青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「人足~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

人民~ ~人気 人気~ ~人物 人物~ ~人生 人生~ 人目~ 人相~ 人種~
人足~
人通り~ ~人達 人達~ ~人間 人間~ ~人類 人類~ 仁~ ~仇 仇~

「人足~」 1027, 11ppm, 9777位

▼ 人足~ (161, 15.7%)

4 一人が, 中に 3 出し方 2 世話から, 分それ, 心もちを, 手で, 死体も, 疎らな, 絶えた処, 肩へ, 肩を, 間を

1 [130件] あぶれ者だった, うちに, ことなぞは, ことを, さしず, たくさんは, ために, なかに, のろい人, ひとりが, ひとりを, まばらに, めまぐるしい銀座, やうな, ような, ようやく減っ, カンバンで, 一人たるを, 一人と, 一団が, 一団の, 一番寄り, 一組に, 不参が, 中の, 云うこと, 五分とかは, 人が, 人たちが, 人たちも, 人なんかに, 人は, 仕事に, 仕業なら, 入って, 六人前も, 内で, 力を, 動作にまで, 勢揃いや, 勤め方を, 口は, 口入れに, 名前が, 命も, 声も, 大部分, 姿に, 姿波止場近くの, 家に, 宿を, 寄場であった, 小法師, 帯まで, 廃止それから, 影が, 後に, 徴発を, 悪手段, 懸声, 成上りで, 我利, 手が, 手に, 手によって, 手間や, 手間賃も, 指図を, 数も, 方々が, 方が, 村で, 機械的に, 正直と, 沙汰計書状も, 泊まるという, 用が, 用に, 用は, 男が, 男は, 留ったも, 留まるは, 疲れ相当, 目が, 目を, 眼と, 称であった, 立働くの, 絶えたところ, 絶えた空屋, 絶えた草, 絶えないところ, 群の, 群も, 群れで, 者共申合問屋雄介宅を, 肩から, 肩に, 肩にかけて, 艀は, 茶飲み所兼監督の, 荒ッぽい, 襟が, 請負として, 請負なぞを, 賃銀を, 足, 足に, 車の, 転向だ, 途絶えた真昼, 途絶え処, 通ったありそう, 運び込んだ地金, 都合で, 都合六人が, 釜次郎が, 鍬を, 間では, 間に, 面に, 面の, 響きなど, 頭へも, 頭数など, 類でない, 騒ぐ声, 黒人奴の, 鼻息が

▼ 人足~ (155, 15.1%)

4 来て, 絶えて 2 三人と, 二三人し, 休んで, 十人ばかり, 減じて, 詰めて

1 [135件] いくらいくら, いそがしそう, いたけれども, おそいと, かがんで, きまったと, ここの, この御, こんなこと, しきりに急き立て, せっせと道普請, そのあと, その力, それに, それを, たしか七人, ついて, つかまって, とだえるの, はいって, はいってるから, よりたかって, よろけるとたん, わい, われわれの, バラバラと, 一人進ん, 七百三十人伊那の, 二三人居た, 二人それに, 二人である, 二人三人は, 二人役人が, 二千人も, 云った事, 五六人来, 今難波橋, 仕事に, 何か, 何百人とか, 信じて, 先づ格, 先に, 入りこんで, 入り馬場, 六七人ほど, 出て, 出ましたぜ, 助けて, 十三人, 十人あまりで, 十人いっせいに, 千人にも, 叫んだ, 叫んで, 四人路次に, 固めて, 声自慢の, 多勢ぶらぶら, 多勢出たり, 大勢付き添っ, 大勢掛かっ, 宿場の, 尾張領分の, 店の, 彼らの, 待って, 必要である, 意気な, 掃除を, 早くなっ, 曳, 朝から, 本所回向院では, 村まで, 来るの, 来る石屋, 棺を, 棺桶を, 止まって, 殊に停, 毛布を, 水に, 沙を, 法被を, 泥を, 減じたの, 渡して, 湿して, 漸く疎ら, 瀬の, 狂う, 疎らで, 疲れて, 益満の, 直ぐに, 相手を, 筏を, 米友の, 絶えた, 絶えます, 絶えると, 絶やしとうないもの, 繁くなっ, 群れて, 群集の, 背負い上げちゃ, 腰を, 茂くなった, 荷を, 裏山の, 要ること, 言って, 言葉少なに, 谷町で, 賑かな, 足の, 迷惑する, 追っかけて, 逃げた, 逃げやした, 逃げ廻って, 途絶えた, 途絶えましたな, 途絶えよい, 通つて行く, 運んで, 道普請に, 鉄板の, 鎧櫃を, 隣宿美濃落合の, 集められて, 顔を, 驅け, 麻布の

▼ 人足~ (104, 10.1%)

