体

▼ 仁でやす~ (2, 0.1%)

1 がね, がね甲府

▼ 仁とて~ (2, 0.1%)

1 十八九には, 後世の

▼ 仁との~ (2, 0.1%)

1 三者は, 間に

▼ 仁と共に~ (2, 0.1%)

1 朝飯の, 矢張り鶴巻町の

▼ 仁なき~ (2, 0.1%)

1 医学を, 悪徳医師

▼ 仁にて~ (2, 0.1%)

1 事も, 衣服に

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 害スルナク身ヲ, 成スアリ

▼ 仁三兄~ (2, 0.1%)

1 い, いじゃねえか

▼ 仁三四ツ目屋~ (2, 0.1%)

2 の新

▼ 仁三年以後~ (2, 0.1%)

1 であること, に新しく

▼ 仁以外~ (2, 0.1%)

1 に人, に適任者

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 じゃ, の者

▼ 仁先生~ (2, 0.1%)

1 の小説, は腕力

▼ 仁初期~ (2, 0.1%)

1 の造顕, へかけ

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 と称し, の徳

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 っ市助, と二人

▼ 仁厚愛物~ (2, 0.1%)

2 の意

▼ 仁右衛門爺さん~ (2, 0.1%)

1 が八時頃, の奇特

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 がとつ, のお

▼ 仁寿~ (2, 0.1%)

1 という, に登せ

▼ 仁山大居士~ (2, 0.1%)

1 の位牌, はもう

▼ 仁~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 仁左衞門押入~ (2, 0.1%)

1 に殘, の中

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 宿業拙く, 稽首百拝し

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 が半分, はかならず

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 で父王, の性

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 慈臣が, 慈臣ガ狂愚ヲ

▼ 仁病院長山井博士~ (2, 0.1%)

1 の診断, の説

▼ 仁神社~ (2, 0.1%)

1 の宮司, の禰宜太美万彦

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 と名, はすなわち

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 また死し, 亦死

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 也と, 也の

▼ 仁長官~ (2, 0.1%)

1 の好意, の家

▼ 仁~ (2, 0.1%)

1 が実に, のそば

▼ 仁雄君~ (2, 0.1%)

2 の心臓

▼1* [285件]