4 入れて 3 あつめて, 出して, 指揮し 2 つれて, 使って, 廻しましょうと, 引きつれて, 指図し, 早めぬ, 相手に, 踏み鳴らして, 雇って, 頼んで

1 [71件] かえる際, かぞえると, したこと, てんから人間扱い, とどめて, とめようとして, なしゐたるを, ふみ外して, やって, ゆすったり, ゆすりて, よんで, エタと, 一人つれ, 一人突き倒し, 三人呼ん, 交へて, 代えて, 代へて, 使うの, 傭うまで, 働いて, 先に, 出させるの, 出し合う時, 出せと, 出せは, 割り当てられたもの, 十人ぐらい, 叱り飛ばして, 吸い寄せて, 呼びあつめて, 呼ぼうと, 寄せ集めたところ, 対手に, 差し出そうという, 引き連れて, 強制徴発せん, 役所に, 指圖し, 散所法師, 木曾谷中から, 横合から, 歓迎する, 澱ませて, 無銭で, 片端から, 狩り出して, 狩り出すばかりが, 疎らに, 目あての, 繰り上げて, 見かけると, 許されて, 調べるまでの, 請負うよう, 買い揚げたの, 跳ね飛ばし投げ付けて, 追い回して, 追って七, 送って, 通行の, 連れて, 集めて, 雇いお, 雇い一人, 雇うて, 雇つては, 雇ひ, 頼むわけ, 顎で

▼ 人足~ (63, 6.1%)

2 一人も, 五分より, 顔を

1 [57件] いい金, いなかった, いねえん, こう話した, ずるくて, そうしたもの, その人々, その仲間, ひっくり返るあと, びっくりし, またこの, まつぴら, みんなこの, ダビ所の, マバラに, 一人, 一向に登っ, 三人五人龍吐水などを, 三月なかばに, 不審のかどが, 使いづらく, 其一であろう, 出て, 四人半馬は, 夕食に, 多くなる, 容易に, 宿, 御定め賃銭払い, 抜身の, 拳を, 提灯を, 杜絶えて, 次第に疎ら, 止まりませぬでなあ, 殺気が, 江戸城の, 眼で, 米友を, 絶えなかった, 絶えなかつた, 臍の, 至つて疎らです, 若旦那の, 行きちがう朋輩, 賀川豊彦という, 走るよう, 足りるかい, 輦台の, 通しに, 遠藤家の, 酒手に, 長い竹竿, 陽の, 雲助で, 額の, 駆り出され宿屋宿屋

▼ 人足たち~ (59, 5.7%)

2 のこと, は

1 [55件] からおくれる, から先ず, がどぶろく, がもう少し, が上機嫌, が上町, が口々, が唄い出した, が嫁取り唄, が実は, が焼, と一緒, と共に片手, と友達, と約束, にある, に与えた, に席, に打たれる, に皆, に見られ, のほか, の中, の声, の姿, の宿, の後ろ, の手, の指先, の群れ, の群衆, の間, はぞろぞろ, はだんだん, はぶつ, はテーブル, は今夜, は代る代る, は問屋場, は彼ら, は後, は掃き寄せられた, は掌, は木像蟹, は桟橋, は火, は皆一様, は積込む, は立上, は船艙, もあった, もおかあさん, も手, も看病, らしく顔いちめん

▼ 人足~ (58, 5.6%)

4 なって 2 命じて, 雇われたの, 雇われて

1 [48件] いたるまで, かつがせて, かつがれて, きびしく前進, こんなこと, ごく低く, されます, しっかりと, なっても, なるん, なれと, ばかに, まじって, ピエロを, 世話を, 交り, 仕立てた十人, 何かの, 使ったか, 傭はれた, 刻まれて, 前以, 助け上げられた, 向って, 変装し, 寝そべつて, 徴発され, 徴発せられます, 担がせた吊台, 担がせて, 擔が, 救われたこと, 気を, 注意し, 渡して, 申し付けるから, 背負わしたあと, 荷梱を, 護られて, 賃銭を, 迫害され, 逢いました, 逢ひました, 過ぎないの, 選抜され, 雇われた, 頼んで, 駆り立てられて

▼ 人足ども~ (44, 4.3%)

1 [44件] あみんな, あんまり人, いよいよ脱出, があっち, がバラバラ, が毎日朝, が脱出, が見付け出した, が賃増し, と賭博, にかつがせる, にそう, にそれ, に命じ, に困らせられた, に担がせる, に言い聞かせた, に青砥, の噪ぐ声, の慌しい, の騒ぎ, はそれ, はまだ, はバラバラ, は一度, は俺, は力, は大騒ぎ, は正直, は無論, は確か, は興奮, は蒼く, も大分, も無, も笑っ, を一人, を勇気づけた, を叱, を呼びあつめ, を四人, を煽動, を監視, を集め

▼ 人足~ (43, 4.2%)

3 絶えて

1 [40件] あだ, ある, ある香料, いよいよここ, その役筋, なくまして, まばらに, みんなそれを, やはりここ, ややこの, 三人附けね, 不参で, 与力同心の, 二人つけ, 二人出かけた, 働かないので, 働き盛り日脚, 出して, 問屋場に, 多くそこで, 夥しいこと, 大分途絶え, 女共まで, 幾百人と, 得難かったろう, 思ひの, 早くなつた, 来たので, 気が, 氣が, 疎に, 米友の, 納まりかけました, 絶えた一時過ぎ, 総立ちに, 聞きつけないで, 薄らいだ, 通いませぬ山, 長崎では, 集まって

▼ 人足~ (22, 2.1%)

1 [22件] がその, がやつ, がわが, だ, でした, に依っ, に馬籠, の喧嘩, の手のうち, の監督, の蟻, は, はあっと, はある, はお, は安来, は小, も一緒, も三四人, も持て余し, をヘトヘト, を狩り集めた

▼ 人足~ (21, 2.0%)

2 占者と

1 [19件] いっても, おぼえられる物おと, おぼしく, なって, なるまでの, 一しょに, 争うこと, 人足との, 同じぐらい, 同じじゃ, 太鼓を, 巡査と, 御伝馬, 申すに, 自分を, 言いその, 逃げかけた女, 鞭を, 飯場女とが

▼ 人足~ (21, 2.0%)

3 馬の 2 百姓の, 馬が

1 [14件] 大工小屋の, 女子供, 幌を, 手伝等の, 植木屋, 河原に, 浮浪人泥棒けいず買い, 牛で, 百姓等である, 砂利場の, 船頭も, 荷車の, 荷馬の, 駕籠かきなぞの

▼ 人足~ (15, 1.5%)

1 [15件] が立, が路, であったが, とその, に特に, の姿, の所, の肩, の采配, は, はいよいよ, は乳, は早打ち仕立て, は明日, も七人

▼ 人足~ (11, 1.1%)

2 中の 1 すら駕籠, なしに, テニスを, 仕事を, 埋まって, 彼の, 村の, 終ろうとも, 食糧を

▼ 人足~ (9, 0.9%)

1 が携え来った, が登っ, の下っ, の騒ぎ, は八十銭, は宿, は峠, は重い, もその

▼ 人足寄場~ (7, 0.7%)

1 と小さな, にいる, のすぐ, のほう, のほか, の人, の者

▼ 人足でも~ (6, 0.6%)

1 とっつかまえて, よこさせなきゃなるまい, 人足ぶりが, 手が, 指揮せぬ, 無人の

▼ 人足として~ (6, 0.6%)

1 まぎれこみああ, 使われた男, 西の, 連れられて, 隷屬し, 集つてゐた

▼ 人足にも~ (6, 0.6%)

1 なったり, なる, 事を, 徴集された, 相当の, 翻弄される

▼ 人足だけ~ (4, 0.4%)

3 では 1 で店

▼ 人足だけでも~ (4, 0.4%)

1 一か年の, 二千人からの, 百五十人に, 百石につき

▼ 人足一人~ (4, 0.4%)

1 が四十文, につき荷物七貫目, を拾っ, 持ち五貫目

▼ 人足四人~ (4, 0.4%)

2 の同勢, も性

▼ 人足~ (4, 0.4%)

2 と云 1 のある, を保持

▼ 人足廻し~ (4, 0.4%)

1 で人, という意味, のダルケ, の成上り者

▼ 人足~ (4, 0.4%)

1 が造つたの, の中, の或, の総数

▼ 人足~ (4, 0.4%)

1 が入る, にすぎなかった, のコマ五郎, や目付

▼ 人足とは~ (3, 0.3%)

1 ワケが, 人足ぶりが, 相手が

▼ 人足など~ (3, 0.3%)

1 土間に, 大勢が, 頻りに気

▼ 人足まで~ (3, 0.3%)

1 出て, 御同勢五百人, 皆村方

▼ 人足仕事~ (3, 0.3%)

1 などを心がけない, の, をし

▼ 人足仲間~ (3, 0.3%)

1 と一緒, にはいっ, もある

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 立ん, 請負の

▼ 人足から~ (2, 0.2%)

1 正直さを, 稼ぎため

▼ 人足さえ~ (2, 0.2%)

1 入れないこと, 雇えなかったので

▼ 人足じゃ~ (2, 0.2%)

1 いかん懺悔の, アありません

▼ 人足それから~ (2, 0.2%)

2 三味線を

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 それに, 以後たしなめ

▼ 人足であった~ (2, 0.2%)