騒がせ仕ったな, 仁かとも思われたこと, 仁かのその一式, 仁かも知れぬ, 仁こそ下田において, 仁さんみたいなエロ作家, 仁さん殺しと珠緒さん殺し, 仁とくれやす, 仁しき情溢るる計, 仁じゃが政治の, 仁じゃのう顔見知りに, 仁すなわち有名なる, 仁すらも旌し, 仁するも茲, 仁その後お豆, 仁それが吏, 仁たるやこの, 仁だけがまだ顔, 仁だけはへえいつの間にか, 仁だったから何, 仁だって黙って, 仁ちゃんのもと, 仁ついに一片の, 仁であったものです, 仁であったならばこの, 仁であり義でなけれ, 仁であり得ることが, 仁である由, 仁であるならば貪る, 仁であろうか長い, 仁でなければまこと, 仁でもあるまい, 仁といったような, 仁とか義とか, 仁とかいうほどの徳は, 仁とがこんな話, 仁ときては酔っ, 仁どころの騒ぎ, 仁など酒まで, 仁などがつまり当世, 仁なりと称せり, 仁なりゃ立派に, 仁なりやしかも一人, 仁なんていうもの, 仁なんども直ぐ後, 仁にもよろしくお, 仁のみ過ぎて, 仁ぶりの柱, 仁ほどの御体格, 仁まず何処へ, 仁まで飛び出して, 仁みたいなエロ作家, 仁もの是也西郷南洲氏は是, 仁ゆえ久光を後見, 仁を以て管仲に, 仁ガ久来ノ意趣ニテ, 仁ガ有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 仁ガ来テオレニ云ウニハ今度友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 仁ガ至ッテ富ヲ好, 仁ナレバ則チ生ズ市食ノ菌ニ, 仁大ニシテ岐多シ, 仁一国興仁もの是也西郷南洲氏は是, 仁一矣の注, 仁七年の六月, 仁七年十月十四日の日附, 仁三仁三兄い, 仁三千束の稲吉, 仁三四ッ目屋の新, 仁三尺取の, 仁三年九十歳に達し, 仁三年九月七日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 仁三年九月五日の條, 仁三年二月に京極殿, 仁三年八月に僧良勝, 仁三年六月三日即ち太陽暦, 仁三年六月二日条にその, 仁三年六月岩氏人柱に立つた, 仁三年千幡さまはその, 仁三年四月に五人, 仁三秦野屋九兵衛それに四ツ目屋, 仁三邪魔者から先, 仁に在り, 仁不仁がわかる, 仁両朝の記事, 仁の深い, 仁九年の戒告, 仁九年七月には相模, 仁の句, 仁二年の三月十六日, 仁二年五月四日の条, 仁二年十月二十一日に内大臣通親, 仁五年の飛騨, 仁の址, 仁人たる者は被害民, 仁人之を述べ, 仁介殿の娘, 仁ではなかろう, 仁仏道の慈, 仁の色感, 仁代さんと云う, 仁を行乞, 仁儀失礼さんにご, 仁元年七月二十七日に後鳥羽上皇, 仁元年九月十二日三十七歳にて落飾, 仁元年十二月十二日に往生, 仁元年十月二十七日の日附, 仁元年四五月の交, 仁元年四十歳のとき, 仁元年四月の地震, 仁元年法然に従って出家, 仁元年甲申にいたる, 仁の野郎, 仁は十六貫, 仁六年三月佐渡に流され, 仁兵衞さんといふん, 仁兵衞老爺は縁側, 仁勇略の君, 仁は人, 仁十何年かに之, 仁十四年九月の, 仁十後方から抱き起し, 仁十郎以下の門人達, 仁十郎高木市助の二人, 仁之至也, 仁厚く君子人であった, 仁太, 仁古文孝経の条, 仁右衛門お前はあ先, 仁右衛門それの西, 仁右衛門先生様も聞かっせえ, 仁右衛門入道宗夢の物語, 仁右衛門堂守の居る, 仁右衛門外池甚左衛門町野主水佑, 仁右衛門山川兄弟などに対, 仁右衛門木村弥右衛門石川兵助の三名, 仁右衛門水谷庄右衛門志津女久左衛門の三人, 仁右衛門渾名も苦虫, 仁右衛門爺様にアノ, 仁右衛門自分の身体, 仁右衞門と申し, 仁吐糸だのその他, 仁君名臣の余徳, 仁君子が苦しめられ, 仁君文帝も名君景帝, 仁和賀朝鮮行列七枚続の, 仁善子と醍醐天皇, 仁は紫式部, 仁地方へと進ん, 仁坊主に似た, 仁が娘, 仁多く暑氣夭多く, 仁大徳敬皇帝でこれ, 仁天皇これを禁じ給うた, 仁天皇巻に伊勢, 仁天皇御宇の旧制, 仁天皇条に, 仁天皇様の皇后, 仁太おしゃまのマス, 仁太くん, 仁太くんは少し, 仁太夫本木三世は西家, 仁太夫死し子元吉, 仁太夫良永の地動説, 仁太夫配下のめん, 仁太孫の慈, 仁太氏神さまから一本松, 仁好しと天才, 仁威丸に便, 仁の三年, 仁安三年の初冬, 仁安三年秋の初め, 仁安二年清盛太政大臣となった, 仁を営む, 仁で同室, 仁寿ビルの屋上, 仁寿三年二月二十三日在原業平ここに来る, 仁寿年中此山に登り到る, 仁寿殿及び浴殿, 仁寿講堂で観た, 仁将軍が大いに, 仁將軍若時從京敦賀將行五位語, 仁山大居士琵琶法要のもよう, 仁左エ門さんの家, 仁左衛といい, 仁左衞門一とたまり, 仁左衞門樣が私共, 仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 仁帝あたりまで大抵, 仁年間山城の宇治, 仁の博士たち, 仁康君の所謂東京, 仁と言, 仁のご, 仁多きに, 仁恩一天に普, 仁の例, 仁惠恩徳等ノ事ハ理會スベカラザルノ事トセリ, 仁態デップリと肥えた, 仁折角御清興中, 仁教会ウイリヤムソンとあった, 仁文義武俊徳成功高皇帝, 仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 仁明朝までの距離, 仁景行仲哀應神仁徳履中允恭安康雄略清寧顯宗の各, 仁の心, 仁智勇略のお方, 仁有らばいさ, 仁期直前に製作, 仁という地主, 仁村先生がヒツトラー, 仁柔術の先生, 仁根氏の作品, 仁の美事, 仁からの使い, 仁大義次小義次大, 仁寺の, 仁正安の頃, 仁氏殺害のとき, 仁氏流行の人気, 仁氏見舞に見え, 仁だ喃, 仁治三年十月二十八日から浄勝房以下, 仁治中北条泰時の故智, 仁治二年七月九日に妻子共四人, 仁治二年八月八十歳を以て薨去, 仁治元年三月二十一日には彼ら, 仁治元年四月の地震, 仁治寛元年間, 仁治寛元よりも三十余年前, 仁治建長の間筑前, 仁法親王に扈随, 仁非黒髪者速須佐, 仁波念遠入, 仁を論じ, 仁浮屠氏の涅槃, 仁焉子元端, 仁無うして, 仁照阿闍梨を日毎, 仁珠緒さん千草さん内海秋子さんが殺され, 仁田山晋六の船, 仁田彦十といい, 仁という者, 仁番またの名は須須許理等, 仁番またの名須須許理のこしらえた, 仁皮等不溶解物, 仁知らんかな, 仁と云, 仁の薩長元老, 仁秋山要介先生, 仁秋津君が見送, 仁章炳麟とわたし, 仁はいずれ, 仁糜芳などに対する憤怒, 仁糜芳潘璋馬忠らの徒, 仁にし, 仁と名, 仁に堪え, 仁自身である, 仁至愛のわが, 仁至慈の皇室, 仁り義, 仁の質, 仁蓋し之を, 仁の一子大島伸一, 仁藏翁の死後, 仁藏若者の名, 仁親王殿下ノ御, 仁観書の吏, 仁のほ, 仁記のは古い, 仁豪傑も一片, 仁貞観様式への推移, 仁貪食せずかつ, 仁輪加精神の権化, 仁近く出発と承っ, 仁追悼に我々, 仁の一家, 仁遷都の議, 仁郷村にいる, 仁の, 仁に会っ, 仁ヲ熾ニシ, 仁體これは武家, 仁體相應としてこれ, 仁體身扮は地味