1 が為, ということ

▼ 人足とが~ (2, 0.2%)

1 並んで, 手を

▼ 人足とを~ (2, 0.2%)

1 励まして, 御頼み

▼ 人足なぞに~ (2, 0.2%)

1 あんなに目, 出られるか

▼ 人足にまで~ (2, 0.2%)

2 身を

▼ 人足ぶり~ (2, 0.2%)

1 が違う, が違わ

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 余り早く, 笑った

▼ 人足までも~ (2, 0.2%)

1 ゆすったり, 不承知にて

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 がかの, と怒鳴ったです

▼ 人足三人~ (2, 0.2%)

1 がかつい, のうち

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 と定, ばかりでなく

▼ 人足浮浪人泥棒~ (2, 0.2%)

1 の仲間, の間

▼ 人足狩り~ (2, 0.2%)

2

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 なるも, に一葉二葉

▼ 人足繁く~ (2, 0.2%)

1 戸外を, 日蔭は

▼ 人足~ (2, 0.2%)

1 だって安, も高い

▼1* [125件]

人足城に, 人足かしらないが, 人足がわッと, 人足くらい江戸町に, 人足ぐらいの仕事は, 人足さけびかんかん虫夜業, 人足すなわちキヨメの, 人足すべて凍え死なんばかりに, 人足そして一種の, 人足その他の諸, 人足それらの間, 人足あ違っ, 人足たちゃなわじり切って, 人足たち六人が肩, 人足だったらどうも仕方, 人足であるこれで, 人足でござるさればこの, 人足ですがさては, 人足というところか, 人足とだけになつた, 人足とて裏店に, 人足との唄くらべ, 人足ともなり或いは, 人足と共に下山せられる, 人足ども明十日の払暁, 人足んです, 人足ないし馬差人足差の, 人足なぞの話にまで, 人足なぞは毎日の, 人足などがお客であっ, 人足などに馬鹿に, 人足などにまで配布すべき, 人足などの職に, 人足などはその華奢, 人足などもあった, 人足なにほどのこと, 人足ならば伝六, 人足なんぞ打つちや, 人足につき手当て七両二分ほどずつ, 人足にはならなくて, 人足によつて二百本あまりの, 人足のみでは, 人足ばかりはぞろぞろし, 人足ひとりひとりに松明, 人足へも手当を, 人足までが驚きました, 人足まれなれば, 人足みたいにばか, 人足めいた品物を, 人足ゆえうちには夜, 人足らしい者でありました, 人足らしくないという, 人足アいくらでもある, 人足ガ出テ大切ダ播磨様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, 人足ガ越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, 人足ニ聞イタラ旦那ハ水戸ノ御, 人足一人前の賃, 人足一匹いるわけ, 人足一度にどっと, 人足一時間わが七十五銭, 人足七百三十人伊那の助, 人足七百五十人の備え, 人足三百余人を続, 人足不参のため, 人足九百人ほかに妻籠泊まり, 人足二三人と番太, 人足二人を従え, 人足二人位の割合, 人足二十二人がかり, 人足二十五人を集める, 人足二十五人役の儀, 人足二十八文と言った, 人足二百八十人馬百八十疋という触れ込み, 人足五十二人赤陣羽織を着た, 人足五十四人家来向き諸荷物人足五十二人, 人足五千人の備え, 人足五千加賀の前田家, 人足仲仕が圧倒的, 人足ほどと言った, 人足何文と言つた昔, 人足の一人, 人足きに, 人足八百人がこれら, 人足六百人の備え, 人足共總勢六人柳橋に掛つたの, 人足十人ばかりをかり集め, 人足四人持ちで大きな, 人足四十二文これは馬籠, 人足土方といえ, 人足多く率い来て, 人足宿の門口, 人足宿桝田屋の旅籠屋, 人足商人の, 人足小豆拾い火夫, 人足の人たち, 人足差配方の肝煎り, 人足廻し時代からの女房, 人足待て怪しからん奴, 人足ぐぞっ, 人足手伝い仲仕の類, 人足手前たちは世間, 人足扱いにし, 人足として台帳, 人足死人焼になっ, 人足江戸一あしの, 人足は手斧屑, 人足百二三十人仲間二百五十人ないし三百人, 人足百人伊那の助, 人足絶えて寂しかっ, 人足絶えた旧東京, 人足繁き夕暮の, 人足繰出し山搜し致候得共, 人足出山林を, 人足職人穢多非人なんどのホント, 人足船頭のの, 人足にあまる, 人足荷五貫目である, 人足買い上げの賃銭, 人足子其他種, 人足はどんな, 人足部屋を洗っ, 人足錆刀や息杖, 人足の二人連れ, 人足馬力の仲間, 人足駕籠舁きの